萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

中出し

最高のビッチ元子

ネタも切れているようなのでここで過去の寝取られ&修羅場(?)話を

当時自分は社会人2年生、元彼女元子大学4回生の時の話
高校の時にちょっとぽっちゃりで並顔の元子に告られ付き合い始めて7年目
元子が大学卒業したら結婚も意識していた

入社して2年目の5月に配置換えが会って午前中で部署移動のオリエンテーション
が終わって早く帰れることになりました
彼女が住んでるアパートに午後2時頃に驚かせようと会いに行った
合鍵で鍵開けて玄関に入ると見慣れない男物の靴が

いや、まさかそんなことは・・・・といやな予感を感じつつ中に入ると
学生っぽいイケメンと彼女が仲良くお茶してました

7年も付き合っててどうしてこんなと、頭に血が上って
俺「その人・・・誰?」
元「同じ大学のゼミ仲間。今日は相談することがあって」
声が上ずってるよお前
イケメン何も喋らない
俺「ふーん、えらく仲よさそうだね。で、何で二人っきり?」
元「いや、本当に何もないの」
俺「何もないのに二人だけっておかしくない?」
元「・・・・・・・・」
俺「何とか言えよ!!」
ちょっとキレ気味にゴミ箱蹴っとばすと中から使用済みのコンドームが複数、ティッシュ大量
俺・元子硬直
イ「あ?あ、バレちゃった」(なんだコイツ、で自分我に返って)
俺「なんだよコレ、何やってたんだよ!!!!」
元子硬直したまま下を向いて何も喋らない

イ「ゴメンね? あ、でもオレだけじゃないから」
俺「ちょっと待て、お前何なんだよ!それとオレだけじゃないってどういうことだよ!!
  元子答えろ!!!」
元「違うの。これは違うの△△君いい加減なこと言わないで!」
イ「いい加減な事言ってるわけじゃないけどね。全部言っちゃっていいの?」
元「くぁwせdrftgyふじこ!」
もうお話にならない

俺「元子じゃ話にならない。△△全部言えよ」
イ「いいのかなぁ? エンコーしてたとか・・・」
ここで元子イケメンに掴みかかってもう無茶苦茶、手に負えなさそうだから自分が羽交い絞めにして
俺「元子、お前が撒いた種だろうが! 喋れよ!!」
おとなしくなったものの相変わらず何言ってるかわからない
俺と元子が押し問答している間にイケメンいつの間にか玄関で靴履いてますよ
イ「じゃ、これっきりってことで。彼氏さんエンコー ■■ ○○子でネット検索してみてよ
  面白いものが見れるから」
元子絶叫して更に大暴れ。イケメン逃げやがった

もう、自分もわけわからなくなって暴れて喚いてる元子放り出してそのまま帰宅
なんか、元子追いすがって来てましたけど強引に振り解いて無視
そこから帰るまでの間に携帯なりっぱなし、気分悪くなって携帯の電源off
家に到着してからメールみたら20通以上のお約束。で、早速バンバンかかってくる
着信拒否
毒を食らわば皿までの気分でイケメンの言ったのを検索して怒り通り越して笑いましたよ
シリーズ物のエンコー裏DVD(でいいのか?) 
・縄で縛られて吊るされてる
・異物挿入(バイブではない。卵とかバナナとかそういうの)
・生ハメ連続中出し、クスコで開帳
・4P3穴ハメ手コキつき
こいつもうダメだ
元子に電話
俺「よお」
元「あれは違うの信じてお願い」(壊れたレコードって言うのかね、お約束の台詞繰り返し)
俺「ごめんな、俺そんな趣味ないから。金のためなら中出しやアナルまでやるんでしょ?
  俺はやったこともないのにな」
元「あれは私じゃない、お願い信じて。あなたしかいないの捨てないで!」
俺「アハハハハ、お前じゃなきゃ誰なんだよ。じゃあな、二度と電話してくるなよ」

その後、家まで突撃してきましたが「ビデオの件、お前の親に報告してあらいざらいブチまけようか?」
と、言うとそれっきりになりました。

今ですか? 親の薦めで見合いして結婚しました。1歳になる娘がいます

高校時代の一つ上の先輩真弓

数年前に知り合いに花束をプレゼントする事になり、花屋に行って
いろいろな花を物色していたら、後ろから「233君?」と、声を掛けられた。
振り替えって見ると高校時代の一つ上の先輩だった。
「あ!久しぶりです。真弓さん(先輩)」
「どーしたの?」
「花束をプレゼントするから選びにね。」
「あらー?そんな良い人が?(笑)」
「ちゃいますよー!」
などと雑談しながら花を選びながら花束を作ってもらった。
そして会計の時に携帯の番号を書いた紙を渡し
「またゆっくり話しをしたいです。電話して下さい」と言い残し、その場を離れた。
数日後、仕事帰りに見慣れぬ番号が携帯に…
「もしかして?」
と、期待して出ると真弓さんだった。
「突然だけど今日空いてる?」
「空いてます!空いてなくても空いてます」
「ふふ。相変わらずね。」
「で?なんでしょ?」
「今日、ご飯の支度しなくて良いからご飯に付き合ってくれない?」との事。
真弓さんは主婦だが旦那さんと子供で出掛けたらしく自分一人のご飯を作るのが
面倒だと…。
もちろんOKし、店と時間を決めて集合する事に。

(ここから居酒屋での会話)
「久しぶりだねー、まだ乗って(バイク)るの?」
「乗ってますよー。」
「良いなー…うちの旦那も乗ってるけどいつも一人で走るから留守番ばっかりでね」
「免許取ったら?」
「そんなお金無いわよ!」
「んじゃ、後ろで良ければ乗る?」
「良いの?」
「真弓さんが嫌じゃなければ…っつーか乗って下さい」
「しょーがない乗ってやるか!」
などと雑談に花が咲いた。
俺は下戸だが真弓さんはイケる口なので酔っぱらううちに
「飲めない233はおこちゃまだー!」と小馬鹿にする
だいぶ飲んでるので
「帰りは送らせてやる!そして明日、店まで車を取りに来るのも頼む!」
と、かなり強きな態度だが旦那への不満からストレスが
たまっている様子なので逆に可哀想な気もした。
他の会話で盛り上がりもあって楽しく過ごせた
そしてそこそこの時間になり約束通り送るため、俺の車に乗せて走りだした。
車内でも会話が盛り上がり楽しく走行中、信号に引っ掛かると同時に会話も途切れちょっと気まずいと言うか
変なふいんき(ryになった…
真弓さんを見てみるとこっちをジッと見てるではありませんか。
「これはチャンス!」と

濃厚なキスをしたら真弓さんも舌を絡ませて来た。
信号が変わったので「ご…ごめんなさい」と謝ったら「ご馳走様は?」と言い
二人で爆笑した。

その日はそのまま送り俺も帰宅した。

それから数日後、仕事が休みの前日に
「明日、休みだからバイク乗る?」とメールしたら「乗る乗るー!」と、返事が来たので集合場所と時間を打ち合わせ就寝した。
翌日、集合場所に行くとすでに真弓さんは来ていて「ワクワクして寝られなかったわー」などと
可愛い事を言いながらはしゃいでいる
「じゃ、行こうか?」
「うん!でも、どうすれば良いの?」
と聞くので、座る位置、手や足の位置、走行中の注意事項を簡単に説明し出発した。
海や山や川など季節を感じられる場所を走り夕方になり帰る途中
夕日の見える丘に休憩していた。

「今日はありがとう。とても気持ち良かったわ。また誘ってよ?」
「良いけど、今度は俺が乗せてよ?」
「え?何に?車?」
「あ、いや何でも無い!」
「あ?!わかった!馬鹿!(笑)」
「俺だけ乗せたら不公平やん(笑)」
「そうねー…とでも言うと思ったか!」
と言いながら首を抱えて絞めて来たが…
その瞬間キスをされた。
しかも長く長くたっぷりと…
「これで許して…」
(許してってティムポがガチガチになってもーたのに…)
「う…うん…」
「さ、帰ろう。」
「うん」
と、気の効かぬ返事でその場を離れしばらく走ってたときに

真弓さんが(バイクで走ってる時)
「さっき、興奮した?」なんて聞いて来たから
「めちゃくちゃね!」
「うそ?」
「ホントだよ!ほれ!」と、言いながら真弓さんの手を激熱のティムポに当てた
「馬鹿!」と言うが構わず触らせた。
「この責任はどーすんの?」
「知らない馬鹿!」
なんて言いながらモミモミしている。(もちろん俺の手が離さないのもあるが)
「なんとかしてよー」
「駄目!」
の会話がしばらく続くが手はそのままだった。
「じゃ、帰るまでの間だけ触ってて!暗くなったから回りから見えないし」
「帰るまでだよ?」
と…約束

しかし、すぐ先の峠を越えるとホテルは1件のみ
それを越えると町中で真弓さんの車までかなり近い…
仕方ないが諦めて触ってくれてる感触だけを楽しんだ。
そして峠を越え、下りだす途中に
「トイレ…行きたいんだけど…」
「ちょうどすぐ先にあるから寄るね」
と言い峠の途中のパーキングのトイレ(狭く、暗く、汚い)に寄った。
「ちょっと待ってて」と言いながら小走りでトイレに駆け込む真弓さん。
が、しかしすぐに戻ってきて
「怖いから一緒に来て」
「でも…」「良いから!暗くて怖いの!」と、女子トイレの中へと…

先に個室に入る真弓さん。
「じゃ、ここで耳塞いでるからね」とドアの外で言うと
「駄目!怖い!来て!」と手を取り中へ連れ込まれる。
「だけど…」
「だから目隠しさせて、手は耳を塞いでね!で、何かしゃべってて!」
と、言いながらハンカチで目隠しをされ、自主的に耳を塞いで今日走ったルートの説明を始めた。
しばらくし「もう、良い?良いなら頭を軽く叩いて下さいね。」と聞いても返事が無いので、まだだろうと思った時、
真弓さんがビンビンのティムポを触り始めた
慌てて目隠しを取り「え?」と呟くと
「恥ずかしいから見ちゃだめ!」

と、言いながらチャックを下ろしティムポを出しむしゃぶりついてきた。
口の粘膜がほどよく暖かく唾液でヌルヌルなのでディープスロートするとマムコに入れているようだった。
「あぁっ…ま…真弓さん!」「ング…ング…ジュルジュルチュパチュパ」と、音をたてて美味しそうにしゃぶってくれる
「あ!だめ!イキそう!」「だぁ?め!イッちゃ駄目!」と、スロートを止める
「イカせてー!」「だぁ?め!フフ…」と、上目使いで立ち上がるとなんと!
下半身が露になっていた。
(さっきずいぶん長く返事が無かったと思ったら脱いでたのか…)

しかもしきりに「見ちゃだめ」ってのはこれだったから…
と、気が付いた。
真弓さんはなにかが弾けたようにディープキスしながらティムポを刺激し
俺の手を自分のあそこに誘導してきた…
「貴方がいけないのよ…ずっと触らせるから…責任取りなさい」と両手で頭をおさえ
雌の匂いがするマムコを舐めさせられた。
「ン…クッ…ハァハァ…」(ピチャピチャ…)
「もっと…もっと…あぁ?い?!欲しい!責任取りなさい!」「はい。」
「あ?!良い?!気持ち良い?!めちゃくちゃにしてー!」
「めちゃくちゃにして良いの?!」「してしてー!」
「そうか…じゃあ質問に答えろ」「う…うん…」
「ホントはティムポ触れて嬉しかったんだろ?」「は…はい…」
「旦那とはしないのか?」「も…もうすぐ離婚するの…もう何年もしてなくて…欲求不満だったの…」
そのまま、Cカップ(推定)を揉みながら立ちバックで質問攻めにして
返答を嫌がると「じゃあ抜くよ?」と言うと「抜かないで!お願いします。答えます」と懇願してくる。
しばらく堪能したあと「イクイク?」と真弓さんがイッたと
同時に俺も中出しした…
後処理し、服を着てトイレから出た時、真弓さんは恥ずかしそうに
「責任取れたかな?」と聞いて来たので
「まだまだ!」
「えっち!私の責任も取ってもらわないとね!」と言いながら優しくキスしてくれた…

携帯からなので改行が下手だったりするかもしれませんが
どうかご了承下さい

姉にしてやれなかったことPART2

俺は姉をなだめるように、ベッドへ寝かして、別の話をしてみた。
俺「姉ちゃん、笛のテストの課題曲ってあれなんだったっけ?」
姉「翼をくださいって曲だよぉ。好きな歌だけど上手く吹けなかったよぉ。」
俺「そっかぁ、何点だったの?」
姉「63点だったの。ダメな点だったの。」
俺「それって追試?」
姉「ううん。ギリギリ合格だったの。よかったぁ。」
俺は姉の頭をポンポン軽く叩きそして撫でながら言った。
俺「姉ちゃん。入れてもいい?」
すると姉は、目を瞑り、人呼吸してコクリと頷いた。
俺は姉の股を広げ、指でマ○コを少し触って、挿入させた。
グチュ。
いやらしい音が姉の中から聞こえたかと思うと、
姉「ん...な、なんか、か、硬い、うっ、痛い..」
俺「姉ちゃん、どうしたの?」
そしてゆっくりと出し入れすると、
姉「あっ..い、いや!なに..ち、違う。」
とっさに、自分のマ○コの中に入ってるモノに手をやり、何かを確かめていた。
姉「や、やだ!なんで、こんなの入れるのよぉ。」
そう、俺は自分のチン○をいれず、なんと笛を姉のマ○コに挿入していた。
俺「ごめん。吹いてもらおうかと思って。」
わざとらしく謝る俺。
姉「吹けるわけないでしょ。」
俺「潮は噴いたのに、笛は吹けないね。」
姉「も、もう、変な冗談言わないでよぉ。」
姉は呆れた笑顔で溜め息をついた。
俺「じゃ、ホントの入れて欲しい?」
姉「もう違うのは嫌だよ..。」
俺「それじゃ、欲しいモノをください。って言ってみて?だったら入れてあげる。」
姉「そ、そんなぁ。言えるわけないよぉ」
俺「じゃ、や?めた!」姉「いじわるぅ。」
姉はプゥーっと頬を膨らませ、ご立腹モードを演出させている。
しかし、恥ずかしさを押さえて、口を開く。
姉「...をくださぃ。」
俺「恥ずかしいね?。もうやめよっか。」
俺は立ち上がり、止める気などこれっぽっちもない癖に意地悪く言ってみた。
すると姉は俺の腕を掴んで、
姉「チ、チ、ンくださぃ..」
俺「は?い、ダメ!」
俺は、姉を見下して、ホントに悪いやつだと思ったが、ついに姉は重い口を開いた。
姉「チ、チ○コをください..チ○コをください!!」
遂に言わしてしまった。
俺は姉にとびかかり、大股を開かせて、強引にチ○コを姉のマ○コに挿入させた。
姉は、細い腕でガッチリと俺を抱いて、足も、ガッチリ、交差させて、しがみついてきた。
姉「あ?、温っかいよぉ。」
姉の中はとても、小さく、キュ、キュッと絡み付いて締め付ける。
『な、なんだよ。これは!』
俺「あっ、ヤバイ、気持良すぎる。出る!」
まだ、挿入して、一分の発っていないのに、イキそうになってしまった。
中出しはさすがに出来ないので、離れようとするが、姉の足が放そうとしない。
俺「あ、足どけて!マジ出る!」
姉「ま、まだ、大丈夫なのぉぉぉ!」
俺が腰を降るのを止めると、姉は激しく動かし始めた。
俺「な、なにしてるん!あっっ!」
ドピュッ!ドピュッ!ドピュ!
イッてしまった。しかも、俺は三擦り半しか腰動かしてないのに..。
さらに姉の中に出してしまった。
恐る恐る姉の顔を見ると、平然な顔をして、こちらを見ていた。
泣くか、怒るか、どっちでくるか。
すると、姉が口を開いた。
姉「チ○コをくださいは何点かなぁ?合格?」
ニッコリ笑い、問掛けてきた。
俺は、泣いても怒ってもいない姉が不思議でたまらなかったが、思わず
俺「あっ、す、すごかった..100点満点。」
と、正直に答えると、姉は姉「やったぁ!」
はしゃぐように俺に抱きついてきた。
俺「姉ちゃん、俺は何点?」
潮も噴かしたし、変態な事もしたし自信があった俺も逆に聞き返した。
姉「えっとね。0点。」
耳を疑ったが、確に0点と言った。
俺「えっ。」
姉「嘘うそ。60点くらいかなぁ。でも、不合格だよ。」
俺「や、やっぱり早くイキ過ぎたから?」
姉「そ、それは仕方ないよぉ。あたしはアレが好きなのぉ。アレをされてみたかったのぉ。」
俺「えっ、アレ?って。」
姉「教えな?いよぉ?だ。」

いったいアレとは何なのか、俺には、いったい何が足りなかったのか。
深刻に考えていると最後に姉が
姉「また今度、追試しようね!」
と軽く、唇にキスをしてきた。

高校のときの好きな子

高校のとき好きな子がいた。その子はモテるのに堅くて清純な女の子だった。と
俺は思ってた。だけど卒業してからツレに聞いた話でかなりへこむことになった
。彼女の元カレがキャプテンでイケメン&女好き揃いのバスケ部で共有の女にな
ってたんだ。
好きな子の名前はチエ。元カレとチエは同中で中学んとき付き合ってた。
そいつは顔も頭もよくてスポーツも
できるモテ男だったから厨房の時にすぐ別の女に乗り換えたんだけど、チエは未
練があったから同じ高校入って二番でもいいからって言ってまた彼女にしてもら
ったらしい。要はセフレ。てかほとんど性欲処理器みたいなもんで昼休みに男子
トイレでフェラチオしたりしてたんだって。(そういえばチエは昼休みに弁当も食
わずどっか行ってたから何してんだろうって思ってた↓↓)それからY(元カレ)は
部活終わりにチエを部室に呼ぶようになった。初めはみんな帰ったあとに部室で
エッチしてたんだけど段々エスカレートしてきて女好きの部員たちの前でチエに
フェラチオさせるようになった。さらにはストリップもさせるようになって何回 
目かのストリップショーのときにとうとうオナニーまでさせた。それまでは部室に
呼ぶのはたまにだったんだけどこの頃になるとほぼ毎日呼んでたらしい。チエは
大学の学費のために家の近くでバイトしてたんだけどそれを学校の近くの店に変えて
部活が終わる9時くらいまでバイトしてまた学校に戻ってバスケ部の奴らを楽しませる
っていう毎日だったみたいだ。そんな日々が続いて、Yはそれまで他の奴がチエに触るの
は許さなかったんだけど、他の部員も我慢できなくなって、Yも徐々におかしくなったん
だろう、紅白戦で一番点を取った奴にフェラチオさせてやるってことになった。でもそれ
だと大体いつも同じ奴だから紅白戦で買ったチーム全員にフェラすることになった。
そこまでくればもう行くとこまで行く。本番は暗黙の了解で無しな感じだったんだけど
高2の夏の大会でめっちゃ活躍した奴がいて、Yはご褒美にチエとやらせてやるって言った。
その日だけはみんな部室に入らずそいつとチエのふたりだけでたっぷりやらせたらしい。
それからは本番のハードルも低くなって練習試合で得点王のやつ、紅白戦で得点王っていう
ようになっていって結局チエはほぼ毎日セックスしてた。それでもゴムは必ずつけてたらしい。
でも、ある日そいつの姉ちゃんのピルを持ってきた奴がいてそれをチエに飲ませた。それからは全員中出し。
たまにぶっかけたりごっくんさせたりっていう感じだった。ここまでくると残ってるのは
輪姦だけだった。そんでバスケ部の連中は高2のバレンタインデーに今日はみんなにプレゼントしろ
って言って5人で姦したらしい。基本的にはチエの体力を考えていつも1人だったけどその日から試合 
の日とかは複数でやるようになった。
高3になって部活も終わって受験勉強がはじまるとそういうこともだいぶ減ったらしい。
相変わらずYは男子トイレでフェラさせてたらしいけど。
この話をした俺のツレは不細工だけど何かと目立つ奴でバスケ部の連中とも仲が良かった。
だから高3のときのこいつの誕生日にYがチエとのことをばらしてツレにチエとやらせて
やったんだって。こいつは前に俺の目の前でチエのことを妄想しながらオナニーしたような
やつだからめっちゃうれしそうに語りやがった。チエの巨乳のやわらかさ。フェラの上手さ。
そして、万個の色と締まり。挿入してるときのチエのあえぎ声。そんで中出しの気持ちよさ。
チエの万個から流れる自分のザーメンの様子。卒業するまで誰にも言うなって口止めされてた
から卒業式のすぐ後に我慢しきれない感じで俺に話してきた。
俺は2年のときからずっとチエが好きで何度か告ったけどあっさりふられた。一緒に遊びにも行って
もらえなかったからこの話を聞いたときショックで頭が真っ白になった。ツレを殺してやりたくなった。
でも興奮してる自分もいて・・・・マゾの悲しい性ですww

妹との

3歳年下の妹を意識し始めたのは彼女が中2の頃。
妹が風呂に入っているとは知らず、脱衣所に入ったら裸の妹がびっくりして
「ちょっとぉ、何で入ってきてるの!」
と言ってタオルですぐ体を隠したが、自分にはしっかり妹の発達した体が見えた。

その時は
「何だ、入ってたのか。ゴメンゴメン」
と興味がないのを装いすぐその場から離れたその日の夜・・・初めて妹でオナニー。
その後しばらく【背徳感】を感じつつも妹をオカズにオナニーを続ける日々が続く。

妹が高3になりグラビアアイドルのように胸が大きくなった。
二人で話している時はつい胸に目がいってしまう事が多くなる。

たまに胸を見ている事を気づかれて
「何ジロジロ人の胸見てんの、気持ちわるい」
と冗談まじりで言われたが、もともと妹とは下ネタOKな関係だったので
「いや…なんかさぁ・・・お前最近本当に胸大きくなったよなぁ・・・」
と普通に言うと
「ん・・・確かに最近大きくなったんだよねー」
こんな"たまらない"会話をした。

それから数日後、父親の知人の結婚式で両親が関西に泊まりで行く事になり、
その話を聞いた時
「もしかしたら」
という考えが頭を過ぎる。

妹は大学受験をしないで、美容師の専門学校に行く事が決定していた。
毎週土日はいつも遊びに行って家にいないので
「・・・何にもないか・・・」
とすぐ現実に戻った。

朝両親を見送り、仕事も休みなので部屋でゆっくりしていると昼の3時ごろようやく妹が目を覚まし部屋から出てきた。
「おまえなぁ・・・昨日何時まで起きてたんだよ。おやじ達もう出かけたぞ」
「あっそうなんだぁ・・・今日どうしよっかなぁ?」
「どうせどっか遊びに行くんだろ・・・?金は貸さないからな」
「今日はどこもいかないよ。友達皆受験で忙しいんだってさ」

「お前だけ暇って事か・・・まぁたまには家で過ごすのもいいんじゃねぇ?じゃ、俺は適当に部屋でダラダラしてるわ」
「それならお兄ちゃん、この前アレ買ってきたんだから夜映画でも見ようよ」

アレとは先日自分が買ってきたホームシアターセットです。
「いいよ、ビデオ屋行く時声かけて」
と普通を装っていましたが・・・ぶっちゃけかなり興奮してました。

【両親はいない】 【妹は出かけない】 【二人で映画を見る】

もしかしたら・・・という気持ちがどんどん大きくなっていった。

夕方になり、晩飯買い出しがてらレンタルビデオ屋へ。
妹は前から見たがってた恋愛映画を探している、自分は別の映画が見たかったが強引に押し切られてしまった。
暇だったのでチョロっとアダルトコーナーで女子高生モノのビデオを探っていた。

いつのまにか妹が後ろにいて、
「お兄ちゃん制服マニアなの?今度私の制服貸してあげようかぁ?」
「バーカ、制服借りてどうすんだよ・・・俺が着んのか?」
「そっか・・・じゃあ私が制服着てる時はいつもムラムラしてるんだ・・」

「・・・それはそれで問題ありだろ、兄として・・」
「ふーん・・・そうなんだ」
この会話により俺のテンションは最高潮に達してしまった。

家に帰り晩飯を食べたあと、互いに風呂に入りリビングで映画を見始める。
「やっぱり暗くしないと雰囲気でないよな」
と言ってさりげなく部屋の電気を消す。

妹は最近酒の味を覚えたらしく、甘いジュースのようなカクテル系のお酒を飲んでいた。
お互いホロ酔いになってきた頃、映画で始まったラブシーン、

「・・・こういうシーンなんか気まずくならねぇ?」と俺が言うと妹が
「それはお兄ちゃんがやらしい事ばかり考えてるからでしょ。綺麗なシーンじゃない・・・」
「そんな事言って実はお前興奮してるんじゃねぇの?」

「お兄ちゃんと一緒にしないでよ・・・興奮なんかしてないって・・・!」
妹が画面から目を離さないでこっちを全く見ていないのに気付き、俺は調子に乗って喋り続けた。

「俺はバリバリ興奮してるけどね・・」

「・・・マジで?」
と妹がこっちを向いた。

アルコールが入っている事もあり、二人の間に妙な空気が流れ始めたのを感じ取った。
「マジ、マジだよ・・・確認してみる?」
「本気で言ってるの・・・?ていうかお互いかなり酔っちゃってるよね・・・」
こんな会話してるけど実はこの時俺はもう酔いが醒めていた。

妹が俺の股間をチロチロ見てるのが確認できたので触りやすいように脚を開き、妹の方に体を向けた。
「・・・・」
妹が無言でゆっくり手を伸ばしてきたので【これはヤレる!】と確信した。

「うわ・・・まじで硬くなってる・・・なんかすごい・・」
「お前が触るからすげぇ興奮してきた・・・お前のも確認させろよ」
「・・・それってやばくない?」
「やばいかもしれないけど・・・我慢できない」

強引に妹の足を開きアソコを触ると
「んっ、んっ」
とかわいい声を出した。
「お前だって興奮してんじゃん・・!」
「してないって!」

思った通りの事を言ったので
「じゃあ中も確認してやるよ」
と言って一気にパジャマのズボンの中に手を入れパンツの中を確認。
びっくりした妹は一瞬足に力を入れ閉じたので、強引に手を入れて確認してみた。
案の定濡れていた・・・それもかなり。

「んっ、んっ・・・まじやばいよ・・・ダメだって!」
と体をゆすり嫌がっているようには見えるが足は開いたまま・・・。
なにより俺のモノから手が離れてない。
それからしばらく二人とも黙ってお互いのモノをいじっていた。

俺はとうとう我慢出来なくなり、無言で妹のパンツを脱がそうとすると
「まじで!?まじでしちゃうの!?」
と聞いてきたので
「嫌?」
と聞くと
「・・・嫌じゃないけど・・・やっぱやばいよ」

と今までにないウルウルとした目で言ってきた。
「大丈夫・・・ちゃんと外に出す・・・絶対」
「そういう問題じゃないよ・・・やばいってこういうの・・・」
この言葉を聞いた時、絶対にやれると思った。

「やばくないよ、だってお前の事ずっと女として意識してたから」
自分でも訳のわからない言い訳をしたなーと思っていたら
「私もお兄ちゃんの事は男として好きかも」
と小さい声で告白してくれた。

それを聞いた俺は先にズボンとパンツを脱ぐと
妹に自分のものを見せるようにしてから、妹のパンツを脱がした。

妹は俺の顔を見ないように横を向きながらソファーに横になり、
「入れるよ」
と言うとコクッとうなずき目を閉じ覚悟を決めたようだ。

彼氏を頻繁に変え、比較的遊んでいると思っていた妹のアソコは予想以上に締まり、
少しずつ入れていくと、妹と暮らした十数年の間には一度も聞いたことのないような声が聞こえてきた。
「んんっ!んっ!んんんっ」
今までのSEXでは得られなかった快感・・・本当に尋常ではない気持ち良さだった。

妹もそうとうに感じているようだったが、我慢してあまり声を出せないようで
「俺もすごく気持ちいいからお前も我慢せずに声出していいんだぜ」
と言うと
「やだっ恥ずかしい・・・なんでお兄ちゃんと・・こんな事・・してるんだろ、あっんんっ!」
と言いながら声をしっかりと出してきた。
起き上がって俺に抱きついてきたと思ったら、座位のような形になりいきなりキスしてきた。

そのキスは今まで自分が経験したキスの中で一番長かったと思う。
二人ともよだれが垂れるのも無視し、ずっと舌を絡めつつ腰を激しく動かす。
そのキスをしている時に妹はすごく苦しそうな声を出し、抱き合ったまま腰がガクガク痙攣した。

イッたんだなと思い少し動くのをやめようとしたら、
妹のアソコがギュッギュッギュッとものすごい締め付けを始めた。

ゾクゾクッと背筋に電気が走ったと思ったら
「イクッ」
と声を出しそのまま妹の中に出してしまった。

ドクッドクッと長い射精が続き、妹も中で出るたびに
「んんっんんっ」
悶えている。

二人の繋がった所からブチュッブチュッとすごく卑猥な音がし、
その音を聞いた後
「やばい!妹に中出しなんかしてしまった・・・!」
と現実に引き戻される感じがしたと思ったら、

「・・・いっぱい出たね、お兄ちゃんのセーエキ。すごい熱い」
と妹はあまり焦っていない感じがしたので
「やばい、調子にのって中出ししちゃったけど大丈夫?」
と聞くと
「たぶん大丈夫、安全な日だと思う」
と答えた。

「すごい・・・今までで一番気持ちよかったよ・・やっぱり兄妹だから相性いいのかなぁ」
なんて事を妹が言った。
俺も同じような事を思っていた。
近親相姦というものは"一度踏み込むとやめられない"という話に納得した。

その後、猿のように何度もお互い動物のように求め合い、
一度もアソコを拭いたりせずグチョグチョになりながらリビングでずっとしていた。
後で確認したらリビングのソファーが大変な事になっていて、
焦って二人で雑巾で拭き、次の日両親が帰ってくる夜までは妹の部屋で"した"。

それ以後両親が家にいない時は必ずと言っていいほどセックスをするようになり、
二人で出かける事があっても、目的は外でのセックス。
しかしお互い彼氏彼女は普通に作り、エッチだけの関係だったので
2年もすると少しずつ回数も減っていった。

専門学校を卒業し一人暮らしを始めた妹とはたまにしか会いませんが、会った時は大抵"する"。
本当に飽きることがない妹とのセックス。
最近はアナルも覚え、両方に一回づつ出す。
さすがに危険日に中出しはなしだけど・・・。

ミカ

大学のとき、何か勘違いした俺女系がいた。
男前なセリフを好んで言うくせに、下ネタには拒否反応示すヤツで、
俺とは何となく心の友的に接してきてた。
俺は飾りもの的なテンションに違和感感じながら、まー他人事だからとほっといた。
そしたら、ある日夜中突然押しかけてきて、飲んでて終電逃したから泊めろって。
女友達と飲んでて(女でその子のファンは多かった)、相手は実家の子だから
俺のアパートに来たらしかった。
何の連絡もなしで当たり前のように突然深夜部屋の中に当然のように押しかける
(その気の置けない友情に酔ってるみたいな)態度に俺はさすがにムカついて散々なじった。
もうアホかと、独りよがりだと、相手のこと考えてないと、友情ごっこは脳内でやれと。

さすがに彼女は酔いもさめて一気に真っ青になっていた。
当然やけどな。
涙目になっておろおろ謝ってきた。
そこでそれまで単純に態度にイラついてたけど、俺の中のS心が目覚めてしまって
本当に悪いと思ってるなら態度で示せと言った。
向こうはどうしていいかわからず困ってたので、俺は無言で近づいて腕を伸ばして
ガツっと胸を掴んだ。仮名をミカにしようか、ミカは目を大きく見開いて現状を理解できない感じで軽くパニくッてたと思う。
小ぶりな胸をぐいぐい揉むとミカも抵抗しようと手を動かそうとしたので
「動くな!」と俺は結構強く言いつけた。
ビクっとしてまたミカが硬直する。それが手の平越しに伝わって俺は更に興奮したけど、見た目はエロではなく怒りの制裁風な態度を貫くように気をつけていた。

俺は腕をまっすぐに伸ばしてしばらく部屋の壁にミカを押し付けるように、
胸を揉みまくった。テレビの音とミカが小さくごめんとたまに繰り返す中、
俺は更に詰め寄って胸は揉みながら顎を掴んで顔を上げさせた。
伏せ目がちだったのが涙を大きく含んだ目で俺を見つめ返すミカ。
本当謝罪の念が溢れてて、俺も罪悪感がこみ上げたんだけど倍ぐらい興奮してて、
荒々しくキスした。キスする直前まで、まさかキスするとは思っていなかった感じだった。
男を警戒して男慣れしてなかったんだろう、ただただ混乱している感じだ。
貪るように荒くキスして、舌からませて、つばを流し込みながら、
両手でTシャツとタンクトップの奥に滑り込ませてブラを外し生乳を握り、
乳首もいじり倒した。うぅって小さくうめくだけでミカはひたすら我慢している。

キスを一旦止めて少し体を離すと、ミカが「もうやめて……」って言ってきた。
ここで許す訳もなく、その程度なんか、全然悪いと思ってないじゃないか、最低だ、
みたいなことを連続して言いつけると、ミカはまた泣きながらごめんなさいって
言って、俺の腕を押さえてた手の力を抜いた。
俺は当然のように「最後までするぞ」って言った。
少し黙って口をかみ締めてたけどミカは覚悟したみたいで頷いた。
ジーンズを自分で脱ぐように言って、言われた通り脱ぐミカ。
Tシャツとタンクトップは俺が脱がしてブラもとった。
ブラは黄色で下はグレーの綿のパンツでその不揃いなところがHする気全然無かった
んだとわかって却って燃えた。
すげぇ自分ひどいヤツだなぁとはその場で思ったけど、何か脳内麻薬的なものが
ガンガン出てる感じで止まらない。

ベッドに寝かせてパン1のミカの体を触りまくった。
胸を触ると悔しそうな恥ずかしそうな顔するし、尻を触ると逆にちょっと声色や吐く吐息の感じが変わった。
エロい感じに、尻が性感帯なんだと分かった。
散々いじりまくってから、湿ったパンツを脱がしたけどもう抵抗はなかった。
脚を持ち上げていわゆるまんぐり返しをした、ミカはさすがに顔を背けてた。
俺はその姿勢でクンニをした、クリも刺激し、夏だったし汗臭い感じも逆によかった。
もう充分濡れてたので、正常位で挿入した。
で俺が上からかぶさるようにして、両手は押さえ込む感じ。
何かベッドに磔になってる感じのミカ、胸にコンプレックスあるみたいだったので、
その胸をあえて隠させないで吸い付いたりしながら、腰を動かした。

突く度にうっうっとミカが呻く。
両手で胸を仰向けのちっちゃい胸を揉み込みながら口をキスでちょいちょいふさぐ。
ミカは両手で俺の二の腕を掴んでいた。弱弱しく、しがみつくような押し返そうとするような。
最後は上にズレないように頭を押さえてディープキスしながら、結局中出しした。
俺がイった後もしばらくキスして体中撫で回して、一旦終わった。
その後フロ一緒に入って、フェラ→バックでして洗いっこ。
もう向こうはフラフラでされるがままだったね。
最後に浴槽にキュウキュウで一緒に入りながら、付き合おうと俺から言って、
そのまま付き合うことになった。

やっぱり大学ではなかなかミカは態度あんまり変わんなかったけど、Hは完全に俺主導でいいなりだったので楽しかった。
3年ちょい続いて卒業で離れたけど、あんな無茶したのはミカにだけだったなー。
ホント、犯罪すれすれやと今なら思うし、もう同じシュチエーションになってもあんなに女の子を責めることはできないなー。

長文失礼しました。

水泳教室のお姉さん

僕は水泳教室にかよっています。
昼にいくことが多く、主婦ばかりでした。ちょっと場違いかと思ってましたが、みなさん暖かく迎えてくれて、すぐに仲良くなりました。
僕はみんなをお姉さんのように思ってました。
ほとんど10から15年上の女性です。
女性メンバーは6人。男は僕だけでした。
先月のある日のこと一人の女性が更衣室をノックしました。
ねえ。こっちにいらっしゃいよ。
でも。
女性の更衣室ということでお断りしたんですが、
いいじゃない、ねっ。
僕は腕を組んでひきよせました。
僕は水着のままタオルだけもって行きました。
そこにはその女性を入れて3人でした。
○○君来たの?いらっしゃいなんて歓迎されました。
今まで男っけなくてつまらなかったの。
君が来てからみんな楽しいねっていってたのよ。
少しうれしかったです。そのなかの一人が水着を脱ぎ始めました。
僕は、ちょっと何してるんですか?っていうと、着替えに決まってるじゃない。おかしなこね。って笑いました。
そしたらもう一人、私も着替えよっていいました。
僕は困りました。いくら仲良しになったといってもそれは。
見てもいいのよ。といって最初に脱いだ女性が
僕のひざにまたがりました。
裸です。ちょっとAさん。
君は弟みたいなものだからト・ク・ベ・ツっていいました。
その後Aさん、○○君が興奮してるよ。横からBさんが言いました。
僕のペニスが水着からでそうになってました。
すごい○○君の。ねえ、君のも見せて。困ります。
いいじゃない。そういうとジャジャーンという声と同時に、脱がされました。
みんな、うわーって感じでした。
みんなの前で脱がされて僕はあわててかくしましたが。手をはらいのけられました。

Bさんがすっごいわー。主人の1.5倍ぐらいかも。笑いながらいいました。うちの主人小さいのって平気で言ってました。
水着からはみだしそうだったもんね。

すっごい恥ずかしかったです。

すごい私いたずらしちゃお。そういうとAさんが僕の前にひざまずいてペニスを咥えました。ずるいよAさんってCさんがいいました。
Cさんは水着を脱ぎ始めました。そして僕の顔をおっぱいにおしつけました。吸って。
僕は尺八されて興奮し、つい吸っちゃいました。
もう○○君たら積極的ね。Cさんがいいました。
そこは人が一人寝っころがれるぐらいの台でした。
するとBさんに押し倒され、○○君もーらい。そういってBさんが僕の上に乗ってペニスを握ると僕のものをあそこにおさめました。
ずるいよ。他の二人がいいました。
あとですればいいじゃない。そういうと腰を振り始めました。僕は突然のことで驚きましたが。かえって彼女の中に入って僕のものが隠れて恥ずかしさがましになりました。
Bさんは手をにぎっておっぱいをさわらせました。気持ちいい。BさんはDカップでさわりごこちよかったです。
しかし僕はすぐに気持ちよくなりました。
おもわずBさんでちゃう。だめよ。我慢して。だめです。しかしBさんはなおも僕の上で腰を振り続けました。
僕は「本当にでちゃう。」
そしてついに射精してしまいました。
他の二人が、いいの?って聞きましたが。
私ピル飲んでるから。
ねっ、私ならいつでも中出しOKよ。そういって体を離しました。ああ、大きいんだし、もうちょっとがんばってほしかったな。っていわれました。
Bさんは35歳です。
そしてAさんが次私。そういって乗っかりキスしてきました。
そして上にのってと言われました。おっぱい吸って。
僕は他の人に見られてそんなことをするのが恥ずかしいといったら、じゃあ、君が女子更衣室にはいってきったって言うわよ。っていわれました。
僕はあきらめて言われるままおっぱいを吸いました。
あーん、いいわ。。そしてしばらくして、
ごめんね。
私はのんでないから。そういうとコンドームをかぶせました。
そして今度は僕が上という体位で挿入しました。2回目でかなり長持ちしました。Bさんが私2番目がよかったなって言うと、Aさんががつがつするからよっていいました。
ちなみにAさんとCさんは30歳です。
Cさんは私今日はできないわ。私もう1個持ってきてるから、使っていいよ。
ほんとう?Cさんはうれしそうに受け取りました。
僕はもうみんなと男と女の仲になりどうでもいいやって開き直り、楽しもう。そう思いCさんをめいっぱい愛撫しました。
Cさんは一番胸は小さいけど一番若くてなかなか美人です。
そして今度はCさんの膣に挿入。
Cさんは「すごいわ。こんなに大きいの初めて。ああ、いい。気持ちいい。」声が大きいので他の二人に口をおさえられました。
また僕は3回目ですごい長持ちしたので
さんは声を出すのを我慢するように小さめの声で、イク、イッちゃうっていいました。
僕は結局みんなとセックスしました。
やっぱり若い子はいいわ。
Bさんがいいました。
Aさんが、ねえ、このことはみんなに秘密にしない?っていいました。
秘密?他の二人が言うと。
みんなに教えたら、6人も相手しなくちゃいけないから私たちの楽しみが減っちゃうじゃない。
これから毎回私の家にいらっしゃい。終わったあと3人だけで楽しもうよ。
いいわね。勝手に週1彼女たちとセックスすることが決められました。
そしてBさんが帰りに二人きりになっていいました。
ねえ私ならいつでもOKよ。中出しもさせてあげる。そういってメアドをわたされました。君がしたくなったらメールいれなさい。僕は中だしが気に入って、週1回はAさんのうちでみんなにもてあそばれています。
そして1週間に2回ぐらいBさんにメールしてやらせてもらいにいってます。

Bさんは週1はみんなにも譲ってあげるけど他は私以外の女としちゃだめよ。
私がいくらでもすっきりさせてあげるから。
本当は君のデカチンポだれにもさわらせたくないけど
私君のこと気に入ってたけど一人では勇気なくてみんなを利用しちゃった。
僕は中だしと大きな胸が気に入って連日Bさんに会いに行くときもあります。
思いがけない初体験。そして今は年上の女性とのセックスを楽しんでいます。

受付嬢F

明日休みで酒に酔ってるんで勢いで昔の話を。

25のとき、当時いた会社で受付嬢と関係を持ったことがある。
彼女は21歳で短大卒業後ウチの会社に入ってきた1年目の子。
身長150cm、体重が50k中半のちょっとぽっちゃりした感じ。
顔は・・・宮崎あおいを不細工にして太らせた感じの子。

自分は技術の待機班として1人でいたんだが、
受付の子である彼女(Fちゃん)が何故か夜遅くまでいた。
俺「ずいぶん遅くまでいるね。乙カレ」
Fちゃん「あ、Kさん(俺ね)、待機ご苦労さまです」
俺「おう、さすがに朝までいるのはきついよ。朝まで一緒にいてくれる??w」
って、冗談半分で言ったら、
Fちゃん「いいですよー」
なんて言ってきた。

最初冗談だと思ってたんだが、夜遅くになっても帰らないFちゃんと見て、
冗談でないことがわかった。
俺「Fちゃん、仕事終わった?」
Fちゃん「あ、はい。もう終わってますけど、Kさんと一緒に朝までいます」
俺「明日も仕事ですよ?もう帰りなよ。」
Fちゃん「さっき言ったじゃないですか。朝まで一緒にいますって。それに私明日休みですから」
俺「あ、そうなの・・・?それにしても・・・」
Fちゃん「Kさんと一緒にいたいんです!!」
Fちゃんの強い言葉に思わずびっくり。
俺「ま、まぁ、Fちゃんが良いって言うなら・・・」

ちなみに当時、俺は結婚3年目でもうすぐ2歳になる子供もいた。
同じフロアに別々にいても・・・ということで、Fちゃんと一緒に色々なことについて話した。
会社のこと、プライベートなこと、Fちゃんの恋愛事情、俺の夫婦間のこと。
特に、できちゃった婚な俺は嫁さんとうまくいってないことなどなど(その時はFちゃんに対して下心なんてなかった)。

Fちゃん「そうですか・・・もうすぐ離婚するんですね」
俺「まー、仕方ないね。子供で繋がってた部分はあるけど、最近向こうは男がいるみたいだし。」
Fちゃん「淋しくないですか?」
俺「そりゃねー。でも、俺は子供を育てていくつもりだし、嫁に子供を任せるつもりもないからさ」
しばらく黙っているFちゃんが次に開いた言葉が・・・
Fちゃん「・・・私がYちゃん(俺の子)のお母さんになれないですか?」
俺「え??」

Fちゃんの言ってる意味が一瞬わからなかった。
こんな話はドラマや漫画だけの話だと思ってたけど、実際にあるからフィクションになるんだなぁと実感。
俺「え・・・あ・・?どういう事??」
Fちゃん「私・・・Kさんのことがずっと好きだったんです。研修中も優しかったし。最近奥さんと仲がよくないってことも知ってました。
     そこにつけ込むつもりじゃなかったですけど・・・私・・・Kさんのこと諦められないと思ってたから!」
びっくりですよ。ホント、まじで。
確かに周りの連中と一緒に飲み行ったり遊びに行ったことはあるけど、
Fちゃんは後輩の一人としか思ってなかった。それが俺の事が好きとかさ。
確か他にも色々言ってたと思うけど、要約ではそんな感じのことを言ってた。
言い終わってから泣きじゃくるFちゃん。
しばらく呆然としてたけど、泣いてる子をそのままにするわけにもいかず・・・。
成り行きで抱きしめました。
するとFちゃんがキスを求めて目を閉じて上向きになるじゃないですか。

そりゃキスしましたよ。
思わず胸ももんでしまいましたよ。
4歳ぐらいしか歳はなれてなかったけど、若い子っていいな、とか思っちゃいましたよ。
そのまま仮眠室にGoです。
仮眠室って言っても、ソファーとTV、冷蔵庫がある程度の部屋。
寝そべっているFちゃんに今度のキスはベロチュー。
涙目のFちゃんの顔がトローンとしてくるのがわかる。
少し大きめの胸を服の上から触ると、ちょっとビクっとする。
やべ・・・むっちゃかわいい。
俺「触ってもいい?」
Fちゃん「・・・はい・・・」
やべっ、こんな新鮮な気持ち何年ぶりだろ。
ブラジャーを脱がすとかわいい胸が出てくる。

・・・が、少しタレてたのと茶色っぽい乳首に萎えw
ヤリマンなのかなぁとか思ったり。
でも、乳首を舐めたりいじめたりするといい感じにあえいでくれるのでおk。
タイトなミニスカートをあげ、下着の上から触ると・・・いいねぇー、ぬれてるのが分かる。
直接触ったら、かなり大きな声を上げられてびっくり。

俺「駄目だよ・・・声上げたら」
Fちゃん「は、はい・・・でも声が・・・んっ!」
やべ、むっちゃ萌え!
その後フェラしてもらったけど、眠くなってきたので省略。

入れるときは、当然生。
ゴムなんてもってないですよー。
俺「入れてもいい?」
Fちゃん「はい・・・」
俺「ゴム持ってないけど・・・」
Fちゃん「そのまま入れてください・・・Kさんも生の方が気持ちいいですよね?」

もちろん!
身体が小さいだけあって、Fちゃんの中はかみさんと違いしまりがよく、
会社で受付嬢としているという気持ちもあって、すぐにでもイキそうだった。
でも、Fちゃんのイキ顔も見たいし、何よりかみさん以外の若い子とヤるのなんて
久しぶりだったから、たっぷりFちゃんの身体を満喫したかった。
俺「Fちゃんの中、すっごい気持ち良いよ」
Fちゃん「んっ・・・あっ・・・」
・・・何も答えないFちゃん。むしろ声を押し殺してる感じ。
でも、そんな感じが(・∀・)イイ

どのくらい痙攣したかな・・・。Fちゃんものすごくイき易かった。
俺が「イっちゃった?」って聞くと、コクンってうなずくの。
それがすっげーかわいくてさ。
イきそうな感覚を何度も我慢して、何回もイかせた。
多分ガマン汁がすごい出てたろうな。
さすがにガマンできない状態に。
俺「ねぇ、俺ガマンできない。イってもいい?」
コクンとうなずくFちゃん。萌えっ!!
かみさんとヤる時の癖でつい言っちゃったんだよね。
俺「どこに出して欲しい?」って
そしたらFちゃん、こんなこと言い出しました。
Fちゃん「中に出して欲しいです。」
一瞬我に返ったね。
俺「はっ!?」
とか言っちゃったよ。
俺「安全日なの?」
Fちゃん首を振る。
Fちゃん「危険日です・・・でも、中に欲しいです。」
かなり躊躇。
というか、正直な気持ちは

うわー!勘弁してくれー!
離婚して即効デキ婚ですかー!?
また同じことの繰り返しですよー!!
俺Fちゃんのこと、まだシラネーヨ!!!

が、もう後の祭りね。
逃げることもできない。
だって気持ちいいんだもん・・・。
俺「じゃー中に出すよ?」
Fちゃん「はい・・・Kさんのいっぱい出してください・・・」

思いっきり激しく突いて一緒にイき、生中出し。
やべー、気持ちいいー。若い子のマ○コさいこー。

・・・なーんて思うのは、イってからコンマ数秒だよね。
イってる最中、思ったよ。

やべぇ・・・離婚早々結婚か。
せっかく遊ぼうと思ってたのに。
Fちゃんかわいいけど、俺受付の○○ちゃん狙ってしなぁ。

とか思いながら、奥まで入れていたチ○コをこっそり手前に引いてイッてたのは秘密ですw

Fちゃん「すっごいいっぱい出てる・・・Kさん、気持ちよかったですか?」
俺「うん、気持ちよかったよ。Fちゃんは?」
Fちゃん「私も気持ちよかったです・・・。Kさん好きっ♪」
と、抱きしめられる私。

・・・あー、あの時できなくてホントによかったと思います。
さっきも書いたけど、Fちゃんはかなりのヤリマンで、被害者多数。
俺がやったのはコレっきりだったけど、何度もやった同僚がFちゃんとデキ婚で寿退社。
しかも誰の子がはっきりわからないときたもんだ。

まぁ、育てた親がその子の親だからね。
自分の子じゃなかったら、捨てる。みたいないい加減なこと言って結婚してたみたいだけど。
今そいつは幸せだからいいんじゃない?
俺は狙ってた子と今付き合って、子供もなついてるみたいだし。
俺もFちゃんもその旦那も、今は幸せ・・・なはずですw

眠っている間に

最近の妄想を一つ。彼女とこんな話をして盛り上がった。

近所にある良く行くコンビニにいる若い男子学生のアルバイト。
常連なので軽く挨拶程度はする関係、近所ということでノーブラで買い物に来たりする彼女が少し気になっている様子。
実はその男の子は同じマンションに住んでいる。
それをいいことに、彼が帰宅する深夜から早朝の時間にかけて少し窓を開け、セックスの声が聞こえるようにしてわざと覗かせてみた。
家の前で急に止まる足音。ガラスに映る人影。間違いなく覗いているな、と確信した自分はよく見えるように彼女に大股を開かせて、深く深く中出しした。
あそこが良く見えるように毛が剃ってある割れ目から、ドクドクと溢れ出す精子を、彼はどんな気持ちで眺めているのだろう。

そんなことを繰り返すうちに、コンビニに行くと彼のほうから積極的に挨拶してくるようになった。
彼女は何も気付いていない様子。しかし、私は彼にニヤリと意味深な笑顔を返しておいた。
ある日の夜、不眠症気味の彼女はよく寝付けないからといって多めに睡眠薬を飲んでいた。
そういう時でもHはするのだが、翌朝よく覚えていなかったり途中で寝てしまうこともしばしば。
私は今日こそ計画を実行に移すことにした。
寝付き始め、朦朧とする彼女におかまいなく私は彼女と行為に及んだ。
途中までいい声で反応する彼女。やがて彼女は深く眠りについた。
いつもなら窓を少し開けるだけだが、今日は玄関も少しだけ開けておいた。
玄関からも彼女の全裸が見える。彼女の乗ったふとんを少しずつずらして、玄関近くまで移動した。
今夜は今から例の彼はバイトに行く時間。彼はいつもの習慣で我が家の様子をチェックしてから行くらしい。
例のごとく、足音が止まる。ここで「あっ」と小さな彼の声が聞こえたような気がする。
そりゃそうだろう、何しろ今夜は玄関まで開いているし、そこからは彼女が全裸で大股を開いて寝ているのだから。
薄暗い部屋の中、彼女の裸体をスポットライトで照らしているのだから。
特に股間を中心に照らされ、しかもそこはさっきまでの行為で濡れ光っている。
荒くなった息、時折ため息が聞こえる。やがて暗闇の中に私の姿も見つけたのだろう、伺うようにこちらを見ている。
私は無言のまま手で「おいで」と合図した。
おそるおそる玄関を開け、彼が入ってきた。顔が真っ赤だ。
 こんな異常な状況だけに、もはや説明は不要だった。
私が彼女を後ろから抱きかかえ、彼女の両足を広げその股間を彼のほうに差し出す。
間近で見たかったであろう彼女のあそこを、おそるおそる顔を近づけ指で広げさんざん観察した彼は、やがて大胆にいじり始めた。
次にせわしなくズボンとトランクスだけ脱いだ彼は、既に先から透明の液を光らせ、反り返り血管が浮いたいかにも硬そうな陰茎を、深々と彼女に挿入する。
一瞬彼女の表情が変わる。少しヒヤッとしたが、大丈夫なようだ。
それから彼女の体を楽しんだ彼は、正常位のまま彼女の奥深くに精を放出。その瞬間だけ寝ているはずの彼女の顔が快感に歪んだ。
事を終え、服を着た彼は軽く会釈すると急ぎバイト先に向かっていった。
もちろんこの様子はビデオに録画。彼が去った後も膣になみなみと満たされた精液の様子をクスコで広げてアップで記録した。
大量の精液に満たされた彼女の膣。その精子の海の底にうっすら彼女の子宮口が透けて見える。
徐々に子宮口から吸い込まれていく赤の他人の精子。このまま彼の精子は彼女の子宮を犯し、さらに彼女の体の奥深くまで辿り着き犯しつくすのだろう。
そのあまりのいやらしい景色に、すぐさま犯したくなる衝動をぐっとこらえ、そのまま精子が膣からこぼれない様に彼女を寝かせた。
彼がバイトを終わる頃を見計らって彼女を起こす。寝ぼけた彼女に透け気味のワンピースを着せノーパンノーブラでコンビニに連れて行く。
さすがに恥ずかしそうにする彼女。レジの担当をする彼も心なしか赤い顔で、私と目を合わせると凄く照れたような笑いをする。
その時、レジで彼の目の前にいる彼女がハッとした。そう、精子は忘れた頃に膣から出てくることがある。
彼女の太ももを伝う大量の精子。まさか目の前の彼の精子だとは夢にも思っていない彼女は彼に気付かれたらどうしよう、と焦った表情。
かといって拭き取るわけにもいかず、何事もない振りをしてその場をやり過ごそうとする。
既に目の前の彼には、日々の私達の夜の営みも覗かれ、数時間前には彼女の体の全てを味わい尽くされ、
彼の肉便器として性処理に使用され精を受け止め、今も彼女の大事な部分、奥深くまで彼の精子が泳ぎ続けているということなど、彼女は夢にも思っていないのだろう。
結局そのまま彼にじっくり観察されるしかない展開が待っていた。
ちょうど彼のバイトの終わる時間、同じマンションなので必然一緒に帰ることになってしまう。
太ももが濡れているのを気にしながら歩く彼女。透け透けのワンピース越し、裸同然の体を視姦される彼女。
彼はわざと二人の後ろを歩き、思い存分そんな彼女を目で犯しつづける。数時間前味わった彼女の全てを思い出しながらに違いない。
家に着く。ちょっと寄っていきなよ、と彼を部屋に上げる。
それからはわざと二人きりに。彼には途中でビデオを見るように言ってある。
もちろん彼女がさっき彼に犯されたビデオだ。これを見て彼女は初めて自分に何が起きたかを知る。
恥ずかしさに顔を赤らめうずくまる彼女を押し倒す彼。もはや抵抗するどころか全てを悟って快楽に没頭する彼女。
その様子をまたこっそりと見ながら記録する私。
一連の行為が終わってから、二人で思い出しながらするセックス。
他人の精子にまみれた膣をかき回す・・・。
一度は本当に犯され、一度は彼女の合意の下で浮気に近い形で出された、数回分もの精子に満ちた彼女の膣は、なんていやらしいんだろう。
私が深く自分のペニスを挿入するたびに、その他人の精子は彼女の奥深く押し込まれてしまう。
他人の精子が勝ち誇ったようにまとわりついてくるのが分かる。
嫉妬に狂った本能が、激しく彼女を犯させるのだろうか。
TV画面には、その彼と二人きりでセックスに狂う彼女の様子が映し出されている。
彼のペニスを生で挿入され精液の糸を引きながら出入りするあそこが大写しだ。
 その画面と、それを見ながらセックスする二人の様子を、わざと開けられた窓から覗き見る男が一人・・・
それは彼だろうか、それともまた違う新しい男だろうか・・・?

5P(2)アナル編

前作:5P


お尻は割と早くにやられちゃいましたね。夏休みに入ってからだったかな。
私が最初二穴を知ったのは、B君の家でみんなで見たDVD。
DVD見てる時にみんな私の体をいじり始めて、輪姦プレイ。
その時初めてお尻にされたんだげど、まさかそれをされるなんて思ってなかったよ。

耐久何連発ってのはどういうこと?1日に何回出されちゃったってことかな?
大体だけど、8Pの時に4発×8人で32くらいかなぁ。ワカラン

初に2穴を経験したのは、1年の夏休みの初めの方。
私とA君、B君、C君、D君は、初めてセックスした時から、もう何度も集まって輪姦プレイをしてた。
テスト期間中と補習の時…多分4回くらいはセックスをした。

午前中に部活が終わり、5人でB君の家に行った。
B君の家に入ると、いきなりA君が後ろから胸を激しく揉んできた。
A君は「これだよこれー」と言っていた。
C君もスカートの中に手を入れ、あそこをいじってきた。

補習終了から夏休みになるまで、2週間ほどセックスをしてなかった。
この日の部活中、私は「今日みんなとやる」と考えると、頭がボーッとしちゃってた。
私も久しぶりの感触に、敏感になっていた。
B君が「部屋に行ってからゆっくりやろうぜ」と言って、部屋に行った。

部屋に入るといきなり襲い掛かってくるA君とC君。私は押し倒されました。
B君が「今日はDVD見てからって言っただろ」と。
A君が「見ながらでもいいじゃん」と言いながら、馬乗りになり私の胸を揉んでいた。
私はA君に覆い被せられていたので、テレビが見えなかった。
私はテレビが見えないよと言ったら、A君は仕方なくどいてくれた。

B君のデカイテレビでエロDVDを見た。音が小さめだったのがなんか面白かったなぁ。
DVDを見ながら、色々なことを言っていた。
私はもちろんA君とC君に体をいじられていた。
DVDの中で、アナルプレイがあった。
ある程度アナルプレイを見た後、B君がDVDを止めた。
B君が「今日はアナルでやってみようよ」と言った。
私は怖かったが、それ以上にもうムラムラが最高潮に達していました。
気持ちいいのかなと聞くと、男の子達は絶対気持ちいいと言い張った。
A君が「ここに入れちゃうんだよ」と言って私のお尻の穴を指でいじった。
私は感じながら、気持ちよさそうかもと答えました。

だんだん周りの温度が熱くなり、B君も私のアナルをいじってきた。
C君は私の胸を触りながら、私の手をC君のアレにもっていった。
D君は勃起したアレを出し、私の顔にこすり付けてきた。
久しぶりのこの感覚…私のあそこはすごく潤っていた。
私はD君のをフェラしている間に、徐々に服を脱がされ、素っ裸になった。
A君が「もう我慢できねえ」と言って私を仰向けに押し倒し、あそこにアレを入れてきた。
私はD君のゆっくりと深くまでさせるフェラに感じながら、A君に激しく犯されました。
D君は「次俺入れるからな」と言っていた。
C君とB君は「早く終わらせろよ」と、我慢できない感じだった。

君が「あーイク」と言って私の中でゴム射した。
A君が射精し終わった後、間髪入れずにD君があそこに入れてきた。
私の両手を握り、「A子の中すげー気持ちいいよ」と言いながら、激しく打ち付けてきた。
その間にB君が、私の口にギンギンのアレを押し付け、咥えさせた。
B君のは先走り汁ですでにヌルヌルしていて、苦しそうだった。
D君がゴム射精した。次はC君の番だった。

C君がバックの体勢で入れてきた。
激しく突かれて胸が揺れていて、「すげー胸揺れてるぞA子」と誰かが言った。
恥ずかしかったが、それがまた快感に変わっていた。
B君が「わりいC、俺もうケツに入れていいか」と言った。
C君は「おもしろそうだな」と言って、騎乗位の体勢のようにC君が下になった。
B君が私の背後に立った。
私は2穴プレイという言葉さえ知らなかった。何が始まるとか全然想像していなかった…

B君が私のアナルにアレを押し当てた。
私は「え、え?」とわけが分からなかった。
B君が「大丈夫、すぐに気持ちよくなるよ」と言っていたのを覚えています。
B君がズブズブと私の未開発のアナルに入れきた。
痛かった。私は痛みを声に出来ず、思わず腰を引こうとした。
だけどB君の力には勝てず、B君は根本まで入れてきた。
B君は「ほら、気持ちいいでしょ?」と言ったが、私は首を横に振った。
そして「無理だから抜いて」と言った。
しかしB君には私の声が届かず「よくなるから」と言って動き始めた。
私は動かされる度に、今まで出したことのないような高い声であえいだ。

A君が「うおすげぇ興奮すんだけど」と言っていた。
C君がB君に「どうよそっちの中は?」と聞くと、B君は「すげぇキツキツ」と答えた。
C君が「俺も動くぞ」と言って動き始めた。
私の中で快感と痛みが同時に襲っていましたね。
二つのアレが私の中でぶつかる感覚があった。
私は思い切りベッドのシーツを掴んでこの感覚に耐えた。
だけど…私はその感覚でイってしまった…かなりの痛みがあるのに。
B君が「あーイクぞ」と言ってかなりのペースでお尻に打ち付けてきた。
私のあえぎは悲鳴に変わっていたが、B君は構わずゴム射。
B君は「A子のアナルすげえいいぞ」と言って抜いた。

A君が「ケツにゴムいるのか?」と私に聞いたが、答えられなかった。
誰かが「いらねえだろ」と言っていた。
D君が「俺ケツ入れるわ」と言った。
C君が「もうちょっとでイクから待てよ」と行って、激しくピストンしてきた。
お尻が痛む中、あそこからの快感にはかなわなくて、続けざまにイった。
そしてC君が私の中でゴム射。
C君がアレを抜いて、私はぐったりと仰向けに寝転んだ。
しかし休む間もなく、D君がゴムをつけてないギンギンになったアレをしごきながら近づいてきた。
D君が私の下に入って、大きなアレをアナルの辺りに持ってきた。
私はイヤだったが、抵抗する力もなく、ただやってくる痛みに身構えた。
D君のアレが入り、私は「あああ」と大きく声を挙げた。
そしてA君のゴム付きのアレをあそこに入れられ、また同時に犯されました。

A君は激しくピストンしてきた。
D君もゆっくりだけど、深くまで突いてきた。
二つの穴で二人のアレを感じながら、私はまたイキそうになった。
痛みで泣きながらも、「あーいっちゃうう」と言ってイってしまいました。
A君は私の胸を揉みながら「A子気持ちいい?」と聞いてきた。
私には答える力もなく、ただ二人のピストン運動に身を委ねてた。
B君「またこんなになっちゃったよ」と言って私の口にアレを無理矢理咥えさせにきた。
B君のアレは私のお尻に入れたので、吐き気のする臭いと味だった。
しかし拒んでも無理矢理口を開けさせられ、咥えた。
三人が自分のペースで私に腰を打ち付けていた。
お尻の痛みはあったけど…いつの間にか気持ちよくなってきていた。

A君が「あーイクよ」と言ってペースを上げ、ゴム射精。
A君がアレを抜くとB君があそこに入れてきた。
D君も「中に出すよ」と言ってペースアップ。下からガンガン打ち付けてきた。
D君がアナルに中出し。
B君に犯されながらも、精液が注がれているのが分かった。
D君が下から抜けた後、C君が私のお尻に入れたいと言って来た。
C君が下に入り、アナルに入れてきた。
二人のピストン運動に私はまたイってしまいました…
そしてC君が中出しし、B君はゴム出ししていった。

この後も何順かやったけど、まぁ同じ感じなので割愛します。
お尻に出された精液は逆流して出てきてた。
そしてこのお尻の痛みは何日か続いたのを覚えてますね。
部活中はこの痛みでずっとこのエッチを思い出してたり。
とりあえず以上です



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード