萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

亀頭

2人の妹と眠られぬ夜

昨夜は3時を過ぎても寝付けなかった。妹達は自分の左右ですやすやと寝ていた。

暫く彼女達を眺めていたらレイプした時よりバストが確実に大きくなっていた。

また顔立ちも子供の殻を脱いで着実に美人の大人になって来たなと思った。

毎日見ていると気が付きにくいがこうしてじっくり見ると色っぽくなっている。

彼女達を見ていると股間のペニスに劣情が集まってきて固く勃起してしまった。

妹達はうちではショーツをはかない。右に横向けに寝ている先発の妹の背後に回った。

気が付かれない様にネグリジェの裾をあげて、お尻の女性器を丸出しにした。

陰裂をそっと開いてクリトリスと膣口を舐めて良く唾液を塗り付け挿入しやすくした。

驚いたことに熟睡しているはずの妹の膣口はポロポロと少量の愛液を流した。

ペニスが出した先汁を亀頭に良く広げ右手に持ち左手で女性器を開いてあてがった、

気が付かれない様に静かに腰を突き出して膣口に亀頭を沈めて行った。エロい光景だ。

そのまま側位でペニスを深刺ししてピストンをせず膣を楽しみ5分で射精して離れた。

左に横向きに寝ている後発の妹にも同じようにこっそりとセックスと射精をした。

今朝の6時半に妹達に膣内から精液が膣口に逆流してこっそり犯したのがばれた。

「お兄ちゃん。して下さるなら起こして下さい。」とクレームが来て騎乗位でそのまま

折檻された。上手になった腰振りとフェラチオで2発ずつ交わって非情に疲れた。

先程遅い朝食を食べた。2人のご機嫌は騎乗位セックスですっかりと治った。

洗面などを済ませたら今日もまた勉強を頑張ろうと思う。

2人の妹とお母様の訪問

俺は2人の家出女子高生と同棲して勉強、躾け、言葉遣いなどを直している。

彼女達は実家住まい時代は親御さんの全く手の付けられない不良娘たちだった。

それがマナーやエチケット、教養などを身に付けた好成績娘になったのだから

学校も親御さんも非常に驚いた。今朝は2人のお母様が揃ってご挨拶にみえた。

俺は差し出がましいとも思ったが、彼女達の希望の進路を良く整理して説明して

人間は夢に向かって生きると幸せだと説いた。お母様達は真剣に聞いてくれた。

お母様に彼女達の勉強部屋を見て貰った。学習机に良く整理された参考書が

多数並んでいて驚いた。「娘はこれを全部勉強しているのでしょうか?」と

聞かれたので「当然です」と答えた。各種エチケットやマナー関係の教科書も

見せて「こんなものも勉強しているのですよ。」とも言った。

お母様達を帰して今日もまたスパルタ式に勉強をさせた。休みながら勉強を

した方が効率が良いと言うが、俺は長時間の思考に耐えられる精神的な力を

養っておかないといけないとあえて頑張らせている。それで今日も早めの夕食まで

連続して演習問題を考えさせた。夕食後はご褒美のセックスタイムにした。

今日は基本に戻って正常位で2回ずつセックスした。前戯を終えていざペニスを

挿入するとなると彼女達は欲情の先汁を滴らせる亀頭に「よろしくね」と言い
 
軽いキスをする。彼女達はもちろん上手なフェラチオも出来るが、その小さな

キスが温かいというのか猛烈に気持ちが良い。皆様にも是非のお薦めだ。

28歳巨乳妻×45歳他人棒 (Ver.2)

“妻が見知らぬ他人の男に犯され、よがり狂う姿をみてみたい。”

私が変態的な願望に目覚めたのは、妻と結婚してから5、6年たった頃のことです。結婚して以来続けていた子作りが実を結ばず、マンネリに陥りかけていた夫婦の性生活。どうにか改善しようという思いから、妻の過去の男性経験を告白させながらセックスをするようになったのがきっかけでした。妻はそんなことを問い詰めてくる私に最初は戸惑っていましたが、告白を聞いて激しく燃える私を見て、徐々に赤裸々に男性経験を告白してくれるようになりました。妻の告白を聞いて、今まさに妻が寝取られているかのような錯覚に私は激しく興奮したのです。

妻と私は16歳の年の差があります。妻は今28歳、由美とここでは呼ばせて頂きます。三人姉弟の長女で、歳の離れた弟二人の面倒をみてきたせいか、とても世話好きな妻です。もともと子供好きだったようで、大学を卒業してから保育園で働いています。私たち夫婦に子供ができても、今の職場で働きたいといっています。そんな母性豊かな妻は、体型も母性的、胸も豊満でヒップも安産型です。ありていに言って、エロいからだをしています。夏に海水浴に行くと、男たちの視線が妻のからだに矢のように飛んでくるのが分かります。
 私はというと、30歳後半まで土日も含めて仕事ばかり。一度事業に失敗しかけて、そこから立ち直るために働き通しでした。ようやく仕事が軌道にのったとき、由美に出会いました。私には妻以外に女性経験があまりありません。子供ができないまま、私のセックスが弱まったら、きっと由美は欲求を持て余してしまうでしょう。寝取られ願望に目覚めた私は、ネットの掲示板や夫婦交換サイトなどを見せては妻を誘いましたが、『何だか怖そうだから、イヤ』と初めは却下。そんな時、妻が『トシ君(私のこと)の友達とかが相手だったらいいかな。』とポツリ。
『!!!』チャンス到来。さっそく住所録を開く私。まず、仕事関係の良く顔を合わせる人は、私の変態性を暴露することになるので除外。私の日常に影響力のない人で秘密が守れて、好色な男がいいのですが、残念、そんな友人はいないなあ、と思いきや、一人だけいました。その男性は大杉さんと言って、以前私の会社に派遣会社から4か月ほど来ていた45歳の人物。噂によると給料を前借してまで風俗にいくほどの色好きで、パートの女性社員にセクハラをして親会社をクビになったという、同性の人間から見れば救いようのないと思える人物です。(そんな人物に妻を抱かせて興奮したいと思う私も、相当に救いようがないのですが)大杉さんの外見は中肉中背の、少し髪の薄くなった普通のおじさんです。問題は妻が大杉さんを受け入れるかどうかということ。以前飲み会で写した写真がスマホにあったので、ダメモトで妻に見せました。
『何これ!(笑)えーこの人?』と由美。
『さすがに無理かな』
『イヤ、可愛いんじゃない(笑)』
私『え??』??
この写真をどういう角度から見たら“可愛い”なんて言葉が出てくるのか、私には見当もつきませんが、とにかく妻的には大丈夫なようでした。
『その人に仮に決めたとして、トシ君がうちの奥さんとエッチしてくれ~て頼むわけ?』
言われてみれば、もっともな疑問です。大杉さんに実際に私の変態願望を話して、『妻を抱いてくれ』とお願いすることは、私の僅かばかりあるプライドのカケラが許しませんでした。しかし、困窮は発明の父、とっさに私の頭脳に閃光のごとくアイデアが閃きました。
『由美ちゃんが私の知り合いのデリヘル嬢ていうことにして、3Pをするというのはどうだろうか?』
つまり私たちが夫婦だということは秘密にして、3Pのできるデリヘル嬢ということに由美を仕立ててプレイをするのです。冷静に後で考えると、妻のプライド大きく傷つけかねない馬鹿げた提案でしたが、幸いにもノリのいい妻は
『う~ん、だったら、デリヘル嬢ぽいお洋服、今持ってないんだけどなー』
と、新しい洋服をおねだりされてしまいました。ここは気前よく、なんでも好きな服を買ってあげることにしました。私の願望に妻を付き合わせて、デリヘル嬢の真似までさせるのですから、それくらいの出費は当然です。

なにはともあれ、一度大杉さんと連絡をとって会ってみることにしました。そもそも私が大杉さんの連絡先を知っているのは、ひとつ歳上の大杉さんのほうから、うまいホルモン屋があるのだけど、一緒に行きませんかと誘われていたからです。当時は社交辞令として連絡先を聞いて、そのままにしていたのですが、今はそれが役に立ちました。週末のある日、私は小杉さんとホルモン屋で落ち合いました。そのホルモン屋は大杉さんのアパートのすぐ近くにありました。昭和の趣を感じさせる看板と店構えで、狭い駐車場の隅には1本の梅の木が植えられていました。駐車する車のじゃまにならないようにするためか、不恰好に剪定された梅の枝には、それでも精一杯紅色の花を満開に咲かせて、私を迎えてくれました。
『いやあ、久しぶりですねー。』
大杉さんと、相変わらずな近況を報告しあうと、食事とビールが進むにつれて、自然と風俗の話になりました。風俗店の女性の質やら、値段やら、店内の嗜好やら、サービスの良しあしやら、『俺は巨根すぎて、風俗嬢に嫌われたことがある』という大杉さんの自慢話?やら、大杉さんの飽くことのない風俗トークで盛り上がりました。
私はタイミングを見計らって、本題を切り出します。
『大杉さん、経験豊富そうだけど3Pってやったことあります?』
『3Pかあ、俺、早漏だから二人も相手できるかなあ~』
どうやら、大杉さんは男性一人に女性二人の3Pをイメージしたようです。
『い、いやー、そうじゃなくて、男性二人で女性一人を攻める、みたいな』
『あ、そっちか!うーん、やってみたいけど金がかかりそうですねえー』
『どうですか、今度、私の奢りで』
『え、マジすか。ていうか、そんなプレイさせてくれる店って、どこっすか?』
しっかりとした手ごたえを大杉さんから感じた私は、笑みを浮かべてゆっくりとした口調で
『実は馴染みのデリヘル嬢から、すでに3PのOKもらってるんですよ』
『すげえ、Sさん(私のこと)、見かけによらず、けっこう遊んでいるじゃないですか、タダでさせてもらえるなら、飛んでいきますよー』
案ずるより産むが易し、こうして簡単に話がまとまりました。

 そうこうして、大杉さんと約束をした日、妻は“デリヘル嬢ぽいお洋服”を着て、メイクも玄人に似せて完璧です。まず妻を自家用車の助手席に乗せ駅に向かい、そこで妻を下すと、今度は大杉さんの自宅に迎えに行きます。大杉さんを助手席に乗せると、次に妻の待つ駅に。すべては「デリヘル嬢との待ち合わせ」を演出するためでした。大杉さんが住んでいる古い2階建てのアパートに着くと、大杉さんはすでに表に出て私を待っていました。私に気付くと、ふかしていたタバコを急いで靴底で消して、車の助手席に乗り込にできました。寸前まで吸っていたタバコの匂いが車内に広がります。
『Sさん、この日のために一週間もオナ禁しちゃいましたよ(笑)』
大杉さんも期待して、この日を待っていたようです。大杉さんは私に錠剤を差し出すと
『Sさん、これ飲みませんか、バイアグラのバッタもんですけど、風俗仲間にもらったものです』
『え、大杉さんは飲んだんですか?』
『ばっちり、飲んできましたよ』
とガッツポーズで元気に笑う大杉さん。

 妻と待ち合わせた駅前の公園につくと、三分咲きの桜の木の下に妻の姿が見えました。まだこちらには気付いていない様子でスマホをいじってます。縁にうす紫のストライプの入った黒のジャケットに、同色の黒のスカートの下は、これも黒のセクシーなストッキング、踵の高いハイヒール、金色の鎖のブランド品のハンドバッグ。この日のために、これが妻の選んだデリヘル嬢ぽいお洋服の着こなしです。
『大杉さん、あの子ですよ』
私が車の中から妻を指さすと
『えっ、ええっ!チョ~いい女じゃねーっすか!』
大杉さんのテンションが一気にあがります。妻にラインを送って到着を知らせる私。妻も気付いてこちらに歩いてきます。助手席の大杉さんに軽く会釈をすると、妻は後部座席に乗り込みました。
『こんにちワ~Sさん、お久しぶりです。まだ寒いですねー』
とデリヘル嬢の役に成りきって、私と久々に会ったかのように演じる妻。私も演技して、彼女のお客の一人の様な会話をしました。
『カワイイねー!名前は?歳いくつ?』
後部座席にいる妻に、助手席から後ろ向きになって、大杉さんは話しかけ続けました。大杉さんに由美を紹介しようと言葉を考えていましたが、どうやらその必要はないようでした。
『えー…(笑)大杉さん、アタシいくつに見えますかー?』
『うーん、22、23、かなーァ?』
『ほんとにィ? ほんとにそんなに若く見えますか?』
小杉さんの回答に気を良くしたのか、テンションを上げる妻。私そっちのけで会話が盛り上がっていきます。
『由美ちゃん、薬指に指輪しているけど結婚しているの?』
『はい、結婚しています。でも、この仕事は旦那には内緒なんですよ(笑)』
とうまく返答する妻。
『まじかー!Sさん!どうしよう、たまんないっすねエー(笑)』
どんどんテンションを上げて騒がしい大杉さんと妻に、黙々と運転を続ける私。やがて予定通り、ラブホテルに到着。

ホテルに入るとさっそくバスタブにお湯を張る妻。大杉さんは禁煙の車内から解放されて、たばこを吹かし始めました。私は二人にお酒を勧めます。三人で乾杯(車の運転がある私はウーロン茶)。
大杉さんの妻への質問責めと、褒め攻撃が一段落したところで、大杉さんにお風呂に入ってもらいました。妻と二人だけになると、急に静かになってしまいます。
『大丈夫?(私)』『大杉さん、楽しい人ね(妻)』『質問攻めだったよね(私)』
『でもなんか新鮮。こんな風に女扱いされたの久々だし(妻)』
そう言われてハッとしてしまいました。私たち夫婦が知り合ったばかりの頃は、私も大杉さんみたいに、妻のことを可愛い可愛いと褒めていたのを思い出します。
『トシくん、最近、私が髪を切っても何も言ってくれないし』
『ご、ごめん』
そう言われて、いつのまにか妻が前髪を切っている事に、初めて気が付く私。
『この服だって、大杉さんはすごく似合ってるよ、て言ってくれたのになぁ』
私は、嫌な汗を感じながら『ごめん、とても似合ってるから』
『べつに怒ってないけど…今日はトシ君が後悔しちゃうくらいヤキモチやかせてやるんだから(笑)』
『お、おいおい!』と言いかけたところで大杉さんが風呂から出てきました。風呂に消えてから10分と経っていません。ものすごい早風呂です。大杉さんはろくにからだを拭かず、腰にタオルを巻いた姿で床を濡らしながら現れました。妻はそれを見て、慌てて駆け寄りタオルを手に、大杉さんの身体を拭きます。この時、私は大杉さんの裸を始めて見ましたが、想像以上に全体的に筋肉質です。後で聞いたのですが、建設工事現場で肉体労働をしていた経験があるとのことでした。男性ホルモンがみなぎっているのか、体毛がかなり濃い。巨根を自称するペニスは妻に身体を拭かれて興奮したのか、はたまたバッタもんのバイアグラが効き始めたのか、タオルを巻いていても、はっきり判るくらいに勃起しています。妻もその膨らみに気がついたようで、顔が赤くなっています。
次に私が風呂に入ります。妻にも勧めましたが、家を出る前にシャワーを浴びてきていたし、化粧崩れも気になるようで入りませんでした。妻を半裸の男(しかも勃起してる男)と二人きりにする、それだけで私はもう興奮を抑えきれずにいました。大杉さんが抜け駆けしてプレイをはじめないか心配だったので、バスルームのドアを少し開けて聞き耳を立てつつ身体を洗いました。大杉さんと妻の笑い声が時々聞こえます。
 私が風呂からでると、いよいよ緊張感が立ち込めてきました。部屋を暗くして、妻を挟むようにしてベッド脇に並んで腰掛ける三人。妻は不安げに右隣に座る私の左手を握っています。大杉さんはというと、もう待ちきれないと言わんばかりに短めの黒のスカートから覗く妻の内ももを、無遠慮にさすり始めていました。タオル一枚腰に巻いただけの男性が、股間を勃起させ愛妻の肌をさすっている光景。まもなくの願望成就を感じ、興奮を抑えられない私。呼吸するたび私の身体が小刻みに震えるのを感じました。
『なんか暑いね(笑)少し酔っちゃったかな、顔が熱い』
この後起こることを予感して恥ずかしくなってしまったのか、妻は顔を赤くして、手のひらでパタパタと顔を扇いでいました。私は意を決し、うつむき加減の妻の頬を右手ですくい、こちらを向かせるとキスをしました。熱い頬がふれます。軽いキスからディープキス、妻は私に甘えるように首に手を回して応えてくれます。『アアン』妻の甘い吐息が漏れます。
『由美ちゃん、すごいよ。もうこんなにびしょ濡れじゃないか』
大杉さんの声が聞こえたと思ったら、もう彼の左手はカートを巻くりあげ、妻の股間をショーツの上から触っていたのでした。私は頭の中が真っ白になり、妻をベッドに押し倒しました。すこし乱暴に服を脱がして、下着姿になった妻は恍惚とした表情で、口を半開きにして目をつむっています。自分の腰に巻いたタオルをはだけると、私はすでに勃起したペニスを妻の唇にあてがいました。すると目をつむったままペニスを根元まで妻は咥え込みました。私のやりようを見て、大杉さんも行為をエスカレートさせていきます。妻の下半身のほうに回りこんだ大杉さんの顔は、もう妻の股間にあって、黒のストッキングの太ももを左右に開いて、妻の女性自身の匂いを確かめるようにしています。
『由美ちゃん、パンティーびしょびしょなってるよ~』
と大杉さん。妻のショーツは私の位置からも判るくらい濡れてシミになっていました。大杉さんはシミの濃い部分をショーツの上からなぞるように愛撫しています。すると、妻は顎を挙げて、快感を隠すような呻き声をあげてしまいます。その声に気を良くしたのか、大杉さんはにんまりとほくそ笑んで、ストッキングを脱がせると、ショーツを横にずらし、妻のアソコを露わにしてしまいました。
大杉さんは、『うわあぁ、由美ちゃんたら、可愛い顔してるのに、けっこう毛深いんだねぇ(笑)』
『いやぁ…言わないで…』
さらに大杉さんの下品な言葉責めは続きます。
『こんなにマン汁垂れ流して、はずかしいマンコだなぁ』
由美は答えず、私へのフェラチオ奉仕に集中します。大杉さんはついに妻のアソコに顔を近づけ、クンニを始めました。ジュルジュルという、下品な愛液をそそる音をわざと立てて、妻の股間に吸い付く大杉さん。『ア~~ン』妻はたまらず大きな嬌声をあげてしまいました。大杉さんは妻の大陰唇、小陰唇、クリトリス、膣口、もしかしたらアナルまで、飽きるようすもなく、丁寧にいやらしい音を立てて舐めまわしました。ひとしきり舐めまわすと、大杉さんは今度は指で妻の膣内を犯していきます。指とはいえ、私以外の男性の身体の一部が妻の膣を犯す光景に、私は言葉を失うほどの興奮に包まれました。
『あん!大杉さんの指、ゴツゴツしてるぅ!』(妻)
『気持ちいいかい?』(大杉さん)
(っうふ!あん…ぁん!あひ…ぃい!あう、ィ、なの)妻の発する声は、もはや言葉にはなっていません。あえて言うなら、吠えている。
妻の表情を見て、舌でクリトリスを刺激しながら、指先で妻の膣内を探る大杉さん。もう妻の性感帯を見つけ、そこばかりを的確にリズミカルに責めているのが見て取れました。妻は意識のほとんどを自分の股間に持っていかれているためか、私へのフェラチオは集中力を失っていました。
『ぁあん…Sさん、ん…もうおちんちん欲しい…』
私に挿入をおねだりする妻。いつもならそのまま生で挿入するのですが、今日は大杉さんがいる手前、コンドームを装着します。コンドームを付けている間も大杉さんの責めは続きます。妻は大杉さんの薄い頭を両手でもみくしゃにして、自分のあそこに押し付けるようにして悶えています。
私は由美を仰向けに寝かせ、正常位の体制にしました。ショーツを脱がせると、妻の秘部は陰毛までびしょびしょに濡れて、妻の愛液と大杉さんの唾液とが混ざった匂いを放っていました。
『はやく~はやくおちんちん欲しいー』
その言葉に応じて十分に潤った妻の秘部に亀頭を沈める私。
『っくふん!ぁあSさん(いつもより)大きい!』
大杉さんは『チンポ入れられて気持ちいいだろ、由美ちゃん…』
『ああ!きもちいい!Sさんもっと突いて!』
大杉さんは妻に添い寝するように、今度はブラの上から妻の胸を触っていました。
『うほお!でっけぇおっぱいだなぁ』
大杉さんは妻のブラを器用にはずしました。私のピストンの動きに合わせて揺れる妻の大きな乳房。大杉さんは妻の右の硬くなった乳首に吸い付き、右手で左の乳房を揉んでいます。由美は大杉さんの乳首に吸い付く姿に
『ふふ(笑)大杉さん、赤ちゃんみたい、可愛い(笑)』
大杉さんの薄い頭髪が乳児の産毛にでも見えたのか、妻は母性本能をかきたてられたようでした。乳児に授乳する母親のように妻は大杉さんの頭を撫でました。いやがおうにも嫉妬心を掻き立てられます。
私は妻を大杉さん側に引っくりかえし、四つんばいにします。妻の巨乳に顔を押しつぶされ、嬉しい悲鳴をあげる大杉さん。この時、大杉さんの腰のタオルはいつのまにどこかにいってしまい、ペニスが露わになっていました。自称する通り大きいペニス。20cm近くあったでしょうか、私のペニスと比べると1.5倍ほどあるように見えました。興奮と薬の力もあってか血管を浮き立たせ、完全に勃起しています。亀頭は光を反射するほどプリプリに膨張して、先端の尿道にはもう粘液が付いていました。その先は妻のアソコに向いていて、今にも挿入の機会を伺っているように見えました。私は先を越されまいと再度バックの体制で挿入。大杉さんは四つんばいの妻の体の下を仰向けのまま、にじり上がって、その巨根を妻の目の前に持ってきます。妻『す、すごーい…おっきい…』
『由美ちゃんのでっけぇおっぱい見てたらこんなになっちゃったよ。旦那のより大きいかい?』
私にバックで突かれながら、大杉さんの怒張した巨根に感嘆する妻。それでも大杉さんの質問には答えません。それもそのはずです。大杉さんは知りませんが、その(旦那)はいま妻の後ろで腰を振っているのですから。
『ほら、こんどは由美ちゃんが俺のを気持ちよくしてね』とフェラチオを妻に促す大杉さん。妻は私には見えない角度ですがフェラチオ奉仕をはじめたようでした。わずかに上下する妻の後頭部。妻は女性自身を私が困るほど濡らしていて、性的興奮が今までにないほど強烈なものであることを正直に言っていました。私のペニスにも由美の白濁した愛液がまとわり付いています。
大杉さんが大声で言います。『うほお!上手だなぁ、由美ちゃん、旦那にもこんなふうにしてやってんの?』
『いやぁー聞かないでぇー』
妻のおちんちんを頬張るフェラ顔を見ならが、ニタニタと笑う大杉さん。
『由美ちゃん、もっと奥まで咥えこんで』
大杉さんの言葉に応じようとする妻。すこし苦しそうな息使いと、口の中で唾液の立てる音がします。
『おお、おお、気持ちいい、舌の動きがたまらないな~、上手だ、由美ちゃん、上手だよ~』
『うぐっ、ほ、ほんと?もっと奥まで咥えられるかも~』
褒められると伸びるタイプの妻。私は嫉妬心を露わにしてピストンの動きを早めます。由美もたまらず
『あん、Sさん…ぅん、はげしいっ!』
そういえば妻に苗字にさん付けで呼ばれるのも、コンドームを付けてセックスするのも久々で新鮮でした。しかも妻は私の目の前で他人の肉棒を咥えての奉仕! こみ上げてくる射精感に私は思わず声をあげてしまいました。
『…ああ!…いきそう!』
妻は『ああん、やだ、Sさん、早い!もっとして!もっと突いて!』
しかし、私は限界に来ていました。
『あぁ、いくっーっ!-っ!-ーっ!』
妻の言葉に応えられず、繋がったままコンドームの中に射精する私。
『はやいよ~』
と妻のダメ出しです。大杉さんが今度は自分の出番だと言わんばかりに、薄ら笑みを浮かべるのが分かりました。荒い息遣いのまま、妻からペニスを引き抜き、力が全身から抜け果てて、ベッドに突っ伏す私。気だるさの中でコンドームを外します。相変わらず妻は四つんばいのまま、大杉さんにフェラチオ奉仕しています。改めて横からその様子を見ると、大杉さんのペニスが大きすぎて、その中ほどまでを咥え込むのが精一杯といった様子でした。
『由美ちゃんはもの覚えがいいね、どんどん上手になってるよぉ』
妻の髪を撫でながら、フェラチオ奉仕を楽しむ大杉さん。妻は切なくなっているのか、女性自身を自分の手でいじっていました。
『そろそろ、由美ちゃんの小さなマンコに俺のチンコ入るかなぁ(笑)』
『…ああぁん、こんなの入れられたら、わたし形が変わっちゃう』
妻は淫乱な表情で大杉さんを見つめながらフェラチオ奉仕を続けます。
『由美ちゃん、自分でオマンコいじってるけど、もう入れてほしいの?』
切ない表情を浮かべて、妻はついに他人棒を懇願しました。
『いれてほしい』
『聞こえないなあ、もっと大きな声で言ってくれなくちゃ』
『オマンコに入れてほしいよ』
大杉さんはニタリと笑って妻を反対側に押し倒して仰向けにすると、正常位の姿勢をとります。でもまだコンドームは付けていません。
『い…いや、大杉さんゴムつけて』
『えー、このまま入れたほうが気持ちいいよー』
大杉さんは亀頭をもう妻の入り口に擦り付けています。大杉さんが腰を少し沈めるだけで、生で挿入されてしまう。妻の女陰に私以外の男性器が擦り付けられている。私は極度の興奮で喉をカラカラにして見ていました。
『やだー、ゴムつけて、お願い!』
『じゃあ、先っぽだけ!お願い由香ちゃん!いいよね?』
私が止めなければ、と思う気持ちがありましたが、ここで思い出しました。大杉さんにとって、妻はデリヘル嬢で、私はその夫ではなく、今は大杉さんと同じ風俗客。いくら私のおごりの風俗とはいえ、大杉さんの遊び方にとやかく言える立場ではありません。生挿入を拒否するかいなかは妻の判断に委ねるしかありませんでした。
返事をしない妻、それを肯定と解釈したのか大杉さんの腰が少し沈みました。
『あぁん!大杉さん、だめぇえ!』
悲鳴に快感を足したような妻の声が響きます。
『ほら大丈夫だよ、先っぽだけだから(笑)』
大杉さんは亀頭だけ挿入して、ツプツプと小さな音を立て、短いストロークでピストンしていました。私は頭のなかが真っ白、めまいすら感じました。
『大杉さん、お願い、ゴムつけてぇ…ああっ、ぁあん!』
妻が言い終わるのを待たずに大杉さんがさらに奥に腰を沈めました。徐々にストロークの幅を長くして無遠慮に妻の中を犯していきます。
『由美ちゃん、大丈夫だよ、イキそうになったらゴムつけるから、ね!』
『んはぁ…だめぇ!大杉さん!おっきい』
ついに根元まで大杉さんの怒張したペニスが生で由美の中に飲み込まれてしまいました。
『うはぁ!由美ちゃんのマンコきっつきつ、すんげぇ気持ちいい!』
『大杉さん、だめ、痛い、動かないでぇ』
妻は大杉さんの腰に両脚を回してロックし、動かないようにします。
『す、すこし、このままでいて…』
『由香ちゃん、ごめんね、痛かったね、よく我慢したね』
さすがに大杉さんもすまなく思ったのか、子供をあやすように妻の頭を撫でながら言いました。眼に少し涙をにじませた妻は大杉さんの首に手を回し抱きつきました。正常位のままきつく抱き合う二人、そうすることが当然のように唇をかさね、舌をゆっくりと絡めていました。
―妻が裸で他の男と抱き合っている―しかもその男の怒張する肉棒は、おそらく妻の粘液で潤った膣壁を押しひろげ、妻の子宮の入り口に亀頭の出口を押し当てている――私はこの圧倒的な光景に、座った姿勢のまま後ずさりしてベッドからずり降りて、ベッド脇に身をひそめるように座り、成り行きを見守りました。その時は嫉妬と興奮、後悔と焦燥感で何も考えられず、自分の心臓の鼓動を感じながら、ただただ傍観していました。幾度となく夢見たシーンのはずなのに、現実になったとたん、後悔と不安の波が押し寄せるのはなぜなのでしょう。
『いいよ、ゆっくり動いて…』
挿入から五分ほどがたったでしょうか、大杉さんは由美の言葉に嬉々として腰を動かし始めました。
『うほぉ(笑)由香ちゃんのマンコ吸い付いてくるよぉ』
『…ぅん、ゆっくり…ぁん!奥のほう、やっぱ痛い…』
腰の動きを抑制するように妻の両手は大杉さんの腰をおさえています。それに応じて今度は、妻の膣内の感触を楽しむように、ゆっくり腰を動かす大杉さん。
『うはぁ生マンコ気持ちいい(笑)』
さらに大杉さんは左手で身体を支えながら、右手で妻のクリトリスを器用に刺激します。これが気持ちよかったのか、苦痛交じりの妻の嬌声が徐々に純粋な快感だけの嬌声に変わっていくようでした。
『あぁん、大杉さん!あん、上手ょ、あぁん!っふぅん!』
『うー!由美ちゃんのマンコいい感じになじんできたよ!まだ痛いかい?』
『奥が少し痛いけど…あん!でも気持ちいいのぉ!』
『ここがいいのかい?』
今度はピストン運動を止めて、妻の最深部に怒張を押しあてたまま、腰をぐりぐりとこねまわしました。いやらしい腰の動きに、妻はさっきまでの苦痛が転じて快感に変わったのか、のけ反って快感を顕わにします。
『いいーーっ!ああん!すごい!もっとグリグリしてぇ!』
大杉さんは妻の身体を抱き起こすと、自分は後ろに寝転んで、妻を騎乗位の姿勢にしました。
『由美ちゃん、おっぱい綺麗だぁ』
妻の大きな乳房が揺れています。大杉さんはその豊満の胸を鷲づかみにします。『あぁん…ああ!ぅふう!』
妻は官能的な表情のまま目をつむり、眉を八の字によせ、何かに取り憑かれたように自分から腰を動かしはじめました。
『ぁん!これ…届いちゃう!奥がいいの!』
私は興奮を抑えきれず、二人からは見えない角度で自分のペニスをしごいていました。妻の女陰と大杉さんのペニスの結合部分からは、白濁した愛液が流れでてきていました。
『はぁん!大杉さんのおちんちん!気持ちいいとこ…あたっちゃうよ~!!』
大杉さんは妻の身体を自分のほうに倒し、密着姿勢をとると今度は下から腰を浮かせて激しくピストンを動かしました。
パン!パン!パン!パン!パン!パン!
肌と肌がぶつかり合う単調な音が部屋に響きます。
『ぁん!あん!はぁん!あん!ぅん!ひゃぁ!大杉さん!すごい!!ああん!おかしくなっちゃう!』
私は二人の下半身側に移動してベッドに身を乗り出す私。例えるならボクシングの試合で選手を見守るセコンドのような姿勢で、出入りする結合部を凝視しています。愛液で異常なほど白濁するペニスと女陰。私のペニスの先からは、我慢汁がこぼれ出ていました。
この日の出来事は、今でも夢の中の事のようです。
幾度となく思い返しては反芻していますが、それでも未だに消化しきれていません。ビデオか写真に記録しとけば良かったと、後になって思いましたが、当時その余裕は全くありませんでした。
大杉さんは妻の反応に満足したのか、今度はペニスを引き抜くと妻を横に寝かせ、添い寝するような姿勢でまた背部から挿入しました。AVで何度か見たことのある体位。私も挑戦してみたことがあるのですが、ペニスの長さが足りなくて、すぐに抜けてしまう体位でした。
大杉さんはピストンを続けながら、右手でまた器用にクリトリスを刺激します。
『ぃやん!これ、ぁあん!きもちいい!!』
『旦那はこんなふうにしてくれないのかい?(笑)』
妻の耳元でささやくように言いました。
『だめ!これっ、いっちゃう!』
大杉さんは妻を振り向かせ、またキスをしながら単調に妻を責め続けます。妻は熱にうかされたように頬を赤く染め、眼を潤ませてペニスの動きを受け止めていました。夢中で絡み合う二人、その様子は恋人同士のようであり、交尾する獣のようでもありました。私は自分のペニスをしごく速度を速め二度目の射精をしようとしていました。
『うーーっ!あん!いくぅううう!』
妻はからだを引きつらせるように小刻みにカクカクと震えて、絶頂を迎えました。それでも大杉さんの責めは続きます。
『はあん!ーっ!んーーっ!もう、いってるのー!だめ!』
妻はクリトリスを刺激する大杉さんの右手をおさえて言いました。
大杉さんは今度は妻を四つんばいにして、側位からバックへと器用に体位を変えました。
『あぁ!だめ!また奥まできちゃう!』
『由美ちゃん、旦那と俺と、どっちのチンポがいい!?』
ニタリ顔でいやらしい質問をする大杉さん。答えない妻。大杉さんは返事を促すようにピストンを早めます。濡れる結合部からはべチャべチャと、粘液がペニスにまとわりつくいやらしい音が聞こえていました。
『あぁ!お願い許してぇ!』
『ねえ、どっちがいい?』
しつこくまた聞いてくる大杉さん。
『…ひぃん!…いやぁ!』
大杉さん『答えないと…!』
パン!パン!パン!パン!パン!パン!
大杉さんはこれ以上ないくらい早く、自分の腰を妻のおしりに打ち付けました。
『ほら!どっちのチンポがいいんだ? え~?』
『ふあーーっ!このおちんちんがいいぃ!!!』
私は『う-っ!う-っ!う-っ!う-っ!』と犬のように唸っていました。
真横から二人の交尾をおそらくものすごい形相で睨み付けながら、私は自分の男性自身をしごいていました。妻の絶叫が響きます。その言葉に満足したのか、またニタリと笑みを浮かべる大杉さん。私はたまらず、二度目の射精を床にまき散らしました。
由美は『ぅお!…だめ!…またいくぅー!!!』
と立て続けの絶頂。上半身を赤く染め、肌はうっすらと汗ばんで、髪の幾本かが頬に貼り付いています。ベッドに肘をついてなんとか上体を起こしていた妻でしたが、今は手は弛緩して顔をこちらに向けて、ベッドに突っ伏しています。それでもなお大杉さんは妻の腰を両手で持ち上げ、激しくピストンを続けます。次の瞬間、妻は気味の悪いほどの白目を見せて、エクスタシーに達していました。
『――はぁ―っ!いく!!』
大杉さんは射精感が込みあげてきたのか、光悦とした表情になっています。
妻は急に慌てて『い、嫌あ!お願いそとに出して!お願い、ぃやあーん!抜いてぇ!』
『うぁあ!―ぅん!-っ!-っ!-っ!』
射精する寸前で小杉さんはペニスを引き抜きました。パタリとうつ伏せに倒れる妻、大杉さんは倒れる妻を強引に仰向けにして射精の的にします。妻の大きな乳房に勢いよく吐き出される大杉さんの精液。一週間溜め込んだという大杉さんの精液は少し黄ばんでいて、痰のような醜悪さを呈しています。妻は大杉さんに促され、快楽の余韻にひたるような顔つきのままで“お掃除フェラ”をさせられました。まだ半勃起状態の大杉さんのペニスに白くまとわり付く精液と愛液。仰向けに大の字に寝た亀頭を、丁寧に吸う妻の顔を、タバコの煙をくゆらせながら満足げに見つめる大杉さん…。愛する妻を完全に汚された…。
私は屈辱と後悔を感じながらも、一方で、願望の成就に達成感を感じていました。そして、妻の顔をこの瞬間ほど美しいと思ったことはありませんでした。
気付けば、予定していた時間をとうに過ぎていました。シャワーを浴びることなく、慌ただしく服を着てホテルを後にする私たち。今度は待ち合わせたときの逆に、まずは妻を駅前の公園に降ろします。
『いやあ、由美ちゃん、最高でしたね…(笑)』
アパートに大杉さんを送る車中、愉快そうにはしゃぐ大杉さんとは違い、私は暗く気だるい気持ちでした。
『ほんとですよね…』
言葉とは裏腹に、元気なく答える私。テンションのあがらない私を盛り上げるつもりなのか、大杉さんは話し続けます。

大杉さんをアパートに送った私は、大急ぎで妻の待つ駅に車を走らせます。自然と荒っぽくなる運転―私は平常心を失いかけていました。

――大杉さんに抱かれた妻は、いま“大杉さんのパートナー”になっている。
――それを“私のパートナー”に戻すにはもう一度、妻を抱かなければならない。

こんな感情はわかりにくいと思います。しかし、私の心の中には、早く妻を抱いて私のパートナーに戻さなければならないという、猛烈な衝動がありました。
私はダッシュボードに転がっていた青い錠剤―それは大杉さんからもらった「バッタもんのバイアグラ」―を飲み込みました。

駅で妻を車に迎え入れ、また車を走らせる私。
再びラブホテルに車を停めました。
部屋まで無言のまま妻を導く私。妻をベッドに押し倒すと、興奮をあらわにして強姦魔のように妻を犯しました。

まだ湿り気を帯びた妻の秘部、その湿り気は妻の愛液と大杉さんのクーパー腺液の混ざったもの。前戯もなく挿入する私。抵抗なく受け入れる妻の秘部。
抵抗がない!
大杉さんの巨根を咥えこんでいた妻のアソコ。長さ、太さ、そしておそらく硬さも、全てにおいて私のペニスに勝る大杉さんのペニスを咥えこんでいた妻の女陰は、拡張されて膣圧を失い、私のペニスに挿入感を与えてくれませんでした。
私の中で渦巻く、妻を問い詰めたい衝動―

『なんで、生挿入を拒絶しなかったんだ?』
『そんなにあの巨根がよかったのか?』
『なんで、あんな脂ぎったハゲ頭を撫でられるんだ?』
『おれのペニスでは届かないところにお前の性感帯があるのか?』
『なんで、はじめて会った中年とあんな恋人のように舌を絡ませられるんだ?』
『なんで、おれとのセックスではローターがないとイケないんだ?』
『また大杉さんに抱かれたいと思ってるのか?』
『なんであんなドロドロに汚れたペニスを舐められるんだ?』
『おれとのセックスより気持ちよかったんだろ?』
『こんなガバガバになるまでアソコをかき回されて気持ちよかったんだろ?』

私の頭の中で『なんで?』という声が溢れかえって、ぐるぐると回転していました。けれど、つぎに私の口から出た言葉は、
『由美、愛してるよ、愛しているよ―』
『トシくん…うれしい!…私も愛してる…ぁん!』
こんなに自然に『愛してる』という言葉を使ったのは、どれくらいぶりでしょうか。妻の髪からは大杉さんが吸っていたタバコの匂いがしました。また甦ってくる激しい嫉妬心。込み上げてくる三度目の射精感。挿入感は薄いものの、それをはるかに超える官能の興奮のなかで、私は妻の中に全ての精を放ちました。
射精し終わってもしばらく抱き合い、舌を絡ませる二人。妻の子宮に子種が届くように、射精のあとも挿入したまま抱き合うのは、子供のほしい夫婦のいつもの営みです。
結局この日は家に帰らず、なんども妻を抱きました。

あの日以来、私たち夫婦の生活は激変したと言っていいでしょう。なんというか、お互いに対して思いやりのようなものが深まったというか、新婚さんや付き合いたてのカップルのように仲が良くなりました。ラインでの会話も頻繁になり、夫婦手をつないで外出することも増えましたし、妻のおおざっぱな弁当も愛妻弁当らしい彩り豊かなものになりました(笑)
でも、一番の大きな変化は夫婦の性生活です。以前は週に一度あるかないかのセックスが、今ではほぼ毎日。変なスイッチが入ってしまった時には朝起きてすぐとか、深夜に目が覚めて妻を襲ってしまうなんてことも(笑)。
それとは別に妻の膣圧ですが、毎日のセックスのせいなのか、元に戻りません。まあ、それによって私は妻に挿入するたび、大杉さんに抱かれていた妻の姿を思い出して興奮してしまうわけですが。

 それから半年ほどたって、何度かの生理のあと、妻は妊娠しました。ようやく私たち夫婦にもコウノトリが飛んできたのでした。自然と妻の体をいたわるようになり、セックスも控えめにはなりましたが、新婚夫婦のように、あいかわらずイチャイチャとしていました―。
 
 そんなある日、大杉さんから、ぜひ会って話したいことがある、というメールが来ました。それまでも、何度かあの日の後に、また遊びませんかというメールが来ていましたが、無視しているうちに連絡が来なくなっていました。しかし、今度は「由美ちゃんのことで」とありますので、驚いて「どんな内容ですか?」と返信するのですが、会ってでないと話せないというのです。

日が暮れて、会社の人間たちと別れると、私は大杉さんと以前に行ったホルモン屋に向かいました。ここを訪れたときに紅色の花を咲かせていた梅の木は様変わりしていて、茂った葉もすっかり紅葉していました。
暖簾をくぐると、相変わらず賑わっている店内。その中に見知った顔を見つけると、私はその男に相対する席につきました。もう二度と会うことはないだろうと思っていたその男、大杉さんは私を笑顔で迎えると、私に好みも聞かずに店のおばちゃんに酒を注文します。
『はい、梅割りねー』
愛想のいいおばちゃんが持ってきてくれた琥珀色の酒は甘くて飲みやすい、大杉さんのおすすめ。
杯を寄せ乾杯をする私たち。
『どうも、この前はゴチソウサマでした(笑)』
大杉さんには悪気はないのでしょうが、その言葉に少しだけカチンとくる私。
しばらくは世間話をしながら、酒をチビリチビリと飲んでいましたが、大杉さんのほうから“デリヘル嬢由香”のことを話し始めると、思わず私は身構えました。
『Sさんって、もしかして由美ちゃんと付き合ってたりしています?』
不意な質問に少し動揺してしまう私。
『いや、そんなことないですよ』
まさか、実は夫婦です、と言えるわけもなく、そう答える私。
『あーそっか!なら良かった(笑)』
大杉さんは喉のつかえが取れたような表情で笑っています。
『どうして、そう思ったんですか?』
ニヤリと笑う大杉さん。大杉さんの表情を見ると、私は嫌な予感がしました。
『いや実はね、あれから何度も由美ちゃんと会ってるんですよ(笑)』
『え、ええー?!』
大杉さんが何を言っているのか、はじめ理解できませんでした。
―大杉さんは私をからかうつもりで嘘をついている―
それが一番最初に頭に浮かんだことです。だいたい大杉さんが妻の連絡先を知っているはずありません。それに、妻と私は仕事以外の時間はほとんど一緒に居たのです。妻が私の知らないところで大杉さんと会っているなんて信じられる道理がありません。

『いやいや(笑)、冗談ですよね?』
『ほんとですって(笑)』
『だって、どうやって連絡とるんですか?』
『そりゃあ、メールですよ(笑)』
『いつの間にメルアド交換したんですか?』
聞けばあの日、私が風呂に入っている時にアドレス交換をしていたのです。聞いていくうちに、どんどん信憑性を増していく大杉さんの話。
『いつ会ったんですか?』
『えーと、あーそうだ。最初に会ったのは、2週間後くらいかな。俺、金無いからラブホ行かずにアパートに呼んだんですよ(笑)』
妻があのボロいアパートで大杉さんと会っていた?ラブホテル、ということは、やはりセックスが目的で?
しかも、大杉さんが言った日付は、たぶん妻が土曜保育の振り替え休日を取っていた日でした。その日のことは、よく覚えていませんが、仕事から帰った私を何事も無かったかのように妻は出迎え、一緒に夕飯を食べ、夜にはセックスをしたはずです。
『由美ちゃんがね、Sさんには絶対内緒にして、て言うもんだから。てっきり俺は二人が良い仲なんじゃないかと思ったわけです(笑)』
『いや、ただの、お客ですよ』
苦し紛れにそう答えましたが、心臓の鼓動が聞こえるほどのショックです。
『で、何回会ったんですか、今までに』
冷静さを懸命に装いながら、私は聞きました。
『何回だろう?ここ半年、週に2回は会っていましたから。彼女、火曜と金曜が都合がいいとかで(笑)。でも、先月、別の土地に夫と転勤になったんで、もう会えないというメールがきて、それが最後なんですよ。』
週に2回も、仕事があるはずの妻が、どうやって時間をつくったのだろう。先月といえば、妻の妊娠検査が陽性に出たころ。
『あ、そうだ。これがうちのアパートで隠し撮りした写真。彼女嫌がって写真とらせないんで、後ろを向いたときと、寝ているときの写真しかないですが。』
スマホで見せられた写真は、間違いなく由美の全裸姿でした。
暗くて画像は良くありませんが、うつぶせに寝た由美の股間からは、明らかに精液が垂れ出ていました。
『大杉さん、中だしとか、していました?』
めまいがして、吐きそうになりながら、かろうじて言えた質問に
『彼女、避妊薬のんでたのかなあ? 毎回中だしOKだったですよ、あれ?Sさんはしてないんですか、中だし?』
『いやー、もちろん私も何度かしていますよー』
無理に笑って、顔が引きつるのが自分でもわかりました。
大林さんとホルモン屋を出た後、どうやって家に帰ったか、よく覚えていませんが、帰ると妻は買い物に出かけたのか、留守でした。私はすぐに、妻の給料明細が置いてある引出し、化粧台の小さな引き出しを開けて、最近の妻の給料明細をしらべました。やっぱり、思った通りでした。半年前から、保育園の正職員からパート勤務に、勤務形態をかえていたのです。そんなにまでして、大杉さんとの逢瀬を繰り返していたのか。そして、お腹の子供は、大杉さんの子種かもしれない。たとえそうでも、私の子として育てる決心をして、妻は大杉さんとの連絡を絶ったのでしょう。
 
この話はこれで終わりです。

どうして私の人生に、まるでシナリオライタ―がいるかのような事態がおこるのか、私には全くわかりません。妻には何も気づいていないふりを続けています。あいかわらず、私たち夫婦は仲の良い夫婦のままですが、これからのことは、どのような物語になるのか、さっぱりわからないでいます。

24歳の妹をなりゆきでレイプ!

2週間前のことだが、自分の妹を襲って中だしレイプした。
妹とは実家を出て賃貸マンションに同居してるんだけど、妹のオナニー姿見た瞬間抑えが効かなくなってしまってやってしまった。
2週間前の土曜日の夜中だった。蒸し暑くてなかなか寝付けなくてベッドでゴロゴロしてた。
妹の部屋からかすかに声が聞こえてきた。
最初、何か苦しんでるのか?悪い夢にうなされているんか?と思った。
まずいこととは思ったが、病気とかで苦しんでたら大変と思い心配だったから、こっそりドアを開けて覗き込んだ。
びっくりした。だって妹がこっちに股を向けてベッドの上でオナニーしてた。指がオ○ンコに2本入っていた・・・。俺は固まって見てた。
5才下の妹。
それが、俺の目の前で膝立てて大股開きでオ○ンコに指をズボズボ出し入れしてベッドでよがってる!
ベッドのそばに立って、妹のとんでもない姿を見下ろしてた。
麻紀が目を開けた「エッ?!」と言って、妹の麻紀は指をオ○ンコに入れたまま固まった。
「麻紀!おまえ・・・俺は、俺は・・・」俺はそのまま麻紀のベッドに飛び上がって麻紀の上に被さった。
もう妹だってことより、オ○ンコ見た瞬間に「やりたい!」って気持ちが優先した。
妹のことが好きなんだって、この瞬間自分で気が付いた。
「兄さん!な!なにするの!やめ・・・!」目を見開いてた。現実なのか夢なのかわからない感じだった。
「麻紀、頼む!頼む!1回だけでいいから。兄ちゃんを助けてくれ!」
「えっ?!ちょっと・・・なに?なに?・・・ばかあ!何言ってるの!兄さん!いやあ!やめてぇーーー!」
俺は麻紀の口に自分の口を当ててキスした。
「ムグア!ムムム!ムー!」必死に手を振り回して抵抗してきた。
俺は麻紀の上に重なりながら履いているスエットとパンツを片手で下してチ○コを出した。
すでに勃起状態!!妹の裸見て勃起するか?って思うだろうが、状況次第では絶対に勃起する!たぶん誰でも。そう思うけど。
麻紀の手を片手で抑えこんで、チ○コをオ○ンコの位置に当てた。
「兄!!兄さん!だめえ!・・・ムグウウ!」もう一度キスで口をふさいだ。
右手でオ○ンコに触った。もうビショビショだった。さっきのオナニーですっかり準備万端になっていた。
クリをいじりまくった。「ンンンーーーーー!ンン!」がっくり麻紀の力が抜けた。
クリをいじられて、ディープキスされて麻紀は抵抗しても無駄と思ったのかもしれない。
ビラビラを左右に開いて、亀頭を膣口に押し付けた。
ググッと体重をかけた。ヌルッと亀頭が潜り込んだ。
「ンーーーーー!」麻紀が目を見開いて口を塞がれたままうめき声をあげた。俺は構わずグイグイ押し込んでぴったりチ○コを押し込んだ。
全部はいって、真紀の口から俺は口を話した。
「麻紀!頼む!許してくれ・・・真紀が大好きなんだ」
「やめてーーー!兄さん・・・抜いて、早く抜いてよ!いやあーーーー!」
俺は無視して腰を振ってピストンした。
「イ・・ヤ・・ア・・ーー・・やめ・・てーーーーー!!」強烈にピストンされながら、ガクガク揺さぶられても抵抗してきた。
麻紀の中は狭かった。膣が短いのか亀頭が奥に当たるのがわかった。
「痛い!・・・いや!・・・痛い!・・兄さん・・・やめて・・・」
構わず子宮を突きあげた。
妹なのに、妹のオ○ンコの気持ち良さがたまらなかった。
麻紀の中は狭くて、奥にツブツブがあって、そこに亀頭が擦れると気持ち良すぎだった。
数分だったと思うが、一気に射精したくなった。
麻紀の両足を抱え込んで思い切り腰を振った。
全身に快感が走って、子宮めがけて大量に射精した。射精しながら腰をパンパン振ってた。
麻紀は、射精されたことに気が付かなかった。兄にレイプされてることで頭がいっぱいだったみたいだ。それにおれが射精中も後も腰振ってたから、まだ射精していないと思ってたみたいだ。
射精が終わってからも腰をグイグイ振って麻紀のオ○ンコを攻め続けてた。
まだ!まだ出したい!妹が可愛くて・・・射精した瞬間に、マジ惚れしてしまったみたいだ。
「兄さん・・・やめよう?・お願い・・こんなの・・・うそでしょ?ねえ、うそでしょ?」
「麻紀・・・俺・・・おまえが好きだ。好きなんだ!」
もう一強引にキスして、舌を押し込んで麻紀の舌に絡めた。
「ムグー!」うめき声は出したが、抵抗してこなかった。
麻紀の舌を吸いながら、両手でおっぱいを揉んだ。麻紀はDカップ。揉みがいがあるおっぱいだ。柔らかいが弾力もあって左右のおっぱいを寄せると見事な谷間ができる。
麻紀のオ○ンコにチ○コを刺したまま、俺はおっぱいをしゃぶった。乳首を吸って舌で転がして・・・
「兄さん・・・やめて・・・ほんとに・・ム!・・ほんと・・・あ!・・だめえ!お願い!
・・・兄さんってば!!・・あ!あん!・・・だめえ」
口では嫌がっていたが、体は反応してた。乳首が固く勃起してたし、膣はチ○コの動きに合わせて締まったり緩まったりしてた。
発射したせいで勃起感は弱まってたが、それでも腰を振って麻紀の中を刺激した。
「麻紀・・・感じてるよ・・・おまえ・気持ちいいんだろ?」
「やだあ!気持ちよくない!・・・兄さん、なんでよぉ・・・やめて・・・まじだって!」
「好きなんだからしょうがないだろ。1回発射したし・・・もう一度だけ出させてくれ。」
その瞬間ものすごく暴れた。
「なんで!中に出すの!!・・・子供できちゃう!!やめて!!どいてーー!」
「麻紀・・・もう一度な?」
「兄さんのばかあ!・・・なんで・・・なんでよぉ・・・」そのまま泣き出した。
泣きだしても俺は腰を振った。チ○コがもう一度勃起したから。
泣きながら麻紀は俺に揺さぶられてた。抵抗も何もなくなって、ただ泣いてた。
2度目の射精感がこみあげた。
グイ!とチ○コを押し込んでフィニッシュ。そのまま子宮めがけて再度大量に射精した。
「ああ!!・・・やめてぇ!・・・中出さないで!・・・兄さん・・・助けて!・・・やめてーーーーーーー!」
そのまま麻紀の上に被さった。まだチ○コは抜いていない。
「兄さん・・・どうして・・・・なんで?」
「麻紀のこと・・・はあ・・・はあ・・・ずっと好きだった。」
「兄さん・・・・そんな・・・ウソでしょ?・・・はやく抜いてよぉ・・」
「嘘なわけねーだろ・・」
麻紀に再度ディープキスした。麻紀はされるがままになってた。
終わって麻紀の体から俺が降りた瞬間、泣きながらお風呂に駆け込んだ。
俺は麻紀のベッドの上にひっくり返りながらボーとしてた。
何としても麻紀を俺のものにしたかった。惚れてしまったんだ。実の妹を!
どのくらいしたかわからないが、真紀がバスタオル巻いて部屋に戻ってきた。
いきなり俺の上に飛び乗ると、泣きながら俺を叩いてきた。
「兄さんのばかぁ!!ばかぁ!・・・ばかぁ!」
俺はそのまま麻紀をひぱった。俺の上に被さるように倒れた。ギューっと抱きしめてた。
「兄さん・・・ほんとなの・・・私のこと好きって・・・」涙流しながら聞いてきた。
「ほんとだよ。ずっと好きだった。でも妹だから・・・ずっと苦しかった。」
「兄さん・・・そんな・・・」
麻紀は絶句したまま俺を見てた。俺も麻紀の目をずっと見てた。
「兄さん・・・子供できたらどうするの?」
「俺と一緒に暮らそう?・・・お願いだ。」
「そ、そんなぁ・・・」
麻紀が起き上がった。俺の腹の上に乗って見おろしてた。
「兄さん、私カレシいるのよ?どうすればいいの?」
「俺・・・・お前をだれにもやりたくない!辛かった・・・」
しばらく沈黙だった。
「そんなに・・・私のこと・・・」麻紀は俺を可哀想って目で見てた。
しばらくやりとりした。
麻紀は俺の横に寝ると俺の顔をじーっと見てた。
俺は麻紀を腕枕して、髪を撫でながら麻紀を見てた。
お互いに何も言えなくなってしまって。気が付いたら麻紀も俺も寝てた。
翌日、土曜日目が覚めたら隣に麻紀が寝てた。もちろん素っ裸。俺も。
寝顔が可愛くて・・・久しぶりに妹の寝顔を見つめた。
麻紀は美人ではないが可愛いい。リス顔で、目がクリクリ大きい。男好きする顔だ。
身長だって154cmといまどきにしては小さい。
俺は無意識に麻紀の髪を撫でた。
麻紀が起きた。「兄さん?・・・おはよう。」「ああ、おはよう。」
土曜日まる1日麻紀と話した。
麻紀はなんとか俺の気持ちを理解してくれた。納得なんてできるわけがない。
でも麻紀はデートをキャンセルして、俺のそばにいてくれた。
土曜日の晩、3回麻紀を抱いた。麻紀は嫌がらずに俺の欲望にこたえてくれた。
日曜日も昼間からやった。
ほとんど毎晩、麻紀とセックスしてる。

麻紀はカレシと別れるって言ってくれた。兄さんと一緒の時間大切にしたいって言ってくれてる。
このまま行ったらどうなるか?俺にもわからない。
でも後悔してない。たしかに成り行きでそうなったが、俺は麻紀のことがずーっと好きだったんだと思う。それが表面化しただけのこと。
犯罪かもしれない。でも気持ちが抑えられないし、麻紀が愛おしいし可愛くてしょうがない。
異常な兄妹と思われるだろけど。理解してくれなんて言えない。でもここの場所にコクれて少し気が収まった。
たまたまこのサイト発見したのでコクらせてもらいました。
読んでくれた方、感謝します。

23年目のさようなら

俺は22歳の頃に大病を煩い半年間の入院生活の後、山間の町の療養所で過ごした。
そこは病院よりも広々としていて、隣のベッドとの間隔も2m近くあり、カーテンで仕切ればプライベートもある程度保たれた。
療養所には40代後半から50代の女性がいて、身の回りの世話をしてくれていた。
俺達の部屋の担当は、先崎さんという47歳の美しく年齢を重ねた女性だった。

夜9時になるとベッドのカーテンを閉めにやってくるのだが、彼女は男の生理を理解していて、週に何回か俺のパジャマの上から股間を触って勃起させると、下半身を露出させて扱きだすのだ。
それはそれは上手な扱きで、亀頭を優しく竿を強く、3分と経たずにティッシュに搾り取られた。
そのティッシュを丸めてポケットに入れ、ニッコリ微笑んで去って行くのだ。
時々、隣の50歳近いおじさんも、ハアハアした後ウッと聞こえるので、先崎さんのお世話になっていることがわかった。

6月、梅雨のジメッとした時期になると部屋の廊下側のドアと窓が開け放たれた。
すると、女性部屋の中が廊下から見えて、そこにハイティーンの純朴そうな少女を見つけて、心が躍った。
たまにロビーで彼女が本を読んでいるのを見かけても、おじさん、おばさんばかりの療養所で唯一の若者2人が恥じらって会話もできないでいた。

あるとき、午前3時ころ目が覚めた。
尿意をもよおしたので用を足してトイレから出たら、あの少女が立っていた。
少女は私の手を取ると浴場へ向かい、脱衣場の長椅子に座って目の前の私の股間に頬を寄せた。
思わずムクムク勃起した私は、少女のパジャマを脱がし全裸にした。
純朴少女は細身のやや寸胴でペチャパイ、ロリ心をくすぐった。
股間にむしゃぶりつき、ツーンとした臭いのワレメを舐めた。
約2年ぶり2人目の女体に興奮して、鼻息荒くなって濡れたらすぐに入れた。
弾けた感覚の後ズブッと入ると、
「ヒッ・・・」
歯を食いしばり、俺が腰を動かすとそれを押さえつけるように抱きついた。
処女喪失・・・俺は興奮と少女の締め付けにたえきれず射精しそうになったが抱きつかれて男根を抜くことができず、少女の女穴の中にドクドクと放出してしまった。
「あ、あの、中に・・・」
「うん。ありがとう。大好きです。」
少女は微笑むと血に染まった股間を洗い流しに浴場へ入っていった。

夢のような出来事の一週間後、また午前3時ころ目が覚めた。
もしかしてと思いながらトイレに行くと、また少女がいた。
脱衣所で交わり、また少女の中に射精した。

その後も週に3回ほどの午前3時の逢瀬が2週間ほど続き、少女も男根の挿入に快感を覚えてきた頃、目を覚ました3時ころあることに気が付いた。
俺のベッドは一番西端で隣が窓で、長い遮光カーテンが締まっていたのだが、寝ぼけ眼でふと足元を見ると、カーテンの下に白いサンダルが見えて「先崎」と書いてあった。
ああ、俺は午前3時に起こされていたんだとわかった。
少女は俺に抱かれて腰を使うようになり、甘い吐息で喘ぎ声を必死で抑えていた。
約3か月、少女と本気で愛し合った。

10月になったら、午前3時の起こされがなくなり、少女の姿を見かけなくなった。
でも、先崎さんに正面切ってきくこともできず、落ち込みがちの毎日を送った。
そして12月、俺は医師から自宅療養に切り替えるよう言われ、療養所を出ることになった。
療養所最後の夜、午前3時に目が覚めた。
先崎さん?・・・いなかったが、トイレから出ると先崎さんが立っていて、俺の手を取り浴場の脱衣所へ入り全裸になった。
脱衣所はストーブが焚いてあった。
母親と変わらぬ年齢の女性の裸に男根がそそり立った。
股間にむしゃぶりつき、生のまま入れた。
「はあ、はあん、は、は、あはーん・・・」
「先崎さん、出そうです。」
「中に、いいわよ。」
ドクドクドクーーっと先崎さんの女穴の中に精を放った。
あの彼女はもしかして妊娠してしまったのではないかと気になり、先崎さんに彼女の事を尋ねた。
「あの子、容体が悪くなって病院へ戻ったのよ・・・これ、彼女の形見・・・先月、亡くなったわ。天国で会ったら、お嫁さんにしてと伝えてと言われたのよ。」
ペンダントを手渡された。
悲しそうに微笑む先崎さんに、彼女の面影を見たのが不思議だった。

その後、俺は療養所と実家の中間の町の生協へ就職し、そこであの彼女に似た女の子と知り合い結婚した。
純朴そうな妻は細身でやや寸胴のペチャパイ、生き写しだった。
心優しい妻は俺に全てを晒して、恥ずかしさをこらえながら快感に酔った。
武者震いするほど可愛かった。
幸せな日々が過ぎていった。

先日、先崎さんの訃報を知り、告別式に出向いた。
「23年前に亡くなったお嬢さん、別れた旦那さんと暮らしてて、先崎さんが母親だって知らずに逝ったんだって。今頃、天国で名乗ってるかもね。」
俺は、空を眺めて先崎さんと彼女に、いつか天国に行っても結婚はできないと言った。
俺の愛する女は、妻だけだから、23年目にしてさようならを告げた。

19歳ロシア少女との5日間(その3)

その1、その2の続きです。
海外出張していたためアップが遅くなりました。

ダニカとの残り2日間。燃え尽きるようなセックスをしました
目が覚めるとダニカが僕に抱き着くようにして熟睡中。朝7時。
ダニカの体は温かい。お互いにパンツ、ショーツ1枚だが部屋も暖かいからぐっすり寝れた。
可愛い寝顔見てたら幸せでした。ダニカの髪を撫でながらキスして。
「フーーン」ダニカが寝返り。「ダニカ、ドーヴラエ・ウートラ(おはよう)」そっと耳にささやいた。
ダニカがモゾモゾしてゆっくり目を開けた。「ノリオ」抱き着いてきてキスして「ドーヴラエ・ウートラ」僕の顔を撫でてきた
ダニカが甘えて僕の上に乗って何度もキスしてきた。
ダニカが右手で僕のパンツの上に手を置いて朝立ちのペニスを握ってきた。
「今日も元気ね?」どうする?って目で見つめてきた。
「ダニカ今日はいいよ。起きないと。出かけよう?ダニカとデートしたい。」
ダニカはちらっと時計見て「まだ7時過ぎよ?もう少しベッドにいたいの。」
「ダニカは甘えん坊だな?」
「ノリオだって。」
ダニカが僕の勃起したペニスの竿に自分の股間にあててゆっくり擦ってきた。
ダニカが両手で僕のパンツをずり降ろしてペニスを出した。亀頭を触って。
ベッドサイドの小さいテーブルに置いてあるコンドームを取ると僕を見つめてクスッと笑ってモゾモゾ布団に潜り込んでペニスに装着。
しかも口にコンドームを咥えて被せてくれた。
舌で亀頭を抑えつけて空気を抜きながら根本まで被せてくれた。
布団から顔をだして自分のショーツも脱ぎ捨てて僕の上に被さって、ダニカが自分でペニスを膣口にあててゆっくり中に入れてくれた。
ダニカの膣内へ飲みこまれて、柔らかい肉に包まれるのを感じながらダニカを見つめた。
根本まで入り込み、亀頭が奥の壁に当たる。
「ハァ~、ノリオ、いいわあ。ゆっくり動いていいでしょ?感じたいのノリオの固いのを。」
僕は黙って頷いてダニカの背中に腕を回して抱きしめた。ダニカは僕の胸に顔を乗せてゆっくり腰を動かしてた。
さすがに朝から激しくはならないなあ。目が覚めたばかりだから、体も目が覚めてないし。
じゃれるみたいな大人しいセックスもゆったりした気持ちになります。
ダニカはもう一度根本まで深く入れるとため息みたいに息を履いてそのまま止まった。
ダニカの髪を撫でながらダニカの中の動きを感じて。
「ノリオ、私、ノリオだけよ。他に恋人作らないでね?」「できないよ。ダニカだけだもん。」
動かずにじっとしてた。
ダニカの中がうねる。断続的にペニスを締めてきた。ダニカは小さく呼吸を繰り返して腰をグラインドさせてきた。ダニカにまかせるように僕はじっとしてた。
そのまましばらくして射精感がでてきた。僕の股間が濡れてる。そう、ダニカのジュース。きっとかなり漏れ出てる。
ダニカが小さく喘ぎ声をだして腰がゆっくりグラインドし始めて、中も動きだしてうねるようにペニスを締めてきた。
僕も動いてしまった。
「ノリオ、ストーイ・・・ストーイ」小さくささいた。動かないで・・・。
ストーイは英語のストップ。止まってってこと。
ダニカにまかせて僕はじっとしてました。
徐々に締りがきつくなってきた。ダニカの呼吸も荒くなって。
僕のほうが我慢できない。玉がキュッと上に上がる。竿がダニカの中でピクン、ピクン動いて射精寸前。
「ノリオ、出して。出して。たくさん頂戴」
ダニカが腰を前後に動かした。
「ウッ!」僕はうめいて、射精した。ドクン!と射精しているとダニカの膣が絞るように閉まって「クッ!」ダニカが僕の上で硬直して震えながら昇天。
膣がギュウギュウ締めてきて射精の勢いが増した。ダニカを抱きしめながら射精の快感を楽しんだ。僕の脈打つ動きに合わせるように膣が締まった。
ダニカが自分でやっているのではなく僕のペニスに反応して膣内が勝手に動いているって言ってたけど。
ダニカの髪を撫でながら余韻にひたってた。
「ノリオ、止まらなかったね?すごいわあ。」
「朝からたくさんだね。ダニカ、君の体は不思議だよ。僕とぴったり合うんだもん。」
「私も思ってた。ノリオと私ってぴったりって。」
抱きしめあってキスして。
「ダニカそろそろ起きようか。もう8時になるよ。」
「うん。じゃあ抜くわね?」ゆっくりダニカが腰を上げてペニスを抜いた。
コンドームの中には大量の白い液体が。ダニカは感心しながら取ってティッシュで拭いてくれた。
「ノリオってもしかして精力の塊かしら?何回でもできそうな感じ。」
「あはは。いくらなんでも無理だよ。昨日だって3回が限界だったんだから。」
「でも朝には復活してるじゃない?」
「まあね。ダニカはそういう男は嫌いかな?」
「え?ううん、好き。だって、たくさん愛してくれそうだもん。」
「わかった。たくさん愛してあげる。これからも。」
そんなこと話してシャワーでお互いを綺麗に洗った。服着て出かける準備して。
ダニカは会社に連絡して休暇を貰った。
これで、今日も明日もダニカと一緒だ。
パソコン借りてネットでプーシキン美術館を検索。モスクワにある展示品世界第2位の巨大な美術館です。
が、月曜日は休館日だった。
「ノリオ、ねえ映画観に行かない?」
「そうだな。じゃあモスクワまで行って映画見ようか。」
「うん。ポドリスクじゃ誰かに会いそうだし。会社休んでるのに。」
「そうだな。」
ダニカ手作りの朝食を食べて。支度して出かけた。
ポドリスクからモスクワまで車で1時間弱。ダニカに運転を任せた。ダニカの運転は安全運転だ。スピード出し過ぎないし、むちゃなことはしない。
「ノリオ運転してみる?」
「国際免許もってるからいいけど。ダニカの車に傷つけたらまずからな。」
「大丈夫よ。帰りはノリオ運転して?私助手席でノリオを見ていたいわ。」
そして、クリスマスの話になった。
もうじきクリスマス。と言っても12月24日、25日ではない。
1月7日なのです。グレゴリオ暦とユリウス暦の違いでこうなった。ロシアはユリウス暦なので。
クリスマスよりも新年が一大行事!!モスクワ市内もイルミネーションとか盛大に飾り付けして祝う。
今日は12月15日。
ダニカにクリスマスはどうするか聞いた。年越しは実家にいくとのこと。
「ノリオも一緒に来ない?パパ、ママに紹介するわ。」
「え!でも日本人が行って大丈夫?」
「大丈夫よ。日本人大歓迎だから。」と言って笑った。
「なんで?日本人歓迎なの?なんか理由あるのかな?」
聞いたら父親の勤める会社で日本人が何人もいて勤勉、まじめなところが気に入ったらしく、日本人びいきになったそうな。
まあ、そういうことなら問題なさそうだ。ダニカの言葉に甘えて実家に行くことにした。
12月30日~1月8日までの10日間はロシアでは年末年始の休暇として休みになります。
10日間ね。日本みたいに年末年始も仕事なんてことはまず無い。絶対に休みになるから。
こういうところは日本はだめだなと思います。休暇を楽しむのがへたくそ。
映画館について。何見ようか?
「ノリオ。私、ホビット観たい。」
「ロード・オブ・ザ・リングのホビットだよね?」
「そう!私もロード・オブ・ザ・リングロードを全部観たの。ホビット族大好きになっちゃった。ねえ、オーランド・ブルームもホビットに出演してるわよ。」
「オーランドが好きなの?」
「うん。大ファンよ!オーランドかっこいい!」もうダニカは少女のように目をキラキラさせてオーランド・ブルームのことを話してた。
可愛いと言うか子供みたいだった。
ロシアでハリウッド映画? まあ、ロシア語字幕です。英語も堪能なロシア人は多いのでどっちでも問題なく見れます。
僕も英語、ロシア語はOKなので。ダニカも英語は問題なしって言ってました。
イントーネーションはロシアっぽいけど英語もペラペラ。
そして、映画を観終わって。お昼すぎてたので近くのレストランで昼食。
寒いと言っても日中帯は防寒してればそれほどでもないですよ。
ご飯食べて、デパートへ。エブロベイスキーという名前のデパートです。日本でもロシア通の人知ってるかな?
グム百貨店のほうが観光客が多いですよ。たいがい日本人観光客はこっちに行きます。
ダニカとウインドウショッピング。デパート内は日本のデパートとさして変わりません。
デコレーションは日本より凝ってますよ。
「ダニカ、何か君にプレゼントしたいな。何か欲しいものある?」
「え!嬉しい!でもいいの?」
「うん。ダニカと出会えた記念だ。」
ダニカはブランド物を選ぶかと思いきや。全然違った。
結局買ったのはシャツ(ブラウス)1枚。そんなのでいいのか疑問だったけど。
「ねえ、ダニカ。アクセサリーとかでもいいんだよ?」
「ううん。私着るものが欲しいから。」
「でも。こんな安物でいいのかい?」
「値段じゃないの。似合うどうかだし。」
「あ!ピアスは?ここの。」僕はダニカのへそに手を置いた。
「え?それはイヤ。だって、ピアスは自分で探すから。ノリオがプレゼントしてくれるものは普段も使えるものがいいの。洋服なら着たらノリオと一緒にいられる気がするもん。」
そんなこともあり、会社に着ていく服が欲しいってことでシャツに決定。
ダニカは凄く喜んでくれた。
3時を少しまわってた。そろそろ帰ろうかとなり駐車場へ。
「ノリオ運転してみて?ノリオの運転見て見たい。」
「さっきの約束どおりだね。じゃあカーナビまかせで行くかな?」
僕もどちらかというと安全運転だから。
帰りはダニカが助手席でのんびりしてた。膝の上にプレゼントのシャツが入った紙袋を大切そうに置いて。僕の膝に手を置いたり、僕の顔を撫でてきたり。
そして、股間に手を置いて
「家に着いたら、ノリオのこれ欲しいの。いいでしょ?」
「いいけど。昼間から?」
「だって、明日ノリオは帰っちゃうから。」
「明日は夜戻ればいいから大丈夫。ダニカと2日間たっぷり過ごせるよ。」
「わあ!!嬉しい!でも帰ったら1回だけ頂戴?いいでしょ?いいでしょ?」
子供みたいにねだってきた。僕のペニスを握ったり擦ったりしながら。もちろんGパンの上からだけど。
「ダニカ、危ないから手をどかしてくれる?」
「ニェット(嫌)・・・置いておくだけならいいでしょ?」
「ははは、けっこうスティエルヴァかな?ダニカは。あははは!」
「まあ!!ひどい!私そんなんじゃないわ。ただ、ノリオに触れていたいからなのに。」
スティエルヴァ=雌犬、淫乱な女性という意味です。まああまり良い意味ではありません。冗談っぽく笑って言わないと喧嘩になります。
それに気心知れてからじゃないと完全にプッツンされますよ。ひっぱたかれても文句言えない。英語のビッチに近い感じかな。
アパートに到着。寒いから急いで部屋に飛び込んだ。
部屋はポカポカ。セントラルヒーティングのおかげとはいえ日本とえらい違いだ。日本の冬のほうが正直寒い。
ラフな格好でソファに座った。ダニカはシャワーを浴びに行った。
そういえば帰宅したら1回やるんだっけ?
僕もシャワー浴びないとまずいかな?ダニカが出たら軽く流して、あ!息子はきちんと洗わないとね。
「ダニカ、僕もシャワー浴びたいから出たら教えてね。」「ダー!わかったわ。」
ダー=イエス。
ダニカがバスタオル巻いて出てきた。
「ノリオ、いいわよ。」「スパシーヴァ。(ありがとう)」
僕も服を脱いでシャワー。汗かいているわけじゃないが顔、体、息子とざっと洗った。
10分ぐらい。バスタオル腰に巻いて。僕もパンツを履きかえてTシャツ、Gパン。
Gパンを履こうとしたらダニカが後ろから抱き着いてパンツの上からペニスと玉を包むように握って「Gパンは履かなくていいでしょ?邪魔だもん。」
そのまま後ろから抱き着きながらパンツの上から揉んできた。ダニカは白いブラとショーツ姿だった。早くも臨戦態勢。
「ノリオのまだ柔らかい。ノリオのボールって大きいわ。だからたくさん出るのね?」
「あはは。いつも固かったら大変だよ。射精量が玉の大きさに比例するかはわからないなあ。」
「じゃあ、今は固くしないとね?大きく固く元気になってね?」
「ねえダニカ、お願いがあるんだ。ダニカの中にコンドーム無しで入りたい。そしてダニカの中に僕の愛を直接注ぎたい。だめかな?」
ダニカが一瞬きょとんとした。
「それって、中で射精したいってことよね?えーと、いいけど。生理終わったのは・・・あ、大丈夫だわ。」
「ほんとに?いいんだね?」
「うん。でも、なんかドキドキしちゃうわ。ノリオのペニスがそのまま入ってくるなんて。それに私の中で射精しちゃうなんて。ねえ、赤ちゃんできないよね?ノリオは性病ないでしょ?」
「うん。病気なんかないよ。ダニカ、安全日なんでしょ大丈夫だよ?それに妊娠ってそう簡単にできないから。」
「たしかにね。学校で性教育の授業で散々教わったし。ノリオ、いいわ。来て?その代り3回してね?」
ダニカがだきついたまま玉揉みしていたが僕はダニカを引きずるようにソファに向かった。
「そっちじゃないわ。こっちよ。」ダニカがペニスを右側に引っ張った。「いてて!!」
ペニスを向けた先は・・・当然寝室だ。
「ダニカ、痛いよ。ひっぱらないで。」
「だってぇ。ノリオわかってくれないんだもの。」
ダニカに玉揉みされながら寝室に向かった。寝室の入口でクルリと振り向いてダニカを抱きしめ、そのまま抱きかかえて、ダニカのショーツを引きづり下した。
「ニーェット?!ニェット!!離して。降ろして。」笑いながら足をバタバタさせたが、ダニカのショーツを膝まで降ろした。
ニェットはダメ、イヤってこと。
ベッドについてダニカを降ろした。ダニカがゴロンとベッドにひっくり返って勢い余ってマングリ返しスタイルになった。
すかさず僕はダニカの股間に顔を入れてクンニした。
「オオオーウ!ノリオ!いきなり?」
「早く入りたいんだ。ダニカのここにね。ジュルジュル・・・ジュル」
「オーウ!オーウ!そんな・・・待って。」
「頼む。コンドーム無しで1回させてくれ。」
ダニカは猛烈なクンニに抵抗できずにすぐに悶え始めた。ショーツを取って両足を掴んで大開脚させて僕はヴァギナを口いっぱいに頬張った。
舌を動かしまくって、膣口を吸ってジュースを飲んだ。
あっという間にダニカのヴァギナはウエルカム状態。
ダニカをマングリ返しのまま片手で抑えて、僕もパンツを脱いだ。そのままダニカに被さるようにして、亀頭が膣口に当たってるのを確認してから一気にダニカの中に沈めた。
「オーーーーーウ!固い!固いのーーー!」
「いいだろ?好きだろ?ダニカの中に僕のがそのまま入ってるよ。」
「オウ!いいわあ!素敵よー!オウ!アーン!アーン!アン!アン!アン!」
ダニカの中を生で感じた。感じながら腰を振り続けた。
ダニカの中が締まる。亀頭にダニカの肉ひだやツブツブ感や突起など直に擦れてたまらなかった。
入れてわずか数分だったと思う。
「ダニカ、だめだ!」ダニカを抱きしめてペニスを根本まで突き入れて一気に射精した。
「オオオーウ!熱い!熱いわ!ア!アアアーー!」だダニカがエビぞると昇天。
膣が締まって亀頭を包み込んだ。ブシュ!ブシュ!っと精液が膣内に飛び出してるのを感じた。
ダニカとのセックスの中で最高に気持ち良かった時でした。生でお互いのものを感じあえた喜びでした。ダニカの中でまだ小さくドクンと動いて残りの精液を送り出しながら話した。
「ダニカ、すまない。我慢できなかった。」
「はあ、はあ、私も。お腹が温かいの。まだ出てるの?」
ダニカは精液の温かさを感じてニッコリ微笑んでた。
「お願いノリオ。今日はコンドーム無しでたくさん愛して。」
「そうだね。ダニカの中に全部出してあげる。来週末までダニカに会えないもんな。」
「一週間が待ち遠しいわ。ノリオに愛されたい。たくさん。」
「ちょっと待ってね。1回抜くね?」
「トイレ行ってきてもいい?」
僕はダニカからペニスを抜いた。ダニカは手のひらで股間を塞ぐとトイレに行って。
僕もベタベタになったペニスをティッシュでふいた。パンツ履かずにベッドに仰向けにひっくり返って幸せな余韻に浸った。
目をつぶって深呼吸した。ダニカが戻ってきた。僕は目をつぶったままでいた。
「ノリオ、寝ちゃったの?起こしちゃうから」と笑い声が聞こえて、いきなりペニスを咥えた。
思わず目を開けた。ダニカが小さくなったペニスを根本まで咥えながら僕を見上げてた。
「ダニカ、ちょっと休憩したい。寝ていたんじゃないよ。」
「ほんとう?なら許してあげる。」ダニカが僕の上を滑るように上がってきて首に腕を回して抱き着いた。
「ノリオとずっとこうしていたいわ。ノリオとくっついていたい。」
ダニカの背中を撫でながら、しゃべるダニカを見つめた。
とっくに日が暮れてて時計みたら7時過ぎてた。
「ダニカお腹空かない?もう7時だ。」
「あら本当だわ。お腹すくはずよね?じゃあ、食事作るわ。」ダニカが起き上がって僕の腕をつかむと起こしてくれた。
そのまま二人とも素っ裸でリビングへ。ダニカは裸のままエプロンつけて。
「ねえ、下着だけでも着ようよ。」
「そうね。」
さすがに裸のままはね。
そして、夕食作って、一緒に食べて。最後の夜を楽しんだ。
TVでドラマが始まった。10時になってしまった。
「ねえノリオ。そろそろいいでしょ?」ダニカがパンツの上からペニスをやさしく撫でてねだってきた。
「じゃあシャワー浴びようか?」「うん。ちょっと片付けちゃうわね。」
ダニカが食器を洗って片付けた。
終わってダニカがソファに座っている僕に抱き着いて「シャワーいこう?」
バスルームに入ってお互いに抱きしめあいながらシャワーを浴びた。もちろんボディーシャンプーで洗いっこして。
お互いの体を念入りに洗った。僕のペニスを5分ぐらいかけて綺麗にしてくれた。
シャワーでソープを流して。バスタオルでお互いに拭きあって。
新しいパンツに履き替えて寝室に行くと、ダニカが下着を選んでいるところだった。
「オウ!ノリオ。まだ来ないで。リビングで待ってて。」
「ダニカ、我慢できないよ。」
「お願い。待ってて。」
リビングでダニカが来るのを待った。
10分ほどでダニカが挑発的なストロベリーピンクのブラ・ショーツで来た。
「これ、どう?」と言いながら僕の前でクルリと回った。ショーツはTバック。
僕はわざと興味無いようにダニカを見ないでいた。
「ニェット!ノリオ見て。」ちょっとムッとした顔だった。
笑ってしまった。「わざと見ないふりしたんだよ。セクシーすぎるから。」
「ほんとう?セクシー?ノリオは好き?」
「ダニカのセクシーな姿は大好きだよ。こっちおいで。」
ソファに座っている僕の前に立った。僕はダニカのおへそにキスして引き寄せた。
「ノリオ、今晩はたくさん愛してね。」
立ち上がってダニカを抱きしめて寝室へ移動。僕がベッドに仰向けでゴロリとした。
ダニカは僕を跨いで僕の下腹部に座って。お互いのパンツ越しだがダニカはペニスに自分の股間をこすり付けてきた。腰をグラインドさせて誘ってきた。すでにダニカの呼吸は少し荒かった。はあ、はあ言ってた。
ダニカの腰を掴んで僕の上に被さるようにした。お互い密着。
そのままディープキス。ねっとり、じっくりお互いの唾液を送り合って飲んで舌を絡めて吸い続けた。
呼吸困難になるくらいキスした。
ダニカの腰がゆっくりくねり始めて、キスだけでかなり感じてるのがわかった。
唇を離して「ノリオ、いやらしい・・・でも好き。もっといやらしくして?私を何度もいかせて欲しいの。」潤んだ目で話した。
ダニカを起こして対面座位にした。
ブラの上からおっぱいに吸い付いて、揉みまくった。
ブラは僕のよだれでグショグショ。でも構わなかった。ダニカを思い切り乱して、みだらにしてやりたくてむちゃくちゃむしゃぶりついてしまった。
「ニェット!ニェット!ノリオ乱暴すぎる・・・痛い、痛いの。」
力を緩めてブラ紐を肩からずらしておっぱいを丸出しにして乳首を美でつまんで・・すでに勃起してコリコリとなった乳首。おっぱい全体を揉みながら吸いついて舐めた。
ダニカが奇声を上げてのけぞる。
軽く乳首を甘噛み。「アウ。アーウ!ニェット!ニェット!噛まないでぇ!お願い、優しくして・・怖い、ノリオ怖い!」
拒絶反応で我に返った。
「ダニカ、ごめん。無茶苦茶にしたくて」
「乱暴はやめて。ノリオ。どうしたの?」ダニカは僕の股間に自分の股間を擦り付けながら抱きついて言った。
「ダニカと離れたくない。1週間会えないと思ったら僕のものだけにもっとしたくなった。」
「うん。大丈夫よ。ノリオ。私はここにいるわ。いつでもノリオに会えるわ。」
「ダニカ、他の男のところにいかないでくれ。お願いだ。」
「ノリオも約束よ。」
もう一度ダニカのおっぱいにしゃぶりついた。今度は優しく。でも時には強く。
ダニカの背中に手を回して背中を撫でまくった。スベスベの素肌。
「ダニカ、入れさせてくれ。我慢でいきない。」
「うん。じゃあ、どうする?」
「バックから。ダニカの中深く入りたい。」
「わかったわ。」そう言うとダニカは僕にお尻を向けて四つん這いになった。
ストロベリーピンクのショーツのお尻を見た瞬間、ダニカのお尻を抱えてヴァギナに吸い付いた。ショーツの上から吸ったり舐めたり匂い嗅いだり。
「ノリオったら・・・。いいわ。舐めて。愛して。」
結構な時間しゃぶりついていた。ダニカの股間は唾液とダニカのジュースでグショグショグショに濡れてしまった。ショーツを引きずりおろすように脱がして、ダニカのヴァギナを左右に開いて中を食い入るように見つめた。膣口からはジュースが滲み湧き出してた。
ヒクヒクと動くたびにジワリジワリとジュースがたれていた。
「ダニカ入れるよ?」
「うん。来て。」
パンツを脱いで完全勃起のペニスを膣口に当てる。
ダニカのお尻を両手で抱えると腰を前に突き出した。ズッポリ根本まで挿入。
「オーーーーウ!」ダニカが四つん這いでのけぞった。表情は見えないが歓喜の声だ。
ズッポリ入っていたが、僕は下腹部をさらに押し付けて密着させた。
ダニカの子宮口に亀頭先端が少し潜り込むのがわかった。
スキンなしの生挿入だ。
ダニカの肩を掴んで起こした。背面座位。ダニカが僕の腿の上に座る。
後ろからダニカのおっぱいを両手で揉んだ。
ダニカが振り返って「ノリオ・・すごいわ。奥まで入って子宮に刺さってるの感じる。」
「痛いかい?」
「ちょっとね。ノリオ動かないでね。きっともっと痛いから。」
そのまま背面から抱きしめてダニカとむさぼるようにディープキスしながらおっぱいを揉みまくる。
ダニカの腰がゆっくりグラインドし始めた。円を描いて動く。
ダニカが感じてる証拠。
「ハア、ムムーム、ハア、ハアーン、アン、いいの。ノリオのいいわ。」
悶えるダニカが腰を前後にゆっくり動かして、もっと感じたいという動きになった。
僕はじっとしてダニカにまかせた。
ダニカの背中を舐めて。ふと見るとダニカは自分クリトリスを触ってた。
「気持ちいいんだろ?僕がしてあげる。」ダニカの股間にある手をどかして、僕が背面からクリを撫でた。
「ハアーーーーン!ハンハン!」のけぞって喜ぶダニカ。そのまま刺激を与え続けた。
合体して15分ほど。ダニカの腰の動きが激しくなった。
前後左右にクネクネ動く。子宮口が亀頭先端を包み込んで締めるよう吸いこむような動きに変わってきた。
僕も刺激にガマンできなくなってきた。
「オウ!オウ!アン!アン!アン!アーウ!アン!・・・ノリオ、アン!アン!出して!アン!ノリオの頂戴!」
ダニカの動きが早くなる。ダニカの腰に腕を回して抱きしめて離れないようにした。
最後に僕は下から突き上げてダニカの中に一気に射精!
「オーーーーーー!」ダニカが声を上げてイッた。
締めつけられながら体内に射精を続けた。きっと全部子宮内に放出していると思いながら出し続けた。
ダニカがキスを求めてきたのでそのままディープキス。
「ノリオ・・・凄いの。全部中に出たのわかるわ。お腹が熱いもの。」
「はあはあ。ダニカ、最高だった。もっともっと出したい。」
背面座位のまま抱き合って休憩。僕のペニスが小さくなったがダニカの中に入ったままだ。
ダニカがゆっくり腰を上下に動かす。僕のが抜けないようにして刺激を与えてきた。
「ダニカ、抜かないで。」
「うん。私も入れたままにしたいの。ノリオをたくさん感じたいから。」
少ししてペニスが元気に再勃起。ダニカの子宮口に亀頭が当たった。
「ダニカ、そのまま前に倒れてうつぶせになって。」
ゆっくり抜けないように体位を変えた。うつぶせのダニカの上に僕が乗ってゆっくりピストンした。
ダニカの口からため息が漏れた。
そして、ダニカを横向きに寝かせて即位で。僕は起きるとダニカの片方の腿の上に軽く座って、片方の足をまげて抱えた。
そのままゆっくり前後に腰を動かした。
膣内のペニスのあたる場所が変わって、亀頭にザラザラ感を感じた。ダニカの膣壁の側面を擦る感じだったから。
気持ち良くて、早くも射精感がジワジワ出てきてしまった。
「ダニカ、またでちゃいそうだ。」
「ハアー、ハア、もう?早いわね?」
「ダニカのここ・・ック。気持ち良すぎる。」こすり付けながら感じたことを言った。
「ノリオ止まって。まだいかないで。私も一緒、一緒よ。」
「うん。」
そのまま止まってダニカの中を感じた。膣壁がうねるように動いてた。波が動くような感じで僕のペニスを包み込む。
「ダニカ凄いよ、中が。うねってる。クッ!ほんとに凄い。」
「私もなんか変。今までと違うの。ノリオの固さが凄くわかる。固いわ。ほんとに。」
二人ともそのままの体制でしばらくいた。
僕は何度か射精感がこみあげたが、何とか我慢した、ダニカの腰の動きを見ながらおっぱいを揉んで必死に耐えた。
ダニカの喘ぎ声が大きくなる。横向きでのけぞる。のけぞるたびに中でペニスが擦れる。
膣内が反る感じになる。動かなくても十分気持ちが良かった。
我慢に我慢して、4回射精感をこらえました。逝きたくなかったから。ダニカの中にずっといたかったから。
ダニカが喘ぎながら腰を器用にグラインドさせてきた。
我慢の限界!
「ダニカ!だめだ!」呻くように言うと根本まで入れなおしてダニカの股間に下っ腹を押し付けて奥深くに発射。
子宮口ではなかったが、子宮の壁に亀頭を押し付けて発射した。
さすがに即位だと子宮口には当たらなかった。
「オウ!ノリオ!出てる!出てるわ!」ダニカが息絶え絶えに言った。
僕はダニカにも昇天してほしくて、そのまま射精しながら突き入れた。亀頭で子宮の壁を押し上げて。
ピストンすること5~6回目でダニカ昇天!
即位のまま、両手を頭のほうに伸ばしてエビぞってイッた!
「オーーーー!ニェーーーーット!!」口からよだれ流して昇天した。
昇天しても僕は突き上げを止めなかった。まだトロトロと精液が出ているのがわかった。
ダニカが連続昇天した!今までには無い締め付け!凄い力だった。ダニカの全身がブルブル震えてまるで痙攣しているみたいで心配になった。
「ダニカ!大丈夫かい?ダニカ?ダニカ!ダニカ!」
僕はダニカのほっぺを軽く叩いた。だって、ダニカが失神してたから。
呼吸はしていたが、目は白目剥いて完全にあっちにいってた。
揺すって、ほぺったを強く叩いた。「ダニカ!」
何度目かで「フゥーーー」とダニカが息を吐いた。
ボーッとした表情で目線も定まっていない。
「ノリオ?」
「ダニカ、いいよ。黙ってていいから。そのまましばらく休んで。」
黙ってコックリ頷いてダニカは目を閉じて深く息を吸った。
このままは良くないと思い、そっとダニカから離れようとした。
瞬間ダニカが僕の腕を握って止めた。
「ノリオ・・・このままでいて。お願い抜かないで。」
「でも、ダニカのことが心配だよ。」
「大丈夫よ。スパシーヴァ。こんなこと初めてなの。」
「そう・・・びっくりしたよ。ごめんね、ダニカの体をいたわってあげなくて。」
「ううん、嬉しいの。こんなにまでノリオに愛されてるのがわかったから。」
「しゃべらなくていいよ。このまま静かに休んで。」
僕はダニカの上に被さった。ダニカは上半身をひねって仰向けになってくれた下半身は測位のままだけど。ペニスがダニカのヴァギナに潜ったまま抱き合ってキスした。
ダニカの髪を撫でながら見詰め合っていろんな話をした。
ダニカの将来の夢。僕の夢。
途中ダニカは測位が辛いって言うので、ゆっくり動かして正常位になった。
ずーーーっとペニスを入れていたい衝動にかられる。
ダニカの中に僕の精子をいつまでも注ぎたい。出なくなるまで注ぎたいって思ってしまった。
それくらい僕とダニカの相性がいいと言うこと。
「ノリオのお嫁さんになったら、私日本に行けるのかなぁ。」
「ん?まあ、そうだね。こっちにいつまでも僕はいられないし。」
「ねえ、日本てとても人が多くて、経済が発展していて、安全な場所でしょ?いいなあ。夢の国見たい。」
「いや、ロシアと変わらないって、悪いやつだっている。犯罪もある。経済だって・・・まだまだ生活が苦しい人がたくさんいる。」
「うん。でも行ってみたいわ。トウキョウもだけど、キョウト、ナラ、フジヤマ、キュウシュウ、シコクとか。」
「よく知ってるね?感心したよ。」
「だって実家に日本人のお客様が結構くるの。そんなとき日本のこと教えていただいたの。」
「日本語勉強したい?」
「したい!日本語を知りたい!そして、日本に行ってみたい!ノリオ、日本に連れてって。
お嫁さんじゃなくていいの。恋人として。」
「うん。いいよ。じゃあ来週から教えてあげる。」
裸でかさなったまま、僕はダニカを撫でながら話した。
僕のペニスはダニカの中でまた固く大きくなっていた。
「日本語って難しいの?」
「いや、ロシア語より簡単。ただ、最後まで聞かないとYESかNOがはっきりしない。」
「ふーん。あら?またノリオ元気になってる。ふふふ、嬉しいわ。」
「ダニカとならいつでも、どこでも元気になれるよ。」
「どこでも?私のお父さんの前でも?」
「あ!こいつ!」
「アハハハ!」
僕はダニカと会話しながらも腰を動かして、ダニカの中を往復した。
「アン!ノリオ。始まったのね。」
「ダニカの中が動いてたから。きっと欲しいのかなって思った。」
「欲しいわ。オリオのが。」
そして、二人とも黙って見詰め合ったまま僕はダニカの上で動いた。ダニカは両足を僕の腰に巻きつけてた。
離れたくないという意思表示だと思った。
ダニカが少しずつ喘ぎだした。でも僕をじっと薄目で見つめてた。
僕もダニカを見つめながら突き入れた。
そうして数分、ダニカが眉間に皺を寄せて腰がうねって仰け反った。
僕はダニカにキスをしながら奥へ突き入れて子宮を突きあげた。
「ムグ」キスされたままのダニカはうめくと昇天した。同時に僕も3度目の射精。
さほど精液が出ている感じはしなかったが、快感は最高だ。
お互いに腰を動かしながら余韻を楽しんでキスしたままだきあってた。
僕はダニカの上にぐったりして重なった。ダニカがきつく両腕で抱きしめてくれる。
「ダニカ、僕はもうだめだ。」
「ノリオ、もう無理なのね?無理しないで。抱き合ってるだけでも満足よ。」
「なんとか、あともう1度だけダニカを愛したい。君の中にずっといたい。」
「うん、抜かないでこのまま中にいて。ずーっと一緒よ。でも無理しないで。私は幸せだもん。」
僕はダニカの胸の谷間に顔をくっつけてダニカの匂いを嗅いだ。
ダニカは黙って僕を抱きしめていた。
そのまま、お互いに眠ってしまった。
そして、翌朝は最終日。ダニカと片時も離れずに愛し合いました。

19歳ロシア少女との5日間(その1 始まりの日)

ダニカの中にペニスを深く突き入れて子宮を押し上げながら動いた。
「オオーウ!オオーウ!ノリオーッ!オオウ!オウ!もっと奥に入れてぇ!」
ダニカのスリムな体を屈曲させて僕は上から腰を打ち付けるようにしてペニスを動かした。
ダニカのDカップのおっぱいが僕の胸でつぶれて。
3度目の射精もダニカの膣奥深く発射した。
「オオオーーー!」ダニカが屈曲状態でのけぞった。僕の精液を喜んで受け入れてくれた。
僕もペニスに体重かけるようにのけぞって何度もたくさん精液を送り込んだ。
精液を発射するとダニカのも締まる。締まりながらもっと出せと言う感じで動いた。
ダニカの両足が僕の腰にきつく絡まり、ダニカ自信に密着するよう僕の体をひきつけてた。
お互いに快感が去って落ち着いて。
「ダニカ、君は最高だよ。」
「ノリオ、出たのね?もっと、もっと愛して。何度でも愛して。ノリオ大好きよぉ!」
「僕もだ。ダニカ!もっと君の中に入れていたい。」
射精が終わっても僕はクサビを打ち込むようにダンカのヴァギナへ腰を打ち付けた。
奥に入れるたびにダニカの中はペニス全体を包むように締まった。
「まだよ。ノリオ。まだまだ。もっとノリオのたくさん頂戴。」
ダニカと朝昼夜とずっと抱き合い続けた5日間。5日間でお互いの体を完全に知り尽くしました。

4か月前の厳冬のロシアに3か月間出張に行きました。
僕は19歳のロシア人少女と濃密な5日間を過ごしました。
その後も毎週末デートをして、滞在中の僕の恋人でした。
名前はダニカ。
ロシア人は肌が白いのですが、際ってダニカは白かったです。
19歳だから肌も綺麗でした。そして何より美人。モデルと言っても通用する顔でした。

モスクワから南へ25Kmほど南に下った町ポドリスクへ滞在したときに知り合った少女です。
せっかくロシアに来たのだから、モスクワの首都ではなくちょっと外れた小さい都市で雰囲気のいい場所はないか?と現地の社員に聞いて、ポドリスクに行ってみればいいという話で休暇を取ってホテルに宿泊して。
きっかけは1日目の夜にバーでお酒を飲んでいた時でした。
ホテルから歩いて15分ほどのところにあったバーです。
後からダニカがお店に入って来ました。カウンターもけっこう埋まっていたので僕の隣に来たのです。
「Могу ли я сидеть здесь?」(ここ座ってもいいですか?)
「Пожалуйста、 пожалуйста、」(どうぞ、どうぞ。)
ダニカが僕の隣に座りました。
なんて綺麗な子なんだと顔を見てしまった。笑顔が可愛い。ブロンドの長いサラサラの髪。ブルーグレーの瞳。思わず顔を見続けてしまいました。
「近所に住んでるんですか?」
「はい。」
ダニカは警戒してました。この人はどこの国の人?大丈夫?といった感じでした。
「Я извиняюсь ... Вы в обеих странах?」(すみません・・失礼ですがどちらの国の方ですか?)
「Япония. Я пришел на работу.」(日本です。仕事できました。)
日本人と知った瞬間、ほっとするような笑顔になりました。ダニカは中国、韓国が嫌いだったので、僕がもしそうなら席を変えようかと思ったそうです。あとで聞いた話ですが。
警戒心を解くと、ダニカはコートを脱いで座りなおした。
紺色のスーツスタイル。スカートはタイトスカートだった。
なんともスタイルが綺麗で僕はもう一度ビックリした。スリムで身長が高い。
話しているうちに、ダニカは近くの工場に勤めてること。そこで、事務職をしていることなど話してくれた。
日本人であることで安心して、いろんな話をしてきました。
ダニカが不思議に思ったのは、僕が流暢にロシア語をしゃべること。
僕は中学時代、親がモスクワに3年間仕事で赴任していたためモスクワに住んでいたことを話しました。
ダニカは納得。
そしてダニカの年齢を聞いてまたまたびっくり。まだ19歳!僕は36歳なので17歳も離れてた。
「まあ!お若いんですね!36歳に見えませんよ!」とダニカもびっくり。
お互いに打ちとけて3時間ぐらい一緒に呑んで話ました。
「ダニカさん、明日も会えますか?一緒に食事して飲みませんか?」
僕はここでさよならしたくない気持ちもあり誘ってみた。
「はい、いいですよ。マツヤマさん(仮名)日本の話をもっと聞かせてください。明日7時にレーニン広場で会いましょう?食事は私のお気に入りのお店に案内しますわ。」
「わかりました。明日7時ですね?ダニカさん、楽しみにしてます。」
「私こそ。マツヤマさん。よろしくお願いします。」
僕は先にホテルに戻るためバーでダニカと別れました。明日が待ち遠しくなりました。

そして翌日7時15分前にレーニン広場に行った。
とんでもなく寒かったのですが、ダニカより先に行かないと失礼と思ったので。
が、ダニカが先に来てました。
約束の広場の中央にある噴水と時計台の場所。
「マツヤマさん、こんばんは!来てくれたんですね?寒いでしょう?」ダニカは笑顔で僕のところに走って来ました。雪道なのにさすが慣れたもんだ。
飛びついてきた!
真っ白のコートを着てコートのフードをかぶっていた。まあ、寒さが半端ではないので重装備じゃないと耐えられませんからね。
ロシア人は真冬では帽子やコートのフードを被るのが通例。頭を冷やすことがよくないということからだけど。
もちろん僕だってファーがついたフードつきのコートを着てました。じゃないと寒くて耐えられない。この日は-9℃。
そのまま連れ立って歩いて20分ほどのレストランに入った。
ダニカおすすめというだけあって美味しかった。ロシアの家庭料理でした。
キエフスキー、ビーフストロガノフ、プリャーニク、キシュカ、ガルブツィーなど。
(興味のある方は、ググってみてください。)
僕たちは、料理を楽しみ話しているうちに意気投合し、ダニカが自分のクヴァルチーラ(アパートのこと)に来てくださいとなり、タクシーをダニカが拾って自宅へとなった、
ロシアのアパートは日本のアパートとは違います。イメージとしては団地と言ったほうがわかりやすいかと思う。
ダニカが先にドアを開けて玄関に入った。そして僕を引き入れてくれた。独身用の2DKだった。ドアを閉めてロックして。
そのまま僕はダニカを引き寄せて抱きしめてしまった。ダニカも少しびっくりしたが、僕に抱き着いて。そのまま見詰め合って、キスをしてた。
ダニカの胸が僕のお腹に押し当てられた。柔らかい胸だった。ボリュームはかなりある。
そのまま部屋に入った。
「マツヤマさん、寒かったでしょ。シャワー浴びて暖まってください。」
「ダニカ。君のほうこそ体が冷えてるんじゃないか?先に暖まって。」
「ううん。私は大丈夫。だって、ここで19年生活してるんだから。」
「そう。じゃあ、先に暖まらせてもらうね。」
いきなりシャワー?と思うかもしれませんね。
家に誘う=セックスは当然ということですから。独身女性の一人暮らし家だったらセックスは絶対にOKなんです。逆に何もないほうが不自然。
ロシアのアパートは寒いというイメージがあるかもしれないがまったく反対だ。
北海道を知ってる人はわかるだろうけど部屋の中はポカポカ。いや、暑いと言ってもいい。
温水暖房が行き届いているので部屋を空けている間でも暖房が入った状態になる。
だから外から戻っても、いつでも暖かい部屋に入れるわけだけど。
僕もダニカもすぐにコートを脱いだ。手袋もマフラーも取って。じゃないと暑くてたまらないから。
ダニカに案内してもらってバスに行った。バスタブにダニカはお湯を入れ始めた。
何かを垂らしていた。
「これ、香水です。バラのとてもいい香りなんですよ。」
バスの中にバラの甘い香りが広がった。
「シャワーで体流している間にバスにお湯が溜まるから、ゆっくり入ってくださいね。」
「Большое спасибо.」(どうもありがとう)
シャワーで体、髪を洗いゆっくりバスタブに浸かった。バラのいい香りが心地良かったです。
今日は金曜日。ロシアも週休2日制だから明日、明後日とダニカも休み。
風呂から出て服を着てリビングに行った。
ダニカが「私も暖まってきますね。紅茶入れましたので飲んでください。」
と言ってキスしてバスに行った。
30分ほどでリビングに戻ってきた。私服姿。ジーンズにTシャツ。しかも半袖。
僕の着てるものに合わせてラフな格好になったんだろうけど、ダニカがスリムなのがよくわかった。体の線がしっかり出てて色っぽかったです。
「マツヤマさん、お待たせしました。」ソファの僕の隣に座った。
ダニカの体から出るバラの香りがたまらなかった。甘い香り。
ダニカが僕に抱き着いてきたので、僕はダニカの細い腰に腕を回して抱き寄せた。
黙ってキス。
ダニカの胸が僕の胸に当たった。押し付けてきた。ノーブラだった。
「マツヤマさん、私ね、マツヤマさんがまた会おうって誘ってくれたのがとっても嬉しかったの。バーで話していて、とても優しくて頭が良くて、素敵な日本人って思ってたから、また会いたいって思ったの。誘ってくれてありがとう。」
「ねえダニカ、マツヤマじゃなくて名前のノリオで呼んでくれるかな?」
「あ。ええ、ノリオでいいの?」
「うん。そのほうが固くない。」
「そうね。ノリオ。私、日本語知りたいの。教えてくれる?」
「いいよ。たくさん教えてあげる。そのかわりにダニカが恋人になってくれたら嬉しいな。」
ダニカが真っ赤になってしまった。
「私でいいの?ノリオはいつまでこっちにいられるの?」
「え?休暇中だからあと4日はいるよ。それに仕事はモスクワの××××でしてるからさ、こっちには週末来れるよ。」
「4日間なのね。ねえ、ホテルをキャンセルできない?うちに来て?」
「いいのかい?そんなことして。」
「一緒にいたいの。ノリオと。」
「じゃあ、今日ホテルに戻ってキャンセルしないとね。」
「明日じゃだめ?」
「え?!そっか。そうだね。明日でいいか。ダニカも一緒に来てくれる?」
「もちろん!ねえノリオ、キス頂戴。」もう一度キスして抱きしめました。
ディープキスは激しかった。舌を根こそぎ引っこ抜かれるかって感じで舌を吸われた。
ダニカは燃えると激しいセックスをするのが好きな感じがした。
僕は答えるようにダニカの胸をTシャツの上から掴むと揉みあげた。
ディープキスしながらもダニカが口から熱い息を吐きだした。
夢中でTシャツをまくり上げて、ディープキスを中断しておっぱいにしゃぶりついた。
真っ白なおっぱい。乳首、乳輪は綺麗なピンク色でした。
あまりセックス経験ないのかな?
「ノリオーーー。いいわぁ、いいの、いいの、もっと愛して。」
「ダニカ、チュバチュバ、僕のものだよ。君は。チュバチュバ」
乳首を吸いながら僕はダニカを見上げた。ダニカは目を閉じて僕の攻めに悶えていた。
Tシャツをまくりあげて脱がした。
ほんとに白い肌です。おっぱいはDカップだが乳首がツンと上を向いていた。弾力があって、でも柔らかい。形が綺麗だった。
触ってわかったがダニカのおっぱい全体に産毛が生えていた。かすかにわかる程度ですけど。
全身に産毛が生えてました。
ダニカも僕のシャツを脱がした。
「ノリオ、ベッドに行きましょう?ベッドで楽しみたいの。」
「ダニカ、いいよ。寝室に行こう。」
上半身裸で抱きしめあったまま寝室へ。
綺麗に手入れした寝室でした。ベッドがダブルベッドだった。花柄の布団カバーが女性の寝室って感じでした。
ダニカは身長167㎝と背が高い。僕は182㎝あるから大きいとは感じないが、日本人の女性に比べたら大きいと思う。
ベッドサイドでお互いのベルトを外して、ジーンズを脱がせ合った。
ダニカは白のTバックショーツだった。両サイドにフリルがついた可愛いショーツだった。
僕のペニスはボクサーパンツの中で完全に立っていた。
ダニカが確かめるようにパンツの上からペニスにそっと振れた。
ビックリした顔で僕を見つめた。
「ダニカ、どうしたの?」
「ノリオのここ大きいのね。すごく固いわ。」
「え?普通でしょ?」
「ううん。全然違うの。ロシアの男性はこんなに固くない。」
「でもロシア男性って、ペニスは大きいでしょ?20センチはあるって聞いたことあるけど。」
ダニカは横に首振って、パンツの上から確かめるように擦ってた。
僕のは勃起時で15センチ半。日本人としては大きいほうだろうけど、ロシア人男性と比較したらちょっと小さいぐらいじゃないだろうか?
「ノリオの凄いわ。ほんとよ。」
「そうかい?」
「見てみたいわ。日本人はみんなこうなの?ステキよ。」
「いや、みんなじゃないが。まあ、固いのはそうかな?」
「凄いわぁ。私、こんなの初めてよ。痛くないかしら?」
「わからないな。試してみないと。」
そのまま僕はダニカを抱きしめるとベッドに寝かせて上に乗ってディープキスで舌を絡めて、お返しにダニカの舌を吸った。
ダニカのうなじ、首筋、肩、鎖骨と順番に舌で舐めていった。
ダニカはため息みたいな感じで喘いでいた。時々くすぐったいのか「フフ~ン」と笑う感じの声で喘いでいた。
両手でダニカのおっぱいを揉みながら舌を動かした。
乳首を触ると固くピンと立っていた。舌でおっぱいの周囲を舐め上げながら乳首を口に含んで舌先で乳首先端を舐めた。
「アン!フゥ~ン!ハァン!ハァン!」ダニカが声をあげた。
おっぱいを舐めながらダニカの表情を見てました。眉間に少し皺寄せて目をつぶって喘いでいる表情は可愛いかったです。
おっぱいから脇腹、おへそと舐めて。ダニカはおへそにピアスをしてました。
可愛いハートの飾りのピアスでした。そっとピアスを触った。
「フフフ。」と笑い声。ダニカが微笑みながら見てました。
「綺麗なピアスだね?」
「ありがとう。」
へそピアス。日本人だと違和感あるがロシアの女の子はけっこうつけてる子が多い。
おしゃれのアイテムなんだけど、日本人より綺麗な感じがします。
肌が白いから余計似合うのかもしれない。

僕はおへそから下腹部に舌を動かして、ショーツを飛ばして両足、腿、膝、すねと順番に舐めた。
一番大事な場所は一番最後。
ショーツの上に手を当てて、ヴァギナを触ろうとしたが。
「???」(毛が生えていないのか?)
いくら撫でても毛の感触がしなかった。
そのままショーツの上を這って、ヴァギナを手で包むように触って擦った。
「ハァ~ン、ハァン、ハァン」ダニカは独特な喘ぎ声だった。
ダニカのヴァギナの形を確かめたかったので、指先を動かしてみた。
あまり経験がない感じだった。
「ダニカ、脱がしていいかい?」
小さく頷いた。
僕はショーツを下に下げてダニカの足からとった。
「ダニカ、いい?」
「ノリオ、優しくしてね?ノリオも脱いで?」
両手でダニカの腿を左右に広げて、ヴァギナを見つめた。パイパンだった。いや、後で聞いたら全部脱毛したと言っていた。
その体制で僕もボクサーパンツを脱いだ。
全体がサーモンンピンク色だった。小さく花びらが出てていたけどピッタリと閉じていた。
僕は舌で確かめるようにクリトリスを舐めた。
「ハウッ!」と声を上げて、ダニカがのけ反った。
そのまま何度も何度もクリトリスを吸ったり舐めたりを続けた。
アゴが濡れた。ダニカのジュースだ。
舌をクリトリスから移動して指でヴァギナ押しひろげて中を舐めた。いい感じに濡れていた。
ダニカの腰がゆっくり動いて、切ない喘ぎ声を上げていた。膣口に舌を差し込んで中で動かした。
「オオォーーーウ!」声を上げてのけぞって腰を振った。
部屋の中にダニカの声と僕が舐める音が響いてた。
しばらくクンニを続けてたが、ダニカが突然ビクン!と腰を3回動かして「クッ!」と声を上げてエビぞって震えた。
舌が膣内で締め付けられて、ダニカがイッたのがわかった。ゆっくり舌を膣から抜いて僕はダニカの横に添い寝した。右手でヴァギナを撫でながら。
ダニカが目を閉じて小さく息を吐き出した。目を開けて僕を見てニッコリ笑った。
「ダニカ、良かったかい?」
頷いて「ノリオ、素敵。とても気持ち良かったの。アン!まだ触りたいの?」
「可愛いからね。」
「ノリオ、お願い。私の中に来てくれる?」
「いいよ。ダニカの中に僕も入りたい。」
コックリダニカが頷いて仰向けになった。
僕はベッドサイドのイスにかけておいたジーパンのポケットからスキン1枚出した。
準備がいいな?と思われるかと。
でも、これはロシアではマナーだから。女性と1対1で会う場合は必ず準備しないとNGだ。
たとえセックスが無くてもね。どこでどうなるかわからないから。
それに妊娠というよりエイズの予防が主だから。
僕はペニスに密着させて装着した。
ダニカが僕のペニスを見つめてた。
「見た感想は?どうかな?」
「素晴らしいのね。触ってもいい?」
ダニカは手を伸ばしてペニスを握ってきた。固さを確かめるように。
「ほんとにこんなに固いのね。まるで棒みたいにカチカチなのね。凄いわぁ。」
「日本人は初めてだよね?」
コックリ頷いて「私、大丈夫かしら?ノリオ、お願いだからゆっくりいれてね?」
「もちろん。もし痛かったら言うんだよ。」
僕はダニカの両膝を掴んで開脚させて、ペニスをヴァギナへと近づけた。
花びらが開いていた。濡れて光って早く入れてくれって言ってるみたいだ。
亀頭で花びらの中心に当ててダニカを見た。ダニカは僕を見つめてた。
ダニカを見つめながらゆっくりと花びらの中に亀頭を押し込んだ。プスッっと空気が抜けるような音がして亀頭が潜り込む感覚がした。
ダニカが「クッ!」っと声を出して目を閉じた。
ペニスをそのまま奥へ奥へと差し込んだ。ダニカの中はうねる感じだった。
一度上に上がる感じで肉の山を越えると下に潜り込む。じわじわとペニスを締め付ける。そんな感触だった。
「ハァ~!ハウッ!」ダニカがのけ反る。
「痛いかい?」
「ううん、大丈夫。」
僕は半分入れてそのままダニカの上に被さるように重なった。
そして残り半分をダニカの中にゆっくり入れた。
ダニカが目をつぶって喘いでいる表情を見ながら奥へ奥へと入れた。
根本まで入ってぴったり重なるとダニカは「ハァ~」と長く息を吐いた。
「ダニカ、入ったよ。」
小さく頷いた。僕はダニカの中を知りたかったから、ゆっくり動いた。
膣口まで亀頭を戻して、そのまま密着するまで奥へ差し込んで。繰り返した。
ダニカの両膝を抱えて深く入るようにした。
ダニカを首を左右に振りながらため息のような喘ぎ声を出し続けてた。
ダニカの中は動いていた。締まりは日本人ほどではないがけっこう気持ちいい感じで締めてきた。
緩いわけではないし、かといってガチガチに締め付ける感じではなく、動きやすい構造だった。
ダニカの腰が僕の動きに合わせる感じで動いた。
奥に入った時にはダニカは僕に下腹部を押し付ける感じで、抜くときはダニカも腰を引く感じ。
ダニカの動きのおかげで、亀頭部が子宮に当たる。
当たるたびにダニカが「クッ!」っとうめいてのけぞる。ダニカのおっぱいに手を置き揉みながら、乳首を指つまんだりしながら僕はダニカの中で動き続けた。
数分してダニカの腰の動きが徐々に早くなってきた。合わせるように僕も早く腰を動かした。
ジーンと睾丸が熱くなってきた。僕はいっそう動きを早く激しくして突き入れる体制に変えた。
突き上げて奥(子宮)に当たるたびにダニカの声が大きくなっていった。膣内の動きもうねるような動きになっていた。
僕は我慢できずに体重をペニスにかけるようにして奥へ突き入れて射精した。
快感と征服感で満足だった。
何度も精液をダニカの中へ放出した。放出し終わると僕はダニカの上にばったりとなった。
ダニカが抱きしめてくれた。
まだペニスは小さく脈打っていたけど、僕はダニカに話しかけた。
「待って。まだよ。動いてるのノリオの。まだ待って。」
僕は頷いてダニカのおっぱいの谷間に顔を埋めた。
そのまま数分したと思う。
「ノリオ。あなたって素敵よ。大きくて、太くて。それにとても固いんですもの。こんなの初めてなの。」
「そんなに褒めてくれて光栄だよ。ダニカは気持ち良かったかい?」
「とっても良かったわ。ノリオの固いのに痛くないの。あなたのコレで満たされる感じよ。」
「そうかい?僕もダニカのは素晴らしいって感じたよ。先にいってしまってごめんね。」
「ううん、いいの。ノリオが感じてくれればいいの。」
「ちょっと休もうか?」
「そうね。ワイン飲みましょう?お腹空いたでしょ?」
僕はダニカからペニスを抜いた。コンドームの中は凄い量の精液が溜まっていた。
ダニカは見てびっくりするのと同時に喜んでた。
コンドーム捨てて、綺麗にティッシュで拭いてパンツを履いた。
ダニカをもショーツを履くと僕にピッタリくっついてリビングに移動した。
「ちょっと待ってて?」ダニカがキッチンへ。
10分ほどで戻ってきた。トレーにたくさんのものを乗っけて持ってきた。
「お腹空いちゃった。」と言って笑った。
お皿にボイルしたソーセージ、チーズ、生ハム。そして作り置きしてあったかぼちゃのスープ。ワイングラスと赤ワイン。
「けっこうな量だね?」
「だって、運動したから。ノリオも食べてね?」
二人でワイン飲みながら1時間ぐらいだろうか。お互いにパンツ1枚でいたが寒くない。
ちょうどいいくらいだ。
「ノリオ、明日ホテルの荷物一緒に撮りに行きましょうね?私の部屋で二人で過ごしましょう?いいでしょ?」
「ダニカ、ほんとに僕が来ていいの?ダニカがそう言ってくれるなら、喜んでここに泊めさせてもらうよ。」
「お願い。ノリオにここにいて欲しいの。」
ダニカが席を立って僕の席に来て跨いで僕の膝の上に乗った。
「日本人のペニス。ううん、ノリオのペニスが素晴らしいからずっといたいの。」
「おやおや、ダニカ。僕のペニスだけなのかい?」
「ノリオのこと好きよ。だからノリオのペニスも大好き。」
そして、ダニカは僕のボクサーパンツの中に手を入れてペニスを握ってきた。
やんわりと扱いてきた。僕もダニカのショーツに手を入れて人さし指でクリトリスを撫でた。
「ウウン!ノリオ。待って。私がしてあげる。」
ダニカが立ち上がって床に膝をつき僕の股間に顔を持ってきた。
両手でパンツをずりおろしてペニスをだした。
「もうこんなに。固いわ。ノリオの凄いわ。」
「ダニカ。フェラチオしてほしい。僕のをダニカに食べてもらいたい。」
ダニカは何も言わずに、亀頭を舌で舐めまわすと吸いこみながら咥えた。
上目で僕を見ながら頭を動かしてフェラを始めた。
「ダニカ。上手いよ。」
「感じてね。たくさん出してね。」ダニカかは一言告げると強烈なフェラを始めた。
亀頭を舌で舐めまわしながら頭を振って、深く浅くと変かつけながら咥えて吸ってを繰り返す。
僕はダニカの頭に手をおき髪を撫で続けた。
激しいフェラには勝てず、フェラ初めて2、3分で口内射精した。
「ダニカ、飲んでくれ。」
ダニカは射精のたびに吸い上げて口の中に精液をため込んだ。
射精が終わってからゆっくりペニスから口を話すと僕を見つめて「ゴクリ、ゴクリ」と2回に分けて飲んでくれた。
飲み終わるとワイングラスを取ってワインを2口飲んだ。
「ダニカ。君って本当に素晴らしい。離したくないよ。」
「ノリオ。私もノリオと離れたくない。お願い。ここにいる間は私とだけの時間にして。」
「うん。じゃあ、今度はベッドでダニカをイカせてあげる。激しくね。」
「いやだわ。激しくされたら私どうにかなりそう。」
「いいじゃないか。ダニカをもっと知りたいんだ。ダニカのここもね?」
ダニカのショーツの上から股間を手のひらで覆って優しく揉んだ。
「いや・・・」ダニカは恥ずかしがった。
ダニカを立たせて腰に手を回して寝室へと戻った。
ダニカに強引にディープキスしてそのままダニカをベッドに倒した。
腰を掴んで右にまわす感じにした。ダニカはうつぶせの体制に自分からなった。
ダニカに被さり後ろからキスした。首の裏、肩甲骨、脇腹と舐めながら
後ろからおっぱいを両手でつかんで揉んだ。
背中に舌を這わせてお尻へ。
Tバックのまま左右のお尻の丸みを舐めまわした。
右手は股間へ。ショーツの上からヴァギナを揉んだり指を割れ目に当てて擦ったりした。
ダニカはうつぶせのまま喘ぎ声を上げていた。切ない感じで小さく「アン!ハァ~ン」と声を出していた。
ダニカの腰がゆっくり左右に動いていた。
ダニカの体は感度がいい。
僕はダニカの腰を掴むと上にあげるようにした。ダニカが察知して膝を立ててバックスタイルになった。両足を少し広げさせてショーツの上からヴァギナを舐めて上げた。
「ハァ~。アーーン。」切ない声で悶える。ダニカのおっぱいに手を伸ばし揉みながらショーツの上からのクンニを続けた。ショーツが濡れてヴァギナにぴったり張り付き立て筋がくっきり出てきて、強く吸ったり立て筋に沿って舌を上下に動かした。
ダニカの声が大きくなり、腰がグラインドし始めた。
「ダニカ、美味しいよ。君のここは。」
「お願い、もっともっと激しくして。」ダニカが後ろを向いて僕を見ながらお尻を振ってきた。
「じゃあ、激しくね。」言ったと同時にダニカショーツを引っ張って立て筋に食い込ませた。そのままショーツで割れ目を擦って。食い込ませてるので大陰唇とビラがはみ出してしまった。すかさず僕はしゃぶりついた。
「オオオーー!オーーーウ!」かなり大きな声を上げて腰が動いた。
僕は飽きるまでしゃぶり、吸い、舐め上げた。ショーツが唾液とジュースでぐっしょり濡れてしまった。ショーツをずりおろしてヴァギナを丸出しにした。
パックリ開いて中が丸見えだった。吸いつくように僕は舐めまわしながらショーツを脱がした。
白い丸いヒップを両手でつかんで揉みながら、膣内に舌を差し込んで中で動かした。
ダニカが髪を振り乱し悶えてる。
「ノリオ、凄いの。オオーウ!もっと、もっと、オオオオーーー!!」最後の声は僕が人差し指と中指2本を膣内にインサートしたときだった。
ダニカの中はうごめいて、僕の指に絡みついてきた。そのまま指ピストンで攻めながらクリトリスを舌でいたぶってあげた。
ダニカは耐えきれずバタリと上半身がベッドに倒れた。
「ノリオ、お願いノリオの大きなペニス欲しいの。指じゃイヤ。ペニスがいい。」
「もう少しダニカの中を知りたいんだ。」
「ペニスでして。お願い。お願い。ハァハァハァ。」息を切らしながら懇願してきた。
じゃあということで僕もパンツを脱いで。
おっとコンドームつけないとね。
コンドームを装着してる間、ダニカが振り向いて目を細めてペニスを見ていた。
「早く入れて。欲しいの。固いペニスが大好きよ。」
「じゃあ、もっとお尻上げてごらん。」
「これでいい?」エビぞり状態になった。お尻を僕に突き出してきた。
僕はダニカのヴァギナに亀頭を当てた。立て筋に沿って上下にこすり付けて亀頭でクリトリスを擦った。
「ウゥゥ~。ノリオ。どうしたの?なんで入れてくれないの?」
「ダニカ。もっともっと君を感じさせたい。」
僕はダニカを見つめた。ダニカはクスッと笑うと枕に頭を置き「ノリオ。好きにして。」
何度か僕はダニカをじらすように擦りつけた。ジュースが大量に出てきてコンドームがジュースにまみれて糸を引いてきた。
そろそろ入れるかな。
僕は亀頭を膣口に当ててダニカの柔らかいお尻を両手の平で包むように掴んだ。
察知したのかダニカがお尻を高く上げ入れやすいようにしてきた。
亀頭を押し込むと一気に根本まで突き入れた。
「ホフッ!」ダニカがのけ反った。そのまま強引にダニカの中で僕は動きまくった。
ダニカの中がヌメヌメ動いて僕のペニスにまとわりつくようにヒダが絡んでくる。
ダニカは枕に顔を押し当てて必死に喘ぎ声を殺しながら腰をグラインドさせていた。
入れて数分。
「ダニカ、イッテくれ。」
ダニカは枕に顔を押し当てながら何度も頷いてた。根元まで突き入れながらダニカの中の動きが変わったのがわかった。絞るように締め付けてきた。
そして少ししてダニカがお尻を持ち上げると全身硬直。
「オオオオーーー!」と声をあげた。ダニカがイッタ瞬間だった。
射精感がこみあげる。締まる膣の中を僕は突き入れてダニカがイッタ数秒後に射精した。
ダニカに密着させて膣の奥へと発射した。亀頭が何かに当たっていたが、間違いなく子宮にあたっていたと思う。
ダニカの全身が弛緩して、そのままうつぶせに倒れこんで、僕もひきつけられるようにダニカの背中に倒れこんだ。下腹部に当たるダニカのお尻はひんやりと冷たくて心地よかった。
まだダニカの中で僕のペニスはピクピクと動いていたが。
ダニカが顔を横に向けて「ノリオもいったのね?たくさん出してくれたの?」
「ああ、ダニカ、すごいよ。凄く出たよ。」
ダニカは幸せそうに微笑んでキスを求めてきた。
ペニスが抜けないように動いて、ダニカにキスをした。
「ノリオ、今日はこれでおしまいにして?一緒に寝ましょう?」
ペニスの根本のコンドームを押さえながらペニスをダニカから抜いた。コンドームに溜まった白い精液を見たダニカは喜んでました。
「嬉しいわ。こんなに感じてくれて。」
「ダニカは?」
「ふふふ、イッちゃったでしょ?もちろん私もたくさん感じたの。ノリオ、ずっと私のそばにいてね。」
コンドームを取った。ダニカが起きてそれをぼくから取ると口の部分を縛ってから溜まった精液を指で触って確かめるようにしてた。
「どうしたの?」
「ほんとにたくさん出たのね。まだ温かいわ。ノリオの精子。」
「うん。」
「ノリオ、満足してくれた?」
「大満足だよ。ダニカの素晴らしさがよくわかった。」
ダニカはベッドサイドのゴミ箱にコンドームを捨てると僕の腕を掴んで引き寄せた。
ダニカの上に倒れて抱きしめた。
「ノリオ、おやすみなさい。」
「ダニカ、おやすみ。」
毛布と布団をかけて僕たちは眠りに落ちた。
これがダニカとの始まりです。
2日目以降は、後日また書きたいと思います。
ダニカとは今もメールでやり取りしてます。ダニカがしきりに会いたがってくる。
僕も会いたい。でも日本とロシアでは距離が離れすぎ。
ダニカにはあと2か月待つように言ってます。
なぜなら、僕は2か月後に今度は1年間の長期滞在となるから。
モズクワに行ったら、今までダニカを抱けなかった分を取り返すと思います。
ダニカもきっと同じ。
どんなことになってしまうのか?楽しみです。

18歳の時、従妹のお姉さんに男にしてもらった。

僕が16歳の時の話です。7歳上の従妹のお姉さんが童貞喪失の相手をしてくれましたた。
今から6年前の話だけど。
鮮明な記憶として残ってます。
そして、今は僕の妻です。7歳差なんか関係ないです。
今は30歳。僕が23歳。子供が一人います。

従妹は父方の姉の娘で、ほんとに美人です。
誰に似てるんだって言うと、壇蜜を少しポチャッとした感じ。もう少し目が大きいかな。
壇蜜さんの画像見ると似てるなあと思います。
まあ、同じ秋田だから色白なのは変わらない。

僕が小さいときは、田舎に行くとお姉ちゃんにいつも遊んでもらっていた。
「雪姉ちゃん、公園で鳩ぽっぽにエサあげたい」
「いいよ。じゃあ一緒に行こうね?」
雪枝姉ちゃん。僕が一番大好きなお姉ちゃん。小学校の頃から美人と近所でも有名だった。
僕が中学に入ってなかなか夏休みに行けなくなってしまった。
中学3年の夏休み。祖父が亡くなり久しぶりに秋田に行きました。
すっかり大人になってしまった雪姉さん。ドキドキしてしまったのを覚えています。
「洋君、久しぶりね?大きくなったねぇ?」
「雪姉ちゃん、こんにちは。」まともに雪姉さんの顔が見れなかった。
お化粧もきちんとして、昔の雪姉さんと違ってた。
黒い喪服の着物が何とも言えない色っぽさを出してました。
「どうしたの?洋君。お姉ちゃんと少し話しようよ。あっち行こう。」
と斎場の控室の端っこのテーブルに行きました。僕にはジュース。お姉さんはお茶。
しばらく話しているうちに、昔の感じに戻りました。
でも、雪姉さんは大人の魅力がいっぱい。胸も大きくなってた。
「高校受験終わったら、またこっちに遊びに来なよ。洋君、また姉ちゃんと遊びに行こう?いろんなものができたのよ。洋君の来ない間にね。連れてってあげるね?」
「雪姉ちゃん、ありがとう。また来るよ。絶対に。」

高校受験も無事に終わり、夏休みに一人で田舎に行きました。
叔父、叔母の家に泊めてもらった。
もちろん雪姉さんの家。
夏休みの10日間お世話になった。
雪姉さんは23歳。もう就職して働いていた。
雪姉さんは僕が来るのに合わせて夏休みを取ってくれてました。ずっと一緒だった。
「ねえ、せっかくだからさ温泉連れてってあげる。凄く景色いいのよ。」
「雪姉ちゃん、連れてってくれるの?ありがとう!」
雪姉さんの軽に乗せてもらって、二人で2泊3日の温泉旅行に行った。
車内では、ルンルン気分だった。本当に久しぶりに雪姉さんと遊びに行けるのが嬉しくてたまらなかった。
1泊旅行なのも嬉しかった。
一緒にデジカメで何枚も写真撮ったり、行った場所で、お昼ごはんごちそうになったり。
旅館についてからは、旅館の周りを一緒に歩いて散歩しました。
夕方部屋に戻って。
「さあ、温泉入りに行こうね、洋君。ここの温泉はね美容にいいんだって。」
「じゃあ、雪姉ちゃん、もっと綺麗になるね。」
「あははは!嬉しいこと言ってくれるのね。ありがとね。」
それぞれ温泉に入って、部屋に戻った。
浴衣姿で髪が濡れた雪姉さん。見た瞬間ドキドキしてしまった。16歳ながらも女の色気のセクシーさにやられた。
ドキドキしながら雪姉さんをじーっと見てしまった。
「どうしたの?なんかあった?」
「・・・雪姉ちゃん・・・綺麗すぎだよ。」
「あらあら、洋君も男の子だね。お姉ちゃん嬉しいわあ。そんなふうに言ってくれるなんて。」
部屋で夕食。向かい合ってお膳の御馳走を食べた。
雪姉さんはビール。僕はコーラ。
「ねえ、雪姉ちゃんって好きな人いる?カレシとかは?」
「秘密だよ?うん、カレシいるよ。」
「そっかあ・・・カレシいるんだ。そうだよね?そんなに美人だもん。」
「おやあ?がっくりきてるみたいだけど・・・洋君、お姉ちゃんのこと好きなのかなぁ?」
さすがに真っ赤になってしまった。
「あはは。そっかぁ、好きなんだぁ。ありがとうね。」
「昔から・・・だった。」
「え?何?」
「だからぁ、昔からお姉ちゃんのこと好きだった。今だって大好きだもん。」
「うん。嬉しいなあ。洋君は姉ちゃんの弟だもんね。姉ちゃんも洋君のこと好きだよ。」
そんな会話していて、雪姉さんになんだかもっと甘えたくなってしまった。
「昔、雪姉ちゃんさ、僕のことたくさん抱きしめてくれたの覚えてる?」
「うん!覚えてるよ。だって可愛かったんだもん。」
「雪姉ちゃんに、またハグハグされたいなあって思うんだ。今も。」
「え?あはは、なんだ、そんなこと? いいわよ。こっちきてごらん。」
思いっきりハグされました。
ハグされているうちに、困ったことにチンコが大きくなった。
「あれぇ~?洋君・・・もしかして?」
僕は真っ赤になってうつむくしかなかった。これが20ぐらいになってたら雪姉さんを口説いたりしたんだろうけど。
「そっかあ。洋君も男なんだもんね。ねえ、もっとハグしよっか?」
そのままきつく抱きしめられてしまった。おっぱいが僕の胸に当たる・・・ムギュッって感じで柔らかい!!
「お姉ちゃんのことどう思う?」顔が間近にあって、今にもキスできそうな距離。
「好きです・・・あと、柔らかいです。あと・・・いいにおいがする。」
「うんうん。そっか。目をつぶってくれる?」
言われるままに目をつぶった。唇に柔らかいものが当たってギュッと押し付けられた。
思わず目を開けてしまった。お姉ちゃんが目をつぶって僕にキスしてた。
そして、僕の唇を舌でこじ開けて、口の中に舌が入ってきた・・・さすがに驚いてうめき声を出してしまった。
お姉さんが目を開けてそのまま唇を離した。じーっと僕を見つめてた。
どうすればいいやら・・・。
お姉さんは、僕の右手を掴むと浴衣の中に手を入れておっぱいを触らせてくれた。
触ると大きさがわかった!いつの間にこんなおおきくなったんだ!って感じで、お姉さんのおっぱいを手のひらで握ってしまった。
「ふふふ、おっぱい好きなの?洋君は。いいのよ。怖がらないの・・・私怒らないわよ?」
「う、うん・・・どうすればいいかわからないよ。」
「そっかあ。そうね。まだ16歳だもんね?じゃあ、お姉ちゃんがいいことしてあげるね?お姉ちゃんの前に立ってごらん?」
僕は言われるままに雪枝姉ちゃんの前に立った。お姉ちゃんが浴衣の帯をほどいて、僕のパンツを見た。
「洋君のオチンチン元気ンなってるね?見てもいいかな?」
「雪姉ちゃん・・・ちょっと待って。それは・・・恥ずかしいよ。」
「一緒にお風呂入ったりしたでしょ?昔。じゃあ・・・見せてね?」
お姉ちゃんにパンツ脱がされた。
「まだまだ皮向けていないのね?そのまま動かないでね?」
お姉ちゃんが僕のオチンチンを手で握って動かし始めた。
そう、手コキだった。まさかこんな事されるとは思ってなかった。えらい興奮したのもあって、わずか1分足らず。
「雪姉ちゃん!出そう!うっく!・・・だめだよぉ!出ちゃうって!」
「うん。出していいよ。」と言って、僕のオチンチンの前に手のひらを出して・・・発射した精液を受け止めてくれた。
「出たわねぇ。凄くたくさん出たわよ。気持ち良かったかな?洋君。」
「はあ、はあ・・・気持ちいいよ。雪姉ちゃん・・・あ!雪姉ちゃんの手が。」
「いいの。ほんとにたくさん出たね?ねえ、洋君。もう少し大人になったら、またお姉ちゃんと遊ぼうね。その時は・・・」
「え?その時は?」
雪姉ちゃんはじっと僕を見つめてきました。そして、もう一度キスしてくれた。
なんだかそれ以上聞いたらいけないと思ってしまった。初めてお姉ちゃんにオチンチン触られた思い出です。

そして、僕が18歳になった時のこと。とうとう雪枝お姉ちゃんとエッチしました。
雪枝姉ちゃんは25歳。もう大人の女で、色気もたっぷりでした。
夏休みにまた秋田へ行った。
そして、また温泉へ連れて行ってくれた。別の温泉だったけど。
昼間は観光。そして、その夜雪枝姉さんと一つになりました。
旅館の夕食を食べながら、一緒にお酒を飲んだ。僕もそのころは少しは飲めるようになってたので、雪姉さんに勧められるままにお酒を飲んだ。
雪姉さんは日本酒をかなり飲んでました。2合は飲んでたはず。
でも酔わない。ほろ酔いって感じ。顔が少しピンクになってました。
色っぽすぎだった!
グラスを持って僕の横に来た。ぴったりくっついてきた。
「洋君・・・18歳になったね。約束覚えてる?」
「え?・・ああ!もしかして16歳の時の約束のこと?」
「うん・・洋君、大人になろう?今日。ここで。」
ゴクリとつば飲んでしまった。何が起きるのかは想像してたから。
雪姉さんが僕の顔に手を添えて唇を近づけてきた。キスしてくれるんだ!!
唇が重なった。ほんの一瞬だった。目を開けたら雪姉さんが口にお酒を含んだ。
そしてもう一度キス。
ゆっくり僕の口の中にお酒が入ってきた・・・口移しで飲ませてくれた。
「美味しかった?」「・・・う、うん。」
そして雪姉ちゃんが僕の手を掴んで浴衣の中に入れておっぱいを触らせてくれた。
あの時と一緒。でも違うのは今日は・・・きっと最後までってこと。
僕は夢中で雪姉さんのおっぱいを揉んだ。柔らかくて温かくて・・・片方の手も浴衣の中に入れて両方のおっぱいを握って揉みまくってしまった。
「おっぱい好きなの?洋君。見たいよね?」そう言うと雪姉さんは浴衣を肩からずらした。
真っ白なおっぱいが飛び出してきた。綺麗だった!!大きいのに垂れてない。
聞いたらDカップだって。
向かい合ったまま僕は揉みながら乳首に吸い付いてしまった。夢中で雪姉さんの乳首を吸った。
「ふふふ、赤ちゃんみたい・・・可愛いね洋君。」
「吸っちゃダメなの?じゃあ・・・舐めていい?」
「いいわよ。」
ぎこちなかったと思うけど乳首や乳輪をペロペロ舐めた。
「はぁ~・・・」雪姉さんが喘ぐような溜息をした。
気が付いたら僕も浴衣の上を脱がされてた。
「お姉ちゃんのこと好き?」
「うん!うん!・・・大好きだ!雪姉ちゃん・・・お願いだから男にしてください。」
「うん・・・わかったわ。じゃあお布団に行こうか?」
「は、はい!」
二人ともズルズルと這う感じで布団に寝っころがった。
いきなり雪姉さんが僕の上に重なった。そして、おっぱいを口のところに持ってきて
「いいのよ。たくさん吸っていいの。」
言われるがままにむしゃぶりついてた。雪姉さんを見上げると目があった。
優しい目で僕を見てた。
そして、雪姉さんが僕の股間に手を持って行って・・・チンコを優しく掴んだ。
すでに完全勃起状態。トランクスの上からゆっくり揉んだり扱いたりしてきた。
「雪姉ちゃん・・・いちゃうよ・・・そんなにされたら・・・」
「そっか。いっちゃいそう?じゃあやめようね。でも、お姉ちゃんに見せてね。」
雪姉さんは僕の上をずり降りるように動いて僕の股間に顔を持ってきた。
トランクスをゆっくり降ろして・・・勃起チンコがビーン!って感じで飛び出した。
「大きくなったのね?洋君の。ちゃんと皮向けてるし。立派になったね?ご褒美あげないとね?」
「ううう!!」僕はうめいた。雪姉さんが亀頭を舐めながら咥えこんだから。
「ゆ・・雪姉ちゃん?・・フェラチオしてくれるの!!汚いって・・・さっきおしっこしたし・・・」
雪姉さんは上目使いに僕を見ながらゆっくり動いてた。根元まで咥えて吸いこむとそのままゆっくりもとに戻して・・・また咥えこんで・・・。
童貞でフェラの刺激は溜まらなかった!いきなり射精感がこみあげた。
無言のまま僕は発射してしまった。
「ん!!ん!!」雪姉ちゃんは根元まで咥えこむと射精のタイミングに合わせてチンコを吸った。
射精が終わって、雪姉さんがチンコから口を離した。
僕の目を見つめながらゴクッっと喉が動いた。精液を飲んでくれた。
そしてニコッと微笑むと僕の横に寝た。
「雪姉ちゃん・・汚いのに・・・そんな・・・」
「ううん、汚くないよ。洋君はほんとに可愛いね?」
僕はフェラチオが凄く気持ちよかったと話した。こんなに気持ちいいのは生まれて初めてだって。フェラチオとオマンコのどっちが気持ちいいのか知りたいって話した。
雪姉ちゃんは無言で僕を抱きしめてくれた。
お互いに見詰め合った。
「どっちも気持ちいいこと教えてあげるね?ねえ、今度はお姉ちゃんと一緒になろっ?洋君のこれでお姉ちゃんを感じさせてくれる?」小さくうなだれてるチンコを優しく握った。
僕は、ただ何度も頷いてた。
「じゃあ、今度は洋君が上に乗って?好きにしていいよ。」
雪姉さんは仰向けで布団に寝た。まだパンティはいたままだった。
黒い小さなパンティ・・・ショーツって教えてくれたけど・・・白のレースで花柄がついてた。セクシーなしょつだった。
仰向けになっても雪姉さんのおっぱいは崩れなかった。張りがあって反る感じで形が綺麗なままだった。
「雪姉ちゃん・・・ほんとにいいのかな・・・大丈夫?」
「心配しなくていいのよ。お姉ちゃんと洋君の秘密ね?」
「わかった。」
僕はキスもせずに、雪姉さんのおっぱいを両手で揉みながら乳首に吸いついた。
右と左・・どっちも一生懸命吸ってしまった。
雪姉さんは目を瞑ってた。少し呼吸が乱れてた・・・徐々に胸が上下に動き始めて呼吸が速くなった・・・と、
「あ!・・・あああ!・・・う!」とうめきながら僕の頭を両手で抱きしめてきた。僕は夢中でおっぱいを舐めて吸った。
雪姉さんが僕の頭を下に押すようにして、おっぱいから徐々に下に移動した。
おへそを通り越して・・・ショーツの上に来た。
雪姉さんは閉じていた腿をゆっくり開いて、僕にショーツの上からオマンコを見せる体制になった。
ドキドキしながら見てしまった。下腹部が少し膨らんでて・・オマンコがある部分も膨らんでた・・・とても柔らかそうな感じに見えた。
何も言わずに無意識に右手でオマンコの膨らみを触ってしまった。
「うん・・・触っていいよ。」見上げると雪姉さんは僕を見つめてた。
「柔らかいんだぁ・・・ここって。」
「ゆっくり触ってね?激しくしたらお姉ちゃん痛いから。」
ゆっくり股の膨らみを揉むように触った。
「洋君・・・もうちょっと上の部分を・・・触って・・はあ、はあ・・」
手で確かめながら割れ目の上の部分を触った。
「んんー!・・・そこ・・・」
雪姉さんの悶える顔を見ながら、僕はそこを触って指先で擦る感じにした。
触っているうちに小さく固くなったものが指先に振れた。これがクリトリスってやつか?
指で静かに触りつつづけた。
「あああ!ああー!」雪姉さんが少し大きな声で悶えた。
「雪姉ちゃん・・・ここって感じるとこなの?」
うなづきながら「そう・・・そこが女の子は気持ちいいの・・・覚えてね・・・あ!あ!・・・いい!上手よ・・・」
僕は股間に顔をくっつけるくらいにして見ながらクリトリスをいじった。
ショーツの股の布に少しシミみたいなのが見えた・・・雪姉さん濡れてる・・・。
「ショーツ脱がせて・・・洋君・・・お願い」
雪姉さんが腰を浮かせた。ショーツの両サイドに手をかけて下におろして脱がせた。
雪姉さんはほとんど毛がなかった!剃ってるんだろうけど縦に細く残ってる程度だった。
足を閉じてたけど、割れ目が見えてた。
興奮が頂点になった!勃起したチンコがピクンピクンと動いた。
「雪姉ちゃん・・・とっても綺麗です・・・」喉カラカラで声がかすれてしまった。
おっぱいも真っ白。全身が真っ白・・・マジに綺麗だった。
「ありがとう洋君。綺麗って言ってくれて嬉しいわぁ。洋君・・・お姉ちゃんと一緒になろうか?」
「ええっと・・・あのぉ・・・」
「なーに?どうしたのかな?」
「雪姉ちゃんの・・・見たい・・・見せてください。」
雪姉さんはかすかに笑うと、ゆっくり足を開いて見せてくれた。初めて見るオマンコ!!
縦に割れ目が走ってた・・・。濡れて光ってた・・・。
無意識に顔を近づけて舐めまわすように見てしまった。
雪姉さんが指をそっと割れ目に添えて開いた・・・オマンコの中を見せてくれた。
綺麗なピンク色で、中のほうが濡れてた。割れ目の下のほうがヒクヒクと動いてた。
「どう?・・・見た感想は?」
「・・・き、綺麗です。こうなってるんだぁ・・・はぁ~」見ながらため息。
「洋君、お姉ちゃんの中に来て?」
「え?・・・いいの?」
「パンツ脱いで・・・お姉ちゃんの上においで。お姉ちゃんが教えてあげるから。」
「う、うん・・・。」
雪姉さんの股の間で膝まずいてトランクスを脱いだ・・・トランクスの前がビショ濡れ!!
「あら・・・トランクス濡れちゃったの?我慢してたんだね・・・我慢しなくていいのよ。」
「恥ずかしいって・・・雪姉ちゃん見ないでよ。」
「ううん、男の子はしょうがないの。恥ずかしがらないの。興奮した証拠だもんね。さっ、お姉ちゃんの上に乗って見て?」
そのまま雪姉ちゃんの上に被さった。
「少し腰を持ち上げてくれるかな?」僕は腰を少し浮かす感じにした。
雪姉さんは大きく足を開くと、僕のチンコを軽く握った・・・そのままオマンコの入口にチンコを当てた。
亀頭の先端がヌルヌルしてるのを感じた。
「ゆっくり腰を落としてね?勢いよく入れなくていいからね?・・・洋君、来て。」
言われるまま、ゆっくり腰を下に落としてみた。
ニュル!って感じで亀頭が潜った・・・温かくて・・・狭い!きつい!
オマンコに入ったんだ!思わず雪姉さんの顔を見てしまった。
雪姉さんは僕を見つめながらコックリ頷いた。
そのままじわじわと中に潜った。チンコ全体が包まれる感じ。締め付けられる感じ・・・そしてヒクヒクと中が動いてた。途中何度か亀頭のカリがひっかかるような感じもした。
そしてぴったり根本まで中に潜り込んだ・・・
「はぁ~・・・」雪姉さんが静かに息を吐いた。
お互いに黙ったまま見詰め合ってしまった。何か言わなきゃ!!妙に焦ってしまった。
「雪姉ちゃん・・・入ったんだよね?」
「うん・・・入ったよ。洋君と一緒になったね?・・・これで洋君も男になったわね。」
「雪姉ちゃん・・・」
ヒクヒクと中が動いて亀頭を締めてきた。我慢できない!!
「あ!やばい!出ちゃう!」
そのまま雪姉さんの中に射精してしまった。凄い勢いで発射した。
オナニーとは違う快感だった。
僕は雪姉さんの上にグターッっとなってた。まだ射精は続いてた。
雪姉さんは僕の頭を抱きしめながら射精が終わるのを待ってくれた。
「はあはあはあ・・・雪姉ちゃん・・・ごめん・・・出ちゃった。」
「うん、出たわね。・・・あ!抜いちゃダメよ。そのままにしてて。」
「だってぇ・・・あ!コンドームつけてないよ!やばいよね?」
「いいの・・・いいの・・・洋君のだからいいの。」
「赤ちゃんできちゃったら・・」
「大丈夫。安心して。・・・洋君、溜まってたのかな?たくさん出たのがわかったわよ。」
「・・・まいったな・・・雪姉ちゃんだから言っちゃうけど・・・オナニー1週間我慢してたんだ。」
「あらあら!・・・かわいそうに。じゃあ・・・まだ出したいのかな?」
「え?・・・ええっと・・・うん。でも・・いいの?」
「可愛い・・・いいのよ。お姉ちゃんと一緒にいようね?今晩はずっと一緒にいようね?」
そして雪姉さんの上で話しながら休むこと15分ぐらいかな?また勃起した。
雪姉さんは教えてくれました。
ゆっくり動くこと。急いで動くとすぐいっちゃうよって。AVとは違うんだってこと。
お姉ちゃんを感じるように動いてって。
僕は雪姉さんの上でゆっくり腰を動かした。
入口まで戻して、また奥までゆっくり入れて・・・。
じわじわ入れるのって包まれてる感じがして安心してしまった。
雪姉さんに包まれてるって感じだ。
そうしているうちに雪姉さんも悶え始めた。喘ぎ声も出てきた。
「あ・・・あ・・そう・・・いいの・・・いいの・・・あ、あ・・・」
僕は雪姉さんの喘ぐ顔を見つめながら、ゆっくり動いた。
雪枝江さんお言うとおりだった。全然射精感が来なかった。雪姉さんの中がよくわかった。
そのまま10分弱だと思うけど動き続けた。雪姉さんは自分の両足を抱える感じになってた。屈曲位を自分でしてた。
本当に奥まで入る・・・何かに当たる感じが時々した。
「あ!・・・洋君の・・・当たってる!・・・あ!・・・そこ!・・・突いて・・・突いて・・・お願い・・・」
僕は雪姉さんの両足を抱える感じで持って、奥まで入った時に下腹部をオマンコに押し付ける感じでグーッと力を入れてみた。マングリ返し?に近い体位になってた。
奥にツン!って感じで亀頭の先端がぶつかった。ニュルニュルと動く感触だった。
何が当たってるんだ?何が動いてるんだ?押し付けたまま疑問に思ったけど。
「いい!・・・いいの!・・あ!・・お願い・・・洋君・・・そのまま・・・そのまま抜かないで・・・」
押し付けたままじっとした。
あとで教えてくれたけど、亀頭の先端が子宮口にくっついてた。
「雪姉ちゃん・・・・これで・・・いいの?」
眉間に皺寄せながら、何度も雪姉さんは頷いた。
亀頭の先端がモゾモゾ動きながら咥えられるような感じがした。
なんなんだろ?これって?
そのまま押し付けて1分ぐらいだろうか?雪姉さんの全身が硬直した!
「ウウッ!」と小さく声を上げて・・・カチコチに固まった。
途端にオマンコの中が凄い力で締まった!チンコが締め付けられる!!
雪姉さんがイッた瞬間でした!まさか童貞相手でイクとは・・・。
僕も「だめだ!」そのまま、雪姉さんの中に2度目の射精!
2度目も大量に出してしまった・・・こんなに出るものなのかって発射しながら思ったけど。
そのまま雪姉さんの上で虚脱状態でぐったり。
「はあ・・・いったの?・・・洋君も。」
僕は雪姉さんのおっぱいに顔をつけながら頷いた。
「うん・・・良かったね。ああ~温かーい。お腹の中が温かいわ・・・。」
まさかとは思うでしょうけど、2度目はどうやら子宮の中に精液が流れ込んでたようです。

その夜は結局あと2回もやってしまいました。
僕の童貞喪失の初めての夜。雪姉さんは僕のわがままを全部受け入れてくれました。
そして、そのあとのことですが僕が20歳になった時に、雪枝姉さんが上京してきました。
会社の夏休みで東京に来たのですが。
その時に何度も雪姉さんとセックスをした。
雪姉さんが言うには、僕とのセックスが凄く良かった・・・忘れられないって。
洋君のことを恋愛の意味で愛してしまったと。
上京する前に5年交際した彼とも別れたと言った。
その半年後、秋田で勤めてる会社を辞めて東京に来た。
派遣社員として働くと言って。
それが僕と雪姉さんの本格的な交際が始まった時でした。
後日談ですが、まさか両方の両親は、2人が交際してるなんて思ってなかったと言ってました。

結婚しよう!って僕がプロポーズ。
プロポーズした半月後・・・これが妊娠のきっかけでした。
「雪姉ちゃん・・・中に出していいの?」
「頂戴・・・たくさん・・・頂戴・・・洋君の・・・」
そして・・・
「あ!・・・あ!・・出して!・・出して!・・・もっとぉ!」
「出てる!って・・・ウッ!ウッ!」
ラブホでスキンなしで合体して・・・僕は雪姉さんの中にたくさん射精した。
「雪姉ちゃん・・・今日って平気なの?」
「ううん・・・危ない日なの・・・」
「えーーーーっ!、まずいってぇ!妊娠っしちゃうんじゃない?」
「うん、たぶん・・できちゃうかも・・・でもね・・・両親に洋君との結婚を認めてもらうには・・・」
「しかし・・・できちゃった結婚?・・まあ、僕は構わないけど。先か後かだけだからね。それに、僕たちの子供早く欲しいし。」
「うん!ありがとう!そう言ってくれて安心したわ。洋君・・・子供作ろう?洋君の子供が欲しいの。まだ・・・できそう?出せそう?」
で、そのままあと2回雪姉さんの中に射精しました。
その月の生理が来なかった・・・・。翌月も・・・。
結果は見事に妊娠。急いで両方の両親に二人で挨拶して。
物議をかもしましたが何とか結婚承諾。
という流れでした。

従妹なら問題なく結婚できますから。
結婚式のときは妊娠5か月でした。大慌てで結婚式を挙げました(笑)。
雪姉さんのお腹の中には2人目がいます。30歳になる前に産みたいとのことで・・・。
幸せな家庭を持てて良かったと心から思ってます。
3人目も挑戦しようか?とは思いますが・・・。子供はたくさんいるほうが楽しいですしね。

14歳上の姉ちゃんとの思い出

俺の姉ちゃんは14歳離れてる。俺は親父が40歳、おふくろが36歳の時に生まれた。姉ちゃんが中学2年だった。
14歳も離れてると親と大差ない。俺が16歳の高1の時の話だけど、姉ちゃんに男にしてもらった。男にしてくれた。
俺は今25歳。姉ちゃんは39歳。姉ちゃんは33歳で結婚して家出てるから今はいない。

中学2年(14歳)で俺はオナニーを覚えた。おかずは親父の週刊誌のヌードや漫画雑誌の水着のアイドルだった。
ビキニのパンツの股間が食い込んだアイドルの写真を見たときは、女のあそこって割れてるんか?って思った。妙に興奮したのを覚えてる。
そして、女のパンツってこうやって割れ目に食い込ませて履くものだって思った。
干してる洗濯物から姉ちゃんのパンツ(ピンクでシマシマだったのを覚えてる)をとってきてマジマジと見てしまった。股間のちょうどオマンコが当たるとこらへんが生地が違ってた。少し黄ばんでた。縦一文字に黄ばんでた。そっか割れ目がここに食い込んでたんだ!って思った。匂いも嗅いだが、匂いはしなかったけど。
でも姉ちゃんのオマンコが食い込んだ跡って思ったら勃起してしまった。無意識に短パン、パンツ脱いでそこにチンチン当ててた。で、当てた瞬間に興奮絶頂で発射してしまった。すんげー気持ち良かったのを覚えてる。
でも、そのあとが大変!やっちまった!汚しちゃったよぉ!ってんで慌てて洗面台でピンクシマシマのパンツを洗って絞って、元の場所に干した。
親父、おふくろ、姉ちゃんの3人とも働いてたから昼間に家にいるわけないので問題はなかったが、姉ちゃんのパンツを汚したって罪悪感で落ち着かなかった。
でも、それからは姉ちゃんのパンツが俺のおかずになった。
そのとき姉ちゃんは28歳。完全に大人の女だった。姉ちゃんのパンツを全部見たこともあった。白、黒、水色、青、真っ赤っか・・・ヒモで縛るのやTバックやスケスケのや。もうたまらんかった!!姉ちゃんってすげーな!って思った。おふくろのを見たけどあんま興味わかなかった。まあおふくろなんてね・・・。
俺の姉ちゃんはグラドルの谷桃子っぽい感じ。
まあ美人って言えば美人か。落ち着いた感じで雰囲気も似てる。そんな姉ちゃんが、こんな過激なパンツ履くのか!って興奮した。
で、見つかった!!
週末の土曜のこと。親父はゴルフ、おふくろはダンス教室。姉ちゃんは買い物でいなくなって、またまた俺は姉ちゃんの部屋に忍び込んでパンツを3枚選んで、オナニー開始した。
1発目をティッシュに出して、2回目を頑張ってる時だった。
ガチャン!玄関の鍵の開く音。
「やばい!誰か帰って来た!」俺はあわててパンツ、ズボン履いて姉ちゃんのパンツ仕舞う暇もなくてポケットに3枚押し込んだ。
姉ちゃんの部屋を出ようとドアを開けた瞬間、飛び込んできた姉ちゃんと正面衝突してしまった!!
「きゃっ!」「イッテー!」
お互いにドテンとこけてしまった。よりによって帰って来たのは姉ちゃんだったなんて。
「痛ったーい!イチミーなにやってんのよぉ!」
一巳(カズミ)なんだが、姉ちゃんはイチミと呼ぶんだ。
「ご、ごめん。ちょっと文房具借りようかと思ってさ」あわててウソ言ったが・・・
姉ちゃんが俺のGパンのポケットからはみ出してるものを見てた。
「イチミ、何ポケットに入れてるの?」
「え?・・・!!」押し込んだはずの姉ちゃんのパンツが少し飛び出してた。赤、白(Tバック)、あと黄色のレースのヤツ。
「ん?それなーに?・・・え!!それもしかして女もんのパンツじゃん!!」
俺、ブンブン顔横に振った。もうパニック状態。姉ちゃんに完全にばれてた。
有無言わさずに、姉ちゃんがポケットの中身を引っ張り出して。
「イチミ!!これっ姉ちゃんのじゃん!何やってのぉ!!」びっくりした顔だった。
俺、無言。
「ちょっとぉ、部屋に来なさい!!事情聴取すっかんね!」
姉ちゃんの部屋にひきずられて入った。入った瞬間姉ちゃんの一言
「臭い!!この匂い・・・」
カーペットにさっき俺が出したものを拭いたティッシュが落ちてた。あわててたから捨てるの忘れてた。姉ちゃんが俺をじーっと見おろしてた。怖い!怖い!マジに怖い目だった!
「ふーん・・・なるほど。そういうことね。」
バシッ!っとほっぺた叩かれた。「ご、ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい!!」
もう一度バシッ!
「イチミ・・・あんたもそういう年齢になったのはわかるけどさ。姉ちゃんのパンツってあり得ないでしょ?あんたパンツフェチ?」
黙って下向いてた。
「黙ってたらわからないでしょ!!どうなの?パンツしか興味ないの?それとも姉ちゃんなの?」
「ね・・・×××××」
「え?聞こえないわよ。何?」
「姉ちゃん・・・」
「はぁ~(ため息)。まったくぅ、ばっかじゃないの!!ってか、姉ちゃんは姉ちゃんなの!!わかってんの?」
普段おとなしい落ち着いた姉ちゃんも取り乱してた。こんなの見るの初めて。
「イチミ・・・姉ちゃんは恋人にはなれないんだよ?姉ちゃんは相手に慣れないんだよ?エッチも出来ないんだよ?わかってるよねぇ?」諭す感じで話してきた。
俺泣きながらウンウン頷いてた。
「イチミは、姉ちゃんの弟なんだからね?姉と弟なんて・・・なんていうか知ってる?近親相姦って言うの。そういうのは。法律で禁止されてるの。」
「ごめんなさい。」
「姉ちゃんのこと好きなの?イチミは。・・・・そう。でも無理よ。なんで姉ちゃんが好きなの?」
「そ・・・それは、小さい時から優しくて、何でもしてくれて・・・姉ちゃんのこと好きになった。」
「それは弟だから、可愛くてってことなんだから・・・。あきらめなさい。いい?」
俺はこのとき頷いたら負けって思った。瞬間的に頷いたらだめって。
「やだ!やだ!姉ちゃんが好きだ!!俺・・・姉ちゃんが・・・」泣きながら訴えてしまった。
「イチミィ・・・。あんた・・・。」姉ちゃんも黙った。
「いいわよ、もう。あとで話すから。私急いでるから。あ!パンツ仕舞っておきなさいよ。あと部屋も掃除しておいてね。」
そう言って、忘れた定期券を持って出て行った。
そのあと、姉ちゃんは何も言ってこなかった。パンツでオナニー続けてるのも知ってたし。
そして、俺は高1になった。
まだ、姉ちゃんパンツのオナニーは続けた。
またまた週末のこと。7月後半の夏休み。姉ちゃんのパンツを借りようと姉ちゃんの部屋に行った。
ドア開けた瞬間びっくらこいた!だって、朝出かけたはずの姉ちゃんが部屋にいた。
「うーん、早く入りなさい。エアコンがもったいないでしょ。」
「う、うん。じゃあ。・・・失礼します。」なぜか丁寧語が出た。
「今日もパンツでしたいの?・・・しょうがないわねぇ。今日はこれ貸してあげる。」
姉ちゃんが立って、スカートの中に手を突っ込んでスルスルと自分のパンツを脱いで俺に渡した。黒に白いレースのTバックだったのを覚えてる。
頭の中真っ白になった。姉ちゃんの行動が全く理解できなくて。
「これですっきりしたら?あ!だめ。ここでやりなさい。終わったら姉ちゃんにパンツかえして。」
「姉ちゃん・・・」ここでなんてできるわけないだろう!!
「はやくぅ。姉ちゃんが見るんならイチミも嬉しいでしょ?イチミの大好きな姉ちゃんなんだから。さっ。短パン脱いで・・・パンツも。」
俺渋りながらも脱いだ。
「うん。イチミはまだ包茎なんだね。まだ剥ける年齢じゃないかな?姉ちゃんに見せて見な。」
手招きしてベッドの姉ちゃんの隣に座らされた。
「イチミさ。好きな女の子っていないの?姉ちゃんじゃだめよ。・・・そっかあ、いないのかあ。あなたはまだ童貞なんでしょ?女の子とエッチしたくてどうしようもない年頃なんだってわかるわよ。でもねぇ、姉ちゃん相手じゃダメでしょ?・・・まあいいわ。さ、オナニーしてみて。」
俺言われるままにパンツでチ○コくるむと手で扱いた。でもさ、立たないだよなあ!立つわけないし。いくらやっても立たなかった。「立たないね?だめかな?姉ちゃんの前じゃ興奮しないかな?」俺必死で扱いた。さっさと終わらせて姉ちゃんの前から消えたくて。
「イチミ、そんな乱暴にしないの。ちょっと・・・やめなさいって。怪我するよ。」
夢中でガシガシ扱いてる手を姉ちゃんが握って止めた。
「イチミ・・・・しょうがないわね。手をどけて・・・いい?内緒だよ?」
姉ちゃんベッドから降りて俺の前に座った。俺の両足を開かせた。姉ちゃんからチ○コも玉も丸見え。姉ちゃんがチ○コを優しく握って、やんわりと扱き始めた。そして・・・徐々に皮を剥く感じの動きに変わって、最後は亀頭が出てきた。
「ほら、ちゃんと剥けるでしょ?・・・ってか、クッチャー!!そっかあ、洗ってないんだ。イチミさ、ちょっと風呂にいってオチンチン洗ってきな?・・・あ!丁寧に優しく洗うんだよ?わかってる?傷つけないようにね。・・・もう!一緒に行ってあげるから。」
風呂場に入って。姉ちゃんは脱衣場から覗き込む感じで俺が洗うのを見てた。
見ながらいろいろ注意してきた。
「亀頭は優しくね。そう。あと亀頭のカリの裏って汚れが溜まるからね。そこはしっかり洗わないとだめ。臭くなるからね・・・」
10分ぐらいだと思う。けっこう念入りに洗わされた。
「うん。もういいわ。じゃああとは石鹸流して。終わったら姉ちゃんの部屋に来な。」
姉ちゃんは部屋に戻った。俺はシャワーで泡流した・・・シャワーが当たるとヒリヒリと痛かった。
姉ちゃんの部屋に入って、姉ちゃんのとなりに座った。下半身丸出し。
「イチミの綺麗になったね?じゃあ、姉ちゃんにまかせてね。」
また俺の両足を開かせて、手でチ○コを握った。ゆっくり扱き始めた。
「姉ちゃん・・・亀頭が痛い。」
「そっか。剥けたばっかだもんねぇ・・・どうしようか?」
「もういいよ。姉ちゃんごめん。」立とうとしたら、姉ちゃんに抑え込まれた。
じーっと見つめられた。
「内緒だからね?いい?」そう言うと姉ちゃんの顔が俺の股間に近づいて・・・チンチンを咥えた。
これってフェラチオってやつか!!マジにびっくりした!!姉ちゃんは構わず咥えてた。ゆっくり頭を動かして根元まで咥えて、また戻して。亀頭を舌で舐めたりして。
快感でぼーっとしてた。なんて気持ちいいんだ!!童貞にフェラチオって興奮度はハンパなかった。じっと姉ちゃんを見てしまった。チ○コ大喜びでした。
「姉ちゃん!出ちゃうって!」
姉ちゃんが口を離してティッシュで亀頭を覆うと・・・一気に射精した。
俺ベッドに座ったまま腰が動いてしまった。
「ほら、全部出しちゃいなさいね。」優しく扱いてた。
終わってから姉ちゃんは、ティッシュに何枚もくるむと捨てた。あとチ○コも綺麗に拭いてくれた。「絶対内緒だからね?しゃべったら許さないからね。」
何度もウンウン頷いた。
姉ちゃんはスカートを脱ぐと、脱いだパンツを履いた。履くときに丸見えになった。
毛は綺麗に手入れしていたな。そして割れ目もわかった。そのままスカートを履いて。
「見えたかな?イチミ、これが女性の秘密の場所なんだからね。」
「う、うん。割れてた・・・やっぱグラビアと同じなんだ。女ってアソコが割れてるんだ・・・パンツはそこに食い込ませて履くんだね?そっかあ。」
「そっ。その割れ目にイチミのこれが入るの。射精して女は妊娠するの。わかったかな?」
「凄いなあ・・・」
「さっ。もういいでしょ?」
「姉ちゃん、ありがとう。」
俺、ルンルン気分になってた。経験したことのない快感ってのと、姉ちゃんがしてくれたってことで。それから、しばらく何もなかった。あ!でも一つ変化があった。毎日姉ちゃんがパンツを貸してくれるようになった。朝、姉ちゃんが出勤前に、俺にパンツを1枚渡してくれて。「今日はこれよ。終わったら戻しておいてね。」って。
夏休み後半。8月20日。忘れられない。男になった日。
週末。親父もおふくろもも出かけていない。
姉ちゃんが俺の部屋に来て「イチミ。あんたもシャワー浴びてきな。終わったら姉ちゃんの部屋に来て。」
姉ちゃんはバスタオル1枚巻いた姿だった。
(いきなりなんだ?あ!もしかしてフェラしてくれるのか?やったあ!)
俺急いでシャワーして、姉ちゃんの部屋に行った。
「イチミ、傍においで。」姉ちゃんはバスタオル巻いたままでした。
姉ちゃんの隣に座った。俺、Tシャツとパンツ姿だったが、姉ちゃんがTシャツ脱がした。
「イチミ、今日のことはどんなことがあっても人に話したらダメだからね!絶対。約束して。」
「え?わ、わかった。約束する。何?」
「うん、これよ。」と、いきなり姉ちゃんはバスタオルをとった。スッポンポンの丸裸!!
俺となりで固まった。
「イチミもパンツ脱いで。」固まってる俺のパンツ掴むと引きずり脱がした。
二人とも丸裸。真夏だから寒くないのに、俺震えが止まらなかった。
黙って姉ちゃんが俺の右手をおっぱいに持ってって握らせた。
姉ちゃんのおっぱい!!初めて触った・・・ぼーっとしてたが感動したのを覚えてる。
Cカップのおっぱいだった。
黙ったまま姉ちゃんがベッドに仰向けに寝て俺を引っ張った。
「何するの?」愚問だったが、聞いてしまった。
「うん。あんた男にしてあげる。姉ちゃんが相手になるから。いい?だから絶対だまってんのよ。誰に言わないこと!」
俺、黙って頷くだけ。そっからはほんとに記憶がぶっ飛んでる。
覚えてるのは、「イチミ。そろそろおいで」って言われて、姉ちゃんに教えてもらいながらチンコ握って割れ目に当てて。
「入れていいよ。」
そのまま姉ちゃんのマ○コの中に潜り込んでから。
「イチミ・・・ああ!ゆっくり、ゆっくり入れなさいね・・・そう・・・あ!そう!そうよ。」
言われるとおりに奥へ奥へと入れた。この感触はなんだ?凄い!今まで経験したことのない感触でビックリしながらも気持ち良さでおかしくなりそうだった。
完全に入って。
「うん、いいわよ。姉ちゃんにかぶさってみて。」俺は姉ちゃんの上に乗ると、姉ちゃんが抱き着いて、腰に両足を回してきた。
「イチミ、おめでとう。これで男になったのよ。わかる?」
ウンウン何度も頷いた。姉ちゃんの顔見つめてしまった。
「固まっちゃってるね。動けるかな?・・・違う。もっとゆっくり動いて。姉ちゃんを感じるように動いて・・・ク!ク!・・・それでいいわよ。ア!アッ!」
俺は姉ちゃんの上で腰をゆっくり前後動作した。初めての快感は忘れられないです。
動くと1、2分だったと思う。快感度がアップして出したくなった。
もう我慢できずに10回ぐらい激しく腰を動かしてしまって、そのまま大量に発射した。
「アア!凄い!・・・イチミの出てるぅ!」
俺、発射しながら姉ちゃんの頭抱きしめて腰を動かしまくってしまった。もっともっと出したくてね。この快感がずっと続いてくれ~ってまじに思った。
出し終わっても、俺は腰を振り続けてた。
「イチミ、止まって・・・止まって。」
姉ちゃんに言われて我にかえって止まった。同時に全身がブルブル震えて、震えが止まらなかった。
「震えてる・・・イチミ大丈夫?・・・寒いの?」姉ちゃんは言いながら抱きしめてた両手で背中を擦ってくれました。
「違うんだ」
「怖かったの?」
首を横にプルプル振って「気持ちよくて・・・たまんないよ!」姉ちゃんを抱きしめた。
「そう。わかった。良かったね?良かったね。気持ち良くて。もう、あなたは一人前の男なんだから、しっかりしないとだめよ。わかった?いつまでも甘えん坊じゃだめ。」
「うん。わかった。姉ちゃん・・・あのさ」
「何?」
「もっとしたい・・・けど、だめだよね。」
「そうねえ・・・イチミの態度によるかな?イチミが男らしくなって姉ちゃんを支えてくれるならいいわよ?できるかなぁ?」
「なる!絶対なる!あ!姉ちゃんの中に出しちゃった!!子供できちゃうよ!」
「ふふふ、大丈夫なの。女はね、ある期間しか妊娠できないの。今は妊娠できない期間だから大丈夫なのよ。」
「そっか。フゥ~良かった。今度それ教えてね。」
「さて、イチミ抜いてくれる?終わりにしよっか。」
「姉ちゃん・・・あのさごめん。もう1回だけ・・・ごめん。ほんとに1回だけだから。」
「あはは・・・あらら、ほんとだ元気になってる。じゃあ童貞喪失記念にもう1回ね。」
結局2回が3回になってしまいました。
この後、姉ちゃんとは月に1回だけって約束でやりました。
安全日。中だし。
そんなことが4年近く続いて、俺が20歳の成人式を迎えたとき、姉ちゃんから言われた。
「イチミとは、次回が最後よ。もう終わり。なぜならあなたは20歳になったの。これからは姉ちゃんとは違う女の人と恋愛を思いっきり楽しんでほしいの。もう姉ちゃんはイチミの相手はしないわ。わかってくれるわよね?」
納得できないけど、納得するしかなかったです。
最後はほんとに燃えまくりました。姉ちゃんの提案で1泊2日の旅行でしたから。
2日間姉ちゃんを抱き続けました。出したのは8回ぐらいだったと思います。
姉ちゃんも俺の体を離しませんでした。チ○コを入れたまま。
精も根も尽き果てた感じでした。
機会があれば書いてみたいと思います。
下手くそな文章ですみません。姉ちゃんとの忘れられない思い出を、何かに残したくて書きました。
読んでいただきありがとうございます。

10歳で幼クリ苛めを受けて処女喪失していた可愛い妻の映像(3/3)

日付が2002/3/1に飛びました。
香織にはかなりの変化がおきていました。
相当吸引されたのでしょう、何もしなくても乳首がプクッと勃起して、男に舐められて感じていました。
クリトリスも完全に剥けきっており、男の舌で転がされて、幼く可愛い顔を歪めて性の快楽を味わっていました。
更に、香織は男のペニスを小学生とは思えぬ上手な舌使いでにフェラチオしていました。

股を開いて男のペニスを受け入れ、亀頭が幼穴を出入りする様子を膝を自分で押し広げるようにして見つめていました。
Gスポットを開発されたのでしょう、時折ビクンと肩を跳ね上げて、小さく声を漏らしました。
「おや?香織のオマンコがヒクついてるよ。いまのところ、気持ちよかったの?」
男は亀頭を押し付けたまま、クチュクチュと愛液の音をさせて腰を左右に振動させました。
「あうっ!あ、あぁんっ・・・そ、そこいいですぅ・・・あぁん・・・」
11歳の香織が大人の女のような嬌声をあげた。
「香織のGスポット・・・いっぱい気持ち良くしてあげるからね・・・」
ズコズコズコズコと亀頭のカリで削る様に、男が集中的に責めていきます。
「あぁっ!あっあっ!くあぅっ!」
香織は完全に女の悦びを感じ切り、鼻にかかった甘い声で啼きはじめました。

「この半年で、おじさんのチンポ馴染んできたねえ。」
卑猥な言葉で嬲られる香織は、虚ろな表情で男を見上げ、
「すごく・・・気持ちいいですぅ・・・あぁん・・・ご主人さまぁ・・・もっと香織のオマンコホジホジしてください・・・あっあっ・・・・」
男が濡れた舌先を乳首に絡めて吸うと、快感が香織を狂わせていきました。
「あぁんご主人さまぁ・・・オッパイ気持ちい・・・オマンコも気持ちいい、香織はエッチな女の子ですぅ・・・ああ、ああ、あああああーーーーーっ!」
香織は無意識に腰を前後に揺らしていました。
男が突くときには、できるだけ奥まで咥えようと幼穴を開くように足をガバッと緩め、入れられた男のペニスを熱い襞で味わい、引き出されるときにはカリの削りを楽しもうとギュッと幼穴を収縮させてるようだった。
「あぁん!はあぁ!あうぅん・・・・」
「さあて・・・香織もかなり感じてきたようだし、そろそろかな・・・」

香織の腰を掴んで、男がペニスを勢いよく抜き差しはじめた。
「あ、あ、あ、あ、あうっ!あうぁっ!」
ブジュブジュジュボジュボジュビジュビブビビビビ
男がペニスを出し入れするたび、香織の愛液が結合部から漏れて、卑猥な音を立てていました。
男の動きに合わせて、香織は夢中になって腰を振り続けていました。
「はうっ、はうっ、はっふうぁ、あん、あん、あん、あん・・・・」
香織が目を閉じると、膨れ上がった快感が怒涛の如く全身を襲い、
「はあぁぁっ!ひいやあぁーーーーーーーッ!ッくぅぅぅぅ・・・・」
全身をビクンビクンと痙攣させて、大きく体を仰け反らせ、香織が激しい絶頂に達しました。
「おぉっ!締まるッ!絞り取られるぅ!」
男がペニスを幼穴の奥へ挿し込んで、香織の子袋に押しあて、
「ううっ・・・小学生の子宮に最後の精液を噴射する・・・」
ドピュルルルルーーーーッ!ドビュゥーーーーーッ!・・・・
男が香織の膣内で射精したようでした。
「あぁっ!熱いっ!うぅぅぅぅぅーーーーー・・・・・」
大量の精子を注がれた香織の子袋は、まだ受精する機能も無いのに、受胎のためにより多くの精液を吸い上げようと男のペニスを絞り上げていたのです。
快楽の余韻にうっとり蕩けている香織を見下ろしながら、男が幼穴から萎えたペニスを引き出しました。
「あぅ・・・ご主人さまの精子・・・頂戴しました・・・」
達したばかりで敏感な幼穴を擦られて、香織が小さくい喘いでいました。
蹂躙された幼穴から、コポコポと音を立てて精液があふれ出していきました。

「あの・・・ご主人さま・・・さっき、最後の精液って・・・」
「ああ、今日で香織ともさようならだ。俺は、この町からお引越しなんだよ。」
「そんな・・・私をエッチな女の子にして・・・そんな・・・」
「今日は、特別にもう1回してあげるよ。」
といいながら、男が片手で萎えたペニスを擦ると、ペニスは再び勃ちあがりました。
「今日は溜まってるから、もう一発いけそうだな・・・」
男は香織を俯せにして、腰を抱え上げて四つん這いにさせると、バックから覆いかぶさって精液と愛液でドロドロの幼穴に再びペニスを挿し込みました。
「ひゃあ!・・・うぅっ!」
どす黒いキンタマを揺らして、男がペニスを出し入れしました。
小さな香織が小5の快楽に愛液をまき散らす様子がフェードアウトしていきました。

「私・・・あなたが二人目の男性なんです。このおじさんが初体験の相手で、半年間、週1回、乳首とクリトリスとアナルを調教されていました。」
「香織・・・お前・・・」
「ごめんなさい・・・私、10代のうちは非処女なのが気になって、男性と付き合えませんでした。お前、この年で男知ってるのか!って言われそうで・・・だから、20歳になった時に初めて好きな人に告白を・・・」
「このDVD、なぜ見せてくれたの?」
「黙っているのが苦しくて・・・それに、あなたが私を縛ったりしたから、昔の感覚が蘇って・・・」

現在結婚3年の私たちは、かなりハードなクリトリス苛めでセックスを楽しみ、安全日以外のフィニッシュはアナルに注ぎ込むようになりました。
可愛い純情幼な妻のクリトリスは、何もしなくても1㎝を保って飛び出ています。
第二子を出産したら、香織のクリトリスにピアスを通そうと思っています。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード