萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

大学に行ってた時

大学行ってた時、友達に貸していたDVDを返してくれって言ったら、そいつがこれから学会の発表の為の作業で、どうしても手が離せないからと住んでいるアパートの部屋のカギを渡してきた。
DVDだけ取りに行ってすぐカギを返そうと思い、そのままアパートに直行して鍵を開けてドアを開くと、部屋の中にとても慌てた風な中学生位の女の子がいた。
部屋を間違ったかと焦ったけれど、カギはアイツのものだったし、と混乱していたら女の子の方が「あの、ここ○○○○のお部屋ですよね」と聞いてきた。
俺が「そうだけれど、あんただれ?」と聞くと、彼女は「私○○の家族ですが、そちらは?」と聞かれ、自分は友人で貸していたものを返して貰いにカギを借りた事を説明すると「お兄ちゃんは今日、帰って来れないんですか?」と途端に不安な様子になった。
とりあえず今は忙しいらしいよ、と説明すると困った風なので、どうしたのか聞くと親と喧嘩をして、兄である友人の家のカギをそっと持ってきて突然来たらしい。

友人に、来ている事を伝えるよ、と言うと安心した様子になり、自分は早速DVDを探そうと、CDやDVDを置いてあるラックのある女の子の後ろを覗き込んだ。
女の子が慌てるので、何かと思ったら足元に不自然に友人のTシャツや服がグシャグシャになっていた。
よく見ると、その下に本がちょっとはみ出していて、その服のかたまりを足でどかすと、友人が置いていたエロマンガやエロ本だった。
どうやら、部屋で待っていたときにヒマで見つけたエロ本を見ていたらしい。

足でそのエロ本を軽く蹴って出し、その本を拾ってパラパラとめくって「ふーん。こんなの見ていたんだ」と言って彼女を上目遣いに見ると顔を真下に向けて返事をしない。
しゃがんで顔を見ようと思ったら、逃げようとするので両腕を掴んで無理矢理顔を覗き込むと真っ赤になって泣きそうな顔をしているのが妙にいじめたくさせるような、そんな感じに可愛く思えて興奮した。
自分から逃れようと、イヤイヤして逃げようとするのを抱きついて「ねぇ、こんなエロ本見て興奮した?こういうの好きなんだ。」
みたいな事を耳元に、わざと息を吹きかけるみたいに言うと、彼女は「やだ、離して、ちょっと、ざけんなよ」とか必死に言っちゃっているのが余計に無理に強がっている様で可愛くて、
また抱きついた時のちっちゃくて細い感触が興奮させて、めちゃくちゃ勃起して彼女に擦りつけていた。

「兄ちゃんに、お前の妹お前のエロ本見て興奮してたよって言っちゃうよ」と言うと、「違うもん!」と言って振りほどこうと暴れるので、抱え上げて耳をよだれでびしょびしょにするように舐めて耳の穴の中に舌を突っ込んだ。
最初は「やー」とか「やめて」とか言っていたのが、だんだん「うー」とか「はぁ」とか言葉にならなくなって、身体から力が抜けてってた。
彼女を抱えたまま、ベッドの近くまで移動してベッドに彼女を投げ出すように下ろして覆い被さった。
キスをしようとしたら顔をそらしたりして逃げるので、あごやほっぺをベトベトにして舐めるように口をつけた。
抵抗する両手をなんとか抑えて、左手で頭の上に押さえつけ、片足を無理矢理彼女の足の間に割り込ませ、太ももでマンコを擦るように動かした。

「大丈夫、言わないから。ね。言わないから」みたいな事を繰り返して言い空いた右手で彼女の服を捲り上げ、ブラを横にずらすとほんのわずかの膨らみに、薄い殆ど肌色に近い乳首と乳輪を見たらたまらずむしゃぶりついていた。
感触は柔らかさより、中に何かしこりがあるような感じでちょっと固く乳首に舌を強く押し当てて舐めて強く吸ったら、彼女は「痛い」と言ったので思い直して優しく優しく舌で転がすと、気持ち身体がのけぞった。
そして気がつくと、太ももが凄く熱く感じ、見てみるとジーンズのデニム地が濡れて、黒いインディゴカラーになったしみが出来ていた。
彼女の顔を見て「ねぇ、こんなに汚されちゃったよ。俺のジーンズ。みてよ」と言っても彼女は目を閉じたまま。
また乳首を優しく、触れるか触れないか位で舐めて、右手を彼女の下半身に伸ばした。

中指と人差し指で、下から持ち上げるようにぎゅっと押すとぶちゅっと潰れたような感触と音がして、パンツがヌルヌルと熱くなって湿ってグチャグチャになっているのが判った。
彼女はその瞬間、ビクンっとのけぞり、「やぁぁ」と声が出ていた。

慌てて横にあったタオルケットの端っこを彼女の口に突っ込んでそのまま夢中で指をパンティーの横から入れて、グチュグチュになったマンコの表面を指でかき回すと、腰が面白いようにビクビク跳ねて
触っているうちに固いちっちゃい感触に当たると、身体をぐねぐねと動かし、面白いのでそのクリトリスを重点的に責めると、くぐもった声で「うごぉぉ」とか言うので、ずっと続けた。

腰が嫌がるというよりは、段々自分の指の動きになぞるように前後に動かして、段々速度がついているのにきがついて、ひょっとしていっちゃうのかな?と思ったので自分はいきなり手を放した。

すると腰がブリッジする位、持ち上がってヒクヒクしていて「うえぇぇぇぇぇえ」と非難めいたうめき声が聞こえたのでタオルケットを外し、「どしたの?」と聞くと「も・・・もぅちょっとでだったのに・・・」と涙目で恨めしそうに、俺の事を見ている。
「あれ?こういうの止めて欲しくないの?」と言うと、顔を向こうに向けるので右手で無理矢理こっちを向かせると、泣いていて、両頬を片手で掴んでいるので変なひょっとこ顔になっていて、それがまた被虐心を煽るんだわ。
「続けて欲しかったら、エロ本で興奮したって認める?」と言うと微かに頷くので、「声出して返事してよ」というと「はい」と言った。
ひよこのくちばしみたいに口がぴょこぴょこ動くのがかわいい。

「じゃあちゃんと、興奮したのでエッチな事してくださいってお願いして」と言うと俺の目を涙目で見ながら「ふぉふん(興奮)ひふぁのべ、エッふぃなこぽしてくふぁさい」って突き出た唇をぴょこぴょこさせて言うんだ。
俺はそれで、その時がっちりと拘束していた手足を離したんだ。彼女は普通に仰向けになって、自由になった手で涙を拭いてた。
やり過ぎちゃったかなと、その時もう遅いけれど感じて彼女を見た。
でも彼女は少しそのままの姿勢で、動かない俺の方に擦り寄って、「ね、はやく」と言って胸元の服を軽く引っ張ってきた。
そこでもうこりゃたまらんと、覆い被さったね。

そんで彼女は大人しく仰向けになったから、俺は優しく服を脱がせた。
ブラがかわいいペラペラの布で、ワイヤーも入っていないソフトなものだった。
スカートの中から抜き取ったパンティーは、パンツというのに相応しい白地にブルーの細かいチェックの綿のもので、股間の部分はベトベトに濡れていた。
ここで俺はあえて超個人的な趣味で、上のみを脱がしスカートと靴下はそのまま履かせたスタイルにした。そぉっとスカートを捲り上げる、この瞬間が好きなんだ。
ゆっくり捲くるものだから、彼女は足を交差させるようにモジモジして最後の抵抗をするようにかくしたので、捲り上げきった後太ももの付け根に両手を置いて足を開くように促した。

ちょっと抵抗するように足がこわばったけれど、両手を軽く左右に開くように押すと、彼女は観念して足を開いた。
そこはまだ無毛で、興奮して濃いピンクになったちっちゃくて薄い、申し訳程度にはみ出たビラが、太ももに糸を引いてヌルヌルした液を伝わせていた。

開いた瞬間、ふわっと熱気と独特のマンコ臭がして、指でむにっと開くとビラと大陰唇の間に白いマンカスがたまっていた。
俺は部屋を見回して、ティッシュを探すものの見つからず、自分のショルダーバッグから街金が路上でで配ってるポケットティッシュを出してそれでマンカスをふき取った。
クリクリと指でこそいで取ると、彼女は鼻から息と声を漏らすように「ん。ん。」といい足がその度にビクビクと動いた。

綺麗になったマンコを舌で線をなぞるように舐めると、彼女は俺の頭を抱えて上半身が飛び起きるように跳ねた。
「何?今何したの?」と慌てる彼女を押し倒して、左の太ももを逃がさないように抱えて、今度はもっと強く舌で舐め上げ彼女は頭上の枕を掴んで、自分の口に押し当て叫んで喘いだ。
舐めながら乳首に手を伸ばして摘んで擦ると、手で押されて「痛い、胸いたいよ」というのでマンコに集中して両手で両脇の大陰唇を開き、クリの部分を持ち上げるようにして剥き出しにして舌でグルグルと舐めると、
「んにぃぃぃーーーーーーー!」と枕の下で叫びながら身体を硬直させて、マンコからどろっと透明な液を噴出すようにして彼女はいったようだった。

ガクガクと小刻みに震える彼女の耳元に顔を寄せて「いった?気持ちよかったの?」と聞くと微かな声で「はい」と小さく応える。
そのままでまた手を伸ばして、彼女のクリをいじると身体を跳ね上げて嫌がり、俺の腕を両手で掴んでどかそうと必死になっているのでこちらも外されまいと力をいれて抑えて動かす。
「や。いまもうだめ、ね、やめて」と力なく懇願するので彼女を抑えるようにうつぶせになった俺は、半身で彼女の身体を抑えて左手を伸ばしてさっきのエロ本の1冊をなんとか無理矢理取った。
そして「ね、これのどのページで興奮したか教えないとこのまま続けちゃうよ」と言うと、最初は「判らない。覚えていない」と言うので、今度は親指と人差し指で捻るように摘むと、「女の人が、無理矢理、いっぱいの人にされているやつ」と今度は素直に応えてくれた。

そのページをパラパラと片手でめくって、なんとか開くとそれを見ながら「ふーん。これで興奮しちゃうんだ。すっげスケベだね」と平然と言うと、黙ってしまった。
彼女の口にキスしようと、またのしかかると今度はちゃんと逃げずに受け入れてくれて、自分は無理矢理こじ開けるように舌を入れた。
瞬間、のけぞって逃げようとしたけれどじき彼女の舌が応えるように動いてくれて、俺は彼女の舌を吸い込んで味わった。
そして口の中を舐めまわして味わった後、そのまま自分の口の中に貯めた唾を彼女の口に、舌をねじ入れて開いたところに流し込むと彼女は俺の唾を飲み込んだ。
やっといて言うのもなんだが、これにはちょっと感動した。

「ねぇ、俺まだいってないんだけれど」というと、彼女はちよっと困ったように俺を見つめる。
ベルトを外し、ジーンズを脱ぐと俺も人のことは言えない。
カウパーでトランクスをベトベトにして濡らしてて、外気がひやっと感じた。
彼女の手を、チンコに沿わせて握った手を上下に動かすように導いた。
もう興奮しまくりだったので、それだけで尻から背筋にゾゾゾっと走りこんな事で出すのもったいねぇと思った俺はすぐ離させた。
そして彼女の顔の上にまたがって、「舐めて」と言うと彼女は両手でそっと抑えながら舌を伸ばして、ペロペロと舐めた。
それも気持ちいいのだけれど、もうイク感覚が近く感じて、俺は彼女の口にチンコをねじ込んだ。

苦しそうに眉間に皺を寄せて、懸命に咥える顔を上から見下ろして腰を少し動かすと、苦しそうにイヤイヤをする。
ちょっと歯に当たって痛かったりして、口でいくのを諦めてやっぱここはマンコでしょうと身体を下にずらした。
さっき舐めた時に、ちっちゃいなぁと感じたけれど、チンコを押し当てると、これ入るのかな?と思うほどに小さいのに気がついた。
何度か筋に沿って、上下に亀頭を押し当てるとそれはそれで結構気持ちよく、また彼女も気持ちがいいらしく小さく喘いでしがみついてきた。

ぬるぬるになったマンコにチンコをチュルチュルと押し当てて擬似正常位の体制で擦って、ちょっとその動きにひねりを入れたときチンコが彼女のマンコの真中を直撃した。
その途端、彼女は「痛い!」と飛び上がったのを抱きしめて抑えて「ちょっとだけだから。終わったらまた舐めてあげるからちょっと我慢して」と無理矢理押し込んだ。
中は濡れていても凄くきつく狭くて、自分は処女とするのは初めてだけれど「締りがいい」と言っても凄く気持ちいいって訳じゃないんだと、どこか冷静に考えていた。
いや気持ちいいは気持ちいいんだけれどな。

彼女の顔は苦悶していて、押し入れて引き抜く度に気持ちが良い訳で無いようなうめき声を押し殺して我慢していた。
一度、一番奥まで突き入れて、身体をちょっと離して見てみるとチンコの根元、2cm程余って全部入りきっていないことが判った。
改めてみると、色白無毛のその場所に自分の毛の生えた根元が肉を押し広げて入っていて、とてもいやらしく見えた。
この綺麗な場所を、今自分が押し入って犯している、と思ったらもうたまらなくなり、彼女が痛がるのも構わず押さえつけて激しくピストンした。
もう我慢できない!と思った瞬間に引き抜いて彼女の腹の上にぶちまけた。
今までに無い征服感と満足感と、我慢の限界に気を失うかという位の快感で思わず洋モノ男優のような声が出た。
頭までしびれるくらいだった。
我慢してだしたものだから量と勢いが凄く、彼女のアゴまで飛んで、彼女の下腹からスカートにどっぷりと濃い白い精液が貯まっていた。

俺は崩れそうになりながらも、最後の締めくくりとばかり彼女の顔の方に移動して、精液の雫が今にも垂れそうなチンコを彼女の口に押し当てて舐めさせた。
そこでまた小宇宙(コスモ)が爆発して、ドプッと出てくるのがわかった。
根元を指でしごいて、尿道の中の精液を彼女の口の中に垂らすとさっき我慢していた表情で、ごくっと飲み込むまで口を指で抑えて見つめた。
満足した俺は、さっき出したティッシュで精液を拭いてやり、またマンコも拭いて上げた。
お尻のほうを拭くと、血が伝っているのがわかり、慌てて尻を上げさせると幸いな事にベットカバーのシーツはクロで、まだショルダーの中に残っているティッシュを濡らして拭いては乾いたティッシュを抑えるを繰り返して綺麗にした。
そしてぐったりしている彼女の痛みが引いた後、またクンニしていかせてあげた。

しばらく2人で寝転んで、起きて身繕いして立ち上がりDVDをすぐに見つけてショルダーにしまうと俺は彼女に
「無理矢理しちゃってごめんね。凄く良かったよ」と言ってキスした。
彼女は俺の方を見たけれど、その表情はどう思っているか判らない。俺はそそくさと部屋を出た。
カギを置き忘れた事に気がついて、俺は大学に戻りどんな顔して友達に会うか迷ったけれど、そのまま研究室に向かい、彼に「DVDあったから貰ってきたぞ。んでカギ置いてきちゃったわ」と言うと
「お前ふざけんなよ。俺どうやって部屋はいればいいのさ」と言うから「なんか、妹、きてたぞ」と言うと驚いて、携帯で慌てて自分の部屋に電話をした。
俺は、逃げようとそぉっと研究室を出ようとすると、すぐに「ちょっと待った」と捕まり、なるべく平静を装うよう勤めた。

すると奴は電話を切って、「まったくこういう日に限って、あいつはいつも突然考えもしないで来るんだからよー。今夜どうしても帰れないんだわ。悪いんだけれどお前、あいつ駅まで届けるかしてくんねぇ?」

いや突然言われても・・・ともごもご言っていると「んー。一応ガキっつっても女だし、一緒にいてやってっていうのは・・・いやお前を疑うわけじゃないんだけれど、まぁとりあえずな」と、困っている様子。
わりぃな、もうヤッチャッタヨ。
「んじゃ悪いんだけれど、頼まれてくんねぇ?これでなんか喰えって渡してきて欲しいんだけれど」と、2千円渡してきた。
そして研究室を出ようとした俺の背中に「あいつまだ13の中坊だからなー。変な気おこすなよ」と笑う奴。
「ばーか」と言いつつ心臓バクバクな俺。

結局、もときた部屋に戻り間抜けにも玄関に佇んで呼び鈴を鳴らすとイタズラっぽく笑いながら向かえる彼女。
まさか13だとは・・・15位だと思っていたのに_l ̄l○まぁ2歳の差なんてそう変わんないか。
でもこの時正直この2歳の差に愕然としていた。
彼女は兄の携帯に電話して、「今晩一人は怖いから、このお兄さんにいてほしいんだけれど」と言うと、奴も渋々了承した。

ただ、1?2時間ごとに電話がきたが、ゲームの音をさせたりしながら応えていたので、安心したようだ。
実際はTV音やゲーム音させながら、二人でやりまくっていたれけどな。
やつが帰ってくる昼前には、痕跡を残さないよう空気を入れ替えティッシュはオレノショルダーの中に、ビニール袋に入れて捨てた。
おかげで奴にはばれずに済み、その後彼女と俺は○年間、今も付き合っているんだけれどな。

つまんないオチですまんな。

この出会いというか、最初が強烈だったので、今でもたまにする時言葉攻めで楽しんだりしている。
この時付き合っていた彼女と二股になっていたんだけれど、この子と体と言うか性癖というか相性が良くて、結局その彼女とは別れてしまった。
まぁとりあえずこんな話だ。

堕とされた女社長



悲劇のはじまり

『う?ん…もうこんな時間かぁ?』

『宮田美佳』は椅子を引き大きく背伸びして呟いていた。

分厚い売り上げ表に各部門から上がってくる決済報告・稟議書の山を机の隅に置いて
夜遅くまで事務所に一人で残りパソコンの前で慣れない作業を丁寧に一つ一つ処理し
ていく…。

美佳が代表として就任したのは某地方都市に広大な敷地を持つレジャー施設
  
 「? 甲斐スポーツセンター」

ゴルフ練習場・ボウリング場・カラオケBOX・ネットカフェを直営、さらに大手
ファミレスやファーストフードに郊外型大型書店をテナントに誘致し且つ広大な大型
駐車場完備している「甲斐スポーツセンター」をこの街の人間は知らない人はいない。

本来「甲斐スポーツセンター」の親会社『?甲斐』は広大な山林を所有する林業が主体で、このスポーツセンターは国道に隣接する遊休地を利用した形で美佳の伯父が10年ほど前に開業したのが始まりだった

その甲斐グループの総帥だった伯父が突然、脳溢血で倒れ一命は取りとめたものの
半身麻痺と言語障害の後遺症が残ったことで志半ばで一線からの引退を余儀なくされ
今までスポーツセンターの代表だった一人息子が本社に戻ることになってしまい空席となったポストを埋めるべく姪である美佳に白羽の矢が立ってしまったのだ…。

当時の美佳は大学を卒業し父親の推薦でと同じ大手銀行に就職して2年目の24歳

いくら母の実家が一大事とはいえ、
「社会経験が浅い貴女がいきなり200人近いスタッフの社長になれるはずないでしょ!」
「いきなりやってきた貴女に対する嫉妬や反発もあるだろうし絶対に苦労する!」と

伯父の実妹である母親は美佳に忠告し、さらに支店長職の父親は同じ銀行に就職させたばかりの美佳を僅か2年で退職させたくなく猛反対だった。

しかし幼い頃、美佳とよく遊びお兄ちゃんと慕っていた甥で今回本社の代表に就任する
「甲斐亮太」が何度何度も都内にある美佳の家まで足を運び

「今までのスタッフが僕のとき同様にきちんとフォローしますから…。」と
美佳の両親を説得し最終的には美佳本人が

『お母さんの地元で働いてみる!』と

決断したことで両親は渋々承諾し美佳が弱冠24才で

【甲斐スポーツセンター代表取締役】という肩書きになってしまった。

それから2ヶ月…

就任当初は取引銀行への挨拶廻りに顧問弁護士や税理士との打ち合わせ等
なにもかもが初体験で緊張の連続だったが、ここまでの2ヶ月間で毎日の流れを
自分なりに把握してくると少し余裕がでてきた。

社長業といっても各部門には支配人や店長職が責任者として在籍しており
また、経理部門も半分独立した形なので美佳の仕事といえば売り上げの推移把握に
来訪してくる金融・業者関係との打ち合わせ等であり、大量の書類が回ってくる
とはいえ就任当初、美佳が身構えていたほど複雑な業務ではなかった…。

また、各部門の支配人や店長も美佳に対してほとんど好意的だった。

いや…
一人を除いて…。

甲斐スポーツセンター事務所兼社長室はボウリング場の事務所に隣接しており
低い仕切り一枚しかなかったので、ボウリング場の客の流れやボウリング愛好者の
会員とは挨拶する機会が多くその話題の中でボウリング場の支配人である「林和晃」の悪評は人一倍に耳に入ってきた。

朝から酒の匂いをさせたまま出勤したり、勤務途中で隣接するネットカフェに入り浸り
ネットを利用しギャンブルしている等々悪い噂ばかりで客からの評判は芳しくなかった
美佳はそれとなく注意をすると、そのときだけは反省の弁をするが

(ふん!このガキが!)

内心思っているようで、美佳を小馬鹿にしたような薄ら笑いをしている

自分の父親に近い年齢の林を唯一苦手というか…
はっきり言えば嫌いなタイプだった。

しかしボウリング業界という特殊な仕事に関し美佳は全く素人で機械の交換部品名や
値段、そして故障してもどれぐらいの期間で直るのか全て支配人である林に任せるしかなく言葉では強く言えず悩みの種になっていたのだ。

そして今日、美佳の運命を大きく狂わせる決定的な事件が起ってしまった!

その日、美佳は普段どおりに各部門の売り上げに目を通し提出された稟議書に決済していると林は「機械が調子が悪いから」と珍しく深夜遅くまで機械の下に潜って作業をしていた

時間は深夜1時過ぎ…

突然入り口から
「おい!誰もいないのか!」
「勝手にボール投げるぞ!」と大声の怒鳴り声が聞こえた

(やだっ!遅番の子玄関の閉めるの忘れていたの?)

すでに遅番のスタッフは全員が帰宅しフロアの照明は消灯状態でさらに玄関の自動ドアの電源は切っているのに無理矢理入ってきたようだ。

美佳はあまりにも威圧的は男たちの声に怖気づいてしまい機械室で作業している支配人
に対応を任せるつもりでフロアに出なかったが…
徐々に事務所のドアに近づく気配を感じ仕方なく勇気を出してフロアに出て行くと
今までの人生では全く縁がないはずのチンピラ連中が3人で美佳に迫ってきた!

「なんだ!いるじゃねぇか!」
「ネェちゃん!ボウリングさせろや!」と罵声に近い声で美佳に迫ってきた

『す、すみません…もう営業は終わっているんです…』
『当センターは深夜12時までなんで…』

甲斐スポーツセンターは叔父の意向や地元警察署の依頼で24時間営業はしていない…
地元の若者を深夜にたむろさせない配慮で深夜12時にはネットカフエにテナントの
ファミレス以外全て閉店している。

ボウリング場のスタッフも後片付けなどで時間取られても深夜1時前には帰宅させている

入り口のネオンもボウリング場周辺にある駐車場の街灯も消灯しているのに
平気で押し入ってくる連中に恐怖を感じていたが機械室のほうに支配人がいることで
ある程度の安心感があった

「なんだぁ?ボウリングできないのかよ!」
「じゃぁ!ネェちゃん今からドライブしょうぜ!」
「終わっているなら帰るんだろ?送ってやってもいいぞ!」

口々に勝手なことを言いながら美佳に近寄ってくる連中に後ずさりする
「それともオネェちゃんの胸にある丸いボール握らせてくれるのかい?」
男の一人がいきなり美佳の胸を触ってきた!

『キャッ!』
美佳は思わず手で胸を押さえ身体を捩りながら
『し、支配人?支配人!!!!』と
助けを呼んだが…

それよりも早く一人の男が正面から肘で美佳の首を絞められながらズルズルと
事務所の中に引きずられていった!

「おい!入り口のカギ閉めて来い!」
首を絞めている男が叫ぶと同時に1人の男がボウリング場の玄関へ
そしてもう一人の男が踏ん張って抵抗している美佳の脚を抱えるとそのまま事務所に
連れ込むと美香を長ソファに放り投げた

(ヤダッ!ヤダッ!逃げなきゃ!!)

『きゃぁ!!!!』

悲痛な悲鳴を上げ、起き上がって逃げようとする美佳の腹部に一発強烈なパンチを入れると

『グェッ!』と
奇声を上げ床にうずくまる美佳
生まれて初めて体験する暴力に痛みと恐怖で声を完全に封じ込まれた美佳

(どうして…?どうして…?)

頭では危険とわかっていても、激痛と恐怖で身体が固まり倒れた床から動くことが
できない美佳を男は再び抱えるとソファに放り投げると素早くキスをされてしまった!

『ィャッ…』

本能的に顔を左右に振って逃げる美佳の顎を掴み強引に歯を開かせ自分のの唾液を
強制的に飲まされる
もう1人の男は足元から靴を脱がしスカートの中に手を入れるとストッキングと白の
下着を一気に引き千切るように脱がせた!

そして玄関のカギを閉め戻ってきた男が小型ビデオカメラを手に持つと仲間から
脱がされている
「甲斐スポーツセンター代表取締役・宮田美佳」の
レイプシーンを至近距離から撮影を開始…

そう、美佳をレイプするのは最初から仕組まれていたのだ!!

頭がパニック状態の美佳は最初から仕組まれていたことなど気づかない

逃げ惑う美佳から上着を脱ぎ捨てられると、さらにシャツを乱暴に引き千切って同じ白のブラのホックが外されると無造作に床に投げ捨てる
男たちに晒した美佳の小振りの乳房はまだ幼さが残るピンク色の乳首

その姿を男たちに…いや撮影しているビデオの中にも晒していた

もちろん美佳は死に物狂いで片手で乳房を隠し見られまいと抵抗する!
だが…どんなに暴れても女の扱いに手馴れている連中らしく男の一人が美佳の手を
頭の上で押さえ込んだ状態で全裸状態にしていく…
男の暴力による恐怖より女の本能で脚や身体を振って脱がされまいと抵抗するも
頬を何度か叩かれながら全裸にされるともう恥ずかしさでソファで身体を丸める

『助けて…もうヤメテ…』と見知らぬ男に哀願し泣く美佳だった。

そんな美佳の表情を男たちは笑いながら美佳の上半身を起こすとソファの背後から顔がはっきり映るように上げさせ二人掛りで大きく足を拡げさせる
美佳はこのとき初めて正面にある光っているビデオに気づき

『いゃぁ?なに!なに!やだぁあああ?』
『ダメ!ダメ!なにしてるのよぉおお?』

悲鳴に近い叫び声を上げ顔や身体を揺すってカメラから逃れようとしていたが
背後から髪を捕まれたまま顔まで撮影された身体はすでにビデオに収まってい

縦に薄く生え揃った下半身の毛の奥から親にも見られたくない秘部を顔と同時
に撮影された美佳

気が狂ったように泣き叫ぶ美佳に容赦なく男の暴力が飛んできていた

24歳で処女ではないが学生時代に付き合っていた男1人しか知らない美佳には
耐え難い時間だろう
やがて撮影を終え脚を開放されると、慌てて脚を閉じ背中を丸め泣き出す姿が男
の勃起を誘う

リーダー各らしき男の1人が美佳の前で服を脱ぎだし下着まで下げると完全な
全裸に…
堅気の連中でない証拠ともいうべき腕や背中に彫り物が…
美佳にとって悪夢のような時間がまだ終わってない

「おらっ!咥えろや!」
経験の浅い美佳でも何を催促されているのか十分理解できたが、恋愛感情のな
い男にそんなことできるはずがない!ましては見も知らずの普通の男ではない
肉棒など…

俯いたまま無言でいるといきなり髪を掴まれ口に男のアレが近づいてきた
慌てて手で固くなった肉棒を遮って絶対にイヤ!という意思を示していたが
二人の男の力にはかなわずとうとう口で受け入れてしまった
それでも歯を閉じ侵入を防いでいたものの
「痛っ!てめぇ真剣にやらないと帰れないぞ!」
髪を上下に揺さぶりながら強引に美佳の口に押し込んでいく男
やがてそのままの格好でソファに仰向けに寝かされ今度は上から突き落とすよ
うに乱暴に押しこんでくる
『グェッ…ウェ…』
自分の涙と唾液で顔が歪んでいる美佳
足元では1人の男が脚を大きく拡げ美佳の秘部に指を…
そして顔を近づけ男の舌が侵入してきた

太ももに感じる男の髪に生暖かい息にやがて粘着質の物体が大切な下半身へ
今、自分の下半身で何をされているのか経験の浅い美佳でも気づいていたが
男に顔を抑えられているのでどうすることもできずにされるままだった

美佳にすればとてつもなく長い時間だっただろう
口から男が離れた瞬間ゴホッゴホッ!と咳き込みソファに倒れこむ美佳
自分のヨダレで大量に濡れているソファが男たちの執拗な攻撃を感じる

それでも容赦しない連中だった
美佳を仰向けにすると細い脚を持ち上げその足の間にリーダー格の男の身体が
割り込んできた!

(私…レイプされるんだ…ヤダ!助けてお母さぁん?)

わずかに身体を捩って抵抗した瞬間!再度容赦なく男のパンチが腹部へ…

『うっ!イャッ…』

叫び声でなく呟くような悲鳴の中、男がグッ!と身体を押し込むと美佳の身体を
一気に貫いた!!!
『イッ…』
『許して…い、痛い…動かないでぇ?』

乱暴に突かれた小柄な美佳の身体はソファの上に上にと逃げているが
それさえも男に腰を掴まれ逃げることもできずに痛みに耐えるしかなかった
男の唇の逃れ顔を左右に振りながら

『ひどい…ひどいよぅ?』

顔を歪め泣き叫ぶことしかできなかった
その表情さえもカメラの中に収められていた美佳…

男は余裕の表情で美佳を追い込みながら
「フフッ…妊娠したいか?」
「はぁ!どうなんだぁ!」

『ヒッ!!!やだぁ?』
『そんなことヤメテください!!!』
妊娠させられる…
美佳が大きく目を見開き恐怖に歪んだ表情でイヤイヤする表情を楽しんで
腰を振りまくる男はさらに追い詰める

「だったらその可愛い口で飲んでもらうぜ!」
「わかってるよな!一滴でも溢したら次の男が中に出すからな!」

付き合っていた彼氏のさえ飲んだことがない
いや…そんな非道なことなど思いもつかなかった彼だった…。

「おらっ!口を開けな!妊娠したくなかったら大きく開けるんだ!!」
「開けないなら妊娠させるぜ!!」

美佳は思わず首を上下に振って口を開けてしまった
今はプライドよりもこんな男の精液を自分の身体に流し込まれる方が耐えれなかった
男は目を閉じ素直に口を開けた美佳を見て満足そうに腰の動きを早めた

「いくぞぉおおおお」
「おぉおお」

暴発寸前で肉棒を一気に引き抜くと美佳の口をめがけ一気に放出するが…
勢いよく飛んだ汚い精液は美佳の顔や髪に飛び散り口の中に飛び込んできたのは
半分ほどだった

それでも今まで一度も飲まされたことがなかった美佳にとっては、精子独特の匂いを
感じおぞましさ以外何物でもない…。さらに男は顔や髪に飛び散った精液を指で集め
無理矢理美佳の口に押し込む
「おら!飲みな!飲むんだ!」
「完全に飲み込まないと妊娠させるぜ!」

美佳は口の中に溜め込んでいた精液を覚悟を決めゴクッ!と飲み込んだ…
苦しそうに咳き込んだ美佳を男は笑いながら強引に口を開かせ確認すると
満足の表情を浮かべ美佳の頭を撫でる。

「おい!俺の濃厚な精液は美味かったか?」
『……。』

「てめぇ!美味かったのか聞いているんだぜ!!」
『ヒッ!ぉ、美味しかったです…』

完全な屈服を意味する泣き声で答える
男は満足したように美佳から離れると次の男が素早く全裸になって
床に散乱していた美佳のブラウスで美佳の顔や髪を飛散した精液を拭くと
美佳の足を脚を持ち上げ一気に貫いていた

『ァッ!!イタッィ…』
言葉を発する吐息に口の中に残る精液の臭いが充満すると吐き気を催す美佳
陵辱された時間を戻すことができない現実に抵抗を止め男の乱暴に突き刺す腰に合わせ揺れる身体、虚ろな目で天井を眺め男に脚を左右に持ち上げられた状態で突き刺さっている秘部にレンズが近づき撮影されていることさえ気づかない美佳は哀れだった。

やがて男が限界に近づくと美佳の耳元で

「おい!中に出されたくないよな?」
「だったら自分から飲ませてください?とお願いしろや!」

美佳の頬を軽く叩きながら催促されると妊娠させられるよりも…と
『飲ませて…飲ませてください…』と

半ば自棄になり泣き声で叫んで口を開ける美佳
その姿に男は興奮し、勢いよく引き抜いた肉棒を口に押し込まれると
男の精液は完全に美佳の口の中で爆発していった…。
美佳にとっては永遠と感じられる量を流し込まれ男に怒鳴られながら次々と
飲み込んでいった

そしてビデオを回していた男が美佳を襲う

もう無抵抗状態の美佳をうつ伏せにして背後から一気に突き刺す
『ゥッ…』
あまりの乱暴な侵入に激痛に顔を歪めるが男は容赦なく腰を動かし美佳を責める
ソファの肘掛に美佳の顔を乗せ屈辱的なポーズで犯され苦痛に歪む顔を上げさせる

リーダー格の男が美佳の表情をレンズに収め、もう一人の男が美佳の机の場所を
知っていたかのように社長の席に向かうと、置いてあった美佳の携帯からデーターを
さらに、美佳のカバンに中から財布を取り出し免許証や身分証等漁るとリーダー格の
男に渡す。

自分の机やカバンを調べられていることさえ気づかないまま男の責めに耐えている美佳
やがて男は限界に達すると美佳の髪を掴んで容赦なく背後から大量放出で背中を汚す
背中や後ろ髪に男の精液が飛び散るも抵抗することなくグッタリとソファに倒れこんでいる美佳…

だが美佳の地獄は終わっていなかった…。
抵抗できない美佳の両手を背中に回すと事務所にあってガムテープで縛り上げる
『ィヤッ!!もう許して…』

美佳は自由を奪われる恐怖で叫ぶが男3人で押さえつけられ、どうすることもできず
縛られていく…。そして美佳を再びソファに前を向かせ座らせると二人の男で美佳の脚を左右に開かせ男に犯されたばかりの秘部をレンズに晒していった

『ヒッ!!ヤダッヤダッ!!』
『お願いです写さないでぇ!!!』

気が狂ったように暴れる美佳だったが一人の男が美佳の髪を掴んで
「てめぇ!!死にたいのか!!」
「お前、もう散々ヤラれたんだよ!!遅いんだよ!!」

そう怒鳴りながらソファの背もたれに何度も何度も頭を打ちつけると意識が朦朧として
儚い美佳の抵抗が終わる
そして先ほど奪った免許証に会社の身分証を美佳の腹の上に置くと顔を無理矢理上げさせ美佳の秘部や顔、さらには美佳の名前まで収めていった…。

数分後…
撮影を終え満足した男たちが美佳の机から名刺を取り出すと、その名刺で美佳の頬を
叩きながら

「ほぉ?お前ガキのくせに社長さんかよ!」

「甲斐スポーツセンター代表取締役・宮田美佳ちゃんかぁ?」

「このことがバレたら街中大変なことになるよなぁ?」

「お前だけじゃなくこの施設だけでなく親会社にとっても只じゃすまないよな?」

「俺が言っている意味わかってるよな?」

「男のチンチン突っ込まれヨガっているのが全国に流れたら困るだろうが!」

『………。』
なんて返事すればいいのかわからない美佳は無言のまま涙を流していた

「わかったな!今日のこと誰にも言わなければ俺たちも黙っていてやる!」
『………。』

「おい返事は?」
『は…はい…』

美佳の返事に安堵した男は最後に

「よし!じゃぁ!商談成立だな!その証として最後に咥えてもらおうか!!」

美佳は一瞬意味が理解できなかったが目の前に男の肉棒が近づくと恐怖に怯えだした
(もういやだ…)

「おらっ!3人いるんだ!さっさとしないと朝まで帰れないぞ!」
「それともこのビデオを街の連中に鑑賞してもらいたいのか!」

美佳は覚悟を決め目を閉じてゆっくりと咥えだした…。
と同時に男は美佳の髪を掴むと乱暴に前後に動かしさらに口の中で勃起させると
別の男が背後から美佳の腰を持ち上げ襲ってくる!再び犯されると知った美佳は
『あっ!もうイヤ!お願い!!』

だがその言葉口の中で暴れる肉棒でかき消されてしまう
時刻は午前3時を過ぎていた…

やっと3人全員が2回づつ放出し満足すると服を着て帰り支度を始める…
美佳もようやく解放された安堵感で脚を閉じ声を押し殺して泣き出している

『ぉ、お願いです…解いてください…。』
服を着終えた男たちに哀願する美佳
だが男たちは予想に反して笑いながら、さらにガムテープで脚をソファに固定していく

『ェッ!なに!いやっ!なにするんですか!!』

男たちに縛られていく姿は完全に脚を拡げられた格好だった
このまま恥ずかしい格好のまま縛られ放置されたら…

あまりの恐怖に何度も何度も哀願し、許しを請う美佳を男たちは薄ら笑みを見せ

「俺たちが無事に逃げるまで我慢しな!」と意味不明な言葉…

手でけじゃなく脚も手の肘付近にガムテで縛る男たち
大きく開いた自分の格好に怯え

『お願い自分で解けないです!』
『お願い!お願いだから!!誰にも言いませんからぁ!!』

身体を揺すってなんとか解こうとする美佳を笑いながらドアに向かう男たち
その手に美佳が今日着ていたスーツや下着を持ち出されていることなど気づかないほど
気が動転し必死に身体を揺すってガムテープを解こうと暴れる

『いかないでぇ?助けて!!助けてください!!!』
『言うこと聞くからぁ?なんでも言うこと聞きますぅううう』

さっきまで散々レイプされたチンピラ連中に泣き声で哀願する美佳…
そして脅しでなく本当に玄関から出て行ったことで静まり返ったセンター内が
どんなことになるのか想像すると一気に恐怖が芽生えだした

美佳はまだ気づかなかった!
あらかじめ仕組まれていた罠を…

警備会社も最後のスタッフがロックしないと残業中と判断し巡回にはやってこない
今日はそのロックキーを持っているのは作業している支配人だった…

その支配人がいま事務所に来たら大変なことになる!!

そう考えていた矢先に支配人の声が聞こえてきた
「社長?まだいるんですかぁ?」
「私はもう帰りますよぅ?」

事務所のドアを開ける支配人
その瞬間
『いやぁああ!!!!入ってこないでぇえええ!!』
壮絶な悲鳴がまだ地獄が始まったばかりであることを告げていた…

早漏

自分が早漏だと気付いたのは19歳の時。
初めての彼女で、付き合って3ヶ月ぐらいで
初体験もしました。
彼女は同級生で紹介でした。

会えばいつものようにセックスをして、
彼女を手や口でいかせ、そのあと挿入してはてる。

あまりテクニックは無いけど、普通だと思ってました。
彼女も何も言う事はなく、仲良く1年ぐらい
付き合ってました。

ある日いつものようにセックスしようとすると、
「ねぇ、挿れたあと、もう少しガマンして」
と彼女に言われ、
自分でも人より早いと分かってはいたので、
がんばりました。
でも結果、いつもよりは遅いけど
いってしまいました。
彼女は、「もう1回できそう?」と
聞いてきましたが、半勃ちしかならず、
彼女もすねた感じになりました。

それから自分はそんなに早いのかと気になり、
ネットて調べたり、友達に聞いたりして、
自分が早漏だと知りました。
膣に挿入して、1分以内の射精が早漏らしいのですが、
彼女とのセックスの時、時間は測れなかったけど、
いくらガマンしても、10回ぐらい突くと
いってしまいます。
5.6回ついていきそうになり、1回止まってガマン
するものの、そのあと3回くらいでいってしまいます。
普通の時は、5回ぐらいでいってしまいます。

原因は敏感性早漏らしく、包茎の人はなりやすい
みたいですが、自分は当てはまらず、
あとは、オナの仕方にもよるとのことでした。
確かに自分はオナを覚えたのは高1の時で、
少し遅めだったかもしれません。
あと、4人兄弟なので部屋も2人部屋二世帯なので、
大家族ということもあり、オナは風呂で15秒ぐらいで
済ましてました。

それが原因のようでした。

結局初めての彼女とはその後別れてしまい、
1年後には新しい彼女ができました。
彼女は4歳年上でした。
会う日は朝1回出して、セックスするのですが、
殆ど効果がなく、10回突くぐらいでいってしまいます。
彼女もびっくりしたみたいで、5回目ぐらいの
セックスの時、
「敏感だもんね。今日は口で最初にイカしちゃうね」
と気を使ってくれました。
口も10秒ぐらいで出てしまいます。
そのあとがまた問題で、復活するのに1時間ぐらい
かかってしまうんです。
色々工夫しました。禁欲して、会って
口や手で1回出して、そのあと早く復活させるとか、
いくとき全部出さないとか、
半勃ちにはなるんですけど、
やはり時間がかかるうえに、次も、もって15回。
ゆっくりゆっくり腰を振れば、
時間は稼げるけど、彼女もそれはあまり気持ちよく
無いようで、結果、振られてしまいました。

それでも来春結婚します。
人生3人目の彼女。
今付き合って9ヶ月だす。
2人目の彼女から6年間彼女なしでした。
彼女は二つ年上。
29歳のうちに結婚するため、来春結婚します。

早漏は変わってません。
彼女は、かなりSな性格ですが、
正直に言ってくれます。
付き合い始め頃、何回かセックスした後に

「おれ、早いから、ごめんなぁー」と言った時、
彼女は、
「じゃ、前戯でいかせてよ。
あと、出したあともう1回イカせてね」
と言ってくれました。
今ではいったあと、バイブつかったり、
舐めたりして満足させてます。
そのうち自分も勃ってくるので
2回目の挿入をして、また早いけど
出して満足しています。
今は、音の静かなバイブを彼女と探しています。

女医さんのポロリ

自分は医学部に通っていた元学生です。
医学部時代にあった女医さんとのエロい思い出について書こうと思う。
自分が病院実習を行うようになった頃、自分はその女医さんと出会ったのだが、彼女は自分の病院実習の担当教官であった。
まずその女医さんのスペックについて書いておこう。

名前:O先生(仮)としておこう 
年:20代後半
顔:深田恭子+原幹恵といったかんじか
身長:高めで165cmくらいだろう
体型:ふつうとぽっちゃりの間くらい。太っているとまではは言わないがむっちりと言った感じである。そして白衣を着ていてもわかる巨乳である。

典型的なぬきネタになるような女性である。
体型だけからでもぬきネタになるであろうがその先生がまさか自分たち学生の前で乳をさらすことになるとは実習の時には思ってもみなかった…

実習の当時彼女もセフレもいなかった自分はかなりガチでO先生をくどいていた。連絡先は交換したがなかなか約束をとりつけることができず、学生なんて相手にされる訳ないか…と感じていたそんな頃、病院の内科学教室の企画したバーベキューの会のお知らせが舞い込んだ。O先生が参加するのであれば迷わず参加だが、そうでなければ夏休みにあえて興味のない内科のバーベキューにいく価値はない。まずはO先生に連絡してみた。
「◯◯海岸でのバーベキューいかれますか?」と聞くと、「うn、いくよ」との返事がかえってきた。その日は参加と伝え電話をきった。人数が少ないので、友達も何人か誘ってほしいとのことだったので友達も誘った。友達にもO先生のファンがいる。もちろん2つ返事でokだった。
バーベキューは約3週間後であった。参加すると決めたのは同学年の男5人。基本的には医学部性はバカである。そのメンバーで一緒に飲んでいる時に、「O先生の水着姿とか見たいよね」といいだした。そりゃあみたい。O先生は白衣をきていても隠しきれないほどの巨乳の持ち主なのだ。某先生曰くGカップとのこと。そりゃあ拝めるもんなら拝みたい。
しかし自分たちが誘われたのはあくまでバーベキューである。誰も泳ぐなんて1言もいっていない。そしてO先生は決してノリのめちゃくちゃいい先生ではないのだ。泳ぎましょーよといったところで相手にされないに決まっている。そこで考えをめぐらせた。
O先生は以前飲み会に連れて行ってくれたとき、自分の友達のやっていたサーフィンに興味を示されており、是非今度教えてーといっていた事を思い出した。そこでサーフィンをやってみようとのことで誘ってみた。もちろん自分は完全に素人である。しかしO先生の水着姿を拝むためなら、と思い、サーフィン好きの友達に色々きいて、○◯海岸でもサーフィン初心者のために教えてもらう教室があり、予約すれば可能なことにたどりついた。O先生にお話したところ、okとのことであった。準備は万全。あとはムラムラしながら当日をまった。
当日まずはバーベキュー。普通は海に入る前のお酒はNGであるが、楽しかったので、適度にお酒を飲んだ。そしてついにお待ちかねの水着に着替える時間となった。
女性は2人、O先生、T先生(仮)の2人の先生である。
T先生についても書いておこう。T先生はO先生の後輩の女医さんである。
名前:O先生(仮)としておこう 
年:20代中頃
顔:にている芸能人はちょっと思い浮かばない。やや丸顔でお世辞にもかわいいとはいえない。
身長:高めで155cmくらいと低め
体型:これもまたムチムチ体型。巨乳でもある。

バーベキューの時には2人ともTシャツの下に水着はきてきているといっていたが、やはり目の前に脱ぐのは恥ずかしいのか、海の家の方まで着替えにいっていた。
そしてついに水着姿を疲労してくれた。
どんな水着をきてくるか、予想ができていなかった。学生男と病院の先輩との海。セクシービキニはないであろう。しかし、スクール水着のようなつながったダサダサのをきてくるのもないだろう。下手したらTシャツのまま海に入るというのではないだろうかとすら思っていた。
しかし実際登場した2人の女医さんの姿に目を奪われてしまった。

まずT先生。濃い緑色の肩掛けのビキニでいい感じに谷間が強調されている。O先生ほどではないがT先生も立派な乳の持ち主なのだ。下半身もむっちりでお尻のムチムチ感がたまらない。

そしてお楽しみのO先生だ。O先生もまさかのビキニ。上は首からひもをかけるタイプのもの(ホルターネック?であってる?)の真っ白なビキニ。下はおへその上辺りから白い腰巻きをしていたためしっかり見えず。しかし胸の谷間といい、ムチムチ感がすごい。自分は勃起しそうなのを必死にこらえていた。サーフィンを教えてもらえる店の移動したところ,基本的にウェットスーツをきてくれとのことであった。店から全て借りる事ができたのだが、ビキニ姿を拝むという楽しみがここでなくなる。
そしてサーフィン。基本的に自分たちも女医さん達もだれもできず。店の色黒チャラ男のお兄さんにみんな教えてもらう感じに。なんとかO先生の隣のポジションは確保したが、全くからむ機会がない。むしろチャラ男のお兄さんがO先生にやたらボディータッチするのが気になる。自分たちにももちろんするのであるが、途中で間違いなく、お尻や胸のタッチはあった。自分の彼女でもないのになぜかへこむ自分。そうこうしているうちに気づけば終了。やっぱり難しい。次回はないなと反省。しかしその後急に自体は進展する。進展というより、事件発生である。

サーフィンが終わり、ウエットスーツを脱ぐ時に事件は起こった。水着になった最初の時はO先生もT先生もやはり目線を警戒していたのであろうが、この頃になるといろんな警戒心がなくなってきたのであろう、ウェットスーツを自分の目の前で脱ぎだした。もちろんウェットスーツを脱いでも中には水着を着ているはずなので、普通は全く問題がないハズである。普通は。

そして普通であればほとんど気づかれずに事なきを得たのかもしれないが、自分は煩悩の固まりである。至近距離でO先生の胸の谷間でも拝んでやろうと凝視しているのである。そして途中で自分は気づいた。その時のことを自分は鮮明に覚えている。

O先生の後ろにはT先生がいた。
O先生はT先生にウェットスーツの後ろのチャックを腰までさげてもらっていた。その時にT先生は気づいていたのかもしれないが、彼女は何もいわずチャックを下までおろした。
O先生は「O君てサーフィンてずっとやってるの?私少しもできるようになる気もしなかったよ」といいながら、ウェットスーツに手をかけている。ここで自分は気がついた・O先生のホルターネックの水着のひもが首から外れているのを。ホルターネックの首の紐が外れるとどうなるのか、それははっきりいってわからなかった。胸のから生地が落ちてしまうのか、そのまま維持されるのか。しかし自分は前者を強く願いながらその瞬間を見逃さないようにかまえていた。O先生は自分に話しながらウェットスーツを脱いでいたが、その後の話の内容は全く覚えていない。そしてまさかの瞬間が訪れた。ウェットスーツをやや前屈みで引っ張っていたO先生の手が段々下に降りてくる。普通であれば首に固定されているる紐もひっぱられて一緒にうごいている。そして胸の上のラインまで手が降りた。
「ない、やっぱりないぞ」そう、胸の3/4くらいまでを覆っていた白い水着がやはり見えない。ウィットスーツが固いからか。O先生は少しずつしか水着を下げない。早く下げてくれ…と高鳴る鼓動を抑えながらどれだけ思っただろうか。そして…
ポロン…
右胸から薄い茶色の乳輪と大きめの乳首が顔をだした。そして左も。下乳こそ水着がのこっており見れなかったが、乳首と胸の2/3くらいを披露してくれた。そして巨乳。やはりGカップという噂は嘘ではなかった。数秒のことであるが、あこがれの女医さんの巨乳、いや爆乳をおがむことができた。
O先生は自分との話に夢中で最初は気づいていななかったが、途中で自分の目線で気がついたのかすごく恥ずかしそうに、さっと胸を手で隠した。隠した直後にもう一度自分に目線をやった時には顔と耳が真っ赤になっていた。
水着を直した後に自分に自分をみて、耳元で
「ほんと目に毒ですいません。誰にも言わないでね、お願いね。」いわれた。
酒に酔っていた自分はなぜかそれに対して、「じゃあ今のを思い出して自分でヌクのはいいんですか」というわかのわからない返しをした。O先生は「うーん…」とかなりこまった表情を浮かべていた。
しかし事件はこれだけではなかった。ウェットスーツの下を脱ぐO先生はかなり慎重に(おそらく毛がはみ出していなかったのかをチェックしたりしながらでは?)後ろを向いてウェットスーツを脱いでいた。そしてこっちを向いたO先生を見ると…股間の部分が黒く透けておられます。結構下の毛は濃いのであろう。ビキニの境目のけっこうきわどい位置まで透けておられました。しばらくして下にも白い巻物をされたので、その後は確認できませんでしたが、本当にバーベキューは巨乳+透け毛というまさかの展開に大変有意義に過ごさせてもらいました。
この話はもちろん他の男友達にもしましたがそろそろ時効かなとのことで書かせてもらいました。次はO先生に入局したいがそれはかなわないかな…。

従兄弟の嫁

俺=32のケアマネ
従兄弟=35の夜勤あり公務員
従兄弟の嫁ミカ=35で看護師従兄弟の幼馴染で中学から付き合って結婚

俺の介護の実習先がミカの勤務する病院だったことがきっかけだった。

高卒で夜勤ありの公務員になった従兄弟と、看護師としてそれなりに経験を積んだミカが結婚したのは10年前

結婚式は身内の少ないミカに配慮して、最小限の身内だけで俺も参加しなかった

従兄弟とミカはお互いに母子家庭で、家庭に憧れがあったようだし、堅実な職業だからマイホームも30年ローンですぐに建てた

付き合いもあまりなかったが、就職に失敗して、仕方なく介護の勉強を始めた俺の実習先がミカの勤務する病院だった

ミカは大学まで出してもらってフラフラしていた俺を嫌っていて、顔を合わせても適当に挨拶すらしない関係だった

ある時、かなり横暴な患者が入院して、手当たりしだいに周囲に当たり散らしだした

どうしてだか、その患者みたいな嫌われ者に、何故か好かれる俺は実習名目でその患者の担当にされた

嫌われ者に対して、懸命に仕事をしている姿に見直したか何かで、ちょこちょこ話をするように

その後、従兄弟の夜勤明けの当たり散らす態度の愚痴を聞いたりしていたら、ミカの夜勤明けにウチまで送ったついでにベッドイン

幼馴染カップルが結婚の幸せ夫婦かと思えば、セックスの相性悪かったみたいで、風俗のお姉さんに仕込まれた俺の肉バイブ奉仕に夢中になったミカ

そんでも、本気なわけじゃなく、週一程度ゴム付きで夜勤のストレス解消セックスをしていた

夏のある日、ミカは夜勤明けで、その日は従兄弟の夜勤日

ミカが帰った日の昼過ぎに従兄弟は出掛けた

俺はいつものようにウチにお邪魔して、いざパコろうとしたらゴムがない

従兄弟用のは小さすぎて、俺のは入らないから、仕方なしに近くのスーパーにあるドラッグストアに行こうとしたら

「今日、大丈夫な日だよ」

やたら、エロい顔でミカに誘われた

大丈夫でも生は無いわ、と笑ったけど、やっぱあれは夏の暑さが悪かったんだろう

玄関でミカにフェラされて俺も我慢出来なくなった

従兄弟の嫁で看護師として働く凛々しい顔、俺を嫌っていた頃とのギャップに頭ふっとんで、生でやりまくった

当たり前のように中に出しまくって、いつもなら3時間くらいなのに、夜中までやりまくった

久しぶりの生の感触に人生で一番射精しまくった

ミカの乱れ方もえげつなかった

その日までキスは嫌だって、スポーツ感覚のセックスだったのに、めちゃくちゃねちっこく求めてきて、AVみたいに絶叫しながらいきまくっていた

多分、長女はその日に命中した子

そっからは見境なくなって、週3でやりまくった

妊娠したミカに生で出しまくった

ミカも生は駄目っていいながら、絶対に拒否しなかった

ナース服着せて臨月に中出し決めた後に、産気づいたのは焦ったけど

子供産んでから、しばらくはやめたけど、3ヶ月くらいしたらミカから誘ってきた

ウチにお邪魔して、ミカが赤ん坊のベビーベッドに手をついてクソエロい下着だけで尻を振って誘ってきたので、思いっきりやりまくった

母乳吸いながら赤ん坊の横で中出し決めたのは最高に気持ち良かった

「パパ出して中にいいよ」

2人っきりの時、ミカは俺をパパと呼んで、それもまた征服感がある

2年後に2人目の女の子が出来て、さすがにヤバいかと思ったけど、まだ続いている

今年も正月に祖父母のうちに集まった時、従兄弟は早く結婚しろ!子供はいいぞ!と酒に酔って自慢して説教してきた

結婚はしてないけど、子供はいるんだよなぁと思いながら、酔いつぶれた従兄弟を祖父母宅に放置して娘たちを祖父母に預けて、近所の従兄弟のウチの夫婦の寝室にお邪魔してミカに寝バックでベッドにめり込むまでやりまくっていたら、うわごとのように

「パパ、もうひとり欲しい」

死ぬかと思うほど射精した

すまんね、俺の子供3人になりそうです

養ってください

自分は無敵、学校で好き放題できる

中学の頃、喧嘩に明け暮れ気が付けば周りには敵がいなく、「自分は無敵、学校で好き放題できる。」とありがちな勘違いをしていて、それは高校でも一緒で不良グループの中でも1年の時からトップとまではいかないがナンバー2か3の位置を占め、好き放題していた。

中学ですでに同じ不良グループの女生徒達数人と経験は済ませていたが、高校になると増々性欲がまし、相変わらず同じグループの女子とやりまくり、それでも足りずに同じクラスの女子達のオッパイを制服の上から揉んだりスカートをめくったりして楽しんでいた。

もちろんクラス中の女子からは嫌われていたが、恐れをなしてか、誰も俺には面と向かって言わなかった。

 2学期に入って間もなく、そんな俺に業を煮やしたのか一人の女子が注意してきた。

その子はクラスの女子の中では、というよりも学年でもトップクラスに入るほどの可愛い子で、堀北真希に似ていて尚且つ胸も服の上からでも目立つほどの巨乳で、もし原宿でも歩くと間違いなくスカウトされる感じの子で、性格も真面目で明るく本当にこんな子がいるのか、というような子でした。

真希「○○君(俺の名前)、女子が皆迷惑してるんだけど、どうしてそんなことするの?やめないと先生にいうからね。」等々を言ってきたので、逆恨みした俺は「絶対犯す」と犯行を決意した。

 テスト1週間前の放課後、全クラブは活動停止の為誰もいない。

同じ不良グループのDQN女に体育倉庫に真希を呼び出してもらい、何も知らない真希が現れたところを後ろから襲い掛かる。

真希「いや、誰?えっ○○君?やめて、やめなさい。イヤーだれか―」

ものすごく暴れる真希の後ろから羽交い絞めをし、用意していたガムテープで両手を後ろ手にしてグルグルに巻き、ブラウスを強引に左右に引っ張って上半身はブラジャーだけの姿に。

真希に馬乗りの状態で「よくも偉そうな事言ってくれたな、おかげで恥をかいた、お前にも恥ずかしい思いさせてやるからな。」とブラの上から豊満なオッパイを鷲掴みにし「やっぱりデカイじゃねーか、男に揉んでもらったんだろ?」と言葉攻めをしながら荒っぽく揉みしだく。

真希は「イヤー、やめて―、誰かー」と叫び足をばたつかせるが男の力と体重に勝てるはずもなくされるがまま。

 強引にブラを上にずらし、オッパイがプルンと出た瞬間、「イヤー」と叫びながら泣き出す真希。それを無視し、豊満なお椀型のオッパイを両手で揉みしだき、綺麗なピンク色の小さい乳首を引っ張ったりつねったりして凌辱する俺。

その間も泣きながら「イヤー」「やめて―」とうるさかったので真希の口に丸めたガムテープを突っ込むと泣きながら「ウウー」と必死に声を出そうとする。俺はというと、乳首を口に含み、軽く噛んだり舌で転がしたり思いきり吸ったりと楽しむ。

口の中で真希の乳首が起ったのが分かると「なんだ、しっかり感じてるじゃねーか、そんなに気持ちがいいのか?」と両手で真希の乳房を鷲掴みにし、見えるように舌で乳首をベロベロする。

真希は涙を流しながらそれを見つつ相変わらず唸っているだけ。

 そろそろオッパイを虐めるのにも飽きた俺は「ここはどうなってるかなー」とワザと意地悪っぽく言いながらスカートをまくる。

真希は「んーんー」と唸りながら足をばたつかせるが、そのおかげで逆にスカートがめくり上がり、白い太ももが露わになった。

「もう少しでパンティ見えるぞー」と少しずつスカートをめくり、ほどなく水色のパンティが現れた。クロッチの部分が少しだが湿っていた。

「なんだ、しっかり濡れてるじゃねーか、何を期待してるんだ、この変態。」と言葉で真希を辱め、湿った部分を指でなぞると真希の体がビクンとなる。

 それを数回繰返し、ついにパンティを脱がしにかかる。この時、すごい抵抗を見せた真希だが、あえなくパンティがはぎとられると、そこには縦長の薄いマン毛と、毛には覆われていないツルツルの割れ目が。

「なんだ、真希、薄いなー、まだ子供か?」と笑いながら真希を侮辱し、固く閉じた両足を持ち上げマン繰り返しの状態にしすると、閉じた割れ目が目の前に。

「ひょっとして処女か?」といやらしい口調で聞くが真希は泣きながら何も答えずただ首を横に振るだけ。

「じゃあ、真希のオマンコを見てやる」といちいち口にしながら割れ目を両側に引っ張って開けると、そこは綺麗なピンク色だった。

クリトリスもまだ完全に剥けてなく、ただ、ネバネバしたものが全体を覆っていた。

アナルも毛が一本もなく薄い茶色でここからウンコが出るなんて信じられないくらい綺麗だった。

 俺はクリトリスを人差し指で最初は軽く、徐々に素早く撫でる。すると段々蜜があふれ出してくるのが分かる。

「なんだ真希、感じてるじゃねーか」と言いながら真希を見てみると、目をつぶりながら首を横に振っているが、明らかに息が荒くなっているのが分かる。

そこで今度は舌でクリトリスを転がすと「ビクン」と真希の体が反応し、それを繰り返すと「ン、ン、ンー、ンー」と唸る声が大きくなって、ついには「ンーーー!」と唸りながら、全身を硬直させピーンと伸びた状態になった。

イッたのだろう。イッた後の真希を再びマン繰り返しにしてクンニ。

陰唇や膣口をひたすら舐める。時には大陰唇を左右に引っ張ったりする。真希のオマンコは無味無臭だった。

 真希はしばらく呆然としていたが、また感じてきたのか、再び息が荒くなってきた。

そろそろ俺も我慢できなくなったのでチンポを取り出すと既に我慢汁が溢れていた。

「そろそろ入れてやるから足を開け。」と足を開こうとすると、この時一番の抵抗を見せた真希だったが、「開けって言ってんだよ!」と恫喝しながらクリトリスを無理やりさすると真希の足の力が抜け、その隙をついて真希の足を開き体をねじ込み一気にチンポを挿入。

 処女膜であろうか、途中何か引っかかるものがあったが強引にチンポを押し込む。処女だけあって締まりがハンパなくキツイ。

「ンーーー!」と絶叫する真希、痛かったのだろう。それを無視し激しく腰を振る。

処女だけあって締まりが抜群にいい。しかも何かからむような感じで、すごく気持ちがいい。名器というやつか?処女とか関係なく名器って生まれ持ったものなのだろうか。

「ンーンー」と痛がる真希。しかし10分くらいだろうか、真希の絶叫が「ン、ン、ン、・・・」と変わってきた。

「感じてる」と思った俺はチンポの先端に当たる子宮口を攻めまくる。

すると真希は先程と同じく「ンーーー!」と体を硬直させた。2回目の絶頂だったのだろう。

俺も我慢が出来なくなり「出すぞ、このまま出すぞ」と叫びながら中出し。この頃にはもう真希の抵抗は完全に無くなっていた。

 チンポを引き抜くと、血と精子が混じったピンク色の液体がドロッとオマンコから出てきた。

真希の手を開放して「二度と俺に逆らうなよ」と、真希を残して体育倉庫を出ると見張りだったはずのDQN女はいなかった。たぶん怖くなって逃げたのだろう。

結果から言うと高校生活3年間でこのレイプ事件が表に出ることはなかった。

 次の日、「真希は今日休むだろうなぁ。」と思っていたが、驚いたことに普通に登校してきた。

が、以前の真希とは明らかに違い、四六時中ずっと俯いたままで誰ともしゃべらずテスト明けにはクラスで孤立した感じになっていった。

それでも俺は「ざまあみろ」くらいにしか思っていなかった。その時は・・・

 レイプから2週間くらい後、学校から家に帰ると兄貴が待っていた。俺には8つ上の兄貴がいて、同い年の女性と結婚し、今は実家の近くに住んでいる。

「○○、子供が生まれたぞ、一緒に病院に行こう。」と満面の笑みで話しかけてくる。普段は顔を合わせても会話しないのに。まあそれは俺がグレていたせいだったが。

嫌々病院につき合わされて義理の姉の病室に行くと、生まれたての女の子が透明なケースに入っていた。

「サルみたいだなw」が俺の第一印象だったが、赤ちゃんを抱っこしている兄貴はデレデレ。

「○○、お前も抱っこしてみろ」と言われたので、これも嫌々抱っこしてみると、俺の腕の中にはすやすや眠っている赤ちゃん。

(名前はみーちゃんとしておこう。)

 まるで安心しきっているその寝顔を見ているうちに、何か分からないがこみ上げてくるものがあって、訳も分からず涙があふれてきた。

さすがに兄貴夫婦は驚いていた。みーちゃんがものすごく愛おしくなり、我が子でもないのに「この子の為なら・・・」と思う自分がいた。

その直後、ものすごい罪悪感に襲われた。真希のことだ。

もしこの子が、真希みたいに襲われたとしたら、と思うと吐き気をもよおすほどだった。自分は何て事をしてしまったのだろう。

この夜は一睡もできなかった。

 次の日、真希に謝ろう、いや、謝って済む問題ではない、と自問自答を繰り返すうち放課後になり、真希はいつものようにそそくさと家へ。

ストーカーばりにその後をつけて真希の家を探し当てチャイムを押そうとするが押せず、多分真希の家の周りを数時間はウロウロしていただろう。そのうちに真希の両親も帰宅し、気が付けばすっかり暗くなった。

意を決してチャイムを押すと真希のお母さんが「はーい」と出てきた。

「真希さんいらっしゃいますか、俺は○○というものです」というと、何も知らないであろう真希母が「ちょっと待ってねー」と真希を呼びに行く。

 が、中々出てこない。当たり前だ。5分後、真希父と真希が出てきて「お前、真希に何をした」といきなり胸ぐらをつかまれた。

「詳しくは言えませんが、真希さんにかなり酷いことをしました。すみませ・・・」と言い終わらないうちに思いきりぶん殴られた。

それでも体勢を整え、土下座し「真希さん、すみませんでした」というが、真希父が今度は俺の髪の毛を鷲掴みにして引っ張って立たせ、「だから何をした?」ともうボコボコ状態。

俺は抵抗せずやられるがままに。顔は腫れ鼻血を出し、歯が折れても一切抵抗しなかった。

 どれくらい殴られただろうか、真希が泣きながら「もうやめて」と止めに入り、真希父「二度と娘に近付くな。」と二人家の中へ。それでも俺の気は収まらなかった。

家に帰ると両親が「また喧嘩か、今日ぐらいおとなしくできんのか」とあきれ顔で出迎えてくれた。

その日は晩御飯も食べず、そのまま自分の部屋へ直行、思いっきり泣いた(声を殺して)。

 次の日も放課後、真希の両親が帰宅するのを見計らってチャイムを押し、「○○です。」と言うと、真希父が「娘に近付くなというのが分からんのか」と再びボコボコにされる・体勢を立て直して土下座・真希父に殴られる、を繰り返す。

これを3日程繰り返して4日目、真希の家に行くとこの日は真希とその後ろに真希父が出迎え、真希「どうしてそこまでするの?あんなことをしでかしておいて。私が許すとでも思ってるの?私にどれだけのことをしたか知ってるの?」とだんだん涙声に変わっていきながら、最後の方には何を言っているのか分からないくらい号泣。それでも土下座の俺。

最後には真希父が「本当に反省しているなら二度と我が家に来ないでくれ。許しはしないが私たちももう忘れたい。」といって家に入って行った。

「許された」とは少しも思わなかったが、何故か涙が出た。

「生まれ変わろう」と決心した俺はその日のうちに茶色だった髪を黒く染め、更にスポーツ刈りにした。家族はもちろん、次の日は学校中が俺を見て驚いていた。もちろん真希も(遠くからだが)驚いた顔をしていた。

 自分で言うのもなんだが、本当に俺は人が変わった様に、喧嘩や悪い事をしなくなり、みーちゃんにとって恥ずかしくない叔父になろうと遅ればせながら勉学にも励んだ。

周りからはよほど滑稽に見えたのであろう、最初は腫れものにでも触るような感じで遠巻きで見ていたが、2学期も終わりごろになると「何を今更、馬鹿じゃねーの?」と聞こえるように言う奴等が現れ、3学期にはイジメを受けるようになった。

俺がもう手を出さないと思ったであろう、昔の俺に恨みの有る奴等が中心だった。酷い時には男子数人で腹を殴られ、うずくまったところを女子数人に蹴られまくる。

それでも真希にしたことを思えば何てことはなかった。こうされることによって少しでも罪の意識から解放される感じがした。無論自己満足だが。

虐められている姿の俺を真希は感心無さそうに遠目で見ているだけだった。

2年生になったある日、昔の不良グループの女子達から呼び出しを受けた。

リンチされるんだろうな、と思いつつ覚悟を決めてリーダー格(AK美、3年生)の家に行くと、5人(記憶では)が既に待っていて、AK美「○○、どうしたんだよ、すっかり腑抜けちまって。また前みたいに戻って楽しもうよ。」みたいなことを言ってきた。

こんな奴等でも気に掛けてくれている、とつい思ってしまったが、「すみません、先輩。叶えたい夢があるので(嘘)俺の事はほっといてください。」と言うと、今まで丁寧な言葉を俺の口からきかなかった先輩は驚きつつも誘いを断ったという事に腹を立て、数人で抑え込まれベッドの柱に両手足を縛られ、あっという間に下半身裸にされてしまった。

 散々罵声を浴びせられながらチンポを弄ばれる。自分にMの素質はないと今でも思っているが、情けないことに弄ばれ続けているうちに勃起してしまった。

AK美「なんだよ、カッコいいこと言って真面目ぶってもここは変わらんじゃんw」などと言われながら竿を扱かれ、亀頭は指や舌で苛められ時には爪で軽く引っ掻かれていく内に先走り汁が大量にあふれ出だす。

他の奴らは俺の上半身を肌蹴させ、乳首を攻めまくる。誰かが「コイツ乳首起たせてんじゃん、キメーんだよw」とか言いながら用意していたアイマスクで目隠しをされる。

 何も見えない状態で、誰かがチンポに腰を下ろしてきた。AK美だろう。

さらにモーター音が聞こえ、同時に俺の両方の乳首に押し付けてきた。ピンクローターだろう。更に睾丸にまで誰かがローターを押し付けた。今までに味わったことのない快感だった。

この状態でも何とかAK美がイクまでは持ち堪えた。この時はなぜか射精すると真希への反省が薄れるような気がしたので(今思えば何の意味もない)絶対にイカないと決めていたが、二人目(名前忘れたのでB子としておく)が乗っかってきてB子がイくと同時にイッてしまった。

「何中に出してんだよ」とビンタされたがすぐに3人目が跨ってきた。

「もうやめて下さい。」と懇願するも「やめて下さいだってよwキメーw」と聞き流され、結局5人相手に7、8回ほど抜かれた。

途中からは中々復活しないのでアナルに指を突っ込まれ、前立腺を刺激されて無理やり起たされた。

その日以降もう不良グループと関わることは完全に無くなった。

 2年生も2学期になるともう皆イジメにも飽きたのか、平穏な日々が続いた。

家に帰るとたまにみーちゃんが兄貴夫婦に連れられて来ている。もう俺はみーちゃんにメロメロで、みーちゃんのおかげで家族とも会話が増え、この頃にはギクシャクしていた兄貴夫婦とも仲良くしていた。

たまに義姉が俺の目の前でオッパイを与える事があり、見慣れているはずのオッパイだがなぜかすごく恥ずかしくて見ることが出来なかったが、義姉はそれを面白がってわざわざ実家に来てからオッパイをあげる事もあった。(今でもそのことをネタに冷やかされる。)

 2年の3学期、真希から呼び出された。ものすごく驚いた。まさか向こうから声をかけてくるとは、しかも2年になってからクラスも別々になり何の接触も持たなかったから尚更だ。

この頃の真希は以前の真希に戻っており、以前のように明るく笑う姿を何度も目撃しては胸をなでおろしていた。

そんな真希と学校の近くのマックで待ち合わせとなり、「なぜそんなところで?」と思いつつ行くと、既に真希がきていた。

 開口一番「あなたのせいで男性恐怖症になった。今まで何人か告白を受けたけど怖くて付き合えなかった、責任とってよ。」と言われ、

どうしていいかわからず「スマン、俺にできることは何でもする」と言うと、

「じゃあ、取りあえず歯を食いしばって!」と言われ、そのようにするとビンタが4、5発。もちろん注目の的。

考えてみれば真希から直接罰を受けたのはこの時が初めてだった。少しだが胸のつかえが取れた気がした。

 その後、買い物に行くので付き合えと言われ、荷物持ちをさせられた。正直「???」だった。一緒にいるのが嫌なはずなのになぜこんなことをさせるのか理解できなかった。

日も暮れたので、荷物を渡して帰ると言うと、「家まで運びなさい」と真希。

「いや、君のお父さんとの約束で二度と真希の家には近付けない。」と言うも、

真希「私の言う事は何でもするんじゃなかったの?」と言われ、渋々(というよりも恐る恐る)真希の家へ。

 悪い予感は当たるもので既に真希の両親は在宅。

玄関に荷物を置いてそそくさと帰ろうとすると「上がって行けば?」と真希。

さすがに血の気が引いて「それは無理、絶対無理。」と断るも「私のいう事は?」の言葉に逆らえず、またボコボコにされる覚悟で両親のいるリビングへ。

最初両親は俺が誰だかわからず(黒髪で短くしていたので)「いらっしゃい」と言ってくれたが「○○です、今日は娘さんに言われてきました、すみません」と頭を下げると両親、特に父親の顔が強張ったのがわかった。

とりあえず促されてソファーに座り、喉がカラカラだったので出されたお茶を飲む。

 しばらくの沈黙の後、真希が「私、この人と付き合うことにした」と宣言。驚きのあまりマジでお茶を吹きだしてしまった。

数秒、本当に数秒間真希の両親と顔を見合わせた後、真希父が「何を馬鹿な事を!」

俺も思わず「何を考えているんだ、そんな事許される訳ないだろう!」と何故か真希父と俺と二人で真希を説得w

しかし、真希は「もう決めたの。もうほかの男性とは付き合えないの。だから○○に責任とってもらうの。」と言い、レイプ事件以降俺が改心し、酷いイジメにも耐えてきた事を涙ながらに両親に訴えた。

 事件前、真面目に生きてきた自分とは違い自由奔放にふるまっていた俺が羨ましかった。

俺に注意したのも他の女子にちょっかいをかけるので嫉妬していた。

レイプされた時は本当に怖くて恥ずかしくて悔しくてかなり落ち込んだが、相手が○○だったのが救いだった。

あの後、俺が何度も謝りに来て父親に殴られているのを見て本当は少し嬉しかった。本当に反省してくれていると思った。ただすぐには許す気にはなれなかった。

今は正直俺に対する恨みは微塵もない。ただトラウマで男性が怖いのは事実で、トラウマを作った俺と付き合う事で払拭できるかもしれない、と延々と両親を説得した。

 それでも俺は「いや、それでも君に酷いことをしたのは事実だし、できる事は何でもするが、付き合うのだけは勘弁してくれ」というと、「○○は私の事嫌い?私のいう事は何でもしてくれるんじゃないの?」と言われると言葉がつまった。

正直、真希に告白されれば付き合わない男はいないだろう。真希は相変わらず可愛い。俺も嫌いで断っているのではない。

返事に困っていると、それまで沈黙を守っていた真希母が「わかったわ、責任は私が持ちます。真希、○○さんと付き合いなさい。」と。

この言葉に真希父も「わかった、その代り○○(この時点で呼び捨て)、真希を泣かすことが有ればその時こそ許さんからな、覚えておけ」と観念したかのように、また俺を脅すように言われた。

こうして真希と付き合うようになった(学校には隠れて)。

 真希は元々頭がいいので、某有名私立大学が希望校だった。俺はといえば、いくら改心して勉強しているとはいえ、真希が望んでいるみたいなレベルの大学には入れそうにもなかったので、都内の2流の大学にでも、と思っていたが

真希から「私と同じ大学を目指して」と言われ、とても無理だと言うと、例の「私のいう事には?」という言葉には逆らえず。

親に頼んで進学塾に通わせて貰い(親はビックリしてたが、その後は泣いて喜んだ)、3年生になった1年間はそれこそ勉強と真希とのデート以外は何もしなかった。

真希とは土、日のどちらかで週一デートするのだが、俺からは決して体を求めなかった。キスもしていない。

 ある日のデートの帰り、真希に手を引っ張られ「ここに入ろう」と連れてこられたのがラブホテル。

「え?」と嬉しさよりも戸惑いを見せる俺を気にせずどんどん入って行く。

部屋に入ると真希が突然抱きついて来て「本当は怖い。でもこのままじゃ前に進めない。今度は優しくして。」と体を小刻みに震わせながら俺に身を任す。

俺は覚悟を決め(男が覚悟もおかしな話だが)1枚1枚服を脱がし、真希を全裸にし俺も全裸に。オッパイの大きさは相変わらず(この時初めてEカップと知る)で、下の毛は以前より濃くなっていた。

 前回とは違い、優しくオッパイを撫でまわし、乳首を優しく摘まむと「ア、ハア・・・」と明らかに感じている声を出す。

乳首を口に含んで舌で転がしたり優しく吸うと「ンッアッアハン」と何とも悩ましい声を出す。

こんな調子で10分位オッパイや乳首を攻めると「そろそろ・・・」とせがむ真希。オマンコを触ってみると既にビショビショ。

クンニをしようと顔を近づけると「恥ずかしい、見ないで」と軽く抵抗する。

無理にやろうとするとまたトラウマが蘇るかもしれないと思ったので、無理にせずに手マンでクリトリスや陰唇を優しく触ると「ハア、ハア、アッハッ・・・」とかなり息が荒くなり「あ、いや、イク、イッちゃう」と体をのけぞらせてイッてしまった。

 ハアハアと息を切らし横たわっている真希の呼吸が整うのを待ち、「まだいける?」と聞くと小さくうなずくので再度クンニに挑戦、イッたので力が入らないのかすんなりさせてくれた。

シャワーを浴びていないのに相変わらず無味無臭だった。クリトリス・陰唇・膣口をまんべんなく舐め回す。真希はそれだけで数回イッたらしい。もうすでに真希のオマンコは愛液と俺の唾液でベトベトだった。

「入れていい?」と聞くと何も言わずうなずく。今度はゆっくりむしろ焦らすような感じでいれる。すると真希が「少し痛い」という。

「ゴメン」と謝りながら本当に少しずつ入れると、全部収まったと同時に先っぽに子宮口が当たる感じがした。

しばらくこのまま動かずじっとしていると「もう大丈夫、痛くない。動いていいよ。」と言われたので静かにゆっくり動くと、やはり初めは痛がっていた真希だか、段々と「ア、イイ、ソコ・・・」と感じ始めてくれたので、少しずつスピードを速めると「あ、いい、気持ちいい、あ、あん、・・・」と明らかに喘いでいる。

 20分くらいだろうか、正常位、バック、また正常位と体位をかえて、射精感がこみ上げてきたので「そろそろイクから抜くよ。」と言うと、真希の足が俺の腰を挟んで離れない様にした。

「ちょっ真希、ヤバいって、中に出してしまう、離して。」というが離してくれず、こちらも我慢できずにとうとう真希の中に出してしまった。

すごく気持ちよかったが「なんで?」と聞くと「今日は安全日だから大丈夫、それとあの時も中だったから同じ事をしないとトラウマが払しょくできないと思って。」何も言えずとりあえずチンポを抜くと精子に交じって血が。

あの日の後の2年間、今日までセックスはしていないとのことなので処女膜が再生されていたのか?今となっては謎であるが。

とにかくシャワーを浴びようとすると真希が突然「あっ」と叫び「私たち、そういえばキスしていないw」と言い出す。

その言葉に思わず笑ってしまった。今思えば俺自身、真希の前で心から笑ったのはあの日以降初めてではなかったか?

俺は真希にキスをした。ディープキス。舌と舌を絡めあった。真希はもう震えてはいない。

 一緒にシャワーを浴びてお風呂に入りながら話をした。

「男性恐怖症は分からないが、〇〇に対しては完全に克服できている。今日のエッチでそれが証明されてうれしい。○○とのエッチはすごく気持ちが良かった。」と言ってくれて、思わず泣いてしまった。

どうもみーちゃんが生まれてから涙もろくなったみたいだ。

その後も定期的にデート(Sexも)を繰返し、なんとか真希と同じ大学(学部は違うが)に合格。高校では(特に職員室)ハチの巣をつついたような大騒ぎだった。

 後の話は簡単に説明すると大学卒業後、都内で就職、社会人3年目で真希と結婚、現在4児の父ですw真希とは未だに週1回は頑張っています。

あの日以降現在に至るまで浮気はしていないし、もちろん真希以外の女の体も知りません。もうすっかり尻に引かれています。

ただ、たとえどんなに喧嘩をしてもあの日の事だけはお互いに言いません。(大概俺が折れてあやまっています)真希の両親の前では未だに緊張するが、良好な関係です。

結婚10年を機に投稿しました(懺悔の意味を込めて)。

子供の頃、両親に連れられて露天付旅館に泊まった時のはなし

うちの親は兄弟仲が良くて、俺が生まれた後も親兄弟で一緒に旅行にいくくらいで、俺も当然連れて行ってもらってた。
母親側が姉妹というつながりだったのだけど、父親同士も元々知り合いだったみたいで、親戚というより兄弟か友達って感じ。

で、母方の妹には二人子供が居て、そいつらが二人とも女だったんだよな。

で、俺が精通を迎えてちょっとしたくらいの中学1年くらいだったかな。小さな露天風呂付の旅館に泊まったんだよ。
親たちは夕食からそのまま飲み始めちゃって、俺らはつまんないからテレビ見てたんだけど、眠くなる前に風呂入っちゃいなさいって、三人で露天風呂へ。
従兄弟は小6と小4。二人とも全然子供だけど、中一である俺は勃起を抑えるので精一杯だった。
っていうか、一瞬で勃起したので隠して入ってた。

体洗ってさっさと出るかと思って、湯船入って5分くらいで洗い場行ったんだけど、
そこで小4の方が「おしっこー」ってこっちきたんだよな。
「もうその辺でしちゃえよ」って言ったんだけど、なぜか洗ってる俺の横に来てしゃがみはじめてさ
性欲全開の俺に見るなってほうがむりだよね。色々忘れて放尿を見てた。

そしたら、後ろから小6の「あ、俺君たってるー」って声が聞こえた。

「しまった」って思ったけど、もう遅いよね。声に反応して小4の方も顔をあげて、
二人ともにギンギンに立ってるところを見られてしまった。

「男の子の立ってるの直接みたの初めてー」
小6は無邪気にそう言ってるのを見て、もういいやって隠すのをやめて好きに見せることにした。
本当は小6の股間も見たかったけど、さすがに恥ずかしくて言えなかった。チラ見はしてたけど。
「触ってみていい?」って言うやいなや、いきなりにぎられて、反射的に「痛っ」って声あげてしまった。
「ごめん、痛かった」
「や、にぎったときに玉にあたったんだよ。玉は痛いからさー_*」
「股間叩くと男子痛がるんだけど、痛いの玉の方だったんだ」
「股間叩いてるのかよ…」
やめてやれよと思ったけど、いわなかった。何してるんだ小6。

「もっかい触ってみていい?玉はやさしくするから」って手を伸ばしてきた。
この時の、微笑んでるような笑ってるような顔が今でも印象に残ってるんだけど、あれ多分恥ずかしがってたんだよな。

「結構かたいね」
「外はちょっと柔らかい感じ」
「わー、引っ張ると中に何かある」
小6が一人でしゃべりながら触っていると、小4も気になったのか近くでじっと見てる。
俺はまだいきそうではなかったけど、こんなこと続けられたらいつ出すかわからなかったから、平常心を保とうとがんばってた。

「ね、精液ってここから出るんだよね」
と、小6が突然の爆弾発言
「で、でるけどっ」
「出してみていい?」
射精を見せるのはさすがに恥ずかしくて固まっていると
「私がやる。こうやってやるんだよね」
って小4が俺の右ひざにまたがって俺の股間を握って動かした。
突然こすられるし、小4の股間の感触が俺のひざにあるしで、我慢の限界がきて即座に射精してしまった。

小4のおなかに飛んでる液を見ながら小6が「わー」って小さく声を出してた。

その後、「私も触って欲しい」って小6が言い出して、攻守交替。
露天風呂のヘリに座ってもらって、俺が湯船に入った状態でさわってた。
小4は横に座ってみてた。
ある程度好き放題さわらせてもらったら満足したみたいで湯船に入ってきた。
小4が「おねーちゃんだけずるい」とか言い出したので、小4のものもさわったのだけど、一人でしなれてないのか、いまいち反応は鈍かった。
小6は結構普段からオナニーとかしていると、その後話してた。
風呂から出る前に、こんどは小6に洗い場で抜いてもらって、風呂から出た。

その後、相手の家に泊まりに行ったときとかにも色々あったのだけど、また機会があったら書く。

妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました

1ヶ月ほど前、妻の運転で移動中、前の車が急停止したため追突事故を起こしてしまいました。事故と言っても、車間もそれなりに取っていて、少し傷ついた程度の軽い事故でしたが、こちらが突っ込んだことには変わりありませんでした。

事故のきっかけは、前の車が信号が黄色になった途端に急停止したことでした。タイミング的に、止らずにそのまま行くタイミングだったと思います。実際、他の車線の車は一台も止りませんでしたし、その後さらに一台くらいは止らずに交差点に進入していました。

とは言っても、悪いのは間違いなくこちら側で、私も妻も素直に謝罪をしました。こちらの車は、すでに10万キロを走行しているボロボロの車で、正直事故でヘコんだ部分はどこか判別しませんでした。
先方の車は、バンパー部分に軽い塗装のハガレのようなモノがある程度でした。

警察に連絡と、保険会社に連絡をしようとしていた私達に、先方の男性が、この程度ならタッチペンで直すのでかまいませんよと言ってくれました。
男性は、若いサラリーマン風の男性で、誠実で真面目そうな方でした。でも、事故で警察に無届けだと、後でトラブルになると思い届けようとしました。

すると、彼は一切責任を問いません、損害賠償などの権利を放棄しまと書きますよとまで言います。
「僕も、会社にばれちゃうとマズいんで……。それに、急停止したのも僕ですし」
と、バツが悪そうに言いました。私は、なるほどと思い、修理代として2万円を渡そうとしました。すると、彼は1万円だけを受け取り、名刺の裏に先ほどの内容を書いてくれました。

そして、彼は私達の連絡先を聞くこともなく走り去ってしまいました。
『あなた、大丈夫かしら? 後で、身体が痛いとかないかしら?』
妻は、心配そうに言います。それは、後で脅されるとかを心配しているのではなく、単に彼の身体のことを心配しているだけだと思います。昔から、妻は人を疑うことを知りません。お人好しというか、純粋な女性です。
私は、大丈夫だよと言いながらも、本当にアレで良かったのかな? と、少し心配していました。

妻とは、結婚してもう20年です。いわゆるできちゃった婚でしたが、私が一部上場企業のサラリーマンだったこともあり、とくに生活に困ることもなくなんとかなりました。
そして、もう一人子供も出来、二人とも大学生になりました。二人とも遠方の大学だったので一人暮らしを始めたため、久しぶりの妻との二人暮らしを楽しんでいたところでした。

そんなある日、自宅で夕食を食べていると、インターホンが鳴りました。こんな時間に誰かな? と、思っていると、先日の事故の相手の男性でした。
私は、どうして自宅が? と、驚いていました。それと同時に、脅される……と、恐怖を感じました。パニックになりながらドアを開けると、彼は一人ではありませんでした。隣に、50がらみのオールバックの男性がいます。
その男性は、一見して堅気ではない雰囲気を発している男性で、私は足が震え始めました。

「この度は、うちの若い者がとんだ失礼を致しました」
深々と頭を下げるオールバックの男性。それにあわせ、若い彼も頭を下げてすみませんでしたと謝ります。

私は、意味がわからないまま、とりあえずドアの中に招き入れました。近所の目を気にしてしまったためです。

すると、オールバックの男性が、自己紹介を始めます。彼は、間宮という名前で、建設会社を経営しているそうです。そして、若い男性は光雄という名前で、そこの社員だそうです。

間宮さんいわく、非常識なブレーキで迷惑をかけたのに、お金まで取ったのが許せなかったそうで、そのお詫びと返金に来たそうです。

自宅はどうやって調べたのかと聞くと、特徴的すぎる車だったので調べることが出来たそうです。私自身は自覚がなかったですが、私の車はそれなりに人気のある車種だったそうで、珍しいボディカラーと相まって、以外に早く調べることが出来たそうです。

勝手に調べてしまったことのお詫びもされ、私はやっとホッとしていました。完全に、ヤクザが脅しに来たと思っていたので、地獄から天国に行った気持ちでした。

その後は、彼らが持ってきたケーキを食べながらお茶をしましました。間宮さんは、鋭すぎる目つきと強面からは想像もつかないほど明るい方で、妻も私も次第に笑顔になりました。

「奥様、本当に綺麗な方ですね。御主人が羨ましいですよ」
そんな事を言われ、妻は照れながらそんなことないですと言っていました。実際、妻は43歳にしては若々しいと思いますし、夫のひいき目でしょうが、とても美人だと思います。
山口智子を少しほっそりさせた感じの顔だと思います。ただ、顔はほっそりした感じに見えますが、身体はどちらかというと肉感的で、胸はFカップのブラが少しキツいと言っている感じです。脱ぐと凄いんですを体現している身体だと思います。

間宮さんはそんな事はありませんが、若い方の光雄さんはチラチラと妻の胸を見ているのがわかります。私は、少しだけ誇らしいというか、得意気な気持ちになっていました。
『そうだ、間宮さん建設屋さんなんですよね。じゃあ、ちょっと見てもらってもいいですか?』
妻は、突然そんな事を言うと、リビングの扉のことを聞き始めました。半分くらい開けると、外側の下の部分が床に擦れてしまうことについてです。

すると、彼は、
「あぁ、下がってるね。調整しますよ」
と、言うと、カバンからドライバーを取り出してネジをいくつか廻したりしました。すると、まったく擦らなくなり、
『凄い! こんなにすぐ直せるんですね!』
と、妻は感心したように言います。
「いえ、説明書に書いてありますよ。簡単ですから」
間宮さんは、そんな風に言いました。私は、最初はどうなることかと思っていただけに、ホッとしていました。そして、二人は帰っていきました。
「最初はヤクザ屋さんが来たかと思ったね」
私が笑いながら言うと、
『うん。怖かった。でも、良い人で良かったね』
と、妻もホッとしたようです。

そんな事があって少しした頃、
『あなた、前に言ってたサンルームのことだけど、間宮さんの所にお願いしようかしら?』
と、妻が言い始めました。花粉症の酷い妻は、洗濯物を中で干すために、前からリビングと庭との間にサンルームを作りたいと言っていました。
私は、前から良いよとは言っていましたが、どこに頼んだら良いのかわからないまま放置していました。私は、間宮さんの所なら安くなるかもという気持ちもあり、良いんじゃないかと言いました。

そして、すぐに段取りが始まり、工事が始まりました。と言っても、私がいない昼間に工事はされるので、私にはほとんど影響はありません。

そんなある日、帰りが遅くなりそうになることを妻に電話で伝えました。
『は、はい。夕ご飯はどうしますか? ん』
妻は、少し息が切れたような感じでした。
「ゴメン、忙しかった?」
『ううん。ちょっと、掃除してたから……ぅぅ』
「お疲れ様。あれ? 今日は工事は?」
『も、もう帰りましたよ。また明日です。……夕ご飯……どうします……か?』
私は、さすがにおかしいと思い始めました。
「どうしたの? なんか、具合悪いの?」
『大丈夫……ちょっと、疲れちゃったかな? ん、ぅ』
妻は、声が震えているようでした。
「無理しないで。夕ご飯は食べて帰るね」
私がそう言うと、
『わかりました。がんばってくださいね』
と、言って電話が切れてしまいました。あまりに不自然な電話の終わり方に、私は本当に心配になりました。体調を崩している? 彼女は、無理をしがちです。

気になった私は、夕方のお客さんとの約束まで時間があったので、自宅に様子を見に行きました。すると、車庫にワンボックスが停まっています。今日は、工事は終わったはずでは? と、思いながらも、少し離れた場所に車を停めます。

そして、大丈夫かな? と、思いながら玄関のドアを開け、中に入ると、男物の靴が三足ありました。私は、やっぱりまだ工事してるんだと思いました。声をかけようかとすると、2階の方からかすかに声が聞こえます。男達の声と、妻の声だと思います。なぜ2階に? 工事とは関係ないはずです。

私は、そっと廊下を歩き始め、2階に上がり始めました。
『も、もうダメです。死んじゃう、死んじゃいます』
妻の悲鳴のような声が聞こえてきました。
「大丈夫だって、死ぬって言って死んだ女はいないからさ」
「そうそう、もっと天国見せてやるって」
「俺達満足させないと、間宮の兄貴にハメてもらえないっすよ」
男達の声も聞こえてきました。私は、足が震え始めていました。どう聞いても、まともな会話ではありません。リフォームのこととはまったく無関係の内容です。

『お願い、もう抜いてぇ。オマンコ壊れちゃうっ』
妻が、泣き声のような声で叫びます。
「なに言ってんだよ。奥さんが腰動かしてるぜ。俺、とっくに腰止めてるんだけど」
小馬鹿にしたように言う男性。
『そ、そんな、違う、違うの、イヤぁ』
妻が、泣きそうな声をあげ続けています。私は、妻が犯されていると思いました。でも、聞こえてくる声は、そうではないと感じさせるものです。

「イヤって言いながら腰動かしてるじゃん。ホント、ド淫乱だな」
男達の笑い声が響きます。
『だ、だって、気持ち良いの。おチンポ大きいの』
妻が、とろけきった声ではしたないことを言っています。私は、部屋に踏み込むタイミングを逸してしまいました。

「ほら、俺のも頼むよ。口、空いてるじゃん」
「手も使えって」
口々に男達が言います。すると、妻の声が聞こえなくなりました。私は、ドアに耳をつけて様子をうかがいます。すると、
『うぅっ、うぅ?っ』
と、くぐもった妻のうめき声がかすかに聞こえます。私は、妻がどんな状態になっているのか気になって仕方ありません。でも、それ以前に、どんな状況や経緯であってもすぐに止めるべきだと思いました。それなのに、私の足は震えっぱなしでドアのノブに手をかけることが出来ません。

「よし、出すぞ。オマンコに出して下さいって言ってみろ」
『ダ、ダメぇ、中は許してっ』
妻が、必死の声で訴えます。
「じゃあ、間宮の兄貴にはハメてもらえなくて良いんだな」
『うぅ、オ、オマンコに出して下さい。ザーメン、たっぷりオマンコに出して下さいっ! 子宮にかけて下さいっ!』
妻は、うわずった声で叫びました。
「よし、出すぞっ! 孕めやっ!」
『うぅああっ! ひぃうぅ、あぁ、熱いの出てるぅ』
妻は、とろけきった声でうめきました。私は、どうしていいのかわからないままパニック状態になり、逃げるように階段を降りて家から出ました。

アレは一体何だったのだろう? 犯されているわけではない……と、思います。浮気? 間宮さん? 私は、車に乗り込んでグッタリと座りこみます。すると、ズボンに大きなシミが出来ているのに気がつきました。慌てて確認すると、私のペニスは驚くほど固くいきり立っていて、先走りの液が大量に染み出ていました。
私は、自分がなぜそんな状態になっているのか戸惑いながらも、どうしたらいいのか必死で考えました。とりあえず、お客さんとの約束は明日に延期してもらいました。とても、お客さんと話が出来る心理状況ではなくなってしまいました。

しばらくしてから妻に電話をかけると、
『お疲れ様。もう、帰ってくる?』
と、妻はすぐに電話に出ました。私は、何か物音が聞こえないか気にしながら、これから帰ると告げました。

『じゃあ、まだ早いからご飯食べに行く? ちょっと、買い物もしたいからイオンに行こうよ』
と、妻はいつも通りの普通の声色で言います。多分、周りにはまだ男達がいると思います。もしかしたら、まだセックスの最中かもしれません。

口止め工作

部活を終えて帰宅すると、リビングで妹が友達とiPadで動画を見ていた。
時計を見ると既に午後八時を回っている。
妹の希恵は時間などお構いなしの様子だ。
こんな時間までまずいんじゃないか……まだ中学二年生だぞ。
「ただいま」
「おかえり、晩ご飯カレーあるよ」
今日は両親がいないのだ。
明日は法事があり、仙台にある母の実家に一泊で出かけてしまっているのだ。
「ああ、そんなことよりお友達、帰ってもらいな」
「いいの!亜沙美ちゃん今日泊まるんだから」
ソファに寝転んだ紗英は、ホットパンツから伸びる足をばたつかせてはしゃいでいる。
俺は困惑しながら妹の友達、亜沙美ちゃんに視線を送った。
いつまでも子供っぽい妹に比べ大人びた表情の亜沙美ちゃんは、少しばつが悪そうに会釈した。
ソファで勝手気ままに振舞っている希恵にiPadを見せるように持ちながら、正座している。
この子もホットパンツか……子供たちの間で流行ってるのか?
高校で野球ばかりやっている俺は、そういう女の子の流行にはだいぶ鈍感だった。
棒きれのような希恵の足とは違い、妙に肉付きがよく、俺はすぐに目をそらした。
「母さんいないのに泊まりはまずいだろ」
「お兄、うるさい!お母さんも、亜沙美ちゃんちのお母さんにも許可取れてますー」
小憎らしい口調だ。
俺はいつものように手近に転がっていたビーズクッションを希恵に投げつけた。
「きゃっ!」
希恵がとっさに避け、盾にされてしまった亜沙美ちゃんに思い切りぶつかってしまった。
亜沙美ちゃんは突然のことで驚いて、ひっくり返ってしまった。
「あ、ごめん」
俺は慌てて歩み寄った。
起き上がろうと亜沙美ちゃんがM字開脚のような体勢になった。
それを見た瞬間、俺の股間にどくりと熱い血が充満したのが分かった。
「大丈夫?」
「すいません、全然大丈夫です」
「お兄最低、あっち行け」
妹に言われるまま、俺はとりあえず荷物を持って自分の部屋に退散した。

自室のドアを締め、スクールバッグを放り投げると俺は深いため息をついた。
まずい……妹の友達に一瞬とはいえ欲情してしまった。
これじゃまるでロリコンじゃないか。
しかし待てよ。
俺の妹はあんなにガキっぽいのに、どうして亜沙美ちゃんはあんなに色気があるのか?
座ったままだったので定かではないが、身長は明らかに160センチ近くありそうだ。
妹なんてようやく150センチになったとはしゃいでいたのに。
そんなことを考えていると、俺の股間は再びむくむくと硬くなっていった。
思わずその勢いでオナニーしようかと迷い、ティッシュを目で探した。
いかんいかん、今はオナニーより風呂だ。
さっさと風呂に入って、カレーを食って眠ってしまおう。
俺は妙な胸の高鳴りを抑えて、着替えを用意し部屋を出た。
リビングを通らずに風呂には行けるのだが、ちょっと様子が気になった。
覗いてみるか。
俺は足音を立てずに、そっとリビングに近づき、ドアノブに手をかけた。
ガチャ。
さっき二人がいたソファのあたりに視線を送った。
そんな俺の目に飛び込んできたのは……。

希恵と亜沙美ちゃんが、キスしていた。
俺がドアを開けた瞬間に二人とも飛び上がりそうなくらいに体をビクッとさせた。
希恵はさっき見たままの、寝転がるような体勢でソファにいた。
そこに亜沙美ちゃんが覆いかぶさるようにして、キスをしていたのだ。
一瞬で二人とも、電流が走ったように体を離したが、俺は見てしまったのだ。
「なんで!なにいきなり入ってきてんの!?変態!最低!」
妹が上体を起こし、俺がさっき亜沙美ちゃんにぶつけてしまったビーズクッションを投げてきた。
クッションは俺には当たらず、足元に転がった。
「やだ、最悪、お兄最低!」
「希恵お前、なにしてんだよ……」
希恵は驚きとショックで既に泣き出していた。
俺はこの場をどう収めていいのか、さっぱりわからなくなっていた。
まいったな。
そうだ、とりあえず。
「亜沙美ちゃん……だっけ?ごめん、今日は帰ってもらえるかな?」
「は?お兄に関係ない、あっち行けって!」
「関係ないことないだろ、今日は親がいないんだから俺が責任……」
「なにが責任だよ!うっさい!もうやだ……」
涙をぼろぼろ流す妹を、既に落ち着きを取り戻した亜沙美ちゃんが優しく撫でている。
「ごめんね、帰ってもらえるかな?」
俺は妹を無視して亜沙美ちゃんに諭すように言った。
「すいません、私、帰れないんです」
亜沙美ちゃんが悲しそうな表情で答えた。
帰れない?
ぐすんぐすんと鼻をすすりながら、希恵が俺を睨みつけた。
「亜沙美ちゃんの家、男の人がきてんの!だからうちに来てもらってるの!」

湯船に浸かりながら、俺はおっさんみたいにふうーっと深いため息をついた。
なんてことだ……両親のいない間にえらいことになってしまったな。
さっきリビングで目撃したキスの真相は結局、俺にはさっぱりだった。
ようやく泣き止んだ妹と、冷静な亜沙美ちゃんの説明によるとこういうことだった。
シングルマザーの亜沙美ちゃんの家には、毎週土曜日に男が泊まりに来ていた。
小学生の頃から、何度か男は変わっていったが、ここ1年は同じ相手らしかった。
中学に上がるまでは母親は、子供にはわかるはずもないとタカをくくっていたそうだ。
つまり……亜沙美ちゃんがいるのに男と関係を持っていたということ。
亜沙美ちゃんは母親の声が聞こえないよう耳をふさぐだけだった。
中学生になった亜沙美ちゃんに母親は、辛く当たるようになった。
そして土曜日の夜は、できるだけ友達の家に泊まるようになっていったというのだ。
しかし……なんで妹とキスしていたんだ?
それだけが俺には見当もつかなかった。
まあ考えても仕方ない、とりあえず身体を洗ってカレー食って寝よう。
俺が湯船から立ち上がろうとした瞬間、風呂場の電気が消えた。
停電?
俺は慌てて目を凝らした。
あれ、給湯システムは普通に電気がついている。
どういうことだ、とあれこれ思いめぐらせている間に、風呂の扉がガチャリと開いた。
希恵?それに……亜沙美ちゃん!?

暗がりの風呂場に、タオルをしっかりと巻いた妹と亜沙美ちゃんがそろりそろりと入ってきた。
俺は慌てて湯船に肩まで入り直して、上ずった声で言った。
「ちょっと、なにしてんだよ?希恵?お前なに考えて……」
「お兄、さっきごめんね、お背中流しに参りました」
「お背中って……」
「口止め料だよ、口止め料」
そう言いながら希恵は洗い場に膝をつき、シャワーを使って自分の体を流し始めた。
体に巻きつけたバスタオルがお湯に濡れ、すぐに希恵の裸身にへばりついた。
風呂場の小さな窓からわずかに入ってくる月明かりの中だったが、俺はどきりとした。
「亜沙美ちゃんも早く」
扉にぴったり背中をつけていた亜沙美ちゃんが、ゆっくりとしゃがんだ。
希恵がシャワーヘッドを亜沙美ちゃんに向け、タオルを巻いた体にかけた。
タオルが濡れ、亜沙美ちゃんの柔らかなカーブのある女の体が暗闇に浮かび上がった。
「お兄、あんまりガン見しないでもらえます?あたしの彼女なんですから」
や、やっぱりそうなのか!
希恵、お前は亜沙美ちゃんとそういう関係なのか……。
俺がショックを隠せないまま希恵の顔を見ていると、亜沙美ちゃんがくすりと笑った。
「希恵ちゃんだめ、もっと口止めしなきゃいけなくなるよ、お兄さんのこと」
亜沙美ちゃんの表情は、完全に大人の妖艶さを醸し出していた。

「さあお兄、背中流すからさっさと出て!」
待て、ちょっと待て。
こんな状態で浴槽から出られるわけがない。
俺は完全に硬くなった股間を両手で抑えながら、首を横に振った。
「無理無理無理無理!」
「はぁ?うちらさっきもうお風呂入っちゃったんだから、さっさとして」
「いや無理!それならいいから早く上がれ」
「それじゃ口止め工作できないじゃん、ねぇ」
妹が口を尖らせると、亜沙美ちゃんは微笑んだまま浴槽に顔を近づけてきた。
「お兄さん、もしかして物理的に無理な感じですか?」
やばい。
完全にお見通しだ。
亜沙美ちゃんのいたずらっぽい表情に、俺の股間はさらに硬くなっているぞ。
「えっと……そう、物理的に無理」
「は?立ってるってこと?」
「そうだよ!うるせえなぁ」
亜沙美ちゃんの視線が辛すぎて、俺は口までお湯に浸かってぶくぶく泡を吐いた。
「じゃあ早く小さくさせて!」
希恵は相変わらず無茶を言う。
もしかして本質的なところで男の構造を理解していないのか?
俺と同じことを、どうやら亜沙美ちゃんも感づいたようだった。
「お兄さん」
湯船に顔を寄せて俺の耳元に唇を近づけて言った。
「私が手でしますから、あっち向いてもらえますか?」

こうなりゃヤケだ!
俺は腹をくくって亜沙美ちゃんに促されるまま、湯船のヘリに腰かけた。
なるべく妹には見えないように……なんていうささやかな抵抗をしながら。
「ちょっと、さっさとしなよ」
妹は、洗い場に背を向けた俺に頭からシャワーをぶっかけ始めた。
ひとまず俺は希恵のことは無視して、振り返って亜沙美ちゃんに目配せをした。
両手でがっちりガードしていた、その俺の手の甲に、優しく指が伸びてきた。
俺はゆっくりと両手を離した。
かつてないほど、俺のは硬く勃起していた。
へそについてしまうくらい反り返った俺のそれを、亜沙美ちゃんは右手でそっと包んだ。
亜沙美ちゃんの一瞬驚いたような表情がとても可愛らしく、俺はもう射精しそうになっていた。
俺の竿の全長を、ゆっくりと計測するように細い指がなぞっている。
ぞくぞくするような快感だ。
そして。
亜沙美ちゃんの右手が俺のを根元でしっかりと握って、ゆっくりと動かし始めた。
「ねえ、ちょっと!亜沙美ちゃん?オナニーしてるの?」
やっぱり妹は性教育が根本的に足りていないようだ。
これはオナニー(自慰)では断じてない!
亜沙美ちゃんは希恵に、もうすぐだからと小声で言ったようだった。
俺は少しプライドが傷つけられた。

中学二年生の女の子にそう簡単に射精させられてたまるか。
こうなったら意地でも我慢してやる。
俺がそう思った次の瞬間、竿にさらなる快感がまとわりついた。
亜沙美ちゃんが、両手でしごき始めたのだ。
決して作業的ではなく、強すぎないその刺激が、俺の股間を刺激する。
この子は一体、何を考えてこれほど大胆なことをしてくるのか。
思わず俺は背後にしゃがんで手を伸ばしてきている亜沙美ちゃんを見た。
振り返って視線を落とすと、亜沙美ちゃんが巻いていたバスタオルがはだけていた。
ふっくらと隆起した中学生の可愛い胸が、その先の小さな乳首が、暗闇の中はっきりと見えた。
それを見た瞬間、俺は射精していた。
びゅっ、びゅるっ、びゅるっ。
まるで音を立てて噴出したのかと思うくらい、とんでもない量の精液が湯船に向かって出ていた。
亜沙美ちゃんの両手の指は射精にも驚くことなく、動き続けていた。
陰茎のどくんどくんと脈打つ動きに合わせるように、上下に次第に優しく動かしてくれるのだ。
ああ。
俺はもう死んでいい。
裸の中学生、亜沙美ちゃんの手で俺は人生最高の射精を味わい尽くしていた。

10年後。
新郎席に座った俺に、相変わらず貧相な足をワンピースの裾からむきだしにした妹が近づく。
希恵は俺のグラスにシャンパンをなみなみと注ぐと、俺に小さく耳打ちした。
「お兄、口止め工作、成功だったね」
注ぎ続けたシャンパンが溢れかえった。
あわあわと慌てながら俺がそれを飲み干すと、妹はにっこりと笑った。
そして新婦席に座った白いドレス姿の亜沙美ちゃんにウインクをした。

芸術と信じてたから…。

私のお父さんは、画家ではないけど趣味の範囲は越えてる感じはありますね。

若い頃から知り合いの画廊に、自分の作品を飾らせて貰ったりしてましたからね。

最初は風景画とかだったみたいだけど、お母さんとまだ付き合ってた頃に、お母さんをモデルにして描いたの。

ヌードをね(笑)それを画廊に飾らせて貰ってたりするの。

子供の頃に友達にこの事を話すと、
「え?キモい」
とか言われたけど、私達姉妹には当たり前ってか普通の事なの。

だって私達双子の姉妹も、産まれた時からお母さんの膝の上とかに一緒に裸になって、お父さんのモデルをしてデビューしてたから。

赤ちゃんの頃の記憶はないけど、だいたい1年に3?5作品のモデルをずっとしてる。

幼稚園の頃、小学生の頃、中学生の頃も、高校に入ってもね。成人した今も。

確かに、小学校の高学年になった頃にはお父さんの前で裸になるのとか、画廊に飾られて、色んな人に見られると恥ずかしかったけど…。

でも、いつか画廊の人がお父さんの絵を買いたいって人を家に連れて来た時、絵のことはもちろんだし、モデルになった私達の事スッゴく誉めてくれたの!

しかも、結構な高値で買ったの!

私も妹もビックリ!していたら、お父さんとお母さんに、家族が協力しあって一つの作品を作り上げる家族はウチくらいだな、もっと協力してくれ
って言われて私も妹も嬉しかったし、モデルをするのがますます好きになった!

好きにならなきゃ、今回ここに投稿した内容みたいにならなかったかも…。

人前で裸を晒す事が平気になるって見る人によって、大変な誤解を持たれるってことを知るのが私達姉妹は、ちょっと遅かったのかも…。周りが、マセたってのもあるかな?

それは、お父さんのモデルを頑張ろうってなってた頃の、小6の夏休みの出来事なんだけど。

同級生の男子に高校生と中学生の兄貴が二人いて、写真部に入ってるらしくて私達が描かれてる、お父さんの絵を画廊で見て感動したって言うの。

で、私達姉妹にモデルになって欲しいって頼まれちゃって、その男子の家に呼ばれたからって、ホイホイ行っちゃったのよ?。バカだったなぁ…。

しかも、妹が風邪かなんかで一緒に行けなくなったって一度は断ったんだけどね…。

私一人だったから気が進まなかったのよね?…。

でも、一回約束した事だったから、と気持ちを切り替えたの。

クラスメートの男子の家に着いてまたまたビックリ!

何人かは忘れたけど、この人達全員写真部?ってくらいの人数が集まってたの(焦)。

多分、どぉせ二人の兄貴の友達が、ウワサを聞き付けて集まってたんでしょう。

それに、今だから言えるけど絵を観て感動するっていうような顔ぶれじゃなかった…。

しかも、その家は共働きらしくて、夏休みの昼間だったから当然、親は居ない。

こんな人数の前で脱ぐの?いくら何でもイヤだ!って思ったけど、モデルになるって約束しちゃったから避けられないだろうなぁって再度覚悟を決めたね。

その日の私の格好は、胸からスカートの裾までチャックになってる半袖のワンピ。

小6で胸も膨らみ初めてたから普段はブラしてたけど、この時はしてかなかった。

どぉせ脱ぐだろうし暑いし要らないかなぁって。

そのワンピも、チャックを下ろすだけで簡単に脱げるからって選んだし、パンツは一番お気に入りで可愛いのを履いて行った気がする。

それと、水着も撮りたいとも言われてたから、その年に買ったばかりのデカパンデカブラだったけどビキニスタイルの水着を持って行った。

10人くらいの人に、
「水着になってからその上に、ワンピを着て」
と言われ、とりあえずは、トイレで水着にならせてもらえたの。

だから、パンツは選んだ意味なしっ(怒)

ポッケに入れたままになり、撮影には使わなかった。

まぁいいけど、着替え終わってトイレから出た瞬間からパシャパシャとフラッシュとシャッター音に包まれた感じ。

リビングに行かされソファーに寝かされポーズを取らされ、
「だんだん脱いで」
と言われ、緊張と周りの勢いに圧倒されて言われるがままになっていた私…。

写真部?の人達に紛れ同級生の男子も見てて、目の前でどんどん脱がされてる思うとなんだかドッキドキッ!見ないで?って叫びたくなってた。

けど、そんな事は全然お構いなしで撮影会は続いてく…(汗)

リビングからダイニングキッチン、その後に和室に行き流れで縁側へ。

その時にはもう裸に!ワンピを手に持っているだけになってポーズをしていた。

そのワンピの上に、寝転がってみたり体育座りになったり色んなポーズの指示に従うのに必死!

私は、ついに疲れた!って言っちゃった…(疲)

休憩になったけど、何やら色々と次の撮影をどぉするとかあ?だこ?だと話していた。

その間私は、裸のまま手にしていたワンピでなんとかモゾモゾと隠し切れないけど隠そうと必死にしていた。その姿さえ撮影してる始末…呆れるわ。

休憩が終わり…っていうか、次の撮影プランが決まったからと終わらされた感じで再開。

すると、いきなりワンピを取り上げられて玄関で、白いシーツを渡され、巻き付けられての撮影からスタート。

ま、結局裸になるんだけどね(笑)裸になったらなったで、天使の羽をランドセルみたいに背負って着けての、コスプレみたいな撮影。

そのまま階段に行き四つん這いにされたりして上からとか横、更に下からも撮られた(怒)

その時はさすがに、何となくいやらしさを感じて手で隠したり、座って見えなくしたりしてたよ…。

更に撮影は続いていって、裸で物干し場のある裏庭に出てモデルガンを持たされ顔や体に土を付けられての撮影。この撮影はカッコイイって思っちゃって、ちょっとノッてしまってたかも?(笑)土を付ける時に何人かで付けてきて、触られたのが嫌だったけど(怒)!
それが終わると、汚れたからシャワーを浴びよう、ってなり浴室へ。そのまま浴室での撮影になって土を落として綺麗にした後、今度は逆にだんだん水着を着ていくパターンでの撮影だったけど、着た途端また裸になってと指示が…。バスタオルで拭く姿も撮影され、体に巻いて頭にもタオルを巻いてポーズを指示されて次々と息つくヒマもないくらいだった。その後ちょっとだけ、いやらしいポーズでの撮影が続いたけど何かされた訳でもなかったので、指示には従っていた。
今日の撮影は一応終了。
だけど、姉妹での撮影をしたいっていわれたから
妹と話してみる
とだけ言って帰った。
家に帰ると、妹に話しをしたら
面白そう
と妹は言ってたし、二人になれば私自身楽になるかななんて甘い考えでいた…。
今回の撮影会の事は親には言わなかったのが悪かったのよね…。言えば次の撮影会には行かせてもらえなかっただろうしねぇ…。
そして、更に最低最悪の撮影会が始まってしまうのでした。

日を改めたその日は、また水着撮影したいと言われていたので、最初から前回と同じワンピで下に水着を着ていった。

妹は、水着の上には短パンとノースリーブのシャツでした。

庭に出ると、服を脱ぐ所からの撮影会のスタート。

水着になると、用意してあった水鉄砲で妹と適当にじゃれて見せた。

濡れたからと水着を着たまま、水着に手を突っ込んでバスタオルで体を拭いて見せた。

その時のチラチラ感がいいらしい…?…結局、全裸にするクセにね…。

続いて縁側に行き、お得意のだんだん脱いで、の指示での撮影。

全裸になると、和室で寝たり座ったりでの撮影。

別々だったり並べられたり、私が立って足元に妹が正座をして、私の足にすがるようなポーズとかもあった。

リビングでは完全にソファーの上で妹が下で私が上という感じで向かい合わせで重なって寝かされたりした。いわゆるビアン的なポーズで…。

私達はお父さんのモデルの時に、裸のお母さんに二人裸で抱き着くってポーズはあったけど、姉妹で抱き合うのは初めてで何となく照れもあったけどいやらしさも感じていた。

でも、これも芸術なのだろうと思い、家族にすると同じ様に協力していた。

誰かの勉強部屋に移った時から、ちょっと変になってきたのが分かった。

体育の時にやった、ストレッチの背中合わせになってお互いの腕を絡め、持ち上げるのとか床で、うつぶせになってる私。

あるいは、妹にうつぶせに重なったりして足を開かされて股間を連写されたりと、ずっと裸のままで色んないやらしいポーズを指示されたけど、従ってたよ…純粋にね…

ここまでは芸術と信じてたから…。

誰ともなくロープや手錠、見た事ないピンク色のダエン形の物にコードやスイッチが着いた物まで出してきた。嫌な予感がした。

後ろ手に手錠だけされての撮影が続き。寝かされて足を縛られての撮影をされた。

その時、動きを封じられたと気付いたがもう手遅れ…。そこに居た全員が裸になっていった。

撮影する人も裸になるなんて、オカシイけどどぉしたの?と聞くと、何も答えてもらえずに目隠しをされた。

さるぐつわもされて、声も出せない…。恐怖感でいっぱいになった。

沢山の手が体を触りまくる。舌も全身を這っていった。

声を出せないけど、思い切り叫んでみた。フガフガ言うだけだった…。

沢山のシャッター音が響き渡る。その中で、
「濡れてきたな、大人のおもちゃを試してみるか?」
とか、
「裸になっておいて今更嫌なんて言ってんじゃね?」
って言葉が聞こえてきた。

「裸晒して我慢しろなんて都合のいい事言ってんじゃね?」
という言葉も聞こえてきた。

裸になるって事のリスクを、気づかされた瞬間だった…。

指や舌がアソコに触れてきた。

イヤ?って言ったつもりだったけど、ウ?ンて声しか出ないから
「おぉっ感じてるぜコイツ」
と言われた。

だけど、
「入れるなよ」
とか
「それ以上はするなよ」
的な言葉も聞こえた気がした。

妹に対しての言葉なの?妹の声は聞こえない…どぉなってるのか気になった。

アソコを開いて触られまくり、舐めまくられ気持ちいいと分かったけど、くすぐったい感じもあった。

でも必死に感じてなんかいないっ!気持ち良くなんかないっ!て頭の中で何度も叫んで自分に言い聞かせていた。

縛られたままの足を持ち上げられ、アソコに指以外のモノが当たった。

大人のおもちゃか本物かは判らない。

でも、指とは太さが明らかに違っていた。

入れられちゃうっ!って覚悟をしなきゃならないの?って思った時、ウィ?ンって音がしておもちゃかと気付いた。

でも、初めてがそんなモノなんてイヤ、絶対イヤ!好きな人とじゃないのも、ぜ?っっったいイヤ?!と思い逃げ出そうとした。

ジタバタしたけど、数人の男に押さえられてるから体は動けない…。

シャッター音は響き渡り続けている。小刻みに震える物が、アソコの一番感じる部分に当たる。感じる…悔しい…

そう考えていて、フッと気づくと……ん?!アソコの周りや、一番感じる所を刺激はするけど、挿入はして来ない。

何で?と何故か冷静に考えていたら、うっ、とか言う声の後に生暖かいドロッとした液が口にピユッと、かかった。臭かった。

そのうち、それは何度もかかってきた。口に入ったのを、出したいけど、出来ずに喉を自分の唾液と共につたっていった。

飲みたくない…という気持ちと裏腹に、次々と飲むハメになっていった。ニガくて気持ち悪い!

更に次々と顔や胸、お腹にも掛けられた。

すると、何人かが部屋を出入りしているような音がし始めていた。

シャワーを浴びに行ってるのが、聞こえてきた会話で解った。

「撮れてるか?」
と確認してる声とか
「まだ撮る?」
とか
「人が出した所、触りたくなくないよな」
等の声が聞こえてきた頃には、だんだんと触られなくなってきていた。

足のロープが解かれ、手錠と目隠しはしたまま浴室に連れて行かれた。

浴室につくと、
「振り向くな」
と言われて、手錠が外された。

浴室のドアが閉まったら、
「自分で目隠しを取ってシャワーを浴びろ」
と言われた。

目隠しを外したら、隣に妹も居た。

「怖かったよ?怖くて声も出せなかったよ?」

妹が泣き出した。

妹を抱き寄せて、シャワーをひねり洗ってあげた。

自分も汚い液を洗い流し、口を念入りに洗い流した。

私が先に、服もなかったので裸のまま浴室を出て、同級生を探しリビングで見つけて捕まえた。

「こんな事してタダで済むと思ってるの?!先生や親に言い付けるよ!!」
と問い詰めた!

すると、ダイニングとか和室に居た兄貴連中が集まってきた。

「じゃぁこの写真バラ巻くぞ!いいのか?」
と逆に言われてしまったが、

私は食い気味に
「あなた達のこの事がバレて怒られるなら縛られていやらしい事された事くらいバラされたって元々裸は見せ慣れてるからいいもん!」
って言い返してやった!

「妹に謝りなさいよ!泣いてるでしょ!」
とも言ってやると、頭の良さそうな一人がこう言い出した。

「妊娠させるような事してないし処女も奪ってない、触ったりはしたが、俺達がオナニーするのを見られたくないから目隠ししただけ!仮に舐められたとか言うなら、二人は見たのか?シャワーで精子っていう証拠は流れたし、ヤバいの以外を残してネガやデータを消せばいい事!言ってみれば、証拠は俺達が握ってるんだ!」
と言われて言い返せなかった…。

「気を取り直してくれ、怖がらせたのは謝る」
と皆頭を下げてくれたし、その時はエロい写真を撮られただけで、何もされてないって言わばマインドコントロールされちゃてたみたい…。

裸にされるのは承知してたし、男子のオナニーなんて見たくなかったから良かったのかな?とさえ思わされちゃってたのね…。

でも、今回のエッチな写真は自分達だけで見てって頼んで、代わりにまた撮影会をさせてあげる約束と、私達にも今回の事やこれからの撮影会は秘密に、親とのモデルをする事も嫌がらない代わりなくするって約束もされました。

抵抗しても体力も頭もかなわないって感じ。

でも、写真は出回らずに済んでます。…今のとこ…

どんな写真か見てもないし、忘れてるけどね…

小6の夏休みにこの事があってから、中学の時には私も妹も同時期ではないけど、彼氏ができて無事に初体験を迎えられました。

人より違う体験してるから、何の抵抗もなく早いかとかも考えずに…。

でも、そうなったらこの連中ときたら、ちゃんと避妊はしてくれたけど、セックスを強要するようになってきちゃいました。

一人も十人も、一回ヤれば変わらない!とかって理由でね…。

困ったもの、って思ったけど、…この連中に触られるのはもう慣れちゃってたからね。

だけど、彼氏に申し訳ないとかあったけど、お触り撮影会は小6以来ずっとしてたから、何だか感覚はマヒしてたんだと思う…。

高校に入っても、就職してもこの連中ったらずっと付きまとい、私達が成人した今も撮影会ではなく単なる私達との乱交をし続けてる。

それより妹は、今の彼氏とのセックスだけでは物足りなくなっていて、自分から皆に連絡してるそうで、最初声も出せなかったのに、完全に淫乱になっちゃってる。

それに、彼氏ができて、初体験した頃の中3か高1くらいから私とも絡んでくるくらいになっていて、レズられて私も驚かされちゃう。

だから、たまに家で妹としてます。私達、バイセクシュアル?だよね…(汗)

私も確かに、複数の時のクセとか彼氏と二人きりの時なのにちょっと出ちゃってるけどね(笑)

男連中の中には、彼女が出来たからって参加しなくなったりする頭にくるヤツもいるけど、人が減るのを妹と時々
「寂しいね」
なんて話しちゃってるのも事実なのよね?(笑)

何だか裸を見せるのが平気→触られるのが平気→彼氏として→セックスが平気→複数に慣れてる→複数セックス平気→淫乱になる…

って連中の中に居たあの頭のいいヤツはこの計画が頭にあったんじゃないかってくらい、見事にハマってるって感じよね。

乱交仲間は減ってるけど、私達結婚してもこの関係は続くのかなぁって考えちゃってます。

続くんだろうし、正直無くなるのはやっぱ寂しいかなぁ…(汗&笑)



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード