萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

先生

私は年上美人妻のおチンポ奴隷

結婚3年の26歳の私の妻は9歳年上の35歳で、私の初体験の相手です。
妻は伊藤綾子アナに似た素敵な美人ですので、ここでは綾子と呼ぶことにします。
私が初体験をしたのは、私が中1の時、綾子は教育実習生でした。
まだ精通したばかりの仮性包茎の包皮を剥かれ、カリに石鹸を付けて恥垢を洗われて、
「ダメじゃない、ここはちゃんと剥いて汚れを落とさないと。」
そう言いながら亀頭責めをされました。美人の女子大生教育実習生にペニスを弄られて、綾子先生の前で射精したい、綾子先生に射精を見られたいと思う一方で、この人は変態ではないのかとも思いました。
責められっぱなしで、ビクビクし出すと刺激を柔らかくされて焦らされ、13歳の中1男子が感じ得ない快楽地獄へと導かれ、ついに暴発させてしまいました。
「幹夫君、あなた、中1なのにいいモノ持ってるわね。味見させてもらうわよ。」
とコンドームを被せられて童貞を喪失しました。

綾子先生とは、10回くらいセックスしたと思いますが、それでもセックスに対する自信がついて、中2で同級生の女の子を口説いて処女を貰い、中学卒業まで付き合いました。
中学卒業後は、私は高専に進み、その彼女とは別れてしまいましたが、高専時代も女の子には積極的にアプローチしていました。

時は流れて、私が高専を卒業して社会に出て1年目の夏、綾子先生に再会しました。
「幹夫君じゃない?」
「綾子先生・・・」
当時私は21歳、綾子先生は30歳でしたが、女子大生の時のまま変わらなく美人でした。
そんな先生を見て頭を過ぎるのは、もちろん童貞喪失の事でした。
「幹夫君、彼女とエッチしてる?」
「今年、高専を卒業して戻ってきたばかりなので、彼女いません。先生は、ご結婚は?」
「今年30歳なのに、まだしてないのよ~。彼氏もいないの。幹夫君じゃ年下すぎるしなぁ・・・」
「僕は、綾子先生だったら彼氏になりたいですよ・・・」
「え?ホント?三十路女をからかわないでよ。」
「本当ですよ。だって先生は、僕の初めての女性ですから。」
「私、気づいてるかもしれないけど、ちょっと変態よ。性癖がばれて振られちゃうのよね~」
綾子先生は、男性を苛めて感じるSでした。
しかも、男性器を苛めるのが大好きは変態S女だったのです。

先生とラブホに入り、バスルームで亀頭責めされました。
「やっぱり、幹夫君大きいわね。苛め甲斐ありそう。」
亀頭をネットリ責められて、
「アァッ・・・アァッ・・・」
と淫らに狂わせられました。
綾子先生は、
「けっこう耐えるわね・・・じゃあ、これならどう?」
綾子先生は洗面所に置いた荷物から柔らかそうでボコボコした棒を取り出し、ヌルヌルのローションを塗ったかと思うと、
「力抜いて・・・」
と言って、私のアナルにそれをゆっくり入れました。
「ウアッ・・・」
それは初めて感じた不思議な感覚で、尻穴にボコボコした柔らかい棒を出し入れされながら、ペニスを責められ、私はあっという間に絶頂して精液を噴出してしまいました。
そのあと、綾子先生を仰向けにしてクンニしました。
30歳の綾子先生のオマンコには、何本のペニスが入ったのか知りませんが、薄い紫に変色してはいましたがマンビラは小さく、綾子先生はその性癖から、男性と長続きしなかったことを感じました。
私のクンニにトロトロになり、綾子先生は私を押し倒すとコンドームを被せて、私に跨って腰を振りだしました。
「アァ~~アァ~~やっぱりイイ~~幹夫君のチンポは凄くイイ~~」
一度射精しているので、かなり長持ちして綾子先生はご満悦でした。

私23歳、綾子先生32歳で結婚、すぐに子作りに取り掛かり、翌年娘が生まれました。
「お若い旦那サマね~」
「若いから、凄くいいわよ~~。最高なんだから。」
出産祝いに来る友人に、私を自慢していました。

現在第二子妊娠中です。
医師からセックスを禁じられているので、綾子先生は私を仰向けにして、コックリングでペニスを締め、そしてアナルにエネマグラという前立腺を刺激する医療器具を挿入して、私を快感地獄へ落します。
アナルからの前立腺責めに反応して、青筋ペニスが猛々しくビクつきます。
「ああ・・・早くこの硬いの入れたいなぁ・・・でも、この子のために我慢しなくちゃ。」
とお腹を撫でています。
糸を引きつつ我慢汁をだらしなく垂れさせている亀頭に、綾子先生はカテーテルをゆっくり出し入れして、私は串刺しにされたペニスから、鳥肌が立つほどの快感を感じるのです。
絶妙な力加減で射精を無膳に防ぎ、焦らしの快感地獄に私は口をパクパクさせます。
コックリングに圧迫されたペニスは、尿道カテーテルと言う内側からの刺戟で血管を浮き立たせて、ものすごい勃起をします。
「幹夫君、幹夫君は、私のおチンポ奴隷よね。私以外で射精したら、どうなるかわかるわよね。」
「僕は綾子先生のおチンポ奴隷です。綾子先生以外で射精したら、おチンポお仕置きを受けます。だからオナニーもしません。」
と言わされると、カテーテルを抜かれて、エネマグラをグイグイされながらペニスを扱かれ、大量の精液を噴射するのです。
射精の瞬間を綾子先生に見られて、腰が抜けるほどの快感でグッタリするのです。

私は、きっと今晩も綾子先生に股を開いて、1時間以上の快感地獄に耐えるでしょう・・・

私のいじめおもらし

こんにちは(」・ω・)
私は現在21歳の大学生です!
小学校の時の実体験を書きたいと思います


これはわたしが5年生の時の話です
私は毎日楽しい小学校生活をおくっていました
私はこの歳にオナニーの感覚を知りました
その日は体育の授業で鉄棒をやりました
当時の小学校では学校指定の体操着でブルマと白い体操服でした
私はその体育の日におしっこを我慢していました
1、2時間目が続けて図工だったのでトイレいけなくて(;´Д`)
体育の時間中もおしっこを必死に我慢していました
ほんとな手で押さえたりしたかったのですがやっぱり乙女であり恥ずかしくできませんでした
しかし限界の状態になった時に押さえなきゃ漏れそうだったので私は鉄棒を利用して我慢することにしました
鉄棒にまたがって必死に押し付けていました
授業終了まで我慢することができたんです…我慢できたのに私は鉄棒から離れたら間違いなく漏れる状態なので必死におしつけてました
先生にもどうしたの○○さん?といわれたし他の同級生たちもみんなわたしに注目していました
絶対にしてはいけなかったのにもう膀胱はいうことききませんでした
みんなの注目を浴びながら私は大量におもらしをしてしまいました
水たまりはありえない大きさだったのを覚えています
結局その後私は保健室につれていかれ
その事件はそれでおわりました
ここだから言えることですが私は鉄棒に押し付けた時にありえないぐらいの快感がきました
ほんとは授業中ずっと気持ちよさにおぼれていました
その時おしっこの我慢なんかどうでもよくなっていました…むしろ逆に漏らしたいとまで思っていたのです
そしておもらししたつぎの日のことなのですが私は給食の後に異常なくらい水をのんでいました
そして予想通りに激しい尿意を帰りの会の時にきました
そのあとはクラブ活動があり私は一輪車、竹馬、リレークラブというところに所属していました
私はワザっとおしっこを我慢して体操着に着替えていってしまいました
クラブ活動には6年生、5年生、四年生がいるから絶対にしてはいけなかったのに…
クラブ時間は3時間なので小学生のわたしに我慢できるわけありません
結局その日は一輪車の日で乗ってから五分もたたないうちに漏らしました
6年生の人は結構たくさんいておもらししてからきてといわれ私は保健室に連れていかれるものだと思い何もいわずついていきました
しかしつれていかれたのは学校裏です
私はとてつもない恐怖を感じていました
先輩の一人に○○ちゃんさっきワザっと漏らしたよね?クラブ始まる前にトイレ行きたい人のために時間すこしとったのになんでいかなかったの?
と聞かれました
私はもう頭のなかは混乱状態でありました
そのうちほかの先輩もきもっ、とか臭いから早く洗えよ、と暴言をはいてきました
そしてその最初に喋った子はクラブ長なんですけど覚えとけよといわれました
私は先輩立ちが去っていったあと涙がとまりませんでした
そしてつぎの日とうとういじめに遭遇してしまいました
私の机におもらし野郎などときたないことばがたくさん書かれていました
私はパニック状態になりながら必死に雑巾で消しました
そして授業が始まりました
私はなにをされるかわからないとすごく怯えていました
結局放課後までは何もありませんでした…そう放課後までは…
いつも通りクラブにも行きました
しかし一輪車クラブの教室前に来た時私は先輩たちに無理やりなかにいれられ椅子にすわらされると私を拘束しました
体操着は教室から着替えていっていましたので拘束されたときに体操服が軽くのびてしまいました
そしてクラブ長が
なんできたの?
といいました
私はパニックで答えられません
次第に先輩たちに囲まれているなか同じクラブの同級生たちもきました
私は助けてくれると思ってました
しかしわたしが甘かったです
同級生たちは
もう始めてたんですか
と私は最初耳を疑いました
実は同級生も後輩たちもいじめに加担していました
そのあと同級生の子は2リットルのお茶を出しました
そしてクラブ長は私にむりやり飲ませられました
最初は吐き出していましたが息が続かなくなりどんどんお腹にながしこまれました
それからクラブのみんなは特になにもいわずに体操着に着替えるとトランプをやり始めました
私は大きな声で叫びました
誰か助けて!と
ですが結局声をだせないようにハンカチを口に押し込まれました
それから30分ぐらいしてからわたしに尿意が襲ってきました
もともとトイレが近い体質だったせいです
私は手を椅子の後ろに拘束されており足も開いた状態で椅子に縛られていました
あたしはトイレ行きたくてソワソワしているとクラブ長がトイレ?と話しかけてきました
私は頷きました
しかしクラブ長は拘束を解くどころかデジカメを目の前の机においたのです
私はパニックになり必死に椅子をガタガタと揺らして暴れました
しかし解けるわけもなく尿意はすごく強くなりました
先輩たちはもういいかと言うと口のハンカチをとってくれました
しかし拘束はときません私はふたたび助けをよぼうとしましたがクラブ室は校舎から離れており周りはだれもいません
しだいにわたしは先輩たちに必死に訴えました
トイレいかせて!おしっこ漏れる!と
しかし先輩たちはさらに嫌がらせをしてきました
体操着の着方が乱れてるよ?
そう言うと同級生の一人が立ち上がりわたしの体操服をおもいっきりブルマの中にしまいました
わたしはパニックでおしっこ!トイレ!と叫んでいました
このまま漏らせばブルマどころか体操服までびしゃびしゃになるからです
そのあと先輩は携帯トイレをだしてカメラの横におきました
先輩は
あんたのトイレはそれだけだから。勝手にしな
とつげてまたトランプを始めてしまいました
わたしは意味がわかりませんでした
体は拘束されてるのにどうやってしろと?
わたしは必死に
もれます!せめて体操着はよごしたくないのでぬがしてください!
と告げました
しかし先輩は
いままで何回漏らしてると思ってるの
とみんなで大爆笑しました
それからはなにをいってもきいてもらえず一時間がたちわたしはブルマの色をとても濃くしていました
もうチビらないと病気になりそうだったのです
そして私は最後の力を振り絞り先輩たちにいいました
もう病気になっちゃう、トイレさせて
と伝えました
そうすると先輩はそんなにしたいならいいよとニヤつきながら後輩に命令して紐を解かせました
そして右手が自由になった途端わたしは股間をにぎりしめました
またジュワとおしっこをちびりました
もう直接手にたれるほどブルマとパンツはびちゃびちゃでした
必死ににぎりました左手があくまで
しかしここで予想外なことがおきました右手を解いた後輩がトランプの輪に戻っていったのです
わたしは
ひだりは?!おしっこもうむりといいました
そしたら先輩が
だっと解けっていうから解いたよ?
わたしたち○○ちゃんに構うほど暇じゃかいからというとクラブのみんなは次々とクラブ室をでていってしまいました
わたしを拘束したままクラブを始めにいったのです
わたしは絶望しました
今は右手でおさえているけどずっとはむりだとわかっていました
わたしは強く股間をにぎりしめて股間に力を込めた途端に手を離しました
わたしはおしっこがぶしゅぶじゅじゅ、となりながらもおしっこでぬれた右手で携帯トイレをつかみとり股間に押し付けました
もうだめでした
一気にぷしゃああああとでてブルマにから溢れながらも必死に携帯トイレをおしつけました
鋭い股間の痛みに耐えながら放尿を続けました
そして1時間30分後にみんな帰ってきました
わたしをみてクラブのみんなは大爆笑
先輩たちな
ほんとにやったよこのばか!
とか
きもすぎだろ!
とかいわれました
同級生には
うわ……汚すぎでしょ
とか
もう友達とかでいたくないわー
といわれたした
後輩たちには
量やばすぎ
とか
○○ちゃんみたいな人が先輩だったとかはずかしい
といわれました
そしてクラブ長は私に
今日あったことを他の人にいったり
クラブやめたりしたらおもらしビデオばらまくからと脅されました
その後開放された私はトイレに逃げ込み泣きました
たくさんないたあと誰も教室にいないのを確認してすぐに着替えをすませと家に帰りました
もちろん脅しのこともありママやパパにはいえませんでした
それからは体育の時間に漏らさせられたり運動会でもおもらしさせられたりとたくさんいじめをうけました
別の話はまた別の時に書きたいと思います

産婦人科でのハプニング

僕の妻は真面目な人柄だ。しかし時にはそれが災いし人を疑うということを知らないということもある。妻は医師というものは皆、聖職者だとでも思っているのだろうか。
産婦人科に定期健康診断にやって来た妻。内診前になり、下半身をすっぽんぽんに晒す。その時ハプニングが起こった。妻が下のカゴに下半身の衣服を入れようとした際に、突き出したお尻で診察の器具などが置いてある台を倒してしまったのだ。責任感の強い妻は何度も頭を下げて謝っている。医師は自分で拾うので妻は診察台に座って待っていれば良いと言ったのだが、そこは真面目な妻。全部私が拾うと譲らない。いつの間にか妻は四つん這いになって、落としたものを拾っていた。先生や看護師達のいる方向へお尻を向けながらだ。困惑を表情を抑えきれない彼らの顔を今でも忘れることが出来ない。

才色兼備の高校教師は見た目を裏切る淫らな性生活だった

ハの字に伸びた青紫に変色した肉ビラは、結婚以来20年激しく交わり合った肉棒の摩擦と焼けるほど噴出した愛液の証し。
その頂点にポコッと突き出た赤紫に変色した肉豆は、結婚以来20年吸引され続けて巨大化し、包皮に戻らなくなった淫乱の証し。
知的な美形で、
「草野満代さんに似てますね。」
と言われる妻も今年は年女、48歳になった。

お嬢様女子大付属高校のお堅い英語教師の妻を初めて抱いたのは妻が26歳の時、
「性交渉は大学3年の時以来、5年ぶりなんですよ。」
ラブホに入って恥ずかしいのか口数が多くなり、
「私、太めだから恥ずかしいわぁ・・・」
と言いながらバスタオルを巻いて浴室から出てきた。
裸にすると、太目というよりムッチリ系、白い肌は素手の上気して桃色になり、弾力のある乳房を揉んで舐めて、モリマン気味の肉裂を舌先で割りながらなぞり、肉豆を吸いながら撫でた。
5年ぶりの男の舌触りを楽しんでいるのかと思ったら、
「ね、ねえ・・・そんなところ舐めるのって・・・今までの彼女にもしてたの?」
「5年前の彼氏は舐めてくれなかったのかい?」
「彼とは・・・処女と童貞だったから・・・」
きっと真面目なお付き合いだったのだろう、26歳とは思えぬ純情な肉裂だった。
初めて経験する男の舌触りに、ヌルヌルになりながらも恥ずかしくて喘げなかったのか・・・
クンニは初めてでも、フェラはしていたようで、歯が当たらないよう気を使いながら、ペロペロとキャンディーでも舐めるようなフェラだった。
そして、5年ぶりの肉棒の挿入に、5年ぶりの快感を噛みしめるように目を閉じて感じていた。

妻28歳、俺30歳で結婚、
「よくこんな別嬪さん、売れ残ってたもんだねえ・・・」
今は普通かもしれないが、20年前では晩婚だった。
毎日吸われ続けた肉豆は敏感に育ち、激しく交わり続けた肉ビラは変色していった。
知的な美人先生は、教壇では清楚な身なりの淑女だったが、夜は毎日股を広げて夫のクンニに肉豆を硬く腫らして、夫の肉棒で淫らに喘いでいた。
今も営まない日は週に2日くらいで、夜は性を楽しんでいる。

世間のアラフィフ夫婦は、果たしてどれだけ営んでいるのだろう。
俺たちはスキモノなのだろうか・・・

妻の診察

妻が42歳の冬のことです、この年は子供の中学受験と親の介護などが重なり体調を崩しているようで私から見てもかなりつらそうでした。
一度病院を受診することを勧めましたがなかなか行こうとしません、そこで私は渋る妻をなかば強引に病院へ連れて行きました。
受付を済ませ待つこと30分妻の名前が呼ばれ彼女だけが診察室に入り私は待合室で待ちました、しばらくして看護婦から「奥様ですが今からエコー検査を受けていただきます、その前に先生から説明がありますのでご主人も中へお入りください」と言われて私も診察室に入りました。中へ入ると同年代と思われる男性医師から検査の内容とモニター画像の説明のため一緒に立ち会うことを告げられました、私と男性医師の傍らで妻は看護婦の指示でセーターを脱ぎブラジャーも外し上半身裸になって診察ベッドに仰向けで横になります、色白で幼顔だった妻も40を過ぎやや太りぎみ、贅肉がついたお腹や少し垂れかけたDカップの胸が力なく横へ広がるように見えました、次に看護婦が妻のスカートのホックを外し腰を少しうかせると陰毛が見える位までスカートとショーツを一気に下げ、さらに両腕を頭の上で組ませます、天井をじっと見つめ羞恥に耐えるように見える妻は私達とは視線を合わせません。
医師が「少し冷たいですよ」と言って腹部にゼリーを塗りエコー検査が始まりました。医師とはいえ、他の男と一緒に全裸に近い妻を見るこの状況に不謹慎ですがかなり興奮しました、そのためモニター画像の説明はあまり耳に入りませんでした。
結婚をして16年、セックスは夜しかも灯りを消してがお決まりの私達、さらにその回数も減った今、こんなに明るい場所で妻の裸を見たことはあまり記憶にありませんでした、今更ながらですがそこで驚いたのは、私が思っていた以上に妻が毛深かったことです、濃い陰毛は産毛となってうっすらですが臍の辺りまで伸び、さらに胸の谷間や乳首の周りにも短い産毛が、冬場で処理を怠ったのでしょう脇毛もかなり濃く生えていました、妻としては体の手入れをして行きたかった筈ですが私が急に連れて行ったので済まないことをしました。
しかし後日、この診察がきっかけで、ごく初期のがんが見つかりましたが早期治療で今はまったく問題はありませんが、現在も定期的にエコー検査は受けています。

妻の治療…

私は45歳で妻の恵子40歳です一人娘も高校生に成りました…既に倦怠期で、夜の夫婦生活も年に1回有るか無いか位です。

妻の恵子は昔から腰痛持ちでしたので、余りSEXは好きでは無いみたいです。

恵子は処女では有りませんでした…私とのSEXの内容は、何時も直ぐ挿入して出して終わりみたいなパターンでした。

それに私は短小で、早漏気味ですし妻を満足させていないと思います。

私にテクニックが無いのが悪いのでしょうね…

話は変わりますが、私の古い友人にKという鍼灸院を経営してる男が居まして、鍼灸アンマ師をしているそうです。

少し前一緒にお酒を飲んだ時友人Kは「俺は人体の色んなツボを知っているので、女性の股のツボさえ触らしてくれれば、どんな女でも簡単に逝かせる事が出来る…」とKは自慢げに話していました。

Kに妻の腰痛の事を話すとK「今度骨盤矯正してあげるから一度 店に妻を連れて来たら良い」と言ってくれました。

私はKに妻の骨盤を診て貰った後に性感マッサージをして欲しいと変なお願いしました…どんな道具を使用しても良いから…妻を逝かして欲しいとお願いしました…更に其の光景をビデオカメラで盗撮もして欲しいとも、願いしました。

Kは少し間をおいて返事して来ました、K「じゃあ…もし、お前の奥さんが求めれば、俺のチンポ挿入しても良いか?」とか「俺だって危険を犯すのだからそれぐらいの事良いよな?」と私は少し悩みましたが…SEXに淡白な腰痛持ちの妻が他人の肉棒を欲しがるわけ無いとタカをくくってOKしてしまいました。

ただ私は妻が性感マッサージで本当に逝く姿を見たく成った、だけなんです。

恵子に友人の鍼灸院の事を言うと、素直に見て貰うと言いました、早速妻をKの鍼灸院に連れて行きました。

2時間後、恵子がすっきりした顔で診察室から出て来ました、私がどうだった?と尋ねると笑顔で次からは週一で診て貰うのと言いました。

私は盗撮のビデオ動画を早く見たくて夜…妻が寝てからKの自宅に行きました…Kから動画の入ったメモリーカードを受け取りました。

之から、その診察の一部始終を解説します。

始めは妻の恵子が下着姿で診察台に乗せられているシーンからでした…

恥かしながら…私はその姿だけで興奮してしまいました…

Kが妻をうつぶせにしたり腹ばいにしたりして腰の辺りを押しています。

恵子はKの言う事を素直に聞いています、Kの事を先生と呼んでいるようです…Kは妻の事を奥さんと言っていました。

K「次は奥さんの股関節のいがみを矯正するから思い切り脚を出来るだけ大きく開いて下さい…」

妻「こ・こうですか?」恵子が診察台の上でガバッと大股開きに成りました…愈々K先生の性感マッサージの開演です。

私は唾をゴクリと飲みながら…PCの画面を見つめていました…

K「もう少しだけ…大きく奥さんの股関節開けませんか?」とKが両手で恵子のの膝横をグイグイ診察台に押し付けながら更に脚を拡げていました。

妻「せ…先生…これ以上は無理です…痛いですぅ~」

K「…そうですか?奥さんは全体的に少し体が硬いようですね…」とか言いながらさりげなく太股の裏側を手で擦っていました…

妻「…あっ・先生…何処触ってるんですか?こそばゆいです…」

K「勝手に脚・閉じ無いで動いては駄目・之も診察ですよ…」と強い口調で言いました、怒られてたと感じた恵子は大人しく成りました…

少しずつKのセクハラ触診が始まりました…指先が始めは足先からゆっくり上がって来ました…優しく全身をマッサージしています。

正直…恵子も気持ち良いみたいですが、声を出すのを我慢していました。

K「私のマッサージどうですか?気持ち良いでしょ?」

妻「…はい・日頃の疲れと腰の重みが、飛んで行くみたいです…」

K「今からアロマオイル使いますか?今回は特別に無料です試してみますか?」

妻「はい・無料なら…是非お願いします」

K「それと奥さん…マッサージ中に変な所に私の指が当たる時がたまに有りますが、それはあくまで治療なので我慢してください…」

妻「は…はい…解りました…」

K「それと気持ち良い時は、大きな声を出しても構いませんから…」

妻「クスッ…そんなの出しませんよ…」

K「いえ…皆さん案外大声出して喘いで…いますよ…」性感オイルマッサージが始まりました。

お腹の辺りからオイルが伸ばされて行きますオイルまみれの指先がブラの下から妻の乳房に触れました…

妻「…あっ先生…胸は…?」

K「ハイ大丈夫…治療です…全身にこのオイルは効きますから…」

妻「あ・はい…胸…熱くて…感じます…」

何時の間にかKがブラを外しています…胸が露に成るとオイルで濡れた指で妻の乳房全体を優しく掴んでいました…段々乳首が勃って来ると指先でコリコリと乳首を摘んでいます。

妻「あんっ…ワタシ乳首…弱いんですぅぅ…駄目ぇ…」とだんだん甘えた声に成っていました。

K「ハイ…奥さんの丁度いい大きさの乳房です、しこりも無いし乳癌も大丈夫ですよ」と言いながら…恵子の乳房を揉みまくっていました。

妻「あああっ~駄目ですぅ…本当に感じちゃいますぅ~」

K「奥さん…もっとリラックス出来て感じる気持ち良いマッサージしましょう」と今度は股間の付け根を指で押していますおそらく女性の股間のツボを刺激しているのでしょう…

妻「あああ~んっ…気持ちいい・そこ・そこ気持いいですぅ…」悶え始めると今度はパンティーのVゾ-ンの上からオイルを垂らして、アソコのスジに合わせるように…ツツーッと指でメコスジをなぞっています…

妻「…あんっ…感じちゃうぅ…アソコ…駄目よ~駄目えぇ…」

K「奥さん?痛く無いですか?気持ち良いでしょ?ホラ証拠に奥さんの女芽が…凄く大きく成っていますよ…」

よく見るとパンツ越しにクリトリスが勃起しているのが、私にも解りましたKも今がチャンスだと…

左手は右乳首そして右手はパンツの隙間から指を挿し込んでからクリトリスと小陰唇のビラビラをオイル付きの指で刺激している様です…

「ぺチャ・ぺチャ」とオイルの音が響いていました。

K「奥さん…代わりのパンティは有りますので、この汚れたパンティは脱ぎましょうね…」とパンティを脱がしていました。

恵子は逝って体に力が入ら無い様子です…簡単にKにパンティを剥ぎ取られていました…そして脚を高く持ち上げられてしまい…行き成り指を2本根元まで挿入されてました。

K「奥さんオイルマッサージ…どうです…気持ち良いでしょ?アソコのナカは…もうビチョ・ビチョですよ~」

妻「せっ…先生…指…挿ってます…ナカに指…奥まで…挿っちゃっています~」

K「大丈夫ですよ…膣肉も子宮口もオイルでマッサージするのですから…」

妻「指が…ナカで拡がって…お肉…掻き回してる…そんなに…拡げちゃ駄目~」

K「奥さん序に子宮のマッサージも…しましょうね…」

妻「先生の指が…子宮口…穿ってます~皆こんな治療…しているんですかぁ?」

K「していますよ…これ…気持良いでしょ?子宮頸がんの検査もかねていますしね」

妻「もう駄目・逝っちゃう・逝っちゃうぅぅ…」

K先生の指マン攻撃で恵子は簡単に逝きました…診察台のうえで「ハアハア」しています。

Kがタオルで妻から溢れた白い愛液とオイルが混ざった自分の指を拭きながら…質問していました。

K「奥さん…普段オナニーしています?」

妻「え・オナニーですか?そんな事まで言うのですか?」

K「治療の一環です…旦那さんには言わ無いから…正直に言って下さい」

妻「…はい…少しだけ…たまにします…」

K「どんなオナニーしてるの?恥かしがら無いで言って下さい」

妻「指でクリトリスを擦ったり…指を膣ナカに挿入したりしてます…」

K「そうですか?…奥さんは、正直御主人さんとのSEX満足してますか?」

妻「ええ~?最近全然SEXしていませんし…腰痛が有るので…」

K「結婚してからは…御主人の男性器しか知らないんですか?」

妻「ハイ…それと余り…最近はSEXは好きでは無いんですどちらかかと言うと自分のペースで出来るオナニーの方が好きです…」

K「奥さん…こんな綺麗な肌してるのに勿体無い…」と言いながら指で妻の太股部分から上がってアソコを撫で回していました。

妻「あんっ・先生…そこは…」

K「もう一度聞きますね…奥さんは結婚後は御主人以外の男性器は挿入された事は今まで正直無いんですよね?」

妻「…はい…無いです…けど…4年前…」

K「けど?4年前まで?何ですか?正直に言って下さいココでの会話はオフレコ…御主人には絶対に…秘密にしますから…」

妻「4年前まで…元彼と数回…逢って…」

K「奥さん…正直に言って…肉体関係…有ったでしょ?」

妻「…ハイ…でも…ワタシ腰痛が酷くなって…別れました…」

K「気にしないで…秘密ですから…他に秘密は?今現在進行の…」

妻「…恥ずかしいですけど…野菜オナニーは…」

K「はい…大体分りますよ…主婦の方は手ごろの人参や茄子ですよね?元彼とのSEXを思い出してしてましたね?」

妻「…は…はい…言っちゃった…何で分るの…恥ずかしいです~」
K「奥さん?野菜じゃ無くてディルドを使用して膣内を全体をオイルマッサージしてみませんか?このオイル女性ホルモンが出て疲れが取れますよ~」

妻「…それ…本当ですか?」

K「女性はホルモンの影響を受けやすいですから…さっき少し試した指でするよりも膣全体から吸収するから…新陳代謝も良く成ります…」

妻「膣マッサージ…それって…他の女の人もするんですか?」

K「はい人気のメニューです今回は特別に無料ですよ」

妻「はい…それじゃお願いします…」Kが恵子に「人妻狂乱」という長さ20cm亀頭太さ5.5cmの大型ディルドを見せました。

妻「そんな大きいの…絶対無理です…挿入出来無いです…元彼や主人の物よりも…お茄子よりも大きいですぅ…」

K「大丈夫です女性の膣は柔軟ですから…それに子供を産んだ女性は随分と拡がりますよ~」と言いながら…

Kはディルドーにタップリとアロマオイルを浸けていました恵子の脚をM字開脚に開かせています、小陰唇のビラビラをクパァと拡げながら…

K「奥さんのビラビラ…肉厚が有り色も綺麗で健康な女性器ですね…」

妻「あ・あ・ワタシ…ビラビラ大きくて…膣穴も大きいし… 恥かしいから先生…余りジロジロ見無いで下さい…」

Kは恵子の大きめの小陰唇のビラビラをなぞるようにして、ディルドの亀頭部分を下から優しくクリトリスに掛けて擦っていました。

妻「…あんっ…クリ擦ら無いで…駄目…声が出ちゃう…恥ずかしい…」

K「奥さん…恥かしがら無いで、程良く陰茎を刺激する理想的な小陰唇ですよ」ディルドの太い亀頭部分が妻の膣口にあてがわれました。

妻「…あっあああ…も…もう挿れるのですか?」

K「奥さん力を抜いて痛かったら言ってくださいね…オイル付けてるから大丈夫ですよ…挿入しますね」

「ズブ・ズブ・ズブッ…」と恵子の胎内に大型ディルドが意外と簡単に飲み込まれて行きました其の瞬間膣口は大口を空けていました。

K「…あらら・意外と全部…すっぽり…」

妻「あん…太い・挿ってる・挿っちゃってるぅ…」

意外とすんなりと挿入されK先生も驚いたたみたいです。

K「奥さん、これ…子宮口に当たるまで挿ってます?気持ち良いですか?」とディルドの先から13cm位の所で一旦止めて「ズコズコ」と出し挿れしています膣口からディルドが抜ける度に「ポコッ・ポコッ」と大きな淫音が聞こえていましたディルドの太さに馴染んで来たのか?段々おまんこ全体が赤らんで来ました。
妻「…あんっ…はい…気持ち良いですぅ~」

K「奥さん痛く無いですか?どうです?もう少し奥まで挿れましょうかね?」

妻「はいっ…痛く無いです…気持ち良いです…もう少し…奥まで挿入しても構いません…から…」

K「大丈夫ですね?奥さんの膣ナカの最奥に痞えるまで一杯に…挿入しますね」「グイッ・グイィ~」とディルドが更に胎内に飲み込まれました。

妻「あんっ~んぅ一杯で…太いぃ」と恵子が少し仰け反りました。

K「奥に痞えるまで挿りましたよ…奥さんの膣道の長さ大体16cm位ですね…」と「ズコズコ」と抜き差しを繰り返しています。

妻「あんっ…あ・あ・奥にぃ~子宮口に凄く当たるぅ~久し振り…気持ち良い~コリコリ当たってる~」

K「奥さん?どんな感じで気持ち良いですか?」

妻「はい…主人のオチンチンはこんなに奥まで届か無いから解らなかったけど…彼氏のオチンチン思い出します…」

K「そこが女性の性感帯の一つ「ポルチオ」部分です…」

妻「はぁ…はぁ…4年振りです…こんなに…子宮口に強く当たるの…気持ち良いの…」

K「失礼ですけど…御主人さんの男性器じゃ奥まで届か無いんですよね?」

妻「い…いぇ…届きますけどぉ…コツ・コツンって少し当たる感じが精一杯です…お茄子もなんだか…怖くて余り奥まで挿入した事無いし…」

K「それじゃ奥さんは…御主人とのSEXに満足出来ないのは当たり前ですね…だから…元彼を求めてしまった…図星でしょ?」

妻「…はぁはぁ…そうなのかな?元彼はともかく…本当に主人とのSEXでオーガズムもまだですし…」

K「奥さんの場合はクリトリスよりもポルチオが本当の性感帯なんですよ…これ奥まで挿入して自分で好きに動かしてみて下さい?元彼を思い出して…」

妻「…あはぁ~奥…良い~タカシ…逝くっ…逝くぅ~」

と元彼で有ろう男の名前を言いながら恵子は激しく「ズコッ・ズコ・ズコ」と…大きなディルドで自ら激しく出し挿れしています。

妻「ああ~ん…タカシ…逝く・逝く・逝くぅぅ!!!」恵子が逝った後…手放し状態のディルドがアソコからズルッと抜け落ちました。

その瞬間「ポンッ」っと音が響きました…ディルドが抜けても、膣口が今だ閉じないで「ポッカリ」と口を開けたままに成ってしまいました。

K「奥さん?そんな硬い冷たい玩具よりも…本物の…熱い肉棒試してみませんか?」

妻「…はぁ…はぁ…はぁ…??」

K「それも…奥さんの子宮口に簡単に届く大きさの肉棒ですよ?」

妻「…え?・もしかして…それって先生の?…」

K「はい…之ですよ~」Kが自慢の巨根を恵子に見せ付けました…つい今まで…自分のアソコに刺さっていたディルドの「人妻狂乱」と変らない大きさです。

恵子はK先生の男性器をじっと…凝視していました…余りに私とは違う大きさの男性器に驚いている様子です。

K「奥さんのオナニー姿見て私のも…興奮してこんなに硬く成ってますよ?」

と恵子の口元に肉棒を持って行くとパクッと条件反射して?Kのペニスを咥えてしまいました…それも上目使いで「チュパ・チュパ」と唾音を鳴らしながら…

時折、頬を凹ませながら「ジュルルル…」と吸い上げて激しいバキュームフェラでした。

K「奥さん挿れるのは上の口じゃなくて下の口ですよ?これはSEXじゃ無くて医療なんだから…」

妻「…御免なさい…つい…でもオチンチン…挿れると…主人に叱られちゃう…」

K「そうですね… しかし…奥さんフェラプロ並みに上手ですね?これは御主人に?」

妻「いえ…元彼です…」

K「いや~元彼が羨ましい…奥さん今…元彼を思い出してフェラしていませんか?」

妻「…先生…意地悪です…」

K「僕の肉棒元彼と似ていますか?」

妻「形は似てますけれど…先生のが長いし…硬い…です…」

K「そうですか…本物の男の肉棒…奥さんの性感帯を満足させる肉棒この機会に試したく無いですか?」

妻「…そ…それは…試したいです…けど主人に…」

K「ご主人には黙っていれば解りませんよ…奥さんは治療に来ているんだから」

妻「…えっ?如何しよう…」
K「奥さん想像して下さいこの肉棒にオイルを付けて…奥さんの膣のナカに挿って…奥さんの好きな…ポルチオを御主人は勿論…元彼よりも強くガンガン突くんですよ…それに之はオチンチンでは無いですよ医療器具なのですから…」

とKがビンビンに反り返った肉棒を更に恵子に見せつけていました…そして握らせて硬さを確かめさせていました。

妻「さっきよりも…すごく…硬い…」と言いました…

K「この器具は長いし…硬いので器具の先っぽオイルで滑って奥さんのポルチオマッサージしている途中…子宮口のナカに少し挿るかもしれません…それも治療ですが…痛かったら…言って下さい?」

妻「はい…器具なら…治療なら…仕方ないです…器具にスキンはちゃんと付けて下さい…」

K「奥さん…コノ器具「肉棒」は生で使う物ですよ…」と言いながら診察台の上でKが恵子に覆いかぶさりキスをしました…

妻も「あんっ…駄目ぇ~先生」と言いながら嫌がらずに…お互い舌を絡めあいながらのディープキスでした…「ピチャ・レロ・レロ」水音が聞こえていました…

挿入は正常位でした…Kが恵子の脚を拡げていました、既にディルドで拡がったままの状態の膣口に亀頭をあてがって軽く腰を2・3回振りズコズコと巨大な亀頭部分を出し挿れしています。

K「奥さん?オイル無しでも、もうドロドロに濡れているから…簡単に挿りますよ…」

妻「あぅ・あ・あん・あっ先生…やっぱり…生は駄目です~子供出来ます…今日は…危ない日なんです…避妊して下さい」

K「大丈夫ですよ…コノ器具は中には絶対に漏らしませんからもし出してもお薬「後ピル」飲めば大丈夫ですよ…」

妻「そんなお薬…有るんですか?…」

K「はい…大丈夫です…ちゃんと有りますよ…」

困っている恵子を無視してKは「グイッ…」と腰を前方向に押し込みました…「ズブ・ズブ・ズブゥ」と巨根が恵子の中に挿入されました。

妻「あんっ…駄・駄目…あ~あんっ…生は…駄目えぇ~」

K「奥さんの中に生チンポ…いや器具が…挿りましたよ…どうですか?」

妻「…あんっ…ど・どうって~そんな事…言えないぃ~先生…」

K「恥かしがら無いで…奥さん?正直に言って下さい」

妻「気持ち良いですぅ…先生のオチンチンが…少しだけ…子宮口まで届いています…軽く…コツ・コツって当たります…」

K「…ココで御主人の器具は…精一杯でしょ?」

妻「…あんっ…は・はいっ…こんな感じですぅ…でも主人より先生の太いからぁ…気持ち良いぃ~」

K「奥さん…ホラ…元彼タカシ君の器具は…この位ですか?」

妻「…あんっ…タカシ…タカシと同じ位…当たってるぅ~…オナニーと同じ…感じです~」

K「ホラ・奥さん…まだ奥までこの器具…完全に挿れて無いですよ・まだ余裕が有りますよ?」

妻「あ・あっ…まだ・挿いるのですかぁ?」と恵子は少し口篭りました。

すかさずKは腰を軽く「クイ・クイッ」と動かしながら膣壁を擦り上げて…

K「もう治療…止めますか?」と言いながら亀頭の先っぽだけで「ズコズコ」しています明らかに焦らしています…

妻「…んはぁ~あはぁ~先生…意地悪しないで~でも生は…」

K「奥さん生が嫌なら…この器具を抜きますよ?」

妻「駄目ぇ~もっと治療したいですぅ先生の大きいので…主人のじゃ~届かないポルチオ一杯…突いて下さいぃ~」

K「ディルドーみたいな…あんな硬い冷たい玩具より良いでしょ?生の器具の方が良いでしょ?」

妻「はっ…はいぃぃ~良いです…生のままで良いですぅ~生の器具…もっと奥まで欲しいですぅ」

K「ちゃんとオネダリしたら…もっと気持ち良くして上げますよ?」

妻「オネダリなんて…恥ずかしいですぅ~」

K「これで治療止めましょうか?」と言われた妻はスイッチが入ってしまいました。

妻「あん・もう駄目ぇ~タカシや…主人位じゃ無くて…先生の生オチンチンもっと奥まで挿入して下さい…」

と恵子はもう器具では無くて完全に生オチンチンと呼び本気でK先生にオネダリしてしまいました。

K「奥さんこうですか?」と「ドコッ・ドコッ」と巨根を半分突っ込み抜いては半分突っ込みを繰り返しましています。

妻「当たってるっ…当たってる…子宮に当たってる~」

K「奥さん?半分位でも私のは軽く「コツ・コツ」奥に当たりますね」

妻「あん・意地悪ぅ…もっと当てて「グイ・グイ」子宮口に…当てぇぇ~」

K「根本まで全部挿入しますよ~元彼やご主人より私が奥の奥まで一番乗りですよ?」

妻「キャウーキャウウ~凄い・凄いよ子宮口に挿ってる~壊れるぅ壊れちゃう~」と恵子は犬みたいに鳴いていました。

K「御主人と比べて如何ですか?この肉棒器具如何ですか?」

妻「凄いのぉ~・硬くて太いのぉ~主人と比べ物に成ら無いの~奥まで子宮に当たるのぉ~子宮口にも刺さるの~」

K「奥さん良かったら…私の愛人に成ります?」

妻「成るのぉ~タカシとは別れたし~主人とはもうSEXしないの満足出来ないからぁぁ~」

今度はバックからKに突かれています恵子は逝き狂い完全に…雌犬状態です。

妻「…あっああ~ん…バック凄く当たるぅ好きーもっと・もっと突いてー子宮奥まで~突き刺して~」

K「奥さんの子宮をもっと突きますね?」パン・パン・パン・パンと激しい音が響き渡りました。

妻「あんっ…あん…あんっ…あん壊して~もっと突いて~奥の穴…こじ開けて~ポルチオ壊して~器具で串刺しにして~」

K「奥さんSEX好きに成ったでしょ?私のチンポ良いでしょ?」

妻「あああ…おチンポ~好きぃ~先生のおチンポ~大好きぃ~」次は騎乗位ですK先生の上で妻が腰をくねくね振っています。

K「この形は体重が掛かって…良くポルチオに当たるでしょ?奥さんが自分で調整も出来るし…」

妻「…さっきより…当たるぅ~奥にお腹に響くぅ…気持ち良い…」

K「ああっ奥さん…そんなに激しく子宮口を亀頭に擦りつけたら私もう出そうです既に…少し漏れて…」

妻「先生…まだぁ…駄目…もっとぉ~ポルチオ治療…感じたいのぉ~」

K「奥さん…中出しして良いならもう少し頑張れるけど?」

妻「あんっ…先生それは…駄目ぇ~・赤ちゃん…出来るぅ~」

K「大丈夫後…ピル有るから中に出しても?」

妻「じゃあ~出して良いからぁ~もう逝く・逝く・逝くぅぅ~」

K「奥さん?私の注射器具で…お薬を子宮中に沢山…出しますよ?」

妻「出してぇ~先生の熱いお薬…子宮にタップリ…飲ませて下さいぃ~」

K「奥さん逝きます…あっドク・ドク・ドクッ…」

妻「…あんっ…凄い…勢い…多い・子宮が熱い…「ドク・ドクッ」ってしてる…中出し…気持いいよぉ~久しぶり~」

ビックリです恵子は嬉しそうに…Kの精液を自分から子宮に受け入れてしまいました…恵子が立ち上がるとおまんこから巨根がズルッと抜けました…

それと同時に膣口から「ドロリ」と糸を引いた精液が垂れています凄い量でした…良く見ると膣口がさっきよりも更に拡張されています…

K「今日の治療はこれで終わります来週また来てください…」

妻は一応「貴方…御免なさい…」と言いながらKの萎えた肉棒をお掃除フェラしていました何故か、妻の恵子は以前よりも綺麗に成っています!

妻・友子の不倫告白2!

第15章 妻の秘密事…


妻の告白によると旅行から帰った後も加藤は妻を肉奴隷扱いしていました…平気で中出しする加藤に、我慢が出来なく成った妻は部長に加藤の事を相談したらしく、部長の力で、加藤は地方に飛ばされてしまったそうです、それに応じてA子さんも会社を辞めてしまったそうです、更に妻は産休だけでは無くて育児休暇も認められる事に成りました。


友子が無事女の子を出産してから1年以上経ちました…嬉しい事に娘は私の顔に良く似ています…100%では有りませんが十中八九僕の種では有ると思います…


友子の1年間の育児休暇も終わり、子供は近所の保育園に毎日、預けて今は妻も元の会社で働いております…慰安旅行の件も有り辞めさせる事も考えたのですが、私の稼ぎだけでは、正直しんどいのと加藤が地方に飛ばされたので安心して妻は仕事に復帰する事が出来ました…


1月程経ちました…私は妻の友子に「ソロソロ2人目の子供を作らないか?」と言い出しました…友子の妊娠の告白からずっとSEXレスでした…というより軽度ですがED気味に成っていました…隠れてオナニー等は行っていましたが、何時も半勃起の柔らかい状態で射精していた感じです。


妻に相談すれば良かったのですが、始めての子育てと、赤ちゃんの夜泣きや母乳等の事も有るので休暇中は気を使って、友子の体に一切触れずにいました…


子供も1歳に成りまして一人でも大人しく寝るように成ったので…その日私は…超久しぶりに、妻に甘える事を決めました友子も二つ返事でOKしてくれました…友子が風呂に入っているので、私が先に裸に成り寝室のベッドで寝て待っている状態です…


ふと、妻の出産時の事をベッドに寝ながら思い出しました、出産時私は立ち会いました、先生は男の先生で近所では評判の名医です。


子供の頭が出てくる時…先生はハサミで妻の膣口を切開しました、友子は切開の痛みよりお腹の方が痛いと妻は言っていました、初産の割には、案外安産でした…赤ちゃんが無事産まれた後…膣口を縫合する時に…


先生は「キツキツなアソコにするか?ソコソコなアソコにするか?」と私に聞いて来ました…すかさず私は「キツキツなマンコにして下さい」と先生に言いました。


笑いながら先生は「よっしゃ~まかせとけ…旦那が喜ぶ位に、前よりもキツキツにしといてやる」と言いました…今考えれば、妻に対しても診察の時には内診で指を膣に挿入したり…子宮口を触ったり…クスコで子宮内を観察をするので友子のアソコの緩さは勿論の事…子宮口の穴の大きさも先生は全て知っているのです。


そう思えば何故か私は興奮してしまいました、産科の男の先生は友子のアソコの中に指を挿入して掻き回して…クスコで拡張された膣内や子宮口いや子宮のナカの奥の方までも合法的に観察して診察してたんだ…と思うと久しぶりに勃起する事が出来ました…


馬鹿な私は…その興奮感が覚めやらずに久しぶりに完全勃起出来たのに、寝室でオナニーをして射精してしまいました…


妻が裸で寝室に入って来ました…友子「○ちゃん(子供の名)大人しく寝た?」


私「良い子だよ空気読んで隣の部屋でスヤスヤだよ~流石僕の子」と言います。


友子「パパ(マサ君では無くて今はパパ)ここでオナニーしたでしょ?」


私「えっ?なんで分るの?(汗・汗)」


友子「匂いで分るよ…ゴミ箱が…精液臭いもん」


私「ごめん・ごめん・とりあえずフェラして欲しい…友子の綺麗な白い体早く触りたくてもう我慢出来無いよ~」と私は甘え声を上げました…とりあえず69の形でお互いの性器を舐め合います…


友子は私の小さな陰茎を大きくする為に「パクッ・ンチュ・ハムン・レロレロ」と音を鳴らしながら丁寧に愛してくれますが、射精したばかりなので、如何せん勃起しません…


友子の膣の縫合後は、殆ど消えかけていますが、良く見ると薄っすらと確認出来ました…妻の体には私は何も触って無いのに…フェラをしてるだけで友子の膣口からは…


お汁がどんどん溢れて来ます、膣口の赤い肉がまるで鯉の口の様にクパクパ開いたり閉じたりしていました…そして私は…指でクリを弄ります。


友子「アンッ・・・気持いいのぅ~パパ~クリトリス…吸ってぇ~」


久し振りのHなんで、妻も興奮してるんだな?私は「友子はどんなけ淫乱な女なんだ…」と心の中で思いながら…赤い膣口から溢れて来るオツユをクリトリスごとチューチューと吸っていました…


私「どれだけのキツキツマンコに成ってるのかな?と思いながら、指を2本挿れましたが…余裕です濡れているので当たり前と思いましたが…


結局4本の指が簡単に挿入出来ます…旅行から帰ってきた後よりは少しはマシだとは思いますが、先生が言う程のキツキツのアソコでは有りませんでした…


私「あれっ…産科の先生が「キツキツなマンコにしておく」って言ってたよね?」と妻に言いました、友子が一瞬ドキッっとした表情を浮べました…私はその表情を見逃しませんでした…


これは何か妻の友子に秘密が有るなと…脳にピ-ンと閃きました…友子「先生そんな事言ってたかなぁ?そんなの覚えて無いよ~」と笑いながら誤魔化します…


友子は「それよりパパあ~オチンチン全然勃起しないよ?今日は止めておく?」と言い出すので…


私はあてずっぽうに「同じ部署の部長さんが…元彼加藤を飛ばしてくれたんだよね?そのおかげで友子が会社に戻れたんだよね~部長さんに感謝だよ…結婚式でも良い感じのスピーチしてくれたし…」と友子に話します…すると妻は急に怒り出しました…


友子「パパ…何言ってんの?元彼の件は部長さんのお陰だけど…パパも知ってるでしょう?ワタシと部長さんはパパと知り合う前に100回以上も生でSEXしてたんだよ?そんな男に貴方が感謝だなんて可笑しいよ~プライドは無いの?」


妻の「部長と100回以上も生でSEXしてた…」のセリフで私の陰茎は勃起していました…それを見た友子「この前…話した部長とワタシがSEXしてた事を想像して興奮してるのね?やっぱし、パパって寝取られM君だったのね?」と


妻に性癖を完全に見抜かれてしまいました…いや結局自分からカミング・アウトしたみたいな物です、これでまたもや、妻が優勢に…


私「いや…友子が会社とかで…部長に加藤の件で何か見返りを要求されて無いか…心配だったから…其れに復社してからずっと帰りが遅いから…保育園も殆ど僕が迎えに行ってるし…」と言い訳をすると…


妻はおもむろに、私の勃起している陰茎を右手に掴み持ち2・3回上下に擦りました…友子「あれ~?パパのビンビンだよ~カウパー(先走り汁)出てるし…寝取られパパさん…興奮しちゃったのかなぁ~?」と言いながら…


昔のように…パクッっと亀頭部分を口に含みます、舌で亀頭を転がすようにして…クチュ・クチュ音を鳴らし…カウパー汁をジュル・ジュルと吸い尽くして十分に味わい…チュポンと大きな音を立てて口から出して…


妖艶さを醸し出し…友子「残業時間に部長と2人っきりだとしたら~心配だよね~パパは出産した…後、全然ワタシに構ってくれなかったでしょ~?これ位のお礼は部長さんにするの大人の女なら…当たり前よね~」と言います。


私「えっ?やっぱり毎日…会社でお礼してたんだ?どこまでのお礼してたの?」


友子「どうかな~夫婦でも知ら無くて良い秘密事って幾つかは、有るんだけどなぁ~どうしても知りたいなら…パパは絶対に怒らないって…約束できる?」


私「今更、怒らないよ…友子のこと愛してるから…秘密事全部話してくれ…」


友子「パパのオチンチンはワタシの告白が無いと元気に成ら無いんだよね~」


私「そうなんだ…僕はもう友子の告白を聞かない勃起出来ない体なんだよ…」


友子「フフフ…じゃ~結婚式の数日前の秘密のDVDとか…暴露しちゃおうかな~?」


私「えっ?そんな秘密の…DVDが有るの?是非…見せて下さい…」


友子「フフフ…1人で見る?大丈夫?」


私「大丈夫です…よろしく・お願いします・・・」


友子「このDVDの内容、見たら…さっきのキツキツなアソコに対する答えが有るのかもね…」


私は唾をゴクッっと飲み干しました…やはり友子は…立派は男根無しじゃ~生きて行けない女なんだと…満足させてくれる男ならハメ撮り撮影も…平気でさせる変態な女…既に加藤にそういう体にされていたんだと再認識しました…


第16章 結婚前の部長のハメ撮り動画…

自分の部屋のPCで動画を見る事にしました…部長が私達の結婚式の主賓スピーチをしてくれたのは、依然書きましたが、妻曰く結婚式の2日前に部長と友子はスピーチの打ち合わせと言う事で会社内に有る仮眠室で打ち合わせしたらしいのです…その時に部長と…これも動画の通りに書きます。


友子「スイマセン部長、スピーチなんてメンドクサイ事お願いして・・・」


部長「何を言ってんだね…太田君と私との仲じゃないか…」


友子「だから…その…これからは…部長と…そういう事は…もう…」


部長「君が急に結婚するから別れたい…なんて言い出すから驚いたよ…彼の事…愛してるんだね?」


友子「・・・・・・・・はい・・・愛しています…」


部長「そう言えば…彼はウチの取り引き先のA社の営業の…上条君だったよね?彼はやり手だし…太田君も良い男を捕まえたじゃないか?」


友子「・・・・有難う御座います・・・・」


ビックリです…私と知り合う前だけでは無くて私と交際中の3ヶ月の間も友子は部長と数回は、密会していたのでしょう…今に成っては、もうどうでも良い事ですが…


部長「君も大人なんだから…3ヶ月振りに…呼び出した意味を分っているよね?」


友子「はい・・・その代わり…今日で最後にしてくださいね…」


部長?「ははは…私も大人だから…引き際位は…わきまえてるよ…結婚する君の幸せを願うよ…その代わりに今日は君との思い出に…撮影したいんだ?」


友子「えっ?撮影ってSEXの・・・?」


部長「君との思いでの…為だよ…心配はいら無いよ、私は鬼畜の加藤なんかとは違う…君を脅すネタなんかにしないよ、そんな男がこの会社の部長になれる分けが無いだろ?」


DVDが有ると言う事は、友子は簡単に部長のハメ撮り撮影の申し出を容認してしまった…ここからはビデオの内容を詳しく書きます…ここからは、妻の事は…「婚約者の」とか「友子」と表示します。


先ずは部長との激しいレロレロしたキスが始まりました…友子は当たり前の様に嫌がらずに…部長の舌を自分の口内に深く侵入させています…お互いに舌を激しく絡ませています「ピチャ・ペチャ・ビッチャ…」と唾液の水音が聞えて…


部長が友子をベットの上に寝かせて…キスをしながら上着を脱がせ始めました…


部長「…私は本気だったんだよ…太田君の事が入社当時から、気に成っていたんだよ…」と言いながら…片手はブラを脱がそうと肩紐を持ち……もう1つの手は胸を揉んで…そして…友子はブラジャーを脱がされました…更に乳首を部長に舐められていました…


友子「部長やっぱり…婚約者の上条さんに悪いから…これ以上…するのは無理ですぅ~あんっ…パンティは脱がさ無いで~」


部長「ホラ自分でアソコの花ビラを拡げなさいな?」


友子は部長にパンティーを剥ぎ取られてしまい…部長は少し、強引気味に友子の脚を手で持って力ずくで…左右に開いていました…部長に言われるがままに友子は自分の小陰唇ビラビラを「くっぱぁ!」と開き拡げていました。


部長「これで…尿道も膣穴も肛門も丸見えだね…太田君のマンコ…何時見ても…卑猥だね~ホラ…膣口アップで撮影させてくれるかね?」


友子「…あんっ…部長…そんな所まで…撮影は駄目です…ここまでです~ホントにもう…我慢して下さい…許して下さい…」


部長「…ココまで来たら…男はもう絶対に我慢でき無いもんだよ…君だったら…分るだろ?じゃ~指…挿れるぞ?」


友子「…あん…あん…ナカ(膣内)を…激しく…クチュ・クチュ…しないで…」


部長「お~お…ナカがトロトロに濡れておるぞ?相変わらず淫乱なアソコだね…太田君のは…指が3本も簡単に挿りよる…4本目も根本まで飲み込んだぞ…嫌がりながらもナカがヌルヌルして本当にスケベなんだね、どれ・どれ…赤黒い卑猥な膣前庭も舐めようかな?」


婚約者の友子は、部長の行為に…最初は一応嫌がる素振りを見せていましたが、部長の指がアソコに挿入されると、もう諦めたのか大人しく成ってしまいました…そしてクンニされると自分から脚をM字にそして…更に大きく拡げてしまい…


友子「…あ・あん…部長…駄目…あ…クリ…ダメ…もう…感じちゃう…」


部長「おうおう…可愛い声を上げて…鳴きよる…太田君のクリトリス…こんなにピンピンに膨れておるじゃ~無いかね…」


友子「でも部長…上条さんに悪いから…撮影はやっぱり…ダメです~あ~あん…止めましょう?」


部長「そんな事言って…太田君のアソコ凄く濡れてトロトロしておるよ~ナカから…お汁どんどん溢れてくるぞ…ツユだくじゃないかね?撮られて興奮してるんじゃ~無いのかね?」


友子「…あんっ…部長…厭らしい~ツユだくって…言わないで下さい…ワタシ…クリはホント弱いんですぅ~撮影は駄目~ダメ~逝っちゃう~変に成っちゃうぅ~」


結局婚約者の友子は撮影は駄目と言いながらもずっと…M字開脚のまま…脚を閉じようともせず撮影させ続けて…部長の年季の入ったクンニ攻撃に何度も逝かされてしまいました…


部長「ソロソロ…私の物も愛してくれるかい?」と言われた友子は、妖艶さを醸し出しながら…部長のそそり勃つ大きな肉棒を口に「パクッ」っと含みました…部長がフェラをしてる友子に幾つか質問していました…


部長「お…おお…相変わらず太田君フェラ上手だな…SEX好きなんだね?上条君と付き合って3ヶ月位しか経って無いのに本当にもう結婚するんだな?」


友子「…うん…そう…ですぅ~ピチャ・ペチャ・レロレロ…」


部長「それなら…当然、上条君に…抱いて貰ったのか?」


友子「…ピチャ…れろ…れろ…ハイ…逢う日は殆ど毎回…SEXしています…」


部長「何時も生でSEXするのか?…上条君に中出しされた事が有るのか?」

友子「いえまだ…生での…SEXは1回も…していません…」


部長「そうか…今日は腰の調子が悪いから…太田君が上に乗って…自分で挿れてくれないかね?私はパイプカットして無精子だから…勿論生でOKだろう?」


友子「…はい…分りました…」


生挿入の申し出にフェラを終え友子は部長に跨り…巨大な黒光した立派な生肉棒に…パイプカット済みとは言え…ゴムも付けず…手で持ちながら自分の入り口に押し当ててから腰をグンッと落しました…


ビデオで見る、部長の陰茎の長さは元彼の加藤より少し短い位ですが更に太く硬くて、年季の入った黒光りした名刀いや…天狗の鼻みたいな男なら誰もが欲しがる立派な陰茎です…約2/3位の挿入で、みかの子宮口にキッチリと届く様です。


友子「…ああ~んっ…おっきいの~部長の…硬いオチンチン…奥の…コリコリ凸に当たってるぅ~気持良いですうぅ~」


部長「おお~太田君のマンコもドロドロで気持良いぞ…太田君の肉壷味わうのも…3ヶ月ぶりに成るのかな?」


友子「ああ~んっ…上条さんのと全然違うぅ~ワタシの…好いトコ…凄く当たるぅ~部長上手…」


部長「おお~君も気持良いのか?…私は太田君の弱いトコ、もう全部知り尽くしておるからな…」


友子「…あんっ…そこっ…部長…もっと子宮口のコリコリ突いて~もっと突いて下さいぃ~もう逝きそうです…」


部長「えらい乱れ様だな?もしかして…上条君との毎日のSEXでは…それ程に…満足しては、無いのかね?」


友子「そっ…それは…やっぱり…言え無いですぅ~でも部長のオチンチンの方が…全然…おっきいのは…確かですぅ~」


部長「もしかして…上条君のペニスでは太田君の好いトコには少しも届か無いのかね?」


友子「…部長のオチンチンよりも凄く…短いです~少しだけは、好いトコには届くの…ですけど…」


部長「はぁ~そうかね…明後日は上条君との大事な結婚式なのに太田君は…女性の大切な…子宮口に私の生チンポが強くキスしてる状態のまま…なんだぞ太田君はそれで良いのかね?」


友子「本当はこんな事は…駄目ですけどぉ~上条さんには…こんな強いキッス…出来ない事ですからぁ~気持よすぎて…もう分ん無いんですぅ~」


部長「それに…太田君…女性の膣のナカのサイズって物は普段SEXする旦那や彼氏のサイズに馴染んでピッタシ合さる物なんだが…それは知ってるのかい?この3ヶ月間上条君としかSEXして無い君の女性器自体が…上条君の陰茎のサイズに自然に馴染もうとしてたと思うが…」


友子「…それは…少しだけ…何となく…分ります…けど…」


部長「それだったら…他に男が居る事が上条君にばれるかも知れ無いぞ?だって…今君の嵌めてる私のチンポは、太田君が今の所…毎日の様に…SEXしてる…上条君のよりも数段に大きいんだからな…」


婚約者の友子は少し考えている感じです…でも次のセリフは私にとって最悪でした…今と成っては最高ですが…


友子「…もう…良いんですぅ~部長のオチンチン気持ち良いですからぁ…まだ…抜いちゃ…駄目ですぅ~ずっと挿れてて欲しい~部長の腰がしんどいなら~余り動かさ無いで良いですからぁ~赤ちゃん作るトコ…子宮のコリコリ凸ずっと部長の…生オチンチンでキスしていて欲しいですぅ…」


部長「其れは良いのだか…子宮は女性にとって大事な器官なんだよ愛する上条君との愛の結晶を育てる部屋でも有るんだ…いくらパイプカットしてるからって私みたいな中年の使い込んだチンポが何時までも…キスしていて…いい場所では無いんだが…?」


友子「いいんですぅ~部長の事も上条さんと同じ位に…ワタシは愛してますぅ~だから…部長と繋がってる時や…愛し合ってる時は…友子って呼んで下さい…」


部長「フフ…友子…可愛い娘だ…これからもずっと私が面倒見て上げるからな…悪い様にはしないし…安心なさい…それに私とのSEXの時は、敬語なんて使わ無くても良いんだからね…上条君と愛し合ってる時の言葉と同じで良いんだ…」


友子「ハイ…分りました…ワタシ…これからSEXの時は敬語使いませんよ?」


部長「之からは上司と部下では無く、お互い不倫関係に成るのだがね?それも良かろう…私も歳だからね…とりあえず…一旦チンポを抜こうかな?」


友子「あ~ん…部長…やだぁ~止め無いでぇ~もっと~突いててぇ~ワタシの奥の…オクチ(子宮口)のコリコリ凸…突いてて~キッスしててぇ~もっと友子を何回も…逝かせて下さいぃ~」


部長「ははは…年寄りを、休ませては…くれないのかね?相変わらず肉欲の強い我侭な娘だな…」


友子「そんな事言って…オチンチン抜いちゃ~嫌だぁ~部長の…意地悪~」


部長「意地悪じゃ無いよ…実はこの部屋…使える時間過ぎてるんだよ…会社内だし…誰が見に来るかも分らん…太田君、明日の夜は結婚式前夜だが…時間作れるのかね?」


友子「はい…時間…作ります…明日の夜9時に…半年前…部長と初めて入った…あの…ホテルで…可愛がって下さいね…」


部長「分った…じゃ~抜くぞ友子…明日はちゃんと可愛がってあげるから…それに明日ペニス挿入前に友子が昔してくれた様な…いやらしい…オネダリをしてくれないかね?」


友子「…はい…分りました…」


部長「…今夜はこれから…上条君と逢うのかね?」


友子「明日は…逢え無いですから…今日はこれから…逢います…」


部長「…上条君にもちゃんと…優しくして上げなさい…」


友子「はい…部長の事も…愛してます…」


第17章 友子は結婚式前夜までも…


次のDVD動画のフォルダはなんと、結婚式前夜の日付けでした…友子がベッドの上でワンワンスタイルに成り部長に対して…お尻を向けている姿が映っていました…SEXの場所が変っても撮影は継続していました…


友子「ああ~ん~早く…部長のオチンチン…挿れてぇ友子のメス穴にぃ栓をするのぉ早くぅ~」


部長「相変わらず淫乱だな太田君は…上条君が知ったらショックだろうな…明日結婚する花嫁がこんなに変態なんだからね…」


友子「いや~ん…元彼と分かれた後に~直ぐに部長が…ワタシをもっと…変態に調教したんでしょ?それに…部長と3ヶ月もSEXして無いからぁ~寂しくて…ワタシすぐに上条さんとの結婚決めたんですよぉ~」


部長「いや…私も結構…忙しかったからね…」


友子「部長って…愛人…何人居るんですかぁ?私を2号にして下さ~い」


部長「考えて置くから…じゃ~昨日の続き…して欲しかったらオネダリしてみなさいな…」


友子「ああ~ん…明日は友子の結婚式です…でも結婚する前の日なのに…婚約者の上条さんの小さいオチンチンじゃ無くて…部長さんの逞しいオチンチンを友子の変態オマンコに挿れて…下さ~い」


部長「お~お…いやらしくオネダリしながら自分で陰唇…「くぱぁ!」して開いておるわい…」


友子「オチンチン欲しがり屋さんの変態な友子のアソコのナカを全部苛めてくださ~い…赤ちゃん殺した…いけない友子の…中古子宮も部長の…硬い肉棒で突いて…お仕置きして下さい…」


私は、そのセリフを聞いただけで…射精をしてしまい目の前に有るPCの画面を汚してしまいました…私の様子を見に来て…モニターを見た友子は「クスクス」と笑っていました…私が見ると友子は慌てて逃げる様に部屋を出ました…


友子は部長にバックで挿入されてました…立ちバックに成ったりもしています…年の功か?部長は色々な体位を知っている様です…


部長「バックだと凄く挿入が深いだろう…上条君のチンポじゃ絶対に満足出来ない位に友子のアソコを今度は私の形に成るようにしっかりチンポ奥まではめて伸ばしてあげてる…からね…パンパンパンパンパン・・・」


友子「…あんっ…ジョボ・ジョボって…オチンチンでぇ…掻き混ぜてる~音してる~」


部長「明日の晩は当然…上条君と…結婚初夜のSEXするんだろうが…」


友子「…ああああ…しますけどぉ~嫌だぁ~深いぃ~奥ぅ~拡がっちゃうぅぅ…アソコが…もっと…伸びちゃう~拡がっちゃう…浮気バレちゃう~」


部長「バックだと私のチンポ全部がこんなに簡単にズコズコ奥まで挿いるからな…上条君のサイズじゃもう完全に緩いな…明日は電気を消してSEXしなさい」


場面が変りました…部長がベットの上で煙草を吸っているのが映っていました…休憩の様です…


部長「太田君…実は私…少し前に睾丸のパイプを繋ぐ手術をしたんだよ…だから君とのSEXを避けてたんだよ…」


友子「えっ?それは…何で…ですか?」


部長「それが…愛人の一人がどうしても私の子供が欲しいと我侭を言うもんだからね仕方無くだけどね…


友子「それなら生のSEXだと…妊娠する確立有るんですよね…?」


部長「黙っていて悪かったよ…私は経験豊富だからね決してナカには漏らさ無いと言う自身は…有るには有るんだがね…太田君が嫌なら避妊しようか?」


友子「いえ・・・ナカで漏らさ無いなら…部長…生のままで良いですから…」


驚く事に部長の告白に驚く事もせず…避妊の申し出も断り何と友子は生のままの挿入を容認しています…


次は正常位で腰を高く上げられて友子はマングリ返しの形に成っていました…


部長「友子は本当に可愛い娘だね…私の一番の愛人に成ってくれるかね?


友子「ハイ…これからも…部長の生オチンチンでもっと友子を逝かせて下さい…愛して下さいね…」


そして再びSEXが始まりました…部長は凄くタフでした…休憩後…挿入してから既に一時間以上も経過していました…


部長「友子…私の生チンポ…今で何時間位挿入したままなんだね?」


友子「…あ・あ・あ・あ・あ~分んない~ずっと…ずっと…挿れてるのぉ~ナカが一杯拡げられたままで~部長のオチンチン形のアソコが覚えちゃう~」


部長「そう1時間以上挿れっぱなしなんだよ…それとホラ亀頭が友子のコリコリ凸に生でキッスしたまま…今日は危険日みたいだね~熱い子宮口が私の亀頭に絡み付いて来るのがハッキリ分るよ…」


友子「危険日なのに…本当は…亀頭がオクチ(子宮口)に生キスだなんて…駄目なのに…ワタシの子宮は明日からは上条さんとの赤ちゃんの為の、大事なお部屋なのに何でこんなに気持が良いの…」


部長「私は中に絶対漏らさないから…妊娠は大丈夫だが、それより私とのSEX…昨日SEXしたばかりの…上条君と比べてどうだね?花婿の上条君に報告するみたいにカメラに言いなさい?」


友子「はぁ…はぁ…上条さんと昨日ゴム付でSEXしたばかりだけどぉ~今はぁ部長さんと生でSEXしてるのぉ~部長さんのオチンチン…マサルさんの物と…全然違う~気持ち良過ぎる~部長さんに硬いオチンチン奥まで挿れられて…子宮にグイグイってずっと生でキッス…されてるの~」


部長「花婿のチンポじゃ友子のコリコリ凸には満足に…届か無いのかい?」


友子「そうなの…婚約者のマサルさんのオチンチンじゃ届か無い…コリコリ凸を部長さんに愛されてるの…鉄みたいに硬いオチンチンの先っぽで…強くずっと…赤ちゃん作るトコの入り口をキスされてて、オクチ(子宮口)が開いちゃう…」


部長「おおお~ずっと…生で合わさってるから熱く成って…友子にとっての大事な部屋の入り口が開いて来るの…亀頭の先っぽにも伝わるぞ…」


友子「ごめんなさい~上条君…部長さんのオチンチンは凄いのぉ~奥まで凄く当たってる~元彼よりも…もっと硬いからぁ~ワタシのコリコリ凸を押されると~オクチ(子宮口)の穴がパク・パクって成るの~お汁溢れてくるのぉ~段々…赤ちゃん作るトコの穴が開いちゃうのぉ~」


部長「友子…上条君のと私のチンポと、どう違う?説明してくれたまえ…」


友子「部長さんの…オチンチン…硬くて…太くて…長くて…ああ…婚約者の上条さんのとは、比べ物になら無い位…カリが張ってて…逞しくて…気持良い~」


部長「これが雄のペニス(男性器)なんだよ…友子の子宮口が私の亀頭の先にネットリと絡み付いて来てるぞ?」


「あんっ…凄いっ…本物ペニス良いっ…でもっ…やっぱり…パイプ繋いだんならゴム付けなきゃ…部長の赤ちゃん…出来ちゃう~妊娠しちゃう…」


部長「おおお…友子の…コリコリ凸の穴(子宮口)が…私の先っぽを咥え込んで離さ無いぞ?」

友子「…駄目…危ない日なのに~明日…結婚式なのに…上条さんのオチンチンじゃ無いのに…子宮がオクチ一杯に拡げてるよぉ~」


部長「もしかして…友子の子宮が…花婿の上条君より先に私の子種で受精したがってるのかね?」


友子「違いますよぉ~ワタシの意思とは違って…オクチの穴が…勝手に開いて…子宮口が亀頭を咥えたがってるだけですからぁ~子宮のナカにオチンチン挿っちゃったら…精液…漏らさ無くてもカウパーだけでも…部長の赤ちゃん妊娠しちゃぅ~」


部長「太田君…安心しなさい…中出ししても絶対妊娠しない薬を病院で貰って私は持ってる…絶対に大丈夫だから」


友子「えっ?今はそんな…お薬有るのですか…?」


部長「パイプ繋いだ時に病院で貰っておいた…薬…アフターピルっての…飲んだら中出ししても着床し無いから…妊娠は大丈夫だからね…」


友子「あんっ…大丈夫でも…中出しは駄目ぇ…ゴ…ゴム付けなきゃ…危険日は…まだワタシ…上条さんに中で出された…事無い…でも…ああ~んっ生ぁ…気持良いよ~」


部長「そうだろう?…大丈夫だから…花婿には遠慮しないで良いから…私の生チンポが、どんな感じで気持良いのか…もう一度カメラに言ってごらん?」


友子「…部長さんのオチンチン…元彼のよりも凄く硬いです~婚約者の上条さんのオチンチンと…比べ物に成ら無い位…おおきくって…奥まで…もう子宮のナカにまで…挿ってしまいそう…なのぉ~」


部長「もう…数時間も友子の膣内を生肉棒で掻き回しておる…アソコ全体がもう私の形に成ってしまいよる…友子は痛くは、無いのかね?」


友子「…も・もう…痛いとか…伸びたとか~分んないですけどぉ~奥の挿っちゃいけない所の…オクチ(子宮口)に…さっきから…部長の…先っぽ…刺さっていて…とっても…気持ちが良いんですぅ~」


部長「友子は…良いのかい…明日は結婚初夜で始めて花婿の上条君との生SEXの解禁日なのに…子宮って言うのはだね…若い2人が結婚して…これから子作りをして、大事な赤ちゃんを育てる為の部屋なんだ…こんな中年のドス黒いチンポが…先に侵入しても良いのかい?」


友子「いいんですぅ…もっと…もっと…子宮の奥の奥まで…オチンチンを突き挿れて下さいぃ~部長の硬いオチンチンで~ワタシの淫乱な中古子宮を串刺しにして下さい~ナカのオクチ(子宮口)もガバガバに躾けして下さいぃ~次は騎乗位したい~子宮のナカにオチンチンが挿り易いからぁ~」


子宮口の穴も大きい友子はウテルスSEXが可能みたいでした…それと言うのも元彼の加藤の子供を胎堕するとき3ヶ月過ぎてギリギリだったのです…

其の後…胎堕から半月程度しか経って無いのに直ぐに部長との100回以上の肉体関係が始まった訳ですから…お分かりでしょう…ずっと妻の子宮口は開いたままです友子の肉体は妊娠し易い体と言う事です…


部長「…自分で激しく…腰振って…亀頭の先っぽ大事な子宮に擦り付けて…そんなにしたら…友子…私は…出しちゃうぞ?」


友子「あんっ~子宮が受精しちゃう~上条さん以外の赤ちゃんまた孕んじゃう~でも…気持ち良過ぎて止まん無いです~あは・あはっ…本当に腰が止まんないんです~もっと…もっとぉ…子宮…穿って~ワタシの中古子宮もっと躾して~ 」


完全に堕ちた?友子は自分の子宮の事を「中古子宮」とまで言っていました…


部長「友子の中古子宮を以前みたいにもっと躾けてあげるから…もう一度…正常位しないか?あの頃はパイプカットしてたから子宮内で射精しても平気だったが?…結局ゴムは?どうするのかね?」

友子「もし部長の赤ちゃん孕んでも…後でお薬飲めば流れちゃうんですからぁ~生オチンチンのままで大丈夫です~」

部長「生チンポのまま…友子の子宮に躾けしても…かまわないんだな?」

友子「上条さんには…絶対に真似の出来無い…子宮のナカを奥までもっと~躾けして欲しい~」

部長「そうかい…友子は子宮口だけじゃ無くて子宮の内部までも私に…躾けして良いんだね…友子は…どういう躾けが…して欲しいんだい?ちゃんと言葉にして言ってごらんなさい…」


友子「上条さんと知り合う前まで毎日の様にしてた…今キスしてる…コリコリ凸の穴からぁ~部長の鉄みたいに硬いオチンチン子宮のナカに…突き挿れるのぉ~行き止まりまで~全部…串刺しにしてからぁ一番奥の所で~タップリ赤ちゃんの元…注ぎ込んで下さい~卵管にも直接…部長の子種汁飲ませて欲しいのぉ~」


婚約者の友子は私との結婚式前夜に部長と生SEXしてただけでは無くて部長の避妊の申し出を断りゴムを付けさす処か自分から…生でウテルスSEXまでオネダリまでしていたのが現実でした。


部長「ホラ・ホラ…花婿の粗チンポじゃ届かない大事な子宮口をガンガン突いてるぞ?…上条君の代わりだが…」


友子「…婚約した上条さんのオチンチンより…代わりのオチンチンが良い~気持ち良い…気持良い~早くぅオチンチンで…子宮を突いて~突いて~貫いて~上条さんとの…大事な赤ちゃんのお部屋を奥の奥まで全部躾けして下さいぃ~」


調子に乗った部長は「代わりのチンポが有るなら…もう…明日結婚する婚約者の事どうでも良いだろ?奥まで届かない…役立たずの花婿のチンポは忘れても良いだろ?もう子宮も俺との赤ちゃんの部屋で良いね?」


友子「代わりチンポで…良い~結婚式も上条君も…どうでも良い~子宮も部長の赤ちゃんの部屋に成っても良い~」とまで言っていました…


部長「私もソロソロ…逝きそう何だが?友子はドコで出して欲しいのかな?」


友子「勿論…子宮のナカに…上条さんとの赤ちゃんを作る為のお部屋に先に部長の熱い精液を一杯注ぎ込んで下さい…使い古しのワタシの中古子宮に駄目出しして下さいぃ~」


部長「良いのかね?パイプ繋いだから…妊娠するかもしれないぞ?太田君はそれで良いのかね?後でちゃんと薬は飲むんだよ?」


友子「薬も要ら無いです~飲ま無いですぅ~ワタシ部長の事…愛してるんです…部長の赤ちゃんなら本当に…妊娠してもいいんですぅ~孕んだらぁ~産ませて下さいぃ~」


部長「太田君の気持は十分に分った…孕んでも堕ろせとは言わない安心して産みなさい…後の事は2人で考えよう…」


友子「ああ~ん…部長…友子って言ってぇ~」


部長「うっ…友子…友子…友…あっ…ううっ、出るっ…どく・どく・どぴゅ・どびゅ・どぴ・どぴ…」と射精の音がここまで聞こえる感じでした…


友子「ひぃっ…ひゃあんううう…はうんんっっ…子宮のナカに…大事なお部屋の奥に…ドクドクって~中出し…久しぶりぃ~やっぱり中出し…気持ち良い~」


部長「はぁ…はぁ…だけど…友子…明日はちゃんと、上条君と結婚式はするんだよ人妻に成っても、私が旦那の代わりに、何時も友子を可愛がって上げれるからね…」


友子「嬉しいです…これからも…ワタシを可愛がって下さい…部長にずっと付いて行きます…」


第18章 部長の子供欲しい…


次のDVDもホテルの部屋でした、作成した動画フォルダの日付はなんと出産の3ヶ月後の友子が会社に育児休暇の申請をしに行った日です…

内容はモロにハメ撮り動画でした友子は既に部長に正常位で嵌められた状態でした…アヘ顔がモニターに映っていますカメラは、部長が手で持って撮影している状態でした…


部長「おおお…友子のアソコ昔よりも…随分狭く成っておるんでは無いかね?」


友子「はい…子供産んだ時に有る程度…整形と縫合して貰いました…」


部長「おおお…狭くて…処女の様なオマンコだよ…生娘とSEXしておる様だぞパン・パン・パン・パン・パンッ」


友子「あーん部長のおチンポ~おっきい…好きぃ~大好きぃ~もっとぉもっと奥までぇ~ジョコ・ジョコしてぇ~してぇ~」


部長「友子が会社に戻って来ることが決まって良かったよ…久し振りにこうして君と愛し合えるんだから…因みに旦那とはSEXしてるのかな?」


友子「してません~あの人全然構ってくれ無いからぁ~でも主人とSEXしてもワタシ…満足出来無いし~全然SEXしてませんよ…」


部長「こんな淫乱な奥さんで上条君も気の毒に…折角縫合して治ってキツキツなマンコに成ったのに…良いのかい?旦那よりも私が先に挿入してても…」


友子「主人の事は…いいんですぅ~部長…もっと激しく掻き混ぜてぇ~友子のぉ~キツキツなオマンコをガッバ・ガバに拡げて下さいぃ~部長のおチンポの形を友子に刻み込んでぇ~部長のサイズに早く成りたいの~ガバガバに戻して下さいぃ~使用済みにして下さいぃ~」

部長「大丈夫なのかい?上条君だって友子のキツキツなアソコ楽しみに待っておるのでは無いのかい?」

友子「いいのぉ~キツキツでもぉ~どうせ…主人のペニス短いからぁ~ワタシの好いトコまで強くは…愛せ無いんだからぁ~」


部長「まあ…私が…ずっと上条君の代わりになれれば、良い事なんだがね…少し気の毒でな…」


友子「只でさえ…主人は逝くのも早いからぁ~キツキツの膣口だともっと早そうだし…お先に部長にガバガバ緩くして貰ってからで無いと…何だか勿体無い感じがするからぁ~」


部長「其れも困った…問題では有る…ペニス増大とか色々方法が有るだろう?」


友子「無理ですよ~主人めんどくさがり…ですからぁ…」


部長「彼も、男なんだからソロソロ君に…SEXさせてて欲しいとか…2人目の子作り計画だとか…言って来無いのかね?」


友子「言わないですよ~SEXしたい素振りはたまに見せるけど…要ら無いです~役立たずの短いチンポはもう要ら無いです~主人の赤ちゃんも、もう要ら無いんですぅ~部長の赤ちゃんなら欲しいのぉ~今日は中に出して下さいね…」


部長「…今日は中出ししても良いのかね?出産してまだ…3ヶ月も経って無いんじゃないのかね?まだ子供…出来易い体じゃ無いのかね?年子は之位で仕込む物なんだけど…」

友子「そうですぅ~子宮口もまだちゃんと…閉じ切って無いんですぅ~子供産んでまだ3ヶ月の~ワタシの子宮口の大穴に久しぶりに部長の硬~いおチンポを~奥まで…ぶち込んで下さいぃ~」


部長「よし…それなら今日は…私の子供孕ませてやるかね?年子でも作るかね…帰ったら上条君にも一応中出しさせときなさい…」


友子「そぉ~挿ってるぅ~子宮が下がってるし~オクチが空いたままだからぁ~部長のおチンポ半分位…子宮のナカまで挿ってるぅ~気持いい~」

部長「本当に大丈夫かね?こんなに内臓のオク深くまで…子宮内にペニスを直接挿入して痛く無いのかね?」

友子「大丈夫ですぅ~今まで…使い過ぎて…突かれ過ぎて…子宮はもうボロボロなんです…子宮コリコリ凸穴も痛みは殆ど感じません…それより今は死んじゃう程…気持がいいですぅ~幸せです…部長このまま中に出して…今度は部長がワタシを孕ませて下さいぃ~」

部長「うぅ…子宮口がコイクチみたいに…竿を締め付けてきおる…友子出すぞ…子宮に直接…出すぞ…」

友子「出して~出してぇ~部長の子種汁…ワタシのボロボロ中古子宮が破ける位にタップリ…出してぇ~」

ここで動画が終わりました…寝室に行くとバツが悪そうな友子は「子供の様子を見に行く…」と言ってそそくさと寝室から出て行きました合計3回TVモニターに射精をしてしまいました、其の日は妻とのSEXは出来無く成ったのは言うまでも有りません…

高校時代に部活で水泳部に入部したら女子の先輩におもちゃにされていた。

私は45歳になる会社員です。人並みに結婚もして、子供もいます。最近、この投稿サイトを見つけ、いろんな投稿を読んでいるとみんな結構すごいんだなと妙に感心しています。それで、さかのぼること30年。高校時代のことを私も投稿してみようと思いパソコンに向かっています。
高校は、私立の高校に通いました。この学校、もともと女子高で、私が入学した年が、共学1年目でした。滑り止めで受験し、本当はもちろん公立に通うはずだったのですが、受験直前に、体調を崩し、この学校に通うしかなかったというのが実際でした。周りの友達からは、本当は計算して、女子の中に入りたかったんじゃないかと冷やかされました。入学すると、まだ、共学1年目ということもあり、クラスで40人くらいのうち、男子は10人いるかどうかの程度でした。
私は、小学生のときに近くのスイミングスクールに3年通っていて、中学ではやめていたのですが、高校ではまた、水泳がしたいと思って、部活も水泳を選びました。本当に純粋に水泳がしたかったのです。その学校の水泳部は、当時県内では強豪高とまでは行きませんが、毎年数人は県大会に出ているくらいの学校でした。私は何人か声をかけて、男子部員の仲間を増やそうとしました。
結果私と同級生の男子部員が私を入れて5名入部することとなりました。それに対し、女性はというと、3年13人、2年15人、1年18人という大所帯。私たち男子部員には更衣室も与えられず、女子部員が用意する前に、プールサイドの隅っこで、こそこそ着替えるようにしていました。
当時の競泳用の水着はいわゆる『ブーメランビキニ』が主流でしたので、私たちも、例外なく、そのタイプで用意することになりました。なにせ、男子5人に対して、女子が40人以上の水着姿がいるわけで、高校生の男子が正常な状態で入れるわけがありません。
用は、練習中ずっと勃起状態になってしまうのです。
1年は、プールの中に入って泳ぐ時間はわずかで、プールサイドで、トレーニングしたり、先輩の泳いでいるのを、声だしで盛り上げたり、タイム計るなどがほとんど。
女子の先輩がすれ違うたびに
「どの娘がお気に入りなの?そんなに大きくしちゃって!」とか、
「本当は女子の水着が毎日見たいだけじゃないの?」とか、
言われる始末。おまけに顧問の先生(女子)にまで、
「今度5人のうち誰が一番のモノか見てみようか?」
なんて、ほぼセクハラのようなことを言われていました。
それでも、6月の大会で、そこそこの成績を収め、私は泳ぎで先輩たちにアピールすることができました。

そして7月、夏休みに入り、3年生最後の大会も近づいてきたころ。5日間の合宿をすることになりました。3年は最後ということで、全員何かしらに出場するため、全員参加、2年も半数くらいは参加していました。1年はこの大会には出られないので、参加は自由となり、女子はそれでも半数くらいはいたでしょうか?先輩の身の回りの世話などで、指名されていたようです。男子はというと、私は全員参加だと聞いて、参加したのですが、実際着て見ると、なんと私1人。後2人参加予定でしたが、私用などで不参加となったようです。私は女子だらけの中1人で5日間耐えられるのか不安で仕方ありませんでした。

そして、その不安は初日から的中してしまったのです。
合宿は、近くの宿泊施設つきのところで行われ、私も完璧に用意し参加したはずでした。しかし、先輩たちの荷物を同級生の女子たちと運んでいる際にどうも、先輩にやられたようなのです。
それは、私の水着をまったく同じものでサイズの小さいものに入れ替えられていたのでした。それは、練習に参加するために着替えようとして直ぐにわかりました。どうやってこんなもの探したのかわかりませんが、水着には、ジュニアのLサイズと表示されていました。いわゆる小学生用。よくウエストとか脚とか入った名と感心するくらいです。というか、一番大事な部分を隠そうにも隠せないというか、腰を上げると横からタマタマが出てきそうだし、かといって、下げるとチンコの頭が納まらないのです。もちろんお尻も割れ目の1/3くらいは出てしまって隠せそうにもありません。さらに、問題なのがサポーターを取り上げられてしまっていたことです。正直、チンコとタマの形がくっきりとしていて、卑猥という表現しか思いつかないくらいでした。
「佐山君!まだ着替えてるの?みんな待ってるよ!早くしようよ!」
同級生の女子が、外で待ってくれているようでした。私はトイレに行ってからと嘘をつき、先に行かせました。しかし、これがさらに恥ずかしい状況になってしまったというか、全員が私に視線を向けてしまっているのです。
もちろん、こんな格好させられ、すでにチンコはフル勃起状態。まさに1歩進むたびに上からはみ出さないか不安でした。
「佐山君、時間厳守だよ!次は気をつけてね!お仕置きしちゃうからね!」
部長の言葉は優しいようで、意地悪です。だってこんなもの3年が用意したに決まっています。
「先生!佐山君の水着、おかしくないですか?いつもより、ずいぶんちっちゃいように見えます。女子ばかりの中で、あんな格好していいんですか?」
私は反論したかったのですが、とてもそんな状況でもありません。何せ1人です。
「佐山君!試合前の重要な合宿の初日に不謹慎ですね?それとも、私たちに自分のが大きいということのアピールがしたいの?それか、見てほしいとか?見られて興奮しちゃう?」
とても先生と思えないかぶせてきます。
「佐山君、それでいいから、全員の前で、ラジオ体操やってよ!いつも通りしっかり伸ばして、曲げなきゃだめだからね!」
さらに部長の言葉が続きます。そう、いつも、最初はラジオ体操で身体をほぐすところからスタートしています。でも、やったら確実にはみ出てくること請け合いです。
私は1人前に立ち、目の前には30人くらいの女子たちが、体育座りで私のことを見上げています。
先生は用意しているデッキにスイッチを入れ、ラジオ体操が始まりました。
「1,2,3,4、、、、」
デッキの音にあわせ、身体を動かしました。
予想はされてはいましたが、しばらくして直ぐに水着のウエストがめくれて、チンコの先が覗いてきました。
「イヤアーっ、ちょっと、見て!はみ出てるし!佐山君隠してよ!」
見せたいわけではないのですが、出てしまうのです。
いったん隠して、続けているとまたはみ出ていきます。
先のほうを気にしていると、今度は右から、左からもタマが出てきます。
前を気にして、上に上げていると、だんだんと、お尻の方が下がってしまい。割れ目どころか、お尻全開にになりそうです。
何とか第一を終えて、ほっとしていると第二もやるように指示が飛びました。
「水着が気になって、ろくにたいそうできてないでしょ?それ取っちゃったら?佐山君要らないでしょそれ?ていうか、大きくなったものを見て欲しいんじゃないの?正直に言わないと、5日間毎日続くよ!これ、どうなの?」
「先輩!佐山君かわいそうです。もういいんじゃないんですか?練習にしましょうよ。佐山君も断りなよ!」
恐る恐る、かすかな声で、同級生の女子が反論してくれました。
「佐山君は、集合に10分も遅刻したの!部の決まりは5分前行動!15分は大きいの。今後佐山君が遅刻しないための処置です。それか、井上さん、あなたも一緒にやる?これをさあ。」
「そんなあ、、、。」
井上さんは、入部したころから、私のことをよくしてくれていた同級生でした。先輩たちによくからかわれたりしていましたが、そこまでの関係ではありません。でも、井上さんにそんな破廉恥なことさせられません。
「僕が遅刻したんで、、。井上は関係ないです。」
「じゃあ、佐山君はどうしたいの?自分で意思表示しなさい!」と先生。
「今から、水着を脱いで、第二をやるから、見てください。」
「じゃあ私たちは体操している佐山君を見てたらいいわけ?どうなの?」とさらに先生。
「全員女子ばかりの中で、いつも練習中に勃起させている僕のチンコを見てください。お願いします」
「そんなに言うんだから、しょうがないよね、部長、、。本人からのお願いだし、いいよね、それで、、。」
「そうですね、、。見てあげましょうか?いい、みんなも?みんなで見るから。イチヌケなしだからね!」
そういうと、水着をずらし、私はみんなの前で全裸になりました。
小さな水着に押し込まれていたチンコは開放され、「ブルンッ」とひと振るえして露出しました。タマも興奮し、グットと上に競りあがっています。
「かわいいじゃん!さっきぽ、皮かぶっているし、、、。佐山君その皮むいてからスタートだよ!」
私は自らの右手で、皮をむき、亀頭をさらけ出しました。すでに先走りで少しぬれていました。
「じゃあ、はじめるね、もう気にすることないし、ちゃんとやってよ!」
デッキにスイッチが入り、私は第二体操を始めました。
何とか最後までやりきりました。もう恥ずかしさのかけらもありませんでした。むしろ、見せ付けてやったといったくらいの気持ちです。
そのことをきっかけに、私は先輩たちにかわいがってもらいました。合宿の間中、夜になると、先輩の部屋に出向き、裸で自分を慰め、発射するところを見てもらっていました。しかも、先輩の部屋全部で3部屋あり、3部屋はしごで、順に同じように自分で慰め、発射するところを繰り返していました。
当然その代償として、同級生からは、変態扱いされ無視されてしまう始末。それでも、夜のことを思い、昼間毎日の勃起させて、練習時間をすごしていました。

合宿最終日、すべての練習も終わり、全員で最終ミーティングを行いました。
「それにしても、佐山君、5日間よくがんばったね。何かして欲しいことある?」
と部長から一言、
「最後にもう1度、みんなにオナニー見てもらいたいです。いいですか?」
「へえ?そうなんだ?佐山君って本当に変態なの?まあいいけどね。見てあげるから、脱ぎなよ!」
私はみんなの前で素っ裸になり、ゆっくりとしごき始めた。徐々にチンコは硬くなり、先がぬれてきました。
「沙希ちゃん!ごめん、僕はこんなに変態なんだ!沙希ちゃんことが一番好きだけど、、こんな僕だし無理だよね、、、。本当にごめんね、、、。でも、いま沙希ちゃんの水着姿想像してこんなにしているよ、、、。近くでみてくれないかな?」
そう、沙希ちゃんとは、初日にフォローしてくれようとした、同級生の女子、井上さんです。
すると、沙希ちゃんが近くに寄ってきて、チンコに顔を近づけてきました。においをかいだり、形を見たり、もう私は好きな子が近くで見てくれて、もう耐えられませんでした。
「うっ、、。いっちゃうよ、、、。あーーーっ、、、。もうだめだ、、、。」
そういって、すべてを吐き出すように射精しました。
沙希ちゃんは私の汚れたチンコを持っていたティッシュでふき取ってくれました。

それから、ほかの4人の男子部員には秘密の事として、3年間過ごしました。その後も、私の扱いは、卒業するまで変わりませんでした。この変態癖をなくして結婚しようと思い、結構時間かかりました。
今は、また別の意味で、普通の生活をすごし、幸せではあります。

高校教師している彼女の教ええ

最悪な修羅場が起こった。
同い年の彼女は高校教師をしており進路指導と生徒指導を兼任していて残業が多い。
忙しくて中々会えない彼女がいるのにデリヘルを呼んでしまった。

風俗ってどんなものなんだろう。
興味本位で一度だけと思い風俗のサイトを覗いた。
容姿端麗で巨乳の子が顔写真付きで載っていて逆に顔出ししていない子の方が多いのに驚いた。

俺はスレンダーな子が好きだから一番背の高い18歳の若い女の子を指名することにした。
まだ体験入店らしい。顔出しNGだが教師目指すクールな女の子と書かれていたのも魅力的だった。

ワクワクしながら待機してるとインターホンが鳴る。胸をバクバクさせながら待つと意外と地味な服装の女が現れた。
身長は170とプロフィールに書かれていた。胸は小ぶりだが膨らんでいる。
Cカップくらいだろうか?
水色のストライプシャツに紺のAラインスカート。教師を目指しているとあったが本当に先生のように見えた。

「こんにちは。華です。」
切れ長でキツい目はモロ好みだったが18に見えないので念のため年齢を聞いた。

「いくつ?」
「ホームページに書いてあるんですけど見てないの?」
「あー、いや大人っぽいから。」
「本当に18。この間まで制服着てたけどコスプレ扱いされてた。」
「えー、うそ。」
「私の学校、体育祭では先生チームが制服着て走るのが恒例なんですよ。制服姿の担任と写メ撮ったら先生の方が生徒みたいって笑われて。」

そういえば体育祭でコスプレすると彼女が言っていたなと思ったが嬢が高校名を教えてくれるはずはない。仮に彼女の学校だとしても4クラスしか授業を持っていないと言っていたから大丈夫だと思った。
そういえば俺の学校でも文化祭で先生が学ランを着て踊っていた。

「でも大人っぽい。ドキドキしちゃう。」
「こういうことする彼女いないの?」
「いるよ。」
「えー、今から来たりしないよねー。」
「怖いこと言うなよ。」
「あはは、じゃあ先シャワー浴びていいですか?それか一緒に入ります?」
「別々で。後で裸、ゆっくり堪能したいから。」
「じゃ、お先に。」

ブルーのブラジャーとパンティ姿になった彼女はスレンダーで腰がありえないくらいくびれていた。
胸を触ると「あぁぁ…。」と喘ぎ出すが明らかに演技くさかった。
「今、演技してるでしょ?」
「え、分かる?」
「彼女胸触っただけじゃ逝かないから。経験ないの?」
「一人だけ。AVで女優さん首筋舐められただけで喘いでたから。演技やめるからお兄さんイカしてよ。」
「おけ。」

ピンク色の乳首を吸うと、「あぁぁ…」と今度は本物の喘ぎ声が出てくる。「痛い、痛い!」と正直な感想が出てきて弱める。
「彼女さん胸大きい?」
「大きいよ。」
「え、じゃあ風俗いらないじゃないですかー。」
「彼女とは仕事が忙しくてレス気味だからね。」
「あー、男の人溜め込んだらヤバいらしいもんね。」

下半身を見るがマ○コはピンクで経験ないのが分かった。
風俗=セックスと思っていたが挿入行為は出来ないらしい。
「ごめんね。」と言いながらフェラをしてくれた。
経験少ないと思えないくらいうまかった。
「良いの?先生がこんなことして。」
「まだ、一回生だもん。」
「何の先生なるの?」
「小学校。」
「どうして?」
「高校の先生が良い人だったの。でも全教科教えてみたかったから小学校にした。」
「へえ、良い先生に巡り会えて良かったね。」
「うん、てかお兄さん大きい。彼女大満足じゃん!」
「痛いって言うんだよね。俺が初めてじゃないのに。」
「そりゃこの大きさじゃ怖いよ。挿入できる店だったら絶対断ってた。」

彼女の口が俺の精液を吸っている。
この仕事は嫌々なのか、たまに嫌そうな顔を見せるが愛想笑いで誤魔化しているので何か事情あるんだろうなと思った。

「顔にかけていい?」
「いいよ。記念にパシャしちゃう?」
「怖いからいい…。」

ピンポーン。
「○○、いるんやろ?」
「ごめん、風呂上がりで服着てないんだ。着てからでいいか?」
「え、ホンマ?ごめん。」
「彼女家に上げるの?」
「靴持ってクローゼット隠れてくれないか?」
「分かったけど20分で上がるよ。お兄さん最後の客だからね。それより長引いたらお金とるよ。」
「分かった。いくらでも払うから。」

「〇〇、まだ?」
「あ、いいよ。入って。」
「Hもした仲なのに裸恥ずかしい?」
「うん、やっぱな。」
「もう、どうしたん?顔色おかしいよ。浮気でもしてたー?」
「な訳あるかよ。」
「あれ、クローゼット光漏れてへん?何か入ってる?」
「あ、そこは!」

最悪の結果だった。
「何してんの?あんた18歳相手に浮気してたの?」
「なんで、知ってるの?」
「先生違うの、これは…。」
「何が違うっていうん?」
「ごめんなさい。でも…。」
バシッと平手打ちをする彼女。
華の頬から赤い血が流れる。

「私は風俗嬢です。だから知らなかったんです!」
「ホンマ?」
「その怒ると思うけど…。親が独立させてくれないから。この人私の本名知らない。」
「女性として一番最低な仕事やんか。なんで自分大事にせえへんの?」
「風俗やめます。ごめんなさい。」
「分かった。でも○○は店出禁にしてくれる?」
「うーん、無理やり本番迫ったことにしていい?そしたら系列の店も使えなくなるから。」
「いいよ。じゃあ真面目に大学行くんやで。あと、これ治療費。」
「いらない。さよなら。先生。」

結果として俺は次やったら別れるということになった。
彼女と華は隣のクラスで教科担任だったという。
卒アルをこっそり見ると一際大人びた華の顔があった。
華の本名は古風で昌子みたいな名前だった。卒アルには今までありがとうと書いた寄せ書きも挟んであり罪悪感に苛まれた。
しばらくして家に菓子折りと謝罪文が届いたのち華は失踪した。友達や親にも知らせず、大学は辞めたという。
ある意味俺の責任かなと思う。

結婚初夜に蹂躙されて知った嫁の過去

今日は、大学時代から6年の付き合いの優子との結婚式だ。優子とは、大学2年の時に友達の紹介で出会った。たまたま趣味が同じ映画鑑賞で、一緒にちょくちょく映画を見に行ったりするうちに、優子の方から告白してくれた。

ナヨッとして、男らしさの欠片もない僕は、それまでモテたこともなく、女の子と付き合ったことも一度もなかった。
それどころか、女の子と二人で映画に行ったり、デートっぽいことをするのも、優子とが初めてだった。

それに引き替え、優子はかなり可愛いと思う。大島麻衣の前歯を引っ込めたような感じだと思う。そして、着衣の上からでもはっきりわかるくらいの大きな胸をしている。お尻もちょっと大きめなので、外人さんみたいな体型だなと思う時がある。
そんな風に、僕から見たら違う世界の人間に思えるほどイケてる優子だったので、僕は最初からあきらめていた。

なので、逆に意識せずに接することが出来たのだと思う。付き合えるなんて夢にも思わずに、同姓の友達に接するような態度で接していた。

『浩くん、私たちって、付き合ってるんだよね?』
映画が終わったあと、コーヒーショップでクッキーを食べながら、急に優子が言ってきた。
この時の僕は、本当にフリーズしていたと思う。一瞬、意味がわからず、
「え? 今日?」
とか、意味不明の返答をしてしまった。

『今日からなの?』
不安そうな顔で聞く優子。
「い、いいの?」
情けない聞き方をする僕。
『私は、もうずっと前から付き合ってるつもりだったよ……』
寂しそうに言う優子。僕は、あぁ、これはドッキリだ……アイツが僕をハメる為に、優子を紹介したんだ……と、優子と紹介してくれた幹久のことを疑った。

でも、耳まで真っ赤にして、少し震える声で言う優子を見て、僕に奇跡が起きたことを理解した。

「ぼ、僕、絶対に幸せにする! 優子ちゃん、絶対に幸せにするから!」
と、優子の手を握り、場所もわきまえずにデカい声で言った。
『はい、お願いします』
優子は、少し涙目になりながらそう言ってくれた。

それから、幸せな時間が始まった。優子は、その可愛らしいルックスからは信じられないことだけど、僕が初めての男だった。デートも初めてで、当然キスも僕が最初の相手だった。

初めてキスをしたときのことは、一生忘れないと思う。始めて女の子と行った遊園地のデート。家族としか行ったことがない浦安の遊園地で、初めてキスすることが出来た。

女の子と手を繋いで遊園地を歩く。それだけで、こんなに幸せな気持ちになれるなんて、全然知らなかった。
そして日が落ちて、雰囲気も良い感じになってきたとき、優子が腕を組んできた。

そして、豪華客船が見える橋の隅で、初めてのキスをした。偶然だけど、キスをした瞬間に花火が上がって、まるでドラマみたいだった。
ぎこちなくキスをしたあと、
『……もっと……』
と、優子は照れながら言った。そして花火が上がる中、もう一回キスをした。さっきよりも長く、思いきり抱きしめながらした。

そしてキスを終え、唇が離れると、潤んだ瞳で僕を見上げながら、
『ずっと一緒にいて下さい……』
と言ってくれた。

僕はその言葉を忠実に守り、今日の結婚式を迎えた。

今日の結婚式は、優子の希望で、小さな町の中の教会ですることになった。結婚式用の施設ではなく、英会話教室や音楽教室などがくっついている、町のコミュニティとしての教会で、式を挙げているときでも自由に他の人も見ることが出来る、オープンな教会だ。

優子は、ここで幼稚園の頃に英会話を習ったり、小学生の時にはヴァイオリンを習っていた思い出の場所ということだった。たまに結婚式があると、幼い優子は胸をときめかせて、いつかは私も……と思っていたそうだ。

せっかくの結婚式なので、もっと豪華な場所でとか、双方の両親が言ったりもした。費用も出してくれるという話もあったのに、結局優子は折れなかった。

でも、グッと費用も安くすむし、これからのことを考えると、賢明な選択だと思う。

ウェディングドレスを着た優子は、本当に綺麗だった。

小さな教会で、親族以外にも、たくさんの人に見られながら式が進む。
優子と一緒にろうそくを持って、テーブルを回って火をつけたりした。
本来、この教会ではこんな事はしないのだけど、優子の両親のたっての願いで、テーブルを無理矢理運び込み、キャンドルサービス的なことをした。

でも、やって良かったと思う。初めての共同サービスみたいな感じで、身が引き締まった。そして、親戚とか、優子の友人や、中学時代の恩師などとも挨拶が出来て、そう言う意味でも良い経験だった。
優子の友人達は、どの子もいい子だと思った。性格の良さがにじみ出ているような子ばかりだった。
そして優子の恩師も、温和そうで優しそうな人だった。中学の時の担任と未だに交流があるのにちょっと驚いたが、その方も、とても祝福してくれて嬉しかった。

そして、優子が両親に挨拶をして涙を見せたり、優子のお父さんがスピーチをしたり、感動的な場面が続いた。
そして誓いのキスをして、外に出て、ブーケを投げたりした。

緊張で、順番とかも良く覚えていない感じだけど、一生の大切な思い出だと思う。


そして式が終わり、家に帰った。本当は、そのまま新婚旅行に行ったりしたいところだったけど、有給とかの都合で、来月スペインに行くことになっている。

親族達と宴会でもするかと思ったが、気を使ってくれたのか、二人きりの夜を過ごせることになった。

そして、新婚初夜だ。と言っても、すでに1週間前から同居しているし、とっくにエッチもしているので、とくに初夜だから何か違うという事もないけど、やはりどこかドキドキした。

優子と初めて結ばれた日は、とにかく緊張したのを覚えている。僕は初めてだったし、優子も初めてだったので、どうしたら良いのかわからなく、凄く時間がかかった。


痛がる優子に、何度も止めようか? と聞きながら、それでも優子は涙目で頑張ってくれた。

そして、なんとか一つになれた。それは、いままで感じたことがない快感だった。包み込まれるような、締め付けられるような、手でするのとはまったく違う感覚だった。

涙を浮かべて痛みに耐える優子。結局、その日はそれで止めた。僕はイクことはなかったが、全身を幸せが包んでいた。

「優子、結婚しようね」
僕は気持ちが高ぶって、そんな風に言った。
『うん! 傷物にしたんだから、責任取ってね?』
と、涙目で笑う優子に、キスをした。


そして、初夜の今日は、思いきり優子を愛してやろうと思っていた。優子は、初めてのエッチ以来、どんどんエッチが好きになった。
一ヶ月もしないうちに、あえぎ声を出すようになり、二ヶ月目で初めてイケたみたいだった。
それからというもの、会うたびにエッチをするような感じだった。エッチな優子は、嫌いではない。僕が優子の初めてをもらい、僕とのエッチを通して、優子がエッチな女の子になって行く……男冥利に尽きる感じだった。


家で二人きりになり、バタバタと色々とかたづけて、やっと落ち着いてソファに座ると、インターフォンが鳴った。
「あれ? 誰だろう?」
僕がそう言って、インターフォンに向かおうとすると、先に優子が立ってくれた。そしてボタンを押すと、
『はぁい』
と、可愛い声で返事をした。
”お荷物でーす”と、元気の良い声がインターフォンから響き、優子がオートロックを解除した。

「誰からだろう?」
『お祝いかなぁ? もらってくるね!』
嬉しそうに玄関に向かう優子。

僕は、”よろしく~”とか言いながら、テレビを見ていた。たまたま趣味の映画鑑賞の、新作の特集だったので夢中で見てた。
そして、ドアが開いて戻ってきたので、テレビを見ながらだったけど、
「なんだった? お祝いとか?」
と声をかけた。

「こんばんわw」
いきなり、聞いたことのない男の声がした。僕はビックリしてそっちを見た。すると、見たことがない男が立っていて、不敵にニヤッと笑いながら僕を見ていた。

「なっ! え? だ、誰……」
僕は、何が起きたのかわからずに、なんとかそれだけ言う。

すると、男は手に持ったナイフを僕に見せながら、
「静かにしてれば、一切危害は加えないよw」
と、場違いに、にこやかで優しい口調で言った。僕は、そのギラギラ光るナイフを見て、腰が抜けてしまった。恐怖でパニック寸前だったけど、なんとかうなずいた。

そして同時に、優子のことが心配になった。でも、ナイフに血はついていないし、悲鳴もなにも聞こえなかった。無事なはずだと、パニックの中でもなんとか判断出来た。

すると、男は鼻歌を歌いながら、僕の手を後ろに回し、配線なんかをまとめるときに使う、カチカチッと音がするバンドで僕の腕を拘束した。
インシュロックとかいうんだと思うけど、あんな簡単な構造で、簡単に外せそうなのに、力を入れてもびくともしない。
そして男は、ガムテープを僕の口に貼った。一瞬、窒息する! と、恐怖にとらわれたけど、鼻にはかからなかったので、呼吸は出来た。

そして、その状態で僕を抱え上げるようにして、椅子に座らせた。そして椅子と僕を、またインシュロックで拘束した。

僕は、本当に怖かった。この男は、本当に慣れた動きだし、落ち着き払っていた。何度もこんな事をしているとしか思えなかった。
なにをされるのだろう? 殺される? 全身が震えるのを抑えられない。

そして男は、カーテンを閉めて、カーテンの端っこをガムテープで壁に留めたりしている。なんでそんな事をするのかわからないが、嫌な予感しかしなかった。

すると、男は廊下に出て行った。一瞬、ホッとしたが、すぐに優子が危ない! と、泣きそうな気持ちになった。僕は何をされても良いから、優子だけは……そんな焦りと怒りと恐怖で、涙が出てきた。

耳に神経を集中していると、
『きゃぁっ!』
と、かすかに優子の声がした。もう、貧血で倒れそうだった。優子が! 優子が! 誰か助けて!! 必死で叫ぶけど、ガムテで声が出せない。

そして、神経を集中していても、なにも聞こえてこない。なにをされてるのだろう? なんで僕たちがこんな目に?
すると、
『アグゥッ! む、無理○○され○○ころです!』
と、切れ切れに声がした。優子がまだ生きていることにホッとしながらも、痛そうにうめいた声だった。暴力を振るわれてるのだろうか? 怒りで身体が震える。でも、恐怖の方が大きい。我ながら、情けないと思う。


すると、男が戻ってきた。そして後ろには、ウェディングドレスを着た優子がいた。
僕は優子のその格好を見て、もしかして、ドッキリ的な何か? と、一瞬期待した。
でも、縛られた僕を見て目が飛び出そうなほど驚いた顔をした優子。そして、両頬を赤くしながら、涙を流している優子……それを見て、ドッキリではないと思い知った。

「なぁ、目つぶったりするなよ。そんな事したら、優子ちゃんが酷い目に会うよw」
男が楽しそうに言う。僕は、優子に何かされてはいけないと、頭を何度も縦に振った。

すると男は、唇の端をあげてニヤッとすると、いきなり優子にキスをした。僕は、一瞬何が起きたのかわからなかった。お金や物を盗られるとばかり思っていたのに、男は優子にキスをした……そう言えば、わざわざウェディングドレスに着替えさせた意味もわからない。

そして、キスされた優子は、慌てて男を押しのけようとする。
すると男は、いきなり僕の腹を蹴った。一瞬息が詰まり、直後に大きな恐怖が僕を襲った。生まれて初めて人に暴力を振るわれた。僕は、ただただ恐怖に震えていた。

『ゴメンなさい……許して下さい……』
優子が、男に謝罪する。優子も恐怖で怯えているはずだ。
すると男がまた優子にキスをした。優子は、逃げることも出来ず、男にキスをされている。

見ていられなくて、目を伏せようとするけど、男がチラチラと僕を見る。さっきの男の話を思い出し、見たくないそれを見続けた。僕が目を伏せたら、優子が殴られる……そんな思いで、必死で見た。

僕とファーストキスをして、僕としかキスをしたことがない優子。それが、僕の目の前でウェディングドレスを着せれて、見ず知らずの男とキスをしている。
大切な物を汚されて、僕は怒りで目の前が赤くなる気がした。でも、身動きも、声すら出せない僕。

男は、優子の口の中に、その汚らしい舌を突っ込んでいる。そして、チラチラと、得意げに僕を見る。生まれて初めて、人を殺したいと思った。

優子は無抵抗に、男の雑なディープキスを受け続ける。あんなに荒々しいキスなど、当然したことはない。もう止めてくれ……やめてくれ……心の中で叫び続けた。金なら、全部やる! それを言いたいのに、声が出せない。

「ほら、上向いて口開けろ」
男がキスを解き、優子に命令する。やっとキスが終わり、少しだけホッとしたが、すぐにもっと地獄に突き落とされた。
男は、口を開けて上を向いている優子に、ツバを垂らし始めた。少し上から、ツゥーっと透明のツバが、優子の口の中に入っていく。
優子は震えながらも、無抵抗にそれをされている。

「飲み込め」
男が無感情に言う。すると、恐怖からか、すぐにその汚い口の中の物を飲み干す優子。顔が、苦悶の表情になっている。見ている僕ですら気持ち悪くなる位なので、優子の気持ちを思うと、本当に辛い。
「美味しいか?」
男が、馬鹿なことを聞く。そんなわけがない。

『……お、美味しいです……』
優子は、無理矢理言わされている感じではあるが、そう言った。
「もっと欲しいか?」
男が、小馬鹿にしたように聞く。
『ほ、欲しいです……』
優子は、観念したように言う。
「よーし、口開けろ」
心の底から楽しそうな口調で言う男。

優子は、震えながらまた口を開ける。そして、そこに大量にツバを垂らす男。僕は、優子が汚されていくのを、ただ見ることしか出来ない……。

すると男が、無造作にウェディングドレスのスカートの中に手を突っ込んだ。
『イヤァッ! ダメぇ!』
男の腕を掴みながら、優子が叫ぶ。
すると、男はいきなり僕を蹴った。その一撃で、男を殺したいと思っていた怒りが消えて、再び恐怖にとらわれてしまった。

「抵抗するから旦那が痛い目見るんだぜ? そりゃさ、この状況で、膝まで蜜で濡らしてりゃ、内緒にしたい気持ちはわかるけどw」
男が、そんな事を言う。優子が、膝まで濡らしてる? そんなはずはない! 男のくだらないウソだ! そう叫ぶ。でも、声が出ない。
『ち、違います! 違うのぉ……』
優子は、必死でそんな事を言い、僕を見る。そして、さらに言葉を続けようとするが、男が僕を蹴った。
頭が真っ白になり、ただただ怖い……。
「声出すなってw」
男は僕を蹴りながらそう言った。
すると、優子は黙ってうなずいた。

すると男は、優子の肩を掴んで、僕の前まで移動させた。そして、ウェディングドレスのスカートの裾を持ち、引き上げていく。

優子の、綺麗で肉付きの良い太ももがあらわになる。そして、完全にまくり上げられる。優子は、下着を身につけていなかった。そして、アソコからは透明の液体が伝い出て、膝までの光る道筋を作っていた。

本当に愛液があふれ出て、膝まで行っている? 悪い夢を見ている気持ちだ。何かの間違い……そうだ、恐怖で、少し漏らしてしまっただけだ! そう思う僕。

「あ~あ、淫乱っていうのがバレちゃったねw」
男が、悪意の塊みたいな言い方をする。その言葉に、優子が声も出さずに泣き始める。

すると、男はスカートから手を離し、自分のペニスを取り出した。それは、思わず目を疑うようなシロモノだった。
大きく太く、長い……そして、異様なまでに張り出したカリ首が、凄い存在感を放っていた。

「じゃあ、口でしてくれる」
男は、気軽な感じで言う。僕は、言葉の意味が一瞬わからなかった。
でも、優子はすぐに動いた。
男の前にかがむと、一気に男のペニスを口に含んだ。まったく躊躇なく、素直に口に含む優子。僕ですら、してもらったことがないことを……。
きっと、恐怖が大きすぎるのだと思う。従わないと、暴力を振るわれる……そんな恐怖に、言いなりになるしかないのだと思う。


「へぇ、上手いじゃんw 先生に相当仕込まれたんだw」
男が、急にそんな事を言う。意味がわからず、フリーズしてしまった。

「アレ? ゴメンw 内緒だった? 中学の時に担任に処女捧げたって事w」
男は、さらにそんな言葉を続ける。中学の時の担任に、処女を捧げた? この男は、何を言っているのだろう?
すると、優子が男のペニスを吐き出そうとする。でも、男が優子の頭を押さえ込む。

「ほら、サボるなって。ちゃんと先生に教えられた通りしろよ」
男は、さらに意味不明なことを言う。
でも、優子は素直に頭を動かし始めた。
優子の初めてが、こんな形で奪われてしまった……そんな絶望を感じていたが、優子の動きが変だ。
初めてするフェラチオのはずなのに、なんというか、滑らかだ……。
実際、やはり上手いようで、
「あぁ、イク、イクぞw」
と、男はものの数分で限界に達した。

『んンッ!』
口の中で射精されて、苦しげにうめく優子。
「飲むなよ!」
男がすかさず命令する。

もう、許して欲しかった。優子の口の中には、こんな見ず知らずの男の、精液が入っている……。
夢なら覚めてくれ……そんな風に思い続けるしかない。

でも、さっきの男の言葉はなんだろう? 中学の時の担任? 今日来てくれたあの人なのだろうか? 優子は、あの人に処女を奪われた? でも、僕とあんなに苦労して、ロストバージンをしたはずだ。

でも、この時僕は思った。と言うか、あの初めてエッチをした日以来、頭のどこかでずっと気になっていたことだ。
あの時、優子は出血しなかった……ネットで調べると、出血しない事例はけっこうあるみたいだ。でも、それでも気になっていた。ロストバージンして、シーツが一切汚れなかったことを……。

急に、僕の中でパズルが組み合わされていく。今日、中学のT記の恩師が出席したこと、初めての時に、優子が出血しなかったこと……。
男の言っていることは、多分真実だと思う……。


そんな僕の疑念も知らず、優子が泣きそうな顔で僕を見る。口の中に、たっぷりと男の精液を溜めたままのはずだ。

すると、男が台所に行き、コップを持ってきた。
なにをされるのだろう? まったく予測も出来ず、恐怖に怯えるしかなかった。

男は優子に指示をして、口の中の精液をコップに出させた。その量に、唖然とした。ペニスが大きいと、出す精液の量も多いのだろうか? それは、コップの半分に迫る量だった。

「その指輪外してみw あと、婚約指輪も持ってこい」
男が優子に命令する。すると優子は、左手の薬指の指輪を外し、寝室に行き婚約指輪も持ってきた。
あれは、僕が少ない給料で、必死で貯めた婚約指輪だ。ずっと一緒にいてとか、結婚しようねとか言ってくれていた優子だったけど、この指輪を渡してプロポーズしたときは、緊張で声が裏返った。
もしかして、受け取ってくれないかも……そんなネガティブな考えにとらわれていた。

でも、優子は涙を流しながら受け取り、”ハイ”と言ってくれた。

その指輪が、こんな見ず知らずの男の手の中にある……。
そして男は、その二つの指輪をコップに沈めた。
男の精液がたまったコップ……そこに沈んでいく指輪……。
神聖な物が、最悪な汚物に汚されるのを、ただ見るしか出来ない僕。叫びたいが、声も出せない……。

「こうやって浸けとけば、一生俺のこと忘れないだろ? 指輪見るたびに、俺を思いだしてくれよw」
男のキモすぎる発言に、優子が泣き出した。
泣く優子を、嬉しそうな顔で見つめる男。

男は嬉しそうな顔のまま、持ってきていたカバンからビデオカメラを取り出した。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード