萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

処女

30歳の初体験で痛くて泣いた(修正版)

 私は30歳のOL。彼は15歳の中3。
 生まれて初めてできた彼氏。
 ただし、彼は姉のセフレ。
 女の子みたいで可愛かった。30年、地味人生を送っていた私が初めて好きになった男の子。姉に頼んで譲ってもらった。
 初めてだけど30過ぎてるから処女膜なんて腐っているだろうと思ったら大間違い。すごい痛かった。あそこに火箸を刺された様に痛く、思わず彼に抱きついて泣いた。
 私が処女だと知ると彼は自分のテクを試すと完全に弄ばれた。
 その上、処女なのに何度も逝かされた挙げ句、すべて中出しされた。
 マンコが彼の精液と私の処女の血と愛液でぐしょぐしょにされた。
 本当に恥ずかしかった。
 でも、20歳になったら必ず結婚してくれるといった。
 うれしくて泣いた。
 色々と痛い事情を持つ者同士だが何とかやっていこうと思う。
 尚、修正前の投稿を読んだ人はいずれ、私が捨てられるというコメントが多いがそんな事はない。
 痛い事情を話すようで嫌だが私の姉(37)と彼の兄(21)は夫婦である。姉の会社に高校生でアルバイトに来ていた彼の兄は16歳年上の姉を気に入り、猛烈にアタックした。姉は歳が離れているからと最初は断ったが、彼の兄の熱意に負けたのと、私同様彼氏なしの人生が辛かったので交際し、結婚した。で、彼も姉のことが好きだったらしく、可愛い弟との為とセフレぐらいはと彼の兄が許していた。私はそれを知り、姉に頼んで譲ってもらい、彼も性格も容姿も姉に似ている私なら結婚していいよという具合で交際しているのであまり問題はないので捨てられる心配はないのご安心ください。
 さらに痛い事情はあるが書く気が起きないのでこれで終わりとします。

30歳の初体験で痛くて泣いた(修正版)

 私は30歳のOL。彼は15歳の中3。
 生まれて初めてできた彼氏。
 ただし、彼は姉のセフレ。
 女の子みたいで可愛かった。30年、地味人生を送っていた私が初めて好きになった男の子。姉に頼んで譲ってもらった。
 初めてだけど30過ぎてるから処女膜なんて腐っているだろうと思ったら大間違い。すごい痛かった。あそこに火箸を刺された様に痛く、思わず彼に抱きついて泣いた。
 私が処女だと知ると彼は自分のテクを試すと完全に弄ばれた。
 その上、処女なのに何度も逝かされた挙げ句、すべて中出しされた。
 マンコが彼の精液と私の処女の血と愛液でぐしょぐしょにされた。
 本当に恥ずかしかった。
 でも、20歳になったら必ず結婚してくれるといった。
 うれしくて泣いた。
 色々と痛い事情を持つ者同士だが何とかやっていこうと思う。
 尚、修正前の投稿を読んだ人はいずれ、私が捨てられるというコメントが多いがそんな事はない。
 痛い事情を話すようで嫌だが私の姉(37)と彼の兄(21)は夫婦である。姉の会社に高校生でアルバイトに来ていた彼の兄は16歳年上の姉を気に入り、猛烈にアタックした。姉は歳が離れているからと最初は断ったが、彼の兄の熱意に負けたのと、私同様彼氏なしの人生が辛かったので交際し、結婚した。で、彼も姉のことが好きだったらしく、可愛い弟との為とセフレぐらいはと彼の兄が許していた。私はそれを知り、姉に頼んで譲ってもらい、彼も性格も容姿も姉に似ている私なら結婚していいよという具合で交際しているのであまり問題はないので捨てられる心配はないのご安心ください。
 さらに痛い事情はあるが書く気が起きないのでこれで終わりとします。

30歳の初体験で痛くて泣いた

 私は30歳のOL。彼は15歳の中3。
 生まれて初めてできた彼氏。
 ただし、彼は姉のセフレ。
 女の子みたいで可愛かった。30年、地味人生を送っていた私が初めて好きになった男の子。姉に頼んで譲ってもらった。
 初めてだけど30過ぎてるから処女膜なんて腐っているだろうと思ったら大間違い。すごい痛かった。あそこに火箸を刺された様に痛く、思わず彼に抱きついて泣いた。
 私が処女だと知ると彼は自分のテクを試すと完全に弄ばれた。
 その上、処女なのに何度も逝かされた挙げ句、すべて中出しされた。
 マンコが彼の精液と私の処女の血と愛液でぐしょぐしょにされた。
 本当に恥ずかしかった。
 でも、20歳になったら必ず結婚してくれるといった。
 うれしくて泣いた。
 色々と痛い事情を持つ者同士だが何とかやっていこうと思う。
 痛い事情を話すようで嫌だが私の姉(37)と彼の兄(21)は夫婦である。姉の会社に高校生でアルバイトに来ていた彼の兄は16歳年上の姉を気に入り、猛烈にアタックした。姉は歳が離れているからと最初は断ったが、彼の兄の熱意に負けたのと、私同様彼氏なしの人生が辛かったので交際し、結婚した。で、彼も姉のことが好きだったらしく、可愛い弟との為とセフレぐらいはと彼の兄が許していた。私はそれを知り、姉に頼んで譲ってもらい、彼も性格も容姿も姉に似ている私なら結婚していいよという具合で交際しているのであまり問題はないので捨てられる心配はないのご安心ください。
 さらに痛い事情はあるが書く気が起きないのでこれで終わりとします。

30歳の初体験で痛くて泣いた

 私は30歳のOL。彼は15歳の中3。
 生まれて初めてできた彼氏。
 ただし、彼は姉のセフレ。
 女の子みたいで可愛かった。30年、地味人生を送っていた私が初めて好きになった男の子。姉に頼んで譲ってもらった。
 初めてだけど30過ぎてるから処女膜なんて腐っているだろうと思ったら大間違い。すごい痛かった。あそこに火箸を刺された様に痛く、思わず彼に抱きついて泣いた。
 私が処女だと知ると彼は自分のテクを試すと完全に弄ばれた。
 その上、処女なのに何度も逝かされた挙げ句、すべて中出しされた。
 マンコが彼の精液と私の処女の血と愛液でぐしょぐしょにされた。
 本当に恥ずかしかった。
 でも、20歳になったら必ず結婚してくれるといった。
 うれしくて泣いた。
 色々と痛い事情を持つ者同士だが何とかやっていこうと思う。
 痛い事情を話すようで嫌だが私の姉(37)と彼の兄(21)は夫婦である。姉の会社に高校生でアルバイトに来ていた彼の兄は16歳年上の姉を気に入り、猛烈にアタックした。姉は歳が離れているからと最初は断ったが、彼の兄の熱意に負けたのと、私同様彼氏なしの人生が辛かったので交際し、結婚した。で、彼も姉のことが好きだったらしく、可愛い弟との為とセフレぐらいはと彼の兄が許していた。私はそれを知り、姉に頼んで譲ってもらい、彼も性格も容姿も姉に似ている私なら結婚していいよという具合で交際しているのであまり問題はないので捨てられる心配はないのご安心ください。
 さらに痛い事情はあるが書く気が起きないのでこれで終わりとします。

30歳の初体験で痛くて泣いた

私OLの30歳。彼中3の15歳。
 生まれて初めてできた彼氏。
 ただしかれは姉のセフレ。
 可愛かったので無理にいって譲ってもらった。
 初めてだけど30過ぎてるから処女膜なんて腐っているだろうと思ったら大間違い。すごい痛かった。あそこに火箸を刺された様に痛く思わずかれに抱きついて泣いた。
 わたしが処女だと知ると彼は自分のテクを試すと完全に弄ばれた。
 その上、逝かされた挙げ句中出しされた。
 マンコが彼の精液と私の処女の血と愛液でぐしょぐしょになっていた。
本当に恥ずかしかった。
でも、20歳になったら結婚してくれるといった。
うれしくて泣いた。
 色々と痛い事情を持つ者同士だが何とかやっていこうと思う。

2年ぶりの再会…

今年のある日俺は後輩の結衣に電話をしてみた。


2年間あっていなかったので、電話番号変わってたらもう終わりだって思っていた。


しかしつながった!!


結衣『もしもしはい、◯◯(苗字)です』


オレ『もしもし…久しぶり…◯です』


結衣『え?◯◯先輩?!』


オレ『久しぶりだね』


結衣『そうですね…どうしたんですか?』


オレ『久々にコッチに帰ってきたんだけど今からどっか行かない?』


結衣『そうですね?いいですよ!』


オレ『じゃ、△△駅でいい?』


結衣『わかりました』


結衣とは大学の頃に知り合った後輩で、学部も同じでよくテストの時に過去問をあげたり情報を交換していた。


俺の卒業とともに連絡がなく、お互い知らず知らずのうちに連絡が途絶えた。


そして結衣と待ち合わせしてる、△△駅に着いた。


オレ『どこにいるかな』


俺はもう一度結衣に電話した。


結衣『もしもし…◯◯です』


オレ『結衣、どこにいる?』


すると急に目隠しをされた。
結衣『先輩…』


オレ『え?』


目隠しをされた。なんてベターなやり方なんだよ!笑


結衣『お久しぶりです』


オレ『変わってないな結衣』


結衣『これでも大人になったんですよ!』


オレ『その目隠しのやり方変わってないからな?』


結衣『も?笑 先輩こそ変わってないです』


オレ『しばらく会ってないのに変わってないか?』


結衣『変わってないです、ちょっとは変わったかも…2年間って長かったですよ』


オレ『そうだな…結衣も就職したの?』


結衣『はい!おかげさまで来年から社会人に!』


オレ『そっか?よかったよかった』


結衣『◯◯先輩ところで突然どうしたんですか?』


オレ『結衣に会いたいなって』

結衣『私も◯◯先輩先に卒業していった後連絡が途絶えてて…』


オレ『でも2年間電話番号変わってなくて良かったよ』


結衣『私も同じですよ、電話見たときに、◯◯先輩ってきたから』


オレ『じゃ久しぶりに飲みにでも行くか』


結衣『さんせ?い!』


俺はその日結衣と一緒に繁華街へと向かい飲むことにした。


結衣『先輩ちなみに、来年社会人1年目なんでよろしくお願いします!』


オレ『そっか、2年前に俺が卒業したときまだ1年だったな』


結衣『そうですよ!』


オレ『どこに勤めるの?』


結衣『◯△ってとこです』


オレ『へぇ?やっぱ会った時から変わってないな』


結衣『そうですか?たしかに会って話してるときにそこに入るって言ったかも』


オレ『覚えてた?』


そんな話をしてお店に着いた。


結衣『◯◯先輩お酒強いから私ついていける不安です』


オレ『無理だけはするなよ』


結衣『オッケーです!』


俺はあまり見ていなかったが、結衣のおっぱいが初めて会ったときよりも数段大きくなっていた。


結衣『◯◯先輩って、あれから彼女とかできたんですか?』


オレ『できねぇよ、田舎でしかも村にいたら若い女の子いないし』


結衣『そうなんですか?いつも1人で寂しくないですか?』


オレ『鋭いところつくな』


結衣『まあ、結衣もいないですけどね』


オレ『そっか、でも付き合ったことはあるんでしょ?』


結衣『◯◯先輩卒業してから、彼氏できたけどすぐ別れました』


オレ『ありゃ、どうしてまた』


結衣『エッチさせろってばっかりメールやLINEしてきて』


オレ『それで何て言ったの?』


結衣『身体目的ならさようならって』


オレ『それ以降どうなった?』


結衣『謝ってきたんですけど、すぐに連絡先変えました』


オレ『LINEはブロック?』


結衣『もちろん!』


オレ『そっか?結衣辛かっただろうな』


結衣『それ以来そういう男子一部ですけど嫌いです』


オレ『たしかにそういうのは同性の俺でも嫌だな』


結衣『◯◯先輩とならいいですよ』


オレ『?え?』


思わず俺は頭を傾げた。


結衣『◯◯先輩とエッチならしてもいいかなって』


オレ『またそんなこと言って?昔を思い出すな』


結衣『◯◯先輩にオープンスクールのときにまさかキスされるとは…笑』


それは結衣と初めて会って2人で誰も来ないだろう非常階段のところで俺はキスをした


オレ『そんなこともあったな』


結衣『あのときから私変わったと思いませんか?』


オレ『結衣の変わったところか?おっぱい大きくなったな』


結衣『あっ!◯◯先輩えっち!』


オレ『だって俺が初めて会ったときよりも大きくなってるって』


結衣『気づかれちゃった』


オレ『正直何カップ?』


結衣『Fです』


会ったときはCくらいしかなかった結衣が巨乳になってて興奮した。


オレ『大きいね!俺好きだわ』


結衣『じゃ、後輩を抱きますか?』
結衣は真剣な顔で見てきた。


オレ『抱きたいかな』


結衣『◯◯先輩に私の初めて奪ってほしいな』


オレ『いいよ』


その後飲みもいい頃に結衣と一緒にお店を後にラブホへと向かった。


結衣『先輩…』


オレ『ん?どうした?』


結衣『◯◯先輩とエッチするって思うともうココが…』


ラブホに入る手前から結衣のオマンコは湿っていた。


オレ『処女なのにこんなに興奮しているの?』


結衣『先輩…早く脱がせて…』
エレベーターの中で結衣のパンツを脱がした。


オレ『あの部屋だな』


結衣『先輩…結衣の事好きにして』


オレ『結衣…』


部屋に入るなり仮支払いをすませ、ベッドへと向かった。


結衣『◯◯先輩…私のこと今日は好きにしてください』


オレ『じゃ結衣全部服脱いで』


結衣『はい…先輩』
結衣は一枚一枚丁寧に脱ぎ始めた。


オレ『いいおっぱいだね、結衣やっぱり大きくて綺麗』


結衣『◯◯先輩のも見たいです』


オレ『じゃ脱がせて』


結衣『もうこんなに大きくなってます』


オレ『結衣の見たらこんなに大きくなっちゃった』


結衣『◯◯先輩舐めさせてください』


オレ『いいよあとそのおっぱいで挟んでくれ』


結衣『いいですよ』
結衣はフェラ、パイズリをしてくれた。


オレ『じゃ結衣のことも気持ち良くしてあげるからね』


舌を絡ませながらキスをしてそのまま結衣のオマンコに指を入れた。


結衣は潮を吹いて、俺のチンコがほしいという表情をしていた。


オレ『結衣のオマンコに入れてあげるからね』


結衣『アッ…あっ…うん…先輩のが中にくる』


結衣のオマンコに挿入していると、処女だが膜が破けているのか、痛くないということでバックや騎乗位もした。


結衣『あっ…あん…先輩に…あっ…先輩の好きなとこに出して』


オレ『あっ…イク!イク!』


俺は結衣のおっぱいに出した。


そして俺は結衣とチェックアウトまでに4回えっちをし、次の日2人で帰った。


来年結衣が働くということで俺ら今の仕事を辞め結衣の近くで仕事をし、2人で同棲をすることにした。


あれ以来結衣とは電話えっちもたまにする。

2人の妹分

私も投稿パラダイス問題が解消したようなので溜まっていた文章をまとめて投稿させて

頂きます。


「2人の妹と乱交 その2」

俺は公園でレイプしたのに「お兄ちゃん」と付いてきた家出少女2名と同棲している。

うちに来たからは勉強して貰うという事で家庭教師を務めている。言葉づかいも直す。

彼女達は俺とのセックスが大好きになった。レイプ時非処女だったが体験数が少ない。

綺麗な女性器をしている。彼女達の容姿も今は可愛いだがいずれ美人になるだろう。

母親の承諾を得てピルを飲んでいる。毎日いつでも生性交と中出しに応じられる。

女子大とのヤリコンで出来たセフレ達とも手を切り1:2の恋人関係の様になった。

彼女達は絶対浮気をしない。俺にもほかの女を許さない。妹2人はとても仲が良い。

毎日主要教科の予復習を行い理解度テストをして良い点が取れたらセックスしている。

2人満点なら乱交だ。セックスが大好きな2人は勉強を頑張り学校の成績が急伸した。

俺にはロリの気が有るのだが彼女達は敏感にそれを感じてロリロリと甘えてくれる。


昨夜も2人とも満点だったので乱交になったがうっかり「レイプしたいな」と漏らすと

「私達ではお兄ちゃんはご不満?」「下校途中襲って下さって良いのに」と言われた。

いつも先発の妹が俺を押し倒し素早くショーツを脱ぎ顔面騎乗クンニの体勢をとった。

「いけない事を言うお口は私が塞いであげる。うふふ、お兄ちゃんには私達だけよ」

彼女は自分で女性器をひらき愛液がにじむ膣口を向けてきた。女殺しクンニをした。

いつも後発の妹は全裸になり俺のズボンと下着を脱がせるとペニスに唾液を滴らせた。

そしてまんべんなくペニスにまぶすと上手なフェラチオをかけた。暴発寸前になった。

彼女は口を離すとペニスの先端を膣口に導き入れて一度ずぶずぶ根元まで飲み込んだ。

そして軽快なリズムで腰振りが始まった。たちまちの快楽で一発目の射精を吸われた。

妹達は暫く余韻を楽しみ交代してはセックスを繰り返しドクドク大量の精液を吸った。

静寂な中でピチャピチャという音だけが響き倒れた俺から音もたてず精液が吸われた。

でも勉強のご褒美に少しずつセックスを教えていたがこんな事になるとは。と思った。

妹達は精液枯れてペニスが立たなくなるまで俺に焼きを入れた。口は本当に禍の元だ。

このサイトの少し先の方に麻薬を使って女に男をヤリ殺させるお話が投稿されていた。

それが急にリアルにわが身に感じられた。とにかく他の女を考えると妹達に殺される。

妹達は自分たちが処女ではなかったからお兄ちゃんに残念が有るのだと話し合った。

お兄ちゃんに処女を体験させようととんでもない方向にストーリーが展開していった。

確かに処女の経験はないがヤリコンで嫌というほど多くの女とセックスしているのだ。


それにしても偏差値が急伸して先生に敬語を使い素直になると男と同棲していようが

家出していようが学校も親御様も何も言わないのは偏差値至上主義の問題点だと思う。

特に高卒で専門学校へ行ってパティスリーを目指す彼女達に無理やり高偏差値大学を

狙わせるのも俺は疑問に思う。将来とは成績だけで判断できる単純な問題ではない。

幸せは学歴や職業、財産と無関係な所にある。そこへの進路相談ができないかと思う。


「2人の妹と48手」

俺は区役所から「不審者情報メール」をとり読んでいる。可愛い妹達が心配だからだ。

でもその内容が「女子小学生に男が声をかけた」「腕を掴んだ」「ペニスを露出した」

など枝葉末節のことにばかり触れて「公園で女子高生6名がレイプされた」重大事件は

全然報じられず幼に偏向していると妹達に不満を漏らした。彼女たちは口々に言った。

「当り前じゃない。ワインの酔いは心地よかったしセックスは本当に気持ち良かった」

「あれは和姦よ。誰が訴えるの? 私達はお兄ちゃんが優しいからついてきちゃった」

「他の子が今頃になってお兄ちゃんと住みたいと言い出して定員ですと断るのが大変」

「それよりシャワー浴びてくるからお勉強を見てね。私体がうずくの」「わたしもよ」

その晩は2人とも頑張って練習問題でA評価だったのでセックスする事になった。

彼女達は俺の「48手トランプ」を見つけたので色々な体位でセックスさせられる。

48手は2人共ヤリ尽したが一番人気は「松葉崩し」。寝バックが無いのは不思議だ。

松葉崩しは妹に大きく開脚させ体を斜めに片足を俺の肩にかけペニスを全部入れる。

若い妹達は体が柔らく大きな開脚に無理がない。上げた方の足はしっかり保持する。

ぱっくりと膣口が開くのでペニスが入っていく様子が見られて実際に興奮ものだ。

挿入が深く妹達も中イキしやすい。不安定な体位なのでピストンが自然緩やかになる。

いつもとは違う動きが楽しめて他の体位では難しい妹の足への愛撫もタップリ行える。

妹達が乱れてイク様子や乳房を違った角度から見られるなどメリットが多い体位だ。

だが膣道の延びる方向を正確に把握しペニスの挿入角の調整は厳密にする必要がある。

彼女達の48手は犯している妹を手の空いた妹がエロく撮影してDVDに編集した。

妹達は「後やぐら」の様な過激な体位は好まないが「絞り芙蓉」なども大好きだ。

これは足を伸ばして座った俺の上に妹が足を曲げて同方向に座りペニスを挿入する。

俺は両手が開くのでセックスしながら乳首やクリトリスなどに愛撫のし放題になる。

妹の膣にさされたペニスと体を這いまわる手。これが味わった事のない快感に繋がる。

ピストンは妹が腰を上下してペニスをこすりあげる。俺も息を合わせて腰を使う。

妹の腰使いは疲れてしまわないように時々休んで体の密着感を楽しみながら行う。

48手には他にも人気手が有るが「松葉崩し」と「絞り芙蓉」を紹介させて貰った。


「妹達の性病検査」

出会い系ネットの利用者に性病が多いと言われて久しい。状況は悪化の一途のようだ。

美人と生セックスしても性病のリスクが付きまとう。素人が風俗より危険と言われる。

どうして性病が蔓延するのだろうか。人々があまりに簡単にセックスするからだろう。

最近は女子高生の間に性病が蔓延していると聞く。妹は経験が乏しいが処女ではない。

2人は2枚貝が閉じたような実に綺麗な女性器を持っている。その中身はピンク色だ。

でも外からでは分からないので冬休みにレディースクリニックに性病検査に行かせた。

最近は検査技術が進み膣に綿棒を入れて液を採取して分析する日帰り検査だそうだ。

彼女達は主要な性病にかかっていない事が分かった。彼女達は喜び勇んで帰って来た。

でもエイズやハイリスクHPVについては日を改め別の検査機関でという事だそうだ。

「お兄ちゃん大丈夫だった」「ご褒美にセックスを」「冬休みの課題を終えてからだ」

俺も冬休みに入っているので妹達には課題を朝から夜まで指導している。

おかげで課題は正月前の今日にも片付きそうになった。毎日のご褒美はセックスだ。

結局すべての課題は午前中に無事終わった。午後からはご褒美の乱交を許した。

彼女達はうちに来た頃は本当に小さい膣口からペニスをムリムリとねじ込んでいた。

それが最近は愛液をたくさん出すようになると同時に膣口がはっきりしてきた。

騎乗位で腰を上手に振る様になった。萎えたペニスを勃起させるフェラチオも覚えた。

加えて前立腺マッサージの様に強制的にペニスを勃起させ射精させる方法まで覚えた。

1つ間違うと2人に交代でドクドク大量の精液を吸われてしまう。枯死が恐ろしい。

でも彼女達が俺のペニスを砥いでくれているのは間違いない。100人の女と1回ずつ

するよりも2名の女と50回ずつした方がセックスは深みを増して確実に上達できる。

いつの間にかあの二人は身内になってしまったなと思うと感慨深い。


「処女のいけにえ」

2人の自称妹達は学校では羨ましがられているそうだ。彼女らの高校は卒業生が殆んど

大学進学する偏差値の高い所謂進学校だ。そこで殆ど落ちこぼれ退学寸前だったのが

数か月でトップクラスの仲間入りし、不良だったのが素直で先生方に可愛がられる様に

大変身したからだ。同級生たちは良い大学を目指して勉強に忙しく異性交際出来ない。

当然セックスの余裕はない。妹達は勉強とセックスを教えてくれる「お兄ちゃん」を

持っているのを羨ましがられている。彼女達の不良時代からの親友でセックス体験を

望んでいる処女1が人いる。妹達は彼女にセックスの快楽と素晴らしさを吹き込んだ。

俺に処女の生贄を喰わしたい妹達は彼女に「お兄ちゃんをあげる訳には行かないけれど

貸してあげるのなら大丈夫よ」と話して俺と初体験をする様に処女を焚き付けけた。

妹達に突然「お兄ちゃんに処女のいけにえを連れてくるから。」と言われて困った。

ところで以前所属していたサークルに俺の様に妹分が欲しい友人がいた。イケメンだ。

でも俺同様少しロリに偏り女子高生と仲良くなりたがっていた。彼に相談してみた。

そして妹達が彼女を連れてくる日に彼をうちに呼んでおいた。彼女は帰宅して驚いた。

俺は妹達の肩を抱き「彼女達の兄は僕だ。君のお兄様は彼だよ。」と優しく言った。

2人は顔を見合わせた。彼女の目に映った彼はまじめで誠実そうなエリートイケメン。

彼の眼にはロリ巨乳でコロコロと可愛い彼のストライクど真ん中の女子高生が映った。

夕方まで5人で紅茶を飲みながらお話をした。2人はひかれあった雰囲気になった。

外が早くも暗くなり始めたので彼は彼女を送って帰る事にした。2人の家は同方向だ。

妹達は彼女に「今日は襲って貰うチャンスの日よ」と、俺は彼に「送り狼を忘れるな」

と言い含めた。でもその日は彼女の期待を裏切って真面目に家に送り届けたそうだ。

後日無事に初体験を済ませたと妹経由で詳細を聞いた。彼女は彼の妹に無事納まった。

家出はできないが夜11時に帰っても何も言われない彼女は彼の家に通い始めた。

彼女は家事をして彼が勉強を見てヤリコンで得た技術でセックス漬けにしている様だ。

夢だった巨乳ロリ女子高生にパイズリされた彼はヤリコンで作った彼女と別れた。

非処女はたとえどんな美人でも余程のことが無いとエリートの結婚相手に選ばれない。

俺も彼は自分の妹分を嫁に迎えた方が良いと思う。素直で優しくて穏やかだからだ。

俺がそんな事を妹分2人に話すと「私達を絶対に捨てないでね」と心配顔で言われた。

しかし妹分達のセックスは俺からヤリコン、セフレ、エロ漫画、裏DVDを奪った。

大切な精液は妹2人だけに使っている。今更彼女達と別れるなど考えもつかない。

2人の妹と美人処女・2

昨日は図らずも妹達の計略にはまって処女を犯してしまった。

彼女を帰して妹達に散々「処女は美味しかった?」とニコニコ顔で聞かれた。

彼女達は「お兄ちゃんさえその気なら別の処女を連れてくるわよ。」と言った。

今日は2人の妹のうち1人が法事で実家に帰ってしまったので1:1になった。

すっかり2:1の同棲生活に馴染んでしまったのでお互いぎこちない。

俺は昨日の彼女がまた来たいとメールしてきたのを思い出して呼ぶ事にした。

彼女は学校で妹達とごく親しいらしい。妹も簡単にOKしてくれた。

彼女は美人であるばかりでなく学業の方も成績が良く苦手な科目が無いのだそうだ。

俺は彼女の分の問題集を書店で急いで買い込み2人に勉強して貰う事にした。

今日は3年生の英語を予習勉強して貰っている。2人とも文系コースなのだ。

勉強後採点し間違っている点を個別に良く教えた。結果はAなのでセックスになった。

まず妹がセックスのお手本を見せた。妹はすっかり俺に慣れて愛撫の受け方が上手だ。

処女を卒業したばかりの彼女は流れるような妹のセックスに目を見張って赤くなった。

膣にペニスを挿入すると妹の泣き所を順々に亀頭でこすった。妹は甘くあえいだ。

妹を十分満足させると精液を放った。妹に後戯などをしようとすると彼女は身を起こし

萎えた俺のペニスにフェラチオをかけて再勃起させ処女だった彼女に「どうぞ」と

笑顔ですすめた。「君は何もしなくてもいいからね。まず男になれてね」というと

彼女は赤い顔でコクリと頷いた。まずデープキスから乳首や上半身の性感帯を舐めた。

それから下半身に移り内ももなどを舐めあがって陰裂に舌先が達した。

彼女は恥ずかしがって太ももを閉じたが妹が「恥ずかしがってはダメ」と開かせた。

大陰唇を開いてみると彼女はうぶな膣口から少量の愛液を滴らせていた。

優しくクンニした。特にクリトリスは強くすると痛がるので慎重に舐めた。

結構淫臭が強いが悪い匂いではない。陰毛が少ない上付きだ。ロリにはたまらない。

暫く舌先で女性器を愛撫していると彼女は真っ赤に上気して甘い声をあげた。

前戯は十分だろうと思われたのでまだきつい膣にペニスをゆっくり入れて行った。

半分くらいさすとつっかえたようになったので無理をせず挿入を止めた。

暫くペニスの動きを止めてディープキスをしながら男の味を味わってもらった。

それから慎重に浅いスローなピストン運動を彼女のGスポットにかけた。

暫くピストンすると彼女も感じてくれて甘くあえいだ。安全日なので膣内射精した。

セックス後に妹が彼女に「お兄ちゃんの味はどうだった?」と得意げに聞いた。

真っ赤な顔の彼女はコクリと頷くだけだった。「昨日痛かったでしょうけど

私達のお兄ちゃんは女の子に悪い事はしないのよ。」と妹は誇らしげだった。

妹にもう1発セックスを御馳走して2人の後戯と後始末をして両手で腕枕をした。

色々な話をした。満足した彼女は服を着てキスをすると帰って行った。

即メールが来た。「私もあなたの妹になりたいの。今日はとっても素敵でした。

有難う御座いました。」と書いてあった。困ったことになったものだと思った。

2人の妹と美人処女

俺はレイプで得た高校生の可愛い妹分2名と事実上同棲している。

2人ともレイプ時に処女ではなかったが女性器は大陰唇と陰裂が綺麗に閉じている。

それを開いてみると包皮をかぶった美しいクリトリスや男を誘う可愛い膣口がある。

むろん完全にピンク色だ。見かけだけでなく性病検査もすべて陰性で清潔だ。

そこにチョロチョロと淡い陰毛があるだけでパイパンに近い上付きだ。

ロリの気のある俺にはたまらない文句ない女性器を2人とも備えているのだ。

性感も俺が開発してやったので濃厚にその癖が染みついている女性器だ。

俺も女子大のヤリコンで女子大の上級生に筆おろしして貰った非童貞なのに

2人は生贄に処女を犯させなければならないと考えてしまってあれこれ画策する。

また悪い事に2人の高校には処女を捨てて大人の女になりたい生徒が多いようだ。

本当に困った。ついにセックスの素晴らしさを吹き込んだ美人処女を連れてきた。

2人は彼女を招き入れると簡単に俺に紹介して手早く全裸になると絡んできた。

俺は2人がかりで押さえつけられフェラチオで強制勃起させられ騎乗されてしまった。

妹は処女の前であんあん派手によがり処女は余りの破廉恥に真っ赤な石地蔵と化した。

妹は俺に1発ずつ射精させると今度は処女を手早く裸にして床に寝かしてしまった。

不覚にも勃起した。妹達は1人が処女の淫裂を開きもう1人がペニスを引っ張った。

次に1人が処女を抑えもう1人が俺の尻に自分の腰を当ててペニスを差し込み始めた。

処女は想像以上にきつくまた彼女も痛がったが背中の妹は非情にも腰を押し出した。

ついに俺の人並み以上の大きなペニスを処女に根元までうずめてしまった。

妹達は処女の性感帯を舐めながら俺に少しピストンをするように強く言った。

仕方が無いのできつい膣の中をゆっくりカリがGスポ帯をこする様に動いた。

今日は彼女の安全日なので膣内射精するように言われたので大量の精液を注込んだ。

事後ペニスを引き抜くと2人は処女の股間の後始末をして下着や服を着せた。

改めて彼女と向き合うと硬い表情で「ありがとう」と言われた。

俺は彼女が何だか可哀想になって体を抱き寄せると「愛しているよ」とささやいて

ディープキスをして髪の毛を愛撫しながらうなじや耳たぶ首筋などを舐めた。

彼女は俺の両手をとると再度ディープキスを要求してきたので優しく応じた。

妹達も着衣して彼女に「男の味はどうだった?結構美味しかったでしょう」と言った。

妹達は俺に処女犯しをさせて満足そうだった。俺は彼女にこっそりメアドを教えた。

2人の妹が夕方の家事をしていると早速彼女からメールが来た。

「今日は有難うございました。明日もお邪魔しても宜しいですか。愛しています」と

書かれていた。俺は明日も彼女を連れてくるように妹たちに言った。

「なぜ?」と聞かれたので「処女を奪ってポイはない。性感開発してやるのだ。

1人前の感じる女にしなければならない。それが男の責任だ」と答えた。

セックスしたい盛りの妹2人を抱えて精液は苦しいが彼女も何とかしてやりたい。

全く妹達はとんでもない難物を抱え込んできたものだと困った。

とりあえず今夜も妹達の勉強を見てご褒美のセックスしてやろうと思った。

2人の妹と美人処女

俺はレイプで得た高校生の可愛い妹分2名と事実上同棲している。

2人ともレイプ時に処女ではなかったが女性器は大陰唇と陰裂が綺麗に閉じている。

それを開いてみると包皮をかぶった美しいクリトリスや男を誘う可愛い膣口がある。

むろん完全にピンク色だ。見かけだけでなく性病検査もすべて陰性で清潔だ。

そこにチョロチョロと淡い陰毛があるだけでパイパンに近い上付きだ。

ロリの気のある俺にはたまらない文句ない女性器を2人とも備えているのだ。

性感も俺が開発してやったので濃厚にその癖が染みついている女性器だ。

俺も女子大のヤリコンで女子大の上級生に筆おろしして貰った非童貞なのに

2人は生贄に処女を犯させなければならないと考えてしまってあれこれ画策する。

また悪い事に2人の高校には処女を捨てて大人の女になりたい生徒が多いようだ。

本当に困った。ついにセックスの素晴らしさを吹き込んだ美人処女を連れてきた。

2人は彼女を招き入れると簡単に俺に紹介して手早く全裸になると絡んできた。

俺は2人がかりで押さえつけられフェラチオで強制勃起させられ騎乗されてしまった。

妹は処女の前であんあん派手によがり処女は余りの破廉恥に真っ赤な石地蔵と化した。

妹は俺に1発ずつ射精させると今度は処女を手早く裸にして床に寝かしてしまった。

不覚にも勃起した。妹達は1人が処女の淫裂を開きもう1人がペニスを引っ張った。

次に1人が処女を抑えもう1人が俺の尻に自分の腰を当ててペニスを差し込み始めた。

処女は想像以上にきつくまた彼女も痛がったが背中の妹は非情にも腰を押し出した。

ついに俺の人並み以上の大きなペニスを処女に根元までうずめてしまった。

妹達は処女の性感帯を舐めながら俺に少しピストンをするように強く言った。

仕方が無いのできつい膣の中をゆっくりカリがGスポ帯をこする様に動いた。

今日は彼女の安全日なので膣内射精するように言われたので大量の精液を注込んだ。

事後ペニスを引き抜くと2人は処女の股間の後始末をして下着や服を着せた。

改めて彼女と向き合うと硬い表情で「ありがとう」と言われた。

俺は彼女が何だか可哀想になって体を抱き寄せると「愛しているよ」とささやいて

ディープキスをして髪の毛を愛撫しながらうなじや耳たぶ首筋などを舐めた。

彼女は俺の両手をとると再度ディープキスを要求してきたので優しく応じた。

妹達も着衣して彼女に「男の味はどうだった?結構美味しかったでしょう」と言った。

妹達は俺に処女犯しをさせて満足そうだった。俺は彼女にこっそりメアドを教えた。

2人の妹が夕方の家事をしていると早速彼女からメールが来た。

「今日は有難うございました。明日もお邪魔しても宜しいですか。愛しています」と

書かれていた。俺は明日も彼女を連れてくるように妹たちに言った。

「なぜ?」と聞かれたので「処女を奪ってポイはない。性感開発してやるのだ。

1人前の感じる女にしなければならない。それが男の責任だ」と答えた。

セックスしたい盛りの妹2人を抱えて精液は苦しいが彼女も何とかしてやりたい。

全く妹達はとんでもない難物を抱え込んできたものだと困った。

とりあえず今夜も妹達の勉強を見てご褒美のセックスしてやろうと思った。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード