萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

出会い系

メンヘラは都合の悪いことは聞こえない

いつものようにバイトの休憩中、後輩とラブメントをしていたらメールがHITした女は20歳で隣の県に住んでいる。俺の住んでいるところは割と県境に近く、他県なら知人バレしにくいだろうという考えのもとでメールをやりとりすることに。

なおこの時、後輩は出会い系モテ期が来ており、一か月で4人とHするという荒業を成し遂げたため、後輩を師と仰ぎメールをしていた。このオンナを仮に「萌」という名とする。

萌「もう恋人いらない。誰も信じない」
俺「強がんなって、辛いときが無い奴はいないんだから。話してみ?」
萌「いやだ、信用しない」
俺「じゃあ俺の話をするからそれで俺が信用出来るかどうか考えなよ。リラックスして」

こんな感じで始まったような気がする。通過儀式である顔写メ交換をしてみると、何とも超清純ロリ顔である。奇跡の1枚かもしれないが、めちゃくちゃ可愛い。仮に奇跡の1枚だったということを差し引いても相当可愛い。芸能人でいうと、渡辺麻友をさらにさらに幼くしたような感じである。

どうやら本人も結構ロリ系の顔をコンプレックスに思っているらしく、スーパーへ買い物に行くと、中学生がお酒を買っちゃダメでしょとレジのおばさんに怒られるくらいらしい。ロリにはパイパンが合う。俺はパイパンであることを祈りつつ、徐々にメールをエロ系に持って行った。

俺「てかそんだけ童顔だったらちゃんと体のほうも成長してるのか?」
萌「ひっどーい!こう見えても結構スタイル自信あるんだからね」
俺「でも胸はちっちゃそーじゃね?」
萌「残念でしたーwDくらいありますー」
俺「でかした」

こんな感じで攻めつつ、相手に「ぎゅーってして」と言わすのが俺の定石である。俺は会ってからホテルに持ち込むのはあまり得意ではない。どっちかというとHする約束を立ててから会う方が好きである。その方がお互い構えて来れるし、それまでの待ち遠しさがたまらないのである。しかしあまりにもベッピンな萌にはそんなことも言えなかった。

というか割とシモネタも突っ込みすぎるとメールを切ろうとしてくるからである。当たり障りのないメール内容で、会う約束を取り付けることにした。そうして「週末に俺の県まで用があるから、帰りにご飯食べて送ってくれるならいいよ」とのことで会えることになった。

上から目線な態度にイラ立ちを感じながらも、絶対にハメてやると意気込み出陣。そして当日、車を止めて待ち合わせのスタバへ。スタバの前が待ち合わせ場所なのだが、詐欺写メ対策のために2階席で待つことにした。萌は、約束の時間から30分も遅れてやってきた。

俺は待たされるのが大嫌いなので、ちょっと不機嫌に「遅ェよ」と言ったら「ごめんね!あんまりこっちに来ないから場所が分からんかったの。ホントにごめん!」あまりに謝られたので逆に俺も申し訳なくなってお互いに詫びつつ、とりあえず車へ萌は写メよりちょっと劣っていたが、許容範囲。

肌が綺麗だった。出会い系の女には多い黒づくめのファッションだったが、ホットパンツに生足だったので何の文句も無いなと思った。オッパイもぱっと見た感じではDはありそうで、何よりもサラサラで綺麗なセミロングの黒髪が、俺をグっとその気にさせた。

そして萌を乗せて俺の車は走りだす。行く先は萌の家方面だ。正味の話、萌の家まではここから90分ほどかかる。ましてや夕方なのでそれ以上にかかるだろう。

俺「萌ちゃんはなんでフリーターなの?」
萌「前までは携帯の店頭販売で働いてたんだけど働くのがイヤになっちゃったwというか今実は無職w」
俺「そうか、まあめんどくさいよな、無理に働くより休みたいときは休んだ方がいい」
萌「だよねーそうだよねーお母さんはでも働けってうるさいんだよ。。。誰も萌の気持ちわかってくれないもん」
俺「それは辛いな、それなら元気出すために焼き肉でも食いに行くか」
萌「えーでも匂いついちゃうよぉ」
俺「俺が今さら萌が焼き肉臭くなったら嫌いになるとか思ってんの?」
萌「そっか。エヘヘw」

ハッキリ言って、働く気が無い女も焼き肉臭い女も大嫌いである。全ては今夜のセクロスの為。そして帰り道の途中に見つけた焼肉屋で焼き肉を食うことに。この萌という女は、相当食べることが好きみたいである。しかし肉付きはいいのだが決してデブでもポチャでもない。むしろ細み。

どうやらテニスを趣味でやってるらしく、それがダイエットになってるのかもということらしい。そしてそのスリムな萌は、あれもこれもとメニューから注文し、確実に二人では食べ切れない量の肉がテーブルの上に並べられた。

俺「残さず食えよ、勿体ないお化けがでるぞ」
萌「大丈夫だよーお腹すいてるもん」

女の根拠のない大丈夫は大嫌いである。人の金を何だと思っているのだろうか。ちなみに萌は前日のメールで「1000円しかないよん」と言っていた。1000円しかない奴が俺の県来て出来ることはあるか?否、萌は嘘をついている。イライラしながらも、今夜のお楽しみがあるので我慢して笑顔を作る。

俺「肉食ってしっかり精力つけとこか」
萌「じょーだんうまいwアハハ」

冗談ではない、これは命令である。そして店を出る。覚えていないが、二人の食べた金額(ほとんど残しやがった)は、普通のラブホテルの宿泊料金を超えており最悪であった。絶対このままタダで帰してはいけない。俺はコンビニでマカの力を呑んで意気込んだ

俺「飯食ったし時間まだあるしホテルいこか」
萌「え!?」
俺「野暮なことを言わせんなよ」
萌「ええ!?」
俺「ダメなん?」
萌「だって今日会ったばっかじゃん」
俺「今日会おうと明日会おうと変わらないだろ」
萌「二回目とかなら分かるけど…」←何が分かるのだろうか。俺には今でもさっぱりである

俺「だって、萌みたいな可愛い子がいたら抱きしめたくなるもんな」
萌「・・・」
俺「・・・」
萌「・・・」

長い沈黙が続いた。ハッキリ言って俺は、無理やりHとかは大嫌いだし、レイプモノのAVなんか観たら女優が可哀想になるくらい優しい男である。お互いが納得するからHは盛り上がる。だからこんなムードではダメである。俺は苛立ちながらも帰り道を急いだ。しばらくすると萌が口を開いた。

萌「・・・分かった」
俺「何が?」
萌「ホテル行こ」
俺「無理やり納得したとかならダメだぜ、俺はそういうHは苦手なんだ」
萌「ううん、今日いろいろごちそうになったし、何かしてあげられるならHしかないけどそれで満足してもらえるなら」

結局、萌は自分の言い訳が作りたかったワケである。これは出会い系の女によく見られる傾向であり、彼女たちは自分に対して仕方が無い状況、もしくは自分がハタからみても納得せざるを得ない状況を作ることが出来たときにHをすることができるのである。

この萌のケースの場合は「迫られたから仕方無しに」他にも「Hが好きだから」とか「H前提で会う約束だったから」などあるが割愛させていただく。どれも腐った考えであるが、こういう茶番は盛り上がるからやはり大好きである。

出会い系の女は形式的で良いから「仕方なくHすることになった」という状況にすれば9割セックスできる。俺はホテルへと急いだ。ホテルに入るや否や、萌は布団に入って「お休み」と茶番を繰り出してきた。あまりにも向こうのペースで腸が煮えくりかえったので俺もカマを掛けて敢えてソファーの上で煙草を吸って傍観してみた。

すると萌が布団から顔だけを出してこう言ってきた

萌「しないの?」
俺「気分が変わった」
萌「怒った?」
俺「美人には怒れないよ」
萌「ねえこっち来ないの?」
俺「それが人に頼む態度なのか?」
萌「ごめん、来てください」
俺「行くだけでいいのか?ただ寝るだけなら帰ろうぜ」
萌「抱きしめてください」
俺「しょうがないな、ちょっと待って」

その言葉に内心かなりホっとして、俺は上着を脱いでベットの中へ入る。照明は全開にする。照れて頬を赤らめるこの女は、近くで見てもやはりいい女だった。今でもそう思う。

萌「ちょっと恥ずかしいよぉ」
俺「でもこうしないと萌の顔が見えない」
萌「お願い、電気消して」
俺「じゃあ俺の顔も見たくないわけだな」
萌「ごめん、こっち向いてください」
俺「お利口さん、やっと素直になったな」

そう言って抱き寄せてキスをする。俺はキスが大好きだし正常位でキスを挟みながら突くのが大好きである。だから俺は口臭にはかなり気を使っているし、ガムとブレスケアを持ち歩く男である。臭いと思われて顔をそむけられるのが大嫌だからだ。あっという間にお互い裸になり、萌を愛撫をする。

肌がプルプルすべすべで、いい香りがする。おっぱいはマシュマロのようにふわふわのやわらかさ。俺のモノがどんどん高層化する中で、萌の股間に手を伸ばした。期待に反してパイパンではなかったのがちょっと残念だった。まあロリ系フェイスというだけで合格ラインなのだが。

メシを奢ったことや、遅刻してきたことのうっぷんを晴らすため、即フェラ→69へアソコはこれまたぐっちょんぐっちょんで、愛撫不要な感じであった。シャワーも浴びてないが、無臭だったので69を行うことができた。で、いざ挿入である。

ゴムを着けずに入れようとしたら。

萌「え?ゴムは?」
俺「いるのか?」
萌「うん」
俺「感度落ちるぞ」
萌「でも子どもが出来たら…」
俺「イク時飲んでくれるなら外で出す」
萌「…分かった、ちゃんと出してね」

そう言って入れて欲しそうに腰を突き出してくる。ぶっちゃけめちゃくちゃ可愛いかった。はにかみながら出せと頼まれたら仕方が無い。これは依頼である。動かすと非常にアンアンうるさい。その割には締まりはそれほどでもなかった。タワワなオッパイを揉みながら騎乗位へ、非常に柔らかく、良い香りがする。

萌「ああぁーーー気持ちいいよぉ!」
俺「もっと動け」
萌「恥ずかしいよぉああああんあん!」
俺「どこがいいんだ?」
萌「もっと奥!胸も触って!んんああ」
俺「どこだ?ここか?あ?」
萌「あっっ…そこいい!ああああ!いいいよぉー」

騎乗位の最中、向こうにスイッチが入ったらしく濃厚なキスを迫られた。俺も可愛いと思うスイッチが入ったとたん、イキそうになる。正常位に体を入れ替える。

俺「イキそう」
萌「あああうう!あっイこ!一緒に行きっ・・たい!ああん」
俺「口に出すからしっかり飲めよ、おら!くっ…イクぞ!」

そう言って、愛液でテカテカのチンポを萌の口元に持って行って口内へ発射。おびただしい量の精液がドバドバ出た。萌は俺のチンポをしごきながら、絞り取るように尿道を吸いまくる。

俺「うわあーちょっとタンマタンマ」
萌「えへwもっと吸うぞーw」

イった後に触られるのはどうも苦手である。その後しばらく、タマを触らせながら布団の中でイチャイチャ過ごした。帰り道、萌の家に着くまでの間、萌はずっと俺の手を握ってた。女って、一度やったら恋人気分になるヤツが多い。

これだからビッチだの言われるんだよと思う。そうして家まで送って俺も帰宅し「また今度」とメールを送った。それから1週間ほどしてムラっときたので、萌に会おうとメールした。

俺「今週会おう」
萌「いいけどまたHするの」
俺「もちろん」
萌「そんなのそっちの都合のいいだけじゃん、悲しくなってきた」
俺「じゃあ別にH無くてもいいよ」
萌「そういう問題じゃないの、バカバカ」
俺「てゆーか、またHしようねって萌も言ってたじゃん」
萌「あーもういい!じゃあね!もう連絡してこないで」

メンヘラは都合の悪いことは聞こえないので羨ましい限りである。俺はアドレス帳から萌を削除してまたラブメントを始めた。大学三年生、この年は萌から始まりさまざまな女とHしていくとは、後輩も俺も全く予測すらできなかったのである。

ちょっとおバカちゃんな少しヤンキーちっく人妻

パチンコで5万勝ったので、少し気分が大きくなってたんだと思います。

いつも以上に念入りに探して募集も掛け、ある人妻にメールを送ってみました。

目とかは隠してイイから、ある程度分かる写メを送ってくれませんか?と。

しばらくメールの返信が無かったから、写メはダメな人なんだろうなって思ってたんです。

他の子を探そうかと思っていた頃、やっと返信がありました。

「写メはダメなので・・・」という内容かと思ったら、ちゃんと写メを送ってきてくれていました。

本文には「寝起きのまんまだったから少し着替えたりしてました」と可愛い内容も。

写メを見てみると、イイ??じゃ??ん!と思いました。

少しヤンキーちっくな茶髪でしたが、目も隠さずそのまんま素顔を曝してくれています。

少し気が強そうなツリ目でハッキリとした顔立ち、細過ぎる眉毛にシャープな顔のライン。

多分着替えたんでしょうね。

黒に花柄のワンピース姿で全身が写っていました。

鏡越しに撮影したらしく、若干ピンボケはしていましたが・・それでも足の細さや痩せてるのに不釣り合いな胸のボリュームは確認できました。

気に入った!と即決でメールしました。

それで今日何時頃がイイ?と聞くと、今からでも大丈夫との事。

さすがに俺が用意も何もしてないので、2時間後に待ち合わせをしました。

いつも使う待ち合わせ場所を指定すると、ケイバンも送ってきました。

挨拶がてら電話をして、それじゃ2時間後に・・と切って早速用意。

その待ち合わせ場所は、駅から遠いんです。

だからほとんどの場合が車で来るんですが、駐車場がかなり広い複合型のショッピングモールです。

だから車のナンバーとか気にしないで置いておけるし、しかも歩いて5分ぐらいの所にラブホもあります。

車で初対面の女に会うのはどうも不安ですが、そこなら人も多いし歩いてホテルに行けるしで重宝していました。

待ち合わせの駐車場に車を停めて、本屋で立ち読みをしていました。

待ち合わせの10分ぐらい前にメールが入り、駐車場についたとの事。

じゃ今から行きますと送ったら、乗ってきた車を教えてきたんです。

あぁ?警戒心の無い子だなぁ?と呆れてしまいましたが、そのおかげですぐに見つける事ができました。

白い軽だったんですが、これがまたヤンキー丸出しと言うか何というか。

今時フロントガラスのとこに、モハモハと白いムートンみたいなのつけてるヤツっているの?ルームミラーからはいろんな人形がぶら下がってるし・・・真っ白のカバー?がハンドルに巻き付いてるし・・・近寄っていくと俺と目が合い、手を振るとペコペコと頭を下げていました。

とりあえず歩いて行こうと思ってたんですが、彼女は車から降りてきません。

ん?と思っていると、俺が乗り込んでくると思っていたみたいです。

運転席に近付いて「歩いて行こうと思ってたんだけど」と言うと、焦ったように頷きながら出てきました。

さっき写メで見たまんまの黒のワンピースにサンダルという格好。

でもやっぱり胸のボリュームは抜群で、谷間が眩しい程丸見えです。

ヤケに下手に出る子だったけど、歩きながら自己紹介しつつホテルヘ向かいました。

休憩で4、000円ほどの部屋に入り、あげるもんはあげてさっさと行動開始。

さぁ?てキスでもしようかと思ったら、なんと彼女はお風呂の準備をする始末。

気を使っているのかお茶をいれてくれたり、何かと準備をしてくれるんです。

やっと落ち着いたのでベッドに呼び、軽くキスをしてみました。

若干緊張気味の彼女は、キスもたどたどしい状態。

仕方ないなぁ?と後ろに押し倒して舌を捻じ込んでみました。

遠慮がちに舌を絡めてくる姿を見て、これが素人のイイとこだよなぁ?と興奮気味。

「緊張してる?」「あぁ・・っ・・はいっ・・」「じゃ?くすぐってあげるね?」「えっ??いやぁーっ!ガハハハッ!やめてっ!くすぐったいからっっ・・・だめっ!だめっ・・!」緊張してる子にはくすぐるのが1番手っ取り早い。

彼女もくすぐると爆笑しながらのた打ち回ってた。

「緊張は解けた?」「はぁはぁ・・・はいぃ・・・」変な男だと思われたのか、ニヤニヤしながら「もう大丈夫です」と言われた。

また緊張してるようだったらくすぐるからね?というと、笑いながら「勘弁して下さい」との事。

やっと緊張もほぐれ、さっきとは打って変わったような濃厚なキスを楽しめた。

積極的に俺の舌をジュルジュルとしゃぶってくるし、口の中にもグイグイ入れてきます。

「旦那さんともこんなエロいキスしてるの?」「うぅ?・・ん・・・最近してないから分かんないです・・・」「えっ?こんな可愛い奥さんがいて?」「可愛くも無いですよぉ?」「十分可愛いだろぉ?セックスレスとか言わないでよ?」「1年以上レスです」「まぁ?じっすかぁ?」「まぁ?じっですぅ」俺との会話にも自然な笑顔が入り始め、緊張はもう普通に解けたみたい。

それにしてもこんな可愛い奥さんがセックスレスとは・・・旦那は何してるんでしょうかねぇ。

そんな事を考えつつ、濃厚なキスを楽しみながらボリュームのある巨乳に手を伸ばしました。

ムギュッと掴んでモミモミと揉んでみました。

大きいだけじゃなくちゃんとボリュームがある巨乳です。

持ち上げるように揉みあげると、キスをしながら「ふぅんっ・・・」と吐息交じりのエロい声。

両方の巨乳を揉み揉みしつつ、舌を人妻にしゃぶらせてました。

揉まれて感じ始めているようだったので、股の間にヒザを入れてみました。

23歳と若いからでしょうか、彼女はバッチリ素足でした。

ヒザをアソコにあてがうと、柔らかい感触がヒザに伝わってきました。

押し付けたまま巨乳を揉んでいると、気が付けば自らアソコを押し付けてきていたんです。

やっぱりこんな可愛い人妻でも、俺のヒザでオナニーしちゃうのかぁ?と自己満足に浸っていました。

嬉しくなってきた俺はヒザを少し微妙な感じで動かしてやりました。

その動きに合わせるかのように腰を動かし始め、とうとう舌をしゃぶりつつ喘ぎ声を出し始めました。

「俺の膝が気持ちイイの?」「あぁぁ・・・はぃ・・・」「見た目とは違ってやらしい子だねぇ」「そんな・・・んはぅっ・・・」背中のファスナーを降ろし、ホックを外して一気に上半身を裸にしてやりました。

若干隠すようにして恥ずかしがっていましたが、問答無用でヒザを押し当て巨乳にしゃぶりつきました。

乳首は堅く勃起していて、巨乳だからなのか乳輪がボワンと大きくエロエロしいオッパイです。

乳首は小さめでしたが、敏感らしく吸い付くと甘い声を出してくれていました。

どうせシャワー浴びてきたんだろうなと思っていたので、そのままパンツの中に手を突っ込みました。

うわぁ??と喜びの声を上げてしまいそうでした。

オマンコはベッチョベチョで濡れまくりだったんです。

セックスレスなのは本当なのか、キスと乳首舐めでここまで濡れるか?ってぐらい濡れていました。

「すごい濡れてるよ?ほら・・・」「あぁ・・恥ずかしいから・・・んやぁぁ・・・」「いつもこんなに濡れるの?やらしいねぇ・・」「そんな事無いです・・・久し振りだから・・・」「どのくらいぶり?」「えぇ???!もう1年以上無いですぅ・・・」「その間は誰ともエッチしてなかったの?」「はぃ・・・」「浮気はしてなかったの?」「はぁ・・・」「えっ?じゃ?出会い系とかで会うのは?」「今日初めてです・・・」マジッすか!と手マンして濡れた指の事なんて忘れてしまいました。

なんと彼女、出会い系を使ってこうして会うのは初だというんです。

だからあんなに無防備だったのか・・・といろんな意味で納得してしまいました。

と言う事は、これはもしかしたらかなり楽しめるかも・・そう思いながら思わずニヤけてしまいそう。

「じゃ?今日はお互いに気持ち良くなろうね」「はぃ・・お願いします・・・」指マンを再開するとさっき以上に喘ぎ出し、キスをしながら激しく動かすと本気で感じてくれていました。

しかもクリトリスに吸い付いて手マンすると、ものの数分でイッてしまったんです。

「イッちゃうっ!イッちゃうからっ!だめっ!んやぁぁっ!だめっ!!いくっ・・んくっっ!!」もう多分我を忘れてたんでしょうね。

本気のイキっぷりを見せてくれました。

腰をグイングインと動かしながら、アソコをキューッと締め付けつつ絶頂です。

しばらく余韻に浸ってた彼女でしたが、復活してからのフェラは格別でした。

あまり得意じゃないけど・・・と謙遜していましたが、好きだというだけあってウマい。

ねっとりしてて丁寧だし、愛情が伝わるようなフェラなんです。

ちゃんと玉袋も蟻の門渡りも舐めてくれました。

若干足をグイッと抱えあげられた時は恥ずかしかったですけどねwアナルにまで舌が伸びそうだったので、それはササッとお断りしました。

アナルが気持ちイイのではなく、俺はくすぐったいんです。

風呂に入るのも忘れて、ゴムをつけてエッチし始めてしまいました。

突き上げるたびに揺れる巨乳を持ち上げるように揉みあげ、舌を出すとしゃぶり付いてくる人妻。

軽く乳首をつまんで引っ張っても、大きな喘ぎ声を出して悶えてくれる人妻。

騎上位では問答無用の激しいグラインドを見せてくれた人妻。

恥ずかしい・・・とか言いつつ腰の動きは止まらず、遂には軽くイッてしまった人妻。

ヤバいぐらい大当たりでした。

興奮しすぎてた俺は、なんと激しい騎上位で射精してしまったんです。

「騎上位でイッてもらえて嬉しい」となぜか人妻は喜んでいました。

俺は逆に恥ずかしくて仕方が無かったですけどねwその後はしばらく添い寝をして、プライベートな話をしてました。

いつもは絶対しないんですが、この子なら大丈夫かなと思って。

彼女もいろんな話をしてくれました。

20歳の時に結婚したはイイけど、土方の旦那はこの不況で稼ぎが激減。

減ってるくせに呑み歩くしパチンコにも行くしで、彼女のお小遣いはほぼゼロらしい。

スタンドでバイトしてたけど、旦那がキャバクラ行ったりしてるのを知って嫌になったとか。

それだったらアタシも自分で稼いで好きなモノ買ってやる!そう思ったらしい。

その勢いのまま人妻ハンモックに登録して、俺を見つけてメールしたって言ってた。

俺で良かったねぇ?と、出会い系の怖さをアレコレとレクチャーしてあげた。

もし次に使う事があったら、こうしなきゃダメだよ・・・とかね。

話を聞いてた人妻は、怖いからもう使わないとか言いだしちゃってたけどw俺は別にそんなの興味無いからって事で、こうして会ってるし・・・となぜか信用されたみたい。

スタンドのバイト代も入るからというので、俺がパチンコで勝ったら会う約束をした。

約束したけどその後一緒に風呂に入って始めちゃって、もう1回戦楽しませてもらった。

ちょっとおバカちゃんなのか?!分からないけど、こういうのは俺だけにするとか言ってた。

俺も一応彼女がいるからというと、それじゃアタシが専属で!とかも言ってた。

かなり可愛いしスタイルも申し分ない、エッチに関しても2回戦の時はもっとエロかったから言う事無し!

Tinderで見つけた留学後の女子大生と出会って即エッチ

こんにちは!テツです。
今回はTinderを使って出会って来ました!

このTinderってアプリ、ここ数ヶ月は夏休み中の女子大生が多くていい感じです^^
まだ、会った人数はたいしたことないですが、若くて好奇心旺盛な女子大生と出会えるのは最高ですね!

昨日会ったのは、都内の某大学に通う女子大生のミナミちゃん。
1年間のアメリカ留学から帰ってきたばかりで、妙にアメリカナイズされた、サバサバ系ビッチでした(笑)

イメージ湧きますかね・・・
ホットパンツ履いてて、けどキレイめで、ロングヘヤーで髪を掻き上げる感じ?
本当にまさにアメリカかぶれって感じの女子大生でした。

まあ可愛くてエッチさせてくれるならなんでもいいんですがね(笑)

Tinderなんですが、本当に気軽に出会えていい感じです。
まあPCMAX(18禁)とかに比べると、ビッチは少ないですが、それでも気軽に飲みに行ってくれる女の子は多い気がしますね。

Tinderの特徴としては、
・(PCMAXと比べて)若い子が多い。18歳?22歳ぐらいの子が結構いる。
・外国人も多い(あまりマッチはしないが・・・)
・課金しなくても使える。ただし非効率的。本当にヤリたいなら課金するorPCMAX(18禁)

と言った感じでしょうか。
コスパで言えばやはり他の出会い系アプリには劣る気がしますが、
18歳?22歳ぐらいの若い子狙いならいいかもしれませんね。
OLとか主婦はあんまりいない感じです。

あと外国人狙うならTinder一択です!
(俺はあまり興味ないですけどね・・・)

Tinderなんですが、本当に気軽に出会えていい感じです。
まあPCMAX(18禁)とかに比べると、ビッチは少ないですが、それでも気軽に飲みに行ってくれる女の子は多い気がしますね。

Tinderの特徴としては、
・(PCMAXと比べて)若い子が多い。18歳?22歳ぐらいの子が結構いる。
・外国人も多い(あまりマッチはしないが・・・)
・課金しなくても使える。ただし非効率的。本当にヤリたいなら課金するorPCMAX(18禁)

と言った感じでしょうか。
コスパで言えばやはり他の出会い系アプリには劣る気がしますが、
18歳?22歳ぐらいの若い子狙いならいいかもしれませんね。
OLとか主婦はあんまりいない感じです。

あと外国人狙うならTinder一択です!
(俺はあまり興味ないですけどね・・・)

アメリカかぶれの女子大生ミナミちゃんはサバサバ系ビッチ!新宿で飲み!ラブホ連れ込みセックス

さて、今回出会ったミナミちゃんですが、スペックはこんな感じです。

・ミナミ
・大学3年生/21歳
・身長166センチ、Eカップ
・アメリカからの留学帰り
・サバサバ系
・経験人数は30人ぐらい

身長高くてスタイル抜群なので、アメリカでもさぞモテただろうな?という感じ。
実際、街歩いててもモデルのスカウトとかナンパとか、よくされるみたい。

黒髪で目がくりっとしてて、ロングヘアーで、なかなかイケてる女子大生でした!

新宿アルタ前で待ち合わせたあと、近くの飲み屋に入り乾杯!

スペインバルに行ったのですが、ミナミちゃん、21歳のわりには結構飲める!
というかめちゃ酒強い!!!

ワインをガブガブ飲んでて、びっくりでした。
アメリカで鍛えたらしい・・・

俺も負けじと飲みました、ワイン。

で、酒に酔うと当然下ネタになっていくわけで・・・
(こういう雰囲気になることを見越して、すこしガヤガヤしたお店のカウンター席に座るのをオススメします!)

まず、ミナミちゃん、アメリカ留学中に彼氏がいたけど、帰国する前に別れちゃったらしい。
もちろん相手はアメリカ人で白人。
背が高くて紳士だけどノリがよくて最高!とか言ってた。

で、、、その前の彼氏も、その前の前の彼氏も外国人でした(笑)
前の彼氏がフランス人でその前がアメリカ人。

そういう子いるよね?

けど、そういう外国人とやたら付き合ってる子って、容姿微妙なことが多い気がしてたけど、
ミナミちゃんは普通にかわいい。
スタイルもいいし・・・もちろん日本人にもモテる。

日本人にモテないから外国人に走る、ってならわかるけど、
日本人にもモテモテなミナミちゃんが、なんで外国人にこだわるのか?

聞いてみたところ・・・

ミナミ「なんか包容力があるっていうか、体も大きくて頼もしいし?」
ミナミ「あとぶっちゃけアソコがおっきいのが好き(笑)」
ミナミ「日本人のは小さいし・・・なんか物足りないんですよね(笑)」

と、デカチン大好き宣言!w
やっぱ外国人はデカいからな?!

さらに聞くと、最近別れたアメリカ人の彼氏のチンコが一番良かったらしく、

ミナミ「なんかこう、出っ張ってるのが気持ちよかった(笑)」

とドビッチ発言(笑)

ちなみにアメリカでは彼氏がいない時はクラブに繰り出して、
色んな国の男とヤっていたのでそう・・・

4月29日 6月出産予定の妊婦と

今まで何人もの人妻を食ってきたが

GW初日の土曜日、初めて妊婦をゲットすることができた。

6月に出産予定のまさに腹ボテ女。

24歳の若妻だ。

てゆーか、妊婦に勃起した自分にもびっくりだ。

自分の嫁さんが妊娠したときは、とても性の対象には見れなかったが、

これが人妻となるとチンコが反応しやがった。

某大手出会い系サイトのプロフに妊娠中と書かれていて気になった人妻。

長年の経験上、人妻で登録してる女なんてセックス目的でしかないのだが…

この24歳の「亜紀」は、プロフで妊婦である事と旦那ラブを猛烈にアピールしてた。

いわゆる「出会いは求めてません」的なアレだ。

何が目的か分らなかったが、ゆうこりん風なプロフ写真の可愛さに釣られて

いつもどおりメール送信。

ダメ元で送ったが、意外と好意的な返事が来た。

おれのプロフに使用している奇跡の一枚とも呼べる写真のチカラか。

そこからは、おれのテンプレ通りの展開。

恋愛モードで盛り上げて、メールを始めて1週間後には会う約束を取り付けた。

コツ?とにかく褒める。褒めまくることだよ。

待ち合わせ場所に現れたのを見た時の印象は、

「写真と体型が全然違うじゃねーか!!」だった。

聞けば、妊娠してから体重が10キロ増えたんだと。そりゃそうだわ。

それでもまぁ顔は可愛い感じだったんで、十分ストライクゾーン。

おれが女に会えたらする、お決まりの質問。

「なんで会おうと思ってくれたの?」

これで女の心に「理由づけ」という名の一貫性のスイッチが入る。

何でも、妊娠してから愛する旦那さんがエッチしてくれなくなり

ひとりで慰めていたらしい。

そんなときにおれが送った紳士的なメールを見て、

この人なら…と思ったんだと。

ということで、当初はカフェで話をしてからエッチに持ち込もうと考えていたが、、

お迎えのおれの車の中で、旦那とのセックスレスとオナニーの話をするもんだから

おれもムラムラがMAXになり速攻でホテルに行くことを提案。

そしたらあっさりオッケーが出た。

こんな簡単な女も久しぶり。てか向こうも相当タマってたんだろうな。

妊婦なのに警戒心が無さ過ぎて内心笑えたわ。

エッチしたくてたまらなかったんだろう。

ホテルに着いて、さっそくお風呂へ。

脱がせて驚いた、腹が異様に前に出てる。

まさに女体の神秘。この中に赤ちゃんがいるわけな。

そして、乳首は真っ黒。妊娠すると、こんなに黒くなるんだな。

生挿入はオッケーだが、中出しはNGとのこと。

お医者さんがそう言ってるそうな。

精液の成分が赤ちゃんによくないから、本当はゴムを着けるべきなんだそうだが

亜紀自身がゴム嫌いということもあって生でエッチすることに。

キスして、前戯して、ベッドで正常位で挿入。

ただ、ビジュアル的にはお腹がどうしても目立つので

興奮度はいまいち。背徳感は半端なかったけどね。

てゆーか、この人、ものすげー感じまくってるんですけど。

亀頭を軽く挿入しただけなのに

『うぅぅ…わうわゎ、おっきぃ!気持ちいい!』

『んっ、入ってくる…入ってくるぅぅ!』

『くひぃ…ん…だ…めぇぇっ』

ダメと言われてもなぁ、とか思いつつ、しっかり根本まで挿入。

ちなみにおれのチンコは17cmある。

奥に到達したところで、グリグリと押しつけてやる。

赤ちゃん大丈夫だったかな?

『あ、あ、あぁ、ほんと、に、あ、大きい!ひゃぁ!』

『ぐ、ゆっくりぃ、もぉ、っと、ゆ、くりっ!ひっ!』

亜紀がこんなことを言うもんだから、

奥に押し付けるのはよくないかなと思い、ここで浅めのピストンに移行。

両足首を掴んで脚を開きながら、軽めにズボズボと腰を振る。

するとそれにもすごい反応。

『あ、スゴぃ! いっ、あ、は!?』

『ぁ、イ、イク!イッちゃう!!イキそぅ』

『きもち、いい! あ!? あぁ゛っっ! イクっ!!! ーーーーっ!!』

と叫んだかと思うと、

膣がぐぐぐっとおれのチンコを締め付けた。

亜紀の顔を見ると、歯を食いしばって快感の波に耐えているかのよう。

えーと…正直なところ、おれはそれほど気持ちよくなかった。

軽く、浅い、気を遣いながらのピストンだったからな。

それなのにあっさり亜紀はイッた。

まるで、おれがテクニシャンみたいだが、そんなことは全然ないぞ。

ちんこのカリが多少太めなくらいだ。

結論。妊婦も相当エロい。

挿入したまま、亜紀の回復を待つ。

しばらくすると落ち着いたようなので、ゆっくりピストン再開。

するとすぐさま、

『あっ、れ?あぁ、ああああああ、あ、い、イ、イクっ!は、あ、イクって!』

『ィっくっ!! ???????っ!』

と、またもあっさり達したご様子。

軽く痙攣してるし。全身に相当力が入ってる感じ。

これ赤ちゃんによくないんじゃないのと思いつつ、

妊婦の乱れる様を見て興奮が高まってきたおれって変態だと思った。

お疲れのようだったので、抜いて休憩タイム。

寝転がりながら、亜紀に久しぶりのエッチについて感想を求めると

『めちゃくちゃ良かった。大満足。俺くんに会えてよかったよ☆』とのお言葉。

それを聞いてうれしくなったおれは、自分もイキたくなり再度の挿入。

今度は、自分が気持よくなることに集中したピストン。

亜紀のあそこが盛大にズボズボという音を上げるくらいの深い高速ピストンだ。

『やっ!んん、っき、もちぃぃぃいいいいあああああ!!!!」

という亜紀の絶叫に合わせて射精した。

中出しはNGだと言われてたが、思いっきり中で放出。

かろうじて子宮口に押し付けるのは止めることができた。

それでも柔らかな肉ひだにつつまれての射精は、オナニーとは比べ物にならない快感。

ドクドクと噴き出す精液の感覚がいつもの倍ほどに感じた。

亜紀はさっきと同じようにビクビクと体を震わせ、

おれが中出ししたことなんかはどうでもいい様子だ。

射精の余韻と倦怠感に包まれて、亜紀の横へ体を投げ出す。

お互いにハァハァと息が荒い。

『ねぇ、次は、いつ会える?』亜紀が聞いてきた。

その股間からは、おれの精液と亜紀の愛液が混じりあったものがドロドロと流れ出し、

シーツにソフトボールくらいの直径の染みを作っていた…

あぁ、GWなのにお仕事中の旦那さんごめんなさいwww

おたくの奥様は、会ったばかりの男に中出しされてますよ?www

…こんなのが母親になろうってんだから、世も末だぜ。

と、まぁこんな感じ。

実は明後日の水曜日、また会う約束を取り付けてる。

出産間近まではエッチして欲しいんだってさ。

こりゃ産後も誘えばヤレそうだな。

今回使ったのは老舗の出会い系サイト「イククル」だ

思い返せばもう10年くらいやってたわ。

会員数1、000万人って、若い女のほとんどが登録してんじゃねーの?



人妻にメールするときはまず信頼を得ることが大事だぞ。

先に写真を送る。文章は丁寧に。そして相手を褒める。

それができりゃ成功率は上がっていくぜ。がんばれよ。

頼むから

私40歳 会社員 同棲中の彼女も40歳。何となく結婚話が無いまま同棲もほぼ10年近い。
彼女は頭も良く、凄い美人でスタイルも良く(道を歩いていると誰もが振り向きます)、以前はそれなりに定期的な体の関係もあったのですが、近頃はご無沙汰です。でも拒否はされません。求めればする訳です。

ここ2年ぐらい前から彼女が急速にセクシーになってきました。そのフェロモンには圧倒されるほどです。
同棲して見慣れなければ凄まじい色気でしょう。

綺麗になる彼女を見て、悪い気はしませんので何とも思っておりませんでしたが、ある土曜日で仕事が休みで私は自宅に居りました。

彼女は友人とお出かけするといって午前中に出かけて行きました。ところがです!
一緒に出かけるハズの彼女の幼馴染の友人が、自宅を訪ねてきたのです。

まさか自宅で待ち合わせとは知らなかったため、彼女が勘違いして出かけてしまったと伝えると、わざとらしい返答。

実は会う約束はしてなかったのでは無いですか?と聴くと、友人はそんなことは無いと言い去っていきました。

それまでは何とも思っておりませんでしたが、恋人の行動が気になるようになりました。

確かに私も土日が休みのときは、土曜だけでも男同士の友人と遊びに出かける事も多いので、彼女も彼女で同性の友人は多いし、実際 そういう友人たちと良く出かけたり、カラオケに行ったりしているので、彼女の土曜日の行動には正直に今まで何の疑いも持ちませんでした。

でも今回は違います。不安がよぎります。

いまどこ?とメールしたら返事が返ってきません。

2〜3時間後の午後2時近くになって、友人とランチを終えてこれからショッピングをしますというメールが帰ってきました。気がつかなかったのでメールが遅くなってゴメンとも書いてありました。いつも通りの彼女のメールです。

今夜は久しぶりに二人でお寿司を食べに行く事にしていたし、それをとても楽しみにしてくれていました。

そんな日に自分を裏切るような行為をするでしょうか?

でも、あることをきっかけに、その土曜日の午前と午後の行動を知ることとなってしまいました。

それも何日も経過して、その夜 楽しく二人でお寿司を食べた後にです!

それは、数日後の事でした。

すでに土曜の心配など・・・。
夜にお寿司を食べに行き 二人で飲みながら楽しく食事をした後は安心しきっていました。

数日後の火曜か水曜だったと思います。

彼女の携帯のメールのやり取りなどチェックをした事の無い私は、彼女がお風呂に入っているのをいいことに
興味本位から覗いてみました。

ロックはして有りませんでした。ロックしてるなら怪しいのですが、ロックが無かったので安心して覗き見を止めました。
でも、やはり気になるので受信トレイを見ました。

気になる先週の土曜日のメールのやり取り。心臓が久々にドキドキ激しい鼓動を打ってます。

あるメールを見た瞬間 鼓動は今までに経験した事の無い最高潮に達しました。心臓が止まってしまうのではないかと思う程です。おそらく顔も紅潮していた事でしょう。

驚きです。

明らかに当日に幼馴染の友人が訪ねてきた時間(午前10時頃)には、既に誰かと会っている様でした。
待ち合わせは9時45分頃と書いてあるメールが出かけた矢先の9時頃に入っています。

そのメールを見てからと言うものは、誰と会っているのか気になって仕方がありません。

ですが、それを知る日は意外と近くに訪れました。

その晩、ショックで考え込んでしまった私は早めに寝てしまいました。

そのお陰で、まだ暗い4時ごろに目が醒めてしまい。喉が乾いたので水を飲もうと台所に行きました。

台所の隣はリビングなのですが、明かりが灯っています。

こんな時間まで彼女が起きてるのかと心配になりリビングへ行くと彼女はPCの前でうつむいて寝ていました。

PCはスクリーンセーバーが見えないのでHDDがストップしているようです。でも電源ランプは点灯しています。

何気にenterキーを叩いてみました。ブラウザが起動しました。

どうやらメールソフトも動いているようです。

先週の土曜の前後に頻繁にやり取りをしている相手がいるようです。

彼女が起きるとログイン状態は消されて終わりなので、送受信メールを自分のPCメールアドレスへ数日分転送しました。

気になって仕方の無い私は、寝室に戻り会社で使っているノートPCを起動させてメールチェック。

僅か数分とかからない起動時間をこれほど長く感じた事は40年の人生の中で初めてでした。

そして、彼女の転送したメールは私を奈落の底へと突き落とすものでした。

奈落の底・・・。小説や映画では使い古され、もはや最高最低の底を意味する言葉としては、インパクトのなくなってしまった言葉ですが、その時の私にとっては奈落の底だという言葉以外は見つかりませんでした。

メールの相手との土曜の過ごし方をまとめるとこのような感じのようです。
二人のメールには事細かにホテルでの密会の詳細の感想を言い合っているので分ったものです。

9:45 相手男と合流(初めての男ではなく、どうやら2年近く関係があるようです)

10:00 ラブホにチェックイン シャワーなど

10:30頃 プレイ開始 前戯として縛りや、アナルのバイブ責め、クンニなど。

1時間もかけて前戯をする相手男に感心してしまいます。しかも彼女もすでに4〜5回もイかされている。

11:30頃 相手男の挿入

ココから先は自分でも読まなければ良かったと思いました。後悔と卑屈になる毎日です。

なぜならば、凄まじいまでの巨根の持ち主のようなのです。彼女はとても背が高く、それによって手の指も長いのですが、その手で握っても握りきれないほどの太さでも有るようです。

彼女のメールには、その巨根で突かれることでいかに彼女が「感じ」、「女性としての最高の幸せ」を手に入れることが出来たかを幸せそうに書いています。

しかも、さらに私を驚かせた事は11:30の挿入から彼女を物凄いピストンで突きまくり、射精をしたのは14時近くだと言うのです。

まさかとは思いましたが、2時間も突き上げられてもう最高の幸せと彼女が書いているのです。

毎回、それだけ突かれて大満足と書いてもあります。そんな持久力ある最高のペ○スは絶対に放さないとも・・・。

彼女の友人の訪問後に彼女にメールを入れて、2〜3時間 私が待たされていた間。

多少の不安に包まれながら待ったメール。

そうなんです。

その間、彼女はその男の巨根に身を委ね、髪を振り乱して喘いでいたのです。快楽を貪っていたのです。

しかも、フィニッシュは男の体液を全て口で受け止め、物凄い量の精子を、ドクドクと注ぎ込まれ 最後の一滴まで飲み干したらしいのです。

最高の味だったと書いてあります。

しかも彼女は、その男とSEXするために避妊手術まで既に行っており、毎回 お口か中出しだというのです。

その男のペ○スのサイズまでも記述がありました・・・。

外国ポルノ男優級です。私のサイズの1.5倍くらいあります。

はい、長さも太さも。

その日は、もう1回戦交えたようで そちらも1時間半ほど挿入したようです。今度は中出しのようです。

あの彼女がそんなハードなSEXを好む事も、こなす事も私を驚かせました。

そんな巨根を根元まで埋められてヨガリ狂っているようです。

実は相手男も、根元まで入れられた女性は彼女が初めてらしく、偉く彼女を気に入っているようです。

数時間も起ち続ける巨根と驚くほどの量の射精をする相手男の存在には、強烈な嫉妬を覚えます。

後日、彼女の秘密のPCメールアドレスは分ったので、適当な思いつくパスワードを入力したらあっさりと突破しました。

今では、仕事の途中にネットカフェに寄って彼女のメールをチェックしています。

彼女のフェロモンが発散してきた2年前からの関係の様でした。

もう驚きませんが、彼女は数人の男と関係を持ったようです。

でも、そのデカチン男のSEXが相当のテクらしく、彼女は虜になったようです。

男とは、その男の日常の性生活についても話し合っているようで・・・

男からは今日は何歳のどんな女性とこういうプレイをしたという報告が入っています。

彼女は彼女で、同棲中の彼氏(私)としたけど、小さくって入ってきた時驚いたなどと私を軽蔑した内容の事を書き、

いかに相手男の存在が彼女にとって大事なのかを赤裸々に訴えているようです。

相手男は、それを承知の上で彼女にゆっくりと調教しているようです。

その証拠に、相手男は金銭を望まないかわりに、彼女の穴と言う穴、心を全て征服してしまっているのです。

実に欲の無い男にも感じます。もの凄い紳士なのではないかとさえ思います。ここまで虜にしたらお金だって彼女は渡すでしょう。

しかしながら、毎回この男と彼女のプレイ内容には驚かれます。

数時間に及ぶピストンは毎回のようです。(どうしてこんなに起ちっ放しなのでしょう)

ですが、ここにきて彼女への相手男の態度が素っ気無くなってきているようです。

ピストンも前ほど長時間頑張らずに、精々1時間程度 時にはさっさと射精しているようです。

確かにその男の気持ちも分ります。

同じ女と10回も寝れば、恋人で無い限りは飽きますからね。

でも、怖い事になって来ています。

正直、その相手男とはSEXによる勝負では全く相手にならない絶倫なので、私はもう既に屈服し尊敬し始めているくらいでした。

彼女も、数ヶ月に一度はその男に抱かれる事で女性としての幸せを満たせるなら、それはそれで見守ろうと私は思っていたのです。

ところが、相手男が彼女に飽き始めているために、ホントに怖い事が起き始めています。

彼女が出会い系で他の男を探し始めた様なのです。

ですが、どのサイトに登録したのか週に数通しかメールが来ないのです。

出会い系を利用した事がある方なら分ると思いますが、女性が出会い系に登録したなら凄い量のメールが来ますよね?

不思議に思って調べたら、どうやらデカチン男限定と書いて募集を入れている様なのです。

すでに、この1ヵ月の間で数人を味見している(されてる?)ようですが、彼女の満足する大きさの男には出会えていないようです。

満たされずに、相手男に会いたいと言ったり、

相手男に嫉妬させようと思って、最近の他の男とのプレイを自慢しているようです。

ですが、百戦練磨の相手男は、ストレートに会いたいと言われた時は多忙を理由に上手に断り

他の男とのプレイ話を聞かされたときは、軽くスルー。まあ適当な返事。

その数日後に逆に、今狙いを定めている女性の報告などを入れ、逆に彼女を嫉妬に狂わせ翻弄してきます。

彼女もどうしてよいか分らなくなって、とにかくデカチン男を捜しまくっているようです。

もう、私が知っている彼女ではありません。いえ、普段は何も変わりません。

しかし、その本性は巨根でなければ満足しないし、それを求めて不毛の色情を燃やすメスブタです。

もうこうなったら、紳士の相手男にメールを送ろうかと思っております。

彼女を壊した事に対する恨みメールではありません。

彼女を救うために、彼女を捨てないで下さいと申し込むのです。

少なくても、その男と浮気をしている間の彼女は、私と普通に生活、会話、時々のSEX、お出かけ。

何もかも、日常を壊す事はありませんでした。

でも、今の彼女は不審な行動が多く、もちろんそんな日はどこかの誰かに抱かれ、でも満足するサイズの男に出会えず
また違う相手を探す日々のようなんです。

こんなにも、相手男とその巨根の存在とは彼女に取って大きいのでしょう。もしかしたら、普段誰にも言えないような愚痴なども聞いてもらっていたのかも知れません。

その上で、前戯に1時間も費やしで丁寧に愛撫をされ、数時間に渡って突かれ、SEXの喜び、女に生まれた喜びを味わったのなら、その幻影を求める事も無理は無いと思います。

でも、そんな頼みを私からするなんてはあまりに屈辱的すぎますし、相手男は必要経費を求めてくるかも知れません。

でもお願いです。この文章を見て下さっていたら・・・。お願いです。彼女を捨てないで下さい。

都合の良い話ですが私たちの生活を今までのように邪魔にしない程度で、彼女に会ってやってください。

存分にその持ち物で彼女を突き上げ狂わせて下さい。

彼女にはもう飽きたのかも知れませんが、色情に狂い掛けている彼女を救うためにその巨根を突き立ててください。

欲求不満の人妻狙ってみろ

今日は会社休んで、女の子と会ってました。

えっ?会社休んでまで、出会い系で遊んでるなんてダメ人間??ええダメ人間です(爆)

でもですね~。なんのために生きているかって聞かれたら、

「俺は女のエロおマンコにぶち込んで、中出しするために生まれてきたんだ!!(爆)」

と声を大にして言いたい。

本音で生きていかないといけませんよ。世の中は(笑)

さて、今回は出会い系サイトで出会った女の子で、送られてきた写メを見て即決してしまいました。

とにかく口がやらしそう!!

絶対今回もエロまんこに中出ししてやろう!と決意しました(笑)

この子、去年、就職してから職場にロクな男がいなくて、ストレス溜まってたみたいです。

まだ、23歳ですよ!!もったいない(爆)

まあ、私もこの子のアソコにぶち込んで、中出ししてやろう!

とあれこれ考えている訳ですから、ロクな男じゃないんですがね!!

早速軽くカフェで軽く話をしてからホテルへ。

ホテルに入るや否や、ちょっとビックリしたんですが、

「バイブでいじってほしいんです。」

なんて言い出しました。

実はですね、この子バイブが大好きなド変態だったんですね。

このサイトに登録している女の子はかわいくて淫乱な子が結構います。

恥ずかしそうにお願いしてきたので、「バイブでどこをいじってほしいの??」

と聞くと、

「私のおマンコをグチョグチョかき回してほしいんです。。」

と懇願してきました。

いや~、まさか自分からバイブ持参で来るとは。

マジでドスケベですねぇ~。

バイブで思う存分、いじくり回してやろうかと思ったらビックリしました。

マンコがヒクヒクして、ベッチョリ濡れていましたね(笑)

ここで私の中の変態も目覚めてしまいましたよ!!

もう、徹底的にじらしてやることにしました(´∀`)

まず、バイブの裏スジ部分で、クリちゃんの上をスライドさせながら反応を楽しみました。

ヌルヌルしているので、気持ちいいくらい滑ってくれます♪

「あっあっ・・ああんっ・・いやっ・・早く入れてぇ~!!」

なんていやらしい声出されて、私の股間を直撃しました(爆)

しばらくいじっていたのですが、更にエロまんこがドロドロになってきたので、

ズリュズリュ・・っと挿入してあげました(笑)

「あぁぁあっ・・・!!あっ・・!気持ちいいですぅっ!!」 

腰をブルブルさせて身悶えしているのを、

股間だけビンビンにしながら冷めた目で見てあげたら、更に興奮していました。

この子のドMを開発するのも悪くないですね~♪

ちょっと飽きてきたので、思いっきり奥まで突っ込んであげました。

リズムを早くしたり、奥のほうでグリグリ回転させてみたりして、

カリが子宮のところで、こすれる様子を楽しんでみました(照)

「やっ・・いやぁぁっ・・あっあっ・・ああぁぁん!!!」

もう、こっちのことなんかお構いなしに感じまくっていました。

ドスケベおまんこですなぁ~。

痙攣して顔を引き攣らせて、紅潮した顔でイってしまいました(●´∀`●)

そのあとは、本物の熱いチンコで中出しして、またイかせてやりましたよ。

「やっぱり・・・・本物・・の・・おチンチンの方が・・・・気持ちいいです~っ!!」 

なんて感じながら言い出したので、

「当たり前だろうが!!このドスケベマンコめ(笑)!」と罵ってやると、

また感じまくってイってしまいましたよ。

この子は、就職してからしばらくセックスしてなかったらしいので、

今後も調教して開発していこうと心に決めたのでした(テヘ)

欲求不満の人妻はエロかった

今日は会社休んで、女の子と会ってました。

えっ?会社休んでまで、出会い系で遊んでるなんてダメ人間??ええダメ人間です(爆)

でもですね~。なんのために生きているかって聞かれたら、

「俺は女のエロおマンコにぶち込んで、中出しするために生まれてきたんだ!!(爆)」

と声を大にして言いたい。

本音で生きていかないといけませんよ。世の中は(笑)

さて、今回は出会い系サイトで出会った女の子で、送られてきた写メを見て即決してしまいました。

とにかく口がやらしそう!!

絶対今回もエロまんこに中出ししてやろう!と決意しました(笑)

この子、去年、就職してから職場にロクな男がいなくて、ストレス溜まってたみたいです。

まだ、23歳ですよ!!もったいない(爆)

まあ、私もこの子のアソコにぶち込んで、中出ししてやろう!

とあれこれ考えている訳ですから、ロクな男じゃないんですがね!!

早速軽くカフェで軽く話をしてからホテルへ。

ホテルに入るや否や、ちょっとビックリしたんですが、

「バイブでいじってほしいんです。」

なんて言い出しました。

実はですね、この子バイブが大好きなド変態だったんですね。

このサイトに登録している女の子はかわいくて淫乱な子が結構います。

恥ずかしそうにお願いしてきたので、「バイブでどこをいじってほしいの??」

と聞くと、

「私のおマンコをグチョグチョかき回してほしいんです。。」

と懇願してきました。

いや~、まさか自分からバイブ持参で来るとは。

マジでドスケベですねぇ~。

バイブで思う存分、いじくり回してやろうかと思ったらビックリしました。

マンコがヒクヒクして、ベッチョリ濡れていましたね(笑)

ここで私の中の変態も目覚めてしまいましたよ!!

もう、徹底的にじらしてやることにしました(´∀`)

まず、バイブの裏スジ部分で、クリちゃんの上をスライドさせながら反応を楽しみました。

ヌルヌルしているので、気持ちいいくらい滑ってくれます♪

「あっあっ・・ああんっ・・いやっ・・早く入れてぇ~!!」

なんていやらしい声出されて、私の股間を直撃しました(爆)

しばらくいじっていたのですが、更にエロまんこがドロドロになってきたので、

ズリュズリュ・・っと挿入してあげました(笑)

「あぁぁあっ・・・!!あっ・・!気持ちいいですぅっ!!」 

腰をブルブルさせて身悶えしているのを、

股間だけビンビンにしながら冷めた目で見てあげたら、更に興奮していました。

この子のドMを開発するのも悪くないですね~♪

ちょっと飽きてきたので、思いっきり奥まで突っ込んであげました。

リズムを早くしたり、奥のほうでグリグリ回転させてみたりして、

カリが子宮のところで、こすれる様子を楽しんでみました(照)

「やっ・・いやぁぁっ・・あっあっ・・ああぁぁん!!!」

もう、こっちのことなんかお構いなしに感じまくっていました。

ドスケベおまんこですなぁ~。

痙攣して顔を引き攣らせて、紅潮した顔でイってしまいました(●´∀`●)

そのあとは、本物の熱いチンコで中出しして、またイかせてやりましたよ。

「やっぱり・・・・本物・・の・・おチンチンの方が・・・・気持ちいいです~っ!!」 

なんて感じながら言い出したので、

「当たり前だろうが!!このドスケベマンコめ(笑)!」と罵ってやると、

また感じまくってイってしまいましたよ。

この子は、就職してからしばらくセックスしてなかったらしいので、

今後も調教して開発していこうと心に決めたのでした(テヘ)

欲求不満のドM女を抱いた話w

今日は会社休んで、女の子と会ってました。

えっ?会社休んでまで、出会い系で遊んでるなんてダメ人間??ええダメ人間です(爆)

でもですね?。なんのために生きているかって聞かれたら、

「俺は女のエロおマンコにぶち込んで、中出しするために生まれてきたんだ!!(爆)」

と声を大にして言いたい。

本音で生きていかないといけませんよ。世の中は(笑)

さて、今回は出会い系サイトで出会った女の子で、送られてきた写メを見て即決してしまいました。

とにかく口がやらしそう!!

絶対今回もエロまんこに中出ししてやろう!と決意しました(笑)

この子、去年、就職してから職場にロクな男がいなくて、ストレス溜まってたみたいです。

まだ、23歳ですよ!!もったいない(爆)

まあ、私もこの子のアソコにぶち込んで、中出ししてやろう!

とあれこれ考えている訳ですから、ロクな男じゃないんですがね!!

早速軽くカフェで軽く話をしてからホテルへ。

ホテルに入るや否や、ちょっとビックリしたんですが、

「バイブでいじってほしいんです。」

なんて言い出しました。

実はですね、この子バイブが大好きなド変態だったんですね。

このサイトに登録している女の子はかわいくて淫乱な子が結構います。

恥ずかしそうにお願いしてきたので、「バイブでどこをいじってほしいの??」

と聞くと、

「私のおマンコをグチョグチョかき回してほしいんです。。」

と懇願してきました。

いや?、まさか自分からバイブ持参で来るとは。

マジでドスケベですねぇ?。

バイブで思う存分、いじくり回してやろうかと思ったらビックリしました。

マンコがヒクヒクして、ベッチョリ濡れていましたね(笑)

ここで私の中の変態も目覚めてしまいましたよ!!

もう、徹底的にじらしてやることにしました(´∀`)

まず、バイブの裏スジ部分で、クリちゃんの上をスライドさせながら反応を楽しみました。

ヌルヌルしているので、気持ちいいくらい滑ってくれます♪

「あっあっ・・ああんっ・・いやっ・・早く入れてぇ?!!」

なんていやらしい声出されて、私の股間を直撃しました(爆)

しばらくいじっていたのですが、更にエロまんこがドロドロになってきたので、

ズリュズリュ・・っと挿入してあげました(笑)

「あぁぁあっ・・・!!あっ・・!気持ちいいですぅっ!!」 

腰をブルブルさせて身悶えしているのを、

股間だけビンビンにしながら冷めた目で見てあげたら、更に興奮していました。

この子のドMを開発するのも悪くないですね?♪

ちょっと飽きてきたので、思いっきり奥まで突っ込んであげました。

リズムを早くしたり、奥のほうでグリグリ回転させてみたりして、

カリが子宮のところで、こすれる様子を楽しんでみました(照)

「やっ・・いやぁぁっ・・あっあっ・・ああぁぁん!!!」

もう、こっちのことなんかお構いなしに感じまくっていました。

ドスケベおまんこですなぁ?。

痙攣して顔を引き攣らせて、紅潮した顔でイってしまいました(●´∀`●)

そのあとは、本物の熱いチンコで中出しして、またイかせてやりましたよ。

「やっぱり・・・・本物・・の・・おチンチンの方が・・・・気持ちいいです?っ!!」 

なんて感じながら言い出したので、

「当たり前だろうが!!このドスケベマンコめ(笑)!」と罵ってやると、

また感じまくってイってしまいましたよ。

この子は、就職してからしばらくセックスしてなかったらしいので、

今後も調教して開発していこうと心に決めたのでした(テヘ)

膜を破ってそのまま朝まで6回戦

愛人ビレッジが流行ってて、私は大手企業社会人ルーキー25歳で地方配属とまだ若かったせいか、夢中で女性の投稿にメールしまくってた。

だいたい3%程度の確率で返事が来るんだが、自宅ワンルームから100キロ程度離れたF市に住むYちゃんという19歳の女性から返事が来た。
大体、出会い系に投稿してくるくらいだから純粋な付き合いなんかお互い望んではいない。

「いま何してるの?」

から始まって、

「どこの高校だったの?」

や最初は質問攻めです。

ここまで一週間くらいですが、なかなかリアクションの良い子だので、こうなったら一か八か下ネタです。

大抵の場合ここで嫌われるんですが、H県のセーラー服のM高校出身の子だったので、私のエロ心が燃えました。

Yちゃんは比較的マゾっぽい子なので、

「高校時代の制服(セーラー)に着替えなさい」

とか、

「スクール水着に着替えなさい」

とか、

「ブルマと体操服姿になりなさい」

といった注文に対して

「はい、恥ずかしいし寒いけど、着替えました。次はどうすればいいですか?」

「親が起きてくると大変」

とか私の理想通りです。

この時は白黒ケータイなので、写メールすらありません。

もう我慢できなくなった私は、

「電話番号を教えなさい。お兄さんがもっと恥ずかしくしてあげるから」

とメールすると、素直に電話番号をメールしてきました。

私はすぐに電話しました。

まだあどけなさの残る声でした。

ブルマ姿だったので、早速、

「ブルマの上からオ○ンコを触ってみて。早く!」

「紺色のブルマを膝まで脱いで思いっきり脚を開きなさい」

「ブルマを膝に引っ掛けたまま指をオ○ンコに入れてみなさい」

「太ももにブルマをつけたままクリ○リスを激しく触って」

「そのまま俺のチ○コ舐めたいか?」

の命令に対してYちゃんはかなり興奮している様子。

電話越しの声も荒くなってきている。

オナニーには慣れている様子なので

「まだイッたらダメだよ」

といった瞬間、鼓膜が破れるほどの声で

「そんなのムリよ?!!!」

と泣き声で主張するのです。

少し間があって

「ごめんなさい…」

彼女は本気だったのです。

それから私は

「ごめんね、Yちゃんだけに恥ずかしい思いさせて。お返しに今度は俺がYちゃんにオナニー見せるから許して」

と言うと、

「いつ?私可愛くないよ」

と言うので、早速次の週に約束し、当時乗っていたアコードで高速に乗って会いに行きました。

かなり抵抗しましたが、一応M高校の夏セーラー服持参を注文しました。

Yちゃんは、身長160センチくらいの髪型は薄茶のロング、体系はほんのちょっとだけポチャ、肌は白くて綺麗、顔は当時のHITOMI系。

期待してなかった私にとっては、ど真ん中ストライク。

なぜ自分で可愛くないというのか理解できないくらいです。

Yちゃんとは、早速ホテルに行きました。

そして、すぐにM高校の白セーラーの夏服ルーズソックスに着替えてもらいました。

「カワイイ」

もう、私のマーヴェリックは最高潮です。

速攻で襲いかかると、Yちゃんが

「実は初めてなんよ」

と言うので、にわかに信じられませんでした。

この時初めて触ったのですが、オ○ンコの中にははっきりとした五円玉のような処女膜がありました。

思わず

「よく頑張って指入れてくれたんだね」

と言いました。

しかし、私自身はさらに充血し、Yちゃんの愛液を欲してます。

キスは不慣れでしたので、とりあえず、丁寧にオ○ンコ舐めてあげましたが、とにかくきれいなピンクで、毛も少なく無臭で、今までにないくらいの蜜の量です。

蜜はかなりねばねばで、味は少ししょっぱい。

Yちゃんの蜜の味が濃くなってきたので、挿入を試みたのですが、痛がって入りません。

次に風呂に移動して、ローションでマッサージし、一気に挿入しました。

確かにバリッという感覚があり、Yちゃんは泣き叫びましたが、それと同時に相当感じています。

Yちゃんの血液が愛液とともにユニットバスに滴ります。

また、一回戦が終わってからも、Yちゃんのオ○ンコからは血が止まりません。

それと同時にYちゃんの性欲も止まりません。

ベッドに戻り、2回目から痛がるどころか、オ○ンコはビショビショで、自分から私のチ○コを入れる始末。

まだ出血があるのでシーツは血液混じりのYちゃんのラブジュースで真っ赤。

ノーパン、スカーフなしのセーラー服姿のYちゃんは一瞬にして淫乱女に豹変しています。

そして、朝まで、6回合体しました。

もちろんM高校のセーラーのままで。

朝聞いた話だと、友達の中でバージンはYちゃんだけで、みんなには内緒にしてたみたいです。

それで、愛人ビレッジに登録してバレる前に経験したかったとの事。

本当に俺でよかったのか…今時の子は…

僕の人妻攻略法

僕の攻略法を書いてみます。
皆さんの参考になるかわかりませんが、良かったら利用してください。
ちなみに僕は結構この方法を利用してますが、約80%の成功率です。
ミクシーでも2人会いましたが、基本は仕事関係で知り合った
普通の主婦が多いです。

まず、アポイントを取ります。
他府県の女性の場合は理由が付きやすくアポイントが取りやすいので
成功率が高いと思います。

僕が思うには、女性の心理は自分にはその気が無かったのに
そんなシチュエーションになってしまったと思わせてあげることが
必要だと考えています。

そのため、ただ飲みに行こうと言うより、
例えば「出張でそっちに行くんだけど、
夜1人なので良かったら食事に付き合ってもらえませんか?」
と軽くお誘いしています。
ミクシーなど初めての人と会う場合には、
必ず「メールでお話したことしかない人と会うことは
不安だと思うので、気軽に断っていただいて構いません」
と必ず入れて置きます。
それまでのメールのやり取りも含め、
下心的なメールや下ネタなどは一切しないで
紳士的なメールに徹しています。

結構断っても良いよと言うと逆に会う確率が上がるようです。
まだ子供が小さい主婦の場合には、夜は出られないと思うので
ランチのお誘いに変えたりしています。
(ランチの場合は後で書きます)

実際に会って、飲みに行く場合、終電の時間から逆算して
18時半?19時には飲み始められるようにしています
20時?20時半には1件目のお店を終わり
「もう1件いかがですか?」
と話を持っていくようにします。
ここであまり遅いと帰らないといけなくなるため
早い時間に1件目を終わらせることと
まだ話し足りないという空気が必要です。
この男といてももう楽しくないと思われると帰ってしまうので
注意が必要です。

1件目で重要なことは、ここでも下ネタや物欲しそうな空気は
一切出さずに「夫婦の仲が良いこと」「これまで浮気はした事は無い」
などの安心感を持ってもらうことも重要です。

2件目は必ず自分が泊まっているホテルのラウンジを
使います。
できれば高層階の眺めのいい部屋を予約して、1件目の会話の中に
「部屋からの眺望が素晴らしかった」「夜景がきれい」と
混ぜておきます。

タクシーや歩いてホテルに戻る途中で、
ちょっとお水を買うからとコンビニに寄ります。
ホテルに着いてコンビ二で買ったお水を
ラウンジに持って行けないから、
ちょっと部屋へ置いて来るから、ちょっと待っててと、
わざとロビーで待たせ2?3歩エレベーターに向かいますが、
戻って、「部屋から見る夜景がきれいだから、部屋まで見に来る?」
と言うと大体の女性は「お部屋見たい」と言って付いてきます。
ほとんどの女性は地元のホテルの部屋には泊まったことが無いので
ホテルには興味があります。

何度も言いますがここまでに女性に警戒心をもたれない会話と態度
雰囲気が必要です。
男性の容姿(松潤のように良い男と言う意味ではありません)や
キャラクターも重要かもしれませんが、清潔感のようなものでしょうか?
警戒されないことがもっとも重要だと思います。
本当なら男性の部屋に2人っきりになることなど、
考えられないのに自然に部屋に入ってしまったと、
女性に思わせることが大切です。

部屋に入ると自分は冷蔵庫にお水を入れている間に、女性は部屋の中を見て
回ったり、トイレを貸してと言うことも多いです。

その間に、冷蔵庫の中から、美味しそうなワインがあったから
(事前に仕込んでおいても良いと思います)このまま部屋で飲んでもいい?
と言いながらワインとグラスを持ってきてソファーや椅子をセットします
(必ず対面になるようにして女性にはソファに座ってもらいます)
僕の経験上(何十人もあるわけではありませんが)
「やっぱりラウンジへ行きたい」と、ここで断られたことはありませんが
でも、もしここで断られたらあっさり引きましょう。

ルームサービスでフルーツなどをとっても構いませんが、
おつまみは乾き物で十分です。
向かい合わせに座りながら、またしばらく1次会の延長の会話
(割とビジネス色の強い会話をしています)を楽しみながら
話題が切れたところで、トイレに立ち、戻ってきたときに
ワイングラスを持ちながらそっちに「座ってもいい?」と
聞くと駄目とは言われません。

隣に座ってからは、子供の頃の話や家庭の話など話題を変えて、
顔も近くなりながらいい感じになったところで肩を抱き寄せると
「え?駄目です」と言いながら大体寄り添って来ます。
そうなったらすぐ横にベットもあるので、後は終電の時間との
戦いになります。
なので部屋に入ってここまで持っていくのに大体9時?9時半までと
思っています。

もちろんここで拒否されても、その場で席を立たれたりすることが
無ければ、また頃合いを見計らって再チャレンジして見ましょう。

「あなたが初めてで魅力的だったからこうなってしまった」
「部屋に入るまでこうなるとは思ってなかった」と言うことを
言っておくことも必要だと思います。
女性は最初から私とこうなるつもりで会ったんだと、
思われることは嫌なようです。
最初からそんな目的で近寄ってくる人もいますが、
そうではない普通の主婦の人を落とす充実感があります。

また、ランチの場合は子供のお迎えの時間前に帰らせてあげることが
大切なので、時間は同じように逆算して考えています。
ランチの場合には、ホテルの部屋が車の中と考えています。
ランチが終わってから「もう少し時間があれば、少しドライブしませんか?」
と誘っています。車に乗ってきたら、人気の無い海が見える場所や
景色のいい駐車場に車を止めて、いい感じになったら、肩を抱くと言った
パターンが多いです。

最初の内は終わってから、自分への罪悪感から旦那さんに告白したり
されたらまずいな?とか思っていましたが、おとなしそうな女性でも
女性は男性が思っている以上にしたたかなようで
証拠の隠滅も上手だし、旦那さんは自分の奥さんが浮気するわけない
と思い込んでいるので、今のところは全くばれずにいます。
実際に不倫は小説の中だけのことと思っている主婦がほとんどですが
でも不倫には興味はあるように思います。
危険の無い安心できる男とは不倫願望があるように思います。

また自分の奥さんに対しても「この人は私だけ浮気する人じゃない」と
思われていることも大切です。
なので家庭サービスや奥さんサービス(家族のお誕生日や結婚記念日など)
も怠らないようにしましょう。

また不倫相手の女性からも私と奥さんだけと思ってもらうように
気をつけています。
相手の女性には、お互いに一瞬の気の迷いからこうなってしまったんだと
自分を納得させるようにしています。

長くなってしまいましたが、結構うまく行ってます。

レスありがとうございます。
何人かの方から質問があったので追加です。

僕の場合出会い系とかではなく、知り合いばかりです。
友人、PTA関係、奥さんの友達、家族ぐるみのお付き合い、仕事関係、異業種交流会、
ボランティアなどなんでもありで、飲み会、会議中、移動中などの途中で
「この人行けそう」みたいにターゲットを絞っていきます。

ただ家の奥さんとも知り合いの事があるので相手の女性は奥さんと知り合いだと
いい感じまでは持って行けるんですが、最後に二の足を踏まれてしまうことが
あります。そういう場合には無理はしません。

先日は、何人かで飲みに行っていいなと思った主婦に「帰り道に近くだから送って
あげようか??」と言って2人だけになり「代行運転混んでるみたいだから代行が
来るまで暑いから車の中で待ってよう」ということで、飲み物を買って、後部座席に
並んで座り「代行遅いね」見たいな感じから、良い感じまで持っていきました。
(本当は代行を呼んでいないので来る訳がありません) 
それから代行を断るふりをしてラブホに行きました(^^♪ 

女性は会話の中や色んなところでサインを出してきます。無理はしませんが押したり
引いたりする駆け引きが楽しいですね(^^)

先週、新しい主婦の人と初めて飲みに行った時(向こうは3人だったから安心してたと
思います)は、ちょっとしたタイミング(もう1人の主婦の人が電話がかかってきた時)で
2人になった時があって「屋上がきれいだから見に行かない?」(飲んでる途中に
屋上の風景の話をさりげなく混ぜておきました)と誘ったら行きたいということで、
電話中の主婦の人に「先に行ってるね」と合図して、その時に階段で手をひいて
あげると、手を握ってきたので、そのまま階段を上がり、上がり終わっても手を
繋いだままにしていました。
相手が手を離さなかったので、もう1人が上がって来る前に後ろから
「我慢してたんだけど、我慢できなくなっちゃった」って言いながら
抱きしめると、そのまま良い感じまで持っていくことができました。
もう1人が上がってきたので、その日はそれで終わりましたが、メールで
「みんなに内緒だよ」と言って2人でランチに行く約束をしました。

また、別の一人の場合(仕事関係の知り合い)いつもは事務的なメールだったんですが、
あるときちょっとプライベートなメール(悩み相談みたいな)が来たので
「一緒にランチしませんか?」って言うことになり海沿いのレストランで食事した後
少し海でも見に行こうと言うことで海岸を歩きながら「なんかデートしてるみたい
だね」と言うと「デートでしょ!!」と言われたので「それじゃあデートらしく昔を
思い出して手をつないでみる」ということから、手をつなぎ散歩して木陰で抱き合い
キスとの運びになりました(^^♪

もちろん全員うまくいくわけではありませんが、ちょっとしたしぐさや表情、目線など
(うまく表現できませんが、この人は自分に好意を持っているという感覚)で、
判断してうまく2人になるように持って行って「相手もこちらもそんなつもりじゃ
なかったのにそうなってしまった」と自分自身に逃げ道を作ってあげることが
必要だと思います
(例えば、代行がすぐに来てたらこうはならなかったみたいな感じ)
それとこれまでこんなことは無かったのに、あなたが魅力的だったから、
つい現役の頃に戻っちゃったみたいな言い訳をしておくと、万一拒否られても
(僕の場合「だ?め!」みたいな拒否られ方はありますが、真剣に拒否られたことは
ありません)「ごめん!ごめん!」で終われます^^;

でも間違いなく言えることは、全くの普通の主婦でも不倫願望はあります。
後腐れがない、絶対にばれない、身元等が安心、清潔感があるなどの相手には
興味はあるように思います。
また自分は、今の家庭を壊す気はない、このまま子育てだけで自分は終わって
しまうのか、みたいなことは思っているようです。
(特にきれいな昔は言い寄って来る男がたくさんいたんだろうな?みたいな主婦の方が
落ちやすいように思います)
だって何があってもいいように必ず新品のかわいい下着を着けて呑みに来ていますよ?(^^)v

多くの主婦はスマートに導いてくれることを待っていると思いますよ?(^^)

最近ではYY○を利用しています。
こういう出会い系サイトは業者や援交目当てが多いのかと思ったら
まともな女の子や主婦が大勢います。
これまで6人の女性と会いましたがハズレの女性は1人
(ちょっと太ってて好みじゃなかったのでランチだけでお別れしました)
だけで後は全員ステキな方です。(今も何人かの女性と会っています)
顔写真、見せてあげたいくらいです。

女性に話を聞くと、メールのやり取りで大体わかるようで
僕の場合ポイントももったいないので10回位のやりとりだけで
会えるように持って行ってています。
YY○の場合毎日ログインすると10ポイントと5日に一度50ポイント
もらえるので、これまで最初に1度3000円買っただけで
その後は買っていません。
参考までにやりとりのメールをお見せしますね?。

「○○○さん、こんばんは?(^^)
 はじめまして\(^o^)/
 足跡が付いていたのででメールしてみました?(^^)v
 もうすぐ夏が終わりますね?>_<
 ○○○さんはこの夏はどこかへいらっしゃいましたか?
 僕は先週、○○○の予定だったんですが中止になってしまいました (^^;;
 ところでもし良ければ、どこか、美味しいお店でランチ、いかがですか??(^^)v
 僕は自分で仕事をしてるので、時間はある程度合わせられます(^^)
 ご連絡、お待ちしていま?す\(^o^)/
 もちろん、夜飲みに行くのでもOKです(^^)v」

「○○さん
 はじめましてメールありがとうございます
 プロフィール読みましたがグルメな感じがしました。
 ○○○旅行残念でしたね。
 私は、東京に遊びに行きましたよ。
 ランチ、夜問わずオススメのお店はありますか?
 大人の隠れ家的な感じが好きです(^o^)」

「おはようございます(^^)
 メールありがとうございます(^^)v
 東京、いいですね\(^o^)/
 新幹線ですか?
 僕は都内での移動が楽なのでつい車で行ってしまいます(^^)
 二子玉川に出来た蔦屋家電、行かれましたか?
 本屋さんなのに物凄くオシャレな空間でここに住みたいと
 思ってしまいました?(^^)v

 ○○のお店は最近ではランチは○○○○がお料理の盛り付けも
 キレイで美味しかったです(^^)v
 ○○○のカフェも手軽で景色も良く落ち着くので好きです\(^o^)/
 飲みに行くなら、○○とか○○○○○とかも行きますが、和食系が多いですね。
 最近出来た○○○○って気になってますが、
 ○○○さんは行かれたことありますか?(^^)」

「東京は新幹線でいきましたよ!o(^o^)o
 でも暑い時だったので、外を歩くのが辛くて涼しい屋内にずっといました。
 蔦屋家電は友達からもすすめられてて。気になってたんですが、
 子供が行きたがらずダメでした。残念です(T_T)

 ○○さんは、いろんなお店に行かれてるんですね♪
 ○○もお店が増えましたよね?(*^^*)
 あんまりお酒はのめないけど雰囲気のいいバーとか落ち着いた
 お店に行ってみたいな
 いつも家族やママ友としか食事に行かないのでファミレス、カフェ、
 居酒屋が多いんです。」

「おはようございます(^^)
 暑い時の東京は結構キツイですね(^^;;
 ○○○さんは○○○にお住まいですか?
 良かったら、ご都合の良い時にランチでも飲みに行くのでも、ご一緒しませんか?
 割といい感じのお店にご案内できると思います(^^)v
 ご都合の良い日をいくつか上げていただけると合わせられると思うので
 よろしくお願いします(^^)」

「おはようございます

 ○○○に住んでいます(^-^)
 平日は仕事をしています。。
 子持ちの主婦なので、自由な時間があるようで
 あんまりなかったりなんです(T_T)
 短時間ですが、夕方から2時間とかでしたら大丈夫です。(いつもじゃないけど)
 他に大丈夫な時は、たまに金曜日は夕方から21時くらいでしたら大丈夫かも。
 融通はあまり利きませんが、急に空いたりするので流動的な感じでも良ければ
 お誘いさせてね♪」

的なやりとりを10回くらいで具体的な場所と時間まで決めて
会うことができています。
一人に500ポイント位かな?。

女性の見分けるポイントは、写真をぼかしも無しで載せている人や
僕はおじさん(プロフィール写真は載せてません)なのに若い子から
いいねや会いたいメールが来ることがありますが、そういうのは
怪しいので無視しています。
面倒が無いので結構使えるのでオススメですよ。





アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード