萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

制服

黒髪清楚なまりちゃんと満員電車で超密着した

朝の地獄のような通勤ラッシュに揉まれながら、いつも会社に行く俺。社畜と言う言葉を強く意識する瞬間だけど、たまに良い事もある。本当に、身動き一つ出来ないようなラッシュの中、たまに制服の女の子と密着できたりする。
柔らかい感触と、良い匂いを満喫しながら、痴漢に間違われたらヤバいなと思い、両手を上に上げる俺。今日も、なかなか強烈な状態になっていた。

俺の股間は、ちょうど目の前の制服の女の子のお尻に密着している。俺の背が低いのか、彼女の背が高いのかは置いておいて、ちょうどはまっている感じだ。

まだまだ寒いのに、コートも着ずに生足の彼女。申し訳ないと思いながらも、さっきから俺はフル勃起状態だった。そして、今時珍しく真っ黒の髪に、ほのかに香るシャンプーか何かの良い匂い。良い朝だなと思っていた。

彼女は、目の前の女の子の友達とずっとしゃべり続けている。誰それと誰それが付き合ってるとか、あのお菓子が美味しいとか、聞いたことのないお笑い芸人か何かの話をしている。

俺が勃起した股間を押しつけていることなど、まったく気にもしていないようだ。
その友達の方は、髪は茶色いし、メイクもしている今時の女の子という感じだ。話す言葉もちょっと汚い。それに引き換え、俺が密着している子は、言葉づかいもどこか上品だった。

「まり、今日エッグスンシングス行かね?」
ケバい方がいう。エッグスンシングスがなにかまったくわからないが、目の前の女の子がまりちゃんというのがわかった。

『うん。ゴメンね、今日ヴァイオリンなんだ』
まりちゃんがそんな事を言う。ヴァイオリンなんて、まりちゃんはテンプレ的なお嬢様なのかなと思った。
「お嬢だもんねw しゃーないね」
『ゴメンね』
こんな会話をしている二人。そして、急に電車が止まった。

「アレ? 何で?」
『事故かなぁ?』
二人はそんな事を言う。まぁ、でもよくあることだ。後でわかったことだけど、バカップル二人がスタンドバイミーごっこみたいに線路を歩いていたそうだ。

俺は、チャンスだと思った。凄い密着状態だけど、意外に右スペースは空いている。右手は自由になるなと思う。

俺は、生まれて初めての痴漢に挑戦した。まず、よくあるパターンで手の平をお尻に当ててみた。すると、一瞬彼女の背筋が伸びたが、何事もないように友人と話を続ける。
まりちゃんのお尻は凄く柔らかくて、あっという間に俺から理性を奪っていく。

俺は大胆に、手の平でお尻を撫で始めた。もう、偶然触ったという感じではなく、明確な意図で痴漢をしているという感じだ。それは、まりちゃんにも伝わっていると思う。

俺は、心臓が口から飛び出そうな程緊張していた。痴漢です! そう言われたら、人生終わりだ。でも、まりちゃんは一瞬ビクッとしただけで、友達と会話を続ける。

『そんな事ないってw まだ一回デートしただけだもん』
「でも、彼氏なんだよね~?」
『……うん……。そうだよ』
照れながら言うまりちゃん。俺は、凄く興奮した。彼氏の話をしている女の子を触る……。何となく、その彼氏に優越感を感じる。

俺は、まりちゃんのお尻の割れ目を中指でなぞるようにする。スカートの上からでも、まりちゃんのお尻の形がよくわかる。友達と会話を続けるまりちゃんのお尻を触る……。それは、今まで感じたこともないくらいの興奮を俺に与えてくれた。

まりちゃんは一見普通にしているが、よく見ると耳が少し赤い。頬も赤くなっている感じがする。たまに見える横顔は、かなり可愛い感じがする。正面から見てみたくなるが、今は無理だ。
横顔は、ほぼメイクしていない感じで少し幼く見えるが、抜けるような白い肌と、ピンクのグロスが可愛らしい感じだ。

俺は、まりちゃんが無抵抗なのをいいことに、スカートの中に手を突っ込んでみた。もう、心臓はバクバクしているし、腋汗がヤバい感じだったが、思い切ってショーツの上からお尻を触ってみた。
さすがにまりちゃんも反応してお尻をモゾモゾ動かしたが、やはり何の抵抗もない。俺は、最高の気分だった。

ショーツの上からお尻を触ると、スカートの上からとはまったく違う柔らかさと、熱さを感じた。俺は、いつ電車が動き出してしまうかわからない焦りもあり、少し強引に動いてみた。
後ろから手の平を上に向けて股の間に差し込み、アソコを触り始めてみた。
薄い布きれ一枚なので、アソコの感触がよくわかる。さすがに、エロマンガみたいにすでに濡れ濡れになっていた……と言うこともなく、ただ熱い感じだった。それでも俺は夢中でまりちゃんのアソコを触り続ける。
ビラビラの感じや、クリトリスらしき突起もよくわかり、そこを重点的にこすってみる。

「どうした? 顔赤いけどw」
友人は、脳天気に汚い言葉づかいでまりちゃんに聞く。
『う、うん、ちょっと暑いから……。早く動くと良いね』
「マジ勘弁だよw キツいし暑いし、最悪w」
『そう……だね……』
まりちゃんは、明らかに様子がおかしい。こんな状況でアソコをまさぐられて、恐怖を感じているのだと思う。我ながら酷いと思うが、俺はここまでして無抵抗なまりちゃんに気をよくして、ショーツの隙間から指を突っ込んだ。
クチョ……と、柔らかく熱く湿ったアソコ。俺は男子校だったので、童貞を捨てられてのは大学時代だ。なので、制服の女の子のアソコに触ったのは、コレが初めてだった。俺は、失われた青春を取り返したような気持ちになりながら、直にまりちゃんのクリを触り始めた。

さすがに、あれだけショーツ越しにこすられたので、結構湿っていて、濡れていると言っても良い感じだった。こんな状況で感じてるのか? と思ったが、まぁ、条件反射みたいなものだろうと思う。

俺はもう我慢しきれずに、中指を膣の中に入れてみた。充分濡れていた膣は、あっさりと俺の指を受け入れてくれて、すぐにまりちゃんはお尻をビクンビクンと二度震わせた。

『ンンッ! ンッ! ンッ! 喉がイガイガしちゃったw』
まりちゃんは、膣に指を突っ込まれて思わず声を出してしまい、慌てて咳払いをしてごまかした感じだ。俺は、まりちゃんの無抵抗ぶりに、さらに大胆になって行く。

指を上下に震わせるように動かし、まりちゃんの膣の中を刺激してみた。
『ん、ンンッ! 早く動かないかなぁ……』
まりちゃんは、必死でごまかすように言う。まりちゃんの耳は真っ赤で、指で感じてしまっているのか、嫌悪感で怒っているのかどちらかだと思う。

俺は、かまわずに指を2本にした。
『ふぅ、あ、ンッ! あくび、出ちゃったw』
まりちゃんは、必死でバレないようにしている。
「ねみーよねw 学校行ったら寝るベw」
今時、そんなしゃべり方? と思うような言い方をする友人。こんな状況でも、スマホを操作している。友人が、目の前で酷い目にあっているのに、まったく気がつくこともなく脳天気なものだ。

まりちゃんは、痛いくらいに膣を締めてくる。そして、まりちゃんの膣の中は、驚くほど熱くて、ウネウネと複雑にうねっている。

俺は、まりちゃんが処女じゃないんだなと思った。ちょっと残念だったが、処女だったら大事になったかもしれない。
それに、いくら何でも痴漢の指で処女を散らすのは、あまりに可哀想だ。

俺は、一瞬そんな事を思いながらも、指で膣中を掻き出すように動かす。まりちゃんは、黙って耐えている。時折、身体が変な風にビクンとするのがたまらない感じだ。

そして、まりちゃんの中はどんどん水気を増していく。必ずしも、感じているから濡れるというわけではないと思うが、ここまで濡れてきていると、まりちゃんが感じているような気もする。

すると、まりちゃんが横を向く。目一杯俺の方を見ようとする。でも、あまりに混み合っているので、横顔を俺に晒すような感じになった。そして可愛い口が、言葉を出さずに動いた。それは、”ダメ、ダメ、お願い”と言っているように見えた。

俺はさらに指を奥に押し込み、膣壁をこすりあげた。
『ひ、あ……』
変な声を漏らすまりちゃん。
「ぷはw まり、どうした?」
変な声を出したまりちゃんに、友人が笑いながら聞く。でも、目はスマホを見たままだ。コレでは、まりちゃんの異変に気がつきようがないと思う。

『もう、眠くってw あくびが止まらないよw』
見ず知らずの男に、こんなにも大勢いる中で膣に指を突っ込まれながら健気に頑張るまりちゃん。俺は、まりちゃんのことが好きになってしまった。

俺は、自分のコートで覆い隠すようにして、まりちゃんにさらに密着した。そして俺はファスナーを降ろし、自分の元気くんを取り出した。こんな電車の中で、フル勃起したものを出すのは異常なほど緊張したが、俺の恋心は止められないw
少しだけかがむと、俺はまりちゃんのスカートの中にそれを入れて、自由に動く右手でショーツをずらした。

そして、柔らかいまりちゃんのアソコに、俺のものが直接密着した。
まりちゃんは横を向いたまま、頭を左右に小さく振る。そして、声を出さずに”ダメダメ”と言い続ける。
この期に及んでも、周りに気がつかれないようにするまりちゃんは、本当に恥ずかしがり屋さんなのだと思う。可愛いなと思うw

そして俺は、大胆にも電車の中で、まりちゃんに生挿入した。まりちゃんの膣中は、とにかくヤバかった。熱い! キツい! グチョ濡れ! そんな感じだった。

『ぅ、ン……うぅ』
まりちゃんは、歯を食いしばるようにしているが、それでも声がわずかに漏れる。でも、スマホに夢中な友人は気がつきもしない。

やってしまった……。俺はそんな気持ちになりながらも、すでにイキそうだった。異常なシチュエーションにくわえて、相手が可愛すぎるまりちゃんなので、無理もないかもしれない。

俺は腰を動かすことなく、イキそうな感覚を楽しんでいた。と言っても、動かそうと思っても動かすことは出来ない状況だw

そして、俺は空いている右手でまりちゃんのクリを触り始めた。まりちゃんのクリは、ショーツの上からもハッキリとわかるほど固く大きくなっていて、やっぱりまりちゃんもこの異常すぎるシチュエーションに、不本意ながら感じてしまっているのがわかる。

すると、まりちゃんの手が俺の腕を掴んだ。俺は、一瞬終わった……と覚悟した。でも、まりちゃんは俺の腕をギュッと握ったまま、何もしない。声をあげるわけでもなく、押しのけるわけでも、引き剥がすわけでもない。

俺は、コレはOKということかな? と勝手に判断して、クリを触り続けた。ショーツの中に指を差し入れ直接クリを触ると、俺の腕を掴むまりちゃんの手の力は、とんでもなく強くなった。
『ン、フ……ンッ! ふぅ……ふ、うぅ、』
まりちゃんは、必死で声を我慢している。まりちゃんは清楚な見た目に反して、結構やっているような感じがする。そうでなければ、こんなに感じるはずがないと思う。

俺は腰を動かせないもどかしさを感じながらも、まりちゃんを手中に入れた気分で最高だった。
上手くコートで隠しているので、周りからはハメている事はわからないと思うが、まりちゃんの様子がおかしいことに気がつく人間がいるかもしれない。でも、今さら俺もやめられない。

すると、アナウンスが流れ、電車が動き出した。もう、動いてしまったら後がない。
「やっとかよw まり、よかったねw」
相変わらずスマホをいじりながら友人が言う。
『うん……よか、んった……。もう、ついちゃうね……』
まりちゃんが、そんな事を言う。俺は、コレはもう時間が無いからイカせてくれという合図だと勝手に判断して、電車の揺れにあわせて腰を振った。
すると、ゾワゾワっと信じられないくらいの快感が俺を襲う。そしてまりちゃんも、直立した体勢から、お尻を突き出すような姿勢になる。身体は直立のまま、ゴリラみたいにお尻だけ突き出す格好をするまりちゃん。コレによって、俺のアレがより奥まで入っていく。

『ン、ふぅ……ぅぅ、あ、ふ、』
まりちゃんは、切れ切れに吐息のような声を漏らす。電車が動いてうるさいので、多分周りには聞こえていないと思う。俺は、もうイク寸前だった。

思い切って、まりちゃんの耳元に顔を近づけ、小さな声で、
「イク……」
とだけ伝えた。すると、まりちゃんはお尻を思いきり押しつけてきた。その瞬間、俺は思いきりまりちゃんの幼い膣深くにぶちまけた。

電車の中ということが、信じられないくらいの快感に、俺は腰が抜けそうだった。でも、それはまりちゃんも同じだったようで、ガクンと腰を落としてしまった。ズルンと抜ける俺のアレ。慌ててコートで隠す。

「ちょ、まり、どうしたん?」
さすがに友人がまりちゃんを見ながら心配そうに言う。
『へへw 寝落ちしちゃったw』
まりちゃんは、照れ笑いしながらごまかす。
「まじかよw 立ったまま寝るなってw」
そんな風に話していると、電車がホームに滑り込んだ。そして、どっと流れる人の波。俺は、流されながらまりちゃんを見ていた。

まりちゃんは、少し歩きづらそうに歩きながら、友人と階段に向かう。その少し後ろをつける俺。まりちゃんの太ももに、液体が流れているのが見えた。俺は、悪い事しちゃったなと思いながら、また会えるといいなと思った。

黒ギャルヤンキー娘と

33歳独身、毎日健康のために夕方にジョギングしています。
もうかれこれ10年近く同じ道を走るのを日課にしていており
この時間帯にすれ違う人達とも一言二言天気の話などを交わす位です。

話はそのジョギングの途中で気になる娘を見かけるようになったのが始まりです。
15?8歳くらいの高校生らしき女の子で
サイクリングロードの途中にあるベンチに決まって一人で座っていました。

女の子は髪は金色に染めて肌はこんがり焼けている、いわゆる黒ギャル系でした。
彼女は大抵ベンチに腰かけてスマホをいじりながらタバコをふかしていました。
私は「うわー黒ギャルだ」と思いつつも見て見ぬふりで通りすぎる毎日でした。

女の子はヤンキーぽい雰囲気だったしどこか不機嫌にも見えたので
すれ違う人とは大体挨拶するようにしている自分もさすがに声をかけるの事ができませんでした。
第一最近は変な事件も多いしただでさえ若い女の子に声をかけるのには躊躇します。

「なんか天気が怪しいなぁ、いつもより早いけど雨降る前に走りに行くか」
その日は夕方から曇り空で雨が降る前にジョギングに行くことにしました。
しかし、いつもの折り返し地点あたりからポツポツと雨がふりだします。

「ふってきたか」
小雨だったしそのまま走り続けました。
しかし数分後にはバケツの水をひっくり返したような大雨にかわりました。
「うひゃー」
もうこのまま家まで濡れて帰ることも考えたのですが
ちょうど雨が強くなりだしたタイミングで、あの女の子がいつも座っているベンチが目に入りました。

そこには屋根がついていたので雨宿りでしばらく様子を見ることにしました。
いつもより時間も早いし雨ということもあって女の子の姿はありませんでした。
「少し待って降り続けるようなら走って帰ろう、このままここにいても風邪をひくだけだし」
そんなことを考えていると赤い傘を持った人が目の前を通り過ぎました。
赤い傘がベンチの前でピタッと止まると傘の影から顔を出したのは
あの黒ギャルの女の子でした。
「・・・・」
一瞬無言でにらみ合いになりました。

「・・・・いつもより早いね」
先に口を開いたのは女の子の方
「あ、ああ雨が降りそうだったからね、結局ふられちゃったけど」
女の子は近所の高校の制服をきていました。
「いま帰りかい?」

「あ? 見ればわかるじゃん」
女の子は自分の制服を見下ろしてからそっけなく言いました。
「で、どうすんの?」
「え?」
女の子の言葉の意味が分からず聞き返すと女の子は小さく舌打ちします。
「傘必要なら貸すけど」
「えっ、いや君だってそれ無いと困るだろ、いいよしばらくここで時間をつぶしてから帰るから」

「別に、家すぐそこだし」
女の子はそう言って顎をしゃくりました。
「いや、でもやっぱりまずいと思うから気持ちだけもらっておくよ、ありがとう」
そう断ると女の子は「あっそう」と言って傘をたたんでベンチに座りました。
「帰らないの?」
いつもは私服でベンチに座っている子なのできっと帰るのだと思った私は
女の子の行動が気になりました。
「あたしの勝手でしょ」

「あ、うん」
女の子はそのままスマホとタバコを取り出していつものようにくつろぎ始めました。
「つーか、マジであたしのこと覚えてないわけ?」
「えっ?」
女の子は睨むような残念そうな複雑な表情でした。
「ちっ」
女の子は何のことかわからず困惑する様子をみてまた小さく舌打ちしました。
「昔そこの角の家にでっかい犬が居たの覚えてる?」

女の子が指差した家には確かに数年前までは大きな犬が居て
通行人が通ると狂ったように吠えかかっていました。
「ああ、飼い主がろくに世話をしないから少し可笑しくなってたらしいね、可哀想に病気で死んでしまったらしいけど」
近所の小学生達が怖がって前を通ることができずに立ち往生していた事を思い出しました。
「何度か小さな女の子が犬を怖がって固まってるのを手を引いて通ったこともあったな、今だと確実に不審者扱いされそうだ」

「つーか、それあたしなんだけど」
「えっ?!」
女の子の言葉に本当に驚きました。
確かにあの女の子の手を引いて歩いたのは7?8年前なので
今頃は高校生くらいにはなっているはずですが
それにしても当時の姿もろくに覚えていないので
黒ギャルになっていたら分るわけがありません
「確かにそのあとも何度か道で挨拶した気がするけど、そうかあの時の女の子かぁ、大きくなったなぁ」

「気づくの遅すぎだし」
「いやいや、わからないよイメージ全然違うもん」
微かに覚えている女の子の面影は黒髪の短いおさげでした。
「つーかずっとあたしのこと無視してたよね、挨拶くらいするでしょふつう、ほかの人とは普通に挨拶してたくせに」
「いや、年頃の子に道で話しかけるのは無理だよ」

「まあいいけど、じゃあさアドレス交換するからスマホ貸してよ」
「ええっ?」
「嫌?」
意外な話に驚くと女の子は急にしおらしい不安そうな顔で見上げてきました。
「いや、いやとかじゃなくて」
事案とか都条例とかそういう言葉が頭をよぎりました。
「じゃあほら貸してよ」
女の子はスマホを受け取ると手慣れた感じで互いのアドレスを交換しました。
「リサちゃんっていうのか」
アドレスの名前を見ていうと
「リサでいいし」
ちゃん付けはちょっと恥ずかしそうでした。

その日からリサとの付き合いが始まりました。
とは言ってもジョギングの途中であのベンチで待ち合わせして1時間程の会話を交わし
それ以外ではLINEを使ってたわいもない世間話を交わす程度でした。
そんな関係がひと月位続いたある日、いつもの様にベンチで会話していると
「ねえ、今からあんたの家行っていい?」
「ええっ」
「あんたの家どんなのか見たいんだけど」
「いや、でも家の人とか大丈夫なのか?」
18時を回っているので今からだと家につく頃に完全に日が沈んでしまいます。

「うち母子家庭だしママ夜勤だから明日の朝まで帰ってこないし」

「・・・じゃあ行く?」
「うん」
そんな感じでリサを自宅アパートに招くことになりました。
「意外と綺麗じゃん」
部屋の中を見回してリサが言います。
「まあそれなりにね」
「ね、キスしないの?」
「えっ!」

「付き合ってるんだから、普通ここまで来たら手出すでしょ」
「ええっいや、それはどうかと・・・」
付き合ってる、なんとなくこれはそうなのかなとは思ってはいましたが
互いの年の差もあってなかなか踏み込めないでいた所に彼女はあっさりと踏み込んできました。
「あんた草食系?」
「いや、そういうわけでもないんだけど」
「じゃあキスしてよ、キスしよ」
「うん」

目を閉じる彼女の顔に自分の顔を近づけてキスをしました。
彼女からは年頃の女の子らしい良い香りがしました。
「おなかに当たってんだけど」
抱き合ってキスしていると男の性で固くなってしまいました。
「ごめん」
「別に、男ってそういうもんなんでしょ」
リサはそういうとズボンの布越しに固くなったふくらみに手を触れてきました。
「リサ!」
「マジでかたっ! 骨とか入ってるんじゃないんだよねこれ」
リサは興味津々という感じで形を確認するようにさすってきました。

「ねえ、コレ見せてくんない? うちお父さんいないから見たことないんだよね」
「いいけど、止まらなくなるかも」
「別にいいよあたしは最初からそのつもりだったし」
リサはあっけらかんと答えました。
「うわっ、マジでイカくさっ!」
リサは勃起したそれに鼻を近づけて臭いを嗅いだり
指先で亀頭を触って感触を確かめたりしていました。
「びくびくしてキモー」

「ね、こうすれば良いんだっけ?」
リサはぎこちない手つきで竿をしごいてきました。
「くっ、うん・・・気持ちいいよ」
若いリサの手でしごかれていると思うとすぐに出てしまいそうになります。
「いきなり出さないでね」
リサはそういうといきなり亀頭を咥えてきました。
「うっ!」
暖かくヌメヌメとした感触で先端がつつまれました。

「ほう?」
上手くできているのかリサが聞いてきたので
髪を撫でて答えました。
リサは嬉しそうに目を細めるとさらに熱心にしゃぶり始めました。
「うっリサでる!」
リサの口の中に精液が勢いよく飛び出るのがわかりました。
「うぶっ! げほっげほっ」

「飲めるかなと思ったけど量多すぎ! つーか精子マズッ!」
リサは流しに走って行ってうがいしてきました。
「つーかまた勃起してるし」
それは出した後も固いままでした。
「じゃあセックスしようか」
リサはそういって服を脱いでいきます。

リサの体は張りがあって胸もお尻もプリンプリンとゴムまりのようでした。
ヘアは控えめでアソコのビラも飛び出してはおらず綺麗なものでした。
「つーかめっちゃ見てるし」
「そりゃ見るよ、すごい綺麗だリサ」
「んんっ♡」
ベッドで抱き合いリサの形の良い胸に触れると可愛い喘ぎ声が漏れました。
「はあんっんんっ♡」
リサの固くなった乳首を口に含み舌で転がすとその喘ぎ声はいっそう甘く切ないものになっていきました。

リサのあそこはピンク色で色素沈着は一切ありませんでした。
「リサすごい濡れてる」
「一々言うなし・・・んんっ♡」
「じゅるじゅる」
リサのアソコに舌をはわせて汁をすすると後から後から奥からあふれてきました。
「リサ行くよ」
「うん」
もう一度キスして正常位で挿入しました。

「いっ・・・っつ」
プツッという感じがしてリサが一瞬全身を硬直させました。
「大丈夫?」
「ん、でもゆっくりして」
「わかった」
リサをいたわる様にゆっくりとストロークするのですが
リサの膣内はそれでも十分すぎる位に狭くて強く締め付けてきました。
「んっふっあっ♡」

最初は痛そうだったリサも徐々に緊張が解けて甘い声が再び漏れ出るようになってきました。
表情も緩んでトロンとした瞳で見上げてきます。
「好き」
「俺も好きだよ」

「リサもういきそう」
「今日大丈夫だから中でいいよ」
そのままリサを抱きしめながらリサの奥に二度目をぶちまけました。

「あんたのが出てるのがわかるよ」
リサは満足そうに笑いました。

それからリサとは正式にお付き合いする関係になりました。
リサは最初のヤンキーぽい印象とは違い料理や家事もできるしっかりした子でした。
「うちの高校ヤンキーぽくしてないと虐められるから」という理由らしいです。
「あんたが黒髪がいいなら戻すけど?」
と言われましたが金髪で小麦色の肌も悪くないのでしばらくはそのままでもいいかと思います。

高校の頃、デカチンな友達と憧れの先輩(巨乳)との生セックスを覗かせてもらった

高2の夏のこと。
彼女いない暦=年齢の俺は、同様の経歴の友人らとツルみ、無気力で自堕落な学生生活を送っていた。
そんな俺たちは当然と言えば当然、口を開けば「彼女が欲しい」「セックスしてー」ばかり。
もちろん日常的にそんな愚痴をこぼす俺たちに、都合よく彼女なんて出来るわけがあるはずもなし。

だが、そんな友人グループの中でも一人だけ例外がいた(彼を仮にAとします)。
Aは同性の俺から見てもなかなかのイケメン。
相当モテていたらしく、女性経験もかなりあったよう。
そんな彼は何かあるごとに、付き合っている女子と行った性行為の内容を、
俺たちに詳細に話して聞かせていた。

おそらくAは自身の優越感のため、そういったことをしていたのだろう。
俺たちとしてもはじめのうちは、大して悪い気はしていなかった。
セックスには興味津々だったわけだし。
しかし「昨日は2回連続でヤッちまったよー」とか「騎上位って結構腰疲れるんだぜ」とか
延々と聞かされているうち、少しずつ俺たちに共通の感情が芽生え始める。

それは嫉妬の入り混じった羨望だった。

ここまではどこにでもあるような話だが、ここから事態は少し異常なものとなってくる。
ある日学校で、Aと一番親しかった友人(仮にBとします)がAのいない時、
俺にあることを持ちかけてきた。

「Aのことなんだが… いいか? これはお前にしか言わないからな」

開口一番釘を刺され、俺はよくわからないまま「ああ」と曖昧に頷く。
そして俺は、Bの次の台詞にひっくり返ることになる。

「なんかAが、彼女とのセックスを間近で見せてやるとか、言ってるんだけど」
「はぁ…?」とかマヌケな声が出た。
「というか… 俺はもう既に一回、見せてもらってるんだけどさ」
「それで、もう一回見に来ないかって言われてるんだよ。そのときはもう一人呼んでも良いって。
だから俺、今お前にこの話打ち明けてるんだけどさ…。 お前どう?」

どう…って。

「いやぁ、ありゃいいぜ! 彼女超可愛いし、おっぱいもすげーし、
マジエロいし、何より至近距離で…」
「それってさ、それこそどうなんだよ。 リンリ的に…」
とか何とか言いつつも、結局俺は、Aと彼女とのセックスを見ることを希望した。
だってセックスには興味津々だったわけだし…。
「じゃ、Aに行くって伝えといて」とBに言い残し、俺は帰宅。
決行は次の日曜と言われ、その日まで俺の胸はドックンドックン。

日曜日、俺とBはAの家に向かった。
出迎えて一言目から「お前らも物好きじゃのう…」とA。
一番の物好きはお前だ。
そうしてAの自室に上がり、さっそく俺はAからこのあとの段取りについて教えられた。
まず、あと30分したらAの彼女が来るので、俺とBはそれまでにクローゼットの中に隠れる。
Aと彼女は、部屋に入るなりすぐにセックスを始める。
クローゼット内は暗いが二人が入れるスペースはあり、
座椅子が出してあるため長時間いても疲れることはなく、
行為中はCDで音楽を流すので少しばかりの物音なら何も心配はない。
扉には格子が組み込まれていて、細い隙間から二人の様子を覗くことが出来る。
ティッシュの使用もご自由に。
でも事前に箱から出しておくこと(紙擦れの音が出ちゃうから)。
そして行為の後、Aは彼女にシャワーを勧めるので、その間に俺たちは部屋を出る。
その後Aは先輩をひとまず帰らせ、それにあわせ駅前の喫茶店で待ち合わせ。以上。

「てか、彼女に秘密で覗くのかよ俺たちは…」と言うとA、
「当たり前だろ、バレたら困る」と返答。 
「それよりも彼女がもうすぐ来るから、もう隠れておいてくれよ」

今さら罪悪感が湧いてきたが、それを無理やり押し込め、
俺たちは言われたとおりクローゼットに潜伏した。
狭いクローゼット内でBと二人、楽な座り方を模索しているうちに、ピンポーンと呼び鈴が鳴る。
それを合図に、心臓の鼓動がドッと大きくなる。
部屋の扉が開いて、細い格子の隙間から、Aが彼女を部屋に導き入れる様子が見えた。
そこでまず驚いたのは、彼女、ウチの学校の制服を着てやがる。 
そして顔は… 俺は驚愕した。
彼女、見たことがある!…と言うか、俺の部活の先輩だよ!
それほど親しいわけでもないが、何度も会話したし、一緒に練習したりしたのに…
凛々しくも優しかった俺の先輩…
いつの間にかAの彼女になってしまっていたのか!
基礎練中、俺は先輩の豊満な胸が揺れるのを眺めているのが好きだった…そんな先輩が…
かなりショックではあったが、それとは裏腹に
「これから先輩の裸が見られる」という期待に、俺は早くもギンギンに勃起してしまう。
Aは先輩をベッドに座らせた。
ちなみにクローゼットはベッドの目の前。

「もぉ、部屋につくなりすぐなの?」

結婚式衣装女性スタッフと妊娠SEX(略奪愛・前編)

彼女と結婚式場を回っていたときに結婚式の衣装女性スタッフ(衣装担当)の美名(みな)さんと出会った。

しばらく担当してもらった印象は、美名さんは小柄でスリム、清楚な感じで仕事の姿勢は真面目、謙虚で頼まれると断れないタイプに思えた。
口数も少なくておとなしく、正直、接客業に向くように思えない。

彼女と僕の両方の衣装担当で彼女の方も時間がかかり、特に女性は式場に見に行く日に、当日他の花嫁が着ていて実物を見れなかったり、その日に着終わっても当日クリーニングに出され、戻ってくるまで見れない。

ウェディングドレスとカクテルドレスの種類も多いため何回も日にちを変えて見に行かないと選べない。

僕はすぐ選べば選べたが、作戦があって敢えてそうしなかった。

僕の行った式場の試着室は一人当たりの広さがすごい。
美名さんと一緒に入ってカーテンを閉めてもすごくスペースがある。
靴を取ってもらったりするときに、四つんばいのまま後ろを向く美名さん。

黒色のパンツスーツは痩せているのにピッチピチのサイズでお尻の形が丸わかり。

痩せているから美名さんの四つんばいのお尻は、骨がボコッとしているくらいの小尻・貧尻。

美名さんはピッチリパンツスーツ姿なので、二つのお尻の盛り上がりがあってその中央に窪みができていて、その窪みがお尻の穴の位置をハッキリ示している。
「ココが美名さんのお尻の穴」というのが分かるので上から見てるだけで勃起しそうになる。なんでこんなにピッチリなパンツスーツを制服にするんだろう?

美名さんのお尻の形・お尻の穴、ニオイを想像するだけで毎晩のようにヌイた。

白色のブラウスの上から女性らしい黒色のスーツの上着を着ているのだが、何気に見てもお尻と同様、オッパイの大きさは全く期待できない感じ。

ブラウスの前が大きく開いているタイプの制服なのでウエストとか測ってもらう時などに美名さんが前にかがむとブラウスがガバッと開いて、美名さんの貧乳と思われる胸肉ライン(両方のおっぱい)が見えるのだが、肝心の乳首が見えない。
あとからセックスした時に分かるのだが、胸が小さいなりに垂れていて乳首の位置が下の位置にあるので見えない。

僕の彼女は巨乳・お尻も大きめなので体型的には美名さんとは正反対のタイプ。

結婚前はこういう「婚約者とは正反対のタイプ」に惹かれてしまう。つまみ食いしたくなってしまう。

彼女は乳首も大きくて愛撫しても感度は鈍い。

初対面で初めて衣装決めをした時にシーンとした試着室で美名さんと一緒にいたときに何回も連続でグゥ、グゥーと美名さんのお腹の音が鳴った。

「ごめんなさい、私、緊張しちゃって。」と顔を赤らめたときに「美名さんは過敏性腸症候群かもねー」と僕は言った。

仕事のストレスや極度の緊張から腸の動きが弱まりガスが溜まって(お腹が減っていなくても)グゥ?と鳴って(腹鳴)、ガスを頻繁に出したくなったり、下痢・便秘を繰り返す病気である。

特に若い人(美名さんは25歳で若い)に多い病気だ。

美名さんもこれに結構悩んでいてようで、仕事柄静かな部屋(二人きりになる試着室)でお腹が鳴ると恥ずかしいし、ガスがすぐに溜まるのでトイレも行きたくなり、仕事に影響が出ているそうだ。

僕は10歳くらい年上なので、美名さんが可愛く思えて何とかしてあげたいと思った。

平日に僕の衣装がクリーニングから戻ってくると美名さんから聞いたので、僕だけ単独で式場に行くことに。

仕事がだいぶ遅くなり、電話で「式場が8時(平日の閉店時間)以降にしか行けないけどいいですか?」と美名さんに聞いてみた。

「何時くらいになりそうですか?衣装決めをプランナーさんから催促されてるので是非、時間を合わせます。」

「仕事の進み具合を見て詳しくいける時間をまたお電話致します。」

仕事場から自家用車で(下道で)2時間近くかかる場所なので8時閉店の式場に着いたのは9時30分過ぎくらい。

「遅くなってすみません。」

「大丈夫です。でも今日は私、この式場の鍵閉め係に任命されちゃいました(笑)」

これを聞いたときに内心(やったー、作戦成功!美名さんと二人っきりになれるぞ)と思った。

「申し訳ないです。遅くなって本当にごめんなさいねー(笑)」

衣装を試着してズボン丈とか見てもらっている最中に、かがんでいる美名さんがふと後ろの物を取ろうとしたときに、美名さんの後ろ姿(お尻)を見てもう我慢できなくなり、美名さんを後ろから抱きしめました。

「えっ!!えっ!!、何っ?!何ですか?!何するんですかっ?!!」

「初めて会ったときからオレ、美名さんのことが好きなんだ。Yよりも若くて(美名さんはYよりも8歳も若い)かわいいし、スレンダーだし。」

「だめですよ!!正○さんにはYさんがいるじゃないですかっ!!な、何を考えてるんですか?!結婚する気でお二人でいつもこの式場に来てるんですよね?!」

「Yと美名さんは顔も体型も全然タイプが違うけど、オレ、美名さんの方が好きなんだ。」

「何、訳の分からないこと言ってるんですか、あんなかわいい方と婚約してるのに。私なんか・・・ダメですよ。」

「オレYと別れるからさ。」

「何考えてるんですか!
私はここの結婚式場スタッフで、お二人の結婚式のお手伝いをする立場ですよ。
そんなお二人を引き裂くようなことできるわけないじゃないですか!!絶対にダメですっ!!衣装を見に来た時もラブラブだったじゃないですか。」

「全然そんなことないよ。Yは付き合ってる時はすごいイイ子だったけど、結婚が決まってからは結婚後のことで彼女の言い分が変わったり(同居→別居とか)、態度がガラッと変わったりしてホントむかつくわー。結納はしてないから口約束だけの結婚だけどね。」

「そ、そうなんですか。私の立場からは何ともコメントできないですケド・・・。
式場スタッフとしてお客様の悪口は言えないですから・・・。」

「少しでも美名さんにオレの気持ちを理解してもらえるとうれしいわー、ありがとう。やっぱりオレ美名さんのこと好きだっ」

「だ、だめです!!そんなこと!!私、そんな軽い女じゃないですっ!!やめてくださいっ!!私、立場的にできません!!」

この「私、そんな軽い女じゃないです!」というのを聞いたときに「意外とこの子、気が強いなー」と思うと同時に力づくでもこの女を何とかして抱きたいと思った。

美名さんのパリッと決まった黒色の制服をギュッと抱きしめる。

「だめっ、こんなこと婚約者のYさんに怒られますよ。結婚式場は神聖な場所だと思っていて、この仕事にあこがれて私、就職したんです。その結婚式場で仕事中に私お客様となんて・・・Yさんのウェディングドレスも正○さんのタキシードも私がアドバイスしてお決めしてるのに・・・だめっ!!あっ、だめっ、んぐっ・・・んぐぅ・・・」

強引に力づくで美名さんの唇を奪う。舌を入れようとしたが抵抗される。
どうしても自分の体液(唾液でもいいから)を美名さんの体内に流し込みたくて(カラダの中に受け入れてもらいたくて)、美名さんの口の隙間から唾液を注入して無理矢理、ゴクッと飲ませる。

「んはぁっ!んはぁっ、今やめてくれたら、今なら私、誰にも言わないですからっ!!
今なら許してあげますから!!
正○さん、ホントお願いですからもうヤメましょうよ。こんなこと。
お客様とこんなことしてバレたら、私、この結婚式場にいられなくなっちゃいますよ!・・・クビになっちゃいますよ!責任とってくれるんですか?!」

「美名さんならいいよ。責任オレ取るよ。二人で話しをしてて本当にイイ子だなって思ったし、話した感じ美名さんもオレと話やすいんじゃない?合うっていうか。オレ本気で美名さんのこと結婚したいくらい好きなんだ!」

「そ、そんな困ります。私にも彼氏がいますし。他の男性とキスしたなんてバレたら大変ですよ。それに式場をご一緒に回っているYさんはどうするんですか?」

「大丈夫だよ。」

美名さんの華奢な体に手を這わせて制服の隙間から小ぶりな胸を揉む。
婚約者のYはFカップあるのだが、触った感じ美名さんのは全く別物。

「いやぁ、やだ!!やめて!!私、Yさんの衣装も担当してるからYさんの胸の大きさ知ってますけど、比べられたら恥ずかしいです!
やめてください!ホント私、恥ずかしい・・・あぁ、胸、そんなに触らないで。小さいの分かっちゃう・・・彼氏以外に知られたくない・・・恥ずかしい・・・あぁんっ、あはぁ、あはぁんっ・・・」

「オッパイすごく感じるんだね。美名さん。」

「私、ダメ・・・こ、こんな簡単にお客様にカラダを許しちゃうなんて・・・あぁんっ・・・うっ、ううんっ・・・」

「私、軽い女じゃない、とか言いながら、ホントは彼氏がいても他の男に簡単にカラダを許しちゃうような軽い女なんじゃないの?」

「ち、違うっ、私そんな女じゃないです・・・。」

純白のブラウスのボタンを上から一つ一つ外して白色の下着(パットと一体型のよう)をずらすとあこがれの美名さんのオッパイが。

乳房・乳首の位置は下のほうで、胸の大きさは想像していた通り、かなり小ぶり。

物で例えるなら洋菓子店でケーキを買ったときに箱に入れてもらえる保冷剤(小)2つ分くらいの膨らみ。

食べ物で例えるなら、桜モチくらいの大きさの膨らみを揉んでいる感じ。

最近の女子小学生(しかも3、4年生レベル)のほうが大きいんじゃないかと思えるくらいのオッパイのふくらみ・・・。

乳輪の大きさは普通くらいで、色は少し茶色く、乳首はグリーンピースくらいの大きさで少し下を向いており、乳輪の少し下の位置に付いていた。

美名さんを座らせ背後に回り、後ろからオッパイを揉む。

両手に桜モチくらいの膨らみ・重量のオッパイを揉んで感触を楽しむが、ハッキリ言って親指・人指し指・中指の三本の「指先」でつまむくらいの大きさ。

婚約者のYの胸はFカップで手の平いっぱいにつかんでもタップリ余るくらいなのに。
しかもデカ乳輪・長乳首・デカ乳首で迫力・インパクトもある(感度は悪い)。

ただ美名さんは乳首の感度がハンパなく良くて、小ぶりなオッパイを揉みながら乳首を指で挟んだりすると、乳首だけでイッちゃうんじゃないかと思わせるくらいカラダをビクつかせ喘ぎ声を出しながら感じていた。

金髪ビッチだった嫁は、今では黒髪の上品な主婦になっていた完

『ち、違うの! あなた、違うんです!』
男にスカートの中に手を突っ込まれ、まさぐられながら言い訳をする純子。でも、そんな風に言いながらも、純子の顔は上気してしまっているように見えた。

「違わねーだろw ここまで濡らしといて、何が違うの?」
チャラチビが言う。この男は、身体も小さいし、体重も軽そうだ。私の方が力や肉体的な強さはあるような気がする。でも、すっかりと怯えてしまっている私は、何も抵抗出来ないまま、黙って見ているだけだった。
『だ、だから違うって言ってるだろ! こんなの生理現象だって!』
純子は、昔の言葉づかいに戻っている。

「いいのかw そんな言葉づかいで。もう、昔とは違うんだろ? 上品な奥様なんだろ?w」
本当に、煽るのが上手い男だ。正直、ムカムカしっぱなしだ。
『う、うるさい……』
「まぁいいやw ほら、早くケツ向けろってw」
男は、からかうように言う。

『……わかった』
「わかった?」
『うぅ……わかりました……』
純子は悔しそうにそう言うと、黙ってベッドの上に上がり、四つん這いになってお尻を男へ向けた。短めの制服のスカートは、まったくスカートの役目を果たしておらず、パンツが丸見えになっている。そして、確かに男が言うように、純子のショーツのアソコの辺りにはハッキリとわかるほどのシミが出来ていた。

「早くパンツ脱げって」
男は、面倒臭そうに言う。純子が女子校生の制服姿で四つん這いになり、ショーツが丸見えになっているのに、男はさして興奮もしていないようだ。
純子は、あきらめたようにショーツを脱ぎ始めた。四つん這いのままショーツを引き下ろしていく純子。ショーツが脱げるときに、ショーツとアソコに透明の糸のようなモノが繋がっているのが見えてしまう。
こんなになるほど濡れているのは、本当に生理現象なのだろうか? やっぱり、単に純子が興奮してしまっているだけのような気がする。

でも、私はそれをある程度仕方ない事だと思うことが出来た。こんなシチュエーションでは、頭や心と裏腹に、身体が反応してしまうのは仕方ないと思えた。

ショーツを脱ぎ、お尻を丸出しにした純子。純子は、昔この男も含めて、セックスをヤリまくっていたことは知っている。でも、私と交際を始めて、どんどん清楚な女の子に変わっていってくれた。そして、結婚してからは、清楚で貞淑な妻と言ってもいいくらいになったと思う。

それが今、純子は昔の姿を取り戻したように、アソコにラブジュースを溢れさせながら四つん這いでお尻を突き出し、男を誘っている。すると男は、チューブを手に取ると、その中身を手に取った。それは透明でドロッとした感じの半液体で、多分ローションみたいなモノだと思った。

男は無造作にそれを純子のお尻に塗り始める。
『なっ、ダメっ! ダメだって! 何でそんな所に!』
慌てて反応した純子。でも、男は何も聞こえていないように、人差し指を純子のアナルに押し込んだ。それは、あっけなく入ってしまい、
『んンッ! ダ、ダメぇっ! 抜いてっ! 汚いから!』
と、純子は慌てた口調で言う。
「え? わかったw」
男はそんな風に言うと、あっけなく指を引き抜いた。
『んっ、クゥ……』
思わず漏れる純子の声。それは、違和感からなのか、それとも快感からなのか、今のところよくわからない。 

「ホントだw 汚れてるw」
引き抜いた指を見て、男が笑いながら言う。
『イヤァぁっ! そんな、ダメっ! 見ないでぇっ!』
純子は泣きそうな声で叫びながら、男の指を掴もうとする。自分のアナルに差し込まれた指が汚れていると指摘されて、純子は羞恥で顔が真っ赤になっている。

男は純子の手をガードしながら、
「平気だってw 純子のアレなんて、しょっちゅう見ただろ? それにオマエ、浣腸とかでもイッてたくせにw」
『そんな事ない! ウソだよ! 違うの、あなた、ウソです!』
純子は、軽いパニックのような感じだ。でも、その必死なリアクションで、男が言っていることが本当なんだろうなとわかってしまった。

「ウソだよw ナンもついてねーよw 綺麗なもんだ」
男はそう言うと、指を純子に見せた。確かに、男の指にはローションしかついていない感じだ。
食生活がしっかりしている純子は、多分快便なんだと思う。汚れなんてないのだと思う。

でも、そんな事よりも男の話が気になってしまった。本当に、純子は浣腸姿なんかをさらしていたのだろうか? それは、ヤリマンとかビッチとかとは違う気がする。もっとひどいモノのように思える。
まだ女子校生だった純子が、一番恥ずかしい姿を男達に平気でさらしていた……。そしてその上、それにオルガズムを感じていたなんて、夫の私としては受け入れがたい話だ。

『うぅ……お尻は、やめて下さい……』
ほとんど泣きながら言う純子。でも、男はまた指を純子のアナルに突っ込んだ。
『うぅっ! ヒィ、あぁ……』
思わず声をあげてしまう純子。男は、ニヤニヤしながら言う。
「やめるわけないじゃんw ほら、旦那の前でケツでイカしてやるよw」
『そ、そんな……ダメぇ……お願い……します……』
苦しげに言う純子。でも、どうしても声がうわずって聞こえる。男は指を雑に動かしながら、純子のアナルをかき混ぜていく。純子は、四つん這いのままうめき続ける。
「結構キツくなったなw 広げてやるよw」
男はそう言うと、指を二本ではなく三本にした。ねじこむように指を三本突っ込まれ、純子のアナルはキツキツという感じになっているが、それでもあっさりと飲み込んでしまった。
『んっクッ! つぅ……うぅ……』
少し痛そうにうめく純子。でも、男はまったく躊躇なく指をガシガシ動かし始める。
『うぅっ! やめて……んっ! ン、あぁ……ヒィ……』
純子は、歯を食いしばるようにして何かに耐えるような顔をしている。
「ほぐれてきたなw やっぱ、オマエのケツって名器だなw」
男はそう言うと、指の動きをさらに早くした。すると、純子はベッドに顔を押しつけるようにする。そして、シーツをガシッと握り始める。
『んーーっ! うぅーーっ!!』
シーツに顔を押しつけたまま、くぐもったうめき声が響く。
「そんなに締めるなよw 指千切れるわw」
男は笑いながらそう言うと、さらに指を動かし続ける。

『うぅああぁぁっ! ダメぇっ! あっ! あぁぁっ! あふぅぅ♡ ンふぅん♡』
純子は、堰が切れたように甘い声を漏らし始めた。
「お、良い声出してんじゃんw」
男はそんな事を言うと、純子の膣にアナルと同じように指を三本ねじこんだ。まったく躊躇なく、いたわる感じも何もなく突っ込まれると、
『うぅあぁあぁっ! ダメぇっ! あっ! あぁっんっ♡ アンッ♡ あなたぁ、ごめんなさいぃっ! こんなのダメぇっ! 止めてぇっ! 抜いてぇっ! あぁっ! あふぅ♡ うぅっ! うぅーっ!!』
純子は突っ伏していた顔を上げると、私を見て謝った。でも、その顔は今までに私とのセックスでは見たことがない、とろけた感じになっていた。あの動画の中で見せていた顔……。きっとこれが、純子の本性なのだと思う。

純子は必死で声を殺そうと頑張る。でも、男は純子の感じる所を知り尽くしているようで、両手で両穴を責め続ける。よく見ると、親指でクリトリスまで刺激しているようだ。

『ダメぇっ! うっ! んぅっ♡ あなた、見ないでっ! わ、私、うぅあぁっ! あーっ! こ、こんなの……ダメぇーっ! あっ! アンッ♡ あーっ!!』
純子は私のことを見つめたまま、必死で歯を食いしばるようにする。でも、腰や太ももが不規則に痙攣するように震えたり、シーツを握りしめる指は、力を入れすぎて真っ白になっている。

「子宮降りてきてるなw 指でも届いてるぜw」
『んんぅふぉっ、あぁっ! だめぇぇーっ!! ングゥッ!! ンうぉおおぉおぉっ! ヒィグッ♡ ングゥ♡ おぉオおぉっ♡』
純子は、一際大きくあえぎ始める。子宮口を責められると、たまらなく感じる……。そんな女性もいると聞く。でも、大多数は痛いだけだとも聞く。純子は今、男に指で子宮口を責められて、狂ったように感じてしまっている。
本当に、指で届くところまで降りてくるなんてあり得るのだろうか? もしもそうなら、私の粗末なペニスでも届くはずだ。でも、私とのセックスで、純子はこんな風に獣じみたあえぎ方をした事がない。
単に、私とのセックスでは、そこまで身体が反応しないだけなのかもしれない。それは、私にとっては屈辱以外の何物でも無い。

「オラ、イケw 旦那の前で両穴でイケw」
男は薄ら笑いでそう言うと、純子の両穴に突っ込んだ指を怖いくらいの速度で動かし始めた。
『ンおおぉおおおぉおおっ!! あなたぁぁっ! 見ないでぇッ! んほォおおぉおおっ!! ぐぅあああぁぁあ゛あ゛あ゛ぁっ!!』
純子は、見た事もないくらいに酷く顔をとろけさせたまま、身体をガクガク震わせて絶叫した。まるで、断末魔の獣のように叫んだ純子。
「相変わらず、すぐイクんだなw」
男はそう言うと、指を引き抜いた。男が無造作に指を引き抜くとき、純子はのけ反るようにして身体を震わせた。
「イキすぎだってw」
男は小馬鹿にしたように言う。でも、純子は言い返すこともなく、泣きそうな顔で私のことを見つめている。何かを言いたいのだが、言えない……。そんな感じが伝わってくる。私も、色々な言葉が頭の中を駆け巡るが、何も言えずに純子のことを見つめていた。

どう見ても、純子はイカされた。私とのセックスでは、一度も見せた事がないイキ方で……。というか、私とのセックスでは、純子はイッていなかったのだと思う。優しいウソというか、演技をしてくれていたのだと思う。

『あなた……ごめんなさい……』
一筋涙を流しながら、純子が謝る。私は、何も言えずに頭を左右に振るだけだった。気にするなとか、愛してるとか言えなかった私は、本当に器が小さいのだと思う。

『ンおぉぉんっ♡』
泣きながら私を見つめていた純子が、一気に顔をとろけさせてうめく。男が、慣れた動きで純子の膣に挿入していた。
「あれ? 超キツくなってるじゃんw 旦那短小なの?w」
男は見下したように言う。でも、純子は言い返すことも出来ず、口をだらしなく半開きにして、微妙に笑顔にも見える表情になっている。
セックスの多幸感に、あらがえないみたいだ。

金髪ビッチだった嫁は、今では黒髪の上品な主婦になっていた

私の妻は、4歳年下だ。まだ私が大学生の時に彼女に知り合い、そして、色々とあったが結婚に至った。

妻の純子は、今は専業主婦をしていて、そろそろアラサーと言われる年齢になってきたので、最近子作りを始めたところだ。と言っても、基礎体温すらつけず、避妊せずにセックスをするというだけの子作りなので、いつ授かれるのかはタイミング次第だと思っている。

でも、まあ焦る歳でもないので、それでかまわないと思っていた。

純子は、肩まで伸びた真っ黒な髪ががとても綺麗だ。本当にクセのないまっすぐな髪は、艶やかでキューティクルの天使の輪が見えるほどだ。
ルックスは、ぱっちりした二重まぶたが印象的で、美人と言ってもいいと思う。系統としては北川景子に似ていると思うが、あそこまでキリッとはしていない。

北川景子を少し太らせて、目力を弱くしたのが純子という感じだ。

純子は、もの凄く家庭的で料理も上手い。いつも朝は、手間暇かけて和朝食を作ってくれる。
今日も、目覚めてベッドを抜け出しダイニングに入ると、味噌汁の良い匂いが鼻をくすぐる。

そして、卵焼きや焼き魚などが並べられている。旅館の朝食のようで嬉しいが、毎朝大変じゃないかな? と、少し不安になる。
『おはよ〜。もう出来てます。いっぱい食べてくださいね』
純子は、満面の笑みで私を迎えてくれる。この笑顔と美味しい朝食が、私の一日の活力源になる。
「毎朝ありがとう。でも、大変だったら、たまにはトーストとかで良いよ!」
私が、気を使ってそう言うが、
『ありがとうございます。でも、作るの好きだから! それに、あなたが美味しそうに食べてくれるのを見るのが、私の幸せなんですよ』
穏やかな笑みを浮かべながら言う純子。私は、彼女と結婚出来て本当によかったと思いながら、椅子に座った。

純子と初めて出会った時には、こんな風になるなんて一ミリも思っていなかったと思う。そもそも、初めて純子と出会った時、私は彼女を苦手なタイプだなと思った。と言うよりも、正直、彼女のことを嫌いだと思っていたと思う。
なぜなら、初めて出会った時、彼女は金髪のビッチギャルだったからだ。今の純子の姿からはまったく想像もつかないのだが、純子は昔金髪ビッチだった。

当時の彼女は、今よりも長い髪をしていた。そして、毛先に行くほどクルクルにカールしているその髪は、金色だった。茶髪とかそう言うレベルではなく、誰が見ても金色だと答えるくらいに真っ金金だった。

彼女と出会ったのは、バイト先のレストランだった。もともとそこで長いことバイトしていた私は、彼女がアルバイトとして働き始めた時、凄く驚いたことをよく覚えている。いくらキッチンの担当で基本的にお客さんと接することがないにしても、金髪で化粧もしていて、なおかつ言葉づかいも酷い彼女を、よく雇う気になったものだなと逆に感心した。

あとでよくよく聞いてみると、知り合いの頼みだったようで、オーナーさんとしても仕方なくと言うところがあったようだ。

だけど、そんな見た目に反して、彼女の料理の腕は確かだった。これも後で聞いた話だが、彼女の実家も個人経営のレストランで、昔からよく料理はしていたとのことだった。
だったら、実家を手伝えばいいのにと思ったが、やっぱり外で働いてみたいという気持ちが強かったようだ。

言葉づかいも酷かった彼女だけど、コミュ力は抜群で、あっという間に店の人気者になっていった。そして、私のことをよくいじるようになっていた。

私は、本当に真面目だけが取り柄みたいな面白味のない男だったと思うが、そんな私が彼女にとってはツボだったようで、本当に良くいじられていた。でも、そのおかげで、私も店の仲間達ともっと親密になれた気がする。

彼女はまだ女子校生で、いつも学校から直接店に来るので、忙しいタイミングだったりすると、制服の上にエプロンをしただけで料理を始めることもあったりした。金髪の女子校生が制服姿で料理をする姿は、インパクトがあってなかなか見物で、私は凄く好きだった。

『康くんお疲れ〜w なんか作ってあげよっか?』
純子はバックヤードの椅子にあぐらをかくように座り、鏡を見てメイクを直しながら私にそう言ってくれた。その日は平日のヒマな日だったので、店が終わると私と彼女と他2人しかいない状態だった。そして、その二人とも予定があってさっさと帰ってしまったので、二人きりになった。

と言っても、ラスト終わりに二人になるのはよくあることだったので、別に何とも思ってはいなかった。
「悪いね。ありがとう! なんでもいいよ!」
私はお腹がぺこぺこだったので、彼女の言葉が嬉しかった。彼女は、手早くパスタを作ってくれたが、本当に美味しいパスタだった。
「美味しい! ホント、純ちゃんって、見た目からは信じられないくらい料理上手いよねw」
私は、基本的には人見知りだったが、彼女とは一緒にすごす時間も多く、そして彼女のキャラクターもあって、彼女には打ち解けた態度で接することが出来ていた。

『一言多いってw 康くんって、ほとんど毎日シフト入ってるじゃん? 彼女いないんだっけ? いるわけないかw』
からかうように言う純子。
でも、当時私には彼女はいなかったし、それどころか、過去にも彼女がいたこともなかった。完全なチェリーボーイだった。

「い、いるに決まってるだろ! 昼間に大学で会ってるし、休みはいつもデートしてるって!」
私は、とっさにウソをついていた。
『へぇ、いるんだw ウケるw 童貞かと思ってたw』
彼女は、ケラケラ笑いながらそんな事を言う。
「ど、どーてーじゃねーわ!」
図星を突かれて、私は顔を赤くしながら否定した。

『ムキになってるw 怪しいw』
純子は、楽しそうに私をからかった。いつものことだが、彼女は本当に楽しそうに私をからかう。そして私も、そんな風にいじられて嬉しいと思うようになっていた。

この時も、彼女は制服姿の上にエプロンをしていた。制服姿でエプロンをしているのは、正直ちょっとエロいと思っていた。そして彼女は、丸椅子にあぐらをかくように座るので、たまにパンツも見えてしまう。

「純ちゃんこそどうなんだよ! ほぼ毎日入ってるだろ? 彼氏いないの?」
私は、そんな風に反撃した。
『いないよ。それに、私が毎日入ってるのは、康くんに会いたいからだよ』
彼女は急に真面目な口調で、私を見つめながら言った。私は、とっさのことに、完全にフリーズしてしまった。口ごもってオロオロする私を見て、彼女は爆笑しながら、
『ウソだしw 康くん動揺しすぎw やっぱ童貞でしょw ウケるw』
と言った。

私は、からかわれたとわかって、顔を真っ赤にしながら、
「ふざけんなって! どーてーじゃねーわ!」
と、叫ぶように言った。私は、心底恥ずかしかった。一瞬とはいえ、彼女が私に好意を持っていると思ったことが、凄く恥ずかしかった。
『ねぇねぇ。一瞬ドキッとしたw 私が康くんに惚れてるって思っちゃったw ちょーウケるしw』
彼女は、本当に心の底から面白そうにそう言った。

「な、なんだよ、結局純ちゃんも彼氏いないって事だろ!?」
ムキになって言う私。
『”も”? 純ちゃん”も”って言うことは、康くん”も”ってことでしょw やっぱり彼女いないんだw なんでウソつくしw』
こんな風に、結局彼女がいないことがバレた。

そしてこの日は、いつもより彼女はしつこかった。
『じゃあ、童貞なんだw 魔法使い目指しちゃってる?w ウケるw』
彼女は、そんな事を言ってバカにしているような感じだったが、でも、目は優しいというか、バカにしている感じではなかった。コック帽を脱いだ彼女は、金髪がまぶしいほどだ。よくこれで学校に行けるなと思うが、今時は小学生でも髪を染めていたりするので、これくらいは珍しくないのかもしれない。でも、当時はそんなにいなかった気がする。

「純ちゃんこそどうなんだよ? 実はそんな見た目で処女なんじゃないの?」
『ハァ……。そうだったらいいんだけどね。康くんは、ちゃんと好きな人としなきゃダメだよ。好きでもない人としたら、あとで後悔するから。私みたいにヤリマンになったら、もう最後だよw』
彼女は、ふざけた感じながらもどこか悲しそうだった。

実際、彼女が処女なわけがないと言うことはわかっていた。男と歩いているのを見かけたことも何回もあるし、実際、言葉通りヤリマンだったと思う。
でも、さっきの彼女の表情は、それを後悔しているような感じだった。

「昔がどうでもさ、これからじゃない? 好きな人が出来て、その人のために一途になるとか、それはそれで良い話だと思うけど」
私は、何となく彼女を慰めるようなことを言い始めた。
『でも、過去を隠すのって、ズルくない?』
「え? 隠す必要なんてないんじゃないの? ありのままの自分をぶつければいいんじゃないの?」
『なにその綺麗ごとw 康くんだって、私みたいなヤリマンと真剣に付き合ったり出来ないでしょ? 過去は消えないよw』
笑いながら言う彼女だけど、何かをこらえるように言っている気がした。
「俺は、相手の女性の過去を気にする資格なんてないよw 付き合ってもらえるだけでラッキーって感じだからw」
私は何となく重い空気を変えようと、そんな風におどけてみた。
『それもそうだw でも、康くんみたいな人と付き合うのが、ホントは一番幸せな気がする』
真顔で言う彼女。でも、さっきみたいにからかわれてるだけだと思った私は、
「じゃあ付き合ってみる?」
と、おどけて言ってみた。
『え? いいよ。じゃあ、今から彼氏彼女ね』
彼女は、あっさりとそんな事を言った。その顔は、不思議と真剣な顔だった。でも、私はさっきみたいに恥をかきたくなかったので、
「はいはいw 本気なら、キスしてみてよw」
と、騙されていない風を装って、軽い口調で言った。

でも、次の瞬間、私は人生初のショックを受けた。本当にまさかだったが、彼女がスッと私に近づき、滑らかな動きで私にキスをした。それだけではなく、彼女の舌が私の口の中に飛び込んできて、吸って絡めて、舐めて舐めてと、縦横無尽に走り回った。
彼女は、その見た目通りにキスも慣れていて上手だった。

しばらくキスを続ける彼女。私は、あまりのことに動きが止まっていた。人生初のキスは、信じられないほどに気持ち良かった。

【NTR使える寝取られサイトから転載】

そして、彼女はキスを止めると、
『康くんガチガチじゃんw 緊張しすぎw やっぱり童貞だw かなりウケるんですけどw』
と、手の甲で唇を拭いながらそう言った。まるで、ワイルドに肉にかぶりついたあとみたいに唇を拭う彼女。私は、そんな彼女を見て一気に恋に落ちたのだと思う。

「な、なんでキスしたの? いくら何でも、やりすぎだって……」
私は、冗談でするにはガチすぎるキスだと思ったので、思わず責めるように言ってしまった。
『ハァ? そっちがしろって言ったんじゃん! バカなの?』
少し怒った口調で言う彼女。
「い、いや、それはそうだけど……。でも、冗談でキスなんかしたらダメだよ」
私は、彼女にとってキスなんて軽いものなんだろうなと思いながらも、説教じみたことを言ってしまった。

『エッ? 冗談なの?』
彼女は、顔を耳まで真っ赤にしてそんな事を言った。
「えっ?」
私は、意味がわからずにオウム返しになる。
『ざっけんなよ! 付き合ってくれるんじゃねーのかよ!』
彼女は、顔を真っ赤にしてそんな事を怒鳴る。その様子を見て、やっと私は彼女が本気なんだと気がついた。

「ゴメン! ほ、本気なの? 本当に付き合ってくれるの?」
私が必死でそう言うと、
『冗談でキスなんてするかよ!』
と、いつもの彼女らしくないことを言う。

「でも、誰とでもセックス出来るって言ってたから……」
私は、言い訳がましくそんな事を言う。彼女は、普段から誰とでもセックス出来るとか吹聴していた。なので、キスくらいは余裕なのだと思っていた。
『ばっかじゃね? キスは好きな人としかしねーって! エッチとは違うに決まってるだろ?』
口汚く言う彼女。でも、頬が赤い。照れているような感じだった。

私は、ここで気がついた。彼女のことを誤解していると。彼女は、見た目がビッチで股はユルいが、意外に古風なところがあるのだと気がついた。
そんな風に、勝手に彼女を見直していると、イキなりペニスを掴まれた。ズボンの上から結構ガッツリと握られて、驚いて言葉も出ないでいると、
『立ってるしw かっこつけても、ギンギンじゃんw ウケるw』
私は、恥ずかしくて耳を真っ赤にしたまま、
「ごめんなさい……」
と謝るしか出来なかった。

すると、
『しゃくってあげよっか?』
と、彼女が言ってきた。
「そ、そんなのダメだって! 好きな人としかしちゃダメだって!」
慌ててそんな風に言う私。
『だ・か・ら・康くんは私の彼氏なんだろ? 好きに決まってんじゃん!』
苛立ったように言いながら、彼女が私のズボンを降ろしにかかる。
「エッ? マジで言ってるの?」
『て言うか? マジで気がついてなかったとか? 鈍感すぎて吹くw』
彼女は言葉とは裏腹に、少し頬が赤くなっていて照れている様子だった。それにしても、本当に気がつかなかった。私に好意を持っていた? 好きだった? 本人の口からそう聞いても、とても信じられなかった。私は、彼女にとってただのいじり甲斐のあるヤツ……。その程度の存在だと思っていた。

私がそんな思いにとらわれているのもかまわず、彼女は慣れた動きで私のファスナーを降ろし、魔法のようにペニスを取りだした。
『ふふw 童貞チンポ出てきたw て言うか、マジ童貞丸出しのチンポじゃんw ウケるw』
私は、ギンギンに勃起したペニスをバイトの仲間に見られて、恥ずかしさで顔から火が出そうだった。しかも、相手はまだJKだ。
「ふ、ふざけんなって! どーてーじゃねーし!」
私は、必死で股間を隠しながらそう言った。

『ウソw 見ればわかるってw 童貞だと、裏筋の筋が亀頭にくっついてるから一発でわかるんだってw』
ケラケラ可笑しそうに笑いながら言う彼女。私は慌てて自分のペニスの裏筋を見た。
『ウソだしw 簡単に引っかかったw やっぱ童貞じゃんw』
彼女は本当に楽しそうに笑いながら言う。

私は、あっさりと彼女の罠に引っかかってしまい、何も言えなかった。騙されたことを知り、一瞬固まった私。その隙に、彼女は私のペニスを一息にくわえてしまった。
一気に暖かいものに包み込まれる感触と、亀頭周りに舌が巻き付いてくる感触で、思わず声を漏らしてしまった。

彼女は、私のモノを根元までくわえ込みながら、上目づかいで私を見つめる。そして、そのまま頭を動かしたり、舌を動かしたりして責め立てる。
その卓越したテクニックは、彼女が処女じゃないことを明確に現わしていた。私は、生まれて初めてのフェラに感激する間もなく、すでに射精寸前だった。大学の友達なんかは、意外にフェラは気持ち良くないとか、アレならどれだけされてもイカないとか言っていたが、単に相手が下手だったのだと思う。
純子のフェラは、軽くオナニーを越えるほどの快感だった。

「ダ、ダメっ、出るッ! 出ちゃうって!」
慌ててそんなアピールをする私。すると、彼女が私の物をはき出して手コキをしながら、
『きゃはははw ウッソ、もうイクとかw マジウケるw』
と、嘲笑するように言った。その言葉により刺激されてしまったのか、私はあっけなく射精してしまった。
「あっ、あっ、あぁぁ……」
情けない声を上げながら射精する私。
『ぎゃー!マジでイッた〜ww ヤバいw たまや〜w』
私を手コキで射精させながら、大はしゃぎの彼女。

私は、ズボンや床、そして彼女の手を性液で汚しながら、最高の余韻に浸っていた。
金髪で、メイクも濃い純子。制服を着ているのでなんとかJKに見えるが、ギャルっぽい私服を着たら私よりも年上に見えるかもしれない。

『いっぱいついちゃったじゃんw』
彼女はそんな事を言いながらも、少しも嫌そうではなかった。それどころか、自分の手についている私の精液を口ですすり始めた。そして、それを躊躇なく飲み干してしまうと、
『やっぱ、童貞だと濃いねw 飲んだだけで妊娠しそうw』
私は、なんと言っていいのかわからず、
「ゴメン……」
と謝った。

すると、彼女がニヤッと笑い、キスをしてきた。さっきみたいに、舌を突っ込まれ、濃厚なキスをされる。でも、さっきと違って、生臭い味が広がった。すぐに、それが自分のアレだとわかったが、彼女のキスに興奮している私は、まったく気にならなかった。

そしてキスが終わると、
『じゅ、純子って、呼び捨てでいいからね!』
と、頬を赤く染めながら彼女が言った。

こんな風に、彼女との交際は始まった。ただ、こんな風に肉体的なコンタクトが先行して始まった交際だった割に、実際にセックスをするまでは半年くらいかかった。
『本当に私が初めてでいいの? 私みたいに、後悔することになるよ。よく考えなよ!』
私が彼女を抱こうとする度に、いつもとはまったく違う真剣な口調でそう言われた。
そして、そんな風にセックスを回避したあとは、いつも口でしてくれていた。

狂った歯車

高校3年の時期に、僕の幼馴染は最悪最低の男に堕とされてしまった。
僕をゴミの様に扱う最悪最低な男に騙されて・・・・・。

今思うと、僕が第一志望の高校に落ちていなければ、人生の歯車が狂うことはなかったのかもしれない。
いや、なかったのだろう。
すべてはあの高校に入学したことが間違いだった。

僕は生まれてこの方、勉強だけで生きてきた様な男だった。
運動能力もなく、決して容姿が良いわけでもないため、
勉強だけは人より頑張ってきたつもりだった。
ガリ勉とバカにされても勉強だけは将来のために頑張ってきた。
そして本来なら県下で一番偏差値の高い高校へ入り、エリートになるべき男だった。
しかし、結果論、僕はあろうことか第一志望の高校へ落ちてしまいあの忌々しい高校へかようこととなった。
と言うのも、僕の住んでいる県は高校の数が少なく、公立は第一志望を落ちてしまうと、定員割れしている他の偏差値のあまり高くない公立に入るか、他の私立に入るかしか選択肢はなかった。
そして第一志望に落ちた僕が高校に通うにはどうしても金銭的に公立に行くしかなく、あの高校へ行くこととなった。
実は定員割れしている高校も3校ほどあり、僕が通うこととなった学校より偏差値が少しばかり高い場所もあるにはあった。しかし僕は迷わず今通ってる高校を選んだ
ではなぜ僕がその高校を選んだのか。
これは、僕の家の隣に住んでいる幼馴染、彩の存在が大きかった。
彩は元気で明るくて、本当に素直な女の子で、顔もめちゃめちゃ可愛く、全盛期の浅尾美和を少し色白にしたような子で、中学でも人気の健康的な女の子だった。
家が隣なこともあって、僕はそんな彩と物心つくころから、ずっと仲良しであり
実際、そんな人気者の彼女と仲良くできていることに自慢も感じていた。
そして、そんな彩が、志望校に落ちて、落ち込んでいる僕に
一緒に行こうよと声をかけてくれたのがその高校だった。
僕は、薄々きついていたと思うが彩のことがとてつもなく好きだった。
勉強を頑張ってきたのも事実、彩に少しでも良いところを見せたかったからだった。
もはや僕に断る理由はなく、迷わず僕は彩と同じあの学校に通うことにした。
しかしそれが大きな間違いだった。

入学後、僕はすぐに、クラスカースト最下層に位置することとなる。
と言うのも、僕の入ることになったその高校は今まで僕が関わって来なかった様な人種が大半を占めており、かっこよさ、面白さ、喧嘩の強さで全てが決まる様な学校だった。
要するに、中学で僕が敬遠していた僕とは真反対の人種が大半で、僕には全く空気感が合わなかった。
偏差値が低いだけでここまで環境が低くなるとは正直、思わなかった。
彩とも同じクラスになれなかったし
学校の大半が卒業後、就職するような学校だったので、勉強にもそこまで力が入っておらず、
僕はすこぶる後悔することとなった。
クラスに友達がいないわけではなかったが、
僕の友達はやっぱり性格は良いがクラス内では権力のないひ弱な奴らばかりで、僕らはクラスで生き残るために
時が経つにつれ、上位層のイケイケメンバーの従順なパシリと化していった。
面倒事は僕らがやらされ、おいしいところは全てそいつらに持っていかれる
本当に悲惨な毎日だった。
その中でも本当にひどかったのは、クラスのリーダー的ポジションにいた栄司だった。
栄司は本当に最低な奴で、僕らのことをまるで奴隷よように扱い、逆らえば暴力。
しかし、教師やかわいい女の子の前では猫をかぶる様な奴であり
なまじっか顔も整っておりイケメンの為女の子にも人気があり、いわゆるヤリチンと呼ばれる野郎で学校のトイレで平気でいろんな女とSEXするような最低の奴だった。
そして仲間には優しいためクラス内では人望があるが、僕らの様な者にはすこぶる残酷な、最悪な人間であった。
僕は最悪なことに、そんな栄司と2年間も同じクラスになり、日々、奴隷の様に、散々な学生生活を送っていた。
幸い2年次も彩とはクラスが離れたため、彩に僕の惨めな姿を見られることはなかった。
始めは、彩と同じクラスになれないことに悲しさを感じていたが、今となっては離れていて正解であった。
そして三年になり転機がおとずれた。
僕はあの栄司とクラスが離れたのだ。
僕は本当に喜んだ。彩とはまた別のクラスになってしまったけれど、それよりも栄司から解放される喜びの方が大きかった。
実際、僕のクラス内での生活環境も大きく変わり、カースト最下層に属することには変わらないが要約、人間らしい生活ができるようになった。
環境も変わり3年になったこともあり、もう一度大学へ入って頑張ろうという気持ちが持てるようにもなった。
何よりも良い大学へ入り、彩に良い所を見せたかった。
クラスが違うといっても家が隣のため、彩とは毎日の様に顔を合せており、
栄司に奴隷のように扱われていた僕にも屈託のない笑顔を見せてくれる彩に、日に日に好きという気持ちが僕のなかでは大きくなっていった。
彩の笑顔がなによりの僕の心のよりどころだった。
とにかく僕はそんな彩のために頑張ろうと思っていた。
そのころから本格的に彩とお付き合いしたいという気持ちが大きくなっていた。

しかし、実際は栄司と離れることになったことが僕の悪夢の始まりであった。
僕が掃除当番に当たり、放課後廊下掃除をしていたある日、ふと賑やかな教室の前で自然と足が止まった。
そこで彩の笑い声が聞こえたからだ。
そして実際に顔をあげると事実、そこには彩がおり、彩はそこで男女数人と楽しいそうに会話をして笑っていた。
彩も楽しそうでありそこまではよかったのだが僕は彩と楽しくしゃべっている男女の中にいるある奴を見た瞬間、身体中に無数の鳥肌がたった。
そこにはなんと栄司がいた。
彩が楽しそうに栄司と教室でしゃべっていた。
僕が散々痛い目を見せられたあの栄司と。
僕はその光景をみただけで吐き気がした。
僕は掃除当番中の一週間、毎日その光景をみるはめになった。
楽しそうに栄司と話している彩を見るたびに尋常じゃなく心が痛くなった。
後あと調べた結果、やはり彩と栄司が同じクラスであったことも分かった。
僕は彩にもしものことがあったらどうしよう、栄司にもし狙われたらととてつもない不安に襲われた。
しかし、僕にどうこうする行動力はなく、なにげなく月日がたったある日、僕は衝撃的な光景を見ることとなる。それは学校からの帰り道での出来事だった。
僕はその日は体調を崩し保健室で長い時間眠っていたため、通常より帰るのが遅くなってしまった。
下校時間はとうに過ぎ、あたりも暗く、校内にはほとんど人がいない状態であった。
僕は学校が閉まる時間も近かったため急いで学校を出て自転車をとばしたのだが、ほとんどすでに人のいない帰り道に、あるカップルを発見した。
外は暗く、遠かったため顔などは認識できなかったのだが、2人が何度も顔を近つけ、キスしている様だったためカップルだとすぐに認識することができた。
僕はこんな外でキスするなんて、どんな奴だろう。もしかして内の生徒かもと思い、ヤジウマ根性丸出しで、そのカップルの顔をみてやろうと自転車でそのカップルの方へ向ってしまった。
これがいけなかった。
始めはウキウキだった。
しかし、自転車でカップルに近つくにつれ僕の心臓の鼓動は早まった。
なぜなら、近つくにつれ、そのカップルが内の制服を着た見たことのある様な奴らであることがわかったからだ。
僕が自転車で近ついていく間にも2人の男女は何度もキスをくり返している。
そして、ペダルをこぐごとに、僕の脳は認識していく。
このカップルは完全に僕の知っている奴らだと。
そして僕はそのカップルを通り越した。
僕の頭は完全に真っ白だった。何も考えられなかった。
そこで、キスをしていたカップルは間違いなく栄司と彩だった。
何度も僕の目の前で唇を重ねあっていたのはあの栄司と彩だった。
僕のヒロインである彩が栄司に唇を奪われていた。

そして、その後まもなく、
僕が、栄司と彩が同じクラスだと気ついたときには
すでに2人は付き合っていたことに気付くこととなる。

そして最悪な夏が訪れる。




教え子の処女を奪い結婚後も調教し続けた2

私は中学の教師をしていて、もうすぐ50歳になるが未だに未婚だ。そして、恋人も20年以上いない。ただ、私には20年以上調教を続ける愛奴隷がいる。
優香と初めて関係を結んで以来、私の歪んだ性癖が発露し、優香も私の歪んだ性癖に引きずられるように、マゾとしての素質を開花させていった。
でも、今になった思う。引きずられて、操られたのは私の方だったのではないかと……。

3年生になった優香は、急速に女性の体になっていった。もともと同級生と比較しても大きめだった胸は、さらに大きくなり、幼く可愛らしい顔も美人という感じになってきた。
私は、どんどん優香にのめり込んでいった。本当は、恋人同士のような関係になりたいと思っていたのに、優香の目が、私を見る期待のこもったその目が、私にご主人様らしく振る舞うように強制していたように思う。

——教壇に立ち、自習をする生徒を見ながら、私は興奮していた。

優香は頬を赤くして、泣きそうにも見える顔でうつむいている。
優香のショーツの中には、当時出たばかりのリモコン式のローターを仕込んであった。当時のモノは、音も大きく、振動の種類も1種類しかないようなちゃちなモノだったが、私の機械工作の知識を生かし、改造していた。
モーターもマブチモーターの静音タイプのモノにして、電池も真空管ラジオに使う高出力のモノにしたりした。そして、的確にクリトリスを刺激出来るように、ショーツも改造してローターを固定出来るようにした。

今は、自習という名の自由時間みたいなモノなので、少しざわついている。その音に、ローターの音は完全にかき消されている。
真っ黒の艶やかな髪が肩まで伸びて、どこから見ても清楚な美少女だ。クラスの中でも、優香は1,2を争うほど男子に人気がある。
それが今、制服の中にリモコンローターを忍ばせ、性的快感の中にいるなんて、誰も想像すらしていないと思う。私は、優越感を感じながら、リモコンを操作して、ローターを強くした。
うつむいていた優香が、一瞬小さくビクッと身体を震わせ、私を見た。泣きそうな目で、口だけ動かして”ダメ、止めて……”と、訴えてくる優香。私の加虐心が刺激される良い表情だ。優香は、最高のマゾ奴隷だと思う。

男子生徒の憧れの美少女を、私だけがオモチャに出来る現実。自然と頬が緩んでしまう。
優香は、周りに気がつかれないように、必死で声をこらえていると思う。そして、優香は今イク寸前になっているのが、私にはわかる。

そこで私は、スイッチを止めた。
すると、優香が私を見つめた。その目は、スイッチを止めた安堵ではなく、批難の色が浮かんでいる。
どうして止めたの? そんな顔で私を見る優香。私は、その視線に気がつかないように、他の生徒に私語を止めるように注意をする。

そのまま5分くらい焦らして、予告もなくスイッチを入れた。
『ンふっ!』
優香は、思わず声を漏らしてしまう。
「岡部さん、どうしました?」
私は、優香に声をかけた。優香は、体が震えているような感じだ。他の生徒の視線が、優香に集まるのがわかる。
『すみません。むせちゃいました』
周りの生徒や、元気の良い男子生徒が優香をからかう。優香は、顔を赤くして言い返したりしている。

でも、すぐにブルッと体を震わせたのがわかる。優香は、確かに今イッた。私だけがそれに気がついている。さすがに、注目を浴びている状況がマズいので、リモコンローターのスイッチを切った。

ホッとしたのか、優香は周りの生徒と談笑を始めた。でも、イッた直後特有の、トロンとした目のままだ。
そして、また静寂が戻ると、私はポケットの中でスイッチを入れた。またうつむいて、顔を赤くする優香。

今度は優香がイキそうになると、スイッチを切るを繰り返した。焦らされて、優香は発情しきったような、その年頃の女の子がしてはダメな顔になっている。

そして授業が終わると、廊下を歩く私のあとを優香がついてくる。そして、
『先生、ちょっと質問があります』
と、発情した牝の顔で言ってきた。
「岡部さん、では、視聴覚室で聞きますよ」
と、優香を連れて行く。学校では、どこに目や耳があるのかわからないので、二人とも慎重にしている。

そして視聴覚室に入ると、二人で準備室に入り、しっかりと施錠した。それと同時に、私に抱きついてキスをする優香。
学校内で、制服のままの優香とこんな事をするのは、恐ろしく背徳的だ。教師……いや、人間失格だと思う。

私は、本当は優香にキスをされて嬉しいくせに、優香のマゾヒスト的な期待に応えようと、キスを冷たく振りほどき、
「見せてみなさい」
と、なるべく冷たい口調で命じた。

『は、はい、先生……』
優香は私の命令に、うわずって興奮した声で答えると、スカートをまくり上げた。真っ白な、少女から大人へ変わる過程の伸びやかな白い足が見える。
そしてショーツには、不自然な盛り上がりがあり、ローターが的確にクリトリスの場所に収まっていたのがわかる。

優香は、スカートをまくり上げてウエスト部分に巻き込むと、そのショーツを脱ぎ始めた。淡いへアも美しい、優香の下腹部が丸見えになる。
この時間に、この準備室が使われないことはリサーチ済みだが、それでもやはりドキドキする。

優香はショーツも脱ぎ去ると、ゆっくりと足を広げた。広げると同時に、アソコから一筋、二筋と透明の蜜があふれ出して床を汚す。

「酷い状態だね。何回イッた?」
私が冷たく聞くと、
『ご、五回です……ゴメンなさい……』
と、消えそうな声で答える。

私は、教材などを入れているボックスの中から、巾着に入ったディルドを取り出す。そして中身を取り出し、優香に手渡す。
「自分でしなさい」
私の命令に、
『い、入れて頂けないんですか?』
と、泣きそうな顔で聞いてきた。私は、黙って優香の頬をビンタした。
『ヒィっ……ゴメンなさい……』
小さく悲鳴を上げる優香。私は、女性を叩くなんて許されないと思っている。でも、優香は叩かれることで快感を感じるし、私も怯えた顔になる優香を見て、言いようがないほどの興奮を覚える。

頬を赤くした優香は、黙ってディルドを手に取ると、それを口に運んだ。ディルドを疑似フェラする優香。時折身体がビクッとする。この状況に、興奮している優香。私も興奮が高まる。

一生懸命に疑似フェラを続ける優香。制服姿で、下半身だけ裸の優香。靴下も上履きも、履いたままだ。
私のモノよりも太いディルドを、一生懸命に口で奉仕をする優香は、我慢しきれなくなったのか、こっそりとブラウスの上から乳首を触り始めた。

大人のおもちゃをフェラしながら、乳首オナニーをする優香。黒髪の美少女が、こんな事をしているのをクラスの男子生徒が見たら、空っぽになるまでオナニーをすると思う。
優香は、漏れる吐息がさらに荒くなる。疑似フェラをしたまま、今度は乳首ではなく、アソコをまさぐり始める。

『ンッ! んンふぅ! ンあっ!』
上目づかいで私を熱っぽい目で見ながら、指の動きを早める優香。
「こんな姿、男子生徒が見たら卒倒するな」
『ひいぃあ……そんなの、あぁ……』
私の言葉に過剰に反応する優香。ますます私の加虐心が刺激される。

「自分でしてごらん」
私が命令すると、優香は嬉しそうにディルドを床にててる。ディルドの底の吸盤が、しっかりと床に吸着して、ディルドが直立させる。
優香は、発情した牝の顔のまま、それにしゃがみ込んでいった。私のモノよりもかなり大きいそのディルドを、優香は初めは入れることすら出来なかった。私と何度もセックスをしていたが、太すぎて入れるのを断念した。

それが今では、ローションを使う必要もなく、あっさりと挿入する事が出来るまでになった。
『ンンッ! ふぅあぁ……先生……動いていいですか?』
とろけた顔で、お願いをしてくる優香。
私は黙ってペニスを取りだし、優香に差し出す。優香は、私のペニスを見ると、嬉しそうに舐め始める。
『先生の、美味しいです。優香のいけないオマンコに、先生の欲しいです……』
優香は、切ない顔で私に言う。私のモノなどより太いモノを膣にくわえ込んでいるのに、私のモノを哀願する優香。本当に愛おしい存在だ。

そして、しばらく私のモノを口で奉仕し続ける優香。腰を動かしたくて仕方ないようで、もぞもぞしっぱなしだ。でも、私の言いつけを守って、腰を動かすのを我慢する優香。しつけ甲斐のある奴隷だ。

「動いていいぞ」
私がそう言うと、嬉しそうに腰を上下に動かし始める。
『ンッ! ンフゥッ! フゥッ! ンンッ!』
私のモノをくわえたまま、うめきながら腰を振る優香。とても3年生がすることとは思えない。私は、自分の罪の重さに、気持ちが折れそうになる。

でも、優香はマゾの目で私を見つめる。もっと……もっと、しつけてく下さい! そう叫んでいるように思える。
私は、思いきりペニスを優香の口の中に押し込んだ。私の標準的なサイズのペニスでも、小さな優香の喉に突っ込むと、喉奥に当たる感触がわかる。
『んんんっー! んーっ! ンふぅ!』
優香は、苦しげにうめく。でも、目がよりとろけていくのがわかる。私は、優香の喉奥にペニスを入れたまま、優香の頭を持って固定する。みるみる顔が赤くなっていき、窒息しそうになる優香。

それでも私はイラマチオを継続する。すると、唐突に優香が体を震わせた。
私はペニスを引き抜くと、
「勝手にイッたな」
と、冷たく言った。

『ゴ、ゴメンなさい……優香に、お仕置きしてください……』
反省している口ぶりなのに、目が期待に光る優香。調教している私の方が、コントロールされているような気持ちになる。

私は、優香にフェラを続けるように指示する。そして、素直に従う優香。優香は、巧みな口技で私を責め立てる。こんなに上手になるまで、優香を調教してしまった私。優越感と罪悪感で、複雑な心境だ。
優香も、いつか私の元を離れる日が来るはずだ。そして、恋をして結婚をすると思う。その時、優香の夫となる男性は、優香にこんな過去があると知ったら、どう思うだろう? 私は、優香にこんな事をしてしまって良かったのだろうか?

そんな事を思っていると、もう限界が来た。私は、優香にイクと告げて射精した。
我ながら、たっぷりと出してしまった。そして優香は、すぐにその精液を飲み込まず、口の中に溜めている。
私の許可があるまで勝手に飲み込まないように、いつもしつけているので、私からの許可を待つ優香。本当に良い奴隷だと思う。
でも、私は許可を与えず、服装を整えさせた。

私が合図を送るまで飲み込まないようにと指示をする。今は昼休みなので、食事も摂れないし、会話することも出来ないと思う。優香は、困惑した顔をしながらも、上気した牝の顔も見せている。

そして、教室に戻る優香。私も、少ししてから教室に行く。そして、掲示板のプリントを貼替えたり、昼休みに教室にいても不自然ではないように振る舞う。

優香は、昼ご飯をあきらめ、読書をしている。集中して読んでいる空気を出し、話しかけれらないようにしている感じだ。
それでも、たまに友人に声をかけられて、うなずいたり、首を振ったりしてごまかしている。もう、必死という感じだ。

口の中を精液で満たしたまま、友人と一方通行の会話をする優香。私には、優香の興奮が手に取るようにわかる。優香は、自分の腕をギュッと握っている。もう、イク寸前という感じだ。

そこに、隣のクラスの男子生徒の山口君がやってくる。彼は、間違いなく学校一のモテ男君だ。甘いルックスと、3年生とは思えない程の長身で、女子達の人気を一人占めしている生徒だ。
そして、山口君は優香のことを好きだ。それを公言しているので、半ば公認みたいな空気になっているが、優香は実は彼のことが嫌いらしい。
優香いわく、ガキだそうだ。でも、私の指示で仲良くさせている。色々と使い道がありそうだからだ。

優香は、山口君と付き合っているみたいに思われているので、一定数の女子には嫌われてしまっているようだが、まったく気にしていないようだ。

山口君は優香の横に座り、何か話しかけている。優香は、うなずいたり、首を振ったりしてごまかすが、そろそろ怪しまれている感じだ。

その焦りが、彼女により深い快感を与えているようで、自分の腕を握りしめる手が白くなるほど力が入っている。

優香は、山口君に何かの返答を求められて、困った顔で私を見る。困惑と発情が入り混じった目で私を見つめる優香に、私はうなずいてサインを送った。

優香の喉が動くのがわかった。そして、一瞬ブルッと体を震わせた優香。優香に惚れている校内一のモテ男君の横で、私の精液を飲み込みながら、オルガズムに至った優香。私は、ゾクゾクするほどの加虐的興奮の中にいた。

そしてこういった経験が、私の寝取り性癖を作り上げていった。

そして学校が終わると、部活などをする生徒がまだ残る校内で、優香に生でハメるのが日課になっていた。

優香は、理科実験室の控え室で、自分自身のショーツを口の中に入れて、声が漏れないようにしている。そして、後ろ手に両腕を拘束して縛ってある。
私は、制服のスカートをまくり上げ、その真っ白なお尻を見ながら腰を振る。
一日中、優香に性的なことをし続けていたので、入れただけで優香は果てた。私も、すでにイキそうな気配があるが、かまわず腰を振る。
優香は、イッたのに私が突き続けるので、顔だけ私に振り返り、首を振る。気持ち良すぎて死んじゃうっ! そんな事を、優香の目が言っている。

私は、平手で優香のお尻を強く叩いた。その瞬間、優香はガクガクガクッと痙攣して果てた。それだけではなく、床をビチャビチャにするくらいにお漏らしを始めた。優香は、潮吹きもするようになったが、本当に気持ち良いと、お漏らしをしてしまう。

ただ、こうなることはわかっているので、靴下も上履きも脱がせてある。
私は、まだ幼気な優香が制服姿のまま何度もイキ、お漏らしまでする姿を見て、たまらずに果てた。たっぷりと、膣中があふれるのでは? と思うほどの量が出た。

制服姿で縛られて、ショーツを口に押し込められ、声も出せなくなっている優香……やりすぎたか? と、少し不安になる。でも、優香は縛られた不自由な格好のまま、私の湯気が出そうなペニスを口で清め始めた。口の中のショーツは、その気になればいつでも吐き出せると言うことだ。でも、優香はそうしない。口の中に自分の穿いていたショーツを押し込められて、バックでハメられるのは、レイプされているみたいでたまらないそうだ……私は、セックスモンスターを作ってしまったのかも知れない……。

そして、お掃除フェラが終わると、期待のこもった目で私を見つめる優香。私は、
「床も綺麗にしなさい」
と命じた。優香は、震える声で”ハイ”と言うと、床の飛沫を舐め始めた。

こんな風に、学校での優香とのプレイは、エスカレートする一方だった。
そして山口君とのことで、寝取り的な性癖にも目覚めた私は、ますます歪んだ性癖を目覚めさせていった。

最初に、私が山口君と付き合えと命じたとき、優香は泣き出した。でも、私の考えを話したら、優香はすぐに発情した牝奴隷の顔になった。
ただ、優香からも一つだけ条件を出された。それは、私と結婚することだった。この時はまだ、私は優香と結婚するつもりでいたので、即答でOKした。
優香は、すぐに役所で婚姻届をもらい、私に署名捺印をさせた。そして優香も署名捺印をした。あとは保証人に署名捺印してもらえば、本当に有効な書類になる。もっとも、まだ優香は婚姻可能年齢に達していない。
『じゃあ、私が持っておくね! ふふ、先生、愛してる♡』
と、優香は嬉しそうに言ってくれた。優香は、プレイの時以外はため口だ。私もこの時は、優香と結婚するのが待ち遠しいと思っていた。

巨乳の人妻とセックス

どうやらおっぱいが大きいらしい。
おっぱい星人の俺は当然食いつく。

写メではそんな太くなかったので期待大。
写メでは上原さくらにチョイ似。

最初からメールがヤリ目進行だったので、今日は当然ヤリ目。
よければセフレに。

約束の時間には彼女の方が早く着くとの連絡が入り、少しだけ遅れて御対面。
ん?、写の3割増で可愛いですよ。

で、コートに隠れながらも充分過ぎる程アピールしているオッパイも、周囲の目でコッチが恥ずかしくなるくらい。
でも、なるべく見ないように。
時々は気になる素振りもして。

そんなこんなで、腕を組んだりしなくても時々プニュッと触れるオッパイを楽しみながら、個室の居酒屋に到着。
この店は二人並びの個室と対面式の個室とあり、当然横並びで良い展開を目論んでたのに、
運悪く案内されたのは対面式…orz 

まぁ、酒入ってガードが薄くなったら横に並んだらいいって事で、とりあえず飲み始める。
ところで、コートを脱いで薄手のシャツから飛び出しているそのブツはなんですか?

机にドッシリと腰を落ち着かせてらっしゃるじゃありませんか?。。
いや、恐らく風俗でも経験した事ないレヴェルです。

もうね、色々話してたけど、何を話していたのか覚えてませんので割愛します。
正直、オッパイの事ばかり考えながら話してましたw

程よくくだけたところで席移動を促し、ようやくお隣にG旋風が吹き荒れました。
いや、ホンマにどんな動作でも揺れるもんなんですね。

さっきより顔が近づいただけで、普通に話していても顔を赤らめる彼女に当然萌え萌えになり、
彼女が話している変なタイミングでキス。

もう全然拒まず、舌を入れ返してこられました。

もうここでオッパイに手が伸びるのを抑えるのが精一杯になり

「と、いうわけでイコか?」と。

京都の人ならココでピーンと来てらっしゃる人もいると思いますが、そのマンマの名前のラブホに向いましたw
入室と共にベッドに雪崩れ込み、敢えてオッパイにはガッつかず、濃厚なキスを5分間ほど。

足を彼女の股の間に入れると、もう挟む挟むw。
で、自分で気持ちの良いところに当たるように、俺の足を持っていき、グリグリと膝に当ててらっしゃいました。

もうこの辺で声が漏れ始めてたので、いよいよGカップとご対面の時がきたようです。
ハイ、脱がれました。

ハイこれ、デカいってかおっそろしく美乳です。
Gあるんかなぁとはチト疑問でしたが、もう何もかもが充分過ぎましたよ。

もう、普段巨乳にしてみたい事を存分にフルコースで楽しませて頂きました。
手を使わなくていいパイズリから、会社の制服のシャツを着てもらい、その上からの乳揉みなどetc…

しかーし、この方感度良過ぎですよ。

自分では普通の事しかしてないつもりなんですが、おもしろい位にイキまくられてますし、
もうシーツがビッショビッショです。

結局、手マン→強弱を3セット程→チト指を折り曲げGスポを指腹で引っかくように強。
これだけで2回イカれまして、クリを指の間に軽く挟んで強弱。コレで1回イカれました。

当然その間コッチはオッパイと戯れながら。
で、満を期してin。

ココでも、幅がある俺のチンチンがバッチリだったらしく、そんなに激しくシテないのに、スグ゙いかれました。
で、余韻に浸りたいっぽかったので、ココはハズして抱擁。

当然、コッチは一回もイッテないのでチンチン全部が埋まって見えなくなるパイズリにてフィニッシュ。
谷間に白骨温泉が出来てましたよw

全然、2回戦も可能だったけど、彼女がグッタリだったのと、双方とも次の日、仕事だったので、そこでとりあえず終了。
帰りもやたらハートの多い可愛いメールがバンバン届き、ニヤケながら帰宅しました。

貴重な既婚を理解してくれてる子なんで、大事にしたいと。
それよりなにより、人妻クローバーでもあのスペックにはナカナカ出会えないので。

もう、セフレ掲示板ヤメテもいいかなぁと思うくらい気持ち良かったです。

家庭教師先のJKに調教された僕2

大学4年で就職も決まっている僕は、暇つぶしと旅行費用を貯めるために、家庭教師のアルバイトを始めました。

そして初日、圧倒的にデカい家と、駐車場に止まる高級車に圧倒されながら、高校生の美帆ちゃんと出会いました。小脇にヴァイオリンケースを抱えた黒髪の美少女は、絵に描いたようなお嬢様でした。

ちょっと掘りは深めながらも正統派の美人顔の彼女を見て、僕は緊張しながらもラッキーだと思いました。でも、彼女の部屋に入った1分後には、ラッキーなどどこにもないことに気がつきました。

彼女に無理矢理童貞を奪われたあと、彼女は制服を着たままペニスバンドを装着して戻ってきました。そして、それを口に突っ込まれ、女の子がイラマチオをされいてるように犯されてしまった僕は、美帆ちゃんに足でペニスを踏みつけられ、なおかつビンタまでされたあと、爆発するように大量に射精してしまいました。

そして、美帆ちゃんはニコッと可愛らしい笑顔を見せると、
『じゃあ、そろそろ入れてあげるね♡』
と、僕の方を見もせずに言いました。

僕は彼女に促されるままに四つん這いになると、一番恥ずかしい場所を、まだ高校生の美帆ちゃんに全て晒しました。そして、命令されて全裸になりました。
『先生ド変態だねw こんな格好させられてるのに、なんでこんなになってんの?』
美帆ちゃんはあざけるように笑いながら、僕のペニスを蹴ってきました。鋭い痛みと、股間に衝撃を受けた時特有の重く吐きそうな気分に、僕は涙を流してしまいました。

『泣いてんの? ウケるw』
黒髪で清楚な雰囲気しかしない彼女が、ギャルみたいな言葉づかいで私を笑います。でも、僕は悔しいという気持ちはわかず、それどころか頭が痺れるほどの快感を感じていました。

ついさっき童貞を失った時よりも、強い興奮と快感を感じている僕は、美帆ちゃんに言われたようにドMなのかな? と思いました。普段の生活で、自分がマゾだなんて思ったことはなかったけど、今の状況を考えると、やっぱりそうなのかな? と思ってしまう。

すると、いきなりお尻に冷たいものを垂らされました。驚いて振り返ると、美帆ちゃんがボトルの中のローションを僕のお尻にぶっかけていました。そして、すぐに手の平でローションを広げ始める彼女。僕は、お尻をローションで撫でられて、ゾクゾクするほどの快感を感じていました。でも、すぐに鋭い痛みが走り、思わず声をあげてしまった……。

『痛い? 大丈夫だよw すぐにヒィヒィ言うようになるからw』
美帆ちゃんはそんな事を言うと、僕のアナルに差し込んだ指を動かし始めます。すると、引きつれたように痛かったアナルに、なんと表現していいかわからない種類の快感が走った。
射精の時の快感や、乳首を触られた時の快感とも違う、多幸感というか切ないような快感でした。

『あれれ? もう感じちゃってるねw ヘンタイだねw 豚野郎だねw』
僕のアナルに指を突っ込みながら、下品な言葉で僕を煽る彼女。でも、彼女の言葉通り、僕は感じてしまっていました。

『あらあらw ダラダラあふれてるよw ガマン汁出し過ぎw きもーいw』
美帆ちゃんは、楽しそうに言いながら僕のアナルの中をかき混ぜます。

僕はこれが現実なのかどうなのか、自信が持てなくなってきました。ついさっき出会ったばかりの女子校生に、童貞を奪われ、アナルに指を突っ込まれている……。
しかも、下の階には美帆ちゃんのママもいる。僕は、涙をこぼしたままうめき続けます。すると、また引きつれたような痛みが走った。

『はい、二本入った〜w 先生は、欲しがり屋さんだねぇw』
恐ろしく整った美しい顔から、人を小馬鹿にしたような下品な言葉が飛び出します。そのギャップに、違和感しか感じません。

「も、もう……やめて……下さい……」
僕は、はるか年下の少女に、敬語を使って許しを請う。
『やめても良いけど、ママ呼んじゃうよ? 先生にエッチな事されちゃったって言っちゃうよ? それでもよければやめるけどw』
美帆ちゃんは、余裕たっぷりの口調で言う。もう、僕が何も抵抗出来ないことをわかっているようだ。

「ごめんなさい……」
僕は、完全に逃げ道を塞がれてしまい、謝ることしか出来なかった。出会ってすぐに、教え子がこんなにも美少女でラッキーだと思った自分が、本当に馬鹿に思える。見た目に反して、とんでもない悪魔のような少女だった……。

でも、僕は口ではやめてくれと言いながら、初めての快感に心を奪われていました。

『ホントは気持ちいいんだろ? どんな男でも、結局ここ責められると女みたいになっちゃうんだよねw 社長や弁護士や、格闘家でもw』
美帆ちゃんは、男性に対しての幻想もなにも持っていないような感じがする。若いのに、色々なものを見てしまったのだと思う。

そして、本当に的確に僕の前立腺を責めてくる。ホモやゲイの人がお尻で感じるというのは、精神的な作用だと思っていた僕は、実際にこんな快感を与えられ、人生観が変わる思いだった。

美帆ちゃんが、指でコリコリとこすりあげるようにすると、そこを中心にオナニーでは感じることの出来ない快感を感じる。オナニーがオス的な快感だとすると、今美帆ちゃんに与えられている快感は、メス的な快感なのだと思う。

『ほら、もっと力抜いてごらんw もっと気持ち良くしてあげるからw』
美帆ちゃんは、ニヤニヤ笑いながら僕のアナルに差し込んだ指を動かし続ける。

「ダ、ダメ……。美帆ちゃん、もうダメだって……」
僕は、苦しげな声で言う。
『もう、我慢出来なくてダメ? 良いよ、入れてあげる♡』
美帆ちゃんはそう言うと、僕をベッドに寝かせた。屈辱的な四つん這いから解放されてホッとしたのもつかの間、両脚の足首を握られて、思いきり足を広げられた。M字開脚どころかV字開脚をさせられた僕は、恥ずかしくて顔が真っ赤だったと思います。

【アブノーマルな動画やマンガと体験談から転載】

そして、すでにローションがたっぷりとついた僕のアナルに、彼女はペニスバンドを押し当ててきた。女子校生が制服姿のままペニスバンドを装着しているだけでも、充分異常すぎる光景なのに、今僕はその彼女に犯されようとしている……。
まったく現実感が持てないまま、僕は覚悟してしまった。その瞬間、ぐぐぐっとアナルに強烈な違和感を感じた。でも、散々指でほぐされていたので、引きつれたような痛みは感じませんでした。ただ、押し広げられた感覚だけが強かった。

『あっさり入ったw 先生、素質あるんじゃん?』
美帆ちゃんは、小馬鹿にしたように言う。そして、そのままもっと奥に押し込んでくる。

異物感が強くなり、少し痛みも感じ始めた瞬間、腰が抜けるほどの快感を感じてしまった。ペニスバンドのカリの部分が、僕の前立腺をゴリンと削った瞬間、僕はうめき声をあげながら体をのけ反らせていた。

『やっぱりねw 先生もメスになっちゃうんだw もっと鳴かせてあげるからねw』
美帆ちゃんは、その美しい顔に冷徹な笑みを浮かべながら言う。
『自分でここ持っててごらん』
美帆ちゃんは、そんな風に僕に指示をする。僕は彼女に正常位で犯されたまま、自分で膝裏から脚を抱えるようにする。そんな僕の姿を見て、美帆ちゃんは本当に嬉しそうに笑う。
『良い格好じゃんw 気持ちいいんだろ? ヘンタイw』
美帆ちゃんは、バカにしたように言うと、僕に向かってペッとつばを吐いた。普段からこんなことをしているのか、それはハズレることなく真っ直ぐに僕の顔にかかった。
『ブタ!』『キモいんだよ!』
そんな事を言いながら、またツバを吐く彼女。そんな事を数回繰り返された。

でも、顔にツバをかけられて、僕はムッとくることもなければ、嫌だなとか汚いなとか感じることもなかった。正直、メチャメチャ興奮してしまった。
美少女にツバをかけられる……。僕にとってはご褒美だったようだ。

そんな僕のことを、あきれたような顔で見つめ、失笑しながら腰を振り始める彼女。ペニスバンドが動く度に、ゾリゾリと前立腺を削られていく。そして、声が我慢出来ないほどの快感に支配されていく。

『ほらほら、こんなにくわえ込んじゃってw ひっどい顔してるよw ヘンタイ!』
美帆ちゃんは、そんな事を言うとさらに腰を強く振る。すると、彼女のペニスバンドが、さらに奥に入ってくる。でも、奥に入れられても気持ちよさは増幅しなかった。
女性は、奥を責められると狂うなどと聞くけど、僕に関しては奥にツボはなかったようだ。

それでも、長いストロークでペニスバンドが抜けていく度に、顔がにやけてしまうような、今まで経験したことのない快感が通り過ぎていく。すると、いきなりキスをされた。そして、美帆ちゃんは僕にキスをしながら腰をなまめかしく動かしていく。

僕は、頭の中で何かがスパークしたのを感じた。真っ白になるほど気持ち良い……。女性では、そんな経験があると聞く。でも、男には一生無理な領域だと思っていた。それが、僕は今その渦の中にいた。

舌を吸われ、歯ぐきを舐められ、そして前立腺をペニスバンドで的確に責められると、僕はこらえきれずにあえぎ始めてしまった。AVの女優さんみたいな大げさなあえぎ声が自分の口から出ていることに驚きながら、でも、声を出すことで快感が増していくのを感じた。

『可愛い声〜w 先生、女の子になっちゃったねw 初めてでここまでメスになれるなんて、才能ありすぎw メッチャウケるw』
そんな声に、僕は余計に快感が増していく。

すると、彼女が僕の腰を下から少し持ち上げるようにして、さらに僕の両脚をピンと伸ばして自分の肩にかけるようにする。すると、ペニスバンドが前立腺を直撃し始める。僕は、さらに大きな声であえぎながら、射精するような感覚が大きくなっていくのを感じていた。

『これ、ヤバいでしょw みんな、コレすると狂うんだよねw 狂わせてあげる♡』
美帆ちゃんはそう言って、腰の振りをどんどん速くしていく。僕は、女子みたいなあえぎ声を上げながら、もうダメとか、止めてとか、死んじゃうとか叫んでいた。

僕は、サディスティックな美帆ちゃんの視線の直撃に耐えきれず、横を向いた。すると、壁面に不自然なくらい大きな鏡があるのが見える。その鏡には、ブレザーの制服姿の美帆ちゃんが、冷たい目で僕を見ながら、半笑いで腰を振る姿が映っていた。そして僕の顔は泣きそうで、それでいて信じられないくらいに上気してとろけた顔でした。

『見てごらんw あのとろけた顔w 完全に女の子じゃんw ほら、ここだろ? コレが良いんだろ?』
美帆ちゃんは、汚物でも見るような目で僕を見ながら、言葉とペニスバンドで僕を責め立てます。

もう、限界でした。
「イ、イクっ! 出ちゃうっ! こんな、あぁっ! イッちゃうぅっ!!」
僕は、ペニス自体には一切手を触れていないのに、射精感が抑えきれなくなったことに驚き、恐怖を感じながら叫んでいました。
『イケっ! ヘンタイ豚野郎!!』
美帆ちゃんは、僕の両脚を抱えてスパートをかけました。そして、その瞬間僕は大量に射精していました。

それは、白い弾丸のようでした。ほぼ真上に打ち上がった僕の精液は、信じられないことに天井に到達しました。いくらベッドの上からとはいえ、何m飛んだのでしょうか?
そして、オナニーの時とは違い、2回、3回、4回、5回と力強く脈打ち、その度に驚くほどの量が飛んでいきました。
ついさっき、立て続けに2回も出したあとなのに、どうしてこんなにも? と、僕は痺れた頭で考えていました。

僕は、胸や腹を自分の精液で汚しながら、涙を流していました。こんな小娘に犯された屈辱? 恥ずかしいほどメスになってしまったこと? 理由はわかりませんでしたが、涙があふれました。

すると、僕にペニスバンドを突っ込んだままの美帆ちゃんが、優しく僕の頭を撫でます。
『気持ち良かった? ゴメンね、ひどい事言っちゃって』
さっきまでの汚物を見るような目ではなく、優しい目で言ってくれる美帆ちゃん。僕は思わず彼女に抱きつき、声をあげて泣き始めました。

すると、イキなりドアがガチャッと開きました。僕は、冷水をぶっかけられたような気持ちになりました。

『美帆ちゃん、何してるの!?』
美帆ちゃんのママがドアを開けて立っていました。僕は、人生終了だなと思いましたが、美帆ちゃんのママの姿を見て言葉を失いました。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード