萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

制服

コスプレイヤーの妹との遊び

コスプレイヤーといっても、コスチュームは4着しかないです。「ミルフィーユ桜葉、メイド、化物語制服、ピかチュー」
夜になると家で着替えて僕の部屋に遊びに来るのですが、やたらと誘ってきます。最高にいいのがミルフィーユ桜葉のやつで、4万以上しました(買わされました)。妹は高校三年生で、ミルフィーユのタイトなスカートが最高で、ワザと大股に足を開いてパンツを見せてきます。そんな時にやる僕の技が、マウントポジションからの脇の下こちょがし攻撃とおっぱいモミしだき攻撃です。両膝で両腕を押さえつけ、脇をこれでもかというぐらいにこちょがします。そのあとおっぱいをもみまくります。「やだ、固くなってる!w」という僕の股間に対していってくるので、ものすごく興奮します。時には、チンコを出し(勃起中の)袋を妹の口に押し当てたりもしました。さすがに、笑いながらですがチンコをどつかれました。
今度は巡音ルカあたりをねだられそうになってます。その時も、オッパイをもみたいと思っています。

CFNM女性教師と女子生徒達のお仕置き

オレの名は浅尾貴信。


「だいぶケツ締まってきたな」

「や、やめろよ、ハズイから。。」

「なんだよ、男同士だからいいだろ」


ちょうどいま昼休みの部活を終え、

仲間とシャワーを浴びていたんだ、

そしたら・・・、


「ちょっと失礼するわよ」


その言葉に驚いて後ろを振り返ると、

なぜかすごい剣幕のマチダ先生、その

後ろにはオレと同じクラスの田中千夏が

泣きべそをかいている。そしてそれに

付き添うように数人の女子が立っていた。


「今日の昼休み、この子のスカートを

 めくった人物がこの中にいるはずです。」


ハァ、、、??

な、何でよりにもよってこんなときに・・・。

だが、オレたちの表情を見るに付け、その

思いをすでに見透かすように先生は言った。


「この子がとても辛い思いをしていて、

 事件の解決に一刻の猶予も許されない状況で、

 恥ずかしいも何もないっ」


このシャワールームにいたのはオレを含め、

男子部員11人。何の因果でここの部員が

疑われたのかは分からなかったが、マチダ先生の

顔を見れば、何か確証を得ているようでもあった。


「田中さんは昼食を取ろうと食堂へ向かおうと

 廊下を歩いていました。そしたら、後ろから

 来たサッカーのユニフォームを着た男の子

 数人の中の一人がスカートをめくって、

 追い越して行ったそうよ。」


なるほど、ユニフォームを着てたんなら、

サッカー部員には違いないところではある。


「彼女が言うにはこちらを振り返らないまま

 足早に去っていたので、犯人の顔までは

 分からなかったようです。

 しかし、彼女のスカートはそれに煽られて、

 中の花柄パンツがそこを歩いていた生徒全員に

 見られてしまったそうです。」


ものすごい剣幕で怒りをあらわにするマチダ先生。

その形相にオレたちは押し掛けてきた数人の

女子たちを前に全裸でいることも忘れてしばし

立ち尽くしていた。


「見られたのはパンツだけではありません!」


「パンツのその上のおへそがチラリ!

 昼食を少し急ごうとしてそのパンツもズレてて

 オシリの割れ目もややチラリ!」


「・・・。」


プフッ、なんだよそれ、言い掛かりじゃねぇか。

それにその言い方、ちょっとおかしくねw


「笑わないっ! 被害者である彼女のどこに

 笑う要素がありますか!」


いやいやいや、田中の方じゃなく、

先生の方だって、、


「場合によっては見えてはいけない毛まで

 見える危険性があったかも知れません!」


いや、結果見えてないんだからいいだろ、

それは・・・w


「もう子どもではないとはいえ、それでも

 一人のか弱い女の子です。大勢の人に

 パンツやお尻が見られたらどう思いますか、 

 はい、そこのあなた!」


先生はオレのすぐ後ろにいた雅司を

指差して問いただした。


「は、恥ずかしいと思う、、」

「そうでしょうそうでしょう、あなたはともかく

 そんな基本的なことも分からない人がこの中に

 いるはずです。」


ってか、それは今のアンタ自身じゃね?

オレたち男子が素っ裸でシャワー浴びてるときに

女子たち引き連れて堂々とここまで乗り込んでくる

非常識極まりない人物、、


「さっき先生は事件解決のためには恥ずかしさなど

 いらないとあなた方に言いましたが、わざわざ

 ここに足を運んだのには訳があります!」


” !! ”


「もう一度言います!彼女がほかの人に

 見られたのはパンツだけではありません。」


「??」


「パンツのその上のおへそがチラリ!」


「まだ、分からない?」


「彼女が感じる恥ずかしさを自分自身に

 置き換えてみて。」


「パンツがズレててオシリの割れ目もチラリ!

 チラリチラリチラリ、、、これだけチラリが

 重なったらもはやチラリを通り越して、廊下で

 たくさんの異性の視線を感じながらスッポンポンに

 されたといってもいいくらいです!」


わ、訳が分からん??

ん、だが、、ちょっと横のヤツの様子が

気になってそっちを向いてみる。

ん?、なんだ、なに精神のバランス崩したような、

神妙な顔してんだよって笑いながら思って、

下見たら、た、勃ってやがる・・・、


お、おまえ、バカ、そんなことでって、、

ふと前を見たら田中のヤツ、先生に促されて例の

スカートめくってパンツを見せて、お、おまけに

パンツも少し下げてやがる・・・。

おまけに慌てふためくオレたちを先生の背後から

女子たち数人がじっと反応を伺ってやがる。


「浅尾くん、分かっているのですか。

 男女関係なくみんなの前でですよ。」


あいつらはグルだ、そしてきっとこれは

犯人特定の名を借りた大掛かりな罠だ。


「何の前触れもなくいきなり、、」


オレたちはいまや視線の檻に囲われ、

色目に騙されたカモに成り下がっている。


「みんなの前でスッポンポンですよ!」


や、やべぇ、、

う、うおぉーー!!


キャーー/


「ふふ、羞恥心はみんなあったようね、

 先生ちょっと安心したわ・・・。」


く、くそ、こんな場面でこんなことに

なるとは思ってもみなかった、、

人生最大の罠に嵌ったみたいだ。


そして、、


「私が思うに、犯人はあなたね!」

「ぼ、僕はやってません、、」


ってかオレが思うにこの事件、先生が考えて

いるような定義で言えば、おそらく犯人は

オレじゃないかと思う。

思い当たるフシがないわけじゃないからだ。


「それじゃ、あなたね」

「い、いや僕は知りません」


「あなたね」「いや、あなたね」


全然推理能力ねぇ・・・。

そして、、、


「あなたね!」

「・・・。」


不意に当てられたオレは、

つい無意識に頷いてしまった。

まぁシラを切り続けてますます混迷を

深めるわけにもいかない。

だが掛けられた誤解だけは解く必要がある。


「わ、わざとではないです。」

「では、偶然スカートの位置に手が触れて、

 そのせいでめくれたという事ですか?」

「た、多分そういうことだと思います」

「あなた自身やましいことは何もしていない。」

「は、はい、、」

「すべてはこの手がやったことだと。」

「まぁ、やったというか単に当たったというか、、」


「ふむ、分かりました。」


「・・・。」


「では、今度の一件はあなたではなく、

 あなたのその"手"を罰することにしましょう。」


「え、、、」


「たしかに故意ではないとはいえ、スカートに

 触れる可能性を認識しながら、その状況を避ける

 努力をしなかった、軽微な不作為の罪があなたに

 はありますが、より重い"結果に対する責任"が

 その手にはあるということです。」


「だけどそれは結局オレ、、」


「いいえ、あなたが初めに言ったとおり。

 悪いのはすべてその"手"です。」


先生はオレではなく、

オレの手を指差してそう言った。


「では、千夏さん手伝ってください。」

「え、でもこの子はまだ気持ちの整理が、、」


落ち込む田中千夏に肩を貸していた

女子が先生の呼びかけに異を唱えた。

だが、、、


「だから、です。」

「・・・?」

「あなた自身の手でこの問題を解決させなければ」


「は、はい、、」


それまで一言も発しなかった田中千夏が

このときはじめて一言だけそう口を開いた。


オレはシャワーを浴びていたときの格好のまま、

シャワー室を無理やり出させられると、手首を

ロープで繋がれ、まるで囚人のように扱われながら

廊下を歩かされ、自分の教室に戻って来させられた。

キャー/

通りがかりの生徒たちがオレの姿を見てみな驚きの

声をあげる中、ただそれでも淡々と歩くしかなかった。

そして、先生の指示のもと教室の前の廊下で、

オレの手を縛っていたロープを長く伸ばし、

女子数人の手で天井の梁に引っ掛けていった。


その結果、ついにオレはフルチン姿のまま

手足の自由の利かない形で縛り上げられてしまった。


「な、なにもこの格好のときに・・・」

「加害者が罪を償うのに、

 こんなときもそんなときもない!」

「し、しかし、何かしたつもりは、、」

「だからあなたの手だけを罰しているつもりです。」

「う、動けない、、」

「まぁ、結果的にそういうことになるわね。」

「そ、そんな、、」


「連帯責任とはそういうものです。」


先生はそう言って、連れの女子生徒ともに

一糸纏わぬオレをこの場所に残して去って行った。


それにしてもマチダ先生は今の時代には

吃驚するくらい、古い考え、そして独特の

考えを持った先生だ。


「きゃあ、何なのこの人ー!?」

「スカートめくりの共犯なんだって」


そりゃ確かにむかしはそんなやり方が

あったかも知れない。


「スッパダカで立たされてるなんて、、」

「っていうか、吊るされてるw」


だが、今の時代そんなやり方は

人権無視だって、そういう風に

変わってきてるはずだ。


「先日は隣のクラスの高田くん、今日は浅尾くんか、、

 懲りないわね、男子も。」


生徒を罰するのにパンツすら穿かせないとは、

教師という絶対的な権力の乱用だ、これは。


「男子なんてヘンタイそのものよ」

「本当そうね」


くっ、なんでこんな目に遭わなきゃいけないんだ!


「毎日なんでこんな粗チンを拝まないと

 いけないのかしらw」

「って言いながら嬉しそうに何度も通ってるくせに」

「あはははー」


あー、くそー、こんなの恥ずかしすぎるー

早く五時限目終われって、、


「ちょ、、お前らどっかいけよ!」


「何よ、そんな格好で言われたって

 全然怖くないわよ」


涼子はそう言ってこっちに近寄ってくると、

おもむろにロープを掴み、面白半分に

グラグラと左右に揺らし始めた。


「お、おい、やめろ」


涼子にいいようにその場で回転させられるオレ。

オレの体のいろんな部分が揺れている、アソコも・・・。


「プフッ」


「オ、オレは何も悪いことなんか、、」


「分かってるわよ、たまたまシャワー浴びてたら、

 先生がスカートめくりの犯人を特定したんでしょ。

 そしたらあけてビックリ、浅尾くん自身ではなく、

 浅尾くんの"手"だけに問題があって、一応持ち主

 である浅尾くんの道義的責任は問われることに

 なったんだけど、実質罰はなしという結論に至った。

 対して"手"の方は女の子のスカートに触れたという

 決定的な事実があるから、その責任は重い、と。

 で、ウチの学校の罰則規定として、反省の意味で

 一時間廊下に立たなければいけないということ

 だから、それを一秒たりとも免れることがないよう

 に手をロープで縛ることにした、と。

 ね、そういうことよね。」


くっ、さすが生徒会役員だけのことはあるな。

ちゃんとそういうとこの内容はきっちり抑えてやがる。


「で、"手"だけ罰せられたんじゃかわいそうだって

 いうんで、道義的責任を感じてオレも付き合うよ

 ってことで、ここに自らすすんでフルチンで

 立ってるんでしょ」


違う、後半のいきさつ、全然違うぞ。

シャワー浴びてたら先生やお前らの一味が

それに目を付けて、、、まぁ、前半の話の

持っていき方からして既におかしいが・・・


「と、とにかくこれは完全に冤罪だろ!」


「このおちんちん、堅いわね」

「さっきシャワー室で全員発射したって聞いたけど、、」

「こうしてこう、、、ズッコンバッコンして

 揉みほぐさないと。」


「くっ、、、

 おまえら、ホントあとでぶっ殺す!!」


「オォ、怖っ。。脅迫罪で訴えようかしら」

「そしたらきっと極刑の"一日校内全裸

 四つん這い生活の刑"が待ってるわね。」

「へぇ、そんなのあるんだ、、」

「そうだよー、

 過去にも一度だけ下されたことがあるしねェ」


涼子はそう言ってポケットから幾重にも

折りたたまれた古そうな新聞紙を取り出し、

それをオレの目の前で広げてみせた。


「えーと、どこだったかな、、

 あ、あった! ここに。」

「ふむふむ....」


「3年2組山下太郎くん、日ごろより目に余る

 粗暴な態度。生徒会会長の日吉信子さんは彼に対し、

 自省を促す意味で丸一日校内で制服着用・

 二足歩行を禁ずることとした、って書いてある。」


「へぇー」


「翌週の記事には"我が校初めてひとり全裸で

 四つん這いになり、体育の授業を受ける山下くん、

 それを見守る我が校の生徒たち"って見出しで、

 こんな写真まで数点掲載されてる。」


「あっ、本当だー」


「この規則は当然いまも不変だからね。

 いつ誰がこうなってもおかしくないわけよ」

「まぁ、今の彼も同じようなものだけどw」


「うるせーっ」


とは言うものの、この時間オレが

涼子たちだけに構っている余裕などはない。

それは、、


「由希、こっち見てー」

「アハハハ、股の間から顔出すなんてw」

「キャー!! このオシリの穴、超エグいよォー」


天井からロープで吊るされて手足の自由の利かない

オレの足元には、まるで巣食う虫どものように、

通りがかった女子たちがオレの股間目当てに

大挙して群がっていたからだ・・・・。

裸足

中学生にAさんという女子がいた。そのこが制服に着替えるときにそのこの裸足をみてしまう。Aの足はくさそうでいつもそのキしイなはだしで抜いた。あるひ、ついに我慢できず、A裸足を舐めてしったAの足は臭かった。その臭い裸足におれのチンコをはさんでそのままいった。そのあと、しっかりと足の臭いを嗅いでペロペロと舐めまわした。とてもおいしかった。そのあと、Aのオシッコものんだ。

裸足

中学生にAさんという女子がいた。そのこが制服に着替えるときにそのこの裸足をみてしまう。Aの足はくさそうでいつもそのキしイなはだしで抜いた。あるひ、ついに我慢できず、A裸足を舐めてしったAの足は臭かった。その臭い裸足におれのチンコをはさんでそのままいった。そのあと、しっかりと足の臭いを嗅いでペロペロと舐めまわした。とてもおいしかった。そのあと、Aのオシッコものんだ。

絶倫禿げ社長と妻

俺が再就職した工務店の社長は、年齢の割りに押しが強くていかにも好色そうな
禿男だ。こういう男に妻がどうにかされてしまうことを想像して楽しんでいた。
いや、実際にどうにかされた妻を見てみたいとさえ思うようになった。
 社長はY談が大好きで、酒が入ると俄然エロ自慢をする。愛人もいるらしいが、
「人妻」が一番燃えるんだとか言っていた。相当アコギなこともしてきたらしい。
そんな社長におれは女房のことを吹聴した。どんなことをしたら悦ぶとか、どん
な声で喘ぐとか、たわいもない話だが、社長はすぐに食いついてきた。

 夏休みにとった水着の写真があるというと、見せろ見せろとしつこく要求する。
しまいには俺の胸ポケットに万札をねじ込んできやがった。妻も30半ばでしっ
かり肉付きも良くなってはいるが、社長から見ればおいしい年代らしい。
食入るように写真を見ている社長に、俺は耳打ちをした。
「今度の日曜日、うちのやつに届け物をさせますから、、」
社長は、ウンウンと大きく頷いて、俺に握手してきた。分厚い大きな掌は心持ち
脂ぎっていて気持ちが悪かった。

 社長へのお中元の届け先は、社長の自宅ではなくマンションの一室だった。
社長が愛人を囲っている部屋らしいが、そんな曰く付きの部屋だなんて一言も言
わずに女房独りで届けに行かせた。

 妻が出かけた後、俺は社長の携帯に電話をした。間違いなく妻一人で行かせた
ことを伝えるためだ。社長は「任せておけ」と意味深な言葉を残して電話を切っ
た。それからの時間がやけに長く感じた。免許更新のときの退屈な講習でさえ、
あんなにも長くは感じないだろう。社長の禿頭が女房に覆い被さる様子を想像す
るだけでゾクゾクする。でも一方では、女房があの禿頭を張り倒して帰ってきて
しまうのではないかという不安もあった。

妻が帰宅したとき、俺は何故だか勢い込んで玄関に迎えに出た。いつもとは違う
俺の出迎えにも女房は反応しなかった。普通なら冗談でも言うか、しんどかった
と文句の一つでも言いそうなものだが、何も言わずに奥へ行った。ここは変に勘
ぐったりして、女房を刺激しない方が良さそうだと思ったので、何事もなかった
ように接することにした。

 妻は遅くなった理由を、夕飯のオカズを買ってきたからだと言い分けしていた。
妻が言い分けしたことが逆に俺にとってはありがたかった。俺が知ってたなんて
社長がバラしてたら大変だった。

 翌日、社長が昼飯をご馳走するからと俺を誘い出した。いつになく饒舌に(酒
飲んでないのに)社長は昨日の出来事をしゃべりはじめた。

 「昨日は久しぶりにハッスルさせてもらったよ」ハッスルなんて言葉がいまだ
に使われていることにツッコミたくなるが、俺もその先が聞きたくて仕方がない。
女房がどんな反応をしたのか、それからどういうふうにこの禿社長にやられちゃ
ったのかが重要なのだ。

 「女房は嫌がらなかったんですか?」ストレートに聞いてみる。(よく考える
と失礼だな) 「最初は肩揉んでもらったんだよ。さすがにちょっと警戒してた
みたいだがな、わはは」てことは、その先は俺にも想像がついた。いつも社長が
飲み屋で言ってた、スキンシップからスキンレスという作戦パターンだ。案の定
、社長はさんざん女房にマッサージさせたあと得意の寝技、締め技で攻略したと
言っていた。社長の言葉は下品そのものだったが、余計に欲情してしまう。行間
に含まれた意味が、俺の想像力をどんどん膨らませたのだ。

 「○○(俺の名)が言ってたろ、ほら左の乳首。本当だ、ありゃすげえな。
嫁さん、弱点を最初に見つけられて、戸惑ってた。
あとは、ほれ、その、、なんだ、、いやぁ、まいったな」何が参ったんだか、
よくわかんないが俺まで参っちまいそうだった。

 時折ニヤニヤと思い出し笑いを浮かべながら、社長は訥々と話を続けた。
「…。だってよ、女のアソコは正直なもんだよな。ちゃんと、しっぽり濡れて
たんだよ。
ヤダヤダってたって、嘘つけねえもんな。俺も年がいもなく、ヤンチャしちま
った」

 社長のヤンチャぶりを見たいとは思わなかったが、正直言って女房のやられ
っぷりを見てみたいとこの時強く思った。

社長は囲ってた愛人をポイしてまで、俺の遊びにトコトン付き合うと言った。
遊びと言えば遊びだが、社長も乗り気だった。空いたクローゼットに小窓をつけて
枠を嵌め込み、マジックミラーをつけた。種を明かせば簡単。普通のガラス窓にホ
ームセンターで売ってる車のサンシェードのミラー仕様を貼りつけるだけなのだ。
(だてに工務店をやってるわけじゃないねとこの時だけは社長を尊敬した)

 めでたくノゾキ部屋は完成し、ここで長年の歪んだ願望を果たすことになる。
 数日後、約束通り俺は嘘の出張を命ぜられ、社長は女房に再度のアタックを敢行
した。

社長の言う通りに俺はメーカーの見学会で出張したことになった。一泊分の荷物を
持って社長のマンションに直行。合鍵でドアを開ける。(社長の愛人になったよう
な変な感じだ)社長はどうやって女房をここに連れてくるつもりなのか、そう簡単
に二度目の逢瀬が実現するとは思えなかった。そんなことばかりを考えながら、虚
ろな時間が過ぎていった。
 予定の時間が過ぎ、やっぱり失敗したかと内心ほっとした。しょげた社長の顔を
思い浮かべていたら、俺の携帯が鳴った。

「すまん、すまん、待たせたな。今からスグ行くから。じゃあな」声を忍ばせて一
方的に切れた。あわてて電気を消してクローゼットに入る。自分の鼓動が早く強く
なるのを感じながら、二人の帰還を待った。

 「まぁ、まぁ上がって上がって」禿社長のダミ声が玄関で響いた。やり取りは聞
き取れないが社長の声はなんとか聞き取れる。
「いやぁ、まぁ、大人なんだから。お互いにサ」圧されるようにして、女房が部屋
に入ってきた。自分の嫁サンの姿を見て、付き合い始めたころの気持ちを思い出した。
とにかくあの頃は俺もやりたい盛りだったしなぁとか、懐かしささえ感じていた。
一瞬、目の前のガラスが曇った。自分の鼻息の所為だとわかって慌てて拭き取る。

社長は後ろからいきなり妻に抱きついた。たじろぐ妻に「な、悪い様にはしねえか
ら、、な、頼むよ」と哀願するように言った。「でも、私、そんなつもりじゃなく
て、、」さらに拒絶の言葉を口にする妻。涙目になりながら、妻が社長の腕を解こう
としたとき「俺に恥をかかせるんじゃねぇ!」ドスの効いた声で社長が凄んでみせた。
(恥って、そういや俺が覗いてることを社長だけは知ってたんだ。社長が俺の視線を
かなり気にしているんだなと思った)

 かたぎとは思えないルックスを最大限に活かして、社長は短い言葉で女房の
抵抗する気力を見事に殺ぎ落とした。最初からそうしてればいいんだよと言わんばか
りに、社長は女房の胸を荒々しく揉んだ。女房が身を硬くしながらも、呼吸が弾んで
いくのがわかる。社長は右手で服とブラに覆われた乳首を探し当てた。たぶん女房の
乳首は固くしこり立っていて、すぐにでも居場所がわかるくらいだったんだろう。

 一番感じやすいところを指でこねられて、堪りかねたように女房は顎を上げた。
だらしなく開いた女房の唇に、すかさず社長が舌の先を滑り込ませる。女房の苦しげ
な喘ぎ声がくぐもって聞こえる。扉越しに覗いている俺は、生唾ばかりを飲みこんで
息を殺すのに精一杯だった。なんせ社長の醜悪さのせいか、女房が美しく艶っぽく
みえてしかたがない。すぐにでも飛び出したい気持ちとも格闘しつつ、、、。

 そんな俺の心中を察した様に、社長は一瞬こちらを振り向いた。マジックミラーに
なっていることを忘れて、俺は窓から身を伏せた。我に返った俺が再び覗くと、妻は
上着を脱がされてブラジャー姿になっていた。普段見慣れたベージュのブラジャーだ
が、その普通っぽさが余計に人妻ライクなのだ。(禿オヤジ同様、俺も新鮮な感動す
らおぼえてしまった) ブラのホックを外さずに、カップを上へとずり上げるオヤジ。
こぼれ落ちた片方の乳房がやけに白く、それとは対照的に乳りんから乳首に向かって
次第に色濃くなっている。想像どおり、妻の乳首はほどよく刺激されて大きく固く
勃っていた。社長はそんな妻の無垢な乳首を弄びながら、下方へ腕を伸ばし始める。
行儀良く閉じられていた妻の両腿は、もじもじと緩やかに緊張を失っていった。
女房の耳たぶは真っ赤に充血し、俺のムスコにも一気に血液が集合してくるのがわか
った。

 禿オヤジはAV男優気取りで、妻に言葉いじめをし始めた。文章にしてしまうと
あまりに陳腐で萎えてしまいそうな言葉ばかりだったが、その場の雰囲気から言うと
もう何でもありですみたいにはまってしまった。(徹夜でマージャンしたとき、明け
方何でもないことでもゲラゲラ笑えてしまうみたいな感覚だね)

 とにかく、人の女房を夫が見ている前で抱くのだから、社長もある意味弾けてたん
だと思う。女房への扱いが、より一層大胆になってくるし、女房もそんな扱いに刺激
されて反応が激しくなっていった。禿頭を女房の股間に埋めて、社長は下品な音をた
ててクンニしまくるし、女房も微妙に鼻にかかり気味の甘い声がボルテージを増して
いった。そのとき、社長が押えていた女房の片方の膝の先に、パンティが申し訳なさ
そうにクルクルと捲くり上がっていた。取り残されてしまいそうな自分の姿がパンテ
ィにダブってみえる、、、

表情を確認するまでもなく、女房の掴んだシーツの引き攣れが逃げ場のない快感を
表わしていた。社長はクンニしながら、ゴツゴツした指を挿し入れて「泉の広場」を
叩き始める。社長はGスポットのことを「泉の広場」と言い、そこを責めさせたら
日本一だと豪語していた。

 呼び方なんてどうでも良いのだが、変なコダワリ方に安心感すら覚えてしまう。
確かに社長の言うとおり、女房はふわりと腰を浮かせたかと思うと「あ~、そこ、そこ
、そこ、、」と口走り、「い、い~~、、ダメ、ダメ、ダメ、、」と早口で言ったまま、ぐったりと静かになった。
「良い仕事するでしょう」とでも言いたげに、社長は右手を肩口まで上げて見せた。
テラテラと濡れて光る右手の指の爪がきれいに切り揃えられている。エチケット守って
ますよとでも言いたかったのか。

固く目を閉じている女房の眉間にくっきりとふた筋の皺が刻まれていた。唇は半ば
開いていて、荒い息を整えているようだ。そんな女房を横目で見ながら、社長は
ズボンとパンツを一気にズリ下げた。下半身を剥き出しにしながら、社長は女房の口
を吸いはじめた。今度はやたらとゆったりとした愛撫を乳房に与えている。
獲物をしとめた猛獣が、悠々と餌を食むように見えた。女房もうっとりとした表情で、
社長の禿頭を抱きかかえるように接吻を受け入れている。

正気とは思えないほど、いびつな風景だった。社長が密着するほどに、女房の体が
妖しく蠢く。いきり立った下半身が、もうそろそろどうですかとばかりに女房の白い
腿に当たっている、、

いよいよだなと俺は思った。女房もそう思ったに違いなく、ゆっくりと再び股を
開いた。社長は体を密着させたまま、妻の上に覆い被さる。左の肘で自分の体重を
支えながら、右手をティンポウに添えて黒々した茂みの中心に導く。「ふぅ~ん」と
鼻にかかった甘えた声。オヤジめ、少しばかりもったいつけてやがる。

 社長がゆっくりと腰を沈めていき、「ぬゎ~ぁあん」と侵入の仕方がわかるような
恥かしい声(と俺には聞こえたんだが)を上げる妻。膝を立てたような妻の間で、
ぐいっと腰を突き出す社長。大きなベッドのスプリングが軋むリズムが段々早くなる。
餅つきの合いの手の様に、女房の短い喘ぎ声が入る。老練な腰さばきとでも言うのか、
時折、弧を描いてグルングルンと社長の尻が動いた。いつの間にか、ロデオの騎手の
ように妻が足をその尻の上で組んでいる。その足にぐいーっと力が篭り、妻が2、3
度気をやったのがわかった。 見ている俺も、喉が渇いてきて焼きつきそうだった。

禿社長も半分意地になっていたのだろう、最初の挿入から射精する事もなく女房の横
でゴロリと仰向けになった。ハァハァと腹を波打たせて玉のような汗を拭っている。
サウナに長時間入りすぎたオヤジみたいだった。こうなると、女ほど怖いものはない。

 さっきまで、ぐったりしていた女房がむっくりと上体を起こして社長にちょっかい
を出す。社長の胸をさすっていたかと思うと、乳首の先をチロチロと舐め始めた。
相手がグロッキーなのなどお構いなしだ。社長の愛想笑いも引きつってる。半立ちの
ティンポもしごかれてようやく力を回復した。俺はそんな女房の変貌ぶりを息を飲ん
で観察した。付き合い始めた頃、歯を立てられやしないかと不安になるほどぎこちな
いフェラだった。
それがこんなにも大胆に、あんなおっさんのものを咥え込んでしまうとは、、、。

 自分がされながら妻のフェラ顔を見ていたが、ほんとにこれは堪らない刺激だった。
禿社長の気持ち良さそうな赤ら顔を見ていると、普通なら間違いなく胃液まで吐いて
しまうところだろうが、そのときの俺は完全に社長と同化していた。たまらず、自分の
ムスコをしごいていたのだ。バランスを崩して、クローゼットの中で物音を立てそうに
なる。こんなところで気付かれたらおしまいだ。やむを得ず、元あった状態に戻した。

 そうこうするうちに、社長は完全に元気を取り戻していた。
「奥さん、四つん這いになんなよ」社長に促されて、女房は白い尻を突き出した。
女房はことのほか、バックスタイルが好きだ。上付きとか下付きとか、アソコの構造
で、おんなは体位の好みが別れるらしい。(結局、どっちなんだろう…)

 少しのインターバルで始まった後背位。突かれる度に、ヒーヒーと喘ぐ妻。
小柄な妻のほど良い大きさの乳房に手を伸ばす禿社長。完全に社長の竿が根元まで
ねじり込まれた。あの時の音が今でも耳に残っている。ヌプヌプヌチャヌチャ、、、、

あのとき妻は少なくとも3、4回はイッテしまったと思う。決して禿社長のピストン
運動が長時間だったわけではないのに、1回目よりは2回目、3回目と回を追うごと
にその間隔が短くなったのだ。前述のとおり、後背位によって一番イキやすい角度が
得られるためだと思う。(もちろん、社長の頑張りも功績大なわけだが…)

最後に妻が「ダメ、ダメ、、いっちゃうぅ~」と叫び声を上げたとき、「ああ、ああ
あ、、」と社長まで切羽詰った変な声を出した。
後姿の禿頭がみるみる真っ赤に染まっていき、体中の血液が社長の頭に集中してくる
のがわかる。社長は「ううっ」と言って、突っ伏すように妻の背中にうな垂れかかっ
た。

 そのまま二人は静かになり身動きひとつしない。え?まさか腹上死?俺はマジで
心配になりこれが事件になったらとか、いろんなことを考えていた。

 そんな矢先「いっけねぇ、、」と呻くような声で、頭を掻きながら社長が立ち上が
った。枕もとのティッシュを引っ張り出し、うつむいて自分のを拭いている。『ナニ
が、いっけねぇだYO!しっかりイキやがったくせに!!』と上手い事ツッコむ余裕
もなく、まだうつ伏せの妻の股間に目をやる。随分深く挿入された挙句の放出と見え
て、すぐには確認できない。女房が態勢を変えて起き上がると、堰を切った様に流れ
出た白い物が、、、。
 
 あの後、妻は禿社長に罵声を浴びせるでもなく、むせび泣く風でもなく淡々と自ら
を処置していた。ただ一度、大きく深いため息をついたのが、余計に妻のやるせなさ
を表わしていた。さっきまでの勢いはどこへやら、禿社長は青菜に塩。背中を丸くし
て、申し訳なさそうにしていた。妻は(社長を無視して)髪をアップに束ねると、
浴室の方に向かった。

 シャワーの音を確認して、俺はそっと部屋を出て自宅へと帰った。女房より一足早
く帰宅して、この歪な興奮を鎮めなければならない。ところが、一足どころか翌朝に
なるまで妻は帰って来なかった。計算外れで、興奮は鎮まるどころか噴火寸前だった。

「え?あなた?どぉしたのよ」出張だったはずの俺の帰宅に一瞬たじろいだが、
戸惑いを見透かされまいと、女房め「どぉしたのよ」とおいでなすった。そいつは
俺の台詞だろう…。

妻の朝帰りを問い詰めるなんて愚考を俺はしなかった。というより、もうHモードで
脳内は大入り満員状態だったのだ。逆に「疲れたよな」と優しい言葉をかけてベッド
イン。

 女房の方も俺に対する負い目からか、素直に身を寄せてきた。さっきまで、あの
禿頭が…という生々しいシーンが甦ってくる。すっと、女房の核心の部分に指を伸ば
した。すると、明らかに一晩かけて侵入された余韻が伝わってくる。「すごいな、
もう洪水だよ」ちょいと意地悪を言ってみる。女房は黙って身を起こし、俺のズボン
からお預けをくらいっぱなしのジュニ坊を引っ張り出した。上目づかいが妙にもの
言いたげだ。完全に脱皮したな(って、おれのジュニ坊のことぢゃないからね)とい
う女房の妖艶ぶり。思考回路はお互いに麻痺してしまい、貪り合う交合が続いた。

 禿社長と女房のことは俺にとって願ってもない回春作用があったわけだが、さすが
に普通に出勤して社長と顔を合わせるのは苦痛だった。(現実は釣バカ日誌みたいな
わけにはいかないものなのだ…)なぜだか俺は社長を避けるようになり、社長も気ま
ずそうな日が続いた。

 ほとぼりも冷めぬうち、社長が俺の女房を事務員として雇いたいと言い出した。
そんなに儲かってもいないはずだが、そういえば社長は愛人をリストラ?して少しば
かりの余裕ができたのだと後で気付いた。俺は少しばかり躊躇したが、この話を女房
はどう受けるか試しに聞いてみた。「え?私を?」と驚いて見せたが、内心嬉しそう
な様子。女心は計り知れない。決して恋愛感情などないはずだが、一度肌を合わせた
相手からの誘いだからなのか…。俺の後悔をよそに、話は着々と進んで、、悪夢と
言うか何というか、、制服姿の女房と一緒に出勤するはめになった。社長好みのいか
にも趣味の悪い制服を着て、慣れない事務をする妻。禿社長の視線はやけに怪しい。

俺の目に映る禿社長の姿はどう見ても怪しかった。俺はそれに気付かないふりをして、
社長に「営業に出てきます」と言って席を外す。「ああ。いってらっしゃい。頼むよ」
と俺を送り出した社長。営業に出たことなんかないのに「いってらっしゃい」かよ、
この会社もホントやばいよなぁ…。もちろん、俺の狙いはその後の二人のことだ。
たぶんあの禿オヤジのことだ、わかりやすい行動を起してくれるに違いない。
俺のデスクの下に貼りつけたICレコーダーをONにしてパチンコ屋に直行した。
時間を潰す間もなく、小遣いの半分をスッタ時点で終了。

 一応、電話を入れておくか、、「は、い 住まいの▲▽でっす」そんなに広くも
無い事務所のわりに出るまで、時間が掛かりすぎだ。しかも「慌てて取りましたって
感じ」まる分りのカミカミ応答。わが女房ながら「でっす」は変だゾって思わず、
ツッコンだ。…間違いない…

俺が事務所に戻ると、社長の姿はなかった。「あれ?社長は?」と聞くと、所用で
出かけたと言う。しかし、電話に出たときの妻の慌てようといい、社長の飲み残した
コーヒーカップの様子といい、明かに俺の電話のあとで出かけたに違いなかった。
ICレコーダーへの期待が高まる。 
撮りっぱなしで、長時間の録音ができる優れものだ。おれはカバンを置きながら、
机の下のレコーダーをポケットにしまった。心の中で小躍りしながら、俺はトイレで
さっそく再生してみた。

 「きょーみちゃん(俺の嫁さんはキヨミというのだが、社長はこう呼ぶ)、コーヒ
ー頼むよ」まるでご主人様気取りか?ま、社長なんだから仕方ないけど。『ガタン』
とすごいノイズが入る。
嫁が椅子を立っただけなのに、感度が良すぎるんだ。少し離れた位置でも社長の言葉
は聞き取れた。不明瞭なのはレコーダーのせいではなく、社長のスキッ歯のせいだ。
 「きょーみちゃんも一緒に飲もう。うん、2つ入れて。こっちおいで」社長の
誘い方も余裕がある。なんせ2回も食っちゃってるんだからな。それにしてもデリカ
シーのかけらもないオヤジ

「…いやいや、あっち行こ」(禿社長、ソファに移動しながら指示してる模様)
「どう?旦那とは仲良くやってんの…グワッハハハ」「ぃゃん、ちょとぉ…」
ばか笑いしたついでに、どこかペロンって触ったんだと思う。飲み屋のオネイチャン
とほぼ同じ扱いだ。昼間っから、仕事場で全く不埒な悪行三昧。桃太郎侍なら、一番
最後に叩き斬られるに違いない。嫁さんのリアクションもちょっと不自然ではあるが
、この辺りが二人の馴れ合い加減を微妙に露出している。

「いや、ほんとにやめてっ。そんなこと、いや、、もう」さかんに嫌がってるようにも
聞こえるが、TPOをわきまえてよとたしなめている感が強い。他でならいいのか?大
いに疑問が残るが、そんな妻の言葉なんかまるっきり聞いてる風ではない。二人がもつ
れ合う音が、時折、外の雑音に消されながらも聞こえる。俺はさらに神経を集中して聞
き耳を立てた。

 余りに生々しい録音を聞きながら、女房の社長への態度が確実に軟化していっている
ことを俺は直感していた。真昼間の事務所の中という状況で、相手が誰であれ『私、い
けないことをしてるんだわ』みたいな気持ちが、妻をヒロイックな感情に浸らせている
んだろう。

 一方の禿オヤジは、俺のいない間にHな関係を迫る事にまんまと成功しているわけ
で、端っからココでなんとかしてやろうという焦燥感は感じられない。マムシのような
愛撫で妻は翻弄されいくのがわかる。「ハァハァハァ」と少しかすれ気味の押し殺した
ような妻の喘ぎ声が続いた。

 突然舌で十分堪能してたはずの禿オヤジの声が聞こえる。「ほら、きょーみちゃん、
こんなに固くなってるよ。きょーみちゃんじゃないと、ダメなんだよ…」哀れみを含ん
だ、社長の嘘八百だ。(滋養強壮にはやたらと金かけてるし、アソコだけは三十代前半
だって自慢してる)

でも、そんな嘘でも女房は嬉しかったんだろうなぁ。「まぁ」ってまんざらでもない
艶やかな声で驚いてたし…。この先は、きっとフェラガモちゃ~ん(禿ギャグ語録)
だろうな。

「なぁ、いいだろ。頼むよ」(フェラガモちゃ~ん、とは言わなかった)
「いやよ。誰かが入ってきたら…。主人だって…」
 哀願する禿社長、まるでダダッ子だな。それにしても女房が俺のことを口にした
ときはゾクっとした。二、三回リピートして聞いたくらいだ。
「ほら、きょーみちゃんだって、こんなに…」「いや、、やめてよ、、」

 そんな問答が続いている間に、電話のコール(俺だ!)、6回、7回、…。
 ガシャンと何かにぶつかりながら、女房がようやく受話器を上げる。
「は、い。住まいの▲▽でっす。ああ、あなた…」あの時のやり取りが再現され、
女房が受話器を置くと社長はすかさず俺からだということを確かめた。

「そんじゃ、一足先に帰ってっからサ。あの書類できたら、あんた届けてくれよ」
そう言い残して社長は逃げるように出ていった。
 ふ~ん、なるほど。それで今、女房のやつパソコンに向かってるのか。だけど、
社長の思う様にされるのは本意じゃない。(あくまで俺の趣味なんだから)ちょっと
懲らしめてやろう…。

「どう仕事慣れた?」仕事に慣れる暇も無く、禿社長にセクハラされてるのだから
世話無いわけなんだけど、一応探りを入れてみる。
「ううん、パソコンで打直すだけだと思ってたけど、難しいわ。全然、はかどらな
い……、ねぇねぇ、たとえばこの字なんて読むの?」見ると、あのオッサンのいい加
減な字が踊っていた。ただでさえ汚い字なのに間違ってるし、やれやれだ。

「これね、『意匠』(いしょう)の『匠』(しょう)だよ。近いっていう字書いてる
けどね」「あっ、ほんとだ。変換できた。でも『近』でもないような。変なのぉ」
こんな会話をしているうちに、なんとなく気分が落ち着いた。
「ねぇ、もう少しかかりそうだから、先にどこかで食べて帰ってもいいよ。これ今日
届けなきゃいけないし…」(そんなことしたら、お前が食われちゃうんだってと思い
つつ)「わかった。じゃ、何か買ってくるよ。一緒に食おう」俺は外に出たついでに、
ICレコーダーにメッセージを付け加えた。これを女房と一緒に届ける算段だ。


 コンビニで買った肉まんとピザまんを二人で食べながら、(社長もさぞかし首を長く
して、書類を持ってくる妻を待ってることだろう…)と思った。妻に社長の所在を確認
させ、社長には内緒で俺も同行した。
「俺、代わりに届けるから、ココでまっててくれ」と妻に言うと、俺は社長の部屋に向
かった。インターホン越しに「書類を届けに…」というと、少し落胆した声が応えてド
アが開いた。

 「きょ、、奥さんは?」(きょーみちゃんって言おうとした禿)
<バシッ>俺は平手で禿頭を叩いて、今日の不始末を責めた。「奥さんが、そう言った
のか?!」と社長はそればかりを気にしていた。そういえば、妻は何も俺には言わなか
ったわけだが…。 お仕置きするつもりが痛いとこ突かれたなと正直思った。
…が、しかし、かえってそれが俺にとっては好都合だった。
俺はついに妻をも交えたお仕置きに踏み切った。

 俺は携帯で階下の妻を呼び出した。書類の不備でも指摘されるのかと、妻は社長の顔
を伺うような恰好で部屋に入ってきた。俺と社長は奥のベッドルームでソファに掛けた
まま、妻が中に入ってくるのを待った。「失礼しまぁす」(ここが寝室であることは女
房もわかっているので、さすがに躊躇していた)と言って、ドアが開いた。

 社長は引き攣った笑顔で「やぁ、ま、掛けてよ」と言った。この部屋は女房が禿社長
にやられちゃったところだ。ただ、俺が同席しているという決定的な違いがある。社長
の表情から何かを察したのか、妻は顔をこわばらせた。

 俺は二人に昼間の録音を聞かせてやった。「え、うそ、、」と妻は言葉を詰らせ、耳
を塞いで下を向いた。社長が「もうええやろ、わかった。悪かった」と頭を下げた。女
房にしてみれば俺がどこまで知っているのか分らないわけで、被害者で通そうと思えば
そうできたはずだ。「あなた、ごめんなさい。私、、」泣いていた妻がついに重い口を
開いた。
 予想外にも妻は社長とのことを懺悔しはじめた。俺は怒り狂った夫を演じ、社長に掴
みかかろうとする。それを女房が泣きながら止めた。

「わかった。何でもお前の言う事を聞くから、た、助けてくれ」社長が泣きを入れた。
すかさず俺は「俺の目の前で、あんたがやりたいと思ってたことができるんか」と言っ
た。
 当然、それだけはイヤだと言ったのは女房の方だった。しかし、完全に倒錯した状況
の中では、常識は全く通用しない。

 結局、女房は社長に促されてベッドの上に座り、着ていた上着を脱がされた。白いブ
ラを覆い隠すように妻は細い腕を組んでいる。社長は後ろからその腕を撫でて、スカー
トのホックに手をかけた。女房がそれを拒もうとして腕を下げた瞬間、ブラの肩紐がハ
ラリと外れ乳房が半分こぼれかける。既にブラのホックは外されていたのか。異様な状
況の中で、妻の生温かい吐息が時折、声となり…。俺はゆっくり妻の足元に近づいた。

 俺は社長が外したスカートのホックの下のファスナーを一気に下げた。女房も観念し
たのか心持ち腰を浮かせる。社長に上体を預けるような態勢になった妻。俺はわざと
荒々しく両脚を左右に押し広げた。白いソックスを履いたままの生脚が妙に新鮮な感じだ。

 膝を立てさせてM字に開脚させたのは、もちろん女房のアソコの反応を確かめるため
で、それを知ってか知らずか、「いゃはぁ~~ん」と初めて声に表情を出した。さすが
に俺の目の前では声を押し殺していた妻だったが、俺が参戦したことでタガが外れてし
まったのか。 湿っぽいショーツの中心を中指で線を引く様になぞると、溢れ出てきた
モノがしっかりと染み込み、線状の沁みが出来た。気のせいか、妻のクリトリスが以前
よりも立派になっているようだ。その下のヴァギナがヒクヒクと蠢くと…。

 沁みの出来たショーツの奥がヒクヒクと蠢くので、視線を上げると社長の手がしっか
り女房の胸に伸びていた。外れそうなブラの上から親指と人差し指でこねる様に刺激し
ている。そのリズムに合わせるようにヒクヒクが起きていた。

 目をぎゅっと閉じて、苦しそうに口をあけている妻の顔がさらなる刺激を期待してい
るようだ。俺はショーツをぐいっと引っ張り、ちょうどアソコに布を食い込ませた。そ
の脇から白濁した液がにじみ出ている。

「すんごい、いい、気持ち良いよ~」我を忘れてダイレクトに快感を口にする妻。それ
を聞いて社長はブラをサラリと外してしまった。上向き加減の乳首が完全にエレクトし
ている。社長はそれを思いきりねじりながら引っ張った。
「ああああああ!!」女房は乱暴にされることをむしろ喜んでいるような声を上げた。
俺がたまらず女房のショーツを脱がすと「なぁ」と社長が媚びるような声で話しかけ
た。

元上司と

私の会社で課長だったKさんは、去年引き抜かれて取引先の会社へ転職しました。
入社してからいろいろ面倒をみてくれてたので、やはり寂しかったんですが、
退社記念飲み会では「スパイになってやるよ!」と冗談をいってました。
ちなみに私もKさんも既婚です。

私の旦那も同じ会社(別の部署)で、Kさんとは草野球仲間でした。
転職先にはチームがないので、Kさんは残念がってましたが・・・

転職したKさんは、営業担当としていろんなところを回っていました。
その会社にとって大手~中堅のへんを担当していたようです。

当時(今も)私の会社は中堅くらいのポジションでしたが、
転職してから3、4ヶ月くらいして、Kさんが正式な担当になったということで、
あいさつに来ました。

ただ、Kさんの会社としても、元いた会社の担当をさせるのは微妙な感じらしく、
正式といってもあくまでつなぎ、みたいな感じでした。

その日、部署のみんなで、久しぶりということでKさんと飲みに行きました。
全員で6人です。昔話とか、Kさんの会社からみた業界の話とか、もともと話がうまい
人でしたが、やっぱり別の角度からみた話なので、みんなすごく盛り上がりました。

1次会、2次会が終わったあとで解散したんですが、家の方向が同じだったKさんと私は
途中まで一緒に帰ることにしました。
ほんとはもう一人同じ方向の人がいたんですが、1次会で別の飲み会に行ってしまったんです。
もしこの人がいれば、その後の展開も違ってたかもしれません。

Kさんは「もう一軒行かない?」といってきました(この時10時半くらい)。
私の家はそこから40分くらいです。「遅くなるってメールしときなよ」という
通りに旦那にメールをうって、Kさんと一緒にタクシーに乗りました。

着いたのはバーでした。入り口の2、3段の階段と、天井と壁に少し、
あとはカウンターの中にぼんやりとした照明があるだけの、雰囲気のいいところです。
カウンターは空いてましたが、Kさんは奥の方のソファ席に私を連れて行きました。

どうやらこの店にはよく来るようで、バーテンダーさんとも知り合いみたいでした。
私とKさんは話の続きをしました。向こうの会社の雰囲気とか、ぶっちゃけ給料とか、
転職してよかった?とか、そんな話です。

Kさんはいろいろと、時々冗談を入れて私を笑わせながら質問に答えてくれました。
お互い2杯ずつ飲んで、3杯目をオーダーしたあとで、Kさんは私に、
「S(私)は俺が辞めてさびしくなかった?」と聞いてきました。

私が「そりゃーさびしかったですよー」と棒読みで返すと、
「冷たいヤツだなー」と笑いながら、「どのくらい?」と聞いてきました。
どうやって返そうかな・・・と考えてると、「俺は結構寂しかったんだけどな」と
言いながら、私の左手の指先を触ってきました。

私は「またまたー、おたわむれを」と言いながら、ゆっくりその手を払いました。
まあこの程度ならよくあることなので・・・
でも、Kさんは違いました。自分の右腕を私の腰にまわして、そのまま右の胸を
軽く撫で上げるようにしながら、私の頭を大きな手で優しくつかんで、自分の方に
振り向かせるようにすると、唇を重ねてきました。

最初は軽く、でも唇を確認するようにずらしながら、奥まで舌を一気に入れて、
抜いてからもう一度・・・
同時に左手では、私の太ももを外側、内側となでつづけています。
私はパニクりながらも、どっちをやめさせるべきなのか考えていました。どっちもなんですけど。

ソファのある場所はカウンターからは少し見える程度のやや死角です。
さっきオーダーしたものはまだ来ません。
なるほど、店の人が気をきかせてるんだな・・・と思いましたが、いやいや冷静になってる
場合じゃないと自分に突っ込みながら、でもキスはやめられませんでした。

Kさんの左手はエスカレートしてきました。
スカートの中で、太ももの両方の内側を爪や指先でなぞるようにしながら、少しずつ
奥に手を入れてきます。
キスをしながら、小さな声で「制服のスカートの短さは変わってないね」と言ってきました。
そんなに短くしてないです、の、そんなにみ、のところでまた唇を塞がれて、指が前進してきました。

左手の指が、ついに奥まで来ました。
爪の先で、「ここが奥かな?」と確認するみたいにあたりをなぞりながら、その半径を
少しずつ小さくしていって、指をショーツの上からゆっくり押し込みながら、上下に
動かしてきました。

他のお客さんが気になってしょうがなかったんですが、
ソファのブースの出口には一応目隠しがあって、見ようと思えば見れますが、
照明がくらいこともあって覗き込まないと中の詳しい様子まではわからないようでした。

と思ったとたん、私の下の方が反応してきました。

元上司、取引先、仕事、雰囲気、テクニック、不安、期待、旦那・・・
いろんなことがいっぺんに頭をぐるぐるしました。
でも、(だから?)反応したのかもしれません。
ショーツの上からなのに、「んちゅっ」という音が聞こえ(たような気がし)ました。

「ダメだなあ、ここはそういうお店じゃないよ?」とKさんは小声でいいました。
私はそれに突っ込みたい気持ちでいっぱいでしたが、声にならずに、Kさんの口の中で
小さいあえぎをあげるだけでした。
上からなおいじりながら、Kさんは「ここではここまでにしとこうか?」と聞いてきました。
私がうんうんうんとうなずくと、Kさんはそっと指を離しました。

ように見せかけて、Kさんはショーツの脇から一気に指を入れてきました。
んー!んんー!とパタパタKさんを叩きましたが、2本・・・入れられて、同時に
親指の付け根でクリの方も刺激されているようです。

Kさんは中を堪能するように、指をゆっくりと曲げたり伸ばしたりしながら回し始めました。
回すときに、一定の場所でクリにもあたるので、そのたびに声を出してしまいます。

「やめてほしい?」とKさんは聞いてきました。
うなずくと、今度は「やめてほしい?」「やめてほしい?」「ほしい?」と繰り返して
聞いてきました。私がうんうんうんとうなずいたので、最後の「ほしい?」のところでも
うんといってしまいました。
Kさんはそれを聞いて、そっかほしいんだ、じゃあ移動しようか?と聞いてきましたが、
私がなにも答えずにいると、また指を動かしながら、「ほしいでしょ?」と聞いてきました。
私はうなずくしかありませんでした。

店員さんが「お待たせしました」とわざとらしく持ってきた3杯目を飲んで、店を出ました。
Kさんは普段通りでしたが、私はドキドキしていました。
やはり真っ先に考えたのは旦那のことです。別に中が悪いわけでもないので、余計に
後ろめたさがありました。
少し暗い顔をしてたんでしょうか、Kさんが「Sは見ない間にすっかり大人の女になったな」と
いってきました。
「そんなことないですよ」というと、「でも、あそこであんなことをされても
平気で濡らすじゃない?」というので、「平気じゃないです・・・」といおうとすると、
「まあこれから旦那の知り合いにいろんな方法で抱かれるんだけどね、旦那に内緒で」と
いわれました。
黙って歩きながら、濡れてくるのがわかりました。

ホテルに着いたのは1時頃でした。
普段旦那は先に寝ているのですが、一応メールをうっておきました。
Kさんがシャワーを浴び始めると、私はテレビをつけて、ふとショーツを見てみました。
想像以上にしみていました。考えがまとまらないまま、ベットに仰向けになると、
「バスタオル持ってきて」とKさんに呼ばれました。

バスタオルを持っていくと、Kさんは後ろを向いて、「拭いて」といいました。
首筋、背中、腰、足と下まで拭くと、今度は前を向いて、また拭くようにいいました。
胸、お腹、足・・・と拭いて、残ったところは、口で拭くようにいいました。

目の前には血管の浮き出た、太さ、長さともに十分なものがありました。

書き忘れましたが、さすがに私も相当酔ってました。
でもやっぱり・・・興奮してたかもしれません。
Kさんのを、唇でつつみこむように、先の方から奥までくわえました。
Kさんから息がもれるのがきこえました。口の中で舌をあれにからめて、
吸い取りながら上下に動かしました。同時に指でさおの付け根の方を刺激しながら、
口の届かない根元の方を唾液をつけた指でさすりあげました。

Kさんに、Sのも見せてほしいな、といわれたので、くわえながらショーツを脱いで、
しゃがんだ格好でスカートの中をKさんに見せるようにしました。
制服の中はそうなってるんだね、こんどその格好で打ち合わせしよっか?といわれると、
さわられてないのに体は反応してきました。

いっておくと、私は他の人とこういうことをしたことはありません。
なのにKさんには何かいわれるだけで・・・反応してしまいます。
「たまには旦那以外のもいいよね?」「Sは体が小さいから、さっきみたいに
いっぱい濡らさないと入らないよ?」「こっちの会社にレンタルされておいでよ」
「Sは舌もちっちゃいねえ」「でも胸は結構あるよね、出して」

私が胸を出すと、Kさんは自分のをはさむようにいいました。

いっぱい濡れているあれを胸ではさみながら、先を舌で刺激します。
元上司、現取引先、しかも旦那の知り合いの前で、下半身をむき出しにしながら
大きなものを胸ではさんで舐めてる・・・
いろんな意味でダメって思いながら、でも・・・って思ってると、Kさんが
「最初のを口に出すよ」といって、胸から外してそのまま私の口にねじ込んできました。
Kさんはゆっくり腰を前後に動かしながら、私がえずく寸前までで止めて抜き、また奥まで・・・
それを繰り返しながら、胸の方がいい?と聞いてきました。
私が首を振ると、口がいいんだね、やっぱりやらしい子だ、といいながらだんだんスピードを
あげて、両手で私の頭を押さえながら、あれを音を立てながら出し入れしてきました。
だんだん音が早くなります。ぐちょ、ぺちゃ、くちゅ、という音がちょ、ちゅ、ちょに
なったと思ったら、Kさんは頭を押さえたまま、腰を私の口に密着させながら、
中に精液をいっぱい出しました。すごい量でした。

「飲んで」といわれて、一生懸命飲みましたが、私も経験したことないくらいの量で、
口から抜く時に糸を引いたまま、一部が胸の上に垂れてくるくらいでした。
全部飲んだ後で、Kさんにまた突っ込まれて、掃除するようにいわれました。
いわれるままに裏のほうまできれいにしていると、メールが来ました。旦那からでした。
Kさんに、くわえたまま読むようにいわれて、内容を見ると、「久しぶりだから
いっぱい楽しんでおいで」って書いてあって、さすがに罪悪感がわいてきました。
でもKさんは、私の携帯を取り上げると、上から、横からカメラで撮ってそれを保存しました。
「帰ってから旦那に、楽しんできたよ、って見せればいいよねえ」っていいながら・・・

Kさんは私の口の中で自分のものを動かしながらきれいにさせ、
十分に楽しんでから抜きました。
「すごい格好だね・・・会社じゃ考えられないね」というので、
うちの会社にいたときに、そんな目で見てたんですか?と聞くと、Sはみんなに
そう見られてるよ、といわれました。

シャワーを浴びてくるようにいわれて、服を脱いでからお風呂に行きました。
数時間前からの急展開に、頭がぼーっとしながら、少し熱めのお湯を浴びていると、
Kさんが入ってきました。

え・・・?と思う間もなく、立ったまま壁に手をつけさせられて、お尻(というか太もも)を
ぐいっと後ろに引かれて、突き出すような格好にさせられました。
Kさんはしゃがんで私の足の間に入り、シャワーをあそこに浴びせました。

Kさんは、ちゃんときれいにしないとね?といいながら、手に石けんをつけて、
私のあそこを洗い始めました。お尻、前の方、太ももの付け根を洗い終わると、
「さっきの続きだよ」といいながら、後ろから舌で舐めてきました。

時々太ももにキスしながら、Kさんの舌があそこを下から上に舐め上げます。
まだ表面を舐められているだけなのに、私は息が乱れて、あそこはすごく反応してきました。
ほんとは自分で広げたい衝動にかられましたが、さすがに自制しました。
でも、少しだけ、気付かれない程度に足を広げました。

Kさんはだんだん舌を入れる深さを深くしてきます。
左手でクリを軽くいじりながら、ぴちゅぴちゅといういやらしい音をたてながら、
あそこを舐め続けるので、私は腰ががくがくしてきました。

「自分で腰動かしてるの?やらしいね」といいながら、Kさんは舐めるのをやめて
指を2本、後ろから侵入させてきました。
瞬間、私は「あああーーっ!ううっ」という高い声を出してしまいました。
(今でもはっきり覚えています。すごく恥ずかしかったので・・・)

Kさんは指の先から根元まで、ゆっくり一気に入れると、中を指で撫でながら、
指の根元からぐるぐる回すようにして楽しみ始めました。
同時に空いてる方の手の指でクリをはさんで、こするようにしながら、
中でずぶ、ずぶと音がするように出し入れを始めました。

「気持ちいい?」ときかれたので、うなずくと、出し入れのスピードを上げてきました。
ずぶっ、ずぶっ、だったのが、ずぶずぶずぶという感じになって、私は自分で腰を
指が出し入れしやすい角度に合わせて、自分でも動かしました。

もう自分でもなにをやってるのか分からなくなってきました。
Kさんは見透かしたように、「旦那に悪いと思ってるんでしょ?」といってきます。
黙って、でも腰を動かしたままで小さくあえいでいると、Kさんは
「仕事だと思えばいいんじゃない?」といってきました。

「取引先との仕事の一環だよ、ねえ?」といいながら、Kさんはクリをいじる
スピードも早めてきます。そんなの嫌・・・といおうとすると、
「まあでもそれでこんなになってるわけだし、もういいわけできないね」と
いいながら、また「きもちいい?」と聞いてきました。
私はうなずくのが精一杯でした。

すると、Kさんは指を抜いて、代わりに自分のものを後ろから一気に入れてきました。
えっ、と思いましたが、我に返って「だめ、付けて」といいましたが、Kさんは黙って
腰を動かし始めました。
お風呂に入る前に見たあの大きさと形を思い出しました。やっぱり・・・いいんです。
でも私は手を後ろに出して、Kさんの手とかお腹を払おうとしましたが、Kさんは
私の両手をまとめて、私の頭の上で自分の右手だけで押さえ付けて、左手では後ろから
左の胸を揉みながら、腰を動かし続けました。

「たまには旦那以外ともしないと、きれいになれないよ?」とさっきと同じことを
いいながら、Kさんは腰をぐりぐり回転させてきます。
「飲み会のときなんか、みんなSのこといってたよ。胸とか、ちっちゃいこととか。
冗談みたいにいってるけど、半分マジだね、ありゃ」
「旦那は今頃熟睡してるよ。奥さんが他人の、しかも知り合いの○○○を喜んで
くわえこんでるなんて知らずにね。上でも、下でも」
「おいおい、中から溢れてるんじゃないの?すごいことになってるよ」
そういわれるたびに、体は反応して、声が大きくなってしまいます。

生理はいつ?と聞かれたので、終わったばっかりです、と答えると、
もう上司じゃないんだし、です、なんて敬語使わなくていいんだよ、といわれて、
でもすぐ後で、あ、やっぱり取引先なんだから敬語か、じゃあ奉仕もしなくちゃね、と
にやっと笑いました(見えなかったけど、そう感じました)。

Kさんは私の両手を押さえていた手を放し、両手で私の腰をつかむと、一気に
突いてきました。ぱん、ぱん、ぱん、という音と私のああ、はあっ、ああっという声が
シンクロします。
中に出されてもいいかも、というか、中に出してほしい、と思いました。
普段旦那にも許さないのに、この時はそう思ったんです。さっき口の中に出された味とか、
量を思い出して、奥まで注いでほしい、って思いました。
これはもちろん仕事じゃなくって、ただ遊ばれてるだけ、そう頭では分かってても、
体ではKさんのを求めていました。

Kさんは「旦那に悪いなー」といいながら、でも腰の動きを加速させます。
「取引先だからねー、いうこと聞くしかないよねー」ぱんっ、ぱんっ・・・
「どっちかというとSの方がやらしいよね、ほらこの音」ぱんっ、ぱんっ・・・
そして、「旦那には悪いけど、でもSの中に出すよ、いい?」ぱんぱん・・・
私はダメ、と小さな声でいいました。でもさっき書いたように、ほんとは
Kさんのを待っていました。
Kさんはいったん出し入れの幅を大きくして、感触を確かめながら、
だんだん中でだけでピストンを繰り返して、私が大声であえぐのを「やらしいねえ」と
いいながら、中にいっぱい出しました。

私は、目の前のタオルかけをぎゅっとつかんで、Kさんの精液の熱さを味わっていました。

Kさんはそのままで、背中とか首筋にキスをしながら、乳首を指でいじったりしていました。
「Sのって、すごくいいね。思ってた以上だな」といいながら、抜かずにそのままゆっくり
またピストンをしました。
いかされたばかりなのに、あえいでしまった私に、Kさんは「今度旦那に会った時に、
Sの○○○○はすごくいいね、いっぱいザーメン出しちゃったよ、っていってもいい?」と
意地悪なことをいいます。私はだめ、です・・・という気力もなくて、あそこにたっぷり
入ってる感じのする感覚を感じていました

ダメな恋でも

小さい頃からずっと大好きなお兄ちゃん。私の家は裕福でお兄ちゃんはお父さんの跡継ぎなのに、お兄ちゃんは「大学卒業してからでいいでしょ?」と言い今は上京しています。妹が大泣きしていました。
それから3年少したってお兄ちゃんは4大?らしいのですがもう授業出なくていいらしく地元に戻ってきてもらいました。

妹はすごく喜んでました。
私と妹は恥ずかしながらわがままに可愛く育てられ箱入り娘?らしく、私は今は中2になりましたが常識外れと言われます。

私「みゆ!どうしたの?」
み「お兄ちゃんが今週に帰ってくるんだよ♪」
私「なんでそんなのしってるの?」
み「お父さんから電話があったから」
私「いつ?」
み「2日前?くらい?」
私「・・・」

私の家はお父さんは忙しいしお母さんもファッション関係の人で飛び回っている人なのであまりあえません。だから少し寂しいです。
だから私たちが小さいときはお兄ちゃんにずっと遊んでもらってました。お兄ちゃんはどんなときも優しくて、カッコイくて自分のことを後にしてまで私たちの面倒をみてくれて。大好きな人です。

兄「ただいまー」
じ「おかえりなさいませ」
兄「面倒お掛けしてすみません」
じ「いえ、そんなことありませんよ」
私「おかえりなさい」
兄「ただいま!2人ともおおきくなったなー♪」
私 「お兄ちゃんが帰ってきてくれないから・・・」
兄「遠いから帰るのも大変やったんや。淋しかった?」
私・み「淋しくなかったもん!」ハモりました。
兄「俺は淋しかったけどなー。」
私「・・お」
み「じゃあ今日からずっと一緒に寝よー♪」
兄「ん?いいよ。てかさみゆって今何年やっけ?(笑)」
み「ムー!中1」
兄「可愛くなったと思ったらもう中学生やったんか♪ゴメンゴメン」
み「もう!お世辞ばっかり言ってもダメだよ」
兄「ほんと可愛くなったよ♪ねぇ○○さん」
じ「はい、お嬢さまはおきれいに・・」
兄「みゆ?顔赤いよ(笑)」
み「うー~。」
兄「よしよし。」
私「お兄ちゃん?いつまでこっちにいてくれるの?」
兄「あゆはいつまでいて欲しい?」
私「・・ずっと」
兄「まぁ半年はこっちにおってもいいかなって思ってる。あとのことはもう少ししてからな」
か「お食事のご用意ができました。」

食後

兄「風呂いったし俺は寝るわ」
み「御風呂入ったらお兄ちゃんお部屋いくね?」
兄「わかった。じゃあ寝んと待っとくな」
私「私も寝たいもん!」
兄「2人も寝れんからどっちかな」
み「私が先に言ったから私」
私「うっ!でも・・」
み「正論でしょ?」
私「(言い返せない)」
み「じゃあ私御風呂行ってく♪」
兄「はいはい!あゆは何泣きそうな・・泣いてる?」
私「私も寝たい」
兄「まぁ、くっついたら寝れるかな。」
私「うん。」
兄「じゃあ3人で寝よっか」
「おいで」
私「?」
兄「みゆのことみててくれてありがとうな。俺がわがまま言って2人だけにしてしまってゴメン」
私「うん!でもじぃとかいてくれたから。」
兄「ありがとう♪」ぎゅ!
み「なんで?私もしてよ!」
兄「こらこら髪の毛乾かしなさい。あゆも早く風呂いき。」
私「うん♪」

兄「寝よっか。・・・」
み「どうしたの?」
兄「なんでもないよ」
私「おやすみなさーい」
兄「おやすみ」
み「お兄ちゃん?抱いて?」
私「・・」
兄「こうか?」
み「うん♪おやすみー」
兄「おやすみ」
私「・・・」

15分後

兄「ふぅー。おっこいせ」
私「お兄ちゃん?」
兄「まだ起きてたんか?」
私「うん。」
兄「もっとこっちに来な」
私「んんっ」
兄「朝起きるのはやいやろ?起きたらみゆ向けにしてくれん?」
私「うん。」

朝起きるお兄ちゃんの顔が目の前にありました。お兄ちゃん匂いとずっと抱いていてくれたんだと胸がグッとなりました。いつもより安心感があって落ち着いて寝れました。
起きようとするとお兄ちゃんも起きて

兄「おはよう。学校か?いってらっしゃい。」
私「うん。いってきます♪」

朝しゃべる人がいると言うことが嬉しいです。

兄「みゆ?も起きろよ!」
み「お兄ちゃん・・大好き」
私「・・!」
兄「なでなで」
み「?おはよう。わたしなんか叫んだ?」
兄「いや」
み「用意しなきゃ」
兄「あゆおいで?」
私「?」
兄「制服姿見たかったからさ!可愛いな!ぎゅ」
私「ん」
兄「あーいい匂いやな」
私「恥ずかしいよー」
兄「いってらっしゃい!」

お兄ちゃんはシスコンだと思います。わたしも人のこと言えませんが。でもお兄ちゃんは彼女もいるし、私はお兄ちゃんが好きだから作る気は今はないです。

数日が過ぎました。お兄ちゃんが帰ってきてからオナニをやってませんでした。ついまがさしてしまって、お兄ちゃんがその日来ていた服を拝借してしてしまいました。

部活で急がしいのもあってお兄ちゃんとはあまり寝ずに数週間が経ちました。

私「今日お兄ちゃんと寝ていい?」
兄「いいよ」
み「今日はいいよ」

お兄ちゃんと2人で寝ることにしました。

お兄ちゃんが寝たと思ったので私はお兄ちゃんにくっついて声を押さえながらしてしまいました。4日ほどばれることはありませんでした。
その日もお兄ちゃんにくっついて声を押さえながらしていました。その日は少し深くしてしまって「ふん」と声が出てしまいました。少し位大丈夫かなと思っていました。

兄「あゆ?」
私「!!」
兄「そんなに俺で抜いて気持ちいいか?」
私「お兄ちゃん?いつから」
兄「最初」
私「お兄ちゃんダメ」
兄「声押さえてるつもりやと思うけど息づかいとか下の音がな」
「下濡れ濡れやな♪もっと気持ちよくしてあげる」
「首筋いい匂いがするな。髪の匂いも胸はc位あるやろ」
私「やっ」
兄「嫌か?エッチな顔して」
私「・・」
兄「下からエッチな音が聞こえるよ」
私「やめてイク・・」
兄「じゃあおやすみ」
私「えっ?」
兄「どうしたん?」
私「やーや。」
兄「物欲しそうな顔して可愛いなぁ」
私「・・・」
兄「声だしていいよ。(クチュクチューーー・・)」
私「・・ん・・んああああ。もうダメ。」
兄「気持ちいいか?」
私「・・気持ちかった」

お兄ちゃんの欲しい?

だーめ。気がくるってしんでしまうぞ。

お兄ちゃんの最高は20あるそうでそんなの入れられたらどうなるんでしょうか?

12才のモデル体験

卒業したら内緒でモデルのバイトしない?
同じ団地に住んでるNとうい30代くらいの人から誘いを受けていた。
中学入学前だから正確には小6の春休みかな。早生まれだったんで、12才に
なったばかりだった。
平日の昼間、Nさんの車に乗って山の中にあるコテージに向かった。
まだシーズン前の寒い時期で、何件か並んでいるコテージは無人で、人気もない場所だった。
でも少しわくわくしていた。バイト料が1万円という子供には大金だったし、秘密とういのも大人に
なった気分だった。
部屋に入る薪ストーブが置いてあり、すぐに火を入れた。薪ストーブを見るのは初めてだった。
すぐに温かくなった。Nさんと雑談したあと、シャワーを浴びるように言われた。
シャワー室も初めて見たし、使うのも初めてだった。シャワーを浴びて出ると、脱いだ下着と服がなくなっていた。
Nさんに服がないよーと言うと、新しいパンツ体操着を持ってて、「これを着て部屋に来て」と言われた。
よく分からなかったけど、仕方なく体操着で部屋に戻った。

部屋には三脚にビデオカメラがセットしてあった。Nさんは僕にカメラの前に立つように言った。
カメラの前に立つとNさんの質問に答えた。
名前や年齢、好きな食べ物・・・初恋の質問には恥ずかしかった。そしていろんなポーズをするように
言われ従った。

次は中学の制服だった。用意された制服に着替えるように言われた。「ビデオの前で着替えて」、と
言われ恥ずかしく、後ろを向いて着替えた。
着替えると、さっきと同じ質問をされ答えた。質問が終わると、今度は制服を脱いで言われた。
すこし迷ったけど何度もきつく言われ、仕方なく下着姿になった。
Nさんは僕の下着姿をビデオとカメラで撮影したあと、「じゃ今度はパンツ脱いで」と言った。

さすがに恥ずかしくて、いやだと断ったら僕に近づいてきて、ほっぺたを摘まれた。いままで
優しかったNさんは急に怖い声で、「いうこと聞かないと帰れないぞ」と言った。
ビデオの前でパンツを下ろすとチンコを手で隠した。
また僕に近寄ってきて、無理やり手をどかせ、気を付けの姿勢を命じられた。
カメラで僕のチンコを撮っていた。後ろ向きにされお尻も撮っていた。
撮り終るとNさんにシャツを脱がされ全裸にされ、また写真を撮られた。

撮り終ると、「疲れた?」と聞かれ頷くと、もうちょっとだからね、と優しい声で言った。
Nさんは僕を全裸のまま抱きかかえ、別の部屋に連れて行った。
薄暗い寒い部屋で、大きなベッドが置いてあった。
僕をベッドに寝かせ、毛布と布団をかけると、少しこのままで待ってといった。
「絶対に布団から出てはいけないよ」と念を押され、ドアを閉め出て行った。
10分くらいしてドアが開くとパンツ1枚のNさんが入ってきてびっくりした。
Nさんはスグに布団に入ってきて、僕に添い寝するように腕枕をした。
Nさんは「怖がらなくていいから」と言い、僕の頭を撫でながらキスをしてきた。

僕が嫌がるようにすると、強引にディープキスしながら、左手を僕のお腹を撫でながら
股間へと移動した。縮こまったチョコを軽く握りながら、顔を舐めはじめた。
僕はどうすることもできずにいた。顔を舐めたあと布団に顔を潜らせて
乳首、おへそへと舌を這わせた。そしてとうとうチンコを舐め始めた。
生温かい口の中で、僕のチンコを舌で弄んでいた。金玉も舐めていた。
けっこう長い時間だった気がする。精通前で射精しなかったけど、
快感に似たすぐったさを感じ始め、少し固くなった気がする。さんざん舐めたあと
濡れたチンコを指で弄びながら僕を抱きしめた。いつの間にかNさんの胸で
寝てしまっていた。
Nさんに起こされ目が覚めると、ビデオを撮った部屋のソファーに全裸のまま寝かされていた。
チンコはまだ濡れており、寝ている間も舐めていたと思う。ビデオや写真も撮られたと思う。
服を着てコテージを出ると真っ暗だった。
帰りの車の中で、きつく口止めされ1万円を渡された。

 俺が中3の頃、実家を建て替えるとかで狭いアパートに仮住まいしたときがありました。
 そのアパートは親子4人で住むには狭すぎるので、2部屋借りていました。
 部屋の間取りはいわゆるワンルームマンションで1~2ヶ月の辛抱だからと父母・姉俺で1部屋ずつあてがわれていました。

 食事は父母の部屋でしていました。俺たちの部屋には最低限の荷物しか持ち込んでいない
つもりだったのですが、有効スペースは3畳程度、布団が2組ギリギリ敷ける程度でした。

姉は高2、俺の中では異性の対象。そんな姉が隣で寝てるとなると
こちらはぐっすり眠れません。数日は我慢したのですが、とうとう我慢できず
姉に抱きついておっぱいをもみました。最初はすごく抵抗されましたがすぐになされるがままとなり
『今日だけだからね・・』とGOサイン。 姉は体験済みだったらしく、ディープキスして、そのあとお互いにスッポンポンになり、姉の持っていたゴムをはめ、やっちゃいました。その日だけで半ダースのゴムつかっちゃいました。

しかしながら1日だけではもちろん収まらず、毎日姉と裸になってやってました。普段の生活はごく当たり前の生活で、普通の姉弟としてテレビを見たり チャンネルを争ったり、勉強したりで・・夜、電気を消すと合図のようにすっ裸になり、カラダを重ねあう姉弟以上になっていました

その後、新築になっても夜になると姉の部屋に通うようになってました。
姉との関係は10年ぐらい続いたと思います。

その当時の話は今は、いや今までも1度もしたことはありません。
夢でも見ていたような感覚です

当時の記憶をたどり、おもむろに書いてみます

アパート生活が始まった当初は狭い空間に姉と二人で居ますと、なんというか・・・

思春期の女子が醸す独特の匂いとシャンプーの香りが混ざり
少し色気づいた女子が放つ雰囲気

全く落ち着けませんでした。 夜となり電気が消えるとますます落ち着けなくなりました

薄暗い中で姉の匂いと寝息の音、暗闇に目が慣れてきて
布団がはだけ時折見えるノーブラの胸の膨らみ、パンティも見えそうな無防備な体勢

姉をやるまでの数日間は頼りない視力でパンティ越しに見えるヘアとあそこ、うっとりする匂いと寝息の音で 何度もオナニーしました。

本当に手の届くところにオナネタが横たわっている状況では 何度オナニーしても満たされることはありませんでした。

最初はおっぱいを触ったり、チクビに吸い付いたりしたいと思いましたが、ついに自分勝手に自分自身を満たす行動ととる事に決めました。 考えた結果というより、衝動的だったと思います。

その日の夜は電気が消えてもなかなか姉の寝息が聞こえてきませんでした。

「スゥー・・スゥー・・」と寝息が聞こえてこないと
さすがにオナニーできません。その日は姉も寝付けなかったのか
何度も寝返りをうっていたように思えます。

そのうち、いつもオナる時の妄想とは違う妄想をするようになっていました
手を伸ばせば届くその胸を触りたい、揉みたい、乳首を舐めたい、吸いたい
そして姉を抱きたい・・。妄想は性的衝動に変わってました。 実際、姉の胸に手を伸ばすまでは、ものすごい葛藤がありました・・
が、手が姉の布団に入るころには、どうにでもなれという気持ちになり
手が姉の胸を捉えた瞬間には今までに感じたことのない恍惚感と動悸・・

そして手に伝わるシャツともろの胸の柔らかさ・・・DかEカップはありそうなおっぱい、はじめての感覚
しかしいつまでも恍惚感に浸る間もなく「えッ! 何?! ナニ? チョット!!!」
姉の猛烈な抵抗が始まりました。 その後は無我夢中というか衝動にまかせ強く抱きしめてみたり
胸を揉み、キスを迫ったり服を脱がそうとしたり
もぅムチャクチャでした・・姉もかなり暴れたと思います

姉がどのくらい抵抗したかはわかりませんが
長かったのか短かったのか・・俺の動物的本能の欲求が怖くなったのか
そのうち抵抗が収まりました

『今日だけだからね・・』と 少し落ち着きを取り戻したものの、極度の興奮状態に変わりはなく
定まらない手つきでシャツを中途半端にシャツを捲くり 乳首を舐めはじめました。

初めての乳首に異常な興奮状態でした。夢中で舐めました。乳首を舐め、「おっぱい」を堪能しました。

意外にも豊満な乳房としっかりとした乳首に姉を一人の女として認識したように思えます 。おっぱいを堪能しながら、小さいけれど「んッ・・」とか喘ぐ姉の声や
乳首がコリコリに勃起するなど新しい発見に色々な方向で興奮しました。

キスしながら乳首舐めながら手マンのモノマネもしました。
そして俺は全裸になり姉の短パンとパンツを脱がし手マンの続きをすこしして
姉を全っ裸にし足を大きく開脚させ正常位の体勢をとりました。

入れる場所はだいたい分かるがなかなか入りません。
姉が処女でないことはなんとなくわかっていました。
しかし入りません・・。とうとう姉が自ら手で大陰唇を開き
エスコートしてくれました・・お恥ずかしい限りです 。初めて入れた感覚はなんか窮屈な感じで風船に押し当てているような感覚でした

いま思えば濡れ方が足りていなかったようです。
しかし、しばらく腰を動かすと膣内が愛液で溢れ始め楽園と化しました。

温かい膣の感触と愛液のヌメリ・・触れ合うきめ細かい姉の肌・・体温
ものの数分で絶頂を迎えてしまい、寸前に姉の「ゴムつけてね・・」
の言葉に我に返りほんと寸前にゴムをつけて大量に射精・・

初めての夜は気持ち良さと興奮でそのまま何度も姉のカラダを求め、6回射精したあと、寝落ち・・

こんな感じの初夜でした。 朝、目覚ましで目を覚ますと、俺は全っ裸のままでした。

少し離れた所で鳴っている目覚まし時計を止めるため
布団を抜け出した姉も全っ裸のまま・・昨夜のことは夢ではなかったということ。

まどろんでいる俺を2~3度叩いて揺すり「起きろぉ~」
姉が全っ裸である以外は前日までと同じ朝・・・
俺が起きると姉はおもむろに脱ぎ散らかされた下着を探し身に着けはじめました。

姉が下着を身に着ける姿を見るのは初めてだったので俺の目には新鮮でした 。興奮しましたが、朝からもう一発やるわけにはいかず、悶々として学校に行きました。

その後は制服に着替え、身支度を整え父母の部屋で朝食を食べ学校へ・・
ここまでも前日までと全く同じ、方向が同じなので途中まで一緒に行くのですが
見た目は同じようでもなんかぎこちない感じで口数も少なめだったような気がします。 学校が終わり先に帰り着いたのは俺でした。

しばらくして姉も帰ってきました。昨夜のことで何か言われるかと思いましたが
特に何も言わず、変わった様子もなくいつも通り・・

そして制服から部屋着へ着替えはじめましたこれも前日までと同じ

目の前で姉が着替えてもそれほど性的興奮はみられませんでした。
着替えは何度か目撃しているので慣れていたのかもしれません

食事時にチクられないかと少し心配しましたが、もしバレたとしても
ある程度覚悟は決めていたのでそれほど気にはならずいつも通りに過ごせたと思います

それからも電気を消すまでは全く前日と同じでした。そして就寝となり「おやすみぃ」と姉が電気を消すと、俺は全裸になり、姉の布団へ侵入しました。

さすがに今夜もだとは姉も思っていなかったようで、少々驚いた様子で
「昨日の1ッ回だけっていったじゃない!!」と抵抗しましたがそれほど強くなく
わりとあっさり観念してくれました。そのあと、ディープキスをしてから、姉も全裸にしました。

次の日は「もぉぉ・・ゃぁぁん・・」と少し抵抗 、でも、舌を絡ませたディープキスを姉からしてきました。

4~5日目には無言・無抵抗となりました。 とうとう姉もあきらめ、寝るときは全裸にしました。・・・・

しかし他、私生活はいつもと全く同じだったのでそのギャップが不思議な感じでした
それからは毎日毎晩、姉とやりました。 気がつくと、いつも寝る前に1発やってました。

そのうち姉のクリを発見、姉を感じさせるのに没頭しました

姉を逝かせるまでは少々時間がかかりましたが、姉は逝きますと
クリが一瞬ですがプクッと小指の先ほどの大きさに膨らみ、その後
数秒間グネグネと体をよじらせ悶えます・・

その姿が俺の目にはとても妖艶に映り完全に姉を一人の大人の女と捉えるようになりました
アパートにいた期間は姉の生理中でもヤッてました・・。

いつものように消灯後、姉の布団に侵入し事に及ぼうとすると
「今日から生理・・血がつくかも・・バスタオル持ってきて・・乾いたやつ」と

俺が乾いたバスタオルを持ってくると姉は腰の下に敷きシーツに付かないように配慮
バスタオルに付いた血は備え付けの洗濯機で洗ってました。

多い日は俺の下半身にも結構な量の血が付き終わったあとは
シャワーを浴びないといけないほどでした。姉もシャワーを浴び下着・生理用品を装着しノーブラのまま
寝巻きのシャツを着ようとしてたので

俺「ノーブラじゃん・・・」
姉「普段はそうだよ・・寝る前に外すの・・」
俺「いつも付けてんじゃん」
姉「あんたが外すしてるし!」
俺「いや・・その前から・・」
姉「ぁぁ、外すタイミングがなかったの」

それからは姉は電気を消す前にブラを外し、パンティを脱ぐようになりました。
アパート生活期間は毎朝、2人とも全っ裸で朝を迎えていました。
しかし、そんな生活も新しい家が完成し終わりを迎えました。

俺の中では姉を犯すのはアパート期間だけと決めていたのですが・・
入居初日から夜這いをかけてしまいました・・。

姉の部屋の電気が消えたのを確認し姉の部屋へ侵入、ベッドへ潜り込み
あとはいつもと同じ・・。違うことと言えば終わった後
「朝までいちゃダメだよ・・」
「あと、来る時は前もってメールでもいいからくれる?都合とかあるし・・」

その後は
俺メール「今日いい?」
姉メール「OK 23:00」
という短いメールでの予約制となりました。 新居になると出血の処理の問題(洗濯とか)で生理中の挿入が禁止となり
生理中はフェラしてもらえることになりました。普段は手コキが限界

想像以上に姉はフェラがうまく、とても意外な感じがしました。セックスは1回だけなのに、フェラの時は、
そのせいか挿入よりかなり早く果てて、いつも2回お願いしていました。

それからウチの両親は2人とも土日が仕事でしたので、休みはいつも姉と2人でした

新居に移り住み始めてから数ヵ月経ったころだと思います。

とある休日の昼下がり、今夜もしたいと思った俺は姉にメール「今日いい?」
すると隣の部屋にいる姉から「いまから? いいよ」と返信

てっきり夜のつもりでメールしたのに、真昼間からできるとなると
テンションも上がり、早速、姉の部屋へ・・ 部屋へ入りますと、てっきり姉はベッドに潜り込んでるものと思っていたら
姉は以外にも雑誌をペラペラとめくってました・・。

俺が入って来たのを確認するとパタンと雑誌をとじ、部屋のカーテンを閉めました。
そしてベッドに腰掛け「ここに座れ」といわんばかりに自分の横をポンポンと叩きました

暗すぎず明るすぎず・・適度な光量。寝ていない姉、普段着の姉。

久しぶりに異常に興奮したとおもいます。

しかし、どうしていいかわからなかったのですが、とりあえず
姉の隣に座り肩を両手で抱きキス。しばらく舌をからめたあと、
静かに姉を押し倒しました。あとは本能の赴くまま姉の身体を隅々まで堪能
初めてセックスらしいセックスをしたように思えました。それもそのはず、普段は真っ暗でよく見えていない姉の表情や身体の細部・・

それと姉の反応・・。普段は親の目もあるのでほとんど声も出さず、あまり
身じろぎもしない姉が、シーツの端を握り絞め身体をくねらせ喘ぎ悶える姿に興奮しました

それからは休日は昼間も定番になりました。

姉が作った遅い朝食兼昼食を一緒に食べてると

 姉「昼過ぎから出かけるけど、どうする?」
俺「何を・・・?」
姉「エッチ」
俺「もちろん・・・・するよ。」
姉「食べたばっかだから、あと30分したらおいで」
俺「うん」
30分後、姉のへやへ行きますと、姉はベッドにうつ伏せでうたた寝中

食後だから少し眠気が差したのでしょうか、
そのまま寝せておいても良かったのですがやはり性欲が勝ちました・・。

しかし姉がうつ伏せで寝ているシチュエーションも初めてだったので
どうしたものか、少し悩んだのですが、うつ伏せの姉に覆いかぶさりながら
短めのスカートの中へ手をいれ腿の裏側から愛撫開始。
本当に寝ていたようでビクッと動きました。起きたみたいです。

姉の目を覚まさせるのも兼ねるつもりでその日はそのまま下半身から愛撫し上半身へ うつ伏せのままの姉の腿を手と舌で丁寧に丁寧に愛撫しました。

ゴロリと寝返りをうたせ仰向けにし膝をおこし、舌を中心に隅から隅まで時間をかけ腿を愛撫。
どうせ完全にめが覚めるまで時間がかかるだろうと徹底的に丁寧に時間をかけました。
再びうつ伏せ・・スカートを脱がせ尻から腿を愛撫しながらパンツを剥ぎとりました

形のよい臀部と腰、あえて陰核・陰唇をさけ上半身へ上りはじめました。

腰から腹・へそ・両わき腹へと姉を左右に転がすように舌と手で愛撫
腹まわりの愛撫ぐらいからあきらかに姉の反応がいつもと違うように感じました 舌は背中を伝い、手は乳房へ、舌をうなじから耳へ、
そして頬を伝わりようやく姉の唇へ・・キス
待ちきれなかったとばかりに舌を絡める姉、今日はやっぱり違う・・・

ディープなキスを続けながらブラジャーを外し、唇を姉の口から首筋へ
首筋から鎖骨へ這わせながら、掌を腿の内側へ這わせ
そしてやっと乳首を口に含みました・・・。

乳首を口に含んだ瞬間、姉はまるでクンニの時、
舌先が陰核を探し当てた瞬間のように声をあげ身をよじりました 指先が陰核・・クリを捉えたときにはすでに逝く寸前のような詰まった
喘ぎ声をあげ、いつもより激しく逝ったような感じがしました。

ぐったりした姉の両足を広げ、挿入。陰唇はビショビショで吸い付くように
俺の陰茎を包み込みました。「ぁああん・・・」と姉も声をあげ応じます

はじめはゆっくりと深くピストン・・やはり反応が違う。
このときはじめて、前戯がいかに大切かを知りました。

しばらくは緩急をつけしっかりピストン、

いつもと違う反応で興奮している俺はラッシュをかけました。 ラッシュをかけ始めてすぐ、姉の電話が鳴り始めました・・・
姉も盛り上がっていたので、とりあえず無視・・。

しかし、再び鳴り始めました。「ちょ・・タイ・ム・・」と
俺を抑止し枕元の電話を開き相手を確認し通話・・。挿入したまま

「ぉはょぉ・・ん・・ちょっと寝てた。うん、うん・・ははは・・・」
会話中は腰を振るわけにもいかず、どうしようか迷っていると
姉は身をよじり俺の陰茎を抜いてしまいました。 しかし、それでは可哀想だと思ったのか、
それとも電話後すぐに再開できるよう勃起維持のためかは
わかりませんが手コキ・・。

手コキも集中してないので、どちらかというと弄んでいるかんじ
数分後、電話「ん・・じゃ後でね・・あはは・・うん、じゃ」終了。

どうやら午後から遊びに行く友達だったようです。 電話を枕元へ放り投げ「ごめんねぇ・・」と俺の方へ足を広げたので
再び挿入。一度抜いていたのでもう1度はじめからゆっくりと・・

抜くことでテンションを少し抑えられることを学習した俺は
絶頂前に抜き姉を四つん這いにさせバック。また絶頂近くになると
正常位と体勢を変えることを覚えました。

体位を変え逝くのを何回も我慢したせいか、逝ったときはいつもより気持ちよく感じ
いつもより大量の精液をぶちまけました。とても気持ちよかったです。

姉も良かったのでしょう、しばらく抱きついたまま離れようとしませんでした。

夜は姉があまり喘がないよう、いつものようにシンプルに
昼は前戯を長く、激しくが定番となりました。 時の俺は中3、つまり受験生。
夜遅くまでお預けだと勉強に集中できません。
 
という理由で放課後から母親が帰ってくる夕方6時までに
したいと申し出ました。

勉強に集中できないのも理由のひとつでしたが、
最大の理由は視覚によるもの、つまり明るいほうが裸を眺められるし、
あと、汗というか女子が放つ匂いに異常に性欲を駆り立てられていました。

風呂上りのシャンプーの匂いも良いですが、女子の匂いが好きだったように思えます 姉も夕方までに済ませる方が良かったようです。
多少、汗とかアソコの臭いを気にしていましたが

ベッドの軋みや声を気にせずにすむので夕方の方が良いようでした。

証拠に受験が終わり姉と同じ高校に通うようになっても夕方が多かったですね。

夕方、夜のダブルの日も結構ありました。

なんかクラスの女子と同じ制服を着ている姉に萌えて制服でのコスプレを
よくリクエストしてたのですが、シワになるからとなかなかコスプレ
させてくれませんでした。が、たまにOKがでると俄然萌えました。また、体操着、スクール水着や裸エプロンなどリクエストしました。
翌年、姉は大学へ進学。大学も近所だったので
やはりよくヤッてました。さすがに毎日とはいきませんでしたが・・
相変わらずヤッてました。

姉は急速に大人びてきました。今までもマセタ感じだったのですが
一気に「お姉さん」になってきました。垢抜けたというか
今まで抑えてきたものが一気に放出された感じでしょうか・・

とにかく、少し年齢が離れたような感じがし、
セックスの方も色気が増しより妖艶になった気がします。そんな姉を毎日のように抱きました。

「飽きないの?」と呆れられるほどヤッてましたし、「全然飽きない。もっとしたい。」と言いました。性欲が一番ツヨイ時期というのも あり、「姉ちゃん最高!」と言ってました。
また姉もよく相手をしてくれていました。 多分姉も気持ちよかったのと面倒がなかったのだろうと思います。。
「姉ちゃんは彼女ができるまでの代用品さ。」と俺が憎まれ口をきくと、「そんなこというと、もうやらせてあげない。」と言います。そんなとき、俺はすっかり立派になった息子をビンビンにして、姉の押し付けます。「毎日やってるのに、あんたすごいね。」と顔を赤らめながらいいます。

俺はあまり彼女を作りませんでした。
性欲が満たされていたせいか、あまり長続きしませんでした。

姉の方は俺の相手で手一杯で余裕がないと笑ってました。

事実、男の影を見ることはあまりなったように思えます。 その後も、姉との関係は続き現在に至ります。

今は、以前ほどはヤッてません。週1あるかないかぐらいです。
俺が実家を出ているので姉が俺のアパートに通っています。

 俺が中3の頃、実家を建て替えるとかで狭いアパートに仮住まいしたときがありました。
そのアパートは親子4人で住むには狭すぎるので、2部屋借りていました。
部屋の間取りはいわゆるワンルームマンションで1~2ヶ月の辛抱だからと
父母・姉俺で1部屋ずつあてがわれていました。

食事は父母の部屋でしていました。俺たちの部屋には最低限の荷物しか持ち込んでいない
つもりだったのですが、有効スペースは3畳程度、布団が2組ギリギリ敷ける程度でした。

姉は高2、俺の中では異性の対象。そんな姉が隣で寝てるとなると
こちらはぐっすり眠れません。数日は我慢したのですが、とうとう我慢できず
姉に抱きついておっぱいをもみました。最初はすごく抵抗されましたがすぐになされるがままとなり
『今日だけだからね・・』とGOサイン。 姉は体験済みだったらしく、ディープキスして、そのあとお互いにスッポンポンになり、姉の持っていたゴムをはめ、やっちゃいました。その日だけで半ダースのゴムつかっちゃいました。

しかしながら1日だけではもちろん収まらず、毎日姉と裸になってやってました。普段の生活はごく当たり前の生活で、普通の姉弟としてテレビを見たり チャンネルを争ったり、勉強したりで・・夜、電気を消すと合図のようにすっ裸になり、カラダを重ねあう姉弟以上になっていました

その後、新築になっても夜になると姉の部屋に通うようになってました。
姉との関係は10年ぐらい続いたと思います。

その当時の話は今は、いや今までも1度もしたことはありません。
夢でも見ていたような感覚です

当時の記憶をたどり、おもむろに書いてみます

アパート生活が始まった当初は狭い空間に姉と二人で居ますと、なんというか・・・

思春期の女子が醸す独特の匂いとシャンプーの香りが混ざり
少し色気づいた女子が放つ雰囲気

全く落ち着けませんでした。 夜となり電気が消えるとますます落ち着けなくなりました

薄暗い中で姉の匂いと寝息の音、暗闇に目が慣れてきて
布団がはだけ時折見えるノーブラの胸の膨らみ、パンティも見えそうな無防備な体勢

姉をやるまでの数日間は頼りない視力でパンティ越しに見えるヘアとあそこ、うっとりする匂いと寝息の音で 何度もオナニーしました。

本当に手の届くところにオナネタが横たわっている状況では 何度オナニーしても満たされることはありませんでした。

最初はおっぱいを触ったり、チクビに吸い付いたりしたいと思いましたが、ついに自分勝手に自分自身を満たす行動ととる事に決めました。 考えた結果というより、衝動的だったと思います。

その日の夜は電気が消えてもなかなか姉の寝息が聞こえてきませんでした。

「スゥー・・スゥー・・」と寝息が聞こえてこないと
さすがにオナニーできません。その日は姉も寝付けなかったのか
何度も寝返りをうっていたように思えます。

そのうち、いつもオナる時の妄想とは違う妄想をするようになっていました
手を伸ばせば届くその胸を触りたい、揉みたい、乳首を舐めたい、吸いたい
そして姉を抱きたい・・。妄想は性的衝動に変わってました。 実際、姉の胸に手を伸ばすまでは、ものすごい葛藤がありました・・
が、手が姉の布団に入るころには、どうにでもなれという気持ちになり
手が姉の胸を捉えた瞬間には今までに感じたことのない恍惚感と動悸・・

そして手に伝わるシャツとブラ越しの胸の柔らかさ・・・DかEカップはありそうなおっぱい、はじめての感覚
しかしいつまでも恍惚感に浸る間もなく「えッ! 何?! ナニ? チョット!!!」
姉の猛烈な抵抗が始まりました。 その後は無我夢中というか衝動にまかせ強く抱きしめてみたり
胸を揉み、キスを迫ったり服を脱がそうとしたり
もぅムチャクチャでした・・姉もかなり暴れたと思います

姉がどのくらい抵抗したかはわかりませんが
長かったのか短かったのか・・俺の動物的本能の欲求が怖くなったのか
そのうち抵抗が収まりました

『今日だけだからね・・』と 少し落ち着きを取り戻したものの、極度の興奮状態に変わりはなく
定まらない手つきでシャツを中途半端にシャツを捲くり 乳首を舐めはじめました。

初めての乳首に異常な興奮状態でした。夢中で舐めました。乳首を舐め、「おっぱい」を堪能しました。

意外にも豊満な乳房としっかりとした乳首に姉を一人の女として認識したように思えます 。おっぱいを堪能しながら、小さいけれど「んッ・・」とか喘ぐ姉の声や
乳首がコリコリに勃起するなど新しい発見に色々な方向で興奮しました。

キスしながら乳首舐めながら手マンのモノマネもしました。
そして俺は全裸になり姉の短パンとパンツを脱がし手マンの続きをすこしして
姉を全っ裸にし足を大きく開脚させ正常位の体勢をとりました。

入れる場所はだいたい分かるがなかなか入りません。
姉が処女でないことはなんとなくわかっていました。
しかし入りません・・。とうとう姉が自ら手で大陰唇を開き
エスコートしてくれました・・お恥ずかしい限りです 。初めて入れた感覚はなんか窮屈な感じで風船に押し当てているような感覚でした

いま思えば濡れ方が足りていなかったようです。
しかし、しばらく腰を動かすと膣内が愛液で溢れ始め楽園と化しました。

温かい膣の感触と愛液のヌメリ・・触れ合うきめ細かい姉の肌・・体温
ものの数分で絶頂を迎えてしまい、寸前に姉の「ゴムつけてね・・」
の言葉に我に返りほんと寸前にゴムをつけて大量に射精・・

初めての夜は気持ち良さと興奮でそのまま何度も姉のカラダを求め、6回射精したあと、寝落ち・・

こんな感じの初夜でした。 朝、目覚ましで目を覚ますと、俺は全っ裸のままでした。

少し離れた所で鳴っている目覚まし時計を止めるため
布団を抜け出した姉も全っ裸のまま・・昨夜のことは夢ではなかったということ。

まどろんでいる俺を2~3度叩いて揺すり「起きろぉ~」
姉が全っ裸である以外は前日までと同じ朝・・・
俺が起きると姉はおもむろに脱ぎ散らかされた下着を探し身に着けはじめました。

姉が下着を身に着ける姿を見るのは初めてだったので俺の目には新鮮でした

その後は制服に着替え、身支度を整え父母の部屋で朝食を食べ学校へ・・
ここまでも前日までと全く同じ、方向が同じなので途中まで一緒に行くのですが
見た目は同じようでもなんかぎこちない感じで口数も少なめだったような気がします。 学校が終わり先に帰り着いたのは俺でした。

しばらくして姉も帰ってきました。昨夜のことで何か言われるかと思いましたが
特に何も言わず、変わった様子もなくいつも通り・・

そして制服から部屋着へ着替えはじめましたこれも前日までと同じ

目の前で姉が着替えてもそれほど性的興奮はみられませんでした。
着替えは何度か目撃しているので慣れていたのかもしれません

食事時にチクられないかと少し心配しましたが、もしバレたとしても
ある程度覚悟は決めていたのでそれほど気にはならずいつも通りに過ごせたと思います

それからも電気を消すまでは全く前日と同じでした。そして就寝となり「おやすみぃ」と姉が電気を消すと、俺は全裸になり、姉の布団へ侵入しました。

さすがに今夜もだとは姉も思っていなかったようで、少々驚いた様子で
「昨日の1ッ回だけっていったじゃない!!」と抵抗しましたがそれほど強くなく
わりとあっさり観念してくれました。そのあと、ディープキスをしてから、姉も全裸にしました。

次の日は「もぉぉ・・ゃぁぁん・・」と少し抵抗 、でも、舌を絡ませたディープキスを姉からしてきました。

4~5日目には無言・無抵抗となりました。 とうとう姉もあきらめ、寝るときは全裸に・・・・

しかし他、私生活はいつもと全く同じだったのでそのギャップが不思議な感じでした
それからは毎日毎晩、姉とやりました。

そのうち姉のクリを発見、姉を感じさせるのに没頭しました

姉を逝かせるまでは少々時間がかかりましたが、姉は逝きますと
クリが一瞬ですがプクッと小指の先ほどの大きさに膨らみ、その後
数秒間グネグネと体をよじらせ悶えます・・

その姿が俺の目にはとても妖艶に映り完全に姉を一人の大人の女と捉えるようになりました
アパートにいた期間は姉の生理中でもヤッてました・・。

いつものように消灯後、姉の布団に侵入し事に及ぼうとすると
「今日から生理・・血がつくかも・・バスタオル持ってきて・・乾いたやつ」と

俺が乾いたバスタオルを持ってくると姉は腰の下に敷きシーツに付かないように配慮
バスタオルに付いた血は備え付けの洗濯機で洗ってました。

多い日は俺の下半身にも結構な量の血が付き終わったあとは
シャワーを浴びないといけないほどでした。姉もシャワーを浴び下着・生理用品を装着しノーブラのまま
寝巻きのシャツを着ようとしてたので

俺「ノーブラじゃん・・・」
姉「普段はそうだよ・・寝る前に外すの・・」
俺「いつも付けてんじゃん」
姉「あんたが外すしてるし!」
俺「いや・・その前から・・」
姉「ぁぁ、外すタイミングがなかったの」

それからは姉は電気を消す前にブラを外し、パンティを脱ぐようになりました。
アパート生活期間は毎朝、2人とも全っ裸で朝を迎えていました。
しかし、そんな生活も新しい家が完成し終わりを迎えました。

俺の中では姉を犯すのはアパート期間だけと決めていたのですが・・
入居初日から夜這いをかけてしまいました・・。

姉の部屋の電気が消えたのを確認し姉の部屋へ侵入、ベッドへ潜り込み
あとはいつもと同じ・・。違うことと言えば終わった後
「朝までいちゃダメだよ・・」
「あと、来る時は前もってメールでもいいからくれる?都合とかあるし・・」

その後は
俺メール「今日いい?」
姉メール「OK 23:00」
という短いメールでの予約制となりました。 新居になると出血の処理の問題(洗濯とか)で生理中の挿入が禁止となり
生理中はフェラしてもらえることになりました。普段は手コキが限界

想像以上に姉はフェラがうまく、とても意外な感じがしました。セックスは1回だけなのに、フェラの時は、
そのせいか挿入よりかなり早く果てて、いつも2回お願いしていました。

それからウチの両親は2人とも土日が仕事でしたので、休みはいつも姉と2人でした

新居に移り住み始めてから数ヵ月経ったころだと思います。

とある休日の昼下がり、今夜もしたいと思った俺は姉にメール「今日いい?」
すると隣の部屋にいる姉から「いまから? いいよ」と返信

てっきり夜のつもりでメールしたのに、真昼間からできるとなると
テンションも上がり、早速、姉の部屋へ・・ 部屋へ入りますと、てっきり姉はベッドに潜り込んでるものと思っていたら
姉は以外にも雑誌をペラペラとめくってました・・。

俺が入って来たのを確認するとパタンと雑誌をとじ、部屋のカーテンを閉めました。
そしてベッドに腰掛け「ここに座れ」といわんばかりに自分の横をポンポンと叩きました

暗すぎず明るすぎず・・適度な光量。寝ていない姉、普段着の姉。

久しぶりに異常に興奮したとおもいます。

しかし、どうしていいかわからなかったのですが、とりあえず
姉の隣に座り肩を両手で抱きキス。しばらく舌をからめたあと、
静かに姉を押し倒しました。あとは本能の赴くまま姉の身体を隅々まで堪能
初めてセックスらしいセックスをしたように思えました。それもそのはず、普段は真っ暗でよく見えていない姉の表情や身体の細部・・

それと姉の反応・・。普段は親の目もあるのでほとんど声も出さず、あまり
身じろぎもしない姉が、シーツの端を握り絞め身体をくねらせ喘ぎ悶える姿に興奮しました

それからは休日は昼間も定番になりました。

姉が作った遅い朝食兼昼食を一緒に食べてると

姉「昼過ぎから出かけるけど、どうする?」
俺「何を・・・?」
姉「エッチ」
俺「・・・・する」
姉「食べたばっかだから、あと30分したらおいで」
俺「うん」
30分後、姉のへやへ行きますと、姉はベッドにうつ伏せでうたた寝中

食後だから少し眠気が差したのでしょうか、
そのまま寝せておいても良かったのですがやはり性欲が勝ちました・・。

しかし姉がうつ伏せで寝ているシチュエーションも初めてだったので
どうしたものか、少し悩んだのですが、うつ伏せの姉に覆いかぶさりながら
短めのスカートの中へ手をいれ腿の裏側から愛撫開始。
本当に寝ていたようでビクッと動きました。起きたみたいです。

姉の目を覚まさせるのも兼ねるつもりでその日はそのまま下半身から愛撫し上半身へ うつ伏せのままの姉の腿を手と舌で丁寧に丁寧に愛撫しました。

ゴロリと寝返りをうたせ仰向けにし膝をおこし、舌を中心に隅から隅まで時間をかけ腿を愛撫。
どうせ完全にめが覚めるまで時間がかかるだろうと徹底的に丁寧に時間をかけました。
再びうつ伏せ・・スカートを脱がせ尻から腿を愛撫しながらパンツを剥ぎとりました

形のよい臀部と腰、あえて陰核・陰唇をさけ上半身へ上りはじめました。

腰から腹・へそ・両わき腹へと姉を左右に転がすように舌と手で愛撫
腹まわりの愛撫ぐらいからあきらかに姉の反応がいつもと違うように感じました 舌は背中を伝い、手は乳房へ、舌をうなじから耳へ、
そして頬を伝わりようやく姉の唇へ・・キス
待ちきれなかったとばかりに舌を絡める姉、今日はやっぱり違う・・・

ディープなキスを続けながらブラジャーを外し、唇を姉の口から首筋へ
首筋から鎖骨へ這わせながら、掌を腿の内側へ這わせ
そしてやっと乳首を口に含みました・・・。

乳首を口に含んだ瞬間、姉はまるでクンニの時、
舌先が陰核を探し当てた瞬間のように声をあげ身をよじりました 指先が陰核・・クリを捉えたときにはすでに逝く寸前のような詰まった
喘ぎ声をあげ、いつもより激しく逝ったような感じがしました。

ぐったりした姉の両足を広げ、挿入。陰唇はビショビショで吸い付くように
俺の陰茎を包み込みました。「ぁああん・・・」と姉も声をあげ応じます

はじめはゆっくりと深くピストン・・やはり反応が違う。
このときはじめて、前戯がいかに大切かを知りました。

しばらくは緩急をつけしっかりピストン、

いつもと違う反応で興奮している俺はラッシュをかけました。 ラッシュをかけ始めてすぐ、姉の電話が鳴り始めました・・・
姉も盛り上がっていたので、とりあえず無視・・。

しかし、再び鳴り始めました。「ちょ・・タイ・ム・・」と
俺を抑止し枕元の電話を開き相手を確認し通話・・。挿入したまま

「ぉはょぉ・・ん・・ちょっと寝てた。うん、うん・・ははは・・・」
会話中は腰を振るわけにもいかず、どうしようか迷っていると
姉は身をよじり俺の陰茎を抜いてしまいました。 しかし、それでは可哀想だと思ったのか、
それとも電話後すぐに再開できるよう勃起維持のためかは
わかりませんが手コキ・・。

手コキも集中してないので、どちらかというと弄んでいるかんじ
数分後、電話「ん・・じゃ後でね・・あはは・・うん、じゃ」終了。

どうやら午後から遊びに行く友達だったようです。 電話を枕元へ放り投げ「ごめんねぇ・・」と俺の方へ足を広げたので
再び挿入。一度抜いていたのでもう1度はじめからゆっくりと・・

抜くことでテンションを少し抑えられることを学習した俺は
絶頂前に抜き姉を四つん這いにさせバック。また絶頂近くになると
正常位と体勢を変えることを覚えました。

体位を変え逝くのを何回も我慢したせいか、逝ったときはいつもより気持ちよく感じ
いつもより大量の精液をぶちまけました。とても気持ちよかったです。

姉も良かったのでしょう、しばらく抱きついたまま離れようとしませんでした。

夜は姉があまり喘がないよう、いつものようにシンプルに
昼は前戯を長く、激しくが定番となりました。 時の俺は中3、つまり受験生。
夜遅くまでお預けだと勉強に集中できません。
 
という理由で放課後から母親が帰ってくる夕方6時までに
したいと申し出ました。

勉強に集中できないのも理由のひとつでしたが、
最大の理由は視覚によるもの、つまり明るいほうが裸を眺められるし、
あと、汗というか女子が放つ匂いに異常に性欲を駆り立てられていました。

風呂上りのシャンプーの匂いも良いですが、女子の匂いが好きだったように思えます 姉も夕方までに済ませる方が良かったようです。
多少、汗とかアソコの臭いを気にしていましたが

ベッドの軋みや声を気にせずにすむので夕方の方が良いようでした。

証拠に受験が終わり姉と同じ高校に通うようになっても夕方が多かったですね。

夕方、夜のダブルの日も結構ありました。

なんかクラスの女子と同じ制服を着ている姉に萌えて制服でのコスプレを
よくリクエストしてたのですが、シワになるからとなかなかコスプレ
させてくれませんでした。が、たまにOKがでると俄然萌えました。また、体操着、スクール水着や裸エプロンなどリクエストしました。
翌年、姉は大学へ進学。大学も近所だったので
やはりよくヤッてました。さすがに毎日とはいきませんでしたが・・
相変わらずヤッてました。

姉は急速に大人びてきました。今までもマセタ感じだったのですが
一気に「お姉さん」になってきました。垢抜けたというか
今まで抑えてきたものが一気に放出された感じでしょうか・・

とにかく、少し年齢が離れたような感じがし、
セックスの方も色気が増しより妖艶になった気がします。そんな姉を毎日のように抱きました。

「飽きないの?」と呆れられるほどヤッてましたし、「全然飽きない。もっとしたい。」と言いました。性欲が一番ツヨイ時期というのも あり、「姉ちゃん最高!」と言ってました。
また姉もよく相手をしてくれていました。 多分姉も気持ちよかったのと面倒がなかったのだろうと思います。。
俺はあまり彼女を作りませんでした。
性欲が満たされていたせいか、あまり長続きしませんでした。

姉の方は俺の相手で手一杯で余裕がないと笑ってました。

事実、男の影を見ることはあまりなったように思えます。 その後も、姉との関係は続き現在に至ります。

今は、以前ほどはヤッてません。週1あるかないかぐらいです。
俺が実家を出ているので姉が俺のアパートに通っています。

以上です。ダラダラ長々とスンマセン。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード