萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

告白

母のおしりたたき(女性誌インタビュー・抜粋)

小学生の頃の私には…誰にも言えない秘密がありました。
それは、毎日…母からおしりをたたかれていたということ。
1年生から6年生まで、毎日…ずっとです。
学校では普通にしているけれど、下校の時間が近付くにつれ…頭の中はそのことでいっぱいでした。
あ…虐待とか、そういうのじゃないです。
ただ私が…自分の意志で約束を守らなかっただけで。

学校では普通なんです。
授業は受けるし、給食も食べるし、友達ともお喋りするし。
でも…宿題だけはどうしてもダメで。
筋金入りの面倒くさがりなんです、昔から。
それこそ幼稚園とか保育園とか…もっと前なのかもしれないですけど。
とにかく…自分の時間を「やりたくないこと」に取られるのが嫌だった。
幼稚園までなら、何だかんだで許されちゃいますよね?
…そうです、宿題が出始めると、やっぱり母も許してくれなくって。

1年生の宿題なんて、簡単なんですよ。
国語の教科書をちょっとだけ声に出して読むとか、見た瞬間にでも答えがわかっちゃうような暗算だとか。
全部やっても5分かからなかったと思います。
でも私は…自分の5分間を宿題に、ってことがどうしてもできなくて。
毎日、忘れて学校に行くんです。
さすがに先生も連絡帳に書きますよね?
そうすると母はそれを見て、おしりをたたくんです。
1年生は午後の授業がなかったので…まだお昼すぎですよね。
友達とも遊びたいし…だから嫌だって泣くんですけど、母もなかなか許してくれなくって。
気付いたら夕方になっちゃってて…あぁ、遊ぶ時間なくなっちゃったー…って、がっかりして。
そのとき…母と約束したんです。
宿題をしなかった日は必ずおしりをたたかれる。
たたかれるけど…それさえ終わったら、お説教とかはなし。
いけないことに罰を与えたい母と、早く解放されたい私の利害が一致したっていうか…。
とにかく、そういう風に決まったんです。
どれくらいたたくとかは全部母の自由になっちゃったんで、対等な条件ではないですけど。
体もだんだん大きくなりますから、そこは仕方ないですよね…。
小学1年生と同じようにして5年生や6年生のおしりをたたいても、痛くもかゆくもなさそうですし。

だから…最初は痛くなかったんですよ。
平気だったんです。
母も子供だと思ってますから、かなり手加減してくれてて…。
20回くらいですかね?ペチ、ペチ、ペチ……って。
初めてのときはそんなもんでした。
痛くはなかったですよ、全然。
ほんのりピンク色になってたんで…母も効いたと勘違いしたんでしょうね。
私はそれで味をしめたんです。
この罰さえ受ければ宿題をしなくていいと。
当時の私にとっては…バラ色の学校生活の始まりでしたよ。
唯一の天敵だった宿題を、しなくてよくなったわけですから。
1時間目から4時間目まで授業を受けて、給食食べて、掃除をして…帰ったら母におしりをたたかれる。
終わったら遊びに行って…みたいな。
完璧に、1日何をするかのスケジュールに組み込んでました。

ただ…そうなると私は、やっぱり調子に乗るんです。
外が暗くなってきても帰らなかったりとか。
怒られても…おしりをたたかれればいいやと思っていたので。
帰ってすぐに、自分から母におしりを出していたんですよね。
母もこれはおかしいと気付くわけです。
そりゃそうですよ。
帰ったらとっちめてやろうと思っていた娘が、顔を見るなりおしりを向けて「ご飯まだ?」なんて聞いてくるんですから。
コイツは痛がってないなってわかるでしょう、普通は。
だから…どんどん増えていって。
20回が40回に、40回が60回に。
痛さより時間が長くなることのほうが嫌だったんですけど…。
そうも言ってられなくなったのは、3年生のときですね。
ついに回数とかじゃなくなって、私が本気で「痛がる」まで。
本気で痛がってごめんなさいが言えるまで、と決められてしまったんです。

そりゃあ…まずいですよ。
私の生活スケジュールがめちゃくちゃになるかもしれないんですから。
何がまずいって?
だって、母のおしりたたきって本当に痛くなかったんですよ。
3年生の私なら…100回くらいだったらたたかれてる最中に寝られるぐらい。
それくらい余裕だったから、このときはそれが問題だったんです。
痛そうな演技をするにしてもですよ?
今まで文句ひとつ言わずにたたかれていたのに、「痛がるまでたたく」のを決めた日から突然「痛い、痛い」なんて言い出したら…。
さすがに母も信用しないでしょう。
だって…、1年生からずっとなんですよ?
たたかれるのが当たり前で、毎日そうしてきたんです。
このままだと…毎日、下手をすれば何時間もかけてたたかれることになってしまうことは明らかでした。
そこで私は、母にある提案をしたんです。
今のままでは痛くないから、もっと強く…思いきりたたいてほしい、と。

母は怒っていました。
当然ですね、それまでずっと騙していたんですから…。
でも私にも譲れないことはあります。
罰の時間を短くする。
そのためだけに…ずっと隠しておくはずだったことを告白したんですから。
それ以上、嘘をつくつもりはありませんでした。
そして始まったのは、母による、どれくらいなら本当に痛いのかの確認です。
ビチッ!痛くない。
バチンッ!そんなに痛くない。
バチィーン!痛い…けど、我慢できないほどじゃない…。
ぜんぶ正直に答えました。
母は呆れていましたが…慎重に選んでくれました。
私が怪我をしない範囲で…最も痛いと感じる強さがどれくらいかを。
…そして始まったんです。
私が、母におしりをたたかれて本気で泣くことになる生活が…。

まぁ…おかしいですよね。
だって、母は私が1年生のときからそうしてきているつもりだったんですから。
その前の日だって、100何回はたたかれてるわけですよ。
それだけたたかれて全然痛くなかったなんて、想像もしてなかったんじゃないですか?
そんな子がいるなんて。
いつか懲りるだろうと思っていたはずですよね。
母としては…裏切られた気持ちだったんじゃないでしょうか。
だからかもしれません。
3年生のその日から、母のおしりたたきは本当に痛かった。
…痛くなった、と言うべきですかね?
とにかく…痛くて、つらい時間になっちゃったんですけど…。
それでも私は宿題をしなかった。
いいえ…意地になってた、とかではないと思うんです。
宿題をやろうという発想がまず浮かばなかった、というか。
帰っておしりをたたかれるまでが、当たり前になってたんですね…自分の中で。

そうするとね…たたかれない日は逆に落ちつかなくなるんですよ。
休みの日は、そういうものだと割りきってましたけど。
変な言い回しになっちゃいますけど…、どうしてもたたいてもらえない日ってあるじゃないですか。
母が出かけてて、家にはいないとわかってる日とか。
普通は、怒られなくてラッキーとか思うんでしょうけど…。
母の場合、じゃあ今日はたたかない…なんてことはありませんでしたから。
帰ってきたらたたかれるとわかってるのに、それまでたたいてもらえない。
これ地味につらいんですよ。
ずっとモヤモヤしたまま過ごさなきゃならないっていうか…。
それに、泣いた後ってわかるじゃないですか?
父の前ではおしりを出したりできないので、いつも帰ってくる前にたたいてくれたんですけど…。
母が出かけてて始まるのが遅くなったりすると、ギリギリなんですよね。
泣いた直後に、その顔で一緒に晩ご飯を食べなきゃいけない。
たたかれたのが夕方ならまだいいですけど…さっきまで泣いてたとしたら1発でわかるじゃないですか?
それだけは本当に嫌でしたね。
父は何も聞いてこなかったです。
後で母に聞いてたんでしょうけど、それを想像するとたまらなく恥ずかしかった。
…これは年にそう何度もあることじゃないですけどね。
珍しいことなのに今でも忘れられない、嫌な記憶です。

5年生や6年生になると、隠し通すのが大変でした。
家で毎日、母におしりをたたかれているなんて。
学校でも「宿題をやらない」ことでは有名だったんですが。
いつも明るく、先生まで何となく怒られないようにしてごまかしきってしまう子が。
まさか家に着くなり毎日パンツを下ろして、おしりをビッシビッシたたかれているなんて、誰も想像しないでしょう。
想像しないから、普通にしていればばれない。
そうなんです…普通にしていればと考えてしまったのがいけなかった。
友達とお喋りしていても、親が話題に出た途端に喋れなくなったり。
身体測定のたびに、おしりにまだたたかれたあとが残ってるんじゃないかとか、勝手に思っちゃったり…。
そこは幸い、そんなことは全然なかったんですけどね。
母にたたかれるのは、学校から帰ってすぐでしたから。
遅くなった日でも…さすがに1晩寝ればおしりも元通りですよ。
そこまでのことは、母もしなかったですから…。
寝るときになって、まだおしりがピリピリしてることはありましたけどね。

下宿先で

私は大学時代、下宿していました、家主のじじばば、
その息子と奥さんその息子、で広大な敷地の農家とその敷地内のこじんまりとした母屋に
つながる6部屋ほどの下宿で、じじばばは農業、だんなさんは単身赴任。

で北海道、主に下宿人の世話は若奥さん、毎日見ていても飽きない、清楚で、明るくて、やさしい感じで
スタイルはやせ気味、胸はほとんど中学生レベル、そしてちょっとアンバランスな大き目のお尻、よくサークルで遅くなり
一人で食堂で冷や飯を食べていると、ノーブラパジャマにカーデガンといういでたちで、またそれを楽しみに遅く帰ったものです。

胸が小さいので安心していたのか、結構つけていなく、興奮させられ、そんなときはダッシュで部屋に帰りおなったものです。
そんなこんなで3年になったある日、思いっきり酒勢いを借り告白、もちろん好きだと伝えただけで
、かなりいってしまったことを後悔しましたが以外や以外、
「私もすきよ、遅く帰ってきてもお茶出してあげるのSくんだけなんだから、」
意外な返事に舞い上がりました。
ちょうどそのときは夏休み、じじばばは沖縄に旅行、息子は北海道のだんなのところ、
私が帰省しなかったこともあって、ひとりだけ残っていてくれたようで、
どきどきしながら2人で母屋の居間でTVを見ていました。

もちろん私は童貞、興奮の絶頂、二人でビールを7・8本開けたところでおくさんが、
「じゃ先に寝るからテレビだけ消してね・・お話楽しかったわ」
と言い残し台所へ、数分後お風呂に入る音が・・・・・
おそるおそる風呂場に近づくと、脱衣所に鍵もかけないで入浴中思わず私も服を脱いで
「いしょにいいですか?」
「こらこら、いいわけないでしょ、」
「でも脱いじゃいました」
「恥ずかしいからだめ、すぐあがるから・・・」
でも我慢できるはずもなく突入、しっかりタオルで胸を隠していましたが、
待っていた雰囲気「あらあら・・・」
かなり奥さんも酔っています。結局電気を消す条件で一緒に入浴、
コチコチになった物を「立派だね~使ったことあるのかな?」
「ないです」
「あら、初めての相手が私みたいなおばさんでいいの」
「ぜんぜんOKっす」その時点で理性ぶっ飛び、
無我夢中で抱きつき浴槽の中で合体しようともがく私、
「こらこら」といいながらあしらう奥さん、
結局お風呂を上がって、裸で奥さん夫婦のベットで。
あせりまくってなかなか入らないあそこにやさしく手を添えてもらって合体、
こんにゃくや、手なって比べ物にならないくらい気持ちよく、
発射、それからも一晩寝ないで4回、奥さんはいけなかったようですが、
「今度はしっかりいかせてね・・・」
結局約半年、人目をしのんで楽しみました。
旦那さんと別れて俺となんてまじめに告白もしてみましたが、
もっとふさわしい人出てくるからあせらないで・・・・
などとあしらわれ学校と奥さんを卒業いい思い出でした。

パパとお兄ちゃんに犯される日々

私が5歳になるころにママは他界しパパと8歳年上のお兄ちゃんの3人暮らしでした
2人とも優しく私は寂しくはありませんでした。
そんなある日私は10歳の誕生日を迎えた日のことです
その夜3人で私のバースデーを祝いケーキを食べながらのんびりしていました
するとパパはビールを持ってきて飲み始めた
しばらく1人で飲んでいたパパが突然ビールを私のほうに持ってきて私に無理やり飲まそうとした
私は飲みたくなくて抵抗したがパパに無理やり飲まされた
いつもはこんなことしないのに初めて見るパパの姿に驚いた
私は酔いがすぐにきて寝てしまった
何時間寝ていたがわからなかったが目を覚ますと私は全裸で体には白い液体が体中に付いていた
訳が分からずお兄ちゃんに訳を聞いた
(以下省略)簡単に言います
私はお兄ちゃんとパパに犯されたらしいです
私は服を着ようと探したがどこにもなかった
お兄ちゃんに聞くと
「家にいるときは服を着たらだめ」と言われた
私はそれを聞くと泣きそうになった
そのあとお風呂でお兄ちゃんに洗ってもらい裸でリビングに戻った
そこにはパパがいて「聞いたとおりだ」
私は頷くことしかできなかった
いつもはニコニコのパパが怖い顔でにらんでいたから
その後私は布団で寝た
朝起きると私の服が置いてあった
「学校行くときは着ていけ」
「うん」
「帰ってきたらすぐ脱ぐんだぞ」
私は学校にいたが元気が出なかった
友達には「今日元気ないね」と言われた
そりゃそうだいつも元気な私が静かだから
学校が終わり家に帰ると誰もいなかったが後が怖いので裸になった
私が帰ってきてからしばらくするとお兄ちゃんが帰ってきた
「おぉ言いつけどおり裸だな」
「パパが怖いからね」
お兄ちゃんは自分のズボンとパンツを脱ぎアソコを私の口に近づけた
「それじゃ咥えて」
「何で?」
「昨日やっただろ」
「覚えてないよ」
「お前が寝てる間俺と父さんでやったんだよ」
お兄ちゃんは優しい口調で言った
私が躊躇してると無理やり口に押し込まれた
「そうだよ うまいね」
「お兄ちゃんは何でこんなことするの?」
「さぁ~ね」
お兄ちゃんはあっという間に私の口に射精した
「よし 偉かったぞ」とお兄ちゃんは冷蔵庫からジュースを取り出した
「ほら 口直し」と私にくれた
しばらくお兄ちゃんと過ごしたが以前のように話さず口数が少なくなった
夜パパが帰ってきた
「裕也(お兄ちゃん)どうだった結衣は(私)?」
「俺が帰ってきたときにはもう脱いでた」
「偉いな~結衣は」
「さぁ今日もやるか」
パパは私のアソコにしゃぶりついてきた
お兄ちゃんも私の胸を舐め回りして来たり私の胸を摘まんだりした
パパとお兄ちゃんに深夜1時過ぎまで晩御飯とかはさみ犯された
翌日には何事もなかったようにしていた
私も着替えを取りに行くと一緒にピンク色のものが2つあった
「ねぇこれは何?」
「あぁそれはローターだよ」
今日から学校ではこれをつけてろ」
と言われても付け方がわからずお兄ちゃんに聞いた
お兄ちゃんは私のアソコに指を入れてローターを2つ押し込んだ
「これでいいの?」
「そうだよ」
「で、これは何するものなの?」
「じゃあやってみようか」
お兄ちゃんはスイッチを入れた
ローターが振動しだした
「あぁ~~~~なにこれ~~~」
「これでお前が学校にいる間でもできる」
「俺と父さんで一台ずつ今日からそれをつけて学校行きなさい」
私が学校で友達としゃべってる間でも急に振動しだした
私がトイレに行くたびに外し自分で付け直した
家に帰りお兄ちゃんのチェックでちゃんとついてるか調べられたりもした
その繰り返しで私は今大学生で一人暮らしをしていますが高校を卒業するまでされ続けました
今まで誰にも言わなかったのでこれが初めての告白です

パパとお兄ちゃんに犯される日々

私が5歳になるころにママは他界しパパと8歳年上のお兄ちゃんの3人暮らしでした
2人とも優しく私は寂しくはありませんでした。
そんなある日私は10歳の誕生日を迎えた日のことです
その夜3人で私のバースデーを祝いケーキを食べながらのんびりしていました
するとパパはビールを持ってきて飲み始めた
しばらく1人で飲んでいたパパが突然ビールを私のほうに持ってきて私に無理やり飲まそうとした
私は飲みたくなくて抵抗したがパパに無理やり飲まされた
いつもはこんなことしないのに初めて見るパパの姿に驚いた
私は酔いがすぐにきて寝てしまった
何時間寝ていたがわからなかったが目を覚ますと私は全裸で体には白い液体が体中に付いていた
訳が分からずお兄ちゃんに訳を聞いた
(以下省略)簡単に言います
私はお兄ちゃんとパパに犯されたらしいです
私は服を着ようと探したがどこにもなかった
お兄ちゃんに聞くと
「家にいるときは服を着たらだめ」と言われた
私はそれを聞くと泣きそうになった
そのあとお風呂でお兄ちゃんに洗ってもらい裸でリビングに戻った
そこにはパパがいて「聞いたとおりだ」
私は頷くことしかできなかった
いつもはニコニコのパパが怖い顔でにらんでいたから
その後私は布団で寝た
朝起きると私の服が置いてあった
「学校行くときは着ていけ」
「うん」
「帰ってきたらすぐ脱ぐんだぞ」
私は学校にいたが元気が出なかった
友達には「今日元気ないね」と言われた
そりゃそうだいつも元気な私が静かだから
学校が終わり家に帰ると誰もいなかったが後が怖いので裸になった
私が帰ってきてからしばらくするとお兄ちゃんが帰ってきた
「おぉ言いつけどおり裸だな」
「パパが怖いからね」
お兄ちゃんは自分のズボンとパンツを脱ぎアソコを私の口に近づけた
「それじゃ咥えて」
「何で?」
「昨日やっただろ」
「覚えてないよ」
「お前が寝てる間俺と父さんでやったんだよ」
お兄ちゃんは優しい口調で言った
私が躊躇してると無理やり口に押し込まれた
「そうだよ うまいね」
「お兄ちゃんは何でこんなことするの?」
「さぁ~ね」
お兄ちゃんはあっという間に私の口に射精した
「よし 偉かったぞ」とお兄ちゃんは冷蔵庫からジュースを取り出した
「ほら 口直し」と私にくれた
しばらくお兄ちゃんと過ごしたが以前のように話さず口数が少なくなった
夜パパが帰ってきた
「裕也(お兄ちゃん)どうだった結衣は(私)?」
「俺が帰ってきたときにはもう脱いでた」
「偉いな~結衣は」
「さぁ今日もやるか」
パパは私のアソコにしゃぶりついてきた
お兄ちゃんも私の胸を舐め回りして来たり私の胸を摘まんだりした
パパとお兄ちゃんに深夜1時過ぎまで晩御飯とかはさみ犯された
翌日には何事もなかったようにしていた
私も着替えを取りに行くと一緒にピンク色のものが2つあった
「ねぇこれは何?」
「あぁそれはローターだよ」
今日から学校ではこれをつけてろ」
と言われても付け方がわからずお兄ちゃんに聞いた
お兄ちゃんは私のアソコに指を入れてローターを2つ押し込んだ
「これでいいの?」
「そうだよ」
「で、これは何するものなの?」
「じゃあやってみようか」
お兄ちゃんはスイッチを入れた
ローターが振動しだした
「あぁ~~~~なにこれ~~~」
「これでお前が学校にいる間でもできる」
「俺と父さんで一台ずつ今日からそれをつけて学校行きなさい」
私が学校で友達としゃべってる間でも急に振動しだした
私がトイレに行くたびに外し自分で付け直した
家に帰りお兄ちゃんのチェックでちゃんとついてるか調べられたりもした
その繰り返しで私は今大学生で一人暮らしをしていますが高校を卒業するまでされ続けました
今まで誰にも言わなかったのでこれが初めての告白です

人妻Mの告白1

私は42歳の主婦Mです。誰にも話してこなかった自分のことを書きたいと思
い投稿します。

主人(42歳)とは学生時代から付き合って結婚し、現在、大学生と高校生
の子が2人います。
主人の親は北海道で自営業を営なんでいて跡継ぎのために18年前に都心
から北海道へ来ました。
現在は子供のことにも少し手が離れ自分の時間を持てるようになりました。
そんな時にネットで告白の投稿を見て自分も人に話してみたいという気持ち
になりました。
私の実家は子供の頃から厳しかったせいもあり、私は性に対して疎く、
セックスに対しても少し罪悪感を持っていました。
エッチなこと=悪いことというイメージが私の中ではありましたが、色々な
告白の投稿を見て、衝撃や刺激を受けながらも毎日エッチな告白を見てしま
う自分に正直驚いています。

今回の告白はロストバージンのことを書きたいと思います。
皆さんが書いてあるような特別刺激的なものではないのですが…なるべく
露骨な表現で書こうとお思いますが、初めて書くので変でも我慢してくださ
いね(笑)

高校を卒業した18歳の頃に戻ります。この頃はエッチなことに対して抵抗が
ありました。彼(H)との出会いで少しずつですがエッチに対して好奇心や興
味も沸いてきた・・・そんな頃の思い出です。


Hと知り合った時には、私には彼が居ました。
高校時代からずっと憧れだった人と卒業後付き合うことになったのです。
念願が叶った相手であったはずなのに、その前彼とデートでドライブした時
にファーストキスを奪われ服の上からでしたがオッパイを触られたんです。
その時に嫌って気持ちになり、つき飛ばしてしまいました。
怖かったのと驚きでそんな行動をしてしまったと思います。
でも前彼とはそれがきっかけで、会うたびに嫌な気持ちになり1ヶ月もしな
いうちに私の方から離れてしまいました。
そんな中、Hの存在が私の中で変化を起こしていったのだと思います。
いつもリーダー的な存在で仲間の中心に居て、それでいて優しく慕われる
Hに私も惹かれていったのだと思います。
前彼と別れて3ヶ月たった頃にHの方から告白されました。ただ私は拒否
しました。高校時代にあれだけ憧れだった人と付き合えたのに1ヶ月足らず
で嫌になってしまったというトラウマがあったからです。
Hに好意を持っていた私は嫌になるくらいなら、付き合わず友達のままで
良いからずっと横に居てくれたらと思ってました。
付き合っても居ないのに、いつも私はHと一緒にいました。心では大好き
なのに、気持ちが付き合うことに反発してたのだと思います。
それから1ヶ月ほど経ったある日、私は風邪を引いて寝込んでしまいました。
そんな時にHは見舞いにきてくれたのです。
熱でフワフワしてたのもあり、弱気になっていたこともあり正直な気持ちと
なぜ付き合うことを避けているのか。その理由をHに正直に話しました。
するとHはニコッと笑い。頭をポンポンとたたきながら「俺は大丈夫!Mは
俺のこと嫌にならないよ」
と言ってキスをしてきたのです。
私はビックリしましたがすぐに心地よさを感じ私の口の中に入ってきたHの
舌に自ら自分の舌を絡めてしまいました。
するとHは私のパジャマをたくし上げ、ブラジャーをはずしたのです。
初めて他人にオッパイを見られてしまい。さらに揉まれ乳首も吸われました。
ただ前彼の時と違ったのは、初めてオッパイを見られ触られ乳首を吸われて
いる状況に、私はもっとして欲しいという感情が沸きHの頭を抱き抱え自分の
オッパイに押し付けてしまっていたのです。
その時はとても気持ち良く、Hにそうされたのが幸せと思っていました。
Hはもし後で俺のことが嫌になってきたのなら正直に言ってくれたら良いと
言ってくれ、その時はそれだけで終わったのです。

それから半月が経っても私の気持ちは変わらず、それどころかもっとHのこと
を好きになっていました。そして正式に付き合うことになりました。

付き合いだしてからは、毎日のようにHが独り暮らししている家に通うよう
になりました。
キスもお互いが舌を出して絡め合うようなエッチなキスになっていました。
オッパイは揉まれたり吸われたりしてたのですが、オマ○コにはなかなか触
れてもこないのです。私のオマ○コは熱くなりムズムズして濡れてしまって
いました。トイレに行ってショーツを脱ぐとオマ○コからショーツのクロッ
チにかけて透明な糸が引いていて、クロッチ部分がグショグショになってい
たのを覚えています。
その頃にはオマ○コも触って欲しいなぁとちょっと思っていました。

家に帰ってもオマ○コが熱くなっているのが収まらず、生まれて初めてオナ
ニーをしてしまったのです。割れ目に沿って指を上下に動かしクリトリスを
刺激するだけのオナニーでしたが・・・
ただまだイクことはできず気持ちがいいだけというオナニーでした。

私は2ヵ月後にくるHの誕生日にバージンを捧げようと決めていました。
私としてはすでにHが望むのであれば、いつでも捧げても良いというほど
Hを愛していたのですが、Hの方から「Mを大切にしたいから」と下半身
への行為は抑えてくれていたので、Hの優しさと誠意に答えるように私も
その時はそれ以上は望まないようにしていました。

Hの誕生日の前の日に、Hに初めてオマ○コを見られ触られました。
いつものようにキスをしてオッパイを愛撫され、はじめてHの手が太ももの
方からスカートの中に入ってきたのです。恥ずかしさと、ずっとそうして欲
しかったという思いがあったせいか太ももを触られただけで体がビクンビク
ンと反応してしまっていました。そんな反応を見たせいかHもいつもより息
も荒く興奮しているようでした。

ショーツの上からオマ○コの割れ目に沿ってHの指が触れてきて「すごく濡
れてるね」と耳元で囁かれた時には、恥ずかしさと興奮で体中が熱くなり
赤くなってしまっていたと思います。
スカートもショーツも脱がされ、誰にも見せたことのない私のオマ○コをH
にさらけ出しました。「すごく毛が薄いんだね。綺麗で可愛い」とHが言い
ながら指でオマ○コを広げ中の方まで見られています。
私の陰毛はとても薄くオマ○コの周りにも毛がまったく無いのでハッキリと
オマ○コが見えていたと思います。見られているだけでも感じてしまってい
るのにクリトリスを指で刺激されながらHの舌が膣のあたりから舐め上げる
ようにしてきます。もう頭の中は恥ずかしさと快感で真っ白になっていた
と思います。
愛液が溢れてきます、それをHは舐めて吸ってくれてることが恥ずかしいな
がらも嬉しかったです。クリトリスを舌で転がされたり、口を付けて吸っ
てくれたりすると体中に電気が走ったようになり、ガクガクと体が波打ちま
した。体のどの部分に触れられてもビクンビクンしてしまい。わけが分から
なくなっていました。Hはそれが面白いのかわざと触れてきたりして笑って
ました。きっとこの日が始めて私が絶頂を迎えた日になったと思います。

頭がしっかりしてきた頃には私はHの腕枕で寄り添っていました。Hは私の
頭を優しく撫でてくれてました。
私が勇気を振り絞ってHのオチ○コに触れてみたいと言いました。
Hは私の手を取り、そっと自分のオチ○コのところに持って行きました。
ズボンの上から触れたそれは大きくてすごく堅く、手を上下に動かし擦って
みると、たまにビクビクと動いていました。
私は布団に潜り込み、Hのズボンのファスナーを下ろしズボンを脱がせ、パ
ンツの上から触れて見ました。ビックリしたのはパンツがすごく濡れていた
のです。Hに聞くとこれが我慢汁というものだったそうです。
私だけではなく、Hもいつも私とキスをしたりオッパイを愛撫して後にはパ
ンツが我慢汁で濡れていたそうです。
しばらくパンツの上から触ったり握ったりしていましたが、私のオマ○コも
見られ触られたのだから、私も見て触って良いよね。って思いでパンツを脱
がせ布団を捲りました。
Hの勃起したオチ○コを始めて目にしました。私は父のしか見たことが無く、
それもお風呂上りなどにチラっと見た程度だったのですが、まったく別もの
でした。
そっとHのサオに触れてみると、ビクンと動きます。握ってみると石のよう
に堅く上下に擦ってみると先のほうから透明な我慢汁が出てきます。
玉袋には玉が2つ入ってるようで、本当に2個あるんだなーと何故か冷静に観
察してる自分もいましたw
正直、男性のオチ○コに対しては汚いとか気持ち悪いという気持ちがありま
したがHのは全然平気で逆に可愛く愛おしく感じました。
ただ、明日はHの誕生日。こんなに大きくて堅いのが自分のオマ○コに入る
のだろうか?と少し怖い気持ちにもなりました。

Hのオチ○コをそっと舐めてみました。するとHが亀頭の裏側が気持ちいい
んだと教えてくれたので、亀頭の裏側を舌でチロチロと舐めたり、カリの部
分まで口に含んだりしました。ただ始めてのフェラでぎこちない上に、私は
口が小さいので亀頭の部分を口に入れるのが限界でした。
初めて味わうオチ○コの味は良くわからなかったです。我慢汁の味もあまり
分からなかった…ちょっと苦味があったかな?
Hのオチ○コを口に入れた時は心の中で、これでHは私の物♪って気持ちで
いっぱいでした。
小さな口で奉仕しているのが苦痛に見えたのかHは、「無理しなくて良いぞ」
とオチ○コを咥えている私の手を引き寄せ抱きしめてくれました。
私の片手はオチ○コを握り締め上下に動かし、Hはビショビショになった私
のオマ○コを手で愛撫してくれました。
Hの胸の中で抱かれながら、1日で生まれて2度目の絶頂を迎えました。
とても幸せでした。Hには射精させてあげることはできなかったのが残念で
した。

誕生日、私がHに捧げる日です。実はHも童貞でしたのでお互いに始めてと
いうことにもあり、とても緊張してました。
私は経験豊富な大学の女友達から色々と聞いてイメージトレーニングはして
きていましたがドキドキは止まりませんでした。
いつものようにキスから始まりペッティング、オマ○コは愛液とHの唾液で
濡れ濡れ、Hのオチ○コもドクドクと脈を打って我慢汁も溢れ出し私の唾液
とでお互い準備は万全です。
初めては生でと思っていたのでコンドームなどは使わないように言ってあり
ました。
ついに挿入の時です。始めはやはり正常位でお互いの顔を見つめあいながら
Hはオチ○コの先でオマ○コの入り口を上下に動かし刺激を与えながらゆっ
くりと挿入してきました。
キツイ感じはありましたが不思議と痛みは少なくあっさりとHのオチ○コを
根元まで受け入れました。
Hも気を使ってゆっくりと動いてくれました。私の中が浅いのかHのオチン
ポが長いのか奥に当たると少し痛みを感じましたが、話で聞いていたほど痛
みを感じませんでしたし、出血もありませんでした。
正直、気持ちいいなどの快感も無かったですが。

ある程度してから、初めてのセックスだというのに「私が上になってみる?」
と言ってオチ○コをいったん抜き、Hに仰向けになってもらい、私がHのオチ
ンポを握り自分のオマ○コに導き腰を下ろしました。わたしがゆっくりと自分
から腰を上下に動かしたり円を書くようにくねらせたり、騎乗位というものも
体験しました。
私は自分からそうしてる行為を少し楽しんでいたのかもしれません。
私のオマ○コの奥のほうが少し痛くなってきちゃったので、Hが気を使って、
今日はここまでにしようと終わりになりました。

その後、一緒にお風呂に入りました。これも初体験でした。
お風呂から出て、私はどうしてもHに射精してもらいたくて、自分からフェラ
してもいいか聞いてしゃぶり付きました。
わたしのオマ○コは挿入のせいもあり敏感になっていて、触られると少し痛か
ったのでHには「見るだけで我慢してくれる?」と言い自然と69の形になり
一生懸命、手と口を使ってオチ○コを刺激しました。
Hに「今日は精液を出して欲しい。出るところを見たい」とお願いをして…

しばらくしてHが「いきそう」と言い。私は思わず口に含みました。その瞬間、
ドクドクとHの生温かい精液が私の口の中に出され、私は飲み込んでしまいま
した。出すのも悪いし飲むと男の人は喜ぶと聞いていたのでそうしました。
その時、特に味はわからなかったです。とにかく愛するHが射精してくれたこ
とが嬉しかったです。
Hは「ごめん、出ちゃった」と言いながら慌ててティッシュを口元に持ってき
てくれたのですが、「飲んじゃった」って言うとビックリしながらも嬉しいと
言ってくれました。
私はあっ!と思い、「精液が出るところ見なかった…」と言うとHは「いつで
も見れるよ」と笑いながら言いました。

その日はそのまましばらくHに抱かれてロストバージンの余韻に浸ってました。

その後の続きは追々に書いていきますね♪

私の初めてがお兄ちゃんでよかった♪

私の好きな○お兄ちゃんにいつも勉強見てもらったり遊んでもらってました。でもわたしも大学生になったのでその関係が少しずつくずれていくようになりました。
私はある火曜日にお兄ちゃんに連絡して家に遊びに行くことにしました。(お兄ちゃんと言っても2つ上のご近所の昔からお世話になってる人のことです。)

兄「はれて大学生やな」
私「お兄ちゃんの大学と一緒なんだよー。」
兄「そうやな。学校であったらよろしくな。」
私「?学校だけ?」
兄「だってお前もそろそろ彼氏とか作るだろ?そんなに可愛いいんだから。まず高校のときに付き合ってないこと事態がおかしいぞ。」
私「(しょうがないでしょ?お兄ちゃんのことが好きになってたんだから)お兄ちゃんも大学はいってから付き合ってないやん?」
兄「俺?俺は今を楽しみたい人やから遊んでバイトして寝てみたいな?まぁ、好きな人できたら付き合うかもしれんけど」
私「年上じゃないとダメなんだよね?年下じゃダメ?」
兄「年上のほうが好きってだけで、年下でも問題ない子ならOKやで!タメわなんか無理やけど(笑)」
私「どんな子ならいいの?」
兄「どうした?そんなこと聞いて、お前は昔からほんと変わらんな!」
私「なにが?」
兄「少し天然なとことか、どんどん大人ぽくなって・・」
私「へ?」
兄「なんでもねえわ。とにかく可愛いってことや。」
私「(可愛いって異性としてみてくれてるのかな???でも昔から可愛いって言われてるし・・)」
兄「今日は何して遊ぶ?」
私「眠たい」
兄「家帰って寝とけばよかったのに俺のベッドで寝るか?」
私「うん♪お兄ちゃんは?」
兄「適当になんかしとくよ。」

お兄ちゃんの匂いがするベッドで私はすーっと寝てしまいました。
起きるとお兄ちゃんが地べたに座ってベッドに腕で頭を固定してもうひとつの手でわたしの頭を撫でていた?感じで寝てました。

私「(お兄ちゃんも寝てる・・
可愛い♪)」ドキドキしてました。「お兄ちゃん?」
兄「あー寝てた。」
私「一緒に寝ようよ?」
兄「?あぁ!」
私「お兄ちゃん?」
兄「どうした?」
私「お兄ちゃんのことが好き!」
兄「え?あーえっと」
私「どうしたの?」
兄「あっちの好きでいいんやんな?」
私「///」
兄「俺さ!妹ととして見てきたつもりやったのに、お前が高校生になってからなんか今にも手出しそうで・・」
私「お兄ちゃんも私のこと好きってこと?」
兄「大好きや!」
私「ほんと?」
兄「何を泣きそうな顔してんの?俺と付き合ってくれる?」
私「うん!お兄ちゃん好き」
兄「そのな?」
私「?」
兄「今はお兄ちゃんって言ってもいいけど、外でさ言うんわ流石に勘弁してほしいつうかさ。」
私「でもこれまでお兄ちゃんって言ってきたから間違えそう。」
兄「間違えてもいいから。う~ん。先輩か渾名か名前にしてほしいんやけど」
私「わかったー♪」
兄「あとひとつ!ほんとに俺でいいん?」
私「?」
兄「大学やったらいい奴なんかいっぱいおるで?」
私「お兄ちゃんのことずっと好きで、ずっと隠してきて辛かったんだよ?
後お兄ちゃんって人気あるんだよ?カッコいいし優しいし」
兄「俺がか?・・そうなんや」
私「お兄ちゃん?もっと近ずいていい?」
兄「じゃあ抱いていい?」
私「うん」
兄「私ってさ!めっちゃいい匂いするよな。」
私「おお兄ちゃんもいい匂いするよ。」
兄「顔赤いぞ。可愛いなほんとに」
私「うー。お兄ちゃん?私その付き合うのとか初めてだから、その優しくしてね。」
兄「(笑)なんか勘違いしてね?付き合うと優しくしてね?は意味ちがうやろ」
私「ふぇ?あっえっと」とりあえず布団の中に潜りました。
兄「可愛いわー。天然って言われるやろ?学校で。」
私「うん。私は違うと思ってるけど・・」
兄「そうか!まぁ天然やで(笑)てかさこれまで何回ぐらい告白された?」
私「んー、数十回?かな。覚えてないよ。」
兄「ほんとにモテてるなぁ。」
私「お兄ちゃんこそコミ力高いしカッコいいし女の子回り多いじゃん。」
兄「でも、友達やしな!大学生になってからお前が好きやったからな。」
私「うー。もっと早く告白したらよかったー。」
兄「でも、よく遊んできたやろ?これまでずっと」
私「そうですね!お兄ちゃん?」
兄「ん?するか?」
私「・・うん」
兄「目を瞑ってくれる?」
私「うん」

ちゅっ

私「えへへ。」
兄「(ナデナデ)」

それから2ヶ月位たって大学生活もなれてきて2ヶ月で3回告白されました。
お兄ちゃんと付き合ってるから他の男子には全然興味はなかったです。
2ヶ月後の夜にお兄ちゃんと初めてやりました。

お兄ちゃんの部屋で遊んでお風呂行ってベッドINしていまし。
兄「私!いいかな?」
私「なにを?」
兄「クンクン」
私「くすぐったいよ」
兄「ちゅっ」
私「どうしたの?お兄ちゃん」
兄「さわっていい?」
私「・・・////(そういうことか)ぅん!」
私「んっ・・」
兄「脱ごっか?」
私「んっ・・あ」
兄「ちゅっちゅっちゅぱっ」
私「ぷは」
兄「鼻で息したらいいんやで」
私「うん。もう一回・・」
兄「ちゅっちゅっちゅ・・くちゅくちゅ」
私「ふわっ」
兄「首筋いい匂い♪」
私「乳首ばっかり触っちゃダメ」
「んっ」
兄「するー」
私「ズボン恥ずかしいよー」
兄「可愛い下着はいて誘ってるようにしか見えへんよ」
「こんなに濡れて」
私「そこはダメ!」
兄「なんで?」
私「あついよー」
兄「いいぐらいになってきたな!」
私「ふぇ?え?お兄ちゃんの?///」
兄「初めてやんなそういえば、ゆっくり触って」
私「うん。固くなってきたよ。口でやるんでしょ?」
兄「嫌やったらええんやで」
私「ペロペロ。大きい・・」
兄「俺も舐めたげる」
私「ひひゃあ!ややめて。んっんっあ」
兄「ここがいいんやな。」
私「ダメでちゃう」クリトリスを舐められて絶頂寸前でした
兄「こんなにべちゃべちゃにしてそろそろいいかな?」
私「お兄ちゃん?怖い」
兄「嫌やったらやめるよ。」
私「嫌じゃない!でも怖い。」
兄「初めては痛いかもしれんから痛かったら言ってな」
私「うっ」
兄「痛いか?」
私「大丈夫」
兄「もう少し入れるな」
私「いたっ」
兄「少し動かすで?」
私「んっんっんっお兄ちゃん?痛い」
兄「もう少しだけ我慢して」
私「「血がでてどうなるんだろと心配でした。」」
兄「もうなれてきた?」
私「うん。でも怖い」
兄「わかった。じゃあもうやめとこっか」
私「だ大丈夫だよ」
兄「また、よかったらでいいよ!」
「次からやるときは痛くないから大丈夫やで。」
私「ごめんなさい。怖いばっかりいって。その・・」
兄「全然!お前が嫌がりながらやるなんか俺も嫌やもん」
私「うん。」
兄「お風呂いこっか?」
私「うん」

一緒に入ってベッドに戻ってキスしてその日は寝ました。
1週間経って私からやりたいといってやりました。

兄「こわいか?」
私「大丈夫。あれ?痛くない」
兄「動かすで?」
私「うん!あれ?お兄ちゃんの前より大きくない?」
兄「抜いてないからな」
私「あっあっん。気持ちいいよ」
兄「俺も気持ちいいで」
私「んっんっんっあん」
兄「バックでやらしてな」
私「やんやん、んっんっんっ」
兄「きつくて、しまりやべ」
私「お兄ちゃん!んっんっんっはぁはぁ」
兄「次俺が下になるから自分で動いてみ」
私「ふっふぅふぅお兄ちゃん?」
兄「ん?」
私「気持ちい?」
兄「めっちゃ♪」
私「よかったー!」
兄「動かしていい?」
私「ダメ!なんか擦れてすごく気持ちいい」
兄「ふうーん♪」
私「?」
兄「少し前かがみになって?」
私「はい?」
兄「そろそろイクか?」
私「へ?」
私「んっんっんっんっんっんっそこはダメ、」
「やっやっやイク!」

乳首吸われてクリトリスとGスポットとか言うところを責められてイっちゃいました。

兄「俺もそろそろ」
私「んっんっんっイク・・・・やん!」
兄「っ!」
「大丈夫か?」
私「うん・・・」
兄「もう一回だけいい?」

少し休んでもう一回しました。

兄「大好きやで」
私「私も」

小学校卒業の前の話し。 僕小学生です。

僕は3月19日に卒業式が終わった小学生です。これはついこの前の話しです。僕はUくんRくんoちゃんと一緒にゲームセンターに行きました。最初は皆で行動していたのですが面倒なので自由行動になりました。そこで僕はoちゃんにプリクラ撮ってと言われたので一緒に行きました。その中で僕はoちゃんの事が大好きなので告白しました。そしたらoちゃんいきなりkissをして来て僕もしました。それからディープになって抱き合いながら1分くらいしました。その時僕は勃起していてそれがOちゃんに気づかれて⭕️⭕️⭕️勃起してると言われて、僕はう、うんと言いました。そしたらOちゃんがいきなり僕のズボンを脱がしてフェラして1分くらいで口射してしまいOちゃんが(私たちこれからも一緒だよ)と言って抱きつきプリクラから出ました。そしたらUくんたちが僕たちを探していてトイレに言ってたと嘘をついて終わりました。 話し聞いてくれてありがとう。
質問どーぞ

小学校卒業の前の話し。 僕小学生です。

僕は3月19日に卒業式が終わった小学生です。これはついこの前の話しです。僕はUくんRくんoちゃんと一緒にゲームセンターに行きました。最初は皆で行動していたのですが面倒なので自由行動になりました。そこで僕はoちゃんにプリクラ撮ってと言われたので一緒に行きました。その中で僕はoちゃんの事が大好きなので告白しました。そしたらoちゃんいきなりkissをして来て僕もしました。それからディープになって抱き合いながら1分くらいしました。その時僕は勃起していてそれがOちゃんに気づかれて⭕️⭕️⭕️勃起してると言われて、僕はう、うんと言いました。そしたらOちゃんがいきなり僕のズボンを脱がしてフェラして1分くらいで口射してしまいOちゃんが(私たちこれからも一緒だよ)と言って抱きつきプリクラから出ました。そしたらUくんたちが僕たちを探していてトイレに言ってたと嘘をついて終わりました。 話し聞いてくれてありがとう。
質問どーぞ

田舎のドライブインで妻を貸し出し

私43歳で妻42歳の夫婦です。

ドライブインでトラックドライバーに妻を貸し出した話を書かせてもらいます。

その日は千葉県某所にある昔ながらのドライブインに立ち寄りました。
一般車が10台ほど、そして大型トラックが3台停まっていて、どの車も朝まで車中泊する感じでした。
時間は23時くらい。
その時間になると、トイレに行くドライバーが多いんです。
割りと細身で気の良さそうに見えるトラックドライバーがトイレに入るのを確認して、私はトイレ前のベンチでタバコを吸いながら彼を待ちました。
用を足した彼がトイレから出てくると、私はすかさず声をかけました。
夫婦で旅行に来たと告げ、このあたりに食事の美味い店はないかと尋ねるところから始め、雑談の中で彼がどのような人柄か確めました。
思ってたとおりの好印象であったので、私の妻を貸し出すのでトラックで妻を犯してもらえないかと頼んでみました。
もちろん始めは皆驚きます。
大抵は断られます。
ですがそのドライバーはOKしてくれました。
そのことを私の車で待つ妻に伝え、車外で顔合わせを軽く済ませ、ドライバーにいくつか約束をさせてから、二人の背中を押してトラックに乗り込ませました。
約束と言うのは、犯して欲しいとは言ったものの、本当に犯すわけではなく、犯すように激しくセックスして欲しいこと。
痛いことはしないこと。ゴムをつけること。そして私の携帯で撮影してあとで私に見せること。そんな感じです。
ドライバーは了解して、緊張ぎみではありましたが、トラックの高い運転席内に妻を引き上げ連れ込みました。
ちなみに妻は少しぽっちゃりで、本当にどこにでも居そうなごく普通の人妻です。
しかも妻は決してMでも淫乱とかではなく、セックスも大好き
なわけではありません。
ですから当然いつも乗り気ではありません。
しかし妻の弱点は、押しに弱いこと。
なぜか知らない人から何かを頼まれると断り切れない性格なのです。
ですからその日も妻は、いいのかなぁ…的な不安な顔をして、困ったような苦笑いを浮かべながらトラックの運転席に上がりました。
大型車な上に、仮眠のためのカーテンも閉めてあるので、外からは中の様子は見えません。
ですから私はドアのすぐ近くに立ち、中の会話や物音に耳を澄ませます。
ドライバーには少しだけ窓を開けておくように言っておきましたが、その窓も私の頭上に位置することもあり、中の会話までは聞き取れません。
二人が会話をしていることが分かるくらいです。
5分くらい経つと会話がやみました。
そしてそれからまた5分くらい経つと、わずかに妻のあえぎ声が聞こえ始めました。
トラックドライバーに妻を貸し出す場合、妻にはジーンズを履かせます。
理由は、トラック内で妻を全裸にさせるためです。
スカートだと脱がなくてもセックスはできますから。
初めて会ったトラックドライバーに、トラックの中で全裸にされてセックスをする妻…
興奮します。
また5分ほど過ぎると車内が静かになりました。
おそらく妻がドライバーにフェラをしてゴムを装着しているのでしょう。
そんな想像がまた私を興奮させます。
そして間もなく、大きなトラックがわずかながら上下に揺れ始めました。
そしてすぐに、私の頭上の窓から妻のあえぎ声が聞こえてきました。
だんだん激しく大きくなる妻のあえぎ声…
途中で静かになり、また始まる…
きっと体位を変えているのでしょう。
そしてそんな状況が10分ほど続いて、一呼吸おいたあと、今までにないほどトラックが揺れ始め、妻のあえぎ声もその日一番の大きさになりました。
妻が『いく…いくぅぅぅ!』と叫んだあと、更にトラックは激しく揺れ、今まで聞こえなかった肉と肉がぶつかり合う“パンパンパン”という音が数回聞こえ、車内は静かになりました。
どうやら二人ともイッたようです。
それから10分ほど経つと、トラックのドアが開き、妻が恥ずかしそうに苦笑いしながら、黙って降りてきました。
ドライバーも照れくさそうに降りてきて、妻とのセックスはとても興奮して、素晴らしく気持ち良かったと感謝していました。
私達は後腐れのないように、ドライバーと簡単に挨拶をして別れ、近くのラブホに泊まることにしました。
ラブホに着くまで妻は、喉乾いたとかお腹減ったと言い、ついさっき行われていた情事の話題は避けていましたが、ラブホに着き食事と風呂を済ませ二人でベッドに上がると、約束していた携帯で撮影した先程の情事を二人で見ました。
その内容まで書くと、更に長くなるので、ご要望があればまたの機会に書かせていただきますが、簡単に少しだけ書きますと、ドライバーの彼は私の要望にかなり忠実に応えてくれていて、本当に犯してるのではないかと思えるギリギリのところまで妻を激しく攻め、フェラの時は妻の髪をつかみ自ら腰を振り、セックスの最中も妻の髪をつかんだり腕をつかんだり、口を塞いだり…
私を最高に興奮させてくれるプレイでした。
ゴムをする前に、二人で体を密着させた際に、何度か生で彼のモノが入ったことも妻が告白してくれました。
そして何よりも、あまり乗り気ではなかった妻が、途中からは自らドライバーの口を吸い、焦点の合っていないアへ顔で、外からは聞こえませんでしたが、何度も『気持ちいい…もっとして…最高…』と言っていたのを動画で見たときは、私も最高に興奮しました。
そのあと私と妻は、ドライバーとのセックスを二人で思い出し話ながら、激しくセックスをしました。

大変長文になってしまいましたが、来週もまた別の場所で同じようなことをしようと思っています。

卒業写真からの出来事 part1

ぼくには高校1年生のときから片思いしている女子がいる。「しの」という女子だ。顔はかわいいというよりは美人な顔立ちで仕草がすごくかわいい。体系は痩せているのだが胸だけはでかかった。
何回か告白しようとしたが意気地がないぼくは無理だった。
そんなこんなで卒業式の日がやってきた。ぼくは卒業式が終わったら告白しようと思っていたがタイミングを逃してまた告白できなかった。
すごく悔しかった。。
家に帰ってもしののことばかり考えていた。暇つぶしに学校からもらった卒業アルバムをみているとしのが映っていた。修学旅行の私服の写真だった。しのとは学校でしか会ったことがなく私服は初見だった。正直興奮した。
気がついたらしのの写真ばかり探していた。マラソン大会のときの写真を見つけたしのは汗だくで走っていた。写真越しでもわかるぐらい胸が揺れている。ぼくのすでに勃起していた。
しのと汗だくセックスをする妄想をしながらオナニーしていた。今までにないくらい気持ちよかった。

卒業の日の次の日、クラスのみんなで食事会をしようという話になっていた。
この食事会での出来事はまた次の機会に書こうと思う。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード