萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

告白

「世界、浮気発見♪」



ちょっと語ってもよかですか

先日壮絶な修羅場の後に彼女と別れました
自分はモテない方で25歳になってその彼女で2人目でした
彼女は自分のバイト先の後輩で20歳になったばかりの女子大生です
接客のときの元気のよさに惹かれて自分から告白し付き合うことになりました

彼女は友達も多く、男女問わず明るく接するコでした
そういうところが好きになったのですが、
いざ付き合うとなると男友達が多いというのは不安の種でしかありません

以前から寝取られ話なんかを読んでは悶々としてたので
どこか覚悟してたというかそういうときになったら自分はどうするんだろう
なんてことは考えてたんですけどね
まさか本当にそういう状況に置かれることになるとは…

きっかけは何気なく見た彼女のケータイのメールです
どうやら自分の知らない男友達とふざけ半分で裸の写真などを送りあっていたようです
これだけならまだ許せたのですが
お互いの裸を見てる内に興奮してきたらしく
男の方から「俺の体、見るだけじゃなくて試してみない?」というメールがあって
彼女も「私を満足させられるの??」という返事

さらに読み進めると??拍子に話が進んだようでめでたくセックルに至ったようです
男の「また試してみない?」というメールに対し
彼女の「う?ん、悔しいけど○○(自分です)より上手かったわ?」というあっけらかんとした返事

にゃるほど。こりゃ?、?でもねぇ女と付き合っちまったもんだと思いました
どうもセックルをスポーツか何かとカン違いしてるようです
仮にこの事実を彼女に突きつけて謝罪させ、付き合い続けることになっても
いつかはまた同じ過ちを犯すでしょうし、自分もそれを不安に思いながら生活するのは嫌です
自分はこの時点で別れを決意しました

「寝取られ話だとこの後彼女が泣いてすがり付いてくるパターンが多いよな…
本当に好きなのは貴方だけなんて言われたら許しちゃうかもなぁ。
でも許したら後から苦しむのは俺だしここは相手に弁明させるヒマを与えず別れるしかねぇな」
などと怒りを通り越すと冷静になってくるもので今後のこともじっくり考えました

彼女のケータイメールから次にいつ男友達と会うのかも分かっていたので
こちらも腕に覚えのある友人4名に事情を話して協力してもらうことにしました

まずは先回りして彼女と男が出会う約束の場所で待ち伏せしました
先に彼女が現れ、次に見るからにヤリチンそうな男がやってきました
そしてホテルに入るのを確認すると出てくるまで待ちました
その間に友人達とどうするかしっかり打ち合わせです

彼女と男がホテルから出てきました
そこで僕たちはすかさず飛び出し、「ちょっと一緒に行こうか」と言いました
彼女も男もこちらの有無を言わさぬ迫力からか素直に従いました
用意していた車にギューギュー詰めに乗って人里離れた山道へ
まずは浮気したという証拠確認のため友人が2人ずつ彼女と男を押さえつけ服を脱がせます
自分は彼女の股間に男の精子が残ってるのを見て「世界、浮気発見♪」と言うと
友人4人が声を揃えて「ボッシュート!チャラッチャチャチャラ?ン♪」と続きます

「ごめんなさ…」と彼女が泣きながら言いそうになったので
SMでよく使うさるぐつわを彼女と男の口にはめ込みしゃべれなくしました
「寝取られ話でよく見るパターンだ!」とある種の感動と共に怒りが頂点に達しましたが
ここで暴力を振るってしまってはその場ではスカッとしますがきっと後味の悪いものを残します

そのまま押さえつけて用意していたバリカンで2人とも丸刈りにしました
ウチの実家はお寺なので反省といったら坊主なんです
ついでに市販の脱毛剤を数種ブレンドしてアタマに念入りに塗っておきました

「そんなにセックルしたいんだったらずっとさせてやるよ」と
無理矢理男のチンコを立たせて彼女に挿入し、対面座位の状態で動けないように縛り上げました
さらに近くの川までそのまま運び腰くらいの水位の場所に沈めました
辛うじて二人の首が水面から出る程度です
「これで文字通り全てを水に流すよ。時間はたっぷりあるしセックルを思う存分楽しんでくれ」
と言い残し自分達は帰りました

友人の一人は「事情も聞かずにやりすぎじゃねぇか?」などと言ってきましたが
事情も何もお試し感覚でセックルが出来てしまう女の言い分など聞きたくもありません
「オメー、訴えられたら負けるぜ?」とも言われましたが覚悟の上です
そうなったらなったで彼女の両親や親戚に彼女の股の緩さが知れ渡るだけですし

後日談としてはどうも釣り人に助けられたようでその日の夜には家に帰ったみたいです
彼女はすぐにバイトを辞めてそれ以来音沙汰はありません
訴えられる様子もないので内心ほっとしています
同じバイト先で働いている彼女に会った友人の話ですと
彼女は何も事情を話さず、頭は見事にツルっぱげだったそうですwwww
彼女から自分への伝言なども無いようでちょっと腹が立ちましたが
出家したくなったらいつでもウチの実家に来るよう伝えてもらい幕を閉じました

これでも気が晴れることは無いですけどね
もしかしたらもう女性と付き合うことも無いかもしれませんし
書いてる内にひでぇことしちまったなと嫌な気分になりました

姉を押し倒してしまった1

マジじゃなかったらこのスレを信じて姉を押し倒した俺の立場は・・・・・orz

姉が先週末こっちに遊びに来るって事で俺の部屋に泊まりに来てたんだ

色々、街を案内したり買い物付き合ったりしたんだけど、ぶっちゃけ彼女がいた頃に彼女とデートしてたより100倍楽しかった
俺、姉ちゃんのことが昔からずっとずっと好きだったけど血の繋がった姉弟だし付き合うなんて無理だし…
そう思って県外の大学選んで一人暮らししたんだ
んでも、このスレ見てからてずっと好きだった俺の気持ちに火がついたのかな
押し倒してしまったよ…

居酒屋でメシ食って酒飲んだ帰り気分が良くなってお互い腕組んでさ
「姉ちゃん、結婚とかしないの?」
「男とかいらなーい  わたし、男きらいだもーん」
「うへっ 一応俺も男なんだけど… じゃあ俺も嫌い?」
「○○は別だよぉ  好きだよー 大好きだよー」
とか言われてさ
ほっぺを俺の腕に押しつけてくるんだ
あまりの可愛さに抱きしめたい思いを必死で押さえつけてた

でも部屋に帰ってから・・・・

あの後、部屋に帰ってからベッドに並んで腰掛けてTV見てたんだよ
姉ちゃんはニコニコして色々、話しかけてくるけどなんか全然頭に入らない
もうその時から俺は姉ちゃんの事意識しすぎてすっごい鼓動早くなって・・・  
酔いもあって思いっきりテンパってたと思う

しばらくしてドラマも終わった頃、そんな俺の様子に気付いてないのか それとも誘ってるのか姉ちゃんは
「疲れたね  せっかく会えたのに明日にはまた離ればなれなんだよね・・・ 寂しいな」
って俺の肩に頭乗せるんですよ

酔ってるせいか、それとも誘ってるのか・・・
鼓動が通常の三倍くらい激しくなってる
マジ、心臓が破裂しそう
   
でもこのスレ見て、俺も勇気出さなきゃ・・・って思ったり
コンドームあったかな、でもゴムなんて無粋だなやっぱ最初は生で中で逝きたいな
ああ姉ちゃんいい香りだな・・ なんて色んな考えが頭をよぎってた

そして・・気付いたら押し倒してた  そしてキスした
姉ちゃんはびっくりした表情で目を見開いて俺を見つめていた
そして俺は今まで貯め込んでた姉ちゃんへの想いを、中学生の頃からずっとずっと好きだったって気持ちを話した

姉ちゃんは何も言わずじっと俺を見つめて最後まで聞いてくれた
俺の告白を聞き終えると「そっか・・・  そうだったんだ・・・」
そういってそっと手を俺の首の後ろに回して抱きしめてくれた
そして俺の耳元で「ごめんね 気付いてあげられなくて・・・」そう囁いた

しばらく無言の時間が流れた

俺はずっとずっと夢見ていた最愛の人を抱きしめる事が出来て幸せを感じてた
でも同時に熱く勃起した物を最愛の姉に突き入れたい、滅茶苦茶にしたいって欲望で頭が一杯だった

そして姉ちゃんが少し距離を取ると俺をじっとみつめて一言
「一度だけなら・・いいよ  何しても」
そう言ったんだ

目の前で優しく微笑む姉からその言葉を聞いた俺は抱きしめてキスしながら足の間に膝を入れてそのまま思いを遂げようとした

でも・・・・

俺、暴走してそのまま姉ちゃんを抱きそうになったんだけど、姉ちゃん男嫌いってか男性恐怖症だった事思い出してさ
いくら弟でも、克服できるはずないんじゃ・・って思って冷静になるとやっぱり姉ちゃん震えてるんだ

震えながらすこし涙ぐんでる姉ちゃんの様子に気付いて俺、すっごい自分に嫌悪感が出てさ
なんか自分の事ばっかり考えてて、世界で一番大事なはずの姉ちゃんの事何にも考えてなかったって…
欲望とか酔った勢いとかそんな事で俺、姉ちゃん傷つけてるって思ったら涙出てきた

それから姉ちゃんにちゃんと謝った
もうあんな事はしないって約束した
でも、姉ちゃんを愛してるってこの気持ちは一時の気の迷いとかじゃなく本気だし姉ちゃんの事、誰よりも大切に思ってる、「一生、姉ちゃんの事を想ってる」
それだけは許して欲しいって伝えた
姉ちゃんも泣き笑いの表情でうなづいてくれた
「好きな子できたらわたしの事なんてすぐ忘れるよ」って言ってたけど無理っぽw

それから二人でベッドに入って手を繋いだまま、小さい頃の思い出話とか色々話した
懐かしい話もあれば赤面するような話もあった  
あの頃から俺は姉ちゃんの事だけ見てたんだなって自分でまた理解した
そのうち俺は寝てしまったみたいでうとうとしてたら唇に柔らかい感触があったけど あれって…

次の日の夜、帰る時に「また遊びに来るから泊めてね   でも次は襲っちゃだめよ」
そういって笑いながら手を振ってくれた姉ちゃんの笑顔が忘れられない

もうこんなに人を好きになる事なんて他にないんだろうな…
いつか誰かが俺の最愛の姉を幸せにするんだろうな…

姉の居なくなった部屋に戻るとそんな事ばかりが頭の中で駆けめぐってベッドに潜り込んだ
泣きそうになり枕に顔を埋めると枕からほのかに姉のいい香りがした……

リストカットした男

今まで恋愛やら修羅場やら結構あったんだけど
思い出すと一つ変わった修羅場があったので書いてみる。
面白くなかったらすまない。

当時俺は20代前半。
前の彼女と別れて少しへこんだ日が続いていました。
それでもバイトしながら、それなりに楽しい生活を送ってました。
そんな時に近所にあるカメラ屋のおっさんと親しくなりました。
バイクでどっかに出かけるたびに写真撮って帰って来たんで、現像を頻繁に出してて。
そのカメラ屋のおっさんの知り合いの人がパーティを開くので一緒に行かないか
と誘われ、暇だった俺は参加させてもらいました。
12月のクリスマスパーティという名目で行われたパーティでした。
流石におっさんの友達であるロンゲのおっさんが開いたパーティだけあって
若い子はそんなにいませんでした。
だけどロンゲのおっさんの嫁さんが、大学の講師をしていたので
4人ほど若い子が。
若いっていっても当時の俺と同じ歳だったので20代前半ですが。
周りに同年代が居ないせいか、相席になり一緒にダンスしたりゲームしたりしました。

暫くしてからその中の一人、S子と付き合うことになりました。
その子は関西の方からこっちに来ていて一人暮らしでした。
俺はバイトが家の近くだったこともあり、彼女の家に遊びには行きましたが
同棲とかはしませんでした。

そこから三ヶ月、順調に付き合っていました。
彼女は元気で明るく、やたらテンションが高い子でした。
カラオケ大好きで会えば必ず拉致られ連れて行かれました。

ある日、バイトで少し遠くに行ったあと、お土産を置きに彼女の家に遊びに行きました。
行く前に連絡を入れて、今から行く事を伝えると凄く喜んでくれました。
…が、家についてインターホンを押しても一向に返事がありません。
どうしたもんかと思っていると、アパートの入り口の駐車場から彼女の声が聞こえてきました。
「どっか行ってたのか?」と思い、そっちに向かってみると、どこかで見たような男がいました。
まあ友達だろう、と思って「おーい、土産ぇぇぇぇ!」とテンション高く挨拶。
しかし顔を伏せて「あちゃ?」とうなだれる彼女。

なんじゃらほい?と思いつつも近づくと、隣にいた男が俺に向かって一言。
「彼氏?」
俺「うん、ちょっとお土産を置きに」
といらんことまで喋る俺。
男「そっかー、彼氏いるんじゃしょうがないね?」
この状況がさっぱりわからない俺は男に向かって「友達?」っと聞いてみました。
男「あ、ごめん、自己紹介してなかったね。彼氏さん。彼氏2号です」
笑顔で答える2号君。
あまりの拍子抜けに何を思ったのか「あ、はじめまして」とつられる俺。
でもよく考えると笑顔で会話する内容じゃないことに気付く。
黙っていた彼女に「説明してくれる?」と言うと
「外じゃあれだから家に入ろう?」
という流れで三人で家の中に。

家の中に入り三人で何故か正座。
沈黙が続くのも嫌だったので正座したまま土産で買ってきた長崎のカステラを出す。
「ちょっと切るからみんなで食べながら話そうか。S子、お茶用意して」
と台所を借りてカステラを切る。
「ああ、お茶は俺が用意するよ。」と2号君。
彼女の家なのに台所で男2人並んで菓子とお茶を用意する。
その時顔をよく見たんだけど思い出した。
この人カラオケの店員さんだ。

テーブルにカステラとお茶を用意し、彼女に説明してくれる?と頼んでみる。
S子「ごめんなさい、二股してました。本当はねこんな風になる予定じゃなかったの。」
俺「うん、二股はわかってるけどさ、こんな風にって?ばれる予定じゃ無かったってこと?」
「・・・」
黙る彼女。
そこで2号君が説明し始める。
「だいたい流れはわかるから俺が説明するよ。」
俺「あ、じゃあお願いします。」
本当なら彼女に切れて怒るところなんだけど、どうも2号君が落ち着いていて怒るに怒れない。
2号君「多分付き合ったのは貴方が先だと思う。カラオケに一緒に来たのも覚えてるし。
さっき彼氏か確認したのは彼女が「あの人は友達」って言ったから。
それを聞いたから彼女に告白したらOK貰ったの。
んで付き合いだした、と。
まだ付き合って2週間だけどね。」
なるほど、普通に二股だわな、これ。

2号君の話が終ったところで、彼女も観念したのか謝りだす。
「本当にごめんなさい、二人共。」
これをずっと繰り返す。
しかしそれをずっと聞いてるのも可哀想になったので、この場を明るくしようとする俺。
あ、俺がこういう行動するのは沈黙やら低いテンションが嫌いだから。
俺「こいつはメチャ許せんよなぁぁぁ!」
2号君「JoJoだろ、それw俺も好きなんだよw」
わかった。なんで怒る気にならないのか。
俺と2号君ってなんか似てるんだ。

で、お互い納得して別れて解散ってなら修羅場にはならなかった。
先にこの場の雰囲気を壊したのは2号君だった。
「んでどうする?正直俺も好きだったからまじで凹んでるんだけど。」
俺「そりゃあ俺だってな、裏切られたわけだし。」
S子「ごめんなさい・・・」
俺「S子はどうしたいの?どっちかを取るのか、それとも両方と別れるのか」
普通だったら浮気されたわけだし、問答無用で話を聞かないところだけど
2号君がどうも憎めない俺。
普通に性格も良さそうだし、もう少し話せばいい友達になれる感じの好青年。(俺より年上だけど)
2号君「そうだよな、どうすんの?S子」
俺「2号君はどうしたい?もしも2号君と付き合いたいって言ったら付き合える?」
2号君「え?1号君ってそういう趣味?!」
俺「違うってwS子とだよw」
駄目だ、どうも彼のペースに巻き込まれる。
2号君「まあショックだけどねー。それでもまた付き合えるなら付き合いたい。そのくらい好きだから」
うん、全く俺と同じ考え。俺もそのくらい彼女のこと好きだったから。

2号君「でもさ、やっぱりこのままで済ますのもまずいと思うんだよ。俺だって1号君だって裏切られたわけだし」
俺「そりゃそうだね。でも彼女は反省してるし、これ以上傷付けたくないよ、好きだから」
2号君「俺もそう思う。さっきから彼女泣きっぱなしだし、これ以上悲しませたくない。」
そう、さっきから返事をしない彼女はずっと泣いている。
惚れた者の弱みか、いまいち煮え切らない男2人。
2号君「それでさ、俺らでケジメつけない?彼女を傷つけることなく」
俺「どうやって?まさか三人で合意して付き合うとか?」
2号君「1号君とならそれもいいけどさ、そのうち独占欲が沸いてどっちかが苦しむよ。
それだったら今2人で同じ苦しみを味わおう。」
俺「わかった。どうやって?」

ここを見てる人は「こいつら頭おかしいんじゃない?」って思うかもしれない。
でもなんか2人して奇妙な連帯感みたいのが生まれてた。
修羅場なはずなのになんか和やかというか。

2号君「S子、カッターナイフある?」
ちょっと待て、何をする気だ?と正直思った。
泣きながらだけど素直にカッターナイフを出すS子。
2号君「S子が俺ら2人のどっちか、もしくは両方を好きならこれをやれば二度と浮気はしないはずだから」
と自信満々な2号君。
2号君「1号君、ちょっと腕出して?」
怖い事を言い出し、何をされるか検討のつかない俺。

でも何となく「彼は酷いことはしない」と思った。
腕を出した俺を見て「少し痛いけど我慢して」と俺の腕をカッターで切った。
これを見て俺よりあわてたのがS子。
「なにやってんの!やめて!」
と叫ぶ。
が、2号君が「黙ってろ!誰の為にこうなったと思ってんだ!」いきなり切れる。
それでも叫ぶS子。
「お願いだからやめて!」
2号君「動くな!動くと手元が狂うから!」
多分これにびびったS子は何も言わなくなった。
2号君「じゃあ次は俺ね、1号君さ、俺腕を同じように切って」
これはどんな意味があるんだろう、と真剣に思った。
でもノリで同じ事をした。
そしてお互い血を流しながら、腕に合計4本の傷が出来た。
ウォーズマンのベアクローで引っかいたみたいに。

っていうか床に血が滴り落ちててやばそうだった。
彼女は途中「もうやめて!本当に!」と言っていた。
動かなかったけど。

なんか儀式めいたものが終った後、改めて聞いてみた。
俺「で、どうする?どっちかにする?両方と別れる?」
2号君「俺らは俺ら、男同士でケジメをつけた。あとはお前の返事だけだ。」
今のがどういうケジメだったのかわからなかったが、喧嘩にならないならまあいいやと思った。

2号君「黙っているのはいいけど、俺らお前が決めるまで止血しないから」
ナンダッテー!?
そんなのは聞いてない。
でもとっとと結論出して欲しかった。
血の量は多いけど、お互い実はそこまで深く切れていない。
切った場所が多いので血は流れてるけど、多分あと10分もすれば血が固まる。
っていうか、とっとと結論出してくれないと深く切っていないことがばれるのでやばい。
まあ2号君がそこまで考えてたかわからないけど。

1分くらい間を空けて、やっとS子が喋ってくれた。
「2人は・・・」
俺「ん?」
「2人とも好きって言ったら怒る?」
ここまできてその結論が出ると思わなかった。
2号君「怒らない!俺らはケジメつけたからS子の結論がそれなら怒らない!」
おいおい、なに一人で決めてるんだよ。
俺「ちょっと待って、それって2人と付き合いたいって事?まじで?」
S子「だって今どうするかなんて決めれないよ、二人共止血しなきゃならないし・・・」
やばい、なんかこの結論はやばい気がする。
いっそ血のことは言った方がいいんじゃないか?
2号君「とりあえずS子が結論出してくれたから止血しよう。」
俺が色々考えてるうちに、どんどん話が進んでいく・・・。
なんとなく2人で風呂場を借りて血を洗い流す。
傷は思ったよりも深く切れていて、何年も経った今でも三本だけはっきりと傷が残っています。

この後、本当に三人で付き合うという奇妙な生活が三ヶ月続きました。
最後は本当の修羅場になり三人別れることになりましたが。
今回書いたのは修羅場というには緊張感が無いと思うんだけど
俺にしてみれば心境的に修羅場でした。
変な話でごめんね。

彼女浮気。相手は友達。

彼女が浮気してるという情報を親友から聞いた。

相手は俺の友達、というかサークルの先輩。
情報はかなり具体的で信頼性高い。
真相を本人から聞きたいが、どう言葉を作ればいいのかわからない。
彼女からは真相が聞き出せれば別れることになってもかまわない。
とりあえず詳細書き込む。

俺と彼女は大学のサークルで知り合った。
俺がひとつ年上。
付き合って1年と3ヶ月。
浮気情報は、俺の親友が直接相手の男から聞いたというもの。
相手の男も彼女持ち。その彼女もサークル構成員で年は俺と同じ。
俺と彼女と浮気相手とその彼女と4人で遊びに行ったことも何回かある。

俺は浮気相手の先輩は尊敬してるし(してたし)正直今どうしていいかわからん。
とりあえず真相が知りたいがどう聞けばいいのかわからない。

とりあえずメール始めとして
「今、何してる?」
と送りました。

返信きた。
「ん?今CD聞きながらぼーっとしてる」

ここからどう切り出せばいいものか・・・

「最近、○○さん(←先輩)とはどう?」
送信しました。

返信きた。
「んー、どうもこうもないよ。普通。どうしたの?何かあった?」
何かありまくりなんですが・・・

「いや、ちょっとお前と○○さんに関して噂をきいたからさ、気になって。なんか心当たりある?」
送信。これで言ってくれればまだ傷浅いんだけど・・・

返信。
「え???どんな噂???」
?多すぎ。これは突撃するべきか、もう少し探りを入れるべきか・・・

「いや、なんかお前んちの近くで夜中に○○さんとふたりで
いるって聞いたんだけど」
送信。

返信。
「ん??知らないよ。いつ?」
おとといです!!!

まだ、「さめる」まではいってないです。情けないけど・・・
怒りはあります。
ただその怒りが彼女に向けてなのか、先輩に対してなのか、自分自身に対してなのか、つかみきれてない・・・

「おとといの夜は?」
おくっちまった!!!!!

この恋は終わらすつもりだから・・・
正直、純恋にはいきづらかった・・・

返信きた。
「ねえ、どんな噂聞いたの???誰から???」
?の数は原文ままです。

先輩の彼女にチクる、という選択肢もあるにはあるけど、それはさすがに。

「誰から聞いたと思う?」
送信。

たぶんはぐらかされるかまた質問返し、かな。

返信きた。
「わかんないよ。△△(←俺の名前)どうしたの??なにか疑ってる??」
疑ってます!

「ぶっちゃけ、先輩と浮気したのか?ちゃんとお前の口から聞きたい」
送信。これで聞けるかな。

電話なってる。正直今は出たくない・・・

今電話中。なんか俺が責められてる。

電話終了。

友達(名前は伏せた)から浮気したって聞いたってことは言った。
彼女は
「知らない。信じられないの?」
の一点張り。
今から情報もとの友達に確認する。

「この前の話だけど、あれは間違いない?根拠をもう一度教えてくれ」
情報元の友達に送信。

友達から返信きた
「間違いない。※※の食堂で先輩と話したときに聞いた。メシ食って酒飲んで連れ込んだと。
A(←彼女の名前)も拒まなかったってな。お前前も言ったけど結論出すなら早くしたほうがいいぞ。
俺の名前出してもいいし」
これは・・・

彼女に電話する。会えるなら今から会う。
電話話中。この時間誰に?

確認のため先輩の携帯にも電話する。
先輩の携帯も話中。これは決まったか・・・

この恋は終わらせるつもり。
ただ真実が知りたい。
相手サークルの先輩だし、普通に影響出るから。

先輩からメール。
「なんか疑ってる?」
ていうかなぜ今そのメール!
それが答えだろ!!

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

俺やっぱ未練あるのかな。彼女と先輩が一緒になったら絶対やだ。

みんなごめん。
俺精神力弱すぎ・・・
頼ってばっかでつまんないスレでほんと申し訳ない。

友達からメールきた。
「今先輩から電話あったぞ。お前まだはっきり言ってないんか。口止めっぽい電話だったけど、俺はお前は悪くないと思ってるから。
そのまま報告するって先輩にも言った。とにかくA(←彼女の名前)に問いただせ。結論は早いほうがいい」

なんか泣けてきた・・・俺ほんとだめだめだな・・・

彼女からは電話きた。
でもワンギリみたいにすぐ切れた。
こっちからかけなおす気はいまのとこない。

とにかく友達からのメールを彼女に転送した
顔洗ってきた。ちょっと冷静になりました。
俺は彼女とは別れるつもりです。
ただ、サークルは好きで、できればやめたくない。
彼女も先輩も構成員だから、この問題が派生するとすごく居心地が悪くなる。
とにかく認めてくれなければ何も行動できないし、
かと言ってこの状態で今までどおり付き合っていくのもサークル続けるのも無理。

彼女からからメールきた。
「ごめん、ほんとにごめんなさい・・・。酔っ払ってて、よくわからなかったの。
△△(←俺の名前)と別れたくないよ。うそもついて、ごめんなさい。
許してくれないのはわかってる。でも、本当に本当にもう二度とないから。
何年かかっても信頼できる女になりたい。本当にごめんなさい」
・・・・・え?

いま、なんか浮気されてたことより、
今まで嘘疲れてたことのほうがショック・・・どうしよう・・・
別れるんだけど、なんか引っかかってて、このままってのはスッキリしない。
なんだこの気持ちは。

正直、浮気は無理だ。しかもこんな近い人と。
戻っても、今度はすごく疑いまくって束縛しそう。
ただ、やっぱ未練見たいのがあって、すぐにはきりかえれない。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

どうしたらいいんだ。

とりあえず、彼女とは直接会うことにします。
そこで話を聞いて、どうするか考えます。

みんなほんとにありがとう。
ここに相談して勇気もらいました。
報告は必ずします。

またメールきた。
「怒ってる?怒ってるよね?もう二度と○○とは会わない。
サークルもやめる。だから許して。ほんとにほんとにもう二度とないから。今、電話してもいい?」
どうしよ。
とりあえず放置します。
今日はこの辺で。
ほんとにみんなありがとう

-----

昨日あれから何度も着信があったけど全部無視した。
それでさっきメールして、今日の夜直接会うことになりました。
やり直したいっていう彼女の気持ちがどの程度信頼できるものか、見極めたいと思ってます。
余裕があったらまた夜報告に来ます。

-----

今友達の家です。
ひとりでいると怒りが暴発してしまいそうで・・・
報告は、なるべく冷静に書こうと思います。

今日の夕方、近くの公園で彼女に会いました。
ふたりで何度も行った、思い出の公園でした。
ぼくは彼女に、
・浮気をしたという事実よりも、俺がそれを友達から知らされたということの方がつらかった
・友達からのメールを転送するまで、嘘をつき続けてたことでもう信用できなくなった
・もう、今まで通りの気持ちで付き合っていくのは無理
ということを伝えました。
彼女は聞きながら終始泣いていて、ごめんなさいを繰り返していました。

その後彼女にこれからどうしたいのか、
先輩とはどうするつもりなのかを聞きました。
彼女は、あの時はどうかしてた。好きなのは俺だけで、それはずっと変わってないしこれからも変わらない。
どうしても別れるのは嫌で、今は信用されなくても、どれだけ時間かかってもまた前みたいになれるように頑張らせてほしい。
先輩とはもう二度と会わない、サークルはやめる。
ということを言ってました。
話し方とか表情から、本気でそう思ってるんだなってことは感じました。

でも、その後、僕は
「浮気は一度だけ?」
と聞いてしまいました。当然一度だけだという返事が来ると思ってたんですが、違いました。
彼女と先輩は、夏前くらいから何回か会って浮気を重ねてたそうです。
友達が聞いたのは、何回もあった浮気の一回に過ぎなかった。
泣きじゃくりながら彼女はそれを告白したんですが、
ぼくはそこで逆上してしまって、思い付く限りの罵詈雑言をぶつけて
「軽蔑する。二度と顔見せるな」
と言って公園を出てしまいました。
怒りは先輩に対しても爆発的になりました。
夏前からぼくは何度も先輩と飲みに行ったりして彼女の話もしてました。
その時先輩はすごく笑顔で
「ほんとにお前らふたりはいいカップルだよな」
とか言ってた。
僕は感ぜんにコケにされてた。
見下されて馬鹿にされてた。
そんなことを僕に言いながら裏で先輩は彼女と浮気してた。
一度限りじゃなかった。

ぼくは公園から出てそのまま先輩の家に殴り込みに行こうと思ったのですが、その時友達から電話がありました。ぼくは友達に彼女から聞いた話を洗いざらい話しました。
友達は
「お前がブチ切れてるのはわかる。でも一度冷静にになった方がいい。
復讐するにしてもゆっくり考えた方がいいし、まず落ち着け。
とりあえずうちに来い」
と言ってくれました。

友達の家に着いて、今は冷静になるために、一度事態を整理しなおそうとしてます(この報告も実はそういう意味で今書いてます)。

ただ、先輩への憎しみはどうともしがたい。
人を殴りたいと思ったのは初めてだし、殺してやりたいとまで思ってしまう。
サークルのことは今は頭にないけど、あいつか俺かどっちかがやめない限り収拾はつかないと思ってる。

友達の家に来てからも彼女から着信があるけど、声聞いたらまた理性失う気がする。

これが今までの報告です。
PCができなくて携帯からなのでレスを全部見ることはできないけど、とりあえず聞いてくれたみんなにはありがとう。

-----

みんなたくさんのレス本当にありがとう。
すごく勇気づけられるし、しっかり考えなきゃなあって思わせてもらえる。

とりあえず昨日の報告します。

昨日は友達の家にいて、これからどうするか
考えようとしてたんですが、
どうしても怒りとか悔しさとか、どす黒い感情
ばっかりが沸いて来て、前向きなことが
考えられる状態じゃありませんでした。

どうしても気持ちが押さえ切れなかったので、友達とふたりで近所の河川敷まで行ってでかい声でいろいろ叫びながら2時間くらい走りました。
ひとりではとてもできなかったけど、友達も僕につきあってバカなこととか叫びながら走ってくれました(通報されなくて良かった)。
クタクタになるまで走って帰ってくると寝れそうな状態になったのでそのまま休みました。

彼女のこととかサークルのこととか先輩のこととか、このままほっといていい問題ではないので、
今日の夜もう一度友達に相談に乗ってもらうことにしました。
今度は冷静に考えられると思います。
彼女からはメールとか電話とか(「ごめんなさい」とか「会って話したい」とか「声が聞きたい」とかです)来てるけど、気持ちの整理がつくまではとりあえずすべて無視します。

-----

現在までの報告します。

今夜は友達の家に行って、今後の事を相談していました。
今日は昨日よりはだいぶ冷静に、落ち着いて考えることができました。
相談の細かい内容は省きますが、結論としては
・彼女とは別れる前提で、もう一度会う(昨日は僕が逆上してしまって、ちゃんとした結論を伝えられていないから)。
・サークルはやめない。
・彼女と別れる以上、彼女がこれから先輩と会おうがサークルを続けようが、僕のほうからは何もいわない(これは僕は最初は納得できなかったんですが、友達に「おまえ自身の人間性を落とすことはない」と言われそうすることにしました)。
ということを決めました(先輩に対する復讐は、「顔見たら殴る」という僕に対して「殴る価値もない。ほっとけ」という友達で意見が割れて結論は出ませんでした)。

2、3時間かけて話して、じゃあそういう方向でって言ってちょっと落ち着いてたとき、友達の家のインターホンが鳴りました。
友達が出ると、そこには先輩の彼女が泣きじゃくりながら立っていました。
すごくいやな予感がしました。とりあえず友達がその子を部屋に上げて、事情を聞きました。
話によると、僕の彼女(もう彼女ではないので、以下Aとします)から電話があった。
内容は、
「自分と先輩は4ヶ月くらい前から浮気していた。ごめんなさい。うそじゃないことは、友達に聞けばわかる」
というものだったそうです。
先輩の彼女はパニクッてしましって、何度も聞き返したんだけどAは「ごめん」と言うばかりだった。
それでも信じられなくて先輩に電話しようとしたんだけど怖くてかけられず、どうしようもなくなって泣きながら友達の家に来た、ということでした。

僕と友達は突然の事でしばらく呆然としてたんですが、否定することはできないので、その話は事実だということを伝えました。
彼女はそれを聞いてほんとに手がつけられないくらい泣き出してしまって、僕を叩きながら
「なんで!?なんで!?なんで!?」
と叫び続けていました。それを見ていて僕も昨日の気持ちがよみがえってきて、泣き出してしまった。

しばらく二人とも感情がコントロールできなくなって泣くだけだったんだけど、友達がなんとか落ち着くようにっていろいろ言ってくれて、とりあえず彼女がこれからどうしたいかを聞くことにしました。
彼女は、それでもやっぱり先輩の口から直接聞くまでは信じたくないと言いました。
それで、怖いけどこれから聞きにいく、と。
で、Aが「友達が証拠」だと言ったことから友達にも一緒に来てほしい、はっきりさせたい、とのことでした。
友達はそれを承諾しました。
「俺も行く」
と言ったのですが、友達に
「お前が来ると殴り合いになるから来るな」
と言われてしまいました。

今、友達と彼女は先輩と話をしているはずです。
僕はその子のこともすごく気になるのですが、それよりもなんでAが先輩の彼女に今伝えてしまったのか、それがすごく気になります。
罪の意識なのか、嫌がらせなのか・・・
Aにはこっちからまったく連絡をとってないんですが、今それを聞こうかどうか悩んでいます。
今のところ報告は以上です。

浮気中のAの態度は、昨日から何度も思い返してます。
でも特に変な言動とかなくて、むしろいつもより大事にされてるって感じることのほうが多かったです。
今思えば罪悪感の裏返しなんだろうけど。

会って話さないと、僕自身の踏ん切りがつかない感じなんです。まだ、少しは未練があって・・・

先輩の彼女とは去年英語のクラスが一緒で、それなりに仲はいいです。
言ったほうがいいのか言わないほうがいいのか、それはさんざん友達と話したんですが、まず僕が落ち着くのが先だ、ということになって今の状況では考えられませんでした。

釣りだと疑われるのは最初から覚悟してました。
最初は悩み相談のHPに書き込もうかとも思ったんですが、2chだったら「釣り」だとか「嘘だ」とか、そういうレスが来るだろうし、
逆にそういうのを見れば現実逃避して浮気自体ほんとは嘘だと思えるんじゃないかと思ってました。
そんな甘くはなかったけど・・・

やっぱり、ちょっとAにメールする。
なんで言ったのか気になる。

送信しました。
「先輩の彼女泣いてたよ。何であんなことしたの?」

彼女から返信
「私は今まで、すごくたくさんの嘘をついてきました。小さな嘘も、大きな嘘も、
△△(←俺の名前)をこんなに苦しませるようなひどい嘘も。私は、ほんとにほんとに根本的に変わらないとだめだと思う。
私のついてきた嘘が今私を塗り固めていて、醜い私を△△(←俺の名前)の前に出してしまいました。
ごめんなさい。私は、もう二度と自分に恥ずかしいことはしない。
でもそれだけじゃ済まなくて、今私を形作ってる嘘の壁を、一枚ずつはがしていかなきゃいけない。
だから、私のついた小さな嘘も大きな嘘も、それから事実を隠すという嘘も、全部言いたいの。
私のした許されないことを言ったのも、そういう理由からなの。
ごめんなさい。余計迷惑かけるってわかってたけど、こうするしかなくて・・・。」

言葉がでない。。自分の気持ちがわからなくなってきた・・・
わかんないです、自分の気持ちが。
客観的にはひどい女だって見えるだろうけど、今までのことを信じたい気持ちもある。
これからも、もし信じられたら、そんなにいいことはない。
だけど、やっぱり無理ってう感情も強い。

さっき友達から
「先輩がお前に謝りたいって言ってるんだけど、どうする?」
っていうメールが来ました。
たぶん殴るって返信したけど、とりあえず行ってきます。

-----

昨日の報告です。

友達からメール来て、すぐに向かいました。
先輩の家に行くのは正直背中に虫唾が走るほどいやだったけど(浮気現場なので)、とにかく行きました。
先輩の彼女ははいませんでした。事実を聞いて耐えられなくなって帰ったそうです。

僕は先輩にAとの浮気の経緯をこと細かに聞きました。殴りたくなる衝動を抑えるのに必死でした。腕が震えてたのが自分でもわかりました。

経緯とかは省きますが、先輩は
「最初はほんとに軽いノリだった。でも一度してから、俺にも彼女にも隠れてやるのが楽しくなった。癖になった」
というようなことを言ってのけました。

で、最後に先輩が「欲望に負けた」って言ったとき、突然友達が立ち上がって、いきなり先輩をぶん殴りました。
グーでした。先輩は殴られて椅子から落ちました。
(友達は少林寺やってます)。
僕はそれを見てびっくりするのが半分と、「何でお前が!?」っていう気持ちが半分でした。
殴った後友達は僕を指差して、
「先輩!こいつはさっきからあんたのこと殴りたいの必死で抑えてるんですよ!
でもね、まったく関係ない第三者の俺から見ても、あんたは殴られて当然の人間ですよ!」
と叫んだ。
僕は先輩への怒りよりも「殴るな」って言ってた友達の切れぶりにびっくりしてしばらく呆然としてた。
先輩は何も言わなかった。

その後、サークルのことについて、
「僕はサークルをやめる気はない。先輩はどうしようが勝手です」
と話したというか、言い渡しました。
長居をするつもりはなかったし、話を終えて友達と二人で帰ることにしました(帰り際キッチンの食器を全部落とした)。
その後、Aからのメールを友達に見せて、またいろいろ話してました。

先輩のことはもうこれで終わりでいいかなって思ってます。
先輩カップルが別れるかどうかも、あいつの正体を知った彼女が決断するだろうし、今の時点で僕が何か言うことはできないだろうと。

ほとんど寝てなくて、さっきまでバイト行ってたので今すごく眠いです。
また、動きがあったら報告します。

-----

報告します。
今日の昼、Aと会いました。
結論から言うと、はっきりと別れを伝えました。

Aはそれを聞いて、
「私は、自分で自分の未来を、潰しちゃったんだね…」
と言って泣きました。号泣でした。

僕はそんな彼女を残して、背を向けて帰りました。
その時の気持ちは、ほんとに言葉に表しにくいでです。
悲しい気持ちと、悔しい気持ちと、ほんの少しの申し訳ない気持ちで、切なくて仕方がなかった。
それでも今別れることが、僕にとってもAにとってもプラスになると信じて、振り返らずに帰りました。

それとさっき、先輩の彼女から
「今日飲みに行こうよ」
っていうメールが来ました。

友達も誘って、行って来ようと思います。

-----

報告です。

帰って来ました。
彼女は、先輩と別れたそうです。やっぱりどうしても許せないみたいで。
サークルもやめるそうです。
友達は何度もやめることはないって説得したんですが、先輩の顔を見るのはつらすぎるからと言うことでした。
飲みながら、愚痴って、泣いて、無理して笑って、また泣いて…。
ほんとにつらそうだった。

「Aにももう会うことはない」と言ってました。
今の部屋にいたくないから引っ越しも考えてるそうです。
「でも、△△(←俺の名前)とは、ずっとずっと友達でいようね。」
と笑った後
「私たち、戦友みたいなものだよね」
と言って、また泣きました。

結局、僕はAを失って、彼女は先輩とサークルを失って、先輩は彼女と後輩からの信頼を失って、Aは僕とサークルを失いました。
誰も何も得せず、消えない傷だけが残りました。
これが、浮気の代償なんだと思いました。

僕は、しばらく彼女はいらないです。
休みが終わって本格的にサークルが始まって、ふたつのカップルが同時に別れてて、そのうち二人がサークルやめて、たぶんいろんな噂が立つと思うけど、僕は堂々としてようと思います。

Aのことも、たぶんその辺を歩いてるだけで何度も思い出して泣きたくなるだろうけど、頑張らないといけないと思う(友達は、「お前が成長するための大事な過程」と言ってくれました)。

たぶんこれが最後の報告になります。
みんなほんとにありがとう。
まさかこのスレ、ここまで伸びるとは思わなかった。
僕には友達とここのみんながいた分、
長い目で見て正しい判断ができたと思います。
ほんとにありがとう。

みんな絶対幸せになろうなぁー!!!

メンヘラで自己中心的な女

もう3年ほど前になりますが、今でも少し心に傷が残った修羅場がありましたのでスレを汚させて頂きます。
ちなみに男です。

今はもう就職していますが、当時はまだ大学生。
地元の小さな販売店でバイトをしていました。
遠い大学に通っていたので、平日は大学を行き来し、週末はバイトをするだけの日々。
合コンにもほとんど顔を出せず、通学で出会いもなく、ほとんど女性に縁がない生活を2年間していました。
そんな時、早番のお局が辞めることになり、新しいバイトの募集をすることになりました。
バイト先では、早番と遅番に分かれており、早番は女性、遅番は男性のみの採用でした。
当然女性が採用されました。
高校生以来女性と遠ざかっていた僕のストライクゾーンはかなり広がっていました。
今ではありえないことなのですが、7つ年上の女性に恋心を抱いてしまったのです。
自分で言うのも何ですが、小ギレイにしてるほうですので、他のバイトから比べて彼女の目にとまったのも僕だったようで、メールから始まり食事に出掛けるようにもなりました。

そして、僕のほうから告白をする形で付き合うようになりました。

初めの1週間は甘い時間が流れていきました。
おそろいのストラップを買い、散歩に出掛け、毎日通学前にがんばれメールをくれていました。
お互いホームページを作り、同じコミュに入ったりもしていました(DQN)
しかし、2週間目半ばから、どうも態度がおかしくなり始めました。
食事の約束を当日ドタキャン。
何かあったようなのですが、詳しくは教えてくれず、電話とメールにも反応はありませんでした。
後日バイトの引継ぎ時に尋ねてみると

「ちょっとしばらく距離おきたい。」

さっぱり意味がわかりません。
そのまま逃げるように帰っていくK(彼女)。
僕はバイトにほとんど手がつかず、終わってすぐに連絡しました。
すると、

「私鬱病で情緒不安定だから。」

付き合う前に言えよ!!心の中でそう叫びました。
しかし、僕は生半可な気持ちで付き合ったわけではないので、そのことを説明しサポートしていくことを告げ、その場はおさまりました。

それから1週間。
少し距離を置き、しつこくならない程度の連絡をとり、まぁ不満もありましたが自分ではうまくやっているつもりでした。
Kのホームページで様子が少しわかってはいました。
メンヘラのページは、当時免疫のなかった僕にとって衝撃的で、しかし支えになろうという気持ちが湧いてきたのも確かでした。

ただ、当座の大学の単位のこともあり、往復3時間半かかる大学への通学が生活のメインでしたので、Kが自虐的になっている時に何もできないことも多々ありました。
さらに2週間が経ち、「睡眠薬飲んだ」「腕切ったよ?、死にたいな(なぜかフランク)」というメールが深夜に送られてきました。
3度の着信で目が覚めた僕は、メールの内容を見てすぐに電話を掛けました。
すると、
「死なないからカラオケいこうよ」
という謎の返答が。
とりあえずKのアパートの前で待ち合わせをしました。
12月の深夜3時。
吹きさらしのアパートの前は極寒でしたが、Kに会えることとなんとかしてやりたいという気持ちが強くうずくまって待っていました。
10分経っても部屋から出てきません。部屋に明かりはついています。電話をかけると「今出る」とのこと。
しかし、それから5分経っても出てきません。部屋のチャイムを鳴らしても返答なし。
その後20分待ったところで部屋の明かりは消えました。

結局その後1時間程してから家に帰り、その日は大学に行くのを諦め、Kにメールを送り、その返事を待つことにしました。

夕方になり、待ちわびたメールが返ってきたのですが、

「少し出掛けてくるね」

本当にこれだけの文章だったことをよく覚えています。
世の中がよくわからなくなり、自分までおかしくなりそうだったので、まずは大学へ行き普段の生活を続けました。
それから3日後、バイト先で会い「なんで部屋から出て来なかったの?」と聞いてみると、

「睡眠薬飲んでたからあんまり記憶にないよ。」

以上で会話を終了。何があったかを説明しても全く悪気がなく、一切詫びる言葉も、態度すらもありませんでした。

そしてその夜、Kのホームページの日記を見ると

「元彼のところへ行ってきた。やはり彼はやさしい。」

と書いてありました。

その後は開き直ったKと、それを食い止める僕との闘いでした。

暴力男で出会い系常連の元彼。
そんな男に負けたくない僕は、必死でKをつなぎとめようとしました。
まずは正攻法で自分の気持ちを訴えましたが反応なし。
その後元彼との比較で、Kに必要なのは僕だということをアピール。
返事をもらう前に「冷静になってよく考えてみてほしい。」ということを伝えておきました。
この時は、冷静になって考えれば僕のもとに戻ってくると思っていました。

そして1ヶ月あまりが経った2月初頭の深夜。
神経質になっていた僕はメールのバイブで目を覚ましました。
こんな時間にメールをしてくるのはKしかいません。こちらからのメールはあってもKからのメールはなかった1ヶ月。
なんらかの決意がついたようにしか思えません。
震える手で(この時もまだ好きだったんだよなぁ)メールを開いてみると

「私の好きな人はただひとり」

というメール。僕ではないことはすぐにわかりました。

メールを返すと着信。
いい加減鍛えられ、少し太くなっていた僕は、「とりあえず明日休みだし、寝起きに電話じゃどうしようもないから明日会って話そう。」と告げ、同意を得ました。
その頃には少し「もういいかな」という気持ちになっていた気がします。

そして昼前に待ち合わせ場所へ向かっていると、電話で「やっぱり恐い、会いたくない。」と言ってきました。
「これが別れ話になるかもしれないし、僕は目を見て言いたいことが山ほどある。ケジメぐらいはしっかりつけよう。」
と説得しましたが、Kはどうしても拒み続けました。
納得がいきませんでしたが、電話でならしっかり応対するということだったので、電話で話をすることにしました。当然部屋に帰って。

まずは意志確認。
そして原因追求。結局、Kが非を認めながらも、元彼を選ぶという主張をしたところで、僕が我慢していた全てが溢れでました。

「もうそれならそれでいいよ。だけど、とりあえずバイトはやめてもらうから。」

これにも少し駆け引きを意識していました。「ほぼ諦めたけど、あわよくば。」という気持ちは確かにありました。
「それは困る、無理」と言ってきましたが、「ここまでやられて、僕の居場所まで失くすつもり?」
どんどん僕の黒い部分が出てきました。そしてそのときはそれを全てぶつけてやろうと思っていました。

鬱病を承知で雇っていた店長。
確かにそんな店はほとんどありませんから、固執するのはわかります。

しかし、それを許すほど僕も人間できていません。
鬱病の専門医師に相談し、鬱病を除いても「自己中心的人間」と判断されたこと。僕が受けた精神的苦痛の数々とそれを自分の身に置き換えて考えさせること。
ホームページの過去日記で好き放題書いていた内容。すべてを体と頭に染みこませるように話しました。

結局、2ヶ月後に元彼のところへ行くので、それまでは我慢するということで話はつきました。

全てが終わると、僕には「怒り」の感情しか残りませんでした。
心が狭いと言われればそれまでですが、思い返せば塞ぎ込みたくなるような日々を過ごし、それでもKと同じような人種にはなりたくないという気持ちから
怒りを発散することで自分を保とうとしていました。

細かい嫌がらせでKの生活がより鬱なものになるようにしていきました。
常に汚いものを見るような目で睨みつけ、友人からの意見を集めてメールにして送り、Kの拠り所であったHPは気分が悪くなるという理由で閉鎖させました。
結局Kが消えてからの半年間は荒んだ気持ちで生活を送り、適当に女を探して適当な恋愛をしていました。

そして、約10ヶ月後、Kが何の話もなくバイト先に復帰してきたのです。
結局元彼に捨てられたようで、バイトに入る前日に僕の家にやってきました。
他に女もでき、さすがにもうどうでもいいと思っていたので、家に入れてやり話を聞くことにしました。
暴力癖、浮気癖はなおっていなかったようで、「○○にしとけばよかったなー」と言いながら僕のベットに横たわりました。
シカトを決め込んでいると、露骨に誘惑してくるので僕は頭にきました。こいつは何も成長していない。

僕はありったけの罵詈雑言を浴びせ、家から追い返しました。
その後、バイト先ではまず口を聞くこともなく、僕はいないものとして考えていました。
結局、元彼と何回かヨリを戻しては別れを繰り返し、最後は本当にひとりになっているようです(元彼のHPで確認済みww)

こんなところです。

ふとこのスレを見て、自分の話をしてみたくなりました。
駄文で申し訳ないですが、できれば多くの皆さんの意見を伺いたいと思っています。

もうバイト先に足を運ぶこともないのですが、当時の同僚の話だと、未だにバイト先でフリーターをしているそうです。
確かもう三十路だったような気がしますが。

A子のその後

前回

昨日バイト先のA子の話しをした334です。
本来なら日曜日にシフトが被るはずでしたが都合により今日一緒に仕事する事になりました。

土曜日私は定休ですが同僚が仕事中体調が悪くなり早退させたいので今から来て欲しいと連絡がありました。
予定も無かったので承諾して同僚と交替して、店内に誰もいないのを確認し、先日起きた事と最後の捨て台詞を説明しました。

店長「えっ!そうなの!?てかA子あと2時間で来るよ一応あたしも見ておくよ、でも何かされたら言って、オーナーにも報告するから。本当最近A子評判悪いよねー」

私「あー今日A子さん入ってるんですよね、忘れてた。最近評判悪いってどうかしたんですか?」

店長「まぁ、こっちも急に頼んだのもいけないけど◎◎が連休の時オーナー風邪引いて大変だったんだよね
当日は持ち越せたけど次の日もあるからできるだけオーナーを早く帰してあげたいからA子に一時間でも良いから早く来て欲しい、って頼んだんだよ。そしたらA子は結局定時に来てオーナーボロボロ」

店長「それでそ知らぬ顔で仕事してるんだよ。後で何か急用あったの?って聞いたら寝てました。だもん」
私「あはは…」

店長「大体あいつは仕事が思い通りにならないとすぐ態度に出るから直さないと社会に出ていけないよ」

そうしてるうちにA子が出社。昨日みんなに言われたようなレジマイナスやらカバンの荷物の事考えて、ロッカー元から鍵無いから危ないとか焦ってました。

案の定あいさつは無し。
私はずっと冷や汗もので足引っ掛けられるかな?
ミス押しつけられるかな?とか考えてたけど特に何もされず、あえて言うならレジに人が並んでも駆け付けないぐらい

あー良かった、さすがにそこまではされないだろうと順調に仕事をして、最後に二人同時に上がりました。
そこで初めて二人きりになり私はA子ももう諦めたと思って油断してたら

A子「昨日の続きだけど」
私「はい?」

A子「まずなんで○○の携帯見たの?同意って言ってるけど勝手に見たんでしょ?」

まだ言うか、と思い、携帯を見た経緯を説明。

ファミレスで二人で盛り上がって話していて、お互い相手の携帯に触ると勢い良く取り返すよね。と言う話題になり冗談半分でやましいメールあるんじゃないのー?となり、なら見せ合おうとなりました。

そこでA子のメールの数々を発見。

私「だから勝手に見たわけじゃありません。お互いの目の前で見せ合いました」
A子「それであたしが気があるの知ったの?」

私「前から知ってましたよ。○○が店に来ると私にレジをさせて、と頼んだり、顔も明らかに違いました。
誰が見ても気付きますよ。本人ももちろん、バイトしてる時から気付いてたみたいです。」

A子「じゃあ何で二人は知ってて付き合ってるの?」

私「知りませんよ、第一知ったのは付き合ってからです。だったら○○に聞いてください。○○から告白されたんです。」

A子「はっ!?何で?時間帯違うんだから交替の時ぐらいしか顔合わせないじゃない。だったら何で好きになるの?私のがずっと一緒に働いてきたのに」

私「それは私もわかりません。けど本当です、○○と接するうち私も好きになって付き合いました」

A子「どうせ交替の少ない時間で色目使ったんでしょ!?」

私「してないしっ!どこから見てもA子さんのが○○に触ったりしてましたよ。交替の少ない時間に」

A子「だからどこで好きになったかわからない!好きになるきっかけすらないじゃない!私のがあったし」
計算してたのかよ(;д)゜゜

私「だから!知らないって言ってるんだよ!いちいち理由つけて付き合わなきゃならないんですか!?」

A子「あたしが好きなのに付き合ってるのがいけないんじゃない!それに後から知ったなら普通身を引くものでしょ?」

私「なんでそんな風に気を使うんですか?友達同士が同じ人好きになったとかならまだ話はわかりますけど次元が違いますよ」

A子「きりがないから○○と話すから。」

A子が○○に電話してみると外で待ってたのが判明。どうやら心配して仕事帰り迎えに来てくれたみたい。
二人で外に出て合流

○○は外に出た私たちの様子を見て、やっぱり、みたいな感じでした。

A子「だからなんでこの子なの?きっかけ無いじゃない」

同じ事しか言わないA子

○○「気になったんだから仕方ないだろ!もうさ、自分惨めだと思わない?はっきり言って、もし◎◎と別れることになってもA子とは付き合わないよ。ムリ、受け付けない。そーゆーヘビみたいな女が一番ムリ」
○○は温厚だと思ってたからびっくりしました

○○「昨日ブスとか言ったけど人にブスとか真っ正面から言うやつのが顔もブスだし中身もブス」

A子はそのまま無言で帰った。

私「結構○○って言うんだね…びっくりしたよ」

○○「そーしないとわからないだろ?仕事できても常識無いからあーゆーの」

その直後A子から私にメールがあり、内容は
『絶対ムリ』
彼にもメールがあり
『こんど二人で話そう』
でした。お互いA子を着信拒否にしました。

以上です今日もありがとうございました。
もう絶望的すぎて呆れました

○○は24歳です。さすがにちょっと言いすぎかな…?とは思うこともありました。普段はそんなのとは無縁なのほほんとした人です。
A子がグダグダ話していてイライラしてたんだと思います。それにここで中途半端になるのも避けるためにキツイこと言ったかもしれません。

店長にまた全てメール大体話したら、

もし私が辞めたいのであればA子を辞めさせたい。
確かにA子は仕事は完璧だけどチームワークが一番だからね。
次回からシフト合わせないからそれでもムリなら◎◎の好きにして良い。
となりました

A子

昨日別スレに書いた話が今日ここに書くことになってしまいました。

彼と出会ったのは向こうが大学生で私が高校生の時コンビニの同僚としてでした。
現在彼は就職して退社して私は進学してバイトを続けてます。
そこに私の学校の先輩でもありバイトの先輩でもある女性(A子)がいるんですが、
まだ彼がバイトしていたころA子は彼の事を好きだったらしく店長、彼本人も気付くぐらいアタックしていました。
私は勤務する時間帯が違うのでその辺はよくわからなかったんですが彼に告白されて付き合うことにしました。
店長には打ち明けましたがもちろんA子には内緒でした。
その後彼は就職して退社して店長に打ち明けたあと彼がアタックされたことを知った私は自然に疎遠になるものと思ってました

それで付き合ってきたんですが、先日お互いの携帯メールを流れで見せ合った時A子から
「ディズニー行こうよ☆」とのメールが、直後の彼の返信を見たらちゃんと断っていました。
A子は私たちが付き合ってることは知りませんが彼は彼女がいるということは伝えているので知ってるはずです。
それに仕事帰りにバイト先に彼が買い物をしに来ると知らんぷりをしてる私にA子は
「私にレジさせて」
とまで言ってくるのでまだ好意を持ってることは感じてました。

だからあからさまに好き好き光線撒き散らしてるのを見て内心打ち明けてやりたいと思ってましたが
そこはこらえて我慢してました。

しかし今日私と彼がデートして地元の駅前を歩いてるのを目撃されました

前置きが長くてすいませんでした。
ここからが本題なんですが
彼も私も一瞬ヤバッ!とびっくりしました。
A子「えっ!?なんで一緒なの??」
と言ったので手や腕を組まず並んで歩いていたので偶然にすれば良いかなー?
と思ってたら
彼「付き合ってるからだよ。彼女いるって知ってるでしょ?」

A子「いつから?」   
彼「いつからだっけ?(私に尋ねる)」

私「11月で2年……」

需要はないかもしれませんが中途半端なのもあれなんで…

A子「てことはまた○○がいたころだよね?内緒にしてたの?」

静かに淡々と話すので余計恐かった。

彼「別に報告するわけでもないし、一応俺に彼女いるのは知ってただろ」

A子「じゃああたしが○○にメール送った時やお店に来た時◎◎ちゃんとバカだなーって思ってたわけ?」            私「思ってないです!!」

A子「あたしさ結構◎◎ちゃんの事気に入ってたよ」
A子ははっきり言って気難しくて店長に気に入らない仕事を頼まれると明らかに機嫌が悪くなったりお客さんの好き嫌い、バイト仲間の好き嫌いが激しくしかもそれが極端にわかりやすい人でした。

A子「裏切られたよね」

私「裏切るとは問題が違います!(もともと気が強くキレやすいので半ギレ)」

A子「てか○○もおかしいよね。仕事だってあたしのができるし(確かに実力トップでした)むしろ◎◎ちゃんて失敗ばかりで何回カバーしてると思ってるの?男の客に話し掛けられるとすぐニコニコしてるし」

もうキレた…

私「男の客にニコニコしてる?何見てるんですか?老若男女お客さんに笑顔振りまいてます!それは店長が接客中は女優になるつもりでって言われたからですし。愛想もなく接客するより良いですよね」     
A子「だからって仕事できなきゃ意味無いじゃない。大体あたしのが細いし◎◎ちゃんはよりはスタイルは良いのにありえないよね」

確かにA子はスラッとしていわゆるスレンダー人で私どちらかと言うと背も低めで特別スタイル良いわけじゃない。むしろ胸無いです
とうとう私も本性モロ出しして言ってやろうとしたら
彼「あのさA子って可愛げないんだよね。お客さんにニコニコって基本でしょ?てか好きな客は自分がやって嫌いな客は人にさせたりそっちが問題でしょ、俺にも押しつけてたよね?そーゆーのって可愛げ無いって言うんだよ。しかも人の身体のこと話に持ち出すのどいなの。」

A子「なら◎◎ちゃんだって今あたしの事批判したじゃない。」

彼「A子が言ったからだろそれに◎◎は口が男っぽいのも気が強いのも知ってるしこいつのモットーは自分から売らないけど売られた喧嘩は買うだから。仕事できないから笑顔でカバーしてるんだろ?」

私「その前にA子さん自分が被害者面してるけど彼女いるの知っててメールしたりわざわざ
自分の誕生日にメールして22歳になりました♪
てして恥ずかしくないんですか?そっちのがおかしいですよね?」

A子「なんで携帯見てるわけ?」

私「同意で見ましたよ?」
A子「このブス!」

ポカーン…
昨日前スレにあった目玉飛び出した感じ。

したら彼は私も知らなかったこと言うんだけどもしかしたら批判されるかもしれないが書いても良いですか?

彼「あのさ◎◎実は2ちゃんで可愛いコンビニ店員で晒されたことあるんだ。◎◎の事知ってる友達から教えてもらったんだけどさ

2ちゃん全員の人が思ってるわけがない。むしろ顔見たら可愛くないじゃんて思うやつもいるけど、少なくとも一人は思ってる人がいるんだよ。はっきり言ってA子は性格もブスだけど顔も性格と同レベル」

A子「ありえない!!」

私「ありえないのはそっちだろっ!!書かれたかどうかは知らないけど、いい加減にしてくださいはっきり言って見苦しいです」

A子「次シフトかぶったら 覚悟しなさい!」

泣きながら帰っていきました。

以上です。

次A子とかぶるのは日曜日恐い。

たぶん店長にあることないこと言うんだろうな…。
店長は事情知ってるから信じないと思うけど。

みなさんこんな時間までありがとうございます。
予定があったのに夜更かしさせてすいません。
この分だとまた修羅場あるかもしれませんが、その時はまた報告します。

お揃いの服を買った女

まとめたけど…長いうえに修羅場は全体の5%くらいに過ぎないorz
「怖かった彼氏・彼女」でもないからオカルト板でもスレチだし…どうしよう。

ブサイコスレはサイコではない気が…。
とりあえず置いて行くよ、せっかくまとめたものだし。

A美(私。当時21女。大学生)
B男(当時22男。私の彼氏。私・C子とは別大学の学生)
C子(当時20女。大学生)

当時私はB男から告白されて付き合い始めたばかり。
ちょうど同じ頃、学食で偶然隣り合ったC子に話しかけられて
友達になった。C子は明るいおしゃべりな子で凄くいい子に見えた。
あまり服や化粧に凝らない子だったけど、それでも
かなり可愛い子だったし、これで本格的に飾ったら物凄く
映えるんだろうなーとか思っていたのを覚えてる。
ある時、B男と某ねずみの国でデートすることになったので
C子に「一緒に買い物来てくれる?」と頼んだ。
C子も快く承知してくれ、数件の店を回って1万ちょっとの服を購入。
そのときはC子は何も買わなかった。

デートから数日後、C子が私の買った服と全く同じ服を着ていた。
「A美の服がすごく可愛かったら私も買っちゃった」と笑っていた。
この時はまだ何も違和感を感じなかった。

何か変、と思ったのはねずみの国で撮った写真をC子に見せてから数週間後
C子がデートの時の私とほぼ同じ服を着て大学へ来た時。
私があの時着ていた服でC子と一緒に買ったのは上着とインナーシャツだけなのに
スカートは全く同じもので、ブーツだけは
前シーズンに購入したものだったので全く同じものは見つからなかったのか
よーく見ると違う、だけれどそっくりなデザインのもの。
髪の長さが違うのでさすがに髪形までは真似できなかったみたいだけど
C子がいつもの笑顔で「A美ー」と近付いて来た瞬間、ぞっとした。
「デートの時のA美が可愛くって、私もこういうの着たくって」と
言われたけど、どこで購入したのか、どうやって全く同じ物を見つけたのか
どんなに聞いても教えてくれなかった。

言葉にできないような気持ち悪さを感じて深くは追求しなかったんだけど
急にパンツ派からスカート派になったり、携帯の機種・ピアス・化粧品と
どんどんC子との「お揃い」は増えていき、
どんどん私に似て来てるのがはっきり分かった。
この頃になると鈍感な私もさすがに「C子はおかしい」と気付き
できるだけC子に近寄らないようになったんだけど、C子は全く変わらず。
それどころか私に対して申し訳なさそうに「最近私を避けるね?
私が何か気付かないうちに失礼なことしたなら教えて?」と言うので
ああ、私の勘違いだろうか、私が自意識過剰になってC子を傷付けてるのか…
とも思った。でもやっぱり「お揃い」を間近で見ていると気持ち悪く、
自分の気持ちに板ばさみになって本気で一時期ノイローゼになりかけた。

関係ないB男の前では元気にしていたんだが、だんだんそれも限界になり
とうとうB男に「最近具合悪そうだけど…」と言われたので
事情を簡単に説明。大したことないよーと笑い飛ばそうとしたんだけど
C子の名前を出した瞬間B男が固まった。

C子、B男の元カノだった。

去年まで付き合っていたが、「他に好きな人ができた」とC子が一方的に
B男を振って、その後は連絡も取り合っていなかったらしい。
戦慄した。私がC子と知り合ったタイミングを考えても、C子は私が
B男と付き合っていることを知って近付いて来たとしか思えないからだ。
気持ち悪さに泣き出してしまった私を見て、B男と
B男とC子が別れる経緯を全て知っている共通の友人(男)が2人で
C子を呼び出し、ファミレスで話し合いをしてくれることになった。

話し合いは壮絶なものだったらしい。以下C子の言い分だが
「別れても自分を見てくれてると思ってた。連絡も来ないし
 新しい彼女を作ったと友達(話し合いに来た友人とは別)から聞いて
 しかも新しい彼女が自分と同じ大学だと聞いてショックだった」
「思ったより地味な彼女でこういうのが好みなのかと驚いた」
「私もB男の好みに合わせればB男がまた私と付き合うかもと思った。
 そもそも私から振ったんだからB男はまだ私を好きなはずだと思った」
「最初に思った通り、A美と同じ格好をしたら私の方がA美より美人だった。
 B男には私の方がお似合いだし、絵になる」
「これからもA美と同じ物をどんどん増やすし、髪もA美ぐらい伸ばす。
 デートの話もA美から全部聞いているからA美と同じように振舞ってあげる、
 何も問題ないから安心して私を選べ」
…その場にいなくてよかったと心底ほっとしたのは言うまでもない。

彼や友人の言い分にはほとんど聞く耳持たずだったので、最後は
B男が思いきり「次A美の前に現れたらヌッコロス(意訳)」と怒鳴りつけて
金をテーブルに叩きつけて出てきて、それでも駐車場まで追いかけてきたから
最後に謝罪でもするのかと思ったら、なんと友人に向かって
「あんたが変な入れ知恵したんでしょ!?A美とヤッたんじゃないの!?」
と叫んでビンタ…なんでその流れで私と友人がヤッたと思うんだorz
友人もB男も頭には来たが、女に手を上げるのを躊躇していると
さらに友人に掴みかかってきたので、タイミング良くそのファミレスから
出てきた店員に「警察呼べ!」と怒鳴るとC子は物凄い勢いで逃げたとか。
ちなみにその店員、出てきたのはたまたまではなく、C子が会計せず
出て行ったので無銭飲食だと思って逃げる車のナンバー控えようと
出てきたそうだ。

とにかく速攻でauショップに飛び込み、機種・アドレス・番号全てお取替え。
その後は常に防犯ベルを携帯し、走って逃げられるように服も
ジーパン・スニーカーに替えた。幸い授業はかぶっていなかったので
その後遭遇することはほとんどなかったし、噂によるとその後C子も
鬱みたいなのになって大学辞めて実家へ帰ったらしい。
C子の実家は新幹線で数時間のところなのでもう会うこともないだろう。

ただ、最初の件のおかげで未だにねずみの国は気持ち悪くて行けない。
あのときのブーツ・上着・スカート・インナーも全部捨てた。
これでおしまい。修羅場分薄くて申し訳ない。

図書館で会った子3

図書館で会った子

図書館で会った子2


いきなりでなんですが、相談に乗ってもらえないでしょうか。

最近、妹さんに避けられています。
彼女と頻繁に会っていたわけではありませんが、
Hちゃんと三人でよく遊んでいたし、彼女の家に遊びに行った時も、
妹さんはしっかりと挨拶をしてくれました。

しかし、最近では遊ぶことがなくなり、妹さんにメールをしても
一言、二言の短いメールが返ってくるだけで、
露骨に避けられている感じがします。

これってやっぱり嫌われちゃったのでしょうか。
嫌われたにしても、理由や思い当たる節が全くありません。

Hちゃんも妹さんにどことなく聞いてくれたらしいですが、
妹さんは素気ない返事をするだけで、まともに話をしてくれないとの事でした。
「すぐ仲直りできますよ。元気出してください。」と、
Hちゃんは言ってくれましたが、
妹さんとは仲が良かっただけに、相当へこんでいます。

妹さんと仲直りするにはどうしたらいいでしょうか。
アドバイスを一つお願いします。

みなさんレスありがとうございます。そしてごめんなさい。
前の投稿では幸せだとかほざいていたくせに、
急に相談なんか持ち込んでしまいました。

妹さんが僕の事を好きって言うのは、あまり考えていませんでした。
妹さんには彼氏がいるらしいし、付き合いも長いとHちゃんが言っていました。
なので、好きというのは多分ないと思います。

とりあえずここは様子見が一番でしょうか。

あーたしかにうざったく思われてるかも。
よくよく考えてみれば、妹さん受験生だし
こんなときにイチャつかれたら誰だってムカつきますよね。

しばらくそっとしておくことにします。
でもちょっと気まずい

うおー!挨拶どころかシカトされたよ!!
すげーショック!!ということで100ゲット!!

うれしくねーよなんか・・・

続き読みたい人まだいるかなー。

以前「図書館で会った子」という名前でスレッドを立たせてもらった者です。

前スレで妹さんとの仲が悪くなって困っていると相談を持ちかけましたが、
どうにかして妹さんと和解(?)することが出来ました。
前のような仲のいい関係に戻れてホッとしています。

相談に乗ってくれた皆さん本当にありがとうございました。
前の終わり方がスッキリしない終わり方だったので一応報告させてもらいました。

Hちゃんとは相変わらず仲良くやってます。

たくさんのレスありがとうございます。
期待に答え、とりあえず妹さんと和解した事について書いてみようと思います。
報告だけしてトンズラかまそうとしていたのは内緒。

大学の授業が終わりアパートに戻ると、
うちの部屋のドアにもたれかかっている女子高生風な子がいました。
Hちゃんかと思いましたが、Hちゃんよりも背が低く、制服も違っていました。
困惑してたたずんでいるとその子は僕のことに気がつき、僕の方に顔を向けました。

僕は驚きました。
「・・・Yちゃん?」
「お久しぶりですNさん。」

ここの体験談で相談して以来、妹さんと会わなくなったandメールもしなくなり、
すっかり疎遠状態になっていました。なので、久しぶりの彼女とのご対面に、
緊張のボルテージが一気にギューン!と上がりました。
ギューンとね。

「どうしたの?何か、おれに、用事でも?」
動揺しまくりで声が震えました。おれカッコワル。
「・・・大事な、大事な話があるんです。」
「大事な話?大事な話って?」

「ここじゃあ、ちょっと・・・。」
「あ、そうだね。ちょっと待ってて、すぐ鍵開けるから。」
「あの、近くの公園で・・・。」
「・・・・・。」ダメダメだおれー。

公園へ向かうまでの間、僕たちは一言も言葉を交わさず、
気まずい気分をたっぷり堪能しました。
大事な話ってなんだろうか・・・。

「あんたマジキモイからメールとかよこさないでくれる?」
とか言われたら一生立ち直れませんよ?覚悟はよろしくて?

公園に着くと、妹さんは僕から少し離れ距離を置きました。
「Nさんはそこにいて下さい。動いちゃダメですよ。」
彼女はキョロキョロと辺りを見渡し、小さく深呼吸をしていました。
僕は妹さんをじっと見つめました。これから何が始まるんだか・・・。
彼女は顔を上げ僕と視線を合わせました。ドキッ。

「あたしNさんが好きです。」
「・・・・・・・・・・え?」
「あたしNさんのことが好きなんです。」
えっ、なんつった?おじいちゃん耳が遠くてよく聞こえなかったよ。

「好きって、何、人として?年上として?えっ、ちょっ、ナニ、待って!えっ?」
「愛してるって意味です・・・。」
「・・・・・・・・・。」
嫌われているとずっと思っていたのに、実は好きでしたって・・・何それ。

「本気で、言ってるの?」
「本気です。」

「でも、彼氏いるんでしょ。」
「別れました。」
「別れた?」
「Nさんの方が、ずっと好きだったから・・・。」
「・・・・・。」
絶句でした。

「いや、でも、おれ、君のお姉ちゃんと付き合ってるんだよ?
 好きって言われても・・・・。」
「分かってます。Nさんはお姉ちゃんの彼氏だもん、好きになっていいわけがない・・・。
 でも好きになっちゃったんです。どうしようもないくらい好きなんです。
 お姉ちゃんに負けないくらいずっと・・・。」
「・・・・・・。」

「でも、お姉ちゃんからNさんをとるなんてこと絶対したくない。
 お姉ちゃんの幸せを壊したくないし、お姉ちゃんのつらい顔はもう見たくない。
 でも、Nさんのことは好き・・・。」

「・・・・・・・。」
「Nさん、あたしのこと振ってください。」

「振る・・・?」

「あたしが今から本当の告白をしますから、Nさんにそれを断ってほしいんです。」
「・・・・・・。」

「もう、こんな気持ち耐えられないんです。叶わない恋だって分かりきってるのに、
 それでも諦めきれない自分がいて・・・。だから・・・・」

彼女の声が震えました。

「Nさんの口から・・・好きな人がいるって。とても大切な人がいるから、
 だからあたしとは付き合えないって。 Nさんにそう言ってほしいんです。
 そしたら、Nさんのこと、諦めることが、出来るから・・・・。」

妹さんの頬を涙がつたいました。彼女は声を漏らさないように必死に下唇を噛み、
震える身体を手で抑えました。

ああ、この子の気持ちは本物なんだ。
僕はその彼女の想いを全て否定してやらなければいけないのか。
胸がすごく苦しくなりました。本当に胸が張り裂けそうな、そんな苦しみでした。

でも、彼女のためにも言ってあげないと・・・・・。

僕は小さく頷きました。「分かった・・・・。」
彼女は涙をぬぐい、精一杯の笑顔をつくりました。

「いいですか、本気で断ってくださいね。
 ちょっとの事じゃぁ、Nさんのこと諦められないと思うから・・・。」

僕はもう一度頷きました。うん。
妹さんはもう一度涙をぬぐい、目を閉じました。
そして彼女は目を開け、僕に言いました。

「あたし、Nさんのことがずっと前から好きでした。
 初めて会ったあの日からずっとです。一目惚れしちゃったんです。
 その日からずっとNさんのことが頭から離れない。
 
 家に居るときも、学校にいるときも、友達と遊んでいるときも、
 ずっと、ずっとです。Nさんを忘れたことなんか一日もありません。
 Nさんとデートしたり、キスしたり・・・エッチしたり、
 そんなこと毎日考えちゃいます。そのぐらい好きなんです。大好き・・・。

 こんなに人を好きになったのは初めて。好き過ぎておかしくなりそうなんです。
 Nさんに愛してもらいたい。ずっと一緒にいてもらいたい。
 Nさんと付き合いたい。Nさんの彼女になりたい・・・・。」

・・・・・・・・・Hちゃん。

「あたしと、付き合ってください。」

「・・・・おれ、好きな人がいるんだ。だから、君とは、付き合えない。」

「あたしは、その人なんかよりも、ずっとNさんのことを愛しています。」
「そうかもしれないけど、君とは付き合えない・・・。」
「あたしは、その人よりも、Nさんを幸せにしてあげられます。」
「それでも、出来ない・・・・。」

「・・・・・・・そんな言い方じゃ、あたしの気持ちは変わりませんよ。」
「・・・・・・・。」

・・・・・・・・・Hちゃん。

「・・・・・おれも、こんなに人を好きになったのは初めてなんだ。
 その子のことが好きで、好きで、どうしようもないくらい大好きで。
 好きって言葉じゃ表現しきれないほど好き。」

「・・・・・・。」

「もう、その子じゃないとだめみたいなんだ。
 彼女といるとすごくホッとするし、キスをすると気持ちがすごく震える。
 抱き合うと涙が出そうになる。他の子じゃ、こんな風に感じることが出来ないと思う。
 だから、彼女を離したくないし、離れたくもない。ずっと一緒にいたい。
 他の子じゃだめなんだ。Hちゃんじゃないと・・・・。Yちゃんじゃだめなんだ。」

「・・・・・・・・・。」

「だから、Yちゃんとは付き合えない・・・・。」
「ごめん」って言いそうになったけど、ぐっと堪えて呑み込みました。

「・・・・・・・分かりました。よかった、これでNさんのこと・・・・諦められます。」
妹さんは笑いました。「お姉ちゃんには敵わないな。」

その後彼女は盛大に泣いて、泣いて。道行く人に不審な眼で見られても、それでも泣いて。
僕は彼女の傍にいてあげて。でも、彼女には一切触れなくて。
今、優しくしてあげてはだめなんだと思って。
彼女の気持ちが落ち着いてきて。ブランコにゆられて・・・。

「・・・・はあ、すごくスッキリしました。こんなに泣いたの久しぶり。」
「・・・・・・。」
「失恋ってこんなに辛かったっけ。・・・でも全然嫌な気分じゃないです。」
「そっか・・・。」
「でも、当分はブルーな気持ちで過ごすと思います。」
「そう・・・。」

彼女は立ち上がりました。
「じゃあ、帰ります・・・・。」
「あのさ。」
僕も立ち上がりました。

「これからは、友達としてやっていけるよね?」
「はい。今は無理だけど、絶対なれます。」
「・・・笑ってバイバイしよっか。」

僕は手をひらひらと振り、ぎこちない笑顔をつくりました。
「またね。」

妹さんもにっこり笑い、何も言わず公園を出て行きました。
彼女の姿が見えなくなった後、僕は泣きながらアパートに戻りました。
ちょっ、あんた、こっち見ないでよ。恥ずかしいだろ。

次の日、Hちゃんがうちのアパートに来ました。
彼女はやたらと機嫌がよく、僕の顔のいたるところにキスを浴びせました。
そのまま僕をベッドに押し倒し、唇にちゅっとキスをしました。

「なに、どうしたの?」
「あたしもNさんじゃないとだめです。」
「え?」
「あたしもNさん以外のヒトは考えられません。」
あっ!と思いました。妹さん昨日のこと言っちゃったの!!?

「Yちゃんから聞きましたよ。Nさんがあたしのこと、
 どうしようもないくらい好きだって。ずっと一緒にいたいって。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「あたしも好きです。死にそうなくらい大好きです。
 Nさんとずっと一緒にいたいです。」
「・・・・・・・・・・・・。」

Hちゃん・・・・・・。

「Nさん、涙が・・・・。」
僕は彼女を抱きしめました。

「ごめんね、おれ、Hちゃんが好きだよ。大好きだよ。うそじゃ、ないから。」
「大丈夫ですよ。Nさんの気持ち、ちゃんと伝わってますよ。」
彼女は僕の涙をぺろっと舐めました。
止めようと思っても涙は止まってくれませんでした。

どうやら妹さんは僕と仲直りすることが出来たと言ったようです。
機嫌がよかったのはこれもあったみたい。

それからの僕と妹さんは、以前のような親しい関係に戻りつつあります。
この前、Hちゃんの家に遊びに行ったとき、妹さんが笑顔で、
「いらっしゃいNさん。ゆっくりしていってね。」と言ってくれました。

強い子だなって思いました。

まだギクシャクしたところはあるけれど、
大丈夫、うまくやっていけます。

いつか妹さんに大切な人ができますように。

本当のことを言えば、妹さんに告白されたとき、その場から逃げ出したかったんですよ。
代わってくれる人がいるなら、僕は喜んで代わりました。
だってあのとき、僕は彼女のことを好きになりかけていましたから。

妹さんの告白でHちゃんへの想いが嘘のように薄れていったんです。
今までHちゃんを本当に愛していたのかっていうぐらい簡単に。
妹さんのことで頭がいっぱいになりました。

「おれはHちゃんが好きなんだ、Yちゃんじゃない」って必死に思いました。
そう思っていないと本当に妹さんを好きになりそうだったからです。

独りになった後すごくこわくなりました。
妹さんを振ったときの言葉は、本当に僕の本心なのかって。
咄嗟に出てきた嘘をそれらしく言っただけじゃないのかって。
本当はHちゃんを愛していないんじゃないかって。
何度も自分に問いかけました。

でも次の日、Hちゃんと会って、彼女に抱きしめられ、僕は泣きました。
「ああ、やっぱりこの子が大好きだ。離したくない。」心からそう思えたからです。
そう思えたことがとても嬉しくて、涙が止まりませんでした。
Hちゃんが愛おしくてたまりませんでした。

もしYちゃんと付き合うことになったとしても、
うまくやっていけると思います。幸せになれると思います。

でも、やっぱりHちゃんじゃないとだめなんです。
一緒にいるだけで幸せって、そう感じたのはHちゃんが初めてだったから。

自分の気持ち全てをさらけ出してみました。
なんだかスッキリ爽快です。少し恥ずかしいけど。

Mって微妙ながらも皆さんには人気なのでしょうか。
今回は番外編ってことでMのことについて書いてみます。

最近彼氏とケンカしたらしく、その八つ当たりの矛先が僕に向けられています。
何か嫌なことがある度に、「お酒飲むわよ。」と問答無用で僕の部屋に上がりこみます。
いつもの事だから慣れているんですけどね。

根気よく彼女の愚痴を聞いては、うんうんと頷き、空になったコップにお酒の注いでやる。
完全にやけ酒状態です。しかもこの子、酔うとキス魔になるの。

誰でも構わずってわけじゃなく、一応相手を選んでいるみたいですが、
僕は彼女のキスの許容範囲内にいるらしく、
飲む → チュっ → 飲む → チュっ のループ&ループです。

しかし僕も彼女がいる身。
Hちゃんと付き合うようになってからMのキスを一度も許していません。
付き合う前まではMのキスを快く受け入れていましたけどね。
これ、男の悲しい性。

でも最近、キスを拒むと代わりに拳が飛んでくるようになりました。
「ちょっと、何かわしてんのよ!殴るよ!!」
もう殴ってますよ!ちょっ、やめてっ、顔抓んないで、蹴らないで!
ドメスティックバイオレンス!ドッキュン、ドッキュン!

そして、一通り暴れ終わると今度は、
気持ち悪い → トイレ → 気持ち悪い → トイレ のエンドレスです。
それも落ち着くと眠りに就き、起きたときには綺麗さっぱり記憶が消えています。

でもこのやけ酒は、彼女の気持ちの切り替えの儀式みたいなもので、
大抵のことであれば、このやけ酒でいつもの元気なMに戻れます。
恐ろしく切り替えの早い子です。そして羨ましい。

「おっし、もう大丈夫。じゃあねN。Hちゃんと仲良くやんなよ!」
「お前もな・・・・・。」

彼女の5Pを電話で実況

弱いくせに飲むのが好きで、エロ度増大の彼女が、酔い潰れてしまい男4人にホテルに連れ込まれた。会社の飲み会だったのが、飲み屋で隣のテーブルにいた奴等と意気投合して2次会に誘われたらしい。

今年の4月頃の事だ。彼女が飲み会に行くときは、俺が送り迎えをしていたのでいつも通り、夜中12時頃電話をすると、出るには出たが、様子がおかしい。
会話が途切れ途切れだし、時々、「うん」「あ・・・」と言った声を出す。耳を澄ますと後ろでボソボソ男の声がする。さすがにピンときた俺が問い詰めると、あっさり白状(酔っ払うと馬鹿正直になると言うか、嘘をつけるほど頭が回らなくなるらしい)。
しどろもどろに弁解する彼女。酔っ払って、気がつくとベッドの上だったらしい。浮気心でないのは分かるが、電話中も男共に触られているらしく、もう完全に感じているかんじで声を出している。抵抗もできない感じだ。
俺は元々寝取られ願望というか、自分の彼女が他の男に犯されるのを妄想して興奮する性癖で、彼女にも普段そんな話をしていた。
かといって、実際にそんな場面にでくわすと、やはり平気な状態ではなく、必死に彼女からホテルの場所を聞き出そうとするものの、彼女の方が先に、世界に入ってしまったようで「かーくん(俺)、ごめんんえ・・あん・・ちー(彼女)だめえ感じちゃってるの」
「今日だけはお願い、許して・・・後でちー何でもしてあげるから・・」
男共も調子にのったのか「うわ、ちーちゃんべちょべちょじゃんw」「乳首たってるよお」「ほらあ、彼氏聞いてるって」とかワザと聞こえるように言ってくる。
俺もこの頃になると、もうギンギンに興奮してしまって、助けにいかなきゃという気持ちと、脅されている感じでもないしこのままちーの声を聞きたいって気持ちが半々になってしまっていた。「ちー感じてるの?嫌じゃないの?」「うん、ごめん感じちゃってる、手いっぱいあるのお、あん・・・怒ってるよね?」
「ああ、怒ってるよ!」「でも、かーくん言ってたでしょ?あん、ちーが犯されるの見てみたいって!、あっそこ・・ダメえ・・」「それとこれとは・・・おい聞いてるのかよ!?」と言いつつ、俺はもう自分でしごいていた。
そうこうしているうちに、突然ちーの声が変わった。「ああーん」「あっあっ!」おい!「ごめーん、彼氏。入っちゃったw」また男の声だ。
ついに入れられてしまったらしい。しかも男は複数だ。これからの展開を想像すると、頭がおかしくなりそうだった。だが、それに反比例するかのように、俺はかつてない程興奮していた。もうすでに一回出てしまっているのにそれでも治まらない・・・。
もうここまできたら覚悟を決めるしかなかった。最後の理性を振り絞ってちーに言った。「もう、ちーの好きなように感じていいよ。俺はちーの事嫌いにならないから。そのかわり、ちーの声きかせてくれ!ちーの感じている声ききたいから」
「ごめんね、かーくん。いいの?ちーいっぱい感じちゃって・・・あん、あんああー、後ろ、後ろが感じるの?!」
俺が許可したとたん、ちーの声はますますでかくなった。
それから、1時間ぐらいだろうか(実際はもっと長くかんじたが)ちーの声を聞きながら、俺は5回以上いってしまった。ちーはおそらくもっとだろう。
途中で携帯の充電が切れて、ホテルの電話からかけさせたが、後で考えればその番号からホテル割り出せたんだよなw。でもそん時には、どうでもよくなっていた。「ちーね、いまね上に乗ってるの♪」とか「あん、すごいおっきいの!後ろからはいってる、かーくんより奥にくるのお」とか「ああー、だめそこ、ちーいっちゃうよお」とか聞かされて、もう俺も頭おかしくなっていたと思う。
たぶん男共に言わされたのも半分ぐらいあるとおもうが、言わされることで、ますますちーが感じてるのが分かった。結局一通りまわされたところで、お開きになったようで、男共が先に帰った後、ホテルまで迎えにいった。
ぐったりベッドに倒れているちーを見るなり、俺は後ろからいきなり入れて犯した。彼女も自分から腰を振ってくる。「ああ?、許して、感じてるから、もっとしてえ!」訳わからないことを口走ってる。
出るものなんてないはずなのに、心と体が彼女を求めていた。そうすることで、何とか心のバランスを取ろうとしていたのかも。後から聞いた話だが、この時俺に犯されたのが、一番感じたらしいw。

その後、現在に至るまで俺達は付き合いを続けている。中田氏はされてないと思うと言っていたが、病気とかも含め一応調べてもらった。大丈夫だった。その後男達からは特になにもないらしい。(ちーは仕事先等弱みになりそうな部分は隠していたが、向うはペラペラ喋ったらしく、案外男共の方がビビッているのかも)。
さすがに、事件直後はお互い気まずかったが、前から俺の性癖を話していたせいか、彼女にもちょっと、俺の前での犯され願望があったらしい。そういった話し合いをしてからは、お互い逆に愛が深まったような気がしている。最近はその時の状況を、ちーに実況させながら、ちーのアソコをいじってやるのが定番プレイで、ちーはすぐにいってしまうw。後ろからされながら、フェラしてるときも胸とクリは触られっぱなしだったとか、普段苦手な騎乗位が自然に腰が動いてしまったとか。
ホテルでの描写も、ちーの告白を元に補完しているのであしからず。
ふつうのカップルにとってこんな事は不幸な事件のなにものでもないかもしれないが、俺達にとっては愛を深めるいい薬だったような気がする。でもさすがにもう1回とは思わないけど・・・・。彼女も自分の酒癖に懲りたのか、俺以外の前では酒は控えている。
その分、二人で飲んだ時は淫乱モード全開で来るw。
変態カップルでごめんなさい。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード