萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

外人

金髪巨乳母娘との愛の3P性活(再修正版)

 転載もの
僕とマリーの出会いは小6の時、クラスメイトは日本育ちとはいえ金髪巨乳の北欧美少女に喜んだ。
 僕はそんな事には関係はなかった。
 ひたすら勉強をしていたからだである。
 我が家は下流でしかも僕の成績は下から数えるとすぐであるから、成績が悪くても入れる私立校などにはいけない。
 最終学歴が中卒なのは避けたく、猛勉強をしていた。
 マリーは美少女でもてはやされたが、勉強ができないでいた。
 最初は愛嬌だと思われていたが、最下位の成績を連続で取ると周りの目が変わり、頭の悪い女だとバカにされて、虐められた。
 それで僕はキレると手がつけられない子供であった。
 周りもそれを知っているので手を出さないから、必然的にマリーは防波堤代わりになる上、同じ境遇にいる僕の側にいる事が多くなった。
 だが、僕は自分の事で精一杯なのでマリーには構っていなかった。
 しかし、そういうわけにはいかなくなった出来事があった。
 マリーの噂を知った外国人留学生が勉強を教えてやるといってきた。
 マリーからその話を聞いた僕はさすがに心配になり、後を着けた。
 案の定、外国人はマリーに会う早々、人気のないところに連れ込んでレイプしようとした。
 僕はすぐにブチキレ、不意打ちで外国人を殴りつけてフルボッコにした。
 警察を呼んで外国人を引渡し、泣きじゃくるマリーを母親のソフィーが迎えに来た。
 ソフィーはマリーを大人にしたような金髪巨乳の北欧美女であった。
 僕はソフィーからマリーの事情を聞いた。
 マリーは生まれついての頭の病気でものがよく覚えられなかったという。
 それを恥と思った父親(金髪)は愛人(金髪)を作って、2人を捨てて逃げ、父親の両親(金髪)から莫大な慰謝料をもらい、知人(ハゲ)の援助で受けた手術で病気は治ったものの遅れた勉強が取り戻せずにいた。
 それでマリーは虐めに会い、この場所に逃げるように来たと言う。
 ソフィーからマリーの力になってほしいと頼まれる。
 ソフィーの真摯な願いとマリーのすがる様な眼差しに首を横には振れなかった。
 といってもできる事はマリーと一緒に地道に勉強をする事だけだった。
 ソフィーに学校とうちの両親の許可を取ってもらい、僕はマリーの家で暮らし始め、勉強をした。
 はっきり言って頭の悪い者同士の勉強は暗闇で二人三脚、正確にはソフィーを加えた三人四脚に等しかった。
 その上、マリーはすぐ泣く、ソフィーはアタフタして僕にすがりつくだけ、はっきりいってダメ過ぎる母娘であった。
 普通ならキレるがあまりにも酷すぎるので僕はむしろあきれ果てた。
 とにかく根気良く、それを胸に地道に取り組んだ。
 小6の1年を費やしたお陰で中1に上がった時、結果は実り、中間は赤点を脱出し、期末は平均を超えることに成功した。
 本来なら塾や家庭教師で何とかする物だが、下流家庭と母子家庭に無駄に使える金などない。
 良くぞ自力でここまでやったと僕は我ながら感心した。
 家の両親も喜んでくれたが、実際に嬉しかったのは子供が家を出た事で金が浮いた事だろう。
 まあそんな事はどうでもよく、成績があがったお礼と、ソフィーから1泊2日の温泉旅行に招待された。
 少しドキドキした。
 一緒に暮していたとはいえ、勉強に明け暮れて没頭していて忘れていたが、この母娘は金髪巨乳の北欧美人であったからである。
 本人達はその自覚があるかどうかは知らないが、僕たちは旅行に出かけた。
 ささやかな食事と露天風呂を堪能し、僕は部屋で横になるとそのまま眠ってしまった。
 マリーに起こされると布団の上で全裸になっており、横には同じく全裸のマリーとソフィーがいた。
 マリーはスタイル抜群の美少女で、ソフィーもナイスバディの持ち主なので、その裸を見た途端、ムスコはギンギンになった。
 マリーからは「好き」といわれて、キスをされた。
 ソフィーからも「歳は離れているけどあなたを愛しているわ」といわれ、ムスコを咥えて、フェラをされた。
 あっという間に咥内射精してしまった。
 「初めてなの」といわれ、頷くと、「じゃあ、私が全部、教えてあげる」と股を広げてくれた。
 ソフィーのあそこはツルツルであった。
 「あなたのために全部そちゃった」とマリーも股を開くとやはりツルツルだった。
「最初は私が」と、騎上位でムスコがソフィーのあそこに飲み込まれて、中に納まり、僕は童貞を卒業した。
 あまりのぬるぬる具合とフィット感が凄く気持ちがよかった。
「大きいわ、別れた主人のよりもいいわ、愛している人の童貞をもらえて嬉しい、今日からあなただけのものよ」とソフィーは腰を振り、ブルンブルン揺れる胸を僕は揉みしごいた。
 ソフィーが体を倒すと抱き合い、僕も腰を上へと打ちつけた。
 凄く気持ちがよく、キスをしながら同時にイッた。
 ムスコからソフィーの子宮にザーメンが注ぎ込まれる。
 そのまま正常位、バック、松葉崩しまでやらせてもらい、すべてが中出し。
「あう、もうダメ」といって、さすがに数年ぶりのセックスが激しすぎた為か、単にソフィーの体力が持たなかったのか、この1年、勉強の苦痛から逃れる為に空いた時間で体を動かした事で僕の体力と耐久力がついた原因か、多分全部だろうと思うが、ソフィーが失神してしまった。
 僕はそれでも腰を動かし、ソフィーを責めた。
 ソフィーは糸の切れた人形の動かなかったが、少しづつ混濁した意識で反応し、喘ぎ始め、スパートを掛けて、ようやく覚えた子宮口をムスコで突きまくると再び、イッてしまう。
 それと同時に僕は腰を思いっきりソフィーに押し付け、ムスコを奥に押し込み、射精し、ザーメンを放った。
 思いっきり気持ちがよかった。
 初めてのセックスの相手がこんな美人の元人妻の熟女、ましてや多分25近く(たぶん)は離れている中1の子供の僕を愛してくれている女性である。
 それを好きなだけ抱いてイカせられたのだから最高であった。
 息絶え絶えのソフィーから離れ、ムスコを抜くと力尽きて萎えていた。
 ソフィーのアソコは半開きの状態で、僕の注ぎ込んだザーメンとソフィの愛液が流れ出ていた。
「マーシィ、(マリーとソフィーは僕をそう呼ぶ)次はあたしの番だよ」と、マリーは横たわり、股を広げていた。
 僕とソフィーがセックスしている間、マリーはひたすらあそこに指を這わせ、オナッていた。
「いきなり童貞とバージンをセックスするのはうまくいかないから、マリーはオナニーをして、アソコをやわらかくほぐしておきなさい」と、「その間に私がマーシィを女の体に慣らしておくから」とソフィーに言われたからだ。
 マリーがオナニーで何度かイッて、あそこが十分、やわらかくほぐれたのを確認するとマリーを抱く事にした。
 マリーとディープキスをし、僕のムスコをしごかせるとすぐに立った。
 僕は念のため外出ししようというとマリーが嫌がった。
「私はマーシィの恋人なるの、ママと同じように愛して」というのだ。
 しかたないでザーメンは少ないと思うが中出しをする事にした。
 マリーはバージンだったので、「僕でよかったのか」と聞くと「マーシィ、あなただけが私の味方をしてくれた。バカでも笑わなかった。一緒にいても嫌がらなかった。厳しかったけどずっと優しくしてくれた。だから愛してる」という。
 マリーは最初はもてはやされ、やがて、虐める事への恐怖を知っていた。 だからそれをしなかった僕に愛されたいのだ。
 涙を流しながら訴えるので、どうしようもなく切なくなり、「僕も君が好きだよ」といってあげた。
 何かいようとしたがキスで唇を塞ぎ、ソフィーほどではないが、大きな胸を揉み、マリーのあそこにボクのムスコを入れて、バージンをもらった。
 その後はマリーのアソコから血が流れ、痛みから逃れようともがいたが、体をしっかりと押さえつけ、ムスコの抽送を続け、黙々とセックスをした。
 マリーの中はぬめぬめしたソフィーと違いとてもきつかったが、途中から気がついたソフィーからレクチャーもあり、無事に初めてでもイく事ができた。
 僕も同じように達し、しっかりとマリーの腰を抱いて、マリーの子宮に僕の残ったザーメンを注ぎ込んだ。
「マーシィ、愛している。あなたの赤ちゃんが産みたい」と抱きついてきた。
「私も産みたい」とソフィーも加わった。
「結婚したら産もうね」と僕は答えて、マリーとキスをした。
 その後、マリーをもう1回抱いた。
 3人で露天温泉に行き、体を洗うがまたもやムスコが立ってしまったので、1回づつマリーとソフィーを抱いた。
 戻るとそのまま3人で寝てしまい、翌朝、また、ムスコが立ったのでマリーとソフィーとセックスし、露天風呂でもう1回、同じ事をして帰ってきた。
 それからマリーにアプローチをかける奴が増えてきた。
 マリーは成績の悪さからずっとバカにされてきたので、男に相手にされないでいた。
 それが良くなった途端、バカにされる事もなくなると、男が寄り始めた。
 上級生の№1からもお声が掛かったがすべて断った。
 マリーは別に散々、馬鹿にされたことに対する仕返しをしているわけではない。
 あからさまに態度を変えてきた周りの人間に怯えて、断ったのだ。
 マリーは前より僕の側にいるようになり、それでさすがに僕がマリーの彼氏だといいよる奴らも気づき、1年前、大柄の外国人を半殺しにした噂があるので誰も近寄らなくなった。
 そのまま僕は実家に戻ることなく、マリーの家で暮していた。
 むろん、かかる金が減るのでうちの両親は文句はない。
 学校としては戻って欲しいみたいだったが、ソフィーは「ようやく勉強が身につき始めたばかりです」と関係者に頭を下げていたので同居が続けられた。
 で、マリーとソフィーとは勉強や生活に支障がでないようにセックスをしていた。
 セックスに夢中になって成績が下がっては元も子もないからだ。
 それでも僕はソフィーから手ほどきを受け、2人をイカせるテクニックは身に着けた。
 僕は避妊しているとはいえ、好きなように金髪巨乳母娘の体を抱きまくり、初体験の夜からすべてが生ハメ中出しである。
 2人のアソコから僕のザーメンが流れ出ているのを見るとソフィーとマリーが自分の物であるとの実感があった。
 でも、それと同時に自分とマリーが無力な子供である。ソフィーはただの女である事も感じていた。
 それはマリーとソフィーも感じているらしく、いつもセックスを終えると気だるく僕に身を寄せてくる。
 勉強ができないだけで僕とマリーはすべてを否定され、ソフィーは夫に捨てられた。
 幸せなど砂の城に等しい、悪い風が吹けばたやすく崩壊するを身に染みているからだ。
 でも、僕はある時、3人で力を合わせてきたことで、困難を乗り越えてきたことも自分の身で実感した事を思い出した。
 だから僕は2人を抱き寄せ、「3人で頑張ればなんかなる」と声を掛けた。
 ソフィーは「そうですね」と頷き、マリーは涙ぐみながら僕の胸に抱きつき「私達恋人だもん」といってくれた。
 2人のぬくもりを感じ、僕のムスコがまたもや立ち上がった。
 それを見て、2人は笑い出し、「しょうもない人」といって離れると「私達を愛して」と横になる。
 僕は「さあ、頑張るぞ」と奮起しました。

丸見えパンツ!(笑)

高校2@生のけーたです。パンツ撮ってます。まわりのやつもやってるので
一人で撮ったりみんなで仲良く(?)撮ってます。(笑)学校の中や店の中、電車とか
いろんなとこで撮ってますが、路面電車とバスの中がオススメです。すごく
揺れるので倒れないように足をちょっと開いて立って乗ってて、揺れるとスカートがヒラヒラ
するのでスカートの中がよく見えます。立ってる娘の前や後ろで撮ると丸見えパンツ!(笑)
揺れたり急停車して足が広がってきたりして丸見えパンツ!(笑)
うちの高校の娘、ほかの高校の娘、若い人、中学、小学生とか地元の娘の丸見えパンツ!(笑)
俺達の住んでるとこは観光地なので修学旅行生や観光客も乗ってて、そういう人は乗り慣れて
ないからさらに足が開いて丸見えパンツ!(笑)数人乗ってたら移動して全員のパンツを撮ったり、
友達にカメラ入れたバッグを渡して撮ったり移動時間を有効に活用してます。(笑)
夜は暗くて撮れないので昼間限定!(笑)学校の仲いい娘とみんなで一緒に帰って路面電車
乗ってみんなにパンツ撮られたり、やっぱ路面電車でおばあさんやおじいさんに席を譲って
俺達の前に立った修学旅行生の娘数人が俺達の前に立ったのでみんなにパンツ撮られたり、
これも路面電車で、激混みで数人いた修学旅行生の娘を前から撮ってたら、2人後ろから痴漢
にあっててパンツと痴漢してる手が映ってて、揺れに合わせてパンツの上からお尻触ってたりしてるとこが
映ってたり。揺れるので足を開いてガクガクしながらバランス取っててパンツ見えてて足がプルプル、
お尻がプリンプリンして丸見えパンツ!(笑)修学旅行生は揺れてキャーキャー言って、外人の
観光客はOh!とか言って丸見えパンツ!(笑)前の小さなリボン、レース、フリル、前や後ろの
キャラクターとかのプリントも丸見えパンツ!やっぱ乗り慣れてない修学旅行生や観光客の
ほうが丸見えパンツ!率が高いです。(笑)ブルー!ピンク!青!丸見えパンツ!(笑)赤!黄色!オレンジ!
丸見えパンツ!(笑)水玉!しましま!丸見えパンツ!(笑)花柄!チェック柄!丸見えパンツ!(笑)
シルク生地テカテカ丸見えパンツ!(笑)標準綿生地丸見えパンツ!(笑)定番白パン丸見えパンツ!(笑)
俺達に撮られる丸見えパンツ!(笑)
Oh! Yeah Pants!

外人のパンツ

学校帰りに地下鉄の駅を降りると、2人の女が階段を上って行きました。
20代くらいの白人の外人で、地図を持ってたので日本に来た観光客みたいです。
駅の中は風が強く吹いていて、俺達は女の後ろで階段を上っていると2人のスカートが風でめくれて
白とピンクのパンツがチラチラ見えました。たまにスカートがすごくめくれてパンツが丸見え
になったりしました。俺達はクスクス笑いながらパンツを見ながら階段を上りました。w
後ろで「パンツが見えるw」って声がして後ろを見ると、大学生、高校生、中学生、男ばっかり
何人かいてニヤニヤしながらパンツを見てました。w「おい!パンチラ見える!あそこあそこ!」、
「2人見えてるw」、「あっ!また見えた!w」とか言ってるやつがいたり、大爆笑してるやつが
いたり、パンツが見えるたびに「イェーイw」って言ってるやつがいました。カシャッ!って
音もしました。w2人は階段を上ったとこで止まって地図を見てました。俺達も階段を
上がったんですが階段を下りて下からパンツを見てました。wここも風が強く吹いていて2人の
スカートがめくれてパンツが見えてました。w階段を上ってる人は上のパンツに気がついて
チラチラ見たり、ガン見しながら上がって行きます。w男だけの大学生、高校生、中学生の集団
はヒソヒソ言いながら、クスクス笑いながら、ゲラゲラ笑いながらパンツ見ながら
階段を上って行きました。w大学生の集団も上に上がってから下りてきて俺達のそばで
パンツを見てました。w「最高!」とか言っててヒソヒソ話してて笑って見てました。w
みんな写メ、ムービー撮ってました。wそして大学生集団は階段を上って行って、1人1人
2人の後ろで「サンキュー!w」、「パンツサンキュー!w」、「白パンツ!ピンクパンツ!w」、
「パーンツ!w」、「ダ・ブ・ルパーンツ!w」とか言って2人を通り過ぎて、
最後のやつは、2人の前で(白パンツの女を指さして)「ホワイトパーンツ!」(ピンクパンツの
女を指さして)「ピンクパーンツ!」って言ってチャラいやつがやるサンキューのポーズで
「サンキュー!w」って言って去りました。集団はゲラゲラ笑って去りました。w
2人はポカンとしてて2人も去りました。あまりにもパンツがよく見えてたので、
2人がいたときずっと男達は笑顔でした。楽しませてくれてありがとう!
ラブ&ピースならぬパンツ&ピースでした。w

ラブホテルで妻が

以前体験した出来事です。

妻と結婚し17年を迎え、息子が寮のある学校に進学した時でした。
妻と2人だけの生活にエッチが激しくなっていた様に感じます。
刺激を求め、私は妻を誘い何年ぶりのラブホテルに行く事にしたんです。
家から車で30分程走った国道沿いの古びたホテルは、昔ながらの車で部屋の隣まで
行く所でした。
ホテルの入り口を入ると、ニヤニヤしながら掃除をする男性が居て、ちょっと感じが悪いなぁ
と思いながら部屋を選んで車を止めたんです。
妻が先に部屋に入ると、先程の男性が”奥さんと遣らせてくれ”と言って来ました。
馬鹿げていると断ると、何と刃物で脅して来て声も出せないまま部屋に押し込まれたんです。
男性は中東系の外人らしく、妻にも刃物をチラつかせ脅していたんです。
妻と抱き合いながら”言う事を聞こうと”と言う事になり、男性が刃物をしまってくれたんです。
その後、妻は2人の男に裸にされ、剥き出しにされた巨根を咥えさせられ、必死になめていました。
もう1人にバックから挿し込まれると、妻はヒィヒィと鳴きながら今まで見せたことが無い位乱れ
狂ったんです。どれほどの刺激だったのか?妻は数分で逝かされ、潮まで噴き上げる始末。
外人の体力は留まる事を知らず、何度も何度も妻のマンコに挿入していました。
やがてもう一人の男性が部屋に入って来て、妻のマンコを舐め始めると、指をアナルに挿し込み
1本・2本と指の本数を増やすと同時に拡張を始めたんです。
抵抗も出来ないまま、妻のアナルに極太のチンチンが挿し込まれ、マンコとアナルのダブルファックです。
穴と言う穴を散々使い回され、妻は3時間以上も激しく回され続けました。
男達に口止めされた私達は、彼らの言う事に従う事を約束すると解放されました。

数日して知った事ですが、妻は翌日も昼間に呼び出され彼らに身体を強要された様です。
一日中、6人の従業員に極太のチンチンを代わる代わる挿し込まれ、何度も逝かされ続けた
様です。それに気づいたのは、私が妻の体を求めた時で、妻の陰毛は全て剃られ、乳首と
襞にピアスが開けられていました。
何も出来ないまま、妻は数か月間彼らの性処理奴隷としてホテルに呼び出され、飽きるまで
身体を酷使され続けたんです。
妻が解放されたのは、ホテルが倒産した後で、彼らの姿はありませんでした。

妻のマンコは緩々で、アナルも締りが悪い形に変わってしました。
クリトリスも治具で拡張され、大きく肥大したままなんです。
そんな妻とは今も仲良く、SEXを楽しんでいますが、妻は彼らの刺激が忘れられないと言っています。

ポロリもあるよ!ドロリもあるよ!

観光地の街住みの高校生!行楽シーズンになると昼間でもバスや電車が
観光客や遠足の学生とかでゲロ混みになります!そんなときはみんなで
痴漢!観光客の20代の女、遠足の中学生、高校生、小学生、外国人観光客も!
俺らにケツ!マンコ!オッパイ!触られる被害者!みんなでやるから
あっと言う間にパンツ下されブラ外され!モミモミモミモミモミモミモミモミ
チンコ出したりぶっかけちゃったりも!
ちなみに、みんなで路上でもやってますが、地元はヤバいので隣町とかで
モミモミやってます!

パンチラ

うちの高?は交流で外国人の生徒がいます。うちの男子も
ケータイとかでパンチラとか撮ってるんですが、外人の生徒もパンチラ撮ってます。w
彼らは女子とハグしたり、肩組んだりしてスキンシップしてて、女子は外人だから
とか思ってるのかハグとか拒否ったりしません。ケツ触ってるヤツがいて、
外人だからかイケメンだからか拒否ってません。堂々とケータイでパンチラ撮ってて、
女子もやめてよーくらいで終わります。だから外人の生徒は卒業までたくさんの
パンチラを撮って卒業するみたいです。イケメン外国人だから許されるのでしょうね。
その後撮ったパンチラは、世界に拡散されてるみたいです。w

その気高い姿こそ、真のプロフェッショナル

   
女性が従事する肉体労働の究極の姿が、全裸での海女漁だというのが私の長年の主張です。
労働に対する最大の効率と成果を追求する為、羞恥心も捨て去り、一糸まとわぬその身のすべてを晒す。
その気高い姿こそ、真のプロフェッショナルです。

3箇所の地域の裸海女、実際、最も全裸海女に近かったのはどこの海女だろう?との考察ですが。

これは圧倒的に舳倉島の海女です。
これに関しては異論の余地がありません。
私の知る限り、日常生活の衣装としては日本史上最小ではないかと思います。
その面積は陰部を覆っているだけで、物理的にもうこれ以上は全裸しかありません。
   
対馬・曲地区の海女も、ふんどし姿ということで、露出度はかなり高めです。
対馬のふんどし「ヘコ」は、布面積はかなり広く、その点では舳倉島のふんどし「サイジ」にはかないません。
ですが、この「ヘコ」は腰に巻く極太の命綱(ハチコ縄といい、錘を編みこんであるという)に巻きつける形で一体化しています。
通常ならふんどしと命綱は別々の装備ですが、これに関しては合体しているため、命綱を解くと全てが外れてしまいます。
そして、記録画像を見る限り、ふんどし部分のみ、すなわち「ヘコ」単体で装着することは基本ないようなのです。
そしてこれは妄想の産物ですが・・・どうやら「ヘコ」なしの、命綱のみの運用は問題なくできる構造をしているのです。
   
気質的に全裸になるのも厭わない、変な言葉ですが「脱ぎたがり」が多かったのはどこか?
   
現在判っている限りでは、意外にも御宿の海女が奔放で開放的だったことが明らかになっています。
磯パンツというその装束は、他の地域より露出度が低いことは事実ですが、海女がその衣装を自ら脱ぎ捨て、全裸になる姿が記録に残されているのは御宿だけです。
一部の写真だけでなく、海女自身の回顧録にもそれは登場するのですから、非常に常習性が高く、全裸に抵抗を感じていなかったことがよくわかります。
他の地域より都会に近く、発達したメディアが出入りする中、1970年代近くまでトップレスで海女漁を続け、画像や映像に収まり続けた彼女らの奔放さは筋金入りです。
   
御宿の海女たちは、仕事を終えて海から上がると、すぐに素っ裸になって休憩する、その方が気持ちいいから、と回顧していました。
舳倉島の海女たちだって、周囲は知り合いばかりの中、一仕事終えてリラックスしたときに、陰毛しか隠せない程度の煩わしい縄ふんどしなどをいつまでも付けていたでしょうか?
   
否、彼女たちの開放的な姿が残されていないのはおそらく、マライーニ氏がいかに海女たちと友情を築いたと云っても、彼は余所者の外国人。
赤い肌の異人の前に全てを晒すなど、出来なかったからなのでしょう。
   
サイジを脱ぎ捨てた、舳倉の海女の生まれたままの真の姿は記録する者もいないまま、歴史の彼方に葬り去られたのです。
   
あと重要なのが、都会から離れた、交通の便の悪い辺鄙な場所であること。
周囲から隔絶された離島&陸の孤島であることが情報の遮断と独自の身内意識を生み、裸海女であることに対する抵抗感が低く保たれた最大の要因であることは疑いありません。
真偽は定かでありませんが、明治末期に鉄道が普及するまでは全裸海女を行っていた地域もあったとの情報もあります。
狭いコミュニティの中では、大らかで開放的な生活が営まれていたのでしょう。
   
きっと、こんな情景が繰り広げられていたのだと思います。
   
妄想シーン①:対馬曲
   
よく晴れた初夏の日差しが照りつける中、海女たちは今日も漁に出る。
その姿は腰にハチコ縄一本締め込んだだけの素っ裸。
豊かな乳房と陰毛が、水中でゆらゆら揺らめいている。
   
船に上がってハチコ縄を解くと、もうそれで生まれたままの丸裸。
濡れた全裸の身体を拭きながら、恋話や下の話に花が咲く。
すっぽんぽんでくつろぐ海女たちの船の横を網元の船が通りがかった。
「お前らあ、明日からは学者先生がおいでになるんだから、ちゃんとヘコは着けるんだぞ。失礼の無いようにしろよ」
へいへいと肩をすくめる海女たち。
   
妄想シーン②:舳倉島
   
絶海の孤島である舳倉島。
一日の漁を終え、昼過ぎには海女たちは港に戻ってくる。
命がけの緊張感が解け、家に帰った海女は、サイジを外し、身体を洗ったあと、素っ裸のまま家事や育児を始める。
   
周囲は皆知り合いばかり、恥じらいも何もない。
全裸のまま家の軒先で世間話をする子連れの海女たち。
腕に抱いた乳飲み子がむき出しの母親の乳房を吸っている。
世間話に退屈した男の子が、早く帰ろうよ、と母の立派に茂った陰毛を引っ張って促す。
分かったわかった、と母親は子の背中を押し、縁側で真っ裸のまま胡座をかいて談笑する海女仲間に挨拶して家路につく。
   
あくまで「あったかもしれない」古き良き時代の物語です。
   

し☆や、はらじ☆く=パンツの街  たけ☆た通り=パンツ通り

夏休みにし☆やとはらじ☆くに何回か行って買い物しながらパンツ撮りました。
俺らとタメくらいの中☆生、高☆生がたくさんいたので撮りました。小☆生、外人も撮りました。
白、青、水色、赤、オレンジ、水玉、チェック、ストライプ、柄。カワイイ娘を撮ったんですが、
1日で100人位撮れました。俺らからみたらしぶ☆、はらじゅ☆はパンツの街です。

サウナのアカスリにて

東京出張の際、某カプセルホテルに泊まった。そこは、風呂場の2F(ロフト形式)があかすり場になっており、風呂に入っていると上から「あかすりいかがですか?」とアカスリ嬢が声をかけてくる。アカスリ嬢は下をたまに見て、メンズウオッチングをしている。毎日男の裸を何百人とみているだろう。
アカスリ嬢は全員が外国人でBBAであることは間違いない。
今日はそんなBBAでも自分の勃起したものを見せつけたい願望がでてきて、アカスリ+オイルマッサージをしようと思いアカスリ場へ突入した。
一応最初は腰にタオルを巻きながら言ったが、コースを選択してサインをするときに、タオルはもぎとられ
フルチンになってしまった。
フルチンでサインをし横のアカスリ場へ案内された。
その時は時間がまだ早く自分以外の客はおらず、独占であった。BBAは二人待機しており早速BBA2人にフルチンでベッドまで案内された。
うつぶせからあかすりを開始。途中カエル足のような状態でアカスリをされてアナルや陰嚢まで完全に丸見えだろうと思いながらもなかなか勃起まではいかない。仰向けに姿勢をチェンジすると股間に濡れタオルをかけれてアカスリを再開。
最初は多く覆いかぶさっていたタオルもきわどい部分をアカスリをしていくにつれて、もうもはやチン毛部分は丸出しでかろうじて棒しか隠れていなかった。その棒にかかったタオルもアカスリの手の動きにひっかかりたまにコンニチハしては、「すいません」の一言のあとにタオルを置きなおされた。
徐々に勃起に近づくがなかなか勃起まではいかず半立ちどまりでフルにまでたどりつかない。アカスリが終わりオイルマッサージに移行した。
もう一度うつむせになり、カエル脚の際、腰を浮かし勃起しようとしたがこれでもたたず。
あおむけになり、またもカエル脚のような姿勢にされ股間に乗せられたタオルが今度は濡れタオルではなく乾燥したタオルの為、キワキワ施術だったため、やっと勃起してタオルを押しのけることができた。そのフルチン勃起状態で施術が行われてもう丸出しであった。その際、もう一人の待機していたアカスリ嬢が他にお客がいなくて暇だったのか、「延長しませんか?」と声をかけてきた。
丁度勃起丸出し状態だった為、「サービスしてね」と一声かけ延長開始。もう垢は出ないため、オイル
マッサージの延長だ。
再度サインが必要なため、伝票をもう一人のBBAがもってきて、そのフルチン勃起状態を見て、「元気元気!」と言って同時に二人の嬢にそのフルチンを観察されたことに興奮した。
その声をかけられた際、自分で自分のチンコを触ってみてこれがいうこときかないんですよー(笑)といってみてすこし皮をめくり軽くしごいてみて見せてみた。反応が全然OKだったので、これは「自家発電はOK!」だと思いました。
そこからアカスリ嬢の手を、タオルの中にもっていくとずっと陰嚢をもみもみしてくれて気持ちがいい。もう完全に性感マッサージが始まった。
ずっとフルチンで鼠蹊部や、アナル周辺を攻められて自分も感じていた。
もう一人のBBAも遠くから見て微笑んでいる。
タイミングを見て自家発電開始。BBAは陰嚢や、
アナルを触ってくる。
何度もいきそうになったが、まだまだ時間があるので、手でいくタイミングを見計らっていた。
その時、別のお客が上がってきたため、しばらくタオルを股間にかけてふつうのマッサージに戻った。
もう一人のお客が、うつぶせになったことを確認し再度自家発電開始。2回もいってしまった。
嬢は笑顔で「気持ちいい?」「気持ちいい?」を耳元で連呼してくるので、こっちも「気持ちいいよー」と繰り返した。
そんなことを繰り返し、延長も終わり勃起状態で退出した。今までのアカスリの中で一番刺激的だった体験である。

ゲロ混み

渋谷で行ったゲロゲロ混み!なんか駅伝の某大学がパレードやるみたいで女がいっぱいいた。
な・の・で友達とケツ触りまくった。俺達のほかに中学生くらいのからタメの大学生くらい、大学生くらいの
外人とかみんな触ってた。俺達外人のケツも触った。日本人から外人まで、小学生くらいのから
大学生くらいの女いっぱい触った。女同士で選手のチンコ、ケツ触ったって笑いながら話してたので、
男は女のケツ触って、女は男のケツとか触って、日本人は外人を触って、外人は日本人を触ってた
のでみんなおあいこ。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード