萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

女友達

家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった2

千佳はその後順調に家庭教師のアルバイトを続けていた。

このアルバイトを紹介してくれた友人の尚子の話通り、富田家が康介の家庭教師に払ってくれる給料は大学生のアルバイトとしてはかなり高額。
それに見合った成果を出すべく、千佳は康介のスキルアップのために一生懸命頑張った。

康介も要領が良いというか、きっと元々勉強はできるのだろう、千佳が教えた事をスムーズに吸収していってくれた。

そしてそんな教師と生徒、千佳と康介の関係も良好だった。

今ではまるで親しい友人同士のように会話をする2人。

その中で相変わらず康介は千佳に対して卑猥な質問や言葉を掛けたりしていたのだが、最初の頃はその度に恥ずかしそうに顔を赤くしていた千佳も、最近はそれにも段々と慣れてきていた。

大体が「今日何色の下着付けてるの?」などの割かしソフトな質問だったのだが、毎回康介が勉強に取り掛かるという条件と引き換えに千佳はその質問に正直に答えていた。

もちろん千佳は女性であるのだから、年下の高校生とはいえ、男性にこんな事を教えるのは恥ずかしい事には変わりはない。
それに普通の女性はそんなセクハラ紛いの事を聞かれてたら、その男性に対して嫌悪感を抱くものだ。

しかし千佳がその事に関して、康介に嫌悪感を抱く事は一度もなかった。

それどころか毎回、「え?またそういう質問?」と笑顔で言っている千佳は、康介からそのように聞かれる事を楽しんでいるようにも見えた。

?軽い火遊び?みたいなものだった。

康介は高校生の子供だが、千佳もまだ大学生だ。

それに性的な事に関しては経験が少ない千佳にとって、この康介との少し卑猥なやり取りは、ある意味刺激的でもあった。

SEXの経験が無いわけでないが、それでもすぐに別れてしまった前の恋人と数回程度。

まだ未知である性の世界に、千佳もそれなりに好奇心を持っていたのだ。

興奮と言う程のものではないにしろ、康介からエッチな事を言われて気持ちを高ぶらせてしまっている自分は確かにいた。

でもなぜだろう。

康介に対してだけ、こんなに開放的な気持ちになれるのは。

今までの千佳だったら考えられない。

普通に男性と会話するだけでも緊張していたのに。それは付き合っていた恋人でさえもそうだった。

自分の心を解放できずに、結局別れてしまった。

その経験がある種のトラウマになっていた千佳は、男性に対して臆病なっていたのだ。

でも康介に対してだけは違った。

こんなにも男性に対して笑顔を向けられるのは千佳にとって初めての事だ。

それはもちろん就職活動の面接の時にしていた作り笑顔でもなければ、女友達といる時に見せる笑顔とも違うもの。

心の底からの笑顔、千佳はそれを康介に見せていたのだ。

康介 「……ん?何?俺の顔に何か付いてる?」

千佳 「……えっ?」

横でいつものように問題集を解いていた康介にそう言われて、千佳はハッとして我に返った。

自分でも気付かない内に、真剣に勉強に取り組む康介の横顔を、千佳はじっと見つめてしまっていたのだ。

それを康介に気付かれてしまった千佳は、思わず顔を赤くしてしまう。

千佳 「な、なんでもないよ。あ、もう問題終わった?」

康介 「終わったよ。なんか俺、今までの人生で一番真面目に勉強してるかもなぁ……こんなの俺じゃねぇな。」

千佳 「フフッそれは良い事じゃん。……でもホント康介君って飲み込み早いよね。これなら志望大学、もっとレベル高いところに変えても良いと思うけど。」

康介 「そんなの面倒くせぇよ。あ、でもさ、千佳先生と同じ大学なら行けそうじゃね?」

千佳 「うん、うちの大学受けても康介君なら充分可能性あると思うよ。」

康介 「……あ、でも合格したところで俺が入学する頃には千佳先生はもう大学には居ないかぁ。それじゃ意味ないなぁ。千佳先生来年にはもう就職なんでしょ?」

千佳 「ぇ?……う、うん……そうだよ。」

そう、千佳は今大学四年目。来年からはもう社会人であり、今年が学生生活最後の年なのだ。

つまり、康介の家庭教師をするのも、あと数ヶ月だけだという事。

本当は康介が高校3年生になって、本格的な受験生になってもこうやって勉強をいっしょにやりたい。

でも現実的にはそれは無理だ。恐らく千佳がいなくなったら富田家は別の家庭教師を康介に付けるのだろう。

そう考えると、千佳は少し寂しい気持ちになった。

最近はこの離れの部屋で、康介と2人きりで居る事が当たり前かのように過ごしていた。

そんなはずはないのだが、なぜかそう思い込んでいた。

しかしその時間も永遠には続かないのだと気付いた瞬間、千佳の胸はきつく締め付けられるであった。

12

康介 「そういえばもうすぐテストなんだよなぁ。」

答え合わせの作業をする千佳の横で、椅子の背にもたれながら康介はそう言った。

窓の外はもう暗い。千佳の答え合わせが済めばこれで今日は終わりだ。

千佳 「テスト?大丈夫だよ、今の康介君ならしっかり結果出せると思うし、順位も上位に入れると思うよ。」

康介 「100位以内には入れる?」

千佳 「うん、それくらいは間違いなくいけるんじゃないかな。」

康介が自分から成績の話をしだすなんて珍しい事だと千佳はこの時思っていた。

今まで成績の事など全く気にしていない様子だった康介が、こうやってテストの順位の事を考え始めているというのは千佳が家庭教師についてからの進歩なのかもしれない。
それは真剣に勉強を教えてきた千佳にとっては嬉しい事だ。

が、しかし、康介がテストの順位の事を千佳に聞いてきた本当の狙いはそんな事ではなかった。

康介 「じゃあさ、もし俺が100位以内に入ったらさ、千佳先生何かご褒美くれる?」

千佳 「え、ご褒美?」

康介 「そ、ご褒美。」

千佳 「……康介君、もしかしてまたエッチな事を私に要求しようとしてるんじゃないでしょうね?」

康介 「当たり前じゃん。俺のやる気が出るようなご褒美なんだから。」

康介のご褒美要求は毎度の事だから千佳ももうある程度慣れている。

しかし今回の要求は、今までのそれとは違っていた。

千佳 「はぁ……また康介君の思い通りに事が進んじゃうような……でもさ、なんかそれで私が得する事ってないよね?」

康介 「こういう場合、生徒のやる気を最大限発揮させるのが家庭教師の役目でしょ?」

千佳 「ん?それはそうだけど……じゃあ一応聞くけど、何をすればいいの?そのご褒美って。」

千佳にそう聞かれた康介は嬉しそうに口を開く。

康介 「へへ……ご褒美はさ、100位以内に入ったらさ、先生のオッパイ触らせてよ。」

千佳 「え……?」

康介 「先生のEカップのオッパイだよ。この前触らせてくれなかっただろ?だから今回は俺が頑張ったらご褒美に触らせてよ。」

千佳はやはりそういう事なのかと思いながらも、今まで卑猥な事を聞いてくるだけだった康介の要求が、今回は身体に触るという直接的な事だったので少し驚いていた。

千佳 「……そんな事……」

康介 「ちょっとだよ。ちょっと触るだけだって。」

千佳 「ちょっとって言われても……」

そう口では言いながらも、千佳の表情は困ってしまっているというような雰囲気ではなかった。

胸を触らせてくれなんて要求は思いもよらぬ事ではあったけれど、自分の胸を康介に魅力的だと思って貰えているというのは、なんだか悪い気はしなかったのだ。

だがもちろん胸を触られるなんて千佳にとっては恥ずかしい事には変わりはない。

なるべくならそんな恥ずかしい事はされたくない。

康介に身体を触られるというのは、痴漢に触れるとかそういうのとは別の意味で、千佳には抵抗感があったのだ。

康介 「頼むよ千佳先生、そしたら俺すげぇテスト頑張るからさ。」

千佳 「……康介君ってホントにエッチだね。」

千佳は少し笑みを浮かべながらそう康介の顔を見ながら言った。

千佳 「……じゃあ、い、いいよ。別にそれでも……」

康介 「えっ!?いいの?マジ?先生のオッパイ触らせてくれるの?」

千佳 「う、うん……ただし、50位以内に入れたらね。100位以内じゃダメだよ。そんなの今の康介君には簡単過ぎるし。」

康介 「50位以内?それちょっと厳しすぎるでしょ、前のテストより100番以上順位上げないとダメじゃん。」

千佳 「厳しいくらいが丁度良いの。私の……その……触らせてあげるんだから。」

それに対して康介はしばらくグダグダ文句を言っていたが、結局千佳から出されたその条件を受け入れた。

確かに康介の学校で50位以内というのは相当にレベルが高いし、千佳が今の康介のレベルを見る限り、かなり厳しい目標ではある。

いや、たぶん50位以内は康介にはまだ無理だろうと千佳は思っていた。

無理だろうと思っていたからこそ、千佳は康介の要求を呑んだのだ。

康介 「よし、じゃあ俺マジで本気出すからさ。」

千佳 「フフッ、頑張ってね。」

今までにない程の意気込みを見せる康介。これなら50位以内は無理でも結構いい所までいくかもしれない。

理由はどうであれ、康介がテストに向けて勉強にやる気を出してくれるなら何よりだと思っていた千佳。

しかしそれから2週間後に康介が受けたテストの結果は、ある意味で千佳の予想を大きく裏切る結果となるのであった。

13

千佳は手に持った小さな紙を見て目を丸くしていた。

そしてその横にいる康介は驚いている千佳の様子を見て誇らしげに笑みを浮かべている。

今日は康介が先日受けたテスト、その結果が出た日なのだ。

康介 「どう?ビックリした?」

千佳 「う、うん……驚いちゃった……凄いね康介君。」

かなり高めに立てていた50位以内という目標。

それは千佳が恐らく無理だろうと思いながら立てた目標だ。

しかし康介のテストの結果はそれを大きく上回る30位だった。

その結果に千佳はただただ驚くばかり。

千佳 「本当に、康介君頑張ったんだね。」

康介 「フッ、まぁ俺がちょっと本気出せばこんなもんだよ。」

そう得意気に言う康介。

千佳も康介の家庭教師として成績アップに少しは貢献できたのだと思うと嬉しい気持ちになった。

千佳 「康介君の事見直しちゃった。これなら次は10位以内も夢じゃないね。」

康介 「え?いいよそんなの別に、今回だけだよ。」

千佳 「そんなのもったいないよ、この調子でいけばもっといい大学目指せるし。ね、また今日から頑張ろっ!よし、じゃあ早速今日も始めよっか!」

そう言って勢い良くソファから立ち上がった千佳は、いつも通りに康介の勉強机に向かおうとした。

しかしそんな千佳を康介がすぐに呼び止める。

康介 「ちょっと待てよ千佳先生、何か忘れてないか。」

そして康介のその声で、動きを止めた千佳はばつの悪そうな表情をしていた。

そう、千佳も忘れてはいなかったのだ、あの事を。

あのテスト前に康介とした約束の事を。

康介 「先生、忘れてないよね?あのご褒美の事。」

千佳 「……う、うん……」

まさかこんな事になるとは思っていなかった。

康介がテストであんなにいい点数を取るなんて。

いや、正直に言えば、もしかしてそういう事もあるかもしれないとは少し思ってはいた。

?ご褒美?の事も、万が一そういう事があれば仕方ないと覚悟を決めていた。

しかしこうやって実際にその時がやってくると、後悔の念を拭いきれない。

康介 「じゃあさ、ちょっとこっちに来てよ。俺の横に座って。」

千佳 「ぇ……康介君の横……?」

康介 「そうだよ、ここ来て。」

千佳 「でも……あのね、康介君……」

康介 「でもじゃなくて、早く来てよ。」

そう言って、康介は自分が座っているソファを手で軽く叩いた。

千佳 「……う、うん……」

約束した以上千佳もこの状況からは逃れられないと思ったのか、指示通りに康介の横に腰を下ろす。

この時すでに、これから起こることを想像してしまっているのか千佳の顔は真っ赤だった。

嫌じゃない。

触られたいと思っている訳ではないが、康介に身体を触られる事は不思議と嫌ではなかったのだ。

恋人でなくても、康介なら冗談っぽいノリで軽いボディタッチくらいは許せる気がした。

ただ、今は途轍(とてつ)もなく恥ずかしいだけ。

康介 「千佳先生どうしたんだよ、すげぇ顔赤いよ?別に男に胸触られるくらい初めてじゃないだろ?」

千佳 「……あ、あの……康介君、絶対しなきゃダメ?その……やっぱり私……」

康介 「はぁ?何言ってんだよ、約束なんだから当たり前じゃん。俺はそのためにテスト頑張ったんだし。」

千佳 「それは……そうだけど……」

康介に胸を触られるのは、恋人同士でするそれとは根本的に違う。

今横にいる康介は、明らかにスケベ心で千佳の胸の膨らみを見ているのだから。

千佳 「……。」

チラっと康介の手に視線を送る千佳。

男らしい大きい手。でも一方でそのスラッと長い指はとても繊細そうにも見える。

なんというか男性の手でも、康介の手は千佳の目から見て、とてもセクシーだと思えた。

この手がこれから自分の身体に触れてくる。そう考えるだけでなんだか身体が熱くなってくる気がした。

康介 「千佳先生ってホント恥ずかしがり屋なんだな。まぁその方が俺も触り甲斐があるけど。」

千佳 「……もう……エッチなんだから……」

考えてみれば、男の人に身体を触られるのは久しぶりの事。

康介とだって、これだけ長い時間この部屋に2人きりで過ごしてきたけれど、手や身体が触れる場面はなかった。
いや、もちろん2人は恋人ではないのだからそれは当然の事ではあるのだが。

兎に角、誰かに身体を触られるという事に千佳は全く慣れていないのだ。

康介 「じゃあさ、とりあえず俺に背中向けてよ。」

千佳 「え?……背中……向けるの?」

康介 「その方が触りやすいから。ほら、早くそっち向いて。」

千佳 「……うん……」

千佳はそう小さく返事をして、ソファに座ったまま康介に背中を向けるようにして身体の向きを変えた。

康介 「……先生ってさ、小柄だよな。後ろから見ると背中小さいし。」

千佳 「そ、そうかな……」

康介 「小柄なのに巨乳なんてエロイね?」

千佳 「ぅ……もう、変な事言わないでよ……あの、やるならやるで早く済ませて……」

もう顔から火が出そうだった。これ以上この緊張状態が続くのは辛い。

軽く触って、はい終わり!そんな感じでこの罰ゲームのようなご褒美を早く終わらせたいというのが千佳の今の気持ちだ。

康介 「はいはい、じゃあいくよ?」

千佳 「……うん……」

その返事を合図に、後ろから康介の大きな手が千佳の胸の前まで伸びてくる。

千佳はその康介の手を見て、恥ずかしさのあまり思わずグッと目を閉じた。

14

千佳 「……ん……」

千佳の胸の膨らみに、康介の手がそれを包み込むように触れてきた。

康介 「おおー、柔らかけぇ……」

服の上からでも、乳房のその柔らかさは充分に分かる。

康介 「千佳先生ってやっぱり胸でかいんだね。Eカップだっけ?」

千佳 「……あんまり言わないで……そういう事……恥ずかしい……」

耳まで赤くしながら恥ずかしそうにそう言う千佳。

それに対して康介はニヤニヤと笑みを浮かべている。まるで千佳の反応を楽しんでいるかのように。

康介 「千佳先生、すげぇドキドキしてるでしょ?手に伝わってくるよ、速くなってる鼓動が。」

千佳 「ぇ……やだ……」

そして千佳の胸に触れていた康介の手がゆっくりと動き始める。

それはもう軽いタッチというような生ぬるいものではない。

どちらかと言えば、胸を揉まれているという表現のが合っている。

千佳 「ん……あの……ちょっと康介君……もういいでしょ?ちょっと触るだけって言ったじゃん……ん……。」

康介 「先生のオッパイすげぇいいよ。だからもうちょっと楽しませてよ。」

千佳 「……もう……ン……」

その柔らかな感触を味わうように動く康介の手は、徐々にその動きを大胆にしていく。

優し過ぎず、強過ぎない。

痛くないけど、激しい。

こんなに他人に胸を激しく揉まれるのは、千佳にとって初めての事だった。

千佳 「ぅ……ぁ……ン……ン……」

康介 「あれ、千佳先生なんかエロい声出しちゃってるけど、それわざと出してるの?」

千佳 「ぇ……違…う……よ……ン……」

康介 「へぇ?、じゃあ結構敏感なんだね。」

千佳は今、康介の手馴れたような手の動きと、自分の体内に熱いものが拡がっていく初めての感覚に戸惑っていた。

康介に揉まれている胸が熱い。そしてなんだかその熱が下腹部の方に移動してくるような感じがする。

……胸を触られているだけなのに……何なの……

胸は前の恋人にも触れた事はあるが、こんな感覚には陥らなかったはず。

康介 「千佳先生、気持ちイイ?」

千佳 「ン……ぁ……ン……」

千佳には分からなかった。

今胸から全身に拡がり続けている甘い痺れが、快感なのかどうか。

ただ身体がどうしようもない程熱くて、それと同時にとても恥ずかしくて。

了承の上で受け入れた事だけど、今は頭が混乱していて何を考えれば良いのかさえ分からない。

康介 「段々解(ほぐ)れてきたね。さっきよりも柔らかくなってきてるよ。」

千佳 「ン……ねぇ康介……もう終わりにしよ?」

千佳がそう言うも、康介は千佳から離れようとはしなかった。

後ろからガッチリと掴まれた状態で、千佳も身体を動かす事はできない。

その力強さからこの時千佳は、康介から?男?を感じていた。

きっとこのまま強引に押さえつけられたら抵抗できない。

もちろん康介がそんな事までやってくるとは、千佳もまさか思っていない。

しかし千佳と康介は、家庭教師と生徒であると同時に、?女?と?男?でもあるのだ。

それを今更ながら、千佳は実感していた。

自分はいつも?男?と、この密室の中で当たり前のように過ごしていたのだと。

康介 「あれ、これ乳首じゃね?ブラがあってもなんか分かるよ。千佳先生、乳首立ってるでしょ?」

そう言って康介は、その部分を服の上から2本の指で軽く摘み上げる。

千佳 「ああッ!」

康介 「やっぱり乳首勃起してるね、コリコリしてるよこれ。ここ弄られると気持ちイイんだ?」

康介はそのまま千佳の乳首と思われる場所を、今度は強めに刺激し始めた。

手の平では千佳の乳房全体を揉み、指で乳首を責める。

それもやはり慣れているような手つきだ。

千佳 「ン……ぁ……ハァ……ねぇ……もうダメ……止めて…康介君……」

千佳は少し呼吸を荒くしながらそう言って、康介の腕を掴んだ。

そして胸を揉み続ける、康介の手を退けようとする。

しかし、康介の太い腕は千佳のか弱い力ではビクともしない。

康介 「だ?め、もう少し楽しませてもらわないと、俺勉強頑張ったんだからさ。まだまだ足りないよ。」

そう言って千佳の身体をさらに自分の方に密着させるように抱き寄せた康介は、千佳の耳元に口を近づける。

千佳 「ン……ァ……もう……いい加減に……」

康介 「千佳先生っていい匂いするね……」

康介は熱い吐息を千佳の耳に吹きかけるようにしてそう囁く。そして……

千佳 「もう……変な事……アッ……!」

千佳は思わず声を上げた。

不意に首筋に感じたネットリとした感覚。

康介が千佳の首筋を舌で舐め始めたのだ。

15

千佳 「な、何……もう……ンァ……」

康介 「ここも感じやすいんだ、千佳先生。」

千佳の首筋からは女らしい甘い香りがしていた。

康介はそれを舐めとるようにして白い肌に舌を沿わす。

チュパ……ネチャ……

くすぐったいような、でもなんだか身体がゾクゾクする。

少し汗を掻きそうなくらい身体が熱い。

それに千佳の体内では下腹部に集ってきていた熱が、むず痒いような疼きに変わり始めていた。

康介に後ろから抱き締められている事で自由にできない上半身、その下で千佳は太腿を無意識の内に擦り合わせるような仕草をする。

康介 「ハァ……千佳先生……」

康介の熱の篭った低い声が、千佳の耳にジンワリと染みる。

それはまるで呪文のような声だった。

女性の本能に響いてくるような康介の声。

千佳はそれを聞いた瞬間、頭の中がグラグラと揺れるような感覚に陥った。そして同時に胸がギュウっと締め付けられる。

千佳 「ハァ……ン……」

千佳の口からも甘い吐息が漏れる。

もう、理性が途切れる寸前だ。

しかし千佳が康介が作り出すその空間に呑み込まれそうになった時、一瞬カーテンを閉めていた部屋の窓に人影が映った。

ふと人の気配を感じて窓の方に視線を送った千佳はそれに気付く。

……山田さんだ……

富田家に家政婦として雇われている山田という年配の女性は、毎日庭の掃除をしている。

今は偶々康介の部屋の前の庭を掃除していたのだろう。

偶然ではあるが、それが康介が作り出す空間に呑み込まれそうになっていた千佳にブレーキを掛けた。

千佳 「ちょ、ちょっと……康介君……ホントにもうダメ……」

両肩を上げて首筋に吸い付いてくる康介の口から逃れようとする千佳。

今度は今までとは違い本気で康介から離れようとしている。

康介もそれが分かったのか、千佳を抱き締めていた腕の力を抜いた。

康介 「どうしたんだよ先生、いい感じだったのに。」

千佳 「いい感じって……違う……こんなの約束と違うじゃない、もう……」

そう言って腕を退けた千佳は、少し腰をずらして康介から離れる。

しかしドキドキと脈打つ胸の鼓動はまだ速いままだ。

康介 「千佳先生、俺マジで勉強今回頑張ったんだぜ?な?あと5分でいいからさ。」

千佳 「ダメ……あんな事までするなんて聞いてない……」

康介 「あんな事って?首舐めたりした事?あのぐらいサービスしてよ。」

千佳 「ダメだよ……触るだけって言ったじゃん……」

康介 「ダメとか言ってもなぁ、千佳先生も満更でもない感じだったでしょ?俺としてはあのまま……」

千佳 「……あのまま……?」

そう聞き返してきた千佳に、康介はイヤらしい笑みを浮かべながらこう言った。

康介 「へへ、結構いるんだよなぁ俺の周りでも。家庭教師とヤってる奴。」

?家庭教師とヤッてる?

康介のその言葉を聞いて、千佳は思わず頭の中で自分と康介がそれをしている場面を想像してしまい、また顔を真っ赤にした。

千佳 「く、くだらない事言ってないでもうご褒美は終わったんだから、勉強始めるよっ。」

その話題から逃げるようにソファから立ち上がり、少し乱れてしまった服を整える千佳。

千佳の動揺は康介から見ても明らかであったが、それでも千佳はそんな自分の心を見抜かれないようにと必死に装っていた。

千佳 「ほらっ、もう時間過ぎてるし康介君も早く机についてよ。」

康介 「わかったわかった。急に先生に戻っちゃうんだもんなぁ……まぁいいか。」

少し怒ったような口調で言う千佳に、康介は仕方ないかという感じで机に向った。

それからはいつも通りの時間がこの部屋で過ぎていった。

先程までとはガラッと変わった部屋の空気。

日常に戻った今は、まるであの時間に起こった事が別世界での出来事のように感じる。

康介 「はぁ……なんかテスト終わったばっかりだしやる気でないなぁ。」

千佳 「ダメだよちゃんとやらなきゃ、ほら、ここの問題から。」

またグチグチと文句を言いながら問題を解き始める康介。そしてその様子を見守る千佳。

それは今まで通りの光景だ。

千佳 「……」

しかし千佳の内心は動揺したままだった。

一度康介から?男?を感じてしまった千佳の女心と身体は、もう康介の事をただの?高校生の男の子?という風には思えなくなってしまっていたのだ。

俺の同級生はガチ変態女 前

高校のときの女友達の話。
正確には中学から同級生で、同じ高校に入学したことを受かってから知った。
「同じ中学」というとっかかりネタを持って、話しかけに行った。まるで彼女を狙っているかのように思えるだろうが、そういうつもりはなかった。
自慢じゃないが、俺はこんなとっかかりでも無ければ、女子に話しかけることすらできない。いや、それすら実際キツかった。しかし
これを逃したら、という気持ちと、「同じ中学」ネタの効力は入学直後が一番大きいこと、それに高校デビュー的舞い上がりでなんとか実行に移せたのだ。
狙ってないのに何故そこまでしたかというと、単純に「女友達」が欲しかったからだ。

前髪を切り揃えて、それ以外は放置気味な重たい印象を持たせる黒髪、唇は厚めで、いつもピチッと閉じており快活な印象は無い。
左右の頬と鼻にぽつ、ぽつと点在するニキビ、そしてメガネで大体俯いている。「同じ穴の狢」感がすごい。
中学時代は童貞拗らせてか、許容レベルはあれど、女子と事務的な会話をするだけでウキウキする程な俺にとって、彼女はセーフ、
しかしその許容レベルのボーダーに限りなく近いと品定めしていた。自分を棚に上げて何言ってるんだと心中で自己嫌悪するが…。

結果、接触としては悪くなかったようで、オナチュー会話も少しは盛り上がった。少年漫画という共通の嗜好を引き出し、登校前に買った漫画雑誌を放課後に回し読む。
もちろん漫画禁止なので、屋上に続く扉がある人気の無い踊り場で。時間を放課後に指定したのは、下校時間を合わせることで
自然に「一緒に帰る」雰囲気を作りたかったからだ。同じ中学なので最寄駅が同じことも織り込み済み。かなり強引に事を進めたので不安だったが、無事功を奏した。
別に可愛いとは言えず、スカートも長くて肌色成分も無いがやっぱり女子だ。スカート履いて、髪が長く背が低い、そういう存在と話してるとウキウキする。
やんわり断ったり嫌がってる素振りとかも無し。確かな手応えを感じた。女友達までは近い。

関係を深めると分かってくるものがある。普段はボソっとしてるが親しい間柄とは高音早口、薄笑いを浮かべ鼻をフフッと鳴らしながら話す、
所謂オタク喋り(俺も軽くこんな感じ)、下ネタ好きでフランクに話させればわりかし下品だったり、
結構ディープで中学では猫かぶってる(本人談)だったり。
分かっていくにつれて女子と話しているウキウキ感が減り、性欲が芽生えはじめた。女友達になるという目標は達成したのに、目的が消えた。
中肉中背の極みといった体型だが、女子の夏服を間近で見ていると思うところはある。裸体を予想し、
揃った前髪をかき分けておでこ、メガネのレンズやフレーム、それに軽くニキビをたくわえた頬に射精し、ぽてっとした唇にチンポを擦りつけ拭う。
そんなサイテイな妄想を広げるとたまらなく興奮し、たまらなく申し訳無くなる。こんなことを考えてるなんて、感づかれないようにしないと。

1年が経ち、高2の2学期。相変わらず友達同士で、一緒に漫画雑誌を読んだあの踊り場で駄弁るのが日課になっていた。
科目でクラスが分かれたり、進路希望調査なるものが現れたり、嫌が応にも進路を意識する時期で、俺はなんとなく彼女の進路を聞いた。彼女は悩んでいた。
世間話程度でそこまで知りたいわけじゃないし、耳の痛い話なのだと察したんで別の話に替えたんだが、その話を割って彼女が言った。
「あ、あの私ね、体売りたい…なー、なんて思っちゃったり…」
…は?
「ホラ…私頭悪いでしょ?顔も良くないしコミュ力も最低。なんか他のどういう仕事も向いてない気がして。」
呆気にとられる。考えがまとまらず、何でそんな急に、とかもう一回考えた方が、とかありきたりなことしか言えない。
「昨日今日で考えた話じゃなくて…。経験はまあ、無いけど興味はあるし。」
どういう返事がベストか考える。言い放った彼女の方も何故か考え込んでいるようだ。強く否定しようとしたその時
「…あの、さ、私とかどう…です…か?なんて」
は。再度固まる。告白ではないことはなんとなく分かった。性欲を抱いたことはある、とだけ言った。
「そか、良かった…。ええと、本番はちょっと怖いから口で…あっ今じゃないけど…○○(俺)んチの両親の居ない時間…ってわかる?」
余裕で分かる。一番早くて明後日。
結局受け入れてしまった。明後日に使うコンドームを放課後に買いに行くことになり、その帰りに話を聞くことにした。流石に事情を聞かずに事は致せない。
公園で時間にして4時間は聞いただろうか。なるべく短く書いてみる。

彼女は常にモノを咥えて生きてきたと言う。
断乳しようとする母に泣きわめいて5歳直前まで母乳を飲み、その後も母親の指をしゃぶりながら寝ていたらしい。
その対象は鉛筆、父親の火の点いてないタバコ(家族会議モノで禁煙したらしい)に移り、棒アイスの木の棒を3時間くらい咥えるのもザラらしい。
小6に性行為全般の存在を知るも、セックスそっちのけでフェラに異常な興味を示す。中学に進学し、ディルドという存在を知るや否や、一週間経たず某通販サイトで
コンビニ受け取りで購入した。初めに口をすぼめ咥内をディルドにフィットさせた時の、脳に電気と液体が流れ込むようなビリビリジュワーとした感覚が忘れられんらしい。
中一でこれは紛れもない変態女じゃないか。
そこからはもう、現物と妄想を使ってしゃぶり倒しである。最初こそ好きなキャラの性器を模して致したりしたようだが、じきにユキヤというオリジナルキャラ
(いわゆる「うちの子」)の専用チンポになり、アソコを弄る弄らない関係なく、暇があればしゃぶる日々。(色々設定を考えてあるらしいが割愛)
ネット上の男目線のアダルトコミュニティやエロ動画で色々研究し、舌、頬、顎の筋肉のトレーニングに夏休みを費やした。
すごい奉仕精神だが、しかし所詮は物言わぬ存在で、レスポンス(反応)が欲しいという現実に直面する。しかし時すでに遅く、彼氏どころか友達を作ることすら難しくなっていた。
現実と妄想のギャップに苦しむ中で高校生になり、現実とコネクトすることが多くなった。俺である。
眼中にすら入ってなかったが、甲斐甲斐しく話してくれるし折角の現実との接触の機会なので邪険に出来ないと世間話を合わせて現在に至る。

俺たちは舞い上がってた。心の裸の付き合いだと言わんばかりに曝け出した。と言っても俺は彼女の話に比べたら普通だが。
「こんな話一生他人とする気無かった、ありがと」と前置いて別れを告げる姿を、俺はボーッと見ていた。
下腹部を見下ろす。お前、2日後にあの子の口に入るらしいぞ。信じられるか?俺は信じられん。
体は現実に期待し、意識は現実を完全に認識できてない、そんなフワフワした2日間を過ごした。

ヤンキーな友達のおかげで知り合ったヤンキー娘とエッチした

体が弱かった俺は、小さい頃から伝統空手をやらされていた。

小5の時のクラス替えで、体がデカくて腕力のあるジャイアンみたいな奴とクラスが一緒になった。

ジャイアンは、俺が空手をやってると知ると俺と同じ道場に通い始めたけど、寸止めルールだから長くやっていてスピードのある俺の方が組み手では強かった。
(殴り合いのケンカならジャイアンの方が断然強かっただろうけど)

それでジャイアンが俺に一目置くようになって、向こうが俺を一方的に気に入っていた。

中学になるとジャイアンは当然のようにヤンキーになった。
ヤンキーになるとジャイアンは空手を辞めたけど、俺は続けていた。

1年生でもう一人でかくて強いヤンキーがいて、噂ではジャイアンとそいつがやり合ったようだけど、ジャイアンの方が勝ったようだった。

ヤンキーの間の上下関係や力関係は分からないけど、ジャイアンはヤンキーの間では有力者のようだった。
それでも俺と廊下ですれ違ったりすると親しげに話し掛けてきた。

ジャイアンは俺の事を「こいつは空手をやっていて俺より強い」などと友達のヤンキーに紹介するもんだから、ヤンキー達にも一目置かれるようになって、2年生になると知らないヤンキーにも挨拶されるようになった。

2年生の時、遠足のおやつを買いにスーパーに行くと、知らないヤンキー女に声を掛けられた。
向こうはジャイアンと知り合いのようで、俺の名前と顔を知っていてあれこれ話し掛けてきた。
田舎なので俺を含めてダサイ服装の中学生が多いけど、そのヤンキーは私服はお洒落で可愛かった。
後から知ったけど、お爺ちゃんがロシア人のクォーターで、茶髪は染めたわけじゃなくて地毛で、色白の美人だった。
俺はアメトーク風に言うと、中学の時にいけてないグループに属して女子には免疫がなかったので、ちょっとドギマギした。

俺はおやつは制限の金額を守って買ったけど、ヤンキー女は明らかに多く買っていた。
店を出るまでずっと着いてきて、俺が自転車に乗って帰ろうとしたら「歩いてきたから後ろに乗せて家まで送って」と言われた。
俺は嫌だなぁと思ったけど、知らない相手に強気に出れなかったので言う通りにした。

二人乗り自転車ですぐの所に家があったが、とにかくデカかった。

「お菓子を買いすぎたから一緒に食べよう」と誘われて家に上がった。

家におばさんがいて、ヤンキー女の母親だと思って挨拶したら、通いのお手伝いさんだった。
お手伝いさんはヤンキー女と入れ違いに帰って行った。
お手伝いさんが帰ると二人きりになったが、当たり障りのない話をして俺も帰宅した。
それ以来、学校や街中でちょくちょく声を掛けられるようになった。

街中で会うと家に誘われて、何度か行った。
お手伝いさんがいる事はあってもすぐ帰るので二人きりでいる事が多かった。

俺はいつもお菓子を食べると晩飯前には帰っていたけど、ある時ヤンキー女が「せっかく二人っきりなんだから、やる事やろうよ」と言って、俺の上に跨ってきた。

俺が固まっていると「キスした事ある?」と聞いてきて、「ない」と答えたらヤンキー女からキスしてきた。

しばらくキスしてると「触ってもいいよ」と言ったので、キスしながらお尻や胸を服の上から撫で回した。

しばらく触っていると、ヤンキー女が服を脱いで全裸になった。
初めて女の裸を生で観て、それだけで勃起した。

「恥ずかしいから◯◯君も脱いで」と言われて、俺も全裸になった。

勃起したチンコを見ると、ヤンキー女は自分から舐めてきた。
直接聞いた事はないけど、どうもフェラは初めてではないようだった。
フェラは思った程気持ち良くなかった、という人がいるけど、ヤンキー女が上手かったのか俺が早漏だったのか、俺は気持ち良くて、すぐに出してしまった。

「今度は私にして」と言われ、胸やおまんこを舐めた。

かなり綺麗な体だったの凄く興奮した。
下の毛は茶色で薄かった。

おまんこを舐め回してるうちにまた少し勃起してきた。

「入れてみる?」と言われて入れようとしたが、チンコがまだ完全勃起してないのと、おまんこがキツイのとで、なかなか入らなかった。

それでもおまんこに擦りつけてるうちに硬くなって、ようやく少し入った。
けど、ヤンキー女が痛がって、どうしてもそれ以上入らなかったので諦めた。
それから、頻繁にヤンキー女の家に通うようになった。

ヤンキー女は処女で、なかなか入らなくて何回目かでようやく入った。
入っても動かすと痛がるので、最初のうちは口で抜いてもらった。

それでも一ヶ月もすると、普通にセックス出来るようになった。
ゴムなんて付けてなくて、いつも生で入れて最後は腹や背中や口に出していた。

俺はヤンキー女との事は誰にも言ってなかったけど、ヤンキー女はヤンキー仲間に言っていたみたいで、ジャイアンに「どうだった?何回やった?」と色々聞かれた事もあった。

それだけならまだ良かったが、ジャイアンの金魚の糞みたいなチビヤンキーに絡まれた事もあった。
何度かイチャモンを付けられて、口で攻撃される間はやり返さなかったが、言い返さないとだんだん悪口が酷くなってきて、こっちもだんだん腹が立ってきた。

ある時、階段の踊り場のところで金魚の糞とその仲間とすれ違った。
例によって金魚の糞が俺の悪口を言ってきた。

他の仲間はジャイアンに遠慮して「止めとけ」と諌めていたけど、返ってそれが金魚の糞は腹が立つようで、俺が黙って立ち去ろうとしたら後ろから蹴ってきた。

それで俺もカッとなって、振り向きざまに踏み込んで金魚の糞の顔面に正拳を叩き込んだ。
まともにヒットして、糞は呻きながら顔を押さえてうずくまった。
盛大に鼻血が出ていて、ヤンキーに保健室に運ばれた。

俺は金魚の糞に悪態をついていたけど、内心では初めて人を殴ってビビッていた。
俺の拳は歯にも当たっていたようで切れていたけど、とりあえず洗うだけにして、保健室には行かなかった。
金魚の糞もその仲間も、俺の事は先生には言わなかったので暴力事件は表沙汰にはならず、お咎め無しだった。

金魚の糞はしばらく顔の真ん中にガーゼを貼っていて、鼻を折ったかと思ったけど、腫れただけのようだった。
内心仕返しされるかとビクビクしていたけど、ビクビクしていたのは金魚の糞も同じだったようで、逆に避けられるようになった。

ヤンキーの間に話が何となく伝わっていたようで、金魚の糞とは元々友達でも何でもなかったけど、ジャイアンがわざわざ出てきて仲直りさせられた。

向こうは「悪口ってスマン」。

俺は「鼻を殴ってスマン」と謝り、握手させられた。

ヤンキー女は「私を取り合ってケンカしたの?w」と嬉しそうだったが、きっぱり否定しておいた。

否定しても「ふーん」と鼻で笑って嬉しそうだった。

その日、初めて中出しした。
妊娠するかも、という事は一切考えもしないで、その後も「今日は中に出して良いよ」と言われる度、嬉々として中出ししていた。

俺がヤンキー女の家に行く時はほとんど二人きりだったけど、たまにヤンキー女の友達がいる事があった。
そういう時は友達が帰ってからやっていたけど、ある時、女友達も入れて3Pをした。
女友達はヤンキー女に比べると正直あまり可愛くないけど、中学生にしては結構胸があったので、そこだけは興奮した。
ダブルフェラをさせて、ヤンキー女に入れて、次に女友達に入れて、最後はヤンキー女に入れて中出しした。

オレはそこで終わりのつもりだったけど、女友達にはちょっと入れただけだったので満足してなくて、もう一度女友達とやる事になった。
今度は最初から最後まで女友達に入れた。

女友達も「中に出して」と言っていたけど、何となくダメな気がして外に出した。
彼女とか付き合うとか、そういう事をはっきりしないまま関係を続けていたけど、そこで何か微妙な気持ちになった。

「全然届いてないよ?奥にw」大学のクラスで人気の女友達と一線を越えた

俺(ユウキ)が大学2年生の頃の話です。
家と大学とバイト先を行き来するだけの普通の大学生活を送っていた。
彼女はいなかったが、大学に入って新しい友達もできて、それなりに充実はしていた。

今日書くのは、大学のクラスメートの優香との話。

優香はクラスの仲のいい女友達で、同じ授業も多く、よく他の何人かのクラスメートと一緒に遊んでいた。
映画の趣味が似ていて、ある日俺の持っているDVDを俺の一人暮らしのマンションまで借りに来ることになった。

優香が俺の部屋にくるのは初めてだった。
俺はてっきりDVDを借りにくるだけかと思っていたんだけど、軽く飲んでいくことになった。

俺が作った夕飯を2人で食べ、ビールを飲む。
2人きりで優香と飲むのは初めてだったので、少し緊張したw

飲んでいると次第に話は恋愛の方に。
優香は今は彼氏はいないけど、過去には結構な人数の男と付き合っていた。

それもそのはず、優香は可愛い。
背も高いし、スタイルも良くて、クラスの中では1、2を争う人気だった。

俺と優香は、どんな人がタイプかとか、過去にどんな人と付き合ったのかとか、そんな話をしていた。
俺は正直に、過去に1人としか付き合ったことがないこと、経験人数もその人だけだと言った。

優香「そうなの?ユウキもてそうなのにな〜」

意外そうな顔をしながら優香は言った。
ちなみに俺はそんなにモテるタイプじゃないw不細工ではないけど。

話はだんだん下ネタに、、、
優香は経験人数は5人だと聞いた時はびっくりした。
この時2人とも20歳だったんだけど、歳の割には多くないか?
俺の経験が少なすぎる分、5人という数字は多く聞こえた。

酒がすすみ、優香は俺の経験が少ないことをイジリ始めた。

「1人ってちょっと少ないよね〜w」
「初めての時ってどんなだった?」
「経験少ないし、ちゃんとエッチできるの?w」

など散々からかわれ、俺は何も反論できなかったw
さらには、

優香「ユウキのって小さそうw」
俺「ちょっw経験少ないだけで小さくはねえから!」
優香「本当かな〜?今までの人はね〜みんなこれぐらいはあったよw」

そう言って、優香は両手で長さをしめした。
たぶん、15センチぐらいだったと思う。

俺「俺だって、それぐらい、、、」
優香「本当に?ふふ、見栄はってるんじゃないの〜w」

そうやって小一時間はイジられたと思うw
俺はこんな可愛い優香と2人きりで、しかもエロネタ話せて興奮気味だったw

けど、優香は酒を飲み過ぎたのか、おやすみモードに。
少し寝るだけだろうと、俺は優香にベッドを貸した。

この状況…

クラスで人気の可愛い子が俺の部屋で寝ている。
興奮しないわけがない。

俺は、優香の寝顔を見て、さらに興奮し、呼吸で上下する胸を、薄手の生地のワンピースからさわりってみた。

優香の胸、、、
そんなに大きくはないと思っていたけど、触ってみると手にちょうど収まるぐらいの大きさはあった。

俺は自分を止められなくなり、ワンピースをめくって胸をさわり始めた。

ブラの上からさわる胸の感触、、、
元カノが貧乳だっただけに、優香の胸は初めての感触だった。
こんなにやわらかいなんて、、、

しかし、ブラを外して、優香の胸を揉んでいる最中に、優香が起きてしまった!

優香「え!ちょっと、、だめ!なにしてんの!」

俺はとっさに優香にキスをして口を塞いだ。

優香「んんん!ちょっと、だめだって、、こら、、、ん!」
俺「ごめん、優香、、我慢できなくなって、、、」

激しくキスをしていると、優香の抵抗もなくなり、俺はさらに胸を揉みまくり、そして、優香のおまんこにも指を入れ始めた。
さすがに手マンには抵抗があったようだが、やっているうちに優香はあきらめたようだった。

俺は優香のワンピースと下着を脱がし、全裸に。

優香「もお〜恥ずかしいよ、、、ユウキとこんなことするなんて思ってなかった」

優香は恥ずかしいのか、ずっと顔を手で覆ったままだ。

俺は手を止めず、手マンを続けた。
少しだけ、優香は吐息を荒げていた。

俺のチンコは今までにないくらいにギンギン。
ゴムを付けて、優香の濡れたまんこに挿入した。

優香「あん、ちょっとお、、本当に入れちゃったの?もお〜、、はぁ、はぁ」

顔を隠していた手を下におろし、上半身を起こし、両手で体重を支えていた。
要は、正常位だけど対面になっている形だ。

俺は少しずつピストンを激しくしていったが、優香の豊満なおっぱいが揺れてるのを見るとイキそうでギリギリだった。
たぶん、すごいギコチナイ動きになってたと思う。

優香「はぁ、はぁ、、、はぁ」

優香は少し息を荒げて俺の顔を見つめていた。
その顔は小悪魔っぽく笑っていた。

優香「ん、はぁ、ユウキとこんなことしちゃうなんて、、はぁ」
俺「ごめん、つい、我慢できなくて、はぁ、はぁ、、」
優香「ふふ、けど思った通りw」
俺「え、、なに?」
優香「ふふふ、ごめんねwユウキの全然気持ちいいところに当たらないw」
俺「え?そんな、、はぁ、はぁ」
優香「しかもなんか動きがぎこちないよw」

風俗に行こうとしたら女友達に見られて、そのまま女友達の家に行った

風俗に行こうとしたら女友達に見られて、そのまま女友達の家に行ったエッチ体験談。

大学生の時、彼女に振られて沈んでる俺に、友人が風俗を紹介してくれた。彼の行きつけの店だと言う風俗店の前まで行ったがどうも踏ん切りが付かず、その周辺をうろうろしていた。そこでバイト先の女友達に偶然会ってしまい、行きがかり上、飯でも食おうか?ってことで、居酒屋に行った。

二人ともほろ酔い気分になった頃、彼女が言った。「さっきいやらしいお店に入ろうとしてなかった?」いきなりのことで言い訳を用意してなかった俺は言葉につまり「やっぱり、入ろうとしてたんだぁ?、いやらしい!!」と彼女に突っ込まれてしまい、もう開き直るしかなかった。

「そうだよ、彼女に振られたから、風俗に行こうと思ったんだ、でもなかなか入り辛くてね!」バイトではなかなかエッチな会話はしたことなかったけど、この会話を皮切りにエッチな話題で盛り上がった。帰る時に、彼女が「これからいやらしい店行くんでしょう?」って言って来るから「そうだな、一人で帰っても寂しいから、行こうかな?」って完全に開き直って返すと「寂しいなら、うち来る?」と思いがけない言葉が…

ちょっと小心者の俺は下心を抑えて「え、いいの?じゃあ、おまえんちで飲みなおそう!!」と返すのが精一杯。完全に彼女のペースだね。

彼女の家に着くと、「その辺に座ってて、私ちょっと楽な格好に着替えちゃうね」女の子の家に入ることでちょっと興奮気味の俺は着替えという言葉を聞いてさらに興奮、しかし、着替えを終え、「お待たせっ!!」っと言って戻って来た彼女の姿にまたまた興奮、彼女は、上はT-シャツみたいな奴(前かがみになると、胸が見えちゃうような奴、なんて言うのかな?)、下はショート
パンツの生足。思わず「ゴックンっ!!」とつばを飲み込んだが、無言になってはイケナイと思い「イロっぽいねぇ?、いつもそんな格好してるの?」と聞くと「そう?イロっぽい、興奮しちゃった?」とイロっぽい眼差しで俺のことを見ながら、俺の横にちょこんと座った。

「……」結局、無言になってしまった俺。

「なんで黙ってるの、ねぇ?、どうしたの?」

「べっ別に・・・・・」と言うのがやっとで、うつむきながらも、彼女の太ももにくぎ付けの俺。そこを覗き込むようにして彼女が俺を見つめてくる。あ?。もうダメだ、抑えられないと感じた俺は、正直に「ごめん、俺、興奮しちゃったんだ。もう抑えられないよ!」と言うと「やっぱりそうなんだ、股間が窮屈そうだもんね。」と軽く返す彼女。

おっ、これはできるかも?っと思い、彼女の肩を掴み、キスをしようとすると、しっかり受け入れてくれた。キスをしたまま、押し倒そうとすると、急に拒否してきた彼女。

「ごめんね、やっぱ彼氏じゃない人とセックスはできないよ。」と言ってきた。

「え、もう俺我慢できないよ」と返すとしばらく間があって、「誘った責任は持つから、・・・」と言い、微笑む彼女。「責任って?」と聞くと「手で抜いてあげるっ!!」と股間に手を這わせてきた。

もう我慢できない俺は手でもいいやと思い、「お願いっ!!」と言って、彼女に任せることにした。
「あ、カチカチだね、それに大きいんじゃない?」と股間を擦りながら言い、俺を見つめてくる。「キスしてっ!」って言うとキスはしてくれ、胸を触っても嫌がらない。でも服を脱がそうとしたり、下半身に手を伸ばそうとすると「ダメっ!」と言って拒否してくる。

これ以上、無理強いして、手で抜くのも止められると嫌なのでキスと胸触りだけで我慢することにした。

「ちょっと腰浮かして、ズボン脱がしちゃうから」と言いながらベルトを緩めて、ジッパーを下ろした。腰を浮かすと、「全部脱いだ方がいいよね」と言い、ズボンを両足から取られた。パンツの上からだと、カチカチのJr.の形がはっきりと分る。

「やっぱり大きいね、こんな大きいの初めて!」と言いながら、Jr.の形をなぞるように手を這わせてくる。
「じゃあ、パンツも脱がしちゃうね」
俺は腰を浮かした。

パンツを脱がされると、Jr.は勢い良く飛び出してきた。
「すご?い、反り返ってるぅ?、それにやっぱり大きいよ」と彼女は撫でるようにJr.を擦ってきた。そして、先端をなぞった時、俺のカウパーが彼女の指について糸を引いた。「あれれ、先っちょ濡れてるよ、感じちゃった?」と言いながらJr.をしごきだした。

調子に乗った俺は、ダメもとで、「ねぇ、ちょっと舐めてくれる、ダメかな?」と言うと「えぇ?、どうしようかなぁ?、じゃあ、ちょっとだけだよ」と言い、先っちょをペロペロと舐めだした。「あァ?、気持ち良いィ?、おォ?」と声をあげるとニコニコして今度は裏すじにも舌を這わせ始めた。
Jr.には舌で刺激を与え、手では玉袋をもてあそびだした。

その頃、風俗未経験の俺は、攻められたことはほとんどなかったので、もう、ビンビン、気を緩めれば直ぐにでも出ちゃいそうな勢いだった。
でも、あまりにも気持ちの良い状況に、ここで出して終わりじゃ勿体無いと、気を張った。

やはり攻められるのもいいが男なら責め返さねば!!そう、『攻撃は最大の防御なり』なんのこっちゃ?????とりあえず、一度は諦めた彼女への攻撃を再開することにした。
はじめは、俺のJr.に舌を這わせている彼女の耳や、首筋への愛撫をフェザータッチで行い、そこから流れるように先ほど唯一許された胸への攻撃を開始した。彼女の頭の方から抱え込むように
両手で彼女の両乳房を服の上から揉みしだき、時には強く、時には弱くと繰り返した。そう繰り返すことによって、だんだん上着がだんだんめくれあがってくる。これが狙いだった。

脱がそうとしたから拒まれたが、なんとなく脱げちゃったみたいな感覚を狙った。ずり上がっても彼女は直そうとしない。これはチャンスと、上着をめくり、ブラジャーの上から胸を触り始めた。ここで彼女がビクッと反応して、Jr.から顔をあげた。やばい、やっぱりやり過ぎた、ここで終わっちゃう・・・あァ?あ

Jr.から顔をあげてこちらを見た彼女。「ダメだって、もう抜いてあげないから!!」という言葉が出るのを予想していた俺だったが、彼女は意外な反応をした。彼女は俺の顔を覗き込み、ニコっと笑って、また、Jr、に顔をうずめて、舌を這わせ、しごき出した。これは行けるのかな?と思った俺は、彼女のブラのホックを外し、ブラをずらして生乳への攻撃を開始した。直接の攻撃に感じ出したのか、だんだん乳首が硬くなってくる。

その後執拗に乳首への攻撃を続けると、Jr.に舌を這わせている彼女の口元から、声が漏れるようになってきた。
もう興奮状態の俺、Jr.への刺激は彼女の手だけに任せ、彼女の体を起こし、彼女の上着とブラを脱がしにかかった。今まで手の感触だけを楽しんでいた彼女の胸が俺の目の前に現れた。透き通るような白い乳房に綺麗なピンク色の乳首、その乳首は俺の愛撫により勃起している。

彼女の顔を引き寄せ、キスをすると、彼女の方からどんどん舌を絡めてくる。キスをしながら胸への攻撃も継続、彼女もJr.へ刺激を与え続けてくれる。俺のJr.は張り裂けんばかりに勃起していたが、彼女の乳首もそれに負けないくらい勃起してきた。キスを止め、首筋へ舌を這わせ、そのまま、胸に向かって舌を進ませた。

乳房に舌が到達すると、彼女の口元から漏れる声がだんだん大きくなってくる。まずはじらすように、乳首は通り過ぎ、下乳に舌を這わせる。そこから、乳房に乳首を中心とした円を描くように舌を這わせて、その円をだんだん小さくしていく。その円がどんどん小さくなり、乳首の到達すると、彼女は少しのけぞり大きな声をあげた。

その頃になると、Jr.への彼女の手による刺激は徐々に弱まってしまっていた。

今度は彼女の下半身への攻撃をしようと、彼女の脇を抱えて、膝立ちにさせた。
しかし、彼女は、なんとか手を無理に伸ばしJr.に触りつづけている。さすがに体勢がきついのでしごくことはできないが、それでもサワサワと刺激を与えて続けていた。膝立ちした彼女のショートパンツをもも付近まで下ろし、パンツの上から…

膝立ちした彼女のショートパンツをもも付近まで下ろし、パンツの上か触ってみると少し湿っぽかった。思い切って、パンツの上側から右手を入れると、やはり濡れていた。

そのまま直接、クリトリスに触ると、ビクっと彼女が反応し、Jr、から手を離した。そのまま、クリをもてあそぶと、彼女は体をのけぞらせ、後ろに倒れそうになってしまった。慌てて左手で彼女の背中を押さえ、抱きかかえるようにしながら、そのまま右手を動かし続け、ちょうど前にある乳房にも口で刺激を与えた。彼女は漏れそうな声を押し殺して必死に耐えているようであった。

今度は右手で穴を探ると、その指が吸い込まれるように穴の入り口に導かれた。親指でクリを撫でながら、中指を穴の中に入れようとすると、彼女が逃げようとしだした。でも彼女の体は俺の左手で抱きかかえられている。左手で強く抱きしめて中指を奥へ入れようとすると、非常に窮屈だった。

体勢が悪いからかな?と思い、彼女を床に寝かせた。彼女の顔は恥ずかしさなのか感じているのか、赤みを帯び、ハァ?ハァ?と息遣いが荒くなっている。彼女の足
の方にまわり、ショートパンツを両足から抜き取り、パンツを脱がせにかかった。

ここまで来たのに、彼女は何を思ったのか、足を硬く閉ざし、抵抗している。しかし、パンツの上からもう一度クリをもてあそぶ様に触ってあげると直ぐに足の力が抜け、その隙にパンツをスルっと脱がせてしまった。彼女の足の間に割って入り、足を開かせるようにすると、彼女は手で顔を押さえて頭を振って嫌がっている。

そんなのはお構いなしにどんどん体を足の間に入れて割って入り完全に彼女の足を開かせた。

彼女の股間に顔をうずめ、クリを舐めた。舌でペロっとするたびに彼女の体がビクっと震える。クリを舐めながら、穴の入り口に指を持っていき、入り口をなぞるようにさわり、徐々に穴の中に入れようとすると、「いやっ!」と彼女がかなり大きな声をあげて、俺の頭を突っぱねようとした。

体勢から考えれば、俺がそれだけで動くはずも無いんだが、必死に俺を突っぱねようとしている彼女。なんか様子がおかしいので、顔をあげて彼女の方を見ると、半べそをかいていた。やっぱり強引過ぎたと反省し、「ごめん!」と謝ると、「ううん、私が悪いの!」と彼女が涙声で言った。

そう言うのがやっとだったのか、泣きながら黙ってしまった。理由の分からない俺は強引にいったからかな?と心配になり、とりあえず、「ごめんね!」と謝って
おいた。その後も彼女はしばらく黙っていたが、俺がしつこく謝っているためか、少し収まった涙声で話し出した。

「あのね、私、高校生の頃、義父に襲われかけたことがあってね」
「えっ??」
「なんとか抵抗したし、すぐ母親に相談して、ちょうど卒業近かったから、すぐに家を出たのもあって、その1回の未遂で終ったんだけど、かなり危ないところだったのね。それ以来、男性との行為に恐怖を感じて、つきあった男性は何人か居たんだけどキスがやっとでそれ以上になると、恐くなって…、それでいつも自分から分れちゃうの。それでね、もちろん、経験無くて、えっと・・・、まだ処女なんだ。」
「え、マジで??じゃあ、なんで俺を誘ったの」

「う?ん、なんとなくかな?バイトでも結構話合ったし、なんか優しいイメージがあったから大丈夫かなって思ったの。心理学の本でトラウマを荒療治で治せ!みたいのが、載ってたのもあって、良い感じの人としちゃえば、治るかもって思ったのもあって…」
「そうなんだ、それなのにゴメンね、強引にしちゃって!」
「うん、恐かったけど、ちょっと気持ち良かったのもあって、大丈夫かなって思ったけど、やっぱ恐くなっちゃって…」
「あれ、でも、こう言うことしたことないなら、俺のJr.を大きいとか言ってたのはなんで??」
「だって、初めてって分っちゃうとなんとなく恥ずかしいから、ちょっと嘘ついちゃった」
「そういうことか、ちょっと喜んでたのに!!でも、あの舌使いとか手コキは結構経験あるんだと思ったんだけど」
「そ、そんなァ?。彼から求められて、少しはやったけど、ほんんど、すぐ止めちゃったからほとんど経験ないんだよォ?」

この頃になると、彼女からも少し笑顔がこぼれ、安心した。でも、この状況じゃやるのも無理だし、諦めようと思った俺は「あ、そうだ、こんな格好で話すのもなんだから、服着ようか?」と言うと彼女は顔を赤らめて、慌てて、服を着た。そのしぐさを見て、この娘、めっちゃ可愛くないかァ??と思った。今までも、バイトで一緒になって可愛いとは思って居たが、それとは全然違う感覚だった。

「でも、このままの状態じゃ、まずいんじゃないの?」と俺が切り出すと、「うん、それは分かってるんだけど…、やっぱり恐くて…」とうつむき加減で彼女が答える。「でも、さっきは、途中まで、いい感じだったよね?」とさらに突っ込むと彼女は、ポッっと顔を赤らめながら「うん、正直、気持ち良かったんだ、だから大丈夫そうだなって思ってたんだけど、あの足を開かされた当りからだんだん恐くなっちゃって…」と言ってきた。

やはり、俺が強引にいったからだ。

そこで
「強引にされなきゃ大丈夫なのかも知れないね。俺が悪かったんだ、ごめんね」
「ううん、そんなことないよ、私が事情説明しとかなかったのが悪いんだもん」
「じゃあ、次、誰かとそうなった時は事情を説明しないとね」
「そんなことなかなか言えないよ、だって今までだって彼氏は居たのに、それが出来なかったから、ここまで経験しなかったんだもん!!」
とちょっと悲しそうな彼女。

俺、惚れたかな?と思いつつ、全て服を着、髪を直している彼女を見ていた。
「じゃあ、事情を知ってる俺とやるのが一番良いのかな、あはは」と半分本気、半分冗談で返すとまんざらでもない顔をしえ「うん、そうだね!」と直球で返す彼女。
ちょっとドキっとして、あ、俺、完全に惚れたなと思い、

「じゃあ、俺と付き合っちゃう?なんかね、俺、惚れちゃったみたいだし…」
「え、嘘ばっか、それか、同情してるでしょ?」
と疑いの眼差しをしながらもなんとなく喜んでるような彼女。

「まあ、今、返事しなくても良いよ。それに俺と上手くセックスできるかも分らないしね。その代わり、俺が惚れてることは信じてね。」と俺も真っ赤になりながら(たぶん)言った。彼女も信じてくれた様で、「うん、分った。今度、ちゃんと返事するね」と言ってくれた。

もうどんどん彼女に惚れていく俺、思い切って「さっきの続き、どうしようか、今日してみる、今度は優しくするよ」と言うと少し考えたが「ごめん、今日はよしとくよ。なんとなくさっきのイメージが残ってるし。それに事情を知ってる人が出来たから、なんか焦る必要なくなったし」
とニコニコ答える彼女。

「そうか、分った…」と残念そうに答えると、「どうしたの?」
と彼女が顔を覗き込んでくる。その可愛さにドキッとしながら、「さっきの余韻が残ってて、このままで帰るのもなんか嫌だなァ?と思ってね、あはは」と正直に答えた。
「あ、そうか。興奮している途中で私が拒んじゃったんだ。ごめんね、でも、今日はどうしてもやだなァ?・・・」と困ったような顔をする彼女。冗談で「風俗でも行こうかなァ??」と言うと、「あ、最初に言った様に、手でならいいよ」と言ってきた。

もう断る理由などどこにもなく、返事もしないで、そのまま、彼女に抱きつきキスをした。

おわり

彼女ができない「本当の理由」9パターン

恋愛から遠ざかっている男性に、彼女ができない「本当の理由」9パターン

sugoren.com

周りを見渡せば、「なぜか彼女ができない」などという男性も多いのでは? 彼女ができる人にはもちろん、できない人にも理由があります。そこで今回は、10代から30代の独身女性209名に聞いたアンケートを参考に、「恋愛から遠ざかっている男性に、彼女ができない『本当の理由』9パターン」をご紹介します。

【1】自分から話しかけることができず、人との交流が少ないから
「彼女の前に、女友達もいないでしょ?」(20代女性)と、恥ずかしがり屋で奥手な男性には、そもそも女性との接点がないのがNGという厳しい意見もありました。まずは、仲の良い男性に女性を紹介してもらうなどして、女性との関わり方を学んでみてはいかがでしょうか。

【2】自分の時間を大事にしすぎていて、マイペースすぎるから
「『自分だけ良ければいい』という考え方が無理」(20代女性)など、あくまで自分のペースにこだわる男性を好きになるという女性は少ないようです。自分よりも女性の都合を優先してあげるなど、人のペースに合わせる努力が必要でしょう。

【3】いつまでも昔の彼女を引きずっているから
「ウジウジしている男性に、あんまり魅力を感じない」(20代女性)のように、「元カノが忘れられない」という男性に、女性は軟弱なイメージを持っているようです。家にある元カノがらみのものを捨ててしまえば、思い切って前に踏み出せるかもしれません。

【4】「自分はモテない」と決めつけて、女性に近づこうとしないから
「卑屈なのもどうかと思う」(30代女性)など、自分の勝手な思い込みのせいにして、恋愛する意欲もない男性にガッカリしている女性もいるようです。外見に自信がなくても「やさしい性格に惹かれた」という女性も多いので、重そうな荷物を持っている女性がいたらさっと助けるなど、まずは親しみやすさをアピールしてみてはいかがでしょうか。

【5】「女子アナみたいな人と付き合いたい」など、彼女の理想が高すぎるから
「ストライクゾーン狭すぎ!」(20代女性)のように、男性が自分で恋愛対象を狭めていることが原因で、彼女ができにくいと考える女性もいました。人と比べたり、理想を追い求めたりしなければ、すぐそばに出会いが待っているかもしれません。

【6】いつも同じ服装をしていて、ファッションに興味がないから
「第一印象につながるファッションも、恋愛では重要なポイント」(10代女性)と、やはり外見にはある程度気を配るべきなようです。センスに自信がないなら、女性の店員さんがオススメしてくれるものを選んでみてはいかがでしょうか。

【7】「どうせ俺なんか…」とよく口にしているなど、思考がネガティブだから
「ネガティブな人と一緒にいても、楽しくない」(20代女性)と、会うと元気がもらえる人に女性は惹かれるようです。前向きになれる曲などを聞いて、いつも自分の気持ちが沈まないように気を付けるなど、ポジティブになれる方法を試してから女性と向き合ってみるのもいいかもしれません。

【8】1人で楽しめる趣味に没頭しているから
「人といるより楽しそうだから、近寄りがたい」(10代女性)と、1人の時間を黙々と楽しんでいる男性に、遠慮してしまうという女性もいました。気になる女性を自分の趣味の世界に誘って、教えてあげつつ一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

【9】ものごとを自分中心に考えていて、人への気遣いができないから
「人間関係の基本。100歩譲って、芸能人バリのイケメンなら許すけど(笑)」(20代女性)のように、俺様キャラの男性とは付き合いに発展しないという女性が多くいました。人の立場に立ち、相手の気持ちを思いやれない限り、自分を思ってくれる人に巡り合うのは難しいでしょう。

自分の殻に閉じこもってばかりいては、なかなか彼女ができにくいものです。勝手な思い込みを取り払えば、ふとしたところに彼女候補が潜んでいるかもしれません。(廣野順子/OfficeTi+)

【調査概要】
期間:2013年7月21日(日)から7月28日(日)まで
対象:合計209名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査

友達と友達の彼氏と

はじめての3Pは社会人になりたての23か24歳の時でした。
仲のよい女友達とその女友達の彼氏としました。友達カップルに私がまざった形です。
後から聞いたんですが、完全に女友達にハメられました(笑)

社会人になって、その友達と、彼氏と三名で居酒屋に行き、その時に初めて彼氏を紹介されました。
爽やかで、カッコよくて、とても優しそうな殿方でした。
友人に、こんないい彼氏が出来たんだと、嬉しくて、居酒屋からかなり盛り上がっていました。
お金もそんなになかったので、二次会は友達の家で飲むことに。
家にいくと、お酒や食べ物がセッティングされていました。最初からここに連れて来る気だったんですよ(笑)
ズボラな友達にしては、珍しいなぁ、彼ができてよっぽど嬉しいんだろうなぁとその時は思いました(笑)

飲み会スタートと同時に、その友達は私と、その彼氏にガンガンお酒をススメテくるんですね。
これも普段の彼女ならしないことです。友達自身もやたら飲んでるので私も負けじと飲んでいましたが、あとあと聞くと彼女は、ほとんど水を飲んでいたようです(笑)
皆で結構ベロンベロンになって、女二人で、彼の恋愛経験やナマナマしい性経験を根掘り葉掘り聞いたりして大いに盛り上がってました。
その内、私は酔いつぶれてしまいました。

どれぐらい寝てたかわかりませんが、友達の喘ぎ声で目を覚ましました(笑)
エッ?夢?と思って目を開けると、友達とその彼、おもいっきりやってるし…。
お互いハジハジにいますが、8帖ぐらいの1ルームなので、思いっきり見えるし、聞こえるし…。かろうじて、間のテーブルが目隠しになるかな、ぐらいでした。身を一段と低くして、テーブルの間から二人の様子を固唾を飲んで見たのを今でも鮮明に覚えてます。

状況把握後は思わず寝たフリですね(笑)
しばらく目をつぶって、二人のナマナマしい情事をいやおう無しに感じていました。
しばらくして彼氏がトイレに行く気配がしたので、慌てて起きて、友達に何事か問いただしました。
すると、友達は、ゴメンだけど見てて欲しと言ってきます。
私はムリムリと言いいますが、友達も、お願い、寝たふりしてていいから とひたすらお願します。
私も根負けして、わかった、寝たふりじゃなくて、寝るから!二人で適当にやってて!と言い寝ました。

彼氏が戻ってきて、また イチャイチャはじめます。寝るつもりですが、寝れないですよね(笑)
しばらく息を殺して二人のやり取りを聞いてましたが、お手洗いにも行きたくなるし、一人で寝たフリしてるのもバカらしくなってきて、
いよいよ、起きて 私はお酒飲みながらあなた達を見とくから自由にやって!と宣言して
グラスを片手に座って二人のカラミを見てました。

その内、目の前の二人は裸で、何で私は服を着ているのだろう。私がおかしいよね?
という感覚になりだして、二人に気づかれないようにそっと服を脱いでいき、全裸になりました。
私もなんとも言えないイヤらしい気持ちになってました(笑)
すると、友達が、こちらを見て、
あれ?佳奈のオマンコがキラッと光っているのが見えたけど、濡れてるの?
と言い私に近づいてきました。

いやいや、来ないでいいよ!とハジに逃げますが、すぐに追い詰められ、体を触られはじめました。
友達は、離れてみている彼も呼び寄せ、二人で私の体を弄びはじめます。彼もムリだと抵抗してましたが、彼女のしつこさに根負けでした(笑)

しばらくして、彼女が私の耳元で言いました。
『私の彼氏とSEXして...。彼が他の人としているのを見てみたい』と。
そこから私の中の何かが壊れ、気づいた時には、女友達にオマンコを舐められながら私は彼のモノを口に咥えてました。
友達の目の前で、友達の彼氏とSEXして、彼に突かれながら、友達とチューをしたり、友達に体中を舐められたり。
また、彼に入れられている彼女を見てあげたり、彼女の胸を舐めたり。なんでもありでした。
その内、皆疲れ果て寝てました。目を覚ますと二人は寝てましたが、
私は彼のモノを舐めて、彼を起こし、寝る彼女を横に 二人だけで楽しんだりしました(笑)
たぶん、未だにそれは知らないかも(笑)

それから、3名で飲むときは、3名でSEXをする事が決まりごとのようになり、1年程そういう関係が続きました。
1年程して、めでたく二人が入籍する事になり、それをきっかけに、飲むことはあっても、そういう関係は無くなりました。

しかーし、少し前にまた
『子供も大きくなったし、数時間なら親に預けられるから、また3名でどう?』というお誘いのメールが(笑)
丁重にお断りしましたが、しばらくしてまたメールが
『いい相手が見つかったよ!相手も夫婦!同じ趣味みたい笑。見に来る?(笑)』

『いくか!変態!(笑)』と返事をしました。

女友達がサークル便所になった瞬間

俺が大学生のころの話。
一緒の学部で語学が同じだった女の子と仲良くなった。一緒の高校出身だがクラスが違うので絡みはなかったが、向こうは俺のことを見たことはあるらしいし、俺の方も…。正直、彼女の高校時代はむっちりとした肉付きのいい健康的な身体と、ピッチリしたシャツをハイ・ウエストな位置で留めたスカートに弛み無くinしてるので、ツンと自己主張する胸と、そのすぐ下で纏められたシャツから生み出される横からのシルエットは、物凄いものであった。本人は気付いていないだろうが、ロッちゃん(ロケットおっぱいちゃん→ロッぱいちゃん→ロッちゃん)なんてアダ名も小さく囁かれてた。
…というわけで、俺も知っていたわけだが、大学で再会していきなり胸をガン見というのも、印象が悪いので見てはいなかったが。

彼女を、俺が入っているサークルに誘ってみた。趣味系のサークルだが彼女には合っているし、それにサークルで出来た友達に、中の良い女友達を自慢したかったという気持ちもあったかもしれない。男だけで約10人のサークルだと伝えると少し悩んでいたが、了承してくれた。
女の子を男しかいないサークルに誘うなんて、今思えば一番やってはいけないことだった。

1年近く一緒にサークル活動してくると、やっぱりその弊害は出てくる。彼女はサークル員と馴染んで完全にサークルの一員になったのだが、部長、副部長、イベント幹事というサークルの幹部全員が、どこか彼女を贔屓している、というか彼女に対してアプローチしているように見えた。彼女を狙っているのだろう。その3人は確実だったし、水面下でもう何人かはいたのかもしれない。
そして彼女に一番近しいと言える男が、最初に知り合い、授業等も一緒の俺なので、俺へのサークル員の態度は、あまり温かいものではなかった。

ある日、彼女がボーッとしてるので、どうしたのか聞いてみると、部長と副部長にほぼ同時期に告白されたのだと。
ロケット「ねえ、どっちと付き合ったらいいのかな…?」
俺「そりゃあ…好きな方だろ。どっちが好きなんだ」
ロ「うーん…異性としては、どっちもかな」
じゃあいいじゃん付き合わなくて、と言ったのだが、彼女はまだ悩んでるようで
ロ「でもこういうのって、断った方は悲しむよね」
俺「まー悲しむだろうね。増してや一緒のサークルだし、居づらくはなるかも」
この発言がいけなかった。後で思い知らされる羽目になる。

結論から言うと、彼女は部長、副部長、そしてその後告白してきた幹事の三人と同時に付き合うことになった。もちろんそれぞれに「サークルの皆には内緒」という条件を付けて。
それを聞いた俺は当然、怒った。傷つけたくないと言う気持ちがあるのかもしれないが、そんなことは許されない。今すぐ全員にバラして謝りサークルを辞めるか、特定の一人に絞ってあとは振り、隠し通すかどちらかにするように言った。彼女も事の重大さを把握したのか、3人を振ると言ったのだが…

ここからは聞きづての話。
一足遅かったようで、その直後にあった飲み会(俺は参加できなかった)で三人と付き合ってた件が発覚。部長達は各々を恋敵と見做し、彼女もその後部長の家に連れて来させられ、責め立てられた。
ロ「ごめんなさい…私、サークルでみんなとお話するのが楽しくて…誰も嫌な気分になって欲しく無くて…」
と、感情の全てを吐露したようだ。しかし、それが部長達はそれを聞くと
「じゃあ、俺達全員の彼女になってよ。俺たちが皆同じ立場だったら、誰も不幸にならない。嫌だったら俺会長下りるわ」
ロ「でも、そんなのって…おかしい…」
俺達の気持ちを踏みにじった女の言えることか!とすごまれ、彼女は納得した。全てを忘れようと、彼女は大量に酒を飲んで、泥酔し、彼らに身を預けたそうだ…

俺はバイトが忙しくなったり、サークルで空気な扱いだったため気が付かなかったが、彼女への扱いはそうとうえげつなかったようだ。
部長達はもちろん、部長たちに許しを貰った部員は、好きな時に彼女の体を触っていいということになっており、ノーパンノーブラで授業受けさせられたり、空き教室でフェラさせられたり、と様々であった。
さらに、新入生勧誘では胸を強調させた彼女に勧誘させ、入ってきた冴え無さそう、且つ自分に忠誠を誓わせた後輩にのみ、筆おろしをさせるというやり方で、強いテリトリーを作っていた。もはや彼らにとって彼女は、彼らが恋した一人の女の子ではなく、ただの都合のいい肉便器+自分が絶対の王国染みたものを作らせる道具程度の扱いでしか無かったようだ。

そんな状態になっていたのを俺が知るのは随分後だった。
同級生「いい加減K(俺)にも味わわせてやりましょうよwwこいつの味知らないのあいつくらいですよwww」という一言からだったようだ。俺は部長の部屋に呼び出され、彼らから全てを明かされた。彼女は目を合わせない。
俺は断った。こんな腐ったサークルにはもう居られないと思った。でも彼女は
ロ「行かないで…K君も大切なサークルのメンバーだから…最近忙しかったけど、またアニメやゲームの話しよ?楽しいよ」
俺「なんでそこまでこのサークルにこだわるんだよ!」
ロ「だって!高校や大学で同性と話す会話のどれよりも楽しくて、どうしても、失いたくなかった…」
俺は彼女と二人になりたいと部長に頼んだ。彼女も一緒に頼んでくれたので、退いてくれた。
ロ「…本当はね、失いたくなかったっていうのと、もう二つくらいあって、理由」
ロ「ひとつは、こんな形でも私が必要とされてるってことが分かって…、私高校のとき、軽ーいイジメ受けてたんだよ。知ってた?」
俺「いや…」
ロ「まあ、軽く無視とかそんなレベルだったけど、辛かった。私なんか必要ない存在なんじゃないかって思いながら過ごしてたんだから」
俺「もう一つは?」
ロ「これはね…えへへ、やらされてたとしても「そういうコト」に対して積極的になっていく自分が、割と嫌いじゃないかも、なんて思い始めちゃったこと、なんだけど…」
俺「?」
ロ「K君みたいな綺麗な側にいる人とは、もう一緒に居られないかも。さっきはああ言ったけど、もういいかな。ばいばい。幸せになってね。」
俺「…わかった。最後にひとつ、質問していいか?」
ロ「何?」
俺「お前が本当に好きだった男は…いたのか?」
俺のその質問に、堰が切れたように涙が溢れて
ロ「いない…いないよぉ…いな…う…うぅ…」
泣く彼女を後にし、俺は部屋の外で待っていた部長に抜けることを話し、彼女との連絡手段を全て断ち、サークルを去った。
同じ授業にも彼女はほとんど顔を出さず、やがて彼女は中退した。それがサークルから抜けだす為だったからなのか、本格的に彼らの慰み物になるためなのか、俺には知る由もない。

喪女とゴリラに襲われた話

俺普通の会社員
ブサメンだけど幼なじみが彼女になってくれたお陰で
フツメンの彼女がいる

ある日突然大学時代の唯一の女友達である喪女とゴリラが
近くにいるから一緒に飲もうといってきた

二人ともブサいくだから
楽しくないから断ったんだけど
たまたま町で遭遇した
そんで俺の家で飲むことになった

ぶさいくだからほんとに家にあげたくなかったけど
ゴリラの腹パンでしぶしぶ了解した

しょうがないからしぶしぶ
飲むのに付き合ってあげてた
二人とも酒癖が悪い上にぶさいくという最悪な奴らだった

そのうち二人の話が恋ばなになってきた

喪女とゴリラに彼氏は予想通りできたことなく
まつじゅんがどうとか相場がいいとか
夢を語っていた

俺はメチャクチャ酒弱くてビール二本で眠くなってきた
眠くなった俺はまあ面食いでブサいくなやつらなら安心と思って壁にうつかりながら寝た

これがいけなかった

しばらくして寒いなと思って起きたら俺は服を着てなかった

喪女とゴリラがまじまじと俺の息子を見てた
ブタとゴリラがキノコ探ししてるみたいで気持ち悪かったが
全然笑えなかった

はっ?なにしてんの?
ときくと俺がブサメンだから彼女いたことないんでしょ
私達がしてあげようか的なことをほざいてた

気持ち悪かった

意味わかんねやめろやっと叫ぶと
ゴリラの本気ビンタが俺の右ほほを襲った
男だろ覚悟決めろや
とゴリラが俺を一喝した

怖くてはいとしかいえなかった

ゴリラは大学時代レスリング部でいちばん女子で重い方の階級で
喪女である豚は柔道部で女子で一番重い階級だったそうな

もやしっこである俺に抵抗する余地はなかった

もてない奴が力をもつとやばい
押さえつけられて動けなくなった
チンコは恐怖でふにゃふにゃでおおきくならない

豚が固くならないよ的なことをいいながらゴリラと話してた
ゴリラ酒癖悪いようで
たたせろよおいっていいながらまたビンタしてきた

痛くて泣きそうになりながら
たつわけないだろ普通っていったら
またビンタされた

レイプだった

そのうち二人が前戯の必要性を話し出した
いきなりは無理なんだよ的なことをブタとゴリラが話してた
気持ちのいいことをすればたつという考えから
二人は俺に柔軟をさせ始めた

全裸でストレッチする俺を
見下すように立ってるブタとゴリラ
深夜に何をやってるのか意味がわからなかった
もっとしっかりしろとゴリラに叩かれ
また泣きそうになった

全然反応しないキノコにしびれを切らしたのか
ついに俺のからだをさわってきた

ガリガリじゃんモヤシみたい
ゴリラのことばに少し反応してしまった

ブタとゴリラでも気持ちい乳首を攻めればいいのではないか的な結論に陥ったらしく
俺の乳首を二人で吸い始めた

吸いかたが尋常じゃないくらい強かったせいで一瞬で両乳首の感覚を失った

あとはひたすら痛いだけで固くならなかった
そのうち二人はあきたのかキノコを直接いじり出した

そのうち思い出したようにテコキを始めた

何もかもが強すぎた
握り潰されるかと思った

いたいいたい叫んだ
またビンタされた
そのうちゴリラは性交にあきたのか
俺が何かにしゃべろうとするたびに
ひたすらビンタしてきた

ブタはブタで飽きたらしく4の字固めとかしてあそんでた

よってリミッターが外れたのか
尋常じゃなくいたい

いたいと言おうにも口を開いた瞬間ビンタされる
タップしてもきずかない
死の淵にいるようだった

そうして疲れたのか二人が寝たことで俺のジゴクは終わった

俺は足が痛くて立てなかったがとりあえず寝て次の日朝イチで二人を追い出した
よってて覚えてないそうだが
俺も夢だと思いたかった
しかし足の痛みはあの地獄が夢ではないことを物語っていた

結局医者にいったところブタがかけた関節技で俺の靭帯が伸びていた

しかし怖くてあの日以来二人と連絡をとっていない

俺とビッチとの思い出

高2の時の話だよ
今は高3で今日卒業式だった
ビッチとは高2の時に出会った

一応スペック

身長169センチ
体重58キロ
帰宅部
筋肉質

ビッチ
身長154センチ
体重48くらい
帰宅部
Bカップ
ロリ系だった

最初の印象はロリだなって思った
小さいし落ち着きないし小学生みたいだった

それから話し掛けられて仲良くなっていった
ビッチには彼氏がいて俺にも彼女がいた
ビッチは彼氏との付き合いに悩んでいて俺によく相談して来て
ビッチは毎日俺にメールや電話をしてきてクラスの皆からは俺とビッチが密かに付き合ってるって思われるほどだった

そんな関係が約1年以上続いた
DVが酷く別れたいと言っていたが決心がつかないとか言っていた
今思えばかなりの構ってちゃんだった

ビッチが彼氏と別れたのは3年になってからだ
それから俺たちの仲は急接近した
その時も俺には彼女がいた

彼女には悪いなとは思っていたがビッチに頼られているということが心地よく感じビッチとの関係が続いていた

そんなとき彼女との関係が悪くなってきた
彼女が浮気をしていたのだ

それを俺は知って別れることにした
浮気相手の所に乗り込み修羅場と化したがここはビッチ関係ないので割愛

彼女と別れることになったのが去年の7月の話だ

ビッチとの関係は中々長く続いた
ほとんど俺がビッチの相談を聞いているのが多かったが別れる直前は俺の話を聞いてくれ惚れてしまった
情緒不安定の所に優しくされるとヤバイと知った
彼女と別れてビッチとより仲は深くなった

ビッチのビッチ度はここから本領発揮してきた
はずかしながらビッチは俺のことが好きなんじゃないかと思っていた
そんな矢先ビッチが他の男とセフレ関係になったのだ
正直落胆した
しかしそれを受け止めてでも付き合いたいと思った
しかし告白する勇気など微塵もなくグダグダ時間だけが過ぎて行った

セフレの関係になったのには理由があるとか色々言われたがそんなことはどうでもよかった
それよりもこの子を幸せにしてあげたかった

セフレの男はクラスの人気者だが女癖が悪くすぐ浮気をしていた
そんな男にビッチは幸せに出来ないと勝手に思っていた
告白しようと本格的に思ったのはセフレがいると聞いたときである
恐らくだがビッチは構ってちゃんだからセフレを作ることで俺に嫉妬をさせ常に構わせようとさせたのだ

俺は一大決心でビッチを家へ誘った
ビッチは予想通りYesを出してくれた

俺は彼女で童貞は卒業していが経験人数は1人で心配もあった
なんせビッチの経験人数は俺の聞いてるだけで8人はいるからだ
フェラだけなどの人数も合わせると両手の指では足りないほどだ

それからビッチは家に来た
まずはマッサージをしてくれと言われたのでマッサージをした
召使いの様であった

俺の中では襲ってしまいたいと思った
正直ヤバかった

そんなときビッチが抱きついてきたのである
俺は混乱したが冷静を装って抱きしめ返した
ビッチは安心したのか激しかった呼吸が落ち着いて来て「襲わないの?」と言ってきた

俺は悩んだ
理性が欲望に勝利して断った
恋人でもないのにセックスはダメだといいその日は家まで送り帰した

その日の夜ビッチからメールが来た
明日俺の家に行っていい?

俺は良いと言ったが正直悩んだ
今日はなんとか耐えたが明日は耐えられないかもしれない
それなら明日告白しようと決心した

次の日ビッチは家に来た
告白しようと思ったがビビって言えなかったのが数十分続いた
人生で一度も告白した事がないから尚更だ
そんなときにビッチがまた抱きついて来た
もう告白する気が失せた

欲望が理性に勝利した
俺は襲った

キスをして愛撫をして
ビッチはかなり濡れやすく下着越しに触っても濡れてるのがわかった
本当にエロアニメみたいな感じで驚いた
感度もよく少し触るだけで体をよじらせ感じていた
胸は小さくBあるかないかだったが乳首が意外にもピンクで興奮した
俺は指を1本入れGスポットを刺激した
刺激して数分で潮を吹いた
AVほどではないがかなりの量でシーツはビショビショになった

ビッチは俺のを咥えた
俺のは大きい方らしく全然くわえられていなかった
ビッチなだけあってフェラは彼女よりも数段上手かった
俺もビッチも準備が整った
俺は正常位で入れようとしたらビッチが抱きついてきた
耳元で早くいれてと言い挿入した
もちろんゴムありだ
ゴムを使わない男は挨拶が出来ない男と同じとゴットから教わった
なにより性病が怖かった
ビッチの中は意外にもキツく奥まで簡単に届いた
体が小さいのもあったからであろう
激しく突いたり優しく突いたり緩急をつけ刺激した
ビッチは挿入でイッた事がないと前に相談されたがすぐにイッた
俺はかなりの遅漏だからそんな数分じゃ満足出来ずビッチに構わず続けた

イッた直後に刺激されるとすぐイッてしまうらしく何度も何度もイッた
ビッチは普段は幼いがこの時は女になっていた
普段見せない表情、喘ぎ声で俺は興奮してイッた
喘ぎ声と言うよりは叫び声に近かった

1Rが終わるとビッチはグッタリして動かなくなっていた
グッタリはしているが全身が痙攣していてその姿に興奮しまた勃起した

俺はゴムをつけ動かなくなったビッチに挿入した

ビッチは叫んだ
なんと言ってるかわからないほどに叫んでいた
子宮を刺激しGスポットを刺激し一旦抜く
すると潮が吹き出してきた
初めての経験で嬉しく感じた
そこからは俺は完全に理性が切れ獣の様に犯した

挿入して1時間ほど経った頃ビッチは失神してしまった
俺はそこで我に返りビッチから抜いた

ビッチは失神しながらも痙攣しまるで誘ってるかの様に腰を振っていた
俺は入れようと考えたが死んでしまうと思いそれは止めた

ビッチは30分くらいで目覚めた
流石のビッチもセックスでの失神は初めてらしく驚いていたが気持ち良くなってご満悦であった
俺はもう一度したいと頼んだが断られた
死ぬわと言われとりあえずは諦めたがフェラをしてくれた
最初にしてくれたフェラよりも激しかった
玉から舐め竿に少しずつ近づけ緩急をつけたりして舐めてきた
俺もされてるばかりは悪いと思い乳首を弄った

ビッチは俺のを咥えながら乳首でイッた
その姿に興奮し俺もイッた

その日はその後イチャイチャしながら寝てビッチの家まで送った

それからビッチとはセフレ関係になった
告白するタイミングを完全に失ってしまったからだ
ビッチは俺と関係を持って他のセフレとの関係を切った
嬉しかった
ビッチも俺の事を彼氏がいる時から好きだったというのをビッチの友達経由で聞いた
女に話すとすぐ広まるから話さないでおこうと学習した
相思相愛なのはお互いわかっていたがお互いに好きと言うのが恥ずかしくセフレ関係のままだった

ビッチはセックスが元から好きですぐに求めてきた
俺は性欲は強い方で体力もある方なのでなんとか期待に応えられたが元カレや他のセフレとは満足するまでできなかったらしい

そんなセフレ関係が続いてたある日ビッチから話があるとメールが来た

俺は内心告白かな?とワクワクしてた
違かった
もうこんな関係は止めたいとの事だった
俺は焦って告白をした
振られた
ビッチは俺を汚したくない、私は俺の弱味に漬け込んだ女だから俺には相応しくないと言われた
正直そんなことどうでもよかった
ビッチがどんな女であろうとそばにいてほしかった
そんなことを言ったが駄目だった
俺らはその日から距離が空くようになった
クラスの人にはビッチとセフレ関係などの事は言わなかった
ビッチに今までセフレがいた事がクラスに知れ渡っていたのでこれ以上ビッチの評判を下げたくなかった

ビッチと話す事もメールすることもバッタリ途絶えた
もしかしてビッチに彼氏が出来たのではないかと思ったが違かった
そんなことが2ヶ月ほど続きクラスの仲の良い女子から話を聞いた
俺がビッチを無理矢理襲い強引にセフレ関係を迫って断れずセフレになったと
俺は不思議とやはりかと思っていた

俺がレイプしたとのことはクラスの女子全員に知れ渡っていた
正直どうでもよかった
それを信じている人は少ないからだ
ビッチは虚言癖がある
これは俺が高2の時にすぐに気付いた
クラスの女子達も虚言癖の事は気付いてるようだった
ビッチはとにかく一人にされることを恐れていた
嫌なことがあるとすぐにリストカットをする
そしてそれをすぐに俺に報告をする
ビッチの中でリストカットをすることで人に構ってもらえるとなっていたのだ
リストカットも恐らくは女子達も知っていたのであろう
けれど俺は本当の事を言って誤解を解く気にはなれなかった
誤解を解くということはビッチを追い込んでしまうと考えたのだ
ビッチに幸せになってほしいと思う気持ちは変わっていなかった

俺は女友達にレイプみたいのしたよ本当に悪いと思っていると言った
キレられた
女友達にキレられるのは初めてだった
女友達は俺はそんなことする人じゃない。仮にそうだとしても理由があるはずだから説明して
と言ってきた
ちょっと嬉しかった
俺は本当の事を全て話した
女友達はやはりかと言っていた
俺は女友達にこの事は秘密にしておくよう言った
女友達はわかったと言ったが約束は守られなかった
すぐに女グループの中でそれが広まっていたのである
やはり女は口が軽いと思った

ビッチは女グループのなかで居場所を失った
俺は話しかけようと思ったが口の軽い女友達に止められた
俺は優し過ぎるから馬鹿を見る。もう関わらない方がいいとの事だった
腑に落ちないところはあったが俺は関わらない事にした

ビッチが居場所を失うとすぐに男グループの所に行くようになった
男達と猥談をして盛り上がってる姿を見るとなんだか悲しくなった
もう俺は必要ないのかと思いビッチのアドレスを消した

LINEの中にビッチの連絡先が入ってたのをずっと忘れていたところ昨日連絡が来た
ずっと謝ろうと思っていたごめん
俺にはたくさん支えられたのに酷い事をしたと来た
俺はもう気にしなくて良いよと送った
連絡が切れた

恐らくはビッチの中の罪悪感を卒業したから消したかったのだろう
これが俺とビッチの2年間の話です

では次は元カノとのプレイ編で

まずSMね
最初は俺がSMに興味あったんだよ
で、アイマスクとロープがあったから目隠しして手縛ってセックスしてみたんだよね
凄かった
元カノは調教かなりしたからいきやすいんだけど
目隠しと手縛りで更に感度が上がった
バックで突いてイキそうになったら止めてっていうのを20分くらい続ける
手縛られてるから抵抗できなくてひたすら腰を振っていこうとするけど絶対いかせない
するとヨダレだらだらになりながらいかせてと懇願してくる
でもいかせない
それからじっくり焦らしてからいかせる
焦らされた分一気にイクから頭ガクガクになりながらイッてる
次はいかせるのを止めない
5分くらい弱い部分を突き続ける
するとおかしいくらいイッて失神する

次はアナル
これも俺が興味湧いて始めたんだけど
最初はキツイから指も入らない
だから元カノに毎日お風呂で指いれて広げるようにと言った
毎日したらしく2週間ほどでだいぶほぐれてきた
最初はアナルは全く感じなかったのに毎日触ってたら感じるようになったらしくアナルだけでイクようになった
だいぶ広げるようになったからアナル用のローション買ってアナルセックスしてみた
アナルは前と違って根元が締め付けられるし全体的にキツイから動きにくい
けどゆっくり動かしてくと慣れてきてだいぶ動くようになる
入れたばかりは感じるポイントわからなかったけど暫く経つとわかるようになってきた
アナルだと子宮の裏側を刺激することができるらしく子宮を開発してたのでアナルでもすぐにいった

アナルセックスに慣れた頃に少し激し目で突いたことがあった
いつも通りイッたその日は少し様子がおかしかった
トイレに行きたかったのだ
その日はラブホでしてたので俺は構わず突いた
元カノは漏らさないよう我慢してたがイク度に少しずつオシッコが漏れてきた
俺は興奮しさらに激しく突いた
元カノは漏らしながらイッた

次は服従
俺は2次エロ画像見るのが好きなんだよね
で、そんな時ペットの様に女を扱ってる画像に出会った
衝撃が走ったよ
俺は次の日に首輪を買ってきた
もちろん鎖付き
元カノはかなりのM気があるので首輪したいと言ったら快くつけてくれた
首輪した姿は魅力的だが少し物足りなさがあった
おれはアイマスクもつけさせた
物足りなさが消えた
それから鎖を持ち犬の様に扱った
元カノはそのプレイが気にめしたらしく触ってもいないのに愛液が滴った
犬の様に伏せの状態にさせて俺は一気に奥まで突いた
それだけで元カノはイッた
犬の交尾の様にバックで犯し鎖を引っ張ったりしながら突いた
元カノは痙攣しながらバックの状態で倒れていった

でもスカトロ系は流石に俺もビッチも元カノも無理だったな
スカトロ系大丈夫な人ってどんな神経なんだろ


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード