萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

至近距離JC2とJS6のワレメ!

父は社員15人程の中小企業に勤めている。
会社の社長の別荘に 社員3名の家族が社長と供に招かれて一泊した時の話。

僕の住んでいる都会というには無理がある田舎ほどではないところから高速で1時間くらいの海の見える山の中に、別荘街や観光地があって、そこで3家族と社長家族が泊まった。夜は別荘でご飯、その後社長達は麻雀、翌日は海で泳いで帰るという流れ。

社長家族は 社長50代 社長夫人50代
僕の家族は 父 兄19 僕18  母は家で留守番
社員Aの家族は 社員A 40代   Aの娘のお姉ちゃん14歳     Aの娘の妹さん 11歳
社員Bは新入社員で 22歳新卒

夜はワイワイご飯を社長夫人が作ってくれて、僕と兄とA娘姉で片付けをした。
A娘姉は可愛らしい清楚な感じで結構おっぱいも膨らんでいた。ランクS級の可愛さ
A娘妹は11歳なのにませた感じで、化粧をしていて背伸びしる感じ。普通よりちょっと上の感じ

淡い期待も何もしていなかったが、翌日海で水着姿見えるのを楽しみにしていた。

ところが、事件は起きた。

新入社員のBが父と社員Aより先にお風呂に入ってしまった。
社長は怒る様子ではなく、順序があることを諭していた。

お風呂2個あって、社長達が泊まる棟と、ゲストルーム側のお風呂と2個あり、
ゲストルーム側のお風呂(少し広めで、シャワーが2個あるぐらい、5人くらいまで入れる感じ)のところがある。

社長が少し怒っていたが麻雀を早くやりたくなったらしく、
子供たちは一緒にお風呂に入って15分以内に出てこい!という社長の指示。

子供たちってA姉とA妹だけかなっておもってたら、なんと僕と僕の兄まで含まれている様子。
僕と僕兄は戸惑いを隠せなかったが、部屋に着替えを取りに行き、
僕「A姉とA妹の裸見えるかもしれん!」
兄「そんなわけないでしょ、一緒に行くけど解らないところで別々で入るんじゃない?」
みたいな会話をしていた。

先に僕と僕の兄で脱衣所にいたら、
社長夫人かA姉とA妹を連れてきて、「早く入っておしまい!」とご立腹の様子。
先に浴槽に入った僕らは
「A姉とA妹に早く出るね、ごめんね」
と声をかけてが、
A姉「私気にしないよー」といいながら入ってきた。
至近距離でみるSランクのJC2のおっぱいとワレメ(毛普通に生えている)に僕と僕の兄は勃起を隠すのに必死。
兄と目を合わせながら、体を洗っているJC2を凝視していた。
JS6はなかなか入ってこなかったが、時間が迫っているので、仕方なく入ってきた。
膨らんだ胸とワレメを手で隠しながら、でも完全に見えてしまっていて、もう気分は最高。

勃起を隠せるはずもなく、お風呂に漬かっていた。

女子たちが体を洗い終えて、僕らは脱衣所に出る感じになったが、
その時にまた目の前でワレメを直視

今度は脱衣所で、JC2のパンツ(ピンクの清楚なパンツ)と JS6の白と青の大人っぽいパンツを拝見!
さすがに盗ったらバレルので、兄がスマホで撮影していた。

部屋に戻って、兄と一緒に速攻でヌイた。2分ともたなかった。最高に興奮した20分だった。
ちなみに思い出して何度もヌイている。


次の日は海水浴だが、海の家で着替えるのではなく、僕の父の車(ワゴン)の中で着替えることになった。さすがにこれは別々だったが、女子が着替えた後に僕らが着替えたので、かばんの中にあるパンツを出して
また兄と一緒にヌイた。
僕は兄とじゃんけんで負けてJS6のパンツを勃起したチンコにかぶせて射精、兄はJC2のパンツで射精、
2分ともたない早漏兄弟だったが、最高に気持ちよかった。
射精の後、パンツについた精子をティッシュでぬぐい、元に戻しておいた。

兄と絆が深まったエッチな話でした。2015年夏。

私の自慢の姉

私が小学校1年生の時に母が癌で亡くなって以来、父は仕事詰めであまり家に帰って来ず、母親代わりに6歳年の離れた姉が私の面倒を見てくれ、多くの時間を姉妹二人で過ごしていた。
姉は容姿端麗、品行方正、成績優秀の才色兼備の持ち主で、そんな姉が私の自慢でした。
ですが、私が6年生になった時、姉に彼氏が出来た。
今まで独占してきた大好きな姉を誰かに取られるのは癪でしたが、それでも姉が幸せならと祝福してあげましたが、彼氏が出来てから二人でいる時間が減り、言い知れぬ孤独感が心の中で芽生え始めていた。
ある日、学校の帰りに自分の部屋で宿題やってる途中、ついうっかりうたた寝をしてしまい、数時間後に起き上がった際に隣にある姉の部屋から、姉と彼氏らしき人の声が聞こえた。
その声が気になり、物音を立てない様に部屋を出て、姉の部屋のドアをゆっくりと開き中を除くと、そこには彼氏とキスをしている姉の光景があった。
しかも彼氏は姉の胸やお尻を触りまくっており、姉もそれを受け入れていた。
あまりの驚愕の光景に唖然とし、見続けていると彼氏が姉の着ているブレザーやスカート、Yシャツに下着を脱がし始め、全てを脱がし終えると彼氏も裸になり、そのまま本番をやり始めたのだ。
ドア越しに私がいる事も知らずに、姉は喘ぎ声を出し続けていた。しばらくして終わったのかと思うと今度は体勢を変えて姉が上になり、いわゆる騎乗位という体位になったのだが、なんと彼氏の動きに合わせて姉も腰を動かし始めたのだ。
私の憧れの姉がこんなふしだらな人だったという失望に、その場に崩れ落ちてしまった。
現在、姉はその時とは違う彼氏と付き合っており、時々遊びに来るがその度にあの日の光景がまぶたに浮かんでくる。

子供の頃 スイミングスクールにて

僕は29歳、今から20年程前ですが、小学生時代はピープルというスイミングスクールで選手として活躍していました。
そこでの思い出話です。

1990年、僕はピープルの門を叩き1993年、小学1年の時に選手クラスという上級クラスに昇格しました。
限られた人間だけが入れるところです。
水着も一般の人間は灰色の地味な水着なのですが、選手クラスに上がると特別な水着、ユニフォームが与えられます。練習の水着も自由になります。
その水着が、紫色の生地に黄色いラインが入ったかなり今思えば派手なのですが、かっこよく、ずっと憧れだった水着だったので、めっちゃ嬉しかったです。
当時はもちろん競パンです。
大人のコーチは、みんなピチピチの競パンの前をもっこりさせていて、子供ながらかっこいいな、って思っていました。  

自分はまだ小学生で子供だったので、当たり前ですが、水着の上からチンチンがわかるほどもっこりはせず、周りのチームメイトも同年代ばかりでみんな同じような感じだったので特に意識は全くないまま過ごしていました。

そんなこんなで、小3まで一番下のクラスで過ごしていました。
当時同い年の親友にsくんという子がいたのですが、自分はsくんよりは少しだけ大きかったです。まぁ、とはいってもお互い子供サイズでしたが。

うちの母も当時毎日練習を見に来ており、母は少しスケべなとこがあるので、よくからかいながら、
「あんた、sくんよりはまだでかいけど小さいな!はよコーチみたいに大きくなりや。」って言われてました。

そんなこんなで、小3までは一番下のクラスでのんびり過ごしていました。
そのクラスじゃ、一番年上が小5のaさんという女子で、あとは小4女子が2人、その他は小3以下のガキばかりなクラスです。

さて、小3の夏に僕は成績を残したこともあり、ひとつ上のE1クラスに昇格しました。
いつも下のクラスが終わったあとの時間にE1クラスは練習に入るので、上の人間の練習を見たことすらなかったです。
昇格前に一度見学に行った時、E1クラスの選手5人が練習していました。男子3人、女子2人でした。
泳ぎのスケールが違い、圧倒されました。
特にクイックターンの勢いが半端じゃなくまさに大人の泳ぎって感じでした。
名簿を見せてもらったのですが、男子が小5が一人、小4が二人、女子は小6が一人、小5か一人でした。
以下彼らの名前ですが、
小5男子 tくん
小4男子1  nくん
小4男子2 yくん
小5女子 kさん
小6女子 sさん
です。

ただ、衝撃だったのは年がそんなに違わない彼らの体付きが自分とは比較にならないぐらいだったことです。

特に初めて練習を見た時に、小5のtくんの競パン越しにはっきりとそれとわかるチンチンのでかさと、小5女子のkさんの水着越しにはっきりと目立つおっぱいの大きさです。
ちなみに小6女子のsさんはおっぱいは全くなく、顔はkさんより美人でしたが色気はなかったです(笑)
これが当時の自分には不思議でしたが、この小5コンビすげぇなって最初に思いました。
最初はその程度にしか感じず、逆に小5のtくんについて、
「小5のくせに前もっこりさせて恥ずかしくないのか?たぶんかっこつけて金玉思いっきり上げてるんだろ?」
と勝手に想像していました。

しかもピープルの選手指定水着は紫色でよく伸縮するのでチンチンでかいとよく目立ちます。

さて、練習初日、今までよりも1時間遅い18時から練習開始です。
少し早めの17時15分にロッカーに着いたら、既にtくんが着替えようとしていました。

tくんは小5の夏頃にして既に身長が160センチ近くあり、体もマッチョです。

僕は隅っこの方で着替えようとしながら、tくんの着替えるのを横目でまだかまだかと見ていました。
すると、tくんは特に恥じらいもなく着替え始めました。
まずブリーフ一丁になりましたが、そのブリーフ越しにも中にいかにもでかいの入ってますと言わんばかりの膨らみがありました。
その後すぐパンツを脱ぎました。


やはり、衝撃でした。

たぶん長さ、太さとも自分の2倍強はありました。
やばい、リアルにでかすぎる。。。って思いました。まだ、皮はむけてなかったですが、既にあまり余りはなく剥けるのも時間の問題って感じでした。
よく見ると先の方は少し顔を出していました。
裸になった際にそっと自分のチンチンの先を手で剥いてましたが、自分とは違い既にするっと剥けるまでに成長しており、なんなんだこいつは?って衝撃を受けました。

また、競パンをはいた際も鏡で自分のもっこりを見ながら、チンチンを調整しておりましたが、競パンの上部のところまで既に竿がきており、勝手に想像していた金玉は別に上げていませんでした。

その後、小4のnくんとyくんが来ました。nくんもまぁまぁでかく、とはいっても小学生サイズでしたが自分よりは確実にでかく、yくんはサイズは普通でしたがなんと剥けていました!
それよりもtくんが異常すぎて劣等感と変な興奮しか感じませんでした。

さて、練習前の体操の際にプールサイドに行ったところ既に女子二人がいました。
「よろしくね!」と挨拶を交わしましたが、私が目に行ったのはkさんのおっぱいです。
前に見学した際は遠目からでしたがから間近で見るとその大きさはやばかったです。完全に大人じゃん、って思いました。

そんなこんなで、初日は異次元な場所に来たという高揚感ばかりでした。

僕はtくんに対する劣等感から、練習の際はチンチンが目立たない黒色の水着ばかり履いていました。

ある日のこと、僕の妹も水泳やっていたのですが、家で僕に
「kさんの体すごいよ!もうおまたに毛が生えている。」って話してくれました。「そうなんだ。」って興味のないふりをしつつも、
「小5でそこまで成長してるのかよ。」
ってすごい興味をそそられました。
 
以後、kさんの水着の切れ込みをチラ見するようになりましたが、ある時、水中に潜った際にkさんが切れ込み部分を触った際にはっきりと黒い茂みが見えました。
チョロチョロっていう程度ではなく、立派な大人の女性って感じで、やばいものを見てしまったという興奮から20年たった今でも記憶から消えない程です。

その年の秋のこと、他のチームとの試合に行きました。
その時は母も応援に来ていました。

僕はリレーチームの代表として、tくん、nくん、yくんとリレーを組みました。
その頃はtくんは初めて会った頃よりもなおチンチンが成長しておりましたが、対外試合でよその同年代のもっこりを見ましたがやはりtくんに敵う人間は誰一人いませんでした。

試合会場でもっこりさせて歩くtくんを見る人もちらほらいて改めて凄さを感じました。 
その日は試合なので、普段履かないピープル指定水着で行きましたが、僕は全然目立たないので正直tくんが羨ましかったです。

その日の試合終わりに、母と帰ろうとした際に競パン一丁のtくんとすれ違ったのですが、母が帰り際、
「あの子のチンチンすごいな。あんたボロ負けやね。完全に大人やん。kさんもおっぱいこんなあるし、あの子たちはすごいね。あんたもしっかりしいや。」って言われました。

その日の冬に泊まりで合宿に行きました。
お風呂の際、nくんが物差しを持ってきて僕に、「お前のチンチン何センチや?」って測ってきました。
「ちっせー、4センチ!俺は7センチ!」って言われました。
すると横にいたtくんにも測りに行きましたが、tくんも「何センチあるか気になるから測っていいよ!」って快諾しました。特に恥ずかしがることなく、nくんにチンチンを差し出し、
「t、11センチ、圧勝!すげぇ!」
と、nくんの声が響き渡りました。

僕は興味ないふりをしていましたが、その時ばかりはガン見しました。
その頃には半分くらい皮が剥けており、もうチンチンではなく音なペニスでした。

さて、風呂に入ると露天があったのですが、なんとそこから女風呂が隙間から見えるのをnくんが見つけたのです!

するとnくんが、
「おい、kとsがいるぞ!」
と教えてくれました。
nくんが「マジかよ、みせろ」
と我先に見に行きました。
nくんが「おおおおおお」って言いながらチンチンが勃起し始め、とんでもないサイズになっていました。勃起すると完全にチンチン剥けていました。

nくんが、「t、チンチン反応しすぎ。何センチあるねん?」って言いながら物差しで測ったところ16センチに達していました。
「だってkさんの裸がやばいんやもん。」って言いながら笑っていました。

僕はこの時も興味ないふりをしつつも、ちらっと見に行きましたが、kさんのおっぱいはまさに大人のおっぱいそのもので乳首もでかく、下の毛はボーボーでした。

ちなみに一緒にいたsさんの裸も見ましたが、おっぱいなし、毛もツルツルでなしでした(笑)

その後、nくんがtくんに、
「チンチンたったまま水着履いてみて」と言ったので、tくんが競パンを履いたところ水着には収まりきらないくらいでテントのようになっていました。

その後、コーチが入ってきたのでやばいと思い、覗きから撤退したのですが、18歳のIコーチと24歳のSコーチが入ってきました。
Iコーチは剥けチンのまさに巨根という感じでしたが、Sコーチはいつも競パンをぎりぎりまで下げて金玉上げているのが丸わかりだったのですが、かなり小さく包茎でtくんよりも小さかったです(笑)
チンチンの大きさって人によって全然違うんだな、それにしてもSコーチは情けないな(笑)って子供ながらに感じました。

さて、さらに時は流れ年が明けて学年が変わる前にはtくんは完全に剥けチンになりました。
tくんはその頃から水着の裏地を取りさらにチンチンをアピールしていたのですが、裏地がないと亀頭と竿の境目がくっきり映るので剥けているのが丸わかりです。
また、剥け始めの頃は小さかった亀頭も次第にでかくなり、水着越しに亀頭の部分が飛び出て見えるようになっていました。もう完成形です。

チンチンがでか過ぎて、上から飛び出そうなまでになっていましたが、なんとかぎりぎりに収めていました。
ただ、ある日のこと、プールから上がった時に少し水着がズレて、亀頭が飛び出ているのを見ました。
すぐに気づき元に戻しましたが、その時横にkさんがいて一瞬見られるというハプニングがありました。

さらに時は流れ小4夏の合宿で昨年に続き覗きをしましたが、kさんは昨年よりさらに巨乳になっておりました。
一方で中学生になったsさんは少し胸が膨らみかけてましたが、未だに毛なしで笑えました。かわいいだけにもったいないスタイルでした(笑)

今から思えば楽しい小学生時代でした。

姉の手コキ&フェラ

今から13年前の話です。
当時23歳だった俺。5才上(28歳)の姉。6歳下(17歳)の妹。の3人姉弟(妹)です。
アマチュアのバイクレースを俺はやってたんです。
ところがレース中に接触&大転倒事故!!
右足大腿部、両腕を骨折の重傷。救急車で病院に担ぎ込まれて手術。
そこから2か月間入院しました。
手術が終わって、ナースセンター横の個室で麻酔から覚めた。
親父、おふくろ、姉、妹。全員がいた。
「か、母ちゃん・・・痛ええよぉぉ・・・俺、どうしたんだ?」
「あ!雅人起きた!」と姉。
「あ、あんた・・・もう・・・」母ちゃんが泣いた。
記憶にあるのは接触した瞬間のことだけ。あとは記憶がない。
「お兄ちゃん、お兄ちゃん!!」俺にしがみついて、妹の美貴が泣き出した。
まじに大変だったみたい。
あとで家族に聞いた話だけど。
そして、2,3日して。痛みは鎮痛剤でなんとか抑えられていたが、チンコから管が延びてて・・・。尿道カテーテル?なるものが入ってた。立って小便いけないからね。くそにも行けない。
4日目。カテーテルが抜けた。これ抜くときがすごく痛かった!!痛いのもあるけど、看護婦さんにチンコ握られてるのが情けなかった。
入院1週間目。毎日看護婦(当時は看護婦しかいなかった。)が毎日体を綺麗に拭いてくれてました。もちろん、アソコもケツも。
クソもベッドのうえ。おしっこは尿瓶。なんて生活なんだ!!ストレスもたまった。
とはいえ、このころになると元気が出てきました。で、困ったのはチンコが勝手に勃起すること!!
でも両手が使えない。やむなく自分で腰を動かして、パンツ中でいいから射精したかった・・・右腿に激痛走った!!だめだあ!!できない!!
毎日、美佐子姉ちゃんが看病に来てくれてました。一番病院に近いところに住んでたから、親に頼まれたそうだ。
「雅人、姉ちゃん洗濯物してくるね?何か飲むものか食べたいものある?買ってくるよ?」
「姉ちゃん、ごめん。じゃあコーラ頼む。」
「うん。コーラね。」
姉が部屋から出て行った。さあ、今のうちに何とかして!!
不自由な両手で布団の中でチンコをひっぱりだして、指先だけでなんとかしてオナニーをした。両腕の痛みで勃起しても、すぐ萎えちゃって・・・「オーイ!頑張ってくれえ!!」と自分のチンコを励ました。ほんとに溜まっちゃってて苦しかったんです。
まさか、姉ちゃんがすぐ戻るとは思わなかった。10分?15分?でドアが開いて姉ちゃんが入ってきた。布団に両腕突っ込んでる俺を見て、怪訝な顔した。
「雅人。手動かしちゃだめって言われてるでしょ?どうしたの?おしっこ?漏れそうなの?」
姉ちゃんが尿瓶をベッドの下から出した。
「違う。違う。ションベンじゃないから。」
「そう。じゃあいいわ。ちょっと両腕出すからね?」
「ま!待った!!」
言ったが遅かった。掛布団を姉ちゃんがまくった。完全勃起のチンコ登場!!俺焦った!!
「まあ!!・・・そういうこと?」俺見ながら言った。
「姉ちゃん、ごめん!変なの見せて。あの、しまうから見ないで。」
「ううん。かまわないけどさ。自分でできるの?両腕動かしちゃダメって言われてるんだよ?」
「で、でもぉ、辛いって。姉ちゃん見ないでくれ。頼む。30分だけ部屋から出ててくれる?」
「ふぅ~・・・しょうがないわねぇ。ほら、手をどかして。」
「姉ちゃん!!」美佐子姉ちゃんが、俺の勃起したチンコを握った。そのままゆっくり扱きだした。
「姉ちゃん!やめてくれって!!だめだって!姉ちゃんに悪いって!!それにこれ問題だって!」
「いいからぁ。私だって子供じゃないんだからわかってるわよぉ。でも父さん母さん、美貴には内緒だからね?いい?」
言いながら姉がせっせと扱いてくれた。溜めに溜めてたので2、3分で発射!!
「ウッ!!」
姉が射精にあわせて早く扱いてくれました。出る!出る!!凄い量の精液!!全部ティッシュに放出。
「うーん、凄いわねぇ。」
個室内にザーメンの匂いが充満。
「ハァハァ・・姉ちゃんごめんな。助かったぁ~。」
「ちょっと待っててね。」姉が窓を開けて換気してくれた。
「姉ちゃん、もういいよ。」
「もういいの?ほんとに?」
「ええっと・・・もう1回だけお願いしてもいいかな?」
「うん。いいわよ。しょうがないよね?ずっと我慢してたんだから。」
もう1度姉がチンコを優しく握ってくれました。ゆっくり上下に手を動かしてくれた。
「これでいい?こんな感じでいい?」俺、うんうんうなづくだけ。そして、完全勃起!!
「立ったね?じゃあ、出しちゃっていいからね?これでいい?気持ちいい?」
手コキ全開。また数分で発射しました。
「出たわね?またこんなに?フゥ~。じゃあ、今日はこれでおしまいね。」
綺麗に拭いてパンツの中にしまってくれた。
「姉ちゃん、ありがとう。ほんとにごめんな。」
「うん。じゃあ、洗濯終わったか見てくるね。」
姉ちゃんは俺の出したティッシュをビニール袋に入れると部屋を出て行った。
生まれて初めての姉の手コキでした。それから2日おきに手コキしてくれた。でも、しだいに立たなくなってきた。なぜだかわからないけど。手コキで感じなくなってきたんです。
「どうしたの?立たないわね?なんかあった?それとも飽きちゃったのかな?姉ちゃんじゃ。」
「違うって。なんでだろう?」姉がゆっくり扱いてるのを見ながら情けなくなった。
溜まってるのに立たない?
姉ちゃんがタオル持って室内の洗面台に行ってお湯で濡らして戻ってきた。
チンコをくるむようにすると優しく拭いてくれた。何?どうした?俺は姉ちゃんの行動の意味がわからず黙って拭いてるのを見てた。
「うん。綺麗になったね。匂いも無いわ。ねえ絶対ここから先のことは秘密だからね?黙っててよ?」
「何?姉ちゃん何するんだ?イーーッ!!」
姉ちゃんがチンコつまむと口に含んでフェラチオ!うっそ!!これってあり?
「姉ちゃん!!いいって!やめてくれって!それはまずい、ック!」
亀頭を舌で舐めまわされた。気持ち良すぎ!!フェラは初めてじゃないが姉のフェラに驚きと超絶快感でメロメロになった。
ジュポッ!と音立てながらフェラを続ける姉ちゃんを俺は黙って見てた。
亀頭の裏筋舐めとか、バキュームとか、先端を舌を撫でるようにして刺激とか。姉ちゃん、いつのまにこんなことできるようになった?
姉ちゃんは時々俺をチラッと見ながらフェラを続けてた。完全に勃起した。
「ジュル。フゥ、立ったね?手にする?それともこっち?」姉ちゃんが自分の口を指さして聞いてきた。
「姉ちゃん、まじにいいの?悪いけど、口で・・・いい?」
姉ちゃんは、うんとうなづくともう一度咥えて、フェラチオ再スタート。
快感でぼーっとなってしまった。
少しして射精感が来た。亀頭の裏筋を舌でチロチロと舐められた瞬間に一気に爆発して姉ちゃんの口に発射してしまった!
「ン!ンー!!」姉ちゃんがうめき声あげて俺の出してる精液を口で受け止めた。
姉ちゃんの口に発射しちゃったよ!!俺、何やってんだ!!あせった。
「姉ちゃん!すまん!すまん!!」
姉ちゃんは咥えたまま俺を見つめると、最後にチューチューとチンコを吸って亀頭を舐めまわしてからチンコから口を離した。ティッシュを数枚とって、姉ちゃんは吐き出した。
「姉ちゃん、ほんとに、ほんとにごめん!ごめん!言う前に一気に出ちゃって。」
「ふぅ~。まっいいっか?しかしまあよく出たね?こんなに濃いの出たんだから。すっきりしたでしょ?」
「姉ちゃん?」俺、姉ちゃん見つめてしまった。神々しい雰囲気に圧倒された。
優しい目で微笑んで立ってる姿は女神って感じでした。
まあ、姉ちゃんは美人です。スタイルも綺麗だし。そうだなぁグラドルの安藤沙耶香っぽい感じ。そんな姉ちゃんのフェラチオに俺ははまった。
「男って溜まってるとどうにもならないしね?いい?姉ちゃんだからできるんだからね?母さんや美貴はだめよ?私にいいないさいよ?いい?いつでもしてあげるから。」
「言えないって!!それに、姉ちゃんにだって頼めないって。」
「そんなこと言ってもたっぷり口に出したじゃーん。私のこの口にぃ。ねえ、良かった?気持ち良かった?私って上手い?」
「う、うん・・・久しぶりの超快感だった。」
「ふーん、じゃあこれからは口でしてあげるね?口の中に発射してかまわないからさ。」
「姉ちゃん、なんで?弟なのに。こんなのまずいだろ?」
姉ちゃんはチンコ握ってました。
「ん?あんたが可哀想だから。見るに見かねてって感じ?あんたが必死にオナニーしようとしてた姿見たら、ほっとけなくなっちゃった。雅人の小さいころにおしっこ漏らして泣いてる姿とかぶっちゃった。あんとき姉ちゃんがお風呂入れてあげたの覚えてる?」
忘れるもんか!俺が5才のとき幼稚園の帰りにおしっこ我慢してたけど、家の玄関についたら安心して漏らしちゃった。ワーワー泣いてる俺を10歳の姉ちゃんが抱き抱えるようにしてお風呂に入れて洗ってくれた。
入院中、姉ちゃんのフェラチオ看護が毎日でした。
姉ちゃんの口に何回出したことか。1日に2回してくれたこともあった。
風呂に何日も入ってないから下半身周辺が臭かったと思う。
1か月少ししてギブスがとれて、やっと風呂に入れるようになった。
姉ちゃんが介助で一緒に入ってくれた。
看護婦さんには「優しいお姉さんでいいわね?普通あまりないけど、とても献身的っていうか家族を大切にしてる素敵なお姉さんね?」って言われました。
俺もそう思ってる。
姉ちゃんが全身を洗ってくれて、髪の毛は4回もシャンプーしてくれた。
まだ立ちあがることができないから俺は椅子に座ったまま洗ってもらった。チンコも優しく3回洗ってくれて、お尻も綺麗に洗ってくれた。
そんでもって全身洗い終わってからフェラチオしてくれた。
「姉ちゃん、見つかったらやばいって!!」
舌で亀頭を刺激し続けて、1分かからずに発射!!発射と同時に何度も吸い上げてくれた。
姉ちゃんへの口内射精。何度も見て立がなんでここまでしてくれる?俺は毎回不思議に思った。あとで答えがわかったけど。
「出たね?まだ足りないかな?部屋戻ったらもう1回してあげるからね。」
「姉ちゃん、ほんとにありがとう。申し訳ない。」
「いいんだって。」
そして、部屋に戻ってから姉ちゃんはもう1回してくれました。ゆっくり時間をかけて。たっぷり出るように。

なんとか退院して生活ができるまで回復した。退院1週間前のことでした。
「雅人、もうじき退院だね?もう自分でできるかな?」
「姉ちゃん!ほんとにすまんかった!もう自分でできるし、腕も痛くない。ちょっと腕動かしにくいけどね。」
「そう・・・良かった。」姉ちゃんがちょっとさみしそうな顔した。
「どうした?」
「ん?雅人にはもう私は必要ないかって思ったら、ちょっとさみしくなった。」
「姉ちゃん?」
「そうねぇ、いけないことだもんね?たしかに。じゃあ、今日が最後よ?たくさん出しなさいよ?雅人。」
「もういいよ姉ちゃん。俺、大丈夫だって。」
「寂しいなぁ。」ぽつりとつぶやいた。それ聞いたら、姉ちゃんにやってもらおうって思ったんだわ。
「姉ちゃん、じゃあ、ほんとに最後!お願い。」
「え?う、うん!じゃあ、ほんとに最後。」
俺、ベッドに寝そべって。姉ちゃんの最後のフェラを期待した。
姉ちゃんがパジャマズボンの前から勃起したのを引っ張り出して、咥えてフェラチオを始めた。もう、これが最後って思ったら、俺も寂しくなった。
姉ちゃんの舌の動き、吸いこみ。いつも以上に念入りになってた。
いつものように姉ちゃんの口にたくさん放出した。
最後だ!と思った。姉ちゃんの喉が動いた。え!!の、飲んでる!!俺の!!
姉ちゃんが俺の精液を飲んでました。
「姉ちゃん!!」
俺を見つめながらゴクッっと喉が動いてた。終わって虚脱状態の俺を見つめてチンコ咥えたままでした。亀頭を舌で舐めまわしてた。
「終わったって。姉ちゃん、飲んじゃって大丈夫なの?」
姉が黙って咥えたまま俺を見つめてる目から涙がぽろぽろ出てきたのにはびっくりした。
「ど、どうしたの?」
「雅人。退院しても姉ちゃんとのこのこと忘れないでね?」
「忘れられないって!!姉ちゃん、ほんとにどうした?」
「う、うん。あんたの面倒見てるうちに、姉ちゃんあんたに恋しちゃったかも。ずっと面倒みてあげたいの。こうやって。・・・ダメ?」
「姉ちゃん・・・まじ?」
こっくり頷く姉ちゃん。そしてもう一度咥えて舐めてきた。
「姉ちゃん、俺どうすればいい?」
黙って舐め続けてる姉ちゃん。俺も何も言えなくなった。姉ちゃんの口に2度目の射精。
また、飲み続ける姉ちゃん。
「ね、姉ちゃん。あのさ退院してからも俺には姉ちゃんが必要だと思う。時々してくれる?」
泣きながら姉ちゃんは何度も何度も頷いた。小さくなったチンコ咥えながら。
そして退院して実家に帰った。帰ってからも姉ちゃんにフェラチオをしてもらうことが続いた。
姉ちゃんは嫌な顔せず、俺のを可愛がってくれた。飲んでくれました。
妹の美貴も知らない。もちろん両親も。
姉ちゃんとはファラチオの関係だけです。それ以上はなかった。いや、できませんでした。
近親相姦ということに抵抗もあったし、姉ちゃんと一線超えたらお互いにのめりこみそうだったから。正直、怖くなった。
それから数年。姉ちゃんは32歳で結婚して家を出た。
今、俺は36歳。姉ちゃんは41歳。どっちも家庭を持って普通に生活してます。子供もいるし。
たまに家族で会うと、姉ちゃんがこっそり話してくる。
「ねえ雅人。かずみさん(俺の嫁)にしてもらってる?フェラチオ。私とかずみさんどっちがいい?」
「え!!うーん、姉ちゃんかな?」
「ふーん、そっかあ。じゃあ機会があればしてあげるね?雅人のなら汚くないしぃ。」
「あはは・・・そうだね。機会があればね。姉ちゃんのフェラは匠の技だもんな。」
「ふふふ。ばーか。」
そんな会話がたまに出ます。でも、その機会はまだきてません。
もう来ないと思います。
姉ちゃんと俺の二人だけの秘密の関係。
なんか懐かしさもあって書きました。
下手な文章で恥ずかしいですが、読んでいただきありがとうございます。

姉と俺と妹

俺が中2の時の話です
俺には3つ上の姉と2つ下の妹がいて両親の2人の5人家族でした
ある日両親は近所の集会で遅くまで帰ってこないというので先にご飯とお風呂を済ますように言われていた
ご飯はお母さんが作ってくれていてそれを温めて食べてテレビを見ながらくつろいでいました
そろそろお風呂に入ろうとしたときのことです
お姉ちゃんに「ねぇきょうは3人で入らない?」と言われた
3人で入っていたのは妹が低学年まででそれ以降全員別々に入っていた
お母さんが俺たちの成長をみてお母さんにいっしょに入ることを止められたからである
俺は親がいないし別にどっちでもよかった
妹もおっけーだったので3人で入ることになった
久しぶりに脱衣所でお姉ちゃんの裸を見て妙に興奮してしましたがなるべく悟られないようにした
湯船につかり温まっていると「どう?私の胸大きくなったでしょ」
お姉ちゃんに聞かれ目をそらして「うん」と答えた
「あぁお兄ちゃん赤くなった」
「うるさい」妹にいたいとこ突かれた
「ねぇ触ってみない?」
「いいよ 別に」俺はきっばり断った
「私触る」妹がそう言ってお姉ちゃんの胸をもみだした
「ほら あんたも触っていいのよ」
俺はゆっくり手を伸ばしてお姉ちゃんの胸をもんだ
「私の胸やわらかいでしょ」
「そうだね」
「舐めてもいいのよ」
「えっ」
お姉ちゃんは俺の後頭部をもち自分の乳首に近づかせた
俺は舌をだしぺろぺろした
妹も俺のまねをしてやりだした
お姉ちゃんの乳首を吸ったりした
そのたびにお姉ちゃんが声を上げた
「次はあんたね」
お姉ちゃんは俺を立たせると俺のアソコを咥えた
「お姉ちゃん私にも」妹は何でも興味を示すんだなと思った
お姉ちゃんは俺のアソコをだし妹と一緒に左右から舐め始めた
「お姉ちゃんそんなことしたら俺出ちゃうよ」
「出すときは言うのよ」
2人は俺のアソコを必死になめてきた
「出るよお姉ちゃん」
俺が言うと妹と2人で俺のアソコの前に来た
そして俺の射精は妹とお姉ちゃんの顔にかかった
「あぁ楽しかった」妹が言った
「まだあなたを気持ちよくしてないわよ」
お姉ちゃんは妹を倒しマンコを執拗に攻めた
「お姉ちゃん私はいいわよ」
「よくないみんなで気持ち良くしないと」
俺はお姉ちゃんのマンコを舐め始めた
三角形みたいな形を作り妹はまた俺のアソコを舐め始めた
3人でそれぞれの性器を舐めた

姉との初体験。そして妊娠&結婚。今は僕の妻。

姉と結婚して1年目。姉だけど血がつながっていない。妹は父母の子供です。
ほんとに結婚までは、家族内大騒動という大混乱。妹もおかしくなりそうだった。
「なんで、姉ちゃんと兄ちゃんなの!信じらんない!!二人とも大っ嫌い!不潔!!近親相姦なんて!!おまえらなんか死ねーーーぇ!!」
姉の由美子と俺を徹底的に避けてた。当たり前のことだけど。
もともとは3人兄弟は仲がよかったんです。でも、姉と俺の関係が発覚したときから妹の未来(ミク)は狂乱状態。
子供が生まれて、最近なんとか理解を示すようになってきて、由美子と俺が住んでいるマンションには遊びに来るようになった。生まれた娘も可愛がってくれる。
やっと、家族全員が落ち着いた感じになりました。

姉と俺がこうなったのは、約2年前のことです。
一緒に旅行に行ったときに、姉からの誘いでセックスしてしまいました。
姉は今28歳。俺が26歳。妹の未来は19歳。
父母は再婚同士。姉は父の実の娘。俺は母の実の息子。
再婚したのは俺が4歳になる前だった。薄す々々だが、突然姉ちゃんができたのを覚えてる。それでも実姉と思ってた。
ただね、姉は俺が弟じゃないのを知ってたし、当時いきなり弟ができてとまどったって話てくれた。でも、「お姉ちゃん、お姉ちゃん」って俺が慕ってくれて、可愛かったから弟って思うようになったそうだ。
姉が俺を男として見るようになったのは、俺が16歳の時。姉は19歳。まだ未来は小学生だった。
俺が自分の部屋で着替えていて、素っ裸でいたときのこと。
姉貴がノックもせずに俺の部屋に入ってきた。
「和君、買い物・・・・・」
俺の素っ裸の後ろ姿見て、あせったそうだ。
俺もびっくりして、振り返ってしまった。運悪く、その時俺のチ○チ○は勃起中。
天に向かってつった立った状態。姉貴がそれを見てしまい・・・。
しかも俺のチ○チ○は皮が剥けるのが早かった。もちろんそのとき亀頭もしっかり出てた。
「ね!姉ちゃん!!待った!」
「ごめんなさい!!」あわてて姉貴が逃げた。
この一件が姉貴が俺を男として見るきっかけになった。
16歳だと男の体にはなってきていたわけで、勃起状態のチ○チ○はもう大人の男そのもの。
それ以来姉貴は、俺に対して見る目が変わってしまった。
そして、いつからかはわからないけど、俺を恋愛対象で見るようになってしまった。
いつかは和君と恋人になれたらいいなあ・・・と思い続けてたそうだ。
そんなこと俺も妹の未来も気づくわけない。
そして、姉貴26歳、俺24歳の時の夏。
姉が夏休みで3泊4日の和歌山への旅行に友達(女)と二人で行くことになったが、旅行2日前に友達がNG。
友達のお母さんが倒れて緊急入院となってしまったということで、姉から声がかかった。
「未来誘ったけど、休み取れないって。和君どう?一緒に行ける?」
有休使って俺も金、土、日、月と休みとれたからOKって答えた。
「良かったぁ!!キャンセルできないもん。和君一緒に行こうね!!」姉貴はルンルン気分で喜んでた。
俺は姉貴が喜ぶのはキャンセル料払わなくて済むってっことで喜んでるんだと思ったが、姉貴は俺と二人きりになれるのが嬉しかったらしい。
知らなかったが、このとき姉貴はまだ処女だったんだ。
姉貴は美人ではないが、かといってブスではない。可愛い感じ。スタイルいいしね。
けっこう会社でもモテてたらしい。でも、なぜかカレシを作ったことがなかった。
俺は、すでにカレシとかいて、秘密で交際してるって思ってたけどね。

飛行機で南紀白浜へ。
家出るときから、姉貴は少し緊張してる感じがした。弟に緊張するなんてなんで?って俺は思ったが。
「だって和君と二人で旅行なって初めてだもん。なんか緊張しちゃうわよ。」
「そんなもんかぁ~?」
白浜温泉のホテルについて荷物預けて、チェックインの時間まで観光した。泳ぐのは明日ってことにして。
レンタカー借りてたから。千畳敷、三段壁とかに行った。白浜周辺でブラブラした。
ホテルにチェックインして部屋に入って気が付いた。
もとは女性二人だからツインの部屋。ベッド二つ。
「姉ちゃん、部屋もう一つ取らないか?いくら姉弟でもこの年で同じ部屋ってまずいっしょ?」
「うーん、でも空いてないよ。いいよ、気にしなくて。姉弟で気にするほうがおかしいよ。」
「そっか。じゃあ、しょうがないか。」
夕飯までの間は、温泉入ってノンビリ。買い物行こうか?って姉貴の誘いでブラブラ。
「和君。ねえ、夜花火しよっか?」で、コンビニで花火セット購入。
姉貴はショートパンツ&Tシャツ。俺も同じ。
ホテルに戻って夕食。珍しく姉貴からお酒飲みたいって言ってきた。ビールで乾杯した。
途中から姉貴は日本酒。俺はサワーにした。
部屋に戻って、時計見たら8時半前。花火しよう!ってことで、ホテルの庭の端っこで花火をやった。
姉貴は楽しそうだった。花火の光で姉貴の顔が見えると、色っぽかった。
なにげにドキンとしたが。
線香花火をしているときの浴衣姿の姉貴が可愛く見えてしまった。
内心、姉ちゃんってこういうことしてると可愛いよなあ・・・大人の女の色っぽさもあるよなあ・・・とぼーっと姉貴を見てた。
姉貴がこっち見て目があったら、瞬間的に目を逸らした。
なんだ?なんだ?何恥ずかしがってんだ?って思った。
「こっち来て、一緒にやろう?」と姉貴が声かけてきた。
一緒に並んでしゃがんで線香花火をやった。
「綺麗だねぇ・・・」姉貴
「こんなの姉貴と初めてだよな?」
姉貴は何も言わず頷いてた。
ポタリっと花火が落ちてしまって・・・姉貴が俺の肩にもたれるようにしてきた。
「和君・・・好き。」
「え?」
「好き。ずっと昔から・・・」
「ね、姉ちゃん・・・」
「私は、本当はお姉ちゃんじゃないの。」
「・・・まあ、知ってるけど。」
「和君は・・・どう思ってる?私のこと。」
「え?姉ちゃん・・・だけど。」
姉貴がため息。俺を見てきた。涙流してた。あせった!!何?どうした?完全にパニック。
想定外の会話と姉貴の涙で、返事できなかった。
「怒ってる?姉ちゃんのこと・・・嫌いになった?」
「いや・・・ごめん・・・意味がわからないよ。」
「姉ちゃんは、ずーっと和君が好きだったの。恋人みたいに見てたの。家でね。でも、和君気づいてくれなくて・・・」
「姉ちゃん、マジ?」
姉貴は小さく頷いた。
「花火・・・全部終わっちゃったね?部屋に戻ろうか?」
姉貴が花火の後片付けしてるのを、じーっと見るしかなかった。
部屋に戻って。
汗かいたから、俺は内風呂でシャワーを浴びて汗流して出た。浴衣を着てくつろごうかなあと思っていたら、姉貴が私もシャワー浴びるってお風呂に入って行った。
10分ぐらいで姉貴が出てきた。
何気に姉貴を見て、言葉を失った。
姉貴が上下白のブラ、ショーツの恰好で立っていたから。
姉貴がベッドに座っている俺のところに来て、泣きながら抱き着いてきた。
どうすればいい?姉貴と・・・なんてまずいだろ?血がつながっていなくても・・・。
「和君・・・姉ちゃんとお願い。」
「ねえ、これ、冗談だよなぁ?驚かしてるだけだろ?」
姉貴は泣きながら首横に振った。
「姉ちゃん・・・まじかよぉ・・・」
「うん。こっちにいる間だけ・・そしたら、後は何もいらないから。」
「ほんとに?ほんとに?・・・いいのか?」
こっくり頷いた。
俺は、密着する姉貴の体を感じて興奮で抱きしめてしまった。夢中でキスしてた。姉貴の唇は柔らかかった。
俺自身は女性を4人経験してたからキスぐらいでは大丈夫なはずなんだが、姉貴とってことでめちゃくちゃ緊張したし興奮した。
あとで知ったが、姉貴は当然ファーストキスなわけだが。
そのままベロチューをした。姉貴にとっては初めてのディープだったから、かなりびっくりしたそうだ。
姉貴の舌を吸って、舌を絡めて姉貴の舌を吸った。
これから何すればいいんだ?姉貴とエッチなんていいのか?いいわけないだろ?
頭の中グルグルいろんな考えが浮かんだ。
姉貴が俺の右手をつかんでブラの上からおっぱいを触らせた。
「ね・・・姉ちゃん・・・」生唾ゴクリと飲んでしまった。
姉貴は黙って俺をベッドに押し倒した。
まだこの時点でも、俺は混乱状態。姉貴は少し青い顔してた。
姉貴が俺の上に被さると「和君・・・お願い抱きしめて。・・・お願いだから。」
俺は下から姉貴を抱きしめてた。夢中で姉貴にキスしてた。
姉貴は小刻みに震えていたけど、もう一度俺の右手をブラカップの中に入れて直におっぱいを触らせた。
姉貴のおっぱい・・・Cカップだった。柔らかくてひんやりしてた。
「姉ちゃん!」俺は姉貴をだき締めたまま転がって、姉貴の上に乗った。
「和君・・・抱いて。好きにして。」
その一言で完全に興奮、ぶっ飛び状態。
姉貴のおっぱいをブラの上から揉みまくってた。背中に腕を回してブラのホックを外してブラを乱暴に外して。
真っ白なおっぱいだった。乳首や乳輪は綺麗だった。揉みながらおっぱいを吸った。
乳首、乳輪を舐めながら吸ってた。
俺は姉貴がまだ処女だってことは知らなかった。
もう経験済みって思ってた。
姉貴は目をつぶったまま、されるがままで声も出さなかった。
姉ちゃんのおっぱい!って思うだけで興奮して好きなだけ吸い付いて舐めまくった。
乳首が固くなって膨らんできた。そのころから姉貴の呼吸が速くなってきた。
でも声は出さなかった。
姉ちゃん!感じてよ!そんな気持ちだった。
かなりの時間おっぱいを好きなように揉んだり、吸ったり、舐めたりしてた。
姉貴のおっぱいを吸いながら右手を下半身に移して、ショーツの上から股間を手で揉んだ。
柔らかかった。毛の感触もなかった。
おっぱいとアソコを同時に攻めた。姉貴を見たら姉貴は目をつぶったまま俺の頭を掴んでた。
「姉ちゃん・・・嫌なんだろ?やめようよ」姉貴の顔を見たら冷静になってしまった。
目を開けて「和君・・・お願い。やめないで。嫌じゃない・・・嬉しいの。」
「じゃあ、ほんとにいいの?」
姉は黙って頷いた。エッチ再開。
ショーツの中に手を入れて姉貴の股間を直に触った。姉貴はパイパンだったのにはびっくりした。
「姉ちゃん・・・毛がない」
「ううん、昨日家で全部剃ったの。」
「なんで?」
「和君に私の体を見て欲しかったから。」
「そう・・・なんだ。」
まだ濡れていない。乾燥したままの割れ目を指で優しくこすった。
しばらくすると滲み出てきて指が濡れるのがわかった。姉貴はぎゅっと目を閉じていたけど、小さく「はぁ・・・」と声を出してた。
俺はなぜだか嬉しくなってしまった。姉貴が感じてることに。
もっと姉貴を知りたいとも思った。
下腹部に移動して姉貴の両足を抱えて開脚。
ショーツの上から姉貴の股間の膨らみを見つめてた。
揉んだり、擦ったりして姉貴のアソコの感触を楽しんでた。
割れ目にショーツが食い込んで筋が丸見えになってた。
思わず姉ちゃん、エロい!って心で叫んでた。
興奮状態でショーツを脱がせた。姉貴は少し腰を上げて俺が脱がすのを手伝ってくれた。
毛がないから丸見えだった。
「ね、姉ちゃん・・・見えてる・・」
「恥ずかしい・・・」
「もっと見せて?」
姉貴はこっくり頷くと、自分から足を開いた。さすがに俺は処女との経験が無かったからあまりにも形が整ったオマ○コにびっくりした。
なんて綺麗なんだって思った。姉貴の両足を抱えてM字に開いて、そのまま股間に顔を近づけて見つめてた。指で静かに開いて中を見た。
一瞬姉貴が硬直した。
こんなに綺麗なのは初めて。(処女なんだから当たり前なんだが)
そのまま舌で舐めてクンニした。
舐めた瞬間「クッ・・・」姉貴が小さく声を出し、ブルブルっと2度震えた。姉貴の顔を見上げながらしゃぶり続けた。
時々姉貴は眉間に皺寄せてたけど目をつぶったままだった。
クリトリスが大きくなってきた。口に含んで舌を転がす・・・姉ちゃんもっと感じてくれと思いながら。
姉貴の呼吸が速くなって胸が上下してた。姉ちゃんが感じてる!嬉しくなった。
かなりの時間クンニしてた。30分近くはしてたと思う。
クンニすればするほど、興奮が増して、もっともっと舐めたいって衝動にかられて夢中でクンニした。
もう姉貴の股間は俺の唾液と姉貴の中から出た汁でビショビショになってた。
そろそろ挿れてもいいのかな?
と思った瞬間、姉貴がのけ反って硬直した。俺の顔を両腿でギュッと挟んだ。
「クッー!!」姉貴が小さく声を漏らした。
俺はそのままクリトリスを吸い続けてた。
姉貴が硬直したまま、両手で俺の頭をクリから外そうと掴んでた。
「姉ちゃん、イッタの?」
姉貴は何も言わずに、小さく頷いた。
むちゃくちゃ姉ちゃんが可愛くてたまらなかった。
そろそろ入れてもいいだろ?って思った。いや、俺はチ○コを姉ちゃんの中に入れたくて我慢できなくなった。
俺は起きあがると、姉貴をM字開脚にさせて姉貴の股間に座った。
姉貴のオマ○コ全開。もろ見え。濡れ濡れ・・・もう興奮100%。
「あ!姉ちゃん・・・スキンは?持ってる?」
姉貴は目を開けると首を横に振って「このままで大丈夫。」
「やばいよ。子供できたら・・・」
「ううん、大丈夫なの。」
「じゃあ中には出さないからね。」
姉貴はうっすら笑って頷いた。
俺はそのままチ○コに手を添えて、片手でオ○ンコを開いて亀頭をくっつけた。
姉貴硬直。顔を見たら目を開けて俺を見てた。
「姉ちゃん・・・いい?」
小さく頷いた。
そのまま、俺はチ○コを中に押し込んだ。引っかかる感じがしたが無理やり押し込んだ。
途端に姉貴の口から「グッ!」うめくような声。
俺は快感と勘違いしてた。そのまま奥へ奥へとチ○コを入れた。
根本まで入れて密着状態になった。
俺のは大きくない。13.5㎝しかないからね。でも初めてチ○コを入れられた姉貴にとっては、こん棒で串刺しにされたくらい痛かったとのこと。
もう一度姉貴が「グッ!」とうめいた。
姉貴の上に被さって、ゆっくり腰を動かした。姉貴の中は動いていた。温かい。そしてすごく締まる。
「姉ちゃん・・・気持ちいい?」
姉貴は目をつぶったまま眉間に皺寄せて頷いた。
(激痛だったのに・・・俺が心配しないようにウソついた。)
俺は姉貴の中で、チ○コを動かし続けた。そして姉貴のおっぱいをもう一度吸って舐めながら、腰を動かした。
奥まで突き入れると奥に当たった。当たった瞬間姉貴がのけ反った。俺にしがみついてきた。
「気持ちいいでしょ?」
こっくり頷く。声は出さなかった。(本当はこれも激痛だったって。とにかく初めてだったから何もかもが痛くて、でも黙って我慢するしかないって思ったそうだ。)
突くたびに締まる。姉貴の中は凄かった。うねるように動いてた。
姉貴の中に入って数分。射精感が出てきた。
「姉ちゃん・・・いきそうなんだ。出すとき抜くからね。」
「うん・・・」
姉貴は薄目を開けて、微かに微笑んだ。
そのまま激ピストン。姉の中で思いっきり暴れた。
(姉貴は、苦痛を必死に我慢したって。もう失神するかと思ったって言ってた。)
数十秒後、「姉ちゃん!抜くよ!」
俺は急いで腰を上げてチ○コを抜こうとした。
その瞬間、姉貴が俺の腰に足を回して、両手で俺のお尻を掴んで引き寄せた!
え!!思わず姉の顔を見てしまった。
そのまま姉貴の膣内に射精!しかも奥に当たったまま・・・大量に噴出した。
びっくりしたが、すごい快感だった。
射精している間、俺は姉貴の顔をずーっと見てた。姉の膣の奥深くに俺の精液を注入していることが信じられなかった。
何度もチ○コは脈打って、放出し続けてた。
姉貴は目を閉じたまま、射精が終わるのを待っている感じだった。ただ、幸せそうな表情だった。
終わって・・・。
「姉ちゃん・・・どうすんだよ・・・中になんて・・・」
姉貴は黙って俺をギューッと抱きしめた。目から涙が流れてた。
「姉ちゃん、大丈夫か?」
何度も頷いた。
そして、姉貴の中でしぼんだチ○コを俺はそっと抜いた。
起き上がって姉貴の股間に目が行った瞬間、驚いた!!姉貴の股間が真っ赤。
俺のチ○コも真っ赤。
最初は、生理が来たと思った。
「姉ちゃん・・・生理だったの?」
「違う、初めてだったの。」
愕然とした。姉貴がバージンだった!!しかも最初の男が俺!!
姉貴の股間から俺が出したものが出てきた。タラタラと。ティッシュを急いで姉貴の股間に当てた。何枚も。ティシュがすぐに真っ赤になった。
姉貴は黙ってされるがままでいた。
「姉ちゃん、初めてってほんとかよ!ごめん!ほんとにごめん!」
「ううん、嬉しかった。」
「痛かったでしょ?大丈夫なの?」
うっすら笑いながら「凄く痛かった・・・でも和君にばれたら和君止めちゃうって思ったから。」
「そ・・・そんな・・・中に出しちゃったし・・・」
「いいの。安全日だから。」
(姉貴のウソでした。安全日というわけではなかった。実は大当たりの日だった。)
「でも・・・。」
「和君、もっと抱いて?もう姉ちゃんは和君のもの。」
再度、内風呂に2人で入って。
もう一度ベッドに横になった。
初めてだったのを知ったから、今度は優しく姉貴の中に入った。
全部入ったあと、俺は動かず姉貴に重なったままじっとした。
姉貴の膣内の感触、動きを感じた。
姉貴は黙ったまま、俺を抱きしめてた。
「和君・・・動かなくていいの?」
「いい。このままで。」
中に入ったまま、ディープキスしたり、おっぱいを吸ったりした。
姉貴の中は動いてた。俺のチ○コが中で時々ピクンと動く。それにあわせて姉貴の膣全体が締まって俺のチ○コを肉壁が包んだ。
じっとしてても気持ち良かった。姉貴もうっとりとした表情でゆっくり顔を左右に動かして小さく悶えてた。
一体感を感じてしまった。一線超えてしまったら、もうどうでもいいというか、姉貴とずっとこうしていたくなった。
そして2度目の射精感。
「姉ちゃん、出すね。」
姉貴はこっくり頷くと、俺の腰に両足を回してきつく締めてきた。俺のチ○コと姉貴のオマ○コはこれ以上密着できないぐらいだった。
奥の壁にチ○コの先っぽが当たってた。全身に電気走って、一気に膣内に射精した。
最初の噴出で「ウッ」と姉貴が小さくうめいた。
姉貴の顔を見ながら、何度も奥深くに精液を送り込んだ。
満足間というか幸せな気持ちで満たされた。
姉貴もかすかに微笑んで、何度も小さく頷いてた。
「はあ、はあ、姉ちゃん・・・出ちゃった。」
「うん・・・良かったね?」
「うん。」
その晩はそれでお互いに寝た。チ○コを入れたまま寝た。
姉貴は幸せそうな顔で俺の頭を撫でながら、俺が眠りに落ちるまでずっとそうしてくれた。

翌日は、海水浴。
姉貴は新品のビキニを着てた。俺は姉貴の姿に見とれてしまった。
「和君、これ似合うかな?」
「う、うん。姉ちゃんのビキニ姿なんて初めてだ。」
「えへへ。まだビキニ着れる年だし。体型崩れてないでしょ?」
「姉ちゃんはまだまだ大丈夫だって。」
砂浜、海の中で散々遊んだ。
姉貴は俺にぴったりくっついてきて、もう恋人気分全開モード。
俺も姉貴と一緒にいるのが嬉しかった。姉貴とやってしまってから、俺は姉貴にマジ地惚れしてしまった。
「好き」って何回コクったかわからない。そのたびに姉貴はニッコリ笑ってくれた。
そして2日目の夜。
今度は俺が姉貴がを離さなかった。
その晩は結局姉貴の中に3回射精。
3回目は姉貴を屈曲位にして、俺が抱きしめて射精のタイミングでチ○コをオマ○コに押し付けて奥深くに発射しました。羽交い絞めにしてる感じで姉貴の中に何度も射精し続けました。達成感、満足感、幸福感に満たされて、終わったあと姉貴にキスした。
セックス中は、姉貴はまだ少し痛がってました。昨日処女喪失したばかりだからあたりまえです。
3回目を出し終わって屈曲位のまま合体状態。
姉貴の中には3回分の精液がたっぷり入ったまま。
「和君・・・ずっと姉ちゃんのそばにいて。帰ってからも姉ちゃんを愛して。いいでしょ?」
「でもばれないかな?特に未来に。」
「大丈夫・・・ばれないようにしよう?外で会えばいいでしょ?」
「姉ちゃん・・・まじにいいのか?」
「和君・・・姉ちゃんのことどう思ってる?今・・・」
「姉ちゃんにマジ惚れてる。好きでしょうがない。いつまでも姉ちゃんとこうしていたい。姉ちゃんともっとセックスしたい。」
「ほんと?ほんと?」
「うん。」
「よかったぁ!!和君が好きなだけしていいよ。」姉貴は満面の笑みでした。俺に抱き着いてきて「嬉しい。和君と一緒。」と小さくつぶやいた。
「これからも絶対姉ちゃんを愛してね。」
旅行の間は、観光、海水浴、そしてセックスでした。
最終日の夜。ここで初めて姉貴に体位を変えてしました。
バックスタイルで。
姉貴は恥ずかしがってたけど。
バックスタイルで姉貴の肛門を見ながら、クンニしてました。綺麗なアソコを好きなだけ。
姉貴はこのときに喘ぎ声を出した。ずっと声を出すのを我慢してたって言ってました。
そしてバックからの挿入。姉貴のお尻を抱えて膣内に潜りました。
正常位とは違う感触。姉貴の中が凄い勢いで動いているがわかりました。
「姉ちゃん、まだ痛い?」俺は挿入して腰を前後に動かしながら聞いた。
「あ!大丈夫・・あ!ほんと・・・あ!痛くないよ。」
それを聞いて嬉しくなった。姉貴の腰をしっかりつかむとパワー全開で突き上げまくりました。姉貴の悶える声も大きくなって。部屋の中にパンパンと打ち付ける音と姉貴の喘ぎ声。
フィニッシュは姉貴のお尻を引き寄せて、奥まで突き入れてそのまま射精しました。
この日も3回。バック、対面座位、最後は姉貴の要望で正常位。
姉貴は対面座位と正常位で2回挿入中の初オーガズムとなり、セックスの良さを知ったと言ってました。

そのあとのことは、普通のカップルと同じ。
ただし、外で会っている時だけね。
しかし、旅行から帰って3か月したときのことだった。
姉貴が妊娠してるのがわかった。妊娠3か月目に入っていた。
つまり、旅行の時の初めての時に妊娠してしまったわけだ。
最初に相談されたのは父だった。そして母もそれを知り愕然。
とはいえ、姉と俺はあかの他人。血も繋がっていない。
そう考えたとき、父が俺に話をしてきた。男二人だけで話したいということで。
姉の気持ちを伝えてきて、俺の気持ちを確認した。
結果として、俺と姉貴は結婚して暮らせばよいとなった。
未来が知った時は大変だった。細かくは書けないが発狂寸前。
俺と姉の結婚式はとりあえず先送り。未来が理解できるようになってからってことにしました。
それから2週間後、俺と姉貴は実家を出て、二人暮らしを始めました。
今は娘も入れて3人で仲良く暮らしてます。

ここしかコクれる場所はないかなと思い書いたしだいです。
名前はすべて架空です。ばれるのが怖いですからね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

四天の有子(ゆうこ)

現在天王寺で阿倍野ハルカスが有名な場所となって、人びとの集いの場所になっていますが、確か私が通っていたころは、新宿おごちそうビルが、あって、中川有子(ゆうこ・彼女の自称で確認出来ません)に電話で呼び出されは、食事するビルが、あった記憶しかない。
彼女の特徴は、叶姉妹の妹美香を少しスリムにして、足首がスリムで無く、タカビでわがまま、他人には、たかりまくり事を気にも止めず、やりたい放題で、
「私は胸が大きい」
「私はバージンだから」
と聞かない事を、大声で叫びまくる…
たぶん彼女は、色々な人にたかりまくり、時にはsexしまくる人生
バージンな女性が、自分から「バージン」と言う奴は、いないから、sexやりまく女だと判断される。

彩月

今現在
俺が30才 妹25才(彩月)さつき

俺が妹と初めてSexをしたのが
13年前位です。

妹が確か中学1年
俺が高校3年だったはずです。
俺逹の両親は早くに結婚してまだ
両方35~6 才 夜の夫婦行事は現役
だった(笑)

余り大きな家ではなかったけど
俺と妹は各自の部屋はあった。
子供2人は2階 両親は下と極普通な
部屋割り。
妹は父の影響で空手部
俺は母に似てのんびりマイペースで無所属♪
(多分…妹の方が強いかも?)
妹は邪魔な位になついてくる…
5才離れていて小さい頃可愛がった
せいかもしれない。
それはそれでかわいい♪
中学に入る前は俺が風呂に入っていても
「兄ぃ♪時間ないから入るね~」
って良く一緒に入っていた。
小学生の時は部活に空手部がないから町の武道館に通っていた!!

彩月が中学に入っての夏休み手前頃
夜中にキッチンに何か飲み物ないか探しに降りたら、両親の部屋の前に妹が座っていたんだ。
「彩月…」声をかけたら「あっ!!」
一言だけ言って2階に上がっていった
俺は寝ぼけて事もありキッチンに行きコーラを持って2階に上がった。
時間は夜中の1時頃だったと思うよ。
そぅしたら
「ガチャ」って部屋のドアが開いて
人の気配がした!
「兄ぃ…ねぇ兄ぃ」
彩月だった
「どぅしたぁ?」「早く寝な…」
と俺 寝ぼけたまま
彩月は「うん…ねぇ兄ぃ…ここでいい?」
シングルサイズのベッド…
まぁいいか…
「いいょ…早くおいで…」
彩月が布団に入ってきました。

俺は反対を向いてまた寝ようとしたら彩月が
「ねぇ…パパとママHしてた…」
俺は(!!!!!!!!!!!!!)
両親の行為より彩月の言葉に!
「夫婦だしな…仕方ないょ」
「兄ぃは?Hした事ある?」
「アホ…聞くか普通…」
「どんなになるの?」「赤ちゃんできるの?」
「絶対にできる訳じゃないし」
「Hは好きな人とする!」
と兄妹の会話…
「馬鹿言ってないで寝な!!」
「うん…」彩月は納得したのか?

そぅしたらまた暫く経った頃
俺の足と足の間に彩月が足を入れてきてなにやら擦りつけてきた。
俺が寝ているのだと思ったのか後ろから息使いが激しくなるのがわかった!!
肉食系かもしれないがまだ中学1年
俺は理性との闘い!!
「彩月…」寝返り際に呼んでしまいまいました。
俺「彩月、寝れない?」
彩月「うん…ゴメンね」
彩月の頭をなでて「彩月」
キスしちゃいました。
彩月の小さい口に俺は舌を入れ舌を絡ませ背中に手を回しました…
彩月はブラもしてません。
(必要性がないような胸…ゴメン)
「彩月…大きくなっちゃた」
彩月はわかっているのか
自分の手を俺の股の所に持っていきパジャマの中に手を入れてきました
「凄いね…熱いし固くなるんだ」
俺も彩月のパジャマの中に
もぅグショグショ!!
指でクリトリスを触ったらビクッとしてしがみついてきました。
「彩月…いいか?」
俺は下の方に潜ってパジャマとパンツを下げた。
妹のオマンコの匂い!!
足を拡げ嗅いで舐めてみた
その度ビクビクする妹!!
指も1本クチュクチュ音がする。
俺は我慢できずに正上位でゆっくり挿入した!
彩月は「本当に痛いん…だ…ね」

これが妹との体験談
今現在は妹も結婚して2児の母
俺との関係は継続中♪
両親には今でもある意味で仲のいい
兄妹です。
彩月は中学2年にはアナル経験
一時期は
アナル中毒!?と思うほど…

妻の前夫による調教動画

25歳で3歳年下の前妻と結婚、3年後に長女、その2年後に次女を儲けて幸せに暮らしていた。
子供の成長とともに、俺によく似た長女とまったく似ても似つかない次女の差に気付き始めた。
気付いたのは家族写真で、俺と長女は、顔つきだけでなく手を開いた感じや肩から背中にかけてのラインがソックリなのに対し、次女はまったく似ていなかったのだ。
7歳になった長女は俺に似てスラッとしてきて、5歳になった次女はズングリムックリで天然パーマ、あまりにも似ていない姉妹に耐え切れなくなった前妻が浮気妊娠を白状して、結婚10年、35歳で離婚した。
前妻は、妻子ある50代の男と不倫して妊娠していた。
俺は、その不倫相手から慰謝料、次女の出産費用と3歳までの養育費など合わせて700万円をふんだくった結果、その不倫親父は定年を目前に奥方から三行半を突き付けられた。
前妻からも慰謝料などの他に父娘関係不存在のための費用など合わせて800万円をふんだくった。
前妻の両親が肩代わりして、平身低頭で俺に即支払った。合計1、500万円と長女の親権をもらって、姉妹が離れ離れになるのは忍びなかったが、俺は長女と共に実家のそばのアパートへ引っ越して、平日は親と兄貴夫婦に子供の面倒を見てもらった。

離婚から3年過ぎた38歳の頃、もう結婚はコリゴリだと思っていたのに、親戚がしつこくお見合いを勧めるので、仕方なく相手のプロフィールを聞いた。
相手はバツイチ33歳、5歳の娘が一人、離婚理由は前夫のDVで、離婚後2年とのことだった。
専業主婦として家事と子育てに専念することを希望しているから、子供を親に見てもらっている俺と利害関係が一致するだろうとの目論見だった。
気乗りしなかったが、写真を見せられて心が動いた。
真面目そうで清楚なイメージの綺麗な女性で、和久井映見に似た美人だった。
実物は写真より若々しく、すっかり惹かれてしまったが、俺よりも先方が乗り気で、すぐに家族ぐるみの交際が始まった。
毎週末会っていたので、子供達同士はすぐに仲良くなったが、新しい父母候補に慣れるのに1年かかった。
そして親同士は・・・交際して8か月の頃、平日に半日休みをもらって会い、身体の相性を確かめ合った。
久しぶりの女体という事を差し引いても、彼女の体は美しかった。
僅か4年の結婚生活で、それほど荒れていないマンビラだったが、何故かクリがアズキくらい飛び出ていた。
しかも、クンニには激しく反応する敏感なクリだった。
「元のご主人、DVだったんですか?」
「・・・お気づきでしょう・・・私、前の夫にマゾ調教を受けていたんです。クリトリスは、吸引器で吸い出されて、そんなふうになってしまいました。縛られて、感じやすくされたクリトリスを苛められて、はしたなく淫らに悶えたから体中が縄のアザだらけになって・・・」
「DVと間違えられたのですか?」
「いいえ・・・前の夫が、私が縛られて悶える淫らな動画を隠し撮りして投稿したんです。それが、雑誌の付録ビデオで世に出てしまって・・・もちろん目線は入っていましたが、それをたまたま兄が見つけて、妹ですから、目線が入っててもわかります。変態女と激怒されて・・・」

俺は、その投稿雑誌のバックナンバーを探した。
ネットでも探したが、結局、東京出張で立ち寄ったエロ本屋の赤札コーナー(売れ残りの割引販売)で見つけた。
2001年発行のエロ投稿雑誌で、付属ビデオはVHSテープだった。

画像は荒かったが、それでも素っ裸で開脚緊縛されている女が和久井映見に似た清楚美人だと分かった。
男に太股をなぞられ、クリをなぞられて、
「んくふぅ・・・」
と甘い吐息を漏らした。
男がクリを摘み上げると、
「んあっ!ひやあぁぁ!」
ビクッ!ビククッ!と痙攣した。
男は、クリに何かを塗り始めた。
「ん・・・んがあぁ!」
何かクリに刺激を与える薬なのだろう、腰がビクビクと脈打ち始めた。

暫く彼女の反応を見ていた男は、透明なシリンダーを取り出した。
それを、クリに被せ、シリンダーについているポンプを揉み始めた。
モザイクで見えないが、クリが極限まで吸い上げられているのだろう、彼女は腰を浮かせてガクガクしながら、
「ぐあーー!!?ぐあああああああ!!」
と仰け反った。
吸い上げられて膨れて、敏感になっているクリは、実際に彼女の実物を見ていたから容易に想像がついた。

一度画面がフェードアウトし、再びフェードインしたので、一定時間、クリが吸い上げつづけたのだろう、男がシリンダーを外した。
その吸い上げられたクリを男がマッサージする。
「いやあぁぁぁ!だめだめだめぇーーー!死ぬ!死んじゃう!」摘まんでコリコリしているようだった。
「やあぁぁぁーーーー!止め!止めてぇーーーーっ!逝く!逝っちゃうーーーーっ!んああああーーーーーーーっ!」
清楚な美人が悶えまくる姿は、とても興奮した。

ゼイゼイと息をする彼女のクリに、ピンクのローターが固定された。
スイッチが入れられ、ブーーーン・・・と言う音が聞こえた。
彼女は、狂ったようにガック、ガックと腰を揺らし、髪を振り乱して悲鳴を上げて悶え続けた。
「ぎゃあぁぁぁぁーーーーーっ!ぐあっくうぁぁぁぁーーーっ!ひぎぃーーーーーーーっ!」
悲鳴をあげながら、ビクン!ビククン!ビックン!と痙攣するが、刺激は止まなかった。
マンコからは潮が噴出し、縛っている縄をグイグイ体に食い込ませて悶え続けた。
「んぐんぅ・・・もう死ぬぅ・・・あがあっ!死んじゃうっ!あっ!ああっ!あああっ!きゃおぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーっ」
硬直して物凄い痙攣しながら、ガックリと気絶したように力尽きた。
それでもローターは唸りつづけ、
「ぐはあ・・・お願い、オマンコにチンチン入れて。クリちゃんばかりじゃなくて、チンチンでオマンコ穿ってくださーーーーーい!オマンコ奴隷にしてくださーーーーい!くあぁぁぁぁぁぁーーーーっ!」
そしてまたガックリとなった。
そして、ピクン、ピクンとなるだけになって、画面がフェードアウトしていった。

壮絶な動画だった。
あの、真面目そうな和久井映見に似た清楚美人の凌辱痴態は、決して隠し撮りなんかじゃなく、正々堂々と真正面から三脚にビデオカメラを載せられて撮影したと思われた。
つまり彼女は、恥辱の撮影を受け入れていたと思われるのだ。

私が彼女のビデオを見た事は一切言わず、美しい34歳のバツイチの彼女にプロポーズした。
そして、新しい4人家族の生活がスタートした。
私と妻の慰謝料を合わせて、中古住宅をリフォームした。
ビルトインの駐車場の上に夫婦の寝室へつながる特別室をしつらえ、営み部屋とした。
防音を施し、子供達とは隔離した世界を作った。
その部屋で、再婚妻を少しずつ苛めて、緊縛を受け入れさせた。
M字に拘束できる責め椅子に座らせて、前夫が開発した吸出しクリを更に吸い出した。
とことん吸い出したクリは、先端が膨れてまるでマイクロチンポの亀頭のようになっていった。
割れ目を閉じてもそこから突き出るほどになったクリに、俺はリング状のピアスを通した。
「ああ・・・恥ずかしい・・・」
結婚して11年、今年45歳になる妻は、両乳首とクリにリング状のピアスが揺れるド変態マゾ妻になっている。
50歳になった俺のチンポをとことん愛し、頬ずりしながらタマ揉みして、勃起させてセックスをねだる。
クンニはリング状のピアスを上に上げて、クリの先端を唇と舌に挟めるようにして、まるでマイクロチンポをフェラするように舐める。
それだけで、2度3度と逝き果てる。
チンポが入る頃には意識が朦朧としていて、無意識で逝き果てる。
その様子は、ご近所で評判の上品な淑女妻ではなく、ド変態恥辱妻だ。

「お前・・・もしかして、前の旦那に凌辱されて喜んでいたんじゃないか?その恥ずかしい痴態をカメラの前に晒すのも、もしかしたら受け入れていたんじゃないか?本当は、離婚したくなかったんじゃないか?」
「ああ・・・私は、変態性奴隷妻だった・・・それは認めます。撮影されたものは、夫婦で楽しむ約束だったんです。それを、投稿するなんて・・・」
やっぱり、撮影までは妻も許していたのだ。
あの壮絶動画を投稿しなければ、前の旦那は離婚されることはなかったようだ。
今、とびきり美しい妻と再婚して、とびきり淫らなマンコに改造して、とびきりの快楽を愉しめているのは、浮気した前妻と妻の前の旦那のおかげだとつくづく思う。

そう言えば、前妻は、どうしたかなあ・・・

妻と姉

妻は無事に男の子を産んでくれた。正直言って子供は苦手だが自分の子供となると、こんなに可愛いものは無い。妻は「まずは1人目。3人は欲しいから、これからもしっかり、その、毎晩可愛がってくださいね。」とうつむき加減に頬を染めて言った。しかし子供を生むと女は大胆になるというのかズボンの上からこそっと陰茎を見つめている。その視線が可愛いので勃起させてやった。妻に言われなくても子供を産んだばかりの若い人妻の色気は男の情欲を飲み込んでしまう。妻がこれほど美しい女になるとは正直夢にも思わなかった。ポヤンと妻を眺めていると「もう、どうしたの変なあなた。」と笑顔で言われてしまった。
ところで姉には子供がいない。婚家からは「早く跡継ぎを。」とせかされている。不妊治療にも通っているがご主人側が悪い事は明白だ。だが男のプライドが邪魔をして姉がいくら懇願しても不妊治療に参加してくれない。手詰まりの辛い状態が何年も続いている。妻と姉は実の姉妹の様に仲が良い。姉も妻だけが本当のサオ姉妹だと認めている。実は姉は妻もとっくに毒牙にかけて肉体関係で虜にしている。妻の子供を羨ましげに見ていた姉だが、思い悩んだあげく妻に「弟を貸してもらえないかしら。跡取りを生むための子種が必要なのよ。」と深刻な相談を持ちかけてきた。ところが妻は何と二つ返事でOKしてしまった。実の姉を孕ませるはめになってしまった。
姉の排卵日の直前「明日は大事な日ですから今夜は我慢しましょうね。」と前晩から姉に充分な射精をして確実に子種をつけるため妻から一切の性行為を自重させられた。翌朝、良質タンパクのスタミナ食をたらふく食べさせると笑顔で「お姉さまのために頑張ってきてくださいね。」と甘いディープキスで姉の待つホテルへ送り出してくれた。妻は挿入前に亀頭を重曹水でふいて膣奥で射精すると男の子になりやすいという話をしてくれた。姉はホテルに先について体を洗い気合を入れていた。これで妊娠に失敗したら責任は重大だ。久しぶりに姉との性交を楽しめるという甘い雰囲気はどこかに吹き飛んでしまった。
でも久しぶりに味わう姉の体は最高の味だった。乳房に甘えて姉の股間に吸い付いて十分なクンニをかけた。本気の姉はドロドロと大量の愛液を流した。亀頭を妻に言われたように重曹水でふいた。前戯を済ませると四つん這いになった姉の膣口にバックから亀頭を押し当てた。ズブリと十分に潤んだ膣を陰茎で一気に刺し貫いてボルチオ部に達した。重曹水の効果をなくさないためピストンは控え小刻みなバイブレーションにとどめた。早めの射精が良いと思ったので妻が蓄えてくれた精液をたっぷりと姉の膣奥に注入した。もうオスの本能が射精を猛烈にほとばしらせた。陰茎は理想的な形状をした膣への精液注入管だなと思った。結局陰茎を抜かず6発の大量な精液を注ぎ込み十分な懐妊の手ごたえを感じた。
こうして姉と子作りをしていると人間も所詮けだものだと思う。姉は「子種が落ち着くまで、もう少しこうしていて。」と言うのでリクエストに答えた。姉に「今日はありがとう。」と言われて大役を果たしたなと実感した。陰茎を引き抜くと大量の逆流液が姉の膣口から流れた。帰宅すると妻が駆け寄ってきて首尾を聞いてきた。ホテルで犯って来た次第を細大漏らさず申告した。それを聞いて妻は納得し「お姉さまのお子さんの兄弟を生むことになるのね。」と感慨深げに言った。姉にすべての精液を抜かれていたので可愛い妻には持てる舌技の全てを使っての愛情たっぷりクンニで満足してもらった。妻の股間に吸い付くのも良いものだと思った。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード