萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

妹のパンツを見た友人

長い割に大した内容じゃないんだけど、今から10年くらい前の話。

当時、俺は中3で妹は中1だった。
7月のある平日で、普通に学校もあったんだけれど、とても風の強い日だった。
その日、先に妹が家を出て、ちょっと後から俺が家を出たんだ。

しばらく歩いていると、遠くの方に妹が歩いているのが見えて(背負ってる鞄で分かった)、よく見ると妹のすぐ後ろを同じクラスの友達らしき人物が歩いていた。
(野球部でボーズにしていたのと、肩から掛けていたスポーツバックがそいつのぽかった)
この友達はよく俺とエロトークをしていた間柄で、かなりスケベな奴だった(俺もスケベだがww)。

当時クラスでは、親から子供のネットの使用を厳しく制限されていて(何か教師と保護者同士の話し合いで足並みそろえていたっぽい)、エロ本なんか買いに行けなかったし、仲間内ではみんな欲求不満気味だった。

でもそのエロ友達には社会人の兄貴がいて、そいつは兄貴から親に内緒でエロ本やAVを見せて貰っていた。
だから俺らの仲間内では最も性に関する知識が豊富だったし、同時に一番のスケベだった。
何せ、女子を見る目がいつもいやらしく、下手に知識がある分、将来は官能小説家にでもなった方が良いんじゃないのか?って言いたくなるくらい妄想力が凄い奴だった。

で、話を戻すと、ある風の強い日の登校時間に通学路を歩いていると、だいぶ前の方にエロ友達、そのちょっと前にうちの妹が居たと。
俺のずっと後ろに男子生徒が2名いるだけで、偶々それ以外に人はいなかった。

そして友達が妹を追いこそうとちょうど並んだくらいに見えた時、突然物凄く大きな風がゴォッ!!と吹き上げた(川沿いの土手みたいな場所で、民家もないから風がよく通る)。

その瞬間、妹の制服の膝下よりも長いスカートが、バサァァッ!!と捲れ上がった。
ちょっと捲れたとかじゃない。風は友達の側から強烈に吹いていたから、スカートの友達側がまるで強風で裏返った傘みたく盛大に、妹の顔の下半分を覆う程捲れ上がり、白いパンツが全開していた。
案の定、そのエロ友達はすぐ隣の妹のパンツをガン見していた。

あまりに突然のことで戸惑ったのか、小さい妹の体がよろめく程の風で目が開けられないのか、妹は片腕で顔を隠しながら少しの間フリーズしてしまっていた。
しかも風は少々長く、強烈に吹き続けていた為、その間エロ友達は剥き出しになった妹のパンツや下半身全体を、小腰を屈めながら舐める様にじっくり見ていた。

道幅はそんなに広くなかったし、妹のすぐ横を通過しようとしていた時だったから、友達は妹のパンツをとても近くからじっくりと観察できたみたいだった。
(今日は風が強いって分かってたのに、妹は油断していたんだと思う。実際うちのクラスの女子たちはスカートの下にジャージを折りたたみ、パンツ状にして穿いていた)

ようやく風が弱まり、妹はスカートを手で押さえたが、時すでに遅し、妹は俺のエロ友達にパンモロを「ごちそうさま」された後だった。
妹はすぐ横にいた男に見られたことに気付くと、恥ずかしくなったのか、走って行ってしまった。

妹がずっと向こうの民家の曲がり角をまがり、見えなくなってから、俺も走って友達に追いつき、何も知らないふりをした。
友達は俺を見ると、嬉しそうな顔をしながら

「さっき、超ラッキーだったぜ。たぶん1年の女子だと思うけど、風でスカートが捲れてパンティがっつり見えてた。朝から良いモン見れてマジでラッキー」
友達はその子がまさか俺の妹だとは思ってもいない様だ(妹も男が俺の友達だとは知らない)。

「お前ももう少し早く来れば見れたのに。残念だったな。」
「マジで全部丸見え。凄かったぜ。顔真っ赤にして走って行って可愛かったなぁ…。」

大体こんな事を言っていた。しかもコイツ、股間を手で押さえていた。
「ヤベ、勃っちまった」
友達は妹のパンツを見て勃起していた。

実はこのとき俺も興奮していた。
この時俺は、妹のパンツを見たから興奮していたのではなかった。
妹のパンツをクラス一エロい友達に見られた事に興奮していたのであり、この事は後日気付いた。

いくら兄貴からエロ本やAVを見せて貰っているとはいえ、所詮は画像や映像。
その友達はその時はまだ童貞だったし、「本物」は見たことはなかった(俺もだが)。
そいつには女兄弟はいなく、クラスの女子もガードが堅く、リアルではパンチラ一つ期待できる環境ではなかった。
だからこそ、俺の妹のパンツを目と鼻の先の近さでじっくりと見れた事は、アイツにとってかなりの衝撃だったのだろう。
友達は妹の事がすっかり気に入ってしまったらしく、この日以降、俺とのエロトークでは妹の事を頻繁に口にするようになった。
友達は妹の下半身を、尻の大きさや形、パンツの皺に至るまでしっかり目に焼き付け、記憶していた。

「木綿地の純白パンティだったぜ。前の方に薄いピンクのリボンが付いていた。」

俺はエロ友達が俺の妹の事を性欲の対象にしている事に激しく興奮していた。

この一件まで、俺は妹を異性として見た事なんかなかった。
小さい頃から一緒にいて、生意気で気も強く、髪もショートヘアだったし(中学の時はもうちょい長めのボブ)、どちらかと言えば男の子みたいだった。
当時は胸もペタンコで、色気なんか皆無だったし。
その妹が、俺の友達に、それもクラス一スケベでエロの塊みたいな奴に「女」として見られている事に激しく興奮していた。
同時に、うちの妹も「女」なんだと、男の性欲の対象に成り得る存在なんだと、このとき気付かされた。

「毎日、あの時の事で抜いてるよ。」

「もう何回抜いたかわからない。精子が空っぽになるまであの子の事を考えながら抜いてるよ。」

「あの小さくて丸い尻を両手でグニャグニャに揉んでやりたい。」

「普通にまだ処女っぽかったし、嗚呼あの子と付き合いたいなぁ。初マンしてやって、AVでやってたあらゆるエロい事をあの子の体で試してみたい。」

友達がそういった言葉を発する度に俺は興奮していた。
アイツの頭の中で、俺の妹はアイツにどんなエッチな事をされているんだろう?
アイツは頭の中で、一体何度俺の妹を犯したんだろう?

結局、その友達は、その子が俺の妹だと知る事もなく中学を卒業し、高校も別々になった。
実は俺は今頃になって、妹がJCやJKの時にもっと色々と悪戯しとけば良かったなぁ、と少し後悔している。
さらにもしあの時友達に、実はその子は俺の妹なんだって教えていたらどうなっていただろうか?
友達は定期的に、一年のクラスがある階を普通に通り抜ける振りをしながら、妹を探していた。
見つけた場合は、「今日あの子を見たよ。パンティは見れなかったけど。」なんて言って喜んでいた。
教えてたら「頼む紹介してくれ」みたいな流れになっていただろうか?
一緒に妹に悪戯とかしていたのかなぁ?
それともやっぱり何もないだけだっただろうか?

この一件以来、俺は妹を異性として見る様になって、妹の女の顔(想像つかない!)を見たいと思うようになったが、近親相姦なんてする勇気はとてもないし、友達が妹と付き合える様に支援してやって、その見返りに友達が妹とエッチしてるところを覗き見させて貰うのも良かったかもなぁ、なんて考えています。

みなさんがこの友達の立場や、俺の立場だったらどうしますか?

ここまで読んでくれてどうもありがとう。

妹・裕子

俺には3歳下の裕子と言う妹が居る。共働きの両親との4人家族だ。
物心付いた頃から母親も働きだした為、俺たち兄妹は互いに助け合いながら、仲良く暮らして来た。それは今でも変わらない。もっぱら食事の支度は妹の方が美味いので、俺は洗濯と掃除を代わりにやっている。
小さい頃から裕子は俺の事を「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と、何時も後を付いて来て、好いてくれていたので、中学になるまで一緒に風呂も入り、たまに一緒の布団で寝たりもしていた。
そんな仲の良い関係であったが、妹が中学に進級した頃から、自然と風呂にも入らなくなり、一緒に寝る事も無くなっていった…様に、思わせる感じで俺から妹を避けていた。
だからと言って仲が悪くなったわけではなく、やはりたとえ妹とはいえ、年頃の女の子とはそれなりの距離をとったほうが良いとも思ったし、それぞれの生活時間が違い始めたのも正直あったためである。
そんな感じになっていた俺たちが一つに結ばれたのは今から6年前の夏の事だった。
あの日の事は昨日の様に今でも鮮明に覚えている。
当時、俺は20歳の大学生、裕子は17歳の高校2年生の夏休みの時、行動派な俺達にしては珍しく二人とも何処へ行く事も無く、俺はAM10時ころやっと起きた。
遅い朝食、兼、早い昼食を摂ると、もう正午近くになっていた。
段々気温が上がり、窓を全開にしていても風の通りが悪く、だからと言って何もしないで昼間から冷房ガンガンで過ごす程、老けてもいないので、だったら水遊び代わりに庭の芝生に水でも撒いて涼しくなろうかと、水を撒き始めた。
自慢じゃないが我が家の庭は結構な広さがある。
6畳ほどのウッドデッキを一段下がった向こう側に、20畳ほどの芝生が広がる庭がある。
そもそも、この家の建つ場所が小高い山の中腹辺りで、十数年前から開発が始まった新興住宅地で、この辺一帯の土地はほぼ同じ広さ、同じ条件の段々畑状態になっていて、当時では格安物件だったそうだ。
一区画の広さは約50坪。段々畑状の土地は隣の二階部分が我が家の一階部分になる為、隣との仕切りの高さは2メートル程あり、簡単には覗けないようになっている。
そして幸運なのか、我が家が今のところ一番高い所の住宅になり、反対側…山側の土地には未だ家は建っていない。だから隣から覗かれる心配も無い。
更に住宅の庭側の直ぐ向こうには、かなり幅広の川が流れていて、特に整備もされていないので、河川敷もとても人が入れる様な状態ではなく、裏側から住宅に近付こうとするのは容易ではないつくりになっている。また、向こう岸も似た様な状態なので、家を覗こうとするならば相当大変な思いをしなければならないだろう。
よって誰もそんな得にもならない事はしないので何処からも覗かれる心配の無い立地条件ではある。
更には、夏休み真っ只中、隣近所は数日間の旅行へ行っている為、話し声すら聞かれる事は無い。
ウッドデッキの端には洗濯物が干せる物干し竿があり、真ん中辺りにはテーブルとイスがパラソルの下に設置してある。
庭にも長椅子が一つと、庭の谷側に置かれた物置から山側へかけて、ちょっとしたテントが張られて日除けが出来るスペースがある。
その長椅子に座りノズルが付いたホースで水を撒きながら、これからの自分について何となく考えていた時だった。
家の中から「お兄ちゃん、ただいまぁ?♪」と、妹、裕子の声が聞こえて来た。
「おう、おかえり?何処か行ってたのか?」
「うん。ちょっと買い物に…。お兄ちゃんは今起きたの?」
「ん?、10時頃起きて、遅い朝飯食って、暑いからさっき水撒き始めたとこ…裕子は飯食ったのか?」
「うん。帰ってくる途中、モスで済ませた」
「そっか…」
ウッドデッキのイスに座りながら話し掛けてきた妹に顔を合わせるわけでもなく、淡々と話した。
暫く水を撒いている様子をボーっと眺めていた妹が、「ねー!ねー!足に水かけてよ♪」
そう言って、裸足のまま庭に下りてきた。
妹は帰って来て着替えたのか、それとも、そのままの格好なのか、デニム生地のそれはそれは丈の短い、ちょっと屈めばパンツが見える程のミニスカートと、白地のとある有名なアーティストがデザインしたロゴが印刷されたTシャツを着ていた。
俺はホースのノズルをシャワーに切り替えてからスラット伸びた透き通る様な真っ白な妹の足の先を目掛けて水を撒いた。
「キャッ!冷たくて気持ちいい?♪」
キャッ、キャッ、はしゃぐ妹の笑顔は、兄が言うのも変だが、下手なグラビアアイドルなんかより全然、可愛く思えた。
暫く水をかけていると今度は手を伸ばして来て手を濡らし始めた。
「冷たくて気持ちイイ?♪」
俺はちょっと意地悪をして、わざとノズルを左右に動かして妹が水の後を追いかけるのを楽しんでいた。
「やーん、お兄ちゃん動かさないでよ?」
右に左に水の後を追う妹の動きが何とも可愛らしく楽しくなっていた。
その動きを段々早く、そして大きく左右に動かすと、妹も半ばムキになって必死に追いかけ始めた時だった、勢い余って足を滑らせた妹が濡れた芝生の上に尻餅をついてしまった。
「キャッ!痛ぁ?い」
丁度、俺のほうを向いて大股開きになってパンツ丸見え状態で、痛がってるはいるれけど、顔は笑っていた。
「大丈夫かぁ?」
「もーう、お兄ちゃんが意地悪するからだよ?」
とは言うものの、その顔には憎しみや怒りは感じられない笑顔が向けられていた。
「ワリー♪ワリー♪」
と、全然反省の色すら見せない誤り方をした。
「あーあ、背中までビショビショだよ?」
どうやら転んで尻餅をついただけではなく、背中まで倒れこんでしまったらしく、背中部分まで濡れてしまった事をその場に胡坐を掻いてパンツ丸見えのまま言った。
「どーせ濡れたなら、そのまま水かけてやるよ」
そう言って、俺は妹の上半身目掛けてシャワーを出した。
「キャッ!」
妹は予期せぬ出来事で、一瞬躊躇したが、直ぐにキャッキャッとはしゃぎ出し、背中を向けて俺の方へ向かって来た。
どうやら俺からシャワーノズルを奪い取ろうとしているらしい。
いやな予感がした俺は必死に水を掛けながら逃げ回ったが、とうとう妹の手がノズルを持つ俺の手を掴んだ。
「お兄ちゃんも水かけてあげるよっ!」
「俺はイイよっ!」
ノズルを握ったまま攻防が続き、まるでスプリンクラーで水を撒いているかのように、庭中水浸しになっていた。
そしてとうとう、ノズルの先端が俺の方を向き、全身びしょ濡れになってしまった。
諦めた俺はノズルを握る手の力を緩めると、その隙を狙って妹がノズルを手にした。
それからは妹のやりたい放題…なすがまま、されるがまま、俺は集中砲火…放水を浴びせられた。
真っ昼間の真夏の炎天下、正直気持ち良かった。
水を掛けられてる俺は涼しくて良いのだが、かけてる妹は段々暑くなってきたらしく、自ら足や上半身にシャワーをかけ始めた。
妹がそうしている間、俺は濡れたTシャツを脱ぎ、上半身裸になって、濡れたTシャツを絞って物干し竿に吊るした。
「こーゆー時、男の人ってイイよなぁ?人目を気にしなくて裸になれるから」
足先に水をかけながら、全身びしょ濡れになってる妹が羨ましげに言ってきた。
その濡れた上半身は白地のTシャツがピッタリと身体に張り付き、形の良いバストがくっきりと浮かび上がり、更には布越しに先端の突起までもがクッキリと見て取れた。
妹ながらスタイルの良い身体に欲情し始めた俺は、直に見てみたいと言う欲望が湧き、冗談半分…いや四分の一位に「裕子も脱げばイイじゃん!ここなら誰に見られる訳じゃ無いし」と、言ってみた。
普通この場合の返答は『えー!やだぁー!お兄ちゃんがいるじゃん!』とか言われ、さっさと家の中に逃げ戻られると予想すると思うのだが、帰ってきた答えは意外なものだった。
「そうだね!ここなら誰にも見られないもんね♪」
そう言うと、何の迷いも躊躇も無く勢いよくTシャツを脱ぎ小さくまとめると両手でギュと搾り出した。
「ん?あまり絞れない?お兄ちゃんお願い?」と、すっと、唖然としている俺の前にTシャツを差し出してきた。
俺はハッ!となり、それを受け取ると、ギュっと更に絞ってみせた。すると、「やっぱ男だよねぇ」と、そんなことに関心をしていた。
俺はそれどころじゃなかった。
目の前のプリンプリンのDカップ程の双丘が気になって仕方なかった。
そんな俺の気持ちを知ってか知らぬか、「う?ん」と両手を上に伸ばして形の良いDカップを更に強調するかのように背伸びをしながら、「気持ちイイなぁ?♪ね?お兄ちゃん♪」
「ん、あ、ああ…」と、生返事を返すのがやっとだった。
ここで変にバストの事を気にし過ぎると妹も気にしてしまい恥ずかしがって気まずい雰囲気になってしまうかと思い、極力自然に振舞うことにした。
「気持ち良いけど、気持ちよくも無いんだよね…」
「は?」
突然意味不明な事を言い出すので、何が気持ち悪いんだ?と尋ねると、
「上は脱いでサッパリしたけど、下がね…濡れたままのパンツが纏わり付いて気持ち悪いんだよねぇ…」と、言ってきたから、「なんだ…それならパンツも脱げばイイじゃん」と、軽く返してやると、「いいかな?」「な?に遠慮してんだよっ!♪なんなら全部脱いでスッポンポンになっちゃえば♪」と、極力自然な軽い口調で言ってみると、「えー!全裸!?いいかなぁ…?じゃあ、お兄ちゃんも脱ごうよッ♪そしたら私も脱ぐから♪」
これには流石に動揺してしまったが、裕子のトップレス姿を見て興奮した俺はこんなチャンスはまたと無いと思い、「よし!分かった!二人で素っ裸になるか!♪」と、無邪気な子供の様に言ってみせた。
「うんっ!♪」楽しげにそう言うと着ていた残りも迷い無く脱ぎにかかる。が…、
「ねぇ…お兄ちゃん…ちょっと恥ずかしいから脱ぐ所は見ないでね…あっ、そうだ!お互い背中向けて、脱ぎ終わったら、『せーの』で向かい合おうよ♪」
やはり素っ裸になるのには少し抵抗があるのか、照れ隠しに何だか始めてHをするカップルの様な事を言ってきたが、俺は素直に賛成した。
日除けのシートの下に移動した俺達は背中合わせになり、俺は短パンとパンツを妹はミニスカートとパンツを脱いだ。
脱ぎ終わると、その場に脱いだ物を置き、「お兄ちゃん、脱げた?」「あ、ああ…」「じゃあ、『せーの』で振り向くよ?」「おう!」
「それじゃあ行くよー」「せーのっ!」と、同時に俺は体の向きを変え妹と向き合った。
半立ちの息子をさらけ出し、妹に正面を向けると、妹はやはり恥ずかしいのか、大事な部分に手を宛がい隠している。
「あー!ナニッ隠してんだよー!」そう言うと妹は、「だってぇ?やっぱ…ちょっと恥ずかしいしぃ?」と、両手をアソコに宛がい腰を引いてモジモジと身体をくねらせると、両腕の間からDカップバストが両側から押し出される形になり、より一層谷間が強調される姿で口先を尖らせながら言われると、それ以上は怒る事が出来ず、「そんなん俺だって…」『恥ずかしいのに』と言い続けようと思ったが、それを言うのが恥ずかしくて、口ごもってしまったら、「えっ!?ナニナニ?お兄ちゃんも恥ずかしいの!?♪」と、さっきまでの駄々っ子顔が一変して興味津々な顔になり俺に詰め寄ってきた。
俺はちょっと照れ臭そうに「そっ、そうだよ…いくら兄妹だからって、この歳になってお互いの裸を見せ合うのは、やっぱ恥ずかしいさ…」
妹と目を合わせて話せなくて横向きで話すと「そっかー!お兄ちゃんも恥ずかしいのか?♪」と、まるで俺は恥ずかしくない様な言い草だったので、「なんだよそれ!俺は恥ずかしくないとでも思ったのかよ!?」そう言い返すと「だってぇお兄ちゃん堂々としてるから…」
確かに、半立ちの息子をブラブラさせてる姿を見ればそう思われても仕方ないと思った。
「でも恥ずかしいんだね♪何か嬉しい♪」そうニコニコとした笑顔で言うと突然、隠していた両手を広げ抱きついてきた。
「おっおい…」
俺は同様しまくりで、妹のたわわに実った胸が俺の胸に押し潰され、その感触が堪らなく、思わずギュッと抱きしめ返そうと思った時、妹はバッと身体を離してしまった。
「エヘヘェ?♪」
照れ笑いをして誤魔化そうとしたのか、俺はすぐさま妹の胸の事を言い出した。
「それにしても裕子の胸いつの間にこんなに大きくなってたんだぁ?」
そう言うと裕子は「え?お兄ちゃん気付いてなかったのぉ?こんなに成長した妹の胸を?」
両手で胸を持ち上げる様に強調して問い詰めてきた。
「いや…普段からそんなにジロジロ見てる訳じゃないし、それに、そんなにジロジロ妹の身体を見てたら変態兄貴で気持ち悪いだろ?」
「そう?私は別に構わないけどなぁ」
「…。」
一瞬、言葉に詰まったが直ぐに、「大体、服着てると分からないもんなんだよ…裕子は着痩せするタイプなのかもしれないし…」そう言い訳をした。
確かに裕子が高校生になった頃から急に大人びた表情と身体つきになった事を、気にしなかった訳じゃないが、そこまで詳しく確認していた訳ではないので、正直、ついさっき気付いたと言っても過言ではなかった。
「あーそれ、友達にも良く言われるなぁ…」
「ところでサイズいくつあるんだ?」
何気に気になっていた事を軽い調子で聞いてみた。
「サイズ?トップ?…トップはね88位でね、私アンダーが無いからカップが大きいんだよね…カップはDカップあるよ♪」
そう言って更に両手で胸の大きさを強調してくる。
「やっぱり…」ぼそっと独り言のつもりで言ったのが裕子に聞こえてしまったらしく、「えっ!?やっぱりって、お兄ちゃん見ただけでサイズ分かるの!?」
何か奇妙な物でも見るような表情で驚いている妹に俺は、「いや、なんとなくだよ…なんとなく…」と、適当に誤魔化した。
普段エロ雑誌でバストサイズを見抜く眼力とでも言うか、そんな役に立たない能力は知らずに身に付いていた様だ。実際、そう言う訳だけでもないのだが…
「へぇ?」
なんとなく関心している裕子の顔を見つつ、ふと下半身へ目が行くと、そこには、もうこの歳ならあって可笑しくない物がそこには無かった。
「おっ!裕子、剃ってるのか?」
そう聞かれて一瞬何の事を聞かれたのか分からないと言う表情をしたが、直ぐに「ああ!」と、分かったと言う表情で股を少し広げ、両手で摩る様にして覗き込み「剃ってないよ?最初っからだよ?」と言ってきた。
俺は驚き「えっ!マジ!?パイパンなの!?ちょっと良く見せてくれよ!」そう言ってしゃがみ込み妹の股間に顔を近づけ、よーく観察しようとした。
「えっ!?えっ!?ちょ…ちょっと!なっ、ナニッ!?は、恥ずかしいよ…お兄ちゃん…」
流石に間直に見られるのは恥ずかしいのか、必死に両手で隠そうとする。
その手を強引に退かして、ふと見上げると頬を赤らめ照れている裕子の顔があった。
「んっ?ひょっとして裕子、毛が無い事が恥ずかしくて、さっきも隠してたのか?」
「…。うん…だって…子供っぽいから…なんか見られると笑われるかと思ったから…」
一瞬答えるのを躊躇したが、悪戯がばれて叱られている子供の様な消え入るくらいな声で答えてくれた。
そこには、中学に上がるまで一緒に入浴していた頃の、幼さがまだ残る身体だった頃のあの時のままの恥丘が綺麗なまま存在していた。
「ばっかだなぁ?そんな訳ないだろ?パイパンは男にとっては最高なんだよ♪」
「…?」俺の言っている事が理解できない様な表情をしていた。
「パイパン彼女をもつのは男の夢なんだよ!♪少なくとも俺はな…」
他の男はどうだか知らないが、自分は好きだと言っておいた。
「やっぱりそうなの?」
笑われるどころか逆に感動され喜んでいる俺を見て少し気楽になったのか、逆に俺が「?」になる質問をされた。
「やっぱりって、どう言う事だ?」
「?」マークを顔に浮かべて妹に聞き返すと、「うん。あのね、この前まで付き合ってた彼もね、私のココみて喜んでたから…」
この答えにはちょっと驚いた。付き合っていた彼氏がいた事もそうだけど、『私のココを見て』の言葉にかなり動揺してしまった。だけど冷静に考えてみれば年頃の…兄が言うのも変だが、顔も可愛くスタイルが良い娘が今時、処女なわけがないと…
「そ、そっか…だろ?なっ!?男はパイパンに喜ぶんだ!しかも天然だぜ!」
少し…いや、かなり動揺しながら余り説得力の無い言い訳をしていた。
「へぇ?そーゆーものなんだぁ…」
さっきまでの恥ずかしがってた表情から段々いつもの明るい笑顔の表情に変わってきた妹が感心した顔で言ってきた。
「そうさー!剃って作った紛い物のパイパンとは違う、天然物のパイパンは、そうそうお目に掛かれる物じゃないんだぜ?」変に力説する俺がそこにいた。
「それがこんな身近な所に居たなんて、正に灯台下暗しってヤツだな♪」
段々言っている事が兄妹の会話とは思えない内容になっているのに、ふと気が付いたが、ここまできてもう後戻り出来ないと思った俺は、息子がギンギンにそそり立っている事に気が付いた。
「ヤベッ!天然パイパン見たらムラムラしてきちまった…」
臨戦態勢に入った息子を妹に隠すどころか逆に良く見える様に股間を強調した。
すると「わっ!凄いっ!」こんな物見たこと無いと言った表情で俺の息子をじっと見つめてきた。
「いつ彼氏と別れたんだ?」
唐突な質問に凝視していた目線にハッとなりつつも、すぐさまその問いに答えてきた。
「んっと…二ヶ月くらい前かな…」
「何で別れたんだ?」
本当は聞かれたくない質問なんだろうけど、あえて聞くことにより、その傷ついた心を少しでも癒してやれたらと思う兄の優しさに気が付いてくれた裕子は少し躊躇しながらも答えてくれた。
「彼ね、中学の時通ってた塾で知り合った一つ年上なんだけどね、受ける学校はそれぞれ違ってたけど、お互い好きになったから、学校違っても付き合おうって言ってくれて、それから付き合い始めて、何時も優しくしてくれて、去年の夏に始めてHしてね、それが凄く彼上手くて、それから私いつも気持ちよくてイッちゃってた…やだ!こんな話、なにお兄ちゃんに真顔で話してんだろ恥ずかしい…」
と、頬を赤くして恥ずかしがりながらも、決して嫌がって無理に話している訳ではなく、顔からは笑みがこぼれていた。
「だったら尚更なんで別れたんだ?」
微笑みが消え悲しい顔になった妹は続けて「彼、二又かけてたの…同じ学校の娘とね…家も近所みたいで良く会ってたらしいの…」
どうも、彼氏の誕生日にサプライズで驚かそうとプレゼントを持って自宅まで連絡無しで行った時、偶然その二又の彼女と会っていた所を見てしまい、問い詰めたところ白状して、その場で妹は別れてきたと言う訳だ。
まぁよくあるパターンとは言え、実際実の妹がそんな悲しい目にあったのかと思うと、その野郎に一発蹴りでも入れてやりたいと正直思った。
しゃがんでいた俺はスッと立ち上がり、優しく妹の身体を抱きしめて、頭を撫でながら、「そーか、そーか、可愛そうに…お兄ちゃんが心の傷を癒してやるからな」と冗談は無しに言った。
すると「ありがとう、お兄ちゃん…でも、この格好で言われても余り説得力無いんだけど…」
確かに、素っ裸で息子ギンギンにしている兄貴が失恋した妹を抱きしめて慰めても効果は無いのかもしれない…だが、妹は「あのね、精神的なものは全然って言うと嘘だけど、それ程でもないんだ…」
「ん?」と怪訝な顔をした俺をチラッと見て直ぐに俯きながら「実はね…その…彼ってHが凄く上手でね…別れた後も正直、身体だけの関係も良いかなって思って、彼に言おうと思ったんだけど、それを振った私から言い出したら何か負けだなって思ったら悔しくて言わなかったの…」
そんなにテクニックのある野郎だったとは!と、一瞬ムカついたが、話を続ける妹に意識を戻すと「それでね…別れた後どうしても忘れられなくて、ほぼ毎日って言うほど一人で…その…でも、全然満たされなくて…」
妹の言いたい事は良く分かった。つまり元彼とのセックスが忘れられなくて、オナニーで満たそうとしたけど無理だったと言う訳だ。
「それでさぁ…その…折角ここにこんな立派なのがあるから、良かったらお兄ちゃん、してくれない?」
そっと俺の息子に手を伸ばし包み込む様に上下に摩りながら上目遣いでねだってきた。
「え!?マジかよっ!?おまえ、ひょっとして、こうなる事を予測してたんじゃないのか?」
と言う質問に妹はブンブンと首を左右に振り「違うよっ!そんなつもりは全然なかったよ!途中までは…」と、最後は小さなかすれた声で言った。
「途中まではって何処からその気になったんだ?」「えっ?…、お兄ちゃんのチンチンが大きくなったところからかな…」目線をそらして少し言い難そうに、だけど決して嘘を言っている訳じゃなさそうだが、目を合わせてまでは恥ずかしくて言えなかった様だった。
「えっ!?じゃあナニ、濡れた服を脱ぐのには全然抵抗無かったの?」
「全然って訳じゃ無いけど、少なくともスッポンポンになって、アソコを見られるまでは平気だったよ」と、ちょっと照れた表情でニヤニヤと答えた。
「マジでっ!?」「うん。だって、お兄ちゃんになら別に裸みられても平気だし、それに中学になるまでは一緒にお風呂入ってたじゃん!」
確かにそうだが、あの頃とは身体事情が違うから普通は嫌がって当然なのだが、「どうして急に一緒に入ってくれなくなったの?私が何かいけない事したの?私の事が嫌いになったの?って色々考えちゃって寂しかったんだよ…」
悲しい目をして突然当時の事で寂しかったと言われまた動揺してしまった。
「私お兄ちゃん好きだから、何時までも一緒にお風呂入ったり、同じ布団で寝たいって思ってたのにさ…」
少し不貞腐れた表情で突然告白された俺は「あ、いや…嫌いになんかなるわけないじゃん!一緒に入らなくなったのは…やっぱり…その、いくら妹だからって年頃の女の子と何時までも一緒に風呂はどうなのかなと思ってさ…むしろ逆に裕子の方が嫌がらないか不安になったんだよ…」
「えっ?じゃあナニお互いで謙遜しあってただけなの?」と裕子は呆れ顔で言ってきた。
「まぁ、そう言う事になるかな…実はそれだけでも無いんだ…今だから言うけど、お兄ちゃんも裕子の事好きだから、もしあのまま一緒に過ごしてたら、きっと俺我慢できなくて裕子の事無理やり犯してかもしれない…だから、あえて一緒の時間を少なくして理性を保とうとしていたんだ…」
「…。そっか…」と妹は何だか申し訳ない事を言ってしまったと言う様な表情で呟いた。
「だけど、その理性も今日の裕子の身体を見たら、もう吹っ切れたよ!俺もう我慢出来ない!裕子が欲しい!」がばっと、再び妹の身体を抱きしめたが今度はさっきの様な優しくではなく力強く抱きしめた。
すると妹も抱き返してきて「うんっ!私もお兄ちゃんと一つになりたい!」と言ってきた。
そっと離れると唇を重ね合わせ舌を絡ませた。
傍にあるベンチにお互い正面を向いて跨る様に座ると再びキスをした。
そのまま妹の身体を倒し仰向けに寝かせると、たわわに実った二つの果実にそっと両手の掌をのせ、包み込む様に丸く円を描く様な動きでゆっくりと揉み始めた。
「あっん♪」
まだ一人の男性としか経験の無い割には感じ方が相当なもので、恐らく、悔しいかな俺の知らない所で、ほぼ毎日の様にセックスをしていたに違いなかった。
悔しく思った俺は、そんな二又野朗なんかに負けねえとばかりに、妹を喜ばせた。
自慢じゃないが、俺もかなりのテクニシャンだと自画自賛している。
俺には特定の彼女は居ない。その代わりセフレは何人かいて、常に誰かとほぼ毎日セックスをしていた。
実はその日の夜も誰かと連絡を取って一戦…どころか時間が許すまで、やるつもりでいた。
そのお陰か、かなりのテクニックを身につけてはいると思っている。それとバストサイズの見分け術?も…
ゆっくりと、ゆっくりと、乳房を揉み解す様な動きを続け、決して乳首には触れる事はせず、今度は舌を使い乳房の外周から徐々に中心に向かって舐め回し、そしてやはり乳首には触れず焦らすだけ焦らしてやる。
「あ?ん♪オッパイ気持ちイイ?♪」
再び掌で包み込み揉み始めると今度は舌で上半身を舐め回す。
キスをして、耳を舐め、首筋から鎖骨、脇の下、胸の谷間、ヘソの周りと、とにかく一番敏感な乳首以外を徹底的に舐め回すことにより、乳首に意識が集中してくる。
早く触って欲しい、舐めて欲しい、と言う欲求を極限まで高めてやり、そして乳房の下側から舐め上げる様に舌を這わせ、乳首を弾く様に舌を動かす。
すると「きゃっ!わぁ?ん♪」と身体をビクッと震わせて最高に感じてしまう。
それからは乳首を集中的に舐めまわす。時には吸ったり、歯で甘噛みしたり、とにかく乳首がコリコリになるまで刺激し続ける。
そうすると「あ?ん♪あっ!あっ!ダメ!イッちゃう!気持ちイイ?♪」この繰り返しだ。
次第にハア、ハアと息が上がり始めグッタリしてきたら、一旦刺激を加えるのを止める。
「ハァ、ハァ…凄いよ、お兄ちゃん…まだオッパイしか触られてないのに、こんなに気持ちイイなんてハァ、ハァ…なんで?ハァ、ハァ…」
「どうだ?凄いだろう?まだまだ、これからだぜ!」
「マジでぇ?♪凄―い!ハァ、ハァ♪」
と、このまま愛撫を続けると直ぐに終ってしまうので、今度は妹に俺を気持ち良くしてもらう様にした。
「と、その前に、今度は裕子が、お兄ちゃんを気持ち良くしてくれよ」
そう言われベンチでグッタリ仰向けになっていた妹が、むっくりと起き上がり「うん♪」と満面な笑みをして答えた。
「どうすれば良いか分かるよな?」
「うん。わかるよ♪」
そう言うと右手で息子を握りシコシコとゆっくりと擦り始めた。
「お兄ちゃんの大っきい?!♪」
「そうか?」
俺自身、人と比べたことが無いので実際大きいのか分からないが、セフレ達も同様に大きいと目の色を変えていた。
「こんなに大きいの入るかなぁ…」
「怖いか?」
少し不安げな表情になった妹に尋ねた。
「ううん。怖くは無いよ…ただ、ここまで来て、いざ入れようとしたら痛くて入らなかったなんて事になったら、お兄ちゃんに申し訳ないかなぁって…」
「なーに、大丈夫さっ!このぐらいの太さ軽く入るよ♪」
「え?なにその言い方??まるで私が遊びまくったヤリマンみたいじゃん!」
ちょっと不貞腐れた顔でブーたれるところも可愛く思えてきた。
「そんな意味じゃないよ!遊びまくったなんて、まるで数え切れないほどの男とやりまくったみたいな言い方して」
「だ・か・ら、してないって!」
「わかってるよ♪別れた二又野朗だけだろ?」
「うん…」
「けど回数は数え切れない程なんだろ?♪」
「うっ、うん…」
カーッと顔を真っ赤に染めて照れ臭そうにでもちゃんと答えてくれるところが、妹じゃなかったら絶対!彼女にしていだろうなと、今更後悔していた。
そんな会話をしている最中も妹の手は規則正しく上下に動かしている。
「あ゛―!もう!恥ずかしいなぁ!はいっ!この話はお終いっ!パクッ!」
照れ臭いのを誤魔化す様に俺の物を咥え込んだ。
裕子の口の中でゆっくりと舌が亀頭を舐め回し、それと同時に右手も上下に動かし、ググッと喉奥にまで咥え込んだかと思うと、今度は裏筋に舌先を当てて、ゆっくりと上下に動かしたり、舌先で鈴口と裏筋の境目の一番敏感な所をチロチロと刺激したりと、かなりおしゃぶりも教え込まれた様に思えた。
思わず「うっ!」と、射精感が込み上げては消え、込み上げては消えと、俺の方も余裕が無くなって来ていた。
「随分とフェラも教え込まれた様だな?」
そう聞くと「んーん…」咥えたまま首を左右に振り答えた。すると一旦口から出すと、「大して教えてもらってないよ…やり方だけ簡単に教えられて、後は自分が一番気持ち良くなる場所を集中的に舐めてって言われて、ココの部分を良く舐めさせられたよ」と、鈴口と裏筋の境目の敏感な部分を指先でちょんと突付きながら答えた。
「そこを攻めると直ぐに出しちゃうから、出されて嫌なわけじゃないけど、何だか優越感が足りないんだよね…私の口で彼が気持ち良くなって射精したっ!みたいな…」
「彼にしてみれば、最初に口で出しておけば、本番では長続きするし、直ぐに出せば本番も早く出来るからって魂胆だったみたいだけど…だから私自分で色々な雑誌とかみて自分なりに研究してみたの」
そう説明している間も一時も休まず手は動いて俺に刺激を与えている。
なるほどな、と俺は思った。
今度は袋を舐め始め口に含むと玉を舌の上でコロコロと転がす様に動かし始めた。
何人も居るセフレも、ここまでしてくれるセフレはそんなには居ない。だから久し振りの感触に更に射精感が増してきた。そろそろやばくなった俺は妹に「今度は俺の番」と言って、再びベンチの上に仰向けに寝かせると、今度は足を持ち上げてM字開脚にすると、無毛な透き通る様な綺麗なアワビへ顔を近づけて行った。そして、ここも胸同様、一番刺激が強い所は避けて、周りから舐め始めた。プックリと膨らんだ丘の両側から攻めていくと、「キャッ♪キャッ♪」と、くすぐったがっている。今度はさっきと逆に敏感な所から遠ざかる様に、太腿の方へ舌を這わせて、舌へ下がりアナル周辺へ刺激を与える。
すると「あんっ♪そこは汚いよ?お兄ちゃん」そんな柔らかい口調で絶対そこはダメって訳ではなさそうで、だけどアナルは元彼には開発されていない様で、これは新たな快楽を教える絶好のチャンスだと思えた俺は、早速実行に移った。
アナル周辺を満遍なく舐め回すと、いよいよ菊門へ突入「あっ!あ?ん♪」一瞬アナルを舐められた事に驚いた声を上げたが、直ぐに快感の波が押し寄せてくると、我慢しきれず喘ぎ声を出してしまった。
「あん♪ダメだよ…汚いよ…あんっ♪」
本心はそんな恥ずかしい所を見られるだけでも嫌なのに、舐められるなんて行為をされ、どうしたら良いか分からなくなった妹は、止めて欲しい、けど止めないで欲しい、と言う葛藤をしていたのだろう。
俺は構うことなくアナルを舐め続けた。時には舌先を押し込むように突きつけたり、皺の一本一本を舐める様に、ゆっくりと、ゆっくりと時間を掛け舐めていった。
するとやがて、割れ目からツツーと一筋の透明な雫が流れ落ちてきた。アナル攻めに感じたのか、愛液が溢れてきたのである。それを俺は舌先ですくい取る様にアナルから上へ舌先を移動していった。そして、湧き出ている箇所に到達し更に上へ舌先を滑らせると、そこはもっとも敏感なクリトリスがムックリ皮から飛び出し顔を出していた。そこへ舌先を優しく触るか触らないか位の微妙な力加減でなぞった。
「ヒャッ!あんっ♪」今まで以上に身体をビクつかせ声を上げた。
もう一度、同じ要領でクリトリスを攻め始めた。徐々に力を加え刺激を強くしていくと「あんっ!あんっ!あーん!だめ!だめ!イッちゃう!イッちゃう!あ?ん♪お兄ちゃ?ん♪」そう喘ぐと次から次へと愛液が溢れ出しアナルまで流れていくのを舌先ですくい、ジュルジュルと音を立てて飲み干した。
湧き水の水源を口で覆うようにして、舌先を膣口へ差し込むと妹はハァハァと息を荒げ始めた。溢れる液を吸い出し喉を潤す様に飲みまくった。
段々と妹の様子が変わり始め、「お兄ちゃ?ん、お兄ちゃ?ん…欲しい…」と、とうとう我慢し切れなくなって来たようだった。
俺は口を離し、両手で妹の太腿を広げていたのを今度は妹自身に持たせて、M字開脚を続けさせ、右手の掌を上にして、中指だけをそっと膣口から挿入していった。「あ?ん♪」根元まで入ると今度は指を曲げて、いわゆるGスポットを集中的に攻めるべく、前後にゆっくり動かし始めた。すると「あっ!あんっ!あ?ん♪」と近所も気にせず遠慮無いきもちよさそうな喘ぎ声をだした。
その手の動きを段々と早目て行くと、喘ぎ声も一層大きく激しくなる。
「あっ!あっ!ダメっ!ダメっ!あんっ!あんっ!あっ!あっ!イクっ!イクっ!イッちゃう!あー!あー!」もうこれ以上、早く動かせないぞというほどの動きをすると、膣内から愛液がまるでオシッコの様にピチャピチャと飛沫をあげ俺の腕を濡らし始めた。いわゆる潮吹きってヤツだ。
「ダメーっ!イクーっ!」と、太腿をガッチリ掴み背中を丸め上半身へくっつけるように力んで叫んだ時だった、俺は腕の動きをピタっと止めて、妹がイク寸前で刺激を与えるのを止めてしまった。すると妹は「ハァー、ハァー、もう…少し…で…ハァ、い…行けた…のに…ハァ、ハァ」と、不満を言って来た。俺はそれが目的だった。指マンで行かせては本番での快感が半減してしまうからだ。十二分に興奮させておいて、本番に入ると大抵の女は直ぐにイってしまい、だけど何度も何度も行き続ける。その間俺は大して腰を震う事無く長い時間、挿入し続けられるのだ。
不満いっぱいの妹に「よーし、もっと、もっと気持ち良くしてやるからなぁ♪」そう言って息子を膣口に宛がおうとした時、ゴムの準備が無い事にハッとなった。「あっ!ゴムが無い…」そうつぶやくと妹は「今日は大丈夫だよ♪」と、その言葉に俺は万が一って事もあるしなぁと一抹の不安があったけど、ここで一旦ゴムを取りに部屋に戻ったら、もう妹の興奮も冷めて白けてしまうと思ったので、生で挿入することにした。
息子を膣口にあてがい上下に動かし亀頭に愛液を十分塗すと、いよいよ狙いを定めて挿入に入った。
ゆっくりと腰を押し出し、膣口を押し広げるとメリメリ音が聞こえそうな感じがした。
「くっ!う?ん…あっ!あ?ん♪」ゆっくりと根元まで挿入すると一旦動きを止めた。
「うおー!この締め付け具合!最高!♪きつくも無く緩くも無い、さらに生って所がたまらない♪」「あ?ん♪気持ちイイ?♪あんなに大きいからきつくて痛いかと思ったけど、全然何でもな?い♪って言うか最高!♪あ?ん♪アイツよりも気持ちイイかも?♪やっぱ兄妹だから相性が良いのかなぁ?」
とうとう二又野郎は「アイツ」に成り下がってしまった。確かに兄妹だからなのだろうか、今まで経験してきた、どの女よりも自然に素直に気持ちがイイと思った。セフレ達も確かに気持ち良いが、何かしら癖がある。上手く言えないが最初から最後まで素直に気持ち良かったと言えた女は正直居なかった。
「そうだな、兄妹だから相性ピッタリなんだな♪」
ゆっくりと腰を引いて抜ける寸前まで引きカリ部分が膣口に引っ掛かると、再び挿入を開始、膣奥まで腰を押し出す。
「あ?ん♪気持ちイイ?♪もっとぉ?♪」
段々とピストンを早めていく。
「あんっ!♪あんっ!♪あんっ!♪」
奥深く突き刺さる様な動きに合わせて喘ぎ声が上がる。
少しでも気を抜くと直ぐに発射してしまいそうなくらい気持ちが良かった。
それをなんとか堪えて、裕子を存分に楽しませ、また楽しませて貰った。
一旦動きを止めると繋がったままベンチの上で裕子の身体を横向きにさせ、更にピストンを始めた。
「あんっ!凄い!気持ちイイ…あんっ!♪当たってる所が何時もと違くて気持ちイイ♪」
どうやら二又野朗は余り変わった体勢ではやっていなかった様で、このスタイルは裕子自身も新鮮で気持ちよがった。
俺は腰を回転させる様な動きでピストンを続けた。
「あ?ん♪あ?ん♪」
もう近所なんか気にする余裕なんか無かった。
俺自身もかなり興奮していた。段々射精感が強くなっていた。
今度は横向きから地面に四つん這いになる様に、ベンチから器用に繋がったまま降りると、バックの体勢で裕子の腰を掴み、ピストンを開始した。
どの女もそうだけど、バックはやはり気持ちが良い。息子の一番気持ちが良い部分が擦れて直ぐにでも果ててしまいそうになる。
なので、まずはゆっくり動き出す。すると裕子も今まで以上に気持ちよがる。
「あ?ん♪バック最高?♪」
ゆっくりだが、わざと奥深くに当たる様に最後は力を込めて腰を打ち付けると、「あっ!ダメっ!くっ…う?ん♪」と、今にもイッてしまいそうな喘ぎ声を上げる。
何度かその動きを続けると、本当にイッてしまった。
「あーー!ダメ?イッく?♪」身体を仰け反らせビクッビクッと震わせたかと思ったら、ガクッと頭を垂れハァハァと荒い息をしだした。
「なんだ裕子イッちゃったのか?」「うん…ハァハァ…」力無い声で答えた。
「まだまだイカせてやるぜ!」「えっ!?」裕子の声も聞かぬうちに俺はピストンを早めて動きを始めた。
パンッパンッと音が聞こえる程、強く、激しく、腰を打ち付けると裕子も声にならない声で絶叫に近い喘ぎ声を上げた。
「あ゛―――!ダメェーーーー!イッくーーーー!」
何度もビクビクと身体を震わせイってしまった。そろそろ俺自身も限界に近づいていた。
裕子の腰をしっかり掴み高速で腰を動かし始め、「裕子!俺もそろそろイクぞっ!」「あんっ!あんっ!いいよっ!イって!お兄ちゃんもイっていいよっ!あんっ!♪」「イクぞっ!イクぞっ!」俺はイク寸前で裕子から抜き背中に射精するつもりでいた。だが、予期せぬ動きを裕子にされてしまい、予定通りには行かなかった。
突然、裕子の上半身が宙に浮くと、仰け反りそのまま俺にもたれ掛かって来た。それを俺は必死に支えることしか出来ず、そのまま後ろへ裕子を抱きかかえる格好で倒れこんでしまった。
当然繋がったままである。限界を超え射精感を抑える事が出来ない俺はそのまま中に発射してしまった。
ドクドクと裕子の膣内に多量の精液が流れ込む。流し込んでいる感が良く分かった…
仰向けに裕子を抱きかかえたまま中出ししていた。
射精が終ると俺は繋がったまま体を起こしハァハァと息を荒くしている裕子の顔を覗き込み声を掛けた。
「大丈夫か?」「うん…ハァハァ…サイコー♪エヘへ♪」目は閉じたままだったが、口元は確かに笑っていた。
「お兄ちゃんも気持ち良かった?」「ああ。気持ち良くない訳が無い…なんたって生挿入で中出しだもんな…」
正直俺は心配だったが、生で挿入した時点で妊娠の危険性は大いにあるのだが、安全日だと言う事で余り心配はしなかったが、流石に中出しはまずいだろうと思った。
「あはは…ホントだぁ中出ししちゃったね♪出された瞬間分かったよ♪お腹の中がパァーって温かくなるんだもん♪何か不思議な感じがしたよ♪あ?ん♪癖になりそ?う♪」
「しちゃったねって…アイツにも中出しさせたのか?」俺は率直に聞いてしまった。
「ううん、させてないよ!生では何度かしたけど、中には一度も出させてないよ!」
はっきりと主張してきたので、俺の疑問は益々強くなった。
「じゃあ、何で俺には中出しさせたんだ?」
「させた訳じゃないよ…たまたま?って言うか、偶然?事故?ん?お兄ちゃんだから良かったのかな?エヘ♪」
益々訳が分からなくなった。
「なんだよそれ?それじゃ何か、もし妊娠しても良いって言うのか?俺との子供なら?」
「ん?そうかな…うふっ♪」
何かはっきりしない答えだったが、裕子の気持ちが少し嬉しかった。けどやはり…
「そっか…」俺はまだ繋がったまま裕子をそっと抱きしめた。
しばらくそうしていると不意に裕子が、「ねぇ、お兄ちゃん、まだ大きいままだよね?」と尋ねてきた。
そこで俺は初めて気が付いた。そう言えば繋がったまま息子はまだビンビンにそそり立ったままだった。
大概通常は一発抜くと暫くは通常サイズに戻るのだが、この日はなぜか戻る事無く、臨戦態勢のままだった。
「お兄ちゃん、何時もこんななの?」「まさか!今日は特別だよ。ナゼだか興奮しっぱなしなんだよ…相手が裕子だからかな♪」「ホント!?」「ああ」「えへへ?♪何か嬉しいなぁ♪」
俺は正直な気持ちを伝えた。
「なぁ、このまま続けていいか?」俺はこの興奮は暫く収まらないと思ったから、そのまま続けたいと裕子に申し出た。
「うんっ!♪」裕子は快く引き受けた。
俺は仰向けに寝ると、裕子にそのまま背面騎上位で腰を動かせた。
「あんっ♪気持ちイイ♪」潤滑剤が増え更に滑らかな動きになった俺達の性器は一つに繋がったままお互いの肉を擦り合わせた。
裕子の腰の動きに合わせて俺も腰を浮かせた。裕子が腰を落とすのに合わせ俺は腰を浮かせ膣奥深くに亀頭を打ちつけた。「あんっ!♪」
今度は裕子に身体を回転させて対面騎上位になった。
俺は手を伸ばし上下に揺れるDカップバストを鷲掴みグニャグニャと揉み潰した。
「あ?ん♪オッパイも気持ちイイ?♪乳首!乳首摘んでぇ?♪」そう言う裕子のリクエストに答えて、乳首を摘んだ。
「あっ!あ?ん♪」一瞬ビクッと震えると、その気持ちよさを全身で表現するかのように更に上下運動が激しくなった。
裕子の身体を倒させキスをしながら腰を動かし続けた。
舌と舌を絡ませ、口の回りが唾液でベチョベチョになるのも構う事無く舐め回した。
そのまま舐め回しながら今度は俺が上半身を起こし、対面座位の格好でオッパイと乳首を刺激しながら、なおかつ腰も動かせつつキスをしまくった。
そして、裕子を寝かせて正上位で更に続けた。どの位の時間が経ったのか分からなかったが、やがて繋がった部分は愛液と精液でベチョベチョに泡立って来ていたが、そんな事お構い無しに快楽を求め続けた。
その間に裕子は数え切れないほどイッてしまっていた。
そろそろ俺も2回目の射精感が襲ってきた。今度はもう遠慮無しに中出しさせて貰うつもりだったから、とにかく射精に向けて腰を振り続けた。
「あんっ♪あんっ♪あんっ♪イク?♪イク?♪イッちゃう?♪」「うっ!くっ!俺もそろそろイクぞっ!ふんっ!」
腰の動きを最高に早くして裕子に訴えかけた。
「あっ!あっ!あっ!イクっ!あたしもイクっ!イッちゃう!あーーーーー!イッて!お兄ちゃんもイッて!」
「イクぞ!中でイクぞ!?出すぞ!?中に!」
「うんっ!うんっ!いいよっ!いいよっ!出して!出して!イッパイ出して!お兄ちゃんの精子イッパイ中に出してっ!あーーーー!イックーーーー!」
「くっ!」次の瞬間、俺は裕子の膣奥深くに亀頭を押し付けるとピタっと動きを止め、ドクドクっと2回目の射精量とは思えない程の精液を膣奥の壁に叩きつけた。
出し切ると俺は裕子にそっとキスをした。そして、ゆっくり息子を抜いて裕子の隣に同じ様に仰向けに寝転んだ。
ハァハァと荒い息を吐きながら、俺は裕子に尋ねた。
「裕子ハァ…気持ち良かったか?ハァ…」「ハァ、ハァ…うん…ハァ、サイコー♪中出しがこんなに気持ち良いなんて…ハァ、マジ、ヤバイよ!ハァ♪」
夏の暑さを凌ぐ為に水遊びをして全身びしょ濡れになっていた身体が、いつの間にか汗でずぶ濡れになっていた。俺はスッと起き上がると、ホースノズルを持ってきて、シャワーで自分のアソコを簡単に洗い流した。同様に裕子のアソコも精液と愛液でグチョグチョになっているのを簡単に洗い流した。
「キャッ!冷た?い♪」膣内に中指を入れてかき出す様にすると、「あ?ん♪また感じちゃう?♪」なんて言ってくる。
共働きの両親は、帰りが遅くなることはあっても、夕方18時以前には絶対帰ってこなかった。何時も必ず母親のが先に帰宅してくる。
だけど、何時までもいちゃついてはいられなかった。母親が帰って来てしまう前に何時もの兄妹として振舞って怪しまれない様にしなければならなかった。
リビングの時計を見に行くと、16時を回ろうとしていた。夏の日差しは傾くのが遅いから、ついつい時間を忘れてしまう。
そろそろ何時もの様にしなければと、裕子に話す。裕子も承知して、「とり合えず、シャワーだけでも浴びたいよね」と言うので、脱ぎ散らかした服を持って浴室へ向かった。
裸のまま服を持って家の中に入り、洗面所兼脱衣所に置いてある洗濯機の中へ服を放り投げる。二人で浴室に入ると、「お兄ちゃんとお風呂入るの久し振りだね♪」と言ってきた。
「そうだな…4年振りくらいか?」「そうだね」セックスまでした兄妹が今更一緒に風呂に入ったところで何がどうなる訳ではないが、何か懐かしいものを感じた時だった。
シャワーノズルから、今度はお湯が出てくる。最初は裕子が俺の身体を洗ってくれると言うので、洗ってもらった。スポンジにボディーソープをタップリ付け泡立てると全身隈なく洗ってくれた。最後は掌で息子を愛しむ様に丁寧に洗ってくれた。当然、ビンビンにそそり立って仕舞った。それを見た裕子が「わっ!♪凄い♪本当にこんなに大きいのが入ったんだよね?」と、今更ながらに感心していた。一旦シャワーで泡を流すと、肉棒はそのままにして、今度は俺が裕子の身体を洗ってやった。スポンジにボディーソープを付け、二三度揉んで泡立てると、裕子の全身を隈なく洗った。特に大事な所は丁寧に指も使って洗った。全身の泡を流すのと同時に膣内に残っている精液も残らぬ様に、再びシャワーを膣内に向けて指を併用して洗い出した。
お互いの汗を洗い流し終わると、突然裕子が「お兄ちゃ?ん、オシッコ?」と、股間に手を宛がい子供の様な言い方をしてきた。
そこで俺は、「じゃあ、浴槽の縁に乗っかってしてみ」と、注文をつけると裕子は「こう?」と俺の言う通りの格好になった。すると、ツルツルのアソコはパックリ二つに割れハッキリと各部が見て取れた。
「あ?ん、なんか恥ずかしい?」そうは言うけど止めようとはしない。
そして俺は少し意地悪をした。尿道口を指先で塞いでやったのだ。すると、出したくても出せない状態になる。「やー!お兄ちゃんオシッコ出ないよ?」「あはは♪やっぱ出ないか♪」そう言って指をパッと退けると、シャー!と勢い良く噴射してきた。その裕子の小便を俺は身体にもろに掛かってしまった。「うおっ!暖っけ♪」更に俺は顔を近づけ、顔に浴びると今度は口を開けて裕子の小便を口に含んだ。
「やだー!お兄ちゃん汚いよー!」入りきらない小便は口から溢れ出し身体を伝って流れ浴室の床へと滴り落ちていった。浴室は裕子の小便のアンモニア臭で充満した。俺は全然嫌な匂いに感じなかった。やがて放尿が終わり、口の中の小便をゴックンと喉を鳴らして飲み干した。「エーッ!お兄ちゃん飲んじゃったの!?」驚く妹の顔を楽しげに見た後は、尿道口をぺロッと舐めて綺麗にしてやった。その瞬間、裕子は「キャン♪」と可愛い声を出した。
裕子の小便の味は正直しょっぱいだけだった。けど、嫌なしょっぱさじゃなかったのは、その時既に俺は妹の虜になってしまっていた証拠なのだろう。
余りにも美味しそうに飲み干したものだから裕子が逆に興味を示して、「私のオシッコ美味しい?お兄ちゃんのも美味しいのかな?」なんて聞いてくるから、「飲んでみるか?」と言ってやった。
すると「えっ?出るの?」と驚いた顔をしたので、「ああ、俺もちょうどしたいところだったんだよ」と言うと、「そ、そう…ん?じゃあ、ちょっとだけ、飲んでみようかな…」と、少し引きつった笑顔で言ってきた。無理してるなと思ったけど、俺はかまう事なく小便をした。
裕子を床に座らせ、おしゃぶりをさせる様な体勢で息子を軽く咥えさせると、その咥内目掛けて小便をした。シャーと音を立てて口の中いっぱいに小便が満たされると、入りきらない分が溢れて零れた。裕子の身体前面に俺の小便が伝って流れ落ちていく様は何とも言えない興奮があった。
溢れ出し始めたら、どうしたのか裕子はゴクゴクと喉を鳴らしてドンドン飲み干していった。最終的には殆どを飲んでしまったみたいだった。
「プハー♪御馳走様?♪」「なんだよ?ちょっとだけなんて言っといて、ゴクゴク飲んでんじゃん!」「へへー♪何かねー途中から美味しく感じちゃって全部飲んじゃった♪」
そう言うと俺が最後裕子にしてやった様に、息子の先っぽをぺロッと舐めて綺麗にしてくれた。
そのままフェラチオが始まった。ペロペロ、チャプチャフ゜と音を立てて、さも美味しそうに肉棒をしゃぶる。
しゃぶりながら裕子は片手を自分の股間へやりオナニーを始めた。代わる代わる手を入れ替えて俺を気持ち良くするのと同時に自分も気持ち良くして興奮を高めていた。
俺はそのまま咥内射精して精飲させようかと思ったが、今さっき小便を飲んだ…と言うより半分強引に飲ませた感があったので、やはりここも下の口の中に出させて貰う事にした。
恐らく裕子の膣内は十二分に濡れているだろうと思ったので、「裕子、立って少し前屈みになって壁に手を付けてごらん」そう言うと素直に従って、俺に言われる前に自らお尻を突き出す格好をしてきた。
俺はその熟れ始めた白桃を両手で挟み、いきり立った肉棒を滑った膣口へ宛がうと、腰を前に押し出してやった。すると裕子自身からまるで飲み込む様にスルっと入っていってしまった。
こんなにも相性ピッタリな性器が存在しただなんて、夢にも思わなかった一瞬だった。
根元までズッポリ咥え込んだ肉棒を今度はゆっくりとした動きで抜ける寸前まで引き抜き、再び膣奥まで押し込んだ。
段々速度を増し、パンッパンッと激しく音を立てて
その後、再び全身を洗って何事も無かった様な、何時もと変わらない態度で両親の前では過ごした。
実の兄妹で初めて性交しただけでも凄い事なのに、更にはお互いの小便を飲尿するなんて、俺たちは変態兄妹だったと今更ながら思った。

姓年時代

小学2年生の頃に近所のお兄さんと工場裏地でエロ本を見つけ読んで以来、元々あった性欲に火がつきました。

学校から帰ると、チンコ弄りやエロ本よんだり

当時はグラビアやちょっとしたエロ画で妄想しながら抜けました☆

日中夜問わずチンコをつまんでオナニーに耽り、精通もないのでつまみすぎて痛くても日に7回くらいは逝ってました(笑)

僕には3つ下の妹がいて性欲は段々妹の方へ…

まだお互い幼いのでお風呂や寝るときも一緒で妹にエッチな事をするチャンスはいくらでもあった。

お風呂では玩具を持ち込んで長湯して遊んでたので遊びに夢中な妹の股の間に興味身心でした。

生理的にチンコが立っても特に妹は気にせずお互い遊び続けていました

お互いおしっこがしたくなると風呂場でしてたので見たいと言うと妹は椅子に座りオマンコを広げて放尿してくれました☆

妹は自分のクリトリスを見せながら「おちんちん」って言ってたのが印象的です(笑)

確かに幼いオマンコはクリトリスだけ大きく尖って見えます。

時にはお医者さんごっことか言って洗面器や玩具のコップににおしっこして見せあったりしました

寝るときは布団を並べて川の字に寝てましたが大抵お互い布団に侵入してふざけあってました☆

抱き合ったりしてましたが局部を触るのはやめてました。

そのかわり妹が眠りについたのを確認してからキスして胸を触りオマンコ弄りをします

キスは起きないか一番緊張します(笑)

その後唇にチンコをキスさせたり手で握らせたりめちゃめちゃ気持ち良い感触です♪

胸はまだ成長前のペタンコで揉まずに吸うだけでした

そしてオマンコへと移動し懐中電灯を点けてスタンバイ☆

夏はシミーズとパンツだけなので悪戯するのが楽でした

パンツをずらすと無毛の恥丘が出てきます
まだ大陰唇の成長がなく1本筋の性器はとても綺麗でした。
開くと濡れていてニオイは無臭です
じっくり観察して舌で舐め回すと無意識でも体は感じるのか濡れてきます

幼い膣は処女膜がありますが膜も筋肉、柔軟性がありゆっくり指で解すと指1本を飲み込んでしまいます!起きないようにゆっくり何分も時間をかけます

膣の入り口がギュッと指を力強くくわえ込み妹が起きないか毎回心臓が飛び出しそうでした。

片手でチンコを弄りながら膣に指を入れオナニーして逝く。一晩で4、5回逝く日もありました。

膣奥はネットリと厚みがあり子宮は硬く尖った感触です。

幼くても子宮がちゃんとあり妹を女性としてしっかり意識していた記憶があります。

お尻の穴も綺麗で舌で舐め解し指を入れて膣同様に楽しんでました。

ある夜、運命の事件は起こり
悪戯の途中で妹が起きてしまい、とっさに探し物をするふりをしましたが

妹は胸をはだけパンツが下りていて、「何?何で?何してるの!?」の質問攻めに…

僕は誤魔化すのを諦め本音で「妹が好きで、エッチな事がしたくなってつい悪戯しちゃったんだ」って告白

妹は目を丸くしながら真っ赤な顔で、「私もお兄ちゃん好き」の返答☆

この時から妹と合意のエッチな関係が始まりました

お風呂でも玩具遊び+エッチな遊びが加わり

膣観察からクンニしたり指入れして「あ…あん…」って感じる妹の表情を見て楽しんでました☆

妹も「ちんちんたってる」って笑いながら抵抗無しでフェラチオしてくれました♪
まだ包茎の僕は精子も出ないので、妹も苦じゃなかったと思います

お互いの唾液と分泌液で性器がヌルヌルになり、『準備』が出来たら

お互いの目を見て合図をするようにセックスをします☆

妹の処女膜は既に僕の悪戯で少し柔らかく広がっていたので、痛みは少なく「お兄ちゃん大好き☆おちんちん入ったね、大人だね」って嬉しそうでした。

僕もあれだけ入れたかった妹の膣にチンコが入っていき、輪を「プツッ」っと抜けた感触とネットリ絡み付く膣内に感動して
「うわあっ!気持ち良い☆僕も大好きだよ」って恋人同士のように抱き合って腰を必死に振りました☆

妹の膣は出血しながらも既に
「ああん♪イイよっ♪お兄ちゃん気持ち良いね☆」
「あん、うんうん、あっ」
ってAVさながらの声で、教わらずとも本能で喘ぐのだと思いました

開脚させるとまだ無毛のオマンコにチンコが挿さっていて、強烈な絶景です☆

しばらくすると逝きそうになり、躊躇わず膣内で果てます。
二人共まだ精通も初潮もないので、中出し+妊娠の心配はありませんでした(笑)
膣に挿さったままチンコをヒクヒクさせ逝き、立ったままなのですぐ2回戦です(笑)

日中親が出かけてるときは、学校から帰ると直ぐに裸になりお互いの性器の臭いを嗅いだり観察してじゃれあいます☆

エロ本で浣腸プレイを見たとき超興奮したので妹にやってみました

空のたこ焼きマヨネーズ入れがあり先が尖っていてそれにお湯を入れ妹の不安を削ぐために自分も浣腸をしました

妹の肛門に容器を挿しゆっくりお湯を腸内に入れていきます。

妹は「う?お腹痛い」と訴え
トイレで放出させ2、3回繰り返しウンチが出切ったら

アナルセックス開始です☆

妹は愛液を垂れ流して既に感じていました。

肛門とオマンコをたっぷり舐めてチンコに愛液を刷り込んで肛門に挿入していくと

妹は口をパクパクさせて「ウンチ戻ってくる?」って慌てる様子で
僕は硬く締め付ける肛門にで直ぐに逝ってしまいました

妹「痛いからもうやらない」って怒っていて
僕はふざけてそのまま腸内におしっこをしてやりました

トイレでなく部屋でしかも妹の体内におしっこをするという不思議な快楽に興奮して再勃起☆

妹をトイレに行かせ戻ってくると妹を抱き抱え駅弁スタイルで家中を歩きながらセックスました

妹「お兄ちゃん、ああぁぁんっんっ」
喘ぎよがりながら愛液をダラダラ垂らして床に撒き散らしている

鏡の前に立ち妹を抱き抱えながらセックスする様子を見せ
妹は「お股とおちんちんつながってるね」
って嬉しそうに興奮した様子でした

妹を座布団に寝かせ抱き締め激しく腰を動かし
僕「逝く逝くイクイク」
妹「うんうんああぁお兄ちゃん!」
と叫びながらお互い果てました

チンコもオマンコもビクビクビクビク―!!って痙攣して凄まじい快楽が二人を襲います☆

中1の夏、兄とHした

当時、私は中1で兄は中3でした。
兄はサッカー部のキャプテンやってて、妹の私から見てもカッコ良かったです。
だから、普通に彼女もいて、すでに経験済みみたいでした。
私は兄と普通に仲良かったから、よく兄の部屋に遊びにいってました。

そんな中1の夏のある日、
私はいつものように兄の部屋に遊びにいったんです。

兄の部屋はエアコンが効いてて、私にとって暑さから逃れる避難所みたいになってました。
そのとき、兄は勉強机の椅子に座ってPSPしてました。
私は兄のベッドに寝ころんで、兄から借りたマンガを読んでました。

それから、しばらくして
私は

(なんか視線がするな……)

って思って、ふと兄の方を見たんです。
そしたら、兄が私の太ももあたりをじーっと見ていたんです……
(ちなみに、そのとき私はかなり短めのスカートをはいてました)

そして次の瞬間、私と兄は目が合っちゃいました。
兄はすぐに目をそらしましたが、私はなんか気まずくなってしまいました……
でも、私は何もなかったようにマンガの続きを読みました。
でも頭の中では

(お兄ちゃんが私のことHな目で見てる……)

って思ってドキドキしてました。

正直、兄に太ももを凝視されたことに嫌悪感はなかったです。
ちょうどその頃、私はオナニーも覚えて、Hなこととかに興味あったから

(お兄ちゃんは私のこと、女として見てくれてるんだ…)

って思ってちょっと嬉しかったくらいです。

それから、私がベッドでずっとマンガ読んでたら、
兄が不意に

「妹、最近大人っぽくなったな」
って話しかけてきました……

私は兄にそんなこと言われたの初めてでビックリしたし、
なんか照れ臭くなって

「そうかなぁ…」

って言ってスルーしました。
でも内心嬉しかったです。

すると突然、兄が椅子から立ち上がりました。
そして、兄は私の方に近づいてきたんです……

(なんだろ…?)

私は兄にあんなこと言われた後だから、妙に兄のことを意識しちゃってました。
でも、私はマンガを読むふりに努めました。

すると、兄は無言でベッドに腰掛けました。
私は兄をそばにして、
いつもなら何とも思わないのに、やっぱりあんなこと言われた後だからドキドキしちゃってました……

それからしばらくして、
兄がいきなり私の太ももを手で撫でてきたんです……

私はビックリしたのと同時に、背中にゾクゾクって何かが走ったのを感じました。
兄はずっと無言で私の太ももを撫でつづけていました。

私はドキドキしながら兄に

「どうしたの?」

って聞いてみました。
そしたら、兄は太ももを撫でる手を止めて

「妹は彼氏とかいるの?」

って聞いてきたんです。

私が「いないけど…」って答えたら、
兄は

「ふーん……妹はそういうのに興味ないの?」

って聞いてきました。
私はなんか恥ずかしくて

「別に興味ないけど…」

ってあっさり答えました。

そしたら次の瞬間、
私の肩を誰かが掴んだと思ったら、私は仰向けに起こされてしまいました……

目の前を見たら、兄が私におおいかぶさって、私の目をジッと見つめていました……
驚いた私は兄に

「なに?」

って聞きました。
すると、兄は

「もったいないよ」

って答えたんです……
私はわけが分からなくて

「え…?」

って返しました。
そしたら、兄は

「恋愛に興味ないとかもったいないよ………妹、こんなに可愛いのに…」

って………
私は黙りこんでしまいました。

兄に見つめられながらそんなこと言われて、恥ずかしいのやら嬉しいのやら……
ドキドキしっぱなしでした。

そして…

兄は私の目を見つめて

「俺が教えてやるよ」

そう言って、私に顔を近づけてきたんです。
私は急に怖くなって、兄を押し退けようとしました。
けど、私の両手がベッドに押しつけられたと思った次の瞬間…

私は兄に唇を奪われていました……

人生初めてのキスでした……
でも、実の兄相手なのに不思議と嫌な気にはなりませんでした。
兄は経験者だけあってキスが上手かったです。
私は兄に唇を包みこまれ、
背中にゾクゾクと快感が走りました。

そして、私の頭は甘い感覚に包みこまれました。

けど、不意に兄が舌を入れてきて、私はハッと我にかえりました。
私は顔を横にそむけてディープキスを拒んだんです……
それからしばらく、お互い気まずい沈黙が続きました。

そして、私が最初に口を開きました。

私「やっぱりダメだよ……こんなの…」
兄「なんで?」
私「なんでって………兄妹だし…」
兄「お父さんとお母さんにバレなきゃいいじゃん」
私「よくないよ!…それに………お兄ちゃん彼女いるのに…」

そしたら、兄は急に黙りこんでしまいました。

私は(うまく説得できたかな?)と思いました。
けど、兄はため息をついたあと

「別れたよ……」

そう呟いたんです……

「えっ…?」

私は驚きました。
兄が彼女さんと別れたなんて聞いてなかったから……
けど、やっぱり兄はキスが上手くて、私は拒むことができませんでした……

(あぁ……お兄ちゃん…)

再び、私の頭は甘い感覚で包みこまれました。
そして……
再び、兄は静かに舌を入れてきました。

私は兄のキスで完全にHな気分になってしまっていたので、
もうディープキスを拒む気はなくなっていました。

兄はピチャピチャ音をたてて、私の舌に絡みついたり吸いついたりしてきました。

私も控えめに兄の舌に絡みました。

ディープキスは徐々に激しさを増して、
私と兄はお互いハアハア息を荒げていました。

そして、ディープキスの最中、
兄が私の服の中に手を入れ、お腹を撫でてきました。

私は一瞬ビックリしましたが、抵抗しませんでした。

お腹を撫でられるのは気持ちいというよりも、
なんだか温かくて優しい感じがしました。

そして、兄はその手を上にずらしていき、ブラの上から私のおっぱいを揉みだしました。
これはやっぱりちょっと恥ずかしかったです。
ブラの上からのせいなのか、
おっぱいを揉まれても、正直あんまり気持ちよくなかったです。
でも、兄におっぱいを揉まれてるのがすごくHな感じがして興奮しました。

それから、兄はディープキスをやめ、私の頭を撫でてニッコリ微笑んだあと、
私の服に手をやりました。

そして、兄は私の服を少しずつまくりだしました……

服を完全にまくられ、ブラジャー姿にされた私は
恥ずかしさの余り、顔を横にそむけてギュッと目を閉じてしまいました。
(ちなみにそのとき、真っ昼間で部屋は明々してました……)

そんな私をよそに、兄はブラのホックを外して、私からブラをはぎ取りました。
私はとっさに胸を両手でおおって隠しました。
恥ずかしさで顔は熱くなっていました。
すると兄は

「恥ずかしがらなくてもいいよ。俺経験者だし」

そう言って微笑みかけてくれました。
それから、兄は私の両手を掴み、優しくどかしました。

私は再び目をギュッと閉じましたが、
胸に兄の視線を感じてしまい、恥ずかしくてたまりませんでした……

ちなみに当時、私はCカップはあったと思います。

そして…
兄は両手で私のおっぱいをゆっくりと……優しく……揉みだしました。
兄におっぱいを揉まれてると思うと興奮するものの、
やっぱりあんまり気持ちよくはなかったです。
けど次の瞬間、背中にジーンと快感が走り

「あっ…」

私は思わず声が漏れてしまいました。

目を開けると、
兄が私の乳首を口に含み、舌で乳首を転がしていました。

私はかなり乳首が敏感で、
オナニーするときもずっと乳首を弄っていました。

そんなわけで、ただでさえ敏感なトコなのに
兄に弄ってもらうのは自分で弄るのとは比べ物にならないくらい気持ち良かったんです……

兄に乳首を舌で転がされ……チュパチュパ吸われ……甘噛みされ……
さらに、もう一方の乳首を唾液で湿らせた指で弄り倒され……

「あっ…んぁっ…はぁんっ…」

もう気持ち良すぎて声を抑えることなんてできませんでした。(もちろん、恥ずかしい気持ちはあったけど……)

兄もそんな私の反応を見て、
愛撫の激しさを増していきました。

兄は鼻息を荒くして、ものすごく興奮していました。
ほんとに「むさぼるように」って感じで、私のおっぱいに食らいついてました……
もう私は気持ち良さの余り、頭がおかしくなりそうでした。

それから、兄は私のおっぱいをしゃぶりながら、
私のスカートの中に手を入れてきました。

そして、兄はパンツの上から私のアソコの割れ目を指でなぞりだしたんです……
すると、兄が

「うわ……すごい濡れてるよ」

と意地悪そうに囁いてきました。

私は今さらだけど、なんかすごく恥ずかしくなって…
もじもじしていると……

割れ目をなぞる兄の指がクリに触れました。

「んっ…」

私は思わず声が漏れてしまいました。
(ちなみに、クリもオナニーのとき重点的に弄ってる私の”弱点”です)

兄は私の声を聞き逃さなかったようで、
パンツの上から指でクリを集中的に弄りだしました。

指でクリをぐりぐりバイブされ

「あっ…んぁっ…あぁっ」

私はまたしても声を抑えることができなくなりました。
こちらも、オナニーのとき自分で弄ってたのとは比べ物にならないくらい気持ち良かったです。
腰のあたりが熱くなってピリピリ痺れて、段々意識がフワフワしてきました。

兄はクリ弄りをやめ、
再びパンツの上から私のアソコの割れ目を触りました。

そして、兄は

「ほら、パンツから溢れてきてるよ…」

そう言って指に付いた愛液を糸引かせ、意地悪そうに私に見せてきました。
私が恥ずかしくて顔をそむけていると…

「俺もう我慢できない…」

とうとう兄が私のスカートに手をやりました……

(私、これからお兄ちゃんと本当のHしちゃうんだ……)

不安な気持ちもあったけど、
私はもう完全にHな気分になってたから

(お兄ちゃんになら”初めて”あげてもいいかな……)

って思いました。(お兄ちゃんは経験者だから、アソコのHも上手いだろうし…)
私は大人しく、兄にその身をゆだねることにしました。
そして……

兄は私のスカートをはぎ取ったあと、
いよいよ私のパンツに手をかけたんです。

すると、そのとき兄が

「妹は本当にいいのか?」

って今さら聞いてきました。
だから、私は

「ここまでやっといて投げ出さないでよ………最後まで責任とってよね…」

って返しました(^-^)v
そしたら兄は

「そうだよな」

そう言って笑いました。

私はそんな兄の笑顔を見て、
これから「初めて」を経験するのに、なんだか少し緊張がほぐれました。

そして……

兄は私のパンツを優しく脱がしました。

私は恥ずかしさの余り、
顔を横にそむけてギュッと目を閉じてしまいました。
(ちなみに、そのときすでに、私はアソコの毛が生えそろってました……)

それから、兄は私の太ももを掴み、優しく私の股を開いてきました。
私はM字開脚の状態でアソコを全開にされ、メチャクチャ恥ずかしくなりました。
(アソコは愛液でビチョビチョになってるし…おまけに部屋は明々してるし…最悪だ……)

兄は私のアソコをじーっと見つめて

「妹のマ●コ綺麗だな」

って囁いてきました。
誉め言葉のつもりなんだろけど、私はただ恥ずかしいだけで

「そんなの全然嬉しくないから!」

ってイライラ気味に返しました。
そしたら、兄はヤレヤレ顔で笑ったあと、
私のアソコに顔を近づけてきました。

私はアソコの割れ目に兄の唇が触れたのを感じました。

そしてその直後、
兄は私の愛液をズズズッとすすり

「う?ん…やっぱ、あんまり美味くないな…」

そう言ったあと、私の顔を見て苦笑いしました。
私はなんだか妙に恥ずかしくなって、

「美味しいわけないじゃん……変態…」

そう言って兄をにらみました。

すると兄は

「じゃあ、ここはどうだろ?」

そう言って、今度は私のクリを舐めてきました。

「んんっ…」

パンツの上から指で触られたときよりも快感が強かったです。
なにより
(私のクリが男の人の舌で舐められてる……)

そう思うとすごくHな感じがして、心理的に興奮しました。

それから、兄はクリを舌で激しく転がしたり……唇で挟んで吸いつきながらクリのてっぺんを舌先で刺激したりしました。

「あっ…んあぁっ…はぁんっ…」

余りの気持ち良さに、私は腰から足先にかけて下半身全体がピリピリ痺れ
意識がフワフワ遠のいていきました。

そして、ふと気づくと

「大丈夫か?」

そう言って愛撫をやめ、私を見つめる兄がいました。

「うん……大丈夫…」

ぼーっとした感じで私が返事をすると、兄は

「そうか」

そう言って私に微笑んだあと、自分のズボンを脱ぎだしました。

そして、私が恐る恐る兄の下半身に目をやると
兄の巨大化したアレでトランクスがテントみたいになってました……
(あんな大きいのが私の中に入ってくるんだ……)

そう思うと急に不安と恐怖が押し寄せてきました。

ちなみに私はオナニーのとき、
細いボールペンでアソコを刺激してましたが、怖くて奥まで入れたことはなかったです……

そして、兄はとうとうトランクスも脱ぎました。
私は恥ずかしいのと怖いのとで、兄の下半身から目をそらしてしまいました。
それから、兄は私にくっついて、アレの先っぽを私のアソコの入り口にぴったり当てました。
これで一応、兄のアレは死角に入りました。
兄は鼻息を荒くして、ものすごく興奮していました。

私は覚悟を決めていたものの、
そんな兄を見て、再び不安と恐怖が押し寄せてきてしまいました……

けど、私のこわばった表情を見た兄は

「心配しないで。俺上手いから」

そう言って優しく微笑んでくれました。
私は少し安心して、大きく深呼吸をしました。

そして…

兄が私の中に少しずつ入ってきました………

普段からオナニーをしているせいか、処女膜に達していないせいか……
思いの外、最初の最初はあんまり痛くなかったです。

でも、すぐに膣内が押し広げられる感じがして
その直後、膣内にメリメリって裂けるような激痛が走りました……

「痛…っ!!」

余りの痛さに、私は思わず脚を閉めてしまいました。
でも、兄はそっと私の太ももを掴み、

「大丈夫。すぐに慣れるから」

そう言って私に微笑みかけました。
私は痛みで涙目になりながらも、小さくコクリとうなずきました。

そして再び、兄は私の股を優しく開きました。
それから、兄は腰を小刻みに揺らしながら、ゆっくりと……ゆっくりと……
私の中に入ってきました……

「うぅ…っ!」

再び、激痛が襲ってきました。
体を内側から裂かれてるみたいで、なおかつ焼けるような熱さを感じました。

もう私は痛いだけで、こんなのが気持ちいなんて信じられませんでした……
(お兄ちゃんの嘘つき…)
(こんな痛い思いするんならお兄ちゃんなんかとHなんてしなきゃ良かった…)

私は涙目になりながら、兄とのHを悔いました……
そんな私をよそに、
兄はどんどん私の奥に入ってきました。

そして…

挿入開始から半時間は過ぎたでしょうか……
私は子宮に兄が触れたのを感じました。

私の処女が、完全に兄に奪われてしまった瞬間でした……
すると兄が語りかけてきました。

「なぁ妹……」
「俺たち……完全に繋がっちゃったな…」

私は言葉を返す余裕も、恥ずかしいと思う余裕もなく、
ただただ痛みでハアハア息を荒げていました。

しかしそのあと……

トンッ…トンッ…

私は兄にゆっくりと子宮を突かれ

「あっ…」

思わず声を漏らしてしまいました。
そのとき、痛みだけじゃない、確かな快感を覚えたんです……
アソコを中心に、腰全体がジーンと熱くなりました。

兄は腰振りのスピードをどんどん速めていきました。

トンッ!トンッ!トンッ!

「うぅ…っ」
(でもやっぱり痛い…)

トンッ!トンッ!トンッ!

「んあぁ…っ」
(で……でも気持ちいかも…)

私は痛みと快感で頭が混乱してしまいました……

そして……

私は痛みと快楽に悶えながら、なんとかHを終えることができました。
こうして私は中1の夏、兄で処女を卒業しちゃったわけです……(-_-;)
ちなみに、本番でイくことはできませんでした……

だから、結局そのあと、
兄から乳首とクリを同時に弄ってもらってイかせてもらいました。

H後、私は下半身がズキズキ痛んで立つのが辛かったです。
だから、私は兄のベッドでしばらく横になってました。
兄も私の隣で横になって、
背後から私の髪を撫でていました。
そしたら兄が不意に

「あのさ…妹……実は俺、お前に謝りたいことがあるんだけど……」

って話しかけてきたんです……
しゃべり方の感じで何となく嫌な予感がしたんですけど、具体的に何なのかは予想できませんでした。

私は恐る恐る兄に聞きました。

私「なに…?」
兄「うん……ごめん……実は俺………」
兄「中に出した…」
私「っ!?」

私はビックリして頭が真っ白になりました。

そして直後
(ありえないっ!!!)

すぐに怒りが沸いてきました。
そのときすでに、私は中に出したら赤ちゃんができるって知っていましたから……

結局そのあと、私はベッドの上で兄の頭を叩きまくりました。
そしたら兄は

「ほんとにごめん!」
「欲しいものがあったら何でも買ってやるから!」

そう言って私に土下座してきました。
私はそんな兄がなんだか少し可愛く見えてしまって……
それに、なんだかんだ兄とのHはすごく気持ち良かったし……
(もう……仕方ないなぁ…)

私は結局、兄を許してあげることにしました^^
でも…
そのあと、私は自分の部屋でひとり考えこんでしまいました。
(はぁ……私、本当にお兄ちゃんとHしちゃったんだ……)

後悔まではいかなかったけど、
(このあとも、いつも通りお兄ちゃんと話したり、一緒にご飯食べたりしなきゃいけないんだなぁ……)

って思ったら、なんだかすごく気まずくなっちゃいました……
だから初H以降、
私は兄と接するのを控え、兄の部屋に遊びにいくのもやめました。

けど、初Hから一週間くらい経った夜、
突然、兄が私の部屋にやってきたんです……

そして…

兄は再び私の体を求めてきました……
(どうしよう…)

私は悩みました。
正直、本番は気持ちいのより痛い方が強くて嫌でした……

でも…

私は兄から受けた前戯の気持ちよさが忘れられず、
あれからオナニーに満足できなくなっていました……

そして結局…
本番なしの条件のもと、私は再び兄に体を許してしまいました……

(あぁ……お兄ちゃん…)
兄にクリと乳首を集中的に責められ、私は再び快楽に悶えました。

しかし…

前戯の最中、
兄は我慢ができなくなって再び挿入を迫ってきたんです……

そして、私はまたしても兄の押しに負け、挿入を許してしまいました……

初めてほど痛くなかったけど…
やっぱり気持ちいのより痛い方が強かった……

結局それから、
私と兄は、兄が私の部屋にくるたびに二人でHを繰り返すことになりました。
そしていつも、私は兄の押しに負け、挿入を許してしまってました……
でも、やっぱり本番でイくことなんてできませんでした……
なので、
最後は兄からクリと乳首を同時に弄ってもらってイかせてもらうのがお決まりのパターンになってました。

でも、そうやって兄とHを繰り返してるうち、
私も段々、本番の痛みに慣れてきました。

そして

中1の冬頃には、
やっと本番でイける女になりました(^-^)v
そうなると、今度は私の方から兄の部屋にいって、Hをせがむようになりました。

それから中学時代、
私は彼氏も作らず、本当に毎日毎日兄とHしまくってました……(^^;)

兄も高校に進学してからも、新しい彼女を作らなかったみたいで、
私とのHを楽しんでました。

そういうわけで、
今思えば、兄妹で恋人同士みたいになってました……

ちなみに、二人の関係は親にバレませんでした。

まさか兄妹でHしてるなんて考えにもなかっただろうから、
部屋で二人ベッタリしてるのを知ってても疑いを持たなかったんだと思います。

そして現在、私は高1、兄は高3になりました。

二人の関係がどうなったかというと……

二人ともお互いに彼氏、彼女ができました☆
だから、私と兄は以前のようにベッタリすることはなくなりました。

けど……

私と兄は今でもHな関係を続けちゃってます(^^;)
だって今の彼氏より兄の方がHが上手いし……
兄も私のアソコが一番相性がいいみたいです。
中学のときより回数は減ったけど、それでも4?5日に1回はしちゃってます。
そんなわけで私たちは現在、兄妹でセフレみたいになってます……( ̄▽ ̄;)

中一のとき、弟と

6歳年の離れた弟がいる

俺が中1のとき、部屋で雑誌見ながらオナニーしていたら
弟が急に部屋に入ってきた

弟「おにぃちゃん、あそぼー!」
俺「お!お前急に入ってくんなよ!」
弟「!?おにいちゃんなにしてるの?マンガみてるの?」
俺「そ、そうだよ。だからあっちいけよ」
弟「えーやだよー。ぼくにもみせてよー」

弟は全く部屋から出て行く気配は無い
俺は仕方なくオナニーを中断してジャージをはきながら
広げておいたティッシュを片付け始めた
ちんこ見られた恥ずかしさからゲームで弟の気をそらそうとする俺
適当に散らばってたソフトを選びスイッチを入れた

俺「・・・」チャラッチャー
弟「ねぇおにいちゃん、なんでちんちん出してたの?」
俺「・・・」チャカチャカチャッチャラー
弟「ねぇおにいちゃんてば!なんでちんちん出してたのって!」
俺「うるさいなー」
振り返ってみると弟はエロ本読んでたww

俺「お前、なに勝手に見てんだよ?」
弟「ごめんおにいちゃん。すごいねこれ。もすこしみせて?」
俺「いいけど、おまえ、これお母さんや妹に言ったらだめだぞ?」
しょうがないので兄弟仲良く並んでエロ本読み始めた
しばらくすると

弟「おにいちゃん、あの・・・ちんちんおおきくなちゃったよ」
俺「あーそーか、まーしょーがねーな」
弟「おにいちゃん、これすごいね。ぼくもやってみたいな」
俺「そうだなー。俺もやりてーわ」
弟「いい?おにいちゃん?」
俺「ん?」
弟「ねぇ、おにいちゃん、ぼくもしてみたい!」
弟の読んでるエロ本はオッサンがお姉さんにちんこ舐めさせてた

俺「ん?ああ、だめだ。お母さんや妹としちゃだめd・・・」
弟「ねぇ、おにいちゃん、なめていい?」
俺「ん?」

それから、気がつくと俺は弟に説得されてちんこ舐められてたw
おれの頭の中は「どうしてこうなった?」がループしていたw
後で聞くと、弟はずーっと母や姉と一緒に風呂入ってたから女の裸は
あまり興味が無かったらしい
むしろちんこを舐める行為が興奮したそうだ
そして、やらせてみるとびっくりするくらい舐めるの上手だったww

弟「ほひいちゃんほひんほすほいへ(おにいちゃんちんぽすごいね)」
俺「んっおっくっ」
弟「なんはへへひはほ?(なんかでてきたよ?)」
俺「あっくっ」
弟「ふくふくひへふ!(ピクピクしてる!)」
俺「で、出る!」
 弟の頭をおさえて急いでチンコを抜いたが間に合わず、
 盛大に弟に顔射したww
弟「???」
 弟はびっくりしていたが俺のチンコと顔に付いた精子を珍しがり
 止めろというのも聞かずにお掃除フェラを始めた
弟「へんははひはへ(変な味だね)ww」
俺(くっ、くすぐったい!)
それからまたすぐに大きくしてしまう俺ww
またフェラを始める弟wwそして今度は大量に口内射精ww
2発抜いて賢者になったときの罪悪感と自分への嫌悪感はすごかった
そして、弟にはこのことは誰にも言うなと言い聞かせた
弟は神妙な顔で頷いてたが、それから数日間生きた心地がしなかった

1カ月ほどして、弟が部屋にやって来た
多分、初めてドアをノックしてきたと思う
弟「おにいちゃん、いい?」
俺「なんだ?ゲームするか?」
弟「うん、ゲームもしたいんだけど・・・アレまたしたいんだけど」
俺「アレ・・・?・・・!!!!!!!」
弟「うん。アレ」
俺「おまっ!あれはもうダメだって言っただr・・・」
弟「うん、わかってるけど!したくてしょうがないんだ。だめ?」
俺「だめだって!この前も言っただろ?」
弟「うん。おにいちゃんだめっていうからおとうさんにたのうもうk・・・」
俺「もっとだめだ!」
弟「うん、それにおとうさんのふとすぎるし」
俺「・・・」
弟「だから、もういっかいでいいから、
 おにいちゃんのちんちんなめさせてください!(土下座)」

まぁ、あれですよ
俺、自分で言うのも変だけどブラコン
この頃はもちろんだが、未だに弟かわいくてしょうがない
で、弟が一生懸命に頼んでるのを見て叶えてあげたくなちゃったんだよね
そして、この前の快感が凄まじかったことと、
弟のフェラ思い出して何度もオナニーしていたのも事実だった

俺「・・・わかったよ」
弟「いいの?」
俺「うん。でも、本当にこれで最後にしような」
弟「・・・わかった」
弟はうなずきながら俺に飛び掛ってきた
小1の男の子にベッドに押し倒される俺www
弟は素早く俺のジャージをずり下げてきた
既に今までの会話で俺のチンコはフル勃起だった
パンツを下げた瞬間にピチン!と跳ね上がり腹に当って音を立てた
弟は目を輝かせてちんぽを即咥えて舐め始めた
今更ながらに弟の将来が心配になった

弟「んっんっんっ」
 ものすごい勢いでちんぽを嘗め回す弟
俺「んっふっ」
 防戦一方の俺
あっという間にイカされた
弟はちんぽを咥えたまま精子を飲み下し
そのまま嘗め回し始める
俺「ちょっと休憩させろって・・・ああっ」
くすぐったいが弟はちんぽを咥えて離さない
そのまま3回目の射精が終わるまで弟はちんぽを離さなかった

弟「はぁはぁはぁ・・・」
俺「ちんぽふやけちゃうよw」
 パンツを履こうとしたら弟に止められた
弟「まだはかないで?」
俺「!?」
弟「だって、これでさいごだから、もっとしたい。いいでしょ?」
ぞっとした
俺「いや、そんなに連発じゃできないし」
弟「だって、きょうだけなんでしょ?もうできないんでしょ?」
 話しながらもうちんぽを口に含んでる弟
俺「うん」
弟「はっはははははふ(だったらまだやる)」
俺「・・・んっ」
そのまま更に2回イッた
ちんこが痛くなってきたが弟はまだ止めない

俺「頼むからストップ・・・あっ」
弟「・・・んっんっ」
俺「わかったから・・・はっ」
弟「・・・?」
俺「もう、ちんこ痛いんだよ!わかったから。
 たまに舐めさせてやるから、だから今日はもう止めろ」
弟「ほんほひ?(ほんとに?)」
俺「約束する」
弟「ありがとう!おにいちゃん!」
俺「お、おう」

それから、弟はとても聞き分けのいい子になった
とにかく良い子になって俺が褒めるとチンコをねだる
テストで良い点を取ってはチンコをねだる
運動会で活躍してはチンコをねだる
俺に彼女ができてもその関係は変わらなかった

いつごろからしなくなったかは覚えてない
多分弟が中学に入った頃だと思う
その頃にはシックスナインやアナルセックスもしてたが
基本的にいつもおれが受けだった

今でも弟とは仲が良い
サシで飲みに行くこともあるし
一緒にキャバクラに行ったりキャンプしたりもする
俺も弟も結婚して子供もいるしゲイではない

あの頃の話はタブーというか互いに口に出したことは無いが
俺はたまにあの頃を思い出してオナニーしてる

幼馴染の妹と付き合ってたのに姉でDT卒業してしまった…

スペック

幼馴染
19大学2回生
155あたり
顔はかなり可愛いな

幼馴染の妹
18高3
160cm
姉には劣るが普通に可愛い
桐谷美玲に似てる
姉とはあんまり似てない
Bカップ


19大学2回生
178cm
顔はどうだろう
最近似てると言われたことがあるのはうっちー

綺麗な話ではないですが良ければ聞いてくだされ

一応名前つけとく
幼馴染(あおい)
幼馴染の妹(みれい)

でよろしく

俺とみれいが付き合ったのはみれいが高1で俺が高2の時だった
受験勉強を頑張るみれいに教えてあげるうちにすごく仲良くなっていった
んでみれいは見事高校に合格し、入学したみれいにある日俺は告白され、付き合いはじめた
あおいはあっそうなんって感じの反応だったかな

それから普通に3人でも遊びにいったりしたし、みれいとも沢山デートした
テスト前は一緒に勉強したりして楽しかったなぁ

みれいと少しうまくいかなかったのは受験の時だった
全然遊べなくなったし、俺の家にあおいが勉強しにくることが多くなった
同じ受験生だったし、話は合うし少しみれいの愚痴を言うことも度々あった
でもあおいはなんでも優しく聞いてくれた
あおいとは普通にずっと仲は良かった
あおいが推薦入試で秋に一回落ちたことがあった
俺んちで号泣してて思わず抱きしめたこともあったな
そっから本当にお互い励ましあって頑張ってた

受験が終わって俺とあおいは見事大学に進学
めっちゃ嬉しかった
みれいも喜んでくれた
みれいにはたくさん我慢させてしまったし、春休みは沢山遊んだりした
寂しかった寂しかったってずっと泣かれた日もあって正直心が痛かった
大切にしようって思った

まぁ一年違いの俺達だからさ、次はみれいの番なんだよな
でも俺はすっげー応援した
勉強も教えてあげたり、しんどくなったら遊びに連れていってやったりね
ちゃんと好きだったはずなんだよ

でもある日あおいに彼氏ができたことをあおいから聞いたんだよな
あおいにはずっと居なかったってかあおいからそんな話聞いたことなかったから複雑っていうかなんかよくわからない気持ちになった
可愛いし、モテるはずなのに今まで聞かなかったのもおかしいんだけどさ。
なんかあおいが気になって気になって仕方なかった

どんどんみれいへの気持ちは離れていってた
俺自信も辛かった
あおいをみても辛かった
多分もう俺はあおいを好きになってた
でもみれいは受験生だし絶対受験終わるまでは邪魔しないって決めてた
そんな中あおいは彼氏と別れた
理由は知らない
んで12月31日みれい、あおい、俺で初詣に行くことになった
あおいはたまたま家にいたみたいでみれいが誘った
んで初詣、みれいは嬉しそうに楽しそうでずっと俺の手を繋いでた
トイレ行く時あおいと2人になったんだよな
なんか寂しそうでそん時俺から手握った
なんでそんなことしたのか俺もわからんかったけどなんか握ってあげたかった
あおいはなにっ??ってすっごい顔でビックリしてた
俺は寒そうやったからとか意味わからんことゆってたな
そのまま幼馴染の家にみんなで帰った
まだ幼馴染の家族はかえってきてなかった

みんな順番に風呂はいって俺はみれいを寝かしつけてた
ぎゅーってしてきて可愛いやつやった
寝かしつけたみれいを見てやっぱ悲しませたらあかんなって思った
内緒で神社でかった合格御守りをみれいの枕元に置いた
んで俺はトイレいって寝よって思ってとりあえずトイレに行った
んでトイレ終わって戻ろうとしてんけど台所のある部屋が光ついてた
俺はお母さんたち帰って来たんやって思って一応挨拶しにいった
そしたらそこにおったんはパジャマ姿のあおいやった

あおいは俺見てめっちゃビックリしてた
普通に夜遅かったから急に人が入って来てビックリしてたって感じかな
あおいは麦茶をのみながら
あ「ビックリしたよ、どうしたん?」
俺「いや、お父さん達帰ってきたんやとおもってん、寝られへんの?」
あ「ん?わからんw喉乾いたから。」
俺「そか?」
あ「みーちゃんは?」
俺「寝たよ」
あ「そっかぁ」
あ「そろそろ寝よっかな」
俺「そやな」
んであおいの部屋の前へ、
あ「じゃあね、」
俺「あのさ」
あ「ん?」
俺「少しだけ入ってもいい?」
本当何言ってんだよ俺って思った
あ「え、うん…なんにもないけど笑」
俺「すぐ戻るし!」

んな感じであおいの部屋に入った

あおいはベッドの上に寝転び、俺は床に座った
俺「あー、、電気消しとくわ。眠くなったら気にせんと寝ていいからな」
あ「あ、うんwありがと」
俺「なんか、久しぶりに入ったかも」
あ「そうだよね…」



俺「少し変わった?」
あ「ん?少し変わったかもw」
俺「あ、机の位置とかやな?」
あ「うんw変えたw」

とかたわいない話をしてた

んで少し沈黙があった

俺「あおい?………ねた?………」

………

そっとベッドに近づく
ドキドキするような可愛い寝顔があった

あ「も?」あおいは俺の反対を向いた
俺「なんや起きてたんや」
俺はベッドに座って枕を握ってるあおいの手をそっと握った

あ「何、やめて」
でも追い払われた
俺「寒いやろなって思って」
またわけのわからんことを俺は言う
あ「寒くないから」
俺「隣、寝ていい?」
あおいは何にも言わなかった
俺「寝るで?」
何にも言わず反対側をあおいは向いていた

俺はあおいの方を向いてそっと横になる
あおいの髪の毛からはシャンプーのすっごい良い匂いがした
少しシーンとしてた
俺「今年何お願いしたん?寝た?」
あ「内緒」
俺「そっかぁ」

そしたら少し身体を動かしてあおいは枕に顔を埋めつつも俺の方を見てきた

俺「ごめんな、眠い?」
あ「…」
俺「…」
あおいは眠そうな目をしてた気がする
俺はまた手を握った
あ「だから、やめてって」
俺「やめたくない」
俺はあほなことを言って恋人繋ぎにした

あ「もう意味わからへん、俺はなにがしたいん?」

俺「好きやねん…」

あ「は?俺おかしいで?」

俺「あおいが好き」

俺はあおいの手をギュッてした

あ「…………」
あおいはなんにも言えなさそうだった
俺はそっとあおいにキスをした
少し逃げようとしてたけど俺はキスした

あ「ずっと好きやったんはこっちやねんで?ずるいいつもずるい」

俺は全然気付いてなかったんや…
どんどんどんどん涙目になっていくあおい

またそっとキスをする
もう苦しくて苦しかった
なんの苦しさなのかはもう全然わからなかった

俺「ごめん、ごめんな」

俺あおいの手を握ったままあおいを抱き寄せる

俺「上向いて?」
あ「…」
俺「あおい?」
あ「…」
俺はあおいのあごを優しく上げてまたキスをした
優しく優しく唇を包んだ
好きって何回か言ってたと思う

そっと舌を入れる…
あおいも少しずつ息が荒くなりはぁはぁ言っていた
俺「した…出して…」

そしてお互い絡ませあった
あ「はぁはぁはぁはぁ…すき…はぁはぁ」
俺はこれを聞き逃さなかった
もっと激しく熱いキスをした
もう気付いたらお互い身体動かせて足絡ませて激しく身体こすり合わせてた

俺は激しくキスしながらあおいのTシャツの中に手を入れる

柔らかいものをそっとそっと手で包み込む
さきっぽを触れるか触れないかぐらいで優しく触るとあおいは身体をねじらせアッと声を漏らした

キスから耳に舌を這わせ、耳の中を舌の先で優しく舐める
そのまま舌を這わせあおいの胸へ
優しく優しく咥える
少し強く吸ったり優しく舌先でなめたり…
あおいはその度に声を絶えていたが漏らしたりしてた

そしてキスをしながらズボンに手を入れる
俺は優しく太ももに触れる
パンツは熱くてズボンの中は熱気がすごかった
あおいのクラッチの部分はヌルヌルに濡れていた
その上からあおいのクリに触れるとアッて声を漏らした
俺は何回も触った
あおいは声を絶えて絶えて苦しそうな顔をしていた

そしてズボン、パンツを脱がせあおいのヌルヌルのアソコに指を入れる
優しく手マンをした
たまにクリを触るとすごく身体をねじらせた
それが凄くエロかった
俺は服を脱いで急いでゴムをつける

あ「俺…うちしたことない」

俺は正直ビックリした
もう経験済みやと思ってた
俺だって童貞なのに…

俺「俺も。大丈夫、痛かったらすぐゆうてな」
あおいはうなずく。
少し乾いたあおいのアソコを再び優しく触る
そしてゆっくりゆっくり少しずつ少しずつあおいの中へ入れていった
あおいの中はものすごい熱かった
ねっとりキュッてしめてきて正直すぐにも逝きそうだった
あ「はぁッアッアッ」
あおいは頑張って声を堪えていた
俺「はぁはぁ……好き、好きやで」
奥までいったとき今までにないくらい強く強く抱きしめあった
本当に好きって思えた
あおいにも好きだよって言われた

そのまま裸で抱き合ったまま寝た
朝、あおいに起こされ服を着る
夢?か現実かわからなかった

あ「昨日のことはぜーんぶ嘘!」
笑いながらゆってきた

俺「え?」
あ「嘘やの。まぼろしw」
俺「どういうこと?」
あ「嘘ってこと、もうそういうこと」

俺が、理解に苦しんでると、
あ「もう、はやく行ってよ、起きないうちに。」
多分みれいのとこって意味だよな
俺「ごめん」
あ「いいかーらー!」
俺「あおい、待っててな。俺はうそじゃなくて本当だから」
あ「わかったらはやく行って!」
俺「おう」
んであおいの部屋をあとにした

まさかあおいと卒業するなんてな…
罪悪感いっぱいでみれいの部屋へ向かった
みれいはスヤスヤ寝てた

それからみれいの受験がおわるまであおいとは
ほとんど関わらなかった
受験が終わり、落ち着いたころ俺はみれいに別れを告げた
あおいが好きなことも伝えた
みれいとは数ヶ月会わなかった
それで今はあおいと付き合ってます

あおいによると一時期はみれいとクソ仲悪かったらしい
でも何ヶ月か経ってなんにもなかったようにふっきれたように普通になったらしい
俺に対してもそうだったかな
みれいに別れを告げた時は凄く大変やったし、正直修羅場だったしあんなみれい見たことなかったな。
今は新しい彼氏もいるみたいだよ
でも3人でも遊びにいったりするようになれたよ

電車で吐いたら彼氏ができたwwwwwwww

昨日からお付き合いしだしたおw

スペック

19才155cm42キロ
彼氏
28才身長わからないけど多分168くらい?
営業職

二ヶ月前に専門学校からの帰りに電車にのってた。
その日は一日中なんかお腹痛くて、でも友達の付き合いで牛丼をお昼に食べてたから調子わるかったんだ(;;)
最寄駅まで30分くらい。
始発から乗るからどうしても座りたくて並んだ。
並んでる時から体調が悪くてやばかった!
思い出しても気持ち悪くなっちゃう。

やっと座れて、そこから急行だったから10分は止まらない電車だった。
かなり調子悪かったんだけど帰らないといけないし、
帰らないところで体調がよくなるまで休む場所も思いつかなかったから頑張って乗ったよ(´;ω;`)

10分間は生きた心地しなかった。
何度も吐いては飲み込んでた(´;ω;`)
で、次止まったら降りようって決意した。
でも、停車駅近くになったらなんだか体調が持ち直してきたんだよね!
停車駅で降りて、
休んでからまた乗ったら満員電車で立たないといけないから、
自分を信じてそのまま電車に乗り続けたんだよ!
そこからは各駅停車だったから
扉開くたびに何度も降りようとしたけど
どうしても帰って寝たかったから頑張って乗った(;;)

最寄駅まで10分のところで最悪なことが起きた。
私は一番はじっこに座ってたんだけど
おばあちゃんが乗ってきちゃった。
私の目の前でいかにも立ってるのが辛そうにしている。
よぼよぼって吊り革もっててさ。
満員だから周りも私の事情も知らないで
「かわってやれよ」
みたいな顔してた。
おばあちゃんは下向いてはぁはぁしてる私の脚を踏んで気づけよって合図してくる。
あと、10分だしっと思って席を代わる事にした(..)

そんで、立ち上がった瞬間立ちくらみ。
そのまま我慢する暇もなくリバースした。
とっさに自分のカバンの中にね!!
だから周りに被害はなかったよ!
けど、皆私から離れていった。
ちょうど、最寄駅二駅前で電車が停車したから私は倒れこむように降りた。
階段から遠い位置で、屋根もない所だったから降りる人は私以外いない様子だったよ。
でも、雨がその日はふってて寒かった。
お母さんが好きなあんみつをお土産にしてたのに、それも水たまりにひっくり返ってた。
カバンはゲロまみれだし、雨にうたれたしですごい可愛そうな子だった(?????????)

そしたら、水たまりのあんみつを拾う人がいたんだよね!!
それが彼氏なんだけど!
「大丈夫ですか?」
みたいな事を言ってたと思う。
背中さすりながら、
「沢山たべすぎちゃったのかな?」
ってハンカチくれた。
多分、吐いたものが完全に肉の塊だったからかな(>_<)
雨に打たれてたから、彼に引きずられながら屋根まで行った。
私は謝り続けてたよ。
だって、他人の吐いたものを平気で自分のハンカチでふいてるんだよ!
「あんみつグチャグチャになっちゃったねー!大丈夫?」
みたいに笑いながら言ってた。
その時は何笑ってんだよ!って思ってたけど、元気つけようとしてたのかな?って今は思ってる。

カバンはボストンタイプだよ。
しかも誕生日にお母さんがくれたミュウミュウ
だったんだよ(;;)

その人は駅員さんをつれてきてくれて、
私は駅員さんにつれられて事務所みたいな所につれてかれた。
彼はそのまま次の電車に乗ろうとしてたからあわてて呼び止めた。
「ありがとうございました!
お礼がしたいです!連絡先教えてください!」
って口にゲロつけながら言った。
「大丈夫だよ!きにしないでー」
って多分言って、電車にのってった。

しばらく駅員さんの事務所でイスに座らされてた。
駅員さんは横で事務作業してて、壁にむかって置いてあるパイプイスに大量にもらった紙ナプキンを持たされて座ってた。
かなり惨めだったよ!!
それに「ここではくなよぉーっ」
っておじさんの駅員さんは笑ってくる。
若い駅員さんは迷惑そうに私の周りに紙ナプキンをまいてくる。
吐いたらすっきりしてきたので、
二駅歩いて家に帰った。

家に帰ったら熱があって、
病院行ったらウィルス性の胃腸炎だった。
素手でげろに触った彼にうつってるんじゃないかと心配だった。
でも、連絡も取れないからどうしようもなくて、一週間安静にしてた。

んで、一週間学校休んる間その人の事を思い出そうとしたけど全然覚えてなかった。
シルエットでしか思い出せなかった。
気持ち悪くて相手を見る余裕なんてなかったんだよね!
ただ、サラリーマンってだけ。
でも、最寄駅が一緒な可能性は高かった。
私の最寄駅は終点だからそこまま電車に乗ってったって事は終点まで行く可能性は高かったし。
終点から乗り換えの可能性もあったけど、職場は始発の駅の可能性が高かった。
そんで、
復活してお世話になった駅にお菓子持って行った。
吐くなよっとか言ってたおじさんは
「心配したよー」とか言っててイラっときたよ。
駅員さんに「介抱してくれた人ってどんな人でした?」
って聞いてみた。
「スーツきてた事しかわからない」
ってさらっと言われた。
なんにも参考にならなかったよ!

でも、意外にもあっさりその人は見つかった。
私がいつものように最寄駅で電車をまってた。
「おはよう!」
って話しかけられた。
最初は朝からナンパかよ!!
って思ったけど、なんとなく見覚えがある気がした。
「体調大丈夫?」
って言われて、あー!!って思い出した。
あまりにどこにでもいるサラリーマンって感じで記憶に全然残ってなかった(>_<)
それに記憶の中でなんとなく美化されてたから正直がっかりしてた。
オードリーの若林とユースケサンタマリアを足して割ったかんじだった。

沢山お礼を言ったあと、
「○○専門学校?」
っていわれて「そうです」
って答えた。
ちなみに服飾の学校!
「私、ウィルス性胃腸炎だったんですけど、大丈夫でした?」
「え。」
ウィルス性って言われて、少し引いてる様子だった。
そのまま電車で隣に座った。
私は人見知りだから、実は結構嫌だったんだけどね!
でも、じゃぁって違う所に座るのも申し訳なかったから隣に座ってみたんだよね。
でも、彼からしたら隣に座られたって思われてたかも。
そこから30分は一緒になるってわかってたから、会話しなきゃってちょっと焦った。
そんな時、彼が「おれ、寝不足だから終点まで寝るね!体調よくなってよかったよ!おやすみ!」
って言って、寝ちゃった。
すこしほっとしたけど、ちょっと寂しいのと残念なのと、嫌われてる?って心配したりもした。

そんな感じでそれから私は常に高島屋で買ったハンカチを持ち歩くことになった。
彼に会ったら渡せるようにね!
でも、まったく会えなくなった。
二週間してハンカチを持つのをやめた頃、
今度は最寄駅の駅ではない始発の駅で会った。
その時は帰りだったよ。
「おー!今帰り?遅いね!遊んでたの?」
「あー。はい。」
みたいな返答も出来なくてしどろもどろしてた。
ハンカチ!って思ったけど、その時にかぎって持ってなかった。
「私、お礼がしたくてハンカチを渡したくてずっとさがしてたんです。
なのに、今日にかぎって持ってないんですよね。」
って素直に言った。
彼はいいっていいってってすごい遠慮してた。
その時もなんとなく電車で隣に座った。
その後、終点の30分はしゃべり続けたよ!
そしたら同じ中学出身で家もそんなに離れていなかった。
年はだいぶ離れてたけど、彼が私に合わせてたのか話やすかった。

でも、私もそこから爆睡した。
終点になって他の人が立ち上がり出して目が覚めた。
彼も起きて立ち上がってた。
「じゃあ、体調管理ちゃんとしなね!
学校がんばれ!」
って言って、人混みの中に消えてった。
私はちゃんとお礼言えてたのかな?とか態度悪かったかな?とかその後色々考えてた。
一番思ったのが、お礼の言葉だけで彼にしてもらった事のお返しになるのかなってこと。
なにかしらするなり、何かあげるなりしないといけない気がした。

本当にあっと言う間に最寄駅についた。
私、結構がっかりしてた。
でも、名前を聞いたから家に帰ってFacebookでさがした。
んで、さっそくそこからメッセージをおくった!!
たしか「本当にありがとうございました!こんなに優しい人が先輩でいたなんて感動です!今度は絶対ハンカチ渡します!」
みたいな軽い内容で送った。

それからスマホのアドレスを教えてもらってメールするようになった。
Facebookを見ると彼はお友達が多い様子だった。
いつも楽しんでるってかんじがした。
私はどちらかっていうと家で洋服を作ってるほうが好きだったから、
性格あわなそうって思ってた。

んで、しばらくメールのやり取りをしてた。
そしたら地元のライブハウスでイベントあるから来ない?ってお誘いがきた。
私はあたま数の一人だろって思ったけど、
友達を連れて行くことにした。
ライブハウスにつくと、彼がすぐに近づいてきた。
彼の私服はすごぉーくダサかった。
多分、コムサイズムだなって思った。

友達も服飾の友達だったから彼を見て
「ダサくね?」って普通に言ってた。
でも、彼の周りには女の子が多かった。
皆に優しくて愛想がいいんだなって思った。
私はその時好きとか思ってた気はしなかったけど、結構嫉妬してた。
だから、のりについていかずに友達とライブハウスのはじっこで傍観してた。
来たことを後悔してた。

彼が心配してすぐにやってきた。
「つまんない?私ちゃん」
私はすねてたから
「帰りたい」
って素直に言った。
「じゃぁ、ごはんでもいこうか?」
って言ってきた。
私はかなり嬉しくて機嫌がすぐ治って、
飛び跳ねてた。
彼はダサいし地味に見えるのにリア充だし、全然好きになれそうになかったけどね!
やっぱり人が嫌がることを率先してできる優しい人には惹かれた。

そんで続き
彼の友達と数人の女の子と
私と友達で居酒屋に行った
そこでもまた盛り上がり方についていけないし、友達は完全に不機嫌になってた
酔ってきた頃に、
彼が友達に私との出会いを話しはじめた
ついでに言うと私と友達はお酒は飲んでないよー
ホームで電車を待ってる時点でおかしいかんじに気付いてたみたいで、座ってからも膝の上のカバンに頭をのせている様子をみて吐くのかなって思ってたみたい
私は気づかなかったんだけど、
ずっと目の前に立ってたんだって。
声をかけようとしたけど、ナンパに思われるのも嫌だったから見守ってたそうでいつ吐くかとヒヤヒヤ見守ってたらしい
吐いて電車から降りた時は雨に打たれてそれはそれは悲壮感がただよってたって、笑い話にされた

周りからは運命の出会いかもねっみたいに冷やかされたけど結構複雑だったよ
なんか、話のネタにされたっぽいし
年下を冷やかしてるようにしか感じれなかった。
彼からしたら私は完全に子供なんだなぁって思った
彼はお酒好きっぽいけど、私は飲まないし隣歩いたら兄妹にしか見えなさそうだし。
私が子供っぽい見た目なのもあるんだろうけど
だから、その日は彼はお洋服もダサいし絶対合わない絶対無理って思うようにしてた

その時は二十歳まで処女守ろうとか、初めての彼氏はイケメンがいいみたいな、
上から目線なかんじだったんだぁ(∩´_`∩)
高校が女子高だったし、理想が本気で王子様になってたってのはある。

あとね、最初嘘ついた。
二ヶ月前って言ったけど半年前ね
付き合うまでの時間を短くサバ読んだ。
ゴメン。
半年まえに相鉄線で吐いてたのは私です。

そいで、皆で飲んでる時にちょっと事件がおきた。
酔っ払ってた人のたばこの火が私の髪の毛についた。
私はへそまであるロングヘアーなんだけど、チリッとやっちゃった。
びっくりして私泣くし最悪なかんじでその会は終わった。
髪の毛は焼けたけど他の髪の毛とまぜたらわからないくらいですんだ。
泣いたのも違う感情があったからかもって思うよ

彼は
「まぁ大丈夫」
みたいな事を言ってた。
で、その後一緒に最寄駅まで帰った。
その30分はやっぱり結構楽しかった。
私の周りに彼くらいの年の人がいないのもあるけど、沢山の事を知っていて面白かった。
皆で会うより、2人で会うと私はすごい楽しくて独占したい気持ちで満々になってきた。
よく見たら、目が丸くて可愛いかも。
とか、私服と髪型よくしたらマシかも。
とか付き合ってもいないし、好きになられてもいないのにそんな妄想をしてた。
「俺、カプセルのMEG好きなんだよね。
私ちゃんは似てるね」
って言われた。
この人私の事好きなのか?って勘違いした。
そこから私は彼は私の事が好きって勘違いしだした。

そこから特に連絡してなかった。
してたかもしれないけど、内容はたいした事なかったと思う。
実際はちょくちょく最寄駅で彼を見かけたけど隠れてた。
話すこともないし、一緒に歩くのが嫌だったのも正直ある。
でも、その隠れてたのは彼にばれてたんだよね。
横浜駅の始発をいつものように待ってた。
そしたら隣に彼が並んだ。
「久しぶり!髪の毛大丈夫?」
「大丈夫。おつかれー」
みたいな事を言った。
「私ちゃんは髪が長いから遠くにいてもわかるね。前、(最寄)駅で俺見て隠れたでしょ?」
って笑顔で言われた。
私は人見知りだからーとか言い訳したと思う。なんて言ったかよく覚えてない。

家帰ってカプセルのMEGの画像見たけど、全然可愛くなくて結構ショックうけた。
自分に自信がありすぎる処女なんだよね(゚o゚;;
だから、色々勘違いして彼のやさしさって私の事が好きだからって思い出しちゃった。
その勘違いのおかげで積極的になれたってのもある。

そこからお互い同じ電車で出勤、通学することにした。
帰りは合うようだったら連絡取り合ってあわせた。
彼は営業で遅くなる日が多かったから、帰りが合わない日が続いたらわざと横浜で時間つぶしてあわせた。

私でもあー私と毎日電車のるのはしんどかったんだなってわかった。
舞い上がってた。
本当にごめんって気持ちになった。
しゅんとしてると彼は
「でも、私ちゃんといると元気もらえるよ。若さをもらえるっていうか、妹みたいで可愛いよ」
フォローいれてくれたんだろうけど、
それって妹的に可愛いってだけで女じゃないんだなって思った。

私は慣れるとよくしゃべるほうだったから、学校の事とか友達のこととかお母さんに話すような事を彼に話しまくってた。
彼は「へーそうなんだぁー」
って相槌してくれた。
そんな日が続いた。
いつものように帰りに一緒の電車にのった。
私は友達の話をしまくってた。
「私ちゃん、ごめん。今日は疲れてるから寝ていい?あと、帰り待たなくていいよ。これからしばらく終電になりそうだから」
「じゃあ、先に終電に並んで若林くんの席をとっておくよ」
「いや、大丈夫。そんなに遅くなったらよくないし。もっと早く帰ったほうがいいよ?」
その後、宿題もあるんでしょ?親は心配しない?朝起きれてる?みたいな事を言ってた。

その時期は私は彼の一挙手一投足に舞い上がったり落ちたりしてた。
だから、その次の日からまた彼を避け出しちゃった。
一応、彼には課題があるからしばらくは電車早いの乗るってメールした。
それからしばらくの朝の電車はカプセルばっかり一人で聞いてた。
好きって思っててバカじゃないのーって死にたくなった。
たまに寝たふりしながら涙貯めてた。
それでそのまま横浜まで寝たりした。

毎日イライラしてた。
欲求不満ってかんじだった。
なんか、すごーく彼とイチャイチャしてみたい衝動にかられてた。
発情期っぽかった。
友達には最近色っぽくなったって言われた。
おっぱいもちょっと大きくなった。
ちょっとやさぐれ気味に男友達と遊んだりして、いい感じになりそうになって急に気分が落ち込んで逃げたりした。

彼からメールきたら、すぐに返したい衝動を抑えながら時間をあけてわざとそっけないメールをした。
返信を待ってもこなかったら落ち込んでた。
あんなメールしなければよかったって思っても同じことを繰り返した。
彼のFacebookはまめにチェックしてた。
だれと遊んだーとか見てちょっと羨ましくかんじたり、女の子からのイイネ!があったら嫉妬した。
でも、私は彼にコメントしたりイイネしたりしないで興味ないフリに徹してた。
彼はそんな事まったく気にしてないのも知ってたよ

わざと男の子との写真をFacebookでUPして彼からのイイネをまったりした。
これも絶対どうも思ってないのはわかってたけど、何故だかザマーwとか思ってた。
完全に病んでた。
自分からどうする勇気もないのに、
気にしてほしかった。
Facebookに一回のせるために髪をバッサリ切って彼を驚かそうとか考えた。
お母さんに止められてやめた。
だんだん、Facebookを見るのもやになってきた。
彼が私のいない所で楽しんでるのが嫌になってた。

彼のメールがきそうな時間にスマホを握りしめてるのにも疲れてた。
枕の下にわざとかくして気にしないようにして、30分でチェックしてた。
電車で寝たふりしながら泣くのが毎日続いた。
起きたらマスカラが目の下につきまくってた。
色々限界がきてた。

恋をしたことがなかったから、どうやって癒すのかわからなかった。
友達に何度も相談したけど意見を聞きいれることが出来なくて友達もあきれてた。
そんな日が続いて爆発した日がきた。
彼にこのわけわかんない感情をぶつける事にした。

メールで
「若林くんが好きみたいだから付き合って」
ってだけ送った。
送った時はやけだったから何も考えてなかったけど、送信した後に我に返ってちょっと叫んだ。
ヤバイヤバイ!!って部屋の中で悶えてた。
その日、メールの返信はなかったよ。
ずーっと泣いてた。
眠れないけど、体がまったく動かなかった。
化粧したまま寝た。
翌朝は体がむくんでニキビも出来ていて、ドブスだった。
メールはなかった。

その日は普通にスマホを家に忘れて行った。
一日気にしてないふりをしながらかなり気にしてた。
友達からはドブスっていじられた。
夜は友達とイベントに行って気を紛らわせた。
でも、本当は早く帰ってスマホを確認したかった。
ちょうど帰りが終電になった。
いつも一番はじの車両に乗るから、ちょっと期待しながら行ったけどいなかった。
家に帰って何も連絡なかったらどうしようって思うと帰りたくても帰りたくない気持ちになった。

でも、どっかで時間つぶす技術もお金もないから普通に電車にのって帰った。
今なら若林に気を使って若林の話をきいたり、寝かせたりしてあげれるのにって思った。
ただ、一緒に電車にのりたいって思ってた。
自分の女としての未熟さと力量に泣けた。

家に帰ってご飯食べた。
スマホは確認できずにいた。
2時くらいになって、やっと見れた。
電源が切れてた。
充電するの忘れてた。
たちあげても何もなかった。
でも、しばらくしてSMSがきまくった。
若林からの不在着信だった。
一気に幸せになれたよ!
イヤッホーって叫んでた!
メールもきてた。
これは読むのに勇気がまた必要だった。

そっからまた3時くらになってたと思う。
時間見てなかったけど、なんとなく。
で、見た。
「冗談はよせよー(笑)」
のあと、
「電源きってる?」
のあと
「なにかあったの?」
で、
「おーい」
ってきてた。
このメールはまだ残してる。
なんか記念なきがして!
その後は不在着信の嵐。
最終的には
「心配しています。連絡ください」
ってメールだった。

時間も時間だからすぐに返信するか迷った。
でも、もしも、万が一心配して待ったてくれてたらって思って返信した。
その後の返信はなかったけどね!

それで私の返信の内容なんだけど、
読み返すのも恥ずかしいし、もし返信なかった時に記憶から無くすために送信後すぐ消した。
だから内容はあんまり覚えてない。
多分、
「ごめんねー!スマホを家にわすれた!!
でも、冗談じゃないよ!本気だよ!
若林はどうなの?!」
ってかんじでメールした。

返信を待ってたけど、気がついたら寝てた。
朝返信はなかった。
電車では会いたくなかったから時間をずらして乗った。
でも、返信はなかったよ。
若林はいつも電車にのってる時に携帯をいじるのを私は知ってるのに。
だから、返信出来ないなんて事はなくて、ただ返信してないっていうのはわかった。
ちょっとは携帯忘れたのか?!
なんて期待したけど、若林の仕事的にありえないしね。
いつものように寝たふりして電車で泣いた。
髪が長くてよかったなって本当に思った。

思い出したら泣けてきた!!
本当につらい数日だったんだよ!!
でもお昼頃に返信がきてた。
私は自分で読めなかったから、先に友達に読んでもらった。
友達三人の顏が曇ったのがはっきりわかった。
友達がえーっとみたいに濁したから、私は消して!!って言った。
友達は「でも、読んだほうがいいよー」
って見せてきたけど、目をつぶって拒否した。
「本当に消すよ?」
「けして!けして!」
って言い続けてた。
読む勇気もなければ、耐えられる力なんか残ってなかったんだよね。

でも、ずっと気になっちゃってた。
友達には「彼氏つくるー!今日はやけ食いする!ラーメン!ラーメン!」
とか、空元気出してたけど本当はすぐに帰って一人になりたかった。
トイレに行って、友達にばれないように個室の中で受信メールをみた。
友達はメールを消してなかったよ。
ばっちり読んだよ!
読む気ないのに、嫌なフレーズだけしっかり頭に入ってきた。
「彼女としてはみれない」
「妹みたいな存在」
「これからも友達でいよう」
そんなのがババっと頭に入ってきた。
そしたら、何故だか怒りが込み上げたきた。
何に対するものかよくわかんない。
それに息苦しい。
トイレの匂いが気持ちわるい。
悲しい!辛い。もうヤダ!!
みたいな感情で押しつぶされて、
本当に押しつぶされて洋式便所につっぷした。
いつもならトイレにほほづりなんて汚いって思うのに、洋式便所のヒーター機能に触れたくなったのかな。
あったかくてトイレに向かって大泣きした。
けど、声は出さない様にしたよ。
学校だったし。

メンヘラだよ!
友達にもこのメンヘラ女!って言われてた。
でもさ、自分でもどうしようもなかったんだよー!

でも、その日でメンヘラから抜け出したよ!
その後、開き直りまくった。
申しわけないけど、若林の悪口言いまくってしまったよ!!
ゴメンっておもったし、思ってもないことも言ってたよ。
「28っておっさんだよね!」
とか、友達にはイズムってあだ名をつけられてた。
女の子って敵に周ると残酷だよ。
とにかく必死に嫌いになろうとしてたよ。
一週間後くらいに会うまではね!

それが二ヶ月前。
帰りの電車が一緒だった。
若林は普通に話しかけてしたよ。
大人だなって思った。
私は完全にびびってたよ。
本当に普通の会話してた。
何事もなかったかのように。
くやしいけど気が楽だった。
その時の私は違う性格が入りこんでた。
「若林。なんでつきあってくれないの?」
ってもう、妹キャラになりきって甘えることにした。
若林も私が意外に気にしてない?って思ったのか、
「10代は無理だわー」
って笑ってた。
「あと、一年したら付き合ってくれる?」ってしつこく言い続けた。
若林の断り方を楽しんでた。

これだ!!って思った。
若林にフラれるキャラになったら若林も気が楽だし、私も楽だって思った。
そしたらまた、電車に一緒にのれるかもって思った。
んで、いつか本当に普通に友達として見れるようになろうって期待した。
それからたまに電車に一緒にのるようになった。
毎回、私は若林に好きだよーって言い続けた。
でも、若林が疲れてそうな時はちゃんと寝かせたし、若林が電車にのるのが遅れそうな時は先に並んで待ってた。
若林の話も沢山きいた。
知らない若林が沢山いたよ。
今までどんだけ自分のことしか言ってなかったかよくわかった。

そしたら今まで以上に若林に素が出せた。
今まではおしゃれな女の子を演じすぎてた。
電車酔いしそうな時は若林を待って一緒に電車にのってもらった。
私はハンカチを持ち歩く癖がないから、
若林のハンカチは三枚くらい借りパクした。
メールも自然にできるようになったし、
さみしい時はさみしいって言った。
好きだなって思ったら好きだよって言った。
電車で酔ってきたら途中下車も一緒にしてもらった。
背中さすってもらったよ。
相鉄線と小田急はすごい酔っちゃう。

そんなかんじで七月の頭の出来事だったよ。
若林が車買ったからドライブつれてってやるって言ってきた。
私は夏休みに入る所だったから若林にいつでもいいよーって返事した。
若林は休みのなんかで平日に休みがとれたらしい。
それが10日に決まった。

私は気合いをいれまくった!
ちょっと服装は大人っぽくしようと思って、初めてシップスで服買った。
若林にあわせて少し大人しめにもしたよ。
車の名前忘れちゃったけど、すごい可愛い車で最寄駅のロータリーで待ち合わせした。
若林はその時シップスで買ったものをきたんだって。
私がコムサイズムをばかにしてたから気にしたらしい。
だから、同じブランドのペアルックだねって言った。

そこからのドライブといったら江ノ島だった。
すごく暑くて外車だったから窓がUVカットされてないから焼けるよって言われた。
このデートの内容はカットするね!
面白くなさそうだし。
しらすどん食べて、江ノ島神社行ったよ!
夜はカレーを食べた。
初デートは楽しかったな。
カレー食べたらバイバイかぁって辛かった。
お会計しようっていわれて、
きゅーんっとした。

ちょっと気分が暗くなってた。
また、電車で会うだけになるのかなって思って。
その日が楽しすぎたから帰って一人になるのが怖かった。
ディズニーランドの帰り道みたいな気分だったよ。
でも、若林は「まだ大丈夫?車停めて話さない?」
って言ってきた。
気を使ってくれたのかなんなのか、そう言ってくれた事に素直に嬉しかった。
多分、茅ヶ崎かそこらへんに車停めた。
ハーゲンダッツを食べて車で談笑してた。

その頃には若林がイケメンに見えてた。
ものすごくかっこいい大人ってかんじがしてた。
今日のデートもなんだかすごくカッコイイものだったよ。
私はいつもよりいい女になった気分になれてた。
色々普通に会話してる時に若林が急に
「はまっこは最近、キレイになったよね!
最初の頃よりガキ臭さもすくなってきたし。」
って言ってきた。
私は「なんだってー!!」
って怒ったけどすごい嬉しかった。

気がついたら、24時まわってた。
お母さんに遅くなるって言ってなかったから焦った。
鍵もないしヤバイって思った。
カバンの中でこっそりスマホ見たらお母さんからのおに電がきてた。
でも、若林には知られたくなかった。
この時間をもっと続けたかったし、
お母さんに管理されてる事を知られるのが恥ずかしかった。

若林が「かわいくなったよ!本当。
楽しいし癒されるよ」
とベタ褒めしてきた。
ただただ照れた。
「付き合おうか?」
ってさらっと言ったきた。
私は「冗談いわないでよ!」
って笑ったけど、
「え?まじで?!」
ってすぐに確認に入った。
「本当、本当。はまっこがまだ俺の事を好きならね。それとこんなおっさんでもよければ。」
って、笑ってた。
その顔は冗談抜きで春日とネタで「えへへー」って笑ってる若林にそっくりで笑えた。

「ほんと、ほんと、お願いします!」
って言った。
ドキがムネムネして、死にそうになった。
晴れて付き合うことができたのが、
11日の話。
その後、お母さんに家から閉め出されたので朝まで若林とカラオケに行った。

その日からまだ若林には会ってないのだよ!
メールは毎日してるよ?
電話もしてる。
あれから毎日ルンルンしてるよ!!
でも、お母さんにはまだ許してもらえず、口聞いてもらってない。

カラオケ店員がひとカラ巨乳にアタックした4日間の話

俺がまだ20代前半の頃、下町風の商店街の小さなカラオケボックスでバイトしてた。
基本的に早番が多かったので、お客さんはじいさんばあさんがほとんど。

丁度今くらいの季節だったか。
その日もいつもと同じで、2、3組のばあさんが歌ってるだけの暇な日だった。

厨房でドリンクを飲んでいると呼び鈴が鳴ったのでフロントに出る。

女の子だ。しかも可愛い。20代半ばくらいだろうか。
奥二重でややきつめの目元だが綺麗な顔立ちで、地味なわけでもなく派手なわけでもない。

モデル体系に比べればややぽっちゃりしているように見えたが、女性としては十分魅力的。
服装はうろ覚えだが、当時流行ってた普通の女性らしいお洒落な格好だったと思う。

「いらっしゃいませ。会員証はお持ちですか?」

新規のお客さんだった。

一通り会員割引について説明すると、入会すると言うので用紙に必要事項を記入してもらう。

かがんだ状態でペンを滑らせる彼女をぼけーっと眺めていると、ものすごいモノが目に入った。
胸元から覗かせた谷間の長さ。EカップとかFカップとかそういうレベルじゃない。

これが爆乳ってやつか。

一瞬頭の中を電撃が走ったかと思うと心臓の動悸が激しくなる。

その日はもうその子のおっぱいのことで頭がいっぱい。

元々働くことが好きじゃない俺が、その日からバイトにいくことが物凄く楽しみになった。

顔は。。。そうだな。

AV女優の綾波涼をもうちょっと大衆向けに可愛くした感じ?
目つきは彼女に似ていたと思う。でも可愛かった。

とりあえず涼じゃちょっと男っぽいから涼子と呼ぼう。

涼子が店に来るのは毎日ではないが、来店する時間帯は大体同じで
夕方から夜の7時くらいまで。いつもひとりだった。

3時間のフリータイムを利用しており、その場合ソフトドリンクが飲み放題なので
彼女からドリンクの注文がある度にうまいこといって俺が持っていくようにした。

スペック


身長17?
体重5?
ふつめんガリクソン
シルエットがEVA3号機に似てると言われる。
当時大学生。カラオケバイト。

森涼子
身長160ちょい
体重たぶん50はいってるとおもう
ややぽちゃ目測Hカップ以上の持ち主
顔はAV女優の綾波涼を大衆的に可愛くした感じ。
同い年で、ナース

谷間露出がある日もない日も関係なく、ドリンクを持っていくついでにそのシルエットを目で楽しんだ。
可愛くて爆乳なんて、天は二物を与えることもあるらしい。

そんなことが2週間くらい続いた頃だ。
気が付くと彼女のことばかり考えていることに気付いた。

なんでいつもひとりでカラオケしにくるんだろう。友人はいないのか?彼氏は?

動機なんて不純でも良い。

これまでだってそうだったし、おっぱいから始まる恋だってあるはずだ。

そう開き直ってアタックしてみることにした。

しかしなんて声をかければいいんだろうか。

客から店員ならばまだ声をかけやすいかもしれないが、店員から客って意外と難しい。
内緒で割引券を手渡したりしていたが、彼女からすればただの優しい店員さんだろう。

煮え切らず何度かチャンスを逃し、ついに俺は禁断の方法をとることに・・・。

入会の際に書いてもらった用紙。
そこには氏名、電話番号、生年月日まで記載されていた。

今思えばとんでもないが、俺はバレたらクビ覚悟で電話番号を控えた。

俺のバイトが終わる時間よりも彼女の終了時刻の方が遅かったので、店の隣の本屋で待機。
店から出てきたのを目で確認し、携帯から電話をかけた・・・。

深い谷間を目の当たりにした時と同じくらいの動悸。
背徳感と高揚感と期待感。色んな感情が混ざり合った状態でコール音に耳を傾ける。

今思えば、知らない番号から突然電話がかかってきて出るだろうか。

私なら出ない。

しかし。。。

「・・・もしもし?」

で、出た。

何を話すかまったく準備していなかった俺は一瞬戸惑った。

「あ、あのカラオケボックスの店員ですけど、良かったらこれから食事にでもいきませんか?」

前提がおかしい。なぜそのカラオケボックスの店員が電話してきているのか。
そこらへんの説明はせず、というかできず、いきなり食事に誘ってしまった。

当たり前だが状況がよく掴めていないようで、え?あ。。みたいな感じになり、
俺も言葉を失い、笑いながら「あはは、おかしいですよね?」なんてつぶやいていると、

彼女が本屋に入ってきたことに気がつかず、バッタリはち合わせてしまった。

両者「あ・・・」

もう笑うしかなかった。

彼女もあああの店員さん!みたいな感じで驚いた様子だが、笑顔だ。

「いや?そうなんですよすみません、ちょっと気になっちゃってw」

みたいな軽い感じで、内心物凄く焦りながらも一生懸命隠しながら精一杯会話を続けた。

「ちょっと歩きません?」

突然の提案に驚いたが、私は頷き、自転車を手で押す彼女と
下町の商店街を一緒に歩くことになった。

入会用紙を見ていたので当然知ってはいたが、年齢の話や仕事の話をしながら歩いた。

驚くことに同い年だったのである。
やや大人びた印象があったから少し上かと思っていたのだが、同学年だった。

「学生さんですか?」と聞くと、そうじゃないという。
「なんだと思います?」なんて、普段だったらめんどくせーなと思うような質問返しも
彼女の口から発せられれば可愛いものだった。

「アパレルとかですかね?」

「看護士してます。」

ナ、ナースでした。

爆乳ナース。
まるでAVのタイトルだ。

横に並んで歩いていたが、極力見ないようにしていても、
動くものに反応してしまうのは本能だ。

ちらっと視線をやると、一歩一歩足を踏み出すたびに
たぷん、たぷんと揺れるのが見て取れた。

10分くらい話しながら歩いて、とある公園に差し掛かったところで足を止める。

「ご飯、どうします?誘いに乗ってくれますか?」

再度確認してみると、うんと頷いて

「でも、汗かいちゃって着替えたいので、1時間後にここで待ち合わせでも良いですか?」

そう提案された。

俺はやったー!と大きくリアクションをし、一度家に帰った。

家に帰りひとりになると物凄く不安だった。
このまま彼女が来ないで、店に通報されたらどうしよう。

一緒に話しながら歩いただけで、メルアドを交換したりもしていない。
とりあえず口裏合わせといて。。。的な展開にならないとも限らない。

しかしそれと同時に物凄く期待している自分もいて、
1時間の猶予の間に風呂で身体を洗いまくった。

そして、服もそれまで着ていたものではなく、
狙いすぎず、かつダサすぎず、割と普通の爽やか目の格好に着替えた。

いざ、出陣。

もう8時は過ぎていたので辺りは真っ暗。
街頭に照らされた公園のベンチでコーラを飲みながら彼女を待つ。

すると、約束の時間からそれほど送れずに彼女が現れた。

さっきよりも胸元バッツリの格好で。

しかし当時の私はそこに突っ込めるほどテクニックを持っていなかったので、
視線をやらないようにするので精一杯だった。

「あ、、来てくれないと思ってましたw」

「おなかすいたのでw」

そして徒歩で近くのファミレスに向かう。

禁煙席で対面でハンバーグセットを食べる彼女。
結構ガッツリいっちゃってるので少し戸惑った。

これはホントに飯をおごって貰いに来たんだな・・・。
そう勘ぐりながらも、俺はパスタを口に運ぶ。

しかし壮観である。

胸元は完全ノーガード。見てくださいとでもいわんばかり。
テーブルに載せて、ボリュームがやたら強調されているではないか。

関東の女性に比べると、関西の女性は自分の胸を武器として
露出する傾向にある、と何かの本で読んだ。

そのことを思い出し、「森さんはどこ出身なんですか?」と質問してみると、広島だと答えた。

「方言をしゃべる女性は可愛らしい。」そう主張すると、
彼女は次第に広島なまりの言葉遣いでしゃべってくれるようになった。

「○○じゃけえ」

ポピュラーな広島弁だが、可愛い子が使うとたまらん。

こうして自分の好みのタイプの枠をひとつずつ埋められていったのである。

食事を一通り済ませると彼女が
夜勤明けで目が痛いので外を歩かないか?といって来た。

願ってもない提案。そうしましょうかと会計を済ませる。

今思えば看護士でバリバリ稼いでいる彼女に、大学生でバイトしてる俺が
飯をおごるのもなかなかシュールである。

とにかくブラブラしつつも、さっき待ち合わせに使った公園のベンチに腰を下ろした。

「森さんは、下の名前なんていうんです?」

もちろん知ってた。でも、下の名前で呼ぶためにこの流れが必要だった。

「涼子。森涼子っていいます。」

「涼子!涼子っぽい!涼子って呼んで良い?」

涼子は笑いながら好きに呼んでと返した。

「涼子はいつもひとりでカラオケしてるの?」

「うん、あんまり友達と時間合わんし、ひとりで歌うほうがストレス発散になるやろ?」

あまり広島弁に詳しくないので、間違ってるかもしれないが
確かこんなことをいっていたと思う。

「会員証の番号をパソコンに入力するとき色々情報表示されるんだけど、
たまに二人で入ってるときもあるよね? 友達もカラオケ好きなの?」

もちろんそんな情報は表示されない。だが履歴を参照することはできる。
だからたまに深夜に誰かと二人で歌いに来ているのは知っていたし、
それが彼氏なら諦めよう。そう思ってた。

でもここで「彼氏いる」といわせてしまったら一緒にいられなくなるのが惜しくて、
自販機にコーラを買いにその場を離れてしまった。

グビグビとコーラを飲んでいると、涼子から看護士としての警告を受けた。
「そんなもんばっかり飲んでると糖尿になるよ。あれは悲惨だから気を付けた方がいいよ。」

「えええ!?」とまたオーバーリアクションをして、買ったばかりのコーラを
ドクドクと地面にぶちまけると、彼女はあわててそれを静止し、それだけ飲んだら
もうやめときなねw と笑った。

次に入院中えっちなご奉仕をしてもらえることはあるのか、と
ほんまもんのナースに突撃質問をしてみた。

すると、あははと笑った後
「そんなことあるわけないやろ?都市伝説w
退院後に看護士と患者が、っていうパターンなら知ってるけど、
入院中にそんなことしたって話きいたことないよ」

ほっとした。こんなおっぱいしてて更に露出するような女の子だ。
もしかしたら好みの入院患者をペロリ。。。なんてことがあったとしても
不思議ではない。エロいけど今は複雑だ。

しかし、次に彼女の口から驚くべきことを聞かされることになる。

「でも医者と看護士っていうのは結構あるかな。それは私も経験ある」

え、えええ?と頭の中が真っ白になり、嫉妬の炎が小さくくすぶり始めた。

色々言い訳めいたことも言っていたが、要約すると彼女の話はこうだ。

今年新しく入ってきた新人の医者が仕事はできないダメなやつだけど、
なんかほっとけないから色々手伝っていたら、知らぬ間に身体の関係を持っていた。

別に付き合うとか好きとかそういうのじゃないんだけど、仕事後に呼ばれたら
付いていくし、これまでも呼ばれて車で直接ホテルいったりもしてた。

そして、今呼ばれてもいくだろう。

医者氏ね。そう思った。

『ナースはエロい』

よく耳にする表現だが、そんなの信じていなかった俺が土下座するほどの衝撃。

ナースはエロかったです。

そしてそこまで気にしてた細かいことがなんかどうでもよくなって、
「凄い世界もあるもんだな?」なんてコメントをしたあと、突然核心に迫った。

「あのさ、涼子は彼氏いるの?」

すぐに答えは返ってこなかった。

「え?いるかいないか聞いてるだけだよ?w」

「う?ん、なんていうかいることにはいるんだけど、
なかなか会えへんのよ。だから分かれようと思ってる」

なかなか会えない?遠距離恋愛か?
とにかくようわからんけど別れようとしてて、俺の誘いに乗ってるわけだから
そこそこ期待してるちゃうんか!?

そう単純に考え、それ以上は無理に聞かずに
「そろそろ遅いし帰ろうか」と切り出した。

「もうちょっと涼んでいくわ?」

もう0時を回っているし、少し小雨も降ってきていたので肌寒いくらいだ。
しかもこんな夜中の公園にひとりで居させるわけにはいかない。

「そっか?、じゃあちょっときて。」

そういって彼女を手を引っ張って立たせた。

そして顔を近づけるとまんざらでもない様子なので、キスをした。
かぶさる唇よりも、身体を寄せることによっていやがおうにも触れてしまう
そのふくらみの柔らかさに心を奪われた。

昼間までただのカラオケ店員と客だったはず。
それが何を間違ってか話はとんとんと進み、見とれていただけの彼女の胸に触れている。

そう考えると、なんともいえない征服感のようなもので満たされ
ぐんぐんと股間が硬くなっていくのだった。

深夜の公園で10分かそこらの間、ハグし合いながらちゅっちゅと唇を吸い合った。
俺からだけじゃなくて涼子からも積極的にキスしてくるのに内心驚いていた。

夢中になっていると、なんかホームレスみたいな人がいるのに気がついて
みられている感じがしたので、移動しようかと切り出した。

しかし俺は兄弟と2Kのマンションで二人暮らしをしていた為、
下手するとはち合わせてめんどくさいことになりそうだ。

だから出来れば涼子の家にお邪魔したかったが、
「うちはちょっと無理なんよ」と返されてしまった。

一人暮らしとは聞いていた。

部屋が汚いとかそれっぽい言い訳をしてくれればいいのだが、
ただ「今は無理」そう言うだけだった。

ホテルという選択肢もあったが、家が近いのにホテルっていうのも変な話。
お金を出させるわけにもいかないし、時給800円程度のバイトをしてる学生の身なので
出来ればお安く済ませたい。そして結局、俺の家に向かうことになった。

やれる。好みの爆乳広島女子とエッチできる。
そしてこの爆乳を揉める・・・!

頭が煩悩で満たされていく。道中どんな会話をしたかも覚えていない。
たわいもない話をしていた気もするが、内容なんて入ってこない。

家に着くと、どうやらあいつは部屋にいるようだ。
気付かれないようにそーっと鍵を開けて部屋に駆け込むつもりが、
玄関を開けたとたん「おかえり?!」と妹が部屋から出てきた。

「た、ただいま・・・」「お邪魔します」

最高に気まずかった。

妹は俺がこれまでどんな女の子と付き合ってきたか全部知ってる。
つまり、からだを含めた外見の好みが完全に把握されているといっても過言ではない。

妹はにやりとして「ごゆっくり」と言うと部屋に戻った。

玄関から左に曲がって少し奥まった所に6.5畳の俺の部屋がある。
部屋には大きめのソファとその正面にテレビ、
そしてそのテレビの横に布団が敷きっぱなしになっていた。

まあどうぞどうぞとソファに座らせ、飲み物を取ってくる。
明るいところで見る涼子も可愛らしい。

そしてそのやや冷たい印象を受ける男性的な目と
その下の女性的な深い谷間がコントラストをなしていた。

隣に座ってテレビをつけ、深夜番組を見ていたが依然股間は硬いまま。
なんとか上向きにしてパンツのゴムにひっかけ悟られないようにしていたが、
もう自分の部屋なのでそんな我慢をする必要もないことに気付く。

お互い口数は少ない。
でもテレビを見るために呼んだわけじゃない。

再び目を合わせ、ほっぺを少し撫でてから顔を近づけると、
映画のように唇をむさぼりあった。

あまり想像しないでほしい。

外人がやるとエロいが、日本人がこれをやっても様にならないと思う。

でもふたりは夢中だった。
いや、今となっては夢中になっていたのは俺だけだったのかもしれない。

あとは遠慮せずにどんどん行為がエスカレートしていく。

最初は胸を責めないのが巨乳を落とすコツだと信じていたので服の上から手を添えは駿河
意識的に刺激しないようにして、体全体を優しく撫でながらキスすることに集中した。

すると涼子も若干息が荒くなっている。
しばらく続けていると、こう訊いてきた。

「・・・ムネとかに興味ない?」

あるにきまってますとも。

「いや、あるけど、こんなに大きい人初めてだからどう触ったらいいか迷ってたw」

そう口から出まかせを言って、あなたから仰って来たんですからと
服を脱がせずにブラのホックを外す。何段ホックだったとかは知らん。
ブラ紐を引っ張り腕を通させ、ブラジャーだけ引き抜いた。

「え、ぬがへんの?」

「うん、まだぬがへんよ」

わざとらしく方言をまねると、ノーブラの爆乳を薄でのカットソーの上から優しく揉む。
そして五指をわざと乳首に引っかけるように表面をなぞった。

彼女の息遣いがどんどん早く荒くなっていく。

「大きいね・・・」 そう呟いて彼女の目を見ると

「重くて邪魔よ」 とはにかんだ。

ゆったりめのカットソーを捲りあげる。
まず目に入ってきたのはそこそこぽっこりとしたお腹。

そして徐々に、まだ味わったことのないサイズの爆乳が顔を覗かせた。

乳輪は一般的には大きめかもしれないが、乳房の大きさと比べれば相対的に普通。
500のペットボトルの断面積くらいだったと思う。

まだ話していなかったが涼子は色白で、ピンクとまではいかないにしろ薄めの乳輪だった。

乳首は小指の先くらいで、これもまた相対的に普通だったと思う。
既に勃起していたのがコチラの興奮にも拍車をかけた。

あとこれは彼女がトイレに行ってる時に確認したのだが、着けていたブラはHカップ。
でも明らかに収まってなかった。アンダーは覚えていない。
ぽっちゃりも言い過ぎな気がするが、肉付きは良いほうだと思う。

そして彼女のおっぱいは経験のあるHカップよりも一回り大きかった。

色々考えたが時間的にはほんの一瞬。
待たせるわけにもいかないので、推定Iカップ強の爆乳に顔を埋め、
まず香りを楽しむ。女性の甘い良い匂い。

もちろんそんなガチでおっぱい星人なところをまじまじと見られるわけにはいかないので、
両方の指で乳首を攻めたりしながらその膨らみを顔で味わった。

そしてじっと乳首を見つめ、誘われるように半開きの唇を被せる。
後はもうおっぱい星人スピリッツ丸出して、思うがままに乳首をしゃぶりたてた。

涼子の「ん。。ん。。っ!」と快感に耐える声が大きくなる。
俺は左手で彼女のタイツをずらし、下着の上から大事なところに手をあてがった。

そろそろ頃合いかと、愛撫する手を止めて立ちあがる。

「。。。んえ?」

高揚したまま変な声をあげて俺の方を見上げてきたので、
「し?」とジェスチャーで合図をし、CDデッキの再生ボタンを押すと、
敷きっぱなしの布団を指差した。

そして明りを豆電球にすると、「おいで」と涼子を呼ぶ。
所々乱れてはいるが、服はまだ着たままだ。

ふたりで布団の上に座り、キスの続きをする。
左手は涼子のうなじのあたりを支え、右手は生乳を弄る。

いい加減ジーンズがキツかったので、下半身だけ脱ぐ。
そして涼子の手をとって俺の股間へ誘導すると、
指先で湿った鬼頭をくりくりしたあと、ゆっくりピストンし始めた。

そんな長い時間じゃなかったと思うが、ソコはあまりにも敏感になっており
危なかったのでフェラをお願いすると、何の躊躇もせず俺の股間に顔を埋めてきた。

暗かったので何をしていたかはわからない。しかし鬼頭に何かが這うような感触。
舐めているのかキスしているのかわからないまま、急にじわっと温かく包まれた。

淫らな格好で激しく頭を上下させ、Iカップの乳房をふりみだし
口からいやらしい音を洩らしながら俺のムスコをしゃぶり続ける涼子。

そんな彼女を眺め、射精感に追われながらも言いようのない征服感に浸っていた。

すると急に息を切らしてフェラを止める涼子。
浸り過ぎてかなり長い時間フェラさせてしまっていたらしい。

俺はねぎらう様に頭をなでると、布団にゆっくり横たわらせた。
隠し持っていたゴムを取り出し即座に被せる。

そして目を閉じて一生懸命呼吸している涼子の下着を脱がし、覆いかぶさった。

正常位の体勢のまま指で確認すると、彼女は既に準備万端だったので、
お互いの性器を擦り合わせた後、先っぽだけ挿入する。

そして俺の上体が完全に涼子に覆いかぶさった状態になると、
そのまま乳首に咥え、顔いっぱいで爆乳を堪能しながらゆっくりと腰を突き出してみた。

「ああっ!!」

涼子が可愛い声で鳴く。

そう、最初は可愛い声だった。

俺は更に興奮し、二度三度と腰を突き出す。

「ああっ!あああ!!」

最初のうちは俺もかなり盛り上がっていたのでどうでも良かったが、
さすがに慣れてきたころ、妹に聞こえてないかこれ?と心配になる。

マンションで、しかも深夜なので、CDを掛けていると言ってもそこまで大きい音じゃない。

「あぁあ!!あああああん!!」

と、あまりにも大きい声で喘ぐものだから、
泥酔してる人を見るような感じで、逆に冷静になってきてしまった。

俺は昔からそうなんだが、些細なことでも二人を邪魔する要因があると
セクロスに集中できんくなる。それで中折れなんてざらです。

マジで射精するまで突っ走れるやつらが羨ましいんだ。

中折れも射程内に入ってきたころ、これはマズイとおっぱいにしゃぶりつく。

おっぱいのドーピングによってエロパワーを盛り返すことによって、
余計な考えを遮断できたが、涼子が大きい声で鳴くにつれてまた冷静な方に傾いてくる。

そんなことが何度かループし、もう終わりたい、、なんて思えてきてしまったので、
「ん・・・涼子は・・んっ・・・イケる子なの?」 と腰を止めずに耳元で聞いてみると、

「んっうもう、、何回か。。。イけてるけん。。。ああっ!!」

と絞り出すように答えた。

はいー?

別に俺はセックスが上手いわけでも、名ちんぽなわけでもない。

ましてや真珠が埋め込まれているわけでもない。

そんなこと一度も言われたことない。

だから俺がどうこうというわけではない。

不感症の反対。多感症とでもいうのか。
とにかく感じやすい体質みたいだった。

そこで小休止を取る。

俺はいってないが、あのまま続けられる雰囲気ではなかったので、抜いて横に寝転んだ。
暑いといってお互い服を脱ぎ、その時にはもう全裸になっていたと思う。

冷蔵庫からコーラを取ってきてプシュッと空けると「こら・・・」と怒られた。糖尿は怖い。
このやり取りにほっこりしながら、しぶしぶとお茶に変えて一緒に飲んだ。

息が整ってくると、俺がまたおっぱいを触りだし、乳首に吸いついて勃起してきたらセックス。

そしてまた声が気になってイケず、彼女だけイって小休止。

それを2、3回繰り返すと、外はもう明るくなってきていた。

4時半くらいだったろうか。

「今日友達と銀座に買い物にいくけん、泊まれんから帰るわ」

そう言って涼子は服を着始めた。

「あ、そうなの。ならまだちょっと暗いから送って行くよ。」

そう言って俺も服を着ようとすると、

「んん、大丈夫。一人で帰れるけん寝とって」

といって、キスしてきた。

「でも心配だから―」というと、頷きはしなかったが、
止めようともしなかったのでそのまま商店街を一緒に歩いた。

そして例の公園に差し掛かったとき―

「ここまででいい。ありがとう。またメールするわ」

そう言って隠れるように角を曲がって姿を消した。
たぶん、俺に家の場所を知られたくなかったんだと思う。

2日目。

涼子とのセックスは満足できるものではなかったが、
俺は彼女とあの爆乳に完全に魅入られていた。

ボリュームといい肌触りと言い口当たりと言い匂いと言い、
まぎれもなくこれまで触れてきたおっぱいの中でナンバーワンだ。

今はまだ恥ずかしくて言えないが、もう少し慣れたら挟んでもらおう。
涼子がいない間、ひとりでそんなことばかり考えていた。

そしてそういうエロいことの他にも、気持ち悪いかもしれないが
涼子と彼氏彼女として過ごす生活を思い描いていた。

「友人と銀座で買い物した後にでも会えない?」 

そうメールをすると、

「今日は友達が泊まっていくから会えんけん我慢してね」

と帰ってきた。

可愛い。

広島弁のメールとか反則だろ。

そして2日目はメールのやり取りだけで終わった。
この時の涼子のメールはまだ、絵文字がたくさん使われていた。

3日目。

この日はお互い仕事だった。

俺はいつもの通り早番だったので店に向かう。

そして暇な時間に何気なく涼子の入店履歴を開いてみた。

すると、昨日の晩に2名で歌いに来てたことがわかった。

別にそんなのあり得る話。

例の女友達と一緒に飲んで歌っただけかもしれない。

けど、なんかそわそわした。

でも涼子との関係はバイト仲間に話すわけにもいかない。

適当にごまかして話すことも出来たと思うが、そこまで頭が回らなかった。

そして遅番の先輩が出てきたので、軽く聞いてみた。

「昨日例のあの子来てました?森さん」

「ああ、来てた来てた。男と一緒だったよ」

・・・。

「ええ、あの人いつもひとりで歌いに来てたけど、
 彼氏いたんですね?w どんなひとでした?」

白々しいったらありゃしない。

別に変に思われはしなかっただろうけど、内心黒いものが渦巻いているのを感じた。

先輩の話によると、短髪で中肉中背の普通の若い人だったとのこと。

なんか生々しくて嫌だった。ここで超絶イケメンとかだったらまだ気楽だった。

もやもやを抱えたまま家に帰ると、

「話があるけん、今日夜遅くなるかもしれんけど会える?」

そんな絵文字ひとつないメールが届いていた。

夜の10時を回ったくらいだったか、涼子が仕事を終えて直接家に来た。

もしかして涼子のほうから付き合ってと言われるのかもしれない。

そんな淡い期待もあったが、何より男と深夜にカラオケに来ていたという事実が引っかかっていた。

とりあえずソファに座らせ飲み物を出すと、どうしたの?と話を促した。

涼子はまだ何か考えている様子だったが、少し間を置いて口を開く。

「彼氏おるっていっとったやろ? なかなか会えんし
 もう別れようと思ってたんじゃけど、来週帰ってくるらしい」

俺は静かに頷く。

「そんで、俺君のこと、凄く好きになりかけてたけど、もう会うのをやめようと思う」

――。

最初何を言ってるのか理解できなかった。

というか涼子が口にした情報だけでは納得できなかった。

なんか引っかかる。

でもそこを突いていくことなんてできない。
俺はただ力が抜けて「そっか」と返すことしかできなかった。

でも彼氏が来週帰ってくるなら、昨日カラオケで一緒だった男は誰?

例の医者の話が頭を過ぎったが振り払った。

もしそれが涼子の言う一週間後に帰ってくる彼氏だということも考えられる。

だとするとなぜそんな嘘をつく?

どう考えてもつじつまが合わないが、そこも責められなかった。

「彼氏さんは、何してる人なの?」

「自衛隊――。」

ん。

「自衛隊――。日本をまもっとる」

急にファンタジーが始まったように感じた。

本物の彼氏は自衛隊で日本を守ってる。

俺は何してる?

カラオケボックスを守りながら大学に通ってる。

将来の夢があるわけでもないし、大学卒業後に
何をするのかもまったく考えていない。

ものすごい劣等感。

涼子を好きな気持ちは勝ってる!

そんなこと言えるほど純粋でもなかった。

でもこの頃にはもうすんなり諦められないくらい涼子を好きになっていて、
これまで押せばなんとかなってきた恋愛経験が邪魔をして引き際を見失ってた。

物凄い劣等感を感じたけど、俺が思うに自分の唯一の強みは
いつでも余裕そうなたたずまいで居ること。

物凄いショックだったけど、やや口角を上げて切なげな表情のまま話を聞いてた。

すると、すべて話し終えたのか

「いいたいことはそれだけです。じゃあ、ごめんね。」 と立ち上がった。

「待って。」

涼子の腕を掴む。

「明日は休みなの?」

突拍子もないことを聞く。

「休みやけど、どしたん。もう会わへんよ」

「彼氏が帰ってくるのは来週なんだよね?
 だったら、今夜は一緒に過ごせるよね。。。」

そういって涼子をハグし、ソファに倒れこんだ。

「えっ、もぅ。。話きいとった?」

といいながらも強く押しのけようとはしない。

それどころか、どことなく受け入れている様子。

俺はこれが最後だと、惜しむようにおっぱいに触れた。

キスもしたが、前回のように涼子から唇を求めてくることはなかった。

なんというか俺がただ一方的に攻める感じで、彼女から求めてくることはない。

今度はブラを外さずにずらすと、乳輪な乳輪が顔を出す。
舌を広げて大きくぺろっとひと舐めすると、

「ん。。。っ、これじゃただのセフレやん。。。」 と涼子がつぶやいた。

「セフレでもいい。。」 

俺のプライドは完全に砕け散って、
唾液でてらてら光った乳首に、二日ぶりに吸い付いた。

敏感な乳首に吸い付かれ、涼子は自分の人差し指を噛むような仕草をしながら快感に抗っている様子だった。

そんな涼子を見ながら爆乳にくらいついていたが、チラッとこっちを見たので
まるで赤ちゃんのように必死になって吸い付く仕草をわざと見せ付けた。

母性本能が強ければもしかしたら。。。そんな甘い考えだった。

この日ばかりはセフレとしてでも関係を続けていくために、俺が尽くすようなエッチだった。

大嫌いなクンニも、そのままソファに座らせたままでチャレンジした。

やっぱりこれは好きになれない。無論、良い匂いなんてするわけもない。

不思議なことにフェラをお願いするとしてくれた。

でも今回は、されて征服感を感じるどころではなく

「この女何考えてんだ」

そんな風なことを考えながらしゃぶらせてた。

そしてその日はベッドまで行かず、ソファの上でおっぱじまった。

今日は妹も外出してていないし遠慮は要らない。

とにかくこれで最後だと、必死になって腰を動かした。

おっぱいも、もうしゃぶれなくなると思うと愛おしくて赤ちゃんのように執拗に吸い付いた。

でも、なんかおかしい。

今日は邪魔も入らないので、大きな声で喘いでくれても構わないのだが、

なんか前回ほど激しく感じている様子ではなかった。

セフレとして自分から認めた手前、感じさせられないとなると存在意義がなくなる。

もちろん普通に声を出して感じている様子ではあったのだが、前回と違いすぎる。

必死になればなるほど彼女が感じていないように思えた。

そして俺は何を思ったのか、

「彼氏とは、、、いつもどんな体位でするのが好きなの、、、?」 と訊くと

涼子は小さい声で、

「えきべん・・・」

と答えた。

今だからこそこの「えきべん・・・」を笑い話にできるけど、言われた瞬間はマジで考えた。

ぶっちゃけ俺と涼子、体重同じくらいじゃね?

無理そうなことをいって俺を試してるのだろうか、

自衛隊の彼に必死に張り合う俺を見て笑いたいのか

そんなひねくれた事ばかり考えた。

結局「えきべん・・・」発言はスルーし、普通に正常位やバックで俺だけが先にイッてしまった。

イク瞬間はすっごく気持ちよかったけど、賢者モードになって俺のセフレとしての価値の無さに落胆し、

「イカせられないセフレなんて、いらないよねw」 

なんて言葉を搾り出すと、

「そうだねw」

と言われてしまった。

アカン―。

この日もなんだかんだで朝方まで一緒にいた。

そして1日目と同じように途中の公園まで送る。

もう二人の間には終わりのムードが漂っていた。

でも最後にもう一回だけ・・・。そう思って、

「今日さ、○○○にデートに行かない?」

※○○○とは、自分らが住んでいた町から数キロ先にある
 複合型アミューズメント施設のこと。

「もう終わりよ。もう会わん。」

「頼む。彼氏が帰ってくるのは一週間後なんでしょ?
 一回くらいデートに付き合ってよ。カラオケ一緒にいくって約束したじゃん」

情けない。

ここですんなりお別れをすればお互い気持ち良い思い出のまま終わったのかもしれない。

でもなんとか次に繋げようと、食い下がった。

すると、少し口角を挙げ、仕方ないなという感じの表情で

「気が向いたらね」

といって、また角を曲がって消えた。

4日目。

最後の日は結局、涼子が俺の誘いに乗ってくれた。

「もう家にもあがらんし、そういうこともせんけどそれでいいなら」

そういう条件で、タクシーにのりアミューズメント施設に向かった。

正直そこで何をしたかあまり覚えていない。

ただ約束どおりカラオケボックスに入って、

交互に歌をうたい、お互いうまいねーと褒めあった。

ガラス戸はあってもボックス内はもちろん密室なので、スキを見計らってはキスをした。

このときは涼子もキスに応じ、自分からも求めてきた。

おいで、と自分の太もも付近をぽんぽんと叩くと、ちょこんと俺の上に座ってきて

そのままキスしながら、服の上からだったがおっぱいを揉んでも抗わない。

何考えてるんだこの女は。

本当に理解できなかった。

でも今思えばホントにほんとの最後という意味で、許してくれていたようにも感じる。

夕方またタクシーに乗って家のほうまで戻ってくると、

例の公園のところで、「さよなら。」といって見えなくなった。

あっさりとしたお別れだ。

それから涼子はうちのカラオケボックスに出入りすることもなくなって、町で見かけることも無かった。

休みの日にあまり行ったことの無いほうのカラオケボックスに足を運んだり、

最初に話した公園でぼーっとしたりしたが、一切顔を合わせることは無かった。

実はこのお別れのあとも何度かたわいも無い内容でメールをしたが、

「もうメールもせんで、君がつらくなるだけだよ」

と、軽くあしらわれるのみ。

もちろん、2日目の絵文字がいっぱい使われた女性らしいメールではない。

文字と句読点だけのそっけないメールだ。

それからかなりの葛藤があって、曲を作ったりもしたが
ついには俺も諦めて、3年くらい経った頃だろうか。

たった3年だけど、身の回りはかなり変わってる。

ふと携帯のアドレスの整理をしているとき

「森涼子」

彼女の名前を見つけて止った。

懐かしい名前だな。

たった4日間の出来事だったけど、なんかやけに濃密でハッキリ覚えてる。

でも声とか顔とかハッキリとは思い出せない。

ただ切れ目で美形な顔立ち。

そしてチャーミングな広島弁と、おっぱい。

それだけは覚えてる。

なんだかやけに懐かしくなってメールを送ってみた。

どうせ宛先不明で返ってくるんだろ。

そう思ったけど、普通に送れてしまった。

すると、程なくして

「懐かしいの、元気だった?」

みたいな、思っていたより明るいメールが帰って来たので驚いていると、

突然電話がかかってきた。

「森涼子」

もう別の彼女と付き合っていて、同じ部屋に居たので気まずかったが

部屋を移動して通話ボタンを押した。

お?久しぶり!元気だったか!?

やたら明るく話したと思う。

久しぶりに聞いた涼子の声。

お互いの近況を話し合った。

まだ看護師をしているらしい。

俺は普通にIT系の会社で働いてるよ、というと、そっか?稼ぐね?と言われた。

全然稼いで無いけど。

「もう彼女いるの?」

急にドッキリするような質問をするもんだから、えっと一瞬戸惑い

「いないよ」と嘘をついてしまった。

何を期待したんだろう。バカだな。

「まだ付き合ってるの?」

「あ?あれから結構すぐに別れたんだ」

「あの例のセフレ医者とはどうなってるの?w」

「あの人他の病院に移動しちゃったよ?
 それからまったく連絡とってないね。」

複雑な気持ち。

でも、もう俺にとっては過去の女だった。

懐かしいあの爆乳に触れたいけど、これ以上突っ込んじゃだめだ。

「でも、自衛隊の彼氏となんで別れちゃったの?」

通り過ぎた話題をもう一度投げてみる。

別れた理由についての詳細は覚えてない。

けど、価値観が合わない。そんな理由だった気がする。

そして最後に、

「まあ彼は私のエンドロールに名前くらいは出してあげるけどね」

そうハッキリ言った。

噴出しそうになった。

でも、明らかに冗談じゃなくてなんかカッコいい風に真顔(声)でいうもんだから、
下手に突っ込めず、「そ、そっか」と返すしかなかった。

「もう俺らもいい年だけど、涼子は結婚相手とかいないの?w」

「いないね?。私変人だから、一生一人だと思うわw」

なら俺が―― そう言いそうになったが、やめた。

おっぱいだけで言えば今の彼女より、涼子の方が大きくて魅力的だけど、

もう違う。

女はおっぱいだけじゃない。

おっぱいの配点は正直デカいが、それだけがすべてじゃない。

そう思い、それ以上涼子に対して突っ込もうともせずに、

「じゃ、元気でな。またね」

といって通話終了キーを押した。

これが4年くらい前の話かな。

つい先月くらいにまた携帯のアドレスの整理してて
「森涼子」にメールを送ってみたけど、宛先不明で返ってきちゃった。

電話を掛けたら出るかもしれないけど、もうそっとしておこうと思う。

あの4日間はほんと良い思い出です。

おっぱい。

生で射精され、血が出るまで殴られた

目が腫れて、口の内側が切れていて痛い。あそこも少し傷がある。
風俗の仕事を始めてから一番ショックな日だった。身体も何ヶ所も痣になってしまっている。
 
ラストのご案内でボーイさんから紹介された時に、なんだか嫌な気はした。
すごく若いんだけど1m80以上はあるガッシリした人。でも目が何だか泳いでいる感じがする。
って言っても、これはお仕事だし、今までも、初めて会った時にそんな感じでも、
お上がりの時にはニコニコさんになってもらえる事も、特に最近は多くなってきていたので、自惚れもあったかもしれない。
 
「あれ?」って思ったのは、服を脱ぐのを御手伝いしてから、湯船にご案内した時だった。
「お客さん、なんてお呼びすればいいですか?」ってハート付きで話し掛けた答えは「お前みたいなバイタに呼ばれたくねーよ」だった。
びっくりした。「すいません、ご気分なおしてくださいね」の答えは、「しゃべるんじゃねーよ」だった。
しかたないので頷いて、椅子にタオルを掛けて、すこしシャワーで暖かくした。
湯船から上がる気配がしたので振り向こうとすると、いきなり口をタオルで抑えられた。
「ヤバイ」って思って、講習で習った護身術を使おうとしたんだけどまったく役に立たなくて、
足はお客さんの足で抑えられてしまい、両手は片手でまとめてねじ上げられ、タオルはすばやく後ろで結ばれた。
 
上向きにされて、平手でタオルの上から殴られた。二度三度四度。そして最後に拳で一度。
血の味が広がって、口の中が切れたのが判る。気が少し遠くなる。
そのまま、足を掴まれたまま上げられて、いきなり挿入されてしまった。もちろんゴムなんてつけていない。
 
逃げようとするんだけど、力が及ばない。でもその時頭に浮かんでいたのは、事件になっちゃったら、
お家のみんなに知られてしまう。お友達にも知られてしまう。学校にだってばれてしまう。そんな事ばかりだった。
ベットとマットの間の床で、私はまた少しもがいた。みぞおちにショックを受けて、息が詰まって、ちょっとそれから記憶がない。
 
そんなに時間は経っていないと思うけど、液が流れ出す嫌な感覚で意識が戻る。
生まれて初めて、私の内側は体液の感覚を知る。
ノロノロと起き上がろうとすると、今度は足の甲で腹を蹴り上げられて、私は壁に飛んだ。
 
すごい音がして、スチーマーの横へ倒れたとこには、フロントへのブザーがある。
こんな時のための。指を伸ばそうとした時に、店長とボーイさん二人がドアを開けて入ってきてくれて、
即座にお客さんを抑えてくれた。お客さんは、もうニコニコ笑っていて、抵抗もしなかった。
 
「気付かなかった、スマン」店長は車の中で何度も謝ってくれた。
「あんまり無理しちゃだめよ」って、祖母の声に、「楽したいんで、バイトの先輩の家に泊めてもらうんだもん、
大丈夫だよん。心配しないでね」で電話を切る。しゃべるのが辛い。一応CTも撮った。
レントゲンの結果は骨折もヒビも無かったし、口の中も縫うほどでは無かったので、
ゼリー状の止血剤と全身にある打撲の治療だけで終わって私達は店に帰った。
一応診断書は取った。私の本当の名前じゃないけど。
深夜の病院廊下は、ぼぅっと暗くて、父が死んだ日の病院の風景に似ているなぁって思った。
出口の処にあった鏡に映った私は、瞼が腫れて、すこし目の周りにも痣が出来ている。
 
警察は呼んでいなくて、私はホッとする。
お客さんは、事務室の椅子に座っていて、おじいさんとおばさんがその横に座っていて、
地域責任者の「部長」と呼ばれるお店の偉い人と話をしている。
 
「このコですよ。見てやってください。」私は迷わず、全部服を脱いだ。
背中にはまだ赤いままの痣があるし、両足の股から足首まで、指の跡が何箇所もくっきりついている。
そしてみぞおちには拳と四角形の痣が重なっている。
突然お客さんが、笑いながら拍手をする。「どうします?」部長がゆっくり言葉をつなぐ。
 
「すいません、すいません、出来るだけの事はしますから、許してください」
おじいさんとおばぁさんは私に手を合わせて拝む。「この子は不憫な子で・・・・・」
 
その「不憫な話」を私は少しだけ全裸のままで聞いていた。
この人達の頭には、私が全裸であることも、痣があることも、生きていることも目には入っていやしない。
あるのは「不憫なお孫さん」のことだけで、この騒ぎから、救い出すことしか絶対に無いって思った。
 
「それは判りましたから、どうしますか?」もう一度、部長が言葉をつなぐ。
「おいくらくらい差し上げれば・・・・」値踏みするように、私を見ながら、おじいさんの方が口を開く。
 
「このコは売れっ子です。一日**万円収入があって、店は**万円の利益があります。2週間は仕事が出来ないでしょう。
そして、こんな有り様の身体になって、精神的苦痛もあったはずです。どうしますか?」「とってもそんなお金は・・・」
 
「警察呼んで」部長は短く店長に命令する。店長は受話器を持つ。
「判りました。明日用意します。」「明日用意するんですね。明日は土曜日です。明日用意できるお金なら、
今日この場で用意できるはずです。コンビニにも銀行のディスペンザーがありますから、今は」
 
お金はその場で用意され、配分は接客の時とまったく同じだった。慰謝料分は全額私が貰った。
 
「辞めるなよ」駅前のシティーホテルの支払も済ませてた部長と店長は鍵を渡す時に、そう言った。
「少しゆっくり休め。でも辞めるな。あんな客ばかりではない事はお前が一番知ってるだろ。」
 
辞めるもんか。早く治してまた私は店に出る。そうしてお金を払って、そして貯めて、みんなで父の大好きだった家で暮らすんだ。
大学にも行きたい。妹と弟も大学へ行かせたい。母にもホントに元気になってほしい。
 
指名してもいない私を、ちょっとだけ許してください、常連さんたち。痣さえ薄くなれば、仕事は出来る。それまで。

久々に再会した妹(中1)とセ◯クスした

俺(21)は現在
母親と、知的障害者の弟(17)と、
それから、俺とは八つも歳の離れた中1の妹(13)と実家暮らしをしている。

父親はどうしたっていうと…

俺の家庭は昔、
両親が離婚して親権争いがあったんよ。

んで、やっぱり親権争いをめぐる裁判ってのは、母親が有利らしい。
で、当時7歳の弟と、当時3歳だった妹の親権は母親のもんになった。

けど、当時11歳だった俺はお父さんっ子だったから、
調査員みたいな人に「お父さんと暮らしたい」って言ったわけ。
で、その結果、俺の親権は父親のもんになった。
(母親は敏腕弁護士雇って、必死に俺の親権主張してたけど、やっぱり子供本人の意志が尊重されたようだな…)

で、そっから俺と弟と妹はそれぞれの親のもと、別々で暮らすことんなった。

両親はホント仲が悪かったから、
離婚してからも、俺に弟と妹に会わせる機会を与えてくれなかった……

けど、俺は弟と妹に対して、
特に思い入れとか無かったから、別に悲しいとか思わなかったな。
「お母さんに会いたい」とは思ったが……

一方、妹も物心つくかつかないかの年齢だったから、
俺に対する思い入れなんて無かったと思う。

弟はあんまり何も考えてなかったっぽい。

そんなこんなで、母親と弟と妹に会えず、
ずっと父親と二人で暮らしてきた俺にも、突然転機が訪れた。

今から3カ月前、父親が自殺したんだ。

袋かぶっての硫化水素自殺だった。

そういや、父親は生前、
自分が長年経営してきた居酒屋を、
「バイトのババアが徒党組んで乗っ取ろうとしてる」
「ババアどものせいで店が回らなくなった」
とか言って、俺に愚痴ってきてたな…

まさか、そんなんで自殺するなんて夢にも思わなかった。
気の強い頑固親父だったのに…

それから俺は急きょ、母親のいる実家へ帰ることになった。
およそ10年ぶりの帰郷だった。

玄関では母親が明るく出迎えてくれた。
母親は、10年ぶりの我が子との再開でハイテンションになっとった。

だが、そんな母親をよそに、俺はまだ父親の死を引きずっていた。
だから、母親の明るい態度がKY(もう死語か?)に思えて、なんか無性に腹が立った。

それから俺は、素っ気ない態度のまま黙って家に上がってった。
母親によると、リビングには弟と妹が待ってるとのこと……

リビングに向かう最中、廊下で

(弟と妹はどうなってんのかな?会って一声、何話したらいいんだろ…)

俺は妙に緊張してた。

母親はあんまり変わってなかったけど、
7歳と3歳だった弟と妹の10年後の姿は想像がつかなかった。
それゆえに、兄弟なのに、
これから赤の他人と会うような気分になっていたのだ。

そうして俺は、
緊張と気恥ずかしさを抱えたまま、意を決してリビングのドアを開けた…

すると

「ブァアアアアアっ!!!!!」

俺の心臓は一瞬止まっちまった。

ドアを開けた瞬間、
大男が大声と共に、いきなり俺に抱きついてきたのだ。

そう、この大男…

弟であった。

身長180はあるだろう、プロレスラー体型の大男に、
満面の笑みでハグされ、俺はなんだか少し恐怖した。

だがこれは、俺の帰りを歓迎する弟なりの愛情表現なのだ。
そう思うと、恐怖はすぐに吹っ飛び、
俺はスゲー嬉しい気分になった。

(いやしかし、デカくなり過ぎだろwwwいったい今までお母さんに何喰わされてきたんだよwww)

弟にお姫様抱っこされながら、俺は苦笑いを浮かべてた。

そしてそんな最中、
俺はふとリビングの奥に目をやったのだ。

すると直後、
俺に脳ミソに電撃が走った。

そこにはなんと、
可愛い女の子が立っていたのだ。

そう、このロリ…

妹であった。

「お帰りなさい」

俺と目が合った妹は、笑顔で挨拶してくれた。

「…うん……ただいま」
女の子に耐性が無く、ロリコンな俺は、
可愛く成長した妹を前に、たじたじになっちまった……

顔はまだまだ幼いのに、Tシャツから主張する胸の膨らみに
終始、目がいって仕方がなかった……

妹もなんだか緊張してるみたいだった。

そんなとき

「ちょっとなに緊張してんの。兄妹なんだから、もっと肩の力抜きなさいよ」

母親がヤレヤレ顔で間に入ってきた。

俺の横では何故か弟が腕立て伏せを始めだした。

そしたら妹の方から口を開いた。

妹「えっと……お兄さんって呼んでもいいですか?」

俺「う…うん。あ、でも『お兄ちゃん』って呼んでもらった方がいいかな…(その方が萌えるし)」

妹「え?…でもそれじゃ、お兄ちゃんとかぶるし…」

俺「え?」

そう言うと、妹は腕立て伏せをする弟を見た。
どうやら『お兄ちゃん』の称号は既に弟が取得済みらしい。

俺「ああ、じゃあ別にお兄さんでいいや」

妹「では、今日からよろしくお願いします。お兄さん」ペコリ

俺「いや、てかなんでさっきから敬語なんだよww」

妹「だって、会ってすぐの人にタメ口とか変じゃないですか。それに歳も離れてますし」

俺(いやいや、兄妹で敬語の方が変だろwww)

まあ、とはいえ、
丁寧語を話すロリってのは、妙なギャップがあって萌えるもんだな。

そして

そのとき既に俺は、
会って間もない妹に対して邪な心を抱いてしまっていた…
(頭では駄目だってわかってたけどさ…)

俺は妹に恋をしてしまっていたのだ……

そりゃ10年間も会ってなかったんだ。
俺ん中じゃ妹も他人みたいなもんだったからな。
(おまけに俺ロリコンだし)

ゲスな話、チンコが勝手に反応してしまってたわ…

やれやれ、父親が死んで間もないってのに……
まあ、なんというか、
他のことに興味を抱いて、辛い過去から逃げたかったってのはあるかな。
ごめんよお父さん。

その日の夜、
久々に家族そろっての夕食を楽しんだ。(弟は化けもんみてぇにご飯おかわりしてた)

それから、俺は風呂に入り、
その後、自分ん部屋に行って、持って帰った荷物の整理を始めた。

荷物の整理が大方かたづき、

(さて、明日も学校があるし早く寝るか…)

そう思い、俺はベッドに寝っ転がった。

実家に帰ったことで、父親んとこに住んでた時より通学距離が伸びた分、
早起きする必要があったからな。

けど、
それから少ししたら、不意に部屋のドアが鳴った。

(誰だろ……?)

俺はベッドから飛び起き、部屋のドアを開けた。

すると、そこには妹が立っていた。

しかも枕を抱えている…

(おいおいマジかよ…)

俺は突然の展開に動揺しちまった。
しかし、それと同時に、
邪なトキメキを胸に抱いていたのも事実だった…

「いきなりごめんなさい。今日、お兄さんと一緒に寝てもいいですか…?」

妹が上目遣いで聞いてきた。
俺はたじろいだ。

(いくら兄妹でも、流石にこれはマズいよな?妹ももう中学生なんだぞ…)

俺の中の天使が理性に訴えかけた。

しかし…

(生まれてこの方、彼女無し童貞の俺が、今まで女の子と一夜を共にするチャンスがあったか?この機を逃しちゃ駄目だろ。)

(なに、別にヤらしいことするわけじゃないんだ…ただ一緒に寝るってだけの話だ…)

(それに、妹の方からお願いしてきてんだぞ…ここは兄として妹の望み通りにしてやらんとな…)

自問自答の末、
結局、俺は妹を部屋ん中に入れることにした。

壁側に俺が寝て、その隣に妹がお邪魔してきた。
狭いベッドだったので、妹の肩が俺の腕に当たっていた…

(これはヤバい…)

俺は、高まる胸の鼓動を妹に聞かれてるような気がして、なんか焦った。

そんで、それを誤魔化すために、俺は無理に妹に話しかけた。

確かこんな感じの会話だった。

俺「妹はまだ自分の部屋持ってないのか?もう中学生なのに」

妹「自分の部屋ぐらい小3の時からあります」

俺「じゃあ、なんでわざわざ俺ん部屋で…?」

妹「ダメ……ですか?」

俺「いや別にいいんだけどさ……ほら、でも俺も一応男だからさ…」

妹「…」

妹はしばし黙りこんでしまった。

(あれ?俺なんか変なこと言ったかな…)

気まずかった。
それに

(再会して早々、妹に嫌われたんじゃ…)

なんかスゲー焦った。

そしたら妹が口を開いた。

妹「やっぱり男の人ってみんなそうなんですか?」

俺「え…」

妹「やっぱり妹でもそういう目で見ちゃうもんなんですか?」

俺「そういう目…?」

妹「言わせなくてもわかってくださいよ…!」

俺「…」

妹「でも、兄妹のいる友達に言ったら、そんなの有り得ないって言われて…」

妹「だから、私のお兄ちゃんは特別なのかな……ほら、元からお兄ちゃん、普通の人とは違うでしょ?」

妹「そう思うようにしてたんですけど…」

俺「え?もしかしてだけど、弟になんかされたの!?」

妹「…」

俺はショックを受けた。

知的障害者は性的に奔放だとは知ってたけど…
まさかあの弟が……

俺は具体的に、妹が弟から何をされたのか…
それは怖くて聞けなかった……

お互い長い沈黙が続いた。

すると再び妹の方から口を開いた。

妹「私、お兄ちゃんのこと、ずっとお母さんにも相談できなかったんです…」

妹「でも、お兄さんが帰ってきてくれたら、やっと相談する人ができるのかな…って思ってました…」

俺「…」

妹「なのに…」

妹「やっぱり、お兄さんもそうなんですか…?」

俺「え…」

妹「私のこと……そういう目で見てるんですか…?」

俺「!」

妹の顔は不安そうだった。
そして声はなんだか震えていた。
どうやら俺に怯えているようだった…

俺はなんとかこの場を取り繕わねばと焦った。

俺「…なわけないだろ!妹に欲情とか『それなんてエロゲ?』だよ!まったく…」

妹「…」

妹「本当に…?」

俺「おう」

すると、妹はしばし黙りこんでしまった。

(まだ疑われてんのかなぁ俺……)

俺はますます焦っちまった。

しかし

妹「ごめんなさい、お兄さん」

俺「えっ」

妹「私、お兄さんのこと誤解してました…」

妹「私、てっきり『兄』っていうのはお兄ちゃんみたいな人ばかりだと思ってたんです…」

妹「でも、お兄さんはお兄ちゃんとは違うみたい」

妹「疑ったりなんかして、本当にごめんなさい…」

俺「べ…別に謝る必要なんてないよ……」ハハハ…

なんとか難を逃れた……

そして、
その後さらに、妹は衝撃的な『お願い』をしてきたのである…

妹「ねぇ…お兄さん?」

俺「なに?」

妹「今日から……」

妹「毎晩お兄さんと一緒に寝てもいいですか……?」

俺「っっっ!!!?」

俺は衝撃を受けた。

そして、
たじろぐ俺に、妹は続けて言った…

妹「私、自分の部屋だと、いつお兄ちゃんがやってくるか分からなくて……だから怖くて眠れないんです…」

俺「…」

妹「だから…」

妹「だから私…」

妹「毎晩お兄さんに守って欲しいんです!」(上目遣い)

俺「ぐはぁ…っ!!!」

こうして俺は、
毎晩毎晩、妹とベッドを共にできる夢の約束を交わしたのである。

なに、やましい気持ちなんて何もないんだ。
妹を弟の脅威から守るのは、兄として当然の務めだからな……

その後、
妹は、弟の脅威から解放された安心感からか、
俺の腕を抱き、すやすや寝息をたてて眠りだした。

一方、俺は興奮して眠れなかった……

(なんだこのエロゲ…)

妹の膨らんだ胸が腕に当たって、不覚にも勃起してしまっていたのだ……

(まさか弟は毎晩、妹のこの柔らかい体を弄んでいたというのか…)

善からぬ妄想でチンコは一層ギンギンになってしまっていた……

妹が可哀想というより、
弟が羨ましいという感情が強くなっていた。(我ながら最低なエロ兄貴だ…)

そしてその後、
事件は起こってしまった……

妹に密着され、俺は尚も、悶々とした気持ちのまま寝つけないでいた。

すると、いきなり部屋のドアが開いたのだ。

(なんだなんだ!?)

俺はビックリしちまった。
隣で寝ていた妹も、勢いよく閉まるドアの音で目覚めてしまった。

そして俺は暗闇の中、侵入者に目を凝らした。

すると、

「フンムーッ……!フンムーッ!……」

そこには巨大な物体が鼻息を荒くしてそびえ立っていた…

弟だった。

「…なんで……なんで妹こんなとこにいんの?」フーッ…フーッ…

弟がイライラ声で言った。

どうやら弟は、
妹の部屋に妹が居ないのを知り、俺の部屋まで探しにきたようだ…

いつものように妹を犯すために……

俺は素早く立ち上がり、部屋の電気をつけた。

そして妹を守るべく、ベッドの上で身構えた。

すると…

「お兄さん…」

妹が怯えた声で、俺の脚にすがってきた。

「任せとけ」

そういうと同時に、俺は弟に飛びかかった。
(まあ正直、弟のことは嫌いじゃなかったけど、妹を守るためだ……致し方無かった…)

俺は弟の顎めがけて拳を振りかぶった。

しかし直後、
俺の体がフワッと浮かんだかと思うと、
次の瞬間、俺はクローゼットの扉に叩きつけられていた。

まるで、赤ん坊を抱き上げるかの如く、軽やかな投げ技だった。
(後に、弟は小学生時代から柔道を習っていたことが判明。知的障害者ということで苛められないよう、母が習わせたらしい…)

俺は、弟との圧倒的な力の差を見せつけられ、すっかり戦意を喪失してしまっていた。

俺はクローゼットの扉を背に、ぐったり倒れこんでいた。

目の前のベッド上では、
弟が妹にまたがり、妹の手を抑えつけていた。

「お兄さん!助けて!」

妹が必死に声を上げ、俺に救いを求めている。

しかし直後、妹の声は突然止んだ。

弟の唇が妹の口をふさいだのだ……

「ヂュヂュッ……ヂュビュゴゴゴゴゴゴゴゴゴォオオオオオオオオオオオッッッ!!!!!!」

壮絶に激しいキスだった。

妹の唇を吸いとるかの如く、けたたましい轟音が部屋に響いた……

「…んん……んんぅ……」

妹は言葉も出せず、悲痛な唸りを上げていた。

俺は目の前の惨劇をただただ『傍観』するしかなかった。

そして
あろうことか、その『傍観』はやがて『鑑賞』へと変化してしまっていた…

俺は、弟からレイプされる妹を見て、興奮を覚えずにはいられなくなっていたのだ。

ロリコン且つ、レイプもの好きな俺にとって、
目の前で繰り広げられるロリレイプは最高のsituationだったのである。

いつしか、俺のチンコはギンギンになっていた……

そして、
俺はある思惑のもと、ベッドの前まで歩いていった。

すると、妹は俺が向かってくるのに気づいたようだ。

再度、助けにきてくれたと思ったんだろう。
妹が俺の目を見つめ、必死に救いを求めているのがわかった。

しかし

(ごめんな妹よ……俺はお前を助けにきたわけじゃないんだ…)

俺は、レイプされる妹の目の前でパンツを脱ぎだした。

「っ!!!?」

突然の俺の奇行に、妹は混乱したようだった。

そして俺は、
目の前で繰り広げられる凄惨なレイプシーンをオカズに、
勃起チンコをシコりだしたのである。

無論、それを見た妹の顔は凍りついていた。

そしてその直後、
妹は一層悲痛な表情を浮かべ、目に涙を浮かべだした。

弟は妹とのキスの後、
顔をそのまま下の方へ移動させた。

そして弟は、
薄手のパジャマの上から、妹のおっぱいに顔面を押し付けた。

そのまま弟は、
顔を左右に激しく振り出した。
妹のおっぱいがパジャマの上からタユンタユンと揺れている。
妹は悲痛な泣き声を上げていた。

俺はそれを鑑賞しながら、射精しない程度にチンコをシコりだした。
我慢汁がヤバかった…

そしてとうとう、弟は妹のパジャマを捲った。

(すげぇ……)

俺の、チンコをシコる手は一瞬止まった。

妹のおっぱいが露になったのだ。

乳首は小ぶりで、綺麗なピンクだった。
そして、仰向け体勢にも関わらず、なかなかのデカパイ具合だった。

(妹はホント発育いいんだなぁ……まあ、毎晩弟に犯されてるせいか…)

俺はなんだか感慨深い気分になった。(これが妹の成長を喜ぶ『兄心』ってやつか…)

弟は妹のおっぱいを鷲掴みにして、
左右のおっぱいを中央に寄せた。
そして、
右へ左へ顔を移動させ、
左右の乳首を交互に激しく吸いだした。

「ヂュブォビョォオォオオオオオッ!!!!ブヂュヂュブォビョォオオォオオオオオオオッ!!!!!!」

妹の乳首が取れないか心配になるぐらいスゲー吸引音だった……

そして、
弟が妹のおっぱいから口を離す度、

「ポォオオオォンッッッ!!!!!!」

と激しい破裂音が鳴った。

そのつど、妹の乳首回りは真っ赤赤になっていた…

妹はおっぱいを吸われてる間も、
喘ぎ声なのか悲鳴なのかわからんが、
兎に角ずっと声を上げて泣いていた。

そんな凄惨なレイプシーンを目の前にして、
俺は射精を抑えるのに必死だった。

こっからがいよいよ本番なんだ。
前戯なんかで抜くわけにゃいかなかったからな。

(さあ弟よ、早く俺に妹ロリマンコを見せておくれ!兄ちゃんに最高のオカズをお裾分けするのだっ!!!)

しかし、
そう思った次の瞬間、
弟が満足そうな笑みを浮かべ、突然ベッドから立ちあがったのである…

そして、弟は早々にズボンを履き、部屋のドアに向かって歩きだした。

(え…?)

勃起チンコを握ったまま呆然として突っ立っつ俺。

そして、
弟はすれ違いざま俺の肩をポンと叩き、

「あ?気持ち良かった!兄ちゃんおやすみ!」

そう言って部屋を出ていきよった……

(おい……まだ前戯しかやってねーだろ……本番は?ロリマンコは?ふざけろよ…)

俺は予期せぬ展開に涙目んなった。

それから、
俺はふと妹のお腹に目をやったのである。

するとそこには、
弟の大量の精子が付着していたのであった。

(そうか…)

俺は悟った。
どうやら、弟はマンコに対する知識が無いようだ…
おっぱい吸っただけでセックスした気になってるらしい……
可愛いやつめ。

そして、そう思った直後…

(いや待てよ………ってことは………っ!!!)

俺には嬉しい衝撃が走った……

(妹はまだ処女だ)

妹はベッド上で、
弟の精子を腹に浴びたまま、両手でおっぱいを隠し、天を仰いでいた。

放心状態って感じだった。

俺はティッシュを手にとり、そっと妹の腹の精子を拭ってやった。

そしたら、

「触らないで!変態兄貴!死ね死ね死ね鬼畜ぅっ!!!」

妹が涙目で俺を睨んだきた。

そんな妹に、俺は優しい眼差しを向けてやった。

「なっ……なによ……?」

妹はなんだか動揺していた。

そしてその後、
俺は黙って妹に覆い被さり、ギュッと彼女を抱きしめてあげたのである。

妹「ちょっ…何するの!?触らないで!!」

俺「可哀想に…」

妹「っ!?」

俺「…毎晩おっぱいばっか責められて、今までろくにイかせてもらえたことも無いんだろ?ホント可哀想に……」

妹「いいから死ねよ!この変態鬼畜ゴキブリっ!!!」

妹は殺意のこもった目で俺を睨んだ。

しかし、これもただの照れ隠しなんだと思う。
本当は妹も毎晩毎晩イきたくてイきたくて仕方が無かったろうに…

俺は不憫な妹の気持ちを汲んだ。

そして、パジャマズボンの上から優しく股を開いてやった。

妹「ちょっ…何すんのっ!?」

俺「俺がイかせてやる」

これ以上、妹に寂しい思いをさせるわけにはいかなかった。
兄として、男として、
これが俺の使命だと悟ったのだ。

「いやぁ…!!離してぇ…っ!!!」ジタバタ

妹は必死に抵抗していた。

しかし、
薄手のパジャマズボンの上からパンツを擦ると、
マン汁が滲み出ていた。

嫌がるふりはしていても、
妹は弟におっぱいを吸われてる間、ずっとアソコは感じていたようだ。

(今日こそ、俺がイかせてあげるからな…)

俺は妹のパジャマズボンを脱がし、強引にパンツを剥ぎ取った。

すると、妹の恥丘が露になった。
表面にはうっすらと毛が生えていた。

俺は妹の陰毛を手のひらでそっと擦った。

「ダメぇ…///」

妹が俺の手を掴んできた。
俺は抵抗する妹の手を払いのけ、

「大丈夫だよ、お兄さんが気持ちよくしてあげるから」

そう言うと、
妹の太ももをガッチリ掴んだ。

そしてとうとう、
俺は妹の股を開いたのである…

俺は思わず息をのんだ…

妹の綺麗なロリマンコが姿を現したのだ。

未だ誰にも汚されたことの無い、妹の聖域である。

「見ないでぇ…」

妹が恥じらいの声を上げた。

すると、
まだ、なんの刺激も与えてないのに、入口からはマン汁が溢れだしてきた。

(見られてるだけで感じてやがる…)

(その上さらに、刺激を加えてやったらどうなるんだろう…)

童貞の俺には想像もつかなかった…
そしてまた、それは処女の妹にも想像がつかなかったであろう…

俺は意を決し、妹マンコに顔面を近づけた。

そして

俺は唇をマンコの襞に這わせ、マン汁をすすった。

なんだか少し酸っぱかった。

続いて、俺はクリトリスに吸いついた。
すると…

「んあぁ…っ///」

妹が甘美な声を漏らした。

そして、入口からはマン汁が一層激しく溢れだしてきた。

(ククク……クリが弱点か…)

俺は舌先を尖らせ、クリトリスを上下に転がした。

すると妹は上体を海老反りにし、ビクンビクンと体を反応させ始めた。

そして、弟には教わることがなかった未知の快楽を前に、
とうとう妹のタガが外れたようだ…

「んはぁ…っ///…んくぅ……はあんっ!///」

クリトリスを弄り倒され、
妹は狂ったように喘ぎだしたのだ。

幼い声と喘ぎ声のギャップに俺のチンコはますます膨張した。

辛抱たまらんくなった俺は、
妹の太ももを掴み、股を最大限に開いた。

そして…

ヌプププ…

俺の勃起チンコが妹のロリマンコをくぐりだした。

すると

「っ痛……!!」

妹が苦痛な表情を浮かべだした。

俺「痛いか?」

妹「…だ……大丈………夫…」

俺(いやしかし、俺のマグナムじゃ妹ロリマンコは流石にキツいな……)

俺はゆっくり時間をかけ、少しずつ妹の中に入っていった。

すると妹も、徐々に痛みが引いてきたようだ。

再び快楽の表情を見せ、はぁはぁ息を荒げだした。

そうして、俺のチンコは完全に妹マンコで覆われた。

俺は、亀頭で妹の熱い子宮を感じていた。

兄妹共に童貞・処女を卒業した瞬間であった。

俺「なぁ妹、見てみろよ…」

俺「俺たち………繋がってんぜ…」

妹「…いや………恥ずかしいよ…」

俺「なぁ妹…」

妹「…なに?」

俺「中に……………出してもいいか…?」

妹「っ!」

妹は不安そうな表情を浮かべ、一瞬黙りこんだ。

しかし

俺「やっぱ……ダメかな…?」

妹「…」

妹「いいよ…」

俺「えっ!?マジでっ!?」

妹「」コクリ

妹「私………今ならお兄さんの赤ちゃん………欲しいかも…」

俺「」

妹「中に…」

妹「いっぱい出して///」

俺「…うんっ!!!」

俺は激しく腰を振りだした。

俺「…ハア…ハア……妹のロリマンコ………最高だよ……っ!!!」パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

妹「んはぁっ///……あんっ……あはぁっ///…んくぅ……ああんっ///」ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!

マンコの中では、
俺の我慢汁を吸いとるかの如く、
妹の子宮が俺の亀頭に吸いついていた。

そして

妹「…んああっ///……も…もうダメぇ………んくぅっ///……私…イっ…イっ……イっちゃうぅううぅうううううぁあああぁああああぁあああああっっっ!!!!!!!」

俺「…ハァハァ…ハァハァ……な……中に………中に出すぞぉおおおぉおおおおおおおおおおおおおっっっ!!!!!!!!!!!」パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンッッ

ドビュルリュリョォオオオオオオッッ!!!!!!!!!!!!

妹ロリマンコへの中出しは華麗に決まった。

俺は、しばし童貞卒業の余韻に浸った。

一方、妹はヨダレを垂らし、恍惚の表情で天井を見上げていた。
こちらは齢13にしての処女喪失である。

そしてその後、
俺と妹は互いに抱き合い、『下半身を接合』したまま眠りについたのであった…

俺はチンコを妹マンコから、そっと引き抜こうとした。

すると…

「…あぁんっ///……抜いちゃダメぇ…」

妹が激しく腰を振りだした。

どうやら妹は、俺が寝てる間も一人、朝勃ちチンコの感触を楽しんでいたようだ。

チンコの刺さった入口からマン汁が溢れだしていた。

妹「ねぇ?」

俺「な……なに?」

妹「もう一回、私のオマンコに熱いの出して!」

俺「い…いや、これから学校があるし……妹もそうだろ?」

妹「そんなの休めばいいじゃん!」

俺「えぇ?…」

妹「今日は私とお兄さんが一日中セックスする日なのっ!!!」フリフリ

俺「あっ///ちょっ、おま……あぁっ///」ボッキ!ボッキ!

こうして、
兄妹セックス第2章は幕を開けてしまった。

しかし

「ちょっと???!大学遅刻しちゃうわよ?!」ガチャッ

突然、母が部屋に入ってきてしまった……

言うまでもなく、俺と妹は凍りついた。

因みに、
そのとき俺は妹に騎乗位をさせてる真っ最中だった……

兄妹の情事を目の当たりにした母は

「ぎゃああああああああああああああ???っっっ!!!!!!!!」

と、けたたましい悲鳴を上げ、そのまま地面に倒れこんでしまった。

俺は言い訳の言葉が浮かばず、ただただ頭を真っ白にさせていた。

すると次の瞬間、
どういうわけか、妹は俺のチンコを蹴飛ばした。

「痛っつつ……何すんだよ妹ぉ……」

チンコを抑え、涙目んなる俺。

そんな俺をよそに、妹は素早くパジャマをまとい、母のもとに駆けつけた。

そして、
妹は衝撃の言葉を母に投げかけたのである…

妹「お母さん助けて!あのエロ兄貴が私に乱暴するの!!」

俺「えっ!?」

俺は妹の突然の寝返りに動揺を隠せなかった。

「っ!あんたって子はぁあっ!!!!!」

母が鬼の形相で俺を睨んだ。
妹は怯えた表情で母にすがっていた。

「違うんだってお母さん!これは妹と同意の上で…っ!!」

しかし、
母は俺の言うことなど耳を貸さなかった…

「可哀想な妹ちゃん………怖かったね……でも、もう大丈夫だからね…」

そう言って母は妹の頭を撫でていた。

それを見て俺は観念した……

母は妹とずっと一緒に暮らしてきたのだ…
妹に対する情愛は誰よりも深いはずだ。

それに比べ、母にとって俺は所詮、
昨日まみえたばかりの、得体の知れない男同然だった…

母には俺の説得など、レイプ魔の戯言にしか聞こえないはずである……

帰郷して早々、窮地に立たされた俺は、力無く地面にうなだれた。

そして直後、
母は、俺の人生をも変える『恐ろしい制裁』を宣告したのである…

母「アンタには去勢が必要のようね…」

俺「え…?」

俺の頭は一瞬、真っ白になった。

それから

(セックスが……いや、オナニーが出来なくなったら生きてる意味ねーじゃねーか…!!!!!)

俺は母と妹の前で土下座し、必死に許しを乞った。

しかし、
その甲斐も虚しく、
無情にも運命の瞬間は近づいていた…

「弟くんっ!!!出番よっ!!!」

母は猛獣を召喚した。

弟「なに?お母さん?なになになに?」

母「弟くん、こやつの金玉を引っこ抜いておしまいっ!!!!」

弟「うびゃぁあああぁあああああああ???っっ!!!!!!!」

猛獣が俺に飛びかかってきた。

そして…

俺「うわああぁああああぁぎゃぁああぁへぇえええぇぁああああああああ????っっっ!!!!!!!!」

ブチィッッッ!!!!!!

それから現在…

私は家族から『宦官』の愛称で呼ばれ、
煩悩を捨て去った釈迦のように、穏やかな心持ちで日々を生きている。

性欲など所詮、人間の理性を狂わす邪念でしかない。

私は今後、
出家し、日本全国で自身の体験談を説いてまわるつもりだ。

大いなる邪念を抱いた罪深き民に、
去勢手術を促すために……

ということで、
皆にも是非、私の講演会に御越し頂きたい。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード