萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

寝取り・寝取られ

催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした

結婚してまだ5年程度だけど、すっかりとセックスレスになってしまった。きっかけは、嫁の妊娠出産で、妊娠発覚から今に至るまで、3年ほどセックスをしていない。よくある話と言えば話だけど、まだ30歳の男にとって、セックスを3年しないのは結構辛いものがある。

私は、風俗や出会い系で、金だけの繋がりでセックスをすることには興味がなく、妻に隠れて愛人を作るほど器用でもないので、ひたすら自己処理をする事で我慢してきた。
でも、もともと性癖に少々問題がある私は、他の女性と普通にセックスをするよりは、自分の性癖を投影した妄想でオナニーをする方が、はるかに気持ち良かったのだと思う。

癖のある性癖というのは、今はメジャーな性癖になってしまった感のある、寝取られ性癖だ。私がその性癖を自覚した頃は、寝取られジャンルのおかずは少なかったが、今はそれこそ掃いて捨てるほどあり、いい時代になったものだと思う。

そんなある日、いつものように妻と幼い息子が寝室で寝始めた後、私は自室にこもってノートパソコンで今晩のおかず探しを始めていた。普段通り、NTR使える寝取られサイトや、すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談みたいな寝取られ系の体験談サイトを見ていると、妻を眠らせて友人にイタズラをさせるというシチュエーションが出てきた。私は、そのシチュエーションに猛烈に興奮してしまった。

そして、私はそのシチュエーションを妻に重ね合わせてオナニーをした。それは、いつもよりも興奮が大きく、日頃から早漏気味の私はあっけなくイッてしまった。基本的に、普段は妻が浮気をする妄想が多かったが、寝ている妻が、目の前でイタズラされるというシチュエーションは、その気になれば実行できるかも? と言うところで、興奮が大きかったのだと思う。

妻の日奈子は、29歳で専業主婦だ。妊娠するまでは、中堅電機メーカーのOLをしていた。私と知り合ったのは、スポーツジムでだった。もともと、私も日奈子も身体を動かすのが好きで、スカッシュやクライミングウォールがあるそのジムで、週に3〜4回程度汗を流していた。
クライミングもスカッシュも、相手がいないとできないという所で、よく一緒に汗を流すようになり、お茶や食事を一緒にするうちに、どちらからともなく付き合い始めた感じだった。

日奈子は、160cmで引き締まった体をしている。無駄な肉も少なく、肉感的な感じではない。でも、くびれたウェストがとてもセクシーで、パッと見それ程大きくない胸だが、引き締まった身体なのでアンダーとの差が大きく、ブラのカップはEもあるそうだ。

でも、私が一番好きなのは、リスのような、目がぱっちりとして可愛らしい顔だ。その目で見つめられて、私は一瞬で恋に落ちたのだと思う。
私も、それほど女性経験が多かったわけではないが、日奈子はとにかく最高の女性だった。性格が温和で優しく、まず怒ると言うことをしない女の子だった。そして、なによりも最高だと思ったのは、彼女とのセックスだった。日頃運動や筋トレをしている彼女は、上になっても体力があり、私がイクまで腰を振ってくれることもあるし、なによりも筋肉のおかげなのか、膣の締まりが尋常ではなかった。指を入れて責めていると、イク瞬間、指が折れてしまうのではないか? と思うほどだった。

それなのに、3年もセックスをさせてもらっていないのは、やっぱりキビシイなと思う。でも、それ以外はなにも不満のない、幸せな3人家族だと思っている。

『あなた、朝ですよ〜』
耳元の、日奈子の優しい声で目が覚める。私は、幸せを感じながらおはようと言う。すると、ニッコリと笑いながら唇にキスをしてくれる日奈子。
『朝ご飯、出来てるよ』
と言って、部屋を出ていった。私は、ベッドを抜け出し、リビングに行く。すると、
「パパ、オハヨー」
と、息子がまだたどたどしい言葉で言ってくる。生まれてからずっと可愛い息子だが、言葉を話すようになって、さらに可愛いと感じるようになった。私は、笑顔で挨拶をして、食卓についた。幸せな、朝の光景だなと思いながら、こんなに幸せなのに、昨晩も異常な妄想でオナニーをしてしまったなと、罪悪感のようなものを感じた。

『どうしたの? なんか、お疲れ?』
私は罪悪感で暗い顔になっていたのか、日奈子が心配そうに聞いてきた。寝起きだからだよとごまかしながらも、私は日奈子がイタズラをされている姿を想像してしまった……。
その後は、なんとか勃起を隠しながら朝食を食べ、いつも通りに会社に向かった。
私は、医療系の電子機器メーカー勤務で、営業をしている。たまたま、昔の同級生で医者になっている友人が何人かいて、色々とよくしてくれているので、営業成績もそれなりに良く、会社では待遇も良い。本当に、持つべきものは友人だと思う日々だ。

そして、いつも通り出社し、いつも通り客先廻りに出る私。と言っても、医者の友人と食事をしたり、お茶をしたりするような気楽な感じだ。
その中でも、親父さんの病院で跡取りとして働く淳は、私の一番の親友だ。医師免許を取るのは大変だったと思うが、それをクリアした淳は、人生超イージーモードが確定していると言ってもいいと思う。もちろん、それなりに大きな病院なので、苦労はあると思う。でもそれは、持たざる者の苦労ではなく、持つ者の苦労だと思う。

そして、今日はオペもなく、ヒマしていた淳と、彼の事務室でお茶をしていた。
「なんで結婚しないの?」
私が質問すると、
「まだ遊びたいしね。結婚って、どうよ?」
と、淳も聞いてくる。淳は、見た目はすごく真面目そうで、眼鏡がよく似合うインテリ系のイケメンだと思う。でも、その眼鏡も実は度が入っていない伊達眼鏡らしい。自分のキャラクターを理解して、それをさらに強化しているあたり、抜け目がないなと思う。私は、結婚の良さと、子供の可愛らしさを力説した。

「確かに、お前と日奈ちゃん見てると、結婚も悪くないかもなって思うよ。でもなぁ、なんか、計算高い女ばっかで、恐ろしいわ」
淳はサラッと言うが、実際、彼には金目当ての女がわんさかと群がってくるらしい。確かに、30歳にしてポルシェのGT3を転がしている彼に、金好きの女が群がらないはずもないと思う。

そんな、ごく普通の雑談をしているとき、私は昨日の夜のことを思い出していた。
「そう言えばさ、睡眠薬って、効いて一旦寝たら、なにしても起きないの?」
「はぁ? そんなわけないだろ? ていうか、そんな事聞いて、どうするつもりだ? 犯罪にでも手を染めるのかよ」
と、笑いながら言ってきた。そして、色々と説明をしてくれた。詳しくは書けないが、睡眠薬にも色々種類があるようで、基本は睡眠を導入するだけなので、起こせば起きるらしい。でも、中には泥酔したような状態に持っていくタイプのものもあり、それだとまず起きないそうだ。また、与える量のコントロールで、催眠術にかかったような状態にする事も出来なくはないそうだ。私はそれを聞き、猛烈に興奮してしまった。まさか、そんな事まで出来るとは思っていなかったので、妄想が一気に広がった。

「なぁ、日奈子の事って、どう思う?」
私は、喉がカラカラになる感覚でそう言った。淳も、私の普通ではない様子に、ちょっと不信感を持っているようだ。彼は、いぶかしむように、
「え? どうって、可愛いと思うけど」
と答える。
「エッチしたいって思う?」
私は、声が震えるのを感じながら聞いた。
「はぁ? なに言ってんの? バカじゃねーの?」
淳は、私がただ冗談を言っていると判断したのか、不審そうな顔が消えて、いつもの笑顔に変わっていた。

「お前ってさ、寝取られ性癖ってどう思う?」
私は、真剣な顔で聞いた。
「寝取られ? えっ? そう言うことなのか? それで日奈ちゃんのこと聞いたのか?」
淳は、驚いた顔で言う。私は、黙ってうなずいた。

「いやいや、それはやめておけって。妄想だけにしとかないと」
淳は、意外なほど真面目にそんなことを言う。学生の頃なんかは、彼氏のいる子や人妻でも、平気で手を出していたはずだ。

「……寝てれば、問題ないだろ?」
私は、核心に触れた。
「いや、それは……。おかしいって、そんなのは!」
淳は、少し怒っているような感じだ。

「日奈子のこと、自由にしてみたくないか?」
私は、引っ込みがつかなくなってそう言った。
「……本気なのか?」
「冗談で言える話じゃないだろ?」
私は、淳の様子を見ていけそうだと判断し、ダメ押しをした。
「俺のお願い、聞いてくれるよな?」
と言った私。その意味は、淳にもすぐに伝わった。私は、彼に沢山貸しがある。淳が女関係で揉めると、私が間を取り持って丸く収める……。そんな事が、両手で足りないほどあった。

「……そりゃ、お前のお願いなら聞くしかないけど……。良いのか? ていうか、どこまでさせるつもりだ?」
淳は、少し嬉しそうと言うか、ノッて来た感じがある。
「まずは……見るだけじゃダメかな?」
私は、色々なパターンの妄想をしていたくせに、口から出てきた言葉はそんなソフトなものだった。やっぱり、実際に妄想が現実になるとしても、ビビってしまうものだなと思った。

「それなら全然OKだよ。じゃあ、どうする? こっちはいつでも準備出来るけど」
「じゃ、じゃあ、今日はどうだ? 一緒に、ウチで夕ご飯でも食べないか?」
私は、たぶん、興奮で目が血走っていたと思う。
「マジか……良いぜ。じゃあ、準備しとくな」
淳は、やっと本来のチャラい感じに戻っていた。意外に、真面目な部分があるのに驚いたが、考えてみれば、こんな限りなくグレーというか、ブラックな事を言い出した友人に、構えてしまうのは当然だと思う。

そして私は、午後は浮かれる気持ちを抑えるのに必死だった。昨日の妄想が、早くも今日叶う! そう思うと、楽しみで仕方なかった。
私は、浮かれる気持ちで日奈子にメールをした。淳が遊びに来るから、夕ご飯1人分余分に作って下さいと。すると、すぐにOKの返事と、帰りに買って来て欲しい食材の指示がメールで帰ってきた。見栄を張るわけではないと思うが、冷蔵庫にあるもの達よりも、ランクの高い食材を買ってきて欲しいみたいだ。

それでも、すごく高いものではなく、せいぜい特売が普通に売られているものに変わるとか、そんな程度のものだ。慎ましくて節約志向の日奈子は、本当によく出来た嫁だと思う。

そして、定時になり、急いで家路につく。金曜日と言うこともあり、飲みの誘いもあったが、子供が熱を出したとか言いながら、速攻で帰っていった。
でも、スーパーで食材を買いながら、ドキドキしてきてしまった。

実際に、妻の裸を他人に見せる……。普段の妄想から比べたら、全然ソフトでたいしたことのないシチュエーションだ。でも、夫の私だけが見ることを許される日奈子の裸体だ。私は、バカなことをしようとしているんじゃないかな? と、不安も大きくなってきた。

すると、淳からメールが来た。これから向かうというメッセージだった。いつものんびりとマイペースな彼にしては珍しく、行動が早い。私は、彼も楽しみにしているんだなと感じて、焦り始めてしまった。今さら中止に出来ない……。そんな焦りだ。

そして、私は買い物を終えて、急ぎ足で家に向かった。

『おかえりなさ〜い。買ってきてくれた?』
キッチンから、日奈子の元気な声が響く。普段、私以外の人間と接する機会が少ない彼女は、こうやって友人が遊びに来るのは、本当に嬉しいみたいだ。私は、買ってきたものを渡しながら、突然ゴメンねと詫びた。
『いいよ〜。淳さんだったら、大歓迎だよ!』
日奈子は、とくに深い意味もなくそう言ったのだと思うが、今の私の心理状態だと、淳に好意を持っているんじゃないか? と、邪推してしまう。

私は、日奈子のその言葉で迷いが消えた。そして、料理を始めた嫁。すでに、下ごしらえ的な準備は終わっていて、手際よく作っていく。私は、部屋着に着替えて息子と一緒に遊び始める。この後する事を考えると、子供の顔をまともに見られないなと思いながらも、ブロックを積み上げたりして遊び続ける。すると、インターホンが鳴って淳がやって来た。

「こんばんは〜。お邪魔します」
にこやかに部屋に入ってくる淳。ワインボトルとスーパーの袋を持っている。
「これ、適当につまみとか買ってきたから」
中を見ると、チーズや生ハムなんかが入っていた。
『ありがとうございます! わっ、なんか、高そうなヤツばっかりだね!』
日奈子のリアクションを見て、微笑む淳。いつも群がってくる女達とは違う、天然でスレていない日奈子に癒やされている感じだ。

そして、ワイワイと賑やかな食事が始まった。
「いいパパしてるんだな。お前が子供の面倒とか、信じられないよ」
淳が私に言う。確かに、自分でもこんなに子煩悩になるとは思っていなかった。
『淳さんは、結婚しないんですか? すっごくモテますよね?』
日奈子が、不思議そうに聞く。夫婦そろって同じことを聞くなんて、似たもの同士なのかな? と思う。

「う〜ん、良い相手がいたらね。日奈ちゃんみたいな良い子、どこにもいないんだよね〜」
淳がそんなことを言う。
『またまた〜。私なんて、どこにでもいるような普通の女ですよ〜』
日奈子はそんなことを言いながらも、わかりやすく上機嫌になる。こういう所も、本当に可愛いなと思う。

「いやいや、いないって。本当にこいつが羨ましいよ」
淳は私に向かって言う。
『いい人なんて、すぐ見つかりますよ! 結婚式、ハワイとかでやって下さいね! 絶対に出席しますから!』
日奈子は笑いながら言った。
食事が終わり、息子を先に寝かしつけると、リビングでワインを飲み始めた。ワインを飲んでいると、淳が日奈子にチーズを勧める。
「これ、ちょっと癖があるけど、女性には人気なんだよ」
淳の言葉を受け、日奈子がつまむ。
『あっ、本当だ。ちょっと独特の味がするけど、女の子が好きそうな味だね!』
そう言って、パクパク食べる日奈子。私も興味をもって手を伸ばそうとしたが、
「あ、悪いけど、水持って来てくれる?」
と、少し慌てて淳が言う。鈍い私も、やっと意味がわかり、キッチンに水を取りに行こうとする。日奈子が、私が行くよと言ってくれたが、食べててと言って私が行った。

そして、私が持って来た水を飲む淳。
「ちょっと、飲み過ぎた」
と、おどけて言うが、少し緊張している感じだ。それからは、ビックリするくらいに早く事が進んだ。
『あれぇ、私も飲みすぎたかな?』
と、ろれつが怪しい日奈子。ソファの方にヨタヨタと歩いて行くと、そのまま崩れ落ちるようにしてソファに突っ伏す形で寝てしまった。床に横座りみたいに腰を降ろし、ソファの座面に突っ伏す嫁。

「こんなに効くのか?」
と、思わず聞いてしまった。
「あぁ、これで、まず朝まで起きないよ」
緊張した声で答える淳。

「こんなにヤバいヤツがあるんだな……」
私は、こんなものならば、犯罪にでも使えてしまうなと思った。
「あぁ、だから、出回ってないよ。それに、これは俺が調合してるしな」
奥歯にものが挟まったような言い方をする淳。
「結構、使ったことあるのか?」
私は、ドキドキし始めていた。

「昔な。今はやってないよ」
淳はあまりしゃべりたくないみたいだ。彼なら、こんなものを使わなくても、いくらでもセックスする相手はいたはずだ。きっと、彼なりの性癖とか、後腐れがないようにとか、色々な事情はあるのだと思う。私も、人の性癖をとやかく言える立場ではない。

私は、嫁の肩を軽く揺すり、
「風邪引くよ、日奈子、起きて」
と言ってみた。でも、本当に深い眠りに落ちているみたいで、まったく起きる気配はない。

私は、ゆっくりと日奈子の身体を動かして、床に仰向けに寝かしてみた。寝ている日奈子の姿は、とても美しいと思った。部屋着の上からでも、くびれたウェストがわかるし、胸の膨らみも大きいと思う。まだ断乳していないので、妊娠前よりもおっぱいが張ってサイズもアップしているのかも知れない。
妊娠以後、セックスをしていないこともあって、ろくに嫁の胸を見ていないので、サイズの変化は想像でしかない。

「始めるか……」
私はそう言って、嫁の上着のボタンに指をかけた。そして、一つずつ外していく。
「なんか、スゲぇドキドキするな……」
淳は、多少緊張している感じはあるが、顔がエロい感じになっている。

そして、すぐに上着がはだけてブラが姿を現わす。ごく普通のピンク色のブラで、多少、使い古した感じがある。そんな、生活感あふれるブラでも、淳に見られてしまっていると思うと、異様なほどドキドキする。

私は、微妙に震える指で、日奈子のブラジャーを外した。すると、真っ白なお餅みたいな胸が、プルンと揺れて姿を現わした。恥ずかしがりで、授乳の時も見せてくれない日奈子。久しぶりに見た日奈子のおっぱいに、私は生唾を飲んで興奮した。

「こんなに大きいんだ。すごく着やせするんだな」
淳が、舐め回すように日奈子の胸を見ながら言う。
「あぁ、まだ授乳もしてるしな……」
私はそう言って、日奈子のブラと上着をそっと脱がせていった。上半身裸になった日奈子。そして、それを見つめる淳。私は、とうとうやってしまったなと思いながらも、興奮がおかしなぐらい高くなっていた。

「触ってもいいか?」
淳も興奮した声で聞いてくる。私は、黙ったうなずいた。すると、すぐに淳が日奈子の胸を揉み始めた。
起きてしまうかも? と言う心配はまったくしていないような感じで、結構強めに揉む淳。
「柔らかいけど、全然垂れてないのな。こんなおっぱい、初めて見るよ」
うわずった声で言いながら、日奈子の胸を揉み続ける淳。かなり興奮しているようだ。

でも、私の興奮は、今までの人生で一番と言ってもいいくらいの大きなものだった。私ですら、3年も触っていない日奈子の胸を、嬉しそうに揉み続ける淳。羨ましいとさえ思ってしまう。

「アレ? これ母乳か?」
淳は、興奮した声で言う。すると、日奈子の乳首から、乳白色の液体が少し漏れ始めていた。母乳が出すぎる日奈子は、たまに搾乳したりしている。なので、揉んだだけで出てきてしまったのだと思う。

すると、淳が断りもなく日奈子の乳首を口に含んだ。そして、音がするほど吸い始めた。私は、激しく嫉妬してしまった。私ですら飲んだことがないのに、淳は遠慮もなく日奈子の母乳を飲み始めてしまった。
「意外に美味いな。でも、生暖かい」
そう言って、結構な量を飲んでしまった淳。そのまま、日奈子の乳首を責め始めた。

舌で舐めたり、指でこすったりする淳。
「おぉ、勃起してきたぞ」
と、嬉しそうに言う。言われなくても、日奈子の乳首が大きくなってきたのはわかる。淳は、執拗に乳首を責め続ける。
『ん……んぅ……ぅ……』
微妙な声が、日奈子から漏れ始める。寝ていても、性感は感じるんだろうか?

「可愛い声だな。下も脱がせるぞ?」
淳はそう言って、私の返事を聞く前に、日奈子の部屋着のズボンに手をかけた。そして、するすると脱がせていく。すると、ブラとは色の違うショーツが姿を現わした。ちょっと大きめのそのショーツは、色気も何もない日常づかいの下着だ。でも、そんな日常的で上下色も違う下着が、よりリアルな感じがして興奮してしまう。

淳は、日奈子をショーツ一枚にすると、大胆に足を広げた。

月に一度、妻は親友の妻になる完

『欲しい……です……』
さとみは、とうとうこらえきれずに言ってしまった。夫のために、他の男性に抱かれようとしているさとみ……。
でも、女性経験豊富な雅治の焦らしのテクニックに、さとみは根を上げてしまった。

夫の直之に、さとみはすべてを捧げてきた。ファーストキスも、処女も捧げた。そんな、夫しか知らないさとみなので、愛のない他の男性に何をされても感じるはずがないと思っていた。そんな、乙女のような幻想を持っていた。

でも、さとみは自分の子宮の奥が、キュンキュンとうずくのを自覚していた。それだけではなく、繰り返される亀頭部分だけの短い焦らしのストロークの前に、奥まで欲しいと言ってしまった。

欲しいと言った次の瞬間、さとみは深い後悔の念を抱いた。でも、すぐに雅治が腰を突き入れてきたことで、そんな後悔は霧散した。
『はぁあぁぁっんっ! うぅぁぁっ!』
一気に奥まで突き入れられて、さとみは声を抑えることが出来なかった。さとみは、一瞬で頭が真っ白になった。
(こ、こんな……私、もしかして今イッたの? そんなはずない……)
さとみは、パニックになりながら、そんなことを考えた。

「さとみ、ずっと好きだった。やっと夢が叶った」
雅治は、パニックになっているさとみを真っ直ぐ見つめながら、そうささやく。さとみは、雅治の真っ直ぐな視線と、その言葉に胸がドキンとした。こんなにも長い期間、ずっと私を思っていてくれた……。さとみは、そんな雅治の気持ちを、嬉しいと感じてしまった。

たった今、夫への純潔を汚してしまったばかりなのに、そんな事を思ってしまった自分を、さとみは恥じた。
(私、どうかしてる……。嬉しいなんて、思っちゃダメだ……)
でも、雅治が動き出すと、そんなことを考える余裕も消えた。

雅治は、優しく腰を動かし始めた。ゆっくりとした動きで、ソフトにペニスを出し入れする。さとみは、雅治のペニスが抜けて行くときに、身体が痺れるような喪失感を感じ、抜けそうになったところで、雅治のペニスがまた押し込まれてきたとき、頭がボーッとするような多幸感を感じていた。

『うぅ……あっ! んっ! ふぅあぁ……んんっ!』
さとみは、必死で声を押し殺そうとしている。でも、どうしても甘い吐息が漏れていく。
(ダ、ダメぇ、こんなの……あぁ、感じちゃダメ……声……あぁ、ダメ、我慢できない……)
さとみは、どうしても漏れる声に、自分自身が嫌いになりそうだった。そして、助けを求めるように愛する夫に視線を送った。

直之は、雅治が結局そのままコンドームも無しで挿入し、腰を動かし始めるのを、血の涙が出そうな気持ちで見ていた。そして、甘い吐息を漏らすさとみに、絶望を感じていた。
さとみほどのロマンチストではない直之は、愛する相手以外とでは感じない……等とは思っていなかった。でも、さとみがこんなにあっけなく顔をとろけさせてしまうとは思っていなかった。

すべて自分の責任だ……。直之が自虐的にそんな風に思っていると、いきなりさとみが直之を見た。
直之は、とろけた中にも、どこか不安そうな表情を浮かべるさとみと目が合い、狼狽してしまった。

さとみは、夫の直之と目が合ったことで、激しく罪悪感を感じていた。どんな理由があるにしても、夫以外の男性の、避妊具も何も付けていない剥き出しのペニスを受け入れている状況は、真面目で純真なさとみには、汚らわしい不貞行為としか思えなかった。
それなのに、雅治のペニスが出入りするたびに、気持ちとは裏腹に甘い声を漏らしてしまう自分が本当に嫌だった。
『うぅっ! ぅ、あっ! んっ! うぅあぁ、ヒィ……あっ♡』
さとみは、雅治のゆっくりとした動きに甘い声を漏らしながら、快感を自覚していた。認めたくないのに、自分が快感を感じていることを、もうごまかせなくなっていた。

直之の目を見たまま、甘い声を漏らしてしまうさとみ。それを見て、固まってしまったように、身動き一つ出来ない直之。直之は、自分が招いた状況にも関わらず、さとみに裏切られたような感情を持ってしまっていた。
実はさとみも雅治のことがずっと好きで、いま思いが叶って幸せだと感じている……。それなので、性的快感も感じてしまっている……。直之は、そんなありもしない妄想に取り憑かれていた。

『あっ! あっ! ン、ふぅ……あぁっ♡』
さとみは、必死で声を押し殺そうともがいていた。直之の顔を見つめることで、快感が消えると期待して直之の目を見つめているが、不思議なことにより快感が強くなるような気がした。
罪悪感や背徳感が、身体に影響を及ぼしているのだと思う。不倫にハマる人間の心理のようなもので、ダメだと思えば思うほど、より深い快感を感じてしまうのかもしれない。貞操観念の強い人間ほど、堕ちるのは早いのかもしれない。

雅治は、さとみが直之のことを見つめているのが嫌だった。今、夢が叶ってさとみを抱いているのに、心までは抱けていない……。それは、最初から覚悟していたはずだ。でも、雅治はさとみの心まで抱きたいと思っていた。無理だとはわかっていたが、強くそう思っていた。
でも、さっきからのさとみのリアクションを見て、希望があると感じていた。

さとみは、間違いなく感じている。紅潮した顔、時折ギュッと拳を握りしめるところ、太ももをピンと伸ばすように力を込めるところなど、感じている女性そのものだ。何よりも、さとみが直之の方を見て目が合った瞬間、膣が痛いほどに締まったのを雅治は感じていた。

雅治は、その長いペニスでさとみの膣をほぐした。焦る気持ちを押し殺しながらゆっくりと動き、膣に雅治のモノの形を覚え込ませた。雅治のペニスは、いわゆる巨根ではない。だけど、直之のモノよりも長くて上向きに反り返っている。
ペニス自体の性能差はそれほどないはずだが、豊富な経験から雅治は自分のペニスのことを熟知していた。どう動けば女性が喜ぶのか……。その知識の差が、この後痛いほど効いてくるとは、直之は知るよしもなかった。

雅治は、さとみの膣がトロトロになってきたのを確認すると、動きを変えた。さとみに覆いかぶさっていた身体を起こし、さとみの両脚を伸ばして抱えるようにする。
さとみが仰向けで寝て、伸ばした脚を90度上に上げている状況で、それを身体を起こした雅治が抱えている格好だ。
その体位で雅治が腰を動かし始める。この格好だと、雅治の上反りのペニスが、さとみの膣壁の上側を強烈にこすりあげる。そこは、Gスポットなどと呼ばれる部位で、そこを亀頭でしつこいくらいにこすり続ける雅治。

『んっ! んーっ! ンふっ! ふぅンッ! ンンッ♡ あっ♡ あっ♡ ダ、ダメ、そこ、ダメぇ……あぁっんっ♡』
さとみは、生まれて初めてした体位に、心の底から驚いていた。雅治のペニスは、さっきから自分の気持ち良いところにしか当っていない。
夫とのセックスでは、ピストンされているときにまれに当る程度のその場所に、雅治は亀頭を当ててこすり続けている。
(どうして知ってるの? 私の気持ち良いところ、なんで雅治さんが?)
さとみは、パニックになりながらも、快感で身体に力が入ってしまうのを止められなかった。そして、身体に力を入れて脚をピンと伸ばせば伸ばすほど、爆発的に快感が増えるのを感じていた。
脚に力を入れれば入れるほど、雅治との身体の角度がより鈍角になり、てこの原理でさらにGスポットを強く押し上げるようになる。そんな、蟻地獄のような状況に、さとみは頭が白くなっていくのを感じていた。

直之は、射すくめられたようにさとみの目を見続けていた。本当は、目をそらしたい……。そんな気持ちなのに、泣きそうな目で見つめてくるさとみから、目をそらすことは出来なかった。
さとみは、頬を赤くして上気した顔をしている。そして、脚をピンと伸ばし、足の指をギュッと内側に巻き込むように曲げている。

どう見ても、さとみは雅治とのセックスで感じている……。そんな事実に、直之は身体が震えた。でも、二人が一つになったときから、直之はイキそうになるのを必死で抑えていた。もちろん、直之は着衣のままだし、ペニスには指1本触れていない。それなのに、直之は自分が射精してしまいそうなことに驚いていた。
寝取られ性癖? そんなものが自分にあるとは思えない。でも、直之は自分が興奮しているのを、さとみが他の男に抱かれているのを見て興奮しているのを、認めるしかなかった。

『あっ! アンッ♡ ダメぇ、そこ、こすっちゃダメぇ、ダメ、本当に、あぁっ! あっ♡ アァァンッ♡』
さとみは、変わらず直之を見つめている。目をそらした瞬間、自分が抑えきれなくなるのをわかっているかのように、必死で愛しい夫の姿を見つめ続ける。

それなのに、甘い声で泣き続けてしまう自分に、さとみは絶望感を感じていた。そして、さとみはさらに絶望感を感じることに気がついたしまった。夫の直之は、着衣の上からでもハッキリとわかるくらいに、勃起していた。
(そ、そんな……どうして? 私が雅治さんに抱かれてるのに、興奮してるの?)
純真なさとみは、本当に驚いていた。彼女は、寝取られ性癖というモノの存在自体を知らないくらいにウブだったので、余計に夫のその状況が異常に思えてしまった。

直之は、さとみの視線が下がったのを感じた。そして、戸惑いとか、不審の表情になったのを感じた。その様子に、直之は自分のいきり立ったペニスを見られてしまったことに気がついた。でも、見られている状況で今さらそれを隠すことも出来ず、恥ずかしさと罪悪感で顔を伏せてしまった。

さとみは、そんな夫の仕草を見て泣きそうだった。そして、夫から目をそらすように顔を上に向けた。すると、それを待っていたように、雅治の唇が重なってきた。さとみは、一瞬それを振りほどこうとした。でも、自分の立場を思いだし、思いとどまった。

雅治は、さとみに濃厚なキスをしたまま腰を振り続ける。さっきと体位が変わり、Gスポットへの刺激が弱くなり、さとみは思わず身体を反らすようにした。そうすることで、雅治のペニスが気持ち良いところから離れないようにしようとした。無意識にそんな行動をとってしまい、さとみはすぐに慌てて身体から力を抜いた。
(私、何してるんだろう? 自分から当るようにして……こんなのダメなのに……)
さとみは、雅治に舌を絡められて、彼のことを好きとか嫌いとか関係なく、身体を痺れたような快感が駆け抜けるのを感じていた。

口の中をかき混ぜられ、生のペニスで膣を責められると、快感がどうしようもなく大きくなっていく。今回の雅治の件が決まって以来、さとみは一度も夫に抱いてもらっていない。そんな余裕がなかったというのも事実だが、お互いにそんな気持ちになれなかったという方が大きい。

雅治は、さとみと舌を絡めながら腰を振り、無上の幸せを感じていた。どんな形であっても、思いが遂げられた。そして、さとみも確かに感じてくれている。
雅治は、経験に基づいて、さとみに覆いかぶさったまま両手をさとみの腰のあたりに差し込んだ。そして、さとみの腰を持ち上げるようにする。
『ンフゥッ!!』
さとみは、再び気持ち良いところに雅治のペニスが当たり始め、キスしたまま強くうめいた。さとみは、自分が大きな快感の渦の中にいることを自覚した。
雅治の腰の一突き一突きに、さとみは身体がのけ反るようになり、下半身にギュッと力が入ってしまう。そして、足の指が真っ白になるほど内側に曲げられていて、さとみはオーガズム寸前という感じだ。

さとみは、すでに当初の気持ちと変わっていた。当初は、夫以外の男性の手で、感じないように……声を出さないように……そんな気持ちだった。それが今、せめてイカないように……夫以外の男性の手で、イカないように……そんな風に変わっていた。

必死でイカないように全身をこわばらせるさとみ。でも、それが雅治の快感につながっていた。強烈に締まる膣……女性経験が豊富の雅治も、早くもイキそうな感覚に陥っていた。

さとみは、すがるような思いで夫を見た。でも、夫の直之の表情は、どう見ても興奮した男のそれだった。そして、その股間も、見てすぐにわかるほど盛り上がっていた。
さとみは、考えるのを止めた。

「あぁ、さとみ! イクっ!」
雅治は、キスを解くとそう叫んだ。そして、ペニスを一番奥まで押し込みながら、身体を震わせた。
さとみは子宮の奥に、熱いほとばしりを感じた。それは、ただの気のせいなのかもしれないが、確かにさとみは熱を感じた。
『んんっーっ! ンフゥッ!!』
さとみは、雅治が身体を震わせると同時に、大きくうめいた。間違いなく、さとみはオーガズムを感じていた。でも、それを夫に気取られないように、歯を食いしばるようにして耐えた。

直之は、目の前で雅治の中出しを受けながら、必死で歯を食いしばってうめいているさとみを見て、信じられないほどの快感を感じていた。もう少しで射精してしまうほどの快感の中、直之は、自分が開けてはいけないドアを開けてしまったことを自覚した。

その日は、そこで終わった。雅治はすぐに身体を離すと、シャワーも浴びずに帰って行った。そして、さとみはすぐにシャワーを浴びに行った。

シャワーから出てきたさとみは、
『ゴメンなさい……』
とだけ言った。直之はすぐに自分も謝罪して、さとみを抱きしめた。何度も謝りながら、さとみをギュッと抱きしめた。
『あなた……すぐに抱いて下さい……』
さとみは、潤んだ瞳で直之に訴える。直之も、当然そのつもりだった。さとみの中の雅治の肉の記憶を消すため、すぐに抱くつもりだった。

直之は、さとみにキスをした。激しく舌を絡めるキスをすると、すぐにさとみの舌が絡みついてくる。雅治としたときとは違い、さとみも舌を絡めていく。

そして、直之は脱ぐのも脱がせるのももどかしく、半着衣のままさとみに挿入しようとした。でも、直之のペニスは硬度を失っていた。焦れば焦るほど、どんどん柔らかくなっていくペニス……。そのまましばらくあがいたが、結局硬度ゼロになってしまった……。
「ゴ、ゴメン……」
直之は、情けなさで泣きそうになりながら謝った。

『……私が……』
さとみはそう言うと、直之のフニャフニャのペニスを口に含んだ。そして、あまり上手とは言えないながらも大きくしようともがいた。でも、ダメだった……。

この時以来、直之とさとみはセックスをしていない。しかし、直之は、完全にインポになってしまったわけではない。さとみが雅治に抱かれているときだけは、おかしなほど勃起することが出来た。直之は、ある意味では壊れてしまったのかもしれない。

——そして今、食卓の椅子に座る雅治に、さとみは自分からキスをしている。そのうえ、さとみは挑発的な目で直之を見つめる。
直之は、自分のペニスが固さを取り戻すのを感じていた。あの一件以来、直之はさとみとセックスをするために、なんとか勃起させようと努力をした。バイアグラも試したし、さとみと雅治とのセックスを盗撮した動画を見ながら、なんとかさとみを抱こうとしたこともある。でも、どれもダメだった。

不思議なことに、この目でさとみが抱かれる姿を見ないと、どうしても勃起してくれなかった。雅治とのセックス中に、割り込む……それしか方法はないのかもしれない。でも、夫として、男として、それだけは出来なかった。

さとみは、直之の目を見つめながら、雅治と唾液を交換するような濃厚なキスをする。初めは、インポになってしまった直之を、なんとか治すためにしたことだった。挑発することで、直之の興奮が増し、治るのではないか……。そんな気持ちだった。
でも、今はそれもわからなくなっていた。さとみは、直之を興奮させるという名目で、単に自分が楽しむためにそれをしているのではないか? そんな風に思っていた。そしてそれは、半分以上は正解のはずだ。

さとみは、キスをしたまま雅治の服を脱がせていく。アメリカンポルノの女優のような事をするさとみ。ウブで純真なさとみが、こんな事をするまでになっていた。3年間、毎月一度雅治に抱かれ続けてきたさとみは、すっかりと開発されてしまっていた。
たかが月に一度のことなのだが、最初の時こそ一度イッたらお終いだった雅治のセックスは、一日中に変わっていった。
ほぼ24時間、仮眠を取りながら身体を交わす二人。食事も、トイレでさえ二人は身体を繋げたままするようになって行った。
食事も、雅治が口移しで食べさせ、飲み物もそうした。仮眠状態でも、柔らかいままのペニスを挿入したままだった二人。
さとみが開発されるには、充分な時間だった。

さとみは、雅治の上半身を裸にすると、その乳首に舌を這わせた。そして、舌を乳首に絡ませながら、ズボンの上からペニスをまさぐる。
そんな事をしながらも、時折直之に視線を送るさとみ。

今では会社の危機も乗り越え、息子と3人なに不自由ない生活を送っている。さとみは、毎月雅治に抱かれながらも、純真さを失わずにいる。そして、夫への愛も失っていない。逆に、日に日に強くなっていると感じている。でも、夫に抱いてもらえない日々は、さとみにとっては辛いモノだった。そして、その辛さを雅治で紛らわそうとする事は、けっして責められるものではないはずだ。

だが、さとみは不安だった。月に一度のその日だけではなく、さとみが雅治のことを考える時間が増えていた。それは、身体を交わし続けることで、気持ちまで移っていってしまうということなんだろうかと……。

でも、さとみはさらに雅治のことを責める。ズボンも脱がしていき、剥き出しになったペニスに、舌を這わせていく。そして、雅治のカリ首や茎を舐めつくすと、大きく口を開けて雅治のペニスを口に含んだ。

さとみは、今では雅治のペニスを口に含むのが密かに楽しみだった。もともと、夫の直之も求めてくることがないので、フェラチオ自体ほとんどしたことがなかった。
でも、雅治は必ず口での奉仕を求めてくるし、30分以上舐めさせられることもある。でも、さとみはそれを楽しみと思うようになった。口の中で、より固くなったり、ビクンビクンと脈打つ感覚、そして、焦らすと切なそうな表情になるのを見ていると、とても愛おしくて、可愛いと思ってしまう。それはペニスに対しても、同じだった。

強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた完

『……また柔らかくなったな』
美里が、悲しそうな声で言う。私は、美里の膣から抜け出てしまったペニスを見ながら、
「ゴメン……。本当にゴメン」
と謝ることしか出来なかった。最近、子作りをしようと決め、避妊具無しでセックスをするようになったのに、いつも途中で私が中折れしてしまって最後までする事が出来ないでいた。

『ハァ……。ちょっと待ってろよ』

美里はイラッとした口調で言いながら、私のペニスを口に含んでくれた。そして、舌が絡みついてきて強烈なバキュームも始まる。すごく気持ち良いが、ペニスはさらに柔らかくなってしまう。
『ハァ……。アイツのチンポは、すぐにガチガチになったのに……。アンタのは小さくクセに全然大きくならないんだな』
美里は、小馬鹿にするように言う。
『アイツのは、ぶっとくて固くて、アンタのじゃ届かないところまで届いてたよ』
美里は、イヤらしく手コキしながらそんな事を言う。すると、私のペニスが一気に固さを増していく。
『おっ、カチカチになってきた。ホント、ド変態だな』
美里はそう言って、私にまたがってきた。すぐに私のペニスを根元まで挿入すると、いきなり強く腰を振り始めた。
『あっ、あっ、康太、気持ち良いっ。赤ちゃん欲しいっ! イッてっ! 康太、イッてっ!』
美里は、すぐに気持ちよさそうな声であえぎだし、そんな事を言ってくれた。私は、一気に快感が高まり、美里のことを愛しているという気持ちでいっぱいになった。

『あっ、あぁっ! 康太、あいしてるっ!』
美里はそんな風に言いながら腰を振り続けるが、私はどうしても悠斗としてるときの美里を思い出してしまう。いま、私としているときとはまったく違うリアクション……。そんな劣等感を感じた途端、私のペニスは一気に固さを失っていく。
『ハァ……』
美里は落ち込んだ顔でため息をつくと、柔らかくなった私のペニスを膣から抜き、寝室から出て行ってしまった。私は、どうして勃起が持続出来ないんだろう? そんな申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら、パジャマを着た。

美里はしばらくして戻ってくると、とくに何かを言うわけでもなく、いつも通りの美里に戻っていた。
『そんな顔するなって。そのうち直るって。さあ、寝るぞ!』
美里はそう言って部屋の電気を消した。そして、私に抱きついた状態で寝始めた美里。ビックリするほど早く寝息がひびき始める。私は、申し訳ないなと思いながら、美里を抱きしめて寝始めた。

真夜中にふと目が覚めると、美里がベッドの端っこでモゾモゾ動きながら、
『ンッ、フゥ……ン、ンッ、あ、フゥ……』
と、かすかな吐息を漏らしているのを聞いてしまった。妻を満足させられず、夜中にオナニーをさせる私……。情けなくて涙が出そうだった。

「先輩! 美里ちゃん元気っすか? 俺に会いたがってません?」
会社で、いつもの脳天気な声で悠斗が話しかけてくる。憎めないキャラクターだ。でも、私の中折れの原因はほとんど彼の巨根のせいだ。圧倒的な違いを見せられ、そして、美里の心まで奪われるんじゃないかという危機感にさらされ、私のペニスは言うことを聞かなくなったのだと思う。
「……遊びに来るか?」
私は、思い詰めた口調で言った。あのラブホテルでのコスプレプレイ以来、1か月以上悠斗と美里は会っていない。私がビビってしまったのが原因だ。これ以上二人を近づけたら、私は捨てられる……。そんな危機感で、何も出来なくなってしまった。

「えっ!? いいんすか!」
悠斗は、全力で喜んでくれる。色々と思うところはあるが、それでも美里と会うのをこんなにも喜んでくれるのは、嬉しい気持ちもある。
「あぁ、今日来るか?」
私は、明日が休みということもあり、そんな提案をした。悠斗は、もちろんOKですと言って約束が決まった。

私は、一人になると美里に電話をした。
『もしもし? どうしたの?』
少し心配そうな声で美里が電話に出た。あまり仕事中に電話をする事がないので、何事だろう? と思ったのだと思う。私が、悠斗が遊びに来ることを説明すると、
『えっ? 今日?』
と、驚いたような声で言う美里。私が、急でゴメンねと言うと、
『わかったよ。適当に夕ご飯作っとく』
と、美里は感情のわかりづらい声で言った。喜ぶでもなく、迷惑するでもなく、どちらかというと戸惑ったような声。私は、今晩どんな展開になってしまうのだろう? と、不安と興奮でいっぱいだった。

そして、金曜日の割には比較的仕事も早く片付き、浮かれる悠斗と我が家を目指した。金曜のごった返した街中を歩きながら、
「美里ちゃん、寂しがってませんでした?」
と、悠斗は浮かれた様子で言う。本当に嬉しそうだ。
「そんなに美里のこと気に入ってるのか?」
私がそんな質問をすると、
「はい! マジで惚れてるっす!」
と、臆面もなく言う悠斗。私は、ある意味で羨ましいなと思った。裏表のない正直な男……しかも巨根。

「先輩は、なんで寝取られ性癖なんすか? なんか、トラウマでもあるんすか?」
悠斗は、およそ社会人とは思えないような言葉づかいで話し続ける。私は、適当に話をごまかしながら歩き続けた。私は、自分が寝取られ性癖とは思っていない。でも、悠斗の巨根に狂う美里を見て、手も触れずに射精してしまった。どう考えても、寝取られ性癖なのだと思うが、認めたくない自分がいる。
居酒屋なんかの前で楽しそうに集うサラリーマンの集団を見ながら、私は、いったい何をしているのだろう? と、切ない気持ちになってしまった。

家に着くと、
「美里ちゃ〜ん! 会いにきたっす!」
と、元気よく言う悠斗。
『久しぶり。元気だった?』
美里は、苦笑いでそんな事を言う。前よりも、悠斗への態度が柔らかくなったような気がする。
「美里ちゃんが会ってくれないから、落ち込んでたっす」
『はいはい。ほら、飯出来てるぞ。早く上がれよ』
美里は、相変わらずの荒い口調で悠斗に言う。悠斗は、犬のように嬉しそうに家に上がった。見えない尻尾が、ブンブンと揺れているような感じだ。

「美味そうっすね! いただきま〜す!」
悠斗はそう言うと、すぐに食事を始めた。見ていて気持ち良いくらいの食べっぷりだ。
『アンタは、美味そうに食べるねぇ』
美里は、目を細めて嬉しそうに言う。まるで、弟なんかを見る姉のような感じだ。
「マジで美味いっすから!」
悠斗も姉や母親を見るような目だ。そして、楽しい食事が始まる。美里は、今日はホットパンツにノースリーブのシャツを着ている。こんな露出の高い格好をするのは久しぶりだ。前は、無警戒にノーブラだったりした美里だったけど、最近は割とおとなしい格好ばかりだった。

今日は、シャツに乳首が浮いているのもはっきりわかるし、太ももがとにかくエロい感じだ。悠斗は、チラチラというレベルを超えて、見ているのをアピールしているかのように美里の胸を太ももを見ている。

『ちょっとは見てないフリくらいしろよ。堂々と見すぎだろ?』
美里は、笑いながら言う。
「いまさらっすか?」
『それもそうか』
2人は、親しげに話し続ける。私は、何となく取り残された感じになって寂しいなと思ってしまうが、驚くほど勃起していた。2人にバレないように気をつけながら、やっぱり私は寝取られ性癖なんだなとあらためて自覚した。

私は悠斗に、
「いま、子作りしてるんだよ」
と、唐突に言った。
「えっ? マジですか? やっと本気になったんすか?」
と、少し戸惑った顔で答える彼。
『まぁ、失敗ばっかりなんだけどな』
美里が、ニヤニヤしながら言う。

「失敗?」
不思議そうな顔で言う悠斗。
『途中でふにゃチンになるんだよ』
美里が笑いながら言う。私は、申し訳ない気持ちになりながらも、
「だから、手伝ってもらえないかな?」
と言った。

「そういう事っすか。了解っす!」
悠斗は、彼なりに察してそう答えた。
『ホント、康太はド変態だから苦労するよ。じゃあ、さっそく始めるか』
美里はそんな事を言うと、悠斗の前に移動した。そして、椅子に座る悠斗に対して、いきなりキスをした。舌を突っ込み、かき混ぜるようなキスをすると、悠斗も美里のことを抱きしめて舌を絡め始めた。

濃厚なキスを始める2人。私は、生唾を飲み込んで2人のキスを凝視していた。美里は、悠斗にキスをしながら手を彼の股間に伸ばしていく。そして、ズボンの上から彼のモノをまさぐり始める。
『なんでもうギンギンなんだよ』
あきれたように言う美里。
「好きな人とキスしたらこうなりますって」
悠斗はそんな風に答える。
『はいはい。ほら、ズボン脱げよ』
美里に指示されて、素直にズボンを脱ぐ悠斗。すると、トランクスの上の方から、悠斗のペニスがはみ出てしまっている。

『相変わらず、無駄にデケーな』
美里は、汚い言葉づかいで言う。でも、美里がこんなしゃべり方をするときは、照れているときや恥ずかしいときがほとんどだ。
「またまた〜。デッカいの好きなくせに」
悠斗も、負けずに言う。美里は鼻で笑うと、悠斗のパンツも脱がせてしまった。ブルンと揺れながら姿を現わす悠斗のペニス。相変わらずのタワーマンションだ。

『なんでこんなになってるんだよ。溜まってるのか?』
美里は、あきれたように言う。確かに、悠斗のペニスの先っぽは、溢れ出た我慢汁で濡れてしまっている。
「だって、一ヶ月以上放置されたっすから」
『えっ? 一ヶ月、出してないの?』
美里は、目を丸くして驚いている。
「もちろんっす。だって、呼ばれたとき立ちが悪かったら、申し訳ないっすもん」
『AV男優かよ。でも、なんか嬉しいよ』
美里は珍しくそんな事を言うと、悠斗のペニスを口に頬張った。一気に喉の奥の方までくわえ込む美里。どう見ても、喉の奥に当っているような状態だ。
美里は、そのまま頭を激しく前後に振る。グチョグチョという音が響く中、私は最近なかったくらいに固く勃起していた。
「すっげ、なんか、がっついてるっすね」
悠斗は、そんな事を言う。でも、確かに美里の行動は、発情した牝のようだ。

『ヤバいな……。こんなに太かったっけ?』
美里は、そんな言葉を漏らしながらフェラチオを続けていく。丁寧に竿の部分や睾丸まで舐めたり、口に含んで頬の内側で亀頭をこすったりしている。美里の頬が内側から膨らむのを見るのは、正直凄く興奮する。あんな風に大きく膨らむ頬。私の粗末なサイズでは、少し膨らむ程度のはずだ。

「美味しそうに舐めるっすね」
悠斗は、時折美里の頭を優しく撫でながらそんな言葉をかける。
『まぁ、美味くはないけど、変な気持ちにはなるかな? うずくよ』
美里は、珍しく照れた顔で言う。私は、そんな乙女っぽい顔を見せる美里に、ドキドキしてしまった。悠斗へ心を許すようになってしまったのは、もう結構前からだと思う。でも、こんな何気ない仕草を見て、私は気持ちが大きく揺さぶられた。

「欲しかったんじゃないっすか? 一ヶ月以上も、よく我慢出来たっすね」
悠斗は、余裕の顔で言う。自分のペニスに、絶対的な自信を持っているようだ。
『浩介がしてくれたからな。でも、毎回途中でダメになるけど』
美里は、私に向かって言う。私は口の中でもごもごと謝ると、少しうつむいてしまった。

「やっぱり上手いっすね。あぁ、気持ち良い」
悠斗は、本当に気持ちよさそうな声をあげる。私は、そっと顔を上げると、美里が一生懸命にフェラチオしているのが見えた。本当に、心を込めて一生懸命という感じでフェラチオをする美里。私は、半分EDになっているのがウソのように、破裂しそうに勃起していた。

『んぅふぅ♡ コラ、ホント手癖悪いんだから』
美里が、妙に甘えた声で言う。悠斗は、美里にフェラされたまま、シャツに浮き出た彼女の乳首を弄んでいた。
「美里ちゃん、カッチカチじゃん。触って欲しかったんでしょ〜」
悠斗はからかうように言う。以前の美里なら、そんな事を言われたらキレていたと思うが、
『わかってるなら、ちゃんと触れよ』
と言った。悠斗は、
「了解っす!」
と言うと、美里のシャツを脱がせた。美里も、腕を上げて悠斗が脱がせやすいようにする。

あっという間に上半身裸になった美里。Cカップ程度だが、形の良い胸があらわになる。悠斗といるときは、美里が陥没乳首なのを忘れてしまう。
悠斗は、すぐに美里の乳首を舐め始める。
『エロい舐め方……。ンッ、ン、フゥ……気持ちいいよ』
美里は、本当に気持ちよさそうな顔だ。悠斗は舌と指を駆使して、美里の乳首を責め続ける。私は、自分の妻が他の男の手で甘い声を漏らしているのに、射精しそうなくらいの強い興奮と快感を感じていた。

『ホント、アンタはド変態だな。なにギンギンにさせてるんだよ』
美里が、悠斗に乳首を責められながら言う。私はドキッとしてしまったが、もう隠すのを諦めた。
『ほら、おいで……』
美里に呼ばれ、すぐに2人のそばに近づく私。まるで、子犬にでもなった気分だ。

悠斗は、私が近づいても美里の胸を舐め続けていて、美里も気持ちよさそうな声で吐息を漏らし続ける。
『ほら、脱いで見せてみろって』
美里は、気持ちよさそうな顔のまま私に指示をする。私は、言われるままに下半身裸になる。
『こうやって比べると、圧倒的だな。悠斗のって、ホントデカいんだな。圧倒的じゃないか、我が軍は』
美里はふざけたような口調で言う。でも、私は充分にショックを受けていた。ストレートに比較され、小さいと言われているようなものだからだ。

美里は、無造作に私のペニスを掴む。ギュッと握るような強さだ。
『太さが全然違うんだな……。なんか、世の中不公平だな』

企画物AVに出まくることになった妻 2(パンチラ盗撮編)

翌日、会社でも撮影の事で頭が一杯だったが、帰宅しても、敢えてこちらからは何も触れず、普段通りの会話を続けていた。
あまり意識しているとは思われたくなかった。

妻「あ、そういれば、撮影明日だって」

私「明日!?随分急だね・・。そういえば名刺の人からメール来てて、免許証のコピー添付されてたよ。ちゃんと本名だった」

妻「じゃあ安心だね」

私「とりあえずはね。場所は?」

妻「○○駅だって。□□□(若者向け商業施設)で撮るみたい」

私「そっか。何かあったらすぐ電話できるように携帯ポケットにいれといてね」

妻「そうする?」

翌朝、私が出勤のため起床すると、既に妻も外出の準備を進めていた。

私「もう出るの?□□□とか、開くの10時ぐらいなんじゃないの」

妻「そうだけど、打ち合わせとかするみたい」

私「そのスカートで撮るの?」

妻が穿いているのは、普段からよく穿いているヒザ下くらいのスカートでした。

妻「・・えーと、これじゃなくて、向こうで用意してるみたい」

私「そうなんだ・・。それじゃあ、気をつけて」

妻「うん、直樹もね」

普段はうっすらとしか化粧をしない妻だが、今日は頬のチークがやけに濃く見えた。
まあ、一応仕事なんだし、それぐらいは、当然か・・。

出勤後も、頭は撮影の事でいっぱいだった。
お昼前・・・もう妻はミニスカートで買い物を始めているんだろう。一体どんなパンツを履いていったのか?
お昼過ぎ・・撮影は終わったんだろうか。終わったらメールを送るよう言っておけば良かった・・。
夕方・・・・やはり、そもそも怪しすぎる話ではなかったか?何も連絡はない。妻は無事なのか?

定時ダッシュで会社を出ると、すぐに妻に電話を掛けた。いつも通りの声色の妻が出たので、まずは一安心。

私「もしもし、今から帰るよ」

妻「はーいお疲れ様?」

私「そっちもお疲れ様。大丈夫だった?」

妻「超楽ちんだったよw」

私「そっか!それなら良かったよ。それじゃーね」

妻「はーい」

イメージビデオという認識とは言え、人生初の性的なビデオの撮影。気落ちしているんじゃないかという懸念もあったが、
良いことが有った日のテンションといった感じで、何も問題はなさそうだ。

帰宅してからも、「普通に買い物しただけだったよ」「ミニスカートなんて久しぶりだから何か恥ずかしかった」等々、
妻から積極的に報告があった。「変なことされなかった?」と聞いてもみたが、「本当何も無し!ミニスカで買い物ってだけ!」の返答。
そこまで何もないと、安心を通り越して、私としては肩透かしをくらったような思いもあった。
まあでもそれで2万円も貰えたのであれば、本当に良い小遣い稼ぎだ。

私「次とか誘われなかったの?」

妻「あー・・。何か、また機会があれば連絡するとか言ってたけど、しばらくは無いかな」

私「次も同じようなこと?」

妻「色々撮ってるみたいで、やっぱりもっと過激なのもあるみたいだから・・。今回ぐらいなら良いんだけど、それ以上はね」

私「そうだね」

こうして妻の初撮影は無事終了した。
あとは相田さんにもらうビデオを確認するのみ。

2日後、とうとう相田さんからメールがあった。

メールは、タイトルが「パンチラです」という素っ気ないものだった。
本文には某オンラインストレージのダウンロードURLと、パスワードが添えられており、「よろしくお願いします」と記されていた。返信よりも何よりも、一刻も早くダウンロードを開始する。

一息休憩を入れ、いよいよ鑑賞に移る。妻は既に就寝済みで、普段のエロ動画を見るノリと何ら変わりはない。
ただ違うのは、そこに映る女優が妻だというだけ。

映像は、雑貨屋か何かの店内から始まった。

買い物をする女性の後ろ姿を追う形の映像。髪型から、一瞬で妻と判断できた。
ただ映し出された妻の下半身は、普段の妻からは想像できないものだった。

白いひらひらのスカートはひざ上15?20cmくらいだろうか?
映像は当然ローアングル位置のカメラからのものなので、一歩、一歩と歩くたびにチラッチラッと完全にパンチラしている。
そもそも普段、生足+スカートという組合せすらあり得ない妻。まさか映像を通して初めて、妻の生足ミニスカートを拝むことになるとは・・。

パンツは純白で、私が知っている限り、妻の私物には見えなかった。
特段過激なパンツといったわけでもないのに、パンツまで借りたのだろうか。

棚の中段にある商品を見るようなシーンでは、もう常にパンチラ状態。
カメラが真下に寄っているというわけでもないのに、妻がお尻を突き出すような体勢で商品を眺めるからだ。
カメラ位置的にそう見えるだけなのかわからないが、「そこまでお尻を突き出さなくても・・」と感じる。
妻なりのサービス精神なのか、そう指示されているのかはわからない。
別の買い物客が現れると、そそくさとその場所を離れて人気のない場所へ移動する妻。
パンチラを撮ってもらうべく、健気に頑張っている・・。

エレベータを待つシーンでは、最初は普通に立っていたのに、少しするとわざわざ右足を右へ開き、大股で立つ体勢になる妻。すかさずカメラが寄ってパンツを捕らえる・・。出展:会話ベースの寝取られ(NTR)話

シーンが切り替わると、別の女性が映った・・ように見えたが、全体のシルエットは、完全に妻だった。
衣装は変わっていても、さすがに夫なので妻だとわかる。衣装的にはあり得ないので、一瞬見迷ったが・・。

今度の衣装は、ミニスカワンピといった類のものだろうか。先ほどの衣装よりさらにスカートは短い。
ただボディラインに沿った形なので、先ほどパンチラしていた角度では今度はパンチラしていない。
それでも、ボディラインにぴったりと張り付くような服で、お尻がこれでもかと強調され、実にエロい。
この格好で電車に乗れば、すぐに痴漢と遭遇してしまうだろう。
普段の妻ならば、「こんな(痴漢されるような)格好で電車に乗る女も悪い」と非難するような格好だ。

衣装の切り替わりに伴い妻のサービスもさらに激しくなり、棚の下段の商品を見るのに、しゃがむことなく
わざわざ上半身だけを曲げて「はい、パンチラどーぞ♥」とばかりにお尻を突き出している。

私が仮に、これが仕込みの映像だと事前に知らされていなくても、こりゃ仕込みだとすぐにわかってしまっていただろう。
製作者が、その辺りをどこまで意図的に演出しているのかは定かでないし、どうでもいいが・・。

次のシーンでは、やはり棚の下段の商品を手に取る妻だが、今度は先ほどと異なり、しゃがんだ体勢だ。
しゃがむなら棚の方を向いてしゃがむのが自然に思えるが、妻はしっかりと下半身をカメラに向けた状態で商品を物色する。当然、パンチラ・・というかパンモロがカメラにばっちりだ。

(画像はイメージです)

そんなことを繰り返しながら、映像は終わった・・。

嫁と仲良し夫婦とAV鑑賞会をしたらスワッピングの扉が開いた2


嫁が、マサルさん夫婦とのスワッピングを承諾したことで、一気に生活が刺激的になってしまった。嫁は、あんなにも俺と優子さんがセックスすることを嫌がっていたくせに、一旦すると決めたらノリノリになった。
『私がマサルさんとする時って、パパはどうするの? 見るの?』
息子が寝静まった後、ベッドの中でイタズラっぽく聞いてくる嫁。
「本当にするつもりなの?」
俺は、嫁が本気で言っているのかどうかまったくわからなかった。

『パパはどうして欲しいの? 私がマサルさんに抱かれる姿、見たいんでしょ?』
嫁は、俺の耳元でささやくように言う。
「そんなわけないって! 見たくないよ」
俺はドキドキしながらそう答えた。すると、パジャマのズボンの上から嫁が俺のペニスをさすってくる。

『ウソばっかり。石みたいにカチカチになってるよ』
嫁はいたずらっ子みたいに言う。
「そ、そんなことない……」
『私がマサルさんとチューしたら、泣いちゃう? それとも、興奮しちゃう?』
俺のものをさすりながら、さらに追い打ちをかける嫁。俺の頭の中は、マサルさんと濃厚なキスをする嫁の姿でいっぱいになってしまった。
「ダメだよ……。そんなの……」
俺は、弱々しく言うだけだった。

すると、だまって俺のズボンを脱がせる嫁。
『なんか濡れてるよ。パパ興奮しすぎだよぉ』
嫁はそう言うと、俺のものをくわえてくれた。隣で息子が寝ているので、布団をかぶったまま俺のものを口でしてくれる嫁。本当に最近の嫁は積極的になってきたと思う。

『私がこんな風にマサルさんのお口でしたら、パパは興奮するんでしょ? でも、お口に出されちゃったら、どうしよう? どうして欲しい? 飲んで欲しいとか?』
小悪魔のような口調で聞いてくる嫁に、俺は嫉妬で胸が苦しくなってしまった。

「そんなの絶対にダメだよ! 本当にダメだって!」
俺は、泣きそうな声で言った。
『じゃあ、パパは優子さんとしないの?』
嫁はフェラをやめて、手で俺のペニスをまさぐりながら聞いてくる。
「それは……」
口ごもった俺に、
『するんでしょ。じゃあ、私もマサルさんといっぱいしちゃおっと』
と、笑いながら言う嫁。俺は、嫉妬で苦しくなりながらも、堪えきれずに嫁に襲いかかった。

『ダメだって。起きちゃうよ』
嫁は、横で寝ている息子の方に目配せしながら言う。俺は、布団をかぶったまま布団の中で嫁のパジャマのズボンごとパンツを下ろした。
『エッチ。パパ、焦りすぎだって』
嫁は、少しうわずった声で言う。でも、俺は構わず嫁のパジャマもパンツも膝まで下ろすと、横向きで寝たままの嫁に後ろから挿入した。生で入れると、やっぱり快感が全然違い、気持ち良すぎて思わず声が漏れてしまう。

『ダメだよ、起きちゃう……ん、ふぅ……エッチぃ』
嫁はそんなことを言いながらも、まんざらでもない感じだ。俺はベッドがあまり揺れないように、ゆっくりと腰を振り始める。
『パパの、いつもよりカチカチだね。興奮してるの? どうして? 変な想像してるでしょ』
嫁は、甘い声でいじめるように言う。
「……してる……。唯がマサルさんとセックスするの想像して、興奮しちゃってる……」
俺は、気持ちよさと嫉妬と興奮で訳がわからなくなりながら、絞り出すように言った。

『パパも寝取られ願望があるんだもんね。いいよ。寝取られてあげる♡』
嫁は可愛らしい声で言いながらも、あそこをキュウキュウと締め付けてきた。俺は、嫁がマサルさんとのセックスを想像して興奮しているのかと思うと、嫉妬で胸が苦しくなる。そして、嫁の頭からそれを振り払いたくて、ついつい腰を強めに振ってしまう。
『んんっ、ふぅ……ダメだってぇ……。起きちゃうよぉ……ん、あぁっ! パパ、気持ち良ぃ……』
嫁は声を抑えてはいるが、それでも甘い声が大きくなってくる。
「唯は、マサルさんとのエッチ楽しみなの?」
俺は、嫉妬で胸が張り裂けそうな気持ちのまま聞いた。

『それは……楽しみだよ。パパしか知らないから、他の人ってどんな感じなんだろうって……。ずっと思ってたんだ……』
あえぎ声混じりに言う嫁。俺は、激しく動揺してしまった。
「そんな……。ずっとそんな風に思ってたの? 本当に?」
『本当だよ。フフ。パパのもっと固くなった。パパも変態だね。マサルさんと同じだね』
「唯だって、痛いくらい締まってるよ……」
『だってぇ……。パパ、もっとしてぇ♡ 声我慢するから!』
嫁は、身体をくねらせながら言う。

俺は、なるべくベッドを揺らさないように腰を振る。嫁は、
『んっ! んふっ! んあっ♡ あっ! パパぁ、気持ちいぃ! アァッ♡』
と、控えめな声であえぐ。俺は、頭の中はマサルさんに抱かれている嫁でいっぱいだった。嫉妬でおかしくなりそうなのに、興奮と快感も信じられないくらいに大きくなっていく。
「イ、イクっ! 唯、イクっ!」
『わ、私も! イクっ! うぅっ!!』
俺は、思いきり嫁の中に出してしまった。

『ふふ。いっぱい出たね。二人目、出来ちゃったかな?』
嫁は、少し嬉しそうな顔で言った。俺は、それも良いのかなと思いながら、嫁を抱き寄せキスをした。

そんな日が数ヶ月前続いたが、とうとうその日が来た。その日は、息子のテニススクールのイベントで、夕方まで帰ってこない日だった。もちろんマサルさんのところも同じで、夕方までは子供がいないという状況だ。

テニススクールに息子を送り、そこでマサルさん夫婦と合流した。お互いに挨拶をしながら、なんとなく目配せで笑い合ったりした。
でも、マサルさんはひどく緊張しているようだったし、俺もかなりぎこちなかったと思う。それに引き替え、嫁も優子さんも普通に笑っていて、これからのこととは全く関係のない子供たちの話題で盛り上がっていた。
そして、マサルさんの車に四人で乗った。俺は、後部座席に嫁と二人で乗り込もうとしたが、優子さんが嫁の腕を掴んで助手席に乗せた。そして優子さんは、次に俺の腕に腕を絡ませ、後部席に一緒に乗り込んだ。

『助手席で良いんですか?』
少し緊張気味に嫁が聞く。単に、高級車の助手席に乗って緊張したのだと思う。
『あんまり時間ないから、早く慣れるためにね』
優子さんが笑いながら言う。
『慣れるって?』
嫁がポカンとした感じで質問すると、優子さんがいきなり俺にキスをしてきた。唇を重ねるとすぐ、優子さんの舌が飛び込んでくる。
そして俺の舌に舌を絡めると、すぐにキスをやめた。そして、
『こういうこと』
と、嫁にイタズラっぽく言った。
『あぁっ!ダ、ダメです!』
嫁は、助手席から体をはみ出すようにして、後ろを振り返りながら叫ぶ。
『ダメよ。ちゃんと前向いてないと危ないわよ』
優子さんは、少しからかうような感じで言う。
『チューなんてしちゃダメもん! アキオくん、優子さんのこと好きになっちゃう!』
嫁は、本当に心配そうに言う。いつもは俺のことをパパと呼ぶくせに、マサルさん達の前だとアキオくんと呼ぶ。それはそれで可愛いなと思ってしまう。

『唯ちゃんだって、この前私としたでしょ? 同じ事よ』
優子さんは笑いながら言う。
『でも……。チューはダメだよ……好きになっちゃうもん……』
嫁は、本当に心配そうに言う。
『わかったわよ。じゃあ、手でするだけにしとくわね』
優子さんはさらにイタズラっぽく言うと、俺のペニスをズボンの上からまさぐり始めた。それを嫁は、恨めしそうな目で見ている。

すると、マサルさんが運転する車が高速の入り口に入った。そしてETCゲートを通過する。
「あれ? どこ行くんですか?」
俺は、てっきりマサルさんの家に行くと思っていたので、慌ててそう聞いた。
「え? あぁ、今日はホテルに行くよ。まだ昼間だしね」
マサルさんは、バックミラーをチラチラ見ながら言う。優子さんが俺とキスしたのが相当堪えているようだ。

そんなマサルさんの気持ちを知ってか知らずか、優子さんは俺のズボンのファスナーを降ろすと、パンツもずらして俺のものを剥き出しにした。
「あなた、アキオくんのおちんちん、すっごくカチカチよ。若いって凄いのね」
優子さんは、俺のペニスを掴みながらマサルさんに報告する。
「ま、まだダメだって……。危ないから」
マサルさんはそう言いながらも、声がうわずっている。興奮しているとしか思えない。俺も、さっきの優子さんのキスと、しごかれている手の感触に興奮していた。いきなりラッキーだなと思っていたが、
『じゃあ、私もする!』
と、嫁が少し怒ったような感じで言う。そして、言うが早いか、運転中のマサルさんのズボンのファスナーに手をかけてしまう。

「ちょっ、ダメだって! 危ないよ!」
運転中にそんなことをされて、慌てるマサルさん。でも、少しすねたような顔のまま、嫁はマサルさんのペニスを取り出してしまった。俺は、優子さんに手でしごかれながらそれを見ていたが、止めることはおろか、何も言えなかった。

『唯ちゃんって、意外と積極的なのね』
優子さんは少し驚いたような感じで言う。嫁は、運転中のマサルさんのペニスをしごきながら、
『アキオくん、ちゃんと見ててね』
と、少しだけ挑発的な感じで言うと、運転中のマサルさんのペニスをくわえてしまった。
「あ、危ないって!」
マサルさんは焦った感じで言うが、嫁はそのままフェラチオを続けていく。

『唯ちゃんがあんなことするなんて、本当にビックリだわ。運転中にあんなの、私もしたことないのに……』
優子さんは、少しジェラシーを感じているような感じだ。俺は、嫁が俺以外の男性にフェラチオしている姿を見て、急に現実感がなくなっていった。今日は、嫁がマサルさんとセックスをする……それは覚悟していた。でも、まさか嫁の方からフェラチオをするなんて想像もしていなかった。
嫁は、窮屈そうに運転席のマサルさんのものを口でしている。そして、視線はずっと俺に向けられている。嫁は俺のことを見つめたまま、マサルさんのペニスに舌を這わせたり、喉の奥までくわえ込んだりしている。

マサルさんのペニスは、運転中なのにギンギンに勃起している感じで、血管がうねっているのまで見えた。そしてマサルさんのペニスは、俺のものよりも長い感じがした。太さは俺の方が勝っているように見えるが、何となく俺は敗北感を持ってしまった。

『唯ちゃんがあんな事してるのに、余計に固くなったよ。ふふ。美味しそう。あなた、私もお口でしちゃってい〜い?』
優子さんは、マサルさんにそんな質問をする。すると、嫁の目が一瞬怯んだ感じになった。自分はもうマサルさんのものをくわえてしまってるくせに、優子さんが俺のものをくわえようとするとそんな顔をするなんて、正直、嫁の考えがよくわからない。

「い、いいよ……」
マサルさんは、バックミラーをチラチラ見ながら、うわずった声で言う。すると、嫁がバックミラーの角度をグイッと変えてしまう。
『見ちゃダメですよ。事故っちゃいます』
嫁は、自分が危ないことをしているくせに、しれっとそんなことを言う。

『じゃあ、くわえちゃうね。あなたのより太いおちんちん、くわえちゃうからね』
そう言って、優子さんは俺のものを口に含んだ。
「うぅ……優子……」
マサルさんは、うめくように言う。見えなくなったことで、余計に興奮が増したようだ。

『マサルさんの、もっと固くなりましたよ。優子さんが他の男の人のくわえてるのに、興奮してるんですね』
嫁は、マサルさんをいじめるような口調で言う。でも、マサルさんは嫁のその言葉にうめき声をあげた。
「ダメだ、出るっ! うぅっ!」
マサルさんが切羽詰まった声を上げると、慌てて嫁がマサルさんのものを口にくわえた。そして、マサルさんはそのままうめいて射精をしてしまった……。
嫁は、マサルさんの射精を口の中に受けてしまった……。口内射精なんて、俺でも数えるくらいしかしたことがない。
『んんーっ』
嫁は口の中に射精を受けて、可愛らしいうめき声をあげている。俺は優子さんにくわえられたまま、ただ見ているだけだった。

嫁はマサルさんから離れると、
『へへ。飲んじゃった。急に出すんだもん。焦っちゃったよぉ』
と言った。

嫁とカップル喫茶に見学に行ったら完

3年の交際を経て結婚し、2年間なにも問題なく幸せに過ごしてきた嫁の希との生活だったのに、僕の些細な好奇心で後戻りの出来ない道へと踏み出してしまった。

カップル喫茶での衝撃的な輪姦プレイの中、希の過去の秘密と、現在の浮気の危機を知ってしまった。
それなのに、僕は希を地元の先輩のところに送り出してしまった。その先輩が、希の元カレとわかっていながら……。

送り出したその日に、電話で実況中継をされて屈辱的なことを言われても、なお興奮してしまい、それ以上を求める僕は、もうおかしくなってしまったのだと思う。
本当は、希の輪姦プレイを想像して、たくさんオナニーをしたかったが、希の言いつけ通り必死で我慢した。
希に、何があったのか説明を受けながら、空っぽになるまで射精させてもらいたい……。そんな思いでなんとか頑張った。

希が帰ってくる予定の日曜日、僕は明け方まで眠れずに待っていた。結局戻ってこない希に、メールや電話をしたが電源が切れていた。月曜日、寝不足と心配で何も手につかないような状態だったが、なんとか仕事をこなし、まっすぐ帰宅すると希の帰りを待った。
それでも、連絡一つなく帰宅しない希……。僕は、本当に狂いそうだった。そんな状況なのに、希がしているであろうセックスを想像し、僕は勃起したままだった。

嫁が帰ってこない状況で、嫁を心配するよりもオナニーをしたい欲求と必死で戦っていた僕……。我ながら最低だと思う。

火曜日も同じように地獄のような時間を過ごし、水曜日も狂いそうな状態のまま何も手につかずにいると、ガチャガチャと、ドアを開ける音がした。僕は、泣きそうな気持ちで玄関にダッシュした。
『ただいまぁ〜。ゴメンね、長くなっちゃったw』
希は、ゴメンねとは言いながらも、まったく反省している様子はなく、どちらかというと楽しそうだった。
そして、希の格好を見て驚いた。出かけていった時も、かなりギャルっぽい際どい格好だったが、今はそれ以上に際どい格好だ。

股下が限りなく0センチに近いような黒のマイクロミニスカートに、ヘソがはっきりと見えるキャミソールを着ている。肩の部分はヒモになっていて、片方は腕の方にずり落ちている感じだ。
そして、光の加減で金髪に見えるくらいの茶髪に、どぎついメイクをしている希は、AVの黒ギャルものでしか見ないような、絶滅したギャルの格好をしている。

希はとんでもない事をしてきたのに、不安そうな様子もなく、イタズラっぽい笑みを浮かべている。
僕は、絞り出すように”お帰り”と言ったが、次の言葉が出せなかった。愛する希が、6日間も他の男達のオモチャになっていたと思うと、吐きそうな気持ちになる。でも、僕は言い訳のしようがないほど興奮していた。

希はツカツカっと僕に近づき、ニヤッと笑いながらズボンの上から僕のペニスを握った。
『ふふw ちゃんとオナニーしないで我慢出来てたみたいだねw よく出来ましたw』
僕のペニスをニギニギしながら、年上の痴女の女教師みたいな口調で言う。僕は、たったそれだけのことで、イキそうな感じになってしまった。

『ねぇ、ベッド行こうか?』
僕の顔のすぐ近くで、発情したような顔で言う希。きつい香水の匂いと、煙草の口臭がした……。希は、僕と出会った時には香水を付ける習慣は持っていなかった。もちろん煙草も吸ったところを見たことがない。僕と出会う前に、どちらも止めたということなんだと思う。僕は、香水も煙草も好きではない。でも、そんな僕の知らない希の貌を見て、激しく興奮するのはどうしてなんだろう?

僕は、希に手を引かれるように寝室に向かう。歩くだけで、チラチラとショーツが見えてしまう希。ここまでどうやって帰ってきたかわからないが、相当注目を集めていたことだろう。近所の知り合いに見られたら、どんな噂を立てられるかわかったものではないと思う。でも、普段の希と違いすぎて、気がつかないかもしれない。

希は、寝室に入ると僕をベッドに座らせた。そして、スカートをゆっくりとまくり上げる。
すぐに紫色のスケスケのショーツが姿を現わす。いつも穿いているような、ピンクとかブルーの下着ではなく、ヘルス嬢がパネルで穿いているような感じの下着だ。

『脱がせてくれる?』
スカートの裾を持ち上げたまま、希が挑発的に言う。僕は、聞きたいことが山ほどあるのに、何も聞けずに震える手で希のショーツに手をかける。
僕は、一気に下に引き下ろした。希のへアはすっかりと無くなっており、綺麗に剃られてしまっていた。ツルツルの子供みたいな下腹部に、僕は戸惑いよりも興奮を覚えた。
他の男に自分の嫁のアンダーへアを剃られるなんて、これ以上ない屈辱と挑発だと思う。でも僕は、屈辱感にまみれることもなく、呼吸すら困難に感じるほどに興奮していた。

そして、ショーツが足首まで行くと、希は片足を上げてショーツを抜いた。その後、少し股を開いたままで動きを止める希。僕は、希のアソコと、そしてお尻からヒモみたいなものが飛び出ていることに気がついた。
そして希も、僕の視線に気がついたようで、
『それ、抜いてくれる?』
と、少しうわずった声で指示してきた。もう、嫌な予感しかしないが、僕は言われるままに、希の体内から飛び出ているヒモに指をかけた。

まず、膣の方のヒモを引くと、かなり抵抗感がある。それでも、僕は力を込めて引き抜いた。ズルン……と言う感じで、希の膣中から白い塊が抜け出てきた。ヒモの先にマシュマロみたいなものがついていて、それがタンポンだとわかる。抜けた途端というか、抜いているそばから凄く強い栗の花の匂いと、どろどろっとした白い塊みたいな液体が流れ出てくる。それは、驚くほどの量だった。

あふれるようにこぼれ落ちるそれは、あっという間にフローリングに白い池を作っていく。
『あぁ、出ちゃった……もったいないなぁ♡』
希は、本当にもったいないという感じで言う。
『後ろもお願い♡』
そう言って後ろを向き、お尻を突き出すようにする希。ギャルみたいな格好で、お尻丸出しで突きだしている姿は、色情狂そのものだった。

僕は、何も言えずに言う通りにする。お尻の方のヒモは、膣のものよりも抵抗感が強かったが、僕は一気に引き抜いた。ただ、構造の違いだと思うが、アナルの方からはタンポンを引き抜いた瞬間に、少し漏れた程度で、それ以上は流れ出てこなかった。

『へへw さすがに垂れ流しにはならないんだねw ちょっと力むから、手で受けてねw』
希は、とんでもない事を言い出す。でも、素直に手の平で受ける準備をする僕……。
『ん、ンッ……』
希は、お尻を突き出したような格好のまま力み始める。すると、肛門が可愛らしくピクピクと動き、盛り上がったようになると、白い液体が流れ出てきた。お尻から出ているのに、精液は真っ白のままで、まったく汚れていない。よほど念入りに中を綺麗にしたのだと思うが、それは同時に、複数の男達に、一番恥ずかしい姿をさらしたということなのだと思う。

僕は手の平に流れ出てくる精液を、結局逃げずに手で受けた。嫌悪感もあったし、汚いなという気持ちもある。でも、手の平に感じるその熱さが、また僕を狂わせる……。
希のアナルからあふれ出した他人の精液は、膣からあふれ出たモノと遜色ないほどの量で、希がいかに肉便器扱いされていたのかわかり、ゾクゾクしてしまう。

確かに、希ほどのルックスの女性を自由に出来るのであれば、何度も出してしまうと思う。いや……そうなのだろうか? 3人では限界がある気がする……。希の相手は、元カレを含めた3人の先輩と聞いていたが、もっと大勢だったのではないか? 両穴をふさがれ、口もふさがれ、それだけでは足りずに両手でもしごく希……。それを想像した時、僕は射精していた……。

『エッ? 出しちゃったの? ふふw さすがにキモいんだけどw』
希は、侮蔑の表情でズボンの上から僕のペニスを握る。
「うぅあ、ゴメン……」
『アンタは、どうしようもない変態だねw』
希は、完全にバカにしたような口調だ。希が僕のことをアンタと呼ぶ時は、怒っている時とかだ。でも、今は怒っている感じではない。もしかしたら、希の中で僕の地位が落ちるところまで落ちてしまったのかも……。そう思うと、僕は情けなくて泣きそうになる。でも、そんな状況に落ちたことが、僕をより興奮させる。僕は、寝取られ性癖にマゾ要素も絡み合う、寝取られマゾなのだと思う。

そして希は、部屋中に充満した栗の花の匂いに刺激されたのか、発情したようなエロい顔になり、服を脱ぎ始めた。希は上着を脱ぐと、ブラを付けていなかった。でも、そんな事よりも、胸や腹など体中についたキスマークが僕を驚かせた。服を着て隠れる部分にしか付けられていないので、気は使っているのかもしれない。でも、おびただしい数のキスマークで、一瞬なにかの伝染病なのか? と思ってしまうほどだった。

『ん? あぁ、これねw アンタが喜ぶからって、みんな調子に乗っちゃったんだよねw ちょっと気持ち悪いよねw』
僕の視線に気がついて、キスマークのことを説明してくれる希。希の中で、僕はもう愛するに値しない男なのだろうか? 僕は、希に捨てられる恐怖に、身体が震えそうだ。

『それ、塗りつけてくれる?』
うわずって、どうしようもなく興奮した口調の希。僕は、一瞬言葉の意味がわからず、フリーズしてしまった。
『ふふw アンタのその手の上の先輩達のせーし、希の身体に塗り込んでって言ったのw』
かみ砕くように説明されて、慌てて言う通りにする僕。お腹から始めて、胸や太ももにまで塗り広げていく。その臭いと手触りに、僕は気持ち悪くなるどころか、クラクラして倒れそうな程興奮している。

『あぁ、ダメぇ、この臭い……欲しくなっちゃうよぉ……』
発情した牝の顔で言う希。僕はその言葉に慌てて服を脱ぎ、全裸になる。そして、すぐに希に覆いかぶさろうとするが、
『ダメw ほら、そこに寝てごらん。全部聞かせてあげるからw』
と、僕を押しとどめる。

すぐにでも希を抱きたいのに、結局言う通りにベッドに寝る僕。イッたばかりでも、ガチガチにいきり立っている僕のペニス。それを指で絡めるように触る希。気持ち良くて声が漏れてしまう。

『可愛いw やっぱりアンタのって、小さいんだね。なんで先っぽの方が細いの?』
小馬鹿にした口調の希。でも、一番気にしていることを言われて、胸がえぐられるような思いだ。僕のモノは、いわゆる先細りタイプでカリ首の段差も少ない。
「ゴメン……」
悔しさいっぱいで泣きそうなのに、結局謝るしか出来ない僕。

『いいよ、謝らなくても。アンタの可愛いおちんちんも好きだよ♡』
そう言って、僕のものを口でくわえてくれる希。僕は、心底ホッとして泣きそうだった。もう、ゴミクズのように捨てられてしまうビジョンしか見えてなかったので、好きと言ってもらえて号泣しそうだった。

久しぶりの希の舌の感触、唇の感触は、僕を狂わせそうだった。気持ち良くて、ついついうめき声が出てしまう。

すると、希は唇をすぼめて頭を振り始める。気持ち良くてすぐイキそうになるが、急に唇の感触が消えた。不思議に思って希を見るが、同じペースで頭を振っている。でも、まったく刺激がない。
『ゴメンw 間違えちゃったw 先輩のサイズで口あけちゃったw』
希は、テヘっという感じで可愛らしく言う。僕は、屈辱感で顔を真っ赤にしながら、何も言えない。
『先輩の、みっちゃんのより短いけど、太さは太いんだよ♡ ゴメンね、間違えてw』
希は、からかうように言う。僕はもう我慢の限界で、希を押し倒した。
『きゃん♡』
可愛らしい声を上げる希。僕は、夢中で先細りのペニスを突き立てた。すぐに、肉に包み込まれる感触を感じ、腰が抜けそうな程気持ち良くなる。久しぶりの希の膣中は、熱くてうねっていて、最高に気持ち良かった。

『ふふw ゴメンね、緩くなってるでしょw 6日間、数え切れないくらいされちゃったから、もう先輩のサイズになってるでしょw』
煽るように言う希。でも、その言葉で僕は狂ったように腰を振り始める。
『あっ、ンッ! ンッ! ん、あっ、んっ!』
希は、控えめな吐息で反応してくれる。でも、あえぎ声にはならないし、冷静な目で僕を見ている。そのうち、その吐息すらなくなっていく。僕は、焦りながらも必死で腰を振るが、
『ゴメンね、演技した方がいい? いつもみたいにw』
希は、そんな事を言った……。僕はその言葉に、急速にペニスを柔らかくしてしまった……。興奮しているのに、イキたくてしかたないのに、ピクリとも固くならないペニス……。

『あれれ? インポになっちゃったの? 先輩達、イッてもイッてもしてくれたのにw 私のこと愛してないんだね……』
芝居がかった言い方をする希。
「ち、違う! そんなんじゃないよ! す、すぐ固くなるから! 待って、ちょっと待って!」
そう言って、自分でペニスをしごいて大きくしようとする。でも、焦れば焦るほど、逆にどんどん柔らかくなる……。

『いいよw 代わってあげるね』
希は、さっきまでのバカにした感じではなく、優しい口調でそう言ってくれると、僕の乳首を舐めながらペニスをしごき始めてくれた。
『ホントにゴメンね。先輩の太いし、他の人も太いオモチャ使ったりするから、ユルユルになってるよね?』
少し申し訳なさそうな感じで言う希。でも、その言葉に僕は敏感に反応してしまう。

『ふふw 固くなってきた♡ 色々と聞きたいの? いいよ』
希は、嬉しそうに言う。
「な、何人としたの?」
僕は、一番の疑問を聞いた。
『わかんないんだ……。昨日とか今日は、目隠しされて縛られてたから……。朝からずっと色んな人が希にしてくれたよ♡ だから、多分30人くらいかな?』
希のその言葉に、僕は本当に言葉を失ってしまった。それと同時に、今まで感じたことがないくらいの興奮をしてしまった。本当に、まるっきり完璧な便器扱い……。30人? 狂ってるとしか思えない。

「そ、そんな……イヤじゃなかったの?」
『最初はちょっとイヤだったかな? だって、愛のないエッチなんて、嫌いだし……。でも、カレの……違ったw 先輩の前で他の人にオモチャにされて、すっごく興奮しちゃったよw』
僕のペニスをしごきながら、そんな事を言う希。インポになったかと思ったのに、もう限界まで勃起している僕。

『あれれ? マー君もすっごく興奮してるねw』
希が、そんな風に言う。アンタという呼び方からいつもの呼び方に戻り、少しホッとしながらも、希の告白が凄すぎて貧血を起こしそうだ。

「先輩のこと……まだ好きなの?」
僕は我慢出来ずにそう聞いた。
『うん……ずっと好きだよ。でも、マー君のことが一番好き』
真剣な口調で言う希。

「……また会うの?」
『ううん。もうお腹いっぱいだし、マー君と赤ちゃん作りたいから……。こんな私とじゃ、作りたくない?』
さっきまでの希とまるっきり変わってしまったように、弱気なことを言う希。

僕は、希を抱きしめてキスをした。希は、嬉しそうに舌を絡めてくれた。そのまま希に覆いかぶさり、また挿入したが、希はやっぱりリアクションは小さかった。でも、強く僕を抱きしめてくれた。そして、あっという間に希の中に射精し、そのまましばらく抱き合っていた。

『マー君は、平気なの? 希が他の人としなくても、平気なの?』
真顔で聞く希。僕は、正直気持ちが揺れたが、
「当たり前じゃん! もう、お腹いっぱいだよw」
と答えた。凄く嬉しそうに笑う希。僕は、あまりにも色々なことがあったが、それも終わったと思った。
『じゃあ、もうピル飲むのやめるね。マー君、愛してる♡』
希は他の男のキスマークだらけで、その上、他の男の精子を体中に塗った状態で、天使のように笑いながら言ってくれた。僕は、幸せを感じながらも、一度知った刺激を忘れられるか少し不安だった……。

すべてが終わり、日常が戻ってきた。希はまた髪の色を戻し、ほとんど真っ黒にした。もちろん、服装も元の清楚系なモノに戻し、あの事はなかったようになった。

そんな幸せな日々が続いていたが、僕宛に届いたレターパックが、また僕を動揺させた。それは、希の元カレからだった。約束通り、僕の職場宛にそれを送ってくれた先輩。いっそ、カレが忘れていて、送ってこなければよかったのかもしれない。

僕は、そのDVDを会社帰りに個室ビデオ店で確認した。DVDに焼いてくれたのは、送りやすくするためなのかもしれないが、約束では貸したビデオカメラごと送ってくれるはずだった。
“カメラ壊れちゃったから捨てときます”そんなメモが書いてあったが、単に奪い取られたということだと思う。それは別にかまわないが、データはカレの手元に残ったということだと思う。
僕は、それに不安になってしまう。

でも、そんな不安を持ちながらも、結局我慢出来ずに再生を始めた……。
再生が始めると、いきなり希は二本刺しになっていた。元カレの先輩ではない男二人に挟まれて、膣とアナルを貫かれていた。その男は、二人とも茶髪のチャラい感じで、ある意味では若々しい見た目だ。

「忘れてたw」
カメラで撮影している男が、小声で言う。多分、撮影する約束を忘れていたのだと思う。

『ンオォオォオッ! ケツマンコ壊れるぅっ! ヒィグゥッ! もっとぉッ! 壊してぇっ!!』
希は、サンドイッチ状態であえぎまくる。寝そべり、希の膣に入れている方の男は動かずに、バックの体勢で希のアナルを貫いている方が、ガンガン腰を振っている。
「これ、オマエの形がわかるなw キモいわw」
腰を振っている男が言う。
「アレ? オマエって、二本刺ししたことなかったっけ?」
膣に入れている方の男が言う。

「ねーよw コイツ、やっぱケツの方が締まるな」
「確かにw ヒロが太すぎるからなw ってオイ、なに撮ってるw」
男の一人が、そう言いながらカメラの方を見て、カメラに気がついたようだ。

『お、おぉオオ゛お゛っ! もっとぉっ! ヒロォ、来てぇ♡ くわえたいよぉ♡』
希は、カメラの方のカレを見る。でも、カメラのことはまったく気にしていない感じだ。

「オマエって、昔から撮るの好きだよな。100本くらいあんだろw」
希のアナルをガン突きしながら、男がカレに言う。
「まぁなw コイツ、撮られると燃えるんだよw なぁ?」
撮影しているカレが、希に問いかける。

嫁とカップル喫茶に見学に行ったら3

嫁の希とは、結婚する前からの長い付き合いで、セックスレスになりそうになっていた。ネットでオナネタを探すウチに、”NTR使える寝取られサイト”や”禁断の体験エッチな告白集”などのサイトでオナる事が多くなっていた。
そしてそれもエスカレートして、実際にリアルで出会える寝取られ掲示板などを見るようになって行った。

そんな中、思い切って嫁の希にカップル喫茶に行きたいと持ちかけ、予想外にトントン拍子に話が決まった。

1回目の訪問で、常連のみっちゃん夫妻と仲良くなり、すぐに2回目の訪問をすることになった。

そして今目の前では、みっちゃんの極太イボペニスをくわえる希と、みっちゃんの乳首を責める京香さんがいた。
京香さんは、ヒモだけのブラに、パックリ穴の空いたショーツを身にまとっている。そして、そのパックリと開いた穴からは、毛のないツルツルのアソコが丸見えで、そこから流れ出てくる白い精液がよく見えている。

希は、全裸で異形のペニスに口での奉仕を続けている。こうやって見比べると、全裸よりもエロいランジェリーを身にまとっている方が、数倍エロく見える。

「オォぅ……気持ちいよ……ヤバい……」
みっちゃんが、早くも限界を訴える。京香さんとのセックスでは、余裕たっぷりなみっちゃんなのに、今は早漏気味だ。
ペニスと乳首をダブルで責められているという事もあるのだろうが、旦那の目の前で、その若妻にフェラをされているというのが、背徳的で興奮につながっているのかも知れない。

僕も、みっちゃんの前で京香さんとしたら、すぐにイッてしまう自信がある。

そして、
「イクよ、イクっ!」
と、みっちゃんが短く吠えて、体をブルッと震わせた。

『んっ?!』
口内に射精をされて、希はうめいた。でも、嫌そうな気配はないし、慌ててペニスを口から出そうともしない。そのまま、全てを口内で受けきったようだ。

目の前で、希が他の男のモノをフェラする光景。普通ならば、一生見ることなく人生を終えることが出来たはずだ。愛する妻が他の男の精液を口で受け止める姿は、オナニーの時に妄想する以上の、物凄い興奮だった。

そして、僕は異様なほどドキドキしていた。口の中のモノをどうするつもりだろ? 僕のモノですら、ほとんど飲んでくれたことはない。いや、思い出せないので、一度もないかも知れない……。
それなのに希は、さっき、初対面の大学生の男の子の精液を飲んでしまっている。その時は、僕は興奮で手も触れずにイッてしまった快感で、そんな事を思う余裕もなかった。

そして今、目の前で再び、口の中に精液をたっぷり溜めている希。どうするつもりだろう……と思っていると、
『飲ませてぇ?』
と、陽気な口調で京香さんが言った。そして、希の胸のあたりに顔をもっていき、上を向いて口を開けた。
僕は、ホッとした。希が、みっちゃんの精液を飲まないですむと思ったからだ……でも、同時に残念だと思う僕もいた。

そんな僕の心の動きとは関係なく、希は京香さんの口の中めがけて、みっちゃんの精子を垂れ流していく。洋物のエロ動画だと、異様な巨根の男優が、驚くほどの量の精液を女優さんにぶっかけたりするが、巨根だと精液の量も多くなるのかも知れない。実際、希の口の中から垂れ流される精液は、まだあるの? と思うくらいの量だった。

そして、口の中に入れられるそばから、それをゴクゴクと飲み干していく京香さん。そして飲み干すと、そのまま希にキスをした。希の口の中にも、京香さんの口の中にも、多少の精液が残っていたらしく、二人とも口の周りを白く染めて、グチョグチョにかき混ぜるようなキスをしている。

希は、精液が好きというわけではないと思う。このシチュエーションにおかしくなってしまっているのだと思う。頬を朱に染め、夢中で舌を絡める希。女同士のキスは、エロさよりも、絵画的な美しさが先に立つ気がする。
京香さんは、希の口の端の精液を、舌で綺麗に舐め取っていく。そして、お返しに希も、京香さんの胸のあたりの精液を口ですすり取る。その精液は、さっき大学生達が京香さんにぶっかけたモノだ。

今日だけで、3人……混ざっているかも知れないので、下手したら6人の精液を口に含んだ希。
信じられなかった。ここまで弾けてしまうとは、夢にも思っていなかった。多分、元ヤンの希は、それほど貞操観念が高いわけではなかったのかも知れない。それでも、僕と付き合い始めてからは、浮気はしていないはずだ。僕のことを凄く束縛するし、自身も、僕に束縛されるのを望むような子だった。

それが今、目の前でとんでもないことになっている希は、貞操観念というモノが消えてしまったようにすら見える。これが希の、本当の姿なのかも知れない……。
元ヤンの希は、僕の前には3人と付き合っただけだと言っていた。でも、付き合ってはいなくても、セックスはもっと大勢としていたのかも知れない。
大勢に回されるヤンキーの希……いやにリアルに想像できてしまう……。

そして希は、口にすすり取った大学生達の精子を、京香さんの口に垂らし始めた。京香さんは、それを嬉しそうに口に含む。でも京香さんは、今回は飲み込まなかった。逆に希を低い位置に置き、上からその精液を垂らし始める。

希は、小さな可愛い口を目一杯大きく拡げて、その精液を一滴もこぼさず口内に収めた。希は、ここでやっと僕を見た。さっきから、僕の存在など消えてしまったように振る舞っていた希が、急に僕を見たので、僕はドギマギして目をそらしてしまった。

そして、目をそらした僕の耳に聞こえてくる、クチョ、クチャ、という水っぽい音。視線を戻すと、濃厚にキスをする京香さんと希。口の中の精液を、お互いの口の中に行ったり来たりさせながら、ひたすらキスをする二人。

僕は、興奮が高まりすぎて立ちくらみがしそうだった。自分の嫁が、女性とはいえ他人人とキスをして、そのうえ赤の他人達の精液を口移しに交換している光景に、なぜここまで興奮できるのか、自分でも不思議だ。
普通の神経ならば、とても見ていられない光景だと思う。でも、僕は一瞬も目をそらすことが出来ない。

すると、何かみっちゃんに耳打ちされた男の子が、全裸でペニスを破裂させそうなくらい勃起させながら、希と京香さんに近づく。二人は、それに気がつかない様子で無心でキスを続ける。

そして、二人の真横に立つ男の子。その男の子は、多分前回いた3人の内の一人だ。男の子のビンビンになったペニスは、みっちゃんの化け物レベルと比べると凄く小さく見えるが、冷静に観察すると、僕のモノよりは大きいと思う。

男の子は、キスする二人の顔のすぐ横に、そのペニスをもってきた。すると、それに気がついた京香さんが、希とのキスをやめて男の子のペニスを口に含んだ。希は、その様子をしばらく見ていたが、急に僕を見た。何も言わずに僕を見つめる希。その横では、エロい下着を精液でドロドロに汚した京香さんが、熱っぽい目でフェラを続ける。

見つめる希……僕は、気合い負けしたように、目を伏せてしまった。

「おっ! マジか」
みっちゃんが楽しそうに声を出す。僕は、慌てて顔を上げた。

希は、男の子の乳首を舐めていた。そして、反対の乳首も指で触っていた。男の子は、京香さんにフェラされながら、希に乳首責めまでされて、本当に気持ち良さそうな顔をしている。

それにしても、本当に男の子が羨ましいと思った。こんな風に二人の女性に責めてもらえるなんて、一生経験しないのが普通だと思う。
すると、京香さんが男の子の後ろに回り、アナルを舐め始めた。そして、がら空きになったペニスを、希が握る。希の、乳首を舐めながらの手コキが始まる。

希の手つきは、妙に慣れている感じがした。やっぱり僕が妄想したみたいに、昔の希は乱れたセックスをしていたのだろうか?

すると、希はしゃがみ始めた。そのまま男の子のペニスのところまで顔をもっていき、さっきみたいに急に僕を見た。
そして僕を見つめたまま、口を開けた。希の目は、今まで見たこともないくらい、発情したようなエロい目だった。

ゴクッと生唾を飲み込む僕を見て、希はそのまま男の子のペニスを口に含んだ。希は、僕を見つめたまま頭を振り始める。僕に見せつけるように、男の子をフェラをする希。

希が、何を考えているのかわからない……。

僕を見たままフェラを続ける希。京香さんは男の子のアナルを舐めながら、後ろから手を回して乳首を責めている。
男の子は、
「あぁ、ヤバいっす、出そうです!」
と、余裕がない口調で言った。

それが聞こえないように、希も京香さんも責め続ける。

「イ、イクっ! ウゥッ!」
男の子がうめきながら、体をビクッとさせた。

『んん?っ!』
希は口の中に射精されて、うめき声を上げた。

そして、男の子がイッたのに、二人とも責めるのをやめない。それどころか、希はさらに頭の動きを速くする。
「あぁっ! ダ、ダメですっ! うぅっ! 止めてくださいぃっ! ああっ!」
イッたのにさらに責め続けられて、男の子は悲鳴に近い声をあげる。
『あらあらw どうしたの? 女の子みたいな声出しちゃってw』
京香さんが、エロビデオの痴女ものの女優さんみたいに言う。
希は、腰が引けて悲鳴を上げている男の子の腰を掴んで、逃がさないようにしてフェラを続ける。
「あああっっーー!! やめてくださいぃっ!!」
泣きそうな声で叫ぶ男の子。
自分の嫁が、こんな風に他の男を責める姿は、目の当たりにしても信じられない。希にこんな一面があるなんて、夢にも思っていなかった。

二人にいいようにオモチャにされて、男の子は立っていられなくなったみたいで、床にへたり込んだ。

『あらあら、情けないw 希ちゃん、舐めてもらったら?』
京香さんは、痴女モードのままそんな事を言う。希は、一瞬戸惑った表情になったが、また無言で僕を見つめた。僕は、一瞬また目を伏せようとしてしまったが、なんとか思い直した。そして、瞳の視線を受け止めたまま、うなずいてしまった。

希は一瞬唇の端が上がり、笑ったように見えたが、すぐにへたり込んでいる男の子の顔の所に股間を持っていった。
そして、希のアソコに目が釘付けになっている男の子の顔に、自分のアソコを押しつけていった。
男の子は、嬉しそうに希のアソコを舐め始める。少しの躊躇もなく、一生懸命に舐め続ける男の子は、テクニックも何もない感じで、犬みたいに夢中で舐めている。

舐めている男の子は、若く見える。おそらく大学生だと思う。たぶん前回の時にもいた子なので、その時童貞を卒業したのだと思う。なので、経験もなく、下手くそなのだと思う。

かなり年下の男の子に、立ったままアソコを舐められ続け、希の口からも甘い吐息が漏れ始める。でも、その状況でも希は、僕を見つめたままだった。口がだらしなく半開きになり、目も細められ、眉間にも少ししわが寄っている。
感じているのはもう間違いない感じだ。でも、少し不安そうな感じにも見える目で、僕を見つめ続ける希は何を思っているのだろう?

そして今さらながら、希の口の中が空っぽなのに気がついた。他人の精液を飲み込む嫁……僕は、それを夢見ていたはずだ。実際に、異常に興奮もしている。でも、この焦燥感はなんだろう?

『あらあらw 夢中で舐めちゃってw おばちゃんには、何して欲しい?』
京香さんが、自分のことをおばちゃんなんて言いながら、また痴女のように迫る。
男の子は、必死で舐めていた希のアソコから口を離し、
「キ、キス、して欲しいです!」
と、必死の口調で言った。その口の周りは、妙にテラテラと光っていて、希のアソコがいかに濡れていたのかを物語っていた。

『それは、どっちに? 私に? それとも、ノンちゃんに?』
京香さんが、男の子をわざと困らせるように聞く。
「そ、それは……ノンちゃんさんです……」
申し訳なさそうに言う男の子。僕は、ドキンと心臓が痛いくらいに脈打った気がした。男の子達にぶっかけられたり、アソコを舐められたりしてしまったが、キスはしていない。京香さんとはしているが、まだ相手が女性ということもあり、僕もそれほどショックは受けなかった。
でも、希が男の子とキスをしてしまうかも知れない……そう思うと、いても立ってもいられなくなる。

『おばちゃんとじゃ、イヤかw どうする? ノンちゃん、してあげる?』
京香さんが、チラッと僕の方を見たあと、希に聞いた。
『どうしよっかなぁ?? どうして私がいいの?』
希もノリノリな感じで、そんな事を聞く。僕の知らなかった希の一面が、どんどん出てくる。でも、そんな”僕の知らない妻の顔”を見て、僕は無性に興奮していた。

「だって、ノンちゃんさんすっごく美人だし、メチャメチャ好みのタイプですから……」
男の子が、照れて顔を真っ赤にしながら言った。イケメンでもなんでもない、どちらかというとモテなさそうな彼だが、その言い方や照れた感じが、妙に可愛いと思ってしまった。
希も同じだったようで、言い終わった男の子に、すぐにキスをした。
目の前で、希が主導で他の男とキスをしている……僕は、自分の中で何かが弾けたのがわかった。

舌を差し込み、男みたいに男の子の口の中を犯す希を見ながら、僕は京香さんに抱きついた。
『嫉妬してるの? でも、嬉しい♡ キスしよっか?』
京香さんが、無邪気な笑顔で僕を迎えてくれた。京香さんはエロいランジェリー姿で、色々なところに精液が付着していて、普通ならば抱きしめるのにもためらいが出るような状態だ。でも、嫉妬でおかしくなっている僕は、そんな事も気にせず、京香さんのプルンとした肉厚の唇に、唇を押し当てた。

それと同時に、京香さんの舌がニュルンと滑り込んできて、僕の歯ぐきとか舌を舐めまくる。一瞬、精液の味がしたような気がして、ウッとなったが、すぐに京香さんの舌の感触で気持ち良くなり、気にならなくなった。

僕は京香さんと舌を絡めてキスをしながら、希を見た。正直、ビビっていた。何もしちゃダメと釘を刺されていたのに、こんな事をしてしまい、殺される……とビビっていた。

希を見ると、希も僕を見ていた。感情の読み取れない目……無表情に近い目で僕を見ながら、男の子とキスを続ける希。ゾクッとした……。

希は、男の子から口を離すと、
『どう? キスの味は?』
「最高です! ホント、ノンちゃんさんみたいな美人とキスできて、人生で一番ラッキーな日です!」
大げさと思うくらいに喜ぶ男の子。
『ふふw 可愛いね♡ じゃあ、ご褒美あげる』
希はそう言うと、男の子の口を指で開けさせ、少し上を向ける。そして、少し離れた場所から、男の子の口の中に唾液を垂らしていく。その全てを、僕を見つめたまま行う希。京香さんとキスした僕に、怒りとか嫉妬の感情を持っているようだ。

でも、それが無性に嬉しかった。嫉妬してくれるということは、それだけ愛が深いということだ。好きでもなんでもなければ、誰とキスしようが気にもならないはずだ。

男の子は、希の口の中から垂らされた唾液を、喉を大きく動かしながら飲み干すと、
「美味しいです! そ、そのぉ……もっと下さい……」
男の子が、恥ずかしそうに言う。
『じゃあ、おねだりしてごらんw』
希が、京香さんばりに痴女の顔を見せる。
「ノ、ノンさんの、おしっこ飲ませて下さいっ!」
男の子は、いきなりとんでもないことを言った。
『えっ!? お、おしっこ? よだれじゃなくて!?』
さすがに希も驚いたようだ。
「はいっ! ダメですか? お願いします……」
男の子が、泣きそうな顔で言う。

戸惑いの顔を見せていた希だが、また僕を見ながら、
『じゃあ、お口開けてごらん……』
と、少し震える声で言った。

まさか、自分の嫁が……僕は、止めて欲しいという気持ちと、もっとやれという気持ちで、グラグラと揺れていた……。

希は、結局そのまま男の子の顔にアソコを押し当てた。そして、力を入れ始めた。だけど、やっぱりこんなシチュエーションなので、なかなか出ないみたいだ。

『君達も、おいで……』
京香さんが、4人の男の子達に声をかける。すると、犬みたいに嬉しそうに京香さんの元に集まった。僕は、はじき飛ばされるように隅に追いやられながら、男の子達に囲まれる京香さんを見つめた。
そして京香さんは仰向けで寝転がると、足を大きく広げて、自分でアソコをクパァと広げた。その途端、流れ出てくる白い精液……。
『もう、回復したでしょ? いいわ、い・れ・て♡』
と、色っぽい口調で誘う。
もう、エロいという言葉以外思い浮かばないような光景だ。そして、そんな淫乱すぎる京香さんの事を、みっちゃんは椅子に座ってニコニコしながら見ている。

すると、男の子のウチの一人が、京香さんに覆いかぶさる。必死でペニスを入れようとするも、なかなか上手く入らない。モタモタしている男の子のペニスを、京香さんが指で握って自分のアソコに導いた。
『あんっ♡ カチカチのおチンポ、入っちゃったねw』
京香さんはそう言うと、自分に覆いかぶさっている男の子にキスをした。こんな風に痴女のように男の子の若いペニスを迎え入れ、見せつけるようなキスをする京香さんを見て、みっちゃんは見てわかるくらい興奮している。

その気持ちが、今の僕にはよくわかる。繰り返し繰り返し、何度も男の子に唾液を飲ませながら、何度もキスをする希……それを見て、僕は今までの人生で感じたことがないほどの、とてつもなく大きな快感の渦の中にいたからだ。

京香さんの周りには、他にも3人いる。その子達のペニスを、京香さんは両手で握った。
『じゃあ、君はお口で♡』
そして、残った男の子のモノは、口に含んだ。上下の口と、左右の手……それぞれに若いペニスを受け持ち、同時に相手をする京香さん。みっちゃんはその光景を見て、もう我慢できないようで、自分でしごき始めた。
ここで僕は、人生を大きく変えるような決断をした。
僕は、男の子とキスを繰り返す希に向かって、
「みっちゃんが、寂しそうだよ……」
と、震える声で言ってしまった。

希はまず僕を見て、少し間があった後、みっちゃんの方を向いた。
『こっちに来ませんか?』
希は、少し緊張したような声でそんな事を言った。すると、みっちゃんは意外な行動を取った。みっちゃんは、返事をする前に京香さんの方を見た。そして、京香さんがニコッと笑ってうなずくと、
「じゃあ、お邪魔させてもらおうかなw」
と、いつもの余裕に満ちた感じで言った。

みっちゃんは、亭主関白で、セックスにおいても京香さんを狂わせていて、言いなりにさせていると思っていた。それが、みっちゃんは京香さんの許可を取るような行動を取った。実際は、京香さんが主導権を握っているのかも知れないと思った。

そしてみっちゃんは、その巨根を隠すことなく、誇らしげにそそり立たせたまま希の横に来た。
『ちょっと待ってて下さいね……もう、出そう……』
希は男の子の口に、アソコを押しつけたままそう言う。
そして、ブルブルッと体を震わせた。男の子は、必死で喉を鳴らしながら飲み干していく。希は、僕の顔を見つめたまま男の子におしっこを飲ませていく。希がこんな事をするなんて、本当にウソみたいだ。

男の子は、順調に飲み干していたが、急にむせた。そして、希のアソコから口を離してしまう。
希は、慌てて止めようとするが、それでも男の子の頭から黄金シャワーを浴びさせてしまった。でも、量も少なく、マットレスもほとんど汚さなかった。

それでも、希のアソコからおしっこが飛び散り、男の子にかかっていく全てを見てしまった。希は、頬を赤くして恥ずかしそうだが、凄く興奮しているのも伝わってくる。
男の子はむせながらも、嬉しそうに希にお礼を言った。

だけど、希は男の子を見ずに、みっちゃんのそそり立ったモノを見つめている。さっき希は、みっちゃんのペニスをフェラしているし、口の中に出されてもいる。
それなのに、みっちゃんのその異形のペニスから目が離せないようだ。
確かにそのペニスは、僕でも見入ってしまう。変なオーラが出ているような感じすらする。

前回の時、僕はあの化け物じみたモノが、京香さんを狂わせるところを見て、希が入れられてしまったらどうなるだろう? そんな妄想をした。
それが今、目の前で現実になりそうになり、嫉妬や恐れよりも、興奮がどんどん高まってきた。

もう、希は完全にやられてしまう……僕は、覚悟した。そして、息を飲んでその光景を見守っていると、みっちゃんは希の横に寝転がった。

その後ろでは、みっちゃんの奧さんの京香さんが、4人の男を一人で相手をしている。恐ろしく現実離れした状況だと思う。

「入れてみる?」
みっちゃんが、余裕たっぷりの口調で希に言った。その言い方は凄く上から目線の感じで、正直ちょっとムッときた。
でも、希はそうは思わなかったようで、コクンと無言で頷いた。僕の方を見て許可を求めるでもなく、即答に近い格好でうなずいた希。

みっちゃんの異形のペニスに、本気で魅入られてしまったようだ。
希は、すぐにみっちゃんの上にまたがるような格好になる。そして、その異形のペニスに向けて腰を降ろしていく。
和式便器でするみたいに、かがみ込んでいく希。すると、想像以上に早く希のアソコがみっちゃんのペニスに触れた。

形の異様さに忘れがちになるが、みっちゃんのペニスは長さも太さもかなりのモノだと思う。大げさかも知れないが、全てのサイズが僕の倍はある気がする。

そして、そこで一瞬止まるとか、僕の方を見るとか、そんなためらいはまったくなく、そのまま腰を落とし続ける希。

前回は、エッチするのをただ見られるだけだった。そして今回も、基本は見られるだけで終わるつもりだった。
それが、僕の変な虚栄心で、男の子達に希にぶっかけさせて流れが変わった。男の子達に精液で汚されて、希も発情してしまったし、僕の寝取られ性癖も火がついてしまった。

『ん、ンッ、あ、あぁっ! これ、あ、アッ! 大っきすぎる……んンッ!!』
ズブズブと、みっちゃんの亀頭が少しずつ埋まっていくと、希が驚いたような声で言う。でも、希の表情は、不安というよりは、期待という感じに変わっている気がした。

そして、さらに体重をかけていく希。亀頭部分が完全に希の膣内に消えた……。
『ンアッ、あぁっ! これぇ、あぁっ! 大きいぃ……』
希は、いったん動きを止めて震える声で言う。大きくて、痛い……そんな感じはまったくない。それどころか、この後やってくるはずの大きな快感を期待して、顔がほころんでいるようにも見える。

そして、今さら気がついた。みっちゃんがコンドームをしていないことに……希と僕は、成り行きで出来たら産もうという考えなので、セックスで避妊はしていない。なので、基礎体温とかもつけていないし、排卵日などは把握していない。今日が安全日という保証は何もない。
それどころか、僕のうろ覚えの知識では、希の生理が終わったタイミングから考えると、今日はむしろ危ないタイミングのような気がする……。

京香さんは、みっちゃんの希望で避妊どころか、排卵誘発剤まで飲んで他人の精子を受け入れている。他人の種で妊娠することが、みっちゃんの一番の希望なんだそうだ。

僕にはそんな覚悟もないし、そんなのは耐えられない……今すぐ中断させて、ゴムをつけてもらおう! そう思った瞬間、
『んンッうあぁっっ!! ヒ、ぐぅ……ダ、メ……う、ウゥうあぁ、当たって、るぅ……』
と、希が叫んだ。あんなにも長いみっちゃんのペニスが、希の根元まで突き刺さっていた。
生の他人棒が、愛する妻の子宮にキスをしている……僕は、叫ぶ寸前だった。
僕のモノではどんなに頑張っても届かないところに……僕が知らないところに、他人の肉棒が刺さっている光景……。
叫びたいくらいの地獄の光景なのに、僕は自分が興奮していることもわかっていた。そして、ほとんど無意識のような感じで、自分のモノをしごき始めていた。

「ほら、マー君も興奮してるみたいだよ。ノンちゃんも、もっと楽しまないとw 動けるかい?」
みっちゃんが、楽しそうに聞く。その後ろでは、京香さんが男の子達に顔や胸にぶっかけられ、代わる代わる膣を犯し抜かれている。それでも、貪欲に口や手で男の子達を責める京香さん。
上品な京香さんが、体中に精液を浴びながら、上下の口と両手を駆使して男の子4人を相手にする姿は、ギャップが凄すぎる。そして、ついつい希と重ね合わせてしまう。希が、こんな風に輪姦みたいにされたら……想像するだけで、胸が苦しくなるが、しごいているペニスがより固くなるのを感じる。

『ム、ムリ、です……余裕、ゼロ、ですぅ……あ、あぁ……奥、ヒィぎぃ……ダメ……だ、よぉ……』
言葉も切れ切れになるくらい、余裕がないようだ。
「ははw じゃあ、よいしょっと」
みっちゃんは、のぞみとつながったまま、体を起こした。自然と座位になる二人。
『ひぃぃんっ!! んんアアッッ!!』
みっちゃんのそんな急な動きに、希が激しく反応する。多分、体を起こす動きをしたことで、膣中でゴリゴリとみっちゃんのイボチンが動いたのだと思う。

「アレ? 軽くイッたねw」
みっちゃんが、ニヤッとしながら言う。
『は、はひぃ、だってぇ、えぐるからぁ……イボ、ダメぇ……こんな、知らない……』
この時の希の顔は、いまだに夢に見る。トロトロにとろけきった顔……僕が見たことのない顔だった。

「じゃあ、軽く行くよw」
みっちゃんは、そんな風に軽く言うと、突き上げるようなピストンではなく、希のお尻を抱えるようにして、揺さぶるような動きを始めた。それはピストンではなく、前後に揺らすような感じで、長瀬愛の騎乗位みたいな感じだ。

激しくない動きなのに、希の反応はまったく違った。
『ンふあぁおぉっっ! な、何、あぁっ!これ、ウゥぅっぁっっ! アッ! あぁっ!! あっーーっっ!! イィックぅっ!! イクっ! イクっ!! ヒィィグゥッッ!!』
希は、見たこともない絶叫に近い叫び声を上げながら、みっちゃんにしがみついた。そして、見た目でわかるくらい強くみっちゃんにしがみつき、腰回りをガクガクッと震わせた。

「ノンちゃんは敏感だねぇw どうする? 続けるかい?」
希を揺さぶるのをやめたみっちゃんが、また余裕の言い方で聞く。僕は、見たかったものが見られた喜びと、予想を超える希の反応……そして、避妊をしていないという現実に、いても立ってもいられなくなる。

でも、そんな僕を置き去りにして、希が動いた……希は、みっちゃんの質問に答えることもなく、いきなりみっちゃんにキスをした。さっき大学生にしたようなキスではなく、むさぼるようなキスをする希。

あんなに僕にべったりで、僕に一途なオーラを出しまくっている希……一皮剥くと、こんなモノなんだろうか?
この日も、カップル喫茶に来る前は、僕は何もしちゃダメとか、興奮するのもダメとか、可愛いことを言っていた。

それなのに、希は僕の目の前で、本気のキスをしている。僕の倍はあるペニスを、生で膣内に受け入れ、子宮でキスをしながら、僕にするように……いや、僕にするよりも激しくキスをする希。

それが僕の限界だった。あまりの快感に声が漏れそうになりながら、なんとか声をこらえて射精をした。まさか、希の寝取られセックスを見ながらオナニーをして、射精までするとは、夢にも思っていなかった。

すると、イキなり京香さんにフェラをされた。
『へへw イッちゃったんだw ノンちゃんの恋人キス見て、イッちゃったんだねw』
こんな事を言いながら、イッたばかりの僕のペニスを舌で責め続ける京香さん。

希は、みっちゃんとキスをしながら、腰を振り始めた。上下にするのではなく、さっきみっちゃんにされたみたいに、前後に揺さぶるような動きだ。
『あぁぁ……ダメぇ……ダメ……ヒィあっ! アッ♡ アッ♡ とまらないぃ……ンアッ! こんな、こすれてぇ……イボ、ダメぇ、ダメっ! ダメぇっ!! もうイクよ……イッちゃうのぉッ! こんな、ダメ……ダメなのにぃっ! イヤァァ……ダメっ! イクっ! イクっ! イクっ♡ イクぅぅぅ♡』
希は、叫びながらスパートをかける。腰の動きが早くなり、希の顔がとろけきっていく。そして、みっちゃんに思いきりキスをしながら、全力で腰を振る。希は、キスをしたまま全身を硬直させるように震わせると、動きを止めた。
完全にイッた……希は、他の男とのセックスで、完全にイッてしまった。それも、普通ではないくらいの乱れ方をしながら……。

嫁が勝負に負けて僕の親友に手コキした

妻の果穂とは結婚してからの期間よりも、結婚する前の交際期間の方が長い。果穂と出会ったのは、中2の夏だった。転向してきて、隣の席になった果穂に、一瞬で惚れたことを今でもよく覚えている。

それから15年たつが、晴れて今年夫婦になった。果穂に、出会ったときのことを聞くと、
『私も一目惚れだったよ♡』
と、笑顔で言ってくれる。でも、僕の記憶では、少なくても中学の時は、果穂は僕の友人の山川のことの方が好きだったはずだ。

高校生になり、同じ高校の同じクラスになったことがきっかけで、僕と交際するようになった。でもあの時、果穂が山川と同じクラスになっていたら、今僕の横に果穂はいなかったはずだ……。
そんな事が、僕の心に小さなトゲのように刺さったまま、今に至る。

山川は、僕よりもルックスもよく、身長も高いし、運動も勉強も出来た。バレンタインの時とかに、果穂からしかチョコをもらえない僕とは対照的に、山川は5~6個はもらっていたはずだ。

山川は、中学の時はそうでもなかったが、高校大学と、常に女が周りに複数いるような感じだった。でも、特定の彼女を作ることもなく、今に至る。まだ30前なので、まだまだ遊びたいのかもしれない。

僕と果穂にとって、幼馴染みみたいな感じの山川は、よくウチに遊びに来る。僕と果穂が結婚するまでは、僕の部屋で鍋なんかをよく食べたが、最近では僕と果穂の新居にワインなんかを持って遊びに来ることが多くなった。
新居といっても賃貸だが、僕の叔父が住んでた家で、叔父は叔母が亡くなったのを機に、世界中を旅して回っていて、格安で貸してもらうことが出来た。叔父が日本にいるとき用に、叔父の部屋はあるのだが、去年は一度も帰ってこなかった。
叔父さんは一言で言うと凄い男で、行動力の塊みたいな人だ。50代半ばのはずだが、筋力トレーニングやランニングも欠かさない人なので、もの凄く若々しい。ルックルも渋い大人という感じで、まだまだ女性にもモテると思うのだが、亡くなった奥さん以外には興味がないようだ。
世界中を旅しながら、写真やブログなどで僕より稼いでいるのも凄いと思う。彼は昔から、僕の中ではスーパーマンみたいなもので、ずっと憧れている。

嫁の果穂は、長い付き合いなのでもう客観的に見る事なんて出来ないが、いまだにたまに街でナンパされるので、可愛いのだと思う。
芸能人は詳しくないのでよくわからないが、吉高由里子に似ていると言われることがある。あそこまで可愛いとは思えないが、目元の感じなんかは、そっくりだと思う。
そして、嫁の一番のウリというか、長所はその美巨乳だ。Fカップあるのに、まったくと言っていいくらい垂れていない胸。本人は、水泳をやっていたおかげと言うが、それが本当なら凄い効果だと思う。

そして、水泳をずっとやっていて、今でもジムに通ってたまに泳いでいるおかげで、体力と筋力が結構ある。それは、夜の生活で凄く僕を喜ばせてくれる。
僕が果てるまで騎乗位をしてくれるし、膣の締まりも強烈だ。そして、高校の時に初めて結ばれたときには、お互いに処女と童貞だったが、すっかりとセックス好きの二人になった。
セックスが好きで、エロい体をしている果穂だが、中身はもの凄く古風で、僕に対して一途だ。浮気なんかはお互いにあり得ないような感じだと思う。

ただ、そんな風にラブラブな日々を過ごしていると、刺激が欲しくなってしまう。満ち足りていて、なにも不満がないはずなのに、もっと刺激的な日々を求めてしまう。顔を変えて記憶をなくし、平凡な生活を送っていても、どうしようもなくスリリングな生活に戻ってみたくなった宇宙海賊みたいなモノなのかもしれない。

そして、今日もいつも通り果穂と遊びに出かけ、久しぶりにボーリングをした。ボーリングをするつもりではなかったが、たまたま前を通りかかって、やってみたいと果穂が言い出したのでやった。
そんな流れだったので、果穂は結構ミニスカートだった。最初からボーリングをするとわかっていたら、スカートではなくパンツをはいたと思うが、ミニスカートでのボーリングは、想像以上に際どいモノになった。
でも、結構熱くなる果穂は、チラチラパンツが見えるのも気にせずに、ガチのボーリングを続ける。

『あぁっ! もう! このレーン、傾いてるんじゃない!?』
とか、無茶苦茶なことを言いながら、けっこういいスコアをたたき出している。でも、微妙に僕の方がスコアがいい。
『また負けた~! もう一回やろ!』
そして3ゲーム目に入った。
『ねぇ、コレで勝ったら、何でも言うこと聞いてもらえるって事で言い?』
「え? それって、俺が勝ったら、果穂が言うこと聞いてくれるって事?」
『もちろん! やる?』
燃えた目で言う果穂。僕は、色々と果穂にしたいこととかあったので、即答でOKした。

より気合いの入った果穂は、投げたときの沈み込みも深くなり、生足が相当際どいところまで見える。そして、ストライクとかを取ると、その場でピョンと跳びはねる。その度に、チラッとピンクのショーツが見える。
それだけではなく、ジャンプするたびにその自慢の胸がユサユサと格ゲーみたいに揺れる。
ふと気がつくと、周りの男達に注目されていることに気がついた。
ちょっと離れたレーンの男性グループなどは、果穂を指さしたり、勝手にスマホで撮影までしている。

僕は、一瞬ムッとして、止めさせようと思った。でも、すぐに自分が強烈に興奮していることに気がついた。
自分の嫁が、他の男達に性的視線で見られている。それは、僕が今まで感じたことがない感覚だった。そして、それがもたらす興奮に、自分自身驚いた。

周りの男達の注目を浴びている果穂。それに気がついた途端、僕は一気にスコアが崩れだした。そして、より接戦になったことで、果穂のアクションがより大きくなった。大きく飛び跳ね、ショーツがモロ見えになり、胸もこぼれそうな程揺れる。

それを写メする男達。もしかしたら、嫁の写真でオナニーするのかもしれない。そう思うと、余計に興奮した。僕の、自分でも知らなかった性癖が、どんどん解放されていく感覚だ。

そして、最終フレーム、3ピン差で負けていた僕は、
「果穂、パンツ見えてるよ」
と、一言言ってみた。
『エッ! ウソ! 本当に?』
と、慌て始めた。まったく自覚なく、ここまで来たんだと思うと、果穂の天然ぶりにちょっとあきれてしまう。

そして、果穂は動揺して、その上ショーツが見えるのを意識し始めてしまい、ガターを出して負けた。

『ズルイ! パパ卑怯だよ~!』
と、頬を膨らませながらすねる果穂。そんな果穂が、たまらなく可愛いと思う。

ちなみにまだ子供はいないのに、僕はパパと呼ばれている。何となくくすぐったい感じだけど、最近は悪くないと思うようになっていた。

ボーリングが終わった後、果穂と食事をする。
『ねぇ、言うこと聞くって、なにがいいの?』
果穂は、渋々という感じだけど、そう言ってきた。
「え? いいの? 卑怯な事したけど……」
『だって、負けは負けだし……』
果穂は、妙に真面目なところがある。
「じゃあ、質問に正直に答えるって事でどう?」
『えぇ~? なにそれ。なんか、嫌な予感がするw』
そんな事を言いながらも、結局承諾した果穂。

家に戻り、軽く飲みながら質問を始めた。
「ウソは絶対にダメだからね」
僕は前置きを言う。
『いいよ。約束だし、別に隠し事もないから』
と言いながらも、ちょっと緊張気味の果穂。

「果穂って、俺とのエッチで、ちゃんとイケてる?」
ストレートに、一番聞きたいことを聞いた。果穂は、僕とのセックスで感じているのは間違いないと思うが、一度もイクと言う言葉を聞いたことがない。
『エッ! ……なんでそんな事聞くの?』
いきなり表情が曇る果穂。その表情で、もう答えを聞いたも同然だ。
「いや、気になってたから。イケてないってことだよね?」
『……うん……』
申し訳なさそうな果穂。でも、ある程度わかっていたことだ。
「オナニーとかだとイケる?」
『うん。イケるよ』
「オナニーとかしてるんだw エロいねw」
重くなった空気を変えようと、明るく言ってみた。
『そ、そんな事ないもん! なに言わせるんだよぉ~。バカッ!』
顔を真っ赤にして強烈に照れる果穂。

そこから、イケるようにはどうすればいいかということを話し合った。
入れながら、クリを刺激すればいいんじゃないかという話になり、ローターとかも試そうかという話をしてみた。
『うん。試してみたい……』
「興味あったの?」
『うん。ずっと言えなかった。使って欲しいって思ってたよ』
照れながらも正直に言う果穂。こういう話をして、本当に良かったと思う。お互いに隠し事はなくても、こんな風に小さな要望みたいなモノはあるんだなと思った。

「じゃあ、さっそく買ってくるよ!」
と言って、僕は部屋を飛びだした。そんな僕を止めようとしなかったので、果穂も乗り気なんだと思った。
そして、歩いて10分もしないところにある書店に行き、ローターを買ってみた。その書店は、いわゆるエロDVD系の書店で、大人のおもちゃもたっぷりある。

部屋に戻ると、果穂はすでにシャワーを浴びて裸でベッドに潜り込んでいた。
「やる気満々じゃんw」
『ダメ? すっごく楽しみだよ♡』
と、果穂はノリノリだ。
「じゃあ、シャワー浴びてくる!」
僕は、慌ててシャワーを浴びようとした。でも、裸の果穂が抱きついてきて、
『もう待てないもん。すぐ来て♡』
と言いながら、僕の服を脱がせていく。
「いや、汗かいたし、ちょっと待ってよ、おねえさん」
と言っても、
『パパのなら平気だよぉ~』
と言い、パクッと口でくわえてくれた。シャワーも浴びていないのに申し訳ないなという気持ちと、果穂を支配してるような感覚になる。

果穂は、凄くフェラが上手くなったと思う。昔はただくわえて、ペロペロしてるだけって感じだったのに、最近では気を抜くとイッてしまいそうになる。
妻や恋人が、フェラとかが上手くなると言うのは、エロマンガとかでは浮気のフラグみたいなモノだけど、果穂に関してはそれはないと思う。
女性誌とかの、エロ本まがいの特集などで勉強をしたのだと思う。

「ダメ、イッちゃう。ほら、交代しよ!」
僕はそう言って、さっき買ってきたローターを取り出す。スイッチを入れると、ビィーンとうなり始めるローター。僕も果穂も、実物は初めて見る。
『凄いね……そんなに激しいんだ』
果穂は、熱っぽい目で言う。

僕は、果穂を仰向けに寝かせると、ローターをクリトリスに近づけた。果穂が緊張しているのがよくわかる。

そして、クリにローターがあたると、
『あぁっ♡ んんっ! 凄いぃっ! あ、あぁっ! これ、アァァッ! あーっ! んンフゥッ! パパ凄いよぉっ!』
と、果穂は真顔で叫んだ。僕は、こんなちっぽけな器具が、果穂をこんなにもとろけさせるのに驚きながらも、ダイヤルをひねって振動を強くした。

『んんふぅっーっ! パパぁっ! パパっ! 凄いぃっ! あっ! あぁ♡ ンふぅアッ♡ これ、ダメ、あぁっ! 凄い気持ちいぃっ! パパ気持ちいぃっ!』
僕の腕を強く握りながら、絶叫する果穂。今まで見たことがないリアクションだ。本当に感じて、イキそうになってくると、果穂はこんな感じになるんだなと思った。
そして、そのままダイヤルをMAXにしてみた。

『はう゛っ! イクっ! パパぁっ! イクっ! んくぅっっう゛っ!』
果穂は、見たことがないくらいのあえぎ方をして、身体を一度ビクンと跳ねさせるようにした。
初めて見た果穂のオルガズム。今まで長いこと果穂とエッチをしてきたが、ここまで連れて行ってあげられなかったことを申し訳ないと思った。

『すっごいね……くせになりそうだよ♡』
果穂は、とろけた雌の顔で甘えてきた。そして、そのままキスをして、コンドームを付けて挿入した。
いつもより感じてくれているようだったが、やっぱり僕のペニスの刺激だけではイカせることは出来なかった。挿入しながらクリを指で触ってみたが、すぐにずれてしまうし、なかなか上手く出来なかった。

「果穂、自分でクリにあててみて」
僕は指での愛撫をあきらめて、果穂にローターを渡した。すると、すぐにローターをクリにあて、スイッチを入れる果穂。
僕は、膣がキュゥッと締まるのを感じた。そして、もっと感じさせようと、必死で腰を振る。
『んンーっ! あ、あぁっ! はぅぅう゛っ! 凄いぃっ! パパっ!  イクっ! イッちゃうぅっ! 一緒にイッてっ! あぁぁあ゛ぁーっ!』
果穂は、見たことがないくらいのエロい顔で叫ぶ。僕は、果穂にキスをしながら、思いきり射精をした。
ほぼ同時に、果穂も身体をビクンとさせて、一緒にイケたようだった。オモチャの力を借りたとは言え、セックスで果穂がイッた……言葉に出来ないくらい嬉しかった。

それは果穂も同じだったようで、終わった後に凄く甘えてきた。

「果穂って、他の男としてみたいって思ったことある?」
僕は、ムードもなにもなく、ストレートにもう一つの聞いてみたいことを聞いた。
『なっ、あ、あるわけないでしょ! なに言ってんの!?』
果穂は、イッた後の余韻も一瞬で消え、ビックリした顔で言う。
「本当に? ウソはダメだよ。一度も考えたことない? 想像もない?」
僕は、一気にたたみかけた。
『そ、それは……想像くらいなら……』
「どんな風に?」
『そ、そんなの、言えないよ!』
果穂は、かなり慌てた感じだ。
「隠し事するんだ……悲しいな……」
僕は、大げさに悲しい素振りをする。

『違う! 隠し事なんかないよ! うぅ……嫌いにならない?』
果穂は、追い詰められたような感じだ。僕が嫌いにならないと言うと、本当に渋々と話し始めた。
話の内容は、想像以上だった。

まとめると、
果穂は、二人の男に抱かれるのを想像してオナニーをしたことがある。
一人は僕の叔父さんで、もう一人は山川だった。
真っ赤な顔で、途切れ途切れにカミングアウトする果穂。僕は、それを聞いてもう限界だった。

荒々しく果穂に覆いかぶさり、初めてコンドームを付けずに挿入した。
『あっ! あぁっ! パパぁっ! ダメぇ!』
果穂は、コンドームを着けずに挿入したためか、こんなリアクションになった。
でも、興奮しきっていた僕は、
「こうやって入れてもらいたいのか! 山川に、生で入れられたいのか!」
と、叫びながら腰を振った。
『ちがうぅっ! あぁっ! そんなの、あぁっ! イヤァぁっ! ちがうぅっ! パパダメぇ……』
果穂は、泣きそうな声で言う。でも、あえぎ声が凄く大きい。明らかに、いつもよりも感じているのがわかる。

「遊びに来たアイツに、やられたいって思ってたのか! こんな風にか!」
僕は、荒々しい言葉づかいになるのを抑えられなかった。山川に生挿入されている果穂……想像しただけで、興奮しすぎてイキそうな感じになってしまう。

『ゴ、ゴメンなさいぃっ! 想像してましたぁっ! 山川君が来た日、パパが寝た後、オナニーしてましたぁっ! イィクッ! パパ、イッちゃうッ! ゴメンなさいぃ! 山川君のこと、想像しちゃってるよぉっ! あぁっ!』

「あぁ、果穂、山川に入れてもらいたいのか!? そうなのか!?」
『入れて欲しいぃっ! 山川君に入れてもらいたいぃっ! ンヒィッ! イクっ! イクっ! アァァッ! パパ、ゴメンなさいぃっ!』
果穂はそんな事を言いながら、のけ反るようにして果てた。僕は、それを見てもう限界で、慌ててペニスを抜いて果穂のお腹に射精した。

立て続けに2回もしたのは、初めてのことだった。

『パパ、すっごく興奮してたねw どうして? イヤじゃなかったの?』
「い、いや、それは……」
口ごもる僕に、
『隠し事って有りなの?』
と、イタズラっぽく聞く果穂。僕は、正直に興奮した告白した。

『パパ、変態なんだねw』
果穂が、からかうように言う。
「果穂だって、叔父さんにまで抱かれたいって思ってんでしょ? 変態じゃんw」
『違うよ。想像だけだもん。実際に抱かれたいなんて思わないよ。私はパパのお嫁さんだもん』
真面目な顔で言う果穂。その言葉は、凄く嬉しかった。でも、僕の心はもう決まってしまった。

山川が遊びに来ると言った日、昼間に山川を呼び寄せて話をした。気心の知れた山川なので、ストレートに自分の寝取られ願望を打ち明けた。
「マジかw オマエとは、昔から気が合うよな。俺も最近ハマってるんだわw」
山川が驚いた顔で言う。話を聞くと、山川も最近寝取られに興味を持っていて、よくサイトを見ているそうだ。と言っても、山川は寝取り側の方に興味があるようで、僕とは正反対だが、色々と教えてくれた。
山川がよく見るサイトは、”NTR使える寝取られサイト”と”すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談”というサイトで、毎日チェックしているそうだ。僕も、さっそく見て見ようと思った。

「マジで果穂ちゃんを? 俺は大歓迎だけど、後悔しない?」
山川は、興味有りという感じだが、さすがに近い関係すぎるためか、色々気を使ってくれる。

僕は、大丈夫だと答え、行けるところまで行ってくれと頼んだ。
「なんか、スゲぇ興奮するわw じゃあ、今晩なw」
と言って、山川は去って行った。僕は、後悔と期待と不安とで、ちょっと気持ちの整理が付かなかった。
でも、とりあえずスマホで教えてもらったサイトを見た。そういったサイトを見て、僕みたいな性癖の人間は、実はかなり多いと知り、なんかホッとした。

そして、緊張したまま帰宅した。当然、そんな事情を知らない果穂は、いつも通り出迎えてくれた。

「いい匂いだね。今日は、なに鍋?」
『カキだよ。おじやも作るからね!』
果穂は、楽しそうだ。古くからの馴染みの山川との食事は、果穂も楽しみにしている。

そして、山川がやって来た。いつもとまったく変わらない果穂。山川も、表面上はいつも通りだ。でも、僕と目があったとき、意味ありげにウィンクした。

そして、僕はウノをしようと提案した。子供じみた提案だが、山川は僕の意図を察して、ノリノリで賛成した。
果穂も、初めは少し子供っぽいなという感じで苦笑いだったが、始めてみると、一番熱くなっていた。

飲みながら、楽しく遊んでいたが、僕は切り出した。
「じゃあ、3位が1位の言うこと聞くってのはどう?」
僕は、少し声が震えた。
「お、いいね。俺、アイス食べたかったんだよね。勝ったらコンビニ行ってもらお!」
とか、山川が言う。

『私も食べたい! 絶対に負けないよ!』
と、果穂も乗った。山川は、負けた人がアイスを買いに行くという感じに上手く誤解させたが、そんな約束はしていない。

そして、勝負が始まる。当然だが、僕が山川をフォローするので、果穂には最初から勝ち目なんてなかった。

『ちょっとぉ! パパ! なんで味方してくれないの! もう!』
少しすねる果穂。山川は、一瞬僕に目配せをしたあと、
「じゃあ、上着脱いでw」
と言った。
『えっ? 上着?』
果穂は、意味がわからないという顔をしている。鳩が豆鉄砲を食ったような顔っていうのは、こういう顔なのかもしれない。

「言うこと聞くんでしょ? ほら、早くw」
山川は、きっちりと役目を果たそうとする。
『な、なんで、アイスでしょ? 買ってくるよ!』
慌てる果穂。

下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁完

嫁の舞とは倦怠期を迎えている感じでした。まだ29歳で、145cmと小柄なわりには巨乳の嫁は、某クッキングアイドルに似た可愛らしい顔立ちをしています。
そんな申し分ない相手であっても、結婚して月日がたつと、セックスの回数も激減してしまうのは仕方ないことなのかも知れません。でも、そんな倦怠期もいきなり終わりました。

元々は、嫁の下着を盗んだ下着泥棒だった圭くん。そしてまだ高校生の彼と嫁は、今お互いに全裸で一つになっています。
『あなた♡ 中に出されちゃった♡』
嫁は、私を挑発するように笑みを浮かべて言いました。
何も言えずに固まる私に、
『まだ圭くんのカチカチなの♡ このまましてもいいよね?』
と笑いながら言う嫁。私は、興奮と後悔と嫉妬でグチャグチャの気持ちのまま、力なくうなずきました。

『圭くん、このまま出来るでしょ?』
嫁は、童顔の顔からは想像も出来ないくらいに、妖艶な感じで圭くんに聞きます。それだけではなく、嫁は両脚で圭くんの腰回りをホールドしたまま、微妙に腰を動かしたりもしています。まるで、女郎蜘蛛が獲物を捕らえて放さないような感じです。

「はい! 出来ます!」
圭くんは嬉しそうに返事をすると、力強く腰を振り始めました。
『アン♡ すっご?い♡ ふふw 素敵♡』
嫁は、抜かずに始まった2回戦目に、嬉しそうに笑いながら圭くんを見つめます。その目は熱っぽくて、愛情がこもっているように見えてしまいます。

私は、まだ子供みたいな圭くんなので、余裕を持って、上から目線で嫁を抱かせました。嫁が本気になる事はあり得ないと思っていましたし、圭くんが本気になることもあり得ないと思っていたからです。

でも、目の前で二人は視線を絡ませて、恋人同士のように微笑みあっています。童顔の舞なので、一回りも年下の圭くんとこうしていても、本当の恋人のように見えてしまいます。
こんな風に、自分の妻が他の男と恋人同士のように微笑み合う姿を見るのは、焦燥感が凄いです。

私が、ネットやNTR使える寝取られサイトみたいなサイトでオナニーをするときは、確かに舞が他の男に完堕ちする姿を想像していました。でも、妄想とリアルはやっぱり違います。私は、興奮よりも焦りが大きくなっていきます。

圭くんは、がむしゃらに腰を振り続けます。イッたばかりなのに、そのまま続けられることが信じられません。私も若い頃、オナニーをする前に、今日は続けて3回する! と意気込んで始めても、結局射精してしまうと、もうどうでもよくなってそのまま終了するパターンでした。

何よりも、イって敏感になっている状態で、こんな風に続けてしてしまったら、くすぐったくて仕方ないはずです。でも、圭くんは必死で腰を振っています。

『んぅんっ! ンふぅ♡ そう、そこ、奥! 奥にぶつけて! そう♡ んっ! もっと抜けそうになるまで抜いて、うぅぅあぁ、そう、一気に、奥までぇ♡ はう゛う゛ぅっ! それぇ、続けてぇっ! うぅうぅっ! ひ、あぁ、はう゛っ! 凄いぃ、こんなの、初めてぇ♡』
舞は、圭くんにハメられながら色々と指示を飛ばします。そして、圭くんも素直に言われた通りに動きます。

圭くんの長いものが、抜けそうになるまで引き抜かれると、舞は口を半開きにしてうめき声をあげます。そして、抜けそうになったところで、圭くんが一気に奥まで突き入れると、嫁は言葉にならない叫び声を上げながら、背中をのけ反らせ、白目を剥くような勢いで感じています。

私は、ただただ焦りが強くなっていきます。こんなセックスを肉体に刻み込まれてしまったら、もう私とのセックスでは感じなくなる! 止めてくれっ! と、叫ぶ寸前でした。でも、大人として圭くんにそんな事は言えませんでした。小さなプライドが邪魔をしました……。

すると、嫁が私を見ました。快感にとろけながらも、不安そうな顔で私を見つめます。
『あなた、ダメ……イッちゃうッ! イッちゃうよぉ……。こんなイキ方、ダメ……、こんなの知ったら……あぁっ! あなた、あなたぁ! イッていい? 戻れなくなる……いい? 大っきいの来る! ダメぇっ! 戻れないぃっ! あなたぁっ イッてもいい!?』
舞は、快感と言うよりは、恐怖を感じているようにすら見えました。きっと、私と同じ事を考えているのだと思います。こんなセックスを知ってしまったら、こんなイキ方をしてしまったら、もう私とのセックスは色あせてしまうと……。

でも、私はほとんど間を置かず、うなずきました。すると、舞は一瞬目を見開き、驚いた顔になりましたが、すぐにバネ仕掛けのおもちゃのように身体を跳ねるように動かすと、圭くんにしがみつき、キスをしました。

そして、また両脚を彼に絡めつけ、それだけではなく、自らも腰を振り始めました。
正常位の下側にもかかわらず、圭くんのピストンにあわせて、腰をぶつけていく嫁。まるで迎撃ミサイルのように、的確に腰をあわせていきます。

小柄な舞が、そんな風に激しくしてしまったら、圭くんの長くて太いモノで内臓を損傷してしまうのでは? と思うほどの激しさです。

私は、不安と焦りが頂点に達していました。でも、勃起が収まる気配はありません。この状況で、まだ興奮している私は、自分でもどうしてしまったのだろう? と、不安になってきました。

そして、
『んんんっ!!』
と、キスしたままの嫁がうめき、絡みついていた両脚がピンと真っ直ぐに伸びました。そして、足の指が真っ白になるほど曲げられています。嫁のこんなイキ方は、初めて見ました。私では、嫁をこのステージまで連れてくることは出来ないんだと思います。

そして、足を真っ直ぐに突き伸ばしたままの舞を、圭くんはさらに鬼突きして、自らも身体を震わせました。当たり前のように中出しをする彼に、一瞬怒りを覚えましたが、やっぱり興奮が上回りました……。

そして、キスを解く二人。
『ホントに凄かった……。圭くん、ダメだよ。人妻をこんなに感じさせちゃったら……。どう責任取るつもり?』
舞は夢見心地のまま、ささやくように言いました。
「い、いつでも、舞さんが望むときに僕がします!」
真っ直ぐに嫁を見つめながら言う圭くん。
『じゃあ、今からもう一回♡』
嫁は、見たこともないくらいにとろけて発情した顔で言います。もともと嫁はこんなに淫乱だったのか? それとも、圭くんの巨根で覚醒してしまったのか? それはわかりません。でも、少なくても私とのセックスでは、一度もこんな顔は見せたことがありません。

「えっ!? 今すぐですか?」
さすがに圭くんも、少し戸惑った感じです。
『ふふw ちょっと柔らかくなってきたね。じゃあ、こうしよっか』
そう言って、舞は体勢を入れ替えて上になり、そのまま身体を回転させて、そのまま横倒しになりました。
すると、寝バックというか、横向きで寝ている舞の後ろから、圭くんがハメたまま抱きしめるような形になりました。

『このまま、固くなるまで休んでいいよ♡』
と、舞はとろけた顔のまま言いました。そして、横を向いたことで、舞は私の方を見る形になりました。
ベッドの上で私の方を向いて寝ながら、他の男と繋がっている舞。私は、嫉妬でおかしくなりそうでした。そして、冷静さを失った私は、嫁に近づきキスをしました。

嫁は、嬉しそうに舌を絡めてきますが、呼吸が荒くて目もトロンとしています。そしてしばらくキスをした後、嫁が、
『ふふw 固くなってる♡ 嫉妬してるの?』
と、後ろの圭くんに言います。圭くんはそれに答えずに、腰を振り始めました。
『ダメ、まだ動いちゃダメw』
そう言って、圭くんを制止する舞。圭くんも、言われた通りに動きを止めました。

『あなた、今ね、圭くんのおちんちん、子宮に当ってるの。ごめんね、私、凄く感じてる……。今までで、一番気持ち良いの……』
発情した牝の顔で私に告げる舞。私は、もう聞いていられなくなり、口をふさぐつもりで舞の口にペニスを突き立てました。舞は、私のペニスを愛おしそうに口でしてくれます。
『小さくて可愛い♡ でも、このおちんちん、大好き♡』
と、言ってくれます。小さいといわれてショックは受けましたが、大好きと言われて素直に嬉しかったです。でも、それは圭くんを嫉妬させようとして言っただけなのかもしれません。

『あ、あれ? 圭くん? もしかして、今イッてるの?』
驚いた声で聞く嫁。
「は、はい……。ゴメンなさい……」
圭くんは、イタズラを怒られている子供みたいに謝ります。
『もしかして、嫉妬してるの? ふふw なんか嬉しい♡』
舞は、上機嫌で言います。私のモノを口でしている姿を見て、圭くんは嫉妬してイッてしまった……。圭くんも私と同じで、寝取られ性癖があるのかも知れません。

『あなた、どうしよう? もう、お腹いっぱいになっちゃったよw 子宮の中まで、圭くんのでいっぱいだよ♡』
嫁にこんな事を言われて、私の我慢は限界でした。嫁を奪い取るように圭くんから引き剥がし、そのまま正常位で嫁の中に入れました。
挿入する瞬間、アソコからドロッとした白い塊が流れ出てくるのが見えましたが、そのままかまわずに突き立てました。

嫁の膣中は、熱くてキツかったです。あれだけ太いモノで拡張されたのに、嫁の中はいつもよりも締まりが良いくらいに感じました。
「あぁ、舞……」
私はうめくように言います。

『あなた、早く入れて♡』
舞は、イタズラっぽくそんな事を言いました。私は、一瞬意味がわかりませんでした。でも、意味がわかった瞬間、なぜか私は恥ずかしさで顔を真っ赤にしてしまいました。

「も、もう、入ってる……」
私は、羞恥と屈辱で顔を赤染めながら、小さな声で言いました。

『ウソ?w ホントだ。ごめんね、圭くんので広がっちゃったから、鈍感になってたみたいw』
嫁は、少しバカにしたような感じで私に言いました。私はその言葉に激しく反応して、興奮がMAXになりました。嫁は、私を興奮させるためにそんな事を言ったのだと思います。そうだと思いたいです。でも、もしかして、本音だったのでしょうか?

私は、嫉妬で狂ったように腰を振ります。
『ホントだ♡ ちゃんと入ってたw あなた、全部掻き出して♡ こんなにいっぱい注がれちゃったら、安全日でも出来ちゃうよ♡』
嫁に挑発的に言われて、私は泣きそうな気持ちのまま、必死で腰を振りました。嫁の中の圭くんの精液を、少しで掻き出そうと必死でした。

でも、悲しいかな私の先細りのカリでは、上手く掻き出せません。
『圭くん、お口空いてるよ♡』
嫁は、妖艶な笑みで圭くんを誘います。圭くんは、正常位で腰を振る私にかまわず、嫁の顔の近くにペニスを持って行きます。
『本当に大っきいね♡』
嫁はそんな事を言いながら大きく口を開けて、圭くんのペニスをくわえました。私のすぐ目の前で始まったフェラチオ。こんなに目の前でフェラチオをされると、イヤでも圭くんのペニスの大きさを意識してしまいます。

下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁4

結婚して4年経ち、嫁とのエッチも回数が減ってきて、エロサイトを見てはオナニーをすることが多くなっていました。色々なサイトを見ているうちに、NTR使える寝取られサイトとか、すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談といった、いわゆる寝取られ系のサイトを見て寝取られ性癖に目覚めてしまいました。

そんな中、嫁の下着を盗んでいたのが隣の高校生の息子だとわかり、私は自分の願望を叶えようと悪ノリしました。そして今、私の目の前には圭君の精液を顔や髪に浴びた嫁がいます。

すべて指で集めて、嫁は飲精してしまいました。それでも、髪や顔にまだ付着している圭くんの精液。自分の嫁が、文字通り汚されてしまったのに、私は下着の中で手も触れずに射精してしまいました。そんな私を見て、嫁がイタズラをする子供の顔で、
『あなた、今度は圭くんに、下の口に飲ませてもらってもいいですか?』
と言いました。私はノータイムでうなずき、OKを出しました。それは、大きな扉を開いた瞬間でした。

『ふふw 圭くん、OKだって。どうしたい?』
嫁は、エッチな女教師みたいな口調で圭くんに質問しました。145センチで、顔もクッキングアイドル似の嫁は、どう見てもロリ属性です。でも、いま圭くんに話しかける彼女は、痴女みたいに見えます。ロリ痴女……そんな言葉があるのかわかりませんが、そんなギャップの激しい感じです。

「じゃ、じゃあ、下着はいて僕の顔にまたがって下さい!!」
圭くんは、想像の斜め上を行く返事をしました。てっきり、嫁とセックスしたい! と言うとばかり思っていました。
『え? またがる? 何それw 圭くんって、変態さんなんだねw』
嫁もビックリしたようでしたが、目が好奇心でキラキラ光って見えました。

『じゃあ、こっちにおいで』
嫁は妖艶な顔でそう言うと、彼を寝室にエスコートしました。二人の後についていく私。これから夫婦の寝室で他の男と寝る嫁を、止めることもせずに嬉々として後からついていく私は、歯車が狂ってしまったのかも知れません。

寝室に入ると、少し照明を落とし圭くんの服を脱がせていく嫁。圭くんも、まったく無抵抗で脱がされていました。そしてすぐに、無駄な肉のないスリムな体が姿を現わしました。少し痩せすぎにも見えますが、それ以上にその大きなペニスに驚かされました。さっき嫁がフェラをしたときも驚きましたが、あらためてよく見ると、そのサイズに圧倒されます。

今時の若い子は、みんな巨根なのかな? と、変なことを考えてしまいました。そして、大きさそのものよりも、形の良さに嫉妬しました。私は仮性人なので、完全にずり剥けの圭くんのペニスは、格の違いを見せつけられているようにさえ思えてしまいました。
ずり剥けのせいか、亀頭もカリの部分が大きく張り出していますし、天井を向くほどそそり立っています。そして、その長さはヘソを完全に超えるほどでした。

嫁を寝取られたい……。他の男に抱かせたい……。そんな事を思っていた私でしたが、急に弱気になりました。あんなのでエッチしたら……あんなのを知ってしまったら、私ではもう物足りなくなるのでは? そんな恐怖心を持ってしまいます。

『じゃあ、そこに寝てごらん』
嫁は圭くんに指示をします。そして圭くんは、私のクッションに頭を乗せて寝転がりました。
嫁が、私のクッションで寝るように指示をした……。何とも言えず、嫌な気持ちになりました。

そしてその横で、お気に入りのピンクのショーツを穿いた嫁。嫁は、期待で目をキラキラさせている圭くんの顔の上に行くと、またがり始めました。そのまま腰を降ろしていく嫁。顔面騎乗をしようとしています。私は、そんなものはエロサイトでしか見たことがないですし、嫁にしてもらったことも、して欲しいと思ったこともありませんでした。

徐々に腰を降ろしていく嫁。圭くんは、嫁の股間あたりを凝視しています。そして、嫁はショーツのアソコの部分を、圭くんの鼻の上あたりに押し当てていきました。
「ンンッ! んーっ」
嫁が押し当てると同時に、圭くんは嬉しそうにうめきました。こんなに若いのにド変態なんだなと、私は不思議に思いました。圭くんは、顔面にショーツごとアソコを押し当てられると、ペニスを上下に激しく振りました。手でそうしているわけではなく、強い興奮で、ビクン、ビクンと脈打っているのだと思います。

圭くんは、聞こえるくらいの音を出しながら、鼻で息を吸い込みます。
『こ、こら、匂いかがないの!』
耳まで赤くしながら、嫁が照れます。でも、圭くんは嫁の太ももに腕を絡ませるようにして固定し、顔をショーツのあそこの部分にグリグリと押し当てています。

今日、嫁が圭くんとセックスをしてしまうことは、覚悟していました。そしてそれを望んでもいました。でも、いま目の前ではショーツ一枚だけの嫁が、若すぎるセックス相手の顔に騎乗しています。どんな形であれ、私が一度もしたことのないこと……。おそらくは、嫁も今までしたことのないことをしているのを見せられて、私は今さら焦り始めました。
嫁の初めてを奪われる……。それは、ネットなどを見て想像していたよりも、はるかに堪えました。

圭くんは嫁の太ももを引きつけるようにして、さらに強く顔を押し当てていきます。呼吸も荒く、息を吸い込む音も強くなるばかりで、圭くんがものすごく興奮しているのがわかります。

『だ、だから、ダメだって!匂いかいじゃダメ!』
嫁は真っ赤な顔で、なんとか逃れようとしますが、圭くんに押さえられて動けません。
「舞さん、すっごく良い匂いです!それに、染みてて美味しいです!」
と、圭くんは夢心地のような顔で言います。染みてて? その言葉に嫁のあそこを見てみると、確かにショーツに大きなシミが出来ていました。
『染みてないって! 圭くんのよだれでしょ! もう! 変態過ぎるよぉ』
嫁は本当に恥ずかしいみたいで、耳まで真っ赤になっています。

「ショーツ脱いで、直接押しつけてもらえますか?」
嫁の言葉にもまったく動じず、自らの要望を伝える圭くん。なかなか大物なのかも知れません。確かに、そもそも彼は下着泥棒をしました。普通の性癖ではないです。なので、こんな要望を言うのもある意味では必然なのかも知れないなと思っていると、嫁はブツブツ文句を良いながらも、素直にショーツに手をかけました。

そして、嫁が一旦中腰になってショーツを脱ぐと、それを奪い取るようにして圭くんが掴みます。
『あっ! ダメっ! コラ! 変態!』
慌てて叫ぶ嫁。でも、圭くんの手の方が早かった。圭くんは嫁の染みが出来た下着を奪うと、躊躇なくその染みの部分を口に含みます。 
『ちょっ! な、何してんの!』
慌てて止めさせようとする嫁と、幸せそうな顔の圭くん。私は、見ていて吹き出してしまいました。

そして、しばらくして圭くんは下着をはき出すと、
「やっぱりすっごく濡れてましたよ!」
と、キラキラした目で言います。言葉責めとかそんな意図はまったくなく、思ったことを素直に言っているという感じです。

『……はいはい』
嫁は言い返す気力も失せたのか、あきれたようにつぶやきます。
「じゃあ、お願いします!」
圭くんは、また私のクッションに頭を預けて上を向くと、満面の笑みでリクエストをしました。

『ホントに……もう……』
そう言って、嫁は圭くんの顔に自分のあそこを押しつけていきます。ショーツも何もなく、剥き出しの状態のあそこが圭くんの顔に降りていく。私はそれを見て、確かに興奮していました。私の同意があるとは言え、嫁がしていることは浮気です。でも、他の男に体を許そうとする嫁を見て、今までの人生で最大の興奮を覚えている私は、自分が思っている以上に寝取られ性癖が強いのかも知れません。

『ンッ! ん、ンンッ、あ……』
圭くんの顔のあたりが、完全に嫁のあそこに触れています。触れていると言うよりは、めり込んでいるようにも見えます。

圭くんは、無上の幸せを感じているようないい顔で、嫁のあそこに顔を押しつけ続けます。そして、口のあたりを嫁のあそこに押し当てると、口を大きく開けて陰唇すべてを口に含むようにしました。
『あっ、ン、ンッ! ンあっ! す、吸っちゃ、ダメぇ……』
私とのセックスでは時にSっぽくなる嫁が、恥ずかしそうに弱々しくうめく姿は、本当に興奮しました。

圭くんは、次第に舐めているのがわかるほどの音を立てながら、嫁のあそこを舐め続けます。口であそこをスッポリと覆ったまま、夢中で舐める圭くん。その下半身には、血管が破れそうな程ビキビキになったペニスが何度も何度もビクンビクンと脈打っていました。あんなモノを経験してしまったら、嫁はどうなってしまうのだろう? 私のものでは経験できないような、大きな快感を味わってしまうのではないか? そんな不安で息が詰まりそうでした。

『うぅあぁっ! そこ、ああっ! ダメぇ、そこ舐めちゃ、あぁっ! んんぁっ! ヒィあぁ……ンふぅアッ!』
嫁は、はっきりとリアクションが変わりました。多分、舐めることに慣れた圭くんが、嫁のクリトリスを探り当てたのだと思います。童貞の彼にクリトリスを舐められて、甘い声であえぎ始めた嫁。普通ではないシチュエーションに、嫁も戸惑いながらも感じてしまっているのが伝わってきます。

『ダメ、ダメぇ……舌……入れちゃ、あぁっ! ンッ! ンンッ! ンあっ♡』
圭くんに顔面騎乗をしたままどんどん声が甘くなっていく嫁。その顔も、羞恥や照れと言うよりは、甘く蕩けてきているように見えます。
圭くんも、明らかに変わった嫁のあえぎ声に、さらに夢中になって舐め続けています。

『あっ! あフゥ……ああっ! そこ、アンッ! き、気持ち良い……気持ち良いよぉっ! ダメぇっ! あっ! アァァッ!』
もう、どう見ても嫁はイキそうになっている感じです。圭くんに嫁を抱かせようと思った時、私は上から目線でした。童貞くんに嫁を抱かせてあげる……その程度の感覚だったと思います。余裕をカマしていたと言えるかもしれません。

でも、まさか嫁がイカされてしまうことになるとは、想像もしていませんでした。話が違う! と、約束もしていないのに思ってしまいそうでした。

『あぁっ! あーっ! そこ、あぁっ! ダメぇっ! もう……ウウあっ! ああぁアァああぁっっっ!!』
嫁は顔面騎乗をしたまま、背中を思いきりのけ反らせて叫びました。イッてしまった……。私は、強い焦燥感を感じながら、不思議なほど興奮して勃起していました。

「舞さん、イッたんですか?」
圭くんは、目をキラキラさせながら聞きます。
『ばか……。圭くん、経験あるの? 上手だったけど』
「ないです! でも、ずっと妄想で舞さんの舐めてましたから!」
力強く言う圭くん。
『もう……キモいわよw ねぇ、もう入れたい?』
トロンとした顔で聞く嫁。
「も、もちろんです! 入れたいです!」
力強く言い切る圭くん。必死という感じですが、当たり前かも知れません。私が高校生の頃にこんなチャンスが舞い込んだら、もっと必死になったはずです。

嫁は私のクッションをベッドの真ん中に置くと、その上に腰を乗せます。仰向けで、腰のところだけが持ち上がったような嫁。そのまま足を広げると、あそこがはっきりとよく見えました。クッション無しで足を広げても、これほどはっきりとあそこは見えないはずです。

そして、はっきりと見えている嫁のあそこは、見たことがないくらいに濡れていました。それは、圭くんの唾液だと思いたいですが、圭くんは吸うように舐めていました。濡れているのは、嫁自身だと思います。他の男にイカされて、グチョグチョに濡らされた嫁。見ているのが辛くなってきました。

『どう? どこに入れれば良いか、よくわかる?』
嫁は、淫靡な感じで言います。嫁にこんな一面があるとは思いませんでした。
「はい! もう我慢できないです! あぁ、舞さん……」
圭くんは冷静さを失った感じで言うと、舞に覆いかぶさりました。そして、自分の長く太いペニスを握ると、嫁の濡れすぎなほど濡れたあそこに押し当てました。

『そのまま入れちゃうの?』
小悪魔の顔で言う舞。
「も、もう、入れたいです!」
興奮しすぎで、妊娠させてしまったらとか言う考えも思いつかないのかも知れません。

すると、急に嫁が私を見ました。
『だってw いい? このまま入れても?』
嫁の顔は、初めて見るような表情でした。挑発、戸惑い、発情、色々な感情がクルクル回っているようでした。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード