萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

年上

私が変態被虐マゾになった経緯

私は、妻子ある31歳の会社員です。
結婚して6年の妻は36歳、優木まおみさんに似た見目麗しい美人です。
そんな私は、女性との性体験より、男性との性体験の方が先でした。
私が中学1年の2月の事です。
当時、私は数回の無性を経験していましたがおねしょだと思ってドライヤーでパンツを乾かしていたくらいで、オナニーすら知らないウブな男の子でした。

中学に入ってからよくおしゃべりするようになった、通学路の途中にある自転車屋の40歳くらいの小太りのオジサンに初めて性的な悪戯をされました。
自転車通学だった私が、帰宅途中に転んでチェーンが外れて悪戦苦闘していると、通りかかったオジサンが軽トラックに自転車を載せて、お店で直してくれました。
オジサンは、転んで膝をすりむいた私の足を浴室で洗ってくれたのですが、その時、私の股間に何度も肩や頭で触れて、勃起させたのです。
「おや?直貴君・・・オチンチンが硬くなってるぞ。」
私は真っ赤になってしまいましたが、足を洗った後にオジサンは、
「直貴君、パンツを脱いでごらん。」
と言って、私の仮性包茎の陰茎を剥きました。
「直貴君、これはダメだよ。ちゃんと皮を剥いて、洗わないとね。」
オジサンは、石鹸で恥垢を綺麗に洗ってくれましたが、それが何ともイタキモで、ウットリしていると、
「何だ、直貴君は感じているのかい?そうか、仕方がないなぁ・・・」
そういうと、オジサンは私の陰茎をパクリと咥えて、フェラを始めました。
私は驚きを隠せませんでしたが、その気持ち良さに腰が抜けそうでした。
暫くすると、膝の後ろ辺りから内股にかけて、ザワザワした感覚がしてきて、陰茎がビクン!となり、ドクドクト精液がオジサンの口の中に放たれました。
それを飲み干すオジサンを唖然と見ていたら、オジサンは射精の意味を教えてくれました。

それからというもの、学校帰りに私はオジサンの自転車屋に立ち寄り、陰茎を悪戯されるのが日課になりました。
そして、中学2年の6月末、梅雨時なのにカッパを忘れて濡れてしまった私を裸にして服を乾燥機にかけてくれていたとき、オジサンに押し倒されて、アナルの開発をされたのです。
アナルバイブでアナルの快感を教えられ、その後アナルを拡張するために、アナルバイブで気持ち良くされた後に少しずつ太いアナルディルドを入れられていきました。
お尻の穴が少し痛かったけれど、同時に陰茎を擦られていたのでハアハアとしていました。

アナル開発は2週間くらいされていましたが、やがてオジサンも裸になって、ローションまみれの陰茎が私のアナルを貫きました。
ウンチが出たり入ったりを繰り返す感覚・・・何とも言えない気持ち良さでした。
それだけでなく、陰茎の付け根の奥あたりを突かれると喘ぎ声が出るほど気持ち良いのです。
今はそれが前立腺だと知っていますが、その当時は知る由もなく、オジサンに抱かれて快感に喘いでいました。
オジサンの精液を腸内に吐き出されて、それと同時に扱かれた陰茎から私が射精していましたが、やがて、オジサンに扱かれなくても、オジサンに前立腺を突かれて射精するトコロテンを覚えていきました。
ローションまみれのアナルにオジサンの生陰茎が出し入れされると、プチュプチュとイヤらしい音がして、それでも気持ち良くてアンアンと声を出していた中学生の私は、完全に変態でした。

私が高校生になると、オジサンの自転車屋の前を通らなくなり、学校からの帰りも遅くなって次第に疎遠になっていきました。
高校1年のゴールデンウィークに、オジサンどうしてるかな・・・と思って訪ねてみると、中学生の男の子がオジサンと親しそうにお話しているのを見て、ああ、そういうことかと納得して帰ろうとしたら呼び止められました。
「直貴君、今度ここを訪ねてみなさい。高校の帰り道だろう?」
と地図を渡されました。
学校の帰り道、何度かその地図に示されたマンションの前を通りましたが、入る勇気が出ずにいたらオジサンが中から出てきて、
「ほら、おいで・・・」
と導かれて、マンションの一室へ入ると、綺麗な30代のオバサンに引き渡され、
「じゃあ、俺は帰るから・・・」
とオジサンは帰っていきました。

オバサンはニッコリ笑うといきなり私の股間を握り、
「まだ、女を知らないんだってね・・・男は知ってるのにね・・・」
そう言うと、オバサンは裸になり、女体を見せびらかしました。
これには一発で陰茎が反応し、言われるままに裸になりました。
オバサンは、生のままの私の陰茎に跨ると、クイックイッと腰を使いながら、
「童貞いただき・・・どう?女の気持ち良さは・・・」
男子高校生が綺麗な熟女に強姦されていました。
こうして、私はオバサンに女の味を仕込まれると、すっかり骨抜きにされて言いなり状態になりました。
高校1年の夏休み、私は三つ編みのカツラを被せられ、上だけセーラー服を着せられ、下半身は陰茎丸出しで写真を撮影されました。
デジカメに記録された私の恥ずかしい写真は、一見私とは分かりませんが、明らかに少年とわかるナマ白い陰茎を丸出しにしたその写真は危ない雰囲気が漂っていました。
陰茎は萎えていたり、半起ちだったり、勃起してたり色々なヴァージョンが撮影されましたが、最後はやっぱりオナニー射精でした。
デジカメで連射されたその写真は、恥ずかしさに頬を染めた三つ編みセーラー服の女装少年の陰茎からピュピュピュ~~っと飛び出していく精液がコマ送りで記録されていました。

オバサンは、月に1回のペースで私の女装痴態を撮影しましたが、撮影するときはいつも三つ編みセーラー服姿でした。
しかも、それは次第に過激になってゆき、私の陰茎にコックリングを嵌めたり、紐で縛ったり、M字開脚に緊縛してアナルにかなり大きめのアナルボールを入れたり、高校2年の間には、変態女装マゾ少年を撮影されました。
もちろん、撮影しない日はオバサンのセックスのお相手をさせられていましたが、何故月1回位のペースで撮影になったのかは、今考えればオバサンが生理だったのではないかと思います。

高校3年になると、三つ編みセーラー服の私は、久しぶりにあのオジサンに抱かれるところを撮影されました。
オジサンの生陰茎をアナルに入れられ、トコロテン射精をする三つ編みセーラー服少年の無修正画像は、きっと、そう言う趣味の方々の間で高値で取引されたのだと思います。

その後、関西の大学へ進学した私は、ごく普通の恋愛をし、マゾもアナルも封印して青春を謳歌していました。
既に性体験のある私は、臆することなく女生と接することができましたので、彼女がいない期間は殆ど無い充実した性生活を送っていました。
ところが、大学を卒業して地元に戻り、就職したら、とても可愛い5歳年上の先輩女子社員に、飲み会の二次会のあとに付き合わされたバーで、
「これ、君じゃない?」
と見せられた画像は、三つ編みセーラー服にM字開脚でアナルを責められて射精している私でした。
「似てる男の子が入社してきたな~と思ったら、うなじのホクロ・・・ビンゴだと思った。」
この女性が現在の妻です。
この後、サディスティックな性癖のために、綺麗なのになかなか彼氏ができなかった妻に徹底的にマゾ調教され、陰茎もアナルも徹底的に支配されて生涯の性奴隷(結婚)を誓ったのです。

優木まおみさんに似た年上美人妻はとても嫉妬深くもあり、妊娠出産の時は、男性用貞操帯をつけられて射精管理されました。
入院した妻の部屋を訪れて、貞操帯を外してもらって妻の目の前でオナニー射精して、一度帰宅して入浴後に再び病室で貞操帯を装着されました。
一度、妻の前でオナニーしているところを助産師に見られたこともありますが、
「あら、失礼しました。」
と何事も無かったようにして、暫くして、
「終りましたか?」
と断って入ってくると、
「こういうの、珍しい事じゃないんですよ。よくあるご夫婦の様子です。でも、大抵は奥様がご主人のを・・・っていうのが一般的ですけど・・・」
と言われました。

結婚して6年、とても幸せなマゾ生活を送る私は、現在、妻の生理中には妻にエネマグラでトコロテン遊びをされています。
コックリングで締められた陰茎から、ビュビュビューーーっと噴出す精液は、そんなに出るかと言うほどの量なのです。
妻は、陰茎に一切触れることなくアナルを穿られて勃起し、勢いよく噴出する精液を見て、ケラケラ笑います。
そんな時、妻と結婚した幸せを噛みしめる私なのです・・・

姉の尻

五つ年上の姉がいる
身内の俺が言うのもなんだが美人だ、可愛い系の美人
背はそこまで高くないがスタイルは良いと思う
特に尻
背中から太腿までの曲線は
弟の俺でもドキッとさせられるというか、飛びつきたくなるほど
小四までずっと一緒に風呂に入っていたので
性に目覚めるまさにその辺りからおあずけをくらった感じだ
高校生になった姉の尻が見たい
一年以上ずっと悶々としていた俺だったがなかなかチャンスは来ず
覗きでもしてやろうかと悪の道に走りかけていた頃
思いもよらない形でそのチャンスがやってきた
小六になった夏のことである
冷蔵庫にあった俺の分のアイスがなくなって、誰が食べたんだと犯人探し
その場では誰かもわからなかったんだが
後で姉が謝りに来た
俺はもう別にアイスなんてどうでも良かった
しかし何も言わないのも癪なので「謝るだけなの?」と煽ってみると
姉は「ほれ」とベッドの上に四つんばいになって尻を向けてきた
うちでは昔から悪い事をすると、母から尻をばちんばちんやられたものである
からかい半分でそれをしろと言ってきたのだが
姉の尻を覗き見ることさえ夢見ていた俺にそれはあまりにもハードルが高く
「俺が叩いても痛くないし」と逃げようとした
一生のチャンスを棒に振るつもりかと今の俺なら言うところだが
結果としてこの発言がラッキーだった
姉が防御力を下げるためにパンツを下ろしてくれたのだ
スカートも捲ってくれたので丸見えである
何なら見えてはいけない割れ目まで見えてしまっている
中学まで一緒に風呂に入っていたとはいえ、後からこんなアングルで眺めたのは初めてだった
「何回叩いていいの?」「十回」「少ないって」
母なら十回で許すわけがないとかなんとかして理由をつけて三十か四十ぐらいは叩かせてもらった
手のひらに感じる高校生になった姉の尻の感触は、これまでに経験した事がない
なんという気持ちのいい弾力
喜びに打ちひしがれた俺は夢中で姉の尻を叩き
しばらくして「赤くなってきたから終わり」と姉が立ち上がってしまったので終了
「あんたこういうの好きなの?」と若干秘密を握られてしまったが
それに勝る思い出を手にいれたので
アイスを食ってくれた姉には感謝しなければならない
今でも現役のオカズである

姉ちゃんとセックス

俺は中2です。お姉ちゃんは高3で、この前俺からふざけて姉ちゃんの胸をさわってもんだら、姉ちゃんもやる気になっちゃって、なりゆきで最後までやっちゃいました。
 一回年上の人ともやりたかったので結構よかった。

 姉ちゃんがおれのあそこをなめてくれた時、それだけでもうイっちゃって、やっぱ年上はテクニシャンだと思った。
 俺が、「姉ちゃんの胸結構でかいね。」っていったら、「彼氏がもんで、大きくしてくれたの。でももっと大きくしたいから、直樹もモンでくれる?」とかっていってきたからたくさん揉んでいじくってやった。

 それで、姉ちゃんと今までのH経験の話とかして、結構盛り上がった。
 実の姉ちゃんとこんなことやこんな話をするなんて思ってもなくて結構うれしかった。

 そのあといっしょにお互いの感じる所を言い合って、触りあったり舐めあったりした。
 今思えば姉ちゃんのおかげでSexがうまくなったような気がする…。
 おかげで彼女も気持ちいいっていってくれるようになったし。
 それから、俺がHしたいとき、姉ちゃんの部屋に行くといつでもやらせてくれるし、もうH大好きになっちゃった。(笑) 

 前姉ちゃんがオナニーしてる途中に部屋に入っちゃって、俺が、「俺の体でよければヤる?」って冗談で言ったら、すごく激しくヤってきた。
 もうお姉ちゃんっていうか、Sexフレンドみたいなもんになっちゃったし…。
 でもいつでもヤらせてくれるから最高~。

撮られていた妻

一昨年に結婚した33歳の夫です。妻は30歳で職場結婚です。

3月。離婚した上司の引越しを同僚2人と手伝いに行きました。
会社で風俗マニア・裏ビデオマニアとして超が付く程に有名なスケベ上司です。
裏ビデオマニアとして有名な上司ですが、
どんなに仲の良い人にもビデオは貸さないというケチでも有名でした。

引越し当日、午後から引越し業者のトラックが来ると言う事で私たちは荷造りの手伝いをしたのですが、
噂通りにミカン箱ほどのダンボールに4つにビデオが沢山入っていました。。

私たち3人は上司の友達も引越しの手伝いに来ているし、一つくらいダンボール箱が無くなっても
私たちだと分からないだろうと相談してトラックに乗せる振りをして自分たちが乗ってきたクルマに
ダンボール一箱を乗せ(早い話が盗んだ訳ですが、、、。)手伝い終えた後に3人でビデオを分けることにし、
ダンボールを開けると聞いたことのあるような題名のビデオや題名のラベルが張ったビデオに混じって
手書きでM・K1993/12/24などと書かれたビデオもありました。
同僚とこの手書きのなんか凄そうだなと話しながらビデオを分けて帰宅し、
その手書きラベルのビデオを見るとそこに写っていたのは紛れも無く妻と上司でした。
手書きビデオ5本の日付から逆算すると写っている妻は21歳から25歳。

手書きのM・Kの意味は妻の名前(旧姓)だったんです。

妻に以前聞いたことがあります。
何人とエッチしたことある?って。
妻の答えは一人。
いつ?
21の時。
長く付き合っていたの?
2、3年くらい。

それ以上は聞きませんでした。
妻は10歳以上年上の上司に処女を奪われたのは間違いの無いことだと思います。
付き合っていたのは2、3年と言うのは嘘だと分かりました。

長い髪をベッドに広げ中年太りして腹の出ている上司に犯されていた妻。
どれくらい仕込まれたらあんなになるのだろう?
上司に股がり自分から腰を振る妻。
バイブを入れられ、フェラチオをする妻。
足を上司の肩まで上げられて犯される妻。
上司のアナルまで舐めさせられている妻。
ビデオを撮られながら写真も撮られている妻。

妻は私の上司に徹底的に仕込まれたんでしょう。
そして、引越しを一緒に手伝った2人も妻と上司の他のビデオを何本も持ち帰った。
同僚2人も妻と一緒に働いていたので私の妻だと分かった筈。
あれから同僚2人の態度がぎこちない。
2人が持って帰ったビデオはどんななんだろう?


妻亡き後の過ごし方

6年前に25年間連れ添った愛する妻に先立たれた57歳のオヤジです。
子供達も独立して孫も2人いますが、現在は一人暮らしです。
妻の三回忌を終えた頃、やっと、愛しい妻がもうこの世にはいないんだと自覚しました。
そんな4年前、独り身の私に隣県にある関連会社への出向が命ぜられました。
私は、仏壇の妻に留守を頼むと言い残し、隣県の県庁所在地へ引っ越したのです。

私は、その関連会社で40人ほどの部下を抱えましたが、そのうち半分が非正規やパートさんでした。
出向して3ヶ月の頃、元社員で定年後にパートで勤務していた久江さんという理知的なイメージの63歳の女性が、
「奥さんを亡くされて不自由でしょう。今度、夕飯でもお作りしましょうか?」
と言うので、社交辞令と思って、
「是非お願いしますよ。」
と言ったのが始まりで、土曜の夕方、本当に私のワンルームマンションに訪ねてきた久江さんに驚きながらも、一緒に食卓を囲みました。
久江さんはバツイチで、娘さんは嫁ぎ一人暮らし、お酒も入ってその日は泊めて欲しいと言われました。
私が先に入浴していると、久江さんが入ってきて、
「あの・・・アッチの方もご不自由ではないですか?こんな老いぼれでも、よろしかったらいかがですか?」
と言われ、私より10歳年上の63歳とはいえ、まだ色気のある裸身を見せ付けられて、私はイチモツを硬くしてしまいました。

部屋に戻ってベッドで久江さんの股を割ってみると、48歳で亡くなった妻よりも綺麗な女陰がありました。
妻とは25年間レスになることなく夫婦の営みがあり、事故に遭う前日の夜も安全日だったこともあって中出しセックスを楽しんでいました。
ドドメ色を通り越して黒い花弁に囲まれていた亡き妻の女陰に比べ、10年近いセックスレスの後に離婚して更に10年の久江さんの女陰は綺麗でした。
「最後に男に抱かれたのは、もう、7~8年前だから・・・恥ずかしいわね。」
と言いつつ、
「アァ~~アァ~~」
と私のクンニに悶えまくったあと、
「やっぱり男のモノはいいもんだねえ。」
と言いながら、ジュルジュルと唾をまぶしたフェラをしてくれましたが、理知的な久江さんの淫らな様子に完全にフル勃起状態になりました。
我慢できずに久江さんを抱き寄せ、生のイチモツで熱い花芯を割りました。
「アアァ~~ッ、アッ、アッ、アァ~~~~」
私は、48歳の妻が一番高齢の女性でしたので、理知的な63歳の女性が悶える姿にはあっけにとられると共に、興奮しました。
しかも、次第に締め付けがきつくなり、腰の動きを制限しはじめますと、久江さんの方が私の腰を引き寄せながら積極的に腰を使い出し、私が必死で我慢しているのに気付くと、
「イイ、アァ、イイ、そのまま、中に出して、アァ、アァ・・・・」
私は堪えていた引き金を引いて、久江さんの密壷にタップリと精液を放ちました。

63歳の女と53歳の男が一戦交えて寝転んでいることに不思議さを感じていたら、暫くして久江さんが、
「男って、やっぱりいいもんだねえ。私だけ楽しんだら悪いかしらねえ・・・」
と言うので、
「とんでもない、私こそとても気持ちよかったですよ。」
と言ったら、
「そうじゃなくてね、私の手芸仲間の友人にもバツイチが一人、離婚してないけど旦那が若い女作ってレス状態が一人いるんだよ。大輔さんを紹介してあげようかしらねえ。どうだい?」
そう言われて、私は他の2人とも男女の関係になったのです。
久子さんの紹介してくれたバツイチさんは、舞子さんという私より9歳年下の44歳、少しふくよかで可愛い感じの女性でした。
浮気旦那のレス奥さんは君子さんと言って、会ってビックリ、久江さんより5歳年上の68歳でした。
68歳の女性が旦那の浮気とレスに悩み、15歳年下の53歳の男に抱かれようという事実にとても驚きました。
かくして私は、週末の夜は久江さんと過ごし、平日に君子さんや舞子さんと淫らな時間を過ごすようになりました。
舞子さんは、私と付き合うことを決めてから避妊リングを入れて、久江さんや君子さん同様に中出しを受け入れてくれました。

出向して2年後、久江さんの娘さん夫婦が家を新築したので一緒に暮らしたいと言われたそうで、久江さんは悩んだ末、住み慣れた街を離れる決心をしました。
引越しを終えた久江さんと最後の夜、ステーションホテルの一室で過ごしました。
ひときわ高い県庁を眺め、カーテンを開け放ち、部屋の明かりを消して最後のセックスをしました。
久江さんとの交わりを記憶するように、ゆっくり、まったり、粘膜の密着を楽しみました。
「ハァ~~~ハゥ~~~」
65歳の久江さんはとても艶やかに、まるで女として最後の輝きを見せるように喘いでいました。
ドクドクドク・・・・ドロッドロドロ~~・・・・
久江さんの密壷に最後の精液を放ち、再び着替えてホテルのバーで飲みながら思い出を語り合いました。

その頃、70歳になった君江さんは、旦那さんがついに起たなくなって浮気相手と別れ、君江さんの元に戻ってきたのを機に私との不倫を解消したいと言ってきました。
私に抱かれる君江さんを見ていて感じていましたが、濡れにくくローションを使うセックスで、自ら好んで抱かれているようには感じなかったのです。
もう、性欲もあまりないのだけれど、旦那へのあてつけに私の精液を欲しがっていたように感じました。
私は、君江さんとのセックスには、高齢者を虐待しているような気持ちになってあまり乗り気ではなかったので、ホッとしたことも事実でした。

私は、ほぼ同時期に2人のセフレとお別れし、セフレは舞子さんだけになっていました。
今まではセフレの一人だった舞子さんでしたが、平日だけでなく週末も一緒に過ごすようになると、どうしても情が移ってしまい、お互い恋心を感じるようになっていきました。
少しふくよかな舞子さんは当時46歳、私は55歳、いい年をした男女が性欲を満たすだけのセフレから、愛情を持って交わる仲になっていったのです。

元旦那と暮らす舞子さんの息子さんは2人いて、22歳と19歳だそうで、私達の関係に愛情が芽生えてきたら、身の上話をするようになりました。
離婚理由は舞子さんの浮気だそうで、寝取られ癖のある元旦那が舞子さんを抱かせた男が舞子さんのふくよかな体に夢中になって、隠れて会うようになって、舞子さんをSM調教したのだそうです。
舞子さんは、縄をかけられて辱められた写真を雑誌に投稿されて、元旦那にバレて離婚になったという、私には理解不能な顛末でした。

これから私は、舞子さんと暮らして行こうと考え始めています。

妻の独身時代の性体験

結婚して20年、4歳年下の妻は44歳になった。
自慢するようだが、妻は今でもナンパされるくらい美しい。
実年齢より若く見られるが、童顔というわけではなく間もなくアラフォーに差し掛かってきた30代後半の人妻が発散する色香が感じられる。

私がそんな妻を初めて抱いたのは、妻が23歳の時だった。
清潔感溢れる美しさの中に、女の色気が漂い、チンポの味を知っていそうな感じだった。
案の定、マンビラが若干はみ出た見るからに非処女マンコで、クンニにトロトロとマン汁を垂らした。
フェラも上手で、虚ろな目でチンポを欲しがった。
かなり感じて、初めて交わったというのに、もう少しで逝きそうなほど悶えまくった。
「・・・初めて抱かれたのにこんなになって・・・あの・・・セックスの相性・・・凄くいいみたいです・・・」
そう言って、清廉な美形を真っ赤にした妻は、もう、絶対に離さないぞとばかりに私にしがみついた。
私も、これだけの美人と巡り合えることはないだろうと、妻を確保すべく何度も抱いた。
片時も離れていられないほどお互いの肉体に夢中になり、翌年、結婚した。

今まで、何度も妻の性体験を想像してきた。
見た目はとても清廉な美人だが、一皮むけば生身の女、マンコをホジられれば淫らにヨガる。
妻は何本のチンポを知っているのだろう。
結婚20年の今年、妻を抱く回数が10年前と半減して週2回になってきて、私のチンポも勢いが弱まってきたことを妻に詫びた。
「そんな・・・20年過ぎても抱いてくれるんだから、十分よ。」
「俺のチンポで不満はないのか?」
「ないわよ。だって、あなたのが一番相性が良くて、離れられなくなったんだから。」
「一番相性が良かったのは俺で、二番とか三番のチンポもあたんだろう?」
「ちょ、ちょっと何よ、今更・・・」
「愛しい女の過去を聞くと、嫉妬でチンポがギンギンになるぞ・・・」
「え~~~・・・・」

最も羨ましい妻を最初に抱いた男は、3歳年上の22歳、大学4年生だったそうだ。
つまり、妻は19歳、短大1年で処女喪失した。
妻がまだ幼さを残すハダカを初めて晒した男・・・
初めて男にマンコを晒し、覗かれ、触られ、舐められ、そしてグサリと処女膜を突き破られた。
妻の初々しい反応、恥じらいは、そいつしか知らない。
俺が初めて妻を抱いた時の、若干マンビラがはみ出たマンコではなかったはずだ。
純情で全く崩れていない美麗なマンコだったはずだ。

その後、何度かそいつにハメられ、マンビラが擦られていったのだ。
そして、クリだけじゃなく、チンポの出し入れによる快楽を知っていった妻・・・
清純な19歳の美少女が覚えたての快感に戸惑いながらも、男の腕でヨガっていく過程はそいつしか知らない。

大学4年生の男は卒業とともに妻の元を去り、妻は短大2年生を塞ぎがちに過ごしたそうだ。
短大を卒業して、社会人になった清廉な淑女となった妻は、早速就職先の男に惚れて、付き合うようになった。
こんな美人に好かれたら付き合わない男はいないだろう。
妻は、愛する男に愛撫され、ハメ倒され、チンポでマンコをかき回され、もしかしたら精液を注ぎ込まれ他かも知れない。

こうして、妻にとって、セックスは愛情の確認行為の一つになっていった。
好きになった男の肉欲にカラダを任せ、愛の名のもとにチンポで性欲を満たそうとしていた。
最近、妻の過去の男の話を聞きながらセックスをすることで、嫉妬でチンポが強烈に硬くなる事を知った妻は、恥じらいながら性体験の告白をしてくれるようになった。

妻の元彼を想像する効果

妻をクンニするときに、いつも思う。
昔、妻を愛した元彼たちは、妻とのセックスを覚えているのだろうかと・・・
妻の美しい乳房、妻の愛液の風味、広げた肉ビラの色、クリの皮の剥け方、クリの大きさ・・・
肉棒に絡みつく肉穴の感触、締め付け、逝くときの表情・・・
忘れるわけがないだろう。

俺だって、元カノは全員覚えている。
特に鮮明に記憶に残っているのは、俺に処女膜を破られた元カノ。
まだあどけなさを残した18歳が裸を見られ、肉ビラの中身を見られる恥じらい、初めて味わうクンニの快感の戸惑い、破瓜の痛みに耐える表情、全部覚えている。
妻の処女膜を破った妬ましい男もまた、妻の処女喪失は忘れないだろう。

結婚して25年、妻も50歳になった。
地元のミスコンで優勝したベッピンの妻は、24歳ですでにフェラの技巧に優れ、4歳年上の俺を翻弄するような腰使いを披露し、普段醸し出す清楚な雰囲気とは別人のようだった。
「私にとって、とても当たり所のいいお持物です。」
と言われ、美しい顔と身体、淫らな肉穴で俺を骨抜きにして、3度目のセックスでプロポーズさせられた。

清楚だがとても淫らな妻だから、性体験の豊富さは疑う余地もなかった。
妻の元彼とのセックスシーンが思い描かれて切ないときもあった。
普段はいくら清楚な美人でも、悩殺的な腰使いの非処女だった以上、妻には確実に元彼との濃厚なセックスが何度も繰り返しがあったのだ。
今、50代半ばに差し掛かって、精力の衰えを感じるとき、妻が元彼に跨って淫らに腰をクネらせた姿を思い浮かべたり、若い体とピンク色で型崩れが一切ない肉ビラで初体験した妻を思い浮かべたりすると、悔しさで肉棒がイキリ起つようになった。

そろそろ妻も閉経を迎える頃だ。
そうしたら、毎晩中に出してやろうと思う。
妻の元彼セックスを思い浮かべながら・・・

今や不倫はカジュアルな趣味?

   
 昨年、日本に上陸した話題の不倫専用SNS「アシュレイ・マディソン」の国内会員数は180万人を超え、今なおグングン急増中!
 なんと、世界でも目立って会員が増加している国は日本なのだそう。
 昨年、不倫ドラマの『昼顔』が話題になったけど、現実の世界でも、幸せな結婚生活の空き時間に、まるで趣味を楽しむようにサクッと浮気をする不倫層が大増加しているらしいのだ!
 ではいったい、どんな人がどこで、どうやって不倫をしているの?
 というわけで、「アシュレイ・マディソン」日本人会員にアンケートしたデータを公開!
          
【1】不倫の多い都道府県ベスト20発表!!
          
 やはり都市部は出会いが多いのか強い(?) 逆に、素朴で内気な印象の東北・四国地方が20位以下というのも納得の結果。
          
   【不倫の多い都道府県Best20】
     1位 東京都  17.5%
     2位 神奈川県 17.3%
     3位 大阪府   8.0%
     4位 愛知県   6.8%
     5位 千葉県   5.7%
     6位 埼玉県   5.2%
     7位 福岡県   5.1%
     8位 北海道   5.0%
     9位 京都府   4.8%
    10位 宮城県   4.8%
    11位 兵庫県   4.2%
    12位 静岡県   3.2%
    13位 広島県   1.7%
    14位 新潟県   1.0%
    15位 茨城県   0.7%
    16位 長野県   0.6%
    17位 沖縄県   0.5%
    18位 栃木県   0.5%
    19位 岐阜県   0.4%
    20位 岡山県   0.4%
          
【2】東京23区の中で不倫の多い区はココ!!
          
 不倫の多い都道府県1位の東京都をさらに分析すると、高額納税者の集まる区がベスト3入り!
 生活に余裕のある人だからこそ不倫をする余裕もあると推測。
          
   【不倫の多い東京23区はココ!!】
     1位 港区    7.6%
     2位 世田谷区  6.5%
     3位 渋谷区   6.2%
     4位 新宿区   6.2%
     5位 江東区   5.6%
     6位 千代田区  4.2%
     7位 大田区   3.7%
     8位 品川区   3.5%
     9位 杉並区   3.2%
    10位 中央区   3.2%
          
【3】不倫する人の“平均体型”と“喫煙率”
          
 男女ともに、日本人の平均よりはスラッとしたスタイルで、禁煙率も高いという結果に。
 やはり不倫ができるということは、自己意識が高いということなのかも。
          
●女性
          
  平均体重   55.2kg
  平均身長  162.4cm
  禁煙者    87.0%
          
●男性
          
  平均体重   68.2kg
  平均身長  172.4cm
  禁煙者    76.7%
          
【4】不倫する人に多い趣味は?
          
 男女ともに「旅行」がダントツ。
 さらに、なんと51%の男性と39%の女性が、旅行中の不倫を敢行しているというデータも!
 しかも、この旅の大多数は「出張」というから、出張&不倫は鉄板!
 ちなみに「アシュレイ・マディソン」の海外の会員データでも「趣味が旅行」が男女とも50?60%と圧倒的だそう。
 家から離れた解放感で不倫モードに入りやすいというのは世界共通なようです。
          
   【不倫する人趣味&趣向】
     旅行      48.2%
     音楽      16.0%
     グルメ     14.9%
     お酒       3.9%
     スポーツ観戦   1.4%
     カラオケ     1.9%
     エッチな本を愛読 2.6%
          
【5】浮気してみたい理想の相手像
          
●女性
          
 上位の項目をまとめると、理想の身体+きちんと感+一緒にいて楽しい人+大人の包容力・・・という男性像が浮かんでくる。
 やはり女性は欲張り?それとも、今の夫に物足りなさを感じているってこと?
          
   1.ガッチリした身体つきの人 16.5%
   2.きちんとした印象の人   15.1%
   3.Tシャツやジーンズが似合うカジュアルな人 14.5%
   4.背の高い人        14.2%
   5.ユーモアのセンスがある人  9.4%
   6.コミュ力が高い人      4.1%
   7.秘密を守れる人       3.8%
   8.グイグイ引っ張ってくれる人 2.8%
   9.クリエーティブ志向の人   2.7%
  10.上品な人          2.4%
  11.ロマンチックな人      2.1%
  12.リラックスできる人     1.9%
  13.清潔感がある人       1.5%
  13.好奇心が旺盛な人      1.5%
          
●男性
          
 1位の「どこにでもいそうなナチュラルな雰囲気の人」が約1/3と圧倒的。
 女性と比べると理想の恋人というよりも、“一緒にいて落ちつける相手”を求めているのかも。
 それって妻が怖いってこと? その他にも、まずは外見の希望が優先する印象。
 こちらも自分の妻が失ったものを求めていたりして!
          
   1.どこにでもいそうなナチュラルな雰囲気の人 31.3%
   2.Tシャツやジーンズが似合うカジュアルな人  13.5%
   3.ロングヘアの人        11.0%
   4.きちんとした印象の人     10.5%
   5.背の高い人           7.1%
   6.秘密を守れる人         4.2%
   7.ユーモアのセンスがある人    3.2%
   8.引き締まったくびれボディーの人 3.0%
   9.クリエーティブ志向の人     1.9%
          
【6】不倫相手とのセックスに期待するもの
          
 意外にも正統派が男女ともに1位に。
 これは非日常的な快楽より、独身時代の恋愛のような気のおけない雰囲気を取り戻したという願望かもしれませんね。
          
   【セックス願望】          男性       女性
     正統派セックス       33.9%    27.2%
     激しいプレー        19.0%    21.7%
     2人で泡風呂        16.0%     9.9%
     目隠しプレー         9.5%     9.5%
     ドSな行為          4.4%     2.6%
     ペッティング(愛撫程度)   4.2%     8.5%
     ドMな行為          2.8%     7.3%
     優しいセックス        1.3%     4.3%
          
【7】不倫相手との関係性
          
 5割がなんでもアリ派な男性に比べ、女性は長い交際や、ネットだけの関係を望む割合が多いところが、刺激を求める不倫といえども案外、秘めやかな印象。
          
   【関係性】             男性       女性
     オールOK!        32.3%    21.4%
     興奮することであればなんでも
                   20.4%    14.8%
     短期間での付き合い     18.1%    12.4%
     長期間にわたる交際     13.9%    21.6%
     何とも言えない       13.8%    26.1%
     ネットだけでの恋愛関係    1.6%     3.7%
          
【番外編】日本人は「年齢差不倫」がお好き?
          
 アメリカなど諸外国と日本の不倫カップルを比較して目立つのが「年齢差」だそう。
 日本では15歳くらい年上・年下の組み合わせが多いが、海外は5歳程度が相場だとか。
 親近感を求めるか、世代の差を楽しむかの国民性の違い!?
          
   (データ協力/AshleyMadison.com)
          
■アシュレイ・マディソン(ASHLEY MADISON)とは?
          
 開設から約10年で会員登録者数が45か国3517万人超えという、世界一有名な「既婚者のためのまじめな出会い系」不倫専用SNSサイト。
          
   (URL )   

極上ボディの妻を味わった元彼達

同じ大学で同級生で女友達だった私の妻は処女ではなかった。
というより、大学の先輩や同級生など、私も知ってる男達が妻の学生時代の元彼だった。
もちろん私も同じ大学内に元カノがいた。
私と妻は地元出身だったので、卒業後も変わらず付き合いが合って、私の2学年後輩の元カノが卒業して別れたとき、お互いがフリー状態になって、何となく交際が始まり27才で結婚した。

確かに、結婚当初は妻の過去の男性経験がとても気になり、正直嫉妬した。
特に妻が処女を捧げ、2年間オメコを捧げ続けた2歳先輩と、最後に付き合ってた就職先の9歳年上のバツイチ男には・・・

妻はいわゆるイイ女で、スタイルが良く、大学4年の時は、身長が165cm、B89-W60-H88だと言ってたし、私が初めて抱いたときもそうだったが、良く締まるオメコ、最高の抱き心地、揺れる胸に色っぽい喘ぎ、それらが元彼達に与えた快楽は相当だったと思う。
更に、妻は愛した男にはのめりこみ、抱かれるときは身も心も全て捧げて、男を満足させるためには何でもしたようで、妻の元彼だった大学の先輩や同級生達は、酒を飲むと、妻とのハレンチの極みともいえるセックスの内容を得意になって話していた。
処女を捧げた先輩は、休みで帰省する前には一晩中ヤラせてもらったとか、生理中にバスルームで中出ししたとか、精液を飲ませたとか。
同級生の元彼は、極上の肉体を縛ってバイブでイカせ続けたとか、ローターを入れたままデートして内股が失禁したように牝汁で濡れてたとか、まるでAVのようだった。

バツイチで9歳年上の最後の元彼には、どうもM調教されていたフシがあり、妻を初めて抱いたとき、乳首とオメコに小さな穴が開いていた痕跡を見つけた。
これは、性奴隷として装着したピアスの痕に違いないと感じた。
初めて妻を抱いた時はお互い25歳だったが、妻のオメコは性豪を感じさせる風格ある完熟オメコで、そのざわめくような具合のよさに虜になった。

私が知っているだけで3人の元彼がいる妻とのセックスは、妻が昔の男にされたことを思い返しながらする。
私に馬乗りになって仰け反る妻の豊かな胸を揉むときは、「先輩はもっと強く揉んだにちがいない」と妻の乳房を強く搾り、突き出た乳首を乳輪ごと強く吸い続けた。

バックで妻が四つん這いで尻を突き出す姿は色気ムンムンで、元彼達も最上の征服感を抱いたと思う。
その尻穴に突っ込んでやろうかと思ったこともあったが、どうもアナルには汚いイメージがつきまとってやってないが、元彼達の誰かは入れたんじゃないかと思う。
妻が生理で拒んだときは、「先輩は風呂場でヤッたと言ってた」と思出し、風呂場でバックから入れ、床を血で汚しながらヨガる妻の中にぶっ放すのだ。

私の目の前で裸になって、その素晴らしいスタイルの体を見せる妻に、元彼達のセックス以上の快楽を与たいという思いにいつの間にかなっていて、元彼達がどのように妻を愛し、抱いたのかを想うと、それが深く妻を愛したい気持ちへと変化していくのだ。

強制レズプレイされる地味な年上彼女

以前、「二股かけてたJKに年上彼女を寝取られた」を投稿した男です。
簡単に言うと俺は18にもならない彩未(貧乳ギャル)と浮気したことがきっかけで6つ年上の地味な彼女、映子(痩せのFカップ)が脅迫されレズ奴隷にされてしまったという話。投稿したの1月だし覚えてる人少ないかな?

後日談として映子と婚約した。
同棲も始めたが時々、彩未が映子を犯しに来るので落ち着かない。
彩未は大学生になりセフレ(男)が二人ほど出来た。彼氏や彼女を作らないところが彩未らしいのかもしれないが…。
切れ長の大きい目をしてモデル級の美人なのに変態なのが勿体無い。
恐らく映子がいなければ俺の浮気相手になってくれる相手ではなかった。今にして思えば。
映子も「なんであんな美人が私とヤりたいの?モテるでしょうに。」なんて言ってるし。
ダークな茶髪に染め直し、ギャルからナチュラルな雰囲気に戻しても目力のせいか性格が悪そうに見える。

家に帰ると寝室やソファで裸か着衣の乱れたコスプレ姿がスーツ姿の映子が身体中を弄ばれ喘ぎ声を上げている。
コスプレは彩未の着ていた制服で映子が着ると胸の部分がピチピチすぎておかしな姿になる。おまけに身長は彩未より12センチも低い160センチだから胸以外は大きすぎる。
だいたい今年で29の映子に制服は無理があるが彩未は嫌そうに恥ずかしがる姿を見て楽しんでるらしい。

「映子、今日のブラは?」
「紺っぽい紫のシースルー。」
「え、エロい!下は?」
「Tバックよ。」
「やった、エロい!じゃ、大人しくしててね!」
彩未は嬉しそうにブラウスのボタンを全部開けてブラジャーを上にズラす。
「うわ、すごい!すごい!柔らかい!乳首見えた!」
彩未は映子の乳首をツンツンする。
「あぁん…。」
それを見て興奮した彩未は後ろに回って両手で揉みしだき、飽きると強制ディープキス。
普段は抵抗しない映子も明らかに気持ち悪そうな顔をみせる。
その映子の顔を見て満足そうにニヤッと笑うと無理やり舌を入れる。
だいたい30分は入れ続ける。長い舌で唾液を吸い付き口移しで飴玉を映子の口に入れてから、また自分の口に戻し再び映子の口に入れるということもしている。
映子が生理の時は女性器をいじれない分、2時間くらいキスをして離さない時もある。
映子の柔らかい唇は俺だけのものだったのに嫉妬心に駆られる。
映子は自分の意思とは無関係にヤられているのに。

他にも彩未は胸谷間に指を挟んでみたり乳首を吸い付いたり…。
乳首も強く吸い込みすぎて映子が嫌がってる。その顔を見てもニヤニヤするから信じられない。

元彼とセックスしないうちに別れた映子は俺しか体を知らなかったのに10歳も年下の女に好き放題されている。

彩未が卒業した時は「私の卒業記念!」と言いながらホイップクリームを持参して映子の胸に掛けて舐めていた。
俺とのセックスの時は眼鏡を外すのに彩未は外したらキレる。
彩未は自分が気に入らないことがあると映子の細い二の腕に噛み付くから映子は仕方なく眼鏡を掛けたまま。

胸だけでなく脚や尻も触る。
映子にスカートを履かせてその上から尻を撫でたり座らせて脚を組ませて、それに吸い付いたり。
さすがに俺でも脚は吸ったことがないからかなりショックだった。

最初の方こそ貝合わせとかしていたものの最近は自分は服を一枚も脱がずクンニして映子を感じさせるスタイルに移行した。
「男とヤりまくって使い古された映子さんのグロいの美味しい?。」
「あぁぁぁぁん…あぁ?ん!!いやぁぁぁ!痛い痛い!あぁ!逝く!あぁ、いゃ!やめてぇ!いやぁ!」
映子は嫌がって声を上げるも「濡れてるぅ!恥ずかしいでしょ?」と言いながらさらに舐めてくる。

映子に聞くと演技ではなく本当に感じているらしい。同時に気持ち悪いと思っているとも。無理やり抱きついてくるし俺との弱みや女性器の写真も持っていることから本当にどうしようもできない。
映子には、二人で地方に逃げようと提案しても、仕事辞めたくないからと拒否された。

俺とのセックスは今週1。
胸も巨乳が嬉しくて(というか、ほぼそれに惚れて告白した)テレビ見ながら両手で揉んだり乳首つまんでたのに今はセックスの最中に優しく揉ませるだけ。美味しいところは彩未にヤられてしまった。

大学生になり変態度が増した彩未は俺にレズプレイの鑑賞を命令する。
逆に彩未が俺たちのセックスを鑑賞してる時もある。
彩未は3Pを提案したが自分はヤられても俺がヤられるのが嫌らしく断固拒否した。それを素直に聞く女ではないので案の定交換条件が出された。
映子が1日履いたパンティーを譲ること。映子は渋々、嫌そうに差し出していた。
彩未は次の日学校に履いていったという(多分洗わずに)

そんな生活が今も続いてるが男とのセックスも楽しいらしく間隔は高校よりも空いている。
映子には、とても言えないが不細工な変態男に犯されるようにマシと思う自分もいる。女なら子供作れないし。
それに二人のレズプレイとたまに送られる映子のエロ写真に勃起しているから本当に最低だ。

映子は何もなかったように俺と一緒に家事をして仕事に行き、夜は同じベットで眠る。
俺より6つも年上なのに俺に抱きついて甘えてくる。
彩未の変態ぶりを見せつけられたのも大きいが、少しでも俺が離れると不安そうな顔をする映子が愛しくて浮気なんかできそうにない。

子供ができたら辞めてくれるという彩未の言葉は信じていいのか怪しいが(最後に映子の母乳直接吸ってから辞めるとか言ってるし)映子はあのガキを気にせず幸せになろうと言ってくれる。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード