萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

年下

嫁を試してみた。

中年夫婦です。嫁は51才ですが、廻りからは良く若く見られます。結婚して27年、2人の子供も社会人と大学生です。嫁は浮気した事があるのか?ふと思い、浮気するのか試してみようと思いました。あるサイトで、募集した所、沢山の人からメールを頂きました。その中から、1人の男性を絞り込んで、間違いメールから、きっかけを作り、嫁を落として貰おうとの作戦でした。最初は携帯番号にシートメールを送って貰い、それから、アドレス交換して、本格的にメールを始めて もらいました。メールの内容は男性から、こちらの携帯にも送ってもらいました。するとメールを始めて、10日程で、会う約束までこぎつけたようです。もちろん、この日に嫁は、落ちてしまいました。男性から、メールで行動内容を報告。男性の精子を2回も膣内に受け入れたとの事でした。男性は36才との事、女性は年下の男性には、以外と脆いものなんですね。

思い出

子供のころから、どうもぼくは女の子からは、いじめやすいタイプのようで
放課後やら帰宅の途中やら、5.6人の女の子に囲まれては、いろんない
いがかりをつけらけて、ランドセル・運動靴やら、どこかに放り投げられたり
どこから噂を聞いたのか、他のクラスの女の子の名前を言って好きなんだ
ってね、とからかわれたり、今日は、ユカちゃん家で誕生日会をやるので
お前もついてこいと無理やり家について行かれ、プレゼントのかわりに
と言って、女の子達に、無理やりパンツを脱がされ、オチンチンをつぎつぎと
彼女らに、引っ張られたり、気持ち悪いと定規で突っつかれたり、そのうち
勃起してくると、どうして?どうして?なんで、なんでと皆で覗かれ、あまりの
恥ずかしさでどうにかなりそうだった記憶がトラウマとなって残っている。

20歳代になっても、コンパの飲み会の帰り、ある繁華街近くにある
ラブホテル街でも、もう、最終電車もないし、ここのラブホテルで一泊
しょうよと無理やり連れていかれそうになり、近くの電柱にしがみ付いた
記憶があり、それからぼくを見る目は、男のくせに、という侮蔑的まなざし
でみられつづけ・・・

26歳のころ、ある事情で都内の伯父さん家に、しばらく同居することとなり
従姉妹2人とご両親とぼくとの5人で暮らし、伯父さん夫婦は1階が寝室
ぼくらは2階ということで、襖1枚の仕切りがあるだけの部屋、しかもこの従姉妹
は、ぼくの眼も気にならないのか、裸になり、ブラジャ-やらショ-ツやらの
着替えを平気でする。ぼくは眼のやり場に困っていると、あら恥ずかしいの
だのと、ニヤニヤしながら、年下の従姉妹達にからかわれる。

もともと小さいころから、人見知りが激しく、ひとりで遊ぶのが好きな子だ
ったようで、それがいまでも女性の顔をまともに見れないし・・・
翌日、ヘア-スタイルをショ-トカットに変えたとしても気付かず、私を見て
何か気づかない?とまでよく言われる。
不愉快な思いをするのだから、ぼくなんかに声をかけなければいいのに・・・


いつだったか、同性にも、女性にも、君はどうも母性(父性)本能とかを、本人は
意識下にないのだろうけど、感じさせるんだよね。と言われたことがある・・・

忘年会の帰りにレイプされちゃった

私は26歳になる3月で結婚2年目の主婦です。
昨年の春に高校時代から付き合っていた主人と結婚し子供はまだいません。
そんな全てに平凡な私がレイプされたのは今月の忘年会の帰りだったんです。

当然不注意だった自分にも責任がありますがもう取り返しがつきません。
私たちの新居は都心から乗り継いで約45分ぐらいのすごく便利な新興住宅街で主人の貯金と私の貯金、そして主人のお義父様の保証で銀行からお金を借りいまの住宅を購入しました。

主人の実家に近いこともあり賃貸よりは将来は楽になると二人で悩んだ末思いきって購入したんです。
私も通信関係である今の仕事を続けるため主人と話し合って、2年間は子供は避妊して作らないようにし共働きで頑張ってお金を貯めていく計画を立て、毎日が充実し幸せに暮らしていましたが…

秋の異動で突然主人が新設支店の応援部隊として九州へ2年間の赴任がいきなり決まってしまったんです。
すごく悩んだのですが当然私にも仕事があるので、一緒に九州に行くことができないことと新築の家を他人に貸すのも嫌だったので相談の結果、私だけこの家に残ることになったんです…。
もちろんお金もない私たちが週末ごと主人が家に戻るなんてとてもできず、夜の定時連絡や毎日の出来事を携帯メールで報告するだけになっていました。


しばらくは新しい住居に独りだけ取り残され心細くなっていましたが、年末ということもあり仕事に追われ正月休暇に主人は戻ってくるから…。と自分に言い聞かせ変わりなく働いていました。
そんな寂しい気持ちもだんだん多忙な仕事で薄らぐと逆に束縛がないこともあり、主婦の立場を忘れ独身気分で忘年会や学生時代の友人と、夜遅くまで飲みに出かけたりしていたんです。

そして運命の日は翌日が休みということもあって、夜の11時すぎまで短大時代の友人と食事をし0時すぎの最終電車で帰宅したんです。


駅を降り帰宅途中のコンビニで明日の朝食の手抜きするため、買い物をして歩いて帰っていると背後からスッ~と大きな車が近づき「ねぇねぇもう帰るの!今から遊びに行こうよ!」と、いきなり男の人のグループに声をかけられたんです。

こんな夜遅く周りは住宅街で静まりかえり、誰もいない恐怖で私は男の人たちを無視して走って、坂道を自宅の方に逃げだしてしまいました…。
このとき冷静になって逆に駅まで戻りタクシーを利用して帰宅すればよかったと本当に後悔していますが恐怖で早く自宅に逃げ帰りたかったんです。
そのまま小走りで自宅のある山手の方に逃げるように走っていましたが相手は車…

50メートル先ですぐに追いつかれ、私の前をふさぐように車が停まるといきなり3~4人ぐらい素早く降りてくると私を取り囲み
「なんだよ!逃げることないじゃん~」
「おい!人が聞いているのに無視かよ!」
と脅され恐くなった私は咄嗟に
「いやっ!主人が待っているから急いで帰るんです!」と断ると
「なんだぁ~奥様だったんですかぁ~」
「じゃぁ今から帰って旦那とヤルんだ!」
「ねぇねぇ僕チャン~童貞なの~おしえて~」
と卑猥な言葉を口々にいって私の腕をギュッとつかんだんです!
私は本能的に手を振りほどき男の間から逃げようとするとその男はワザと私にぶつかり大袈裟に道路に倒れ込んで痛がるんです…。

「痛てぇ~てめぇ俺をナメてんな!」
「こりゃぁマヂ肋骨が折れてるぜ!」
と突然怒りだし、隣にいた髪を染めている男がいきなりナイフを私の顔に近づけ
「あ~ぁ奥さんよぅ~すぐに帰れなくなったよな!」
「今から慰謝料についてゆっくり話し合おうぜ!」
と静かな口調で脅す、と固まっている私を抱きかかえるようにして、車の後部座席に無理矢理乗せようとするんです。

もちろん乗ったら自分がどうなるかわかります! 私は目の前のナイフに怯えながらも必死になって
「いや帰して!お願い!イヤ…」
と半泣き状態で必死に哀願し、身体を捩り乗せられまいと抵抗しましたが
「大きな声を出したらアンタのその可愛い顔切りまくって逃げるぜ!」
と脅されると、助けを呼ぶにも周りには人影などなく無理矢理抱えられるように無理矢理車の奥に押し込まれてしまいました。

「旦那のところに無事に帰りたいなら騒ぐなよ」
と脅され大変なことになったと、泣きだした私にナイフを見せつけたまま肩を抱かれしばらく走ると、私の自宅の先にあるまだ荒れ果てたままの造成地に入り、そこから車を左右に揺らしながらさらに奥まで走ると、街灯の明かりが届かない暗い空き地に車が停まりました。

すると一人の男がいきなり私の胸を両手で乱暴に掴んだんです!「きゃっ!」と短い悲鳴をあげ手で胸を隠し前屈みになり男の手から逃れようとしました。主人以外とはまったく経験がなかった私でもこんな状況になれば [目的は私の身体なんだ!!]と身の危険を感じ激しく抵抗したんです。


あきらかに私より年下の男の子たち!しかもまだ未成年と思える男が入っているグループから、こんな形で性の対象にされるなんて信じられません
「やめて!もう帰して!!」
住宅街から離れているとはいえ、あまり激しく泣き叫び暴れる私に向かって男がナイフを見せつけ
「お前!これ以上大声で騒ぐならマジで顔を切り裂いちゃうよ…」
と頬にルームライトに光っている刃を近づけられると、もう切り裂かれる恐怖で歯がカチカチとなってしまい抵抗できません。

「さっさと脱がないと俺たちは服を破るだけなんだけど…」
「ハダカで帰るの?」
「チンポ出してベットで待っている旦那になんて言い訳するの?」
「ここは叫んでも誰も来ないから~もう諦めてさっさと服脱いで!」
「ゆっくり楽しもうよ~旦那のより俺たちの方がカチカチかも!」
と卑猥な言葉で脅されながら、彼らに着ていたハーフコートを脱がされるとそのままセーターとスカートまで手を出してきたんです。

服を脱がされる私はナイフが怖くてこれ以上激しい抵抗ができませんただ
「イヤッ…もう許して!」
と言うのが精一杯です……。
ナイフを持っている大きな男がリーダーらしく、顔を振って抵抗している私の顎を掴むといきなり無理矢理キスをされ同時に胸を乱暴に揉まれている間、セーターとスカートを引き千切るように脱がされるとナイフで下着を切り裂かれてしまったんです!

ブーツだけ履いた奇妙な格好で恐怖と寒さでガタガタ震え、両手で胸を隠している私を髪を掴んでシートに押し倒すといきなり全員でまだ濡れてもいない大切な所に、汚い指を強引に挿入したり腕を頭上に引っ張られ無防備になった胸にキスをされたんです。

「痛い!痛いってばぁ~もうやだぁ~」
「誰か誰かぁぁ~」
とあまりの乱暴な行為と女として身内でも見られたくないすべての箇所を見られる恐怖に、暴れ出すとさらに乱暴に男たちに押さえつけられ、動くことができないまま屈辱に泣くことしかできませんでした。
ブーツまで脱がされ大袈裟に匂いを嗅ぐ真似をして
「わぁマヂで臭い!足臭いぞ~お前!」
「お前!アソコも臭いんじゃないのか?」
「おっさすが人妻…指だけでもうビチョビチョして濡れだしたぜ!」
「よし!じゃぁ時間もないしいこうか!」
と言いながらナイフを横の男に渡すと下半身だけを素早く露出すると私の足を掴んで間に割り込んできたんです。

ワタシ…犯されるの…?夢?今の出来事が現実とは信じられないまま脚を掴まれ、グッと押し込まれると同時に今まで経験したことがない強烈な痛みが走ったんです!!
「ギャァ~イ…イヤァ~」
「痛い!痛いょぅ!お願いだから助けて~」
と泣き叫んで抵抗しましたが、周りの男達に手足を掴まれたまま泣き叫ぶ私の口に、男の汚い口でふさがれるとどうすることもできず男から乱暴に突き上げられ押し込められるたびに激痛が走っても逃げ出すことができず痛みに耐え泣くことしかできませんでした。

男は私を乱暴に突き上げながら
「オッ!気持ちいい!たまらん!すぐ出そう…」
「お、お前!結婚してるならガキできてもいいだろ!」
「だったら中でいいよな!」
と言いながらスピードを早めたんです!
「ェッ…!!ィヤッ!」
「お願い!それだけは許して!」
「酷い…ヤダッて!!!!お願いだからぁぁ」
私は不自由な身体を揺すり泣き叫びながら哀願したんですが、男は
「いくぞぅう~ガキ産めやぁぁ!」
と呻りながら一気に私の腰を掴んで汚い精液を吐き出したんです!

生まれて初めて身体の中に熱い精液を感じました。恐怖と屈辱しかありません…。高校や短大時代はもちろん新婚旅行からもずっと今まで子供ができないように大好きな主人でも避妊してくれていた私の身体に、今知らない男の汚い精液が流し込まれたショックでもう放心状態でした。


でも… 容赦なくグッタリしている私の目の前でズボンを脱ぐと汚いモノを触りながら、次の男が襲ってきたんですもう犯された身体とはいえ屈辱感に身体を揺すって抵抗しました。
「アッもういやっ!」
「帰して~もう帰してってばぁ~」
泣き叫ぶ私を無視したまま男に押し込まれ、乱暴に突かれ再び激痛を感じていると今度は待ち構えていた違う男から
「俺…もう我慢できねぇ!」

と私の顔付近に、汚いモノを見せつけ
「咥えなよ!噛んだら顔が傷だらけになるぞ!」
と脅されると逃げる私の顔を手で頬を力任せに押さえつけ、無理矢理に口の中に入れられたんです…。

狭い車内で揺すられシートから顔だけがはみ出し、逆さまの息苦しい格好で違う男の汚いモノを咥えさせられ口の中に男の精子の臭いが充満しています。だけど咳き込みながら咥えるしかなかったんです…。もう何時か時間がわからないまま次から次に犯され、最後の男は筆下げ?だ!

と言ってナイフと携帯の写メで脅されると、明らかに未成年の男の子のズボンと下着を無理矢理に私の手で脱がされると、すでに大きく膨らんでいるモノを咥えさせられ、汚いモノがさらに大きくなると男たちが嫌がる私の足を大きく拡げると、指さしながら
「お前ちゃんとここに入るんだぞ!」
「こっちはケツの穴だぞ~」
と卑猥な言葉を口々に言って周りから笑われながらも男の子のモノを受け入れました。

男の子からすぐに中に出されると再び起こされ濡れ光っている男の子のモノを正座させられたまま咥えさせられていると信じられないことに口の中でまた大きくなってきたんです!!周りの男たちも気づくと笑いながら私に
「今度は全部飲んでやれ!」
と髪を掴んで前後に揺さぶるんです。

結局逃げることができないまま男の子は私の口の中に放出し吐き出すことを吐き出すことを許してくれず、初めて男の人の精液を飲んでしまったんです。
その後… 再び男の上に乗せられ犯されるとか野外で車に手を置いて立ったまま犯されるとか私にとって信じられない格好で犯されたり、汚いモノを容赦なく咥えさせられたり容赦ないレイプでした。

やがて男たちが満足すると全裸でグッタリしている私の顔や脚を大きく拡げた格好の写真を、携帯で何枚も撮られたりバッグから社員証や免許証さらに携帯番号やアドレス、そして主人とのメールまで覗かれ主人がいないことやここから近くの家で独り暮らししていることが男たちに見つかってしまいました。

終わった後でもまだ解放してくれず、全裸で正座させられたまま主人の会社や主人の携帯番号はもちろん、私の旧姓や実家まで全て登録されてしまい、私は泣きながら誰にも言わないことを土下座して誓わされたんです。
早く帰りたい私は言うとおりに年下の男達に屈服するしかありません。その後、自宅を調べるように私の家を確認すると車はそのまま通り過ぎ数十メートル先の交差点でブーツだけ履かされた格好で降ろされたんです!

「お願いだから服を帰して!」
と必死にお願いする私に
「降りたらちゃんと帰してやる!」
「さっさと降りないと仲間の部屋でまたマワしてやるぞ!」
と脅され覚悟して全裸のまま降りると同時に、車が急発進しまだ先の交差点まで行くとそこで窓から私の服やコートとバッグを次々に捨てて逃げて行ったんです。
私はあまりにも卑劣な行為に泣きながら全裸の格好で走って先の交差点で服を拾い、コートを着込むと口惜しくて座り込んでしばらく泣きました…。

やがて連中が戻ってくる恐怖を覚え、逃げるように家に飛び込むと急いでお風呂に入ると男たちの汚い精液を必死で掻き出していたんです。温かいお湯を頭から浴びると、解放された安堵とレイプされた口惜しさで口を押さえてワンワン泣きました。

こうちゃん

なおぼんの告白です。

あたしは、変わったのかもしれないし、もともとこんな女だったのかもしれない。
他人からすれば「変わった」と見えるのだろう。
あたし自身は隠していたものを顕(あら)わにしただけだ。

たぶん、あの日から。
だんながあたしの身勝手のせいで、脳出血で倒れ、一命を取り留めて、百八十日にもおよぶ懸命のリハビリをやってのけて家に帰ってきたときから。

うれしかった。
でも、もう抱いてもらえないという空虚感が芽生えた。
彼は、右側の片麻痺で車椅子と寝たきりの生活を余儀なくされた。
言語障害とともに、少し認知機能にも障害をきたしていた。(現在はかなり回復した)
つまり、もう元の彼ではないのだ。

女にとって、愛する男に抱いてもらえないというのはこんなに辛いものなのだろうか。
子供でもいれば、状況は違っただろう。

一年ほど、介護に専念し、忙しく過ごしたけれど、ふとした拍子にさみしさがこみ上げる。
身勝手なのはわかっているけれど、そういう性格なのだ。

あたしは、出会い系サイトに登録した。
割り切りでもいいから男に抱かれたかった。
五十前だったから最後のチャンスでもあった。

けっこう、会ってほしいという男性がいて、売り手市場ではあった。
お金をもらって男と寝るということに、いささかの抵抗も感じなかった。
彼らも、さみしいのだ。
商売女ではないあたしが彼らにできることといったら、世間話と悩みを聞いてあげること。
なかには、変態的な嗜好の持ち主や、命令口調で支配的な勘違い男もいたけれど、おおむね、優しくって、どこか後ろめたさを隠していて、同じ傷を舐めあうような関係を持てた。

そんな中で、今も続いている男がひとりだけいる。
彼との関係はたかだか半年ほどしかならないが、ほかの男にはない魅力があった。
月に一回、だんなが施設に行って、あたしのパートも休みの昼間に逢瀬を重ねている。
初対面のときは、四十代半ばか前半ぐらいのカジュアルな人で、明らかにあたしよりは年下に見えた。
サイトのプロフ(プロフィール)には四十代としか書いていなかった。
話していくと、それは「サバを読んで」いたわけで、お互い様なんだけど、同い年だったのには笑った。
彼は、ハンドル名が「こうちゃん」だった。
あたしが「なおぼん」。
ベッドでもそう呼び合った。
こうちゃんは、結婚しているけどセックスレスで、奥さんは精神病だという。
詳しいことは、聞かないからわからない。
だから、こんなあたしを激しく抱いてくれる。
あたしもそれに応えてあげる。

男女が肉体を重ねることで癒されることってあると思う。
温泉みたいなもんだ。
運動にもなるし。

あたし、生理が上がってから、飲み友達の婦人科の医者にホルモン治療をしてもらっている。
だからか、とても性欲が強い。
年齢より若く見えるのもそのせいだと、医者は笑って言う。

ほかの男性には「中出し」を許さなかったけれど、こうちゃんには思いっきり出してもらっている。
やっぱり、好きな男に出されると、なにか、こう、体の芯に活が入るような気がする。

こうちゃんと出会ってから、あたらしく出会いを求めることはなくなった。
彼もそうだという。

どちらからともなく、メールで「会いたい」と送れば、すぐ会えるライトな関係。
セフレというものでもない。(限りなく近いが)

月に一度の逢瀬で、あたしは生きていける。
かえって、だんなにつらく当たることもなくなり、一層、仲良くなれた。
介護生活にハリがでてきた。

でも、このことは墓場まで持っていくべき秘密だ。
だんなには、ぜったい言えない。
「ごめんね・・・」
おむつを替えながら、心で詫びる毎日だ。

37歳童貞

愛知県在住の37歳です。
恥ずかしながらこの年で童貞です。
自分よりずっと年下の10代の女の子に笑われながら、小バカにされながら、優しく童貞を奪われたいです。
色々教えてあげてもいいよって女の子、連絡待ってます。
挿入までしなくても舐めさせて頂けるだけでも満足です。
舐め犬として僕を使ってやって下さい。

Astronomicalobservation xxne.jp

同居の姉 3

岩手の叔母からの電話で、息子が東京の大学を受験するのに東京の予備校の夏期講習をうけたいとの事。
東京には身よりがないので、僕たちのマンションに1ヶ月住まわせてくれと言うものだった。
僕にとっては、従兄弟にあたる健太だけど、二つ年下の割に生意気であまり好きでは無かった。
部屋は狭いし、せっかく姉といい仲になったのに、健太が来たらそれも我慢しなくてはならないし、とりあえず叔母には「部屋が狭いから無理かもしれないけど、姉には伝えます」と言って電話を切った。
その翌朝、姉にその事を伝えると「あらっ、いいじゃない」とすぐに、叔母に電話をしてしまった。
叔母はとても喜んだらしく、3日後には健太が来るとの事。
仕方なく、3日後に上野駅に姉が借りたレンタカーで迎えに行った。
久しぶりに会った健太は結構大きくなっており、受験生の割には色黒でたくましく成長していた。
荷物が多かったのでミニのワンピースを着た姉が車のトランクに荷物を積んでいる時、前屈みになってパンティが見えてしまっていたが、健太はそれを見逃さずに、じっと覗いていた、こいつ油断できないな、先が思いやられる。
荷物も積み終わって、車に乗ろうとしたら健太が先に助手席に載ってしまったので、仕方なく俺は後部座席に乗った。
駅に行く時は俺が助手席に乗っていたが、姉のミニのワンピースの裾が運転してる間にどんどんたくし上がって、太股もの付け根まで上がってパンティが見えそうだったのを思い出した。
しばらく走ると案の定姉のスカートは捲れ上がっていた、来るときよりもさらに上がっているから。たぶん健太からはパンティが覗けていると思う。
家に着き階段を登って部屋に行くときも姉が先頭でその後俺が登ろうとしたら、健太が割り込んできて、しかも姉の下5,6段あけて健太が登って行った、姿勢を低くして姉のスカートの中を覗いている。
階段は急傾斜なので、これまた姉のパンティ丸見えだ、年下の従兄弟にまで舞防備だ。
と言うより、高校生の健太をまるで小さい子供のように思って対応している、高校生といえば童貞も少ないのに、世間知らずの姉です。
部屋に入ると、「健太は浩二と同じ部屋に寝てね」と姉が指示した。
俺がうっかり「部屋狭くなるな~~」と言ったら、姉が「じゃ~しょうがないから、健太は私の部屋で寝てもらうわ、どうせ寝る時間帯が違うから」、ええっ~~、さっき姉貴のパンティ覗き見してたやつと一緒の部屋に寝るのかか~?・・・
おれは姉に耳打ちして「健太と一緒の部屋はまずいよ、あいつ男だよ!!やっぱり俺の部屋でいいから」
「あはっはは・・大丈夫よ、男だって言ったってまだ子供だから、・・さあ健太荷物こっちに持ってきなさい」だって・・・
それから、3人の生活が始まった。

続・甘美な中学時代の思い出

 あの壮絶とも言えるスカートめくりの罰を受けて2ヶ月経った頃です。ようやくお尻の痛みも消え、ゲンコツを太ももの下に挟まなくても椅子に座れるようになりました。級友達も普段通りに接してくれ、女子からも話しかけられるようになりました。見かけの上ではまともな中学生生活が戻ったように思えました。しかし、実は、先生からの受けた罰は、僕の心の中に、とても甘美で背徳的な出来事として今も記憶の中に生き続けています。
 先生のスカートをめくったのは水曜日でした。明くる日から罰が開始され、その日は僕たち2年生の教室がある2階の廊下を全裸で雑巾かけし、授業後に音楽準備室でお尻を竹刀で打たれました。100発をなんとか持ちこたえましたが、その夜は痛みで一睡もできませんでした。明くる金曜日、どす黒く腫れたお尻を晒し、1年生の教室がある1階の廊下の雑巾がけです。これは本当に屈辱的です。年下の男女に全裸をさらし、彼らが歩いている中を、床に膝をついて雑巾がけをするのです。辛い罰でした。それでも何とかやりとげ、放課後に音楽準備室へ出頭します。直ぐに竹刀でお尻を打たれたのですが、最初の10発くらいで僕は泣き叫びました。前日に打たれて腫れ上がったお尻をさらに打たれると、これまでに経験した事がない凄まじい痛みが脳天まで駆け抜けます。「先生、ごめんなさい。お尻をぶたないで。」手でお尻をかばい床に頭を擦り付けて懇願しました。「あら、まだ2日目よ。」「もっ、もう駄目です。お尻叩き以外の罰を下さい。」さすがに先生もすでに腫れ上がったお尻を竹刀で打つのは気がひけたようです。「そうね。これ以上は無理そうね。お尻。では残り90発はビンタ。」とても辛い罰ですがお尻叩きよりはずっとマシです。先生の前に直立不動。もちろん全裸です。パン、パンと往復ビンタ。「一往復で一発よ。」最初に右の掌で左の頬を打たれ、次に右手の甲で右の頬を打たれます。「しっかりと歯を食いしばりなさい。口の中が切れるから。」思ったよりも辛い罰でした。だんだんと頭がクラクラし、頬がジンジンと痺れます。顔全体に熱がこもり、目頭が熱くなります。時々、無意識に痛みを逃れようと俯き加減になるのですが、先生はすかさず手を僕の顎にそえて「ほら、ちゃんと顔をあげなさい。」と冷酷な表情で指示します。「80発。」先生の声が聞こえますが、どこか遠くから聞こえるような感覚でした。ようやく「はい、100発。」の声を聞き、肩の力を抜きました。正面の先生の顔は涙でかすんでいます。「明日は土曜日ね。午後に体育館のフロアーの雑巾がけをなさい。(当時は土曜日の午前中まで授業がありました。)そして4時にここに。」その指示を受け帰宅を許されました。
 土曜日の午後の体育館では合唱部が練習中でした。体育館の前方には1メートル程の高さのステージが設けられています。ステージから見下ろす先にフローアー(バレーやバスケ用)が広がっています。僕は合唱部の連中に見下ろされる格好で全裸雑巾がけです。午後1時から4時まで。先生は合唱部の指導をしつつ、僕を監督しています。休憩もせず黙々と働きました。合唱部には1年から3年のまでの男女およそ40名が所属してます。合唱部用のそろいのジャケットを着た彼らの前で全裸。本当に情けない気持ちになりました。ようやく4時になり練習が終わります。すでに僕は汗だくのヘトヘト状態。それでも全裸のまま先生の後について音楽準備室に向かいました。早速お尻打ちが開始。ビシャンと竹刀が唸った瞬間、僕は四つん這いの姿勢を崩し、床にうつ伏せのまま動けませんでした。初日に打たれたダメージは全く回復してません。「先生、駄目、駄目です。」「だらしない子ね。昨日はビンタで許してあげたのだから、今日はお尻よ。」と言いつつも僕のお尻を触ります。「相当、堪えてるようね。凄い腫れ方だわ。フフ。私のスカートをめくると大変な目にあう事が分かった?」「はい。」「今日はもう帰りなさい。ただし、明日の日曜日、朝8時に校庭に来るように。」今日はあの痛みに苛まれないですむと胸を撫でおろし帰宅しました。
 もちろん翌日は8時よりも前に校庭に出頭し先生を待ちました。たしか夏休み前、7月上旬だったと思います。8時きっかりに現れた先生は「これから夕方6時まで、水が入ったバケツを両手にもってトラックを走りなさい。もちろん真っ裸よ。1周で明日のお尻たたき1発を免除します。さぼっても全然かまわないわ。お尻たたきの数が増えるだけだから。」トラックは400メートル。もしも100発のお尻叩きを全て免れたければ100周、つまり40キロを全裸で、しかもバケツを両手に持って走らなければなりません。直ぐにバケツを準備し水飲み場で水を満たします。全裸になりランニングを開始。幸いに早朝の校庭には誰もいません。朝の日射しが、普段は下着に隠れている股間にあたり何となく暖かいような違和感を今でも覚えています。ランニングとはいえ、ヨタヨタと小走りするのが精一杯です。なにせ両手にはバケツを持たされているのですから。校庭の時計が10時を知らせます。ようやく12周をこなしました。12時が近づきペースは確実におちてきました。まだ20周。昼食もとらず必死に続けます。午後1時になると校庭は炎天下です。時々、水飲み場で水分を補給する時間も惜しむほどに頑張りました。昼下がりの校庭には近所の就学前の子供達が遊びに来てました。とても奇妙なものを見るように、最初は遠巻きに、しかし次第にトラックに近づき「あれ、○○さんちのお兄ちゃんだよね。」「何か悪い事したのかな?」「お尻が黒くなってる。」「恥ずかしいよね。」などと好き勝手に話し合います。さすがに僕に直接問うことはしませんでしたが。結局、午後6時までに40周しかこなせませんでした。先生に正直に報告しました。「そう、明日から60発。これは絶対よ。」
 月曜日の授業の合間には3年生の教室がある3階の雑巾がけです。これは少し気分的に楽でした。「お前、あの先公のスカートめくったんだって。よくやるわ。」といった半ば同情をふくんだ言葉を男子の先輩からかけられました。授業が終わり音楽準備室へ出頭。木曜日に打たれたお尻はかなり回復したように思えました。これなら60発は耐えられるかも、、と思いつつ先生の前で四つん這いになります。「では60発。いくわよ。」ビシン。最初の一発は何とか声を出さずに耐えることができました。ビシン。「アッ、痛い。」2発目でかなり堪えます。「当たり前よ。痛くしているのだから。」ビシン、ビシン、ビシンと3連打を食らいます。「駄目。痛いよう。許して下さい。」「まだ5発よ。頑張りなさい。」気を取り直し姿勢を戻します。ビシャン。「ヒッー。」ビシン、ビシン、ビシン。「痛いよう、先生、痛いよう。」ビシン。再び崩れ落ちました。「許して、先生。他の事なら何でもします、お願いです。」先生は竹刀を手放し椅子に座りました。僕を見下ろす状態です。「ねえ、本当に反省してる?」「はい。もう絶対にしません。誓います。クラスの女子にも絶対にしません。」「アハハ、勘違いしないでね。あなたは私のスカートをめくった罰を受けているの。」「はい。ごめんなさい。先生。」正座して懇願します。「そう。許してあげようかしら。ただし、、、」

おばさんのお仕置き

小学生の時です
親戚から大量の野菜が届き、近所にもお裾分けするよう親に言われました
袋を持って徒歩五分ほどの距離にあるお宅に着くと何やら騒がしいのです
そっと庭をのぞくと
縁側のあたりで女の子が怒られていました
年下で、たまにしか喋ったことのないような間柄でしたが
顔も名前も知っていますし、気になったのでしばらく隠れて見ていました
「口で言ってわからないのね?」
おばさん(女の子の母)が同じ質問を二度、三度と繰り返し、やや声を荒げて女の子を見据えます
後ろ姿しか見えなかったのですが
女の子のほうは拗ねているというか、不満がありそうな雰囲気でした
直後おばさんは女の子の後ろへ歩いていって
パシンと一発お尻を叩いたのです
女の子は「何すんの!!」と地団太を踏んでわめいていました
そんな様子を気にも留めず、おばさんは縁側に腰掛け
「い~ち、に~い、さ~ん」と急に数字を数え始めました
驚いたのはここからです
女の子が突然「ごめん、ごめんなさい!」と謝り始めたのです
甘えた感じで座ったおばさんの背中に抱きついたりして
明らかにご機嫌取りを狙っているようですが
謎のカウントは止まりません
すると女の子は
慌てた様子でパンツをするりと脱ぎ
おばさんの太ももに覆いかぶさるように寝転んだのです
わけのわからないまま見ていると
おばさんが女の子のお尻をピシャピシャ叩き始め
その数が十回、二十回、三十回を超えたあたりで
だんだん怖くなってきたので
見るのをやめ、玄関前に袋を置いて帰ることにしました

しかし後日
女の子に見ていたことを知られてしまいました
「エッチ、言いふらしてやる」女の子はお尻を見られたことが許せないらしく
いくら謝っても「許さない」の一点張りです
それでもめげずに謝り続けた結果
女の子と同じ罰、つまりおばさんにのぞいていたことを告白してお尻を叩かれてきたら
言いふらすのだけはやめてあげてもいい、ということでした
どの道おばさんには女の子の口から伝わってしまうと思ったので
わかったと返事をして女の子の家に向かいました
(女の子は巻き添えで怒られることを恐れついてきませんでした)
おばさんは話を聞いても「あの子が悪いのに」としぶっていましたが
言いふらされるのは御免なので
どうしてもとお願いすると「手加減はしない」ことと「途中で嫌だと言ってもやめない」2つの条件を約束させられ
応じると、奥の和室へ連れて行かれました
そしておばさんはすぐ「い~ち、に~い、さ~ん」あの時と同じようにカウントを始めました
数えながら正座し「見てたんでしょう?」とこちらを見ます
すぐに理解し、パンツを下ろして太ももに寝転びましたが
慣れていなかったせいもあり数は「じゅうご」まで進んでしまっていました
「じゅうごかぁ、頑張ってね」お尻を叩かれながら聞いたのですが
おばさんのお仕置きのルールとして
カウントが始まってすぐ来なければお尻を叩く数がどんどん増えるらしいのです
具体的にはカウントが一増えるごとに十発
つまりおばさんに百五十発も叩かれたのですが、言葉通り手加減はまるでなしでした
びったんびたんと張り手のような平手打ちが延々と続き
途中「うう」「あぁ」と何度も声が出ました
泣きこそしませんでしたが、我慢した脂汗で染みができるほど服は濡れていました
お仕置きが終わり「もう気にしないのよ」とおばさんに許してもらい
帰ろうとすると、戻ってきた女の子に呼びとめられました
「来て」と自室に誘われ
お尻を出して、本当に叩かれたかどうかの確認をさせられました
「まぁまぁ痛そう」それが女の子の評価でした
カウントが十五まで行ったことを告げると
「フツーだよ?私なんか最高三十一だし、二十八もあるよ」と言われてしまいました
思わず女の子のお尻に目をやってしまいました
痛いけどちょっぴりエッチな、子供時代の思い出です

私の楽しみ

十数年前のことですが私が小4ぐらいの頃からしてきたことがあります

私はミニスカートをはき学校に行った時校庭で男子といるときに風が吹いた
私のスカートは捲れパンチラをしてしまい男子をみると茫然とこちらを見ていた
また別の日もミニスカで学校にいたとき今度は教室で風が吹いた(窓を開けていたので)
またパンチラをしてしまったら男子が一斉にこっちを見て眺めていた
私はその反応が面白くわざとパンチラさせるようになった
雑巾がけのときお尻を上げパンツが丸見えになるぐらいで掃除してた時は全員手を止めずっと見ていた


月日が流れここからが本題
私は6年になり小学生最後にと思い銭湯にとあることをしに行きました
私小柄で背も低いのでいつも年下に見られていたのでばれないと思った
それは男湯に入ること
最初は抵抗があったけど勇気を出していった
「パパが中にいるので」と告げた
「君何年生?」
「4年です」
私の行く銭湯は男湯には女の子は4年までと決まりがあった
「わかった入っていいよ」料金を払い入れてもらった
脱衣場で脱いでいるとやたら変な目で見られた
私はタオルを巻き下着は脱いだ
お風呂の中でまずタオルをとり体を洗った
銭湯に来てる人はこちらをチラ見してきた
中にはお父さんと来てるしょう1,2ぐらいの男の子には不思議な目で見られ
「なんであのお姉ちゃんチ〇コがないの?」
と大声で言われる始末
私が座って洗ってると隣におじさんが来て
「1人?」と聞いてきた
「パパもいるよ」
おじさんの目は明らか私のアソコに向いていた
「何年?」
「4年です」
私は発育も遅く気づかれることはなかったがすごく恥ずかしかった
私は湯にもつからず脱衣場に戻り逃げるように服を着て帰った

嫁が自宅に高校生(巨根)を連れ込んでいた

嫁の紀子とは、結婚してもすぐ9年になる。
大学の時に出来ちゃった婚して、けっこう苦労したけど、今では私も会社でそれなりのポジションになってきたし、子供も小学2年になり、幸せそのものの楽しい毎日を送っていた。


年が離れちゃうけど、もう一人子供を作ろうと、嫁と話をしているくらいだ。
嫁の紀子は、私より1歳年下で30歳になったばかりなので、まだまだ若々しい。
背は160cmにちょっと届かないくらいの小柄で、顔も童顔なので、年に1度2度は未成年に間違われたりする。
ただ、全体的にロリっぽい彼女だが、胸だけはやたらと大きい。
太っているわけでもないのに、とにかく胸だけが大きいので、変に目立つ。


そのくせ自分ではあまりその価値に気がついていないのか、けっこう無防備に、豪快に胸チラしていたりする。
顔とギャップがあるエロい体の紀子と、学生の頃はやりまくったものだけど、妊娠して子供が2歳くらいになるまでは、まったくしなかった。
口とか手でしてあげると言う紀子だったけど、俺が悪いと思って遠慮した。

だけど、その長いセックスをしない期間があったのが悪かったのだと思うが、何となくあまりセックスをしない感じのまま今に至っている。

もちろん俺も男だし、紀子はひいき目かも知れないが美人でエロい体をしているので、毎日でも良いと思ってはいる。
だけど、子供を愛情いっぱいに一生懸命に育てる紀子を見ていると、何となく性的な目で見るのがいけないような気になってしまう。


そんな感じで、月に1度あれば良い方だ。


だけど、子供を作るのであれば、またたくさんセックスする日々になるなぁと、楽しみにしているこの頃だ。
子供が出来たら、今の古いマンションから引っ越して、もっと新しくて広いところに住みたいと思う。


今日は、客先に行った都合で帰ったので、かなり早めに家に着いた。
家には誰もいなくて、嫁と息子とで買い物に行っているんだと思った。


そして、着替えてソファに座り、テレビをつけた。
ニュースを見ながら休んでいると、なんかうなるような音がしているのに気がついた。
携帯のバイブかな?と、自分の携帯を見たが、違った。

音を頼りに探すと、たんすの中からだった。
開けてみると、たんすの奥の方、嫁の下着入れのところからだった。
手を突っ込むと、スマホだった。
スマホが振動していた。画面が光っていて、音は鳴らずに振動している。
ただ、電話が鳴っているのではなく、無料通話メールアプリに着信があったようだ。

ただ、それもすぐに切れた。

見たことがないスマホで、なんだコレ?と思いながら、ボタンを押したがパスコードでロックされている。
試しに色々押してみたが、ダメだった、、
そこで気がついたのだが、電話のアンテナ表示がなく、SIMカード未挿入マークがついてる。

WiFi運用のスマホ?急にイヤな予感がし始める。
色々とパスコードを試してみるが、ダメだ、、 子供の誕生日、俺の誕生日、嫁の誕生日、結婚記念日、全てダメだ、、、


浮気? まさか、、、
とにかく、帰ってきたら聞いてみようと思い、とりあえずあった場所に戻そうとした。
そこで、見慣れない下着を見た、、、
奥の方に、重ねて隠すような感じで置いてある下着を取り出してみると、見たこともないエロいものだった。
ブラなのに、真ん中が割れているもの、ショーツは後ろがヒモのようなTバックだったり、大事なところが割れているものだったり、憧れのガーターベルトだったりで、見ただけで勃起しそうなものばかりだった。

こんなものを隠している?下着入れの一番奥の見えないところに?
足下が、急にグラグラし始めた、、、
とりあえず落ち着こうと、下着をあったようにたたんで戻そうとする。
すると、変なコードが指に触れた。
引っ張り出すと、ピンクローターだった。
もっとよく見てみると、バイブも隠してあった。
えっ?と、思うくらい太くて長いバイブが、ハンカチに包まれて隠してあった、、、


すると、廊下の方で息子の元気な笑い声がした、、、
私は大慌てで全部をあったように隠して、ソファで寝たふりをした。


すると、すぐにドアが開いて、
「あぁっ!パパ帰ってきてるっ!! パパぁッ!!」
と、大騒ぎしながら駆け寄ってきてくれた。

私は、寝起きのフリをしながら
「あぁ、お帰り。」
とだけ言った。

『アレ?今日は早いんだっけ?お帰り!お疲れ様!』
いつもとまったく変わらない、笑顔の嫁がいる。

私は混乱しながらも、とりあえずいつも通り接してみた。
「あぁ、お客さんのとこから、直接帰ったから。」
『そっかぁ! じゃあ、すぐごはん作っちゃうから、タケシと遊んでて!』
「了解。タケシ、なにする?」
「パパ、お馬さんしてっ!」

と、こんな感じでいつも通りに出来た。

だけど、その後は子供と遊んでいるときも、飯を食べているときも、たんすの奥が気になってしかたなかった。


そしていつも通りに子供と風呂に入り、3人で仲良く寝た、、、

だが、なかなか寝付かれなくて、変な想像ばかりが広がっていった。

普通に考えたら、浮気だ、、、
俺を喜ばせるためのサプライズ、、 自分でオナニーするための用意、、
そんなわけないだろうと、自分で突っ込む、、


はっきりと本人に聞けば良いのだけど、私の性格的に、自分で白黒はっきり調べることにした。


それからは、注意して嫁の動きを見るようになったのだが、まったく不審な点がない。
嫁が風呂に入った隙に、たんすの奥を見ると、配置が微妙に変わっている、、、
エロ下着も、あったはずのものがなくなっている、、、
そして、なかったものが増えている、、

もう、浮気確定だと覚悟した。
人の話や、テレビ雑誌などではよく見かける浮気だが、実際に自分の身に降りかかるなんて、ほんの少しも考えていなかった。
ショックも大きいし、怒りや悲しみでおかしくなりそうだったが、理由が知りたかった。
俺に問題があったのだろうか?
相手は誰なんだろうか?
いつから?

疑問がグルグル回る、、、


隙を見て、スマホに思いつく限りのパスを入れるがダメで、色々とネットや雑誌で方法を探した。
結局、パスを入れるところを見るしかないという結論に至り、カメラを仕掛けることにした。


タンスのすぐ上には照明器具があるので、そこに上手くはめ込むことを考えた。
電気街に行くと、あっさりと良いカメラを見つけられて、隙を見てセットした。


電源を照明器具から取るタイプなので、64GBのSDカードなら、ほぼ一日撮り続けられる。
しかも、動態検知で録画スタートするので、ありがたい。
家庭内盗撮をするハメになるなんて、夢にも思っていなかった。


そして、セットした次の日にはもう撮りたいモノが撮れた、、、

カメラは、タンスからスマホを取り出す嫁の動きをしっかりと映していた。
取り出すとすぐに4桁の数字を入れてロックを解除しながら、他の部屋に移動していった。
数字は読み取れるレベルではなかったが、位置でわかった。


そして、嫁が風呂に入っている隙に、息子に録画したアニメ映画を見せながら、こっそりとスマホを取り出して試してみた。

ブラウザも、メールアプリも使っている形跡がなく、無料通話メールアプリ(LINE的な)を開いてみた、、、

履歴が消してあり、メッセージも消してあるが、ついさっき着信したメッセージと、嫁の返信のがいくつか残っていた、、、

”紀子さん、さっきはありがとうございました! あの日なのに、口でしてくれて、感動しました!アレ終わったら、お返しにいっぱい舐めてあげるからね!”
もう、疑う余地もなく黒だった、、、
”バカ、、 もし見られたときのことも考えなきゃダメでしょ? このスマホ、捨てるよ?”

”ごめんなさい、、 せっかくのプレゼント、捨てないで下さい、、”

”わかったから、もうおしまいね。”

”わかりました。おやすみなさい!”

見る限り、まだそれほど親しいわけではない感じもする。
たぶん嫁よりも年下の男だと思う。登録されている名前はユウキだった。

まったく心当たりがない、、、
スマホには、本当に余計なモノは一切なく、なにもわからなかった。
そもそも嫁はガラケー派で、スマホに興味はないと言っていた。
ユウキと言う男にプレゼントされて、WiFi運用していると言うことらしい。


生理だから口でした? さっき?
息子が小学校に行っている間だと言うことか、、、


本当に、グッタリと力が抜けてしまった。
すぐに嫁に問いただしたいが、やはり真実を知りたい。
この程度の証拠で問い詰めても、真実は話さないと思う。


嫁への信頼が一気に崩れ、悪夢のようだ。
だが、嫁のことを嫌いになる気配すらない。どうしたら、浮気を止めて元に戻ってくれるのだろうか?そんなことを考えていた、、、

そこで嫁が風呂から上がってきた。
『お待たせぇ! お風呂どうぞっ〜〜』
嫁の明るい声が響く。

はしゃぐ息子と一緒に風呂に入り、思い切り遊んだ。現実から逃避するように、思い切り遊んだ、、、


次の日は、仕事も手につかない感じで、どうしたら良いのかばかり考えていた。

そして、証拠をあつめることにした。
スマホのメール等の履歴は、マメに消されているのがわかったので、録画か録音をすることにした。


そして、電気街でカメラを3つ追加で買った。
費用が凄いことになったが、背に腹は代えられない。


玄関の照明にひとつ、リビングの照明にひとつ、寝室の照明にひとつ、そしてもとからあるタンスの上の合計4つだ。
こんなにもたくさんのカメラで、家庭内盗撮をするなんて、1週間前には夢にも思っていなかった。


そして、毎日嫁が風呂に入っている隙に、SDカードを交換するようにした。
それを会社で暇な時とか、移動中に確認するようにした。

だけど、意外なほど連絡を取り合っていないことがわかった。
嫁は、日中に2回程度スマホを確認するだけで、メールを読んでも、返信をせずに消去している感じだ。

通話で話すこともなく、正直戸惑った。
浮気じゃないんだろうか?
だけど、あのメールからは肉体関係があるのは間違いない気がする。


そんな日々を数日過ごしながら、いつも通り嫁と子供には接した。
浮気をされたのがわかった途端に、愛情が一気に消え去る人もいるそうだが、本気で好きならば、許す許さないは別として、愛情がいきなり消えることはないと思う。
そんな簡単に愛情が消えるのは、そもそも愛情などなかった人なんだと思う。


4日目に、やっと動きがあった。
動画を確認していると、嫁がタンスからスマホを取り出す。
そしてメールを読み終えると、タンスからあのオモチャ達を取り出して、寝室に向かった。


何が起きるのかと息を飲みながら確認を続けると、ソファに座った嫁がスマホをいじって耳に当てた。

『変なメールしないの! バッカじゃないの?』
口ではそう言いながら、それほど怒った口調ではない。それどころか、ちょっと楽しそうな感じすらする。
『ハイハイw 必死かw』
嫁が、こういう砕けた話し方をするのはあまり聞かないので、ちょっと違和感がある。
多分、相手はけっこう年下の男なのだと思う。

『こんな事させるなら、来ればいいんじゃないの?』

『ふ〜ん、そうなんだw まぁいいわ、、、  ちょっと待ってね、、、』
そう言って、嫁はさっさと服を脱いでいく。
そして、思い切り良く全裸になった。


生ではなく、動画で見る嫁の裸は、恐ろしくエロかった。
不思議なもので、生で見るよりも、カメラを通してみる動画の方が、はるかにエロく感じる、、、

見慣れた嫁の裸が、AV女優の裸のように思える。
それにしても、良い体だ。
30歳なのに、無駄な肉があまりない。
ガリガリではないのでけど、しっかりと管理された体つきだ。
そして、不自然なくらいデカイ胸、、、

童顔で小柄で可愛らしい感じの嫁だが、こんな風に胸が大きくてギャップがある。
だが、乳輪と乳首は、もっとギャップがある。
一言でいうと、使い込んでそうな色をしている。
そして、乳輪がけっこう大きい。
多分、普通のニプレスだと隠れないくらいだと思う。


だけど、動画で見てみて、はっきりと確信した。
嫁の体は、ギャップで恐ろしくエロい。


今、ネットカフェでサボりながら動画を確認しているのだが、思わずオナニーを始めてしまった。


『脱いだよ。』

『えっ? バカw わかったよ、、』
そう言うと、嫁はスマホを左手で持ちながら、右手で胸を揉み始めた。
『揉んでるよ。』

『うん、、わかった、、』
そう言うと、乳首をいじる始める。
嫁が、誰かと話しながら、オナニーを始めた、、、
ショックを受けるべきはずだが、異常なくらいの興奮が湧き上がる。
PCのモニタで確認しているので、現実としてとらえられないだけなのかも知れない。
AVを見るような感覚になっているのかも知れない、、、


『触ってるよ、、、』

『ん、、 うん、、、』
吐息を漏らしながら、乳首をつまみ始めた。
『あ、ん、、 え? もっと?  うん、、、  あ、あぁつっ!』
嫁は、見た目にもわかるくらい、強く乳首をつまみながら、吐息を漏らし続ける。

『うん、、 なんか、、 変な感じ、、、  でも、、 ドキドキする、、かもw』
嫁は、なんか楽しそうだ。

『えっ? ホントに?      わかった、、、』
そう言うと嫁は持ってきたオモチャを手に取る。
ローターを自分の乳首に当てると、スイッチを入れた。
『んっ! スイッチ入れたよ。 あ、ン、、』

ビーーンという機械音が響く中、嫁は乳首にしっかりとローターを当て続ける。
『ん、はぁ、、ん、っ、、 うん、、、気持ち良い、、、 あっ!』
嫁が、乳首にローターを当てながら、切ない顔になってきた。

『ん、はぁん、、  え?  うん、、 わかった、、、』
そう言うと、今度はローターをアソコにあてがい始めた。
嫁のアソコは、ちょっと変わっていて、生まれつきヘアが上の方しかない。
恥丘のあたりは薄いながらもヘアがあるが、アソコのビラビラ周りなどは、剃り上げたようにツルツルだ。
嫁は、子供みたいでイヤだと恥ずかしがるが、私はとても好きだ。


『んんっ! あ、はぁ、、んっ! 気持ちいいぃ、、』
嫁はアソコにローターを当てながら、あえぎ始めた。  


『バカw 言うかw ん、、 あ、あっ、、 え? わかった、、、』
嫁は、ローターのスイッチボックスの方をいじる。
すると、ビーーンという音が、ビィィッーーーーンッッと、強くなる。

『アアあっ! ン、ヒッ! あ、あっ! あっ! あぁっ!』
嫁が、大人のオモチャであえいでいる。
嫁とは、ノーマルなセックスしたしたことがない。
オモチャを使ったことなどもちろんない、、、

『ン、ヒッ! ヒィンッ! あ、あぁっ! イヤ、、  言わないぃ、、 あ、あぁっ! あ、ヒィンッ!』

『ううぅ、、、 しぃ、、、 』

『もうっ! だから、欲しいっ!』

『ホント、今度会ったら、殺すから、、、  ユウキのおチンポ欲しいっ! あ、あぁっっ! ダ、メェッ! くぅっ! イクぅっ! んんんっっっ!!!』
そう言って叫ぶと、ガクガクッと体を震わせた、、、

私も、うめき声を上げそうになりながら、ティッシュの中に射精した、、、

『、、、、、イっちゃったよ、、、 バカ、、』

『うるさい! ハイハイw わかったから、、 言うかw』

『しつこしなぁw  ハイハイ、会いたい会いたいw』

『じゃあ、またね、切るよw』
そう言って、本当に通話を終了した。

切り終わると
『ハァ、、 なにやってんだろ、、、』
と、自己嫌悪に陥ったような口調で言って、ティッシュでアソコを拭いて服を着た、、、


その後は、ローターを洗って、元あった場所に隠して終わった。
嫁は、相手の男に年上風を吹かせて余裕をカマしている感じだ。
だけど、嫁は男性経験が多いわけではない。
と言うか、私だけだ。

処女は私がもらっている。
知っている限りでは、付き合ったのも私が初めてということだった。
多分、当時のあのぎこちなさから考えると、本当だと思う。


そして、その後は浮気はなかったはずだ。
だけど、自信がなくなった。
今回の浮気も、ほんの偶然から知ったので、あの偶然がなかったら、まったく気がつかなかったと思う。


それにしても、隠し撮りで嫁のオナニーを見てしまった。
浮気しているのは向こうだが、罪悪感が凄い、、、


だけど、コレでさらに浮気が確定した感がある。
もう、間違いない、、、


そして、心の中でちょっとの怒りと、深い悲しみを持ったまま、いつも通りの感じで過ごした。


嫁は日に2回くらいスマホを確認する程度で、とくに動きはなかったのだけど、3日目の動画はとうとう決定的なシーンが写っていた。

昼ぐらいにスマホを確認すると、すぐに通話を始めた嫁。
『おまたせ。』

『ゴメンゴメン、しょうがないでしょ?隠してるんだからw』

『良いよ。今なら大丈夫。5分くらいしたら来て、開けとくからw』
そう言って電話を切った、、、
5分で来い?もう近くで待機しているということなのか?

嫁は、そこで急に着替え始めた。思い切り良く一気に全裸になると、タンスに隠した下着を身につけていく、、、
カップが開いているブラを身につけた嫁。大きな胸がより強調されて、とんでもないことになっている。
そして、太ももの途中までで終わっているストッキングを穿き、ガーターベルトを身につけて留めた。
最後に穿いたショーツは、股割れで穿いているのにアソコが見えるヤツだった、、、


そして、慌てて移動する嫁、、、
この動画は、各隠しカメラのSDカードからファイルをPCに移して、同時に再生している。
今時のノートPCは、HD動画を4つくらいなら、余裕で同時再生してくれる。


寝室に移った嫁は、ベッドに上がって布団を掛けて、顔だけを出す、、


そこで、玄関で動きがあった。
ドアを開けて若い男が入って来る。
かなり若いその男は、今時の若いイケメンといった感じで、特徴的な髪型をしている。
よく、前髪をピンで留めている若い男がいるが、あんな感じだ、、、
靴を脱ぐ男、、、 その時に一瞬顔が上を向いて、顔がよく見えた。
隣の高校生の子だ、、、
そう言えば、ユウキ君という名前だった気がする。なぜ気がつかなかったのだろう、、、

まさか、お隣の息子とこんな事になっている、、、
夢にも思わなかった。
16,17くらいの子供相手に、30の嫁がなにをしているんだ、、、


ユウキ君は、ドアにカギをかけて家に上がると、移動した。

そして、すぐに寝室のドアが開いて彼が入って来た。

「紀子さん、お待たせしました!」
『別に待ってないよ。 早く済ませたら?』
嫁は、なんでもないと言った感じで言う。

ユウキ君はすぐにベッドに近づくと、一気に掛け布団をはがした。
「ふw やる気満々じゃないですかw」
エロい売春婦みたいな格好をした嫁が、ベッドの上で少し照れた顔でユウキ君を見上げている、、、

『別に、、 暑いから薄着してるだけだって。』
「はいはいw じゃあ、用意しますね!」
そう言って、服を脱いでいくユウキ君。
痩せた体だが、若々しさに溢れている。

それを、少し微笑んだような、何とも言えない顔で見つめる嫁。
あんな顔をしている嫁を見たことがない、、、


そして、パンツ一枚になると
「じゃあ、コレは紀子さんにお願いしようかな?」
などと言う。下着の上からでも、盛り上がり方が凄いのがわかる。今時の股上が浅いパンツなので、よく見るとペニスの先がはみ出ている、、、

『はみ出てるしw いいから、自分で脱げば?』
「ムードないっすねw」
『ユウキ君みたいな一回りも年下に、ムードもないでしょ?』
「またまたぁ、もっと素直になって下さいよw」

『ほらほら、いいから脱いで、寝たら?』
「はーいw」

全裸になったユウキ君が、ベッドに仰向けに寝転がる。
細見の体に似合わない、えげつないペニスが天井に向いている。
最近の若い男の子は、ペニスが大きいのだろうか?

『なんか、出てるw』
嫁が、笑いながらユウキ君のペニスをつつく。
「この前の時から、ずっと溜めてるんで、すいません、、」
デカいペニスからガマン汁を垂らしながら、謝るユウキ君。

『じゃあ、すぐイッちゃうねw チャッチャッと終わらせようか?』
「時間ないんですか?」
『主婦は、けっこう忙しいのよw』
嫁が答えながら、ユウキ君のペニスを握り始めた。
そして、ガマン汁を亀頭に伸ばしながら指で責め始める嫁、、、

「あぁ、ヤバい、気持ち良い、、、」
『どんどん溢れてくるんですけどw』
エロい下着で、一回りくらい年下のユウキ君のペニスを美しい白い指でこねる嫁。
「だって、紀子さん上手いから、、 あぁ、、ヤバい、ストップ!」
イキそうになったのか、嫁を止めようとするユウキ君。

『うわぁw 固くなってきたw』
嫁は、楽しそうに言いながら、さらに手の動きを加速した。
「ダメっ!! ヤバいっ! あぁっ!」
ユウキ君が短く叫びながら、嫁の手の中で射精した。

デカいペニスを持っていても、所詮はまだ高校生、、、  経験が浅いと言うことなんだろう、、
確かに、高校生がエロい下着を着た人妻に、こんな風にされてしまったら、余裕もなくあっさりとイッてしまうと思う。

『もうイッちゃったんだw いっぱい出たねぇw じゃあ、終わりw』
嫁が言う。普段の貞淑な感じはなく、痴女っぽいと言うか、妖艶というか、イメージがまったく違う言い方をする嫁。

一緒に暮らしていても、知らない顔があると言うことに驚かされる。

とりあえず、終わったとホッとしていたら、ユウキ君が嫁に抱きついた。
荒々しく、余裕のない感じで嫁を抱きしめるユウキ君。
『あんw イッたでしょ? もういいじゃんw』
嫁は、抵抗するのではなく、あしらうような感じだ。

ユウキ君は、嫁に抱きついたまま、黙って手を嫁のアソコに伸ばしていく。
「紀子さんだって、こんなじゃないですかw 濡れるって言うよりは、溢れ出るって感じですよw」
『んっ、、 シャワー浴びたからかな? ちゃんと拭いてなかったのかもw』
「はいはいw 水ですよねw わかりますw」

『ん、そう、、そこ、、』
嫁は、とぼけながらも、もうリクエストを始めている、、、
「クリ、固くなってきたw どんどん溢れてくるよw  水がw」
ユウキ君が、からかうような言い方をする。
嫁とユウキ君は、凄く親密に見える。
ユウキ君の話し方に固さが見られるが、息が合っている感じが伝わってきてツラい、、、


『イイから、早く舐めなさいよぉ、、』
嫁が、ストレートすぎるリクエストを出すが、
「了解w 紀子さん、マジでエッチですねw」
と、楽しそうに言いながら、ユウキ君が舐め始める。

『んっ! ヒィん、、  あ、ああっ! そう、、そこ、、あぁ、、、上手よ、、あぁっ!』
舐められながら、優しくユウキ君の頭を撫でる嫁。


自分の嫁が、エロい下着を身につけて、俺達の寝室のベッドでクンニされている、、、
今までの幸せだった生活が、足下から崩れ落ちていくのを感じる。
だが、私はおかしくなってしまったのか、興奮しているのも事実だ。


『あっ!あっ! あ、んっ! ンふぅっ、、 あ、ヒィッ! ヒッ! ダ、メェ、、、 んんっ! んーーっ!!』
ユウキ君の頭をぐしゃぐしゃに掴みながら、嫁がのけ反った。

「もうイッちゃったんだw いっぱい痙攣したねぇw」
ユウキ君がさっき嫁に言われたことを言い返す。

『バカじゃないの?イッたわけないでしょw』
「またまたw スゲぇピクピクしてたっすよw」
『ないないw くすぐったかっただけだってw』

「はいはいw じゃあ、行きますよ、、」
『、、、、うん、、』
急に緊張感が二人の間に走る。

#エッチな体験談や萌えた体験談ブログ



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード