萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

婚約者・真帆【1】?真帆の初体験



葬式三部作、PTA会長シリーズの関連話です。
このシリーズが苦手な方は、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください
================================================================

都会の大学を出た俺・山本ケンは、ある地方都市にある、従業員200人の「中部(なかべ)工業」にエンジニアとして就職した。

就職して4年間は、特定の女の子とつきあうこともなく、がむしゃらに働いた。
地元の実家は分家で、本家に頭の上がらない生活は嫌だし、別れた彼女理香の面影のある都会も嫌だった。知らない土地で暮らしたかった。
そんな26歳の夏の日、社長、中部真一郎氏の自宅に呼ばれた・・・・・
 
酒が入っての雑談。社長は「今、つきあっている女性(ひと)はいるのか??」
「いいえ」
「そうか。では、君は童貞か??」といきなり聞いてきた。
愛人の噂の絶えない社長のこと。単なるエロ話かと思い「いいえ」
さらに、女性遍歴を聞かれた。ウソをついても仕方がないので、答える。
初体験相手の洋子(高校生・バージン)、3年生の夏から1年間つき合った理香もバージンだった。後は、バイト先の先輩たちの単発的に……。
酒の力や大勢で、無理矢理女を犯したことはない。とも答えた。
 
「実は、娘の真帆(22)が君のことを気に入っているのだが、どうかね」
俺は、一気に酔いが醒めた。
確か、大学を出てから事務所をうろうろしたり、エンジニア見習いのようなことをしていた社長の一人娘。
小柄で、胸も尻も小さく、だふだぶの制服が似合わない。また、私服のワンピースを着ている姿は、まるで少女のようだった。
社長の娘でもあり、交際相手としては意識していなかったのだが、せっかく声がかかったので、ひとまず会うことにした。
 
初回のデートは水族館。水色のワンピースを着てきた真帆。体型が強調されないスタイルなので、初々しく見える。二の腕やふくらはぎに女性らしさを感じたが、その日は手をつないだだけだった。
その後のデートでも、腕を組んだり、肩を抱く程度。
話題の中で、真帆は高校時代に付き合っていたという渡会(わたらい)君の話題を持ち出し、延々と語り出した。
学校帰りに手をつないで帰ったりしたことや、父親に見つかって怒られたことなど。逆に言うと、真帆の男性との付き合いはその程度と言うことになる。
「ケンさんは??」言葉に窮したが、ウソを言っても始まらない。本気で好きだった人がいたが、別れてしまい、都会も故郷も捨てたことを簡単に話した。
 
【真帆と旅行の計画】
晩秋のある日、レストランでの夕食のあとデザートを食べていると、真帆が某リゾートのパンフレットを出し「ここ行きたい」と蚊の鳴くような小さな声で、真っ赤な顔をして言った。
「お父さんに宿取ってもらうから」と真帆は続けて言った後、しまった、という感じで口をつぐんだ。
これで全てを理解した。
只の旅行の誘いではない。
真帆と(父親である)社長との間には話しがついているはずで
真帆との旅行→真帆と結婚(婿養子)→次期社長
というレールの上に乗るはずだ。
 
確かに、数ヶ月の交際で真帆のことを好きになっている。
体の関係があったわけでもなく、プロポーションがいいわけでもなく、話がうまいわけでもないのだが、人を好きになるということはこういうことなのか。
また、真一郎社長の人柄も会社もこの土地も気に入っている。故郷も捨てたつもりなので、山本の姓に未練はない。家は故郷に就職した弟が継ぐはずだ。(歴史はあるが、分家なので大したイエではない)
 
俺は黙ってうなずき、そのまま食事を済ませ、真帆を送っていった。お互い無言だが、意識は湖畔のリゾートへ。
 
翌日の午後、俺は社長室に呼ばれた。
「山本君、クーポン券だ。真帆のことを頼む」安堵と緊張が入り交じった表情の社長。只の旅行クーポン券なのに、とても重く感じられた。
 
当日。ピンクのニットの上着に、花柄のロングスカートという出で立ちで現れた真帆を助手席に乗せ、晩秋の湖畔のリゾートホテルへ。車と荷物を預け、遊覧船に乗って紅葉を鑑賞したりするが、真帆は明らかに落ち着きを欠いている。
午後4時。空気が冷たく感じられてきた。
「部屋に行こうよ」と蚊の鳴くような声で真帆が言う。
「えー、『オルゴール博物館』見に行くんじゃないの??」と意地悪を言うと、俺の体にしがみ付いて、半分怒ったような顔をした。
 
【ホテルの部屋で】
ベルボーイが去り、二人きりの部屋。眼下には、湖が広がっている。
真帆も並んで景色を見ているが、そわそわと落ち着かない。
「真帆」声をかけ、細くて折れそうな体を抱きしめる。
真帆も抱きつき返してくる。
一旦体を離すと、真帆は目をつぶって上を向いていた。真帆の唇に自分の唇をそっと合わせる。温かくて柔らかい感触。真帆は心なしか震えている。
唇を合わせるだけの長い長いキス。終わると、真帆の口から吐息が漏れた。
 
真帆をソファに座らせ、肩を抱きながら暮れゆく湖畔を眺める。口火を切ったのは真帆。
「ケンさん……私、まだしたことがないの……何も分からないけど、いや??」
「そんなことないよ、真帆、喜んでいただくよ」
真帆は緊張して固くなっているので。とりあえず、部屋の明かりを落とし、カーテンを閉め、ベッドに促す。
服を着たまま抱きしめ、ニットの上から胸を包み込むようにそっと撫でる。
「あんっ、くすぐったい……暑くなってきた」まあ、暖房を強くしたからね。
ニットとキャミソールを裾から持ち上げて脱がし、下もスカートとストッキングを脱がす。殆ど暗闇なので、抵抗なく脱いでくれた。
耳を舐めながら胸を揉むと
「恥ずかしい」
「???」
「胸、小さいでしょ」確かに、片手ですっぽり包まれる位の小ぶりの胸。揉んだ感触しかないが、中身はしっかり詰まって、張りもある。
「かわいいよ。早く明かりをつけてじっくり見たい」
「お願い、もうちょっと待って。」
俺は、暗闇の中、指で背中や脇腹を撫でると、真帆は身もだえていた。
(愛撫しながら自分もパンツ1枚に)
ふくらはぎ、太ももを撫で、いよいよ内股へ。
ショーツのお腹の部分をそっと押し、恥丘をそっと撫でる。ショーツ越しにヘアの感触がする。そして、局部をクロッチの上から軽く触ると………すでにそこは湿っていた。
「真帆、触るよ」
「うん、くすぐったいような、ゾクゾクするような感じ」
そう言いながらも呼吸は荒くなっている。
局部を撫でながら、背中に手を回して、ブラのホックを外し、ブラを上にたくし上げる。
「ちょっとぉ、どうやって外したの??」
その質問を遮るように、乳首を指で転がし、口に含む
「ああんっ、くすぐったい。でも気持ちいい。乳首っておいしいの」
「うん、塩味が利いて、おいしいよ」
 
「あっ、汗くさくない??」
「真帆のいい匂いがする」
「ねえ、シャワー浴びたい」
真帆の局部を押すと、そこは大洪水になっていた。真帆も気が付いたらしい。
 
「そうだね、シャワー浴びるか」と俺は部屋の照明を付けた。
「きゃあ」ベッドの上には、真っ赤な顔をしてショーツ1枚だけ付けた真帆がいた。
胸は大きくないが、それでもかわいく膨らんでいて、垂れていない。体も、スリムではあるが、思ったよりは肉が付いている。お腹にも適度な肉が付き、あばらも出ていない。なによりも、真っ白く光り輝いて見えた。
「真帆、きれいだよ」
「ケンさんに見られちゃった」
 
傍らにあった寝間着を手に取ると、真帆は身を縮めるように風呂場へ。少しして、俺も付いていく。
「きゃっ」
「入れて」
「うん・・・・ケンの大きい。それでよくズボン穿けるね」
「普段はもっと小さいよ。これは真帆用のサイズだよ」
「触っていい」「ああ」
「こんな大きいの、私の中に入るの??」
「大丈夫だよ」
「固い・・・」
今まで見たことはないのかと尋ねると、友達が冗談で見せてくれたAVぐらいしかないという。モザイクがかかっていたので。モザイクの向こうが気になっていたとか。
 
俺は、真帆の体をじっくり眺めた。肩や太ももなど、何となく体の線が固い。まさにバージンの体。
以前にも別の女の子のバージンを頂いたことがあるが、やはり、体験を重ねると体の線が丸くなってくる。
この真帆の体をしっかりと目に焼き付けた。
 
全裸のままベッドに戻り、布団をかぶると再び抱き合ってキス。そして、胸とうなじの攻撃に移る。
最初はくすぐったそうにしていたが、次第に吐息が荒くなり、乳首を舐めたりすると「あんっ」と声が出るようになった。
足元に回り込んで、太ももの内側から局部に舌を這わせる。すると、あっという間に濡れてきた。
ピンク色の局部も、いずれは黒ずんでくるのか・・・・感慨深く眺める、と、
「ケン、恥ずかしいよ」
「真帆、最初はしっかり濡らさないと」と適当なことを言う
舐め続けると「あん、あんっ、あんっ」と喘ぎ声が再び出るようになった。
「気持ちいいの??」
「何だかしびれるようで、気持ちいい」
 
「挿れてみようか」
「うん……でも、こんな大きいの入るの??」
真帆をベッドの下の方に横たえ、足を開く。あの、少女のような真帆が、おっぱい丸出しで足を開いて俺を受け入れようとしている。
 
逸物を局部にあてがい、押し出すようにする。先っぽは入った
「入ったよ」
「何か、アソコが広げられたような感じ」
「奥に進むよ」
そう言って、腰を前に押し出す
「痛いっ!!」
「真帆???」
「何か、裂けるような感じがする。でも、続けて」
俺は更に腰を押し出す。ものすごく締まる。
「あああああっ、」真帆が絶叫する。
「奥まで入ったよ」
「あそこがこじ開けられたように痛い。動くの待って」
俺は、逸物を突き刺したまま、真帆にキスをする。真帆は涙を浮かべていたので、唇で吸い取る。
「ケン、やっと一つになれた。うれしい」苦痛に歪みながらも、嬉しそうに言った。
 
「動くよ」「ええ」
そろそろと動くが、やはり痛いみたいだ。
昔の女みたいに、ピストンするとよがり声を上げて逸物を締め付けてくれるようなエッチとは大違い。
しばらくそろそろと動いていたが、真帆の愛液が少なくなってきたのか、滑りが悪くなったので、一旦抜くことにした。
真帆の股間、腰の下に敷いたタオル、俺の逸物は血に染まっていた。
 
「ケンさん、ごめんなさい」
「???」
「気持ちよくなかったでしょ。」
「あんなAVのようなエッチと一緒にしたくないよ。今のは、俺と真帆が一つになるための大切なセレモニーだ。いまに真帆も感じるようになるよ」
「ケン・・・」真帆はしがみついた。
 
血の始末をしたいというので、別々にシャワーを浴びて再びベッドへ。
「ケン、小さくならないね」
「ああ」
「手コキっていうのやってみたい。精液が出るところ見てみたいの」
そういうと、枕元にあったローションを手に取り、俺のを扱きだした。
握り方とか強さとか教えると、真帆はすぐにこつを掴み、俺は発射。真帆はしげしげと眺めていた。
 
【第2回戦】
翌日も観光地巡りをするが、真帆は腕を組みっぱなしだし、人が回りにいないとキスをせがんでくる。
昼食を食べた後、真帆が言った。
「ねえ、部屋に戻りたい」
ホテルに電話をして、部屋の清掃が済んでいることを確認すると、ホテルに戻った。

昨日は、間にシャワーで中断されたので、先にシャワーを浴び、室内着に着替えてベッドに横たわる。

カーテンを閉め、薄明かりの中、真帆の服を脱がし、ブラとショーツだけにする。
ブラを外すと、小さな乳首はぴんぴんに立っていた。
口に含むと「ああんっ」と腰をのけぞらせた。
耳を舐めながら乳首をこね回すと、真帆は喘ぎ声を上げて腰を振ってよがりだす。
ショーツを脱がせ、局部に触れてみると、すでに大洪水。
クリを舐めると「ひぃぃぃぃ、しびれる」と

俺の逸物は立っていたが、真帆はおしゃぶりはしたくないようなので、ローションを垂らして手でこいてもらう。
で、真帆を横たえて挿入。
「ああんっ」
「痛くない??」
「少しだけ痛いけど、気持ちいい。ピストンしていいよ」
俺は、ゆっくりではあるが前後にピストンする。
「あんっ、あんっ、あんっ、気持ちいい。もう痛くないよ。あんっ」
 
まだまだ反応はぎこちないが、締め付けの良さに俺は逝きそうになった。
「真帆、逝くよ」
「いいわ、出して」
俺は、逸物を抜くと、お腹に振りかけた。
 
「ケン、気持ちよかった」
「真帆」俺は、腕枕をする。
「ケンの、ちっちゃくなっちゃった」真帆は、俺の逸物をこね回す。
「ん、ケン、また大きくなってきたよ」
「うん、真帆が魅力的だから」
「まあ、ケンったら。もう一回しようか」
 
今度はバックから責め立ることにする。小ぶりのお尻を抱え、背中から手を回して胸を揉み、ピストンする。
最後は、お尻に振りかけた。
「何か当たるところが違って、バックも気持ちいいね」と真帆。

 
【クリスマスイブのこと】
旅行から帰ってきたあとも、俺たちの交際は順調だった。真帆の家に行くこともあったが、階下にいる両親に気を使うので、アパートに来てもらうこともあった。
会社の中でも話が広まりつつある。話の出所は社長で真帆の父親の真一郎氏。ちょっとプレッシャーを感じる。
 
クリスマスイブのある日。真帆の両親&真帆と食事をした。レストランを出るとき、真帆は父親の車からカバンを取りだすと俺の車に乗り込み、アパートに泊まりに来た。
「よくOKしてもらえたね」
「う、うん」
「何か緊張してない??」
「そ、そんなことないよ」
車中の真帆は何となくぎこちない。
  
通りがかりのコンビニでケーキやワインなどを買い、アパートへ。
真帆は黙ったまま。
「真帆、何か変だよ??」
「ケンさん、あの………」
「何でも言いなよ。」
「私、どうしよう」
「???」
真帆はとうとう言った。「一緒になりたい」
「真帆、それは俺のせりふ……」
「でも……」
少し前に真帆は父親と話した。真帆はケンのこと好きだし、父親も気に入ってくれている。真帆は22歳とまだ若いが、結婚に異存はない。

但し………
真帆は社長の跡取りであり、社長自身が長男なので、婿(むこ)を取らなくてはならない。
ケンは旧家の長男と聞く。長男に婿に来てくれ、と言えるだろうか………
真一郎氏自身も、親戚から家を絶やさないで欲しいと言われていて、悩んでいる。
 
「私、どうしよう」真帆は泣きだしてしまった。
ケンは真帆を抱きしめて言う。
「真帆。君と一緒になるんだったら、婿でもいいよ。」
「えっ」
「旅行のチケットをもらったときに、その覚悟は出来ているよ」
「あなた、長男でしょ」
「俺は故郷を捨てたんだ。地元に弟がいるから、奴に継がせるよ。実は、旅行の後に兄弟で話して、快く引き受けてくれたよ」
「ケン」真帆は俺にしがみついてきた。

 
【初めての中だし】
少しすると、真帆がキスをせがんできたので、長い長いキスをする。
「お風呂入ろう」狭い風呂なので別々だが。
お互いにパジャマ姿になった。色気も何もない普通のパジャマだが、いつもと違って見えた。
間もなく、俺の妻になる人なのだ。
長い髪は束ねられていて、うなじが色っぽい。
並んで座ると、まず耳から責めた。
「あんっ」早速息が荒くなる。
そのままパジャマのボタンを外し、胸を揉み、乳首をこねると
「ケン、ちょっと待って」
「??」
ベッドに座らされると、ズボンとパンツを下げられ、逸物がむき出しになる。
そして、ぱくっ、とくわえた
「真帆、無理しなくていいよ」
真帆は無言でピストンする。ただ上下するだけだが。
「奥さんになるんだったら、このぐらいできないと……うえっ」
真帆は、喉の奥まで入れようとしては「うえっ」とえづいている。
確かに気持ちはいいけど、真帆の表情を見るといたたまれない。
「真帆、ありがとう。もういいよ」
真帆は口を外すと
「ケン………ごめんなさい。口で逝かせてあげられなくて」
「そんな、AVのまねなんてしなくても……大丈夫。真帆の気持ちだけで嬉しいよ」
「ケン……ありがとう。結婚までにはお口で出させてあげたい」
そういうと、パジャマとショーツを自分から脱ぎ、ベッドに横たわった。
 
真っ白な体。スリムで胸は小さいが、太ももや腰には肉が付き、ガリガリという印象ではない。
小さくてピンク色の乳首、薄目のヘア。俺しか知らない体。
俺はしばし見とれたが、服を脱ぐと明かりを消して胸にむしゃぶりついた。
 
胸を脇から揉み上げ、股間を撫でるとあっという間に大洪水。
「ケン、欲しいの」と真帆
逸物を差し込み、締め付けられるような気持ちよさ。
あ、ゴム忘れた。
「ゴム忘れた」
「抜かないで、中に出して」
「赤ちゃん出来ちゃうよ」
「今日だけは中に出して欲しいの。今日できちゃったら育てようよ。今日だけだよ」
俺はうなずくと、ピストンを激しくした。
生で中だしOKなので、いつもより気持ちいい。体位を変えるのももったいない。
真帆も気持ちよさそうに喘いでいる。
 
「真帆、逝くよ。出すよ」
「ケン、出して、私も逝く?っ、ああああああああああっ」
俺は頭が真っ白になり、真帆の中に放出した。
「ケン、ケンの子種が当たる?っ」
真帆はそう言いながら局部を締め付けてくる。
しばらく抱き合っていたが、俺の逸物が小さくなり、抜けた。
 
出来ても構わなかったが、それでも……ということで、シャワーを浴び、局部を洗って、抱き合って眠りについた。
ケーキを食べる暇もなく。
 
(結局赤ちゃんは出来なかった)

 
【結婚に向けた動き】
冬休み、俺は急遽帰省した。真帆と真帆の両親もついてきた。
新幹線のグリーン車から降り立つ俺たちを弟と両親が迎える。
「ケン……」不安そうな目をした母が歩み寄ってきて、心が痛む。
 
弟の車に乗って実家に着き、真一郎氏は、普段通りの野太い声で話し始めた。
自分の経営する会社のことや、俺の仕事内容など。そして「ケンくんを頂きたい」と頭を下げた。
両親は背中を丸めてぼそぼそと受け答えするだけだった。
 
話が終わり、簡単な酒食の後、真帆と真帆の両親は最終の新幹線で帰るためにタクシーで駅に向かった。
タクシーを見送った後。
「おやじ、ごめんな」
「まあ、社長さんの大事な一人娘の結婚相手にお前が選ばれたんだ。悲しんではいないさ。こんな小さな家(分家)にしがみつかなくてもいい。だけど、婿に行ったとなると、ここには帰ってこれないぞ。覚悟はいいな。弱音を吐くなよ」と父が励ましてくれた。
 
翌年の春、両親がこちらにやってきて挨拶と打ち合わせ。会社のスタッフが総出でもてなしてくれた。
会社を見学して威容に驚き、結婚式会場でもある「ダイヤモンドホテル」に宿泊し、帰っていった。
 
結婚式の日取りは今年の10月。夏休みも色々と準備に追われる毎日だった。

姉はカウンセラー 僕の属性診断

郊外の私鉄駅前の商店街を
俺は肩をすぼめて一人歩いていた。
(…………
 な、何でダメだったんだ。
 チクショウ………)

俺は今年大学に入学した18歳。
何とか滑り止めの2流私大に合格した。
旅行研究会なるサークルに入り
その新歓コンパの席で、同じ新入生の女の子と仲良くなった。
実は18になるまでまともに女の子と付き合ったこともなく
何を喋ったらいいか解らないというオクテの俺だった。
だが、その娘とは何故か打ち解けて、それが縁で付き合うようになった。
何度かデートを重ねてキスもした。
そして今日、渋谷でデートをした。
代々木公園でしばらく過ごしたあとラブホテルへ向かった。
俺はいよいよ童貞喪失をするはずだった。
が、それは叶わなかった。
俺は勃たなかったのだ。
信じられなかった。
ありえないことだと思いながら、俺はフニャフニャのチンポを直視していた。
本屋でエロ本を立ち読みしたり、
電車で綺麗なOLが近くにいるだけでもうパンパンに勃起する
俺のチンポが、何故、こんな大切な時に限ってウンともスンとも言わないのか。
幾度か試みたが、ダメだった。
彼女は「いいのよ、私は気にしないから。また今度、ね。」
と言ってくれたが、何の慰めにもならなかった。

彼女とは渋谷で別れて俺は家に帰ることにした。
俺は抜け殻のようにトボトボと歩いていた。
いきなり、俺の肩がポンと叩かれた。
慌てて振り向いた。
「あ、姉貴ぃ?
 なっ、何だよ?びっくりするじゃないか…」
俺の肩を叩いたのは、4歳年上の姉だった。
姉は今年大学を卒業し、青山にある心療内科に勤めている。
俺とは違って、頭のデキがよく、しかも弟の俺が言うのも変だが、
そこらのアイドルなんかよりよっぽど可愛い。
「どうしたのっ。○○! そんなにトボトボ歩いて。
 元気無いゾ? 何かあったの?」
「べ、別に…
 何でもないよ。」
放っておいて欲しかった。
今日は全てを忘れてもう寝てしまいたかった。

「なあ、○○ぅ、
 何か悩み事でもあるの?
 姉さんで良ければ相談に乗ってアゲルぞ。」
「いいってば…。
 本当に何でもないんだから…」
「そうかなぁ。
 そうは見えないけど…
 ねぇ、○○。
 せっかく姉さんが心療内科でカウンセリングとかやってるんだからさ、
 ○○も利用してくれていいんだよ。
 だって、さっきの○○の表情、相当思い詰めてたから…」
そう、姉は今はまだ見習いだが、職場で心の病気の患者さんのケアをしているらしい。
とは言ったって今の俺の悩みはとてもじゃないが姉に相談などできはしない。
「よし! じゃあサ、飲みに行かない?
 丁度今夜はパパもママも旅行で居ないしさ。
 何かさ、話しにくいことでも、ちょっとお酒飲むと言いたくなるってもんだよ…
 ね? ○○? 行こ?」
姉は俺が答える前に、俺の手を引いて飲み屋街の方へ進んでいく。
「ちょ、ちょっと待てよ、姉貴ぃ。
 俺はまだ飲みに行くなんて、言ってないって…」
「イイから、早くぅ」
(ちっ、何だよ。姉貴のヤツ。
 俺はそんな気分じゃないっていうのに…)

地下にあるBarに入った。姉は何度か来たことがあるらしい。
「さっ、飲もうか?
 ○○はビールでイイの?」
「うん。なあ姉貴ちょっと飲んだら俺帰るぜ」
「わかった、わかった。
 でもサァ、○○とこうして飲むのも初めてだよね。
 どう?少しはお酒飲めるようになったの?」
「そりゃ、ビール位は平気さ。
 姉貴こそ、少しは強くなったのかよ」
姉はよく大学時代コンパだとは言って
夜遅く帰って来て、居間でそのまま寝てしまったりしていた。
「まぁ、イイのよ。私のことは…
 それより、○○。
 彼女とか出来たの?」
「な、何だよ、ソレ。
 関係ないだろ、姉貴には」
「ふぅーん。話してくれないのか…
 ○○が落ち込んでたのもその辺じゃないかな、
 何て思ったりしただけだから…
 いいよ、話したくないなら。
 それより、今日は飲もッ?」
姉はグラスのビールを飲み干した。
「ねぇ、マスター。
 何かカクテル作って。甘めのヤツで。
 ○○は次、何飲むの?」
「バーボン飲もうかな…」
「きゃはっ。○○、カッコいい!」
「何が<きゃはっ〉だよ、姉貴。
 酔ってんのかよ、もう…」

そんな感じで姉と俺はとりとめのない会話をし、
いつしか、小一時間が過ぎていた
二人とも結構酔いが回ってきた。
「ね?○○。 
 そろそろ話してもいいんじゃない?
 悩み事…」
「姉貴ぃ、またソレかよ…
 話すことは、ないよ。
 だいいちそんな風に聞かれて、実はコレコレ
 なんていう風に話せるコトじゃないんだよ。
 姉貴もカウンセリングやってるんだったら、わかってよ」
「そっかぁ。
 私もまだまだ未熟者ですなぁ。
 話題、変えよっか。
 ところで、○○、アンタまだ童貞?」
「ぶふっ」
思わず飲みかけの酒を吹き出しそうになった。
「な、なんだよ。 いきなり。
 知らないよ、そんなの…」
「ふぅーん、知らないって、自分のことなのに知らないワケ無いじゃん。
 あっ、そーか。知らないって、オンナの子のこと知らないってコト?」
「ば、馬鹿言うなよ。付き合ってる女くらい、居るさ」
「へぇー。そうなんだ。
 今度紹介してよ。ねっ。
 で、キスくらいはしたの?」
「……し、したさ」
「そうなんだ。
 で、舌とか絡ませたことアル?
 こうやって、ほら?」
そう言って姉は自分の舌を出すのだ。
「姉貴ぃ! 酔ってるのかよ!
 あるよ、それくらい。ディープキスっていうんだろ。
 知ってるよ」
「じゃあ、ココは? 
 ココ、触ったことあるの?」
そう言うと姉は何と自らの乳房に手をやり
下からそっと持ち上げるように揺らしてみせた。
「姉貴ぃ!いい加減にしろよ。
 ホントに…。 どうかしてるよ」
「で、どうなの?
 あるの?」

いつの間にか、姉の誘導尋問に引っかかっているようにも感じた。
さすがは見習いとは言え心療内科のカウンセラーだ。
このままだと俺は全部話してしまうかもしれない。
それもいいかな、と心のどこかで思い始めていた。
「あるよ、おっぱい触ったり、舐めたりもしたよ」
「そう。もうそんなこともしてるのね」
姉はトロンとした眼で俺を見ながら、乳房にやっていた手をおろした。
「○○? じゃぁ、ココは?
 ココは見たことあるの? 触ったことあるの?」
姉はそう言いながら股間に手を回した。
スカートの上からではあるが、自らの大切な部分にそっと両手をのせたのだ。
そして上目遣いでこちらを見る。
「ね? あるの?」
「み、見たことと触ったことはある…」
俺はまるで催眠術にかかったかのようにバカ正直に答えていた。
「そう。
 じゃぁ、ココに…」
姉はそう言うと、手を俺の股間の方へ持ってきた。
俺は金縛りにあったかのように動けないでいた。
そして姉の手は、俺のジーンズのイチモツのところで止まった。
触れるか触れないかギリギリのところに姉の手がある。
「コレ。 コレを ココに入れたことはあるの?」
そう言って、片手で俺の股間、もう片手で自らの股間を優しくさすった。
俺はもう自白剤を飲まされたかのように答えていた。
「そ、それはありません…」
「そう、そうなの。
 どうしてなのかしら?
 おっぱいとかアソコを触ったりしたことはあるクセに。
 彼女としたくないの?
 無理やり迫って嫌われたとか? 
 うまくできなかったの?
 彼女も処女だとか?」
姉は矢継ぎ早に質問をしてきた。
でも俺を見る眼はとても優しかった。
その優しい眼で見つめられると俺はもう全てを話す気になった。

「実は今日、彼女とデートだったんだ。
 ついに彼女とエッチできるチャンスが…
 で、ラブホ行ったんだけど。
 た、勃たなかったんだ。
 俺、その時インポになっちゃったんだ」
「…………」
姉は何も言わず、優しく俺を見ていた。
そして俺の方を向くと両手で俺の頭を優しく抱え込んだ。
「いいのよ。誰だってそういう時はあるの…
 心配しなくていいのよ」
そう言うと、俺は姉の方に引き寄せられた。
姉の胸元が近づいて来た。
姉の匂いが俺の鼻腔に充満してきた。
姉の優しさに俺は涙が出そうになった。
「○○。ヘンなこと聞くけどさ、
 普段は大丈夫なんだよね。」
「えっ?」
「だからいつもはちゃんとボッキするんだよね、ってこと」
「も、もちろんさ。
 困っちゃう位だよ」
「そう、それならいいわ。
 やっぱり初めてで緊張したのね。
 …………。
 ……でも、本当にそれだけなら良いけど。」
「??
 どういうこと?」
「もしかしたらね、○○。
 他に好きな人とか居ない?」
「??
 俺、今好きなのは、その娘だけのつもりだけど…」
姉は一体何を言っているのだろう。
「うん、それだったら良いの。
 ただね、あなたの潜在意識の中で誰か他に好きな人が居るのかも
 って思っただけだから。
 そういうことがあるとね、○○の場合みたいに勃たなくなることもある
 って聞いたことあったから」
「………」
「いろいろ話させちゃってゴメンね。
 でも、話すと楽になるでしょ。
 ○○がすっごく落ち込んでるの見てると
 姉さんもつらいから……
 さ、もう少し飲もうか…」
確かに姉の言う通り
なんだか胸のつかえが取れたようだ。
落ち込む原因そのものが解決された訳ではないにしろ…。

それからしばらくの間飲んだ。
そのうち眠気が襲ってきた。
気づくと姉も隣でうつらうつらしている。
「そろそろ帰ろうぜ、姉貴。」
「ふあにぃ?もうしょんな時間ん?」
「何だよ、姉貴。ろれつ回ってないぜ。
 ほらっ、しっかりしろよ」
「ひょうし、帰るぞ、○○ぅう!」
「そんな大声出さなくていいから、ほら」
姉は結構酔っ払ってしまっていた。
階段を昇るのもおぼつかないので、肩を貸した。
「しっかりしろよ、ほら、姉貴ぃ!」
何とか支えていれば歩けるようではある。
(本当に仕様が無いなぁ、
 まぁ家までは10分もあれば着くから
 タクシー呼ぶほどでもないか)
姉の左手を俺の肩に回し、右手で姉の身体を支える。
時折姉の身体の力がスッと抜けるようになるので油断ならない。
姉が崩れ落ちないように注意すると、
どうしても姉の身体にいろいろ触れてしまう。
(ほっそりしているようでも、やっぱり付く所は付いてるな)
姉のバストはそう大きくはないものの、ハリのある質感がある。
さっきのBarで姉自らそれを触っていた時も、
むしろ誇らしげだった様に思える。
姉のヒップを包んでいるスカートはとても薄地でちょっと触れると
お尻の感触をダイレクトに感じることができる。

姉の身体にこんなにまで近づくなんて
すごく久し振りのことだった。
初めて姉の身体に女を感じたのは俺が小6の時だった。
姉が高校一年生の夏。
姉は部活で新体操部に入っていた。
姉の出る大会を応援しに家族でスポーツセンターへ行った。
一年生ながら団体の選手に選ばれていた姉だったが
演技終了間際、隣の選手が誤って姉の方へ倒れてしまい
そのはずみで姉は足を挫いてしまった。
単なる捻挫だったのだが、その時の姉の様子がとても心配で
俺は姉のもとへ駆け寄ったのだ。
当時からそこそこ身長もあった俺は姉を支えて医務室まで行った。
その時俺は不謹慎にも、姉のレオタード姿に女の色香を感じていた。
甘酸っぱい汗の匂い、食い込んだレオタード、
いつの間にか成育した姉の身体……。
それ以来、俺は姉の身体に没頭した。
新体操の大会には必ず出かけ、写真も撮ったりした。
姉の着替えを覗いたりもしたし、下着に手をかけたこともある。
中学高校と俺のオナペットはいつも姉だった。
異性と付き合う機会が無かったのはそのせいかもしれない。
そんな俺も、いつまでもこのままじゃいけない、
と一念発起して大学では彼女を作ったのだ。
そこまでは良かったのだが…。

そして、今、またしても姉の身体が間近にある。
あの時は高校生だった姉は、今、熟したオンナとなっている。
(あぁ、姉ちゃん。やっぱり姉ちゃんのカラダって最高だよ)
駄目だよ、いつまでもそれじゃ駄目なんだよ。
と一方で思うのだが、ご馳走を目の前にして
飢えた童貞男を止める術は無い。
(あぁ、姉ちゃんのおっぱい、姉ちゃんのお尻…)
身体を支えるフリをして、俺はどんどん姉の身体に触りまくった。
(ね、姉ちゃん、この身体、他の誰かにも触られちゃってるのかい?
 チクショウ!そんなこと許せないよ!姉ちゃんっ!)
実の姉を、意識朦朧の姉を姑息に触っているにもかかわらず、
俺は勝手なことを思っていた。
そのうち俺は、俺の身体のある異変に気がついた。
(?????ッッッ!!!!)
今ごろになって、俺のチンポは勃起してきた。
何故、あの時、勃起してくれなかったのか…。
自分の意思とはあまりにも裏腹な我が愚息に腹が立った。
(チキショウ。何で今頃…)
が、それも当然だろう。
かつて、オナペットとして崇めた存在が
今目の前にあるのだから……
その匂い、その肉感を前にしてどうして小さいままでいられようか!
ふと、Barでの姉の言葉が思い起こされた。
<○○、他に好きな人とか居ない?>
(ね、姉ちゃん、姉ちゃんなんだよ!
 やっぱり俺、姉ちゃんのこと今でも…)

「ぅうん? っどこォ?
 ここ、どこぉっ?」
姉の意識が少し戻ったようだ。
俺は慌てて、姉の胸と尻から手を離す。
「う、うん。
 もう着いたよ。ウチだよ」
鍵を開け、玄関に入る。
「たっだいまァ?。
 やっぱり我が家は良いノウ」
馬鹿なことを言ってる姉だが、意識はしっかりしてそうだ。
と、靴を脱ごうとしていた姉が倒れこんできた。
「キャァッ。」
倒れこみながら姉は俺につかまってきたが、
余りの勢いに俺は仰向けに倒れてしまった。
「イッテぇー」
「ゴ、ゴッメーーン。
 ○○ぅ、大丈夫?」
体勢がまずかった。
俺が仰向け、姉の顔が俺のお腹のあたり、
そして、姉の右手が俺の息子のあたりにある。
(ま、まずい。まだ、ボッキが収まってないっていうのに…)
「あ、アッレ???
 どうしたの? ○○?
 おっかしい?んじゃありませんかぁ?
 カチカチになってるよ、○○のコレぇ。」
全くだ。自分自身、そのことに納得がいかないのに
それを姉に見つかってしまった。
「おかしなコねぇ……
 今日ダメだったって聞いたのに、
 もうこんなになっちゃてるの?」
「…………」
俺は何も言い返せなかった。
俺はうつむいたままだったが、
姉もしばらく何か考えていたようだ。
「ねぇ、○○さぁ、
 カノジョとした時ってさぁ、
 最初から勃たなかったの?
 それとも、イザっていう時?」
「……
 そっ、それは……」
「ねっ、○○。
 さっきも全部話したでしょう?
 また、全部お姉さんに話してみて。
 ね、お願い…」

「実は初めから勃たなくて……
 でも、興奮してくれば大丈夫なハズだと思って…
 だけど、一向に大きくならなくて。」
「そう、そうなの。
 それにしても、今の○○の、
 とても立派よ……。
 どうしてかしら?
 こんなに硬いモノがフニャフニャになっちゃうなんて」
姉はしばらく思案顔だったが
「よし、じゃぁ、今夜は可愛い弟のために
 私が一肌脱いじゃおうかな」
「え、姉貴?
 一肌脱ぐって、一体?」
「キミの勃起不全症が、何に起因しているか調べるってコト。
 心理的なものなのか、身体的なものなのか、
 まずそこから調べてみないとって思って…」
「……?……?」
「いいから、こっち来て。
 ほら、ここに座って」
居間のソファーに座らされた俺。
その横に姉が座る。
スカートから型の整った美しいふくらはぎが覗ける。
「これから私の聞くことに答えて。いい?」
俺はもう姉の言うなりに従うことにした。
「わ、わかったよ」
「じゃあ、いくわよ。
 ○○、彼女とデートしている時、手を繋いでいたりして
 勃起しちゃうことってある?」
「え? う?ん、それはないかな」
「あっそう、ないんだ。
 ふぅーん。
 ところで○○、キミはオナニーとかするの?」
「そ、そりゃあ、するさ」
「どれ位の回数するの、
 そうね、1週間で何回?」
「い、1週間かぁ、
 うーん。何だか恥ずかしいなぁ」
「ねぇ、○○。これはカウンセリングなの。
 何も恥ずかしいことは無いのよ。
 だから正直に話して…」

「う、うん。わかった。
 12?3回かな」
「えっ? 12?3回?
 毎日欠かさず、1日に2回する日もあるっていうこと?」
「そ、そうだよ。
 でも俺、そんなに多いってわけじゃないぜ。
 高校の時なんか必ず毎日3回するって奴居たからな」
「アキレたわ…
 オトコの子って、そんなに……。
 それで、そのオナニーの時って
 どんなこと想ってやってるの?
 具体的な対象にはどんなのを使ってるの?」
「オナペットってこと?
 まぁ、AV見たり、エロ本の写真とか、
 インターネットの動画見たりとかだな。」
「あなたの彼女とか、実際身近にいる人とかは
 その、オナペットにはならないの?」
「うーん。彼女はあんまりそういう対象にはしてないんだよなぁ。
 あと、身近な人って……
 居ないことはないけど……
 …………」
「何?ハッキリ言いなさい」
「い、いや。だから特に居ないよ……」
「ふぅーん……。
 何か引っかかる言い方ねぇ…。
 まあ、いいわ」 
先ほどまで二人して酒を飲んでいたとは言え
通常の姉弟では考えられない会話だ。
「ちょっと暑いから、これ脱ぐわ」
羽織っていたシャツを脱ぐと
ノースリーブになり姉の肌が露わになった。
決して嫌いではない姉の汗の香りが俺の鼻腔をつく。
やや勢いが衰えていた愚息がまた鎌首をもたげてくる。

「じゃあ、続きいくわよ。
 彼女の裸を見たのは、今日が始めてだったの?」
「そ、そうだよ。先月海に行った時ビキニ姿は見たけど
 ありのままの姿を見たのは今日が始めてだったんだ。」
「ふぅーん。
 っていうか、○○、あなた、ママや姉さん以外の女の人の裸って
 見たことあるのかしら?
 もちろん生身の女性での話よ」
「な、無いよ。
 姉貴も知ってるだろう。
 俺、女の子と付き合うのは初めてなんだから」
「それでも、風俗とかあるわけでしょう?
 ○○は無いの?そういう所へ行ったことは?」
「無いよ。そんな勇気ないよ」
「ふーん。そうなんだ。
 じゃあ、○○って今まで誰かのコト好きになったってコトあるの?」
「そ、そりゃぁ、あるよ………」
「そうよね。
 ね?それって、姉さんの知ってる人?」
「?????ッッッ!!!
 いいだろ、そんなこと!」
姉が質問の時に小首をかしげて
こちらを上目使いでこちらを覗き込むように見るのが
なんともセクシーに思えて、
俺の勃起は完全に復活した。
姉に気づかれまいとしていたのだが
ついに姉は気づいたようだ。

「ははぁ?ん。
 ○○ゥ。
 あなた今ボッキしてるんでしょう?」
「………。
 う、うん……」
「どうして?
 どうして、姉さんと話しているだけで
 ココが硬くなっちゃうの?
 彼女との大事な時には硬くならないクセに……」
「わっ、わからないよ。
 俺にだって。俺がイチバン解らないんだよっ」
「ううん。
 イイのよ。○○、イイの。
 でもね、○○。
 オトコの人のボッキていうのは、
 このアトに大事なことをするためにあるのよ。
 オナニーするためだけじゃないんだよ。
 わかる?」
「うん。わかる……」
「そう、イイ子ね、○○は……。
 でね、その○○の熱くてカタ?いオチンチンが
 オンナの子のことをすごく気持ちよくさせてくれるんだよ。
 だからもう少しこのままでいれるかな。
 姉さんが協力してあげるからさ、
 ちょっと試してみようよ。」
「えっ?
 あ、姉貴が協力って?」
「いいから。
 私の言う通りにして…。
 まずは○○、手をバンザイして。」
「こう?」
姉の言う通りにすると、いきなりシャツを脱がされてしまった。
「はい。じゃあ次はおズボンね。
 自分で、できる?」
「で、できるけど、何で俺、こんなこと……」
「姉さんだけ、裸になるのが恥ずかしいから……
 ○○にも脱いでもらおうと思って。」
「えっ?姉貴が、は、裸に?」
「姉さんはね、
 ○○にキチンと初体験してもらいたいの。
 でも、彼女の前でオチンチン硬くならないとできないでしょう?
 ○○がオンナの人の裸に緊張しないように、
 姉さんの裸の前でも、ちゃんとボッキできたらまずは合格よ。」
「姉貴の裸で、ぼ、ボッキすれば合格……」
「でもね○○。
 それで、安心しちゃいけないの。
 イザっていう時、萎んでしまうコトが多いのよ。
 それには色んな原因があるの。
 とりあえず、そこまでうまくいけるか試してみるわ。
 でも挿入はダメよ。
 だって私たちは姉弟でしょう?
 ね。そこまでやってみましょう。」

俺はもうワケのわからないまま姉に従っていた。
兎にも角にも姉の全裸が拝め、挿入直前のシチュエーションが楽しめるのだから。
「じゃ、じゃあ脱ぐよ、姉貴ッ」
俺は意を決してズボンをおろした。
続いてトランクスも。
俺のイチモツは、これから起ることへの期待でもうパンパンだ。
「す、すごいのね、ナマで見ると。
 何か、マグマが詰まってるってカンジ。
 1日に2回の噴火があるのもうなずけるわ。
 今度は私の番ね。」
俺は生唾を飲み込んだ。
姉の上半身を覆っていた、わずかばかりのノースリーブシャツが
除かれるとそこには、水色のブラジャーがあった。
姉は手を後ろに回しホックをはずした。
ハラリ、とブラジャーが床に落ちる。
同時に姉の胸が露わになる。
小ぶりだが、実に均整のとれたバスト。
ブラが外れた時の衝撃でプルルンッとゆれているのが弾力の証拠だ。
清楚な乳首はうっすらピンク色で真珠のようだ。
乳輪は控えめな大きさでわずかにツブツブが確認される。
「もう。そんなにハゲシク見つめないで!
 恥ずかしいわ。」
姉はやや照れながら斜め後向きになった。
薄手のスカートを脱ぐと、ブラと同じ色の水色のパンティが目に飛び込んできた。
22歳の女性にしては、やや清楚すぎる感もあるシンプルなパンティだ。
可愛いフリルも付いている。やや後ろ向きのため姉のヒップを充分に堪能できる。
肉付きが決して良いほうではないが、ツンッと天を向いて張り出しているサマは
なんとも卑猥で、オトコの目を喜ばせる。
そのパンティにも姉の手がかかった。
ゆっくりとパンティが下ろされて、姉は間違えなく全裸となった。
さっきまでは、姉のバストやらヒップやらのパーツに関心を奪われがちだったが
こうして姉の全裸像を見ると、全体で完成している絵画のように思えた。

「……き、綺麗だ……
 ……姉貴………」
俺は半ば、声を失いつつ、その芸術品を鑑賞した。
俺の脳を打ち震えさせていた感激は、
自律神経を刺激し瞬く間もなく局部へと到達した。
その末端器官は最大のパフォーマンスにて喜びを表した。
勃起を超える勃起。
限界までの硬直。
自分自身今まで見たことのない光景だった。
その先端から流れ出る透明な液体は、まさに歓喜を表す涙だった。
「○○ッッ。
 す、すごいことになってるわ。
 さっきなんかより数倍スゴイ……。
 あなたって子はホントに…。
 第一段階は合格よッッッッ!!!」
俺の興奮が伝播したかのように
姉は上ずった声で言い放った。

「○○。
 どう。姉さんの身体。
 昔よりセクシーになったと思わない?」
「お、思うよ。
 姉貴ぃ!最高だよ!」
「ふふっ。
 いつまでその勃起、維持できるのかしら。
 ○○。わかる?
 女の子のこと喜ばすのには、先にイッっちゃってもダメなんだよ。
 例えばネ、こういう攻撃だってあるのよ。」
言うが早いか姉はしゃがみこみ、
俺のそそり返った肉棒を咥え込んだ!
激しい快感が俺を襲った!
初めて感じる衝撃。
(こ、こんなにネットリしていたのか!姉の口って!)
ネットリしているだけでなく、数十匹の軟体動物がその中を
動きまくっているかのような脈動。
激しく繰り返される前後のストローク。
これが、姉さんのフェラチオッ!!
(だ、ダメだ!
 このままじゃイッちまう……)
そう思った瞬間、姉の口が音を立てて怒張からはずされた。
「ふうぅっ。
 すごいのよ、○○の。
 硬くて、そして熱いのよ。
 フェラしてるうちに
 こっちがどうにかなっちゃいそうだったわ。
 これだけ私の攻撃を受けても平気なんて
 結構ヤルわね。○○も…。
 どうやら第二段階も合格のようねッッ!!」

「さぁ、○○。
 最終段階よ。
 あなたのその立派なモノをこちらへ貸して…。
 そう。
 ほらっ、姉さんのココ、わかる?
 こんなに濡れてるでしょ。
 さっきから私自分でしてたのよ。
 ○○のモノおしゃぶりしながら……。
 淫らでしょう?
 こんな姉さん、嫌い?○○?」
「そ、そんなことないよっ。
 お、俺、姉さんのこと……」
「ふふっ。
 ○○ったら…。
 さあ、○○のソレを
 姉さんのココに当てがうのよ。
 その時○○のオチンチンが充分に硬かったら
 それで合格よ。私達は姉弟なんだから、そこまでよ。
 …………
 でもね、○○ッ。
 あなたが正直に答えてくれるんだったら
 姉さん、○○とシテもいいわ。
 ○○。
 あなた、姉さんのこと好きなんでしょう?
 どうなの?」
「すっ、好きだよ。
 姉貴のコト、実は好きだったんだよ!」
「やっぱり……」
「姉貴のコト、ずっと好きだった。
 中学・高校と姉貴は俺の憧れだったんだ。
 だけどそれじゃいけないと思って、
 彼女を作ろうと思ったんだけど……
 やっぱり彼女じゃ駄目なんだ。
 俺、姉貴が一番好きなんだ。」

「○○。
 ありがとう……
 本当のこと言ってくれて。
 姉さんね、なんとなく気づいていたのよ。
 高校生のころ、○○が私のこと見る目が普通じゃないって。
 よくパパとママに気づかれなかったって思うわ。
 でもね、大学に入って、どうやら彼女できたみたいだし、
 良かったなぁって思ってたんだ。
 ちょっと寂しかったけどね。
 で、今日の話じゃない。
 姉さん思ったわけ、この子、きっと今でも私のこと好きなんだなぁって。
 でも、○○はそのことを意識しないようにしている、
 忘れようとしている。
 その葛藤が彼女との間のセックスで勃起不全という形で現れたのね。
 ………… 
 いいのよ。○○。
 姉さんも、○○のコト好きだから。
 初体験は○○の一番好きな、姉さんがしてあげる。」
「あ、姉貴ィ。
 俺、姉貴のこと大好きだ!
 俺の童貞、姉貴に捧げるよッッ!!」
俺は猛烈に硬くなったチンポを
姉の秘唇の前に当てがった。
「姉貴ィ。姉貴のオマ○コの前でも
 これ、こんなにギンギンだぜぇ」
「うふっ。すごいィ。
 ○○、早く頂戴ッ。
 姉さんのオマ○コに、○○の硬いノ挿れてェ!」
「ここ?
 ここでいいの?
 姉貴ィィッッ?!!」
「あぁあッツッ!!
 来るッ!来るわッ。
 熱いのォ、硬いのォ!
 アァンッ!ハアン!」
「姉貴ィッ!!
 イイッッ!
 セックスってこんなに気持ちイイんだねッ!!!」
「そうよっ、
 あぁん、○○ッ
 ○○がいいのぉお!
 もう○○、あなた合格よおおおぅおぉうッッッ」 

 

夏の海はキケンがいっぱい 目隠しモノ当てゲーム

「ねえ!○○ッ。
 頼みががあるんだけど…」
3歳年上の姉からの頼みごとを受けた。
姉は今年商社へ入社したピチピチのOLだ。
愛くるしい顔立ちと、スレンダーなボディで
社内でも結構評判だ。
その会社で夏季研修があり、
今年は千葉の海へ行くらしい。
その研修の最終日に余興の催しがあり
毎年変わったゲームが行われるそうだ。

「それでサ、頼みって言うのはネ
 ○○にそのゲームに協力してもらおうと思って…」
「何なんだよ。俺だってヒマじゃないんだし」
「でね、○○。
 そのゲームに優勝したらさ、
 豪華商品を貰えるんだって。何だと思う?」
「知らないヨ。そんなこと。
 俺、夏はバイトで忙しいんだから…」
「まず、優勝賞金が5万円、それと副賞でプレイステーション3なんだって。
 もし優勝したら、副賞は○○にあげるよ」

「ま、マジかよっ!
 よし、姉貴、俺協力するぜ。
 で、ゲームって何やるの?」
「んーっとね、えぇと、これこれ。
 <夏の海はキケンがいっぱい、目隠しモノ当てゲーム
  …白い砂浜・蒼い海、その美しさとは裏腹に
   海には危険な生物がいっぱいです。
   例え目隠ししていても、それが何であるか
   解るように普段から心がけておきましょう。
   ただし、ゲームですので、登場するのは
   安全な海の食物のみですのでご安心ください。 >
 こんなんだって。」

「ふぅーん。何か変わってるなぁ。
 じゃあ、この特訓をするってワケだな、
 よしよし…、えーっとナニナニ…」
俺はイベントパンフの注意事項を更に読んでみる…
<参加者は女性のみ。各々、自慢の水着姿で臨むこと。
 なお、その容姿ポイントも加算される。>
「なぁ、姉貴。これ考えた奴って、相当なセクハラ野郎だなぁ」
「まあ、いいんじゃない。
 それより○○、始めようよ。」
「う、うん。
 で、姉貴…。その、何ていうか…」
「何?言いたいコトははっきり言ってよ」

「その、ゲームの規定通りにやってみて欲しいんだけど」
「わかってるわよ。目隠しして、出されたモノを当てるんでしょ?」
「それはそうなんだけど、やっぱり本番と同じように、水着を着て…」
「ウフフッ、○○ったら。そんなに私の水着姿見たいの?」
「そ、そんなワケじゃなくて。その、やっぱり…」
「イイわよ! 丁度今年の夏用に買ったビキニがあるから
 ○○の前で見せてアゲルッ。
 じゃぁ私、着替えてくるから、○○は用意よろしくね。
 冷蔵庫にあるモノ使っていいから」

俺は有頂天になって準備をしていた。
(あぁ。もうすぐ姉ちゃんのビキニが見れる…
 去年の夏は見れなかったからなぁ。)
俺は姉の姿態を思いだし、期待でワクワクした。
中学時代にオナニーを覚えて以来、
もっぱら俺のオナペットは姉が中心だ。
最後に姉の水着姿を拝んでから2年。
姉はいったいどれほどセクシーになっているんだろうか?

トントントン…
姉が2階の部屋から降りてくる音がした。
「どう?○○。進んでる?」
「う、うん。もうちょっとで…」
俺は振り向きざま答えて、絶句した!
(ね、姉ちゃんっ!
 な、何て素敵なんだ!)
ブルーのビキニに身を包んだ姉はセクシー過ぎた!
胸に当てられたちっぽけな布切れから
姉の豊満なバストがあふれんばかりに揺れている。
そこから下に目をやると、腰のくびれがくっきりし
挑発的なまでに左右に張り出したヒップがある。

あぁ。
俺は早くもクラクラしてきた。
ぼぉーっとしていると、いきなり姉の声がした。
「おい!○○。 いつまで見とれてるんだ?
 早く始めようよ!」
俺は慌てて、冷蔵庫の中から取り出した食材を
姉には見られないようにタッパに入れた。
「さぁ、○○。早く、こっち来て。
 まずは姉さんをこれで目隠しして…」
俺は思わず唾を飲み込んだ。
大好きな姉を目隠しするっ!
しかもビキニ姿の姉をっ!

「じゃあ、姉貴。目隠しするよ」
「ウン」
姉の背後回って布を姉の目の前に回す。
姉の髪の匂いが俺の鼻腔に充満する。
(あぁ、何て良い匂いなんだ…)
「ちょっとキツク縛るよ。
 痛かったら言ってね。」
姉の髪の毛が俺の手に触れる。
サワサワとして、とても気持ちいい。
「で、できたよ。姉貴…」
「あぁん。何かちょっと怖い感じィ。
 ○○、私が何も見えないからって
 ヘンな事、考えないでよっ」
(む、無理だっ。
 目隠しの、ビキニ姿の、姉を目の前にして
 平常心でいられるワケないッッ)

「○○、準備は出来たんだよね。
 始めよっか?」
「う、うん。
 じゃあ、お皿の上にモノを置いてくから
 当ててみて」
「あ?そう言えば、何かもうひとつ注意事項が
 あったような気がするけど・・・」
「そうだっけ?じゃ、読んでみる」
 <?各得点は難易度順に5点10点15点とする
 ?手を使って当てた場合、ポイントはそのまま。
  匂いを嗅いだり口に咥えるなどして、手を使わずに
  当てた場合、ポイントは倍とする。〉
 ってことだってよ。
 じゃあ、姉貴、まず一問目いくよ」

俺はわかめを皿の上に出した。
姉はそれをクンクンと匂いを嗅いでいる。
「んん?っ?
 何か、磯臭いのは解るんだけど。
 っていうか、みんな海のモノなんだよね…」
姉は匂いを嗅いでいたが、中々口に咥えようとはしなかった。
さすがに弟が出したものとは言え
何だか解らないモノを口に咥えるのには抵抗があるようだ。
「えーっと。じゃぁいきます。
 これは、コンニャクですっ!」
「ブッブブー。
 姉貴、こんにゃくは海のモノじゃないゼ。
 畑で取れるモノなの」
「そ、そうか。
 で、でもさ、海藻入りコンニャクとかあったじゃん?」

「あ、姉貴。今のちょっと近いかも…」
「え?海藻ってコト?
 うーん。じゃあねぇ、ひじきっ!」
「ブッブブー。
 姉貴さぁ、ちょっと勇気だして
 咥えてみたら解ると思うぜ、
 ここまでヒントあげたんだから…」
姉は恐る恐る、皿の上のモノを口に咥えた。
目隠しをした姉が何かを咥えるその様子に
俺は何故か、グッときてしまった。
(あ、なんかイイ、これ)

「あ、もしかしたら解ったかも。
 わ、か、め。 かな?」
「ピンポーン! 正解です。」
「あぁ、良かった。やっと当たった…」
「でもさぁ、姉貴ぃ、ずいぶん間違えたから
 本番だとポイントは無しだぜ」
「そうだよねえ、頑張んなくっちゃ!」
「じゃ、次いくぜ。 いいかい?」
俺は第2問目の食材を皿の上に置いた。
姉は皿の上のモノの匂いを嗅いでいる。
「んん?んん??」
やっぱり匂いだけでは難しいのだろう。
こちらは答えが解っているから面白おかしいのだが…。

姉は意を決して、皿の上のモノを咥えた。
姉は口を軽く広げてそのモノに近づけた…
ヒンヤリとした触感が姉の唇に伝わり
思わずギョッとしたようだ。
「キャッ。何?コレッ?」
「さあ、何でしょう」
問題なのだから答えるワケにはいかない。
「もうちょっと咥えてみると解るかもよ」
「そ、そう?
 怖いけどそうしてみる…」
(はむっ…)
目隠しで顔は遮られているとは言うものの
姉の困惑した様子は手に取るように解る。
その困った感じが何ともセクシーなのだ。

「あ、これって、タラコかな?」
「ピンポーン!
 姉貴!すごい!今度は一発じゃん」
「へへっ。やるだろ?私も」
姉の得意そうな顔を見て、俺も嬉しかった。
だが、そんな姉を見てもっと困らせてやりたかったのも事実だ。
困った姉の顔が何ともセクシーだからだ。
そのセクシーな表情や姉のビキニ姿で
俺はさっきから悩殺されっぱなしだ。
ズボンの中で俺の息子はもうはちきれんばかりになっている。
(あぁ、姉ちゃん。姉ちゃんがセクシーだから
 こんなになっちゃったよ…)
あまりにも窮屈だったので、俺は息子を
一時的に開放してやろうと思った。
どうせ姉貴は目隠ししてるんだし…。

「ねぇ。○○。
 次の問題はぁ?」
俺がチンコを解放してた時にふいに姉から
声がかかり俺はビックリした。
「い、いや。ちょっと次のは、
 準備が必要なんだ。」
次の食材には茹でタコを用意しようと思っていた。
これは冷蔵庫に入ったままだったのだ。
俺はチンコを剥き出しにしたまま冷蔵庫に向かった。
タコを手にした俺に悪魔が囁いた。
【なぁ、○○。おまえのそのいきり立ったチンポを、
 姉ちゃんに咥えさせてみるってのはどうだ?】

悪魔の囁きに俺の愚息は猛烈に反応した。
身体中の血液がそこに集まったかのように、硬直度を増していた。
(お、俺のチンポを姉ちゃんのおクチに…)
そう考えただけで、腰が抜けそうになった。
【このチャンスを逃して
 姉にフェラチオさせることなんてできないぞ。
 やるなら、今だ!】
「ねえ?○○?
 まだなのぉ?」
「い、今行くから。ちょっと待ってて」
俺のどす黒い欲望も知らず、
姉は無邪気に俺のことを待っている。
(待ってろよ、姉さん。
 今、最高のご馳走を食わせてやるから)

「ま、待たせたな。姉貴ぃ…」
俺は興奮で胸がいっぱいになりながら姉の前に立った。
俺は今、全裸で姉の目の前に居るのだ!
「もう!待たせ過ぎダゾ。
 早くぅ。次のモ・ン・ダ・イ 」
姉はそのかわいい口元でそんなことを言う。
(わかった!わかったよ!
 今、そのお口に、次のモンダイを持ってくからね!)
「姉貴、次のモノは皿の上に乗っからないから
 ここに俺が差し出して、姉貴の顔の前に持ってくから
 それの匂いが嗅ぐなり、咥えるなりしてイイよ」
「ウン。わかったわ。
 前置きはいいから早く頂戴ッ!」

「こっ、これが次の問題ですッッッ!!!」
俺は勇気を振り絞って、姉の顔の前に俺のチンポを差し出した!
疑うこともなく姉の顔が近づいてくる!
やや上を見る感じで姉の鼻が動き出した。
「クンッ、クンッ。クンッ」
(あぁ、姉ちゃんが俺のチンポの匂いを嗅いでるッ!
 俺のチンポ、臭くないかい?
 童貞の仮性包茎のチンポだけど、
 そんなに、匂い嗅いじゃっていいのかよ!)
「んんっー。な、何かコレ、
 ちょっと臭いネ。何て言うんだろう?
 そう、イカ臭い感じ…。
 ってことはイカの干物かなあ?
 どう?○○?」

「ブッブブー。残念です。
 イカの干物ではありません」
(姉ちゃん、それは俺の腐れチンポだよ。
 だからそんなに臭いんだよ。)
姉はちょっとガックシしてうなだれた。
その時姉の髪がサラサラッと俺のチンポに触れた。
(あぁ。姉ちゃんの髪ッ。俺のチンポに!)
そのまま姉の髪の毛をチンポに巻きつけたくなった衝動を
ようやくの所で俺は抑えた。
俺のチンポの鈴口から、とろりとカウパー液が染み出た…

「そっかー。イカの干物でないとしたら
 この臭さは一体?」
姉はもう一度、クンクンと俺のチンポの匂いを確認し始めた。
(っていうか俺のチンポってそんなに臭いのかよ?)
「いくら臭いって言っても
 クサヤじゃないよねー。
 あれはもっと違う匂いらしいし…」
「あ、姉貴さぁ。 
 解かんないなら、咥えてみないと…」
「うーん。そうなんだけど…。
 さすがにココまで臭いとちょっと心配なんだよね。
 ○○。なんか姉さんに変なモノ咥えさせようとしてない?」

「そ、そんなことないよっ!
 ちゃんとした食べ物だってば…」
(ヤ、ヤバイ。姉貴、ちょっと疑い始めてる。
 でも、こうなったらやるっきゃないんだ)
「本当にィ? 
 じゃあ、イイけどさ。
 ちょっとアレに似た匂いかな?
 なんて思っただけ…
 イイの。○○が大丈夫っていうんだから、
 ○○がちゃんとした食べ物だっていうんだったら
 姉さん、喜んで食べるよ!
 イイ?」
(いよいよだっ!
 いよいよ姉さんのお口にッ!)

「はうむっ」
姉の口が俺の亀頭を咥え込んだ!
あまりの衝撃に俺はめまいがした。
(あぁ、これが姉さんのフェラチオッ!)
まだ亀頭を咥えただけの行為。
それだけで俺のチンポは感動にうち震えた。
「あ、姉貴ィ。
 これって何だか解る?」
「ふぁむぅっく…
 ふぁにふぁのおぉ?」
俺のチンポを咥えたまま答えるので
何を言っているかさっぱり解らない。
ふいに姉の目隠しを取ってやりたくなる。
(今、姉さんが咥えているのは
 弟のチンポなんだよ…)

(あぁ、気持ち良過ぎる!
 多分、先走り液がドクドク出てるはずだ。
 ばれちゃうよう。お姉ちゃんに俺のチンポだってことが…)
意識が半ば朦朧としてくる中で俺は
いつ姉にばれるんじゃないか、そればかり気にしていた。
と、姉の口がチンポから離れた。
「んぅっくふ。
 もう…。ホントに… 
 ちょっと、これくらいじゃ良く解らないわ。
 もう少し調べさせてもらうわ」
そう言うと姉の顔が思い切り近づき
俺のサオを一気に咥え込んだのだ。

先ほどまでの亀頭愛撫とは桁が違う快感が
電流となって俺の脊髄を貫いた。
(あぁぁっ、うぁうあんぅ!)
俺は思わず悲鳴ともつかない声をあげそうになった。
それほどまでに、姉のフェラチオは怒涛の快感だったのだ。
姉の舌が激しく俺のサオを攻め立てる。
その間姉の頭は前後に動いている。
亀頭に与えられる快感で俺は昇天しそうである。
姉の顔がグっと近づくと亀頭は姉の喉奥深くまで達し
引き抜かれるや否や猛然とした勢いで
またも亀頭にしゃぶりついてくる。
まるでフェラチオマシーンのようだ。
これが本当にいつもは清楚で優しい姉と同一人物なのか。

(こ、こんなに激しいだなんて!
 ね、姉ちゃんっ。
 姉ちゃんのフェラチオ気持ち良すぎるよっ!)
あまりの気持ちよさに気が動転していたが
姉はもう気づいているのかもしれない。
いや気づいているとしか思えない。
そうじゃなけりゃ、こんな激しく舐め回すものか。
姉は弟のチンポって解っていてしゃぶっているんだ。
(あぁ、ありがとう。
 姉ちゃん。俺のチンポしゃぶってくれて。
 あんなに臭いって言ったのにフェラチオしてくれて。)
 だとしたら、姉ちゃん…
 姉ちゃんは許してくれるかい?
 こんな変態行為をしたことを。
 このまま口の中でイッっちゃったとしても
 許してくれるかい?
 変態弟のザーメン飲んでくれるかい?
 だって!
 だって、もう我慢できないんだよ!

姉はもう、問題に答えることなど忘れ
一心不乱にフェラチオを続けている。
俺はもう我慢できず、声を漏らしてしまった。
「あぁ。姉貴ぃ。き、気持ちイィ…」
俺は声を漏らした瞬間、姉の頭を握り締めていた。
そして姉の頭の動きに合わせて腰を思い切り前後させた。
激しいピストンは俺に最後の瞬間を迎えさせていた。
「だ、駄目だぁ!
 あ、姉貴ィ。
 い、イクぅッ。イクよおおおぅっ!」
生涯初めて感じる、この射精感!
何千回行ったオナニーとは次元が違うッ!

その時、姉の両手が俺の腰に回った!
そして俺にかぶりついてくる!
(ま、また来るッ!)
 精嚢に溜まった全ての精子が放出されんばかりの勢いで
 第二派のように、ザーメンが流し出された。
こんなことは、初めてだった。
俺は腰がくだけ、その場にへたり込んだ。
最後の射精の瞬間、姉の喉がゴクッゴクッと動くのが解った。
(姉貴、飲んでくれたんだね、俺のザーメン)

ビキニ姿の姉も汗ばんでいた。
俺は目隠し越しに姉にそっとキスをした。
姉のほうから舌をからませてきた。
俺も舌をからませ、ディープキスは5分にも及んだ。

… … … … … … … … … … … … 

「そ、そう言えばさぁ、○○ゥ
 最後の問題って、まだ答え言ってなかったよねぇ」
「あ?うん。そうだっけ?」
「何か、難しくて私には解らなかったわ。
 それでサ、○○ゥ
 また、明日、特訓しようか?」

 
さあ、明日も姉貴と特訓だ!

○○と△△が友達の彼女を

あるとき、土曜の半ドンでの学校の帰り。カノージョをデートに誘って断られた友人を、
俺が「たまには男の付き合いも大事だ!」と街まで誘って夕方まで遊び歩いたことがあった。
午後五時頃、お互いに「夕飯は外で済ませてから帰るわ。帰りは九時頃になると思うから」と家に連絡を入れた後、
俺達はあるファミレスで晩飯を済ませた後、適当にゲーセンで遊んで帰るつもりでした。
奴と俺の戦績は9戦六勝三敗で俺の勝ち。ちょっと金を使いすぎたので、俺はその
まま勝ち逃げするつもりでしたが、負けが混んでる友人が俺を帰してくれませんでした。
「それなら、俺の部屋で勝負しろ!」と……。
午後八時頃、友人宅へ到着。そのまま挨拶を告げ、あがろうとすると、
玄関に何故か友人の彼女の靴がありました。「用事があるから……」と彼氏の誘いを
断った女の靴が! いぶかしみながら俺達は足音を忍ばせて玄関をあがりました。
すろと、
「ゴルァ!○○(彼の名前)と俺、どっちがいいんだッ!!」
「あぁぁあああっ、……(馬鹿弟の名前)!……の方が好き!……の方がイイのぉッ!」
というデカイ声がリビングから……。
 そっと覗いた先では、激しく腰振ってました。友人の彼女が……。
 激しく腰振ってやがりました。彼の弟が……。そして、それを好色な笑みを浮かべて
ビデオに納めてる彼の実父の姿がありました。
俺は頭の中が真っ白になりましたが、友人は顔面を蒼白にしてました。

「ねぇ?○○って好きな人いるとか……聞いたことがない?」
二年前、照れくさそうな顔で俺に彼に告白するかどうか迷ってると相談した彼女の顔が
そのとき何故か唐突に思い出されました。
 呆然としている俺達を後目に、弟の腰振りは更にスピードアップ、それに匹敵するくらいの早さで彼女の腰振りも
早くなり、そのまま体を痙攣させて絶頂を迎えました。一部始終をビデオに納め終えた父親がハァハァと
荒い息を付く彼女の顎をグイと持ち上げねっとりとディープキスをはじめました。
数十秒後、女から口を離した父親は楽しそうに目を細めながらこう言い放ちました。
「N(彼女の名前)、さっきの電話は誰からだったと思う?」

「ん?、そんなのわかんないよぉ……」うっとりとしながら間延びした声で答える
女の後ろで意地悪く笑った弟が、腰を小刻みに動かしたてこう言いました。
「兄貴だよ、オマエの彼氏からの電話だよ……。R(俺のこと)と一緒に飯を食ってから
もう少し遊んで帰るんだとよ。災難だよなぁ。せっかくの土曜だってのに綺麗な
彼女とデートが、むさ苦しい男の付き合いに変わるなんてさぁ。兄貴に悪いと思わないの?」
「アアン、そんなこと言われても?。」
「お、全然反省の色がないな。オヤジ!俺が下になるからさ、こいつのアナル
掘れよ。罰を与えないとな」
とんでもない宣言にも彼女は色を変えることもなく
「駄目、まだ慣れていないからそこはゆっくり入れて。……、お願い。」と言いました。
「なんだなんだ、もう尻に入れられても感じるようになったのか?」
「ははは、これじゃ罰にならんな。入れるの辞めるか?」
「ああっ、やめないで……もっと気持ちよくなりたいのぉっ!」
そして、彼らは位置を変えて再開しました。

「よし、オヤジ、リクエスト通りやさしくしてやろうぜ!」
「しかし、また俺が尻の穴か?たまには前からもやらせろよ」
二人は軽口を叩きながら、女を責めはじめました。
先ほどとはうって変わってゆったりと腰を振る弟と、それにあわせる父親。
Nは感に堪えないというように色っぽい溜息を付きながら二人の責めを甘受してました。
しばらくすると、父親が動きを止め、女の下に位置する弟が激しく腰を降り出しました。

Nは「そのアンバランスが凄くイイ!」と涎を垂らしながら、弟の動きに反応するように
激しく腰を動かしはじめました。やがて、興が乗り始めたのか弟が上体を起こしはじめ、
それにあわせて後ろで軽く腰を振っていた父親が軽く体を後ろに倒しはじめました。
二人はサンドイッチ状態にすんなりと移行させると、激しく腰を動かすのを再開しました。
その状態でNが逝くのはすでした。激しい絶叫とともに弟の腰に絡めた足を力
一杯とじて先ほどとは比べモノにならない勢いで体をビクンビクンと痙攣させて
後ろの父親にもたれていきました。二人の男は、互いにひとしきり絶頂の感度を味わった後、
ニヤリと笑いながらNから体を離しました。俺の後ろで一部始終を沈黙したまま眺めていた友人が
動いたのはその時でした。通り過ぎるときによぎった彼の顔色は蒼白でなく、
かといって、怒りで紅潮すらしてませんでした。
 動いた彼がその場を支配するのに十分とかかりませんでした。
突然の事態にうろたえる弟の顔面…鼻の下に一本拳の握りで中段正拳突きを一発。
返す刀で自分の父親にもたれかかる恋人を押しのけ
父親の股間にキック……というより、一物を思いっきり踏みつけました。
 絶叫とともに彼の父親はうずくまり、強く押しのけられたNは顔面を蒼白にして怯えてました。
やつの太股と尻の間からツーッとたれる白い液体にマジってアンモニアの匂い立つ
液体が流れ出しました。どうやら漏らしたみたいです。

 匂いに鼻をゆがめ、激痛で顔を押さえる弟、股間を押さえてうずくまる父親に冷酷に言い放ちました。
「手加減してやったんだから、さっさと起きて服を着ろ! そして、後からちゃんと食卓のある部屋に来いよ……N、オマエもだ。
 まだ帰れるなんて思ってやいないだろうな……」
怯える彼らを後目に友人は俺に振り向いてこう言いました
「R、悪いけど、そのビデオカメラ持って食卓に待機しててくれ。俺、あいつの
 汚いモノを蹴って汚れた靴下変えてくるからさ……」
有無を言わさない眼光にに睨みつけられて、俺はハイと言わざるをえませんでした。
重苦しい雰囲気を感じながら、俺は食卓の間でビデオカメラを持って立っていた。
しばらくすると、父親、弟、友人という順番で彼らが部屋に入ってきた。
「Nは?」
「風呂」 どうやら少しは彼の怒りも納まったらしい。

時計の針が午後八時三十分をさすころ、父親と弟が席につき、
その脇に友人が彼らを監視するように立っていた。いよいよ言質が始まる。
「さてと、オヤジ、この爛れた関係はいつからなんだ!?」
いきなりの直球ストレート……相手は多少詰まったようだが、開き直ったのかぽつぽつと
つぶやきはじめた。
一年前、友人が彼女を家に連れてきたとき(父親が)一目惚れをしたこと。
その時期はちょうど夫婦ともども残業ばかりで、つい魔が差した……と。
騙して家に呼びつけ強引に事をなしたあと、バッドタイミングで帰ってきた
弟に見られて、「兄貴と別れさせて弟と付き合わせるようにする」と交換条件
を出して弟を懐柔。ちなみに、ここで「彼女が嫌がったら止めるつもりだった」
とか言い訳をしましたが、「オヤジ、ビデオはこれ一本っきりじゃないんだろ!?」
と、彼が脅すと「……嫌がる彼女を無理矢理……」とぼそぼそ小さな声で吐露しました。
その言葉を聞いた無表情の友人の両手からビンタが左右に二発ずつ飛びました。

俺は本当に憎いと感じると、人間は無表情で相手を殴れるということを知りました。
「オヤジ、Rにビデオの隠し場所を教えろ!教えなきゃ、いますぐ此処で弟と
 尻の穴を掘り合って貰う・・・それでも教えないなら、母さんと姉さんが帰ってくる時刻まで
 俺に殴り続けられる道を選ぶか?」
隠し場所は弟の部屋、父親の書斎、そして、食卓の間の隅にドンと積まれた段ボール
箱のかたまりでした。俺が全部回収し終えた後、ちょうど時計が五十分をさした。
友人は眉も動かさずに言った。
「一番初めに撮ったやつはどれだ!?」

テレビの中でNが泣き叫んでいる。そして、Nを執拗に責める彼の父親の姿。
早送り…仰向けに寝たNの顔をアップで取っている。Nは泣いていた。(後で、Nは初体験の後と言った)
早送り……裸のままうずくまって泣いている姿。
早送り……血と精液にまみれた割れ目のアップが有った。

 それを見ながら俺の胸に去来したのは、一年前にこんなことがあったのに
気づいてやれなかった悔やみだった。こんなのを撮られて、抵抗できる
女の子なんていないだろう。しかも、相手は恋人の父親と弟だ……。
まさに後悔先に立たず……だ。 時計の針が九時をまわったころ、風呂から上がってきた
Nが部屋の中に入ってきて絶句した。テレビのなかの約一年前の自分の狂態を見て、
Nは声もなく俯いた。友人が俺に声をかけた。多少表情が柔らかくなっていた。
「R、悪いがNを家まで送っていってくれ」
俺は「オマエが送っていった方がいいんじゃないのか……」と言おうとして詰まった。
それを察したのか彼は言った。
「もうすぐ姉貴も母さんも帰ってくる。もちろん、今日起きたことを全部明かす。
だから、都合が悪い。これは俺の家で起こった問題だから……オマエはもう帰れよ」
そう言うと、父親と弟を殴りまくったときの無表情の顔に戻った。ビデオはいつの間にか
全部流しきった後らしく、テレビのモニターに映る画面は青色だった。

結局迷ったけど、それだけだった。俺は項垂れているNを引っ張って彼の家を後に
した。帰り道、俺は今日あいつと遊んだことをNに話していた。
あいつらにとって今は不幸といえるときかもしれない。でも、俺に直接不幸な事が
起こったわけではない。だから普通の会話をした。けれども、死ぬほど言いたかった。
「なんでこんなになるまで黙ってたんだ」と。
最後、「ありがとう」と言って別れた彼女の後ろ姿。
俺は、やっぱりこの言葉を言うべきだったかもしれない。
仕事場から帰ってきた彼の母は、ボロ雑巾の夫と息子を見て驚いたらしいが、
そうなるまでに至った過程を聞いて更に驚き……情けなさと怒りのあまり、少し気を失った。
なお、失神から立ち直った母親と彼が止めるまで、ぶち切れた姉は死体にむち打つがごとく弟と父親の頬をひっぱたき続けたらしい

翌日、三人はボロ雑巾状態の夫と次男を連れてNの自宅に行ったそうだ。
突然の来訪の訳を聞いたNのご両親の怒るまいことか……罵詈雑言にマジって
「訴える」という言葉が出てきたのは想像に難くない。
しかし、Nが死ぬほど拒否したため、裁判沙汰までにはならなかった。
結局会議は、今後一切彼らがNの側に姿を見せない、人生に関わらないという念書
を書くことで終わった。

去り際、彼の母と姉がNを強く抱きしめてこう言ったらしい
「どうしてこんなになるまで黙ってたのよ…」と。
それを後で友人から聞かされて、俺はちょっと救われた。

一ヶ月後、Nが姿を見せなくなった。祖父母のところで世話になっているとだけ聞かされた。
Nがいなくなって一週間後、友人の家は二つに割れ、母は姉と長男を連れて実家へ引っ込んだ。
父親はかなり粘ったそうだが、結局最後に離婚に同意したそうだ。
彼らが住んでいた家は売りに出され、父子が何処へ行ったかまでは俺は知らない。

俺が最後に知っていることは、姉と母がご壮健であることと、
友人が転校先の高校を卒業すると就職したことだけである。

異母姉妹

昔経験した修羅場投下します。

私→マリ(21)
彼氏→タケシ(23)
彼氏の二股相手→アキナ(23)
彼氏の友達→シゲ
彼氏の妹→サナエ

昔、彼氏が二股相手と歩いてるのを見かけた時の話です。
彼氏のバカさ加減をお楽しみください。

マリ「あら、タケシ何してるの?」
タケシ「あ…いや、これは…あの、あれだ」
アキナ「妹さん?」
タケシ「そ、そう!妹!妹のマリ!」
アキナ「タケシの妹ってサナエちゃんじゃなかった?」
タケシ「あ、いや、二人いるんだ!生まれたんだ!」

トリってこれでいいのかな?

マリ「こんにちわ。タケシ、知り合い?」
タケシ「あ、いや、」
アキナ「妹に呼び捨てされてるんだ」
タケシ「あ、いや、」
マリ「お姉さん?」
タケシ「そ、そうそう!お姉さん!あ、ちが、あの…」
マリ「…」
アキナ「…」
タケシ「おれ、ちょっとトイレ…」

アキナ「あなた、タケシの彼女?」
マリ「ええ、そうですけど。そちらも彼女なんですね?」
アキナ「ええ、まあ、今んとこ。あなた、妹だって」
マリ「へぇ…」
アキナ「私は姉だって」
マリ「お名前は?」
アキナ「アキナ」
マリ「アキナさん、どうします?」
アキナ「こらしめます」

話を聞くと、アキナさんとは二年、私とは三年の付き合いで、そのうち丸二年がかぶってるらしい。もちろん二人とも体の関係はあり。
私はクリスマスに指輪をもらい、正式ではないけど結婚しようねって話をしていた。
ここからは、私(マリ)もアキナも事情読み込んだ上での騙されたフリの芝居です。

タケシ「はらいってぇ!げ!マリまだいたのかよ!」
アキナ「お話ししてたの」
マリ「優しいお姉さんでタケシうらやましいわ」
アキナ「あら、お姉さんだなんて私タケシと同い年な…」
タケシ「あー!あー!あ?はらへったよな?マックいこーぜ」

わくわく支援

アキナ「マリさん、妹のサナエちゃん元気?」
マリ「え?さあ…タケシ、サナエちゃん元気?」
タケシ「元気じゃん!なに言ってんだよマリ!」

アキナ「そうそう、この前うちのお母さんがさぁ、タケシ連れてこいって」
タケシ「えー、マジ?やだよ」
マリ「…異母姉弟?」
アキナ「…は?」
タケシ「あ、あ、ハンバーガー!三個!」

アキナ「マリちゃん、その指輪かわいいわね」
マリ「そうですか?」
アキナ「彼氏に買ってもらったの?」
マリ「はい!クリスマスに。」
アキナ「タケシ、今年もクリスマス仕事なの?」
タケシ「…」
マリ「…」

しえんしえんw

?

英会話の教科書の会話みたいだw

wktk紫煙

シゲ「お?タケシじゃん」
タケシ「あ、シゲ」
シゲ「おーマリちゃんひさしぶり!」
マリ「シゲくん、こんにちわ」
アキナ「アキナです。はじめまして。」
シゲ「タケシの幼なじみです。」

シゲ「タケシんちってほんと親も兄妹も顔そっくりだよなぁ」
アキナ「…!?」
マリ「…!?」
タケシ「そ、そうか?」
シゲ「あーさっきタケシのお袋さんたちに会ったっけそっくり!妹もちょー似てるよな」
アキナ「それってどっちの妹さん?」
シゲ「え?タケシ二人兄妹じゃん?」
タケシ「…」
マリ「…」
アキナ「…」
シゲ「あ、俺そろそろ行くわ」
タケシ「あ、ああ」

シゲの登場がコントみたいだ・・・出来過ぎ

私怨

マリ「アキナさんあんまり似てないですよね」
アキナ「え?誰に?」
マリ「タケシに」
アキナ「当たり前じゃない、他人だもん」
タケシ「あ、いや、ちょ…」
マリ「あぁ、異母姉弟だから…」
タケシ「ちが…」
マリ「でもお母さんが違うからってそんな他人呼ばわりしなくてもいいと思いますけど!」
アキナ「異母って?なに?」
マリ「アキナさんとタケシ!」
アキナ「はぁ?だから異母って?」
タケシ「あわ…あわ…」

マリ「え?もしかしてアキナさん、本当のこと知らなかったんですか?」
アキナ「何言って…」
マリ「言っちゃいけなかったのね…ごめんなさい…だけど!!」
アキナ「だから何!」
マリ「アキナさんとタケシは異母姉弟なのよね?そうでしょ?タケシ」
タケシ「…」
アキナ「てことはマリちゃんと私も異母姉妹ってことね?」
マリ「え?」
タケシ「…」

私怨

アキナ「ふぅ…そろそろいっか、マリちゃん」
マリ「そうですね」
アキナ「タケシ、あんたバカじゃない?嘘つくならもうちょっとまともな嘘つけよ」
マリ「せめて友達とか言っておきゃ、まだ耐えれただろうに」
アキナ「あんた、クリスマスは仕事忙しくて朝までかかるって言ってなかった?」
マリ「クリスマス、ホテルでディナーおごってくれてありがとう。でも指輪いらないわ。」
アキナ「それにしてもなっさけねーなぁ。ずっと『あわわあわわ』って言ってるだけじゃん」
マリ「二股すんならこういう時の対応策くらい考えとけ」
マリ「頭わりーならわりーなりに、せめて私の行動範囲外で二股してろよ」

?

タケシ「違うんだ!あの、ほら、俺二人とも本気なんだ!だから…」
アキナ「だから、何?」
タケシ「あの、許して…くれない?認めて謝ったんだしさ…」
マリ「はぁ?マジ頭おかしいんじゃない?私ら二人に許してもらってその先どーすんのよ?」
タケシ「あ…いや、仲良く…」
アキナ「仲良く3Pってか。悪いけどそんな趣味ないし。」
マリ「だから頭使えって言ってんの!その場しのぎの言動ばっかしてんじゃねーよ」

更に私怨

タケシ「ごめんなさい…あ、でも、おまえらだって俺のこと騙してたじゃん!お互い様じゃね?俺だけ謝ってんのおかしくね?」
アキナさんがグーで背中殴打。私(マリ)は往復ビンタかました。
アキナ「あんた、私にも結婚しようって指輪くれたよね?出るとこ出ようか?私もマリちゃんもあんたから金ぶんどろうか?」
タケシ「それは困る!俺金ねーの知ってんじゃん!それにおまえだって結婚しようって言ってただろ?同罪じゃね?」
アキナ「アホか!私は浮気してねーだろーが!」
タケシ「あ…」

タケシ、アホや・・・・・・・wwwwww
?

こんなんがしばらく続いて埒もあかないので、謝るタケシを無視して解散した。
その日の夜、タケシからメールが来た。

タケシ「なんかごめん。俺、混乱して…。もうわけわかんねーよ。俺嘘ついてた。二股してた。ごめん。」
マリ「いや、さっき聞いたから。おまえがわけわかんなくなってどーすんだボケ。」

着信拒否。
だけど、アキナさんとはその後街で偶然再会して、今は良い友達です。

彼女との思い出

今から1年以上前の話だ。文章がうまくないので箇条形式で書いてみる。

とあるバイク系ミーティングで初めて彼女と会った。
 ミーティング解散間際に後ろから女性の声、どうやら俺を呼んでる様子。
  振り返ると、本当に俺に呼びかけていた。
   「何です?」と俺。「あのー」と女性。ちょっと恥ずかしそうにうつむき加減に。
    「何か落としました?」と俺。「あのースミマセン。け、携帯の番号教えてくれませんか?」
     後から考えると、この発言は彼女にとって一世一代の大勝負だっただろう。

ちょっとビックリしたものの、妻子がいるわけでもない俺は軽い気持ちで彼女に電話番号とアドレスを教えた。
 2、3日後、早速その女性からメールが入った。
  「暇な日ありますか?」  「今週末なら暇だけど」
   実は女性側から積極的にアプローチされるなんて今まで無かった。少し不信感を抱いていた。
    
それから数日たち、約束の週末がやってきた。
 待ち合わせの場所。
  いかにも女性が好みそうな可愛い250CCバイクで彼女はやってきた。
   「どうしたの?」と俺。「暇なので・暇なので・・」恥ずかしそうにそればかり言う彼女。
    「とりあえずどうするの?」と俺。「山かどこか景色のいいところ行きたい」と彼女。
彼女は女性でありながら運転は上手なほうだった。ちゃんと俺の後ろについてくる。
 ついてくるけど時々いなくなる。俺はスピードを調節すると、彼女は追いついてきた。少し笑っているように見えた。
  そして、俺が良く通うお気に入りの場所へと案内した。
   小高い丘の上、周りに建物は無く、人気も無い。周りは林が囲い、眼下には小さくなった町並みに細い川が流れている。川をたどっていくと海が見える。
彼女は俺の横に立った。少し肌寒い季節。彼女の体温を感じた。
 バイクに乗る彼女。一生懸命俺についてこようとする彼女。追いついた時に俺に見せた彼女の笑顔。
  いつしか、彼女に対する不信感は影を潜め、逆に少しずつではあるが愛おしさにも似た感情が芽生え初めていた。

このとき彼女の目を始めて見つめた。
 どちらかというと人付き合いが苦手で、人と目を合わせることが苦手だった俺。
  「どうしたの?」と彼女。「イヤ、何でもないっす」とできるだけ平常心を装う俺。
    「あの、そろそろ引き返そうか?」本当はもっとこうしていたいのに、その気持ちとは違った言葉が出てくる。
      なんで、いつも俺はこうなんだ!?

その後も数回このようなことが続いていたが、そのほとんどが彼女からの誘いだった。そして、
 初めて手をつないだのも彼女の方からだった。
  バイクに乗り、少し世間からズレていて、半ば投げやりになっていた俺。自分の生活スタイルを変えることを恐れていたはずの
   俺の心を、いとも簡単に引き込んでしまった彼女という女性。
    本気で好きになってしまうかもしれないと戸惑いを覚えた頃。
     「次会うときは、一緒にお酒でも飲もうよ家行っていい?」

彼女は美人と言えるような感じじゃない。そう、犬に例えるなら柴犬といったところか。
 感情に裏表のない、誠実でまじめで、快活で、そしていつも主人の行動や仕草を好奇心のある眼差しで見つめているような。そんな感じだ。
  俺の話に笑い、そして驚く。一緒にいて気持ちよいと感じ始めた頃には、彼女の目を見て話している自分がいた。

その次の週末、教えてあった俺の住所を頼りに彼女はバイクでやってきた。
 手にはワインと缶ビール。「明日は休みだよね?飲みまくりましょうか。ハハ」

家に入り、テレビをつけて、酒を飲み始めた。
 飲んでる間色々な話をした。俺が北海道に行った話、バイクに乗り始めた頃の話。
  彼女の生い立ちや、家族構成、実はごく近所に住んでいること。
   俺は笑い、そして彼女も笑った。こんな酒飲みは何時以来だろう?
そして、不可解だった彼女との最初に出会った頃の話も聞けた。
 彼女の歳は27歳。俺より学年では一つ上であることと、結婚にあせっているらしいこと。
  つまりはそういうことだったのか。彼女自身が”一世一代の大勝負”に出たらしい理由もようやく理解することができた。

彼女は酒に強いらしく、俺は結構つらくなってきた。
 そして、最後には彼女を忘れて、気持ちよく寝てしまった。
  冬から出しっぱなしになっているコタツは心地よく、いつの間にか頭の下には折りたたんだ座布団が敷いてあった。
   
どれくらい寝てしまったのだろうか。夢の中で子供の頃の自分が母親に頭をなでられている夢を見ていた。
 人に頭をなでられる。成人してからこんなことあっただろうか。
  ふと、急に目が冷め開けると、となりの誰かが俺の髪を触っていた。酔いつぶれて彼女のことなど忘れていた俺。
   ビックリして体を横に向けると彼女と向き合うような体制になってしまった。
    「気持ちよさそうに寝ていたね」彼女が笑っていた。
酔っている俺。目の前に口に出したことは無いけども、好きになった人がいる。
 俺の中で急に何かがこみ上げてきた。  「好きだ!!」
  叫んだ俺は、彼女の顔数センチまで近づいた。
   彼女の匂いがした。何の匂いと例えればよいか分からないけど、とにかくものすごく良い匂いだ。
    瞬間。俺は彼女の唇に口を押し付けた。
     「しまった!俺はなんと言うことをしたんだ!!」
と、思うか思わない間にコタツの中で彼女の足が俺の足に絡んできた。
 彼女は俺の行動を受け入れ、口を少し、遠慮気味に、力を抜いてくれた。
   
酒に酔っていたためか、まるで俺ではないかのように積極的になっていた。
 彼女の唇、舌、歯をなめしだいた。
  彼女の吐息は次第に大きく荒くなってくる。
   彼女の腕が俺の首に巻きつく。
    半ば彼女がぶら下がるような体制で俺は彼女の口元から少し顔を離す。
     彼女の耳の下を舐め、髪の匂いと少しだけ汗の匂い。耳を軽く噛んだ。
左手を彼女の胸に、右手は腹から内股へと滑らせていく。彼女の荒いジーパンの感触を確かめた後。
 Tシャツの内側へと手を進めていった。彼女は少し海老ぞったかと思うと、俺の顔を見上げて「フフ」と小さく笑う。
  彼女の腹から入った右手はやがてブラジャーへとたどり着く。
   ホックを外し、Tシャツを少し捲り上げようとすると、彼女は起き上がり、自ら脱いだ。
俺もシャツを脱ぎ、お互い上半身裸のまま力一杯抱きしめた。暖かかった。

人の肌の温もりを素肌で感じること。こんな心地よさと安堵感を感じたのは何時頃以来だろう。
 俺は彼女を体の中に取り込みたいと思った。力一杯抱きしめる。抱きしめて抱きしめて抱きしめまくる。
  彼女にもう一度キスをした。そして、それを合図にお互いの手がベルトとボタンへと伸びる。
   ズボンを膝あたりまで下げると、俺はゆっくり彼女を横たえた。そしてまたキスをした。

俺の右手は彼女の下着へ。そして、少しきついゴム下へと手を差し入れた。湿気を感じた。
 彼女は足で俺の手を挟み込む。そして緩んだ。
  俺は差し入れた手の力をそっと抜き、揉み解す。彼女は俺の首にぶら下がり、首元に吸い付くように口を当てている。
   彼女の体は汗ばみ、石鹸の匂いとちょっとだけすっぱい匂い。生き物の匂いを感じた。
    彼女の下着をゆっくり下ろすと、また足を挟み込む。

実はここに来て、この先を俺なんかがどうこうすることに少なからず不安を感じていた。
 本当にいいのだろうか。 本当にいいのだろうか。

「いいの?このまま」俺が聞いた。
 彼女は下から俺を見上げながら、「フーン、ハハ」とため息が混じったような笑ったような声でうなずく。

そして、ゆっくり俺は俺自身を彼女の中へ差し入れた。
 彼女は初めてではなかったけれど、むしろそんなことはどうでも良かった。こんなに良い娘を
  他の男が放っておく訳はないし、それがかえって俺自身の安心へと繋がった。

彼女の息は荒く、時折俺を見つめた。俺はゆっくり体を動かす。彼女の手は俺の肘あたりを握っていた。
 俺は彼女の首元に口を近づけ、吸った。彼女の湿った髪が俺の鼻先をかすめる。いい匂いがした。
  そしてその匂いは俺を更に奮い立たせた。
   動きは更に速くなる。彼女の手は何時の間にか俺の手首へ、そして手をつなぎたくなっているようだ。

”ごぶさた”が続いていた俺は早くも限界が近づいてきた。
 彼女はその気配を感じたかどうか。
  手をぎゅっとつかまれた。そして、俺と目が合うと同時に「いいよ」と小さな声で言った。

俺達の行為が始まってから、俺は「しまった」と感じていた。
 会ってまだ日も浅い。正式に付き合ってくれとの申し入れもしていない。
  ただ、俺が一方的に好きになっているだけの女性に対して軽はずみな行為をしていること。

瞬間、俺は俺自身を彼女の体内へと放出していた。「この人と生きていきたい」漠然とではあるが
 俺の決心だった。

あっと言う間の出来事だった。
 我に返った俺は、心から彼女に謝った。謝って許してもらえることではないけれど。謝るしかなかった。
  動揺する俺を彼女はじっと見ていた。
   「責任とってくれる?」彼女はちょっと笑いながらこういった。
    本当に落ち込んでいる俺。

「もう遅いから寝ようよ」彼女は言った。
 俺は彼女の分の布団を用意して、自分のベッドに潜り込む。
  そして、明かりを消した。

「失礼しまーす」唐突に明るい声で彼女は言ったかと思うと、俺のベッドに入り込んできた。
 暗闇の中での突然の声と、彼女の膝が俺の腹に直撃したのにはビックリしたし、痛かった。
  ベッドの中で、彼女は俺の手を握ってきた。
   「○○君のだったら別に良いんだよ」
    「え?」と聞き返す暇も無く「オヤスミ?」と彼女。

それから、彼女と何度も会い、そしてセックスをした。
 この頃にはお互いが空気のような存在というか、会って、話して、笑って、セックスをする。
  まるで自分と話をしているかのように、気を使わない相方というか連れ合いというか。
   このまま俺は彼女を好きで、彼女は俺のそばにずっと居てくれると思っていたし、それを疑わなかった。
その日は、彼女と夕飯を食べに行き、そしてその後暇なので100円ショップに行くことになった。
 色々なものに目移りし、何を買おうかとウロウロしていると、向こう側の食器コーナーから彼女の声がした。
  「今度一緒に飲むときには、このグラス使わない?」 100円ショップではあまり見かけない凝ったデザインのコップ。
   お酒が好きな彼女の提案に、俺は笑ってペアでこのグラスを買った。
    
次の日、いつものように朝彼女にメールした。「おはよう、今日は休みだけど、○○君は仕事頑張ってね」
 と返信がかえってきた。
  そして昼休みになった俺は、また彼女にメールを送った。だが、返信は無い。

夜、家に帰ってからメールを送る。   返信が無い。
 いつもは1時間以内には必ず彼女からの返信があった。
  不信に思った。彼女に何かあったのではないだろうか?嫌な予感がした。

2日後、彼女からは全く連絡が無い。 
 たまらず電話をかけるが携帯の電源が入っていなかった。
  自宅の電話番号にかけてみる。一人の女性が電話にでた。
「あの、夜分すみません。□□さんはいらっしゃいますか」・・
 女性はちょっと困ったような感じで少し黙っていた。
  女性:「あの、どういったご関係の方でしょうか?」 
   俺:「友人なのですが」
彼女は俺の事や名前は全く家族に話していなかったらしい。
 女性:「あのー、すみません、、、、、ご友人の方・・・」
  女性:「そ、□□は亡くなったんです。」
   俺:「え?」

   俺:「え?」

   俺:「え?」

女は俺の事や名前は全く家族に話していなかったらしい。
この女性は何を言っているんだろう?電話は切れていた。
 俺は、前に聞いた彼女の住所を思い出した。家のドアを叩き開け飛び出す。
  俺の愛車はいつもの場所にあった。エンジンを掛ける。
   いつもは念入りに暖機運転をしていたが、今日はしなかった。

彼女の家の前に差し掛かると、玄関先には通夜の準備らしい物が並んでいた。
 俺は素通りしか出来なかった。事の真意を知りたい気持ちを抑えながらひたすら我慢した。
  「何が起こったんだ?」「なんで?」
   葬儀業者の職員が玄関先に看板を立てかけようとしている。□□の名前が書かれてあった。
    何があったのか、たまたま近所の人が道路上に居たので聞いた。彼女はバイクで交通事故に合い、亡くなった。
俺はどうやって家に帰ったのか覚えていない。バイクのキーはいつものように机の上にあった。
 そして、その横には先日二人で買ったグラスが置いてある。

夜が明けた。俺は何か「行かなくちゃ」という気持ちになった。
 だが、ご両親は俺のことを知らない。知ったら俺と□□はバイク友達だったと言うことが知れてしまう。
  ご両親の気持ちを考えれば、とても行けない。

俺は彼女の家を出た霊柩車を追いかけた。彼女と一緒にツーリングに行った同じバイク。
 斎場の隠れた場所にバイクを置き、影から見ていた。
  煙突から陽炎のような煙が見えた。
 
心のそこから好きだった女性。
 彼女の髪、やわらかい唇、俺の噛んだ耳、笑った笑顔、彼女の匂い、声。
  もう、二度と、この世には存在しない。
   俺の目から涙がこぼれた。

彼女の好きだったもの。

カワサキのエストレヤ
お気に入りのTシャツ
いつも着ていた赤いジャケット
10年飼っている猫のクロ
レモンバーム
ワイン
両親
兄弟
俺が案内した景色。

はまった男  5

はまった男  4


王のことは忘れようと思っていても、王の写真、手紙、ハンカチ、アルバムなどが、忘れようとする心を邪魔する。

忘れようと思いながらも、王の写真は、必ず見ている。

僕は、机に写真を置いたまま、会社で寝た。

(前にも書きましたが家と会社は、隣です。僕は会社で寝泊まるする方が多いです。(^^)/)

次の日、社員達が、「社長の大連の彼女って、香港のカラオケの女だったんですね。」と言ってきた。

写真を見られた。でも、今更バレたって関係ない。

僕  「そうだよ、ウソついてたんだよ。もう彼女とは別れたから、その写真捨ててきて。」

社員 「そうなんですか?思い出として、取っておきましょうよ。大連で、散々僕達に自慢していた彼女じゃないですか。」

そうだ、自慢したくなるような、可愛い、可愛い女の子だった!

僕は、仕事に手がつかない。

このままでは、僕はおかしくなる。どうしたら、いいのか?

遠距離恋愛をして失恋した男達は、みんなこんなに苦しむのだろうか???

10月16日、S・K社長から、電話がくる。

23日から、大連に行くそうだ。

僕は、一緒に行きたいといった。

少しは気分転換になるかも知れない。しかし、社員達は文句を言ってきた。

当然だ。この間、香港から、帰ってきたばかりなのに。

僕は、今回はS・K社長と、仕事で大連に行くと、言って、社員達を説得したが社員達は、S・K社長と一緒なんて、余計に怪しい、どうせ女遊びをするだけだ!と言っている。

S・K社長は、信用度ゼロだ。結構立派な人なのだが・・・・・。

僕は、1週間休みを取った。

これにも社員達は、大ブーイングだった。

休みが長すぎる!どうせ、大連には仕事など無いくせに!!と言っている。

文句があるなら、お前ら、やめちまえ!と言い返した。

しかし、冷静になって考えてみたら、王は、もう大連にはいない。

今更、大連に行っても、しかたないのは、わかっているのだが・・・・・・。

僕と、S・K社長は23日、大連に飛び立った。

今思えば、この行動は大正解だ!!

僕とS・K社長は、今回は南山ホテルにした。静かで、良いホテルだ。

S・K社長は、早速、新しい女をホテルまで呼んでいる。李さんのほうが遙かに美人だ。

この人は、どうして女をコロコロ変えるのだろうか?

僕は、大連に着いたことをS君に知らせた。

S君、李さんには、通訳で散々お世話になった。この二人には、今でも、中国に着いたら、会えなくても、必ず電話をしている。

僕  「あ、S君?今、大連にいるんだ。用は無いけど、一応電話だけしておこうと思って・・・・。」

S君 「そうですか、大連にいるのですか・・・。北京には、来る用事は無いのですか?」

僕  「北京かァ。S君には会いたいな。お礼もしたいし。でも、今回はS・K社長も一緒だからなあ。そういえば、S・K社長がS君にお願いをして口説いた女ってあまり可愛くないね・・・。」

S君 「僕が通訳した女の子は、北京にいますよ。そのコではないと思いますが・・・。」

S・K社長は、ホントに女好きだ。大連に北京、まったくしょうがないな。

僕  「そういえば、王は今北京にいるんだよね、元気かな?」

S君 「・・・・・・・・・」

僕  「あれから、王から連絡あった?もし、連絡あったら、よろしく伝えておいて。」

S君 「あの・・・・・・」

僕  「何?どうしたの?」

S君 「いえ、なんでもないです・・・・・。」

僕  「どうしたの?一度言いかけたんだから、話してよ。」

S君 「あの、王さんから、Tさんに連絡は無いのですか?」

僕  「あるわけ無いじゃん。王は、電話番号変わっちゃったし、引っ越しちゃったし。僕達は、もう終わったんだよ。」

S君 「でも、王さんは、Tさんのことを、まだ愛していると思います。」

僕  「そんなわけないよ、電話来ないし・・・・。」

S君 「それは、Tさんが、王さんに冷たくしたから、電話をかけられないんですよ。」

僕  「だって、ほかに男がいるんだから、しょうがないよ。
その男とうまくいっていれば、いいんだけど・・・。」

S君 「その男は、本当に王さんの彼氏ですかね?Tさんは、その男の存在をどうやって知ったのですか?」

僕  「どうしたの?今更、関係ないじゃん。僕と王は、もう終わったんだから。」

S君 「ちょっと気になって。その男を、どうして知ったのですか?教えてもらえませんか?」

僕は、香港で食事をしていたときの会話、香港のラマダホテルでの会話を話した。

上海の元彼氏のことを、知っているS君に話すのは、少し恥ずかしかったのだが。

僕  「・・・・・と言うわけで、王には、福建省にも、彼氏がいたんだよ。」

S君 「Tさん、それは、とんでもない勘違いですよ。勉強不足です。やっとわかりました。」

僕  「何がわかったの?」

S君 「どうして、香港のラマダホテルでの会話を、教えてくれなかったんですか?どうして、王さんのウソを、教えてくれなかったのですか?」

僕  「だって、弟なんていないのに、弟と話していたなんてウソ、恥ずかしくて・・。」

S君 「王さんは、まだ日本語が上手くないんですよ!Tさんも勉強するべきです!」

僕  「意味がわかんないよ。」

S君 「Tさん、今回は、仕事で大連に来ているのですか?それとも遊びですか?」

僕  「S・K社長と一緒に来てるんだよ?遊びに決まっているよ。」

S君 「王さんのこと、まだ愛していますか?逢いたいですか?」

僕  「そりゃあ・・・・逢いたいよ、今すぐにでも逢いたい・・・。」

S君 「一昨日、僕は王さんと会いました。」

僕  「え?!!王にあったの?!!どこで?!!」

S君 「北京のKTVです。王からは、Tさんには言わないでくれ、内緒にしてくれと言われたのですが・・・・。」

僕  「・・・・・・・・・」

S君 「遊びだったら、大連にいる必要はないですよね?北京に来られませんか?」

僕  「・・・・・今日行く。すぐに行く。」

S君は、夜のガイドも、やっている。

毎日のように、夜のガイドを頼まれている・・・・。

20時30分、北京に到着した。大連から、約1時間、近いもんだ。

S君と再会の握手を交わし、タクシーに乗り込む。

僕  「王がKTVで、働いているのは、本当なの?」

S君 「働いていると言っても、今月終わりまでの、何日間かですよ。」

僕  「そう・・・。お客に、持ち帰りとか、されてるのかな・・・・・。」

S君 「それはないです、大丈夫ですよ、安心して下さい。」

S君は僕を安心させるように、にこやかに言う。

僕  「どうして大丈夫なの?わからないよ。持ち帰りされているかも知れない。」

S君 「大丈夫です。そこのKTVは、お持ち帰りのコは、黒いスカーフをしているんです。王さんは、スカーフをしていませんでした。福建省に帰る間の、軽いアルバイトみたいなもんですよ。」

S君は、北京の夜の世界に詳しい。僕は少し安心した。

僕  「S君が言っていた、とんでもない勘違いって、何のこと?」

S君 「王さんが言った、おとうと、と言うのは彼氏じゃないです。間違い有りません。」

僕  「どうして、そんなことわかるの?」

S君 「年下のいとこ、年下の知人のことを、おとうと、と言ったと思います。王さんはまだ、日本語が下手なので、うまく説明出来なかったんでしょう。だから、おとうと、おとうと、と言ったんだと思います。」

僕  「・・・・・・・・・」

S君 「王さんに、直接聞けば、わかることです。」

僕  「王に聞かなくても、その男の携帯番号を知っている・・・・。」

王の携帯の発信履歴から、男の番号をメモリーしてある。

S君 「それなら、話は早い。僕が電話をするので、番号を教えて下さい。」

僕は、番号を読み上げた。S君が電話をし、流暢な中国語で話す。

僕は、緊張しながら、S君のことを見ていた。

話し終わり電話を切る。

S君 「やはり、思った通りです。彼は恋人ではなく、王さんのいとこです。Tさんのことも、知っていました。「お姉ちゃんの恋人でしょ?」と言っていましたよ。」

僕  「・・・・・・・・・・」

S君 「彼は、誕生日が10月3日だそうです。」

僕の誕生日の1日前だ。

だから、王は、誕生日プレゼントを買った、と言っていたのか・・・・。

僕は、バカだ!香港で、王を無理矢理食事に誘い、イヤな思いをさせた挙げ句勝手に、いとこを恋人と勘違いをし、王に冷たくした。傷つけた。

王は、悲しかっただろう、辛かっただろう。

謝って許してくれるだろうか?

僕  「王は、僕のこと、許してくれるかな・・・・。」

S君 「大丈夫ですよ、王さんは、まだTさんのことを愛しています。」

僕  「どうしてわかるの?もう、嫌いかも知れない。あんなヒドイことをして。」

S君 「一昨日、日本人のガイドをして、KTVで、王さんと会いました。」

僕  「・・・・・・・・・・」

S君 「王さんは、僕の顔を見るなり、驚いて、走って部屋から、出て行きました。」

僕  「・・・・・・・・・・」

S君 「僕は、「今、部屋から出て行った女の子を呼んで!」と言い、王さんが僕の隣に着きました。王さんは「Tさんには、絶対に内緒にして下さい!お願いです!」と何度も言いました。Tさんには、知られたくなかったのでしょう。」

僕  「・・・・・・・・・・」

S君 「ガイドをした、日本人が、「あなたは、恋人いるの?」と王さんに聞いたらハッキリと、「わたしは日本に恋人がいます。わたしのことを、とても愛してくれています。」と答えました。」

僕  「・・・・・・・・・・」

S君 「ガイドした日本人が、「なかなか逢えなくて、寂しいでしょ?」と言ったら、「今、彼は忙しくて、なかなか逢えませんが、お互い愛し合っているので寂しくありません。」と言ってました。」

僕  「・・・・・・・・・・」

S君 「だから、大丈夫です。王さんはTさんのことを、まだ愛しています。」

僕  「・・・・・・・・・王は、今、どこにいるの?」

S君 「おばさんの家にいます。さっき、僕は王さんに、ウソを付きました。「王さんが引っ越したので、住所がわからないから、僕の会社に、Tさんから、手紙が来ました。Tさんが、王さん宛に書いたものです。夜、おばさんの家に、持って行きたいのですが、いいですか?」と聞いたら、「持ってきて下さい、わたし見たいです!」と言っていました。」

僕  「王は・・・・可愛いね・・・・・。」

S君 「とても可愛い女の子です。Tさんを連れて行けば、ビックリしますよ!喜びますよ!もうすぐ、おばさんの家です!」

S君って、どこまで良い奴なんだろう。

王のおばさんの家に、着いた。

僕はドキドキしながら、階段を上った。

王のおばさんの、家の前に着いた。S君が扉をノックする。

僕は、階段の陰に隠れていた。王は驚くかな?喜んでくれるかな?

扉が開く音がして、王の声が聞こえる。

懐かしい、すぐそこに王がいる。

S君と王が話している。早く飛び出して、王に逢いたい!抱きしめたい!

S君が、僕のことを呼ぶ。僕は、努めて冷静に、王の前に姿を現した。

王の、驚いた顔が、目に入いる。少しの間、お互い見つめ合ったままだ。

僕 「逢いたかった・・・・」

この言葉を言い終わる前に、王は僕を睨み、力一杯突き飛ばした。

王の、思いがけない行動に、僕はよろけて床に手を着いた。

S君は、唖然としている。

僕は、立ち上がり、呆然と王を見つめた。

王は扉を閉める。

S君は、扉の中だ。僕1人だけ、家の外に置き去りだ。

王は、S君に怒鳴り声をあげている。

S君も、いつもより激しい口調で話している。何を話しているんだ?王の口調は、明らかに怒っている。やはり、怒っていたのか。

当然だ、僕は王にひどいことをした。王を苦しめた。

とにかく、話だけでも聞いてもらいたい。王に、謝りたい!

王の泣き声が聞こえた。泣きながら、S君に怒鳴っている。

僕は、扉を叩き、中にいるS君に

僕  「S君、聞こえる?王は何て言っているの?」

S君 「いや、その・・・王さんは、興奮していて、その・・・・。」

僕  「ハッキリ言って。王は何て言っているの?」

S君 「いや、なんというか・・・帰ってくれと言っています・・・顔も見たくないと・・・・」

僕  「そうか・・・・・・。」

S君 「しばらくすれば、落ち着くとは思うのですが・・・・。」

あれだけ傷つけたのだから、王の気持ちは、よくわかる。

一方的に勘違いをし、一方的に別れようと言った。

王の言い分を、聞こうともしなかった。

王が、必死になって訴えていたのに、僕は耳も傾けなかった。

顔も見たくない、か・・・・。そう言われて当然だ・・・・。

再会の喜びは、王には無かった。

僕は、王にとって憎しみの対象だ。

僕は、とにかく話だけでも聞いてもらおう、とにかく謝ろう、そう思い

僕  「王、聞こえる?本当にゴメン、話だけでも聞いて。S君、扉越しに通訳してくれ。」

S君 「わかりました。」

王の返事は無い。

僕 「僕は、大変な勘違いをしていた。王が電話で話していた相手を勝手に恋人だと思っていた。本当にに申し訳ない。」

王 「・・・・・・・・・・」

僕 「言い訳になるけど、王は最初、「お母さんと話していた。」と言ったでしょ?僕は、その言葉を聞いて、またウソを吐いている!と思った。」

王 「・・・・・・・・・・」

僕 「その後に、「おとうと、と話していた」って言ったでしょ?でも、王は一人っ子、弟はいない。だから僕はまたウソを吐いた!恋人と話していたんだ!と勘違いをした。」

王 「・・・・・・・・・・」

僕 「日本では、年下のいとこや、仲のいい年下の知人を、おとうと、とは言わない。でも、中国では言うみたいだね。僕は、中国のことを知らなすぎた。勉強不足だった。」

王 「・・・・・・・・・・」

僕 「王のことが好きだから、余計に怒りすぎた。好きじゃない女だったら僕は怒りはしない。日本に帰ってからも、王に逢いたくて、逢いたくて仕方なかった。」

王 「・・・・・・・・・・」

僕 「王の些細なウソと、僕が王のことを信じられなかったから、こんな結果になったけど僕は、まだお互い愛し合っていると、信じている。王、扉を開けて。王の顔が見たい。」

王 「・・・・・・・・・・」

扉は開かない。

僕 「僕が馬鹿だった。王のことを苦しめた。でも、王もまだ僕のことを愛しているでしょ?」

やっと、王の言葉が聞こえ始めたのだが・・・・

王 「・・・・・あなた、おかしい。」

僕 「え・・・・?」

王 「わたしは、あなたのことは好きでもないし、愛してもいない!」

僕 「・・・・・・・・・・」

王 「わたしは、もう恋人がいる!日本人の恋人が!だからあなたは、帰って!」

僕 「・・・・どうしてそんなウソを吐くの?」

王 「ウソじゃない!日本人の恋人が出来たの!早く帰って!!」

僕 「・・・・じゃあ、その人の名前を言ってみて。」

王 「・・・・・・・・・・」

僕以外の名前を、言えるわけが無い。王は日本人の名前など知らない。

僕 「ウソは吐かないで。王の顔が見たいんだ。扉を開けて。」

しばらく沈黙が続いた。

僕はタクシーの中で、S君から、王がまだ僕のことを愛している、と聞いた。

だから、元の仲に戻れるのは、簡単だと思ったのだが・・・・。

王 「あなた、わたしのこと、まだ愛しているの?」

僕 「もちろん、愛しているよ。」

王 「・・・・・・わたし、もう騙されたくない。」
 
僕 「・・・・・・・・・・」

また、沈黙が続く・・・。

しばらくして、扉が開いた。
王は、黙ったまま僕のほうを見つめている。

王 「・・・・あなたは、私に逢いに来てくれたの?」

僕 「・・・・当たり前でしょ?」

王 「そう・・・・・ありがとう。・・・・・。」

王の目に涙が浮かぶ。声を詰まらせた。

王 「・・・・・あなた、私のことをいつも心配してくれた。」

僕 「・・・・・・・・・・」

王 「・・・・・いつも遠くから逢いに来てくれて。」

僕 「・・・・・・・・・・」

王 「・・・・・お正月、逢いに来てくれたとき、感動した。この人はウソを吐かない、信じられる、わたしはそう信じていた・・・・。」

僕 「・・・・・・・・・・」

王 「・・・・・あなたの勘違いは、本当かもしれない。私に逢いに来てくれたのも本当かもしれない・・・・・。」

僕 「・・・・・・・・・・」

王 「でも・・・・・・・・」

僕 「・・・・・・・・!」

王の大きい瞳から、涙がこぼれ始めた。

王は、怒って泣くときは、声を上げるが、心の底から悲しいときは、声を上げずに、涙だけがこぼれる。

僕は、ダメか・・・・、と半ば諦めた。

王は、声を詰まらせながら、苦しそうに
王 「・・・あなたのことを、もう信じることはできない。」

僕 「・・・・・」

王 「・・・あなたとわたしは、こうなってしまった以上、仕方ないでしょう?」

僕 「・・・・・」

王 「・・・・・」

僕と王は見つめあったままだ。

王は黙ったまま、涙だけが落ちている。

上海の元恋人と、別れた時と同じだ。

今度は僕が捨てられる番だ・・・・・。

しばらく、3人とも黙っていた。僕は言葉が出ない。
王は涙が止まらない。

S君はチラッと王を見て

S君 「王さんは、今パニックになっています。少し考える時間をあげましょう。」

僕  「王とは・・・もうダメみたいだね・・・・。」

S君 「とにかく、王さんに時間をあげましょう。」

僕  「でも、もう二度と逢えなくなっちゃうかも・・・・・。」

S君 「大丈夫ですよ、心配ないです。」

どこが大丈夫なんだ?

僕は、もう捨てられる寸前じゃないか!

気が気でない。

S君が話しかける。

S君 「Tさん、行きましょう。」

僕は、少しでも王と話したくて

僕 「・・・・・もう、僕のことは好きじゃない?」

王 「・・・・・・・・」

返事は無い。

僕 「僕は何日間か中国にいる。北京にいるか、わからないけど、僕に逢いたくなったら、電話をして。」

王 「もう、電話番号忘れた・・・。」

僕 「・・また、ウソを吐く。あんなにたくさん、僕に電話をくれたでしょ?ちゃんと覚えているでしょ?僕は、前の王の番号覚えているよ。」

王 「・・・・・・・・・・」

そういえば、今の王の番号は知らない。後でS君に教えてもらわないと。

僕はバックからお金を取り出し、

僕 「これ、少ないけど使って。」 

お金を渡すのも、最後になるのかな・・・・。

王 「・・・・・いらない。もう大丈夫。」

僕 「約束は約束だよ。」

僕は無理やり渡した。

S君 「Tさん、行きましょう。」

王  「どこに行くの?泊まるところはあるの?」

S君 「知っているホテルを予約してあります。心配しないで下さい。」

王  「そう・・・・どこのホテル?」

S君 「京広新世界飯店です。」

王  「すぐ、そこのホテル・・・・・。」

王は、少し穏やかな表情になった。

本当は、ホテルの予約など、まだしていない。

どうやらS君は、ウソを吐いて、おばさんの家から近くのホテルを言ったようだ。

僕とS君は、おばさんの家を離れホテルに向かった。

京広新世界飯店は高い建物で立派そうに見えるが部屋は狭かった。

これが5つ星ホテル?と感じるほど。

荷物を置き、食事をすることにした。

食欲は無かったが、S君が、安くて美味しい北京ダックの店に案内してくれた。

そういえば僕は、本場の北京ダックを食べるのは、初めてだ。

王が一緒なら、美味しさが何倍にもなるのに・・・・。

僕はS君に話しかける。

僕  「S君、さっき「大丈夫、心配ない」って言ってたけど、どうして?」

S君 「中国の女性は、面子を重んじます。王さんは面子を潰されたことが許せなかったのでしょう。冷静になれば、気持ちは変わりますよ。」

僕  「そうなの?あんなに怒っていたのに?僕を突き飛ばしたんだよ?」あんなに泣いてたんだよ?気持ちが変わるかな??」

急にS君が笑い始めた。

僕 「どうしたの?何で笑っているの?」

S君「あ、すみません・・・・・。」 まだ笑っている。

僕  「・・・・・・・・・・」

S君 「・・・・王さんの、小さな体でTさんが倒れるものなんだなって。」

僕の顔が赤くなる。

S君 「王さんは、小さいのに、すごいパワーですね。」

僕  「あれは、いきなりだったから・・・。」

S君 「王さんは、Tさんだから突き飛ばしたんですよ。そこまで出来る仲はそうはいません。」 

まだ笑っている・・・・。

僕  「それって、褒めてるの?馬鹿にしてるの?」

S君 「いや、すみません。とにかく、ホテルの名前を言ったとき、王さんはホッとしていました。Tさんのことが心配だし、近くのホテルだから安心したのでしょう。」 

僕  「僕もそう思った。これからどうしよう、どうしたら王、許してくれるな?」

S君 「そうですね、少し様子を見ましょう。王さんはTさんを愛しています。間違いありません。ただ、面子が・・。素直になってくれるといいんですが。」 

僕  「様子を見るって言っても、どの位、様子を見ればいいの?なんか、S君のほうが、王のこと詳しいみたい・・・。」

S君 「いえ、そんなことないですよ。」

あわてて言う。

S君 「そういえば、広州のおみやげのガラス細工、まだ貰ってないですね。王さん、今持っているんですかね?」

僕  「どうなんだろ?」

S君 「聞いてみましょうか?」

僕が頷くと、S君は電話をかけた。話し終わり、

S君 「福建省に、ほかの荷物と一緒に、送ってしまったようです。今は持っていないと・・・。」

僕  「そう・・・。」

S君 「もし、王さんが持っていたら、会う口実になったのですが。」

僕  「そうだね。残念だなあ。」

S君 「Tさんは、逢いたがっているから、王さんが逢いたくなったら、連絡を下さい、と言っておきました。とにかく、王さんからの連絡を待ちましょう。」

はたして、連絡が来るのだろうか?

本場北京ダックの味が、わからないまま、僕は食事を終えた。

10月24日、S・K社長から、早く大連に戻って来いと、電話がある。
しかし、僕は今、大連に用は無い。

王の連絡待ちは、ツライ。こっちからは連絡できないなんて。
北京まで来て、すぐ近くに王がいるのに、なんで逢えないんだ?

S君も自分の仕事があるから、僕にばかり、構っていられない。

仕方ないので、昼間は1人で観光に行った。

つまらないなあ。

夜、S君が気を遣って、北京のKTVに案内してくれた。

北京は、とにかく中式KTVが多い。S君のKTV巡りは、女の子を見て、気に入った子がいれば、店で飲む、というやり方なので、気に入った子がいなければ、すぐ店を出て、お金もかからない。

僕1人だけだったら、いったい幾ら取られていただろう?

チップ100元の所から、300元の所まで、15件くらい廻ったが僕は、気に入った子がいなかった。一店に80人位女の子がいたので1000人以上見たのだが。

レベルは大連より、断然、可愛い子が多い。

僕も王がいなかったら、ほとんどの女の子を、気に入ると思うのだが・・。

S君が言った。

S君 「じゃあ、とっておきの所に行きましょう。政府の人間が利用する高級KTVです。中国全土から、可愛い子が集まるので、絶対に気に入る子がいます。」

その店は、確かに店の造り、女の子、値段、どれも大連では味わえないほどの高級KTVで、部屋代だけで3000元以上する。

女の子のチップが400元で、給仕の女の子、ママのチップも400元だ。合計で、ものすごい値段になった。
(ちなみに、お持ちは3000元からだそうです。高い!)
(唸るような美女揃いですよ!機会が有ったら、行ってみてください!)

今思えば、こんな高い飲み代を使うなら、王にあげたほうが、よっぽど良かった。

確かに美女揃いだが、王に比べたら、みんなカボチャに見える。一応、指名はしたがあまり話は、盛り上がらなかった。

店を出て、ホテルに戻る。

S君 「Tさんは、王さん以外の女の子は、目に入らないみたいですね。」

僕  「そうなんだよ。なんで、あいつはあんなに可愛いんだろう?」

僕は、意味不明なことを口にした。

今日、連絡が無かったな・・・。

10月25日の昼、S君の携帯に、王から連絡が入った。

僕の携帯が鳴る。

S君 「Tさん、喜んでください!王さんは、今日、福州に帰るそうです。Tさんによろしく伝えて欲しい、と言っていました。」

僕  「何?それ。僕が、どうして喜ぶの??かえって、悲しいじゃない。」

S君 「王さんが、もし時間があったら、来年のお正月も福建省に遊びに来てください、みんなで楽しく過ごしましょう、と言っていましたよ!」

僕  「ホントに!?」 僕は急に明るくなった。

S君 「早く、広州のおみやげも渡したいです、と言っていました。」

僕  「・・・・何時の飛行機だろう。空港まで行きたいな。逢いたい。」

S君 「18時50分発です。まだ、時間はあるので、聞いてみましょう。ちょっと待っていてください。」

しばらくして

S君 「空港に15時に来て欲しいそうです。「Tさん、わたしのこと怒っていませんか?」と聞いてきたので、王さんに逢いたくて、苦しんでいる、と言ったら「わたしの気持ちが、わかってくれましたか?わたしも苦しみました。」 と言っていました。王さんは、やはりTさんに逢いたいんですよ!」

僕  「素直じゃないね。でも、お互い様かな・・・。」

空港で見た王は、少しよそよそしかったが、次に逢うときは、以前の仲に戻れるだろう。

お正月、逢いに来てください、S君も良かったら一緒に来てください、と言っている。

僕は、きっとお正月まで待てない、もっと早く、逢いに行く!と言った。

王は、笑っている。

王は、僕に謝ってきた。

僕も謝った。

これからは、お互い信じあいましょう、と約束をして王は福建省の福州に飛び立った。

いつもは、王が空港まで、見送りに来てくれたが、今回は逆だ。

空港での別れは、どちらも辛いものだ・・・。

夜、王から電話が来た。僕の携帯電話に、王から電話が来るのは、久しぶりだ。
福州空港に着き、「これから実家に向かう、あなたに早く逢いたい」と言っている。

僕だって早く逢いたい。北京に来たのに、王に逢えた時間は2、3時間くらいか?

僕は、近いうちに、必ず逢いに行く!と言って、電話を切った。

さっきまで、近くにいたのに、王が素直じゃないから、まったく・・・・。

しかし、暇だ。王に逢いに来たのに、王はいない。KTVに行く気は起きない。

S君はガイドの仕事で、忙しい。僕はあまりにも暇なので、李さんに電話をした。

李 「ウェイ?」

僕 「あ、李さん?Tだけど」」

李 「こんな時間にどうしたの?」

僕 「ごめんね、今、1人で暇でさあ・・・。」

僕は、簡単に今までのことを話した。李さんが呆れている。

李 「Tさん、よっぽど王さんのことが、好きなんだね。」

僕 「そうだよ、王に、はまっているんだ。早く逢いたいよ。」

李 「じゃあ、福建省まで、逢いに行けばいいじゃない。どうせ暇なんだから。」

僕 「・・・・・・・・・・」

李 「せっかく中国に来ているんだから。」

僕 「・・・・・そうか!僕が福州に逢いに行けばいいんだ!簡単なことだ!」

李 「私は彼氏に会いに香港に行くから、一緒に行ってあげてもいいよ。」

僕 「ホントに?いつ、来れるの?」

李 「いつでもいいよ。私も暇だから。」

僕 「僕は、早く逢いたい。明後日とかでもいい?」

李 「ずいぶん急だね。べつにいいよ。」 李さんが呆れながら言う。

僕 「福州から、香港まで、どの位時間かかるの?」

李 「福州から深センまで、たぶん、1時間かかんないよ。」

僕 「近いね、じゃあ、福州空港で待ち合わせしよう。本当に来てくれるの?」

李 「旅費、ホテル代は、全部Tさんが持ってよ。通訳代も頂戴ね。」

なんか高くつきそうだ。でも前回、福建省に行ったとき言葉が通じなくて大変だった。

僕 「それでいいよ。また後で電話する。」僕は電話を切った。

でも、李さんから、彼氏に逢いに行くときもあるんだ。何か意外だ。

S君が、ガイドの仕事が終わり、僕の部屋に来た。

僕は、明日、王に福州に逢いに行くと言った。

S君 「福州と、広州は、近いですね。僕も一緒に行きましょうか?」

僕  「広州に近いって、何か関係があるの?」

S君 「広州に知人がいるんですけど、彼の会社の仕事もやっているんですよ。」
(この、広州の人は、結構有名です。知っている人もいるのでは?)

僕  「じゃあ、S君一緒に来てよ。李さんより、S君のほうがいいな。」

S君 「いいですよ、じゃあ、李さんは、断ってください。」

僕は、明日電話をすればいいと思っていたのだが・・・・。

10月26日の朝、僕は李さんに電話をしたが、つながらない。

昼にもう一度かけてみよう。僕は1人寂しく、朝食をとった。

昼過ぎ、李さんから、電話が来た。
李 「航空券、1210元だった。後でちゃんと頂戴ね。」

僕 「・・・・・・・・・・」

李 「もしもし?聞こえてる?」

僕 「・・・・・聞こえてる。何時に福州に着くの?」

李 「午前の11時10分。出発は7時50分。」

僕 「早すぎる!!なんで、そんな飛行機を選んだの!?」

李 「こっちのほうが安かったのよ。安いほうがTさんいいでしょ?」

僕 「それはそうだけど・・・・。」

李さん、気を使ってくれたみたいだ。贅沢好きな李さんが。

しかしまいったな。

S君が一緒に行ってくれるから、李さんは断ろうと思っていたのに。

でも、今更、断れない。かといって、S君を断るのもなあ。どうしよう・・・。

10月27日の朝、僕とS君は、北京空港にいた。考えた末、S君、李さんと3人で王の家に行くことに決めた。人数が多いほうが、王も喜ぶだろう。

お金は、ずいぶんかかるなあ。日本に帰ったら、仕事頑張って、稼がないと!

S君 「李さんという方は、どのような女性ですか?」

僕  「美人で、いい人なんだけど、気が強い。。」

S君は、李さんと電話で話したことはあるが、会うのは初めてだ。

S君 「そういえば、王さんには、今日行くことを、伝えてあるのですか?」

僕  「いや、言っていない。」

S君 「え???言っていない??」

僕  「そうだよ。だって、「来ないで!」、なんて言われたらイヤじゃない。だから何も伝えないで、王の家に行く。」

S君は呆れながら

S君 「そんなことして、もし王さんに逢えなかったら、どうするんですか?」

僕  「それもそうだなあ。じゃあ、王が福州にいることだけでも、確認しよう。」

S君 「わかりました、電話してみます。」

僕  「僕達が、今日行くって言っちゃ駄目だよ。」

S君が王に電話する。僕も話したかったが、我慢した。

S君 「王さんは、友達の親がやっているお店で、今日から働くそうです。」

僕  「何のお店だろう?まさか、KTVじゃないだろうね?」

S君 「それは無いですよ。服の店と言っていました。」

王は勝利広場でも、服を売っていた。それにしても、一昨日の夜、実家に帰ってもう、働くのか。何日間かは、休むのかと思ったのだが、結構、真面目なんだな。

僕とS君は、福州に飛び立った。僕は今年の2月(もう去年になりました)以来福州に行くのは、2度目だ。王と知り合ってから、中国のいろいろな所に行く。

海南航空なんて、聞いたことも無い会社の飛行機だったが、11時20分、ほぼ定刻どおり、無事福州に到着した。

今回は、今までで、一番安心できる旅になりそうだ。

何と言っても、S君、李さん、二人の頼りになる通訳がいる。

李さんのほうが、早く着いている筈だ。僕とS君は、李さんを探した。

李さんを見つけ、S君を紹介した。S君は、中国語で挨拶する。

李  「あなた、本当に日本人なの?すごく中国語上手い。」

僕  「ちょっと、日本語で話してよ。僕がわからない。」

S君は日本語で話す。

S君 「有難う御座います。李さんも、日本語が上手いと聞いています。李さんは、すごい美人ですね。」

僕  「そうかな?王のほうが、可愛いよ。」

S君が笑う。

S君 「まあ、Tさんにとっては、そうですが・・・。」

李  「どうする?食事でもしていく?」

僕  「王に早く逢いたいから、食事は王の家に着いてからにしよう。」

李  「機内食、ほとんど食べなかった。私、お腹空いている。」

僕  「我慢してよ。タクシーで4時間、かからないから。」

S君 「え?そんなに遠いんですか?」

李  「王さんも素直じゃないね。Tさん、これから苦労するな。」

僕  「王が素直じゃなかったのは、僕のせいなんだ。王は悪くないよ。」

S君 「面子を潰したのは、確かに悪かったと思いますが・・・・。」

李  「だって、王さんが素直だったら、わざわざ福州まで来なくても北京で逢っていれば、よかったじゃない。」

僕  「それは、王を悲しませた罰だよ。王は僕を許してくれた。それだけで満足だよ。」

李さんが呆れた顔をしている。

とりあえずタクシーに乗り、王の家に向かった。

舗装された道とガタガタ道が、交互に現れる。2月、来た時と一緒だ。

S君が、中国語で李さんに話しかける。李さんは、なぜか日本語で答える。

S君の中国語に対抗しているのかな?このへんは李さんの、気の強さが出ている。

僕は李さんに「S君の中国語は、李さんの日本語より、遥かに上手いから、中国語で話なよ。」

李さんは、機嫌が悪くなった。ムッとしている。

李さんは、日本語にかなり自信を持っているので、プライドが傷ついたのかもしれない。

僕は、李さんの機嫌を直してもらいたくて

僕 「ねえ、李さん。僕とS君は、北京で一番の高級KTVに行ったけど、李さんより美人の小姐はいなかったよ。李さんは今でも、カラオケ小姐になったらNo1だね。」

李 「・・・・・・・・・・」

余計に機嫌が悪くなった・・・・・。

後で聞いたのだが、カラオケ小姐と比べられたことが、頭にきたらしい。

そういえば、以前王も、「日本人クラブで働けば?」、と僕が言ったら、大激怒していた。

「カラオケ小姐」、この言葉は、しばらくタブーにしておこう。

「あ!!!」 僕は思わず大声を上げた。

S君、李さんが驚いて、「どうしたの?」、と聞いてくる。

僕 「公衆トイレだ!懐かしいな!」

S君 李 「?????」

僕と王が入った公衆トイレだ。僕は、あまりの臭さと汚さで、結局、用を足せなかった。

しばらく走っていくと、僕は、また「あ!!!」と叫んだ。

S君、李さんが、「今度はどうしたの?」、と聞いてくる。

僕 「ここで食事をしたんだ。ここでトイレを借りたんだ。懐かしい。」

S君 李 「?????」 二人とも不思議がっている。

早く逢いたい、もう、あと何時間かで、王に逢える!

16時前、王の家に着いた。3人で階段を上る。王の家は5階だ。

S君がノックをする。僕は心が溢れていた。早く!早く!

扉が開いて、王のお母さんが、顔を出す。

お母さんは、僕とS君を見て驚いている。S君が何か中国語で話している。

お母さんは頷いて、「よく来てくれました。」と歓迎してくれた。

李さんと、王のお母さんは、初対面だ。
お母さんも、李さんのことを「綺麗なかたですね。」、と言っている。

綺麗でも、李さんは、幸せなのかな?

香港人に中国人の彼氏、でも結婚は考えていないみたいだ。

もう、28歳なんだから、幸せになってもらいたい。

家にあがり、お母さんがお茶を出してくれた。王の家のお茶は、最高に美味しい!

僕  「王は、今どこにいるんですか?」

母  「娘は、仕事をしているんですよ。」

S君 「どちらで働いているのですか?」

母  「ここから、歩いて15分位の所ですよ。」

僕は、早く逢いたくて、「王の仕事場に行こう!!」、と言った。

お母さんは、「17時過ぎには、帰ってくると思うから、家で待っていて下さい。」

と言ってくれたが、僕は少しでも早く、王に逢いたい。

お母さんが、場所を教えてくれた。

僕は、S君と李さんの、手を引っ張り、外に出た。

早歩きで、王の働いている店に向かう。

王、驚くだろうな、今度こそ喜んでくれるかな?

完全に、舗装されていない道路なので、李さんは、歩きづらそうだ。

李 「こんな所に、私が泊まるホテルがあるの?」

S君 「ぼくも、今日は、どこに泊まればいいのですか?」

僕  「ホテルが無かったら、王の家に泊まればいいじゃない。」

李  「みんな、泊まれるの?王さんの家、そんなに部屋あったっけ?」

僕  「S君は、台所で寝て。李さんは、王の部屋で、僕と王と3人で寝よう。」

S君 「Tさん、それはないですよ。」

李  「私、絶対にイヤだからね!」

こんな会話をしているうちに、王の仕事場の店に着いた。

僕は、ガラス越しに、王を見つけた。

接客している。

店に入りたかったが、仕事の邪魔をしちゃ悪い。

今はガラス越しに、見ているだけで充分だ。

しばらく見ていたが、僕は我慢できなくなり、ガラス窓をノックした。

王が気がついて、僕を見る。王は、口に手を当てて驚いている。

香港のマクドナルドで、王と初めて会い、カラオケの店で、再会した時も王は、口に手を当てて驚いていた。

あの時と同じ顔だ。

王は僕を見つめている。S君、李さんは、王の目には映っていないだろう。

ガラス越しに、僕だけを見つめている。

僕は、何か買えば、問題ないだろう、と思い、店に入っていった。

王は抱きついてきた。北京で、僕のことを突き飛ばした王は、もういない。

王  「どうしたの?どうしてあなたが、ここにいるの?」

僕  「王に逢いたかったから、来ちゃった。」

王  「ウチには、行ったの?」

僕  「さっき、お母さんと会ってきた。お母さんに、ここを聞いたんだ。」

王  「どうして連絡をくれなかったの?もし逢えなかったら、どうするつもりだったの?」

S君 「僕が朝、王さんに電話したのは、王さんが福州にいるのを確かめたんですよ。」

王  「どうして、S君と、李さんもいるの?」

李さんは、上海語で
李 「Tさん最初、私に通訳を頼んだくせに、S君にも御願いしてたのよ。失礼しちゃう!」

と言ったらしい。

僕とS君が、わからないように、言ったみたいだ。

さっき、僕が「李さんの日本語より、S君の中国語のほうが遥かに上手い」と言ったので、そのお返しかもしれない。

僕  「S君でも、上海語は、わからない?」

S君 「お手上げです。所々、わかる言葉はありますが・・・・・。」

S君のような、プロの通訳でも、わからないのか。

李 「王さん、私、お腹が空いた。どこか美味しいところない?」

王 「あそこの店は美味しいよ。もう少しで終わるから、先に行って待ってて。」

僕達は、王の教えてくれた店に入った。ここは・・・・・・!

お正月に来た、あのグロテスクな食材が、たくさんあるところだ。

ここで食べるのか・・・。
S君と李さんは、大丈夫かな?と思ったが、余計な心配だった。

S君、李さんは、楽しそうに食材を選んでいる。僕は、またも野菜ばかり選んだ。

僕達が先に食べていたら、王が、お母さんを連れて、やって来た。

王は、手になにか持っている。

今回は、S君と、李さん、二人の通訳がいるから、言葉にはまったく不自由しない。

王も、お母さんも、安心してベラベラ話す。

王は、手に持っていた物を、僕に渡した。

広州のおみやげのガラス細工だ。

王 「あけてみて。」 僕は箱を開けた。

鶴のガラス細工だ。

僕 「綺麗・・・。ありがとう、嬉しい。」

王は少し悲しそうな顔をして
王 「あなたは、冷たかった。わたし1人、広州に行かせて。」

僕 「いや、だからそれは・・・・。」

王 「わたしを、沢山傷つけた。わたしは悲しかった。騙されたと思った。」

お母さんが、「Tさんは、娘を騙したんですか?」、と聞いてきた。

僕はあわてて

僕 「違います、騙したりしません。王のことは愛していますよ。本当です。僕の単なる勘違いです。些細な勘違いだったんですよ。」

母 「それなら、いいですけど・・。娘から、いろいろ聞いて、心配で・・。」

王は、お母さんに相談していたらしい。

1人娘だから、お母さんも心配なのだろう。

僕 「僕のほうこそ、王に騙されたのかと思った。ほかに恋人がいるのかと。」

王 「あなたが、勝手に勘違いしたんじゃない。」

僕 「まあ、そうなんだけど・・・。その前に、上海の男のこともあったし・・・。」

王 「それは・・・・・。」

僕 「まあいいや。これからは、信じあいましょう。」

王 「うん!」

王が、僕の手を握ってくる。

王 「わたし、あなたに騙されてから、ご飯が食べられなかった。」

僕 「だから、騙した訳じゃなく・・・・・・。」

王 「毎日悲しかった。あなたの夢を見た日もあった。」

僕は黙って聞いた。

王 「もう、逢うことはないと、諦めていた・・・・でも・・・・・。」

しばらくして
  
    「騙されたのに、まだ好きだったの!」

                                完。

はまった男  4

はまった男  3


王はしばらく泣いていた。僕は言葉をかけられなかった。

結婚まで考えた元恋人との想いが溢れているのだろう。

王は作り笑いをし

王 「お腹空いちゃった。何か食べに行こう。」

僕 「無理しないでいいよ。無理に笑わないで。」

王 「だって、わたし本当にお腹空いている。」

そういえば王は今日、元恋人に会うのに緊張してか、何も食べていない。

王 「そうだ、おばさんの家に行こう!わたし、何か作るよ!」

僕 「え?おばさんって、僕の知っているおばさん?」

王 「お正月にも会ってるし、わたしの誕生日、大連にいたおばさんだよ。」

僕 (やっぱり・・・・。)

あの、ものすごい勢いで、家を買え!と言ってきたおばさんだ。

僕は迷った。S君を連れて行ったら、間違いなく、家を買え!攻撃が始まるだろう。

いままでは、言葉が通じなかったので、おばさんは控えていたが、今回はS君がいる。僕はS君に

僕 「S君は、僕の味方だよね?」

S君 「は?」

僕 「僕の都合のいいように、通訳を頼むよ。」

S君 「それは、もちろんです。任せておいて下さい。」

王と超市で買い物をする。王は楽しそうに食材を選んでいる。
食材を袋に入れて、王のおばさんの家に向かった。
家にはいると、お母さんと、おばさんがいた。

今までは、言葉が通じないので、お母さんと、ほとんど話した
ことがなかったが今回は、S君がいる。何でも来いだ!

王が台所でご飯を作っている間、お母さん、おばさんと話をした。

S君がいるもんだから、おばさんと一緒にものすごい勢いで話しかけてきた。

まるでマシンガンだ。

S君も、2人同時に話しかけてくるものだから、通訳が大変そうだ。

僕の家族構成、学歴、収入、預金、土地の有無、仕事内容、日本の生活しつこいくらいに聞いてくる。

僕  「普通、こんな事、聞いてくるもんなの?」

S君 「生活力を重視しますので、当然聞いてきますよ。」

僕  「まだ、付き合っている段階なんだけどな・・・。」

S君 「お母さんは、そうは思ってないみたいですよ。結婚相手としてみています。Tさんは、実家に泊まったこともあるし。」

王は一人っ子だから、お母さん、心配なのかも知れない。

ご飯が出来上がり、5人で食べることになった。
僕は中華料理は好きなのだが、中国のお米は臭いがあり、好きになれない。

ところが、王のおばさんのお米は、臭いが無く美味しかった。
王の料理も、なかなかいける。実は王は家庭的だったりして。
S君も、美味しいと言っている。

S君 「王さんが以前、カラオケクラブで働いていたとは思えませんね。」

僕  「僕もそう思う。普通の女の子なんだけどな。」
(この発言には、突っ込まないで下さい。深い意味はありません)

王  「何話しているの?」

僕  「美味しい。王は料理できるんだね。なんか意外だ。」

王より先にお母さんが

母 「ウチの娘は、何でも1人で、できるんですよ。しっかりしています。」

王 「結婚したら、毎日作ってあげる。」

母 「Tさんは、どうなんですか?ウチの娘と結婚する気はあるんですか?」

僕 「そうですね、まずお互い言葉を話せるようになり、コミュニケーションがとれないといけません。今、王は日本語を覚えているので近いうちに、取れるようになるでしょう。以前は筆談ばかりでしたが今は、ずいぶん減りました。王は頑張ってくれています。」

母 「あなたは、中国語を覚える気はないんですか?」

僕 「僕は、仕事が忙しくて・・・・。」・・・・ただの言い訳だ(>_<)

母 「コミュニケーションが取れたら、その後はどうするんですか?」

僕 「お互いに、何も問題がなければ、結婚したいですね。王以上に好きになる人は、もう現れないと思います。僕も、もう少しで34歳になりますから、いいかげんな気持ちで付き合うつもりは、ありません。」

お母さんは少し満足したようだ。

S君が通訳を続ける。

母 「それなら、娘を幸せにして下さい。自慢の娘です。」

王の頭を撫でながら言う。王は笑っている。

香港で売春をしていた事を知ったら、倒れてしまうだろう。

おばさん 「結婚するには家が必要でしょう?」

僕は、やはりと思った。これからが大変だ。

僕 「そうですね、結婚した後は、中国にも僕と王の家がほしいですね。」

おばさん 「結婚する前でも、家は必要ですよ。家を買いなさい。」

僕 「でも、今は必要ではないんですよ。今買うのはちょっと・・・・・」

おばさん 「どうせ、中国で暮らすんだから、今買ってもいいでしょ?」

僕 「え?中国で暮らす??」

おばさん 「王と結婚したら、当然中国で暮らすんでしょ?王は日本には連れて行かせません。だから家を買いなさい。」

僕 「・・・・・・・・・」

僕はS君が間違えて通訳しているのかと思った。

僕 「S君、おばさんは、本当にそんなこと言っているの?間違えて通訳していない?」

S君「僕は、ちゃんと通訳していますが・・・・。」

僕 「お母さんは、どうなんですか?王を日本に連れて行くのは反対ですか?」

母 「王は、大事な一人娘ですから、遠くに連れて行かれたら困ります。」

僕 「遠くと言っても、今、王が住んでいる大連から実家の福建省と、東京から福建省まで、距離は同じくらいですよ。そんなに遠くありません。」

母 「国が違えば、来るのも大変でしょう。わたしは反対です。」

僕 「じゃあ、結婚したら、僕と王は離ればなれですよ?王が寂しがります。」

母 「だから、あなたが中国に住みなさい。」

僕 「でも、僕は中国に住む気はありません。日本に仕事もありますし・・・。」

おばさん 「あなたが中国に会社をつくれば?それなら中国に住めるでしょう?」

変な方向に話が進んでる。僕は中国に会社をつくる気は全くない。

S君 「珍しいですね。普通は日本に行きたがるものなんですが・・・・。」

僕もそう思った。王自身はどう思っているのだろう?

僕 「王はどう思っているの?日本に来たくない?」

王 「わたしは、どっちでもいいよ。中国でも日本でも。」

僕 「そう・・。それに関しては、これから決めよう。」

王 「うん。」

おばさん 「とにかく、家がないといけない。買いなさい。」

おばさんの、家を買え攻撃がまた始まった。S君も大変そうだ。
僕は答えを誤魔化しながら、食事を終えた。

S君 「ずいぶん家にこだわっていますね。知り合いでも買わされた人はたくさんいますよ。もし、買うとしたら結婚した後ですね。」

僕もそう思った。結婚する前に家を買うのは抵抗がある。

今日は、どこに泊まろうか?

僕はおばさんの家に泊まる気になれずS君にホテルを取ってもらった。

王は、どうするんだろう?

王も、僕のホテルに行きたいと言い出した。

僕はホッとした。

1人で寝るのは寂しすぎる。ただ、お母さんは、せっかく北京に来たのだからもう少し、おばさんと話していきなさい、と王を叱っている。

福建省でもそうだったが、王のお母さんは、結構厳しい。

王も素直に、言うことを聞く。

王 「話が終わったら、あなたに電話する。」

僕とS君だけで、ホテルに向かうことになった。

S君 「お母さん、厳しいですね。王さんにも、Tさんにも。」

僕  「僕、嫌われているのかな?大事な一人娘だもんなあ。」

S君 「それはないですよ。Tさんのことは、気に入っています。」

僕  「それならいいんだけど・・・・。」

僕とS君はタクシーに乗り込み、ホテルに向かった。
チェックインをして、部屋に入る。

僕  「S君から見て、王はどんな女の子かな?」

S君 「そうですね、おばさんの家を買え!攻撃には参りましたが、王さんは心の優しい人だと思います。Tさんにずいぶん気をつかっていました。」

僕  「あれで気をつかっているの?そうかなあ・・・・。」

S君 「王さんの食器を見ましたか?」

僕  「そういえば、王、あまり食べてなかったね。いつもは、たくさん食べるのに。」

S君 「王さんは、本当は、お腹が空いていなかったんですよ。本当にお腹が空いていたら、その辺のレストランで食べています。自分で作るのは、時間がかかるし、手間です。」

僕  「・・・・・・・・・・」

S君 「Tさんに、気を使わせたら悪いと思って、無理にお腹が空いたと言って行動に出たのです。僕は、すぐにわかりました。」

僕  「・・・・・・・・・・」

S君 「本当は、悲しかったと思います。でも、Tさん、お母さん、おばさんに気付かれないように、していたと思います。」

僕  「確かに、口数は少なかった・・・・・。」

長年、中国で生活して、毎日中国人と接している、S君が言うのなら間違いないだろう。

S君の通訳は、素晴らしい。李さんよりも、遙かに上手い。

それでも直接、王と話すのではなく、ワンクッションS君を通して会話をするのでどうしても伝わらない部分が出てきてしまう。行動も把握できない所がある。

いままで、気付かなかった王の優しさも沢山あったのだろう。

僕の携帯が鳴った。王かと思い出ると

社員 「社長、聞いて下さいよ、ひどいんですよ。」

バカ社員だった。

僕  「どうしたの?」

社員 「ガイドを頼んで、飲みに行ったんですけど、全然安くないんですよ。いい店を教えて下さいよ。どこの店がいいですかね?」

僕  「明日、気を付けて帰りな。無事着いたら電話をくれ。」

僕は、すぐ電話を切った。

王だと思ったのに・・・。まったく・・・。

この後、香港のR社、N社長から電話があり、丁度中国にいるので、王と二人で香港に行きました。

R社の社員は、広東語、北京語、英語、日本語、4カ国語を話せるのが、採用最低条件なので、日本語もペラペラです。ホントにスゴイ!!

社長のNさんは、元々香港人ですが、今は帰化して日本人です。

N社長はフランス語も少し話せます。

でも王は、北京語はN社長より、S君の方が上手いと言っていました。

本社は、東京にあり、香港は支店です。シンガポールにも支店があります。

N社長曰く、香港人は中国本土の人を少し下に見る傾向があるようです。

R社の社員の女の子達と食事をしたのですが、北京語が話せるのに、広東語か、日本語で話しています。王1人だけ話せなく可哀想・・・・。

僕が、「北京語で話して下さい。王はまだ日本語が、わからないんです。」と言うと社員の女の子は、「北京語だとT社長が、わからなないですよ。」 だってさ・・。(>_<)

それで奮起してか王は、絶対に日本語を覚えてやる!と言っていましたが・・。

大連ー成田までの航空券はパーになりましたが、香港ー成田の
航空券は安いですね!片道でも、往復でも値段は変わらないのですが、
とにかく安い!広東省に行かれる方、又はその近辺の省に行かれる方、
香港経由は安くてGOODですよ!

僕と王は、香港空港でお別れだ。早朝の便なので、王、眠そうだ。

10月、僕の誕生日に逢う約束をして、香港を発った。

飛行機の中で、王の余韻に浸っていた。

それにしても、R社の社員の女の子達は、王に冷たかったな、失礼だ。

少し言葉が話せるからって、あの社員達は、いい気になるな!王だって北京語、福建語、上海語、少し日本語、4カ国語???話せるんだ!

あの社員達は、可愛さじゃ王に勝てないから、ひがんで意地悪したに違いない。

可愛いコは、意地悪されやすい。可愛すぎる王も罪な女だ。
僕は勝手に想像し、勝手に納得した。(^o^)

夕方、会社に着いた。社員達は、大連は面白くないと文句を言ってきた。
可愛いコはいない、サービスは悪い、値段は高い、ガイドは怪しい

もう行きたくないといっている。僕には、どうでもいいことだ。

大連に、誘ったのは僕だが、店、ガイドは勝手に自分たちで選んだ。

以前だったら、くだらない話でも一緒に参加していたが

王と付き合うようになってからは、大人になった。(もう、34歳、オヤジです(^o^))

僕と王は、10月、別れることになった。

楽しいはずの、僕の誕生日が一転して最悪のものとなった。
出会ってから約9ヶ月、お互い愛し合っていると思っていたのだが、こんな些細なことで、別れることになるとは・・・。

僕が王のことを信じられなかったこと、王のウソ、二つの原因が、この別れを招いた。

9月下旬、僕の誕生日が近づいてきた。

王は「あなたの誕生日プレゼントを用意しておくね。」と言っている。僕は、お礼を言ったが、一番のプレゼントは、王に逢えることだ。

王は、簡単な会話なら、S君、李さんを使わないで話せるようになったので電話をかけてくる回数が増えた。

国際カードを使っているとはいえ、お互い電話代が大変だ。

僕の誕生日にかぶる日程で、N社長から、香港に来てくれないか?と連絡が入った。

マカオ、シンガポールからも来客があるそうだ。

N社長は、「Tくんにも紹介したい。」と言っている。

N社長に言われたら、断るわけにはいかない。

僕の会社は、R社からの仕事で、全体の3分の1の利益が出ている。

せっかく王とゆっくり逢えると思っていたのに・・・。

仕事なので、王を同席させるわけにはいかない。

僕はS君に事情を話して、仕事が終わりしだい大連に飛ぶと、伝えてもらうことにした。

大事な用件はS君を使ってしまう。

僕 「いつも通訳につかって、悪いね。」

S君 「気にしないで下さい。」と言ってくれる。

S君は、いい奴だ。

S君が王に電話をすると、王は怒り始めた。

王 「わたしだってTさんが来るときは、仕事を休んでいるのよ!Tさんも休んで!」

S君 「王さんの気持ちはわかりますが、Tさんは責任ある立場上、仕方ないと思います。仕事が終わり次第、大連に行くといっています。」

王 「何日大連にいるの?」

S君 「1泊か2泊と言っていましたが・・・・。」

王 「何?それ!2ヶ月に一度しか来ないのに2日間しか逢えないの?バカにしている!」

S君 「そんなことないですよ。Tさんは逢いたいはずです。王さんを愛しています。」

王 「じゃあ、わたしが香港に行く。そうすれば問題ないでしょう?」

S君 「王さん、Tさんは、遊びで香港に行くのではないんですよ?仕事ですよ?」

王 「ずっと、仕事をしている訳じゃないでしょ?仕事の邪魔はしないから・・・。」

S君 「じゃあ、Tさんに聞いて、また電話をします。ちょっと待っていて下さい。」

王 「わたし、早く逢いたいと伝えてほしい。」

S君から電話がきた。

S君「王さんは香港で逢いたいと言っていますよ。仕事の邪魔はしないと言っています。」

大連から、わざわざ香港に来るのか・・・。

僕 「そう・・じゃあ香港で逢おう、僕も王に早く逢いたいと、伝えてもらえる?」

S君「わかりました。王さん、喜びますよ。」

僕 「旅費は僕が出すから、飛行機で来てくれ、とも伝えてもらえる?」

王は、8月香港に行くとき、電車で行こう!と、とんでもないことを言い出した。

結局は飛行機にした。

軟臥で、飛行機の約半額だが、時間は何倍もかかる。

僕達は王と香港で逢うことを約束し、10月3日香港に飛んだ

香港空港に着き、N社長と再会し、タクシーでR社に向かう。

N社長、僕を含めて、会議に参加したのは8人。
N社長は日本語、英語、北京語、広東語を使い分けて、みんなに説明する。
スーパーマンみたいだ。今、英語を話していたかと思えば、北京語になる。

僕の発言は、ほとんど無かった。

僕がいなくても、問題ないんじゃないか?

1日目の仕事が終わり、僕は、ラマダホテルに急いだ。王が待っているはずだ。

N社長が、香港のラマダホテルを取ってくれたのだが、香港のラマダホテルは大連のラマダホテルより、ボロい、狭い、臭いで、良いところがない。

ホテル代はN社長持ちなので、文句は言えないのだが。

狭いロビーに、荷物を持った王がぽつんと座っている。僕は王に抱きついた。

僕 「まった?ごめんね。」

王 「たくさん待った。仕事は終わったの?」

僕 「王のために、抜け出してきた。みんなは、まだ会議している。」(ウソ)

王 「私のために?大丈夫?」

僕 「大丈夫。お腹空いてる?何か食べに行こうよ!」

王 「うん!行こう!」

王の荷物を、部屋に運び、僕達は夜の香港に出かけた。

王が、紙袋を持っている。あれは、何だろう?

王と逢えるのは夜だけで、それまで王はひとりぼっち。

せっかく王が、僕の誕生日に大連から逢いに来てくれたのに。

ご飯を食べながら、
僕 「ごめんね。仕事は明日までだから。」

王 「気にしないで。あなたは仕事を頑張って。」

王が、紙袋を僕に渡す。

王 「はい、これ誕生日プレゼント!」

本当は、明日なのだが、王は早く渡したいのだろう。

僕は紙袋の中を見た。

僕が、王の大連の家で見たアルバムだ。

懐かしいな。

大連で見たときは、可愛い、可愛いと、連発したっけ。

僕が楽しそうに見ていたので、このアルバムを誕生日プレゼントに選んだのだろう。

僕にとっては100万円のロレックスより価値がある。

もう一つ、小さい袋がある。

僕 「これは何?」

王 「開けてみて。」

刺繍されたハンカチだ。

男の子と女の子が刺繍されている。僕と王の意味だろう。

王 「これ、あなた。こっち、わたし。」

王は楽しそうに説明する。

僕 「ありがとう、嬉しい。来年、王の誕生日には僕のアルバムをあげるね。」

王 「えー?そんなのいらない。オメガが欲しい。」

何てこった!

僕 「ダメ。僕のアルバム。」

王 「じゃあ、オメガとあなたのアルバムを頂戴。」

またまた何てこった!

僕 「もういい。来年、王の誕生日は、プレゼント無しね。」

王 「今のは、冗談で言ったんだよ。」

僕 「いや、本気で言ってた。王はそんな女だったんだ。」

王 「違うよ!冗談だよ!」

王は、すぐムキになる。そんなところも可愛い。

僕 「僕も、今のは冗談。」

王 「あなた、意地悪だ。」

王が笑っている。

僕は王の笑顔をみられるのだったら、仕事なんかほっぽり出してしまってもいい、と何度思ったことか・・・・。

10月4日、思ったより早く仕事が終わった。
僕の出番はほとんど無く何をしに香港に来たのか、わからない。

N社長とは、池袋、新宿でよく飲むが、その延長上の、軽い誘いだったのだろうか?

N社長は、これから社員達と食事をして、それからカラオケに行こう、と言い出した。

さらに、明日はマカオに遊びに行こう、と言っている。

マカオは美女揃いで、一度T君を連れて行きたいんだ、とも言った。

王がいなければ、N社長と、カラオケでも、マカオでも行くのだが、今の僕にはカラオケやマカオで、ほかの女の子と知り合いたい、セックスしたい、と言う願望はない。

ただ、早く王に逢いたい。

僕はN社長に、王が香港に来ていることを告げ、今日は僕の誕生日だから王と2人で一緒にいたい、と言った。

N社長 「じゃあ、食事だけ一緒に食べよう。王さんも連れてきな。」

僕は、少し迷った。

8月、R社の女子社員達は、王に冷たかった。

今回も同じようなことだったら、困る。僕は断ろうと思ったが、N社長が、せっかく誘ってくれているのに、断るのも失礼だ。

食事だけなら2、3時間で済むだろう。

僕 「王を呼んできますので、ちょっと待っていて下さい。」

急いで、ラマダホテルに向かった。

チャイムを鳴らし、部屋にはいると、化粧品が沢山あった。

お母さん、おばさんへのおみやげらしい。中国本土より、香港のほうが安いみたいだ。

王 「仕事はもう終わったの?」

僕 「終わった。明日からは、王と一緒にいられる。」

王 「よかった。お腹空いたから、何か食べに行こう!わたしノーベビーだよ!」

僕 「僕もノーベビーだ。」

この、ノーベビーという言葉は、お腹が空いた、と言う意味で、僕と王にしかわからない言葉だ。

お腹がいっぱいの時はベビー3、普通の時はベビー2、お腹が空いているときはベビー1、お腹がぺこぺこの時はノーベビーと言っている。

ようは、お腹がいっぱいの時は、お腹が膨れて、赤ちゃんがいるみたたいなので、ベビー○と言っているのだ。

僕と王が、お互い言葉が通じないときに、使っていた言葉である。

他にも、僕と王しかわからない言葉が、沢山ある。

ほかの人が聞いたら、大笑いだろう。

今、王は日本語が話せるようになっても、僕と王にしか、わからない言葉を使う。

N社長は、以前、僕と王の会話を聞いて、大笑いしてたっけ。

僕 「食事はN社長と一緒じゃダメ?」

王 「・・・・・・・・」

僕 「今、N社長達は、レストランで先に待っている。N社長と一緒にいるのは今日で最後だから、一緒に食べようよ。」

王 「この間の、女子社員もいるの?」

僕 「たぶん・・・・いると思う。」

王 「わたし、行きたくない。あなた1人で行ってきて。」

僕 「せっかくN社長が、誘ってくたんだから、一緒に行こうよ。」

王 「わたし、どこかで食べてくるから、1人で行ってきていいよ。」

僕 「ワガママだなあ。ワガママな女は嫌いだよ。」

王 「ワガママじゃないよ!ワガママはあなたでしょ?!」

どっちもどっちだが、行きたくないのを、無理に連れて行くのも可哀想だ。

8月、王はつまらなそうにしてたし、僕が女連れで行くのも、どんなものか?

N社長は、王さんも連れて来な、と言ってくれたが、ほかの人は、仕事に女を連れて来るのは(仕事は終わったのだが・・・。)良い気分はしないだろう。

僕 「じゃあ、ちょっと待ってて。なるべく早く帰ってくるから。それから食事に行こう。」

僕は、部屋を出て行こうとすると、王が僕の腕を掴んだ。

王 「・・・・・わたしも行く。」 

王は嫌々ながらもそう言った。

僕 「たくさん食べよう!N社長がご馳走してくれるんだから!」

僕は王の手を引っ張り、タクシーに乗り込んだ。

今思えば、無理に誘わなければ良かった。

この食事のせいで、僕と王は別れることになる。

僕と王がレストランに入る。

N社長達を探して、席に着いた。

僕の隣は女の子だ。王は、にこやかに挨拶をしているが、内心はどうなんだろう?

食事をしながら、みんなで話す。
やはり、メインは広東語か日本語だ。
僕に気を使ってくれるのは有り難いが、北京語で話して欲しい。
王も、知っている日本語で話そうとするが、みんなの話題についていけない。

N社長は、僕の日本での失敗話を話している。みんな大笑いだ。

N社長を始め、みんなは楽しそうだが、王はつまらなそうに食べている。

王が、可哀想だ。

無理に連れてこなければ良かった。僕は後悔した。

僕はつまらなそうにしている王に、

「明日、どこに行きたい?」と聞いた。

王 「どこでもいいよ。あなたは?」 そっけなく言う。

僕 「香港はつまらないから、明日は、ほかの所に行こう。」

王 「ホント?わたし、広州に行きたい!」 急に明るくなった。

僕 「わかった。明日は広州に行こう。美味しいものたくさん食べよう。広州料理は、日本でも有名だよ。」

僕と王は、指切りをし、親指どうしを押し当てた。

中国にも、約束の指切りは、有るみたいだ。

王は機嫌を直したかのように思えたが、しばらくすると、またつまらなそうな顔になった。

やはり、話し相手がいなければ、誰だってつまらないだろう。

唯一、話し相手の僕も、N社長達の話題に入って、王とあまり話さなかった。

間が持たないのか、王は携帯電話を取りだし、誰かに電話を仕始めた。

僕の隣の女子社員が話しかけてくる。

女 「彼女、福建語で話していますね。」

僕 「え?あなたは、福建語がわかるんですか?」

女 「私のお父さん、台湾人だから。台湾語と福建語は90%同じなんですよ。」

僕 「そうなんですか・・・・。」 

初めて知った。

僕 「じゃあ、王が何を話しているのか、わかりますか?」

冗談で聞いてみた。
女子社員は、黙って聞いている。
彼女は王の福建語を通訳し始めた。

女 「彼女、たぶん、男の人と話していますね。」 声を小さくして話す。

僕 「・・・・・・・・・・」

女 「あなたの誕生日に一緒にいれば良かった。」
僕 「・・・・・・・・・・」

女 「誕生日プレゼントは買ったから、戻ったら渡すね。」
僕 「・・・・・・・・・・」

女 「香港はつまらない。早く帰りたい。」
僕 「・・・・・・・・・・」

女 「わたしは香港に来なければ良かった。」
僕 「・・・・・・・・・・」

女 「全部は聞き取れなかったけど・・・。彼女は、Tさんの恋人じゃないんですか?」

僕 「恋人ですよ。」

女 「でも、彼女は、男の人と話していたと思います。」

王が話し終わる。

僕は顔が引きつっているのが、自分でもわかった。

僕 「王、ちょっと携帯を見せて。」

王 「どうして?」

僕 「王の携帯に入っている写真を見たいんだ。」

王 「いいよ、はい。」

僕は、写真を見る振りをして、発信履歴を急いで見た。
そして、今、王が話していた番号を、頭の中にたたき込む。
すぐ、自分の携帯にメモリーした。

僕は、トイレに行く振りをして、緊張しながらメモリーした番号に電話をした。

「ウェイ?」 僕は、すぐに電話を切った。

男が出た・・・・・。誰なんだ??

王は、福建語で話していた。

そして、誕生日おめでとうと、言っていた。

あなたの誕生日に一緒にいれば良かった、とも言っていた。

僕に対してでは無く、電話の男に対してである。

どうゆうことだ?福建にも恋人がいるのか?上海の男で懲りていないのか?

僕は席に戻った。
王以外は、みんな話で盛り上がっている。
僕の顔が引きつっているのは、誰も気付かない。

隣の女子社員に「少し通訳をしてもらえますか?」 と頼んだ。

女子社員が通訳をする。

僕 「さっき、電話で誰と話していたの?」

王 「え?」

僕 「さっき話していたのは、北京語じゃないでしょ?誰と話していたの?」

2月、日本料理屋で言ったことがあるセリフだ。

あの時、王はウソをついた。

でも、僕と王は、2月の時とは違うんだ。お互い愛し合っている!

そう信じていたのだが、素っ気なく

王 「お母さんと話していた。」

僕 「・・・・・・何を話していたの?」

王 「わたしが香港に来て、お母さん心配しているから、大丈夫よって言ったの。」

またか・・・・。どうしてウソをつくんだ?

これじゃ、王のことを、いつまで経っても信じられないじゃないか!!

僕は、かすかな期待を込めて、聞いた。

声が少し震えてる。

僕 「お母さんの、携帯番号を教えて。」

王 「どうして?」

僕 「何かあったとき、知っておいたほうがいいと思う。教えたくない?」

王 「別にいいよ。133・・・・・・・・だよ。」

やはり、さっき僕が、かけた番号と違う。

ひょっとしたら、さっきの番号は、本当にお母さんの携帯番号で、たまたまお父さんが出たのではないかと、かすかな期待を込めたのだが、その期待は、裏切られた。

僕は悲しくなった。

僕 「お母さんに電話してもいい?今、王から電話があったか聞いていい?」

王は少し困った顔で

王 「どうして?何でそんなことを、お母さんに聞くの?」

僕 「王が、ウソを付いているからだよ!」

僕の声が大きくなった。N社長、社員達が僕のほうを見る。

僕 「どうしてウソを付くんだ?今話していたのは、お母さんじゃないだろ?」

王 「・・・・・・・・・・」 

僕は女子社員を見て

僕 「彼女は、お父さんが台湾人で、福建語がわかるんだ!」

王は、真っ青な顔になった。

李さんに演技をしてもらった時と、同じ顔だ。

僕 「王が話していたことは、彼女は全てわかっている。僕も通訳してもらった。どうしてウソを付くんだ?これじゃ、いつまでも王を、信じられないじゃないか!」

王 「・・・・・・・・・・」

王は黙っている。

僕は疲れてきた。上海の元恋人の正体がわかるまで、約半年かかった。

この福建の男は、何者なんだ?また正体探しを、しなくてはならないのか?

王は涙を浮かべながら、北京語で話している。

僕に対してではなく、N社長、社員達にである。

僕は女子社員に

僕 「王は、N社長や社員達に、何を言っているんですか?」

女 「みんなに謝っていますね。悪口を言って、すみません、と言っています。」

僕 「悪口?王は、みんなの悪口も電話で、言っていたんですか?」

女 「私は、良く聞き取れなかったのですが、言っていたみたいですね・・・。みんなに謝っています。」

僕を裏切っただけではなく、N社長、社員の悪口まで、電話の男に話していたのか。

この女子社員は、王が、みんなの悪口を言っている会話は、聞き取れなかったが、王は、聞かれたと思ったのだろう。

だから、あわてて謝っているのだ。

王の姿が滑稽に見えた。N社長、社員は、悪口を言われていたことなど気づいていなかったのに、王は、自分から白状している。

恥ずかしいな・・・。

僕はため息をついた。

もう、どうでもいいや。

N社長は、気にしていないと言ってくれたが、僕は謝り、王を連れて先に失礼した。
あんな白けた場には、いたくない。タクシーに乗り、ラマダホテルに向かう。

お互い無言だ。

王が僕に寄りかかってきたが、僕は押し戻した。

ホテルに着き、エレベーターに乗る。

無言なのは息苦しい。

部屋に入ってからもしばらくは無言だった。僕は何を話せばいいのだろう?

僕は半ば自棄気味に聞いてみた。

もし正直に話してくれたなら・・・・・。

僕 「さっき電話で話していたのは、誰?」

王 「ごめんなさい、お母さんじゃない・・・・。」

僕 「じゃあ、誰?正直に言って。ウソはつかないで。」

王 「おとうと、おとうと。」

僕 「・・・・・・・・・」

ダメだ、この女は。あなたは、一人っ子だろう?

弟と話していた?

何でそんなウソがつけるんだ?

もし、正直に話してくれていたなら、僕は王を許した。

福建の男とは、別れてくれればいい。

それなのに、どうしてウソをつくんだ?

ここまでウソをつかれると、もう、怒る気もない。

福建の男が誰かなんてどうでもいい。

きっとこの女は、これからもウソを付いて、僕を困らせるだろう。

ほんの何時間か前までは、恋人同士だったのが、今では・・・・・・。

僕は、王と一緒の部屋に寝て、初めてセックスをしなかった。

王は、僕の手を握ってきたが、振り払った。

王が泣き始めた。声をあげて泣いている。

僕は、ベットから起き出し、椅子に座りタバコに火をつけた。今夜は眠れるだろうか?

朝、目が覚めた。

ほとんど眠れなかったので、頭がボーとしている。

王は、目が赤い。寝不足なのと、泣いていたせいだろう。

王が僕に話しかける。

王 「広州はどうするの?」

僕 「僕はいかない。」

王 「昨日、約束したのに・・・・・。」 

僕 「王は、もう大連に帰りなよ。僕は本当は、仕事が残っているんだ。」

王 「・・・・・わたし、1人で広州に行く。」

僕 「・・・・・・・・」

王 「一緒に来て欲しい。」

僕 「・・・・・・・・」

王 「一緒に行きたい・・・・。」

僕 「僕は深センに用がある。深センまでなら・・・・」

本当は深センに用など無い。

王は少し明るくなった。

王は、荷物をまとめてホテルを出る。僕は財布とパスポートだけを持ってきた。

深センに行くまでに、僕の心が変わって欲しい、そう願っているのかも知れない。

電車に乗り、深センに向かう。

約30分(位だったと思う)の旅だ。

王が寄りかかってきた。僕はそのままにしておいた。

深センに着き、街に出て食事をした。

恐らく最後の食事となるだろう。

本当に最後になるのか?

食事が終わり、深セン駅に向かって歩き出した。

僕は王のことはまだ愛している。(と思う)

でも、これから付き合っていくのは疲れるだけだ。

せめて、誰からの電話か、正直に答えてくれたなら・・・・・。

王 「ねえ・・・・。」

僕 「なに?」

王 「わたし、1人で広州に行くの?あなたと一緒に行くの?」

僕 「・・・・・・・・・」

王 「ねえ・・・どっち・・・・?」

僕 「僕は、仕事があるから・・・・。」

一緒に行きたいくせに!

王に逢いに来たくせに!

なぜ意地を張るのか?

僕は別れの言葉を言った。王は涙を浮かべている。

王は、何度も振り返りながら、深セン駅の入り口に向かって歩いている。

引き留めるのだったら、今ならまだ間に合う。すぐそこに王がいる。

しかし、僕は立ちつくして、引き留めることが出来ない。

王に逢いに来たのに、どうしてこんな事になってしまったのか?

王は入り口の中に消えていった。

僕はしばらく立ちつくしていた。

ひょっとしたら、王が、戻ってくるかも知れない。

戻ってきて、僕に抱きついてくるかも知れない。

自分勝手な考えだ。広州に行かないといったのは僕だ。

僕が、追いかければ良かったんだ。

もう、僕と王は逢うことはないのだろうか・・・。

日本に戻り、いつも通りに仕事をする。

仕事をしていても、張りが出ない。

改めて中国女性の魅力を実感した。

僕から王に電話をすることは、無くなった。

王から電話がきたときは、「仕事が忙しい。」「時間がない。」と言ってすぐに切った。

王は、必死になって、何かを叫んでいるが、僕には言い訳にしか聞こえない。

本当は、電話がくると嬉しいくせに!

毎日、王からの電話を待っているくせに!

なぜ、王はウソをつくのだろう?
「お母さんと話していた。」
「弟と話していた。」

「お母さんと話していた。」は、まだいい。

王だって、電話で話している人のことをいちいち聞かれて、答えるのは、めんどくさいだろう。

しかし、僕はあれほど正直に言ってくれ、とお願いしたのに、

「弟と話していた。」

と言うのは、許せない!

弟などいないのに!!

王は一人っ子なのに!!

福建省に男がいるのも、許せない!

上海の元彼氏で、懲りていないのか?

10月10日の夜、通知不可能で電話が来た。

電話に出たら、S君からだった。

S君 「今、王さんから電話がありまして、「Tさんが怒っている、電話をしても、すぐ切られる。どうしていいのか、わからない。怒っている理由を教えて欲しい!」 と言っていましたけど、Tさんは、どうして王さんのことを怒っているのですか?」

僕  「怒っている理由を、王は自分でわからないのかな?ウソばかりついて・・・・。僕が怒っている理由は、王が自分で考えて、と伝えてもらえる?」

S君 「王さんは、N社長と社員達の悪口を、言ったのは、謝っていましたが・・・・・。」

僕  「そんなことが理由じゃないよ!あの食事は王は、つまらなかったと思う。行きたくないのを、無理に誘った、僕に責任がある。みんな王に冷たかったし話す人もいない。王は可哀想だった。悪口くらい、言いたくなるのはわかる。そんなことを、怒っているんじゃないんだよ!」

S君 「何があったんですか?僕で良ければ、話を聞かせてもらえませんか?」

福建省に男がいるなんてことは、恥ずかしくて言えない。

僕が惨めになるだけだ・・・・。

僕  「とにかく、あいつは、大嘘つきなんだ。もう、逢うのは止めようと思う。」

S君 「あんなに好きだったじゃないですか・・・・・。」

僕  「ウソばかりで、イヤになったよ。もうあいつのことは信じられない。」

S君 「王さんは、Tさんのことを、愛していると思いますが・・・・・・。」

僕  「そんな訳ないよ。愛しているんだったら、ウソばかり吐かない。」

S君 「それはそうですが・・・・。」

僕  「もう、王のことは愛していない、王は、もっといい男を捜してくれ、と伝えてもらえる?」

S君 「本当に、そんなこと伝えていいんですか?」

僕  「あと・・王のことは心から愛していた、こんな結果になって残念だ、とも伝えて欲しい。」

S君 「・・・・・わかりました。そう伝えます。」

これで、王とも終わりか・・・・。

本当に好きだったのにな・・・・。

しばらくして、S君から電話があった。

S君 「王さんは、泣いてました。「どうして、いきなりそんなことを言うのか、理由を教えて下さい、友達に頼んで、電話をください、直接話したいです。」と言っています。」

僕  「・・・・・・・・・」

S君 「「N社長には、香港に直接、謝りに行きます。だから許して下さい。悪口を言ってごめんなさい。」と言っていました。」

僕  「・・・・・・・・・」

S君 「「わたしは、毎日悲しくて、ご飯が食べられません、夜も眠れません、このままでは倒れてしまいます。」とも言っています。」

僕  「・・・・・・・・・」

S君 「「1人で広州に行って、寂しかったです。あなたは約束を破りました。でも、あなたに、おみやげを買ってきました。とても可愛いガラス細工です。逢って渡したいです。早く、わたしに逢いにきて下さい、いつ逢いにきてくれますか?」とも・・・。」

僕  「・・・・・・・・・」

S君 「「あなたの、お母さん、お父さんにも、刺繍のハンカチを作ります、お願いです。逢いに来て下さい、電話を下さい・・・・。」と言っていました。」

僕  「僕も、誕生日プレゼントに、そのハンカチはもらった・・・・・。」

S君 「Tさん、友達に頼んで、直接電話してもらえませんか?あれじゃ王さん可哀想ですよ。」

僕  「その必要は無いよ。あいつには、ほかに男がいるんだから・・・・・。その男に優しくしてもらえばいい、そう伝えて欲しい。」

S君 「え?上海の元彼氏じゃなくて、ほかにも男がいるんですか?」

僕  「そうだよ。だから、その男と愛し合っていればいい、僕のことは忘れてほしいんだ。」

S君 「・・・・・・わかりました、そう伝えます。」

10分後、S君からまた電話が来た。

S君には、申し訳ない。

S君 「王さんは、泣き叫んでいましたよ。「わたしは、あなたのことを愛しています!ほかに男をつくったりしません!わたしはそんな女じゃありません!」と言っています。」

僕  「・・・・・・・・・・」

S君 「「N社長の社員は、あなたにウソの通訳をしました!ひどい人です!お願いです、わたしを信じて下さい!あの女はウソつきです!」とも・・・・。」

僕  「・・・・・・・・・・」

S君 「僕は、王さんが可哀想で、これ以上通訳できません。申し訳ないのですがお友達にお願いして、直接電話をしてあげて下さい。お願いします。」

僕  「・・・・・・・・・・」

S君 「王さんは、泣いています。あのままでは可哀想です。電話をしてあげて下さい。」

僕は、どうしたらいいのだろう・・・・。

この日を境に、王の携帯電話が通じなくなる。

次の日、中国クラブのママに、通訳の電話を、お願いして電話をしたらかからなかった。

番号を変えたみたいだ。これで、王とはサヨナラだ。

本音から言うと、僕はまだ王が好きだった。

逢いたくて仕方なかった!

10月14日の夜、S君から電話がある。

S君 「王さんは、大連を、引っ越すみたいですよ。」

僕  「そうなんだ・・・。急にどうしたんだろう?」

S君 「今までは、お父さんの会社が、家賃の半額を払ってくれていたみたいですが8月からは、全額負担になったので、大変だと言っていました。」

僕  「そうか・・・。じゃあ、福建省に帰るのかな?」

S君 「10月いっぱい、北京にいるそうです。あの、家を買え!おばさんの家に・・・・。11月からは、福建省に帰るみたいです。」

僕  「日本語学校や、勝利広場の仕事は、どうするんだろう?」

S君 「両方辞めたみたいですよ。もう、日本語を覚える必要は、無いと言っていました。」

僕  「そう・・。中国の引っ越しって、大変なのかな?日本だと、大がかりで大変だけど。」

S君 「僕も聞いたんですが、荷物はほとんど無いみたいなので、大丈夫だと言っていました。」

僕は、大連の、王の家を思い出した。

あの時は、王に逢いたくて逢いたくて、王の誕生日まで待てずに、2月に大連に来た。

懐かしいな。

あの時は、こんな結果になるなんて、思わなかった。

僕  「でも、王はどうして引っ越すことを、僕に知らせたの?電話も通じなくなったのに・・。」

S君 「「もし、Tさんが、広州のおみやげの、ガラス細工を大連に取りに来て、わたしがいなかったら、可哀想だから、知らせることにした。」と言っていました。」

僕  「大連まで、わざわざガラス細工を、取りに行かないよ。」

S君 「僕もそう言ったのですが「Tさんは一度しか会っていないのに、わたしのことを好きになり大連まで逢いに来る人だからひょっとしたら、来るかも知れない。」と言っていました。」

僕  「そう・・・・わかった。」

僕は電話を切った。

もう、日本語を覚える必要は、無い・・・・か。

僕のために覚えてくれたんだよな。

王が、初めて話した日本語は、確か「ごめんなさい」だった。

僕を寒い外に追い出して李さんに、日本語と手紙を教えてもらっていたんだっけ・・・。

逢いたい、今すぐにでも逢いたい。

でも、今更・・・・。

13回忌

修羅場といえるかどうか微妙ですが、気持ちの整理もこめてネタ投下?

付き合って結構経つ彼氏がいます。
彼は結構良いお家柄らしく、私と付き合いが始まってすぐ、彼の母親が私の身元の調査をし、
私の姉に軽い知的障害があること、また、父が小さい工場に勤めており○○家にふさわしくないことを理由に付き合いを反対しました。
でも、彼は「親に反対されたくらいで別れたりしないから…」と私との付き合いをそのまま続けていました。

そして、先日、彼が「死んだ親父の13回忌を日曜日にやるんだけど、それに是非出て欲しい」と言い出した。
「13回忌はごくごく身内だけで開くもので、その席で母親も是非君と一度ゆっくり話がしたいと言っている」とのこと。
そして「その時上手くいけば、そのまま婚約して来年にでも結婚したい」・・・と。
長年会うことすら許されなかったけれど、ついに彼の母親も私との付き合いを認めてくれる気になったんだ!と有頂天。
失礼にならないように彼の家の宗派についての本を買い、法事のための新しい服も買った。
当日来るのは彼ママ・彼兄・彼兄嫁・彼兄子供(二人)・彼・彼弟の7人。
(ちなみに彼弟は3年くらい引き篭もりらしい)

当日、駅から彼の家まで歩くと30分以上(しかも山手)なので駅まで彼が迎えにきてくれた。
車で彼の家にいき、玄関をはいったところで彼ママらしき人物と目があった。
とりあえず挨拶を・・と思った途端彼ママが「○○チャン(彼の名前)。その方、どなた?」
・・・(゚Д゚)ハァ?
彼の方を見ると軽くそっぽ向いてバツが悪そうな顔。
「あの…本日お父様の13回忌で…あの…私○○さんとお付き合いさせていただいている×子で…」としどろもどろに自己紹介する私。
「本日は主人の法事で極々内輪だけの集まりで、貴方を招待した覚えはありません」とピシリといわれる私。
ええええ。だって「ゆっくり話がしたい」って言ったんじゃ・・・焦って彼の方を向くと彼は完全にそっぽ向いてる
軽くパニッていると彼が「いや、こいつが一度オフクロとちゃんと話をしたいっていうから…」
なに!私のせいか!

露骨にいやな顔をして「まぁ…だからといって法事の席に押しかけるなんて…」と困惑する彼ママ。
押しかけてない!私はアンタの息子に招待されたんだ!!と言おうにもパニッて言葉が出ない。
「俺もさすがに法事の席はまずいって言ったんだけど…今日しかみんな集まらないしって押し切られて…」
ヲイヲイヲイ!私が悪者か?私だけが悪者なのか!
「まぁ、せっかく来たんだし一応法事だけでも出て、ちょっと話でもしてあげてよ」
・・・してあげて?なんじゃそりゃ!!お前が呼んだんだろ!!
怒りと情けなさと興奮して体が震えるという体験を生まれてはじめてした。
マジで体がプルプル震えるんだよね、あれって。びっくりw(余談失礼)

ここまで来た時、もう堪えきれなくなって涙がこぼれてきてしまった。
そして泣きながら…手土産にともってきた12個いりの水羊羹の箱で彼の頭をぶん殴ってしまった。
「あんたが『親父の13回忌に招待する』っつったんでしょーに!
あんたが『母親が一度ゆっくり話しがしたいから』っつったんでしょーに!
この席で話がまとまれば来年結婚したいっつったのもあんたでしょ!!
そのくせ何これ?
親に内緒で私呼びつけて、いざとなったら私に全責任押し付けるなんて馬鹿か!
親の法事によくそんな非常識なことができたもんだな!
あんた1人のせいで私も恥かいて、あんたの母親だって混乱してるし!
自分がやったことその禿げた頭かきむしりながらよーく考えてみろ!!ばかやろう!!」
…と多分こんな感じのことを言いました。
(興奮してうろ覚え。ちなみに彼は28歳にて軽く若ハゲw)

つ?

驚いて「○○チャン!」と声をあげる彼ママに、最低限の礼儀だけは…とその状況で何故か思い
「本日は失礼しました。○○さんが私に法事に出て欲しいと言われたので来たんですが
どうも、そちらのご意向とは違ったようで、申し訳有りませんでした。
大事な法事の日にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びも申し上げます。
とりあえず今日はこのまま帰ります」とかそんな感じ(これもかなりうろ覚え)のことをいい
彼ママに頭を下げてそのまま帰ろうとした。
でも、この期に及んで彼は「いや、せっかくきたんだし、法事だけでも出ていけば?」と私を引きとめようとする。
「てめぇ!空気嫁!!」と叫びたかったけど必死で我慢して
「身内だけの法事なら今の私は参加資格は無いので、今日は帰ります」とだけ言った。

30分以上かけて、山道を徒歩で駅まで帰りました。
そして、夜になると、彼からメールがきた

『今日はごめん。お袋が物分りの悪い人だったから君に迷惑かけたね。』
違うだろ!お袋は悪くない!お前が悪いんだ!!
『お袋が何故かお前に謝れ謝れというので明日謝りたいから、夜会えない?』
何故かじゃねーだろ!

まったく自分が何をしでかしたのか判っていない彼にウンザリ。
ちなみにこれは昨日の話。
今日の夜、彼にあって別れ話をしてきます。
もしかして今日が本当の修羅場だったりして…w

以上。ちょっとだけ修羅場報告でした。
以上ちょっとだけ修羅場でした。

フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた 7

フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた6


姉「ゆうくん、あたしに触られるの嫌でしょ?
  …………自分でできる?」

俺「…え?」

いきなり言われても心の準備ができてない。
いや、たとえ事前に言われることが分かってたとしても
姉ちゃんの前でオナヌーなんて、
そう簡単にできるもんじゃない。

姉ちゃんの期待には応えたい。
でも、俺にはそんなことする勇気なんてなかった。
うつむいて、言葉を失ってしまった

姉「あ、無理しなくていいよ?
  ゆうくんができる範囲でいいの(´▽`*)」

姉ちゃんは、助け舟を出してくれた。

俺「…ごめん」

なんか、一生懸命やってる姉ちゃんの熱意に応えてないみたいで
姉ちゃんに申し訳なくなった。
つい、謝ってしまった。

姉「あせらなくていいよ。
  ゆっくりやろう?」

姉「じゃ、今日はあたしの体触るだけにしよっか?」

姉ちゃんは俺に体を触らせてくれた。
俺が触ってる間、姉ちゃんは抵抗せず仰向けに寝てるだけだった。

最初は胸を隠してた姉ちゃんの手は、
やがて無防備にシーツの上に投げ出された。
俺は、ホックの外れた姉ちゃんのブラを
脱がさずに上に持ち上げて、姉ちゃんの胸を出した。

姉ちゃんは肌が白いから、
暗くても胸のきれいな曲線がはっきり分かった。
自分の手で姉ちゃんのブラを上げて、
姉ちゃんの胸を間近で見たら
頭に血が上るのが分かった。

姉ちゃんに教えられるまま、
ゆっくりと撫でるように姉ちゃんの上半身を触った。
胸だけじゃなくて、首筋とか、わき腹とか、おへそとかも触った。

俺は姉ちゃんの指示通り触ってるって感じで、
自分の意思で触ってる感じじゃなかった。
だから、姉ちゃんを汚してるような感じはあんまりしなかった。

行為が終わった後、寝る前の会話で姉ちゃんは

姉「ごめんね。
  いろいろ要求しちゃって
  嫌だった?

  でもね、あたし、
  ゆうくんには、歳相応の女の子の扱い方を憶えてほしかったの」

と言ってた。
でも、姉ちゃんがいろいろ教えてくれたことは
女の子の扱い方を俺に教えるという以上に
俺の自己嫌悪を取り除くという、もっと大きな別の効果があった。

今度は、姉ちゃんの胸を優しく揉んだ。
揉むだけじゃなくて、撫で回したり、乳首を軽くつまんだりした。
あらためて姉ちゃんの胸を優しく揉んで、
姉ちゃんの胸の大きさと柔らかさを、手のひらで感じようとした。

胸を触り始めてからしばらくすると
姉ちゃんは

姉「…ん…」

というような声を出すようになった。
最初は、その声はくぐもっていて、
声を出さないように堪えている感じの声だった。

でも、時間が経つにつれて
声は次第に大きく、はっきりとしていった。

家での地位は、当然、俺より姉ちゃんの方が上だ。
俺にとって姉ちゃんは、
ほんわかしてるくせにしっかり者で、
気弱なくせに、
意志が強くて、これと決めたら最後までやり遂げる人で
それで、いつも凛としてる人だ。

そんな姉ちゃんが今日は
俺の手の動きに合わせて声を出し、体を反応させてる。
姉ちゃんは、まるで俺の手に支配されてるみたいだ。
普段はしっかり者の姉ちゃんが
今日は俺の手に支配され、
俺の手の動きに応じて弱弱しく反応してる。

普段はほのぼのしてて、清純な姉ちゃんが
今は、女としての反応をしてる。

こういうギャップに、俺は妙に興奮した。

姉ちゃんの悩ましい声を聞いてたら、
俺は思考力がなくなって
本能のままに、姉ちゃんの胸に吸い付いてしまった。
不意に吸い付かれた姉ちゃんは
「はあっ」と一際大きな声を出した。

その声で、俺はもう限界だった。
姉ちゃんのきれいな体と、女の声は、
童貞の俺には刺激が強すぎた。

俺「ちょっと…トイレ行って来る」

姉「あ…うん」

そう言って俺は、急いで部屋を出て、
階段を駆け下りて、トイレに向かった。

トイレで俺は、さっきの様子を思い出しながらオナヌーした。
何かレイプ的なシチュを妄想する必要はなかった。
さっきの様子をそのまま思い浮かべて
ほんの数回こすっただけで、あっという間に俺は逝ってしまった。

すっきりして、頭が醒めて来ると、俺は自己嫌悪になった。
いつもと同じパターンだ。
性欲が旺盛なうちはそれで頭がいっぱいだけど
すっきりして性欲がなくなれば、今度は自分のしたことに嫌気が差す。

俺は心が真っ暗になって、しばらくトイレから出られなかった。

姉ちゃんの体を触ったことへの自己嫌悪は
それほどじゃなかった。
「あれは、姉ちゃんの指示に従ってやっただけだから」
「最初に触ったことは、許してもらえたから」
と自分で自分に言い訳ができた。

でも、最後に姉ちゃんの胸を吸ったのは、完全に俺の意思だ。
射精して、すっきりしたら
その罪悪感が重く圧し掛かってきた。

このとき、ふと思った。
今日は姉ちゃんの指示に従ったから、
俺はあまり罪悪感を感じなくてすんでる。

じゃあ、俺にいろいろ教えてくれた姉ちゃんは、
今、どういう気持ちなんだろ?

結局、俺は、
姉ちゃんを汚したっていう罪悪感や、
近親相姦の罪悪から逃れたいだけで
この罪悪感を全て姉ちゃんに押し付けてるだけなんじゃないか?
そのことに、ようやく気付いた。

俺は、自分がこれ以上基地外になりたくないから
姉ちゃんの優しさを利用してるくせに
その責任は全部姉ちゃんに押し付けようとしてるんじゃないか?

あんまり積極的にリハビリできないのは
もちろん姉ちゃんへの遠慮もあるし、
フラバが怖いってのもある。
だから、俺は、こういう大義名分に隠されてしまった
自分の汚い心に、なかなか気付かなかった。

姉「ゆうくんは自己嫌悪なんて、感じる必要ないの
  あたしが触ってほしくて、こうしてるんだから」

姉「謝らなくてもいいんだよ?
  好きにしていいって、あたしが言ったんだから。」

姉ちゃんの言葉を思い出した。
姉ちゃんの積極的な言動は、
俺が、自分で自分を責めないようにするための、
姉ちゃんなりの優しさだと思う。

でも俺は、姉ちゃんの優しさに甘えてるだけで
その優しさに見合うだけの優しさを
姉ちゃんに返してなかった。

これからは、
姉ちゃんが罪悪感を感じそうなことは、
全部自分がやろう。
どうせ避けられないことなんだし
だったら、姉ちゃんが苦しまなくてすむ方がいい。

それから、俺が全部自分でやろうとしてることに気付いたら
きっと姉ちゃんは、むきになって自分で背負い込もうとするから
俺のこの気持ちは、姉ちゃんに気付かれないようにしよう。

一人トイレで、俺はそう心に決めた。

もう一つ、ベットの上でするのではなく、
一人トイレで処理したことも失敗だと思った。

姉ちゃんは、自分の体を汚して頑張ってるのに
どうして俺は、トイレなんかに逃げ込んで
一人で処理しちゃったんだろう。

姉ちゃんは俺のために
自分の性的な部分も俺に見せてるのに
俺は自分の性的な部分を
姉ちゃんに見せることから逃げている。

姉ちゃんの一生懸命さに
俺は誠実に応えてないと思った。

部屋に戻ったら、もう一度
ちゃんと姉ちゃんの前でもオナヌーしよう。
トイレの中で俺は、そのことについても、そう決めた。

トイレを出て部屋に戻ると、姉ちゃんは布団に潜ってた。
俺も姉ちゃんの横に潜った。

俺「ごめん。
  俺、トイレ行って一人でしちゃった」

姉「あ、うん…
  …そうだと思ったよ(^_^;)」

ばれないと思ってたわけじゃないけど
面と向かってはっきりと姉ちゃんに気付いてたことを言われると
なんか恥ずかしくなった。

姉「でもさ、とりあえず、
  性欲発散の第一目標は達成だよね?

  よかった。
  一歩前進だよね?( ^▽^)」

俺「うん。
  ありがとう、姉ちゃんのおかげだよ。

  でもさっきね、これじゃダメだと思ったんだ。
  姉ちゃん、ここでしてって言ったでしょ?
  でも俺、結局逃げちゃって、
  トイレに篭って一人でやっちゃったんだよね」

姉「それぐらい別にいいよ。

  ゆうくんに性欲発散してもらって
  ゆうくんを性犯罪者にしないようにすることが
  あたしの目標だったの。

  あたしの前でしてほしいって意味のことは
  言ってないと思うよ?」

俺「でもね。
  俺、なんか自己嫌悪なんだ。
  姉ちゃんは俺に自分の性的な部分も見せてくれてるのに
  俺は、姉ちゃんに自分の性的な部分見せるの恥ずかしがってる。

  姉ちゃんは頑張ってるのに、俺はどうなんだ?
  て気分になっちゃってさ」

  姉ちゃんはそっと俺を抱きしめて言った。

姉「ううん。
  ゆうくんはすごく頑張ってるよ。
  無理しなくていいの。
  ゆっくりやろう?」

姉ちゃんの優しさに涙が出そうだった。

姉ちゃんが優しくしてくれて、
無理はしないでいいって言ってくれるから
俺は逆に、どうしても姉ちゃんの優しさに応えなきゃだと思った。

俺「あのさ
  さっきと同じこと、もう一回やっていい?
  今度は俺、ちゃんとここで最後までやるから」

姉「あたしはいいけど、ゆうくん大丈夫なの?」

俺「俺、頑張るから」

姉「うん。
  ゆうくんいいなら、やろっか?」

俺「じゃあ、俺も下脱ぐね(///)」

俺は布団の中で自分のスウェットとパンツを脱いだ。
初めて女の人の前でパンツを脱いだ

姉「え?
  すぐ始めるの?
  休まなくて平気?」

俺「うん。多分大丈夫」

当時高2で、オナ禁でエネルギー充填し続けてた俺にとって、
2発連射なんて、軽いものだった。

リハビリを始める前は、姉ちゃんには性別ないと思ってた。
それまで、姉ちゃんは肌を見せて俺を刺激しないようにしてたけど
おれは、パンツで家の中うろうろしてたし
姉ちゃんに見られてもなんとも思わなかった。

でも、姉ちゃんと性的なリハビリするようになってから
俺は段々と姉ちゃんを女として意識するようになって
姉ちゃんの前でパンツ一枚でうろつくことが少なくなった。

多分その時、女として意識し始めちゃってから、
俺は姉ちゃんの前で初めてパンツを脱いだんだと思う。
パンツを脱いだら、以前は感じなかった心細さのようなものを感じた。

やっぱり最初は、
家族を女としてみることに抵抗感や罪悪感もあった。
何度も男と女のスキンシップを繰り返しているうちに
段々とそういった歯止めになるものは、いつの間にか消えてしまった。
男女と家族の境界って、
高いようでも意外に低いのかもしれない。

俺は上半身を起こすと、もう一度姉ちゃんに掛けてあった布団をめくった。
姉ちゃんはまだ服を着てなくて、上半身は裸のままだった。
ブラは元の位置に戻ってたから、俺はもう一度ブラを上にあげて
姉ちゃんの胸を露わにした。

今度は姉ちゃんの指示に従うのではなく自分から触った。
最初から胸を触ったりせず、髪や頬、指なんかも触った。

耳も触ってみた。
姉ちゃんは耳を触ることは教えてはくれなかったけど
雑誌かネットか何かで、耳は女の性感帯だって話を読んで
それを思い出したから触ってみた。

耳を触ってみたら、姉ちゃんは大きく反応した。
調子に乗って俺は、姉ちゃんの耳を集中的にいじった。

姉ちゃんの反応を見ながら
俺は自分のチムコをこすってみた。

だけど、やっぱり、
人前でチムコをこする行為は
あの時あいつらに命じられるままに
自分で自分のチムコをこすらされた記憶と
ちょうど重なってしまう。

酷い記憶と現実が重なって、自然に涙が溢れてきた。
恐怖感で心臓がバクバクいい始めた。

自分で自分のチムコをこすらされた記憶が還って来たのは
このときよりほんの数週間前だ。
還って来たときのフラバは、かなり激しかった。
今まで、こういう酷い記憶は
何ヶ月もかけてゆっくり受け入れていくものだった。

驚いたことに
当時、還って来てから数週間で
俺はこの部分のトラウマを、すでに受け入れつつあった。

だから、当時の記憶と現実が重なっても
その記憶に囚われて、周りが見えなくなることはなかった。
自然に涙が流れて、パニックにはなりそうだったけど
それでも俺は、そのままチムコをこすり続けることができたし
おっきしたモノも、なんとかしぼまずにすんだ。

姉ちゃんのリハビリが始まって、
姉ちゃんが相談に乗ってくれるようになってから
俺の回復速度は飛躍的に高まっていると思った。

姉「ゆうくん? 大丈夫?」

俺が泣きながらこすっているのに気付いた姉ちゃんは
体を起こして、俺の顔に自分の顔を近づけて
心配そうに俺の顔を覗き込んだ。

俺「大丈夫。
  俺、頑張るから、最後まで続けさせて」

姉ちゃんはしばらく心配そうに俺の顔を覗き込んでたけど
そのまま何も言わず、静かに俺を見守ってくれてた。

姉「ごめんね。
  ゆうくんつらいとき、あたし大したことできなくて。

  こうやって、ゆうくん抱きしめるぐらいしか
  できることないよ」

俺に抱きついて来た姉ちゃんの声は、涙声だった。

俺を抱きしめた後、姉ちゃんは俺に唇を付けて
舌を絡めてきた。

ベットの上で裸同然でするディープキスは、すごかった。
ディープキスしながら、姉ちゃんの胸を触ってると
とてもこの世界にいる気がしなかった。

童貞の俺にとっては
今までの日常生活とまるで世界が違いすぎて
今やっていることの現実感がなくなった。

頭の中はぐちゃぐちゃだった。
目の前の刺激的な光景と、
非現実的な姉ちゃんの肌の感触と舌の感触
トラウマの苦しみと、
姉ちゃんの前でチムコをこする気恥ずかしさ

こういうものがごちゃ混ぜになって
俺の頭は、感情や情報を冷静に整理することが
できなくなってた。

脳がオーバーフローしても、
性欲という本能はあいかわらず健在だった。
俺は姉ちゃんの上半身を触ってるだけでは飽き足らず
姉ちゃんの下も見たくなった。

姉ちゃんをもう一度寝かせると
姉ちゃんのパジャマの下に手を掛けた。
そしてゆっくりと、姉ちゃんのパジャマの下をおろしていった。

姉ちゃんも、腰を浮かせて脱がしやすいようにしてくれた。
パジャマを足から引き抜くと
俺は、姉ちゃんのショーツに目が釘付けになった。

姉ちゃんは下はショーツ一枚、
上はブラをしてるけど、そのブラは上にずり上げられてる格好だ。
暗い部屋の中で、白っぽいショーツは、はっきり浮かび上がってた。

俺は姉ちゃんのひざを持って、ゆっくり姉ちゃんの足を開いた。
姉ちゃんは抵抗しなかった。

姉ちゃんの顔を見ると、
姉ちゃんは、顔を横にそむけて口に手を当てていた。
まるで親指をしゃぶってる子どもみたいだった。
姉ちゃんのその仕草は、すごく可愛いらしかった。

対照的に、ショーツ一枚だけで大きくM字に足を開いた姉ちゃんは、
すごくエロかった。

足を開いた姉ちゃんを見ながら数回こすったら
俺は射精してしまった。
枕元のティッシュを取ろうと思ったけど
間に合わなかったから自分の手のひらに出した。

姉「出た?」

俺が動きを止めたのを見て、姉ちゃんは話しかけてきた。

俺「…うん(///)」

姉ちゃんは枕元のティッシュを何枚かとって、俺に渡してくれた。
ティッシュを渡すと、姉ちゃんは俺に抱きついて来た。

姉「うん。
  ゆうくん、頑張ったね」

姉ちゃん、まだ涙声だった。

このスレ立ててみて思ったんだけど、
やっぱり、ほとんどの健常者は、メンヘラの心情や苦痛なんて
理解できないと思う。
まあ、経験したことない苦痛なんて、
理解できなくて当たり前なんだけどね。

俺の苦痛を、ちゃんと心で理解しようとしてくれて
俺と一緒に泣いてくれてるうちの姉ちゃんは
ホントにいい姉ちゃんだと思う。
これは、ここでスレ立てて再認識したことだ。

レイプされた女の人が
その後風俗嬢になって、
トラウマと同じ行為を自分から進んで繰り返すって話を
聞いたことがある。

ベトナム戦争で、
多くの友人が脳や内臓ぶちまけるのを目の当たりにした人が
その心の傷から、また戦場に向かうって話も聞いたことがある。

なぜ彼らは、トラウマをえぐり返すようなことをするのか
多分、ほとんどの人が、彼らの心情を理解できないと思う。

かくいう俺もその一人で、そんな話を聞いたことはあっても
なんでそんなことをするのか、今まで全く理解できなかった。

でも、トラウマと戦いながら姉ちゃんの前でオナヌーしてみて、
なんとなく、その人たちの気持ちが分かった気がした。

トラウマ類似行為を繰り返すことによって、
確実に、トラウマの記憶を薄めることができる。
偽物を大量に氾濫させれば、その中にホンモノを埋没させることができる。
トラウマの濃度を下げることができる。

そして、トラウマの類似行為を成し遂げられた達成感は
俺にとって大きな自信になった。
「もうトラウマなんかに負けないぞ」という気分になった。

きっと、これを繰り返していれば、
少なくとも、してる間だけでも、
心のバランスはとれるんだろう。

リハビリを終えて、俺たちはベットの中でおしゃべりしてた。

上に書いた

姉「ごめんね。
  いろいろ要求しちゃって
  嫌だった?

  でもね、あたし、
  ゆうくんには、歳相応の女の子の扱い方を憶えてほしかったの」

て言葉は、このとき姉ちゃんが言ったことだ。

一通り、今日のこととかを話した後
俺たちと姉ちゃんは、おっぱいの話をした。

姉ちゃんは、今まで俺を刺激しないために
下ネタ系の会話を俺にするのを控えてた。
だから、おっぱいにまつわる思い出話って、
それまでは、ほとんど話したことがなかった。
俺の知らない話が多くて、すごく面白かった。

姉「ゆうくん、昔おっぱい大好きだったもんね?( ^▽^)」

俺「…ええ?
  そんなことないよ」

姉「ゆうくん憶えてる?
  ゆうくん、お母さんと一緒に寝るとき、
  いつもお母さんの服に手入れて、
  おっぱい触りながら寝てたんだよ?( ^▽^)

  お母さんのおっぱい出なくなってからも
  ゆうくん、まだお母さんのおっぱい
  吸いたがってたんだよねー?」

俺「……………」

姉「思い出した?
  ゆうくん、おっぱい大好きだったでしょ?」

姉ちゃんはからかうように言った。

俺「うーん…」

話は、俺が姉ちゃんのおっぱいを吸ったことにまで及んだ。

姉「そういえば、あたしの胸にキスした初めての人って
  ゆうくんなんだよ?
  知ってた?」

俺「…嘘でしょ?
  姉ちゃん、ここ数年連続で
  クリスマスもバレンタインも、家に帰って来てないのに
  今日が初めてなんて、ありウッ…」

ボディ殴られた

姉「ゆうくん、うっさいよ( ̄^ ̄)
  そういうことは言わなくていいの。

  そうじゃなくってー
  ゆうくんがあたしのおっぱい吸ったのって
  今日が初めてじゃないって意味なの」

俺「…え?」

姉「あー
  憶えてないんだ?
  ゆうくん、初めての人だったのにー
  ひどいなー」

全く記憶になかった。
仕方なく、憶えてるふりして適当に話を合わせてたけど、
すぐ姉ちゃんに見破られた。

とりあえず忘れたこと謝って
そのときのこと教えてもらった。

姉「お母さんがあっちに行ったばっかりの頃にね
  あたし、ゆうくんと一緒に寝て、
  ゆうくん寝かしつけてたんだけど

  そのときゆうくん、
  おかあさんのおっぱい思い出しちゃって
  泣いちゃったの

  『お母さんのおっぱいー』

  て泣いちゃって、全然ゆうこと聞いてくれったんだよ?

  だから、あたしね
  ゆうくんに、あたしのおっぱい触らせてあげたんだ。
  と言っても、その時あたしまだ小学生だったから
  おっぱいなんて、全然なかったんだけどね(´∀`*)

  そしたらゆうくん

  『お姉ちゃんのじゃやだ。お母さんのがいい』

  て駄々こねちゃって、どうしても泣き止んでくれなかったの。

  あたし、困っちゃってさ。

  『おかあさんはしばらく帰ってこないから、
  今日はあたしので我慢して』

  て、ゆうくんに言ったんだけど、ゆうくん泣き止んでくれなくて
  ゆうくんが泣いてるの見てたら、
  あたしまでお母さんに会いたくなっちゃってさ。

姉「『泣かないでよ。
  あたしだってお母さんに会いたいんだから。
  あたしだって悲しいんだよ?』

  て、つい、ゆうくんに当たっちゃって
  ゆうくんと一緒に泣き出しちゃったの。
  そしたら、ゆうくん

  『ぼく泣かない。
  ぼく、お姉ちゃんのおっぱいでいい。
  だからお姉ちゃん、もう泣かないで』

  て言ってくれたんだよ?

  ゆうくんね、そう言って
  声出さないように泣きながら、あたしのおっぱい吸い始めたの。

  あたしね、そのとき

  『うん。ゆうくんが我慢できるなら、
  あたし、もう泣かないよ』

  てゆうくんに言ったんだけどね
  でも、ゆうくんがあんまりにも健気で
  あたし、涙が止まらなかったの。

  えへへ。
  思い出したら、また泣けて来ちゃった」

姉「ゆうくんは、昔からすごくいい子だったよ。
  あたしより小っちゃいのに
  お母さんがいなくなった寂しさにじーっと耐えてて
  自分が寂しいときでも
  まだ、あたしのこと気遣ってくれたんだよ?

  あたしね、あのとき
  ゆうくんに寂しい思いさせないように、
  あたし、もっと頑張らなきゃなあ、
  て思ったんだ。
  そのときにね、あたし、ゆうくんのお母さんになろうって思ったの」

その頃、姉ちゃんはまだ小3だ。

母親を目の前で亡くした小3の女の子が、
お母さんが亡くなった直後に、
駄々こねる弟を寝かしつけることまでしてたんだ。

きっと俺には真似できない。
もし俺が姉ちゃんの立場だったら、
無気力になって、弟も放置で
部屋に引きこもって2ちゃんでもしてそうだ

姉「ゆうくんには感謝してるんだ。
  ゆうくんていう守るべき人がいたから、
  あたし、お母さんがあっちに行っちゃっても
  立ち直ることができたんだと思う。

  ゆうくんがいるから、頑張ろうって思えたの。
  ゆうくんを守ることで忙しかったから
  お母さんがここからいなくなったことの
  感傷に浸ってる考える暇なんてなかった。

  もし、あのとき、あたし一人だったら、
  突然お母さんがいなくなっちゃったことが重すぎちゃって
  あたし、ダメになってたと思うの

  だからね、ゆうくん。
  ゆうくんには感謝したいの。
  あたしの弟になってくれてありがとね( ^▽^)」

姉ちゃんの「ありがとう」て言葉はかなりきた。
涙が止まらなかった。

姉「それまでさ
  あたしガスコンロさえ触ったことなかったから
  最初は大変だったんだよ。

  でもね、ゆうくんの世話してるうちに
  どんどんゆうくんが可愛く思えてきて
  ゆうくんの世話するのが
  どんどん楽しくなってったの

  なんかね
  ゆうくんの世話してると
  すごく満ち足りた幸福感を感じるようになったの
  
  きっと、お母さんもこういう幸せ感じてたんだと思うと
  それも嬉しくてさ
  お母さんと同じ思いを共有できるって、なんかいいよね」

姉ちゃんは、話しの途中から泣き出した俺を抱きしめながら、そう言った。

姉ちゃんの苦労話なら
千鶴さん(姉ちゃんの幼馴染のお母さん。うちの近所に住んでる。
○○は性別とかも分かりにくいから名前付けた)
からも聞いてる。

お母さんの使ってた料理の本には
小3の姉ちゃんにはまだ読めない漢字がたくさんあって
姉ちゃんは、料理の本持って千鶴さんのところに行ったらしい。

亡くなったお母さんの代わりがしたいから料理覚えたいって
小3の女の子に言われた千鶴さんは、
姉ちゃんが健気さに感動して、
無条件で全面協力することに決めたって言ってた。

姉ちゃんは、最初は千鶴さんの家で千鶴さんと一緒にご飯作って、
できた料理を家に持って来てた。
そうやって、料理や洗濯、掃除の仕方を
千鶴さんから教えてもらってたらしい。

お母さんも、姉ちゃんがこんなに立派な女性になって
きっと喜んでると思う。

話が逸れたから、本題に戻す

これまで、姉ちゃんは俺を女性恐怖症にした罪悪感から
俺に体を許してるんだと思ってた。

でも、姉ちゃんの話を聞いて、そうじゃないと思った。
姉ちゃんは、たとえ自分に責任がなかったとしても
俺が苦しんでたら、俺に体を許してたと思う。

昔、俺を寝かし付けるために、自分のおっぱいを吸わせたように
今回もまた、自分を犠牲にするだろうと思った。

昔から変わらない姉ちゃんの愛情に、今更ながら感謝した。
姉ちゃんは俺に「ありがとう」て言ってくれたけど
こっちこそお礼を言いたい。

でも、感謝の言葉を伝えたかったけど
胸がいっぱいで、言葉にはならなかった。

そのとき俺は、姉ちゃんの胸に顔をうずめてた。
姉ちゃんはパジャマの上を着てて、ブラはしてなかった

パジャマ越しに頬に触れる姉ちゃんの胸の感触を感じてたら
俺は、遠い昔、お母さんの胸に吸い付いたときのことを思い出した。

姉ちゃんの言うように俺は
もう幼稚園に通ってるというのに、お母さんのおっぱいが大好きで
よくお母さんにおっぱいを触らせてくれるよう、ねだってた。

「もう、しょうがない子ね」

そういいながらもお母さんは、
俺におっぱいをしゃぶらせてくれた。

俺が憶えてるお母さんのその声は、
今思い出しても涙が出るくらいに、すごく優しい声だった。

俺がおっぱいを吸ってるとき
お母さんは、大きな手で俺を抱いてくれて、
ときどき俺の後ろ髪をなでてくれた。
お母さんがそうしてくれるのが、俺は大好きだった。
いつもそうしてもらいながら、お母さんの隣で寝た。

もう高校生だというのに、
俺はお母さんを思い出して、更に涙をこぼした。

姉ちゃんは、泣いてる俺を
優しく抱いて
背中をポンポンポンとゆっくりしたリズムで叩いてくれた。

昔、お母さんがそうしてくれたように
姉ちゃんは俺を抱いてくれた。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード