萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

DQNにはDQNを

悲惨なGWになりました。

彼女とデートしました。
ああ幸せさ。けどね、道端でやたらガタイのいい野郎が道塞いだんです。
何かわからないままいきなり俺殴られました。ええまあフルボッコですよ。
交番が近くにあったのが救い。お巡りさん駆けつけて野郎逃走。ついでに彼女もいない。
何が何だかさっぱり。お巡りさんに話して家帰ると玄関前に彼女いるし。
「何で帰ったの?」と聞いたら「まさかあんなとこであんな怖い人と会うとは思わなかった。怖くて逃げ帰った」と。
何かおかしいです。交番あったのに。そんなにチキンだったっけこの女?
そして彼女お帰り。意味不明。
翌日会おうとしたら断られた。何なんだ?
嫌な予感満載で独りで買い物いきました。顔痛いんで鎮痛剤でも買おうかと。そしたらね、彼女いたんです。昨日の怖い人と。
向こうも気づいてね。野郎が来ました。「てめえちょっとツラ貸せ」とね。
人通り少ない道で言われました。「いつまで俺の女に付きまとうんだ?まだ殴られ足りないか?」
俺答えたんです。「あのですね、俺彼女と付き合っているんですが、今ここで彼女にちゃんと色々聞きたいんです。殴るならその後でお願いしたいんですが?」

野郎俺を一発殴って「知るかクソが!こいつはオレの女だ!」と言ってまたフルボッコです。
したら彼女が「もっとやってよ!こんなストーカー!」
マジ?昨日までイチャイチャしてた男はストーカーですか?
「こいつに付きまとわれて超苦労したんだよ!絶対慰謝料とってやる!」
「安心しろよ!とれなかったらこいつぶっ殺してやるよ」
しこたま殴られ蹴られ唾かけられ、道に倒れたまんまの俺を笑いながら見て二人は去っていきました。

目には目を。
歯には歯を。
DQNにはDQNを。

俺ダチ呼び出し、復讐開始。
野郎と野郎のアパート発見。ダチ軍団と俺で彼女尾行したら1日で発見しますた。
ご丁寧にチャイム鳴らすと野郎登場。ドア抑えて思い切り一発ぶちかまし、軍団突入。
彼女が叫ぶ前に軍団が取り押さえ、ガムテープで両手足と口塞ぐ。俺野郎をフルボッコ。
「よう!道端で殴ってくれてありがとう!心おきなく殴れるよ!」そう言いながら拳から血が出るまで殴りまくりました。

軍団も混ざりリンチ。…はやり過ぎなので軍団には野郎の拘束を頼み、愉快な会話開始。
「なあなあ、俺ストーカー?あいつお前の男?」
彼女に問うと首を横に振る。
「なあなあ。お前何なの?」野郎に聞くとすいませんマシーン。
意味不明。
「ねぇ、叫ばないできちんと話するならガムテープ取るけど約束出来る?」
彼女に問うと頷く。
「あ、因みに叫んでもいいよ。この場で俺のダチが兄弟になるけど」と言ってガムテープはずす。
「なあなあ、何なの?二股?」と聞くと震えた声で野郎は元カレで、なんとなく復縁したと。
「なんとなくで俺はストーカーになるんだ」と聞けばボコされてる俺が情けなく見えて愛想がついたと。
もうね、あんなとこで普通人殴るかっつうの。それ以前に彼氏殴られて何考えてんだ?どう考えてもバカですこの女。マジイラネ。

「ねぇ元カレ君。違う意味で救いようのないバカップルの君達を祝福するからさ、二度と関わんないでくんない?」
そう言うとわかりましたという元カレ君。続けるつもりですな、この女と。
「お前も。もう関わんないでね。ストーカーになんざ関わりたくないでしょ?」彼女に言うとごめんなさいと言う。
「意味わかんないんだけど?謝んなくていいよ。もう一度言うよ?関わんないでね?」はいと答える彼女。
「んじゃ、股と頭ユルユルのバカ女と暴力の塊に幸あれ!」
軍団も「どうしようもない馬鹿に幸あれ!」と祝福をあげ、颯爽と退場。

その後軍団様と酒飲みに。口の中痛かったけど美味かった。
彼女からメールが大量に届きました。元カレと別れたからどうかやり直してほしいと。自分がどれだけ馬鹿だったかよく分かったと。
軍団大爆笑。酔った勢いで電話して「知るかぁ!俺もお前の馬鹿さ加減が分かってスッキリしたさ!関わんなっていったろ!軍団揃ってストーカーして輪姦して慰謝料請求すんぞバーカ!」って一方的に切りました。
そのあと泣くに泣いて潰れて軍団に送って貰って今日です。
人生何があるかわかりません。



無防備妻の柔道部物語 1

私の妻は無防備だ。人間的羞恥心というものに昔から欠陥があるらしく、裸を見られても恥ずかしいと思わないし、胸やお尻をさわられてもちょっと触れた程度にしか感じない信じられない体質の女性だ。
それ以外は頭もそれなりに良く普通の生活もでき、ごく普通の女性だが、羞恥心という部分だけは知的障害者レベルらしい。
以前こっそり相談しに行った医者の話では何万人の一の確率でたまにそういう人がでてきてしまうことがあると言われ。
そして医者からは、「こういった病気はなかなか治らないが、一般的な判断もでき普通に生活できるから、当然施設等に入院させることも難しいし、とりあえず旦那さんが気をつけて見ててあげるしかない」とだけ言われ、自分自身ひどく落ち込んだ時もありました。
そして当然、それからは私は妻を気をつけて見るようにしてきたのであるが、しかし私はそんな妻や、妻を狙ってくる男達を見ている間に、どんどん自分の中で気持ちが悲観から欲望へと段々と変わっていってしまったのであった。

お久しぶりでーす! みなさま!( ・・・ と言ってもわからないよね ・・・ )

― とりあえずあれから数年がたち、子供もとうとう小学1年生、一応そんな私達は、以前に住んでいた町が住みにくくなったということもあるが、現在は少し離れた隣のまた隣の町に、一応 やすーい小さな建売住宅を購入し、新たな楽しい?生活をスタートさせていたのであった。―

― ん? なぜ住みにくくなったかって?・・・そりゃ当然もちろん例の無防備妻が原因なのは言うまでもなーいのである・・・なんたってあの能天気ぶりは、その後も当然ずーっと健在で、なぜなら町内ではそりゃもう散々で、そのうち家の向かいの小林さんのバカ兄弟と関係を持ち、お隣の小泉さんの旦那さんとの行為をその奥さんに見られ、班内の塚本さんには毎日フェラチオご奉仕、挙句の果てには町内の渡辺自治会長にいたっては、やがて完全にその気になってしまい、「僕と どこか遠くへ行こう!」なんて言われたそうである。

そしてそうなると、当然そんな町内の奥様連中が黙っているはずもなく、そのうち家の玄関先には、「淫乱女!」などと、えげつない張り紙まで貼られるようになっていってしまったのであった。

「 ・・・ 私どうして嫌われるんだろう(オイオイ!) ・・・ 」

するとさすがにそんな妻もそのうち心労でやつれてしまい、私も小泉さんや斉藤さんの奥さんから「町内から出てって下さい!」とまで言われ、そのうちとうとうたまらず一昨年の暮れにあわててその町を引越したのであった。

そして新転地では、当然町内ではそんな妻には、極力以前のような無防備な格好をさせないようにし、それはもう気をつけて、以前より更にそんな妻に目をくばりながら生活をするようにしていたのであった。

 【○○家 妻に対する条例】

一、町内ではノーブラで外出しないこと(必ずブラジャー着用のこと)

二、町内では夏でも必ず下はジーパン、上は襟元のしっかりした白でないTシャツを着用のこと

三、町内の男の人とは絶対にセックス、及びそれに伴う行為をしないこと

「 えぇぇ! いやだぁ 暑苦しい!(・・・オイオイ) 」

― そして新転地の町内では、そういった露出格好をいっさいさせなかったのだが、しかしいったん町を出れば妻の気も緩み (・・・一応週末の遠出ぐらいは ノーブラ キャミスカートを許していた)、するとあいかわらずそんなアチコチでは、いつもの能天気女神ぶりを何度も発揮させていたのである。― 

― そして今回は、その中でも去年の夏に起きた出来事の1つを、ちょっと書いてみようと思うのである。―

― 平成20年7月某日 夏 ―

「 ・・・ えっ! 何? 長野の実家に手伝いにいく? 」
「 あっ うん ・・・ この前うちのお母さん捻挫したっていったでしょー ・・・ 実はあれからチョット具合がよくないらしのよねぇ ・・・ 」

「 へぇー まぁ年もとしだしなぁー ・・・ あー でもそれならそんな合宿キャンセルしてもらえばいいのに ・・・ 」
「 ・・・ うん でもそういうわけにもいかないのよねぇー だって毎年恒例で来てくれる人達だし ・・・ 」

「 ・・・ ふーん じゃーどれくらいなんだ? 」
「 ・・・ ん? あっ えーっとねー 8月の第一週・・・あっ この辺かなぁ 5日間ぐらいみたい 」

「 ・・・ だからパパちょっと○○の面倒いい? ・・・ せっかくちょうどこの週から夏季のお試し塾とスイミングが始まるし ・・・ あっ もちろんお義母さんにもお願いしておくから ・・・ 」
「 ・・・ ん? あっ あぁ  そっ そうだなぁー ・・・ 」

― 実は妻の実家には、小さな柔道場と合宿所があって、毎年大学生やら高校生が、いつも夏季特訓とかで数日間そんな妻の実家(道場)に合宿に来ることになっており、するといつも妻の母親が、その際にその学生達の世話をいろいろとしていたのであった ―

そして私の聞いた話では、その道場は亡き妻の祖父が開いた道場らしく、しかし父親が早く亡くなったこともあり、今はとうぜん道場を閉めてしまっているのだが、その祖父というのが結構有名な柔道家だったらしく、すると今でもその所縁のある人が、たまに教え子と練習にきているらしいのである。

― そして 8月某日 ―

「 ・・・ もぉー 別にあなたまで来なくてもー ・・・ 」
「 ・・・ ん? あっ いやっ 心配だしさぁー ・・・ 会社も暇だし それに男手もあったほうがいいだろ? 」

「 ・・・ まぁ そうだけど ・・・ でもいいの? ○○のことお義母さんに全部面倒みてもらって ・・・ まぁ よろこんで行っちゃったけど 」
「 ・・・ ん? ハハッ 大丈夫 大丈夫 あいつ昔からばあちゃん子だから 今ごろ楽しくやってるよー ・・・ たぶん 」

「 ・・・ ハイハイ ・・・ はぁー なんか複雑! ・・・ 」
「 まっ まぁまぁ へへっ ・・・ 」

― 【男だらけの合宿!】 キラーン!・・・するととうぜん私は、こんな妻をほうっておける訳もなく、妻が出発するまでの間に急いで仕事や子供の面倒の段取りをつけると、実家に帰るそんな妻にわざわざついて行くことにしたのであった ―

「 ・・・ おっ! 見えてきたぞー ・・・ 」
「 ・・・ ん? ホントだぁー フフッ あいかわらず変わんないなぁ ここは ・・・ 」

「 ほーんと いつ見ても山しかないなぁ ここは ・・・ 」
「 ・・・ ん? ほっといてよ! 」

― 山と山の間にポツーンとひっそりとある、とてもとてもさみしーい村、そこに妻の実家がある。 (・・・もちろんコンビニすらない・・・)

そして更にその奥に奥に行ったところに妻の家があり (いつだったか土砂災害で報道されたこともある)、 すると私達はとりあえず到着すると、実家のお義母さんを、お見舞いしにいったのであった。

「 おぉー よう来たねぇー 元気けー? 」

― 足を引きずりながらも畑仕事をしている義母 (・・・何ソレ めっちゃ 元気やん!・・・)―

そして私達は、しばらく義母と雑談して休憩をした後、すぐに合宿の準備をするため、その道場へ向かったのであった。

― 妻の家から数百mはなれた、田んぼの中にポツンとある古びた道場・・・合宿所というより、道場に小さな民家をとってつけたような感じであろうか ―

「 さっ! やるわよぅー! 」
「 ・・・ ふぁーい(もちろんやる気なし) 」

そして合宿所に入るとさっそくお掃除!・・・しかしこれがまた、すっごく大変で、この暑い中道場のタタミ拭きやら、窓拭きやらまでやらされて、すると私はあっという間に汗だくのグダグダのヨレヨレになってしまったのであった。

(・・・ひぇぇー くるんじゃなかった・・・)
「 さっ! 次はこのお布団たち二階にもっていってねー 」
「 ・・・うへぇぇー!・・・ 」

そしてその後もさんざんコキ使われ、それでもなんとか学生達がくる2時頃までには、やっと合宿所の掃除も終えることができたのであった。

「 ・・・ はぁぁ しんどぉぉー ・・・ 」
「 ・・・ だから来なくてもいいって言ったのにー ・・・ 」

「 ヘヘッ ヘヘッ ・・・ ん? 」

すると掃除も終えてやっと一服をしていると、そのうち車のエンジン音が聞こえ、どうやらちょうどお客さん達も来たみたいな様子である。

「 あら? 来られたみたいだわ 出迎えてあげなきゃ ・・・ よいしょ 」
「 ・・・ ホーイ ・・・ ん? あっ! お前ブラジャーは? ・・・ 」

― 今日の妻の格好は、一応下はジーパンで上は白のワンポイントTシャツと普通の格好・・・しかしよく見ると、その白いTシャツの胸のワンポイントであるア○ィダスマークの横には、いかにもそれと分かるような、プックリとした黒いお豆ちゃんが二つ浮き出ていたのであった ―

「 えっ? あー 暑いからとっちゃったぁ 苦しいしぃ ・・・ それにいいでしょ 別に地元でもないからぁ ・・・ 」
「 ・・・ まっ まぁ いいけど ・・・ 」
(・・・そういう問題でもないんだが・・・でもちょっと楽しみ・・・)

― あっ! その前に忘れていたが 31歳の大台になった現在の妻の外観! ―

― 一応 162cm 47kg? B85 W57 H88? ぐらい・・・しかしとうぜん妻の公表であるから、身長以外は話半分だと思ってください ―

 B・・・むかし若かりし頃は、それこそEカップぐらいあったのだが、そのうち授乳期を終えてしぼみ(乳首だけは異常に黒く肥大した)、そして更に激ヤセしたせいでまたまたしぼみ、現在はちょいタレ気味のB?カップらしい・・・

 W・・・よくわからんが、けっこうキュッ!としまっているほうだと思う・・・もちろん近所のオバちゃん達とくらべてだが・・・

 H・・・ここが問題! むかしはけっこう小ぶりだと思っていたが、子供を産んでムチッっと肉がつき、更に年々痩せてきているはずなのに、どんどんここだけはムッチリとしてきている。・・・私は一応これを「オバちゃん化現象」だと言って妻をからかっている。

(話を戻します)
そして私達が玄関に出迎えに行くと、ちょうどガラガラと玄関の戸が開き、するとヨボヨボの爺さんが一匹ヒョコッっとあらわれたのであった。

「 ・・・ こんにちふぁ ・・・ およっ? ・・・ ヨネ(妻の母)ひゃん じゃないふぉー? ・・・ 」
「 あはっ こんにちは お久しぶりです先生! ・・・ 娘の真央ですよ先生! 覚えてるかなぁ? ・・・ 母が具合が悪くて私が代わりに・・・ 」
(・・・どうやら顔見知りらしい・・・)

「 ・・・ ほぇー マオひゃんかぁー? 大きゅうなってぇ ・・・ しょうかぁ でもヨネひゃん心配じゃのぅ ・・・ のうマコひゃん! 」
「 ・・・ ハハッ マオです ・・・ 」

― 大丈夫かよこのボケ爺さん・・・しかし妻の話では、昔の妻の祖父の門弟らしく、しかも全国でも有名な達人だったとか ―

「 ・・・ ん? ほぇっ! おまえら しゃんと挨拶しぇんかぁっ! しゃんと! 」

― いきなり後ろ向いて怒鳴る爺さん(さすがにちょっとビックリしました)、すると爺さんが後ろを向いて怒鳴ると、そのうちゾロゾロと体格の良い学生さん達が、狭い玄関にビッシリと入ってきたのであった ―

「オッ オッスッ! 主将の山元ですっ! よろしくお願いしますっ!」
「オスッ! 副将の水木ですっ!」
「オスッ! 高木ですっ!」

そして次々と勢い良く挨拶をする7人の大学生達、しかしそれにしてもさすが運動部!である。 なぜなら私の倍ぐらいはあるかと思うぐらいの立派な体格、しかも武道家らしく礼儀正しいハッキリした挨拶を私達にしてきたのである。

「 ・・・ まぁ すごい立派 ・・・ 」

― 本当に感心するくらい・・・しかしやはり私が気になるのは、彼らの礼儀正しさもそうであるが、何よりそんな彼らの妻を見る目でありまして ―

「 まぁ まぁ 遠いところようこそ・・・ 」

すると妻が前に出て挨拶する時、そんな彼らの表情を伺ってみると・・・やはり彼らのほとんどの目線が、妻のその白いTシャツのつくんと突き出た薄黒い突起に、遠慮がちにも注がれている様に見えたのであった。

「 さぁ どうぞ入ってくださいませ ・・・ お部屋を案内いたしますわぁ 」

そしてそのうち彼らを先導すると、ゆっくりと階段を上がっていく妻であるが・・・ジーパン姿で、そこだけは年々ムッチリしてきている大きなお尻が、階段を上がるたびにジーパンがお尻に食い込み、プリンプリンと左右にいやらしく揺れている・・・すると当然またもや部員達の視線を伺うと、やはり彼らの目線は、そんな妻のプリケツにチラチラ向けられている様に見えたのであった。

― そしてその後、妻に言われるがまま、部員達に粗茶を出しにいったのであるが、ちょうど襖の前で彼らの面白会話が聞こえ、すると私はついつい立ち聞きしてしまったのであった。―

「 おい 今回はいつものババアじゃねえよなぁー 」
「 ・・・ あっ! なんかねー バアさんがケガしたらしくてー ・・・ どうやらその娘さんらしいっスよー でその隣のさえないオッサン(ほっとけっ!)がその旦那さんらしいッス 」

「 ・・・ へぇー ・・・ 」
「 ・・・ いくつぐらいやろ? 」

「 さぁ ・・・ 後半(二十代)? ぐらいちゃう? ・・・ 」
「 ・・・ ふーん けっこうキレイな人やなぁ ・・・ 」

「 ・・・ えっ? 何? ミッチャンもしかして興味もってんの? 」
「 ばーかっ! ・・・ でっ でも なかなかじゃねえ?・・・ 」

「 ・・・ あっ でも僕アリっスよっ! ・・・ 人妻系好きだし・・・ 」 
「 ハハッ でたぁー フケ専! 」

「 えっ! でもいいっスよー なかなかスタイルもいいしー ・・・ しかも見ました? なんとノーブラでしたよ! 」
「 ・・・ あっ 見たよ! ・・・ ヘヘッ チュイーンって出てたよなぁ くろーいポッチが・・・ 」

「 ・・・ ヘヘッ ピョコンでしたよ ピョコーンって ヘヘヘ ・・・ 」
「 ・・・ あっ! やっぱり アレびーちくだったの? マジで ・・・ 」

「 ・・・ ハハッ まぁ たしかに いいケツしてたよなぁ ・・・ 」
「 ・・・ ヤベッ! 自分 起ってきましたよ マジで ・・・ 」
「 ・・・ ハハハッ バーカ! ・・・ 」

― うーん先程の礼儀正しさはどこへいったやら・・・しかしなかなか彼らの、とてもオモシローイ反応が聞けたのである ―

そしてその後、学生達は慌ただしく着替えるとすぐに練習を開始し、すると私達は一服したあと、そんな彼らの夕飯のための買出しや準備に、これもまた急いでとりかかったのであった。

「 もぉー パパ! もたもたしてないで! ・・・ さっさと並べて! 」
「 ・・・ ヘイ ・・・ 」

「・・・ あん もうっ こぼれてるじゃない!」
「 ・・・ ヘイッ!(涙) ・・・」

― 何をやっているのであろうか俺は・・・しかしそのうち、そうこうしているうちに、練習を終えた部員達がやってきたのである ―

「 ・・・ あっ みんな来たのかな? 」
「 ・・・ ハラへったぁぁぁ ・・・ 」
「・・・ チュイース! 」

「 あっ! どうぞ たいしたものでないけれど 召しあがってねぇ ・・・ 」
「 ・・・ うほっ! うまそぉー ・・・ 」
「 いっただきまーす! 」

そして部員達は全員そろうと、うれしそうにその夕飯を食べ始めたのであるが・・・するとさすがは体育会系なだけあって、その食欲は特に目をみはるものがあり、とにかくそれはもう全員がおかわりの連続で、さすがの妻もそのうちには汗だくになりながら、そんな台所を行ったりきたりと大忙しなったのであった。

「 ・・・ すっ すごいわねー みんな ・・・ 」
「 ・・・ えっ? そうっスか? ・・・ 」

― ホントにすごい!「何杯食うんやねん!」 てな感じである・・・しかし!私がやはり気になってしまうのは、そんな豚のような彼らの食欲より、もちろん妻を見る彼らの好奇心の目線でありまして・・・すると妻はというと、先程と同じ格好ではあるのだが、暑さと部員達のおかわり攻撃ですごい汗ばんでしまった肌に、着ている白Tシャツが更にピッタリと張り付いてしまっており、そのうちよく見ると、胸元には黒い乳首どころか、その乳輪までうっすらと透け浮き出てしまっている状態になっていたのであった ―

そして更に妻はそんな無防備な格好で、ところせましの彼らのテーブルのすぐ横を、おかわりを持っていく度に プルン プルルン と左右に乳房を揺らしながら通っていくのである・・・すると彼らの好奇心と視線は、とうぜん自然にもそんな妻の胸元にあつまってしまうもので・・・そのうち彼らは、ご飯を食べながら、そんなギラギラした目線を何度も妻に向けると、しきりにその揺れ動く黒い妻の乳首を、目で追い続けていた様子なのであった。 

・・・時折ニヤニヤしながらヒソヒソ話をしている・・・たぶん( おい! みたか! すげえなぁー )って感じだろうか・・・

そして夕飯も終わり、私達もかたづけを終えてからやっとお風呂に入った後、ゆっくりと居間で一服をしていた時のことであるが、そのうちちょっとした事件が起きたのであった。

「 ・・・ ふぅ つかれたなぁ ・・・ 」
「 ・・・ そうねぇ ・・・ ん? あら? 」

「 ん? どうした? ・・・ 」
「 うん なんか向こうから声が聞こえるわぁ ・・・ よいしょっと 」

― 一応私達の居間と寝床は、一階の奥の離れたところにある・・・すると妻がそのうち襖を開けると、向こうの階段の方から声が聞こえてきたのであった ―

( ・・・ すいませーん テッ テレビがちょっと調子がわるいっスー ・・・ )

「 うん? あら なんかテレビが調子わるいんだってぇ ・・・ あっ パパちょっと見てきてくれるー ・・・ 」
「 あん? えらい古そうだったからなー ・・・ たぶんもう買い替えないと よいっしょっと ・・・ ん? 」

「 ん? どうしたのぉ? ・・・ 」
「 ・・・ ん? あっ いや ・・・ あっ! ちょっ ちょっと足がつっちゃったかなぁ イテテテー ・・・ あっ わるいけどやっぱりお前みてきてくんない? 」

― 風呂上りの寝る前の妻は、いつもパジャマ用にしている、紺色のニット製のワンピースを着用している ・・・ そしてそれは、色が紺色なので透け具合はたいしたことはないのだが、しかし丈が短く、膝上30cmぐらいのなかなかの、ミニスカートみたいな感じになっているのである ― 

すると私は、またまた悪いくせで、彼らがそんな妻を見て、どんな反応をするか非常に興味を持ち、そのうちワザとらしく仮病のふりをして、わざわざ妻に二階へ、行かせることにしたのであった。

「 えぇぇー もう! だらしないんだからぁ ・・・・ ふぅ しかたないなー ・・・ 」

そして妻は、そのうち私を軽蔑した眼差しでながめ、ブツブツ文句を言いながら、部員達のいる二階へ向かっていったのであった。
・・・しかしもちろん妻が階段を上がっていくと、ソローリ ソローリ とその後についていく私である・・・

そして私は、部員達の部屋の前にたどりつくと、襖の破れた障子の穴から、コッソリと中の様子をうかがってみたのであった。

「 ・・・ あれ? ・・・ うーん おかしいなぁーっと ・・・ ん? ・・・ 」

すると妻は、ちょうどテレビの前で中腰になり、ナにやらそのテレビをいじくっている様子 ・・・ そしてよく見ると、中腰でお尻を突き出した格好をしているものだから、とうぜん部員達には、今にもパンティーが見えそうな、おいしそうな白いふとももが丸見えになっていたのである ・・・ いや もしかしたら何人かは、そんな妻の後ろで寝そべっていたので、たぶんそいつらには、バッチリとパンティーが見えているかもしれない ・・・

「 ・・・ うーん どうしよぉー ・・・ 」

― そう言いながら頭をボリボリと掻き、お尻を少々くねらせる行動をとる妻 ・・・ すると部員達はとうぜん、そんな妻のムチ揺れするふとももやお尻を眺めながら、しきりにニヤニヤしていたのであった ―

「 ・・・ うーん 後ろかなぁ? ・・・ 」

そしてそのうち妻は、そう言いながら今度は、そのままテレビの後ろにまわりこみしゃがみ込んで、そのテレビの後ろのスイッチを、色々とじくり始めたのであったが ・・・

「 ・・・ あっ オイ見ろよっ ・・・ 」
「 ・・・ ん? オホッ! ・・・ 」

するとテレビ台の下には、そんなテレビの後ろでしゃがんだ、妻のルーズに開いたスカートの中がまる見えになってしまっており・・・とうぜんその奥では、妻の黒いパンティー(・・・ なぜか最近黒ばかりを好んでます・・・)が彼らの目前に、バッチリと露わになってしまっていたのであった。

そしてやはり、そんな大切な部分も隠そうともしない無防備な妻であるから・・・すると部員達は、ずっとそのままの体勢でいる妻に気を許し、そのうち更に身を乗り出しテレビの前に近づくと、顔を揃えるようにしてそんな妻の黒パンティーを、しばらくニヤニヤ眺め続づけたのであった。

「 ・・・ うーん もう たたいちゃえ! エイッ! ・・・ んあ? あらぁ ・・・ なっ なおっちゃった ヘヘッ 」

しかしそのうち妻が バーンッ! っとテレビをたたくと、彼らにとっては残念だったが、見事になおっちゃってしまったのである。

「 ふぅぅ よかったぁ ・・・ オシッ! これでもう大丈夫だね 」
「 ・・・ え? あっ ハイ ・・・」

― とうぜんやっぱり、残念そうな様子のそんな部員達なのであった ―

― そして翌日の午前中のことであるが、部員達が練習に行っている間に、妻と一緒に彼らの部屋へ掃除をしに行ってみると、なんとゴミ箱の中には、それらしきテッシュのカタマリが、それはもう幾つも見うけられたのである ―

(・・・ うーん 元気ですねー ・・・ やっぱりネタは 妻? かな? ・・・)

「 ・・・ あら? 誰か風邪でもひいたののかしら ・・・ それとも何かこぼしたのかなぁ? ・・・ 」
「 ・・・ さっ さぁ? どーだろ ・・・ 」

「 ・・・ クンクンクン ・・・ ウッ! なっ なんか生ぐさい ・・・ 」

― オイ オイ! 臭いを嗅ぐなっつーの! ・・・もちろんそんな妻である ―

― そして昼すぎ、さすがに翌日になると、別に合宿所全体の掃除の必要もなく、そのうちそれくらいの時間には二人とも自由時間をえることができ、すると私は居間でゴロゴロしながらテレビを見たりと、くつろぐこともできたのであった ―

「 ・・・ ふーん政治家もたいへんだなぁ ・・・ 汚職 おしょくかぁ ふわぁぁぁ ・・・ 」

「 あっ パパー ホラ! 見て! コレコレ! どう? 」
「 ・・・ ん? 何? ・・・ うわっ! ・・・」

しかし私が寝そべってゴロゴロしていると、そのうち妻が私に呼びかけ、すると振り向いてみると、なんとそこには柔道着姿の妻が、いかにも自慢そうにつっ立っていたのである。

「 ・・・ なっ 何? そっ それ ・・・ 」
「 ・・・ ふふっ これはねー 私が中学校時代に来ていた柔道着なのよぉ ・・・ 押入れにまだあったから ためしに着てみたらねー 何としっかり着れちゃった! ・・・ ふふっ 感激! 」

― 一応妻は、祖父の影響で中学まで柔道をしていたらしい( けっこう強かったらしい コレ本当の話 )、高校では卓球部だったらしいが ―

「 ふふっ どう? 似合ってる? 」
「 ・・・ あっ ああぁ うっ うん ・・・ 」

― 中学ぐらいから身長はあまり変わっていないらしいから、確かに丈の寸法はピッタリとあっている、しかし上はそこそこあっているのだが、下のズボンはやはりお尻が大きくなっているせいかピチピチで、ズボンの股下が グイッ! っとそのお尻の中心に突き刺さるように食い込んでおり、するとその食い込みからこぼれる両方の尻たぶが、いやらしく ムニュ ってはみ出すような感じになっていたのである ―

「 ・・・ へへっ なかなかいやら ・・・ 」
「 ん? 何? 」
「 あっ いや べつに ・・・ 」

― でも本当に人妻の柔道着姿って、意外とけっこういやらしいです ・・・ 不覚にも見ているだけでちょっと ムクムク と反応しました ―

「 ・・・ ウフフッ あー でも久しぶりにやってみたいなぁ 柔道 ・・・ 」
「 ・・・ ヘッ? あっ あんなもの楽しいの? 」

「 あらっ けっこう楽しいのよ ・・・ 汗と熱気の中 体の中にひろがるタタミの匂い ・・・ 」
「 ・・・ くっ くせえだけじゃない? 」

「 ・・・ もうっ! パパってホント相変わらず ロマンのかけらもない人ねっ! 」

( ・・・ どんなロマンやっちゅうねん! ・・・ )

「 ・・・ あっ そうだ ・・・ 先生に頼んでみようかなぁ ちょうど午後からなら少し時間がとれるし それに最近体がなまっているし ・・・ ヨーシッ! 」
「 ・・・ あっ おいおい ・・・ 」

そして妻はそう言うと、そんな柔道着姿のまま、部員達の練習しているその道場へ、なんとむかって行ったのである。

YOU!好きならいっちゃいなよ!

私は今23歳で、弟は年子なんですけど生まれた月の関係で
同じ学年です。(珍しいのでここから身元がバレないかちょっと心配)
二人とも去年大学を卒業して就職しました。
もちろん別々の会社なんだけど、お互いの勤務先が近くて
実家からは通勤に1時間半くらいかかるので一緒に部屋を借りて
会社の近くに住むことにしました。
一人暮らしでも良かったんですけど、やっぱり少しでも広い部屋がいいし。
でもルームシェアはちょっと…なんで。
家賃の負担も少ないし、両親も一人より弟が一緒の方が安心だからって
喜んでくれてました。
この時の安心した両親の顔を思い出すと胸が痛くなるんですけどね。

弟は同じ学年ということもあって小さい頃から仲が良かったです。
一緒に勉強したりゲームしたり。音楽や映画なんかも趣味が似ていて、
大人になってからもよく弟の部屋で一緒にDVD見たりしていました。
「姉貴?、オーシャンズ11借りてきたぜ?」
「いやっほう!」
みたいな感じでw
私には兄もいるのですが、いつも弟とばかり遊んでいました。
もちろんケンカも多かったです。いや、今も良くしますw
弟だけど同級生だから、小生意気なこと言ってつっかかってくるし。
小さい頃は学校で忘れ物をすると、廊下から
「姉ちゃん姉ちゃん…筆貸してよぅ」とかって困った顔して頼ってきたり
して可愛かったのにな。
なんか普通の仲のいい姉弟だったのに、急に波乱万丈状態でちょっと鬱。
でも、弟が好き。書いてたら悲しくなってきた。

「うんこ採集できた?」
弟からの最新メールです。健康診断なんでw
ケータイの受信ボックスも送信ボックスも弟ばっかりだ…。

いつから好きになったのかは正直わからないんです。
弟に彼女が出来ても、からかって遊んだりしたけど
嫉妬はなかった。私も彼がいたし。
やっぱり二人きりで暮らすようになってからかな。
弟は実家にいるときから姉ちゃんが好きだったって
言うんですけどね。

弟はねー、家では末っ子で甘えん坊なんだけど外ではしっかり者で通ってます。
兄もなんですけど、お勉強も出来るし面倒見が良くて妹兼姉としては自慢できる
兄弟です。家族にはバレてないと思ってたけど、もしかしたら兄はおかしいと
思っているかも…。

実家に居る時に、弟の部屋でゲームとかして遊んでて眠くなると、
そのままそこで寝ちゃったりすることもあったんです。
で、朝弟の部屋から弟のTシャツ着て出てきたら、兄に
「寝るときは自分の部屋で寝ろ」って怒られたんです。
その時は「へへーい」って普通に返事して、去り際に「お兄うるさい」って捨て台詞でw。
でも弟とこうなってから考えると勘違い、というか疑われても
仕方の無いシチュですよね。
普通に返事したことで、こいつら何も無いなって思ってくれたと
思うんですけど、もしかしたら密かに経過観察中なのかも…。
当時は本当に何も無かったんだけど、最初に気づくのはやっぱり兄かな。

それで、お互いに「なんかちょっとヤバイかも…」みたいな空気の中、
慣れない仕事と勉強(仕事関係の)で忙しい日々を送っていた訳です。
んー、7月の終わりか8月の始めごろかなぁ。二人とも研修なんかが
一区切りついて、ちょっと心の余裕が出てきた頃のことです。

ウチは家族全員が紅茶党で、私も弟も紅茶が大好きなんですね。
で、弟が仕事の帰りにケーキを買ってきてくれたので久々に
紅茶をいれようと思って。でも、ティーポットがシンクの上の棚の
奥のほうにあって届かなかったんです。
そこで私は弟を呼びつけて
「ねー、ちょっとここの奥にポットあると思うんだけどさ、届かないんだよねー」
「俺、ウーロンでいいよ」
「えー、せっかくだから紅茶にしようよー。ポット取ってよー」
ってお願いしました。

「どこだよ、ねえよ。右?左?」
「こっちこっち。たぶんここらへん」
みたいな会話になって一緒に棚を覗いてたんです。
そしたらなんだか、妙に身体が密着してしまってて…。
で、たぶんお互い同時に「やばっ」って思ったと思うんです。

私が「やばっ」て身体を引くより弟の反応の方が少し速くて、
あっという間にぎゅぅって抱きしめられてしまいました。
どっちの心臓か、両方の心臓かわからないけどトクントクンって鼓動が
聞こえるくらいお互いそのまま固まってしまって…。
弟の胸は汗臭いんだけど、なんか懐かしい匂いがして、私は
気持ちよくってこのままずっと抱きしめていて欲しいって思いました。

「俺、○○すげー好き。どうしよう。姉ちゃんなのに…ごめん」
って弟が言いました。なんか突然の告白で私はびっくりして呆然とした顔で
弟を見上げました。
弟はすごい切なそうな顔をしていて、私と目が合うと何度もキスをしたそうに
首をちょっと傾げて顔を少し近づけては躊躇って私をぎゅっと抱きしめました。
私もすっごい動揺したけど、一応姉としてこの場を何とかしなくては、と思い
「お姉ちゃんも○○のこと好きだよ。でも、今は紅茶が飲みたいな」
とヘタクソな小芝居をして弟の胸から離れました。

弟も少し照れくさそうに笑ってダイニングに戻って何事もなかったかのように
ケーキを一緒に食べました。
そのあともいつも通りの弟だったので、私はちょっと安心しました。
ところが、ヤツは次の日その次の日も家には帰ってきませんでした。
「今日は帰れねー」ってメールはあったけど。

弟が出て行ってから、私もすっごく悩みましたよ。
無い頭を、雑巾のようにぎゅうぎゅう絞って一所懸命考えました。

「好き」ってどういうことなんだろう。
いつからそんな風に思っていたんだろう。
私にどうして欲しいんだろう。

いくら考えても答えなんて出ないんですけどいっぱい考えました。
で、出て行ったということは、「姉として好き」ってことじゃなくて
本気の告白だったんだろうなぁと。最近の少しギクシャクした感じは
単に二人きりで住んでるから意識しちゃってただけじゃなかったんだって。

いつからそう想ってくれていたのかわからないけど
辛かっただろうなぁ…。気づかなくてごめんね…。

と、少し自己嫌悪に陥りつつ、一番重要な今後のことを考えました。
私の選択肢は二つ。
弟の気持ちを受け入れるか受け入れないか、ですよね。
でも、弟の気持ちを受け入れるんなら、彼の求めるものは全て与える
覚悟はしなくちゃいけないでしょう?たとえ倫理に反しても。
で、もし受け入れられないのなら、かけがえのない可愛い弟を失うと。
失えば今までのように二人でDVDを見て笑いあったり、
本気で夜中までゲームで戦ったり、一緒にお酒を飲んでじゃれあったり、
そんな楽しい日々はもう過ごせない。
小さい頃からお互いに助け合ってかばい合って(本当にそんな感じなのです)
生きてきた弟を失うのは考えられなくて…。
でもそこに家族愛以上の愛情があるかどうかっていうのは微妙なんですけど。
結局どれだけ考えてもどうすればいいのか、それ以前に弟への
自分の気持ちさえもわかりませんでした。

あー、書いてたら私は弟依存症なのかってちょっと鬱になります。

で、弟は3日後に家に帰ってきました。何事も無かったように
「ただいまー」って。
ご飯を食べてないけど食欲無いって言うので顔を見ると火照っていて
どうやら発熱してる様子。
「○○、熱あるんじゃないの?」
っておでこに触ったら、やっぱり熱くて。弟は
「ごめ…シャワー浴びて寝るわ」
って部屋を出ていきました。
弟はシャワー終わってそのまま自分の部屋に行ってしまったので
私は弟の所に行きました。
「おかゆ作ろうか?」
「ううん。アイス食いたい。ハーゲンダッツのバニラ」
「…う…わかった」

病人なんで、私は珍しく言うことをきいてアイスを買ってきてあげました。
「買って来たよー、ほれ」
「食わせてよ。あーん」
ちっ、この甘ったれめ!と思いつつ食べさせてあげました。
「……姉ちゃん…俺、姉ちゃんのこと好きなんだー」
「うん。この間聞いたよ、それ」
「…すげー好きだよー」
「うん。すげーありがとう」

「…俺、ここ出て行ったほうがいいのかな?」
「なんで?」
「自信ねえ。理性を保てる自信がねえ」
「・・・」
「俺、いつかきっと○○のこと襲っちゃうと思う…」
「・・・」
「…怒ってる?」
「……ここに居ればいいよ。ずっとここに」

「え?俺の話聞いてた?襲っちゃうかもって言ってんだよ?」
「うん。でも○○は私のこと好きなんでしょう?」
「好き。すげー好き。マジで好き。他の誰よりも好き!」
「フフ。ならいいよ」
「襲っても?」
「お前はぁ?姉ちゃんにそこまで言わせるのか!こらっ!」
「あああ?、なんだよ? 俺今すげー幸せだ?」

なんかもう自分でもよくわかりません。
あんなに悩んだのに…っていうか3分前まで悩んでいたのに
気が付けばすんなりOKですよ。なんだかわからないけど
幸せそうに笑う弟を見て、私もありえないくらいの幸せを感じました。
想いを募らせてくれた弟と、一瞬で恋に落ちちゃった姉って感じですかね。
相当キモイですw

そんなキモイ姉弟の生活が始まったわけですけど、拍子抜けするほど
変化がなくて、スキンシップに遠慮がなくなったって程度。
前と明らかに違うのは、やたらと抱きしめられるってことくらいかなぁ。
料理つくってれば後ろからぎゅっ。
歯を磨いてれば後ろからぎゅっ。
TV見てればソファの背もたれのところに割り込んで後ろからぎゅっ。
キスもしないし、胸も触らないんです。ただぎゅってして、くんくん匂いを
嗅いでるだけなんですよ。で、たまに「いい匂いがするー」って。犬っぽいw

遠慮とか葛藤とかなんか諸々の感情が渦巻いていたんでしょうねぇ。
弟は悩んでいたのかもしれないけれど、私はちょっとホッとしてました。
このままプラトニックな関係でいられればその方がいいし。
それに私は弟にぎゅってされるのが凄く気持ちよくて大好きだったんです。
今までに感じたことのない安心感があって穏やかな気持ちになれるんですよ。
まあ、いつもお尻に弟の固いモノが当たってたので、
弟は穏やかではなかったと思うんですけどw

そんな感じで一週間くらい経った頃だと思うんですけど、
私がお風呂から出て洗面所で髪を乾かしていた時です。
いつものように弟が近づいてきて、後ろからぎゅっと私を抱きしめるわけです。
「邪魔だよー。髪の毛乾かせないじゃん」って鏡越しに弟に言いました。
すると弟が「○○…好きだよ」と言って、私も「私も…好きだよ」と言う。
なんかねー、お互い恋愛経験あるのに初めての恋みたいな初々しさで、
私は少し笑ってしまいました。でも、鏡の中の弟は笑ってなかった。

弟はちょっと怒ったような顔をしながら、乱暴に私の肩を掴んで
自分の方に向け、一度強く抱きしめたあと私の顎を持ち上げてキスをしてきました。
これが弟とした初めてのキスです。
始めは唇をそっと挟むような優しいキスで…でも唇が触れるたびに
もっとその感触を確かめたくて、気がつけば二人とも夢中でお互いの
唇を吸っていました。
そして唇だけでは足りなくて、私たちはもう姉弟であることなんて
忘れたみたいに舌を絡ませて激しいえっちなキスをしました。

「とろけるようなキス」って、どこかでよくみかける表現だけど
弟とのキスはまさにそんな感じです。口の中でお互いの舌を
追いかけっこしたり、唇の内側をなぞったり、くねくね絡ませたり…。
それはもう気持ちが良くって、私は弟の腕にしがみつきながら
「んっ…んん…んふっ…」
って合わさった唇の間から吐息を漏らしていました。
弟も鼻息を荒くしながら、私の髪を撫でたり背中に指を這わせたり、
そして今まで触れるのをためらっていた胸にも手を伸ばしてきました。
お風呂あがりだからノーブラで、私はすぐに弟に固くなった乳首を
みつけられて責められました。
乳首の上の弟の指の動きに合わせてピクッピクッって身体が震えて…。
もう耐えきれなくなった私は思わず唇を離して、
「あっんっ…あっ…あっ…」って小さく喘いでしまいました。

この時の気持ちはなんて言ったらいいんだろう。
普通、肉親には絶対に見せない性的な快楽に浸っているところを見られる
恥ずかしさって言えばわかってもらえるかな。
しかもその肉親の手で悦びを与えられてるんですよ。
そんなことを意識してしまったら、気持ちいいのに泣けてしまって…。

嫌なわけじゃなかったし、悲しかったわけでもないです。
…いや、やっぱりちょっと悲しかったかも。胸のずーっと奥の方が…。

で、弟は一度私のTシャツを捲り上げるそぶりを見せたんだけど、泣いている
私を見て急に手を止め、私から身体を離してしまいました。
そして「姉ちゃん、ごめん…」とうつむいて洗面所から出て行きました。

難しいですねー、色々と。

弟の求めるものは全て与えるつもりでいたのに
図らずも拒否したような形になってしまったことに対して
私は信仰心のカケラも持ち合わせていないのに
「これは神様さまの最終警告なのでは…」
などど思ってしまいました。
これが引き返す最後のチャンスですよ、と。
決断したつもりでも心の中では、悪魔と天使が
争ってたりしてたんですねー。
(脳内イメージ)
悪魔「YOU!好きならいっちゃいなよ!(なぜかジャニーさん風)」
天使「ヤバイよヤバイよ?!近親相姦はマジヤバイって?(なぜか出川風)」

実はこの時点で本当にかなり気持ちが揺らいでいたのです。

それでも先へ進もうと決心させたのは弟の言葉です。
微妙に気まずい感じがしなくもなかった二人ですが、夕飯を食べて
いつものようにソファでいちゃいちゃしながらくつろいでいた時です。
「姉ちゃん、耳掃除してよ」
「おう!」
膝枕して耳かきをしてあげました。
「姉ちゃんはさ、どんな時に幸せだと思う?」
「んー……でっかい耳クソが取れたときっ!ほら見てっ!でかっ!」
「あ?そういうんじゃないんだけど…うーわ、でかっ!」

「で、あんたはどうなのよー」
「俺は…姉ちゃんが幸せそうな顔してるのを見た時。
 俺、姉ちゃんの幸せそうな顔見ると脳内麻薬出まくりでさ、気持ちいいんだー」
(弟の直球に動揺しつつも)
「…はぁ?さっすがモテ男くんは言うことが違うよねー」
「いやいやいやいや、マジっすよ?。ずーっと幸せな顔してもらえるように、
 俺、頑張るよ。マジ頑張るよ」

私の幸せそうな顔を見るためにマジ頑張ってくれるんですよ、弟が!
その瞬間、私の心の中では悪魔が大勝利をおさめていました。
私はジャニーさんの高笑いを聞きながら、弟に言いました。
「ねーねー、温泉行こうよ!」
「え?まだ暑くない?」(9月のはじめだったんで)
「いいじゃんいいじゃん!温泉行ったらきっと私、幸せそうな顔できると思うよ?」
「よ、よし!頑張るぞー!」

日常生活から離れないと、またダメそうな気がして温泉行きを提案しました。
早速ネットで探したところ、格安直前予約でけっこういい旅館が予約できて
急だけど、週末に行くことになりました。

こういう時はゆっくり旅情を味わおうと思って、電車の旅にしました。
すっごいドキドキでしたよー。これから最高にイケナイことをしに行くんですから。
車内ではずーっと手を繋いでて、たまにぎゅっぎゅって握りあったりしてw。
長い間一緒に居る人なのにすごい新鮮で、どのデートの時よりドキドキしてました。

途中ローカル線に乗り換えて、やっと旅館に到着です。
で、弟が荷物を持っていたので、私がフロントで名前を書いたんです。
姉弟だから当然同じ苗字で、二人の名前が並んでいるのを見ると
夫婦のようで気恥ずかしかったです。
もちろん旅館の人も、私を「奥様」って呼びますしね。
なんか二人ともちょっとニヤニヤしちゃいました。

部屋は結構広くて、窓からは温泉街が見下ろせました。
夕飯までは時間があったので、二人で温泉街を散歩しました。
温泉饅頭を食べたり、スマートボールで遊んだり…楽しかったー。
知っている人なんかいないから手も繋ぎたい放題です。

ご飯も(゚д゚)ウマーで、ビールを飲みながら美味しくいただきました。
食後はTVをつけて、見たことも無いハイテンションローカル番組に
茶茶いれつつ、お腹がこなれるのを待ちました。
あれ?満腹で温泉入るのってダメでしたよね?

で、その妙にハイテンションなローカル番組が終わるのを
きっかけに温泉に入りにいきました。

女湯はおばさまが一人いただけで、静かでのんびりと入れました。
妙に念入りにあちこち洗って、湯船につかっていると、
おばさまが「お先に」と言って出ていってしまったので貸切状態です。
あー贅沢だなぁーって湯船のなかで身体を伸ばしてのんびり。
で、とうとう今日一線を越えてしまうんだなぁ、後戻りできないなぁって
考えてました。

ちょっと父と母の顔なんか思い出したりして…。

部屋に戻ると、すでに布団が敷いてありました。
先にお風呂からあがった弟は窓から外を見ながらビールを飲んでいます。
そして二人は
「よっ」
「おうっ」
みたいな挨拶をしてお互い恥ずかしさを誤魔化す訳です。
「姉ちゃん、電気消していい?」
「う、うん」
「ここから外見てみ」
暗い部屋から窓の外を見ると、温泉街を散歩する人たちが見えました。
「夫婦とか家族とか…不倫カップルとかは居るかもしれないけど
 姉弟ってのはやっぱ俺たちだけだよね…」
「ふふ。うん…」
なんか緊張しまくりで…。初えっちの時よりドキドキで…。

弟はゆっくり窓の障子を閉めると、私を抱きしめました。
「俺、姉ちゃんのこと本当に好きだから…。大切にするから…」
「わ、わかってるって…」
弟の言葉は直球が多くて照れてしまいます。

私は幸せな気持ちで、弟の胸に顔を埋め心臓の鼓動を聞いていました。
好きな人の鼓動を聞くのっていいですよね。安心します。
弟は大きな手で優しく私の髪や肩や背中を撫でてくれました。
時折おでこにかかる弟の熱い吐息がなんだか凄くいとおしくて。

顔を上げると、弟はちょっと微笑んで「ん?」みたいな顔をするんです。
私は、ああこの人を好きになって良かった…と心の底から思いました。
私は「好き…」と言って弟の頬を両手ではさんでキスをしました。

一度唇を合わせてしまえば、後は恋する二人なので、
お互いの舌を追いかけたり噛んだり絡ませたり…。
それはもう熱烈です。
そして時には頬や首筋や耳なんかにも唇を這わせてみたりして。
私はキスだけで気持ち良くて頭の中がぼーっとしてしまいました。

そしてそのままキスをしながら、どちらからともなくお互いの浴衣を
脱がし始めました。帯を解くのももどかしいくらい性急に。
私たちは下着も取って全裸になると、今まで以上に強く激しく
抱きしめ合いました。

このまま二人の身体が溶け合って、ひとつになってしまえばいいのに…

そんなことを考えながら私は弟を抱きしめていました。

抱き合ってお互いの肌の感触を楽しんだあと、布団の上に
移動しました。
弟は私の上に覆いかぶさって、照れくさいから胸を押さえていた
私の手を掴んで横に広げました。胸が弟の目の前に晒されて、
私は恥ずかしくて急いで目をぎゅっと瞑りました。
「○○のおっぱい、すげー綺麗だよ」
「ね…あんまり見ないで…」

弟の視線を感じながら恥ずかしさに耐えていると、急に乳首が
生暖かいものに包まれました。
目を開けると、弟が夢中で乳首を吸っていました。
その様子が大きな子供のようで可愛くて…。
私は恥ずかしさも忘れて、弟の頭を抱えて髪の毛を撫でました。

でもそんな余裕も、長続きはしませんでした。
弟が乳首を優しく噛んだり舌で弾くようにしたり、指でそっと撫でたりし始めると
そのたびに乳首から足の間へ強い快感が走るのです。
私は呼吸を荒げて身体をピクピク震わせながら、
あそこから熱いものがトロッと溢れてきたのを感じていました。

「んっ、はぁっはぁっ…んっんんっ…」
ここは一応普通の旅館なので、唇を噛んだりして喘ぎ声が出ないよう
必死で我慢している私です。
でも胸を愛撫しながら、弟の手が足の間に差し込まれた時は思わず
「ああっ!」と小さく叫んでしまいました。

「○○、いっぱい濡れてる…気持ちいい?」
「うんっうんっ」
もう、姉としての威厳とか余裕とかそんなものは無くなってたみたいで
そんな弟の問いかけにも素直に返事してしまいました。

弟の指はゆっくりと、何度も割れ目の上を行ったり来たりしました。
濡れた指は滑らかに動いて、くちゅっくちゅってえっちな音がして…。
そして弟の指がクリトリスに触れるたびに私は身体に力が入ってしまって、
ピクッピクッて震えてしまうのです。
その愛撫は執拗に繰り返されて、私は指だけで簡単に限界近くまで
追い込まれてしまいました。

「ね…ね、待って…お願い…」
「やだ、待たない」
「も…だめ、いっちゃ…う…」
「うん。いっていいよ」
「や、やめ…あっあっ…あああっ…や、いくっ」

弟の指の動きが容赦なく速くなって、強い快感が一気に頭にのぼりつめました。
私の頭はもう何も考えられなくなって、弟の肩を掴んで大きく背中を反らせ
いってしまいました。

びくんっびくんっという身体の痙攣が去り、放心状態から戻ると
弟が私の顔をじっと見ていました。
私は恥ずかしいのと気持ちがいいのでポロポロ涙をこぼしてしまいました。
「き、気持ちよくて泣いてるだけだから…。
 気にしないで○○の好きにしていいよ」
そう弟に言うと、弟は少し笑ってキスをしてくれました。
そして弟はちょっと後ろを向いて最重要な装備を済ますと、私の足の間に
入ってきました。
膝を持ち上げられて、足の間に硬くて熱いものがぐぐっと押し当てられます。
弟が私に体重をかけるのと同時に、あそこが弟の形に大きく広げられて、
私は小さな悲鳴をあげてしまいました。
そしてとうとう弟が私の中に…。

その瞬間、ため息とともに
「○○、気持ちいいよ…」と弟が言いました。
私は下腹部に気持ちの良い圧迫感と、足りない部分がぴったりと補われた
充足感を感じて、なんだかすごく満ち足りた思いでした。
弟が全部入ってしまうと、私のお腹の中は弟のモノをぎゅっと包んで、
嬉しくてピクピク動いていました。

しばらくそのまま、弟は私のお腹の中の感触を、
私は弟を包み込んでる感触をゆっくり味わうみたいにじっとしていました。
本当はもっとこのままでいたかったんだけど、
弟は我慢できなくなったみたいで、ゆっくりと腰を動かし始めます。
弟のモノが抜けてしまうくらい腰を引かれ、再び奥まで深々と突き刺されるたびに
頭がおかしくなりそうに気持ちよくて、また涙が…。

弟は私の涙を指で拭いながら
「そんなに気持ちいい?」
「…うんっ…あっ、いいっ…あっ…あっ…」
言葉にならない返事をしながら、私はあっという間にまた強い快感が
身体の奥から押し寄せて来るのを感じました。

弟も限界間近みたいで、腰の動きがだんだん速く強くなっていっていきます。
弟は私の名前を何度も呼びながら、弟の腕を必死でつかんで喘いでいる私に
キスをしてきました。
そしていっそう激しく私に腰を打ちつけると、熱いため息とともに
私の中で一瞬弟のものがさらに大きく硬くなって、ビクビクッと何回も脈をうちました。

私は息を荒くして、私の上でぐったりしている弟がいとおしくてたまりませんでした。

この後もう一回して、翌日の朝もしました。
二回目はすごい濃厚なえっちで、何回もいっちゃいました。

話は変るのですが、私達のことをたぶん兄に気づかれてしまいました。
昨日の日曜日に兄の婚約者とのお食事会があって、その時何気ない言葉に
私が変に反応してしまったからです。
家族と会うからイヤって言ったのに、出かける前に弟にえっちないたずら
されたりしたせいもあるんですけど…。
単に恋愛感情があると思っているのか、関係があることまで気づいたのかは
わかりません。
結婚式まで何回か兄に会うので怖いです(つд`)

みなさま、読んでくれてありがとうございました。
弟とこうなってから何が辛いかというと、他のだれにも言えなくて
常に嘘をついていなければならないことです。
だからこうしてみなさんに聞いていただけるだけで嬉しいのです。

リアルでは一人だけ私達の関係を知っている人が居ます。
弟の行きつけのバーのマスターで、そのお店には仕事終わりに
二人で行ったり、気が向けば一人で行ったりもします。
別に二人のことをあれこれ話す訳ではないのですが、その人の前では
取り繕う必要が無いことにずいぶん心が救われています。













一番恥ずかしかったエチーはね、弟とドライブに行って
急に一泊することになった時です。
交代で運転してたんだけど、すごい疲れちゃって泊まることに。
シーズンオフ気味で空いてた小さなリゾートホテルでした。

弟はえっちしたいみたいだったけど、疲れたから寝ようよって
私は先に寝ちゃったんです。
で翌日の朝、なんかやらしい夢を見て目が覚めたんです。
そしたら、弟が隣にいて私の浴衣の前をはだけて、
胸をモミモミしてました。
もう日が昇って部屋の中も明るいし
「だめだよ、家に帰ってからにしようよ」って言ったんだけど
聞いてくれなくて。

このときの弟はすごくいじわるで…。
なんか前日の夜、えっちしなかったのをちょっと怒ってたみたいなんです。
さんざん乳首をいじられて、ピクピク震えながら喘いでいるのに
ふとももやお尻を撫でるだけで、あそこには全然触ってくれないんです。
足の付け根をぎゅっと押してみたり指でなぞってみたりするだけで…。
私は触って欲しくてクリトリスがキュッて熱くなって、ヌルヌルがお尻のほうにまで
垂れてるのがわかるくらい濡れてしまいました。

そしてようやく苦しそうに喘いでいる私を見ながら弟がやっと
あそこを触ってくれたんですけど、今度は手を動かしてくれないんです。
私はもう我慢できなくなって自分で小さく腰を揺すって弟の指にクリトリスを
擦り付けてしまいました。そうしたら
「なに腰振ってんの?」
ってすごく冷静に弟に言われて…。
自分から動いちゃったのは初めてだし、いやらしい自分が恥ずかしくて
私は涙ぐんでしまいました。

弟はまた冷静な顔をして
「いやらしい姉ちゃんだね」って言いながら
私の足を抱え上げて私の中に入ってきました。
そして私の背中に手を回して身体を起こして対面座位(?)にしました。
その格好だと、弟の顔がすぐ近くにあって恥ずかしかったので、
下を向いたら弟のが私の中に入っているところが見えて…。
すごいいやらしくて気が遠くなりそうでした。
さらに
「姉ちゃんエロいよ…クリがひくひくしてるよ」
って弟が私のあそこをめくり上げるようにしてクリトリスを見るんです。
その時まで、恥ずかしいからクンニは断固拒否してたので
このとき初めて見られてしまいました。しかも部屋明るいし…。
もうすごい恥ずかしかったです。

「自分の好きなように動いていいよ」
私は弟にそう言われたんですけど、動き方もわからないし、
モジモジしていたら、弟が私のお尻を掴んで、ぐいって
自分の方に引き寄せたんです。弟のが全部私の中に埋まって
奥に当たって、私は「あうっ」って声を上げて仰け反ってしまいました。

それをきっかけに私はもっと刺激が欲しくなって、知らないうちに
腰を小さく振り始めていました。
自分から動くのはやっぱりすごい恥ずかしくて、半泣きで
「や、見ないで…お願い…」
って弟に言いながらも、もう自分では腰の動きを止められなくて…。
最初は上手くいかなかったんだけど、だんだん気持ちいいポイントが
わかってきて、
「あ…はぁっ…ん、あ、んふっ…」
って小さく喘ぎながら一生懸命腰を振っていました。

弟も私にキスしながら、私の動きに合わせて腰を打ち付けてきて、
もう気持ちよくてだんだん訳がわからなくなって…。
そして大きな快感の波が押し寄せてきて、私は激しく前後に腰を揺すると、
弟の身体を押し退けるように仰け反って、
「いやぁっ」って泣きながら短く叫んで一人でいってしまいました。

この後正常位に戻って優しくえちしてくれたんですけど、
これが今の所、MAX恥ずかしかったえっちですー。
家でするときはマターリえちなんだけど、
外でするときは色々されちゃうことが多いです。
ヘンタイ姉弟でごめんなさい。

姉ちゃんのオッパイ治療

僕の姉はちょっと天然で、不思議ちゃんのケがあります。
こないだはこんなことがありました。
「ちょっと○○、来て。手伝ってくれる?」
隣の部屋から僕を呼ぶ姉。
ゲームを中断して渋々姉の部屋へ足を運びます。
ドアを開けると・・・。
「えぇっ!姉ちゃんっ!何やってんの?」
姉は何とスクール水着を着ていたのです。
それも上半身をはいだ状態で・・・。
「最近さ、乳首が水着の上からでも分かるようになっちゃったから、
 ちょっと工夫しようと思って、こうしてみたんだけど・・・。」
向こう側を向いていた姉がクルリをこっちを振返ります。
同時に、姉のバストがブルルンンッと躍動します。
 
姉のオッパイを見るなんて、久し振りのことです。
最後に見たのは姉が小学生の頃だから、5年ぶり位かなぁ。
随分大っきくなったなぁ・・・
などと感心しながら、姉のバストに見とれていましたが、
どうやら様子がちょっと変です。
目を凝らしてみると、姉のオッパイの中心、つまりは乳首の部分に、
何やら張ってあるみたいなのです。
「ね、姉ちゃん。何それ?ガムテープじゃん?
 何でそんなことしてるの?」
「だから、言ったでしょ。
 乳首が水着に透けちゃうから、工夫したって。」
「姉ちゃんっ。
 そういう場合は、アレだろ?
 確かニップレスってのをするんじゃないの?」

「だって、勿体無いじゃん。
 わざわざお金出して買うの・・・。」
「そ、そりゃ、そうかも知れないけどさ。
 で、何?なんで俺のこと呼んだの?」
「ちゃんとできたかどうか、チェックしてもらおうと思って。」
そう言うと姉はスクール水着の肩紐をバチンッと嵌めました。
「見てっ?どうかしら?
 大丈夫?チクビ透けてない?」
「・・・うん。大丈夫だとは思うけど。
 でも何だか、ガムテープの角ばった感じが分かって変だよ。
 それにさ、ガムテープをジカにそんなとこに貼ったりしていいの?」

「あ。やっぱしヤバイかな。これ?」
そう言って、姉はスクール水着の肩紐を外しました。
「ちょっと、取ってみる・・・。」
姉は乳首に貼り付けたガムテープを剥がそうとします。
「イッ、痛ーーぃっ!」
「ほら、言った通りだろ!
 姉ちゃん、ケチケチしないで、
 ちゃんとした製品買った方がいいぜ。」
「わかったよ・・・。んもう。
 でもコレ、どうしよう。」
「ゆっくり剥がすしか無いだろ。」
「ね。○○も手伝ってよ。」

「ちっ。しょーがねーなー。まったく。」
僕はそう言いながらもドキドキしていました。
(姉ちゃんのオッパイに触れる・・・)
「ちゃんと優しくしてよねっ!
 オンナの子の身体なんだから。」
「分かってるよ、うるせえなあ。
 それが人にモノを頼む態度かよ」
僕はそっと姉のバストに手を伸ばします。
緊張で手が震えます。
「あ。何?○○。
 手、震えてるよ。
 どうしたの?
 分かった!お姉ちゃんのオッパイ見てコーフンしてんでしょ?」
「そ、そんなわけないだろっ!
 誰が、アネキなんかのオッパイで興奮するっていうんだよ!」

言葉とは裏腹に、もう僕の心臓はバックンバックンでした。
振るえる手を、姉の乳首に伸ばし、ガムテープを剥がします。
「ヒッい、・・・イタッ・・・。」
「姉ちゃん、ちょっとだけ我慢して。」
バリバリ・・バリバリバリ・・・。
ぺろっ。
ようやく一枚が外れました。
「大丈夫?姉ちゃん・・・。」
「ッんん??。
 なんとか大丈夫・・・。
 もう片方も頼んだわ。」

ベリ、べりべりべり・・・。ぺこっ。
「ふぅっ。
 取れたぜ、姉ちゃん。」
「ッッーー。
 はぁあ??。アリガト。○○。
 もう懲りたわ。次からはちゃんと買ってくることにするわ。」
「うん。そうした方がいいぜ。
 じゃ、いいかな?僕。ゲームの途中だからもう行くよ。」
もうちょっと姉のオッパイ&スク水姿を堪能したくもありましたが、
いつまでも姉の部屋に居るわけにもいきません。
「あ、ちょっと待って。
 んん・・・。何だか痛いの・・・。
 ここがヒリヒリして・・・。」
姉は、バストを下から抱え込むようにして、オッパイをチェックしています。

「○○。
 ちょっと、アタシのここ、どうなってるか見てくれる?」
そう言って姉はバストを僕の目前に差し出すのですっ!
僕は平静を装って、姉のバストに近づきます。
(うはぁ。姉ちゃんのオッパイに急接近だあ!)
姉の乳首は赤く腫れ上がっているように思えました。
っていうより、姉の普段の乳首がどういう色で、どういう状態なのか、
知る由もない僕にとっては、何とも判断を下すことができません。
「ね、姉ちゃん。
 なんだか赤くなってるみたいだけど、痛いの?」
「うん。ヒリヒリするわ・・・。」
「何かクスリ塗ったほうがいいんじゃないのかな?
 僕もわかんないよ。」

「そう・・・。
 でもクスリ塗るだなんて、なんだか怖い・・・。
 だって、女の子の大事な部分なのよ。」
「よく言うよ。
 その大事な部分によりによってガムテープ直か貼りしたのは、
 他でもない姉ちゃんだろう?」
「うん。失敗だった。
 反省してる・・・。
 でさ、○○・・・。お姉ちゃんからお願いがあるんだけど。」
「またかよ。
 今度は一体何なんだよ。」
「お姉ちゃんの乳首、舐めてくれる?
「ぇええっ!?何言い出すんだよっっ!姉ちゃんッッ!」
「小さい頃、よくやったよね。
 ○○が転んで怪我した時とか、お姉ちゃんが舐めてあげたじゃない?
 それ、して。
 クスリなんかより、ずっと安心だよ。」

「で、でも。本当にいいの?お姉ちゃん?」
「うん。○○だったらいいわ。
 だって、弟だもん。○○は。
 弟だから、お姉ちゃんに対して変なキモチになったりしないよね?」
「変な気持ちになんか、なるわけないだろ。」
「じゃ、お願い。
 はい。やさしく、だよ・・・。」
そう言って、姉はまず片方の乳房を下から持ち上げ、僕の前に差し出しました。
僕はゆっくりと顔を近づけ、姉の乳首に唇を当てます。
「・・・ぁ、・・・っっ、・・・。」
姉の吐息が漏れます。
僕は慌てて口を外して、姉に聞きます。
「あ。姉ちゃん?痛かった?」
「うぅん。大丈夫。続き・・・、して・・。」

今度は乳首だけでなく、乳輪全体も含むようにします。
かぽ。
そして、舌を伸ばします。ちろ。
姉の反応を見て、ゆっくりと舐めます。
「んんっ・・・、んぁ・・・・。」
(痛いのかな?姉ちゃん。)
僕は、姉の乳首を舐めながら上目遣いで姉に確認を取ります。
姉は痛さをこらえている様子でしたが、
僕と眼が合うと、小声で囁きました。
「大丈夫・・・。平気だから、続けて・・・。」
それまでは舌先だけでチロチロ舐めていましたが、姉の要請を受け、
僕は、舌全体で姉の乳首を楽しむ、もとい、治療することにしました。

ちろちろ。ぺろっぺろぺろぉ。
僕の口唇治療は続きます。
5分くらいしたところで、姉が言いました。
「んん。じゃ今度はこっち側、お願い・・・。」
もう片方の乳房を抱えて、僕に懇願します。
姉の目が、気のせいか、潤んでいるように見えます。
もう一方の乳首も丹念に舐め上げます。
ちろっ、ちろちろ。ぺろっぺろぺろぉ。
姉の乳首をもう10分以上舐めている僕・・・。
何だか赤ちゃんになっちゃったみたいな気分になりました。
と、その時、僕は姉の乳首の異変に気が付きました。
(か、固くなってるッッ!
 姉ちゃんの乳首がっ!
 姉ちゃん?もしかして感じてるの?)

「んんっ・・・・、んぁ。」
姉の声は、もはや痛さに耐えるものではなく、喘ぎ声に変わっていました。
僕は姉の乳房から口を外し、姉に聞きます。
「どうしたの?
 お姉ちゃん・・・。痛いの?」
「んん?・・・っっはあぁ、・・・。
 え?・・・ぁぁん、だ、大丈夫。
 痛くないわ・・・。もっと、もっと、続けて・・・。
 お願い、・・・○○・・・。っっ・・・。」
「お姉ちゃん、どうしたの?
 様子が変だよ?」
「っっ、・・・、ど。どうもしてないわ。
 いいから、続けてっ!○○っ!」
「続けてもいいけど。
 お姉ちゃん?
 実は感じてるんじゃない?違う?」

「ばっ、バカ言わないでっ。○○ッ!
 どうしてよ?
 どうして、アタシが感じなきゃいけないの?
 これは治療なんだからっ!
 傷ついたオッパイを舐めて治してもらってるだけなのよ?
 しかもアナタは弟なのよ?
 弟に乳首舐められて、姉であるアタシが感じるワケないじゃない?
 何言ってるのよ、○○!」
「ふぅーん。
 でも姉ちゃん、治療っていうんだったら、もういいんじゃないかな。
 もう10分以上やってるぜ。」
「もうちょっとよ。
 もうちょっとやれば、イケそ・・・。
 ち、違うわ、完全に治りそうなの。
 だから、ね。お願い、○○。」
「ふぅーん、何だか妖しいな。
 正直なところ、どうなの?
感じてんだろ?姉ちゃん?」

「いい加減にしてよ!
 そんなことどっちでもいいから!
 お姉ちゃんの言う通りにしなさいっ!
 早くぅ!早くしてっ!○○!」
まったく・・・。
姉は昔からいつも、自分が不利になると、
無理やり自分を押し通すところがある。
ま、いっか。
僕だって、充分楽しんでるわけだし。
僕は再度、乳首を舐めることにした。
ぴちゅ。ぺろっ。
うは。
さっきより硬くなってるじゃん。
姉ちゃん、待ちきれなかったんだな・・・。
僕は口だけでなく、両手を使って姉のバストを愛撫することにした。

「あぁぁんんっっ!」
僕は姉の左の乳首を吸い、右手で乳房を捏ねくり回します。
空いた左手では、姉の右の乳首を、クニクニといじくります。
「んんんっ!!
 もうぅっっ!もうぅう!
 もっとよおぉおっ!」
完全に性感スイッチの入ってしまった姉。
僕も、それに答えて、ラッシュをかけます。
れろぉおっ!れろれろれろぉおおっ!
「あぁんんんっ!うぅううんんっっ!
 イヤァぁあァっっ!!」
姉の感じようはハンパありません。
姉ちゃん?
姉ちゃん、オッパイだけでイッちまうのかよっ?

「んんーーーーっ!!
 イイッッ!!イイのおぉおっ!
 アタシ!アタシぃぃっ!!
 駄目っ!ダメぇえっ!だめーーーーっ!!」
姉の頂点が近づいて来ました。
僕は、顔を左右に振って、両乳首を連続に舐め回しますっ!
姉の乳首へ、必殺=口唇デンプシー・ロールッッ!!
「イヤアぁっッッ!!
 どこ?どこぉぉおっ?
 あぁあんんっ!イヤぁ!
 ダメ、駄目ぇ、それ、だめーーーっっ!
 弟のくせにィィ!
 そんなこと、ダメなんだからぁあ!
 もうぅっ!イヤぁあ!」

姉の身体がワナワナと震えています。
イクんだ・・・。
姉ちゃん、イクんだ!
僕の愛撫で姉をイかすことができる!
僕はとっても嬉しくなり、さらに激しく舌攻撃します。
「アアッアン!!!
 イクっ!イクゥゥウッ!
 もうっ!!イクんだからぁあ、アタシイぃい!!
 アァーーンッッ!!いやあぁーーーっ!!」
ビクンッビクンッと何度も脈動する姉の身体・・・。
僕は姉の上半身をきつく抱きしめます。
僕の鼻腔に充満する姉の匂いっ!

僕の体にもたれかかってくる姉。
「はぁっ、・・・・、はぁっ、・・・・、」
僕はもう一度思い切り姉のことを抱きしめます。
姉の手も僕の首に回ります。
5分位そうしていたでしょうか。
ようやく僕らは体を離しました。
「???っ。
 はぁあっ!
 ○○の唇、とってもキモチ良かった!
 これで、アタシの乳首の傷、治るねっ!
 ありがとうっ、○○っ!」
 
「ふうっ。姉ちゃん、これに懲りたろ。
 今度からこんな無茶すんなよ。」
「うん。わかったわ。
 でもさ、アタシお肌デリケートみたいだから、
 ニップレス使ったとしても、荒れちゃうかも・・・。
 ねえ、○○。
 その時はまた、○○に治療お願いしてもいいかな?
 ね?どう?」
「ちっ。
 しょーがねーなー。
 ま、他ならぬ姉ちゃんの頼みだったら、別に構わないよ、僕は。」
そう言いながら、僕はチョコンッと姉のオッパイを突っつく。
「アッ!バカぁ。
 何すんだよぉ。今治療が終わったばっかなんだぞっ!
 優しくしてよねっ!」
「ごっ、ゴメン・・・。つい・・・。」
「ウフフッ!大丈夫よっ。
 また、よろしくネッ!○○ッ!!」
ニッコリ微笑む姉。僕も笑顔を返す。

やっぱりうちの姉は、天然で、不思議ちゃんだあ!!!

「声出したら、殺すぞ」

年齢は私が20で、弟が18歳です。
つい2週間前の話です。
弟にレイプされました。

私が弟に用があって、
「○○、いる?」
と部屋のドアを開けたら、弟がオナニーをしていました。
その手には、私の下着が握られていました。
私はカッとなって、
「何してんだよ、変態!」
と、弟の頭を叩いて、下着を奪い取りました。
弟のオドオドした姿にイライラし、
「そんなんだから浪人すんだよ! 出て行け、バカ! クズ! 生きてる資格ねえよ!

 死ね!」
と、追い討ちをかけるように怒鳴ってしまいました。

私は部屋に戻って冷静になってみると、カッとしていたとはいえ、少し言い過ぎたかな

と反省しました。
するといきなり私の部屋のドアが開くと、何も言わずに弟が入ってきました。
「な、なんだよ?」
私が問いかけても弟は返事もしませんでした。
少し弟の様子がおかしく、弟が身体を完全に部屋に入れると、その手にナイフを持っ
ているのに気づきました。
「な、なに!?」
弟は私の身体にのしかかると、口を手でふさぎました。
ナイフを私の目の前まで突きつけて、
「声出したら、殺すぞ」
と、低い声で言いました。
今まで聞いたことのない弟の声でした。

私はいつかの兄が妹を殺した事件を思い出しました。
妹が浪人中の兄に言い過ぎたために、殺されてバラバラにされた事件です。
私も弟の様子から、殺されると思いました。
受験に失敗し、浪人中の弟はそれだけデリケートな精神状態だったんだと思います。

私は目に涙が浮かび、身体が震え始めました。ナイフを突きつけられるなんて、何しろ
初めての経験です。
弟はトレーナーのポケットから布テープを取り出すと、私の口に貼り付けました。
それから、私をうつ伏せにすると、手錠で私を後ろ手に拘束しました。
弟が何をしたいのか最初は分かりませんでした。

弟は私をベッドの上で仰向けに押し倒すと、私のシャツを捲り上げました。
私のブラジャーが露出しました。
「うーーーっ!」
私は布テープで口をふさがれて、声にならない悲鳴を上げました。

弟を私のブラをずり上げると、馬のような鼻息で、乳首を口に含みました。
私はそのとき初めて弟の目的がレイプだと分かりました。
信じられなかったです。怒りによって殺されるのならともかく、実の弟が姉をレイプ
しようとするなんて。
両手を後ろ手にされた私はほとんど抵抗できませんでした。
脚をばたつかせ、身体をねじって抵抗したら、弟に往復ビンタをされました。
それで抵抗は無駄だと悟りました。

弟は自分も服を脱ぐと、私のスエットをパンツごと脱がせました。
私のあそこを執拗に舐め始めました。
私は何がなんだか分からずに、天井を見上げて涙を流しました。
弟は5分ほど観察やクンニをし続けると、私のあそこにローションらしきものを垂らしました。
弟は私の両脚を肩に担ぐと、私に挿入しました。
ローションを塗られていたために、あっけなく侵入を許してしまいました。

挿入されると、逆に妙に冷静になりました。
ああ、私は落ちる所まで落ちたんだなと思いました。
私の上で必死に腰を振っている弟を見ました。

顔は興奮してサルのように赤くなり、わが弟ながら哀れに見えました。
突かれるたびに、手錠が背中に食い込んで痛かったです。
2分ほど腰を動かすと、弟は躊躇せずに中出ししました。
処女ではありませんでしたが、コンドームもつけずに中出しされたのは初めてでした。

一度射精しても、弟は休まずに、今度は私をうつ伏せにして、お尻を掲げさせました。
弟は出したばかりだというのに、バックから私に挿入しました。
目をやると、全身鏡に私たちの姿が映っていました。
獣のように腰を振る弟は哀れでしたが、それ以上に涙で顔を汚し、後ろ手に拘束されて、
お尻を抱えられて犯されている自分の姿は哀れでした。

もう私はどうでも良いと思いました。
レイプされて初めて分かったのですが、レイプでも女は性感帯を刺激されたら感じるのだと思いました。
ローションのおかげで痛みはありませんでした。ヌルヌルと何度も突かれるたびに、
陰鬱とした快感が自分の体を襲いました。
弟も、弟に犯されて快感を得ている自分も地獄に落ちればいいと思いました。
弟はバックでもそのまま膣内射精しました。

弟は自分の部屋に戻ってデジカメを持ってくると、全裸で拘束されたままの
私の写真を撮り始めました。いろんな角度から、何十枚もとっていました。

それから私の身体を余韻を味わうようになでまわしていましたが、
「声を出すなよ。出したら刺し殺すぞ」
ともう一度脅して、口から布テープをはがしました。
「口でやれよ」

と、私を起こして口にペニスを突き出しました。
私は弟のペニスを口に含みました。
抵抗するよりも弟を満足させたほうが、早く助かるような気がしました。
私は持っているテクニックをフルで使って、弟を口で射精に導きました。
弟は口内射精すると、私は咳き込んで、精液を吐き出しました。

弟は放心状態の私から手錠を外すと、
「このこと誰かに言ったら、父さんと母さんと姉ちゃんを殺して、姉ちゃんの写真を
ネットでばら撒いて、俺も死ぬからね」
と言って、部屋から出て行きました。

私はベットで泣いた後、シャワーを浴びて弟の唾液と精液を洗い流しました。
口も何度もうがいしました。
でも、何度やっても、精液が落ちたような気がしませんでした。
なくなることのない汚れをつけられたような気がしました。

弟はとりあえず私を殺すつもりはなかったみたいです。
しかし、写真をネタにあれから3回、呼び出されてレイプされました。

私は警察に相談することも考えましたが、悩んだ挙句、自分ひとりの胸に
収めようと決心しました。
弟は性のはけ口を求めているだけなのだと思います。
男の性欲に飽きがあります。
抵抗せずに抱かれ続けたら、きっと弟は私の身体に飽きて、写真も返してくれるでしょう。
それまでの辛抱だと思いました。
家庭の恥を世間に晒すことはない。私がしばらく我慢すればそれですむことなのです。

こんな話をここに書くべきではないことは分かっています。
ですが、皆さんが愛のある姉弟関係を持っていることがうらやましかったことと、
実際ある近親相姦のほとんどは性的虐待だということを分かってほしかったのです。

もちろん愛のある関係もあるでしょう。
でもそれはほんの一部です。

家庭内の出来事だけに、近親相姦は閉鎖的で陰鬱なものがほとんどだと思います。
近親相姦に牧歌的な幻想を抱かないでほしいのです。

ヤーさんと奥さん

ちょうど世間は夏休みシーズン真っ盛り頃の話。
アウトドア用品関連の営業な俺は逆にここが稼ぎ時って事で秋田方面まで
商品の売り込みに行くことになった。一応もう学校は夏休み期間に
突入してるって事もあり電車も混雑が予想され上司も特急指定席をとる
事を許して下さった。俺は昼飯用の弁当とお茶を買い指定の席に座った。
やっぱり結構混んでた。(あ?指定で良かった)とつくづく思ったね。
秋田くんだりまで立って行ったら地獄だもん。出張準備で朝5時起きだったん
で俺はしばらく眠ることにした。っていうか電車で座席に座ると俺、自動的に
即寝するくせがある。しかし電車が走り出すと隣のガキ共がうるせーうるせー、
寝れやしない。(今日の席は外れだな・・・)心中で思う俺だった。
電車の席の当たり外れは結構大きい。酔っぱらいとかの近くになったら最悪だし。

母親が一人と子供が二人。お兄ちゃんと妹。多分上の子が7?8歳で下の子が
5歳前後じゃないか?と思われる。ま、どーでもいいけど。いわゆる騒ぎたい
盛りだ。で座席180度回転させて4人座席に座ってた。まぁこっちも相手が
子供だし怒るのもなんだと思って我慢してたらそのうち慣れてきた。
でウトウト眠りについてたわけ。どのくらい走った頃だったか定かではないが
「す!すいません!いま元にもどしますから!」とか急に母親の声がすんの。
尋常ではない母親の声質に俺はうっすら目を開けた・・・。
すると体格のいいおっさんが立っている。真夏なのに黒地に細く白いラインの
入ったスーツを着て、金のロレックス(いや実際ブランドは分からんけど)
明らかにかたぎの人ではない。その筋のお方だった。白いエナメルの靴履いてるし。
率直に気の弱い俺は凄い緊張した。
(やべー!やべー!やべー!)自分のことでもないのにビビリまくる俺。

だって本当に怖かったんだもんマジ。どうやらその親子は勝手に座席を
回転させ四人ボックス席にしちまっていたらしいのである。
母親は急いで席を元に回転させようと席を立っている。
とても焦っているようだった(そりゃそうだろう)。
子供も明らかに普通じゃない人だと察しているのだろう少し怯えた表情をしていた。
辺りをそ?っと見回すと他の席の人は見て見ぬふり。かくいう俺も寝たふりを決め込んでた。
俺はてっきりヤーさんの怒声が響くと思い目を瞑り超ドキドキしてたわけ(なさけねー)。
が、「えーよ、えーよこのままで。なぁ?」と子供に向かってヤーさん言ってんの。
ドスの利いた人なつこい声で(なんじゃそりゃ)。(あ?なんだ?いい人なんじゃん)
他人事なのにホッと胸を撫で下ろす俺だった。普通の人が同じことをやっても
何とも思わないのに、悪そうな人がちょっといいことすると凄くいい人に見えるのは
何でだろうな?凄い良い人に会ったって気がしたのを今でも覚えてる。

「あ、で・・・でも、ねぇ?」と言ってまだ遠慮している母親。
そりゃヤーさんと同じボックスじゃ心中も複雑だろう。
「だって奥さん、席ひっくり返したらお母さんと別々になっちゃうだろ。なぁ?」
と言ってまたヤーさん子供に話しかけている。「うん」と頷く子供二人。
まぁ頷くしかないだろうな、あの場合。大人の俺でも頷いちゃうわ。
「そ、そうですか?じゃぁお言葉に甘えて・・・。お兄さん有り難うは?」
子供にお礼を促すお母さんだった。(やれやれ・・・)緊張がほぐれたら急に眠くなってきた。
薄目で見るとヤーさん酒をビニール袋にごっそりに詰め込んでいらっしゃる。
(さすがヤーさんだ気合いが違うぜ!)俺はお隣に耳を思いっきりそばだてつつ目を瞑っていた。
草食系の人間は肉食系の人間が側に来ると気になってしょうがないのだ。
こういう時自分という人間の小ささを改めて思い知らされる。
「ボウズ達はこれから何処へ行くんだ?うん?」とどうやら子供に話しかけてるご様子。

プシ!ってさっそく缶ビールのフタ開けながら。なるべく優しく言ってるつもりなんだろうが
声がやっぱりドスが利いてんのよ。こえー。「秋田!」と男の子が言うと
「お婆ちゃんち!」と女の子が補足している。子供は無垢だからもう危機感を
あまり感じてないようだった。「お?秋田かおっちゃんの実家も秋田。
秋田は美人が多いんだぞ?!だからお母さんも美人なんだ?なぁ?」と言って
奥さんの方を見てニタニタ笑っている。奥さん困った顔をして笑っているだけだった。
(これは困ったな・・・どうしよう・・)というのが率直な心の言葉だっただろう。
でも確かに美人だったよ。いや、美人と言うよりかわいい感じの人だった。
小柄だった記憶がある。ごめん具体的な顔つきまでは忘れちゃった。
そっからしばらくとりとめもないようなぶつ切りの世間話をしていたな・・・。
方言の話とかしてた記憶がある。南部はどーたらで北はちょっと違うとかなんとか・・・

ごめん詳細な話を覚えてない。そうこうしてるうちにもビールは進む進む・・・
見るともう5本目開けてんだぜ?(延べにして1時間ちょっとしか経ってねぇだろ?)
車内が酒臭ぇ酒臭ぇあの独特の甘?い匂いが充満してんの。
こっちが飲んでないとあの臭いキツいよな。
そして駅が進むにつれだんだんと人も降りて席もまばらになっていった。
窓の外は緑の田園風景がのどかに延々と続いている。
まぁ殆どの人が秋田くんだりまで行かずに途中の観光地で降りるんだろうね。
奇しくも俺とお隣の席だけが人口密度が高かった。つくづく(ついてねーな)
と心底思ったよマジ。何でこんなにガラ空きなのに俺とこの親子はヤーさんの
隣の席に座らなければならねーんだ?っつぅ。まだ寝たふりしながらうっすら
目を開けて隣席の状況を探る俺だった。気になって寝られやしない。
ヤーさんとうとう5本目のビールを完全に空け何とウイスキーの小瓶を
とりだしたのである(まだいきますか?)。でもさすがにちょっと赤ら顔になっていらっしゃる。

まぁそれはいいのだが、さっきから気になる事が一つ。
少しずつではあるがヤーさんの体が奥さんの方向に傾きかけている・・・気がする・・・。
(いや・・・気のせいだよな、酔っぱらってるし・・・)と思い直す俺。
どうしてもいい人だと思いこみたい俺だった(そんな事ってないっすか?)。
しかしヤーさん豪快に足をオッぴろげ手を背もたれに投げだしてんだけど、
明らかに奥さんの側に領空侵犯してんのよ。まぁヤーさんはだいたい手足おっぴろげてるのもんなのかもしれんから意図したもんじゃないと思ったけどね。
でも奥さんが体を起こしてるから背中には触れてないけど寄りかかったら
触れちゃう微妙な距離。俺気になってしょうがなかった。現に奥さん超居づらそう・・・。
顔を引きつらせてるし。そんな母親の戸惑いにも気付かずのんきにガキ共は
「おかーさん!これ食べていい?」とどうもお菓子を喰っていいのか聞いている様子。

ヤーさんは酔っぱらった厭らしい目でニタニタ笑いながら奥さんの方を見てる。
ちょっと厭な予感がした。ごめん言葉には上手く言い表せないんだけど
いわゆる(この女抱きてぇ)みたいな無言のオーラがあんのよムンムンと。
(脱出しちゃえよ!次の駅で降りちゃえ!)危機感を感じた俺の良心が叫んでる。
・・・んだけど逆にチンポはよからぬ事を期待して高まってくるわけ。
男ってのはどうしようもねーな。「あんまり食べちゃだめよ・・・」
と奥さん顔を引きつらせながら言ってんの。「ボウズよかったな」と言って
ポケットをなにやらごそごそやっている・・・。
なにがでるのか俺はドキドキしながら薄目で見てた。
「ガム喰うか?おっちゃんもう要らないからやるよ」と言って子供に差し出すヤーさん。

言葉にしちゃうと、とても良いヤーさんに聞こえるが、これで奥さんが
逃げにくい環境を作られちゃったような気もする。ヤーさんてこういうとこが
上手いんだよな多分意識しないでやってんだろうけど。いい人そうに装いつつ
現に腕は図々しくももう奥さんの肩に届きそうなとこにきてんだもん。「
ありがとー!」と言って女の子の方が無邪気に手を伸ばしてんの。
(バカ!もらっちゃ駄目だって!)俺気がきじゃない。「す、すいませんどうも・・・」
と奥さん礼を言っている。(礼なんか言っちゃだめだよ逃げなよ)と思うんだが
言わせちゃう雰囲気を作っちゃうとこがさすがだとも思った。
「いいんだよ、要らねぇって思ってたんだからよ、なぁ?」と言ってヤーさん女の子の方を見て笑ってる。
しかし手はもう奥さんの肩にかかりそう・・・。俺はもうそっちが気になってしょうがなかった。その時だ。

「お?奥さんその指輪いい指輪じゃねえか!?」と言っておもむろにヤーさん奥さんの手を握っわけ。
ドキン!他人の奥さんなのに俺の方がビクった、マジビクった。
「あっ・・・はぁ・・・あの、け、結婚記念に・・・」奥さんビクっとしながら生真面目に応えてんの。
(やめて!って言えよ!バカ)と思ったが、指輪褒められてんのに(やめて)
とも言い辛いんだろうな。それにヤーさん独特の威圧感もある。
「高かったろ?え??何カラット?」と言いながら奥さんの白い指を撫で撫でしてるわけ。
「あっあっ・・・な、何カラットなのかしら・・・主人が買ってきてくれたから
良く分からなくて・・・」と奥さん。撫でられるヤーさんの指の動きに
ビクッ!ビクッ!っと体をこわばらせるんだけどなかなか拒否できないでいる。

「お母さーん!あっちの席行ってゲームしてもいい?もう誰もいないよ?」と
のんきなことを言うガキ。(気付けよバカ!)とマジ思った俺があのぐらい
ガキだった頃なら気付くと思うな。「おう!行け!行け!もう誰も来ねぇよ!貸し切り電車だ!」
とヤーさんまるで邪魔者を追い払うかのようにシッシッとやっている。
母親の危機に気付かず無邪気に走ってくガキ共。「わ、私も行こうかしら・・・」
と奥さんそ?っと席を立とうとしている。「いいから奥さん、同郷同志飲み直そうや、な?」
ヤーさん奥さんの手を引いて強引に席に引き戻した。ドスン!と席に尻餅を着く奥さん。
「あっ、・・・で、でも私お酒は・・・・」と言って必死に逃れようとしている。
「なに奥さん恐がってんだ?あ?」と、急にドスの利いた声。(マジ怖いっす)
「こ、恐がってなんか・・・ないですけど・・・」と奥さん。
「そうか!ごめんな強要してるつもりはねんだけどよ。同郷の女に会えて嬉しいんだよ。

奥さんウィスキー飲む?」とヤーさん瓶を差し出してる(完全にからまれてる)。
「い、いえ・・・本当に飲めないんです・・・私」と奥さん。
「ほんとかよ?え??秋田の人間は酒強ぇんだけどな」とヤーさん。
そう言いながらもズンズン奥さんの方へ寄りかかっていくわけ。
今にも押し倒されそうだ。率直にこの間合いの詰めかたはヤーさんにしかできない。
言葉に表現はできないんだけど、拒否する隙を与えないんだよな。
率直に俺がカマ堀り目的で言い寄られても拒否できる自信がないよマジ。
「はぁ、父は強いんですけど」と奥さん。そんな中ガタタンガタタンと何度か
電車がトンネル出たり入ったりを繰り返してる。「ふ?ん・・・」しばらく
奥さんの体を充血した目で舐め回すように眺めるヤーさん。奥さん無防備に
水色のタンクトップなんか着ちゃってる所が思いっきり逆効果だ。豊かな乳房が
強調されて思いっきり女らしさを強調しちゃってるし。

デニムの短めのスカートなんか欲情してください的エネルギーを補充させるのに十分だっただろう。
「奥さん何かスポーツやってたろ?」とぶしつけにヤーさんが言った。
「え?何でですか?」と奥さん。
「だって子供二人も居たら普通体ユルユルになんのに奥さんずいぶん引き締まったボディしてるから」
と行ってボンッキュッボンって胸と腰と尻を両手で表現して見せてる。
「ハァ・・・昔はテニスやってましたけど・・・今はぜんぜん・・・」と奥さん。
「あ?テニスねぇ、あれ体力使うからな」と言ってヤーさんもう奥さんと20cmぐらいに顔近づけてんの。
避ける奥さの体勢はもう座席に寝そべってるみたいな感じになってた。
「も、もう随分昔の話ですけど」と奥さん。必死に体を避けようと仰け反ってるんだけど、
あんまりあからさまに避けるとまた凄まれると思ったからなのか中途半端。

「俺もスポーツやってたんだけど何やってたか分かる?」とヤーさん。
「え・・・っと何かしら・・・柔道とか?」と奥さん。確かにそんな体格をしてた。
「ボクシング」と言ってヤーさん拳を作って見せてる。
その手首に金色のゴツイ時計が光ってたのを今でも覚えてる。
「ああ・・・ぼ、ボクシング・・・す、凄いんですね」と一応おだてる奥さん。
「別に凄くねぇけどよ、もう腹なんかブクブクになってるしよ」と言って
シャツの上から腹をつまんで見せてる。
「す、スポーツってやらなくなるとすぐ体が弛んじゃうんですよね」と奥さん。
「おう、もう見る影もねぇけどよ、でも腹かためると腹筋だけはちゃんと残ってんだぜ、奥さん触ってみな」
と言って腹を突き出すヤーさん。「えっ」と戸惑いを隠せない奥さん。
ヤーさん返事を待たず奥さんの手をとり自分の腹にもってった。「な?硬ぇだろ?」とヤーさん。

上下にゆっくり自らの腹筋を触らせてんのよ。で、ゆっくり・・・ゆっくり・・・南下し
股間付近まで撫でさせてるわけ。「あっ!ん・・・ほ、ほんとだ硬いですねすごい・・・」と奥さん。
「奥さんの腹はどうなんだよ、え?」と言って奥さんのお腹を覗き込んでる。
「わ、私はもう、ぜんぜん・・・」と奥さん。「あ?そんな事ねぇだろ?どれ・・・」と言って奥さんの腰から手を廻し、なんと腹を撫ではじめたわけ!。
(だめだ?!逃げろ?!)俺の心が叫ぶ。「ひゃぁ!?・・・あっ・・・あの・・・あっ・・・」
腹を撫でまわされ動揺する奥さん。腹部をまさぐられモジモジと体を揺すっている。
「おぉ・・・女はこんぐらい柔らかい方が良いんだよ、なぁ?」と言って
まだ奥さんの腹部をモソモソと厭らしく撫で撫でし続けてんの。
こーなるともう他意ありまくりだ。「あっ?・・・あぁ・・・あぅぅ・・・」
奥さん苦しそうな声をだしてる。「俺のは硬ぇだろ?うん?」と言いつつ
奥さんの手をもう殆ど股間の辺りに持って行ってるわけ。

「は、はい・・・え?あっ!・・・そ、そこは・・・」ヤーさんとうとう自分の高まりを
触らせちゃったらしい、奥さんが小さく悲鳴をあげた。(やべー!やべー!)
あまりの光景に俺は目眩がして思わず窓の外の風景を見た・・・。
するとのどかな田園風景からまたいきなりトンネルに入ってく。
外が真っ暗になるとヤーさんと奥さんの戯れが窓に反射して映んのよこれが。
それがまた超厭らしいつうか、圧し掛かる屈強なヤーさんの背中で小柄な奥さんの
体はすっぽり覆い隠されて見えないわけ。「ちょっとお兄ちゃん!私にもやらせてよっ」
後ろの方で何にも知らないガキがゲームの取り合いしてんのを今でも覚えてる。
「あぁ?どうした?奥さん・・・」ハァハァと熱い息を吐きながら(いや実際には息は聞こえなかったけど)
すっとぼけるヤーさん。「だ、だめです!・・・そっそこは・・・あっやっ・・・ああ!・・」
必死にヤーさんの股間から手を外そうとするがいかんせん力の差は歴然だ。

「男は硬くて女は柔らけぇ方がいいんだよ、なあ?そうだろう?」と言うと
ヤーさんとうとう奥さんを抱き寄せちゃったわけ!。
ぎゅーっときつく抱き寄せると強引にキスにもってったんだよこれがマジ!。
あーこの時の衝撃というか俺のテンパリ具合は筆舌に尽くしがたいっつぅか通報しなきゃ!
とか止めなきゃ!っつぅ気持ちと、情けない事に変に欲情しちゃってる気持ちで
自己統制できず体が完全に固まって動けねぇわけ。ほんと動けなかった。
カチーン!って固まってた金縛りみたく。屈強な男に抱きすくめられ奥さんの
白くて細い腕だけが苦しそうに見えてるのを鮮明に覚えてる。トラウマ的に。
ヤーさんの頭の動きからしか分からないけど強引に舌を奥さんの中に潜り込ませる事は間違いない。
「んぐぅ!ぅぅ・・・ぇぅぅ・・・」と奥さん喉から押し出すような声を出してた。
ヤーさん奥さんの両脚の間に巧みに片方の脚を割り込ませ股を閉じさせない。
で、ヤーさん最初なにやってんのか分からなかったんだけど何やら内ポケをごそごそやってんのよ。

したらニベアクリームの容器みたいな薄べっらい容器を手に持ってる。
(な、なんだ?なんだ?それ・・・)俺はドキドキしながら見てた。
苦労しながら片手でなんとかフタをこじ開けると。
やっぱりクリーム状の白いもんが入ってんのよ。本当にニベアみたいだった。
それをネットリと指に絡みつかせると割り込んでる脚のすき間から奥さんの大事な所に
手を差し込んでく・・・。「むぐ!!!むぐぐぅ!んがぅ!ぐぅ!」
届いた瞬間奥さん奇声をあげた。舌を差し込まれてるので声が出せないのだろう。
無情にも電車のカタタン!カタタン!という音に完全に吸収されガキ共の所まで
声が届かない。脚がピーン!と突っ張ってたかと思うとカクンガクン!と
痙攣したようにバタバタとさせてんの。手もブルブルと小刻みに痙攣してた。
明らかに尋常な反応ではない。ヤバ系の薬なのかもしれん。

何度も何度もヤーさん手をスカートの中に潜り込ませ手を前後させたり、
かき回したりしているのが分かる。奥さんの履いたサンダルからのぞく足の指が
キュッキュッと反応するように折れ曲がったり伸びたりしてたのを鮮明に覚えてる。
ふくらはぎに蚊に刺された跡とか有ったりとかそ?いうしょうもない事まで記憶ってんの何故か。
片手で豊満な乳房をゆっくりとこね回すと青いタンクトップの膨らみが手の動きにあわせて
しわになったり盛り上がったりしてるわけ。ぐっとヤーさんの腕に力がこもると
スルスルと奥さんのパンティが剥ぎ取られてしまった。
ようやくヤーさんの顔が離れた時の奥さんの表情が忘れられない。
トロン・・・として焦点が定まってねぇのマジ。口元も弛んじゃってて唾液がツーと溢れてた。
ヤーさんおもむろに自らのファスナーを降ろしていく。

(や・・・やるつもりなんだ?電車の中で?)俺は極度の緊張で吐き気がした。
「ちょっと?!お兄ちゃん!ズルいよ?貸してよ!」とか、この状況下でガキ共まだ言ってんの。
ヤーさんのチンポ見た。真珠が入ってんのかどうか分からないけど
本当に皮下にポツポツと凹凸があんのよ。あれ本当に真珠入ってんの?マジで。
で、先端がもうヌメってんの。亀頭が黒光りしてた。でかさは俺のとそんなに
変わらなかった気がする(俺のが大きいか小さいかはともかく)。
そのチンポにさっきのクリームを塗りたくってるわけ。
実に丹念に塗りたくってんのよこれが。だってチンポが真っ白になってんだもん。
塗り終わるとゆっくり奥さんのスカートを捲り上げていく・・・。
色白でムッチリとした太腿が姿を顕わした。でヤーさん奥さんの体を起こていくわけ。
そして奥さんの腰をちょっと浮かせた。で、勃起しまくった自らのチンポの上に
座らせようという魂胆らしい。さっきまで惚けていた奥さん、さすがに危機を察し
腰を逃がそうとしてんの。「だ・・・だめ・・・やめて・・・」
乱れた頭を左右に振ってイヤイヤする奥さん。

「えぇから!こっち来いや!」と苛ついた声でヤーさん奥さんの細い腰を掴み
強引に引き戻そうとしている。前に逃げようと前傾姿勢をとる奥さん。
必死の綱引きだ。すると今度はヤーさん座らせるのを諦めたのか自ら中腰に腰を浮かせた。
入口をチンポに導くよりチンポを入口にもっていくつもりらしい。
その時プワーン!ともの凄い勢いで対抗列車がすれ違ったのを今でも覚えてる。
ヤーさんが腰を浮かすと前に逃げようとした奥さんの上体が前の座席に投げだされてしまった。
ヤーさん奥さんのムッチリとした尻を引きずり戻す。
そして自ら腰を迎えにいくとグゥゥ!っと前に突き出した。
「あぅ!あぁぁ!」奥さん悲鳴を確かにあげたがすれ違う列車の音で無情にもかき消されてしまった。
挿入と同時に上体が反り返っている。奥さん目がカッと見開き前を見てた。
「お!おぅぅ!奥さん!いいよ!・・・奥さん!」野太い声で咆吼をあげるヤーさん。
腰をかきまわして奥さんの中をじっくり味わっているようだ。
気持ちよさそうにユラユラ揺れてんの。

(ついに挿入されてしまった)電車の中でとかAVの中の話だと思いこんでた俺は
情けなくも正直このあまりの有様に卒倒しそうになってしまった。
(ありえねぇよ絶対ありえねぇ・・・夢だよ夢・・・ぜってぇ夢・・・)そんな気持ちだったマジ。(起きたら淫夢で秋田に着いてんだよ)とか自己逃避してた。
しかし現実はそれを許さねーの。ひでぇなんてもんじゃない。
「お母さーん!お兄ちゃんがねぇ!ゲーム貸してくれないんだよ!」と
今更こっちに来たわけ。逃げたい!この場から今すぐ逃げたい!夢さめろ!バカ!
何でもするから覚めて!お願い!
「あっ!」俺の願いも虚しく女の子が二人の交ぐわいを発見し固まっている。
(お、終わった・・・何もかも・・・)俺は脱力した。
「お・・・お母さん・・・な、何してるの?」と女の子。戸惑いを隠せないようだ。
「み・・・見ないでぇ・・・見ちゃだめ・・あぁ・・」と奥さんか細い声で言ってんの。

「そうだよ・・・おじさん達、今とても大事なことしてるんだ。
あっち行ってなさい」とかヤーさん恍惚とした声で言ってるし。
「お母さん!・・・この人にお尻くっつけちゃ駄目だよ!・・・いけないよ!」と女の子。
この行為の本当の意味が分からなくても非道徳な行為だという事は分かってるようだ。
「何してるんだよ!おまえ!やめろ!」異変に気付いた兄貴が来たんだよこれが・・・。
(しゅ、修羅場だ・・・これ以上の修羅場はねぇ)この期に及んで寝た振りしてる俺って・・・
(市んだ方がいいな・・・田沢湖に身投げしよう・・・)そんな気持ちだったマジ。
後からあーすれば良かったこーすれば良かったと思ってももう全てが遅いのだ後悔先に立たずである。
「お尻くっつけないで!離れて!」と女の子の悲鳴。
「ミーちゃん見ないでぇ・・・やめてぇ・・・あっち行っててぇ・・・お願い・・・」
押し殺すような奥さんの声。「お前!母さんから離れろよ!」と言うと兄貴は
両者の秘部同士が繋がっている母親のスカートを捲ろうとしてるわけ。

「見ちゃ駄目だ!ボウズ・・・オジさんたちそこで大事な相談してるんだから・・・」
と言いながら図々しくピストン運動を繰り返してんの。
「あぁ!お前!チンチンが母さんの中に入ってちゃってる!お前!!何してるんだよ!」と兄貴の声。
(そうか・・・まだセックスの意味を兄貴も知らなかったんだな・・・
可哀想に・・・ごめんな)漠然と思う俺。
「ボウズ今ボウズの兄弟を作る相談してるんだ、なぁ?奥さん?」そう言いながら
まだヘコヘコと腰をゆすり中の感触を味わっている。
「お!おぅ・・・もう少しで・・・・出るぞ!・・・兄弟こさえてやるからな・・・ボウズ・・・」
そう言うと激しく奥さんの尻を自らの腹に打ち付けていく。
「あぁ!・・・あぅぅ・・・・あん!あぁ・・・あん!あん!あぁん・・・」
ふんだんに塗りたくられたヤバ系薬のせいで快感を自己制御できないのか
奥さん自ら腰をもたげヤーさんのチンポを受けようとしてんの。

「やめろ!母さんにチンチン入れるな!」と兄貴の声と
「オチンチンにお尻くっつけないで!離れて!」という妹の声が交錯する。「で!出る!出る!うっ!おぉぉ・・・」そう言うとヤーさん、ブルル!と体を震わせ
奥さんの中で射精を開始したようだ。二度・・・三度・・・と射精の快感に合わせ
深く・・より深く・・・奥さんの中にチンポを挿入していくヤーさん。
子宮に熱いものを感じたのか奥さん「あぁぁ・・・・あぅぅ・・・」と言いながら
体を反らしブルブルとムチムチの太腿を震わせヤーさんの射精を受けている。
繋がりながらハァハァハァとしばらく荒い息を吐く二人・・・。子供は泣きじゃくっている。

思いを遂げズルリとチンポをしまうとヤーさん寝たふりをしている俺に近付いてきた。
(殺される!)マジそう思った。正直殺されてもしょうがないとも思ったけど。
「てめぇさっきから見てたんだろうが!誰かに言ったらぶっ殺すからな?あぁ?
分かってんだろうな」と思いっきり怖い声で凄むと別の車列に去って行った。

その後の事は聞かないで下さい。





姉が風邪を引いて寝込んだ

俺が中2で姉が高2のとき、姉が風邪を引いて寝込んだ。
俺の両親は自営業の共働きで、どうしても2日ほど家を空けなくてはいけないときがあった。
母は俺に、「姉ちゃんのことをよろしくね」と言って、父と出張に出て行った。

俺は母が出張前に作ってくれたおかゆを電子レンジで温めて姉ちゃんの部屋に運んだりして、いちおう看護らしきことをしていた
母に、「定期的に姉ちゃんの身体を拭いてあげてね」と言われていたから、俺は姉ちゃんの汗を拭こうと思った。
姉の部屋に入って、
「姉ちゃん、汗拭いてあげようか」
「う、うん、ありがとうね」
しかし、何をどうやっていいのかわからない。汗ってどこまで拭けばいいんだろう。服を脱がしたほうがいいんだろうか。 
姉ちゃんは半身を起こすと、パジャマのブラウスを脱ぎだした。
俺はドキッとした。

しかし、姉ちゃんは何の抵抗もなくブラウスを脱いで、ブラジャー姿の上半身を晒した。
姉ちゃんからしたら、ただ弟に看病してもらうのだから、恥ずかしがる理由はないのだろうけど、正直、俺は結構意識してしまった。
俺は乾いたタオルで姉をぬぐう。38度の熱が出てるだけあって、汗びっしょりだった。
熱が出てるせいで身体が火照って赤くなって、結構エッチな感じだった。
姉ちゃんを寝かせて、首筋とか胸元とかお腹を拭く。ハーフカップのブラから見えるおっぱいの膨らみにチラチラ目がいってしまう。
中2の頃で、毎日のようにオナニーしていた俺は、それだけでチンコが勃起してしまった。
うつぶせになって背中も拭いた。上半身はもう拭い終わった。
「脚も、拭く?」
俺が聞くと、
「うん、お願い。こっちのすっかり湿っちゃってて」
姉ちゃんはそういうと、ほんとに何のためらいもなくパジャマのパンツを脱ぎ始めた。
もちろん下着のパンツはつけたままだが、太ももがモロに見える。姉ちゃんは長くてきれいな脚をしていた。

「も、もう上着は着たほうがいいよね、寒いから」
俺は勃起したチンポをばれないように気を使いながら、新しいパジャマのブラウスを姉に着せてあげた。
「ありがと。ヒデ君はやさしいよね」
勃起しているのに感謝されると、なんかいたたまれない。
それから太ももも拭いた。見てはいけないと思いながらもパンツに目が行く。白の色気のない感じのパンツだったけど、中学生の俺にはじゅうぶんだった。しかも、汗で濡れてる分、姉ちゃんの陰毛がかすかに透けて見えた。
またうつぶせにして、拭く。お尻もいやらしかった。
全身を拭き終わると、新しいパジャマのパンツを姉ちゃんに着せてあげた。
「ありがとね、ヒデ君」
姉は礼を言う。
俺は姉の脱いだパジャマを持って部屋から出た。
完全に変態だと思うのだが、汗で湿った姉ちゃんのパジャマに顔をうずめてしまった。
すっかり興奮してしまっている。
俺はとりあえずパジャマを洗濯カゴに入れて居間に戻った。

しばらく居間でテレビを見ていた。
でも、さっきの姉の半裸が頭に浮かんでくる。
また俺は姉ちゃんの部屋に入った。姉ちゃんは寝息を立てている。
寝てる姉ちゃんの顔がかわいくて色っぽくて、俺はつい姉の唇にキスしてしまった。
なんか殺人並みの重罪を犯したような罪悪感を感じながら、俺はまた居間に戻った。
そう言えばきょうはオナニーしてなかった。
俺は姉の寝顔と下着姿を思い出してオナニーした。
途中で立ち上がって、洗濯カゴから姉ちゃんの汗を吸ったパジャマを持ち出して、その匂いをかぎながらオナニーした。
そのとき、
「ねえ、ヒデ君、…あっ!」
急に居間の襖が開いた。
振り返ると、居間に入ってきたのは姉ちゃんだった。

俺はびっくりして、パンツを上げた。
姉はなにも言わなかったが、ちょっとびっくりした顔をしていたので、勃起したチンコ出していたのは見られていたと思う。
俺の額に汗がにじんだ。
チンコはまだいい。まずいのは姉ちゃんのパジャマだった。
俺はパジャマを身体の影に隠した。
「ね、姉ちゃん、もう大丈夫なの?」
「うん、さっき起きたら多少楽になってた」
「あ、汗かいたのなら、また拭こうか?」
「ううん、いいよ。看病ありがとうね」
姉は居間のコタツに入ってきた。
「まだ寝てたほうがいいよ」
俺が隠したパジャマを気にしてドキドキしている。
「うん、そうね。少し、ヒデ君と話したら、もう少し寝るわ」
俺はなんと言っていいのかわからず黙っていると、くすくす姉ちゃんが笑い始めた。

「ヒデ君」
「はい!?」
「姉ちゃんが寝てるからと言って、ああいうことしちゃダメよ。風邪もうつるかもしれないし」
「ええ?」
「姉ちゃんにチューしたでしょ」
しっかりバレてた。
「今回は看病してくれたから許してあげる」
「ご、ごめんなさい」
「キスぐらいなら、言ったら、してあげるから」
姉はそう言うと、俺の頬にキスをした。
俺の頭をなでてから、姉は立ち上がって居間から出ようとした。

すると、去り際に、
「お姉ちゃんのパジャマもちゃんと洗濯カゴに戻しておくのよ」
と言って、笑った。
やっぱりバレてた。俺は顔が真っ赤になった。

さすがにあれから姉ちゃんの服とか下着でオナニーしたことはなかったが、
あの夜のことを思い出すと、今でも顔が赤くなる。

合い鍵



 久しぶりに深酒した。午後六時に始まった小学校の同窓会が二次会に流れ、三次会に付き合ったところまでは憶えている。でも、その後、どうやって家までたどり着いたのか頼子は殆ど憶えていなかった。それでも酒には強い方なので足取りはしっかりしている。

 玄関で鍵を差し込もうとするのだが、何度やっても上手く入らない。おかしいな、と思いながら別の鍵を差し込むと今度はすんなり入った。

 「何だ、こっちの鍵だったの。」

 深くは考えず、玄関に転がり込んだ。男物の靴が目にとまった。

 「あら、やだ。帰ってるわ。泊まりだって言ってたのに。」

 独り言を言いながら靴を脱ぐ。ハンドバッグをテーブルに置き、次々と洋服を脱ぎ捨てる。一刻も早くシャワーを浴びて体から酒を抜きたかった。

 「何でシャワーがないのよ。」

 浴室にあるはずのシャワーがない。ぶつぶつ言いながら風呂の残り湯を立て続けに浴びた。頭の芯にしみ通る水の冷たさが気持ちよかった。

 「清さん、もう寝ちゃったの?」

 浴室から出るとバスタオル一枚巻いた体で隣のドアを開ける。夫の微かないびきが聞こえて来た。

 「帰って来たんなら、起きて待っててくれればいいのに。」

 バスタオルを床に落として生まれたままの姿でベッドに潜り込む。

 「ただいま。」

 夫の体に手を回した。

 「よく寝てるわ。まったく。」

 夫の手を取って自分の方に引き寄せる。結婚して三年。同窓会で少しだけあらぬ期待をしていたせいか、今日の頼子は体の疼きを抑えることができない。勿論、このままでは眠れなかった。脚の間に引き寄せた夫の手を自分の体に擦り付ける。それでもその手は動かない。頼子が焦れたように腰を何度も振った。

 暫くして夫の指が確かめるような動きを始めた。寝ぼけているのだろうか、いつもと動きが違う。

 「やだ、何やってるのよ。」

 思わず腰をくねらせた。指先が後ろを探り始めたのである。そうされたことは一度もない。夫は勿論、他の誰にも。

 夫の腹に手を乗せた頼子が思わずドキッとした。少し太り気味の夫には無縁の、固く締まった腹筋を感じたのである。そのまま手を下着の中に差し入れてもどこか勝手が違う。夫は結構毛深いのでおへそのすぐ下から毛が生えている。しかし、頼子の手はいつまでたっても滑らかなスロープを下って行くだけだった。ようやく指先に毛が触れた。そのまま下ろした手で握りしめる。その瞬間、頼子の体が冷水を浴びせられたように凍り付いた。

 (・・・違う、夫じゃない)

 今、握りしめているものは夫よりも少しだけ細めだが長さがはるかに長い。ひときわ硬く、そして、何よりも形が違う。この手触りだけは間違いようが無かった。

 (そう言えば、ここはうちじゃない)

 頼子の頭がようやく回り始めた。そうだ、ここは前に自分が住んでいたアパートに似ている。玄関も、間取りもそれに間違いない。だから違和感が無かったのだ。

 (この人、誰?)

 手の平にじっとりと汗が噴き出す。今、自分は見ず知らずの男のものを握りしめている。そして、その男の指が頼子の体をリズミカルに刺激し続けていた。

 (どうしよう・・・)

 酔いが一度に醒めて手が震えた。飛び起きて謝ろうと思ったが、何と言い訳けしていいか分からない。間違えました、ごめんなさい、では済まされない状況なのである。

 あれこれ考えながら、それでも頼子は握った手を動かし続けた。男の体はそれに大きく反応している。男の指が頼子の中に入ってきた。上手な指の動きだった。その指がスッと滑り後ろのくぼみをとらえた。こっちの愛撫は経験がない。恥ずかしさが入り混じり、それが頼子の身体から次第に自由を奪って行った。

 (もうこのまま気付かない振りして、行くとこまで行っちゃえ・・・)

 頼子が決心するまでにそれ程時間は掛からなかった。

 「来て」

 頼子が男の体を引き寄せた。待っていたように男が上に重なった。

 (・・・長い!)

 貫かれた瞬間、頼子はそう思った。夫の場合はかろうじて奥に届く程度だが、コレは奥に届いた先端が更に深く頼子を貫いた。今まで味わったことのない頼子の初めての感覚だった。

 頼子が思わず声を上げた。ズズッと入り口まで一度戻ったものが今度はぐーっと斜めに押し入って来たのである。くねるように入り、再び奥に強い圧力が生じた。今度は角度を変えて、また斜めに何度も押し入ってくる。夫の場合は押し広げられる感じなのだがこれは全然違う。今まで触れられることのなかった奥の奥まで貫かれるたびに、全身が痺れるような快感がそこから生まれることを頼子は初めて知った。体を大きく揺らされながら容赦なく打ちこまれるこの強烈な刺激に、もう自分のものではないような淫らな声が止まらなかった。

 (・・・)

 気が付くと頼子の上から男の体が消えていた。いつ離れたのかも憶えていない。いつしか気を失っていたようだ。そんなことは未だかつて経験したことがなかった。

 「・・・素敵だった。」

 頼子が甘えるように男の脇の下に顔を埋めた。

 「え、」

 男が驚いたような声を上げた。

 「何、どうかしたの。」

 「その声、もしかして、頼ちゃん。」

 今度は頼子の背筋が凍った。自分のことを頼ちゃんと呼ぶ男はこの世に一人しかいないはずである。

 「マーちゃん、なの?」

 男は暫く答えなかった。

 「ねえ、本当にマーちゃんなの?」

 頼子が男にしがみついた。二人の間に挟まったものが少しだけ元気を取り戻していた。

 「参ったなあ。」

 「やっぱり、マーちゃんだ。」

 頼子の中で全てがハッキリした。ここは結婚前に自分が借りていたアパートである。結婚した年にちょうど大学に入った弟の昌明が引き継いでこのアパートを使うことになった。前後不覚になるまで酔ってしまった頼子は無意識の内にかつて自分が暮らしていたアパートに戻ってしまったのである。余分に作っておいた合い鍵は、どうせ弟が使うんだから返さなくてもいいとキーホルダーに付けたままだった。

 「まさかねえ・・・」

 昌明が頼子の背中を撫でながら呟いた。

 「頼ちゃんとしちゃうなんて。」

 「言わないで。勘違いしてたんだから。」

 「俺と清さん、間違えたの?全然体型が違うじゃない。」

 「うん、変だなとは思ったけど。」

 「いつ違うって分かったの。」

 「ここ握った時。」

 頼子の手が昌明の前を握りしめた。

 「清さんじゃないって分かっても、しちゃったんだ。」

 「だって、あそこまで行ってて、やめられる?」

 「うーん、それも分かるけど。」

 握りしめた頼子の手が動き始めた。

 「だ、駄目だよ。」

 「何で。」

 「またしたくなっちゃう。」

 「私もなの。困ったわねえ。」

 口では困ったと言いながら、それでも頼子は手を離さず、握りしめた手をゆっくりと動かし続けた。酔いが醒めてみると、ここが以前自分が住んでいたアパートだと気付いた時点で相手が弟だと分かっていたはずである。頼子は自分自身に疑いの目を向けた。果たして本当に見ず知らずの男に身を任せたのだろうか。心のどこかで相手が弟の昌明だと分かっていたからではないのか。

 「ねえ、もう一度したら、後戻り出来ないよ。」

 昌明が戸惑ったような言い方をした。

 「何で。」

 「今は相手が頼ちゃんだって分かってるから。」

 「・・・分かってても、出来る。」

 「昨日までなら出来なかったな。」

 「私だって。」

 「やめようか。」

 「そうねえ。」

 背中に回っていた昌明の手がいつの間にか頼子の尻を撫でていた。くぼみに少しずつ入ってくる指先が頼子にはもどかしい。頼子も握りしめたものを強くしごき始めた。

 「清さんは?」

 「出張で留守なの。」

 「そう。」

 お互いに離れる切欠を探していた。

 「でも、帰った方がいいんじゃない。」

 「多分。」

 言葉とは裏腹に昌明の指が後からヒダの中に入り込んで来た。思わず頼子の手にも力がこもる。やがて頼子が片膝を持ち上げて昌明の上にのし掛かって行った。握りしめたものがヒダの中で昌明の指に出会った。

 「困ったわねえ。」

 頼子がもう一度同じことを言った。昌明はそれに答えず、指先で頼子のヒダを分けた。待っていたように頼子が握りしめたものを当てた・・・それきり、二人とも口を開こうとはしなかった。

 これっきり、今日だけのことにしなきゃ。そう思えば思う程離れがたい気持ちが募ってくる。頼子の脳裏に幼い頃の日々が浮かんでは消えて行った。五つ歳の離れた弟と遊んだ記憶は殆ど無い。昌明が中学生になって男っぽい臭いをさせるようになってからは疎ましく思ったことさえあった。肌と肌が触れ合うなんて思っても見なかった。そんな弟が今、姉である自分の奥深くで激しく動き回っている。

 夜が明けても二人が離れることは無かった。表が少しずつ賑やかになって来る。そろそろ起きて家に戻らねば、頭ではそう思うのだが、自然に身体が弟を求めてしまう。若い昌明も同じような情熱で応じてくる。これで最後が三度続き、ようやく昌明が身体を起こした。頼子も仕方ないと言った表情で頷いた。

 「これ、置いてくわね。」

 風呂から出て身繕いを済ませた頼子がキーホルダーから合い鍵を抜き取ってテーブルの上に置いた。

 「持ってれば?」

 昌明の言葉に頼子が身体を固くした。

 「でも、」

 「持ってなよ。」

 暫く迷った頼子がコクッと頷いた。

 「そうね、持っててもいいよね。」

 昌明のアパートを後にした頼子の手に、その合い鍵がしっかりと握られていた。


 

姉貴にオナニーしてるとこ見られたwwww

弟「お願いします何でもするんで母ちゃん達には言わないで下さい」
姉「何でも?」
弟「はい」
姉「では…

IDの数だけ腹筋してね^^」

もうちょっと頑張れよ

ちょい騙された
さて

今日はお休みらしい

騙された! 悔しいから乗っ取り

数年前、大学生の頃、コンビニの深夜でバイトしてたんだけど、
そこの店の連中凄い仲良くて、しょっちゅう店から近い俺の部屋で飲み会やってた。

その中に、Mさんっていう昼と夕方のシフトに入ってる25歳フリーターの女の人がいた。
Mさんは、そんなに美人ってわけじゃないんだけど、
親しみ安いチャーミングな容貌で、笑顔がとても素敵な人だった。
髪も長くて綺麗だったな。
スポーツが好きらしく、グラマーじゃないけどしまるとこはしまって、
メリハリのある体つきだったよ。脚はすらっとしてた。胸は大きくなかったけど。
まあ、でもそれ以上に性格がとても魅力的な人だった。
とても気さくで、面倒見も良くて、誰とでも友達になっちゃう人だった。

仕事もかなり優秀で(まあ、コンビニの仕事なんてたかが知れてるけど)
年寄りと子供とDQNは彼女に任せとけば安心と言われてた。
実際彼女に会うために来てるだろって人は多かったらしい。ナンパも結構されてた。
Mさんには逸話があって、ある日、うざいおっさんが、
「ねえちゃん、やらせろ」って女子高校生のバイトに絡んでた。
その娘、「困ります、困ります」って言ってたんだけど、
おっさんが逆切れしはじめた。その娘も泣き出しそう。
それを見ていたMさんが、何を思ったか什器からアメリカンドックを取り出して、
おっさんに近づいていって、
「お客様、これよりお客様のモノが太くて長ければ、私でよければお相手しますが
 確認させていただけますか」とにっこり笑って言ったらしい。
おっさん、言葉を失って、恥ずかしそうにそそくさと出て行ったとのこと。
まあ、ネタくさいけど、飲み会の話題としては盛り上がった。
そんな風に下ネタとかも全然平気で、
Mさんを「アニキ」と呼ぶ新入りもいるくらいだった。

そこの店の連中が仲がいいのも実はMさんが取り持ってたから。
シフトの違う人とは普通話しとかあんまりないけど、
彼女が間に入って知り合うと何故か皆なかよくなった。
それで付き合う男女も二組くらいいたよ。
引きこもり傾向のある俺が皆と仲良くして貰えたのもMさんが俺を引きずるように
飲み会とか遊びに連れまわしてくれたからで、俺は恋愛抜きで感謝していた。
(彼女にはとても格好のいい好青年の彼氏もいて、ときどき
 迎えに店に来てたから、初めからそういう対象に見れなかった)

で、まあ、深夜のバイトだと学校の勉強に支障が出ることがはっきりしてきたので、
俺はその店を辞めて別のバイトに変えたんだけど、
その後もその店の連中と良く飲んだ。

その内に、時々、Mさんが独りで酒をかついで来るようにもなっていた。
Mさんは、皆で飲む時は豪快なくらい楽しい人なんだけど、
二人で飲む時はちょっと女っぽくて、繊細でデリケートな感じに思えた。
男性経験も皆には「千人切り」(笑)とか豪語してたけど、
実際は3人だとか、実は男に尽くしちゃうタイプだとか、
彼氏に頼まれたらなんでもこたえてるウチに妙にフェラが上手くなって困る
とか恥ずかしそうに言ってた。
Mさんはちょこちょこ来るようになったんだけど、
Mさんが言うには、「この部屋は居心地がミョーにいい」のだそうだ。
で、別にやましい気持ちもなく、彼女の飲みに付き合ったりしてた。
まあ、バイトの愚痴とかから始まって、彼氏ののろけとか色々聞かされて、
最後は二人で泥酔して熟睡ってパターン。
Mさんは、「ここは本当に熟睡できる」ってよく笑ってた。

彼女に弟がいるのを知ったのも、その呑みの話の流れの中からなんだけど、
その時は特に変わったことは言ってなかった。

夏休みに入ったばかりの頃、俺が部屋で寝てるとチャイムが鳴った。
朝の10時くらいだったかな。
ドアを開けるとMさんがいる。それも大きなカバン(スーツケース?)を持って。
どうしたのか聞くと、Mさんは「とにかくしばらく泊めてくれ」としか言わない。
とりあえず部屋に上げた。Mさんはいつものように笑顔だったけど、
どこか表情が硬いような気がして、俺は何かあったんだなくらいに思った。

でも、当時の俺としては、女の人が何日も恋人でもない男の部屋に
泊まるなんて道徳的におかしいと思ってたし、
引きこもり傾向があって、うっとうしくもあり、
マスも自由にかけなくなるのは、正直辛いと思ったから、
何とか説得してお引取り願おうと考えてたわけ。
でも、まあ話くらいは聞こうと思った。

それが、なかなか話してくれない。それ以外の話はするんだけど、
核心に触れると言葉に詰まる。その繰り返しで俺もいらいらしてきてた。

で、事情があるんだろうけど家には泊められない、彼氏や他の友達のとこ
に泊まった方がいいだろう、俺は独りでいるのが好きで今まで恋人とも
暮らしたことがない、それに今はそのつもりがなくても、
何かの拍子に欲情してしまったら襲ってしまわないとも限らない、
そうしたら彼氏に迷惑を掛けてしまう、そういうことはよくない、
と、今考えれば笑っちゃうほど真面目なことを俺は言った。

そうしたら、いきなりMさん泣きだして、しばらく泣いた後、
ぽつりぽつりと話し出した。
明朗な普段の話と違って、途切れ途切れでまとまりの無い長い話で、
次のようなことだった。

(しゃべり方や順番は多少脚色してます)

「弟は高校生なんだけど、
 弟の部屋と私の部屋はふすま一枚で仕切られてるだけ。
 だから、まあ、ムコウの様子が手に取るようにわかるわけ。
 あの子が、ひとりH覚えたの小六の頃とか、大体3、4分でイクとか、
 最近は一日2回とか、まあ、息遣いとかで分かるわけよ。
 でも、男の子だし、そっとしとこうとか思ってたの。
 
 私、結構風呂上りに半分裸で寝そべってたりするの好きで、
 部屋で結構そうしてたんだけど、
 でも、ある時から、部屋でくつろいでると変に居心地が悪くなったの。
 誰かから見られてるみたいな感じがするのよ。
 で、振り向くと弟がふすまの隙間からこっちを見てるのがわかった。
 『何してんの』と聞いても『別に』としか言わないし、
 こっちも深く考えてないから、初めは何とも思わなかったの。

 

だけど、だんだんその頻度が多くなっていって、正直少し
 気持ち悪くなってはいた。で、ある時気付いたの。
 どうやら、私を見た後ひとりでしてるって。
 『姉ちゃん』って呼ばれた気がして、『何?』って襖を開けたら、
 あいつ、してやがったから。まあ、見なかった振りして、ごまかしてやったけど、
 正直、背筋が凍った。やばいなあって。
 それから、ちょっと弟と距離を置いて、
 あんまり風呂上りにも肌は見せないようにしてた。
 
 そうしたら、今度は下着が無くなるわけ。
 最初は気のせいかなーとか思ってたんだけど、
 絶対失くさない筈のお気に入りのヤツとかが無くなる。
 弟が盗んだ証拠は無いけど、下着は部屋干しするから、他の人が盗めるわけなくて、
 もう、弟が疑わしくてしょうがないわけよ。本気で身の危険を感じるようになったわけ。
 で、部屋によりつかないで、寝るギリギリまで居間にいて、
 ベッドに入る時も服着替えないでそのまま寝たりとかしてた。

 そのうち疑心暗鬼みたいになってきて、夜も安心して眠れないようになったの。
 寝つきは悪くなるし、ちょっとしたことで目が醒めるし、
 だから、本当に限界の時は、ここに呑みに来るって口実で寝に来てた(笑)
 ウチ厳しいのよ、それに学校出て勤めた会社すぐやめてフリーターに
 なったのが相当親の気に触ったらしくて、
 躾のやり直しとかいって、25にもなったのに、いちいちうるさいし。
 でも、友達づきあいだけは寛容で、飲み会って言えば許して貰えるから、
 そういってここに来てたわけ。

 親になんか言えないわよ。そんなこと言ったら、大騒動になっちゃう。
 『弟が私でオナニーしてます。下着も盗んでます』なんて絶対言えない。
 お父さんは多分弟を半殺しにしちゃうし、お母さんなんか病気になっちゃうわよ。
 それに、本当は私も弟がかわいいわけ。
 ウチは昔共働きで、小さい弟を育てたのは殆ど私だから。
 今でこそ殆ど会話も無いけど、小さい頃はあの子本当に可愛かった。
 『姉ちゃん、姉ちゃん』ってまとわりついて、一緒に買い物行って、
 大したものじゃないけど料理作ってあげて、お風呂も一緒に入って、
 勉強とかも教えてあげて…
 だから、なんていうか、確かに身の危険は感じるんだけど、
 どっかで、あの子をかばいたいと思ってるわけよ。
 若いし性欲も強い時期だから、一時の気の迷いだ、って。
 だから、ここは隙を見せないようにしながら、それが過ぎ去るのを
 待とうって。でも、まあ、間違いだったわね。

 ある夜、うつらうつらしてたんだけど、人の気配がして目が醒めたの。
 枕元に誰かいる。瞬間的に弟だってわかったんだけど。
 怖くて目が開けられない。必死で眠ったふりしたわよ。
 何分たったかわかんないけど、しばらくして、
 チャックを下ろす音がした。で、衣擦れと荒い息。
 ああ、やってるよ、と。
 もう、叫んじゃおうかとかも思ったんだけど、何でか動けなかった。
 で、『姉ちゃん、姉ちゃん』とか吐息みたいな声で呟いて、
 弟はイッたみたいで、部屋に戻っていった。
 なんか、上手く言えないんだけど、犯された気分ってこんな感じか、
 と思った。

 その後眠れずにずっと考えてた。
 どうしよう、って。親には言えない。彼氏にもこんな事相談できない。
 彼氏とは結婚しようか、って話が出てて、そうなれば弟とも家族だ。
 こんなこと知られたら、大変なことになる。絶対に無理。
 親友も家族ぐるみの付き合いで弟とも顔あわせるから、言えない。
 面と向かってやめろと言えばいいのかも
 しれないけど、それも何だか弟との大事な絆を失うようで怖いような気がする。
 私が我慢するしかないか、と思った。
 何度考えてもそうするしかないように感じた。
 だから、まあ、知らん振りしてようと決めたわけ。
 あの子は優しい子だったし、そのうち止めてくれるに違いない、
 って、そう思うと楽になったしね。

 だけど、実際はどんどんエスカレートしてった。
 夜、私がベッドに入って眠れずにいると、襖をそーっと開ける音がして、
 枕元で、私をじぃーと嘗め回すように弟が私を見る。
 それで、チャックを下げる音がする。
 しばらくすると、『姉ちゃん、姉ちゃん』って弟がイク。

 それが、一週間に一度くらいだったのが、二度三度くらいになり、
 結局殆ど毎日、枕元に立つようになった。
 だんだん弟が大胆になってくるのもわかる。
 最初はそーっと、忍び足だったのが、普通に近寄って来るようになった。
 イク時の『姉ちゃん』も大きな声になってきた。
 まあ、そのくらいになると、こっちもだんだん慣れてきちゃって、
 今日は早いな、とか、結構モッタじゃんとか、思うくらいの余裕は出てきた。
 イヤなのよ。イヤなんだけど…なんだろうね(苦笑)

 それでも最初に布団をめくられた時は、怖かった。
 心臓が口から飛び出すかと思った。必死で堪えたけど。
 でも、私、ズボン履いて寝てたから、大丈夫だと思ってた。
 そしたら、弟の『チェっ』って舌打ちが聞こえた。
 しばらく考えてたみたい。
 私、その時『お願いだから、お願いだから』って心の中で叫んでた。
 何が『お願い』なんだかわかんないけど。
 そしたら、あの子、布団をぐっとめくって頭を太ももに押し付けてきた。
 匂いを嗅いでたみたい。で、ひとりで擦ってた。

 そこからのエスカレートは早かった。
 今思えば、なんで寝たふりをし続けたのかわからないのよ。本当に。
 それが一番の間違いで、一回でも、目を開けて、『何してるの』と言えば、
 暴走させることはなかったような気がする。
 でも、何故か私は一度もそうできなかった。
 
 次の日、弟は完全に布団をめくり、私の太ももに顔をうずめてシタ。
 その次の日は、私の胸を服の上から触り、太ももに顔をうずめてシタ。
 その次の次の日、私の身体を撫で回して、終わった後にキスをしていった。
 感じたりはしてないよ。怖いのと、気持ち悪いのと、悲しいので一杯。
 でも、まだ、あの子を信じたい気持ちがあった。ほんの少しだけど。

 だけどねぇ、その次の日にあの子、身体を触りまくった挙句、
 ズボンの上から太ももの間に手を入れてきた。
 まあ、ズボン履いて、生理用ショーツ履いてたけど。
 寝返り打つフリをして、うつぶせになって避けたんだけど、
 お尻の方から手を入れてきて、なんていうか乱暴に擦ってた。
 だけど、結局布の上からだから、
 あんまり面白くなかったんだろうと思うんだけど、
 今度はパンツの中に手を入れて、お尻を揉み始めた。
 まあ、生理用ショーツはきついから、あまり奥には入ってこなかったけどね。
 つめ立てたり、揉み解したり、なんだか一生懸命だったよ(笑)

 それで、しばらくそうしてたら、ショーツから手を抜いた。
 これで終わりかなと思ってたら、違った。
 あの子、私の手を握った。
 チャックを下ろす音がして、私の手を自分のアソコに近づけようとしてた。
 でも届かなくて。あの子、大胆にはなってたけど、無理矢理
 手を伸ばせば私を起こしてしまうとくらいは思ったんだろうね。
 ベッドに座って、自分の方を近づけてきた。
 で、私の手を自分のアソコに握らせて、その上から自分で握って擦った。
 もう、泣いてたわよ。涙が流れてしょうがなかった。情けなくて。
 自分が『弟』のアソコを握ってるって。『弟』のオナニーさせられてるって。
 妙に熱くて、少しべたべたしてて、もう吐きそうだった。

 どっちかっていうと、私、H好きよ。彼氏のとかは喜んで触る。
 二人でいたら、用もないのにカレの握って擦ったりして遊んだりするし。
 なんかユーモラスでカワイイとか思って、愛しかったりしてね。
 カレ仮性だけど、多少汚くってくさくっても、フェラするし。
 まあ、そういうのに嫌悪感を持ったことは少なくとも無かった。 

 でも、なんていうか、その時手から伝わって来る感じは、
 もう汚らわしい以外の何物でもなかった。
 あの子、物凄く興奮してたみたいで、何回も擦ってないんだけど、
 いっちゃった。ドクドク波打つみたいだった。
 もう、とにかく終わるまで長かったよ。いつまで出るんだみたいな。
 私の手にも、精液がついた。握らされてたものより、もっと熱かった。
 そこから、腐って溶けてしまうんじゃないかと思った。
 弟が慌てて、予想以上に飛び散ったものの後始末して部屋に戻って行ってから、
 その匂いをつい嗅いじゃったんだけど、
 その後すごい自己嫌悪したよ。ほんとに。
 弟じゃなくて、自分がイヤらしいもののような気がした。
 手を何度もシーツに擦りつけた。拭っても拭っても落ちない感じがした。
 擦りつけたシーツがとても汚く思えた。
 擦りつけた部分から汚染が広がって、握らされたアソコと同じべたべたした
 感触の上で寝かされてるみたいな気分になった。

 で、次の日シーツを洗濯籠にほおりこんで、
 もう、駄目だ、と。これ以上ここにいられない、と。
 とりあえず、次の日から、理由をつけては外出した。
 彼氏とも会った。カレは何も気付いてくれなかったみたい。
 『お前の事は何でもわかる』って言ってからね。ちょっとがっかりした。
 今の仕事がきついとか、実家から引越したいのに給料が安すぎて
 通勤が近いとこに引っ越しできないみたいな話ばかりしてて、
 その後ホテル行ったけど、なんか乗り気じゃなくて、
 生理が来たことにして、フェラだけしてやった。
 わざと歯たててやった(笑)

 で、しばらくの間酔っ払ったフリをして、遅く帰って、居間とかトイレとかで寝た。
 母親は、『若い娘がそんなになるまで飲んで』みたいに怒ってたけど、
 まあ、なんとかごまかしてた。そんな必要あったのか今は自分でも不思議だけど。
 
 でも、ごまかし切れなくなって、昨日とうとうベッドで寝かされることになった。
 母親はわざわざ部屋まで送ってくれた。
 余計なことすんな、と母親が憎くてしょうがなかった。
 いや、別にあの人が悪いわけじゃないんだけどさ(苦笑)

 で、部屋に行くとなんか、弟がそわそわしてるのがわかるわけ。
 部屋の中であっちいったりこっちいったりして。
 まず間違いなく来る、と。
 今日はどこまでエスカレートするかわからない。
 とにかく、一杯着よう。簡単に脱げないようにしよう。
 それから、寝ないことだ。
 
 だから、夏だってのに、セーター着て、ジーンズの上にスウェット履いて。
 コートまで着て(笑)
 だから、もう、なんなんだろう。今思うと、『止めてくれ』と一言いえば
 良かったのよ。それだけのことなんだけど、それを思いつかないのよ。
 私、もともと学校の成績そんなに良くなかったけど、本当に頭悪いよ。
 案の定、具合悪くなった。のぼせたの。ふらふら。
 寝ない決心はしてたけど、最近寝不足だし、その上ずっと気分が重かったし、
 ほとんど気を失うように寝てた。それも寝ぼけて殆ど脱いで。

 気付いた時には弟は私の横にいた。添い寝するみたいに。
 横向けに寝てた私の背中から抱きしめるみたいにしてた。
 ブラはホック外されてて、私の身体の下を通した左手で乳首つままれてた。
 固くなってたよ。
 感じてたかもしれないけど、わからない。
 右手は、まあ、アソコ。聞かないでよ、濡れてたか?とかなんて。
 パンツは少し、ずり下ろされてて、お尻の割れ目のところに、
 固くなったものが擦り付けられてる。熱いのが上下してる。
 息が荒くて。私の髪の匂いを嗅いでるみたいだった。
 ときどき首筋を舐めてた。ナメクジがはってるみたいだった。

 でも、なんていうか、しまった、っていう思いより、
 がっかり?あきらめ?落ち込み?力が抜けるって感じ。
 もうどうしようもない、っていうか。
 肉体的にも精神的にも脱力しちゃった。
 それは弟を受け入れたってことじゃなくて、何もかも無駄だったって。
 何も感じなかった。と思う。気持ちよくなかった。と思う。
 とにかく、弟の左手はしつこく乳首転がしてたし、
 右手の方はクリを一生懸命に探してた。
 まあ、横向きで足閉じてたから、あんまり、ね。
 でも、彼氏が『お前、皮かぶってて、あんまり大きくないなあ』って言ってたの
 不意に思い出したりして、ほんとに自分が何考えてるのかわからなくなった。

 で、お尻のとこで上下してた弟のアソコに、ぐっと力の入るのがわかった。
 動きも早くなった。来るぞ、来るぞと。
 もう、黙ってられなくなった。本当に疲れた。
 で、ぐるっと、突然身体の向きを変えて弟の方を向いた。
 あの子、びっくりしてた(笑)『おああああー』って言って、
 飛び跳ねて、完全に固まってたもん。パントマイムみたいに。
 あんなに人が驚くの初めてみた。
 で、その拍子にどぴゅっと。
 『あっ、あっ、あっ』って感じの声出しながら精液振りまいてた。
 私にもかかったよ。熱かった。
 まあ、その前より、気持ち悪い感じはしなかったけど。
 高校生ってあんなに出るもんなのかね?

 とりあえず、何もいわずに起きて、パンツ上げて、ブラ直して、
 電気つけて、ティッシュ箱見つけて、自分についた精液を拭いてから、
 思い切り弟に投げつけてやった。
 視線も合わせずに。
 しおしおになった弟のアソコから、白いのが垂れてたのが、間抜けだった。
 私が服を着てる間、慌てて、汚したとこ拭いてた。
 そのまま、私、部屋を出て、下に降りてシャワー浴びた。
 戻ったら、弟はもう自分の部屋に行ったらしくいなかった。
 正直、何も考えられないし、感じなかったけど、
 ただ、もう、このウチから出てく、っていう強い念?みたいのだけが 
 頭を占領してて、スーツケースにとりあえずのもの詰め込んで、
 まだ、少し暗かったけど、家を出てきた。

 その後、どうしていいかわからなくて、市内を歩き回ってた。
 どうでもいいという気分ではあったけど、親しい人には誰にも言えないと  
 いうのは間違いがなかった。家出すれば、親は怒るだろうけど、
 やっぱり親には言えない。いずれ言うことになるかもしれないけど、
 とにかく今はイヤだ。彼氏にも言えない。それになんとなく
 今はあの人と会うのも薄ら寒い感じがするし。
 弟とも知り合いの親友にも言えない。そんなとこにいけば、必ず、
 親からの連絡が行くだろう。
 かと言ってお金もないし、どこか遠くへって訳にもいかない。
 隠れるならあなたくらいの知り合いのところがちょうどいい。
 バイトもさっき休むと言ってきたし。
 だから、気持ちの整理がつくまで、この部屋において欲しいの
 それに、この部屋なんとなく落ち着くし」

Mさんがこの時話したのはここまで。
もしかしたら、その前後に聞いたことも混ざってるかもしれないけど。
でも結構長い話で、しかもちょくちょく脱線したり、
言葉を選ぶために長く沈黙したりしてたから、記憶に間違いなければ、
全容がわかるまで、3時間くらいかもっとかかったと思う。
で、困ったのは俺の方。前に書いたけど、
やっぱり女の人が男の所にいるのは良くないことに思えた。
だけど、話させてしまった責任もある。
Mさんの要求は少々都合いいように思うけど、確かに事情が尋常ではない。
(でも、俺一人っ子だから、姉弟のそういうのがどういうものなのか、
 ちょっとピンと来ないとこもあったのは事実だけどさ)
Mさんには親切にしてもらった恩義もある。
この時初めて、世の中には聞かない方がいいこともあるな、と勉強した。

で、「とりあえず何日かなら良いよ、その後のことはゆっくり考えよう」
と俺は言った。
だけど妙な律儀さで、「今まで確かにMさんに欲情したことはないけど、
Mさんは十分魅力的だし、かくまってるつもりで、襲ってしまうことも
あるかもしれない。そんなことになったら本末転倒もいいとこだ。
だから、とりあえず、僕(Mさんには”僕”と言ってた)は定期的に
ひとりでするから、その時は部屋を出てくれ」と付け加えた(馬鹿だ)。
Mさんは、この部屋で寝られるだけで十分らしく、快諾してくれた。
冗談ぽく「いいよ、別に、弟にされるくらいなら、君の手伝うくらい
たいしたことないよ。あたしフェラ上手いし」と笑って言ってた。

結局、Mさんは1ヶ月かもうちょっとくらい俺の部屋にいた。
その時、俺は人生で最初で最後のセックス漬けの生活というのをしてしまう。
(えらそうなこと言ってた割りにヘタレました)

最初の2日はMさんに部屋を出て貰って、一人でしてた。
だけど、3日目、Mさんに部屋を出るように頼んだら、
Mさん、「もういいよ、面倒くさいよ、雨降ってるし」っていいながら近寄ってきて、
俺を椅子に座らせると、そのままズボン下ろして、パクッと咥えてきた。
俺も抵抗はしたけど、本気で振り払ったり出来なかった。
「駄目、駄目、駄目だ、そんなことしちゃ駄目だ、カレに悪いよああっ」
みたいな(恥笑)

はっきり言って、とても上手かった。(いや、あんまり経験ないけど)
その後の彼女には、Mさんのテクを教えてるくらい。
最初の彼氏がフェラ好きだったんだって。
舌でくすぐるみたいに快感を高めていって、丹念に舐め上げたあと、
深く咥えてる間も舌は常に動いて亀頭を刺激してるし、ひねりを加えて頭を
動かすし、いきそうになるとじれったいとこだけ刺激して悶絶させるし、
両手は常に乳首を転がしてるし、しぼりとるみたいに吸い込んだ後
ごっくんしてくれるし…なんていうか、正直気持ちよすぎて怖かった。
終わった後、にっこり笑って「いつでもいいよ。一日何度でも」ってお言葉。
もう、駄目でした。あとはなし崩しでした。

で、もう、朝から晩までずっと繋がってるか咥えてるか舐めてるかいじってる
かにぎってるかって生活。
離れようにも離れられなくて、何度も休んでしまって、
バイトもクビになった(クビを言われた電話の最中もやってた)。
飯もやりながら食った。
一日4、5回は射精した。Mさんがいってたかどうかはわからないけど。
その他、ちょっと言えないことも含めて
人生における性的冒険は殆どあの時にした。(法には触れてないけど)
中毒ってああいうことなのかもしれないと今は思う。

…でも、まあ、その時は猿だったから考えなかったけど、
Mさんはどんな心境だったんだろうな、と後になって思うことがあった。
単に現実逃避したかっただけかもしんないけど、
弟の性的いたずらから逃げて、結局あの部屋で性人形みたいなことしてて、
じゃあ、なんのために逃げてきたんだ、と。よく分からない。

思うんだけど、やっぱりその時以来多少は弟に興味があったんじゃないかなって。
感じなかったといってたけど、興奮はあったんじゃないかって思う。
そう思う理由は、なんていうか、プレイの内容にある。
ある時、やってる最中に、悪趣味だと今は思うけど、弟の名前を聞いた。
K太だって教えてくれた。やっぱり悪趣味だけど、K太のは大きかった?って聞いた。
そしたら、すごく太かったって。
俺、正直サイズコンプレックスあったから、かーっとなっちゃって。
で、「僕のこと、K太って呼んで」って言った。
そして「姉ちゃん、愛してる」って囁いた。
そしたら、俺のことをK太とは呼ばなかったけど、
その瞬間、どばーっとMさんのアソコから液が漏れ出して溢れかえって、
大変なことになった。顔とか耳がぱーっと赤くなってね。
喘ぎ方も凄かった。
あのひと月の中で100回はセックスしたと思うけど、その中で一番濡れて、
一番感じてたように思う。
(たまたま俺の中で印象が強いだけかもしれないけど)

で、ひと月たって、さすがに「これはやばい」と理性が働いてきて、
それに合わせるように、Mさんも「さすがに飽きてきた」とか言って、
じゃあ、とりあえず、帰ろうという話になって出て行った。
何だか、もう何のためにこの部屋にいたんだか、
お互いにわかんなくなってたから、ひどくあっさりしてたよ。

その後、Mさんと連絡がとれなくなった。PHSが繋がらない。解約されてる。
元バイト仲間たちに聞いても、店を辞めたらしい、としかわからない。
多分、色々あったんだろうな、と思って詮索するのをやめた。
(薄情だと思うけど、もう思い残すことはないくらいやっちゃったので未練もなかった)

再びMさんから家電に連絡が来たのが一年くらい後。

なんかとても懐かしかった。
すっかり元の明るいMさんに戻ってて、話しも弾む。色々話した。
俺からは、仲間の近況とか就職がなかなか決まらないとかそういう話をした。
Mさんはあの後のことを話してくれた。
とにかく、両親に怒られ、父親にはめちゃくちゃ殴られたこと。
でも、弟のことは言わなかったこと。
俺の部屋にいたことも言わなかったこと。
(おもいつくまま旅行したことにしたそうな)
罰として3ヶ月くらいほぼ軟禁に近い状態にされてたこと。
その後、少し規模の大きい食糧品店をやってる親戚のいる埼玉に
住み込みの出稼ぎ(Mさんが言った)に行かされたこと。
彼氏とは縁が切れずに遠距離恋愛をして、もうすぐ結婚すること。
結婚を機に親には許して貰えたらしいこと。それでまた戻ってきたこと。
でも俺とはもう会わなくていいと思ってること(俺も同意した)
だけど俺との関係で味をしめて(浮気は初めてだったらしい)、
その後も色んな男としてること。(フェラのグレードがアップしたと言ってた)

で、聞かないようにとは思ってたんだけど、我慢できなくて(ヘタレ)
俺は「弟とどうなった?」と聞いてみた。
Mさんは少し笑って、「どう思う?」と逆質問してきた。
俺は、ちょっとだけためらって、極めて冗談ぽく、
「結局やったんでしょ?」と言ってみた。
そしたらMさんも「あいつにはフェラで十分」と極めて冗談ぽく返してきた。
「その方が贅沢なんじゃない?」と俺は笑った。
「あ、そうか、しまった」と言ってMさんも笑った。
それ以上つっこまないことにして別の話題を振った。
まあ、聞かない方がいいこともあるしね。

でも、俺はそのやりとりで、もうほぼ確信的な直感で
これはやっちゃったなと思った。
どういう形であるにせよ、なんかしちゃったな、と。
これは冗談ではないな、と。別に根拠はなんにもないけど。

ま、それで楽しく会話して電話を切って、Mさんとはそれきり。
Mさんはとてもいいひとだったし、友達として縁が切れるのは残念だったし、
あの時のことは今でも時々夢に出るくらいだけど、
不思議とMさんには連絡とろうと思わない。この先もそうだろうな。
なんでだろ?よくわからない。

以上です。
つまらない長文失礼いたしました。支援してくださった方ありがとうございます。



てつ君

登場人物
私子・・・当時21歳 彼男とつきあっている
彼男・・・当時21歳 私子の彼氏。普段は普通なのだが嫉妬深い
A夫&B子・・・当時21歳 彼男の友人。

ある日バイトの帰宅途中に彼男から電話があった。
内容は近くにあるファミレスにいるので来てほしい、とのこと。
電話してくる声がなんとなく命令口調っぽかったのが気になりつつ向かう
で、ファミレスに着いたら彼男の他にA夫とB子がいた。
私「あ、こんにちは」
A夫&B子「・・・こんにちは」
私「どうしたの彼男?突然呼び出して」
彼男「・・・まあ、座れよ」
A夫&B子「・・・」
何かすごく空気が重かった。
なんかA夫とB子が冷たい目でこっちを見てくるし
居心地悪いことこの上ない。
とりあえずもう一度どうかしたのか彼男に聞いてみると
彼男「・・・おまえ、浮気してるだろ」
私「は??何言ってんの????」
ポカーンって顔してたと思う。
何言ってんだこの男は。全く見に覚えが無いんですが・・・
私「私、浮気なんてしてない!意味わかんないんだけど」
彼男「ふーん・・・開き直るんだ」
私「だからしてないって!!」
彼男「最低だな!おまえがそういうやつとは思わなかった!」
私「ひぇっ」

彼男に頬を思いきり平手で叩かれた。
口の中を切った
私「痛・・・なんなの、マジうざい」
彼男「はい逆ギレきましたよーーーうーーーぜーーーーーーー」
A夫「ちょ、おまえ叩くなよwwまあ気持ちはわかるけど」
B子「でも私子ちゃんさあ、そういう態度が彼男傷つけてるってわからない?」
私は嘘ついてないしお前らなんなんだ。
嫉妬深い彼男と付き合ってから半年、彼男以外の男と遊びに行ったことさえないのに
彼男が嫌がるからサークルの打ち上げとかも行けなかった
なのに呼び出されて来てみたらいつの間にか「浮気した女」に決定されてるし。
泣きそうになりながら否定を繰り返してたら、彼男に携帯を渡すように言われた
彼男「私子さあ、この前実家帰ったろ」
私「それがなに。ちゃんと前もって説明したじゃん実家に帰るって」
彼男「で、墓参りのために従兄弟の家にも泊まったんだよね?」
私「うん。家族と一緒にね」
彼男「これ誰だよ」

彼男が指したのは、私と従兄に向けて送ったメール
私『??で忙しいけど、てつ君にも会えるしね!』
従兄『てつも私子ちゃんラブだしね^^喜ぶと思うよ』
私『なんかおいしいおみやげ買っていこうかな』
従兄『だからてつは減量中だって(笑)』

私「・・・・・」

彼男「楽しかったですかー?従兄君もグルだろ」
ひらひらと携帯の画面をこちらに向けて振る彼男
あーあ、もう逃げ場無いねって感じでジュース飲んでるA夫
浮気されて可哀想な彼男君、マジ浮気する女とか許せない!という表情のB子
殺意が沸いた
私「・・・・・携帯返して」
彼男「はいどうぞ。いーけどね証拠はこっちで保存してあるし」
私「・・・」(携帯の写メをいじる)
彼男「なんか言えよ」
私「はい」(携帯画面を彼男に向ける)
彼男「あ?」
私「てつ君。」

私「これ、てつ君。柴犬のね」
画面には、柴犬をだっこしてる私
彼男&A夫&B子「「「え、」」」
私「日付確認してみれば?ああ、従兄に電話でもする?」
彼男「え、ええ・・・ーーーーうっそ、ごめん!!!」
A夫「は?犬?・・・マジ?」
B子「え・・だって、彼男君が浮気だって言うから・・・」
A夫「彼男に私子ちゃんが泊まりで男と浮気してるって言われたから、俺達・・・」
私「犬と浮気したとか馬鹿じゃないの」
彼男「ごめんって!!悪かったから!ていうか、まぎらわしいだろそのメール!」
私「まぎらわしい?私は前にちゃんと言ったよね。
  従兄の家に行くことも、従兄は犬を飼っていて会うのが楽しみだっていうことも。
  犬の名前は言ったことなかったかもしれないけど」

確かに『私の実家が飼っている犬』の名前は彼男との話に何度も出したことがあるが、
『従兄の家で飼っている犬』の名前『てつ君』の名前は出したことはなかったかもしれない。
ついでに他のメールも見せる。
姉との別のメールには『???従兄君が言ってたけど、てつ君メタボ気味らしいよ』
          『??向こうで散歩連れてってあげるか!ダイエットに??』

彼男「・・・・あ、」
A夫「マジかよ・・・・」
B子「え、何、勘違い?ちょっとお?やめてよ?」
私「彼男がこんな勘違い男だとは思わなかった」
彼男「ごめんって!!皆でちょっと懲らしめようと思っただけで・・・!」

以下、彼男達の謝罪オンパレード。
最近私子と会えなくて寂しかった
デートも断られることが多くなったし、他の男と遊んでると思った
メールで一気に不安になった
そもそも俺がこんなこと思うようになったのはお前が遊んでくれないから
浮気を認めさせて懲らしめようと思っただけで、別れようとは思ってなかった
頬を叩いて悪かった俺は最低だ、でもこれは愛してるからこそ許せなかったわけで云々
彼男と違って私は仕送りが少ないからバイト多めでないとと生活がキツイからだし
デート断ったのはインフルエンザだったからで
そもそもプレゼンとかテストの前日とかに遊ぶなんてできないわけで
そういやこいつのこういう子どもっぽいところ本気で嫌だったな
つーかほっぺいてーよ口の中の血がさっきから止まってないんだけど
あ、痛いこれマジで痛い。これ腫れてきてんじゃないの?そういや男に殴られたの初めてだ
ふつふつと怒りがこみ上げてきて
私「もういい」
彼男「え」

私「死ねえええ!!!!!!」

店中に聞こえるぐらい大声で怒鳴ってグーで彼男を殴った。
お前なんかいらんわ!短小包茎が!!と叫んで彼男にメロンソーダぶっかけて店を出た。
ついでにA夫とB子の服にジュース零した
わめき声が聞こえたけど無視した
元彼男が店の外まで追いかけて来たが
「こっちくんな包茎!」「ハゲ!ハゲ!このハゲーーーッ!」
って叫んだらまた同じとこ殴られた。
「やめてよ包茎彼男!」「ち○こ臭いしちっせーんだよ彼男!!」「短小包茎彼男!」と叫んで怯んでる隙に逃げた。
勘違いで人殴るようなやつと付き合ってられるか。
家についたら一緒に暮らしてる姉と遊びに来てた姉彼氏が私を見てギョッとして「どうしたの!?その顔!!」
鏡みたら頬も赤いが眼の横にまで殴られたような痕が。あの野郎・・・
頬を叩かれた経緯を説明すると姉&姉彼氏が激怒
「痛かったねえ」と姉に言われたところで私大泣き。
お風呂に入った後、呪怨2を姉達と観ているところに元彼男が家に来る
伽椰子登場直前シーンの「あ、あ、あ、あ、あ・・・」のところでチャイムが鳴ってひゃん!ってなった
姉と姉彼氏「どの面下げて来た!」
映画の悲鳴をBGMに姉と姉彼氏が元彼男めちゃくちゃ罵られフルボッコ
私子に合わせてくれと騒ぎ出したんで警察呼ぶぞと言ったらおとなしくなった
結局家に入れぬまま元彼男帰る。
その後携帯にすさまじい量の彼男着信とメールがあるも全て無視。
大学内で元彼男が彼氏気取りで寄ってくる度「こっちくんな短小包茎!」とか言って逃げたら諦めた様子
同じ学科の同級生やサークル後輩達に「彼男は短小包茎で性病持ってる」と広まったそうな。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード