萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

兄貴が出張でいない夜、兄嫁の秘密を知ってしまった俺は

俺は、大学に通うために兄貴の家に下宿している。俺と違って優秀だった兄は、東京の大学に行くと、そのまま上場企業に就職して一気に出世し、ビックリするくらいに綺麗な人と結婚までした。
そして、30歳になる前に、恵比寿にマンションを買った。絵に描いたようなサクセスストーリーという感じで、弟としては誇らしいと思う反面、プレッシャーも感じていた。

一回りも年が違うので、兄は昔から俺を可愛がってくれたし、両親も兄と俺を比べるようなことはしなかった。でも、俺は勝手に劣等感のようなものを感じていた。大学はかろうじて同じ大学に合格したが、学部的には俺の方が劣る。世間的には、優秀な兄弟という風に思われているみたいだけど、兄貴には勝てる気がしないなと思っているこの頃だ。

『あっくん、朝だよ?。遅刻しちゃうわよ?』
兄嫁のみことさんは、毎朝ノックも無しに部屋に入ってきて、布団をめくり上げて起こしてくる。俺は、慌てて朝立ちした股間を隠すのが日課だ。たぶん、俺の勃起したチンポに気がついているとは思うが、見てみない振りをしてくれる。

「お、起きました! もう大丈夫です!」
慌てる俺に、
『朝ご飯、出来てるわよ』
と、笑顔で言うみことさん。エプロン姿が抜群に可愛い。

みことさんは、26歳で、身長は160cm弱くらい、スリムな体型だ。でも、胸はそこそこ大きくて、エプロンをしててもけっこう目立つ。
それよりも美しい顔の方が目を引くと思う。ぱっちりした二重まぶたに、整った目鼻立ち。メイクをすると、怖いくらいに美人になるのに、ノーメイクだと可愛らしい印象だ。俺は、ノーメイクでポニーテールにまとめているみことさんが一番好きだ。

そして、部屋を出ていくみことさん。昨日の夜もみことさんをおかずにオナニーをしたので、凄くドキドキしてしまった。

そして、必死で朝立ちを収めてダイニングに行くと、朝食が準備されていた。仕事を辞めて専業主婦になったみことさんは、朝から美味しそうな和朝食を作ってくれる。けっこう手の込んだ感じだ。
「あれ? 兄貴は?」
兄がいないことに気がついてみことさんに質問すると、
『あれ? 言ってなかったっけ? 今日から出張で台湾よ。朝早くに出ていったわよ』
と、少し寂しそうに言う。みことさんは、兄貴にベタ惚れという感じだ。俺がいてもイチャイチャするし、しょっちゅうキスをしたりする。

「そうなんだ。また1週間ぐらい?」
『うん。そうだ、今日は夕ご飯、外に食べに行く?』
みことさんはそんな風に言ってくる。
「いや、大丈夫だよ。俺、友達と食べてくるから、みことさんも好きにしたらいいよ」
俺は、気を使って言った。
『えぇ?? 私とじゃイヤってこと?』
さらに悲しそうな顔になるみことさん。
「い、いや、そういう意味じゃなくて、ほら、みことさんもたまには友達とかと食べたらってことだよ」
しどろもどろで言う俺。みことさんにあんな悲しそうな顔をされると、焦ってしまう。

『みんな働いてるしねぇ。今日はデートしようよ』 
と、可愛い笑顔で言ってくるみことさん。俺は、せっかく収めた勃起が復活していた……。

そして、夕方のデートの約束をした後、俺は大学に向かった。友達と過ごしたりしながらも、夕方が楽しみで仕方ない。俺は、みことさんが身近にいるせいで、大学の女子に興味が持てない。みことさんレベルの女子なんて、そうはいないと思う。

そして、講義が終わり家に帰ると、みことさんがおめかしして待っていた。メイクをして髪もセットしたみことさん。可愛らしい兄嫁から、美しい兄嫁に変身していた。俺は、この状態のみことさんがちょっと苦手だ。美しすぎて腰が引けてしまう感じだ。

『お帰り?。じゃあ、行こうか!』
みことさんは笑顔で出迎えてくれる。そして、俺はカバンを置くと、みことさんと一緒に家を出た。

『今日は、あっくんに洋服買ってあげる!』
みことさんは、なんか上機嫌だ。
「え? そんなのいいよ。悪いもん」
『いいのいいいの。その代わり、あっくんにも私の買い物手伝ってもらいたいから』
そう言って、ニコニコと笑うみことさん。なんか、いつもとノリが違う感じがした。

そして、渋谷で買い物が始まった。みことさんは、俺に色々と服を選んでくれる。みことさんはセンスも良く、選んでくれる服はどれもおしゃれなものばかりだ。そんな服達をいくつか買ってくれたみことさん。お礼を言うと、
『これで彼女出来るかもね。あっくんも、早く良い子見つけないとダメよ』
と、楽しそうに言うみことさん。俺は、あなたのせいで出来ないんだよと心の中で思っていた。

そして、みことさんはショップを出ると、
『今度は私の番だね。男の人が喜ぶヤツ選んでね』
と言いながら、他の店を目指す。俺は、センスに自信がないので、荷が重いなと重いながらあとを追った。

すると、みことさんは路地の小さなショップに入っていった。小さな店で、一見何の店なのかわからない。でも、中に入ったらすぐにわかった。そのショップは、ランジェリーショップだった。
「ちょっ、お、俺、外で待ってます!」
慌てる俺に、
『恥ずかしがらないの。ほら、健ちゃんが喜びそうなの、選んでよ』
と、みことさんは言った。兄貴が喜びそうな下着なんて、わかるはずがない。
「いや、わかんないです」
『じゃあ、あっくんが好きなのってどれ?』
みことさんはそんなことを言ってくる。俺は、他にお客さんがいないことと、店員さんがけっこう年配の女性と言うこともあり、恥ずかしさを感じなくなっていた。

そして、ディスプレイされている下着を見始めた。セクシーなものから、可愛らしいもの、スケスケになっていたり穴が空いていたりで、下着としての役目を果たせるの? と思うものまである。

そして俺は、スケスケのセクシーなものを選んでみた。
『えっ? これ? ちょっと透けすぎじゃないかなぁ?』
みことさんは少し頬を赤くして言う。
「ゴメン。でも、絶対に兄貴も喜ぶと思うよ」
『そっかぁ……。あっくんが言うなら間違いないよね。じゃあ、これにする!』
そう言って俺が選んだ下着を買ったみことさん。そして、そのあとは少し歩いてモンスーンカフェで食事をした。薄暗い店内で、みことさんと2人で食事をする……。凄くドキドキしてしまう。
少しアルコールも入ったみことさんは、いつもよりもフレンドリーで、ちょっとエッチだった。

『さっきの下着着たら、健ちゃんも襲ってくれるかなぁ?』
みことさんは、そんなことを言い始めた。
「え? 兄貴、その……襲わないの?」
『うん。全然だよ。前は毎日だったのに、ホントに全然』
少し寂しそうに言うみことさん。
「マジで? どうしてだろう?」
俺は、心底不思議でそう聞いた。みことさんが奥さんだったら、毎日でもしたくなる気がする。

『私が聞きたいよ』
おどけた顔で言うみことさん。でも、少し目が赤くなっている気がした。何となく湿っぽい感じになってしまったが、みことさんは気持ちを切り替えたのか、他の話題を話し始めた。主に、俺のことだ。
『なんで彼女作らないの? 結構モテそうだけど。あっ、もしかして、男の方が良いって感じ? ゲイなの?』
みことさんはふざけながらそんなことを言う。アルコールのせいもあるのか、凄く楽しそうだ。
俺は、なかなか良い子がいないんですよとか言ってごまかしながら、楽しい時間を過ごした。

そして家に帰り、先に風呂に入って自分の部屋に入った。みことさんがお風呂に入る気配にドキドキしながら、さっきの下着のことを考えていた。あれを着たら、全部丸見えだよな……とか、なんで兄貴はみことさんとしないんだろう? とか、色々と考えてしまった。

しばらくすると、ドアの外から、
『今日はありがとうね?。おやすみ?』
と、みことさんに声をかけられた。俺もおやすみなさいと言って、ベッドに潜り込んだ。もう、けっこう遅い時間だったけど、エロいことばかり考えてなかなか眠れなかった。仕方なしに、みことさんのことを考えながらオナニーを始めた。
今日買ったランジェリーを着ているみことさんを想像すると、あっという間にイッてしまった……。一緒に暮らしている人でオナニーをするのは、いつも終わった後に凄く罪悪感を感じる。俺は、使ったティッシュをティッシュでさらに丸めてゴミ箱に入れる。その上で、その上に適当に使っていないティッシュを軽く丸めてまぶし偽装する。

そして、イッた後の強烈な眠気に襲われて、俺は気がついたら寝ていた。

何となく人の気配がして目が覚めた。すると、暗闇の中に人がいるのがわかる。荒い呼吸で、
『ん、んぅん、うぅ……声……出ちゃう……』
と、小さな声で言っている。みことさんの声だった。俺は、慌てて目を閉じて、寝てるフリをした。みことさんは、俺が寝てるベッドの横で、立ったまま股間の辺りをまさぐっていた。

オナニーをしている?

俺は、状況的にそうとしか思えなかった。でも、なんで俺の部屋で? 俺は、目を閉じたまま神経を集中した。すると、みことさんの荒い息遣いの他に、ピチョクチョと言うような、湿った音も聞こえてくる。完全にオナニーをしていると思った。

『ンッ、ん……。も、もう少し……んっ、ぅ……うぅ……』
みことさんは、必死で声を抑えようとしている感じだけど、起きている俺にははっきりと聞こえてくる。

『あぁ、この臭い……。ダメぇ、もう、あっ、んっ、うぅ……』
みことさんは、声が抑え切れていない。でも、臭いって? なんだろう? 俺は、興奮しながらも、頭の中がクエスチョンマークだらけだった。

『くぅ……も、もう、うぅっ、イクっ! イクっ! あっくんイクっ!』
小さな悲鳴でもあげるようにうめくと、みことさんのハァハァという息遣いだけになった。緊張しながら様子をうかがう俺。すると、ガサガサと音がした後、ドアが閉る音がした。俺は、そっと目を開ける。もう、そこには誰もいないが、何となくいやらしい匂いがする気がした。

そして、ガサガサと音がしていたあたりを見ると、ゴミ箱があった。俺は、本当にそっとベッドから抜け出し、音を立てないように部屋の照明をつけた。すると、ゴミ箱の様子が違っていた。偽装で上に乗せたティッシュの上に、丸めたティッシュが乗っている。一番下に押し込んだはずの俺の精液まみれのティッシュが、一番上に来ていた。俺は、やっと意味がわかった。みことさんは、俺の精液の臭いをかぎながらオナニーをしていた……。そういう事みたいだ。

俺は、すぐにオナニーをした。そして、オナニーをしながら、いま行けばやれるんじゃないか? みことさんの寝室に行けば、簡単にセックスをやらせてくれるんじゃないか? そんなことを想像してしまった。でも、そんな勇気もないし、あまりにも興奮していたので、少ししごいただけであっけなくイッてしまった……。

そして、また強烈な眠気に襲われて眠りについた。

『おはよ?。朝だよっ!』
みことさんの声がして、いつもの通り布団を剥がされた。
『きゃっ! ゴ、ゴメンなさい!』
でも、いつもと違って、慌てて布団を戻してきたみことさん。俺は、どうして? と思った瞬間、昨日オナニーをしてそのまま寝てしまったことを思い出した。

俺は、下半身丸出しで、思いきり朝立ちした状態だった。今は布団をかぶせられているが、みことさんとバッチリ目が合っている。

『あ、朝ご飯出来てるからね。さ、先に行くね』
と、動揺してキョドりながら言うみことさん。俺は、とんでもないことをしてしまったなと焦り始めていた。

そして、動揺しながらも勃起を収めてリビングに行く。すると、いつものように朝食が並んでいる。
『おはよ。いっぱい食べてね』
みことさんは、もう落ち着きを取り戻していた。さすがに、人妻だけはあると思う。ウブな少女とは違うという事みたいだ。

「あ、頂きます」
俺も、何事もなかったように食事を始める。相変わらず美味しい。でも、目の前でエプロン姿のまま座って朝食を食べるみことさんを見て、もの凄く妄想を逞しくしてしまった。

こんなに美しくて可愛らしいみことさんが、オナニーをした。しかも、俺の目の前で、俺の精液の臭いを嗅ぎながら……。もう、ドキドキが半端じゃなかった。

『昨日はありがとうね。恥ずかしかったでしょ?』
みことさんはそんな話をしてくる。
「恥ずかしかったよ。まさか、あんなお店に連れて行かれるとはね。でも、きっと兄貴喜ぶよ」
『へへ。ありがとう。今日は夕ご飯作るね。なにが食べたい?』
みことさんは、さっきの事なんてなかったように接してくれた。俺は、安心して食事を終えた。でも、ふと思った。我慢できずにあんなに危険なオナニーをしてしまうみことさん……。それが俺の勃起したチンポを見たんだから、火がついたんじゃないのか? そう思った俺は、自分の部屋に戻り、趣味のデジカメの電源を入れ、動画モードで撮影を開始した。そしてそれを棚に戻す。一見、撮影していることはわからない。でも、バッテリーが切れるまでの2時間程度は撮影を続けてくれるはずだ。

近親相姦小ねた集

その1

高校に入ったころから母親と69してる。
でも淹れるのはダメ。

その2

息子(14)と新婚のように毎日セックスしてます。
今では息子の女になってます。
息子の子供がほしいです。

その3

去年の事。
子供ができないので親戚にいじめられた。
仕方がないので旦那の歳の離れた13歳の弟を誘惑し、中出しセックスをした。
今年、子供が生まれた。
いうまでなく子供は私と弟の子供。
おかげでいじめはなくなった。
ありがとう我が子よ

その4

2年前、ママと隣の年下の男の子が激しく絡み合うセックスをしてるのを見た。
それを見たお姉ちゃんと私はパンティに手を入れ、オナりまくった。
お姉ちゃんと私は我慢できずにまぜてもらった。
二人とも処女だったので、最初は痛かったがすぐに病み付きになった。

その5

仕事中、気分が悪くなったので早退し帰宅したら、嫁と高2の息子がSEXをしていた。

その6

旦那の連れ子15歳と12歳とセックスをした。
気持ちよかった。

近親相姦小ねた集

その1

高校に入ったころから母親と69してる。
でも淹れるのはダメ。

その2

息子(14)と新婚のように毎日セックスしてます。
今では息子の女になってます。
息子の子供がほしいです。

その3

去年の事。
子供ができないので親戚にいじめられた。
仕方がないので旦那の歳の離れた13歳の弟を誘惑し、中出しセックスをした。
今年、子供が生まれた。
いうまでなく子供は私と弟の子供。
おかげでいじめはなくなった。
ありがとう我が子よ

その4

2年前、ママと隣の年下の男の子が激しく絡み合うセックスをしてるのを見た。
それを見たお姉ちゃんと私はパンティに手を入れ、オナりまくった。
お姉ちゃんと私は我慢できずにまぜてもらった。
二人とも処女だったので、最初は痛かったがすぐに病み付きになった。

その5

仕事中、気分が悪くなったので早退し帰宅したら、嫁と高2の息子がSEXをしていた。

その6

旦那の連れ子15歳と12歳とセックスをした。
気持ちよかった。

義父に知らされた義母の本当の姿

2年前、私は妻と結婚した。
妻とは10歳も年が離れ(私33歳、妻23歳)ていたが、しっかり者の妻の提案で、妻の実家に
一緒に住む事になったんです。(世に言うマスオさんですね)
妻の実家には両親(義父47歳と義母41歳)が住んでおり、弟(21歳)は大学生で、アパートで
暮らしていたので、2階は全て使えたし何より家事は全て義母がしてくれたので、妻にしても
楽だったんだと思う。
それと私達にはまだ子供がいません。それも妻が30歳までお金を貯めて、家を建てた後に
子供を…そう考えていたからでした。

妻の両親との生活は凄く快適なものでした。
特に義母は優しく気が利く女性で、年も妻よりも義母の方が近かった事もあり、話が合うと
言った感じでしたし、妻が介護の仕事だった事で、夜勤もあって義母と居る時間が多かった
んです。

ある夏の夜、義父と一緒に晩酌をしていると、風呂上りの義母がリビングに戻って来ました。
義母は薄手のワンピース姿で、胸の張出した先端にはポツリと出っ張りが見える事から
下着は付けていないんだと思いました。
 「私もビール頂こうかしら…」
 「コップ冷えてるの冷蔵庫に入ってるぞ」
 「ん~」
コップを手に戻った義母が私の目の前のソファーに座り、瓶ビールに手を掛けたので、私は
義母からビールを取り、注いで上げようと身を乗り出したんです。
すると義母の胸元から胸の谷間が見え、しかも乳首まで見えてしまいました。
Fカップと聞いていましたが、凄い大きさで乳首もピンク色で綺麗な形でした。
ドキドキしながら数秒間と言う時間を楽しみ、注ぎ終えた義母と乾杯をして酒を飲み始めたんです。
良い感じに酒の酔いが回った頃に
 父「誠君!夜の方はどうだね?上手くいってるのか?」
 私「えっ…夜ですか?まぁそれなりに」
 父「それなりじゃ駄目だよ!毎晩頑張らないと」
 私「毎晩ですか?それは…」
 父「沙紀も母さんの子供何だからエッチ好きな筈なんだが…」
 母「お父さん!何言ってるの?酔ってるのね…誠さん聞き流していいからね」
 私「えっ…え~」
 父「コイツはこう見えて夜の方は凄いぞ!激しいからなぁ」
 母「お父さん…何言いだすの?恥ずかしいでしょ」
 父「良いじゃないか?誠君だって家族なんだし」
 私「お義母さん!エッチなんですか?」
 母「誠さんまで…もう知らない!」
 父「誠君から見る母さんはどうだ?魅力的か?」
 私「え~凄く素敵な女性だと思いますよ」
 父「ほぉほぉ!素敵って…エロいって事かな?」
 私「そうですね!色気ムンムンって感じですね」
 母「もう誠さん上手なんだから」

先程から義母の股は緩みスカートの奥に薄緑色のレースのパンティが見え隠れしていて
気になって仕方ありませんでした。そんな中、義母の話になって股間は熱くなると同時に
大きく反応を示していました。

 父「沙紀と母さん…女性としてどっちが魅力的かなぁ?」
 私「お義母さんの方が女性として魅力的だと思いますよ。料理も上手だし」
 父「母さん良かったなぁ!誠君がお前を気に入ってくれているみたいだ」
 母「もう!ごめんなさいね!でも嬉しいわ誠さん」

エッチな話で盛り上がった事もあり、いつも以上に酒を飲んだ私はリビングのソファーに寄り
掛る様になりながら浅い眠りに就いてしまった様です。
何分が過ぎたのか?意識朦朧となる私の耳に両親の会話が霞む様に聞えたんです。

 父「母さん!アソコ濡れ捲ってるんだろう」
 母「もうお父さん…誠さんが居るのよ、恥ずかしいじゃない!」
 父「もう寝込んでいるよ!誠君にお前の全てを曝け出して、彼の若い肉棒を挿し込んで貰うか?」
 母「何言ってるの?沙紀に怒られるわ」
 父「夜勤で居ないんだ!大丈夫だよ」
 母「そう言う事じゃ無いでしょ!」
 父「お前だって誠君が股間を大きくさせていたの見たんだろう!」
 母「そうね!でも駄目よ」
 父「もう我慢出来ん!早く服を脱いで全裸に…」
 母「ここで…誠さんが寝てるのに…もし起きちゃったら」
 父「その時はお前の厭らしい姿を見せてやればいいさ」
 母「そんな!恥ずかしいわ」

目を開けることも出来ない状態でしたが、会話の内容から両親がSEXを始めたんだと思います。
”ガサガサ”と衣服を脱ぐ音!”パンパン”と皮膚が当る音!
ドンドン意識が朦朧となり夢なのか?本当なのか?分からない状況。

 父「母さん!今日はいつもより濡れ捲ってるじゃないか?」
 母「そんな事言わないで…誠さんが直ぐ側に居るのに…こんな姿見られたら」
 父「誠君が居るから興奮しているんだろう!目を開ければ母さんのマンコが見えちゃうな」
 母「あなた…そんなに開かないで…あぁ~本当に見られちゃうわ」
 父「誠君…すっかり寝込んで…母さんがこんなにエッチだと知ったら喜ぶかなぁ?絶望するかな?」
 母「もう目を合わせられないわ!」

 父「誠君!母さんが祐二(弟)にも抱かれていると知ったら」
 母「あなた!それだけは口にしちゃダメよ」
 父「祐二の性処理をしていると知ったら、誠君もお願いするんじゃないか?」
 母「ダメ!これ以上家族関係を壊したくないの!」
 父「そう言いながらも、今でも祐二の所に通っている癖に」
 母「だって祐二から呼び出されるんだもん!もう逆らえないわ」
 父「彼女でも出来ればなぁ…でも母さんの身体知ったら…」

目が覚めたのは朝方で、部屋は明るく辺りには両親の姿もありません。ただ、私の身体には毛布が
掛けられていたんです。
もう一眠りをした後、義母がキッチンでちょっと遅めの朝食の準備を始めていました。
顔を洗い両親と向かい合う様にテーブルに座ると昨晩の会話が所何処と思い出すんです。
記憶も飛び飛びで定かでは無く、本当の事なのか?夢だったのか?
だた、義母は私を直視する事はなく、何かを気にしている様に感じました。

それから暫くして、私は昨晩の出来事が本当の事だと知るんです。

義弟嫁と人生初スカトロ

自分は39才義弟嫁(彩32才)と不倫中です。

しかし今日人生で初めて彩がフェラの最中に自分のアナルに指を入れてきました。
指を入れられた時は痛かったですが彩の指がアナルをかき回していくうちに
徐々に気持ちよくなりフェラの最中に初めてオシッコとウンチを漏らしてしまったのです。
それでもフェラをやめずオシッコの出るチンポを彩はしゃぶり続け指はアナルを
激しくピストン自分は恥ずかしくて何度も何度もごめんなさいと謝り最後は彩の口に
射精してしまいました。
彩はおもらしした自分に気持ちよかったのかな?ウンチもオシッコもいっぱい出ちゃったね
と言いウンチで汚れたお尻を赤ちゃんを扱うかの様に優しく拭いてくれたのです。

これが義弟嫁と人生初スカトロでした

義弟と、いけない奥さんですよね...

どうしたらいのかわからず書き込みします。
えっちな身体になってしまいその手のサイトを検索したところこちらにきました。

私は結婚しており、25歳で子どももいます。
主人以外とのセックスなんて考えられずにいました。

しかし
高校時代から知り合いである主人の弟(同じ年)とセックスしてしまいました。

たくさんの家族がとまりにきて寝る部屋がなかったときのことです。
仕方なくわたしと子どもがねる部屋に義弟を泊まらせました。
主人は仕事でいない日でした。
義弟も奥さんが体調悪く一人できていました。

わたしがベッド 義弟が下の布団でねました。
ふつうにふたりとも寝たのです。
しかし、トイレに行きたくなり起きて、暗いし寝ぼけているし、義弟がどこに寝ているかよく見えずに
歩いたらつまずいて覆いかぶさってしまいました。

義弟も、ちょっと痛そうにしていてごめん、と言ってわたしはトイレに行こうとしたのですが義弟が
しがみついて離してくれません。
奥さんの名前を呼んでいるようで、その奥さんと私の体系は細身で似ていることから間違えたそうです。

ちょっと、、違うよって手でのけようとしても男の人の力はすごいので、ぜんぜんだめです。
しだいに、弟の手は胸やお尻をさわりはじめました。
さわりかたがとてもうまくて・・・・・ でもだめなことなのでたたいて気づかせようと
わたしは必死でした。

でも気付かず、、ちょっとまた眠りにはいったのか手の力が緩んだので逃げようとしたら
「なんでいくの?なんでいつもさせてくれないの」と。

義弟はたしかに奥さんと産後レスです。
でもすごく奥さんを愛していてかわいそうなくらい。
「だからわたしはあこだよ!」と言ってもあまりわかっておらずまた強い力で押さえつけてきます。
キスもしてきました。
愛撫も、、、主人のとくらべものにならないくらいのテクニックで子どもがいるので大きな声はださないように
してましたが かなり出ていたとおもいます。

駄目な気持ちと快楽とが混ざり合いへんなかんじでした。
びくりするくらいぬれてきました。
義弟の固くなったものが、身体にあたって、このままほしい、、、でも駄目 とくりかえしてました

「ねえ、、、わたし、奥さんじゃあないよ」
って快楽をおしころしてもう1度いいました。
義弟は は として暗い中目をこらしてこちらをみました。

「え?!   ご  ごめん」とかなりあわてたようですごく申し訳ないとずっとあやまってました。
「でもたしかに、あいつと違ってグラマーだとはおもったんだ でも夢のようなかんじでよくわからなかった」
 といいました。
「こんなにギンギンでまじはずい・・・・ごめんね、おれ、違う部屋でねるわ。兄貴にはだまっておいて」
 って言われ、ほっとして
「大丈夫だよ、わたしがこんなに濡れてしまったこともいわないでね」と冗談まじりに言いました。
弟はいったん廊下にでましたが戻ってきました。
わたしもトイレに行きたかったのでまだ眠ってはいませんでした。

「どうしたの」と聞いたら
「ごめん。。。。こんなことお願いするのはおかしいけれど手でいいから、これだけしずめてくれないかな」
と小声で申し訳なさそうに言われました。

かなりびっくりして 動揺してどうしていいかわからなかったけれど正直義弟のそれはかなり大きくて
どきどきしてました。

「じゃ、、、じゃあ  手だけなら  内緒だからね」と主人に申し訳なくおもいつつも、手でさわりました。
「ああ、、、すげーきもちい  あこちゃんうまいんだね。。」といってくれました。
あつくなったそれをにぎりながらすごく濡れてしまいました。
もう、よくわからなくなり 思わず口にふくんでしまいました。
「あ、、あこちゃん、、、そんなことされたら俺、、、」といった義弟は私の口の中にたまっていたものを
大量にだしました。

飲むのは苦手なのでティッシュに出しました。
その様子をみていた義弟が
「なんか。。。気つかわせせてごめん」っていいました。

わたしはかなり興奮していて息があらくなっていました。
「昔から知っているのに こんなふうになるなんておもわなかったね。。」って言いました。

「でも、、、正直、、、さわられてきもちよかったこのまましてもいいとおもったよ」って言ったら
「そんなこと言われたらしない男なんていないよ、、、、」
さっき出したばかりなのに義弟のそれはまたかなり大きくなっていて興奮しました。

子どもが起きてないことを確認し、義弟が寝ていた布団に移動したくさん愛撫されました。
「今日だけ、、、ごめんね」といわれながらさわられたので私のあそこはびしょびしょです。
すぐに義弟はいってきました。
大きくて主人のでは当たらないところにまできてもうおかしくなりました。
何回いったかわかりません。
シーツはびちょびちょだし いけないことしているから余計に感じちゃうしもうどうなってもいいと思いました。

いろんな体位でしました。
義弟は久しぶりの中だったらしくはげしかったです。
「おなかに出せばいい?」と聞かれたけれどもうおかしすぎて「中で大丈夫だよ」って言ってしまいました。

わたしの中で果てた義弟は
「ほんとにありがとう 正直 ○○(奥さん)よりもきもちよかった、、、、ごめんね、でもありがとう」と
ぎゅっとされました。

それから10日くらいたちますが義弟とこんど8月に家族で海にいくので顔をあわせます。

どんな顔したらいいかわかりませんがお互い、、なにもなかったようにしたいです。

でも

わたしの身体は義弟を求とめてしまいます。
オナニーも、あのときのことをおもってしてしまいます。。。。

こんなわたし、、いけない妻ですよね、、、、

忌まわしい過去を忘れるために

 先日、昔務めていた会社の上司が亡くなった。
 かつて、私はこの上司に夫がいるのに体を奪われ、セックス奴隷に調教された。
 いけないと分かっていても快楽に酔いしれた。
 その後、その事に気付いた義弟と甥が現場に踏み込み、上司は八つ裂きにされた。
 恐怖におののく私はすべてを忘れることを条件に解放された。
 上司はしばらくして他の場所へ転勤した。
 義弟とはその後合ってはいない。
 夫はむろん知らない。
 高校生の甥とは時折出るセックスの禁断症状を抑えるため、セフレになってもらっている。
 甥といつものように激しく愛しあった後、甥との間にできた我が子に母乳を挙げていると甥から「奴が死んだ」と教えられた。
 私は「そう」と答えただけだった。
 我が子が眠ると甥と再び愛し合う。
 忌まわしい過去を忘れるために。

顔見知りばかりなので気にせず混浴

   
温泉地生まれなので小さな頃から温泉に入っていました。
温泉地にお住まいの方はお判りでしょうが必ず温泉地には地元の人達が入れる公衆浴場があります。
各町内に1件はあるので定休日など隣の町内の銭湯に行きます!
○島県なのですが男湯、女湯の仕切りがあまりなく空いている時や家族連れの方達は男湯に入ってたりします!
また梅雨の大雨が毎年あるのですが川辺にある銭湯は男湯か女湯いづれかが、泥水などで使用禁止になるので1週間ぐらい混浴になります!
地元なので中学の時の同級生(もちろん女)や友達の姉ちゃん、母ちゃん、婆ちゃん、などほとんど顔見知りの人達ばかりなのですが、元々、温泉地の土地柄、女性の方が気にしてないです。
また中学の時、朝風呂に入っていたら当時好きだった女の子(同じクラス)がお母さんと小学低学年ぐらいの弟と入って着た事もありました。
さすがに僕も見ないようにしてたんですが彼女のお母さんが家の母親と知り合いと言う事もあり話かけられ、彼女も始めか恥ずかしがっていた様ですが、次第に3人で1時間近くマッ裸で会話した事を今でも覚えています。
それ以来、混浴するまでは友達付き合いしてなかったんですけど女の親友になって何でも話せる大切な友達になりました。
不謹慎な投稿と思う方もいらっしやるかと思いますが、性的な見方ではなく人として心が許せる場所と言ったらやっぱ温泉ではないでしょうか?
女性の裸に視線が行くと言うことは美しく綺麗ということで汚きゃ見ません!性的欲求と言う視点ではなく、人としての触れ合いがあればよれで良いのではないでしょうか?
     

嫁は夫ではなく家の所有物 1

   
    ド田舎の旧家の次男坊に嫁いだんですが、
    結婚して二年経ったころ姑に呼ばれて
     「ここでは嫁は○○家に嫁いできたものなので、
      家事以外にも舅と長男の相手もなさい」
    と言われた。
     「は?」
    と驚いて訊き直すと、
    要するに夜の相手もせよということらしい。
  
    義姉にも聞いたが、
    やはり私の知らないところで
    舅のお相手もさせられていたらしい。
     「○○さん(私)には悪いけど、
      私の負担が減るから正直助かる」
    と言われてショック。
   
    その地方では普通のことらしいけど、
    やはり義父・義兄とセックスするのは気持ち的にツラい。
    まず舅がその日の相手(姑か義姉か私)を決め、
    旦那の兄がその次に指名(義姉か私)。
    新参者の私はほぼ必ず舅か義兄に指名されるので、
    肝心の旦那とのセックスがめっきり減ってしまった…
   
    義兄夫婦には子供(13歳)がいますが、
    これが義兄の子か舅の子かは怖くて訊けません。
    旦那はしきたりを知っているので
    仕方ないといった風情です。
     「黙っててゴメン」
    とは言われました。納得というか、
    たまに義姉とセックス出来るので
    満足してるんじゃないのかな。
    嫁は家の所有物という扱いなので。
   
         ・       
         ・                    
         ・      
         ・      
         ・      
         ・      
         ・      
  
  
669 :なまえを挿れて。 :2006/05/31(水) 23:29:05 ID:???

ド田舎の旧家の次男坊に嫁いだんですが、結婚して二年経ったころ姑に呼ばれて

「ここでは嫁は○○家に嫁いできたものなので、家事以外にも舅と長男の相手もなさい」

と言われた。「は?」と驚いて訊き直すと、要するに夜の相手もせよということらしい。義姉にも聞いたが、やはり私の知らないところで舅のお相手もさせられていたらしい。

「○○さん(私)には悪いけど、私の負担が減るから正直助かる」

と言われてショック。その地方では普通のことらしいけど、やはり義父・義兄とセックスするのは気持ち的にツラい。

まず舅がその日の相手(姑か義姉か私)を決め、旦那の兄がその次に指名(義姉か私)。新参者の私はほぼ必ず舅か義兄に指名されるので、肝心の旦那とのセックスがめっきり減ってしまった…


670 :なまえを挿れて。 :2006/05/31(水) 23:33:46 ID:???
>>669
それで子供ができたらどういうことになるの?
旦那は納得してるの?


671 :なまえを挿れて。 :2006/05/31(水) 23:42:23 ID:???
>>670
もちろん避妊はします。一応ですが。
もし仮に出来たとしても

「○○家の嫁が○○家の子供を産む」

ので問題ないとされる雰囲気です。義兄夫婦には子供(13歳)がいますが、これが義兄の子か舅の子かは怖くて訊けません。

旦那はしきたりを知っているので仕方ないといった風情です。「黙っててゴメン」
とは言われました。納得というか、たまに義姉とセックス出来るので満足してるんじゃないのかな。

672 :なまえを挿れて。 :2006/05/31(水) 23:43:31 ID:???
>>671
あ、次男が長男の嫁を抱くってのもありなのね

673 :なまえを挿れて。 :2006/05/31(水) 23:49:11 ID:???

そう。嫁は家の所有物という扱いなので。

それよりも私にとっての心配事は、甥(13歳)が今年元服ということです。
姑には今からそれとなく言われてますが、甥の相手もしなければならない雰囲気です。甥の相手が出来るのは当然私だけなので、ますます旦那との営みは減りそうです。


674 :なまえを挿れて。 :2006/05/31(水) 23:52:05 ID:???
>>673
なんだかすごい世界だ……本当に現代の日本の話?

676 :なまえを挿れて。 :2006/06/01(木) 00:08:34 ID:???
>>674
そうですよ。ぶっちゃけ福島。

村のお祭りで筆おろしの儀式も残ってるらしいです。最近は少ないらしいですが。

677 :なまえを挿れて。 :2006/06/01(木) 00:10:26 ID:???
>>676
うわあ……

よし、俺、福島の旧家の婿養子になる!


678 :なまえを挿れて。 :2006/06/01(木) 00:16:59 ID:???

そして家のモノとして60越えの姑に奉仕させられる677…


679 :なまえを挿れて。 :2006/06/01(木) 00:17:55 ID:???
>>678
それでも多分逝けそうだw

689 :なまえを挿れて。 :2006/06/01(木) 22:43:18 ID:???
>>687
家を出る気はないの?
元服したら筆おろしって、女子も似たような風習はあるの?
もしあなたのところに男の子ができて、年頃になったら義理のお姉さんと寝るの?


690 :なまえを挿れて。 :2006/06/01(木) 23:16:34 ID:???
>>689
批判覚悟で白状すると、かなり裕福な暮らしをさせてもらってるので離婚とかは考えてません。“それ”以外はすごくよくしてもらってるし。

正直嫌悪感というのもマヒしてくるというか、薄らいでくるので気の進まない家事くらいの位置づけになってます。

女の子はいないのですが、いても嫁に出す体なのでしきたりからは外れると思います。

うちに男の子が出来ても、14歳になるころには義姉もかなりの歳になってるので望まないんじゃないかな。親としてもあんまり気乗りしないので「やめなさい」ってこっそり言うと思う。


691 :なまえを挿れて。 :2006/06/01(木) 23:19:51 ID:???

近親相姦とかはないのか?
他に身内で女性は?

692 :なまえを挿れて。 :2006/06/01(木) 23:26:47 ID:???

旦那は男二人兄弟、兄夫婦は息子一人なので今のところ本家に女の子はゼロです。

近親相姦はないです。あったら義兄・旦那は姑を相手にしているはずだから。
  
  
(・・・続く)  
   

一日限り…

今日パパとママが出張で一日家を空けるという、私には6歳になる弟がいる、つまり16歳の私がママになって家事をやりながら面倒を見なければなければならない、朝七時パパとママを見送り「ねーねまだねむいよー」とぼやいている弟を起こす。そして多分一番の難関は実はまだ弟がおむつ離れできていないのでおむつを替えなければならない、弟を床に寝かせおむつを剥ぎここで私は人生で初めてぽっちくんと対面する。「ぽっちくんってほんとにぞうさんみたいな形をしてるんだ」って心の中でぼやきながらおむつと格闘する、そんなかんやであっというまに夕方の六時半、急いでズボラながらご飯を作りお風呂を沸かす この時私は「お風呂ならゆったりまったりできるよなぁ」と慢心をこいていた。お風呂が沸くと弟が泣きながら抱きついてきた「ねーねお風呂ひとりじゃ怖い」そこで私の慢心はあっさり崩れた。弟の衣服を脱がせ私も衣服を脱ぎお湯につかると更なる悲劇が…弟が真正面から「ねーね怖い」っていいながら抱きつてきた。おっぱい当たりまくりのうえに地味にぽっちくんがインしてる。仕方ないのでそのまま何も言わずに抱きしめたが、10分たとうが20分たとうが離れないので無理やり湯船から出して体を洗ってあげることにした。ぽっちくんはママが少し剥いてって言っていたので剥いてあげようとするがうまく剥けない 仕方ないのでお風呂ではあきらめた。「ありがとぉじゃ次はねーね洗ってあげるねって」愛嬌満載に弟は体を洗い始めた。しばらくすると私のデリケートな部分に到着するのだがナイロンの垢落としで洗い始めたwそれが強烈で少しあえいでしまった。しばらくして私は部屋に戻り弟を呼びだした。「ねーねなぁに?」またしても弟は愛想をふりまいてやってきた。「ねーねがおまじないをかけてあげるからそこにお目目閉じてねんねして」「え?ねーねは魔法使いさんなの?」「そうだよあ、絶対何があっても起きちゃダメだよ」こんな具合に弟を寝かしつけおむつを剥いだもうおしっこをした跡があるのガン無視で3・4せんちくらいしかぽっちくんを咥えた。「ねーねなにするの!」「しっ!しずかにしてって言ったでしょ」咥えてしゃぶり始めて数分経った時に異変が…ぽっちくんがおっきしたのです。それでも10センチにも満たない小さなぽっちくんを目の当たりにした私は心を決めた。「このぽっちくんを挿入しようと」一旦しゃぶるのをやめて弟の上に騎乗してぽっち君を挿入しゆっくり腰を動かす。すぐ抜けてしまうが気持ちよくて何回も私は逝ってしまった。しばらくすると弟も逝ってしまったようだまだ精液は出ないので私の膣の中におもいっきりおしっこをぶちまけたそして弟を膣で感じまたそれで私逝ってしまった 結局朝までに合計4回くらいしました。今は弟が12歳私が22なので立場逆転で私が弟のオナペットになってます。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード