萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

彼氏

中3の時に体験したエロ話をする

俺の同じクラスだったAちゃん
Aちゃんの友達のBちゃん
そして友達カップルで一つの部屋でいたわけだ

俺のその当時のスペック
フツメン
典型的なキョロ充
好きな人はいなかった
キョロだったせいで今大学でぼっちだお^^

もともとAちゃんとBちゃんとは仲良かった
友達カップルとも仲良かった
で、遊ぼうかという話になっただけ。

親がいないBちゃんの家に集まって
漫画最初読んでたんだわ

そのうち友達カップルがいちゃいちゃし始めた

もちろんそれ以外の3人は最初は笑ってたけど
だんだんいちゃいちゃがエスカレートして
ベットにいってキスばっかしてんだわ

音も聞こえてくるようになって
童貞の俺は興味津々wwwwww
中学生やべえええ

友達カップルは二段ベットの上でしてたから
見えなかったが俺も興味あるんで
Aちゃんに「ベット来いよwwwww」
とかいってしまった

この時の俺は最強に勇気出した
これだけで心臓ばくばくいってんのwwww
Aちゃんの答えは「は?」

俺は当時断られると思わなくて
ショックを受けたが顔に出したらかっこ悪いと思って
頑張って耐えた

Aちゃんに断られたにも関わらず
気が付いたらBちゃんにも言っていた
Bちゃんは少々ビッチ臭いのでノリでOKしてくれた

そしたらAちゃんもなぜかベットに来た
これは後々何で来たかが分かる

Bちゃんは太ももとか胸を触らしてくれた
それをベットの端っこでAちゃんが見てた
布団はかぶってたけど
何してるのかは確実に分かる

俺はAちゃんも誘って3P的な事をしたかったが
Aちゃんは拒んだ
あー、清純な子だなとこの時までは思ってた

そしたらBちゃんが一言
「普段そんな感じじゃないのにwww」
「」

普段からAちゃんは清楚だし
この時も白のワンピースで黒髪で
アイドルみたいな恰好だった

クラスで男子人気も高かった
もしかしたらBちゃんはAちゃんが嫌いなのかと
次出てくる言葉にひやひやしたのは覚えてる

Bちゃんの一言にAちゃんは
「え?何が。意味が分からないwwwww」

明らかに雰囲気が変わった
天使が悪魔に変わった感じ

え?俺が知らないAちゃんがいるの?
普段のAちゃんはなんなの?
ていうかBちゃんなんだよ?
俺は疑問でいっぱいになった

Aちゃんが話し始めた
一言一言書くと長いから省略する
結局、Aちゃんは性格が極端に冷たいというか
冷めている子だった

いちいちちゃんを付けるの面倒だからA,Bにする

その時から今までとは一変してAちゃんは俺の横で寝るようになった
Bちゃんも悪くなかったがおっぱいが大きいのがAちゃんだったため
俺はAちゃんの胸、太ももを触った
冷めてても太もも触るとピクってすんのwww

そんなこんなしてるうちに
7時になったのでその日は帰った
帰って感覚を思い出してオナった

次の日学校でのAは今までと同じ
清楚で優しいAだった

ちなみにBはボーイッシュな感じ
AKBの宮澤さえみたいな雰囲気

昨日が嘘みたいな感覚になるくらい
何も変わらなかった
そしてその日もB家に集まることになった

その日は最初からベットで3人でいた
右も左も女の子www

でも俺はAばっかり触ってた
Bはそのうちベットから抜けて漫画読んでた

もうBが抜けた後から俺はAを触り放題
下の方も触らしてもらった
Aに濡れてることを指摘したら
「感じてもないし、ただの生理現象だから」
って言われたけど俺はそれもエロく聞こえた

完全勃起してた俺は
これ以上いけるんじゃねーのとか思ってたけど
セクロスする勇気もなくて
その日も触る事しかできなかった

解散になった後Bに呼び出された
ここで俺は何かしてくれんのかなとか
淡い期待を抱いていたのだが
そんなに甘くなかった

Bから出された言葉は
「Aが嫌がってる」

俺はそんなわけないと思っていたし
BもAから直接聞いたわけではないらしい
でも友達だから分かるとか

俺はむかついたからBに
「俺に触られたいから嘘ついてるんじゃないか」
と言ってしまった

Bは馬鹿にした感じで
笑って言ってきた
「まぁ、そう思ってれば。調子乗りすぎ。」

調子は乗ってたがそれでも俺は
BのAに対する嫉妬だと思ってたから
あまり気にしなかった

その次の日もまた集まった
Bも触ってやろうと思っていた俺は
その日もノリノリでB家に行った

Aが嫌がってるのかも確認したかったので
今日聞いてやろうと思った

家に行くとAがもうベットにいた
Bはお茶を用意していて友達カップルは二段目の方で
やっぱりいちゃいちゃしてた

Aがベットにいるということは
やっぱり嫌がってないだろと思った俺は
今日解散した後、俺の家に誘うことを決意した

その日はBも触ったがAのおっぱいを触っていたので
すごく小さく思えて30分くらいしかやっぱり触らなかった
Aばっかりになった時にAに
「今日俺の家来る?」というと
「誰が行くか」と言われてしまった

次の日は俺が塾で遊べなかった
その次の日はAに用事があって遊べなかった

そしてまた遊ぶ日が来た
Bを触ろうとすると拒否された
そのときAとBはアイコンタクトをとっていたので
何か理由があるんだろうとは思っていたが
聞けずにAだけ触った

Aを触りながらBもちょくちょく誘ったが
絶対に来なかった
Bは漫画を見ながら時々Aの様子を見ていた

なぜかその日はAがすごく積極的で
Bを無理矢理触ろうとすると
もっと積極的になった

これはイケる!と思った俺は
布団かぶってるしBに見られてもいいやと思って
セクロスしようとした

Aはかなり拒否したが
Bを触ろうとしたらヤると言い出した
完全に濡れてたのでそのまま入れようとしたが
布団をかぶったままなので難しく
俺も相手も初めてだったのでどこに入れるか分からなかった

BはずっとAを馬鹿にしたように見てた

いろいろ試してやっと分かったので
入れようとした
Aはずっと奥歯を噛んだ表情で
喘ぐこともなく俺だけが動いている状態
初セクロスだったが何も楽しくなかった
興奮も冷めていきすぐに終わった

Bは漫画を読んでた
Aは死んだ感じ

とてつもない罪悪感を感じたが
後々考えると興奮してきて
死んだ感じのAの隅々を触った

人形みたいで何も反応しなかった
漫画読んでたBも
終わった後の様子をやっぱり馬鹿にしたように見てた

その日は死んだようなAを触り
それを馬鹿にしたようにBが見る
そんな感じだった

でもBを触ろうとすると
死んだようなAは必死に気を誘った
不可解だったが悪くは思わなかったので
Bを触ろうとするという技を使って
Aに誘わせた

それから一週間後くらいにまた集まった
一週間のうちに3度くらいAを俺の家に
二人きりといい誘ったが絶対に来なかった

一週間待った俺はオナ禁してて
ずっとムラムラしてた
その日は友達カップルは来なかった
AとBと俺だけ
Bがいたその日はAがセクロスさせてくれた

Bに触ろうとする技を使いながらだった
でも喘がずに表情も変わらなかったので
「つまんねーからBとヤる」というと
喘ぎだした。

その様子をBは見てた
布団に隠れていたものの
セクロスしてるのはこれで完全に分かった

やっぱりBは馬鹿にした感じだった

集まるのはその時で最後になった
誘ってもAとBが今日は無理というだけだった

そのまま自然に離れていき
受験も近くなってきて
その出来事はなかったようになってしまった

AとBとは別の高校に入り
完全に忘れていたがふと思い出した
俺は男子校に入ったので女とは無縁
Aと会おうと思い
「久しぶり」とだけメールした

するとAから電話が来た

あの時から避けてごめん
話したいことがある

という内容だった

俺避けられてたんだなと思ったが
また会えると思ってた俺は
そんなことどうでもよかった

会う場所はショッピングモール

ショッピングモールに行き
会う場所に行くとAがいた

デートみたいな感じだったが
話したいことがあると言っていたので
場所を移動し喫茶店に入った
Aはケーキとココアを頼み
俺はソーダを頼んだ

Aが話し始めた

色々あったね。という話からだったが
女の子なので深くは話さなかった
俺はいろいろ疑問が蘇ってきたので
「そういえば何で急に態度変わったの?」
と聞いてみた

ちなみにこのときは天使の優しいAだった

元々、AはB等の本当に親しい友達には
あんな性格で接してたらしい
女子のお友だちの馴れ合いも苦手だと。

好きと嫌いの共有も嫌いみたいだった
でも、Aはただの中二病だねと笑って言ってた

さらに疑問が浮かんだ俺は
「なんでBは急に拒否し始めたのか」と聞いてみた

「Bには好きな人が出来たから拒否した」

ということは、Bに触ろうとして
Aが積極的になったのは
俺をBに触らせたくなかったから

ということになる

俺はさらに聞いた
「じゃあBをかばうため?」

Aは深くうなずき
「そうしないとBを守れないから」
と言われた

俺はAが嫌がってるわけではないと思っていたので
急に恥ずかしくなった

Aが続けた
「その時Bの事、好きだったんだよね」

俺は意味が分からなかった
というか友達としてと感じなかった
「恋愛として?」と聞くと
「うん」と返事をしてきた

「でも、付き合えないしBには好きな人がいたから
それを応援して幸せを願って邪魔はAが守るしかないでしょ?」

ちょっと俺は怖く感じた
Bを守るためにAはセクロスした
というか同性じゃねえかと思ってた

一番は俺すげえクズだと思った

Bの好きな人は教えてくれなかった
まぁ当たり前なんだけど

Bがいない時に絶対誘いに乗らなかったのは
そういうことだったんだと分かったが
それだったら断ればいいのにと思ってしまった
俺クズだけど聞いてしまった

「何で断らなかったのか?」

断らなかった理由は簡単に言うと
俺が怖かったのと言いふらされると思ったかららしい

断り始めた時は
Bと話して言いふらされてもいいという覚悟で
断ったと。

どんだけ怖がられてるんだと思ったが
あんなことしたら怖がられるなと思ったので
深くは突っ込まなかった

これだけの会話だったけど
他にも学校がどうかとか話したし
中学の友達と途中で会って
一緒に話していたので
すでに二時間くらい経っていた

喫茶店を出た後は解散してそれからは話してない
たまに見かけるけどやっぱり可愛い

ちなみにBが馬鹿にしたように見てたのは
Aが自分のためにやってるのを分かってたかららしい

Bもなかなかのクズ
いや、俺が一番のクズだけど

Bがベットに来た時にAが着いてきたのは
Bが好きだったから

今は彼氏と歩いてるのをこの前見たから
完全な同性愛者じゃなかったみたいだけど

彼女がいない間に彼女の親友とエッチな事をした

同じ街に住んでた(アパートは別の)彼女Cは同郷の親友Rと暮らしてたので3人で食事することが多かった。
Cが会社の新人研修合宿のため2週間不在のため、初めの1週間のうちの何日かをRと食事して「じゃお休み?」と別れてた。
お互いが次の日休みの土曜の夜遅くまで飲んでしまい、少しロレツの回らなくなってたRが「ね?Cがいなくて大丈夫なの?」と言う。
大丈夫なの?が淋しくないの?という意味だと判断した俺は「1週間や2週間会わなくても普通平気だろw」と答えると潤んだ目をキラキラさせて俺を睨むようにしたRの口から「じゃなくてあっちの方!」目もそうだけど明らかにエロさ満載のRの言葉の意味がわかってしまい…ってあれなら俺じゃなくても誰にでも伝わったはずw
瞬間思ったのはいったいCはRに俺のことどれほど性欲の強い男だと話してるんだろと…
確かに思い当たる節ビンビンな時代ではあったけど。

全然綺麗事じゃなく俺は彼女の親友であるRに対してそういう気持ちを持ったことが1度も無かった。
友人達の間でも美人で有名なCに惚れてたってことがあったし、行動する場合は基本3人だったので彼女の友人は俺の友人という感覚でしか無かった。
ただ今思い出してもRは充分良い女だったし、初めて見たその状況下の彼女はエロかったぁ。
R「だって男の人って大変なんでしょ?」「辛くないの?」「ワタシしてあげようか?」
Rがどんな情報(俺のことやエロ知識)持ってての発言なのか真意がわからないで一方的に押されるばかりの俺も1つだけ確実に知っていたことがRが処女であるということ(Cが合宿行ってからのこの数日間に体験していなければ別の話だが)。
俺「Rとするのは拙いっしょ。俺Cに怒られるよ」とこういう場合の男の常套逃げ文句。
R「Hじゃあないよ。それはダメ。ワタシだってCに怒られちゃうよ」ちょっと間があり「ク・チか?テで?してア・ゲ・ル・ヨ」それ聞いてすぐ思ったのが、それだとCに怒られないとでも言うのか?という突っ込みとロレツの回ってない言葉のイヤらしさったら無い。
この時は既に落とされてたんだな。

店でもう少しなんやかやあったんだけどシーンは俺の部屋のベッドの上に飛ぶ。
HナシなのはもちろんだしキスもナシでRの作業が淡々と進んでいた。
マグロ状態で横たわった俺のジッパーをチャーと降ろし下着の裂け目に指を入れ取り出そうとしているようだったが、Rはそれが自分の予想以上に困難な作業だということに気がついたらしく、今度はベルトをカシャカシャ外してパンツ前面を開放して下着の上部から手を入れ始めた。
ホントに人生初の作業だとしたら実に効率良く素早く大事なことに気がついたと思う(後々わかったけど素質あったみたい)。
既にRの小さな掌では両手で握っても頭部分がはみ出るほどになって狭い布下で押し潰されてた俺を片手で無造作に握り下着を太腿の方に移動させながらとうとう開放させてくれた。
Rにとってはこれだって初体験だったはずなのに(後は全て人生初なので省略するw)実にスムーズに事を運んでいく。
酒の勢いなのか無知だからこその大胆さだったのか。

R「え?熱い?コレ。凄い大きいね。C何日かいないとこんなになるんだ?」その表現とこんな状況でRの口から発声されたCの名前とで握られたモノが更にギンと脈打ったのがわかる。
ここで気がついたのがどうもRの頭の中には男のオナニーという感覚が無い。
事実俺は2、3日前にはしっかりと放出しているのだが、Rは俺がCと会わなくなってから溜まりっ放しだと信じて疑ってないようだ。
まあそれがきっかけでの今のこの状況なんだから当然一々そんなことの否定はしなかったが。
R「なんかこんなになってて可哀相w」男の生理とサガにちょっと笑い入ってる。
R「どっちがイイの?手?口?」
俺もうなんの躊躇いも無く「口でやって」。
手を動かすわけでもなくただギュっと握り締めているモノに「うん、わかった」とRも躊躇なしに顔を近づけ舌先だけ出して鈴口だけをチロチロ舐めだした。
ヘタな注文せずにRの手順に身を任せようとそのままでいると何故かその行為が何分間も続く。
俺としては早く次のステップに進んで欲しかったのだがR「これでイイの?これで気持ち良い?」どうもそれがRにとっての全てだったらしいw

それだけでは男は逝けないんだということを懇々と事情説明した後、ようやく俺の膨らみはRの口内に納まりはしたんだけど、その流れからは当然のぎこちのない頭の上下運動と舌による一定リズムの回転運動が延々と繰り返されることになった。
この動きに比べればCのテクニックはプロの技とさえ言えるほどだけど、まるで子供にやってもらってるようなRの直線で単純な動きが何故か新鮮で愛おしくてたまらなかった。
結局口だけでは逝けなかったが最終的には手の動きも体得してくれたRの献身的な2時間近くは俺を充分満足させてくれた。
放出された量はRの想像を大きく超えるものであったらしく一生懸命頑張って喉奥に流してくれた分と唇の外に流れ出した量は同じぐらいだったみたい。
口の中にあった分を完全に飲み干してから口の周りをティッシュで拭き終わったRが「これだけ溜めてると量も凄いんだね」と言うまたまたカン違いの言葉には心臓をギュっと掴まれたような気がした。

ただRとしてはそれから1週間の間にほぼ2日に1回のペースで繰り返された同様行為の結果、それが単に自分のカン違いでほんの2日前にあれだけ出したモノが今日もまた同じ分量で同じ勢いで放出されるものだということをもう理解していた。
同時にこの日これだけぎこちなかったRの技術は、Cが帰ってくる日となった1週間後の日曜には驚くほどの進歩見せていた。
逆に言えばそれも当たり前というかHもキスもせずにただただ口淫だけで男を1週間逝かせ続けるというのは結構大変なわけで、俺もRのその頑張りに甘えてしまった結果、彼女の技術向上に貢献してしまった次第。
その因果関係として2週間ぶりに家に戻り彼氏と会うCの大きな期待に応えられなかった俺への不満は当然でありちょと揉めてしまった(Rには関係ない)。

これが若かりし時の俺にとってのちょっと刺激的な2週間事件だったんだけど、最近たまたまCに会うことがあり思い出し書いたお目汚しの話です。失礼しました。

母親に恋したら、友人に寝取られた9

母の美佐恵が俺の子供を妊娠して、二人の関係は完全に夫婦そのものになっていた。
最近親父は、今まで以上に仕事が忙しくなっていたので、日本にほとんどいないこともあり、二人で好き勝手にやっていた。

もともと俺が手をけがしたことがきっかけで、母にオナニーを手伝ってもらい、そして結ばれた。
母も俺のチンポに夢中になってくれて、恋人になってくれた。
そして、ついには俺の子を妊娠までしてくれた。

母は俺の子供を妊娠したことが、嬉しくて仕方ないようだ。
「コウちゃん、動いたよ!触ってみてよ!」
やっと安定期に入り、おなかもはっきりと膨らんだ母が言ってくる。
触ると、ボコンと言う感じで動く。
コレが、俺の子供かと思うと感動する。

おなかに触れていた手を、母の胸に持って行く。
最近、急激に母の胸は膨らんで、パンパンになっていた。
もともと大きな胸だったが、いわゆる釣り鐘型で形の良かった胸が、妊娠で大きくなったせいで、少し垂れている。
だが、少しバランスが崩れたその姿が、俺にはとんでもなくエロく映る。

そして、綺麗な薄いピンク色だった乳輪が黒っぽく変色している。
もともと大きめな乳輪をしていた母だが、色が変色したことで、少しグロい感じになっている。

妊娠して、もう安定期なのでお腹もかなり張り出していて、胸がワンカップ以上大きくなり、もともと大きな乳輪がどす黒くなっている、、、
童顔で幼い印象すらある母が、こんなにエロい体をしていると思うと、俺は我慢できなくなる。

キャミソールの上から、そのパンパンになった胸を触ると、柔らかいというよりはハリがある感じだ。
「あぁん、、 コウちゃん、、、 ダメだよぉ。 触ったらすぐ欲しくなっちゃうじゃん!」
母は、妊娠して以来、性欲が極端に強くなっていた。
妊娠したと言う事もあり、安定期に入るまでは挿入は怖いので、お互い口だけでセックスをして、毎日母を舌でイカせ続けていた。

妊娠して、アソコのビラビラも色が黒くなってきていて、グロかったのだが、綺麗な顔の母とグロいアソコのギャップがたまらなかった。
その大きめのクリトリスを舐め始めると
「あ、あぁっ! コウちゃん! 気持ちいいよぉ、、 ねぇ、、少しだけ入れてぇ、、 我慢できないもん!」
必ずおねだりをされた。
「ダメだって、安定するまでは危ないから。指と舌で我慢しなよw」
「うぅぅ、、イジワルゥ、、  じゃあ、、、指、、入れてぇ、、、」
母が甘えた声でおねだりをする。
ただ、そうは言われても指でも怖い気がする。

おそるおそる指を突っ込んで母のGスポットを探る。
「ぐぅあぁ、、 そう、、そこ、、こすってぇっ!  あぁ、、 気持ちいい、、 コウちゃん、気持ちいいよぉ、、」
とろけた顔で感じる母。
俺は、たまらずにキスをする。

母とのキスは、何度してもゾクゾクする。愛しているという気持ちと、背徳感が俺を狂わせる。

実の母とキスをして、セックスをして、妊娠までさせた。
社会的には完全にアウトだろうが、二人にはどうでもいいことだと思う。
二人で、このままどこまでも行きたいと思う。

血のつながりのせいなのか、俺のチンポと母のアソコは、もともとペアで作られたようにしっくりと来る。
他の誰としても、こんなに気持ちよくはないと思う。

母のアソコに指を入れてキスをしていると、母が切なそうな顔で
「入れて!もうダメェ! コウちゃんのおチンポ欲しいよぉっ!」
と、おねだりする。
「ダメだって! 大事な体なんだから!」
そう言って、なだめる。

そして、クリトリスを舐めながら、指二本でGスポットを責める。
「くあぁ、、ん、、、ふぅあぁ、、 あっ!あっ!アッ! アァァンッ! コウちゃん、ダメ、、、イク、、、イク、、、」
そう言って、腰が持ち上がってくる。

指を強く動かさずに、指先だけでこするように動かしながら、クリトリスを甘噛みすると、母が腰をガクガク震わせながら
「ヒィィアァッ! イクっ!イクぅぅっ!」
と果てた。

「コウちゃん、イっちゃった、、 ねぇ、今度は私がしてあげる。」
そう言って、俺のチンポをパクッとくわえてくる。
母は、俺とするようになるまでは、セックスに関しては経験が少なかった。
もちろん、親父とはしていたのだが、本当にノーマルな、おとなしいものだったようだ。

それが今では、こんなに淫乱な女になっている。
俺が淫乱に変えることが出来た、、、
それはとても嬉しいことだった。

母は、俺のチンポを口で責めながら
「あぁ、大きい、、  ホント、、固くて、、 ダメェ、、 欲しい、、欲しいぃよぉ、、 おチンポ入れて欲しいよぉ、、、」
うわごとのように言いながら、カリ首あたりを重点的に舐め続ける。
もう、何ヶ月も挿入していないので、俺も限界だった。
母の膣に入れたくて仕方ない、、、

俺は、黙って母を仰向けで寝かせると、キャミソールを脱がせる。
全裸になった母の体は、完全に妊婦だ。
ぽっこり膨らんだお腹、変色した乳輪、その可愛くてエロい姿に、理性が完全に飛んだ。

俺は服を脱ぎながら
「美佐ちゃん、もう安定期って言われたよね?」
「うん!大丈夫だから、、ねぇ、、、 コウちゃん、お願い、、」

「美佐、愛してるよ。」
そう言って、チンポを母の膣に押しつけた。
「あぁ、ずっと欲しかったよぉ、、 コウちゃん、愛してる! 入れてぇ、、」

母が、切なそうな顔で言う。

俺は、ガチガチになったチンポを、何ヶ月ぶりかの母の膣に埋め込んでいく。
ゾクゾクする感触が俺のチンポを包み込む。

「あぁ、入ってくるぅ、、 コウちゃんのおチンポぉ、、 あぁ、、、 これ、これが欲しかった! あぁっ!」

俺は、おそるおそるだが、チンポを奥まで突っ込んで行く。
「ク、あぁ、、んんっ! 凄いぃ、、これ、、これが欲しかったよぉ、、」
母は、久々のチンポにもう顔がとろけている。

そして、奥にコツンとぶつかった。
その子宮口の向こうに、俺の赤ちゃんがいると思うと、感動がこみ上げる。

「ひ、ひぃ、、あぁ、、、 奥に、、当たってるよぉ、、 ダメ、、イク、、イクっ!」
母は、奥まで入れただけであっけなくイッてしまった。

「美佐ちゃん、凄い、、ヤバイくらい気持ちいいよ。」
「コウちゃん、、ダメ、、ママもうイっちゃったよw ずっと我慢してたんだから、、仕方ないよね?」
可愛らしい仕草で言ってくる母。可愛くて、思わずキスをした。

舌を絡め合いながらキスをするが、覆いかぶさると張り出したお腹を圧迫してしまう。
お腹が当たらないように気をつけながら腰を振ると、久々と言う事もあって、もうイキそうだ。

体をくっつけない正常位で責め続けると、母の体の変化がよくわかる。
ビラビラも乳輪も色が濃くなっているし、胸は揉むと固い感じでパンパンに張っている。
妊娠で腹は出ても、太ってはいないので顔は妊娠する前の可愛い母のままだ。
顔は変わらないのに、体は妊娠してエロく変化している母。

胸を強めに揉んでいると、乳首の先から透明に近い液体が漏れだした。
「美佐ちゃん、何か出たよ。」
「あ、あぁ、、う、、 出ちゃった、、 おっぱい出ちゃったよぉ、、、」
「え?おっぱいなの?」
「そう、、だよぉ、、 あぁ、、、  コウちゃん、飲む?懐かしいでしょ?」
「あ、、うん、、」
戸惑いながら、乳首に口をつける。
そして、夢中で吸うと、生暖かいものが口の中に広がる。
だが、まだ出始めだからなのか、ほとんど味がしない。ただただ、生暖かいと感じた。

だが、無性に興奮した。
「あぁ、美佐ちゃん、ダメ、イク、、」
そううめくと、母は
「イッてっ!  あぁ、ン、、、アッ! ママもイクっ! 一緒にっ! 中でイッてっ! あぁっ!」
と、叫んだ。

そして、俺はうめくように母の中に射精した。

「ぐぅあぁ、、イク、、イクっ! あぁ、、 出てるぅ、、  コウちゃんの、いっぱい出てるよぉ、、  あぁ、、赤ちゃん溺れちゃうよぉ、、、あぁ、、 愛してるぅ、、」
うわごとのように言いながら、母はグッタリとした。
久々のセックスで、お互いにあっけなくイッてしまったが、最高だった。

「ねぇ、コウちゃん、コウちゃんも、久しぶりに欲しいんじゃないの?」
母が、いたずらっ子のような顔で、俺のアナルに指を這わせた。
思わず体をよじって逃げたが、正直言ってうずいてしまった。
母に、あのペニスバンドで貫いて欲しい、、、
そんな、歪んだ感情が抑えられない。

「うん、、欲しい、、」
結局母におねだりしてしまった。
母は、嬉しそうな顔でベッドから立ち上がって、秘密道具を取りに行った。
少し歩くと、
「あっ、コウちゃんの垂れてきちゃった、、」
と言いながら、アソコから精子を太ももに垂れ流した。
それを手でぬぐうと、口に持って行き、舐めて飲み込んだ。
「ふふw コウちゃんの、美味しいw」
妖しく笑いながら、母が部屋を出る。

そして、すぐに小箱を持って戻ってくる。

俺は、その箱を見ただけで、猛烈にアナルの奥がうずき始める。
母に前立腺を責められるようになり、完全に目覚めてしまった俺がいる、、、

「あれぇ? コウちゃん、すっごくもの欲しそうな顔してるよw おねだりしてみたら?w」
母がニヤニヤしながら言う。
言いながら、慣れた手つきでペニスバンドを装着した。
その、大きなペニスバンドを目にすると、もう欲しくて仕方なくなってしまう。
完全に雌の感覚に目覚めてしまった俺は、母の前にひざまずいて、ペニスバンドを口にくわえる。
「あらあらw コウちゃんはエッチな女の子ねぇw」
そんな言葉にすら感じてしまう。

「美佐ちゃん、お願い、、もう入れて欲しい、、」
「ふふw じゃあ、そこに四つん這いになってみてw」

母にそう言われて、ゾクゾクしながら四つん這いになった。
すると、母がローションを俺のアナルに塗り込んでいく。
指を1本、2本と入れて中まで塗り広げると、前立腺がビリビリと感じ始める。
チンポからもたらされる快感とは全く違う、雌的な快感が体を広がっていく。

「あれあれぇ? キュンキュン締め付けてくるよw それに、エッチな顔になってるw」
母にひやかされるが、もう声が我慢できなくなってきていた。
「んんっ! 美佐ちゃん、だめぇ、、 そんなにしたら、、あぁ、、」
恥ずかしい声が漏れてしまう、、

「ふふw もうほぐれたねw 欲しい?」
「欲しい!美佐ちゃん、お願い、入れて!」
女の子みたいにおねだりしてしまった、、、

母はにやりとすると、ペニスバンドを俺のアナルに押し当ててきた。
妊娠して、おなかが大きい母がペニスバンドを着けている姿は、違和感が凄い。
神聖な感じがする妊婦姿なのに、股間にはとんでもなく大きいペニスバンドが装着されている、、、
神聖なモノと、背徳的なモノが入り交じった姿は、よりいっそうエロく見える。

「行くよw」
母が、楽しそうに言う。
と、同時にアナルに押し当てているペニスバンドが、ぐっとアナルを押し込んで来る。

ぐぐっと穴を広げてくる感触に、幸福感が体を駆け巡る。

「あれぇ?あっさりと入っちゃうけど、どうしてだろう? 何ヶ月もしてないのに変だねw」
母が面白がるように言う。
母が妊娠して以来、口でしかしてもらっていないので、こっそりとアナルにディルドを入れてオナニーしていた。

「あぁ、美佐ちゃん、、、 凄い、、 あぁ、、、」
自分で入れるのとはまったく違う感覚に、腰が抜けそうになる。

そして、お腹の大きい妊婦の母が、加虐的な光を瞳に浮かべながら、ペニスバンドを押し込んでくる。

「凄いねぇw 中もあっさりと入っちゃったw」
大きくて長いペニスバンドが、肛門を超えて腸にまで入ってくる。
日頃のアナニーの成果で、ほぐす必要もなく腸にまで入ってくる。

前立腺を、ペニスバンドのごついカリがゴリゴリと削る快感もたまらなく凄いのだが、腸の奥まで入ってきて、精?を圧迫される感覚は、子宮口を突かれる女性並みの快感だと思う。

実際に、そこまで入れられて、ガツンガツンとピストンをされると 
「あぁっ! アッ! あーーーーっ! 美佐ちゃん! 止めてぇ! ストップ! ア、グゥッ! まだそんな早く動いたらダメ、、だってぇ、、、」
腹の大きな妊婦、、、しかも実の母に巨大な黒人サイズのペニスバンドで、バックから容赦なくピストンされている。
背徳感も凄いが、もうペニスバンドのことしか考えられなくなる。
俺は、女の子になってしまったのだろうか?と、不安に思うほど、”おチンポもっとぉ!”と、心の中で叫んでいた。

止めてくれと哀願しても、母は俺の腰を両手でがっちりとホールドして、杭を打つようにピストンをしていく。
出て行く時に腸をデカいカリが削り取っていき、奥に押し込まれる時に、前立腺がゴリゴリッと削られていく。そして、奥まで突っ込まれると、精?が圧迫されて
「アフゥあぁ、、、 奥、、凄い、、、美佐ちゃん、、 ダメェ、、、もっと、、もっと強く!」
こんな事を言ってしまう、、、

「あらあらw コウちゃんは女の子になっちゃったのねぇw 自分で動いてみなさい。」
母が、ゾクッとするような冷たい命令口調で言う。

俺は、バックの姿勢で浅ましく自分で腰を振り始めた。
その脳天が痺れる快感に、腰の動きが止まらない。
奥に押し込むたびに、内臓がかき分けられるような恐怖感がわき上がるが、内蔵を突き抜けるほど強く押し込むと、快感も倍増していく。

「ぐフゥ、、  あヒィ、、ン、、」
女の子みたいにあえぎながら、腰を振り続ける。
頭が白くなってくる。腰がガクガク痙攣するのを止められない。
怖くなって腰の動きを止めると、母が腰を両手でホールドして、狂ったように腰を動かし始めた。
「あ、あが、ああぁ、、 が、ぁぁあぁ、、」
言葉にすら出来ずに、体中を痙攣させてしまう。

そして、頭の奥で白い何かが爆発したと思った瞬間、触ってもいないチンポから、精子が凄い勢いで飛び出していった。

「あらw トコロテンしちゃったのねw」
母が嬉しそうに言う。

俺は、体を不規則に痙攣させながら、母を見つめた。
柔らかい表情の童顔の母。いつ見ても可愛くて、若々しくて美しい。
パンパンに張った胸、黒い乳輪、もう、かなり大きくなったお腹、、、
そして、腰にはそそり立つ巨大なペニスバンド、、、

現実感がないくらいのエロい姿だ、、、

触れずに射精したのだが、射精しても冷静になれない。
普通のセックスなら、射精すれば賢者タイムが訪れるが、アナルで掘られて射精しても、賢者タイムが来ない。
これが前立腺責めの怖い所だと思う。

「コウちゃん、まだ足りないって顔してるよw じゃあ、仰向けで寝てごらんw」
母が面白がって言う。

もう、完全に雌化している俺は、母に言われるままに仰向けになる。

すると、すぐに正常位で挿入された。
母が体を起こしたままで入れる形の正常位で責められると、てこの原理で前立腺にペニスバンドが強烈に押し当たる。

前立腺を、馬鹿デカいペニスバンドのカリでゴリゴリされると、泣きそうなほど気持ちいい。

そして、母も大きくなったお腹で、やりづらそうだが腰を振り始める。
もう、頭がボーッとしてくるくらい気持ちが良い。

そして、母が手にローションを取り、俺のチンポに塗りたくる。
そして、腰を振りながら俺のチンポのカリなどを手で責めてくる。

もう、気持ち良すぎて怖いくらいだ。
実際に、悲鳴に似た声を上げてしまった、、、

「コウちゃん、女の子になっちゃったねw 可愛いよw」
そう言って、キスをしてくる。
雌のようにガンガンデカいペニスバンドで突かれながら、荒々しく舌で口の中をかき混ぜられると、気持ちはもう女だ、、、

そして、また体を痙攣させながら、3度目とは思えないくらいの量と勢いで射精した、、、

ただ、やっぱり射精してもペニスバンドでピストンされると、すぐにうずいて反応してしまうので、母も面白がって責め続けた。

結局その後2度射精させられて、気を失ってしまった、、、

こんな感じで、妊娠した母とのセックスも再び解禁になった。
何ヶ月も我慢したぶん、お互いに狂ったように求め合った。

そのときは、気候が暖かかったので、出かける時に、妊婦にもかかわらずミニスカートをノーパンではかせた。
そして、夜の公園に露出セックスをしに行った。
母は、ミニスカートに肩がヒモのタイプのキャミソールという、妊婦ではあり得ないような格好で夜の公園に立った。
この公園は、夜になると野外セックスをするカップルと、それを見るギャラリーで賑わう有名なスポットだ。

俺達が着くと、すでに木陰で立ちバックではめている若いカップルがいた。
まだかなり若いカップルに見えるが、女の子の方は大胆にも全裸になっている。

当然だが、周りにはギャラリーがワサワサいる状態だ。
男がガンガン腰を振る。
女の子は、全裸で木に両手を突いて、責められるに任している。
「ほら、見られてるぞ。こんなところで全裸ではめられてるの、見られてるぞw」
男がそう言って女の子を言葉責めする。
「ヤァァッ! ダメェ、、恥ずかしいよぉ、、 ダメ、、もう、、ダメェ、、、」
女の子が、バックの状態で首だけ男の方を振り返って言う。
羞恥と快感で、とろけきった顔は美しかった。

「なんだよw 全裸のくせに恥ずかしいとかw ほら、お前の事見ながらオナってるぜw」
男が言う。確かに、二人のセックスを見ながら堂々とチンポをしごいているギャラリーは結構いた。
「イヤぁっ! ダメ、、見られて、、 あぁ、、 イクっ! イクっ! 見られてるのにぃ、、イッちゃうぅっ!」
そう言って、ガクガク腰を震わせて、ハメ潮を吹きながらイッてしまった、、、

「コウちゃん、凄いね、、、 あんなに痙攣してる、、、」
母は、二人のプレイを見て、圧倒されている感じだ。
薄暗さにも慣れてきて、周りがよく見えるようになったが、ギャラリーの多さにも驚いた。
おっさんばかりだと思ったが、意外に若い大学生くらいの男もちらほら見える。
チンポを出してオナニーしている人間も結構いる。

俺は、前触れもなく母のコートの前を開け放した。
母は、全裸にコートを羽織っているだけだ。
コートの前を開け放ったことで、母の妊娠でより大きくなった胸があらわになる。

「あぁ、、だめぇ、、」
ギャラリーが多いので、声を出すと注目されると思ってか、小声で言う母。
だが、それで十分だったようで、ギャラリーの注目が集まる。

「でけぇ。」
「妊娠してね?」
「パイパンだ。」
そんな言葉が浴びせられる。

「イヤぁぁ、、 恥ずかしいよぉ、、」
そんなことを言いながらモジモジする母。
俺は母の後ろに回り込むと、胸を揉み始める。
すでにカチカチの乳首を指で強くつまんだりしながら責め始めると
「あっ、くぅフゥアァ、、 ダメぇ、、、 そんなにつまんだら、あぁ、、 くぅあぁ、、、」

俺は、後ろから胸を揉み、絞り出すようにする。
母は、衆人環視の中あえぎ声が抑えきれずにいた。
そして、しばらく揉み続けると、母の胸から母乳がしたたり落ちてきた。

「母乳かよw」
「すげぇ、おっぱい出た!」
口々に驚きの声を上げるギャラリー達。

大きく張った胸から、ダラダラと母乳を垂れ流しながら、ギャラリー達に注目される母。
母は、羞恥心よりも快感が勝っているようで、顔がとろけている。

俺は、その母の顔を見て行けると踏んで、コートを脱がしてみた。
公園の中で、大勢の男達に注目されながら全裸になった母。

内股になり、モゾモゾとしているが、荒い息づかいに興奮が見て取れる。
全裸になると、張り出した孕み腹が一際強調される。
おなかに新しい生命を宿しながらも、公園で全裸で露出プレイをする母は、ブレーキが壊れてしまった感じすらする。

俺は、母の手を引きベンチまで移動する。
そして、俺が先に座り、俺の上に母を座らせる。
そして、大股開きをさせて、ギャラリー達によく見えるようにする。
すると、ギャラリーの中の一人が、母のアソコをLEDライトで照らした。
一瞬止めさせようかと思ったが、照らし出された母のアソコは、濡れすぎて太もものあたりまで濡れて光っていた。

「うわぁ、濡れすぎw」
「淫乱な雌だなw」
「妊婦のくせにさかってんなよw」
などと、言葉責めのような感じで声がかかる。

そのたびに、母はビクッと体を震わせる。

俺は無造作に、母のアソコに指を二本突っ込んだ。
そして、掻き出すような動きを始めると
「ヒィィン、、 あ、あぁ、、コウちゃん、、だめぇ、、 もうイク、、イクよ、、イッていい? 見られてるのにイッてもいい?」
興奮しすぎだと思いながらも、さらに指でかき回す。

「イクっ!イクイクイクっ! イグぅぅあぁぁ、、、」
と、短く叫ぶと、スプラッシュと言いたくなるくらいの量の潮を吹きながら、ガクガク体を震わせてイッた。

「すっげ、、」
「破水した?」
「イキすぎw」
等々、声がする。

母はしばらく放心状態だったが、すぐに俺に向き直ると
「へへw こんなに人が見てるのに、イッちゃったw ねぇ、今度はコウちゃんの番だよw」
と言って、ベンチに座る俺のズボンを降ろしにかかる。
一瞬抵抗しようかと思ったが、俺だけ逃げるのは良くないと思って、堂々と下半身裸になった。

「うおっ! デケぇw」
「黒人かよw」
俺のチンポを見て、ギャラリーが驚きの声を上げる。
考えてみれば、勃起したチンポを母以外の人間に見せるのは初めてだ。
こんな風にリアクションされると、自分のチンポが大きいと言うことが実感できる。

母は、むき出しになった俺のチンポを口にくわえる。
公園のベンチで、妊娠している母が全裸でフェラをしている。
現実感が全くないが、あっという間に射精感がこみ上げてしまう。

すると、母はそれを察知したのかフェラを止めて俺にまたがってきた。
一気に奥までくわえ込むと、待ちきれなかったように腰を上下に動かし始める。

このあたりまで来ると、周りのギャラリーは半分以上がオナニーをしていた。
「ぐぅアァッ! 奥に、、当たってるぅ、、 コウちゃん、、 凄い、、あぁ、、ああぁ、あ、、 」
対面座位ではめていたが、ギャラリーのために母の体をくるっと回転させた。
俺に背中を預けるような形での座位だ。
「ほら、美佐ちゃん、くわえ込んでるところ丸見えだよ。 みんな美佐でオナってるよw」
こんな言葉で、母は体を振るわせながら高ぶっている。

すると、さっきの若いカップルが俺たちが座っているベンチの横に来て、立ちバックでハメ始めた。

若いカップルは、俺たちのセックスをガン見しながら、立ちバックでガンガンはめている。

若い女の子は、とろけきった顔で母に抱きついてきた。
すると、母がいきなりその女の子にキスをした。
女の子は、一瞬びっくりした感じだったが、すぐに舌を絡めるキスを始めた。

母は俺に、女の子は彼氏に、それぞれガンガンはめられながら、女同士でエロいキスをしている、、、

ギャラリーからは歓声が上がっている。俺も、あまりのエロさにクラクラしながら腰を突き上げる。
むこうの彼氏も同じようで、さっきよりもがむしゃらに腰を振り始めている。
むこうの彼氏の方が限界が来て、
「あぁ、イクっ!イクよっ!」
そう言って、彼女の中に射精したようだ。
だが、イク時に彼女の方は
「だめっ!まだダメっ! もう少しなのにぃ、、、」
と、不満げだった。

俺ももうイキそうだったので、ガンガン突き上げていると、母が突然その女の子の胸に舌を這わせた。

母は、俺に突かれながらも女の子の乳首を舐める。
女の子は、いきなりの母の責めに
「あ、あっ!くぅ、、うぅぅあぁ、、、」
と、声が漏れる。

そして、女の子のアソコに手を持って行き、指を入れたようだ。
「ダメぇっ! あっ!あっ! イッちゃう! ダメぇ、、 ゴメンなさいぃ、、 イッちゃうっ! 彼のおちんちんじゃないのにイッちゃうっ! イクっ!」
母の指責めで、あっけなくイク女の子。

女の子は、近くで見ると相当可愛い。そして、おそらくまだ十代だと思う。
あどけない感じの、垢抜けていない彼女。だが、クリクリした目が可愛く、小柄で胸も小さい。
完全にロリキャラだ。
それが公園で全裸でプレイさせられている。

結構ハードな調教だ。

そして、母は抜いた指を女の子の口に持って行く。
母の指には、彼氏の精子がたっぷりとまとわりついている。
それを彼女は、愛おしそうに口にくわえると全部飲み干した。
彼氏と彼女はラブラブのようだ。

そして、俺も母の中に黙っていきなり射精した。
「え?あぁぁぁあぁぁっ! 凄い、、熱いのがぁ、、、イクっ!イクぅぅーーーっ!」
いきなりの中出しにもかかわらず、中出しされてすぐにイッてくれる母。
心と心が繋がっているのを感じる。

そして母が俺からどいた。

すると、カップルの彼が
「ヤバい、、でかすぎ、、」
俺のチンポを見てそう言った。
彼女の方も、言葉には出さないがじっと俺のモノを見つめている。

すると、すっと彼女が動いて俺の前にひざまずく。
「くわえさせてもらっても良いですか?」
と、ストレートに聞いてきた。
まだ幼さすら漂う彼女が、淫乱な顔でそう言ってくると、何も言えなかった、、、

「ちょっと、ダメだって!」
むこうの彼が、慌てふためいてそう言う。

「良いから、見ててw そう言うプレイも、したいって言ってたでしょ?」
小悪魔のような感じで言う彼女。見た目よりも、経験豊富なのかもしれない。

俺は、困ったように母を見る。すると、母はにやりとしてうなずいた。

それを見ていた彼女は、俺の返答を待たずにくわえてしまった。

母よりも小さな口に見えたのだが、巧みなフェラで歯が当たったりしない。
はっきりと言って、うまい。相当気持ちいい。
「凄い、、こんなの、信じられない、、、  堅くてぇ、、 太くてぇ、、  ヤバい、、 マジヤバイよぉ、、、」
そんなことを言いながら俺のチンポを夢中でくわえる彼女。
母以外の女性に、初めてしてもらった。

ふと彼氏を見ると、泣きそうな顔で彼女が他の男をフェラする光景を眺めていた。
「ダメだって、、 そんな、、  あぁ、、なんで、、、」
彼氏はそう言いながら動揺しているが、チンポはビンビンになっている。
さっきの彼女の話から考えると、寝取られ性癖があるようだ。

彼氏に申し訳ない気持ちが高まる、、、
すると母が、彼氏に近づく。
俺の目を見つめながら、彼氏の体に触れそうなくらい近くに立つ。

俺は、緊張した。まさか、彼氏に何かするつもりなのだろうか?そんな不安がよぎる。
母は、にやっと笑うと、いきなり彼氏にキスをした。
俺は、頭を殴られたようなショックだった。
俺の子を孕んでいる母が、目の前で他の男とキスをした。

すると、彼氏は舌を絡め始めたようだ。
母も、それを受け入れて舌を絡め合っている。

保育園からの幼馴染と8年ぶりに再会して彼氏から奪った

わりと最近の話。
まずはスペック

俺  身長173センチ 体重70?  26歳のサラリーマン5年目
相手 身長165センチ 体重50くらい 同い年のOL(以下黛)

出会いは保育園まで遡る。うちは両親共働きだったので、保育園に行っていた。
同い年の友達は9人くらいだったと思う。男5人女4人くらいだったかな。
少ない人数のため仲も良くなり、幼いながらも楽しく遊び恋心も持った気がする。

その後、小学校に上がるのだが、みんな同じ小学校に入学した。
小学校に入ると、知り合いが一気に増え、みんなそれぞれに友達を作った。でも、男も
女も保育園から同じなのでそれなりに仲良くしていたように思う。

小学4年生になり、部活に入ることになった。
俺も黛も体育系の部活に入った。

黛は運動神経が良かった。それも尋常じゃない。5年に上がる頃にはそのスポーツで
県代表メンバー入りし、常連となった。うちの小学校が強かったのもあるが、全国という大きな舞台で輝いていた。

ただ、このころは別に好きとかそんな感情はなかった。かわいがられる性格の奴だったので、みんなから好かれていたが、俺もその程度の感情だった。まぁ、冬に同じスポーツを
する時にマッチアップするポジションだったから若干のライバル心は持っていたけど。

小学校を卒業し中学に入る。うちの中学はマンモス学校で、付近の小学校5校から集まる学校だった。全校生徒は1000人を超えていたかな。

中学校では同じクラスにならなかった。そう言えば、小学校の時も同じクラスになったことなかったな。

部活はお互いに小学校の時と同じ部活に入った。黛は1年からレギュラーになった。
別に自慢することではないが、うちの中学はスポーツが強くて有名だった。
野球、バスケ、サッカー、バレー、ハンドボール、テニス、相撲。どんなスポーツでもほとんど県大会常連で、文化部もそれなりの成績だったと思う。

その中でも、黛が入った部活は全国でもトップレベルだった。
県大会なんて当たり前に勝ち、地方大会も上位は当たり前。
全国からが本当の勝負みたいなかんじだった。

そんな部活のため、練習は相当に厳しく、女なんか捨ててるくらい走りまくってた。
肌は真っ黒で短髪。体中に擦り傷はたくさん作る。

でも、やっぱり中学生だから恋もした。

そんな中、1年の秋くらいだったが、俺のことを好きな女がいるという噂を聞いた。
色んな所から集まった情報によると、それは黛みたいだった。

これは後で分かった話だが、それは嘘で、黛が告白された時に断る際、とっさに好きな人
がいると言ってしまったらしい。それがわりと仲のいい俺だったというだけだった。

でも、思春期真っ只中の時に、自分に思いを寄せているという話を聞いて冷静でいられる
わけがない。その噂を聞いた日から黛のことを意識しっぱなしだった

しかし、そうなるとうまくいかないのが世の常で、意識し過ぎるあまりあまのじゃくな
対応を取ってしまい、だんだんと疎遠になった。
その間に、黛は彼氏ができ、俺は彼女ができることなく中学生活を終えた。

高校は別々の高校に進学した。
黛は、スポーツ推薦で県内の強豪校に進んだ。俺は地元の進学校に進んだ。

その後は全く会う事もなく、互いがどのような状況なのかはほとんど知らずに過ごした。

高校三年の秋、部活を引退して受験勉強に励む頃になった。その頃はもう黛のことはすっ
かり忘れていた。
大学は地元の国公立大学に推薦で行くことに決まったので、受験勉強はあまりやらな
かった。それでも、進学校で学級委員もやっていたからセンターまでは勉強していた。

センターが終わり、友達何人かで遊ぶことになった。中学の同級生も結構いたのでそいつらと遊んだ。
カラオケをオールしてからの帰り道、黛の家の近くを通った。保育園が同じなので、家も
近かったのだが、久しぶりに通ったその道は小さかった頃を思い出させた。

昔を思い出しながら帰る道すがら、ふと見覚えのある姿を見つけた。
黛だった。中学の頃と全然変わらず短髪の黒髪で、背が少し高くなっていた。

でも、向こうの側には彼氏がいたので、俺は特に話もすることなく二人の横を通り過ぎた。
黛は何か言いかけていたが、笑って手を振ってそのまま家に帰った。

話は一気に大学を卒業するところまで飛ぶ。
俺は地方の大学に進み、みんなと同じように就活し、無事に内定した。
就職先は東京の会社だったので、人生初の上京をすることになった。

うちの地方からはなかなか上京する奴はいなくて、大学で上京しても就職する時に地元に
帰る奴が大半だった。俺の大学時代の仲間もほとんど地元に残り、東京での知り合いは
中学の時に同じ部活だった奴だけだった。

ところが、状況して三年目の春くらいにフェイスブックを初めてから意外と中学や高校の
同級生が東京にいることを知った。なので、何人かと連絡を取り、東京で同窓会をやる
ことになった。と言っても、人数は10人ちょっとだが。
同窓会は俺と中学の時の同級生だった女が幹事をした。実際は向こうがほぼやってくれた
んだけどね。

そして迎えた当日、店に向かうと黛がいた。

という感じにはならず、何人か知った顔がいるという状況だった。
話はそれなりに盛り上がるのだが、その中で女幹事が黛も東京にいるということを言った。
仕事の都合で来れなかったらしい。中学校の時は女からも男からも好かれていた奴なので、
みんな残念がった。

その日はそこでお開きとなるのだが、みんなで連絡先を交換した。
そして家に帰り、FBを通じて何人かに友達申請をした。
すると、FBをやってる人なら分かると思うけど、
友達かも?みたいなリストがあり、その中に黛がいた。
早速友達申請をしてみる。

すると意外にもすぐに承認の連絡が入った。久しぶりにコンタクトを取る。
すぐに電話番号とアドレスを伝えて話をした。

話の内容は、この間の同窓会の話から始まった。
するとだんだん、中学から現在までどうしてたという話になり、
長くなりそうなので、会って話そうと言うことになった。
ここまでが、三年前の話。

黛は新宿で仕事をしており、向こうの方が仕事が終わるのが遅そうだったので新宿で会うことになった。
新宿三丁目の普通の居酒屋に入り、とりあえず乾杯する。
二人ともそれなりに大人になり、社会人になっていた。
黛は今営業だということで、ビールを頼んでいた。
正直、そういうイメージがなかったから少し驚いた。

久しぶりに会った黛は髪の色は黒いままだったが長くなっていた。
でも、それ以外は前と変わらないままだった。
笑うと目じりが下がり、柔らかい雰囲気は相変わらず人を惹きつ
ける。少し鼻にかかるような声も変わっていなかった。

酒の勢いも手伝い話が弾む。
黛は高校を卒業した後、スポーツ推薦でW大に入ったらしい。
高校時代も相変わらずそのスポーツの一線で活躍していて、
インターハイにも何度も出場していたんだと。
そして大学に入ってからも、それなりに活躍したらしいが、
今はそのスポーツとは無縁の会社に入り、現役も引退したらしい。

お互いの大学時代の話を一通りした後、この間の同窓会の話になった。
その時の参加メンバーについて話した時、ある男の名前に驚いた反応を示した。
話を聞いてみると元彼だったらしい。そう聞いて中学の時に黛が初めて付き合った相手
だったことを思い出した。当時何となく耳にして若干のショックを受けた。
しかし、随分前のことですっかり忘れていた。

さらに話を聞いてみると、何と高校を卒業してから二人は東京で会っていたらしい。
黛はW大に入学し、その元彼は東京の専門学校に入学した。
二人は中学の終わりから高校に入ってしばらく付き合ったが、互いに部活が忙しくなって
別れたそうだ。でも、元彼の方は黛をずっと好きだったらしく、同じタイミングで上京す
ることを知り、連絡を取ったとのことだった。

その後、二人は接近したらしいが、結局結ばれることはなかった。
その後黛には彼氏が
できた。その彼とずっと付き合うことになる。そう、俺が黛を奪った相手はそいつだった。

同窓会の話をした後、もっと小さい頃の話になった。
一番盛り上がったのは、二人は保育園から一緒なのにそこまで親密な話もせず、
中学の頃もほとんど話もしないまま終わってしまったのに、こうして地元から遠い東京で飲みながら話していることだった。

そんな話をしていると時間はあっという間に過ぎ、終電の時間になったので帰ることになった。俺と黛は新宿駅に向かい、西口改札付近で別れた。

その後、度々飲みに行くようになり、中学の同級生との交流も増えた。年末に地元に帰った時は二人で初詣に行き、三社参りもした。

黛は性格も昔と全然変わっておらず、人懐っこくて側にいると温かい気持ちになれた。
でも、再開した三年前の当時、俺も彼女がいたので好きになるということもなく、互いに単なる幼馴染として接しているという感覚でいた。

それから時が経ち、半年前の話になる。
黛は就職してからその彼氏と半同棲していた。家賃は彼氏持ちらしい。
詳しい事情は伏せるが、そういった事情のため、ケンカをしても中々別れることができないと話していた。
その結果、半ば惰性で付き合っていた二人の間に彼氏の浮気という問題が発生した。
これまでも、女性との関係について悩んでいたようだが、その我慢の限界ギリギリの一線を越えることが起きたのだ。

それは、彼氏が元カノと温泉旅行に行ったということだった。
彼女は25歳になっており、彼氏との結婚を真剣に考えていた。
しかし、相手は中々踏ん切れなかった。
でも、黛はその彼氏を信じて二人の結婚資金を必死に貯めていた。
家賃を出してもらっているので、それなりの金額をずっと貯めていたらしい。

ところが、そんな彼氏の裏切り。
しかもその元カノとは過去にも何度か旅行しているらしい。
らしい、と言えるのは、黛が彼氏から問いただしたからだ。
否定するならともかく肯定したのでまず間違いないだろう。

だが、話はこれでは終わらない。
なんとその彼氏と元カノには子どもがいて、その子どもも連れて旅行に行っていたのだ。
この情報は流石に彼氏は言わなかった。ところが、黛は共通の知人からその話を聞いた。

そんな話を昨年末に地元で飲んでる時に聞かされた。本人は平気そうに話していたが、だんだんと涙声になっていた。

俺の気持ちが恋心に変わっていったのはこの頃だった。
この頃の俺は彼女と別れて何人かの女性と遊んでいる頃で、正直彼女は必要ないと思っていた。
けど、黛のそんな姿を見てまず思ったことは、清算させることだと思った。

清算についてだが、この時二つの考えが浮かんだ。
一つ目は、彼氏を許させることだった。もちろん、彼氏にペナルティは課すが、彼氏とちゃんと話して二度とそのようなことをしないことを約束させる。
二つ目は、彼氏と分かれさせることだった。正直、俺はそんな彼氏と一緒にいても幸せになれっこないと思ったので、別れた方がいいと思った。
別に俺と付き合わなくてもいいが、とにかくその彼氏とは縁を切るべきだと思った。

だが、黛は許すことを選んだ。
俺もその時は真剣に色々と考え、仲のいい先輩や友達に相談してみた。
でも、俺にとって意外だったが、許す方がいいという人が大半だった。
それなりの年だし、結婚を真剣に考えられる相手なんてそうはいない。そういう相手と出会えたのであれば、その縁は大切にすべきだし、ここで恩を与えた方が後々いいという考えだった。

その考えについて、ほぼそのまま黛も俺に言った。
俺は自分の感情もあって別れた方がいいのではと話したが、黛はそれでも好きだからと彼氏を許した。

そう言われてしまえば、俺には黛を応援することしかできない。
何でも相談に乗るから、悩みを一人で抱え込むことだけはするなよ、応援してるから、と話して背中を押した。

その後、しばらくしてその後の状況を聞いた。
黛は彼氏と真剣に話しをし、彼氏の親とも話をしたらしい。
彼氏の親は彼氏の行動を知らなかったらしく、ひどく怒ったそうだ。
そして、彼氏の親からも、彼氏には二度とこのようなことはさせないようにすると約束してもらい、黛もしばらく様子を見ることにしたと言った。

この話をしているときの黛は笑顔だった。でも、目に力があった。
何と言うか、覚悟を決めた目だった。とても印象に残ったのを覚えている。

それからしばらくは幸せに生活していた。仕事も忙しくなり、遅く帰る日もあったが、料理を作って待っていたり、風呂を沸かしたりしていてくれたらしい。
そんな話を聞き、俺の中にあった黛への特別な感情はいつの間にか友達の感情に戻っていた。
あくまでも、仲のいい友達として接していた昔みたいに。

ところが1ヶ月前、彼氏の元カノが黛の家に乗り込んできた。
どうやら元カノは彼氏とよりを戻したかったらしい。
詳しい事情は分からないが、彼氏の親が元カノとの結婚を反対していたらしい。

そして元カノが乗り込んできた理由は、もちろん彼氏を取り戻すため話をつけにきたということ。
だが、卑怯にも子どもを連れてきていた。
そのため、黛は場所を変えようと水を向けた。
だが、元カノは頑なに拒み家から動かなかった。

黛は彼氏を連れて家を出て、外で話をした。
元カノとはもう会わないと約束したのではないのか。なぜ家を知っているのか。
私との約束はどうなったのか。
思いつくままに聞くがごめんと言うばかりだったらしい。

とりあえず夜も遅くなったので、元カノを強引に返し、その日は彼女は家に帰らなかった。

翌日から、元カノは毎日黛の家を訪れる。一人で来ることはなく、必ず子どもを連れて
きていた。彼氏も元カノに散々怒ったらしいが、それでも止めなかった。

さすがに我慢の限界に達した黛は警察に言うと彼氏に言った。しかし、彼氏はそれを
拒んだ。そこで黛は彼氏の親に電話した。すると、彼氏の親はすぐに警察に事情を話し
それ以降元カノは来なくなった。

しかし、翌日から別の人間が来るようになった。それは、子どもだった。
何度も連れてきていたため、子どもでも家は覚えていた。そして、毎日チャイムを鳴らし、パパはいつ帰ってくるのと聞いてきた。

これが壊れかけていた彼女の心を一気に全壊させた。

元カノとの話を聞いて以降、連絡をできるだけ取るようにしていたが、メールも電話も一向に反応がなかったため、俺は彼女の職場に向かった。
彼女は仕事には来ていたし、表向きは何事もなかったように見えた。
しかし、話を聞いているうちに彼女は涙を流し、抑揚のない話し方でそれでも何とか彼氏と元カノを引き離せないかと考えていた。

この瞬間、俺は黛はもうダメだと思った。今すぐにでも彼氏と引き離さないと、全てが壊れてしまう。

俺は黛に彼氏と別れろと言った。このまま付き合ってもいいことなんかない、それどころかお前が壊れてしまうと。
だが、黛はそれはできないと言った。黛の親にも紹介してるし、
結納の段取りを決め、結婚式場も何件か当りをつけているから、今更別れるわけにはいかないと。

俺は、それなら俺も手伝うから、とりあえず彼氏に合わせろと言った。黛では強く言えな
いことがあるだろうから俺が話すと伝えた。だが、黛は断った。これは私の問題で俺が
出る話ではないと。でも、俺もここで引けなかった。お前は大切な友達だ。その友達が
こんなに苦しんでいるのに見過ごすことはできない。

今考えれば、これは自分勝手な発言だったと思う。彼氏からしてみれば、突然知らない
男が来て攻め立てられたら確実に不快感を持つだろう。場合によっては逆効果になる。
でも、その時はそんなことは考えられず、とにかく黛を彼氏と別れさせるには直接会って
話をつけるしかないと思った。

黛を促し、彼氏に会いにいく。彼氏は実家にいるとのことなので、黛の家に呼び出して
もらった。

彼氏を待つ。その間、黛は無言だった。
俺は頭をフル回転させ、言葉の組み立てを考えた。この話のゴールは彼氏を見極めること、
その上で黛を彼氏から引き離すことだった。
もし、彼氏が真剣に黛のことを考えていても、一旦離すべきだと考えていた。だが、完全
に引き離すのか、様子見をすることにするのかを判断したかった。

彼氏が来た。入った途端に誰だよコイツと言うので、名前を名乗り黛の友達だと言った。
その後、黛が心を痛めているので元カノとの縁を切って欲しいと話す。
しかし、彼氏は、それは俺らの問題であなたには関係ない、また不法侵入だから警察呼ぶと脅してきた。
だが、ここではいそうですかと出て行くわけにはいかない。
何とか話を聞いてもらえないかと話す。
すると、とりあえず家を出て外に行くことになった。

近くの公園に行く。空が曇っていて少し寒かった。
俺は黛から聞いている話をし、彼氏に間違いないか確認した。彼氏はおおよそ間違いないと言った。
そこで私が再度、元カノとの関係を完全に清算し、縁を切って欲しいと頼んだ。
彼氏は元カノとは縁を切ると言ってくれた。

しかし、子どもの養育費は払わなければならないし、週に一度は子どもと会うことになっている。
そのため、完全に縁を切ることはできないと言ってきた。

向こうの言い分も少しは分かる。そりゃ子どもはかわいいし、子どもに罪はない。
しかし、それなら元カノと復縁すればいいのではと黛は言った。
なぜ、私との関係を維持しようとするのか?
好きだからという理由ならいらない。そんな当たり前の話ではなく、
ではなぜ好きなのに私を苦しめるのか?元カノとどちらが好きなのか?

その問いかけに対する彼氏の答えは残酷だった。
どちらも好きだと。
ただ、元カノとのことに関しては親が許してくれないから結婚できないと。

この瞬間、俺は完全に諦めた。黛は泣き崩れた。こいつにはもう何を話しても無駄だと
悟った。

だから、俺は黛を奪った。お前にはもう無理だ、こいつのことは俺が引き受けるから
お前は元カノと復縁できるように親を説得しろと。
彼氏はふざけるなと言った。俺はお前こそふざけるなと言った。お前なんかに黛を
幸せにすることなんてできない。元カノの二の舞どころか元カノ以上に悲惨な目に会う
ことは見えていると。

すると、彼氏は、でも俺は黛を愛しているし、黛も俺を愛してると言った。
それに対して黛は何も答えずただ、泣いていた。そこで俺はでたらめをでっち上げ、彼氏
にこう言った。お前が気づいてないだけで、実は黛は俺のことが好きになっていた。
だから、お前のことなんざもう愛してるわけないと。

当然、そんなはずあるかと彼氏は怒り狂った。だから、俺は黛にキスをした。
そして、黛の手を引き、その場を去った。

公園を去り、新宿行きの電車に乗った。黛はずっと泣いていた。
俺は新宿のビジネスホテルに黛を連れて行き、彼女に今日はそこに泊まるように言った。
そして、明日の朝迎えに来るからと言い、俺は家に帰った。

翌日、会社に休むことを伝え、ホテルに向かった。黛はまだチェックアウトしてなかった
のでホテルのロビーで待つことにした。
一時間ほど待つと、黛が現れた。そばに駆け寄るが、憔悴しきっていた。たぶん一睡も
できなかったのだろう。
ホテルをチェックアウトし、ファミレスに向かった。
そこで、今後についてどうするか聞いてみた。何も考えられないと答えが返ってくる。

とりあえず、何か口に入れないとこのままでは倒れてしまうと思い、スープを注文した。
黛に食べるように促すと、三口ほど食べた。すると少し和らいだ表情になり、少し
寝せて欲しいと言うので、寝せておいた。

三時間ほど経ち、黛は目覚めた。顔色もいくぶん良くなっているようだった。
改めて今後について聞いてみる。黛にも俺にも仕事があるため、このまま何もしない
わけにはいかなかった。

黛は、もう彼氏の家には戻らないつもりでいるみたいだが、そうも行かない。とりあえず、
家を探さなくてはいけないし、彼氏の家にあるいろいろなものを取りにいかなくてはいけない。

そこで、まずは彼氏の家から必要なものを取り返すことにした。おそらく今日は彼氏も
家で呆然としていることだろうと思い、翌日行くことにした。そのため、会社に翌日も
休むと伝えた。

黛はまだフラフラしていたので、休んだ方がいいと判断し、先ほどとは違うホテルを
探して泊まらせた。その間、俺は仲のいい女友達に頼み、服を何着か買ってきてもらった。

翌日、彼氏の家に向かった。幸い、彼氏はいなかったが部屋はめちゃくちゃに荒らされて
いた。
最低限のものを持ち出し、家を出た。俺は彼氏がここで来たらどうしようかと思っていた
が、取り越し苦労に終わってほっとした。

その後、ウィークリーマンションを探して契約し、この間ようやく新しい家が見つかった
と連絡が来た。皮肉にも彼氏との結婚用の貯金が役に立った。

セ〇ブ〇イ〇トで人生イージーモードに?

↓いいなー。 こういう彼がいるのにお泊り可能女子って
 実際にるんでしょうか?

 自分ブラック企業で残業と通勤時間MAXで死にかけなんで、
 経験ある人いたらコツとか聞いてみたいです。

 管理人さんへ。転載まずかったら、消してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イチスス対局絵巻館をしれっとゲリラ更新しとりますので、
お時間ある方はお付き合いヨロシクどぞ(σ・ω・)σ

→イチスス対局絵巻館
 (;

 ※絵巻館パス希望の方はSaiまでそっと
  コンタクトプリーズ(σ・ω・)σ♪

 ※新天地に引っ越してきたばっかで
  「人肌恋しい症候群」発祥してるOLさんとの
  イケナイ情事がUPされたとかされないとか|ω・)b

そういえば今回の絵巻の女子って
いまだにちょいちょい遊んでまして、

Sai「ねぇ、明日仕事でそっち行くから
    そのあと顔出してもイイ?」

Mみ「えー明日は夜から彼氏来るからダメ(>_<)」

Sai「じゃあ今日から前泊で(笑)
    部屋に男がいた痕跡120%消すし。」

Mみ「それならいいよ?(*^-^*)☆」

ってイイんかーい!(゚Д゚)ウマー

みたいな(笑)(・ω・)ゝ”

付き合おうとかエッチしようとか一言も言わない
んですけど、まぁ二人ベッドに入って電気消したら
始まる事始まっちゃうんですけどね(*´д`*)ハァハァハァ

 ※「彼氏より気持ちイイです」って
  100回くらい言わすのが大好きです ←変態でスミマセン

―――んで、関連で今日のお話☆

ファイナルファンタジーやらRPGには、
HPやMPを全回復してくれる
セーブポイントなるものがある訳です。

コレってボス戦の前とかに設置してあって
万全のコンディションで戦いに挑めるワケですが・・・

このセーブポイントがたとえば
2倍とか3倍とか4倍の密度で設置してあったら、

そのゲームってすごくノーストレスでステキ快適
だと思いませんか?(゚Д゚≡゚Д゚)?

 ※難易度下がりすぎて面白くないかもという
  ゲーマー意見は無視の方向でw

でじつはコレ現実でもまったく同じことが言えまして、
たとえば出張でおとずれる土地とか
残業ラッシュではりつけられる土地なんかで

 けっこう自由に泊めてもらえる
 一人暮らし女子の家

があればあるほど男子の人生ステキ快適になります☆

1.リフレッシュが待ってるからがんばる♪
2.リフレッシュスキンシップ(*´д`*)ハァハァハァ
3.リフレッシュできたからまたがんばれる♪

・・・があるとないとでは、仕事のパフォーマンスも
だいぶ変わりますでしょ?(゚Д゚≡゚Д゚)?

ということでリアルセーブポイント複数量産、
イチスス読者のみなさんにもオススメしますε≡ヘ(´∀`)ノ♪

―――ちなみにSaiは、

残業100時間/月とかで社畜全開だったころに
これを応用して会社にナイショで
だいぶいけない事やってましたが・・・
ここだけの話、絶対オススメします(笑)

詳細は日刊メルマガの方でこっそり
くっちゃべりますよっと(・ω・)ゝ”

――そんなこんなで・・・

ナンパな出会いは人生の宝物!
イチスス読者のみなさんも素敵な対局生活を♪

陸上部だった彼女

大学出たてだった俺は、フリーター状態だった。

バイト以外では特に打ち込むものもなく、前略恋愛プロフィールで、女をあさるのが趣味と化していた。

はじめの一年間はサクラに騙されすっぽかし食らうこともあった
が、あとは手慣れたもの。サクラをかぎわけ、若い娘やら熟女やら食いまくった。

当時まだ車、免許がなかった(笑)

だから待ち合わせにはマウンテンバイクや原付で駆け付けてた。
タクシーで来たとかホラふくこともあったが、それでアウトになっ
たことはない

で、つながったのが、その女。

顔は篠田麻里子がひとえまぶたになった感じ。

カラダは全盛期の藤原紀香だな

ところが、篠田が住んでいる所は、俺の町から100キロ以上離れた
田舎町だった。会うことは不可能に近い。仕方なく、はじめはエ
ロ話をしながらテレホンセクスをしていた。

篠田はJK卒業したてのヒマっ子だった。あとで判明したが、田
舎の不動産屋の娘だった。

そして、ついに転機が訪れた
篠田が町に遊びにくることになった

で、夜中に会うことになった。俺はもちろん原付で30分かけて会
いに行った。

夜中に初顔合わせ。
海辺のラブホにgo

話を聞くと素朴で天然な篠田は、エッチは経験済みのようだ。
多分、相手は前略恋愛プロフィールで知り合った男だろう。しかしまだまだ覚えたての
コムスメ。さっそくうれしいひとこと

篠田「東野さんにいろいろ教えてもらいたいとよ」

さらにうれしいことに、篠田のブラと下着の色は、レースのはいっ
た青だった

JK卒は普通こんなのつけない
へたくそなアニマル柄
小悪魔なツルツル素材
がいいとこだ
そんな一般的な下着で燃えるはずがない

あ青。。。

俺がテレホンセクス中に、冗談半分でリクエストしたやつだ。

そのあとは、フェラだ。
ほとんど未経験のはずなのに、普通にうまい。

篠田「ビンで練習とかしよったとよ」

JK卒がビンでフェラ。。。
脳の裏に、静かな雷が落ちる。
(・∀・)ウハッ

そのあとのエッチの激しいこと。
クラスで8番目に可愛い素朴で天然な篠田麻里子が、いきまくるの
だ。

篠田「んんっ、はあっ、あ゛っ、」

つまる感じだ。最後はほえるようにして、声を殺そうとして我慢
できずに

篠田「っ??゛、」

イク。

俺チロリアン遅漏。挿入して30分はピストン。
篠田はずっといきまくるのだ。

東野「イクときは言えよ!」
篠田「うん。あっ、あっ、いっいっちゃう!イク゛っ」

東野「いったか!」
篠田「。。うん」

東野「いやらしやつめ。何回目だ」
篠田「わ、分かんない」

東野「ん??五回目だろ!おらおら」
篠田「あ、ん、ふ、は、あっ、またイク゛!っ??」

東野「六回!」

以上、三十回は繰り返しした
若かった。

さんざんピストンして、ゴム内に発車。
ゴム外して、しごいて発車だったかもしれんが。

朝を迎え、近くのコンビニでおにぎり買って、2人で海辺で食べ
た。

その日は、たしかそれで終了

また後日、会うことになった。

あまりにも激しくやったので、篠田はエッチがまたやりたくなっ
たようだ。

篠田
「東野さんのチソポ、すごかった。ウチ、そんななったことなかっ
たっさ」

東野
「また、やる?」

篠田
「うん!」

俺は今度は大人に振る舞おうと、バーで酔わせてからセクースに
持ち込むことにした

今考えると、なくても良かった出費かもしれない
でも、篠田が恋愛の対象に入ってたのだと思う。

ちなみに顔は、クラスで8番目
篠田は言い過ぎた
今考えると小田切まいを二階級特進させるとちょうどいい。うん。

何度か顔を出していたジャズバーに行き、話をして、適当に飲ん
だところで店を出る

マスターが帰りぎわに手品を見せてくれて、小田切は素直に感動
してた。

さてここからがお楽しみタイム

ホテルでは、また激しいプレイが始まった。
いかせて、いかせて、これでもかといかせる

ちなみに東野は極度の遅漏。セクースで相手を疲れさせても尚や
ろうとして「もう疲れた」「痛くなってきた」「まだいかないの」
「もうやめて」と言われること数多。

激しい腰の動きに汗もかくかく。汗かき選手権があれば県大会レ
ベルだろう。

正常位から小田切の足を肩に担ぎ、中をえぐるようにピストンピ
ストン。

小田切「東野さんはまだいかないの?」

東野「うん、遅漏なんだよね、、、ゴムはずしたらイクと思うけ
ど。。。」

小田切「えぇ、それは。。。じゃあ、ちょっとだけよ」

キター

ちょっとだけよ の意味がよくわからないが、

いままでの経験上、この流れになってナマとなる確率は95パーセ
ント

顔や身だしなみがキチンとして清潔感があれば、
中に出さない約束さえ信じてもらえればゴムの壁は崩壊

で、最後の追い込みタイム

東野「どうや、気持ちいいか ナマ」

小田切「うん」

東野「東野さんのチソポ気持ちいいって言え!」

小田切「気持ちいい!東野さんのチソポ気持ちいい!」

そしてフィニッシュへ。
力を使い果たして、2人は眠りについた。

しかし、この日の行動が悲しい結末へと結びついた。

しばらくは腰や股関節につながる筋肉が全て痛かった
戦いの激しさを物語っている
名誉の負傷といったところ

しかし彼女はその後、体調が悪いといった
体調が悪いことが何をさすかは分からなかったが、
おそらく膣内が荒れているようだ。

病気?俺には自覚がない。

またしばらくして彼女が町へやってきた。今度は自分のアパート
でセクース開始。

自宅は布団だけで、スプリングのきいたマットはない。
プロのF1レーサーが軽自動車に乗るくらい、プレイの質は普通に
なった

たぶん流れ的に、小田切のスケベさを指摘しながら、どんなプレ
イをしたいか聞いたと思う

小田切がここでも最高のひとことを言う。

小田切
「うち、東野さんのお友達と3Pしてみたい!」

のど自慢の鐘が満点評価で鳴ってる東野

で、激しくバックからバスバス

まあこれでもかといかせるが、小田切の様子がおかしい

激しいと痛がるのだ

小田切
「うち、やっぱりあれ以来体調がおかしいとっさ、東野さん、病
気とかないよね?」

東野「ないない。。。」

実は淋とかをもらったことはあった
しかし病院いって直した
だから大丈夫なはず

東野「キミの彼氏のおっさんが、原因かもよ」

とりあえず犯人扱いは逃れた

小田切はその後、病院に行った
やはり膣内が荒れていて抗生剤で
治すことになったと言ってきた

いずれにしても小田切も複数の男とセクース関係があったようである

私は病気ではなかったが、その後小田切も遊びすぎを反省したっ
ぽく、、関係は一気に遠のいた

その後、恋愛的な方向にはいかず

携帯のアドレスも変更された

電話番号もきいていたが、
昔はキャリアが変われば番号も頻繁に変わった

いつしか完全な音信不通になって小田切との関係は終わった

今でも前略恋愛プロフィールで名前を検索すると、陸上部だった彼女の記録がヒッ
トする

イケメンと浮気する彼女

私の妻、果帆は今32歳で私と知り合って7年目です。
容姿、まず背は165cmと高い方で、若い頃は今のグラビアの亜里沙に似てました。
あそこまで美形では無いと思うのですが、亜里沙をちょいブサにしたら果帆です。
あと色白七難隠すと言いますし、
肌が白いのと胸がFカップ有るのでかなり男は狙ってきます。
でも細身で巨乳という訳ではなく、二の腕は結構プルプルしていますし、
タイト目なパンツやスカートを履いた時には、ウエストのお肉が若干乗る事を
365日気にしているのが微笑ましい感じです。
性格は割と古風でのんびりしてるO型タイプ
ビビりなところもあるんですが、一切ビビっていないように見せる演技力も持っていて
結構仕事ではしっかりしている面も発揮しているようです。
家では凄いおしゃべりで、愚痴も毒も吐くので、俺は聞き役が大変な毎日です。

その果帆が26歳の頃でした、モニターやカットモデルとして
月に2?3度、美容室へ通っていて、その美容院専属モデルみたいになっていました。
本人も綺麗にして貰って、更に綺麗に写真を撮って貰って、
雑誌などに載ると嬉しそうに見せてくれました。
俺も若い時しか出来ないし楽しんでよって、俺も果帆の色んな髪型楽しませて貰うねって、
言ってました。

ちょうど俺と果帆が付き合って1年弱でしたか
俺は友達と飲みに行き、何軒目かでキャバクラへ行き、
そのままアフターで仲良くなってキスだけした嬢がいました。
その嬢とのメールのやりとりを果帆に見られてしまったのです。

お風呂から上がると、果帆が鬼の形相で、瞬間「あ、見られた」と察しました。

散々絞られ、その場でアドレスを消され、
「別れないけど、私も浮気し返す」と宣言されました。
俺は「へ?もしかして相手いるの?」と聞くと「候補は居るわよ」と

候補は美容室のスタイリストで果帆より2歳年下の浜田君という人で、話も結構合うらしい。
果帆の専属は女ディレクターだったので、そんなアシスタントの存在があったとは意外でした、

果帆曰く、
単館上映モノの映画が好きなところとか、趣味がぴったりで話が盛り上がるし
実は機会があれば是非行きましょうみたいな事になってるらしい。

俺が「客商売なのに実際客のこと誘えないんじゃない?」と言うと
「私客じゃないもん。」
「来週トリートメントだから、付きっきりになるな」
つまり都合が合えば行くかもしれないよって匂わせてくる。

俺も果帆もお互いに一人暮らしだったけど、なあなあで半同棲みたいになってたし
果帆の束縛にもちょっと窮屈さ感じてたから、お互いを見つめ直すいい機会かなと
少し距離を置いてみることにした。
俺は多分果帆に追いかけられている側で居て、調子に乗っていた部分もあったと思うが

あとあまりに果帆が浜田さんをかっこいいかっこいい言うから
女々しくも一応その男についてちょっと検索すると
いきなり写真がすぐ出てきて、かなりの男前というか、美男子。
某SNSサイトではファンが作った、○○浜田コミュニティみたいな出来てて
メンバーも300人くらい居るし
で果帆もメンバーだし笑
果帆には「デートくらい良いんじゃない?」って言ったけど、これ
実は果帆ですらデートして貰う側なんじゃね?って汗掻き始めた。

更にサイトで
調べると身長185cm、指が長いとか、接客が丁寧とか、声が素敵とか
ちなみに俺自称175cm、果帆には185くらいがお似合いなのか、、
ってネガティブなところも顔を出してきた。
それに果帆は今までイイなと思った男とは必ず付き合ってきたと言うし
恋愛に関してポジティブなメンタルの持ち主だ。
確かに果帆に誘われたら美人局として疑われて敬遠されるくらいしか
断る理由は無いとも思う。

でもまあ
俺もそこそこ果帆に優しく接してた自負も有りましたし、
浜田くんは果帆より年下だし、果帆には合わないだろう
直ぐ俺のありがたみに気付いて、連絡よこすと思っていた。

案の定
1週間くらいで果帆から電話が掛かってきた。
「明日カルボナーラ作るけど、ウチ来る?」
俺の好物餌に誘ってくるなんて、可愛いとこあるじゃんって思って
テンションも上がり翌日昼から果帆のアパートに向かった。

部屋で出迎えてくれた果帆はイメージが変わって見えた。
多分髪のカラーも若干変わったのとトリートメントとかで艶も増してたのと
久しぶりに会うということで部屋でも薄くメイクもしていたからか。
格好はいつものタンクトップにスウェットだったのだが。

1Kの部屋で床に座って待っていると
キッチンから出来たての食事を運んでくれた。
付き合って以来、2日会わないことすらなかっただけに
1週間位会わなかったことで、ぎこちなさと照れが有ったと思う。
相変わらず美味しいと言って、テレビを観ながら世間話して食べ終えて
俺が洗い物をしていたら、
果帆が後ろから抱きついてきた。
もう既に嫌な予感
俺「どうした?」
果帆「ねぇ、浮気した時って、私の事思い出した?」
俺「だから、どうしたの?」
果帆「その時後悔した?」
もうその時点でバクバク胸がはちきれそうになり、息が詰まってきた。
あれが酷いと過呼吸になるんだと思う。
俺「・・・デートして来たの?」
果帆「ううん、デートはして無いけど次の約束してきちゃった。」
それから話を掘り下げて聞いていくと

先週仕事終わりに美容室へ行き、最初からシャンプー担当して貰い
トリートメントに入る頃には
閉店時間過ぎていた事も有り、広い店内でほぼ徐々に2人きりになったそうで
割と気兼ねなくプライベートな会話になったと
そして、この前の映画の話になって、
向こうから、今日この後一緒に行きませんか?ということになり
浜田さんの通勤で使用しているバイクで行くことになったと
でも、乗る前に貸して貰ったヘルメットが彼女専用のモノだと知って
彼女さんに悪いと乗るのを遠慮してると、2人でタクシーで行こうと言ってくれたんだけど
果帆が「間に合わないからヘルメット借りる、彼女さんに謝っといて」
と結局二人乗りで向かったと

ここで俺がどんなバイクか気になり聞くと
果帆「タイヤがボコボコしたやつ」だと
後に確認したのだがモトクロスタイプでした。
俺は内心「うわー、後ろから抱きつかないと乗りにくいヤツだ・・・」
果帆はパンツスーツ姿で胸押し付けたのか、と鬱勃起してきた。

バイクに二人乗りして急いだものの
恵比寿のミニシアターに着くと、もう最後の回が始まってしまっていたので
今回は諦めて、次回また一緒に行こうと約束したら
浜田さんがとりあえずお茶しましょうと提案。
ちょっと夜景が見えるベンチに腰掛けて話していたら
一緒に上京した彼女と同棲しているというのはそこで聞いたらしい。

その内
突然
浜田さんが真剣な顔で果帆の方を向き
「○○さん(果帆の旧姓)が好きです。」

「彼女が居る身で何を言っても信じて貰えないでしょうし、軽薄ですけど、
ずっと好きでした」

「最初にシャンプー担当させて貰った時から、
△△さん(果帆の髪担当)にお願いして、付けて貰ってました」

「他のお客様とは形式的な会話しか出来ないけど、
○○さんとは違うんです」

「好きだけど、お店にとっても大事な人なので、、
付き合ってくださいとは言えません」

こんな感じで真剣な告白を受けたらしい。
告白された後は、乗せて送って行くと言われたんだが
果帆は断って電車で帰ったらしい。

男性側から冷めた意見言わせて貰うと、ただ都合良く
一回やらせて貰いたい口説きにしか聞こえないと思うんですが、、
相手がかなりのイケメンだからか果帆は結構ポーっとなってる気がしまして
それにカーっとなって
ちょっと乱暴に果帆を押し倒してしまいました。
服を着たまま、ベッド以外でHしたのは初めてでした。
まるで何かに目覚めたかのようでした。

Hしながらも、
結構言葉攻めしました。
俺「バイクに乗ってこの胸押し付けたんだろ!?」
果帆「押し付けたっていうか、完全に後ろから抱きついてたよ」
果帆「私、デートするよ、それに、しても謝らないからね」
って喘ぎながら言われて、興奮して果てました。

果てた後、果帆を触りながらトークしていると
果帆「そういえばね、美容院でマッサージして貰ってる時、
「いつも肩こり酷いですよね?」って言われて、、
「胸大きいから大変ですねって」
私が「急にどうしたの?照れるじゃん」て言ったら
顔真っ赤にして、鏡ごしに目合わなくなったの?浜田くんって可愛いでしょ!?」

それを聞いて俺が
「は!?全然可愛くないんですけど!?」
って嫉妬して勃起したモノお尻に擦り付けたら
果帆も面白くなったみたいで
あとね、今日は他のお客さんも居ないので入念にやっておきますねってかなり長くマッサージして貰ってたんだよ。
あれが無ければ、映画間に合ったと思うw
それにね、二の腕マッサージして貰った時に、後ろから抱きしめられる形になって、浜田くんの顔が私の耳のそばに来て
鼻息とか聞こえて、ちょっと興奮しちゃったw
そこで俺も興奮と愛おしさと嫉妬が最高潮になり、横になったまま、再挿入しようとしたら
だーめって言いながら逃げられました。

その時点で果帆に届いたメールも見せて貰いました。
俺のメールも見たんだから当然だろ?と言って
すると男目線から見ても、浜田くんって実直で真面目?
って思うようになりました。
メールの内容が
「昨日は一方的に気持ちぶつけてしまい反省しています」
「○○さん専用のヘルメット購入しました。良ければまた乗ってください」
「彼女にも謝りました、お店の大切な人だしと許してくれました、
○○さんには失礼な事して申し訳ありませんでした」
「彼女には悪いんですが、○○さんへの気持ちがどんどん大きくなってしまってます」

同時に送信フォルダ
見て興奮してしまったのが
「バイクちょっと怖いけど、浜田くん運転優しいからまた乗りたいな、ヘルメット楽しみ?」
って内容や
「映画の趣味本当合うよね!なんか本当貴重だよ、これからよろしくね&#9829;」

帰り際
果帆に「好きになっちゃったらどうするの?」
って聞かれたけど
それは浮気じゃなくて本気って言うの、その時はその時
って強がって帰りました。
約束は浜田くんの休日ということで来週の火曜日にしたみたいです。

その日はHをしたことでまだ落ち着いていましたが
火曜日は悶々がピークでした。
一応、デートの格好は聞いておきました。
バイクに乗るのを計算したライダースジャケットにキュロットパンツらしいです。
たかが映画デートと思い込もうとしても、勃起しそうになります。
その日の夜は自分で慰めながらそのまま気を失うように眠ってしまいました。
深夜1時頃に果帆からメールが入ってましたが
気づかずに朝まで眠ってしまいました。

後日果帆から聞いた
この日のデート内容は以下の通りです。

待ち合わせ場所に着くと、先に待ってた浜田くんが
「お仕事お疲れ様でした」と笑顔でコーヒー渡してきた。
上映時間までガーデンプレイス内を散歩していて
浜田くんが若干緊張している様子だったので
果帆から腕にしがみついて密着したら
徐々に浜田くんも遠慮しなくなり、果帆の格好を褒めてくれたりした。

映画館に入り
1つの飲み物を2人で飲み
ちょっと予想外に退屈な映画だったみたいで
上映途中から浜田くんが手を繋いできて
果帆はその手を繋ぎながら自分の太ももに置いてあげたら
勝手に大腿や膝を触り動かすので、気が散り
「こ、ら」というと直ぐやめてくれた。

映画の後、お茶しに行って、話していたら
浜田くんが「ちょっと待っててください」
と言って、どこかへ走って行ったと思ったら
買ったばかりのヘルメットを持って戻ってきた。
「これ被って早速走りましょう」ということになり
都内を走りついでに自宅まで送って貰い
「楽しかったですありがとうございました」って言って爽やかに帰って行った
ここまでで終われば極めて健全なデートだったのだが、

自宅マンションの前で見送った後
玄関のドア開けて入り電気を点けると、足元にゴキブリが走ったと
(確かに果帆の部屋でGを見かけたことはある)
そこで、いつもは俺に連絡するのだが、
何故か、浜田くんに電話してしまったと
浜田さんは「彼氏さんじゃなくって、俺が行っても良いんですか?」
と言いながらも直ぐ戻ってきた

家に入れないでいる果帆のところに
戻ってきた浜田くんがバイクから降りるや
嬉しくて抱きついたらしい。
そしたら浜田くんが果帆の頭にキスしてきたようだったので
果帆が顔を上げると
顔を両手で掴まれキスされ
舌も絡ませだした
マンション前だと人目につくので
玄関に入った、しばらくはG探ししてくれたものの発見出来ず、
仕方なく果帆がお茶を煎れると
浜田くんは「彼氏さんに悪い」と玄関に座ったまま
上がらずにお茶してたらしいが
果帆が「じゃあ浜くんは今日の事彼女に言うの?」と聞くと
そのまま無言になって
見つめあって、押し倒されたらしい。

その場でキスされて、カットソー脱がされ、揉まれ、吸われ
浜田くんは終始「綺麗」とか「やっぱりすげー」とか「ずっとこうしたかった」とか
呟いてたらしい。
果帆は一応ダメだよとか言ってたみたい
でもあそこに指を入れるのと舐めるのは、余り上手く無かったので中断させたと

最後まで許すつもりは無かったが
何故かこのまま帰して彼女とHされるのは嫌だ
と思ってしまったらしく。

お姉さん風吹かせて
廊下に座った浜田くんの
ベルトを外し脱がせると
パンツはびしょびしょだったので
果帆が笑うと
「バイクの時、背中に当たる胸がすごくて」
と照れて言い訳してて可愛かったと
どうして欲しいか聞くと、
「舐めて下さい」って言ったから
フェラしてあげて
「今日帰ってから彼女とHしたらダメだよ」
と言ったら
素直に「はい」って

でそのまま口でいかせたの?って聞いたら
果帆はペロリと舌を覗かせながら
「ううん、違う、胸」
俺「あ!?」
どうやら、いつの間にか部屋に上がってベッドに座らせてパイズリしたらしい。
浜田くんはしきりに「こんなの初めてだ」と感動して
気持ちよがってたと
イッた後の浜田くんには直ぐ帰ってもらったみたい。
やたらとキスしようとしてきたけど、果帆はそんな気分じゃなくなったそうで
その直後で俺にメールくれてた。

俺「果帆?やり過ぎだぞ
俺浮気って言ってもキスしかしてないんだよ?」

果帆「どこまでとか今関係ないっ!心配して家に来てくれると思ってたのに!」
「でも、もうしない…、結局後悔したし」

と全部聞きながら、途中から果帆を犯そうと思ったのですが、
何故か膝はガクガクだし、血圧下がって手は冷たいしで
襲えなかったので

浜田くんと同じ場所で
俺もパイズリさせました、
果帆は己の罪悪感からか、非常に従順で一生懸命でした。
心から愛おしく思えたので、もう離さないからなと言うと
ニヤリとして、泣きそうな顔になって激しくしてきました。
そこから玄関に置いてあるヘルメットを見て
ああ、果帆の言ってることは現実なんだなぁ
と思って

変態な俺は、、、更に興奮しました。
浜田くんより気持ち良くしてっと言うと
頷いて、沢山唾を垂らして、一気にイカされてしまいました。

以上

振り返ってみてみると、

当方、二十歳の喪女です
胸がスーッとするのとはちょっと違うけど、衝撃的なことがあったので

二週間ほど前の朝、満員電車に乗ってたら、後ろから肩を突かれた
振り返ってみてみると、そこに完全に見た目やくざな兄ちゃんがいた
180以上ある身長に、坊主頭、ひげを生やして、目つきのこわい兄ちゃん
何人か殺してるな、って感じの兄ちゃんだった

一瞬で頭が真っ白になって、私は固まった
ところが、やくざはちょいちょいと私の腰の辺りを指差す

で、そちらを見てみると、お尻を撫でまわされてる女子高生がいた
私と同じ生物とは思えない、可愛い女子高生だった
私の胸くらいまでしかない、小っちゃい女の子が、泣きそうになって、俯いてる
(どういうこと?痴漢を止めろってこと?)
正直、意味がわからん

で、私は動けなかったわけなんだが、そんな役立たずな私を押しのけて、やくざの兄ちゃんが、痴漢の腕をがしりと掴んだ
痴漢は、何かどこにでもいる感じの中年のサラリーマンだった

続きます

続き

やくざ「えらいことしてくれてんなあ、お父さん」(ほんとにこう言った)
痴漢「え?え?」
やくざ「痴漢はアカンで。そこらに貼り紙あるやろ?」
痴漢「あ、あの…」
痴漢、しどろもどろ。無理もねえよ
やくざ「言い逃れはきかんで。証人もおる」
で、私の方を見るやくざ
正直勘弁してくれと思いながら、私はコクコク頷いた

その頃には、私、やくざ、女子高生、痴漢を囲むように、何か二メートルくらいの人垣ができてた
さっきまで私の腹のぜい肉にカバンを押しつけてたおっさんとかも、向こうの方で、立ったまま寝たふりしてたw

で、痴漢は認めたわけなんだが、その途端、やくざはとんでもないことを言い出した
やくざ「実はこいつ、俺の妹なんや」

リアルに噴きそうになったw
その場にいた全員、(ねーよ!)と思ったと思う

が、図々しいことを言い出すやくざの勢いは、まだ止まらない

続きます

続き

やくざ「どうする?」
痴漢「え?」
やくざ「とりあえず、この後は当事者間で話し合うべきなんやろけどなあ」
わざとらしく女子高生を見るやくざ
やくざ「妹は無理みたいやし、俺が代わりになるわ。お父さん、俺と話しよか」
痴漢「…」
痴漢は泣きそうだった。
というか、泣いてた

あれよあれよという間に痴漢は名刺だの免許証だのを取り上げられて、次の駅でやくざに引きずられていった
残された私は、ほとんど放心状態になってたw
一人のサラリーマンの人生が終わる場面を見てしまった衝撃は、すごかったです

で、腰が抜けかけてる私に、女子高生が「すいません…」と言ってきた
正直ホッとして、私は「あ、うん。大丈夫やった?」
女子高生「はい」
私「怖かったねえ」
女子高生「すいません…」
私「うん?」
女子高生「あの、兄がご迷惑をかけて…」

その日一番の衝撃発言を、女子高生が口にした

続きます

続き

女子高生が何を言ってるのかしばらく理解できなかったけど、何か、やくざはほんとに女子高生の兄だった

後から女子高生から事情を聞いたところによると、こういうことらしい

この四月から、女子高生はあのサラリーマンにずっと痴漢されてた
乗る電車を変えても狙ってるように、ほとんど毎日なので、怖くなってやくざ(お兄さん)に相談したそうだ
で、警察沙汰とかにして事を大きくするのは怖いという妹のため、やくざ(お兄さん)が一肌脱いだらしい

その後は、しきりに恐縮する女子高生となぜか連絡先を交換して別れたんだが、その日の夕方に、女子高生から電話がかかって来た

出たら、やくざだった

やくざ「あの、今朝はご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした」
私「あ、いえ、どうも、フヒヒ…(誰だよ、お前)」
やくざ「よろしければ、一度お会いして、改めてお礼をしたいのですが」
私「い、いえ、フヒ」

遠慮したんだが、どうしても、ということなので、妹ちゃんの方とだけ会うことになった

続きます

続き

で、この日曜日に妹ちゃんとお茶をしたんだが、この時に事情を聞いた
ただ、痴漢がどうなったかは、妹ちゃんも教えてもらってないらしい

やくざ(お兄さん)の話とかも、色々と聞いた
お礼のことを私があまりにも遠慮するから、やくざは「怖がらせてしまった」と落ち込んでるらしい
ちなみにやくざは、私と同い年だった
しかも、国立理系の大学生、超インテリだった

で、あまりにも妹ちゃんがやくざの話を楽しそうにするから、
「お兄さんのこと、大好きなんやね」
と私が言うと、妹ちゃんは
「そんなことないですっ」
と言った後で、慌てて、
「あ、そうじゃなくて、大好きだけど、普通に大好きなだけです。特別じゃないです」
と言い足した
かわいすぎて、死にかけた
あんな妹が実在するとは
何とかして、妹ちゃんに「お姉ちゃん」って呼ばれたい

以上です
色々と衝撃的な事件でした

最後までやくざ呼ばわりww

やくざと結婚してお姉ちゃんと呼ばれなさい

これは萌える妹www
…で、いつになったらそれが今の彼氏です//になるのかな?

本物のやくざではないんだなw

部活の顧問の女教師と・・・

微妙にスレ違いかもしれんがすまん。
俺は今、33歳だが、今から約10年くらい前、大学を卒業して社会人になった
ばかりの頃のことだ。
当事俺は、東京から地元にUターン就職し、週末の土日は母校の高校の柔道部
のコーチをしていた。顧問の先生(男)とは高校在学中も卒業後も仲がよく、地元に帰って
来たなら時間がある時でいいから部活の面倒をみてくれと言われ、ちょくちょく
母校に顔を出すようになった。
仲のよい先生は男子をメインでみており、俺は指導が手薄な女子の方をコーチ
していたのだが、女子部の顧問は新卒で俺と同い年の女の国語教師で、スポーツ全般が
からっきしだめな人だったので、俺はその女性教師からも結構重宝がられていた。

当時は彼女もおらず、休みの日もヒマをもてあましていたので、ほぼ毎週
通っていたのだが、大学時代も体育会に所属しずっと柔道を続けていた俺の
指導は生徒からも評判がよく、かなりマジメで熱心なコーチぶりだったと思う。
そのせいか、今にして思えばもったいない話なのだが、そんなにカッコよくない俺でも
女子高生から見ると大人の男としてかなり美化して見えるらしく、「先輩とつきあいたい」
という生徒も4、5人いた。しかし俺は(今なら大歓迎なのだが)年下と年上の女性を
まったく受け付けず、同級生にしか興味がなかったので、特に女子高生とつきあったり
とかはしなかった。
繰り返すが今なら間違いなく食ってる。
で、そんな日々が過ぎていく中で、自然と顧問の女教師とも親しくなっていった。
彼女は、もう本当に典型的な文系の女性で、小柄で見た感じはかわいくもブサイクでもない
ごくフツーのルックスだったのだが、柔道部の顧問自体、押し付けられて
嫌々やっており、「週末も部活があるから休みがない」とか「夏休みになっても
毎日部活があるから旅行にも行けない」などと俺によく愚痴をこぼしていた。

秋が来て、県の秋季大会が近づいてきた。当然俺は大会にも同行するつもりだった
のだが、会場は市外のかなり離れた高校になったということで土日泊りがけの遠征となった。
当日、俺は土曜が仕事で最初から同行できなかったのだが、仕事がハネてから、
大急ぎで車を飛ばし、生徒たちが泊まっているホテルに向かった。
ホテルに着いたのは夜9時前だったと思う。
その時は早く行ってやりたいという、まじめな気持ちが先走り、前もって宿泊予約
をしていなかったのだが、まあ現地に入ればホテルぐらいすぐとれるだろう
くらいの軽い気持ちでいた。いざホテルに着くとそこは遠征して来てる
他校の生徒たちもおり満室、その他のホテル・旅館も軒並み満室という状態だった。
冷静に考えれば小さな地方都市に県内から大勢の高校生が押しかければ、
市内の宿泊施設が満室御礼になることはくらいは予想できてたのに、と我ながら
うかつさを反省していると、生徒を引率して先に宿舎入りしていた女教師が
ホテルの人に事情を説明し、なんとかもう一部屋あけてもらえないかと交渉
してくれていた。

俺は仕方がないので海沿いの漁港にでも車を停めて車中泊するつもりでいたのだが、
「せっかく疲れてるところをわざわざ来てもらったのに、コーチにそんなこと
させられない」と女教師はしつこくホテル側に部屋をあけることを頼んでくれていた。
だがホテル側も無い袖は振れない。さんざん交渉した挙句、シングルルームに
毛布を持ち込んで泊まるのでもよければ、ということでやっと宿泊を許可された。
ただここで問題が発生した。
要は今回の宿泊は女子チームだけで、俺以外の関係者は生徒も教師も
全員女性である。
生徒たちはツインやトリプルルームに分散して宿泊していたのだが、
まさか女性との部屋に俺が潜り込むわけにもいかない。
必然的に俺は女教師とベッドが一つしかないシングルルームに泊まることに
なった。
俺的には予想外の展開だった。

とりあえず女教師と部屋に入り、やっと腰を落ち着けた。
俺「ごめんね亮ちゃん、こんなことになって。やっぱり無理して今日来ず
に明日の朝来ればよかったよ」
あ、亮ちゃんって女教師の名前ね。普段から生徒の前では名字で
「○○先生」って呼んでたんだけど、二人で話をする時はフランクに名前で
呼び合ってたから。
亮ちゃん「いやいや、こちらこそ。せっかく来てもらったのにこんなことに
なって、ごめんね?」
みたいな当たり障りのない会話をしばらく交わしていた。

しばらく会話を交わしていると、ホテルの人が毛布を持ってきてくれた。
生徒を引率してきてる女教師が男とシングルルームに泊まるのだから
本来なら非常識な話なのだが、毛布を持ってきてくれたホテルの従業員も
俺の素性と事情を聞いていたらしく、あまり変な目では見られず、
「ごめんなさいね?、他に部屋があればよかったんだけど」
みたいなことを言って帰って行った。
まあ、本当に仕方なくそんな展開になったわけだから、従業員も変な想像は
してなかったんだろうな。
もちろん俺もこの時点までは変な気はさらさらなかった。
仕事場から直行してきて疲れてたしね。

交代でシャワーを浴びて、ひとごこちつくと、ふとこのとんでもない状況に
俺はなんか妙にソワソワした気分になってきた。
お互いホテルの浴衣を着て風呂上りの匂いがする。
俺は椅子に腰かけ、彼女はベッドに腰かけ、テレビをつけたまま、しばらく
話をしていたのだが(何を話していたか忘れた)
そろそろ寝ようか?ということになり、俺は当然床下に、亮ちゃんはベッドに
それぞれが寝る体勢になった。
俺は自分が既にこの状況に対して、Hな想像をしていることがわかっていた。
だが、善意で男の俺に相部屋を提供してくれた彼女に変なことをするわけにも
いかない。
でも鼻をくんくんするともう部屋中に女のにおいが充満してるわけじゃん。
ちょっと俺は半勃ちになってたな。
「亮ちゃん、ごめん。俺、イビキがうるさいかもしれんから、うるさくなったら
鼻をつまんでね」みたいなことを言ってなんとか自分のHな気持ちを必死でごまかそう
としていた。

「信一くん(俺のこと)大丈夫?床の上で寝にくくない?」
彼女も気を使ってベッドの中から声をかけてくれる。
「大丈夫、大丈夫。俺はどこでも寝れるタイプだから気にせんで!」
妄想を押し殺してまともな返事をする俺。
でも毛布の下の下半身は、既に元気ハツラツになっていた。
横になった体勢でしばらく会話を交わしていたのだが、そのうち俺は
なんとかシングルベッドに二人で一緒に寝れるようにしむけるための
口実を脳ミソフル回転で考えていた。
彼女が寝てしまったら終わりだ。彼女が寝付く前になんとか思いつかなければ!
俺は彼女が眠ってしまわないように会話を途切れさせないように話しかけつつ
もう、必死で口実を考えていた。

無意識に俺は突然、「イテテテテ」と何かに痛がる演技をしていた。
彼女は俺が突然、何かに痛がり始めたのでびっくりして、
「信一くん、どうしたの?」と聞いてきた。
ここから先は綿密に考えて口走ったわけではないが、もう本能的に俺はウソを
まくしたてていた。
・俺は元々、腰痛持ちで腰がかなり悪いこと
・さっきまでは気にならなかったのだが急に腰が痛くなり始めたこと
・長時間車を運転してきた後だからかなあ?
・やっぱり固い床の上に寝転がっているからかなあ?、等々
俺が腰痛持ちであることはウソではないが、その時は別に痛くなかったし、
固い床の上で寝ることが腰にいいのか、悪いのかすら知らなかった。
ただ、一緒にベッドに入ることだけを考えて、ウソをまくしたてていた。

彼女は当然心配して、
「信一くん、そんなに痛いならベッドと床、代わるよ!」
と言ってくれた。しかしそれではもちろん意味が無い。
「ごめんごめん、急に。大丈夫だから心配せんで!」
「でも、悪いよ」
「大丈夫、大丈夫!」
そんな押し問答が続いた後、ごく自然に俺は言った。
「この際、二人でベッドに入るってのは、やっぱりまずいよねえ?」
ついに切り出した俺だった。
今にして思うと下心丸出しで、かなり恥ずかしい必死さだったと思う。

俺の提案に対して彼女は、そんなこと考えもしなかった、みたいな顔でしばらく
黙っていたが、
「うーん、別に寝るだけよね?変なことせんよね?」
こちらの思う方向に彼女は譲歩し始めてくれていた。
俺は冷静を装い「うん、もう疲れて眠いし、二人でベッド使った方がお互い
気を使わなくていいし」みたいな道理があまり通ってないんだけど、この際いいか!
みたいなことを言っていた。
結局、狭いビジネスホテルのシングルベッドに俺は23歳の女教師と二人で
寝ることになった。
俺が彼女の横に潜入成功したのは既に日付も変わった午前零時過ぎ。
「じゃ、おやすみ。でもこれ絶対内緒だよ!生徒たちにはコーチは別の部屋が
とれたってことにしてるんだからね!」
「わかってるって!じゃ、おやすみ」
でも、当然、眠れるわけがない。しばらくセックスもご無沙汰だった俺は
鼻から思いっきり彼女の匂いを吸い込んだ。
でもいきなり襲いかかるわけにもいかない。あくまで偶然を装い、徐々に
彼女の体にタッチしていかなければ・・・
俺はその日まで別にタイプでもない彼女のことを女性として意識したことはなかったし、
まさか二人でこうして同じベッドに入るなんて考えたこともなかったわけだけど、
さすがに真横で女が寝てりゃ、もうタイプとか関係なくなってくるわけだよ。
まともな男なら誰だってそうだろ?

しばらく彼女の匂いだけで我慢していたが、寝たふりをしつつ、徐々に彼女との
密着度を高めていった。
最初はお互い背中合わせで寝てたんだけど、俺は寝返りをうち、勃起した
チンチンを彼女の腰のあたりに押し付けてみた。
反応はない。寝てるのか?またしばらく様子見。
次に腕を彼女の方に回して抱き寄せてみた。だが無反応。
浴衣の上から胸を軽く触る。さすがにブラはつけたままだが、みかけより
ボリュームがある胸だ。
俺は更に興奮してギンギンになっていった。

調子にのった俺は、胸をタッチから揉むに変更。
「うおー、やっぱり女の体はいいぜ?」
俺は興奮を押し殺し無言で胸を揉み続けた。するとようやく彼女から
「んっ?」という反応が。俺は無視して揉み続ける。
彼女はしばらく黙っていたが、
「ちょ、ちょっと、信一くん、やめて!」
やっと声に出して抵抗し始めた。
俺は少し動揺したが、今更後戻りはできない。完全に拒否されたらアウトだが
それまではイケイケで押し通してみよう、そう決意して、
「亮ちゃん、ごめん。俺、本当は前から亮ちゃんのこと好きだったんだ。
まさかこうして二人っきりになれるなんて思ってなかったから。最初は
我慢してたんだけど、好きな女がそばにいるのにこれ以上我慢できなくて」
別に好きなわけではなく、単にヤリたかっただけだが、あまり遊んでなさそうな
女教師相手では正当な理由が必要だろうとの判断からそうウソをついた。
俺は強引に背中を向けた状態の彼女を俺のほうに向かせて、了解を得ずキスした。
彼女は「んっ!んっ!」と拒んでなかなか舌を入れさせてくれなかったが、
浴衣の中に手を入れ生チチを揉み始めたくらいから、徐々に抵抗しなくなり、
舌をからませてくれるようになった。
「よし!ミッション成功!」俺は心の中で叫んだ。
キスをやめることなく、浴衣の帯をほどき裸にしていく。真っ暗だから
乳首の色とかはわからないが、久々の女体に俺は更に興奮していた。

彼女を完全に裸にしたところで、全身の愛撫に移っていく。
乳首をなめながらアソコを触ると、既にグチョグチョになっていた。
小さな声で「そんなつもりじゃなかったのに・・・」とつぶやく彼女。でも無視する俺。
クンニに移った頃には「やっ、恥ずかしい」とは言っていたが既に観念した様子。
俺は彼女のアソコを思う存分なめまわした。
無臭ですごくなめやすいアソコだった。
彼女はずっと声を押し殺していた。
クンニを堪能したところで、俺も浴衣を脱ぎ全裸になった。
俺は彼女の手をとり、チンチンにもっていき、
「亮ちゃん、愛してるよ・・・」心にもないことを言ってチンチンを握らせようとする。
でも、ちゃんと握ってくれない。

今度は俺が上の状態で69の体勢になり、彼女にフェラしてもらうことを試みるが
全然してくれない。
俺はクンニをやめ「ねえ、亮ちゃん、亮ちゃんの口でしてほしいな」
とお願いしてみるが、「私、そんなことしたことない」と拒否される。
ちょっと残念だったが、ここまで強引にもってきてるので、あまり無理強いも
できない。
俺は最終段階、挿入に入ることに決めた。

前もって断った上で挿入しようかとも思ったが、また断られたらそれ以上
進めなくなるので、俺は黙って正上位で入れようとした。
彼女は少し抵抗しそうだったが、時間をかけて愛撫したせいか、拒否する気力も
なくなっていたようだ。
俺はシレっと挿入した。
クンニしていた時から舌先で感じていたが、小柄なせいかかなり小さなアソコである。
かなり締まって、且つ、愛液でグチョグチョになっていたせいで、相当気持ちがいい。
おまけにナマだし。まあ、避妊せずに挿れたことには少し罪悪感があったが、
しょうがないよな、なりゆきでこうなったんだし、と開き直る俺。
色々な体位でズッコンバッコンしたいのだが、どうも雰囲気的にこれ以上の要求は
できそうにない。
俺はキスをしながら、ひたすら腰を振り続けた。
彼女は声を押し殺したままである。でも、感じてくれてはいるようだ。
たまっていたせいもある。ナマだったせいもある。
俺はそろそろ我慢できなくなってきた。彼女をイカせてやろうなどという気は
毛頭ない。なにせヤリたかっただけだから・・・
「亮ちゃん、俺、そろそろ限界だよ。どこに出したらいい?」
「え?え?」わけがわかってない様子の彼女。
「俺、イキそうだから、精子を亮ちゃんのどこに出したらいい?」
「え?え?」
「中はマズイでしょ?だから・・・」
彼女は感じつつも、自分でもどうしていいかわからずとまどっていたようだ。
その時俺はちょっとSっ気が出てきて、どうせ今夜1回限りのセックスなんだし
顔射か口内発射にしてやれ、という気になっていた。
でも相手はフェラすらしたことない23歳である。
そんなことしたどうなるのやら・・・でも俺はすごく試したくなった。

ええい!ここまできたら最後まで俺のペースで押し通してやれ!
俺は彼女の意思確認をせずに口に出してやろうと決めた。
彼女の口を指でこじあけながら(もちろん彼女は何のためにそんなことされてるのか
わかってなかったと思う)
「亮ちゃん、そろそろイクよ!」
俺はチンチンを引っこ抜き、半開きになった彼女の口元に思いっきり射精した。
突然、口元に射精されたので彼女はびっくりしたと思う。
おまけにむせかえっていた。
俺は達成感にひたっていた。

おそらく彼女の人生初であろう、口内射精を俺にキメられた後、しばらくぐったり
していたが、やがてモノも言わず無言で洗面所に行きうがいをしていた。
俺としては精子まみれになった彼女の顔を明るい部屋でじっくり見たかったが
それはかなわなかった。彼女がうがいをしている間に部屋の明かりをつけたので
かろうじて彼女の裸は拝むことができた。
しかし彼女は速攻で浴衣を着てしまったので、じっくりと視姦といかなかった。
しばらく無言のまま時間が経過していき、かなり気まずくなった俺は射精後
初めて彼女に話しかけた。
「ごめんね、亮ちゃん」
「・・・」
「ごめん・・・」
「・・・」
彼女はやはりかなり怒っていた。とても「2回戦いきますかァ!」
ってな雰囲気ではとてもなかった。

ようやく口を開いた彼女は、
「今日のことは受け入れちゃった私もいけなかったから・・・
でもこんな風になるとは思わなかったから」
それを聞いて俺はホッとした。だって強姦されたとか言われたら犯罪者だもん。
とりあえず和姦ってことになって本当にホッとしたよ。
ヤってしまった後でガクブルになった俺であった。

少し落ち着いてから
「ところで亮ちゃんは彼氏いるの?」と聞いてみた。
もちろんつきあう気はさらさら無かったが、まあ世間話だよ。
彼女のことを突っ込んで聞いてみると
・前にセックスしたのは二年前、在学中に付き合ってた彼氏と
・男性経験はその彼だけで、今は別れてて彼氏はいない
・口内射精はもちろん、ナマでHしたのも初めて 等々
もちろんその夜以降、彼女とはなんら進展は無く、それっきりこっきりで終わった。
おしまい。
スマン、長くなりすぎた。

ゴスペル仲間の真友美先輩(39)とセックスした・・・


同じゴスペル所属している真友美先輩(39)との話です。
彼氏の相談をよく受けていました。

「とにかく彼としょっちゅうケンカしてるし、仕事も忙しくなってきたし、大変よー。すごくストレス溜まってるのよ・・・」

「でも彼氏さんっていいですよね。真友美先輩、胸とかお尻とか出てるとこちゃんと出てるし・・・うらやましいですよ。」

「高橋くん、そんな事考えながら歌ってたの(笑)。エッチね。
そんなに出てないよ。」

「真友美先輩、よく黒のジーパンはいてますよね・・・その上からでもお尻が大きいの分かりますもん・・・。見たいくらい・・。」

「やだ・・・見たいの?・・・見てみる?・・・」

「真友美先輩、・・彼氏に悪いですよ、そんなこと・・・知ってると思いますけど僕、彼女もいるし・・・」

真友美先輩はいつもの黒のジーパンを僕にすり寄せてきてキス・・・
僕の理性はふっとびました。

白いポロシャツを脱がし、白のキャミソール姿に・・・ブラだけ外して(キャミソールはまくりあげて)、
あこがれの真友美先輩の大きいやわらかいオッパイが目の前に・・・。

乳輪は少し大きめでしたが、39歳ながらも未婚・出産していないからか、きれいなピンク色でした。

マシュマロのような胸を揉みながら、乳首を舐めるとピンッと立ってカチカチになりました。

「高橋くん、いいの・・彼より上手・・ああっ乳首感じるの・・・彼氏は普段セックスしてくれなくて、旅行の時しかセックスしてくれないの・・・」

いつもゴスペルの練習のときに見ている真友美先輩の黒ジーパンをお尻の方からヒザまでズリ下げました。大きなお尻とパンティが・・。

先輩は身長がそんなに高くないので余計お尻が大きく見えます。

白のパンティをヒザまで下げ、やわらかいお尻の肉を揉みながらアナルを舐め、指を出し入れしました・・・。穴を舐めると生々しい香りが・・・。

「いやっ、恥ずかしい・・・そんな汚いよ・・・クサいよ・・・。」

真友美先輩に両手をつかせて立ちバックでナマで挿入・・・

やわらかいお尻の肉を揉んだり、Tシャツをまくって大きな胸を両手で揉み、立ちバックで小さい先輩の背中を見ながら・・・僕は心の中で
「真友美先輩まじめそうに見えるし、ゴスペルの後輩の僕に下半身を提供してる・・・妊娠しちゃうかもしれないのに・・・・かわいいと思ってた真友美先輩の大きなお尻、アナル、乳輪、乳首、アソコみんな見ちゃった・・・」と興奮しました・・・。

「高橋くん、いいのっ、最近・・私、4年付き合っても結婚してくれない彼氏にイライラしてたから・・・もう39歳にもなっちゃったのに・・・。

私のことムチャクチャにしてほしいのっ・・・全部忘れさせてっ・・・

もっと、もっと激しく突いてっ・・おちんちん、気持ちいい・・彼氏より大きいっ・・・中に出してもいいのっ・・・いっぱい出してっ・・・あっ頭の中が真っ白になっちゃうのっ・・・イイっもっと突いてっ・・・ああん、気持ちいいの・・・あっ・・いやんっ・・・あっ・・あんっあんあんっ・・・真友美いっちゃうの、いっちゃう、いっちゃう・・・んんっ・・・っっ!!・・・・・イクっ・・・」

僕もイキそうになってきて「真友美先輩の中、締まってきてる・・・真友美先輩っ・・あっ・・出そう・・あっ・・」

お尻の上に出すつもりが、抜くのを失敗して39歳の真友美先輩の膣の中に出してしまいました・・・。

立ちバックで真友美先輩の背中にもたれかかり、射精の余韻にひたっていました。

もたれかかっていると自分でも驚くくらいの量、真友美先輩の膣に射精して流し込んでしまいました。

真友美先輩は服を着ながら、「高橋くん、ありがとうね。彼氏へのストレスが一気に解消できたわ・・・すごくスッキリした・・・。」

「僕もスッキリしましたよ・・」二人でまたキスをしました・・・。

ゴスペルでは先輩に怒られてばっかりでしたが、なぜだか少しだけ優越感を感じました。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード