萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

彼氏

金髪ビッチだった嫁は、今では黒髪の上品な主婦になっていた

私の妻は、4歳年下だ。まだ私が大学生の時に彼女に知り合い、そして、色々とあったが結婚に至った。

妻の純子は、今は専業主婦をしていて、そろそろアラサーと言われる年齢になってきたので、最近子作りを始めたところだ。と言っても、基礎体温すらつけず、避妊せずにセックスをするというだけの子作りなので、いつ授かれるのかはタイミング次第だと思っている。

でも、まあ焦る歳でもないので、それでかまわないと思っていた。

純子は、肩まで伸びた真っ黒な髪ががとても綺麗だ。本当にクセのないまっすぐな髪は、艶やかでキューティクルの天使の輪が見えるほどだ。
ルックスは、ぱっちりした二重まぶたが印象的で、美人と言ってもいいと思う。系統としては北川景子に似ていると思うが、あそこまでキリッとはしていない。

北川景子を少し太らせて、目力を弱くしたのが純子という感じだ。

純子は、もの凄く家庭的で料理も上手い。いつも朝は、手間暇かけて和朝食を作ってくれる。
今日も、目覚めてベッドを抜け出しダイニングに入ると、味噌汁の良い匂いが鼻をくすぐる。

そして、卵焼きや焼き魚などが並べられている。旅館の朝食のようで嬉しいが、毎朝大変じゃないかな? と、少し不安になる。
『おはよ?。もう出来てます。いっぱい食べてくださいね』
純子は、満面の笑みで私を迎えてくれる。この笑顔と美味しい朝食が、私の一日の活力源になる。
「毎朝ありがとう。でも、大変だったら、たまにはトーストとかで良いよ!」
私が、気を使ってそう言うが、
『ありがとうございます。でも、作るの好きだから! それに、あなたが美味しそうに食べてくれるのを見るのが、私の幸せなんですよ』
穏やかな笑みを浮かべながら言う純子。私は、彼女と結婚出来て本当によかったと思いながら、椅子に座った。

純子と初めて出会った時には、こんな風になるなんて一ミリも思っていなかったと思う。そもそも、初めて純子と出会った時、私は彼女を苦手なタイプだなと思った。と言うよりも、正直、彼女のことを嫌いだと思っていたと思う。
なぜなら、初めて出会った時、彼女は金髪のビッチギャルだったからだ。今の純子の姿からはまったく想像もつかないのだが、純子は昔金髪ビッチだった。

当時の彼女は、今よりも長い髪をしていた。そして、毛先に行くほどクルクルにカールしているその髪は、金色だった。茶髪とかそう言うレベルではなく、誰が見ても金色だと答えるくらいに真っ金金だった。

彼女と出会ったのは、バイト先のレストランだった。もともとそこで長いことバイトしていた私は、彼女がアルバイトとして働き始めた時、凄く驚いたことをよく覚えている。いくらキッチンの担当で基本的にお客さんと接することがないにしても、金髪で化粧もしていて、なおかつ言葉づかいも酷い彼女を、よく雇う気になったものだなと逆に感心した。

あとでよくよく聞いてみると、知り合いの頼みだったようで、オーナーさんとしても仕方なくと言うところがあったようだ。

だけど、そんな見た目に反して、彼女の料理の腕は確かだった。これも後で聞いた話だが、彼女の実家も個人経営のレストランで、昔からよく料理はしていたとのことだった。
だったら、実家を手伝えばいいのにと思ったが、やっぱり外で働いてみたいという気持ちが強かったようだ。

言葉づかいも酷かった彼女だけど、コミュ力は抜群で、あっという間に店の人気者になっていった。そして、私のことをよくいじるようになっていた。

私は、本当に真面目だけが取り柄みたいな面白味のない男だったと思うが、そんな私が彼女にとってはツボだったようで、本当に良くいじられていた。でも、そのおかげで、私も店の仲間達ともっと親密になれた気がする。

彼女はまだ女子校生で、いつも学校から直接店に来るので、忙しいタイミングだったりすると、制服の上にエプロンをしただけで料理を始めることもあったりした。金髪の女子校生が制服姿で料理をする姿は、インパクトがあってなかなか見物で、私は凄く好きだった。

『康くんお疲れ?w なんか作ってあげよっか?』
純子はバックヤードの椅子にあぐらをかくように座り、鏡を見てメイクを直しながら私にそう言ってくれた。その日は平日のヒマな日だったので、店が終わると私と彼女と他2人しかいない状態だった。そして、その二人とも予定があってさっさと帰ってしまったので、二人きりになった。

と言っても、ラスト終わりに二人になるのはよくあることだったので、別に何とも思ってはいなかった。
「悪いね。ありがとう! なんでもいいよ!」
私はお腹がぺこぺこだったので、彼女の言葉が嬉しかった。彼女は、手早くパスタを作ってくれたが、本当に美味しいパスタだった。
「美味しい! ホント、純ちゃんって、見た目からは信じられないくらい料理上手いよねw」
私は、基本的には人見知りだったが、彼女とは一緒にすごす時間も多く、そして彼女のキャラクターもあって、彼女には打ち解けた態度で接することが出来ていた。

『一言多いってw 康くんって、ほとんど毎日シフト入ってるじゃん? 彼女いないんだっけ? いるわけないかw』
からかうように言う純子。
でも、当時私には彼女はいなかったし、それどころか、過去にも彼女がいたこともなかった。完全なチェリーボーイだった。

「い、いるに決まってるだろ! 昼間に大学で会ってるし、休みはいつもデートしてるって!」
私は、とっさにウソをついていた。
『へぇ、いるんだw ウケるw 童貞かと思ってたw』
彼女は、ケラケラ笑いながらそんな事を言う。
「ど、どーてーじゃねーわ!」
図星を突かれて、私は顔を赤くしながら否定した。

『ムキになってるw 怪しいw』
純子は、楽しそうに私をからかった。いつものことだが、彼女は本当に楽しそうに私をからかう。そして私も、そんな風にいじられて嬉しいと思うようになっていた。

この時も、彼女は制服姿の上にエプロンをしていた。制服姿でエプロンをしているのは、正直ちょっとエロいと思っていた。そして彼女は、丸椅子にあぐらをかくように座るので、たまにパンツも見えてしまう。

「純ちゃんこそどうなんだよ! ほぼ毎日入ってるだろ? 彼氏いないの?」
私は、そんな風に反撃した。
『いないよ。それに、私が毎日入ってるのは、康くんに会いたいからだよ』
彼女は急に真面目な口調で、私を見つめながら言った。私は、とっさのことに、完全にフリーズしてしまった。口ごもってオロオロする私を見て、彼女は爆笑しながら、
『ウソだしw 康くん動揺しすぎw やっぱ童貞でしょw ウケるw』
と言った。

私は、からかわれたとわかって、顔を真っ赤にしながら、
「ふざけんなって! どーてーじゃねーわ!」
と、叫ぶように言った。私は、心底恥ずかしかった。一瞬とはいえ、彼女が私に好意を持っていると思ったことが、凄く恥ずかしかった。
『ねぇねぇ。一瞬ドキッとしたw 私が康くんに惚れてるって思っちゃったw ちょーウケるしw』
彼女は、本当に心の底から面白そうにそう言った。

「な、なんだよ、結局純ちゃんも彼氏いないって事だろ!?」
ムキになって言う私。
『”も”? 純ちゃん”も”って言うことは、康くん”も”ってことでしょw やっぱり彼女いないんだw なんでウソつくしw』
こんな風に、結局彼女がいないことがバレた。

【NTR使える寝取られサイトから転載】

そしてこの日は、いつもより彼女はしつこかった。
『じゃあ、童貞なんだw 魔法使い目指しちゃってる?w ウケるw』
彼女は、そんな事を言ってバカにしているような感じだったが、でも、目は優しいというか、バカにしている感じではなかった。コック帽を脱いだ彼女は、金髪がまぶしいほどだ。よくこれで学校に行けるなと思うが、今時は小学生でも髪を染めていたりするので、これくらいは珍しくないのかもしれない。でも、当時はそんなにいなかった気がする。

「純ちゃんこそどうなんだよ? 実はそんな見た目で処女なんじゃないの?」
『ハァ……。そうだったらいいんだけどね。康くんは、ちゃんと好きな人としなきゃダメだよ。好きでもない人としたら、あとで後悔するから。私みたいにヤリマンになったら、もう最後だよw』
彼女は、ふざけた感じながらもどこか悲しそうだった。

実際、彼女が処女なわけがないと言うことはわかっていた。男と歩いているのを見かけたことも何回もあるし、実際、言葉通りヤリマンだったと思う。
でも、さっきの彼女の表情は、それを後悔しているような感じだった。

「昔がどうでもさ、これからじゃない? 好きな人が出来て、その人のために一途になるとか、それはそれで良い話だと思うけど」
私は、何となく彼女を慰めるようなことを言い始めた。
『でも、過去を隠すのって、ズルくない?』
「え? 隠す必要なんてないんじゃないの? ありのままの自分をぶつければいいんじゃないの?」
『なにその綺麗ごとw 康くんだって、私みたいなヤリマンと真剣に付き合ったり出来ないでしょ? 過去は消えないよw』
笑いながら言う彼女だけど、何かをこらえるように言っている気がした。
「俺は、相手の女性の過去を気にする資格なんてないよw 付き合ってもらえるだけでラッキーって感じだからw」
私は何となく重い空気を変えようと、そんな風におどけてみた。
『それもそうだw でも、康くんみたいな人と付き合うのが、ホントは一番幸せな気がする』
真顔で言う彼女。でも、さっきみたいにからかわれてるだけだと思った私は、
「じゃあ付き合ってみる?」
と、おどけて言ってみた。
『え? いいよ。じゃあ、今から彼氏彼女ね』
彼女は、あっさりとそんな事を言った。その顔は、不思議と真剣な顔だった。でも、私はさっきみたいに恥をかきたくなかったので、
「はいはいw 本気なら、キスしてみてよw」
と、騙されていない風を装って、軽い口調で言った。

でも、次の瞬間、私は人生初のショックを受けた。本当にまさかだったが、彼女がスッと私に近づき、滑らかな動きで私にキスをした。それだけではなく、彼女の舌が私の口の中に飛び込んできて、吸って絡めて、舐めて舐めてと、縦横無尽に走り回った。
彼女は、その見た目通りにキスも慣れていて上手だった。

しばらくキスを続ける彼女。私は、あまりのことに動きが止まっていた。人生初のキスは、信じられないほどに気持ち良かった。

そして、彼女はキスを止めると、
『康くんガチガチじゃんw 緊張しすぎw やっぱり童貞だw かなりウケるんですけどw』
と、手の甲で唇を拭いながらそう言った。まるで、ワイルドに肉にかぶりついたあとみたいに唇を拭う彼女。私は、そんな彼女を見て一気に恋に落ちたのだと思う。

「な、なんでキスしたの? いくら何でも、やりすぎだって……」
私は、冗談でするにはガチすぎるキスだと思ったので、思わず責めるように言ってしまった。
『ハァ? そっちがしろって言ったんじゃん! バカなの?』
少し怒った口調で言う彼女。
「い、いや、それはそうだけど……。でも、冗談でキスなんかしたらダメだよ」
私は、彼女にとってキスなんて軽いものなんだろうなと思いながらも、説教じみたことを言ってしまった。

『エッ? 冗談なの?』
彼女は、顔を耳まで真っ赤にしてそんな事を言った。
「えっ?」
私は、意味がわからずにオウム返しになる。
『ざっけんなよ! 付き合ってくれるんじゃねーのかよ!』
彼女は、顔を真っ赤にしてそんな事を怒鳴る。その様子を見て、やっと私は彼女が本気なんだと気がついた。

「ゴメン! ほ、本気なの? 本当に付き合ってくれるの?」
私が必死でそう言うと、
『冗談でキスなんてするかよ!』
と、いつもの彼女らしくないことを言う。

「でも、誰とでもセックス出来るって言ってたから……」
私は、言い訳がましくそんな事を言う。彼女は、普段から誰とでもセックス出来るとか吹聴していた。なので、キスくらいは余裕なのだと思っていた。
『ばっかじゃね? キスは好きな人としかしねーって! エッチとは違うに決まってるだろ?』
口汚く言う彼女。でも、頬が赤い。照れているような感じだった。

私は、ここで気がついた。彼女のことを誤解していると。彼女は、見た目がビッチで股はユルいが、意外に古風なところがあるのだと気がついた。
そんな風に、勝手に彼女を見直していると、イキなりペニスを掴まれた。ズボンの上から結構ガッツリと握られて、驚いて言葉も出ないでいると、
『立ってるしw かっこつけても、ギンギンじゃんw ウケるw』
私は、恥ずかしくて耳を真っ赤にしたまま、
「ごめんなさい……」
と謝るしか出来なかった。

すると、
『しゃくってあげよっか?』
と、彼女が言ってきた。
「そ、そんなのダメだって! 好きな人としかしちゃダメだって!」
慌ててそんな風に言う私。
『だ・か・ら・康くんは私の彼氏なんだろ? 好きに決まってんじゃん!』
苛立ったように言いながら、彼女が私のズボンを降ろしにかかる。
「エッ? マジで言ってるの?」
『て言うか? マジで気がついてなかったとか? 鈍感すぎて吹くw』
彼女は言葉とは裏腹に、少し頬が赤くなっていて照れている様子だった。それにしても、本当に気がつかなかった。私に好意を持っていた? 好きだった? 本人の口からそう聞いても、とても信じられなかった。私は、彼女にとってただのいじり甲斐のあるヤツ……。その程度の存在だと思っていた。

私がそんな思いにとらわれているのもかまわず、彼女は慣れた動きで私のファスナーを降ろし、魔法のようにペニスを取りだした。
『ふふw 童貞チンポ出てきたw て言うか、マジ童貞丸出しのチンポじゃんw ウケるw』
私は、ギンギンに勃起したペニスをバイトの仲間に見られて、恥ずかしさで顔から火が出そうだった。しかも、相手はまだJKだ。
「ふ、ふざけんなって! どーてーじゃねーし!」
私は、必死で股間を隠しながらそう言った。

『ウソw 見ればわかるってw 童貞だと、裏筋の筋が亀頭にくっついてるから一発でわかるんだってw』
ケラケラ可笑しそうに笑いながら言う彼女。私は慌てて自分のペニスの裏筋を見た。
『ウソだしw 簡単に引っかかったw やっぱ童貞じゃんw』
彼女は本当に楽しそうに笑いながら言う。

私は、あっさりと彼女の罠に引っかかってしまい、何も言えなかった。騙されたことを知り、一瞬固まった私。その隙に、彼女は私のペニスを一息にくわえてしまった。
一気に暖かいものに包み込まれる感触と、亀頭周りに舌が巻き付いてくる感触で、思わず声を漏らしてしまった。

彼女は、私のモノを根元までくわえ込みながら、上目づかいで私を見つめる。そして、そのまま頭を動かしたり、舌を動かしたりして責め立てる。
その卓越したテクニックは、彼女が処女じゃないことを明確に現わしていた。私は、生まれて初めてのフェラに感激する間もなく、すでに射精寸前だった。大学の友達なんかは、意外にフェラは気持ち良くないとか、アレならどれだけされてもイカないとか言っていたが、単に相手が下手だったのだと思う。
純子のフェラは、軽くオナニーを越えるほどの快感だった。

「ダ、ダメっ、出るッ! 出ちゃうって!」
慌ててそんなアピールをする私。すると、彼女が私の物をはき出して手コキをしながら、
『きゃはははw ウッソ、もうイクとかw マジウケるw』
と、嘲笑するように言った。その言葉により刺激されてしまったのか、私はあっけなく射精してしまった。
「あっ、あっ、あぁぁ……」
情けない声を上げながら射精する私。
『ぎゃー! マジでイッた?ww ヤバいw たまや?w』
私を手コキで射精させながら、大はしゃぎの彼女。

私は、ズボンや床、そして彼女の手を性液で汚しながら、最高の余韻に浸っていた。
金髪で、メイクも濃い純子。制服を着ているのでなんとかJKに見えるが、ギャルっぽい私服を着たら私よりも年上に見えるかもしれない。

『いっぱいついちゃったじゃんw』
彼女はそんな事を言いながらも、少しも嫌そうではなかった。それどころか、自分の手についている私の精液を口ですすり始めた。そして、それを躊躇なく飲み干してしまうと、
『やっぱ、童貞だと濃いねw 飲んだだけで妊娠しそうw』
私は、なんと言っていいのかわからず、
「ゴメン……」
と謝った。

すると、彼女がニヤッと笑い、キスをしてきた。さっきみたいに、舌を突っ込まれ、濃厚なキスをされる。でも、さっきと違って、生臭い味が広がった。すぐに、それが自分のアレだとわかったが、彼女のキスに興奮している私は、まったく気にならなかった。

そしてキスが終わると、
『じゅ、純子って、呼び捨てでいいからね!』
と、頬を赤く染めながら彼女が言った。

こんな風に、彼女との交際は始まった。ただ、こんな風に肉体的なコンタクトが先行して始まった交際だった割に、実際にセックスをするまでは半年くらいかかった。
『本当に私が初めてでいいの? 私みたいに、後悔することになるよ。よく考えなよ!』
私が彼女を抱こうとする度に、いつもとはまったく違う真剣な口調でそう言われた。
そして、そんな風にセックスを回避したあとは、いつも口でしてくれていた。

続きは 

巨乳の幼馴染と。

高校のときに同じクラスだった萌(めぐみ)と久しぶりに同窓会で会った。

高校のときから、俺は萌のおっぱいばっかりに興味があった。

萌は話をしていると、彼氏がいるけど全然かまってくれなく挙げ句の果てには浮気をされているみたいなことを言っていた。

そんな萌と同窓会で再会したあとに、2人でラブホに行ったときの話です。

何気なく一次会、二次会と終わり、次のお店に行かず俺は帰ることにした。

萌『◯◯くん?私も一緒に帰ろうかなって思うんだけどいい?』

俺『あっ、いいよ!萌、行かなくていいのか?』

萌『明日仕事休みだけどいいや』

俺『そっか、俺も明日は久しぶりの休みだな』

萌『じゃさ、みんなに黙って2人だけで飲みに行かない?』

俺『ナイスアイデア!』

とりあえず同窓会の輪を抜け、俺たちは帰るということにして、違うお店へと向かうことにした。

萌『なんちゃって?実は私もう飲めないんだ…笑』

俺『だろうと思ったよ、じゃどうする?』

萌『ちょっと待ってて、彼氏に連絡してくるから』

俺『あっうん』

同棲をしているらしく、今日は帰らないと言って出てきたらしい。

俺『萌俺について来て』

萌『あっうんいいよ』

俺は萌に彼氏がいるのに関わらず、近くのホテル街へと向かった。

萌『◯◯くんココはさすがに?』

俺『俺昔から萌の事好きで』

萌『え?そうだったんだ』

俺『でもさすがにまずいよね』

萌『うーん……』

萌は考え始めたがすぐ返事が来た。

萌『◯◯くんのお願いだし、今日どうせ帰らないって言ったからいいよ』

俺『え?いいの?』

萌『いいよ、私で良ければ』

俺『俺は萌が好きだから抱きたいな』

萌『じゃ行こう』

俺は萌と一緒にラブホへ入った。

俺『宿泊でいいよね?』

萌『◯◯くんと朝まで一緒か…ちょっと緊張してきた』

俺『俺もちょっと緊張してきた、そうだ萌好きな部屋選んで』

萌『ココにしてみよっ』

宿泊でも10000弱くらいの部屋が空いていてそこにした。

萌『◯◯くん、部屋行こう』

俺『あっうん』

萌『緊張緊張…笑』

エレベーターに乗り、部屋に向かった。

そのエレベーターの中で俺は萌のおっぱいをわざと触った。

萌『ちょっと…笑』

俺『萌でかいよな』

萌『そんなことないよ…』

俺『何カップ?』

萌『Fだよ』

俺『大きいじゃん』

そんな話をしながら部屋に入った。

仮精算を済ませた。

俺『先シャワー浴びてくる?』

萌『そうだね、暑いし汗ビショビショだから入ろうかな』

俺『一緒に入る?』

萌『え?◯◯くん我慢できなくなるよ?』

俺『俺もう我慢できないけどね』

エレベーターの中でおっぱいを触り軽く勃起していた。

俺『じゃ俺も一緒に入るかな』

萌『しょうがないな』

俺『萌のおっぱい見たいし』

萌『バカ!笑』

そして服を脱ぎ、どこも隠さずお互いに風呂場へ向かった。

やはり萌のおっぱいは想像以上に大きかった。

萌『◯◯くん、もうこんなにしちゃったの?』

俺『萌のおっぱい見たら、こんなになっちゃった』

萌『彼氏より大きくて太くて立派』

俺『萌好きなの?』

萌『…好きだけど…』

俺『俺もおっぱい好きだよ』

風呂場でいちゃつき始め、キスをしたり、再びおっぱいを触った。

萌『◯◯くんダメだよ…あっ…』

俺『ダメって言いながら感じてる』

萌『触り方いやらしいんだもん』

俺『じゃ乳首も触ってあげる』

萌『ダメ…あっ…あん…』

俺『萌スゲェびんびんになってる』

萌『乳首弱いの…あん…』

萌のおっぱいをとにかく揉んだり、乳首触り舐めたり、俺は萌を責めた。

俺『萌俺のもしてくれよ』

萌『◯◯くんのデカすぎ…こんなの入らないよ』

俺『舐めたり挟んでよ』

萌『ほら、◯◯くんの大きいから私の口じゃ咥えきれないよ』

萌はフェラや手コキさらにはパイズリをしてくれた。

俺『萌…パイズリされたら、俺出ちゃう』

萌『今日時間あるからいっぱい私にザーメンちょうだい』

俺『あっ…イク…』

俺は萌のおっぱいに出した。

萌『すごいいっぱいそれに濃いザーメン』

俺『気持ちよかったよ』

萌『今度は萌のココに入れてね』

そしてシャワーを浴び、ベッドへと向かった。

俺『萌…』

萌『う…あん…』

俺は萌のマンコをクンニし始めた。

萌『ダメ…そんなに舐められたら出ちゃう出ちゃう』

俺『いいんだよ、いっぱい出しな』

萌『あっ…あー!』

萌は潮吹きをしてしまった。

俺『もう俺のギンギンだから入れてあげる』

萌『そんな大きいの入らない…』

俺『萌のマンコを壊してあげる』

萌『来て…』

正常位で俺は入れてあげた。

萌『◯◯くんの大きくて奥まで当たってる』

俺『萌そんなに締めつけたらすぐ出しちゃうって』

萌『だって大きくて気持ちいいんだもん』

俺『萌…気持ちいいよ…』

萌『好きなとこに出していいからね』

俺『中出しも?』

萌『今日だけだよ』

俺『じゃ二発目中出ししよっかな』

萌『中にちょうだい…』

そして俺は本当に中に出した。

萌『◯◯くん好きだよ』

俺『萌と一緒にいたいな』

萌『◯◯くん彼氏よりいいかも』

俺『萌どうする?』

萌『考えておく』

そしてその後朝まで俺は萌と一緒に4回もエッチした。

再会して1ヶ月後、萌は彼氏と別れ、俺の元に来た。

萌も今は、二児の母、あの日にエッチをしたときの話をすると、思い出して2人でいつも毎晩している。

居酒屋の個室でしごかれ、フェラされて口内射精

俺が前に勤めてた会社で、わかな(当時20歳)が派遣社員で入社してきた。

一緒に働いた期間は三ヶ月だけだったけど、わかなは年齢の割にすごくしっかりしていて、
仕事覚えるのも早くノリがいいので部署にもすぐに馴染んでた。

他にも派遣の女の子は何人かいたんだけど、わかなはダントツで仕事が出来て、周囲からも人気があった。
外見は酒井わかなにちょっと似ていたので、わかなとしておく。ちなみに巨乳なのも一緒。

俺(当時25歳・シン)は学生当時に木更津キャッツアイを見てたこともあり、
酒井わかながけっこう好きだった。
何とかあの巨乳をモミモミできんもんかなーと思いながらも、仕事は激忙しかったし、
あっという間にわかなの就業最終日が来てしまった。

その頃にはけっこうフランクに話せる位にはなってたけど、プライベートな付き合いまでは至ってなかった。
最終日お疲れ!ってことで、わかな以外のどうでもいい派遣数名を連れて送迎会を開催。
俺は幹事を買ってでた。

一次会ではあまり二人きりになりチャンスがなかったが、二次会では隣の席をキープ。
わかなは短大卒業後、海外留学の資金を貯めるために昼は派遣社員、
たまにキャバ嬢のアルバイトを掛け持ちでもやっていた。

彼氏は最近までいたが、ただのヒモ同前なので、いい加減愛想を尽かして別れたらしい。
資金もだいぶ貯まったので来週からオーストラリアに行くのが楽しみとのこと。

ラブホ経由パイズリ行きのツアーにどうやって持ち込もうかと考えながらも、
酒が入っていた俺はいつの間にか仕事論を熱く語り出していた(笑)
酔うと何故か真剣な話したくなるんす…

わかなは明日早いとのことで結局そのままお開き。
連絡先は交換したが、「デートは帰国したらしましょうね♪」と軽くかわされた。

んで、わかなのことを正直忘れかけてた半年後にメールが来た。
その時、俺は新しい彼女が出来ていたが、久しぶりに友達と会うような感覚で
エロいことは全然考えてなかった。

新宿で待ち合わせて居酒屋で飲むことに。

わかなは日本にはニヶ月前に帰国していたが就活なんやらで結構忙しかったらしい。
先週から大手の保険会社で働き始めたとのこと。

半年ぶりに会った彼女は幾分大人っぽくなっていた。
茶髪の巻き髪で外見はややギャル系だったのが、
黒髪のパンツスーツになっていてたからなのもあるが、
こんもり膨れ上がったシャツの下のオッパイにどーしても目がいってしまう。

「もー、シンさん見すぎです(笑)セクハラですよ!」
「いやいや、つい見とれちゃったんだよ。なんか大人っぽくなって色気でてきたからさー」
「本当ですか?なんかうれしいかも♪」
「あ、留学中にオーストラリアで彼氏出来たとか?」
「全然!ずっと勉強忙しかったし恋愛どころじゃなかったの。
エッチもだいぶご無沙汰です(笑)」

ここで俺はちょっとスイッチ入ってたね。

「マジかよ(笑)じゃあ半年以上してないの?」
「ですねー。先週合コンで知り合った人とちょっといい感じだったんだけど、
彼女いたんですよ!二股とか最悪ですよ~」
「そっかあ。でも彼女がいたとしても、わかなみたいにイイ女だったら男しては狙いたくなるだろうし」
「えー、なんか調子いいこと言って浮気肯定してませんか(笑)さすが女泣かせですね♪」
「え。何だよそれ(笑)本当の事言っただけなのに心外だ」
「だって、シンさん絶対モテますよね?派遣のコたちもシンさんの事格好いいって言ってたもん」
「そうなの(笑)言ってくれよー。んで、わかなはどう思ってたのさ?」
「え~、優しいしイイ人だと思ってましたよ。でもヤリチンぽいかなと(笑)」
「ヤリチンって、コラ(笑)ぜんぜんふつーだぞ。ま、エッチは好きですが(笑)」
「はーい、私も好きデース♪」

わかなは本当にノリがいい。ちょっと酔ってきたようなのでチャンスだと思い、こっからエロトークに…。

初キスは?

12歳

初フェラは?

16歳。当時の彼氏。

初体験はいつ。誰と?

16歳。当時の彼氏

興奮したエッチは?

学校の部室で吹奏楽部の顧問だった先生と。

某夢の国の女子トイレでの立ちバック。

好きなプレイは?

フェラ。奉仕するのが好き

S、Mどっち?

Mだと思うけど、攻めるのも好き

AVのどうでもいいオープニングみたいな質問にもちゃんと答えてくれるのだが、
部室で教師とヤッてるわかなを想像して、俺も興奮が高まってきた。

俺はトイレから戻ってきたわかなを横に座るように誘導。素直に横に座ってきた。
すかさず肩に手を回して顎に手を置いてキス。舌を入れるとすぐに絡め返してくる。

わかなもスイッチが入ってきたらしく、俺の首に手を回してピッタリと密着、
柔らかい巨乳を押し付けてくる。

膝上までめくれたスカートの裾から白くて柔らかそうなフトモモを撫で回すと
「あっ、んっ…」とエロエロな息遣い。

シャツの中に手を突っ込み巨乳を鷲掴みにして指先で乳首をコリコリ。
口は半開きになり目つきがトローン。

わかなの空いていた左手をとり、チンポに誘導。
サスサスと擦り形を確かめるみたいにしてく触ってくる。
ジーンズ越しで、もどかしいが焦らされているようでイイ。

「ねー、シンさんのってもしかしておっきい?」チンポをいじりながら聞いてくる。
「いや、平均よかちょい大きいくらい?先に太さがある分大きく見えるかも。
「へ~。なんかね、おっきい感じする(笑)出してイイ?」
「いいよ、好きにしな(笑)」

わかなはニコニコしながらジーンズのベルトをカチャカチャ。
ビキニブリーフ越しのチンポは七割充填済み。
ビキニの上から指を這わせて爪を立てたり、突っついたり撫でたりと楽しんでる。

「うん。カタイ♪下ろしちゃうから、腰ちょっと上げて」

ビキニブリーフを下げると、チンポがブルっと勢いよく跳ね上がって登場!
女に見せつける瞬間てなんか興奮するよな。

「わ~♪なんか赤黒いし使い込んでるカンジ…。やっぱりヤリチンだ(笑)」

わかなはニコニコしながら亀頭に滲んでいたカウパー液をチンポ全体に馴染ませ
潤滑を良くしてから、逆手で手首を捻ってリズミカルにしごいてくる。
そのストロークに腰が浮いて声が思わず漏れてしまい、わかなはそれを聞いて嬉しそうに微笑む。

「あは、シンさん気持ちよさそうな顔してる。先っぽもヌルヌル~♪」

わかなの巧みな手コキと言葉責め×居酒屋の個室でしごかれているという状況に、
早くも高まってきた俺はわかなにフェラチオをリクエスト。

「…ねぇ、口でしてよ?」
「えー、さすがに此処じゃまずくない?バレたらヤバいよ…」
「個室だし大丈夫だって。ホラ早く…」

わかなの頭に手を添えて顔をチンポに誘導してやると、小さくうなづく。

「え~、ここでするの?大丈夫かなぁ…」
「奥の個室だから、店員も呼ばない限りはこっちまで来ないよ」

わかなは舌先を尖らせて亀頭だけをチロチロと舐め、タマを優しく揉みしだく。
それから根本~亀頭まで下から上に這うようにして何往復もする。
カリ首にキスしたり尿道口をちゅーちゅー吸ったりして、
俺が何処で感じるのかを観察するようにゆっくりと攻めてくる。

十分な勃起率になったところで、唾液をタップリと口の中に溜めて
喉奥まで深くくわえんでくる。

「グチュ、ブチュッブチュ、ズズズズッ…」

チンポを奥までくわえては先まで吐き出し、亀頭~カリ部分の浅い部分だけをくわえて素早いピストンし、
根本まで深々と吸い込むバキュームフェラへ移行していく。

時折顔を上げて、上目遣いで俺が気持ちいいと感じるポイントを探るように見つめてしゃぶってくる。

「ズリュ、ジュプジュプ…、はぁんっ…、おっきぃ…」
「そんなに大きいかな。苦しかった?」
「おっきいのスキ♪なんか、先の部分が太いから入れたら引っかかって気持ち良さそう(笑)
もっと気持ちよくしてあげる…」

そう言うと手を放して、口だけでしゃぶるフェラに切り替えると、
俺の腰に両手を回して抱き抱えるようにしてくわえ込んできた。

さらにアナルにまで指を這わせる。俺はアナルへの刺激に弱いのでこれはたまらん。
しかし、腰を両手でガッチリ掴まれているので引く事が出来ずフェラの刺激から逃れられない。

「うわっ…、それやばい!」

俺はわかなの頭を両手で掴んで離そうとするが、
わかなはより喉奥までチンポを飲み込むように顔を近づけてくる。
陰毛に厚めの唇が触れてチンポはほとんど口の中に収まって見えなくなっている。
チンポ全体が溶かされてるように熱い。

喉奥にチンポの先が動く度にコツンコツンと当たる。
わかなは涙目になりながらも俺の顔をじっと見つめてくる。
イマラチオがしたくなったので、後頭部を荒々しく掴みチンポをさらにねじ込ませて腰を前後させた。

「わかなの口、マジでいいよ。もうイクわ…」
「ガボッガボッガボッガボッ…、うっ、ふっふっ、ぅ~!!」

わかなの口内をマンコに見たてての高速ピストン。
腰に射精前兆のだるさを感じ、喉奥までチンポを突き込んだところで我慢も限界に。

苦悶と恍惚さの混じったわかなの表情にぞくりとしながらたっぷりとザーメンを放出!
「めちゃくちゃ出てるなー」とわかるくらいに口の中で大量にほとばしってる。
ぞわぞわっとした感覚が背筋に伝わる。

射精を感じたわかなは身体をビクッビクッとさせながら俺のザーメンを黙って受け止めている。
射精が完全に収まるまでけっこうかかったけど、口からチンポを全然抜いてこない。
じっと俺の顔を見つめながら、タマをぎゅぎゃってく揉みしだき最後まで絞りとろうとする。

「あかん。もう出ない(笑)」

腰がガクガクしてきた所で、名残惜しそうにようやくチンポを解放。
「ゴクンッ!」としっかり精液を飲み込んでくれた。

「量多すぎるから飲んじゃった(笑)」
「わかな、テクすげーな、マジで!びっくりした」
「えへへ、フェラはちょっと自信あるんだー。気持ちよかった?」
「つーか、今までで一番気持ちよかったわ。クセになる(笑)」
「ふふっ、よかったあ。私もシンさんの飲んでる時、気持ちよくって軽くイッちゃった…」

わかなのその言葉にチンポが思わず反応(笑)
すかさずパンツの上からマンコを触るとぐっしょり。
指を入れようとすると「だーめ!」と腕を抑えられた。

「声我慢できないし、シタくなっちゃう。これ以上はだめ…」
「じゃあ、ホテル行こうぜ。いますぐわかなとしたいわ」
「…うん。いく。あっ!おちんちんまた大きくなってきてるよ(笑)」
「いやいや、わかなのせいでしょ。収まるまで責任とれよな(笑)」
「いいの?じゃあカラカラになるまで絞りとったげる。私、エッチ久しぶりだから手加減出来ないかも…」
「こえーな(笑)頑張りますよ」
「頑張ってね(笑)あっ、まだちょっと残ってるね。ちゅっちゅ…」

わかなの丁寧なお掃除フェラにチンポはすぐに復活。さっさと会計を済ませてホテルへと向かった。
これから、わかなとはセフレとして結構続くんだけど、書くのめんどいからここまで。

義兄を挑発してみたら

姉夫婦に誘われて海に行くことになり、私は彼氏もしばらくいないし、実は義兄のことが気になってもいたので、姉には悪いけど、気を引いてみるチャンスと思い、前日の夜は身体の隅々までお手入れして、お毛毛がはみ出さないように、もともと薄いアソコの毛もツルツルにしちゃったら、割れ目ちゃんもクッキリで、新しく買ったパステルカラーのボーダーのビキニも穿いてみると、自然にアソコが食い込んできちゃって、割れ目の形がクッキリ、これを義兄に見られると思うと、興奮してきてしまい、少し水着を濡らしてしまいました。
次の日、姉夫婦が迎えに来てくれて、海に向かいました、車中では、運転する義兄の斜め後ろに座り、後ろを振り返った時に、わざとミニスカートの中が見えるように少し脚を広げてパンティーをちらつかせていたら、義兄は信号で止まる度に、『のどかわいた?』『トイレ大丈夫?』と後ろを振り返り、私のスカートの中をチラチラと見てきたので、もっとよく見て欲しくて、海に到着すると、駐車場で「私、スカートだから車の中で着替えちゃうね」と言うと、『じゃあ私達も後ろで着替えるから先に着替えちゃって』と言うので、さっそく、パンティーを脱ぐと、『狭くない?大丈夫?』と義兄が振り返ってきたので、「大丈夫だよ」と言いながら、思いきって脚を開いて、スカートの中を見えるようにしてあげると、義兄は驚いた表情で、私のツルツルのアソコを二度見していました、水着に着替えても、アソコがクッキリと食い込んでいるので、義兄はもう私の下半身に釘付けの様子で、ソワソワしながら、着替えを終えると、三人で砂浜に向かい、シートを広げ荷物を置くと、姉が海の家のトイレに行ってくると言うので、義兄と二人きりになり、今がチャンスと思い、「お兄ちゃん、オイル塗って欲しいんだけどいい?」『ああ、いいよ』はじめは背中から塗ってもらい、お尻のあたりまできたので、「水着の少し中まで塗ってね」『このくらい?』「うん、そのくらい」背中が終わり、今度はふくらはぎから太股へ下から上へと塗り進めてきて、お尻のあたりで、躊躇しているので、「こっちも少し中までお願い」『うっうん』お尻から内腿へと塗る時に少しアソコを直に触られ、思わず「あっ」と声を漏らすと『あっごめん』と言いながらも、また反対側のお尻から内腿へと塗りながら直にアソコを触わってきたので、また「あっ」と声を漏らしてしまい、慌てて起き上がって今度は、仰向けになって「こっちもお願いします」『うっうん』と完全に私のクッキリと食い込んだ下半身に釘付けで、首のあたりから塗りはじめ、胸、お腹、そしてつま先から太ももあたりを塗られているとき、義兄を見ると、もう私のアソコに釘付けで、義兄がいよいよ腰骨あたりからビキニの中に手を滑り込ませると徐々に内腿へと塗り進め、気付くと義兄の指先は私のツルツルの割れ目まで届いていて、ひだを開かれ割れ目の中まで必要以上いじられると、もうオイルのぬるぬるなのかアソコのぬるぬるなのか、わからなくなるほど、感じさせられてしまい、「お兄ちゃんダメ、そんなにしたら声がでちゃう、あっ、でも凄く感じてきちゃった」『じゃああとで、車で待ち合わせようか、後からきて』「あっお姉ちゃん戻ってきた、わかったあとでね」『俺もトイレ行ってくるわ』「じゃあ私も」姉を置いて、車に行くと、エアコンを全快にしてカーテンの閉まった後部座席で、義兄に食い込んだ割れ目を水着の上からなぞられると、もう我慢出来なくなり、「あん、凄く感じちゃう、私、前から、お兄ちゃんに、こうされたかったの」『そうだったの、どうりで、なんか挑発的だとおもった』水着をあっという間に脱がされ、ツルツルの割れ目が露になると、義兄はむしゃぶりつくように、割れ目を舐め回してきたので「あっダメ逝っちゃう」と喘ぐと、義兄は大きくなったオチンチンを出し私の割れ目を押し開きながら真ん中に突き刺すようにズンと入れてきたので、「痛いっ」と言うと『ごめん、やさしくするね』と言い、ゆっくりと義兄のピストンが始まり、だんだん慣れてくると、スピードを替えなが奥をえぐるようにされたり入り口付近を刺激されたりして、凄く早いピストンをされていたら、「あっあっ逝っちゃう」と初めて中で逝かされることを知りました、その直後に義兄も私の中で果てました、私達は別々に何もなかったように姉のところに戻りました。

勘違いヤリマンktkr

自分:オッサン31歳、リーマン、独身、フツメン(と信じたい)
相手:女子大生21歳、misono似(以下、ミソノ)、3年付き合ってる彼氏あり

即アポ小悪魔で仲良くなって、直接メールするようになってた。

もらった写メがmisonoに確かに似てたけど、misono自体に興味なかったから、ふつーにメールしてた。
3週間くらいメールしてなかったけど、ミソノが「今日は合コン!楽しみ!」って、
つぶやいてたの見つけたから、「合コン、いい人いたかー?」と送ったとっから。
ミソノから「年上のヤンキーっぽい人達で、帰りたい(;_;)」って着て。
「帰れば良いじゃん。お持ち帰りされてんの?」って送ったら、終電なくて皆(3:3)でカラオケだと。
そしたら、ミソノが追撃で、「迎えにきてくれない?」と。
一回断ったけど、「お願い(>_<)」ってきて、しゃーないと。
めんどくさかったが、ほんと下心無く、俺のムスコはぴくりともせず。

で、車で30分かけて迎えに行って、ミソノ乗せた。
身長155くらいで、ベージュのジャケットに花柄フリルのミニスカ+黒タイツって格好。
正直に、ムスコがちょっと眠りから覚めた否定しない。
ミソノは救出してくれたことに感謝してるらしく、ハイテンションで喋ってた。

したら、「ミソノ(自分のこと名前呼び)、最近男運ないんですよー、
聞いてくれますか?どっか落ち着いて話したい。襲わないならホテルでもいいですよ。」とおっしゃる。
ホテル行って、襲わない事は保証できないし、
車だし、店も開いてるとこ少なかったから、ミソノの家の目の前の公園で話を聞く事に。
家は汚れてるから駄目と。

公園で聞いたのは
・彼氏と3年付き合ってて愛してるが、元カレとセフレ状態だったことがある
・男友達を家に泊めたら、それぞれヤッちゃった(3人いる)
・この頃、モテテ困る
ムスコが「勘違いヤリマンktkr」と叫んだ。

で、外も寒いし、ミソノが「襲わないなら、家に行きましょう」
というから、行くよね。襲わなくはないよ?って言いながら。

で、玄関あけたら彼氏の靴が。朝一バイトだから、もう今日は来ないという。
女の子の部屋で、白いベットにピンクのクッション、チョッパーとかプーさんとかヌイグルミ。
で、部屋全体が良い匂いがする。若い子の。

ミソノが部屋を片付けはじめ、座ってて下さいというから座ってると、
ミニスカ黒タイツで屈んだり、四つん這いとかなるから、中身が丸見え。
黒タイツの奥で、蛍光灯の光で若干テカテカしてる黒いパンツと、むっちりとしたお尻。
光沢系の素材に弱いんだよね。
もちろん覗き込んだ。パンツがやや小さめなのが、余計エロい。
ちょっと突いたら、「そういうことしない約束ですよ?うち、彼氏いるんですからねっ」と

で、しばらくおしゃべりして、何だかんだで、襲うことにした。
近寄ってくと、焦るミソノ「何ですか?やめてください!」といいつつも、抵抗が弱い。
キスしようとするも、「口は彼氏に悪いです・・・」とそっぽ向かれ。
あっち向かれたから、ちょうど良いと、耳をペロっとしてみた。
ミソノ、「あっ…!」とエロい吐息。
「耳ダメです・・・弱いんです。」と弱点宣告。
かまわず、耳の穴に舌先入れてグリグリしたり、耳たぶ甘噛みした。
「あつ・・・ダメですっ!そいういうのダメです・・・」って言いながら、しがみついてくるミソノ。
「首、反対向けて」と命令すると、素直に従うから、これはMだと。
反対側もなめて、そのたびにピクピクしてるミソノ。

左手を服の中にいれて、ブラはずすと、
まだ「それ以上はダメです。ミソノ、彼氏に悪いです。・・・あっ!」って。
胸を揉まれて、ハアハア言いながら答えてくる。意外に大きく、Eカップとのこと。
服をまくって、乳首は触れないように、舌でゆっくりと触っていく。
ミソノは袖をぎゅっとしながら、「あっ・・・、あっ!」って喘いでる。
乳首周りをペロペロしながら、パンツを上から触ると、熱い。
「ここ、ちょー熱いよ?」といいつつ、タイツを脱がせる。
ミソノ、ハアハア言いながら腰を上げる。
パンツの中に手をいれようとすると、
「ホントだめ、お願い・・・」っていうから、触れてなかった乳首を思いっきり、吸った。
「・・・ひゃっ! あ、気持ちイイ・・・」ってつぶやくミソノ。
「じゃあ、パンツ下げろよ」と命令すると従う、さすがM。
パンツを脱がせて、手をかざすと触らなくても熱気が伝わってくる。
案の定、びしょびしょで、「ねえ、ビショビショだよ。こんなに濡らして。」というと、
ミソノ、ハアハア言いながら、「ごめんなさい、ごめんなさい・・・」と謝る良いシステム。

パンツを脱がせて、手をかざすと触らなくても熱気が伝わってくる。
案の定、びしょびしょで、「ねえ、ビショビショだよ。こんなに濡らして。」というと、
ミソノ、ハアハア言いながら、「ごめんなさい、ごめんなさい・・・」と。
で、じっくり、穴の周辺とクリトリス周辺を触ってから、本体へ。
クリに触った瞬間「ゃ、あっ!」と一段と高い声。
ソフトタッチで、ちょこちょこといじってると、小さい声で「イキそうです・・・」という。
「聞こえない。」というと、ミソノもうちょっと大きな声で「ぁ、それ以上触られると、イキそうなんですっ!」って言うから、指を止める。
「彼氏いるから駄目なんでしょ?」っていうと、黙ってるミソノ。
「動かさなくていいの?イキたくない?」といってちょっと動かすと、喘ぎながら一層しがみついてくる。

で、指とめて「どうする?」
ミソノ「お願いします。ちょっと動かして下さい。」
「ちょっと?」グリグリっとして止める。
ミソノ、グリグリしてるときは喘ぐが、止めるとハアハア言いながら見つめてくる。
「・・・もっと長くお願いします。イカせてください。」っていうから、
「彼氏はいいの?彼氏とはしてないんでしょ?」って言いながらグリグリ。
ミソノ「あ、気持ちい、ダメ、ダメ、ダメ・・・」言いながら喘ぐ。
「じゃあ、彼氏に謝っとけ。ならイカせてあげるから。」というと、
ミソノ「…ハイ。ゴメンナサイ・・・イカセテください」

「よし、じゃあイっていいよ」といって、左手でクリいじって、腰下から回した右手で穴の周辺をいじって、乳首を舐め続けた。
しばらくすると、ミソノが
「あ?、気持ちいい!・・・イッチャいそうです、いっちゃう、いっちゃう」っていって、
「イクッ!」といって、体が思いっきり跳ね上がる。
イッたようだ。
脱力して、ハアハア言って、時々まだピクっとなるミソノ。

自分もパンツを脱いで、フェラさせたかったけど、力抜けてて全然動かなくなってるから、
「入れるからこっち向いて」というと、
「もう、ダメです・・・。ダメですよ、入れちゃ・・・」っていうから、ゴムつけて構わずゆっくりと突っ込む。

「ぁ・・・ダメです」って言いながら、やっぱりしがみつくミソノ。
濡れててスムーズに入るが、やはり狭い。奥までいれて、急にガツンガツンと動かす。
それに合わせて「あ! あ!、き、気持ちイイっ」と喘ぐ。
若いと言葉のバリエーションがないなーとか、このヤリマンの彼氏にはなりたくないな、と思いつつ、腰を振る。
太ももがミソノの愛液でちょっと冷たく感じる。
で、一旦抜いて、「後ろ」といって、むっちりとしたお尻をこっちに向けさせ、バックで攻めた。バックのパンパンという音と、ミソノの喘ぎ声が合って、エロかった。

途中、膝が抜けたのかうつ伏せになったから、うつ伏せバックにして、正常位に戻して、
「イクよ?」というと、「はい・・・、ィ、イイですよ。」というから、
「イってください、じゃないの?」と乳首をつまみながらいうと、
「っはい!ごめんなさい!イってください!ゴメンナサイ」と従順。
良い教育うけてんなーと思いつつ、ストローク速くして、「イクよ?」「ハイ!」「イクよ?」「気持ちイイです!」っての繰り返して、ゴムに大量に射精。
で、ハアハア言ってるミソノにお掃除フェラさせてながら「彼氏より気持ちよかった?」って聞いて、ふぐふぐと頷かせて、終了。

全体的にMの素質があり、教育も若干受けてきてるから、よかったわ。
謝るシステムが最初から備え付けは大きなポイントだ。

ハアハアしてるから、ほっといて、服来て「帰るわ。ゴム片しとけな。」って言ったら
頷いて、裸で玄関まで送ってくれた。イイ子だなって思った。

街にあふれる新社会人とセクロスするの簡単すぎww

春、いろんな人が激変した環境に何とか馴染もうと必死で頑張ってる姿をたくさん見かける。
初々しいスーツ姿にまだ角が張った黒い革鞄を抱えた新社会人、自分が大学を卒業した頃を思い出して微笑ましくもなる。

ただしその姿も週末の終電間際になると様子が異なってくる。
馴れない環境で昼間一生懸命精神をすり減らした新社会人たちは、夜、少しのアルコールで過ぎ去りし大学生活へのノスタルジーか、一気にその”ノリ”に戻って飲み過ぎてしまうものだ。

俺がこの季節狩場にしているのは主に大箱の居酒屋かチャージがかからないカジュアルなバーだ。
特に俺が好成績を収めている店は、ノーチャージでカウンターでの都度払い、ダーツが2台設置してあるもののこじんまりとした、そして価格帯の安さから若い子で賑わうお店だ。
普段はクラブが主戦場だが、ほぼリクルートスーツに毛の生えたような格好をした新社会人たちは飲みに出てもその格好のまま金曜日のクラブへ出向くことは少ない。

4月初頭のある金曜日、この日も18時を過ぎると新社会人の歓迎会的な集まりが繁華街のアチラコチラで催されている。

俺も同じ業界の合同新歓的な集まりに顔を出さなければならなかった。狭い業界内の女の子には手を出さない、まして社内の子などもってのほかという主義を持っていたので、粒ぞろい女の子が集まるこの業界に身を置いたことを嘆きつつ、1軒目をさらっと流して悪友と一緒に狩りへと街に繰り出した。

俺、隆と裕也は高校からの親友、マーチを出てネット中心の新興代理店に就職した俺とは違い一流大学から大手広告代理店を経て30前にしてさっさと独立を果たした裕也とは、現在のステータスこそ違えど普通に仲が良いことはもちろん、女の趣味が真反対ということで一緒に飲みに繰り出してはナンパに励んでいる戦友でもある。

その日飲み会を抜けだした俺達がまず向かったのは大箱の居酒屋。いい大人になった俺達は普段ならもうほとんど行くことがないこの手の店だけど今日の目的はあくまで狩りだ。トイレに向かう動線上の半個室席を確保して着席、不味い酒を飲まされないためにボトルのスパークリングワインをオーダして二人で飲みつつ、トイレに向かう女の子をチェックする。
夜の9時を回った頃だというのにすでにいい具合に酔いが回った女の子が列に並んで頻繁に入れ替わっているのがわかる。

しばらく飲み進めた時、その女の子は少し赤くなった顔で、でもまだしっかりした足取りでトイレに向かう列の最後尾にならんだ。
就職活動に合わせて黒くしたのか、濡れるような黒髪にまだ真新しいスーツ、むっちりとしたおしりを包む膝丈のタイトスカートの上からでもその太ももはイヤラシくその存在を主張していた。
顔は一瞬しかチェックできなかったけど意志の強そうなくっきりとした目元(お酒で少しやわらかくなってはいたが)にぽってりとした唇、そんな俺好みの顔立ちだったし、なにより、白いブラウスの下からスーツの胸元をきつそに押し上げる、その大きすぎる胸に目が釘付けになった。

裕也に「俺が行くね」的なアイコンタクトを送るとすかさず立ち上がり、そのコの後ろに並ぶ。トイレは男女兼用の個室が3つ、そこに一列で順番待ちをするようになっている。ざっと見てそのこの前に並んでいるのは6人、時間にして約3分ほど話をする猶予がありそうだ。

「並んでますねー、今日は街にもいっぱい人出てたしどこのお店も満杯ですね」
「そうなんですよー、このお店入る前に2軒も断られちゃいました」


最初の印象通り、気の強うそうなはっきりした目元だがさり気なく話しかけると思いの外ノリよく付き合ってくれる。サラサラのロングヘヤーに目が行って気付かなかったが小顔でパーツがはっきりしたかなりの上玉だ。
「俺もこのお店学生時代以来かもしれないくらい来てなかったんだけどどこも空いてなくて久しぶりに入ったよ、今日はここ一軒目ですか?」
「いえ、会社の飲み会あったんですけど一次会で解散だったんで、同期の子たちと二軒目にきたんです。やっぱり先輩や上司と一緒だと食べてても飲んでても全然緊張しちゃって、かえってストレス溜まっちゃいますよねー、あそう、私まだ就職したてなんですけど、ホントこの先ちゃんとやっていけるか不安ですよー」
酔いも手伝っているのか思った以上に饒舌にしゃべりまくる、どうやら本当にストレスが溜まっているようだ。
この時点で並んでいるのはあと3人だ、もうちょいいけそうだ。
「新社会人だ、なんかそんな気してたよwどんな業界ですか?」
「金融系、ですね、一応」
「信販?」
「すごーい、なんでわかったんですか?」
金融、という表現を使う場合信販か保険、証券のことが多い。新入社員の場合、銀行だと誇らしげに銀行です、という場合が多いし消費者金融系は躊躇して話しを濁すものだ。あとはその場のあてずっぽうだ。
「雰囲気でかな?wでも大変な仕事みたいですよね信販も、内勤ですか?」
「加盟店を回る外勤の予定なんです、でも人と会うのは苦手ではないのでなんとかやっていけるかなぁとも思ってます。お仕事何系されてるんですか?普通のサラリーマンっぽくないですよね」
「広告代理店だよ、めっちゃフツーのリーマンっすよw」
「あー、どーりで、オシャレだと思いました!」
「いやいや、営業職ではなからネクタイしなくていいのが楽でいいくらいだよw」
食いつきは悪くない。ファッションには気を使っておくものだとつくづく思った。ノータイにジャケパン、ストールを巻いて、太めのセルフレームメガネに髯、的な風貌は確かに上下ダークスーツのおっさんリーマンとはちょい異なるかもしれない。ちゃんとした職業人だけどシャレオツ感ある、のラインを狙うのは意外と難しい。

ただし新社会人にとって広告代理店は高嶺の花的存在っていうのは広告不況と言われて久しいこのご時世にあってもまだ通用するらしく、若い子にはテキメン効果の高い殺し文句だ。
大学時代遊びまくってたコだったり社会人も4年目、5年目のコになると逆に広告業界=チャラい遊び人のイメージが強すぎて警戒心丸出しにされることも多いんだけど、このコはそんなにすれてないようだ。

ここですでに待ち列はオレたちの前に一人、ここで勝負に出る。
「まだまだ慣れないだろうけどよかったらいろんな業界に知り合いいるから今度食事会でもどうですか?異業種交流会的な」
「え、いいんですか、嬉しいです!是非お願いします、大学の同級生とか同期の子と喜ぶと思います」
ということで自己紹介してあっさりメアドをゲット。菜摘は北陸出身で大学からこちらにきてそのまま就職したらしい。同時にトイレの個室に入ったけど俺のほうが早く出て自席で待機、トイレを終えて席に戻る菜摘に笑顔で手を振ると嬉しそうにはにかみ、会釈して同僚たちのもとに戻っていった。

ホントに良さそうな子だったし後日ゆっくり飲みに誘おうと思っていたのに終電過ぎにまさかの展開になるとはこの時夢にも思わず…それはまたあとで話すとしてひと仕事終えた俺はこちらもさすがの手際ですでにひと仕事終えてた悪友と連れ立って次なる狩場へと移動する。


10時を回った頃、最重要狩場のダーツバーはほぼ満員の状態、ここにもやっぱり初々しくスーツに身をまとった女の子がちらほら、でもここにいるコたちは3組ほど、すべて男女混合のグループのようだ。
こちらも新しい環境と先輩、上司という重圧から開放されたのか、浮足立ったはしゃぎようを見せている。
カウンターでの都度払い、いわゆるキャッシュオンデリバリーのお店のいいところはもちろんその店のシステムにもよるんだけどお酒を頼むときに必ずカウンターまで来てお金を払い、その場でドリンクを待つ時間が生じることだ。
なのでこの手のお店のカウンターはまさに出会いの宝庫といえる。更にこのお店の場合、カウンターで話しかけて一緒にダーツで盛り上がるという流れづくりがとても簡単なのもポイント、ここで数々の女性をお持ち帰る俺を店員も親指を立てて言葉にこそしないがGOOD JOBの表情で見送ってくれる、そんなお店だ。

悪友とカウンターに陣取りイギリスのエールを飲みながらお店の様子を改めて伺う。この日は男女比率5割程度か、新社会人風の3組はともに4から5人程度のグループで、席は違うがすでにグループ関係なく打ち解けているようで、俺達も気兼ねなく混ざりやすいシチュエーションだ。

なんとなく垢抜けない子ばかりの中、ひときわ目を引く長身の女の子が一人、顔は中の上と言った程度だが、スレンダーでスラっと伸びた手足が目立つ。これは完全に悪友の好みのタイプ。
そして俺はというと先ほど中々の上玉のメアドをゲットした余裕もあり(この時点ですでに数度のメールのやり取りが行われている、菜摘もどうやら3軒目に移ったようだ)、即持ち帰ることに重点を置いて、顔は中の中だけど全身にぽっちゃりと肉付きがよく、いや、悪友に言わせればデブなのだが、明らかな爆乳女子に的を絞った。AV女優の青木りん的な雰囲気のそのコはちょうどダーツをプレイ中、ほとんど初めての様子で大きく的を外してあらぬ方向にダーツを飛ばしてはケラケラと明るく笑ってはしゃいでいる。

散々なスコアでプレーを終えてカウンターにドリンクを取りに来たそのコに早速声をかける。
「いい具合にぶん投げててたね、こっちに飛んでくるんじゃないかと思ってヒヤヒヤしたよw」
カウンターは投擲位置の真横にあるためもちろんダーツが飛んでくる心配は皆無だ。
「見てたんですか?w中高とソフトボールやってたんでどうしてもボール投げになっちゃうんですよねwほんとすごい難しい」
「ソフトかー、どうりで力強く投げてると思ったよwダーツ初めてってわけじゃないんでしょ?」
「強いって言われても嬉しくないんですけど?!」避難めいた口調だが嬉しそうに話す
「それが初めてなんですよ?、学生の頃何故かダーツバーみたいなおしゃれな所怖くてwなんかマフィア映画とかに出てくるたまり場なイメージでしたw」
「いやいやw全然怖くなかったでしょ?学生の頃って事はもしかして新社会人?」
もちろんぱっと見で気付いてたけど白々しく聞いてみる
「そーなんですよ、今日は初めて同期飲みです、そのコとそのコと、あの人とあの人、5人できてるんですけど、他にも同い年の人がいてみんな仲良くなっちゃいまいたw」
どうやら裕也のお目当ても同じグループのようだ、女の子がもう一人と男子が二人のグループ、ただこの男子二人は他のグループの連中とのおしゃべりに夢中の様子だ。
「いいね、若者、青春だね~w」
「いやーお兄さんも若いですよねw」
「今年はもう大台の30だよ、アラーサーのおっさんっすよ、あ、俺、隆です、こっちは連れの裕也ね」さり気なく自己紹介しつつ、カウンターの横で飲んでる裕也もついでに紹介した。長身のあの子も混ざりやすいように地ならしだ。
「裕也さんどうもです!隆さんと裕也さんふたりとも同い年ですか?二人とも30に見えないー若いですね、私はマリエです、22です、大学出たらもう若い気がしませんw」
ドリンクを受け取ったマリエはいつの間にかカウンターのスツールに座り俺の隣で腰を据えて飲む姿勢、とっても楽な展開だ。


スツールに座るマリエの腰元に目を落とすと座った時の加減か膝丈のタイトスカートが上にずり上がり、太ももの3分の1程が露出している。濃い色のストキングの網目ががっしりとした太ももに拡げられているさまがエロい。カウンターに両肘をついて両手でジンバックが入ったグラスを包むようにして飲んでいるが、左右の二の腕に挟まれた爆乳が行き場を無くして狭苦しそうに盛り上がっている上に背中を反らせて胸を突き出しているせいでまるでカウンターに乗せているようにみえる。白いブラウスの胸元ははちきれんばかりだ。
是が非でも今日はこの爆乳を堪能してやる!なんて素振りは微塵も見せないように気を使いつつ新社会人の気苦労や仕事の愚痴を時に先輩社会人としてのアドバイスを交えながら聞いてあげる俺。
そうこうしてる間に裕也の隣にはマリエの同僚の例の女の子が腰掛けて何やらあちらも盛り上がっているようだ。
「でもさ、仕事忙しくっても彼氏さんと週末にでも会ったらストレスも癒やされるんじゃない?」
「それが彼氏も同い年なんですけど就職浪人しちゃってて、一緒に暮らしてはいるんですけど逆に気を使ってストレス溜まっちゃいますよー、自分の部屋なのになぁ」


俺は雰囲気からマリエには彼氏がいないと判断してのジャブのつもりだったが意外にも彼氏と同棲中だという。逆に盛り上がる俺、彼氏がいるコは落としさえすれば責任を負わなくていいぶん遊び相手としては最適だ。ただし同棲中となれば終電オーバーやあわよくばお泊りでこの爆乳を堪能なんて思ってんだけどそれは難しそうだ。この時点10時50分 一緒に話し始めて早くも30分以上経過している。首尾は上々だがマリエが住んでる場所への終電は最寄り駅で12時30分。2時間ない中今日のゲットは難しいか…そう思いはじめた時、
「なんかお酒飲んだらやめてたタバコ吸いたくなっちゃいました、コンビニまで付き合ってもらえませんか?」
とマリエからのオファー。普通友達と一緒の女の子は引き離しに苦労するものだけど向こうから二人きりになりたがるとは!隣の裕也にしてみたらデブ専と罵られそうな容姿だが俺の性欲求的にはどストライク。この時点で若干ムクリと大きくなりかけたティン◯を必死に制御してマリエの頼みを快諾した。
「コンビニ行ってくるわ?」
「ういー」
適当な声掛けに適当な返答で裕也とは意思疎通が可能だ、その可能性ありのニュアンスを裕也に含ませ俺とマリエは店を出た。

12階ビルの3階にあるこの店、エレベーターは最上階に止まったまま中々動こうとしない。
「このビルの一番上キャバクラだから見送りとかあると中々動かないんだよね。動いても満員だったりするし、3階だし階段で降りちゃおっか」
マリエも即座に同意したので重い防火用の鉄扉を開いて人気のない非常階段へ入っていく。
扉が閉まり数段降りると
「すみません、ホントはタバコ、もともと吸わないんですよ。隆さんと二人で話してみたくて誘いだしちゃいました」
「そうだったんだ、全然気にしないでむしろ嬉しいよ。なんか光栄ですwお店ガヤガヤ結構うるさいもんね。なんならココあんまり人来なそうだし腰掛けて話しちゃおっか?」
割り箸が入ったダンボールやら20L入の生ビールの樽やらを乗り越え、下の踊り場の曲がったあたりに腰を下ろす二人。この場所だと万一3階の扉から人が来ても2階の扉から人が来ても死角になる場所だし雑然と置かれた荷物のせいで心なしか密室感がある。
「全然ココでもいいです、なんか我儘言ってすみません。同僚と言ってもまだ知り合ったばかりで深いとこまで話せないし」
「なんかあそこだと話せないことあった?」
「うーん、そういうわけじゃないんですけど。彼氏とのこととかもうちょっと聞いて欲しかったなぁって…」
隣に腰掛けるマリエはピッタリと身体を寄せてくる。ふたりともジャケットを脱いでいたので、薄いシャツの素材越しにお酒が入って高くなったマリエの体温が柔らかい感触とともにダイレクトに伝わってくる。
階段に座っているため膝の位置が座面より高くなってカウンターに座っていた時よりさらにスカートの位置が上がって太ももが露出している。
「そんなにうまくいってないんだ」
「今でも大好きなんですけど、やっぱり就職決まらなくてイライラしてるのかすぐ言い合いになっちゃたりするんですよね、こっちもなれない環境で疲れてるのに家に帰ってまでストレスたまっちゃうのがほんとキツくて」
「確かに就活失敗した時の焦りはきっついからなぁ、これ日本ならではらしいよね。彼氏さんの味方をするわけじゃないけどキモチもわからないではないよ」
「そう、彼ホントにいい人だし優秀だと思うし私も理解してるつもりで何とか元気になってもらいたいんですけど、私がまだ入社したばっかりで研修とかで家に帰るの遅いからご飯も作ってあげられてないしその、変な話夜とかも全然なくって、ギスギスしちゃうとどう修復したらいいのかわからなくなっちゃったんですよね」
「仕事で遅くなるのはホントしかたないことなんだけどねー、もう少ししたら彼氏さんも就職浪人の状況にも慣れるだろうし、ほら、春ってみんな新生活でワクワクしてるから取り残されてる感があるんじゃないかな。それこそ就職決まったら元の仲良しに戻れそうなんだけどね。俺だったらマリエちゃんが夜一緒に寝てくれるだけでイライラなんてぶっ飛んじゃうけどねw」
「いやいや、私なんてユリカちゃんと違って全然可愛くないし太ってるし、彼だってしてくれないのに隆さんみたいな人なんて相手にしてくれませんよねー」
確かに今裕也のとなりで飲んでいるユリカは顔こそ中の上程度だが、モデルでしたと言われても違和感がないくらいに手足が長く均整のとれた素晴らしいスタイルをしている。だがマリエだって太って入るけどブサイクではないしむしろよくよく見ると痩せればそれなりの顔になるんじゃないだろうか。もちろん痩せられれば俺の興味は半減するのだけど。

「全然、そんなこと無いって俺はお店に入った時からマリエちゃん魅力的だな?って思ってちょい見してたんだよ、なんか変態チックでごめんね。ダーツ全然下手なのにめっちゃ楽しそうにしてるトコも凄い可愛かった」 
「ありがとうございます、確かにダーツは酷かったですよねwお世辞でも嬉しいです、なんか久々に癒やされてる気分です」
そう言うとさらに身体を密着させて頭を俺の方にもたれさせて来た。完全にいけるテンションだ。
横乳がすでに俺の二の腕に柔らかく押し付けられていて俺のムラムラもどんどん高まっている。
「俺なんかで癒やされてくれて逆に嬉しいよ」
俺は腕をマリエの肩に回し頭を撫でてあげた。
酔なのか、雰囲気に飲まれているのか俺の肩にもたれかかっていた頭をこちらに向けしトロンとした目線を投げかけてくるマリエ、顔と顔の距離は10cmも無い。
柄にもなくコクンと生唾を飲み込む俺、意を決しその距離を0cmにすべくゆっくりと顔を近づけるとマリエはそっと目を閉じる。


肉感のある唇は柔らかくあたたかい。一度唇を離しその弾力を確かめるように角度を変えて2度目のキス。今度は半開きの口からどちらからともなく舌が伸び、絡まりあった。ジンの香織がするキスだ。
マリエの体温は高くとろけるように気持ちのいいキスだ。ヌルリとマリエの口内に舌を滑り込ませたかと思うとやさしく吸い込まれさらにマリエの舌が俺を探るように入ってくる。
お互いの舌をやさしくフェラし合うようなキスの後、一瞬顔を離して目を合わせる。深くこのシチュエーションに入り込んだ表情だ。
身体をマエリの正面にむけて頭を抱き込むようにして耳を攻めてみる。
「ハァァァ」と深い吐息を漏らす思いの外敏感な様だ。
耳から首筋に唇を這わせ、時に耳たぶを甘咬みしてみる。どんどんと息が荒くなり、さらに体温が上がったようだ。
「胸、あたっちゃってるね、ごめんね」
少し甘えたような、それでいて爽やかさを失わいない要注意を払った口調でその胸の感触を自分の身体で感じていることを伝える。
「ごめんなさい。大きくって、邪魔なんです」上気した息遣い、恥ずかしそうな小声がそそる。
「邪魔だなんてそんなもったいないこと言わないでよ」
といいながら、欲望を貯め続けたその胸をゆっくりと持ち上げるように触れる。
しっかりとした太いワイヤー、ザラザラとしたレースの質感越しに、柔らかくあたたかい胸を感じる。凄い重量感だ。
「凄い、大きいね、重たいでしょ?」
「そんな、あっ、恥ずかしいです…」
「もう少し触ってもいい?」
目を伏せたまま指を口もとにあてて頷くマリエ。
さっきとは反対側の耳、うなじ、首筋を攻めながらブラウスのボタンをおヘソあたりまで外す。
真っ白いブラウスを開くと真っ白いブラに覆われた豊かな乳房が深い谷間を作っている。
首筋からゆっくりと鎖骨、巨大な盛り上がりへと唇で撫でる。谷間に潜り込もうとするとその弾力で窒息しそうなほどだ。
マリエは必死に声を我慢しているのかしっかりと目を閉じギュッと握った拳を自分の唇に押し当てている。
大好物の巨大なおっぱいを前に暴走しそうになるのを必死にこらえて紳士的に振る舞う俺。
「こんなにキレイな身体近くに有ったらストレスとは無縁になれる気がするのになぁ」
「あぁあん、彼氏は、あんまり大きいおっぱい、すきじゃないみたいなんです」
もうマリエは息も絶え絶えだ。
「じゃあ彼氏さんこんなにいいおっぱいほっといてるんだ、マリエも寂しいでしょ」
そっとブラを下にずらして乳輪、そして乳首を晒す。身体から想像していたのとは真逆の薄ピンクでキレイな色をしている、ただし乳輪は結構大きめだ。
円を描くようにして乳房を登り、先端を舌先でやさしく舐め、ゆっくりと唇全体で吸い付く。
「あん、はあぁああん」ひときわ大きな声を出すマリエ、
幸いにもたくさんのダンボールや飲食店の資材で雑然としているせいか、階段室の割には全く声は反響しない。
「マリエ、すごくキレイな身体、しかもそんなカワイイ声出すから俺の、大きくなっちゃたよw」
マリエの手を取りゆっくりと俺の股間に持っていくと、スラックスの上から、ガチガチに張り詰めたそれをゆっくりとさすり始めた。目は相変わらずトリップしたよう虚ろげだ。このタイプは完全にMだろう。
そこそこに胸を堪能した俺は2段下がって踊り場に立った、ちょうど股間が2段目に座るマリエの顔の位置に来る高さだ。
「ごめん、凄くきつくなっちゃった、ちょっとだけ外すね」というと、ベルトの金具、スラックスのボタンを外してジッパーを下ろし、ボクサーブリーフ越しに再度マリエの手をそこにあてがった。
恥ずかしながらカウパー液が下着を通して滲み溢れ出している。なんのことは無い、俺もこのシチュエーションと性欲的にドストライクなマエリの身体にこの上なく興奮している。
トロンとした目でゆっくりと擦るマリエ。我慢できなくなった俺は彼女の頭を撫でながら
「もっと気持ちよくしてくれる?」とお願いした。
一瞬だけ俺と目を合わせ頷いたマリエはそっとボクサーブリーフをずらして俺のティン◯を露出させると右手で柔らかく扱きながら口に含んだ。

体温が高いマエリの口内はこの上なく気持ちよかった。
俺が少しぽっちゃりした女性のほうが好きなのは、フェラと手コキの気持ちよさも大きな要因の一つだ。例に漏れずマリエの手の感触、舌、そして口内の感触は絶品だ。
唾液を多めに含んでジュポジュポとエロい音を立てながら、手を巧みに使って俺を刺激する。
普段遅漏気味な俺だけど。シチュエーションのエロさも相まってすでにイかされてしまいそうなほどだ。このままだともったいなすぎる。
「ありがとう。すっごい気持ちいいよ。もう行っちゃいそうなくらいw今度は俺がするねちょっと立ち上がって?」
マリエは俺のテ◯ンコから手と口を離して言う通りに立ち上がる、言葉はもう出ない。唇の周りが唾液か俺のカウパーか、ヌラリと光っていてさらにエロく見える。


ブラウスは半開き、ブラも下げられてその大きな胸をさらけ出したまま言われるがままに左足を踊り場に、右足を一段目にかけて階段の手すりに手をつく。そんなマリエの背後に回った俺は後ろからぎゅっと抱きかかえて彼女の耳元をまた口に含みながら、タイトスカートをたくしあげ、ストッキングを一気に膝元まで降ろした。ブラとセットアップだろう、白いサテン地のような光沢をもった下着にピッチリと包まれた大きなおしりとムッチリと色白の太ももがたまらなくそそる。
後ろからそっとマリエの股間に指を這わすと背中をそれせて痙攣したように反応する。ピーチ◯ョンのタグが見えるすべすべした化繊素材のパンツのその部分はすでに下着の上からもわかるほどに湿っていた。
俺も自分のパンツをひざ上まで下げて後ろからパンパンになったそこをマリエの豊満なおしりの割れ目に沿わすように押し付ける。
手を前から回し、パンツの中に滑り込ませて密集した濃い目の毛をかき分けてその場所を探り当てた。これも太めの女性にありがちに大陰唇が分厚く発展して膣口までが遠く感じるのだがすでにその外にまで粘液は溢れだしている。
そのヌルヌルとした粘液を指に絡め、割れ目の上部に位置するコリコリとした核をやさしく刷り上げると、先程より更に大きく身体を震わせて仰け反り、「あぁぁあっ!」と叫んだ。
多少ビクつきながらもそこへの刺激を緩めない。
「ここ、凄く感じるんだね、しかももうヌルヌル溢れちゃってるよ、ごめんね、俺も人のこと言えないくらいになっちゃってるからマエリの下着にいっぱい付いちゃうかも」
「はぁぁん、いいんです、もっと押し付けてください。凄い、気持ちいイイぃ」
お言葉に甘えてマリエのと俺のとでぬるぬるになったサテン地にティン◯を擦り付ける。
大きなマリエのおしりの割れ目に挟まれてまるで入れてしまっているように気持ちがいい。
今度は右足を二段目に上げて少し足を開かせ、股の下にあそこをあてがって腰をふる。
ギンギンに反り立った俺のモノは手を使わなくてもしっかりとマリエの割れ目を捉える。
両手で巨乳を揉みしだきながら立ちバック素股の状態でその感触を楽しんだ。すでにマエリの粘液は下着を染み通して俺のモノにまとわりついていた。我慢できずに
「直接あててもいい?」と聞くと
「はい、あててください、凄い、感じますぅう」と結構ぶっ飛んで来ている様子


素早くパンツをストッキングの位置まで下ろすと、両手でゴム毬の様なおしりの肉を左右に開き、ティン◯こをヌルヌルの割れ目、そして大きく腫れ上がったクリへと擦り付けた。
マリエの厚く大きく発達した陰唇は放っておいてもしっかりと俺のティ◯ンコを包み込んでくれる。
手も、口も、おしりの割れ目もあそこも本当に男を喜ばせる性能が高い身体だ。胸に挟んでもらっていないのが悔やまれるがこの分だと次に誘っても絶対に断られないだろう。
そんなことも考えながら後ろから大きな胸を堪能しつつ腰振ってこ擦り続けているとるともどかしさに耐え切れなくなったのか、もぞもぞと角度を変えて中に収めてしまおうと動いているようだ。
普段であれば初対面のコと生でやっちゃうほど若くないおれだけど状況が状況だけに冷静な判断を失っていたんだろう、
「どうしたの?ゴム持ってないけど、欲しくなっちゃたの?」と活字すればどこのAV男優だよ!とツッコミを入れたくなるような薄ら寒い台詞でマエリの反応を促した。
「あ、欲しいです、入れて、欲しいです。そのままでいいから、入れてください」
こんな言葉を聞いて我慢できるはずがない、マリエの言葉が終わる前にはすでに膝を折り、突き上げるようにして俺のモノをマエリの中に入に挿入した。

溢れ出る粘液がストロークのたびにヌチャヌチャと音を立てる。
お酒のせいか、基本的に体温が高いのか、マリエの中は熱く、大量の粘液で溶けるように絡みついてくる。
右手を胸から離してクリを刺激しつつ、大きなおしりがショックオブザーバーになってくれるので、思い切り腰を打ち付ける。左手はもちろん大好きな巨乳をいじり倒している。
ストロークに合わせて「あっ、あっ、あぅん、ああぁっ」と我慢しながらも声が漏れる。
「ダメ、クリ、そんなにいじったら、あぁっ、いっちゃいます」クリを攻める俺の右手を払いのけようとするが力は入っておらず本気では無いようだ。
「ちゃんと気持ちよくなって、イキそうだったらイッテね」
やさしく声をかけるが全く攻めの手を緩めるきはなく更に激しくクリをこすり上げると
「んんっああああぁ、イクぅぅぅ!」とひときわ大きな声を出し全身、を震わせ膣で激しく俺のティン◯を締めあげてイッてしまった。

肩で息をするマリエの耳もとをぺろりと舐めながらやさしく乳首を転がし
「良かった、イッてくれて嬉しいよ、俺ももうイッちゃいそうだよ」とささやくと
「はい、凄い、いいです、キモチいぃ、隆さんも、イッてください、はぁあ」と息を切らしながら喘ぎ声混じりにやさしく言ってくれる。
立ちバックのまま、少し角度を変えて一番奥まで届くストロークを始める。
奥がひだひだになってより一層強く締め付けてくる。
もう一度両手でおしりを掴むと厚い肉を左右に広げてより深くまで挿入する。
先端が子宮口を突く。
マリエは再び嬌声を飲み込んで唸るように感じている。もう爆ぜる瞬間は目の前まで来ている。
「マリエ、気持ちいよ。俺も、イクよ、おしりにかけちゃってもいい?」
「あっん、ん、だいじょう、ぶ、だから。中に、中に出してください、そのまま」
思いもよらないマリエからのオファーに一瞬たじろぐ。
「中でいいの?今日、大丈夫な日?」年甲斐もなく少しビビりつつ聞く
「彼氏に言われて、あっ、ク、スリ、ピル、飲んでるから」
これは素晴らしい女の子をゲットしたと心から喜ぶ俺。ティン◯は爆発に向けてさらに一回り大きくなる。
「じゃあ、イクね、中に出すよ!イクよ!」
「あぁあ、はい、ください、中に欲しいです、あぁあっつっ!」
ひときわ激しいストロークで一番深いコリコリとした子宮口に先端を押し当てて2度、3度、4度と際限なく発射する。久々にこの上なく気持ちのいい射精だ。
膝から崩れ落ちてしまいそうな快楽をのままマエリの背中に顔をあてて息を整え、モノをマリエから引き抜くと、突き出したおしりの奥にある膣口からボタボタっと精が溢れでた。


虚脱したかのように手すりに手をついて肩で息をしたままうごかないマリエの頭をそっと撫でる。
やっと息を吹き返したように振り返り、俺の頭に手を回して深いキスをしてきた。
ひとしきり俺の舌を吸い、唾液を啜るとゆっくりとしゃがみ込み。まだ俺の精とマリエの体液でベトベトのモノをしっかりと加え込み、清め始めた。イッたばかりで敏感になっている俺にはシゲキが強すぎる。膝が笑うように震えて立っていられない。たまらず手すりで身体を支える体勢になるとようやく清め終えたマリエは久しぶりの笑顔を見せて、


「なんかすみません、こんなことになっちゃって、すっごい気持ちよくって嬉しかったです」といってくれた。
「こちらこそありがとね、こんな場所でごめんね、最高に気持ちよかったよ。今度はゆっくり二人でご飯でも行こ、んでこんな場所じゃなくてよかったらベッドでちゃんとしたいな」
「えぇ、また会ってもらえるんですか?嬉しいです!美味しいご飯食べたいです、今度はベッドの上で彼の愚痴話しながら癒してくださいねw」
悪びれもなく彼氏の話をしながら笑みを浮かべるマリエは本当にかわいく見えた。二人で服を整えてお店に戻ると何事もなかったかのように俺達が抜ける前と同じダーツバーの時間が流れていた。ただし、マリエの携帯に先に帰る旨のメールを残し、ユリカは帰ってしまっていた。当然裕也も一緒なのだろう。マリエは終電ギリギリまで飲んで明後日、日曜にもう一度会う約束をして帰っていった。このあと本当に月2回以上のペースで会い、時に食事をぶっ飛ばして俺の部屋でやりまくるような関係になったのはまた別の話。
そうそう、ことを終えて服を整えている時ケータイを見ると店を二人で出てから20分しか経っていないかった事に気づいて思わず苦笑した、ずいぶんと濃かった気がするけど実はたったの20分、どれだけ夢中になってたんだろうと。そしてそこにはこの夜をもうすぐ長くするであろうお知らせが一件。先程の居酒屋でメアドをゲットした菜摘からのメールが入っていた。

「隆さーん、家に帰る方終電終わっちゃってました(T_T)まだ飲んでますか?良かったら今から逢えませんか??」

つづく

会社の若い子をセフレにしてスポーツみたいなセックス

最近、同じ会社の若い女の子(同じフロアですが別の部署の子)とセフレになりました。見た目は乃木坂46の星野みなみに似ていて、どことなくお嬢さんぽいのにセックス大好きという子です。23歳で入社2年目、なんと名前も偶然「みなみ」僕は、どちらかというと人妻などのネットリした色気が好きなほうなのですが、久しぶりに若い子にやられました。
しかも、誘ってきたのはあっちです。彼氏は淡白であんまりセックスが楽しくないんだそうです。いきなり飲みに行こうと誘われ、そんなに酔ってもいないのに「ホテル行きたいなぁ」なんていうような子です。でも、そういう大胆な子、大歓迎。早速店を出てホテルに行きました。私は、妻以外の女性とセックスすることには全く抵抗がありません。色んな女性とセックスを楽しみたいと常々思っています。みなみは、部屋に入るとすぐに自分からぱぱっと服を脱ぎ、抱き着いてきました。そこでキス。みなみは小ぶりですがなかなかいいおっぱいをしており、速攻ベッドに押し倒し吸いつきました。
「ああ~ん」と可愛い声で鳴くみなみ。両手で胸を揉みしだき、乳首を吸ったり舐めたりしてやると、ますますいい声で鳴きます。両足を広げおまんこを丸出しにしてやるとさすがにちょっと恥ずかしそう。もちろんそんなことはお構いなしにクンニを始めます。「あぁっ、あああああ。だめだめイッちゃう~~~」とすぐに達したみなみ。久しぶりのセックスだったようです。そして自分からフェラをし、完全に固くなると自分から上に乗り腰を振り出しました。「ああっ、もうイッちゃいそうっ」私は、女性が上でイクのをあまり好みません。下に組み敷いて犯すのが好みです。上下態勢をサッと入れ替えると両足を上に上げ、おまんこ丸出しのところへ肉棒を突っ込みました「いやっ恥ずかしいっ」「おまんこ丸見えだからな」
「恥ずかしいから言わないで」「彼氏にもこうやって見せてるんだろう?」「彼氏とは女性上位でしかしないの」「それはもったいないなあ」私は、奥の方まで突き上げてやりました。「いやっ、何これこんなの初めて。おかしくなっちゃう」
「ポルチオ、思いっきりほじくってるからなあ、イキっぱなしになるよ」「ああっああっああっっっ。もうだめっ」
みなみはイキまくりました。「俺もガマンできなくなってきた。イクよ。中に出すよ」「中はだめっ。コンドーム着けて
からもう一回入れて」「そんなことできないよ。こんなイイまんこ、生で味あわなきゃもったいない。おまんこの中に出してください、つていうんだ」「いやっ彼氏に悪いもん。彼氏とはコンドームしてセックスしてるのに」「それじゃあ気持ちよくないだろう。せめて俺とは生のセックスを味わえよ」そう言って私は突き上げてやりました。「いやっだめえー」「ほら中で出してください、って言うんだよ、でないとやめちゃうぞ」「ああっああっ。お願いします。おまんこの中に出してください、ザーメンを一滴残らずおまんこの中にかけてください」「よし、いい子だ。奥の方にいっぱい
だしてやるぞ。うっ」私は思い切りみなみのおまんこの中に発射しました。発射し終わったあと、ちんぽを抜くとザーメンがドッとあふれました。それを見て私は興奮しもう一発目を抜くことにしました。みなみを後ろ向きにさせ、バックで突っ込みました。「ああっ。いいっ」みなみもまだセックスし足りなかったのか反応がすごくいいです。大きめのケツを
しっかりつかみズコズコ打ちつけました。「だめっだめっ、またイッちゃうっ」「いいよいくらでもイかせてあげる」
「ああっ、お願い。出して、中にいっぱい出して。おまんこの中、真っ白にしてっ」「ううっ。ガマンできん。イクぞっ」またしてもまんこに中出し。。。抜くとまたまたザーメンが。「いっぱい出たな。気持ちよかっただろう?」
「うん。こんなの初めて。また会ってくれますか。また中出しでエッチしたい」「もちろんいいよ」みなみは私とのセックスが気にいったようです。みなみをタクシーに乗せ、私は帰宅。家に帰ると妻は起きて待っていました。妻はセックスがしたかったらしく、私が帰るとすぐにTシャツを脱ぎノーブラでおっぱいを丸出しにすると、私の顔におっぱいパンチをしてきました「今日、おまんこしたい」の合図です。私は口を大きくあけ乳輪から乳首を吸ってやります。
妻はおっぱいもクリも非常に敏感で「ああんっ」と大きな声をあげます。おっぱいを鷲掴みして、思う存分吸い揉みしたあとジーパンとショーツを脱がせ、おまんこを舐めてやります。「いいっ、もうダメッ」あっという間にイッてしまいました。言わなくても妻の方からバキュームフェラ攻撃。一瞬イキそうになりましたが、グッとこらえて妻を押し倒し、片足を高く上げおまんこに突っ込みました。みなみほどの締りはないもののなかなかのマンコです。だんだんきゅーっとしまってきました。「あっっあっあっ、イクいく。おまんこ気持ちいいのっ」「もっと言ってごらん」「おまんこ。おまんこ」「スケベだな」「おまんこ気持ちいいのっ。おちんちんもっと奥まで入れてえっ」「よしっ、これでどうだっ」
「ああんっ、いいの、すごくいいの、イきそうなのっ」「俺もイきそうだ。どこに出して欲しい?」「おまんこ」「また中出しか。本当に中出し好きだな」「だって中出しって最高に気持ちいいんだもの。早く出してぇ」「わかった出るぞ」
私はありったけのザーメンを出しました。ちんぽを抜くと、「こんなに出されちゃった」とマンコを見せる妻。
「ねえ、もう一回できるでしょ」一瞬迷いましたが、妻にちんぽをしゃぶらせると思いのほかギンギンに。バックで挿入しました。(私は2回目のセックスはだいたいバックです)結合部を眺めながら「イクよっ」と言い、またまた中出しフィニッシュ。妻は満足し、「気持ちよかったあ」と言いながら眠りにつきました。私も疲れ果てバタンキュー。
次の日早速、みなみから次回お誘いがきました。いま、みなみとは週一ペースでセックスをしています。みなみは私とのセックスにハマったらしく、大体いつも2回戦3回戦は当たり前です(彼氏とは月一ペースだそうです)やっぱりセフレっていいですね。妻とはねっとりした濃厚なセックス、セフレのみなみとはスポーツのようなセックス、どっちも捨てがたいです。これからもセックスを楽しみたいと思います。

家庭教師

 K君と付き合い始めた頃の体験です。友人の弟(D)の家庭教師をすることになりました。

 高校2年生の男の子でカワイイ。 勉強し始めたけれど、私に「Mは彼氏いるの?」

 とか勉強以外の質問をしてきたりしましたが、ちゃんと家庭教師してきました。。

 何回かしたある日、Dの家を訪ねるとお母さんが出てDはまだ眼医者から帰って来ないけど部屋で待っててと言われたので、
部屋に入るとごみ箱にはティッシュの山で……。 本棚には隠すようにHな本があり、見てみると…、
裸の女性が色んなポーズやSexをしてる写真がありました。。

 やっぱり男の子だと思いました。。

 Dが帰ってきて、勉強を始めると、お母さんがジュースをとお菓子をもってきてくれました。
「これからお婆ちゃんの家に行く」と出掛けて行きました。。
 休んでいて私が「何か悩み事ある?」と聞くとDは「Mが気になる」と言いました。。

「も~何言ってんの~?」と冗談だととると、「Mのお尻が気になる、胸も…」と顔を赤くして言いました。。
「今まではエロ本見て一人Hしてたけど、今はMを想像して……」。
 そんなDを見て私は可愛そうになってしまい、「童貞卒業する?」と聞きました。

 Dは驚いた様子だけど頷きました。 二人でベットに座り、キスを私からします。
「ちゃんと絡めて」とDにDキスを教えました。 お互いの服を脱がし下着だけになりました。。

 Dは私の下着姿に興奮したのか、パンツがテントを張っていました。。
 私は、Dのパンツを脱がすとビンビンのチンコと対面しました。
私が、しゃぶりつくと「M!? うっうっ!」と気持ち良さそう……。。

 裏筋を舌でレロレロして、右手は玉をモミモミ…チンコを口に吸い込み上下に動かすと、
「うっ! 出る…っ!」と私の口から引き抜いて、床に射精しました。。
 Dは、ハァハァと気持ち良さそうにしていました。「私の事もして?」とDの手を私の胸にを触らせました。
 Dは本能のままに、胸を揉み始めました。。

「乳首を舐めたり、転がすの…」と教えます。。
 慣れてないのがまた、可愛い! 私が感じ始めた頃には、Dは慣れてきていました。
「D…気持ちいい」「M可愛い!」。
 私は、アソコを足を開いてDに見せました。「グロテスクでしょ?」

「ううん、」と舐めてきました。「Dっ! あっっんっ!」と喘いでいました。。

「すげー濡れてる」 Dは指を1、2、3本と増やし掻き交ぜてきます。

「Dっ! だめぇっ…」 ビクンっビクン! 私はイキました。。

「M、イッたんだね!」と。 ギンギンになり、先からは液が溢れ出しているチンコを見せてきました。
「入れてっ」「うん!」 チンコを当てがいうと、すっかりびしょびしょぬれの、ニュルンと開ききった私のマンコは、簡単に飲み込みました。
「ううっ!キツイ」と奥まで入れて、動き始めました。。
 グチュッグチュッ! と私のマンコとDのチンコが絡み合う音がして……、
「Dっ! 上手……、あぁ~ん」 奥まで突いてきて、Dも「もう、だめだぁ~うっ!」「あ~イッちゃうっ!」 二人でイケました。。

 その後は騎乗位をしました。 Dの上に跨がって、自分の重さで入ってくのが気持ち良くて好き……。 
気持ちいい所に当たって私がイッてしまいました。 彼氏がいるのにイケないことしていまった……。Kには内緒にしなくちゃ。。

嫁の元彼性交

愛する嫁さんの過去のセックスを見た事があるかい?
嫁と結婚したのは10年前、俺が28歳で嫁は24歳だった。2年交際したから出会ったのは嫁が22歳、嫁が大学を出てすぐだった。真面目で大人しく、清純そうな嫁でも大学時代に恋はしたらしくセックスは知っていた。でも、大学卒で処女はないなと思っていたから別に気にしなかった。

俺は次男坊なので、嫁の実家をリフォームしてマスオさん状態になることにしたのが5年前、嫁が2人目の子供を妊娠したからだった。嫁の部屋を片付けていた時、不燃物の中に懐かしいPCカードを発見した。40MBの物が2枚あった。俺は何気にそれを盗み出して不燃物の袋を閉じた。間もなく嫁は出産のために入院した。

上の子を嫁の実家に預けて仕事をしていた俺は、PCカードをスロットルに入れてフォルダを開いた。1枚300~500kBのデジカメデータがずらっとあった。PCカードに記録された日付から、撮影は少なくとも妻が大学2年の冬以前である事がわかった。スライドショーモードにしてデータを開けてみた。
まだ幼さの残る清純な乙女のような嫁の猥褻写真だった。妻はまだ綺麗な女陰を指で広げて中身を見せていた。ヒダがほとんどない綺麗な女陰だった。その女陰を弄られて半開きの口でアヘ顔を晒す嫁の恥穴に、生肉棒が突き刺ささろうとして、やがて半分、そして根元まで突き刺さった写真が現れた。その肉棒は赤黒い血液に染まって行った。若い嫁は、眉間にシワを寄せて破瓜の痛みに耐えているように見えた。最後、肉棒から解き放たれた精液が嫁の子簡易振りかけられた映像でそのフォルダは終わっていた。

他のフォルダは、嫁とその彼氏が激しく交わる様子が、カメラを固定して撮影されていた。男の左手にはリモコンらしきものが見えた。生の肉棒が嫁の恥穴を抉っていた。肉棒にベロンと嫁の女陰がまとわり付いていた。シーツを握り締めて善がる嫁を見るに、これは既に快感を知った後のように見えた。
もうひとつのPCカードには、メディアプレーヤーで再生される動画が入っていた。40MBで僅か数分の荒い画像だったが、彼氏に抱かれて、嫁が、
「アアン、アアン、好きよ、大好き、アアン、気持ちイイ、アア、アア、中に欲しい、私の中に出して・・・」
微かに聞こえる嫁の声に反して、彼氏は妊娠を避けて嫁の腹部へ射精していた。
この時嫁は、二人目の俺の子供を出産中だった。俺は、PCカードを半分に叩き折り、更に金槌でぐしゃぐしゃに破壊した。嫁は、清純な顔で俺の肉棒に頬ずりして、清純な顔で肉棒を頬張る。俺に抱かれて狂ったように快感を貪る。俺に抱きつきj激しく腰を振る。でも、嫁の体を開発したのは俺じゃない。そのことが悔しいような気がした。

俺はあれ以来、嫁の女陰を舐める時、嫁の恥穴を覗きながら、昔、この穴を出入りした生肉棒を思い出していた。若かった嫁の体を堪能した男は、一体何回この穴に肉棒を抜き差ししたんだろう。中に欲しがった嫁の意思に反して中出しを避けた紳士的な男を、嫁は好きだと言いながら抱かれていた。今はそんな事には嫉妬しない。いつまでも純情な清純派の嫁の恥穴は、今は俺の肉棒専用だからだ。それよりも、嫁と彼氏は愛し合ったまま別れたのかが気になった。

そんな事を思いながら、結婚して10年間も俺に体を委ねて続ける嫁を抱きながら、快感に喘ぐ嫁が可愛くて仕方がなくなるのだ。もう、あのPCカードにあった画像のような純情な女陰じゃない。俺の肉棒に突かれ続けた嫁の女陰はすっかりドドメ色になったが、俺の肉棒は嫁の恥穴に挿し込まれる度に恥穴から上がる飛沫で赤黒く変色して行った。きっと、今撮影したら、ドドメ色の女陰に赤黒い肉棒がともに愛液に光りながらグロテスクな姿を見せるのだろうと思った。

俺には大学二年と高三の娘がいる

俺には大学二年と高三の娘がいる。
小学校以来、風呂に一緒に入ることはないが、今年の正月に家族4人で城崎に行って家族風呂に入った。
娘たちの裸体に見とれてしまって半勃起。成長したなぁ。
娘とか関係ない、若くていい女見れば、男って本能で反応しちゃうもんだ。それを痛感した。
上の娘が俺のチ○コをガン見しながら「お父ちゃんのおっきいなぁ。ムケチンやん、お母ちゃんええなぁ」とか言うから、「誰と比べとんねんw」って返してやろうか思ったけどやめた。
多分彼氏のと比べてるんやろうけど、短小包茎なんだろうなw
そんな会話を横で聞いてた嫁さんにその夜、求められたのは言うまでもない。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード