萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

彼氏

私に元彼とのセックスを話させて興奮する夫

過去は消せません。
それなのに、夫は、私を抱いた後、急に抱き寄せて、
「お前、処女じゃなかったよなあ。初体験はいつだったんだ?何院の男に抱かれた?」
それは一昨年、私が38歳の時、結婚して13年の頃に突然訊いたのです。
「なによ今更・・・」

その後、何度も私が過去に何人の男に抱かれたか、セックスするたびに訊いてきました。
愛しているのは夫だけ、抱かれたい男性も夫だけ、夫と出会う前は愛する相手が違っただけです。
でもそんなことは、夫に言いたくありません。
でもしつこい夫は、私が絶頂への階段を上っているときに、腰の動きを止めて、焦らして訊くのです。
「初体験はいつだった?抱かれた人数は?答えないと逝かせてやらないぞ!」
仕方なくついたウソ・・・
「初めては19歳の時・・・元彼は2人よ・・・」
23歳で夫に初めて抱かれたことを計算して、上手についたウソに夫は一応納得した様子でした。

でも、ここから私の創作活動が始まりました。
19歳の初体験は大学3年生の彼、彼が卒業してお別れしたことにしました(半分ウソです)。
2人目の前彼は21歳の時、取引先の人が段取りした合コンで知り合った人と約1年間付き合って、セックスを隠し撮りされたことに腹を立ててお別れしました(これは事実です)。

夫はセックスしながら訊きます。
「初めての時は痛かったのか?」
「い、痛かったわ・・・」
「何回抱かれたら気持ちよくなったんだ?」
「わ、わからないわ・・・アアン・・・い、いつの間にか・・・アァ・・・」
「男の前で足開いて、オマンコ晒して弄られて喜んでいたんだろう?」
「オマンコ晒してなんて・・・アァ・・・そんな言い方・・・」
「そのオマンコで元彼のチンポを受け入れて、快感に溺れたんだろう?」
「アッ・・アァッ・・・」
夫は、私の元彼の事を訊きながら、アレをものすごく硬くしていくのです。
嫉妬の威力は凄いもので、まるで20代の頃の夫のように、カチカチのアレで私を狂わせてくれるのです。

最近では、私も慣れてきて、夫の問いかけに、わざと嫉妬するような答え方をします。
「お前は、そうやってはしたなぃ淫らな喘ぎを元彼達にも見せていたんだな?」
「アァン・・・ええ、そうよ・・・もしかしたら・・・奥さんを抱きながら・・・イヤらしく喘いだ裸の私を・・・アッ・・・想い出してるかも・・・アァン・・・」
「クソーッ、お前は元彼に抱かれてイヤらしく喘いだんだな。コノコノーーーッ!」
「アアン、アン、アァァァァァァーーーーッ!」
わざとらしく胸を突き出して、とびきりイヤらしく喘いでみせるのです。
「お前の喘ぎを思い出して、オナッてるかもしれないのか!クッソー!」
「ア、ア、ア、ア、アアァーーーー!」
「お前も俺に抱かれながら、元彼を思い出しているんじゃないだろうな!コンチクショーーーッ」
もう、こうなると私は激しく揺さぶられて、嫉妬で信じられない硬さになった夫のモノに逝かされて記憶が無くなるのです。

本当の私の初体験は17歳、高校2年の時で、相手は夫に白状したとおり大学3年生の彼氏でした。
その次は短大の時で、初めての彼氏が卒業するとき、彼の後輩を紹介されて付き合いました。
でも、明らかに体目当てなのにセックスはおざなりで、彼が休みで帰省中に、つい、バイト先の単身赴任の40代の男性に抱かれてしまい、中年男性の包容力があってネチッこいセックスにハマってしまい、彼氏とは別れてその男性と付き合ってしまいました。

中年男性が転勤で奥様の元に帰るのと、私の就職が同じ時期で、そこで合コンで知り合った前彼と付き合いました。
そしてその次が夫です。
だから、私に元彼は4人いることになり、そのうち一人は不倫です。
そして、その不倫相手の中年男性とは、ソフトでしたがSMも経験しました。
縛られて乳房を鷲掴みにされながら、激しくアソコを悪戯された事を思い出して濡れてしまうこともあります。
でも、そんなことは夫に言えませんから、このまま墓場まで持っていきます。

私が処女ではなかったことに悩む夫

結婚して10年過ぎても私を求める夫に抱かれて、とても満たされたひと時・・・
「私、あなたと結婚してよかった。」
と言ったら、
「俺はお前に惚れて結婚したが、一つだけ残念なことがあるんだ。どうしようもない事なんだけどね・・・」
と言われました。
「残念なことって?」
「お前の処女を貰えなかった事だよ。まあ、お前のようなベッピンが24歳まで処女でいろって方が無理な話なんだがね。」

私は、初めて夫に抱かれた時、優しい愛撫と丁寧なクンニ、そして、私を感じさせるために汗だくになりながら、果てたいのを我慢して頑張っていた夫のセックスに、とても感動しました。
私は、愛されている実感だけでなく、その時、夫以外の男性に抱かれたことをとても後悔していました。

非処女だった事は、夫に申し訳ないと思います。
でも、非処女になったのには理由もあるのです。
言い訳になってしまいますが、出会うのが遅かったのです。
寂しい人生にならないように、その時、最もいいと思った行動をした結果です。
その時の彼氏とは、決して遊びでなく真剣に未来を描いていました。
でも、相手に結婚する意志が無かったり、単に体目当てで玩ばれたなど、色んな事情で結婚に至らなかったのです。

初めてを捧げた男性なんか、まさか奥さんがいたとは思いませんでした。
私が20歳でお酒も飲んでいたので、処女だとは思わなかったらしく、好きだという言葉を信じて痛みに耐えたのに、処女だった私に恐れをなして、結婚ていることを白状したんです。
「ごめん。まさか初めてだったなんて。俺、結婚してるから、これ以上は無理。悪いけど、キミも慰謝料請求されたら困るだろう。」
って半分脅しでした。

でも、不思議なもので、その半年後に告白されて付き合った彼に抱かれた時、出血したんです。
「初めてだったのか!」
って、凄く感動されて・・・
でも、次第に私をぞんざいに、というか、辱めるような扱いになっていって、大股広げてアソコを指で広げろとか、オナニーして見せろとか、縛らせろとか言うようになって、怖くなって別れました。

その次の男もまた、甘い言葉を大安売りするキザな男で、今思えば、甘い言葉を信じて裸になって、アソコを見られて弄られて、恥ずかしい格好で男性器を受け入れて、いつしかその快感に淫らな声で喘いだ自分が汚らしく思えてきます。
それが単なる性欲処理で、結婚の話題をしたら捨てられたなんて、バカだなと思います。

その後、24歳で夫と出会ったのですが、それがわかっていたなら、24歳まで待っていたと思います。
でも、実際には夫にすぐには出会うことはできなかった。
クダラナイ男達に捕まってまわり道してしまいました。

結果的に非処女になったわけですが、一番大切な夫を私が非処女だったことで情けない思いをさせてしまいました。
私は夫に、
「初めてをあなたにあげられなくて、ごめんなさい。もちろん、前もってあなたに出合えることが分かっていたなら、待っていたのよ。」
と言うと夫は、
「お前のような俺好みのベッピンが24歳まで独身でいてくれたことに感謝しないといけないのに、処女じゃなかったことを残念がって、悪かったよ。ごめん。」
と言いました。
私は、
「一つだけいい事ああるのよ。それはね、あなた以外の男性に抱かれた経験があるから、あなたに抱かれることがどれだけ良いか、あなたのセックスの素晴らしさがわかるのよ。あなたのセックス、それまでの誰よりも素敵だもの・・・」
と言うと、夫は、
「お前が俺以外の男に初めてを捧げて、そして、セックスの気持ち良さを教え込まれて、お前の体で性欲を満たして、お前が喘いでいる姿を見て楽しんだと思うと、悔しいんだよ。」
と言いながら私を抱きしめて、もう、何年も経験していなかった2回戦に突入したのです。
夫も私も興奮して、その夜はただ逝っただけでなく、久しぶりに気を失いました。

あれ以来、セックスの回数が増えました。
それまでは週2回くらいでしたが、夫が私の匂いを嗅ぎながら胸を擦るようになり、その時夫の股間に触れると、パジャマの中で硬くなっているんです。
金、土、日は三日連続、週中の火、水にもするので、現在、週5回セックスしています。
40歳も近い夫が、背中を汗まみれにして私を抱いてくれるとき、深い幸せを感じるのです。

私「何人の男とプレイしてみたい?」 妻「三人くらいが限界かな、1人2回として6回。それがギリギリね」 私「するならナマがいい?」

31歳の妻と複数プレイの画像を見ながら二人裸でベットの中です。妻は私のペニスを握りながら会話しています。

私「何人の男とプレイしてみたい?」
妻「三人くらいが限界かな、1人2回として6回。それがギリギリね」
私「するならナマがいい?」
妻「そりゃそうよ。病気が無い人限定で。保証書とか病院は出してくれないかな」
私「どうしてナマがいいの?」
妻「あなたはどうしてナマがいいの?それと同じだと思う。」
私「中に出されたい?」
妻「考えただけで、ぞくぞくするわね」
私「お前、前に付き合ってた男のとき浮気したことある?」
妻「あるわよ」
私「どんなときにしたくなる?喧嘩した時?」
妻「それもあったけど、浮気してるって事が刺激剤だった」
私「中に出された?」
妻「ううん、浮気のときはばれると怖いからゴムつけた」
私「刺激が半減しただろ」
妻「一度だけ、危険日にいきなり中出しした奴がいてびっくりした」
私「どうだった?」
妻「ヒヤヒヤして彼氏からは2日ほどばっくれて...」
私「大丈夫だった?」
妻「生理が来たときはホッしたわね」
私「二股とかしてたの?」
妻「ううん、その場限りのなりゆきって感じ、でもさ、彼氏以外の人に出される瞬間ってクラクラするくらい気持ちよくて興奮したわね。でもそんな事いうとやられまくるから黙ったけど」
私「結婚してからしたんじゃないのか?」
妻「それは絶対無いわよ」
私「でもしたいんだろ?」
妻「あなたがOKならね、私が他の人とするのをそんなに見たいの?」
私「なんとなく」
妻「なんとなくって言いながらおちんちんはビンビンよ」
私「すごく見たい」
妻「正直でよろしい」
私「どんな男としたい?」
妻「知らない人、好みのタイプは嫌」
私「どうして?」
妻「惚れそうだから」
私「えっ?」
妻「だって、好みの男に抱かれて、燃え上がってその人から出されたら愛が始まりそうで怖いわよ。遊びじゃなくなりそう」
私「そうか」
妻「だって、あなただって私に彼氏がいたのにエッチして中に出して私を奪ったじゃないのよ」
私「そうかぁー」
妻「Oさんみたいな遊び人タイプで面白くて女がいそうな人のほうがその場限りに遊べそうだからいいな」
私「Oさんとしたいのか?」
妻「あんなタイプの人」
私「今年中にはしそうだな」
妻「ん?」
私「今年中には誰かとプレイすることになるかな」
妻「したいんでしょ?」
私「うん、でも不安だな」
妻「私はあなた次第よ」
私「悶えるんだろうな」
妻「当たり前でしょエッチするんだから」
私「中に出されるんだろうな」
妻「そのほうが興奮するんでしょ?」
私「お前の中に他のチンポから出されたら俺暴れるかも」
妻「アハハハ、どうするいつもの何倍も悶えて、その人にもっとしてって叫ぶかもよ」
私「してみたいプレイってある?」
妻「目隠しされてやられてみたい」
私「なるほど、縛られたい?」
妻「痛いのは嫌、でも目隠しで縛られて中に出された後で相手の顔を見るのってすごいわよね、想像したらドキドキする」
私「目隠しはずしたら、隣のおじさんだったらどうする?」
妻「いやーん、想像したくない」
私「Eくんだったら?」
妻「やめて、夢に出てきそう」
私「あいつ、かっこいいじゃん」
妻「でも、童貞ぽくない?童貞は尾を引きそうだから嫌」
私「キムタクは?」
妻「もう一回って言う」
私「ハハハ」
妻「あなたは私の相手に希望はあるの?」
私「お前のめっちゃ嫌いなタイプ」
妻「えぇぇーーーーーっ...嫌だぁー」
私「目隠しはずしたらYさんが目の前でヒクヒクしながら中出ししてたらどうする?」
妻「殴る」
私「ワハハハハ布団の中であそこ舐められて、布団から出てきたらTさんだった」
妻「蹴る」
私「Jさん」
妻「あの人はアリよ」
私「どうして」
妻「いいかげんそうで嫌いだけど、男の色気はあるのよね」
私「だから楽しそうに話をしてるのかぁ」
妻「妬いてるの?」
私「少し」
妻「今度誘われたらやられてみようかな」
私「誘われたのか?」
妻「いつもよ」
私「あの野郎!」
妻「大丈夫よ、知らないところでしないから」
私「でもさ、俺以外の男のチンポを入れられてその先から噴出す精液を注ぎこまれるって小説の世界でしか知らないからすごく興奮するよな。こうして活字に書き込むだけでチンポが張り裂けそう」
妻「したい?」
私「もう少し遊ぼ」
妻「チンチン入れて」
私「まだだよ」
妻「ねぇー入れてよ」
私「したくなった?」
妻「うん」
私「まだだめ、もう少し白状させてから」
妻「何を?もう全部したわよ」
私「まだ」
妻「私もこんな風にされたい」
私「三人に体中舐めまわされたら気持ちいいだろうな」
妻「当たり前じゃない三倍以上よ」
私「三人が20分ずつ入れたとしたら、最初の奴は最後の奴が出すときに回復するかな?そしたら二時間入れられっぱなしかぁー」
妻「もうどうにでもしてって感じよね」
私「そうなんだ?」
妻「あなたとするときでも多いときは三回イカされるのよ三人だと10回くらいかな?」
私「お前随分楽しそうだな、そんなにしたいの?」
妻「急に覚まさないでよ、あなたが言い出したんでしょ。せっかくその気で燃え上がってるのにぃー」
私「舐めてくれる?」
妻「がってんでぃ」
私「今まで何本のチンポ舐めた?」
妻「12本、あっあなたを入れて13本」
私「口に出されたことは」
妻「付き合った人全部」
私「すごいな」
妻「だって生理のときは、お約束でしょ?」
私「まぁーな、いつも飲んであげてたの?」
妻「高校生の頃は吐き出してた、でもある男の人にそれは失礼だって教えられて飲み始めたら慣れてきた。」
私「エッチしたら咥えたくなるの?」
妻「咥えられて気持ち良さそうにのけぞる男の人の顔って好きよ」
私「だって、お前上手いもんな、初めてエッチした時、こいつは相当男を食ってるなって思ったよ」
妻「嫌だった?」
私「気持ちよかった、でも他にもおおぜいこの気持ちよさを味わったと思うと切なくなってたよ。」
妻「そうよ、私におチンチンを舐められた男はみんな虜になっていったのよ」

そろそろ入れますので落ちます。



姉貴との体験

俺が中1まで平気で姉貴と一緒にお風呂に入っていた。姉貴は4つ上の女子高生(2年)だった。
そのころから、姉貴はおっぱいがでっかくなってきて、あそこには毛が生えていた。
もちろん、俺には生えていなくて、皮も剥けてなかった。でも勃起はしてた。ちょっと性に目覚めてきた頃だった。
しかし、俺が中2になった頃、毛が生え始め当然剥けてきた。恥ずかしくなったのと、姉貴が受験勉強とかで一緒に自然と入らなくなった。
ところが、俺が中3で逆に受験勉強が始まったとき、姉貴が英語だけ家庭教師をしてくれることとなったのだが、保健体育の実技まで教えてくれることとなるとは・・・・・・・・
笑ってしまうのが、我が家には冷房がなくて、夏休み姉貴に勉強を教わっているとき、なんと姉貴はタンクトップでノーブラ、しかもホットパンツ、俺もタンクトップでホットパンツでした。その日は特に暑かった。姉貴のおっぱいが気になってしょうがなかった。後で聞くとFカップあったらしい。勉強に全然身に入らなかった。
そこで、姉貴から水風呂に入ろうとの提案でした。当然別々に入るもんだと思っていたら、
姉貴「久しぶりに一緒に入るか?」
俺 「えー。」
姉貴「いいじゃん、暑いし、どう?」
黙っている俺に対して、手を引っ張ってお風呂場の着替え場所に連れて行かれ、姉貴はすぐに何のためらいもなく「すっぽんぽん」になりました。
もじもじしている俺に
姉貴「さあ、早く脱ぎなよ。」と実は姉貴の裸を見て、すでに勃起状態。
俺「恥ずかしい。」
姉貴「あたしもう裸だよ、先に入っているからさあさあ。」
もうえいやとおもって俺も脱いでお風呂場に入ると、なんと湯船に水がない。
姉貴「水これから入れるから。」
両手フル勃起したあそこを隠していると、
姉貴「なに隠してるん。こっちはほら隠してないし。」
大きなおっぱいと白い肌にあそこには黒々した毛が生えていました。
手を外すと
姉貴「お、しっかり勃起して、結構大きいな、彼氏より大きいかも。洗ってあげるね」と微笑みました。
洗ってもらうと、気持ちよくてあっという間に発射しちゃいました。溜まっていたので、姉貴のおっぱいにかかってしまいました。
姉貴「いっぱいでたね。」
水で洗ってもらって、冷たかったけど、興奮していたので、俺もつい姉貴のおっぱいを洗ってあげました。
そうしているうちに、水が溜まってきたので
姉貴「入ろう。」俺「うん。」
姉貴「冷たいね。でも気持ちいい。くっついていいよ。」
俺は大胆になって、「キスしてもいい?」言うと、
姉貴「どうしようかな?」といたずらっぽく言うので、かまわず唇を求め抱きつきました。
キスしながら姉貴も乗ってきて、ベロを絡めたり、唾液を交換したり、ますます大胆になった俺は左手で姉貴のおっぱいを、右手で姉貴のオマンコを触りました。なんとなくぬるっとしてきたかと思うと、姉貴があえぎ始めました。
姉貴「立ってごらん。」と言われ、立ち上がると
姉貴は俺のすでに勃起している息子をフェラチオしてくれました。
俺「出そう。」姉貴「出していいよ。」2度目の射精でした。
姉貴「こんなに出たよ。」と言って、手のひらに出して見せました。
姉貴「○○もなめて」と言って、湯船にふちに足を広げて見せました。
俺は初めて見るあそこに感動しながら、本能のままに舐めました。すると姉貴は声を出して感じています。
姉貴「もう我慢できない。」と言って、俺をお風呂場の床に寝かすと69の体勢になり、俺の勃起したあそこを確認すると、姉貴が湯船に手をかけて後ろから入れるように言われて、バックから初体験しました。
姉貴「いきそうになったら抜くのよ。腰を動かして。」
言われるまま激しく腰を動かすと姉貴はますます感じています。
俺は2回出しているので、何とか持ちこたえると、
姉貴「あんた初めてか?なかなか舐めるのもエッチもすごい。」と言って、がくがくとして姉貴が先にいってしまいました。
そして、お互いに満足してお風呂場から上がると、なんと姉貴は服を着ようとしません。
姉貴「暑いし、このほうが気持ちいいよ。○○も服着ないで。」と言われたので、お互いにすっぽんぽんのまま、再度勉強かと思いきや、「保健体育の実技やね。○○は3回目いってないやろ。」と言って、布団を引いてそのまま続きをすることとなりました。
姉貴が寝転ぶと今度は正常位で入れるように言われたので、すでに勃起しているチンポを姉貴に突き立てました。
激しく動かしていきそうになると、抜いて姉貴の腹に薄くなった精液を出しました。
姉貴「あんた上手だね。彼氏よりうまいかも、しかももう3回目だよ。彼氏なんか2回もできないよ。」
すでに俺もう勃起して立っている。
俺「何度でもできるよ。ほら。」
姉貴「さっきみたいに後ろからして。」と言って、
もうやり方をすっかり覚えた俺はうしろからチンポをつきたてながら、姉貴の大きなおっぱいを揉みしだきました。
激しく動かして結局4回射精(背中に出しました)しました。

その日は2人とも「すっぽんぽん」のまま、両親が帰ってくる夕方まで過ごして、何度も何度もはめあいました。

姉の性 ~隣の部屋のあえぎ声~

これは私が中学生の時の話。家庭の事情で私は都内のマンションに姉と二人暮らしをしていた。姉の外見は身長145cmでDカップあり、顔はデビュー当時の中○明菜に似ていて優しくて、私にとって自慢の姉だった。


二人暮らしを始めた年の夏の日、姉がマンションに男を連れてきた。男の外見は身長は高くイケメンでありコワモテだった。当時いじめられっ子だった私にとっては抵抗があったのだが、話をすると見た目とは反対に大変楽しく、私は直ぐに馴染むことが出来た。


三人で姉が作った晩御飯を食べて、ゲームをして談笑をして…気がつくと夜中の10時時だった。


「もう遅いから、今日は泊まっていったら?」


姉の一言で急遽、男は泊まる事になった。四畳半の部屋には私と姉が、襖を隔てて奥の六畳の部屋には男がそれぞれ布団を敷き、寝る事になった。


…どれぐらい時間が経っただろうか…


寝苦しさで私は布団から起きた。ふと気がつくと隣で寝ている筈の姉が居ない。…どこに行ったのだろうか?と考えたその時!


「…あんっ…」


姉の声だった。私はまさかと思いながらも声のする方を気にすると…男が寝ているであろう隣の部屋から聞こえいた。そして仕切られた襖は少しだけ開いており、隣の部屋の豆球の光がもれていた。


私は恐る恐る襖の隙間から部屋の中を覗いた。すると…


部屋の中では姉と男が裸で抱き合っていた。男は姉の背後から両手を回して姉の胸を鷲掴みにしていた。


姉「……いやっ…私…胸、弱いのぉぉ……」


男「胸、でかいね。何カップあるの?」


姉「…Dカップ」


男「いつから大きくなったの?」


姉「えっと…中学2年くらいからかなぁ…あんっ」


男は感じる姉を弄ぶかのように、姉の胸を乳首の上からそっと愛撫していた。


姉「ああんっ!!…ああんっ!!!」


男「ほら…そんなに声出すと、弟が起きちゃうよ……」


男は笑いながら姉にそう言うと、姉の乳首を摘まみ上げ上下左右に動かしたり、指で弾いたりしていた。姉はその動きに合わせて腰をくねらせている。姉は隣の部屋で寝ているであろう僕に気を使ってか、手で自分の口を押さえていた。


そして、姉は声を殺しながら男に口づけを求めていた。長い口づけを交わした後、男は姉に何かを呟いた。


すると姉は偶然にも私が覗いている襖のほうに向かってゆっくりと足を広げる。次に男は姉の股間に手を添えた。そして次の瞬間!


姉「あああっ!!!ああんっ!!ああんっ!!!ああんっ!!ああんっ!!!」


姉のあえぎ声は部屋中に響き渡り、それと同時に水溜まりの水が跳ねまわるような音が聞こえたと思うと、姉は股間から大量のしぶきを上げバタリと布団の上に倒れた。姉は気を失ったようだった。


男「大丈夫?…凄いな…布団…こんなに濡れてるよ…」


それから暫くして、男は姉の頭を撫でながら小さく何かを呟いた。すると姉はゆっくりと男の股間に顔を埋めて、男のモノをそっと口に含み、手慣れたようにゆっくりと頭を上下にさせていた。


男「なかなかうまいね…もっと音、立てられる?」


男がそう言うと姉は四つん這いになり、大きく頭を上下に動かしながら音を立てて男のモノをしゃぶりだした。


「…ジュボッ…ジュボッ…ジュボッ…ジュボッ…」


姉は顔を上げて男に呟くように言った。


姉「ねえ…そろそろちょうだい…」


そう言うと男に背を向けたまま男の上に股がり、姉は男のモノ掴みゆっくりと自分の中に入れた。


姉「……ぁぁ………」


ため息にも聞こえるようなあえぎ声を出しながら も姉は隣の部屋で寝ているであろう私に気を使っているのだろうか、自分の口を手で押さえて塞いでいた。しかし、男はそれを邪魔するように腰を姉に打ち付けた。


部屋の中にパンパンパンパンパンパンパンパン…とマシンガンの音のように肌と肌とがぶつかり合う音が聞こえたと思うと、それに合わせて姉はあえぎ声を上げ、それに合わせて姉の胸は上下に弾んでいた。


姉「あああっ!!!…イクゥ!!!やめないで!!…お願い!!ああんっ!!ああんっ!!!」


姉はまたぐったりとして痙攣していた。しかし、そんな姉にまだ男は腰を打ち付けている。


姉「あ゛あ゛………あ゛あ゛!!!…イ………グ……グ………グ………グ………ゥゥゥ………………」

肌と肌がぶつかる「パンパンパン」という音が「クチャクチャ」という音に変わっても男のピストン運動は終わらなかった。


そればかりではなく、その後も姉は何度も何度も絶頂を向かえ、そして何度も何度も男と交わっていた。


私はこの日を境に姉がヤリマンだと気づかされるのであった。


姉の衝撃的な光景を目の当たりにした次の日から私の姉に対する印象が変わってしまった。


しかし姉の話によると、彼氏は別にちゃんと居るらしく、「また連れてくるからね」と姉は私に言った。


それから何日かした後、姉はマンションに彼氏を連れてきた。


見た目はコワモテで何でも学生時代はボクシングをしていたらしく、腕っぷしには自信があるようだった。しかし、喧嘩に弱かった私にとってそれは脅威であった。


初対面で緊張している私に男がこう言った。


『手品を見せて上げよう。』


そう言って男はトランプを取り出すと私と姉に手品を見せてくれた。男の手から繰り広げられるマジックに私達の目は釘付けになっていた。そしてそのうちに男に対する緊張もほぐれてどんどん打ち解けていった。


「それじゃあ、最後!イリュージョンだよ」


男はそう言い、姉に牛乳の入ったコップを頭の上に持つように指示した。そして、姉は指示されたように牛乳を頭の上に持ち、ただじっと私を見つめている。


すると、「どんな手品が飛び出すんだろう?」と期待する私の期待を裏切り、男は姉の胸をTシャツの上からそっと撫でるように愛撫した。


姉「ええっ?……いや…」


姉はびっくりした表情をした。


姉「……ぁぁぁ…………」


姉は小さく痙攣しだした。目は半開きになり、微かに見える瞳は涙目になっていた。姉が微かに動いた為に頭の上の牛乳が静かに波を立てた。


私はこの状況をまだ理解出来ずにただ今、目の前で行われている事を見るしか出来なかった。


そして次に男は姉のTシャツを捲り上げた。姉のピンク色の乳首が露になると、男は両手の人差し指と中指の間で姉の乳首を挟んだ。そして指の間でゆっくりと乳首を弄んでいる。


男「ほら、ちゃんと持たないと…牛乳溢れるよ……」

姉「……だって……だって…………」


姉は頬を赤くして虚ろな目をしてこう呟いた。そして涙目になったその目線は僕を見ているようだった。


姉「………もう………ダメ……………」


姉は耐えきれずに牛乳を床へ溢した。


私は床に溢れた牛乳をただ見つめていた。

姉「もう!」


姉は乱れた服装を直しながら台所へ行ってしまった。


男「ねえ…どうだった?」


私「え?…何が……?」


男の問いに私が困っていると、台所から姉の声がした。


姉「ねえ、せっかくお風呂入れたから、入って帰ったら?」


男「うん。そうするよ。」

そう言って男は風呂場へ行った。


姉「ほら、ゲームばっかりしないで、ちゃんと勉強しなさいよ!」


まるで母親である。そして姉はいつものように台所で洗い物を始めた。


私は渋々、勉強机に向かい問題集を広げた。…でも、先ほど目の前で行われていた光景を思い出すと勉強など手につく筈もなかった。


私は気分転換に冷たいものを飲みに台所へ行こうと椅子から立ち上がった。


台所へ続く扉を開け、冷蔵庫の前へ。しかし、台所で水洗いをしている筈の姉が居ない。…多分、何かを買いにコンビニへでも行っているのだろう。そして冷蔵庫の中のジュースをコップに注ぎ、それを一気に飲み干した。


部屋へ戻ろうと風呂場の前を横切ろうとした時、風呂場から声が聞こえた。


男「ねえ…さっき感じてたでしょ?」


姉「…うん…でも弟の前だから恥ずかしいよぉ…」


私は金縛りにあったかのように動けなくなった。さっきまで洗い物をしていた筈の姉が今は男と仲良く風呂場にいたからだ。


そして湯船に凄い量のお湯であろう液体が落ちている音が聞こえたかと思うと、姉のあえぎ声が聞こえてきた。


姉「ああんっ!!ああんっ!!ああんっ!!…ああんっ!!」


風呂場のガラス戸越しに見える二人のシルエットが確認出来た。姉は男の首に両手を回してしがみついていた…姉は男にいわゆる『駅弁』をされていたのだ。パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン…と男のピストン運動が早くそして激しく見えた。


『ああんっ!!!…イキたい!!…イキたい!!!』


男のピストン運動が止まり、姉は男の首に両手でしがみついているのがガラス越しに見えた。


暫く時間が経ってから、私は金縛りから解放された。また部屋に戻り勉強机に向かった。そして今見た光景を思い出しながら興奮を覚えていた。


暫くすると姉の声がした。



「ねえ、そろそろお風呂に行きなさいよぉ~!」

姉ちゃんと全裸でセックス体験談

ぼくは中2姉ちゃんは高1です。夏になって部活から帰ったらシャワーするけど出たらスッポンポンで部屋にいきます。

その日もいつものようにシャワーから出たら、姉ちゃんが学校から帰ってて、洗面台で顔を洗ってました。
姉ちゃんはいつもはぼくがスッポンポンでいたら「パンツくらいはきや!」といってぼくも「いいやん別に」でおわってたけど、その日はじーっとぼくのぶらぶらしてるチンチンをみてるので「何みてるん。すけべやなあ」というと、姉ちゃんはぼくのをさわってきました。

「なにすんねん」というと「いいやん。うちのさわっていいし」とぼくの手を胸にあてました。

姉ちゃんの胸は大きくて柔らかいので、思わずもんでしまいました。
姉ちゃんは「もんだら感じるー」といってたけど、かまわずに揉んでやりました。

姉ちゃんも「あんたのオチンチン、おっきいなぁ」とチンチンをもむので、ぼくは 思いきり立ってしまいました。

「すごい。こんなかたいんや」といって、ぎゅうぎゅうもむので、ぼくはこらえら れなくなって、洗面台にビュービューーと思いきり射精しました。姉ちゃんは「うわ !!」と見てたけど、また揉んできました。

姉ちゃんはずっと揉んで離さないので、ぼくは姉ちゃんの胸を揉みながらもう2回、射精し、精子を出しまくりました。

でもまだ立ってしょうがなくて姉ちゃんは「あんた元気やなあ」と笑って「なんか うちも変な気分や?」といって「シャワーしよ。もいっかいはいらへん?」とはだ かになりました。

いっしょにはいるのは久しぶりで、「姉ちゃん胸でかいなあ」というと「Dカップあるで」といって「なあ、吸ってくれん?」というので、チクビを吸っ てやったら感じて「こっちもー!」とぼくの口にかわりばんこにオッパイを押し付 けてきました。

「ここも吸って」というのであそこもなめてやったら、「あー立ってられへん」と いってしゃがんで、こんどはぼくのをにぎってしゃぶってきました。

気持ちよすぎ て「姉ちゃんもうがまんできへん」というと「しちゃおか。姉弟でしたらあかんか なあ」「いいやん」「うん。うちもしたい。やろ!」といって出て、はだかのまま
ふたりで部屋にあがって、ベッドにころがるとぼくのをあそこをに入れました。

姉ちゃんは中3のときに彼氏と何回かしたことがあって久しぶりだったみたいです。きつ いのでなかなか入らなかったけど、全部入れたら気持ちよくて、おたがい夢中でお しりをふりました。

ぼくと姉ちゃんのあそこの相性は抜群で、姉ちゃんも「気持ち いいー!!」と大きな声を出してぼくの腰に足をまきつけました。抱きあってディープキ スを何回もしながら、ぼくと姉ちゃんは2時間くらいはげしいセックスをして、姉 ちゃんの中にもう4回か5回出しました。

おわってからもはだかのまま抱き合ってディープキスを何回もしてたらお 母さんが帰ってきたので、あわてて服をきました。

それからはシャワー上がりに両親が居ないときに姉ちゃんとセックスするのが日課になりました。ぼくと姉ちゃんのからだの相性はぴったりです。

冬のある日、両親が居るのに、姉ちゃんとこたつに入ってテレビを見ていたら、姉ちゃんがこたつのなかで僕のものをさわってきました♪姉ちゃんもぼくの手をあそこに導きました♪姉ちゃんはスカートですがノーパンですっかり濡れていて、目がトロンとしています♪
お互いに我慢できなくなって、こたつからでて、姉ちゃんの部屋でディープキスしながら、声をださないよう、セックスしちゃいました♪

姉ちゃんとセックス

俺は中2です。お姉ちゃんは高3で、この前俺からふざけて姉ちゃんの胸をさわってもんだら、姉ちゃんもやる気になっちゃって、なりゆきで最後までやっちゃいました。
 一回年上の人ともやりたかったので結構よかった。

 姉ちゃんがおれのあそこをなめてくれた時、それだけでもうイっちゃって、やっぱ年上はテクニシャンだと思った。
 俺が、「姉ちゃんの胸結構でかいね。」っていったら、「彼氏がもんで、大きくしてくれたの。でももっと大きくしたいから、直樹もモンでくれる?」とかっていってきたからたくさん揉んでいじくってやった。

 それで、姉ちゃんと今までのH経験の話とかして、結構盛り上がった。
 実の姉ちゃんとこんなことやこんな話をするなんて思ってもなくて結構うれしかった。

 そのあといっしょにお互いの感じる所を言い合って、触りあったり舐めあったりした。
 今思えば姉ちゃんのおかげでSexがうまくなったような気がする…。
 おかげで彼女も気持ちいいっていってくれるようになったし。
 それから、俺がHしたいとき、姉ちゃんの部屋に行くといつでもやらせてくれるし、もうH大好きになっちゃった。(笑) 

 前姉ちゃんがオナニーしてる途中に部屋に入っちゃって、俺が、「俺の体でよければヤる?」って冗談で言ったら、すごく激しくヤってきた。
 もうお姉ちゃんっていうか、Sexフレンドみたいなもんになっちゃったし…。
 でもいつでもヤらせてくれるから最高~。

才色兼備の高校教師は見た目を裏切る淫らな性生活だった

ハの字に伸びた青紫に変色した肉ビラは、結婚以来20年激しく交わり合った肉棒の摩擦と焼けるほど噴出した愛液の証し。
その頂点にポコッと突き出た赤紫に変色した肉豆は、結婚以来20年吸引され続けて巨大化し、包皮に戻らなくなった淫乱の証し。
知的な美形で、
「草野満代さんに似てますね。」
と言われる妻も今年は年女、48歳になった。

お嬢様女子大付属高校のお堅い英語教師の妻を初めて抱いたのは妻が26歳の時、
「性交渉は大学3年の時以来、5年ぶりなんですよ。」
ラブホに入って恥ずかしいのか口数が多くなり、
「私、太めだから恥ずかしいわぁ・・・」
と言いながらバスタオルを巻いて浴室から出てきた。
裸にすると、太目というよりムッチリ系、白い肌は素手の上気して桃色になり、弾力のある乳房を揉んで舐めて、モリマン気味の肉裂を舌先で割りながらなぞり、肉豆を吸いながら撫でた。
5年ぶりの男の舌触りを楽しんでいるのかと思ったら、
「ね、ねえ・・・そんなところ舐めるのって・・・今までの彼女にもしてたの?」
「5年前の彼氏は舐めてくれなかったのかい?」
「彼とは・・・処女と童貞だったから・・・」
きっと真面目なお付き合いだったのだろう、26歳とは思えぬ純情な肉裂だった。
初めて経験する男の舌触りに、ヌルヌルになりながらも恥ずかしくて喘げなかったのか・・・
クンニは初めてでも、フェラはしていたようで、歯が当たらないよう気を使いながら、ペロペロとキャンディーでも舐めるようなフェラだった。
そして、5年ぶりの肉棒の挿入に、5年ぶりの快感を噛みしめるように目を閉じて感じていた。

妻28歳、俺30歳で結婚、
「よくこんな別嬪さん、売れ残ってたもんだねえ・・・」
今は普通かもしれないが、20年前では晩婚だった。
毎日吸われ続けた肉豆は敏感に育ち、激しく交わり続けた肉ビラは変色していった。
知的な美人先生は、教壇では清楚な身なりの淑女だったが、夜は毎日股を広げて夫のクンニに肉豆を硬く腫らして、夫の肉棒で淫らに喘いでいた。
今も営まない日は週に2日くらいで、夜は性を楽しんでいる。

世間のアラフィフ夫婦は、果たしてどれだけ営んでいるのだろう。
俺たちはスキモノなのだろうか・・・

妻の生徒手帳

妻の実家の妻の部屋の押入れにあった妻の高校時代の鞄を何気なく開けたら、生徒手帳が入っていました。
平成7年度・・・妻が高2の頃の手帳に挟まっていたものは・・・色褪せた1枚のポラロイド写真・・・
下半身だけ脱いで、上半身高校の制服のまま、彼氏らしき男に抱きかかえられてソファーに座り、背後からイチモツをねじ込まれていました。
男の顔は妻に隠れて見えませんが、高2の妻の表情に苦痛はなく、完全に感じて、美少女がだらしなく口を半開きにして、虚ろな表情をしていましたから、高2で既に性を開発されていたのでしょう。

妻は間違いなく美人で、清潔感のある容貌と慎ましい振る舞いの淑女です。
24歳の妻をやっと口説き落として、夢にまで見た体を手中にしたとき、私の愛撫、私のクンニ、私のイチモツで快感に喘ぐ美しい妻を見てとても嬉しかったのを覚えています。
24歳の美人は、いかに清らかな女性であっても処女のわけはないとあまり妻の過去を気にする事はなかったのですが、高2でハメ撮りに喘いだという事実を突きつけられると、やはり心穏やかでいられませんでした。
あの男は誰?初体験の男なのか?違うとしたら妻の初体験はいつ?妻は何本のイチモツを知っているのか?
今まで気にしていなかったのに、妄想が駆け巡ってしまいました。
でも、なぜかあのポラロイドを思い出すと、アラフォーのイチモツがイキリ起つのです。
嫉妬で辛いというのに、不思議なものですね。

妻の「元カレ」人数知っていますか!?

"

結婚16年、私は44歳、妻の琴美は40歳、子供は中学生と小学生の2人です。
琴美は美形なのですが、あまり目立たず着る物も地味で大人しい印象です。
知り合った頃からそんな印象で、お淑やかと言えば聞こえはいいでしょうが、暗いといったほうがいいかもしれません。
でも、私の好みでもありましょうが、間違いなく私にとっては息を呑むほどの美形なんです。

結婚して10年以上が過ぎた頃、子供も2人生まれて、夫と妻より父と母になっていた時期があり、夫婦の営みも思い出したように、月に1~2回くらいになってしまいました。
それが、あることをきっかけに夫婦の営みが急増し、現在、週3~4回を維持しています。

それは、あの大震災の翌年だから平成24年の秋頃の事です。
焼酎を飲みながら何気なくネットを見ていた時、ある記事を見つけて思わず読みいってると、琴美が覗き込んできて、
「やだ・・・そんなの見て・・・」
と言いました。
その記事というのは ""妻の「元カレ」人数知っていますか!?"" というものでした。
先日、PCを買い替えてHDDの中身を移そうとした時に、保存していたその記事を見つけてその時のことを思い出したので書き込んでみました。

以下が保存していた記事のコピペです。

大好きな妻の「元カレ」人数を知っていますか?知りたいけど知りたくない妻の「元カレ」人数。聞いて嫉妬してしまい後悔すること多いですよね。そんなあなたに悲しいお知らせです。実は結婚前の妻の「元カレ」平均人数は5.8人もいるんです。今回は、妻の「元カレ」状況について紹介します。

■子育てママの「元カレ」平均人数は5.8人

大好きな妻の「元カレ」人数興味ありますよね(聞いたらへこんでしまいますが…)。今回子育てママ1、200人に対して、「元カレ」人数について調査を行ったところ、結婚前に付き合った「元カレ」の人数は、

2~3 人(26.1%)
4~5 人(22.3%)
6~7 人(16.2%)
8~10 人(13.2%)

と続き、平均では5.8人という結果が出ています。「夫以外の「元カレ」はいない」はわずか 2.7%と悲しい結果となっています。さらに、11人以上の“恋愛経験豊富なママ”は 12.4%もいます。

■旦那と「元カレ」との比較。「今の旦那が一番」は半数…

今の旦那さんと「元カレ」達との比較について質問をしたところ、最も多かったのは「今の旦那が一番良い」でしたが、その回答率は約半数(49.2%)という悲しい結果となっています。次に、「どちらともいえない」の 31.1%、「今の旦那より良い「元カレ」がいる」も 16.9%と高い比率となっています。

以上が当時の記事のコピペです。

「やだ・・・そんなの見て・・・」
と言った妻の琴美も処女ではなかったので、私は、
「お前も元彼が5、6人いたのか?」
ときいたら、
「そんなにいるわけないでしょ。」
と言うので、
「だってお前、美人だって評判だったからモテモテだったんだろう?」
「あなたと付き合い始めたの22歳よ。22歳で5、6人だったら、私は何歳から彼氏がいたと思ってるのよ。私、初めては19歳なんだから・・・」
「へー19歳・・・そうなの?」
この時、琴美が「しまった!」という顔をしたのを見逃しませんでしたが、そんな私も、琴美の初体験が19歳だと初めて知り少し動揺しました。

妻の琴美は清純そうな美形の22歳でしたが、処女ではなかったので、過去に琴美の誰にも触れさせていない女陰を拓き破瓜の瞬間を経験した男がいるのはわかっていました。
でも、それが19歳の時だと知っただけで、当時すでに12年も夫婦をしてるのに、胸がキューンとしてしまいました。
そして、琴美のCカップを揉んだ男、琴美の女豆をコネて悶える姿を鑑賞した男、琴美が女鞘で男根を味わう悦びを教えて喘ぐ姿を堪能した男が何人いたのか気になり始めました。
私は、たたみかけるように、
「19歳で初体験して、俺に抱かれるまで何人に抱かれたんだ?」
とききました。
「・・・初体験の彼とは、浮気されて1年で別れたの・・・その時、落ち込んでる時に優しくされた人につい許してしまって、その人とは色々あって、1年持たなかった・・・何だか、男の人のがちょっと嫌になってた時にあなたと知り合った・・・だから、あなたに口説かれてもすぐに応じる気になれなかったのよ・・・で、この人ならと思ったから許したあなたが3人目で最高の男だったのよ。」
私は琴美の話を信用しましたし、そんなふうに言われたら琴美が愛しくなって抱きしめて、タップリと愛し合いました。

それ以降、夫婦の営みが頻繁になり、琴美を抱きながら、琴美がアクメに向かっている最中に焦らしつつ琴美が抱かれた男の話をさせました。
初体験の事と、その彼氏が自分本位の性欲処理的セックスだったこと、浮気されたこと、優しく慰められた2人目の彼氏とのセックスのこと、その彼氏と別れた原因となったいろいろあった事とは琴美を縛って辱めたことだったなど、聞けば聞くほど愛しく美しい琴美を弄ばれた悔しさと、男達への嫉妬でまるで10代の若者のようにギンギンに勃起力が復活したのです。

それまでの夫婦のセックスは、クンニでアクメの入口まで導き、間髪入れずに男根を挿入して琴美の大好きな場所を突いて撫でて逝かせてから射精でした。
でも、あれ以来、悔しさと嫉妬のせいで、琴美が淫らに狂う様子が見たくてしつこいくらい徹底したクンニで一度逝かせて、既に蕩けた女鞘に男根を挿入して、一度逝って敏感になっている琴美を寸止めで焦らして、琴美自ら私の腰を引き寄せて腰をクネクネさせて淫らに快楽を貪る様子を楽しんでいます。

何となく陰のある美形の琴美に惚れて、何度も口説いたけれども儘ならなかった日々・・・
やっと口説き落として、その細く眩い裸身に目を細め、細身にしては大きめのCカップに心躍らせ、白い肌に煌めく桃色の裂け目を開いて思いを遂げたあの日・・・
22歳の琴美は私のクンニにため息のような声で反応し、既に知っている男根の美味しさを待ち焦がれるように透明な蜜を溢れさせながら腰を震わせました。
深い愛情を感じるフェラは昨日今日の仕草ではなく、男根の扱いには優しさが溢れていました。

濡れそぼる女鞘に男根を潜り込ませると、スンナリ迎え入れながら快楽の期待に深い吐息で応え、最も敏感な場所を教えるかのように亀頭が通り過ぎるたびに体を喘がせていました。
美しい小顔が上気して、ゆったりとしたストロークに共振するCカップ・・・22歳の大人しく地味な美形が快感に歪む・・・声が漏れ始めるが必死で耐えた琴美・・・
「アァッ・・・ンアァッ・・・ンア、ンア、ンア・・・・」
もう、意識の外で出てしまう声を制御できずに、性の快楽に身を捩った美しい娘・・・
胸からお腹にかけて撒き散らされた精液を恥ずかしそうに指ですくった琴美は、そういえばあの時は、美しい琴美と一つになれた感激で、いつ、誰に処女膜を破られたのか、誰に男根の味を教えられたのか、何本の男根を知っているのか、何人の男が琴美の嬌態を鑑賞したのか・・・そんなことを考えもしませんでした。

でも今は、私と出会う前に琴美の女鞘を突き立てた二本の男根に嫉妬し、女体を縛り上げて愛しい琴美に恥ずかしい行為をして辱めを楽しんだ男に悔しさを爆発させて、強度を増した男根で愛妻琴美を狂わせています。
結婚して16年、40歳になっても美形の琴美の事を私は今までで一番愛しているかもしれません。
22歳の頃、白い肌に煌めいていた桃色の裂け目は、今ではドドメ色のヒダヒダに囲まれたベテラン主婦の女陰になりましたが、私の生の男根を喜んで迎え入れてくれるのは、琴美以外に居ませんから、これからも愛妻琴美の過去に嫉妬しながら性生活を楽しんでいきたいと思います。

"


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード