萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

教師

只野由○子先生の悲劇2

3年前の「あの事」だけは忘れられない。荒野に咲く一輪の花のように
ひたむきに生きる只野先生を、俺たち熊ん蜂は太い針で突然襲ったのだ。

 俺たちの生活は荒れきっていた。しかし、それは高校で始まったもので
はない。中学、もしかすると、もっと以前からどうしようもないところに
墜ちていた。中学時代から原チャリに乗り出した俺たちは、金曜の晩、決
まって、カツアゲや車上荒らしで稼いでいた。
 地元で一番の底辺校といわれ、まともな生徒が一人もいないとも言われ
る工業高校に入学してからは、女に不自由しない生活になった。毎日のよ
うに寝る女が変わり、そのうち輪姦(まわし)を覚えた。はじめは仲間内
の女でごまかしていたが、すぐに飽き足らなくなり、街で見かけた見ず知
らずの女子高生や、OLを拉致するようになった。これは4つ年上の地元
の兄貴に教わったことだ。しかし、拉致しやすい深夜に一人歩きしている
のは、どいつもこいつも、皆あばずれのようなものだった。

 只野先生が赴任した日、先生は体育館の壇上に、すっと立っていた。薄
いグリーンのスーツを着て、まっすぐに俺たち不良を見つめていた。自信
があるのだろう。他の先公どものように、表情で威嚇したり、目をそらし
たりしない、それでいて、口元と眼に微笑みを絶やさない優しさがあった。
決してグラマーではない、裸にすれば、きっと幼いぐらいの胸や尻だろう。
でも、俺たちは綺麗だと思った。普段俺たちが抱いている女たちとは明ら
かに違う種類の女が、そこにいたのだ。教室に戻る通路で、俺たちはわざ
と、只野先生のそばを歩いた。うなじと脹ら脛が美しい。髪は自然な黒髪
で少しも傷んだ感じがしない。俺たちは、ガサガサに傷んだ髪の女しか知
らなかった。耳たぶには傷一つない。ピアスなど生まれてこの方つけたこ
ともないのだろう。俺たちは石鹸のような清々しい香りを胸一杯吸い込ん
で歩いた。
 その日から俺は、赤毛のあばずれを抱くときも、臍ピアスの女を抱くと
きも、眼を閉じれば、只野先生を犯していた。俺はいつの間にか、細身で
手のひらに包み込めるような胸の女を好んで抱くようになった。しかし、
それでも満たされない思い。気高いものを汚すような心の高ぶりが得られ
ない。

 ある日、俺は廊下で小銭を十数枚落とした。通りがかった只野先生が、
先に拾い始めた。廊下に片膝をつけて拾う先生の少し緩んだ胸元から、半
分ブラに包まれた真っ白で清純な乳房を見た。俺は急いで腰を下ろして拾
う振りをしながら、少しまくれたスカートから見え隠れする先生の白く輝
く内腿を夢中で見つめた。周りに人がいなければ、その場で押し倒したい
衝動が体中を駆けめぐっていた。
 3年になって、只野先生は俺たちのクラスの英語を担当することになっ
た。男子全員が内心、狂喜乱舞したのは言うまでもない。英語の時間だけ
は不良の集団が、異様に静かだった。みな只野先生を視姦していたのは間
違いない。身長157センチぐらいの先生は、黒板の上の方を使うとき、
背伸びをした。白のサンダルを履いた両足の踵が上がり、脹ら脛がピンと
伸びる。黒板の下を使うときは、逆に腰を前に曲げ、尻を突き出すように
して書く。細いウエストを両手で抱き、尻を力一杯引き寄せてみたかった。
 9月のある日、先生は俺たちのクラスで小テストの監督をしていた。皆
がよく見渡せるように、教卓は端に片付けてある。先生は生徒の間を回っ
たり、教壇上のイスに座ったりを繰り返していた。一段高いところに座っ
ている先生の膝はちょうど俺たちの目線と同じぐらいの高さだ。そのうち、
座るときにどうズレたのか、先生のスカートの左側が少しまくれてしまい、
左太腿が半ば露わになった。テスト監督に夢中の先生は気づいていない。
教室右側に座っている生徒たちは優美な太腿を脇から眺めていた。しばら
くして、お節介な生徒がスカートのまくれを先生に告げてからかった。自
らの姿に気づいた先生は、羞恥ですっかり狼狽し、その瞬間ほんの一瞬、
ひざ頭がゆるんで太腿の奥の白い下着が俺の目にハッキリと映った。
 俺たちが普段抱いている女たちはどうだ。常に太腿を露出し、パンツを
見せても平気、黒や紫の下着を常用する女子高生に比べて、只野先生はこ
のぐらいのことで強い羞恥心を感じているのだ。そんな女を俺は初めて見
る気がした。この女にもっと恥ずかしい思いをさせてみたい。只野先生の
唇を俺の口で塞ぎ、柔らかな舌を吸い上げてみたい。その可憐な胸の膨ら
みをてのひらに掴み、乳首を舌で転がしてみたい。そして先生の真っ白な
内股の奥にひっそりと咲く花芯に怒張を突き刺し、膣粘膜の感触を確かめ
たい。俺たち不良に代わる代わる犯されることの恐怖と羞恥を、思い知ら
せてやりたい。

 リーダーのAも俺も、それを行動に移すことだけ考えるようになった。

チャンスをうかがいながら、俺たちは3年の秋を迎えた。そんな折り、Aと俺は
クラスの美化委員から、面白い情報を得た。只野先生は美化の担当で、毎週月曜日
の放課後に、6階倉庫から美化用品の補充をしているというのだ。6階倉庫といえ
ば、教室半分ほどの広さで、殆ど人の出入りがなく、普段は施錠されている。Aと
俺の頭には殆ど同時に只野先生の襲い方がひらめいた。月曜日といえば、2月にも
うけられた登校日も月曜だ。とことん輪姦しにかければ、教師の立場上、告訴など
できないだろう。しかも2月なら、すぐ年度末だ。退職するにも、自然である。
「指導困難な生徒達に自信を失って退職する女教師」という、ありふれた出来事で
終わるだろう。俺たちもすぐ卒業である。
 Aと俺は仲間にCとDを加えることにした。共に今まで、さんざん女達を襲って
てきた仲間であり、口が堅く女に関して冷酷になりきれる男達だからだ。

 2月○○日、月曜日。俺たち4人は登校日をサボることなく、2限ほど学校で過
ごし、帰宅する振りをしながら、人眼につかぬように6階に上がった。6階倉庫前
は、秋の文化祭で使った道具やがらくた類が積み重ねられ、人目を避けるには都合
がいい。俺たちはあらかじめ用意した食い物と飲み物で腹ごしらえをし、何度も小
声で、これからする大仕事の段取りを確認した。
 3時半をまわると、1・2年の学活と掃除も終わり、部活動加入率の著しく低い
この学校の生徒達は、殆どが下校していく。あと15分後には、只野先生が姿を現
す。俺たちは固唾を呑んで、時の過ぎるのを待った。
 やがて、もう4時になろうかという頃、階段を上る一つの足音が響いてきた。只
野先生の履く、踵の少し高い白いサンダルの音に間違いない。俺たちは文化祭の残
骸の中に身を潜めた。先生が6階に上がった。物陰から、白くきれいな脹ら脛と細
く締まった足首だけが見えた。倉庫の鍵を開ける音がした。ドアが開く、電気をつ
けて倉庫の中に入っていく先生の後ろ姿が見える。今日の先生はオフホワイトのブ
ラウスに薄紫色のカーディガンをはおり、下は膝までのタイトな感じのスカートを
はいている。補充品を入れて運ぶための段ボールを床に置き、先生は奥の棚の前で
しゃがみ込んだ。そうすると、尻の形が強調されて見える。下着のラインも薄く透
けて見える。俺たちは目配せすると、音もなく倉庫の中に侵入した。Dは既にビデ
オカメラのスイッチを入れている。

 Cが「先生、何してるの?」と声をかけた。
先生は一瞬背中をびくっとさせ、俺たちの方を振り向いた。少し驚いた表情をし
ているが、まだ、事態の深刻さに気づいていない。より良い教師をめざして努力し
てきた彼女の頭には、たとえ札付きの不良であっても、「生徒が自分を獣欲の対象
にする」などという発想自体が、全く無いのだろう。すぐにいつもの柔和な笑顔を
取り戻して、
 「君達まだ居たんだ。なあに、何か用?」と訊き返してきた。
 「俺たち調べてみたいことがあるんだ。」とAが言う。
 始まった・・・と思った。もう後へは引き返せない。
 「調べものってなあに?英語のこと?」・・・先生は少しも用心する様子がな
い。
 とうとうAが冷たく言い放った。
 「俺たち、卒業が近いだろ。その前に、一度、女教師の味見をしてみたいの
さ。」
 俺は素早くドアを締め、中から施錠した。
 先生は俺たちの異様な雰囲気にようやく気がついた。見る見る顔が青ざめる。女
としての恐怖が一度気に噴き出したようだ。
 「君たち、なんて事を・・・いやあ!」
 ドアに向かって突進するが、すぐCに腕を取られる。Aが先生の腹部を5・6
回、激しく殴打した。先生は苦しさに声も出せず、床に崩れ落ちた。意識は残って
いる。しかし、両足を浅く開き、内股の付け根までさらけ出している自らの姿を直
す余裕はない。俺たちは素早く先生を押さえつけ、粘着テープで口を塞いだ。鼻孔
から苦悶の息が漏れる。先生が自力で帰れるように、服は破らないことで意志統一
していた。
 カーディガンをあっという間に剥ぎ取り、ブラウスのボタンを丁寧にはずす。前
を割り裂くように開くと、飾り気の少ない白のブラジャーがあらわれた。先生は身
体をよじろうとするが、先程のパンチからの回復が弱いようだ。殆ど俺たちの意の
ままである。俺は先生の背中に手をまわし、ブラを剥ぎ取った。俺たち野獣の目の
前に、女教師の乳房が露わになった。思った通り、小さめだが、形がいい。仰向け
になっていても、乳輪の周囲が少し盛り上がっている。乳首も小さめでピンクに近
い。Aがスカートのファスナーを下ろし始めていた。先生の抵抗が強まる。冷酷に
もAは再び、鳩尾に拳をめり込ませる。スカートとパンストを剥ぎ取ると、めざす
パンティの前にガードルがある。こいつは力を込めて、ぐいっと引き剥いだ。ブラ
と同じく、飾り気のない白のパンティだ。俺はゴムの部分に指をかけた。先生は
「むうっ、むうっ」と、言葉にならない叫びを上げている。俺は容赦なくそれを引
き下ろ足首から抜き取った。身長157センチ程の身体は、小柄だがよくしまって
いてきれいだ。肌はきめ細かく、太腿と脹ら脛は適度に肉感的で、欲情をそそる。
不自然なまでに脱毛していない足の感触もいい。女教師の眩しいくらい真っ白な身
体の、下腹部に生えた少な目の陰毛が恐怖に怯えているようだ。今時のギャル達の
ように、小さく刈り揃えたりしていない、自然のままの陰毛である。俺は下から軽
く逆撫でしてやった。先生が身をよじって抗議する。AもCも、そしてカメラをま
わすDもひとしきり女教師の陰毛を弄んだ後、俺たちは先生の太腿や膝に手をかけ
た。「開かされる!」と気づいたのだろう。先生は最悪の事態の訪れを予感し、絶
叫して助けを求めた。が、それは所詮、俺たちの獣欲により一層火をつけるだけ
だ。この学校のダメ教師達は、一部の部活顧問を除いては、殆どが、早々と退勤す
る。6階にやってくる者などいやしない。
 俺たちは生木を裂くように、先生の震える太腿を割り開いた。獣たちの視線が、
真っ白な内股の奥にひっそりと咲く、二枚の花びらに突き刺さる。しかしそれは怯
えるように震えてぴっちり閉じてあっている。先生は渾身の力を膝がしらに込めて
両足を閉じようとするのだが、それは太腿を筋張らせるだけで、淫らな視線から花
唇を守ることは出来ない。逆に、膝が狭まったと思った次の瞬間、より強い力で両
足を引き離され、花びらが浅くはじけて、膣口がのぞいてしまった。・・・もう少
ししたら、この花びらは俺たち4人の太い肉棒にこじあけられ、それが膣奥深く侵
入する運命を受け入れるのだ。そう思うと俺は、つま先から脳天に突き上げるよう
な快感を感じた。

 「トップは俺だぜ、先生。」裸になったAは女教師の開かれた足の間に入る。の
たうつ先生の太腿を強烈な力で押さえ込んだ。先生の最も恥ずかしい股間の秘唇が
煌々たる明かりに照らし出されて、震えるように息づいている。色素の沈着は薄
い。小陰唇の形も崩れていない。性体験は多少あるにしても、俺たちがまだ見たこ
との無い清らかな秘唇である。
 「先生、いい色してるじゃねえか。俺たちが遊んでる女子高生より、よっぽど
初々しいぜ。今日は俺たちがたっぷり性教育してやるからよ。」Aは得意になって
先生の羞恥を煽った。

 先生の瞳に恐怖の色が濃くなり、身体は益々震えだした。
「先生、いい色してるじゃねえか。俺たちが遊んでる女子高生より、
よっぽど初々しいぜ。今日は俺たちがたっぷり性教育してやるからよ。」
 
 大きく開かされた自分の股間にいるAを、先生は怯えるような眼で見
ている。涙はブラのホックをはずされる頃から、冷たい床を濡らすほど
流れていた。Aが右手で片方の乳房をつかんだ。先生の鼻孔から悲痛な
叫びが「ひぃぃー!」というカン高い息になって噴き出す。身体全体が
紅潮し、額には汗が浮かんでいる。何か哀願するように、首を激しく左
右に振る。再び涙が大きな滴になって目尻からこぼれた。呼吸も苦しそ
うだ。
 「粘着テープ、はずしてやるか。」
Aが言った。もうすぐ4時15分。職員室には退勤を今か今かと待つ教
師が数名いるだろう。それ以外はグランドか体育館だ。明かりとりのた
めの窓しかない、コンクリートの壁で囲まれ、ドアも分厚く重い鉄製だ。
多少叫んだところで、たとえ5階の教室でも聞こえまい。
 「只野先生よぉ。苦しいだろうから、口のテープをはずしてやるよ。
でも、騒ぐんじゃないぜ。ドアには鍵がかかっている。誰かが気づいて
応援を呼んでも、マスターキーが届くまでに、俺は先生をレイプする。
助けに来たみんなの前で、先生の首にナイフを押し当てながらレイプし
てもいいんだぜ。そんなことをしてみろ、必ず、誰かがマスコミにたれ
込むだろう。『美人教師輪姦事件』なんて、ワイドショーが飛びつくネ
タだぜ。わかったな。騒ぐなよ。」 Aがそう言うのを、先生は恐れお
ののきながら聞いていた。Aなら人前でも先生を犯すだろう。

 Aは先生の口を塞いでいるテープをゆっくり引き剥がす。途端、先生
が大きく息を吐き出した。
 「苦しかったよな。」と、Aがからかうように言うと、Cも、
「これで、先生の舌も吸えるし、いい鳴き声も聞けるぜ。お互いに良か
ったってわけだ。」と、先生の耳元で淫らにささやく。
 「お願い、こんな恐ろしいことはやめて。みんなはもうすぐ卒業よ。
犯罪者になってはいけないわ。B君、あなたならA君をやめさせられる
わ、お願い、やめるように言って!」先生は、震える声で必死に訴える。
 「先生、勘違いしないでくれよ。俺が犯ろうってAを誘ったんだよ。」
 先生は石膏ボードの無機質な天井を仰いで、「あぁっ」と力無く嘆息
した。喧噪の消えた校舎6階、倉庫の一番奥で、全裸の先生を押さえつ
けたまま、俺たちは妙に落ち着いていた。7時半頃、守衛が見回りを始
める。と言っても形だけで、校舎のガラス戸のクレセントはいたる所で
壊されている。守衛は職員室の戸締まりをし、消灯を確認するぐらいの
ものだ。7時までにこの凌辱劇を終えれば、先生は誰もいない職員ロッ
カーに戻り、バッグと愛車の鍵を持って玄関を出られるだろう。交通不
便な地にあるこの学校は、運動系部活の生徒といえども、6時30分に
は全員下校させられる。うまくすれば、誰にも泣き崩れた顔を見られる
ことなく帰途につける。これは先生のためでもあり、俺たちの安全のた
めでもある。7時まで2時間45分。それまで4人でたっぷり楽しめば
いい。

 「お願い、見ないで。」俺たちの粘り着くような視線に耐えきれぬよ
うに、先生は哀願するが、誰も聞くはずがない。これから自分たちが吸
う唇を、揉みしだく乳房を、舐め上げる内腿からその微妙な付け根を、
そして、舌でまさぐり、怒張で貫く秘唇を、血走った眼で鑑賞する。A
以外の俺たちも代わる代わる裸になった。怒張の先端に皆、先走りの粘
液がぬめり光っている。
 「さあ、輪姦ショーの始まりだ。」Aが言った。
 「いやあぁ。お願い、やめて、それだけはやめて。」
 4人の男の全裸を目にし、先生はこれから自分の身で受ける凄惨な運
命に震えおののいているようだった。しかも、それが、体内深く侵入し、
粘膜を通して染みいってくることを拒むすべがないのだ。
 Aが先生のなめらかな曲線を描く脇腹を撫で上げる。さんざん女を輪
姦してきたワルの落ち着きだ。先生が激しく拒絶の身悶えをする。しか
し、大声は上げない。俺たちの睨んだとおりだ。突然Aが激しく両の乳
房に取りつき、舌で舐め回し、左の乳首を吸い上げた。今度は思わず悲
鳴を上げかけたが、Cがすかさず頬をはたいた。先生は顔を横にそむけ
たまま、啜り泣いている。激しく吸われた乳首が赤みを増してビクンと
立っている。その立っている乳首を指でこすり上げられ、先生は胸を上
下させて喘いだ。再びAが両の乳房を掌につかんで、堪能するように代
わる代わる吸い上げた。おぞましい愛撫を嫌って、乳首の先端が震えて
いるのがわかる。Aがずり上がり、先生の髪をつかんで顔を自分に向け
させ、徐々に自分の顔を近づけた。「いやっ!」と先生が小さく叫び終
わらぬうちに、Aは唇で先生のあらがう唇を塞いだ。無理矢理こじ開け
て、舌を絡ませている。教室ではいつもきれいな発音で英語を聞かせて
くれる紅唇が、今Aに汚されていのだ。Aの右手が下腹部に下り、淡い
繊毛を楽しんだ後、いきなり秘唇をつかむように押さえた。激しい拒絶
の悲鳴はAの口中に消えている。Aは、自分の怒張から垂れる先走りの
粘液を指につけると、それを先生の小さなクリトリスに塗りつけるよう
にして愛撫を始めた。先生の哀しい呻き声が強まる。Aは苛立っていた。
先生の秘唇がいっこうに濡れてこない。
俺たちが今まで犯してきた女達とは違うのだ。恐怖心、拒絶の心が、女
としての生理現象にまさっているのだ。・・・Aは体を起こし、自分の
怒張に唾を塗りたくった。亀頭の先端には特に垂れるほど念入りに塗っ
た。いよいよだと思った。先生の両手を広げて押さえ込んでいたCも、
粘着テープで両腕を縛り、先生の下半身にまわってきた。憧れの只野由
○子先生が汚辱の運命を受け入れる瞬間が来た。Aがぬめ光るグロテス
クな先端を震える先生の花弁に押し当てる。

 「嫌、やめて!」
 反射的にビクンと身体を揺らし、首も折れんばかりに頭を持ち上げた
先生は、泣き濡れた目から涙を振り絞って、最後の哀願を繰り返す。口
元に残忍な笑いを浮かべたAは、たっぷり唾のついた亀頭を使って薄桃
色の花弁をかき分け、膣口をこねくり回した。誰かがゴクリと唾を飲み
込む音が響いた。異様に静かだ。俺たちは皆、先生の股間の一点を食い
入るように見つめている。誰もが挿入の瞬間と、その時見せる先生の悲
痛な表情を、見逃すまいと思っているはずだ。突き刺さるような視線を
浴びた先生の花弁は、凶悪な亀頭の先端によって強引にほころびはじけ
させられている。Aがわざと挿入の瞬間を遅らせ、先生の恐怖と羞恥を
煽っているように見える。先生の身体が、ぶるぶると震えている。身体
全体が硬直し、侵入を拒絶しようと両腿にあらん限りの力を入れている。
しかし、それは空しいあらがいだ。女の身体は哀しい構造に出来ている。
心はどんなに拒絶しても、身体を開かれてしまえば、侵入は拒めない。
先生の内腿から鼠蹊部にかけて、引きつるように筋張る様子が目に心地
いい。先生の息が荒い。それでいて時折息を止めて、全身の力を入れ直
す。心臓が早鐘を打っているのだろう、汗が噴きだし、胸も激しく波打
っている。抵抗が声になってあらわれてこない。息を詰めるようにして
いた先生がふっと息を抜いたその時、淫靡な笑いを浮かべていたAが突
然真顔になった。Aがぐいっと腰を入れる。瞬間、強い挿入感で先生の
哀しい目が大きく見開かれた。亀頭の先端が、むりやり膣口を押し広げ、
先生の膣にめり込んだ。「うっ、いやあぁぁー。」屈辱と羞恥に総身を
ふるわせながら先生は呻くが、その声にはすでに力がこもっていない。
亀頭全体が先生の体内に埋没した。先生の肉体とつながっていることを
確かめるように、一呼吸その淫らな眺めを楽しんだAは、俺たちにのぞ
き込ませて得意になっている。カメラのDも克明に記録する。先生はか
弱い声で啜り泣き、「やめて、もうやめてぇー。」と哀願し続けている。
「さぁて・・・」とAは再び先生の方に向き直り、先生の羞恥心を煽る
ように、わざとゆっくり・・・ズズッと、怒張を埋没させていく。
 「うっ、いっ、いやぁー・・・あっ、あっ・・・。」太く長大なもの
が押し込まれる感覚に思わず頭がのけぞり、裸身が激しく痙攣した。先
生の閉じられた目蓋が見る見るうちに膨らみ、目尻から、涙が玉になっ
てこぼれた。

 秘めやかな花唇を引き裂かれ、怒張の根元までくわえこまされてしま
った先生は、絶望と羞恥に苦悶する。
 「あぁ、いや・・、お願い・・もうやめてぇー・・・・。」教師とい
えども、犯されてしまった女の哀しさか、しかし、その声は消え入るよ
うにはかない。
 「先生の恥ずかしいところに入ったぜ。ずっぽりな。女教師のオ○ン
コってのは、いい味してるんだな。初めて知ったぜ。えぇ、由○子先生
よぉ。」
 下半身を蹂躙する圧迫感に、先生は息も出来ぬほどだ。自分でも触れ
たことのない膣の粘膜を通して、不良生徒の凶器と結ばれてしまったこ
とを嫌が上にも思い知らされ、先生の顔には困惑と羞恥の表情がはっき
り浮かんでいる。そんな先生の気持ちを見透かすように、Aは尻の肉を
引き締めて、先生の膣深くに挿入したままの亀頭を膨らませ、怒張の威
力を思い知らせようとしているようだ。
 「くっ、苦しい・・・もう・・ゆる・して・・・。」か弱い女の哀願
が切れ切れに漏れる。
 「先生、昔の人は、こういうのを『肉の契り』っていうんだぜ。俺た
ちも、もう先生と生徒じゃない。男と女の関係になったってわけだ。」
女教師の膣襞の感触を楽しむように、ゆっくり抽送しながら、Aは淫ら
な言葉で先生を辱める。こういう技は、地元のヤクザから教わったもの
だ。「知的な女ほど、羞恥で責めるのが効く」と。・・・凶悪な教え子
に、取り返しのつかない肉の関係を結ばれてしまった先生は、それでも、
下半身に重く深く埋め込まれる男の体を押し出そうと、太腿を突っ張る
ようにして、必死に悶える。その腰の動きが、膣内の微妙な蠢きとなっ
て、男には快感であることを、性体験の浅いであろう先生はまだ気づい
ていない。
 「先公だって、所詮女だって事をわからせてやるぜ。女は男のおもちゃ
だって事をよ。・・・おい、D、先生とつながってるところをアップで
撮れや。」
 仲間に指示したAは再びゆっくりと抽送を繰り返す。ビデオカメラの
レンズが先生の羞恥をあおり立てるように、最も恥ずかしい連結部に近
づく。
 「お願い、撮るのはやめて!」
 レンズはぬらぬらと光る亀頭に、嬲られめくれる先生の秘唇の様子を
冷酷に記録する。クローズアップになったそこは、Aの抜き差しによっ
て赤く充血し、先程までの秘めやかさが嘘のように、巨大な怒張をずっ
ぽりと呑み込んでいる。

 突然Aが怒張をゆっくりと引き抜いた。そして、右手の人差し指と中
指を揃えると、左手で小陰唇を拡張しズブリと突き刺した。淫靡な手つ
きで先生の膣内を弄んで指を引き抜く。二本の指がてらてらと濡れ光る。
Aは俺たちの鼻面に指を向けた。ちょっと酸っぱい女の性臭が漂う。こ
れが由○子先生の性臭だ。倉庫の中に俺たちの哄笑が響く。・・・Aが
再び凌辱を開始した。Aのピッチが速くなる。激しく腰を使うAに、た
まらず先生が悲鳴を上げる。
 「あぁっ、やめて、もう動かないでっ!・・・」
 細い肩を寄せるように、苦しみに耐える先生の表情が、たまらなく官
能的で、俺はそれだけでも射精しそうだ。・・・その間にも、ビデオは
二人の擦れ合う股間の様子はもちろん、激しい律動に揺さぶられる先生
の美しい裸身、眉根を寄せて呻く苦しげな先生の表情を次々と記録して
いく。Aが先生の可憐な乳房を鷲づかみにして揉み上げる。乳房の頂点
でしこっている小さめの尖りに吸いつき舐め回す・・。体を起こしたA
が、先生の恥骨にぶつけるような激動を始めた。その連続に先生も耐え
切れぬような哀しい声を響かせる。
 「先生、たっぷりぶち込んでやるぜ!」
 腰を大きくグラインドさせ、先生の秘唇を押し潰すようにして怒張を
膣の最奥部まで挿入したAは「お、おおー!」という快楽の叫びと共に
射精した。先生は電気で打たれたみたいのけぞり、首を激しく横に振る。
汚辱にまみれて体内の奥深くに熱い淫汁を浴びせられた先生の上に、A
は覆い被さり唇を舐めている。。相変わらず巨大な異物が膣深くまで占
領し、子宮口のあたりにはドロンとした重い感覚があるに違いない。や
がて・・・Aが膣襞の名残を惜しむようにゆっくり引き抜いた。はから
ずも不良生徒に歓びを与えてしまった先生は、これですっかり汚された
ことを実感したのだろう。あたりをはばかることなく号泣した。
 「いやぁぁぁー・・・うっ、うっ・・・」
 先生は足をゆっくり閉じ、裸身を半分右側によじって、俺たちの視線
を避けるような姿で啜り泣いている。

 俺は、自分の怒張を軽くさすりながら、ゆっくりと立ち上がり、全裸
の先生を見下ろした。体全体が薄く汗に濡れている。激しく揺すぶられ
た背中が赤くなっていた。剥き卵のように滑らかな尻が欲情を誘う。そ
して尻の谷間にわずかにのぞいた膣口から、Aの白濁した淫汁が一筋流
れている。
 Aの怒張で貫かれたおぞましい余韻の中で、先生の裸身は震えていた。
そして、これから俺も、知的で優美なこの女教師を辱めるんだ。・・・
そう思うと、また俺の怒張は、その先端から、ねっとりとした液体を噴き
出した・・・・・。
俺は、くの字になって横たわる先生の裸身を見下ろした。・・・たった今、A
に犯されたばかりの体だ。肩より少し長い黒髪が波うっている。・・・床に粘液
の溜まりができていた。

 「尻もいいな。バックで犯るかい?」・・・ビデオを止めて休憩しているDが
訊いてきた。
 「そうだな・・・いや、やっぱり前からにする。」そう言って、俺は先生の腹
の脇に立った。右足で肩を押して、先生の上半身を仰向かせる。足はまだ閉じら
れている。普段俺たちの相手をする巨乳のコギャルと比べたら、幼いほどの裸身
だ。俺は先生の右半身に覆い被さるようにして肩を抱いた。先生の顔が間近にあ
る。先生が目を開いて力無く俺を見た。2年前のあの時、体育館の壇上から俺た
ち不良をまっすぐに見ていた凛々しい瞳が、今は涙を溜めて、はかなげに揺れて
いる。

 「B君、お願い、もう許して・・・お願い・・・」
 俺は黙って、首を横に振った。
 「どうして?・・・どうして、こんな・・・」
 先生の言葉が途切れる。どうして何だというのか。俺は先生の髪を撫でた。ほ
つれてはいるが、少しも傷んでいない手触りだ。耳に唇を這わせ、咬んでみる。
ピアスの傷跡など無い、心地よい耳たぶは初めてだった。
 「B君、私があなた達の気に障ることをしていたなら、謝るわ。だから、お願
い、こんな恐ろしいことはもうやめて。」
 「お願い、聞かせて、先生の何がいけな、うっ・・・」俺は先生の唇を吸い上
げた。舌をからめとる。逃げ惑う先生の舌の動きが、俺には心地いい。俺は髪を
撫でながら、夢中で舌をからませ、唾液をおくりこんだ。あまりの量に耐えきれ
ず、先生がゴクリと呑みほす音が聞こえた。唇をはなすと、先生はまた声を忍ん
で泣き出した。俺は先生の両手を拘束している粘着テープをはずし、背中に手を
まわして上体を抱き起こした。そうして、もう一度キスをしてから、先生の乳房
を眺めた。抜けるように白い胸が、ぷっくりと盛り上がり、その先端に刺激にま
だ慣れていないような乳輪と乳首が、ほんのり色づいている。それは左右とも、
少しだけ外を向いている可憐な乳だ。左の乳房を下から持ち上げるようにしてつ
かむ。思ったよりもしっかりした揉み心地がある。俺は上体を曲げて、乳首に吸
いついてみた。歯で軽く咬み、舌でころがす。先生は自由を取り戻した手で俺の
頭を払いのけようとするが、その力は弱々しい。再び俺は先生を横たえた。今度
は両の乳房に取りつく。仰向けにされて、幾分平坦になったふくらみを絞り上げ
るようにしてつかむと、尖らせた舌で、苛むように弄んだ。右の乳房にAの唾液
が光っていたが、そんなことは気にならない。もっとたくさんの唾液を滴らせて、
ピクン、ピクンとしこっている乳首をいじめた。先生が俺の頭を押し上げようと
する。Aが先生の右腕を踏みつけた。

 俺はそのまま下がって、先生の股間に移動する。2年間夢で犯し続けてきた女
教師の秘部がぬめり光って、今、目の前にある。半ば包皮に埋もれた陰芽を舌先
でつついてみる。思わず先生が腰を浮かした。さらに花びらを舐め回す。わずか
に淫汁の臭いと、渋い味が口中に広がるが、気にしない。今度は激しく腰を動か
して舌先を避けようとする先生だが、俺は両太腿をがっちり押さえ、舌を膣口か
ら奥へ押し込んだ。先生の腹だけが波うつように上下する。
 「何をするの、そんなこと、いや!お願い、やめて!」
 俺はかまわず、まさぐり続けた。花びらが左右に開ききって、膣口が完全に露
呈している。
 「先生、感じるかい?」悲鳴とも、喜悦ともつかぬ声を聞きながら、腕を踏み
つけているAが言った。今はもう、栗の花のような臭いも消え、さっきAに嗅が
された只野先生の性臭だけがする。舌にやや酸味を感じる。しかし、少しも不潔
さのない臭いと味だ。自分の吐き出す唾液とは明らかに違う粘液が混じっている。
俺はもう一度陰芽を吸い上げてから、先生と体を重ねた。
 [B君、お願い、先生を助けて!」先生の目がまた、涙でいっぱいになってい
る。

 「しっかりくわえてくれよ!」
 先生は眼を固く閉じ、声にならない声で、哀願しながら、顔を背けている。
 重ねた体をもう一度起こし、すっかり露わになった膣口に狙いを定めて亀頭を
押しつける。「ねちゃっ」と言う粘着質の音がかすかに響く。先端をほんの少し
めり込ませたところで止め、もう一度先生に覆い被さる。むりやり顔を自分の方
に向けさせ、両手で固定し、先生の目を開けさせた。ゆっくり腰を進める。・・
・・先生の顔が懊悩でゆがむ。亀頭がめり込んだところでいったん止まり、呼吸
を整えてから・・・一気に突き入れた。
 「あうっ・・・あぁ・・・」
 「ひとつになったぜ、先生。」
 「はい!本日、二人目の肉体関係、成立ぅー」とCがおどける。
 秘めやかな先生の花芯を正面から引き裂き、深く挿入したまま、しばらく動か
ない。先生の体内に埋もれている感覚がたまらない。膣粘膜と怒張が密着し、先
生の熱い体温が伝わってくる。これが只野先生の体、これが先生の膣の感触なん
だ。・・・そんな快美感に浸りながら、ゆっくり出し入れを始める。2,3度膣
口をつついてから、「ぐぅーん」と突き入れる。腹に着くほど激しく勃起してい
た俺の怒張が、先生の膣襞の上の方をこするように前後する。緩急をつけながら
も、だんだんピッチを早める。先生のあえぎ声が短くなってきた。先生の太腿を
上体の方に折り曲げ、秘唇を生々しく露呈させて責め抜く。先生の子宮が下がっ
てきた。感じてるのか・・・亀頭の先端が、子宮口に当たって一瞬包まれるよう
な快楽がある。急速に高まってくる。コントロールできない。体の最深部から吹
き出るような快感を伴って、俺はおびただしい量の精液を先生の子宮に浴びせか
けた。息を落ち着かせながら、俺は先生に口づけをし、髪を撫でた。
 「先生も、感じてたんだろ?」・・・先生は答えない。俺が静かに離れると、
先生の激しいむせび泣きが始まった。

 「いい味してるだろ。」Aが言った。
 「ああ。たまらねぇ。」
 Cが、棚から見つけてきた新品の雑巾で、先生の割れ目を拭いだした。
 「B、きったねーよ。」素っ頓狂な声を上げて、しかし、血走った目つきで先
生の股間の汚れを清めている。
 
 先生はその後、CとDにも代わる代わる犯された。Cは、尻から先生を貫いた。
犬の姿勢をとらされる時、心では抵抗したが、すでに力は失せていた。Cが先生
を責め立てている間。俺とAとDは交代で、先生の口に怒張を含ませて遊んだ。
Cが射精し、高く抱えていた先生の尻から離れると、先生はドサッと床に倒れ込
んだ。俯せで、やや腰を浮かせ気味にして、足は開いたままである。Dはその姿
勢のまま、いきなりズブリと挿入した。しばらく尻を潰すような格好でつながっ
たあと、仰向けにし、両足を高く抱えて交わった。Cが獣のような咆哮と共に果
てたのは、ちょうど7時少し前だった。

 大きく開かされた両足を閉じる気力も失せた先生は、わずかに体を横にし、右
手で恥毛のあたりをかばうのが精いっぱいで、犯されたばかりの恥ずかしい下腹
部の割れ目は隠しきれない。俺たちはそんな哀れな女教師の姿を見て笑いあう。
 Aがあらがう先生の手をどけ、わずかに狭まった太腿を、もう一度大きく広げ
てのぞき込む。
 「もうすぐ出てくるぜ、臭いのがよ。」
 「そうさ、たっぷりとぶち込んでやったからな。」とDが嬉しそうに言う。
 「まだ時間があるから、撮っておけばいい。」Aが言った。
 「いやぁーそんなところ撮らないで、お願い、これ以上いじめないで・・・」
 何を撮られるかよくわかっている先生は、朦朧とした意識から蘇ったように哀願
する。Dが再びカメラを取り、先生の股間ぎりぎりまで接近させて構えた。膣深く
にたまっている汚らわしい精液を、一刻も早く外へ出したいだろうに、ビデオが狙
いをつけている為それもならず、先生は内股の筋肉を引き締めて、必死に耐える。
しかし、俺たち不良どもによってたっぷりと呑み込まされてしまった淫汁が、徐々
に膣口へと溢れてくるのはどうしようもない。
 「へへっ、出てきたぜ。」
 「先生、もったいないから、そんなにあわてて出すなよ。」
 「いいや、早く出さないと妊娠しちまうぞ、先生。」
 「妊娠?そりゃあいいや。赤ちゃんの父親は不良教え子です。父親は誰でしょ
う。そうすりゃ、俺たち、先生と結婚してもらえるぜ。」

 「いい眺めだぜ、先生。」
 ビデオカメラがまわり、俺たちの嘲笑が先生の耳に突き刺さる。
 「いやあぁぁー・・・」暴行を受ける前の清楚なただずまいが嘘のように、先
生の露わになった膣口から、俺たち打ち込んだ白濁が、トロリトロリと溢れだし、
割れ目を伝って肛門へと垂れていく。その股間を汚すおぞましい感覚に、先生は
撮られている部分の死ぬほど恥ずかしい様子を思っているのだろう。羞恥に耐え
られぬように身悶えしながら号泣するのだった。
 太腿から足首へと粘液が垂れるのもかまわず、俺たちは先生に下着をつけ、服
を着させた。床には粘液の溜まりが点々としている。先生は倉庫の棚に上体をあ
ずけて、放心している。
 「先生、良かったよ。」
 「この学校に来た元が取れたってもんよ、なあ。」
 「先生、どこかで会っても、シカトしないでくれよ。俺たち、もう他人じゃな
いんだから。」
 「そうそう。ビデオ、撮ってあること忘れないでね。」
 「先生、お疲れさん。早く帰らないと、守衛さんに見つかるよ。」
 
 先生は、絶対訴えない。俺たちは確信していた。しかし、先生がもたもたして、
誰かに発見されるのはまずいと思っていた。学校の中は案の定、人気が無く、職
員室も暗い。俺たちは闇に紛れて外へ出て、何食わぬ顔で正門近くの喫茶店に陣
取った。
次から次へと只野先生を凌辱し、獣欲の白濁を吐き出した俺たちは、学校近く
の喫茶店に陣取った。ここの窓際からは、学校の正門と玄関が同時に望め、先生
が帰途につく姿が見えるはずだ。俺たちはまるで学校そのものを破壊し尽くした
凱旋将軍のように勝ち誇っていた。生まれつきまずい餌しか知らない獣が、初め
て自分の手で最高の獲物を手に入れたかのような充実感だ。いつも清楚な服装に
身を包み、授業妨害などには毅然とした姿勢を示す。どんな不良にも分け隔ての
ないその笑顔には、優しさだけでなく、ある種の自信と強さが潜んでいる。教師
も生徒もどうしようもないこの学校で、たった一人、心に一筋の芯を持った先生
だったとも言える。

 「私は、あなた達のことを諦めていないわ。だから、あなた達も自分のことを
諦めないで。」ある日先生は俺たち不良集団にこう言った。こんな青臭い言葉で
も、只野先生の口から出ると、効果満点なのだ。そんな女教師の秘密を暴くよう
に、秘唇を真っ二つに貫き、膣奥深くまで蹂躙してやった。学生時代、一心に教
育者をめざしていた頃、まさか自分が不良生徒に辱めを受けて、歪んだ性の捌け
口になるなどとは、夢にも思わなかったろう。俺たちは一瞬にして、先生の夢や
希望、いや人生そのものを踏みにじってやったことになる。性は人間を征服者と
被征服者に分ける。俺たちは今日、完膚無きまでに一人の女教師を征服した。只
野先生を教師としてではなく、慰みものとして扱ってやったという暗い征服感に
酔っていた。
 「先生、来ないなぁ。」
 「今頃、やっと職員ロッカーにたどり着いたぐらいだろう。」
 「アイツ車、運転できるかなぁ。」
 「出来なきゃ、身の破滅よぉ。」
 俺たちは明かりの少ない玄関を見つめ続けた。・・・

 「来た!あれだ。」
 よろけるようにドアを開け、玄関前の階段を一歩一歩手すりを頼りながら下り
てくる只野先生の姿が見えた。
 「由○子だ。」Aが、まるで自分のスケを呼ぶように呼び捨てにした。
 カーディガンが、少しよじれて着せられていた。先生が駐車場の暗闇に消えて
いく。随分しばらくして、1台の赤い軽が出てきた。先生の車だ。校門で一旦停
止すると、よろよろと右折して、俺たちのいる喫茶店の目の前をゆっくり通り過
ぎた。泣きはらした顔がくしゃくしゃだ。俺たちが店にいることなど気づきもし
ない。やっとの思いでアクセルを踏んでいるに違いない。赤いテールランプがぼ
やけてカーブに消えた。
 「もう一回やりてぇなぁ。」Aがぽつりと言った。
 「アパートを襲うか。ビデオを盾に取れば、騒ぐわけにも、ドアを開けないわ
けにもいかないだろう。」話は早かった。学校の裏手に住むCがワゴン車を一台
調達してくる。4月生まれのCは高三になってすぐ免許を取り、立派に無免を卒
業している。
 「あわてなくていい。どうせアパートはわかってる。シャワーを浴びて、あら
ためて泣き崩れているあたりを襲えばいい。」そう言って俺はゆっくり煙草に火
をつけた。
 車の中では、再び先生を淫虐地獄へ落とそうという話題で、盛り上がっていた。
Cは自分の精液を呑ませると言い、Aは風呂場で石鹸を使って指浣腸をしてから、
肛門を犯すと宣言した。Dはあくまで膣にこだわっていて、自宅からキュウリを
持ってきて俺たちの笑いを誘った。そして誰もが先生を完全な性奴隷に仕立てよ
うと目論んでいた。
 先生の住むアパートは学校から車で15分ほどの、周りを畑に囲まれた土地に
建っている。付近に警察車両がないかどうか、一応気を配る。覆パトやミニパト
に要注意だ。
 「どうやら、警察には通報していないらしいな。」アパートの見える空き地に
静かに車を止めた。先生の部屋は2階の201号室だ。窓が暗い。部屋の電気を
点けるのが辛いのだろう。真っ暗な中でシャワーを浴び、真っ暗な中で、膝を抱
きしめ、小さくなって、放心し、或いは啜り泣いているのに違いない・・・これ
から再び、残酷な肉地獄が待っているとも知らないで。
 104号室だけ明かりが点っている。残りの8部屋はまだ留守らしい。
 「あれっ、先生いないぜ。車がない・・・」
 あたりを探すが、どこにも先生の赤い軽は無かった。アパートの階段を上り、
先生の部屋の前で中の様子をうかがい、呼び鈴を押すが、気配はない。
 「来る途中、追い越してはいないから、あのまま国道をI市の方へ走ったの
か・・・。」
 「只野、自殺でもするのかな。」
 「まさか!」
 「いや、アイツならするかもな。」俺は、先生が俺に助けを求めた場面を思い
出しながら、何となくそう思った。
 俺たちは車の中で先生の帰りを待つことにした。・・・ところが、その日、と
うとう先生はアパートに戻らなかった。次の日もその次の日も、戻っている気配
はなかった。登校している後輩に何気なく聞けば、欠勤しているとのこと。学校
に変わった様子はなかった。俺たちは少し落胆しながらも、卒業を前にして、計
画通り、只野由○子を輪姦(マワ)しにかけたことに満足していた。誰かが集ま
れば、凌辱のビデオを見た。必ず、皆黙り込んで、食い入るような眼で画面を見
つめながら、股間のマラをしごいた。こうして、映像でみるのはかえって刺激的
だ。特にAの、尻まで毛の生えた巨体に真っ白な体を割られて、赤黒い怒張が女
の芯を貫いているシーンは痛々しい。足の指が、苦しげに伸びたり曲げられたり
しているのが、先生の屈辱感を物語っている。

 卒業式の日、俺たちはお礼参りを恐れる教職員の顔の中に、只野由○子を探し
ていた。当然ながら、先生はいなかった。

 あれから3年の歳月が流れた。CとDは都会に出て働いている。Aと俺は地元
に残った。しかし、只野由○子のことを忘れたわけではない。今頃、どこでどん
な思いで暮らしているのだろうか。27歳になった姿を想像しながら、激しく隆
起した怒張に、女教師の感触が蘇る。きっと探し出してやる。そうして、不幸の
どん底まで堕ちた先生を見てやると、俺は決心した。

湖畔の宿で

4泊5日の修学旅行、1泊目の夜、部屋の仲間数人と喋っている内に消灯時間。
俺の部屋の仲間はまじめな奴ばかりなので、明かりを消してボソボソと話しをしていると、生活指導の体育教師が合鍵を使って入ってきた。
「ごめんな、ちょっと調べるぞ」と明かりをつけて部屋の人数を数え、トイレと押入を開けたあと「よっしゃぁ、合格!」と出ていった。
「何じゃこりゃ」と思っていると廊下から教師の罵声と男女生徒の声。翌朝聞いてみると、男女生徒が同じ部屋で喋っていたり、カップルで勝手に空き部屋を使っていた者などが全員捕まり、ロビーで2時間正座させられたとのこと。

俺は、彼女の真美のことが心配になった。昨夜は、半数近くの生徒が正座させられたというではないか。
真美とはつきあい始めて1年ちょっと。
小柄で、そんなに美人というわけではないが、かわいいのとまじめなのが取り柄。
俺も真美も進学志望なので、まだキスとか、服の上から体を触る位のつきあいしかないが、自分のために時間を割いてくれて、自分のことを想ってくれる人がいるだけで、気持ちに張りが出る。
休日のデートは、図書館で勉強してから映画や買い物など、「高校生らしく」過ごしている。(双方の家に遊びに行くなど、親も認めているので、却って変なことはできない。合格するまでは・・・)

2日目もバスで連れ回されたあとはおみやげタイム。生徒がみやげ物屋にあふれている。
そこで真美と話をすることがてきた。昨晩のことを聞くと、真美の部屋に男子が入ろうとしたところを、生活指導のババアに捕まって連れて行かれたそうだ。俺もセーフだったと言い、お互いほっとする。

「ねえ、二人きりで話とかしたいね」「ダメだよ。先生、今夜も巡回するって言っていたよ」
「ここまで厳しくされると、逆に逢いたくならない?・・」
そう、今こうやって二人でいるだけでも、通りがかった友人たちが冷やかしていくので、落ち着いて話せない。(当時、携帯電話は高校生の持つものではなかった)
真美は、意外な作戦を考えてくれた。

翌朝5時、まだ薄暗い時間。俺はロビーに降りると・・
トレパン姿の真美が座って待っていた。「ほらね、誰もいないでしょ」
玄関の外では、従業員が外を掃いていて「おはようございます、行ってらっしゃいませ」と声を掛けられ、妙に照れくさい。
旅館が見えなくなると手をつないで、歩いて3分ほどの湖畔に着いた。
朝もやが湖を覆っており、幻想的で美しい。

俺は、真美を抱きしめた。真美も俺の胸に顔を埋めている。
さらさらとした髪が指にまとわりつき、手のひらで感じる背中の感触が柔らかくて温かくて、自分の彼女とふれあっていることを実感できる。

「ねえ、ケンジ?」
「ん?」
「せっかく二人きりになれたのに、ジャージじゃ全然ムードがないね」
「仕方ないよ」
「やっぱり、綺麗な景色の前では自分の好きな服、着たかったな・・」

と、真美が顔を上に向けて目をつぶった。
俺は優しく唇を合わせる。ひんやりと、ぬるっとした感触。
真美が鼻で呼吸するのが間近で聞こえる。真美を抱きしめながら、しばらく唇を合わせた。
そこに、人が近づいてくる気配がしたので、あわてて唇を離すと
「おうっ、おはようっ」と男性の大声がした。振り向くと・・・

生活指導の体育教師だった。朝のジョギングをしていたらしい。
俺たちは呆然と教師を見つめた。
「おい、挨拶は?」
「せ、先生、おはようございます」

真美の顔が真っ青になり、俺の後ろに隠れて震えている。
「何も怖がらなくてもいいじゃんか。俺は生活指導ではなく、ジョギングしていただけなんだから」体育教師はにこにこしている。
「・・・・」
「ケンジ、真美。上手いこと考えたな。朝のデートなんて。俺こういうの気に入ったよ。朝飯までには宿に戻れよ」

そう言うと、手を振りながら朝もやの中に消えていった。

「よかったね、怒られなくて」「うん」
俺たちは手をつないだまま少し話をして、旅館に戻った。

=====================

数年後。
「ケンジ、起きて」俺は、真美に揺り起こされた。朝の5時前てある。
「何だよ、まだ眠いのに」
「ちょっと散歩行こうよ」真美はお気に入りのドレスを着ていて、気合も充分。
俺も着替えを急ぎ、ホテルを出て数分歩くと・・。

「まあ、ホテルの人が言うとおり、朝もやが綺麗ね・・。あの時の事を思い出すわ・・・先生、どうしているのかなぁ」
俺たちは、ハネムーン先である緑豊かなカナダの湖畔で、いつまでも湖を眺めていた。

.

女教師もののDVDをこっそり借りて

筆おろしをしちゃった体験ですが聞いてください。
わたしは中学の音楽の教師をしています。
去年の夏休みの日、誰も来ないと思いピアノを弾くのに熱中していた時、後に誰かいる様な
気がして振り向くとHくんがいました。
そして、Hくんがいきなり言ったんです。「僕、先生の胸とかお尻が気になって全然勉強が手に
つかないんです。どうしたらいいんでしょう」って。
(確かにわたしは、バスト90のEカップでお尻も92ある肉感的な体かもしれません)

そう言われて困ったわたしは冗談だろうと思い、こう言ってからかってみました。
「先生のこと想像して毎日オナニーしてから勉強すればいいじゃない」
すると、Hくんは「毎日してるんです。でもそれでも我慢できなくて」って言うんです。
既にHくんの股間はズボンの上からの勃起しているのがわかりました。
わたしは、この子は本気だと思いましたが、どうしていいかわからず、つい言ってしまいました。
「じゃ?ここでオナニーしてごらん。先生がみててあげるから。」Hくんたら
本当に脱ぎだしてシコシコはじめちゃったんです。

Hくんのペニスはわたしが今まで見た中で一番大きく、お腹につきそうな
位、勃起していました。
わたしは、暫くチラチラ見ていましたがムラムラしてきてしまい、また変なことを
いってしまいました。「先生が手伝ってあげたらすぐ発射するかな?」
そう言うとHくんのペニスを握って扱いてしまいました。

するとHくんは、「せ、先生!そんなことしたら出ちゃうよ」って言うんです。
わたしは、もう我慢できず「だめよ。まだ出しちゃ。こうしちゃうから」そう言って
Hくんのペニスにしゃぶりついていました。
「せ、先生!気持ちよすぎてもうだめです。」そう言うとHくんはわたしの口の勢いよく
発射しちゃったんです。その量もすごく、Hくんたらわたしの頭を押さえつけるもんですから
苦しかったのを覚えています。でも非常に興奮しました。

フェラして2分位で射精したHくんにわたしは「早いわね?。もしかして童貞なの?あんまり早いと女の子に
嫌われるぞ」そう言ってHくんのペニスを指で弾いてしまいました。
もしかして、それがHくんの男性本能を刺激してしまったのかもしれません。
Hくんは急にわたしに襲い掛かってきました。「早いけど、もうビンビンなんだよ」
発射したばかりのHくんのペニスは既にさっきと同じ位ビンビンなんです。

白いブラウスを脱がされ、ボタンは弾け飛び、白いブラジャーはすぐに捲くり上げられ、
わたしのオッパイはHくんによって激しく揉まれ、乳首を痛い位に吸われてしまいました。
すでにわたしのあそこは濡れていました。
でも童貞(だと思う)のHくんにSEXの仕方はわからないだろうと思い油断していました。
しかし、どこで覚えたのか、わたしの後にまわり、手をピアノにつかせ、
スカートを捲くり上げ、白いパンティを一気に降ろし、入れようとするんです。

わたしは、「だ、だめだよ。こんなとこで。それにゴムもないし」そういっても
Hくんの勢いはとまらず、生で勃起したペニスを挿入してきました。
入れられた瞬間、わたしは異常なまでの興奮をしたのを覚えています。
Hくんは童貞(かな?)だけあってひたすら激しく腰を振るだけでしたが、それが
わたしには新鮮で、思わず声をだしてしまいました。
でも、誰もいないとは思ったのですが、もしも誰かに聞かれたらと思い、わたしは
音楽室の床に落とされた自分のブラジャーを口に咥え、必死で声がでない様にしました。

ひたすら激しく腰を振るHくんに対して、わたしのオッパイが激しく揺れるのを
自分で感じ、更に興奮したわたしは自然と自分で腰を振ってしまいました。
そして、Hくんは「せ、先生!ぼく又、出そうです」そう言って更に激しく腰を振り
はじめました。わたしは「だ、だめ!中に出しちゃ!口にだして」そう言ってわたしはHくんを
突き飛ばしましたが、床にころんでしまい、Hくんのペニスを咥えるのが間に合わず、
生まれて初めて顔射を経験してしまいました。
Hくんの精液はあたたかく、さっき出したばかりなのにすごい量のがわたしの顔や紙にかかりました。

無事、誰にも見つからず終わりました。
それ以来、Hくんはわたしとエッチをしたがりますが、わたしはだれかに
ばれることをおそれ、放課後に1度だけ女子トイレでフェラでいかせることで
口止めをし、Hくんもこの春に卒業していきました。
今では、女教師もののDVDをこっそり借りて、そのことを思い出しています。

以上 終わりです。なんか興奮してきちゃったんでスレ版でスッキリします。

英会話講師

アメリカの某サイトの書き込みより。本文英語、思いっきり意訳。

〈女と遊ぶならどの国?〉

投稿者:Bob(28歳・男)

俺のお勧めは日本だな。日本に来てもうすぐ2年になるが、もう最高だ。
治安は良いし、地下鉄でどこにだって行けて、NYなんかよりずっと便利。
何より女に関しては天国みたいな国だね。

俺、東京の郊外で英語教師をしてるんだ。
英会話を専門に教える民間の教室で、俺の生徒はほとんど大人。
小中学生のクラスを持ってたこともあったが、子供相手よりずっと楽しい。

何が楽しいって、とにかく女とデキるんだよ。
アメリカじゃ普通の男だった俺が、こっちじゃモテまくり。
ハメた女の数だけなら、故郷にいた頃より日本に来てからの方がずっと多いね。

街でも簡単にナンパできるんだが、生徒を口説く方が手軽だ。
気に入った女を「個人レッスン」で誘ったら、ほぼ100%落ちる。
本当は、校外での個人レッスンは契約違反だけどね。

昼夜ともレッスンが入ることはあまりないから、
例えば夜に授業がある日は、昼間はたいてい空いてる。
週末も最低1日はオフだから、空いた時間でいくらでもデートできるんだ。

生徒は昼間が主婦中心。夜はOLや学生だ。
主婦や学生だと平日昼間に会えるし(日本の大学生にはヒマな奴が多いね)、
OLも夜や週末なら都合がつく。
日本にはセックス専用のホテルがたくさんあるから、場所にも不自由しない。
1人暮らしの子でも平気で部屋に上げてくれるし、
信じられないだろうが、家に呼んでくれる主婦だっていくらでもいる。

口説くのは簡単。日本女はアメリカ人ほどじゃないけど勘違いしてるから、
「日本の女性は美しい」と褒めればすぐに股を開くわけ。
あとは普通にハメるだけで、十分に感激してくれる。
日本女は従順で、こっちの要求はたいてい受け入れてくれるしな。

こないだはミキっていう女の家に呼ばれたんだ。
どこから見ても平凡な主婦。31歳なんだが、日本の女は幼く見えるな。
旦那は仕事で、子供が幼稚園に行ってる間は家に誰もいないから、
彼女の家でゆっくり楽しませてもらった。

部屋で「会話」のレッスンしながらワインを少し。
ソファの隣に座って肩を抱いたら、何の抵抗もなくキスに応じてきた。
日本の女もこういう時は大胆だ。向こうから舌を絡めてきたもんね。

アジア系の女って、体は中学生みたいだけど肌は滑らかだね。
俺に言わせりゃ別に美人でもないんだが、
「キレイだね」って褒めたら、すぐその気になるからやりやすい。

こっちに来る前は、日本女ってセックスに消極的なイメージがあったんだが、
全然違ったね。俺が脱いだら、ミキは自分からコックを咥えてきた。
ブロウジョブのテクニックは大したことないが、口が小さいから悪くない感覚だ。

小さめのオッパイを吸いながら股間を撫でると、すぐに濡れてきた。
じっくり愛撫して挿入。リズムを刻みながらコック出し入れすると、
凄い声を出して悶えてた。

信じられないことに、日本女はコンドームなしでセックスさせてくれる。本当だよ!
ピルが普及してるんだろうけど、中で出しても何も言ってこないのは驚きだ。
俺も最初は感染症を警戒してたんだが、もう慣れた。今は生じゃないと変な感じだ。

ミキにも生で入れたんだが、全然気にしてなかったな。
ベッドで1回、シャワーで1回、ベッドに戻ってもう1回。
全部で3時間くらいだったけど、「あああぁぁ」なんて言いながら、
7?8回は絶頂に達してた。もちろん中に発射したさ。

俺のペニス、7インチしかないんだが、日本だとビッグサイズみたい。
ミキの旦那なんて5インチ弱しかないらしくて、俺のを入れながら何度も
「大きくて太い?」って感激してた。英語の発音はイマイチだったけどな。

別に俺だけが羽目を外してるわけじゃない。仲間の英語教師にはカナダ人とか
ニュージーランド人とか色々いるけど、男はどいつも似たようなことしてる。
もちろん好みはそれぞれだが、俺の実感じゃ主婦の方が落としやすいな。
中には中高生ばかり食ってる奴もいる。違法らしいから、俺は手を出さないけどな。

そういや以前、大手の英会話教室が「プライベートで生徒との接触を禁じる」って
就業規則を作って問題になった。学校を通さないサイドビジネスを規制する
つもりらしいが、ふざけた話だ。仲間の教師と一緒に反対運動をしてやった。
ただでさえ給料が安いのに、副業を止められたら大ごとだ。
それに、俺たちにも女を抱く権利はある。レイプならともかく合意なんだからな。

中には深みにはまって日本で結婚した奴もいたが、俺に言わせれば
日本女を女房にするのは勧められない。総じて日本女は精神的に幼すぎるし、
セックスアピールだってラテン女の足元にも及ばない。
魅力なのは、後腐れなく手軽に抱けることだけだ。

ちなみに、女の英語教師にも知り合いは多いが、こっちは少し事情が違う。
わざわざ日本に来るくらいだし、活動的な女が多いんだが、
俺の知る限り日本男と付き合った奴はほとんどいないな。
何も日本に来てまでアメリカ人とハメなくてもと思うんだが、
日本男は願い下げって女が多いのが事実だ。

どうやら日本の男って、総じてセックスのパートナーとしての評価は低いようだ。
ペニスが小さくて細いだけじゃなく、愛撫も不十分で、早いからだろう。
俺が抱いた女たちに聞いても、旦那や恋人とのセックスが
1回15分とか20分って奴が思いのほか多かった。
信じ難いことだが、セックスを楽しむって感覚がないんだな。

1回で満足させられないから回数をこなすかといえば、それもダメ。
恋人同士でも週1回とか2週間に1回とか。夫婦だと月1回もしない奴が多い。
ミキもセックスは2カ月ぶりと言ってた。

それで離婚しないなんて、日本女はセックスが嫌いかと言えばそうじゃない。
むしろ大好きで、パートナー以外と日常的にハメてる奴も多いんだ。
「日本人は奥ゆかしい」って先入観は、どうやら男にだけ当てはまるらしいね。

もちろん日本男に性欲がないわけじゃない。
東京はセックス産業が盛んだから、男もスケベが多いはず。
ただ、旺盛な意欲に能力がついていかないんだな。

どの女も、俺たちと寝たら日本男では満足できなくなるらしい。
ハメた後に「次の個人レッスンは?」と予約を入れたがるしな。
ミキも俺とのセックスが気に入ったらしく、来週また会う約束をしてる。
向こうから誘ってきたんだが、今度はセックス用ホテルを使うつもりだ。

繰り返すが、俺は別にセックスの達人じゃない。
むしろごく普通の男だと思うが、この国じゃスター扱い。
野球と違ってセックスの分野じゃ、まだまだ日米の差は大きいみたいだ。
ほとんどがマイナーリーグどころか「お子様リーグ」だね。

何も日本人を悪しざまに言うつもりはない。
アメリカ人と違って感情をコントロールできるし、中年以上は知性的だ。
若い奴らは酷いけどな。救いがたい悪人も少ないし、基本的に善良な民族だと思う。
ただ、ちょっとセックスの能力が劣ってるだけだ。

俺が抱いた女たち、半分くらいは結婚してるし、独身者も恋人がいる奴が多い。
なのにこれだけハメてて、男に散弾銃を持って乗り込まれたことも、
裁判を起こされたこともない。パートナーの性行動には驚くほど寛容な民族だ。

だから、基本的に日本での生活は快適。
気をつけなきゃならないのは、物価の高さと人種差別。
股が緩い女も、相手が黒人だと好き嫌いが分かれるようだ。
それでも、誰でもメジャーリーガー気分を味わえるのは魅力だろ?

アメリカが「クリプトン星」だと知るために、来て損はないと思うよ。

          ※            ※

スラングやネット専用の言い回しは、意味がよく分からんかったから
何となく雰囲気で訳した。たぶん、大きく外れてないと思ふ。

意趣返し

もう5年ぐらい前の話ですが・・・。
嫁のA子は、大学時代のサークル仲間で、小柄で鈴木あみに似た顔立ちだった為、サークルのアイドル的な感じでした。
大学卒業前の飲み会で距離が近くなり、付き合いだして、そのままプロポーズして、就職してすぐに結婚。

当初はうまくいってたのですが、結婚してすぐぐらいから夜のほうを拒否されはじめて、セックスレスになりました。
まあ、付き合ってた頃から、A子はセックスがあまり好きではないと言ってましたし(処女ではなかったですが)、それもあってもともと回数もあまり多くなかったのもあったので俺もそれほど気にしてはいませんでした。
まだ二人とも若かったので子供もまだ先でいいと思ってました。

セックスレスになって2年過ぎたあたりの頃でした。
会社を出たら、30前後ぐらいのスーツ姿の女性が立っており、こっちを見て会釈しながら近づいてきました。
背も高く美人と言える顔立ちでスタイルも良かったんで、ちょっとどきどきしつつなんだろうと思っていると
「Bの妻のC美と言います。俺さんにお話があって来ました」と言いました。
Bという名前に聞き覚えが無く、はぁと返事して、促されるままに近くの喫茶店に入りました。
「単刀直入に言いますと私の夫のBとあなたの奥様のA子さんは、不倫関係にあります」
「はぁ?」
最初は何を言われてるかさっぱりわかりませんでした、意味がわからないんですが・・と言おうとした瞬間にC美は、かばんからてきぱきと書類を出して机の上に広げました。
「やっぱりご存知なかったようですね。とりあえず、これを見てください」
俺は震える手で書類をつかみ、ざっと見ていきました。
どうも浮気調査の結果のようで何月何日何時に会って、とか細かい内容が書いてありました。
写真が貼り付けられてるのもあり、見知らぬ男と腕を組んでホテルへ入るところと出るところを撮影されてるのは、間違いなくA子でした。

C美は、知らなかったのなら驚かれるのも無理はありませんね、と告げて淡々と説明してくれました。

Bは、A子と高校時代の家庭教師だったこと。
二人の関係は、再会した2年前からということ。
週2回定期的に会ってること。
写真を見ていくとなんとウチにA子がBを迎え入れてるのもあり、土曜日には、毎週ウチへ来ていたようです。(俺は土曜は出社日)

「私は離婚するつもりですのでA子さんには慰謝料を請求させていただきます。俺さんはどうされるか任せますが、A子さんと離婚されるおつもりでしたら資料をお貸しします。」
離婚するにあたって有利になると思います。とC美は淡々と話しました。

「えっと・・ちょっとだけ時間をもらってもいいですが、あまりに突然のことにちょっと混乱してしまって」
「無理もないです。いずれにしてもすでに弁護士には相談済で一ヶ月以内には、お宅へ主人と伺うつもりですのでそれまでにどうされるか考えてください。」

C美はそういうと手際よく資料を片付けて俺の分も喫茶店代の払いを済ませて出ていきました。

俺はその後1時間、喫茶店で悩んだ末に帰らないわけにはいかなったので家に帰りました。
A子はいつもどおりの顔でおかえりを言ってくれましたが、俺はとても顔をまともに見ることが出来ずに、今日は疲れたのですぐ寝るとだけ言って部屋に篭りました。

A子を見てると今日の喫茶店での話は、悪い夢だったんじゃないかと思えてきます。
けど、セックスレスはそれほど気にしてなかったとはいえ、別の男とやっていたとなると話は別です。もやもやしたなにかが胸を離れません。

そんな気分で迎えた休日、俺はA子にたまには買い物とか出かけたらと告げ、外に出しました。
A子は、そんなことを言う俺に最初は訝しがってましたが、そういうのなら、と出かけていきました。
そんな姿を見てるととても浮気しているようには思えず、決心が鈍りそうでしたが考えていたとおり、寝室と居間にカメラとマイクを仕掛けました。
インターネットはやっていたものの、AV機器には疎く、いろいろネットで調べた末に購入してきたものです。
無事、カメラも仕掛け終わり、俺にとって今までで一番長い一週間が過ぎました。

変などきどきがとまらないまま、イヤホンをつけて、部屋の明かりもつけずに土曜日の画像を確認しました。

「センセおかえりーーーー」
A子の明るい声が入ってました。
・・・おかえりってどういうことだ?
知らない男の声でただいまとも入っていましたが、こちらはあまり元気のある声ではありませんでした。
「じゃーん、今日はこんなのを出してみました。実家から送ってもらったの。高校のときの制服ー。まだ私も捨てたものじゃないでしょ?センセこういうの好きだしw」
なんとA子はブレザー姿でした、というかこんなA子は見たこともない・・・。
男は写真で見たBの姿でした。

「あのさ、今日は話に来たんだけど・・・」
「えーー、さきにえっちしないの?せっかく着て待ってたのにー」
「いや、なんかさ、妻に気づかれてるような気がするんだ。だから、しばらく来ないほうが・・・」

ガシャン!という音がいきなり響きました。
俺も心臓が止まるかと思うほどびっくりしました。

「なんで?!どうせ離婚するんでしょ!いいじゃない!」
「いや、前にも言ったとおりまだ離婚はできないよ、いろいろあるし、それに君だって俺君が居るじゃないか」
「それはセンセが早く離婚してくれないからでしょ!センセが離婚してくれたら、私のほうはすぐ俺君と離婚するわよ!もともと好きで結婚したんじゃないんだし!」

がつんと頭を何かで殴られたかのような衝撃を受けました。
どういうことだ・・・?

「それはちょっと俺君にかわいそうじゃないか?彼は君のことが好きなんだろ?」
「俺君の気持ちなんてどうでもいいんじゃない!私が好きなのはセンセだけ」

そういいながらA子はBの腰のあたりでもぞもぞしはじめました。

「センセ以外とこういうことしようとすると吐きそうになるんだもの。センセが私を高校の頃にこんな身体にしたんじゃない」

Bはうう、とうめきました。
・・・フェラしてやがる。
俺は頼むことすら出来なかったのに。
「ふぉら?きもひいいでひょ?ほんなにおおひくなってるひ」
しゃぶりながら喋るA子はとても俺が普段知ってるA子とは思えません。
口を離すと手だけBの股間にあるまま、Bに顔を近づけて言いました。
「センセだって奥さんにこんなことしてもらったことないって言ってたじゃないの。私だったらなんでもしてあげるよ。毎日でも」
「で、でもさすがに離婚は、いろいろ私にも立場があって・・・」
A子は、また咥えはじめました。
Bはぶつぶつとまだ小声で何か言ってましたが聞き取れず、そのままうめきをあげてました。どうやらイったようです。
Bは開き直ったのか、そのままA子のスカートをまくりあげて前戯もせずに後ろから突き入れました。
キモチイイとか、好きとか愛してるとか、A子は獣じみた叫びをあげながら受け入れてました。
俺はさすがに耐え切れず、ヘッドホンをはずして動画だけ早送りしました。
A子が騎乗位で腰を振ってたり、Bの全身に舌を這わせて喜んでいたりというシーンが矢継ぎ早に流れていきました。

見終わった後、俺は脱力でした。
苛立ちや怒りはどこかへいってしまうほどのショックでただ脱力するのみでした。
俺の心は決まり、C美へ電話をしました。

「例の件ですが、私もA子と離婚することにしました」

そうですか、と感情も見せずに淡々と言うC美に少し腹が立ってきました。

「例の資料、もらうだけでは申し訳ないので私も証拠を取りました。それをお渡ししたいのですが」

証拠はもう充分あるので・・というC美にそう言わずに是非ということで会う約束をしました。
DVDにして持っていき、お互いに手持ちの証拠を渡して別れました。

冷静になって動画の内容を思い返して見ると、A子のほうがBに惚れてるのは間違い無さそうです。
高校時代というからには、家庭教師のころになにかあったんでしょう。
私の知ってるのセックスに対する潔癖なA子とは別人のように淫乱でBに奉仕してました。
まあ、実は潔癖でもなんでもなくBに操を立てていただけというのが本当だったのですが・・・。

いずれにしろ、話の中にあったようにC美がBをしっかりと捕まえていれば、こんなことにはならなかったんじゃないかと・・・。
明らかに逆恨みなのは当時でもわかっていたのですが、そういう気持ちになってたのも確かでした。

そこから先の展開は早かったです。

BとC美はウチへ訪れ、A子への慰謝料請求の話と弁護士に任せた旨を伝えてきました。
俺もその場でA子に離婚したい旨を申し入れ、慰謝料請求をさせてもらうと話をしました。
A子は、夫と浮気相手の妻から同時に慰謝料を請求され、窮地に立たされているはずなのに、満面の笑みを浮かべて頷くだけでした。
Bはただ、喜んでいるA子とは対照的に赤い目をしたまま、ただうなだれていました。
俺はすでにこういう結果になることを覚悟していたので、そのときはあまり感慨はありませんでした。
そのときは、俺はなぜかC美が気になり、C美の顔をじっと見てましたが、俺へ浮気の話を告げたときと変わらない表情で淡々としてました。
ずっと押し黙っていたBが帰り間際に口を開き、俺に向かって「謝って済むことじゃないけど、君には済まないことをした」とだけ言いました。
俺は「いえ・・・」としか言えませんでした。
正直、この状況で喜んでみせるA子の気味悪さ、嫌悪感と対照的にBに対する怒りは失せていくのがわかりました。
その日のうちにA子は実家へ帰し、実家のA子の親からは、言葉だけの謝罪を電話越しで受けました。
C美と俺への慰謝料は相場から考えるとかなり高額でしたが、A子の親は裕福でしたし、一人娘だったのでどちらへの慰謝料も一括で払い込まれました。
離婚届もA子から送られてきたものに捺印し、俺が提出して終わりを告げました。

あぶく銭だけが残り、どっちの夫婦にも子供が居なかったのは幸いだったなという変な感慨だけが残りました。
それから半年後、C美から電話がありました。
「話をしたいので時間取れますか?」と・・・。
俺はなんとなく気になっていたのもあって、会いにいきました。
「あの二人、籍を入れたみたいですね」
俺の顔を見るなり、C美はそう言いました。
「はぁ、そうですか」
「あまり驚かれないですね」
「まー、A子はそのつもりだったみたいですし、そうなるだろうなとは」
Bからの慰謝料も分割の予定が一括で払われてきたのでそうじゃないかなとは思ってました。
「あれから連絡は取ってないのですか?」
「取るわけないでしょ。DVD見たんでしょ?2年以上夫婦やっていながら気持ち悪いとしか思われてなかったんですよ。夜も拒否されてましたし。そんな女に連絡取りたいなんて思うはずもない」
C美は目を伏せて思ったより割り切れているんですね、と言いました。
「そういうC美さんは、思ったより割り切れてないみたいですね。そんな顔してるなんて思いもしませんでしたよ」
「・・・・」
自分であれだけ仕切って、進めておいて何をいまさらという感じでした。
そんなことを言うためだけに俺を呼び出したのか、とも。
そう思ったら、また少し意地悪をしたくなりました。
「C美さんはBさんに実は未練あったんじゃないですか?そんなんだったら離婚しなきゃよかったのに」
「・・・Bの浮気は許せませんし、Bは私じゃ満足してなかったってことですし、A子さんのほうが良いようでしたから」
「はぁ?浮気は許せないのはわかりますけど、Bさんは明らかにあなたのほうへ未練あるみたいでしたけどね。それに満足って・・あなたのところもレスだったんでしょ?」
C美はきっと俺を睨んできました。
「レスだったのなら満足も何もないでしょ。そりゃ若い女に誘惑されりゃそっち行きますよ」
なんで俺は嫁の浮気相手だったBを擁護してんだと思わなくもなかったですが、なんとなく自然にそんな言葉が出てしまいました。
「どうせ、妻の座に胡坐かいて旦那に優しくもしなかったんでしょ?」
そこまでいいかけたところで思いっきりひっぱたかれました。
「ぁんたに何がわかるのよ・・・」
C美は涙目になってそう言いました。
がちゃがちゃとバッグから財布を出し、その店の勘定を済ませると店を出ていきました。
ま、思ったよりわかりやすい人だなと思いつつ、店を出ようとすると店の外にC美が居ました。
そのまま無言で俺の服の袖を握ると俺を引っ張って歩いていきました。
「ちょっ・・・言い過ぎたのは謝りますよ」
「あなた悪いと思ってないでしょ!」
そして、そのままC美が引っ張っていったのはラブホテルでした。
「・・・マジっすか?」
「・・・イヤならいいわよ」
「いや、気が変わらないうちに行きましょう」
俺もなんだかんだいってレスが長く、欲求不満だったのは事実です。
それにこんな美人とヤレるなら、願ったり適ったりです。
実際、呼び出されたときに何も期待してなかったというと嘘ですし。
ラブホで部屋に入ったと同時にC美のタイトスカートを捲り上げて股間に顔を突っ込み。
「ちょっ・・・ちょっと!シャワーを・・・」
「そんなんいいですよ、おれこういう匂い好きなんで」
「こっこの変態・・・」
もうどうせ会うこともないだろうし、どうせなら好き勝手やってやれって腹でした。
A子には気を使って出来なかったこととかも。
嫌がるC美のストッキングを破り、パンティをずらして直接アソコを嘗め回します。
汚いからやめなさい、とか叫んでますが気にせずナメナメ。
「あれ、もしかしてC美さんアソコなめられたことない?」
「あ、あるわけないでしょ・・・」
あーこれは、確かにこういうのが嫁だったりしたら引くな。
実際俺もA子は潔癖だと思って、変わったこと何も出来なかったし。
「C美さんのココ、いいにおいだし、味も美味しい」
もう変態全開です。遠慮しなくていい相手なので。
そのとき、C美がぶるっと震えて次の瞬間、どばっというかんじでアソコから愛液が拭き出してきました。
もう濡れるというより、流れるといったほうが正しいぐらいに。
C美は、顔を抑えながらうーっと唸り、そのままがくがくと震えつづけました。
いい反応してるじゃないかwww
ということでさらに遠慮なく舌を突っ込みます。
C美は腰に力が入らないようでぐったりしたままです。
「んじゃ、お風呂はいりましょうかww」
ぐったりしたままのC美を脱がして風呂場へ連行。
さすがに照れているのかこっちを見ようとしないままです。
「洗ってあげますよ」
「いや、いい。いい。自分で洗う。」
「そう遠慮せずに」
俺はボディシャンプーを手に取るとそのままC美の体にぶっかけました。
「ちょ・・今度は何をする気?」
「洗うだけですって、何かしてほしいんですか?」
C美はまた顔を背けました。
けっこうかわいいかもしれないwww
俺はアソコを中心にC美の体をまんべんなく石鹸でぬるぬるしていきました。
C美はぶるぶる震えながらもなすがままになってましたが、アナルのほうも念入りに洗ってやると暴れだしました。
俺は気にせずに洗い続け流した後にもがくC美をよつんばいにさせて、アナルに舌突っ込み。
「ちょっううういやいやいや、おしりに何か入ってきてるっ」
「俺の舌ですんで、痛くはないでしょ?」とだけ言ってまたねじこみ。
「いやっ汚いからやめてやめて」
気にせずに舐め。この人やっぱこういうのに弱いな・・・。
ぐったりしたC美をベッドにつれていき、いよいよ挿入。
まあ、さすがにコンドーム付です。あとあと面倒なことになっても困りますし。
後ろからがしがし突くけど、声を押し殺してるC美。
なんとなくつまらなかったんで、一回抜いて備品のローターを購入。
C美は顔をベッドに伏せたままだったけど、仰向けにさせ正常位で挿入。
相変わらず声を抑えていましたが、ここで秘密兵器導入。
ちょうどC美のクリにあたるところにローターセットして俺とC美ではさむような状態でスイッチオン。
突然の異物感と振動にC美はびっくりして逃げようとしましたが、動けないようにロック。
俺も腰動かせませんが、挿入ったまま、ローターの振動とダブル攻撃。
C美は、一瞬だけ獣じみた声を上げてイってしまいました。
ぐったりしたところで、俺もイこうと思いっきり突きました。
俺も無事イクことが出来て、満足したところでコンドームの処理をしてると後ろでぐったりしてたC美が話しかけてきました。
「・・・気持ちよかった?」
「ん?最高でしたよ。」
「・・・こんなふうにA子さんともしてたの?」
「いや、させてもらえなかったんで普通にしかしてないですよ。それも数える程度です。2年も結婚しててね。C美さんはどうなんです?Bさんはテクニックあったんでしょ?A子があれだけメロメロになってたぐらいだし」
「ううん、こんなことあの人にされたことない。普通だった。」
「C美さんが拒否してただけじゃないです?」
「・・・うーん、かもしれない。」
まあ、やりにくいってのはあっただろーな。
なまじきりっとした美人でスタイルもいいだけに。あの男、いかにもな優男だったし。
俺は後先考えてないからここまで出来たってだけの話で。
「ねね」
「なんです?」
「・・・こういうことさせてあげたり、私からも誘ってればあの人もA子さんと浮気しなくて離婚しなくて済んだのかな」
「・・・かもしれませんね」
なんか、ここで急に自分が情けなくなってきました。
少なくともBはC美からもA子からも好かれていたのは間違いない。
A子は操を立てるような真似をして、俺との性的なことをあれだけ嫌悪してたし、C美だって素直になれなかっただけでBのことは好きだったのは明白。
そんな中、俺はいったいなんだったんだ?
結局、誰からも必要とされることはなかった。
一回、そのことに気づいたら涙が出てきた。
「・・・どうしたの?」
「・・・なんでもないっすよ。なんか、急に自分が情けなくなっただけです。BさんはA子にもあなたにもそれだけ愛されてたのに俺はいったいなんだったのかってね」
鼻をずるずるさせながら、涙声でそんなことをこの人に言う俺はほんと情けないと言ってる最中にもすでに思えて、よけいに泣けてきた。
いきなり背中にやわらかな感触がきた。
「・・・ごめんね」
後ろから俺に抱きつきながらC美はそう言った。
「・・・なんでC美さんが謝ってるんですか、なんかよけいにみじめなんすけど、俺」
「・・・ごめん」
C美は俺の顔をぐいっと後ろに向けてキスをしてきた。
「・・・なんか中学生レベルのキスっすね」
「えっ、キスってこういうのじゃないの?」
ぷいっとC美がふてくされた顔をしました。
「・・・せっかく勇気出して主人にも自分からしたことないキスをしたのに」
「なんか、俺、いま唐突にBさんがかわいそうになって来ました」
そういうとよけいにふくれるC美。
「・・・あのね、気持ちよかったよ。」
「えっ?」
「・・・さっきのセックス。主人・・ううん、Bとのセックスより君がいましてくれたセックスのが気持ちよかった。これは本当」
なんかさっきまでの惨めな気分が嘘のように晴れてニヤけ笑いがこみ上げてきました。
俺の顔を見てC美も笑いました。
「俺君、もう一回する?」
「します」
「・・・じゃあ、今度は私もシてあげるからいろいろ教えて」

その後、C美とはちょくちょく連絡を取るようになり、半年後ぐらいには俺から申し込んで付き合いはじめて、今では結婚1年目です。
Bとは、一回だけ仕事中に偶然会って少しだけ話をしました。
Bは俺に「君に迷惑をかけて傷つけた分、A子は幸せにする。謝って済むことじゃないが本当にあの時は申し訳なかった」と言いました。
俺はC美とのこともあり、もうA子には未練もなにもなかったので
「A子が望んだことだと思いますし、もういいですよ」とだけ言いました。
A子との間に子供も出来たみたいでしたが、Bはえらく老け込んでいてあまり幸せそうには見えませんでした。
「C美も再婚したみたいだし、君も幸せになってほしい」
あれ、知らなかったのか。と思いちょっと意地悪をしたくなりました。
「C美さんと結婚したのは俺ですよ。あれがきっかけで付き合いはじめました。」
「えっ・・そ、そうか。そ、それはよかった。どっちのことも僕はし、心配してたから・・・」
明らかに動揺してました。
「・・・姉さん女房だからか、C美さんはいろいろ世話を焼いてくれて幸せです。夜のほうも凄いし。」
それを言った瞬間のBの顔は完全に凍りついてました。
では、と言って俺はBから離れました。

・・・ま、ちょっと悪趣味な一言だったかな。
けど、人の嫁に手を出したのは事実だから、これぐらいの意趣返しはいいだろ。
C美を絶対に幸せにしよう・・・そう思いました。

熟女ガイド

高坂美和子は、今年38才になった。会社員の夫と、中学生の息子二人の4人暮らしである。
決して生活が苦しいワケではないが、子供たちも手が離れ、増えた自由な時間を
結婚するまで勤めていたバスガイドとして、パート勤務していた。
中、高校とバレー部で鍛えた身体に、年とともに脂肪がついて丸みを帯び、熟女して
男を引き付けるフェロモンを、充分に発散させている事に当の本人は、まったく気づいていない。
特にバスガイドのミニでタイトぎみのスカートに包まれた、下腹部から臀部、ふとももにかけての
ラインは、「バックから突き刺して!」と自ら誘っている程の熟れ方である。
今日は久しぶりの一泊二日の仕事がついた。しかし、高校の社会研修旅行なのだが、普通であれば美和子は、
断るつもりであった。
「今時の高校生なんて大人の言う事なんてまともに聞かないし、こんなおばさんガイドだと、
ブーイングされるのが関の山だわ」
しかし、パートという立場と、その高校が美和子が学生だった頃からの評判の良い進学校なので、
悩んだが結局引き受けたのだった。
「だけど進学校なのに社会研修って変ね?」
その疑問が、やがて美和子をかって無い恥辱の谷底に突き落とす事になるとは、知るよしもなかった。
出発の一時間前に着いた学校で、美和子の小さな疑問は解けた。
評判の良かった進学校というのは、もはや以前の話で、今では荒れているという程ではないにしろ、
かつての面影は、もはや無かった。その理由の一つが、今回社会研修旅行を行う、就職クラスの存在だった。
「やっぱり断るべきだったかしら、でも先生もいらっしゃるし、何とかなるでしょ。適当に案内してビデオを
流しておけば勝手に騒いで終わってくでしょ」
自分に言い聞かせながら美和子は、バスに乗り込んだ。
ステップに足を掛けたとき、ずり上がったスカートからあらわになったムチッと
したふとももに、突き刺すような、そして舐めるような視線が投げかけられて
いる事に、美和子は気づいていなかった。

バスの中の生徒たちは、想像していたよりおとなしく、少々拍子抜けする感じだった。
おとなしいというよりも、落ち着きが無く、怯えているようでもあった。
「な?んだ、取り越し苦労したかな? もう少し元気な方がいいわね」
しかし、安堵する美和子を、先ほどの舐める様な視線が、後部座席の方からじとっと
付け狙っていたままに存在していた。
マニュアル通りの挨拶を終え、朝のコーヒーを注いで廻りはじめた美和子は、生徒の中に
懐かしい顔を発見した。彼女の長男、隆の三つ年上で、家が近所だった浩司だった。
「えっ、浩司クンこの高校だったんだ?、そっか隆が中三だからもう高三なのね!
ほんと、久しぶりね?」
「そうですね」
「御両親は、お元気? もう浩司クン達が引っ越してから四年になるかしら」
「ええ、父も母も健在ですよ 僕達が引っ越してから五年になります」
「いやね?、オバサンになると物忘れが多いのよ ゴメンなさいね」
「まだまだお若いですよ、それに僕は美和子さんのことずっと覚えていましたよ」
そう言った浩司の目が、例の美和子を嬲り尽くすような視線をはらんでニヤリと
笑ったが、懐かしさと、偶然の出会いに少女の様に感激している彼女に
見抜ける筈もなかった。

懐かしい再会の後、コーヒーを注ぎ終ってガイド席に戻る美和子のムチムチの臀部を
視姦しながら、浩司はまわりの他の生徒数名に何事か、合図を送った。
そう、この就職クラス(ありていに言えば落ちこぼれクラス)の支配者として
君臨しているのが、誰あろう浩司なのであった。
美和子が、今日の行程表で、仕事の確認をしているその時後ろの席から、「アチィ?!」
と奇声が上がった。
「どうかしましたか? 大丈夫?」
「大丈夫です、ちょっとコーヒーをこぼしてしまって」
みると、浩司の隣の生徒がズボンにさっき配ったコーヒーをぶちまけてしまっていた。
「大変! やけどしなかった?」
美和子が数枚のお手拭きを持って、後部席に走りよりその生徒のズボンを拭き始めた。
陶然、中腰にならざるをえない彼女の背後から、別の生徒がすっとデジカメをスカートの
下に潜りこませ、無音のシャッターを連車した。
勿論、美和子に気付かれずに一連の動きは、命令された兵士のように行われた。
盗撮された美和子の下半身の写真は、やりたい盛りの高校生にとって、あまりにも刺激が
強い物だった。ムチムチのふとももの付け根に肌色のストッキング越しに透けて見える
白いパンティ、その中央にお尻の割れ目から、媚肉の裂け目に添うように走るストッキングの
継ぎ目。小さなデジカメの液晶画面からでも、似生い立つような熟した女の淫美さが滲み
でていて、生徒たちの可虐性をいやがおうにも掻き立てた。
威きり立つ彼等を浩司は、一括して統率した。
「まあまて、ちゃんと考えてあるから、オレの指示にしたがってろ!」

出発から2時間ほど経過して、最初の休憩のドライブインにバスは停車した。
「ここで、二十分停まります、おトイレは必ず行ってきて下さいね!」美和子の声が弾む。
運転手を始め、全員がバスを後にした。そこに浩司が一人、バスにもどってきた。手慣れた感じで、
フロントバンパーにある扉の開閉スイッチを操作して、車内に入り、ガイド席に置いてある
美和子のカバンの中にある、家から持ってきたオシャレな水筒にポケットから取り出した薬の
ような物と手早く入れ込んだ。
ドライブインでの休憩も終わり、走るバスの中で美和子は、違和感を覚えていた。
生徒達が前にも増して静かになったのだ。
それだけでは無い、突き刺すような視線を、全員から受けていた。
「な、何なの?私、変な事でも言ったかしら」
あまりの生徒達の変化に、戸惑いと不安を隠せない美和子であったが、誰に相談出来る訳でもなく、
ただひたすら自分の仕事をこなすしかなかった。
その間も、生徒達の挿すような視線は、彼女の一挙手、一挙手に注がれていた。「まさか、私を女として、いやらしい目で観ているのかしら・・・」
さすがに、そういう事に鈍感な美和子も、ようやく生徒達の視線の
意味を理解し始めた。
「でもどうして?こんなおばさんの私に??」
美和子は、車内での仕事に今まで感じたことの無いプレッシャーを
受けながら時間の経つのをまった。当然、喉が渇き、自宅から持参した水筒の
ドリンクを
口にする回数も増えていった。いつもの彼女なら微妙な味の変化を
見分ける事は出来たかも知れないが、異様な空気の中では、
感じとれるはずもなかった。

バスが二回目の休憩場所に近付いた時、美和子の体調に変化がおとずれた。
身体全体が、熱っぽく、かつ急激な眠気が美和子を襲っていた。
「ど、どうしたのかしら、生理は一週間前に終わったばかりだし、風邪なんて
ここ何年もひいてないのに?」
身体の中心がブレて、フワフワ浮いている様でもある。それがバスの揺れと
相まって美和子の意識を飛ばしそうになるが、長年のベテランガイドとしての
プライドが、それを辛うじて引き止めていた。
「だ、だめよ 息子と差ほども年の違わない生徒達の前で無様な姿はみせられないわ」
気丈に振舞おうとするが、浮揚感と睡魔は一秒ごとに力を増していく。

「ガイドさん、大丈夫ですか?」
異変に気がついた教師が声をかけたが、すでに美和子はまともに返答するだけの意識は
もうなかった。
前方の異変に気づいているはずの生徒達は、いたって平静で、かつ当然であるかのような
薄笑いさえ浮かべていた。
その時、浩司が立ち上がり、
「先生、ガイドさん調子が悪いのなら、最後部席を空けますので、横になってもらいましょう」
静かだが、うむを言わせない口調に、教師も無言でうなずくだけだった。確かに大人ひとりを完全に
横に出来るのは、最後部の席しかないのは事実だった。
浩司が、美和子の水筒に混入したのは、父が内科で処方して
もらっている睡眠薬をブレンドしたものだった。
今や、美和子は、すっかり睡眠状態に陥り、その熟した身体を若い狼たちの中に無防備に横たえているのみであった。

哀れな熟女ガイド美和子は、青獣達のされるがままになっていた。制服の黒いシャツは
赤いベスト、ジャケットとともに前をはだけられ、充分に熟れた乳房を隠すブラが
剥き出されていた。
また、黒のタイトなスカートはお腹まで捲り上げられ、先程、盗撮されたストッキング
越しのパンティは、熱をおびた実態として、羞恥に晒されている。
今にも飛びかからんばかりの青獣達を制して、浩司は冷静だった。
意識の無い美和子に他の生徒達を使って、様々な恥ずかしいポーズをとらせ、デジカメで
撮影させた。ついには下着をずらして、やや大きめの乳輪やコリコリの乳首、
多めの淫毛、剥き出されたクリトリス、媚肉の割れ目、年齢の割にはピンク色のアナル等を
次々、撮影させていった。
それからは、挿入こそ許可しなかったが、浩司は、他の生徒達に順番に、美和子を
嬲らせた。クリトリスに執着する者、アナルに異常な程こだわる者、脇腹や二の腕に
自身のチンコを擦り付ける者、乳房を永遠と揉みしだく者と思い思いに、熟女ガイドの
身体を辱め、嬲り続けた。そして、その総ては記録されていたのだった。
散々 青獣たちに嬲られた意識の無い美和子だが、浩司は挿入も精液をかける事も許さなかった。
目的地に近づき、彼等は、遊び足りない子どものように未練を引きずりながら、浩司の命令どおり
美和子の乱れた着衣を元にもどした。

一日目の社会研修も無事終え、ホテルに到着した頃、ようやく美和子の意識も戻りつつあった。
睡眠中の記憶がまったくなかったが、車中での生徒たちの異様な目つきと、自分が
運転手や教師の目の届かない最後部の席に寝かされていた事、そしてなにより媚肉の奥に微かに
残っている淫靡な感覚が彼女に疑惑をもたせていた。
「まさか、まさか私よってたかって皆に・・・」
けれどそうだとしても確たる証拠は無く、そんな事は彼女の年齢の女性にとって、
誰に相談できるというものでは無かった。
運転手と教師から「もう、大丈夫ですか?」と声をかけられても 造り笑いで愛想するのが精一杯の美和子だった。

ホテルの乗務員専用の部屋の中で、美和子は困惑していた。いったいバスの中で、何が
行われたのか? 何か得体のしれない事態が自分にのしかかってきている様で、とても出された
夕食を食べれる気分ではなかった。
その時、ふと浩司の顔が浮かんだ。「そうだ、浩司くんに聞いてみようかしら? あのコなら信用出来るわ」
普通に考えれば、何の根拠もない可笑しい事なのだが、すでに彼女は平静さを欠いていた。
その浩司こそが、美和子を淫欲の地獄に突き落とす張本人である事もしらず、彼女は自ら罠に近づこうとしていた。

引率の教師に、今日のバスでの失態を詫びながら、浩司が昔ながらの家族ぐるみの知り合い
であり、つもる話しもあるのでと彼のいる部屋NOを教えてもらった。
そして美和子は、聞き出した浩司の部屋に電話をかけた。
「あっ、浩司くん? 今日はゴメンなさいね 今ちょっとお話しててもいい?」
「うん、僕も丁度、おばさんに相談したい事があるんだ」
口調はいかにも少年っぽい素直なものいいだが、電話の向こうの浩司の顔は、罠にかかる
寸前の獲物を見つめるハンターのように鋭く、かつその目の奥には淫蕩な輝きを宿していた。
浩司の『相談したい事』に美和子は ひっかかりを覚えた。
「えっ、浩司くんの相談したい事って何?」
「実は・・・今日のバスの中の出来事なんだけど・・・」
意味ありげに語尾をにごす浩司
「おばさんも聞きたかったのよ」
思わず食い付く美和子
「っていうか おばさんに見てもらいたいものがあるんだけど、今この部屋はみんな風呂と
ゲームセンターにいってて、僕ひとりなんで・・・こちらにこれます?」
美和子は、少し考えて
「判ったわ、今からそっちに行くわ 浩司くんひとりなら、おばさんも丁度いいわ」
すでに制服からジャージに着替えた彼女は、小走りで浩司の待つ本館の622号室へ向った。

それは まるで狼たちの巣に自ら向う、美しく熟れた母鳥のようであり、美和子の人生感さえ変えさせる程の陵辱地獄の幕開けでもあった。

622号室のトビラをノックする美和子。
「ハ?イ どうぞ」
中から浩司が出てきた。朝、再開した時のままの屈託のない笑顔がそこにあった。室内にも他に
人の気配な 無い。中は10人部屋ほどの広い室内だった。
「で、浩司くんの見せたいものって何?」
「実は、おばさんに関係するものなんだけど・・・」
その時 浩司の顔が、のり出した美和子のジャージの襟元から覗く胸元を視姦しながらニヤリと
笑った事を彼女は知らない。
「この写真を見てもらえるかな」
浩司はポケットから数枚の写真を取り出し、美和子の前に無造作に放り投げた。
それは、今朝バスの車内で撮影された美和子の無惨な姿だった。浩司たちはモバイル型の
カラープリンターまで準備してきていてプリントしたものだった。
「・・・・・・・・・」
すぐには状況が、呑込めない美和子。やがて、その写真の意味を理解し、みるみる顔が蒼ざめていく。

「こ、これは・・・これは わ、私・・・こんな ひ、ひどい・・・」

もはや浩司の存在すら頭になく、独り言のような、しかし意味をなさない言葉をくり返していた。
ふと、物音で我にかえった美和子が目にした光景は・・・・・

「い、いや?っ こないで、こっちにこないでぇ?」

そこには、いつの間にか、全裸で各々男性器を勃起させた生徒たちが、美和子を取り囲んでいた。
浩司が口を開く「お・ば・さ・ん 僕はね 中学1年の時から、おばさんを狙っていたのさ!
今から、若いチンポで、気が狂うまで ヨガりつくさせてあげるよ」
しかし、恐怖に凍り付いた美和子には、浩司の声は届かなかった。まさか自分が、38才の自分が
子どもほどの少年たちに輪姦陵辱されようとしている。
ありえない、受け入れられない事態に彼女はパニックに陥り、ただ呆然と座り込んだ。

生徒のひとりが美和子の肩に手をかけ、そのまま仰向けに倒した時、ようやく自分の今すべき事を理解した。
「に、逃げなきゃ!」
しかし、それは遅きに失した。
「いや?っ、放して! 放しなさい!! 先生にいいつけますよっ」
力いっぱい手足をバタつかせるが、若い力にかなう筈も無く、大の字に押さえ付けられてしまった。
「やっぱ 抵抗してくれないと燃えないよナ?」
「そうそう、意識がないマグロ状態じゃ もうひとつだったよ」
「だけど このおばちゃんムチムチのいやらしい身体してるぜ!」
「たまんねーよ、うちの母親とは 大違いだよ」
美和子にとって、聞くに堪えない会話が飛び交う。
「お願いよ 放して 今ならまだ無かった事にしてあげる・・・」
「おばさん、なにいってんの? 自分の立場が判ってないよね?、あまり聞き分け
ないと、この写真 おばさんの息子や旦那さんに見せちゃうよ」
「ひ、卑怯もの! 私はあなたたちの思いどうりにはならないわ」
「いいねー、この根拠のない強気 それでこそ犯しがいがあるぜ」
美和子の年下の陵辱者たちに対する強気も、クネクネとその熟した身体をひねっての
抵抗も、彼等の欲情の炎にさらなる油を注ぐだけであった。

それー! かけ声とともに美和子は、身体をひっくり返され、うつ伏せにされた。
「お願いよ? やめて、やめて下さい? たすけて下さい?」
さっきまでの強気はもう失せていた。しかしその哀願でさえも、彼等の餌になるだけにすぎない。
青獣たちの目はプルプルと震える熟した臀部に集中していた。
「たまんね?な? がまんできねーよ」
ひとりの生徒がジャージのパンツごと美和子のパンティをズリッと下げると、尻肉やアナルが
ヒャッとした外気にさらされる。
「いや? いや? 絶対にいやっ」

美和子が悲鳴をあげた直後、口内に男物のブリーフがねじ込まれた。
「うっう?、むう?」
「おばさん、いいケツしてるよ 直ぐにでも突き刺してあげたいなぁ?」
言葉で嬲られながら、ピシャピシャと尻をたたかれ、美和子の羞恥をあおる。
また別の手がのびてきて、豊かな臀部の双肉を左右に広げ、排泄器官としてのみ存在しているはずの
肛門をさらけ出される。
「いやらしーなぁー、こんなとこまでオケケがはえてるよ?」
美和子は、恥ずかしさと口を閉じられない苦しみから、顔を真っ赤にして、脂汗を吹き出していた。
その時、服を脱いできた浩司が美和子の前に立った。
「あら、あら、おばさん もうパンティ脱がされちゃったの? おまえらホントに堪えしょうがないな」
「なんでだよ! 早くやっちゃえばいいじゃん」
「バ?カ、熟女はゆっくり、じわじわ嬲って攻めてやる程、ハデにイクもんなんだよ」
何の根拠があるのか不明だが、しかし誰も浩司には逆らえない。何しろ、この研修旅行のバス会社、
そしてガイドの指名と、総べて彼の手配、段取りだったのだ。
そう、美和子は初めから、この陵辱劇の主役として罠にはめられていたという事になる。
「う?っう、う??」あわれな熟女ガイドは目に涙をためて唸るしかすべはなかった。
再度、仰向けにされた美和子は、閉じれない口のまわりとねじ込まれたブリーフを唾液で濡らして、
まともに目を開けていられない状態で、バンザイの格好に拘束された。
「そら、上着もひんむいちゃえ!」
浩司の声とともに、さっと手がのびてきて身体をよじって抵抗している美和子からジャージと
Tシャツを剥ぎ取ってしまった。

「ヒュー、ヒュー、おばさんノーブラじゃん 嫌がってるけど本当は期待してたんじゃないの?」
美和子の乳房があらわになると同時に、生徒たちから屈辱的な歓声が上がる。
「う???っ、うう??」(ダメ、見ないで、お願いよ?)
美和子は、あまりに非現実的な今の状況に気絶しそうになりながらも必死で正気を保っていた。

巨乳ではないが、揉みがいのある肉厚のある乳房、その頂きにはやや大きめの乳輪と
コリッと立った乳首、モデルのようなくびれとは違う肉付きよくメリハリがきいている腹部、
そしてポッコリとした下腹からふさふさの淫毛、ふとももにかけてのゆるやかなラインは、
主婦好き(?)には堪らない、極上の生け贄だった。
「おばさん、ホントにエロい身体してるね もう身体全体で男を誘っているみたいだよ」
浩司が美和子の顔を覗き込み、両手で乳房を嬲りながら語りかける。
「五年間狙っていた甲斐があったよ、オヤジの都合で引っ越したときはガッカリしたけどね」
「でも、おかげで程よく熟れて、増々僕好みになってくれたよ!」
乳房を弄んでいた右手をすっと下半身の方にすべらせて、ふさふさの淫毛を指で摘み、
プチッと数本引き抜いた。
「うっう???!」
目を見開き、絶句する美和子。
もはや、この突然自身にふりかかった不条理に対して、唯一正気を保つためには、
美和子は、ただ泣くしかなかった。
しかし、非常にも浩司は彼女の、その頬をつたう涙をも舌でベロリといやらしく
舐めとった。

絶望にうちひしがれる美和子を視ながら、浩司は彼女の口に捻じ込まれているブリーフを抜き取った。
「いっや・・・・・」叫ぼうとした彼女の口は、浩司の口で塞がれた。やり場を失った美和子の舌を
浩司の舌が絡めとり、彼女の口内を犯しまくる。
「むうっう、むっむっ??う」
「お?、おばさん熱烈なディープキスしてるね?、じゃ僕は、下の口を担当しようかな」
両足をガバッと広げられ、熟した媚肉の裂け目に若い舌が無遠慮に突き刺さる。
「うぅ??っ」突然の侵入者に大きく首を振りたくる美和子、そのためやっと浩司の口内攻めから
のがれられた。
「だ、だめ?っ、やめてっ!  だめ?」
「おい、焦るなっていったろ、ちゃんと皆にまわしてやるから ちょっとまってろ!」
浩司に言われて しぶしぶ引き下がる生徒。
「お、お願い浩司くん、お願いだからやめさせて・・・こんな事・・いけないわ」
哀願する美和子を無視して浩司は、攻めをつづける。どこで覚えたのか、指が触れるか
触れないかの微妙なタッチで、彼女の全身をさわりつづけた。
「あ、あっひっ・・・・」
時おり、不意に乳首を舐めとる。
「ひっ・・・・! だめっ、くすぐったい やめてぇぇ・・・」
陵辱されているのに簡単に感じてしまうほど女体は単純ではない、が元来美和子は、
「くすぐり」には弱い体質なので、浩司の攻めには、言葉をなくした。
「はっ、はひっ!・・・だ、だめ、ひっ! あっあっ・・・・」
浩司のフェザータッチは、実に絶妙だった。

美和子にとっては、くすぐったいだけではあったが、夫とのSEXで身体に覚えこんだ性感の火種が、
媚肉の辺りでチョロチョロ疼き始めたのも事実だった。
美和子は必死で耐えた。こんな非道な扱いを受けて、絶対に感じてはいけないと・・・
今や、彼女の支えは、その思いのみであった。
浩司に、口腔も、耳臼も、鼻腔も、へそも、肛門も、尿道も、そしてオマ○ンコも
指と舌で嬲りつくされたが、美和子は耐えに、耐えた。
頭の中で愛する夫と、可愛い息子の顔を思いうかべながら・・・・
「へ?、おばさん 中々濡れてこないね・・・オマ○ンコ、こんなにいやらしい身体
していて まさかもう干上がっているワケじゃないよね」
「そんなに、オレたちが嫌なのかなぁ? まあいいや、そんなにすぐよがってもらっちゃ
おもしろくないからね」何か意味ありげに、浩司の眼が怪しく光った。
「はぁ? はぁ? こ、浩司くん こんな酷い事をして・・・ 絶対許しませんからね!」
「ふ?ん でも、もっと酷い事はこれからなんだかどなぁ?」
「まぁいいや、じゃ次はこのローターを使うから、おばさん頑張ってね!」
美和子の眼に、これまで使ったことのない小型のローターがはいった。
「い、いや、そんなの怖い・・やめて・・・・・ひっ」
不意に陰部に冷たい感触とともに媚振動が伝わってきた。
「ひ、ひっ ひぃぃうぃ??」
ヴィ??ン、ヴィ??ン 浩司は巧みにローターの角度を変えて、美和子の媚肉を嬲る。
「いやっいやっ、やめて やめさせて?」
ふと、浩司の手が止まった。
「はぁ?、はぁ?、はぁ?っ こんなことしても無駄よ、やめな・・・」
唐突に、狙いすましたようにローターが美和子のクリトリスに押し付けられた。
「ひっひぎぃ??っ」ビクッと美和子の身体が反り返った。初めてのクリトリスへの直接攻撃である。
「あっ、あっ、あっ・・・・そ、それは・・・ダメっ」
不意をつかれた美和子だが、しかしまだ懸命にふんばっていた。
ようやく、じんわりと媚肉の裂け目にうるおいが出てきたが、まだまだ美和子の理性が勝っていた。

しかし、ジワジワと快感のうねりがクリトリスを中心に広がりつつある。ローター自体も美和子の体温と同化して
当初のヒヤリとした違和感は、失せていた。
「うっ・・・はぁ?ひぃぃぃ??」「だ、だめ?、くぅ?」
浩司の手馴れた指使いで、強く強く弱く、強くとクリトリスへの圧力を変化させ、
美和子を追い込んでゆく。
「はぁ?、はぁ?、ひぃぃぃ? ま、まけない まけないぃぃぃ??」
益々、波は高なり、もはや美和子は転覆寸前の小船のようであった が、ギリギリのところで
愛する家族、特に息子たちの顔を思い出し、大人としての最後のプライドを保っていた。
「おばさん、頑張るね?、そんなおばさんに敬意を表して、本日のスペシャルゲストを呼ぼうかな」
ふざけた口調だが、浩司のこの言葉も落ちる寸でのところで、踏みとどまっている美和子には届かない。

浩司が目配せで合図を送ると、部屋の奥から2人の人影が、引きづり出されるようにあらわれた。
その2人の顔を見たとたん、美和子の表情が一変した。
「い、いやぁ?!!! なんで、なんであなたたちが・・・・・いっやぁ?!」
まだこんな力がどこに残っていたのか、と思う程、美和子は手足をバタつかせ、身体をよじり、
この状況から逃れようと、必死で足掻いた。
そこに姿を現したのは、美和子の最愛の2人の息子だった。恐るべき浩司の罠は、彼女から最後の
力をも根こそぎ奪い去ってしまった。
「おばさん、誤解しないでね こいつらは、決してオレらが無理矢理連れてきたんじゃないよ」
「おばさんは、自身のエロさに気付いていないだけで、こいつらとっくに自分の母親に、欲情して
いて、おばさんのHな姿を見たいか?って誘ったら、二つ返事で参加したんだよ」
ここぞとばかりに浩司はローターで、再度美和子を攻め立てる。
もう、美和子の心の堤防は、無惨にも決壊してしまっていた。
「あっ、あっ、あぁぁ??  ひぃぃぃ???」「い、イキたくなぁ???っ イキたくないぃぃ???」
美和子は、絶望の真只中で、絶頂を迎えてしまった。
「あっ・・・あっ・・こ、こんな、こんな・・・・・」

後は、浩司のやりたい放題だった。うつ伏せにされ、息子の目前で尻を持ち上げられた、屈辱のポーズのまま、
バックから若く凶暴なペニスをぶち込まれた。
「ひっ、ひっ、あひっ? あひんっ ひぃぃ??」
パンパンと美和子の双肉に腰を打ち付けながら、浩司は手で彼女の下腹をさすり、そのまま
揺れ動いている乳房を揉み上げ、弄ぶ。
「おひっ ひっ あぐっっ あひぃ?」
ズチュ ズチュ ズチュ ヌチュと、媚肉の奥から溢れ出る愛液と浩司のペニスが奏でる
淫猥な音がしだいに大きくなっていく。
「そら、おばさん 愛する息子たちに見られながらイッちゃいな!」
「い、い、い、いやっ あっ お、おひっ・・・く、くる きちゃう?」
「ひ、ひぎっ ダ、ダメッ い、い、いっ・・・・」
「いいの? そら、イキな!!」
「いっ、いっ、いやっ! いきたくないぃ? いきたくなぁあっ・・・・」
乳房を嬲っていた浩司の右手が、すっと手前に移動し、美和子のクリトリスを捕らえる。
「な、な、何にぃぃぃ???? すっごひぃぃ??????」
「あ、あ、あひぃ??んっ イ、イヤ イクッ イクのっ イクぅぅくぅ??!!!」
浩司は美和子がニ度目の絶頂を迎えたのを、ペニスの動きを止めて、見届けていた。
「さあ おばさん、今度はオレがイカせてもらうよ!」
腰のグラインドを再開させた浩司は、両手で美和子の腰をグッと引き寄せ、今までにない
若い勢いで彼女の膣内を蹂躙した。
「ひっ ひっ ひっ ひうぃぃぃ??っ もっ、もうゆるひてぇぇ???」
さっきの絶頂の波が完全に引かない内に、また次の波に翻弄される美和子。
「もっ もう、もひっ もうっイカせないでぇ???」

僕の姉 コスプレ着せ替え人形

「もう?、○○。どうしてこんなに簡単な問題解らないのぉ?」
姉はあきれ返った様に俺に言う。
「そんなこと言ったって、俺チンプンカンプンだよ」
俺は現在中学三年。今年受験だというのに偏差値40そこそこという状況。
このままではロクな高校へ行けない、と心配した両親が姉を家庭教師に抜擢した。
姉は高校二年、俺とは違い、成績優秀、県内の進学校へ進み、そこでもトップクラスだ。
その上運動神経もよく、ルックスもいけてる。
同じ姉弟で、どうしてこんなにデキが違うのだろう。
そんな姉に俺はずっとコンプレックスを感じていた。
「もうっ。いつまでボンヤリしてるの?
 早く、次の問題っ!」
「わ、わかったよ…」
と言ったものの、すぐに行き詰ってしまう。
「ねえ。○○ってさぁ、高校行ったら何やるとか、
 将来何になりたいとかっていう、そう、夢とかってあるの?」
「えっ?何だよ、急に…。
 別に…。どこか無難な大学入って、適当に就職して……
 それぐらいかなぁ」
「そんなんだから駄目なんだよ。
 もっとさ、目標もって、それに突き進んで行かないと。」
「姉ちゃんはそう言うけどさ、それはデキル奴のことであって、
 こんな俺みたいな落ちこぼれには……」

「それが駄目なのっ。
 何事も決め付けちゃ駄目。
 ○○だって、本当にやりたいこと見つけて
 それに向かって頑張ればさ、絶対、夢かなうって。」
「でも、そのやりたいことってのが、俺、何か解らないんだよね」
「うーん。そうか?。
 あっ、でもさ、○○。
 中学2年の時の実力テストですっごく頑張って
 クラスで5番に入んなかったっけ?
 あれって何だったの。」
「あれはサ、親に、成績上がって5番以内に入ったら
 パソコン買ってくれるっていわれたから、
 俺、必死になって勉強したんだよね。」
「えー?じゃあ、その気になればデキルんじゃん、○○。」
「んん?。でもあの時は相当必死だったからなぁ。」
「じゃあさ、また○○が必死になって頑張れるようなゴホウビが
 あれば良いってことだよね?
 何かあるかなーー?」
そう言うと姉は両手を頭の後ろに回して、背伸びするように回りを見渡した。

「ねぇ、○○。
 コレ、前から気になってたんだけど。
 ○○って、こういうの、好きなの?」
姉が指差したモノはアニメのキャラクターのポスターとフィギアだった。
【コスプレ機動戦士リナ】
俺が今、最もはまっているアニメだ。
主人公のリナは、地球征服を目論む悪の組織と闘うセクシー戦士。
様々なコスプレに身をまとい、敵を油断させながら組織へ潜入し、敵の野望を砕く。
リナの衣装は、メイドに始まり、OL、セーラー服、レースクィーン、スクール水着、
フライトアテンダント、ナース、バドガール、女教師、巫女、ブルマー体操着…と多彩だ。
毎回、次はどんな格好で登場するかと思いワクワクしている。
俺の部屋には、その【コスプレ機動戦士リナ】のポスターが何枚も貼られ、
アクリルのケースにはリナのフィギアが幾バージョンも保管されている。
かなり痛い部屋だが、好きなのだから仕方ない。

「○○さぁ、こんな二次元キャラにばっか入れ込まない方がいいよ。
 ねぇ、彼女とか居ないの?」
「そ、そんなこと、関係ないだろう、姉ちゃんには。
 俺が何に興味あったっていいじゃんかよ。
 人の趣味に干渉しないで欲しいな…」
「ふ?ん。シュミね。まぁいいか。
 で、さぁ、○○。
 ○○って、こういうコスプレ衣装が好きなんだよね。
 それは、認めるよね。」
「そ、そりゃあ、好きだよ。
 じゃなかったら、こんなにフィギア集めたりしないよ」
「そしたらさ、○○の対象ってこういうアニメだけなの?
 リアルな女の子のコスプレには、萌えないのかなぁ??」
「えっ?
 そ、それは……」
「例えばだけどさ、こんな格好、お姉ちゃんがしてあげるって言ったら
 ○○、どうする?」
そう言って、姉は、リナの【フィギアNo.4レースクィーン】を手にした。

(???
 姉ちゃんが?? え?どうして?)
「ふふっ。
 でも、この問題が解けたらよ。」
姉は問題集をめくり、いかにも難しそうな問題を指差した。
「イイ?
 これがちゃんと解けたら、お姉ちゃんね、○○の前でこの格好してあげるよ。
 あ、でも迷惑かな? 
 ○○が好きなのは、コスプレのリナちゃんであって私じゃないもんね。
 どうする?やめとく?」
!! 願ってもないことだった。
コスプレが好きなのはもちろんだ。
が、俺は実は姉のことが好きだったのだ。
何をやっても優秀な姉。そんな姉に俺はいつしか憧れていた。
1日に必ず1回はするオナニー。
そこには、姉の面影があった。
リナのコスプレ衣装に身を扮した姉の姿を思いながら俺はオナニーする。
それは、大好きな姉を汚すようで、してはいけない事のように思えたが
逆にその背徳感がたまらなく快感を高めた。

その姉が、【フィギアNo.4レースクィーン】の格好をしてくれる!?
俺はもう嬉しさで飛び上がりそうになった。
「で、でも姉ちゃん。
 レースクィーンのコスチュームなんて持ってるの?」
「ふふっ。それがね。お父さんお母さんには内緒よ。
 実はこの間、友達に誘われてアルバイトしたの。
 知り合いの大学生が、同好会の仲間とやるレースにコンパニオンとして出たの。
 割りとイイ報酬だから、思い切ってやっちゃった。
 その時のコスチューム、貰ったの。」
「で、でも姉ちゃん。
 本当にいいの?
 俺の前で、そんな…」
「いいの。○○。
 お姉ちゃんはね、○○に頑張ってもらいたいの。
 私のこんな格好が、○○のゴホウビになるんだったら
 お姉ちゃん、いくらでもしてあげる」
「わ、わかった。
 姉ちゃん!俺、頑張ってみる」

俺は必死だった。
この問題を解けば、姉の、憧れの姉のレースクィーン姿が拝めるのだ。
俺の脳味噌はフル回転していた。
難問だと思えた問題ももう少しで解けそうだった。
夢中に問題に取り組んでいて、姉が俺の部屋を出ていったことにも気付かなかった。
いよいよ最後の計算も終わり、答えが出た。
「やった!解けたよ!姉ちゃん!
 これで合ってるかな?」
俺は満面の笑みで振り返り、姉に言った。
が、姉はそこに居なかった。
(え?どうして?
 何で、姉ちゃん、居ないの?)
(やっぱり嫌やになったのかな?
 こんなデキの悪い弟に付き合ってられなくなって…
 まして、レースクィーン姿になってくれるなんて、
 あり得ないもんな…)
俺は肩を落とし、うなだれていた。
その時だった。

(トントンッ)
ノックの音がする。ドアの向こうから姉の声。
「どう?○○?
 ちゃんと解けた? 
 答え、言ってみて。」
「えっ? うん、えーと。158かな。」
「正解ぃっ!
 やっぱ、やればできるじゃん。
 じゃあ、約束通り、ゴホウビだよ」
ドアが開いた!
そこには、姉が居た!眩しい位、素敵な姉が!
ピンク色のハイレグカットのレオタードを身にまとった姉の姿は
何とも神々しいものだった。
どう見たって、レースクィーンそのものだ。
しかも部屋の入り口で、姉はやや斜めに前傾姿勢で立ってる。
それも両手で姉の豊満なバストを挟みこむようにして!
(すっ、すげえ。姉ちゃんの「決めポーズ」だ!)
実はアニメの【コスプレ機動戦士リナ】でも最後に盛り上がったところで
その時のコスプレ衣装にぴったりのポーズで、敵をやっつける場面があるのだが、
まさに、それを見る思いだ。
俺はリナにやられる悪役さながら、メロメロになってしまった。
(くぅぅっ。姉ちゃんっ、参ったぁあ!)

「どう?
 こんなので良かったの?
 あれ?○○?
 ねぇ、顔赤いよ。
 大丈夫?」
「うぅっ。くくっうぅ。
 姉ちゃん!ありがとう。最高だよ。
 姉ちゃんのハイレグ・レースクィーンの格好…。
 そ、そうだ。姉ちゃん。
 ねえ。写真撮っていい?
 撮っておきたいんだ。姉ちゃんのその姿。」
「いいよ。
 ○○。ちょっと恥ずかしいけど。
 撮ってくれる?
 お姉ちゃんのこの格好…」
俺は慌てて、デジカメと三脚を用意した。
興奮のあまり手が震える。
ファインダーの中の姉がにっこりと微笑む。
猛然と連写する。色々とポーズを変え、姉と俺の二人きりの撮影会は進む。
ベッドの上にも乗ってもらった。よつんばいの姿勢。
こぼれんばかりの姉の乳房。
俺はものすごい勢いで近づく。接写・連写。
俺の荒い息とシャッター音だけが部屋に響く。

「ちょ、ちょっとぉ。近過ぎるゾォ、おヌシ。」
「ご、ごめん。」
慌てて身を引く俺。
が、懲りずに今度は姉のヒップにレンズの照準を合わせる。
「すっげぇ、ムチムチだぁ…」
心の中でつぶやいたつもりが、思わず口に出ていた。
「何よぅ。そんなにハゲシク見ないで。
 エッチねえ…」
そう言いながら姉はイヤイヤをするように腰を左右に動かす。
(ふぅーっ。たまんねえ。
 姉ちゃんっ。何てイイ身体してるんだっ。)
「ねえ。○○。
 もうそろそろ、いいかな?
 お勉強の続き、しなきゃ、だよ」
「う、うん。
 それは、わかってるんだけど…」
「ほらほら、はいっ。
 早くイスに座って。
 じゃ、今度はこの問題やってて。
 お姉ちゃん、着替えてくるから。」
「えっ?着替えちゃうの?
 お姉ちゃん」
「当たり前でしょう。
 お姉ちゃんが、この格好になってあげたのは
 ○○がちゃんとお勉強できるようになる為よ。
 いつまでもこのままじゃ、○○、お勉強に手が付かないでしょう?」
「じゃ、じゃあさ。
 こういうのはどう?お姉ちゃん。
 次の問題が解けたら、また別のコスチューム着てくれるっていうのは。」
「え?? また別のぉ?」
「じ、実はさ、お姉ちゃんに是非着てもらいたいのがあるんだ」
「なに?、それ?」
「通販で買っちゃったんだ。これ。」

俺は押入れの奥から箱を出し、姉の前に広げる。
【コスプレ機動戦士リナNo.12ドS女王様(実物大)】
それは、1/1モデルのリナのフィギアだった。
ウレタン樹脂でできた、実物大のリナ。
そして身にまとうのは挑発的なレザースーツ。
ご丁寧に右手には皮のムチ付き。
「バッ、バッカじゃないのぉ!
 何よ、コレ?
 ○○、アンタ何買ってんのよ!」
「…………」
「ちょっとぉ、○○。
 コレはヤリ過ぎなんじゃない?
 お母さんとか見つけたらビックリするよ」
「………どうしても、欲しかったんだ………」
「いくら、欲しかったと言っても、
 普通は買わないよ、こんなの……
 で、何? ○○。
 今度はお姉ちゃんにこのレザースーツ着て欲しいの?」
「う、うん。
 でもそれだけじゃないんだ。」
「何よ、それだけじゃないって?」
「それ着たら、俺を叱って欲しいんだ。
 もっと勉強しなさいって。何でそんな問題解らないんだって、
 姉ちゃんに叱られたいんだ。
 そうすれば、ボク、勉強すると思う。」
「なるほど。そういうことネ。
 でも、かなり屈折してるぞ、○○。
 まぁ、でも○○の言う通り、やってみようか。
 お姉ちゃんも一肌脱ぐぞ。
 よし、じゃあ、まずこの問題。
 これを解かなきゃ、着替えてあげないゾ。」

この問題を解けば、姉が俺の女王様になってくれる!
そう思ったら、俺の頭は沸騰しそうになったが
何とか、問題に集中した。
ジリジリと時間が過ぎる。
どうしても解らない。以前、試験で出た問題と似ている。
その時は解けたはずだが。
よーく思い出せば解るはずだ。
俺はいつの間にか、問題に没頭していた。
隣にいるはずの姉のことさえ、忘れていたくらいに。
ここに、確かあの公式を当てはめればいいはずなのに
その公式が思い出せない。ちくしょう。

ふいに姉の声がする。
「いつまでチンタラ、やってんだよ。
 そんな問題、さっさと解いちまいな!」
「?? 
 ね、姉ちゃん??」
慌てて振り返ると、そこにレザースーツを着た姉がいた。
右手にムチを持っている。
「ボヤボヤするんじゃないわよ!
 さっさとその問題をお解きっ!」
「は、はひ…」
いつになく、強い口調の姉。
そんな姉に圧倒されながらも俺は感動していた。
(あぁ、今、姉ちゃんに叱ってもらえてる。うぅ、姉ちゃんんっ!)
「ほ?らほら。
 ちゃーんと集中して。できる子だろう、○○は。
 きちんと正解だったら、ご褒美をあげてやってもいいんだよ。」
(ご、ご褒美っ!
 正解したら、姉ちゃんからご褒美が貰えるっ!
 何だろう?一体どんな素敵なご褒美が?)

その時だった。俺の頭に閃光が走り、
忘れていた公式が思い出せた。解った!
これさえ解ればもう簡単だ。
スラスラと鉛筆がすべる。できた。
「これで、いいかな?姉ちゃん?」
「ふふっ。
 正解よ。じゃぁ、これ。ご褒美。」
言うが早いか、姉はその豊満なバストを俺の顔に押し付けてきたのだ。
あまりの量感に俺は息ができなくなりそうだった。
「ね、姉ちゃんっ、ち、窒息しそうだよ」
「ふふ。○○。○○がちゃんとできたからご褒美なのよ。
 こんなご褒美じゃ、嫌かしら?」
「そ、そんなことないよっ!
 ね、姉ちゃんのおっぱい…
 気持ちいいよぅ…」
「ね。○○。
 さっき、お姉ちゃんのレオタード姿、たくさん写真に撮ったでしょう?
 あれ、どうするつもりなの?」
「ど、どうするって、見て楽しむだけだよ。」
「見て、楽しむって、具体的にどうするの?」
「そ、そんなこと。
 言えないよ。いくら姉ちゃんでも」
「知ってるわよ。
 オナニーするんでしょう?
 違う?○○…。
 正直に言いなさい。そうでしょ。
 ○○、お姉ちゃんの写真見てオナニーするつもりだったんでしょ?
 イヤらしい子ね、○○は。」

「でも、そんな○○、大好きよ。
 ね、○○。よかったら、お姉ちゃんが手伝ってあげようか?
 今だって、もう大きくなっているんでしょう。
 ほら、見せてごらんなさい。」
「あうぅっ」
ふいを突かれた俺は思わず声を上げてしまった。
姉が、SMコスチュームに身を包んだ姉がこともあろうに
俺のチンポをさすり始めた。
「あ、ぅう。き、気持ちいいぃ。」
「○○が悪いのよ。こんな格好にしてたら、何だか感じてきちゃうじゃない。
 思わず触りたくなっちゃったの。○○の。
 ね、こっちに来て。」
それまで椅子に座って、ズボンの上から姉に手コキされていた俺はベッドへ移動した。
「それ、脱いじゃって。」
「え?」
「ズボン。早く…」
言われるままにズボンをおろしてベッドに腰掛ける。

「ふふ。こんなになってる。」
姉はトランクス越しに俺のチンポをいじる。
「なんか、染み出てるゾー。ほら。
 ナニかなー。お姉ちゃんに見せられないものかなー。
 ほーら、パカッ。」
姉は思い切りトランクスを剥がし、一気に脱がしてしまった。
「ぅ、ぅう。恥ずかしいよぅ。姉ちゃんっ。」
「そんなことはないでしょう。
 お姉ちゃんだって、随分恥ずかしい格好させられてるのよ、さっきから。
 それより、なーに?これは。先っちょから何か、出てますよー。
 透明な汁ですね?。ちょっと味見しちゃおうかなー。」
「え?」
と思ったら、その瞬間、もう姉の口は俺のチンポを咥えていた。
「あ、待っ、ちょ、姉ちゃんんんっ」
「ちゅぱぁあっ、くちゃっ、ちゅぱあぁ」
問答無用のフェラチオッ!!
童貞の俺にとって、憧れの姉のフェラチオッ。
しかも、姉は【コスプレ戦士リナNo.12ドS女王様】の格好だっ。
あり得ない快感。姉の口、舌が俺のチンポをしゃぶっている。
(あぁ、姉ちゃんの舌使い、いい、好いよう、気持ちいいよう…)

姉のフェラチオで半ば夢うつつ状態であった俺だが
更なる快感を俺は求めた。
「ね、姉ちゃん。お願いが…。
 俺のこと跨いでくれえ。」
俺のチンポを咥えていた姉の口が離れ、粘液が糸のように垂れる。
「やらしい子ねぇ。○○。
 どこで覚えたの?そんなこと…。
 こう?こうして欲しいの?
 こうされたいの?」
姉のスラっとした白い足が俺の顔を跨いできた。
同時に、姉のフェラチオが再開される。
姉の白い太ももが俺の顔に容赦なく打ち付けられる。
「ぅぅううぅぅっ」
俺は喜びの嗚咽を挙げていた。
(姉ちゃん、姉ちゃんの足、柔らかい…。
 甘い匂いがする。甘い蜜の匂い…
 何て幸せなんだろう。)

俺は姉の蜜の源泉を求めて顔をもたげた。
きっと、あそこに違いない。
姉の怒涛とも言えるフェラチオの集中砲火を浴びながらも、
俺は姉の蜜処に辿り着いた。
レザーパンツ越しに感じられる、姉の女淫。もうムレムレだ。
迷うことなくファスナーをおろす。
姉の密林に俺は顔を近づけ、舌を伸ばした。
「ちゃぷぅ、ちゃぷぅ」
子犬のように俺は姉の秘芯を舐め始める。
俺の肉棒をほおばりながら姉はうめき声をあげる。
「んっんんぅむぅん?、んぅんぉう」
俺は容赦なく責め立てる。舌に加え、指で姉の女淫をいじくる。
ねっとりした、甘い、オンナの匂いが充満している。
(こ、ここが、姉ちゃんの匂いの素のモトだ。)
俺は姉の蜜液で口の周りのだらだらにして、歓喜の声をあげていた。
「あぁあぅぅっ!
 姉ちゃんっ!姉ちゃんっ!」

童貞の俺にとっては、刺激的なことの連続だった。
やがて、快感の頂点は唐突に訪れた。
姉のバキュームが突然激しくなる。
それと同時に姉の腰が前後左右にグラインドする。
「ぅぅううぅーっ、いいっいっちゃうううぅぅっ!」
どうやら姉は絶頂を迎えているようだった。
あまりにも激しい姉の口技に俺も、我慢が利かなかった。
「あ、あぅうう、姉ちゃんっ、俺もぉ、俺もイクゥうぅ!」
俺のモノを口いっぱい頬張りながらも姉は喜びの声を挙げていた。
「んんむぅふぅっ、いくいぃくうぅっ、んんむふぅっ!」
俺が射精する、その脈動に合わせて姉が口をすぼめ、激しく吸いたてる。
これまでのオナニーでは感じたことのない快感。
最後の一滴まで、吸い尽くすかのようにして、姉のフェラチオは終わった。
姉の喉がゴクリと音を立てた。
俺のザーメンを全て飲み込んだのだ。

「けほっ。けほっ。
 っんふ。
 やだーっ。○○のすっごく、ねばっこいー。
 しかもニガいしぃ」
姉が顔を近づけてきた。
さっきまで俺のチンポを咥えていた唇が、俺の唇に重ねられる。
俺は姉の頭に手を回し、抱き寄せた。
「ね、姉ちゃんんっ。
 気持ちよかったよう。
 ありがとう。姉ちゃん。」
「さ、○○。
 これからも頑張って、成績上げよ。
 お姉ちゃんも応援するからさ。」
姉はニヤっと笑って、【コスプレ機動戦士リナ】のフィギアを指差した。
「今度はどの格好でやる?」

つづく

のか?

 

【禁断の関係】

【禁断の関係】
教師と生徒の恋愛の事を世間ではそう言われる……
しかし実際には、そんなもの…世の中には幾らでも存在する。
生徒の教師に対する尊敬の念…そして憧憬…やがてそれは恋愛感情へと
変化していく。学校という閉じた社会ではその事はごく普通の
自然の事のように思われる。

しかし ここにいるカップルは、少し普通とは違っていた。

「先生、私に何か用事ですか?」

冬も近づいた11月のある日の放課後、佐伯涼子は教室で待っていた
担任教師の吉田陽一にそう尋ねた。
その日の昼休み 廊下で陽一に呼び止められて『放課後、教室に』と
言われていたのだ。
その場で何も言わない担任教師に 涼子は不思議な感じがしたが
クラス委員をやっている涼子は『クラスの事で何かある』のかとも思い
こうやって放課後の教室に来ていたのである。

「先生? 吉田先生?」

教室には陽一が一人で待っていた。がらんとした教室の教師用の机の椅子に腰掛けていた
陽一の前で 涼子は立って問いかけの返事を待っていた。

(何かしら?用事があるなら早く言ってくれればいいのに……)

陽一は涼子を呼び出しておきながら なかなか話を切り出そうとはしなかった。
幾分 顔を赤らめてじっとしたままだった。手に封書のようなものを握り締めて……

「先生、どうかしたんですか?私の事?それともクラスのことですか?」

再度、涼子は問いかけた。こうした陽一の態度には この半年でかなり慣れたとはいえ
やはりまだ少しイライラする。
陽一が涼子達6年1組の担任になったのはこの春の事だった。普通は5年生の担任がそのまま
6年生も担任するのだが、涼子達の5年生の担任教師が病気で長期入院を余儀なくされた事で
陽一が春から担任として赴任してきたのである。

28歳の陽一は、この学校では若い教師という事になる。そもそも男性教師の少ない小学校では
若い男性教師が担任になる事は珍しく 涼子達にも新鮮で面白そうな事に思えた。
ドラマなどで見る【熱血若手教師】……そんなイメージを生徒達は勝手に想像していた。

しかし陽一はそんなイメージとは かけ離れた性格の持ち主だった。
『話べた』『あがり症』『うじうじした態度』『小さな声』etc.
数え上げれば切がないほど 陽一は涼子達の期待を裏切る教師だった。なまじ期待が大きすぎた分
陽一にとっては可哀相であったかも知れないが……

(まただわ……言いたいことが有るなら はっきり言えばいいのに……うじうじして…)

いっこうに話し出そうとしない陽一に涼子は苛立ち始めていた。
涼子はクラス委員をやっている事からも判るようにクラスの中での信任は厚い。しかも5年生の2学期から
ずっと続けてクラス委員を任されていたのだ。
明るく、陰日なたのない性格、強いリーダーシップ、……そうした面がクラスで男女を問わず人気がある
要因だった。そして性格だけでなく外見もまた涼子の人気を集める要因だと言えるだろう。
168センチの身長はクラスで一番であり、2次性徴も終えたと思われるほどに大人びた肉体を持っていた。
その大人びた雰囲気と肉体はクラスメートの皆を気圧すには十分すぎるほどだった。

『アイドルにスカウトされた』『大学生の恋人がいる』『Fカップらしい』etc.
まことしやかな噂が涼子の周りからは絶えなかった。その中の幾つかは事実ではあったのだが……
とにかく涼子はそうして注目される程の美少女であり、学校でも一番の人気者だったのだ。

「先生、いい加減にしてください 用事がないなら帰りますよ」

用事を切り出さない陽一に 業を煮やした涼子はそう言って教室を出ようとした。

「ま、待って………さ、佐伯さん……」

蚊の鳴くような声が涼子にも聞こえた。ようやく陽一が口を開いたのだ。
やれやれといった気持ちで涼子は振り返った。そこには陽一が声を発したままの姿勢で突っ立っていた。
その体は微妙に震え何故だか判らないが 陽一が緊張している事だけは涼子にも伝わった。

「先生、どうしたんですか?  震えてますよ………」

『緊張しい』の陽一の姿は見慣れているものの これほど、震えるほど緊張した担任教師の姿を
見るのは涼子も初めての事だった。

(何かあるんだわ……よっぽど大事な話が………)

「先生、大事な話ですか?」
「………………………」
「先生、吉田先生? 何でも言ってください」
「………………………」
「……言い難いこと?」
「………………………」

何を聞いても黙り込む陽一に涼子としてもお手上げだった。ただその表情からは何時になく真剣さだけは
伝わってきたので涼子もその場を離れがたかった。
その時 涼子は陽一が手に封書を握り締めているのに気が付いた。
白い封筒………その表に【佐伯涼子様】と書かれているのが涼子の目に入ってきた。

「先生、それ……その手紙、私にですか?」
「………!!」

どうやら図星のようだった。瞬間に陽一の顔は真っ赤に染まった。そして陽一は静かに頷いたのだ。

「…………さ、佐伯さん……これを……」
「……………?」

陽一はおずおずと その封筒を涼子に差し出した。その手は尚も震えていた。

「…………へん、返事は……明日でいいよ………」
「…………返事?」

体中の勇気を振り絞ったような表情で、陽一はそう言った。
そして そう言うと足早に教室から去って行ったのだった。

「………???」

(何かしら?……返事って?……)

予想もつかない陽一の行動に 一人残された涼子は戸惑いを隠しきれなかった。
とにかく…とにかく、この手紙を読まなければ何事も理解できなかった。

封筒の中には手紙が入っていた。涼子は静かにそれに目を通した。
読み進むうちに涼子の表情は変化していった。信じられない物を見た様に……
そして……読み終えた後、ポツリとこう呟いた……

「これって……ラブレター?」

その日の夜
陽一は なかなか眠れずにいた。
異性への告白……それも相手は自分の教え子……
一般常識では考えられない行動をした事は陽一も痛いほど判っていた。
しかし……初めて佐伯涼子を見た時から、陽一の心には常に涼子の姿があった。

最初は涼子の【美少女】振りに興味を引かれているのだと陽一は思った。
しかし『運動会』『クラスマッチ』『学芸会』『遠足』『音楽会』etc.……
そうした行事を通じて知る佐伯涼子の姿にどんどんと引き込まれていく自分自身を知った。
クラス委員という立場上、涼子は他の生徒の誰よりも多くの時間 陽一と接していた。

そこでの涼子は 自分が持っていないものを全て持っている様に陽一は感じられた。
『明るさ』『優しさ』『リーダーシップ』etc.……本来なら教師である陽一が持ち合わせなければ
いけないものを 生徒である涼子が全て持っている。陽一も自分の性格が教師に向いていない事は
とっくに判っていた。それを隠しながら続ける教師生活は陽一にとっても苦痛と言えた。

そんな陽一を涼子は何度となく助けてくれた。涼子自身がそう思っているかは別にして……
学級運営上でもそうだし、各行事でも陽一の足りない部分は涼子が自然と補ってくれていた。
そんな涼子に陽一は次第に引かれていった。
頼もしい生徒として……優れた人として……そして、魅力的な女性として……

陽一がそんな気持ちを抱いたのは生まれた初めての経験だった。
教師になるために学生時代は勉強、勉強の毎日だった。いや、それは言い訳に過ぎなかったかも知れない。
陽一の性格、それ自体が『異性との恋愛』に向いていなかった。そのため28歳になる今まで 陽一は
異性と付き合ったこともなかった。肉体的にも、精神的にも 陽一はまだ大人に成りきれていなかった。

その奥手さが陽一をして小学生の教え子に『恋愛感情』を抱かせたのであろう。
実際、その日の放課後 佐伯涼子に『ラブレター』を渡す陽一の姿はとても28歳の大人の、教師のものでは
なかった。まるで初恋に怯え、心ときめかす少年の様だった。

「明日……涼子さんは…ああ……」

人生初めての告白をした陽一は その結果を恐れながらも心ときめかせていた。

同じ頃
涼子は自分の部屋のベッドで 陽一から手渡された手紙を眺めていた。
(先生…どういうつもりなの……本気かしら?)
教師からの【愛の告白】……逆のシチュエーションならばテレビや小説でよく目にしていた。
そして涼子もそれならば理解できた。
しかし……今日、告白したのは28歳の男性教師…相手は、自分…12歳の小学生の女の子……
信じられなかった。手紙を最初に読んだときも、そして今も……

(大人の男の人が…先生が…小学生の教え子を好きになるなんて……)
そんな話は聞いたことがなかった。当然、涼子が思ったのは陽一が特殊な趣味の持ち主ではないかと
言う事だった。特殊な趣味……【ロリータコンプレックス】……そう考えればこの状況は理解できた。
自分のような子供しか愛せない男がいることは、知識としても経験としても涼子は知っていた。

(やっぱり あの先生も【ロリコン】なのかしら……でも…)
涼子は自分の経験から陽一はそうした【ロリコン】の男達とは 少し違うような気がしていた。

経験……涼子は小学生ばなれした肉体に見合う経験を既に積んでいた。
SEXは涼子にとって既に特別な事ではなく、日常の生活に入り込んだありふれた行為だった。
初体験を5年生の夏休みに済ませてから 今に至るまで涼子の側から男の影が消える事はなかった。
経験人数は15人までは覚えていたが、その後は数えてもいなかった。
相手は中学生、高校生、大学生、社会人と様々で、きちんと付き合った者もいたが行きずりのナンパの
男達ともSEXを楽しんだ。
涼子はその事が殊更に悪い事だとは思わなかった。SEXとは大人が楽しむ行為…大人とは成熟した肉体を
持つ者、そうであるならば自分の肉体は既に十分すぎるほど大人だと思えたからだ。

ただ、12歳の小学生という涼子には、ある特殊な性癖の男達が近づいてくる事もあった。
6年生になったばかりの一時期 涼子は一人の大学生の紹介で【ロリコン】と呼ばれる男達と
援助交際をした。その男達は涼子が本物の小学生だと知ると狂喜乱舞して喜んだ。
涼子も初めて知る嗜好の男達に興味を抱いた。
しかし幾度かその【ロリコン】達とSEXする内に涼子は物足りなさを感じずにはいられなかった。
何故なら、彼らは【ロリータ】である涼子がSEXを能動的に、積極的に楽しむことを認めなかったからだ。
彼等の中での【ロリータ】はおとなしく、穢れを知らぬ、神聖な存在であり続けねばならぬ様だった。
その頃 既にSEXの快感、エクスタシーを堪能していた涼子にとって 自分から快感を貪れないSEXは
物足りなかった。そうして涼子は【ロリコン】の男達からは離れていったのである。

そうした経験からしても陽一は【ロリコン】であるとは思えなかった。目つきを見れば涼子には判った。
【ロリコン】の男達は、自分達 子供の肉体を舐るように見る。未成熟な体を自分の意のままにしたいと言う
欲求を隠さずに……少なくとも涼子にはそう思えた。
しかし陽一の視線にそんな欲求を感じた事はなかった。陽一は【ロリコン】ではないのだろう……
では何故?

涼子の陽一に対する印象は『うだつのあがらぬ』『あぶなっかしい』『教師に向いてない』『教師として未熟』
『いつも怯えている』etc.……否定的なものが多かった。それは涼子だけが思うのではなくクラスの皆がそう
思っていた。おそらく教師の間の評価もそうだろうと思えた。
しかしただ一点 涼子が陽一に対して好意的な見方が出来る事は、『何事もクラス委員の自分を立ててくれる』
という事だった。その行為の代償として涼子は極力、陽一の手助けをしていた。学校行事や学級運営について
要を得ない陽一のフォローをしてあげていたのだった。

それを陽一が『恋愛感情』に結び付けているとは涼子は思えなかった。
教師らしくないとはいえ陽一は28歳の大人であるからだ。28歳の大人が12歳の小学生に対して手助けされて
『恋愛感情』を抱くなど涼子には想像もできない事だった。

(明日……なんて返事しようかな……)

結局、答えを見つけ出せぬまま涼子は眠りについていた。

次の日の放課後、教室には二人の姿があった。

「先生、あの手紙…読んだわ   先生……本気ですか?」

涼子の方からそう切り出した。陽一は昨日と同様に緊張していた。

「先生、私と…教え子の私と…小6の私を愛してるんですか? 本気で……」
「さ、佐伯さん………そ、そうだよ……ぼ、僕は君を…愛してる…本気で…だから……」

そう言った陽一は今にもその場に倒れ込みそうだった。極度の緊張は陽一の顔を真紅に染め
体をガタガタと揺らしていた。

涼子はこの場に来るまで、どう返事をするか決めていなかった。陽一の申し出を受けるかどうかは
正直なところ 涼子にとっては然程に重要な事でもなかったからだ。ただ陽一の本心が知りたいという
興味でここに来ていたと言っても良かった。

しかし……今、陽一の極度の緊張から搾り出された『愛の告白』を聞いて、またその陽一の姿を見て、
涼子の心の中にある思いが芽生えかけていた。
思い起こせば涼子はこんな風に男性から『愛の告白』を真剣に受けた記憶がない。
全ての経験が…まず、肉体関係ありしだったからだ。SEXをしたいがための『愛の告白』…それならば
何度となく受けた。しかし今の陽一のような真剣な眼差しの告白は初めてだった。

そして その告白、告白をする陽一が堪らなく『稚拙で』『幼く』『守ってあげたい』という気持ちを
涼子に喚起させていた。その瞬間、涼子は陽一を教師としてではなく 一人の男性として見ていた。

「先生、ひとつ 質問していい?」
「……………う、うん……」
「私が小学生だから…子供だから好きなの?」
「…………えっ?」
「先生、先生は【ロリコン】なの?」
「…………【ロリコン】???」

その言葉を聞いた時、陽一は何を言われているのかすら判らなかった。その意味は当然知っていた。
しかし何故ここで涼子がそれを聞くのかが判らなかったのだ。
そんな陽一の様子をじっと見つめていた涼子がフッと微笑んだ。

「いいの…先生 判ったわ…先生は違うのね 私を【大人の女】として見てるんだね」
「………………【大人の女】……も、もちろん…そうだよ…」
「ふふふ ありがとう 先生」
「……それで…あ、あの…返事は…」

陽一には涼子の言わんとする事が良く理解は出来なかったが 少なくとも今の答えが間違っている様には
感じられなかった。涼子は気分を害した様子もなかった。それならば……昨日の返事を…聞きたい…

涼子は口を開いて返事をする前に 陽一の前に進み出てきた。168センチの涼子は165センチの陽一を
僅かに見下ろし優しい笑顔を見せながらこう言った。

「いいよ 先生 私と付き合おう 今の先生…とても可愛いわ ふふふ」
「……!! 本当に?」
「ええ、私で良ければ いっぱい愛し合おうね 先生 ふふふ」
「………? うん、うん、」
「そう、大人同士のお付き合いよ 先生 判るでしょ?」

そう言って涼子は陽一をそっと抱きしめた。そして陽一の顎に手を添えて顔を上向かせた。
大人の涼子にとっては当然の【愛の確認の為の儀式】……
未だ恋愛に未熟な陽一にとっては【予期せぬ行為】……

二人の唇は静かに重ねられた。

涼子に見詰められた陽一は、極々自然にその目を閉じた。
それがこれからの二人の関係を暗示するように……

【禁断の関係】は始まったばかりである。

付き合い始めた二人の関係は、【年齢差】と【教師と生徒】といった事を除けば
今時の若いカップルとそう違いは無かった。今時の……主導権は常に女性の方にあった。
デートの場所も 会う日時も どんな風に楽しむかも 全ては女性の涼子が決定する
事だった。陽一はただ、それに従うのみだった。
陽一はそれが心地よかった。元来、優柔不断な彼には 涼子のそうした積極性、リードしてくれる処、
が頼もしく感じられた。16歳も年下の教え子からリードされる事に全く違和感は感じなかった。

しかしそれがこの二人にある意味 主従の関係をもたらすきっかけとなっていった。

人間には生まれついての性格があるのだ。リードする人間、それに従う人間、世間ではただ年齢や立場によって
その性格を無視して振舞わねばならない事が多い。男女間でもそうだ。女性がリードする事は年配者の常識では
考えられない事らしかった。
涼子と陽一の二人はそんな事には気を使わなかった。本来の二人の性格のまま自然と付き合い、自然と涼子が
リードする事が多いのだ。そしてそれが陽一には心地よい事だった。涼子の本心がどこにあるかも知らずに……

若い男女が付き合えば 当然にして肉体の関係も生じてくる。
そしてこの関係においてもリードするのは、12歳の小学生である涼子の方だった。
とは言っても二人は未だにSEXを経験してはいなかった。
それどころか陽一は付き合い始めて1ヶ月経った今でも 涼子の肉体の一部分ですら見た事がなかった。
二人の肉体関係は 常に涼子が陽一に一方的に快楽を与える形で行われていた。

経験のない陽一ですら この形が普通とは少し違う事に気付いていたが さりとて涼子に襲い掛かる
勇気があるわけでなし、ただただ小6の涼子に喜悦の快感を与えられて満足していたのだった。

「先生、6時間目の授業中…勃起してたでしょ?」
「放課後 女子トイレにおいで お手々でシコシコしてあげる」

「もう、朝からこんなに大きくしちゃって エッチな子ね 先生は ふふふ」
「ね、唾たらすとヌルヌルして 感じるでしょ? どう? 先生」

「えっ?! キスだけで射精しちゃったの? うそでしょ? ふふふ」
「恥ずかしがらなくてもいいよ 童貞なんだもん 仕方ないよ 先生 パンツ脱ぎなよ」

「ほら、先生 あの店員 こっち見てるよ 先生が扱かれてる姿 見られちゃってるよ ふふふ」
「わあ、いっぱい出たね こんなのが好きなんだ 見られて感じちゃったんだね 変態先生」

「ほらほら 先生、いつもみたいに 私の裸を想像してそこでオナニーしなさいよ」
「へ? そうやって扱くんだ 気持ちいい?教え子でオナニーするなんて教師失格よ」

「どう、いつも授業してる教壇で12歳の小学生に後ろからシコシコされるのは? 感じる?」
「わ? 黒板に先生の童貞ザーメンがべッチョリ付いちゃったね このままにして置こうか?」

この一ヶ月、陽一は、校内、車の中、飲食店、電車の中、公園、あらゆる場所で、朝、昼、晩、
あらゆる時に、涼子によって精を放出させてきた。
それはいつも突然だった。涼子の気の向くままに陽一は射精を強いられた。
しかし陽一にはそれが得も言えぬ快感であった。女性、16歳も年下の小学生に無為矢理 射精させられる
快感……それが被虐者の快感である事は性的に幼い陽一は知る由もなかったが……

涼子はファーストキスの時からその性のテクニックを隠そうとはしなかった。
今までの豊富な性体験によって どうすれば男がよがり狂うほど感じるか熟知していた。
12歳の小学生ではあったが風俗嬢並みの経験を持つ涼子にとって 28歳の童貞、陽一を喘ぎ鳴かせる事は
赤子の手を捻るよりも簡単な事であった。

ただ、何故か涼子は所謂【手コキ】以外の行為をしようとはしなかった。SEXは無論、【フェラチオ】も
【素股】も【パイ摺り】も…その他の行為も陽一には行わなかった。

【手コキ】だけで陽一を満足させる自信があったし、なにより涼子にはある考えがあったのだ。

何事につけても16歳も年下の自分に唯諾々と従うだけの大人の教師…
『愛の告白』に感動して付き合い始めたものの そんな大人とも、教師とも、男とも感じられぬ陽一は
涼子にとっては満足できる相手ではなかった。
即座に別れる事も出来た。しかし涼子は陽一のある告白を聞いて考え直したのだった。

ある告白………陽一は28歳にして童貞であり、キスですら涼子が初めてだったと……

それを聞いた時 涼子の心の中に今まで存在しなかった思いがムクムクと湧き上がってきたのだった。

(28歳まで童貞の男、男失格ね ふふふ いいわ 私のテクで私から離れられない体にしてあげる)
(そして………最期までSEXはさせないの 先生は一生 童貞のまま 私に飼われるのよ ペットみたいね)
(射精はさせてあげる でもSEXはダメ ダメな先生は死ぬまで童貞で過ごすのよ ふふふふ)

従う者、支配される者、被虐の受容者である陽一という存在が、涼子の支配する者、加虐者としての
潜在意識を呼び起こしたのかもしれない。
それを想像するだけで涼子は今までのどんなSEXよりも感じていた。肉体的な刺激を受けずとも
想像するだけで12歳の蜜壺は淫靡な汁をしとどに溢れさせるのだった。

U - 12

「ん?…誰だったな?………」
擦れ違った男の顔に 見覚えがあった様な気がして、酒井勇次はふと足を止めた。
「うーん、何処かで見たんだけどなぁ…………」
僅かな記憶を手繰り寄せても、結局勇次はその男の事を思い出せなかった。
「それより……なんであんな所から……?」
勇次の関心はその男の顔よりもその男が出てきた場所に移っていた。
「あそこは、確か……第3体育倉庫……」

勇次は今日からこの『私立S学院初等部』に着任した26歳の教師だった。
教員免許を取ったものの採用はなく、やっとこの10月に知人のコネでS学院に採用されていた。
聞けばS学院では一人の教師が長期入院をする事になりその補充としての採用だったらしい。
補充とはいえ新米の教師を担任に就けるわけにはいかず、勇次は6年1組の副担任として働く事になった。
今日一日は緊張の中であっという間に終わり、放課後 校庭をぶらぶら散歩していた時に先程の男が
第3体育倉庫(私立だけにS学院は設備は豪華だった)から、人目を忍ぶ様に出てくるのを見たわけである。

「最近は、学校も物騒だからなぁ…」
勇次は最近の子供を取り巻く犯罪を思い浮かべ、その男のいでたちがあまり学校関係者に見えなかった
点も考え、万が一と思いその第3体育倉庫に向かった。
「ここは山本先生も場所を教えてくれただけだったな」
昼間、6年1組の担任教師、山本から校内を案内されたことを思い出しながら、扉に手を掛けた。

「誰かいるのか…?」
そう声をかけて入った第3体育倉庫は、薄いピンク色の証明がほのかに灯っていた。
「…………?」
倉庫とはいえ学校にあまり相応しくないその明かりに 勇次は違和感を感じずには居られなかった。
倉庫の中は案外と広く、体育の授業や運動会で使用するものの他に雑多なものが置いてあった。
入り口に程近い所にパーテーションがあり、奥までは確認する事が出来ない。
「誰か?誰かいるか?」
照明が点いているので誰かがその奥に居るだろう思い勇次は歩を進めた。

「ん、はーい!だれぇ?」
その声と共に一人の少女が奥から勇次の目の前に現れた。
「あっ!!先生…嬉しいぃ!もう来てくれたの?…」
少女は驚く風もなく勇次を見てなぜか喜んでいた。
「えーと?……確か…君は…6年1組の………」
「そう!菊池奈々 菊池奈々でぇーす ふふ」
着任初日で名前を思い出せない勇次に、少女は自分の名を告げた。
「あ、そうだったね……君、菊池さんはここで何を…それにもう来てくれたって…なんだい?」
「えっ?先生、倶楽部に遊びに来たんじゃないの?」
「倶楽部?……ここは何かの部室になってるのかい?」
「まぁ…部室って言えば部室だけど…あれっ!?先生、何も知らずにここに来たの?」
「どういう意味だ?君はここで何を…それに今変な男がここから出て行ったけど……」
うまく噛み合わない会話に二人とも首をかしげ、勇次は明かりのある奥に進み出た。
「…………!?」
パーテーションの奥…そこは床に体操用のマットが数枚敷かれ、壁の下半分には鏡が貼ってあった。
また他の壁には何やら書かれたボードが数枚、掛かっていた。その中の1枚には写真がたくさん貼ってあるようだった。
全く体育倉庫には相応しくない処、勇次は一瞬それらが何なのか理解でなかった。
「き、君…ここは…?」
そう言って振り返った勇次の目に先程は気付かなかった少女のある部分が飛び込んできた。

「菊池さん!…そ、それ…それは…?」
勇次が気が付いた部分……それは少女の細いすらりとした脚の中ほど、太腿の途中に引っかかっている白いクシャッとした物だった。
「そ、それって………し、下着じゃないか……?」
確かにそれはその少女、奈々の下着…パンツだった。
「ん?…ああ、これ…最近多いの、全部脱がないでくれっていう人が……さっきの人もそうだったから…」
勇次は奈々の言った事が解からず、改めて奈々の全身を見直した。
華奢な体、身長はどれくらいだろう…そう大きな方ではない…服装は今流行のジュニアブランドのカラフルでおしゃれな物、
ジーンズのミニスカート、くるぶしで三つ折された可愛らしいソックス、二つ縛りの髪、どれをとってもまさに小学生……
ただ、その脚の途中にある、パンツを除けば…
学校内で下着を下ろす少女…トイレでもないのに…その事が一層勇次を混乱させた……
一方、奈々は勇次がなぜ驚いているのか不思議そうに見ていた。ただパンツはさすがに穿き直していたが。

「説明しなさい…菊池さん…ここは一体、君はなにを…さぁ」
はっきりとは解からないが普通の事では無さそうだと感じた勇次は奈々に改めて聞きなおした。
「えっ?…だからここは倶楽部…倶楽部のプレイルーム…プレイルームよ、先生?」
「プレイルーム…?なんだそれは…?それに倶楽部って…何の倶楽部だ!」
「先生…本当に知らずに来たの?……」
「だから、なにをだ……」
「先生、ここは私たちの倶楽部……U-12倶楽部のプレイルーム…一応、私が部長みたいな者ね…ふふ、わかった?」

「ア、アンダー…U-12倶楽部?……」
奈々の意味深な言葉…そう言った奈々の顔…さっきまでの小学6年生の少女の顔ではない…淫靡な微笑みを浮かべていた。
「そうよ、先生…でね、さっきの人はお客さん…最近常連さんね…ふふふ」
「お客さん?君はここで何を?………まさか?」
勇次は振り返りその場所をよく見直した。
床のマットはベッドの様に敷かれていた。枕元にはティッシュの箱、ゴミ箱、脇には積まれたオシボリ…
壁のボード…写真の貼ってあるボードには上から6、5、4、3、2、1と区分けされており、その数字の横には
女子児童の顔写真が貼ってあった。6の処にはざっと20人ほど、5の処にも同じくらい、以下、徐々に
少なくなってはいるが1の処まで抜けは無い…1の処にも2名の写真が貼ってある。その写真を見れば横の
数字が学年を示している事はあきらかだった。そして他のボード…そこには小さく可愛らしい文字で何か
書いてあった。勇次はそれをじっと読み、この場所が何であるのか解かったようだった。
ボードには……………
お客様へ
?当U-12倶楽部では、女子児童への本番行為の強要は禁止されてます。
?低学年(3年生以下)の女子児童へのおさわり行為も禁止としています。
……………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………
?尚、当倶楽部でのプレイは秘密厳守でお願いします。校外でのお約束は
出来かねますのでご容赦下さい。
そして横には細かくプレイの内容と料金と思われる数字が書き込まれたボード。
よく見ると隅の方にはハンガー架けと思えるものに幾つかの衣装が架けられていた。
体操服、スクール水着、セーラー服、白衣、各種子供服(ブランド物)………

そこまでを確認して勇次は信じられない物を見たという表情で奈々の方を振り返った。
その時………

そこにある全てが一つの事実を指し示していた。ここで…小学校の校内施設で…不順異性交遊が、
いやそれよりも…悪い、援助交際…小学生が…援助交際が行われている。それを確信した勇次は
この悪びれた風もない少女、奈々にどう注意を与えようかと振り向いた。その時………

「菊池ー!?奈々ちゃん…ここにいるのかー!?」
入り口で少女を呼ぶ声が聞こえた。勇次はこの事が他人に知られるのは少女の為にもならないと思い
奈々に隠れるよう言おうとした。しかし奈々は入り口の方に向かって
「あー!山本先生、うん私ここにいるよぉ…」
屈託なく元気に返事をした。
「な、まずいよ……」
「………?」
勇次は奈々が状況を理解していないと思って なんとか自分がはぐらかそうと入り口に急いだ。

「あっ!酒井先生………いやぁさすがお若いですなぁ…着任初日から…はっはっはっ」
「あっ!山本先生…いえ、実は、き、菊池さんが……………ん?」
「でも誰から倶楽部の事を聞かれましたか?…若い人は情報も早いんですねぇ、感心します はは」
「えっ!?先生、山本先生は……ここの、この倶楽部のことを……ご存知なんですか?…まさか…」
思いも寄らぬ山本の言葉に勇次は頭の中が真っ白になって行った。

「山本先生、なに?…今から…予約がないと、指名の子は…」
「おう、奈々ちゃん…さっきから携帯に電話するけど繋がらないぞ…だから来たんだ」
「あっ!ごめーん…さっきまでプレイしてたから…マナーモードなんで気付かなかった」
「しっかりしてくれよ、…それで…今日は沙希ちゃん、O.Kかい?」
「沙希ちゃん?あぁ4年生の……うん、大丈夫だと思うけど…電話してみるね 待ってて…」 

呆然と二人のやり取りを聞いていた勇次に山本は、
「いやぁ…段々、学年が下がってきて…最近は3,4年生が一番ですな…はは」
あまりに明け透けに言う山本を見て、勇次は自分が大きな勘違いをしているのではないかと思い始めた。
「あ、あの…山本先生…、このU-12倶楽部って言うのは…なんですか?」
「は?またまた…ひひ…酒井先生,御冗談を……」
「いえ、本当に……僕は勘違いしてるかも解かんないので……」
「知らずに来たんですか?ここに。てっきり私は…もうプレイし終わったのかと…奈々の相手って…先生じゃなかったんですか?」
「相手…?何の相手ですか?」
「驚いた!本当に…知らずに…………まぁ、早く言えばU-12倶楽部とは、」
「U-12倶楽部とは…?」
固唾をのんで山本の答えを待つ勇次……
「ファッションヘルス?、……イメージクラブ?、うーんそんなとこですか…小学生による…」
「……………!?………やはり…………」
山本の答えは勇次の想像した以上のものだった。ヘルス、イメクラ…小学生による…
ここ数十分の出来事が悪夢のように勇次には感じられた。
「そ、そんな…小学生が…教師が…教え子を…う、うそだろ…」
「驚いたですか?まぁ最初はねぇ…でもやってみるといいもんですよ…ひひひ…未成熟な体ってーのは…」
下品な笑い声で言う山本に勇次は、
「山本先生、正気ですか?…小学生ですよ?あなたは教師しかも担任だ!…狂ってる…狂ってるよ、…」
「はぁ?解かりませんなぁ…なにをそういきりたって…若者の正義感ってやつですか?……」
「違います!本当におかしいとは思わないんですか?先生は?」
「なにが?この倶楽部は本番なしですよ…児童には危険なプレイはさせてませんし…」
「そんな事じゃ、…」
「誰もが喜んでますよ…児童もお小遣いが貰え、教師も欲望を満たせられる、犯罪に走る者もいない…
さっきも言ったが本番無しですから児童の体はきれいなまま…それにここには……」

山本が続けて何か言おうとした時、電話の済んだ奈々が奥から出てきた。
「先生、大丈夫よ…沙希ちゃん校庭で遊んでた…で、ここでする?」
「……いやぁ、今日は給料日だったから…オプションの教室プレイを頼むよ…出来たら6-1がいいな ひひひ」
「わかりました…そう伝えるわ…先に行って待ってて先生…あっ…それと…酒井先生…どうすれば…」
奈々は電話しながらこちらの話を聞いてた様子で勇次が何も知らない事、怒っている事を心配していた。
「大丈夫、先生が言っておくよ……でもプレイのあとの奈々ちゃんは色っぽいな…ひひひ」
「んもう…先生ったら…でもさっきのお客さんでけっこう感じちゃった…まだ濡れてるの…ふふふ」
教え子とそんな卑猥な会話を済ませ、山本は再び勇次に言った。
「さてと…酒井先生、いいですよ…訴えるなりしてみなさい…ただ無理でしょうなぁ…ここの客にはかなりのお偉いさんが…」
「あっ!……市長だ…さっきの男…」
「なんだ、知ってるのか…奈々ちゃん 市長が来たの?」
「あっ、さっきの人、市長なんだ…へぇー…校長先生の紹介だったわよね…偉いんだ…ふふ」
「こ,校長!?」
「まぁ…そういう事だ。この倶楽部は校長の発案でね…ちなみに君の前任者…病気とは言ってるが…解かるだろ?」
「…………知っていた、その人は…それで訴えようと…」
「まぁまぁ…だから君も…せっかく教師になったんだ…楽しみなさい…どうせ、君も小学校の教師を志望するくらいだから
そっちの趣味があるんじゃないかね?…ひひひひひ」
「……………………………」
「奈々ちゃん、これで大丈夫だよ…よかったら酒井先生を誘ってみれば…特別サービスしてあげて…ひひひ じゃぁ…あぁ沙希ちゃーん」
そういうだけ言って山本は沙希という少女を求め6-1の教室に向かって行った。
第3体育倉庫には呆けたような勇次と奈々が残った。
「で、酒井先生……どうする?初回は半額にしてあげるよ…ふふふ」

「は、…半額………」
「そうよ…うちは結構高いからね…お得だよ…」
「き、君は…自分でなにをしてるか……解かってるのか?」
「えっ?さっき山本先生が言ったでしょ…みんな喜んでるって…そういう事…」
「そんな……」
「半額で不満なら…そうね…なにかひとつオプションを無料で付けてあげる…いいでしょ?」
もはや勇次は異次元の世界に入り込んだ気がしていた。なにを言っても通じない…まともな世界ではない。

「ほら!酒井先生…こっちに来て選びなよ、何がいい?…素股?コスプレ?ポラ写真?まだまだあるよ ふふふ」
勇次は夢遊病者のようにふらふらと声のするほうに進んでいった。
「ほらぁ、これがメニュー…えっとね…基本はお手々とお口ね、まぁ手こきかフェラって事、
私は6年生だからタッチはO.Kね、但し指入れはオプション…舌はいいわ、それとぉ時間は40分ね、時間内なら
何回でもいっていいよ、ふふふ あとキスはNG、基本はそれくらいかな……それとオプションはね…」

嬉々としてセックスまがいのプレイの説明をする少女…小学6年生の少女を眺めながら勇次は徐々に現実から
意識の遠ざかるのを感じていた。『みんな喜んでる』この少女も…『本番は無し』誰も傷つかない…
『校長の発案』学校ぐるみ…『市長まで』罰せられない…そして、そして…『そっちの趣味』ある、確かに…
勇次は自分でも今まで気付いてなかった少女愛好者、ロリコンの気が在る事を認識し始めていた。
それは先ほどから目の前で説明する奈々の体…未成熟で、身長は勇次の肩ほどしかない、化粧ッ気のない素顔、仄かに
香る甘いミルクのような香り、張り付くような素肌、わずかに膨らんだ胸、無駄な肉の無いすらりとした脚、
その全てが奈々が小学6年生の子供と少女の中間にある理想のロリータである事を示すものだった。

しかし今そのロリータの口からは大人の女性も憚るような、いやらしい単語が次々と出てきていた。
黙ってこの境遇に身をおけば…このロリータと………
そう想像する勇次は自分の下半身が熱くなるのを感じていた。……このまま……

「酒井先生?聞いてますか?…どうします?…するんでしょ?」

「えっ?い、いや…先生は…」
傾きかかった異世界の扉を開くにはまだ……
「そんなこと言っても…さっきからそこは正直だよ……ふふふふ」
勇次の勃起を見詰め妖艶に微笑むロリータ…奈々。
「おいで…先生…気持ちよくなろう……」
「……………」
無言で頷く勇次…扉は開かれた…

「ど、どこに?…どうすれば…」
「ん?普通のお店と一緒よ…ま、シャワーが無いのが欠点だけどね…さ、寝て…」
体操マットの傍らにちょこんと座り、おしぼりやローションを用意する奈々…
それを見ても勇次はなかなか動こうとはしない…
「ん?どしたの?先生…ひょっとしてこんなお店に行った事無いの?」
「え…あぁ…いや、あるさ…ただ久しぶりだから…」

嘘だった…勇次は26歳になる今まで一度も風俗と言われる場所に行ったことが無かった。
そればかりか…未だに女性とそういう関係をもった事が無い…いわゆる童貞だった。
異世界に踏み込んだ勇次が心配しているのは、いくらなんでも26歳の教師が童貞であるということを
この小学6年の奈々に知られてしまう事、それを恐れ始めていた。

「とりあえず、基本プレイでしようか?後でオプション選んでね…さ、服、脱いで…」
「えっ?いや…先生は、このままで…いいよ」
「ふーん、汚れちゃうよ…じゃあ、最初は私も服着たままでいいよね…案外、萌えるかもね…ふふ」
「うん、そうしてくれ…」
「じゃあ、ここ…ここに寝て…先生」

指し示されたマットの上に勇次は横たわった。今からはじめて、女性との淫靡な遊びをする…未経験がばれないように…
奈々はそのぎこちない勇次の動きを見てある思いが浮かんだがまさかと思い再度勇次を見た。
勇次は緊張を隠せぬまま、目をとじてじっとしていた。

「先生…緊張しなくてもいいのよ…久しぶりならいっぱい気持ちよくなって…感じさせてあ、げ、る…」
「あぁ…た、頼む…よ」

次の瞬間、奈々は勇次に覆いかぶさり いきなり唇を奪った…
”ピチャ”
目を閉じたままの勇次は何がおこったか、目を開き確認した…
「ンムゥ ンン…」
奈々は目を開けたまま勇次を見詰め唇を舐めまわしていた。
生まれてはじめての感触…キス…勇次はその感触とビジュアルに興奮した。
小学6年生の舌が勇次の唇を舐め、こじ開ける…生暖かい舌は器用に勇次の口中を犯す…
「は、んあぁ…」
勇次の口からわずかな喘ぎが漏れ始めた。
「キスはNGだけど…サービスよ…ふふふ…先生、緊張とけた?さっきからあそこが熱くなってるね…」

そう言って奈々は勇次に跨ったままで、自分の陰部を怒張した勇次の肉棒に擦り付けて揺り動かした。
「どう?ほら…熱いね…」
圧迫感が勇次の肉棒に快感をもたらした。その瞬間…
「あっ だ、だめ…うぅっ…やめ、…あ、あ、あーーー」
”ドクドクドク”
肉棒の脈動は…勇次の絶頂は…ズボンとパンツ越しにも奈々の陰部に伝えられた……
「えっ!?う、うそ?えっええー!? なんで?先生…いっちゃったの?今ので…?」
奈々は腰を浮かし陰部を肉棒から離し、覗き込む。そして勇次の顔を見て勇次が果てた事を確認した。
「先生?まだ何もしてないのに…溜まってたの…?そんなに久しぶりだったの?でも………」
勇次ははじめて女性にいかされた快感にまだ酔っていた。それを見た奈々は先ほどの疑問を投げかけてみた。
「先生、ひょっとしてはじめてなの?こういう事するの?…もしかして…童貞…?ね、先生、童貞なの?」

知られたくない事実を指摘され勇次はドキッとした。
「ま、まさか…そんな…せ、先生は大人だ、ぞ……」
精一杯の強がり、ごまかし…しかし奈々にはもう確信があった…
「……うそ…あれだけでいっちゃうなんて…先生、正直に…恥ずかしくないのよ…誰にでも初めてはあるの…ね」
優しく、優しく、少女に語り掛けられて、勇次の最後の心のつっかえ棒が音をたててへし折れた…
「……あぁ、そう、はじめてなんだ…おかしいだろ…26歳にもなって…」
「ふふふふ…正直に言ったわね…ちょっとだけおかしいわ…大の大人、しかも先生が童貞なんて…
どんな顔して私達に勉強、教えようとしてたの?童貞、子供のくせに………」
「あぁー、」
言うんじゃなかった。これで教師としての自分はもうやっていけない…教え子にばれてしまった…
しかし、勇次の体には頭とは違う何かが起こっていた。小学生に童貞をバカにされ肉棒が再び熱くなる…
「熱い…先生、また熱くなったね…先生はこういうのが好きなんだ…感じてるのね…」

「こ、こういうのって…?何が…好きだって…あっ んっむぅ…」
再び勃起した勇次の肉棒を柔らかく陰部で刺激しながら奈々は、
「今みたいなの…言葉責めっていうの?バカにされたり、いじめられるのが好きなんでしょ?先生は…」
「そ、そうなのか…」
「うん、ここは正直よ、ピクピクしてるもん…決めた!!」
「えっ?な、何を…?」
「オプションよ…さっき聞いてなかったの?最近ソフトSM始めたのよ…でもM男プレイは先生が始めてよ…ふふふ」
「エ、エスM……?」
「大丈夫よ、痛いのは無しだから…」
「………あぁ、それでいいよ…」
「生意気よ!先生…先生の下の名前は?勇次だっけ?…」
「あぁ、そ、そうだよ…勇次だ…」
「また!いい、勇次!今から私の事は、奈々さんって呼ぶのよ…もちろん敬語よ わかった!」
小学6年生の教え子に跨られ、呼び捨てにされ、敬語を強要される…屈辱、しかし…
「ほら!またピクッてなった…かなりのM男ね…勇次は…」
事実、勇次はこの状況に今まで感じた事の無い倒錯感を感じ、それが快感になっていった。
「は、はい…奈々さん…凄くいいです…」
教師と教え子 大人と子供 全てが逆転したプレイがはじまった。

「ねぇ、勇次…もしかしてキスも初めてだったの?」
奈々は勇次に覆いかぶさり耳元で囁く…
「…は、はい、そうです…」
「そう…ファーストキスの相手が小学6年生のまだ12歳の私だったのね…」
「はい…」
「情けないよね…26歳って言ったら普通もう大人だよ…それが子供の私に奪われるなんて…あべこべじゃん…」
奈々の舌が勇次の耳に沿って這い回る…
”ふぅー”
「うっ、んあ…」
「いいんでしょ?ここが…勇次…もっと喘いでもいいのよ…大人はみんなそうなんだから…セックスで感じるの…」
「あぁー…いい、ぁん」
「どう?12歳の教え子にセックス教わるなんて…勇次、本当に先生なの?子供が私みたいな大人に何を教えられるのよ ふふふ」
言葉に快感を与えられ勇次の腰はいやらしく蠢き始めた。
「感じてるんだ…小学生に嬲られて…一人前に感じちゃうんだ…26歳の童貞が…」
「あっぁあっ」
「まさか またいっちゃわないでしょうね…まだまだ早いわよ」
密着させていた陰部を肉棒から離し、当たるか当たらないかの微妙な刺激を与える奈々…
「私が…コントロールしてあげる…勇次の射精…どう?射精まで子供にコントロールされて…」
「あ、あ、うぅ」
「言葉も出ないの?坊や…勇次は小学生以下だね…うちのクラス今日見たでしょ?」
「う、う、は、はい」
「あの中にどれくらい大人がいると思う?つまり6年生でセックスをバンバンしてるお、と、な、が?」
「えっ?い、いるんですか…あっ…」
「当たり前じゃん…今時の小学生はみんなしてるよ…出来ないのは26歳の勇次だけ…どう?クラス中が
セックスしてる大人なのに先生の勇次だけが…こ、ど、も…セックスを知らない坊やなのよ…ふふふ 変ねぇ?」

「そんな…小学生が、そんなに…」
奈々の責めは耳から首筋、そして勇次のワイシャツのボタンをはずし下着を捲り上げ、脇腹、胸、乳首へと続く。
「あん、いい、そこ……あぁ、感じる…」
”ピチャピチャ”
奈々の舌が勇次の乳首を責める…廻し、転がし、吸い付く…その度に勇次は身悶え、頭を振って感じまくる。
「そう?嘘だと思うなら、明日から聞いてみれば?みんなセックスしてるかって…笑って答えるよ…当然じゃんって」
「それか学校中見て周れば?カップルの子達はみんな学校でバンバン、セックスしてるよ…屋上で、トイレで、保健室で、
そっと覗いてお願いしてみれば?大人のセックス見せて下さいって…子供の僕に…お願いしますって…そしたら
みんな笑って見せてくれるよ…それが大人なの…そして26歳の子供の勇次はそれを見てオナニーするの…子供らしくね ふふふ」

「あぁーー、もう…もう…奈々さん、奈々さん…あぁー…」
「まだよ!まだよ!我慢するの…」
「でも、でも…あっ」
「しょうがないわねぇ…じゃあ、勇次のちんちん見てあげるから、それまでいっちゃだめよ…いい?」
「は、はやくぅ っう」
カチャカチャと手際よく慣れた手つきで勇次の下半身を裸にする奈々…
ブリーフを引きずり下ろした瞬間…”びょんっ”と肉棒が震えて出てきた。
「ほら、これで少しは我慢できるでしょ?もう、世話の焼ける子ねぇ…」
「うん、うん…あっ…」
「わぁ!先っぽ、濡れ濡れになってるよ…やらしい子…勇次…私のも見たい?おまんこ見たい?」
「はい、奈々さんのおまんこ見たいです。大人の人のおまんこ見たいですー」

勇次の胸の上に腰を下ろし、ジーンズのスカートを脱ぎ捨てた奈々は両脚を大きく広げ、少女の陰部を勇次に晒した。
「どう、ここがお、ま、ん、こ…ここに何人もの男が入ってきたの…熱くて太いオスの肉棒がね…12歳の小学生の
私の中にいっぱい、いっぱい精液、ザーメン出したくて、みんな夢中に腰を振るの…ガンガン突くの…そしたら
小6のおまんこはどろどろに濡れて…受け止めるの…男のザーメンをここで…」
そう言いながら奈々は二本の指を使い陰唇を広げて見せた。全くヘアーのない少女の陰部…しかしそこにはすでに
何人もの男の肉棒が挿入されたらしい…奈々は自分の言葉に感じ始め忙しなくもう一本の指でクリトリスを撫で擦る…
奈々の未成熟のはずの肉体からは快感の淫靡な汁が滲み出す。
「わ、わかるぅ?勇次…奈々も濡れてるよ…」
「は、はい…すごい…凄いです…こ、これが…」
「そうよ…これが女の子のおまんこ…はじめて見たんでしょ?26年目ではじめて…ここで、勇次の童貞ちんちん、咥えてあげるんだよ…」
「あぁ…もう…あ、あ…いきそ、う…奈々さん、いくぅ…」
「いいわ、そろそろ いかせてあげる…勇次の童貞奪ってあ、げ、る………」

さっと体勢を入れ替え再び勇次に跨り、騎乗位の体勢になる奈々…いよいよ26歳の童貞が12歳の小学生に喰われる…
勇次の肉棒を握り自らのおまんこに照準を定める奈々…

「いい?勇次 最初はきついけど我慢していっちゃ駄目よ…」
「は、はい……奈々さん…」
「じゃあ いい?……むっ…」
「はっ、あぁっ…んぁはぁ…ん」

「ほらぁ 勇次 入ったよ…勇次…大人になったね…」
「うん、あっ…いい、うん…」

勇次は肉棒を包む暖かい いや 熱いぬめった感触に思わず射精しそうになる…
それを感じ取った奈々は締め付けを緩める…

「勇次、まだ、まだ…いっちゃだめよ……もっと気持ちいい事してあげるから…」

「いい?動くよ…感じてね…」
奈々の腰は緩やかに動き始めた…円を描くように…咥え込んだ勇次の肉棒を支点にしてゆっくりと…
「どう?いいでしょ…これがセックスよ…どんな気分?」
「す、凄い、ぬるぬるして…締め付けて…」
「そう…勇次 今 何されてるか わかってるの?…26歳で本当は大人の童貞の勇次は…あっ…先生の勇次は…
教え子の…うんっ…自分の教え子の私に…奈々に…12歳なのにもういっぱいセックスしてる大人の奈々…あぁー…
ううん…まだ小学6年生の子供の奈々に…童貞ちんこを…ぬるぬるおまんこで…あっ…犯されてるのよ……ほらっ ほらっ」
奈々の腰が声にあわせて上下に蠢く…その刺激に耐えるように勇次は唇を噛み締める…
「……むっ……ぅっ…あぁああああー」
噛み締めた唇から喜悦の喘ぎ声が漏れ始める…
「いきそう?いきそうなの?勇次…先生?いっちゃうの?……」
「うん、うん、…あっ…」
「いいわ…勇次…いかせてあげる…先生?教え子の…小学生の奈々がいかせてあげるから……」

奈々の動きが一層激しく…腰から下が別の生き物のようにうごめき始めた。

”ぐちゅっぐちゅっ””ぢゅぽっぢゅぽっ”
「ほら、ほら、いって、いって…気持ちいいんでしょ?ほら、ほらぁ!……」
”パンパンスパンスパン””ヂュヂュヂュ”
粘膜と粘膜 肉と肉がぶつかり合う…
「ん、ん、ほら、いいよ、いいよ、先生、いっちゃいな 」
さらにスピードを増す奈々のピストン…
そして最後の一打ちが勇次の肉棒を絶頂へ導く……
「そう、そう、いけ、いっちゃえ!ほらぁー!…………」
「あっ、あっ、いい、…な、な、ちゃん…いく、いく あっあっああああーーいっくぅー!」

”ドピュッドピュッドピュッ”

腰を跳ね上げ勇次は生まれて初めてのセックスの快感を経験した……
相手は12歳の教え子、奈々、小学6年生…しかし…奈々のほうが完璧に大人だった…
26歳の童貞の勇次をリードして、大人の遊びを教えてあげた…
12歳と26歳 倍以上の歳の差はセックスを介する事で逆転した…
教師と教え子 教える者と教わる者 それもまた性の遊戯の前で逆転した…
勇次はこれからの教師生活を思っていた。
教え子達は既に性を謳歌している…それなのに…教師の勇次はやっとよちよち歩きを始めた赤ん坊…
どうすれば……どうすれば……

「先生?すごく感じてたね?気持ちよかったでしょ…いっぱいザーメン出たしね!…それに…可愛かったよ せ、ん、せ、い ふふふ」
「あぁあ…ありがとう…奈々さん…」
「もう いいって 先生…奈々でいいんだよ…プレイは済んだんだよ 先生?」
「プ、プレイ…あぁ そうか…そうだった…でも…奈々ちゃんが僕の…先生の初めての女の人に……」
「あっ!待って…先生…今の…今の素股だよ…ふふふ  解からなかった?入れてないんだよ…」
「えっ!?素、素股?あれが…でも…」
「んーん 童貞には解かんないかなぁ…でも気持ちよかったでしょ、奈々の素股…評判いいんだよ ふふふふ」
「そ、それじゃあ…僕は、まだ…」
「そう、先生はまだまだ童貞のこ、ど、も、だよ…はははは」
「そんな…なんで…?」
「なんでって? だって最初に言ったじゃん!…当U-12倶楽部は本番行為は禁止されておりますって…はははははは」
「………………………」
「ご利用 ありがとうございました。本日は、特別割引で5万円ちょうどになります。」
「ご、ごまんえん?!……半額じゃあ…」
「ええ、半額で5万円よ…普通は10万円…小学生は貴重なんだから…サービスも最高でしょ?M男の勇次せんせい?」

勇次は屈託なく笑う奈々の少女っぽさにあっけに取られたが、また明日から教師を続ける意欲が湧いて来るのを感じた。
性は特別なものではない…それを12歳の少女に教えられた勇次だった。

「あっ!それと先生、プレイ中言った事はほとんど出鱈目だからね…みんなセックスしてるとかね…」
「そ、そうだろうな…」
「でも……私の事は…ほ、ん、と、う、よ……………ふふふふふふ

馬鹿女

修羅場っていうか、細かい波がちょこちょこくる感じでした。
長文ですがごめんなさい。

私…一般家庭に育つ。両親は教師。
元彼…両親はおらず、施設育ち。書類上は中卒。

私は私と元彼は、中学のときに付き合い始めた。
彼は親がいなかったので、児童相談所経由で施設に→私の中学へ。
中二病真っ盛りの私は、ヤンキーである元彼に夢中。
二人別々の高校へ上がったが、元彼は中退し、施設を出て自活へ。
私はそのまま進学目指してまっしぐら。
この辺りで、元彼との価値観の差が際立ち始めた。
・高校が終わったらすぐ俺の家へ来い
・飯を作り掃除をして俺の帰りを待て
・食材費はお前が出せ。実家暮らしで金あるだろ?
・友達は作るな、俺だけに時間を割け
・高校卒業したらすぐ結婚だ、だから大学なんて行く必要ない

しかも、仕事をすぐ辞めて愚痴を言うし、生活費の補助までしろと、
実家暮らしのバイトもしてない私に言ってきた。

これはマズイと思い、とにかく県外へ逃げようと死に物狂いで勉強し、
無事に第一志望大学へ進学できた。
それをきっかけに別れを告げたが、元彼は了承しない。
携帯に電話しまくり、大学へ待ち伏せし、アパートにも押し掛けてきた。
セクスすれば仲直り!みたいに言いながらレイプしようとしてきたけど、友達の助けを借りて、
なんとかことなきを得た。
そして一通の手紙を寄越して来たのを最後に、別れることができた。
これが大学1年の夏。
ちなみに手紙は、
・所詮俺のようなゴロツキと、お前のようないい大学にいるお嬢様じゃ身分が違うよな
・情けないピエロの俺を笑ってくれ
・いつか、せい仁弐(←成人式のこと)で会おう。

しかし一週間後、元彼から電話が来た。
内容は、
・俺結婚する!
・相手は施設にいたときの子だ
・彼女は韓国籍で、親戚から性的虐待を受けててウンタラカンタラ
・俺は彼女を愛してる!彼女には俺が必要だ!

喜んでお祝いを言いました。
でも元彼はなんだかモゴモゴ言ってる。
何度も「俺結婚するんだよ?」って言葉は私に対する当て付けだと気付いてたけど。

そして大学2年の春、また元彼から電話が来た。
・やっぱり結婚はしない。
・俺にはお前しかいない
・だからお前を迎えに行く
・そんで結婚しよう
「いやありえないから」と電話を切り、友達の家へ避難。
大学では元彼の目撃者多数、私のアパート住民も、目撃者多数。
用心していたところ、一週間後にまた電話。
「俺やっぱり結婚する!あいつは俺がいないとダメだ!」
この頃は携帯にも着拒機能が付き始めたので着信拒否。

いい加減しつこいと思ってきた大学3年の春、また電話がかかってきた。
電話番号が違ったので、着拒にひっかからなかった。
とうとう結婚したのかと思いきや、
・やっぱあいつはダメ女だ
・料理もしないし掃除もできない
・俺が仕事で遅くなると文句言うし
・お前みたいにできた女じゃなかった
このときには復縁を迫る直接的な言葉はなかったものの、こっちとしてもつきあってられないので、
はっきりと告げた。
「今の彼女とあんたがどうだろうと知ったことじゃないの。もう金輪際私に関わるな!」

それから電話は来なくなった。
地元では家の両親が元彼を役場やホームセンターで見かけたくらいだったが。
中学の恩師に会う機会があったが、元彼はその後きちんと結婚したそうだ。

そして4年後のある日、母から電話がかかってきた。
・元彼から私宛に実家に電話があった
・どうしても話したいから、私の許可さえあれば電話番号を教えて欲しい
とのこと。
結婚もしたし、きっと純粋に懐かしくなっただけだろうと思い、元彼に番号を教えることを了承した。
その日の内に電話がかかってきた。
しかし電話だけではイヤだ、会って話したいという。
なので、二人きりにはならないこと、私の今彼が駅に着いたら問答無用で帰ることを条件に、会うことにした。
新宿のアルタ前で待ち合わせし、どこの店にも入らず、そこでずっと立ち話した。
案の定というか…
・妻とは離婚した
・あいつはダメ女で(ry
・お前のことが忘れられな(ry
等々、以下に私がすばらしい女だったかを言い連ね、以下に自分が馬鹿だったかを述べた。

ここまで来ると、もう私ではなく、私の幻想に浸っていた。
ていうか目がイッちゃってた。
何とか私を自分の車に乗せようと必死になっていたが、そこに私の今彼が登場。
とういうことで私と今彼は帰路に着いた。
しかしメルアドを変えて来るわ来るわメールの嵐。
もちろん返信はしなかったんだが、今度はmixiに現れた。
名乗りもせずにこっそりとコメントを残していく。
プロフィールで元彼だと判明したが、私がmixiにログインしてないと、
「最近ログインしてないね、心配だよ」と携帯にメールが来る。
そして、足跡には常に一番上に表示されてる。
その内に、メールに返信しないと切れるようになってきた。
返信しない理由を聞かれ、謝罪を求められた。
これが半年前。

現在元彼は心の病院に入院してる。
こないだ元彼のお兄さん(軽い知的障害、働いてる)が工場で腕をなくし、それに続いて
自分も顔面神経痛を発症し、そのまま入院へ。
私の携帯には今も公衆電話からの履歴で埋め尽くされている。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード