萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

泥酔

エビフライ

俺が大学に合格したときのこと
俺と妹は特別仲がよかったわけじゃないけど、悪くもない
妹は俺と違って優等生とまではいかないものの、真面目で学校の先生の評判もそう悪いほうではなかったらしい
俺の前では結構世話の焼ける妹だったんだ
CDが欲しいたら遊びに来ていく服が欲しいたら言うんで、俺が親に嘘ついて小遣いせびったり
合格発表の日、俺は一人で行こうと思ってたんだが、妹は一緒に行きたい、と言い出して、ついてきた
大学へは電車で40分ほど、乗り換え無し
休みだというのに電車はかなり混雑していた、すし詰めとまではいかないものの、俺と妹の体は密着してしまう程
当時妹は高校1年生だったんだが、もう成長は止まっていたのか、身長が150cmなかった(結局今でも155ぐらいしかない)
俺は180越えていたから、向かい合って密着すると妹の顔は俺の胸にうずまる格好になる
この時まで、妹とこんな格好になることなんてなかったから、正直どきどきだった

俺もそこそこ女性経験はあったし、妹とも下ネタ話したりしたこともあったが、その時は別に何も感じなかったが
こうやって密着すると、改めて一人の女として感じてしまった
とはいえこの場で抱きしめるとか痴漢行為をしようとか思うわけもなく、女を感じていただけだったんだ
家から3つ目ぐらいの駅でまた相当の人が乗ってきて、さらに俺と妹は密着した
「大丈夫か?」と聞くと「ちょっと苦しいけど、大丈夫」
と言ってた妹がしばらくするとなんかもじもじ動き出した
「どうした?」「うん、ちょっと・・・」
言葉を濁してはっきり答えない
俺は少し首を傾げたが、トイレでも行きたくなったか?と思い、そう気にしていなかった
すると「はぁん」と妹がやけに色っぽい声を出た
「どうした?」「うん・・・」

やはり返事をしない、もしかして・・・と思い俺は妹の腰を抱き寄せるように手を回し、お尻の辺りまで手を下ろしたら
そこには痴漢の手が妹のスカートの中に入っていた
「こら!てめぇ!!!」
俺が怒鳴る、痴漢はびっくりしたんだろう、触っていた手を必死に戻そうとしたが、パンティの中まで入っていた手は
パンティに絡まり、簡単に抜けなかった
俺はその手をしっかりつかみ、振りほどこうとする痴漢の腕を力いっぱい握り締めた
「いたたた・・・」痴漢が声を上げる、妹の背後二人目のやつだ、俺はそのまま腕を握りながらそいつを凝視した
周りの人たちも痴漢がいたことに気づいたようで、ざわめき始める
妹は自分が被害者だとばれるのが恥ずかしかったらしく、下を向いて黙って歯を食いしばっているようだった
次の駅で俺は痴漢の腕を捕まえたまま、電車を降りた、妹も一緒に降りてきた
何人か同じ駅で降りる人たちは、俺が痴漢の腕を握り締めているのを確認した後「警察呼んできてあげるよ」
といって駅長室へ向かってくれた
俺に腕を握られた痛みのためか、痴漢として捕まったためか痴漢はその場に片膝をついた

髪の毛には白髪が混ざり、いかにもうだつがあがらなそうな、中年男性だ
しばらくすると鉄道警察?らしき警官がやってきた、男も警官を見て観念したのだろう
俺に掴まれた腕からも力が抜けていくのがわかった
俺と妹はそのまま男と一緒に警察官の詰め所へ行って、住所や名前を聞かれた
ま、現行犯逮捕だから相手も観念せざるを得ない、言い訳のしようがない
そこで家にも連絡を入れ、親がすぐに迎えに来る事になったが、痴漢された妹を一人残していくわけにもいかず、親がくるまででその場で待っていた
どうやら警察署に行く事になるらしいが、それは両親が来てから、ということになった
1時間程して両親が駅に着いた。二人とも相当焦って来たようで、息遣いが荒い
母親は妹に近づくや否や抱きついて「大丈夫だった?怖かったでしょ、もう心配ないからね」
と言いながら後ろ髪をなでていた
父はそれを見ながら俺のほうに「おまえが捕まえたのか、よくやってくれたな」と一言つぶやいた

正直それまでの人生で罵倒された事はあっても、感謝された事なんて記憶の片隅にも無いほどだった俺にはなんか居心地が悪かった
で、警察署には両親が付き添い、俺には合格発表だけ見て、家で待っていることになった
大学は一応合格、ま、しがない3流大学といわれるところだけど
家に帰るとまだみんな戻っておらず、俺は自分の部屋で横になり、音楽を聴きながら寝てしまった
時間にして2時間ほどだろうか、顔になんか物がくっついている感触で目が覚めると、妹が俺の頬にキスをしている
「おわ?!」
「あ、起きた?大学受かってたでしょ?」
「ああ、受かってた、ってか、何してんだよ」
「おめでとう?のキス」
「なんでキスなんだよ、兄妹で」
「え?私のキス要らない?」

「要らん(きっぱり)」
「そんな…」
「あのなぁ」
「なんてね、ご飯出来てるよ、今日はお兄ちゃんの好きなエビフライ」
「はァ?あああ、飯ね、今行く」
「早く早く」
「なんだよ、寝起きはすぐ動けないんだからさぁ」
「早くしないとエビフライ冷めちゃうじゃない」
「分かったから、手を持つなよ」
そんなやり取りをしながら部屋を出て食卓へいくと、テーブルの上にはエビフライどころか寿司や刺身茶碗蒸等、俺の好物がずらっと並んでる
「なんで、たかだが大学受かったぐらいで」
父「いや、まぁあれだ、電車のな、ま、今日はおまえが主役だ、ビールも飲んでいいぞ」
と、ま、親としては俺に気を使ってくれたんだろう
今まで警察に行く時は俺を引き取りに行くときだったりしたしね

妹「ねぇねぇお兄ちゃん、早くエビフライ食べてよ?」
俺「何で?さっきからエビフライエビフライって」
母「今日はね、幸子が初めて揚物したんだよ」
妹「お兄ちゃんに、ありがとう、の気持ちをこめたエビフライだからね」
俺「ああ、そうなんだ」
取り合えず何もつけずにそのまま食べてみる…いまいち揚がりが悪いが、妹の期待いっぱいの顔を見てるとそうも言えず、黙って全部食べる
妹「どう?」
俺「うん・・・まぁ初めてにしてはよく出来てるんじゃない」
妹「美味しくなかった?」
俺「ま、何事も練習だよ」
妹はちょっとうつむき加減にしおれていたが、俺が次のエビフライをとり、食べているのを見て少しは機嫌が直ったのか、自分もご飯を食べだした
食事は何事も無く進み、親父も俺の今日の行いが嬉しかったのか、ご機嫌にビールを飲み、俺にもついできた

俺はまだ高校生だったが、ま、普段からよく飲んでいた事も有り(それで補導されたから親も飲んでいるのは知っていた)
二人で瓶を5?6本空けた
ほろ酔い加減の俺は食事を済ませると取り合えず自分の部屋へ戻り、ベットに横になる
上機嫌な両親を見ながら飲む酒もいいもんだな、等と変に大人な考えをしてみたり
そこへ妹が入ってきた
「お兄ちゃん、起きてるよね?」
「ああ、どうした?」
「ん?とね、ホントは一緒に合格発表見て、合格してたらその場で、と思ってたんだけど…」
「なにが?」
「お祝いだよ?」
「ほぉ何くれるんだ?」
「ちょっと目つぶってて」
「何で」
「いいじゃん、ちょっとだけだから」
「ふ?ん、まいっか」

そういって目をつぶる…振りをして薄目を開けていた
薄目だからよくわからないが、妹はお祝いらしき物を持っていない
小さい物か?と思っていると妹の顔が段々近づいてくる、ん?もしかして…と思う間もなく妹は俺にキスをしてきた
「おまえ、何するんだ?」
「へへ?しちゃった、しちゃった」(なんかハートマークが顔に出てるんですけど)
「しちゃったじゃねぇよ、おまえ、兄妹で何考えてるんだ」
「だって?兄妹だから、こういう時しか出来ないじゃん…」
「いや、普通の兄妹はしないって」
「分かってるよ、兄妹だからしちゃいけないって…これ以上の事は」
「いや、これ以上もこれ以下も無いの」
「幸のファーストキスは兄いちゃんに上げるって決めてたんだから…」
「あのなぁ…」
この後に言葉が続かない、確かにお兄ちゃんっ子ではあると思っていたが、そこまで考えていたとは
「安心して、これ以上はしないからね」

「当たり前だろ、早く風呂入って寝ろ!」
「はぁい…」
そういって部屋を出て行った妹
それ以来は特に変な関係になるわけでもなく、以前と同じようなそこそこ仲の良い兄妹として生活していった
そんな妹の結婚式が今度の日曜日にある
ジューンブライドが良いとか言っていたが、何もこんなくそ暑い中で、と思いながら、こんな些細な昔話を思い出し妹が幸せになってくれるのを祈っている

泥酔女専門で夜のパトロール

ちょいと前の話。その日も泥酔女専門で夜のパトロール。
謀観光有名都市駅近くのカラオケ店前で座りながらぼーっとメールしてる女の子を発見。
しばらく様子を見ていたのだが、すぐ近くに野郎がたむろってたので、声は掛けずにいた。
因みにそいつらの何人かもその女の子を物色してた^^しばらくすると立ち上がり駅に向かって歩きだした。
のだが、案の定ふらふら、ゆらゆら泥酔女特有の動き。
で、駅前の横断歩道で待ってる所をいよいよ声掛け。

というより本当にふらふらでいつ車に轢かれてもおかしくない状態。
すかさず腕を掴んで「赤」。このシーンは本当「猟奇的な彼女」のシーンみたく決まった。
「危ないですよ」と次の言葉。斜め下から「あ、はい。すいません」と彼女が顔を上げた。
んー顔は普通^^ただ腕を掴んで凄い痩せてるのわかった。「急がないと終電無くなっちゃいますよ」
と俺。すると「地下鉄はもう終電行っちゃった」と彼女。余談ですが実はすぐ近くには先程彼女の近くでたむろってた野郎の2,3名が白々しく彼女の後を追ってた^^

「一人?友達は?」と俺。「知らない、どっか行っちゃった」と彼女。ここで急展開!
「今日は帰りたくない。どっか連れてって」と彼女。何じゃーこの展開は!まさに映画のような展開じゃん!
でもね彼女は何故か凄く痛々しい。。理由は後程。しかし映画違うのは俺は泥酔女専門のナンパ氏。ましてやすぐ近くにはまだ野郎2,3人名がさりげなく様子を伺ってる^^
すかさず彼女をおんぶして猛ダッシュ!

で、少し離れた人気のいないマンションの前のホールの影で、寝かせるとまずはキッスから。
彼女も抵抗なしに普通にせークス!本当普通に。出会って10分も経っていないのに。
ただ彼女のあの時の声は泣き叫ぶような切ない感じ。。発射終了後「とりあえず送っていくよ」と俺。
「嫌だ、帰りたくない。。」と彼女。何とかなだめて彼女を車に乗せ、彼女の家へ。
その間色々と話を聞いてると所謂彼女は自虐症。彼女の腕を見るとリスカの後が無数に。。

で、彼女の家に到着。すぐに帰ろうかなーと思ったけど。何故か放っておけなくて、部屋に。
「何だ、入るんだ」と彼女。この時の彼女のはにかんだような顔が可愛いの!
で、先程の事を話してると、「送別会の途中で同僚が彼女を放っておいてどっか行った」
「普段からあまりうまくいってない」そういうのも含めて度々リスカに走るらしい。
で、彼女の布団を見ると点々と血の後が。。「お痛しちゃった」と彼女。

その怪しげに微笑む彼女と布団の血痕に何故か無性に発情し、今度は荒々しく
せーくす!まさにレイプの様に。すると彼女も獣のような(本当獣みたい^^)に
泣き叫ぶの!「あー出るよ!出ちゃう!中に出しても良い!?ね!良いよね、中に出すよ!」
と気分はAV男優の俺^^彼女も声にならない感じで、自分の指を咥えて首を立てに。
おー、AV女優の様!で、発射!!どくどく。。

後は、普通に携帯番号交換して、デートの約束してバイバイ。
とりあえず一つはこんな感じです。
まだありますが、今度はうんこおもらし泥酔熟女の話なんかどうですか?
因みに今晩も、泥酔女のパトロールに行ってきます!
では皆様良いクリスマスを!

会社の真面目な先輩♂

おんなですけど買いてもいいですか?

いきなり漢字を間違えてました。

会社の先輩で素敵な人がいます。
イケメンじゃないけど、仕事もまじめで、みんなにやさしくて
実は狙ってました。
でも奥さんも子供もいて真面目で
全然そういうふうにならなかったのですが。

忘年会の一次会は会社でやりました。

ななめ前の席をキープしてアピール、するも
特にこっちを見てるかんじもなし。
みんながよっぱらいはじめたときに
となりの席に移ってがんがん飲ませました。

「俺、そんなに飲めないよー」といいつつ
缶ビールを6本空けてました。

みんなが二次会にカラオケ行くと会社をでたときに
「Kさん、私もう飲めないし(←うそ)、歌うのもすきじゃないし(←うそ)
いやじゃなければ2人で別のお店いきませんか?」
と誘ってみました。

銀座のこじゃれた居酒屋みたいなところに行きました。
席はもちろんカウンター。
日本酒をがんがんのませて、
Kさんのほうに思いっきり向いて
足でぐいぐいおしてみたりしてみました。

いつもはぼーっとしてるKさんも
さすがに気がついたみたいで、
手相をみてあげると古典的な手段で
手を握ってきました。かわいいー。

Kさんは普通に手をにぎってきましたが、
よっぱらったふりで、指をからめたりしてみました(笑)。

ありがとうございます。がんばりまーす。

あんまり遅くなるとKさんもうちに帰らなくてはいけなくなるだろうし
さっさと二件目を出ました。
方向が全然違うのですが、「ひとりで帰るのこわいし(←うそ)、送ってくださいー」
とウデをひっぱって、タクシー乗り場につれていきました。

タクシーの中で「Kさん、眠い(←うそ)」としなだれかかって、
ひざ枕というか、彼のちんちんのうえに顔を置いてみました。
いつもぼーっとしてるKさんですが、さすがにちんちんは
いい感じになっていました(笑)。

わたし、実家住まいなのでうちに連れこむわけにもいかず
もちろんKさんちに連れ込まれるわけにもいかず、でも
Kさんはホテルにさそってくれる風でもありませんでした。

仕方ないので思い切って「Kさん、まだ帰らないで、
もうちょっとだけ一緒にいたいです。」と言ってみました。
タクシーの運転手さんにきかれるとはずかしいので
耳元で。

これがよかったのか?Kさんは急にやる気になって
「じゃあ、目黒に行きましょう。」
目黒川ぞいのラブホへ。

Sageます。。失礼しました。

Kさんは意外にも(?)積極的で、
しかもねちっこかったです。
ピンクのツインニットにフレアスカート
というふつーの格好だったのですが、
いつまでも服を脱がせないで
あちこち触りまくり。

私もよっぱらってたし、もうおっぱい触るのは
いいから、はやくあっちをさわってほしいー
と思いました。さすがに言えませんでしたが。

そんなこんなで1時間ほどあちこちさわられたあと
やっとクンニしてくれました。
しかも下着を脱がさないでするんですー。
そんなの初めてだったので結構興奮して
すぐにいってしまいました。
はずかしい・・。

「もーだめ、はやく。」とお願いして
やっと入れてもらいました。
せいじょういで足を思いっきりもちあげてもらって
がんがんやってもらいました。
きもちよかったですぅ。

そのあと一緒にお風呂にはいって
手で体をあらってもらってるうちに
またきもちよくなっちゃって2回戦め。

お風呂でたったまま、
Kさんがしゃがんで指を思いっきりいれてきました。
ぐりぐりやられてるうちに
シオがふくというんでしょうか、
ぬるいお湯みたいなのでどばーっとでてきました。
びっくり。

2回戦目はお風呂の鏡の前に手をついて
たったまま後ろからしてもらいました。
しかし、Kさん足が短いのでどーもうまくはいらない・・・。
しょうがないのでベットに戻って私がベットに
よつんばいになって、彼がたってうしろからいれてもらいました。

2回ほどいってかなり疲れてきたのですが、
Kさんはぜんぜんいかない・・。
Kさんはぜいぜいいってるししょうがないので、私が上になって
思いっきり足をひらいてはっするしてみました。

Kさんは「すごいー。会社の子がこんなことしてくれるなんて感激。」と言っていました。
私も憧れのKさんにこんなことしてるなんてとまた興奮して(←単純)
ふたりで一緒にいってしまいました。

そのあとは携帯の番号とメールを交換してそそくさと帰宅。
わたしはえっちのあとはさっさとうちにかえって、
おうちのベットで反芻したい派なので。

お正月に年賀状がわりにキャミソールで胸元アピールの
写真をつけてメールしてみました。
「年明けに会うのが楽しみです。」とお返事がきたので
このあとまたいいことがあるかもしれません。

以上です。駄文で失礼しました。。。

昔の同僚に飲みに誘われて

ちょっと前の話だけど書いてみます
(短編貼り逃げしかも半泥酔で意識しっかりあったけどご容赦)

数年来の飲み友達(職場の同僚・♀)2名から久々に飲もうと誘われた
「久々」っていうのはオレが4月に転勤になったからだ
とはいっても車で1時間くらいの場所への転勤だからすぐに行けるので
二つ返事でオーケーした

理由はシンプル

二人ともかなりかわいいからだ

ここでSpec紹介
二人とも25歳でオレより10くらい年下
A子:身長155cm位 痩せ型・Bカプ? 上戸彩をスッピンにしてメガネをかけさせた感じ
B子:身長160cm位 肉感的(決して太ってはいない・ちょうどいい感じ)・Dカプ? ELTのボーカル似

「とりあえず車でいくけど,そうしたら帰れないなー」といったら
「どこか泊まるところとっておいてあげるよ」という返事

この時点で少し邪な気になるw

で,当日

行きつけの居酒屋で集合
このメンバーで飲むときはだらだら適当に話をしながら
チューハイをメニューの上から順番に頼んでいくというのがパターン
(全部飲むと相当なアルコール量になる)

この日もそんな感じでした

いつもなら2次会はカラオケボックスなんですが
この日はオレ用にビジネスホテルがとってあったのでそこを2次会にしました
(彼女達がとってくれたんだけど,なぜかツインでしたw)

近くのコンビニなどで食糧と酒をゲットして,部屋へなだれ込みました

この時点で3人とも半泥酔

しかし,オレは冷静な状態...もちろん邪な気持ちがあるためw

当初はB子狙いでいってたんだが隣に密着してくるのはA子
どっちもかわいいからこっちでいいかーと方針速やかに変更

A子は途中から「冬ソナ」に夢中になり
   __
   |TV|
    ̄ ̄
   ↑夢中
   A子
______
|   |   |
|オレ | B子|←ベッド
|   |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
こんな状態になる

布団の下から手を伸ばしA子のヒップをまさぐり始めるオレ

小声で「やばいってやばいって」とA子が囁くが完全無視
最初は手を払いのけていたA子だったが途中からは触らせ放題に

更にエスカレートするオレはあそこに指を這わせ始めた

今度は「無理無理」と小声で囁くA子

それでも触り続けるオレ

時々振り返って
「飲んでるー?」
とB子

「飲んでるよー」
といいながら指を動かし続けるオレw

徐々に抵抗をしなくなるA子

俺の勝ちと勝手に判断w

し か し 

このままではいつまでたっても進展はない...

半ばあきらめかけたその時...

「冬ソナ」終了
B子も再びこっちを向いて飲み始める

あ ー 完 全 終 了

あきらめたオレは再び飲みのペースを速めた

A子もB子もペースアップ

ん?

い つ の ま に か B 子 さ ん 

す や す や 寝 始 め ま し た ね

お触り再開w

明らかに濡れてきているのがジャージ越しにもわかります
(ホテルチェックインしたあとにジャージに着替えてます
よく考えたら最初っから泊まる気はあったのね)

B子はすやすや...

勇気を持ってオレはA子の手をぐいっと引っ張りトイレに連れて行きました

再び「無理無理」と囁くA子

マル無視の俺はオレのあそこを触らせ
「こんなんなっちゃってるから...」
とわけのわからん説得を開始
ジャージの下だけ下ろし,すぐに挿入!

実は既に濡れ濡れだったA子
とくに抵抗もなく受け入れます
声を殺していながらも漏れる吐息に興奮はヒートアップ!

し か し ト イ レ 狭 す ぎ

途中で疲れてきて断念
部屋に戻り,オレもA子も寝ることにしました

寝ようと思った瞬間あっという間に意識消失...実はかなり酔っていたようです

で,目が覚めると...

あれ,B子いない???

A子もおきていたので
「B子は?」
と訪ねると途中でおきて帰ったとのこと

それを聞いた次の瞬間A子の服はすべて脱ぎ去られていましたw

またもや前戯なしで挿入もヌルヌルにて問題なし
今度はユクーリ観察しながら動いてみました
むねは予想通りのBカプ
ちょっと小ぶりですが乳首も小さくピンクでかわいい

左胸外側上方にタトゥー入ってるのを発見
どうやら彼氏(ヤンキー)の趣味らしい

ヘアーは薄めなので挿入部丸見え!ますます興奮!
声はあんまり出してくれないが,
顔は紅潮し,時々がまんできずに漏れてくるwhisperがまたエロい

ガシガシ動いているとものの2,3分でオレが絶頂寸前になってしまい
A子をいかせることなく終了してしまいましたorz

翌朝は何事もなかったかのように解散し,オレは自宅に戻りました
先日も久しぶりにこの2人と飲みました@温泉旅館

一緒にお風呂には入ってくれるのにエッチはさせてもらえませんでした

いつか3Pに持っていくぞー

以上,お粗末でしたm(__)m

同期入社の彼女(相川七瀬風)

彼女は同期入社、
顔は相川七瀬風っていうか元ヤンキー。
入社当時から仲が良かったんで、
飯食いに行ったり、買い物に付き合ったり、
他の仲の良い友達の家に泊まりに行ったり、
お互い異性の友達って感じだった。

んでも、付き合うことはなかった。

そんなある日、K県K市で会議みたいなイベントがあって
会議終了後、K市の駅近くで2人で飲んだ。
久々の2人での飲み会。
ピッチも早くなり、退社してしまった仲間にイタ電したり
二人でかなり盛り上がった。

そろそろ終電の時間が近くなり、
当時は2人ともT市付近にすんでいた為、
N線にコトコト揺られ帰ることにした。
電車に乗ったらすぐに彼女はオレの肩を枕に眠ってしまった。

彼女は終点まで。オレはその手前で下車の予定なので、
降りるころに起こせばいいやと思って、彼女のぬくもりを楽しんでた。
彼女の香水のにおいと酒の香りがちょこっとだけ下半身を硬くした。
とはいっても、仲が良すぎて彼女をどうこうしたいと言う感情はなく、
それにオレ俺自身男として見られてないんだろうななんて考えもあった。
この関係が壊れてギクシャクするのは怖かったんだよな。

だけど、目の前にはうら若き女性が無防備で身をゆだねている。
ちょっとしたいたずら心から、
背中からコート中のに手を入れて彼女の腰に手を回し、
下乳に手を触れた。下乳のやわらかい感触よりも、
アバラが浮き出るほどの華奢な体に驚いた。
今彼女が起きたとしても、冗談で済ませる自信があった。
しかし、一向に起きる気配がなく、彼女は寝息を立てている。

終電の間際の為、乗客はそれほどいなく、
オレは次のステップに進むことにした。
とはいうものの、度胸があるわけでもない俺は攻めあえいでいた。
ジャケットの上から下乳に触れていた手を何とかジャケットの中に入れることに成功!
彼女はまだ寝てる・・・って言うか倒れてきた・・・・膝枕じゃん。

これでいたずらしやすくなった・・・・のか?
とりあえず、オレのコートを彼女にかけて、その中に手を入れた。
先ほどはジャケットの中まで進入したのだが、コートの外まで戻ってしまった。
これは退却ではない、戦略的転進だと、無い勇気を振り絞り
先ほどためらわれた乳全体に手をかけた。なかなかでかい・・・Cくらい?
華奢な体と思いのほか大きい胸に下半身にどんどん血が流れていくのを実感した。

そろそろ降りる駅が近くなってくる。
このままでは中途半端に触っていたら一生後悔する。と、馬鹿な考えを抱き
ジャケットのあわせからブラウス越しの乳を触ろうと手を滑らせた。

あたたかい、暖かいよ・・・・。
吸い付くような柔肌だよ・・・・。って、地肌じゃん。
ブラウスのボタンを2つほどはずしていた為、
ハーフカップブラの生地のないところまで手が滑り込んでいたのだった。
しばし、柔らかい地肌を堪能。

彼女は寝ている、起こす時刻は近づいてきている。
もう時間がない、彼女は起きない。
理性のかけらは全て下半身に集結してしまった。
えーいままよ!ブラの中に手を、いや指を伸ばした。
あった!あった!ポッチがあったよ!

ポッチに触れた瞬間、彼女の体がビクッと動いた気がしたが、
理性どころか五感全てを指先に集中している為、我関せず。
ワインを口の中で転がすように指先でポッチを転がす。

降りる駅が近づいてきた、名残惜しゅうございますが、
ポッチに永遠の別れを告げ手を引いた。
彼女はまだ起きない・・・優しくゆすり彼女を起こした。
そう、あくまでも紳士的に。
彼女は自分の体にかけられている俺のコートに気づき、
「ありがとう」と、微笑みながら言った。
こちらこそ至福のときをありがとうといいそうになったが、
ぐっとこらえ微笑がえした。

降りる駅のホームに電車が入っていく、
いつもの冗談で、彼女の手をつかみ「降りるぞ」といってみた。
いつもなら「馬鹿じゃないの!」などといつものように軽口をたたかれ
いつものように笑いながら別れるのだが、その日は違っていた。

彼女は眠気と酒気のためか潤んだ目で、
小さい声で「ついてく・・・」とつぶやきオレの手をしっかり握った。

キターーー(aa略)

彼女は電車から降りたとたん、体を預け何かつぶやいている。
これは何かある!今晩はとてもいい夜になりそうだ!
「どうした?」あくまでも紳士的に顔を覗き込み、
あわよくばチッスをしてやろうと・・・
彼女は目を閉じている。
これはチッスの合図か?ホームdeチッスなのか降車assoonasチッスなのか!!

「・・・・ぃ」

なんだ?「抱いてほしぃ」の“ぃ”なのか?「めちゃくちゃにしてほしぃ」の“ぃ”なのか?

「気持ち悪い・・・」
あ、やっぱり・・・そうだよね。気持ち悪いよね。酔っているもんな。
って、あわててトイレに駆け込む、この際女子トイレだろうがかまわない。
こちとら急患を運んでいるんだ!

女子トイレにこもり、格闘すること5分・・・・
少しでも楽になればと思い、服の上からブラをはずす。
彼女がピクッと動いた気がする。吐くのか?吐いちまえ・・・吐いてすっきりしろ。
終電がなくなっても心配するな。おまえんちまでタクシーで送ってやる。
心配するな。友達じゃないか・・・。

「やっぱり、はかない・・・」そりゃないぜセニョリータ。
途方にくれていると、いきなり振り返りニマっと怪しい笑顔で見つめてきたよ。
「どどどどうした?」「続きして」
続き?なんの?背中をさすればいいのか?

彼女「電車の中での続き・・・」
オレ「へ?あわわわ・・・ばれてた?」
彼女「ずっと起きてた。結構興奮した。」
オレ「ゴメン、あまりにもきれいだったからそのあの・・・・」
彼女「生理前だから、私も発情しちゃったし。」
オレ「本当にゴメン・・・」
彼女「謝ったら、こっちが惨めになるじゃん」
オレ「・・・とりあえず、この臭い場所からでようか」
彼女「出たらどこに連れて行かれるのかな?・・・・キャー、犯されるぅ(笑)」

まだ酔っ払っている彼女を抱えるようにして改札に向かい
タクシーに飛び乗った。彼女は座った瞬間眠りについたらしい。
またもや膝枕状態。
運転手に自宅の住所を告げ、彼女の眠った横顔を眺めていた。
ここまで来て、まだ一線を越えることにためらいを感じていた。
今のオレなら有無を言わさず連れ込み抱いていただろうが、
当時のオレは関係が壊れることがいやだった。

家について、いまだ眠ったままの彼女を抱え、ベッドに運ぶ。
コートのまま眠っているが、さっきの言動が気になる。
考えれば考えるほど、下半身に血が集結。
今度はいびきをかいているんで、大丈夫と確信。
何を確信したかわからないが、ベッドににじり寄る。
「苦しそうだから・・・」と月並みな言葉を吐き、上着を脱がせる。
ズボンのボタンをはずしたところで、少し理性が戻り、
彼女の服をハンガーにかけ、自己嫌悪の波に呑まれ鬱になる。

しばし休憩。いろいろ考えた
いたずらするくらいなら、笑って怒られて終わりだろう。
明日からまたいつものように馬鹿な話をして仕事に打ち込める。
そのうち暑かったらしく彼女が布団をけりだした。
ブラウスははだけ、ズボンはちょこっとずり落ちている。
ブラが少し浮いているのはさっきはずしたままだからだ。

電車内でのポッチいじりを思い出し、また下半身に血が滾る。
理性が失われて行く感じが自分でもわかった。
ベッドに再び近づき、ブラウスのボタンをひとつずつはずしていく。
はずすごとに手が震え、はずすごとに鼓動が早くなってくる。
ボタンを全部はずし薄明かりの中、彼女の体のラインが浮かび上がる。
もっとみたい。もっと触れたい。本能の赴くままズボンを脱がしにかかる。
寝ている状態で脱がしにくかったが、四苦八苦しながらなんと脱がした。
ストッキング越しに彼女のパンツを拝んだ。
レースをあしらった白いパンツ。レース越しに彼女の毛が見える。

もう心臓が口から飛び出しそうだ。
薄明かりに浮かび上がる小柄でスレンダーな美しいからだ。
夢中で彼女の体に口付けをした。起こす事が無いようにやさしくやさしく。
浮いているブラの隙間からポッチがこんにちは。

ブラを取り除き彼女のポッチに対面。
タバコの直径ぐらいの大きさ、まさしくポッチストのオレの理想となるポッチ
無我夢中で口に含む。舌で転がし、甘がみし、吸い付く。
痛くないように、やさしくやさしく。

彼女の寝息が激しく波を打つようになってきた。
起こしてしまっても良かったのだが、なんとなくこのまま彼女を愛撫し続けた。
寝息に混じり時折声が聞こえた。
今まで彼女から聞いたことの無い甘い甘いあえぎ声だ。

彼女はストッキングをはいているがストッキング越しにも湿り気がわかる。
全身を見たい。大事なところを見てみたい。
この一心でストッキングを脱がしにかかる。
ストッキング脱がしパンツ残しを図るも無理だとあきらめ、
パンツとストッキングをまとめて脱がすことにした。
パンツが大事なところから離れていく瞬間、愛液の糸が見えた。
パンツを見るとぐしょんぐしょんに濡れている。

これで彼女は一糸纏わぬ姿でオレの目の前に横たわっている。
彼女の息が荒い。多分起きているのだろう。
かまわず愛撫を続けた。
シャワーを浴びてないメスのにおいをかぎ、内腿に舌を這わせる。
彼女の足の力が抜け、だらしなく膝が開いていく。
薄い毛の下に濡れている彼女の大事な部分が見える。
遠目にもわかるほど濡れている。大事な部分を横目で見ながら足の愛撫を続ける。
狂おしいほど愛しい。

洗っていなく汚いはずの足も指の先まで唇を這わす。
何もかもが美しい。薄明かりの中彼女の白い肌が発光しているようだった。
足の指を丁寧に愛撫し、足を上へ上へと愛撫していく、
内腿にたどり着き、大事なところに舌を這わせる。
「っああぁ!!」彼女の体がガクガクと痙攣し肩で息をしている。
「・・・・イっちゃった・・・・・」彼女がこちらを見て微笑む。

彼女は足の指をなめられているときから目を覚まし、
酒気と眠気の朦朧とする意識の中、
汚いからやめてほしかったがあまりの気持ちよさに身をゆだねたという。
じっくりゆっくり攻められやっとクリトリスを触ってもらったと思った瞬間
イってしまったとテレながら話してくれた。

ベッドの上で彼女を後ろから抱きかかえ、いろんなことを話した。
仕事の話や恋愛の話。二人とも照れていたんだと思う。
二人とも裸でオレの下半身は仁王さまのような形相をしている。
あえてお互いそのことには触れず、いろんな話をしていた。
たまにポッチをもてあそんだりはしたが、それ以上は進めなかった。
二人に沈黙が訪れたとき、どちらからとも無く口付けした。
甘い甘いキスだった。彼女の全てを感じ彼女に全てを感じてほしかった。

※ この時点でお互い泥酔状態じゃないのですが・・・・続けます。

彼女をもう一度横にし、先ほどのように全身をゆっくりゆっくり愛撫する。
反応が面白かった。いつもは軽口たたいている口がこんなに甘い言葉を発するんだ

もっと聞きたい。

彼女の首、耳、背中、胸やわき腹。内腿、お尻。いろいろな反応を見せてくれた。
秘部に舌を這わせると、体をのけぞらせまた軽くイってしまったようだ。
息を整わせながら、盛んに攻守交替をせがんでくる。
オレは「お客さんなんだから、ホストの言うことを聞け」とわけのわからない理由を言いながら、
彼女を愛撫し続けた、クリトリスに舌を這わせるが、穴には一切触れないで・・・
2,30分続けたあとおもむろに彼女の体内へ指を入れた。
「っっっっっああぁぁぁぁぁ!!!」悲鳴とともに何かが出てきた。
彼女は潮を吹いていた。

彼女の息が整わないうちにオレは仁王様をあてがい一気に挿入した。
音こそ聞こえないものズブッという感触だった。
彼女はオレの背中に爪を立て盛んに首を振っている。
生はまずかったかなと思い、ゴムつけようか?ときいてみるが、返事が無い。
何とかなるかなと思いそのままユラユラと腰を動かす。
男性遍歴がかなりあると聞いていたが、ゆるいなんて事は無く、
しっかりと締め付けてきた。

彼女の体内は仁王様を奥へ奥へと誘っているようだ。
彼女を抱きかかえ対面座位に。
激しいキスをしながら彼女を感じた。
彼女はうわごとのように「気持ちイイ」と繰り返してる。
多少酒が入っているのもあり
鈍感肌の仁王様は「まだいける」とGOサインを出した。

彼女をそのまま押し倒し、深くゆっくりと彼女の奥まで届くように打ち付けた。
「奥まで届いてる!あっ!あっ!あっ!気持ちイイ!キモチイイ!」
その声を耳にし仁王様の限界が早まる。
「オレもイきそうだよ・・・・イっていいよ」
「イきそう!一緒に!いっしょ・・・・・・・あ、あ、あ、あ、あ、いくぅぅぅぅ!」
と同時に仁王さまをあわてて体内から救出し、彼女のおなかへ放出。
へそ付近を狙ったのに彼女の下唇までとんだ。

二人はハァハァ言っている。
「いっぱい飛んだね。」彼女は微笑み下唇についた精子をペロリとなめた。
己はAV女優かよ!そのしぐさに激しく萌え仁王様も復活してしまった。

しかしながら、体力が持ちそうに無いので、二人仲良く処理をして、
二人でシャワーを浴び、寝ることにした。
2回戦をするわけじゃないが裸でベッドに入り
話をしているうちにすっかり眠ってしまった。

夜が明け、彼女は休日、オレは出勤の為一生に家を出て駅に向かった。
付き合おうとか好きだなんて言葉は一切出なかった。

体を重ねたことはそれっきりだったし、その後付き合うことも無かった。
それに関して後悔はしていない、彼女がいたからその会社でがんばることができた。
オレはその後転職して地元に戻ってしまい、
彼女はNYいるはずだ。
もっとも2年前に電話したら地元で水商売していると笑っていってたが、
また、どこかで会いたい、偶然会いそうな気がする。そんな言葉を交わし最後に別れた。

って、以上です。
支援してくださった方ありがとう。

初めて長文を書いたので読みづらいところだらけ、
しかも最後のほうは、UPしながら文を書いていたので
なんとなく竜頭蛇尾風になってしまいました。
竜頭にもなってないですね。

駄文に付き合ってくれてありがとうございます。

他にも酒の席からのお持ち帰りはあるのですが
泥酔ではないですし、私の文章力がついたら書き連ねてみようと思います。

重ね重ね紫煙してくれてありがとう!

書き忘れました。

“ほとんど”ノンフィクションなのですが、
一箇所だけフィクションの部分があります。
それと昔の記憶をたどってますので、
会話等は脳内補完してあります。

ちなみにフィクション部分は
「仁王様」の部分です
実際は「スティックのり(小)」です。

-----------------
いじょ。「【残業】泥酔女をお持ち帰り☆28日目【万歳】」より。
最後に(・∀・)ぶっちゃらけ!

派遣会社管理職の特権

某派遣会社で派遣先の割り振りをする仕事をしています。
オフィースワークを中心に派遣しているので女性が多いです。
当然のように派遣先でトラブルを起こす人もいて困っていますが
そんなときがチャンスです。

ある女性が派遣先でトラブルと連絡があり、
仕事が終わったら派遣会社の事務所に相談に来ると言うので
待っていましたが、派遣先が少し遠いので夜8時を過ぎてしまいました。
事務所には私一人でネットでエロサイトを見て待っていました。

やっと女性が事務所に来てくれました。
(プロフ:28歳、既婚、どこにでもいそうな普通の人)
トラブルの原因を聞くと派遣先でのセクハラとのこと。
どんなことをされたか聞くと
・部長にしょっちゅう飲みに誘われる。
・あまりにしつこいので一回だけ食事だけした
・気をよくしたのか、仕事中に私の隣によく座る。
・最近は横に座って手を握ってきたりする。
・今日は朝の電車で腰に手を回された。
こんな感じの文句でした。

「明日の朝はこちらに出社してください。一緒に私もあなたの派遣先に伺い話をしにいきます。」と言うと
「明日から派遣先での仕事をしたくない、派遣先を変えてほしい。」
と訴えてきました。

私の前任者が採用したのでどの程度仕事のできる人かあまり知らなかったので
パソコンのスキルについて確認をしようと思いいろいろ質問しました。
するとパソコン資格はもっていないがそこそこできるらしいので
確認がてらPCを触ってもらいテストしようと思いました。
「じゃあ、私のPCを使ってエクセルを立ち上げてください。」
「はい。このPCでイイですか?」
「あっ!!」
さっきまでエロサイトを見てたのを忘れていました。
「会社でエッチなサイトを見てるなんて・・・・、悪い人」
「仕事が終わってあまりに暇だったんで。」
「ご自宅でもHなサイトを見てるんですか?」
「ま?、暇つぶしと性欲解消にね、ははは(笑)」
と何故かエロサイトの話でもりあがってしまいました。

いろいろ話をしているうちに1時間くらいすぎてしまい
「ご主人に遅くなると連絡はされていますか?」
「いいえ、今週は東京に出張ですから。」
「そうですか、派遣先を変える方向で検討しますので、
 明日は普通に出社してください。
 派遣先には今日の相談されたことを伝えてイイですか?
「派遣先が変わるときにしてください。
 じゃないと私仕事するのに困ります。」
「わかりました。じゃあ今日は帰ってイイですよ。」
と帰宅させました。

今日最後の仕事が終わって帰ろうと思ったとき
さっきまでいた派遣社員が来ました。
「家に帰っても今日は一人だから、よかったら
 夜ご飯ご一緒しませんか?」
「イイですよ。ちょうど帰ろうとおもったところです。」
「何と食べましょう?」
「何でもいいですよ。」
「じゃあ、出前でもたのんでココで飲みませんか?」
何故か、思っても見ない展開に・・・・・

ピザを頼んで来るまでに1階のコンビニでビールを買い
事務所に戻りました。
とりあえず乾杯をして派遣先の話を他にも聞いていました。
ピザも到着してビールも2杯目に突入
2人とも結構顔が赤くなってきました。

「ね?? Hなサイト見ようよ??」
「えっ! マジですか?」
「あなたさっき見てたじゃない。イイサイト教えて。」
「こうゆうサイトが好きです。」と教えると
「あなたオッパイ星人?オッパイの画像ばっかじゃん。」
と言って検索を始めました。
何を検索してるのかよく見てみるとSM系のサイトでした。

「私はこうゆうのをよく見るのよ。結構好きなの。
 でも旦那はノーマルで結婚してからいつも同じパターン。
 ちょっとは刺激的なことして欲しいわよ。」
「SとM、どっちなんです?」
「どっちかと言えばMかな?」
ビールも3杯目に入りかなり酔ってきてるようです。

「じゃこうやっていきなり胸揉まれたりするのどうです?」
「・・・・・・・・」
「いきなり服の中に手を入れられて胸を揉まれるのは?」
「・・・・・・・・」
「イヤですか?」
「・・・・イイです。」
「派遣先でいやらしい目にあいそうなのに何故拒否する?」
「・・・・・おじさんはいやなの・・・・」

俺は興奮してきていきなりキスしてやりました。
そのまま服を脱がせてやりました。
すると股間に手を当ててきて言いました。
「早くイイ派遣先に変えてください。
 このまま最後までしちゃってイイから・・・」
と言ってズボンを下ろして舐め始めました。

フェラされてる最中は胸を揉んでいました。
そこそこ大きい胸で聞くとDカップだそうです。
5分くらい舐められて気が付きました。
「あっ! ゴム無いじゃん。」
「安全日だからイイですよ。一応外に出して。」
と言われて安心しました。

女性を机の上に座らせて俺は立ったままで挿入開始。
服を脱がせて正面から見て気が付きました。
少しポッチャリしてるな。でも胸の形はイイじゃん。
思いっきり揉みまくり思いっきり突きまくりました。
でも酒が入ってると俺はなかなかイケません。

疲れてきたので早くイキたくなって
高速ピストン開始しました。
するととたんに女性はイッてしまいました。
それでも俺はイケないのでそのまま続けました。

高速ピストンは3分くらい続けたと思います。
その間に女性は3回もイッてしまい
俺もその後すぐやっとイケました。
女性は
「こんなにイッの初めて。またしたい。」
俺は正直酒が回って激しい運動で心臓の鼓動が
怖いくらいに早く強く打っていたので
「今日はこれくらいで簡便してください。」
「ダメ?。 休憩してからまたしよう。」
「0時になると守衛の見回りが来るので・・・。」
「じゃあ今から私の家に行こう。」

ってことになり帰って寝たい気分でしたが
半ば強引な彼女に連れられて彼女の家に行きました。

ココから先は職場じゃないのでヤメときます。
その後も数人と職場でやりました。
それぞれ違うシュチュエーションですが
職場で数人と合計で15回くらいやりました。
でもその中の一人が会社にバラしたのか
誰かに見られたのかは定かではないですが
とにかく会社にバレて退職しました。

みなさん職場Hは気をつけましょう

------------------
いじょ。大人の過激な恋愛板「職場でのセックス体験を語るスレ」より。

バイト先の女子高生


俺が大学生だった頃の話、当時俺は4つ隣駅のファーストフード店でバイトをしていたのだが
たまたまそこに同じ地元の高校生の女(仮にSとします)がいた。
Sは俺の3つ下の当時高校2年で、モー娘。の紺野が痩せてちょいお姉にさせた感じの感じのカワイイ女だった。
ノリも非常によくて、バイト先での飲み会とかカラオケに行くと率先して飲んだり(しかし酒は弱かった)、アユの物真似して歌を歌ったりして
バイト連中にも人気が高かった。

俺は地元が一緒(幼稚園と小学校も一緒だった)だったのでバイト帰りにバイクで送ってやったり、当時付き合っていた彼氏の悩みを聞いてやったりして
いい兄貴分を演じていた。
当時俺は実家から歩いて2?3分の所にある親のマンションに独り暮らしをしていてバイト先の連中とかを連れこんで遊んだりしていたので
Sも何度か俺の家に来た事があった。

Sは本当に俺にはいろいろ相談してきた、ほとんど彼氏の相談なのだが、たまにエロい内容の相談もあった。
俺は「オープンなお笑い系エロ野郎」キャラなので下ネタも女性の前だろうが平気でバンバン言うタイプ。
だからSも俺には普通に彼氏とのエロ話をしていた。
Sは男性経験は今の彼氏ともう1人だけ、合コンで酔った勢いでやってしまった男らしい。
彼氏もいたって普通のHをする男で体はまだまだ未開発といった所みたいだ。

ある日Sからメールが来た、話を聞いてもらいたいから家に遊びに行っていいかとの事だった。
上でも書いたが俺は独り暮らしなのでこうやってバイトの連中が遊びに来るのは日常茶飯事で
他の連中もこうやっていきなり俺の家に遊びに来たりする。
当日のSもきっとそんな軽い気持ちで暇つぶしで俺の家に来たつもりだったのだろう。
俺も暇だったしSならカワイイから一緒にいるだけで楽しいし即OKの返信メールを出した。

暫くするとインターフォンが鳴った、俺はドアを開けるとそこには制服姿のSが立っていた。
「Tさーん!(俺の事)ちょっと聞いて下さいよ?!」
あぁ・・・また彼氏のグチなんだな・・・そう思ってとりあえずSに
「飲むか?」と聞くと
「もちろんですよ!飲まないとやってられんっ!」とのお返事。
んじゃちょっと家で待ってろ、俺が買ってきてやっから・・・ってな展開。

コンビニでビールとチューハイを5本ずつ買ってきて家に戻った。
Sは早速チューハイをグビグビ・・・
俺「・・・で?何があったんだよ?」
話の内容はどうやら彼氏の性欲の話で、会う度にHをすると言う内容だった。
S的にはたまには外でデートしたり、カラオケ行ったりしたいらしいのだが彼氏はいつも家でHしようと言ってくるらしい。
んでSは彼氏に今日はデートがしたいと言ってHを拒んだら彼氏の態度がが急に悪くなって喧嘩して帰ってきたとの事。

怒っているSを飲ませつつなだめる俺、そしていろいろ話すうちに話の流れがエロビデオの話になった。
酔った勢いなのかSがエロビデオを見たいと言う流れになって俺の部屋にあったエロビデオ鑑賞会が始まった。
暫く普通に笑いながらビデオを見ていたのだがバイブが出てきた所で流れが変わった。

俺「おまえさぁ?・・・バイブとか使った事あんのぉ??」
S「えぇ!?ある訳ないじゃないですかぁ?、Tさんは使った事あるんですかぁ?」
俺「あるよー・・・ってかソコにあるぜw」
S「うわーっ!あるんだw」
俺「見たい?w」
S「あー・・・興味ある・・・かも・・・」

酔った勢い+俺のエロキャラのお陰で話の流れがスムーズに進んだ。
袋の中から黒いバイブを取り出してSに見せる…その瞬間にSの表情が変わった・・・
まじまじとバイブを見るS・・・目がバイブに釘付けになっている・・・そしてついうっかりなのかSの本音が漏れた。
S「こんなの・・・はいるんだ・・・」

俺はニヤニヤしながらSの手に握られたバイブのスイッチを入れる。
ヴヴヴヴヴヴヴ・・・動き出すバイブ・・・振動とバイブの先の動きにSは目を奪われていた。
俺「ちょっとトイレ行くわ」
S「うん・・・」
何故か目が放心状態のS・・・もしかして使ってみたい衝動にかられているのだろうか?
俺は焦る気持ちを抑えてトイレに行ってチンコを洗った。

トイレから戻るとSはまだスイッチの入ったバイブを手に見ていた・・・しかもTVにはエロビデオが流れている。
凄いシチュエーションだなと改めて思った。
とりあえず無言でSの横に座りビールを一気に飲み干した、するとSもチューハイを一気に飲み干した。
俺「すげーだろ?これ?」
S「うん…」
俺「ちょっと貸してみ」
Sの手からバイブを取りSの耳に当ててみる・・・

俺「どんな感じ?」
S「えぇ・・・何か・・・わかんない・・・気持ちいいのかなぁ・・・」
バイブを耳から首に移動させてそのままSの口に持っていく・・・するとSはバイブにフェラチオをしだした。
俺「すっげぇなぁ・・・彼氏にいつもやってやってるの?」
S「うん・・・結構うまいって誉められるんですよぉ・・・」
照れ隠しだろうか、普通にエロトークを進めていくS、俺は更にバイブをSの胸の上に当ててみる。
俺「どんな感じ?」
S「わかんない・・・普通に振動が来ますよ・・・気持ちいいのかなぁ・・・w」
俺「そうか・・・じゃぁ・・・下やってみようか?・・・」
S「・・・気持ちいいのかなぁ?・・・」
俺「やってみなきゃわかんねーべ?」
S「ですよねー」

嘘みたいな展開に逆に俺がビックリ

とりあえず部屋の電気を消してSを布団に横にさせる、いきなり下を責めるのも勿体無い気がしたので
Sの制服のブラウスのボタンをはずしていく・・・
S「あたし胸ちっちゃいんですよぉ・・・」
俺「そうかぁ?可愛くていいじゃん・・・」
会話は今までどおりの普通のエロトークだが行動が完全にエロエロモードだった。
ブラウスのボタンを全部はずしてブラのホックをはずすと小ぶりな胸が出てきた。
Sの胸に軽く押し付けるようにバイブを当ててみる・・・しかし反応は薄い。

俺「やっぱ胸はダメか?」
S「そうですねぇ・・・あんまし・・・」
俺「んじゃちょっとこっちに・・・」
バイブを持ってSの足を開かせ太もも近辺に這わせる。
少しずつSのアソコに近づくようにゆっくりとバイブを動かす。

俺「どうよ?・・・気持ちいいかぁ?」
S「うん・・・なんかちょっと変な感じかも・・・あっ・・・」
初めて聞いたSの喘ぎ声・・・急にSが女に見えた瞬間だった。
俺「どうした?」
S「ちょ・・・やばっ・・・気持ち・・・いいかもあっ・・・」

Sが両手で俺を抱きしめるようにしてきた、俺は左手でSを腕枕しながら更に右手のバイブをSの股間に当てる。
パンツの上からSのアソコにバイブを当てる、ひときわSの声が大きくなる。
S「あっ・・・ちょっ・・・っくはぁっっ・・・っはぁっ・・・はぁぁんっ・・・」
Sの両手の力が強くなる、ギュっと俺を強く抱いたかと思ったらビクンビクンっとなって力が抜けた。

俺「どうしたぁ?・・・イッっちゃったか?w」
S「うん・・・ハァハァ・・・すっげー気持ち良かったですよぉ・・・」
Sの目がトロンとしている・・・これはチャンスだと思い俺は自分のズボンを脱いで更に調子に乗ってみる。

俺「ねぇ・・・さっきのさ・・・Sのフェラチオ・・・俺にもやってよ」
無言で俺のチンコにむしゃぶりついたS、ねっとりと奥まで咥え込んで舌先で先っぽをチロチロとしてくれる、やばいくらい気持ちいい。
俺も負けじとSのパンツを脱がしてアソコにくらいついた。
Sのアソコは色などは暗くてわからなかったが小さくてトロトロだった。
蜜の味はあまりなかったが舐めれば舐めるほど出てくるような感じだった。
S「んっ・・・ふんっ・・・ふっ・・・」
一生懸命咥えながら喘ぎ声を出しているSを見て俺は興奮しっぱなしだ。

ここで俺はまたバイブを取り出してSのクリに当てた。
S「ふむぅ!」
一気に口を離してのけぞるS・・・そしてトロトロのSのアソコにゆっくりとバイブを入れる。
S「ちょっ・・・だめっ・・・あぁっ・・・Tさ・・・んあっ・・・」
根元まで完全にバイブが入ったとこでゆっくりと上下に動かす、もちろんバイブの振動は強。
S「っくっ・・・あんっ・・・ちょっ・・・ダメっ・・・あっ・・・気持っ・・・良すっ・・・ぎあんっ・・・」
無言でバイブを動かしつづける俺。
S「Tさ・・・んぁっ・・・っはっ・・・またっ・・・イっちゃあんっ!・・・やっ・・・イっ!・・・」

俺の太ももらへんに置いていたSの左手が急に力強くなったかと思ったらまた力が抜けた・・・どうやらイッたらしい・・・
俺「どうしたぁ?・・・またイッちゃったぁ?」
S「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・・・・・・・はい・・・ズルイですよぉ・・・はぁはぁ・・・気持ち良過ぎですよぉ・・・」
俺「んじゃもうちょっと・・・w」
S「え・・・ちょっと待っ・・・」
俺は体勢を変えて正常位の形になってSの中にゆっくりをチンコを入れた」

S「え・・・ちょっ・・・ダメですよっ!・・・やんっ・・・あっ!・・・」
ココまで来たらもう止まらない・・・根元までゆっくりとSの中に入れる。
Sの中はトロトロで暖かく、とても締まりが強い液が絡み付いてゆっくりと俺のチンコを締め上げる。
電気の消えた薄暗闇の中、制服のブラウスがはだけてブラジャーはホックはずれて胸が見えている、
スカートは履いたまま…なんとも言えないこの格好に視覚でもやられてしまう。
俺「やべー・・・S・・・超気持ちいいんだけど・・・」
S「やっ・・・ダメですって・・・あっ・・・あっ・・・Tさ・・・あっ・・・」

Sを抱きしめながらピストン、Sも両手を俺に絡めてきた、俺はSの頭を持って激しくキス
キスをしながらゆっくりと俺の好きな言葉遊び
S「んっ・・・んっ・・・っはぁ・・・あっ・・・」
俺「気持ちいい?・・・ねぇ?S・・・気持ちいい?・・・」
S「もうっ・・・あっ・・・やぁっ・・・はぁっ・・・」
俺「どうよ?・・・w」
S「あんっ・・・そんっ・・・なっ・・・動かしながら聞かれてもあんっ・・・きもっ・・・あっ・・・いいっ・・・」
俺「聞こえなーいw」
S「やぁっ・・・Tさんっ・・・意地悪っ・・・あっ・・・気持ちっ・・・いいっ・・・でっ・・・すぁんっ・・・」
俺「彼氏とどっちが気持ちいい?w」
S「やぁぁぁっ・・・言わないでっ・・・あんっ・・・彼氏より・・・時間長いっ・・・からっ・・・気持ちっ・・・いいっ・・・はぁんっ・・・」

こんな感じで暫くSをいじめて遊ぶ、そして体位を入れ替えれ対面座位の格好になる。
Sの両足を大きく開かせ、太ももの下から両手でSを抱えてだっこするような形、結構奥まで入って男も女も気持ちいい。
S「んあああああっ!・・・やっ・・・ダメっ・・・凄いっ・・・いいいっ・・・」
俺「どうしたぁ?」
S「ダメっ・・・どうにかなっちゃっ・・・きも・・・ちっ・・・良すぎてあんっ!」
俺「もっとかぁ?」
S「ダメっ!・・・またいっちゃ・・・いっちゃ・・・いっちゃっ・・・!!!」
言葉にならない声をあげてSまたグッタリしてしまった・・・またイったみたいだった、それでも激しく腰を動かしつづける俺
S「ひゃぁぁあんっ!あんっ!やっ!あんっ!」
もうSは言葉にならないらしい・・・

S「あ?あ?ダメ?ダメぇぇぇぇぇ!お願いっ・・・もうだめっ・・・」
既にSは半泣き状態・・・ココでまた体位を入れ替える。
Sをうつ伏せにさせて足を半開きにさせて少し腰を浮かせる、覆い被さるようにしてSの中に侵入、
右手ではSのクリトリスを刺激する。
S「あっ・・・あっ・・・ダメっ・・・気持ちっ・・・あっ・・・またイっ・・・ちゃぁんっ!」
Sの体がビクついた・・・どうやらまたイってしまったらしい・・・
俺「どうしたぁ?・・・またイっちゃったのぉ?」
S「だっ・・・って・・・気持ち・・・あぁぁぁぁっ!イっ・・・イっ・・・イッ!!!」
どうやらイキっぱなしモードに入ってしまったらしい・・・俺もそろそろ限界が近づいてくる。

俺「S・・・やべー・・・俺もイキそう・・・ドコに出そう?」
S「あっ・・・あっ・・・中はダメっ・・・ああっ・・・あああああっ!」
俺「じゃぁ口でいい?飲んでくれる?」
S「うんっ・・・Tさっ・・・ああっ・・・くちっ・・・のんっ!・・・あああっ!」
俺「イクっ!」

Sの体から抜いてSの口に持っていくとSは口を開けて俺のを含んだ、
ドクッドクッっとSの口の中に出たものをSは全部飲み込んでくれた。

俺「どうだった?・・・気持ち良かったかぁ?w」
S「はい・・・ってか気持ち良過ぎですよw・・・うますぎですw」
俺「そうかぁ?」
S「だって彼氏早いし・・・いつも正上位で終わるし・・・あんな体位でやったの初めてですよぉ?・・・でも気持ち良かったw」
終わった後はこんな感じでまた普通のエロトークに戻っていった。

それからはSは俺との体の相性が良かったらしく、ちょくちょく独りで遊びに来ては俺とHして帰っていった。
その後また凄い話があるのですがそれはまた今度書きますです。
乱文、マッハ連投失礼致しましたです。

会社の慰安旅行での話

会社の慰安旅行での話です。
当時私が働いていた会社は小さな会社でおじさん、おばさんが多く
若い人と言えば私(20歳)とSさん(27歳)くらいで
あとは30代後半の人と言う感じでした。
慰安旅行はあんまり行く気しないなーと思いながら
上司に若い人がいないと面白くない、などと言われとりあえず行こうと思い行ったんですが・・・

私はバスにすぐ酔うので朝から酔い止めを飲んでいたんですが
バスに乗ってるとだんだんと酔ってきて目的地に着く頃にはもうフラフラで
観光も何を見たのかよく覚えてないくらい。
旅館に着いて温泉に入った後に大広間で宴会だったんですがバス酔いした後のせいか
ビールを1杯飲んだだけで気分が悪くなってしまったので
ご飯を少しだけ食べてパートのおばさんに少し横になります、と言って部屋に戻りました。

布団で横になってるとすぐに眠ってしまい30分くらい経った頃に
何だか人の気配がある事に気づきました。パートのおばさん戻って来たのかな?
と顔を向けるとSさんでした。
「大丈夫?」と言ってお茶を持って来てくれたので体を起こしお茶を飲むと
急いで飲んだせいかお茶がつまり咳き込んでしまいSさんは背中をさすってくれました。
何だか恥ずかしくて照れ隠しにまたお茶を飲むと更に喉につまり咳き込む私・・・
入った場所が悪くて苦しくて座ったまま両手を前について咳き込んでいると
Sさんはまた背中をさすってくれたんだけど左手は背中をさすってるんだけど右手が腰の辺りに。
でも苦しくて咳き込んでたので気にならなかったんですがその手がだんだん上に・・・
胸を触ってきたので「ヤだ」と言って体を起こすと
Sさんは私の浴衣に手をかけていたらしく私が急に起き上がったので片方のおっぱいが丸出しに・・・
(気分が悪かったので部屋に戻ってからブラはずしてたんです)

突然の事だったので私はパニクって胸を隠さず「見ないで?」と叫んでSさんに抱きついたんです。
私「見ました??」
Sさん「ちょっと見たかも」
私「見た事誰にも言わないでもらえますか??」
Sさん「うーーん、どうしよっかなー。でもおっぱい綺麗だったなー。
    ・・・・」
とゴチャゴチャ言いながらSさんは私の浴衣の帯をほどいてたんです。
私は帯を完全に取られてからそれに気づいたんです。(かなりパニクってたみたいで気づかなくって・・・)

「今離れたら恥ずかしい」と言いSさんに抱きついたままの私。
Sさん「でもこのままじゃパートさん達戻ってくるよ」
と言われそれもヤバイと思い、「じゃ?目つぶっててください」と言い目をつぶったのを確認してから
私はSさんから離れすぐにSさんに背を向け浴衣の帯を締めようとした時
Sさんは後ろから浴衣を脱がそうとするので私が必死に抵抗してると
Sさんは後ろから抱き締めてきて後ろから浴衣に手を入れ胸を揉んできました。
胸の感じる私は体の力も抜け声が出るのを必死に堪えていたんです・・・

Sさんは声を堪えてる私をみて私のおっぱいの先を指で触り始めて
もう我慢出来ずに声を出しちゃいました。
その時には抵抗してたせいもあって浴衣は上は完全に腰まで脱がされていて
下も太もも丸見えでパンティーが見えるくらいはだけていました・・・
私もおっぱいを触られてかなり感じてたのでもう抵抗しませんでした。
するとSさんは私のおっぱいをペロペロし始めて感じてる私を見ながら
太ももを触ったりパンティーの上から割れ目の横を触ってなかなか濡れてる部分を触ってくれず
焦らしてきたんです。
パンティーを脱がした後にはあの部分の周りばかりペロペロしてまた焦らされて・・・

焦らされすぎてもうダメ・・・って感じになった時にSさんは
すごい勢いで私のクリちゃんを舐めてきて・・・
私はあんまりの気持ち良さに背中をのけぞるとSさんはアソコを舐めながら
両手で私の固く立ってる乳首を触ってきて私はすぐにイッちゃいました。
イッた後にすぐにSさんはSさんの固くなった物を入れてきたんだけど
入れた後にキスをしてくるんだけどなかなか腰を振ってくれなくて
また焦らされて・・・我慢出来なくて「気持ち良くさせて・・・」と言うと
その言葉に興奮した感じで激しくピストン。
そのまま私のお腹の上に出しました。

慰安旅行が終わってからはSさんとは付き合ってるわけではなかったけど
Hはしていました。
仕事中にみんなに見つからないように胸やお尻を触られたり
みんなが帰った会社でHしたり。
私が仕事を辞めてからSさんとの関係は終わったんだけど気持ち良かったなー。

予備校アルバイトまゆ

書いちゃっていいのかな…。
私が大学3年の時のちょうど5月の今頃の話です。
4月から予備校の講師室で受付のバイトをしていました。
講師にもいろんな人がいて、セクハラ講師やすぐキレる講師なんかもいて
歴代の先輩バイトや職員さんがつくったブラックリストも照合して講師の
名前と顔を覚えた頃、受付時間間際になって、講師室に居残っていた講師
が「今からみんなで飲みに行くけど、時間ある?」と聞いてきました。
ペアで仕事していた職員さん(女性)とご飯食べに行く予定でしたけど、職員
さんが「いいですよー」と快諾していました。私にも「いいよね?」と聞いて
きました。私がためらっていると、職員さんが耳打ちして「奢りだから食べに
行っちゃおうよ」ってことで、職員さんもいるし行くことにしました。

予備校の近くの居酒屋で、すでに15人くらいの講師が飲んでいました。
私たちが入っていくと、顔見知りですから、おおっ!という声がしました。それから
たわいもない話や予備校の裏話なんかが聞けて楽しかったんですが、私、
だんだんとお酒の量がすすんできて、レベル1に達しちゃいました。これ以上
飲むと超ハイになっちゃいそうなので、セーブモードに入りました。
1時間くらいたってから、有名講師なんですが、肩揉んでやるとか言って触り
たがりの、ブラックリスト上位者のオヤジ講師が居酒屋に入ってきました。
有名講師ですから、他の講師も「先生、先生?」とか言って、「若い娘の横!」
と言うオヤジ講師のわがままを聞いてます。けっきょく私の横に来ちゃいました。

オヤジ講師はハイピッチで飲んでます。私は警戒しながら飲んでました。
とうとうオヤジ講師が、「バイトちゃん、猫背だねぇー。猫背の人は肩凝るんだよー」
といつものパターンのセクハラ開始です。生理的に受け付けない相手だったので
拒否しまくりでしたが、それでも絡んできます。誰も助けてくれませんでした。
中座していた若い講師のKさんが「先生ー、酔うとすぐこれだから、もう。若い者
同士で飲む方がいいよね。あんまりしつこいと次回から来てくれませんよ?」と
ほほえみながら間に入ってきてくれました。Kさんはあまり有名な講師ではないんですが、
とても爽やかで気さくな人で、講師室のバイトの中でも注目の的でした。

Kさんの話につられて、またお酒がすすんでレベル2に突入寸前。またオヤジが絡んできました。
Kさんもさすがにあきれたのか、「バイトちゃん、お帰りだそうです」と助けてくれました。
私も「明日早いんで帰りまーす」と言って、帰り支度です。
Kさんも他の講師から、「K。おまえ、今日俺ん家泊まれないよー、明日子供が試合で早いからさー」
Kさん時計を見て、「わぁー終電あぶないです。僕も帰ります」ってことで私のすぐ後に抜けてきました。

私はお礼が言いたくて、居酒屋の外で待ってました。Kさんが急いでやって来ます。
私「K先生、ありがとうございました。」
K「いいよ、いいよ、災難だったね。懲りずにまた一緒に飲んでね」私、外気温のせいでレベル2状態になってます。
私「K先生、じゃ今から行きましょう!」そしてKさんの腕に手を組ませて引っ張ります。押し問答してるうちに
終電が行ってしまいました。
K「しょうがないなぁ…、もう一件だけだよ」と私がよく行っている下宿の近所の居酒屋へ行きました。

いろんな話を聞きながら、だんだんKさんが酔っています。お酒弱いみたいです。完全にできあがりました。
私もレベル2完全に超えちゃってますが、まだ意識はあります。Kさんを歩かせて、徒歩3分の私の下宿へ行きます。
肩かしてベッドへ。私、レベル3になることは滅多にないんですが、泥酔状態の年上の男の人と二人きりになるのも初めてで、
それもあってかエロ女モードになりました。ベッドにもぐりこんでるKさん確認して、いきなり脱ぎだしちゃいました。
そして下着だけで、ベッドに入ります。Kさん、うっすらと目を開けます。しかしまた目を眠っちゃいました。
Kさんの唇にそっとキスしましたがなにも反応しません。前彼が乳首が弱かったので、KさんのYシャツのボタンはずして
舐めたけど、ううっって言ったきり起きてくれません。あそこを手で握ってもダメでした。しょうがないんで寝ちゃいました。

朝、Kさんが私を起こしました。Kさんは、酔って私とHしちゃったのでは?と焦っていました。ふだんの生徒さんと
話している姿とは別人で、焦ってる姿にキュンときちゃいました。そのままKさんに抱きついて、キスしちゃいました。
KさんもHしちゃったってあきらめたのか、キスしてくれます。舌の動き方が全然ちがって、キスだけでうっとりしちゃいました。
あんまり大きくない私のおっぱいをもんでます。指の使い方がすごくて、乳首触られたときには、電気が体中に走っちゃった感じです。
そして舌で舐めてくれます。年上の人って凄い…って思いながら、感じまくっちゃってました。
Kさんがベルトはずしてます。脱いでるときに、いっきにパンツもおろしちゃいました。20cmくらいの
今まで見たことない大きさです。感じさせてくれたお礼に、Kさんの大きなものを舐めちゃいました。
同年の前彼は口でするとすぐにいっちゃう人でしたけど、Kさんは長持ちです。なかなか出してもらえません。

今度はKさんが私を抱き上げて、ベッドに連れて行ってくれます。左手でおっぱいをもまれて、舌で右乳首を吸われて、
右手で敏感なところとあそこを指で愛撫してくれます。4ケ所も同時に責められるのは初めてでした。
私は何度もいっちゃいました。
Kさんの大きなものが入ってきて、あそこの奥の方まで突かれて、何度も何度もいっちゃいました。

そして、その日は夜まで何回もやっちゃいました。

今ではお互いにいいやり友になっちゃってます。

ホテル住み込みバイトS美

私が就職して2年程たった夏の話です。
当時まだバブルの余韻が残っていた頃で、俺はクレジットカードを
使いすぎて借金の残高が60万くらいになりました。、
度々返済を滞らせるようになり、返済の催促のTELが
会社にもかかってくるようになった。
仕方なくお盆休みに有給休暇を加えて長めに貰い、
短期で時給の良いアルバイトを探す事にした。

そして、とある高原の観光地にある会員制リゾートホテルに住み込みで
働くことになったのです。
現地に着き、ホテル近くの寮に案内された。
社会人で東京から1人で来たのを気遣ってくれたのか、
和室2間の部屋を個室として与えてくれた。
仕事が終わると寮内では各グループ毎に部屋に集まり、飲んで騒いでました。

3日目の夜、仲間の部屋で飲んでいた俺はトイレに行こうと廊下を
歩いていると「S美、大丈夫か?」、「しっかりしろ!」
という男の声が聞こえてきた。
トイレ前には廊下に横たわってピクリとも動かない女の子と
屈みこんでいる男が。 地元の若い連中のグループの椰子らでした。

私「どうしたの?」
男「飲みすぎたみたいで・・・」
ただオロオロする男を横目に
私「彼女の部屋分かる?」
男「あ、はい。」
私「取りあえず、運ぼう。」
彼女を抱き上げ、部屋まで運ぶ。
階段を上がる際、何度か持ち返る振りをして左手で太ももを、
右手で乳房をまさぐってました。
「あれ、でかいな、Dくらいありそうだ。」

部屋には女3・男6人で飲んでいました。
「S美、どうしたの!」
ベッドに運んだ私に礼も言わず、騒ぎになる連中。
私はそのまま黙って部屋を出た。
翌日、彼女や連中と顔を合わせても礼の一つもなかったので
憤慨してました。
「ったく、近頃の若い椰子は・・・」
次の日の夜、酒は遠慮して早々に寝ていると、
ドアをノックする音で目が覚めた。

私「はい?」
女性の声「こんばんは、ちょっといいですか?」
ドアを開けると白のTシャツにデニムのミニスカ姿のS美が
スーパーの袋を持って立っていた。
私 「なにか?」
S美「一昨日はありがとうございました。これ、よかったら食べて下さい。」
菓子が詰まった袋を俺に手渡した。
私 「ああ、わざわざいいのに。 大丈夫だったの?」
S美「たまにやっちゃうんですよ、恥ずかしいんですけど。」
  「それじゃあ。」
S美はドアをしめた。

私は布団に入ろうと思ったが再度ドアを開けた。
私 「ねえ、よかったらお菓子食べてかない?」
S美「えっ、でも・・・」
私 「こんなに食べきれないし、飲み物もあるから。」
S美「じゃあ、少しだけ・・・」
正直、誘いに乗るとは思わなかったので、内心あたふたしました。
布団の敷いてある部屋ではなく、座卓とTVのある部屋に案内する。

冷蔵庫に蓄えていたビール、サワー、ワインをすべて出した。
ウーロン茶とコーラもあったがあえて出さなかった。
私 「好きなの飲んでよ!」
S美「うーん、じゃあワイン貰おうかなー」
ボトルの栓を開け、乾杯した。(おれはビールで)
女性と二人きりで話すのは久し振りなので、なるべく永く居てくれるように
必死で話題を探した。

S美は東京には1度しか行ったことが無いという。
興味があるという、ディズニーランドのアトラクションや、
DCブランド(もう死語か)の話をすると喜んで聞いてくれて、
話と酒が弾んだ。

S美は藤崎奈々子をぽっちゃり&ヤンキー系にした様な感じでした。
身長は155cm位、年齢は20才で地元の高校を出て電機メーカーの工場に
就職したが仕事がきつかったらしく1年ほどで退職して
半年前からこのホテルで働いていた。

酒に強くないのは想像できたので、
私 「せっかくボトル開けちゃったから飲んでってよ。」
S美「この前みたいになると困るしー。」
私 「また部屋まで連れてくからいいよ。」
S美「あははははー」
ボトルが空いた頃、S美は時折ウトウトし始めた。
そっと座卓の下を覗き込むとピンクのショーツが見えた。
メチャクチャ興奮するが押し倒す勇気の無い俺。

私 「大丈夫?」
S美「あっ、そろそろ寝なきゃ」「ごちそうさま、楽しかったです。」
立ち上がり、玄関に向かうS美だが襖にぶつかっている。
私 「やっぱり送るよ。」
S美の肩を支えて廊下に出る。
S美「トイレに行きたーい。」
私 「はいはい。」

S美を女子トイレの便器(和風)まで連れて行った。
私は外に出ようかと思ったが、少し離れ、手洗いの所で待った。
「ガサゴソ」「ツー」     「パンツ下げた所か?」
「ジョロジョロ」「ジョロジョロ」 「オシッコしてるよ!」
「ガラガラ」「ガラガラ」   「ティッシュで拭いてる!」
「ゴゴゴゴゴゴー」    「あ、終わったね!」

ドアを開けて出てきたS美を再び支えようとするが体勢を崩した
S美を抱きしめる形になった。
嫌がる素振りを見せなかったので暫くそのままの体勢でいた。
S美の乳房が私の胸に当たる。
顔を覗き込むと眠ってる?ようだ。
そっとS美の唇を奪う。 目をつぶったままのS美。
キスをしながら片手で支え、片手で乳房を揉む。

部屋に連れ帰ろうと思ったが、こんなシチュエーションは
初めてなので興奮した。
私の部屋があるフロアは女性の部屋は無いのでこの女子トイレが
使われる可能性は殆ど無い。
私はS美を支えながら電灯のスイッチまで移動して電灯を消した。

窓から外灯の光が少し入るので真っ暗にはならなかった。
私はS美の後ろに回りこみTシャツの下から両手を入れ、
ブラをたくし上げて、手の平からこぼれる生乳を揉みまくった。
S美「あっ」「あんっ」
乳首が隆起してきたので指でつまみ、優しく転がす。
「うっ」「うぅーん」

片手を外してミニスカを捲くり、ショーツの上から手を入れる。
陰毛を掻き分け、割れ目を目指す。
「あれ、まだ濡れてないのか」 と思ったが指をひだの内側に入れると
「おおっ、濡れてる。濡れてる。」
指二本を使いやさしく出し入れする。
S美は前のめりになりながら声を殺し喘ぐ。
「あっ」「あっ」「あんっ」

S美をカウンターにもたれ掛かる様な体勢にする。
スカートのボタンとファスナーを外し、脱がす。
ピンクのショーツに包まれた、ムッチリしたヒップが現れる。
直ぐに脱がさず、両手で揉みこみ、撫で回す。
「あー たまんねー」 思わず頬擦りする私。
割れ目の部分をずらして舐めてみる。

「はあぁっん」
初めてS美が大きな声を上げる。
流石にオシッコの匂いが気になったので舐めるのは止め、
ショーツを足首近くまで摺り下ろした。
私はスウェットパンツとトランクスをマッハの速さで同時に脱ぎ、
一物をS美のヒップに擦り付けて楽しんだ。

そして濡れた谷間を見つけてカリの部分まで突き入れた。
S美「い、痛ぁーい」
そのまま腰を動かさず両手で乳房を揉みながら首筋、耳を舐める。
「あぁーん」
いつの間にか俺の一物は全て埋め込まれている。

腰を押さえて突きまくった。
「パコっ」「あんっ」「パコっ」「あんっ」「パコっ」「あんっ」
もうS美は声を抑えなくなっていた。
暗い女子トイレに挿入音と喘ぎ声が交錯する。
まるで別世界の出来事に思え、興奮した。
S美は滑りが良くなっても膣の圧力?が変わらない。
こんな女は初めてだった。

絶頂を迎え、S美のヒップ(中じゃないです)に放出した。
S美はカウンターに捕まる手の力が抜けタイルの床に剥き出しの
ヒップをついてしゃがみ込んだ。
S美を私の部屋に連れて行き、布団に寝かせた。
「明け方にまた出来たらいいな」と思いつつ、
私も眠り込んだ。

翌朝、目を覚ますとS美は既にいなかった。
仕事中に会っても言葉を交わすことも無く、私はバイトを終了して
東京に帰りました。
考えて見れば不思議な体験ですが、今でも思い出すと興奮します。

以上です。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード