萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

泥酔

ボランティアサークルで

私は大学2年生の後期に障碍者の子供と遊ぶボランティアサークルに入りました。

大学2年生の後期と言えば就職活動が始まる時期で、先輩から
「ボランティアをすると面接で有利になるよー」
と言われたので、いまさらですがサークルに加入しました。

私が加入したボランティアサークル「ひまわりの会」は部員は多いのですが、実際に活動している人は5人程度です。

毎週金曜日に養護学校に行って障害を持った子供たちと遊びます。
私は子供が好きと言うわけではないので一緒に遊んでもあまり面白くありませんが、子供が喜ぶ姿を見るのは気持ちが良かったです。

ひまわりの会では月に一度交流会を開いているらしく、新入部員の私は部長から「参加してほしい」と言われました。

これからみんなと仲良くするためにも交流会に参加するのはとても大事なことに思えたので、私は交流会に参加しました。

今回の参加メンバーは男性が6人女性が3人の合計9人。
女性は3人とも今日が交流会には初めて参加するメンバーでした。
交流会は学校の近くの居酒屋で行われ、飲んで食べて騒いでとても賑やかでした。

男性のほとんどはビールを飲み(中には日本酒を飲む強者も)、女性はカクテル?なのかチューハイなのかよくわからないお酒を飲みました。

お酒を飲んで1時間ぐらい経過すると、私を含め他の女性もそわそわするようになりました。
体が熱いんです、喉が渇く感じがするので飲み物を頼むとまた部長があのお酒を注文しました。

「暑いのでお冷がほしいです」

部長にお冷をお願いすると、なぜかお品書きをうちわ代わりにして仰いでくれました。
他の女性二人(ミキホさんとチズコさん)も顔を真っ赤にしています。

ミキホさんはスカートを穿いているのに足を開いてしまって、パンツが丸見え状態です。

「ミキホさん、見えちゃってる・・・」

私は耳元でミキホさんに伝えたのですが直そうとしません。
チズコさんの周りには男性部員が集まっていて、チズコさんの楽しそうな声が聞こえています。

この交流会・・・、何かおかしいです。
飲み放題の時間が終了したので交流会はお開きになる予定だったのですが、なぜか部室で二次会を開くと部長が言い始めました。

「二次会に参加する人手をあげて!」
私以外の人全員が手をあげました。

「えー、一人だけ帰っちゃうの?新入部員の歓迎会なのに」
結局、私は強制的に二次会まで参加させられる状態にされてしまいました。

全員で部室に行くとすでにお酒とつまみが用意されていて、男性はビールを配られ女性は部長が用意したカクテルの原液を炭酸水で割ったものを配られました。

この時、お酒を入れている部員が小瓶のようなものを取り出し、数滴カクテルに垂らしていたのを私は見てしまいました。

(体の調子がおかしいのはあれが原因かしら!?)
私はお酒を飲むふりをしてミキホさんとチズコさんの様子をチェックしました。

1人の女性に3人の男性がついて、すでに服の上からおっぱいを触ったりスカートをめくられたり、散々な状況になっていました。

部長は私が警戒している様子を見抜き
「お酒飲まないの?飲まないなら飲ませてあげるよ」
と私に無理やり飲ませようとしてきました。

頭の中は冷静な状態を保てたけれど、居酒屋であのお酒を飲まされてからすでに体は火照った状態になっていました。

部長がお酒を口に含み、私に無理やりキスをして来て口移しで飲ませてきたので、必死になって抵抗をしました。

「いるんだよね、感が良くて気づいてしまう娘が」
部長は慣れた感じで口移しでお酒を無理やり飲ませて、私の自由を奪っていきました。

「後は楽しむだけ、かなり効くはずさ」
部長は高笑いをして私のそばから離れなくなりました。

部長にキスをされてから他の男性部員がかわるがわるキスをしたり、体を触ってきたりしました。
キスをされたり体を触られるだけですごく気持ち良くなっていたので、私は彼らのことを求め始めていました。

ミキホさんはすでに他の男性部員とセックスしていて、チズコさんは電マをクリトリスに当てられて悲鳴のような喘ぎ声を出していました。

私も・・・、私も気持ち良くなりたい。
私は自ら男性部員のパンツを脱がしてフェラチオを始めました。
ほとんどの男性がすでに大きくなっていたので、四つん這いにされてすぐにアソコに挿入されました。

ぁぁぁ・・・・・

私は処女ではありませんが男性経験は多くありませんでした。
今までに二人の男性とお付き合いしたので経験人数は二人です。

そんな私の身体を9人の男性部員がかわるがわる弄んでいきます。
1人はおっぱいを舐めて、また一人は乳首を吸って、口の中に大きいものをねじ込まれて、そしてアソコは何度もピストン運動をされて・・・。

男性全員が3人の女性を犯した後は、好きな女性を選んで激しいセックスを続けていました。

「もっと、もっとちんちん入れてぇ」
「私の口の中にちょうだい」
「き、気持ちいいです」

女性3人は男性に犯されて激しく感じてただ快楽を求めるだけの、セックススレイブとなっていました。

二次会が始まって2時間ぐらい経過する頃、ほとんどの男性が精力を使い果たしていました。
でも、私達女性はもっともっとエッチがしたくて・・・。

ダウンしている男性のおちんちんをフェラチオして無理やり立たせようとします。

「ごめん、もう無理かな」
「俺も無理ー」

始めは勢いよく私たちを犯してきたのに、好きなだけ精子を出した後は全く相手してくれません。
精力が尽きた部員は服を着て帰っていきました。

頭の中がエッチなことで一杯になっているのに男性が相手してくれなかったので、最終的には三人でお互いの体を触ったり舐めたりしました。

ミキホさんのアソコからは男性の精子のニオイがしてすごくいやらしかったので、ミキホさんの愛液と性液が混じったアソコをきれいに舐めました。

チズコさんは私のアソコを舐めてくれて、ミキホさんはチズコさんの大事なところを舐めていました。
お互いがたまにお漏らししたりアソコが緩んで男性の精液を出してしまったり、私たちは体の火照りが取れるまでお互いの体を慰め合いました。

私が正気に返ったときには部長と男性一人だけ残って、私たちのレズプレイをスマホで撮影していました。

「いいもの見せてもらったよ」

この時すでに怒る気力もなかったので私達三人は家に帰りました。

結局、ひまわりの会は表向きはボランティアサークルだったけれど、裏では女性部員に媚薬を飲ませてセックスパーティーをする卑劣なサークルでした。

しかし、私達3人は今もひまわりの会に在籍しています。
あの3人でエッチした時のことが忘れられないんです。
また、媚薬を飲んでエッチなことをしたため体がエッチの快感を覚えてしまって・・・。

現在、私は大学3年生で新たに女性部員を二人勧誘しました。
私好みの女性が来てくれたので、彼女たちとの絡みが楽しみです。

スタイル抜群な彼女がヤリチンでエッチが上手な玉井にハメ撮りされていた・・・

俺には付き合って2年の彼女がいました。
当時の彼女は26歳。付き合ってたわけだからそれなりに可愛いと思う。

俺は見慣れちゃってたからそうは思わなかったけど、友達からは小西真奈美に似てるって言われてた。

あんなには綺麗じゃないけど、ムッチリしたスタイルはなかなかだと思う。
友達のカップルとかで海に行った時に、お前の彼女エロ過ぎって言われたし。

まぁそんな彼女と付き合ってたわけですが、先月別れることになりました。
その別れる原因となった話を投稿します。

会社で2才年上の玉井という先輩がいます。
俺は新入社員の頃から面倒をみてもらっていたので、割とイイ先輩ってイメージでした。

でも先輩の同期や上の人はあまり好いていないらしく、理由を聞いても「まぁ?別に・・・」っていうんです。
ハッキリした理由も無くみんな同じような事を言うので、何となく変な感じはしてました。

俺の同期や後輩たちは「そんな嫌われる要素ある?」って思ってましたし。
先輩よりも年下の奴らには、嫌われる理由がまったく分からないという先輩でした。

彼女と付き合い出してから少しして、玉井に彼女を会わせています。
仕事帰りに彼女と待ち合わせをしてて、その時に少しだけ挨拶したって感じ。

その後は何回か一緒にメシを食ったりもしましたけど、別に怪しむ感じではありませんでした。

だいたいこの玉井ってのは女癖が悪く、彼女もコロコロ変わるしセフレも数人いるという男。

女の知り合いが多くて合コンにもよく誘われました。
俺は彼女がいたから「どうしてもメンツが足りない」って時しか行った事はありませんでしたが。

結構酒好きなヤツで、泥酔して気が付いたら路上で寝てたとか、玄関の扉の前で座って寝てたとか、やっちゃった話をよく聞いてました。
合コンの時も泥酔して家まで送った事も数回あるし、何度か携帯や財布も無くしているらしい。
そんな玉井でしたが先輩だったから、普通の付き合いはしていたんです。

先月の初旬に、また玉井から合コンの誘いがありました。
どうしても来てくれと言われたので彼女に了解を取り、メンツ合わせの為に参加しました。

毎回凄いのは、玉井が集める女の子のレベルの高さです。
渋谷や新宿などのショップ店員の女の子がその日は集まっていました。
聞いた話だと、主催してくれた女の子は、玉井に店内でナンパされたらしい。

多分楽しかったんでしょうね。
女の子達は玉井を妙に持ち上げてましたし、ノリノリで呑まされまくってましたし。

結局泥酔した玉井を俺が面倒みる事になり、それに付き合って玉井がナンパした女の子ともう一人の女の子が残ってくれました。

カラオケで寝かせようとなって、4人でカラオケに行きました。
初っ端から玉井はソファーを陣取って爆睡し、俺ら3人はシカトして歌ってました。
1時間ぐらい歌った後は、呑みながらマッタリ過ごしてました。

「この人女遊び凄いんだって?」
「そ?かねぇ??いつも一緒にいるわけじゃないから知らないけど」
「今日も変な事になると嫌だから飲ませたんだよねぇw」
「そうなんだw じゃ一応作戦成功か」

呑まされてた理由がそれで分かりました。
主催の女の子が言うには、お店の後輩や友達を食われない為にしたんだって。
じゃ?合コンなんてするなよ!って思いますが、しつこいから1回だけ付き合ったんだって言ってた。

「この前呑んでた時も凄い話してたよ」
「ん?何が?」
「この男、セフレが何人かいるって言い出してさ」
「あぁ?そうなんだ。モテるからねぇ」
「でも人妻とか彼氏いる女とか平気で食っちゃっるって言ってたよ」
「へぇ?そうなんだ」
「男がいる女の方が萌えるし簡単に食えるんだって言ってたし」
「へぇ?そんなもんかねぇ」

玉井が寝ているとはいえ、よくこんな事を喋るもんだなぁ?と思いながら付き合ってました。
ベラベラ玉井が喋った女関係の話をしていて、それをネタに玉井をケナしまくりです。
女の敵でしょ!ぐらい言ってたので、なんで仲良くしてるのかが不思議でした。
だから気になったので聞いてみたんです。

「でもそんな事言ってても、先輩と遊んでるんでしょ?」
「まぁ??ねぇ???メシ代浮くしw」
「えぇ?それだけじゃないじゃん!」
「ちょっとヤメてよぉ??」
「えっ?何が?」

2人がジャレ合うような感じになったので、それを黙ってみてました。
言わないでしょ!イイじゃん!何で言うんだよ!ウケるから!
そんな事を言い合ってる内に、友達の方が暴露してきました。

「そこの人、超エッチがウマいらしいよw」
「へぇ??そうなんだ。だから仲良くしてんだ?」
「何でいうんだよぉーっ」
「だって前に言ってたじゃんw 大きさも動きもヤバいってw」

2人はそれから玉井のセックスについての会話をし始めました。
聞いてみると確かに凄いらしい。

まずクンニが抜群にウマいらしい。
舌の動きがヤバ過ぎて、それだけでイケるとまで言ってました。

それからチンコの大きさ。
デカいわけじゃないんだけど、丁度イイ長さに少し太めでカリデカらしい。
感じてくるとこのカリデカが威力を発揮するみたいで、抜かれる度に喘ぎ声が出ちゃうほど気持ちイイんだとか。

腰の振りも凄くて、これにはさすがにビックリしたって笑ってた。
普通の男は出し入れをメインに動かすのに、玉井は擦りつけるようなグラインド系がメイン。
クリが擦れて気持ちイイんだけど、それ以上にカリデカの亀頭が子宮にヤバいほど当たりまくるんだとか。
初めてそれを体感した時は、思わず気が遠退きそうになってイッたと爆笑してた。

主催の女は最近彼氏もいないから、メシ代と性欲を玉井が満たしてくれるんだってさ。
だけど浮気症だから、後輩や友達が食われるかと思うと心配だったんだって。

単にお前も自己中なだけじゃんと思いながら、一応ニコヤカに対応してた。
基本的に下品な女は好きじゃないので、俺は早く帰りたい一心。

「じゃ今日は先輩と泊まったら?」
「今日は無理ぃ?女の子の日だもんw」

というわけでやっぱり俺が送る事になり、カラオケを出てタクシーを拾った。
マンションの前にタクシーを待たせたまま部屋に連れて行き、玄関先に寝かせて帰って来た。

家の前に到着したのでお金を払って外に出ると、すぐに運転手さんが外に出てきた。

「お客さん忘れてませんか?これ」

何?と思って手を見ると、そこには携帯が握られてました。
あぁ?これは玉井の携帯だ・・とストラップを見て一目で分かりました。

「あぁ?スンマセン、有難うございます」

そういって携帯を受け取ったが、もう届ける元気もないのでそのまま帰宅した。

寝ようとしてからふと携帯を思い出し、やっちゃいけないけどイジってみる事にしました。

でも開いてガッカリ、しっかりとパスワード設定にしてあります。
誕生日を入れてもダメ、会社で使う番号を試したけどダメ。
アホみたいに30分ぐらいは試しましたが、どうにも解除する事はできませんでした。

もう寝よ?と思った瞬間、メモリーカードの存在を思い出しました。
玉井はメシ食ってても頻繁に写メを撮ってるんで、もしかしたらハメ撮りもあるかもしれない。

そう思った俺はPCを立ち上げて、メモリーカードを差してみました。
まさにビンゴでした。
見てみると沢山の写メの中に、女が写っている写メがチラホラありました。

普通にメシ食ってたり酒呑んでる写メも多いんですが、やっぱりありました。
いきなり全裸で写っている女の子の画像が。
20代前半らしき若い女の子でしたが、巨乳でスタイルはかなりイイ方です。
その子の写メが何枚もあり、数枚目にして初めて玉井のチンコを見てしまいました。

女の子が笑顔で亀頭を舐めている写メでしたが、そのカリデカと太さにビックリでしたね。
言われてるだけあるなぁ?と感心してしまいました。

その後にも次から次へとハメ撮り写メが出てくるので、楽しくなってきて全部チェックし始めました。

ウケたのはさっきまでカラオケにいた女の子のハメ撮り画像もあった事です。
あんな自信満々な事を言ってくせに、玉井のチンコを笑顔で舐めてるし、よがった顔まで撮られてました。

今日見た限りだと胸もデカそうだったけど、写メ見たら貧乳ちゃんだったしw
剛毛な陰毛でモサモサしてたから、これでクンニはキツイだろうなって笑ってしまいました。

楽しいなぁ?と思いながら見ていて、思わず手が止まりました。
思わず見落としそうになったんですが、あれ?っと思ってクリックしてみたんです。

画像が大きくなった時、一気に目が覚めたし酔いもぶっ飛んだし、呼吸する事すら忘れていました。
玉井のデカチンの裏スジ辺りを舐めている女の写メだったんですが、目の下辺りから下だけが写っています。

あれ?この子って彼女に似てるな・・・
あれ?マジ?何で?鼻とか舐めてる時の口の表情とかソックリじゃん。えっ?何これ?

焦った俺はその写メから後半になる写メを片っ端から見ていきました。
ハメ撮りだけではなく全ての写メを見ていきました。
そしたらすぐにあり得ない写メが出てきたんです。

エロい体とベッドテクにハマってしまいました

20代半ば男169/55馬づらフツメン
口元の写メのみ掲載。週末深夜に『暇だから電話しよう!』との書き込みと上記の写メ掲載。

番号付きでメールするとすぐに掛かってきたので出てみるとロレツがおかしい明らかな酔っぱらい。一応話してみるが全然会話にならない。適当に相づち打ちつつ1時間位経過。理解出来た内容は、家が近い事と、酒大好きでこの日も数時間程一人で飲んでたが、寂しくなってサイトで電話相手募集したとの事。

この時点で3時頃になってて酔っぱらいの相手も辛くなり、そろそろ寝ようかなとほのめかすと、突然海が見たいから連れてってとか言い出したw

俺)いやいやもう眠いし
女)いーじゃん連れてけ
俺)もう3時だし…
女)なんだよwよえーなwお子様は早く寝ろw
俺)そこまで言われたら行ってやるよ!今からすぐ迎えに行くから待ってろよ
女)えっ?まじで来んの?うけるw

てな感じで女の煽りに屈して海に行くことにorz正直声の感じや泥酔っぷりからオッサンみたいな女を想像して全然乗り気じゃなかったが、電話しながら案内されつつ目的地に到着。

酒瓶片手に持ったオッサン女が来たら逃げようかなと思いながら待ってると、凄い小柄な女の子がキターw身長150あるかないか位しかも顔は小池栄子を幼くした感じで普通に可愛い!以下栄子。

じゃあ行きますかと車に乗り込んだ栄子をちら見すると、上着を脱いだ格好がエロい。乳も小池栄子級w肩紐づり落ちてますよw冷静を装いながら海に向けて出発し、道中で春に高校卒業した19才フリーターと判明。

高まる期待wてかその若さでかなりの酒豪っぷりに感服wこの後の展開に備えるべく途中で寄ったコンビニで栄養ドリンク、コーヒー、ブラックガムを購入栄子は缶チューハイ購入まだ飲みますかwなんだかんだで海に到着して砂浜をブラブラしながら語り合ってると栄子の酔いが覚めてきて空もだんだん明るくなってきたので勝負にでる。

俺)今日は楽しかったよ!最初はどうなるかと思ったけど普通に可愛い子で良かったw
栄子)私こそ楽しかったよ!まさか本当に来てくれるとは思わなかったしw
俺)これからどうしよっか?なんか眠くなってきちゃったよ…
栄子)んー、まだ帰りたくないな…
俺)じゃあうちで一緒に寝よっか?
栄子)うん…行く!よっしゃあああ!

車に乗り込み家へ向かう途中、栄子はまたチューハイ購入酔っぱらって照れ隠しか?可愛い奴め帰宅して早々にベッドへ潜り込む。そして自然に唇を重ねる二人…キスがめちゃめちゃエロい!舌が柔らかく絡み付いてくる!俺速攻でフル勃起wがしかし…

栄子)ゴメン…実は生理中なんだ…
俺)まじか!でもキスして抱き合ってるだけで落ち着くから大丈夫だよ…

俺冷静に返しながら内心涙目wwwこうなったら豊満な乳だけでも揉んでやるw

俺)おっぱい触りながら寝ていい?落ち着くんだ…

我ながらキモい発言乙ブラを外して揉んでみるとすげー柔らかいし!噂に聞く水パイでしたwしかもFカップとの事!落ち着くわーとか言いながらディープキスしたり乳揉みながらまどろんでると栄子の様子が変わってくる…

栄子)なんか気持ち良くなってきちゃったよお
俺)ゴメン…もう止めるね!じゃあ寝よっか

そろそろまじで寝ようと思ったら栄子が自分の手をペロッと舐めて突然俺のパンツの中にインサート!?唾液でヌルヌルにして手コキしてきやがるwちょっwこいつwかなりの猛者だww気持ち良すぎるw

俺)栄子…駄目だよ…我慢出来なくなっちゃうよ
栄子)だってえ…触りたくなっちゃったんだもん!凄い固くなってるよ…舐めてもいい?

もちろんですともwフェラで抜いてくれるのかなと思い、好意に甘える事にw唾液をたっぷり含ませたフェラテクも最高です!

栄子)ヤバイよお…入れたくなってきちゃったよお…
俺)俺も栄子に入れたいよ…でも生理中なんでしょ…
栄子)うん…でも我慢出来なくなってきた…

クチュクチュ手コキしながらおねだりする栄子…ええいままよ!ゴムを持って参れ!!性欲に逆らえる訳もなく流血覚悟で一戦交える事にw念のため布団が汚れないように騎乗位で挿入!経血か愛液か分からんが栄子の中はグチョグチョに濡れまくり。

気持ち良すぎる!しかも凄い締め付け…マソコの入り口辺りで敏感な亀頭辺りを締め付けてくるのがヤバすぎる…それヤバイって言うとSっ気があるのか不敵な笑みを浮かべながら続ける栄子。

下から眺める巨乳にも興奮しすぎて揉みながらたまらず暴発w

俺)早くてごめんね汗
栄子)気持ち良かったから大丈夫だよ
俺)いやいや…絶対満足してないでしょ!
栄子)馬づらが満足してくれたならいい

ってなんてええ子なんや!抱き締めてイチャイチャしてると、早くも息子が回復してきたので2回戦に突入したのは言うまでもありません次は主導権握れるようにバックでしたけどさらに締まりが良くなり惨敗そして昼過ぎまで寝て、起きたら家まで送り届けて解散。

その後定期セフレに発展し告白されるが、栄子の酒癖の悪さが気になり保留。数ヶ月後にはエロい体とベッドテクに俺もハマってしまい改めて告白して晴れて恋人に。ザーメン飲んで「ご馳走さまです」って言うのはセフレボインポートを使ってセフレになった中であなただけです。

SMチックにレイプされたいという願望

今年の夏でした、既婚者の奈美恵という36歳の女性と巡り会ったのは。彼女は、僕より4つ年上のスケベな女だった。最初の頃は、清楚な主婦を演じていたのだろう・・・
しかし、2週間も経たない頃から徐々に本性を現してきた。メールの内容がSEXに対する欲求でいっぱいになってきた。

「旦那は、相手にしてくれない」「昼間から一人、ベッドの中でオナニーしているの」「昨日は、あなたの事を想像してエッチなことしちゃった・・・」この様なメールが届くようになった。

僕も、正直、彼女の淫らさに引かれ、オナニーしザーメンを放出したことを告白した。毎回、彼女は、メールの最後に「逢いたいとは言いません。だから、長くメル友でお付合いしたい」と言う。

そして、彼女のメールは、どんどんエスカレートする。僕との妄想SEXの内容をこまめに書き下してくる。彼女は、バーチャルSEXを楽しんでいるのか、はたまたリアルなセックスフレンドを僕に求めているのか?

ある日、僕は「ランチでもしませんか?」と書いてみた。すると、翌日の彼女のメールには「うれしいぃ♪」と書いてきた。正直、淫らな主婦を見てみたかった、きっと、髪振り乱した、贅肉だらけのエロババアーに違いない。

数日後、僕は仕事の合間を利用して、山手線の、とある駅の改札口で待ち合わせをした。僕は、即効で逃げられるように少し離れたキオスクの陰で改札口を見つめている。それらしきエロババアーは見当たらない。そして10分くらい過ぎた頃、僕のケイタイが鳴った、彼女からである。彼女も僕を探しているらしい。僕は、彼女の居場所を聞いた。切符売場の前だそうだ。目を切符売場に向けたら、そこにケイタイで電話をする一人の女性がいた。彼女もキョロキョロ周りを見渡している。

「ラッキー!」僕は、胸の中で叫んだ。「良いじゃないですかぁーー」十朱幸代似のスタイルの良い女である。36歳には到底見えない、26でも通用するいい女である。僕は、奈美恵と思われる彼女に近づき初対面の挨拶をした。

彼女は、恥じらいながら軽く僕に会釈をしてニコリと微笑んだ。僕達は、駅ビルのイタリアンレストランに入り、ピザとビールで出会いを記念して乾杯した。だが彼女は、食事も喉を通らないようである。彼女は、緊張から逃げるようにビールを飲み干した。

徐々に会話も弾み、お互いに打ち解けてきた。メールでの淫らなやり取りをしている二人とは思えない安らいだ会話を楽しんだ。

1時間が過ぎた。

彼女が化粧室に立ちあがり席を離れた。彼女は、化粧室で何を思っているんだろう?僕をどう評価しているんだろう?その思いが僕の頭を駆け巡った。一かバチかだ!僕は会社に電話を入れ帰社を3時間遅らせた。彼女が化粧室から戻ってきた、顔がほんのりとピンク色に染まっている。

この雰囲気に酔っているのか?それともビールに酔ったのか?僕は、彼女に冗談交じりに聞いてみた、彼女は「両方に酔っちゃった」と言うではないか。僕は、間髪入れずに彼女をホテルに誘った。

一瞬、驚いたようであるが、彼女は小さく頷いてこう言った。「この前のメールでは食事するくらいの時間しかないと言ってから、半分諦めていたの。」僕達は、バクバクと心臓を鳴らして店を後にした。

幸い、駅から歩いて2、3分の所にファッションホテルがあった。僕は、彼女の手を握り、自動ドアをくぐった。その間、僕は彼女の緊張を解すため、昼メロをパロッて、ジョークを飛ばす。奈美恵はクスッと笑い僕の手を強く握り返してきた。フロントで落ち着いた部屋を選びルームキーを受け取り、部屋に入った。

「カチャ」っと鍵を閉めた直後、僕は奈美恵を抱き寄せ柔らかいピンク色の唇を奪った。手は、奈美恵の背中を撫で回し、尻からスカートをたくし上げ、パンストの上から、柔らかくて大きな尻を弄り、後ろから指で、クリトリスの部分をグリグリと刺激してやった。ほんのりと、パンティ、パンストを濡らしスケベ汁が染み出してきた。

奈美恵は、もう理性を押さえられない状態なのか、小さな吐息を漏らすと、熱い舌を僕の舌に絡めながら僕の硬く、はち切れそうな股間をズボンの上から弄ってきた。この女は、淫らになりたがっていると僕は確信した。その時を境に奈美恵は、僕だけの性奴隷に落ちて行った。

僕は、息を荒げる奈美恵を引き離し、ソファーに腰を下ろした。奈美恵は、僕の態度に不安そうな表情を浮かべた。僕は、奈美恵の理性を完全に捨てさせるために僕の気持ちを彼女に伝えた。

「僕は、奈美恵と、こうなった事に感動している。でも、もしかしたら、この先二度と逢えないかもしれない。そのためにも奈美恵を体で感じたい。今まで経験したことが無い淫らなSEXを奈美恵としたい。」と言い、僕は奈美恵の見ている前で、全裸になった。

彼女よりも先に全裸になったのは、彼女の最後の理性を解放すためである。奈美恵は、呆然と僕の体を見つめ、いや、正確には僕のいきり起ったペニスを見つめている。

「私も、全てを忘れ淫らになりたい。あのメールよりも、もっと、もっと淫らになりたい。」と言わせた。

僕は、奈美恵に命令した。

「ゆっくりと服を脱いで、いやらしくオナニーを見せて欲しい。奈美恵がいつもしている以上のオナニーを見せてくれ。」

奈美恵は、僕を見つめベッドの前で服を脱ぎ出した。スカートを下ろし、ブラウスを脱いだ。そして、パンストに手をやった時、僕は、ブラを先に取るように言った。僕はきっとパンストフェチなのかも知れない。奈美恵は、言われるままブラのホックをはずしブラを取った。

乳房は結構大きい、しかも年齢とは正反対に均整のとれた乳房である。既に乳首は硬く勃起している。そして、ブラの跡が艶かしい。奈美恵は、ベッドに上がり、四つん這いになって、尻を高くもち上げ、僕を挑発するポーズをする。自分の手を、股間から尻にまわし撫で上げたり下げたりして弄っている。

四つん這いのままパンストを尻からずり下げ、前を向きスルっと剥ぎ取った。そしてまた四つん這いになり尻を高く突き出してパンティの上からアヌスとオマンコの間を細い指でなぞってオナニーを始めました。クリトリスを刺激しているのか、奈美恵の口から湿った声が溢れています。

あずき色のツルツルした布地のパンティに、奈美恵のスケベ汁のシミが大きく広がっているみたいです。奈美恵はパンティ越しの刺激ではガマンできなくなったのか、尻からパンティを脱ぐと直接、クリトリスに指をあてがい擦りだしました。

「見て!見て!良介!良介に見て欲しいの!」と、僕に哀願するような声を出します。

僕は、奈美恵の側に行き、ま近で見つめました。

「奈美恵。とてもやらしいよ。奈美恵のすけべなオマンコがヒクヒクいってるよ。でも、とても綺麗なオマンコだよ。」

と、僕も淫らな言葉を奈美恵に浴びせかけました。奈美恵は片方の手で乳房を揉み、勃起した乳首を指で摩擦しながら、もう片方の手の中指をオマンコの中に挿入し、ピストンしながら親指でクリトリスをこねています。

奈美恵の尻が震え出して、部屋中に感じている声が響いています。

「もうだめぇーーオマンコ我慢できないの。入れて!・・・良介のおチンボ!入れてぇ・・・お願い!」

と、とうとうメスと化しました。僕は、奈美恵のストレスを楽しむように

「だめだよ。まだ、あげないよ。でも、今は、奈美恵を目で犯しているんだから、安心しな。このままイッテもいいんだよ。」と、言ってやりました。

奈美恵は、苦しそうに息を荒げ、突然、息が止まり、痙攣するみたいにイッてしまいました。奈美恵は、ベッドに倒れ込み、肩で息をしています。僕は、奈美恵の脇に腰掛け、彼女の髪を撫でてあげます、サラサラの栗毛色の髪が柔らかい。

「私、オナニーでこんなに感じたの初めて。いつも、イクんだけど、意識が遠のくような感じだったの。」と、僕の顔を見上げて言った。

「良介のおチンボって左にチョッピリ曲がってるのね。」と言い、奈美恵の顔の近くに腰掛ける僕のペニスを指で撫で始めた。

僕は、年上であるが奈美恵を、可愛く、愛しく思った。

「ごめんな。チンボ入れて上げなくて。」と、笑いながら言うと

「いいのよ。焦らされるのって気持ちがより高ぶることが分かったから。きっと、良介のおチンボを入れてもらった時、爆発しちゃうかもよ。」と彼女も小さく笑った。

奈美恵は、僕のペニスを撫でながら

「なかなか、小さくならないのね。先っぽから、エッチなお汁が出てきちゃったぁ。」
「綺麗にしてあげるね。」と、奈美恵は僕のペニスの先っぽに滲み出る、透明の汁を舌先でペロリとすくって舐めた。

「シャワー浴びていないから汚いぜ。」と僕が言うと
「いいの。良介の匂いもみんな好きだから、欲しいの・・・」と、言って、僕の硬直したペニスを口に咥え込んだ。

ゆっくりと上下に唇を滑らせ、ペニスを絞り上げるように圧迫する。ペニスの先が奈美恵の喉の奥に当たるのが感じられる。奈美恵は身を起こし、僕の脚の間に体を横たえ官能のおもむくまま、僕のペニスを味わっている。熱い舌で亀頭を舐めまわし、裏筋を舌先でクネクネ刺激する。

僕は、この快感にたまらなくなり、ベッドに大の字に横たわった。

彼女は「気持ちいい?」と、僕に聞き「気持ちいいよ。」と僕は答える。

「そんな答えじゃ嫌!」と、奈美恵はダダをこねる。

「私、良介と今日が初めてだけど、良介のおチンボを独り占めしたい。良介の奥様にも、触らせたり、舐めさせたり、オマンコにも入れてもらいたくない。」と言うではありませんか!男として最高のホメ言葉ですよね。

僕は、そんな彼女に対し「凄い感じるよ!奈美恵の口を犯したい気分だよ!そして、ドクドクしたザーメンを奈美恵に飲ませたい!僕のチンボは奈美恵だけのものだから。」と言ってやった。

奈美恵は、その言葉で、より興奮したのか、唾液と混ざり合った僕のガマン汁をジュルジュルと吸うようにフェラチオをしている。僕の頭の中も真っ白になったようで、理性を脱ぎ捨てた。

「奈美恵のオマンコを舐めたいよ。グチュグチュのオマンコをもっとグチュグチュにしてやるよ!」と言い、彼女の股間に無理やり顔を近づけて、脚を開き太ももを舐め、脚の付け根を舌先で舐めてやった。

「汚いからダメ!」と、甘えた声で言う奈美恵。
「僕も、奈美恵と一緒の気持ちだよ、奈美恵の体だだから汚くなんてないよ。全てが欲しいんだよ!」その言葉を待ってたかのように、奈美恵は、抵抗しなくなった。

多分、最後まで抵抗するつもりでは無かったのであろう。きっと、奈美恵も汚いオマンコを舐めて欲しかったんだと思った。

「いっぱい。愛して!」と、奈美恵は言うと、尻を僕の顔の上に跨り69の体位を自分からとった。その間、奈美恵は、僕のペニスを咥えっぱなしである。この女、よっぽど僕に飢えてるんだなと思った。ただ、僕も奈美恵に飢えているのかもしれない。

普段、シャワーも浴びていない女のオマンコなんて舐めたことないし、舐めたくも無い。でも、今は違う、舐めたいのである。きっと、二人の精神状態はめちゃくちゃピークに達しているのである。僕は、奈美恵の形の良い尻、小さなピンク色のアヌス、そしてヒキヒクした生き物のようなオマンコを見上げた。

オマンコからアヌスまで、ヌラヌラと溢れ出るスケベ汁で光っている。そんなオマンコの先端に小さく勃起するクリトリスを舌でペロンと舐め上げ、口に含み舌先でバイブしてやった。瞬間、奈美恵の体に電気が走ったようにビクンと波打った。奈美恵の声が、僕のペニスで聞こえる。

僕は、自分自身の快感に加え、奈美恵のメスの姿に感動し、無意識に奈美恵のオマンコに口を埋めて、シャブリだした。ネットリした舌で、クリトリスを舐めまわし、舌先を細くしてオマンコの中に埋没させスクリューのように回転させた。

チョッピリ酸っぱい味が舌に残ったが、過激な匂いは無かった。僕は、どんどんエスカレートしていった。オマンコとアヌスの間を優しく舐め上げ、アヌスに舌を這わせた。奈美恵の尻が左右に揺れる。アヌスの中に舌を入れようと試みたが、さすがに入れて貰えなかった。

奈美恵の声にならない声が、僕のペニスの隙間から聞こえてくる。一瞬、ペニスを咥える動きが止まる。きっと、僕の愛撫の快楽に、フェラチオを忘れてしまうのであろう。そして、また、思い出したかのように、むしゃぶりついてペニスを舐めまわす。実際、奈美恵の唾液が、僕の睾丸を越え、アヌスまで垂れてくるのだから、凄まじいペニスへの愛撫である。

僕の愛撫も彼女の愛撫に比例するように激しくなっていった。ジュルジュルと音を出して、クリトリスを吸いだし、舌先でブルンブルンとバイブしてやった。たまに、舌をオマンコにぶち込んでやり、鼻先でアヌスを刺激してやった。すると、彼女がいきなり、僕のペニスから顔を持ち上げ禁断の言葉を発した。

「いいのぉ・・気持ちいいよぉ・・・オマンコいっちゃうよーーもっと、もっと、良介だけのオマンコにしてぇーーー。お願いぃ!良介、ちょうだい。良介のカルピス欲しいぃーー一杯だしてぇーー」と叫び出した。

僕は、奈美恵のその言葉にテンション上がりまくりです。奈美恵はさっき以上に、口を強く上下に振ってペニスを飲み込んでいます。僕も、ペニスの奥がムズムズしてきてザーメンの発射段階に入りました。この気持ち良さを奈美恵に伝えたいと、彼女のオマンコから口を離し、僕も禁断の言葉を奈美恵にぶつけました。

「僕もいきそうだよ!奈美恵のオマンコを口で犯しながらいくんだよーー!奈美恵のオマンコは僕だけのものだよ!誰にも渡さない!だから、僕のチンボだけを愛してくれよ!!」と叫んでしまった。

二人の69の姿は鬼畜そのものである。お互いの性器を必死に舐め合い、唾液でヌルヌルになりながら快楽をむさぼり合う。もう、僕も奈美恵も我慢の限界を遥かに越えた状態だった。

奈美恵のかすれた声で「いっしょにイキたい・・・イッてぇ・・・」と聞こえた瞬間、彼女の体がビクンとして痙攣し始めた。実際にオマンコが本当にヒクヒクしてるんです。僕も同時に我慢していたザーメンを爆発させたい気分になった。

「オーー!」と言う声と一緒に奈美恵の口の中に放出した。それは、奈美恵の喉奥にぶち当てたような感覚でした。奈美恵は、意識がもうろうとする中、一滴も垂らさず飲んでくれました。もう出ないのに、チュウチュウと僕のペニスを吸っています。

「もう、出ないよ。」と僕が言うと、彼女は「もっと、欲しいよーー」と甘えた目で言います。とても可愛い女です。僕は、彼女のクリトリスに軽くキスをしてあげました。すると、彼女は、またビクンと体を硬直させ「あッ」と小さな声を上げます。

僕も彼女も、クスッっと小さく笑ってしまった。僕は、体を起こし彼女と向き合い顔を近づけ、ディープキスをしました。さっきまで、お互いの性器を舐め合った唇と舌を舐め合いました。なんだか、ベタベタしてヤらしい行為の後を実感したのでした。

僕は奈美恵の目を見つめ「もう少し待ってな。そしたら、今度は、奈美恵のヤらしいオマンコにぶち込んでやるから。」と言ってやった。

奈美恵は、頷いて「こんなに感じたの初めて・・・それに私、男の人のカルピスを飲んだの初めてなの・・・一緒にイケて嬉しかった・・・」と言い、またディープキスをせがんできました。

その後、二人でバスルームに向かい、ヌルヌルの体を洗い合い、ボディーソープを全身に付け、体を密着させて擦って遊んでいました。その刺激で、僕のペニスが早くも目覚めたのには驚きです。30代後半からこんなこと無かったのになと思いながら、自然と照れ笑いしてしまいました。

奈美恵は、驚きと嬉しさでしょうか、僕の泡だらけのペニスを太ももに挟み、ツルツルと遊んでいます。その間、僕の目を見つめています、彼女の目は既に、いっちゃってます。僕達は急いで、石鹸を流しバスルームから出てきました。バスルームのドアを閉めると、奈美恵を抱きかかえ、ベッドに直行です。

「これから、また、たっぷり虐めてやるからな!」と言い、ベッドに押し倒しました。奈美恵は「きゃッ!」と言う小さな悲鳴と裏腹に、興味深々の目で僕の顔を見上げます。演技でしょうか、少し怯えた目をしています。。。。。。。。

僕は、過去の過激メール交換で奈美恵の趣味を知っています。それは、SMチックにレイプされる事を願望していました。僕も満更ではありません。早速、アダルト通販で購入した、超薄手の小さなTバックのパンティを美佐江に手渡し、身につけるように命令しました。

彼女は「すごくイヤラシイ?パンティ・・・」とひとこと言い、濡れた下半身に身につけました。
「す・凄くイヤラシイ姿だね。」僕は、思わず奈美恵に言葉を投げ捨てました。

小さな逆三角形のビキニで、陰毛の部分を隠す所に真っ赤な唇の刺繍があります。そしてパンティの色は、白っぽいピンクです。奈美恵は、僕の次の行動に期待しているのでしょう。目がうつろに僕を見つめています。

次に僕は、同じくアダルト通販で買ったビンデージテープを取り出すと、熟女を犯す獣と化し奈美恵に襲い掛かった。奈美恵は「いやぁ?!」と言いながら後ずさりし、ベッドの隅に追いやった。

僕は、彼女をベッドの中央に引きずり戻し、馬乗りになり、左右の手首と足首をボンデージテープで固定した。その格好は、M字開脚の状態になり、小さなTバックパンティが食い込んだ、奈美恵の恥ずかしいあそこが丸見えである。

奈美恵は、哀願するように叫んだ「いやぁーー!許してぇーー!」。

結構、奈美恵の演技は芯に迫っている。ちょっと、うるさい叫び声である。これが、ラブホテルでなければ、僕は逮捕されているこもしれない。僕は、慌てて、ホテルのタオルで奈美恵に猿轡をして黙らせた。

「うぐーーッ・・・ウウウーー」声にならない呻き声が聞こえてきた。奈美恵の目は大きく見開き、僕を睨んでいる。迫真の演技である。僕も負けてはいられない。

「奥さんよー、いつも旦那に抱かれてんだろう?俺と、一回くらいオマンコさせてもいいじゃねーかよーー」「奥さんも、たまには違う男に可愛がられてみたいだろう?」と、昔のポルノ男優のような二流の演技で奈美恵に迫った。

奈美恵は、叫ぶことも、身体を隠すこともできずに、顔を背けていた。

「奥さん・・イヤラシイ格好だぜ!こんな格好をいつも旦那に見せてるのかよぉ?」と僕は、奈美恵を罵り、形の良い乳房を掴み強く揉んだ。奈美恵は、タオルの奥で「うぐッ!」と声を漏らし、目を硬く閉じていた。

「嫌だと言いながら、奥さんもスケベじゃねーかよ!乳首が硬くなってきたぜ。」僕は、片手で乳房を揉みながら、乳首に吸いつき、舐めまわした。その間、奈美恵は声にならないうめき声を発した。

「もう、いい加減観念しろよ!奥さん・・」それでも奈美恵は、目を硬く閉じたままだ。「それじゃ、もっと奥さんの感じる所を、舐めてやろうかなぁー」と言い、食い込んだパンティに指を持っていった。僕は、パンティのラインに指を軽く、這わせ食い込みを確認した。奈美恵は、下半身を震わせている。

それは、恐怖心なのか、それとも、今までの妄想が現実となる欲望の波が打ち寄せて来ているのか?もう、そんな事はどうでも良い。僕は、完全に今の状況に飲まれて理性も何も無くなった状態だった。指を、パンティの食い込んだ割れ目に沿って上下した。クリトリスの部分にを爪で軽く引っかき刺激した。そして、徐々に中指を下にずらし、強くねじ入れた。

「うぐぐーッ」と、こもった声と同時に腰が跳ね起き、身体が弓の字になった。僕は、この時にSを感じた。女を虐める悦びが僕の下半身を伝わった。僕は、奈美恵のオマンコの中に中指をグリグリとねじ込んだ。パンティの布が一緒に、肉びらに埋もれて行く状況がよく見えた。段々、奈美恵が履いているパンティの布が湿ってきた。

「奥さん・・気持ち良いんだねぇ?奥さんのオマンコからスケベ汁が溢れてきてるぜ。」と言うと、一旦、指を抜いてみた。

そこはには、指だけが抜かれ、パンティの布はまだ、埋没している状態である。まるで、オマンコにできた小さなトンネルの様だ。

人妻ハンモックの面接以降、セフレっぽい関係になって野外や複数プレイを楽しませてもらっています。

3P計画を実行

今回の出張にはビジネスの他に初めからもうひとつの目的があったのです。それは、がちセフレラブで知り合った友人(男)とオフ会をすることでした。その友人とは、年齢も近くえっちな話で盛りあがり、なんと、お互いの婚約者や女房のH写真までに見せ合う仲になったんです。そこで、出張の際に近くまで行くという話しをしたところ「是非会おうよ」ということになりました。

そして当日の夜、彼の婚約者の女性と私と彼と3人で食事をすることになりました。もちろん彼女は初対面の私に自分の恥かしい姿を見られていることは全く知らないんですよ。私は「初めまして!」と挨拶しながらもかわいいミニスカートやブラウスの下に隠された彼女のえっちな肉体を思い出していました。

彼女は実際に会ってみると、性にはまじめなタイプで、えっちな話しは出来なかったんですが、とてもスタイルのいい娘で、痩せているのに巨乳というなんとも彼が羨ましい体型でした。彼女も私にうちとけてくれたので、食事の後で彼のマンションで飲もうという話しになりました。

(私達は初めからそのつもりでした)彼女は、普段お酒は飲めないそうですが、私は、カクテルを作るのが好きなので、ジュースのように飲めるカクテルを作って勧めました。気に入ってくれたようで「あ、これおいしい!アルコール入ってるんですか?」なんて、私に聞いてきます。ウォッカベースなのでほんとは強いんですが「アルコールはちょっとしか入ってないよ」なんて言って安心させました。

しばらくすると、彼女は顔が赤くなり、目もとろんとして凄くセクシーになってきました。いよいよ、私と彼とのえっち作戦の準備が整ったようです。雑談の中で彼女は胸が大きいから肩が凝ることを聞き出し、私のもう一つの特技がマッサージだという話しもしていたので、目がとろんとしている彼女に「どれ、そんなに肩が凝るならチョット肩でも揉んであげようか?」ともちかけました。

酔っている彼女には断る理由もなく、喜んで承諾してくれました。そこで、彼が「マッサージしてもらうのにブラウスやタイトなミニスカートじゃ苦しいからこれに着替えろよ」とロングTシャツを渡しました。彼は酔ってフラフラしている彼女を助けながら、隣の部屋で着替えさせています。

彼がドアを少し開けてくれていたので、彼女の着替えも覗かせてもらいました。ブラのホックを外すと、今まで押さえつけられていた巨乳が飛び出してきました。いつもはスパッツも履くそうですが、酔っているのをいいことにロングTシャツ一枚という姿で連れてきました。そして、布団を敷いてから彼女をうつぶせに寝かせます。

肩から腰それに足と一通りマッサージしながら、彼女が気を許したところで、ひざの内側から内股にかけてマッサージして行きます。そこで「はい、仰向けになってね」と普通のように言うと抵抗なく仰向けになりました。彼女の長い脚を持って、ひざを曲げたり伸ばしたりしてマッサージしているので、パンティが丸見えです。

彼女が今日履いているパンティは、シルクっぽい感じの白で、正面にレースの花柄がある為に、陰毛が薄っすらと透けて見えています。腿の内側をさすりながら時々指先でパンティの中心部をつんつんします。初めは、指が当たるとビクッとして緊張したのが分かりましたが、そのうち指が当たると「んっ!」と押し殺したような感じている時の声が漏れるようになりました。

性感が高まったのを確認してから、今度は上半身に移ります。お腹から、胸にかけてマッサージしながら、ときどき乳房をすくうようにします。仰向けに寝ているのに形が崩れない彼女の胸は、張りがあって、とても揉み心地がよかったです。そして、肩をマッサージしながら時々ひじで乳首をつんつんします。むくむく勃起してくる乳首をつまみたい衝動に駆られながら、尚も偶然を装って刺激しました。

両方の乳首が完全に勃起したのを確かめてからそっとパンティを見ると中心部にしっかりと恥かしいしみが出来ています。そこで、今度はまた、腿の内側を手のひらで揉みながら親指で中心のしみが出来た辺りをじっくりと刺激しました。そのうち親指が当たる度にくちゅくちゅと音が出始めます。彼は、彼女の横に寝そべり他人の前で乱れていく彼女の様子を興奮して見ていました。

そろそろ、本格的に性感マッサージに移ってもいいだろうと思い、片手は胸から乳首へ、そして残る手はパンティの上からクリトリスや膣を刺激し始めました。酔って理性を失っている彼女は本能の命じるままに感じてしまいます。パンティをずらして指で擦ると、そこはもうぬるぬるになっています。クリトリスの辺りを直に擦ると遂に「あんっ」と声を出してしまいました。

私は「里紗ちゃん、マッサージしているのにそんなえっちな声出したら彼に聞こえるよ」と言っていじめながら、さらにクリトリスや乳首への刺激を続けます。彼女は「いやっ、だめっ、変になっちゃうよぉ」と言いながら確実に登り詰めていきます。私は「このTシャツも邪魔だから脱いじゃおうか?」と言いながら脱がせ始めました。

彼女は、彼が初めての男性なので、今まで他の男性に肌を見せたことは全くないそうです。そんな、純粋な彼女が今くちゅくちゅに濡れたパンティ一枚の姿にされています。私が白のかわいいパンティに手をかけると「それだけはだめ!お願い」と抵抗しました。そこで彼にバトンタッチして、脱がせてもらいました。

さっきまで、一緒に食事をしていたまじめな女の子が、全裸で横たわる姿っていいですね。しかも、顔も肉体も赤く火照り、恥かしい所はたっぷり濡れてスグにも挿入できる状態ですよ。私も彼も着ているものを脱いで、彼女の両側に寝てそれぞれ性器や乳首を撫でています。彼女も4本の手で刺激されるのですからたまりません。

アルコールの酔いで、ほとんど意識はないのに肉体は敏感に反応しています。そして、私は彼女の股を大きく開かせてその間に顔を埋めました。たっぷり濡れているのに、まだ皮をかぶっているクリトリスを剥きだしてそっと舐めてやります。痛くないようにたっぷり唾をつけ、舌でそっと転がすと、感じているようです。

指を入れながらクリトリスを舐めていると、ひとりでに腰が上下に動いています。そこで、私は完全に勃起した自分のモノで彼女の入口を擦ってみました。彼女の口は興奮から半開きでぱくぱくしています。彼はその口に勃起したモノを突っ込みました。彼女の気持ちが、彼へのフェラに向かった時に、私は一気に彼女を貫きました。

その瞬間彼女は目を開き、驚いたような表情を見せましたが、スグに酔いと快感に負けてしまいました。私は、彼女のひざを抱えるようにして、子宮に届けとばかりに奥まで突いています。彼女は何が何だかわからずに理性をなくし、本能のままに腰を動かしています。緩急をつけて、彼女を突きながらクリちゃんへ指の刺激をしていると、いきそうな表情になってきます。私が挿入すると、彼は彼女にたっぷりとキスをしています。

彼にはディープキスをされ胸を触られているので、彼に挿入されてるような錯覚をしてるのでしょう。そこで私が「里紗ちゃん、いきそうなの?」ってわざと声をかけました。いきそうになっていた彼女が目を見開いて一瞬にして冷めていく様子が分かりましたが、私が腰の動きを早めて、彼女の腰をしっかりと抱えこむと、高ぶっていた性感に一気に火がついたようで「あっ、だめ、いやぁ?、いっちゃう、いっちゃう??」と、泣きながらイッてしまいました。

その後は彼に優しく抱いてもらい彼の腕の中で安心して眠りについたようです。私達は、彼女に下着とスパッツを履かせて、何もなかったように布団に寝かせました。翌朝の彼女は、あれが夢だったのか現実だったのかわからず、恥ずかしそうにしていましたが「おはよう!!昨日はちょっと飲み過ぎちゃったね!」と普通に言うと彼女も夢だったんだと思いこむことにしたのか普通に楽しく話してくれました。

しかし、身体に刻みこまれた強烈な快感は忘れられないでしょうから、次回の出張の時も同じように遊んで、そのうち酔わせなくても3P出来るようなエッチな女の子になって欲しいと思います。

風俗に行き損ねて。

出張が多く、地方に行くと風俗に行く。

大阪に出張に行った時、十三で最後の訪問での仕事を終え、ホテルも取らずに梅田の風俗街に行こうと思った。
その前に、十三で軽く一杯ひっかけて行こうと思い、まだ明るいうちから駅近くの小汚い居酒屋へ。

カウンターに座ってビールとその店のおすすめのどて焼きを食ってたらカウンターの中のおばちゃんが気さくに話しかけてきてくれる。
あからさまに地元臭がしない俺に

おばちゃん(以下お)「お兄ちゃんどっから来たん?」

俺「東京です」

お「仕事?」

俺「そうです。」

お「十三ええトコやろ?」

俺「ですねー。ちょくちょく来るんですけど、なんか落ち着きます。」

お「お兄ちゃん東京らしい顔してるなぁ。モテるやろ。」

俺「モテますけど、まだ足りないですよ?!」

お「自分でモテるって言うヤツにロクなヤツはおれへんよw」

みたいな会話で20分くらい暇せずに飲めた。
ビール1杯と焼酎を2杯飲んで「おっしゃ。軽く梅田でも繰り出すか」と思ってたら若い女が一人で入ってきて、カウンターに座った。
身長150cmくらいで、ちっちゃい、でも肉付きの良さそうな女。
目が切れ長でクールっぽい。ソコソコ美人」
名前は後で聞いたけど、ミカとする。

お「ミカちゃん、いらっしゃい」

ミカ「おばちゃん、ビール頂戴」

お「今日は若いお客が来てるよ!隣座りぃ!」

ミ「えー。いいよぉ。」

と、チラっとこっちを見る。俺は多少酔って来たのもあり、ガン見。

俺「どうぞ♪美人は大歓迎ですよ♪」

ミカは人見知りっぽい感じで、でもおばちゃんと俺のすすめでしかたなさそうな感じで座った。
おばちゃんはカウンターの端にミカのビールとお通しを取りに行った。

俺「この辺の人ですか?」

ミ「・・・。」

無視かよ!って思ってたらおばちゃんが来て

お「この娘、人見知りやから、じっくり口説いてあげてw」

ビールを出しながら冗談っぽく言う。
確かに無愛想だ。
そんな感じで隣に来られて一度店を出るタイミングを逃した。

お「この娘なぁ、ここで最近までバイトしてたんよ。」

俺「へぇ。」

お「就職決まって。今新しいバイト探してんねん」

ちょっと前までバイトしてただけあって、おばちゃんが出した料理をカウンターの後ろのテーブル席に持っていったり、たまに手伝いながら飲んでた。
他のお客さんには愛想いいのな・・・。
店に入って一時間弱。そろそろ風俗に行きたい。
でもグラスが空きかけるとミカがおばちゃんに言って、新しい焼酎を作らせる。
そのうち、少し人見知りが薄れ、話をするようになっていた。

俺「就職決まったって、何系に就職決まったの?」

ミ「幼稚園。」

俺「保母さん?」

ミ「今は保育士って言うねんで?w」

俺「おお。似合いそうじゃん。」

ミ「じゃんってw 東京丸出しやなw」

打ち解けつつ、トイレに行こうと思った。
俺は飲みの席で、席を立つときとか、隣の人の肩を持って立つ癖があって、いつもの癖でミカの左肩をつかんで席を立った。
トイレから帰って席に座る時も何気なくミカの肩をつかんで座る。ミカはまんざらでもなさそう。

ミ「アタシもトイレ言ってくるわ」

と言って、今度は俺の右肩をつかんで席を立ち、俺の後ろを通る時に両肩をつかんでトイレに行った。
帰ってくるときも同じ感じで俺の肩を触る。
しかもその時、肉付きの良いミカのおっぱいが背中に当った。
その時すでに俺の心は風俗<ミカに傾きかけていた。
でも風俗の線も消えてはいない。

お「ホテルは東横?」

十三には東横INというビジネスホテルがあり、そこに泊まるのか?とおばちゃんは聞いてきた。

俺「ホテル決めてなくて、今から梅田かどっかに行こうかな、と思ってます。風俗もあるしw」

お「お兄ちゃんその顔で風俗とかいくのんか!」

俺はそこそこ見た目の良いらしく、おばちゃんはモテない男の行く所だと言ってた。
実際見た目は悪くないと自分でも思っている。w
で、隣を見るとさっきまで打ち解けていたはずのミカが店に入ってきた時のクールなミカに変わっていた。
話しかけても返りが悪い。
出張先の解放感もあってミカにちょっかいをかけたくなってきた。

俺「ミカも一緒に風俗行く?w」

ミ「行けへんわ。」

俺「なんで機嫌悪いんだよw」

ミ「別に一人で行けばいいやん。」

今となっては、大胆すぎで恥ずかしいんだが、カウンターでミカの太もも触りながらカウンターの向こうのおばちゃんに聞こえない様に

俺「風俗行かなかったら俺どうすればいいんだろ?」

ミ「・・・。」

俺「それともミカが相手してくれるの?」

ミカ赤面。書いてる俺も今赤面。

俺「ちょっともう一軒付き合って?」

ミ「・・・。」

一見の客のくせに常連を持ち帰ろうとする無謀な酔いどれと、まんまとひっかけられるそこそこ美人の女。
おばちゃんに

俺「ごちそうさまでした♪ミカちゃんお持ち帰りでw」

お「返してなw」

おばちゃんもその辺無防備すぎるだろ。
とりあえずミカを連れ出す事に成功した。
もう一軒って誘ったので、近くのBARかどっかに行こうと思い。

俺「どっかこの辺にBARとか無いの?」

ミ「アタシ、もう飲まんでもかまへんよ。」

俺「もう飲めないの?」

ミ「飲めるけど、飲まんでも平気やで」

俺「は?」

ミ「飲まんでも平気。」

こんなにトントン拍子で行く事も稀で、逆にこっちが引いたw

俺「・・・。じゃあゆっくり出来る所行く?」

ミ「うん。」

ミカまさかのアバズレ。
ホテルまで抱き合いながら、道端でベロチューしながら直行した。
肩に回した左手でミカの乳首をまさぐりながら。

ミ「そんなんしたら我慢できへんようなるやん・・・。」

その言葉でテンションがあがり、十三の街をガッチガチに勃起させながら歩いた。

部屋を決めて、エレベータの中で、ワンピースの裾を上げてパンツの中に手を入れた。
ヌルっとした感触と共に、中指がミカの中に滑り込む。
同時にミカの体がピクッと跳ねた。
同時にエレベータの扉が開いた。

部屋に入ってミカはソファに座った。
責めるのが好きで、相手を恥ずかしがらせる事に悦びを感じる俺は、すかさずソファに座ったミカの顔の前に、パンパンに膨らんだズボンの股間部分を持っていく。

俺「見て。ミカのせいでこんななっちゃったんだよ?」

ミカは両手で膨らんだ俺の股間をさすりながら顔を見上げる。上目づかい。
さすってる手をどけて、自分でチャックを下した。

ガチガチになったチンコをミカの口元にあてると、抵抗せずに、一度亀頭にキスをして口に含んだ。
ホッペタをへこませて顔を動かす。目は逸らしていない。

ミ「大きくてアゴが痛いわw」

道端で乳首いじってから初めて会話した。
ミカのクチはツバの量が多いらしくヌルヌルして気持ちいい。
その喉元まで深く咥え込む。

我慢が出来なくなった俺は、ミカを抱きかかえベッドに。
他の女より少し重い気がしたけど、もう気にしないw
ワンピースを脱がしつつ、ボリュームのあるおっぱいとご対面。
デカいw
若干だがお腹回りも肉が付いていたが、それを凌駕するおっぱい。乳首もピンク。乳輪は少し大きい。
乳首にキスをして口に含む。

「フッ・・・。フゥゥ・・・。」

荒い呼吸に声が混じったようなあえぎ方で顔をゆがめるミカ。
興奮度MAX。

パンツを脱がすと、糸を引くくらい濡れていて陰毛もしっとり・・・。というかベチャベチャだった。
後で聞いたが、ミカの好みに俺がピッタリだったらしく、居酒屋で肩を触られた時、すでに濡れているのがわかったらしい。

クリトリスに舌先を押しつけながら指を3本激しくピストン。

「い!あぁ・・・!」
「無理!それ無理ぃ!」

あえぎ声よりもグチョグチョとイヤらしい音の方が大きいくらい。
5分も続けていないのになんか一人で昇りつめそうになっているのでストップ。
少し変態チックな雰囲気を出そうと

俺「イッていいって言うまでイッちゃダメだよ?」

とかSっぽいセリフを吐いた。
「意地悪な事言わんでぇ!」
みたいな返しを待っていたのに、呼吸を荒げながら

ミ「もう何回かイッたよ・・・。」

俺の調教まがいの行為はここで幕を閉じた・・・w
クンニしてる間もガマン汁がハンパなかったのでキレイにしてもらうべくチンコを再度口元に。
ミカも意図が分かっているようでダクダクになったガマン汁を舌ですくい取ってくれた。
ここでもSっ気を出してミカの上に乗っかり、正常位でピストンをするようにミカのクチに深く突っ込む。
亀頭が喉に当たるのが分かる。

「う・・・。ぐ・・・。」

とうめき声をあげながらクチで受け止めるミカ。
その姿があまりにも健気で、なんか愛おしくなってチンコを引き抜きディープキス。

ミカのツバでベトベトになったチンコを勢いよくミカのマンコに差し込んだ。いきなり激しくピストン。

「う!フっ・・・。」

また呼吸が荒く。でも疲れたので動きをゆっくりにして一休み。

ここで初めて

ミ「名前、なんて呼べばいい?」

マコト(仮)だという事を伝えると、
「じゃあマコトさんって呼ぶね」って初めて名前で呼ばれた。
それからは、深く入るたびに

「マコトさん・・・。マコトさん・・・。」

ってずっと俺の名前で喘いでたw
でもその間も、俺のチンコが出入りするたびにグチョグチョと部屋にイヤらしい音は響く。

相性が良すぎたのか、挿入5分くらいで射精感が。

俺「ヤバい。もうイクかも」

ミ「いいよ!イッて!!」

チンコを引き抜き腹に思いっきりブチまけた。
お互い、荒い呼吸を整えてたら

ミ「アタシピル飲んでるから中で出しても良かったのにw」

普段は一晩で一回イッたらもうお腹いっぱいなのにそれを聞いて2回、中で出させてもらった。
「中で出すね!」って言ったら中だしホールド?みたいな事をしてくるので余計に興奮した。
ドロドロのマン汁と精液が混ざって出てくる。

朝起きてもう一回シて、シャワーを一緒に浴びてお別れ。

LINEで連絡を取るようになり、大阪出張の時はミカの家に泊まるようになった。
出張清算をするときに、経理から「ホテル代は?」って聞かれるw

美乳首の上に感度良好でイキまくる激カワ少女

数年前の事を思い出したので書き込んでみようと思う。
出会い系でで女の子をさがしていたら、
いきなり電話番号を交換できた女の子が居た。
そして恐る恐る電話を掛けてみると
結構明るい声の子が出た(T子と言ってた)。

「どんな人を探してるの」って、紳士的に話すと
「携帯代を払ってくれる人・・・」だと。

こっちは暇だし、すこしならお金もあったので
「どのくらいお金がいるの?」って聞いたら
「一万五千円くらい・・・」だって。

困っている子は助けないといけないと、紳士的に(しつこいか・・・)

「じゃあ、一緒に食事をしてくれたら考えてもいいかな」ともちかけると
「地元だから、それはできません、ホテルでお話でいいですか」
と、話がうますぎる展開。

あってみると歳は19で見た目普通の子で、
良くこんな子がホテルに誘うよなと感心した。

T子はホテルに入ると
「ほんとに助けてくれるんですか?」と上目遣い(エロい)。

わかったよとお金を渡すと
「今日は半日暇なんですよ、ゆっくりしていいですよ」
とうれしいことを言ってくれる。
(ちなみにホテルインが午後1時)

T子は部屋を探検した後、テレビゲームを始めた。
楽しそうに一人でやっているので、そのままにして俺はビールを飲みながら、
たまに相槌を打ったりしていた。

2時間くらいゲームをしていたのだろうか。
俺は飲みすぎて眠くなりそうだったので風呂に入ることにした。

お風呂の湯がたまりさぁ入ろうかなと服を脱いでバスルームに行くと
T子が服を着たままついてきた。

「服がぬれちゃうからあっちにいていいよ」っていうと
T子は「私も一緒に入る」と言い出した。

半分酔った俺は「ああいいよ、一緒に入ろうか」
と誘うとうれしそうに脱ぎだした。

T子は胸もそこそこのサイズだったが、乳首の色が
ものすごくきれいなピンク色でしばしの間見惚れていた。

「入ろうよ」とT子にほだされて、一緒にバスタブに入ったが、
あまりの乳首の綺麗さにそこばかり見ていると
「そんなに綺麗?」と胸を摺り寄せてきた。

思わずむしゃぶりついた俺は、盛りのついたガキのようだった。
それでも胸以外は触らせないようにしてT子が風呂を出たため、
俺もあわててついて出た。

「こういうことするの初めてなんですよ
彼氏がいるのに他の人とホテルに入るなんて」
というとベッドにタオルもつけずに横になった。

俺が上から乗りかかろうとしたら
彼女はうまく体をかわすと上に乗ってきた。

攻めたいのは山々だったが、俺は完全に脱力して彼女に身を任せた。

上から順番に舐められていき、チンチンにたどり着くと
ゆっくりと咥えて来た。

経験がないから激しくはできないのか、
ひたすらペロペロ舐めてきた。
15分ほど舐められただろうか。

程よい感覚とアルコールが回り、不覚にもうとうととしてしまった。

どのくらい寝ていたのだろうか(多分、30分くらい?)
目を覚ますとT子は、横で布団もかけずに目を瞑っていた。

「おはよー、T子も寝ちゃったの?」
声をかけると目を閉じたまま
「寝てないですよ、起きるのを待ってただけ、もう続きはしないの?」
って聞いてきた。

当然、目の前に裸の美乳首少女が寝ていて、
何もしなくていいわけがない。

「ゴムはつけなくてもいいけどちゃんと外に出してくださいね」
と言われるが先か、おれは膣の中にヅブヅブと奥深く突っ込んだ。

「うっ」と声がしたけど、すぐに気持ちよくなったみたいで、
あえぎ声に変わりだした。

俺はもともと遅漏気味で、いくこともなくひたすら突きまくった。
彼女は感じやすいみたいで10回はいったと思う。

一時間ぐらいで少し疲れたので、ジュースを飲みながら休憩した。
T子は会ったときとは別の子のようにとろんとした目になり、
休憩が終わるとしずかに仰向けになって、大きく股を開いてこっちを見た。

条件反射で俺はまた固いままのチンチンを入れてあげた。
T子はあえぎながら「お願いだから、出してぇ」と懇願している。

俺は優越感に浸りながら
「あと5回、君がいけたら、出してもいいよ、ただし、顔にかけるよ」
と言ってやった。

従順なメスになったT子は自分から腰を動かして体をそらし始めた。

俺は逃げる腰を押さえつけるようにして
外に音が聞こえるくらいの勢いで、腰を打ちつけた。

それからT子が6回ほどいったようで
でもおれは相変わらず突きまくっていた。

するとT子がかすれた声で「中でいいから出して・・・」そのまま動かなくなった。
その言葉で俺の何かがはじけた。

瞬間に射精してしまったのだ、それもただの量じゃない。
まるでおしっこをしてしまったかのような量が
彼女の膣にぶちまけられた。

彼女は叫ぶと完全に動かなくなり
俺も気を失ったかのように上に突っ伏したまま寝てしまった。

結局、起きたのは夜の12時頃でしかも股間は繋がったままの状態だった。

彼女はまだうとうととしており
俺はまた腰を振り始め今度は早めに
でもまた中に出した。

結局次の日の朝まで、寝たり起きてまたしたりで
最後はお互いの体がどろどろのネバネバになった。

T子は帰り際に「また会ってもいいよね」と笑顔で微笑んだが、
なんとなく彼氏に悪い気になり、二度と連絡することはなかった。

今でも思い出すことはあるけど、
あんなに精液が出たことはもうないなぁ。

その後も、即アポ小悪魔で色んな女の子に出会ったが
T子の美乳首を超える女の子には出会えていない・・・
T子の美乳首に、もう一度だけ会いたいなぁ・・

同級生の若いお母さんに誘われるまま

中学時代からの友達のお母さんだったんだけど、俺がそいつと仲良くなった頃には離婚してたんだよね。
当時まだ30代そこそこで、小柄な人だったけど結構美人で気さくなお母さん。
俺が大学受かって地元離れるときもパーティー開いたりしてくれて、年の離れたお姉さんみたいな感じだった。
狭い市営住宅に住んでいて、俺はしょっちゅうそいつの家に溜まってたんだが、彼女は昼間の勤めから帰ってくるとよく夕飯をご馳走してくれたりした。

で、友人は地元の工場に就職して俺は東京の大学に進学したんだが、夏休みに帰省すると帰ったその日にお土産持ってそいつの家に遊びに行った。
家に着くと彼女が出てきたが、友人は留守だと言う。
そいつの勤めてる工場は三交代制で夜勤のシフトに入ってるとかで明け方に帰って来るらしかった。
 
 

 
俺はお土産を渡して帰ろうとしたが、「せっかく来たんだし、大学のお話も聞きたいから上がって」と引き留められ、どうせ帰っても暇だったせいもあってお邪魔することにした。

部屋に上がると彼女はお茶を持って来てくれた。
しばらく居間で座ってテーブルを挟んで話し込んでたのだが、彼女は「暑いからちょっと着替えて来るわ」と席を立って、隣の部屋に行って着替え始めた。
隣の部屋から彼女が着替えてる衣擦れの音が聞こえてきた。

彼女「ゴメンね、待たせちゃって」

彼女は薄いピンクのタンクトップにショートパンツで現れた。

・・・目のやり場に困った。
なにしろ足も露わで、タンクトップの脇からはブラがちらっと見えるし。
当時童貞の俺にしてみりゃもう勃起モノの光景で、話もしどろもどろになってしまう。

彼女「向こうで彼女出来た?」

不意に彼女が俺に訊いた。

「まだそんな相手いませんよ」と俺が返す。

今までなら冗談話が弾むとこだったのだが、何故かそこで沈黙。
しばらくして彼女が口を開いた。

彼女「じゃあ、あたしみたいおばさんでもこんな格好してると興奮しちゃうでしょ?」

俺「・・・しますよ、すごく・・・」

俺は予想外の質問に言葉も詰まりがちに返答した。

彼女「・・・抱きたい?あたしを」

彼女は俺に畳み掛けるように訊いた。

俺「・・・抱きたいです」

俺は半ば混乱していた。
何しろ普段オナニーのネタにしてた彼女からそんな言葉が出るなんて想像も付かなかったからだ。
夢を見てるようだと言うのはこういうことなのだろうか。
また少しの沈黙の後、不意に彼女は立ち上がった。
そして部屋の窓を閉め、玄関の鍵を掛けると居間に戻ってきた。
そして俺の横に座ると真っ直ぐに俺を見つめて言った。

彼女「抱いて・・・」

次の瞬間、俺は反射的に彼女を畳に組み敷いていた。
だが彼女は目を逸らさず、俺を下から見つめて微かに笑みを浮かべ、優しい口調で言った。

彼女「キスして・・・」

俺は促されるまま唇を重ねた。
長い初めてのキス・・・。

俺「いいんですね?俺、本気ですよ?」

彼女は頷いた。
俺は熱に浮かされてるような気分だった。
現実感が沸かないまま彼女のタンクトップをたくしあげる。
薄いピンクのブラが剥き出しになった。

彼女「待って・・・外すから」

俺は内心救われたと思った。
何しろブラなんて外したことが無いのだから。
彼女が少し身体をよじるようにして背中のホックを外すと途端にブラが緩んだ。
俺は無言でブラを取り去った。
そこには小ぶりな彼女の乳房があった。
小柄な彼女の身体は思ったよりも華奢だった。
俺は彼女の乳房に顔を埋め乳首を咥えた。
俺はエロ本で見たように彼女の乳首を咥えたり舌で転がしてみる。
しばらく続けていると段々彼女の呼吸が乱れて来てるのに気がついた。
やがて彼女が息を吐く毎に、切ないような溜め息にも似た声が漏れ出した。

俺「・・・こっちも見せて」

俺はもう辛抱出来なかった。
彼女の一番感じる所を見たくてショートパンツに手を掛ける。
彼女が腰を浮かせて無言の同意を示した。
難なく脱がせると、上とお揃いではないがピンクのパンツが目に入った。
やはり最初に目が行く場所は決まってるが、その部分はもう彼女の愛液が沁みてるのが一目で見てとれた。

俺は更にパンツも脱がせにかかる。
再び彼女が腰を浮かせてくれた。
足首からパンツを抜き取ったらもう彼女の身体を覆うものは何も無かった。
改めて見ると彼女の身体は友達のお母さんと言うより、せいぜい上級生の女の子の様な雰囲気だった。
彼女はさすがに恥ずかしいらしく、両手で顔を覆って息を殺している。
俺はゆっくりと両手で彼女の脚に手を掛けて開いた。
初めてみる彼女のヴァギナ。
愛液で濡れそぼってる毛の間にぽってりとした小陰唇が見える。

俺は彼女のヴァギナに触れてみた。
とは言っても童貞の悲しさ、初めて触るのだからまず形や構造がよく理解しきれてない。
とりあえず指で開いてみるのだが、俺の知識では保健体育の断面図しか知らないのだ。
だが更に拡げてみたところ膣が確認できた。

彼女「乱暴にしないでね」

彼女が恥ずかしそうに言った。
俺はとりあえず舐めてみることにした。
舌を割れ目に沿わせてゆっくり上下に舐めてみる。
初めて味わう愛液の味は少し塩味っぽい不思議な味だった。
しばらく外側を舐めていたが、徐々に割れ目に舌を入れてみることにした。
やがて俺は割れ目の一番外れの部分に突起を探り当てた。
初めてクリトリスを見つけたわけだ。
クリトリスが女性の性感帯だという事だけは知っていた俺は、そこを舌で執拗に舐め始めた。
俺がクリトリスを責めると彼女は明らかに反応し始めた。

彼女「んっ・・・ん・・・」

控えめだが彼女は声を漏らし始めた。
俺は注意深く舌の動きを調整しながら反応を観察した。
どうも舌で周りをねぶったり変化をつけたほうが良いらしい。

彼女「はぁぁ・・・そこ・・・感じちゃう」

感極まったように彼女は上擦った声で俺に訴える。

俺「もっとされたいの?」

俺が聞くと彼女は潤んだ目で頷いた。
再び彼女のヴァギナを激しい舌遣いで責める。

彼女「はぁぁぁ・・・欲しくなっちゃう・・・」

彼女は腰をもじもじと動かす。

彼女「待って・・・」

不意に彼女は俺を制止する。
彼女は身体を起こした。
俺も上体を起こして彼女の前に座った。

彼女「あなたも脱いで・・・」

俺「うん、じゃあ・・・」

俺は彼女に促され立ち上がるとTシャツを脱いだ。
彼女は目の前に立ってる俺のベルトを外し、張り詰めた股間を撫で擦る。
ズボンの上からとは言え十分怒張してるのだから思わず腰が引けてしまう。

彼女「脱いじゃおうね」

彼女は俺のジーンズのボタンを外しファスナーを下ろした。
そして片足ずつズボンを脱がせてもらう。

彼女「あぁ・・・すごいね・・・◯◯君の、こんなになってるんだぁ・・・」

感極まったように俺の張り詰めたトランクスを凝視しながら彼女は呟くように言った。

彼女「見せて・・・あなたの・・」

トランクスを下げられ、上を向いて怒張してる俺のペニスが露わになる。
彼女は愛しむように俺のペニスを両手で包み込んだ。

彼女「なんて硬いの・・・すごい・・・」

感嘆にも似た口調で、溜め息混じりに彼女は俺のモノを見つめながら言った。
彼女は愛おしそうに俺のペニスを見つめる。
そしてゆっくりと包皮を剥き、亀頭を露出させた(ぶっちゃけ、俺仮性w)。

彼女「・・・」

無言のまま俺のペニスに顔を寄せる彼女。
そして亀頭にそっとキス。
俺は敏感な部分を無防備に、彼女のなすがままに任せる。
彼女は舌を出しゆっくりと先の割れ目をなぞる。

俺「うぁっ・・・」

彼女がクスッと笑った。

彼女「初めてだもんね?こういうコト・・・」

そう言うと彼女の舌は再び俺のペニスにまとわりつく。
カリの裏側を丁寧になぞるように舌が這う。
執拗な舌技は予想を遥かに超えるものだった。
初めて経験するフェラチオに俺は身悶えしかる。
だが彼女の舌は容赦なく俺のペニスを弄ぶように裏筋を責めたてる。
膝がガクガクする。
俺は言葉もなくただ喘ぐだけだった。
やがて不意に暖かい感触・・・、彼女は俺のペニスを口に含んでいた。
彼女は口の中で俺の亀頭を舐め回す。
信じられないくらいの快感。
彼女は俺のモノを愛しむようにゆっくり首を動かし、ねぶり続ける。
だが俺は急激に限界を感じた。

俺「あ、待って・・・!」

そう言うのがやっとだった。
彼女の口から俺はペニスを慌てて抜いた。

彼女「イキそうになったの?」

俺「うん、出ちゃうとこだった・・・」

彼女「ふふふ・・・出しても良かったのに」

彼女は悪戯っぽく笑った。
予想外の彼女の答えに思わず照れが込み上げる。

俺「もう大丈夫だよ」

俺は照れ隠しに彼女を抱き寄せた。
彼女を抱きすくめると、俺は照れ隠しにわざと少し荒っぽくキスをした。

彼女「んん・・・くぅ・・・ん・・・」

俺に抱き締められながら彼女が漏らす甘い声に、切なくなるくらい愛おしさが込み上げてくる。
しばらくして唇を離すと彼女が囁いた。

彼女「◯◯君の・・・ちょうだい」

俺は彼女をそっと畳に寝かせた。
そして彼女は俺を受け入れる姿勢を整える。
俺はゆっくりと彼女の膝を両手で押し開いた。
彼女の潤んだヴァギナが僅かに開いて俺が入って来るのを待つ。
俺は腰をゆっくりと沈めながらペニスを彼女にあてがった。
彼女はそっと俺のペニスに手を添えて導く。

彼女「来て・・・」

彼女は俺を見つめる。
俺は彼女の割れ目に向かって静かに差し入れてゆく。
亀頭が彼女の割れ目に呑み込まれ、中へと入っていくのを俺は息を飲んで見つめた。
入り口で少し抵抗を感じたと思った瞬間、ぬるっと半分まで一気に入った。

彼女「んん・・・んっ」

彼女が思わず声を漏らす。

彼女「入った・・・」

俺は続けて更に根元一杯まで一気に腰を落とす。

彼女「んあっ!」

彼女が仰け反った。

俺「え、痛かった?大丈夫?」

あまりに鋭い反応に俺は思わず彼女の顔を覗き込んだ。

彼女「違うの、久しぶりに男の人のが入って来たから感じちゃったのよ」

バツが悪そうに彼女は苦笑した。
彼女の中は暖かで柔らかく滑らかだった。
そして俺のモノにまとわりつくように密着してくる。

彼女「◯◯君のが入っちゃったんだぁ・・・」

彼女が不意に感慨深げに呟いた。
確かに友達のお母さんだという事を思えば普通では考えられない。
俺自身もオナニーする時、彼女とセックスする事を想像してはいたが、こうして彼女を抱いているという事自体がこうしてても夢みたいな心境だった。

彼女「動いてみて・・・」

彼女に促され、俺はゆっくりと腰をグラインドする。
思わず彼女のヴァギナからペニスが出入りする様を思わず凝視してしまう。
彼女の愛液にまみれながら、その感触に俺のペニスは更に硬さを増す。
だんだん感覚が掴めてきたところで動きを大きくリズミカルにした。
それにつれて彼女の反応も徐々に顕著に現われ始めた。

彼女「あっ・・・んっ・・・んっ・・・あん・・・」

俺に突かれる度に彼女は声をあげた。
既に俺は絶頂に達しそうだった。

俺「もう出ちゃうよ・・・」

俺の腕の中で目を瞑って喘いでいた彼女は頷いた。

彼女「うん・・・いいよ・・・中でイッて・・・大丈夫だから・・・」

切れ切れにそう言う彼女の愛おしさに思わず俺は力を込めて抱き締めた。
突き抜ける様な快感と共に俺は身体を震わせた。
彼女の中で・・・。

夏の盛りに、夜とは言え閉め切った部屋で抱き合ったせいもあって二人共汗まみれだった。
気が付くと夜半に近い時間。
彼女は照れくさそうに立ち上がると下着を付けトイレに行き、台所からビールを持って来てくれた。

彼女「大人になっちゃったね、今日で・・・、乾杯」

そう言って彼女はクスクスと可愛く笑った。
そういえば彼女と乾杯するのはこれで二回目だった。
俺は彼女に貰った缶ビールを一口飲んで、友人の事を思い苦笑いした。

同期一の美女を落とす

その女、由紀に出会ったのは某アパレル企業の入社式だった。
同期100人程が一堂に会した室内で、由紀が立ちあがって自己紹介した時、
隣に座る貞森から「おぉ?」という歓声が聞こえた。
貞森は慌てて自分の口を押さえて真っ赤になっていたが、気持ちは俺も同じだった。
他の同期や研修の担当者までもが皆、声までは漏らさないまでも、
ぼうっと由紀の美貌に見惚れているようだった。
可憐という表現がぴったりの、間違いなく同期で1番の美女だった。
いや、俺のそれまでの人生の中で、これほど魅力的な女に出会ったことはなかった。
気品あるノーブルな顔立ちと柔らかそうな髪がとても印象的で、
スリムな体型にはリクルートスーツがとても良く似合っていた。

入社式も終わらぬうちから大規模な争奪戦が始まり、
何人もの男達が、何かと話し掛けたりしているのが目に付いた。
当然、この俺も当たって砕けろの精神で何度となく声をかけたが、
一度として誘いに乗っては貰えなかった。

入社して半年くらいが過ぎた頃だったろうか。
嫌な噂を耳にした。
あの由紀が同期の市川と付き合っているというのだ。
俺にはとても信じられなかった。

たしかに、市川はかなりのイケメンだ。
歌舞伎役者の海老蔵を思わせる男っぷりは見た目だけなら同期一と言っても過言ではないだろう。
しかし、性格面は最悪だった。
市川はブラック企業の当社にしては、高学歴だったためか、いつも俺達を見下していた。
飲み会などにも参加せず、研修時のグループ課題も誰にも相談せずに勝手に一人で提出してしまうような奴だった。
控えめで謙虚な性格の由紀とは、まったく合わないように思われた。

しかし、その噂が真実であると、すぐに知ることになった。
市川自身が自慢げに語ったからだ。
それまで、疎遠だったくせに、市川は由紀と付き合うようになってからは
急に俺たち同期と飲みに行くようになった。
ヤツはその度に鼻の穴を膨らませながら由紀とのことを自慢げに話した。

市川の奴は、由紀だけじゃなく、上司からの評価も一人占めした。
ヤツは、3年目にして、会社から表彰され金一封を貰い、同期内で一番早く係長に昇進した。
そして、昇進を期に、由紀と結婚した。
結婚の話を聞いた時、同期達でパーティーをやろうと持ちかけたが、丁重に断られてしまった。
お高く止まりやがって!と、仕方なく、主役のいないまま俺たち同期のもてない男達は、憧れの由紀ちゃんが完全に他人のものになってしまったと
皆で夜通し飲み明かした。
そして、結婚から1年ほどすると
市川は、こんなブラック企業からは、とっとと独立して、由紀と二人で会社を興した。
最初は、うちの代理店という扱いだった様だが、経営はかなり順調で、従業員を増やしたなどという話まで耳にした。

しかし、それから3年後くらいだろうか、市川の強運もとうとう尽きる時がやってきた。
リーマンショックに始まる不景気は、他人より運の良い人生を送ってきた市川にも
どうすることもできず、彼の会社はあっと言う間に傾き、火の車になった。
噂では大口の取引先が倒産し売掛金の回収も出来なかったと聞いている。
その大口を無くしてしまったからか、
彼の会社の売上の大部分は、当社が占めるようになっていたようだ。

その当時、俺は入社してちょうど9年目、30歳そこそこで課長という役職だった。
比較的早いうちに役職に就けることだけは、ブラック企業の良い点かもしれない。
決して大きな権限が与えられていたわけではなかったが、
それでも代理店など下請業者に対する発注の多くを任されていた。
当然のことだが不況の波は当社にも訪れていたため、下請に対する発注も縮小することになっていた。
そんな時、市川が自分の会社を切らないで欲しいと頭を下げに来た。

かつて散々見下してきた同期の俺に、頭を下げる市川を見て、
よっぽど経営が苦しいのだろうと考え、『これは、もしかしたら』と提案してみた。

「経営苦しいの?、だったらさ、奥さんをうちに復帰させたらどうかな?」
「うちの部署、急に寿退職しちゃった女子がいてさ、
 人手足りないんだよね。奥さんだったら元社員で仕事できるの知ってるから、かなり助かるんだけど?」
「うちに恩も売れるし、発注の部署だから、そちらにも、なにかと好都合じゃない?」

それほど深く考えずに、言ってみたのだが、
市川はあっさりと承諾し、とんとん拍子で話は決まり
週明けから由紀がアルバイト社員として勤務することになった。

さっそく俺は、高野や貞森などの悪友に連絡し、計画を練ることにした。
もちろん、由紀を堕とす計画だ。
何年も思い焦がれた美女が自分の下で働くことになったのだ、手を出さないというほうはない。

アルバイトの初日
数年ぶりに会った由紀は、相変わらずの美しさだった。
不景気で苦労もしただろうに、当時から全く劣化しておらず、
むしろ以前にはなかった色気が加わって、さらに美しさが増したようだった。
由紀が出社することを聞きつけた同期達が用もないのに俺の席まで来ていたが
そのうちの高野などは、ぽかーんと口を開けて間抜けな顔で見惚れているようだった。

「昔と全然変わってないよな」

入社時の由紀、いつも可憐で凛とした、しっかり者の美女の姿を思い出しながら
彼女に散々スケベなことをさせるシナリオの成功を思って、俺は股間を熱くさせた。
皆の前に立ってハキハキと自己紹介する由紀の唇、
薄化粧にピンクのルージュが、とても良く映えていた。

「いずれ、あの唇でたっぷりと奉仕させてやる」

俺が漏らした何気ない一言に
高野が生唾を飲み込んでから、「なんでも協力するよ」と返事をした。
他の同期達もそれぞれ真顔で頷き合った。

俺は由紀がバイトとして出社してきた初日から代理店への発注を任せることにした。
そして、発注締めのギリギリ、まともに確認できないだろうタイミングを見計らって
別の仕事を振ってやった。
それでも、聡明な由紀だ、きちんと発注数は合っていた。
俺が修正しなければだがw

そして、待ちに待った納入日
社内は大慌てだった、1000個のはずの発注が10000個となっていたのだから当然だ。
アルバイトの由紀が出社してくる前に
俺は由紀の教育係を呼びつけ、思い切り、叱りつけた。

「どういうことだ! 彼女は元社員で誰もが認める優秀な社員だ!
 それが、こんなミスをしたのは、教育係の君がしっかり教えなかったからだろ!君の責任で、きとんと対処しろよ」

あえて大勢の前で叱りつけた。
教育係と言っても20代の女性だ、皆が黙って見守る中、目に涙を溜めているようだった。

由紀が出社するとすぐに教育係の声が聞こえてきた。

「由紀さん、○○社への発注、数をちゃんと確認しなかったのですか?」

怒っているであろうことは声音から誰の目にも明らかだったはずだ。

「まさか、自分の旦那の会社だからって、故意に多く発注したんじゃないでしょうね?」

ほほう。高野の言うとおり、やっぱそうきたか。

当社の女性陣は昼食になると、皆で一緒に会議室へ行く。
しかし、この日は、由紀だけが一人取り残されて不安げにキョロキョロしていた。
俺は、その様子を見て、密かにほくそ笑んだ。
あのスケベ禿げめ、人をよく見ている。
実は、彼女を由紀の教育係にしたのは、人事の高野の発案だった。
この日から由紀は職場の女性陣から完全に孤立してしまった。

それから3日経つまで、はやる気持ちをなんとか抑えつけながら待って、
俺は由紀を飲みに誘った。

「申し訳ございません。予定があります」

あっさり断られてしまった。

しかし、現在の俺と由紀の関係は新入社員の時と同じではない。

「何、勘違いしてんの?仕事の話をしようと思ってるんだけど?」

それを聞いて、明らかに由紀が迷っているのが分かった。
もう一押しだ。

「教育係のせいだとは思うが、いきなり大きな失敗したから、心配してるんだよ」

”教育係のせい”という言葉を若干強めにして、皆に聞こえるように大声で言うと
由紀は「違います」と小声で肩を震わせた。

「周りと、あまりコミュニケーションとれてないみたいだし、大丈夫なの?」

由紀がびくっと震えたのを確認してから
俺は声をひそめた。

「ここで皆の前で話すより、場所を変えて話した方が良くないか?」

「は、はい、すみません」

苦節8年。
この日、俺は、ようやく由紀を誘い出すことに成功した。
初めて由紀を誘った時から、既に8年の月日が過ぎていた。
そのことを思うと妙に感慨深い気持ちになった。

その後は、何度もシミュレーションしたプランを実行するだけだった。

場所は会社の最寄り駅のすぐ近くにあるホテルのバーを選んだ。
まず席に座ってすぐに、由紀が周囲から浮いていることを指摘した。
「君、みんなに嫌われているよ」と言うと由紀は泣きそうな顔になった。
そして、さらに追い込むため、徹底的に由紀の失敗を責め、
二度と失敗しないためのプランを今すぐ考えろと詰った。

申し訳なさそうに俯きながら、必死に対策を考える由紀を尻目に、
「なるべく口当たりの良い飲みやすいワインを」と店員に頼んだ。
ワインが来ると「アルコールはちょっと・・」と由紀が言いだす前に
会社や俺、特に教育係の彼女が、どれだけ苦境に立たされたかをオーバーに話しながら、
グラスにワインを注いだ。
予想通り、由紀は文句を言いだせずに、
俺が軽くグラスを掲げると、慌てて自分もグラスを持って、カチンと合わせてから一口飲んでくれた。
その後も
「まだか?早くプランを聞かせろ」と急かしながら、由紀の話が途切れる度に
ワインボトルを掴んで由紀のグラスに注ぐと、緊張から喉が渇くのか
由紀はグラスのワインをどんどん空けていった。

アルコールで由紀の顔が上気してきたのを確認してから、由紀の失敗を責めることは止め
話題を市川の会社の状況や同期で研修した時の思い出話などに変えていった。
すると、少し安心したのだろう。
飲みやすいからと勧めたカクテルを疑いもせずに飲んでいった。
マティー二、アレキサンダー、モスコミュールと飲ませると、すぐにべろんべろんになった。

「ツレがこんなだから、料金は部屋に付けてくれるかな?」

店の者にそう告げてから
俺はドキドキしながら由紀に肩を貸す形で抱えるようにして、バーを後にした。
当然のことだが、まともに由紀に触れるのは初めてのことだった。
甘い香りにクラクラしながら寄り添って歩いていると、
どうにも、はやる気持ちを抑えられなくなってきた。
まだホテルの廊下だったが周りに人気もなさそうだ。
しかも、由紀は完全に意識がない状態だ。
慣れない職場環境や人間関係から相当疲れていたうえに、かなりの酒が入っている。
しばらくは、起きないはずだ。
俺は思い切って、胸の膨らみを軽く揉んでみた。
予想通り泥酔状態の由紀からは全く抵抗がなかった。

長年思っていた女の胸を自由にしてると思うと
堪らなかった。自然と生唾が口の中に広がってくる。
俺は一度ゴクンと唾を飲みこんでから、あの形の良い唇に吸いついた。
ここまでしても、由紀は酔っ払って何がなんだか分からない感じだった。

由紀を抱き締め、唇を貪りながらヨロヨロとした足取りで部屋までたどり着くと
すぐに羽織っていたカーディガンを毟るように奪い取った。
強引に扱ってしまったことを若干後悔したが、
運の良いことに、由紀は俺の腕の中で、ほとんど身動きせずに目を瞑ったままだった。

その整った美しい顔をじっくり見ながら、ゆっくりとワンピースを肩から抜いた。
きめ細かな白い肌が露わになった。
それにつれ品の良い甘い香りがムンと立ち上ってゆく。
たまんねぇ。
俺は首筋に沿ってチュッチュと口づけしながらブラジャーの肩ひもを
そっと肩から滑らせた。
おっと焦りは禁物だ。
念願の乳房を拝む前に、もう一度、じっくり顔と身体を見てやろうと思った。

ブラジャーだけになった上半身は、ほっそり華奢で、乳房の膨らみも、それほど感じられなかった。
そういえば、飲んだ時、おっぱい星人の貞森が「おっぱいは残念そうだ」、なんて言ってたっけ。
たしかに乳房だけは残念なレベルかもしれない、、が、
乳房が小さい分、顔の美しさや肌のきめ細かさから、清楚な雰囲気が際立つ。

俺は由紀の背中に腕を回して、その滑らかな肌の感触を楽しんでから、ブラジャーのホックを外した。
この時、長いまつ毛が若干揺れたように感じたが、酒に酔って赤らんだ顔に変化はほとんどなかった。

じゃあ拝ませてもらうか、皆が思い焦がれた、その貧乳。

俺は、その整った顔を眺めながら、起こさないように丁寧に、ブラジャーのカップを掴んで、すっと取り去った。

田舎くさい不思議ちゃんが遠距離彼氏とテレえっちをしている

新人女子社員の本音を偶然聞いてしまい、印象は「カワイイ!」から「ムカつく!」へ。
しかしそこには・・
そして女はパンツを脱いだ。一体ナニがあったのか?
今嫁かどうかは内緒だ。そういうオチは飽きられてるから!
※前半はあまりエロくないです。
当時俺28歳のある日。
会社のウラ側の窓から、女の声が聞こえてきたんだ。
いつも閉まってるけど、夏だからかな、ブラインドも窓も開いてた。
昼休み、俺はウラ手に広がる田んぼ見ながら、タバコぷかぷかしてた。
社員約20名の田舎の営業所。
喫煙者はなんと俺だけなんで、いつも外で吸ってる。
ここは人が来ないからのんびりリラックスできる。
壁にもたれてさ、窓側からは身を乗り出さないと見えない位置。
窓の向こうは物置みたいなもんで、普段は人の出入りはないんだけどさ。
ただ新人のヒヨリが入社してから、時々そこで電話してるのは知ってたよ。
よく昼休みに遠距離の彼氏と話してるらしい。
どっちかっていうと地味だけど、肌つやつやでカワイイ女子なんだ。
彼女は日余里ヒヨリ(仮)22歳。うちの営業所に配属されて、俺が主な教育係。
ちょっとフシギちゃん?オタク?入ってるが、愛想は悪くないし真面目な頑張り屋だと思った。
礼儀正しくて素朴な色気があってさ、目で追っちゃうこともあったな。
ヒヨリは子供っぽいトコもあるが気が利くし、先輩後輩としてはいい感じでやれると思ったよ。
素直に言うこと聞いてがんばってくれるから、俺も気を引き締めようって気になれたんだ。
彼氏いるから、口説こうって気は起こさず、昼休みの電話に聞き耳立てたこともなかった。
でもま、その時は窓が開いてて。
聞くでもなく聞こえてしまったわけね。
「もしモシ、うん。・・昼休みだからいいケド。・・うーん仕事、3カ月だけど、まだ慣れないヨ。
・・先輩がね、うん?そう、前にも言ったでしょ、男だヨ。・・5才くらい上カナ」
どうも俺のこと話してるな、気になるよ?この状況でも盗み聞きっていうのかな。
ゆったりとした、舌足らずなしゃべり方。
仕事ではもどかしいこともあるが、こうやって聞いてるとカワイイもんだなあ・・。
「えー?浮気とかまだソンナ心配してるの?会社では地味にしてるカラ、大丈夫だってば。
・・その人?カッコよくないって、だってサルだモン」
・・遠距離の彼が浮気の心配するのはいいとして、俺のサル顔をバカにするとは何事か!
「比べたらモンちゃんに失礼ダヨ、あんなサル。要領悪いし、タバコくっさいしネ」
こいつ!オモテじゃほんわかニコニコして、ウラでは俺をバカにしてたわけか。
無性に腹がたってきたんだぜ!・・と同時にとても悲しい!
いやしかし、誰にだって愚痴や本音なんてのはある。
偶然とは言え聞いてる俺も悪い。
どうする?悩んでたら、こんなことが聞こえてきた。
「イツモ電話でしてるじゃない。昨日だって3回も・・恥ずかしかったヨ」
電話でって何、してるって何、3回って何!あれか、やらしいことか!
かわいい細い声して、普段からは想像つかないことばかり話してる!
「え?やだ今?いくら何でも会社でHなことするわけナイでしょ・・!もう切るからネ?
じゃね。・・・・今日も?うーん・・8時頃?・・うーん・・うん、ワカッタ・・じゃ」
・・エロいこと聞いちゃったな・・。あの声でどんな風にあえぐんだろ?
テレHか、今日もするのかな。昔彼女とやって盛り上がったことあったなあ・・。イイなあ・・。
やばい、意識しちゃうじゃねーか、こんなムカつく女に、チキショー。
でもまあ・・・・俺の悪口言ってたのはムカつくが、直接言ってきたわけじゃない。
悔しいがここは、聞かなかったことにして立ち去るべきだな。
それが大人というもんだ。
ところが突然、ヒヨリが窓から上半身を出した。
「あーもう?!すーハー、ウーん!・・ん?・・オゥフ!」
大きなため息と深呼吸と背伸び。そこまでしてやっと俺に気づいた。
「あー!サル野さんお疲れ様デス!あの、ココで何・・」
驚いてはいるが、今俺が来たと思ってるんだろう。
話を聞かれたとは思ってないようだ。
「昼休みにタバコ吸う時は、俺ここ来るんだ」
「あー、そうなんですか、中は禁煙でスネ」
ホントは俺をバカにしてるくせにニコニコ笑いやがって。
でもかわいいな、かわいいなあーチキショ。
「スモーカーは肩身せまいからさ、もうやめよかな?。今時タバコ吸う奴は嫌われる時代だろ」
と・・ちょっとカマかけてみたわけなんだが。
「んん・・?そんなコトないですヨ?。タバコ吹かしてる人って、渋くないデスか?」
「(コイツは・・!)ふーん。クサイとか思わないの?」
「キライじゃないですヨ?男の人のニオイがするって感じで。エヘヘ」
何だコレ、ヒヨリのオモテウラをハッキリ見た気がして気持ち悪くなった。
社会人としてはその対応が正解なのかも知れないが!
もういいや、言ってやれ。
「男ならいいけど、サルならクサイってわけか?」
「・・オゥフ!」
顔赤くして口パクパク。お前は金魚か。
「・・聞こえテたんでふは!あのデふね、アレは、彼氏が、あのその」
「まあ落ち着け、言い訳すんな、みっともない。あれが日余里のウラの本音だろ」
「ちがひます!ホントはあっちが建前のオモテの本音デ」
「もういい、意味がわからん。悪かったな、ロクに仕事も出来ない、タバコくさいサルで」
「サル野さん、ゴメンなサイそんなつもりでわ・・」
「まあいいや、俺だって上司の愚痴、人に言ったことあるし。Hな会話も秘密にしとくよ」
「オゥフ!・・そこまで聞いて・・・・!でもアレも誤解というかソノ」
「しつこいな、仕事でヘマしなければ文句ないから。あと愚痴は会社の外で言え。じゃな」
このイライラは多分嫉妬のせいもあったんだろうな、と思うと情けない。
いい加減鬱陶しいんでその場から離れようとしたら、後ろから声が。
「ちょっと待って下さいヨー」
無視無視。振り向かずに歩くのだ。
ところが。
「よいしょ、よいしょ、オゥフ!・・ワ、ワワ」
思わず振り向いてしまった、そこには・・ナニやってんだこいつ。
スカートのまま、窓を乗り越えようとして片ヒザ立てた状態、パンツ丸見えのヒヨリ。
しかもバランスくずして前のめりに倒れそうになってやがる!
うひょー、パンツ白いよエロいよ!どうする?ハミ毛とか見えねーかな。
おっとそうじゃない、ここはさすがに手を貸すしかないな、ついでにサワれるかも。
「何だよもう、外から回ってくればいいだろ」
と悪態をつきつつ、ヒヨリの両脇に手を入れる。ちょっとおっぱい触ったんだぜ!
ニヤニヤしながら持ち上げて、窓の外側にひょいと下ろしてやる。
・・つもりだったんだが、意外と重くてスムーズにいかない。
そりゃそうだ、小柄だが少なくとも40kg以上はある。引きずり出すようなかっこになった。
しかも勢いあまって抱き付かれちゃうし。
どさくさでおっぱいちょっと触ったし、パンツは白いし、抱き付かれるし、いいニオイだし!
やばいな、これ勃つよ、ちんこ勃つよ、今勃つよ、ほら勃った。
ムカつく女だって分かったけど、カワイイもんな、チキショー。
でも、なんですぐ離れないの?ムーネにほほーをうーずーめー♪
泣ぁいていーたね、・・・・あ、泣いてる?何で!何で!足でもぶつけたか?
「誤解ですからネ!オゥフ!」
結局走って行っちゃった、何だったんだアレ。
泣きマネしながら言い訳でも並べるつもりだったか。だまされるかボケ。
でもま、腹は立ったが、偶然聞いた陰口に怒るのもスジ違いてもんだ。あーあ。
しかしなあ、午後はどうしても仕事中不機嫌になったよ。
ヒヨリも俺のことを避けていたが、他のスタッフには明るく接していたな。
ウラを見られたから、俺には無理に愛想をふりまかなくてもいいって思ってるのか。
でも仕事さえちゃんとしてくれれば、先輩としては文句言う理由がない。
別に、仲良くやったって仕事がはかどるわけじゃないしな。
悔しいけどそう割り切ろう、と思ってたんだが帰り際に言われた。
「サル野さん、話がしたいでス。お願いしマス」
えー、何だよ、今日のことがなければ単純に喜ぶとこだけど。
何か企んでないだろうな。
まあいいや。俺は車通勤だから、とりあえず助手席に乗せた。
走ってる間、何か言ってくるかと思ったが・・・・無言。気まずい。
どこ行くんだよ。話があるって言ったのはそっちだぞ、俺からはまだ何も言うまい。
ま、明日休みだし、どっか店で飲みながらと思ったから、自宅アパートに車置くことにした。
俺んちは、ヒヨリの住んでるトコと会社の中間くらい。
で、家について車止めて。
「ちょっと歩くけど、何か食べに行くか」
「・・誰もいないトコがいいデス」
それはつまり、聞くまでもないが。
「じゃあウチ、来る?」・・黙ってうなずいて、ついてくるヒヨリ。
まさか口止めのためにヤラせる?そんな計算高いのは俺うれしくないぞ。
陰口言いふらされたらそりゃ気分良くないだろうが、そこまで必死に止めるようなことか?
言いふらすメリットは俺にもないしな。何なんだろ。
変な期待は抑えて、ワンルームの部屋に上げて、あ、俺1人暮らしね。
まあ座れば?と座布団出したら、それを横に置いて、土下座!
絵に描いたようなTHE・土下座!何だ?何だ?
「申しワケ、ございませーん!」
「・・!おいおい声デカイよっ。落ち着けって」
「あ、申しワケ、ございませーん!」
何コレすごいな、今度客からクレームあったらコイツつれて謝りに行ってみよ。
「あのー、日余里さん、まずは頭上げて、落ち着いてもらえませんか」
「は、はい・・」
「悪いね、タバコクサイ部屋で。散らかってるし」
あれ、何で俺が謝らなきゃいかんのだ。と思ってたら。
「私おじいちゃん子でした。で、おじいちゃんはよくタバコ吸ってマシタ」
「それが何?」
「だからタバコのニオイは平気です。てゆうか好きデス。てゆうか私もたまに吸います」
何かよくわからなくなってきたが、とにかく話を聞こうじゃないか。
ビールとつまみ出した。二人ともぐびぐび飲んで一息ついた。
歓迎会の時に知ったがコイツは結構酒好き。
いつの間にか静かに酔っ払ってるタイプ。
「電話で彼に言ってたことは何?」
「彼はですネ、ヤキモチ妬きでめんどくさい人デス」
「ふんふんそれで?」
「周りにいる男の人のコトは悪く言っておかないと、めんどクサイことにナルので」
「だから、俺のことをケナしておくことにしたと」
「ホントはサル野さん頼りにしてマス。今日のことで冷たくされたら困りマス・・」
「・・わざわざそれ言うために来たの?」
「不本意ながら聞かれてシマッタけど、アレが建前で、今話してるのが本音デス・・」
「ウソだろ?何でそんなに必死で言い訳すんの?別に俺、人に言うつもりないけど」
「・・!ですよね、ウラオモテがあるって分かったら、ウソにしか聞こえませんヨネ・・」
「・・もういいよ、仕事だけ真面目にやってりゃいいじゃん。ひどい性格でも」
「それデス!」
「・・んー?」
「私、学生の時、バイトなんかでもドンくさくて、社会人になる自信なかったんですケド」
「・・それがどうかしたの?」
「入社してから、サル野さんのおかげでスゴク楽になれて」
「俺何かしたっけ」
「人見知りで、緊張してオドオドしてたらアドバイスくれたので、ウレシカッタのです」
「・・何て?俺覚えてない」
「性格は関係ないからトニカク真面目にやれ、新人はまず挨拶と報告だけちゃんとヤレって。
それさえ出来れば、あとは周りがフォローするから心配スルナって」
「・・ああ、俺が昔生意気だった頃に、所長から言われたことの受け売りだけどな」
「私アレで開き直れたので、サル野さんを悪く思ってるワケないデス。ホントです」
そういうことでしたか。信じるべきか?信じてやりたいけど。
もうどっちがウラかオモテかイマイチわからない。もう一押し欲しいなあ。
冗談まじりに軽く言ってみたよ。
「彼氏と別れて、俺と付き合ってくれるなら信じるよ」
すると・・。
「ホントですか?ホントにホントですか?うれしい!オゥフオゥフ!」
「・・え、ナニナニ?俺のこと男として好きなの?」
「実はですね!最初からカッコイイ先輩だと、思っておりましタ」
やばい、素直にうれしいな。これ嘘だと思いたくないなあ。
100%信じるのはまだだが、不必要に疑うのも一旦保留することにしたよ。
でもさ。
「カッコイイって・・サル顔バカにしてたのは何だ?」
「私サル顔が好きデス。コレ・・・・彼氏の写メです」
「うわ、俺よりまるっきりサルじゃねーか!よくもまあ、俺のことバカにしたもんだな」
「申しワケ、ございませーん!」
「・・だから声デカイって。で、本気?そんな簡単に別れられるもんなの?」
「実はめんどくさいデス。めんどクサイ人です。別れたいけど、どうしていいかワカリマセン。
お互い初めて付き合ったので、どうしていいかワカリマセン」
「うーん、そっか」
「悪い人ではないんですけどネ、性格合わなくて、就職で遠距離になる前から冷めてマシタ。
で、実はあ、離れる時に一度別れ話したんですヨ。でもゴネられてしまいまして。はあ、もう。
冷めてはいたけど、他の人を好きになったワケじゃないノデ、マアいっかと。で、ズルズル・・」
「もう俺のこと関係なく、とっくに終わってんだな、ソレ」
「遠距離になってから、週に3回か4回は電話が来るんデスけども。正直めんどくさいです。
最近はかなりの頻度でテレセになるので憂鬱です。相手したくないデス。
最初は浮気防止になるからいっか、って思いましたケド」
「いや、浮気してくれた方が良かったじゃん。別れるきっかけになるよ」
「ですよネ。全然考えてませんデした。不機嫌になられるとめんどクサクテつい・・」
「優柔不断なんだなあ。で、今日も電話かかって来るんじゃないの」
「はい多分。・・って、オゥフ!8時ごろかけるって言ッテタ!今・・・・もう8時?うわー、ドウシヨ」
ピリリ、ピリリ。見事なタイミングでホントにかかってきた。
「電話出る?」
「とりあえず出まス・・」
何かおもしろい展開になってきたんだぜ!
俺の目の前で彼氏とテレHし始めたら・・・・するワケないか。
「もしモシ。・・あー、うん、えっとっと、うん!今ウチだよ」
ウソつきやがった。いや、一応俺の“ウチ”だから嘘じゃないな。
墓穴掘りそうな気もするけど。
「え、え、もう今・・?だって昨日モ・・。ちょ、チョ、ちょっと待って!あ、あ、アノネ、洗濯物!
洗濯物入れなきゃイケナイから、10分したらまたかけて!ゴメンネ・・!」
さてどうなるのかなー?
「ふー」
「大丈夫なの?」
「今日はダメって言えばヨカッタ・・・・。“臨戦態勢”だったんですよお。もうヤだあ」
「彼やる気まんまんだな(笑)どうする?ここでする?(笑)フリでごまかせばいいだろ」
「フリしかしたことないですヨ?ホントにするわけないじゃナイですか」
「あ、あ、そうなの?」
フリだけか・・・・ちょっと残念なような、ホッとしたような?
「いつも適当に、アンアン言っとけば終わってくれるんですケド。回数が多くて疲れマス・・・・。
・・イヤそういうことじゃなくて!サル野さんの前で出来るワケないデスよ・・!」
「でももう、俺の前でするか、即別れ話するしかないよな」
「別れ話って、まだ心の準備ガ。今日は適当に何とか断ってミマス」
でもここまで来たら、断らないで欲しいよ。
せっかくだからやっぱり見せてもらおう!
「フリでもいいから、日余里のHなとこ見たいなあ・・」
「オゥフ!それはあ・・コマリマス・・」
「日余里が入社した時からずっと、カワイイって思ってたよ。彼氏いるから遠慮してたけど。
でもここまで来たらもう遠慮する理由ないだろ?」
「サル野さぁん、うれしいケド、でも、でもお」
「昼間のことは正直ムカついたけど、日余里の本音、信じるよ。好きだよ」
「私も好き・・です・・。でも、でも、オゥ!・・フんぅ・・ふっ」
キスとはこういう時、言葉をさえぎるためにあるんだぜ。カッコイイなおい!
シャツの上からおっぱいに手のひらをかぶせて、軽く指を這わせる。
ヒヨリの体が一瞬硬直して、すぐに脱力する。
「あッ・・ハ、はうふ」
と、その時。
ピリリ、ピリリ。彼氏からだ。
目を潤ませて俺を見ながら、ケータイを開いたヒヨリに言った。
「彼の声が俺にも聞こえるようにしてみて」
ヒヨリは一瞬とまどったが、受話音量を最大に設定してから電話に出た。
(ハンズフリーはやり方がわからなかったし、俺の気配が向こうに伝わると困る)
「もしモシ・・」
《ハアハア、はあ》
いきなりハアハアかよ、イタ電みたいだな。
ちょっと笑えたが俺は声を出してはいけないのだ!
「あ、あのネ、モンちゃん今日はチョット」
《ヒヨリ、もう、ぬ、脱いでる?ハアハア》
すいぶんせっかちなヤツだな。
これだけでもう、全然思いやりがないのが伝わってくるぜ。
ヒヨリは俺の方をチラチラ気にしてるが、半分キョドって彼氏の勢いに押されてる。
さっきから、話しながら缶ビール2,3本は飲んでたから、酔って少し大胆になってるのかも。
「え、あ、うん、脱いだヨ・・」(ホントは脱いでない)
《入れるよ、はあはあ、足ひらいて》
何だコイツ、何かまちがってないか?
もうちょっと雰囲気作りとか流れとかあるだろうに。
「うん、いいヨ・・」(ホントは足ひらいてない。普通に座ってる)
《ああ、ああ、ヒヨリ、はっはっはっ、はあ、はあ》
男の喘ぎ声なんか聞きたくもないが、ヒヨリがどう反応するか見たいからあえて聞くのだ。
ところがコレがね。
「あん。あー。あん、あん。あはーん」
何だこれ!すげー棒読み!フリだけとは言ってたが、色気もクソもないぞ。
さっき、キスでイイ反応を見せた女かよー、これが。
俺が見てるから抑えてるのかな、でもこんなんで男は納得するわけない。
と思ったら・・ところがどっこい、彼氏の鼻息が荒くなった!
《フーッ、フーッ、あッあッあッ、ヒヨリ、いいよ、気持ちいい》
「ワタシモ、キモチイイヨ。アン。アン」
こりゃひどい、学芸会の方がまだマシだ。
こんなのが延々と何分くらいかな?続いたあと、彼氏は軽く吼えて、イッたようだった。
《はあはあ、気持ちよかった。また電話するよ》
「うん、ワカッタ。またネ」
・・・・ツッコミ所満載だな。
「余韻も何もないな、あれで終わりかよ(笑)」
「いやー恥ずかしかったデスけど、ガンバリました。エヘヘ(笑)」
おお、Hな照れ笑いするとこんな顔になるのか。
まじでカワイイな!でもな。
「全然がんばってねーよ」
「え?」
こりゃアレだ、彼氏がただオナニーしてるだけだ。
それをほんのちょっと、ヒヨリが興奮を味付けしてるってだけのことだなあ。
彼にとっては、ヒヨリがホントに感じてるかとか、キモチ良くしてあげようとかはどうでもいい。
一度は別れを切り出した彼女を、惹きつける努力するつもりないのかな。
これじゃあヒヨリがイヤになるのも無理ないよ。
こんなつまらないテレHをするとは、思わなかったんだぜ。
俺も昔彼女としてたが、言葉と声でもっとイメージをふくらませるものだけどな。
ヒヨリ曰く
「するためだけにかけて来ると、あんな感じデ。本場(?)はあんなもんじゃないんですカ?
でも私も最初の頃はドキドキしましたヨ?えへへ。
え?え?・・あ、ハイ・・私もホントは・・気持ちよくナリタイ・・です・・。
あっでもホントに脱いだり、触ったりしたコトないデス!恥ズカシイですよ!手伝うだけですヨ」
なるほど、ヒヨリにとってはただの「作業」のような感覚。
処女と童貞を捧げ合った相手だが、会ってした10回程度のHも割と一方的だったようだ。
どっちもまだ経験少ないんだな。
それなのに彼氏も・・・・いやそれだからか。とにかくヤリタイだけなんだろうな。
酔っ払ったヒヨリが、ケータイを見せてくれた。
女友達へのメール。彼氏の愚痴多いな(笑)。彼に同情した(笑)。
ムカつく本音だと思ってた昼間の言葉が、実は建前だったってコレでハッキリした。
俺のこと好きって言ってくれたし、もうカワイイ女にしか見えない。
だから正直、さっきのテレHに気持ちが入ってなかったことに、ホッとしてたんだ。
もし本気だったら、擬似とはいえ好きな女が他の男とヤルのを、見ることになるわけだし。
・・とは言えこのシチュエーション、生かさない手はない・・。いじめたい!ウズウズ。
「彼はあんなので満足なの?」
「イエ、1回で終わったコトないでス、あとでまたかかって来マス・・」
「・・・・これは俺が演出するしかないな」
「え?どういうコトデスカ?」
「ヒヨリが気持ちよくなれるように、俺が手伝うよ。彼にバレないように」
「エー!何するんデスカ?恥ずかしいことですカ?」
「いいからいいから」
「・・?えー、あー、うー?わかりマシタ・・・・ガンバッてミマス・・」
軽く飯作って、ビール飲ませて、彼からの電話を待つことにした。
酔ったヒヨリが、また彼氏の愚痴を話してきた。独占欲が深くてしつこいと。
ちょっとかわいそうだが、めんどくさいヤツと言われても仕方ない男だな。
しかし聞く限りでは彼は、根はイイヤツみたいだから、ついでに楽しませてやろう。
これからこの女に恥ずかしいことをさせるんだぜ!やっぱ俺“S”かな。
さて、彼の電話を待つと言っても、いつかかってくるか分からない。
それまでにヒヨリの気持ちを高ぶらせておこうと思った。
2回めのキス。今度は舌を入れる。
歯をガチガチに閉じてるので、ディープキスに慣れてないのが分かった。
初々しくてカワイイ。
唇の裏側と歯茎を舌でなぞってやると、ゆっくり歯を開けて、小さな舌を絡ませてくる。
ヒヨリの声が漏れる。「はう・・ん、んん、ふう・・」
おっぱい触ろうとしたら・・・・ピリリ、ピリリ。来たよ!
さっきと全く同じ状況だな・・最初の電話から一時間以上は経ってたかな?
酔って思考力鈍ってそうなヒヨリに
「まずは普通に出て。途中から俺が教えてあげるから、言うとおりにしてな」
頭の上にハテナマークを浮かべながらも、赤い顔で素直にうなずくヒヨリ。
俺はヒヨリにさせたいことや台詞を、いくつかメモ帳にざっと書いておく。
「もし・・モシ・・」
《ヒヨリ、もっかいシたくなっちゃった、いい?》
上目遣いで俺のほうを見るヒヨリ。黙ってうなずく俺。
「うん、イイヨ・・」
《おっぱい触るよ・・》
お、少しはバーチャル前戯やる気あるんじゃん。見直したぜ(笑)。
《今おっぱい揉んでるよ、ハアハア》
「あん。あん。あはん」
しかし相変わらず学芸会レベルだな。
ここで俺の出番。
彼氏の代わりに俺が実際に、おっぱいをもんでやるのだ。
後ろに回って、両手で下から持ち上げるように、まずは軽く。
「・・・・ッ!ん・・。ぁぁ」
おどろきながらガマンしてるが、反応が本物に変わったのは彼にも伝わるだろうか。
ブラ越しだが、ヒヨリのおっぱいはDってとこかなあ。
背中から手を入れてブラのホックを外し、シャツをブラごと一気にまくりあげる!
おっぱい見たいから正面に回ろっと。
トロンとした表情のヒヨリを仰向けにして、俺は腰のあたりにまたがる。
おっぱい・・・・あれ、思ったより小さい。でも、きれいだなあ。
仰向けでもくずれにくいから、これくらいの大きさもイイもんです。
乳首は・・片方陥没気味。コチョコチョ、お、出てきた(笑)。
色は、何て言えばいいの?ミルクココア色とでも言っておこう。ヒヨリの顔は真っ赤だが(笑)。
もみながら乳首を軽く指でつまんで引っ張ると。
「ヒ・・ッ!イィ・・ふぅう・・んん・・」
《ヒヨリ、気持ちイイの?感じる?》←彼氏もうれしそうだ(笑)。
「うん・・気持ち・・イイよお、ア、ア」
残念ながらモンちゃん、君のおかげじゃないけど(笑)。
いやある意味、君のおかげだな、このシチュエーション。
悪いがこのまま協力してくれよ。
《俺、もう入れたいよ》
「あ、あ、うん・・」
まだ早過ぎる。俺は首を振ってメモを用意する。
「あ、モンちゃんちょっと待ッテ・・」
さっき書いた、台詞指示用のメモの1つを見せる。
【おちんちん舐めたい】
テレH用カンペだな(笑)。
大きな目を丸くして、おどろくヒヨリ。だけど拒否はしなかった!
「あ、あのネ、おちオチ、おちんちん、舐めたいナ・・」
《え、え、まじ・・今までそんなこと》
俺は人差し指で、ヒヨリの下唇をめくる。
ぷるっ、とした唇をはじきながら、歯の間から指を挿しいれ、舌を撫でる。
そして耳元で、「(つばいっぱい出して、音立てて・・)」
それに応えて、ヒヨリは指に吸い付いてきた。
「んん、・・んーふ・・」
チュチュ、ちゅううう、ちゅぷちゅぷ、じゅぶぷぷ・・・・。
《あ、あ、ヒヨリ・・すごい・・気持ちいいよ、俺すぐイキそう・・》
俺が黙って首を振ると、ヒヨリも俺の意図を察する。
「まら、らめ・・ガマンひて・・ん、ん」
この子エロイイ顔するなあ・・。
「あふ・・はむはむ・・」じゅる、くっちゅくっちゅ、ちゅぷるる・・。
ヒヨリが必死にしゃぶりつく指から俺のちんちんに、ダイレクトに快感が伝わってくる。
俺ももうビンッビンで、ガマン汁がトクトクと尿道を伝って上がってくるのがわかった。
彼氏は今にもイキそうだが、2回目だからもうちょっと持つだろ。
ヒヨリの口から指をちゅぷん、と抜いて、手で待ての合図をする。
【脱ぐ】と書いたメモを見せる。
ヒヨリはもう涙目だが、素直に従ってくれた。
「モンちゃん、ちょと待っテテ、私も脱ぐから・・」
《う、う、うん・・》
実際に脱がすのは俺だけどな(笑)。
スカートに手をかけると、ヒヨリは観念したように俺を見つめてきた。
・・脱がすと、昼間も見た白いショーツには、大きなシミができていた。
形ばかりの抵抗をみせるヒヨリだが、ショーツも脱がせてやる。
産毛みたいなのしか生えてない。ぬるぬるの割れ目が丸見えだ。
ショーツを下ろすとき、オマンコとの間に思いっきり糸を引いていた。
シャツとブラジャーはそのままにしておこう。その方が何かヤらしいから(笑)。
俺もたまらなくなって、キスキス!ヒヨリの舌をしゃぶり、唇を甘噛みする。
夢中になりそうだが・・・・彼氏を放置するわけにはいかない。
「私、パ、ぱんつ、脱いじゃッタよう・・」
《う、うん、俺も裸だから大丈夫》(?)
下半身丸出しで、赤く染まった体を震わせるヒヨリに、指示を出す。
次のメモは【オマンコ舐めて】
おどろいてフルフルと顔を横に振るヒヨリ。
オマンコなんて言葉を口にしたことはないんだろう。
それでも俺がアゴで促すと、ヒヨリは従順になった。
「ね、ね、おま・・んこ。おまんこ・・!舐めて・・欲しい、ナ」
《・・うわ、・・ヒヨリどうしたの?今日すごいヤらしいよ・・》
「ね、舐めテ・・」
《わ、わ、でもどうすれば》
あ、こいつ!クンニしたことないのか?
それともテレHでの演出がわからないのか。
どっちにしても、自分本位のHしかしたことないんだろうな。
まあもうどうでもいいや。
俺はヒヨリの股間に顔をうずめた。
間近で見るヒヨリのオマンコはヒクヒクと・・・・あれ?
しまった、シャワーくらいさせてあげれば良かった・・。
まあいっか、これくらいのオシッコのニオイならカワイイもんだ。
とまどっている彼氏を無視して、割れ目に舌を這わせる。
「ひやん・・!」
おどろくほど大きく、ヒヨリの体がビクン!と跳ねる!
「や・・ん!・・くぅう!・・あ、あはあ!ん、ん、ふぅぅぅ・・!」
思ったとおり、ヒヨリはクンニは初体験らしい。
「あっあ、ソンナトコ・・キタナイのに・・!あぁあ、ああ」
ヂュヂュ、ちゅ、ぢゅうう、と吸い上げ、クリトリスを舌で転がす。
「ああ、んッくぅううう・・!スゴイ・・、こんなの、イイの?イイの?ハズカシイ・・のにぃ・・!」
噴き出るように溢れてきた。次の瞬間。
「あー!あッあッ・・!」「・・ッ!」「・・んッ!」
ヒヨリの下半身がビクッ!ビクン!と上下に大きく揺れた。
そして足を開いたままお尻と背中を浮かせて、ビクビク、プルプルと震え続ける。
ようやく脱力して、魂が抜けたようにぐったりと床に沈んだ。
「ハア、ハアァ、私、コレ、イッひゃったんえすかあぁあ・・?初メテ・・」
彼氏がどうしてたかと言うと。
ヒヨリの喘ぎで、電話越しの彼の声がよく聞こえなかったので、よくわからない(笑)。
ヒヨリはまだ「ハア、ハア」と、呼吸が落ち着かないでいる。
もう電話をもっていられなくなってて、頭の横に転がってた。
そこからわずかに彼氏の吐息が聞こえてくる。
そろそろ俺もガマンできないって!
放心状態のヒヨリを尻目に、服を全部脱いだ。
小声でヒヨリを呼ぶと、全裸の俺を見て「オゥフ!」口をパクパクさせた。
ヒヨリの口が、声を出さずに「おおきい」と言うのが分かった。
ガマン汁でちんちんはテカテカのぬるぬる。
次のメモは【おちんちん入れて】
それを見たヒヨリの目が、恥ずかしそうな、でもうれしそうな、そんなカワイイ表情を作った。
台詞を言うのは彼氏に向けてだが、実際に挿入されるのは、目の前のコレだ。
それが分かってるから、ヒヨリは俺の目を見据えて、自分から足をひらいた。
電話を手に取り直すと
「おちんちん、入れて・・ネ、入れて・・」
もう、電話をもっているのは形だけ。
見ているのは俺のちんちん。入れて欲しいのは俺のこのちんちんなんだ。
一応彼氏の声も聞こえてくる。
《う、うん、入れるよ・・ハッハッ》
彼がとまどってるのがよく分かる。
いつも自分がリードしてるつもり(自分勝手ってだけだが)だったろうから。
ヒヨリのこの覚醒ぶりをどう捉えるかな。
さっきヒヨリをイカせた時のシミが、腰の下、じゅうたんに拡がっていた。
こんなに濡れるとは思わなかったな・・。しょうがない。
シミをまたぐようにヒヨリの足の間に入ると、ちんちんを入り口に当てた。
ぬるぬるのちんちんが、熱い割れ目を押し広げる。
「ん・・、ふうう・・」
ぬるぬるのオマンコが、熱くて固いモノを包み始める。
「や、いやあ、・・キたァ・・・・アッ・・ッ!」
ねっとりとした2人分の体液が、音を立てて混ざり合った。
ぬちゅ、ずぷぷぅ、ぬゅりゅううう!
ヒヨリが顔を歪めて喘ぐ。「・・ッ!ああ!あ、あ、ふううう!」
これキツイ!ヒヨリの小さなオマンコが、ぐいぐいとちんちんを押し戻そうとする。
でも十分すぎるほどの潤滑油に助けられて、ぬるるん!一気に奥まで押し込んだ。
「はう、っくう・・!」
ヒヨリの頭がのけぞる。
「ハッ、ハッ、おっきいです、おっきいです、オッキイデス・・」
そんなに大きいのか(笑)。
確かに平均以上だとは思うけど、彼氏のがよほど小さいのかな?
出し入れすると、漏らしてるんじゃないかと思うくらい、愛液が溢れてきた。
その量に比例して、ヤラシイ音も大きくなる・・。
ずちゅ、ぬちゅ、じゅぷじゅぷじゅぷ!
そしてさらに音に比例してヒヨリの反応も激しくなって。
「アー!・・ヒッヒッ、んっんっ・・あッあッあッあぁっ」
電話はヒヨリの頭の横に放置。
彼の鼻息が聞こえてくるけど、しばらくそれを忘れて夢中になった。
両手をしっかり絡めあって、キス、息継ぎ、キス、キス。
さらに腰のスピードを上げる。
ぐちゅグチュぐちゅ、ニュプにゅぷヌプ!
「わ、わ、フワワ、あああ、イッひゃう・・ッ!・・ッ!」
ビクッビクッと震えてヒヨリがガクリと力を抜いた。
でもまだピストンは続けるのだ。クリトリスも触ってみた。
「ひゃあ・・まだ?もっと?・・ああ、イイ、ああ・・!アッまた、イ、イ、・・ッ!」
ヒヨリがイクたびにオマンコがぎゅううっ!と縮んで締め付けてくる。
俺ももう無理!
でもこの状況でもちゃんと、メモで台詞を指示するよ(笑)。
【中に出して】
さすがに思い切り首を横に振るヒヨリ。
これはまあ予想してたから、じゃあ別のメモ。
【口に出して】
今度はニッコリ笑って、体を起こしてきた。
多分口内射精は経験あるんだろうな。
自分勝手な彼氏なら、絶対させたことはあると思う。
あくまで台詞を言う相手は彼氏なんだってことを、忘れてそうなヒヨリ。
俺は左手の親指と小指を立てて、耳の横で振る。電話のジェスチャーね。
ヒヨリが、あっ、そうか、という表情で電話を手に取る。
その間も腰は動いてるよ。
「あ、あン・・ねえ、口、クチに出して、口・・」
《ああ、あのさ、ヒヨリ、俺・・》
彼氏が何か言いたそうだけど、もう無視。先にイッちゃったのかな。
構わず、ずるん、とちんちんを抜いた。
もうどっちのか分からないしずくを跳ねさせて、ちんちんが暴れる。
暴れるちんちんを押さえるように、ヒヨリの小さな口に挿入・・。
「もが・・あぶう・・もご、えろえろ・・むふー」
ああ、もうダメだ。声を出すわけには行かないから、目で合図。
「(イクよ!)」・・・・ヒヨリも察してくれてる。コクリとうなずいた。
「・・ッ!」 ドピュル・・!ブびゅうう、どぷ、どぷ!なんだコレ、すげ気持ちイイ・・。
うわあ、だいぶガマンしてたから、相当勢い良く出てるよ・・。
ヒヨリも予想外かな?ちんちん咥えたままアタフタしてるけど・・。
でもまだビクビクが止まらない・・。
ヒヨリもなんとか口を離さずにがんばってくれてる。
「ん、んー!むー!んー?あふ、もふ・・!」
ビューッ、ぴゅう、びゅっ、びゅっピュピュ、ピュク・・ピクピク・・・・。
出し切った・・こんなに出したの久しぶり。
口からちんちんをにゅるりと抜くと、ヒヨリの頬は膨れていた。
じわーっと涙目になったかと思うと・・。
「ぶふぉ・・!うぇえー」
全部吐き出した・・。あーあ、じゅうたん。もういいや、買い替えよ。
ティッシュで口を拭いてやる。
おっと、彼氏のことを忘れるとこだった。
「えふっえふ、ハア、ハア、モンちゃん、気持ちヨカッタよお・・」
《う、うん、ヒヨリすごい、俺2回イッちゃった・・》
「あ、あ、そうナノ、全然気付かなかった・・」
気付くわけないよ(笑)。
《ヒヨリがこんなHだって知らなかった、・・すごいね》
「そう?じゃあ、またネ」
《え?あ、あ、うん、また》
彼が拍子抜けするくらい、ヒヨリはあっさり電話を切ってしまった。
電源も切ってしまった。
様子がおかしいのは彼も気付いただろうけど、まさかホントにヤッてたとは思うまい。
いや、どうかな、バレバレな気もする!ちょっと心配になって来た。
そんな俺の心配をよそに、ヒヨリはうれしそうに、ニコニコしてる。カワイイな!
「サル野さあん。あの・・スゴイです。すっごく、スゴイデス・・」
「そんなにスゴかった?(笑)」
「私、イッちゃったですヨネ?何回も!あれすごいデス・・!イクの気持ちイイデス」
「イクの初めて?いっぱい感じてたな」
「初めてです。おま・・おまんこも!舐められて、おちんちんがぁ、おっきくて、むるむるでえ」
「・・ヒヨリ、大丈夫?」
「サル野さん、私、今酔っ払ってますネ・・」
「うん、そうだね」
「オゥフ・・・・!酔いが醒めたら、大変なことにナリます!」
「なんだよ」
「多分恥ずかしくて死にまス・・!」
「(笑)大丈夫だよ、大げさだな」
風呂入って、またビール飲ませて酔わせて、生で2回したよ。
覚醒した上に、酔っ払ったヒヨリは声がデカくてまいった(笑)。
(酔ってるのに覚醒ってのも変な話だけど)
でも細い声でしゃべる普段とのギャップが、たまらなくカワイかった。
そのまま2人で寝て、翌日起きると。
ヒヨリは昨日自分で言ったとおり、恥ずかしさのあまり死んでしまった(笑)。
うつ伏せで、裸で、枕に顔をうずめたまま。
「ワタシもうダメです・・。死にました。昨日までの私は死にマシタ。ああ、恥ズカシイ・・」
「・・とりあえず服着たら?」
「もうイイデス。サル野さんに全部見ラレタから。隠すトコないです」
「・・見られて興奮してたんだよな」
「こんなに、明るい部屋でシタことなかったデス。もう死にマス。責任取ってクダサイ」
「責任・・?」
「サル野さんが、逝かせて下サイ。これからも。何回も。気持ちイイのがイイです・・」
顔を見せずに淡々としゃべるから、ホントに落ち込んでるように見えたけど。
でも違った。ちょっと泣いてたけどな。
「好きデス。ホントに好きになっちゃいましタ。やばいです。お願いシマス・・」
「俺も好きだから心配しなくていいよ。でもちゃんとケジメつけないとなあ・・」
「はい、モンちゃんのコトですよネ・・」
・・・・。
・・・・結論から言うと、ヒヨリは彼と何とか別れて、俺と付き合うことになったわけで。
隠すことでもないんで会社でもバレて、ま普通に良かったねなんて言われて。
業務に支障をきたさないようにって釘は刺されたけど。
まあ要は社内でいちゃつくんじゃねーぞってことだ。
でもあの窓。ヒヨリのウラとオモテを隔てていた窓。
昼休み、あの窓越しにコッソリ何回もキスするのが日課になったけどな。
で、ヒヨリの元彼、モンちゃんのことなんだが・・・・。
実はヒヨリが、ケジメつけてくれなかったんだ。
こっそり電話してたんだな。
モンちゃんからかかって来て、あの夜の乱れたヒヨリが忘れられないってさ。
ヒヨリのケータイを見て知ったとかじゃなくて、ヒヨリから打ち明けられた。
先に浮気した負い目もあって、かわいそうになって、ついテレHに応じてしまうんだと。
ゴメンナサイと。
俺も結果的に寝取ったことになるわけで、罪悪感もあったから、責める気にはなれなかった。
モンちゃんのへタレっぷりも、何か憎めないなって思ってたし。
で、テレHなんだが、恥ずかしさと経験不足で、やっぱり学芸会にしかならないってさ。
そして実は、あの日以来俺とHしても、挿入ではイケたことがないって言われた。
ヒヨリお前、あのシチュエーションがそんなにハマったのかと(笑)。
じゃあまた聞かせてやるかと(笑)。彼のオナネタになってやるかと(笑)。
これヒヨリを酔わせて、やったよ。ノリノリで(笑)。
あ、もちろんあの夜と違って、俺がいるのは最初から彼も承知の上でね。
俺と2人だけのときと、興奮が全然ちがう。
ヒヨリがあえぎながらずっとケータイ持って、モンちゃんに状況を説明するような感じ。
「ふー、ふー、今ね、指が入っ・・!あああッ、入ったの・・!・・イッ・・これ・・イイ・・」
「はむはむ、ふう、おっきいお・・おひんひん。ハア、ハア、口にね、もがふ!入んらいよお」
「今はらね、これ、んん!入えてもやうの、ぷは!お・・おま・・んこ。おまんこに!」
言ってることはかなりヤラシイけど、恥ずかしそうな顔がカワイイ。
普段の田舎くさいフシギちゃんからは、想像できない痴女っぷり。でもイイよ!
「だって濡れてるモン・・濡れちゃったカラ、入るんだよ、おちんちん、おっきいの入るヨ・・」
「お、おちんちんが・・来たかラ・・!オッキイ、おっきいよ・・ハッ、あっあ」
「キタッあッあ、来たの・・!私の、おまんこに、入ってキ・・タあっあ、あ、あ、すごいよ・・・・」
説明しなきゃっていう義務感が、大胆な表現になるわけで。すごくイイ。
「ふう、ふう、中におちんちん・・が、いるからぁ、ハッハッ、くりくりもシテ、あふッ・・イッ・・イッ」
「わふ、お、おまんこが・・タイヘンだよぉ、・・イイッ、イッひゃう!・・・・ッ!あああっ・・」
中でもクリでもイク。2人のときは中ではイケないみたい。なんで?
「・・・・イッちゃっ・・たよう・・あ、あはああっ、ね、ね、もうイク?おっぱいに、出して・・あっアッ」
「オゥフ・・!出タ・・!あっあ・・コレまだ出テるから!スゴイから!あっいっぱい出てる・・」
「すごカッタ・・。ナメるの?・・ん、はあむう、んみゅ、むふー?うぇえ、やっぱオイシクナイ・・」
↑かなり酔わせると、ここまでバカになってくれるんだぜ(笑)。
でも彼が聞いてるときだけ。2人のときはどんなに酔ってても、割りと普通なんだよな。
で、翌朝醒めると決まって、ヒヨリは死ぬ(笑)。恥ずかしさで死ぬ(笑)。
死んだヒヨリとヤると、一変してマグロ状態で、そのギャップも面白くて却って萌える。
これモンちゃんはどんな複雑な気持ちで聞いてたのかなって、不思議なんだが。
実は俺、彼とは直接会話したことないから、わからない。
やりたい盛りの若者だから、とにかく何でもいいんだろうな、と思ってたけど。
1人の時に電話が来ても、もう出るなよとは言ったけど、守ってくれてる確証はなかった。
まあ信じてたけどね。
で、そのうちモンちゃんはなんと10歳上の彼女が出来たらしくて、音沙汰はなくなった。
初めてヒヨリとしたあの夜、彼が気付いてなかったのか、気付いてないフリしてただけなのか。
それは結局今もわかっていない。
「ヒヨリ、もう聞いてくれるヤツいなくなったけど。さみしい?」
「あ、実はコレ買ってきたんですヨ」
ガサゴソ。「コレカラハ、このコに話しかけながらシマス」
「何それ」
「カワイイでしょ、エヘヘ」
猿の惑星のフィギュアだった。
ちょっと別れたくなった。
オチがついたんで終わり。その後の話はまたいつか。フィギュアは増殖中です


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード