萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

清楚

セーラー服美少女淫肛羞恥調教記録

あれは今から20年ちょっと前、俺が大学生の頃だった。
恋愛はセックスすることだと勘違いしていた俺は、好きでもない女の子とセックス目的で付き合っていた。
とにかく、セックスする相手=彼女で、彼女がいることで自慢していた。
そんな俺が、あるエロ雑誌の1ページにクギ付けとなった。
そこには、小川範子ちゃんに似た清純そうな可愛い女の子が、セーラー服を着て微笑んでいた。
「セーラー服美少女淫肛羞恥調教記録○月○日発売!」
マジか!この子、本当に女子高生、いや、女子中学生じゃないか?と思わせるような子が羞恥調教?淫肛ってアナル?
その可愛さだけでなく、その顔は、中学時代から憧れていた清純派美少女の同級生、百合にソックリだった。

待ちに待った「セーラー服美少女淫肛羞恥調教記録」は、VHSビデオ付の写真集で2、800円もした。
紺のセーラー服が良く似合う小川範子ちゃんに似た可愛い少女が、スカートをたくし上げられ、胸元を肌蹴させられるとリアル中学生のような微乳に縄をかけられていった。
見れば見るほど、中学時代に憧れた百合に似ていて、興奮MAXだった。
俺は、このAV女優を百合と呼んで、清純美少女だった百合を凌辱している錯覚に酔った。
ソファーの上で開脚のまま縛られて、パンツをハサミで切られて陰毛を晒し、陰唇をめくり上げたところでモザイクがかかった。
モザイクの向こうで、ピンクローターをクリに当てられたのがわかった。
ビクンと痙攣する百合・・・中学時代の頃のような童顔で吐息を漏らす百合・・・いや、この少女は百合なんだ、中学2年の百合なんだと思い込みながら見入った。
太いバイブが清純中学生の百合の肉穴にめり込んでいくと、百合は自由の利かない体を悶えさせて喘いだ。

18歳以上のAV女優だとは分かっていても、それは背徳感すら感じるほどで、黒髪の清純な童顔美少女が本気で感じていた。
奇跡なまでに百合ソックリの微乳美少女が、セーラー服を着たまま緊縛されて、頭を押さえつけられての強制フェラに、清楚な雰囲気の美少女がえづいてヨダレを垂れ流した。
清楚な顔立ちの百合が、無惨な姿を晒している・・・上品で清楚な紺色のセーラー服の天使のごとき美少女が男の生贄になっている・・・俺の右手が肉棒を握った・・・ああ、百合・・・
セーラー服の百合が緊縛のまま男の生肉棒を肉穴に受け入れ、乱れ狂う姿・・・
清楚で真面目そうな黒髪の百合が、首輪を付けられ性奴隷として男の肉棒で凌辱されていった。

そして、尻を叩く上げたうつ伏せで緊縛された百合が、膣用バイブをアナルにめり込ませながら肉穴を肉棒で掻き回されて淫らなヨガりを披露していた。
バイブの唸る音に混じり、肉棒が愛液を押し込み掻き出すクチュクチュした音と可愛い喘ぎ声が聞こえていた。
清純そうな百合の外見からはとても想像もできないほど、百合のアナルは淫らな性感菊穴へと調教されていた。
仰け反り絶頂する百合を見ながら、俺の右手は肉棒を扱き、
「百合・・・清純な百合が・・・淫乱変態女子中学生にっ!ああ、百合ぃ~~」
ドッピュルルルルルル----っと精液を噴出した。

写真集の巻末に短いプロフィールがあった。

AV女優 ○○○子 21歳 T157cm B78 W58 H81
その幼く清純な見た目と裏腹に初体験は中学2年の13歳、相手は学年主任の40代変態教師。
中3で初縛りを経験し、高1でアナル姦通、清純美少女でモテモテだったが変態教師のマゾ奴隷になっていたために彼氏を作れず、高校卒業と同時にAV女優になると、初めは清純ロリータ路線だったが、次第に過激なSMに応じるようになり現在に至る。

俺は、すっかり百合ソックリのこのAV女優のファンになり、セックス目的の彼女に対しても次第にSMやアナルを要求するようになっていった。
大学を卒業して故郷に戻り、就職して、恋をして、忙しくて百合に似たAV女優のことなどすっかり忘れていた頃、中学の同級生から聞いた百合の訃報・・・百合は25歳で亡くなった。
死因は窒息死だそうで、噂ではSMの緊縛縄のかけ違いか何かによる事故死らしく、百合はAV女優になっていたことを知った。
もしかして・・・俺は中学の卒業アルバムを見た。
百合・・・清純そうな顔で微笑む中3の百合は、この時すでに緊縛調教を受けていたのか・・・そして、百合の首筋の右寄りにホクロを見つけた。
大切に保管していた「セーラー服美少女淫肛羞恥調教記録」の写真集をもう一度よく見ると・・・AV女優の首筋の右寄りにホクロが・・・百合だった・・・
俺は学生時代、百合だと思い込んでオナニーしていたAV女優が本物の百合だったことを知った。

中学時代に憧れた小川範子ちゃんに似た清純美少女百合は、俺が同じクラスになってすぐに処女喪失し、教室で天使のような微笑みをふりまいていた頃には、緊縛の縄に快楽の愛液を流していた変態少女だった・・・
俺は、「セーラー服美少女淫肛羞恥調教記録」を一斗缶に入れて火を付け、百合の思い出とともに永遠に葬り去った。

スワッピング マリッジ

私には心から愛した友子という女性がいました。
清楚で端正な美形で、身長は163㎝でスレンダー、私に19歳の処女をくれた愛しい女性です。
私が25歳、友子が21歳の時に結婚を考え始めましたが、その頃、友人カップルと4人で過ごす機会が増えていました。
友人は中学の同級生で耕史といい、その彼女は有美という20歳の短大生でした。
有美は身長が152㎝と小柄で、ややムッチリした体形にとても可愛いロリ顔です。
耕史は、よく裕美にセーラー服を着せてエッチすると言っていましたが、本当に中学生のように幼い丸顔です。
友子も有美も彼氏しか知らず、私と耕史は、彼女が自分以外の男に抱かれるのを見てみたいと思うようになりました。
お互い、寝取られ癖を暴露しながら、彼女をスワッピングする相談を持ち掛けましたが、友子も有美も簡単には応じてくれませんでした。
しかし、あまりにもしつこく誘うので、私達の寝取られ癖について詳しく知りたいと言ってきました。
そこで、愛する人が自分以外の男に抱かれて、喘ぐのを見ると嫉妬で興奮して、男根が強烈に硬くなることを説明しました。
そこで、信頼できる友人なら、彼女を抱かせられると言いました。

私26歳の時、初めてスワッピングしました。
目の前で、愛しい友子のスレンダーボディが耕史によって汚されていきました。
耕史の男根が、愛しい友子の女陰を貫き、友子はその硬さに腰を震わせました。
「幹夫さん、見ないで、ああっ・・・お願い見ないで・・・ああん・・・あんあん・・・」
端正な美形が、私以外の男根に喘いでいました。

嫉妬に狂った私の男根はイキリ起ち、有美の女陰を抉りました。
「あっ・・・耕史さんじゃないチンチン入ったぁ・・・硬いの、凄く硬いのぉ~~~~」
ムッチリロリボディは柔らかく、可愛いロリ顔は虚ろになりました。

私達の切なくも淫らなスワッピングは月一から月二、毎一になっていきました。
寝取られの嫉妬と、寝取る興奮が入り乱れ、スワッピングの時の相手の方がより男根が硬く嫉妬に燃えているから確実に逝けるようになって、有美と友子も彼氏よりスワッピングの相手の方が良くなってしまいました。
「このまま、相手を交換して結婚して、違う男に孕まされた生活だと、一生嫉妬し続ける事が出来ると思わないかい?」
この一言が、現実になっていきました。

お互いの相手を変えて、婚約しました。
同じ日に結婚式を段取り、式の前日、元のカップルで最後のデートをしました。
「友子・・・ずっと愛してるからな。」
「幹夫さんは、本当にこれでいいの?」
「俺と耕史、どっちが気持ちいい?」
「耕史さん・・・嫉妬に狂って逝かされちゃう・・・ああっ・・・でも、幹夫さんが・・・」
最後の射精を友子の胸にかけました。
「じゃあな・・・幸せになれよ・・・」
「幸せって、何だろうね・・・」

こうして、私27歳で22歳の有美と、27歳の耕史と23歳の友子が結婚するという完全寝取られ結婚に至ったのです。

新婚生活は嫉妬合戦です。
「今頃、友子は耕史の生チンポで逝かされてるんだろうなぁ。クソーッ!有美に中出ししてやるっ!オラオラオラーーーーッ!」
「あ、あ、スゴイ!、あ、あ、凄すぎーーーっ!あ、あ、あぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーっ!」友子と耕史の事を思い浮かべると、まいにち3回戦が可能でした。
有美は、
「もう、堪忍して・・・体が持たないわ・・・」
結婚す得るときに持ってきたコスプレ用セーラー服姿でグッタリしていました。
ほどなく有美が妊娠、そして友子も耕史の精液で孕みました。

出産、子育て、また出産・・・
家族が増えて行くと、次第に有美への愛情が大きくなっていきました。
30代になっても可愛いロリ顔の有美は、町内会でもPTAでも人気者でした。
「いやあ、旦那さんが羨ましい。奥さん、可愛いねえ。30代には見えないよ。まるで女子大生だねえ・・・」
ムッチリした胸元を舐めるように眺める町内会のオヤジ達に、優越感を抱くのでした。

そして結婚して20年、上の子は大学1年生、下の子が高校1年生になりました。
下の子の高校の入学式で、20年ぶりに友子夫婦と再会しました。
「やあ・・・元気にしてたかい?」
「ああ、耕史の有美を大切にしてるよ。」
「お互い離れて暮らしているから、こんなことでもないと再会はしないよなぁ・・・」
あの頃と違って、携帯電話が普及した時代、連絡先を交換して、20年ぶりに4人で飲みました。
友子は美しく年を重ねて、上品な淑女になっていました。
「友子・・・相変わらず綺麗だなぁ・・・」
「有美はまるで20代のOLみたいだ。参ったなぁ・・・」
そして、誰からともなく、20年ぶりのカップルで愛し合いたい雰囲気を醸し出しました。

元々のカップルで、ホテルに入りました。
4人一緒ではなくて、それぞれに部屋を取りました。
友子と抱き合い、唇を重ねました。
スレンダーな体が、骨っぽく感じました。
友子の女陰はビロンと伸びていたが、着色は有美より薄く、まだドドメ色でおさまっていました。
昔愛した清楚美人の女陰を舐めながら、今、有美が耕史に愛されていると思ったら、嫉妬で男根が脈打ちました。
43歳になった美しい友子が、吸い付くようなフェラは、時折ジュルルと淫らな音を立て、その清楚顔と淫乱のコントラストが映えました。
約束通りスキンをつけて挿入し、有美より深く、有美より硬めの女穴を懐かしみました。
色っぽい喘ぎで妖艶に身を捩り、有美には無い熟女特有の淫猥な色気をまき散らした。
「友子・・・愛してるよ・・・」
「あっ・・・ああん・・・あん、あん・・・あっああぁぁぁぁぁ・・・・・」
足を俺の腰に絡めて腰を淫らに揺らして、快楽を貪るかつての恋人の姿に、20年間の絶望と有美への愛を感じました。
今、俺の大切な有美が俺以外の男に抱かれている・・・

再会から3年が過ぎました。
今、私と耕史は50歳、有美は45歳、友子は46歳です。
子供達は全く手がかからなくなり、夫婦の時間を愉しんでいます。
そして、年4回、春夏秋冬の恒例行事として、私達は夫婦を交換しています。
昔愛した友子を抱いて、現在愛する有美に嫉妬するために・・・

クラスメイトに…

大学1年の冬。
私は風邪を引いて学校を休んだ。
1人暮らしというのもあって、
1人で昼間から寝ているのってちょっと寂しいなとか思ったり。

そんな中、クラスメイトの1人から連絡が。

「今からよっしーん家 寄っていい?」

連絡を入れてきたのは男友だちのまさき。

まさきは学年の中で1番イケメンで、背が高い。
強いて言うなら H〇y! S○y! J○MPの中島君に似ている。

「体調悪いんだけど」

と、私が送ると

「今日の講義マジでだるいんだわー」

と返信が。

彼はイケメンではあるが怠惰な人だ。
どうせ他の人にもそういうメッセを送っているのだろう。

私は携帯を見るのをやめて、再び寝る事にした。


30分後…


ピンポーン…

チャイムの音で目が覚めた。

「宅配便です。開けて下さい」

私は寝ぼけて
マンションの鍵のロックを外した。


「はーい…?」

「やっほー、来たよ」

来たのはまさきだった。

「え?なんでおるん?」

「看病しに来た!という名のサボり!」

「さよなら」

私はドアを閉めようとした

「待って待って!プリンあるで!」

プリン…??そんなものに釣られるほど…


「ということでお邪魔しまーす」

入って早々、彼は手を触ってきた

「な、なに?」

「寒いな」

「あ、ごめん。暖房つけよっか」

「そうじゃないねん」

「え?」

彼は私のパジャマに腕を入れてきた

「っ?!ちょ、何して」

「温めてんねん」

彼の手に自分の胸を揉まれる感触を感じると恥ずかしくなる。

そして私を正面に向けさせ、
顔を近づけてくる。

「やっ…だめっ」

私は顔を逸らす。

「なんでなん?」

「彼女以外にしたらいかんよ」

そう。彼には2つ年下の彼女がいる。

彼女がいるにも関わらずこういう事はしたらいけない。

「…なんで?」

「なんでって…そりゃ、彼女が可哀そっ…?!」

言ってる途中で口止めされた。

キスをされた瞬間、彼の彼女に罪悪感が募っていく。

「そんな顔せんとってや」

「だ、だって…んむっ?!?」

今度は舌を入れられた。
私は初めての感触に耐えらず、彼を突き放そうとした。

しかし

「男と女って体格違うよな。そんな細腕じゃ何もできひんって」

私はその時察した。
彼は私を看病するという口実を作って、私を食う気だ。

「入学式で会ったときからなんよな?。俺、よっしーみたいな清楚な女が好みやねん」

「だからって、彼女がいるのにこんなの…」

「よくないって?どの口が言ってんねんの?」

「ひっ?!?」

下着越しに指を擦られる

「逆に燃えとんと違うん?こっちの口は」

クチュクチュと音が聞こえるように指を擦っていく。

「やっ…やだ!」

「やだやないやろ」

ふと顔をみると
そこにはいつもの穏やかな表情はなく、
見たこともない狼のような表情をした彼がいた。

そんな彼はズボンを脱ぎ始める。
私は体調が悪いのも忘れて、逃げようとした。

しかし…

「やっ!!いやっ!!」

後ろから手を捕まれ布団の方へ引っ張られる。

「やだ!!やめて!!」

そして、近くにあった机の脚に紐で腕を結ばれた。

そしてその上半裸になったかれが跨ってくる。

「重い!!退いてよ!いやっ…いやっ…!!」

「いやじゃない」

「腕っ…痛いよ!!外して!」

「ん??」

ジュルっと彼は私の下の唇に口をつける

「ひぅっ?!」

「ふっ…えっろ…」

チュ…ジュル…チュパッ…

「んんっ!やぁ!やっ!!」

何回嫌と言っても彼は聞いてくれず…終いには

「んっ…はぁ…ぁ…ん」

「反抗するのやめたんやな。偉い偉い」

と頭を撫でてきた。

そして、私の足を大きく広げた。

「いくで…」

ズンっ!と重みが走る。

「ひぅっ!!」

「あったか…てか、きっつ…」

彼は腰を少しずつ揺らしていく

動きに合わせて胸が円を描くように揺れる。

「はっ…揺れてんで」

「ぁっ!イイッ!!おっきっ!!」

「…淫乱」

何回か腰を振ったあと、肉棒が抜かれる

「?」

足りない私は疑問に思う。

「これ、中に出したらあかんやん?やから…」

彼は私の頭を掴み、肉棒を咥えさせる。

「こうやってな」

頭を手で支えたまま、頭を前後に動かす。

出し入れする度
チュパッ…ジュ…チュゥッ…
とイヤラシイ音がする。

それに耳がやられて、下が疼く。

知らぬ間に下は自分で弄っていた。


「うっわ、よっしーエロいわ。これ撮っとこ」

ピピッと携帯の音がした。
録画をしているのだろう。



「くっ…も、ええで」

そろそろ達しそうなのか、彼は
自分の肉棒を自分の手で擦る。


擦るスピードが段々早くなり、
私の口に肉棒を突っ込んだ。


そして、ビュッビュッと、私の口の中に苦く青臭いものを出した。

私はそれを飲み干した。

「飲んだん?嬉しいわ」

彼は私の下に手を当てて秘部を弄る。

中の気持ちいいところを指で擦られ、逝った。


「初めてごめんな」


彼は横になっている私にそう言い、頬に唇を落とした。

クラスの図書委員とした話Part1

初投稿です。
僕は中学時代、同じクラスの図書委員の女子としました。
僕と図書委員の山下さんは図書委員のポスターを書いていました。
山下さんの本名は山下スミレといいます。身長は150センチくらいでクラスの中でもあまり派手な方ではなかったです。清楚で少し大人ぽいかの女は、クラスの中でもかなり美人な方でした。
そんな山下さんと教室でポスターを書いていました。机を向かい合わせにしてポスターのことで話しあってました。山下さんはいきなり僕に、好きな人いるの?と少し笑顔で聞いてきました。
僕は当時山下さんのことが好きでした。でもそんな事言えるはずもなく教室に少し変な空気が流れました。山下さんは僕に、ねぇ‥聞いてるの?と少し照れながら言ってきました。僕は口を開き僕の好きな人をいいました。山下さんは驚いた表情で僕を見つめました。
山下さんは、少し頬を赤くして私も好きな人いるんだ…といってきました。僕は思わず誰?と聞いていました。山下さんは僕を指差して小さな声でこの人。といいました。僕は照れながらあの、僕と付き合って下さい。と言ってしまいした。山下さんは静かに首を縦に振り、私でいいの?と嬉しそうにいいました。僕は、山下さんの顔を見つめ少し勇気を出して、山下さん‥キスしたい。そういいました。山下さんは恥ずかしがりながら僕の顔に自分の顔を近付けてきました。僕も自分の顔を近付け二人の唇が重なり山下さんの息が自分にかかることに興奮しその柔らかな感触を存分に楽しみました。
山下さんは僕の唇から顔をはなし、キスって本当に甘酸っぱいんだねと少し恥ずかしげにいいました。そんなこんなで下校時間のチャイムが鳴り、山下さんは、ポスターの続き私の家で書かない?と聞いてきました。僕は死ぬほどドキドキし一言、いいよ。そうつぶやきました。山下さんと二人で山下さんの家に行きました。僕は山下さんと二人で歩きながらカップルなんだそう思いながら山下さんを見つめていました。山下さんは僕の方を見つめて、手つなごう?照れた声でそう言いなが自分の手を僕に差し出しました。ぼくは迷わずその手を握りしめました。山下さんの手はとても小さく少し暖かな手でした。山下さんの家につくと、山下さんは、入って…とぼくいいました。初めて入る好きな人の家に興奮しながら靴を脱ぎました。山下さんは僕を自分の部屋に案内しドアを閉めて、私の家お父さんたち夜遅くまで働いてるの。と小さく一言言いながら僕に近づいてきました。そして僕に、ご飯食べてって、一人で食べると寂しいから。と少し小さくいいました。ポスターを山下さんの机におき床にすわりこみました。

お互いの妻の裸を知っている

若い頃の話です。同期の青田と久美子と由美の4人で入社一年目の冬に温泉に行きました。
午前2時に飲み終了となり
風呂に行きました。
深夜なので他の客はいませんでした。露天は人工の岩山で
男風呂と女風呂が仕切られていました。簡単に登れる岩山でした。
「久美子と由美も露天に入る
はずだ!覗こうか?」
「ヤバイよ・・」
「大丈夫だ!他の客もいないし!」
「でも・・」
「じゃあ俺だけ覗くよ!」
「分かったよ・・」
青田だけが久美子と由美の裸を知るのは悔しい思いがありました。
やがて・・二人が現れました。
久美子は巨乳で賑やかな女でした。
「久美子だ!やっばり巨乳だ!
あんなおっぱいしてたのか!」
青田は興奮してました。
私も興奮でした。
いつも制服の中に隠れている
久美子のナイスバディを見た!
乳首の色は茶色でヘアは濃い目でした。
少し遅れて由美が現れました。
私は大人しめな由美の方が
タイプでした。
おっぱいは大きくはないですが
綺麗なピンク色の乳首でした。
ヘアは薄くて感動しました。
「由美ちゃんも清楚な裸でいいな~笑」
見つからないうちに岩山から
降りました。
私も青田も勃起でした。
いつも顔を合わせている同期の
裸を見た興奮!
しかし私は釈然としませんでした。久美子の巨乳と由美の薄いヘアを拝んでバンザイ!なのに
何故か釈然としませんでした。
その理由がしばらくして分かりました。
私は由美が好きで、由美の裸を見た喜びよりも青田に由美の裸を見られた悔しさがあったんです。やがて青田と久美子、
そして私と由美は結婚しました。お互いの妻の裸を知る者同士の青田とは35歳になっても
つるんでます。
「由美ちゃん今も乳首はピンク色か?笑」
などと飲みながら言われると
由美の裸を知られてる強烈な
嫉妬で勃起します。
私も久美子の裸を知ってるので
イーブンなんですが・・
苦笑

オレだけだと思っていた妻が…

四十代の夫婦です。
妻、ちづるは大学の同級生で、卒業して四年目に結婚しました。
今でいうと、メガネ美人という類に入るのでしょうが、二十年も前ですと、ただ地味な、良く言えば清楚な、小柄な普通の娘でした。
大学時代に処女、童貞で結ばれ、特に好きモノという訳でもなくお付き合いをして、結婚に至り、二人の子どもにも恵まれました。

大学卒業後二年間、遠距離恋愛の時期がありました。
月一回は互いに行き来をし、恋愛に支障は感じませんでした。
 自分はそれなりに、風俗をたしなむ程度の遊びはしましたが、妻に至っては極々真面目、結婚後二十年経っても、入ったオチンチンは、自分のモノだけだと疑いもなかったのですが‥。

子どもたち二人が進学、就職で家を離れ、夫婦である夜、たまたま観ていたテレビの映画がキッカケでした。
夫が単身赴任に、妻の所へ男が訪れ、関係を持ってしまうというシーンがありました。
妻は、あまり興味がない素振りでしたが、その夜布団に入ったあと、お休みのあいさつ程度にCカップの乳房に触れると、乳首がコリコリに立っており、思わず興奮して、セックスを開始致しました。
地味な妻が、喘ぎ声を上げ、悶える姿に興奮しつつも、ふと先ほどの映画を思い出し、意を決して挿入したまま聞いてみました。
「ちづる‥」
「あん‥あんっ‥」
「ひとつだけ教えてくれ‥」
「あんっ!ああんっ!」
ピストンに力を込め、聞きます。
「オレ以外に、チンチンを入れられた事‥あるか‥」
「ああんっ!ああんっ!」
ちづるは答えにならない喘ぎを続けます。
「あるかないかだけでいいっ‥」
すると、ちづるの膣の中が、噴き出すような潤いに満たされ、次の瞬間、それと分かる仕草で、大きく頷いたのを、オレは見逃さなかった‥。

あえなくそれで、自分は発射し、果ててしまった。何もかも、どうでもよくなれってな感じの、最高の射精感だった。

 地味で‥真面目で‥セックスなんか興味ないという顔をしている妻、ちづるが‥
一体いつ‥どこで‥誰と‥遠距離恋愛中か‥思い巡らすが、それは嫉妬や悔しさではなく、最高の高揚感を生む感じである。

その後、ちづるとは普通に過ごしている。むしろ、セックスの回数や内容が満ち足りてきた。
媚薬やバイブなんかも受け入れてくれる。

近いうち、誰とどんな風だったか聞けるかも。
そしたら次は‥

エロエロな事務員

俺当時23歳178cm♂細身イチロー似
相手当時26歳158cmボブスレンダーaiko似
7~8前ぐらいに働いてた職場での話・・・

当時稼ぎたい一心で昼も夜も働いてた時に夜勤をしてる職場で歓迎会があった…
普段は行かないんだが、仲のいい人達に誘われて歓迎会に行ったん…

入った時から可愛いなぁ~と思ってた3歳年上の事務員さんも参加してた…
最初は皆とわいわい飲んでて、楽しかったがトイレから戻って来たら俺の席に他の人が座ってたんで、
たまたま空いてた事務員さんの隣に…

そこは専務とか部長とかのお偉いさんばっかりだったのでお酌したりでなかなか落ち着けず…やっと落ち着いて飲み始めた時に
事務員さんから「いくつなんですか??」・・・

そう、夜勤なんでほぼ勤務は入れ替わりなんで挨拶程度にしか話したことがなかったのでそこから話が盛り上がり話を聞いていると
○屋住みで愛車はプジョーてお嬢やん♪

だが、周りにちゃかされその日はそのまま解散…f(^_^)
後日、出勤の時にaikoから
aiko「お疲れ様です」
俺 「お疲れ様です」
aiko「この前は皆と一緒だったからあまり話せなかったですねぇ~」
俺 「ホンマにぃ~話してて楽しかったからもっと色々話したかったです♪」
aiko「またまたぁ~(笑)」
ってな、感じで話してたらまた上司が来たんで会話終了・・・

さぁ~仕事しようとした時にたまたま着替えて帰りがけのaikoを発見したんで「お疲れ様です♪」
そしたら、aikoが紙切れを渡してきて「職場だったら他の人うるさいんでmailして下さい」ってアドレスget♪(*´∇`*)

そして10日後ぐらいに予定合ったんで二人でご飯行くことに…
で、待ち合わせ場所に来たはいいが人多過ぎてどこにおるか分からず…探してたらいつもと違う清楚な感じで
雰囲気全然違ってびっくり(゜ロ゜)

二人で俺が行きつけの炭火ダイニング行って話し盛り上がって、ずっとソロでライブとかしてるて言うたらカラオケ行って
聞きたいとのことでカラオケで熱唱♪

aikoは歌が下手らしくリクエストしまくりで大盛況♪(*´∇`*)
そして一頻りついたとこで携帯見たら23時…
「時間も時間やしどうする??」って聞いたら「時間は大丈夫」とのこと…
「ん??」これは明日日曜やし行けると思ってLH近く歩いてたら
「なぁ~歩き疲れたよ」って言われたから
「ほな、ゆっくりしよかぁ♪」って言ってLHへ…

部屋に入った瞬間に優しく首筋にキスしたらスイッチが入ったみたいで濃厚なディープになり、そのままベッドに潜り込み
体の微妙に感度のいいラインを触りながら一枚ずつ脱がして行き、全身愛撫へ…

クリと乳首とアソコ入口の3点攻めしたらイキまくり潮吹きまくりで13回ぐらいイカせた所で
「あんなぁ~もうペロペロしたいん」
て言われてフェラし出したがかなりのテクですぐイッてまいそうになったから
「上手すぎてイキそうでヤバいわぁ~って言ったら、aikoが嬉しそうに
aiko「いっぱいイッて欲しいからいいよぉ~」
って言葉の後にすぐイッてしまった…

けど、性欲絶倫やからaikoがゴックンした後の数回のストロークで復活!!
こんなの始めてぇ~って喜ばれてフェラし出したがaikoのアソコの汁が溢れて俺も太ももにつたって来たので、
キスする振りをして抱き寄せてアソコに俺のを当てて焦らしてたら、それで3回ぐらいイッてしまい
「もう我慢出来やんからお願い・・・」とせがまれ挿入…
と、同時に…
「はぅ~ん、んはっ」
て声が部屋に響き渡った…
aiko「凄い…奥まで当たってるのぉ…」
aiko「動いたらイッちゃうから待って…」って言われたけど、そこはこりこりソローストロークで刺激して行き、挿入3分も
経たないぐらいで5回ぐらいイッてしまってる状態・・・

俺 「イッたらちゃんと報告しななぁ~」
aiko「イッちゃいましたぁ~」
俺 「何回イッちゃったんかなぁ??」
aiko「わかんない…いっぱいだょぉ…あっ、またイッちゃう…んっ」で俺が1round終わる間に合計47回もイッて
aiko「もう無理・・・こんなの始めて…私イッたことなかったのに始めてでこんなになるんとか自分でも訳分からん…」
俺 「なら、良かったぁ~また、休み合ったらご飯行こなぁ(笑)」
aiko「ご飯ぢゃなくてHだけでも会いたいよぉ…」
俺 「マジで??」
aiko「これもう離れれんよぉ??」
って会話がありながら、翌朝aikoのフェラで起床…
俺 「朝からしたくなっちゃったん??」
aiko「うん、だって昨日も疼いて寝れやんかったん…」
て言われて、退室時間もあったんで軽くaikoが23回イッた時点で俺も果て終了。

それから夜勤前に車の中とか更衣室とかでやりまくり♪(*≧∀≦*)

ウブな人妻が知った肉の喜び6

『もうダメ、入れて……。早見君のおちんちん、麻由香の中に入れて……』
麻由香は、ほとんど無意識にそんな言葉を言っていた。そして、その言葉を聞いて、早見は夢が叶った気持ちになり、舞い上がりそうな気持ちのまま麻由香に覆いかぶさった。
客先の、しかも人妻……。手を出してはいけない相手だと、よくわかった上で、それでも気持ちを抑えることの出来ない早見は、麻由香に覆いかぶさったまま、じっと彼女の目を見つめた。そして、麻由香もその真っ直ぐな早見のまなざしを受け止めながら、自分がもう後戻り出来ないところまで来ていると感じていた。

夫の顔が脳裏をよぎる。しかし、燃え上がったその熟れた身体は、目の前の若い身体を狂おしいまでに求めていた。
『来て……』
麻由香は、とろけきった顔でそう言った……。


早見は、自らの唾液と、麻由香の秘密の蜜で濡れそぼった膣口に、暴発しそうなほどいきり立った淫棒を押し当てた。一瞬、避妊のことが頭をよぎるが、それよりも、このオンナを孕ませたい……。そんな、雄としての本能が上回ってしまった。

早見は、そのまま自らの淫棒を押し込んでいく。すぐに、驚くほど濡れそぼった熱い膣肉が彼のモノを包み込んでいく。早見は、その複雑にうねるように絡みつく肉の感触に、腰が抜けそうだった。

そして、麻由香はググッと膣肉を押し広げてその太すぎる淫棒が分け入ってきた瞬間、夫のことを考えた。
(あなた……ゴメンなさい……)
でも、そんな気持ちも、早見の亀頭が膣口を越えた瞬間、一瞬で霧散した。
『あぁっ!? うぅあぁぁっ! ヒィ、ダメぇ……んっくぅっ! あぁっ!!』
一気に彼の淫棒は、半分ほども挿入されてしまった。麻由香は、圧倒的な異物感に、一瞬痛みを覚えた。でも、それはほんの一瞬で、その太すぎる異物が、彼女の膣壁のGスポットに触れた瞬間、彼女は軽くオーガズムに至っていた。夫とのセックスでは、一切刺激されることのなかったそこは、彼女に圧倒的な快感をもたらしていた。

あの、夫のものよりも、日本人の平均よりも太く長かった大人のおもちゃですら、麻由香のGスポットを刺激しなかった。それが、早見の太すぎるそれは、ただ挿入しただけで、ゴリゴリッとGスポットを削っていった。
(こんな、あぁ、ダメぇ……こんなに簡単にイッちゃうなんて……)
麻由香は、あまりの快感に戸惑いながらも、もっと奥まで入れて欲しいと思っていた。

早見は、いつも清楚で、そしてほがらかな麻由香が、とろけた顔で自分を見つめていることに気がついた。そして、早見は吸い寄せられるように麻由香にキスをした。
麻由香は、キスをされた途端に身体に電気が流れたような感じがした。さっき不意打ちでキスをされたとき、麻由香は夫への罪悪感を強く感じた。でも、それ以上に子宮の奥がうずき、狂おしいほどに身体が燃え上がるのを感じた。

そして今、麻由香は夫への罪悪感を感じることもなく、夢中で早見の舌に自らの舌を絡めていた。
早見は、キスをしたまま腰を押し込んでいく。すでに、限界まで広がったように感じていた膣が、さらに押し広げられていくような錯覚に陥りながら、麻由香はより大きくなっていく快感に、恐怖を感じ始めていた。
(まだ入ってくる! そんな……こんなのダメ、怖いっ!)
麻由香は、恐怖のあまり思わず早見の身体を押しのけようとしたが、早見が腰を押し込む方が早かった。

一気に彼の太くて熱いものが奥まで到達し、麻由香の全身から早見を押しのけようとした力が抜けていく。
『うあぁあぁっ!! ヒィッ、あっ! んんっあぁぁっーっ!!』
麻由香はさっきとは違い、大きなオルガズムを感じながら、しがみつくように早見に抱きついた。

リビングのカーペットの上で、紫色の時代遅れなボディコンを着た麻由香が、宅配業者の若い男に避妊をする事もなく生で貫かれている。そしてそれは、レイプをされているという感じではなく、麻由香が固く早見に抱きついているので、一見恋人同士の営みのように見える。まるで、アダルトビデオの中の一場面のようだった。

麻由香は、夫のことを考える余裕も消え、必死で早見の見た目と違って逞しい身体にしがみついている。早見も、理性も何もかもなくしてしまったように、いきなり激しく腰を振り始める。早見は、今まで経験したどのセックスよりもはるかに気持ちのよいセックスに、夢中になっていた。
そして麻由香も、夫とのセックスとはまったく違う、荒々しいまでのピストンに、すでに意識がもうろうとするほど感じてしまっていた。

『あっ! あっ! んっフゥッ! フゥッ! ダ、ダメっっ! ヒィッ! こんなの、あぁーっ! アンッ? あっ?』
早見に抱きつき、今までしたことのないようなあえぎ方をしている麻由香。何も考えることが出来なくなっていた。夫のことも、子供のことも、そして避妊のことすらも忘れて、この未知の快感に身体をゆだねてしまっていた。

「麻由香さん、凄く気持ち良いです! 俺、こんなの初めてです!」
早見は、我を忘れたように言う。
『わ、私も! こんなの、こんなの知らない! 早見君! 気持ちいいぃっ!』
麻由香は、彼を止めることもなく、とろけきった顔でそう叫んだ。早見は、麻由香のその言葉にホッとして、安心したように麻由香にキスをした。

キスをされた瞬間、麻由香はまたオルガズムを感じていた。キスをしながら膣奥を突かれることが、こんなにも気持ち良いものだとは、麻由香は想像もしたことがなかった。夫とのセックスでは、膣奥を刺激されることは一切無い。悲しいかな、夫の粗末なそれでは届かないからだ。そして太さも、麻由香のGスポットを刺激するには、ほど遠いほどに細い。
麻由香は、立て続けにオルガズムを感じながら、今までのセックスはなんだったのだろう? と、疑問を感じてしまっていた。愛する相手とのセックスが、一番気持ち良い……。麻由香は、本心でそう思っていたし、信じていた。でも、それはまったく間違っていたことを思い知らされていた。

杭を打ち込まれるように、早見の極太が子宮口を荒々しくノックする度に、信じられないほどの多幸感に包まれていく。
(ダメェェ……こんなの、戻れなくなる……。でも、もっと! もっと欲しいっぃっ! あぁ、キスしてぇ……)
麻由香は、夢の中にいるような気持ちだった。
『キスしてぇっ!』
そしてとうとう、麻由香は心の中の声を実際に叫んでしまった。早見は嬉しそうに笑うと、麻由香の唇を奪った。唇を重ねた途端に、麻由香の小さな舌が絡みついてくる。

早見は、麻由香からの予期せぬ口撃に、あっという間に限界が来てしまった。さっき射精したばかりなのに、もう限界が来てしまったことに、早見自身も戸惑いながら、
「ま、麻由香さん、俺、イキそう……。麻由香さん、好きですっ!」
と、叫んだ。
麻由香は、射精しそうになってさらに膨らんだ淫棒がもたらす快感と、早見の言った”好き”という言葉に、頭が真っ白になった。
『イ、イクっ! 私もイッちゃうっ! 一緒にイッてっ!! す、好きぃっ!』
麻由香は真っ白になった頭で、思わずそう叫んでいた。

「イクっ!」
『あぁああぁぁっっ!!!』
激しく震え、麻由香の膣奥深く射精した早見。膣奥深くに熱を感じながら、麻由香は意識が飛んでいた。

今までの人生で一番と言っていいほどの快感を感じながら、何度も何度も精を放つ早見。そして、心の底から愛おしいと思いながら、麻由香に唇を重ねた。

すでに半失神状態の麻由香は、キスをただ受けるだけだった。そしてそのまま、繋がったまま麻由香を抱きしめる早見。もう、すべてを捨ててもいいとさえ思っていた。

そのまま、5分程度麻由香を抱きしめていた早見。すると、彼の携帯が鳴った。慌てて携帯を取りだし、画面を見る。会社からではなく、携帯電話からの着信だったので、おそらく客先からだと思う。早見は着信音を消すと、携帯をしまった。

『ダメでしょ? ちゃんと出ないと』
イタズラっぽく笑う麻由香。
「だ、大丈夫です! ゴメンなさい」
思わず謝る早見。

麻由香は、身体をひねるようにして早見から身体を離した。
『シャワー使う?』
麻由香は、そんな風に余裕のあるフリをするが、実際は心臓が壊れそうなほどドキドキしていた。
それほど、早見の言った”好き”という言葉は、麻由香の心を波立たせていた。麻由香は、それを気取られないように平気なフリをして立ち上がる。早見も、慌てて立ち上がる。麻由香は、乱れたボディコンを直しながら、
『早く行かないと、配達まだあるでしょ?』
と、早見をせかした。

すると、早見が麻由香のことを抱きしめた。抱きしめられた瞬間、麻由香はとろけそうな気持ちになった。しかし、大きな熱い波が去り、多少なりとも冷静さを取り戻していた麻由香は、
『ダメよ。休憩長すぎるわよ。ほら、お仕事頑張って!』
と、彼を押し離した。

「麻由香さん……俺……」
早見が何かを言いかけたが、麻由香がそれをさえぎるように彼にキスをした。舌を荒々しく早見の口の中に差し込み、彼の身体をきつく抱きしめながら、夫にもしたことのないキスをした。

『ほら、早くシャワー浴びなさい』
さっきまでのとろけた顔も、淫蕩な顔も消え、いつものほがらかで清楚な顔の麻由香が言う。
早見は、その顔に冷静さを取り戻し、
「い、いえ、このまま行きます! 本当に、ありがとうございました!」
と言い、慌ただしく玄関に向かう。そして、出ていこうとする彼に、
『また、お茶しましょうね』
と、麻由香が意味ありげな笑みを浮かべながら言った。早見は、心からホッとし、そしてこみ上げてくる嬉しさに顔をほころばせながら、
「はい! また来ます!!」
と言って、出ていった。


麻由香は一人きりになると、
(しちゃった……。他の人と……)
と、自分がしてしまったことに戸惑っていた。そして、太ももを伝う彼の名残に、強い罪悪感を感じていた。
(避妊もせずに……。どうしよう? 今日、安全日だったかしら?)
麻由香は、初めての不倫に、熱に浮かされたように膣内への射精を求めてしまった。夫以外の男に、子宮に直接注がれるように膣奥深く中出しされた瞬間、麻由香は牝としての喜びを感じていた。

だが、今は後悔と反省の気持ちで、泣き出してしまいそうなほどだった。麻由香は、慌ててその時代遅れで過剰なまでにセクシーなボディコンを脱ぐと、シャワーを浴びた。

流しても流しても流れ出てくる早見の精液を、麻由香は指で掻き出すようにして膣から排出しようとした。しかし、指を差し込んで精液をかき出そうとしたはずが、そのままオナニーを始めてしまう麻由香。
(ダメ……こんなの……。思い出しちゃダメ……。あなた……ゴメンなさい……。私……私……)
夫への罪悪感を感じれば感じるほど、膣に差し込んだ指の動きが速くなる麻由香。そして、声もどんどん大きくなっていく。
『んっ? ン、くっぅ……あっ! アンッ? こんなの、ダメ……あぁっ? イッちゃうぅ、ダメぇっ! イクっ! 早見君!! あぁっ!』
麻由香は、風呂でシャワーを浴びながら、はしたなくオナニーをし、夫ではない男の名前を呼びながらオーガズムに達した。もう、自分でも色に狂っているのがわかる。

そして、麻由香は身体を洗い清めると、脱ぎ捨てたボディコンを身にまとい、夕食の準備を始めた。麻由香は、ある思いを胸に抱いていた。麻由香は、もう夫とのセックスだけでは、欲求不満を解消出来ないと思った。そして、それを解決するには、方法は一つしか無いと思っていた。

夕食の準備が終わり、しばらくすると夫が帰ってきた。
「ただいま! あぁ、麻由香、すごいよ……凄くセクシーだ……」
浩介は、麻由香の姿を見た途端、欲情にまみれた顔になった。そして、辛抱しきれずに麻由香に抱きついてキスをしようとした。

『だぁ?め、あとで』
麻由香は、夫の唇に人差し指を押し当てながら、イタズラっぽくそう言った。少し前の麻由香は、夫に抱いてもらえないことで、ノイローゼ寸前までいっていた。その時の麻由香なら、夫に抱きしめられて、キスをされそうになれば、涙を流さんばかりに喜んだはずだ。それが今は、夫を挑発するようにキスを避けた。

でも、浩介はそうされたことで、より興奮しているような感じだった。追いかければ逃げる、逃げれば追ってくる……。男女の関係は、難しいものだと思う。

そして、二人での夕食が始まる。浩介は興奮したまま、舐め回すように麻由香の身体を見つめる。ノーブラでタイトなボディコンを着ているので、彼女の豊満な膨らみの頂きには、クッキリと蕾の形が浮き出ている。浩介は、早く食事を終え、彼女のことを抱きたい……それだけしか考えられないような感じになっていた。

麻由香は、そんな夫の視線にゾクゾクするほどの快感を感じていた。一時は、夫は自分に無関心になってしまったと悲しい気持ちになっていた麻由香だったので、夫がこんな風に夢中で自分を見てくれるのは、心の底から嬉しかった。

『あなた、私が他の人に抱かれたら、どう思う?』
麻由香は、妖艶にも見える笑みを浮かべながら、直球を投げ込んできた。浩介は、一瞬麻由香が何を言ったのか理解出来ず、ポカンとした顔になる。でも、すぐにいつものイジワルが始まったのだと理解し、
「それは……。興奮する……」
と、呼吸を荒くしながら答えた。浩介は、最近の麻由香のイジワルプレイで、麻由香が幸雄に抱かれる場面を何度も想像していた。繰り返し何度も想像することで、浩介はそれを本当に見たいと思い始めていた。
だが、浩介は今の麻由香の発言を、いつものイジワルプレイとしか考えていなかった。

『あなた……。今日ね、宅配便の若い男の子を、家に上げたの。お茶どうぞって……』
麻由香は、少し緊張気味に、そして少し挑発的に言った。
「えっ!? 家に上げたの? も、もしかして、その格好で!?」
浩介は、幸雄に麻由香を抱いてもらいたい……。そんなことすら考えていたのに、麻由香が宅配便の男の子を家に上げたと聞いただけで、嫌な汗がどっと噴き出すような焦燥感に捕らわれた。

『はい……。このままの格好で、お茶を出しました……』
麻由香は、少し緊張した顔で夫に告げる。浩介は、麻由香の態度や表情から、これがいつものイジワルプレイではなく、本当に起きたことなんだと理解した。

「そ、それで? どうなったの?」
浩介は、麻由香の行動をとがめるのではなく、なにが起きたのか聞くという行動を取った。もう、浩介は妻の麻由香が寝取られるということを本気で期待するようになっていた。

『彼ね……。早見君ていうんだけど、じっと私の事見てたんだ……。乳首が浮いてるの、バレちゃったかしら?』
麻由香は、妖艶に笑いながら浩介を挑発するように言う。

続きは 

アイドル候補生の秘密のレッスン

アイドル候補の女の子には、必ず通っていただくレッスンがある。
昨夜も19歳の奈々が週1回のレッスンにやってきた。
グラビアもこなさなければならない以上、可愛い中にも艶っぽさを感じなければ、男の目には留まらないのだ。

奈々はここで縛られて体を弄ばれ、アクメを迎えるのだが、その様子は密かに撮影される。
十字架の棒に手足を拡げて縛られた奈々・・・初めは泣き叫んで、目隠しされて押さえつけられ、裸に剥かれて縛り上げられて、マンコを蹂躙されてイキまくった。
クリを剥かれて撫でられ続け、過去の性体験などを訊問され、洗いざらい白状させられた奈々の映像も撮影された。

だが、今ではすっかり従順にハリツケになっている。
奈々の足を開かせて左右の足首を足枷に括った。
これで奈々は体の自由を奪われ、足を閉じることができない。
そして正面は鏡になっており、その後ろにはビデオカメラが、斜め上から俯瞰気味、正面、斜め下からあおり気味、と3台仕掛けられていた。
そこに大の字にハリツケにされた奈々が映る。

大の字に縛られた19歳のアイドルは可愛かった。
少しずつ青年誌のグラビアに登場してきたアイドルの清純が牝に変身する。
私は奈々の背後から巨乳を鷲掴みにして揉みほぐす。もう片手で股間をまさぐる。
「うぅ~~うぅん・・・」

虚ろな目をした奈々の股間の亀裂に中指を添えて、前後に動かしていくと滲む牝汁で次第に指がめり込んでゆく。
指先に感じる窪みからはトロトロと牝汁が流れ、それをクリトリスの皮に塗って揉みほぐす。
クリトリスが固くなるほどに奈々は悶え始める。
「あうぅ~うあぁ、ああん・・・」
赤い透明な細いサック・・・そう、クリキャップだ。
これを摘まんで奈々のクリトリスに押し当て、放す・・・キュッと吸い付き、クリを吸引する。

赤いクリキャップを股間から突き出した惨めな格好を、奈々はチラリとみやり、目を伏せる。
そして、イボイボのついたバイブレーターを奈々のマン穴に埋め込みはじめる。
クリを刺激する突起をクリキャップに当てないように捻りながら、15㎝ほど埋め込み、スイッチを入れた。
「あうう~あう~~あぅ~ああ~~~~」
溢れる牝汁がバイブレーターの振動で飛沫になる。
感じて腰が動くとクリキャップもユラユラした。

ついにクリキャップの吸引力が奈々の腰の動きに負けて外れて飛んだ。
外れてもなお、クリトリスは吸われ続けて皮から飛び出て膨らんだままだ。
バイブを回転させ、クリトリスを振動させる突起を当てた。
「うひぃ~~うひうひぃ~~あぅうぁあ~ああ~~」
そのバイブを革バンドで固定して、落ちないように奈々の腰にベルトのように結んだ。
奈々の股間でバイブレーターがマン穴と剥きあげクリトリスを震わせて固定された。
     
大の字に縛られた奈々の恥ずかしい穴に埋め込まれたバイブレーター・・・その快感に身悶えするあられもない姿が鏡に映されて、奈々自身、縛られ姿に見入りながら、更に腰を震わせた。
「うぃうぃぐう~~~おあおあおあ~あぅあぅ~~~」
素っ裸で大の字にハリツケにされた奈々の肌が上気して桃色になり、めくるめくエクスタシーの世界で悶え啼くアイドル候補生の奈々・・・
「うううう~あぐうううううう・・・・ひぐう~ひぃんぐう~ひぃううう~」

奈々の体は、恥ずかしい責めに悦ぶようになっていた。
「ぅうう~ぐう~ぐ^うう~ふぅうう~」
奈々はカメラに記録されているとも知らず、大の字のまま、惨めで淫らな格好でエクスタシーの境地を彷徨っていた。
「ひぃぐう~ひぃうう~ひぃぐぅ~ひぃぐうぅ~ひぃぐうひぅう~あうっあうっあうっ」
奈々の身体が痙攣しだして、悶えて喘ぐ奈々はついに、ガクッと気を失った。

奈々をハリツケから解放し、鏡の前にベッドを移動しそこで奈々を抱く。
19歳のアイドルが中年男のペニスを受け入れ、淫らに喘ぎ、悶えた。
奈々は、狂酔した快楽を駆け巡る境地で意識ではなく、本能だけが反応しているエクスタシーなのだ。

そして翌日から、可愛さの中に艶気を滲ませるアイドル候補生として、細かな仕事に精を出すのだ。
これで奈々が売れれば、後に撮りためた卑猥な画像も高額で売れるのだ。
あの清純アイドルも、あの清楚な女優にまでなったアイドルも、ここでの淫情滴る映像は、高額で売れた。

「彼氏の倍ぐらいあるんだけど、、、」就活中のサークルの先輩(彼氏持ち)を18センチの巨根で寝取る

こんにちは!
テツっていいます。今大学の1年生なんですが、サークルの4年生の先輩との体験談を書きます。

まず俺のスペック。まだ18歳ですけど経験人数は20人ぐらいw
高校の頃から女子大生やOLと遊んでました。

自宅が繁華街に近かったので、ナンパして関係持つことが多かったですね。
よくチャラいって言われますw

あとセックスにも自信があって、27歳で経験豊富なOLとやって今までで一番って言われたことありますw
たしかそのOL経験人数3桁超えてるって言ってたw

よくチンコが大きいって絶賛されるんですが、長さは18センチぐらいです。
亀頭がめっちゃ大きいってよく言われますねw
カリで奥のほうこすられるのがヤバイらしいw

かなり自慢ばっかりになっちゃいましたが。。
そろそろ本題に。

先輩と初めて会ったのはサークルの新歓でした。

新歓というか、大学入ってすぐにあるオリエンテーション的なイベントの後の飲み会です。

スポーツ系のなんでもありな感じのサークルなんですが、その日は100人ぐらい飲み会に集まってました。

男女比は半々で可愛い子が多いサークルですね。
ヤリサーではないですがw

その頃、先輩はまだ就活してて、初対面の時も面接帰りって言ってた。

新歓には就活してる4年生の先輩が多くいたんだけど、郡を抜いてリクスー姿が可愛かったのがその先輩です。
仮にアキとしておきますね。

アキ先輩は面倒見がよさそうな先輩で、新歓では1年生や2、3年の後輩に常に気を配っていて、お酒注いだり料理をとったりしていました。
4年生なのにさすがだなあと。

あとリクスーなのに超可愛いw

普通リクスー着てる女子大生って、あんまり可愛くみえないですよね?
なのにアキ先輩は清楚系なのに色気があるというか、他の就活生とは違ったオーラを放ってました。

俺とは大学生活とか就活の話とかして盛り上がってました。
やっぱ就活って大変なんですね。

説明会とか面接でストレスが溜まっていたらしく、俺はなるべく愚痴を引き出そうと会話をしました。
愚痴を吐き出させるだけで女の子ってすぐ落ちちゃうんですよw

さらに先輩の志望業界は商社だったんですが、俺もちょっと興味あって色々話し聞いてたら連絡先教えてもらえることにw
まあ新入生をサークルに入れたいという思惑もあったんでしょうがw

新歓では連絡先を聞いただけで終わりましたが、次の日からLINEして積極的に連絡をするようにしました。

第一志望の面接がもう終盤らしく、かなりのストレスだったようで愚痴を聞きまくっていました。

あと、先輩には彼氏がいるらしいのですが、お互い就活で忙しく上手くいってないらしいw
特にここ数ヶ月は週に1回も会っていなかったそうです。

愚痴を聞きつつ、内定でたら飲みに行きましょう!的なやりとりをしてました。

そして数日後に見事本命に内定!

新歓以降ずっと愚痴を聞いていたこともあってか、すぐに連絡してくれました!
アキ先輩はかなり早く内定をもらったらしく、先輩の他の友達はまだ就活中。
そんなわけで1年生の俺とその日のうちに祝杯をあげに行くことに。

夜19時頃、二人で繁華街の居酒屋へ行きました。
アキ先輩はその日も別の会社の面接があったらしくリクスーでした。

やっと就活が終わったって事で、めっちゃハイテンションな先輩w
結構なスピードで飲んでました。

就活がいかに大変でストレスがかかるかっていう話を聞かされましたw
そして話は先輩の彼氏への愚痴にw

どうやら先輩の彼氏は就活があまり上手くいっていないらしく、それで関係がギクシャクしているんだとか。

自然と話を下ネタへ持っていき、彼氏との夜の営みについて聞き出しますw
酔ってるので抵抗なく話してくれましたw

やはり最近はほとんど会っていないこともあって、ご無沙汰だそう。
さらに、そもそも彼氏はあんまり上手じゃない、自分勝手であんまり満足させてくれない、なんてことも話してくれましたw

アキ「しかもちょっと早いんだよねw」
俺 「どれぐらい?」
アキ「うーん、、10分とか?前戯もそんなにないんだよー」
俺 「まじでw俺だったら最低でも1時間はするよw」
アキ「うそ~!すごいねw」

清楚な見た目とは裏腹にノリノリな先輩に興奮w
下ネタはさらに加速しますw

俺 「ちなみに先輩経験人数どれくらいですか?」
アキ「なんで言わなきゃいけないのよwまあ10人ぐらいかな~」
俺 「結構遊んでますねw」
アキ「うそ!普通でしょ~!テツ君はどうなの?」
俺 「20人ぐらいですかねw」
アキ「まじでwまだ1年生なのにすごいね!ヤリチンじゃんw」
俺 「違いますよ!ひどいなww」

ちなみに就活中も、説明会とかで知り合った人と飲みに行ってそのままホテル行ってたとかw
見た目は清楚な感じなのに意外と遊んでましたw

そんな感じで下ネタで盛り上がっていたら3時間ぐらいたっていました。

居酒屋を出ると、アキ先輩はだいぶ酔ってて、そのままホテルへw

意識はハッキリしていたようですが、就活が終わったことの開放感と、彼氏への不満とでホテルまで行く気になったそうです。

ホテルに着き、部屋に入るなりキス。
お互いに舌を絡めあいます。
そして自然な流れで先輩の胸を触ってみると意外とでかい!
リクスーのブラウスの上からはわかりませんでしたが、意外と巨乳でした。
あとで聞いたらFカップなんだとかw

シャワーを浴びてベッドへ。
いちゃいちゃしながらちょっと雑談。

俺 「彼氏いるのにこんなことしていいんですか?」
アキ「言わないでよ~テツ君が誘ったんでしょ?」
俺 「まあそうですけどw最近彼氏とエッチしたのいつですか?」
アキ「2週間ぐらい前かな~」
俺 「そのときもイカずじまい?」
アキ「まあね~てかいつもだよw」
俺 「そうなんですかwじゃあ今日はいっぱいイカせますねw」
アキ「生意気だな~w」

お互いの体をさわりあいながら話します。

二人ともバスローブ着てたんですが、アキ先輩めっちゃスタイルいい!
脚がスラッとしてて、くびれがすごかったですw

そしてたっぷりと時間をかけた前戯へ。
30分ぐらい焦らしまくってから手マン。
Gスポットを攻めると絶叫w

アソコをぐちょぐちょ鳴らしながら一気にイかせにかかりました。

「あぁ!すごい!いい!!イクううう!あああイク!!うあっうっうっう…」
体をビクビクさせてるアキ先輩。

アキ「はぁ、はぁ、、テツ君上手だね~」
俺 「それなりに経験積んでるんでw」

そしてさらに2回ほど手マンでイカせましたw

次は俺がアキ先輩にしてもらう番に。
俺はバスローブを脱いで、ボクサーパンツ1枚の格好に。

アキ「テツ君、もうパンパンじゃんw」

このときまだ半立ちぐらいだったんですが、巨根なのでかなりもっこりしてますw
どうやら先輩はフル勃起してるのだと勘違いしたらしく、パンツの上から俺のチンコに触れると、

アキ「あれ?まだ勃ってないの?」
とビックリした様子w

俺 「まだ半立ちぐらいですね~」
と言い、自分でボクサーパンツを下ろして全裸になりました。

アキ「すごい、、テツ君おっきいね~」

そう言って、俺のチンコをしごいてくれました。
するとすぐにフル勃起w可愛い先輩に見つめられながらだと興奮しますねw

アキ「すごい!めっちゃおっきいじゃん!」
俺 「本当ですか?」
アキ「ほんとだよ~彼氏の倍ぐらいあるんだけど、、、」
俺 「そうなんですかw」

そしてフェラへ。唾液をたっぷり使っためっちゃエロいフェラでしたw

アキ「すごい!全然入らないw」

亀頭がかなりでかいので、普通の女な子なら亀頭しか口に入りませんw

アキ「テツ君のすごいね、コレで色んな女の子と遊んでるんでしょ?」
俺 「そうですねwおっきいの好きなんですか?」
アキ「まあちっちゃいのよりはねw」
俺 「もう入れちゃっていいですか?」
アキ「いいよ、入るかな?笑」

俺は先輩を寝かせると、そのまま生で入れようとしました。

アキ「えっ?ゴムは?」
俺 「ホテルに置いてるのじゃキツくて入らないんですよね、ダメですか?」
アキ「一応安全日だから、大丈夫だとは思うけど、、」

そう言うなり、俺は亀頭を先輩に入れました。

アキ「あっ、、ちょっとまって、、んあっ、うわ、太い!もっとゆっくり、、」
俺 「先輩キツいですねw全部入れていいですか?」
アキ「ダメ、、あぁ!ゆっくり、、」



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード