萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

温泉

ノリノリお嬢達、二次会は温泉ストリップ、、、

        
あるお店のママに頼まれて慰安旅行の宿泊先(知り合い)を手配した時のコト・・・
お礼に食事だけでも御一緒にしませんか?と言われ、、、内心ムフフで宴会場にご招待された
オンナの子はママ含めて5、6人だったか、、、
その温泉割と仕事柄出入りしているので、、、地理と人に明るい、、、
まあそれが、宿をとったきっかけになったんだが、、、
食事が済み(お嬢達は当然酒も進んで店では見せないはしゃぎブリ・・・・
2次会ドコか言いトコありませんか?と聞かれ考え込んだ、、、
そのときお嬢の1人がストリップいきたーぃ♪というと、、、ワタシも!ワタシも!!
と、、、全会一致でケテーイ・・・・ママも見たい、、、と・・・・
こんなとき、オレはどんな顔すればイイのか、、、迷いながらも押し切られ出動!!
なんでオンナは女のハダカ見て何が楽しいのか???女の子の心理キボン!!
小屋に入ると既に浴衣のオサーン満席・・・・でも、最前列だけは開いてる・・・(コレが不思議
浴衣の女の人もまばらにいる・・・
オレは気恥ずかしいから後列で立ち見・・・でも、お嬢達は一番前がぃぃ!!と
オサーン掻きわけ最前列に陣取った、、、突然の綺麗なオネーさんは好きですか軍団乱入にニヤニヤ
ストリプ嬢もヤリずらそうで、、、マムコ見せながらお嬢達に「どこから来たの?」
お嬢達ビール片手にヤンヤヤンヤ、、、どっちがオサーンかわからん!
バイブショーでもお嬢達、笑いながらバンバン突っ込む、、、、ストリプ嬢は苦笑い・・・・
その光景見た浴衣オサーン達ストリプ嬢より、、ニヤニヤしながらお嬢達見てる、、、肌蹴た浴衣の胸元や足に視線が集中!
2人のストリプ嬢が順番に客のリクエストに答えてのポラ撮影・・・・
オバチャンが記念写真をリクエストでステージに上がりストリプ嬢2人とパチリ・・・
ソコで女神降臨「ワタシも記念写真撮りたーーーい!!!」というとストリプ嬢たち顔を見合わせてニヤリ(と見えた・・
オレは近くにいるママに(良いの?)と合図・・・・ママはにっこり笑って頷く
ストリプ嬢に手を引かれ、、、他のお嬢も悪乗りで押し上げステージに、、、
ステージは高くなってる(調度股下くらい?)から白い足がニョッキリ!もちろんパンチラw
赤い照明は卑猥ですねぇ!
浴衣軍団、正面に大移動、、、、
まさに、、、、、今までのマターリムードが一変、、、オサーン達エロ親父に変身(驚、、
開脚スト嬢2人に挟まれて、ステージお嬢も悪乗りお嬢達のリクエストでセクシーポーズでパチリ、パチリ
続いて2、3人のお客からポラのリクエスト、、、(2枚3000円もするのに、、、)
お嬢、、、その気になってサービスショット胸チラ、パンチラ、、、、
そして、ストリプ嬢の反撃開始、、、
オサーンの要望にこたえてストリプ嬢は、お嬢の浴衣の襟と裾を左右両方のから引っ張るも、お嬢キニシナイ・・・
脱げ脱げコールの大合唱、、、、観客お嬢達も脱げ脱げコールw
お嬢は笑いながら首と手を振って拒否、、、、、
観客お嬢は脱げ脱げコール  ママも一緒に脱げ脱げコール(おいおい・・・
空気を読んだのか、、、良くある事なのか、スト嬢が丹前のひもを解いて浴衣の帯をシュルっと引っ張り前が開「きゃっ」と小さい悲鳴、、
お嬢は両手で肌蹴る浴衣を押さえるが、、、後の祭(しかもノーブラ)
流石スト嬢、脱がせるテクも素晴らしい!(ナンテ言ってる場合じゃないんだけど、ホントはw
浴衣もパンツもスルリと脱がして、あれよアレヨと素っ裸!
仕上げに強制大開脚(もちろんお嬢自身のノリでネ!)拍手喝采!!(ポラに撮っておけば良かった、、、着衣の【記念写真】は持ってるんだけどねw、、、
でもむしろ、、、祭りの後の服着てる時の恥ずかしそうな仕草と、、、ミンナの間を足早に出口に向かうお嬢の姿に女を感じましたとさ、、、、、、
        
        

ちんぽ狂いになった

妻が今のように淫乱になったのは半年ほど前からです。
私達は3年以上SEXしていませんでした。

そんな時に妻の友人の子供が入院する事になり、友人は付き添っていましたのでご主人と子供一人は家で食事する事になりました。


2週間ほどだったのですが、私が留守の時にもご主人は子供を保育園に預けて来ていました。
その頃から二人はSEXするようになったそうです。
それを二人の口から聞いてからは大胆に成っていきました。

先日は妻とご主人は二人で温泉旅行に行きました.
その時の事を最初の投稿にさせて頂きます。
 朝早くにご主人が家に迎えにやって来ました。
「思う存分にやってあげて下さい。宜しく。」と言うと「家の家内も可愛がってやって下さい。」と言われました。
私が「待ちきれないみたいだからここでご馳走してもらえよ。」と言うと妻は玄関で跪き、ご主人のズボンを脱がせて「頂きます。」と言って舌を突き出してちんぽをいとおしむように舐め始めました。


私には嫌がって殆んどしなかったフェラチオをあんなにも一生懸命にしていました。本当に「おしゃぶり」と言ったほうが当てはまりそうでした。左手は自分のまんこをいじっていました。
そのうちに、ご主人が「出すぞ」と言うとちんぽから口を離し、大きく口を開け舌を突き出しました。
そして、精子を受け止めるとそれを掌に出しました。
そしてちんぽを口に含み、残った精子を搾り取るようにして又掌に精子を出しました。そして「頂きます」と言うと、私の顔を見ながら精子を舌で舐め取るように掬い飲み干しました。
そしてご主人が「お尻をこっちに向けて、ご主人のちんぽをしゃぶらせて貰え」と言うと妻は私の方を向きちんぽをしゃぶりだしました。

するとご主人は妻のパンティーをずらしてまんこを舐めていました。そして「入れてやるからな」と言うと入れました。
ところが、ご主人が入れたのはまんこでなくアナルでした。


「ご主人の前で友人の旦那にアナルを犯されて気持ち良いか?」と言われ、私のちんぽを離して「とっても気持ち良いです。嫌らしい穴をちんぽで犯して下さい。中に沢山出してください。」と言うと又私のちんぽを咥えました。
そのうちご主人は妻のアナルに射精しました。
それと同時に私も妻の口に射精しました。
妻のアナルを見るとぱっくりと開いていました。
妻はアナルでも逝けるようにされていました。

そして二人は旅行に出掛けていきました。
ご主人が出掛けに「ビデオを持っていきますから、楽しみにしていてくださいね。」と言って行きました。
 その日の夜に妻から電話があり大まかな話を聞きました。

ですが、妻の話は随分と省略されていました。
二人が帰ってきてから、ご主人に聞いた話とビデオを見てから驚きました。
簡単に経過を説明しますが。
二人は温泉に行く前に「陰陽石」に立ち寄ったのだそうです。
そこで妻はパンティーを取られ、まんこの形の大木を四つん這いで通らされたそうです。ご主人が出口を塞いで出られないようにしていると数人の男性が来て、大木に入ってきて最初の人に見られたそうです。


妻は一人で車で待っているように言われてワゴン車で待っていたそうです。すると10分以上経ってから、ご主人が二人の高校生を連れて来たそうです。病気を心配したご主人が、SEX経験の無い高校生二人を連れてきたのだそうです。
そして車の後部席で妻はご主人と高校生二人に犯されたのだそうです。そして、途中からは覗きにやってきたおじさんのちんぽも手で扱いてあげたのだそうです。


二人の高校生にまんことアナルを同時に犯され、ご主人のちんぽもしゃぶりながら、おじさんのちんぽも手で扱いて、本当に狂いそうだったと言いました。


 今回は簡単に書きましたが、次回は詳しく書かせていただきます。
その時の高校生とは今も連絡を取っています。
妻はご主人のちんぽと高校生のちんぽが気に入ったそうです。
私は奥さんをおもちゃにさせてもらっています。


妻と奥さんはレズの関係にもなっています。
あんなに淡白だった妻が、今では本当の意味でちんぽ狂いになってしまいました。
又投稿させていただきます。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

チンチン嫌いの女は混浴に行かない

いくらなんでもチンチンが嫌いという女性は混浴には来ないと思う。
そういう人は女湯オンリーじゃないの。
    
私は高3から混浴に何回か行っているけど、
必ず男女が複数混合の仲間連れで、
女性は自分を含んで2人以上、というのが参加の条件。
だって見ず知らずの男性に囲まれて好奇の目で見られるのは嫌じゃん。
女性側は余程の露出狂じゃなきゃ混浴で全裸になったりしないと思うよ。
(少なくても若い子はそうでしょう…)
バスタオルは胸元からしっかりと堅く巻き、解けないようにしている。
    
連れである仲間内の男性たちは自然の中で解放されたように全裸になるし、
私たち女性は一緒に行った男性たちのチンチンは必ず見る。
男女お互いに暗黙の了解で混浴でそれがつきものだと理解しているし、
チンチンで遊ぶのも楽しみで来てるわけだから、
女性が見ないというのはかえって男性に失礼なわけなのです。
隠すような男性と混浴に行くこともないでしょ。
    
それでも男性なのに腰にタオルをピタッと巻いて混浴に来るという、
情けないヤツもたまにいて、赤の他人ならともかく、
連れの男子の中にそんなヤツがいるとタオルを奪い取りたくなる。
ある男子は、他の男子たちがみんな全裸なのに自分だけバスタオルを
巻いていて、情けないから取りなと女子みんなで言って、みんなの
見守る中で本人の手でバスタオルを外させた。
ある男子は、私たちが口で言っても恥ずかしがってしまいバスタオルを
外さなかったので、やむなく手荒なやり方だけど本人が後ろを向いた隙に
タオルを奪い取った。
そういう男子も一旦チンチンを見せてしまえば態度も開き直り、
他の男子たちと同じように見せることに抵抗がなくなる。
童貞の男子のチンチンを無理矢理初露出させたことがあって、
それに立ち会ってあげたら、その後まもなくカワイイ彼女ができたと
いうことがあったけど、少しは人助けになったのかなぁ??
    
総論として、
「混浴は、チンポを見せたい男性とチンポを見たがる女性たちの憩いの場」
ではなく…、
「混浴は、チンポを見られる男性とチンポを見る女性の、相互に理解した上での憩いの場」
ということなのですね。
素晴らしい。温泉王国・日本中で普及すれば、まるでパラダイスですね。

スケベな目で見られてた妻

去年の秋に尚子・32歳と結婚
しました。私と出合う前の
尚子はグループでキャンプ、
スキューバ、スキーなど活動的に遊んでたみたいです。結婚
して半年たってそのグループに
紹介され一度飲みました。
グループのリーダー格の男が
私と同じプロレス好きで
意気投合しました。その後
その男・宮田氏から
「プロレスの話をしながら
飲もう!」と誘われ二人で
飲みました。
プロレス談義をしながら
宮田氏はかなり飲んで饒舌に
なっていました。
「グループに宮田さんの他に
男二人いますよね?尚子と
いい雰囲気になったりしましたか?」
私は何気なく聞いて見ました。
宮田氏は酔った勢いで話始めました。話を要約すると
みんなで飲んだ時、王様ゲームになり、尚子とA氏がキスをした
そうです。温泉に行った時、
女風呂を男三人で覗いた時、
たまたま尚子が風呂から脱衣室に戻る時で、丸いお尻を見たそうです。前はタオルで隠してて見えなかったそうです。一番の
尚子のピンチは皆でカラオケに行き、他の女子は終電で帰りましたが尚子は男子に付き合い
始発までいたそうです。その時
酔いと疲れで眠った尚子の
スカートをめくりストッキング
越しのパンティを拝んだそうです。一人がストッキングと
パンティを脱がしアソコを
見よう!と言ったみたいですが
さすがにヤバイということで
それは自粛したそうです。
宮田氏が一番興奮したのが
皆でプールに行ったとき、
ウォータースライダーで
尚子のビキニが外れて必死に
胸を隠す尚子の指の位置が
数ミリずれてたら
乳首と乳輪を見れた事だと
言ってました。
尚子が見られたのは
お尻、パンティ、ビキニが外れて胸の膨らみでした。
大事な乳首とアソコは
無事でした。
嫉妬と興奮で私は勃起の嵐
でした。苦笑

サヨナラを言うための再会

7歳年下の女房は47歳、山口智子に似てて可愛らしい。
俺も女房もバツイチ、お互い子供はいなかったから離婚のハードルが低かった。
結婚期間は俺が4年、女房が3年と短かったが、交際期間は俺が4年、女房は1年と差があった。
俺と女房が知り合った頃は、交際期間が短いとお互いを良く知らないで結婚になるからダメだといった俺に対し、長すぎた春は倦怠期が早いと女房が言ってた。
女房27歳、俺34歳で再婚、交際期間は1年半とチト微妙。
去年、一人娘が大学進学で家を離れて夫婦二人きりになった。
それまでもセックスはレスにはなっていなかったが、二人きりになると激しくなった。声が出せるから。
女房の初体験話や前夫との話を赤裸々に暴露させて、嫉妬するとチンポがウソみたいに勃つんだよね。
俺も前妻とやったエッチを話すと、ライバル心むき出しで女房が応えるんだ。
おかげで昨年から女房を縛ってバイブで陵辱するマゾ調教をはじめた。
マンネリ解消にうってつけだ。

昨年の秋、日光を観光しながら鬼怒川温泉に泊まって女房と破廉恥三昧を繰り広げたんだ。
ところが、隣の部屋からも時折とてもスケベな女の喘ぎ声が聞こえてきた。
負けじと女房のマンコにバイブを突き立て逝かせまくった。
「あんた、機械ばっかじゃなくってチンチン頂戴よ。アアアーーーーー」
隣まで聞こえてたと思う。
一戦終わって寝ようとしたらシーツが女房の愛液で湿っちゃって、ドライヤーで乾かしたらゴワゴワになっちゃった。

翌日、朝食を食おうと部屋を出たら、隣の部屋の夫婦が食事を終えて部屋へ入るところだった。
ん?あら?ああっ!
間違いなかった。
別れた前妻の美智子だった。
美智子も気付いてハッとした表情をしてた。
軽く会釈して俺たちは食事に向かった。女房は、
「昨夜激しかったお隣さん、奥さん大人しそうな方だったね。人は見かけによらないね。」
「お前だって、可愛い顔してキャンキャン叫んでたじゃないか。向こうも同じ子と思ってるよ、きっと。」

帰り際、ロビーの土産屋でうろついていたら前妻の美智子が近付いてきた。
「ご無沙汰。相変わらずエッチ好きね。」
「お互いにな。良かったよ、お前が幸せそうで。」
「あなたもね、可愛い奥さんじゃない。それじゃね。さよなら。」
「ああ、さよなら。」
多分、もう会う事はない美智子の後姿を見送って、俺は女房と歩き出した。
少し寂しく、少し晴れやかな気分になった。

こじはる似の妹のロストバージン (俺の近親相姦告白記)

俺の6歳下の妹のロストバージンの話です。
相手は兄貴の俺。妹とやってしまった兄貴です。つい2週間前の話。リアルに記憶に残ってる。全部覚えてる。
処女膜突き破った感触も、妹が痛がって泣いたのも、出血してたのも。妹の中に中に射精した瞬間に妹が俺を見つめたのも。そのあと微笑んで俺に抱き着いたのも。
やっちまったって感じだがしょうがない。
妹は19歳。いま、短大に通ってる。こじはるに似てるって友達によく言われてるそうだ。
兄貴の目から見ても高校2年ぐらいから似てきたなって思ってた。
体型も似てる。ちょいポッチャリ感があってね。
ウエストもちゃんとくびれてる。
そんなだから、19歳でバージンとは思わなかった。とっくに男に食われてしまったんだろうと思っていた。
事の発端はだね・・・俺のオナニーを見られたのがきっかけだ。
しかも、妹の麗佳(れいか)のパンツでオナってたのが見つかったわけ。
おまえ兄貴のくせに変態だ!って言われるかもしれんが、麗佳が高1になった時からパンツでオナニー始めた。
部屋のドアが開いて、いきなり麗佳が入ってきてさ。
「お兄さん、明日貸して欲しい・・・・!!」まさにチ○コ丸出し。麗佳のピンクのパンティを巻きつけてたのを見られた。
慌てたが遅い!!麗佳は口開けたままポカーンとして、たたでさえ真ん丸な目を大きくして絶句してた。
「げっ!」俺もなんも言えなくなった。どのくらいだろう?お互いに固まって沈黙してたのは。
「麗佳!・・・あ、あのな・・・これにはさ・・・」
「お兄さん・・・それって・・・私の?」
「いや、ちょっと話聞けって。」
「な、なんでぇ・・・・?」麗佳も驚きすぎて怒るとか、逆にショックで泣くとかもなく現実が理解できないでいた。
俺、黙ってパンツ履いてGパン履いてから麗佳の腕を掴んで近くに寄せた。
麗佳はいいなりだった。まだ現実がつかめてない。
「麗佳、すまん。兄ちゃんの話聞いてくれるか?なんでこんなことになったか。」
「う、うん・・・・」
「あのな簡単に言うな?コクることになるが、俺は麗佳が好きなんだ。妹なのにな・・・。
ずっとずっと好きだった。おまえが、高校入ったころからぐらいかな?」
「え?えーー!・・・え?・そ、そんなぁ」まだ現実に思えていない。
そりゃあそうだろうな、兄貴が自分のパンツでオナニーしてるわ、おまけにコクられたんだから。でも、ここの場面で言うしかないって俺思ったんだ。
「お、お兄さん・・・じゃ、じゃあパンツ使ってたのってずっと昔からなの?私、そんなこと知らずにパンツ履いてた・・・・。それに好きって言われてもぉ」
「怒らないでくれよ?麗佳が好きで好きでたまらねえんだって。誰にも渡したくないって思ってる。」
「え!そ、そんなこと言われても・・・お兄さん、パンツ返して。・・・困ったわぁ・・・なんて言えばいいの、私。」
もう頭の中はパニックって手に取るようにわかった。俺は黙って麗佳を引き寄せて抱きしめて・・・キスしてた。
「ムー!」麗佳が声あげた。
終わって、目をパチパチさせて黙ってた。
「お兄さん・・・マジ?マジ?・・・・うっそー!」そのまま部屋から退散してしまった。
翌日のことだが朝起きて部屋出て1Fのリビングに行こうとしたら廊下で麗佳と鉢合わせになってしまった。
麗佳はびっくりした顔で俺のこと見た。
もう一度抱きしめてそこで、モーニングキスした。
お互いになーんも言わなかったが。それから俺と麗佳の関係というか、兄妹をこえてしまった感じになってしまったんだな。
麗佳は中・高と一貫の女子校だった。周りに男はいない環境。男って言ったら俺か親父。
まともに話せる男でもあった。まあ、家族だから当たり前だけど。
短大も女子短大だもんな。そのせいか男には異常に奥手になった。合コンなんか絶対に行かなかったらしい。

「お兄さん?入ってもいい?」数日たった夜のこと。ノックして麗佳がドア開けた。
「ん?いいよ。」
「お兄さん。私にキスしたのって冗談だよね?ふざけたんだよね?」
「いや・・・マジぼれキス。」
「そう・・・やっぱそうだったんだ。そっかあ。どうしよう?」
「ん?何が?」
「兄妹でなんてぇ・・・やばいよね?」
「まあ・・・やばいかも。」そのまま麗佳のとこに行って抱きしめて、再度キスした。今度はディープキス。
終わって麗佳を抱きしめてたら、麗佳はブルブル震えてた。
「お兄さん・・・私、私・・・お兄さん好きになっちゃう・・・やばいよぉ。これやばいよぉ。」
「いいよ。俺は麗佳が好きなんだ」麗佳の耳元で何度も小さい声で言った。
何度目かで麗佳が小さく頷いた。
「内緒だよ?お兄さん。これ・・・ばれたらやばいよ?」
「ああ。絶対に二人の秘密な?」
秘密って言った瞬間だと思う。お互いにみつめあって頷いてた。
それからしばらくはキスするだけの関係で、まだエッチまでは無かった状態が続いたんだ。
俺もさすがにエッチはやばいかって思ってたから。キスや抱き合うならまだなんとか許されるかな?って甘い考えだったから。
しかし、麗佳は違った。キスするたびに俺に対しての恋愛感情が膨れ上がって行ったって。麗佳から聞いたんだけどね。

1か月前のことで、親父がチケット貰ってきたって話が出た。
何のチケットだ?ってんでよく見たら温泉1泊旅行のチケット。
で、ペアチケットだった。まあ、親父、おふくろでってことらしかったが、親父も忙しい。
おふくろも働いているから、どっちの都合も合わない。
で、結果は「一哉と麗佳で行ってきなぁ!」と親父。
俺も、麗佳もぶったまげた。
「親父!何考えてんだよ!兄妹で一泊旅行なんてまずいだろ?お互い大人だぞ?」
「あ?何言ってんの?別に兄妹で旅行したって問題ないだろ?」親父。
そして、爆弾発言が麗佳の口から出た。
「私・・・行きたい!お兄さんと旅行なんてしたことないし。」
「ほい。決まりな。」親父
これで、二人での旅行が決まってしまったんだ。親父もおふくろもニコニコ笑ってたよ。
人の気持ちも知らないで・・・。半分ムッと来てた。麗佳と行ったら・・絶対に俺我慢できない!ってわかってたから。
階段登って部屋に戻りかけて、後ろから麗佳が来た。
「お兄さん?行こうね?温泉!楽しみぃ」
「あほ!おまえなあ・・・わかってんの?」
「何が?」
「いや・・・ここって混浴あるんだぞ?」
「え!・・・そ、そうなんだ。」
「一緒に入るか?」
「お兄さんと?混浴に?・・・・」真っ赤になって、麗佳は自分の部屋に逃げ込んだ。
で、旅行当日になった。俺の愛車のフィットで行くことになってた。助手席に麗佳が私はここに座るの当然みたいな顔で乗ってきた。
まあ、出発して旅館に着くまでは、まったく問題なかったけどね。
旅館について部屋に通されて、部屋に入った瞬間意識してしまった。今晩ここで麗佳と一緒に寝る・・・。
麗佳も固くなってた。
で、せっかくだから温泉入るかってなって。最初は男女別々の風呂に。
俺は思い切って麗佳に声かけた。あ、ここの温泉は男女の風呂の間仕切りの上が空いてて声が聞こえる。
「麗佳ぁ、混浴言ってるからなあ」
「え!う、うん」
そっから何も聞こえなくて、しょうがないから俺は露天の混浴に行った。
幸い誰もいなかった。
くそ寒いが温泉に浸かって、目を閉じてのんびり気分だった。
チャポンと音がしたから目を開けたら、麗佳が湯船に入ってきてた。
「お兄さん!見ないで!」
「す、すまん。」
バスタオル巻いてるんだから見たって問題ないのだが・・・。
しばらくお互いに無言で入った。沈黙破ったのは俺。
「なあ、麗佳。もっとそばに来ればいいじゃんか。何も変なことじゃないし。」
「う、うん。じゃあ・・・」チャポッ、チャポッと音立てながら静かに俺の隣に来た。
「バスタオル取っちゃえば?」
「い!いやぁーーー!やだぁ!」
「そっかぁ。俺、タオルで隠してないんだけど。」
無意識なんだと思う。麗佳が俺の股間を見た。まあ、なんだ・・勃起してたけど。
麗佳が目を大きく開けて、びっくりしたまま固まってた。
「びっくりしたか?」
黙ってコックリ。
しかし、麗佳は白い肌だったのにはびっくりした。日焼けしてない。考えてみれば去年の夏、麗佳はプールや海に行ってなかった。焼けるわけないわけだ。
けっこうなおっぱいだったし、こじはるほどではないが、まあ美乳だ。
「おまえさあ、男と経験あるだろ?別に驚かなくてもいいのに。」
麗佳はプンプンと横に顔振った。
「ま・・まさか、バージン?マジで?」
黙ってコックリ。
「おっとっと!!じゃあ見せられんな!」あわてて岩に置いたタオルで隠した。
「お、お兄さんの・・・初めて見た。」
「ま、まあ・・・男はこうなるもんなんだ。」
隠した俺の股間見つめながらコックリ頷いた。
「俺も大人になったわけだけどさ、麗佳も大人の女の体になったな?おっぱいも大きくなったもんな?Cカップぐらいあるか?」
あわてて俺に背中向けて
「お兄さんのバカ・・・エッチ!うん、Cカップ。」
「成長したもんだな。」
「いやらしいよぉ。お兄さん、そんなに見つめないで・・・おかしくなちゃう。」
麗佳が振り向いて言ったが、俺、麗佳の体見つめてしまった。
バスタオル巻いてるがスタイルがわかった。腿や足は真っ白。
肩なんかスベスベしてそう。実際スベスベのモチモチ肌だったんだけどね。
「お兄さん・・・そんなに私が好きなの?」
「ん?うん。小さいときと違って麗佳は美人になったしな。」
「あれ?お兄さんって、こじはる推しだっけ?」
「いや。違うが・・・確かに似てるよ。麗佳は。」
そして、風呂から上がって浴衣とタンゼン来た麗佳は色っぽかったよ。髪もシャンプーしてしっとり濡れててさ。兄の俺でもグッっと来たし。
夜、麗佳を抱いたときは、麗佳の魅力的なボディにノックアウトされたよ。
で、夕食を食べて。麗佳もお酒を飲んだ。けっこういける口なのがわかった。
ほろ酔い加減で部屋に戻って。部屋に布団が二つ。
俺も麗佳もそこで意識しすぎて固まってしまったが、とりあえず俺は何でもないふりして旅館によくある窓側のソファにすわった。
向かいに麗佳が座った。
無言で間が持たない。仕方ないから冷蔵庫からビールとコップを出して、一緒に呑んだ。
「お兄さん。あのね・・・私、お兄さんのこと好きになっちゃったみたい。」
「そっか。」
「うん。お兄さん、好きになっちゃいけないよね?これっていけないことだよね?」
「いや、俺も麗佳のことが大好きだ。まるで恋人と一緒に旅行に来てる感じかな。麗佳。
あのな・・・麗佳が欲しい。」
言った瞬間、麗佳凍結状態。しばらく沈黙。お互いに見詰め合ったまま。
麗佳が口を開いたが、信じられない言葉だったよ。
「わ、わかった。お兄さんに私をあげる。優しくしてくれる?」
俺の方が今度は固まった。
「お兄さん?ねえ・・・」
「う、うん。だ、大丈夫。麗佳を優しく・・・なんだ、あの、優しくするから。」
麗佳はうつむくと、小さく頷いた。
俺が行動起こした。立ち上がって麗佳の腕をつかむと立ち上げて抱きしめてキスした。
麗佳は震えてたよ。これから何されるかは理解してるから怖かったようだ。
麗佳のタンゼン脱がして浴衣姿にして、抱きしめたまま布団に移って、抱きしめたままお互いに座った。
俺もタンゼン脱ぎ捨てて、思い切り麗佳を抱きしめて強引にベロチューした。
麗佳はされるがまま目を閉じて震えた。震えてる姿がむちゃくちゃ可愛くなってしまったよ。
そのまま布団に麗佳をゆっくり寝かせて。掛布団、毛布もどかして麗佳の上に重なってベロチュー。
麗佳は目を閉じたままじっとしてました。キスをやめて麗佳の顔を見た。覚悟を決めた感じの表情だった。俺も迷いを吹っ切ってもう一度キス。
そのまま首筋を舐めながらキスし続けた。
「お、お兄さん・・・怖い。」
「麗佳、俺を信じろ。大丈夫だから。」
麗佳は頷いてまた目を閉じた。首筋、肩甲骨を舐めながら浴衣の前を開いた。
ブラしてた。白ベースに花柄がついたもの。
おまけに新品。勝負下着?
「麗佳・・・おまえ綺麗だな。肌もほんとに白い。」
「あ、ありがとう。」麗佳が目を開けて俺を見た。ブラの手のひら置いて、柔らかく包むようにおっぱいを握った。
「お兄さん、私のおっぱいってどう?」
「綺麗だし、フワフワだ。おまえも美乳なんだな。こじはるみたいだ。」
「こじはるのおっぱい触ったことないのにぃ・・・でも嬉しいわ。」
マジに柔らかくて、でも弾力があった。ゆっくり両手で左右のおっぱいを揉んだ。揉みながらブラからあふれてる膨らみを舐めた。
「ブラ・・・取るな?いい?」
頷くと少しエビぞる感じになってくれて、俺が背中に手を回してブラホックを外した。そのままブラを外して・・・白いおっぱい登場!乳輪、乳首ともまだピンクがかった茶色で誰にも触れたことも、吸われたこともないおっぱいだ。
右側からおれは舐めた。乳首に舌を当ててゆっくり転がして。
「お兄さん・・・舐めてる・・・嘘みたい。お兄さんと・・・ほんとなんだね。」
「ああ。本当だ。」
乳首に吸い付きながら、おっぱいを揉み続けた。麗佳の呼吸が速くなってきた。
「あ・・あ・・」小さく声を出した。
そのままけっこうな時間左右のおっぱい、乳首、乳輪と舐め続けてたな。だって、綺麗なおっぱいだったし、俺が初と思ったら嬉しくてさ。
「お、お兄さん・・・気持ちいい・・あ、あ、あああ」
「もっと気持ちよくなろうな?こっちもいいだろ?」浴衣の上から麗佳の下腹部をなでた。
「優しく・・・お願い。」
「わかってる。」浴衣の帯ほどいて、浴衣を剥がすようにどかして・・・同じ柄のパンティ履いてた。セットものだった。
ぴったり足を閉じてた。
右手でおへそのまわりを撫でながら、ゆっくり下へ下へと。
見ても思ったが、麗佳はかなりのモリマン。恥骨が盛り上がってた。
ジョリジョリと毛の感触。とはいってもかなり少ない。剃ってる?脱毛してる?
そのまま恥骨あたりに手をおいて柔らかく揉むようにした。
「はぁ~・・・温かいね?お兄さんの手。」
「じゃあ、少し足開いてくれるか?麗佳の・・・触りたい。」黙って麗佳は足を開いた。
恥骨からゆっくり下へ。柔らかい感触。手のひらで覆ってゆっくり揉んだ。
「あ!・・・触って・・あ!あ!・・そんなとこ・・・」
「嫌かな?でも麗佳に気持ち良くなってほしいからさ。我慢な?」
ワレメにそって指でなでた。少し上。クリトリスあたりを撫で続けた。
「ああ!それ!それ!・・・お兄さん!お兄さん!お兄さん!・・・だめ」
麗佳が俺にしがみついた。
麗佳の悶える顔を見ながら、ずっと股間を触った。感じるんだな?お前も。初めてだろうけど、これがエッチの快感だから。もっともっと感じていいよ。と思いながら触って、擦って、揉んだ。
触りながら舌で下腹を舐めた。くすぐったがったけどね。
何気に股間にヌルヌル感がした。やっと濡れてくれた・・・。
「麗佳、パンツ降ろすね。腰上げてくれる?」
ゆっくりパンティ脱がして・・・毛は綺麗に手入れされてたよ。かなり剃っていた。
縦一文字って感じ。そして・・・おお!綺麗だ。綺麗に閉じてる。ビラビラなんかない。
オナニーしたことないのか?
大陰唇が綺麗に閉じてた。見た目はプニュプニュした感じで、今まで女の中で一番形が整ったマ○コだった。パンティ脱がして、見つめてしまった。
「お兄さん!・・・恥ずかしいって。」目を開けた麗佳があわてて手のひらで隠した。
「おいおい。もったいないよ。おまえの綺麗だな。なあ、見たい。見せてくれ。」
麗佳の足掴んで、グイッと開脚させた。
「お兄さん!・・ちょ、ちょっと待って。」
「頼む。見せてくれ。マジに綺麗だ。」
「でもぉ・・・・見るだけだよ。」
見るだけですむわけないだろう?気持ちよくさせてやるから。
麗佳が手をどかした。もう一度見つめた。少し濡れて光ってた。
顔を近づけて・・・
「え?何?何?・・・え?・・・ああ!!いっやーーー!」
そう、クンニした。無意識に割れ目に唇あてて押し開いて舌で中を舐めた。
「お!お兄さん・・・待って!待って!・・・汚いよ!・・・ああ!そ、そんなとこ・・・ああああ!あ!だめ!いや!・・・ああ・・・舌で・・嫌、嫌、嫌・・・」
俺の頭を掴んで必死に剥がそうとしたが、俺は麗佳のお尻を抱え込むように掴んで、舌を動かしてマ○コの中を舐め続けた。クリトリスに舌が触れた瞬間、麗佳はビクッとなって
「ああ!!ああ!それは・・・ダメ!ダメ!ダメ!」
舐め続けたが、ずっとダメを連発した。クリトリスを唇で挟んで、舌でクリの先端を舐めコロコロした。
いきなりのけぞって喘ぎ声が大きくなった。
「ああーーーーー!ああーー!ンンンッーーーー!」
見上げたら麗佳はのけぞって顔を左右に振ってた。感じてた。表情は見えないが悶え続けて。
お尻抱えて俺の顔がマ○コ外れないようにして。ここで、もう一度お尻持ち上げてマングリ返し体制にして、口の中にマ○コを頬張って吸って舐めて・・・舌転がして・・・。
「あああ~ああーー!ダメ・・・あああ、あん、嫌、嫌、嫌・・ああ!・・・変!・・・変なの・・・ああ!」
麗佳の腰が勝手に動き出した。処女だが感じまくってた。きっとイクはず。
俺はベロを思い切り動かしまくって舐めまわした・・・っと!
「ああーーーーーーー!うっそーーーー!何これぇぇーーー!」全身硬直して麗佳がイッタ!!
文字通りカチコチに固まって、震えた。
麗佳の股間から顔上げて、ゆっくり足を降ろさせて仰向けにした。
麗佳はぐったりしてた。
麗佳に添い寝して髪を撫でた。
「ウック・・ヒック・・・ウッ、ウッ」麗佳が泣き出してしまった。これには俺も驚いた。「どうした?」
「ひ、ひどい・・・ヒック・・・お兄さん・・・ウック、エック・・・麗佳の舐めるなんて・・・イジ・・ヒック・・ワル・・」
「ごめん、ごめん。でも気持ち良かっただろ?麗佳がイッタのわかったよ。」
「ヒック・・・すごい変な感じして・・・ウックウック・・生まれて初めてだったよぉ~・・・ウエエエーーーーーン・・・」俺にしがみついてワンワン泣いた。
「怖かったよぉーーーウック、ウック、ウエーーーン」
むちゃくちゃ愛おしくなってしまった。だって、初イキで泣く女は初めてだったし、それが妹ってなったらさ、誰だって感動するんじゃないか?
やっと泣き止んだ。
「大丈夫か?大丈夫だよな?」
コックリ頷いて、俺を見た。
「お兄さん、これがエッチなの?こういう気持ちになるの?」
「まあね。もっともっと気持ちよくなるはずだよ。」
「怖い・・・だって、私どっかに飛んでいっちゃうみたいだった。なんか体がフワって浮いて、次に金縛りになっちゃった。」
「うん。わかったよ。もう1回気持ちよくなってごらん。そしたら、俺と一緒になれるから。」
「そっかあ。痛くないんだね?初めてって。みんな痛かったって言うけど。」
「うーん・・・ちょっとだけいたいかもな?」
「ちょとだけなんだ。それなら大丈夫かもぉ。」
で、もう一度おっぱい、マ○コと舐めてあげた。
マン汁が出てかなり濡れて、俺のがインサートOKになった。
いよいよ、麗佳と合体!っと思ったら興奮した。痛いか痛くないかわからんが、俺は麗佳のバージンをもらうってね。
「麗佳、そろそろ俺と・・・な?」
「う、うん。痛くないなら大丈夫。お兄さん、優しくして。」
「うん。」
バスタオルを持ってきて麗佳のお尻に敷いた。出血してもシーツを汚さないように・・・。
「なんで?」
「ん?痛くなくても出血したら汚しちゃうだろ?」
「あ!出血するんだ?そっか。わかったわ。」
麗佳の足を掴んでM字開脚。マ○コ丸見え状態。真正面に俺は座って、フル勃起のチ○コに手を添えて・・・もう片手で大陰唇を開いた。
もう一度麗佳を見た。麗佳は目をつぶってじっとしてた。
痛くないって思ったら怖くなくなったって言ってた。けど、この後は大変だった。いや、大変なことになったよ。
マ○コの入口に亀頭を当てた。頭の中でカウントダウンしてた。
右手で麗佳の腰を掴んで、ゆっくり押し込んだ。
「い!痛い!・・・何!・・・痛い!痛い!」
「最初だけだから。」
「お兄さん!待って!待って!」
「我慢してくれぇ。」
亀頭が埋没・・・突き破る感触。処女膜を突き破った瞬間!
「イッターーイーーーー!・・・痛いよぉーーーーー!痛いのぉぉーーーー!抜いてぇぇぇ!やめて!やめて!やめて!」
カッと目を開いて俺の顔見て、ブルブル震えた。
「麗佳、もう入った。大丈夫終わった。このままじっとしてるから。」
おれががっつり腰掴んでいるから、麗佳はずり上がって逃げることができない。
「やめて・・・お兄さん!抜いて・・お願い、お願い、お願い。」
「このまま、このまま。大丈夫。」
「やめよう?おにいさん・・ほんとにやめよう?・・・痛い!痛い!・・・ほんとやめよう?」
足をバタバタさせて逃げようともがいてた。
動き回るから、余計に痛いってことなんだが・・・。
「麗佳・・・じゃあ、このまま俺はお前の上に被さるだけだから。安心して。」
「うううー、抜かないの?」
「大丈夫。じっとしてれば痛くないから。そして、痛いのは消えるから。」
「わ、わかったよぉ・・・」
俺は、亀頭が潜った状態を確認すると、麗佳の上に倒れこんで被さった。
途端に、ズルリ!っと一気に中にチ○コが潜り込んだ。
「イッターーーーーーー!イーーーーー!・・ウソ!ウソ!・・・ッタイヨーーー!」
麗佳の両肩を全力でつかむと麗佳の上に乗ったまま、腰を突く感じにした。
完全合体完了!!根本まで麗佳に潜った。
「ックーーーーーーーー!」麗佳がのけ反って最後の大きなうめき声をあげた。
そのまま麗佳を抱きしめたまま動かずじっとした。
麗佳は悶絶状態で固まった。
「麗佳・・・ほんとに終わったから。もう全部お前の中に入った。俺と一緒になった瞬間だぞ。麗佳は女になったんだ。」髪を撫でた。
麗佳は黙ったまま俺にしがみつくとまた泣き出した。
「ウエーーーーン!痛いよぉ!!・・・怖いよぉ!・・ウエーーーーーーーーン!」
「うん、うん。よく我慢したな。ごめんな。ごめんな。」
「お兄さん酷いよぉ・・ウエーーーーーン」
とにかく動かずじっとして泣き止むのを待った。麗佳の中はというと、締まる締まる!!凄い締め付けだった。
何より奥がツブツブだらけ。亀頭にツブツブが当たってうねるように動く。気持ちいいこと気持ちいいこと。
謝りながらも、麗佳の中はスゴイ!と感動した。こんなに痛がるのもわかる気がする。俺のチ○コの大きさが影響してる。俺のは16.5㎝ある。巨根とは言えないが、それなりの大きさ。あとは太い。潜った瞬間、肉を強引に押し分けて潜った感触を感じたし。
亀頭が奥の塊・・・子宮に当たったのもわかった。
泣き止んで麗佳が言った。
「お兄さん、どうしてやめてくれないの?なんで?」
「あのな?最初軽く入っただけだろ?これだとまだお前は女になったとは言えない。麗佳を大人の女にするには、こうするしかないんだ。だからやめなかった。ほんとにごめんな。でも、わかるだろ?俺のが麗佳の中にいるのが。一緒になれたんだぞ?」
「お腹が苦しい・・・押されてる。こんなに中まで入るなんて・・・信じられない。いたっ!」
この状態で30分近く動かなかったよ。その間麗佳の膣内に俺の我慢汁がかなりの量入ってた。タラタラと出てるのわかったし。
そして麗佳に言った。
「なあ、麗佳。俺少し動くな。俺と麗佳が本当の意味で一緒になりたいから。いい?我慢してくれな。」
「はぁ・・・また痛いんでしょ?我慢するしかないのね?」
「すまない。」
「お兄さん、初めてってこんなに痛いんだね?痛くないなんて大嘘よ?」
「いや、俺もこんなに痛がるもんだって知らなかった・・・」
「ううう・・・」
ゆっくり腰を動かした。
麗佳は眉間に皺寄せて、ギュッっと目を閉じて俺にしがみついてきた。
徐々に動きを速めた。潜り込むたびに子宮を突き上げてた。
「ムッ!ムッ!」っとそのたびに麗佳がうめいた。
動いて数分かな?射精感が来た。もうちょっとで終わるからな!もうちょっとだから!麗佳の顔を見下ろしながら、必死に腰を動かして・・・。
さっき出した我慢汁がある意味潤滑液の役割をしてくれてたから滑らかに動けた。
最後!思い切り突き上げた。
仰け反りながら、麗佳が目を開けて俺を見た。
ドクン!最初の射精の瞬間・・・麗佳が目を大きくすると「ああ!!」と一言。
ドクンドクンドクンドクン・・・何度も脈打った。麗佳の体内に大量に射精してしまった。
かなりの量が出た。
虚脱感で麗佳にばったり倒れこんだ。
「お兄さん・・・大丈夫?」
「ああ。大丈夫だ。」麗佳が背中を撫でてくれた。
「気持ち悪いの?吐きそう?」
「違う・・・ものすごい快感だった。」
「ねえ、終わったんだよね?・・もしかして、私の中に出しちゃったの?」
「ん?すまん。出ちゃった・・・」
「そ、そう・・・ドクンドクン言ってたのって出してるとき?」
コックリ俺頷いた。
「麗佳・・・おまえ妊娠しないよな?今は安全日か?」
「う、うん。たしか安全な日だったよ。」
「そっか。すまん。ほんとにすまん。でも俺的にはすげー嬉しいんだが。」
「うーんと・・・私も。」
麗佳の中で俺のチ○コはしぼんでいった。
「お兄さんの・・・なんか柔らかくなって小さくなってるのがわかる。」
「ああ。男ってさ射精が終わると小さくもとに戻るんだ。」
「ふーん・・・そうなんだ。」
「麗佳・・・抜くな?」
起き上がって、麗佳の中からゆくっり抜いた。ティッシュを取ってきて、麗佳のマ○コに数枚当てた。
出血量が凄かった。麗佳の股間、お尻。俺のチ○コ、玉、太ももと真っ赤。
麗佳に股間を手で押さえさせてトイレに行かせた。
「お兄さん・・・男の人のってあんなにたくさんなんだね?ビックリしたわ。」
トイレから出てきて一言。
お互い血で真っ赤だからって、部屋風呂に入ってお互いにシャワーで洗って。
出てきてから下着、浴衣と着て布団にもぐった。
「麗佳、おめでとう・・・今日から大人だぞ。」
「うん。凄く痛かった。でも・・・大人になったんだね。」
「ああ。」
麗佳が布団から手を出して、グーパーグーパーした。
「お兄さん手つないで?で、寝よう?」
「いいよ。」
お互いに手をつないで・・・ぐっすり寝ました。

旅行でのロストバージン。麗佳は家に帰ってから毎日俺の部屋に話しにきます。
「お兄さん、あれで終わり?もう、麗佳のこと嫌になった?」
「いやいや、逆だろ。ただ、おまえが痛がるから、もう手が出せない。」
「ええ!そんなあ。もうちょっと待って。今危ないんだ。だからまた安全日来たらば・・・ね?」
「痛くなければいいが。」
「そのうち痛くなくなるみたいだよ?」
「だな。麗佳がエッチでイケるようになればいいな?」
顔真っ赤にして
「エ、エッチィ!」
これが妹、麗佳とのロストバージン記録です。
ロストバージンしてから、麗佳は何気に色っぽさが強く出るようになった感じがします。
そして、おれはこじはる推しになってしまった・・・
パソコンの壁紙は、こじはるの下着姿の画像です。
しかし・・・確かに麗佳はこじはるに似てる・・・顔も、体型も。

いったいこれからどうなちゃうのか?麗佳はエッチで快感覚えられるようになるか?
まあ、どうなるかはわかりません。
もしかしたら、あれが最初で最後の兄妹エッチになるかもしれませんし。
長くなってしまいましたが、近親相姦(!)告白記を読んでいただきありがとうございました。
告白って勇気いりますね?

お別れ旅行

「お別れは哀しいけど、お父さんとお母さんが納得済みなら、私は何も言わないわ。」
20歳の娘が言った。
結婚して22年、俺49歳、元妻46歳で離婚したのが4年前だった。
お互い、好きな異性がいて夫婦生活を続けていたが、娘が短大を卒業して社会人になったのを機に、離婚を決意した。

「あなたの彼女、若くて綺麗な人ね・・・」
「お前の彼氏は苦み走った男だったな・・・」
浮気現場のラブホテルのロビーで夫婦バッタリ、当時45歳だった俺は当時28歳の女と浮気、当時42歳だった元妻は当時52歳の渋い男と浮気、まさか同じホテルにいたとは知らず、その日、家に帰ってからお互いの気持ちを確認した。
「子供・・・独り立ちするまでは、夫婦でいないか?形だけで位から・・・」
「そうね・・・そうしましょう。お互いの恋は邪魔しないでいて、それでも家では仲良くしましょうね。」
仮面夫婦を続けた。

娘が短大を卒業して、友達と卒業旅行に出かけた時、俺は元妻に、
「なあ、新婚旅行に行ってんだから、離婚旅行にでも行かないか?」
と誘ったら、
「そうね・・・夫婦最後の思い出を作りましょうか・・・」
そう言いながら二人で出かけた。

ひなびた山間の温泉地、元妻と二人で過ごす最後の夜だった。
豪華な料理を前に、差しつ差されつ、酒を飲んだ。
「これ、お前好きなやつだな。やるよ。」
「これはあなたが好きだったわね。あげるわ・・・」
こんなふうにお互いを思いやれる夫婦なのに、性癖が歪んでお互いの刺戟が物足りなくなっていったのだ。
俺が誘った最後の旅に、元妻が素直についてきたのにはわけがあった。
「最後、私を抱くんでしょう?何年ぶりかしらね・・・驚かないでね・・・」
元妻の乳首には、奴隷の証しのピアスが揺れていた。
「アソコも、こんなになってるのよ・・・」
恥裂から赤く肥大したクリ豆が飛び出ていた。
「あなたと別れたら、ここに、婚約ピアスを通すの・・・」
「そうか・・・」
暫く見ない間に、元妻の肉体は改造されていた。
包皮に隠れていたクリ豆を見たのは何年前だったろう・・・そんなことを考えていた。
元妻の恥穴に肉茎を捻じ込んで、夫婦最後の交わりを愉しんだ。
「ア、アア、あなた・・・最後に、あなたの精液・・・飲ませて・・・」
今まで、精飲なんてしたことが無かったのに、元妻は俺の精液を欲しがった。
それほどまでに、心身を改造されるまで、元妻が愛した男がいたのか・・・驚きを隠せなかった。
もう、二度と触れることのない乳房には、銀色のリングが揺れていた。
「アアァァァァァァァ・・・・」
元妻の口に肉茎を添えると、ジュルジュルと音を立てて射精を一滴残らず飲み干した。

翌朝、元妻と二人で温泉街を歩き、
「今日、帰ったら、そのまま家を出て行きます。明日、あの子が帰ったら出て行けなくなりそうだから・・・」
元妻が声を詰まらせた。
「そうか・・・」
もう、そうか・・・しか言えなかった。
帰りの車の中で、元妻は俺の運転する姿を見ながら、
「あなた・・・こうして安心して乗っていられるのも、今日が最後・・・あの人、車の運転しない人だから・・・」
帰りがけ、市役所に立ち寄って離婚届を提出した。

家に着くなり、既にまとめてあった荷物を持って、呼んだタクシーに乗って、
「じゃあ、これでさようならね。お体、ご自愛なさってね・・・」
「ああ、お前も元気でな・・・」
そう言って、元妻が乗ったタクシーを見送った。
家に入ると、俺一人の空間がやけに寂しかった。
仮面でも夫婦として暮らしてきたから、最後の夜はひと時だけ夫婦らしいこともしたから、他人になったとはいえ元妻が家から消えたことは寂しかった。

翌日、娘が旅行から帰ってきた。
「お母さんは?」
「昨日、出て行ったよ。」
「そう・・・お土産、買ってきたのにな・・・」
「お前に会うと、心が迷うから、お母さんなりに考えての事だから、わかってやれ・・・」
「お父さん、優しいのね・・・お父さんは、これからどうするの?」
「どうもしないよ。お前がお嫁に行くのをこの家から見送るさ。」
そう言いながらも、俺は例の彼女と週2,3回のデートを重ねていたが、昨年、35歳の彼女が、
「私達って、この先どうなるのかしら・・・」
というので、
「君の思い通りにした方がいいよ。俺も年だし、君を幸せにできる自信は無いから・・・」

彼女とのお別れ旅行は、わざと元妻との離婚旅行の宿にした。
元妻より14歳も若い彼女とのお別れ旅行で、俺は、別れた元妻との思い出に浸っていた。
35歳の彼女を抱いて、最後の精液を彼女に蒔いた。
彼女がボソッと言った。
「私ね、お見合いするの・・・」
「そうか・・・」
「ゴメンね・・・そろそろ、将来を考えるとギリギリだから・・・」
「そうだな・・・」

翌日、彼女を乗せて帰路についた。
車の中は無言の空間だったが、彼女を下ろす場所が近付いたら、
「私、本当はあなたのお嫁さんになりたかった・・・なんて、冗談よ・・・それじゃ・・・」
「幸せになれよ・・・」
「うん・・・ありがとう・・・」
元妻の時と違うのは、さよならを言わなかったこと・・・
年の瀬が迫った今月半ば、
届いたのは元妻の訃報だった。
詳しくは語られなかったが、どうやら、緊縛の縄で窒息死したらしい。
新しいパートナーが警察へ任意同行を受けたと聞いた。
「お母さん、亡くなったって・・・」
「お父さんは、どうするの?」
「もう、お父さんの奥さんじゃないから、ノコノコいかないよ。ここで、お母さんとの思い出にお別れするよ。」
「そう・・・じゃあ私もそうする。」

こうして俺は、元妻の思い出に浸りながら元妻の話を書き込んで元妻に別れを告げた。

お風呂で見たかわいいワレメちゃん!!第二部

 そうしてまりちゃん達と知り合ってから一週間もしないうちに、爺さんから次の温泉お誘いの連絡が携帯に来た。まりちゃんが俺と温泉に行きたいとせがんでいるらしい(ありがたや。車に乗れるからという理由も入っているかもしれないけど、まぁいいのだ)。待ち合わせをして車で二人を拾って温泉へ。そして半日を温泉で一緒に過ごして、また車で送り返して。そんな休みごとの温泉ドライブの日々が何回か続いたある日のこと。いつものように爺さんから携帯に電話が。ディスプレイには「まりちゃん&爺さん」と登録の表示。「来た来た」と電話に出ると「もしもしー、おにーちゃんですかー?」一瞬誰かと思ったらまりちゃんの声。ちょっと戸惑って「あ、まりちゃん?」すぐに爺さんの声に変わって「こんにちは。すみませんねぇ。どうしても自分で掛けたいって言って聞かなくて」爺さんが電話の向こうで言うには、またいつものように三人で温泉に行こうという話をまりちゃんとしていた時に、急に爺さんに用事が入ったとのことで、まりちゃんがぐずったらしい。それで申し訳ないけど俺とまりちゃんとで温泉に連れて行ってやってくれないかとの話。電話の第一声がまりちゃんのだったのはそういう理由かとすぐに納得。「構わないですよ。じゃあ・・・」と待ち合わせの詳細を打ち合わせした。通話終了後、思わず「やった(笑)」と小さくガッツポーズ。この願ってもない状況に、これはこれでよかったんだけど、それなりにアクシデントなイベント(?)もあったわけで。
 当日、いつものように待ち合わせ場所の門の前に車が近づくと、リュックをしょったまりちゃんが「おにーちゃーん、おにーちゃーん」と両手をバンザイしてぴょんぴょん飛び跳ねている。その様子がいつにもましてたまらなく可愛い。その横にはちょっと正装っぽい爺さん。「おはようございます」「すみませんねぇ本当に」「おにーちゃん、おはよー」事情は事前に電話で聞いていたので、簡単に挨拶を済ませて二人をすぐに車に乗せて出発。爺さんの用事の都合でいつもより早く集合して、爺さんを駅まで送ってから温泉という算段。地元の駅で爺さんを降ろして後姿を見送り、ようやくまりちゃんと二人っきりのドライブ。まりちゃんは助手席で「えへへっ、えへへっ」と両足じたばたモードですごく嬉しそう。そして、これからのことを考えると俺も嬉しい(笑)。信号待ちの間に、改めて助手席のまりちゃんを観察。まりちゃんは一緒に温泉に行く時の着替えの入ったいつものリュック、スモックドレスタイプのワンピーススカートという格好。パンツルックだったことは一度もなくて、幼児服の短いスカートから伸びている両足が本当に可愛い。そしてスカートからは幼児スリップのレースがチラチラ。この服と下着の組み合わせは爺さんの趣味なのか、まりちゃんのお母さんがそうさせているのか(たぶん爺さんだろうな)。まりちゃんはいつも屈託なくいろんなポーズでスカートの下のレースを露わにしてくれる。おかけですっかり幼児下着レースフェチになってしまった(笑)。助手席で足じたばたのその時も、当然スリップをしっかり観察。まりちゃんはただスカートを二枚履いているくらいにしか思ってないんだろうな。今回の温泉までは車で20分くらい。その間、まりちゃんは二日も前の日から温泉行きの用意をしていたことや、幼稚園でのことをいろいろと話してくれる。いい加減な返事にならないように俺もたまに聞き返したりして、退屈する間もなくすぐに温泉に到着した。
 駐車場に車を止めると、まりちゃんのはしゃぎようが最高潮。「お・ん・せん♪お・ん・せん♪と座席に座ったまま飛び跳ねる。そんなまりちゃんを眺めながら、車を降りて助手席にまわり、シートベルトを外してあげる。そして片膝をついて「はい、どうぞお姫様」とまりちゃんの手をとって車から降ろしてあげる。これがいつの間にか出来た。まりちゃんを車から降ろす時の儀式。これをしてあげると、まりちゃんはとても嬉しそうに「えへっ」と笑う。その笑顔が見たくて、俺もつい毎回この儀式をやってしまう。その時に、まりちゃんのスカートの中を覗き込むのを忘れてないんだけど(笑)。まりちゃんが「んしょっ」と降りる瞬間にいつも片膝を立てるんで、そのタイミングを見計らってスカートの中を観察。今日のまりちゃんのパンツは、レースのフチどり無しの白いブルマーパンツ。シンプルなかわりに濃いピンクのリボンが付いているのを発見して、至福の一瞬。真っ平らな股間とパンツとの隙間をきゅっと押さえつけてみたくなるのを我慢。いつか顔をうずめる野望を誓う(笑)。まりちゃんの手を引いて、建物の入り口へ。
 「いらっしゃいませ」と仲居さんみたいな人が迎えてくれる。とうとう、この時が来たなぁとしみじみこれまでのことを思い出す。最初にまりちゃん達と出会った時は爺さんの具合が悪かったおかげであんな体験出来たけど、二回目以降は至って普通の幼女混浴。爺さんもぴんぴんしているし、隙を見てまりちゃんのワレメを覗き見るくらいがせいぜい。いつもだと、爺さんがまりちゃんの手を引いて(たまに俺も手をつなぐ)脱衣所に連れて行き、俺は側でもっさりと服を脱ぐ。爺さんはいつも自分が服を先に脱いでから、まりちゃんの服を脱がせる。俺は自分一人の作業だから、二人に合わせてゆっくりでないと側でまりちゃんの脱衣シーンを観察できない(笑)。爺さんはいつも、まりちゃんをまず靴下から脱がせていく。それからスリップとワンピーススカートを一気に持ち上げて、まとめて脱がせてから服とスリップをほどくように分けてロッカーにしまうからもったいない(笑)。まりちゃんはその間パンツ一枚状態で、じっと爺さんの横に立っている。そしてメインイベント(笑)。爺さんは必ずまりちゃんの真正面にしゃがみこむ。この時、爺さんはちょっと周囲を気にする素振りをするんで、俺もその時は自然に振る舞って素知らぬ振りをしている。なにしろ、爺さんの前では俺はロリエロなんて興味ないことになっているんだから。そして爺さんはまりちゃんのパンツをじっと見つめて、腰の両横に手を掛けて、水平にゆっくりとパンツを下ろしていく。俺は知らん振りしながら、爺さんの斜め後ろからまりちゃんを観察。だんだんと露わになっていくおへその下は綺麗な肌で、やがてぷくんとした平らな股間が丸見えになる。いつも爺さんに遠慮した角度なんで、この時にワレメをはっきり見たことはそんなにない。それを今回、爺さんの代わりに俺が出来るんだ。そんなことを考えながら、まりちゃんの手を引いて脱衣場に向かった。
 板張りの脱衣所に着いて改めて周りを見回すと、誰もいない。そういえば開店直後。爺さんの予定に合わせて早く出たのが効を奏したとなれば、まりちゃんのワレメを独り占め!ロッカーの扉を開けながら、もう一度周囲を見回す。まず自分が上半身裸になり、脱いだ服をロッカーへ。そして、まりちゃんの後ろにしゃがみこむと「さ、温泉入ろうねー」と背中のリュックを下ろしてあげる。まりちゃんの隣でぱっぱっと自分の服を脱いでトランクス一枚に。そして正面に回りこむと「さ、まりちゃんもお洋服脱いじゃおうね」「ウン」といよいよ、まりちゃんの服に手をかけた。ワンピースの胸ボタンを一つ一つ外していくその手元を、まりちゃんがじっと見つめている。ボタンを外していくごとにスリップの上半身のレースが見えてくる。2番目のボタンを外した時、胸元にリボンが見えた。パンツと同じ色の濃いピンクは、まりちゃんのお母さんのコーディネートかなと思いを巡らせながら、上半身のボタンをすっかり外すと「はい、ばんざーい」「ばんざーい!」と上げた両腕からワンピースを上に抜き取る。その瞬間、持ち上がったスカートの下からスリップのレースの裾が丸見えになる。スカート部分の布地の光沢をしっかり観察しながら、服を首の辺りまで持ち上げると、まりちゃんは胸元まで下着姿に。その胸元はぺたんとして・・・なかった。胸のふくらみ自体はほとんど無いに等しいんだけど、なんとなくの曲線とぽちっとした突起が布地の下に埋もれているのを発見。そういえば朝一番なんだし、服を脱いだ直後だから、その温度差で反応したのかなと瞬間的に考えを巡らせる。(たぶん)気温のせいとはいえ、まりちゃんの乳首もちゃんと立つんだ・・・となぜか嬉しくなった。その両胸の突起をつまみ上げたい、布地の上から口に含んで吸い上げたい・・・なんて思いながら、あんまり妄想しているとまりちゃんに不自然がられるかもしれないので、さっと残りの服を首から抜き取る。そしてまりちゃんは靴下とスリップ姿の白一色に。大興奮な俺は衝動を押さえられず、両膝立ちで正面からまりちゃんをぎゅっと抱きしめてしまった。こんなシチュエーションで。直後に『しまった。やっちゃった!』とまりちゃんの顔を見ようとして抱きしめた体を離そうとすると、体が離れない・・・。まりちゃんの顔が俺の左肩の上に乗っかって、その両腕が俺の首に巻きついていた。この時の気持ちは至福という甘露というか、とても言葉では表せなくて涙が出そうになった。ようやく体を離して、改めてまりちゃんのスリップ姿を観察。少しかがめばパンツが見えそうなくらいの丈の裾から、ほっそりとした小さな足が伸びている。純白純情無垢そのもので、幼稚園児でも女の子の魅力がたっぷり。あまりじっくり眺めていたものだから、まりちゃんが両腕を後ろに組んで「ん?」と小首をかしげて俺を見つめ返す。その時の髪の斜め具合、スリップの裾のふわっとした揺れ具合に完全ノックアウト。あまりに可愛い姿に状況が許してくれるなら、本当にいつまでも眺めていたかった。そしていよいよ下着を脱がせていく。
 まずはスリップから。靴下は最後(笑)。「じゃ、まりちゃんがスリップで、お兄ちゃんが下の方ね」と言葉は自然に役割決め。「パンツ脱がせてあげるね」と言うと、ストレートすぎて恥ずかしがるかもしれないからという俺の悪知恵のもとに言葉を選ぶ。返事を待たずさっさとスリップに手をかけ、同じように「ばんざーい」で上半身を抜き取る時に「はい、そのまま脱いじゃおうね」と手を離す。もちろん、まりちゃんがスリップの脱ぎ着の時に、もたつくことを知っての行動。案の定、まりちゃんは首からスリップを抜き取る時に「んー、んー」と悪戦苦闘。その首がスリップの中に潜ったのを見計らって、いよいよ観察と行動を開始した。おへそまで隠れている木綿のパンツの両横部分に親指をかけて、まりちゃんの下半身を抱き抱えるようにして両手の先をお尻の方に回し、きゅきゅっとしたパンツの布地の手触りをそっと楽しむ。そして指先をお尻の方から潜り込ませて、ふるるっとしたお尻の抵抗を感じながら、お尻のほうからそっとパンツを下ろし始めた。頭の上では、まりちゃんがまだ茶巾状態でスリップと格闘中。お尻をぷるっと剥き出しにした状態で手を止め、お尻の方を覗き込んでハミケツ線をしっかりと観察。まりちゃんの股間は申し訳程度にパンツに覆われていて、ワレメの上端が白い布地の上に覗いている。いよいよこの手でまりちゃんを全部脱がすんだという、感激に近い気持ちで心臓がバクバク鳴る。今まで散々まりちゃんのワレメを観察して、指を潜り込ませて、パンツをはかせて、パンツの上からまさぐってとしてきたけど、自分の手でパンツを脱がす行為は別次元の興奮。事前の計画(妄想)ではごちそうを前にゆっくりとじらして脱がすつもりだったんだけど、ワレメの上端が覗いているのを見た瞬間、理性が飛んで卵の殻をむくようにぺろんとパンツを下ろしてしまった。おへその下辺りからワレメの下端までまったく同じ色白の肌で、上空でまりちゃんが「んしょ、んしょ」とやる度に内股ぎみの両足の間で、ふにゅふにゅとワレメの両側が柔らかく形を変えてまた戻る。くっきりとした溝は上端から下端まで完全に正面を向いていて、ワレメの下は内股になっても、股間とももの間に隙間が出来ている。見ただけで解るその柔らかさは、豆腐をサランラップでくるんだような、なんて変な例えを思いつきながら、まりちゃんのスリップ脱ぎのタイムアウトを気にしつつ、我慢できずにワレメに指を伸ばした。脂肪分だけのそこを重力に逆らって人差し指でふにゅっと持ち上げると、今まで感じたことのない柔らかさにまた理性が爆発。ここで頭の上から「ぬいだー」とまりちゃんの声。助かったと思った。このまま、まりちゃんがスリップでもたついていたら、きっと生ワレメに指を突き立てるくらいのことをしていたはず。あとワレメ全体を口に含んで吸い付いたりとかも。惜しいと思いつつも、まりちゃんのタイミングに感謝。「ん、じゃあ下もぜんぶ脱いじゃおうね」と平静を装って、まりちゃんのパンツを一気に足元まで下げて、片方ずつ足を上げさせて脱がし、またまた靴下幼女の出来上がり。それも一瞬のことで、同じように靴下を脱がせて終了。生まれたままの姿なんてことを思いつつ、まりちゃんの服と下着をロッカーにしまい込んで、カギを手首につけて、まりちゃんの手を引いて「お・ん・せん♪お・ん・せん♪」と露天浴場の方に向かった。この辺までは本当に至福の時だった。
 まりちゃんの手を引いてのれんをくぐり、カラカラと扉を開けると、室内浴槽がいくつかあって、その向こうには山の中腹を見渡せる大展望。まだ早い時間で、朝の空気が残っているようなひんやり感。ちょっと寒いかな。まりちゃんも同じことを思ったのか、「お風呂入るー!」と近くの浴槽にたたたっと走っていって、両手でぱちゃぱちゃと体にお湯をかけ始めた。しばらく、まりちゃんのぱちゃぱちゃを見守ったあと「まりちゃん、先にさっと体洗ってあげるね。それからお湯に入ろうね」「ウン」と、浴槽の向こうにある洗い場にまりちゃんを「よいしょおっ」とだっこして運搬。まりちゃんは「わーいだっこ」と、きゃっきゃと喜んでくれる。自分の左胸にまりちゃんの頭を抱える向きで、左手の中指の先でさりげなくまりちゃんの乳首にタッチ。そしたら、先っぽがちょっと固くなってわずかに立っている感触を発見。早い時間の露天でちょっと寒いし、やっぱりちゃんとまりちゃんの体も反応しているんだと変な感じに嬉しくなった。つまんでほぐしたいのを我慢して、まりちゃんをそっと洗い場に下ろす。寒くないようにすぐにお湯を汲み、まりちゃんの体に前から後ろから三度ほどお湯をかけてあげる。その間、まりちゃんは嬉しそうに俺をじっと見つめている。前からかけたお湯は、最後の方になるとゆっくりと体の線をつたい、股間に向かって流れていき、そしてワレメの溝に入り込んだお湯はその縦溝にそってチョロチョロと落下していく。流れの勢いが弱まっていく最後の何秒間か、ワレメをつたって落ちていく水流が丁度いい感じにオシッコのように見えた。まりちゃんに立ってオシッコさせたら、これと同じ感じかなぁなんて考えながら、ワレメから内ももをつたって流れ落ちていくお湯を目で追っていた。
「さ、じゃあ軽く洗っちゃおっか」と据付のボディシャンプーを盛大に掌で泡立てて、まりちゃんの体にそれを塗っていく。この時、簡易洗いということでタオルを使わなかったんだけど、実際は掌でまりちゃんの柔らかな裸をまさぐろうという魂胆。爺さんがやっていたのを見ていたから、まりちゃんも嫌がらないだろうという悪だくみ。思ったとおり、まりちゃんは嫌がる様子もなく、じっと大人しく立ったまま。左足の先から両手で包むようにして泡を塗り、その手をワレメの下の辺りまですり上げていく。そして右足。同じように泡を塗りあげていき、いよいよ腰まわりへ。
 まりちゃんの視線を感じつつ、平静を装ってボディシャンプーを手に足し、両手を泡立てる。その手でさっきパンツを下ろしたときのように、まりちゃんを抱き抱えるような体勢で後ろ側に回し、掌でお尻をぷるんとつかむようにして撫でさすった。顔をあげて、まりちゃんの様子を伺うと「ん?」みたいな格好で首を傾けて、じっとこちらを見つめ返していて、ひとまず安心。そのままぷにゅぷにゅとお尻をもみ、お尻の割れ目をかき分けるようにして小さなすぼまりまで左手の指先を伸ばすと、爪で傷がつかないように指の腹でそこを軽くねじるように泡洗浄。指先全体がきゅっとお尻に挟まれる感触が解る。そして前のワレメ。左手をそのままお尻に残し、右手をまりちゃんの股間に差し込むようにねじ入れる。まりちゃんは足を軽く開いてくれて抵抗はまったくなし。掌でワレメ全体をすっぽりと覆ってふにゅっと握り、中指と人差し指を揃えてワレメのお肉を押し上げたあとは泡の残る中指をワレメにそって差し込んで往復。まりちゃんが「くすぐったいよぉ」と言うので、見上げるとまりちゃんが困ったような笑顔で、もじもじと体をくねらせていた。まずかったかなと思ったけれど、まりちゃんの両手が後ろに組まれていたのを見て、何か小悪魔的なものを感じてしまった。キャッキャッと笑っていたから、まりちゃんは無意識なんだろうけど。なるべく全身均等になるように意識して、そのまま泡のついた手を背中や足、腕にも這わせていく。どこに手をすべらせても柔らかく、面積の小さいまりちゃんの体じゅうのふにふに感を堪能して、仕上げにお湯をかけて泡を洗い流す。第一ラウンド終了とばかりに、お湯と同時に掌でまりちゃんの胸をなで下ろして、きゅっと引っかかる小さな突起の感触を楽しみ、そのままワレメの奥に指を短くまさぐり入れて小さく2往復。実はこれ、爺さんがまりちゃんを最初に洗う時の様子を観察して覚えたテクニックである(笑)。まりちゃんは嫌がる様子もなく「さ、おしまい、お風呂入ろっか」「ウンッ!」で終了。
 両手を女の子走りの位置に持ち上げた、まりちゃんが先頭をきってお湯に入っていく。この時の様子がほんとにたまらなくて可愛い。小さなハミケツ線のお尻を眺めながら、爺さんのいない今日、まりちゃんに何からしようかなんて暴走妄想モードはとっくにON。この時の温泉はいくつか湯船があって、最初の浴槽は室内の大きなガラス張りの浅い風呂。そこにまりちゃんと並んで座り、外の景色を眺める。左側にまりちゃん、無意識に肩に手をまわし、その頭を軽く抱える感じでなでてあげると、まりちゃんが俺にもたれかかってくる・・・。勘違いしそうな雰囲気に理性が飛びそうになる。それを引き戻してくれたのはカラカラカラ・・・という扉の開く音。ふと見返ると、そこにいたのは見事にストライクな秋葉系というか、身長、体系、髪型、顔、全てがパーフェクトな学生くらいの脂ぎった感じの男。決して自分のことがスマートな人間とも思えないけど、これはひどかった。しかも、風呂なのにメガネをかけていたんで、予感(悪寒)を感じて退散することに。「まりちゃん、お外のお風呂に行こうね」と、まりちゃんが一緒なのを気づかれないようにそっと話しかけたのに「ウンッ!お外いくー!」と大きな声で元気な返事。チラ見すると、さっきの奴がこっちの様子を伺っているのが解る。まりちゃんのお尻すらもこいつには見せたくない、ましてやワレメなんて。まりちゃんを抱きかかえるようにして(要するに奴からまりちゃんの全身を隠すようにして)、外風呂に移動。それでやっぱりというか、そいつがついてきた。俺も同じ状況だったら同じことするだろうな。でも、せめて体を洗うとか、何気なくタイミングを計るとかしろよ。直球ストレートすぎるなんて、勝手な理屈を考えていた。
 一つ露天浴槽をスルーして、広いジャグジー風呂に。ここなら広いから傍にこないだろうし、ジャグジーの泡でまりちゃんの体も隠せるだろうとの読み。「まりちゃん、あわあわすごいねー」と、まりちゃんを湯船に下ろすと、まりちゃんはさっそくキャッキャッと泡を楽しんでいる。両手を持って、バタ足の様にまりちゃんの体を支えてあげると、まりちゃんの小さなお尻が浮かんでくる。そのまま手を引いて、ジャグジーの中をぐるっと歩くと、まりちゃん大喜び。ジャグジーの泡で体が突き上げられて浮くのが楽しいらしく「きゃふげふぶあー」なんてよく解らない声をあげている。ふと閃いて悪巧み。ジャグジーの泡のうち、大きな噴流の所にまりちゃんを誘導。そこに後ろ歩きで近づき、ゆっくりとまりちゃんの手を引いた。最初はハズレ(笑)。狙いを定めた2回目、まりちゃんの体が噴流の上を通過するとき、「きゃふげふぶあー」が「ひゃぶっ」に変わった。もちろんお湯のなかでは、噴流がまりちゃんのワレメを直撃しているはず。まりちゃんは体を縮めてお湯に立った・・・その場所も、たまたま噴流の上だったらしく、まりちゃんはバランスを崩して「ひゃっ」とカエルのような体勢に。浅瀬に引いていき「まりちゃん、どうしたの?」と知らん振りをして聞くと「おまたにお湯が当たったのぉ」と内股の股間隠しポーズでもじもじ。「んー、だいじょぶかな」と何気なさを装って、まりちゃんの前にしゃがみこんで両手の親指で、ふにっとしたワレメを広げて観察。指になんの抵抗も感じないふにふに具合。小さく皮をかぶったクリちゃんと、女の子の穴の存在を確認。幸せすぎる。指を離すとふるんっと、ワレメは元の深い縦一本線ヘ。「んー、大丈夫。おまた痛くない?」と中指で縦に2往復。「ウンッ」と元気な返事で全ての状況にひと安心。そのまま、まりちゃんをジャグジー風呂の縁に座らせようとすると、足裏に泡がぼこぼこ当たるのがくすぐったいのか、まりちゃんは湯船から足を引き上げて両脚開きの体育座り体制に。軽く股間を覗き込むとワレメの上端から下端までまる見え状態。まりちゃん、サービス精神旺盛・・・(笑)。脚を開いても、ふにっとしたワレメの肉はぴったりと閉じていて、至近距離に溝の深い縦線がくっきりと幸せすぎる。ワレメとその周辺は完全な線対称で、今指で持ち上げればふにふにとマシュマロより柔らかな感触が返ってくるだろうな。そう思いつつ、いつかこのワレメに顔をうずめて、舌を差し込んで感触を味わって、絆創膏貼って、紐を食い込ませて・・・。二人っきりになったら・・・。『二人っきり』の所で我に返った。
 奴!ふと見返ると、左斜め後ろ45度の辺りに、ビミョーな距離で奴がいた。その瞬間、ぞわぞわっと怖気と軽い怒りが走った。奴の狙いは、もはや明確で隙あらば、まりちゃんのワレメを覗き込むこと以外にない。今の段階で、見られた可能性をぐるっと逆算。まりちゃんのハミケツお尻と微小おっぱいは、たぶん見られた。我ながらすごく勝手な怒りだと思いつつ。俺が奴の立場なら、同じようにワレメ覗きに行くだろうけど、いくらなんでも遠慮や作戦があるだろうに〔ちなみにいくつかテクニックがあるんだけど、まりちゃんにされたら嫌なので公表しない(笑)〕。風呂でメガネかけて幼女に近づく奴なんてバレバレだし、微妙すぎる距離の取り方がまた怪しい。なによりずっと視線を外さないのは、共存共栄にしてもダメだって。まりちゃんが一緒でなくても、絶対同じ湯船には入りたくない。容貌のそいつから離れるべく、脱出作戦開始。ホントは、まりちゃんの腰にタオルを巻いて普通に連れ出せばよかったんだけど、まりちゃんには、まだそういう羞恥心を覚えてもらいたくない(笑)。そのまま、まりちゃんと奴の間の直線に入り込むようにして「さ、まりちゃん、今度はあっちのお風呂に行こうねー」と返事を待たずにまりちゃんを抱きかかえて、奴に背中を向けてガードするのを意識しつつ、別の露天に向かった。

お風呂で見たかわいいワレメちゃん!!第一部

 こんな書き込み場所があったんだな。初めて知った。今年の夏、静岡の露天風呂で最高のロリ体験してきたよ。平日に休みが取れたんで、車飛ばしてその露天風呂まで行って来た。もちろん混浴なんていいものじゃなくて。結構広い岩風呂には、俺のほかにはじいさんが2人いただけ。そこに3人目のじいさんが入ってきた。内心「チッ湯が汚れるぜ」って思ったけど、手を引いて一緒に入ってきたのが5歳くらいかな、ポコっとしたお腹の幼児体型の女の子!怪しまれないように目だけチラチラと向けて見ていたら、じいさんが体を洗い出した横で、その子がこっちの湯船のほうにやってきた。俺の1mくらい横でしゃがみこんでお湯をじっと眺めて、手でパチャパチャやり始めた。ちょうどおしっこスタイルで、湯に入ってる俺は近距離で斜めからワレメ観察。ふとももの肉にワレメの肉が押し出される感じで、ぷくぅって感じでつるつるの一本線がふくらみ気味に見えた。しゃがみこんだ股間に押し出されたワレメはくっきりとした縦線で、小さい子供なのに、と思いながらまじまじと見てた。で、目が合った。条件反射的ににっこり笑ったら(これが後々のおいしい体験につながった)、その子も嬉しそうに笑った。そして、しゃがみこんだ状態から、今度は湯船のへりに腰掛けて、足でパチャパチャやりはじめた。今度はひざを閉じた状態で、股間にワレメが\|/って感じでくっきり。溝の深さまでしっかり観察。目があってにっこり笑いあった後なんで、警戒心ゼロ。胸はまったくの平らだったけど、乳首だけがポッチリとしてて摘みたかった。
 そのうち、体を洗っていたじいさんが、「おーいまりちゃんー」とその子を呼んだ。そのまりちゃんは、じいさんのとこにたたたっと走っていった。「あーあ終了」な俺は、あきらめきれずにまりちゃんがじいさんに体を洗ってもらう様子をじっと見つめてた。うまくいったらまた見えるかと思って。
(横に行って自分も体を洗いながら眺める勇気はなかった)
でもじいさんはちょうどまりちゃんを俺のほうに置いて、まりちゃんの体を洗い始めたから、かわいいお尻は見えても肝心のワレメは見えず。じいさんと目が合わないようにチラチラと盗み見。そのうちじいさんの洗い方の様子が変だと気が付いた。洗う場所がまりちゃんの下半身にさしかかったとき、じいさんの手は動いているんだけど、まりちゃんの体をゴシゴシこすっていたはずのタオルが肩にかかっている。すぐにわかった。じいさん、まりちゃんの体を手で洗ってやがった。足の内側とか、手でなでるように石鹸をあわ立ててる。そのうち、まりちゃんのお尻の下から手の先が出てくるようになった。ってことは、じいさん、明らかに前からワレメをなぞってる。じいさんの指先が、規則的にまりちゃんのお尻の下から出たり入ったりしてる。かなり大きなストロークと見た(笑)。まりちゃんの足がだんだんと内股になってきていて、快感まで行ってるかどうか表情はわからないけど、そのうちじっとしていられなくなってた。いくら孫とじいさんでも、普通いやがるはず。でもまりちゃんは、じいさんの禿頭に手を置くようにして体を少し前かがみにして立ったままだった。
 まりちゃんが頻繁にもじもじし始めた頃、じいさんの手がおさまって、今度はまりちゃんを「よいしょっ」と抱えて、反対側に向けた。当然ワレメがこっちに丸見え。その瞬間、じいさんと一瞬目が合って「やべっ」と思ったんだけど、じいさんは無表情のままだった。こっちまで目が見えてないのかと思った。俺はコンタクトしたまま入ってたんだけど。体をこっちに向けたまりちゃんの陰に、完全にじいさんの顔が隠れたんで、もうまりちゃんの\|/を見放題。まわりを見渡しても、ほかの二人のじいさんは離れたところで無関心。カメラつきのケータイを隠して持ち込んでおくんだったと後悔。まりちゃんの内股状態がまだ続いてる。両手をにぎって、眉間にしわを寄せてなにかを我慢してる感じ。じいさんの手はまりちゃんのお尻のほうで止まったまま。お尻撫でてるのかと思ったけど、何か様子が違う。まりちゃんが時々、「んっ、んーっ」て小さく声あげてる。で気付いたんだけど、いくらなんでもまさかと思った。首をめぐらせて見たら…。ホントに嘘かと思った。じいさん、まりちゃんのお尻の左側を左手でつかんで、右手をお尻の割れ目に差し込んで手をもぞもぞさせてた。さすがに奥の奥まで見えなかったんたけど、お尻の穴をいたずらしてる他にないと思う。
じいさんのいたずらは1分かそこらだったと思う。俺も、そんなことを見るのはもちろん初めてだったから、カチカチに立ちまくり。心の中で「信じられん、信じられん」ばかり繰り返してた。その1分・・・で終わると思った。さすがに。
そして、その手のもそもそが止まったとき、残念と思いつつも正直ほっとした。俺だって想像のなかで少女に相当ひどいことしてるけど、目の前であんな光景見て、良心の呵責的なものが芽生えたって。でもビデオに残したかったのも本音だけど。
 手が止まって、まりちゃんの表情も落ち着いてきたそのとき、じいさんのいたずらが再開。こんどは左手がお尻にまわって、それまでお尻の穴をいじってた(と思う)右手が股間の下からするんと出てきて、すっぽりワレメ全体を覆った。まりちゃんは予期してなかったみたいで、きゅっと内股になってじいさんの手を挟み込んで、両手でその手をどかそうとしてた。それで、まりちゃんの股間を下から覆ったじいさんの右手が、もにゅもにゅと動き出した。気持ち悪かった。指の間からきれいな白い肌色が見え隠れするんだけど、ワレメの縦線はずっとじいさんの中指が覆ったまま。眺めていて、大福を揉んだらこんな感じかとつい想像してしまった…。そのうち、手のひら部分が股間に隠れ始め、中指と人差し指だけがローテーションで見え隠れするようになった。じいさんの指は交互にワレメの溝をなぞり出して、指が股間に消えるとき、大福の形を戻しながら今度はくっきりと縦線が現れる。じいさんしつこい、と思いながらずっと眺めてた。
見ていて、もちろん大興奮なんだけど、どこか妙に冷静になってた。なんでじいさんは、俺がずっと見てるってことを気にとめないんだろうって。気にとめられて止められてもいやなんだけど。
 じいさんの指、そのうち縦線の亀裂の上部分で固定。ぐりぐりと回転運動はじめた。まさかと思ったんだけど…。そのまさか。俺が空想でしかしたことのないようなこと。中指の先端が明らかにクリトリス部分をこねてた。俺もバカで、「こんな小さな女の子が本当に感じるのか」の興味が先に立った。小説やマンガなら展開が読めるけど、本物を見るのはいくらなんでも初めてだから。まりちゃんの様子はさすがにもじもじどころではなくなった。「くぷぅ」ってあえぎ声の種類を初めて聞いた。足は完全にX字、両手でじいさんの手を必死にどかそうとしてる。その手が股間とお尻の前後に回っていたことから、じいさん、またお尻にいたずら始めていたらしい。そんなことを冷静に考えてしまう。もちろん俺もカチカチ。このときの俺は首から上はとにかく冷静で、誰か来たり気付いたりしないかとかそんなことばかり考えてた。ビデオ回したいとか。どうしてじいさんは見せつけるようなことをしているのかって。
 そのうちまりちゃんの泣き声が変わった。しめった悲鳴みたいな感じで声になってない。さすがにじいさんも、まりちゃんのお尻から手を離して口をふさいだ。決して乱暴にではなく、なでる感じで。でも右手の指は変わらずクリ部分をいじめてたんだけど。お尻からいたずらの指が消えて、まりちゃんは股間をまさぐってるじいさんの右手を両手ではずそうとし始めた。このときはじめてじいさんの顔に苛立ちというか、そんな感じが見えた。まりちゃんの右腕を後ろ側にまわして自分の右脇にはさんで、それから左手を同じように後ろに回して。左手でひとまとめに握ったあと、股間の右手が今までにないくらいすばやく前後左右に動いた。じいさんのくせに機敏だと思った。こんなこと覚えてるくらいだから、やっぱり変に冷静だった…。 まりちゃんも、もっと大きな声で悲鳴をあげればいいのに、何でそうしないのかも不思議だった。せわしなく動くじいさんの指先とワレメの間から、プシューっておしっこが飛び散った。離れていても音がわかった。じいさんの指が尿道口を押さえていたんだと思う。というか、ワレメはくっきりしていても中は小さいんだから、大人の指でふさがれていればあたりまえかも。動きが止まってからプシャーかと思ったんだけど、実際はイキながらああやってオシッコが出るんだ…。その瞬間の、まりちゃんの「ふあ」って声を録音したかった…。じいさん結構あわててて(なんかおかしかった)、まりちゃんを自分のほうに向かせた瞬間もオシッコが止まってなかったみたいで、「うあわわ」なんて言ってた。このときの「孫の粗相の始末をするおじいちゃん」みたいな光景にほっとした。「よーしよーし」なんて言ってお湯を汲んで股間に掛けてたけど、じいさん、まりちゃんのお尻握ったり離したりしてさすってた。エロジジイ。このあと、まりちゃんとじいさんがこっちにきたんで、ぎこちなく世間話をしながら湯船に浸かったんだけど、むこうの二人があまりにも何事もなかったようにというか、違和感のないことが違和感だった。
 まりちゃんの体を洗い終えた(というか、漏らしたオシッコ部分のかかった部分をもう一度石鹸をなすりつけてこすってた。また素手で)じいさんは、「まりちゃん、お湯に入ろうな」といいながら肩にかけたタオルをしぼってた。まりちゃんはじいさんの横に立っておとなしく待ってる。じいさんはタオルを絞って、というより細くよじり始めた。一本の紐のようになったタオルをまりちゃんの股間にくぐらせて、よいしょ、と持ち上げた。「オシッコしたくなったらいうんだよ」だって。じいさんはタオルの両端を右手にまとめて、まりちゃんの体を左手に抱えて、「よいしょ、よいしょ」と一歩歩くごとに拍子をつけてタオルでまりちゃんを股縄状態のタオルで持ち上げてた。まりちゃんのぷくんとしたワレメあたりは、細くなったタオルがじいさんの一声ごとに食い込んだり戻ったり、すごくやわらかそうだった。(ワレメに食い込んでたわけじゃない)まりちゃんはその度に「きゃう、きゃふ」って。じいさん確信犯だって。まりちゃんを股縄状態にして、じいさんがこっちに近づいてきた。まりちゃんが黄色いかわいい悲鳴あげてる様子からすると、いやがっている様子とも言い切れない感じ。だって、じいさんが一歩一歩「よいしぉっ」ってやるたびに、まりちゃんもタイミング合わせてぴょん、ぴょんって飛び跳ねる感じだったし。そのタイミング合わなかったりすると、ちょうど持ち上げた瞬間にまりちゃんの体が下がってワレメに深く食い込んでたり。まりちゃんの股間からタオルをはずすと、じいさんはタオルを頭に乗せて、まりちゃんを抱えると、俺のすぐ横、ざぶんと湯船に入ってきた。まりちゃんを膝に抱えて湯船に浸かったまま、じいさんはしばらくぼ?っとしてた。
 まりちゃんはじいさんの膝の上でぱちゃぱちゃとお湯遊びをしてた。しばらくすると、まりちゃんの様子が変わって、じいさんの胸板に体をあずけて、目をじっと閉じたり、また開いたりを繰り返してる。チラチラと様子をうかがってると、じいさんがまりちゃんを抱えたままずっと黙ってじっと動いてない。さてはじじー、またまりちゃんの前と後ろもてあそんで楽しんでるんだろーなーと思った。まりちゃんを膝に抱えてるから、湯船にもぐった右手の様子はわからなかったけど、左手はまりちゃんの胸のところを何度も撫でさすってたから。まりちゃんは嫌がる様子もなかった。そのうち、じいさんも目を閉じてじっと動かなくなった。・・・寝てるような感じだった。(ちなみにこの湯はぬるめ) まりちゃんがまたぱちゃぱちゃやりはじめた。じいさんの手が止まったから、退屈したらしく、まわりをきょろょろ見回してる。そこで、俺と目が合った。
 「こんにちは、まりちゃん」じいさんを起こさないように小声で言ってみた。そしたらまりちゃんもひそひそ声で「こんにちは、おにーちゃん」、でキャハッと小さく笑った。何か秘密を共有したような気分になった。最初に目が合ったときににっこりしておいてよかった、と思った。おじいちゃん寝ちゃってるからこっちで一緒にあそぼうよ、と言うと、よっぽど嬉しかったのか、元気よく「ウンッ!」あわてて「しー」と人差し指を立てると、まりちゃんも「しー」とゆびを立てて、おかしそうにクスクスと笑った。湯船に入ったままこちらに歩いてきたので、まりちゃんの体はおへその上あたりまでしか露出してなかったけど、近づいてくる間、上半身はしっかり観察できた。よく虫さされのような、っていうけど、改めてそれを実感。乳首のあたりはちょっとだけ赤く色づいていて、光のあたり具合によってはなんとなく胸のふくらみも感じることができた。観察と言ってもこの間10秒くらい。まりちゃんは俺のすぐ向かい側に立つと、それ以上近づいてこなかった。さすがに一応初対面だもんな、と思い、スキンシップをはかることに。両手でお湯を包み込むようにしてピューッと水鉄砲をしてあげると、すごく喜んでお湯をよけるように近づいてきた。それに対して直接お湯が当たらないように連射してやると、キャッキャッと回り込むように近づいてきて、「つーかまえた」と俺の左腕を両手で抱えるようにしてきた。「つかまっちゃった」と言って、まりちゃんの頭をなでてやると、スキンシップができて、すっかりうちとけた様子になった。
 俺は静かに理性飛ばしてて、どうやってじいさんみたいにまりちゃんのワレメをいじろうかと考えてたんだけど。そういえばじいさんの様子は、と見てみると、相変わらずいい気持ちで寝ている様子。死んではない(笑)。まりちゃんの頭をなでていた手を背中に回して、きゅっと抱きかかえるようにすると、改めてまりちゃんの小ささを実感。なんだかいとおしく感じてしまった。この間も、頭のなかではどうやってまりちゃんのワレメをもてあそぶかで脳味噌フル回転。いきなりさわって泣かれたら大変なことになるな、と詰め将棋のようにいろいろ手順を考える。俺もじじいのこと言えないなと思った。ひとまず周りを見回しても、状況変化なし。まずはさっきのじいさんのように、膝に乗せて様子をみることに。抱いていた体を持ち上げてくるっと反対側に向けると、そのまま一緒に湯船に。まりちゃんのおしりの感触を膝に感じながら、頭をなでてやって「かわいいね、まりちゃん」と会話を絶やさないようにしてた。浅い湯船に俺が入ってて、そこにまりちゃんが乗ってるもんだから、まりちゃんの\|/はかなり水面間近。ワレメの溝を見下ろすような向きでじっくり観察。しかもまりちゃんとは体の向きがおんなじだから、どこを見つめているか怪しまれることもなく。「まりちゃんはおじいちゃんと来たの?」なんて話しながら、自然にふるまうように、ぽとん、とワレメの上に手の平を置いた。膝の上のまりちゃんを左手で抱えるようにして、ぽとんと置いた右手の指を最初はグー状態にして、まりちゃんと「外きれいだよねー」なんてとりとめもないことを話してた。ワレメの上にグーの指が乗っても平気なことが確かめられたんで、いよいよ開始。
 指を開いて、まりちゃんのワレメにそって手をそっと添えるようにしたそのとき・・・。じいさんが「うむぁー」と伸びをして目を覚ました。あわててまりちゃんを引き剥がすようにしてちょっと体を離しながら、さっさとワレメの感触を楽しまなかったことを大後悔。まりちゃんはいきなり離れた俺の様子をみてきょとんとしてる。じいさんにばれてないかと何言われるか心臓バクバクで見てたら、じいさんの様子がちょっとおかしい。普段はきたねーじじーなんかに絶対話しかけたりしないんだけど、内心やましいもんだからつい
「どうしたんですか」と尋ねてしまった。
「いや、ちょっと具合が。のぼせたかな。あぁ寝てて、その、うちのまりちゃんと遊んでもらっててすまんですね。いや、あぁ」なんて感じでもごもご。どうやら湯でのぼせたらしい。まりちゃんもじいさんの側に来て「だいじょうぶ?」なんてのぞき込んでる。じいさん、具合悪さが増したのか、湯から上がって「まりちゃん、じいちゃんちょっと横になってくるから遊んでもらっておいで」と、まりちゃんや俺の返事も聞かずに少し離れたところにある木のベンチにふらふらと歩いていった。そしてごろんと横になってギブアップらしい。まりちゃんも湯からあがってじいさんの様子を見に行った。そのときにしっかりとぷるっとしたお尻を観察。小さくても、ハミケツ線がしっかりあってやわらかそうにふるふると揺れてた。じいさんと何か話してから、まりちゃんが戻ってきた。もう心配そうな様子はなく、元気にぴたぴたと濡れた足音させて、腰まで湯に浸かってる俺の目の前に立った。最大のチャンス!と思い、ここぞとばかりにまりちゃんの\|/を食い入るように観察。やわらかそうな肉がぴったりと合わさってできているワレメの線対称は、本当に芸術だと思った。ワレメの上端から下端まで、完全に正面を向いてる上付き状態で、ワレメの肉はつきたての餅みたいにぷくんとした感じだった。もう天国。カメラ付き携帯を持ち込まなかったことを心底後悔してた。その時間、20秒くらい。ここで理性吹っ飛び。これ以上じっと見つめていてもまりちゃんが怖がったりするかな思い、「まりちゃん、おいで」と、正面から体を抱えるようにしてまりちゃんの腰に手を伸ばした。その瞬間! 立ってるまりちゃんと湯船でしゃがんでる俺だから、その状態でまりちゃんを引き寄せると、ちょうどワレメが顔と同じ高さになる。まわりにじいさんや人の視線がないことを確かめた。そして! 引き寄せた瞬間にまりちゃんの股間に唇を埋めた。一瞬だけ舌を出して、ホント一瞬だったけど、まりちゃんのワレメの感触を味わった。とろけかけた大福みたいな、でも表面にしっかりとハリとのある感触としっかりした縦溝の感触を、鼻と舌にしっかりと覚えさせた。時間にして2秒もないけど、恐ろしくすごいことをやってしまって心臓バクバクだった。「やあんっ」とか「えっちぃ」とか言われると思ったんだけど、意外にまりちゃんは平気な様子で俺に抱きかかえられるまま、おとなしく湯船に戻った。
 さすがにこれ以上はやばい、という体内警報と、じいさんだっていつ起きて戻ってくるかと気になっていたから、ひとまず沈静化することに。下半身はなかなか沈静化してくれなくて、膝だっこができず、しばらくまりちゃんを立たせたままにしてしまった(笑)じいさんの様子をチララチと気にしつつ、まりちゃんのいろんなことを聞いた。その間、ずっと膝だっこ状態で、まりちゃんの頭をなでながら聞いてた。まりちゃんはそうやっていろんなことを聞いてもらえるのがうれしいらしく、
「んーとねー、えーとねー」と、舌ったらずの声で、聞いてもないことまで答えてくれた。聞けたのは、
・まりちゃんの本名はまりえ、でもみんなまり、って呼ぶし、まりちゃん自身もそう呼ばれるのが好き
・好きな食べ物はお餅、嫌いなものはわさびのついたおさしみ
・家はこの温泉の近くで、よくおじいちゃんに連れてきてもらってる
・お父さんはいなくて、お母さんとおじいちゃんと暮らしている
・おかあさんはあんまり遊んでくれない
などなど。なんとなく、まりちゃん家の家庭事情がわかった。そして、まりちゃんへの手を休めてた俺は、どうしても確かめたかったことを聞いてみたくなった。
「まりちゃん、おじいちゃんとよくおフロに来るんだよね」
「うん」
「いつもおじいちゃんに洗ってもらうんだ」
「うん」
「気持ちいい?」
「くすぐったい」
「そっかー、おまたも洗ってもらってるよね。おじいちゃん、おまたもおしりもきれいに洗ってくれるんだよね」
「おじいちゃんね、まりのおまたとおしりが好きなの。だからまりくすぐったいけどがまんしてるの」
じじー、やっぱり確信犯だった。そこで急に嫉妬心というか、じじーがさわりまくってるんだから俺だっていいだろという、世にも勝手な屁理屈が頭を支配した。
「そうなんだー。くすぐったいけどキレイキレイになるもんねー」と、言葉を装って、湯船の中でまりちゃんのワレメに沿って人差し指を当てた。キレイキレイ、のとこで指の腹でワレメを往復してなぞった。まりちゃんは黙ったままじっと動かない。
「くすぐったくない?」
「うん、ちょっと」
・・・止めるもの(理性)がなくなって何度も何度も指を往復させて、文字通り水面下でまりちゃんのワレメを攻略。やわらかい大福みたいなワレメの肉をふにふに、くにくに揉んだりしても、まりちゃんは手を払いのけようともしなかった。調子に乗って、人差し指と中指でV字にワレメを広げて、そこに中指を埋め込んだりだりしても、やっぱり何も言わない。じいさん、あんた普段どこまでやってるんだよ。中指をそろそろとクリのあたりに添えて、微妙に細かく動かしてみたら、そこはやっぱり刺激が強いらしく、はじめて「きゃぅ」と小さく声を上げんで、「ごめんごめん」と、またワレメの表面をなでさするようにして感触を楽しみ続けた。そうやってしばらくふにゅふにゅとした縦溝の感触を楽しみつつ、首をめぐらせて冷静にじいさんの様子を再度観察。ぴくりとも動かないけど腹のあたりが上下してたんで、ひとまず安心。この安心はもちろんじいさんへの心配なんかじゃなくて自分の安全確保のため(笑)「かわいいねー、まりちゃん」と頭をなでつつ、まりちゃんの体を持ち上げて、自分の左胸に頭を置く形で、横向きに座らせた。そうして今度は攻略ポイントを追加。右手をワレメ全体を覆うような形に添えて、左手は水面下のおしりに。ぷるぷるのおしりを左右交代で揉んでまた様子見。今度は刺激を与えているわけじゃないから、まりちゃんの反応はさっきよりもっとおとなしい。そして再び攻略開始。
 右手の中指をワレメに沿ってくにゅくにゅと埋め込み、左手の中指をまりちゃんのおしりに沿って探り込ませ、小さなすぼまりに指先を押し当てた。まりちゃんのおしりがぴくん、とするのがわかった。おしりの穴がすぼまって指先がきゅっと挟み込まれる。ここでまりちゃんが予想外の行動に。くるっと顔をこちらに向け、俺の左胸に顔を埋めると乳首に吸い付いてきた。まったく予想外のいきなりの刺激にこちらがびくん、としてしまった(笑)前から後ろから散々もてあそばれて刺激を加えられて、まりちゃんの体もうずきまくっていたんだろう、ということと、なんとなく、まりちゃんの甘えたさとなぜか寂しさが、閉じている目から伝わってきた。急にまりちゃんがいとおしくなって、両手の攻撃を思わず中止。まりちゃんの口元が胸から離れないようにそっと体制をなおして、まりちゃんを抱きかかえるようにして何度も何度も頭をなで続けた。しかしどこかのテレビ芸人じゃないけど、乳首吸われるのって気持ちいい(笑)このときに初めてその快感を覚えてしまった。話の時間軸が飛ぶけど、それ以来まりちゃんとふたりのときは乳首を吸い付かせるようになった。その逆ももちろんなんだけど。で、その逆。まりちゃんが乳首から口を離すまでしばらく待って、じっと見上げる顔を両手で挟んで、にっこり笑いかけた。まりちゃんもうれしそうに笑い返した。これで安心、抱きかかえていた膝からまりちゃんを降ろして正面に立たせた。そうすると座ってる俺の顔とまりちゃんの胸の下あたりの高さが同じになるんで、周りに人目がないことを確認して、「お・か・え・し」と虫さされのようなまりちゃんの左乳首を口に含んだ。ぺたんこでも先端の小さな肉付きは唇に感じ取ることができた。まりちゃんが「きゃぁぅ」と声をあげたので、大事をとって作戦中止。
「おじいちゃんの様子見にいこっか」
「ウン」
まりちゃんを両手で抱え上げて湯船から上がり、湯船のふちにまりちゃんを立たせると、再びぷっくりくっきりしたワレメを観察。ぴたぴたと濡れた音を立てて小走りになるまりちゃんのハミケツ線をしっかり観察しながら、まだ横になってるじいさんのところに向かった。
「おじいちゃん、だいじょうぶ?」
まりちゃんの声でじいさんが目を覚ました。さっきよりなんだか具合が悪そうな感じ。
「大丈夫ですか。大事をとってもう上がりましょう」と、普段ならまずじじー相手に気にもかけず気にもしない、殊勝な言葉をかけてみた。目的ははっり言って、じいさんとお近づきになってまりちゃんとの温泉での接触機会を増やすこと。じじー本体はどうでもよかった(笑)思ったのは、なんで具合が悪くなったんだろうということ。じいさん、別に湯あたりするほど長く浸かってなかったし。まりちゃんがせがんだんだろうか。
(このあたりの謎というか事情というか、後でまとめてわかったんだけど)
肩を貸そうかと思ったけど、じいさんわりとまともに歩いたし、肌くっつけたくなかったんで、じいさんの後ろにつく形で、まりちゃんの手を引いて脱衣所まで歩いていった。じいさんは脱衣所のロッカーキーを俺に渡して、すみませんがお願いできますか、と言うと、脱衣所そばのトイレに入っていった。普通ならずうずうしさに腹が立つところだけど、この場は大歓迎。まりちゃんとふたりっきりでお着替えタイム。まりちゃんに教えてもらってロッカーから着替えの入った袋を取り出すと、脱衣所の隅のほうにまりちゃんの手をひいて移動した。
 まず自分がトランクスだけをはいて、それからまりちゃん。まりちゃんの頭をタオルでわしわしポンポンと拭いてやり、それからまりちゃんの着替えを取り出した。入っていたのは厚ぼったい木綿のバンツとスリップ(!)と青いチェックのワンピース(っていうのかな。普段着っぽいの)。それと靴下。普通はパンツからはかせていくんだろうけど、ここで趣味と実益に走って、最初は靴下から。まりちゃんを正面に立たせてその前にしゃがみこむ。まりちゃんのワレメはほんの鼻先の至近距離。足を片方ずつあげさせて靴下をはかせる間も視線は股間へ。足を上げるときのワレメの縦線のかくれ方やよじれ具合をたっぷりと観察。そして靴下だけの裸ロリのできあがり。至福。本当は携帯カメラで写真を撮りたかったんだけど、あとでまりちゃんからじいさんに話されたりしないように、それと周囲を気にして断念。続けてパンツはまだで次はスリップ。これを「まりちゃん、ばんざーいして」と頭からかぶせて・・・。そのときにちょっと細工をした。俺がまりちゃんの頭を通したのは、頭の部分ではなくて実は腕の部分。だもんだから、まりちゃんは頭を抜くことができずに「んー、んー」といっしょうけんめいじたばたしている。それが狙い(笑) その間にまりちゃんのワレメをじっくり観察。スリップの布はまりちゃんの頭のところに引っかかって溜まっていて、まりちゃんの頭をすっぽりと覆って目隠し状態。もう遠慮なく見放題。周囲を確認して、ワレメを下から覗き込んだり、においをかいだり。まりちゃんの視線がないのをいいことにワレメの縦溝の上端から下端まで、30秒くらいの間じっくりと目に焼き付けた。まりちゃんの声がだんだん嫌がるというか泣きそうな感じの色がついてきたので、「ほら」とスリップをいったん頭から抜いて、今度は正しく頭の穴を通して着せてあげた。裾をすとんと落とすときには両方の親指で肩から腰まで、まりちゃんの両胸の先をなでさすって通過させた。まだパンツは履かせない(笑) そのまま服を着せて、一見普通に服を着た女の子ができあがったけど、スカートとスリップの下は正真正銘のノーパン。そして自分がそのパンツを手にしているという事実で大興奮。
「じゃ、パンツはこうね」と、まりちゃんの足に片方ずつパンツの穴を通す。そのときにパンツの股間のマチ部分を観察したら、薄黄色のぼやけた縦線を発見。これがまりちゃんの形と思うと理性飛びまくり。しばらく観察してそのままするすると腰まで持ち上げた。まりちゃんの女の子の部分が股間の二重になっている布地の下に収まっても、そのままパンツを持ち上げ続けた(もちろん確信犯)から、股間の布地がワレメに食い込んで、バンツの上に縦線が溝になって現れた。食い込みの縦線の上端は、股間の二重になった布部分より上にあって、食い込んで布地が上に来ている分量を考慮しても、ワレメの高さに届いていない。女児パンツの構造はワレメに合ってないのか、まりちゃんが上つきなのか、そんなことを考えるていると、
「はさまってる」とまりちゃんの声が。
「ごめんごめん。ここはさまっちゃたね」と、バンツの上から食い込み具合を確かめるように指先で布地を押し込むようになでさすると、この日初めてまりちゃんが「えっちぃ」と言った。やばい、と体内警報出て心臓バクバクさせながらまりちゃんの顔を見上げると、フツーの顔して嫌がる様子もなく、俺からはなれようともしなかった。セーフ。しかしこのときはあせった。ここでいったんスカートから手を抜いて、「じゃ、はさまってるの直そうね」と再び手を伸ばした。そんな必要はなくって、単にスカートをめくりたいだけ。スカートの裾とスリップの裾をまとめてつかんでぺろんとめくりあげ、バンツがちらっと見えかけたそのとき、「やだぁ」と、まりちゃんが内股になり両手でスカートを押さえた。
「ん。ごめんごめん。はさまったのもう直った?」とさらっと受け流すように答えたけど、内心は心臓が口から飛び出すかと思うくらいバクバクいってた。功を奏してか、まりちゃんは「ウン」と何もなかったように答えてくれた。これ以上はやばいと感じて、あとリスクなくできること・・・と一瞬で考えをめぐらせ・・・思いついて、
「あ、まりちゃん、靴下ちょっと濡れてるよ。拭いてあげるね」とすばやく靴下を脱がせた。もちろん濡れてなんかいない。そしてタオルに靴下を挟んでぽんぽんと叩いて拭くまねをして、「はい」と今度はまりちゃんに自分ではくように手渡した。まりちゃんはうれしかったみたいで「ありがとーおにぃちゃん」と、椅子に腰掛けて靴下をはき始めた。それを正面から観察。「んしょ、んしょ」とひざを立てて片足をあげるたびに、スカートとスリップがするっとまくれ上がって、平らな股間のパンツが丸見え。まりちゃんは靴下履きに集中しててその間、スリップのレースやパンツのしわの変化までじっくりと観察し続けた。靴下をはき終えたまりちゃんは、「んしょっ」と椅子から降りると、「おじいちゃんだいじょぶかな」とあたりをきょろきょろ見回した。そういえば俺もまりちゃんのスカートの中を覗き込むことに気を取られていて、じいさんのことをすっかり忘れてた。
「おじいちゃん大丈夫だよ。まりちゃん、お兄ちゃん服すぐ着るからちょっと待ってね」と、あわてて身支度を整えて、まりちゃんとトイレに向かった。するとじいさんは洗面所で顔をバシャバシャと洗っていたところだった。
「だいじょうぶ?」
「大丈夫ですか?」
俺とまりちゃんの声がハモった。じいさん顔を上げて、
「ああ、もうだいじょうぶ。まりちゃん着替えたのか。すみませんねぇ本当に」
ひとまず元気そうではあったので、
「おじいちゃんだいじょうぶだって。よかったね。まりちゃん」と振り返ると、まりちゃんはうれしそうに「ウンッ!」と答えた。あれだけ体をもてあそばれていても(まりちゃんがどこまで嫌がってるのか知らないけど)まりちゃんはじいさんが好きなんだな、とちょっと嫉妬しながら思った。じいさんが服を着るのを待って、まりちゃんと俺と三人で脱衣所を出て休憩室に向かった。何もしなければこのまま「じゃあ」と終わってしまう。このあたりから、どうやって「次につなげようか」と脳味噌フル回転モード。ひとまず、
「まりちゃん、ジュース買ってきてあげるから。何がいい?おじいさんも冷たいお茶買ってきますね」と、まりちゃんににっこり笑いかけると、
「んとねー、まりねー、りんごジュース!」と屈託のない返事。じいさんも、すみませんね、とまりちゃんの手を引いて待っている。ジュースを三本買うと、三人で休憩室に入った。畳敷きのそこには、さっき風呂場にいたと思われる別のじじーが扇風機の前に陣取っていた。そこからちょっと離れた場所に三人で座り込む。まりちゃんはじいさんのひざの上にぴょんと飛び乗って、俺の渡したりんごジュースをちゅぴちゅぴと飲み始めた。そして俺は当然真向かいに座る(笑)。まずは座るタイミングで、膝をたてたまりちゃんのスカートの中に視線をやると、さっきまでもて遊んだスリップの奥に、見て見てといわんばかりに、無防備にまりちゃんのパンツが覗いている。
 ここでじいさんと、さっきの風呂で様子を振り返って気遣うふりをしながら、改めて自己紹介的な話をした。別になんてことのない話ばっかりなんだけど、そのなかにポイントがいくつか。
・温泉好きである
・彼女とよくドライブがてら温泉に来る。きょうは都合がつかず一人で来た
・じいさんとの話の間、まりちゃんの顔は見てもスカートに視線をやらない
一つ目は布石として。二つ目は、温泉好きであると同時に、女(の体)に不自由してなく、つまりロリに興味がないとじいさんに思わせるための方策。そして、その実績的裏付けとして、三つ目にまりちゃんのパンツに興味がないふり。じいさんの側から見えなくても、抱えたまりちゃんが膝を立てて座っていたら、俺のほうからパンツ丸見えになっていることはじいさんにも簡単に想像できるはず。ましてやじいさん、まず絶対にロリだし。まりちゃんのパンツ丸見えのそのシチュエーションでなんとも思わないふりをして、じいさんの信頼を得ようという作戦。結果として、これが功を奏した。じいさんとまりちゃんもよく温泉に行くという話が出て、
「それじゃあ、いい温泉があちこちにあるんで一緒に行きましょうや」という話になった。まりちゃんも
「おにいちゃんと温泉いけるのー?まりもうれしいー」と喜んでくれたので、
「うん。たくさん行こうねー」と頭をなでてあげると「えへへー」と、じいさんの膝から俺のあぐらの膝に座ってくれた。そのときの膝に感じた、まりちゃんのお尻のやわらかさ、そのままクッションにして持って帰りたいくらいだった。(このときじいさん、まりちゃんのスカートの中をしっかり覗き込んでた。俺はもちろん知らんぷり)そろそろ帰ろうということで建物を出て、次回の温泉の話をしながら歩いていると、じいさんたちはバスで帰るという。
「せっかくだから車で送って行きますよ。そのときに次回の温泉の話でもしましょう」と言うと、じいさんはちょっと遠慮気味だったんだけど、まりちゃんが「くるまー!」と喜んだもんだから、「じゃあ、すみませんが」と車で二人を送っていくことになった。
 ちょっとだけ。車の中での様子は以下に。ふたりっきりになったことは何度もある。温泉でもほかの場所でも。駐車場まで歩いていくとき、まりちゃんはじいさんに手をひかれて、俺はそのあとをついていく形に。温泉の建物と駐車場までは坂になっていて、途中が階段になっているところを、まりちゃんは元気に一段ずつ「んしょ、んしょ」とぴょんぴょん跳ねながら上がっていく。ただでさえ下からのアングルになっているところに、幼児スカートの短い裾から、まりちゃんの膝の上あたりまでスリップがのぞいている。スカートよりちょっと短いくらいの丈だから、スリップの白い裾がまりちゃんのひと跳ねごとに、ちらちらと丸見え状態。もう少しでパンツまで見えそうなんだけど、これがなかなか見えそうで見えない。そのまま適度な距離を保ちつつ、まりちゃんのスカートの中をしっかり観察。携帯カメラでこっそり撮ろうかと思ったけど、携帯を取り出して撮影モードにしてタイミングをはかっているうちに機会を逃した。階段を上りきってしまうと、まりちゃんがくるっとこちらを振り向いた。そのときスカートがふわっとなって、さっきまで見ていたスカートの中の正面アングルが目の前に。一瞬どきっとしてしまった。
「おにーちゃん早くぅ」後ろからスカートの中を覗かれていたことなどまったく知らない様子で、まりちゃんがぴょんぴょんと跳ねて俺を待っている。
 「どの車ですか?」じいさんに聞かれて、あそこのあの車です、と応じると、まりちゃんが「くるまー!」と勢いよく走って行った。
「いつもバスや電車ばかりで車に乗る機会がないものだから、あの子は車に乗るのが珍しくて好きなんですよ」とじいさんが教えてくれた。まりちゃんは車の前でまたぴょんぴょん跳ねながら「おじーちゃん、おにーちゃん、はやくぅ!」とやっている。その様子は無邪気でほんとにかわいい。ドアロックを解除して、助手席に自分の荷物を放り込もうとしたとき、助手席の窓からバンバンと音がした。顔をあげるとまりちゃんの手と頭が見えていて、「まりまえにのるー!」とぴょんぴょんアピールしている。じいさんと一緒に後部座席に乗せるつもりだったんだけど、一瞬で計算を組み立てて、
「はい、どうぞお姫様」と助手席のドアをあけると、まりちゃんが「わーい」と助手席にすとんと収まった。じいさんが「いいのかね」みたいな顔してたんで、
「まりちゃん、前に乗りたいみたいだから、おじいさん後ろでゆっくりして下さい。お疲れでしょうから途中で横になってもらってていいですし」と気遣うと(この気遣いは本当。じいさんの「具合が悪そうだから」なんて言ったらまりちゃんが心配すると思ったから)、「そうですか、じゃあ。本当にすみませんねぇ」と、まりちゃんの荷物といっしょにじいさんは後部座席に乗り込んだ。じいさんから自宅の住所を聞いてカーナビに入力。まりちゃんは俺のその様子をじっと見入っている。
「じゃあ、しゅっぱーつ」と言うと、まりちゃんも
「しゅっぱーつ!」と両足をじたばたさせて答えた。そのときもスカートの横からスリップの裾がチラチラ。車を発進させて「じゃ、おじいさん、行きますね」と話を振った。じいさんが本当に横になって寝てしまわないうちに次の温泉の約束を取り付けないとこの車送迎の意味がない。どんなところがいいですか?と聞かれたんで、露天の景色のきれいなところと応じた。じいさんは何かモゴモゴとつぶやくと、じゃあ、あそこにしましょうと、俺も名前は知ってる露天温泉の名前を挙げた。あとは日程を決めるだけ。じいさんとまりちゃんは時間の融通が利くみたいで(たぶん年金暮らしじじいと幼児だし)俺の次の休める平日の都合を尋ねてみると大丈夫らしいとのこと。これで決定。あとは連絡先・・・。
「僕の携帯番号をお知らせしときますね?」と聞くと、
「いや、ああ、メモするものがなくて。ウチの番号を教えておきますね」との答え。途中の赤信号で、携帯に番号をメモリー。
「じゃあ、細かい連絡は電話で・・・。お疲れでしょう。着くまで休んでてくださいね」というと、
「ええ、ありがとうございます」とじいさんは目をつぶった。その間、まりちゃんは窓の外の様子を見たり、「まりあそこがいいー。おふろのたくさんあるところー」と話に入ってきたりしてたけど、話が事務的なやりとりになってきた頃から静かになっていた。子供には退屈な話だったもんな、と思って助手席に目をやったら、いつのまにかまりちゃんも目を閉じていた。さっきの計算どおりになりつつある状況。二人を起こさないようになるべく穏やかな運転を心がける。カーナビの位置を確かめた。いまのペースであと15分もあれば目的地に到着する。
 助手席を見るとまりちゃんは目を閉じている。バックミラーを見るとじいさんも後部座席でクチあけてだらんと熟睡の様子。到着までに冷静に計算を巡らす。詰め将棋の気分。運転しながらも、視線をチラチラとまりちゃんのスカート部分に送る。このままじゃ事故るな、と思ったそのとき、ようやく気付いたことが。まりちゃん、シートベルトしてなかった。そして瞬時に状況計算。しばらく走って見つけた退避車線に車をなるべくゆっくりと止めた。二人とも目を覚ます様子はない。ポケットから携帯を取り出して、そっとまりちゃんのスカートに手を伸ばす。もし、じいさんかまりちゃんが目を覚まして「何してるの」と聞かれたとしても、携帯メール・まりちゃんのシートベルトを締めてあげていたと答えればいい。携帯をカメラモードにして、まずまりちゃんの全身を撮影。上半身全部と膝の下あたりまでをカメラに収める。次に顔。肩あたりまでふんわりと掛かっている髪をそっとすくようになでてみる。ごちそうに取り掛かる前にちょっと自分をじらしてみるあの気分(笑)目を閉じてすーすーと眠っているまりちゃんの顔を、正面から、横から撮影。胸ボタンを外そうかと思ったけど、さすがにもしその状況で目を覚まされたら言い訳不可能。だんだんと心臓かバクバクしてくる。携帯を右手に持ち変えて、まりちゃんのスカートの裾に下から近づけて・・・シャッターを押した。画像を確認することも忘れて、携帯を持ったままスカートの裾に手を掛ける。途中でスリップの裾も指に掛かる感触が。裾のレース部分の感触を指先でシャリシャリと楽しむ。そしてそのままそろそろと二つの布地を持ち上げた。そのままゆっくりと、手先の布地を持ち上げる。両腿のきれいな肌の上にまりちゃんのパンツがゆっくりと見え始めた。本当、テレビやマンガみたいに自分がごくりと喉を鳴らすのがわかる。夕方になっていたけれど、まだ夏で日があったんでパンツの白は十分にカメラに収まる明るさだった。まりちゃんはシートベルトをしてなかったこともあって、車の振動で体が座席の中でずり下がった格好になっている。なので、お尻とシートの間にあったスカートとスリップ、そしてパンツの布地がまりちゃんの腰部分に向けてずり上がった形になっている。そのせいでまりちゃんのパンツは、本来幼女パンツにあるたるみのしわがなくなり、上に持ち上がった状態で股間にぴっちりと張り付いていた。(この様子は携帯画像で改めて確認)二重のマチになっている股間部分はなだらかに平らで、まりちゃんの股間に余計なものが何もついていないことを物語っていた(このときそんなことを考えていた)。食い込み縦線を確認しようと思ったけど、木綿の厚ぼったいパンツなので、食い込み度合いが十分でなく溝状態にはなっていなかった。ここで思い出したように携帯カメラを近づけて、その平らな股間に向かってシャッターを押した。
 そして、どうしてもまりちゃんのワレメの存在を確認したかったので、そろそろと人差し指を近づけて、股間の布地のちょっと上にあたりにそっとつき立てた。そしてそのまま指を下に下ろしていくと、指が沈み込む個所を確認。パンツの上からワレメの縦溝に人差し指全体をあてがうと、そのまま上下に3度往復。指の腹全体にまりちゃんの女の子の部分を感じて、心臓バクバクしながら至福状態。そしてパンツの上からワレメに指を突き立てた状態でもう一枚撮影。(パンツバージョンではこれが一番のお気に入り)
ここでパンツの布地をめくって直接…と思ったところで、理性と我慢を先立たせて、じいさんとまりちゃんが目を覚ます危険性を考えた。我慢我慢。このとき、まりちゃんと貸切家族風呂に二人だけで行って続きをしようと固く決意。まりちゃんのパンツをもう一度目に焼き付けてスカートをそっと下ろすと、まりちゃんの体に申し訳程度にシートベルトを装着した。ついでに携帯のメールチェック。そして携帯の画像確認。しっかり保存されている。座席の後ろを振り返ると、じいさんは相変わらずクチ開けたまま寝こけている。助手席のまりちゃんも目を覚ます様子はない。再び車を車道に戻して帰途の続き。ばれずに事が済んだ安堵感で気が抜けてしまった。しばらく走るとナビが
「まもなく目的地に到着します」
「目的地に到着しました」
その一本道で車を止めて、改めて周囲を見回すと生垣がずっと続いている。どうやらとてつもなく大きな家屋敷の周囲のよう。まさかじいさんとまりちゃん家ってここか?そう思いながら後ろを振り向いて「おじいさん、着きましたよ」と声を掛ける。返事がない。もう一度声をかけてようやく「うむぁー」と伸びをしてじいさんが目を覚ました。
「あぁ、着きましたな。すみませんねぇ。いま門を開けてきますから、庭に車を止めてくださるかな」
そう行ってじいさんは車を降りると、その生垣の途中にあった切れ目(見えなかった)に入っていった。まりちゃんと再び二人きり。さっと周囲を見渡して、じいさんや他の目がないことを確かめて、まりちゃんの胸に軽くタッチ。まりちゃんが目を覚ましたら起こしたふりをしてとぼける計算。まりちゃんの胸元は当然ながらぺたんとしていて、あと数年もすれば好みの感触に…と妄想モード。ここでじいさんに見つかったら文字通りアウトなので、すぐに手を引っ込めて、じいさんが戻ってくるのを待った。
 まりちゃんの寝顔を眺めながら、二人っきりで家族風呂に行ったらどんなことをしようかとあれこれと妄想。いろんな小道具を思いつく(笑)。そんな想像をしているうちに、じいさんが「おーい、こっちに回ってくださいなー。門を開けましたからー」と手招きをしている。生垣の向こうに曲がるらしい。そしてじいさんの先導で角を曲がると。なんじゃこりゃ、が正直な感想。門をくぐると、いったい何平米あるんだと思うくらいの敷地が目の前に。建物も何軒分あるんだと思うくらいの和風の豪邸。あっけにとられてアクセル踏むの忘れていると、じいさんが「向こうに止めてくださるかな」と、だだっ広い敷地の端にある駐車場(には見えなかったが)を指すので、そこにおずおずと駐車。じいさんが追ってこないので、車を降りてまりちゃんと荷物を運んで玄関まで来いってか、と解釈。じじー、働かせるなー、と思いつつ、自分のとまりちゃんの荷物を背中にしょって、助手席側に回ってまりちゃんを抱き抱える。もちろんまりちゃんを起こす気はまったくなく、運ぶついでに体の感触を楽しもうという魂胆。まりちゃんの頭を左胸に、足を右に持って抱き抱える格好で「よいしょっ」と体勢を整える。改めてまりちゃんの小ささを実感。まりちゃんはまだ目を覚ます様子はない。じいさんのほうに目を向けると、いない。玄関の戸が開いているので、先に家に入ったらしい。しかし、さっきの門を開けにいくのといい、今といい、じいさん、あまりに無防備というか。。もし俺がその気になったら、いくらでもまりちゃんを連れて車で逃走できる状況だったってのに。よほど信用されたのかねぇ。作戦成功(笑)なんてことを考えながら、一応まわりを見回して、ほかの家人の目もないことを確かめて、まりちゃんの両ひざを抱えている右手の指先をスカートの下側からそろそろと中にすべり込ませた。まりちゃんの下半身は右腕のなかに抱えている体勢で、右手先はスカートの中でフリー状態。手のひらでまりちゃんのお尻をすっぽり包み込む形で、木綿の厚ぼったいパンツの上からお尻をもみもみ。そして親指を伸ばして、まりちゃんのワレメに沿ってあてがい、横向きに動かしてパンツの上から縦溝の存在を何度も確かめた。まりちゃんの頭は家側に向いている形なので、仮にじいさんか誰かが様子を見ていたとしても、足の側は反対側。さらにスカートの中なんで完全に死角。敵地(笑)を行きつつ、玄関にたどり着くまで30秒ほど、まりちゃんのワレメの感触を前から後ろから楽しみ続けた。
さて。玄関まであんまりゆっくりし過ぎていると、もし誰かの目があったときに不自然に思われるなので、適度にゆっくりと歩いて玄関に到着。あきらめてワレメの上から指を離し、スカートから右手を抜いてまりちゃんを抱え直す。
「おじいさーん、玄関に来ましたよー」と家の中に向かって声をかける。返事はない。誰か来るまでもう一度スカートの中に手を突っ込もうかと思ったけれど、さすがに自重。
「すいませーん」
ようやく廊下の向こうから足音が聞こえてきた。「おじ…」と言いかけたところに出てきたのは、若い女性。ちょっと動揺しながら、「あの、まりちゃんのおじいさんは…」と聞くと、
「まぁ本当に申し訳ありません、まりえがお世話になって…」とずいぶん恐縮の様子で何度も頭を下げる。
「いえ、あの、まりちゃんをお願いできますか?」
「すみませんすみません」
まりちゃんを抱えた腕を差し出すと、その女性が「よいしょ、重くなって」とまりちゃんを抱えた。そしてくるっと向きを変えて廊下を戻ろうとする。ここで最初の違和感レーダー(後述)。その女性はまりちゃんを抱えて廊下の向こうに向かって歩き始めた。あ、まりちゃんの荷物、と思ったそのとき、じいさんが廊下の横から出てきてその女性に
「おい、まりちゃんを寝かせたら、お客さんのご用意をするんだぞ」と、なんだか高飛車な口調で言った。
「はい、すみません、すぐに」違和感レーダーその2。じいさんに案内されて客間らしい扉の前に案内された。
「こちらにどうぞ」
言われるままに部屋の中に入ると。なんじゃこりゃ、の続き。どこの旅館のVIPルームなんだか。なんだよ鎧って。あっけにとられていると、そんな俺を見てじいさんはなんとなくご満悦の様子。
 「失礼します」さっきの女性が部屋に入ってくると、見てそれとわかる高級和菓子とお茶を持ってきてテーブルに置いた。
「先ほどは失礼致しました。改めて、まりえがお世話になりました。まりえの母でございます」お母さん?ずいぶん若い。
「あぁ、もういいからあとはお客さんの食事の支度をな」
「はい」
「あ、いえ、そんな申し訳ないですし」
「どうぞ遠慮なく。私やまりにも気遣って頂きましたし、家まで送ってもらったんですから」
「ぜひ召し上がっていってください」
「んー、はい、ありがとうございます」
違和感レーダーその3。なんかさっきから変な違和感がある。そんなことを考えていると、じいさんが世間話を始めた。温泉のこと、まりちゃんのこと、じいさんのこと、俺のこと、どうでもいいこと。そのうち食事の用意ができたということで、別の部屋に案内されたんだけど、そこがまたどこの旅館なんだかという空間。出てきた食事もどう見ても旅館のフルコース。すげー、と思いながらせっかくの振る舞いなので頂く。じいさん、毎日こんな飯食ってるのかよ。?内心いろんなことを考えながら、じいさんの世間話続行で食事タイム。まりちゃんのお母さんはおかわりの世話をしたりといろいろ世話を焼いてくれる。というより女中みたいな振る舞い。違和感レーダーその4。
 ここでじいさん家の電話が鳴った。まりちゃんのお母さんが取り次いで
「あの、お電話です。**さんからです」とじいさんに電話を手渡す。
しばらく話したあと、
「すみませんがこれから出かけないといけなくなりました。私は出かけますけど、ゆっくり食事していって下さいな」
いーけどさ、まりちゃん寝てるしじいさんいなくなったら、いくら母親といえど初対面のまりちゃんのお母さんとメシ食うのかよ。まりちゃんのお母さんにあとのことを言い含めると、「ではごゆっくりどうぞ」とじいさんは出かけていった。玄関の扉が閉まる音がすると、まりちゃんのお母さんと二人っきり。何話せばいいんだか。改めてまりちゃんのお母さんに目をやると、お母さんというより年の離れたお姉さんという感じ。目が合うと首を傾けてにこっと笑ってくれる。まりちゃんのお母さんもテーブルに座ると、俺も初対面なわけだから、あたりさわりのない世間話から始めて、今日のいきさつを話した。
「そうだったんですか。本当にありがとうございました。まりえも楽しかったと思います」と微笑むお母さん。話は自然とまりちゃんのことになり、まりちゃんの普段の様子、幼稚園でのこと、そしていつのまにかまりちゃんの家族のことに言い及ぶところになった。ほんと些細なことから、そんなに明るい内容でないことまで。お母さんは次々に話を続ける。ふだん話し相手がいないんだな、とそんなことを思いながら話を聞いていた。
それを会話で全部書いていくときりがないので箇条書きに。
・爺さん、お母さん、まりちゃんの3人暮らし(こんなだだっ広いのに)
・この敷地や家屋敷は爺さんのもので、他にも山や畑を持っていて、悠悠自適生活
・まりちゃんのお父さんはまりちゃんがもっと小さい頃に病気で亡くなった
・まりちゃんはバスで幼稚園に通っている
・幼稚園から帰ってくると周囲に遊ぶ友達がいなく(農家ばかりで小さな子供がいない)爺さんが主な遊び相手
・まりちゃんのお母さんは家事で手いっぱい(そりゃそうだろうな。)
・爺さんは、まりちゃんのお父さん方の爺さん
・お母さんは、お父さんの死後、いろいろと爺さんに気を遣っている
・まりちゃんも、お母さんと爺さんの間に入ってまりちゃんなりに気を遣っている様子
・お母さんは忙しいから普段一緒に遊んだりできなく、爺さんがよく温泉や遊びに連れて行っている
・まりちゃんは爺さんと一緒に寝ている。最初はお母さんと爺さんと交互に寝ていたけど、爺さんがまりちゃんを自分のところに寝かせたがるようになり、最近はほとんど爺さんとだけになっている。お母さんは、あんまりまりちゃんにかまってあげられないぶん、本当は自分の布団でまりちゃんと寝たいらしい
・お父さんが亡くなってから、まりちゃんはずっと爺さんと風呂に入っている
・爺さんとばっかり一緒にいるので、少し心配もある
この最後の「心配」は、いろんなニュアンスを含んでいるように感じた。ピンとくることもあった。そんな話を聞きながら食事を済ませると、またお茶と和菓子が出てきた。この頃になると、なんとなくまりちゃんのお母さんと話の呼吸も合うようになり、「食後のお茶」も、話の続きのための小道具だなと思った。だんだんと話の内容が世間話から愚痴のようになっていって、食後はすっかりそうなっていた。普段いろいろと溜まってるんだなー、と俺も同情するようにさえなっていた。いつのまにかすっかり時間も経ち、さすがにもう帰らないと、と腕時計に目をやると、まりちゃんのお母さんも察して、
「もうこんな時間。お世話になったうえに引き止めてしまってすみませんでした。おじいちゃんはまだ戻ってなくてご挨拶できませんけど、ちゃんと伝えておきますので」と、何かを取り出して紙袋に入れて俺に手渡してくれた。このあたりのお土産物ということで、なんとかという名前の饅頭をもらった。玄関まで見送ってもらうとき、「ちょっと待ってて下さいね」とお母さんが廊下に消えていった。しばらくして、まりちゃんを連れて玄関に戻ってきた。まりちゃんの様子からして、どうやら目を覚ましていたらしい。
「ほら、まりえもお兄ちゃんにお礼を言いなさい」
まりちゃんはとととっと俺のほうに駆け寄って
「おにーちゃん、ありがとー」と腕先にぎゅっと抱きついてきた。
「また温泉に連れて行ってやって下さいね」とお母さんが深々と頭を下げた。俺も一礼して、「まりちゃん、またね」と頭をなでて、玄関を出て車に乗り込むと、エンジンをスタートさせて門をくぐった。
 外はすっかり暗くなっていて、窓を開けて夜風を顔に感じながら、今日一日のこと、何よりさっきのまりちゃんのお母さんの話を思い返していた。ここから先は完全に想像。
たぶん、まりちゃんのお母さんとじいさんは仲がよくない。お母さんは肩身が狭いんだろう。家に住まわせてもらっている、が端々に出ている。その代償的に、まりちゃんをじいさんに任せているのかもしれない。お母さんはたぶん、じいさんのロリも、お風呂や温泉、一緒に寝ているときにじいさんがまりちゃんに何をしているのか薄々感づいてるのかもしれない。まりちゃんは二人の間を取り持つ形で、お母さんの立場みたいなものを感じ取って、じいさんの喜ぶこと(=まりちゃんの体をもてあそぶ事、俺が温泉で見たような)をさせているんだろうか。まりちゃんにはそれが確信なんてものじゃなくって、雰囲気を感じて、自分の体をさわらせていれば、じいさんが機嫌がいい=おかあさんと仲よくなる、なんて思っているのかもしれない。すべては想像。確かめたりはしないしできない。でも、さっきのお母さんの表情でまりちゃんの温泉での様子で、それらすべてのつじつまが合った気がした。目が潤んできて、信号で車を止めるたびに目元をぬぐった。まりちゃんの考えや気持ちとはうらはらに、俺はそんなまりちゃんのワレメをまさぐり続けて携帯で撮影までして。やるせない気持ちで自宅に着いた。布団に潜り込んで、今日撮ったまりちゃんの画像を順々に見て行き、車の中で寝ているまりちゃんの画像に向かって「まりちゃん、ごめんね」とつぶやいた。こんなときでも下半身は別の生き物。懺悔を済ませると、まりちゃんのパンツの上からワレメに指を突き立てている画像を携帯の壁紙にして、今日の「復習」をしてから寝た。
 第一部終了。まりちゃん(付録としてじいさんとも)とはこの一年、なんだかんだで十数回以上温泉・銭湯関連に行きまくってる。温泉以外にも遊園地とかに行ったりもしてる。まりちゃんはもうすっかり俺になついていて、ロリエロな「秘密のサイン」でじゃれて遊ぶようにもなった。(人目のないときや二人っきりのときに、スカートの上からワレメに「えいっ♪」と指を突き立てたり)第二部は、まだ回数も浅い頃、はじめてまりちゃんと二人で温泉に行ったときの様子。とある攻防戦が。

お向かいの影絵の人妻 5

急な異動で引っ越しし忙しさの中明美との連絡も関係も途切れてしまった。
住んでいた頃とは街並みも変わりあのパチンコ屋もなくカラオケボックスになっていた。
部屋の前を通りすぎたが懐かしい明美の車はなかった。
人妻明美の艶っぽい肢体を懐かしく思い浮かべながらSCで買い物をしていたら
「ポン」と肩を叩かれた。
振り返ると明美が微笑みながら
「びっくりしたわ お久しぶり ご無沙汰ね ここで会うのも何かの縁かしら」
明美とお茶しながら
「突然引っ越してしまって 連絡したのに 待ってたのよ」
旦那のことや近所の目など愚痴を聞いてやった。旦那とはレスに近いらしい。
「そんなことより時間あるんでしょう」
「ああっ いろいろと世話になったし あの温泉旅行も楽しかったな」
「そうね 思い出してしまうわ あの時を」
艶めかしい眼差しを向けてきた。
「懐かしがっても仕方ないから 穴埋めしようか」
「エッ でも・・・」
迷った振りをする明美を車に乗せラブホに直行した。
バスロ-ブを羽織りソファからシャワ-を浴び始める明美の艶っぽい熟れた裸体を目にし
騎乗位とバックであの締まる生膣をたっぷり味わえると思うと我が息子は素直に反応してきた。
明美が隣に座ると「本当に 久しぶりね」と首に抱きついてきた。
明美を抱き寄せ張りのある乳房を揉みまくりキスマ-クをつけながら女陰を指で弄んだ。
「もう こんなに元気になって」
膝まづきバスロ-ブの前を開き反り返った男根を握り締めるとやさしく亀頭を舐めそして深く浅く咥え込む明美の
気持ち良いフェラチオを堪能した。
「明美 気持ち良すぎていきそうだよ」
「ウグッ ウッ ウグッ ダメッ まだ ダメッ」
ソファに浅く座らせバスロ-ブを剥ぎ取り足を高く広げさせ生膣と陰核を吸い舐め回した。
「ウッ うれしいっ 久しぶりよ」
目を輝かせクニリングスの歓喜に耐えながら抑えた艶声を出し始めた。
ベッドに移りゆったりと69で腰を引き寄せ生膣と陰核をさらに弄び舐め始めると
「ハウッ 久しぶりっ もっもうっ~ アウッ アッアアッ~ いいわぁ~」
濃厚なフェラチオをしながら明美の艶声が大きく部屋中に響いた。
やはり旦那とはレスみたいである。
ベッドの端で四つん這いにさせ明美の腰を引きつけ濡れ輝く生膣に男根をゆっくりと深く浅く挿入し始めると
「もうっ ウッ アッアアッ~ 私の弱いところみんな覚えているのね アウッ」
艶っぽい眼差しを向けながら腰を押し出してきた。
一気にすべてを明美の奥深く届くように押込み
「ハウッ ウッ アッアアッ~ イッいいわぁ~ イッイイッ~ アッあたるっ~」
艶声を出し始めた明美の腰を掴み生膣深く激しく突き暴れると
「アウッ アッアアッ~ ダッダメッ 激しくすると アッダメッ いっちゃう~」
大きな艶声を心地よく聞きながらさらに腰を打ち付け人妻明美の痴態を堪能した。
「イッ イッ イクッ~ アアッ~ いっちゃう~ あっあなたぁ~ イッグッ~ イックッ~」
艶声を出しながら太ももを震わせ女陰を締め付け明美は達した。
「明美 締まる 気持ちイイッ」
「もうっ 激しくするからいっちゃったわ」
「上においで」
「好きな体位ばかりで攻めるのね」
跨ぐと明美は男根を握り締め生膣にあてがいゆっくりと腰を沈めてきた。
眉間に皺を寄せ腰を淫靡に自ら動かす明美を見上げながら
「イッ アッアアッ~ アウッ アウッ またいっちゃう~ イグッ~ イッイクッ~」
言葉にならない大きな歓喜の艶声を聞きながら腰を掴み下から突き上げると
「イッ イッグッ~ あっあなたぁ~ イッグッ~」
明美は仰け反りしがみつくと同時に女陰を締め付けてきた。
美味すぎる人妻明美の締まる女体である。
「もう~ 凄すぎるわ~」
仰向けになった明美にフェラチオさせて男根をより硬くしてもらった。
「明美 今度はいっしょに いこう」
生膣深く男根を押込み屈曲位で腰の動きを激しく速くすると
「アアッ~ イッイイッ~ アッ アアッ~ ハウッ アッ イグッ~ いっしょに」
明美に覆い被さり片足を持ち上げ女陰深く届くように激しく突きまくりながら
耳元で「明美 どこにだす」
「アアッ~ 中っ 中にいっぱい頂戴っ もうっ ハウッ イッグッ~ アッアアッ~
きてっきてっ あっあなたぁ~ イッグッ~」
大きな艶声を出し眉間に皺をよせ爪を立ててしがみつく明美の女陰深く押し込むと同時に
「明美 イクッ」
「イッ イッグッ~ あっあなたぁ~ イッグッ~」明美は仰け反りしがみつくと女陰を締め付けてきた。
「明美 締まるっ」
ドックンドックンドクッドクッドックンと美味な人妻明美の中深く勢いよくたっぷりと精液を子宮に浴びせかけた。
「アウッ ハウッ アッアアッ~ イッグッ~」と中出し精液を大きな艶声とともに明美は受け入れ続けた。
「すっすごく いいっ」
しがみつく明美の中に留まったまましばし生中出しの余韻を堪能した。
ゆっくりと明美から男根を引き抜くとドロッドロッと注ぎ込んだばかりの精液が滴りでてきた。
「あっ 流れてる」
甘えた艶声を出す明美にティッシュを渡すと満足した眼差しで拭き始めた。
締りのいい人妻明美の奥深く中出しした醍醐味と痴態は最高である。
腕枕してやると
「久しぶりね いっちゃったわ」
「締りもいいし たっぷり中に出したよ 温泉旅行の時と同じ艶声で最高だよ」

明美はまだ満足していないようでソファでコ-ヒ-を飲みんでいると
「ねぇ もう一度 いいでしょう」と甘えてきた。
ベッドでフェラを所望し明美が陰唇で咥え込む痴態は絶景である。
69で両足を大きく開かせ腰を引きつけながらたっぷりと明美の女陰と陰核に吸い付き舐め回すと
「すっすごいわっ イッイイッ ねぇいっていい いきそうっ」
「まだダメッ 我慢しろ 入れるぞ」
正常位で生膣に亀頭だけ出し入れすると
「イッイヤァ~ もっと奥まで入れて ねぇいきそうっ」
一気に男根を生膣深く届くように串刺しにし腰を動かし始めると
「アウッ ダッダメッ~ イッイクッ~ いっちゃう~」
大きな艶声を出しながら明美は生膣を締めつけ達した。
「明美 もうイッたの」
「あなたが弱いところを攻めるからよ」
明美に覆い被さりさらに激しく大きな艶声を聞きながら突きまくった。
四つん這いさせバックで明美の生膣深く突き始めると
「もうっ もうっ ダメェ~ すっすごいっ アウッ アッアアッ~」
バックで明美は仰け反りシ-ツを握り締めながら生膣も締めてきた。
「明美 すごいよ」締まる生膣をたっぷりと味わった。
騎乗位で乳房を揺らしながら腰を振る明美の痴態を堪能した。
「アグッ~ アガァ~ アッアアッ~ あっあなたぁ~ もうイクッ~ イクッ~
イッグッ~」
「明美 このままいくぞ」
「中っ 中っに いっぱい頂戴 イグッ~ あっあなたぁぁ~」
爪を立てしがみつく騎乗位の明美の生膣深く男根を押込み
「明美 中に出すっ」
ドックンドックンドクッドクッドックンと勢いよく生膣深く精液を噴き上げるように放出すると
「アウッ アッアアッ イッイイッ~ きてるぅ~ イッグゥッ~」
大きな艶声を出しながら生膣を締めてきた。
「明美 締まる すごいっ」
人妻明美の生膣深く精液をたっぷりと注ぎ込んだ。
繋がったまま明美の中で生中出しの余韻を堪能していると
「もうっ おかしくなっちゃうわ」
ゆっくりと腰をあげるとドロッ~と精液が生膣から滴り流れ出てきた。
人妻明美の絶景である。
帰りの車の中で
「また あの影絵をみたいな」
「旦那が元気ないのよ 近くに来たら連絡してね」
「ビデオカメラがあるから旦那とのHを撮ってよ」
「ダメよっ そんなの」
「撮れたら連絡して」
無理やりカメラを渡した。
明美の締まる生膣を堪能したくなったら連絡するつもりだ。
旦那の代わりに明美を慰めてやらなくては。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード