萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

看護婦

ウロダイナミック

泌尿器科の体験談です。
うーん、最近下半身の病気の体験ばかりです。
恥ずかしくて嫌ですね。
約、半年前から、残尿感と夜間頻尿が多くなりました。
小さい時から、かかりつけの内科医に(別の持病があるため)相談はしてました。
やはり専門科医でないと難しいく、何かあってはと勧められていたのだけど躊躇してました。
しかし、一昨日の夜間頻尿(飲み会の後)が辛く&残尿感で相談しました。
「○○さん、泌尿器科で見てもらいましょうよ」
「確かに気分の良い科ではなく、恥ずかしいけど、あとで何かあっても困るよ」
ということで了承しました。
手続きを取り(大学病院)、簡単な問診を別室で看護婦に取られました。
はじめに尿検査へ行って来ることになりました。
その後、初診専門の科の前の待合所で座って待ちました。
ドアの上はガラスになっており、照明やカーテン&カーテンレールが見えます。
自分の前に5人ほど電光掲示板で居るようです。
若い人も回りにいます。
ドキドキしながら、待ちます。
若い男性が入っていきました。
しばらくすると「カチッ」とドアに鍵がかけられ、ドアの上の窓からカーテンが引かれるのが
見えました。
ひらひらしたり、動いてます。
5分後にカーテンが取り除かれて、「カッチ」とドアの鍵が解除されました。
他の科でもそうですが呼ばれてないのにドアを開けて看護婦を呼ぶ人がいます。
そのためでしょうか?
やはり、見られてはならない診察をしているのだと・・・
出てきた人は、待合室の人と目をそらすように出て行きました。
続いて入室したのは、おばあさんでした。
ドアの上のカーテンは動かず、出てきました。
その次は30代の男性でした。
同じようにカーテンが動きました。
出てきた男性は、赤面状態で待合室の後ろに目を背けて進み座ったようです。
別の男性が呼ばれ、同様に・・・
あのカーテンは男性の時のみに動いてる・・・
ますますドキドキに・・・
電光掲示板に自分の番号が点灯!!
あっ、とうとう番がきてしまった。
科の中の待合室に呼ばれ、私の番になりました。
ドアをノックして入りました。
やはりドアの左手にベッドがあり、カーテンで隠せるようになってました。
ベッドは特別なものではなく、簡単な枕がおいてあり、お尻の変に紙のマットがしかれてました。
その奥に診察机と椅子がありました。
診察室の中の医者は40代後半ぐらいの男の先生と20代後半の太った先生と看護婦でした。
症状を私に確認していきました。
「それでは、診察をしますので準備をしてください」と言われました。
若い先生がそばに来て、看護婦は消えました。
「後ろのベッドへどうぞ!!」
診察台へあおむけにねるよう指示されました。
カーテンを引いて半分隠されました。
「ズボンとパンツを太ももの中程までおろして、準備が出来たら声をかけてください」
と言われて、カーテンが完全に閉められ、「カッチ」とドアの鍵が閉められました。
ズボンとパンツを指示通りに覚悟を決めて、下げました。
仮性包茎のちんちんは、すっかり縮まってました。
すごくはずかしい・・・
ちょっと下げすぎたかな? とちょっと上げてしまいました(^^)。
「準備できました?」
はいと返事をするとカーテンが少し空き、先生が入ってきました。
若い先生に、ズボンとパンツをさらに下げられました。(あげちゃったから)
腹部の触診がしばらく行われています。
ちんちんが丸出しなので恥ずかしいです。
勃起すると最悪なので、無心でいました。
緊張で縮こまっているおちんちんを摘み上げました。
先生は手早く外観を見、おちんちんの皮を剥き下ろし、亀頭を露出させました。
そして亀頭をつまみ尿道口を開いたり、亀頭の周りなどを診ているようでした。
こんな事をされれば、おちんちんは勃起し始めるものですが、
あまりにも緊張しすぎ、縮んだままでした。
「では、前立腺の触診をします」
「肛門から指を入れますので、両足を持って抱え込むようにしてください。
肛門部を露出するという、これまた恥ずかしい格好をさせられました。
手袋をはめています。
「お尻の力を抜いててくださいね」と言うと、肛門に指を入れて来ました。
肛門が広げられるような感じがして、ちょっと痛く顔をしかめました。
前立腺を触られているのが感じられました。
前立腺全体をぐりぐりと押さえるように調べながら、「痛くありませんか?」と聞くので、
「圧迫感はありますが、痛くはありません」と答えました。
若い先生に英語?とかでラージ・・・なんとかと言い、記入してました。
さらに1分間ほどマッサージされ、肛門から指は抜かれました。
「はい、いいですよ」と、先生から言われたので、足をおろしました。
マッサージは、かなり気持ちよかった(^^)(その化はありません)
そのまま続けられてたら、射精したかも・・・
「そこにあるティッシュでお尻と前を拭いて(かなり液がお腹に出ている)服を着てください」
拭いてパンツとズボンを履いて、ベルトを止めてると、
「カーテンを開けていいですか?」と若い先生。
そして結果・・・
特別に異常はないけど、一般基準値の数値だけでは、判断できませんとのこと
膀胱過敏症かもしれないとのこと
検査をしましょうと言われて、一時的に薬を出されました。
どうやら8/13にウロダイナミックという検査をされるようです。
看護師の説明では、おしっこを貯めてきてもらい、排尿、その後カテーテルを挿入して、
何かして、なんか水を逆流して膀胱の感度を見るそうです。
(つらそう・・・・・)
さらにお尻からも何かを入れて圧力を測ったり、尿道の回り?(ちんちん?)の筋電図?
を見るとかなんとか・・・(うー、やだ)
40分前後の検査とのこと
そして、こう記入してると・・・思うのですが・・・
もしかして40分間、フリチンではないか?(うー、恥ずかしい)
先生や技師が多いと最悪・・・(看護婦はいないように・・・)
いろいろと考えてしまいます。

ウロダイナミックの体験については、自分のやる気と要望に応じて検討します。
(かなり投稿も大変です。)

中学校一年のときでした。


小学校は6年間皆勤賞で病気らしい病気をしなかったのですが、
中学校に入った、その年の秋に初めて風邪を引きました。
お医者さんへ行くことにしましたが、
住んでいるところが新興住宅地で徒歩圏内のお医者さんは近所の小児科だけでした。
僕は「小児科って中学生でも行けるの?」と母に確認しましたが、
母は「さっき電話したら中学生まで大丈夫って言ってたよ」
ということで、早速その小児科へいくことになりました。

物心ついてからはじめていくお医者さんだったので
緊張していたのを憶えています。
待合室でしばらく待っていると、
「○○君入ってね?」と看護婦さんに促され
診察室に入りました。
すぐに診察、と思っていたら、中にも椅子があり、そこで順番を待つ仕組みになっていました。
椅子から3メートルほどのところでお医者さんが診察していました。
幼稚園児ぐらいの子の診察をでした。
お医者さんは
「はーい、すっぽんぽんになろうか?」というと
男の子は裸になり、全身の診察を受けていました。
僕は「小さい子は裸にさせられちゃうんだなあ」と
初めて見る診察風景を興味深く見ていました。

そして、その子の診察が終わると、
「○○君どうぞ?」と看護婦さんに呼ばれ
お医者さんの前の椅子に座りました。
「どうしたのかな?」とお医者さんが言ったので、
「風邪引いたみたいで…」と僕は言いました。
体温測定、のどの検査のあと、お医者さんは
「僕今何歳?」と言ったので「12歳です」といいました。
するとお医者さんは、「じゃあいいだろ」といい、
私が「?」と思っていると、
「じゃあ、すっぽんぽんになろうか」と言われました。
まさか、小さい子だけでなくて、
中学生の僕まで裸にさせるとは思いもしませんでした。
恥ずかしさのあまりもじもじしていると
「男の子が恥ずかしがることないよね?」と看護婦さんにせかされ
セーター、Gパン、シャツを脱いでパンツ一枚になりました。

そのとき、別の看護婦さんが
「次の方、どうぞ?」と言いました。
次の順番の人が入ってきたのです…
全裸にされようとしている思春期の男の子が診察室にいるのに!
小学生の女の子と、付き添いのお母さんのようでした。
まさか、ほかの人が入ってくるとは思わず
パンツを脱げられないでいると、看護婦さんから
「おちんちんも診るから、パンツも脱いでね」と
残酷な一言がありました。
さすがに逆らうことはできず、
目をつむって、思い切ってパンツを脱いで全裸になりました。

12歳ですので、おちんちんの付け根には産毛も生え始めていて
それをたくさんの人に見られていると思うと、恥ずかしくてたまりませんでした。
そして、お医者さんは全身をくまなく診察。
まずは体の正面。
おちんちんの産毛を見つけたお医者さんは
「あれっ、生えてるんだな、見られちゃったな、ごめんな?」
「でも最近の子は成長がはやいね。健康でなにより!」といいました。
診察室のそとにも聞こえようかという声で恥ずかしくてたまりませんでした。
その後、おちんちんの皮が剥けるか、金玉に異常がないか、確認されたようでしたが、
恥ずかしさのあまりよく覚えていません。

次に体の背中の診察。
振り向いた僕の前には、先ほどの親子がいました。
お母さんとその子の目線は、僕の目ではなく、
下のほうを注目していました。
当然隠すこともできず、長時間(に感じた…)その成長過程のおちんちんを
晒す羽目になりました。

そして、診察は終了。最後はもう泣きそうでした。
「服着ていいよ」の一言に促されて、
4人の注目のなか、パンツをはいて、服をきて大慌てで
診察室をでました。
診察室を出ると、先ほどのお医者さんの大きな声が聞こえてたのか
僕に目線が注目…薬を貰うまでの時間が異常に長く感じました。

小児科って今でもこんなんなのでしょうか?
思春期に小児科へ行ってめちゃくちゃ恥ずかしい思いをした人って
多いんじゃないでしょうか。

姉さん女房を寝取らせて2

嫁の瞳と、後輩のアキラとのセックスを見た俺は、自分の寝取られ性癖が想像以上に重傷だった気がついた。

あの時の、目の前で他の男にキスをして、セックスをして、おそらくは何度もイカされた瞳、、、 嫉妬で狂いそうな気持ちになりながら、頭に雷が落ちたような強烈な興奮があった。そして、抱かれている瞳のことが、何よりとても美しく思えた。

瞳は、また次もアキラとしてくれると言っている。
ただし、アキラとそういうことをする期間は、俺は瞳とのセックスを禁じられた。
瞳とは、結婚後も週に最低一回はセックスをしていたので、セックスを禁じられるのは相当こたえるのだが、寝取られセックスには替えられない、、、

そして、次の日会社でアキラと話をすると、早速金曜日に第2回のプレイを行うことになった。
「マジですか!先輩!いや、お兄さん!どこまでもついて行きます!!」
確かに、兄弟になったが、、、  このノリはマネできないから、ある意味うらやましい。

それからの毎日は、家では嫁に色々と誘惑されていじめられた。
家に帰ると、いつもは膝丈のパンツにトレーナーみたいなラフな感じの嫁が、ミニスカートに胸のところが結構ざっくり開いたブラウスみたいな服を着ていた。
玄関で、「おかえりーー」と言いながら、少し前屈みになって、胸が丸見えの状態にしてくる。白い形の良い胸が丸見えで、その上ノーブラなので乳首まで見える。
思わずガン見すると
「イヤん。どこ見てるのw」
等と、からかうように言われた。いつもは、結構男言葉も多く、北斗晶(ルックスは全然違うが)みたいな嫁が、可愛らしくてセクシーな格好をしている。それだけで、ドキドキする。

その後も、家族3人で楽しく過ごしながら、時折俺の前で床のモノを拾いながら、スカートの中を丸見えにしたりする。
いつものベージュの大きめのショーツではなく、ピンクの可愛らしいショーツで、またもやガン見していると、
「もうw どこ見てんのよぉw エッチぃw」
などと、いつもの口調とまったく違い、可愛らしく甘えた口調で言う。

そして、息子が寝ると、さんざん挑発されて我慢できなくなった俺が、嫁のベッドに潜り込む。
荒々しくキスをして、舌を差し込む。そして、興奮状態のまま、嫁のパジャマを脱がせにかかると、嫁は満面の笑みで
「じゃあ、金曜日はキャンセルねw」
そんなことを言ってくる。

俺は動きがぴたっと止まり、泣きそうになった。
そして、あきらめてベッドを出ようとすると、
「ねぇ、コウスケ、キスしてぇ」
甘ーい声でそう言ってくる。たまらずにキスをすると、嫁の舌がねじ込まれる。夢中で舌を絡めていると、嫁が俺のチンポを握ってくる。手で、ズボンの上からいやらしくこね回してくる。
「ねぇ、私はあんたで満足してるんだから、今しようよ。あいつので何回もやられたら、緩くなっちゃうよ。いいの?あんたはそれでも?」
そんなことを言ってくる。嫁の俺に満足しているという言葉に、たまらなく幸せを感じながらも、結局誘惑に打ち勝ってベッドを出た。
「ホント、あんたはどうしようもないド変態だねw せっかく、可愛い服着たのに、、、」
ちょっと寂しそうに嫁が言ったのが、胸が痛かった。

結局、それは木曜日まで毎日続いた。しかも、どんどんエスカレートして、息子が寝た後にコスプレまでしてくれた。
わざわざハンズまで行って、ミニスカナース、AKB風アメスクを買ってきてくれた。コレもわざわざ買ったのか、ガーターベルトまでして、挑発をされたが何とか耐えきった。
「ホントにいいんだな? もう、ここまでして抱いてくれないから、私だって欲求不満だよ。明日は、思いっきり楽しむから! 後悔すんなよ!」
キレ気味に嫁に言われた。ミニスカナースにガーターベルト姿の嫁にそう言われると、M気質もある俺にはたまらなかったが、何とか耐えた。

会社では会社で、アキラに毎日のようにキャンセルじゃないっすよね?などと言われ続けた。
「瞳さん、俺のこと気に入ってくれたんすかね?」
「瞳さん、俺のことなんか言ってました?」
「金曜は、先輩なしにしましょうよ」
等と言ってきて、少々ウザかったが、俺がいないというのはいいアイデアに思えた。
当然、俺がいないという場合でも何をしたか把握したいので、カメラを仕掛ける。そのためには、ラブホテルじゃなく、自宅でないダメ。息子を金曜から実家に預けて、家でする。俺は途中で理由をつけていなくなる。
この流れが一瞬で頭に浮かんだ。
アキラには、俺は途中でいなくなるから、本気で堕としてくれと言うことと、俺に内緒で外で会う約束をしろと言った。カメラのことは内緒にしたが、それを聞いてアキラはテンションが上がりまくっていた。

「ガチで行っていいんすね?瞳さん、奪っちゃいますよ!」
この言葉に、苦笑しながら頑張れと言った。この時は、余裕でそう言っていたが、今思えばバカだった、、、

会社帰りに秋葉に寄って、照明のスイッチプレート付け替えタイプのカメラを買って、嫁が夕食を作っている隙に交換した。無線で飛ばすタイプなので、PCで録画することにした。

そして、あっという間に金曜日になり、浮き浮きしてスキップをするアキラと一緒に家に帰った。
玄関を開けると、ハンズで買ったAKB風のアメスクを来た嫁が出迎えた。
「アキラ君、ひさしぶりぃー。待ってたよ。」
すごく良い笑顔でアキラに言う。俺には一言もないまま、いきなりアキラにキスをした、、、
玄関で、嫁が違う男とコスプレ姿でキスをしている、、、
これだけで、もう勃起120%になった。

イケメンで、女慣れしたアキラもさすがに興奮したようで、夢中で舌を絡めている。

しばらくキスをした後、アキラが言う。
「瞳さん、会いたかったです。」
「私も。待ちきれなかったよ。」
そう言って、また嫁の方からキスをする。
2度目のキスは、キスをしている間中、瞳はずっと俺を見ていた。

「ほら、早くシャワー浴びてきな。」
嫁が命令すると
「了解っす!3分で戻ります!」
そう言って、大急ぎで風呂に向かった。

「おかえり、今日は、楽しむからね。」
無表情で言われた。連日の嫁の誘惑を断り続けたからだと思うが、機嫌が悪い、、、
そして、腰にタオルを巻いたアキラが出てきたタイミングで、俺のスマホのアラームが鳴る。
あたかも電話がかかってきた感じで、それに出るふりをして話し始める俺。
急に会社に呼び戻されたということにして、慌てて家を出る。
PCはすでに録画状態にしてあるし、玄関にもボイスレコーダーを隠しておいた。

急に会社に呼ばれるのはちょくちょくあるので、嫁もとくに疑わずに、
「お疲れ様。メドついたら電話して。」
そんなことを言って送り出してくれた。
ただ、同時にアキラには帰ってもらうと言うことも言い出したので、なるべく早く戻るから待っててと言って、強引に飛び出した。

そして11時過ぎに電話をすると
「お疲れ様。大変だったね。ご飯は?」
普通な感じで嫁が電話に出た。
「食べてくからいいよ。先寝てて。アキラは?」
おそるおそる聞くと、
「あぁ、横で寝てるよ。起こす?」
そんなことを言われた。ドキンと心臓が鳴った気がした。
「えっ?まだいるの?」
「なーーんてねw とっくに帰ったよ。」
「あれからすぐに帰ったの?」
「なんだよ、回りくどいw やったかどうか聞きたいんだろ? 内緒だよ、ばーかw」
そう言って、電話が切れた。

すぐにアキラに電話をかけると、ちょっと長めに呼び出した後出た。
「あっ!お疲れっす!」
「今どこ?どうだった?」
慌てて聞くと
「あっ!  今は、、、外で飯食ってます。」
「じゃあ、合流するよ。どこ?」
「えっ!  もう食い終わって出るところっす。」
「何だよ。 で、どうだった?やったのか?」
「それは、、、 瞳さんに言うなって言われてるっすから、、、 内緒です。」
「何だよ、それ!いいから言えって!」
ちょっとムッとして言うと、
「あれ?電波が、、、 もしもーし、もし」
そう言って唐突に切れた。すぐかけ直すと、電源が入っていなかった、、、

とりあえず、手早く牛丼を食べると、家に向かった。もちろん、何度もアキラには電話をかけたが、ずっと電源が切れていた、、、

家に帰ると、嫁がすでに寝ていた。
すぐにボイスレコーダーを回収して、部屋のPCのカメラ動画のデータもノートPCに移した。
手早く風呂に入るとパジャマに着替えて、リビングでイヤホンをして確認開始した。

ボイスレコーダーの音声は、俺がいなくなった後のやりとりが録音されていた。

「ホント、あいつはバカだねぇ、、、 バレバレじゃんw あんたもグルでしょ?」
「えっ! グルって?」
「あんたも嘘が下手だね。顔に書いてあるw」
「すいません、、、 でも、騙す気は、、、」
「いいって、いいって、どうせ、あのバカが言ったんでしょ?」
「、、、はい、、、」
「じゃあ、服着て帰りな、あいついないなら、意味ないもんね。」
「えっ!そんなぁ、、、」
「そんなぁって、こっちがそんなぁだよw まあ、仕組んだことだとしても、この状況でしちゃったら、浮気でしょ? それに、あんたのデカすぎて疲れるから、今日は、おしまいw」
嫁にバレバレだったと思うと、恥ずかしくなる。
ただ、アキラを帰そうとする嫁の態度に、がっかりと同時にホッとした。

「お願いします!この日を楽しみに待ってたんです!」
「こら、こら、男が簡単に土下座なんてしないの!みっともない、、、 じゃあ、とりあえずご飯食べてきな。今作ったげるから。」
「ありがとうございます! 瞳さんの手料理が食べられるなんて、最高です!」
「あんたは、調子良いね、、、 でもなんか憎めないよw 上がりな。」

そこで音声が途絶えた。
このままなしで終わるか、アキラが頑張るのか、まったく読めなくてドキドキした。

そして動画の確認を始めた。

寝室に、アキラはなぜか嫁をお姫様だっこして入ってきた。
ベッドに優しく嫁を寝かせると、
「姫、こんな感じでいいですか?」
アキラが優しい声で言う。
「ありがと、、、 一度してもらいたかったんだよね。まあ、悪くない、、、かな?」
嫁が珍しく可愛らしい言い方をする。

「じゃあ、約束通り、いいですか?」
アキラが緊張気味に言う。
「仕方ないねぇ、、、 まあ、お姫様だっこしてもらったから、約束は守るよ。 でも、手だけだからね。あと、あんたは触るなよ! ノータッチでw」

そう言うと、アキラの腰のタオルを外してベッドに寝かせる。
嫁は、ミニスカナースに着替えている。
アキラは、飯を作ってもらって食べている間も、腰巻きタオルだけだったのかな?と、変なことが気になった。

ベッドに寝かされたアキラは、すでに勃起全開で、えげつないほどデカいチンポがそそり立っていた。時折、ビクンと動くそのチンポは、凶悪な生き物のようだった。

「なんでもう大っきくなってるんだよw それにしても、ホント無駄にデケーなw」
いつもよりも男言葉になっていて、より北斗晶みたいだが、それが逆に嫁の緊張を表している気がした。

嫁は、無造作にアキラのチンポをつかむと、亀頭周りを手のひらで包み込むような動きをした。
「あっ!くぅ、、、 瞳さん、スゲー気持ちいいっす。」
アキラが気持ちよさそうに言う。
嫁は、竿を握ると上下に動かし始めた。

「瞳さん、最高です。あれから俺、マジ、瞳さんのことばっかり考えてました。」
「あんた、彼女いないんだっけ?」
「今はいないっす。」
「セフレは?」
「えっ!?   2人っす、、、、」
「やっぱり、、、  今からそっち行けば?手じゃなくて、やれるでしょ?」
「手でも、瞳さんがいいんです!」
「こんな、おばちゃんとしてても仕方ないでしょ?」
「瞳さんが一番です!マジで!」
「ふーーん、、、そうなんだ。  どういう子達なの?セフレは?」
手で緩やかにアキラのチンポをしごきながら聞く嫁。

「それは、、、 ○校3年の子と、女子大3年の子です、、、」
「オマエ!それ、犯罪じゃねーか!」
「いやいや、18歳っす!セーフっす!」
「ホントかよ、、、 って言うか、ロリコン?」
「基本ロリです。  でも、瞳さんが一番です!」
「はいはい、まだイカないの?疲れたんだけど。」
「ごめんなさい、、、 イッたら帰れって言われそうで、必死で我慢してるっす、、、」
「ウザw  でも、ちょっと可愛いかも、、、」

嫁は、そう言うと隆の唇に軽くキスした。
「ありがとうございます!もう一回!」
「調子のるなよw いいからイケよw」

そう言って、さらにしごくスピードを上げる。
「あぁ、、、ヤバい、、、 イキそう、、、  もっとゆっくりして下さいよ、、、」
「だから、我慢すんなよw 早くイッて。」

そんなやりとりをしながら、必死でこらえるアキラ。
「って言うか、イキそうになると、ものすごく膨らむんだねぇ、、、 ちょっと、凄すぎ、、、」
「え? 瞳さん、変な気持ちになっちゃいました?」
「なるか、ばか!」
「またまたぁ、顔赤いっすよw」
「やーめた。 うざいから止め」

そう言って、手を離す嫁。
「あっ!ごめんなさい、、、  調子のりました、、、  でも、約束は?」
「ちっ、、、 しょうがないねぇ、、、」
そう言って、またしごき始める。

「早くイケよ。」
「一回止めたから、リセットされましたw」
「なんだそりゃ、、、  手、疲れたよ。」
「じゃあ、口で、、、」
「約束と違うだろ?」
相変わらず男言葉で北斗っぽいのだが、確かに顔が赤いし、アキラのチンポを見る目がエロくなっている気がする、、、

しかし、そう言ってしばらくしごいた後、いきなり予告もなくアキラのチンポをくわえた。
「えっ? 瞳さん、、、 最高っす! あぁぁ、、、、」
アキラが、本当に嬉しそうに言う。喜怒哀楽をこれだけ素直に表現できるアキラは、男の俺から見ても可愛いと思ってしまう。

嫁は、アキラのデカチンを必死で口を大きく開けてくわえてフェラをする。
竿を下から上まで舐め上げたり、カリを舌で巧みになめ回す。

そのうち、自分の両手の人差し指を自分で舐めて唾液をつけると、口にチンポをくわえたまま、アキラの両乳首を指で責め始めた。
「あぁぁ、、、最高っす! ヤバいっす、それ、、、 もう、イキそう、、、  瞳さん、出ちゃう! イク!」

嫁は口を離すことなく、チンポをくわえたままアキラの射精を受け止めた。

そして、しばらくそのままの状態でアキラがグッタリしていると、嫁はチンポを口から抜いてアキラに言った。
「どう?気持ちよかった?もういいよね?服着なよ。」
「よかったっす、、、  あれ?ていうか、精子は?飲んだんす?」
「あんたの、量が多すぎ、、、 こぼれそうだったから、シーツ汚したくなかったからね、、、」
「マジ、感動したっす!飲んでもらえるなんて、もう、最高すぎて死にそう!」
「はいはい、大げさすぎ。jaro呼ぶよw」

飲んだ、、、  アキラのを、飲んだ、、、  息が止まりそうなほど興奮した、、、  俺ですらやってもらったことがないことを、あっさりとしてもらっている。
俺が出来ないことを平然とやってのけるっ、そこにシビれる、あこがれるゥ!と、叫びそうだった。

そして、アキラが真剣な口調で言う。
「瞳さん、今度は俺が、、、  ダメですか?最後まではしなくてもいいから、瞳さんも、気持ちよくなって欲しいっす、、、」

「それはいいやw  べつに、、、」
つれなく言うが、引き下がらない。
「本当に、お願いします。何でもします。」

「じゃあ、セフレに電話かけて、今すぐ切ってくれる?出来る?」
意地悪く瞳がそう言うと、アキラはベッドを飛び出して部屋を出た。すぐ戻ると、手に携帯を持っていて、どこかに電話をかけた。
そうやって、瞳の目の前で本当に電話をかけて、女の子達に謝って関係を終わらせていった。
2人目の子は相当ごねたようで、電話が長引いていたが、アキラは粘り強く謝り続けて関係を切った。
そして、携帯から番号を消すと
「コレでいいですよね?」
まじめな顔で言った。

「本気なんだね、、、  私のこと、ホントに気に入ってくれてるんだ、、、」
嫁は、信じられないと言った口調で言う。
「俺、、、こんな事言ったらダメなんですけど、瞳さんのこと、マジで好きです。」
「本気なの? ババア相手に、何言ってるの?」
「瞳さん、やりたくて言ってるわけじゃないっす。俺なんか、相手にされないってわかってるけど、マジです。」
「困ったもんだw」

「約束、守ってもらえます?」
「まあ、あれだけのことさせちゃったからね、、、」

嫁はそう言うと、黙ってベッドに寝転がった、、、

アキラは、優しく嫁にキスをする。
「瞳さん、、、好きです、、、」
「うーーん、、、 嬉しいんだけど、そう言うのはヤメよ?重くなっちゃうから、、、」
「了解っす!」
「そう、そう言うノリでw」

そう言うと、どちらからともなくキスをした。
舌を絡めて長い時間キスをする二人。俺たちのベッドの上で、他人とキスをする嫁。
夢にまで見た光景に、ガマン汁がとめどなく出る。

「瞳さん、口開けて。」
アキラが真剣な口調で言うと、この前と違って嫁は口を開けた、、、

アキラは、嫁の口の中に唾液を流し込んでいく。
嫁は、嫌がることもなく、それを飲み込んでいく。そして、嫁からアキラにキスをした。嫁の方から舌を差し込んでいるのがわかる、、、

「どう、興奮したでしょ?」
アキラが言うと、
「、、、うん、、、  思ったよりも、良いかも、、、」
嫁が、照れたような可愛らしい顔で言う。
すると、またアキラが嫁の口を開けさせて唾液を流し込む。
「ん、、、 あっ、」
嫁は、飲み込みながら、吐息を漏らす。感じてしまっているようだ、、、

アキラは、ミニスカナースのコスプレの上から、嫁の胸を揉み始める。
「ん、、、  あっ、ん、、、」
嫁の吐息がたまらない。

オグシオの小椋離婚(不倫略奪婚の末路)

小椋久美子さん 9月に離婚していた「別々の道を歩んでいくのが最善の道」
ORICONSTYLE-10月30日14:20

 ラグビー神戸製鋼のCTB山本大介選手(29)と11月中にも離婚へと一部で報じられた、元バドミントンのアイドルペア“オグシオ”の小椋久美子さん(29)が30日、自身のブログで9月中に離婚していたことを明らかにした。「本日の別居及び離婚報道につきまして 既に二人の中での話し合いが済み、9月に離婚届を提出させていただきました」と公表した。

 今回の離婚は「私自身の未熟さを省みながら考え悩んだ末、お互い別々の道を歩んでいくのが最善の道だと考えて決断したもの」だといい、「たくさんの祝福のお言葉、応援してくださっていた方々へは大変申し訳ない気持ちです。この場をおかりしてお詫び申し上げます」と謝罪。発表を遅らせた理由を「山本氏のシーズン前半が終了となり、この度のご報告とさせていただいたことを重ねてお詫び申し上げます」とした。

 今後について「これまで以上にバドミントンを中心としたスポーツ普及・振興活動に力を注いでいこうと考えております」と意欲的に綴り、「今後ともどうか温かく見守っていただければと思います」と呼びかけている。

不倫略奪結婚だった!元オグシオの小椋久美子とラグビー山本大介

2011年2月24日、バドミントン元日本代表のアイドルペア「オグシオ」の小椋久美子(27)と、ラグビートップリーグの名門・神戸製鋼に所属する山本大介選手(28)の結婚が報じられた。
トップアスリート同士の結婚に、スポーツ紙やテレビは「爽やかスポーツ婚」などと祝福ムードだった。が、実はドロ沼の“不倫略奪婚”だったのだ

スポーツ紙の発表では「昨年1月に知り合い、交際に発展」とのことだった。だが…。
(以下引用)
「山本と小椋さんは3年ほど前に出会ってますよ。彼のほうが小椋さんにメロメロで猛アタックしたんです。ラグビー同様、果敢なアプローチでしたよ。少なくとも2年前からはつきあってるはずですCHINTAIpr」
実際、2009年夏ごろから、神戸市内の映画館や大阪市内の飲食店などで、ふたりのデートする姿が目撃されている。にもかかわらず、交際スタート時期をわざわざズラして報じられているのには、ある理由があった。前出のラグビー関係者が続ける。
「実は本当の交際スタート時には山本は結婚していたんです。子供もいました[PR]iosys
つまり山本と小椋さんは不倫だったんです。ですから、ふたりは本当の交際の時期を明らかにできないんでしょうね」
山本は大学時代から交際していた看護師のA子さんと2005年11月に“でき婚”。2006年7月には長女が誕生している。一家は神戸市内のマンションで幸せな家庭を築いていたはずだった。
しかし、2008年ごろに山本が小椋と出会うことで一家は一気に崩壊に向かう。2年ほど前、A子さんの実家周辺では、こんな姿が目撃されている。
「結婚して神戸で暮らしていたはずのA子ちゃんが子供だけ連れて実家に戻ってきて暮らしているんです。旦那さんはいなかったんで“ケンカでもしたかな”って思って、犬の散歩なんかでバッタリ会ったときに“どうしたの?なんで帰ってきてるの?”って聞いたら、“不景気だから仕事がなくって…”ってゲッソリした顔でいうんです。“結婚してるはずじゃ?”って一瞬思ったんですけど、あまりの悲愴感に、それ以上何も聞くことはできませんでした。とにかく何か思い詰めている様子でした」(近所の住民)
一方の山本は、小椋にのめりこむにつれ家庭を顧みないようになり、妻子とは距離を置くようになっていった
結局、山本とA子さんは離婚の道を選ぶこととなった。
(引用NEWSポストセブン)
まさかの不倫関係からの結婚だったんですね…。離婚が成立したのが1月。小椋の引退セレモニーが行われたのが4月だったので、離婚も成立して結婚へ向けての引退だったのかも…。
同誌によると、離婚成立からわずか1ヶ月後には、神戸市内の閑静な住宅街にある高級マンションで、小椋と山本は同棲を始め、同棲開始からちょうど1年で今度は結婚発表したという。
一方の元妻は現在は子供とふたり暮らし。実家を訪ねると、母親が、
(以下引用)
「…うちの孫の父親ということもあるので、悪くいいたくもないけど…」と前置きをしつつ、こう憤った。「もうあのかたが、この先どう生きようと、私たちにはもう関係ないんで!」
(引用「女性セブン」より)
母親の怒りからして、離婚は大きく揉めたのでしょうね…。

中学の時の身体検査

初めてこのコーナーに書き込みしました、夏江と言います 今私は十九歳の大学生です、
中学の時の身体検査について恥ずかしい思いでを書いてみました、当時私が通っていた中学校は毎学期前に身体検査を行っていました、私の学校はたまたま学校保健の児童生徒発育状況調査の対象校になっていたため、一般の身体検査とは別にさらに、詳しく身体の発育について検査を行っていました、
これを発育検査と呼んでいましたけれど、検査を受ける対象は生徒全員ではなく、入学の時に発育検査被験者の協力を依頼され、親と本人の承諾の元に了解した生徒だけです、私はあまり深く考えないでこの被験者になることをOKしてしまったのですが実際に発育検査をを受けるときになって、メチャメチャ後悔しました、
発育検査を受ける生徒は各学年ごとに、男女二十名ずつです、そんな訳で、全部で百二十名ぐらいの生徒が、この検査を受けることになるんですけれど一日では終わらないので三日間に分けて実施されました、検査はすべて午後から始まりました、検査は一年生から始めるということで各クラスから検査を受ける生徒だけ同じ教室に集められました、私のクラスからは男子二名と私の三人です、男女合わせて四十人くらいの生徒が、一つの部屋に集合して保健の先生から身体検査票を受け取りました、そして検査の内容について説明を受けたのですがその時点で教室から逃げだしたくなりました、検査は男女別に行われるのですが普段行っている身体検査とは違い、いろいろな検査項目がありました、発育検査の内容は身体測定を、行った後、心電図・内科検診・モアレ検査・それと驚いたのが性器と乳房の発育状況とアソコを含む写真撮影があった事です、初めて受ける検査だったので何も知らなかった私たちは、保健の先生から説明があったときに一瞬ざわめきが起こりました、入学の時にはそう言った詳しい内容まで説明はなかったので、私は絶句でした、今更逃げるわけにもいかず、あきらめの境地で検査を受けました、そして説明が終わると、いよいよ女子から検査が始まりました、検査は少し時間がかかると言う事で最初6人が保健室に呼ばれ、残りは自習です、私は最初の組でした、みんなで保健室に向かうと三人が保健室に入れられ残りの三人は制服のまま廊下の椅子で待機させられました、一人が保健室から出てきたら廊下で待機してる一人が中に入ると言う手順です、私は4番目だったのでしばらく待っていると20分くらいで最初の娘が出てきました、私は入れ替わりに保健室に入ると、パンツ一枚になって順番を待つように言われ渋々裸になりました、私そこでさらに恥ずかしい思いをしました、身体測定の記録係が同じクラスの保健委員男女一組と隣のクラスの男女一組、計四人が担当していた事です、女の子はともかく同じクラスの男の子にパンティー姿を見られるのかと思ったら涙が出てきてしまいました。それでも仕方なく先に身長、体重・胸囲座高・バスト・股下の長さ・手の長さ・など測定した後、パンツのまま校医の前で問診を受けました、問診は初潮の始まった時とか生理の事や性行為の事まで聞かれました、オナニーについても聞かれたので、時々しますって素直に答えました、死ぬほど恥ずかしかったです、そして心電図が終わると、
カーテンで仕切られた別の部屋に呼ばれました、そこには若い看護婦さん二人と30歳くらいの校医がいて、パンツを脱いで壁の所に気を付けの姿勢で立つように指示されました、涙目でパンティーを脱いで言われた通りに従いました、私は結構成長は早い方で胸もアソコの毛もしっかり育っていたので胸やアソコを見られるのが超恥ずかしかったです、ましてクラスの男の子が隣にいると思っただけで私の全裸を見られないか心配でしょうがなかったです、そして生まれたままの姿で気を付けのまま全身の写真を前横後ろ向きで撮られ乳房のアップの写真も撮られました、そのままモアレ検査を受けた後、隣の間仕切りのある部屋に行くように言われパンツでアソコを隠しながら身体検査票で胸を隠して隣の部屋に行きました、すると診察台に仰向けに寝かされました、今度は女医さんでしたけど、性器の診察をするからちょっと我慢してねぇ・・って優しく言われたけれど恥ずかしい事に変わりはなかったです、膝を立てて大きく足を開くように言われ付き添いの看護婦さんに両足を押さえられました、先生が指でアソコを開いたりして写真を撮り、メジャーで性器を測っているのが分かりました、しばらくして、先生から 私はまだ処女膜があるので内診はしませんと言われ、今度は四つんばいにさせられて、おしりの穴も検査されました、そしてそれが終わって初めてパンツを履く事を許されました、そして脱衣篭の所まで行って制服を着て廊下に出て、外で順番を待っている娘に、保健室にはいるように告げて教室に戻りました、毎年こんな事されるなら、いっそ転校も真剣に考えましたけど、結局最後まで我慢して卒業しました、今考えても恥ずかしい検査でしたけど、同じような検査は各県で何校か実施してるそうです、それは高校でもあるのかどうか分からないですけど、もし経験がある人がいたら是非教えて下さい。

泌尿器科の体験(痛がりさんは見ないで)

泌尿器科の体験談です。
うーん、最近下半身の病気の体験ばかりです。
恥ずかしくて嫌ですね。
約、半年前から、残尿感と夜間頻尿が多くなりました。
小さい時から、かかりつけの内科医に(別の持病があるため)相談はしてました。
やはり専門科医でないと難しいく、何かあってはと勧められていたのだけど躊躇してました。
しかし、一昨日の夜間頻尿(飲み会の後)が辛く&残尿感で相談しました。
「○○さん、泌尿器科で見てもらいましょうよ」
「確かに気分の良い科ではなく、恥ずかしいけど、あとで何かあっても困るよ」
ということで了承しました。
手続きを取り(大学病院)、簡単な問診を別室で看護婦に取られました。
はじめに尿検査へ行って来ることになりました。
その後、初診専門の科の前の待合所で座って待ちました。
ドアの上はガラスになっており、照明やカーテン&カーテンレールが見えます。
自分の前に5人ほど電光掲示板で居るようです。
若い人も回りにいます。
ドキドキしながら、待ちます。
若い男性が入っていきました。
しばらくすると「カチッ」とドアに鍵がかけられ、ドアの上の窓からカーテンが引かれるのが
見えました。
ひらひらしたり、動いてます。
5分後にカーテンが取り除かれて、「カッチ」とドアの鍵が解除されました。
他の科でもそうですが呼ばれてないのにドアを開けて看護婦を呼ぶ人がいます。
そのためでしょうか?
やはり、見られてはならない診察をしているのだと・・・
出てきた人は、待合室の人と目をそらすように出て行きました。
続いて入室したのは、おばあさんでした。
ドアの上のカーテンは動かず、出てきました。
その次は30代の男性でした。
同じようにカーテンが動きました。
出てきた男性は、赤面状態で待合室の後ろに目を背けて進み座ったようです。
別の男性が呼ばれ、同様に・・・
あのカーテンは男性の時のみに動いてる・・・
ますますドキドキに・・・
電光掲示板に自分の番号が点灯!!
あっ、とうとう番がきてしまった。
科の中の待合室に呼ばれ、私の番になりました。
ドアをノックして入りました。
やはりドアの左手にベッドがあり、カーテンで隠せるようになってました。
ベッドは特別なものではなく、簡単な枕がおいてあり、お尻の変に紙のマットがしかれてました。
その奥に診察机と椅子がありました。
診察室の中の医者は40代後半ぐらいの男の先生と20代後半の太った先生と看護婦でした。
症状を私に確認していきました。
「それでは、診察をしますので準備をしてください」と言われました。
若い先生がそばに来て、看護婦は消えました。
「後ろのベッドへどうぞ!!」
診察台へあおむけにねるよう指示されました。
カーテンを引いて半分隠されました。
「ズボンとパンツを太ももの中程までおろして、準備が出来たら声をかけてください」
と言われて、カーテンが完全に閉められ、「カッチ」とドアの鍵が閉められました。
ズボンとパンツを指示通りに覚悟を決めて、下げました。
仮性包茎のちんちんは、すっかり縮まってました。
すごくはずかしい・・・
ちょっと下げすぎたかな? とちょっと上げてしまいました(^^)。
「準備できました?」
はいと返事をするとカーテンが少し空き、先生が入ってきました。
若い先生に、ズボンとパンツをさらに下げられました。(あげちゃったから)
腹部の触診がしばらく行われています。
ちんちんが丸出しなので恥ずかしいです。
勃起すると最悪なので、無心でいました。
緊張で縮こまっているおちんちんを摘み上げました。
先生は手早く外観を見、おちんちんの皮を剥き下ろし、亀頭を露出させました。
そして亀頭をつまみ尿道口を開いたり、亀頭の周りなどを診ているようでした。
こんな事をされれば、おちんちんは勃起し始めるものですが、
あまりにも緊張しすぎ、縮んだままでした。
「では、前立腺の触診をします」
「肛門から指を入れますので、両足を持って抱え込むようにしてください。
肛門部を露出するという、これまた恥ずかしい格好をさせられました。
手袋をはめています。
「お尻の力を抜いててくださいね」と言うと、肛門に指を入れて来ました。
肛門が広げられるような感じがして、ちょっと痛く顔をしかめました。
前立腺を触られているのが感じられました。
前立腺全体をぐりぐりと押さえるように調べながら、「痛くありませんか?」と聞くので、
「圧迫感はありますが、痛くはありません」と答えました。
若い先生に英語?とかでラージ・・・なんとかと言い、記入してました。
さらに1分間ほどマッサージされ、肛門から指は抜かれました。
「はい、いいですよ」と、先生から言われたので、足をおろしました。
マッサージは、かなり気持ちよかった(^^)(その化はありません)
そのまま続けられてたら、射精したかも・・・
「そこにあるティッシュでお尻と前を拭いて(かなり液がお腹に出ている)服を着てください」
拭いてパンツとズボンを履いて、ベルトを止めてると、
「カーテンを開けていいですか?」と若い先生。
そして結果・・・
特別に異常はないけど、一般基準値の数値だけでは、判断できませんとのこと
膀胱過敏症かもしれないとのこと
検査をしましょうと言われて、一時的に薬を出されました。
どうやら8/13にウロダイナミックという検査をされるようです。
看護師の説明では、おしっこを貯めてきてもらい、排尿、その後カテーテルを挿入して、
何かして、なんか水を逆流して膀胱の感度を見るそうです。
(つらそう・・・・・)
さらにお尻からも何かを入れて圧力を測ったり、尿道の回り?(ちんちん?)の筋電図?
を見るとかなんとか・・・(うー、やだ)
40分前後の検査とのこと
そして、こう記入してると・・・思うのですが・・・
もしかして40分間、フリチンではないか?(うー、恥ずかしい)
先生や技師が多いと最悪・・・(看護婦はいないように・・・)
いろいろと考えてしまいます。

ウロダイナミックの体験については、自分のやる気と要望に応じて検討します

不妊治療にて

結婚して4年。どうしても子供ができません。俺も家内も子供が欲しいので,ちょっと焦っていました。
妻は産婦人科に行っていろいろな検査を受けました。その結果を聞くと,特に異常はないようです。
産婦人科の医者は,「旦那さんにも検査を受けてもらうように」と家内に言ったようです。
俺は,はっきり言って,とても嫌でした。何か異常があったら男としてかなりショックだろうとも思いました。
でも,産婦人科の医者は,俺の検査結果が知りたいと言うそうです。どうしようもありません。
検査の方法についても不安でした。
男性不妊のことについてインターネットで調べたり,本をこっそり立ち読みしたりしました。
検査には「視診」「触診」という言葉が出てきます。すごく嫌でした。
でも,意を決して,近くのなるべく小さい泌尿器科の個人医院に行きました。

待合室には2,3人しかいません。皮膚科もあるからか,女性だけでした。
受付に行くと,中年の看護婦さんに「どうしました?」と聞かれました。
俺は「不妊の検査を・・・」と言いました。周りの女性に聞かれたのは明かです。
いたたまれない思いで待っていると,先ほどの看護婦さんに名前を呼ばれました。いよいよです。

診察室にはいると,50歳くらいの紳士的で物腰の優しそうな医者でした。
看護婦さんは,先ほどの一人だけみたいで,受付窓口のほうに行ってしまって,俺はホッとしました。
医者と二人だけで,問診が始まります。
「おたふく風邪にかかったことはある?」「大きな病気になったことは?」「長い間飲んだ薬はある?」
「勃起はうまくいく?」「性行為は満足できるくらいになる?」「射精は正常に膣の中にできる?」
かなり恥ずかしかったけれど,それなりにまじめに答えてました。
医者は「それじゃあ,診察してみるからね。」と言いました。俺は「いよいよだ」と胸がどきどきしました。
「ここのベットに仰向けに寝てください。」と言われたので,スリッパを脱いでベットに横になりました。
服は着たままです。医者は,俺のシャツの裾を胸の上までまくって,内科の医者と同じように聴診器で
診察しました。腹を押して診察するのも内科と同じです。しかし・・・・・

医者はジーンズのベルトの金具をカチャカチャと音を立ててはずすと,チャックを下げてきました。
「腰を上げて」と言われたので,ほんのちょっと腰を上げたら,ズボンとトランクスを一気に膝まで下げられました。
蛍光灯の明かりが,俺のペニスをくっきりと照らしています。足の付け根にのたりと横たわっています。
医者は,ペニスを下腹に移動させ,陰嚢の中身をぐりぐりと触診しました。ちょっと痛かった。
「ここが固くなっている場合があるんだよ。でも,大丈夫だね」と言って,睾丸を持ち上げます。
見ていたら,自分のペニスも陰嚢もぶるんぶるんともてあそばれているようです。

「陰茎も正常だね。」と言います。俺は包茎ではありません。しかし,その直後,医者の指で持たれていた
ペニスが勃起し始めてしまいました。俺は,焦りました。しかしどうすることもできません。
どんどん大きくなって,完全勃起状態になってしまいました。医者は無表情ですが,俺は必死です。
心臓の音が自分でも聞こえるほどでした。医者は勃起したペニスを横によけながら触診を続けます。
「それじゃあ,このままベットの上に立ってください。」と医者は言います。
俺は,仕方なく,勃起したペニスのまま立ち上がりました。
ジーンズが下まで落ちるので,おさえていたら,手を払いのけられて,ジーンズは足首まで落ちました。
下半身は丸裸と同じです。勃起したペニスを医者の顔に向けました。俺は腰が引けてしまいます。
医者は,俺の陰嚢を両側から指で押さえました。「おなかに力を入れて。」と言います。
俺は,息を止めて「うんっ」と腹に力を入れました。2,3回繰り返します。
その度に,ペニスがヘソにくっつきそうに堅く勃起します。医者はそれをじっと見ています。
「精子が通る道に瘤ができることもあるんです。それを確認しました。大丈夫です。」と言って,
もう一度仰向けに寝るように言われました。俺は,自分のペニスを見ました。
恥ずかしいことに,ペニスの先から汁が垂れ下がっていました。俺は,とっさに指でぬぐいます。
医者は,「寝たまま,あぐらをかくように足を上げて。」と言いました。
俺は,股を開いて足首を重ねて手で持ち,あぐらをかく姿勢をとりました。
勃起したペニスも陰嚢も肛門も丸見えです。そうしたら,なんと!横に看護婦がいるではないですか。
看護婦は,医者に指サックをつけて潤滑剤のようなものを塗らせました。
看護婦は,ペニスがよく見える位置に立ち,俺の尻の肉を左右に広げます。
医者の指が肛門に入ってきました。思わず力が入り,括約筋を締めました。
「口を開けて力を抜いて。」と言われました。
言われたとおりにしたら,ヌルッと指が入ってきました。
おしっこがしたい感じと腰が浮き上がるような快感?に「ううっ」と声が漏れました。
指が前後左右に動くたびにペニスがびくびく動き,またペニスの先から汁が垂れました。
「前立腺も異常ありません。これで終わりです。」医者は淡々と言って,指を抜きました。
俺は,恥ずかしくて,足をおろしてトランクスを上げようとしましたが,
看護婦は「待って」と言って,足をそのままにさせ,肛門の周りの潤滑剤をティッシュで拭いてくれました。
拭き終わるやいなや,俺は夢中でトランクスとジーンズを上げ,ベルトを締めました。
頭が真っ白で,その後,何か言われましたが上の空でした。
精液を検査するので,あちらのレントゲン室で採ってくるように言われました。
レントゲン室の扉が見えました。(続く)

たった今、今日の出来事です。

1週間ほど前から見た目はなんとも無いのですがちんちんの竿の部分全体が痒くて、無意識のうちにズボンに手を入れて竿の部分を掻いたりしてました。
そのうち掻いた部分が擦りむけたようになって、風呂に入ったときに石鹸で洗ったらそれ以来ヒリヒリしてパンツが触れても痛くなってしまったので、しかたなく今朝電話帳で近場の皮膚科を探して電話をしたらすいているのですぐ来てください、とのことで行って来ました。
医師は男性という先入観と私は年齢も36歳でいまさらちんちんをさらけ出すのに大して抵抗があるわけでもないので特に何とも思わずに受付を済ませて待っていました。
すぐに名前を呼ばれて診察室に入るとそこにいたのは白衣を着た私よりちょっと年上くらいの女医さんと2人の看護婦の方でした。ようするに全員女性でした。
女医さんは特に美人というわけでもなく、ちょっとインテリ風ではありますがごく普通の主婦?といった感じで看護婦さんも2人とも失礼ながらとりたてて美人というわけでもないごく普通の20代中ごろかな?といった感じの女性でした。
ちょっとドキっとしましたが、まぁそれでも相手は医者なのでそれ以上のことは特に考えもしませんでした。
私がこれまでの経緯と症状を簡単に説明すると女医さんに「下を脱いでそこのベッドに横になってください」と言われズボンとパンツを脱いで籠に入れるまでは何も躊躇するでもなく我ながらあっさりと下半身スッポンポンになってベッドに上がったのですが、ベッドに横になり、ベッドの横に女医さんと1人の看護婦さんが立った時には、ちんちん丸出しで横になっている自分を女性2人に上から見られている状態にちょっと興奮してしまいました。(^-^;)
この状態ってちんちんは小さくなっている状態でもちんちんが体に添って上向きになってしまい、ちょうどちんちんがお腹に乗っているような状態になってしまって結構マヌケでした。
診察自体は女医さんがちんちんを下に下げたり、裏返したり玉袋を持ち上げて裏のほうを見たりと、何やら色々観察しただけで、2分ほどであっという間に終わってしまって、一旦はズボンとパンツを履いて椅子に座って女医さんの説明を聞きました。症状はちんちんの皮膚が擦りむけたところに石鹸の刺激で痛みが出てるだけで、元々のかゆみはあせものような物で薬を塗ってなるべく乾燥するようにしておけば1週間ほどで治るということでした。
1週間して治らないようならばまた来てください、というだけでした。
たいしたことはないようでホッとしていると女医さんが先ほどとは別のもう1人の看護婦さんに「薬の塗り方を説明をしてあげて。」と言って、先ほど私のちんちんを見た方の看護婦さんと一緒に、隣のもうひとつある診察用個室みたいな方へ行ってしまいました。
これで薬の説明を聞いて終わりかと思っていたらその看護婦さんに「じゃ、すいませんけどもう一度下を下げてベッドに腰掛けてください。」と言われ、「えっ?」と一瞬私が戸惑っていると、「今日の分は一回お薬を塗っておきますので後は毎日お風呂上りに同じように塗ってください。」ということでした。
私は言われたとおり先ほどのベッドに腰掛けてズボンとパンツをひざ下まで下げました(というかひざしたまで下げたら足首のとこまでするりと下がっちゃいましたが(^-^;))
すると看護婦さんが何やら小さな瓶を持って私の前に丸椅子を置き、座りました。
ちょうど正面にあい向かいの状態です。ベッドのほうが少し高さがあるので椅子に座っている看護婦さんの顔のすぐ下あたりの正面にわたしのちんちんが垂れ下がっています。(笑)
っていうか薬を塗りやすいようにこういう位置になるベッドに座らせたのだと思いますが。
看護婦さんは薬の説明をしながら薬瓶から2本の指にゲル状の薬をすくい取ると「じゃ、失礼します」と言って薬を塗った片手だけでわたしのちんちんの裏側の根元のほうから先端に向かって撫でるように薬を塗りつけます。
ただ、片手だと裏から薬を塗ろうとすると垂れ下がったちんちんが持ち上がってしまいよく濡れないようで左手の小瓶をベッドに置くと左手でちんちんの先っぽを持つようにして右手で裏から塗り始めました。ま、ごく自然な形ですが。
薬がなくなるとまた瓶から指先に付けて塗っていき、「このあたりまでくまなく塗ってください」といいながら亀頭のエラの周辺まで丹念に塗り始めました。
さすがにエラのあたりをゲル状の薬がついたヌルヌルした指先で撫でられると(撫でてるわけじゃないんでしょうが(^-^;))ちんちんはピクリ、ピクリとたまに跳ね上がるように反応しはじめちゃいました・・・。
ちょうど半立ちくらいになったところで看護婦さんが薬を塗る手を止めたので「あ、終わりか・・・」と思っていると、「もうちょっとで終わりですからね」
と言って更に瓶から薬をすくいとって塗り続けます。
これが最後か、と思うとちょっともったいない気がしてどうせだから気持ちいいままにまかせようと思ってちんちんが硬くなるのを押さえようとはしませんでした。
っていうか押さえられるものでもありませんが。(^-^;)
カリの周りをヌリヌリされると当然ながらチンチンはビンビンに硬直しました。
看護婦さんはオレのちんちんの状態については一切ふれないで「たくさん塗っても意味ないですから、できるだけ薄くまんべんなく・・」とか説明しながら薬を塗りこんでいます。ちゃんと仕事をこなしています。立派。
なんだかんだ言ってもこの間、実際にはわずかに2分ほどだったでしょうか?
そんあに長々と丹念に塗っているわけではありません。別に気持ちよくさせようとしているわけではないでしょうから。
でも、もうそろそろ終わりかな?というころにはもうちんちんはビンビンでカリの周りなんか触られるだけでピクッ、ピクッって感じでした。
結局イキそうなくらい、かなりのところまで来たところで看護婦さんによる薬の塗布は終わり、「じゃ、上げてください」と言われました。
一触即発状態のチンチンを出したまま「うぁ、なんかもったいななぁ」と思った私は、ずうずうしくも「ちょっとこれじゃズボン履けそうもないんですけど・・・」
みたいな適当なことを言ってみました。
実際履けない事無いですけどね。(^-^;)
すると看護婦さんはしばし沈黙した後「トイレ行きます?」と言って来たのでたぶんそう言われるだろうと予想していた私はすかさず「いや、もうすぐ出ちゃいます」
と信憑性の無いことを言ってみると、よそどあわてたのか看護婦さんは「あ、じゃこれに!」と言って4つ折りにしたハンカチくらいのガーゼを差し出しました。
たぶん、ガーゼを私に手渡すつもりだったのでしょうが、私は目の前に差し出された看護婦さんが手にもったままのガーゼにチンチンを向けてしごきはじめました。
「すいません、すぐ出ますから」などといかにもそう勘違いして受け取ったという風にあたりまえのように。(^-^;)
看護婦さんはちょっと戸惑った風でしたが、観念したのかガーゼの下に自分の両手のひらをあてがって手のひらにガーゼを広げるようにして私のチンチンの前に差し出すようにかまえました。
さすがに視線はちょっとそらしていました。
すぐに出るといいながらも3分ほどしごいたでしょうか?ちょっと女医さんが気になりかけた頃、急に玉袋の方からビクンというような快感が押し寄せてきて看護婦さんを脅かさないように小さな声で「出ます」というと看護婦さんは小声で「はぃ」と言いながら、ガーゼ以外の所に精子が飛び散ったらまずいと思ったのか、そらしていた視線を私のチンチンの先に向けました。
その瞬間、看護婦さんに凝視されながらドピュ、と発射しました。
発射した精液がガーゼに乗った瞬間看護婦さんが「あっ」とちょっと色っぽい感じの小さな声をあげました。
結局は精液はガーゼをはずれてしょっとだけ床にも飛び散りました。
でもあの薄いガーゼを通して看護婦さんの手のひらには私のたっぷり出た
精液の温かさと重さが伝わったはずです。
その後、ウエットティッシュのようなものを手渡され、「これで」といわれ自分で拭きました。さすがに看護婦さんは拭いてくれませんでした。
私はざっと自分のちんちんを拭くと床に飛び散った精液もふき取りました。
それを見て「すいません」と笑いながらほっとしたような表情で言った看護婦さんがなん

中一の時遊ばれました

中学校一年のときでした。
小学校は6年間皆勤賞で病気らしい病気をしなかったのですが、
中学校に入った、その年の秋に初めて風邪を引きました。
お医者さんへ行くことにしましたが、
住んでいるところが新興住宅地で徒歩圏内のお医者さんは近所の小児科だけでした。
僕は「小児科って中学生でも行けるの?」と母に確認しましたが、
母は「さっき電話したら中学生まで大丈夫って言ってたよ」
ということで、早速その小児科へいくことになりました。

物心ついてからはじめていくお医者さんだったので
緊張していたのを憶えています。
待合室でしばらく待っていると、
「○○君入ってね?」と看護婦さんに促され
診察室に入りました。
すぐに診察、と思っていたら、中にも椅子があり、そこで順番を待つ仕組みになっていました。
椅子から3メートルほどのところでお医者さんが診察していました。
幼稚園児ぐらいの子の診察をでした。
お医者さんは
「はーい、すっぽんぽんになろうか?」というと
男の子は裸になり、全身の診察を受けていました。
僕は「小さい子は裸にさせられちゃうんだなあ」と
初めて見る診察風景を興味深く見ていました。

そして、その子の診察が終わると、
「○○君どうぞ?」と看護婦さんに呼ばれ
お医者さんの前の椅子に座りました。
「どうしたのかな?」とお医者さんが言ったので、
「風邪引いたみたいで…」と僕は言いました。
体温測定、のどの検査のあと、お医者さんは
「僕今何歳?」と言ったので「12歳です」といいました。
するとお医者さんは、「じゃあいいだろ」といい、
私が「?」と思っていると、
「じゃあ、すっぽんぽんになろうか」と言われました。
まさか、小さい子だけでなくて、
中学生の僕まで裸にさせるとは思いもしませんでした。
恥ずかしさのあまりもじもじしていると
「男の子が恥ずかしがることないよね?」と看護婦さんにせかされ
セーター、Gパン、シャツを脱いでパンツ一枚になりました。

そのとき、別の看護婦さんが
「次の方、どうぞ?」と言いました。
次の順番の人が入ってきたのです…
全裸にされようとしている思春期の男の子が診察室にいるのに!
小学生の女の子と、付き添いのお母さんのようでした。
まさか、ほかの人が入ってくるとは思わず
パンツを脱げられないでいると、看護婦さんから
「おちんちんも診るから、パンツも脱いでね」と
残酷な一言がありました。
さすがに逆らうことはできず、
目をつむって、思い切ってパンツを脱いで全裸になりました。

12歳ですので、おちんちんの付け根には産毛も生え始めていて
それをたくさんの人に見られていると思うと、恥ずかしくてたまりませんでした。
そして、お医者さんは全身をくまなく診察。
まずは体の正面。
おちんちんの産毛を見つけたお医者さんは
「あれっ、生えてるんだな、見られちゃったな、ごめんな?」
「でも最近の子は成長がはやいね。健康でなにより!」といいました。
診察室のそとにも聞こえようかという声で恥ずかしくてたまりませんでした。
その後、おちんちんの皮が剥けるか、金玉に異常がないか、確認されたようでしたが、
恥ずかしさのあまりよく覚えていません。

次に体の背中の診察。
振り向いた僕の前には、先ほどの親子がいました。
お母さんとその子の目線は、僕の目ではなく、
下のほうを注目していました。
当然隠すこともできず、長時間(に感じた…)その成長過程のおちんちんを
晒す羽目になりました。

そして、診察は終了。最後はもう泣きそうでした。
「服着ていいよ」の一言に促されて、
4人の注目のなか、パンツをはいて、服をきて大慌てで
診察室をでました。
診察室を出ると、先ほどのお医者さんの大きな声が聞こえてたのか
僕に目線が注目…薬を貰うまでの時間が異常に長く感じました。

小児科って今でもこんなんなのでしょうか?
思春期に小児科へ行ってめちゃくちゃ恥ずかしい思いをした人って
多いんじゃないでしょうか。

もうちょうがないよ

去年の夏の話ね。
正真正銘、実話。だから誤魔化し誤魔化しかかないとヤバイw
まあ平気だろうけど。。
 
 
俺外科医なんだけど、ある日病院に盲腸の女の子が運ばれてきてさ。
その日はその子すっぴんで、痛さで顔がすっごいゆがんでるわけだけど、
それでも「あ、この子可愛いな」ってわかる。

診察するためにTシャツを少したくしあげて、
ジーンズも下げたんだけど、すっごいスタイルがいい。
クビレがいいかんじにあって、でも肌柔らかい?白い??
身長は少し小さめだけど、モデルでもおかしくない体型。
痛がってるのに、おなかムニムニ触っちゃって、ちょっとかわいそうだった。

彼女のスペック書くと、
年は21歳、大学生。
綺麗な茶色いストレートロングヘア。
テレ朝の女子アナ、大橋未歩に似てる感じ。

俺は28歳。普通メンだが、、、まあモテる。
婚約者の彼女アリ。

あと大塚愛にも似てるな。どっちかっていうとそっちかも
仮名で、愛としときます。

結局その時は薬で散らすだけにしたんだけど、
再発する前に虫垂とっちゃいたいって言うから、
数回検査のために通院してもらうことに。
愛は明らかに俺に好意があった。
診察中も、大学の話や友達の話など、楽しそうに話してた。
よく質問もしてきて、下の名前や年などを訊かれた。
話すたび、小首をかしげて、にこにこ笑う。
笑顔がすっごい可愛い。
看護師たちにも愛想よくにこにこ笑っていて、
この子は本当にいい子だな、モテるんだろうな・・・と思っていた。
老人ばっか相手の仕事だし、可愛い愛に会うのが唯一の楽しみだった。
彼女とは結婚の予定だったが、マリッジブルーっつうの?
なんか面倒になってたし。

診察では毎回Tシャツを胸の下まで上げてもらい、
ジーパンやスカートを腰骨あたりまで下ろしてもらって、
俺が愛の白いおなかを触るんだけど、
愛がじっと俺を見てるのがわかる。
で、俺もチラっと見ると、慌てて目そらす。
ヤバイ・・・可愛い。

手術が決まり、入院することになった。
先にいっとくけど、入院中はとくにエロいことはなかった。(当たり前かw)

痛みが治まったところでの入院なので、彼女はいたって元気。
5泊の予定だったが、小さめのボストンバッグをもって病院にきてた。
っつっても世話や案内は看護師任せだから会えないんだけど。。
入院中は1日2回、朝9時と夕方4時に回診があるんだけど、
ただ、毎日愛だけ回診3回+帰りにバイバイしにいったw
そのたび愛がにこにこしながら「せんせい♪せんせい♪」って話してくるのが
ちょーー可愛かったね。
でも俺は医者としてもプライドwがあるもんで、妙に落ち着いたかんじに。。w

あと愛はちょっと男が怖いらしく、ほかの男性医師や看護師には
ぷいっとしがちで、彼らに「愛ちゃん、リョウ(俺・仮名)先生だけっすよー」
ってうらやましがられて、マジ優越感w

手術前夜、バイバイを言いにいったとき、
愛が緊張して「明日、痛くない?こわくない?」とすごく不安そうだったもんで、
緊張をほぐすために「今なにが食べたい?」ときいたら
(前夜が食事がとれないから、おなかが減ったともいっていた)
笑顔で「焼肉たべたい!」って。
手術前に焼肉の話かよwwって思ったけど、
「じゃあ、手術頑張ったら食べに行こうな」と言ったら、
愛は「ほんと?ほんと?」って、すごい笑顔喜んだ。
あー俺ヤバイな、彼女もちだし、第一結婚間近だし・・・って思った。

で、手術も無事おわり、退院の日、愛に手紙をもらった
いろいろお礼が書いてあって、最後に
「先生大好き。焼肉忘れないでね♪ ×××@docomo?」
やっぱり患者に連絡先は渡せないし、もしかしたらもう会えないかもって思ってたから、すげー嬉しかった。

暇なんでもっかい続き書こうかと思ったんだが、人いたんだね。
すまん、2ch普段やらんからわからんのだけど、?って?

あー!支援してくれてるのね・・・
どうもありがとう はずかしい・・・2chしらないんす・・・
もちょっとしたら更新します

それから毎日メールしたり電話したり。
もう28のオッサンですし?彼女とも付き合って長い。
こんな学生の恋みたいなのは久しぶりだった。
で、焼肉の約束もし。
浮気だなーと思い、更に婚約者いることを秘密にしてたもんだから、愛への罪悪感もあった。。
けど、会いたくて仕方なかった。

いよいよ待ち合わせの日
俺が忙しくて、退院から1ヶ月もかかってしまった。
外で会う愛は不思議な感じだった。
黒いタートルネックに、白いレースの長いジレっていうのかな・・・
ジーンズのショートパンツから細い生足。足元はクリーム色のエンジニアブーツ。
「よっ」って声かけたら、にこにこしながら駆け寄ってきて
「先生、白衣じゃないね。へへ」
って小首かしげてはにかむ愛。
この仕草ヤバイ?小首かしげられるのヤバイ???

近くの良い焼肉屋にいって、おなかいっぱい食べさせる。
愛はお酒に弱いんだけど、俺が酒豪だから、一生懸命合わせてくれた。
愛の大学のことや俺の仕事のことなどいろいろ話した。
もう患者ではないので、病院の裏事情とかもw
なにを話しても愛は楽しそうだった。俺も楽しかった。

だんだん顔が赤くなって、ろれつがまわらなくなってくる愛。
これ、今日もしかして・・・と俺のなかにエロい考えが。

結局愛は俺に合わせて頑張りすぎてしまったようで、
ベロンベロンに酔っ払ってしまった。
なんとか住所だけきいて、タクシーを拾って彼女の家まで送ってく。
既に泊まる気マンマンだったけどw
ただ、素直で真面目な愛のことを、本当に好きになりかけてたから、
こんな感じでいいのかな・・・とも思った。
だがしかし、背に腹は変えられぬというか。w
タクシーは愛のアパートの前につき、何もしない自信ねえなーと、オッサン項垂れつつ、
「愛ちゃん、カギは?」ってきくと、
「かばん、かばん・・・」とグデグデになりながら言うので、
「かばん開けるぞ?」といって鍵を取り出し、愛をかかえて部屋へ押し込む。
すげーいまさらだけど、入院中まではもちろん愛のことを苗字で呼んでいた。
医局では俺含めみんな「愛ちゃん」て呼んでたけどね。
けど電話やメールをするようになってからは、本人にも愛ちゃんって呼ぶようになってた。
愛ちゃんは俺のことはせんせいって呼んでた。

愛の部屋は、すごくすっきりしていた。
女の子女の子しているのかと想像していたが、落ち着く部屋だった。
一人暮らしなのに、一輪挿しに花まで挿してある。
そういえば知り合いに華道を習ってるといってたから、
花が好きなのかもな、と思った。

愛が急に、「お客さんが来た・・・」と呟き、
ふらふらとキッチンにいき、ヤカンを掴んだから、
「いいから、お茶はいいから」となだめ、途中のコンビニで買った水を飲ませた。
白熱灯の間接照明だけつけた薄暗い部屋で、
愛はコートも脱がず、俺のヒザの上でスースー寝だした。
寝顔がすごくかわいい。
酔っ払いの寝顔とは思えん。隙ねえなー
酔っ払ったとき便座に顔つっこんで寝る俺の彼女を思い出して
なんかすげーなえた。落ち込んだ。は??

そろそろ寝るっす。
続きはまた。しえんサンクス!!

うっす。パンツ脱いでワクワクテカテカ支援してくれてますかねみなさん・・


あ、今日もまたチンタラ気味で書くんで、勘弁してねw

寝顔を見てたら、思わずそっとキスしてしまった。
特に緊張はせず。妙に落ち着いてた。
あー、俺、この子のこと好きなんだなって思った。
触れるようなキスだったので、愛は起きなかった。

コートを脱がし、俺もコートを脱ぎ、
う?む、これは・・・愛を脱がしてもいいのだろうか・・・
と思案していると、
「えくしゅ」
愛がいきなりくしゃみをした。か、かわいい・・・
自分のくしゃみで起きたのか、ムクっと起き上がり、ぼーっとする。
「愛ちゃん、終電ないんだけど、泊まって良い?」と尋ねると、
「うん、うん、Tシャツ・・・」
と、大きめのTシャツとスウェットを貸してくれた。
俺が着替える間、愛は自分の分のTシャツとスウェットを持って
トイレにいった。着替えているらしい。

ベッドの布団の上に寝っころがって待ってると、
愛がトイレから戻ってきて、布団の中に入った。
小さいTシャツと、ホットパンツタイプのスウェット姿が可愛い。
「俺も入っていい?」ときくと、「うん」
布団に入って20秒後くらいには愛の寝息がww
やっぱ寝ちゃうよね?きみ泥酔だもんね???↓↓↓
でもこんな可愛い子と同じ布団に入ったら、もう俺は止まらない。
好きだって気持ちが先行して、愛にディープキスした。
すると愛もこたえてくれた。が、途中で寝るwwww
そーとー酔っ払ってしまわれたか・・・と思いつつ、
後ろからぴったりくっつくかんじに抱きつき、
愛の胸をTシャツの上からもみもみ。
Tシャツが柔らかい素材で、すごい感触がいい?
愛は胸はそんなに大きくないんだけど、アンダーがほっそいから、
触ると結構手に余る感じで、すげーいい。ぷよぷよ

今まで医者と患者として、仰向けの愛の腹を何度となく触ってきたが、
とうとうおっぱいまでめくって触っちゃったな?なんて、感慨深くもあった。
余談なんだけどさ、診察のときズボンやスカートは腰まで下ろすって書いたけど、
その時はやっぱパンツも見えちゃうんだよねw
何回も診察したから、計10回は愛のパンツを見たかな。
そのたび、愛はすごく恥ずかしそうに天井を見てるんだけど、
俺は真面目な顔で、ちょーたってたwww
あと心臓の音きく時は、仰向けの愛のTシャツの中に手入れるんだけど、
入院中は何回かノーブラで、ぷるぷるのおっぱいに聴診器当てて
ムニュってするのがたまんなかったwww
愛の心臓はバクバクいってて、心音が正常か異常かなんてわかるわけなかったw

Tシャツの上から乳首を触ると、「んん」と愛が言う。
そして寝言のように「おっぱい、さわんないでぇ・・・」
そんなこときくはずもなく、下から上へと持ち上げるようにいっぱい揉む。
「んん・・・ん・・・・」愛の吐息が聞こえる。
小さい乳首がピンと立ってる。
両手で両胸の乳首をコロコロすると、「はぁ・・・あ」と聞こえる。
おきてるのかな?と思うが、少しでも手を止めるとガン寝ww
愛を仰向けにし、小さいTシャツおっぱいの上までたくし上げる。
白熱灯の電気だけだったが、十分よく見える。
ミルクティー色の小さい乳輪と乳首が照らされた。
すっげー綺麗。おっぱいの形も綺麗。どこまでパーフェクトだ、愛ちゃんよ。
男がこわいっていってたけど、ホントにあんま経験ないんじゃねえかって思った。

そのまま右の乳首を口に含み、チュッチュと弱く吸ってみた。
愛は爆睡モードに入ってしまったようで、寝息しか聞こえない。
寝てんのに乳首たつんだなー感じてんのかなー?
と思いつつ、少し強めに乳首チュッチュしたり、舌で舐めたり。
だんだん「んう」「ん・・・」「はぁ・・・」と声が出てくる。
左も舐めたあと、愛に軽く跨るような姿勢になり、
ぬるぬるになった両乳首を両手の指でコロコロすると
「は、あ、あ、んん・・・んー」と完全に感じてる様子。
薄目を開けて、「せんせ・・・?」
「なに?」と言いながらコロコロ繰り返すと、
「あああああ」「んん、せんせ、やめ・・・あっ、や、せんせ・・・」

もちろん患者としたことなんかないし、
セックスで「せんせい」なんて呼ばれたことないから、すげー興奮。
あー、俺、患者とやっちゃってるよ・・・と思うと、
いけないことしているようで、どんどん興奮した。正確には元患者だけどww
また乳首をチュッチュ吸うと、「せんせ!あ、やだあ、せんせえ・・・」と俺の頭を抱きしめてくる。
ホットパンツの脇から指を忍ばせて、そのままパンツの中に進入すると
クリトリスに当たってしまい、「ひあっ!!!」
すっげーぬるぬる、やばい、滴るくらいぬるぬるwww
そのまま吸い込まれるようにまんこのなかに中指を入れる
ぬるぬるですっげーあったかい。中、ふかふかのむにむに。
「あああ、あ、あー、やだっやだっ、せんせい、やだっ、あっ、あ、あ」
愛が脚を閉じようとするので、すかさず左手でがばっと開く。
何度か高速でピストンすると「あっ!あっ!あっ!やっ!」
けど脇から入れてるからやりづらい・・・
し、俺もびんびんになっちゃってるんで、いれたいww

キスして舌を入れると、愛も絡ませてくる。
ん、OKってことかな?と思い、ホットパンツをパンツごとずるっとおろす。
ホットパンツとパンツを取り去り、再び両手で愛の両足をガバっと開く。
「あ、やっ」と少し抵抗したが、気にしない。
薄暗い中だったけど、まんこはもうびっちゃびちゃ。
お尻のワレメを伝ってアナルの方まで流れるくらいで、光ってる。
まんこの周りもぬるぬるに濡れてる。。
ちっちゃめのクリストスはもう皮がむけてて、ひくひく。
中指で円を描くように刺激すると「ひあっ、あああああ、せんせだめ、あ!!」
すごい濡れ方だから、クリ撫でてるだけなのに、出る音もでかい。
ぴちゃぴちゃ、くちゅくちゅ、卑猥な音が部屋に響く。

「ん?気持ちい?」
「あっは、あああ、だっだめ、だめ」
「もっとはやくしよっか・・・」
「あっああああ、あああああ、あっやあ、やあっ!!」
気持ちよくなってきてしまったみたいで、脚を懸命に閉じようとする。
あー俺ももう限界、愛の気持ちよさで歪んだ顔とびちょびちょまんこ見てるだけでヤバイ。
俺も全部服を脱いで、俺全裸・愛チビTシャツ一枚(胸までめくれてる)の状態に。
もう興奮しすぎて、ゴムつけることとか考えられなかった。入れたい。

俺、まんこに挿れる前に、まんことクリにちんこ擦り付けるの大好きなのねw
正上位の体勢になって、両手で愛の手首を掴んで、前後に動く。
ぬるっぬるのほかほかまんこにカチカチのちんこをにゅるにゅる擦り付ける。
クリにあたるたび愛がビクビク動いて「あっ、あっ、あ、あ、ああっ!!」
たまにまんこにカリだけにゅっと挿れると、「あんんん!!!」って顔歪む。
「愛ちゃん、気持ちいいの?」ときくと、辛そうな顔しながらコクコクうなずく。
「じゃーいれちゃおっか・・・」と言うと、愛はエッ?という顔をしてこちらを見つめる。
その瞬間、にゅるっ!!!っと一気にチンコいれて、愛の奥を突く。

「ひゃあああ!!!」
あーやばい、すっごいしまる。これ名器。
ぎゅうぎゅうなんだけど、ぬるぬるだから動けるってかんじw
動くと、ニッチュニッチュ、グッチュグッチュ音がなる。
「あっ!あっ!あっ!あっ!せん、せ、あ、ね、だめ・・・!」
「せんせ、なま・・・あっ、なまだめ、なまやだあ・・・」
あーそういえば生だ・・・って思ったけど、もう止まれなかった。
愛の口をふさぐようにキスして、腰をめいっぱい動かす。ベッドがギッシギッシ軋む。
チンコにまんこがまとわりつくような、不思議なマン肉で、ヤバイ。。
腰ひいてもまんこがねっとりついてくるかんじ。すっげーやわマン。
俺ちょっと遅漏気味なんだけど、それでもやばいくらい気持ちいww

愛は生なのを気にしているらしく、唇を離すとまた
「せんせえ、なまっ、なまっ・・・ああっせんせ、なまだめだよぉぉ!」
って言うんだけど、それがまたエロいwwwww
動くたびにおっぱいもぷるぷる上下する。
乳首をまた両手でコロコロすると、愛の体がびくびくする。
「やばいよ・・・エロいよ愛ちゃん・・・」
「あっう、んんあ、せんせい、なまだよぉ・・・あああ」
「生だよ・・・愛ちゃん生気持ちいいの?」
「あっ、んん、あああ」
「なに?言わないと止めるよ・・・」
「あああ、せんせ・・・きもちい・・・なま、きもち・・・ああっ、きもちい・・・」
ヤバイwかわいいwww

「せんせ、せんせ・・・も、きもちい・・・?あっ、あ」
「気持ちいいよ、愛ちゃんのまんこヤバイよ・・・すげー気持ちいい」
「あっあっあっ、んん、きもちい、ああっ、気持ちいい・・・!」
もう言えって言ってないのに、自分から気持ちいいを連呼するのがすげー興奮w
ほっぺまっかですげー火照ってて、口半開きでアンアンいっててエロすぎる。
「せんせ、ね、せんせ、ああっ、すき・・・せんせいすき・・・」
うわ言のように好きといわれ、セックス中なのにジ?ン
「俺もすきだよ・・・愛ちゃん、好きだよ・・・」
「あっあ、せんせ、だいすき、ああっあああっあ」

俺そろそろ限界だなって思ってたところで、
「せんせ・・・・!ね、あ、ああ、あ、ね、いっちゃいそ・・・」
まじで!!www
「ん?そんな気持ちいの・・・?」
「あ、せんせ、もう、だめぇ、あっあっ、せんせい、せんせい、いっちゃいそ」
「俺もいきそ・・・愛ちゃん・・・」
愛の顔がいっそう歪んでくるので、俺もラストスパートかける
猛スピードで腰を前後に振ると、グッチュ!グッチュ!グッチュ!グッチュ!とすごい音。
愛の声も一層大きくなる
「あっ!!あっ!!あっ!!あっ!!あっ!!せんせ!せんせ!!いっちゃう!!!!!」
まあ俺はムチャクチャ動いてるからあんまり感じなかったけど、
俺がいくちょっとだけ前に愛のまんこが開いたり閉じたりするような感覚
その直後に俺もいきそうになり、愛のお腹の上で出した。

はぁはぁ言って薄目でどこかぼーっと眺めながら
グチョグチョのまんこ丸出しで、腹に白い精液かけられてる愛は
すげーエロくて、なんか幻想的だと思った。。
つーか、ほぼ同時にイクことなんて初めてで、すげー感動ww
体の相性も抜群なんだな?としみじみ思った。

結局その後、愛とは一度も会わなかった。
いまさらだけど、愛はかなり賢かった。
大学も、誰もが知る有名大。
空気を読んだり、人の気持ちを理解する力にも長けていて、だから誰にでも優しく接せて・・・
・・・だからこそ俺も愛を心底好きになってしまったけれど
もう会わなかったし、わざと連絡をとらないようにしてった。
俺がだんだんメールや電話をしなくなっていって、
賢い愛も、なにか悟ったのか、メールも電話もしてこなくなった。
最後にきたメールは、雪の降る寒い日に届いて、
「お仕事頑張ってね。先生大好き。」だった。
退院のときにもらった手紙と一緒だったけど、
あの時とは違うトーンな気がして、胸がしめつけられた。
俺も大好きだけど、もう返事がかけなかった。
愛と出会ったときには既に、彼女に婚約指輪も渡していたし、
親への挨拶や、友人・勤務先への周知も済んでいた
彼女への愛はあった
もう、破棄なんか出来なかったんだ

最後書こうとしたら投稿しすぎって規制(T_T)
にちゃんてそうなのか。とりあえず携帯から。

以上、咋夏から冬にかけて、俺が人生で一番人をすきになった話でした。
最後恥ずかしい私事になってしまった。orz
ただのエロ話の予定だったんだがww
しえんしてくれた方々、どうもっす。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード