萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

秘密

ナチュラリストファミリー

10代の頃の話で文章が下手で申し訳ないがもしよかったら読んで欲しい。

オレは結構な地方の出身で周りは山ばかり。
田舎の中の田舎という感じのとこに生まれてから高校卒業まで住んでいた。

中学1年のときだったか、ある日親から仲良くしなさいよという事で二人の姉妹と出会った。
親に連れられて来ていた二人の姉妹は、歳でいうと姉は中学3年、妹は同じ中学1年。
お揃いのキャミワンピみたいなのを着ていたのが印象的で今でも覚えている。

4人家族のこのファミリーは少し変わっていた。
山奥に家があり、ほとんど自給自足みたいな生活をしていた。
オレの家からでも歩いて1時間くらいはかかる距離。
そこに山を一つ買って生活をしていた。

ログハウスみたいなところの周りに色々畑があり
家族全員で農作業したり料理をしたりしていた。
父親がイノシシを取ってきたのはすごくびっくりした事があったが。

何より変わっていたのがその姉妹は学校に行った事がないという事。
自然の中で自然に育てるという教育方針だったのか
歳は同じで籍も学校に合った様だが一度も見たことはなかった。

最近住み始めたのかと思ったら実は姉が生まれた頃に引っ越して来たという事で
15年にもなる事にびっくりした。
一度も会う機会がなかったとは・・・。

その姉妹もほとんどその山から出る事がなかったらしい。
遊ぶのはその山の中と決められていてそこから勝手に出ると怒られるそうだ。

俺の父親はむこうの父親となぜか仲が良さそうで(後でなぜかわかるのだが)
姉妹の教育方針の中で、家族以外の人とも絡んだ方がいいのかもしれないと思い
それで俺に白羽の矢がたったようである。
最初は変な家族だなと思っていたので半年くらいは全然。
よく遊ぶようになったのは中2からだった。

姉妹は二人とも160cmないくらいでスリムな感じ(野菜ばかりだから?)
目はクリクリとしててカワイイといえばカワイイのだが、
いかんせん浮世離れした生活をしてるので
日に焼けているしあまりオシャレに気を使う感じでもない。
服も全て母親の手作りらしいから徹底してるなぁと思った。

中2になったある日、その時姉妹の移動範囲は山か俺の家。
元々、田舎で途中も畑ばっかりだし、やるといっても鬼ごっこやかくれんぼくらいのもので
うちもビンボーでゲームとかなかったからそこにギャップを感じる事はなかった。
ただ、テレビの話題とかはさっぱりだったが・・・。

そのある日、姉妹から家にこない?といわれた。
遠いからと思っていたが親のプッシュもあり行くことに。
片道1時間はしんどかったのを覚えている。

獣道みたいな道をあがると山の中腹ぐらいが少し広場に。
そこにバンガローと畑がひろがっていた。
なんだか秘密の村みたいな、テレビとかであるような消えた村みたいな
そんな印象を持ったのをおぼえている。

驚いたのがほんとに自給自足。
文明機器といえば火をおこす為のライターとかオイルだったり
一応発電機もあったがほとんど使う事がないという。
なるべく自然と一緒に生きるという感じだという。

まぁでも本当に驚いたのはそこからだった。
姉妹の母親がご飯作ってるからお風呂が沸いたから入っていきなさいといわれて
えらいプッシュされてご馳走になる事にしたのだが、
お風呂がいわいるドラム缶みたいな五右衛門風呂?
さすがに田舎とはいえこれは珍しいのでおーと思ってると
姉妹がやってきて一緒に入るといいだした。

いやいやそれはちょっととモジモジしてると
姉妹にそういう恥はないのかいきなりワンピースを捲り上げる。
そのとき初めて知ったというか薄々気がついていたのだが
姉妹は下着をつけてなくていきなり全裸。
胸はあまりないがキレイに引き締まっていて
特に姉の方の体はもうしっかり大人の女だった。

当然年頃のオレは瞬間に勃起w
姉妹がに手を無理矢理ひかれて、わかったわかったと服を脱ぎだして入ることに。
小さい風呂に3人はきつくてかなり密着する感じで
オレはそのまましこってしまいたいぐらいの初めての衝撃。
いつもお父さんとこうやってはいるらしくドギマギしながらのお風呂だった。

そっからはもうチンポがゆるむ暇がないというか
お風呂出た後も姉妹は裸のまま。
特に両親も何か言うこともなくそのままご飯に。
むしろ両親もお風呂に出た後、素っ裸だった。
オレはパンツだけはかしてもらっていたが
ずっとテント状態。
我慢汁でベトベトなのがよくわかる。

結局我慢できずにトイレでぬいてしまった。
3?4往復でどばっと。。。
最高に気持ちいいオナニーだったのを覚えている。

それ以来姉妹の裸をみたくて1時間の道のりも苦にせずに遊びにいくようになった。
姉妹は山ではいつも裸か下にタオルだけ巻いているようで
両親もそんな感じらしく
遊びにいくと最初から裸で迎えてくれるようになった。

遊んでお風呂、ご飯食べてオナニー、そんな感じで1年が過ぎていった。
むこうの両親と仲良くなった関係と俺も歳をとったこともあり
色々と話を聞かせてもらえる事が増えた。

そこからどうしてこんな生活をしているのかを色々と知ることになる。

ザッピングノベル2 「真夜中の海岸・TYPE?B・浩之36歳」

私は、毎年夏には海の家で仕事をしています。浩之といいます・・・36歳になります。
これからお話することは、まるで夢のような事です・・・。
私はいつもの通り海の家での仕事が終わり、その日は仕事仲間達と海の家で飲み会をしていて、
夜中の12時くらいまで騒いでいました・・・。そして、お開きにした後は、私は酔いを
さましたかったので、後片づけを全て1人で引き受け、ほかのみんなには先に帰って
もらいました・・・。

”真夜中の海岸の砂浜を少女が全裸で歩いている!?”

後片づけも終わり、それでも私はまだ酔いを完全にさましたかったので、そのまま
海の家に留まっていました・・・。この日は異常に暑く、家内の裸電球の熱でさえ
うっとおしく感じたので、私は電気を消して真っ暗の状態で、海の家の入り口を全開にして
家の中から海岸の方をじっと眺めていました・・・。すると・・・
海岸の砂浜を誰かが歩いているのを見つけました。私はてっきり、この猛暑の影響で
この海岸に誰かが涼みにでも来たのだろうと思いました・・・。しかし、よく見ると、
その人はまるで裸でいるように見えました・・・。この日は猛暑ではあったが、天気は良く
月も光々と輝いていて、暗さに目が慣れれば、人間の目にでもだいたいは何がどうなって
いるのか確認できるくらい明るい状態でした。どうやらその人は1人で来ているらしい・・・。
体格から見て、どうも女の子らしい・・・しかもまだ中学生くらいの子供・・・。
そんな物心を覚える頃の少女が裸で? まさか・・・
 「きっと肌の色によく似た色の水着を着ているのだろう・・・」
私はそう思いました・・・。それを確かめるべく、私は海の家の戸締まりを急いでして、
少女にそっと近づいて行きました・・・。後ろから見て、おしりの割れ目がクッキリと
わかったので、まさか本当に裸ではないだろうかと、気が付かないうちに私は変な期待を
持ち始めていました・・・。そのおかげで私の酔いも吹っ飛んでしまいました。
もし裸だとすると、少女は靴も履いていないようなので、全くの全裸ということになる・・・。
段々興奮してきました・・・。少し進むと少女は立ち止まり、海岸の方へ向き、
次第に仰向けに寝ころんでしまいました。
この時、少女のふくらみかけた小さな胸にある乳首が見えました・・・。もし水着を着て
いたのなら、こんなものはクッキリと確認できないはず・・・やはりこの娘は全裸なのだ。
私は実は、これくらいの年の女の子に非常に興味のあるロリコンなのです・・・。
なので、夢中になって少女を観察していました・・・。できれば足の方へ回って、少女の
一番大切な女の部分・・・おしりの割れ目ではなく、前の方の割れ目が見たくて
どうしようもありませんでした・・・。しかし、足の方へ回るには海の方へ行かなくては
ならないし、海水に触れずに近づくには少女に近すぎて気付かれてしまう・・・。
そうあれこれ考えているうちに、少女が思いもよらない行動に出たのです・・・。

”真夜中の海岸の砂浜で少女が全裸でオナニーを!”

少女は右手を股間の方へ、左手を胸の方へと動かし、小さな乳房を揉んだり、指で乳首を
摘んだりし始めました・・・。よく見えませんでしたが、右手では中指であそこの割れ目を
まさぐっているように見えました・・・。私は、これはオナニーであることをすぐに悟り
ました・・・。少女の髪型はショートカットで、体格は少し細め・・・
一見おとなしそうな仕草をしていました。私の好みにピッタリの少女です・・・。
夜中とはいえ、このような幼気な少女が外で全裸になって、しかもオナニーをするなんて・・・
なんと大胆な・・・。でも、私はこれを見ることができて幸運だと思っていました・・・。
次に少女は、両足をおもいきり開いて、両手をあそこの割れ目の方へ持っていき、少しの間
そのままじっとしていました。そして今度は、両足を開いたまま先ほどと同じように
右手で股間、左手で胸を刺激し始めました・・・。これまで静かにやっていたオナニーも、
少女は段々と喘ぎ声を出すようになってきました・・・。しかも、少女の喘ぎ声は次第に
堂々と大きくなってくるではありませんか!
 「ああっ・・・ああん・・・ああ・・・」
一瞬、私はびっくりして、これによって誰かに気付かれて
他の人がこっちにやって来るのではないかと心配し、辺りを見回しました。
幸いなことに、少女が寝転んでいる所は海岸の中心部で、堤防までは結構な距離があり、
砂浜に入って来ない限り人に気付かれる心配はありませんでした・・・。しかし、もし
他にもこの海岸に来ている人がいたら、せっかくの私の獲物が台無しになってしまう・・・。
早く何とかしなくては・・・このまま見ているだけではもったいない・・・。
私は、少女の喘ぎ声を聞いているうちに、自分の欲望を止められなくなってしまいました。

”オナニーに没頭している少女の目の前に全裸の中年男が立ちふさがる!”

私はこの時、良からぬ事を思い付きました・・・。私は少女の秘密を知ってしまったのだから、
それをタネにしてしまえば、きっと私の言う通りにしてくれるだろう・・・。しかし、
暴力はいけないので、優しく迫ろうと思いました・・・。そして、
私は少女の前に出ることを決意しました・・・。できるだけ少女と同じ立場をと思い、
私も着ている着衣を全て脱ぎ、全裸になりました・・・。堂々と接近したつもりが、
少女はあまりにオナニーに無我夢中らしく、もう目の前に来ているというのに全く私に
気がつきませんでした・・・。呼び止めるのも何だと思って、私は少女が自分で気が付くまで
そのままじっと見ていることにしました・・・。私は今少女の足元にいます・・・。
おもいきり開いた足の真ん中に立っています・・・。この時、先ほどまで見たくて
しょうがなかった少女のあそこの割れ目が見えました・・・。少女はクリトリスを集中的に
刺激しているようです・・・。少したって、ようやく少女が私に気付きました・・・。
少女はビックリしたのか、金縛りにあったかのようにピタリと動かなくなってしまいました。
だが、そうなるのも当然・・・少女に取っては禁断の姿を見られてしまったのだから・・・。
そんな少女に私は問いかける・・・
 「暑いねぇ・・・おじさんもこれから君と同じことをしようと思ってここに来たんだよ・・・
  どう? 一緒に楽しもうよ・・・興味あるんでしょ? いろいろ教えてあげるよ・・・」
少女は固まったままの状態で、何も返事をしませんでした・・・。しかし、私はもう
目の前にいるお宝をモノにしたいが一心だったので、私から、仰向けになっている少女に
覆い被さるように接触しました・・・。
 「イヤッ!」
少女は初めて喘ぎ声以外の声を出しました・・・。抵抗する様子はありませんでしたが、
私は少女の両腕を砂浜に押さえ込んで、そっと自分の顔を少女の顔に近づけて、
もう一度問いかけました・・・。
 「キミ・・・名前はなんていうの?」
 「茜といいます」
 「茜ちゃんか・・・年はいくつ?」
 「14歳の中学2年生です」
やはり中学生・・・念願の女子中学生を今、私は目の前にしている・・・しかも全裸の・・・。
これからその欲望が達成できるかと思うと、その満足感は言葉では言い表せません・・・。
それに、言葉遣いからはどうも純情な少女らしい・・・正に私の理想の女子中学生・・・。
 「茜ちゃん・・・今からタップリと楽しもうね・・・
  茜ちゃんの知りたいこと、全部教えてあげるから・・・」
私は、この少女がこのまま私の言う通りにしてくれることを願いました・・・。すると・・・
 「わたし・・・初めて・・・」
茜のこの一言によって、私との性行為を許してくれていることを確信しました・・・。
当然初めてでなければ、私は満足できない・・・。これからタップリと、
処女の女子中学生と本当の男と女の行為を教え合うのだから・・・。
まず手始めに、私は茜に優しくキスをしてあげました・・・。茜はそっと目をつむり、
私の唇を受け入れてくれました・・・。私も茜の新鮮な唇にちょっぴり快感を覚え、
結構長い時間キスを楽しんでしまいました・・・ツルツルとした感触がたまりません・・・。
そして、ついに本格的な性行為に・・・。私は茜の未発達な小さくてかわいい乳房を
両手で優しく愛撫しました・・・。優しく揉みながら、指で乳首を転がす・・・。
茜は完全に私の愛撫を受け入れてくれているようで、抵抗の兆しは全くありません・・・。
茜の小さくてかわいい乳首は、私が触れた時から既に硬くそそり起っていました・・・
それもそのはずだろう・・・茜はさっきまで大きな喘ぎ声を出して
オナニーをしていたのだから・・・。わざとらしく私は茜に問う・・・
 「茜ちゃんの乳首・・・硬くなってるよ・・・どうして?」
茜は恥ずかしそうに私を見る・・・。次に、今度は茜の乳房を私の口で吸う・・・
それと同時に舌先で乳首を転がす・・・。茜は気持ちがいいのか、体を少しヒネっていました。
さらに私は片手を茜の一番大切な女の部分へ、体をなでながら向かわせる・・・。
私の手が茜の女の部分に到達しようとした時、茜は少し言葉で拒否反応を見せました・・・。
 「あっ・・・イヤッ・・・」
茜のあそこは既にビチョビチョに濡れているはず・・・きっとそれを知られるのが
恥ずかしいのだろう・・・そう思って私は・・・
 「何も恥ずかしがることはないんだよ・・・
  今の茜ちゃんは、女としての本当の姿なんだから・・・」
こう言い聞かせると、茜は再び私に全てを許してくれました・・・。私の手は完全に
茜の女の部分に到達し、指先で割れ目を優しくまさぐり始めました・・・。あんのじょう、
茜のあそこはビチョビチョに濡れていました・・・。そして、
女の子の一番感じる所と言われているクリトリスにより愛撫を深めました・・・。

”ビチョビチョに濡れた女子中学生のあそこの割れ目を中年男が激しく舐め回す!”

次に私は、茜の両足を手に取って持ち上げ、茜の頭の方まで倒し、手に取っている茜の
両足を思いきり開きました・・・。こうすることにより、茜の腰が持ち上がり、女の部分、
すなわち茜のあそこの割れ目が私の顔のすぐ目の前になるわけで、茜にとってはかなり
恥ずかしいポーズになるはずである・・・。やはり恥ずかしいのか、茜は今度は体で
拒否反応を見せました・・・。
 「大丈夫、茜ちゃん・・・
  今からおじさんが茜ちゃんの女の部分を男の舌でタップリ愛してあげるからね・・・」
こう言いながら私は、ビチョビチョに濡れた茜のあそこの割れ目を思いきり舐めはじめました。
これによって、茜が喘ぎ声を出し始めました・・・。それに、割れ目を舐め回しているうちに、
もう1つ茜の秘密を発見しました。舌先に何だか少しザラっぽさがあるなと思ったら、
なんと・・・茜のあそこの周りにはもう、無精ひげくらいの短い陰毛が生え始めていました。
 「おや? もう毛が生え始めてるんだ・・・もう大人だねぇ」
私は段々と興奮してきて、茜のクリトリスを集中的に舌で激しく舐め回しながら、両手では
茜の両方の乳房と乳首を愛撫しました・・・。
 「いいっ・・・いいっ・・・おじさんっ・・・気持ち・・・いいっ・・・」
茜はもう・・・私の思うがままに頂点に昇り始めているようでした・・・。

”女子中学生に中年男の棍棒をしゃぶらせる!”

次に私は、茜の手を取り、自分の男の棍棒へと導きました・・・。
 「触ってごらん? これが男の本当の姿だよ・・・」
茜は私の男の棍棒を軽く握ってくれました・・・。
今度は、茜に私の男の棍棒をしゃぶって欲しかったのです・・・。
 「おじさんの男の棍棒が茜ちゃんにキスしてほしいって言ってるよ・・・」
遠回しに要求すると、茜はそれを理解してくれたらしく、仰向けで寝た状態から体を起こし、
私の男の棍棒に口を近づけ、舌で舐め始めました・・・。女子中学生の新鮮な舌で
男の棍棒を舐めてもらえるなんて、こんな幸せなことはない! あまりの気持ちよさに・・・
 「お・・・いいよぉ・・・茜ちゃん・・・その調子・・・」
直接感じる所を知らないせいか、茜は男の棍棒の全体を順番に舐め回す程度・・・しかし、
直接性感帯を攻められたら一発でイッてしまうだろうから、これで満足でした・・・。
そして新たな要求・・・
 「茜ちゃん・・・今度はその棍棒を口に入れてキャンデーみたいにしゃぶってみて・・・」
茜は言うがままにそれを実行してくれました・・・。あまりの気持ちよさに、
もう少しで白いモノを茜の口の中に射出してしまうところでした・・・。
茜は無我夢中で私の男の棍棒をしゃぶってくれています・・・。
 「茜ちゃんはこの男の棍棒をずっと求めていたんだね・・・」

”中年男の硬くなったモノを念願の女子中学生の女の部分に生で挿入!”

そしてついに本番・・・私は再び茜を仰向けに寝かせ、男の棍棒を茜の女の部分に
押し当てました・・・。すると、茜が突然起きあがり拒否してきました・・・。
しかし、私は説得しました・・・
 「茜ちゃんを知りたい・・・もっともっと、今度は男の棍棒で茜ちゃんの女の部分の中を・・・
  茜ちゃんも知りたいでしょ? 男の棍棒がどういうものかを、手や口ではなく女の部分で・・・」
すると、茜は納得してくれたようで、再び気を許してくれました・・・。
ゆっくりと男の棍棒を茜のあそこの割れ目に挿入してあげました・・・。少し入った所で、
茜は痛みを感じたのか、小声で言いました・・・。
 「いたっ・・・」
 「大丈夫・・・痛いのは初めだけだから・・・少し我慢してね・・・」
そう言いながら優しくゆっくりと挿入していき、ついにその男の棍棒が
茜の女の部分の奥の奥まで入りきりました・・・。そして私は、またゆっくりと
抜いたり入れたりとピストン運動を始めました・・・。茜はもう痛みを感じなくなったのか、
息が段々と荒くなってきて興奮してきているようでした・・・。私も興奮してきて、
ピストン運動も次第に激しくしていきました・・・。未開の処女の壺は何とも言えぬ快感で、
念願の女子中学生との性行為・・・ズバリ、SEXを今体験しているかと思うと
とても幸せでたまりません・・・。しかも、突然の出来事なのでコンドームなどの避妊具は
当然用意していなく、生での挿入・・・。私は、男の棍棒で茜の女の部分の奥深くまでを
直に愛しているのだ・・・。

”真夜中の海岸中心部の砂浜で、月の光に照らされながら
 全裸の女子中学生と中年男がお互いの本能をむき出しにして
 周りに目もくれずSEXに夢中!”

私と茜は既に、本能のままSEXに無我夢中になっていました・・・。
茜は大きな喘ぎ声を上げている・・・
 「ああっ・・・あん・・・ああっ・・・あはっ・・・あはっ・・・」
私は既に激しくしているピストン運動をさらに継続させ、自分自身も叫びながら
茜と愛し合いました・・・。
 「おおっ・・・おお・・・いいっ・・・茜ちゃん・・・いいよおぉ・・・」

”女子中学生は中年男の最高テクにより失神、気絶寸前!”

もう頂点に達して、そろそろだと思った時、私は茜の異変に気が付きました・・・。
喘ぎ声がおかしいのです・・・
 「あっ・・・あっ・・・は・・・は・・・」
何となく呼吸困難を起こしているような・・・これはもしかして、茜はあまりの快感に
耐えきれず、快楽の頂点を越えてしまったのではないかと思い、私は急いで茜のあそこから
男の棍棒を抜き、白いモノを茜のお腹の上に射出し、自分だけ正常にイッてしまいました・・・。
それでも茜は少し失神状態でした・・・。意識は朦朧としているようで、このまま他って
おくには少しまずい状態でした。しかし、病院に連れて行けば自分が今ここでしたことを
人に知らせることにもなるので、どうしようかと迷った挙げ句、茜が自分で我に帰って
気が付いて無事に帰ってくれることを期待して、私は気絶寸前の茜を海岸の砂浜の真ん中に
置き去りにして自分だけ帰ってきてしまったのです・・・。その後はすごく不安でしたが、
次の日、これといってあの海岸で人の遺体が発見されたという情報もなく、きっと茜は無事
に気が付いて帰ったんだなと思い、安心しました・・・。私は、夢にまで見た女子中学生との
SEXを実現した今、満足感でいっぱいです。それに懲りず、私は毎晩のように夜中に、
茜と愛し合ったあの海岸に来ています・・・。そう、またあの時のように全裸の女子中学生が
歩いて来ないかと密かに期待しているのです・・・。また同じ茜でもいい・・・きっと、
私は夏の間はずっとこれを続けることになるでしょう・・・。

「真夜中の海岸・TYPE?B・浩之36歳」完

初乱交3×3

22歳の大学生です。

無事に就職も決まって、のんびりと学生生活最後を謳歌しています。
先日、高校の同級生2人と久々に飲みに行ったときの話です。

いつもみたいに安居酒屋じゃなく、ちょっと奮発して少し高めの店に行きました。

結構早めの時間から飲み始めたこともあり、入った時には結構すいていましたが、
段々とお客さんも増えてきて、隣のテーブルにも3人連れの男性グループが
座りました。

ふとしたきっかけから話し始め、30分ほどで意気投合してしまっていました。

向こうも高校の同級生グループらしく、年は27歳だそうです。
医者、弁護士、IT起業家という組み合わせで、結構リッチな人たちでした。
しかも三者三様にそこそこイケメン。

そのまま、行ったことのないような高級バーにも連れて行ってもらい
結構飲みまくりました。

バーを出たあと、「もう少し飲み直さない?」と誘われ、一瞬迷いましたが、
ホテルのパーティルームへ6人揃って行くことに。

ここで、参加者を改めて整理。

私:大学生22歳 165cm/F 篠田麻里子似 ミスキャンパス
友A:専門学生22歳 170cm/B 香椎由宇似 バイトでモデル経験
友B:大学生21歳 162cm/G 石原さとみ似 高校時代一番人気

医者:27歳 180cmぐらい 山口智充似 ゴリマッチョ
弁護士:27歳 175cmぐらい 玉木宏似 爽やか系
IT社長:26歳 172cmぐらい 小池徹平似 可愛い系

はじめこそ、普通に飲んでいましたが、途中からみんな服を脱ぎ出し、
最終的に6人が全裸で飲んでいました。

この時点で、初めの店で全員がビールをジョッキ4?5杯のみ、
バーでもカクテルやテキーラなどを5?6杯ずつ飲んで、
さらにホテルに来てウイスキーをみんなで3本空けていたので、
正直いって、まともな判断能力なんかは残っていませんでした。

そうこうしているうちに、友A×医者が始まりました。
残りの4人で観戦しながら酒を飲むというカオスな展開でした。

脱いだ時点で、3人ともズルムケ巨根の持ち主ってのは分かってましたが、
医者のフル勃起チンコは、マッチョな体にも映える極太さんでした。
しかし、その見た目とは裏腹に、力押しではなく、凄いテクニシャンみたいで、
普段クールな友Aのあんな乱れっぷりを見せられるとは思いませんでした。

当然、そんな状況を見せられていると観客側も変な雰囲気になっていき
友B×弁護士もスタート。完全に先を越されました…

弁護士のチンコは長さが凄くて、友Bが両手で握っても余るレベル。
こちらは前戯もそこそこに即挿入。ロングなチンコでの大きなグラインドで
友Bの巨乳が揺れる姿は非常にエロかったです。

マッチョな太チンに抱かれて身悶えるモデル体型の友A、
爽やかな長チンに突かれて巨乳を振り乱す友B、
2人を見て、残り物の私もグッショリ濡れていましたが、
ふと、ITの方に目をやると、流石に半勃ち状態。

私もスイッチONで、私×ITが開戦。
盛り上がってきてフル勃起となったITのチンコがデカイ。
勃起前は他の2人より1周り小さかったのに、勃つと、
完全に一番デカイ。カリの張り方も凄くて、中性的なルックスからは
想像できないような凶悪なチンコでした。

このサイズなので、愛撫も丁寧に挿入時に痛くないようじっくりほぐして
やさしく入れてくれましたが、いざ入ってしまうと、それまでのキャラとは
真逆のパワフルなファックでした。
超巨根をギチギチに詰め込まれ、挿入されているだけでイキそうな私は
ガン突きを喰らわされ、久々にイキまくり状態でした。

何分経ったか分かりませんが、ようやくITがチンコを引き抜いてくれて、
飲み物を渡してくれました。
私も限界が近かったので、ホッとして飲んでいると、
「じゃあ、席替え??」と言うIT。

周りを見やると、同じように強かイカされて、肩で息をする友ABの傍らから、
医者&弁護士が離れて、選手交代…

私×弁護士、友A×IT、友B×医者で第2ラウンド。

私は先にITを味わった後だったので、少し物足りなく感じましたが、
単体でこれなら、間違いなく大当たりのレベル。
太さが異常でない分、奥の方までスムーズにグラインドで突いてくれ、
十分に、イカしてくれました。

当然、ここまでくれば、もう一度シャッフルして、
私×医者、友A×弁護士、友B×ITで第3ラウンド。

医者は長さは他の2人に及びませんが、やっぱり体の構造を
知り尽くしているのか、テクニックが凄まじく、挿入前から
ヒクヒクしてしまいました。

初めての複数×複数の大乱交、のべ3時間ほどの酒池肉林でした。
3人とも一晩でのイキっぷりとしては過去最高だったと思います。

私たち3人は結構男性経験豊富なつもりでしたが、
3人の共通見解として、ITのチンコは史上最強。
医者のテクニックもNo1だということでした。

総合評価は私、友BがITに2票、友Aが医者に1票でした。

実は、別れ際に私だけITとメアド交換したことは2人には秘密です。
今度はコッソリ独り占めできたらなぁなんて考えています。

悪い噂

自己紹介なのか類友なのかよくわからないけど、自分の身の回りで起こった話をひとつ。

 かつて私の住む地域には、伝説の泥ママAがいた。
詳細は割愛するけど、もうすごい悪い噂しか聞こえてこない人で、そのうち捕まるかも・・・ってよりも、
 そのうち消されるかも・・・っていう予想のほうが圧倒的だったんだけど、消されるより前に塀の向こうへ行ってしまわれた。

Aママがいなくなって、しばらくしてから近所にBさん一家が越してきた。
 Bさんと私は子供同士が同じ幼稚園で、送り迎えのときに会ったらあいさつする程度。
特にこれと言った悪い噂も聞かず、すぐ周囲に溶け込んだし、私の印象では感じのいい人だった。
 ところが、Bさん一家が越してきて一年ほど経つか経たないかのころ、急にBママさんの悪い噂が流れ始めた。
その噂というのが、
・Bママは浮気してる
・愛人してた
・堕胎歴が二桁の大台突破
・B子ちゃんたち(一男二女)は全部父親の違う子で今の旦那騙して、ちゃっかり専業主婦におさまってる
・中卒
・万引き常習犯 などなど。
 さすがににわかには信じられないような話だけど、信じてしまう人もいたらしく、
その頃はBさんに対する態度がそっけないというかどこかぎこちない人が多かった。
 そのうち、Bさんに関する話を積極的に広めている人がCママとそのママ友たちを中心とするグループということが判明。
Cママグループというのは、すごく派手で気の強いCママを中心としてて、結構賑やかで勢いのあるグループ
なんだけど、何かとトラブルメーカーなところもあり、深くお付き合いすることを控えているお母さん方も多かった。
 それでそのCママたちの言動がエスカレートしてきて、ついにBさんご本人がいる前でも、
「やっぱり育ちが悪い人って・・・・・ねぇ?」と聞こえるように悪口を言ったり、Cグループの子どもたちが
B子ちゃんを孤立させようとするなど、いじめの兆しが見え始めるようになってしまった。

つづき
 しかし、なぜかBさん親子どこ吹く風。
それに苛立ちを募らせたのか、ある日ついにたまりかねたCママが、
「ちょっと待ちなさいよ。よくすました顔してこの街に住んでいられるよね。
皆あんたのこと知って、陰で笑ってるんだからね、この恥知らず。」みたいなことを言って、
その場が一瞬にして凍りついてしまった。

 「そうよ、何とか言いなさいよ」とせきを切ったようにCママ友たちもBさんをなじり始めた。
ちょっとまあまあ落ち着いてと仲裁に他ママさんが入り、この際だからとCママ軍団とBさんが
なぜか我が家wで話し合いをすることになった。

Cママ軍団は「こんな身持ちの悪い女とその子どもが一緒の園にいると思うとぞっとする。」
「母親のくせにこんなにふしだらな噂だらけで最低。自分の立場わかってんの?」
とか言ってBママ大糾弾。

するとBママ、
「知ってますよ。高校中退してて、浮気しまくり、愛人にもなったことがある、そして堕胎しまくり、
父親の違う子ばかり産んで今の旦那騙してる、万引き依存症って話でしょう??
でもひとつだけ間違ってますよね。その噂。」
 Cママが急にキョドり始める。
Bママ「それって私のことじゃなくて、ご自分のことじゃないですか??Cさん」

その場にいた全員が一斉にCママを見た。
Cママ軍団「ちょっと!!失礼なこと言わないでよ!!」とファビョるファビョる。
するとBママ、バッグから一本のビデオテープを取り出した。

 それはアダルトビデオだったんだけど、どう見ても表紙の女優はCママ。
Cママ血管切れて倒れるんじゃないかってくらいファビョって、
「こんなありもしないものまで作って人に濡れ衣かぶせてふじこー!!」
だったんだけど、
「これ、Cママさんのお母様から、Cママさんの忘れ物だから渡すように頼まれたんですが。
なんだったらどうぞご確認ください。」
一同え?え?なにがどーなってこーなってるのkwskだったので、Bママが訳を話し始めた。
 実はここに越してくる前にBママの懇意にしていた元ご近所さんが、絶縁状態だったCママ実家。
Bママがあまりにもよくしてくれているので、こんな娘がいたらよかったのに・・・と涙ながらに語りだした
Cママ母の話が、娘であるCママの呆れた遍歴だった。

 元々容姿だけは良く、おまけに無駄に悪知恵ばかり働くCママ。
高校の頃妊娠して退学。それからDQ街道まっしぐらで、前述のAV出演もそのひとつ。
夜の街で金持ち捕まえて奥様(笑)におさまった話、兄弟姉妹の配偶者をいびったり、寝取ったり、実家からお金盗んだり、
そのくせ実父の葬儀には来なかったり。
 しかし、C母はCママと孫のため、Cママ夫とは極力接触を控えていたけど孫の父親が誰か分からない
ことを知ってもう脱力。全て言いたいけど、C夫にばらしたらどんな仕返しされるかわかったもんじゃないと
絶縁して、徹底的に関わらないようにしていた。
 そんな中Bさんがこちらへ越してきた。
最初はCママも愛想良かったらしいんだけど、以前どこに住んでいたのかを尋ねられて、
・それがきっかけで実家のご近所だと言うことが発覚
・自分の秘密が発覚するヤバイヤバイヤバイ
・先制攻撃で噂流せば無問題
で、自分の話をBさんにすり替え、散々いやがらせをしていた。

おまけにB旦那さんにコナかけていたことも判明。
 私と寝ればBさんの悪い噂を消してあげる☆ミ
しかし一蹴されて、さらにいやがらせをエスカレートさせていったとか。
 なぜ見ず知らずのCママにこんなにいじめられるんだろうって思って鬱々としていたところ、
C母さんから連絡→思わず愚痴こぼす→C母、娘がBさんにいやがらせしていることを知る
激怒そしてCのビデオを
「もうあれは娘どころか人とも思っていない。これをあげるから好きにしなさい」
とBさんに渡したそうです。

 まあその日を境にC軍団は解散、元C軍団は手のひらを返してCの悪口をいろんなママさんに
吹き込んでいたんだけど、「なんで友達の悪口言うの??」と逆にFOされるし、
C軍団の裏切りにキレたCママが道連れにしてやると言わんばかりにC軍団の秘密を大暴露。
前述のAさんに一部自分たちの罪をなすりつけていたらしいことが判明して、光の速さで
Cグループある人は離婚、またある人は義実家強制同居、引越しと散り散りになっていきました。
 最後まで粘ったCママも百年の恋が醒めて盲目から開放された夫に離婚されて、
今ではふたつくらい隣の町でお風呂に漬かっているとか。以上です。

補足ですが、C子達はC夫が引き取ってます。
 本当の親子ではないんですが、一緒に歩く仲むつまじい様子がたまに見られることもあり、
ほほえましいです。こんないい旦那さんなのになんで裏切ったのかな?と未だに疑問です。
 
 現在のCママですが、お風呂か飲み屋で悠々自適のおじいちゃんをひっかけたらしく、結婚話が持ち上がってます。
が、おじいちゃんの親戚や子どもが大反対しててちょっと修羅場状態だそうです。
おじいちゃんの親戚の一人が母方の親戚筋に当たる人なので、その人情報によると、「まああそこまで図々しくふてぶてしい女は
見たことがない」だそうです。


渡辺さんとFカップな彼女4

先ほど彼女と外食をしてきました。上の方で書かれているように、彼女にお願い出来ないものかと思いました。
彼女の家じゃなくて、外食にしたのは、周りに他人がいればお互い冷静に話しが出来るんじゃないかと思ってです。
少しだけお酒を飲んで食事が中盤に差し掛かった頃、彼女に渡辺さんのことを話してみました。
会話の内容は概ね以下の感じです。
「明日から渡辺さんとまた一緒だね」
「そうだね」
「・・・え?と」
「心配?」
「心配って言うか・・・あれから渡辺さんとは結局会ってないの?」
「うん、連絡は今でも来るけど」
「そうなんだ・・」
「さっきから変」

「初めて教室で見たの・・凄かった。綺麗だったし」
「・・・・」
「じゃあ明日久しぶりに会うんだ・・」
「・・明日」
「え?」
「明日、メールで渡辺さんに授業終わったら会って欲しいって言われてるの」
「そうなの?で、返事はなんてしたの?」
「まだしてない」
ここからしばらく沈黙が続いて、彼女の方から口を開きました。
「明日、初日でオリエーテーションあるから、オーナーも来るし、何かあったら連絡する」
どっちとも取れる内容だったので、「明日仕事が終わったら教室の近くにいるね」とだけ言いました。
なので明日はみなさんの期待通りの展開になるか分かりませんけど、何かありましたら報告します。

パソコン講師の話しの者です。
昨夜のことを報告します。
仕事が終わって彼女が勤めている教室の近くに、大きな家電量販店があるので、そこで時間を潰そうと向かっていました。
すると彼女から「本当にそれでいいの?わたしのこと嫌いになるかもよ」とメールがやってきました。
僕はすぐに「それはない。真奈美は僕のこと好き?」と返信し、彼女から「うん」と返事が来たので、「だったら大丈夫。近くで時間潰してる」と返しました。
それから5分ほどして彼女から「上がってきて」とメールがやってきたので、急いで彼女の待つ教室へ向かいました。
教室の中で見る彼女は少し緊張しているみたいで、笑顔らしい笑顔は見せてくれなかったのですが、僕が近付くとキスを迫ってきたので、僕はそれに答えました。
その後僕は前のように物置に隠れ、渡辺さんが来るのを待っていました。
それから10分近くしてから渡辺さんがやって来て、彼女に「お待たせ先生」と声をかけ、彼女に近付きました。
「全然会ってくれなかったから心配してたよ」「彼氏とずっと一緒にいたから」「そうなんだ」

彼女は僕の隠れている物置の前にある椅子に腰をかけると、前を向いたまま話していました。
渡辺さんはそんな彼女の後ろに回っておもむろに彼女の胸に手を伸ばし胸を揉み始めました。
彼女は身をよじって抵抗していましたが、渡辺さんの手が胸の隙間から差し入れられ、直接彼女の胸を揉み始めると、
彼女の口から小さな吐息のようなものが出始めました。
彼女は渡辺さんの手を握ると「やっぱりこういうのは止めませんか?」と言いました。
「これから半年間一緒にここで勉強する訳ですし、こういう関係は止めた方がいいと思うんです」
「それにわたしの立場も考えてください」その言葉は結構強い調子でした。
渡辺さんは胸に伸ばしていた手を一旦引っ込めると、大きなため息を一つついて、「なんだよそれ」と少しイラついている様子でした。
そこから「じゃあ今までのはなんだったんだ?」「自分の都合が悪くなったら勝手に終わりですか?」
と彼女に詰め寄りましたが、彼女も負けじと「気の迷いです」「間違いです」と短くきっぱりと言い放っていました。

そのやりとりを聞きながら、元はと言えば僕から始まったことだし、渡辺さんが何か危ないことをしそうになったら、
ここを飛び出て彼女を助けようと思っていました。
でも渡辺さんが彼女に問いかけた言葉は「じゃあなんでアンタから今日から始まる授業受けないかって言ったんだよ」
「そ、それは渡辺さんがまだ就職決まっていないなら、そうする方がいいと思ったから」
「本当にそれだけか?あの時俺に犯られながら涙流して好き好き言いながらイキまくってたのも気の迷いか?ん?」
「あ、あれは・・あの時は寂しかったから」
「じゃあ寂しかったら相手は誰でも良かったのか?あ?」
「誰でもって訳じゃ・・・」
「少しは俺に気があったんだろ?なあ?でなかったら、最初そっちから誘ったりしないもんな?」
「・・そ、それは」
彼女はきっとその時、僕に言われて仕方なくやったんだって言いたかったと思います。一度だけ僕のいる物置へ視線を投げかけました。
「大丈夫だって先生。二人だけの秘密にして上手くやれば平気だって。せっかくの関係なんだから」

そう言うとまた渡辺さんは彼女の胸に手を伸ばし「俺は先生のこと好きなんだって」そう言いながら胸を揉み始めました。
彼女は「ダ、ダメ」と言って手を払おうとしましたが、その力は弱くて豊かな胸を渡辺さんの手で好きなように弄ばれてました。
それでも彼女は身をよじってイヤイヤをしていましたが、渡辺さんは手を取って自分の勃起した股間に彼女の手を押し当て
「ほら、先生のせいで凄いことになってる。先生の好きなチ○ポだほら。責任とってよ」
「・・・ちょっと」そう言って顔を赤らめながら俯き加減になって彼女は弱弱しい抵抗をしていました。
渡辺さんはいやらしい笑みを浮かべながら「これがあと少ししたら先生の中に入っちゃうんだよ。そうしたらまた気持ちよくなれるよ」
そう言って彼女の手を自分の股間に押しあて上下させてました。
彼女が「やっぱりダメ」と言うと渡辺さんは「じゃあコレどうすんだよ?」そう言ってファスナーをおろして勃起した肉棒を彼女の前に出しました。
長さは20センチちょっとで亀頭部分が大きく傘を張った渡辺さんの肉棒を彼女に直接触らせ、更に彼女に迫ります。

無理矢理触らされていた彼女の手が、いつの間にかそれを握っていて、彼女は観念したように「口で我慢してください・・・今日はそれで我慢してくれますか?」渡辺さんは無言で頷き彼女は渡辺さんの肉棒を口に咥えてフェラチオを始めました。
裏筋を舐めたり、亀頭部分を舌先でチロチロ舐めたり、あと、袋を口に含んで口の中で舌で転がしたりしてました。
きっと渡辺さんに教え込まれたテクニックだと思います・・・彼女は丹念に舐めていました。
舐めている内に彼女の表情も恍惚としたものに変わっていくのが分かりました。
渡辺さんもフェラチオされながら、彼女の服の間から手を差し入れ胸の感触を味わっているようです。
乳首を摘まれているのか、時折彼女の体がビクンとなり、その都度少し小さな吐息が漏れてました。
彼女が「まだイキそうにないですか?」と聞くと「まだ。そうそう、今日、先生と久しぶりに会うから、さっきプレゼント買ってきたんだ」
そう言うと渡辺さんは紙袋を手にとって中から何かを取り出しました。「先生に着てもらおうと思って」それはコスプレ衣装みたいで、まだ包装されたままの状態だったからハッキリ分かりませんでしたが、

表の写真をチラッと見た感じでは、透け透けのピンクのベビードールみたいでした。彼女が「お金もないのに無駄遣いして・・・」と言うと「2000円ぐらいの物だから問題ないよ。ねえそれ着てよ」と言い、彼女は渋々承諾して僕の視界から消えました。
恐らく入り口正面にある相談室と書かれたパテーションで区切られた場所へ行って着替えているんだと思います。
渡辺さんは彼女がそこへ向かった後、素早く自分の着ていた衣服を全て脱ぎ去り、一気に全裸になりました。
何をするんだこの人?と思っていると渡辺さんも彼女の向かった方へ行き、視界から消えました。
ドキドキしていると彼女の声が聞こえてきて、「あっ・・大人しく待っててください」「あっ・・・ちょっと・・」
指を入れられているのか「ぁっ・・ぁっ・・・」と甘い声が聞こえてきて、しばらくした後「あっ・・ダメって・・・あぁっ」
「ぁ・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・」と規則正しい喘ぎ声がして、その後パンパンパンパンと肉がぶつかり合う音がしました。
彼女の喘ぎ声も「あっ・・あっ・・あっ・・あっ・・」と大きくなり、僕の見えていない所で彼女が渡辺さんに犯られていると思いました。

しばらく後「ちょっと・・向こうで大人しくしていてください。すぐに行きますから」そう言うと渡辺さんが戻ってきて、
見ると勃起した肉棒がヌメヌメと光っていたので、彼女の中に挿入していたのは確かだと思います。顔もニヤけてましたし・・・
彼女は透け透けの服を着て戻って来ると彼女の体を胸から腰からお尻へと弄りだし、透けたベビードール越しに彼女の体がいやらしく見えていました。
彼女はまた渡辺さんの肉棒を握ってフェラチオを始めましたが、少ししてから「やっぱりイキそうにないですか?」と聞くと
無言で渡辺さんは頷き彼女は困った表情で「・・・どうしよう」と。
渡辺さんは彼女を立たせ、体を後ろに向かせて机に手を付かせると、お尻を突き出させ、勃起した肉棒を彼女にあてがいました。
そして「続きいいだろ」そう言って彼女の中へ挿入し始めました。
「あっ」という彼女の言葉と同時に一気に差し込まれて、そしてまたピストン運動が始まりました。
彼女は「・・外に出して」と言い、渡辺さんは如何にも適当って感じで「分かった分かった」と答えてました。
お尻をしっかり掴んで彼女の中へ肉棒を叩き込む渡辺さん。

彼女は必死で声を押し殺そうとしていましたが、どうしても甘い喘ぎが漏れてしまい、耳まで真っ赤にして渡辺さんのされたいようにされていました。
しばらくバックで突いた後、渡辺さんは横になり彼女を上に乗せました。
騎乗位の体制で下から激しく突かれ、渡辺さんに胸を揉まれてなお彼女は声を押し殺していました。
おもむろに渡辺さんは彼女の着ていたベビードールを、胸の所から一気に荒々しく破り直接彼女の胸を揉みしだきました。
彼女の細い腰を掴んで更に激しく早く突き上げ、彼女の体を引き寄せディープキスを。
お互い舌を激しく絡ませ彼女の体を押し戻し、また激しい突き上げをすると、とうとう彼女の口から
「・・ごめん・・・もうダメ・・・気持ちいい・・・気持ちいいの」
彼女は渡辺さんの上で自ら腰を振り始め、目を閉じ、喘ぎ声を出し始めました。
「先生、やっとその気になったな。ほら、ほら」と深く突き入れると彼女は「・・気持ちいい・・なんで・・・」
「俺たち体の相性ピッタリなんだよ。ほら、ここ好きなんだろ?」「あぁっ」
渡辺さんは体を入れ替え、正常位の体制になると好きなペースで彼女を突き始めました。

「ここがいいのか?」そう言って突き入れると彼女は首を横に振り、「じゃあここか?」と再び突き入れると
「・・はぁ・はぁ・・いじわる・・しないで・・わたしの好きな所知ってるでしょ」
渡辺さんはニヤつきながら「ここか?」と言って彼女に突き入れると彼女の喘ぎ声が一際大きくなり、一気に乱れだしました。
渡辺さんの体にしっかりと抱きつき、自ら唇を奪いにいって激しく舌を絡め涙を流しながら
「・・気持ち・・・いい・・あぁん・・気持ちいいの」
「先生、本当にこれで最後でいいのか?ん?二人だけの秘密でこれからも一杯気持ちよくなろうよ」
「・・本当に誰にも言わない?」
「言わない。誰にも言わないって」
彼女は焦点の合わない眼差しを渡辺さんに向け、そしてまた唇を奪いました。
渡辺さんの動きが早くなり彼女の体が弓なりになると、「イク・・ああイク・・先生このまま中でいいよな?」
「ぁぁん・・中に出したいの?・・・いいよ・・中でイッて」
太ももを両腕で抱え込むと奥深く突きいれ、そしてそのまま彼女の中に射精を・・・

行為が終わった後、渡辺さんは彼女に後戯しながらもう一回しようみたいなことを言っていました。
彼女は今日はダメだから、もう帰らないとダメだから、そう言っていましたが、渡辺さんはしつこく迫り
「・・続きはまた今度。ね?」と彼女が言うと、お互い身支度をして渡辺さんが先に帰って行きました。
彼女はおぼつかない足取りで僕の隠れている物置にやってくると、扉を開けそして僕に抱きつきました。
涙を流しながら「ごめんね」と何度も謝り、そしてそのまま教室の中で僕は彼女を抱きました。
その後二人で彼女の家へ行ってそのままお泊りして今日自宅へ帰ってきました。
以上になります・・・

本当の幸せを手に入れた

こういうのもカプ板でいいのかな?
中学生の頃の話なんだけど…
差別的な話含むんで、嫌いな人はスルーして下さい。
ちなみに2chで叩かれがちなDQN県の話です。

うちは二人兄妹。
兄が先天的にとても視力が悪く、いわゆるビンゾコメガネというやつをかけてた。
基本、体育もいつも見学(メガネが割れると命取りなので)。
そのせいで兄は小学生の頃からずっといじめられてた。
兄は成績も良かったし、人に迷惑をかけるような人じゃないし
ただのおとなしい生徒だったんだけど、普通のメガネよりずっと大げさな分厚いメガネで
体育が見学だったり、先生たちにいつもかばわれてたから
「障害者」とか「メクラ」とか言われていた。
なんでかわからないけど、知的障害があると思い込んでるクラスメイトも多かったらしい。

私は兄より二学年下。
小学校の頃はそうでもなかったんだけど、中学になったら急に
「メクラの妹」とか「あーうーの妹」とか指をさして言われるようになった。
うちの兄は視力がきわめて悪いだけで
全盲でもなければ知的障害でもないんですが…
(※全盲や知的障害の方を見下しての文章ではありません。すいません)

当時兄は三年、私は一年。

そのうち事情がわかってきた。
当時の三年にはすごくタチの悪いDQNがいて、DQNの彼女が
「兄男はビンゾコメガネをはずすと意外とイケてる」
と不用意に発言したのが元らしい。
その発言にDQNがイラついて余計に兄をいたぶるようになり
余波が私のもとにまで及んだらしかった。
知らんがな…。

兄には「ごめん」と言われたけど別に兄は悪くないし。
それより兄は受験生だったから「つまらんことに気をとられず受験がんばりや」
と言うしかなかった。
中学が公立だからガラ悪いんもいるけど、高校になってある程度
レベル統一すれば平和になるの知ってたし。

私の話になるけど、私の学年にはDQNの舎弟がいた。
こいつが中心になって私のことを「カタワの妹。あ?う?」とか言ってた。
でもあくまでしつこくしてくるのはそのDQN一派だけだったし
私は友達と普段は普通に過ごしてた。

そして文化祭の季節になった。
その頃私には気になる同級生がいた。
成績優秀でさわやかでスポーツもできるAくん。
いかにもみんなの憧れって感じで、私も離れたところから「いいな」と思ってた。
文化祭の当日、私はそのAくんに「秘密の話がある」とこっそり呼び出された。
まさか、私みたいな対して可愛くもない子が…と思いつつ
ドキドキを隠せない私。
呼び出された校内某所へ行きました。

予想できる流れかとは思いますが、もちろん秘密の話は嘘でした。
Aくん、DQNとグルでした。
「なに期待してたんだよ、カタワの妹のくせに」
「ブスががっついてんじゃねーよ」
「家族にカタワがいるんじゃお前も一生処女だろ。今のうちにやってやろうか」
等々…
DQNどもにさんざん笑われ、DQNに加担してる女にビンタされ
しまいにパンツをおろされそうになったので、死にもの狂いで振りほどいて逃げてきた。
背中にDQNどもの笑い声が痛かった…。

その後、兄は無事志望校に合格。
兄と同級の兄貴分DQNも卒業(高校には進学しなかったみたい)

そして兄の進学した先が知れるにつれ、兄への周囲の目も変わっていった。
遅いっての。でも「進学先」という目に見える形でしかこういう人たちはわからないんでしょうね。
DQNも次第に私に対する興味を失ったようで
卒業時にはすっかり平和になっていました。

私は兄と同じ高校はさすがに無理でしたが
地元でそこそこの学校に進み、女子高だったこともあってあとは平穏な生活。

兄は大学に入学すると同時に地元を離れ、
ついでに目の手術をしてメガネがなくても日常生活を送れるくらいの視力を手に入れた。
メガネをはずすと兄、妹の目から見ても意外と悪くない。
イケメン?フツメンの中間くらい。
背も高いしやせ形だし、おしゃれを覚えてぎりぎり雰囲気イケメンと化した。

私は相変わらずで普通に地元の大学に進み、兄は院へ進んだ。
GWに兄が帰省してきたので、地元の菜の花畑の名所を二人でなんとなく歩いていた。
そしたら向こうからカップルが歩いてきた。
見たことあるような、ないような…と思っていたら
Aくんと、かつて兄を「ちょっとイケてる」と言ったDQN女だった。

二人がデキ婚したというのは風の噂で知っていた。
でももうかかわりのない人たちだし、へーと思っただけですでに忘れていた。
なのになぜか私とわかった途端、因縁をつけてくるAくん。

兄に向って
「こいつと付き合ってるんですか?ふ?ん。こいつ俺のお古なんですよ。
残念ですね?こいつの処女もらえなくて」
とかネチネチからんでくる。息が酒臭かった。まだ昼の二時頃だったのに。
止めずにその横でニヤニヤしてるDQN女。
まだ子どもは2、3歳のはずなのに連れてないしどうしたんだろ、と私は呆れながら見ていた。

すいません、目測誤った
6分割になります。

しまいにAくん、私に妊娠中絶させたことがあるとまで言い出した。
しゃべるだけしゃべらせておいて、兄が
「で、うちの妹になにか用ですか?」
と言うと、DQN女の方が
「えっっっ!!!」
と絶叫した。

豹変して
「いや?ん、やっぱり兄男くんだったんだ!覚えてる?あたしずっと兄男くんのこと
好きだったんだ?!!」
とクネクネして兄にまとわりつきはじめた。

妻の豹変にAくんポカーン。そして激怒。
「なに言ってんだおま!頭おかしいんじゃねえかゴルァ!!」
「うるせーなテメーがだまってろよかいしょなし!!」
「カタワ相手にもマタ開くのかこのバイタァ!」
などなど。

私たち兄妹のことはどうでもよくなったらしいのでその間に帰宅した。

その四日後、DQN女がうちに突撃してきたが時すでに遅し。
兄は帰省を終えていたため空振りに。
腹いせにうちの門柱の明かりを両方とも破壊したから通報して現行犯逮捕してもらった。

Aくんはうちに無言電話を100回近くかけてきたので、これも通報した。
最終的にAくん両親をはさんで示談の話し合いになったが
会社の名刺を出させて
「へ??」
ととっくり眺めていたらなぜか号泣しはじめた。

もっと意味不明なことに
「好きだ?私子、俺は人生をやり直すから結婚してくれ」
と言いだしたので
示談にさらにストーカーの項目まで加わり、A親の払う慰謝料は1.7倍になった。
なんでA自身が払わないかというと、A夫妻の貯金はゼロどころかマイナスだったらしい。

A父が泣くまいと目を真っ赤にして目じりをぬぐってたのが気の毒だったけど
積年の恨みがあるうちの親が頑として折れなかったから
しっかり慰謝料は満額いただいた。

ちなみに兄貴分DQNはすでにいろいろあって亡くなったようです。
舎弟DQNは不明。
A夫妻は離婚したそうです。会社も辞めたとか。

われわれ兄妹はそれぞれ恋人もできて、平和です。
慣れない投下で不備があってすいませんでした。

20年以上の不倫の代償

数年前の話。

出張先のファミレスで仕事後、食事していたら、
還暦近かったお袋が男とイチャイチャしながら入店して来た。
ていうか、ファミレスで還暦近かったババアがイチャイチャしていた図式って、
自分の親以外でもひくと思う。
あっちからは顔が見えない位置だし、しかも結構離れた席に座ったが、
「定年したら・・・」
「離婚・・・」
とか、不穏当な言葉が漏れ聞こえてきたので、危険だがお袋の背中側で、
少し近くの席に移動してみた。
近過ぎてばれても気まずかったので、顔を隠しながらだったんで、
他の客からは俺の方が不審だったと思う。

そして、聞いてみると、
○親父が定年したら離婚する、
○退職金が振り込まれたら全額引き落とし手に入れる、
○家も売り払う、
○そして貴方と再婚する、
○もう20年以上騙してきた親父には悪いが私は真実の愛に目覚めた、
なんて内容だった。

俺は三男で、実家から離れた場所で生活していて、
実家には年に2、3回子供と嫁さん連れて帰省するくらいだったから、
実家の様子が分からなくて、混乱してしまい悩んでいたら、
嫁さんから電話がかかって来た。
嫁さんは俺の様子伺いで電話したらしいんだが、
俺の様子から何かあったと思ったらしく、強い口調で白状するよう迫ってきた。
いつも押し切られる俺は、ファミレスでの話をしたところ、
ちょっと待ってろ、と電話を切られてしまったんだ。

30分くらい後、嫁さんから電話がかかってきて、
○実家で同居している長男嫁と電話していた
◯お袋は習い事の友達と旅行に出かけているらしい。後、3日は帰らない。
◯もう20年以上続けている習い事らしい。
◯その他幾つか世間話のふりをして聞き出したが、
 貴方の話とバッチリ符号していて、不倫旅行&離婚の相談だと思う。
◯私は正直、貴方のお母さん(お袋)よりお父さん(親父)の方が好きだから、
 味方するならお父さん。
と、言ってくれた。

丁度、今回の出張は翌日で終了し、数日休暇になっていたので、
実家へ行く事にしたんだ。
嫁さんも子供を連れて合流してくれる事になり、次の日の夜、実家に行ってみた。
話のとおり、お袋は居なかった。

俺は話下手だから、嫁さんから、実家に入る前に、
◯子供が居る前で、いきなり話し始めるのは駄目。
◯当事者であるお父さんにいきなり話すより、
 先ずは家を追い出されるかもしれないお兄さん夫婦に話してみる方が良いと思う。
とアドバイスを受けていたんで、
子供の面倒を親父(孫バカ)に任せ、別室で話を始めた。

すると、兄貴は、
◯お袋は隠してきて親父は気づいていないようだったが、
 最近段々俺達夫婦は不倫しているかもしれない、とは思っていた。
◯親父が可哀想だが、家庭を壊すのも憚られて、お袋には言い出せずにいた。
と言ってきた。
兄嫁さんが先に気づいたらしいが、お袋が怖くて兄貴にだけ言っていたらしい。

そこで、親父には言わずに、まず証拠固めで、
兄貴が金を出して興信所に頼んでみたところ、
◯相手は、市役所を退職した男で、独身バツイチ。
◯マンションに一人暮らしだが、お袋は通い妻状態。
◯周りからは、再婚したと思われている。
◯お袋とは同じ習い事をしている。
◯マンションでヤっているグロ画像&動画も撮影成功。
と、実の子供には耐えられない証拠が続々出てきた。

こうなると、もう親父には黙っていられないので、
包み隠さず話したところ、親父は激怒。
しかし、直ぐにお袋に話すかと思ったが、定年まで黙っていろ、と口止めされた。

まだ続く

そして、定年の日。
親父から朝から実家へ来るよう言われていたので、子供夫婦集合。
案の定、お袋は留守だった。
ずっと秘密にしていた次男夫婦と長女夫婦に流れを説明していたら、お袋が帰ってきた。
退職金が引き落とし出来なかったらしく、親父に激怒していたが、
来る事を知らされていなかった俺達が揃っているのを見て、
しかも皆冷ややかにお袋を見ているため固まった。

が、お袋は
◯貴方とは、もうやっていけない。離婚する。
◯ついては慰謝料を頂戴。また、この家も売却して半分頂戴。
と言い出した。

だが、親父は、
◯お前は忘れているらしいが、この家を建てた時、
 ローン契約の都合上、所有は長男になっている。
 ローンの支払いは俺の口座から長男の口座へ一部を支払い、
 合算して長男が払っていた。
 だから、家は長男のもので、俺達が離婚したからって売れない。
◯退職後、別の県に再就職先を見つけたので、
 退職金はそちらで生活するためのマンションを買うため使った。
◯今日付でお前の不倫相手に不倫の慰謝料請求が弁護士から行くはずだ。
 お前が帰って来た時、弁護士に連絡したから、そろそろ着く頃だろう。
 ちなみに、興信所に頼んで、不倫相手が今在宅中なのは確認している。
◯これが不倫の証拠だ。
と、封筒をお袋に放り出した。

お袋は親父に話を遮られ最初は激怒していたが、話が続くうちに真っ青になっていった。
最後に親父が、
◯離婚はしてやるが、離婚届を書くのはお前の不倫相手から慰謝料をとってからだ。
 弁護士と相談しているが、もしかしたら離婚調停も一緒にするかもしれない。
◯ちなみに、この家やお前の部屋の鍵は変えたから、お前には入れない。
 そのまま不倫相手のマンションに出ていけ。
と言って、お袋を放り出した。

お袋は激怒して喚いていたが、
本当に鍵が変わっていてお袋の持っていた鍵では家に入れないため、
何処かへ行ってしまった。
実はこの時、話を知らなかった次男夫婦と長女夫婦以外の電話番号は変更してあり、
お袋が出ていった直後に次男夫婦と長女夫婦の電話の電源を切らせ、直ぐに番号変更をさせた。
また、家はしばらく留守にして、親父は引越し先へ、
長男夫婦は親父の借りたマンションに一時引越しをさせた。

最後に。

だが、離婚調停が始まる前に、不倫相手は陥落した。
親父が俺達にまで黙っていたが、不倫相手の離婚した奥さんを知っていたらしい。
その奥さんと会って話したところ、
奥さんを無理矢理叩き出す格好で離婚した事が分かり、
証拠は無いが離婚前にも不倫していた事が分かったらしい。
弁護士に相談して、離婚条件の異議申し立てを併せてしたところ、認めたそうだ。
どうも不倫相手は、再就職先がお固いところの顧問か何からしく、
調停している事がばれた瞬間、クビになるらしく、それよりかは認めた方が良いらしかった。

その後、親父と元奥さんに慰謝料(元奥さんに払ったのも慰謝料になるかは分からないけど)を払って和解したらしい。
お袋は親父と離婚して、不倫相手と生活しているが、
多分思っていた生活とは違い、カツカツな生活をしているらしい。
俺達子供夫婦宛に何度か援助要請の手紙が来たから、厳しいんだと思う。

だが、俺の場合は、公衆電話から、
◯もう親だとは思っていない。
◯不倫なんて醜い事をしていて、助けろとはおこがましい。
◯離婚前、家を売れとか言っていたが、同居してくれていた長男が可哀想じゃないのか。
◯俺ももう直ぐに引越しするから、手紙も届かなくなる。引越し先は教えない。
と言って切った。

何故そう思えるかは未だに不明だが、
子供達は無条件にお袋の味方だと思っていたらしいが、
俺が先に書いたとおり言った途端、何か喚いていたので切った。
他の兄弟にも教えたところ、何故か俺が一番最初で、
若い順番に援助要請の手紙を送ったらしく、
順次届いたらしいが、方法はまちまちだが、当然皆断わった。

最近不倫相手が亡くなったらしく、
お袋が長男夫婦が未だに住んでいる家に入ろうとしたのを110されたらしく、
一応長男が対処したらしい。
ただし、詳しい状況を警察に説明、不法侵入として被害届を出したらしい。
お袋は抗議したらしいが、警察にすら相手にされなかったらしい。
長男も、来年度転勤になるらしく、
家を売り、転勤先に家を建て直しているから、
もう少しでお袋とは皆途絶える事になるので、最後に記念でカキコした。
長文失礼しました。

妹「兄妹でエッチしちゃダメなの??」

前回:

妹「お兄ちゃん、久しぶり」
兄「久しぶりですね、妹」
妹「まだスレが残ってたんだね」
兄「そうですね。ところで妹、今までどこに?」
妹「卒業論文の発表やらなんやらで忙しくてVIPにすら来れなかったんだよ」
兄「それは作者の話でしょう」
妹「というわけで今度こそお兄ちゃんとエッチしてみせる!(ビシッ)」
兄「必死ですね(笑)」
妹「お兄ちゃん」
兄「なんですか?」
妹「お兄ちゃんはなんでいつも敬語なの?」
兄「この方が知的でかっこいいじゃないですか」
妹「ふーん、でも某稲妻11の五条みたいでキモイって意見もあるみたいだけど」
兄「なっ、あんなチョロ前髪のハゲキャラと一緒にしないでください」
妹「とにかく、お兄ちゃんはそんな言葉づかいしなくても十分かっこいいよ…」
兄「じゃあ、もうやめるか」
妹「お兄ちゃん」
兄「なんだ?」
妹「おいで、ほらほら(ぽんぽん)」
兄「膝枕…?」
妹「私のすべすべむちむちの太ももでねんねさせてあげる」
兄「ねんねしてる間に顔に落書きとかしないだろうな」
妹「落書き“は”しないよ」
兄「“は”…?」
妹「チューとかはしちゃうかもね」
兄「さぁて、ゲームして寝るか」
妹「あ、ちょっとぉ」

妹「私もゲームやるぅ」
兄「まぁいいけど」
妹「レ◯プものやNTRものはきついからダメだよ、
  学園ものか、できれば妹もので…」
兄「なぜ俺がエロゲをやると決めつける」
妹「違うの?」
兄「ちゃうわ」
妹「ほなこのパッケージはなんやねん(サッ)」
兄「なあっ!?どこからその某妹系エロゲ初回限定特典付を!」
妹「やっぱりお兄ちゃんは妹とエッチしたいんじゃん」
兄「違う…妹とエッチはできないから、
  代わりの欲望のはけ口をしっかりと確保してるだけだ…」
妹「だから違ってないじゃん、私とエッチしたいけど我慢してるってことでしょ」
兄「ダメだ…違うぅ…」
妹「大丈夫だって、ちゃんと避妊はするし、『中に出してぇ、お兄ちゃあん!』なんて
  二次元キャラみたいなこと言わないから」
兄「そういう問題じゃねえよ…」
妹「そういえば」
兄「なんだ?」
妹「お兄ちゃんは彼女はいなかったっけ?」
兄「今はいないが」
妹「今は?」
兄「まぁ俺はあんまり性格よくないしな、
  俺の見てくれがいいからって告白してくる子もいるが
  長続きはしないで別れちゃうんだ」
妹「じゃあ童貞?」
兄「どどどど童貞や!」
妹「しょしょしょしょ処女や!」
兄「無理がありすぎるだろ。妹こそ俺にロックオンしてないで、
  クラスのやつとでも付き合えよ」
妹「やだよ」
兄「なんでだよ、お前こそこんなにかわいいんだからよく告白とかされるだろ」
妹「たまに告白してくる男の子もいるけど、お兄ちゃんには遠く及ばないからねぇ」
兄「そうなのか?俺より性格いいやつなんていっぱいいるだろ」
妹「お兄ちゃんの魅力が53万なら、クラスで一番魅力がある男の子でも20万だね」
兄「フリーザ対べジータか、そりゃ敵わんな」
妹「お兄ちゃん」
兄「ん?」
妹「挿れて」
兄「…」
妹「今ものすごくしたい」
兄「ストレートすぎるだろ」
妹「じゃあムードづくりもお願いするよ、お兄ちゃん」
兄「シャバダバダバ?…」
妹「えー」

妹「とにかくっ、…しよ…、お兄ちゃん」
兄「…ダメだ」
妹「お願い…、本当にしたくて…もう我慢できない」
兄「一人でやれ」
妹「じゃあ私が一人エッチしてるとこ見ててね、お兄ちゃん」
兄「…わかったよ」
妹「(チュパ…チュポ…)はふぅ…お兄ちゃん…」
兄「…」

もみもみ

妹「はぁ…」

もにゅ…むにゅ…

妹「はぁはぁ…」

ぬぎぬぎ

妹「はぁはぁ…あっ…」

もみもみ

兄「…(やっぱ…エロい…、いや、我慢だ我慢…)」

兄「(むくむく)(やばい、勃ってきた…妹にはバレてないよな?)」

妹「私、お兄ちゃんが見てるのに…こんなエッチなこと…あぁんっ」

妹「お兄ちゃん…お兄ちゃん…、もっと見てぇ」

妹「(ズイっ)んっ…んっ…」
兄「お、おいっ、そんなに近づいてくるなよ」
妹「だって…お兄ちゃんにもっと見てもらいたいんだもん…」

 するするっ

妹「ほら、私のアソコ、よく見て…、湿ってるのわかる?
  お兄ちゃんに見られて濡れちゃったんだよぉ」
 (ヒク…ヒク…ヒク…)
兄「ちょ…丸見えじゃねえか…(ギンギン)」
妹「(ヌチュっ…くちゅくちゅ)ふぁあ…気持ちいい…お兄ちゃん、気持ちいいよぉ」
兄「っ…」
妹「お兄ちゃん、いいのぉ、これすごくいいぃんっ…(くちゅくちゅくちゅっ)」
兄「っっ…!」
妹「(クチュ…クチュ…ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ!)
  ふぁああああっっ、イク…イクぅ…」
兄「(ガバっ)」
妹「!?…お、お兄ちゃん!?」
兄「もうダメだ…我慢の限界だ…」
妹「お兄…ちゃん…?」
兄「…お前を…抱く」
妹「!」

妹「お兄ちゃん…、私…イキかけてたから…早くイカせてぇ」
兄「イカせてほしいか」
妹「うん…、イキたい…イキたいよぉ…」
兄「今イカせてやるよ」

(くちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅ)

妹「んあああああぁぁぁぁぁ!イクっ、イっちゃうううううぅぅぅ!」

(ぷしゃああっ、ぷしゅっ…ぷしゅっ……ぴゅっ…)

妹「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…」
兄「気持ちよかったか?」
妹「…(こくん)」

妹「お兄ちゃん…コンドーム持ってる…?」
兄「ああ、なぜかちょうど1つ持ってる」

妹「ご都合主義だね、
  でも、これでいよいよお兄ちゃんと合体できる…(ドキドキ)」
兄「(イソイソ)よし、まだ十分濡れてるな?
  痛かったら無理しないで言うんだぞ?」
妹「うん…(ドキドキ)」
兄「それじゃあ…」

ぬぷぅ…

妹「!!…いっ…たぃ…!」
兄「やっぱ、痛いか…じゃあゆっくり挿れて…」
妹「大丈夫…大丈夫だから、早く挿れてぇ」
兄「大丈夫ったって…」
妹「お願い…」
兄「じゃあ本当に我慢できない時はちゃんと言うんだぞ?」
妹「うん…」

ぬぷぬぷ…

妹「んあああああああ!!」
兄「(くっ、きっつ…)」

兄「お、おい…本当に大丈夫か?」
妹「はぁ…はぁ…(こくん)」
兄「…そうだ、せめて…これでどうだ?」

(クリクリ)

妹「あっ…あっ…あっ…」

(ジュン…)

兄「よし、じゃあもう少し奥まで挿れるぞ…?」

ぬぷぬぷぅ…

妹「んんん…くぁぁあ…」
兄「妹…、よくがんばったな、全部入ったよ」
妹「ほ、ほんと…?私、お兄ちゃんと完全に合体したの…?」
兄「ああ、ほら、奥まで入ってる」
妹「ホントだ…、うれしい…やっとお兄ちゃんと結ばれた…」
兄「妹、動いても大丈夫か?」
妹「うん、もうほとんど痛くないから大丈夫」
兄「よし、いくぞ」

パンパンパンっ

妹「あっあっあっ・・・お兄ちゃん…おちんちんすごいぃぃ!」
兄「うぁぁ、すごい、すっげえ締めつけてくる…」
妹「お兄ちゃんっ…お兄ちゃんっ…(がしっ)」
兄「妹…妹…
  (妹の中のヒダヒダが絡みついてきて…すぐにイってしまいそうだ…)」
妹「お兄ちゃん…、キス…キスしたいよぉ…」
兄「ああ」

(ちゅうう…ペロペロ…チュパ…)

妹「はぁはぁ、幸せぇ…お兄ちゃあん…」
兄「妹…好きだ…」
妹「私も…好きだよぉ、お兄ちゃん…」

パンパンパンパンっ

パンパンパンパンっ

兄「っ…妹、そろそろ…出してもいいか…?もうヤバい…」
妹「いいよっ…私も…もうイキそう…」
兄「うあああ、イクっ…!」

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

妹「あぁあああっ、お兄ちゃん、イクううううっっっ!!」

ビュルルルっ、ビュルルっ、ビュルっ………

妹「あっ……あっ……(びくん、びくん、びくん)」
兄「う…ふぅ………」
妹「……(びくん…びくん…)」

兄妹「…(ぎゅっ)」

妹「…しちゃったね」
兄「しちゃったな」
妹「兄妹でエッチしちゃダメなんじゃなかったっけ」
兄「そんなこと言ったっけ」
妹「最初に言ってるよ」
兄「覚えてないな」
妹「ふふっ」
兄「…ふぅ」
妹「気持ちよかったね」
兄「まぁな」
妹「なんか賢者タイム入ってるね」
兄「生物の身体機能のメカニズムには敵わないよ」
妹「私…お兄ちゃんに抱かれちゃったんだなぁ…」
兄「わかってると思うけど、誰にも秘密だぞ?」
妹「当たり前じゃん、お兄ちゃんと私だけの秘密っ」
兄「じゃあ、一緒に寝るか」
妹「うんっ」

(ベッドの中)

妹「お兄ちゃん」

兄「なんだ?」
妹「またエッチしてくれる?」
兄「さぁな」
妹「私はまたしたいな」
兄「そうか」
妹「まぁ、またお兄ちゃんがエッチしてくれるかなんて
  今はどうでもいいけど」
兄「ふうん?」
妹「こうしてお兄ちゃんと二人で一緒にいられる“今”が幸せだから」
兄「…そうだな」

?終わり?

連れの専務は金がないからさ

もう昔の話だけど.....
たまに行く飲み屋で、前に話したことある女が泥酔。
というかヘベレケで男連れで入ってきた。
女は30半ばだが男はどう見ても60近く。かなり怪しいカポー。
漏れは隅の方の人のいないところに居たが、こっちの方に来た。
他から見えない席だと思って触りまくるオサーン。
「あああ、このままやられちゃうんだろうな」今思えばヤった後だったのかも知れないが....
女はイヤがってるが酔っていて力が入らない。
更に触りまくるオサーン。漏れと目が合うと「なんだ、小僧」ってなカンジでにらみつけてくる。

そんなことを10分くらいしてると、突然オサーンの携帯がウルサク鳴った。
店は「ケータイ使用は外で」となってるので仕方なくオサーンが外に出た。
2,3分してもオサーンは戻らない。
すると突然女が起きて漏れに声を掛けた。
「おお、久しぶりぃ」声もかなり酔ってる。
「あ、どうも。」ここでオサーンが帰ってきたら面倒だなぁと思い、軽く受け流す。
「どうよ、今から別の店にいかない?」と女。
「えっ?でも連れの人は?」ここでオサーンが帰るとかなりヤバい。
「あんなケチいいんだって。」
さあ!どうする!漏れ!?

漏れも結構飲んでたが、出来るだけ冷静に考える。
(そんなに美人じゃないが、酔ってしなだれてちょっと色っぽいな)
(この店じゃ常連じゃないから、正体は知れてないから、最悪来なきゃいいか)
(見た目はそんなに怖そうなオサーンじゃ無さそうだが.....でもヤクザの
 偉いサンはフツーに見えるって言うし....)
メリット、デメリット、考え付くすべての事を計算し、漏れの高まったディルドー
とはかりに掛ける。自慢じゃないが、計算も良く間違う。
「ホント、連れの人はいいの?」漏れの弱気が保険を求めてる。
「いいんだって、マスター!帰ります!」と女が漏れの腕を取る!
いいのか!漏れ!?

腕をとられたときに女のオパーイに肘が当たる。
これで漏れのディルドーが不安を一気に上回った。
「じゃ、マスター、僕も」とポケットから財布を出そうとする。
「いいって、ハイ。」女がバックから直に1万円札を出してテーブルに置く。
財布じゃないのってどうなんだ?
「おつりは今度でいいから」と出口に向かう。女も冷静に焦ってる?様だ。
「はいはい、じゃまた今度?。ありがとう。」と店主も慣れた様子。
2,3回しかこの店に来てないが、マスターはよさそうな人だった。
その人が止めないからまあ良いんだろうと、無理に納得する。
店の外にオサーンがいたら、どうする?

ヘベレケ女はまともに歩けない。
タダでさえ目立ちたくないのに、これじゃ探されたらスグに判る。
しかも、女の馴染みの店ならオサーンも探しに来るんじゃないか?
女を支えながら、周りに注意しながら、店をどうするか考える。
いや、焦ってるだけで、アイデアは出ない。さらに焦る。
「腹減ってない?」ああ、なんでここでこのセリフ?
「飲んでばっかりだったから、結構おなか空いてる」
「ラーメンどう?焼き鳥とかならつまめるでしょ」
「それいいね」
よし!ここから離れた店に連れてけば大丈夫。
しかもそこにはちょっとしたワナもある.....

「ちょっとあるからタクシーのるよ。」
丁度来たタクシーに手を上げる。
とにかく乗ってしまえばこっちのもの。
ドアがバタンと閉まってようやく安心した。
女が漏れにもたれて来る。酒とタバコと女臭さが混じった匂い。
ああああたまらん!
¥1000くらいで店に着いた。
ここはラーメン屋だが、つまみや酒もかなり充実してる。
「もうビールじゃなくて良いよね。じゃあジン2杯とまず餃子とチャーシュー」
コレが結構合う。しかもジンはショット。
「カンパーイ」で一気に飲み干す。
「効く?」女もかなり復活してきた様だ。
さて、どうやって攻めようか。
漏れにもかなり余裕が出てきた。

つまみを3,4品。きついハードリカーを2杯。その間に女から話を聞きだす。
「連れの人よかったの?」
「いいのいいの、あんなの。金払い悪いし」
聞くと女は営業で、オサーンは取引先の専務。打ち合わせ兼接待で最初は6,7人いたのが
だんだん数が減って2人になったらしい。
いや、車の鍵を店に置いてきたり、あのカンジじゃそれだけじゃないんだろうけど
 ・・・
30分くらいたった。来たつまみは半分も手をつけてない。
女は泥酔。
午前1時。

「眠いからもう帰る?」と女。
確かにラブホ代は浮くし、女の部屋で無茶苦茶するのも燃えるが
オサーンと鉢合わせの可能性もある。
実はあの店を選んだのは一本裏がラブホ街だからだ。
ふらつく女を支えながら歩いて、なんとか3軒目で空室があった。
ドアを開けベットになだれ込む漏れと女。
だが、ちょっと漏れは冷静になってしまった。
酔った勢いで女とヤったことはあるが、合意の無いままに連れ込んだのは初めてだ。
ヘタすりゃレイープでタイーホだ。
最初に会った店に行かなきゃごまかせる、なんてもんでもないだろう。
同じ市内に住んでるんだから。

とりあえずテレビをつける漏れ。「ああっ?!」
いきなりエロビが大音量で流れた。そうか、CATVでずっとやってんだ。
音を小さくしてしばし鑑賞。エロイ女優だな?。そうこうしてるうちに思った。
「とりあえず、強く拒否されるとこまでしようか」
女のカーディガンをまず脱がせた。抵抗ゼロ。というか力抜けてると重い。
時々「うぅ?っぷ」とか言うので履くのかと心配したりして。
ブラウスの隙間から胸がブラがチラチラ見える。結構いい乳してる。
あんまり無抵抗?無協力?でも返って疲れると思い、ヤれてもヤれなくても
起こすことを決意。冷蔵庫からポカリを出して飲ませるがうまく飲まない。
(あ、こういうときはコレだ)とまず漏れが口に含んでそれを口移し。
以外にすんなりと飲んだ。もう1口。これもすんなり。
もう1口、でついでに舌をチロっと出す。女もそれに反応してチラっと
舌を絡めてきた。

(これならいいか)とそのまま静かにベットに寝かせる。
マッパにするのもいいが、なんかそれだと拒否られそうな気がして、ブラウスのボタンをはずしにかかる。
ブラが丸出し。乳も出てるが、腹もそれなり。ま、でも漏れはぽっちゃり好きだからうれしい。
次はパンスト。巻き取るように脱がすといいと聞いたが、それをここで実践するとは。
おお、ホントにその通りだ。
はだけたブラウス、生足、スカートからパンチラ。裸よりもエロイ。
とりあえずブラをずらそうと背中に手を入れるがホックが無い!
フロントだと気が付くまで随分悩んだが、はずすと年齢の割りにプルンと
したオパーイが出てきた。
そこでなんかスイッチが入ってしまった。

今までの刺激のせいか、乳首は半立ち。最初は優しくチロチロと。立ってきたら
だんだんと強い刺激に。口で片乳、左手でもう片乳。そして右手は下の方へ。
汗なのか、何なのかすでにウエット。まずは布の上から軽く刺激。湿って来たらグリグリと。
最初はイヤがるそぶりもあったが、それは眠いからうっとうしがられてると思い込み
続けていると時々「あ、あんんんん」なんて声が聞こえてくる。腕も時々漏れの頭を
撫でるカンジになったりで.....
これならイケる!
と下の布の中に手を入れ、右手の甲のあたりで押し下げた。

全裸でないが、ブラなし、パンツなし。うおーエロイ?。
クンニしようかとも思ったが、シャワー前に出来る(しかも知らない女だ)ほどの豪者じゃない。
まずは右手で刺激。だんだんと反応が敏感になり、息遣いも荒くなる。
下ばかり見てたが、女ももう気が付いてる模様。腕で上半身を少し起こしてる。
マソコに入れるのはまだ早い。右手の中指、人差し指で交互に膨らんだところをこすったり
摘んだり。左手は横乳をゆっくりと、そして口はうなじを舐めながら、時には耳を甘噛みしたり。
女の息遣いがだんだんと荒くなる......そして突然!

「ああああああああーーーーーー!!!!」
両腕がグッと漏れの頭を引き寄せた。と、同時に右手がいきなり大量の液体が!
シーツはびしょ濡れ。ベットの端のほうでヤッといてよかったよ。
「んんんーーー」言葉にならない声であえぐ女。
今をのがしちゃダメだ!
左手でズボンのボタンを外し、ジッパーを下げ、ズボンとパンツを一緒にずり下げる。
スタンバイOK!
「入れるよ.....」
出来るだけ甘ーい声でささやく。女がうなずいた。
いや、少なくとも拒否はされてない。

ベット中央はまだ濡れてないのでそこに女を動かして、
漏れは上にTシャツ着たまま、女はスカートつけたままで.....合体。
潤滑液がたっぷり出てるせいか、入り口はスムーズに入った。そこから小刻みに
全身。何度か繰り返すうちに、奥のほうまですっぽりと。
漏れのティムポはあまり長くは無いが、太目らしい。なので経験が少ない娘には
痛がられるが、ベテランには比較的好評だ。
何度か動いた後、動きをゆっくりにしながら女のスカートを取り、ブラウスを脱がせ
漏れもTシャツを脱いで2人ともマッパに。
見ると結構腹も出てるぽっちゃりさん。ただ、胸の形はなかなかいい。人工物の様な
小刻みな震えも、不自然なそびえ立ちもない。時にオパーイを揉みしだきながら、
吸いながら、あるいは体同士をこすれ合わせながら、激しく前後運動を繰り返す。
しばらくするとまた女が叫ぶ。
同時に漏れのティムポのあたりに大量の液体が。
またシーツがびしょ濡れになってしまった。

ちょっと待て、漏れはそんなに持つ方じゃない。
どちらかといえば早い方だ。
女がイキやすいのか、
アソコがゆるいのか、
多分両方だったんだろう。
そうしているとなんだか頭がイタクなって来た。
酔いが回って来たのならもう長くは持たない。
ぐったりしてる女をもう一度抱きかかえつぶやく。
「今度は俺をイカせて.....」
女がうなづいた。様に見えた。

びしょ濡れのところから入れたまま、また女を動かす。
もう反対側の端に来た。後が無い。
今までは同じ体勢だったのを今度はいろんな形で動かしてみたが....
やっぱりちょっと緩いカモ。
更に頭痛がひどくなってきた漏れには、もう残された時間は少ない。
足を抱えるようにして激しく突いた。こうすれば少しはスレる。
案の定、気持ちよくなってきた。
女もなれたせいか喘ぐようになってきた。
それ聞いてさらに盛り上がる!
「胸に出すよ」と甘い声でささやく。
もうダメだーーー!!

漏れも果てた。
なんかすごい出た。

ヤッてるウチに女は酔いが冷めてきてチョット冷静になったんだと思う。
胸の辺りをティッシュで拭くと速攻で「シャワー使うね」と言ってバスに行った。
服やカバンも持っていったのにはかなりガッカリだった。
シャワーに押し入ればまた次の展開も有ったかも知れないが、
とにかく頭の痛さを何とかしたかった。
そうこうしてるうちに女がシャワーから出てきた。
化粧はしてないが、服はバッチリ着ていた。
「シャワー浴びたら?」「いや、頭痛いから」「あ、そう」
なんかそっけない。しばしの沈黙。
また漏れの弱気が出た。
「もう(ホテルを)出る?」

なんて事を言ってしまったんだ。帰らせるなんて。
もう一回ヤリたい訳じゃない。ただ、一人残されるのが寂しかった。

しかし女から意外な答えが返って来た。
「ん?今から帰っても仕方ないから、朝までいよかな....」
なんかすごくホッとした。
「シャワーいいの?」また女が聞く。今度はちょっと安心した。
「じゃあ、浴びてくる」
でも弱気な漏れは免許証や名詞の入ってる財布の入ったズボンを持ち込んでしまった。

シャワーから出た。
女はまだ居た。
なんか可愛く感じた。
「ベット濡れてるからソファ使う?掛け布団は濡れてないから」
「そんなことより、ちょっと話しよ」と女が言った。




この後の事は秘密。
でも朝もう一回シャワー浴びた。今度は一緒に。

女とはその後、店で2,3回会ったが、ラブホに行くことは無かった。
そうこうしてるうち漏れも別の店に行くようになった。
その後しばらくして行ったら店もマスターも変わっていた。

藻前ら読んでくれてありがとう。
漏れの若気の至りを聞いてくれて。
こんなに時間がかかるなんて思ってなかったよ。
今まで大作を書いてくれた椰子達をちょっと尊敬する。
そして、嫁が寝てる横でヒヤヒヤしながらカキコしてる漏れも
ちょっと尊敬してくれ。
おやすみ。

*

今までで興奮した変態的な行為を告白するターイム!

ちょっとスレ違いなんですけど

会社の飲み会で酔っ払ってきたところで「今までで興奮した変態的な行為を告白するターイム!」ってなった
みんな本当かどうか怪しい話を披露した後に女性の先輩の話が興奮した
なのでカキコミします
以下先輩の女性の口調にて

大学の時に部活で空手部だったの。高校の時に空手部だったから大学に入っても空手部入ったんだけど女性の先輩が卒業して以来、後輩の女の子が入ってこなかったから、女は私一人だったの。
変に女扱いされないのに気を使ってもらってたから居心地は悪くなかったので、4年の時の部の合宿でちょっとしたことがあったんだよね。
私は当時タバコを吸ってたんだけど、部内は禁煙だったから隠れてタバコ吸ってたの。
合宿中はタバコが吸えないのがきつかったからタバコを吸う秘密の場所を見つけて吸ってたんだけど、その時、男の子の部屋から話し声が聞こえてきたの。
「まじで?」「まじだよ」
何の話かと思ったら「女湯丸見えなんだよ」

私は、「げ・・・覗かれてたの?なんか気まずいんだけど・・・」って思ってたんだけど
「先輩の裸で昨晩3回抜けたよ」「オレも見たい!」みたいな話が聞こえてきた。
「この合宿で見れなかったら先輩の裸を見れないのか。絶対見たい!」っていう話を聞いたらチョット変な気分になってきて見せてあげてもいいかなと思ったのよ。
お風呂場に行って、さっき後輩の男の子達が話していた場所を見ると確かに覗けそうな植え込みがある。
植え込みの下にはスペースがあってここから覗かれたのかと確認した。

午後の練習終わった後は軽くシャワーを浴びて、ご飯を食べた後に夜の練習なんだけど
「私がその気になればこの人達全員に私の裸を見られる」と思ったら興奮したきた
結局早めに練習を切り上げ、お風呂に行くことをさりげなくみんなに言って、お風呂場に向かった。
お風呂に向かう途中でタバコを吸う秘密の場所に立ち寄ると、「おし、みんな同罪だぞ。みんなで行くぞ」って話してた。
「ああ、これからストリップか・・・」思いながら脱衣所に到着。
合宿所のお風呂は内湯の他に簡単な露天風呂があって、そこが覗かれるスポット内湯で身体を洗い、いよいよ露天に向かった。

「げっ、こっちからみんなの顔が丸見えなんだけど・・・」って感じで顔が並んでいるのが見えた。
場所がわかってなければ気がつかないんだけど。
タオルで前を隠すのは不自然かと思ったけど、いきなり全開にするのは出来なくて胸だけをタオルで隠して露天へ出た。
足がガクガクして湯船に入るのに一苦労。
湯船の淵の岩のところでバランスを取るのに止まった時に、足を開くことを思いつき、みんなの顔の方向に向けて足を開き、手のタオルも外した。
頭が真っ白になりつつも普通じゃないことをやってる自覚があり、慌てて御湯に浸かった。

とりあえずどういう顔をしていいかわからず、イヤラシイ顔だったら嫌だったんで背中を向けて浸かった。
「とんでもないことをやってる」という気持と「こっちは被害者ってことになってるんだから、もっと見られたい」って気持が入り乱れた

しばらく浸かった後岩の上に座り、みんなにお尻を見せた
この流れだと、このまま背を向けたまま内湯に戻っておしまいになるところだったんだけど、見られたい気持が強くなってきた。
私は、振り向いて湯船をまたぎ、みんながいる植え込みの前でもう一度背を向けた。
今考えると超不自然なんだけど、そこでストレッチを始めた。
伸脚をした後、全後屈、その後足幅を広げて肩を入れるストレッチをした。
最後の肩入れのストレッチでは超至近距離で女性器とお尻の穴を見せたと思う。
さすがにやりすぎだと思った瞬間、また足が震えてきたので内湯に戻った。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード