萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

童貞

バイトで出会ったAさん

 大学を中退してアルバイトをしていた時に出会ったAさんとの話です。配属された先の大半は女性職員で、その中にAさんがいました。Aさんはタレントの麻〇〇〇子に似ていて、26歳になったばかりだと教えてくれました。バイト先は週の半分以上は他の部署との共同作業のため、バイトの私と居残り当番の職員の二人だけで丸一日を過ごすこともありました。中でもAさんが居残り当番の日が一番の楽しみで、他の職員がいると出来ないような、Hな会話で盛り上がったりして、当時、童貞の私にとってAさんとの会話は夜のオカズに十分になるほどでした。
例えると、ある日、作業服の足元から素足が覗いていて、私はそれとなく指摘しました、
「会社に来て靴下、持って来るのを忘れたことに気付いたの!」
「素足で来たんスか?」
「ううん、ストッキング脱いだ後に気付てね」
「また穿けばいいのに」
「伝線が嫌なの。脱ぐのは簡単だけどね!」
「どんな感じで脱ぐんスか?」
私はAさんが嫌がると思いましたが、思い切って聞いてみました。
「見たこない?簡単よ、こんな風にクルクルっと丸めながらね!」
Aさんは私に見えるように、腰に手をやり腿の辺りまでパンティストッキングを脱ぐ仕草を見せてくれました。
「今度、脱ぐところを見せて下さいよ!」
「それは無理!」
Aさんは笑っていましたが、私に『エアーパンスト脱ぎ』を見せてくれたことがとても刺激的でした。
 またある時は、Aさんが甥っ子と一緒に入浴した時の話も、童貞の私には堪らない話でした。それはAさんの姉夫婦が里帰りした時の話でした。
「甥っ子が私と一緒にお風呂に入るって聞かないから、一緒に入ってあげたの。相手は子供だけど、私も裸を見せるのは恥ずかしいじゃない?タオルで隠しながら入ったけど、『ママは隠さない!』って言い出してね!」
「子供でも男ですね!」
「でしょ?恥ずかしいけどお湯の中でタオルを取ったの。そしたらその子、『お姉ちゃんは、幼稚園の女の子と違う!』って言いだしたの。」
「違う?」
「そしたら『お姉ちゃんのオチンチンには毛が生えてる!幼稚園の女の子には生えてない!』って言い出してね。だから『誰か見せてくれたの?』って聞いたら、『見た』って言い出してね。だから『女の子にとって大事な所だから、嫌がるのを見ちゃダメよ』って教えてあげたの。甥っ子は『うん』とは言ったけど、私が湯船から出ようとすると・・・。」
「ハイ・・・」
「私の・・・、股を見ようとするの。甥っ子じゃなかったら怒鳴ってたわ!」
「ハハ・・・」
大人の女性なので陰毛が生えていることは当然なのですが、私にはAさんが自ら『毛が生えてる』と言ったことは勃起モノでした。
Aさんはどういうつもりでこんな話をしてくれたかは不明ですが、こういう会話ができることが、Aさんとの居残り当番の最大の楽しみでした。
 そんな感じで1年が過ぎ、私は父の伝で就職が決まりました。私はバイトだし、送別会の誘いを断ったけど、Aさんは個人的に送別してくれることになったので、二人でお酒を飲みに行きました。1軒目を出て、夜風に吹かれながら色々なことを話しました。そして私にとって憧れの女性だったことも思い切って伝えました。Aさんは6歳も年下の私から『憧れている』と言われたことは嫌な気はしないようで、とても嬉しそうにしていました。
「思い切って言ったんだから、バイトの記念に何か欲しいな!」
「欲しいって何が?」
「そうですね・・・」
「あ~、私のパンティが欲しいとか言わないでよ!」
お酒が入っているせいか、Aさんはいたずらっぽい感じで言いました。
「くれるんスか?マジで?」
「バカね、無理に決まってるでしょ!」
私はAさんのパンティが手に入るかもと一瞬、喜んでしまいました。
「でも、ブラやパンティ以外だったらいいかな・・・」
Aさんはがっかりしている私が可哀想になったのか、身に着けている物をプレゼントしてくれることになりました。
まだ夜風が気持ち良い季節です。Aさんの身に着けている物といってもそんなにはたくさんりません。
「じゃ、靴下はダメですか?」
「えっ!?靴下~?」
Aさんは少し困った表情を浮かべました。そして私に見えないところに姿を隠し、そして戻って来ました。私は靴下を脱いで来たのかな?と思ったけど違いました。Aさんは再び私の横に座りました。
「靴下は無理かな・・・」
「無理?」
「うん、結構、臭くなってて恥ずかしいかな・・・」
その日のAさんは紺色のフットカバーを履いていました。朝、家で履いてから仕事中、そして私とお酒を飲んでいる間、ずっと履いていたようで、パンプスの中で蒸れまくっていたようです。
「Bクンに『Aさんの足、臭い』って思われたくないし・・・」
「そんなこと思わないっス!」
「でも・・・、臭いわよ・・・」
Aさんは恥ずかしそうにしていました。私は、Aさんが断れないように、一生懸命、フットカバーが欲しいと訴えました。
「仕方ない、そこまで言うなら私の靴下をあげるわ!」
私は心の中でガッツポーズです。Aさんは右の足を膝の上で組み、パンプスを脱ぎました。
「本当に臭いわよ・・・」
そう言うとフットカバーをスルッと脱いで私に渡してくれました。そして左足からもフットカバーを抜き取りました。
「変なイタズラには使わないでね・・・」
つまり、Aさんは『自分の靴下の匂いでオナニーしないでね』と言っているんだと直感でわかりました。
 その夜は遅いので近所のコンビニで飲み物を買って、Aさんと別れました。私は再びコンビニに行き、トイレに入りました。私の胸はドキドキです。そしてポケットにしまった紺色のフットカバーを取り出しました。最初にフットカバーの内側をそっと覗いたけど、Aさんの足の指の形などは残っていません。そしてAさんが私に足の裏を見せるようにしながらフットカバーを脱ぐ姿を思い浮かべながら、フットカバーを鼻に近付けました。鼻の手前5cm位で、きつい刺激臭が漂ってきました。一瞬、鼻からフットカバーを離したけど、再び思い切って鼻の間近まで持って来て、思い切り匂いを嗅いでしました。
「ハハ、本当だ。臭ぇ~(^_^;)」
驚きました。Aさんからは想像のつかいないような匂いでした。例えるなら、ドブのような匂いだったかな?
「靴下なんて男も女も関係なく、一日中、身につけていればどんなに綺麗なお姉さんでも臭くなるんだな・・・」
私はそう思いながら地下鉄に乗り込み家に帰りました。それから10日ほどでアルバイトを終えましたが、Aさんとはその後も時々、会っています。続きが読みたい人は、またの投稿をお楽しみに!

ネカマの正しいやり方

          
ネカマのやり方
          
はじめに
          
ネカマと本物の女性は違います。
ここでは「女性は皆こうだ」という事ではなく
「ネカマはこう演じる」という事を書いていきます。
そこを十分に理解してお読み下さい。
          
1.相手に女性と思わせる
          
童貞相手であれば、「わたし」や「(・ω・)」を多用してるだけで
勝手に女性認定してくれますが、普通はそうは行きません。
大切なのは
絶対に自分から「私は女性です」と言わない事です。
なぜなら、人の心理は「私は女性です」と言われると
「本当に女の子なのか?」と
疑いからスタートして
なので相手から
「もしかしてこの人、女の子かな?」
と思われる事を目指します。
それができれば
「もしかして女の子?」と質問が来た時に
「はい、女性です」と答えれば
「やっぱり女の子か!」と
相手は疑う事無く勝手に女性と確信してくれます。
          
2.キャラクター性別
          
キャラの性別で難易度は変わります。
性別における戦略性の違いを理解しましょう。
          
女性キャラ
ネカマ初心者?中級者向けです。
見た目で勝負できるので、ほぼ入れ食い状態で人が釣れます。
人によっては、女性を匂わせるだけで勝手に女性認定してくれます。
          
男性キャラ
ネカマ上級者向けです。
見た目で勝負できない分、食い付きが悪いです。
しかし、1回でも相手を信用させる事ができれば圧倒的に有利です。
          
3.チャット
          
相手との交流の要はチャットです。
慣れるまでは常に意識してチャットしましょう。
          
・レスは遅くしましょう
タイピングが苦手だと思わせる為です。
たまに好きな話題に食い付きすぎて、レスが早くなってしまう人がいますが
疑われる原因になるので気をつけましょう
          
・顔文字はシンプルに
可愛い顔文字は頻繁に使うと逆にネカマに疑われます。
^^*や><を主に使いつつ、可愛い顔文字を織り交ぜましょう。
       
・小文字を多用しない
「そぅだょ」「ぁりがとぅ」「ゎたし」などはケータイでしかやりません
PCでわざわざ小文字を多用する人はネカマ認定されます。
       
・ネットスラングや草は程々に
「クソワロタwwwwwww」なんてもってのほかです。
       
・なるべくwisで会話しましょう
相手の潜在意識に特別感を植え付けます。これが後に効いてきます。
       
4.自分が演じる女性像を決める
       
今まで男性として生きてきた人が、いきなり女性になる事は不可能です。
なので、ある程度女性像を最初に決めておき、それに見合った知識だけを
ピンポイントで勉強していきましょう。
       
・女子高生・ギャル
JKブランドに男が群がって来ますが、それに見合った大量の知識が必要です。
流行がコロコロ変わり、最新の情報を常にキャッチしなければならない為
最もネカマをやり通すのが難しいです。
       
・女子大生
女子高生よりも多少はやりやすいですが、それでも話題の多さは圧倒的です。
並大抵の努力では演じ切る事は難しいと思われます。
また、年齢的に本気で恋されたりもするので注意が必要です。
       
・20代
男が釣れる率と、ネカマのしやすさが両立しています。
25歳?くらいで演じれば、話題もそこまでコロコロと変わりません。
上手くいけば知識の無さも、少し世間知らずな女性として魅力的に写るでしょう。
       
・30代
男が釣れる率は下がりますが、25?30代以上の男性が食い付く事が多く
一線を引いて付き合う事ができれば、落ち着いた付き合いができるでしょう。
また、その年齢層から実は最も貢がれる年代でもあります。
       
・主婦
男が釣れる率は少ないですが、釣れる男性の年齢層は10代?40代と広いです。
子供がいるかいないかで、知識を変える必要があり多少面倒です。
しかし、VC(ボイスチャット)を抵抗なく断ることができたり
家庭や旦那を武器に粘着を撃退できたりメリットも非常に多いです。
       
5.情報を集める
       
話題は大切。色々な知識があればあるほど、よりネカマ成功率は上がります。
ネットで流行を検索するのも良いのですが、意外と最新の情報が少なく
間違った情報や、古い情報が多いので注意が必要です。
なので気に入ったファッション誌を読むのが手軽で良いでしょう。
1冊だと情報が偏ったりするので2?3冊定期購読する事をお勧めします。
これだけで、ファッションから流行から化粧品まで、ほぼ全て網羅できます。
       
6.会話
       
今までの知識を総動員させて会話をします。
しかし、露骨な女性アピールの会話は絶対にやめましょう。
       
・知らないふりをしましょう
男性は教える事に優越感を感じる生き物です。
ゲーム内の知識でも「このスキル強いからとったほうがいいよ」と言われても
「知ってるわ寄生野郎」などと言わず「そうなんですか!ありがとうございます><」
と、しっかり相手を持ち上げつつお礼を言いましょう。
       
・家事の話題には食い付きましょう
掃除・洗濯・料理などは、さりげない女性アピールをしやすい話題です。
しかしここで「爪が割れちゃうからぁ><」などという露骨な女性アピールは厳禁です。
変なアピールはせず、家事ができる女性として普通の会話をしましょう。
       
・グルメの話題は自分からでもOK
おいしいお店や、話題のスイーツなどの話は自分からふってみましょう。
男女共に食べ物の話は無難で、尚且つ女性アピールができます。
       
・オシャレな話題は激アツ
ファッション、香水、アクセサリーなど、向こうから話題を振ってきたら
全力で女性アピールしていきましょう。
この話題が来るときは「もしかして女性かな?」と相手が少し感じていて
探りを入れている場合が多いのでアピールのチャンスです。
だからと言って、いきなり化粧品の話をして露骨にアピールするのではなく
使っているシャンプーや香水など、外堀からゆっくり埋めていきましょう。
あくまで相手が罠にかかるのをじっと待つのが鉄則です。
ここまで上手く女性特有の知識をアピールする事ができれば
相手は完全にあなたを女性と思い込みます。
       
・アニメやゲームの話題は慎重に
アニメやゲームの話題は、自分が好きなものだと食い付いてしまいそうになりますが
ここはぐっと堪えて程々にしましょう。あまり深い話題まで食い付くと
気づいたらネカマとして釣るつもりが相手に釣られる事になります。
       
・男の趣味は厳禁です
上記と似ていますが、こちらはさらに危険です。
「牙狼閉店まで打ち切って5万発でた」「中チェ引いてフリーズ500乗せからの一撃万枚」
「ラス4着で跳満テンパイ即リー一発ツモ嵌張ずっぽし裏のって倍満トップ」
こんな事言ったら即終わりです。
       
・中途半端な知識の言葉は使わない
       
中途半端な知識の言葉を使うと、大やけどの可能性が高いです。
知識のない流行語などは大変危険ですので、絶対にやめましょう。
言葉には出されなくとも、その時点でネカマと疑われています。
       
7.行動
       
ゲーム内での行動や、ちょっとした仕草で
さらに女性度をアップさせましょう。
       
・上手いプレイはあまりしない
PSが高すぎたり、無双しまくるのはなるべく控えて
迷惑がかからない程度に下手アピールをしましょう。
手伝ってあげたい、守ってあげたいと思わせる事が大切です。
床ペロもたまにやっておきましょう。
       
・ゲーム中に無意味に立ち止まりましょう。
時々、クエスト中に意味も無く立ち止まりましょう。
しかし、最初は迷惑がかからないくらいの短い時間にしておきます。
後に相手と仲良くなって、少し女性と思われ始めたと思ったら
少し長めに立ち止まってみましょう。
       
・たまに唐突にwisをしましょう
チムメンやフレと遊んでいるときに、いきなりwisで「たのしいね^^*」など
唐突なwisを送りましょう。「いつもありがとね><*」などもかなり効果的です。
       
・スイーツを食べましょう
クエストに誘われた時などに、時々「いまチョコ食べてるからちょっとまって(*´ω`*)」
など、なにか食べてるアピールをしましょう。
そこからスイーツの話題に持っていったりもできます。
       
・お手洗い、お風呂に行ったら、戻るのは遅くしましょう。
お手洗いに行って30秒もしない内に戻ってきたらアウトです。
あえて時間を置いてから戻る事で、無言の女性アピールをします。
お風呂もなるべく長風呂と思わせたり、一旦戻ってからもう一度
「放置します?」と言って「髪乾かしてるのかな?」と思わせたりしましょう。
       
・気分の浮き沈みを作りましょう
あからさまではなく、すこしだけ素っ気ない態度をとってみたり
たまに誘いを断ってみたり、インの時間を短くしてみたりしましょう。
ル◯ルナに登録して、月1のレディースデーを作ってみるとよりリアルです。
       
8.リアル
       
やはりどんなに頑張っても、リアルには敵いません。
例えばVCをして、それが女声だったら何もしなくとも
女性に認定されるという事です。
しかし、そのぶんリスクが非常にあります。
バレる可能性もありますし、本気で粘着される可能性もあります。
ここからは、出来る人限定の行動になります。
       
・プロフィール画像を女性っぽく
スカイプ等のプロフィール画像に女性の部屋の写メなどを使いましょう。
ネットで拾ってきたものは画像検索を使うと即バレするので
彼女や嫁、妹、友達などに協力してもらい、必ず自分で手に入れましょう。
       
・ちょっとした写メでアピール
周りの女性に協力してもらい、スイーツの写メ等に
女性の指先などが少しだけ写り込むように撮ってみましょう
女性の片鱗を見せるだけで、ネカマ成功率はぐっと上がります。
手が綺麗な人限定ですが、爪磨きやネイルトリートメント
甘皮処理等をすれば、男でも自分で演じることは可能です。
       
・替え玉ボイスチャットをしましょう
彼女や嫁、妹、友達などに協力してもらい、替え玉VCをしましょう。
PSO2はVCでの連携がほぼいらないゲームなので、雑談がメインになる事が多く
ゲームを知らない女性でも比較的簡単に替え玉ができます。
周りに協力してくれる女性がいない場合、お金があればデ◯ヘル嬢でも良いでしょう。
意外とデ◯ヘル嬢はネトゲプレイヤーが多いです。
       
・ボイスチェンジャーは厳禁
ボイチェンを使ったボイスチャットでネカマをやろうとする人がいますが
はっきり言って無謀です。普通のボイチェンでは自然な女性声は出ません。
ネカマ成功した!と思っているのは本人のみで、皆気を遣って言わないだけです。
そして、声だけではなく環境音も高音に変換してしまうので
着信音やテレビ、エンジン音、緊急車両のサイレン等がボイチャに入っただけで
一瞬でアウトです。また、ソフトが気付かない内にフリーズしてしまい
途中からずっと男声で喋っていた何て事になったら笑えません。
どうしてもボイチェンを使いたいのであれば、プロ用を買いましょう。
       
最後に・・・
       
他にも細かいテクニックはいっぱいありますが
書いてるときりがないのでここまでです
ネカマは修羅の道です。
様々な努力をしても、たった1回のミスでバレてしまったり
ネカマをやるのに必死すぎて、ゲームを楽しめなくなってしまったり
男の下心丸出しな嫌な部分をいっぱい見たりします。
何事もほどほどが一番だと思います。
あまりのめり込まず
自分が楽しめるネカマライフを送ってください
          
          

どうせ童貞を捨てるなら人妻がいい

もう数年前の話だが、20歳を過ぎても俺は童貞だった。

調べると言ってもyahooで調べるのだが、俺が調べついた先は人妻だった。

どうも人妻は簡単にやらせてくれるらしい。

大学ではどいつもこいつも彼氏や彼女を作っていてやりまくっているが、俺とはやってくれない、なら簡単にできる人妻で試すの悪くないと思った。

そもそも俺は年上の女性が好きだから問題ない。

そして俺は生まれて初めて人妻専門の愛人おさるさんと言う出会い系サイトを使ったのだ。

そのサイトで知り合ったのがなんと48歳の人妻だった。

「うーんギリギリ許容範囲ない・・・むしろOK」

早速出会うことになったのだが、出会ってみるとそれほど熟している感じではなかった。
「最近のアラファーはまじで綺麗だ」

飲み屋で少し飲み、話が俺の童貞話になる。

もちろんその話をするのは俺の童貞を貰って欲しい為なのだが、どうなるかは正直不安だった。

そして店をでてどうしようか迷っていると人妻の方から。

「今から童貞捨てに行く?」

と熱い熱いお誘いが( *´艸`)

「喜んで」

と俺は返答して初めてラブホテルに向かったのだ。

オド・オド・オド・オド・オド・オド・オド・オド・オド・オド・オド・オドする俺!

どうしてよいのか解らなくなっていた俺に人妻がいきなりのディープキス

頭が真っ白になる

さらに

オド・オド・オド・オド・オド・オド・オド・オド・オド・オド・オド・オド

でも下半身は

ギンギンに・・・

しかし俺も男

手が勝手に人妻の体を触りだす。

やわらかい胸、そしてパンティの中まで隅々と。

手は次第に人妻の第二の口の中をかき回していた。

「あぁぁ~ん」

と色っぽい声を出す人妻に俺は我慢が出来なくなった。

人妻をベットの上に倒し、完全に本能のまま動いてやったのだ。

そして訳も分からないままにフィニッシュをかまし俺は童貞を卒業した。

人妻はその後

「こんなのは初めてだったよ」っと言ってれた。

嘘か本当かはこの時はわからなかったが、今思うと嘘だったと思う。

この頃は本当に欲求のまま腰を振っていたから包容力のある人妻でなければ怒られていたかもしれない。

良くも悪くも俺の様な人間は人妻で童貞を捨てれて良かったと思う。

それ以降も彼女が出来ない時期などは愛人おさるさんと言う出会い系サイトを使って人妻とのセックスを楽しんでいる。

ツイッターで出来た恋人について

私はツイッターで色々な情報を得てテレビニュースや新聞はあまり見ません。フォローしているのはニュースソースとキリスト教関係です。ツイッターからこの人もフォローしませんかというメールが届きますが、ある時私と同じ傾向の方を見つけたのでフォローしてみました。

その人は比較的活発にキリスト教に関係したツイートをするので、ある時真面目に誠意を込めてお返事をしてみました。それがきっかけになってその人と情報交換を続けました。2ヵ月ほどしたある日、その人からダイレクトメッセージが届きました。「お会いしませんか。」と。

春休みで大学がお休みの私はそれで会う約束をしていって見るとビックリ。男性とばかり思っていた相手は26歳の独身女性で綺麗な人でした。レストランに行って色々なお話をしました。トランプ大統領と国際関係。山中教授の再生医療と日本人の長寿化。ベラスケスの絵画の素晴らしさ。などです。

お食事が終わりレストランを出ると彼女は駅と反対の方向に私を連れて行きます。あっという間にファッションホテルに入ってしまいました。「こんなことはまずいよ。」という私に彼女は「大丈夫よ。任せておいて。」とリードを開始しました。

一緒にシャワーを使いましたが若い女性の裸は美しいと素直に思いました。ルノワールが晩年少女の裸体を描き続けましたが、この美しさを後世に自分の作品として残そうとしたのだと思いました。その後彼女に甘えられてお姫様抱っこでベッドインしました。

彼女は私の全身をたっぷりと唾液を出しながら舐めてくれました。それこそ足の指先から耳の奥まで彼女の痙攣ペロペロは止まりませんでした。不思議な快楽に私のペニスは天をつき透明なおつゆが止まらなくなりました。それを微笑みながら眺めると彼女はペニスに唾液をタラぁ~と垂らすと豪快にフェラチオを始めました。

たちまち彼女の口に射精してしまいました。彼女はそれを飲み干しさらにペニスを強く吸いました。「口に射精してしまって御免ね。」と謝ると彼女は艶美な笑みでフェラチオを再開し私のペニスを再勃起させました。そしてそれを握ると騎乗位で優しく彼女の膣内に飲んでしまいました。

「避妊しているから中に出しても平気よ。」と言われ彼女の腰の動きに3分と持たず大量に射精してしまいました。私はこうして童貞を卒業しました。セックスのあといろいろ話してみると彼女は私のアパートの近くに住んでいることが分かりました。自転車で行けます。それと長く彼を作らなかったそうです。

彼女は男性に全身リップサービスをして勃起させて騎乗するのが好きなのになかなかそれが男性に受け入れられなかったことが原因です。童貞だった私は彼女のなすがままでした。その日から彼女は早く帰宅すると私を自分の部屋に呼んでくれるようになりました。私は料理には自信が有るので疲れて帰ってくる彼女に夕食を作りました。

そして一緒にお風呂に入ると彼女にセックスして貰いました。そんな日を重ねているうちに射精回数が増え彼女の膣内での持続時間が伸びました。ついに彼女は優しく慈しむように私を舐めた後、ディープキスをしてから「あなたを愛しているの。」と告白してくれました。私も彼女に愛していると答えました。

こうして童貞だった私は一気に美人で床上手な素晴らしい恋人を得てセックスを楽しむようになりました。

チンポ奴隷

 僕は奥手で、高校も男子校だったので大学入学しても童貞でした。2年の夏休みにバイト先で知り合った26歳の綺麗な麻耶さんに20歳の童貞を捧げました。
 麻耶さんは、僕が童貞だと知ると僕の手を引いてラブホテルに入りました。僕は恥ずかしくてバスタオルを巻いてましたが、麻耶さんはすっぽんぽんでした。僕は興奮して陰茎が立ってしまいました。麻耶さんは僕のバスタオルを外すと、
「わお!おっきいねーキミ」
と言って触り始めました。そして、口に咥えて、
「お口に入りきらなーい」
と嬉しそうにはしゃいでいました。僕は、あまりの気持ちよさに、
「麻耶さん、出ます。」
「いいよ。出して。」
「うっ」
じゅるじゅるじゅるーと麻耶さん飲んじゃいました。
その後、スキンをかぶせられて、正常位で童貞を喪失しました。麻耶さんの中はとても気持ちよくて、麻耶さんは、
「おっきー埋まるー」
と言って腰を動かすので僕はすぐいってしまいました。

 数日後、麻耶さんとお友達の25歳の里子さんと32歳の美由紀さんの3人で、麻耶さんのアパートで僕を裸にしてお酒を飲んでいました。「ね、おっきいでしょう。」「これはでかいな。」
「計測、計測」
僕の陰茎は目いっぱい立たされ測られました。
「直径4.6cm、全長18.8cm、うーんでかい。」
彼女達は、みんなで裸になって、
「入れてみて。」
と股を広げました。里子さんは、
「おー、でかい、でかい」
美由紀さんは、
「あはん。気持ちいいわー」
と満足そうでした。結局、僕は美由紀さんでいきました。
「こんないいものが童貞で眠っていたとはもったいない。ご飯をご馳走するから、卒業までセフレになってよ。」
と3人に頼まれました。そして、彼女達は僕の陰茎を弄ってまた立たせ、
「このデカチン、何kgまで耐えられるかしら」
と言って、根元を紐で縛り、2リットルのペットボトルをぶら下げました。
ペットボトルに水を入れ始めました。段々僕の陰茎は下を向いてきました。すると僕の陰茎をみんなで触って、
「頑張って、勃起!勃起!」
と応援されました。さすがに満タンになると持ち上がりませんでした。

 月に1回は4人で誰かの部屋で4Pします。セックスする順番は、僕を立たせて投げ輪で決められます。僕の陰茎に一番たくさん輪をかけた人からセックスします。
 セックスは彼女達がいくまでさせられるので、僕は早くいくわけにはいきません。3人目で立たなくなれば、四つん這いでお尻に指を入れられて前立腺を刺激され無理やり立たされ、根元をコックリングで締められ強制セックスの刑に処されます。
 それからは、殆ど毎日セックスさせられました。彼女達は毎日ではなくても僕は1人ですから大変です。更に、彼女達は、僕の陰茎に色々イタズラして、写真を撮って喜んでいました。麻耶さんの作品は、糸で網目のように陰茎を縛りつけ、
「ボンレスハム」
だそうです。美由紀さんの作品は、玉を一つずつ縛り、赤いリリアンをぶら下げて、
「神社の鈴」
だそうです。里子さんはSです。暴れると困るからと僕を柱に縛り付け、やはり玉を一つずつ縛り、その先におもりを垂らし、陰茎の根元に箱をつけて亀頭に金属製の鳩のオブジェを括り付けて、
「鳩時計」
でした。鳩のオブジェはかなり重く、僕の陰茎は丁度水平を保ちました。玉が取れそうに痛かったのですが、里子さんに使い古した化粧筆で亀頭を撫でられて、次第に痛みが快感になってしまい、遂には射精してしまいました。その様子はアップでデジタルビデオに撮影され、撫でられるたびに陰茎がピクンピクンとなって、まるで鳩が飛んでいるようでした。僕が、
「はあ、くう、いきそうです、止めて下さい。ああっ」
などとヨガる声や射精と共に発した声が入っていて、みんな喜んでダビングしていました。

 僕はこんな風に大人の女性達にいたぶられて大学生活を終えました。でも、彼女達に鍛えられてセックスは上達しました。
 僕は、若い女の子に魅力を感じなくなり、綺麗で色っぽいSな大人の女性に陰茎を苛められて、目いっぱい立った後、今度は僕の陰茎でその色っぽいS女をいかせるのが理想になっていました。
 だから、今の恋人は職場の先輩で2才年上の利恵さんです。
 入社早々、歓迎会で仲良くなり、2人で飲みにいくようになって、酔った勢いで僕の性癖を話したら付き合うことになったのです。
 利恵さんは和風美人で、身長161cm、B88、W60、H87です。利恵さんは、今まで2人しか付き合ったこと無いけど、付き合うと2~3年と長いそうです。利恵さんは、付き合い始めの頃は僕の陰茎が痛いと言ってましたが、2ヶ月もすると病み付きになると大喜びで、最近は、あなた以外ではダメかもしれないと言われプロポーズしました。

 セックスする前は、利恵さんは僕の陰茎を苛めて遊ぶことに快感を感じるようになっていたので、セックスだけでなく、芽生えた性癖も他の男性では引かれるでしょう。縛ったり何か吊るしたりは当たり前で、通販で買った大人の玩具で陰茎苛めされます。革バンドで締めたり、アナル弄りされたりと僕達は変態です。
 今は、利恵さんのアナルにも僕の陰茎が入るようになりましたから、生でセックスしてアナル中出しもします。来年の春、僕達は結婚します。婚約発表したら職場は大騒ぎでした。イケメンを自負するファッショナブルな男達が美人でスタイルも良い利恵さんを落とそうとアプローチしている中、昨年入社してきた一見草食系の冴えない若者が射止めてしまったんです。
 淑やかな和風美人の利恵さんを連れて行ったら、両親は目をまん丸くしてびっくりしていました。高校時代の奥手な息子のイメージがあるから当然です。僕の父もパッとしない外見ですが、母は美人です。もしかして父の陰茎も…

チンチン嫌いの女は混浴に行かない

いくらなんでもチンチンが嫌いという女性は混浴には来ないと思う。
そういう人は女湯オンリーじゃないの。
    
私は高3から混浴に何回か行っているけど、
必ず男女が複数混合の仲間連れで、
女性は自分を含んで2人以上、というのが参加の条件。
だって見ず知らずの男性に囲まれて好奇の目で見られるのは嫌じゃん。
女性側は余程の露出狂じゃなきゃ混浴で全裸になったりしないと思うよ。
(少なくても若い子はそうでしょう…)
バスタオルは胸元からしっかりと堅く巻き、解けないようにしている。
    
連れである仲間内の男性たちは自然の中で解放されたように全裸になるし、
私たち女性は一緒に行った男性たちのチンチンは必ず見る。
男女お互いに暗黙の了解で混浴でそれがつきものだと理解しているし、
チンチンで遊ぶのも楽しみで来てるわけだから、
女性が見ないというのはかえって男性に失礼なわけなのです。
隠すような男性と混浴に行くこともないでしょ。
    
それでも男性なのに腰にタオルをピタッと巻いて混浴に来るという、
情けないヤツもたまにいて、赤の他人ならともかく、
連れの男子の中にそんなヤツがいるとタオルを奪い取りたくなる。
ある男子は、他の男子たちがみんな全裸なのに自分だけバスタオルを
巻いていて、情けないから取りなと女子みんなで言って、みんなの
見守る中で本人の手でバスタオルを外させた。
ある男子は、私たちが口で言っても恥ずかしがってしまいバスタオルを
外さなかったので、やむなく手荒なやり方だけど本人が後ろを向いた隙に
タオルを奪い取った。
そういう男子も一旦チンチンを見せてしまえば態度も開き直り、
他の男子たちと同じように見せることに抵抗がなくなる。
童貞の男子のチンチンを無理矢理初露出させたことがあって、
それに立ち会ってあげたら、その後まもなくカワイイ彼女ができたと
いうことがあったけど、少しは人助けになったのかなぁ??
    
総論として、
「混浴は、チンポを見せたい男性とチンポを見たがる女性たちの憩いの場」
ではなく…、
「混浴は、チンポを見られる男性とチンポを見る女性の、相互に理解した上での憩いの場」
ということなのですね。
素晴らしい。温泉王国・日本中で普及すれば、まるでパラダイスですね。

セレブ奥様、お小遣いをエサに童貞GET!

          
◯◯県・・・こんな所にもお金持ちの集まる地域はあります。
私もその一人で、毎日のように親しいセレブ奥様3人だけのお茶会に顔を出しています。
40代の人が1人、30代後半が1人、そして30代半ばの私。
今年の3月末の事でした。いつものように誰かの家におじゃましながらのお茶会。
40代の奥さんがいきなりカミングアウト。
当時、高1の息子さんとセックスしてしまい、童貞を奪ってしまったと・・・。
一瞬言葉を失いながらも何故か身体は興奮してた。
たまたま息子さんの自慰行為を見てしまい、5年以上営みの無かった奥さんは、つい息子さんを犯し、童貞を奪ってしまったと。
今でも息子さんがセフレとなり、お互いの性欲を満たしてるとも・・・。
そしたら30代後半の彼女も、出会い系で若い男の子をセフレにして楽しんでると言い出した。
お小遣いを渡せば、満足させてくれるからとも・・・。
私に話が振られても、そんな経験はないし、それを聞いたセレブ奥様達に、若い男とセックスしなさいよって誘われました。
その場では断りましたが、私もここんとこ主人には愛してもらって無く、興味はすごくありました。
30代後半の奥様に強引にねじ込まれた出会い系サイトのURL。
登録してしまってました。
お小遣いを渡せば・・・その言葉が頭に残り、つい逆援助で男の子を募集。
SNSだったので、おしゃべりもして翌週にはその子とリアルなデートにまで進んでました。
◯◯県に住む大学生。
電話でも相談されたけど、彼の望みは・・・童貞を奪って欲しいってことだけ。
久しぶりの男の身体・・・。
狂ったようにホテルの部屋で若い肉体を貪り、私は彼の初めての女になりました。
一回り以上年上の人妻なのに、彼は私を女として見てくれ、何度も抱いてくれます。
定期的に会いました。
最初は毎日のようにお互いが求めあい、ベッドで愛し合いました。
安全日には中出しもさせ、性的には満足した日々。
今月、いつものお茶会。
つい奥様達に若いセフレが出来た事を話してしまい、彼が童貞だった事、毎日のように女の快感を与えてくれてる事を知られてしまいました。
ハイテンションになった2人は、彼を呼んで皆でエッチしちゃおうって言い出す始末。
断りきれず彼を呼び出し、3人の熟女に彼は弄ばれました。
3人のセレブ奥様の玩具にされたと言うのに、彼ったら恍惚の表情で満足そうだった。
今度は皆の性欲処理の男の子を集めて、乱交することになってしまいました。
それはそれで楽しみなんですけど・・・。

セックスフレンド従姉

僕の家には女子大に通う従姉がこの4月から下宿しています。従姉は高2の僕より2つ年上です。
従姉は家のなかでは、ノーブラ・タンクトップ、ホットパンツという大胆な格好でいるので、目のやり場に困ってしまいました。
結構従姉はナイスバディです。それなのに、従姉は風呂上りにはバスタオル1枚でうろうろしたり、涼んだりするので、めちゃくちゃ興奮しました。もう挑発してるのかと思いました。
従姉が来て1月くらいして両親がいないときに、従姉の部屋で英語を教わっていたら、従姉は例の格好なので、お互いにムラムラしてきて、セックスしちゃいました。
その日以来、両親がいないときは、いつも従姉の部屋でエッチしています。
今は夏休みですが、従姉は学校も休みで、実家にも帰らないなので、朝から従姉とエッチしています。
最近は、「今日はお姉ちゃんが上になってやりたい。」なんて甘えた声で言います。
ちなみに僕とやるまで従姉は処女でした。僕は経験済みだったけど童貞と言うことにしておきました。
後で聞くと、友達が経験済みであせっていたらしく、僕と経験できて良かったといっていました。

サッカー部のマネージャー

俺は学生だった頃に、サッカー部のマネージャーだった可愛い女の子とセックスし、童貞を卒業した。俺はサッカー部ではなかったが、そのサッカー部のマネージャーと仲が良く、一緒に行動してるのが多かった。勉強を教えあったりしていた。そんなある日、そのマネージャーは腕にとある男子とお揃いのミサンガを付けていた。俺はそのことにとても嫉妬していた。きっとその時にはそのマネージャーが好きだったんだと思う。その一週間後に、家で勉強しようと俺の家に招待した。そこで、俺たちは結ばれた。最初は勉強をしたが、腕のミサンガを見てると、嫉妬とか、ムラムラが止まらなく、もうやってしまえと思った。最初はベットの上に押し倒し、身動きが取れない状態にした。俺はベルトをカチャカチャと外し、制服のズボンのチャックを開けた。そして、パンツを目の前で脱ぐ。ピンピンの俺のものが姿をあらわす。俺はマネージャーの顔の上でオナニーをまずした。挿入する勇気がなかった。シコシコ…マネージャーはその光景に驚いていたのか、震えていた。押し倒されたマネージャーの顔の上に俺は1度、射精した。綺麗な顔は精子で汚れてしまったのだ。でも俺はそんな状況でも、マネージャーを無理矢理起こし、口の中にチンコを突っ込んだ。フェラのやり方を教えたりした。あんまり気持ち良くはなかったけど、マネージャーの子を思い通りに動かせている支配感がたまらなかった。その後に挿入をした。とても気持ち良く、腰を振った。射精をするときは中ではマズイので、抜いて、マネージャーの付けている他の男子とのお揃いのミサンガのところにぶっかけた。その後もそのマネージャーの体を弄んだ。ミサンガのついている手でシゴかせたり、動画を撮ったりした。
これからもこれをネタにセックスをしていったのだ。

ゴリラ女黒ギャル白ギャル

 ボクは小学校の頃からいじめられっ子だった。
 ボクのオチンチンがデカすぎて気持ち悪いというのが理由だった。
 小6の夏休みに入る少し前に、ボクをいじめていた奴に呼び止められて、近所にあるラブホテルだった廃屋に連れて行かれた。
 そこには5人の女性がいた。
 女子高生らしい美人でナイスバディの黒ギャルと白ギャルが4人。
 そして、異様に体のデカい、リーダーらしいゴリラみたいなブスデカ女。
ゴリラ女「こいつが例のデカチンかい?」
 そうゴリラ女が言うと、奴は頷いた。
ゴリラ女「とりあえず見せてみな」
 黒ギャル2人がボクのズボンとパンツを下ろした。
 べろんとボクのオチンチンが出ると黒ギャルは歓声をあげ、白ギャルは驚いた。
ゴリラ女「デカいねえ、これなら満足できそうだ。坊や、いい子にしてたら気持ちよくさせてあげるよ」
ボク「別にそんなのいい。それよりこいつの知り合いなら、ボクをいじめさせるのをやめさてくれ」
 ボクがそう言うとゴリラ女は奴を見た。
 奴は一瞬ビビった。
 それはそうだろう。
 こんなゴリラ女に睨まれたら誰でもビビる。
 でも、ゴリラ女は案外いい人らしく・・・。
ゴリラ女「弱いものいじめは感心しないな。おい、もうこいつをいじめるのはやめな。その代わり、こいつを紹介してくれた礼を含めてたっぷりとサービスして可愛がってやるから」
 ゴリラ女がそう言うと奴は思いっきり頷いた。
奴「じゃあ、エリカとやれせてくれるんだな」
ゴリラ女「ああもちろん」
 どうやら奴はゴリラ女にボクを紹介する報酬として、エリカというギャルとセックスをさせてもらうつもりだった。
ゴリラ女「さて、ほんじゃ可愛がってやるか」
 いい人だがこんなゴリラ女とはセックスをしたくない。
 でも、殺されるよりはマシなのでじっとしていると、ゴリラ女は奴の腕を掴むと部屋を出て行こうとする。
奴「なんだよ、放せよ。エリカとやらせる約束だろ」
 奴は抵抗するが、ゴリラ女は少し顔を赤らめた。
ゴリラ女「エリカはあたしだよ」
 ボクと奴は驚いた。
 それはそうだろ。
 このゴリラ女が『エリカ』なんて名前が似合うわけがない。
ゴリラ女「あたしゃ、こんなオタク臭いデカチンには興味ないんだ。お前みたいにがっちりした男があたしゃの好みなんだ。安心しな、しっかりサービスをしてやるから」
 そのままエリカことゴリラ女は奴を連れて行こうとするが、奴も体が大きいので、抵抗してなかなか出て行けない。
 そこでボクは急いでパンツとズボンを穿くと、近くにあったタオルを両の拳に巻きつけ、奴の後頭部を思いっきり殴りつけた。
(※良い子はマネをしてはいけません)
 5、6発殴りつけるとさすがに大人しくなり、奴はゴリラ女に引きずられるように部屋を出た。
 ボクもタオルを取り、黒ギャルにビデオを持ってくるように言った。
 黒ギャルはボクのやろうとしていることに気づき、もう1人の黒ギャルや白ギャル2人に色々な小道具を持ってこさせた。
 ゴリラ女が奴をベッドの上に放り出すと、ボクは素早く奴の口にタオルをねじ込み、白ギャルたちの持ってきた縄を受けると奴の手足を縛り、ベッドのコーナーに結びつけた。
ゴリラ女「おや、あんたも混ざりたいのかい?」
 首を横に振るボク。
ボク「こいつと関係を持ちたいなら、これくらいやらないと確実にものにできないよ。こいつは大学生とでもけんかをする奴だから」
ゴリラ女「おや、そいつはすごいね。そういう頑丈な相手でないとあたしの相手は勤めらないからね」
 ゴリラ女は服を脱ぎだした。
 ボクは黒ギャルからビデオカメラを取ると撮影を開始した。
ゴリラ女「あたしゃ、AVの趣味はないけどね」
ボク「これは愛のメモリーだよ。撮影する価値はある」
 ゴリラ女は怒りかけたが、ボクがそう言い切ると「そうかい、じゃ頼むよ」と納得した。
 ボクはスイッチを入れた。
 ゴリラ女と奴のセックスにエロさはなかった。
 強いて言えば野生動物、それもカバやゾウ、いや、文字通りゴリラの交尾を見ているようだった。
 迫力のある凄い動画が撮れた。
 奴への仕返しのつもりでやっているのだが、ドキュメンタリーのカメラマンの心境だった。
 これがボクをいじめていた奴がゴリラ女に犯され童貞喪失した時の話である。
 ボクはある程度ビデオを撮ると、なおもベッドを大きく軋ませながら奴の上で腰を振るゴリラ女を置いて部屋を出て帰ろうとした。
 その時、黒ギャルの一人がボクの腕を掴んだ。
ボク「なに、ボクの役目は終わったろ?」
黒ギャル1「冗談言わないの、坊やはあたしとチカの相手をするんだから」
ボク「いいよ、あんな物見た後でやる気は起きないよ」
黒ギャル2「いいから来な」
 ボクは先ほどの部屋に戻され、服を脱がされると椅子の上に座った。
 黒ギャルのチカと明美が服を脱いだ。
 スタイル抜群の小麦色の肌に整った美貌、茶髪のロンゲ、黒ギャルとしては2人は最高級であった。
 その2人の裸を見てボクのデカチンは大きくなる。
チカ「わー、やっぱ大きいわ。本当デカい」
明美「それに硬いよ。これが・・・あたし達のものになるんだ」
 2人は反り返るボクのデカチンをうっとり眺めていた。
 白ギャル2人はスカートを脱ぎ、オナニーを始める。
 明美の話だと2人はまだ処女なので、今回はさせないとの事。
 ある程度、ボクにテクニックを付けさせた後でセックスをさせるつもりらしい。
 チカはボクのデカチンを舐り始め、明美はボクの唇を奪うと舌を入れてディープキスをしてきた。
 そして片手でオマンコを弄り、オナニーをしていた。
 ボクは両手で明美の胸を揉んだ。
 明美は一旦口を離すとボクにディープキスのやり方をレクチャーし、再び唇を重ねる。
 明美の舌に自分の舌を一生懸命絡めた。
 それに夢中になっていたが、デカチンも限界に達し、精液を吐き出す。
 チカはデカチン前で口を開け、吐き出される精液を全部飲み干した。
明美「さあ、ここからが本番だよ」
 そう言うと明美はチカを下がらせ、ボクを跨いでデカチンの先端を自分のマンコの入り口に宛てがい腰を下ろす。
明美「あ~」
 明美のマンコにボクのデカチンが飲み込まれていく。
 凄く気持ちがよかった。
 これでボクも童貞を失った。
 ボクのデカチンに温かくてぬちゃぬちゃしたモンがまとわりつく。
 やがて、明美のマンコにデカチンが全部飲み込まれた。
明美「いいよ、これいい、坊やのオチンチン最高」
 そう言うと明美は狂ったように腰を振った。
明美「奥に当たるよ。奥に当たる」
 ボクはよくわからないが、確かにオチンチンの先端が何かにぶつかるような感覚はあった。
明美「イク!」
 明美が反り返り、オマンコの内壁が絞り上げられると同時にボクは精液を吐き出した。
その後、絶頂に達した明美をチカが退け、今度は同じようにチカとセックスをした。
 さらに2人に計4回、膣内射精をしてボクはようやく解放された。
 この日はこれで帰れたが、夏休みに入るとボクはチカと明美の2人と毎日の様にセックスをした。
 8月になると白ギャルを加えて計5人で海に行き、白ギャル2人とセックスをして処女を卒業させてあげた。
 それからは女子高生ギャル4人を相手にセックス三昧の日々を送る事になった。
 奴とゴリラ女はこの頃から姿を見せなくなった。
 9月になると学校にも来なくなった。
 奴がいなくなっても清々するだけだが、ゴリラ女はあれで女気溢れる女傑だった。
 そう思い、ギャルたちと探したが見つからなかった。
 どこにいるのだろうか?
 ボクと女子高生ギャル4人はあの廃屋でセックスに耽りながら、ゴリラ女の帰りを今も待っている。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード