萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

童貞

兄嫁という人妻とセックスした少年の話

 これはもう8年くらい前の話です。
 僕はこの時、ちんちくりんな童貞学生で、恵理子さんという人を好きになった。。
 兄の嫁で26歳。
 見た目は森高千里似の美人系でした。
 僕は兄が30代のとても色っぽい上品な女性と一緒にいるところをよく見かけたので、その人と結婚するかと思いましたが、兄はその人は会社の社長の奥さんで送迎をしているだけだといって、俺の嫁はこの人だと大学時代の同窓生の、兄嫁を連れてきました。
 そして、僕は兄嫁に一目ぼれ。
 それからはオナニーの相手は兄嫁でした。
 出会ってからは、僕にいつも優しくしてくれました。
 それから半年後に結婚して同居しました。
 思わぬことが起きたのは結婚から1ヵ月後、お爺ちゃんの法事で二日間ほど父、母、兄が出掛けなくてはいけない事になり、僕は学校があるので兄嫁と二人で留守番をする事になりました。
 その日、学校から帰って来ると兄嫁が「おかえりなさい。お風呂入れたから、入って」と言って僕を迎えてくれました。
 僕は兄嫁が自分の嫁になった錯覚になり、ちょっぴり嬉しかった。
 兄嫁の作ったご飯を食べて二人でテレビを見て学校や世間話をしたりして10時過ぎ僕は自分の部屋に戻り寝る事にしました。
 僕としては一緒に寝たかったですがそうもいきません。
 12時過ぎ僕は喉が乾き目が覚めました。
 そして、下に降りるとまだ兄嫁は起きている様子で電気が点いていました。
 僕は何をしているのかと見に行きました。
 兄嫁は風呂上がりでTシャツとパンティという格好で何かを読んでいました。
 でも様子が変です。
 右手がパンティの中で動いているのです。
 僕はハッとしました。
 まさか兄嫁がと思いましたが、やはりオナニーをしていました。
 僕の位置からだとはっきり見る事が出来ないので僕は廊下を抜けトイレの前まで行きました。
 殆ど正面に兄嫁を見る事が出来ました。
 兄嫁のすでにパンティを下ろしており、あそこを触っておりました。
 ストーブに掛かっているポットから勢いよく湯気が出ており、暖かそうな部屋で兄嫁は妖艶な顔付きで触っています。
 そして、やがて太股をピクピクさせてやがて絶頂を迎えた様子でした。
 その後、兄嫁はティシュに手を伸ばし丁寧に拭いていました。
 僕は何が何か分からぬ様になり戸を開けてしまいました。
 兄嫁はビックリした様子で身繕いをしたがら「何?どうしたの?」と聞きました。
「え、え…トイレに行こうとしたら恵理子さんが、あ…あの、何かしているので覗いていた」
「え、覗いていたの、ずーとー…」
「わー、はずかしい。本当に見てたの……」
「うん、ごめん。覗くつもりは無かったのに、ごめん」
「仕方が無いわね、でも誰にも内緒にしてくれる。はずかしいから」
「うん、でも綺麗だったよ恵理子さんのオナニー」
「恥ずかしい事言わないで。お願い、どうすれば忘れてくれる」って言うので僕は、すぐさま嫌らしい事を思い浮かべ「恵理子さん、もう一度だけ見せてくれたら気持ちがすっきりするかも」と「えー、嫌や恥ずかしい。他に無いの?」「無いよ、一回だけ見せてよ。お願いします」そんなやり取りを何度か繰り返していると「それじゃ、いいけど、本当に誰にも言わないでね、約束よ」「あー、ここでは嫌よー。卓君の部屋に行こう」と言ったので僕は「ちょっと待ってて」と言って、慌てて二階に上がりベットを綺麗に整え掛け布団をたたみ部屋の隅に置き、ガンガンにストーブを付け下に呼びに行くと兄嫁は又お風呂に入っていました。
 僕は仕方なく二階に上がり待て事にしました。
 すると「入っても、いい?」と兄嫁がバスタオルを身体に巻いて入って来ました。
「わー、汚い部屋に住んでいるのね」と言われました。
「ところで、本当に私のが見たいの。もし見たいのなら、お酒と卓君が読んでいるH本を何か探して」と言われ、僕はまずベットの下の本を全て出し兄嫁に選んで貰っている間に下に行き、父のブランデーとグラスをトレイに乗せ、兄嫁のいる二階に戻ると、兄嫁は投稿物の野外露出の雑誌を見てました。
「恵理子さん、持って来たよ」と言うと「ありがとう、グラスに注いでよ」「うん、はい」と渡すと、ちびちび飲みながら僕を隣に座らせ一緒に本を見させて、「みんな、すーごい事が出来るのね」と僕に同意を求めさせ、僕を焦らします。
 このような状況下か、兄嫁と義弟がセックスする内容を見せてくれました。
「恵理子さん、始めてよ」と言うと「うーん、じゃ始めるわ」「ちゃんと、見ててね」と今度は僕をベットから下ろし、兄嫁はベットに横になりバスタオルを外し、本を読みながら、触り始めました。
「さっきまで、触っていたので敏感になっている。あぁー、いぃぃー」と僕はあそこをビンビンにおっ立ててパジャマのズボンまで浸みていました。
 憧れの兄嫁のあそこを見てる。
 兄嫁は指を中に入れ濡らしてはクリチャンを優しく触り、時々「あぁー、卓君見てる」と言います。
「うん、すごいよ、色っぽいよ。恵理子さん」といつの間にか呼吸まで合わしていました。
 兄嫁のあそこはツルツルでピンク色で綺麗でした。
 その内、兄嫁は「アァ駄目、いく」と言ってしまいました。
 僕は我慢が出来ず兄嫁のあそこに行き舐めようとすると「駄目よ、汚い、汚れているから」と拒まれましたが、兄嫁の手を除け、僕はツルツルのあそこを舐めました。
 すると、「ハハハ、イヤ、くすぐったいよ、やめて」と完全に拒否されました。
 そうなのですか。
 いった後はくすぐったいのですか。
 僕は「じゃ、これはどうしたらいいの」と言うと「ごめんね、手でして上げる」と僕をベットに寝かせ、僕のものを握り「どうだった、満足出来た?約束だから誰にも内緒よ」「卓君もここだけは大人ね、今まで付き合ってきた人や旦那より大きいし、硬いわ。旦那は祖チンだから」と言いながらしごくと、僕はあっという間に大量の精液を放出しました。
「わー、すーごい、たくさん出したわね」と喜んでいました。
「二人でもう一度、お風呂に入ろうか?」と言われ、二人一緒に風呂に入りました。
 そこで、二人で洗いっこをして、初めて兄嫁のあそこに手を入れました。
 中は狭くってグチュて感じに濡れていました。
「恵理子さん、入れたい」と言うと兄嫁は「うん、いいよ」と僕を風呂の浴槽に座らせて上から乗って入れてくれました。
 僕のは兄嫁のあそこに飲み込まれました
 兄嫁の中に入ってると言う実感が有り最高に気持ちが良かったです。
「ああ、いいよ。恵理子さん」
「いや、卓君。恵理子って呼んで」
 そういうと兄嫁は僕にキスをしてきてくれました。
 ファーストキスでした。
 童貞を先に失い、ファーストキスが後なんてと考えていると兄嫁は思いっきり腰を振り、浴室にパンパンという音が響きました。
「ああ、いい、旦那の祖チンなんかより、大きくて硬いよ。奥に当たるよ」
「ああ、恵理子。そんなに腰を振らないで、でちゃうよ」
 僕と兄嫁の体の相性はとてもいいらしく兄嫁はよがり狂い、僕はものからもたらされるあまりの快感に声を出してしまいました。
「いいの、出して、中に出して」
 兄嫁は狂ったようにさらに腰を振るい、ぼくは耐切れずに兄嫁を腰を掴み動きを止め、ものを兄嫁のあそこの奥、子宮まで押し込み、大量の精液を射精しました。
 あまりの快感に兄嫁を抱き締め、兄嫁は僕に激しいディープキスをしてきました。
「ああ、素敵よ。卓君。あなた初めてなの」
「うん、恵理子さ、じゃなくて恵理子。僕は恵理子が最初だよ。キスもセックスも」
「嬉しい。卓君の初めては私が全部もらったのね。実は私ね、初めて会った日から、卓君のことが大好きだったんだ。卓君はどう」
 兄嫁の意外な告白に驚くと共に僕も正直な気持ちを伝えた。
「うん、僕も初めて会った日から恵理子のことが大好きだったよ」
 恵理子は何も言わず涙を流し、僕を抱き締めて、キスをしてくれた。
 この後、僕と兄嫁いや恵理子は風呂場で3回セックス。
 再度、体を洗い、風呂から上がると身体も拭いてくれ、夫婦のベットで再び、セックスをやりまくりました。
 この日から恵理子は兄ではなく、僕の女になりました。
 結婚1ヶ月で恵理子を自分の女にして兄に申し訳ありませんでしたが、恵理子は別にいいとの事。
 むしろ、僕の女になれて嬉しいといってくれました。
 なぜかというと兄には結婚前から別の恋人がおり、恵理子との結婚は偽装みたいのものだかもしれないとつい最近知ったというのです。
 それでもそれを悟られぬようにしていたというのです。
 やるせませんでしたが、恵理子は僕が側にいてくれればいいというと僕は恵理子を抱き締め、二人とも眠りにつきました。
 僕は兄があの社長夫人が恋人だと気づき、それを世間や社長に悟られないために兄は恵理子と結婚したのではないと思いました。
 だが、そのことは恵理子に言わなくてもいいと思い黙っていました。
 翌日、恵理子はまた兄嫁に戻り、何事もなかったように振舞いましたが、毎日のように僕と恵理子は愛し合い、子供を作りました。
 兄の偽装はいつまで持つか分からないから、恵理子が僕との一緒に生活をしているうちに子供が欲しいといわれたからです。
 当然のことですが兄の子供として育てました。
 別段、兄には悪いとは思いませんでした。
 兄も僕や恵理子を騙しているのですから。
 さらに翌年もう一人、子供を作りました。
 ですがそれが発覚の引き金となりました。
 この事を知った社長夫人が激怒し、家に乗り込んできて、自分が兄の恋人だといって、兄を連れて家を出ました。
 子供の養育費を我が家に送りつけてきて離婚となりました。(当たり前ですが夫人も社長とは離婚しました)
 その後、恵理子は両親に頼み込み、孫の件もあるので僕の家でそのまま暮らしました。
 そして、高校に入ってから僕と恵理子は正式に交際を始め、卒業後に結婚しました。
 僕と恵理子は両親に兄の一件の事実を話し、前から愛し合っており、二人の子供は自分と恵理子の子供だと告げました。
 両親は呆れましたが、兄のやったことや今も行方不明にのまま(実は僕と恵理子は社長夫人とは恵理子が妊娠してから兄に内緒で会っていたので居場所は知っていたし、ある程度は離婚についてやその方法について話し合っており、兄が祖チンなのなので愛人みたいなこともやらされた。というかもやらされいるのだが)を持ってからすぐにを考えれば、その方がよかったかもしれないと認めてくれました。
 今、僕は13歳年上の嫁と二人の子供ともに幸せに暮らしています。

兄嫁という人妻とセックスした少年の話

 これはもう8年くらい前の話です。
 僕はこの時、ちんちくりんな童貞学生で、恵理子さんという人を好きになった。。
 兄の嫁で26歳。
 見た目は森高千里似の美人系でした。
 僕は兄が30代のとても色っぽい上品な女性と一緒にいるところをよく見かけたので、その人と結婚するか

と思いましたが、兄はその人は会社の社長の奥さんで送迎をしているだけだといって、俺の嫁はこの人だと大

学時代の同窓生の、兄嫁を連れてきました。
 そして、僕は兄嫁に一目ぼれ。
 それからはオナニーの相手は兄嫁でした。
 出会ってからは、僕にいつも優しくしてくれました。
 それから半年後に結婚して同居しました。
 思わぬことが起きたのは結婚から1ヵ月後、お爺ちゃんの法事で二日間ほど父、母、兄が出掛けなくてはい

けない事になり、僕は学校があるので兄嫁と二人で留守番をする事になりました。
 その日、学校から帰って来ると兄嫁が「おかえりなさい。お風呂入れたから、入って」と言って僕を迎えて

くれました。
 僕は兄嫁が自分の嫁になった錯覚になり、ちょっぴり嬉しかった。
 兄嫁の作ったご飯を食べて二人でテレビを見て学校や世間話をしたりして10時過ぎ僕は自分の部屋に戻り

寝る事にしました。
 僕としては一緒に寝たかったですがそうもいきません。
 12時過ぎ僕は喉が乾き目が覚めました。
 そして、下に降りるとまだ兄嫁は起きている様子で電気が点いていました。
 僕は何をしているのかと見に行きました。
 兄嫁は風呂上がりでTシャツとパンティという格好で何かを読んでいました。
 でも様子が変です。
 右手がパンティの中で動いているのです。
 僕はハッとしました。
 まさか兄嫁がと思いましたが、やはりオナニーをしていました。
 僕の位置からだとはっきり見る事が出来ないので僕は廊下を抜けトイレの前まで行きました。
 殆ど正面に兄嫁を見る事が出来ました。
 兄嫁のすでにパンティを下ろしており、あそこを触っておりました。
 ストーブに掛かっているポットから勢いよく湯気が出ており、暖かそうな部屋で兄嫁は妖艶な顔付きで触っ

ています。
 そして、やがて太股をピクピクさせてやがて絶頂を迎えた様子でした。
 その後、兄嫁はティシュに手を伸ばし丁寧に拭いていました。
 僕は何が何か分からぬ様になり戸を開けてしまいました。
 兄嫁はビックリした様子で身繕いをしたがら「何?どうしたの?」と聞きました。
「え、え…トイレに行こうとしたら恵理子さんが、あ…あの、何かしているので覗いていた」
「え、覗いていたの、ずーとー…」
「わー、はずかしい。本当に見てたの……」
「うん、ごめん。覗くつもりは無かったのに、ごめん」
「仕方が無いわね、でも誰にも内緒にしてくれる。はずかしいから」
「うん、でも綺麗だったよ恵理子さんのオナニー」
「恥ずかしい事言わないで。お願い、どうすれば忘れてくれる」って言うので僕は、すぐさま嫌らしい事を思

い浮かべ「恵理子さん、もう一度だけ見せてくれたら気持ちがすっきりするかも」と「えー、嫌や恥ずかしい

。他に無いの?」「無いよ、一回だけ見せてよ。お願いします」そんなやり取りを何度か繰り返していると「

それじゃ、いいけど、本当に誰にも言わないでね、約束よ」「あー、ここでは嫌よー。卓君の部屋に行こう」

と言ったので僕は「ちょっと待ってて」と言って、慌てて二階に上がりベットを綺麗に整え掛け布団をたたみ

部屋の隅に置き、ガンガンにストーブを付け下に呼びに行くと兄嫁は又お風呂に入っていました。
 僕は仕方なく二階に上がり待て事にしました。
 すると「入っても、いい?」と兄嫁がバスタオルを身体に巻いて入って来ました。
「わー、汚い部屋に住んでいるのね」と言われました。
「ところで、本当に私のが見たいの。もし見たいのなら、お酒と卓君が読んでいるH本を何か探して」と言わ

れ、僕はまずベットの下の本を全て出し兄嫁に選んで貰っている間に下に行き、父のブランデーとグラスをト

レイに乗せ、兄嫁のいる二階に戻ると、兄嫁は投稿物の野外露出の雑誌を見てました。
「恵理子さん、持って来たよ」と言うと「ありがとう、グラスに注いでよ」「うん、はい」と渡すと、ちびち

び飲みながら僕を隣に座らせ一緒に本を見させて、「みんな、すーごい事が出来るのね」と僕に同意を求めさ

せ、僕を焦らします。
 このような状況下か、兄嫁と義弟がセックスする内容を見せてくれました。
「恵理子さん、始めてよ」と言うと「うーん、じゃ始めるわ」「ちゃんと、見ててね」と今度は僕をベットか

ら下ろし、兄嫁はベットに横になりバスタオルを外し、本を読みながら、触り始めました。
「さっきまで、触っていたので敏感になっている。あぁー、いぃぃー」と僕はあそこをビンビンにおっ立てて

パジャマのズボンまで浸みていました。
 憧れの兄嫁のあそこを見てる。
 兄嫁は指を中に入れ濡らしてはクリチャンを優しく触り、時々「あぁー、卓君見てる」と言います。
「うん、すごいよ、色っぽいよ。恵理子さん」といつの間にか呼吸まで合わしていました。
 兄嫁のあそこはツルツルでピンク色で綺麗でした。
 その内、兄嫁は「アァ駄目、いく」と言ってしまいました。
 僕は我慢が出来ず兄嫁のあそこに行き舐めようとすると「駄目よ、汚い、汚れているから」と拒まれました

が、兄嫁の手を除け、僕はツルツルのあそこを舐めました。
 すると、「ハハハ、イヤ、くすぐったいよ、やめて」と完全に拒否されました。
 そうなのですか。
 いった後はくすぐったいのですか。
 僕は「じゃ、これはどうしたらいいの」と言うと「ごめんね、手でして上げる」と僕をベットに寝かせ、僕

のものを握り「どうだった、満足出来た?約束だから誰にも内緒よ」「卓君もここだけは大人ね、今まで付き

合ってきた人や旦那より大きいし、硬いわ。旦那は祖チンだから」と言いながらしごくと、僕はあっという間

に大量の精液を放出しました。
「わー、すーごい、たくさん出したわね」と喜んでいました。
「二人でもう一度、お風呂に入ろうか?」と言われ、二人一緒に風呂に入りました。
 そこで、二人で洗いっこをして、初めて兄嫁のあそこに手を入れました。
 中は狭くってグチュて感じに濡れていました。
「恵理子さん、入れたい」と言うと兄嫁は「うん、いいよ」と僕を風呂の浴槽に座らせて上から乗って入れて

くれました。
 僕のは兄嫁のあそこに飲み込まれました
 兄嫁の中に入ってると言う実感が有り最高に気持ちが良かったです。
「ああ、いいよ。恵理子さん」
「いや、卓君。恵理子って呼んで」
 そういうと兄嫁は僕にキスをしてきてくれました。
 ファーストキスでした。
 童貞を先に失い、ファーストキスが後なんてと考えていると兄嫁は思いっきり腰を振り、浴室にパンパンと

いう音が響きました。
「ああ、いい、旦那の祖チンなんかより、大きくて硬いよ。奥に当たるよ」
「ああ、恵理子。そんなに腰を振らないで、でちゃうよ」
 僕と兄嫁の体の相性はとてもいいらしく兄嫁はよがり狂い、僕はものからもたらされるあまりの快感に声を

出してしまいました。
「いいの、出して、中に出して」
 兄嫁は狂ったようにさらに腰を振るい、ぼくは耐切れずに兄嫁を腰を掴み動きを止め、ものを兄嫁のあそこ

の奥、子宮まで押し込み、大量の精液を射精しました。
 あまりの快感に兄嫁を抱き締め、兄嫁は僕に激しいディープキスをしてきました。
「ああ、素敵よ。卓君。あなた初めてなの」
「うん、恵理子さ、じゃなくて恵理子。僕は恵理子が最初だよ。キスもセックスも」
「嬉しい。卓君の初めては私が全部もらったのね。実は私ね、初めて会った日から、卓君のことが大好きだっ

たんだ。卓君はどう」
 兄嫁の意外な告白に驚くと共に僕も正直な気持ちを伝えた。
「うん、僕も初めて会った日から恵理子のことが大好きだったよ」
 恵理子は何も言わず涙を流し、僕を抱き締めて、キスをしてくれた。
 この後、僕と兄嫁いや恵理子は風呂場で3回セックス。
 再度、体を洗い、風呂から上がると身体も拭いてくれ、夫婦のベットで再び、セックスをやりまくりました


 この日から恵理子は兄ではなく、僕の女になりました。
 結婚1ヶ月で恵理子を自分の女にして兄に申し訳ありませんでしたが、恵理子は別にいいとの事。
 むしろ、僕の女になれて嬉しいといってくれました。
 なぜかというと兄には結婚前から別の恋人がおり、恵理子との結婚は偽装みたいのものだかもしれないとつ

い最近知ったというのです。
 それでもそれを悟られぬようにしていたというのです。
 やるせませんでしたが、恵理子は僕が側にいてくれればいいというと僕は恵理子を抱き締め、二人とも眠り

につきました。
 僕は兄があの社長夫人が恋人だと気づき、それを世間や社長に悟られないために兄は恵理子と結婚したので

はないと思いました。
 だが、そのことは恵理子に言わなくてもいいと思い黙っていました。
 翌日、恵理子はまた兄嫁に戻り、何事もなかったように振舞いましたが、毎日のように僕と恵理子は愛し合

い、子供を作りました。
 兄の偽装はいつまで持つか分からないから、恵理子が僕との一緒に生活をしているうちに子供が欲しいとい

われたからです。
 当然のことですが兄の子供として育てました。
 別段、兄には悪いとは思いませんでした。
 兄も僕や恵理子を騙しているのですから。
 さらに翌年もう一人、子供を作りました。
 ですがそれが発覚の引き金となりました。
 この事を知った社長夫人が激怒し、家に乗り込んできて、自分が兄の恋人だといって、兄を連れて家を出ま

した。
 子供の養育費を我が家に送りつけてきて離婚となりました。(当たり前ですが夫人も社長とは離婚しました


 その後、恵理子は両親に頼み込み、孫の件もあるので僕の家でそのまま暮らしました。
 そして、高校に入ってから僕と恵理子は正式に交際を始め、卒業後に結婚しました。
 僕と恵理子は両親に兄の一件の事実を話し、前から愛し合っており、二人の子供は自分と恵理子の子供だと

告げました。
 両親は呆れましたが、兄のやったことや今も行方不明にのまま(実は僕と恵理子は社長夫人とは恵理子が妊

娠してから兄に内緒で会っていたので居場所は知っていたし、ある程度は離婚についてやその方法について話

し合っており、兄が祖チンなのなので愛人みたいなこともやらされた。というかもやらされいるのだが)を持

ってからすぐにを考えれば、その方がよかったかもしれないと認めてくれました。
 今、僕は13歳年上の嫁と二人の子供ともに幸せに暮らしています。

金髪巨乳母娘との愛の3P性活(修正)

 僕とマリーの出会いは小6の時、クラスメイトは日本育ちとはいえ金髪巨乳の北欧美少女に喜んだ。
 僕はそんな事には関係はなかった。
 ひたすら勉強をしていたからだである。
 我が家は下流でしかも僕の成績は下から数えるとすぐであるから、成績が悪くても入れる私立校などにはいけない。
 最終学歴が中卒なのは避けたく、猛勉強をしていた。
 マリーは美少女でもてはやされたが、勉強ができないでいた。
 最初は愛嬌だと思われていたが、最下位の成績を連続で取ると周りの目が変わり、頭の悪い女だとバカにされて、虐められた。
 僕はキレると手がつけられない子供であった。
 周りもそれを知っているので手を出さないから、必然的にマリーは防波堤代わりになる上、同じ境遇にいる僕の側にいる事が多くなった。
 だが、僕は自分の事で精一杯なのでマリーには構っていなかった。
 しかし、そういうわけにはいかなくなった出来事があった。
 マリーの噂を知った×国人留学生が勉強を教えてやるといってきた。
 マリーからその話を聞いた僕はさすがに心配になり、後を着けた。
 案の定、×国人はマリーに会う早々、人気のないところに連れ込んでレイプしようとした。
 僕はすぐにブチキレ、不意打ちで×国人を殴りつけてフルボッコにした。
 警察を呼んで×国人を引渡し、泣きじゃくるマリーを母親のソフィーが迎えに来た。
 ソフィーはマリーを大人にしたような金髪巨乳の北欧美女であった。
 僕はソフィーからマリーの事情を聞いた。
 マリーは生まれついての頭の病気でものがよく覚えられなかったという。
 それを恥と思った父親(金髪)は愛人(金髪)を作って、2人を捨てて逃げ、父親の両親(金髪)から莫大な慰謝料をもらい、知人(ハゲ)の援助で受けた手術で病気は治ったものの遅れた勉強が取り戻せずにいた。
 それでマリーは虐めに会い、この場所に逃げるように来たと言う。
 ソフィーからマリーの力になってほしいと頼まれる。
 ソフィーの真摯な願いとマリーのすがる様な眼差しに首を横には振れなかった。
 といってもできる事はマリーと一緒に地道に勉強をする事だけだった。
 ソフィーに学校とうちの両親の許可を取ってもらい、僕はマリーの家で暮らし始め、勉強をした。
 はっきり言って頭の悪い者同士の勉強は暗闇で二人三脚、正確にはソフィーを加えた三人四脚に等しかった。
 その上、マリーはすぐ泣く、ソフィーはアタフタして僕にすがりつくだけ、はっきりいってダメ過ぎる母娘であった。
 普通ならキレるがあまりにも酷すぎるので僕はむしろあきれ果てた。
 とにかく根気良く、それを胸に地道に取り組んだ。
 小6の1年を費やしたお陰で中1に上がった時、結果は実り、中間は赤点を脱出し、期末は平均を超えることに成功した。
 本来なら塾や家庭教師で何とかする物だが、下流家庭と母子家庭に無駄に使える金などない。
 良くぞ自力でここまでやったと僕は我ながら感心した。
 家の両親も喜んでくれたが、実際に嬉しかったのは子供が家を出た事で金が浮いた事だろう。
 まあそんな事はどうでもよく、成績があがったお礼と、ソフィーから1泊2日の温泉旅行に招待された。
 少しドキドキした。
 一緒に暮していたとはいえ、勉強に明け暮れて没頭していて忘れていたが、この母娘は金髪巨乳の北欧美人であったからである。
 本人達はその自覚があるかどうかは知らないが、僕たちは旅行に出かけた。
 ささやかな食事と露天風呂を堪能し、僕は部屋で横になるとそのまま眠ってしまった。
 マリーに起こされると布団の上で全裸になっており、横には同じく全裸のマリーとソフィーがいた。
 マリーはスタイル抜群の美少女で、ソフィーもナイスバディの持ち主なので、その裸を見た途端、ムスコはギンギンになった。
 マリーからは好きといわれて、キスをされた。
 ソフィーからも歳は離れているけどあなたを愛しているわといわれ、ムスコを咥えて、フェラをされた。
 あっという間に咥内射精してしまった。
 初めてなのといわれ、頷くと、じゃあ、私が全部、教えてあげると股を広げてくれた。
 ソフィーのあそこはツルツルであった。
 あなたのために全部そちゃったとマリーも股を開くとやはりツルツルだった。
 最初は私がと、騎上位でムスコがソフィーのあそこに飲み込まれて、中に納まり、僕は童貞を卒業した。
 あまりのぬるぬる具合とフィット感が凄く気持ちがよかった。
 大きいわ、別れた主人のよりもいいわ、愛している人の童貞をもらえて嬉しい、今日からあなただけのものよとソフィーは腰を振り、ブルンブルン揺れる胸を僕は揉みしごいた。
 ソフィーが体を倒すと抱き合い、僕も腰を上へと打ちつけた。
 凄く気持ちがよく、キスをしながら同時にイッた。
 ムスコからソフィーの子宮にザーメンが注ぎ込まれる。
 そのまま正常位、バック、松葉崩しまでやらせてもらい、すべてが中出し。
 あう、もうダメといって、さすがに数年ぶりのセックスが激しすぎた為か、単にソフィーの体力が持たなかったのか、この1年、勉強の苦痛から逃れる為に空いた時間で体を動かした事で僕の体力と耐久力がついた原因か、多分全部だろうと思うが、ソフィーが失神してしまった。
 僕はそれでも腰を動かし、ソフィーを責めた。
 ソフィーは糸の切れた人形の動かなかったが、少しづつ混濁した意識で反応し、喘ぎ始め、スパートを掛けて、ようやく覚えた子宮口をムスコで突きまくると再び、イッてしまう。
 それと同時に僕は腰を思いっきりソフィーに押し付け、ムスコを奥に押し込み、射精し、ザーメンを放った。
 思いっきり気持ちがよかった。
 初めてのセックスの相手がこんな美人の元人妻の熟女、ましてや多分25近く(たぶん)は離れている中1の子供の僕を愛してくれている女性である。
 それを好きなだけ抱いてイカせられたのだから最高であった。
 息絶え絶えのソフィーから離れ、ムスコを抜くと力尽きて萎えていた。
 ソフィーのアソコは半開きの状態で、僕の注ぎ込んだザーメンとソフィの愛液が流れ出ていた。
 マーシィ、(マリーとソフィーは僕をそう呼ぶ)次はあたしの番だよと、マリーは横たわり、股を広げていた。
 僕とソフィーがセックスしている間、マリーはひたすらあそこに指を這わせ、オナッていた。
 いきなり童貞とバージンをセックスするのはうまくいかないから、マリーはオナニーをして、アソコをやわらかくほぐしておきなさいと、その間に私がマーシィを女の体に慣らしておくからとソフィーに言われたからだ。
 マリーがオナニーで何度かイッて、あそこが十分、やわらかくほぐれたのを確認するとマリーを抱く事にした。
 マリーとディープキスをし、僕のムスコをしごかせるとすぐに立った。
 僕は念のため外出ししようというとマリーが嫌がった。
 私はマーシィの恋人なるの、ママと同じように愛してというのだ。
 しかたないでザーメンは少ないと思うが中出しをする事にした。
 マリーはバージンだったが、僕でよかったのかと聞くとマーシィ、あなただけが私の味方をしてくれた、バカでも笑わなかった、一緒にいても嫌がらなかった、厳しかったけどずっと優しくしてくれた、だから愛してるという。
 マリーは最初はもてはやされ、やがて、虐める事への恐怖を知っていた。 だからそれをしなかった僕に愛されたいのだ。
 涙を流しながら訴えるので、どうしようもなく切なくなり、僕も君が好きだよといってあげた。
 何かいようとしたがキスで唇を塞ぎ、ソフィーほどではないが、大きな胸を揉み、マリーのあそこにボクのムスコを入れて、バージンをもらった。
 その後はマリーのアソコから血が流れ、痛みから逃れようともがいたが、体をしっかりと押さえつけ、ムスコの抽送を続け、黙々とセックスをした。
 マリーの中はぬめぬめしたソフィーと違いとてもきつかったが、途中から気がついたソフィーからレクチャーもあり、無事に初めてでもイく事ができた。
 僕も同じように達し、しっかりとマリーの腰を抱いて、マリーの子宮に僕の残ったザーメンを注ぎ込んだ。
 マーシィ、愛している、あなたの赤ちゃんが産みたいと抱きついてきた。
 私も産みたいとソフィーも加わった。
 結婚したら産もうねと僕は答えて、マリーとキスをした。
 その後、マリーをもう1回抱いた。
 3人で露天温泉に行き、体を洗うがまたもやムスコが立ってしまったので、1回づつマリーとソフィーを抱いた。
 戻るとそのまま3人で寝てしまい、翌朝、また、ムスコが立ったのでマリーとソフィーとセックスし、露天風呂でもう1回、同じ事をして帰ってきた。
 それからマリーにアプローチをかける奴が増えてきた。
 マリーは成績の悪さからずっとバカにされてきたので、男に相手にされないでいた。
 それが良くなった途端、バカにされる事もなくなると、男が寄り始めた。
 上級生の№1からもお声が掛かったがすべて断った。
 そのまま僕は実家に戻ることなく、マリーの家で暮している。
 むろん、かかる金が減るのでうちの両親は文句はない。
 マリーとソフィーとは勉強や生活に支障がでないようにセックスをしている。
 セックスに夢中になって成績が下がっては元も子もないからだ。
 それでも僕はソフィーから手ほどきを受け、2人をイカせるテクニックは身に着けた。
 僕は好きなように金髪巨乳母娘の体を抱きまくり、初体験の夜からすべてが生ハメ中出しである。
 2人のアソコから僕のザーメンが流れ出ているのを見るとソフィーとマリーが自分の物であるとの実感があった。
 でも、それと同時に自分とマリーが無力な子供である、ソフィーはただの女である事も感じていた。
 それはマリーとソフィーも感じているらしく、いつもセックスを終えると気だるく僕に身を寄せてくる。
 勉強ができないだけで僕とマリーはすべてを否定され、ソフィーは夫に捨てられた。
 幸せなど砂の城に等しい、悪い風が吹けばたやすく崩壊するを身に染みているからだ。
 でも、僕はある時、3人で力を合わせてきたことで、困難を乗り越えてきたことも自分の身で実感した事を思い出した。
 だから僕は2人を抱き寄せ、3人で頑張ればなんかなると声を掛けた。
 ソフィーはそうですね、と頷き、マリーは涙ぐみながら僕の胸に抱きつき私達恋人だもんといってくれた。
 2人のぬくもりを感じ、僕のムスコがまたもや立ち上がった。
 それを見て、2人は笑い出し、しょうもない人といって離れると私達を愛してと横になる。
 僕はさあ、頑張るぞと奮起しました。

金髪巨乳母娘との愛の3P性活(再修正版)

 転載もの
僕とマリーの出会いは小6の時、クラスメイトは日本育ちとはいえ金髪巨乳の北欧美少女に喜んだ。
 僕はそんな事には関係はなかった。
 ひたすら勉強をしていたからだである。
 我が家は下流でしかも僕の成績は下から数えるとすぐであるから、成績が悪くても入れる私立校などにはいけない。
 最終学歴が中卒なのは避けたく、猛勉強をしていた。
 マリーは美少女でもてはやされたが、勉強ができないでいた。
 最初は愛嬌だと思われていたが、最下位の成績を連続で取ると周りの目が変わり、頭の悪い女だとバカにされて、虐められた。
 それで僕はキレると手がつけられない子供であった。
 周りもそれを知っているので手を出さないから、必然的にマリーは防波堤代わりになる上、同じ境遇にいる僕の側にいる事が多くなった。
 だが、僕は自分の事で精一杯なのでマリーには構っていなかった。
 しかし、そういうわけにはいかなくなった出来事があった。
 マリーの噂を知った外国人留学生が勉強を教えてやるといってきた。
 マリーからその話を聞いた僕はさすがに心配になり、後を着けた。
 案の定、外国人はマリーに会う早々、人気のないところに連れ込んでレイプしようとした。
 僕はすぐにブチキレ、不意打ちで外国人を殴りつけてフルボッコにした。
 警察を呼んで外国人を引渡し、泣きじゃくるマリーを母親のソフィーが迎えに来た。
 ソフィーはマリーを大人にしたような金髪巨乳の北欧美女であった。
 僕はソフィーからマリーの事情を聞いた。
 マリーは生まれついての頭の病気でものがよく覚えられなかったという。
 それを恥と思った父親(金髪)は愛人(金髪)を作って、2人を捨てて逃げ、父親の両親(金髪)から莫大な慰謝料をもらい、知人(ハゲ)の援助で受けた手術で病気は治ったものの遅れた勉強が取り戻せずにいた。
 それでマリーは虐めに会い、この場所に逃げるように来たと言う。
 ソフィーからマリーの力になってほしいと頼まれる。
 ソフィーの真摯な願いとマリーのすがる様な眼差しに首を横には振れなかった。
 といってもできる事はマリーと一緒に地道に勉強をする事だけだった。
 ソフィーに学校とうちの両親の許可を取ってもらい、僕はマリーの家で暮らし始め、勉強をした。
 はっきり言って頭の悪い者同士の勉強は暗闇で二人三脚、正確にはソフィーを加えた三人四脚に等しかった。
 その上、マリーはすぐ泣く、ソフィーはアタフタして僕にすがりつくだけ、はっきりいってダメ過ぎる母娘であった。
 普通ならキレるがあまりにも酷すぎるので僕はむしろあきれ果てた。
 とにかく根気良く、それを胸に地道に取り組んだ。
 小6の1年を費やしたお陰で中1に上がった時、結果は実り、中間は赤点を脱出し、期末は平均を超えることに成功した。
 本来なら塾や家庭教師で何とかする物だが、下流家庭と母子家庭に無駄に使える金などない。
 良くぞ自力でここまでやったと僕は我ながら感心した。
 家の両親も喜んでくれたが、実際に嬉しかったのは子供が家を出た事で金が浮いた事だろう。
 まあそんな事はどうでもよく、成績があがったお礼と、ソフィーから1泊2日の温泉旅行に招待された。
 少しドキドキした。
 一緒に暮していたとはいえ、勉強に明け暮れて没頭していて忘れていたが、この母娘は金髪巨乳の北欧美人であったからである。
 本人達はその自覚があるかどうかは知らないが、僕たちは旅行に出かけた。
 ささやかな食事と露天風呂を堪能し、僕は部屋で横になるとそのまま眠ってしまった。
 マリーに起こされると布団の上で全裸になっており、横には同じく全裸のマリーとソフィーがいた。
 マリーはスタイル抜群の美少女で、ソフィーもナイスバディの持ち主なので、その裸を見た途端、ムスコはギンギンになった。
 マリーからは「好き」といわれて、キスをされた。
 ソフィーからも「歳は離れているけどあなたを愛しているわ」といわれ、ムスコを咥えて、フェラをされた。
 あっという間に咥内射精してしまった。
 「初めてなの」といわれ、頷くと、「じゃあ、私が全部、教えてあげる」と股を広げてくれた。
 ソフィーのあそこはツルツルであった。
 「あなたのために全部そちゃった」とマリーも股を開くとやはりツルツルだった。
「最初は私が」と、騎上位でムスコがソフィーのあそこに飲み込まれて、中に納まり、僕は童貞を卒業した。
 あまりのぬるぬる具合とフィット感が凄く気持ちがよかった。
「大きいわ、別れた主人のよりもいいわ、愛している人の童貞をもらえて嬉しい、今日からあなただけのものよ」とソフィーは腰を振り、ブルンブルン揺れる胸を僕は揉みしごいた。
 ソフィーが体を倒すと抱き合い、僕も腰を上へと打ちつけた。
 凄く気持ちがよく、キスをしながら同時にイッた。
 ムスコからソフィーの子宮にザーメンが注ぎ込まれる。
 そのまま正常位、バック、松葉崩しまでやらせてもらい、すべてが中出し。
「あう、もうダメ」といって、さすがに数年ぶりのセックスが激しすぎた為か、単にソフィーの体力が持たなかったのか、この1年、勉強の苦痛から逃れる為に空いた時間で体を動かした事で僕の体力と耐久力がついた原因か、多分全部だろうと思うが、ソフィーが失神してしまった。
 僕はそれでも腰を動かし、ソフィーを責めた。
 ソフィーは糸の切れた人形の動かなかったが、少しづつ混濁した意識で反応し、喘ぎ始め、スパートを掛けて、ようやく覚えた子宮口をムスコで突きまくると再び、イッてしまう。
 それと同時に僕は腰を思いっきりソフィーに押し付け、ムスコを奥に押し込み、射精し、ザーメンを放った。
 思いっきり気持ちがよかった。
 初めてのセックスの相手がこんな美人の元人妻の熟女、ましてや多分25近く(たぶん)は離れている中1の子供の僕を愛してくれている女性である。
 それを好きなだけ抱いてイカせられたのだから最高であった。
 息絶え絶えのソフィーから離れ、ムスコを抜くと力尽きて萎えていた。
 ソフィーのアソコは半開きの状態で、僕の注ぎ込んだザーメンとソフィの愛液が流れ出ていた。
「マーシィ、(マリーとソフィーは僕をそう呼ぶ)次はあたしの番だよ」と、マリーは横たわり、股を広げていた。
 僕とソフィーがセックスしている間、マリーはひたすらあそこに指を這わせ、オナッていた。
「いきなり童貞とバージンをセックスするのはうまくいかないから、マリーはオナニーをして、アソコをやわらかくほぐしておきなさい」と、「その間に私がマーシィを女の体に慣らしておくから」とソフィーに言われたからだ。
 マリーがオナニーで何度かイッて、あそこが十分、やわらかくほぐれたのを確認するとマリーを抱く事にした。
 マリーとディープキスをし、僕のムスコをしごかせるとすぐに立った。
 僕は念のため外出ししようというとマリーが嫌がった。
「私はマーシィの恋人なるの、ママと同じように愛して」というのだ。
 しかたないでザーメンは少ないと思うが中出しをする事にした。
 マリーはバージンだったので、「僕でよかったのか」と聞くと「マーシィ、あなただけが私の味方をしてくれた。バカでも笑わなかった。一緒にいても嫌がらなかった。厳しかったけどずっと優しくしてくれた。だから愛してる」という。
 マリーは最初はもてはやされ、やがて、虐める事への恐怖を知っていた。 だからそれをしなかった僕に愛されたいのだ。
 涙を流しながら訴えるので、どうしようもなく切なくなり、「僕も君が好きだよ」といってあげた。
 何かいようとしたがキスで唇を塞ぎ、ソフィーほどではないが、大きな胸を揉み、マリーのあそこにボクのムスコを入れて、バージンをもらった。
 その後はマリーのアソコから血が流れ、痛みから逃れようともがいたが、体をしっかりと押さえつけ、ムスコの抽送を続け、黙々とセックスをした。
 マリーの中はぬめぬめしたソフィーと違いとてもきつかったが、途中から気がついたソフィーからレクチャーもあり、無事に初めてでもイく事ができた。
 僕も同じように達し、しっかりとマリーの腰を抱いて、マリーの子宮に僕の残ったザーメンを注ぎ込んだ。
「マーシィ、愛している。あなたの赤ちゃんが産みたい」と抱きついてきた。
「私も産みたい」とソフィーも加わった。
「結婚したら産もうね」と僕は答えて、マリーとキスをした。
 その後、マリーをもう1回抱いた。
 3人で露天温泉に行き、体を洗うがまたもやムスコが立ってしまったので、1回づつマリーとソフィーを抱いた。
 戻るとそのまま3人で寝てしまい、翌朝、また、ムスコが立ったのでマリーとソフィーとセックスし、露天風呂でもう1回、同じ事をして帰ってきた。
 それからマリーにアプローチをかける奴が増えてきた。
 マリーは成績の悪さからずっとバカにされてきたので、男に相手にされないでいた。
 それが良くなった途端、バカにされる事もなくなると、男が寄り始めた。
 上級生の№1からもお声が掛かったがすべて断った。
 マリーは別に散々、馬鹿にされたことに対する仕返しをしているわけではない。
 あからさまに態度を変えてきた周りの人間に怯えて、断ったのだ。
 マリーは前より僕の側にいるようになり、それでさすがに僕がマリーの彼氏だといいよる奴らも気づき、1年前、大柄の外国人を半殺しにした噂があるので誰も近寄らなくなった。
 そのまま僕は実家に戻ることなく、マリーの家で暮していた。
 むろん、かかる金が減るのでうちの両親は文句はない。
 学校としては戻って欲しいみたいだったが、ソフィーは「ようやく勉強が身につき始めたばかりです」と関係者に頭を下げていたので同居が続けられた。
 で、マリーとソフィーとは勉強や生活に支障がでないようにセックスをしていた。
 セックスに夢中になって成績が下がっては元も子もないからだ。
 それでも僕はソフィーから手ほどきを受け、2人をイカせるテクニックは身に着けた。
 僕は避妊しているとはいえ、好きなように金髪巨乳母娘の体を抱きまくり、初体験の夜からすべてが生ハメ中出しである。
 2人のアソコから僕のザーメンが流れ出ているのを見るとソフィーとマリーが自分の物であるとの実感があった。
 でも、それと同時に自分とマリーが無力な子供である。ソフィーはただの女である事も感じていた。
 それはマリーとソフィーも感じているらしく、いつもセックスを終えると気だるく僕に身を寄せてくる。
 勉強ができないだけで僕とマリーはすべてを否定され、ソフィーは夫に捨てられた。
 幸せなど砂の城に等しい、悪い風が吹けばたやすく崩壊するを身に染みているからだ。
 でも、僕はある時、3人で力を合わせてきたことで、困難を乗り越えてきたことも自分の身で実感した事を思い出した。
 だから僕は2人を抱き寄せ、「3人で頑張ればなんかなる」と声を掛けた。
 ソフィーは「そうですね」と頷き、マリーは涙ぐみながら僕の胸に抱きつき「私達恋人だもん」といってくれた。
 2人のぬくもりを感じ、僕のムスコがまたもや立ち上がった。
 それを見て、2人は笑い出し、「しょうもない人」といって離れると「私達を愛して」と横になる。
 僕は「さあ、頑張るぞ」と奮起しました。

金髪巨乳母娘との愛の3P性活

 僕とマリーの出会いは小6の時、クラスメイトは日本育ちとはいえ金髪巨乳の北欧美少女に喜んだ。
 僕はそんな事には関係はなかった。
 ひたすら勉強をしていたからだである。
 我が家は下流でしかも僕の成績は下から数えるとすぐであるから、成績が悪くても入れる私立校などにはいけない。
 最終学歴が中卒なのは避けたく、猛勉強をしていた。
 マリーは美少女でもてはやされたが、勉強ができないでいた。
 最初は愛嬌だと思われていたが、最下位の成績を連続で取ると周りの目が変わり、頭の悪い女だとバカにされて、虐められた。
 僕はキレると手がつけられない子供であった。
 周りもそれを知っているので手を出さないから、必然的にマリーは防波堤代わりになる上、同じ境遇にいる僕の側にいる事が多くなった。
 だが、僕は自分の事で精一杯なのでマリーには構っていなかった。
 しかし、そういうわけにはいかなくなった出来事があった。
 マリーの噂を知った×国人留学生が勉強を教えてやるといってきた。
 マリーからその話を聞いた僕はさすがに心配になり、後を着けた。
 案の定、×国人はマリーに会う早々、人気のないところに連れ込んでレイプしようとした。
 僕はすぐにブチキレ、不意打ちで×国人を殴りつけてフルボッコにした。
 警察を呼んで×国人を引渡し、泣きじゃくるマリーを母親のソフィーが迎えに来た。
 ソフィーはマリーを大人にしたような金髪巨乳の北欧美女であった。
 僕はソフィーからマリーの事情を聞いた。
 マリーは生まれついての頭の病気でものがよく覚えられなかったという。
 それを恥と思った父親(金髪)は愛人(金髪)を作って、2人を捨てて逃げ、父親の両親(金髪)から莫大な慰謝料をもらい、知人(ハゲ)の援助で受けた手術で病気は治ったものの遅れた勉強が取り戻せずにいた。
 それでマリーは虐めに会い、この場所に逃げるように来たと言う。
 ソフィーからマリーの力になってほしいと頼まれる。
 といってもできる事はマリーと一緒に地道に勉強をする事だけだった。
 ソフィーに学校とうちの両親の許可を取ってもらい、僕はマリーの家で暮らし始め、勉強をした。
 はっきり言って頭の悪い者同士の勉強は暗闇で二人三脚、正確にはソフィーを加えた三人四脚に等しかった。
 その上、マリーはすぐ泣く、ソフィーはアタフタして僕にすがりつくだけ、はっきりいって使い物にならない母娘であった。
 あまりにもひどいので僕はキレるより呆れた。
 とにかく根気良く、それを胸に地道に取り組んだ。
 小6の1年を費やしたお陰で中1に上がった時、結果は実り、中間は赤点を脱出し、期末は平均を超えることに成功した。
 本来なら塾や家庭教師で何とかする物だが、下流家庭と母子家庭に無駄に使える金などない。
 良くぞ自力でここまでやったと僕は我ながら感心した。
 家の両親も喜んでくれたが、実際に嬉しかったのは子供が家を出た事で金が浮いた事だろう。
 まあそんな事はどうでもよく、成績があがったお礼と、ソフィーから1泊2日の温泉旅行に招待された。
 少しドキドキした。
 一緒に暮していたとはいえ、勉強に明け暮れて没頭していて忘れていたが、この母娘は金髪巨乳の北欧美人であったからである。
 本人達はその自覚があるかどうかは知らないが、僕たちは旅行に出かけた。
 ささやかな食事と露天風呂を堪能し、僕は部屋で横になるとそのまま眠ってしまった。
 マリーに起こされると布団の上で全裸になっており、横には同じく全裸のマリーとソフィーがいた。
 マリーはスタイル抜群の美少女で、ソフィーもナイスバディの持ち主なので、その裸を見た途端、ムスコはギンギンになった。
 マリーからは好きといわれて、キスをされた。
 ソフィーからも歳は離れているけどあなたを愛しているわといわれ、ムスコを咥えて、フェラをされた。
 あっという間に咥内射精してしまった。
 初めてなのといわれ、頷くと、じゃあ、私が全部、教えてあげると股を広げてくれた。
 ソフィーのあそこはツルツルであった。
 あなたのために全部そちゃったとマリーも股を開くとやはりツルツルだった。
 最初は私がと、騎上位でムスコがソフィーのあそこに飲み込まれて、中に納まり、僕は童貞を卒業した。
 あまりのぬるぬる具合とフィット感が凄く気持ちがよかった。
 大きいわ、別れた主人のよりもいいわ、愛している人の童貞をもらえて嬉しい、今日からあなただけのものよとソフィーは腰を振り、ブルンブルン揺れる胸を僕は揉みしごいた。
 ソフィーが体を倒すと抱き合い、僕も腰を上へと打ちつけた。
 凄く気持ちがよく、キスをしながら同時にイッた。
 ムスコからソフィーの子宮にザーメンが注ぎ込まれる。
 そのまま正常位、バック、松葉崩しまでやらせてもらい、すべてが中出し。
 あう、もうダメといって、さすがに数年ぶりのセックスが激しすぎた為か、単にソフィーの体力が持たなかったのか、この1年、勉強の苦痛から逃れる為に空いた時間で体を動かした事で僕の体力と耐久力がついた原因か、多分全部だろうと思うが、ソフィーが失神してしまった。
 僕はそれでも腰を動かし、ソフィーを責めた。
 ソフィーは糸の切れた人形の動かなかったが、少しづつ混濁した意識で反応し、喘ぎ始め、スパートを掛けて、ようやく覚えた子宮口をムスコで突きまくると再び、イッてしまう。
 それと同時に僕は腰を思いっきりソフィーに押し付け、ムスコを奥に押し込み、射精し、ザーメンを放った。
 思いっきり気持ちがよかった。
 初めてのセックスの相手がこんな美人の元人妻の熟女、ましてや多分25近く(たぶん)は離れている中1の子供の僕を愛してくれている女性である。
 それを好きなだけ抱いてイカせられたのだから最高であった。
 息絶え絶えのソフィーから離れ、ムスコを抜くと力尽きて萎えていた。
 ソフィーのアソコは半開きの状態で、僕の注ぎ込んだザーメンとソフィの愛液が流れ出ていた。
 マーシィ、(マリーとソフィーは僕をそう呼ぶ)次はあたしの番だよと、マリーは横たわり、股を広げていた。
 僕とソフィーがセックスしている間、マリーはひたすらあそこに指を這わせ、オナッていた。
 いきなり童貞とバージンをセックスするのはうまくいかないから、マリーはオナニーをして、アソコをやわらかくほぐしておきなさいと、その間に私がマーシィを女の体に慣らしておくからとソフィーに言われたからだ。
 マリーは素直に信じたが、ただ単にソフィーが思う存分セックスをしたいだけだと思った。
 マリーがオナニーで何度かイッて、あそこが十分、やわらかくほぐれたのを確認するとマリーを抱く事にした。
 マリーとディープキスをし、僕のムスコをしごかせるとすぐに立った。
 僕は念のため外出ししようというとマリーが嫌がった。
 私はマーシィの恋人なるの、ママと同じように愛してというのだ。
 しかたないでザーメンは出ないと思うが中出しをする事にした。
 マリーはバージンだったが、僕でよかったのかと聞くとマーシィ、あなただけが私の味方、バカでも笑わなかった、一緒にいても嫌がらなかった、厳しかったけどずっと優しくしてくれた、だから愛してるという。
 涙を流しながら訴えるので、どうしようもなく切なくなり、僕も君が好きだよといってあげた。
 何かいようとしたがキスで唇を塞ぎ、マリーのあそこにボクのムスコを入れて、バージンをもらった。
 その後はマリーのアソコから血が流れ、痛みから逃れようともがいたが、体をしっかりと押さえつけ、ムスコの抽送を続け、黙々とセックスをした。
 マリーの中はぬめぬめしたソフィーと違いとてもきつかったが、途中から気がついたソフィーからレクチャーもあり、無事に初めてでもイく事ができた。
 僕も同じように達し、しっかりとマリーの腰を抱いて、マリーの子宮に僕のザーメンを注ぎ込んだ。
 マーシィ、愛している、あなたの赤ちゃんが産みたいと抱きついてきた。
 私も産みたいとソフィーも加わった。
 結婚したら産もうねと僕は答えて、マリーとキスをした。
 その後、マリーをもう1回抱いた。
 3人で露天温泉に行き、体を洗うがまたもやムスコが立ってしまったので、1回づつマリーとソフィーを抱いた。
 戻るとそのまま3人で寝てしまい、翌朝、また、ムスコが立ったのでマリーとソフィーとセックスし、露天風呂でもう1回、同じ事をして帰ってきた。
 それからマリーにアプローチをかける奴が増えてきた。
 マリーは成績の悪さからずっとバカにされてきたので、男に相手にされないでいた。
 それが良くなった途端、バカにされる事もなくなると、男が寄り始めた。
 上級生の№1からもお声が掛かったがすべて断った。
 そのまま僕は実家に戻ることなく、マリーの家で暮している。
 むろん、かかる金が減るのでうちの両親は文句はない。
 マリーとソフィーとは勉強や生活に支障がでないようにセックスをしている。
 セックスに夢中になって成績が下がっては元も子もないからだ。
 それでも僕はソフィーから手ほどきを受け、2人をイカせるテクニックは身に着けた。
 僕は好きなように金髪巨乳母娘の体を抱きまくり、初体験の夜からすべてが生ハメ中出しである。
 2人のアソコから僕のザーメンが流れ出ているのを見るとソフィーとマリーが自分の物であるとの実感があった。
 でも、それと同時に自分とマリーが無力な子供である、ソフィーはただの女である事も感じていた。
 それはマリーとソフィーも感じているらしく、いつもセックスを終えると気だるく僕に身を寄せてくる。
 勉強ができないだけで僕とマリーはすべてを否定され、ソフィーは夫に捨てられた。
 幸せなど砂の城に等しい、悪い風が吹けばたやすく崩壊するを身に染みているからだ。
 でも、僕はある時、3人で力を合わせてきたことで、困難を乗り越えてきたことも自分の身で実感した事を思い出した。
 だから僕は2人を抱き寄せ、3人で頑張ればなんかなると声を掛けた。
 ソフィーはそうですね、と頷き、マリーは涙ぐみながら僕の胸に抱きつき私達恋人だもんといってくれた。
 2人のぬくもりを感じ、ボクのムスコがまたもや立ち上がった。
 それを見て、2人は笑い出し、しょうもない人といって離れると私達を愛してと横になる。
 僕はさあ、頑張るぞと奮起しました。

嫁とカップル喫茶に見学に行ったら2

嫁の希とのセックスに、正直少し飽きてしまっていた僕は、寝取られ系のサイトをよく見るようになっていた。
思い切って希に打ち明けたら、軽蔑はされたが、なぜかカップル喫茶に行くことになった。そこで知り合った常連夫妻に、色々なことを教えてもらい、少し過激な行動も取ってみた。

希は口では強がっていたが、かなり刺激を受けていたみたいだった。

そして、そのたった一度のカップル喫茶での経験が、ふたたび僕らのセックスを燃え上がらせてくれた。
今までの少し飽きてきた感じが消え失せて、毎日セックスをするようになった。そして、お約束のように、僕が希を言葉責めするようになっていた。

今日も、希に目隠しをした状態で責めながら、
「ほら、希……次に行ったときは、あの童貞くん達にこうやって舐められるんだよ」
と、照れくさいと思いながらも言葉責めをしていた。どうしても、恥ずかしいというか、照れくさいと思ってしまって、ぎこちない言葉責めだけど、希は物凄く反応してくれる。明るめの茶色の髪に、ウェーブがかかった髪型で少しギャルっぽい希だけど、言葉責めしているときは凄く可愛らしくなる。
いつもの、少しがさつと言うか、ちょっと元ヤンが入っているような感じの希ではなくなる。

『ダ、ダメぇ、そんな事、ダメ、しないから、絶対にしないからぁ、んっ!! あ、クゥ、あぁ……』
目隠しで目が見えないので、表情が全部は見えないけど、その震えるような声と、口元のだらしなく弛緩した感じで、希が興奮しているのがわかる。
「ダメじゃないでしょ? 舐めても舐めてもどんどんあふれてくるよw」
僕はそう言いながら、希のアソコを舐め続ける。目隠しをしているせいか、言葉責めのせいかはわからないが、本当に後から後からあふれてくる。

『違う! 目隠ししてるからだよぉ! 絶対にしないからぁ!』
そう言いながらも、希は声が震えてしまっている。


僕は希のグチャグチャになったアソコに、指を二本差し込んだ。濡れすぎな状態なので、スルッと入ってしまう。ほとんど抵抗感なく指が入ると、熱くウネウネと絡みついてきた。
『んっ! く、うぅぁっ! ダメぇぇっ! マー君、すごいイィ……』
希は、いつものセックスの時とは比較にならないくらいとろけた声をあげている。

目隠ししてのセックスも初めてなので、もしかしたら本当に目隠ししたことによって興奮しているだけなのかも知れない。それでも、さらに言葉責めを続けてみた。
「ほら、こんな風にあいつらのチンポがいきなり入っちゃうんだよ。目隠ししてるから、なにされてもわかんないもんね。こうやって、いきなり入れられちゃうよw」
ちょっと調子に乗りすぎかな? と思いながらも、そんな風に言ってみた。

『んっ!! くぅアッ!! そ、そんなの、そんなのダメぇ、ダメ……入れちゃダメだよぉ……く、ふぅっ!』
希は、泣きそうで、なおかつとろけた声であえぎながら言う。

「ほら、凄い感じてるじゃんw やっぱり、入れたいんでしょ? 童貞くん達のw」
『ンあっ!! ち、違うっ! ンヒィンッ!! ダメぇ! 指、抜いてっ!』
泣きそうな声で叫ぶ希。いつもは気の強い元ヤンっぽい感じなのに、こんなに可愛くあえぐところを見ると、猛烈に興奮してくるし、いじめたくなる。

指で膣中を掻き出すように責めながら、
「ほらほらw 童貞くんのここに入れながら、口でもくわえちゃうんだよね?」
と言い、希の口の中に指を突っ込んでみた。

すると、指示もしていないのに指をフェラでもするように舐め回し始める希。目隠し状態で指を舐めている姿は、とてつもなくエロく見える。
普段は、こんな風に僕がSっぽく責めることなどあり得ない。それがこんな風に責めることが出来て、男としてちょっと誇らしいというか自尊心が満たされていく。

夢中で僕の指をフェラしながら、うめくようにあえぎ続ける希。僕は、夢中で膣中の指を動かし続けた。すると、希は体をのけ反らせるようにして、ガクガクッと腰回りを痙攣させながら、派手に潮を吹いた。
僕は、初めて見る希の潮吹きに、興奮が振り切れた。

そして、夢中で希のアソコにペニスを突き立て、押し込んでいった。
『うぅあっ!! マー君、凄いっ! 気持ち良いよぉっ……』
生で直接粘膜に触れる感触に、背筋がゾワゾワするくらい気持ち良くなってしまった。今僕たちは、とくに避妊はしていない。中に出したりこそしないが、生で繋がっているので、いつ出来てもおかしくはない。でも、出来たら産もうと話し合っている。そろそろ30代目前なので、頃合いかなと思ってもいる。

「違うでしょ? 入れてるのは童貞君だよw あっw それとも、みっちゃんさんの方がいいのかな? あの凄いの入れたいんだw」
『ちがぁうぅ……違う……ふ、クあぁ、違う……』
希は、本当に追い詰められたような声であえぐ。

「あの凄いので突かれたら、京香さんみたいに死にかけるかもねw」
『うぅあぁぁっ! ダメ、ダメぇ、イヤァァ……イ、イクぅ……イッちゃうッ!! だめえっっ!! イクっ!! うぅあぁあぉっ!!』
希は、いままで見たこともないくらい激しく叫びながら、僕にしがみついてガクガクッと体を痙攣させた。


僕は、グッタリする希の目隠しをそっと外した。すると、潤んだ目で僕を見つめながら、
『バカ……』
と、すねたように言った。

そして、その後はビチャビチャになってしまったシーツを取替えて、一緒にお風呂に入った。

『あんな事ばっかり言ってたら、本当にしちゃうよ! いいの?』
希は、すねたように言う。いつものがさつで少し男っぽい感じはなく、可愛らしい感じだ。こんな希が見れるようになっただけでも、カップル喫茶に行った甲斐があったと思う。

あの日以来、毎日のようにこんなプレイをしているが、まったく飽きる気配がない。カップル喫茶に行く前は、セックスレスの気配すら漂っていたのに、面白いモノだと思う。


あの時希が、京香さんみたいに、童貞くん達に回されるようにやられてしまうことを想像した。それだけではなく、みっちゃんさんのあの化け物じみたモノに突かれて、泣き叫びながら潮を吹き、失神する姿を想像した。
それは、あの場面では興奮につながらなかった。希が他の男に塗り替えられてしまう恐怖、他の男達とのプレイにはまってしまう恐怖に、興奮する余裕がなかったからだと思う。

でも、それは時間の経過とともに変わってきた。そして、アレから1ヶ月近く経った今では、ハッキリと興奮に変わっていた。そして、それを見たいと強く願う僕がいる。

自分以外の者達に、感じてしまう希……僕には見せたことのない顔を見せる希……どうしても見たいと思ってしまう。


「ねぇ、そろそろまた行ってみないかな?」
僕は、セックス後の楽しいバスタイムだったのに、思い切って言ってみた。怒られるかも知れないという恐怖はあったが、希もおそらく期待していると確信していた。
『え? どこに?』
わざとらしくとぼける希。でも、頬がすでに上気して赤らんでいる。

「この前行ったカップル喫茶だけど……」
『あぁ、アレね……そんなに行きたいの?』
興味なさそうに言う希。でも、目が少し泳いでいるのがわかる。
「うん……ダメかな?」
『う?ん……マー君はなにもなしだよ。興奮もしちゃダメだからね! それでよければ別にいいよ』
気のない感じで言う希。でも、目がキラキラしている。女性はウソをつくのがうまいと言うが、希は凄く下手だと思う。でも、それがたまらなく愛おしくて可愛い。
「じゃあ、それで! いつ行く?」
『え? べ、別にいつでも……』
「じゃあ、明日は?」
『え? 急だね……別にいいよ、とくに予定もないし……』
そんな事を言う希。実は行きたいのが見え見えで、本当に可愛らしいと思う。


そして、次の日に行くのが確定した。
次の日、希は朝から変なテンションだった。機嫌がいいというのは間違いないが、空回りしているというか、一言で言えばはしゃいでしまっていた……。

「どうしたの?w 上機嫌じゃんw そんなに行くのが楽しみなの?」
僕がからかうように言うと、 
『ち、違うって! バッカじゃないの! 行くのやめるよ! そんな事言ってると!』
顔を真っ赤にして慌てる希。いつもはちょっとおっかない感じなのに、妙に可愛いw
ゴメンゴメンと謝りながら、僕も浮かれ気分で会社に向かった。

今日の夜、もしかしたら嫁が他の男に抱かれるかも知れないという状況なのに、スキップでもしそうなくらい浮かれている僕は、もしかしたらおかしいのかも知れない。
でも、京香さんの姿が頭から離れない。旦那さんの前で、あんなに大勢に回され、中に出され感じる京香さん……。
希に、そこまでして欲しいとは思っていない。それは僕自身が耐えられないし、希があそこまでやれるとも思っていない。


僕は浮かれる気持ちを押し殺して、頑張って仕事をした。でも、ちょくちょくあのカップル喫茶のサイトを確認していた。今日は、みっちゃんさん夫妻は来る予定はないらしい。でも、ダメ元で”今日行くので、よかったら来て下さい”と書き込んでおいた。


そして仕事を終え、家に帰えり、希を見て吹き出しそうになった。希は、気合いを入れてメイクをして、可愛らしいミニスカートに、お気に入りのキャミソールっぽい服を着ていた。
あまりのやる気に吹き出しそうになったが、それ以上に本当に綺麗だなと思った。

こんなにも可愛く美しい女性が、僕と結婚してくれたなんて本当に奇跡みたいなものだなと思い、それを素直に口にした。
すると、希は顔を真っ赤にして、それどころか耳まで真っ赤にして、
『あ、ありがとう。私もマー君と結婚して、凄く幸せだよ……』
と言ってくれた。僕は感激して、その場で希を抱きしめた。相変わらずきゃしゃで折れてしまいそうなくせに、胸だけは大きくて、あらためてドキドキしてしまう。

「愛してるよ……」
僕はそう言って、キスをしようとした。
その僕の唇に指を当てながら、
『ダメぇw これからいっぱいマー君以外とするんだから、今はダメぇ?w』
なんて言ってきた。僕は、言葉も出ずにうめくようになってしまった。
すると、希が僕のペニスをガシッとズボンごと掴みながら、
『あれれ? 興奮してるw ダメだよ、マー君は見るだけ?w 興奮も禁止?w』
と、無邪気な顔で笑いながら言った。

その言葉に、ドキドキが凄いことになってしまった。心臓が壊れるんじゃないかと心配するほどの興奮に、僕は酔いしれていた。


そして前回の時とは違い、足取りも軽く、楽しく会話をしながら部屋に向かった。


部屋のドアを開けると、あのおネエのマスターが、クネクネしながら出迎えてくれた。
「ひさしぶりぃ? もうみっちゃん達待ってるわよぉ?」
おネエ口調で言いながら、奥に通してくれた。お金を払おうとすると、僕らは無料でいいそうだ。なぜかな? と思ったら、僕らが来ると掲示板に書いたら、単独さんがいっぱい来たからだそうだ。
20代の人妻が来るというのは、反響がけっこう大きいようだ。でも、おそらく希とやれると期待して来ているはずなので、その期待の裏返しが怖い。希は、他の男とするつもりはない……はずだ……。

「久しぶり? よかったよ、もう来ないのかと思ったw」
みっちゃんさんが笑顔で言う。
『マー君、今日はどう?w 私はいつでもいいわよw』
京香さんが、上品な顔からは想像もつかないくらい、下品でストレートな誘い方をする。

『ダ、ダメですっ! マー君はなにもしないです! 興奮するのも禁止ですから!』
希が、ムキになって言う。

『え? そうなのw でも、もう興奮してるみたいよw』
と、僕の股間を指さして言う。

それはそうだ……京香さんは、僕らに明るく話しかけながらも、すでに他の男とつながっている。

カップルや夫婦の待機場所であるリビングで、単独男性の若い男の子を椅子に座らせて、その上にまたがっている京香さん。
カップレスで、おっぱいが丸見えのブラと、大きく股割れしてアソコが丸見えのショーツだけを身につけた京香さんのアソコには、大学生くらいの若い男の子の大きなモノが突き刺さっている。

みっちゃんさんほどではないが、僕のよりは明らかに大きなモノが、京香さんのアソコに突き刺さっている。
京香さんは、僕らににこやかに話しかけながらも、腰を妖しく動かしている。そして、みっちゃんさんは、それを見て嬉しそうに笑っている。
当然のように生で突き刺さっているペニス。現実感が消えていく……。

希は挨拶だけはなんとか済ませたが、魅入られたように京香さんのアソコを見続ける。

「ダメですっ! イキそうです! 止めて下さいっ!」
若い男の子が、苦悶の表情で叫ぶ。
「いいよ、いつでもイってごらんw でも、今日は京香は危険日だよw 人妻妊娠させちゃう?w」
みっちゃんさんが笑いながら言う。男の子は焦った顔で、
「ダメです! ホントに出そうです! ダメ! どいて下さい!」
と言いながら、京香さんを押しのけようとする。でも、今時の男の子らしく、女の子より細い腕なので、全然京香さんをどかすことが出来ない。

『いいわよw ん、あっ! そのまま! あぁん? 中でイッてw 人妻マンコに中出しして! 赤ちゃん孕ませてぇ?』
と、男の子の耳元でささやく。その言葉に、男の子は一瞬で顔を真っ赤にした。
それを見て、京香さんは男の子にキスをした。舌で男の子の口の中をメチャメチャにしながら、腰を勢いよく動かし続ける。
「ダメぇ、ダメですっ! もうダメっ!」
男の子は、必死で叫ぶ。泣きそうな顔だ。

『アン? アン? 凄いっ! カチカチになってきたぁ? もっと! もう少し……もう少しで私も……あぁっ? ンあっ?』
さらに腰を強く振る希さん。

「うあぁっ! ダメっ! イクっ! 出るッ! あぁっ! ごめんなさいっ!! ごめんなさいっ!! うぅぅぁぁっっ!!」
『ひっ、ぐぅぁっ!! 出てるぅッ!! 熱い……あぁ、受精してるぅ?』
京香さんは、男の子の耳たぶを噛みながら、そうささやいた……。

「よかったねぇ? 童貞卒業と同時に、パパになったなw」
みっちゃんさんが、ニヤけながら言った。

「ゴ、ゴメンなさい……本当にゴメンなさい……」
意気消沈して、泣きそうな男の子。

『ふふw 大丈夫w 出来ても私とみっちゃんの子供として育てるからw 気持ち良かったわよ? 自信持ってw』
そう言って、男の子にまたキスをした。そして、京香さんは立ち上がった。男の子のモノが抜けるときに、だらぁっと白い液体が流れ出たが、京香さんは気にもしない。
それどころか、みっちゃんさんの前に移動して、立ったまま股を開き、自分でクパァと広げた。
『こんなに出してもらったよw 本当に受精したかもw』
京香さんは、イタズラっぽく笑う。
みっちゃんさんは、
「凄いねw 名前考えとこうか?」
と、笑いながら言った。でも、その声は微妙に震えていて、興奮しているのがわかる。何よりも、バスローブを突き破りそうになっているペニスが、みっちゃんさんの興奮を物語っている……。


そして、いったん京香さんは男の子とシャワーに向かった。シャワールームからは、キャッキャッと言う楽しそうな笑い声が聞こえてくる。
みっちゃんさんは、京香さんが自分の見えないところで、他の男と楽しそうにしていて、平気なんだろうか?

色々と聞いてみたいことがあるが、先を越された……。
『京香さん、本当に危険日なんですか?』
好奇心で目をキラキラさせながら、希が聞いた。
「あぁ、そうだよ。それだけじゃなくて、誘発剤も飲んでいるよw」
『えぇっ!! ホントですか!? もし出来たら、どうするんですか!?』
「もし? あぁ、そうか……出来たらじゃなくて、作るつもりなんだよw 他の男の種で妊娠するなんて、究極のネトラレでしょw」
みっちゃんさんは、笑いながら言ったが、目が本気だ。

『そ、そうなんですね……なんか、すごい……』
希は、明らかに戸惑っているし、驚いている。でも、興奮している感じも多少あるように見える。

「今日はどうするの? 男の子達いっぱいいるみたいだけど、見せてあげたら? 二人のセックスw」
ストレートに言うみっちゃんさん。
「見せちゃいなさいよぉ? みんな、ノンちゃんの見たくて来たんだからw 期待には応えないとぉ」
マスターも、おネエ言葉であおる。

『えぇ?? でも恥ずかしいし……』
恥ずかしがる希。
「大丈夫だって、見せるだけでしょ? それくらいしないと! せっかくただにしてくれたんだし!」
僕は、一気に押し切ろうとまくし立てた。

『うぅ……そうだね……じゃあ、最初からはちょっと怖いから、途中から入ってもらって下さい……』
と、希が折れた。僕は、やったと思うと同時に、ちょっと不安な気持ちになった。


そして、二人でシャワーを浴びて、タオルを巻いた状態でプレイルームに入った。この時点では、襖もドアも閉っていて、完全に二人だけの空間だ。でも、ドアや襖の向こうには、大勢人がいる……そう思っているのは僕だけではないようで、希も不安げな顔をしている。


前回は、セックスしているのを近くで見られたが、顔以外は布団でスッポリ覆っていた。希の感じている顔を見られたというのは、とてもドキドキしたし、焦燥感というか、嫉妬心が凄かった。僕だけしか見ちゃダメなモノ、僕だけが見られるモノだったはずなのに、大勢に見られてしまった……でも、たしかに興奮した僕もいる。

寝取られたわけでもなんでもないのに、希の感じている顔を見られただけで興奮した僕は、みっちゃんさんのようには、とてもなれないと思った。


そんな気持ちを振り払いながら、希に優しくキスをした。希は、不安そうな顔で僕を見つめながら、受け身のキスをする。

そして、希のタオルを外し始めると、
『ダメ……恥ずかしいよぉ……』
と、胸を腕で隠す。僕はその腕にキスをして、そのまま胸の方までゆっくりと舐め進める。希は口ではそう言いながらも、ほとんど抵抗しないので、そのまま腕を外し、露わになった乳首を舐め始めた。
『あっ! ク、う…… んっ! あ、あぁ』
希は体を硬くしながらも、吐息が漏れてしまうのを止められない感じだ。そして、希の薄い桃色の乳首は驚くほど固くなっていた。射精するときに、ペニスがより硬くなってガチガチになるけど、あんな感じだ。

「ほら、固くなってるよ……このカチカチなの、みんなに見てもらう?」
『イヤぁぁっっ!! ダメっ! ダメぇっ! ヒィあっ! く、ぅぅぁっ!』
希は不安そうに目を見開き、首を左右に振りながらそう言った。
すると、タイミングをはかったように襖が開いた。そこには、5人の男の子達の好奇心でキラキラ光る目があった。その中の一人は、何となく見覚えがあったので、前回の3人がいるのかも知れない。見覚えのある一人は、前回正座したまま、なにもしていないのにこらえきれずにうめいてイッてしまった子だw

「ほら、あんな大勢いるよw」
僕は、僕自身も緊張で喉がカラカラなのに、強がるようにそう言った。
『ダメっ!! み、見ないでッ! 見ちゃダメェェ! お願い! あぁっ!!』
必死で胸を腕で隠しながら叫ぶ希。こうなってくると、優越感とか、加虐心がムクムクと頭をもたげる。

希の腕を押さえ込みながら、その大きな胸を揉み、乳首を舐め続ける。男の子達に、希の生乳を見られている状況……それは、想像していたよりもはるかに興奮した。

そして、中途半端にはだけていたタオルを、一気に取り去った。すると、かろうじて隠れていた秘部が丸見えになる。同時に、男の子達からどよめきも起きた。

『ダメ……ダメだよぉ……ああっ! ゴメンなさいぃ……マー君、見られちゃったよォ……』
半泣きで希が言う。僕は、興奮しすぎて何も言えないまま、希のアソコを触り始めた。希は、内股気味にしてアソコを見えないようにしているが、指を強引に滑り込ませてクリを触った。
「なにこれw 濡れすぎだよw ローション塗ったっけ?w」
僕は、からかうような口調で言った。でも、内心はドキドキだった。男の子達に見られている状況と、希がキレないかという恐怖……でも、希は潤んだ目で僕を見つめながら、小さく首を左右に振っている。

ふと気がつくと、ドアも開いてみっちゃん夫妻とマスターものぞいていた。
「ほら、みっちゃんも見てるよ。見てごらん、凄く勃起してる。希に入れたいみたいだよw」
僕は、そう言いながらドキドキしすぎて倒れそうだった。本当に乱入してきたらどうしよう……そんな風にビビっていた。


『ダメ、ダメだよ……ダメ、あ、ふぅ……ダメなの……あっ! あぁっ! 見られてるのにぃ、あっ! 声、我慢できないよぉっ! ふあぁぁっ!! ハァ! ハァン? ハッ? ハァ?』
希は、とうとうあえぎ始めてしまった。そして足の力も抜けてきたので、思い切って開脚させた。
慌てて足を閉じようとするが、僕が押さえるとすぐにあきらめた。

とうとう、アソコまでさらしてしまった……愛する嫁のアソコ……僕しか見ることが出来ない場所……僕だけのもの……僕専用のはずだったのに……。


僕は、もう我慢できずにタオルを外すと、そのまま生で挿入した。希のアソコは、今までにないくらいキツキツで、熱くうねっていた。
『ひグゥッッ!! イクっ! イクぅっ!! ンアあぁぁん?』
希は、入れただけでイッてくれた……もちろん、そんなのは初めてのことだ。この異常な状況で興奮していたからだとはわかっているが、それでも嬉しいと思った。

僕は、がむしゃらで腰を振った。
『あっ? あっ? マー君、ダメぇっ! 見られてるよぉっ! あぁっ! 声、止まんないよぉっ! ダメっ! 見ちゃダメっ! ひぃあっ? アン? あん? くあぁっっ!!』
希は、僕を見つめたままあえぎ続ける。左右を見るのが怖いみたいだ。

ふと横を見ると、5人ともオナニーをしながら希を見ていた。
「ほら、ノンちゃん見てオナってるよw 見てごらんw」
そう言って、希の顔を横に向けさせると、
『ヤァァァ……あぁっ! ダメェェ……また、イッちゃうッ! イッちゃぅよおっ!! クッ! イクっ!! イィクゥッ!!』
希は、羞恥と興奮でグチャグチャの顔で叫んだ。

「あぁ、ヤバい、出そう……」
男の子の一人が、そううめいた。僕は、急にイタズラ心というか、変な神が降りてきたようで、
「ほら、かけてあげなよw おっぱいにかけてあげなw」
と、目を泳がせながら言った。


すると、マジですか! とか言いながら希の近くに来て、ペニスをしごき始めた。
すぐ横で鬼しごきをする男の子を見て、
『そんなのダメぇ、ダメっ! かけちゃダメぇ! うぅううああぁうっ!!』
と、震える声で拒否した。男の子は、不安そうな顔で僕を見たけど、僕は黙ってうなずいた。

「イ、イクっ! イクっ!」
男の子は限界だったみたいで、希の真っ白な胸に、うめきながら驚くほどたくさんの量の精液を、ミサイルみたいな勢いで射出した。


その精液がおっぱいや腹にぶつかると、希はビックリするくらい激しく体を震わせながら、
『ダメぇぇぇぇっっ!! んんんっっ!! くっふぅあぁぁぁぁっっ!!』
と、絶叫した。どう見ても、精液をぶっかけられてイッたようだ……。

僕は、それを見て怒りや嫌悪感もなにもなく、その鼻をくすぐる栗の花の匂いに刺激されたのか、狂ったように腰を振った。

希は、口をだらしなく半開きにしたまま、言葉にならないあえぎ声を上げ続ける。そして、それが合図だったように、他の4人も希に近づき、取り囲むようにオナニーをする。

「イ、イクっ」
「出る!」
「ご、ごめんなさいっ!」
「ウゥッ!!」
口々に言いながら、4人がほとんど同時にぶちまけた。
精液が体にかかるたびに、体をガクガクと痙攣させながら、
『おぉおおあぁっ!! 熱いのかかってるぅッ! ヒィあぁっ…… ダメぇっ! ぅウゥあぁっ!! 熱いぃぃ……ンあぁ……』
と、激しく反応した。


おっぱいやお腹、首筋まで白く染めて、物凄いことになっている。そして、そんな男達の精液でドロドロの嫁を見ながら、僕は思いきり中に射精した……。
でも、すでにイキすぎてグッタリしていた希は、ほぼ無反応だった……。


5人とも、経験が浅いわりには上手く射精して、シーツに少し飛びだした程度で、ほとんどが希の胸やお腹に収まっていた。

しかし、凄い臭いだ……何となく、おかしくなりそうな臭いだ……。
すると、本当におかしくなった京香さんが、エロい下着のまま乱入してきた。希の胸や首筋の精液に口を付けると、ずるずるっと大きな音をさせながら吸い取り始めた。
あんなに大量にあった精液が、全て京香さんの口の中に消えた。京香さんは、いったんみっちゃんさんの所に行くと、口の中を大きく開けて見せた。

「いいよ、飲んでごらん」
みっちゃんさんは、微妙に震える声でそう言った。興奮が伝わってくる……。
すると、京香さんはすぐにそれを飲み干して、なぜか僕の方を見て口の中を開けて見せた。あれだけ大量にあった精液が、全てなくなっているのを見て、驚き、興奮するのと同時に、ちょっとだけ気持ち悪くなった。

希が5人もの男達にぶっかけられたのは、衝撃という言葉では足りないくらいのショックだった。
精液でドロドロになった希……僕は、嫉妬や怒りも覚えたが、その姿を美しいと思ったし、興奮した。一番大切な物を汚されて、興奮する自分に驚いたが、とうとう扉が開いていったと思った。


『ゴ、ゴメンなさい、なんか、すみません……そのぉ、ぬぐってもらって……』
希は、京香さんに恐縮した感じで言った。
『まだ付いてるよw ふふw』
京香さんは、優しい笑顔を浮かべながら、希の胸やお腹に薄く残った精液をペロペロという感じで舐め始めた。
『あっ! ダメです……自分で拭きます!』
慌てる希だったが、京香さんは無視して舐め続ける。そして、いきなり乳首にも舌を這わせ始めた。
『ンあっ? ダ、ダメです! そんなとこ……あぁっ! ダメぇ、ダメっ! ンあっ?』
京香さんに乳首を舐められて、やめさせようとしながらも、甘い声も漏らしてしまう希。

いきなり始まった、予想もしていなかったレズプレイに、僕は固まってしまった。

男の子達は、口々にスゲぇとかエロいとか言いながら、またオナニーを始めた。

京香さんに乳首を舐められながら、周りをグルッと男の子達に囲まれている希。愛する嫁が、他の人間に乳首を舐められている姿……いくら相手が女性とは言え、激しく嫉妬してしまう。
ネトラレとは少し違うのかも知れないが、想像もしていなかっただけに、衝撃は凄い。

男とは違う、優しくまとわりつくような舐め方で、希の乳首を舐め続ける京香さん。指でもう片方の乳首を触りながら、とにかく舐め続ける。
僕の方にお尻を向けながら舐めているので、パックリ開いた穴あきショーツから、白い液体を流し続けるアソコが丸見えだ。

『良いなぁ、おっぱい大きいね。羨ましいなぁ?』
京香さんが、希にそんな事を言う。
『そ、そんな事ないです! 京香さんの胸、凄く綺麗です!』
希は、顔を赤くしながらそう言った。
『ホントに? ふふw 嬉しいなぁw 褒めてもらっちゃったw ありがとう』
京香さんは、嬉しそうにお礼を言った後、いきなり希にキスをした。

これも、予測もしていなかったので衝撃が大きかった。他の人とキスをする希……まさか、本当に見ることになるとは……。
希は、目をまん丸く開けて、驚いた顔で固まっている。京香さんは、そのまま希を抱きしめて、舌を差し込んでキスをする。濃厚で、それでいて優しく、粘着質なキスをする京香さん。

ドキドキしてたまらなくなってきた。それと同時に、さっき京香さんは男の子達の精液をたっぷりと口に含んで飲んでいたのを思い出す。うがいしていないので、わずかだとは思うが、それでも他の男の精液が、希の口の中に入ったということになると思う……。

そう思った瞬間、僕の中で何かが爆発した感じだった。息が苦しくなるほどの興奮と、はち切れそうなほどの勃起が待っていた。


『ほら、マー君あんなになってるよw いいの? 興奮してるみたいだよw』
京香さんにそう言われて、希が僕を見た。そして、ギンギンになっているペニスを見て、
『京香さん見て興奮してるぅ?!』
と、頬を膨らませるようにして言った。そして、僕に見せつけるように、希から京香さんにキスをした。

すぐに激しく絡み合う舌と舌。恐ろしいほどにエロい。男の子達も、口々にエロいとかたまらないとか言いながら、しごき続ける。


これは、浮気になるのかな? 寝取られになるのかな? と、判断がつきかねたが、エロいことには間違いがないと思う。

「ウゥッ! イクっ!」
男の子の一人が、うめきながら京香さんにぶっかけた。
『ふふw いっぱいだw』
そう言いながら、太ももに飛び散った精液を指ですくい取る。そして、それを自分の口の中に入れる……。

僕は、もうこの時点で胸が張り裂けそうだった。絶望と期待……二つがグチャグチャになっていた。

隠し子を使って部長に仕返し人妻

 昔、上司の部長と不倫してたが虚仮にされたので別れた。
 頭に来たので部長の隠し子の中学生を誘惑して童貞を頂く。
 隠し子のおちんちんはでかく固かったって、部長に話したら、真っ青になっていた。
 仕返しできて気分は爽快。
 その事を隠し子に教えたら笑って喜んでいた。
 現在は隠し子とセフレになりセックスを仕込んでいる。
 あのデカチンで貫かれて、膣内射精をされる快感はたまらない。

よく話は聞いていましたがネットで知り合った人妻とやりました。

よく話は聞いていましたがネットで知り合った人妻とやりました。

ホントに体験できるとは思ってなかったのですごく興奮してます。
私はあまりもてる方ではありません。素人童貞に近い感じで彼女もいません。38歳のさえない派遣社員です。趣味はエロサイトのチェックと画像・動画のコレクションです。特に素人ものが大好きです。
モ○○ク禁止掲示板というサイトによくお世話になっています。何人か好みの女性がいたのですが、ある人妻に一目ぼれしました。時限で目線無し投稿をしてたのを保存して、他のおま○ことかと交互にみてました。旦那がさらしてる画像でした。

この女性はブログもやっていてそこにもリンクがついてました。杉本彩似の超美系の奥さんなのに、すっげーエロいことをさせられてました。
最初はメアドが公開されてなかったのでブログやモ○○ンにコメントを残すことしかできませんでした。

この旦那、美人の奥さんを相当さらしたいみたいで、時限顔出しやメアド公開、本名晒しなどのイベント?を時々やってました。たまたま見つけた携帯メアドをゲットしてメールしたのがきっかけです。

ブログのタイトルが淫乱妻を貸し出しますってタイトルで貸出調教の日記みたいになってました。なので貸出希望であること、ずっとファンだったこと、自分の住んでるとこなどスペックを書きました。すると、居住地がたまたま同じだったらしく私に返信がきました。
宝くじに当たったようなものです。同じところに住んでる男に誰でもいいから返信するように命令されてたみたいです。(ほかの男には返信してないとのこと)

その日はメールでいろいろとやり取りをしました。名前や家庭や遊びいった場所などブログに書いてある内容とおなじでびっくりしました。結構ほんとのことばかり書いてるんだなと感心しました(嘘や脚色が多いと思っていたので)。しかもさらし時の本名も本当の本名でした。旧姓だそうですが。

こちらとしては何とか会える方向で話を進めました。必死です。なかなかいつという話にはならなかったのが歯がゆかったです。この晩は会えなかったです。

翌日、メールが来ました。そして電話も。相手は旦那さんでした。この人妻の主さんだそうです。地元のある観光名所で待ち合わせしましょうというのです。その後貸し出してくれて好きにしていいとのこと。ただし、その待ち合わせをネットで告知するとのことでした。貸すのは私だけですが他にもサイトを見た人が来るかもしれない。その現場をビデオで撮影したいとのことでした。EMUさんともお話し出来ました。直ぐに画像を開きました。この人妻と話してるのかとおもうと興奮しました。決行日は翌日の夕方にしようと言われました。

その日は仕事も手につかず、依然落としたEMUさんの動画や目線なし画像で興奮しました。ただ抜くのはやめておきました。好きなだけEMUに出していいとのことなので。最近では風俗でしか抜いてなかったので超興奮でした。セックスのこと女のことをこんなに考えた時間は初めてです。

翌日は仕事を休みました。待ち合わせは夕方ですが。すっぽかされる心配はないと思ってました。直アドも番号も聞いていたので。しかもEMUさんからメールも来てました。旦那は仕事で夕方直接合流だと言ってました。ある時計のある場所です。私は服を買いに行きました。下着も。お金も一応おろしておきました。

待ち合わせ時間の1時間前には現地につき向かいにあるコンビニで待機。口臭予防とコロンも確認です。メールが来ました。今つきますとのこと。

ちなみにネットでの予告は当日のお昼でした。なのでそんなに来ないだろうと思っていました。まわりにも観光客と家族連ればかりでそれらしい男はいませんでした。

EMUさんが本当に来ました!!待ち合わせ時間の15分前です。入り口に立っています!
夏らしく短く切った髪。薄手のワンピース。まるでドレスのようでした。そこにカーディガンを羽織ってました。失礼ながらコンビニから写メっちゃいました。

その後外に出て周りを警戒しながら声をかけてみました。向こうもすぐにきづいてくれました。
「こんにちは○○です」
「はじめましてEMUです。」「めぐみです。」とごあいさつ。
予想以上の美人で激しく興奮です。
旦那さんはまだ到着していません。

しかし私があいさつをしていると他の男性2人も声をかけてきました。
「モ○○ンみました」「EMUさんですよね?」
予告をみた男性たちでした。私が話しかけたのをきっかけによってきたのでした。

いつも見てますよ。なんて話を観光地でしてると。そこに旦那さんがやってきました。
「みなさんこんにちはEMUのあるじです。」

私は真っ先に挨拶しました。電話ではどうもです。と
他の男とはちがうということをアピールしました。

「あ~あなたが○○さんですか?よろしくお願いしますね。」と言ってくれました。
「EMU。挨拶はしたのか?」と

みなさん。ここではなんなので記念撮影だけしてどこか場所を移しましょうと旦那さん。
そこで集合写真?をとったあと個室のある居酒屋に5人で移動しました(内心ざんねんでした。)


やりまんだった 医大生

男子校育ちの俺は 医大におちて 予備校に通っていた そのとき 生まれて初めて 女子学生とデーとした そのおんなは京都大学を現役の時 落ちて 予備校に通学していた 見た目はとても 美人とは言えない容貌だった 当時 若い女性には パンチパーマをする人が多い時代で その彼女も パンチパーマをしていた。 俺は英語が全然できなかったので その彼女から 英語のノートを借りたしていた。 また 2人で 予備校ではなくて 旺文社の模試などや 河合塾の模試など受けに行った。模試のあとは 地下街の喫茶店に誘うと いつも 嬉しそうに つきあってくれた。そのときに 彼女が京都大学をおちた話をしはじめた。入試を受けに 京大に行くと まず 学生運動の立て札がどか~~と置かれていて 不安を感じた と話していた。次は 京都大学ではなくて どこかの国公立の医学部を受けようと思っていると 俺には 話してくれた。 当時の姿は 今でも覚えている。いつも 地味な服と スカートで 頭の毛は パンチパーマで あんまり 服装とは似合わなかった。でも 当時の女性より 身長が少し高くて 脚はきれいだったし 長かった。 大学は 俺は関東の大学の医学部に合格したが 彼女の方は 公立の医大に通った。とにかく 美人ではないが 俺は オナニーのおかずにいていた。 自然と独特の性的魅力をだすので 気にいっていた。入学後も いろいろと 手書きの封書が来ていた 今度あったら 正式に告白して 付きあおうと 思った。 俺の童貞も 彼女に筆おろししてもらおうと思っていた  ただ 1年目の俺は 大学で必修単位をとれず やはり 長距離だし 彼女に正式につきあってくださいとは とても 言える状況では亡かった。そんな夏休みのある日に実家から電話したら運良く彼女が応対してくれた。 夏休みの平日 暑い中 会いたいと言うと 即okしてくれた。1年ぶりにあってみると 服装は予備校時代に比べては ずいぶんと ファッショナブルだって 驚いた。毛髪は 結構ながくて 軽くパーマをかけていた。途中の駅で これから この辺の家で家庭教師をしに行く と行って  電車を降りていった。それが彼女との最後だった。 それからは あまり 女性というものに 興味がわかず ほかのことで代償していた。ただし オナニーはおかずは替えず そのまま 使っていた。
次に 噂を聞いたのは 地元の大学病院の研修医だった時だ おなじ医局には 彼女と一緒の大学を卒業したのがいて 「 hさんは どういているの?」 と聞くと あのおんなは誰とでも寝る と言い換えされた。つまり やりまんに 大学時代は なっていたみたいだった。 それを聞いて 俺は妙に納得した。予備校のころは とても 美的なおんなとは 思えなかったが 俺はそれでも
その彼女に性的魅力を感じていた。やはり 同じような考えの男性がいるのだな と思った。
それから 数年後 彼女と同じ医大を卒業してきた 研修医の女性に 名簿で彼女の住所と電話番号を聞き出した。それで 彼女に直接電話してみると 予備校時代の記憶はのこっていないが 俺のことは 良く覚えているとの 返事。一度 会いましょうと 言うと すぐに答えてくれた。
そのころ 俺は結婚して 娘が1人いた。でも 妻は学会に行ったことにして 彼女との待ち合わせ場所に じ~~と待っていた  電車のホームで待っていても なかなか 来なかった かなり遠い病院につとめていると 電話で 聞いていたので ただひたすら 待っていた。そしたら 彼女は 昔のイメージとは違い 真っ赤なコートまとい 髪は短めでウエーブがかかっていた
すぐに 駅から出て 日本料理屋に行った。
彼女は どうして 呼び出されたのか 理解できていなかったが 俺が 貴女が初恋の人だと 告げると そうなの? と答えるだけだった。 いろいろと話は弾んだ 独身なのに マンションを買った話とか いろいろだった  隣の県まで 帰らないといけないので 適当にわかれた
一応 ラブホにつれこんで どれだけ セックス慣れしているか やりまんか を経験してみたかったが 素直に 別れてしまった。 私には 整形したあとのまぶたが 耐えれなかった。二重まぶたに 美容整形でしてもらったみたいで 不幸にも 右目のまぶたには 切り込みをいれるのだが その切り込みには ためらい線が 俺の目でもわかるくらいの 失敗例だった 俺は 昔の一重でも充分よかったのに なんで 美容整形をうけたか 不思議だった それも 失敗した傷だった。
今は音信不通になってしまったが あのとき ラブホに連れ込んだらよかったのに
多分 連れ込まれたら さっさと セックスをしていたと 想像します。残念だった

やりたい女の人募集

高校生男子とやりたい
そんなドエロい女の人募集します
やりたい人は
kimarigame624あっとやふー.co.jp
誰でもいいですよ
おねがいします( ̄▽ ̄)

あと俺は童貞じゃないので、
初体験済ませたいとか
そーいうのじゃないのでご心配なく( ̄▽ ̄)

ちんこの大きさ→勃起時15cm



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード