萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

精液

雀荘の豊満な身体の奥さんと

ある地方都市で大学生だったころの話です。
浪人時代を東京で過ごし、すっかり麻雀にはまってしまいました。

大学生活をすることになっても、すぐに雀荘を探し、
授業が終わると、毎日のように通っていました。

そこは平日は1卓、土日でも2卓回れば良いくらいのとても小さな雀荘でした。
年配のお客さんばっかりで、ただ1人若かった私は常連客の皆さんにずいぶんかわいがってもらいました。

40代くらいのご夫婦が経営されていたのですが、
旦那さん(マスターと呼ばれていました)はひどい腰痛持ちで留守のことも多く、そんな時は奥さんが1人で留守番をしていました。
麻雀はできない人で、ゲーム代を集めたり、飲み物を出したり位でしたが。


奥さんは美由紀さんという方で、41歳でした。常連客には美由紀ちゃんと呼ばれていました。
なかなかの美人さんで、年齢相応の女性らしい、色っぽいむっちりとした豊満な身体をしていました。
若い頃は、ずいぶん綺麗でモテたんだろうなと思っていました。

大人の女性の魅力で、この雀荘に通った理由の1つでした
すぐに色っぽい奥さんのことを考えて、自分でするようになってしまいました。


マスターがいないときの美由紀さんは、年配の常連客によくからかわれていました。

「美由紀のおっぱいはいつみてもでっかいなぁ。何いれてるんだ。1回揉ませてみろや」
「馬鹿だな、おめえは。美由紀の魅力は尻だべ。むちっとした安産型で最高の尻だべ」
「子供いないんだっけ? マスター腰悪いからなぁ。俺が孕ませてやっか?」

セクハラ発言もひどかったのですが、時々お尻を触られたりもしていました。

奥さんは慣れっこのようで、
「はいはいw 若い子もいるんだからやめてね」とか軽くかわしていましたが
「だってマスターが腰痛くて全然やってない言ってたぞ」とからまれていました。


また常連客のからかいは、自分にも向けられ
「にいちゃん、美由紀は旦那が腰悪くて欲求不満だから相手してやれや」
「にいちゃん、まだ童貞か? 美由紀に頼んで教えてもらえw」
などとよく言われていました。

「ほら、おにいちゃん困ってるでしょ。若いんだから」
「おにいちゃんは若い子が好きにきまってるでしょ」
とか奥さんが助け舟をだしてくれていました。


すでに奥さんをオナペットにしていましたから、
(頼めるものなら本当に頼みたいよ)
(奥さん、本当に要求不満なんだろうか)
(俺も、奥さんのお尻触ってみたいな)
と思っていました。

しかしまだ童貞で、綺麗な奥さんにすごい興味はあったのですが、
何となく気恥ずかしくて、あまりこちらから話しかけることはできませんでした。


雀荘に通うようになって、1年とちょっとした初夏の頃でした。
マスターが、入院して手術することになりました。

「俺がいない間、卓のメンテと牌磨きお願いできないかな。リハビリとかあってしばらく来れないみたいなんだ。少しだけどバイト代だすからさ」

浪人時代も、少しの期間でしたが雀荘のバイトをしたことがあり、軽い気持ちで引き受けました。


閉店後のバイトということで当然といえば当然なのですが、奥さんと2人きりでした。

「ごめんね。おにいちゃん、学校あるのに夜遅くにこんなこと頼んで」
「いえ、大丈夫ですよ。そんなに真面目な学生じゃないし」
「うふふ、雀荘に通うくらいだもんね。うちの人が良くなるまでよろしくね」

奥さんが掃除しながら話しかけてきます。
当時、1番のオナペットにしていた女性がすぐそばにいるのですから、童貞にはたまらない刺激でした。

牌を磨きながら、ちらちら奥さんの方を見てしまいます。
やわらかそうな女性らしい身体です。
むっちりしたお尻が時々突き出されます。
大きいおっぱいが服を突き上げています。
(奥さんの身体やっぱりすごいな。おっぱいものすごくでかいや)

普段は常連客の目もあるので、あまりじろじろ見るわけにもいかなかったのですが、2人きりです。
思う存分、憧れの奥さんを視姦します。
それだけで勃起してしまいます。早く部屋に戻って出したくて仕方ありませんでした。

「こっちは終わりましたから、掃除手伝いますよ」
「ごめんねー。じゃあトイレ掃除してくれるかなぁ。道具はそこにいれてるから」

そんなこんなで最初のバイトも終わりました。

「お疲れ様でした。じゃあ帰ります」
「あ、おにいちゃんもう1つ頼みごとしていい?」
「なんでしょうか?」
「車で来てたよね?送ってくれないかな? 来るときはバスで着たんだけど、もうバスないから」
「あ、もちろんいいですよ。少し離れたとこに停めてますけど」
「ごめんね。迷惑かけて」
「いえ、光栄です。これから毎日送りますよ。むしろ送らせて下さいw」
「あはは、ありがとうね」

本当に光栄に思いました。憧れの奥さんと家までの短い間とはいえ、これから毎日ドライブができるのです。
シャンプーと化粧の混ざったような大人の女性の良い香りがしてきます。


奥さんを下ろしたあとアパートに戻りました。
もちろんその夜はじっくりと見た奥さんの身体をオナペットに自分を慰めました。

このまま仲良くなって、奥さんで童貞を卒業させてもらいたい。
店の中に2人きりなんだから、やろうと思えば無理やりにだってできる。
最高のバイトを引き受けたと思いました。

それからは閉店後の作業や、奥さんを家まで送る車の中でいろいろおしゃべりするようになり急速に親しくなっていきました。
馬鹿な冗談を言い合えるようになり、メールも頻繁にやり取りするようになっていました。
毎日のバイトが楽しくてたまりませんでした。


季節は夏に向かっていました。
営業中はエアコンをかけているのですが、閉店後、空気の入れ替えで窓を開けると、途端にじっとりと暑くなってきます。
「今年は暑くなるの早いねえ」
と言いながら2人で汗だくになって掃除していました。


そんなある日、素晴らしい出来事がおこりました。

奥さんは営業中はいつもカーディガンみたいな服を着ているのですが
「エアコン切ると暑いね」と言いながら、カーディガンを脱いだのです。
客として店に通っていた頃には見ることのなかったTシャツ姿でした。

すごかったです。スイカかメロンが入っているんじゃないかと思うほど胸の部分が盛り上がっていました。
思わず凝視してしまいました。

奥さんの掃除する姿を気づかれないようにちらちら見ます。
動くたびに、おっぱいがゆさゆさ揺れ動きます。

「こっち終わったんで、トイレ掃除してきます」
「うん、よろしくね。」

ズボンの前の突っ張りを、気づかれないようにササっっとトイレに入ります。
ものすごい光景に、童貞の自分はたまりませんでした。
頭の中は、奥さんのおっぱいでいっぱいでした。
ここで出してしまおうかと思うほど、硬く勃起していました。

帰りの車の中でも、隣の奥さんが気になって仕方ありません。
信号で止まるたびに、ちらちら胸元に視線がいってしまいます。

「ほんと今日は暑いねえ。今年は暑くなるのかしら」
「テレビで今年は猛暑になるって言ってましたよ」
「そうなの? やだなぁ。夏は好きだけど、暑すぎるのは嫌だねぇ」
「僕も結構、夏好きなんですよ」
「泳いだり、遊んだりできるから?」
「女の人が薄着になるからw」
「あははw 男の子だもんね。大学には綺麗な子いっぱいいるでしょ?」
「いやー、それがなかなか・・・男友達は結構いるんですけどねえ」
「おにいちゃん、去年から店に入り浸ってるもんねw」
「はいw」
「こんな遅くまでのバイト頼んで、大学は本当に大丈夫なの?」
「まだそんなに忙しくないし」
「でも土日も店に出てもらってるから、休む日ないでしょ。疲れてない?」
「全然大丈夫ですよ」
「おにいちゃんが頑張ってくれてるから、助かってるよ」
「はい。奥さんのためならなんでもします」
「あははw」

そんな会話をしながらの帰りのドライブでした。
これからも自分だけが、奥さんの薄着姿を見ることができるかもしれないと思うと
今後のバイト生活がますます楽しみになってきました。


次の日も
(奥さん今日もカーディガン脱ぐかな。)
楽しみで楽しみで、閉店時間が待ちどうしくてたまりませんでした。

お客さんもみんな帰り、閉店後の作業を始めました。
窓を開けると、今日もむわっとした空気が流れ込んできます。

「エアコンつけてるとわからないけど、今日も暑いのねえ」
「今日もすごい蒸してますね」
「脱がないと汗びっしょりになっちゃう」


期待していた瞬間がきました。

「ふぅ。上着脱ぐと少しはましになるね」

白いTシャツでした。しかも身体にぴったりとしています。
おっぱいの形がはっきりわかるデザインです。ものすごい盛り上がりです。
生地も薄めで、はっきりとピンクのブラが透けて見えます。
濃いピンクの花の模様まで見えています。胸元に花が咲いているようです。
思わず、じっと見てしまいます。

「もうwじろじろ見ないでw」奥さんに気付かれます。
「す、すいません、思わず」
「もうw」

真面目に牌磨きをするふりをしながらも、ちらちら奥さんの姿を見ます。
奥さんが動くたびに、ぶるんぶるん揺れ、胸の形がはっきりわかります。
ものすごい光景でした。
痛いほど勃起してしまいます。

「トイレ掃除してきます」
「はーい。よろしくね」

前かがみになりながら、トイレに移動します。
鍵をかけて水を流し掃除する振りをします。

我慢できませんでした。急いでベルトをゆるめ、勃起した息子を出してやります。
目を瞑り、奥さんのピンクのブラジャーに包まれたおっぱいを思い浮かべ擦ります。
ドアの向こうには、憧れの奥さんがいると思うとたまりません。ものすごい気持ちよさです。
最高の射精をすることができました。

脱力感の中、後始末とトイレの掃除をして戻りました。
奥さんはもう帰り支度を始めていました。

「ずいぶん時間かかったね?」
「え、いや、はい」
「ふふw じゃー帰ろうか」


アパートに帰り、風呂から上がってみると、奥さんからメールが来ていました。
いつもありがとうねというような内容だったのですが、最後に気になることが書かれています。

「今日はトイレ掃除ずいぶん時間かかったね。念入りにやってくれたの?w」

(もしかしてオナったの気づかれてたのかな、何て返事したらいいだろう)
(念入りにやりましたってとぼけようか?それとも・・・)

悩みに悩んだのですが
「すごいものを見たので動揺して遅くなっちゃいました。その分は給料から引いてください」
とメールの返事を出しました。

びっくりするくらいすぐに返信があり
「おにいちゃん良くやってくれてるから、給料引いたりしないよ。でも、すごいものってなあに?」
「ちょっと教えられませんw」
「雇い主には聞く義務があるのよ? 店に何かあったら大変でしょ」
みたいなやりとりをしました。

「奥さんの胸元です。ピンクの花が咲いてました」
思い切って返信してみました。
まずかったかなと思いましたが、少したって

「もうw 大学で若い子のいっぱい見れるんじゃないの?」
「奥さんのは若い子なんか問題にならないです」
「はいはい 明日もお仕事よろしくね」


その晩は正直、こんなメールをしたことを後悔していました。
警戒されて、明日から薄着になってくれなくなったらどうしよう。
奥さんに嫌われたらどうしよう。
そんなことばっかり頭に浮かび、なかなか寝付かれませんでした。


次の日は、不安で麻雀に集中できないくらいでした。
閉店時間が来て、窓を開けます。昨日以上に外は暑いようでした。

「今日も暑いね」
「はい、昨日より暑いみたいですね」
「じゃー今日も頑張ろうね」

そんな会話をして、奥さんは素知らぬ顔でそのまま掃除を始めてしまいました。

(ああ、あんな調子に乗ったメール出すんじゃなかった・・・)
後悔しながら、牌磨きを続けました。

世間話をしながら2人で作業を続けていました。

「おにいちゃん、すごい汗だね」
「牌磨き、意外と力使うんですよ。力入れないと汚れ落ちないから」
「こっちも掃除してると、汗出ちゃう」

顔を上げると、奥さんがこっちの方を見ています。

「やっぱり脱がないと暑くてダメだね。倒れそうになっちゃう」
目を見たまま言ってきます。少しいたずらっぽい表情をしているように思いました。
ごくっと生唾を飲み込みます。

ゆっくりボタンをはずしていきます。こっちを向いたままです。
脱ぐ仕草が色っぽく感じました。
昨日と同じ様なTシャツでした。薄い水色のブラジャーが透けて模様まではっきり見えています。
思考能力は停止し、ただただ見とれてしまいます。

「脱いでも暑いくらいだね」
「は・・・はい」
「最初から脱いだほうが、汗かかなくてすんだかな」
「は・・・はい」
「ふふw おにいちゃん手が動いてないよw」
「あ・・はい。頑張ります」
「早く掃除終わらせて帰ろうね」

会話もままならないくらいの興奮でした。
手を動かして、牌を磨きながら、奥さんの姿を目で追います。

昨日、あんなメールをした後なのに、見てるのわかってるのに見せてくれている。
もしかしてわざと見せてくれているんじゃないか。
思い切って頼んだら、させてくれるんじゃないか。
いっそ押し倒してしまおうか。

いろいろなことが思い浮かぶのですが、所詮は童貞で勇気がありません。
ちらちらと見ながら、ただただ牌磨きを続けました。
奥さんも、すました顔で掃除を続けています。

「トイレ掃除してきます」
「はーい、よろしく。今日は雨降りそうだから急いでねw」

昨日トイレでオナッたの絶対ばれてるとは思いました。

出したくて出したくて我慢できませんでした。
奥さんのいたずらっぽい表情、脱ぐ仕草、水色のブラ。その全部がたまらない刺激でした。
しかし急いでねと言われたため、我慢して掃除しました。

トイレ掃除から戻ると、奥さんは帰り支度が終わっています。
「ほら雨降ってきそうだよ。早く帰ろう」
「あ、はい、急いで用意します」

車の中でも、勃起は治まらず、襲い掛かりたくてたまらなかったのですが、思い切れません。
奥さんも、普通の世間話を楽しそうにしてくるだけでした。


その日も風呂から上がってみるとメールがきています。

「今日もご苦労様ね。毎日暑くてイヤになるね。おにいちゃん時々ぼうっとするけど疲れてるの?」

絶対わかってからかってると思いました。
昨日のメールだって怒らなかった。今日も透けブラ見せてくれた。
思い切って返信します。

「疲れていました。でも奥さんの水色のブラを見れて疲れも吹き飛びました」
「もう、若い子の見ればいいでしょ」
「奥さんのが最高です」
「もうw 恥ずかしくなるでしょ」
「明日も見れると思うと労働意欲が湧いてきます」
「ばかねw 明日もお仕事よろしくね」
「明日も頑張ります。お休みなさい」


次の日も、奥さんは黄色のブラジャーを透け透けにさせていました。
(わざと見せてくれている。)
そう思って、こっちも無遠慮に奥さんの胸元を見てやるのですが

「じろじろ見すぎだよw」
「今日は黄色だ」
「疲れ吹き飛ぶ?w」
「はい、吹き飛びます」
「ほら 手が動いてないよw」
こっちの気持ちを知っていて、あやされるようにかわされてしまいます。

帰りの車内で話す内容はいつも通りの世間話で、
童貞の大学生では、なかなか思う方向に話を持っていけません。

家に帰ると相変わらずからかうようなメールがきます。

「おにいちゃんじっと見すぎだよw」
「奥さんが魅力的すぎるんです」
「うふふ、お世辞でも若い子に言われるとうれしいな」
「お世辞じゃないです。透けブラたまりません」
「ふふw 疲れとれて労働意欲が湧いてくる?」
「はい。仕事に行くのが毎日楽しみです」
「おにいちゃんにお休みされるとお店困っちゃうもん。疲れとってあげないとね」
「それは、それは見ても良いってこと?」
「少しだけならねw 明日もお仕事よろしくね。おやすみー」

たまりませんでした。
どんどん奥さんとの距離が、セックスへの距離が近づいているのを感じていました。
あのTシャツを盛り上げる胸を、ブラの下にあるおっぱいを揉める日が近づいていると思いました。
もうすっかり奥さんのことが好きになっていました。


しかし童貞の俺はここからどうやって攻めればいいのか悩みに悩んでいました。

無理やり押し倒しても、きっと奥さんなら許してくれる。そうは思うのですが
万が一拒絶されたら、この楽しい奥さんとの時間が無くなるかもしれないと思うとふんぎりがつきませんでした。


そんなある日のことでした。
いつものように、奥さんの透けブラを眩しく見ながら作業していましたが、
雷が鳴りだし雨の気配がしてきました。

「どうしよう傘ないよ」
「僕も持って来てないです」
「掃除まだ途中だけど、終わりにして早く帰ろう」
急いで帰り支度をしたのですが、間に合わず雨が降り出してきます。

「僕が駐車場まで走って、車持ってきますね」
「いいよ、私も走るよ」
止めたのですが、言うことを聞いてくれず、2人で走り出しました。
しかし猛烈に雨足が強く、すぐに引き返して店に戻りました。

「すごい雨ね」
「すごいですね。でも天気予報で雨って言ってなかったからすぐ止むと思いますよ」

「そうだといいけど・・・。すっかり濡れちゃった・・・」
奥さんがカーディガンを脱ぎだします。

Tシャツが濡れていて、濃紺のブラジャーが完全に模様まで見えています。
薄いTシャツがぴったり張り付いて、いつも以上に透けています。

「これで、拭いて」
奥さんが、おしぼりとタオルを探して渡してくれました。

「すごい濡れちゃったねえ。シャツもズボンもびしょびしょ」
「体にくっついて気持ち悪いですね」

奥さんが、拭いているのをちらちら見ながら
自分も、Tシャツを脱いでハンガーにかけて乾かし、体を拭きます。

「男の人は、こういう時楽でいいよね」
「でも、奥さんだって乾かさなきゃ、風邪引いちゃいますよ」
「うん、そうだけど・・・ここじゃ脱げないでしょ、おにいちゃんいるしw」

Tシャツの下にタオルを入れて拭きながら話しかけてきます。おっぱいが弾むように揺れています。
少しいたずらっぽい目をしているように思いました。

「着てる意味ないくらい透け透けになってますよ」
思い切って言ってみました。

「えーw そんなに透けちゃってる?」
「貼り付いてすごいです」
「やだw 恥ずかしくなっちゃうでしょ」
「でも、いつも透け透けだし」
「もうw」

奥さんは少し照れたような顔をしていました。


外からは、土砂降りの雨の音しか聞こえません。
少しの沈黙の後

「それじゃあ脱いじゃおうかな」

奥さんがTシャツに手をかけました。白いお腹が見えてきます。
頭がくらくらしてきて、ごくっと生唾を飲み込んでしまいます。

「後ろ向いててよw あんまり見ないでね」

慌てて、後ろを向きます。

「張り付いてて、脱ぎにくい」
「足にくっついてて脱ぎにくいな」

後ろで奥さんの脱いでいる気配が伝わってきます。

(まさか・・・まさか奥さん、ズボンまで脱いでるのか?)
(この音の感じは絶対脱いでる)

振り向きたくてたまりません。見てみたくてたまりませんでした。

(見たい。見たいけどさすがに怒られるかな)
(でも、こんなチャンス二度とない)
(透けブラは見せてくれた。大丈夫奥さんなら怒らない)
頭の中にはいろいろな考えが浮かびます。フル回転です。

Tシャツを干している気配になりました。
見てみたい誘惑に勝てませんでした。

思い切って振り向きました。奥さんがすぐそばにいます。
白い身体に濃紺のブラジャーとパンティーだけです。
憧れの奥さんの、ものすごい姿です。

「こら、後ろ向いててって言ったでしょ」
「あんまり見ないでねって言ったから、少しならいいのかなって・・・」
「バカね」
奥さんが笑ってくれます。怒っていないようです。

「だって直に見るの初めてだし」
「もうw 少しだけだからね」

すごい光景でした。タオルで拭く小さな動きなのに、おっぱいが揺れ動きます。

胸の下の辺りを拭いています。おっぱいが持ち上げられて、すごいことになっていました。
ブルンブルン揺れ動きます。おっぱいが大暴れです。目が離せませんでした。

「おにいちゃん見過ぎだよ」
少し赤い顔になっています。

「すごい・・・奥さんのおっぱい暴れてる」
「もうw」

飲み込んでも飲み込んでも生唾が出てきます。息が荒くなってきます。
痛いくらいに勃起していて、触らなくても出てしまいそうでした。

「ブラまで濡れちゃってる。はずして拭けたらな」
奥さんがこっちをちらちら見ながら言います。からかうような口調でした。

「でも、Hな目で見て来るし」
「じゃー後ろ向いてます」
「またすぐこっち見ちゃうんでしょ?」

じっと見ていても、奥さんはかまわず身体を拭き続けています。
長い時間に感じました。実際は大した時間ではなかったと思いますが。


拭き終わった奥さんが、タオルを置きました。
すごい色っぽい表情で言います。

「おにいちゃんじっと見すぎw」
「たまりませんでした」
「たまらなかったの? ふふw たまっちゃったんでしょ?」
「え?」
「そこ・・・ズボンの前・・・すごいよ」

見るのに夢中になりすぎて隠すのを忘れていました。

「おにいちゃんもズボン脱いで乾かしたら?窮屈そうだよ」
目をじっと見て言ってきます。

今脱いだら勃起してるのばれる。いやもうばれてるから関係ないのか
むしろ見せた方がいいのか。奥さんとセックスできるのか

ベルトに手をかけてゆるめました。濡れて脱ぎにくいなと思いながら脱いでいきました。
恥ずかしいなとも思いましたが、勃起を隠さないようにしました。
むしろ奥さんに見せつけるような姿勢をとりました。

「すごいね・・・テント張ってるみたい・・・」
「だって奥さんが色っぽすぎる・・・」
「もうw そんなことないよ」
奥さんはじっとパンツの盛り上がりを見たまま目を離しません

「奥さんのこと考えただけで・・・」
「考えただけで?・・・考えただけで、おちんちん大きくなっちゃうの?」

「なっちゃう。透けブラたまらなかった。いっつも勃起してた」
「うん・・・わかってたよ。おにいちゃんいっつもズボンの前パンパンにしてた」

自分の声も興奮でかすれ気味になりましたが、
奥さんの声も同じようにかすれ気味になっています。

(奥さんも興奮してる。セックスする。今日こそセックスできる)

「でも、奥さんだって」
「ん?」
「奥さんだって、透けブラ見せてくれてた・・・」
「うん・・・見せてた。おにいちゃんに見られてうれしかった」

もう喘ぎ声のような感じでした。

「だっておにいちゃん、すごい目で見てくるんだもん・・・」
「だから見せてくれたの?」
「うん・・・わざとおっぱい揺れるように動いたりもしてた・・・」
「すごい揺れてたよ。ゆっさゆっさしてた・・・」
「ああ、見せたかったの。おにいちゃんが大きくしてくれるのがうれしかったの・・・」

奥さんは立っているのがやっとなくらいクネクネ身体を動かしていました。
おっぱいが小刻みに揺れ動いています。

「今だってそうなってるよ」
「うん・・・わかるよ、パンツの前すごいよ・・・」

2人の荒い息と、雨の音しか聞こえません。

「奥さんのおっぱい見たい」
「ああ・・・うん」

奥さんが手を後ろに回してブラジャーをはずしていきます。
締め付けから解放されたおっぱいが、あふれるようにでてきました。

「すごい・・・」
「あん・・」
「思ってたより、ずっとすごい・・・ずっと見たかった・・・」
「ああ・・・おにいちゃんに見せたかった・・・見てほしかった・・・」
荒い息で苦しそうに呼吸しています。

喘いでいる奥さんにゆっくり近づきます。
奥さんは上気したような、うっとりした表情でこっちを見ていました。

両手でおっぱいを鷲掴みにしました。
ものすごい柔らかさです。ものすごい重量感で、指の間からあふれ出るようでした。
思う存分揉みまくります。

「すごい・・・奥さんのおっぱいすごい・・・すごすぎるよ・・・」
「ああ、ああん」
「ずっと触りたかった・・・揉みまくりたかった・・・」
「うん・・・はあん・・・触って・・・いっぱい触って・・・」
「奥さんのおっぱい・・・でっかいおっぱい揉みまくるよ・・・」
「ああ・・・ああん・・・気持ちいいよ・・・おっぱい気持ちいいよう・・・」

喘ぎながら、身をくねらせている奥さん
たまりませんでした。ずっと夢見てきた瞬間でした。

喘いでいる奥さんに、むしゃぶりつくようにキスしました。
奥さんも激しく応えてくれます。
舌をこじいれ舐めまくります。
奥さんの舌を吸いまくります。

「はあん・・・おにいちゃん・・・大好き・・・おにいちゃん大好き・・・」
「俺も・・・俺も奥さんが大好き・・・美由紀さん大好き・・・」
「ああ・・・おにいちゃんのどうなってるの?・・・おちんちんどうなってる?」
「硬くなってるよ・・・やばいくらい硬くなってるよ・・・」
「見せて・・・ああ・・・おちんちん見せて・・・」

ゆっくりパンツを脱いで裸になりました。奥さんもパンティーを脱いで裸になってくれます。
痛いほど勃起した息子を奥さんに見せつけました。
臍まで反り返るほど勃起しています。

「ああ・・すごい・・おにいちゃんのすごい・・・触わらせて・・・触りたいの・・・」
奥さんの手がのびてきて、勃起を握ってきます。

「ああ・・・硬い・・・すごい硬くなってるよ」
「奥さんが・・・奥さんが色っぽ過ぎるからだよ・・・」
「ああ・・・うれしい・・・硬いおちんちん好き・・・」

すごい快感です。憧れ続けた奥さんがうっとりして触ってくれるのです。

「いっつもしてたでしょ?・・・おちんちん擦ってたでしょ?」
「してたよ・・・奥さんの事考えて擦ってたよ・・・毎日擦ってたよ・・・」
「どんなこと?・・・どんなこと考えて擦ってたの?」
「セックスすること・・・後ろからおっぱい鷲掴みにして・・・セックスすること・・・」
「ああ・・・したい・・・おにいちゃんとしたい・・・して・・・セックスして・・・」
「するよ・・・今からするよ・・・奥さんとセックスするよ・・・」



たったまま、奥さんを後ろ向きにして雀卓につかまらせます。。
初めてなのにバックでうまくできるか不安だったのですが、奥さんが後ろ手に掴んで導いてくれます。

ほんの少し抵抗を感じたと思った瞬間、ぬるっとした感触がしました。

「ああ・・入ってきた・・・おにいちゃんのおちんちん入ってきた・・・」
「やってる・・・セックスしてる・・・奥さんとセックスしてる・・・」
「うん・・・セックスしてるよ・・・おにいちゃんとセックスしてるよ・・・」
「すごい・・・奥さんの中気持ちいい・・・ぬるぬるしてる・・・すごいぬるぬるしてる・・・」
「ああ・・ああん・・・硬い・・・奥まで・・・奥まで入ってる・・・」
「いっぱいする・・・奥さんとセックスする・・・やりたかったこと全部する・・・」
「そうして・・・ああ・・・セックスして・・・いっぱいセックスして・・・」

後ろから手をまわしておっぱいを鷲掴みにします。
あの憧れ続けた奥さんを、想像の中で何度も犯し続けた美由紀さんを、自分の勃起が刺し貫き喘がせているのです。

本能のまま、おっぱいを揉みまくり、腰を振りまくります。

「ああ・・・すごい・・・おっぱい気持ちいい・・・」
「奥さんのおっぱい・・・美由紀さんのおっぱい・・・俺のだ・・・俺のおっぱいにする・・・」
「うん・・・おにいちゃんのだよ・・・おにいちゃんのおっぱいだよ・・・」
「おまんこも・・・美由紀さんのおまんこも・・・俺のにする・・・」
「はあん・・ああ・・・おまんこも・・・美由紀のおまんこも・・・おにいちゃんのおまんこだよ・・・」
「全部・・・全部俺のにする・・・美由紀さん全部俺のにする・・・」
「うん・・・ああ・・・そうして・・・おにいちゃんの女にして・・・おにいちゃんの女になりたい・・・」

興奮と快感で頭の中が真っ白になってきます。
憧れ続け、オナペットにして空しく精液を出し続けた奥さんを、あの美由紀さんを自分のものにできたのです。
ものすごい征服感と充実感でした。

初体験の自分が、そんなに長く持つはずもなく、限界はすぐそこに近づいていました。

「いきそう・・・・奥さんの中すごい・・・気持ちよすぎる・・・」
「ああ・・・うん・・・外に・・・ああ・・・外に出してね・・・」
「え・・・出したい・・・奥さんの中に・・・中で出したい・・・」
「え・・・あ・・・うん・・・ああん・・・そうね・・・おにいちゃんなら出してもいい・・・」
「いいの?・・・ほんとにいいの?・・・中で出してもいいの?」
「うん・・・ああ・・・中がいい・・・おにいちゃんの中でだして・・・中にほしいの・・・」

おっぱいに掴まるようにしてラストスパートに入ります。
頭のてっぺんまで快感が突き抜けていくようです。

「いくよ・・・奥さん・・・いくよ・・・」
「いって・・・いっていいよ・・・いっぱいだして・・・美由紀にだして・・・」
「うん・・・でるよ・・・ああ・・・奥さん・・・美由紀さんの中にだすよ・・・」
「きて・・・ああ・・すごい・・・おっきくなってる・・・でそうになってるのわかる・・・」
「美由紀さん・・・ああ・・・美由紀・・・でそう・・・でる・・・」
「ああ・・・あああああ・・・」

思いっきり奥まで突き入れました。
すさまじい射精感でした。
びゅっびゅっと精液の出る音が聞こえそうに思いました。

「あああ・・・でてる・・・おにいちゃんのでてる・・・」
「あああ・・・美由紀・・・美由紀・・・」
「ああ・・すごい・・・いっぱいでてる・・・精液、中にいっぱいでてる・・・」

気を失いそうな快感でした。
最高の初体験をしたと思いました。


気が付けば、満足と疲労を感じながら、奥さんに覆いかぶさっていました。
奥さんも、はぁはぁ荒い息をしています。

奥さんを支えて、ソファーに座らせます。
2人でキスしながらしばらく抱き合っていました。

「奥さんすごかった。すごい気持ちよかった」
「うふふ、しちゃったね。セックスしちゃったね」
「うん、したかった。奥さんとずっとしたくてたまらなかった」
「いっつもおちんちん硬くしてたもんね」
「だっておっぱいがすごすぎて」
「いつ襲ってきてくれるか楽しみに待ってたんだよ」
「襲いたくてしょうがなかったけど、奥さん人妻だし・・・こっちは童貞だし」
「その人妻に中出ししちゃったくせに」


マスターとはもう何年もセックスしていなかったこと。
掃除の時も、帰りの車の中でもいつ襲われるか期待して濡らしていたこと。
メールしながら、奥さんもオナニーしていたこと。
セックスの時に、美由紀と呼び捨てにされてうれしかったこと。

いっぱい白状させました。
恥ずかしそうに告白する奥さんにたまらず、明け方まで店の中でセックスし続けました。



その後も、大学を卒業するまで関係が続きました。
いつまでも色っぽく素敵な女性で飽きることなくセックスしました。
巨乳でのパイズリもたまらない気持ちよさでした。

何リットルの精液を奥さんに搾り取られたのか。


奥さんは軽いM気があり、透けブラさせたまま接客をさせてみたりもしました。
「美由紀ちゃんブラジャー丸見えだぞ」
「でっけーなぁ。メロンみてえだw」
「1回でいいから揉ませてくれやw」とからかわれていました。

そんな日は、いつも以上に乱れてくれ何回もセックスを求められました。


おかげですっかり年上好き、巨乳好きになってしまいました。

部下の熟妻は元カノ-1

「人妻」心地良く下半身に響く言葉である。
気持ちと体がつながったまま至福の快楽のみを追求できる「知り合いの人妻」は安全で最高の生膣生中だしの痴態を楽しめる相手である。
ただし本気になってはいけない。

洗濯物を干していると借上げ社宅マンションの玄関チャイムが鳴った。
「散らかっているけど どうぞ」料理と食材を持った女性が入ってきた。
「単身に手料理はありがたいね」
「先日のお礼ですよ」
彼女はキッチンで仕度を始めた。

単身での本社勤務となり歓迎会で酩酊した部下田中を家まで送り奥さんに会った。
美人妻で胸も大きく生膣の締りも抜群で男好きな肢体をしている。
実は田中の奥さんは元部下Y子で独身の時3度体を重ね都合6回生中だしさせてもらい
美味しく味わった仲である。
「近いうちに話を聞いて欲しいのですが」と相談されたので携帯を教えた。
「旦那は疲れたと言って相手をしてくれないの それに・・・女がいるみたい」
「旦那はゴルフ、子供はクラブなので週末に伺いたい」とY子から連絡が来た。
田中は土曜日には家族サービスすると言っていた筈だか・・・
欲求不満の熟妻が単身赴任のこれまた欲求不満の過去に関係した男のところへ来る目的は
ひとつ。楽しみに待つことにした。

テーブルに並ぶ料理を美味しくいただきながらY子の愚痴を聞いた。
「Y子も気晴らししたら」と誘うと「私も少しだけ遊んじゃおうかしら」
「単身は何かと不自由だけどヒマだからゆっくりしていけば」
「こうして逢うのも久しぶりね」
キッチンで後片付けしているY子の背後から抱きつき豊満な乳房を揉みながら抱き寄せ
キスしスカートの中に手を入れ弄んだ。
「ダメッ いけないわ」
すでに鼻息が荒くなっているY子をシャワーに誘った。
揉み甲斐のある乳房も少し垂れ気味だが熟していることは分かった。
帝王切開で子供を産んだようだ。
いっしょにシャワーを使い、仁王立ちフェラを堪能した。
乳房を揺らしながら一心不乱に人妻Y子は美味しそうに男根に吸い付いてくれた。
体を拭いたY子を洗面台に腰掛けさせ太ももを持ち上げM字開脚させて生膣に吸い付いてやると
「アッ イヤッ アッ ダメッ イッアッアアッ~」と艶声を出し始めた。
たっぷりとY子の淫汁を味わいもう1度仁王立ちフェラを所望し洗面台に手をつかせて立ちバックで
ゆっくりとY子の生膣を味わうように挿入した。
「アッアアッ~」
鏡に映るY子は突き刺されたまま口を開け大きな艶声を出し始めた。
まとわりつく生膣は昔のままで思い出しながら味わうべく深く浅くゆったりと激しく突きまくった。
洗面台に片膝を乗せ足を広げさせ下から突き上げるように生膣深く届くように突きまくった。
「もうっ ダメッ~」と艶っぽい眼差しを向けるY子を洗面台に腰掛けさせ太ももを抱きあげY子に
濡れ輝く男根を握らせ生膣に導かせた。
「もうっ 早く入れてっ 奥まで」
と言わせると同時に一気に男根すべてをY子の生膣奥深く届くように突き刺した。
「アウッ ウッ アッアアッ イッイクッ~」
後ろに倒れないようにしがみつくY子は大きな艶声を出しながら生膣を締めてきた。
「Y子 いくっ 中に」
男根の脈動に合わせ大きな艶声を出すY子の生膣深くドックンドックンドクッドクッと
たっぷり精液を注入してやった。
「イクッ イクッ~ すっすごいっ アアッ~」
Y子の生膣はあの頃と同じように締まり続けた。
気持ちの繋がったままで淫靡な快楽の中人妻の生膣深く中だしする醍醐味は最高である。
足を開いたままの人妻Y子の生膣から男根をゆっくりと引き抜くと注ぎ込んだばかりの
精液が糸を引きながら床に滴り落ちた。
淫靡な絶景である。
Y子は再びシャワーに飛び込んで行った

寝室で横になり待っていると「もう 突然なんだもの」とY子がバスタオルだけつけて寝室に入ってきた。
「Y子は最高だ 昔のままだよ」
「もう はなれなくなりそう 激しいですもの」
「本気になってはダメだよ」
腕枕の中で寄り添ってきたY子は驚くことを告白してきた。
結婚前に1度妊娠し堕したと。相手は私の同期の吉田で田中の元上司。
結婚後に1度田中以外の男で妊娠し堕したと。相手は部門長で今は役員である。
田中は全く知らないらしい。

バスタオルを取るとY子がフェラを始めた。
69になりフェラするY子を弄び堪能した。
「上においで」
騎上位で男根を咥え込んでいるY子の痴態と艶声を楽しみながら下から突き上げると生膣が締まり始めた。
「アアッ イクッイクッ~」と倒れ掛かってきた。
腰を掴み下からさらに突き上げ
「Y子 締まって気持ちいい 騎上位いいな」
「あなたが初めて教えてくれた体位よ」
枕にタオルをかけY子の腰の下に入れM字開脚させて濡れ輝く生膣にクニリングスをしてやると大きな艶声を出した。
「旦那よりいいか」
「いいっ あなたがいいっ イヤァッ~ アッ 入れて」
2度目の余裕と興奮で硬くなっている男根をY子の生膣にあてがい
「奥まで入れるよ」と告げ一気に生膣奥深く突き刺してやった。
Y子の艶声の中正常位、側位で生膣を味わい屈曲位で激しく突きまくると
「イクッ またいっちゃう~ アウッ イクッ~」
「Y子 いくぞ どこに出す」
「中に 中に頂戴っ」
さらに激しく生膣深く届くように突きまくり
「Y子 中に出す」
Y子の言葉にならない艶声が部屋に響きわたる中生膣深く精液を注ぎ込んだ。
最高に美味しい人妻である。
生膣深く挿入したまま
「奥深くに全部出したよ 2回中だししたけどだいじょうぶか」
「すごいっ もうおかしくなるわ 多分だいじょうぶよ」
Y子の生膣から男根を引き抜くとドロッと私の精液がタオルの上に流れ出てきた。
「連絡するよ」
「ええっ 待ってます」と嬉しい言葉を残し人妻Yはすっきりした顔で帰って行った。

田中の行動パターンに注意しながらY子に連絡し仕事をサボって昼間の情事を楽しむことにした。
シャワーをいっしょに使いながら今回も仁王立ちフェラを堪能した。
絶景を楽しみ気持ちいいフェラを堪能した。
寝室でY子を抱き寄せ
「旦那としたのか」
「してないわ 疲れたと言って全然相手をしてくれないの」
「たっぷりと旦那の代わりに中だしするよ」
「今日は少しあぶないの」
Y子のバスタオルを剥ぎ取りながら「わかった」と告げ淫靡なセックスを始めた。
熟した乳房を揉み乳首に吸い付きキスマークをつけY子の生膣を指姦しながら艶声を楽しんだ。
太ももを持ち上げ露にさせた生膣にむしゃぶりつくようにクニリングスをしたっぷりY子の生膣淫汁を味わった。
Y子はシーツを握り締め歓喜の艶声を出し始めていた。
「入れるよ」
「ゴム お願いっ」
「だいじょうぶだよ」
一気に奥深く挿入し生膣を堪能すべく浅く深く突きまくると
「アウッ~ ハウッ~ ウッ ウッ アッ アアッ~」
Y子はすぐに我慢できないのか大きな艶声を出ししがみついてきた。
騎上位で乳房を揉み下から突き上げると
「アッアアッ イッ イイッ イクッ~」と生膣を締めてきた。
腰を掴みさらに激しく突き上げると
「アッ ダメッ いっちゃう イクッ~」
Y子は生膣を締め付けながら達した。
「騎上位がいいみたいだね」
「知ってるくせに」
正常位、屈曲位と危険日の美味なY子の生膣をたっぷり堪能した。
「Y子 いっしょに いこう」
生膣を激しく深く突き始めると
「アアッ アッイクッ いっちゃう~」
仰け反りながらしがみつくY子に
「Y子 イクッ 中に」
「アッ ダッダメッ 外っ 外に出してっ」
ドビュッドビュッドックンドクッドクッドッビュンとY子の生膣に腰を押付け奥深く精液を注ぎ込んだ。
「アッ~ ダッダメ~ でっできちゃう」
Y子はしがみつきながら大きな艶声を出した。
危険日の人妻への生膣深く中だしは感度も良く最高に美味である。
Y子も中だしを始めると体を震わせながら生膣深く精液すべてを受け入れた。
Y子の生膣深く射精した快楽の余韻を味わいゆっくりと纏わりつく生膣から男根を引き抜くと精液が流れ出てきた。
「どうしよう できちゃうわ」
「だいじょうぶだよ」
カットしていることはまだ教えていない。
「少し心配だけど 連絡するわ」
少し不安げな面持ちでY子は帰っていった。

野外SEXは危険    ②

以前、野外プレーを楽しんでいる最中、妻が大型犬に犯された続きになります。

あの日、妻に乗りかかった大型犬との再会する事ができたんです。
それは、数週間が過ぎた時でした。
何回か野外プレーをする為に向かったゴルフ場。
その日は、天候も良く月の明かりが辺りを照らしていました。
駐車場に着く寸前に、車道を横切る黒い物体!
”熊!!!”よく見ると黒い大型犬でした。
”まだ、この辺に居たんだ!”と思い車を止めたんです。
”なぁ!もう一度あの巨根を咥え込んでみたくないか?”
”ん~来てくれるかなぁ?”
”試に裸になって歩きながら駐車場まで来いよ!俺が後ろから車で追うから”
”いいけど・・・ちょっと怖い気もするわ”
そんな事を言いながらも妻は服を脱ぎ始めた。
私は妻の体をロープで縛りながら、お尻に尻尾に見せかけたバイブ式玩具を仕掛ける。
妻が道路に出ると車の前を歩き始めたが、何ともエロい姿だった。
少し走り始めると、妻の横から黒い大型犬が妻に気づいて近寄って来た。
車のライトに照らされる中、妻は思わず車道脇の芝生の上で四つん這いになった。
黒い犬は、妻の後方に回りマンコに鼻を押し付け匂いを嗅ぐ。
妻も腰を高く上げ、受け入れ態勢だった。
やがてペロペロ舐めた黒い犬は、妻に乗りかかると腰をお尻に当てていたんです。
妻が大きくなったチンチンをマンコに手で寄せるとスルスルと中に入り、合体する格好に
なったんです。
”大き過ぎて、苦しいけど凄く感じるの?ドンドン中に入って来るわ”
犬はハァハァ息を荒らし、舌を出しヨダレを垂らしている。
直ぐ近くに向かった私を黒い犬は”俺の女だ!”と言わんばかりに睨みつけて来る。
”駄目!それ以上入れないで・・・あぁぁぁドンドン広げられている”と妻が声を荒げると、
犬の瘤が妻の体内にズルズルと入って行った。
”あぁぁぁ~凄い!奥まで当って中に精液がいっぱい注がれているのが分かるわ”
犬の腰の動きに妻も”駄目!もう駄目逝くぅ~”と声を上げると、腰がブルブルとなった。
それでも犬の動きは止まらず、妻は2度・3度と絶頂を迎えていた。
犬が妻のから離れたのは20分程経った頃でしょうか?
抜かれた妻のマンコからは大量の精液が溢れ、流れ出していました。
犬は妻のマンコを舐めると、草むらに消えて行ったんです。
グッタリする妻は、立ち上がる事が出来ないまま、芝生に横になっていました。
私が抱き上げると”凄かったわ!あなたごめんなさい!犬に逝かされちゃった”と
微笑んでいました。

翌日も、妻を連れゴルフ場に向かうと黒い犬は待っていた様に草むらから出て来て、
妻を待っている様子でした。
車中で妻を裸にすると、先に妻のマンコに挿入し、中に精液を出したんです。
そんな状況で外に出た妻に大型犬は近づき、クンクン臭いを嗅いでいたんです。
マンコから溢れた私の精液を確認した犬は、何故か妻に飛びつく事をしなかったんです。
一度車に戻り、ティッシュで拭くとアナルに尻尾を付け、外に出て行かせました。
直ぐに暗闇から出て来た犬は妻のマンコの匂いを嗅ぎ、四つん這いになった妻に
乗りかかったんです。
そして妻は犬の巨根をマンコに受け入れる事が出来、2日連続で犬に逝かされたんです。

妻は犬とのSEXにハマり、今では家で飼っているんです。
黒い大型犬”アル”です。

あの日から数日間、妻はアルに逝かされすっかり懐いてしまったので、車に乗せ
家で飼う事にしたんです。
もちろん狂犬病の注射を打ち、体も綺麗に洗ってあげました。
今では、私とするよりアルとする方が多くなって困ってます。
妻のマンコは広がり、私の素チンでは満足出来る筈もありません。
仕事から帰ると、リビングで繋がっている事も度々で、呆れる始末。
でも、犬と繋がった姿は圧巻で見入ってしまいます。

姉とお風呂で柔軟体操20

俺は、きれいに富士山を形作ったその頂点に真上から俺の完全剥けチンを突き立てた形で、ドクッ、、、ドクッ、、と最後の余韻まで精を放ち続けた。
姉は、喘ぎながらも形を崩さず、俺の精を受け入れ続けた。凄い柔軟性だった。 陽子せんせええいいいい、、こ、こうくうううんん、、、俺は心の中で陽子先生を犯し続けた。
 最後の射精が終わると、俺は、逸物を富士山の頂上から抜き取った。
 俺は、姉にそのまま、逆エビ反り左右200度開脚をするように言った。
 はあ、はあ、、ああ、、うん、わ、わかった。姉は余韻に浸りながら、ゆっくり前後開脚から左右200度開脚に移行した。また綺麗な富士山を形作った。富士山の頂上に無毛のまmこが上向きに晒されていた。縦の深い亀裂が左右に引っ張られてパックリ口を開けていた。俺は姉のまmこの正面に座って、まmこを更に左右にグーッと開いた。俺の精と姉の愛液が混じったものが溢れてツーッ流れてきた。
 俺はそれを舌で舐めとるように、姉のまmこの割れ目に沿って舌で掬った。俺は、割れ目の底の底まで愛液を舐めとっていった。コリッとした部分は念入りに剥きながら舐めとっていった。 それから、割れ目の一番深い奥底に舌を尖らせて差し込んで、愛液と精液とが混ざりあったヌルヌルの泉をきれいに舐めとっていった。
 舐めても舐めてもドンドンヌルヌルがわきあがってきた。
 もっと奥底まで舌を尖らせて差し込んだ。 あぐううッ、、あううッ、、あう、あう、あ、あ、あ、、、こうくううんん、、そんなにしたら先生、、お、、か、、し、、く、、なっるうううッ、、ああッ、、あぐううッ、、先生、開脚を崩さないで、、ああッ、、わ、、わかった、、かっらあ、、ああッ、、この普通じゃあり得ない体操部ならではの体位はまmこを舐めるのに一番いい。俺は、陽子先生(姉)のまmこ剥き出しの尻をぐっと抱えると、舐めても舐めても却ってドンドン溢れてくるヌルヌルをこれでもかこれでもかと
舐めて舐めて舐めたおした。
 ああああッ、あっぐううううッ、、ああッ、ああッ、あああっぐううううッ、、あうううッ、、ああ、、こ、こうくううんんん、、あがぎゃぎゃうううッ、、
 陽子先生(姉)は、喘ぎまくって、しまいには絶叫してグッタリしてしまった。200度左右開脚のまま失神してしまったのだ。
 俺は下に降りて、ブルーシートとバケツとアナルケアクリームと浣腸器数本を持ってきた。俺は、ブルーシートを敷くと、陽子先生(姉)の両脚を普通の四つん這いにしてあげた。
 そして、アナルケアクリームをたっぷり先生のアヌスに塗ると浣腸器のノズルを先生のアヌスにあてがった。
 浣腸器を押すとヌプッと先生のアヌスに入っていった。そのまま、ズプズプと静かにノズルを挿入して行き、全部入っていった。 俺は先生の様子を伺いながら、浣腸器をギュウウッと握り潰していった。 先生はううむmmmと呻いたがまだ失神していた。
俺は続いて二本目をヌプッと挿入した。また、ううむmmmと呻いた。
俺は浣腸器をギュウウッと握り潰した。二本目を抜くとき薬液がちょっと漏れてきた。俺はあわてて、蓋をしなきゃ、と思い立った。俺は今抜き取った浣腸器の握り潰した玉の方を先生のアヌスに押し込んだ。ニュルっと入っていった。俺は、ノズルをティッシュで拭き取り、口に加えて思いっきり息を吹き込んだ。ノズルはちょっと苦い味がしたが、汚いとは不思議と思わなかった。先生のアヌスの内側で150cc(普通のイチジク浣腸三個分)のバルーンが膨らんでしまった。
 これは先生も中々ヒリダせないだろう。絶好の蓋になった。浣腸器のノズルがしっぽのように先生のアヌスから生えていた。ちょっとおかしかった。
ノズルに蓋をして完成だ。
 ううむむむmmm、、
この光景に俺は凄く興奮した。
 俺の完全剥けチンはいきり立ってきた
まだ、呻いているだけで意識がもうろうとしている陽子先生の腰を抱えて狙いを定めると、はじめ、鬼頭の部分だけ、ヌルッと挿入させた。
 ああんんん、、
意識のない四つん這いの女を犯すのは、本当に興奮する。
 俺は猛りたった、逸物を一旦抜くと、もう一度陽子先生の尻のレオタードを大きくめくった。先生の真っ白な豊かな尻がほとんどあらわになった。
 その中心にはニョキっと尻尾が生えている。アヌスから浣腸器のノズルが出ているのだ。その下には無毛の深い亀裂が見えている。
 その亀裂から、つーっと愛液が垂れた。俺は最高に興奮した。
 もう一度深く陽子先生の真っ白な尻を抱え込むと、俺の猛りたった逸物を
まmこの亀裂に宛がい、グサッと突き刺した。ヌルッ、ズボズボズボッと一気に根本まで突き立てた。
 陽子先生は、、あんん、、うううんmm、、とまだ、意識がもうろうとしていたが、俺が、MAXでつきたてたのと、お腹がギュルギュルッと鳴り始めたのとで、次第に意識がハッキリしてきた。
 ううんッ、、あうッ、、あああッ、、あっぐううううッ、、ああッ、こうくん!!!、、な、、な、、に、、あああッ、、あっぐうううッ、、、いいいいいい、、ああッ、、ううううッ、、お、、な、、か、、が、、ううううッ
 で、、、出そううう、、、、うぐううううッ 、、あ、あ、あ、あ、、いい、、いい、、いいいのおおおお、、こ、こおくううううんんん、、ああッ、で、出るうううううッ、、ピシャッ、、ジュルッ、、あ、あ、あ、あ、、な、、な、、に、、か、、ん
、、ちょう、、し、、た、、の、、うううう、、ピシャッ、、ジュルッ、、あっぐううう、、、ああッ、、こ、こううくううううんん、、せ、せんせえええいいいいい、、、、く、くる、、しいいい、、、で、、出ちゃううのおおお、、ピシャッ、ジュルッ、、ジュルッ、、な、なに、、これ、、出ないいいい、、、ああッ、、あううううッ
いいいい、、、いっくううう、、、
凄い締め付けだった。浣腸のこの締め付けは最高に凄い!!陽子先生のアヌスからは、薬液がピシャッ、、ジュルッと少し漏れるだけで、ガッチリ蓋がはまってた。 俺は猛り狂ったように、ドカッドカッドカッドカッと打ち込んだ。陽子先生、陽子先生、陽子先生、陽子先生、ようこせんせええいいいい、、、ドクッ、ドクッ、ドクッ、射精が始まった。 もう、精液はほとんどないようだった。だけど、痺れるような快感で目の前が真っ白になってしまった。
 とうとう、陽子先生に浣腸セックスをしたんだあ!!!と心の中で叫んだ。
 俺は射精が終わるまで、深々と逸物を打ち込み続けた。
 ああああ、、こ、こうくうううううんん、、陽子先生(姉)も逝った。

婚外種付け

彼とのW不倫は1年以上続いている。
もはやレスの旦那ではなく彼色に染められてしまった。
「M代 いきそう 中に出す」
女陰深く男根を突き刺し激しく腰を打ちつけながらいつものように囁き足を大きく曲げ広げ男根すべてを受け入れ易くすると彼の腰の動きが速くなった。
「M代 いくっ」  「イクッ」としがみつくと
「うっ」 男根が私の中でドックンドックンドクッドクッと脈動を始めた。
「アッ~ イクッ」 同時に私も子宮に精液を浴びせかけられるエクスタシーを味わってしまった。
彼は逢瀬でいつもタップリと私の中に精液を注ぎこんでくれた。
「家族がいないから今度、自宅に来ないか」と誘われた。
近所の目や知人もいるし奥さんも子供たちも知っているのに来るように言われた。
ちょうど危険日にさしかかる時である。彼とはいつもゴムなしセックスである。

部屋入口は隣の棟から見えるので日傘を差しながら鍵の開いたドアを開け部屋に入るとコーヒードリップの匂いがしていた。
「今コーヒー煎れてるからソファに座って」とラフな服装で彼は出迎えキッチンに向った。部屋の中を見舞わすと大規模団地なので造りは良く似ている。
「M代 逢いたかったよ」 「うれしい」と彼の胸に飛び込んだ。
コーヒーを飲みながら世間話をしても昼下がりの明るい彼の部屋でのW不倫セックスへの期待の中少し落ち着かない気持ちで部屋の中を見せてくれた。
リビング、子供部屋、トイレ、浴室そして「ここが寝室だよ」
和室には布団がすでに敷かれていた。
「今日はたっぷり楽しもう」
リビングに戻ると彼に抱き寄せられキスされた。
ソファの前で立ったまま私のスカート、下着を剥ぎ取るとソファに浅く座らせた私の腰を引き寄せながら両足を大きく持ち上げ広げた。
「あっ だめっ」
音を立てながら彼のクニリングスが始まった。気持ちよさについ艶声を出してしまった。
女陰を舐め回し淫核に吸い付いてくれるあまりの気持ちよさに腰を浮かせ
「もうっ イイッ すっすごいっ おかしくなっちゃう」
でも彼はゆったりたっぷりと女陰を舐め吸い続けてくれた。
「M代 フェラして」
いつの間にか彼は下半身の服を脱ぎ捨てていた。
反り返る男根を突き出しソファに浅く座り足を広げた彼の前に膝間つくとゆっくりとフェラを始めた。
「おおっ M代 気持ちいい」
この男根は旦那より太く硬い。私にピッタリ。
口唇を大きく開けお返しに男根を美味しく咥え込み舐め味わった。
「今日は 少し危ないの」 「ああっ わかった」
激しく吸引フェラをすると
「M代 おいで」 彼が上に来るように誘ってきた。
彼に跨り反り返る男根を女陰にあてがいゆっくりと腰を沈めた。
メリッメリッと女陰を押し広げながら私の中に太い男根が入ってくる。
「アウッ アッ アウッ」 つい艶声が出てしまいすべてを咥え込むと「きっ きついわ」と囁いてしまう。
「M代 締りがいい」と彼は喜びの声をあげる。
太い男根を味わうべく腰を上下に動かしていると濡れ始めこの太さに慣れてくる。
そして彼は腰に手を当てながら下から突き上げてくれる。
私は腰を押付け前後に動かす。
「イッイイッ アウッ アッアアッ イクッ」
騎上位で彼にしがみつきながら腰を動かし軽くエクスタシーを味わう。
ソファの上で体を入れ替え横に寝かされると彼は私の両足を思いっきり開かせ上から女陰を串刺しするように突き始める。
「アッ アウッ ウウッ」
大きな艶声を出しながら彼にしがみついているのが精一杯で頭の中が快感で朦朧としてくる。
覆い被さってきた彼が耳元で
「M代 気持ちいい」 「イイッ 私も イクッ」
太い男根をズンッズンッと押し込み続けながら
「M代 いきそう 中に出す」といつもの合言葉を囁き始めた。
「ダメッ 外で 外に出して」
激しい腰の動きの中私の声など聞こえないように太い男根を私の女陰深く激しく突き続け一段と激しくズンッと奥深く突き刺すと
「M代 いくっ」
彼の腰の動きが止まり
「あっああっ ダメッ 中は ダメッ 外にっ」
「うっ」 女陰深く突き刺さっていた太い男根を引き抜きドックンドックンッドクッドクッとお腹の上で脈動を始めた。
「あっ イクッ」 
私も同時に迎えたエクスタシーの中彼の腰にしがみついてしまった。
彼の太い男根と浴びせかけられた温かな精液をお腹の上に感じながら大きく足を曲げ広げたまま彼にしがみつた。
「気持ちよすぎて 中に出したかったよ」 「ごめんね」
「M代もしがみついてくるから」 「中だと今度こそできちゃうわ」
彼からティッシュを受け取り浴びせかけられた精液を拭きながらシャワーを使った。

リビングに戻ると彼はソファに横になっていた。
「お疲れのようね」 「もっとM代を楽しみたいからさ 寝室に行こう」
「奥さんとここでセックスしてるのね」
「最近はレスだよ」
「中に出したら きっとできちゃうわ」
布団に仰向けの彼の股間に手を伸ばし男根を弄んだ。
「M代 硬くして」
弄んでいるうちに硬くなってきた男根を咥え舐めフェラを始めた。
男根はみるみる硬く大きくなってきた。
「ウグッ 美味しい これが一番よ」
「M代のフェラ 気持ちいいよ M代 おいで」
彼の顔の上で足を広げ舐め合い吸い合う69をたっぷりとゆったり楽しんだ。
「そんなにしたら すっごい いっちゃうわ」
69ではこの頃私は負けてばかりで艶声を我慢できず先にいってしまう。
「イッ イイッ おかしくなっちゃう」と艶声を出しながら太く硬い男根を咥え舐め続けた。
仰向けにされ両足を大きく開くと彼は男根を女陰にあてがい
「M代 入れるよ」 「もうっ 入れてっ」
一気に彼は男根すべてを私の女陰奥深く突き刺してくれる。
「アッ アアッ アウッ」
そして男根を浅く引き抜きまた勢いよく突き刺してくれる。
「アウッ イッ いくっ」
彼の男根色・中だしに染められ今では激しく挿入されると同時にいってしまう。
「こんな体にしたのは あなたよ」
「M代が一番さ」
エクスタシーを味わう中彼は女陰の中で暴れ回ってくれる。
バックで彼が押し入ってきた。
寝室にはバンッバンッと肉のぶつかる音と私の大きな艶声が響き渡っていた。
「アウッ すっすごいっ もう またイクッ」
騎上位、側位と体位を変えながら彼は2度目の余裕の中激しく私を責めてくれる。
屈曲位になると更に激しく腰を打ち付けながら
「M代 気持ちいい いきそう」と合言葉を囁く。
「きてっ」 「M代 イクッ どこに出す」
「ダメッ 中に 中に頂戴」 つい危険日なのに口走ってしまった。
「M代 イクッ 中に出すぞ」
ドックンドックンドクッドクッドックン私の女陰奥深く挿入したまま男根が脈動を始めた。
「アッ アアッ アッ アアッ イクッ」
男根の脈動に合わせ大きな艶声を出しながら彼にしがみついてしまった。
「中に出してしまったわね」
「M代が中でと言うから 気持ちよかったよ」
「でも中に欲しかったの」
「M代 だいじょうぶかな」
激しいセックスを物語るように布団が動いていた。
「生理が来るといいけど 分からないわ」
「連絡待ってるよ」
禁断の危険日中だし快楽を味わった気だるさの中彼の部屋を後にした。

「生理が遅れてるの」
「そうか できたかもな」
「あなたの子よ」と連絡した。
いつものラブホで激しく太い男根を生で女陰深く受け入れ彼の温かな精液をたっぷりと子宮で受けとめた。
「病院に行って来たわ 2ヶ月ですって」
「旦那さんの子ではないんだろう」
「あなたの子よ 産みたいけど産めないわよね」
「そうだな 無理だよ」
彼の男根をフェラし激しく騎上位で彼を味わい屈曲位で子宮に浴びせかけられる快楽をたっぷりと味わった。
「分かった 近いうちに病院に行くわ」

私は堕胎しこのW不倫に決別した。
旦那から彼に乗り換えようとしたが彼の奥さんが気付いた。
同時に旦那も薄々気付いたからである。

姉のセックスを見た。

今から10年以上前、私が小4の時、姉のsexを見たときの話です。
むしろ姉の「好意(笑)」で見させてもらったのですが。

私には2つ上の姉がいます。

スタイル抜群かつかわいくて、私とは風呂もずっと一緒に入ったりして裸も見ていたので知っているのですが、小4ぐらいから巨乳化し始め、下の毛も小5ぐらいには生えそろっていたのを覚えています。
また運動神経も抜群で、私と一緒の水泳クラブに所属していたのですが全国レベルの選手であこがれの姉でした。背丈も高かったので見た目は高校生と見間違えるぐらいでした。

ただ身体だけでなく「性」の方も早熟でやんちゃな人でした。
小6の時に既に同じ水泳クラブにいた同い年の人(T)と付き合っていました。
その彼氏も全国レベルの選手で私もよく知っていた人なのですが、これまた体つきだけ見れば中学生か高校生にしか見えない人でした。小6で既に170センチ近くあったぐらいで、しかも巨根というおまけつきです。
当時は競パン全盛の頃でしたが、小学生とは思えないもっこり具合で私はいつも羨望の目で見ていました。

その姉ですが、付き合ってすぐ彼氏の家で初体験を済ませたようで以後しょっちゅうやっていたようです。姉の机の中にコンドームがあるのも知っていました。とにかくsexばっかしていたようで、反比例する形で二人とも水泳の成績は伸び悩んでいたようです。またことあるごとに「Tと結婚する」と言ってました。

ある時Tがうちに遊びにきました。うちは親が基本日中家にはいません。

当然sexしにきたんだろうと思い、私は出て行こうかと思ったのですが、姉から、「あんたも私たちがやってるとこ見る?」と言われました。
「いずれあんたも中学生とかになって彼氏出来たら経験するんだし、見ておけば。たぶん勉強になるから」と言ってきたので流れで見ることにしました。「一応親には内緒ね」と釘を刺されましたが、姉曰く「誰かにsexしてるとこ見られてみたいんだよね、だからあんた見てて」ということでした。

そうこうしているうちに二人はさっと裸になってベットインです。
まずTくんのフル勃起したチンポにびっくりしました。同級生の男の子2倍以上の長さと太さはありそうで「すげえ」って思いました。

まず姉が丹念にフェラしてまずは口内に発射。姉は全部飲みこんでました。
その後いよいよ本番です。するとTが「生で入れていい?」と言ったところ姉が「OK。中出しして」ということで、生で姉の膣にTの巨根が入りました。私はその様子を食い入るように見てました。
そして10分ほど攻めた後フィニッシュ。姉は精子を全部受け止めました。

二人は中出し自体初めてだったようですが、姉はうれしそうな顔をしていました。
姉のマンコからは精子がドロドロとしたたり落ちていましたがとにかく幸せそうな顔をしていました。

私のアソコがキュンとなって濡れてしまったことを覚えています。

 私の家は狭いので、夜は離れの一部屋に中二の2つ下の弟と二人で小さい時から隣に布団をひいて寝ていました。

 この間の夜、夜中に何か私のパジャマの胸の上でモゾモゾ動いているので目が覚めちゃった。
 暗いのでなんだかよくわかんなかったけど、弟がいつの間にか私のフトンに入ってきて、両手で私の大きな胸(Fカップ)を揉んでいたの。私は眠かったので知らん振りしてまた目をつむってしまった。

  しばらくすると、今度は私の下半身を触ってきて、ついにパンティの中に手を入れてきて、おまんこをなで始めた。
 私はがまんしていると、やがて弟の指がおまんこの中に入ってきた。

  弟は私が寝ていると思って、だんだん指の動きを早くして、奥の方まで指を入れてきた。
 私は気持よくて思わず「あぁぁーん」と声を出してしまった。
 すると弟が小さい声で「姉ちゃん、してもいいかい?」って聞くので、「何したいの?」って聞くと、「俺、まだHした事ねんだ、いいかい?」って言うので、私は小さい声で「いいよー!!!!」っていって、パジャマの下とパンティを脱いであげた。

  弟に「あんたもパンツ脱ぎなよ」って言ってパンツを脱がせると、もう大きく硬くなった弟のチンチンを口でなめてやった。
 弟は「うー、気持イー!!」って言って、「まだだめだよ」って言ったのに、ドピュドピュって私の口の中に発射しちゃった。でも弟のチンチンは固いままで、私が精液をティッシュに吐き出した後、私のすっかり濡れたおまんこのところに弟のチンチンを当ててあげた。

  「姉ちゃん、ホンとにいいの?」ってゆーので、「いいよー、だってしたいんでしょ。」ってゆったら、弟が私の上にまたがり、チンチンを私のおまんこに入れてきた。私もすっかり弟にいじられて感じちゃったし、私も中二で先輩とやって以来だったからしたかった。
 
 弟は私の上で重なったまま動かないので、私が「あんた、ピストンするのよー。」ってゆったら、弟が激しく上下に腰を動かし「うー、うんん」ってうなるので、「あんた、まだいったらダメだよ、まだ私いかないんだから。」って言ったけど、弟は動きが急に激しくなって、やがて「うーーーー」ってうなって、チンチンがびくびくっと動いたかと思うとあふれるほどの精液を、わたしのおまんこに中だししてしまった。

  「あらー、中に出しちゃったのー。だめよ。」っ言うと、弟は「ごめん、止まらなかったんだー。もう1回したい。」って言うので、「しょうがないわねー、じゃー今度はバックからしてよ。」って言って、私は四つんばいになったら弟が、バックからチンチンを入れてきた。

 腰を前後に動かすたびに「グチュ、グチュ、パンパン」といういやらしい音がひびいた。
 すっかり私も気持イーので「あぁぁー、いぃぃぃー。」っつて叫んでしまった。

 弟も「姉ちゃん、気持いいよーー。」っつて言って、腰の動きが早くなり私も気持よくって、お尻を前後に激しく動かした。
 弟は私のオッパイを後ろから獣のようにつかんで思い切りおまんこの中まで、突っ込んでくるとまたドクドクっつてー大量の精液をまた、私のおまんこの中に出してしまった。

 私も気持よくって「あぁぁー、いくーーー」って言って、何度もいってしまった。その日は弟は私の中に5回も出しちゃった。

  その後、疲れて弟とすっ裸のまま抱き合って朝まで眠ってしまった。起きたら弟が朝立ちしてたので、私が騎乗位でやると、目を覚ました弟は「あー、気持ちいいーーーー。」とまた私のオマンコに中出ししちゃった。

 それからは、弟とHをするのが日課になってしまった。もち、危険日は避けるけど、安全日はいつも中だししてもらうの。
 だって生のほうがかんじちゃんだもん。私の中にドピュドピュって出す感じがたまらない。弟は私とやりたいからいいなりです。

 あー今夜も楽しみー!!。
 今度はどんな格好でやってもらおうかなーなんて考えると授業中も先生の話なんか上の空。私っていけない子なのかなー。

酔うと抱かれる妻

私の妻は、直ぐに抱けます。
妻は酒好きで、飲みに誘わると直ぐにホイホイ付いて行きます。
私自身、妻を酒の席でGETしたくらいです。
酔うと妻は無防備になると言うか?股が緩くなりパンチラ全開。
男達には格好の獲物になるんです。
もう何人の男を咥え込んだ事か!正直分かりません。
飲んだ帰りは、衣服に精液を掛けられたり、ノーパン・ノーブラ姿で、下着を持ち帰りされている事も。
その後に妻のマンコを見ると無残で、精液がダラダラ溢れているんです。

知らない男の子供が出来ないか心配ですが、妻からお酒を取るのも可愛そうで出来ません。

もちろん、抱かれた事など記憶に無く、呆気らか~ンとしている妻です。
一番悲しかったのは、妻が深夜に帰宅して玄関に寝込んだんですが、体中縛られ肉がボンレスハムの
様になっていました。マンコとアナルにバイブを入れられ、テープで固定された状態でウィ~ンウィ~ンと
唸っていたんです。そんな事をされたのに、翌朝には妻は何も覚えていない様で、お尻が痛いって
押えていたんです。
今度ビデオで撮影し見せてあげようか?悩んでいます。

双子のように育った幼馴染と

俺とNは幼馴染で生まれたのも五日違いで家も隣だった。
そのため昔から仲が良く一緒に遊んだり家族ぐるみで旅行や海水浴によく行っていた。
小さい時はよく一緒にお風呂やお泊りをやっていた。

俺たちが小6の時に学校から帰り家で寛いでるとNがもじもじして様子が変だった。
とりあえず家に入れリビングに通した。
俺もNも両親共働きで夕方まで帰ってこない。
Nは「あ、あの~」
「何か用事でもあった?」
Nはうつむいて黙ったままだった
明らかに様子がおかしかった
「落ち着いたらいつでも言っていいよ」
俺はそう言った。
「あのね・・・私とセ、セックスしてほしいの」
「は?いきなりどうしたの?」
「私 M(俺)のことが好きだったのお願い」
「無理無理無理無理無理無理無理」首を振りながら言った。
「私本気だよ」
と言いNは着てる服を脱ぎ可愛いブラが現れた
「ちょ、ちょっとなにしてるの」
「私は本気で言ってるのお願いだよ」
と頼みこまれた。
俺は仕方なく「良いんだね」と聞くと
Nは頷いた。
俺はNのブラをずらし両手でNの胸をもんだ。
Nは胸が結構あった。
Nに「気持ちいい?」
と聞くと頷いてくれた
俺は揉みながらNの口にキスをした
Nもそれにこたえて舌を絡ませてきた。
俺はNの胸を舐めたりもした。
Nの体を起させ俺はアソコを出した。
Nはそれを嬉しそうに口に含んだ。
今度はNが「気持ちいい?」と聞いてきた。
「あぁ気持ちいいよ」
「あ~~~イク~~」と言いながらNの口に出した。
それをNは全部飲んでくれた。
「以外に精液って苦いね」と顔をしかめていた
「次はこっちだよ」と自分でズボンとパンツを脱いだ。
俺はNのアソコに顔をうずめて舐め回した。
「じゃあそろそろ入れるね」と言い入れた。
「痛かったら言ってね」と言い腰を動かした。
Nは驚くほど積極的で「もっと早く~」と言ってきた。
俺はそれに答えスピードを上げた。
俺はもう出そうになり「流石に中出しはまずいよね?」と聞くと
「別に良いよMなら中に出して」とNが言った。
俺はまずいと思いながらもNの中に出した。
「はぁ~~いっぱい出たね」と笑っていた。
夕方になりNは帰って行った。
それからと言うもの両親の目を盗んではためにNとやる日々が続きました。
それがきっかけで俺はNと結婚して今楽しく暮らしています。

妻の不倫告白第9章!

第9章.妻は結局…

私「朝まで何回も中出しされたんだ?」

妻「うん・何回も…10回位中出し…された…」

私「妊娠大丈夫?病院…行ったの」

妻「まだ…行ってない…多分大丈夫だと思う…」

私「そんなの分らないよ?また加藤に抱かれたい?正直に言って欲しい」

妻「うん…抱かれたい…忘れられない…初めての男だったし…付き合ってた頃…タケシね…バックでね…ワタシの腰を掴んで肉棒を腹の中まで…膣肉も子宮頸部も全部ね…穴の奥の奥くまで押し込んで来るの…

そして行き止まりに閊っえても…そのまま容赦無く肉棒をすりこぎの様に捏ね繰り回すの…朝まで何度も長い時間かけて…何度も何度も中出ししてワタシの胎内を精子まみれにしながらね…

タケシが「他の男と浮気出来ない様に…友子の未開発マンコ…俺の形をしっかり刻み付けてやるからな…って言うの…」

色々な角度で奥まで何回も突かれるとね…その度に膣口も膣道も子宮全部の筋肉もグイグイって伸ばされて…拡げられてミリミリって悲鳴を上げるの…

ワタシのアソコがタケシのオチンチンで解されて引き延ばされて…本当に形が変わっていくのが自分でも分かるの…

アソコをね…伸ばされながら…タケシに「以外の男と浮気SEX出来ない体にしてやるとか…もうガッバ・ガバのマンコに成ったって言われて」肉棒と精子を使ってワタシのアソコを開発しながら心も洗脳するのよ…今思えばそれがタケシ成りの愛情表現だったのかもって思うの…一生懸命気持ちイイ所探してくれたりして…」

嬉しかったの…ワタシね…タケシがしたいなら…何でもさせて上げようと思ったの…子宮も壊されて…膣内のお肉…擦り切れるまで…してても良いって…」

妻が私の陰茎を握り締めながら…淡々として話してくれます私はもう爆発寸前です…カウパー汁が妻の手に垂れて…

妻 「あの…慰安旅行の時も1年振りにタケシにオチンチン見たとたんに欲しく成っちゃって…貴方に悪いと思いながらも挿れられて…1年経って膣のサイズが変った?って言われて…

旦那のサイズが小さいから締まり良く成ったって…言われて…貴方の事バカにされたみたいでみじめなのに…気持ちよすぎて…腰も抜けそうに成っちゃってて…タケシに抜いて下さい…もう止めて下さいって…ハッキリ言えないの…」

私「う・・・・・・・・・・・・・」

妻「もうワタシは結婚してる…愛するマサ君が居る…それなのに…それなのにね…1年振りにタケシの大きい生オチンチン挿れられて自分の体が溶けちゃって…どんどん…どんどん気持ち良くなって来ちゃうの…お汁も溢れて来ちゃうの…」

私「う・・・・・・・・・・・・・」

妻「タケシに体の事…全部知ってるって言われたの…この人は…ワタシの体の隅々まで…マサ君でも知らない…内臓の形まで全部知ってるって思った時ね…

私「其の時…友子は…どう思ったの?いや…体はどう成ったの?」

妻「其の時はもう気持ちより…体が…うん…子宮がキュンって成ったの…子宮が勝手に彼の陰茎にずっとキスされてたいって彼自身を咥え込んでしまったの…それからワタシ…彼に対して…やめないでって…もっと…もっと…キスして欲しいって…突いて欲しいって声が自然に出てしまったの…」

私「子宮にキスって…生でしょ?妊娠心配しなったの・・・・・・・・・」

妻「ごめんなさい…だって…タケシと付き合ってた4年間…毎日のように…愛されて…嵌められて…胎内に形と心に快感をしっかりと刻み込まれてたの…体が…子宮が…しっかりと…覚えてたの…

子宮がね…心に言って来たの…やっぱり彼からは…離れられ無い…このオチンチン忘れられ無いって…赤ちゃん作るトコ…ずっと…ずっとタケシの物で強くキスされていたいって…」

私「う・・・・・・・・・・・・・」
私「…友子はアソコの形…彼のペニスのサイズに戻されても良いとおもったの?正直に話して…」

妻「思ったの…子宮もだけど…正直心もそう思ったの…彼のペニスに無茶苦茶にされたいって…

私「う・・・・・・・・・・・・・・」

昔みたいに乱暴にされたいアソコを引き伸ばされたいガバガバに戻されて…子宮ごと壊されても良いって又…熱い精液子宮に注ぎ込まれたいって…又種付けされて彼の赤ちゃんなら子宮に宿しても良いって…」

私「…もしかして自分から中出しして欲しいって言った?」

妻「ごめんなさい…でも本当に愛してるのは…貴方だけなの…これは本当よ…」

私「うん・解った…それは…信じてる…」

妻「如何する?こんな汚れた女…離婚したい?」

私「僕は…友子の事すごく愛してる」

妻「うん嬉しい…貴方挿れて」

妻がアソコのビラビラを自ら拡げ求めて来ました私も出来るだけ妻の奥まで挿入して妻の子宮口に亀頭を擦りつけました…

妻「あん・貴方の何時もより大きい?気持ちい良いのーイイとこ当たってる~」

妻の告白に興奮して少しだけですが陰茎が何時もより大きく膨張しています…

 妻「当たってるよ~今日のマサ君のオチンチン何時と違う?おっきい…もっと奥まで突いて突いて…」

私「そうだお前は俺だけの物なんだ…もう…誰にも抱かせない」と何度も子宮口を突きながら…

 私「友子…愛してる…愛してる」と少し伸びた妻の膣奥で射精しました。

妻も満足したようでもう加藤とはSEXしないと約束してくれました現在妻とは仲良くしていますA子さんとDVDの事は妻には言わないでおこうと思います。

妻の寝取られの話で何時もより興奮して自分のチンポが何時もより大きく成ったのが幸いしました…でも多分妻は加藤と現在もSEXしてると思います。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード