萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

見られた

お風呂で見たかわいいワレメちゃん!!第二部

 そうしてまりちゃん達と知り合ってから一週間もしないうちに、爺さんから次の温泉お誘いの連絡が携帯に来た。まりちゃんが俺と温泉に行きたいとせがんでいるらしい(ありがたや。車に乗れるからという理由も入っているかもしれないけど、まぁいいのだ)。待ち合わせをして車で二人を拾って温泉へ。そして半日を温泉で一緒に過ごして、また車で送り返して。そんな休みごとの温泉ドライブの日々が何回か続いたある日のこと。いつものように爺さんから携帯に電話が。ディスプレイには「まりちゃん&爺さん」と登録の表示。「来た来た」と電話に出ると「もしもしー、おにーちゃんですかー?」一瞬誰かと思ったらまりちゃんの声。ちょっと戸惑って「あ、まりちゃん?」すぐに爺さんの声に変わって「こんにちは。すみませんねぇ。どうしても自分で掛けたいって言って聞かなくて」爺さんが電話の向こうで言うには、またいつものように三人で温泉に行こうという話をまりちゃんとしていた時に、急に爺さんに用事が入ったとのことで、まりちゃんがぐずったらしい。それで申し訳ないけど俺とまりちゃんとで温泉に連れて行ってやってくれないかとの話。電話の第一声がまりちゃんのだったのはそういう理由かとすぐに納得。「構わないですよ。じゃあ・・・」と待ち合わせの詳細を打ち合わせした。通話終了後、思わず「やった(笑)」と小さくガッツポーズ。この願ってもない状況に、これはこれでよかったんだけど、それなりにアクシデントなイベント(?)もあったわけで。
 当日、いつものように待ち合わせ場所の門の前に車が近づくと、リュックをしょったまりちゃんが「おにーちゃーん、おにーちゃーん」と両手をバンザイしてぴょんぴょん飛び跳ねている。その様子がいつにもましてたまらなく可愛い。その横にはちょっと正装っぽい爺さん。「おはようございます」「すみませんねぇ本当に」「おにーちゃん、おはよー」事情は事前に電話で聞いていたので、簡単に挨拶を済ませて二人をすぐに車に乗せて出発。爺さんの用事の都合でいつもより早く集合して、爺さんを駅まで送ってから温泉という算段。地元の駅で爺さんを降ろして後姿を見送り、ようやくまりちゃんと二人っきりのドライブ。まりちゃんは助手席で「えへへっ、えへへっ」と両足じたばたモードですごく嬉しそう。そして、これからのことを考えると俺も嬉しい(笑)。信号待ちの間に、改めて助手席のまりちゃんを観察。まりちゃんは一緒に温泉に行く時の着替えの入ったいつものリュック、スモックドレスタイプのワンピーススカートという格好。パンツルックだったことは一度もなくて、幼児服の短いスカートから伸びている両足が本当に可愛い。そしてスカートからは幼児スリップのレースがチラチラ。この服と下着の組み合わせは爺さんの趣味なのか、まりちゃんのお母さんがそうさせているのか(たぶん爺さんだろうな)。まりちゃんはいつも屈託なくいろんなポーズでスカートの下のレースを露わにしてくれる。おかけですっかり幼児下着レースフェチになってしまった(笑)。助手席で足じたばたのその時も、当然スリップをしっかり観察。まりちゃんはただスカートを二枚履いているくらいにしか思ってないんだろうな。今回の温泉までは車で20分くらい。その間、まりちゃんは二日も前の日から温泉行きの用意をしていたことや、幼稚園でのことをいろいろと話してくれる。いい加減な返事にならないように俺もたまに聞き返したりして、退屈する間もなくすぐに温泉に到着した。
 駐車場に車を止めると、まりちゃんのはしゃぎようが最高潮。「お・ん・せん♪お・ん・せん♪と座席に座ったまま飛び跳ねる。そんなまりちゃんを眺めながら、車を降りて助手席にまわり、シートベルトを外してあげる。そして片膝をついて「はい、どうぞお姫様」とまりちゃんの手をとって車から降ろしてあげる。これがいつの間にか出来た。まりちゃんを車から降ろす時の儀式。これをしてあげると、まりちゃんはとても嬉しそうに「えへっ」と笑う。その笑顔が見たくて、俺もつい毎回この儀式をやってしまう。その時に、まりちゃんのスカートの中を覗き込むのを忘れてないんだけど(笑)。まりちゃんが「んしょっ」と降りる瞬間にいつも片膝を立てるんで、そのタイミングを見計らってスカートの中を観察。今日のまりちゃんのパンツは、レースのフチどり無しの白いブルマーパンツ。シンプルなかわりに濃いピンクのリボンが付いているのを発見して、至福の一瞬。真っ平らな股間とパンツとの隙間をきゅっと押さえつけてみたくなるのを我慢。いつか顔をうずめる野望を誓う(笑)。まりちゃんの手を引いて、建物の入り口へ。
 「いらっしゃいませ」と仲居さんみたいな人が迎えてくれる。とうとう、この時が来たなぁとしみじみこれまでのことを思い出す。最初にまりちゃん達と出会った時は爺さんの具合が悪かったおかげであんな体験出来たけど、二回目以降は至って普通の幼女混浴。爺さんもぴんぴんしているし、隙を見てまりちゃんのワレメを覗き見るくらいがせいぜい。いつもだと、爺さんがまりちゃんの手を引いて(たまに俺も手をつなぐ)脱衣所に連れて行き、俺は側でもっさりと服を脱ぐ。爺さんはいつも自分が服を先に脱いでから、まりちゃんの服を脱がせる。俺は自分一人の作業だから、二人に合わせてゆっくりでないと側でまりちゃんの脱衣シーンを観察できない(笑)。爺さんはいつも、まりちゃんをまず靴下から脱がせていく。それからスリップとワンピーススカートを一気に持ち上げて、まとめて脱がせてから服とスリップをほどくように分けてロッカーにしまうからもったいない(笑)。まりちゃんはその間パンツ一枚状態で、じっと爺さんの横に立っている。そしてメインイベント(笑)。爺さんは必ずまりちゃんの真正面にしゃがみこむ。この時、爺さんはちょっと周囲を気にする素振りをするんで、俺もその時は自然に振る舞って素知らぬ振りをしている。なにしろ、爺さんの前では俺はロリエロなんて興味ないことになっているんだから。そして爺さんはまりちゃんのパンツをじっと見つめて、腰の両横に手を掛けて、水平にゆっくりとパンツを下ろしていく。俺は知らん振りしながら、爺さんの斜め後ろからまりちゃんを観察。だんだんと露わになっていくおへその下は綺麗な肌で、やがてぷくんとした平らな股間が丸見えになる。いつも爺さんに遠慮した角度なんで、この時にワレメをはっきり見たことはそんなにない。それを今回、爺さんの代わりに俺が出来るんだ。そんなことを考えながら、まりちゃんの手を引いて脱衣場に向かった。
 板張りの脱衣所に着いて改めて周りを見回すと、誰もいない。そういえば開店直後。爺さんの予定に合わせて早く出たのが効を奏したとなれば、まりちゃんのワレメを独り占め!ロッカーの扉を開けながら、もう一度周囲を見回す。まず自分が上半身裸になり、脱いだ服をロッカーへ。そして、まりちゃんの後ろにしゃがみこむと「さ、温泉入ろうねー」と背中のリュックを下ろしてあげる。まりちゃんの隣でぱっぱっと自分の服を脱いでトランクス一枚に。そして正面に回りこむと「さ、まりちゃんもお洋服脱いじゃおうね」「ウン」といよいよ、まりちゃんの服に手をかけた。ワンピースの胸ボタンを一つ一つ外していくその手元を、まりちゃんがじっと見つめている。ボタンを外していくごとにスリップの上半身のレースが見えてくる。2番目のボタンを外した時、胸元にリボンが見えた。パンツと同じ色の濃いピンクは、まりちゃんのお母さんのコーディネートかなと思いを巡らせながら、上半身のボタンをすっかり外すと「はい、ばんざーい」「ばんざーい!」と上げた両腕からワンピースを上に抜き取る。その瞬間、持ち上がったスカートの下からスリップのレースの裾が丸見えになる。スカート部分の布地の光沢をしっかり観察しながら、服を首の辺りまで持ち上げると、まりちゃんは胸元まで下着姿に。その胸元はぺたんとして・・・なかった。胸のふくらみ自体はほとんど無いに等しいんだけど、なんとなくの曲線とぽちっとした突起が布地の下に埋もれているのを発見。そういえば朝一番なんだし、服を脱いだ直後だから、その温度差で反応したのかなと瞬間的に考えを巡らせる。(たぶん)気温のせいとはいえ、まりちゃんの乳首もちゃんと立つんだ・・・となぜか嬉しくなった。その両胸の突起をつまみ上げたい、布地の上から口に含んで吸い上げたい・・・なんて思いながら、あんまり妄想しているとまりちゃんに不自然がられるかもしれないので、さっと残りの服を首から抜き取る。そしてまりちゃんは靴下とスリップ姿の白一色に。大興奮な俺は衝動を押さえられず、両膝立ちで正面からまりちゃんをぎゅっと抱きしめてしまった。こんなシチュエーションで。直後に『しまった。やっちゃった!』とまりちゃんの顔を見ようとして抱きしめた体を離そうとすると、体が離れない・・・。まりちゃんの顔が俺の左肩の上に乗っかって、その両腕が俺の首に巻きついていた。この時の気持ちは至福という甘露というか、とても言葉では表せなくて涙が出そうになった。ようやく体を離して、改めてまりちゃんのスリップ姿を観察。少しかがめばパンツが見えそうなくらいの丈の裾から、ほっそりとした小さな足が伸びている。純白純情無垢そのもので、幼稚園児でも女の子の魅力がたっぷり。あまりじっくり眺めていたものだから、まりちゃんが両腕を後ろに組んで「ん?」と小首をかしげて俺を見つめ返す。その時の髪の斜め具合、スリップの裾のふわっとした揺れ具合に完全ノックアウト。あまりに可愛い姿に状況が許してくれるなら、本当にいつまでも眺めていたかった。そしていよいよ下着を脱がせていく。
 まずはスリップから。靴下は最後(笑)。「じゃ、まりちゃんがスリップで、お兄ちゃんが下の方ね」と言葉は自然に役割決め。「パンツ脱がせてあげるね」と言うと、ストレートすぎて恥ずかしがるかもしれないからという俺の悪知恵のもとに言葉を選ぶ。返事を待たずさっさとスリップに手をかけ、同じように「ばんざーい」で上半身を抜き取る時に「はい、そのまま脱いじゃおうね」と手を離す。もちろん、まりちゃんがスリップの脱ぎ着の時に、もたつくことを知っての行動。案の定、まりちゃんは首からスリップを抜き取る時に「んー、んー」と悪戦苦闘。その首がスリップの中に潜ったのを見計らって、いよいよ観察と行動を開始した。おへそまで隠れている木綿のパンツの両横部分に親指をかけて、まりちゃんの下半身を抱き抱えるようにして両手の先をお尻の方に回し、きゅきゅっとしたパンツの布地の手触りをそっと楽しむ。そして指先をお尻の方から潜り込ませて、ふるるっとしたお尻の抵抗を感じながら、お尻のほうからそっとパンツを下ろし始めた。頭の上では、まりちゃんがまだ茶巾状態でスリップと格闘中。お尻をぷるっと剥き出しにした状態で手を止め、お尻の方を覗き込んでハミケツ線をしっかりと観察。まりちゃんの股間は申し訳程度にパンツに覆われていて、ワレメの上端が白い布地の上に覗いている。いよいよこの手でまりちゃんを全部脱がすんだという、感激に近い気持ちで心臓がバクバク鳴る。今まで散々まりちゃんのワレメを観察して、指を潜り込ませて、パンツをはかせて、パンツの上からまさぐってとしてきたけど、自分の手でパンツを脱がす行為は別次元の興奮。事前の計画(妄想)ではごちそうを前にゆっくりとじらして脱がすつもりだったんだけど、ワレメの上端が覗いているのを見た瞬間、理性が飛んで卵の殻をむくようにぺろんとパンツを下ろしてしまった。おへその下辺りからワレメの下端までまったく同じ色白の肌で、上空でまりちゃんが「んしょ、んしょ」とやる度に内股ぎみの両足の間で、ふにゅふにゅとワレメの両側が柔らかく形を変えてまた戻る。くっきりとした溝は上端から下端まで完全に正面を向いていて、ワレメの下は内股になっても、股間とももの間に隙間が出来ている。見ただけで解るその柔らかさは、豆腐をサランラップでくるんだような、なんて変な例えを思いつきながら、まりちゃんのスリップ脱ぎのタイムアウトを気にしつつ、我慢できずにワレメに指を伸ばした。脂肪分だけのそこを重力に逆らって人差し指でふにゅっと持ち上げると、今まで感じたことのない柔らかさにまた理性が爆発。ここで頭の上から「ぬいだー」とまりちゃんの声。助かったと思った。このまま、まりちゃんがスリップでもたついていたら、きっと生ワレメに指を突き立てるくらいのことをしていたはず。あとワレメ全体を口に含んで吸い付いたりとかも。惜しいと思いつつも、まりちゃんのタイミングに感謝。「ん、じゃあ下もぜんぶ脱いじゃおうね」と平静を装って、まりちゃんのパンツを一気に足元まで下げて、片方ずつ足を上げさせて脱がし、またまた靴下幼女の出来上がり。それも一瞬のことで、同じように靴下を脱がせて終了。生まれたままの姿なんてことを思いつつ、まりちゃんの服と下着をロッカーにしまい込んで、カギを手首につけて、まりちゃんの手を引いて「お・ん・せん♪お・ん・せん♪」と露天浴場の方に向かった。この辺までは本当に至福の時だった。
 まりちゃんの手を引いてのれんをくぐり、カラカラと扉を開けると、室内浴槽がいくつかあって、その向こうには山の中腹を見渡せる大展望。まだ早い時間で、朝の空気が残っているようなひんやり感。ちょっと寒いかな。まりちゃんも同じことを思ったのか、「お風呂入るー!」と近くの浴槽にたたたっと走っていって、両手でぱちゃぱちゃと体にお湯をかけ始めた。しばらく、まりちゃんのぱちゃぱちゃを見守ったあと「まりちゃん、先にさっと体洗ってあげるね。それからお湯に入ろうね」「ウン」と、浴槽の向こうにある洗い場にまりちゃんを「よいしょおっ」とだっこして運搬。まりちゃんは「わーいだっこ」と、きゃっきゃと喜んでくれる。自分の左胸にまりちゃんの頭を抱える向きで、左手の中指の先でさりげなくまりちゃんの乳首にタッチ。そしたら、先っぽがちょっと固くなってわずかに立っている感触を発見。早い時間の露天でちょっと寒いし、やっぱりちゃんとまりちゃんの体も反応しているんだと変な感じに嬉しくなった。つまんでほぐしたいのを我慢して、まりちゃんをそっと洗い場に下ろす。寒くないようにすぐにお湯を汲み、まりちゃんの体に前から後ろから三度ほどお湯をかけてあげる。その間、まりちゃんは嬉しそうに俺をじっと見つめている。前からかけたお湯は、最後の方になるとゆっくりと体の線をつたい、股間に向かって流れていき、そしてワレメの溝に入り込んだお湯はその縦溝にそってチョロチョロと落下していく。流れの勢いが弱まっていく最後の何秒間か、ワレメをつたって落ちていく水流が丁度いい感じにオシッコのように見えた。まりちゃんに立ってオシッコさせたら、これと同じ感じかなぁなんて考えながら、ワレメから内ももをつたって流れ落ちていくお湯を目で追っていた。
「さ、じゃあ軽く洗っちゃおっか」と据付のボディシャンプーを盛大に掌で泡立てて、まりちゃんの体にそれを塗っていく。この時、簡易洗いということでタオルを使わなかったんだけど、実際は掌でまりちゃんの柔らかな裸をまさぐろうという魂胆。爺さんがやっていたのを見ていたから、まりちゃんも嫌がらないだろうという悪だくみ。思ったとおり、まりちゃんは嫌がる様子もなく、じっと大人しく立ったまま。左足の先から両手で包むようにして泡を塗り、その手をワレメの下の辺りまですり上げていく。そして右足。同じように泡を塗りあげていき、いよいよ腰まわりへ。
 まりちゃんの視線を感じつつ、平静を装ってボディシャンプーを手に足し、両手を泡立てる。その手でさっきパンツを下ろしたときのように、まりちゃんを抱き抱えるような体勢で後ろ側に回し、掌でお尻をぷるんとつかむようにして撫でさすった。顔をあげて、まりちゃんの様子を伺うと「ん?」みたいな格好で首を傾けて、じっとこちらを見つめ返していて、ひとまず安心。そのままぷにゅぷにゅとお尻をもみ、お尻の割れ目をかき分けるようにして小さなすぼまりまで左手の指先を伸ばすと、爪で傷がつかないように指の腹でそこを軽くねじるように泡洗浄。指先全体がきゅっとお尻に挟まれる感触が解る。そして前のワレメ。左手をそのままお尻に残し、右手をまりちゃんの股間に差し込むようにねじ入れる。まりちゃんは足を軽く開いてくれて抵抗はまったくなし。掌でワレメ全体をすっぽりと覆ってふにゅっと握り、中指と人差し指を揃えてワレメのお肉を押し上げたあとは泡の残る中指をワレメにそって差し込んで往復。まりちゃんが「くすぐったいよぉ」と言うので、見上げるとまりちゃんが困ったような笑顔で、もじもじと体をくねらせていた。まずかったかなと思ったけれど、まりちゃんの両手が後ろに組まれていたのを見て、何か小悪魔的なものを感じてしまった。キャッキャッと笑っていたから、まりちゃんは無意識なんだろうけど。なるべく全身均等になるように意識して、そのまま泡のついた手を背中や足、腕にも這わせていく。どこに手をすべらせても柔らかく、面積の小さいまりちゃんの体じゅうのふにふに感を堪能して、仕上げにお湯をかけて泡を洗い流す。第一ラウンド終了とばかりに、お湯と同時に掌でまりちゃんの胸をなで下ろして、きゅっと引っかかる小さな突起の感触を楽しみ、そのままワレメの奥に指を短くまさぐり入れて小さく2往復。実はこれ、爺さんがまりちゃんを最初に洗う時の様子を観察して覚えたテクニックである(笑)。まりちゃんは嫌がる様子もなく「さ、おしまい、お風呂入ろっか」「ウンッ!」で終了。
 両手を女の子走りの位置に持ち上げた、まりちゃんが先頭をきってお湯に入っていく。この時の様子がほんとにたまらなくて可愛い。小さなハミケツ線のお尻を眺めながら、爺さんのいない今日、まりちゃんに何からしようかなんて暴走妄想モードはとっくにON。この時の温泉はいくつか湯船があって、最初の浴槽は室内の大きなガラス張りの浅い風呂。そこにまりちゃんと並んで座り、外の景色を眺める。左側にまりちゃん、無意識に肩に手をまわし、その頭を軽く抱える感じでなでてあげると、まりちゃんが俺にもたれかかってくる・・・。勘違いしそうな雰囲気に理性が飛びそうになる。それを引き戻してくれたのはカラカラカラ・・・という扉の開く音。ふと見返ると、そこにいたのは見事にストライクな秋葉系というか、身長、体系、髪型、顔、全てがパーフェクトな学生くらいの脂ぎった感じの男。決して自分のことがスマートな人間とも思えないけど、これはひどかった。しかも、風呂なのにメガネをかけていたんで、予感(悪寒)を感じて退散することに。「まりちゃん、お外のお風呂に行こうね」と、まりちゃんが一緒なのを気づかれないようにそっと話しかけたのに「ウンッ!お外いくー!」と大きな声で元気な返事。チラ見すると、さっきの奴がこっちの様子を伺っているのが解る。まりちゃんのお尻すらもこいつには見せたくない、ましてやワレメなんて。まりちゃんを抱きかかえるようにして(要するに奴からまりちゃんの全身を隠すようにして)、外風呂に移動。それでやっぱりというか、そいつがついてきた。俺も同じ状況だったら同じことするだろうな。でも、せめて体を洗うとか、何気なくタイミングを計るとかしろよ。直球ストレートすぎるなんて、勝手な理屈を考えていた。
 一つ露天浴槽をスルーして、広いジャグジー風呂に。ここなら広いから傍にこないだろうし、ジャグジーの泡でまりちゃんの体も隠せるだろうとの読み。「まりちゃん、あわあわすごいねー」と、まりちゃんを湯船に下ろすと、まりちゃんはさっそくキャッキャッと泡を楽しんでいる。両手を持って、バタ足の様にまりちゃんの体を支えてあげると、まりちゃんの小さなお尻が浮かんでくる。そのまま手を引いて、ジャグジーの中をぐるっと歩くと、まりちゃん大喜び。ジャグジーの泡で体が突き上げられて浮くのが楽しいらしく「きゃふげふぶあー」なんてよく解らない声をあげている。ふと閃いて悪巧み。ジャグジーの泡のうち、大きな噴流の所にまりちゃんを誘導。そこに後ろ歩きで近づき、ゆっくりとまりちゃんの手を引いた。最初はハズレ(笑)。狙いを定めた2回目、まりちゃんの体が噴流の上を通過するとき、「きゃふげふぶあー」が「ひゃぶっ」に変わった。もちろんお湯のなかでは、噴流がまりちゃんのワレメを直撃しているはず。まりちゃんは体を縮めてお湯に立った・・・その場所も、たまたま噴流の上だったらしく、まりちゃんはバランスを崩して「ひゃっ」とカエルのような体勢に。浅瀬に引いていき「まりちゃん、どうしたの?」と知らん振りをして聞くと「おまたにお湯が当たったのぉ」と内股の股間隠しポーズでもじもじ。「んー、だいじょぶかな」と何気なさを装って、まりちゃんの前にしゃがみこんで両手の親指で、ふにっとしたワレメを広げて観察。指になんの抵抗も感じないふにふに具合。小さく皮をかぶったクリちゃんと、女の子の穴の存在を確認。幸せすぎる。指を離すとふるんっと、ワレメは元の深い縦一本線ヘ。「んー、大丈夫。おまた痛くない?」と中指で縦に2往復。「ウンッ」と元気な返事で全ての状況にひと安心。そのまま、まりちゃんをジャグジー風呂の縁に座らせようとすると、足裏に泡がぼこぼこ当たるのがくすぐったいのか、まりちゃんは湯船から足を引き上げて両脚開きの体育座り体制に。軽く股間を覗き込むとワレメの上端から下端までまる見え状態。まりちゃん、サービス精神旺盛・・・(笑)。脚を開いても、ふにっとしたワレメの肉はぴったりと閉じていて、至近距離に溝の深い縦線がくっきりと幸せすぎる。ワレメとその周辺は完全な線対称で、今指で持ち上げればふにふにとマシュマロより柔らかな感触が返ってくるだろうな。そう思いつつ、いつかこのワレメに顔をうずめて、舌を差し込んで感触を味わって、絆創膏貼って、紐を食い込ませて・・・。二人っきりになったら・・・。『二人っきり』の所で我に返った。
 奴!ふと見返ると、左斜め後ろ45度の辺りに、ビミョーな距離で奴がいた。その瞬間、ぞわぞわっと怖気と軽い怒りが走った。奴の狙いは、もはや明確で隙あらば、まりちゃんのワレメを覗き込むこと以外にない。今の段階で、見られた可能性をぐるっと逆算。まりちゃんのハミケツお尻と微小おっぱいは、たぶん見られた。我ながらすごく勝手な怒りだと思いつつ。俺が奴の立場なら、同じようにワレメ覗きに行くだろうけど、いくらなんでも遠慮や作戦があるだろうに〔ちなみにいくつかテクニックがあるんだけど、まりちゃんにされたら嫌なので公表しない(笑)〕。風呂でメガネかけて幼女に近づく奴なんてバレバレだし、微妙すぎる距離の取り方がまた怪しい。なによりずっと視線を外さないのは、共存共栄にしてもダメだって。まりちゃんが一緒でなくても、絶対同じ湯船には入りたくない。容貌のそいつから離れるべく、脱出作戦開始。ホントは、まりちゃんの腰にタオルを巻いて普通に連れ出せばよかったんだけど、まりちゃんには、まだそういう羞恥心を覚えてもらいたくない(笑)。そのまま、まりちゃんと奴の間の直線に入り込むようにして「さ、まりちゃん、今度はあっちのお風呂に行こうねー」と返事を待たずにまりちゃんを抱きかかえて、奴に背中を向けてガードするのを意識しつつ、別の露天に向かった。

お互いの妻の裸を知っている

若い頃の話です。同期の青田と久美子と由美の4人で入社一年目の冬に温泉に行きました。
午前2時に飲み終了となり
風呂に行きました。
深夜なので他の客はいませんでした。露天は人工の岩山で
男風呂と女風呂が仕切られていました。簡単に登れる岩山でした。
「久美子と由美も露天に入る
はずだ!覗こうか?」
「ヤバイよ・・」
「大丈夫だ!他の客もいないし!」
「でも・・」
「じゃあ俺だけ覗くよ!」
「分かったよ・・」
青田だけが久美子と由美の裸を知るのは悔しい思いがありました。
やがて・・二人が現れました。
久美子は巨乳で賑やかな女でした。
「久美子だ!やっばり巨乳だ!
あんなおっぱいしてたのか!」
青田は興奮してました。
私も興奮でした。
いつも制服の中に隠れている
久美子のナイスバディを見た!
乳首の色は茶色でヘアは濃い目でした。
少し遅れて由美が現れました。
私は大人しめな由美の方が
タイプでした。
おっぱいは大きくはないですが
綺麗なピンク色の乳首でした。
ヘアは薄くて感動しました。
「由美ちゃんも清楚な裸でいいな~笑」
見つからないうちに岩山から
降りました。
私も青田も勃起でした。
いつも顔を合わせている同期の
裸を見た興奮!
しかし私は釈然としませんでした。久美子の巨乳と由美の薄いヘアを拝んでバンザイ!なのに
何故か釈然としませんでした。
その理由がしばらくして分かりました。
私は由美が好きで、由美の裸を見た喜びよりも青田に由美の裸を見られた悔しさがあったんです。やがて青田と久美子、
そして私と由美は結婚しました。お互いの妻の裸を知る者同士の青田とは35歳になっても
つるんでます。
「由美ちゃん今も乳首はピンク色か?笑」
などと飲みながら言われると
由美の裸を知られてる強烈な
嫉妬で勃起します。
私も久美子の裸を知ってるので
イーブンなんですが・・
苦笑

エロい目で見られていた妻

私は39歳のサラリーマンです。
妻の由美子37歳と結婚7年目の
夫婦です。子供が小学校入学を機に由美子は近くのスーパーで
バイトを始めました。平日の朝から夕方まで限定でした。
由美子がバイトを始めて3ヶ月
過ぎたある日の夜の金曜日でした。実家に用事があり由美子は
子供を連れて夕方から出掛けてしまい、私は最寄駅の居酒屋で
一人飲食をしました。
暫くして隣の席の会話に私は
反応しました。
二人組の男でした。
「やっぱりパートさんでは松田さんが一番だよな。」
松田?パート?
「スーパーのパートなんて
オバチャンの集まりだけど、
松田さんは可愛い!37歳とは
思えない!」
松田、パート、スーパー、37歳
・・間違いない!由美子の事を
言ってる!こいつらスーパーの
社員か・・
「松田さん童顔だから20代後半
と思ったよ!それが37歳で子供が小学1年だってよ!」
男二人は30歳前後でした。
「それにしても松田さんの
ムチムチボディたまんねーよ!」
「商品陳列や裏で商品整理してる松田さんの下半身最高!笑
うちの制服のスカート生地が
薄いだろ。少し屈むだけで
パンティラインクッキリ!笑
長さも膝丈だからしゃがんで
作業してる時、ストッキング越しの太ももむき出し!笑」
「先輩、松田さん狙い?笑」
「あの丸くてデカい尻をベロベロしたい。笑、ストッキングをビリビリ破ってあの足を付け根から爪先までしゃぶりたいよな~。笑」
「先輩、相変わらずスケベですね。笑、申し訳ないけど俺、
松田さんのパンティ見ましたよ。」
「松田さんのパンティ!
どーして??何色だった!?」
「裏で商品整理してる時、松田さんがしゃがんだ時、偶然
正面にいたので、デルタゾーンの奥に白いパンティ見えました。笑」
「俺でさえ見てない松田さんの
パンティ!この野郎!!」
「松田さんのパンティ見たかったら10時半頃、裏に来てください。しゃがんで作業してる松田さんがいますから。笑」
「早速、月曜に松田さんの
パンティ拝みに行くよ!
あ~興奮する!!」
「そんなに好きなら今度の飲み会でやっちゃえば?前に勤めてた〇〇さんみたいに・・笑」
「そうだな・・松田さんを酔わせてお持ち帰りするか!笑
お前、協力しろよ!」
私はとっくに勃起でした。
由美子がエロい目で見られている!
由美子のパンティを見られていた!
由美子の体が狙われている!
嫉妬と興奮でフル勃起でした。
翌日の夜、実家から帰ってきた
由美子を狂ったように激しく
荒々しく抱きました。
由美子のパンティを見ただと!
俺はパンティの中を見れるんだよ!!由美子をお持ち帰りするだと!この86センチのおっぱいも桜色の乳首もムチムチの柔肌もアソコもお前には見せねーよ!触らせねーよ!
嫉妬と興奮で三回戦突入でした。さすがに由美子が
「あなた、どーしたの?」
と、聞いて来たので、金曜日の事を話しました。
「え~っ!そうなの!?信じられない・・私は37歳のオバサンよ・・」
「で・・でも由美子は可愛いし・・」
「えっ!?何だって?笑」
久し振りに由美子を誉めて、私は大照れでした。
「由美子のパンティ見られたくないよ!」
「ゴメンね・・見られちゃって
気を付けて絶体見られないようにするから安心してね。それに
パンティなんてしょせん布切れなのよ。世界中であなただけは
私のパンティの中を見れるんだよ。だから機嫌直してね。」
可愛いセリフに興奮して
もう一回戦でした!
その後も由美子がバイト先で
気を付けていても油断して
パンティを見られたかも!?と
思うと勝手に興奮してしまいます。由美子とのエッチがメチャ増えました。
ちなみに飲み会は行かせませんでした。笑笑

あっちゃんとワレメ ~壱の回~

小学生五年の時、おれは見てしまった。


なにかというとワレメだ。


田舎だったということもあり、男女混合での水着の着替えがあった。

もちろんまだ昔だったせいもある。今じゃ考えられないのかもしれない。


おれが最初に見た子ははっきり言えばブスの子だった。

顔は間抜けなピ○タ○ラビットみたいな感じ。

ただ乳はまあまあ大きかった。

残念ながら乳は見れなかったが、ワレメは見えた。

タオルの隙間からだ。動いた時に見えたのだ。


男兄弟しかいない俺には衝撃的だった。


(お尻が前にある……)


冗談ではなく、本当にそう思った。

ウンコも前から出ると思った。


放課後、図書室で調べてワレメの存在を知った。


その夏、おれは覚醒した。

できるだけ多くのワレメを見ようと決めたのだ。

女子は計十二人。すでに一人はクリアしている。


しかし計画はすぐ頓挫した。

台風が来たのだ。プールは中止。

体育館での運動が主になり、正直へこんだ。


そんな時、声をかけて来た子がいた。


「最近元気ないなぁ?」


「ああ、なんでもねぇよ」


そう言いながら、おれはその子のブルマを見ていた。

その子は名をあっちゃんと言った。

クラスのマドンナ的な子でルックスもピカイチ。

顔は最近だと筧美和子といったところ。

目が大きく鼻の小さい茶目っ気のある子だった。


「なあ、バスケやらへん? 一人足りひんから」


「いいけど、おれ下手って知ってるやん」


「でも人数おらん方がきついわ。立ってるだけでもええよ」


「それ運動になるん?」


なる、とあっちゃんは笑顔で言った。

あまりに眩しい笑顔におれは完全に惚れてしまった。

同時に思った。ワレメが見たい、と。


一週間後、プールの日が来た。

おれは窓際の自分の席にプールの準備を早々と出し、速攻で着替えた。

なぜ早くしたかというと、もちろん観察のためだ。

自分が着替えながら他を見るのは危険だ。

下手すれば自分がポコチンを出してしまうリスクもある。


「お前、新記録ちゃう?」


なんて周りに笑われながら、おれはあっちゃんの方を見た。


あっちゃんは廊下側の真ん中の席にいる。そこが彼女の指定席だ。

つまり、自分のところからはかなり遠い。

おれは自分の目に望遠機能がないことを恨みつつ、さりげなく彼女を見る。


あっちゃんは肩から膝上まであるタオルをすっぽりと被っていた。

できることなら、それをひっくり返しておっぱいも見たかった。

グッと堪えながら、観察を続ける。


その時、チャンスが来た。

あっちゃんがパンツを脱いだのだ。

白地で前にピンクのリボンのついた正統派パンティー。

真剣な顔で机に隠す姿も愛らしい。


おれは席を立った。

さりげなく廊下の方へ歩き出す。


あっちゃんは真剣だ。

下を向いて、隠しながら水着をがんばって着ようとしている。

おれはジッと彼女の股を睨んだ。


結果として、見えなかった。

悔しい。ダメなら他の女子のものにすればよかった。

そう思いながら、プールを過ごした。


しかしプールが終わり、気付いた。


(っていうか、着替えがもう一回あるじゃん)


水着を着る、ということは脱ぐという行為もしなくてはいけない。

それに気付いて、おれは高まった。

しかも脱ぐ方が見える確率は高い。

なぜなら水着が体に張り付くため、脱ぐのに力がいるからだ。

つまり、その分だけ身体をくねらせるため、タオルが乱れる。

その隙を狙えばいい。すばらしい、と自分を褒めた。


おれは光の速さで着替えを終え、タオルを被った。

髪を拭くフリだ。これで自分の視界を相手に悟られない。


おれはあっちゃんの股に視線を落とした。

彼女はとても脱ぎづらそうに身体をくねらせる。

案の定だ。タオルが揺れている。


(もうちょっとなのに……)


その時、最悪なことが起きた。


あの間抜けなピ○タ○ラビット似のブスが彼女に声をかけたのだ。

しかもおれの視線を遮った。悪夢だ。

堪らずおれは立ち上がり、廊下の方へ歩き始めた。


バレないように、とおれは廊下側入口近くの時間割を眺めた。

その間、チラチラとあっちゃんを見つめる。

タオルを胸上から膝下まで被り、ブスと話し込んでいる。


(最悪だ。あっちゃんもきっとそう思っているに違いない)


意を決して、おれは二人の間を無理矢理通ってみた。


「ごめんね。ちょっと通るよ~」


もちろん用事はない。

ただブスがむかついただけだ。


しかし意外なことが起きた。

あっちゃんが声をかけてきた。


「なあ、ちょっと待って」


「なんだよ?」


正直ドキッとした。バレたかと思った。

が、様子が少し違うようだ。


「あんなぁ。ここに立っててくれへん?」


「ま……また? 今はバスケちゃうで?」


「わかってるわ。男子に見られたないねん」


「いや、おれも男子やから」


「ええの、キミは」


そのキミという他人行儀ながら違うと言われた感覚。

おれは半勃起しながら彼女の前に立った。


あっちゃんは時計をチラ見し、着替えを始めた。

おれも時計を見た。あと二分で次の授業だ。


ブスはあっちゃんに背を向け、彼女を守っていた。

案外、良い奴。顔はきらいだが。

一方、おれは半分思考が停止していたせいか、あっちゃんの方を見ていた。


その時、あっちゃんが前かがみになった。


(……あっ!)


おれは息を?んだ。

たるんだタオルの隙間から乳首、それからヘソが見えたのだ。

もちろんおっぱいはぺったんこ。お腹と変わらない。


しかし乳首はどうだ。綺麗な桃色だ。

コンビニでこっそり立ち読みしたエロ本に載っている成人女性のものとは違う。

若くまだ幼い乳首だ。すごい、とおれは唸った。


あっちゃんが顔を上げる瞬間、おれも顔を上げた。

また時間割の方を見つめ、心の中でジャンプした。


放課後、抑えきれない衝動を堪えながら帰宅の準備をしていた。

すると、あっちゃんが声をかけてきた。


「なあ、一緒に帰ろうよ」


ああ、とおれは曖昧な返事をした。

正直、恥ずかしかった。いつもなら別に問題なかった。

しかしおれは見てしまったのだ。彼女の裸身を(ワレメはダメだったけど)。


「なあ、どうしたん?」


「……あ……ああ、ええよ。帰ろっか」


「うん!」


いい笑顔だった。

おれは半分意識を飛ばしながら、校舎を出た。

校門を出て、数分は黙っていた。

最初に口を開いたのは、あっちゃんの方だった。


「……さっきはありがとな」


「え? なにを?」


「さっきうちの壁になってくれたでしょ?」


その言葉におれは黙った。

やべっ、と心でつぶやいた。


「ああ……ははは。まあ、言われた通りしただけや」


「でもな」


「うん」


「キミもうちのことを見とったよね?」


おれは声を失った。喉が締められた気分だ。

んがっ、と訳のわからない言葉を吐いた……気がする。


「……あ……ええーっと……」


「見とった?」


おれはうつむいて徐々に速度を上げた。

逃げたかった。怖かったのだ。


しかし、あっちゃんはすぐランドセルをつかんできた。

おれは引っ張られ、そのまま乾き切った側溝に足を突っ込んだ。


「やっぱり見とったの?」


「ご……ごめん……だって、見えちゃったんだよ」


「なにが?」


「ち……乳首? それとヘソ」


乳首、という言葉は少し刺激的過ぎたかもしれない。

あっちゃんは顔を真っ赤にして、側溝に沈むおれを蹴った。

さらに持っていた水着入れで頭まで叩いてきた。


(嫌われたな……)


そう思ったが、あっちゃんは顔を真っ赤にしながら吹き出した。


「え? なんだよ?」


「乳首ってなんやねん。ホンマ最低やね、キミ」


「……いや、たまたまやん。悪気はないっちゅーか。むしろあっちゃんが呼んだんじゃん」


「ああ、笑ろけてきたわ。ホンマ男子ってアホやね」


「うう……ごめん」


「ええよ」


「本当はめっちゃ怒ってるでしょ?」


「怒ってへんよ。だって……」


そう言って、あっちゃんは手を伸ばしてきた。

側溝に落ちたおれはその手をつかんだ。

そのまま歩道へ助けられた。


しかしそれだけじゃ終わらない。

こっちが、ありがとう、と言う間もなく彼女はさらに手を強く引っ張ってきた。


おれはそのままあっちゃんに抱きつく形になった。

それでもあっちゃんは笑っていた。


「お……おい!」


「うちな、前から好きなんや。キミのこと」


「はぁ?」


おれは自分の頬が熱くなるのを感じた。

しかしあっちゃんの力は強く、本当に好きなんだと全身で感じた。



弐の回に続く。


執筆:maco

30年間の思い

中学生の頃から母親のタイツ&パンストを履いてオナニ-してきました!今年で45才になり女性経験が風俗嬢相手に一度しかありません!このまま死ぬまでオナニ-生活かと思うと考えてしまいました!すぐ傍に大好きな母親がいると!経験を練って、今年の1月から自宅で80デニールのタイツ直履き&白ハイソックス姿で母親の前を歩いたり、着替えたりしています!タイツ越しにうっすら短小ちんぽが透けて見えるので最初は母親も気になっていましたが1ヶ月もすると母親が「若い頃、よくお母さんのパンストを盗んだいたよね!」って見抜かれていました。30年間で盗んだパンスト&タイツは150足以上になります!最近は母親から「暑くなってきたからタイツをやめてパンストにしたら?」って言ってきました。パンスト直履きだと思いっきり短小ちんぽが透けていて、母親に見られても平気になりました。5月に30℃を超えた時は黒のサスペンダ―ストッキング&白の三つ折りソックス姿で1日を過ごして準備は整いました!勇気を出して母親の入浴中に押し入りました!最近、私のちっちゃなちんぽを見慣れた母親ですが、65才の自分の裸体を見られた事がショックで私に「変な事、考えないで!」って私を拒みましたが浴室の床に押し倒し抱き締めました!無理やり挿入しようと母親の膣にちんぽが触れた瞬間に射精してしまいました。母親は「女性経験がないんでしょう!」って言って縮んだ短小ちんぽを手に取ってしごいて勃起させて自らの膣に導いたのです!2、3回腰を動かした瞬間に射精してしまいました!昨日までで母親と10回、セックスしました!まだ10秒と持ちませんが母親は協力的です。また報告します!

男勝り女社長の肉フェス接待

東京の深川地域内の片隅に
豊洲という名の街がある、、、
昭和初期、この”埋立地”に町名がつけられる際、
将来の発展を願い、豊かな土地になるように「豊洲」としたそうだ。

駅の周辺こそショッピングモールやタワーマンションが立ち並ぶ近代的な街並みであるが、
少し奥に入ると昭和の名残の様な情緒的ないわゆる”団地”や
その団地の人々が集う商店街などもあったりする。
いわば富裕層と貧民層が共住する街、、、豊洲

俺達に夢を、、、
希望を、、、与え
そして、、、
全てを奪い去った
決して忘れることのできない俺の生まれ育った故郷・・・・。

実家の玄関を出ると道を挟んだ向こう側に二階建ての間口が広い平べったい造りの建物がある。
くすんだ壁の色は年季を伺うことができる。
俺が生まれる前、祖父の代からあるのだから当然だ。
一階部分はガレージになっていて、
そこに並んで駐車している軽トラックも建物同様に、かなり年季が入っていたが
車体は経営者の清廉な人柄が反映されているかのごとく
いつもピカピカに磨かれていた。

そんなガレージで忙しそうに動き回っている人影があった。
小柄な体つきの老いた男。
軽トラックに顧客へ納品する商品を運びこんでいる。
羽織った作業着の背には「サトウ産機」の文字が刺繍されていた。

「お疲れ?」

俺は思わずこみあげてきた嬉しさを含んだ声で挨拶した。

年齢を感じさせない動きで、ぱっと振り向いたその老人、、辰也さんの顔に喜色が広がって、

「お!秀樹さん! どうでした?首尾は?」

俺は、祖父の代から我が家を支えてくれているこの老人が大好きだった。
すぐに親指を立て、グーのサインを送った。

「おおお!やりましたね!
 社長!社長!秀樹さんが!」

大声で叫びながら社内に入っていく辰也さんに続いて中へ入ると

「見ればわかるよ」

かなり素っ気なく、社長と呼ばれた中年女性は答えて、
切れ長の眼が俺を見た。
長身で豊満な身体を上は辰也さんと同じ作業着が、
下はデニムのジーンズが長くスラリとした脚と張りのあるヒップを包んでいる。
長い髪を大きく束ねて、年齢にしては化粧っけの薄い顔は、端正な美貌と言って良いレベルだろう。
これが、豊洲に根を張って3代目になる「サトウ産機」の女社長、佐藤遥。俺の母だ。

「うまく纏まったみたいだね」

女社長は表情を変えずに、そう言った。
しかし、内心は、飛び上がるくらいに相当嬉しかったはずだ。

町内会の会長、清水からの紹介で豊洲市場へ移転する業者達から
移転に伴う冷蔵・冷凍設備を大量に受注したのだ。

高校を出てすぐに家業を手伝い出した俺にとって、
この大きな受注が初めての仕事だった。
生まれる前から知っている町内会長からの斡旋なのだから、失敗するはずもなく威張れたことではないが
それでも跡取りとして周囲から認められた様な気がした。

「秀樹が来たから、始めるよ!」

事務所の中に澄んだ声が大きく響いた。
男勝り、姉御肌、様々な形容詞で称される母だ。
たった一声で場の空気が引き締まる。

パンッパンと小気味よい拍手の音が響く。
社員一同が揃って事務所の神棚に手を合わせる。
受注した大きな仕事の無事を祈る、、、大きな仕事の前にはいつもやる行為だ。
女社長のカリスマのなせる業なのか全社員が熱心に手を合わせていた。
儀式が終わると
長い髪を揺らして女社長がこちらに向き直る。
すっと背筋の伸びた凛然たる立ち姿。
並んだ社員たちと揃いの、男物の作業着がオーダーメイドのように身に馴染んでいる。
(胸元の大きな膨らみは若干窮屈そうだが)

「皆!よろしくお願いね!」

「はい!」

全社員から心地よい返事が一斉に返る。
この受注をきっかけに2016年11月7日の移転日に向けて、社内は大忙しになった。
大手メーカーから機器を買い付け、当社で顧客に合ったカスタマイズをしてから納品するのが主な仕事だ。

今までにない大きな仕事だった。紹介してもらった町内会長の顔もある。
まさか納期が遅れるなんてわけにはいかない。
加えて、背後には東京都が付いているという安心感もあった。
だから、当社は納品予定の機器類を事前に買い付けを行い、万全な準備を取ることにした。
しかし、それが、大きな仇となった。。。

ご存知の様に豊洲市場への移転は小池都知事の意向で先送りになった。
移転業者達には都が損失を補填するということだったが
我々のような出入り業者には何の補填もない。

当時は、移転が延期なのか、下手をすると中止ということさえ有り得た。
当然、仕入れた冷機類は納品することもできず
にもかかわらず、仕入れた機器に対する支払いは発生する。

売り上げが立たない状態で莫大な支払いを行うことは
当社の余力では到底無理で
俺達には某大手メーカーへの支払いを待ってもらう以外方策がなかった。

「移転さえ決まれば売り上げが入ってきます!」

俺と母は必死に頭を下げた。
大手メーカーの担当は、俺とそう変わらないような母と比べればかなり若い男達だった。

「待つって言ってもねえ・・」

一人が難色を示す表情をしたが
一番年配な男が

「まあ、4月移転って話もあるし、とりあえず、3月まで待ちますか?」

助かった!

「ありがとうございます!」

俺達は喜んで礼を言った。
しかし、考えが甘かった。。。

「遥社長、上だけで良いですよ」

「いいっすね!とりあえず誠意を見せて貰いましょうかw」

「な、何を言っているのですか?」

なんのことか分からない母に男達は嫌らしいい笑いで応じた。

「結構多いんですよ、遥社長のファンって、なあ?」

「はい、実は僕もいつも颯爽としている社長に憧れています。」

「本当に分かりませんか?
 支払いを待ったところで、俺達が上から怒られるだけで、何のメリットもないんですよ」

「なあ、お前ら、上だけで良いだろ?」

「そうですね、そのデカパイ、初めて会った時から気になっていたんですよねw」

「はい、僕も、そのデカパイを生で拝めれば大満足です!」

「な、何を言ってるの!冗談はやめてください!」

「冗談? 冗談じゃないんだけど?」

男は社会人としての敬語を捨て、弱った獲物を追い込む目になっていた。

「ていうか、自分の立場分かってる?1億近いけど払えるのかよ
 支払い3末で良いから、、社員達のために、一肌脱げよ」

「で、できるわけないでしょ!」

「ほう。。じゃあ、残念だけど、3代続いた会社も、お終いだな
 従業員達、可哀想に」

「結構、年配の方も居ましたよね?」

「ちょ、ちょっと待って下さい。移転さえ決まれば、問題なく支払えるのです」

「ぶっちゃけ、そんなことどうでも良いのよ。
 要は、あんたが脱ぐか、脱がずに倒産するか?って選択の話なのよ」

「そ、そんなっ」

「まあ、嫌ならしょうがない、交渉決裂ってことで、帰るか」

「まっ、待ってください!」

こんな母を見るのは初めてだった。
いつも堂々と颯爽としていた母が嘘の様に
まるで男達に縋り付くような態度だった。

その理由は分かっていた。
数日前
うちが仕事を請け負った移転予定の業者の一人、米山さんという人が
質の悪い金融会社に手を出しているという噂が
町内会長の清水を通じて入った。
都からある程度の補填があったはずの移転予定の業者でさえ、零細企業では手詰まりになっていたのだ

「ほ、本当に3末にして貰えるのですか?」

「ええ、約束しますよ。社長のことだ。書類持ってきているんでしょ?なんなら今、ここでハンコ押しましょうか?」

「本当ですか!助かります!」

え?
本気でこんな卑劣な奴らの前で肌を晒す気なのか!
母はどうにかなってしまったのか。

「ちょっと待てよ!」

いそいそと書類を並べる母に向かって俺は声を張り上げた。

しかし、「お前は黙っていなさい!」
母は俺を怒鳴りつけるなり、
素早くジャケットを脱いで
中のニットまで思い切ったように捲り上げて脱ぎ捨ててしまった。

「おおお!」

男達が歓声をあげる。
それもそのはず
白のブラジャーだけでは、豊満な乳房を完全には隠すことができず
その全容がほぼ露わになっていたのだから。

「で、でかい!」「まじででけえぞw」「すげえ」

「そちらに日付を入れて、社印をお願いします」

涎を垂らす勢いの男達に向かって母は押印を急かした。

「なるほど、その色っぽいブラジャーはハンコ突いてからのお楽しみってわけですなw」

ふざけるな!

「ば、馬鹿な真似は止めてください!」

俺は耐えきれず、再度声をあげた。
ところが、

「いい加減にしなさい!どこまで子供なの!
 お前は出ていきなさい!」

母はすごい剣幕だった

「・・・」

何も言い返せない。それでも何かを言わなくては。
そう焦っていると
今度は俺の耳元に顔を寄せてきた。

「他に、どんな良い方法があるの?お願いだから・・・出て行って・・お前に見られたくないの・・」

母は囁くように言った。
本当にどうしようもないのか?
一瞬、金融屋に金を借りることが頭をかすめた。
いや、だめだ。
町金にだけは手を出してはいけない、それは前社長である親父の遺言だった。
どう考えても長年我が家を支えてくれた従業員達や会社を守る方法は思いつかない。

俺にできることは、ただ一つ。
大人しく部屋を出ていくことだけだ。
俺は男達に目も向けられずに、黙ったまま部屋を出ると
静かにドアを閉めた。
自然と涙が溢れ出ていた。

すぐに部屋の中から、一際大きな歓声が上がった。

「まさか見せるだけってわけじゃないんでしょ?w」

「そんな訳ないでしょw
 御社のサービスはエンドユーザから評判良いらしいじゃないですか」

「とりあえず、その書類の説明でもして貰いましょう。その間、揉み放題ってことで良いですかね?」

嫌でも男達の下劣な声や嘲笑が耳に飛び込んでくる。
俺は母が晒した屈辱を思って、耳を塞ぎながらその場に蹲った。

女社長の血の滲むような努力によって、
当社は何とか危機を先送りすることができた。
しかし、ご存知の様に2017年になると
4月に移転するどころか
地下から基準値を大きく上回る毒素が発見され、
マスコミなどは移転そのものが無くなるのではないかという情報まで流し始めた。

「米山さんのところの奥さんと息子さんが亡くなったよ。無理心中だったらしい。」

え?
あまりのことに声さえ出てこなかった。
米山さんというのは、当社が冷機類を納品することになっている豊洲市場へ移転する業者の一人だ。
質の悪い金融屋に手を出した話は聞いていたが、まさか、心中なんて・・・。

「可哀想な話さ、旦那が借金で首が回らなくなったって話は知ってるよな?
 借金の原因は例の市場移転騒ぎでさ、誰に踊らされたんだか、無茶な投資を行ったんだとさ。
 そりゃあ、都の気持ちばっかしの補填じゃあ足りんわな
 ほんと、ばっかだよなあw」

な、なんて言い方をするんだ!
町内会長の人を馬鹿にしたような言い方に
俺はただ口をパクパクさせるだけだった。

上品な美しい顔立ちの奥さんと
ニコニコ明るい表情の可愛らしい息子さんの顔が頭に浮かんだ。

「破産宣告とか、色々あったでしょうに、何も、死ななくても・・・」

なんとか声を出すことができた。

「かなり質の悪い金融屋から金を借りちまったらしいんだ」

「それとさ、、これは内緒だけど、、」

会長は、そう前置きすると、俺の耳元に顔を寄せて囁いた。

「奥さん、あの年になってから風俗を始めるのは、かなり辛かっただろうな」

「えっ!」

驚いて会長の方に顔を向けると
目の前に、下品なニヤついた顔があった。

「あの奥さんさあ、わりと美人だったろ?
 前々から抱いてみたかったんだけどさ、
 身体がなあ、実際、抱いてみると、イマイチだったんだよなあ」

な、なんだって?
我が耳を疑った。
呆然とする俺に向かって、会長はなおも話を続けた。

「借金で苦労をさせられたからかなぁ
 痩せギスっていうの?
 知り合い効果ってやつで最初は興奮したけど、、
 なんだか痛々しくてなあ、その後も1回だけは指名してやったけど、
 それっきりだったな、俺はな。他の奴らは通ったのも居るようだけどw」

「あれじゃあ、安くして、数取らせるしかないからなあ
 最後の方はボロボロだったらしいぜ。
 吉田の話だけど、、、ああ、勝鬨にあるケチな不動産屋な
 奴の話だと、知り合いの吉田の顔を見ても誰だか分からずに
 三つ指ついて普通にご挨拶したんだってさ。
 何言っても、「かしこまりました」っていうだけのセッ●スマシーンだってさ。
 奴め、詰まらんとかボヤいていたぜw
 俺の時は、顔を見た瞬間、目を大きく見開いちゃってさ、
 嫌ぁとか言って、逃げようとしたんだぜ」

酷すぎる話だった。
都の政変によって、仕方なく風俗に落ちた普通に幸せだった人妻を
近所の旦那衆達で面白半分に抱きに行ったというのだ。

とても他人事とは思えない。
いや、実際に他人事ではなかった。

2月も半ばになり、身も凍るような寒さの晩だった。
その晩、母は深夜になっても帰ってこなかった。
嫌な予感がして秘書的な役割もしている総務の人の携帯に連絡した。
聞くと、案の定、母は俺に内緒で大手メーカーの担当者と会いに行ったという。

延長して貰った期日の3月末にも、到底、支払うことはできそうもなかった。
会社と従業員を守るためには、何とかして、正式に市場移転が決まるまで待って貰うしかない。

既に一度、母は胸まで晒して何とか期日を伸ばした後だ。
あの晩の男達が笑いながら言ったセリフが頭を過った。

『もしも、3月末でも駄目だったら、、まあ、それでも諦めないで下さいな』
『そうそう。おっぱいの次は、デカケツでも拝ませて貰らえればOKですからw』
『そうだね、その熟れた身体、明るいところで隅々までじっくり観察させて貰いましょうか』

『想像しただけで胸熱だわw』

俺は気が狂いそうになりながら、何度も何度も母の携帯に電話した。
しかし、母は電話に出なかった。

俺は発狂しそうになりながら叫んだ。

豊洲市場予定地には
2013年夏には『そらスタ』
2014年夏には『SASUKEPARKin豊洲』 
2015年夏には『UGOKAS2015』
毎年子供たちのテーマパークが開催され延べ20万人が参加して
裸同然の水着になって水遊をしているじゃないか!!
この点はどうなんだ!市場移転ができないほど危険ならば
延べ20万人の子供たちも危険ではないか!
また、周囲にはマンションや小中学校もある。
なぜ市場だけが問題視されたのだ!
そもそも築地の地下は汚染されていないとでも思ているのか!
調べれば何らかの汚染物質が出てくる、それが東京じゃないか。

つづく (完結編 完堕ち女社長 黒幕の正体)


姉御肌の女社長が晒した屈辱

東京の深川地域内の片隅に
豊洲とういう名の街がある、、、
昭和初期、この”埋立地”に町名がつけられる際、
将来の発展を願い、豊かな土地になるように「豊洲」としたそうだ。

駅の周辺にはショッピングモールやタワーマンションが立ち並ぶ新しい街並みがある。
だが、少し奥に入ると昭和の名残の様な情緒的な商店街もある街、、、豊洲
俺達に夢を、、、
希望を、、、与え
そして、、、
全てを奪い去った
決して忘れることのできない俺の生まれ育った故郷・・・・。

実家の玄関を出ると道を挟んだ向こう側に二階建ての間口が広い平べったい造りの建物がある。
くすんだ壁の色は年季を伺うことができる。俺が生まれる前、祖父の代からあるのだから当然だ。
一階部分はガレージになっていて、
そこに並んで駐車している軽トラックも建物同様に年季が入っていたが車体は
経営者の清廉な人柄が反映されているかのごとく
いつもピカピカに磨かれていた。

そんなガレージで忙しそうに動き回っている人影があった。
小柄な体つきの老いた男。
軽トラックに顧客へ納品する商品を運びこんでいる。
羽織った作業着の背には「サトウ産機」の文字が刺繍されていた。

「お疲れ?」

俺は思わずこみあげてきた嬉しさを含んだ声で挨拶した。

年齢を感じさせない動きで、ぱっと振り向いたその老人、、辰也さんの顔に喜色が広がって、

「お!秀樹さん! どうでした?首尾は?」

俺は親指を立て、グーのサインを送った。

「おおお!やりましたね!
 社長!社長!秀樹さんが!」

大声で叫ぶ辰也さんと一緒に社内に入っていくと

「見ればわかるよ」

かなり素っ気なく、社長と呼ばれた中年女性は答えて、
切れ長の眼が俺を見た。
長身の豊かな体つきを
上は辰也さんと同じ作業着で下はジーンズに包んでいる。
長い髪を大きく束ねて、年齢にしては化粧っけの薄い顔。

豊洲に根を張って3代目になる「サトウ産機」の女社長、佐藤遥。俺の母だ。

「うまく纏まったみたいだね」

女社長は表情を変えずに、そう言った。
しかし、内心は相当嬉しかったはずだ。

町内会の会長、清水からの紹介で
豊洲市場へ移転する業者達から
移転に伴う冷蔵・冷凍設備を受注したのだ。

「秀樹が来たから、始めるよ!」

事務所の中に澄んだ声が大きく響いた。
男勝り、姉御肌、様々な形容詞で称される母だ。
たった一声で場の空気が引き締まる。

パンッパンと小気味よい拍手の音が響く。
社員一同が揃って事務所の神棚に手を合わせる。
受注した大きな仕事の無事を祈る、、、大きな仕事の前にはいつもやる行為だ。
女社長のカリスマのなせる業なのか全社員が熱心に手を合わせていた。
儀式が終わると
長い髪を揺らして女社長がこちらに向き直る。
すっと背筋の伸びた凛然たる立ち姿。
並んだ社員たちと揃いの、男物の作業着がオーダーメイドのように身に馴染んでいる。
(胸元の大きな膨らみは若干窮屈そうだが)

「皆!よろしくお願いね!」

「はい!」

全社員から心地よい返事が一斉に返る。
この受注をきっかけに2016年11月7日の移転日に向けて、社内は大忙しになった。
大手メーカーから機器を買い付け、当社で顧客に合ったカスタマイズをしてから納品するのが主な仕事だ。

今までにない大きな仕事だった。
まさか納期が遅れるなんてわけにはいかない。
事前に買い付けを行い、万全な準備を行っていた。
それが、仇になった。。。

ご存知の様に豊洲市場への移転は小池都知事の意向で先送りになった。
移転業者達には都が損失を補填するといくことだったが
我々のような出入り業者には何の補填もない。

当時は、移転が延期なのか、下手をすると中止ということさえ有り得た。
当然、仕入れた冷機類は納品することもできず
にもかかわらず、仕入れた機器に対する支払いは発生する。

売り上げが立たない状態で莫大な支払いを行うことは
当社の余力では到底無理で
俺達には某大手メーカーへの支払いを待ってもらう以外方策がなかった。

「移転さえ決まれば売り上げが入ってきます!」

俺と母は必死に頭を下げた。
大手メーカーの担当は、俺とそう変わらないような母と比べればかなり若い男達だった。

「待つって言ってもねえ・・」

一人が難色を示す表情をしたが
一番年配な男が

「まあ、4月移転って話もあるし、とりあえず、3月まで待ちますか?」

助かった!

「ありがとうございます!」

俺達は喜んで礼を言った。
しかし、考えが甘かった。。。

「遥社長、上だけで良いですよ」

「いいっすね!とりあえず誠意を見せて貰いましょうかw」

「な、何を言っているのですか?」

なんのことか分からない母に男達は嫌らしいい笑いで応じた。

「結構多いんですよ、遥社長のファンって、なあ?」

「はい、実は僕もいつも颯爽としている社長に憧れています。」

「本当に分かりませんか?
 支払いを待ったところで、俺達が上から怒られるだけで、何のメリットもないんですよ」

「なあ、お前ら、上だけで良いだろ?」

「そうですね、そのデカパイ、初めて会った時から気になっていたんですよねw」

「はい、僕も、そのデカパイがを生で拝めれば大満足です!」

「な、何を言ってるの!冗談はやめてください!」

「冗談? 冗談じゃないんだけど?」

「ていうか、自分の立場分かってる?1億近いけど払えるのかよ
 支払い3末で良いから、、社員達のために、一肌脱げよ」

「で、できるわけないでしょ!」

「ほう。。じゃあ、残念だけど、3代続いた会社も、お終いだな
 従業員達、可哀想に」

「結構、年配の方も居ましたよね?」

「ちょ、ちょっと待って下さい。移転さえ決まれば、問題なく支払えるのです」

「ぶっちゃけ、そんなことどうでも良いのよ。
 要は、あんたが脱ぐか、脱がずに倒産するか?って選択の話なのよ」

「そ、そんなっ」

「まあ、嫌ならしょうがない、交渉決裂ってことで、帰るか」

「まっ待って!」

こんな母を見るのは初めてだった。
いつも堂々と颯爽としていた母が嘘の様に
まるで男達に縋り付くような態度だった。
実際にどうにもならない状態だったのだから無理もない。

「ほ、本当に3末にして貰えるのですか?」

「ええ、約束しますよ。社長のことだ。書類持ってきているんでしょ?なんなら今、ここでハンコ押しましょうか?」

「本当ですか!助かります!」

え?本当にこんな卑劣な奴らの前で肌を晒すのか!

「ちょっと待てよ!」

男達に向かって書類を並べる母に向かって俺は声を張り上げた。

「お前は黙っていなさい!」

しかし、母は俺を怒鳴りつけるなり、ジャケットを脱いで
中のニットまで思い切ったように捲り上げて脱ぎ捨てた。


「おおお!」

男達が歓声をあげる。
それもそのはず
白のブラジャーだけでは、豊満な乳房を完全には隠すことができず
その全容がほぼ露わになっていたのだから。

「で、でかい!」「まじででけえぞw」「すげえ」

「そちらに日付を入れて、社印をお願いします」

涎を垂らす勢いの男達に向かって母は押印を急かした。

「なるほど、その色っぽいブラジャーはハンコ突いてからのお楽しみってわけですなw」

「ば、馬鹿な真似は止めてください」

俺は耐えきれず、再度声をあげた。

「お前は出ていきなさい!」

母はそう怒鳴ると
今度は耳元に顔を寄せてきた。

「他に、どんな良い方法があるの?お願いだから・・・出て行って・・お前に見られたくないの・・」

母は囁くように言った。
俺だって他に方法がないことは分かっていた。

大人しく部屋を出るしかなかった。
俺が出ていくと
部屋の中から、一際大きな歓声が上がった。

母が晒した屈辱を思って、涙が出た。

しかし、ご存知の様に2017年になると4月に移転するどころか
地下から基準値を大きく上回る毒素が発見され、マスコミなどは移転そのものが無くなるのではないかという情報まで流し始めた。

2月も半ばになり身も凍るような寒さの晩だった。
その晩、母は深夜になっても帰ってこなかった。
嫌な予感がして秘書的な役割もしている総務の人の携帯に連絡した。
聞くと、案の定、母は俺に内緒で大手メーカーの担当者と会いに行ったという。
3人のスケベ面が頭に浮かんで、何度も母の携帯に電話した。
しかし、母は電話に出なかった。

『もしも、3月末でも駄目だったら、、まあ、それでも諦めないで下さいな』

『そうそう。おっぱいの次は、デカケツでも拝ませて貰らえればOKですからw』

『そうだね、その熟れた身体、明るいところで隅々までじっくり観察させて貰いましょうか』

『熟女のオールヌードかぁ、想像しただけで胸熱だわw』

男達の嫌らしい笑いを思い出して、頭がおかしくなりそうだった。。

露出のS?

K子さんの一件以来、見たいのか見られたいのか。自分の性癖のツボがどこにあるのか分からなくなっていた。

こうなってくると突き詰めたくなる。もともと、こういう変態的な部分がほかの子より強いのは分かってた。

ここ数日は露出度を上げるよりも、意識して注目されやすいような、ちょっとエロい格好でジョギングに出かけていた。

ジョギングパンツ(昔のブルマみたいなの)にニーソ、Tシャツで出かけようと思ったときには、廊下で出会った兄に「そんな格好で外に出るな」と怒られた。

今日は何を着て出かけようかな…。とタンスの普段あけないような引き出しもあけて物色。ふと目が止まる。中学生のときのスクール水着。

いやいや、これは無理。と思いながらも、コーディネイトすれば無いことは無いかな?

とりあえず身につけてみる。胸と腰のところがちょっときつい。毎日見てると気がつかないけどちゃんと成長してるのね。と他人事のように感心する。

上からパーカーを羽織ってみる。あ。意外と見れる?レオタードのように見えないことも無い。

ジョギング用のパレオを身につけてみる。まだ露出が高いかな。この罪悪感を引き算で解決するためにニーソを履く。

うん。上下ともいいバランス。

最近になって露出のほかにもうひとつ気がついたことがある。私はピタッと体に張り付くカッコウが好きみたいだ。

レギンス、ストッキング、ニーソのあの密着感が好き。今着てみて、このキツめのスク水も結構いいなと思う。

玄関の戸をあけて外に出る。この瞬間が一番緊張する。

公園に向けてジョギングを続けると、結構思い切った割には刺激が無いことに気がつく。そりゃそうだ。せっかく着てきたスク水要素が全くない。

3個目の信号待ちで思い切ってパレオを外す。断然露出度が上がり、心もとない。頭がしびれる。これこれ。この感じ。スイッチが入る。

信号が青になり、横断歩道をわたる。反対側から歩いてくる男の人。モモをチラチラと見ているのが分かる。たまらない。

下腹のあたりがキュンキュンなる。ぴっちりした水着なので固くなった乳首が刷れるのが分かる。

公園まであと少しのところ、前を走る男の人に追いつく。私はパーカーのチャックを半分だけ下ろした。見られたらスク水なのはバレバレ。

男の人との距離が詰まる。後ろに中学生の頃のスク水で走ってる変態JKがいますよー。彼のペースはかなり遅く、どんどん距離が詰まる。

抜き去ってしまえば、気がつかれない。そう自分に言い聞かせて彼を追い抜く。

「こんばんわー」

予想外の反応。痺れていた頭がジーーンってなる。

彼が並走するようにペースを上げる。ちらっと彼の方を見る。「こんばんわ」自分でも驚くほどうわずる。声がかすれる。エッチな声。

咳払いしてもう一度言い直す。こんどははっきりと「こんばんわ」。

「いつも走ってるね。」並走を続ける彼。改めて見る。若く見えるけど40くらい?なんて呼ぶ?と聞かれればおじさんよりはギリおにいさん。そんな感じ。

「ダイエットです」と愛想笑いで答える。

そこで上から下まで私を舐め回す視線を私は見逃さない。また下腹のあたりがきゅっとなる。

スク水なのがバレたかな。それから会話はないけど彼はゆっくりペースを下げて私の斜め後ろをずっと着いてくる。

お尻に視線を感じる。振り返るとサッと視線を外す彼。

やっぱり。バレてる。

そうこうしてるうちに公園の入り口に到着。この状態で公園に入るのは怖い気がしたけど、電車が着いたのか、結構人通りがあるのでそのまま公園内のメインストリートを進み中央広場に。

中央広場の自動販売機の前に着く。ここでジュースで一服するのが最近の日課になってた。

腰のポーチから小銭を探す。横から自販機に小銭を入れる手、さっきからついてきてた彼。

「どうぞ」と手で促す。おごってくれるの?少し抵抗もあったけど、この流れで断るのも不自然?

「ありがとー」と一番安い、小さい「いろはす」を選ぶ。

ベンチに腰を下ろすと彼も自分の飲み物を選んで私の横に当然のように座る。そうか。それはそうか。

チラチラと太ももと胸元に視線を感じる。

私は平静を装って「いただきます」と愛想笑いを浮かべるといろはすをグッと飲む。うん。水だ。

彼は、「T」と名乗った。頭に先日の夢がよぎる。私も名乗る。

何でも無い会話が一段落すると、かれが口を切った。

「凄い格好で走ってんね」私は走りながら用意していた模範解答を口にする。

「ジョギングウエアが買えないので、色々考えたあげくこれが一番走りやすいのです。」緊張してへんな口調になった。

はっはっはと笑う彼。

「俺、スク水とか、体操服とか大好きだから、どきどきしちゃったよ」と笑う彼。

きゅんとなる。やっぱそういう目で見られてた。おそらく凄い顔をしてたと思う。思わず彼の顔をガン見して凍ってしまう。

それに気がついたのか、「あ。ごめん」としどろもどろになる彼。

明るいところで改めて見て、案外年上なことに気がつく。40くらい?髪も整ってヒゲも無い。清潔な感じが好感が持てる。

きまずい。なんか言わなきゃ。そこで口から出た言葉に私も驚く。

「わ、私もこういう格好好きなんです」

なに言ってんだ私。

しばらく止まる時間。「あ、そうなんだぁ」と彼。

「じゃぁ僕たち趣味が合うみたいだね」

再び沈黙。私は一口分のこったいろはすの口を閉めると、ポーチのドリンクホルダに突っ込んで立ち上がる。

「じゃぁ…」という言葉にかぶせるように「一緒に走ろうか」と彼も立ち上がる。

ジョギングを続ける。彼は斜め後ろを着いてくる。追い抜きも近づきもしてこない。私はテニスコートやグランドのある方向に足を進める。

こっちの区画は街灯が少なく、メインストリートに比べると格段に暗い。

入り口で彼のペースが落ちるのが分かる。さすがに女子と二人でこの区画は抵抗があるんだろう。理性の葛藤かなぁ。

と思うと、またキュンとなってあそこが少し濡れる。顔が熱くなる。

私はジョギングから短距離走のようにペースを上げて暗闇を走る。

「あ」と声を上げる彼。「まてまてー」といらずらっぽく声を上げる。

笑い声を上げて逃げる私。そうそうこれは鬼ごっこ。私はやましいことはしてない。

さすがにジョギングをしてるとはいえ40代。現役高校生の私はあっというまに彼をまいてしまった。

歩を緩めて空気を伺う。ぱたぱたと走る音はするけど暗闇の向こうにまだ姿は見えない。

グランドの入り口に、薄明かりの着いてる建物。公衆トイレ。こちらのは中央広場のに比べるとかなり古い。ブロック塀で作られた簡素なおもの。

入り口からでもかなりの臭い。

女子トイレのマークに向かい、一瞬悩む。これは「かくれんぼ」としては卑怯かな。

私は、興味もあり、周りの視線も無いので男子トイレに入る。見慣れた木の扉の個室が並ぶ。反対側には見慣れないチューリップ。

こんなの見るのは小学生の大掃除以来だ。あんときは男子がトイレで遊んでた連帯責任で女子も男子トイレを掃除させられたっけ。あのとき、初めての男子トイレに妙に興奮したのを思い出し。あー、あの頃からおかしかったんだわ。と再確認。

私はその一番奥、4番目の個室に入り、扉を閉め鍵を閉める。息を殺す。というか、臭いので呼吸を極力落とす。

洋式の便器の蓋を閉め腰を下ろし天井の薄暗い裸電球を見つめる。鼻を刺す強烈な臭いと、ジョギングで跳ね上がった心音に頭がぼーっとする。

そっと胸を撫でる。汗を吸った水着の生地がぺたっと張り付き冷たくて気持ちがいい。

もう一度ゆっくり、胸を持ち上げるように撫でる。乳首に触れたときに体がビクッと震える。

足をギュッと閉じると、股間から緩い快感が腰を包む。思わずのけぞる。

水着の腰を撫でる。くびれの部分の浮いていた生地が腰に触れる。「はぁ」と息が漏れる。

そのとき、入り口に人の気配。ようやく追いついたようだ。

「おぅい」と女子トイレ側に呼びかける声が聞こえる。

「あれぇ?」と独り言を言う彼。声が近づく。「もしかしてこっちかな」と、想像以上に近づく彼の声。

声の調子がだいぶさっきと違う。なんだか急に怖くなる。行為をやめ気配を殺す。

一番入り口側のドアがノックされる音がする。コンコン。きぃと扉が開く音がする。「…いねぇか」

2番目の扉がノックされる。きぃと扉が開く音。「…いねぇか」

妙に興奮して、下腹がキュンキュンし続けている。パンツのように手が入れられないのがもどかしい。胸を押しつぶすようにギュッと押し、乳首を爪で掻く。程よい刺激が脳に直接快感を送ってくる。

3番目の扉がノックされるとき、別の足音が急に近づく。ざかざかと入ってきた足音に続けてオジサン声が「おっと、こんばんわ」と彼に声をかける。

彼も「こんばんわ」と、さっき自販機でおごってくれたときと同じテンションの声に戻って応じる。

私は息を殺しながらも行為を続ける。じょろじょろと新たに現れたおじさんのものと思われるおしっこの音と併せて鼻歌が響く。。

私は唇を噛みんで行為を中断。でも乳首を掻くのは機械的に続けていた。ぴくぴくと反応する腰。でも声を上げるほどではない。絶妙な心地よい快感。

チャックを閉める音、手を洗う音、ざかざかと遠ざかる足音。

シーンと音がするほど静かな空間が戻る。彼も出て行ったんだろうか。人の気配が全くなくなる。そのまま何分か乳首こりこりを続ける。結構強く掻いてもスク水の生地を通すと快感が弱められる。

もう少しでイケそうな私は、再度付近に人の気配がないことを確認すると、便器に浅く腰掛け両足を上げる。

右肩の肩ひもを腕までずらし、胸を掘り出すように出し、直接触る。ビビクンと体が反応する。「ほぅ」と息が漏れる。さらにニーソの足を大きくあげ、膝先はだらりと脱力。自分で見ても相当エロい格好。

もどかしい気持ちを抑えてキツめのスク水の股間をずらす。そこは大洪水になっていた。ゆっくりと割れ目に指を添える。にゅるっと指が吸い込まれ、腫れ上がったクリに触れる。ビクッとはねる体。

一気に上り詰める。ギュッと目をとじ股間と乳首に集中する。股間の指が機械のようにブルブルとクリを刺激する。腰のあたりに快感が集中してくるのが分かる。これが私のいっちゃう直前のサイン。ガクガクと自分のじゃないように腰が動く。全身の筋肉が硬直する。声を上げずに大きく口をあけゆっくりと息を吐く。がくっと脱力してちょろちょろとおしっこを漏らす。
いっちゃうのと一緒におしっこをすると、すんごく気持ちいい。出るに任せていると長く快感が続きまた目の前が真っ白になる。

そのままタンクに背を預けて半ば失神したかのように時間の経過すら分からない。何分経ったんだろう。

私はおしっこと愛液でぐちゃぐちゃのまたを念入りにティッシュで拭くと、ゆっくりと服装を直して立ち上がり、トイレを流す。

ふと顔を上げる。

隣のボックスとの仕切りの上に違和感を感じ、じっと見る。瞳孔が開くのが分かる。

そこには、彼の顔。私は飛び上がるくらいびっくりする。かれはニヤァとわらうと

「みつけた」

とつぶやいた。

露出のS(11)

放課後の教室。今日は日直。掃除までは当番がやるんだけど、最後の確認は日直の責任。この制度だけは訳が分からん。しかも、机が綺麗に並んでるかが判断基準。
ひとつひとつ机を見て回る。一番前の机の前に立って、一列きちんと並んでいるか確認。くーだらない。

そんなことよりK子さんと金曜日まで会えない…。日直の日誌を書き終えて閉じる。
いつもは一緒に帰ろうと言ってくるA美も、さすがに今日は待っててくれなかったのか、教室にはもう誰もいない。
K子さんのことを考えたり、友達からのLINEを返したりしながら日直の仕事をしていたので、普段より1時間も遅くなってしまった。すっかり日も低くなり教室内を赤く照らしている。

「ふぅ」とため息をついて立ち上がり、日誌を黒板の下にぶら下げて自分の席の荷物をまとめる。グランドからは運動部の声が聞こえてくる。ふと荷物をまとめる手を止める。誰もいない教室。それを意識すると、急に顔が熱くなってドキドキしてくる。

しばらくの葛藤。ここで裸になったら…。やや、人気がないとはいえまだ明るいし、誰か戻ってきたら言い訳のしようがない。でも、教室の中だけなら大丈夫?でも誰に見られるわけじゃないし…。見られなきゃつまらない?徐々に『いい・わるい』から『どうしたらもっと刺激的か』に思考がシフトしているのに気が付く。

そっと、グレーのスカートに手を差し入れショーツに手をかける。「どうせ誰もいないし」と一気に下ろして右足と左足を抜く。ささっと鞄に下着をしまう。スカートをはいているのが逆に解放感を感じさせる。まだ物足りない。白地にグレーの襟のセーラーの上着を脱ぎ、Tシャツを脱ぐ。ブラを外す。全裸にスカートのみ。

あとはスカートだけ…ホックに手をかけるんだけどさすがにちょっとドキドキする。自分の体を見てみる。裸にスカート。胸が夕日に照らされている。外からは野球部の掛け声。急に恥ずかしくなり、脱いだ制服を抱きしめてしゃがみ込む。ドキドキが収まらない。

「恥ずかしい…」

と、カツカツと廊下を歩く音が近づいてきているのに気付く。慌てて制服だけを被り、脱いだ下着をかばんに突っ込む。足音は教室の前で止まると、ほどなくガラガラっと扉があいた。大急ぎでセーラーの胸元のホックを掛ける。

姿を見せたのは教務主任の糞オヤジのP先生だった。「おっと」と声を上げる。被ったばかりの制服をパタパタと直す私。リボンもつけてないので着替え直後だと思ったのか、ちょっとキョドるP。「あ、すまん」というと一回咳払いをして「部活がない者は早く帰りなさい。」と言いかけると、私を二度見する。

ドキッとする。舐めるように私を見るP。まずい。なんかばれたかな。

自分の服装を再度確認する私。

「スカートの丈が短すぎる。ちゃんと履きなさい」と注意された。

ほっとする。「はぁい」とだけ答えるとPは廊下に出て扉を閉めた。足音が遠ざかる。
危なかったぁ…。全然気が付かなかった。
…今、私は下着もTシャツも無しで制服だけを身に着けている。外から見ると変わらないけど普段ありえない状態。「そうか。この恰好なら誰も気が付かない…」

私は教室の前にふらふらと吸い込まれるように歩く。教壇の脇に立つ。誰もいない教室全部が視界に入る。掃除が終わって整然と並べられた机。スカートのすそをゆっくりと持ち上げてみる。あらわになる性器に外気が直接触れるのを感じる。目を閉じて音に集中する。グランドの音がうるさいくらい聞こえる。廊下は静か。大丈夫。誰も来ない。

持ち上げたスカートのすそを口にくわえてみた。ドキドキして目の前が真っ白になる。そのまま窓際まで歩く。窓の下にはグランドで走り回る運動部。

だめだ。全然足りない。あの公園での毎夜の出来事やK子さんとのことはこんな刺激では全然埋められない。

見た目はそのままなんだし、このまま学校内を歩いてみよう。下着を乱暴に突っ込んだかばんのチャックを閉めると、その荷物はそこに残したまま教室を出た。

日中は賑やかな廊下も今は誰もいない。あそこがキューっとなるのを感じる。
ふらふらと当てもなく校舎を歩く。廊下の角に差し掛かると、曲がった先足音が聞こえてくる。

ちょうど角ですれ違う。人が居ると思わなかったのか、私にびっくりして「お」と声を上げる。クラスの男子Mだった。

「おぉ。Sさんおつかれー」と声をかけてくる。急に恥ずかしさが増す。顔が見れない。「…おつかれ」と消え入りそうな声でやっと返す。「どしたの?具合悪いの?」と聞いてくる。

「ん。だいじょぶ」と笑顔を作って、思い切って顔を見る。なんかギョッとした顔をする彼。なんかバレた?。今度は彼から目を離せない。「…お、おぅ。きをつけてな」としどろもどろになる彼。教室のほうに歩き始める。

その理由は、ドキドキを覚ますために入ったトイレの鏡を見てすぐに分かった。思わずつぶやく。「…ものすごいエッチな顔してる」こんな顔をMに見られた…。これ、凄い。

もっと凄いことをしたい…。ふらふらと渡り廊下を渡り『北校舎』に向かう。ここは昔は使われていたらしいんだけど、今は一部を文科系サークルが部室として使う以外は余った机とか、教材を保管する倉庫として使われている。帰宅部としては、クラス替えしてあてられた机が傷んでたり、前の利用者が穴をあけてたら、『マシ』な机を探しに来る校舎、という程度の認識。

学校の北側にあるので、ほかの校舎の影になってこの時間でもだいぶ暗い。

ここなら多少危ないことしても大丈夫かも。

1,2階は部室として使われている教室が多いので最上階の4階に上がる。埃のにおいがする。廊下の一番奥にあるトイレ、個室に入ると私はもう一回上着を脱いだ。あらわになる胸。ブラをしていないのと罪悪感のためか、なんとなくいつもより重みを感じる。スカートを脱ぐ。全裸にソックスに上履き。制服を丁寧にたたんで、洋式便座のふたの上に置く。

個室から出て、洗面所の鏡を見る。もう何年も使われてない洗面台は埃で薄汚れて水が流れた跡もない。汚れで曇ってる鏡に全裸の私が映る。あそこがまたキュッとなる。指をあててちょっと触ってみる。
「すごく濡れてる」
そっとトイレの出口から廊下を覗く。もちろん誰もいない。ゆっくりと外に出てみる。廊下の真ん中に立つ。

「へへへ…やっちゃった…」

学校の廊下で全裸。もし誰かに見られたら取り返しがつかない。楽しい高校生活も終わり。知らないうちに涙が出てくる。足が震える。

一歩前に進んでみる。背筋をものすごい快感が走る。「しゅごい…」声に出しちゃう。

二歩三歩歩く。制服を置いたトイレが遠くなる。怖い。きもちいい。

戻らないと…。腰から力が抜ける。ぺたんとその場に座ってみる。コンクリの廊下のひんやりとした感じがお尻に伝わる。手を前につき、廊下にあそこをこすりつけてみる。鈍い快感が全身を包む。だめ。全然足りない。そのまま激しく体を動かしてみる。私、自分の学校でこんな恥ずかしいことを…。快感よりも背徳感で頭がぼわんとする。ダメ…。こんなところ見られたら。前についた手で胸を揉み上げる。やはり快感よりも罪悪感でぞくぞくする。それにこの埃の臭い。廊下は窓が多いので誰かに見られるかもしれないこの感じ。

すぐに軽く達してしまった。廊下にあそこを押し付けて仰け反るように天井を仰ぐ。雨漏りのシミが目に入る。だらしなく口を開けて「あ…あぅ…」と声を出してしまう。廊下に突っ伏す。蛙のようにだらしなく足を延ばして、時々ぴくぴくと快感に腰が震える。凄い…。でも足りない。ゆっくりと立ち上がる。もう少しだけ…。

一番奥のトイレから4教室分歩く。一番手前の階段にたどり着いた。下から2階の吹奏楽部の演奏が聞こえてくる。3階も使われていないフロア。私はゆっくりと階段を降りていく。全神経を耳に集中しながら。

3階につく。何もない。足が震えて、手すりに掴まらないと立ってるのもおぼつかない。愛液が腿を伝い廊下に滴る。でもここから先はダメ。文化系の子たちが使ってるし…。まだ。いける?。

結局2階1階と降りてきてしまった。昇降口。今は使われていない木の下駄箱がずらっと並んでいる。廊下と階段は狭いから何とか歩いてこれたけど、ここは広い。この解放感が逆に不安にさせる。

急に現実に戻る。全裸の私。制服は4階のトイレ。もう取り返しがつかない。あはは。どうしよう…。

誰もいない。廊下の真ん中にぺたんと腰を下ろしてみる。冷たい。
そっと胸に触れる。大丈夫。誰も来ない。こんなところ見られたら本当におわり。あそこに手で触れてみる。だらしなく開いたそこはグショグショに濡れて、お尻を着いた廊下を濡らしてた。

「これ以上はダメ・・」ゆっくりと立ち上がろうとしたとき、昇降口から女の子たちの話し声がした。私は下駄箱の影に慌てて隠れる。ドキドキして血管が切れそう。彼女たちは私が隠れた下駄箱の後ろのブロックを通って廊下に入ってくる。(こっちに来ないで!)祈る私。裏腹に声が近づいてくる。息を殺す。

このままだと真横を彼女たちが通り過ぎる。彼女たちの後ろ姿が視界に入る。幸い彼女たちもこんなところに人が居ると思っていないのか、そのまま通り過ぎて行く。遠ざかる足音。シーンとした空間が戻る。ふーっと大きく息をつく。腰が抜けてなかなか立ち上がれない。反対にあそこはグズグズに濡れていた。「危なかった…」

制服は4階。私は今1階の昇降口に裸で居る。絶望的な状態。どうしよう。なんてことしたんだろう。廊下に行くには廊下を横断しなくてはいけない。来るのは楽だったのに、今はあそこに行くのも難しい。耳を澄ます。大丈夫人は来ない。

廊下を走って横切る。不意に意識を向けていた廊下の反対から「キャっ」と声がする。

見られた!?

私は転がるように階段を上がる。何をどうしたのか覚えていない。足音がひとつ走って追いかけてくる。3階の踊り場を四つん這いになるように上がると後ろから追いかけてきた足音の主が声を上げる。

「Sちゃん!」

終わった…。

頭が真っ白になる。小さくしゃがみ込む。足音が真横までくる。「Sちゃん…?」

次の言葉をまつ。ガサゴソと荷物をあさる雰囲気。ふぁさとスポーツタオルがかけられる。
しばらくの沈黙。

「…なに…してるの?」

聞き覚えのある声。ゆっくりと顔を上げる。

最悪だ。親友のA美だった。

なんて言えばいいんだろう。私はなんとか声を絞り出す。「なんで…こんなところに?」

「吹奏楽の子のつかいっぱしりしてたんだよ。で、買ってきたもの届けようと思ったら、あんたが…」

どう言い訳をしようかと考えていると、彼女から口を切った。

「だれに、こんな酷いことやらされてんだ?」

あっけにとられる私。

「誰かに命令されたんだろ?許せない。だれ?」

いつも活発で、にこにこして、ボーイッシュでかっこよくて、誰とでも仲良くするA美。こんなに怒ったところみたことなかった。
「誰だ!」一緒にしゃがみ込み、私の肩を掴み問い詰める。
顔を覗き込むA美。怒りと心配が入り混じった見たこともない顔。言い訳なんてダメだ。

「じ…自分で…」消え入りそうな声で答える。

「…え?」と聞き返すA美。肩を掴む手の力が緩む。

「私、自分で…こういうのが…好きなの…」

「そう言えって言われてるの?」声が優しくなった。

私はフルフルと頭を振る。「本当なの」もう一回だけ「うそでしょ?」と聞くA美。もう一回頭を振る。

絶句するA美。親友を失ってしまう。でも彼女は人に言いふらしたりはしないだろう。それだけを信じての告白。

ごくりと彼女が唾を飲み込む音が私にも聞こえた。
「服は?どこにあるの?」と立ち上がる。もう一回私の顔を覗き込み。「とってきてあげる。ここなら人来ないから大丈夫だよ」。いつも以上に優しい声。そっと顔を見上げると、にこりと笑う。かわいい。

4階のトイレの個室に置いてあることを伝えると「大胆だなぁ」と笑い、走って行ってくれた。ほどなく戻ってくる。私が袖を通していると「下着は?」と聞いてきた。「教室…」。もう一回ぽかぁんとするA美。本当にごめん。

「まぁ…上着とスカートさえ着ちゃえば問題ないね」と一緒に教室に戻る。

夕日が沈み、さっきまで真っ赤だった教室が暗くなり始める。

「ああいうこと、いつもやってんの?」とA美が聞く。学校では始めてだと答える。もちろん、外でも全裸で歩き回ったことはない。いままでの公園での出来事とかざっくり話してみる。でもK子さんの話はしなかった。

引かれるかとも思ったんだけど、「だんだんエスカレートかぁ。なんかわかるなぁ」と共感してくれるA美。

「でも、もうこんな危ないことやめなよ」と私の顔を見る。

そうだね。でも…と思っていると。その空気を読み取ったのか、

「手伝ってあげようか?」

へ?

「あたしがさ、人が来ない場所とか探して、まわり警戒したりとかしてさ。いざという時の服とか、持ってついてあげるよ。そしたら危なくないだろ」

「…でも」と答えると、「じゃぁ、やめる?」と意地悪な顔をする。

答えに困っていると、「よし。きまりだね。」と、私を教壇の真ん中に導く。教卓に腰を下ろすと、隣に座るようにトントンと隣のスペースを手でたたく。
言われるままに隣に座る。教室全体が見渡せる。

「じゃぁ…変態さんのSさんには、私に契りの宣言をしてもらいましょう。そういうの、すきでしょ?」と顔を覗き込む。

ふるふると頭をふる。

「えー、さっきの思いしたら簡単じゃん」といたずらっぽく笑う。K子さんが一瞬だぶる。酷いことされているはずなのに、あそこがキュンキュンする。

A美は、ぴょんと教卓から飛び降りると、2列目の真ん中の机に座る。「はいどうぞー」

「あの、これからも…よろしく。今日は、ありがと」と何とか声を押し出す。

「りょーかーぃ。よろしくね」と笑うA美。続けて「じゃぁさ、これから相棒なんだから、恥ずかしいところ見せてよ。」

ぎょっとして顔を見返す。にこにこするA美。「…それは」と答えると。「えー。これから一緒に危ない橋わたるんだよ?信頼してくれないと。」

暫く見つめあう。彼女は相変わらずにこにこしたまま。

私は教卓に腰掛けたまま、ゆっくりとスカートのすそを上げ、足を少し開く。「これでいい?」

A美は笑顔のまま「もっと恥ずかしいところがあるでしょ?」と首を傾げる。

私はあそこに手を添えてゆっくりと割れ目を開いて見せた。顔はもう見れない。しばらくそのまま。

もういい?と聞こうと思うと「その程度?もっと恥ずかしいことしなよ」と急に強い口調になる。びっくりして顔を見ると、両肘をついて勝気な顔を見せていた。「はやく」。

私は、ゆっくりと割れ目に手を添える。ものすごく濡れてる。そのまま指を沈める。なるべく気持ちよくならないように、そうしているように見えるように。

それでもこの異常な事態に体が反応する。粘土の低いサラサラの愛液があふれてくる。ふっふっと息が荒くなる。

A美を見ると。耳まで真っ赤にして私を見ている。ついていた両肘は肩肘になり、下ろした右手が机の下に入っている。

A美が私を見て興奮してる。もっと見て、体制を少し斜めに変えて足を閉じる。「みえないよ。胸も見せて」というA美の命令に従って私は制服をたくし上げて胸を見せる。その手で胸を揉んでみる。ぴりぴりと太ももに快感が走る。だんだん高まってくる。

「きもちいい?」とA美が聞いてくる。こくこくと頷く。左手で左胸を揉み上げながら、右手でクリを刺激する。教卓が不安定なので腰を揺するとガタガタとなる。

ふと廊下の足音に気が付く。既に薄暗くなっていて、廊下の電気が付けられた。誰か来た…。

私が手を止めると、A美は「大丈夫。入ってこないよ」と言う。でも…と言いかけると「つづけて?」と私を見つめる。

クリにあてた指を動かし、制服の中で胸を揉む。再び快感が襲ってくる。でも近づく足音がそれを押さえつける。怖い。足音が教室の横を通り過ぎる。A美を見る。彼女も目を伏せて、左手を制服の中に入れて胸を揉み上げ、机の下の右手をさっきより激しく動かしている。制服の中で動く手が見えない分いやらしい。A美が私を見てオナニーしてる。

足音が教室の前までくる。やめないと…。でも、もう少しで逝けそう。A美もだらしなく足を開いて天井を仰いではぁはぁと息を荒げる。

その姿を見てさらに昂ぶる私。あ、イけそう。

と思ったとき、ガラガラっと後ろの扉が開く。大慌てで服を直す私。…ばれた!
電気が付く。A美を見ると、ぱぱっと座り直し、机に肘をつく姿勢に戻っていた。私もスカートの裾をもどし教卓に腰掛ける姿勢に戻る。
座りなおすとあそこがまだぴくぴくしてるのがわかる「んふん」と声が出てしまう。

「なにしてんだ!早く帰れ!」と男の先生の声。「もう真っ暗だぞ!なんだ教卓に腰掛けて!」とお怒り。

A美はいつもの笑顔を作ろうとしてるんだけど、目がとろんとしてエッチな顔が抜けない。そのまま先生のほうに振り向いて「話に夢中になっちゃって。ごめんなさい」と笑う。
「S、かえろ」と手をこっちに差しだす。先生はちょっときょどった後「早く帰れ!」ともう一回言い直す。私はA美の手を取って教卓から降りると、自分の席の上の荷物を取った。A美と先生の横をすり抜けて教室を出る。
「さようならー」二人で声をだして、廊下を走る。「廊下を走るな!」と後ろから先生の声。何となくおかしくなって二人でけらけら笑う。

下駄箱で靴を履き、グランドを横切る。すっかり真っ暗。A美がなにか手に持って回す。パンツ???

「あたしもぬいじゃった。いっしょだねぇ」と笑うと私に手を差し出す。そういえば、A美とは長い付き合いだけど手をつないだことはなかった。
私がその手を取ると「超かわいかったよ」と耳元でささやいた。私はビクッとなると、あははと笑った。この日は駅まで手をつないで帰った。
「なにが入ってこない、だよ。ばっちり入ってきたじゃん。やばかったよ」と私が返すと。「あれはやばかったな」と笑う。

スカートの中はすーすーしたけど、なんか心強かった。

家に帰って、お風呂に入ってK子さんとA美両方を思い出しながらもう一回逝った。

露出のS(10)

今思い返すと夢のような、ふあふあとしたあの金曜日の夜が明けて翌日。バカ兄貴は昼ちょっと前にヘロヘロになって帰宅した。
「なんだ、結局家に居たのか」となんかつまらなさそう。麻雀で勝ったらしく、ベットの上で半身起しっててムッとする私に口止め料を投げてよこす。
「口裏合わせ頼むぞ」とGJして見せる。返答もせずもう一回ベッドにばさっと横になる。

その土曜の夜、やっぱりK子さんは来なかった。出張の話は本当だった。一週間K子さんと会えない…。
味気ない独りのジョギングを1週間続けるのかぁ。寂しい。K子さんに会いたい。
中央広場でお茶を飲みながらスマホを眺める。ふと思い立ってLINEを立ち上げる。K子さんに「寂しい」と打ってみる。

こんなことしたら鬱陶しいと思われるかな…。と思ったけど「送信」を押す。
10秒くらい画面を眺めているとすぐに既読のマークがついた。ドキッとする。一瞬だけど彼女の存在を感じた。胸の奥がキューっとなる。
親友のA美の言うとおりだ。これは恋かもしれない。

そういえば出張ってどこに行ったんだっけ?聞かなかったな。
とか考えながら、待っていると劇画っぽいキャラが涙を流しながら「みーとぅー」と呟いているスタンプだけ送られてきた。
なんだこれ。
そのあと「あいたいなぁ」と送ったけど、暫く待っても既読はつかなかった。

ブルッと震えがくる。結構体が冷えてきたので、腰に巻いたウインドブレーカーを外して袖を通す。

今日はジョギングをする人の姿も少ない。私の座っているベンチは花壇に囲まれた遊歩道の真ん中にあり、横には自動販売機。広場を挟んで反対側に綺麗な公衆トイレ。
防犯のため、目隠しの衝立は無く、入り口からドアの開いたボックスが並んでいるのが見えている。

街灯より明るいので直視すると目を細めるほど眩しい。大体10分間隔の電車が駅に着くと3人4人と人が流れる。
その中で時々子のトイレを利用する人が居る。綺麗なトイレなので夜の公園のトイレとしては珍しく、若い女性も結構利用する。

ぽーっとその明かりを眺めていると、ハイヒールにピシッとしたタイトスカートのスーツを着た女性がトイレに入って行った。

静かな公園なのでドアが閉まる音が聞こえる。しばらくするとジャーっと水が流れる音。

ドアが開く音がして、入り口から見える洗面台のところにさっきの女性が服装を直しながら出てきた。手を洗い鏡で口元と髪の毛をちょいちょいとチェックして外に出る。
そのまま周りを気にするでもなく、住宅街の方向に消えてく。

次に来たのは、ジョギングの男の人。この寒いのに短パンにTシャツ。運動靴に白のショートソックス。お笑い芸人みたい。
トイレの外壁でストレッチをすると男子トイレに入って行った。ジョボジョボと豪快なオシッコの音が外まで聞こえてくる。
音が途切れると、入り口の洗面台を素通りして外に出てきた。おいおい手を洗えよ。

トイレの出口を見てるだけなんだけど、なんだか人間の動物的なところを盗み見ているようですごくドキドキする。
別に隠れてみてるわけじゃないんだけど、向こうは自分を見られているとは思ってないだろうし。

今度は紺のウインドブレーカーのフードを被った人がトイレの前を横切る。電車に乗るような格好でもないし、ジョギングをする風でもないのでちょっと違和感。
男子トイレと女子トイレの入り口の間に立って、ケータイをいじり始める。顔がケータイの明かりで照らされる。高校生か中学生くらいの男の子のように見える。

どうも周りを気にしているように見える。私のこともチラチラとみているようだ。ちょっと気持ち悪い。
スマホをいじっているふりをしながら彼のほうに意識を集中する。

彼はまたキョロキョロと周りを気にすると、私をじーっと見る。私はスマホをいじるのに集中しているふりをする。

彼は、ゆっくりと動き出すと、トイレの脇の暗がりに入って行った。スマホから目を上げて彼を見ると、ちょうど公衆トイレの裏に彼の姿が消えるところだった。
なんだろう…。それっきり彼は出てこない。
そのあとも10分程度で2,3人の男女がトイレを利用したけど彼は出てこなかった。トイレの裏は崖で、その上をサイクリング&ジョギング用のコースが通っている。
いつも上を通ってる感じだと、トイレの裏はツツジが植え込んであって、
その後ろは崖をコンクリで固めた壁。よじ登ればサイクリングコースだけど、上るのはちょっと厳しい高さ。

「何してるんだろ…」すごく気になるけど、見に行くのは怖い。

また若いお姉さんがトイレに入っていく。しばらくすると水が流れる音がして、彼女が出てくる。
裏に入った彼はまだ出てこない。サイクリングロードに上がって舌をそっと覗いてみる。

彼はやっぱりトイレの裏にいた。ツツジの植え込みの横の何かのケースに腰を下ろし、ケータイをいじっている。
紺のウインドブレーカーが闇に溶けて、人が居ると知ったうえで、よほど気にしないと気が付かない。

なんだか気味が悪くなって、そのままコースをジョギングして家に帰った。
家に帰って、寝る準備を整えてK子さんへのLINEに既読が付かない画面を眺めながら気を揉んでいると、そのことはすっかり頭の中から追い出されていた。

結局翌日夕方、学校の帰りにあのトイレの前に差し掛かるまですっかり忘れてた。
裏に何があるんだろう。まだ明るい今見ると、トイレの両脇に作業用の細い通路のようなものがあるのがわかる。

ちょうど人通りもないので、ちょっと裏に回ってみる。昨日上から見た通り、ちょっとした茂みがあって松が2本植わっている。
その横にビールケースのような何かの箱。その後ろは崖をコンクリで固めた壁が3メートルくらい。到底上るのは無理だ。

トイレの壁には、個室ごとに換気用のフィンが付いた窓が付いている。こちらの地面がトイレの地面より低くなっているので、フィンは腰の高さくらいだ。
もしかして覗さんだったのかな…、とのぞきこんでみる。当然中からも外からも上向きのフィンが組み合わされていて中は見えない。あたりまえだ。

ふと、一番奥の個室の換気窓に違和感。近づいてみるとフィンが何かで下から大きい力を掛けたようにへの字に曲がっている。

ちょっと覗いてみてギョッとする。中が丸見えだ。しかも、見えているのは便器から胸の高さくらいまでなのでおそらく向こうからは見えない。

裏から周りを気にしながら外に出る。いくら明るい時間とはいえ、公衆便所の裏から女子高生が現れるのは怪しい。
今度は中から見てみる。女子トイレの一番奥の個室。ここだけが和式のトイレ。
床から10センチくらいの低いところに高さ20センチくらいの換気窓のフィンが付いている。この部屋は角部屋にあたるので、ほかの部屋と違って、便器の左斜め前と真横に2個の換気窓がある。

内側のフィンもかすかにへの字に曲がっているんだけど、相当気にしてみないとわからないし、曲がっているところで外が見えるほど曲がっているわけじゃないので気にならない。

横は気にしなかったので改めて裏に回ってみると、この窓もへの字にフィンが曲げられていた。覗き込むと、便器がよく見える。
ここも広場と段差があり、茂みに囲まれているので、しゃがめば周りからは見えない。

急にドキドキし始める。

もう一度和式トイレに戻りドアを閉める。パンツは下ろさずスカートをまくり和式トイレにまたがり腰を下ろしてみる。
斜め前と真横の換気窓を見てみる。この位置から見てもフィンがちょっと曲がっているだけで外は見えない。

間違いない。昨日の彼はノゾキさんだ。

いたずら心が疼く。ノゾキさんをノゾくことに興味が湧く。そのときはそう思おうとがんばってた。どっかで見られたい自分の露出癖を押さえつける。
K子さんが居ない寂しさを紛らわすにはちょうどいいイベントかも。今日は久々の変態さんウオッチングだ。

日が沈むと急に雨が降ったりやんだり。気温は比較的高いので、いつものジョギングウエアに雨具を被りジョギングに出発。
中央広場は時々傘をさす人が通り過ぎるだけ。さすがに今日は来ないかな。と自販機でお茶を買いベンチに腰を下ろす。
既にびちゃびちゃだけど、雨具被ってるし気にしない。

15分ほど待っても彼は来ない。冷えたのかお腹がキュルキュル痛くなってきた。まぁ目の前がトイレだし問題ないか。
と思いながらもう少し待ってみることにする。

さらに10分。雨が強くなってくる。限界。オシッコもしたくなってきた。なぜかドキドキして顔が熱くなってくる。

トイレによって帰ろう。ただそれだけ。トイレに入り洗面台の前で雨具を脱ぐ。一番手前は外から丸見えなので、なんか恥ずかしい。
もちろんドアを閉めれば見えないんだけど。そういう理由でいつも2番目の洋式のボックスを使う。

ふと一番奥の扉が目に入る。和式のあのボックス。

とくんと心臓が鳴る。ダメダメ。外から見えることがわかってるんだよ?

足が一番奥のボックスに向かう。ドキドキして頭がぼーっとする。扉を閉めて脱いだ雨具をフックにかける。
便器に向き直ると、斜め左前と右真横の換気窓が目に入る。気のせいか少しフィンのへの字の角度が大きくなっているような…。

キュルキュルとお腹が鳴る。スパッツをゆっくり膝までおろし便器にまたがり腰を下ろす。

同時に斜め前の換気窓の外でガサッと何かが動く音がする。よほど外に意識を集中してないと聞き逃すほどの些細な音。

ビクッとして腰を下ろす動作を止める。

しばらくそのまま様子を見る。雨音がさらに強くなった。草木を打つ水の音が換気窓から聞こえてくる。

耳を澄ましていると、もう一回カサカサと何かが動く音がする。もしかして、もう居る?

ドキドキが高まる。見られてる。

出なくちゃと思う気持ちと、このまま続けたらすごく興奮できそう、という好奇心の葛藤。久しぶりの感覚。

どうせ顔は見えないんだし…という気持ちが私を大胆にさせた。スパッツを膝から脛までおろし、ゆっくりとお尻を下ろす。

オシッコをしようとしても体が緊張してなかなか出てこない。つま先に力を入れてキュッと上半身を持ち上げるとちょろっとオシッコが出るのを感じる。
「んっ」と声が出ちゃう。やっぱり恥ずかしい。止めなくちゃ…。でも出始めると止められない。ちょろちょろと音を立てて流れ続ける。
窓までの距離は1mくらい。明らかに人の気配を感じる。パタパタと雨の音が変わる。おそらく雨具か何かを打つ音。それが近づく。換気窓に近づいたんだろう。
緊張でオシッコが止まる。でもそのまま余韻に震えていると、雨が雨具を打つ音が左前の換気窓から遠ざかったかと思うと右の換気窓に移動する。「横からも…」
こっちは斜め前の窓よりさらに距離が近い。足首のすぐ横。興奮で立つことができない。恥ずかしい。

寒くなってきてお腹がキュルキュルと鳴る。急に便意が襲ってくる。そっちはダメ…。

洋式は椅子に座るように腰を下ろすけど、和式の中腰は大きいほうの我慢がしにくい。
便意の高まりに合わせて、興奮も高まる。「絶対ダメ。立たなくちゃ」と理性が訴えてくる。横から見られたら丸見えじゃん。

右の窓のパタパタと雨具を打つ音が大きくなる。窓に貼りつくように見ているんだろう。
便意をこらえてお尻を突き上げる形になる。立ってスパッツを上げないと…。

はぁはぁと自分の息が荒くなっていることに気が付く。「ダメ」とかすれた声を出してしまう。
自分の声にびっくりして口をぎゅっとつぐむ。ゆっくりと肛門が押し開かれるのを感じる。
ムリムリと大きいのが押し出される。背中を走る快感に声を出してしまいそうなので、口を手で押さえて鼻で息をする。自分の排せつ物の臭いが鼻を衝く。

「ん…んん」と鼻から声が漏れる。口を押える手に力を入れて我慢する。つま先に力を入れて大きくエビ反って口を押え快感を押さえる。
頭が真っ白になる。全身の緊張が解けて脱力。中腰で座ったまま左の壁に頭を預けてはぁはぁと肩で息をする。「うんちで逝っちゃった…」

いつの間にか元の左前に移動した雨具の音。それに合わせて布の擦れるコシュコシュという音が聞こえる。
私見てオナッてる…。

軽く逝ったあとで敏感になってる胸がピリピリとした感じになってくる。そっと撫でてみる。
「うぅん」と思ったより大きい声が出ちゃう。乱暴に胸をこねるとまた頭が真っ白になる。
見られてるのに、こんなことして…。私本当にどこまで変態さんなんだろう。

頭を壁に預けたまま、割れ目に右手を添える。この位置からだと左前の窓から丸見えだろう。いいよ。見せてあげる。
ゆっくりと割れ目を広げる。窓の外から聞こえる布の擦れる音が止まる。食い入るように見ているのを感じる。
そのまま薬指でクリに触れるとビクンと全身が反応する。左手はぎゅーっと左胸を痛いほど揉み上げる。

薬指をゆっくりと動かしながら、大きく息を一回吐く。鼻にかかった息が自分でもいやらしい。

左手でスポーツブラを押し上げて、乳房を手のひらで持ち上げ、硬くなった乳首を人差し指と親指で転がす。
太ももにぴりぴりと弱い電気が走る感覚。右手は人差し指と中指と薬指をそろえて、びちゃびちゃになった割れ目をぐりぐりとかき回す。

雨がさらに強くなったみたい。雨の音が強くなり、屋根から流れ落ちるジャバジャバという水の流れる音がしはじめる。
そんな音を聞きながら、くちゅくちゅとトイレの中に響く音を他人事のように聞く。

絶え間なく送られてくる快感に痛いほど乳首をつまみグリグリとする。痛みで意識がしっかりすると「うぅうん」と鼻にかかった声を上げてしまう。

声を我慢すると、余計にのどが絞まって声が出てしまうので、大きく口を開けてできるだけゆっくり息を吸う。
そうすると、強い声は出ないんだけど、ほぅほぅと大きい吐息が出て余計にいやらしい。

換気窓の外からもはぁはぁと男の人の興奮した息遣いが聞こえてきた。
次第に、低く唸るような声も混ざってくる。

私を見て。もっと興奮して!。高まってくる、ぎゅーっと全身に力が入る。「逝っちゃう…」と小さい声で行ってみる。
もう止まらない、鼻にかかった声で「いく、いく…」とうわごとのように繰り返してしまう。
すると、逝くのとはまた違う感覚が下半身に走る。「ん…なんか、出る…」、ピシュッと音を立てて、マンコをこすっていた手の隙間から液体が飛び散る。

あまりの刺激に「きゃぅんっ」と声を上げてしまう。さっき途中でやめたオシッコだ。
もう手も腰も止められず、腰を振るたびにピュッピュッとオシッコが飛び散る。気持ちいい…。

今まで出したことがないような、泣くような小さい声で「いくいく、いっちゃうー…」と呟く。全身一層緊張させると、ビューっとオシッコが便器を飛び越して換気窓の上の壁に叩きつけられた。
まるで射精したみたい。

脱力して、左の壁に全部の体重を預ける。時々何もしてないのに快感が走りビクンビクンと体が跳ねる。その都度ふぅん、はぅうと、と息に声が混ざったしまう。
外からはまだ布の擦れる音と、うなるような男の子の声が聞こえる。布の擦れるペースが速くなる。
「んぁっ!!」っという声が聞こえるのと同時に布の擦れる音が途切れる。しばらく間をおいて「あぁ、うぁ…」と声が聞こえて、そのままザーッという雨音しか聞こえなくなった。

まだ快感が収まらず、時折ぴくぴくと体が痙攣する。左の壁に体重を預けたまま、両胸をさするようにゆっくりと撫で、割れ目に指を滑り込ませる。
指がまだパンパンになっているクリに触れると頭の中で何かが爆発したような感じがして、背骨が折れそうなほど反りかえる。汚いけどそのままガクンと膝をついて、膝立ちのような感じになる。
ちょっと触っただけでもう一回逝っちゃった…。

半分意識が飛んでる状態で両胸をさすりながら、あまり大きな声にならない程度に声も出るに任せて、うぅんと腰をくねらし、快感が収まるのを待つ。

徐々に意識がしっかりして快感が収まってくる。
カツカツとハイヒールの音が近づいてくる。傘をたたむ音がして、足音がトイレに入ってきた。ドタンと隣のドアが閉まる音がする。
がさごそと服のこすれる音がして、ジョボジョボとオシッコの音。カサカサと紙で拭く音がして扉を開ける音。ハイヒールのおとがコツコツと出ていく。
傘を開く音がして音が遠ざかって行った。意識がはっきりする。

「かえろ」

ぐちゃぐちゃになった割れ目を紙をいっぱい使ってふき取って、下着とスパッツを履く。服装を整えて雨具を被る。
洗面台の鏡で自分の姿を見直す。「いやらしい子…」と呟いてみる。
急に恥ずかしさがリアルになってくる。

トイレを足早に出ると、中央広場の真ん中に雨具を被った人影。
紺の雨具。見覚えがある。彼だ。私は怯まずに前を向いて彼の横を通り過ぎる。

じーっと私の顔を見ているのがわかる。顔も見られちゃった…。ドキドキと興奮が蘇ってくる。
それをごまかすように、ゆっくりと歩きからペースを上げてジョギングにして家まで帰った。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード