萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

覗き

屈辱の診察(2)

脱腸の手術で入院した時の事です。明日が手術という日に看護婦さんがきて、「陰毛と足の毛をそらなければならないので、陰毛はご自分でお風呂に入ったときに剃ってください。足のももの後ろは、自分で剃れないので私がそりますね。病室で剃りますか?それとも、処置室で剃りますか?」と聞くので、2人部屋だったので「処置室にしてください」といいました。僕は、剃毛は看護婦さんにしてもらえると、かすかに期待していましたので、たいへん残念でした。聞くところによると剃毛は、看護婦さんがおちんちんを触ってしてくれると聞いていたので、自分で剃るのか、せっかく久しぶりに女房以外の女性におちんちんを触ってもらえると期待していたので、手術をそっちのけにしてワクワクしていたものでした。そして夕方になり、その看護婦さんが迎えに来たので処置室について行きました。処置室に入ると、その看護婦さんは、カーテンを閉めてから「パンツを膝のところまでさげて、うつぶせになってください」といわれました。僕はそこで、おしりだけかと思い、パンツを下げる時は、なるべく彼女におちんちんが見えるようにしましたが、彼女は職業柄かチラッとも見もせずに準備をしていました。そして、うつ伏せになった姿勢のおしりとももの部分を剃り始めました。僕は、ああ?、やっぱり自分で剃るのか、いくら看護婦さんでも陰部は避けるのかな、しょうがないな、あきらめよう」と思い普通の患者の気持ちに戻っていました。そして、何事もなく、おしりとももの後ろの部分の毛を剃ってくれました。そして、作業も終わり彼女は「はい、終わりました、今タオルで拭きますね」といいタオルでおしりを拭いてくれました。そして僕は、期待してた半面、かなりがっかりしましたが、後は自分で剃るのか、どの辺まで剃るのかな?と思い、彼女に確認のため「看護婦さん、足の前のところはどの辺まで剃ったらいいのですか?」と聞いたら、看護婦さんは、「そうですネエ?、膝の上くらいまでですね」と言うので、僕はなんだかあいまいな感じだなと思い、なにげなく「それじゃ、足もすいませんが剃っちゃってくれますか?」と言うと「はい、わかりました。それじゃ陰毛も剃りましょうか?」というので、諦めていた分、僕はびっくりしてしまい、喜びととまどいで上ずった声で「お願いします」と答えました。ただ確認のために聞いただけなのに、とんだ展開になり、久々にワクワクドキドキしたものでした。そして、「どうすればいいですか?」と聞くと「上向きになって、下着を膝くらいまでおろしてください。」と言うので、若い女性に自分の性器をさらすのは久しぶりでしたので、天にも上る気持ちでパンツを下ろして、仰向けに横になりました。そこで彼女は、石鹸を塗り剃り始めました。慣れてないらしく剃るたびに痛いのです。むすこは、10年前だったら勃起したでしょうが、そのときは、我慢できました。半分立たせたいい持ちもありましたが、そのとき、緊張のためか、勃起しませんでした。それでも、若い女性に自分のあそこを凝視されているという状態は、たまらなく興奮したものでした。おちんちんは直接触らないように、タオルで包んで触るようにしていましたがそれでも、個室でその部分を凝視されるのは、ドキドキものです。剃り終わった後、彼女はタオルを持ってきて、「石鹸で痒くなりますから、よく拭いてくださいね」とタオルを渡してくれました。拭いてくれればいいのにと思いながら、そこまではいえませんでした。そして剃毛も無事終わり、楽しみはこれで終わりかと思ってベットで寝ていると、その夜彼女が来て「すみません、私、陰茎の部分は剃らなかったので、お風呂に入ったときその部分をご自分で剃ってもらえますか」と言うのです。なんだここまでやってくれたら、もういちど剃ってくれればいいのに!」と思いながらも、そうも言えず風呂場で自分で剃りました。つぎの朝その看護婦さんがきて、「今日は浣腸しますからトイレに来てください」というので、一緒にトイレに入いりました。若い女性とトイレに入るなんて、それも下半身丸出しで、と思うと少なからず興奮したものでした。「どうすればいいのですか?」と聞くと、「足を開いておしりを出してください」というので、パンツを脱いでおしりを出しました。すると彼女が僕の前を覗き込み、「ちゃんと剃れました?」とあそこをを見るのです。そして「ああ!よく剃れていますね」といい浣腸を始めました。彼女は、、「なるべく我慢してくださいネ」といい、出て行ってしまいました。部屋に戻り、手術を待っていると、なんとまた彼女がきて「すみません 陰毛は、袋の部分も剃らないといけないのですって!もういちど剃りますね!」といい、今度はベットで陰茎をつかみながら、タマタマの毛を剃り始めました。でも、今日手術ということもあり、勃起しません。とても残念でした。チャンスなのに。
手術も無事終わり、朝の検温の時、当番の看護婦さんが「幹部を見せてください」と言うのですが、普通はパンツをおちんちんの根元の部分まで下げ、見せます。これは医者が患部の包帯を変える時もそれですみます。
しかし僕は剃毛の時の看護婦さんが当番の時は、わざとパンツを全部下ろし、おちんちんを見せるようにしていました。でもその看護婦さんがいつ来るかわからないので、勃起はしません。そこで、大体のローテーションを見て勃起させるように準備していました。
とうとう、その看護婦さんの順番になった時、勃起させるのに成功しました。
そして、彼女が近くに来るまで手でしごき、勃起させておき、いざ彼女が「患部をみせてください」と言ったら、即座にパンツを下ろそうと用意していたのです。しかし、長い入院での禁欲生活もあってパンツを下ろすと、なんと射精してしまったのです。その時彼女は、びっくりした顔をしていましたが、同室の患者もいるので黙ったまましばらく見ていましたが、僕がバツの悪い顔をしているのにきずき、黙ってティシュで拭いてくれました。
それからというもの彼女は僕のところへ来ると、ニコッと意味ありげに笑うようになりました。
これが僕の恥ずかしいようなうれしいようなドキドキ体験です。もう一度剃毛されたいと思う今日この頃です。

中学生に寝取られた_7

「……朱美、汚れてるぞ」
 それまで見物に回っていた邦夫がぽつりと言った。
「え? あっ……」
 たっぷり注ぎ込まれた精液が、淫裂からしとどに垂れている。朱美は精液と汗にぬめる太腿を閉じ、慌ててティッシュを探した。
「口でやればいいだろ」
「え?」
「自分のまん汁なら、舐めるのも平気だよな」
 つまりは康二の男根を舐めろと言っているのだ。
(じょ、冗談でしょう! ビデオの見過ぎじゃないの!)
 そう口に出せないのが辛いところだ。前戯としてのフェラチオは夫にも施すが、後戯となれば話は違ってくる。情交の後の男根は膣内の分泌物や精液でどろどろに汚れているのだ。
 断腸の思いで羞恥のハードルを越えても、またすぐに次のハードルが立ちはだかる──。まるで肉色の無間地獄だった。
「……きみだって汚れてるわよ。きれいにしてあげましょうか?」
「おれは後でいいよ。もう乾いちまったしな。おい、せっかくだから雄太もベッドの上に座れよ。朱美が舐めやすいようにな」
「う、うん」
「へへっ、頼むぜ、朱美」
 邦夫の発案に二人は嬉々として従った。だが、さすがに二人の男根は三割方の勃起にとどまり、荒淫の疲れが見え始めていた。朱美は少年たちと入れ替わりでベッドから降りた。
「おまんこ奴隷がなに座ってんだ! フェラ奉仕は四つん這いだ!」
 邦夫が正座しようとした朱美を怒鳴りつけた。それが琴線に触れたのか、朱美は猛然と振り返る。
「お、女にはね! 女には男にわからないプライドがあるのよ!」
 邦夫は驚いた風だったが、あえて言い返さず、なにやら考え込んでいる。無気味な黙考は十秒ほど続き、ふいに邦夫が引き出しの中を物色し始めた。
(な、なによ。なにをする気よ……)
「ま、こんなもんかな……」
 邦夫が取り出したのは、朱美が想像していたコンパスやダブルクリップとは違い、色とりどりの輪ゴムだった。輪ゴムの束を手に邦夫が立ち上がった。
「四つん這いになるのは女のプライドが許さないか?」
 朱美は黙っている。もとより反抗するつもりはなかったのだ。家族を盾に持ち出されたら、従うしかないではないか。つまり、そこが落とし所だ。
「プライドってのはよ、目に見えないから厄介なんだよな」
 邦夫は輪ゴムの束を千切れんばかりに引き伸ばした。打たれると直感した朱美は目をつぶり、その場にうずくまる。
(……え?)
 邦夫は伸ばした輪ゴムを朱美の首に通しただけだった。五本の輪ゴムはさながらチョーカー、いや首輪だ。輪ゴムとはいえ、束になると結構な締めつけになる。朱美は喉元を押さえて、邦夫を仰ぎ見た。
「な、なんのつもり?」
「そうだな、プライドカウンターとでもしておくか」
「な、なによ、それ?」
「別名、美雪ちゃんの操が危ないぞカウンターってとこかな」
「み、美雪……カウンター?」
「あんたが逆らう度に輪ゴムを一本引き千切る。で、ゼロになったらアウト。美雪ちゃんの処女はおれたちが頂くってわけだ。九歳のおまんこはきついんだろうなあ……」
「そ、そんなこと絶対させないわ!」
「だったら輪ゴムがなくならないように、せいぜい素直になることだな。じゃまなプライドは捨ててよ」
 このとき朱美は確信した。この邦夫は他の二人とは明らかに違う。支配欲が肥大した結果、性欲がねじ曲がっているのだ。中学生とあなどってはいけない。淫餓鬼ではなく、筋金入りの淫鬼なのだ。
(ま、まいったわね。この子には色仕かけが通用しない……)
 若き淫鬼を前に、朱美はあらためて覚悟を据えることになった。女のプライドはもちろん、人間のプライドも捨てる。なにもかも捨てて、邦夫が望むセックス奴隷になり切る。それしか一夜を乗り切る方法はない。
 覚悟を胸にしまい込んだ矢先、邦夫の手が伸びてきた。輪ゴムのひとつを摘まみ、思いっきり引っ張る。
「聞いてんのか、こら!」
「え? あ、ごめ……」
 考え事のあまり、邦夫の命令を聞き逃したようだ。輪ゴムは謝る間もなく千切れてしまった。
「きゃっ!」
 弾けた輪ゴムに喉を打たれ、朱美がうずくまる。
「どうだ、四つん這いになるか? この牝豚!」
「な、なります! なりますから!」
 朱美が叫ぶ。プライドは捨てたのだ。もう迷いはない。奴隷だろうが牝豚だろうが、堕ちるところまで堕ちてやろう。
「よーし、おまんこ奴隷は素直が一番だ」
 邦夫は満足げに笑い、いすに座り直した。脚を組んでふんぞり返る。
(王様ね、本物の……)
 そして自分は奴隷だ。その身分にふさわしく、朱美は四つん這いになった。豊満でありながら、締まるところは締まった見事な肉体がもっとも強調される姿勢だ。女は腰、尻、太腿の充実が大事だと気づかせてくれる、牝の姿勢だ。
「おやおや、朱美のおまんこ、ぐちゃぐちゃじゃねえか。久し振りのセックスで燃えたのか?」
(そ、それはあなたたちがコンドームをつけないから……)
「ま、倦怠期の欲求不満はおれたちのちんぽで解消するんだな。ほら、さっさとちんぽ様にご挨拶しろよ」
「あ、はい……」
 朱美は巨大な尻を揺すって、雄太の前へ進み出た。
「ゆ、雄太くん。お、おばさんが舐めてあげるね」
「う、うん」
 朱美は四つん這いのまま、半勃起の男根をくわえ込んだ。精液独自の苦みに混じり、酸っぱいような甘いような、もうひとつの味がする。味は初めてだが臭いはよく知っている。他でもない自分の愛液だ。
(あの子の言う通りね。わたしのあそこ、とろとろなんだわ……)
 突然、口中の男根がふくらんだ。朱美は過度に刺激しないよう、口腔内に唾をたっぷりためて、すすぐように汚れを落としてゆく。汚水となった唾液は飲み込むしかない。ごくりと喉を鳴らし、朱美は上目遣いで微笑んだ。
「はい、きれいになったわ。次は康二くんね」
「お、おう」
 朱美は四つん這いの姿勢を崩さず、康二の男根に移った。実のところ、康二は邦夫以上に苦手だった。多分に生理的な嫌悪感なのだろう。それでもにっこり微笑んで屈辱の奉仕に入るのは、奴隷の身分に徹しているからだ。
 康二の男根をくわえた瞬間、朱美は少なからず驚いた。あの味、自身の愛液の味が顕著になっている。想像以上に三十三歳の女体は反応しているらしい。朱美は口舌奉仕を続けながら、自分の下半身に意識を向けた。
(わたし、こんな子供たちにいかされちゃうのかしら……。さっきまで童貞だった子供たちに……)
 暗い予感を裏づけるように、子宮から膣口までの生殖器全体がひくっと痙攣した。体奥で火照り続けた性感が、朱美の心と重なった瞬間だった。
(ああ、いやよ……。いかされたくない……。こんな子供たちに……)
 心は体に影響を与え、体の変化は心をも変える。生殖器の痙攣は赤黒い疼きとして下半身にこもり、大きなアクメを迎えたいという肉の意思に成長してしまった。
「ん、なんか垂れてるぞ?」
 すぐ後ろから邦夫の声がした。いつの間にか朱美の臀裂を食い入るように覗き込んでいたのだ。 朱美の尻が羞恥によじれる。
(やだ、見ないで!))
「お、また垂れてきた。へえ、まん汁って一気に出るもんだな」
 今度は朱美にも股間を伝う熱い滴が実感できた。
(ち、違うわ。こ、これは精液よ。あ、後始末しなかったから……)
 そんな朱美の気持ちを見透かしたように、邦夫があざ笑った。
「おれたちの精子じゃねえぞ。涎のように透明だからな。この女、フェラチオしながらまん汁出しやがった」
(う、うそよ! あんなに出されたんだもの! 精液に決まってるわ!)
 そう否定すればするほど朱美の膣壁はじくじく疼き、澄んだ蜜を溢れさせていく。まるで素直になれない精神を肉体が戒めているようだ。
「ぼ、ぼくにも見せて」
 雄太がベッドから降りて、邦夫の隣に座った。視線が増えた分、股間の疼きも倍加したようだった。
(い、いやよ! そんなに見詰めないで!)
「お、また垂らしやがった。もう、止まらねえな、こりゃあ……」
「ほ、ほんとだ。きらきら透明で、とてもきれいだね……」
(ああ、だめよ。雄太くんまでそんな……)
 実際は、陰毛にまで精液をまぶされた朱美の股間は乾燥と湿潤を繰り返し、目も当てられないほど汚れている。だからこそ、にじみ出ている透明な愛液は掛け値なしに美しいのだった。
 康二も愛液まみれの女性器を見たくてうずうずしていたが、朱美がくわえた男根を離そうとしない。朱美は康二の股間に顔を埋めることで、羞恥から逃れようとしているのだ。
「よーし。素直になったご褒美を上げなくちゃな」
 邦夫が真っ赤な肉襞をすっとなぞり上げた。
「むっ……」
「見ろよ、こいつのおまんこ、どろどろに充血してるぜ。自分の出したまん汁を吸って、びらびらが膨張してるんだ」
(う、うそよ。そんなことないわ……。あ、やだ! 触らないで!)
 邦夫は媚唇をめくったり摘まんだり、ひとしきり感触を確かめた後、指先で膣口を探り当てた。盛り上がった桃色の肉の奥に漆黒が見える。光の届かない肉の洞窟だ。
「ここか、まん汁の湧く穴は? ぽっかり開いて、だらだら垂らしてやがる」
(う、うそばっかり! いい加減なことを言わないで!)
「よーし、ずっぷり塞いでやらねえとな。このままだと、雄太の部屋がまん汁で水浸しになるからな」
 桃色の肉を押し分けて、邦夫の指が沈む。
「ん! んっ……」
「お、熱いな……。気持ちいいのか、朱美? 気持ちいいから、こんなに熱いんだろ?」
(ち、違うわ! 気持ちいいわけないじゃない!)
 そう思うそばから膣壁はひくひく蠕動してしまう。朱美の意に反し、邦夫の指を奥へ引き込もうとするのだ。
「お! そうかそうか、そんなにうれしいか?」
 その喋り方はまるで朱美の尻に語りかけているようだ。そして、朱美の膣も呼応するかのようにひくひく蠕動している。人妻の膣の貪欲さに、邦夫は声を上ずらせた。
「よしよし、根元まで食べていいんだぜ」
(ああ、どうして……。どうしちゃったの、わたし……。あっ!)
 邦夫が指の抜き差しを始めた。最初は女の構造を探るように浅く、次第に肉の反応を確かめるように深く、最後にはわざと音を立てて朱美をおとしめてゆく。ぴちぴち、くちくち、赤い内臓は鳴り続ける。
「すごいや、エッチな音だね……」
 雄太は出入りする指を覗き込みながら、朱美の尻や太腿を手でさすり始めた。じっとり汗ばんだ朱美の肌はほのかな朱に染まり、発情した女の体臭をぷんぷん振りまいている。
「ああ、この女、ガキにおまんこをいじられて感じてやがるんだ。ほら、ここをこうすると……」
 邦夫は指を二本に増やした。くちっ、ぬちっ、ぴちっ……。膣の奏でる音色が複雑になった。
(は……あふっ! だ、だめ! 感じちゃだめ!)
 淫らな膣鳴りと朱美の吐息が徐々に重る。ついには康二の股間に顔面を埋めたまま、指の抜き差しに合わせて甘い鼻息を漏らすようになった。もうフェラチオどころではない。
 ここまでくれば、邦夫たちにも朱美が完全に溶けてしまったことが理解できた。だが、挿入するにはまだはやい。絶対的な優位を保つには、朱美にアクメの洗礼を与える必要があるのだ。人妻を完全に支配するために。
「よ、よーし。おまえら、こいつのおっぱいを揉んでやれ。いいか、揉んで吸って揉みまくれよ」
「う、うん!」
「へへっ、まかしとけって!」
 邦夫は膣に挿した指を操って、朱美をのけ反らせた。朱美の口から康二の男根が糸を引いて抜け落ちる。
「んぷっ!」
「おっ、おおっ……」
 パルスのような快感をやり過ごしてから、康二はベッドを飛び降りた。朱美の右側面に回ると、左側ではいちはやく雄太が乳房を握っていた。
 少年たちに三方を固められ、四つん這いの朱美にもう逃げ道はない。汗ばむ柔肉にむしゃぶりつかれ、熱を帯びた乳房を握られ、しこっている乳首を摘ままれて、のたうち回るだけだ。
「やっ! あっ! いやっ!」
 悲鳴の半分は嬌声だった。そこに人妻の発情を察知し、少年たちも昂ぶってゆく。三方から朱美を取り囲み、とろけた痴肉をとことん味わうのだ。
「よーし、今度はあんたがいく番だぜ! ガキの指まんでいって、本物のおまんこ奴隷になっちまえ!」
 邦夫は順手、逆手を頻繁に切り替えつつ、二本指を繰り出してゆく。もっとも膣圧が高まる角度を探しているのだ。はやく浅く、ゆっくり深く。筆下ろし直後の男根では到底再現できないであろう、緩急織り交ぜた怒濤の攻撃だった。
「んっ! んっ! あっ! あんっ!」
「どうだ? いいのか? おまんこがいいのか?」
「んっ! んんっ!」
 朱美はあえぎの漏れる口を結び、頭を振って否定した。だが、その仕草は少年たちの責めを煽ることはあっても、鎮めることはない。
「んーっ! はあんっ!」
 雄太と康二が示し合わせたように左右から乳首を舐め始めた。同時に太腿や下腹、臀部に手を伸ばし、女肉の中でも柔らかい部位をしきりに探っている。
「ここはどうだ? 気持ちいいか?」
 指の抜き差しが百回目に届く頃、邦夫は朱美の弱点をほぼ探り当てていた。順手にした二本指を臍を狙うように差し込み、ひときわ大きい襞を挟みつける。そして、その襞を摘まむようにして指を引くと、面白いように淫水が掻き出せるのだ。
「あひぃっ!」
「ビンゴか? ここが弱点なんだな?」
「ち、ちがう……あうっ!」
「うそつけ! ここなんだろ? ここが弱点なんだろ?」
「う、うそじゃ……あふっ!」
 すごい締めつけだった。淫水のぬめりがなければ指が止まってしまいそうだ。
「やっぱりそうじゃねえか。よーし、そろそろいかせてやるか! ほれほれ!」
「んっ! んっ! あっ! あうっ!」
 朱美の呼吸に合わせて抜き差しを繰り返す。膣が切なげに締めつけてきた。
「やんっ! だめっ! あっ! あっ! はんっ!」
 朱美の背中が徐々に反り、満遍なく噴き出ていた汗が筋になって方々に流れた。指を食いちぎられそうな締めつけに、邦夫は慌てて指を引き引き抜く。散々じらした後、朱美におねだりをさせるつもりだったが、ただ一人二順目を済ませていないのだ。我慢もここまでだった。
「あ、朱美! いかせてやるぞ! ガキのちんぽを食らえ!」
(ああっ! きてぇ! いかせてぇ!)
 汗で滑る双臀を諸手で掴み、左右に割り開くと、抜いた指の後がぽっかり空いていた。そこを目がけて邦夫は男根を突き入れる。
「うりゃ!」
「あひいっ!」
 限界まで腫れ上がった亀頭が真紅に充血した女芯に突き刺さり、肉襞を削りながら一気に滑り込んだ。獣の姿勢で入った男根は奥深くまで届き、発情した子宮口を小突く。
「あっ!」
 亀頭と子宮口の接触が引き金になったのか、朱美の膣が輪をかけて締まり出した。
「お! お! お!」
 邦夫は驚きながらも、負けじと腰を前後させた。肉と肉のせめぎ合いで互いの背骨が軋んでいる。
「あひゃあっ!」
 朱美の腕が折れた。だが、顔をベッドに埋めても貫かれた尻を落とすことはない。これからが本当の悦楽なのだ。尻をいっそう高く掲げ、邦夫を貪欲に受け入れようとする。
(だめっ! 気持ちいいっ! すごくいいっ!)
「くっ! うりゃ! そりゃ!」
「あひっ! あひっ! あひっ!」
「うっ! うおっ!」
 突如、邦夫が動きを止めた。快楽が強烈過ぎて、体中の筋肉が攣ったように硬直してしまったのだ。ベッドに顔を埋めたまま、朱美が目を見開いた。
(ひ、ひどい! お願いよ! もう少しなの!)
 膣を締めておねだりしても、邦夫は一向に動こうとしない。朱美は顔を上げて、邦夫を睨みつけた。目が合った邦夫は困惑している。もとより、じらす意図などないのだ。
(な、なによ! こ、子供のくせに! わかってるのよ、あなたがなにをやらせたいのか! いいわ、やってあげる! ほら、こうして欲しいんでしょ!)
 朱美は邦夫を凝視したまま、汗にぬめる尻をぐるんと一回転させた。
「お、おうっ!」
「や、止めないで……」
 あまりの直裁さに、邦夫は目を見張った。
「し、して……。続けて……。してください……」
 無心にむしゃぶりついていた雄太たちも、朱美の様子がおかしいことに気づいたようだ。乳房から顔を離し、手を休めて、ことの成り行きを見守る。
 図らずも注目を集めてしまった邦夫は、爆発寸前の苦悶を隠しつつ、精一杯の虚勢を張った。
「し、して欲しいのか? ガキのちんぽでいきたいのか?」
「お、お願い……。お願いします……」
「はっきり言え! ガキのちんぽでいきたいんだな?」
 朱美は屈辱に唇を噛みつつも、欲情をにじませた紅顔で小さく頷いた。
「口で言え!」
「あ、あの、く、邦夫くんの……」
「もっと大きく!」
「く、邦夫くんのちんぽでいかせてください!」
 邦夫の顔に安堵の色が浮かんだ。無理もない。一番いきたかったのは他ならぬ自分だったのだ。これでリーダーの沽券を保つことができた。子分たちの前で朱美を屈伏させることもできた。もう、耐える必要はどこにもないのだ。
「よ、よーし、ガキのちんぽでいきやがれ!」
「は、はい! いかせてください!」
「く、食らえ!」
「ひあっ!」
 邦夫は亀頭のかりが膣口に引っかかるまで腰を引き、一気に埋め戻した。
「おりゃあっ!」
「ひゃああっ!」
 それだけで十分だった。我慢に我慢を重ねていた邦夫は、そのひと突きで最上の快楽を味わうことができたのだった。
「お、お、お……」
 万力のような膣の締めつけに、射精の脈動さえままならない。それもそのはず、朱美もまた、そのひと突きでアクメを極めていたのだ。
(あ、あ、あ……)
 恥も外聞もかなぐり捨てたからこそ、得られたアクメだった。おねだりの褒美としてのアクメだ。子宮口に邦夫の熱い飛沫を感じるが、もうなにも考えられない。精液で満たされた生殖器官はただただ幸せなだけなのだ。
(な、なんてすごいの……。こ、こんなのって……初めて……)
 アクメの頂には乳白色の靄が立ちこめていた。頑張り抜いた朱美を優しく包み込む。
「つ、次はおれだ!」
「ぼ、ぼくが先だよ!」
 その靄の中では、少年たちの声もどこか遠い──。

中学生に寝取られた_4

(この子も脅えているのね……)
 雄太の肌は青ざめており、薄い脂肪にあばら骨が浮き出ていた。朱美はその一本一本を確かめるように指先を滑らせてゆく。
「あっ……」
 雄太の背筋がしなり、衰えを知らない男根が大きく揺れた。朱美の乳房も腕の動きにつれてたぷたぷと震え、その先では乳首はゆっくり回っている。
「ね、ねえ……。雄太くんも触っていいのよ」
 揺れる男根を見据えたまま促すと、雄太は回る乳首を凝視して応えた。
「ど、どこを触ればいいの?」
「どこでもいいのよ。好きなところを……」
「ど、どこでも?」
「ええ、どこでも……」
 手を伸ばそうとして、雄太が目を瞬いた。眼前の乳首がぷくっとふくれたのだ。ほんのわずかな膨張だったが、瞬きを忘れるほど凝視していたので見間違いではない。
「あ、朱美さんも気持ちいいの?」
「え?」
「朱美さんの乳首、ふくらんだよ」
 朱美の頬が引きつった。
「き、気のせいよ……。さ、雄太くん。わたしばかりじゃなんだから、ね、触って」
 気のせいなどではない。沸騰した血液が乳首から去ろうとしないのだ。お椀型の乳房全体も桜色に染まり、裾野から厚みを増している。体奥の炎がいよいよ体表をも焦がし始めていた。
「あ、またふくらんだ! 色も変わってきたよ!」
 残酷な無邪気さで雄太が喚き立てる。座り込んでいた邦夫たちも、どれどれと身を乗り出してきた。
(や、やだ! 見ないでよ!)
 乳首に注目が集まれば集まるほど、皮肉にも血液がどんどん流れ込み、まるで爆ぜた木の実のようにふくらんでしまう。心臓が脈動する度にじくじく疼くほどだ。
 慌てた朱美は自分から雄太に覆い被さった。
「ゆ、雄太くん、はやく……」
「え、あの、ど、どうしたら……」
「す、好きにしていいのよ。ほ、ほら、こうやったり……」
 雄太の胸板の上で乳房がひしゃげ、勃起状態の乳首はその中に埋没した。
「あ……」
 朱美の口から甘い吐息が漏れた。演技ではない。潰れた乳首がじんじん疼き、たまらず声を発してしまったのだ。照れ隠しに雄太と目を合わせてみる。だが、雄太は心ここにあらずだった。視線は宙を泳ぎ、硬直していた。
 代わりにかぶりつきで見ていた邦夫たちが静寂を破った。
「わはは! 雄太のやつ固まってるぜ!」
「もういっちまったんじゃねえのか?」
 床を叩いて大笑いする二人だったが、目だけは笑っていない。これから起こることのすべてを見逃すまいと、彼らも真剣なのだ。邦夫がベッドの前部に、康二は後部に移動した。
「へへっ、すげえな、おい……」
 後ろに回った康二の鼻息が、朱美の臀裂と雄太の陰嚢にかかった。朱美が腰を浮かしているため、滑稽なほどそそり立った男根は中空でひくひく揺れている。亀頭が指し示す先は、康二が初めて肉眼で見る女性器だ。
 陰毛は多く、そして濃い。内腿の白と陰毛の黒、淫裂の鮮烈な薄紅色のコントラストが目に焼きつく。あれは汗だろうか? 淫裂からはみ出た肉びらがかすかに光っている。
「た、たまんねえよな、実際……」
 康二はしみじみと嘆息を漏らした。目の前で生の女性器が息づいているのだ。長躯が震える。それは掛け値なしの感動だった。
「康二、そっちの具合はどうだ?」
 ベッドの前部から、朱美の顔を覗き込んでいた邦夫が声をかけてきた。
「え、具合って?」
「おまんこの具合だよ。三十三歳人妻のおまんこはどんな感じだ? やっぱり、びらびらはまっ黒でまん毛はもじゃもじゃか?」
 朱美の双肩が強ばった。いまこの瞬間も見られているのだ。火照っているあそこを……。とにかく隠さなければと、朱美は後先も考えず雄太にしがみついた。
(きゃっ!)
 しがみついた拍子に雄太の亀頭が下腹部に当たり、朱美の尻が大きく跳ね上がった。子供のものとは思えぬ灼熱の肉塊だった。
「わ! な、なんだなんだ?」
 尻を間近に見ていた康二がつられて体を上下させる。朱美の尻はパニックに陥っていた。背後の視線から逃れようにも、尻を落とせば男根に押し戻されてしまう。
(や、やだっ! 見ないでっ!)
 朱美の尻はヒステリックに上下動を繰り返し、やがて亀頭に触れるか触れないかの位置で静止した。朱美は亀頭に触れるよりも、視線に射られる方を選んだのだった。
 朱美の膠着を待って、再度邦夫が問いかけた。
「で、どんな感じだ?」
 宙に浮かんだ美尻をうっとり眺めていた康二がはたと我に返り、その感動を伝えるべく手振り身振りで話し始めた。
「と、とにかくでかいけつだ……。でっかくて真っ白で……」
「けつは白くても、おまんこはまっ黒か?」
「あ、いや、まっ黒なのはまん毛だ。肛門の方まで生えてる……。でもあれだな、もじゃもじゃだけど、すごく柔らかそうだ……」
 康二が顔を寄せたため、荒い鼻息が直に当たった。
(う、うそよ。濃くなんかないわ。わたしは普通よ。お願いだから、変なこと言わないで……)
 朱美は剥き出しの臀裂を晒す羞恥に身悶えた。奇しくも、そのわずかな動きで雄太との間で押しつぶされた乳房がうねり、しこった乳首も転がってしまう。
「あっ!」
「うっ!」
 二人の口からほぼ当時に吐息が漏れた。互いの肌はこれまでになく密着しており、一方がわずかに動くだけで、汗ばんだ肌にちりちりと電流が走るのだ。雄太にとっては初めての、朱美にとっては十五年来の疼きだった。
 康二が上擦った声で実況を続けた。
「び、びらびらはあれだな、えっーと、乳首みたいな色だ。へへっ、けつの穴も見えるぜ。けっこう毛が生えてやがる」
(いやっ! もう言わないで!)
「痔はあるか? いぼ痔とか切れ痔とか? まさか脱肛はしてねえよな?」
「だっこう……?」
「肛門から粘膜がはみ出てるかってことだよ。どうなんだ?」
「あー、それはないな。痔もないよ。きれいなもんだ。へへっ、ちょっと毛深いけど」
「あはは、そうか。そっちは処女ってわけだな」
「え?」
 康二がきょとんとしても、邦夫はあえて無視した。いまはそれどころではない。人妻を言葉で嬲るだけで男根がずきずき脈打っている。男根が続けろと急かしているのだ。
「びらびらはどうだ? びろーんとはみ出てるか? それとも毛深くて見えねえか?」
「あー、びらびらね……。んー、どうかな……」
 康二の顔がさらに近づいたのを感じ、朱美の巨尻はおののいた。
(い、いやよ! 見ないで! 言わないで!)
「そうだな……。びろーんてよりも、ぴろって感じだな。んー、きれいな方なんだろうな……。うん、きれいなおまんこだ」
 康二はメディアで得た性知識を総動員した上で、そう結論づけた。しかし、邦夫は納得していない。ますます語調を強めては、言葉で朱美を解剖しようとする。
「じゃあ、中身は見えるか? びらびらの奥、おまんこの穴だ」
「んー、閉じてるから見えねえな……」
「ぴっちりか? ぴっちり閉じてるのか?」
(お、お願い。もうやめて……)
「んー、ぴっちりじゃないな……」
「じゃ、どんな感じなんだよ?」
「そうだな、ふわっていうか、ふやけてるっていうか……」
(えっ! うそよ! そんなに濡れてないわ!)
「お、おい。まさか濡れちゃいないよな? まだなにもしてねえのに?」
「あ、でも、なんか光ってるぞ……」
(いやあっ! だめ! 言わないで!)
 上げても地獄、下げても地獄だった。進退きわまった朱美はほんの少しでも肌を隠そうと、雄太を抱き寄せて自ら正常位の体勢に持ち込んだ。
 驚いたのは少年たちだ。瞬時に上下が入れ代わったのを目の当たりにして、これが大人のセックスかと度肝を抜かれている。雄太に至っては右手にショーツを握ったままへっぴり腰になっていた。
「ご、ごめんね。びっくりした?」
 朱美は無理に笑って、雄太の背中に腕を回した。抱き寄せようとするが、雄太は四つん這いのまま踏ん張っている。見れば、康二が雄太の下肢を押さえ、朱美の股間を覗き込んでいるではないか。
(ちょっと! やだ! やめてよ!)
 力づくで引き寄せようにもそこは男の子、びくともしない。雄太は排便を我慢しているような顔をして、懸命に四肢を張っている。
(お、お願いよ! こっちにきて! だっこして!)
 そんな朱美の狼狽を、頭上の邦夫がにやけて見ていた。
「朱美、次はなんだ?」
「え、あの……」
「前戯は省略か? このまま、ぶすっていくのか?」
「あ、いえ……」
「雄太は初心者なんだぜ。少しはリードしてやれよ」
「あ、そ、そうね……」
 そう応えたものの、朱美になす術はない。前戯に移ればあそこが濡れていることを知られてしまうし、かといって前戯を省略しても同じことだ。性知識だけは異様に豊富な彼らのこと、間違いなく「淫らな女」のレッテルを張るに違いない。
(そんなつもりは全然ないのに……。もう、どうして濡れてしまうのよ……)
「股広げろよ」
「……え」
「とりあえず股広げろ」
 朱美の耳元で、邦夫がどすを利かす。
「雄太へのリードはそれとして、ほれ、康二にもサービスしてやれよ。さっきからあんたのおまんこにかぶりつきなんだぜ」
「あ、でも……」
「おいおい、まだ逆らうのか? やっぱり、旦那を性犯罪者にしたいわけ?」
「ち、ちがいます!」
「だったら股広げろよ。股広げながらでも前戯はできんだろ?」
(くっ、なんて子なの……)
 朱美は唇を結び、眉根を寄せ、邦夫を睨みつけた。体を与えるのはただの契約──それ以上でもそれ以下でもないと、意思を込めたつもりだった。
 邦夫は一瞬顔をしかめた後、不敵な笑みを浮かべた。
「あ、そう。性犯罪者の妻になりたいわけね。キング・オブ・性犯罪者──つまり、幼女レイプ犯の妻に?」
「レ、レイプだなんて。夫はただ……」
「ただ? ただなんだって? いい年したおやじが女子小学生を裸に剥いてただ?」
 朱美は後悔した。いま目の前にいる邦夫は、妹思いの兄そのものだったのだ。
「ご、ごめんなさい。そんなつもりで言ったんじゃ……」
「ふん、まあいい。さっさと始めろよ」
「あ、はい……。ゆ、雄太くん。さ、最初はね、ほら、こうやって……」
 雄太の上半身を引き寄せて、耳元で囁いた。
「どう? おばさんの体、柔らかい?」
「う、うん。や、柔らかいよ」
「そう。じゃあ、もっとおばさんにくっついていいのよ。手で触ってもいいわ。もらろん、口を使っても……」
「う、うん」
 雄太は不自然に腰を引いている。乳房の感触だけで射精寸前なのだ。もし、男根が朱美の下腹部にもう一度触れたなら、瞬時に爆発してしまうだろう。
 雄太はからかわれることはもう平気だった。それよりも、射精に伴う交替でこの甘美な時間を奪われることを怖れていたのだ。そして、そのへっぴり腰が朱美をさらなる窮地に追い込んでゆく。
「朱美! さっさと股開け!」
 康二がベッドの枠を叩いて急かす。朱美は雄太と足を絡め、とりあえずペッティングで時間を稼ぐ作戦に出た。
 だが、ここでも朱美は運に見放されてしまった。身長差がじゃまをして脚を抜くことができないのだ。無理をすれば発情した女性器を康二に晒すことになる。
「ゆ、雄太くん。も、もっとくっついて。おばさんに抱きついて」
「で、でも……」
「朱美! 股! 股だよ!」
「ゆ、雄太くん! はやく!」
 上半身を強く抱き締めれば抱き締めただけ、雄太の下半身は離れてゆく。
(ああ、もう! 仕方ないわね!)
 朱美は力任せに雄太の両膝を弾いて、自分の両下肢を解放した。次に雄太の下肢をからめ取り、互いの腰を密着させようとする。
「わっ!」
 雄太の腰が跳ね上がった。当然、朱美の股間は剥き出しになってしまう。
「へへっ、やっと見えたぜ!」
「きゃっ! やだっ!」
 朱美の尻が暴れ出し、白磁の太腿がのたうった。雄太の腰を引きつけようにも下肢は汗でぬめり、図らずも淫靡なダンスになってしまう。
「や、やだ! 見ないで! お願い!」
 我を失った朱美が叫ぶ。ベッドは軋み、小柄な雄太は転げ落ちそうになっている。見かねた邦夫が怒鳴りつけた。
「こら! 帰るか! いますぐ帰るか!」
 朱美の抵抗がぴたりと止まった。
「雄太、もういい。性犯罪者の妻はお帰りだそうだ」
「え、だって……」
「仕方ねえだろ。無理に犯したら、こいつの旦那と同じ性犯罪者になっちまうからな。まだ中学生なのに性犯罪者にはなりたくねえだろ。性犯罪者なんぞによ」
 朱美に睨み返すだけの余力はなかった。目に浮かんだ涙は、仰向けになっていなければこぼれてしまうだろう。
「帰るか、おまんこを見せるか、好きな方を選んでいいんだぞ」
(わ、わかってるわよ。このままじゃ帰れないことぐらい……)
 自己犠牲の甘美さも、いまとなっては空しいだけだ。ここで逃げ帰れば、夫や娘に会わす顔がない。ただそれだけのことだ。
 朱美は全身から力を抜いた。雄太にすがっていた両手を解き、ぱたりと落とす。下半身は麻酔を打たれたようにゆるみ、股間をだらしなく開いてシーツに沈んだ。
(ほら、これを見たかったんでしょう。好きなだけ見ればいいわ……)
 無防備になったそこに、これまでにない苛烈な視線を感じた。陰毛の一本一本、肉襞の一枚一枚が康二の視線に焼かれている。鼻息が荒い。単に興奮しているのか。それとも、臭いを嗅いでいるのか……。
(どう、幻滅した? 女のあそこなんてそんなものよ……)
 静かな時が流れた。エアコンの送風音が耳ざわりなほどだ。
「……どうだ、康二? 人妻のおまんこは?」
 邦夫の問いに、康二が顔を上げる。紅潮した頬は半分笑い、半分引きつっていた。
「ほ、本物だ……」
「ば、ばか、本物に決まってるだろ。で、どうなんだよ? 人妻のおまんこはやっぱりまっ黒か?」
「んー、なんか、ほわってしてるな。さっきに比べてゆるんだみたいだ」
「ゆるんだ? おまんこがか? そうか、やっぱり濡れてるんだな?」
 しめたと言わんばかりに邦夫は笑い、康二の脇に移動してきた。
「どれどれ……」
 覗き込んだ邦夫は目を見張った。なんと淫らな肉花だろう。匂い立つばかりに花開いている。小陰唇の縁は水を吸ったようにふくらみ、色素沈着のない奥の粘膜部分が確認できるほどにめくれている。
 さすがにクリトリスの包皮は剥けていないが、童貞の邦夫にもはっきりとわかった。この人妻は発情している! めくれ上がった赤い内臓がなによりの証拠だ。
「そういうことかよ。たまげた奥様だぜ……」
「なんだよ、邦夫。なにがどうしたって?」
「ほら、よく見てみろ。おまんこのびらびらが濡れてるだろ? 触ってもいないうちからおまんこを濡らす女ってのはな、どすけべのど変態なんだ」
「へえ、そうなのか……。朱美はどすけべのど変態だったんだ」
(へ、変なことを言わないでよ。わたしは変態なんかじゃないわ。お、女の体ね、女の体は……)
 反論しようにも、なぜ濡れてしまったのか自分でもわからない。唯一、思い当たるのは精液臭だが、それはそれで浅ましいことだった。
「まあ、あれだな。旦那とご無沙汰でたまってんだよ。だから四六時中、おまんこがぐじゅぐじゅなんだ」
「なーんだ。朱美はたまってたのか。へへっ、おれたちと同じだな」
 濡れ光る肉襞を凝視しながら、康二が歯ぐきを剥いて笑う。
(ち、違うのよ。違うの……)
 悔しさと恥ずかしさで、朱美は顔を背けた。こぼれた涙が頬を伝い、シーツに染み込んでゆく。だが、そんな朱美の心情に気づく者はだれもいない。雄太は四つん這いのまま後ろの様子を気にしており、邦夫たちは食い入るように女の部分を見ている。
「なあ、朱美。これって前戯の必要がないってことだよな?」
「え? あ、その……」
「中も濡れてんだろ? だから、びらびらもてろてろに光ってんだよな?」
「そ、そんなこと……」
「じゃあ、中はかさかさなのに、びらびらだけてろてろなのか?」
「じ、自分ではわからないわ……」
「なら、おれが試してやるよ」
「や、やだ!」
 朱美の裸身がおののいた。なにもかも投げ出したつもりが、腰や太腿が羞恥に震え、恐怖によじれる。
「こら、じっとしてろ。指まんしてやっからよ」
「あ、だめ……」
「おまえなあ、いい加減、立場をわきまえろよ」
「あ、いえ、違うの……。む、無理に挿入すると、な、中に傷が……」
「そっと入れてやるよ。爪も切ってるし。それならいいんだろ?」
「あ、でも……」
「おいおい、おまんこ歴十ウン年の人妻だろ? 指入れたくらいで怪我すんのかよ?」
 邦夫の苛立ちが場の雰囲気を険悪にする。囚われの朱美に選択の余地は微塵もない。
「た、たぶん、大丈夫だと……」
「最初からそう言えよ。手間かけやがって……。入れていいんだな? 指をずっぷりと?」
「……あ、はい」
「じゃあ、入れるぞ。人差し指でいいか? 少しでも長い中指の方がいいか?」
 朱美が黙っていると、邦夫がわざとらしく独りごちた。
「二本、いや三本くらいまとめて入れてみるかな……」
「あっ、あの、ひ、人差し指で……」
「人差し指で?」
「お、お願い……します」
「あー、はいはい。人差し指ね、どれどれ……」
 軽口を叩く邦夫だったが、その実声は震えていた。それもそのはず、女性器に触れるのは生まれて初めてなのだ。膣口の位置を間違えて恥をかかないようにと、まずは肉溝の下端に狙いを定める。
(あ……)
 邦夫の指先が小陰唇に触れ、朱美の下半身に緊張が走った。むにっ、むにゅっと指先は肉溝に沈み、やがてゆるんだ膣口を探り当てた。
「け、けっこう熱いじゃねえか……」
 他人の内蔵をえぐる行為は暗い愉悦だった。邦夫は震える指を鎮めるように、赤い内臓の中へ埋め込んでいった。
(あ、いやあ……入ってくる……入ってくるわ……)
 悲鳴こそ上げないものの、朱美の下半身はすべての筋肉を緊張させて、侵入する異物を排除しようとした。だが、どんなに拒もうとも、たかが指一本の侵入さえ止めることができない。
(ああ……だめ……いや……)
 第二関節が沈んだところで、邦夫は一呼吸入れた。
「す、すげえな……。中でなにが煮えてんだ、おい?」
 朱美を煽ったつもりが、気の抜けたかすれ声になってしまった。傍らの康二もまったく気づいていない。邦夫は一人はにかみ、ほんの数ミリ指だけ進め、今度は大声を出した。
「ぐちょぐちょじゃねえかよ! ええ、そうだろ、朱美?」
(う、うそよ! そんなことないわ!)
 ぐちょぐちょと言ったのは当てずっぽうだったが、事実、膣を穿たれた朱美に苦痛はない。受け入れ可能なほど中はとろけてるのだ。
「よう、朱美。これだけ濡れてればオッケーなんだろ?」
「え、あの……」
 邦夫は慎重に指を前後させた。第二関節を出しては沈める動作を執拗に繰り返す。朱美の体をいたわるというよりも、膣の温もりや圧力を覚えておくためだ。
(も、もういいでしょう。お願い、はやく指を抜いて……)
「ふーっ、指が溶けてしまいそうだ……」
 何度も指を出し入れしてるうちに、邦夫の顔つきまでとろんとしてきた。わずか一本の指を動かすだけで成熟した人妻の腰は震え、太腿が蠢く。もし、勃起した男根を深々と打ち込み、思う存分抜き差ししたらどうなることか……。
「ね、ぼくもそっちにいっていい?」
 唯一、朱美の女性器を見ていない雄太がもどかしげに言った。
「ぼくにも見せてよ。朱美さんのおまんこ」
 邦夫は高らかに笑って、雄太の尻をぺちんと叩いた。
「朱美のおまんこは準備オーケーだ。まずは一発出してからゆっくり見ればいい」
「え、ほんと?」
「そうだよな、朱美? 前戯いらずのどすけべおまんこは準備オーケーなんだよな?」
「あ、あの……」
「あー、とろとろじゃねえかよ、ここ? それともなにか、まだほじくり足りねえのか?」
 人差し指をくちくちと動かされ、朱美の眉間に皺が寄った。
「あ、いえ……」
「もう、はめちゃっていいんだな?」
「あ、はい……」
 頷くしかない朱美だ。
「よーし。じゃあ、雄太をしっかりリードしてくれよな」
 邦夫がそろりと指を抜いた。指一本分広がっていた膣口はゆっくりすぼまり、ぬめ光る肉襞の中に埋もれてしまった。
 ふと、邦夫は人差し指を見詰めた。わずかの間膣に入っていただけなのに、心持ちふやけた感がある。くん、と臭いを嗅いで反射的に顔をしかめた。だが、異臭と感じたのは最初だけで、これが生の女の匂いなのだと嬉しくもなる。
「へへっ、これ、まん汁だよな?」
 康二が覗き込む。
「ああ、まん汁だ」
 康二の鼻っ面に指を突きつけた。
「くーっ、きくぜ! このまん汁!」
「あはは、人妻のまん汁だからな」
 邦夫はひとしきり笑うと、指に付着した愛液をシーツで拭った。
「よーし、朱美。おれたちのことは気にしなくていいからな。ずっこんばっこん、いつもどおりやってくれよ」
「あ、はい……」
 もうどうしようもない。二十歳も年下の少年に犯されるしかないのだ。そう覚悟を決めたとき、現実的な問題が持ち上がった。
「あ、ま、待って……」
「この、またふざけたことを……」
「ち、違うの。ゴ、ゴムをつけてくれないかしら……」
「ゴム? コンドームか?」
「ええ、わたし、持ってないのよ……」
「お、おれたちだって持ってねえよ」
「こ、困ったわね……」
「なーに、外出しすればいいんだろ? それを教えるのもあんたの仕事だぜ」
「そ、そんな……。失敗すると後が大変だし、面倒なことになるわ……」
「お、脅かすんじゃねえよ。そう簡単に妊娠するもんか」
「そ、その……。き、危険日なの……」
「危険て……排卵日ってやつ?」
「は、はい」
「……てことは、中出しすると妊娠しちゃうわけ?」
 思いやりのかけらもない邦夫の追及に、朱美は頷くのがやっとだった。
「へえ、そうか。いま生でやったら妊娠しちゃうのか……」
 童貞の中学生である自分たちが夫も子もある成人女性を妊娠させる──。それはそれで甘美な誘惑だったが、邦夫は気を引き締めた。リスクの管理を徹底する。そう決めたのは他ならぬ邦夫なのだ。
 つまり、可能な限り和姦の状況を作り上げて、朱美の陵辱はこれ一回きりにする。叶うなら毎日でも朱美とセックスに耽りたいが、快楽が大きいだけ、しっぺ返しも大きいことも予想がつく。
 土台、あの切り札を何度も使えないことは、彼らも十分理解している。大人を不用意に追い詰めてはいけない──。中学生になれば自然と体得することだ。
「仕方ねえな……。雄太、おまえが一番手なんだから、おまえが買ってこいよ」
「え、ぼく? だって、ぼく、ほら、子供だし……」
「酒じゃあるまいし、売ってくれるって。それとも手っ取り早く、かあちゃんの部屋をあさるか? 普通、たんすとかに隠してるだろ?」
「あ、じゃあ、買ってくるよ。コンビニで売ってるよね」
「ああ、悪いな」
 邦夫は雄太と一緒にベッドから降り、出窓に置いてあった朱美のバッグを手に取った。財布を探すつもりが、出てきたのはプラスチックケースだった。中身は錠剤だ。奇妙にも数字がふられている。
「ん、なんだこれ? くすりか?」
「あ、ちょっと見せて」
 ブリーフを穿いた雄太が寄ってきた。ケースを手にした途端、利発そうな瞳がきらりと輝く。雄太は錠剤にふられた数字と壁のカレンダーをしばし見比べた。
「これ、ピルだよ」
「ピルって、あのピルか?」
「そう、経口避妊薬のピル。ほら、この数字、飲み忘れないための日付なんだ」
「へえ、そうなのか……。ん、今日の分はまだのようだな」
「そうだね。毎日決まった時間に飲むから」
「おまえ、やけに詳しいな。さてはおれたちに内緒で彼女を作ったか?」
「ち、違うよ。ママが読んでる雑誌に書いてあったんだ。か、彼女なんていないよ、ほんとだよ」
「あはは、わかってるって。ちょっと貸せ」
 邦夫はピルケースを奪い取るや、ベッドの上の朱美を睨みつけた。正座して聞き耳を立てていた朱美はおどおどと目を逸らす。
「てめえ、いい根性してるじゃねえか。おれたちをだましたな!」
 歩み寄った邦夫は殴ると見せかけて、朱美の鼻っ面にピルケースを突きつけた。
「ご、ごめんなさい。うそをつくつもりはなかったの……。ただ、性病の心配とかあって、それで……」
「ばーか。おれたちが性病なわけないだろ。あ、もしかして、おまえが持ってんの? クラ……なんとかを飼ってんだ? その濡れぬれおまんこに?」
「か、飼ってません!」
「じゃあ、生ではめてもいいんだろ?」
「で、でも……」
「おまえなあ、まだ言い訳するか? その口、塞いじまおうか?」
「……ご、ごめんなさい」
「おれたちを騙した罰だ。よーく見えるように騎乗位でやれ。四股踏むようなエロっちい格好でだぞ」
「そ、そんな……。わ、わたしにだってプライドがあるのよ。ね、お願い。普通にさせて」
「てめえのプライドなんか知ったことか。いいか、これは罰なんだ。恨むならうそつき野郎の自分を恨め」
 邦夫はピルケースを机の引き出しに隠してから、雄太と康二を部屋の隅に呼び寄せた。朱美の側から片時も離れなかった康二が、半勃起した男根をぷらぷら揺すりながら寄ってくる。
「おい、いいか。あの作戦を忘れるなよ」
 押し殺した声で邦夫が念を押すと、二人の少年は神妙に頷いた。
「わかってるよ。レイプはまずいんだろ」
「それとあれだよね、ぼくらが淫行の被害者になるんだよね」
「ああ、そうだ。じゃあ、そういうことで始めるぞ」
 三人は決戦に臨むかのような顔で頷き合った。さしずめ雄太を選手とすれば、康二がコーチで邦夫は監督だろうか。
「よーし、雄太はベッドの上で大の字だ」
「う、うん」
 仲間一の男根をぶらんと揺らして、雄太がベッドに上がった。正座していた朱美を隅に押しやり、大の字になる。男根は依然勃起状態を保っており、亀頭部分は皺ひとつないほどに張り詰めていた。
「朱美は四股だぞ。わかってるな?」
「お、お願い。普通のに……」
「だーめ。おれたちを騙した罰だって言ったろ。エロっちい四股踏んで、ずぼずぼやってもらうぞ」
「ひ、ひどいわ。あんまりよ……」
 邦夫はわざとらしく大きなため息を漏らすと、雄太の男根を指差した。
「おい、このでっかいちんぽ。奥さんがおまんこに入れなきゃ、美雪ちゃんのおまんこに入るんだぞ。そこらへん、わかってんの?」
「え?」
「おいおい、何回言わせるんだよ。あんたが逆らえば旦那はキング・オブ・性犯罪者。で、美雪ちゃんはおれたちに回されるんだよ。もう忘れたのか?」
「あ、いえ……」
「つまりだ。あんたのおまんこが家族を救うんだよ、わかってる?」
 たかが中学生に因果を含められて、朱美の表情が険しくなった。そんなことは言われなくてもわかっているのだ。自分がここにきた理由はただひとつ、肉体を代償に家庭の危機を救うことなのだから……。
 ここが決め所と踏んだ邦夫は、恥ずかしいくらいの猫なで声を出して、朱美に寄り添った。
「なあ、写真とかビデオは撮らないから、安心してすけべになれよ。ここで起こったことはあんたとおれたちしか知らないんだぜ。明日の朝になればすべて終わりなんだよ。それで家族が救えるんだ。安いもんだろ?」
「ほ、ほんと? こ、これっきりにしてくれるの?」
「最初からその約束だろ。安心しろって。後であんたを呼び出したりしないからよ。その証拠にほら、さっきから全然撮影してないだろ? 脅すつもりなんてはなからないんだ。おれたちはただ初体験ができればそれで満足なんだよ」
「し、信じていいのね?」
「信じる、信じないはあんたの問題だ」
「そ、そうね。そうよね……」
 朱美は何度も頷いた。そうやって自ら退路を断つことが、背徳的な行為に身を投げ出す覚悟になる。
「そういうことだから、ま、恥ずかしいだろうけど、ひとつ頑張ってくれよ」
「わ、わかったわ。あなたたちが約束を守ってくれるなら……」
「よし、決まった。これで後腐れなしだな」
「え、ええ。そうね」
 朱美は大きく深呼吸すると、ベッドを軋ませて立ち上がった。真っ白い太腿が伸び、豊満な臀部が持ち上がる。少年たちの視線を引き寄せて止まない、筋肉と脂肪の芸術品だ。
 朱美はコイルスプリングを踏み鳴らし、雄太の腰を跨いだ。
(パパ、美雪ちゃん、ママを守ってね……)
 ついに雄太の目にも淫裂の全容が映った。密生する陰毛は陰核包皮を覆うのがやっとで、朱美が隠し通そうとした濡れた陰唇は丸見えだ。臀肉にたるみがほとんどないため、邦夫たちの位置からでも陰唇が覗ける。
 朱美が大きく息を抜いた。片手を壁に預け、雄太の股間に視線を落とす。
(す、すごいわ。さっきから立ちっぱなしなのね……)
 真上から見るピンク色の肉球はどこか痛々しい。鈴口にたまった透明な滴はさながら涙だろう。
(そんなにわたしとしたいの? 初体験がこんなおばさんでいいの?)
 朱美は巨大な臀部をゆっくり下ろし始めた。太腿が限りなく水平に、やがて一直線になる。肛門と濡れた陰唇を隠すものはどこにもない。
 朱美はもう一方の手で男根を支えた。それを自分の中心に合わせる。亀頭が視界から外れると、それだけで背筋が震えた。ほんの少し腰を落とすだけで二人は繋がってしまうからだ。
 少年たちに声はなく、瞬きもない。ぱっくり開いた肉の花に心を奪われている。だから、朱美の顔に浮かんだ変化に気づかなかった。そのとき、紅い唇をかすかに歪めて、朱美は確かに笑ったのだ。
(ふふ、教えてあげるわ。大人の女を……。でも、覚悟しなさい。あっという間よ。あっという間に終わらせてあげる……)
 亀頭が花弁に触れた。朱美の手に操られ、膣口へと導かれる。
(ほら、これが本物の女よ! さあ、恥をかきなさい!)
 朱美が黒い笑みを浮かべて、容赦なく腰を落とした。ずちっ! 淫らな音がして、亀頭ばかりか陰茎全体が一瞬にして消え去った。
「うわあっ!」
 朱美の臀部が雄太に密着している。同時に男根が子宮口を擦り上げ、快楽の静電気を発生させた。
(な、生意気よ! 子供のくせに!)
「わっ! わっ! うわあああっ!」
 悲鳴を上げるよりもはやく、雄太は達していた。朱美がわずかに一回、ほんの一度腰をひねっただけで、雄太の初体験は終わってしまったのだ。
(あら、もう終わり? やりたい盛りなんでしょ? 遠慮しなくていいのよ! ほら、これはどう!)
 子宮口を熱い精液で叩かれて、朱美のたがも外れている。
「わっ! わっ! たっ、たんま! たんまーっ!」
 朱美の腰が上下にうねった。よどみのない上下動と円運動の組み合わせだ。たったいま童貞を失ったばかりの少年にはまさに拷問だった。射精直後の過敏な男根を文字どおり貪り食われ、雄太のか細い体に痙攣が走る。立て続けに二度目の射精が始まった。
「やめてっ! もうやめてっ!」
 それはもはや快楽などではなかった。度を越した刺激で背骨が軋み、腹筋が引きつる。体が壊れてしまいそうだった。
「やめてっ! もうやめてえええっ!」
 雄太は絶叫とともに朱美を突き飛ばし、ほうほうの体でベッドから転げ落ちた。肉地獄を逃れた男根はびくんびくんと精液を噴き出し、カーペットを汚している。
 雄太の痙攣が収まるのを待って、朱美がうそぶいた。
「次はだれ?」
 呆気に取られている少年たちを威嚇するように、ベッドの上で仁王立ちになった。それは自棄でもなければ強がりでもない。朱美は確信したのだ。緒戦は自分に主導権があることを。優位を保つにはこのまま攻め続けるしかないことも。
「さあ、次はだれなの?」
 下肢の合わせ目から精液が流れ出てきた。だが、内腿を伝う精液もそのままに、朱美は少年たちをねめ回す。
「わたしとセックスしたいなら、はやくベッドに上がりなさい」
 八月の昼下がり、少年たちの筆下ろしはこうして幕を開けたのだった。

こうして僕の性春は終わった。

学生の時、僕の6畳一間のアパートの向かいに、大きな一戸建てがあった。
僕は、この家に住む奥さんに、完璧に惚れてしまった。

アパートに引っ越してきた最初の日は、
向かいに、とんでもなく綺麗な人が住んでんな?程度に思っただけだった。
しかし、何日か経って
奥さんが、顔に管を付けた男の子を車椅子に乗せているのを見かけた。
美人で、家庭も裕福そうで、何から何まで幸せそうだと思っていたのに、
奥さんの息子さんは、脳性麻痺という酷い病気だった。
まだ学生で子供だった僕は、不幸なことのはずなのに、
奥さんは何故あんなに幸せそうな笑顔で、息子さんに話しかけているのだろうと
非常に興味を持った。
そして、いつの間にか
綺麗な顔に浮かぶ優しい微笑に、僕は完全に魅了されていた。

ある日、僕は奥さんのことをもっと知りたい!もっと身近に感じたい!、そう考え
思い切って行動に出ることにした。

洗濯物を干している奥さん、庭で息子と遊んでいる奥さん、車イス片手に近所の奥様方と談笑する奥さん
僕は、思い切って購入した双眼鏡のレバーを操作した。
『美しい・・・」
倍率を上げ、超どアップで顔を眺めて、ため息を漏らす。
首筋、肩から胸にかけてのライン、細い腕、手首・・・上半身をゆっくり舐めるように見ていく。
これだけで射精寸前になる。視線を下に落として。
厚みを帯びた腰からヒップ、そして、細く真っ直ぐ伸びた脚。
ここまで来て、もう一度、顔に戻す。これで大抵、僕は達してしまう。
時々、髪をアップにさせたり、スカートを履いていたりすると、
堪らなくなって、すぐに達してしまうこともあった。

観察していて面白いと思ったのは
彼女は、息子と散歩や買い物に行くだけなのに、
ヘアスタイルやメークもバッチリ決めて、
テレビなどに出てくるような”上品な奥様”という恰好をいつもしていた。

彼女の容姿を簡単に説明すると、
スラッとして背が高くて、綺麗なサラサラな黒髪、肌は総じて色白。
顔つきは、普段は少しお高くとまったような感じではあるが、
息子さんに笑顔を向けると、とても優しい顔になる、
上品で整った顔立ちをしていて、服装もそれに合った清楚なものが多く
芸能人に例えるなら森口瑶子さんに似ていた。

なので、今後は、彼女を”瑶子さん”と呼ぶことにする。

こうして僕は、貴重な青春時代を瑶子さんと共に過ごした。
もちろん、彼女の方は僕の存在さえ全く知らないわけだが。

大学を卒業すると、僕はあるコンビニエンスストアチェーンに就職した。
その会社では最初の1?2年程度、直営店で働くことになっていた。
地方出身者の同期達は、みな、寮に入ったが、
僕はボロアパートを引っ越したくなかったので寮には入らなかった。
たまたま運の良いことに、アパートから歩いて5分も掛からない場所に
当社の直営店があったので、そこに配属してもらうことになった。

仕事を覚えようと一生懸命働き、
ちょうどソフトクリームがよく売れる時期になった頃

「あの、すみません」

機械にソフトクリームの液を入れていた僕は、固まってしまった。

瑶子さんだった。
はじめて瑶子さんに話掛けられた。
金縛り中の僕に代わって、アルバイトの子が応対してくれた。

なんと!
瑶子さん、表の張り紙を見て、アルバイトの応募に来たという。
息子さんの面倒を見なければならないため、自宅の近くでなければ、働くことができない。
それで、うちの店を選んだという。
たしかに、周囲には、うちくらいしか働く場所は無さそうだった。

それまで僕は、1度、アルバイトの面接をさせて貰ったことがあったので、
勝手に瑶子さんの面接も僕がやるものと思って、
絶対採用!即採用なんて、一緒に働けることに舞い上がった。

しかし、瑶子さんの面接は、店長の酒井さんがすることになった。
酒井さんは僕の2年上の先輩だったが、1浪していたので、年は3つ上の25歳だったと思う。
面接の日、朝8時に、瑶子さんは来店した。
僕は夜勤明けで、帰っても良い時間だったが、てきとうな仕事を探して粘っていた。
酒井さん、なんとか採用して?と祈りながら面接が終わるのを待った。

面接が終わるとすぐに、僕はなにげなさを装って事務室に顔を出した。

「今の人、見た? あれは10年若けりゃ、すげえ美人だっただろうな」

そう。この酒井さんは軽い人だった。
可愛いいバイトの子が入ると、すぐに手を出すことでも有名で、
だから2年以上も店舗勤務のままだった。
気づいた時には、僕は口走っていた。

「そうですか?今も綺麗だったように思いますよ。」

「お!珍しくノリがいいな。だよな。”そこそこ”イケてたよな。」

「なんか息子さんが病気らしくて、
 手が離せるのが旦那が面倒見てくれる朝6時から9時までと、夕方15時?18時までなんだと
 聞いた時、もう帰っていいよ!と言おうと思った」

「え?じゃ、じゃあ、不採用なんですか?」

「いや、言おうと思ったんだけど、色っぽいうなじが目に入って、言えなかったw」

「あの人と一発やってみてえなぁ」

これを聞いた時、予想外だった攻撃に、胸が張り裂けそうになった。

「え?そんな・・。人妻ですし、年も相当上なんでは?」

「まあね、俺の許容範囲は30までなんだけど、
 あんな美人だったら1度くらい、やってみてもいいな。
 40過ぎの女の身体かぁ、話のネタになりそw」

「で、ですが・・」
 
「旦那さんは会社リストラされて、今はタクシーの運ちゃんらしい、
 夜いないから、独りで寂しいんじゃないかw 簡単に落とせそうw」

「そんな、やめたほうが・・」

「何、無理だって言うの? 必ず落としてやるよ。
 まあ見てな、1か月もすれば、そこの倉庫で
 チュパチュパ、フェラするようになるからw」

「よし!採用にしよ!そして落とす!、なんか変な言い方だなw」

こうして、瑶子さんは採用されたが
酒井さんに狙われているので、僕は気が気ではなかった。

勤務シフトは当然のように、瑶子さんと一緒に酒井さんが入ったため、
僕が瑶子さんと接するのは、入れ替わり時の挨拶ぐらいだった。
それでも、瑶子さんは、
あの優しい笑顔を僕に向けて「お疲れ様です」と挨拶してくれるので、
とても幸せだった。

しかし、あの品のある笑顔を見ると
どうしても酒井さんの言葉を思い出して、鬱になる。

僕は、瑶子さんが上品な唇をすぼめて、酒井さんの股間に顔を埋める姿を想像しては、
必死に頭を振って妄想を打ち消した。

瑶子さんが働き出して、1か月程が過ぎた頃、
僕は、どうにも耐えられなくなって、酒井さんに聞いてみた。

「さ、酒井さん、瑶子さんのことは、どうなりましたか?」

酒井さんは梅干しを食べた時のような、変な顔になった。

「ああ、覚えてたか。いや、駄目だよ。何度か誘ったけど、
 息子から手が離せないと言われて、飲みにも行ってねえよ
 取りつく島もなしって感じだな」

「そ、そうですか・・」
僕は嬉しくて飛び跳ねそうになるのを、必死に堪えて、
苦虫を噛み潰したような顔を作った。

「だけど、一緒に働いてみて、改めて思ったけど、良い女だなぁ。
 言葉使いなんかも、他のバイトと全然違うし、教養があるって感じだな。
 肌なんかも白くてピカピカ、今まで良く手入れしてたんだろうな。
 あ?あ、おっぱい拝んでみたかったなぁw」

「そうですかぁ(笑)」

「まあ、そのせいかもしれないが、他のバイトとあまり馴染んでないな。
 特にシフトリーダーの中村さんなんて、露骨に嫌がらせしてるよ
 あの、おばちゃん、性格きついからなぁ」

なんとなく、気になったので、
たまたま中村さんと二人になる機会があったので、探りを入れてみた。

「新しく入った瑶子さん、どんな感じです?」

「ああ、あの人、使えないですね? ああそうだ!○○さん聞いてくださいよ?
 あの人、こんなバイトに、MaxMaraのシャツなんて着てくるんですよ。」

「え?」

「ブランド品なんですけどね。
 でも、聞いて下さい。 幸子さんが気づいたんですけどね、1日おきに同じ服着てるみたいなんです?w」

「この間、みんなで、そのシャツ好きなんだね?って言ってやったら、涙目で逃げちゃいましたよ
 旦那が会社首になって貧乏なくせに、見栄張っちゃってw
 この間、松ちゃんがなんか臭うって言うから、、あの人のこと嗅いだら・・」

延々と瑶子さんの悪口を聞かされることになった。
それにしても、凄い嫌われてて驚いた。

それから2か月くらい経ったある日、事件が起こった。
僕が出勤すると、事務室にみんなが集まっていた。
既に帰ってるはずのバイトまでも居たので、事務室は人で溢れていた。

「私じゃありません!本当に私じゃありません!」

「私たちは見たって言ってるのよ!ねえ、幸子さん!」
「そうそう。午前中のシフトの時、あんたが金庫を触ってるの見たんだよ」

「ですから、それは、1万円札がレジに貯まっていたので、穴から金庫へ入れただけです!
 定型業務じゃないですか!」

瑶子さんと中村さん、山下さんの声だった。

酒井さんは黙って難しい顔をしていた。

なんと精算時に10万円も違算が生じたというのだ。

-------------------------------------------------

「警察に任せよう」

酒井さんの言葉を聞いて、
僕はすぐに中村さん山下さんを観察した。
彼女たちは、必ず動揺を見せると思った。

しかし、彼女たちは「そうしましょう」などと頷き合っている。
おかしいと思った。瑶子さんは泥棒なんてやるわけないし、
嘘を言ってる中村さん達は警察が来たら困るはず。

「それが良いです。僕が連絡しましょう。」
僕は、中村さんをじっと見ながら
酒井さんよりも早く電話の受話器を掴んだ。

「ちょ、ちょっと待ってください!!」

僕は甲高い声の方を振り向いた。
え?ウソ?
なんと!声の主は、瑶子さんだった。
瑶子さんは怖い顔をしていた。

「警察なんかに連絡されたら困ります。私はやってません。」

「だから、ちゃんと調べてもらったらいいじゃないの。
 私は証言するよ。あんたが金庫を触ってたって」

「ですから、それは何度も言ってるじゃないですか。
 警察に調べられたりしたら、ご近所の方々になんて言われるか・・」

僕は、今にも泣きそうな瑶子さんを見ていられなかった。
たしかに、警察が来て大事になれば、近所中で噂になるだろう。
瑶子さんは、それを恐れていたのだ。

僕が受話器を握ったまま戸惑っていると、酒井さんが結論をだしてくれた。

「分かりました。とりあえず、もう少し話し合いをしましょうか。
 警察を介入させるにしても、一応本部に連絡したいですから。
 瑶子さん、今日、時間取れますか?」

「は、はい。息子が眠った後でしたら、出てこれると思います。それでよろしいでしょうか?」

「分かりました。では、夜、来てください。」

「ちょっと待ってください!店長、まさか仲が良いからって、この泥棒女のこと、
 うやむやにするつもりじゃないでしょうね?」

「中村さん、馬鹿なことを言わないで下さい。私だって始末書なんですよ。
 皆さんが納得する決着を付けますから、信じて待っていてください。」

中村さん達は、ぶーぶー言っていたが、酒井さんが無理やり、その場を収めた。

そして夜遅くなって
瑶子さんが来店した。
僕は非常に気になっていたので、事務所の近くに陣取って耳をダンボにしていた。

「瑶子さん、夜遅くにすみませんね。じっくり考えました。
 単刀直入に言います。瑶子さんには辞めてもらおうと思います。
 あの場で言わなかったのは、情けと思ってください。」

え?酒井さん、酷い・・・僕はびっくりしたが、瑶子さんはもっと驚いたようだった。

「待ってください。私は本当にやってません!」

「別に、今回のことだけが原因ではありません。
 忙しい時間帯に勤務できないですし、協調性もなくバイトの方々とも仲が悪いですよね」

「仲が悪いのは中村さん達のグループだけです。高校生の延田さんや林君とは仲良くさせて頂いてます。」

「彼らと一緒なのは夕番のたった1日だけじゃないですか。いずれにしても辞めて下さい。話は以上です。」

「そんなっ・・・困ります。
 今辞めたら、私が泥棒だと認めることになります。
 家計も本当に苦しいんです。ここを辞めたら、働く場所がありません。」

「そうですか・・・
 じゃあ、泥棒だとはっきり認めて、皆さんに謝罪して、きちんと許して貰うって手もありますよ。」

「そんなっ!・・そんなこと出来ません・・」

「そうですか・・・
 じゃあ、こういうのもありますよw」

「や、止めて下さい!!!な、何をなさるのですか!」

瑶子さんらしくない、売り場にまで聞こえそうな大きな声だった。
いったい、酒井さんは、何をしてるんだ?

「辞めて下さいってのは、こっちのセリフなんですけどねw。じゃあ、話は以上ですから、帰ってもらって結構です。
 ただ、本当に帰っちゃっていいんですか?」

「中村さんも問題ある人なんで、この際、シフトリーダーを瑶子さんに代わって貰うって手もあるんですけどね。
 そうすれば、泥棒じゃなかったって皆さんに示せるでしょ? 」

「え?、それは本当ですか? わ、私がシフトリーダーですか?」

「はい、そうです。そういう可能性もありますよ。瑶子さん次第ですけどね。
 だから、場所を変えて、そこの倉庫ででも、ゆっくり話ましょうよ。ね、いいでしょ?」

「だ、駄目です。いけません。そんなこと・・・」

「大丈夫ですってw」

「は、放してください!」

瑶子さんは慌てて事務室から出てくると、挨拶もせずに急いで店を出て行ってしまった。
僕はすぐに事務室に入っていった。

「どうしたんですか? 瑶子さん慌てて出て行きましたけど・・・」

「ああ、最後に、おっぱい触ってやったw
 思ったより貧乳だったよw」

「え?・・・」
この時、僕はなんとか怒りを抑えることに成功した。

それから、瑶子さんは店に来なくなった。

そして
瑶子さんが来なくなって1週間ほど経ったある日

「お前、今日の夜って、シフト入ってるよな?」

「はい、入ってます。」

「さっき、連絡があって、夜中、また瑶子さんが店に来ることになったから」

「え?本当ですか!!」

「驚いちゃうよなw
 この間、おっぱい触ったっていうのになw
 どうしても辞めたくないんだって。
 近所中で、泥棒して店を首になったって、噂されてるらしい」

「そんな酷い噂、いったい誰が!!
 あ!もしかして中村さん達ですか?」

「女って怖いよな。
 で、
 今日こそ、あの人、頂くから、
 お前には、邪魔が入らないように見張りやってて欲しいんだよ」

「そ、そんな・・」

「いきなりホテルに呼びつけるわけにもいかんし、頼むな」

僕の返事も聞かずに酒井さんは勝手に話を進めてしまった。

そして、その日
夜遅くなってから、本当に瑶子さんは来店した。
少し痩せたかな?瑶子さんは疲れた顔をしていた。

また今度も、僕はレジをバイトの子に任せて
事務所の様子を窺うことにした。

「大変なことになってるみたいですね。
 そんなとこに突っ立ってないで、こっちに座ってください。」

「じゃあ、さっそくですけどw」

「い、嫌っ・・!」 

瑶子さんの悲痛の声だった。
事務室に入って、挨拶も満足にしないうちに、酒井さんは暴挙に出たのだ。
酒井さん!いきなり何やってんだよ!
僕は事務室に飛び込もうと身構えた。
しかし、すぐに酒井さんの話声が聞こえてきた。

「実は、本部に報告するの嫌だったから、俺のポケットマネーから10万入れといたんですよね。
 だから、金出てきたって言えば、たぶん、全然問題ないですよ。」

「で、
 不用意に人を疑って問題を大きくしたってことで
 中村さんにはリーダーを辞めてもらう
 もちろん、きちんと瑶子さんに対して謝罪もさせる。それでどう?」

「はい・・」
瑶子さんの小さな声だった。

「ほら、いいんだろ」

「はい・・」

「ほら、手が邪魔!」

「んっ・・こ、こんな所では、許して下さい」

堪らず、僕は事務室のドアを思い切り開けてしまった。

入口にいる僕に、ちょうど正面を向けるようにして
瑶子さんは、その小さな肩を酒井さんに抱かれていた。
そして、いつも清楚だなぁと思って眺めていたブラウスのボタンは、全部外され
胸を開いていた(涙)

「い、嫌あっ!!」

僕の顔を見た瞬間、瑶子さんは酒井さんを振り払って
胸の前で両腕を交差させるように身を縮めた。

「こいつは、大丈夫だから。」
酒井さんは瑶子さんの背中を優しく撫でながら、諭した。

「そこの倉庫へ行こ、お前は事務室に居てくれ、誰も来ないと思うけど、倉庫に誰か来るとまずいから」

店内の構造上、
レジカウンター → 事務室 → 倉庫の順で部屋は並んでいたため、
倉庫へ行くには、必ず、事務室を通る必要があった。
だから、僕が事務室にいれば、安心というわけだ。

「やっぱり嫌ですっ、いけないわ。こんなこと、駄目です。許されないことだわ。」

僕が返答する前に、瑶子さんは、胸を押さえながら、僕を押しのけるようにして
部屋を出て行ってしまった。

「あ!まじで?
 行っちゃったよ」

酒井さんは何とも言えない表情で茫然としていた。
僕は一応「すみませんでした」と軽く頭を下げて、事務室から出ようとした。
そしたら、「!」
なんと!瑶子さんがドアの前に佇んでいて、危うく、ぶつかりそうになった。
瑶子さんは帰るに帰れずにいたのだ。

僕と目を合せないようにして、無言で事務室に入ってきた。
酒井さんは、それを見てニコッと笑うと、素早く瑶子さんの腰に手を回した。
そして、
「じゃ、頼むな」僕に向かって目で合図しながら倉庫へ入っていってしまった。

それから、僕は、ただ、ぼうっと倉庫のドアを見つめていた。
暫くすると倉庫のドアに付いた明かり窓が明るくなった。
倉庫の蛍光灯が点けられたのだ。
この時、気のせいかもしれないが
「ひぃっ」という瑶子さんの小さな悲鳴が聞こえたような気がした。

酒井さんは、わざわざ蛍光灯を点けて
明るいところで瑶子さんを裸にしているんだ、そう思うと
いてもたってもいられず、明かり窓から中を覗きたい衝動に駆られた。

この明かり窓、倉庫が暗いときは、暗いガラス面にこちら側が写ってしまって
マジックミラーのように、中を見ることができない。
しかし、倉庫の電気が点けば、普通の透明ガラスと同じように中を見ることができた。

僕は覗き見したい衝動を必死に抑えつけながら、ひたすら待った。

ずっと憧れていた瑶子さんが、無残に辱められているのを、ただひたすら待つしかできなかった。

---------------------------------------------

翌日
わざわざスタッフの人数が一番多い時間(シフトの入れ替わりタイミング)に
瑶子さんが無罪であったことが発表された。
そして、同時に
瑶子さんを犯人扱いした中村さん山下さんが糾弾された。

「私達は見たまま事実を報告しただけです!なんで謝らなきゃいけないの!」

2人とも瑤子さんに謝罪することを渋ってかなり抵抗していました。
しかし、
「じゃあ、辞めて下さい!」の一言で
まず、山下さんが折れました。
彼女のうちはお子さんが2人とも私立大学に通っていて、かなり家計が厳しいと聞いていました。

山下さんが折れると、中村さんもあっさり折れました。
「瑶子さん、ごめんね」小さな声でした。
悔しそうな顔をして、声が震えているようでした。
とても心から謝罪している態度ではありませんでした。
僕は気になって瑶子さんの方を見ました。
え?!
気のせいかもしれませんが、
瑶子さんは、うっとりと尊敬を込めた眼差しで酒井さんの顔を見ているように見えました。
いずれにしても今まで酒井さんに向けていた顔つきとはまるで違いました。

その日の夜
早番の酒井さんが残っていたことに疑問を感じていると
案の定、瑶子さんが訪ねてきました。

「今日は、ありがとうございました。」
この日は、別に聞き耳を立てているわけではありませんでしたが、
事務所から声が聞こえてきました。

「なに、改まってんのw 俺って、約束は守る男よw」
「はい、信じてました。」
「明日からシフトリーダーだけど、しっかり頑張ってね。」
「はい、ご期待に答えられるよう努力致します。」
「期待ね?。こういうことも期待してるんだけどw」
「あっ・・」

「それにしても、中村さん悔しそうな顔してたね?
 俺がリーダー代えるって言った時の、あの取り乱し様、凄かったな。
 あのババア、あの年で独身だから、時給減るのが辛いのかもね。
 まあ、瑤子さんの好きなように、こき使っちゃっていいから
 逆らうようなら、俺の名前出してもらっていいし 」

酒井さんが一人で勝手にしゃべってるように感じました。

「清算書の作り方などは、明日、きちんと教えるから」

「あ、このまま出しちゃっていいよね?」

え、何を?!

「あ、飲まなくていいよw」
何故だか
シュッシュッというティッシュを取る音が、妙に艶かしく聞こえたような気がしました。

僕は泣きたくなりました。
この場をすぐにでも立ち去りたいのに、足が動きませんでした。

「あんまり口に出されたことってないの?」
「あ、ありません・・そんなこと・・したことありません」
「え?旦那にフェラあんまりしないの?」
「な、何回かはあります、でも、ほとんど記憶がないくらいです」
「もしかして、Hもご無沙汰?」

ふざけた質問にも、時々タメ口が混ざる酒井の言い様にも腹が立ちました。

「そうなんだ。40過ぎとは思えない良い身体してるのにね?」
「あっ・・」
「ホントすべすべ。かなり良いと思いますよ、この身体。」

「し、下は許してください・・」
「え?w 何をいまさらw」
「こ、ここでは・・許して下さい」
「まあ、ここは誰が入って来るか分からないからね。さすがに全裸は嫌か。」
「・・・」
「でもさ、おっぱい丸出しになってるのは問題ないの?w」
「い、言わないで・・」
「じゃさ、下は許すからさ、ほら、ちゃんと腕を上げて。」
「あっ・あ・ん・・」
「瑶子さ?んw 感じても声出しちゃ駄目よw」
「あ、あなたが腋をくすぐるか・・・あっ、あん・・」

僕は血が滲むほど拳を握り締めながら、
まるで事務所の扉を守っているかのごとく
ただ扉の前で突っ立ってることしかできませんでした。

翌日から瑶子さんは、リーダーとして活き活きと働いていました。
しかし、たまたま私と顔を会わせると、気まずそうに顔を歪めました。
「仕事、一生懸命がんばりますから」
すれ違いざまに、小声で囁いた瑶子さんの小さな背中を僕は悲しい思いで見つめました。
その背中にも酒井の手が這い回り、彼を愉しませたのだろう。
僕だけは、どうゆう手を使ってリーダーになったか知っています。
だから、瑶子さんは僕に見せ付けるかのように一生懸命、誠心誠意働いていたのかもしれません。

時々、酒井は僕が聞きたくもないのに、勝手に瑶子さんの話をしました。
倉庫ではヤリずらいから、やったのは最初の日だけだということ、事務所では本番はしてないこと。
2人とも仕事中である昼間でも、他のバイトの目を盗んで触ったりしていること。
そして、
酒井の部屋に連れ込んで、やりまくってること。

その日も、例のごとく酒井が瑶子さんの話を始めました。
「俺って女性上位で見ながらやるの、好きなんだよね。」
酒井が防犯カメラのモニタを操作すると、
レジに立つ瑶子さんが大きく写りました。

鼻筋の通った綺麗な横顔を見るのが辛く、目を背けたくなりました。
「あんな顔して、俺に跨るんだぜw 小振りなおっぱい揺らして、アンアンだw」
「そうですか。じゃっ失礼します!」
僕がよほど悔しそうな顔をしていたからか、事務所を出ようとする僕の腕を酒井が掴みました。
「馬鹿、話はまだ終わってないよ」
酒井の声が小声になりました。
「お前、瑶子のこと、かなり気に入ってたよな?」
「・・・」
「そんなおっかない顔すんなよw」

「まあまあ」そういって酒井は、僕を倉庫の中まで連れていきました。
「ここで少し待ってな」
そう言って酒井は出て行きました。
いったいなんなんだと思いながら倉庫内の品物を整理していると
突然、酒井が事務所に飛び込んできて、慌てたように倉庫内に入ってきました。

「馬鹿、電気消せよ!」
は?真っ暗じゃ仕事できないでしょ?
疑問を浮かべる僕の表情は無視され、
酒井は電気を消して、すぐに出て行ってしまいました。
いったい何事?と明かり窓から事務所の方を覗くと
え?!
瑶子さんが事務所に入ってきました。
ま、まさか・・・

僕の予想は当たりました。
酒井は、僕に見せつけようというのです。
瑶子さんが事務所に入ってくるなり、酒井は瑶子さんを抱きすくめました。
僕は腹が立ちました。
怒ってすぐに出て行ってやろうと思いました。
しかし、僕が出ていくより早く酒井はキスをしながら、
瑶子さんの服を脱がしていきました。
なんてことだ!
僕が倉庫から出て行こうと思った時、既に瑶子さんは剥かれて、ブラジャーのみになってました。
僕が呆然としているうちに、
そのブラジャーさえもホックが外され、浮いている感じになってしまいました。

もう今更、出て行くことはできない・・・
今まで、どうして真っ暗な倉庫に篭っていたのか、どうしても言い訳が思いつきません。
瑤子さんに覗きをしていたと思われることは、どうしても僕のプライドが許しませんでした。
しかも、
脱がされていく瑶子さんと同様に、僕自身も変化していました。
いつの間にか、いけないと思いながらも、
唇を吸われながら胸を揉み込まれている瑶子さんから目が離せなくなりました。

酒井は、半裸の瑶子さんを揉みくちゃにしながら、僕の方へ(倉庫の方へ)どんどん近づいてきました。
瑶子さんの表情や小さな黒子までが分かるくらいの至近距離まで近づいてから、
酒井は、わざわざ瑶子さんの身体の正面を、僕の方へを向けました。

そして、捲くる様にして瑶子さんのブラジャーを完全に剥ぎ取りました。

僕が何年も夢に描いてきた
そして酒井が小さいと表現した乳房が、完全に僕の目の前に露わになりました。

この瞬間、最初のうち感じていた敗北感や罪悪感は、完全にどこかへ行ってしまい、
気が付いた時には、自分の股間に手を伸ばしていました。

酒井は瑶子さんの背後にぴったりとくっつく様に立って
露になった乳房を両手で鷲掴みにするように揉み込みました。
途端に、形が良いと見惚れていた乳房がいびつに歪みました。

僕は瑶子さんの表情の変化にも注意していました。
普段よりも上気した顔ではありましたが、胸を揉みまくられているというのに、
いつもの上品でクールな表情はあまり変わっていないように感じられました。

ところが、酒井の指先が両乳首を同時に摘まんだ瞬間、仰け反ったかと思うと
必死になって手で口を押さえながら、繊細な顔を振り乱しました。
この時、僕に向けて酒井の目が光ったような気がしました。

酒井は片手で乳首を摘みながら、もう片方の手で瑶子さんの身体を撫で回してから、
すっと、手を下に持っていきました。
あっという間に、瑶子さんのズボンのボタンが外れ、チャックに手が掛けられました。

「いやっ」
ヤメテ!ではなくて、「いや」と瑶子さんは小さく呟きました。

酒井は当然のように無視して、器用にチャックを下ろしていきました。
瑶子さんのお腹の丸みに目を留める間もなく、
すぐにピンクのパンツが顔を出しました。

酒井が、身体をまさぐっていた片方の手を離すと
瑶子さんは「いやいや」と首を振りました。
しかし、酒井は、そんなのは全く意に返さないかのように
「たまには、いいだろ」と言いいながら
瑶子さんのズボンを一気に下ろしました。
あ!
僕の目に黒々としたヘアが鮮やかに写りました。
酒井のやつ、ズボンだけじゃなくパンツまで一緒に下ろしてしまったのです。

酒井は潰れたヘアの毛並みを整えるかのように優しく撫でながら
しゃがみ込みました。
「ほら、靴を脱いで。」
「はい、足も上げて。」
信じられませんでした。
瑶子さんは、まるで操り人形のように従って
なんの抵抗もせずに、あっさり全裸になってしまったのです。

酒井は素っ裸にさせた瑶子さんに何もせずに、ただ眺めるだけでした。
僕も、よく見ようと思い、顔を窓に近づけると、
突然、酒井の背中が、邪魔をしました。
瑶子さんと僕の間に割って入ったのです。
邪魔だよ!と思っていると、酒井は身を屈めました。
すぐに瑶子さんの喘えぎ顔が目に飛び込んできました。
酒井が瑶子さんの乳首に吸いついて、秘所を弄ったのです。

酒井が邪魔でよく見えず、
僕はもっと身体が見てみたいのに・・と思っていると
思いが通じたのか、酒井が瑶子さんの背後に回ってくれました。

この瞬間、僕の頭は真っ白になりました。
いえ、違いますね。瑤子さんの真っ白な身体で、いっぱいになったという表現が正しいですね。
ずっと憧れていた瑶子さんの全裸が、僕の真正面に完全に晒されたのです。

まるで合図をするかのように、酒井が片目を瞑ってウインクをしました。
え?何?
酒井は瑶子さんの足元にしゃがみこむと、
突然、抱えるように瑶子さんを持ち上げました。

ま、まさか!

向こうから僕が見えるはずがないことは充分知っていましたが、
僕は慌ててブルンブルンと首を振りました。
ヤメテ!それはいいから、お願いだからヤメテ!
しかし、僕の思いは届きませんでした。

長年憧れていた、あのいつも清楚で上品な瑶子さんが
明かり窓に(僕に)向けて、剥き出しの股間を突き出していました。
まるで子供がおしっこをする時の様に
酒井によって抱えられて。

手を伸ばせば簡単に届く距離、いえ、
ガラスさえなければ僕の息が掛かるくらいの至近距離に
オマンコもお尻の穴も、その全てが完全に晒されました。

これ程、モロに見るのは始めてでした。
特に意識せずに、
品のある瑶子さんの容姿と、モロ出しにされた女の部分を見比べてしまいました。
『こんな綺麗な人でも、アソコは、こんなにグロいんだな』
というのが正直な感想でした。
たとえ憧れの美女のものであっても、その部分は、お世辞にも綺麗とは思えませんでした。

一気に萎んでいきました。
その後も、
酒井は明かり窓に向かって、瑶子さんに身体を開かせましたが、
僕は床に尻餅をついて、あまり見ていませんでした。

それから数週後、酒井がSVになることになり
僕が店長になりました。

「私は反酒井派で、○○さん派だったんですよ」

店長になると、すぐに中村さんが擦り寄ってきました。
勝手に、僕の派閥まで作ってくれていたようです。
全然嬉しくはなかったのですが、
股間を全開にさせた瑶子さんの惨めな姿が頭に過ぎりました。
瑶子さんは、
あんなにグロくて恥ずかしい部分を酒井さんに晒してまで、リーダーになりたかったんだ・・・
理不尽な怒りが芽生えてきて、僕は中村さんをリーダーにすると決めました。

すぐに、僕は冷徹になってリーダーを変更する旨を瑶子さんに伝えました。

その翌日、深夜になってから瑶子さんが店を訪れました。

「リーダーを続けさせて下さい。お願いします。」
頭を下げる瑶子さんを僕は無視して、事務室を出ようとしました。

「なんでもします!やらせてください!」

「それって、酒井さんにしていたことを、今度は僕にも、してくれると言うことですか?」

「は、はい。店長が望まれるのでしたら・・・」

「そうですか? じゃあ、裸になってください。今すぐ、ここで全裸になってください。」

驚きと安心を2で割ったような瑶子さんの表情が今でも忘れられません。

「こ、ここでですか?」

「はい。ここでです。嫌なら、帰ってください。」僕は自棄になって命令しました。

「分かりました・・」
そういうと、瑶子さんは、
清楚っぽく一番上まで、きちんと留められていたブラウスのボタンを
一つ一つ外していきました。
4つくらいが外されて、白い柔肌が見えて来た時、僕の中の何かが、プツンと切れました。

「もう!ヤメテください!、お願いだから、僕の前から消えてくれ。」
「消えてくれよ?」

僕は泣き叫びながら、事務室を飛び出すと、もう二度と店には戻りませんでした。

退職手続きやら何やらが落ち着いて、少し経った頃、
僕の代わりに霧島という同期が、あの店の店長になったと聞きました。
同期の中でも1番くらいチャラチャラしていて、僕とは全く馴染めない男でしたが、
今更、そんなこと、どうでもいいと、思いました。

それから更に月日が経って、僕が某引越し屋の営業に仕事が決まった頃、
コンビ二時代一番仲が良かった同期が、就職祝いをしてくれました。

日本酒を飲みながら、そいつは自慢話を始めました。
お互い童貞コンビだったのに、脱童貞をしたことを報告されました(涙)

「どこの風俗で卸したんだよw」

「ば?か、素人だって」

「まじ?彼女できたのか!」

「違う違う、人妻。お前人妻フェチだって言ってたよな?羨ましいか?」

「いや、ぜんぜん。どうでもいいよ。そんな話。」

「まあまあ、聞いてくださいよ。親友の武勲だぞ。」

「勝手に話しやがれ」

「すげえ美人だったんだぞ、年はそこそこ行ってるって話だったが、
 すっげえ美人で肌なんかもツルツルのスベスベ。
 羨ましいか? 霧島に頼めば、お前もやれるぞ。喜べ!」

「え?!霧島?あの霧島?」

「他に誰が居るよ。あのチャラ男、またバイトに手を出したんだよ。
 その人妻、超美人なのに擦れてない感じだったから、
 完全に霧島に堕とされちゃったんだろうな。霧島にお願いされれば
 俺みたいなオタにもヤラせるくらいだからな。」

「そ、その人、品のある雰囲気で、色白だった?
 森口瑶子っていう女優になんとなく似てたりした?」

「森口瑶子?博子には、ぜんぜん似てなかったな。
 う?ん。目が少しきつい、きりっとした顔立ちだったね。
 物腰上品で、いかにも清楚な奥様って感じかな。
 やっておいて、あれだけど、可哀想だな、と思ったよ。
 あれだけの美女が霧島みたいな屑に騙されて、
 見ず知らずの男に股開いてるんだぜ。」

この日以来、僕は勃起することがなくなりました。
これが僕のトラウマ。
でも、悪い事ばかりじゃない。
性欲の代わりに食欲が増大したのか、何を食べても美味しく感じますよ

工場のため

私は37歳。父から引き継いだ祖父の代から続く工場を経営しています。
妻は31歳。学生の頃、彼女の家庭教師をしたことが縁で結婚しました。
妻は夫の私が言うのも変ですが、美形です。
アナウンサーの大江麻理子さんに似ていると、何度も言われている私の自慢の妻です。
工場経営と聞くと、昨今の不況で、大変だと思われるかもしれませんが、
当社は世界的企業である(伏字にしますが)○○自動車の仕事を直接受注しているため、無事に営業ができています。

先々月、私はストレスと糖尿病から網膜剥離になり、何度か手術をするために入院しました。
そして、私の入院中は妻が工場を切り盛りすることになりました。
妻に任せてから数日後、突然、数億円規模の大きな仕事が舞い込んできました。
妻から詳しく話を聞いたところ、新製品に使う部品で当社の技術がどうしても必要だとのことでした。
私は入院中で1ヶ月程度は目が見えないため、この仕事を請けるかどうか迷いました。
しかし、○○自動車の担当者である佐藤さんとは3年の付き合いで信頼関係が築かれており、
また、この度の新製品の資材関連の担当者は妻の学生時代の同級生である清水さんという人で、妻も安心しているようだったため、
何より大きな仕事が欲しいという気持ちが優先してしまい、この仕事を請けることにしました。
少し不安はありましたが、目の治療中の私に代わって妻が詳細の打ち合せや契約など全てを担当することになりました。

それから2ヶ月程経った先日、私は無事に退院し(目も少し視界が欠けた感じですが、見えるようになった)、翌日、工場へ出社しました。
大きな仕事を請けたため、機械はフル稼働していると思っていたのですが、通常通りの動きでした。不思議に思って
従業員に話を聞いたところ、先月初旬までは忙しかったのですが、その後、納期が変わったとかで通常の状態になったと言うのです。
妻から何も聞かされていなかった私は、すぐに事務室へ行き妻に確認しました。言いよどんで一向に話そうとしない妻に、粘りに粘って
やっと口を開かせました。妻が言うには契約書の納期を間違えたと言うのです。この時点では、私は「は?」という感じでした。
詳しく聞くと妻は(私も)最終納品日を2010年の11月末だと思っていました。ところが、実際は、2009年の11月末だったと言うのです。
思わず「何で確認しなかったんだ!」と怒鳴ってしまいました。妻は弱弱しく「きちんと確認しました」と言いましたが、
契約書の控えを見ると確かに2009年になっていました。心の中で、おかしいと思いました。今まで、このような短い納期は1度も無かったし、
うちの規模で、あれだけの量の生産を1ヶ月で上げることは到底無理だと佐藤さんも知っているはずだからです。
いずれにしろ、期日に納品できなかったのだから先方にも迷惑を掛けただろうし材料も発注したはず、
それらは、いったいどうなったのか?と妻に確認しました。
すると、やるはずだった仕事を2011年の5月までに分割して納品(分納)すれば良い様になったというのです。
「は?」と思いました。「1年以上も待ってくれたってこと?しかも、うちは10年11月には納品できるののに、11年5月って何?」と、
そんなこと有り得ないと思いました。
すぐに○○自動車の佐藤さんに確認しました。すると、妻の言うとおりで2011年の5月までの分納で良いことになっていました。
私は、そんなヌルいことは信じられず、、思わず「最終納期を1年以上待つなんて有り得ないでしょ?」と言ってしまいました。
すると、佐藤さんは「奥さんがいろいろと根回しをしてくれたので大丈夫です」と言うのです。これを聞いて、私は、
先月からの妻の様子などを思い出してピンと来ました、そして、すぐに妻を問い詰めました。やはり私の予感は的中していました。
妻は、私の妻は、私の入院中、佐藤や清水たちに好きなように抱かれていたのです。納期をずらす代わりに奴らの玩具になっていたのです。
腸が煮えくり返りましたが、土下座をして泣きながら謝る妻を責める気になれず、私はガムテープとサバイバルナイフ(うちの技術者が作成した本物そっくりの偽物、社の宴会で使った)を持ち出して○○自動車へ向かいました。
○○自動車の事務所の前で佐藤が出てくるのを待ち、佐藤を自宅まで尾行しました。
そして、佐藤がドアを開けたところでナイフで脅して、部屋に入りました。
佐藤は、私の形相とナイフ(偽)にびびったのか、大人しくガムテープで拘束され、「俺が何故来たか分かるな?」と聞くと、頷きました。
「全部話せ」と言うと、素直に話し出しました。さらに、無造作に置いてあったデジカムに気づいた私が、佐藤に追求すると
彼は、妻の恥ずかしい姿をデジカムで記録していたことも白状しました。
私は彼のPCから、それらの動画を再生し、その動画を見ながら佐藤に全てを白状させました。

佐藤は以前から妻の美貌に思いを寄せていて、佐藤と同期の清水は学生の頃からずっと妻に憧れていたようです。
そして、私が入院したのを切欠に、彼らは妻を落とす計画を実行しました。
彼らは本部から来たときは納期が1年以上あった例の仕事を、たった1ヵ月の納期に変更して妻と契約を交わしたのです。
仕事量や今までの取引歴から、月初めに11月末納期と言われれば妻が1年後の11月を納期だと思うのは、不思議なことではありません。
それに加え、佐藤は最初に妻に見せた契約書の(見本)とやらでは、1年後の11月を納期としていたことも白状しました。
最初に見せた雛形の納期と契約書の納期が違うことには、一切触れずに契約時、1ヵ月後を納期とした契約書で妻は契約させられたのです。
そんな罠に愚かにも嵌ってしまった妻は、自分の不注意で、自分の過失で、契約不履行に陥り、
賠償請求や仕入先への支払いなど、どうにもならなくなってしまったのです。
この時点で、妻は私に相談すべきだったのですが、手術を繰り返す私に心配をかけたくなかったのか・・・
よりによって佐藤と清水に、納期を待ってくれるよう相談してしまったのです。
そして、妻は、、、3代続いた工場や従業員達のために、奴らの前で裸になって償いをしたのです。

動画では妻が辛そうにストリップをしていました。ブラジャーを外すため両腕を背中に回し、後ろを向いた妻に
聞き取りにくかったですが、清水が何かを言っているようでした。それを聞くと妻は、びくっとしてカメラと彼らの方に向き直り、
恥ずかしそうにブラジャーを取ると、すぐに両腕を頭の後ろに回しました。まるで、どうぞ見て下さいと言わんばかりに
妻の小ぶりなバストが2人の男とカメラの前に晒されました。
2人の男の「おぉぉ!」とか「いいねぇ?」という声が聞こえると、妻は顔をそむけて辛そうな表情で、下半身を覆う下着に手を掛け
一気に下ろし脱ぎ去りました。服も下着も何もかも脱ぎさって羞恥に耐えられず、しゃがみ込んで
必死に体を隠す妻に清水が何かを言ってるようでした。
それを聞いて、妻は躊躇いがちに仁王立ちになり、両手を上に挙げて再び頭の後ろで組みました。
先程と違うのは、下半身が何も覆われておらず両足が肩幅程度に広げられている点でした。

妻の無防備な裸体が、至近距離で舐めるようなカメラワークで撮られていました。
硬く目を閉じた顔、乳房、腋の下と数秒かけて移動し、その後、
下に移り細い足が写しだされ、徐々に上へ移動して、ついに妻の慎ましいヘアが映し出されました。
ここで、画面に清水が登場しました。後ろから嫌がる妻の右足を持ち上げるように広げさせようとしていました。
清水が妻の耳元に何か囁いているように見えたかと思うと、すぐに妻の足が全開に開かされました。
そしてカメラは、妻の局部を容赦なく捕らえました。
画面には、妻の体の隠すべき全てが2人の男とカメラの前で開陳されていました。
すぐに、清水が後ろから抱きしめるように妻の乳房を撫で回し始めました。
抵抗しようと妻が腕を下ろそうとすると、「下ろすな」「動くな」といった命令口調の言葉が聞き取れました。

画面では、両腕を頭の後ろで組み、両足を広げて立っている無抵抗な妻が、あらわになった胸や腋の下などを
清水に撫で回し揉みしだかれていました。
苦痛で顔を歪める妻の顔が、どアップで映され、清水が正面に回り込み妻の顔を覗き込みながら、
胸をまさぐったり乳首を摘んだりして、何かを言っているようでした。
そして清水は、妻を抱きしめながら、まだ飽きないのかというくらい散々妻の唇を味わっていました。

それを見ていて、佐藤も我慢できなくなったのか、デジカムを妻に合わせて固定して、
清水に代わって、妻を抱きしめ胸を撫で回しながらキスをしはじめました。
しばらくそんなことをされた後、妻はテーブルの上に仰向けで横になり、体を全開にさせられて
二人の玩具のように嬲りモノにされていました。
私は、二人の男に様々な体位で好きなように抱かれている妻を見るのに、耐えられず、早送りをしました。

早送りをしていると場面が変わって、うちの自宅の中が写っていました。
私は早送りをやめ、再生にしました。
先程とは別の日の様です。うちの居間で宴席が行われている状況が映し出され、
突然「ヒューヒュー」とか「ゎおー」といった囃し立てるような声が聞こえたかと思うと、信じられない光景が・・・
なんと!裸にエプロンだけ着けた妻が、彼らの前に、恥ずかしそうに登場しました。
一人の男が「あの○○さんの、凄い姿です」などとナレーションをし、清水がカメラの前に来て
「これから、あの○○さんが裸で"何でも"してくれます、ここに居ないお前ら、羨ましいだろ」と言っていました。
私は佐藤を蹴り「これは何だ?」と尋ねました。
どうやら清水は、妻に憧れていた同級生達を、裏同窓会と称して呼び集めたようです。
私は怒りで震えながら画面を見ました。
よく見ると妻は泣いているようでした。そんな妻お様子に気づいたのか、同級生達も若干引いているようにも見えました。
しかし、清水は、妻に「もういいからエプロンも取れ」と言いました。
「妻は泣きながら許してください」と言っているようでした。

ここで画面が一旦切れたかと思うと、突然、
妻がエプロンを脱ぐシーンになりました。妻は泣いてはいないようでしたが、暗い表情でエプロンを脱ぎ去り
かつてのクラスメイト達の前に、オールヌードを披露しました。
私は、ここでまた佐藤を問い詰め、何があったかを詳細に尋ねました。佐藤が言うには
今ままで清水や佐藤には何度か抱かれていた妻でしたが、かつての同級生達に辱められることに、かなり抵抗したようです。
しかし、そんな妻に、清水は逆に切れて、ここで逆らえば、今までの努力は全てパー、納期は待たないし
妻の動画や写真なども社長(私)や従業員達に見せると脅したのです。あまりの酷い罰に、妻は必死で許しを請うたとのことですが、
清水は調子に乗って、これから1度でも命令に逆らえば、全て終わりにすると言ったそうです。
(散々抱いておいて、今更、酷い話だと佐藤も思ったと言っていました。)
そして、妻は泣くことを厳禁にされて、皆の見ている前で、エプロンを取り去ったのです。

泣きながら嫌がる妻の様子を見ていたからか、画面では、「マジで?」とか「信じられない」と言いながら、
全裸になった妻を見て、男達は躊躇っている様子でした。
しかし、清水は、私にも聞こえるくらいはっきりと「○○さんは、これからは絶対に逆らわないから大丈夫だよ」と彼らに言い、
妻には「そこで広げろ」と短く命令しました。妻は無言でダイニングテーブルの上のコップなどを片付けると、、
一瞬躊躇した表情になりましたが、すぐにダイニングテーブルの上に乗って仰向けになり、体を全開に広げました。
皆は無言の様でしたが、カメラは妻の局部を容赦なく捕らえ、清水が、「次」と言うと、妻は今度は、テーブルの上で四つん這いになり
足を広げながら、お尻を高く上げました。文字通り、妻は前も後ろも体の隅々までを、かつての同級生達に晒していました。
「こりゃ、本当に何でもするみたいだよ」と茶髪のチャラチャラした感じの男が言ったのを切欠に
皆、大胆に妻を弄びはじめました。佐藤のカメラワークは憎らしく陰険で、男達や妻の様子を至近距離で撮っていました。
ある男は「まさか、○○さんを人妻になってから抱けるとは思わなかったよ」と言いながら、
四つん這いの妻の片足を大きく上げさせて、剥き出しの股間を弄くり回し、またある男は、
辱められている妻の顔を覗き込んで「○○さん、感想はどう?、まさか、俺らとこんなことするなんて夢にも思わなかっただろ?」
「俺らは夢が叶ったよ、ほんと、美人だよな?」と言いながら、妻の顔を舐めたり、唇を吸ったりしていました。
妻は、私と共に楽しく食事をしていたダイニングテーブルの上で、体の隅々まで好きなだけ男達の玩具にされていました。
私は見るのが辛くなり早送りにしました。一通り妻の体を嬲り者して、6人の男が順番に妻に挿入しているのを
ぼうっと早送りの画面で見ていました。
この地獄の宴が終わっても、まだ他にも動画は続いていましたが・・・私は辛くなり、完全に画面を見るのをやめました。
私は、こんなものを見るために、目を治したのかと思い、悔しさで耐えられなくなりました。

酷いものです。佐藤が言うには、
この日の他にも、何度も何度も、清水は妻を同級生や知人等と玩具にしたそうです。

高学歴のお坊ちゃん達

数年前の話ですが、とても衝撃的なことがありました。
今も忘れることができません。
しかし、こんな僕も来月結婚することになり、心身ともに綺麗になりたい
というわけでもないのですが、懺悔の意味もあり、ここに吐き出したいと思います。

レベルの低い文章能力で、うまく伝えることができるか分かりませんが、
当時の会話を再現するなどして、できるだけ工夫して書きたいと思います。
良かったらご意見を聞かせて下さい。

その当時、僕は上智大学の1年でした。
奨学金を貰いながらの余裕の無い生活で田舎から上京したばかりということもあり、
最初は友達が全くできませんでした。
しかし、GWが終わる頃になると、なんとなく友達が居ない同士というのでしょうか
語学クラスで浮いたもの同士が次第に打ち解けていき、毎日、一緒につるむ様になりました。
そんな仲間達の一人に、ある家元の息子がおりました。
あまり詳しく書くと身バレしてしまいますので、お茶、花、舞踊のどれかとだけ書いておきます。

この家元の息子、仮に名前を大吾としておきますが、僕などには信じられない程の金持ちでした。
前置きが長くなりましたが、
この大吾と僕、信二、そして吉川の4人で、夏休みに大吾の別荘に遊びに行った時
ある出来事が起こりました。今回記載するのは、その時の話になります。

夏の暑い日でした
別荘に到着すると、僕はその豪華さに圧倒され落ち着かなくて、庭でぼうっと時間を潰していました。
しばらくすると、女性が現れて掃除をしたり、なにやら色々準備を始めました。
女性は僕に気づくと 「いらっしゃいませ」と笑顔で挨拶しました。
年齢40歳くらいで化粧っけの全くない素朴な感じの人で、とても好感を持ちました。
僕は、なんとなく彼女が働いている姿を目で追っていました。
『一生懸命に働く人だなあ』と感心しながら、母のことを思い出していました。
僕は母子家庭で育ち、母が工場で汗水流して働き育ててくれました。
彼女とは、年齢は少し違いますが、地味な装いや化粧っけの無い感じが母とダブったのです。

「何、ああいう年増がタイプ?」
突然、声を掛けられ、驚いて、振り返ると大吾達がニヤニヤしていました。
そんなんじゃないよ!と言おうと思いましたが、信二が
「そこそこ美形だったよな。若い時かなり美女だったんじゃないか? あの人、誰なの?」
と質問をしてしまったので、言い出せませんでした。
大吾はあっさり「知らない」と答えました。
みんな「え?」という顔をしましたが、大吾は僕たちの疑問を打ち消すように
「ちょっと! こっちにお茶もらえるかな??」と彼女を呼びつけました。
彼女は「はい、ただいま」と叫んで、慌てて建物の中へ入って行きました。
そして、ワゴンで紅茶やコーヒーなどのセットを運んできてから
大吾に促されて自己紹介をしてくれました。
彼女は、益田さんと名乗りました。

「最初ババアだと思ったけど、やれないレベルじゃないな」
彼女が下がった後の、大吾の第一声がこれでした。
「俺は勘弁だな」と、これは吉川
「そうか?俺は余裕でストライク!ケツが結構いい感じだった」
「俺は胸だな。てか、見えそうじゃなかったか?」なぜか吉川が身を乗り出した。
「あ!それ、俺も思った」
正直に言えば、僕も思いました。
庭に置かれた高さの低いテーブルにカップを置く時、胸元が開くことに、気づきました。
そして、その時、なぜか大吾が立ち上がって、益田さんにカップを置く場所をいちいち指示していたことも。
恐らく安物の開襟ブラウスを着ていたのでしょう。母も着ていたから、なんとなく分かりました。
ボタンは一番上まで、しっかりと留められているのに、身を屈めると襟元がダランと下がって、中が覗けるくらい開くのです。

突然、信二がニヤつきながら、コーヒーをテーブルに零しました。
それを見て「こっちの方がいいだろw」と大吾が椅子に零しました。

益田さんが雑巾を持ってくると、全員立ち上がりました。
手伝うような素振りをしたり、話しかけたりしながら、胸元を覗きました。

「たぁわわ♪、たぁわわ♪」
大吾と信二が口ずさみました。
益田さんが、まだ零れたコーヒーを拭いている途中だったので、僕は少し慌てました。
しかし、益田さんは気づくこともなく、丁寧にテーブルと椅子を拭いていました。

一番、遠間に居た僕からも、シミーズと言うのかスリップというのか分かりませんが
薄いレースみたいなキャミソールとその内側にベージュのブラジャーが、ばっちり見えました。
間近で覗き込んでる大吾や信二には、丸見えだったのではないかと思います。
それでも、大吾達は、もう充分に見ただろうに
一通り拭き終わって去ろうとする益田さんに、
「テーブルの足が汚れているから、ついでに拭いといて」とお願いしました。

腰を90度に曲げて身を屈める益田さんの襟元が、真下に垂れ下がり、
ちょうど大吾と信二の目の前に、ぱっくりと開きました。
これには僕も黙って見ていられなくなり、何気なく大吾達の方へ移動しました。
お腹まで見えるんじゃないか?と思うほど、完全に丸見えでした。
柔らかそうな、おっぱいが、ぷるるんと垂れ下がる姿に、僕も鼻息が荒くなりました。

「おっぱい、あんなに丸見えと思わなかったよ。興奮しちまったw」
「確かに、凄かった・・」
「よ?く実ってたよな」
「あれサイズどのくらいかな?巨乳ではないよな。」
「見てるうちに、俺もなんか良くなってきたよ、よく分からんが地味目な雰囲気がいいな」
「吉川w お前も大人になったなw」

この程度のお遊びであれば、僕が懺悔をすることもなかったのですが、
僕達の若い欲望は、いつしか、もっと益田さんを見てみたいと思うようになりました。
後になって、皆で話したことですが、
大学にいる様なその辺の女だったら、たとえ美人だったとしても同じ事はしなかったと思うのです。
益田さんが纏っている全体的な雰囲気が、良く言えば清楚に見えるというか、悪くいえば地味すぎることが
僕達の加虐性に火を付けてしまったのです。

1泊した翌朝、その事件は起こりました。
益田さんは、朝食の準備や、部屋の片付けなどのため、朝早くから忙しく働いていました。
他に柴野さんという年配の男性も僕達の世話係でしたが、その日、柴野さんは昼くらいから来る事になっていました。
僕達は、朝食をゆっくり取ってから、近くを散策しに出かけました。
そして、別荘に戻って即座に、忙しなく働いている益田さんを、食堂まで呼び付けました。

「金が無くなってるんだけど、知りませんか?」大吾は怖い顔で益田さんを見据えました。

「ほ、本当ですか!それは大変です!すぐに探します!」

「いや、そうじゃなくて、ここには、あんたしか居なかったよね?」

これでようやく意味が分かったのか、益田さんは顔色が変わりました。
「わ、私は知りません。本当です!」

「いや、別に疑ってるわけじゃなくてさ、情報を聞きたいと思っているだけだから」

吉川が突然、益田さんの方へ歩み寄りました。
「さっきから気になってたんだけど、それ何? 重たそうだけど・・・」
そう言って、エプロンのポケットの膨らみを指差しました。
「こ、これは」と言い掛けた益田さんを遮って
吉川はエプロンのポケットを外側から、掴みました。

「と、時計だ。これ時計だよ!」迫真でした。
すぐにポケットの内側に手を入れて、中から取り出しました。
信二のハミルトンでした。それは大学の入学時に買ってもらったものでした。

「違います!床に落ちていたから拾ったんです!皆さんのどなたかのモノだと思ったから、戻られたらお聞きしようと思って」

「そんなこと一言も言わなかったじゃん」
当然でした、僕達は散策から戻ってすぐに、益田さんを問い詰めたのだから。

「金の方はどうした?」

「し、知りません!本当です。」

いつの間にか、吉川が益田さんのトーとバッグみたいな大きいのを持ってきて
「この中には無いな」と呟きました。

大吾が叫びました
「金は何処に隠した? 時計だけでも立派な窃盗だけど、金を出せば許してやる!」

家元の息子に怒鳴られて益田さんは泣きべそをかいて首を振りました
「違います・・本当に知りません・・」

震えている益田さんに大吾は静に言いました

「じゃあ、脱げよ。かばんに無いなら、身に付けてんだろ。脱いで、出てこなけりゃ信じるよ。」

益田さんの返事も待たずに、大吾は信二の方に顔を向けました。
「なあ、信二もいいよな? 脱いで出てこなけりゃ、この人のこと信じよう。時計拾ったってのも本当だろう。」

「う?ん。床に落ちてるって、どうみても変だぞ。警察に突き出した方が良くない?」

「ま、待って下さい。本当です!本当に落ちていたんです!」

ここで僕の出番でした。
「益田さんが僕達のお金を持ってなければ、外部から泥棒が侵入して、お金と時計盗んで、時計だけ落としていったとも考えられるよ?」

益田さんは僕を見て、何度も首を縦に振っていました。

「状況が状況なんで、女だからって容赦はできない。トータル100万くらいやられてるんだよ。
 いや、俺のフランクミュラーも入れると500万くらいかな」

「そ、そんなにですか・・」言ったきり益田さんは固まっていました。

「じゃあ、益田さん!疑いを晴らすためだから!」
「もし、本当に出てこなければ、益田さんのことは、この俺が信じる。誰にも何も言わせないから。必ず守るから。」

「はい」泣きそうな震える声で返事が聞こえました。
この瞬間、益田さんの死角に居た信二が、ガッツポーズしました。

益田さんは、エプロンを素早く取ると畳んでテーブルの上に置きました。
早く裸が見たかった僕達は
「畳んでると金を隠す恐れがあるから、脱いだらそのまま服を渡すように」と指示しました。

震える指先がブラウスのボタンに掛かりました。
僕達は、年上の女性を裸に剥けることに興奮し、
我を忘れて、ガン見していました。

ボタンは次々外され、すぐに白い素肌が露になりました。
益田さんは、素早くブラウスを脱いで、スカートを足元に落としました。
ベージュのストッキング越しに見るパンツや脚のラインが色っぽくて
「おおお!」と声を上げそうになるのを必死に耐えて、僕達は真剣な表情を作りました。
気持ちが萎えないようにか、益田さんは間髪入れずに、パンプスを脱いでストッキングをズリ下げていきました。
生の太股が露出していく様に、興奮を隠しきれずに、僕は堪らず咳払いをしました。

下着だけの姿になると、益田さんは、もうこれ以上は許して!という目で大吾を見つめました。
しかし、大吾は
「どうしました?早くして下さい」と先を促しました。
下着で許すつもりはないと悟った益田さんは、覚悟を決めたかのように
背中に両手を回して、すぐにブラを外し、パンツも一気に下ろして、あっという間に全裸になりました。
僕達の期待していた乳首やヘアが見えたのは、ほんの僅かな時間でした。
すぐに益田さんは、体全体を隠すようにしゃがんでしまったのです。

若干がっかりした僕の耳に、大吾の信じられない言葉が聞こえました。
「益田さん、やましいことでもあるのですか?」
「え?」益田さんは伏せていた顔を上げました。
「それじゃあ、足の間とか腋とかに、札挟んでるかもしれないでしょ? そう疑われても仕方がないよね?」
「立ち上がって、両手と両足を開いてください」
「そ、そんな・・もう許してください」
「許す?何か悪い事をしたのですか?白状するのですか?」
「ち、違います!」
「だったら、きちんと僕達が納得するように証明してください!」

益田さんは、ふらつく足取りで、ヨロヨロと立ち上がりました。
そして、両手と両足を大きく広げました。

夏の明るい日差しが肌に反射して、益田さんの裸体は輝いて見えました。

40歳を過ぎた女性が、4人の若い男子学生に、明るい場所で裸の体を凝視されているのです。
益田さんには辛い事だったのでしょう。目を瞑ったまま下を向いて、じっと耐えていました。

僕達は益田さんが目を瞑っているのをいいことに、
声を漏らさない様に気をつけながら、
益田さんの広げた足の間を覗き込んだり、後ろに回ってお尻を見たり、じっくりと裸体を鑑賞しました。

疑いは完全に晴れ、益田さんは胸を撫で下ろしたようでしたが、
僕達は、その後、まだ2泊残っていました。
その間、益田さんは、素っ裸を晒した恥ずかしさなど、微塵も見せずに気丈に僕達の世話をしてくれました。

東京に戻って数ヵ月後、僕は信二と一緒にサークルに入り、大吾とは少し疎遠になったことも有り
二度と益田さんと会う事はありませんでした。

しかし、先日たまたま結婚の連絡で信二と連絡を取り、二人で飲んだのですが、その時、面白い話を聞きました。

あの大吾が、お弟子さんや従業員達の子弟のための奨学金財団を設立したというのです。

「益田さんのためだよ・・」と、グラスのウィスキーを一気に飲み干してから、信二がボソッと囁きました。

東京に戻ってから知ったことなのですが、益田さんは息子さんを独りで育てていたのです。
その息子さんが、ちょうど高校に入学したそうです。有名な進学校だそうです。

あんな真面目な女性に、酷い事をさせてしまった・・・
僕もグラスを一気に飲み干しました。

信二もあの時のことを、今でも気にしているんだな、と思いました。
そして、大吾は、あの時の約束どおり、あの人を一生守るのだろうと思いました。

以上が、僕の懺悔です。

裏切の母

高橋祐矢(以下、ユウ)16歳は携帯を覗き込んでいた。もう1時間は覗き込んでいる。
「いつまで携帯をいじってるの!?」
母、清子はたまらず注意した。
ユウはあわてて携帯を閉じて母を見る。
「こうなるから携帯は嫌だったのよ…」

今年高校に入学したユウは遂に念願の携帯を買ってもらった。
中学生の時からねだり続けてようやく両親を説得出来たのだ。
特に清子は携帯に夢中になって、家族の会話が減ることを心配して反対していた。

「ごめん、次からは気を付けるよ」
ユウは解約されることを恐れすぐに謝った。

なぜ、ユウが携帯に固執しているかというのには理由がある。それはアダルトサイトだった。
それまでAVすらほとんど見たことのないユウにとって、ネットの膨大なアダルト情報はとても魅力的だった。
姓に対する興味が多感な時期だけに何時間でも見ていられた。
そして当然の様に、ある願望が芽生え始めた。

(俺も本物の女とセックスをしたい!)
この願望は日に日に募っていった。

翌日、学校でユウは友人のシゲキと話していた。他愛ない雑談だった。
その横には学校一の不良であるユタカ達のグループもいた。

ユタカが誇らしげに語る。
「昨日は19の女を食ってやった!」
その言葉に思わずユウは聞き耳を立てた。
「なんだよ?また新しい女出来たのか?」
ユタカの周りの友人が嬉しそうに質問しだした。
「前の女もキープしてるけどな。これでヤったのは15人目かな?」
ユウは驚きを隠せなかった。自分と同じ年のユタカがそんなに経験豊富とは思ってもみなかった。
「でも、どうやって女見つけてんの?」
次のユタカの一言がユウの今後の生活を大きく変えることになる。
「先輩の紹介やナンパもあるけど昨日の女は出会い系で拾った。」

ユウは携帯を覗き込んでいた。もう1時間は覗き込んでいる。
だが以前と違うのはアダルトサイトじゃなく、出会い系サイトを見ていた。

学校でユタカの話を聞いてから、ユウの頭から出会い系の事が離れなくなっていた。
もちろん出会い系という言葉自体は知っていたが、それを自分がやるとは考えもしなかった。

あちこちのサイトで出会い系に関する情報を調べてみると、自分でも出来そうに思えてくる。
(よし!これで本当にセックス出来る!)
ユウは迷わず登録した。

もちろん16歳では無理なので父の免許証を使い登録した。

年齢は19歳、シュンという偽名を使った。
さっそくあちこちの女性にメールを送るが、女性と付き合ったこともないユウには女性の誘い方が分からない。結局初日の成果は虚しく終わった。
(なんでかなぁ…)
頭を抱えるが何も思い付かない。

結局1週間経っても返ってきたのは怪しげな勧誘のメールだけだった。
(ターゲットを絞らないとダメかな?)
ユウは理想的な女性をイメージし始めた。

「キャーー!!」
急にユウの部屋の外から悲鳴が聞こえた。
あわてて悲鳴がしてきた部屋へ行くと、清子が下着姿でしゃがみ込んでいた。
「どうした!?」
「そこ…」
母が弱々しく指差した先には黒い大きなムカデがいた。
「なんだ、虫か…」
ユウは呆れながらも安心した。
「早く捕って!」
清子が怯えながら叫ぶ。ユウはティッシュを数枚重ねムカデを掴み窓から投げ捨てた。
「捨てたよ」
ようやく落ち着いて母に視線を向けた。
そこで初めて母が下着姿であることに気が付いた。

清子は今年38歳になるが、とてもそうは見えない程若々しい。学生時代には陸上をしていた為か、今でも無駄な脂肪などは全く無く、スレンダーで美しいスタイルを保っている。
顔もシワなどはほとんど無く、綺麗な黒髪は艶やかだった。

その美しい母が下着姿でしゃがみ込んでいる。ユウは思わず凝視してしまった。
(母さんがこんなに綺麗だなんて…)
当然、下着姿など普段見ることはない。久しぶりに見た母の身体に「女」を意識し始めた。
「どうしたの?」
自分を見て凍り付いてる息子を心配して声を掛けた。
「あっ、いや…」
必死に冷静を装い返事を返す。
「怪我はない?」
「大丈夫よ。ありがとう」
母の優しい笑顔を見てユウは気が付いた。
(そうだ!俺は母さんみたいな女が好きだ!こういう女を探そう!)

部屋に戻ったユウは目を閉じて母の下着姿を思い出していた。
白くしなやかな肢体、丸く張りのある胸、腰まで伸びた艶やかな髪、そして美しく優しい笑顔。全てがユウの理想的な女性像そのものだった。

さっそくサイトで条件を絞り母に近い女性を探した。そして母に近い女性が一人見つかった。
年齢は31歳。母より若いが自分よりは遥かに年上だったがユウには全く気にならなかった。

さっそくこのナナと名乗る女性にメールを送った。これまでの様に背伸びした文章ではなく素直に気持ちを書き綴った。

(でも無理だろうな…)
半ば諦めていたが僅かな希望に賭けていた。

意外にも10分程で返事が返ってきた。
「メールありがとう!。凄く若い子からのメールでびっくりしたよ!でも、私の年齢は見てくれたよね?31歳だよ?本当に私でいいの?」

ユウは他の部屋にいる家族に悟られない様にしながらも狂喜した。
「お返事ありがとうございます!年齢差なんか全く気になりません!お姉さんが良いんです。よろしくお願いします!」
すぐに返信した。
「ありがとう。シュン君って優しいね。じゃあ条件を決めようか?」
ユウには何のことか分からなかった。
「条件ってなんですか付き合う条件ですか?」
だが次のメールはユウを失望させた。
「もしかしてシュン君はこういうサイトは初めて?条件っていうのは値段のことだよ。」
この一言でユウも全てを理解した。このナナは売春をしていたのだ。
自分の体を売って金を稼ぐ。こんな行為を平気で行うナナに対して軽蔑すらし始めた。

だが今でも母の下着姿が目に浮かぶ。そうすると我慢が出来なくなった。
母と性格は似つかないが体は似てるハズ…
ユウは決心した。
「分かりました。いくらが希望ですか?」
「良かった?。希望は1万だけどシュン君がタイプだったら負けてあげてもいいよ!
ただ、人妻だけど大丈夫かな?」
ユウは呆れ果てていたがもう後に引けなかった。
「分かりました。その条件でOKです。」
「OK?ありがとうね。じゃあ、いつ待ち合わせる?夜意外なら大体大丈夫だよ」
「来週の土曜日の昼はどうですか?」

こうして待ち合わせの時間も決まった。場所はユウの家から3駅先の駅に決まった。

(これでセックスが出来る…)

約束の土曜日が来た。朝からユウには落ち着きがない。
バタバタと仕度をして大切に保管していた1万円を握り締める。

父親は休みだが昼食を済ませるとゴルフをしに出掛けた。
清子は土日は朝からパートに出ている。
ユウの行動を怪しむ者はいない。
(今日こそ童貞を卒業出来る!)
念入りにシャワーを浴び髪をセットする。
(19歳に見えるかな?)
16歳にしては高い174センチだが19歳だとすると少し低い。そして顔にはまだまだ幼さが残っている。
ナナには19歳だと言っているので少し心配だった。
(童顔だ、って言えば大丈夫だよな?)
ユウは無理矢理自分を納得させた。
(大丈夫、大丈夫!これなら嫌われたりはしないさ!)
納得すると意気揚々と家を出た。

電車を乗り継ぎ約束の駅に辿り着いた。約束ではバス停の横の自販機の側で日傘を持って待っている筈になっている。

キョロキョロとバス停を探し、自販機を見付けた。
しかし、そこには見慣れた人物が日傘を持って立っている。
試しにユウはメールを送ってみた。
「もう着きました?」
するとその女はバッグから携帯を取りだし画面を確認するとすぐにメールを打っているらしい操作をした。
「着いてるよ。シュン君はまだ?目印の日傘も持ってるよ。服は白いワンピースなんだけど分かるかな?」
女が携帯の操作を止めてすぐにメールが届いた。間違いなくあの女がナナだ。

「そんな…」
ユウは思わず呟いた。
その女は間違いなく母の清子だった。

胸元が開き太股が露になったワンピースを纏い、普段はくくっている髪を下ろし、濃い目のメイクをしているが間違いなく母だった。
「なんで母さんが…」ユウは目の前の光景がまだ信じられ無かった。
清楚で母親の見本のような清子が、今は娼婦のような姿で立っている。

そのまま茫然と立ち尽くし20分程の時間が流れた。
清子が再び携帯を取りだしメールを打ち始めた。
「どうしたの?もう駅には着いてる?ずっと待ってるんだけど…」
我に帰ったユウは母の元に歩き始めた。しかし、すぐに立ち止まった。
(今すぐ出ていって、母を怒鳴り付けたらいいんだろうか?)
ユウの頭に悪い考えが駆け巡った。そして密かな願望が芽生え始めた。

普段見れない母の姿を見てみたい。淫靡な母の裏の顔を見てみたい。あの美しい母の女の部分を見てみたい。

咄嗟に物影に隠れ携帯を取り出した。
「本当にごめんなさい!急に仕事が入って行けなくなりました。すいません」
即座に返信が返ってきた。
「そんな…暑いなかずっと待ってたんだよ?仕事じゃ仕方ないだろうけどもっと早く連絡してよ!」
「そうですよね。本当に失礼しました。お詫びと言ってはなんですが1万5千円出すので、延期させてくれませんか?」
「金額の問題じゃないよ!誠意が感じられないって言ってるんだよ!」
この言葉に微かにいつもの母の面影を感じつつもユウは母を試したい気持ちで一杯になった。
「分かりました。確かにお金で解決なんて汚いですよね。でもどうしてもナナさんに会いたいんです。心の底から謝ります。謝罪の意味も兼ねて3万出すので会ってくれませんか?」
しばらく返信までに時間が開いた。なんとか計算通りになってほしい反面、金で釣られたりしない母を期待していた。
しかし、その期待は裏切られることになった。
「分かった。君の誠意を感じたし本当に3万出してくれるんだね?」
頭を殴られたような衝撃を受けながらも、気持ちと正反対のメールを打つ。
「ありがとうございます!じゃあまた時間が出来たらよろしくお願いします。それまでメールでいろいろお話しませんか?」
「うん。若い男の子とのメールは好きだからいいよ」

 帰りの電車で様々なことが頭を巡る。
母の見てはいけない一面を知り、その一面を更に探るのは少し後ろめたい。だがどうしても見てみたい。その欲求を抑えることが出来ない。
とりあえず母のもう一つの顔であるナナとメル友になることは出来た。
これで母のもう一つの顔を探る事が出来る。
ユウは不思議な達成感を感じた。

家に帰るとまだ父が帰っていない事を確認し、清子の服が置いてある夫婦の寝室に忍び込んだ。
中学時代にも一度下着を持ち出し自慰をしたことはあったが、今回はそれ以上に興奮していた。
だが成果は無かった。下着も全て歳相応の控え目な物ばかりで、駅で見たような大胆な服もない。恐らく他に隠し場所があるのだろう。
時計を見るともうじき父や母が帰る時間になっていた。部屋を元通り片付けて自分の部屋に引き上げた。

ベッドに腰を降ろし携帯を取り出した。
「ナナさん、今日は本当にすいませんでした。今はメールする時間ありますか?」
返信までに30分程掛かった。
「もう怒ってないよ。また今度よろしくね。
もう家に帰るからメールはごめんね。昼間なら大丈夫だから明日にして」
メールの通り10分程で清子が帰宅した。
(帰ってきた!)
これほど母の帰宅に動揺したことはない。
どんな顔で出迎えたらいいのか分からない。
だが母がどんな顔で帰ってきたのかも見てみたい。
静かに部屋の扉を開け母を出迎えた。

「お帰り。今日はパートだったっけ?」
見てみるとそこにはいつもの母が立っていた。
服は駅前で見たワンピースから着替えてジーンズに長袖のシャツと地味な物になり、髪もいつも通りくくって、化粧も家を出たときと同じ薄化粧に戻っている。
「なに言ってるの?いつも土日はパートに出てるじゃない。」
きょとんとした顔でこちらを見る母に売春婦の影は無い。
なんだか拍子抜けしたような気がしてきた。
「いや、なんでもない。お帰り」
あわててごまかし逃げるように部屋に戻っていった。
(まるでなにも無いような顔してたな…)
平然と嘘をついた母を見て初めて女の怖さを思い知った気分だった。
普段とまるで変わらない母の態度が更にユウを興奮させる。もしかしたら清子にはもっともっと深い秘密があるのかもしれない。
だが全てを知ったら自分はどうなるのだろうか?裏の顔まで知ってしまった母と今まで通り暮らせるのだろうか?
そして、ある考えが浮かんだ。
「待てよ?母さんがパートを始めたのは俺が10歳になってからだよな?」
それ以前は専業主婦だった清子だが、ユウが10歳になり1人にしても大丈夫になってからパートを始めた。
平日は昼から4時間程だが、三年前から夫が休みの土日は朝から夕方まで働いている。
(ということは、母さんはずっとよその男に抱かれてたのか?)
嫌な予感が頭をよぎる。いつもパートに行くと出掛けているが、本当に母が働いている場所を見に行ったことはない。
食品工場で働いている、ということは知っているが本当にいつもそこに行っていたのだろうか?

だが知らない男に抱かれる母を想像すると不思議な興奮が湧いてくる。無意識のうちに股間も熱く、硬くなり握りしめていた。
母のあの美しい顔も激しい快感に歪むのだろうか?
そこまで考えたところでユウは絶頂を迎え果てしまった。

新メニュ?

家は小規模ながら中華料理屋をしています。メニュ?の種類は少ないのも影響してか人気店って分けにはいきませんが、何とか潰さずに両親は頑張っています。
私が高校の頃一度潰れるかどうかまでなった事がありました。父が身体を壊し3ヶ月程入院した為、母が一人で店を切り盛りしていたのですが、メインとなるラ?メン担当は父だった為、母は悪戦苦闘しながら頑張っていたのですが、次第に客足は遠のいていったのでした。
そんなある日の昼の事、テスト期間だった為昼には家に帰っていた私も店を手伝っていましたが客はほとんど来ませんでした。
2時になったので17時までの休憩時間にしようと店の暖簾を中に仕舞っていると、
「あら、もうお終いかな?」
私がそちらを見ると年配の男性がニコニコしながら立っていました。私は母に確認すると、母は目でご案内してと合図をしたので、私はどうぞとおじさんを招きいれそのまま暖簾を仕舞い奥に下がった。
しばらくすると母達はラ?メン談義を語っていたのだが、
「エッ!?本当ですか!!鶏がらを・・・なるほど・・・」
母はおじさんの話を感心しながら聞いているようだったのだが、
「それは・・・困りますぅ・・・そう仰らないで・・・アッ」
そんな言葉を聞きチラリと奥から店内を覗き見ると、メモを取る母の尻をおじさんは撫でながらニコニコしておじさんのラ?メンマニュアルを母に教える。
(50近い母の身体を・・・ゴクリ)
私は母がどうするのかその後の行動に注目した。

「もっと知りたかったら・・・フフフ、奥さんもうちょっとサ?ビスしてもらわにゃ」
おじさんは母の豊かな両胸も弄り始める。
「そんな、私には主人も子供も居るんです!!もう、結構です!!!」
毅然と断りカウンタ?に戻ろうとする母の手を掴み、何事か呟くおじさん、その言葉を聞くと、俯き何か考え事をする母、
「そら、悩んでないで・・・あんたも旦那が留守じゃご無沙汰じゃろ?」
そう言うと母をテ?ブルに引き寄せ己の目の前に母の巨尻を堪能すると、ジ?ンズを脱がしに掛かる。
「アッ、ダ、ダメェ・・・奥には子供が・・・」
そうは言いながらさしたる抵抗をしたとは私には見えなかった。ブルルンと尻が揺れながら母の下側のスリップと年の割には色気のあるピンクのショ?ツが露になる。
「オオ!!こりゃあ想像以上だわい・・・堪らんのぉぉ」
そう言うと母の尻を頬擦りするおじさんは心底嬉しそうだった。
「アァァン・・・負けたわ・・・その代わり・・・」
母は艶やかな目をおじさんに向けると、
「わしの知っているラ?メンの知識全て教えるわい・・・」
そう言って、鼻息荒く母の衣服を剥いでいくおじさんであった。
スリップ姿にされ上をずらされると母の巨乳がポロロンと露になると、おじさんは喜び揉み扱き、嘗め回し、吸い付く・・・
「アァァァッ・・・許してぇぇ・・・ア・・ナ・・タァ・・・」
そう言うとおじさんの顔を巨乳に埋めてサ?ビスする母、おじさんが母の股間を弄ると、母の股間は早くも準備出来ていて淫靡な音でおじさんの股間を刺激する。
「慌てない、慌てない・・・どれ、奥さんのおま○こでも・・・ほうほう、もうビショビショじゃのう・・・わしの倅もな・・・ほれ」
母の目の前に大きくなった肉棒を見せると、
「アァァ・・・大きいわぁぁ!!・・・ウフ・・・ちょっと失礼・・・アフォグゥゥ」
母は大きく口を広げるとおじさんの肉棒を咥え込むと母の口からは唾液交じりの卑猥な音が洩れて来る。
5分程すると、
「お、奥さん、これ以上は・・・もう、もう入れさせてくれぇぇ!!」
そう言うや母をテ?ブルに座らせると対面座位で挿入して腰を振り出す。
「アァァァン・・・アッアッアッ・・・入ってるぅぅ・・・主人以外のがぁぁぁぁ」
母も自らガンガン腰を振りヨガリまくる。
(外に聞こえたらって考えないのか、母さん達は・・・でも)
母も一皮向けばまだまだ女なのだとつくづく思うのでした。
やがて、正常位?立ちバックに移行する頃には母達はクライマックスを迎える所であった。
立ちバックで1分ぐらいすると、
「おく・・・奥さん・・・もう、もう・・・」
母は巨乳を揺らし悶えながら、
「アッアッアッ・・アァァァン・・・アッアッ・・イイ・・・出しても・・あなたなら・・・中で・・・アァァァ・・・き・・きてぇぇぇぇぇぇ」
母の歓喜の声に誘発されたのか、おじさんは母の体内に放出して果てた。

暫くして、母達は仲睦まじそうに、おじさんに教わったレシピで新メニュ?作りに勤しんだ。それからは毎日のようにおじさんは店に通い母を特訓して5品の新メニュ?を完成させた。
その5品は好評で遠のいた客足も戻ってきて、父が退院してからも店の看板メニュ?となった。
父は気づいていないが、母は今でもおじさんだけに特別な裏メニュ?を用意して二人で楽しんでいる事を私は知っている。
                   完

友達の妹

大学行ってた時、友達に貸していたDVDを返してくれって言ったら、そいつがこれから学会の発表の為の作業で、どうしても手が離せないからと住んでいるアパートの部屋のカギを渡してきた。DVDだけ取りに行ってすぐカギを返そうと思い、そのままアパートに直行して鍵を開けてドアを開くと、部屋の中にとても慌てた風な中学生位の女の子がいた。

部屋を間違ったかと焦ったけれど、カギはアイツのものだったし、と混乱していたら女の子の方があの、ここ○○○○のお部屋ですよねと聞いてきた。俺がそうだけれど、あんただれ?と聞くと、彼女は私○○の家族ですが、そちらは?と聞かれ、自分は友人で貸していたものを返して貰いにカギを借りた事を説明するとお兄ちゃんは今日、帰って来れないんですか?と途端に不安な様子になった。とりあえず今は忙しいらしいよ、と説明すると困った風なので、どうしたのか聞くと親と喧嘩をして、兄である友人の家のカギをそっと持ってきて突然来たらしい。

友人に、来ている事を伝えるよ、と言うと安心した様子になり、自分は早速DVDを探そうと、CDやDVDを置いてあるラックのある女の子の後ろを覗き込んだ。女の子が慌てるので、何かと思ったら足元に不自然に友人のTシャツや服がグシャグシャになっていた。よく見ると、その下に本がちょっとはみ出していて、その服のかたまりを足でどかすと、友人が置いていたエロマンガやエロ本だった。どうやら、部屋で待っていたときに暇で見つけたエロ本を見ていたらしい。

足でそのエロ本を軽く蹴って出し、その本を拾ってパラパラとめくってふーん。こんなの見ていたんだと言って彼女を上目遣いに見ると顔を真下に向けて返事をしない。しゃがんで顔を見ようと思ったら、逃げようとするので両腕を掴んで無理矢理顔を覗き込むと真っ赤になって泣きそうな顔をしているのが妙にいじめたくさせるような、そんな感じに可愛く思えて興奮した。自分から逃れようと、イヤイヤして逃げようとするのを抱きついてねぇ、こんなエロ本見て興奮した?こういうの好きなんだ。

みたいな事を耳元に、わざと息を吹きかけるみたいに言うと、彼女はやだ、離して、ちょっと、ざけんなよとか必死に言っちゃっているのが余計に無理に強がっている様で可愛くて、また抱きついた時のちっちゃくて細い感触が興奮させて、めちゃくちゃ勃起して彼女に擦りつけていた。兄ちゃんに、お前の妹お前のエロ本見て興奮してたよって言っちゃうよと言うと、違うもん!と言って振りほどこうと暴れるので、抱え上げて耳をよだれでびしょびしょにするように舐めて耳の穴の中に舌を突っ込んだ。

最初はやーとかやめてとか言っていたのが、だんだんうーとかはぁとか言葉にならなくなって、身体から力が抜けてってた。彼女を抱えたまま、ベッドの近くまで移動してベッドに彼女を投げ出すように下ろして覆い被さった。キスをしようとしたら顔をそらしたりして逃げるので、あごやほっぺをベトベトにして舐めるように口をつけた。抵抗する両手をなんとか抑えて、左手で頭の上に押さえつけ、片足を無理矢理彼女の足の間に割り込ませ、太ももでマンコを擦るように動かした。

大丈夫、言わないから。ね。言わないからみたいな事を繰り返して言い空いた右手で彼女の服を捲り上げ、ブラを横にずらすとほんのわずかの膨らみに、薄い殆ど肌色に近い乳首と乳輪を見たらたまらずむしゃぶりついていた。感触は柔らかさより、中に何かしこりがあるような感じでちょっと固く乳首に舌を強く押し当てて舐めて強く吸ったら、彼女は痛いと言ったので思い直して優しく優しく舌で転がすと、気持ち身体がのけぞった。

そして気がつくと、太ももが凄く熱く感じ、見てみるとジーンズのデニム地が濡れて、黒いインディゴになったしみが出来ていた。彼女の顔を見てねぇ、こんなに汚されちゃったよ。俺のジーンズ。みてよと言っても彼女は目を閉じたまま。また乳首を優しく、触れるか触れないか位で舐めて、右手を彼女の下半身に伸ばした。

中指と人差し指で、下から持ち上げるようにぎゅっと押すとぶちゅっと潰れたような感触と音がして、パンツがヌルヌルと熱くなって湿ってグチャグチャになっているのが判った。彼女はその瞬間、ビクンっとのけぞり、やぁぁと声が出ていた。慌てて横にあったタオルケットの端っこを彼女の口に突っ込んでそのまま夢中で指をパンティーの横から入れて、グチュグチュになったマンコの表面を指でかき回すと、腰が面白いようにビクビク跳ねて、

触っているうちに固いちっちゃい感触に当たると、身体をぐねぐねと動かし、面白いのでそのクリトリスを重点的に責めると、くぐもった声でうごぉぉとか言うので、ずっと続けた。腰が嫌がるというよりは、段々自分の指の動きになぞるように前後に動かして、段々速度がついているのにきがついて、ひょっとしていっちゃうのかな?と思ったので自分はいきなり手を放した。

すると腰がブリッジする位、持ち上がってヒクヒクしていてうえぇぇぇぇぇえと非難めいたうめき声が聞こえたのでタオルケットを外し、どしたの?と聞くとも・・・もぅちょっとでだったのに・・・と涙目で恨めしそうに、俺の事を見ている。あれ?こういうの止めて欲しくないの?と言うと、顔を向こうに向けるので右手で無理矢理こっちを向かせると、泣いていて、両頬を片手で掴んでいるので変なひょっとこ顔になっていて、それがまた被虐心を煽るんだわ。

続けて欲しかったら、エロ本で興奮したって認める?と言うと微かに頷くので、声出して返事してよというとはいと言った。ひよこのくちばしみたいに口がぴょこぴょこ動くのがかわいい。じゃあちゃんと、興奮したのでエッチな事してくださいってお願いしてと言うと俺の目を涙目で見ながらふぉふん(興奮)ひふぁのべ、エッふぃなこぽしてくふぁさいって突き出た唇をぴょこぴょこさせて言うんだ。俺はそれで、その時がっちりと拘束していた手足を離したんだ。彼女は普通に仰向けになって、自由になった手で涙を拭いてた。

やり過ぎちゃったかなと、その時もう遅いけれど感じて彼女を見た。でも彼女は少しそのままの姿勢で、動かない俺の方に擦り寄って、ね、はやくと言って胸元の服を軽く引っ張ってきた。そこでもうこりゃたまらんと、覆い被さったね。そんで彼女は大人しく仰向けになったから、俺は優しく服を脱がせた。ブラがかわいいペラペラの布で、ワイヤーも入っていないソフトなものだった。

スカートの中から抜き取ったパンティーは、パンツというのに相応しい白地にブルーの細かいチェックの綿のもので、股間の部分はベトベトに濡れていた。ここで俺はあえて超個人的な趣味で、上のみを脱がしスカートと靴下はそのまま履かせたスタイルにした。そぉっとスカートを捲り上げる、この瞬間が好きなんだ。ゆっくり捲くるものだから、彼女は足を交差させるようにモジモジして最後の抵抗をするようにかくしたので、捲り上げきった後太ももの付け根に両手を置いて足を開くように促した。

ちょっと抵抗するように足がこわばったけれど、両手を軽く左右に開くように押すと、彼女は観念して足を開いた。そこはまだ無毛で、興奮して濃いピンクになったちっちゃくて薄い、申し訳程度にはみ出たビラが、太ももに糸を引いてヌルヌルした液を伝わせていた。開いた瞬間、ふわっと熱気と独特のマンコ臭がして、指でむにっと開くとビラと大陰唇の間に白いマンカスがたまっていた。

俺は部屋を見回して、ティッシュを探すものの見つからず、自分のショルダーバックから街金が路上でで配ってるティッシュを出してそれでマンカスをふき取った。クリクリと指でこそいで取ると、彼女は鼻から息と声を漏らすようにん。ん。といい足がその度にビクビクと動いた。綺麗になったマンコを舌で線をなぞるように舐めると、彼女は俺の頭を抱えて上半身が飛び起きるように跳ねた。

何?今何したの?と慌てる彼女を押し倒して、左の太ももを逃がさないように抱えて、今度はもっと強く舌で舐め上げ彼女は頭上の枕を掴んで、自分の口に押し当て叫んで喘いだ。舐めながら乳首に手を伸ばして摘んで擦ると、手で押されて痛い、胸いたいよというのでマンコに集中して両手で両脇の大陰唇を開き、クリの部分を持ち上げるようにして剥き出しにして舌でグルグルと舐めると、んにぃぃぃーーーーーーー!と枕の下で叫びながら身体を硬直させて、マンコからどろっと透明な液を噴出すようにして彼女はいったようだった。

ガクガクと小刻みに震える彼女の耳元に顔を寄せていった?気持ちよかったの?と聞くと微かな声ではいと小さく応える。そのままでまた手を伸ばして、彼女のクリをいじると身体を跳ね上げて嫌がり、俺の腕を両手で掴んでどかそうと必死になっているのでこちらも外されまいと力をいれて抑えて動かす。や。いまもうだめ、ね、やめてと力なく懇願するので彼女を抑えるようにうつぶせになった俺は、半身で彼女の身体を抑えて左手を伸ばしてさっきのエロ本の1冊をなんとか無理矢理取った。

そしてね、これのどのページで興奮したか教えないとこのまま続けちゃうよと言うと、最初は判らない。覚えていないと言うので、今度は親指と人差し指で捻るように摘むと、女の人が、無理矢理、いっぱいの人にされているやつと今度は素直に応えてくれた。そのページをパラパラと片手でめくって、なんとか開くとそれを見ながらふーん。これで興奮しちゃうんだ。すっげスケベだねと平然と言うと、黙ってしまった。

彼女の口にキスしようと、またのしかかると今度はちゃんと逃げずに受け入れてくれて、自分は無理矢理こじ開けるように舌を入れた。瞬間、のけぞって逃げようとしたけれどじき彼女の舌が応えるように動いてくれて、俺は彼女の舌を吸い込んで味わった。そして口の中を舐めまわして味わった後、そのまま自分の口の中に貯めた唾を彼女の口に、舌をねじ入れて開いたところに流し込むと彼女は俺の唾を飲み込んだ。やっといて言うのもなんだが、これにはちょっと感動した。

ねぇ、俺まだいってないんだけれどというと、彼女はちよっと困ったように俺を見つめる。ベルトを外し、ジーンズを脱ぐと俺も人のことは言えない。カウパーでベトベトにして濡らしてて、外気がひやっと感じた。彼女の手を、チンコに沿わせて握った手を上下に動かすように導いた。もう興奮しまくりだったので、それだけで尻から背筋にゾゾゾっと走りこんな事で出すのもったいねぇと思った俺はすぐ離させた。そして彼女の顔の上にまたがって、舐めてと言うと彼女は両手でそっと抑えながら舌を伸ばして、ペロペロと舐めた。

それも気持ちいいのだけれど、もうイク感覚が近く感じて、俺は彼女の口にチンコをねじ込んだ。苦しそうに眉間に皺を寄せて、懸命に咥える顔を上から見下ろして腰を少し動かすと、苦しそうにイヤイヤをする。ちょっと歯に当たって痛かったりして、口でいくのを諦めてやっぱここはマンコでしょうと身体を下にずらした。さっき舐めた時に、ちっちゃいなぁと感じたけれど、チンコを押し当てると、これ入るのかな?と思うほどに小さいのに気がついた。

何度か筋に沿って、上下に亀頭を押し当てるとそれはそれで結構気持ちよく、また彼女も気持ちがいいらしく小さく喘いでしがみついてきた。ぬるぬるになったマンコにチンコを押し当てて擬似正常位の体制で擦って、ちょっとその動きにひねりを入れたときチンコが彼女のマンコの真中を直撃した。その途端、彼女は痛い!と飛び上がったのを抱きしめて抑えてちょっとだけだから。終わったらまた舐めてあげるからちょっと我慢してと無理矢理押し込んだ。

中は濡れていても凄くきつく狭くて、自分は処女とするのは初めてだけれど締りがいいと言っても凄く気持ちいいって訳じゃないんだと、どこか冷静に考えていた。いや気持ちいいは気持ちいいんだけれどな。彼女の顔は苦悶していて、押し入れて引き抜く度に気持ちが良い訳で無いようなうめき声を押し殺して我慢していた。一度、一番奥まで突き入れて、身体をちょっと離して見てみるとチンコの根元、2cm程余って全部入りきっていないことが判った。

改めてみると、色白無毛のその場所に自分の毛の生えた根元が肉を押し広げて入っていて、とてもいやらしく見えた。この綺麗な場所を、今自分が押し入って犯している、と思ったらもうたまらなくなり、彼女が痛がるのも構わず押さえつけて激しくピストンした。もう我慢できない!と思った瞬間に引き抜いて彼女の腹の上にぶちまけた。今までに無い征服感と満足感と、我慢の限界に気を失うかという位の快感で思わず洋モノ男優のような声が出た。

頭までしびれるくらいだった。我慢してだしたものだから量と勢いが凄く、彼女のアゴまで飛んで、彼女の下腹からスカートにどっぷりと濃い白い精液が貯まっていた。俺は崩れそうになりながらも、最後の締めくくりとばかり彼女の顔の方に移動して、精液の雫が今にも垂れそうなチンコを彼女の口に押し当てて舐めさせた。そこでまた小宇宙(コスモ)が爆発して、ドプッと出てくるのがわかった。

根元を指でしごいて、尿道の中の精液を彼女の口の中に垂らすとさっき我慢していた表情で、ごくっと飲み込むまで口を指で抑えて見つめた。満足した俺は、さっき出したティッシュで精液を拭いてやり、またマンコも拭いて上げた。お尻のほうを拭くと、血が伝っているのがわかり、慌てて尻を上げさせると幸いな事にベッドカバーのシーツは黒で、まだショルダーの中に残っているティッシュを濡らして拭いては乾いたティッシュを抑えるを繰り返して綺麗にした。

そしてぐったりしている彼女の痛みが引いた後、またクンニしていかせてあげた。しばらく2人で寝転んで、起きて身繕いして立ち上がりDVDをすぐに見つけてショルダーにしまうと俺は彼女に無理矢理しちゃってごめんね。凄く良かったよと言ってキスした。彼女は俺の方を見たけれど、その表情はどう思っているか判らない。俺はそそくさと部屋を出た。カギを置き忘れた事に気がついて、俺は大学に戻りどんな顔して友達に会うか迷ったけれど、そのまま研究室に向かい、彼にDVDあったから貰ってきたぞ。

んでカギ置いてきちゃったわと言うとお前ふざけんなよ。俺どうやって部屋はいればいいのさと言うからなんか、妹、きてたぞと言うと驚いて、携帯で慌てて自分の部屋に電話をした。俺は、逃げようとそぉっと研究室を出ようとすると、すぐにちょっと待ったと捕まり、なるべく平静を装うよう勤めた。すると奴は電話を切って、まったくこういう日に限って、あいつはいつも突然考えもしないで来るんだからよー。

今夜どうしても帰れないんだわ。悪いんだけれどお前、あいつ駅まで届けるかしてくんねぇ?いや突然言われても・・・ともごもご言っているとんー。一応ガキっつっても女だし、一緒にいてやってっていうのは・・・いやお前を疑うわけじゃないんだけれど、まぁとりあえずなと、困っている様子。わりぃな、もうやっちゃったよ。んじゃ悪いんだけれど、頼まれてくんねぇ?これでなんか喰えって渡してきて欲しいんだけれどと、2千円渡してきた。

そして研究室を出ようとした俺の背中にあいつまだ13の中坊だからなー。変な気おこすなよと笑う奴。ばーかと言いつつ心臓バクバクな俺。結局、もときた部屋に戻り間抜けにも玄関に佇んで呼び鈴を鳴らすとイタズラっぽく笑いながら向かえる彼女。まさか13だとは・・・15位だと思っていたのに、まぁ2歳の差なんてそう変わんないか。でもこの時正直この2歳の差に愕然としていた。

彼女は兄の携帯に電話して、今晩一人は怖いから、このお兄さんにいてほしいんだけれどと言うと、奴も渋々了承した。ただ、1?2時間ごとに電話がきたが、ゲームの音をさせたりしながら応えていたので、安心したようだ。実際はTV音やゲーム音させながら、二人でやりまくっていたれけどな。やつが帰ってくる昼前には、痕跡を残さないよう空気を入れ替えティッシュは俺の中に、ビニール袋に入れて捨てた。

おかげで奴にはばれずに済み、その後彼女と俺は○年間、今も付き合っているんだけれどな。つまんないオチですまんな。この出会いというか、最初が強烈だったので、今でもたまにする時言葉攻めで楽しんだりしている。この時付き合っていた彼女と二股になっていたんだけれど、この子と体と言うか性癖というか相性が良くて、結局その彼女とは別れてしまった。

雑居ビル?


こんばんは。恭子です。

例の雑居ビルでの一件のあの日、私は帰宅してからずっと後悔していまし
た。

見られるためのシチュエーションが整うためには、かなりの運とタイミング
が必要なことを、私は経験上から知っていました。

そして、あれだけの完璧な状況は、そうそうあるものではありません。

それを自分の臆病さのために思うようにできなかったことを悔いていまし
た。

そのせいで、何日かもんもんとした気持ちでいました。

一方では、わりと冷静に分析してもいました。

恐怖心に萎縮してしまった理由は、場所が汚くて古いビルだったことと、相
手が大人の酔っ払いだったことにあると考えていました。

数日後の土曜日、ついに私は再びあの場所を訪れました。

酔っ払いのいない午前中です

このときの私は、かなりの意気込みを胸に秘めて来ていました。

『絶対に、私自身が満足いくだけ覗かれる』という強い思いです。

今までの私は、いつも『お尻の穴を見られて恥をかきたい』という一心で覗
かれるための行動をしてきました。

このときに限っては、それに加えて、『自分が納得いくまで恥を晒したい』
という気持ちが強くありました。

建物に入り、階段を2Fに上がっていきました。

2Fに着き、証明写真用のスピード写真機の横を曲がります。

ここからトイレまでは一直線ですが、ちょうどトイレに入っていく女性の後
ろ姿が見えました。

50歳ぐらいのおばさんです。

歩いてトイレの入口の前まで来た私は、異様な雰囲気を感じとりました。

『違和感』と言えばよいでしょうか、説明しがたい本当に感覚的なもので
す。

私は自分の気配を消しながら、首だけを伸ばし、トイレの中の様子をそっと
窺いました。

心臓が止まりそうになりました。

個室のドアの前にひざをつき、あの覗き穴に顔を寄せている男の子がいたの
です。
私は反射的に首を引っ込めました。

足音を立てずに注意しながら、そのままその場からUターンしていました。
かなりショックでした。

先日と同様の恐怖感が私に襲いかかります。

心臓がすごい速さで鼓動しています。

建物から出て、すぐ横にあるド○ールに飛び込むように入りました。

この季節なのに、全身汗ばんでいます。

アイスコーヒーを喉に通します。

私は、突然に目撃してしまった、あまりにショッキングな場面に衝撃を受け
ていました。

ああいう人がいるからこその覗き穴なのでしょうが、実際に誰かが覗かれて
いる光景を目にしてしまうとは思ってもいませんでした。

覗いている男の子のひざまずいたポーズと、着ていた青いダウンジャケット
が印象的でした。

私は激しく動揺していましたが、それもコーヒーを飲み終えるころにはだい
ぶん落ち着いてきました。

冷静な自分が戻ってきます。

私なりにいろいろなことを分析して考えていました。

あの男の子はたぶん中学生ぐらいです。
あの雑居ビルは、1Fに本屋がありますし、上のほうの階には床屋や学習塾
も入っているようですので、あの年頃の男の子がいること自体はさほど不自
然ではありません。

けれども、彼がたまたまトイレで居合わせたおばさんを、偶然のチャンスで
覗いていたとは、とても思えませんでした。

あの年頃の男の子が、女性の体に強い興味を持っていることは、もう私も十
分に知っています。

そもそもあんなビルのあんなトイレ、そうそう若い女性が利用するとも思え
ません。

仮にあの子があそこで常習的に覗きをしているとしても、いつもおばさんば
かりでしょう。

50歳ぐらいのおばさんを覗くぐらいですから、あの子の欲望(?)も相当
なものです。
ほんの一瞬だけ姿を見ただけですが、体も小さいし、不良じみた感じでもあ
りませんでした。

どう見ても、おとなしくてまじめなタイプです。

普段まじめにOLをしている私が、覗かれ願望を持っているのと同様に、あ
の男の子も普段はまじめな中学生をしているのでしょう。

覗かせる相手としては、理想的に思えてきました。

折れかけた私の心に、最初の決意がよみがえってきました。

彼が、覗き目的であそこにいるのだとすれば、まだ間に合うかもしれませ
ん。

自信が戻ってきます。

(チャンスを逃したくない)

わくわくするような高揚感が、私の気持ちを後押ししていました。

(今日こそ、死ぬほど恥ずかしい姿を覗かせちゃうんだから。。。)

私はド○ールを出て、ビルに戻りました。

階段を上がります。

2Fに上がってすぐのところにジュースの自販機があります。

(いた!)

まぎれもないさっきの青いダウンジャケットです。

(この子、やっぱり覗きのターゲットを待ちぶせしてるんだ。。。)

さっき一瞬だけ見たときに受けた印象よりも、実際はもっと幼い顔つきで
す。

さすがに小学生とは思えませんが、せいぜい中学1、2年生といったところ
でしょう。

どう見ても、まじめなガリ勉タイプにしか見えません。

もっとはっきり書けば、少し暗そうで、オタクな感じ(?)の子です。

そんな彼を相手に、私はすっかり余裕になってきていました。

(まじめなオタク君、あなたはノゾキ魔なの?)

(女の子の恥ずかしいところを見たくてしょうがないの?)

彼は、自販機の横に立って、時計を見ながらきょろきょろしていました。

待ち合わせでもしている演技のつもりでしょうか。

こんなところで、待ち合わせなんて普通ありえませんし、下手な演技です。

私はなるべく上品な表情をつくり、崩しません。

自然な微笑みを保ちながら自販機の前に立ち、コインを入れました。

どのジュースにするか迷っているふりをします。

すぐ横に立っている彼に、私の顔を見させていました。

微笑みを浮かべたこの顔を見せておきたかったのです。

いつもおばさんばかり覗いていたんでしょ?)

そんなふうに待ちぶせしてて、こんな若いお姉さんが来たことある?)

このお姉さんのトイレを覗けるかもしれないと思ってドキドキしてるんで
しょ?)

私は、自販機から視線を移し、『なぜそこに立っているの』というような表
情で、彼の顔を見ました。

彼と目を合わせます。

彼はどぎまぎしています。

私は『にこっ』とはにかんでみせて、また自販機に目を戻しました。

(思春期のオタク君、すごい獲物が来たと思って興奮してる?)

(私が、このままトイレに行けって期待してるんでしょ?)

休日ですので、私はカジュアルな服装で来ていました。

彼にとっては、お堅いスーツ姿の私よりも、カジュアルな姿の私のほうがよ
っぽど魅力的なお姉さんに見えるはずです。

私は、結局どのジュースも選ばずにコインの返却レバーを回しました。

戻されたコインを取り、そのままトイレの方向に歩きだしました。

後ろを振り向いて彼がついてきているか確かめたいところですが、我慢しま
す。

トイレの入口が近くなったときに、歩きながらバッグの中を何か探すような
ふりをしました。

バッグについている鏡のようなメタルプレートで、後ろの様子を窺います。
歩きながらですから、はっきりではありませんが、わずかに青いものが映っ
ているのがわかりました。

だいぶん距離をとって、そっとついてきているようです。
少し時間を稼ぎたいと思っていましたので、距離が空いたのは好都合でし
た。

私には、彼がトイレに入ってくる前にやっておきたいことがあったからで
す。

私はトイレの中に入りました。

急いで個室に飛び込んで鍵をかけます。

初めてではありませんから、ここのトイレの様子はよくわかっていました。

水洗タンクからパイプのようなものが壁につながっています。

そのパイプの中間にある、蛇口のような元栓(?)をひねりました。

ちょっと固かったですが、それ以上は動かないというところまでなんとか回
しきりました。

棚にバッグを置きます。

メタルプレートが覗き穴を映すような角度になるよう、置き方を調節しまし
た。

準備は整いました。

私は、大きく隙間ができてしまっているドアのちょうつがいの部分から個室
の外の様子を窺いました。

何秒とたたないうちに、音もたてずに入ってくる青いダウンがチラッと見え
ました。

私は体の向きを直して便器をまたぎました。

完璧です。

完璧なシチュエーションです。

『覗かせる状況が整った』ということだけで、すでに興奮してしまい、もう

ドキドキしています。

前回の恐怖感がウソのようです。

(今日こそは、満足いくまで羞恥心におぼれちゃうんだから。。。)

スカートをまくりあげました。

ストッキングに手をかけます。

降ろしながら腰のところでパンティにも指をかけました。

(絶対にもう覗いているはず。。。)

覗き穴のむこうの彼は、どんな気持ちでいるのでしょう。

思春期で、女性の体に貪欲なほど興味がある年頃のはずです。

けれども彼のあの見た目から察して、女の子とうまくコミュニケーションを
とれるタイプとも思えません。

だからこそ、トイレ覗きなどという歪んだ行動に走っているのかもしれませ
ん。

しかも彼が今ターゲットにしたのは、いつも覗いているようなおばさんたち
ではありません。

さっき『にこっ』と微笑みを投げかけてきたあの若いお姉さんです。

特別な思いで覗いてくれるでしょう。

きっと今も私の下半身が降りてくるのをどきどきしながら待っているに違い
ありません。

彼の視線が、どれだけ私を恥ずかしめてくれるのかと考えると『カーッ』と
顔が熱くなってきます。

私はあくまでも『覗かれていることなど気づきもしない被害者』になるので
す。

ストッキングをパンティごと一気に降ろします。

同時に腰を落としました。

便器をまたいだ格好で、お尻のお肉が両サイドに広がりました。

冷たい空気が下半身を包みます。

私は、バッグのメタルプレートに目を移しました。

そこに映っているのは・・・

破れたように開いたドアの穴と、そこから覗きこんでいる『男の目』でし
た。

(あぁん、やっぱり見てる。。。)

ノゾキ君の目の前で私のお尻の穴が広がっています。

私は、早くも快感に酔っていました。

女の子にしてはお尻の小さい私です。

便器をまたいでいるだけで、お尻の割れ目が完全に開ききって、お尻の穴が
広がってしまうのです。

(ああ、見て、見て、私のお尻の穴。。。)

陶酔感に、内心のテンションがどんどん上がっていきます。

相手は思春期の男の子。

そんな男の子に私のいちばん汚い穴を覗かせているのです。

私が覗いてしまった同僚のN美の肛門のかたちが、脳裏に浮かんできます。

(いやっ、あんな姿・・・)

(見ちゃダメぇ。。。)

恥ずかしさにどんどん興奮してきますが、まだ冷静さも保っています。

あらかじめ頭の中で何度もシミュレーションしてきたことを、実行に移すの
みです。

とことんまで恥をさらすつもりでした。

先日の悔しい思いへのリヴェンジのような、意気込みがありました。

便器をまたいでいた足の幅をもう少し広げます。

そして微妙に前傾するような態勢で、お尻の角度を上にあげました。

ヴァージンとはいっても、この姿勢ですと、唇を開くかのように性器の割れ
目が口を開けてしまいます。

下から見上げるような感じで、性器をあますところなく覗かせます。

(私のここを見たかったんでしょ?)

ノゾキ君に股間の唇を観察させながら、膀胱に神経を集中します。

さっきのアイスコーヒーが効いているのかもしれません。

すぐにおしっこが出そうな感覚がきました。

水洗レバーに手を伸ばし、音消しの水を流しました。

レバーを『出』の方向に持っていったまま戻さず、しばらくそのまま手で押
さえ続けます。

『ちょろっ、ちょろっ』

おしっこが出てきます。

さすがにこのままの態勢では出づらいですので、お尻を降ろしました。

『じょーっ』

おしっこがすごい勢いで放物線を描き、音消しで流している水の中に落ちて
いきます。

バッグのプレートを見ます。

そこに映っているのはまぎれもないオタク中学生の目です。

排尿の心地よさと、彼の視線に支配される気持ちよさに、うっとりした気分
です。

こんなとき彼はどこを見ているのでしょう。

落ちていくおしっこのライン?わずかに見えているはずの性器の端っこ?

それとも一番見やすい位置のお尻の穴でしょうか。

おしっこが終わりに近づいてきました。

放物線の勢いがなくなってきます。

最後の最後で、私は必要以上に腰を落としました。

前回の体験で学んだことです。

おしっこは、だらだらと私の肌を伝って、お尻をびちょびちょに濡らしまし
た。

バッグからポケットティッシュを取り出します。

再び、お尻を高くあげ、彼に性器をお披露目します。

彼がじっくり観察できるように、気をつかいながら性器を拭きました。

あまり恥ずかしさは感じません。

ノゾキ君へのサービスのような気分で、見せていました。

思春期のノゾキ君にとっては、きっと最高のシーンになっていることでしょ
う。

左手の指で性器の割れ目を開いて、そっとティッシュを当てます。

彼はいつかこの場面を思い出しながらオナニーしてくれるのでしょうか。

そのうち、『お尻の穴を見られたい私』が、『性器を見せている私』に嫉妬
する気持ちが湧きあがってきました。

性器を拭いたティッシュを便器に捨てます。

新しいティッシュをだして、びちゃびちゃになっているお尻を拭きました。

性器を見せるために少し高くしていた腰を下げて、お尻の穴を真正面に彼に
向けます。

ティッシュを替えました。

お尻を『ぐっ』と覗き穴のほうに突き出します。

丁寧に拭きました。

肛門のしわに沿うように、ていねいに、ていねいに。

私の視線は、プレートに映る彼の目にあります。

彼の目が、私をどこまでも恥ずかしめてくれます。

燃えるような激しい羞恥心がよみがえってきます。

(ああん、私のお尻の穴が・・・)

(恥ずかしいよ。。。)

どうしても、N美の肛門のかたちが脳裏をよぎります。

小さな菊の花のような形状の、汚い穴・・・

人に見られるなんてありえない屈辱的な穴・・・

(もっと恥ずかしくなりたい。。。)

気持ちにブレーキがかかりません。

私は、お尻の穴に力を込めたり抜いたりして、肛門をひくつかせました。

ノゾキ君は、絶対に私のお尻の穴を凝視しているはずです。

恭子のお尻の穴のすみずみまで・・・

肛門に意識を集中していた私に、『感覚』がやってきました。

両腕ともお尻に持っていきます。

両手で左右のお尻のお肉をつかみ、両サイドに『ぐいっ』と大胆に開きまし
た。

お尻の割れ目は、もはや割れ目ではなく、ただの平面です。

中央のお尻の穴は、左右から引っ張られて、これ以上になく無理やりに全開
です。

『ぶぅ』

乙女にあるまじき下品な音とともに、おならが出ました。

「いやん」

思わず口に出していました。

もう、最低の女です。

もう1度、両手でお尻のお肉を開きます。

右手で、右の肉を外側に寄せ、左手は左の肉を外側に寄せます。

引っ張られたお尻に穴が強引に開きます。

(見て!)

『ぷう』

(いやあ?ん)

恥ずかしい、ものすごい恥ずかしさです。

(ノゾキ君、これがさっきのお姉さんのう○ちを出す穴よ。。。)

(一生忘れちゃいやよ。。。)

『ぷっす?』

また下品なガスが出てしまいました。

ノゾキ君は、この光景をどんな気持ちで見ているのでしょうか。

女性のこんな姿を見て興奮しているのでしょうか。

彼の40?50センチ前に私のお尻の穴が広がっています。

確実に、しわの1本1本まで観察できる状態です。

私は、あまりに下品な自分の行為に、自分自身で酔いしれていました。

陶酔感と高揚感が、私の心を支配していました。

私は、覗き穴におならを吹きかけようとするかのように、力を入れていきみ
ます。

はしたないどころではありません、本当に最低の行為です。

(お尻の穴から、おならが出るところを見て。。。)

(お姉さんの恥ずかしい姿を目に焼きつけて。。。)

お尻の穴が、露骨なまでに剥き出しです。

いきむたびに、肛門が『むにっ』と動くのがわかります。

でも、結局もうおならは出ませんでした。

私は、お尻から両手を離しました。

便意がすぐそこまで来ていました。

私はこのままう○ちを出すつもりでした。(汚くてごめんなさい)

私は、短大生時代に1度だけ人前でう○ちをしたことがあります。

そのときはあまりの屈辱感に、激しい自己嫌悪と自責の念にかられてしまい
ました。

そこまでやると、私自身がその羞恥心に耐え切れなくなるのだということを
自覚させられたのでした。

でも、今日は来るときから、う○ちをすると決めて来ていました。
初めからそのつもりでした。

私は、私にとっての究極的な羞恥と屈辱を求めて、今日ここに来ていまし
た。

『もしかしてこの人、う○こするんじゃないのか』

覗いている彼にもきっとそんな予感めいたものはあったでしょう。

彼が覗いている目の前のお姉さんは、『おしっこをし終えても一向に立つ気
配がない』状態が続いています。

しかも、あれだけ『ひくひく』し続けるお尻の穴と、おならシーンまで見せ
つけられたのですから。

もう便意は本当にギリギリのところまで来ています。

(ノゾキ君、見せてあげる。。。)

(恭子の1番恥ずかしい姿、見せてあげる。。。)

私は、お尻の穴に力をこめました。

さっきと同じように肛門が『むにっ』と盛り上がります。

「んっ。」

覗いている彼にも聞こえるよう、わざと声を漏らしながら思いきりいきみま
した。

『むにっ』となった肛門が、そのまま、まるであくびでもするかのように、

大きく広がっていきます。

(う、う、出る。。。)

「んっ。」「んんっ。」

(出る、出ちゃう、でちゃう。。。)

(あ、いや、いやん。。。)

『ぼとっ』

お団子のような玉状の固いう○ちが出ました。

限界まで広がって、う○ちを出した肛門が、急速に収縮します。

(私、ついにやっちゃった。。。)

言葉で表現できない、心臓がつぶされそうな羞恥心が胸をしめつけます。

(あ、ああ、恥ずかしい・・・・・)

「んっ、んんっ」

間髪をおかず、いきみます。

すぼんだ肛門が再び『むわっ』と広がるのがわかります。

『ぼとっ、ぼと、ぼと』

うさぎのフンのような丸くて小さいう○ちが続けざまに、ぽろぽろと肛門か
らこぼれ落ちました。

(あっ、あっ、あん・・・)

(いや、やだ。。。やだぁ。。。。)

私はただの女の子なのに。

つつましく、ちゃんと日々まじめに仕事を頑張っているのに。

何も悪いことなんかしていないのに。

そんな私が、お尻の穴からう○ちがこぼれだす瞬間を、至近距離から見られ
ているのです・・・

気が狂いそうな恥ずかしさです。

う○ちがだんだん柔らかくなってきています。

まだ出そうです。

いきみます。

『ぷぅうー』

長くて、甲高い音のおならが出ました。

(あぁん、いやぁん)

おならが鳴りながら肛門が盛り上がっていきます。

細くて柔らかめのう○ちが出てきます。

『にゅるう』という感じで、長いう○ちが、お尻にぶら下がりながら伸びて
いきます。

(あぁ、こんな姿。。。。)

彼の視線を確かめたくて、バッグのメタルプレートを見つめます。

プレートは、冷酷に、現実を映しだしています。

今この瞬間、う○ちをぶら下げた私の肛門が男性に観察されているという屈
辱の事実を・・・

う○ちが出てくる瞬間の、ゆるんで広がる肛門の姿を・・・

ぶら下がったう○ちを区切ろうと、『きゅっ』とすぼまる瞬間の肛門の動き
を・・・

う○ちが、急激に柔らかくなってきています。

『ぶびっ、ぶびび?』

信じられないような恥ずかしい音を立てて、下痢のような水っぽいう○ちが
噴き出しました。

『ぶび?、ぶび?』

(無理、こんなのムリ。。。)

お尻の穴を『きゅっ』と締めると、止まります。

ちょっとゆるめると、

『じょっ、じょーっ』

まるでおしっこのように、液状のう○ちが、肛門から出てきます。

(やだ、絶対やだぁ)

最初はあんなに固かったのに、最後は完全に下痢の状態です。

恥ずかしいなんてもんじゃありません。

なんてミジメな姿でしょう。

こんな姿を見られるなんて、いくらなんでも無理です。

女性として、人として、耐えられません。

相手が知っている人だったら、立ち直れない心の傷になることでしょう。

生きていけないとさえ思うかもしれません。

でも、いま覗いているのは見知らぬ男の子。

二度と会うこともない相手です。

耐えがたい羞恥心が脳を溶かします。

私は、快感とともに、肛門が下痢のう○ちを漏らす様をノゾキ君に観察して
もらっていました。

『ぶりー、ぶりりー』

(いやん、いやん、見ないで)

(恥ずかしい。。。)

覗かせているのは23歳の女の子の下痢シーンです。

はにかんでみせた女の子の屈辱の醜態です。

(死んじゃう、恥ずかしくて死んじゃう。。。)

(ノゾキ君、私限界、もうだめ・・・)

『ぶちゅっ、ぴちゅっ』

とうとう最後まで出しきりました。

私は変態です。最低の女です。

自分でそう思いました。

羞恥心に打ちのめされていました。

脚をがくがくさせながら、バッグからティッシュを取り出しました。

それでもお尻を思いっきり突き出します。

覗き穴に、う○ちで汚れきっているお尻の穴を突きつけます。

自分でも驚くほど、どんどん冷静になってきていました。

一気に熱が冷めたような、そんな感じです。

お尻の穴を拭きました。

丁寧に、そして入念に。。。

ティッシュで拭かれながら、肛門の形は歪んだりつぶれたり変化します。

これが最後だと思って、じっくり見せつけました。

私のお尻の穴・・・

人様に見せられない恭子の恥ずかしい穴・・・

お尻を拭き終えた私は、水を流すために水洗レバーを『出』にまわしまし
た。

『スカッ』『スカッ』

何度まわしてもレバーの金属音がするだけで、水は流れません。

さっき、最初に元栓を締めておいて、おしっこのときに1度、水を流しまし
た。

そのときにタンク内の水を流しきってしまっておいたのです。

便器の中にはう○ちが、いっぱい残っています。(自分でもこんなに出ると
は思っていませんでしたが・・・)

『スカッ、スカッ』

水は流れません。

ノゾキ君は、この緊急事態に気がついているでしょうか。

「あれぇ、ながれないー」

困ったような声で、ひとりつぶやきました。

「えー、なんでぇ?」

私は、便器の中にう○ちを残していくつもりでした。

最初から計画していたことでした。

私が去ったあと、きっとノゾキ君がこれを見て、私の顔や、お尻の穴を思い
浮かべてくれるはずです。

私は、立ち、パンティを履きました。

ドアの外で誰かが去っていく気配がします。

ノゾキ君が逃げたようです。

充実感がありました。

自分の思ったとおりに、見せつけ、恥をかくことができました。

前回の酔っ払いオヤジのときとは大違いです。

完全に満足していました。

あとは、私も何食わぬ顔で立ち去るだけです。

ストッキングも直します。

そのとき、『コンコン!』とノックがしました。

(え?)

(いなくなったんじゃないの!?)

とりあえず私も中からノックを返しました。

慌ててスカートも直します。

『コン!コン!』

またノックです。

「まだですか?」

子供っぽい声です。

間違いなくノゾキ君でしょう。

緊急事態の私を困らせ、楽しもうというつもりでしょうか。

(意地悪しようとして。。。)

白々しくも、彼はいま初めてトイレに来たかのように装っています。

私は、彼の芝居に乗って、恥ずかしがる顔を見せてあげたいという気になっ
ていました。

一部始終、あれだけの姿を覗かれたあとですから、それぐらいもう余裕でし
た。

私)「ごめんなさい、今、水が流れな・・・」

彼)「早くしてください」

私)「えっ、でも、でも、困るよ」

彼)「もれちゃうよ」

私は、鍵を開けます。

『ガチャッ』

ドアを少しだけ押し開けると、すぐに青いダウンが目に飛び込んできまし
た。

ノゾキ君です。

私は、少しだけ開いたドアの隙間に立ちはだかり、中を見させないようにし
ます。

私)「あ、あのね、今だめなの、トイレ壊れてて・・・」

彼)「もれちゃう、早く出て」

ノゾキ君は、ドアを『バッ』と開き、私に出るよう促します。

意地悪な気持ちを抑えきれないのでしょう、ニヤニヤが表情に出てしまって
います。

そんな表情を見せられて、私も自分の演技に本当に感情が入ってきました。

「いやぁ、見ちゃだめぇ」

私の背後の便器を見ようとする彼の腕をつかんで押しとどめます。

私も興奮してきました。

泣き顔をつくって、

「だめぇ、流れてないの」

私と体の位置を入れ替えるようにして、ノゾキ君が個室に入りました。

便器を見下ろして、溜まっているう○ちを『がん見』しています。

「いやぁ、見ないで、見ないでよぅ」

我ながら迫真の演技です。

「絶対、見ちゃいやぁ」

「見ないで、恥ずかしいよ、見ないでぇ」

泣き声でノゾキ君の腕を引っ張ります。

彼は、私の『泣き顔』と『う○ち』を交互に見ながらニヤニヤしています。

私は哀れでかわいそうな女の子の立場を続けます。

「いやぁん、恥ずかしいよ・・・」

(そろそろマズイかな。。。)

私は、ノゾキ君の腕を離し、逃げるようにその場を立ち去りました。

通路を足早に通り抜けます。

『ドキドキドキドキ・・・』

興奮で心臓が激しく鼓動していました。

建物を出て、駅まで歩いているころになって初めて、罪悪感が襲ってきまし
た。

私がやったことは、人として最低なことです。

強い罪悪感を感じながらも一方では、自分のやったしまった行為に、爽快感
のようなものも覚えていました。

若い女性のとんでもない羞恥シーンの連続に、あの男の子は満足したことで
しょう。

私は最低の女なのかもしれません。でも、私自身も満足していました。

(PS)
この日の出来事は、前回の報告を投稿させていただいた前日に体験したこと
です。

前回の報告のレスで、危険をご指摘いただいたりもしましたが、確かにその
とおりですね。

私も、その後このビルには立ち寄っていません。
ご心配くださってありがとうございます。

今回、とても汚い報告になってしまいました。

本当にごめんなさい。

ご批判いただくことは私も覚悟の上です。

最後までお付き合いくださってありがとうございました。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード