萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

調教

おしめマニアの夫とのSMの日々

 私たちは仲の良い家族です。みなさんとはちょっと性癖が違う変態家族です。特殊な性癖によって家族の絆を深めております。
生保レディをしている私は仕事に出かける支度で朝は忙しいので、母がベビーベットに寝ている夫の布おしめを替えてくれます。日中は丁字型におしめカバーの上にセットして横向きのおしめの端を両側三角に折った横おしめ2枚と立4枚の二枚を立てに折りおちんちんをオシメで包む様に当てています。夜は横4枚立て6枚と厚めにおしめを当てられ股を閉める事が出来ずに蟹股に成ってより赤ン坊らしくなりとっても愛らしいです。母が夫の布おしめを替えた後、どんなに忙しくても私は夫を抱っこして授乳します。夫は私に甘えて「ママオッパイチュチュ」「イッパイチュチュチマチョウネ」授乳用の前開きのブラジャーを外して私の豊満な乳房を出して夫に吸わせ「オイチイママ」赤ちゃん言葉で夫と会話します。母がそばで今日使う夫の布おしめを一組毎にまとめベビーベットの脇に重ねています。「ママのおっぱいタクチャンノンデゴキゲンデチュネ」赤ちゃんに成ってからの夫との会話はすべて赤ちゃん言葉です。
夫のママになってからは、夫に乳を吸われると自然に母乳が出ます。私はプロラクチン濃度が、通常の10倍も高いために母乳が出るそうです。たっぷり夫に母乳を飲ませると、母は夫をおんぶ紐でおんぶして麻の葉の亀の子でおぶって私の夫の汚したおしめ等を洗濯します。洗濯が終わると沢山の布おしめやおしめカバー、ベビー服、涎掛け、コンビ肌着等を選択して庭いっぱいに干すのが日課で、夫は母に抱っこされ足をブラブラして私を見送ります。
紙オムツの時代に、庭に沢山の布オムツが万国旗の様に風に揺らいでいます。
部屋干し違い母親の愛情いっぱいの太陽にさらされたふかふかの布おしめを当てられていますから、夫は幸せです。
そんなおしめの外れない私の夫は身体が不自由な訳ではありません。ただ、幼い時に大病を患い身長が100㎝と4歳児並みの身体で顔も童顔で丸顔の可愛い顔をしています。身体も幼児体型で大人の印の陰毛は一切有りません。そんな夫はセレブの旦那様から5年間のベビー調教によって赤ン坊の身体にされました。
20歳の時にベビーMとしてセレブの旦那様に5年間も調教され、大人の印の陰毛はもちろん眉毛より下の毛はレーザー脱毛処理され赤ン坊と同じツルツルの身体です。ただ夫は年齢的には大人ですが4歳児並みの大きさに幼児体型ですから、年齢的にも精神的にも20歳の成人した大人なのに幼い時に大病を患い幼児の身体の間々20歳を迎えたのです。チビで包茎の夫にはトラウマが有り、自分の身体に劣等感を持っていました。ある面では赤ン坊として扱われる事で背伸びして生きる必要がなくなったのは確かです。恥ずかしさを除いては、そもそもいくら体が小さくても成人した男性が完全に家の中だけではなく外出も赤ン坊として扱われる事は「露出マゾ」じゃないと出来ません。赤ちゃん言葉で話しかけられ哺乳瓶でミルクを授乳されたり離乳食食べさせて貰ったり、おしゃぶりを加えたり、おべべを着せてもらうのは序の口です。究極的にはおトイレを管理され場所を選ばず人前で赤ン坊並みのツルツルの小指ほどのエンピツおちんちんを晒し、他人から笑われ両足を赤ン坊の様に持ち上げられ20歳の年齢でおしめを当てられるのですから生き恥を晒すのです。日常生活で赤ン坊として調教される事は究極のSMです。
夫のペニスも小指ほどの大きさで真正包茎のエンピツおちんちんです。お尻には赤ン坊の印として蒙古斑点を付けられているのが20歳の男性として屈辱的で、もう大人には成れません。
そればかりでは有りません。真正包茎で小指ほどの粗チンで女性とセックスができない代わりに、私と母と同じくアヌスも拡張され男根を受け入れられる身体でアヌスでも感じる身体に改造されました。アヌスだけでは有りません。尿道の性感まで目覚めさせられ尿道も導尿カテーテル等で拡張されて尿道でも感じる身体にされております。
最初16Fr(直径約5mm)のバルーンカテーテルだったのが、3ヶ月後には30Fr(直径約10mm)のカテーテルも楽に入るように調教され、小さな夫のエンピツおちんちんは(直径約10mm)のカテーテルの為にパンパンです。マイコン式の導尿カテーテルを尿道挿入され、真正包茎の尿道の特殊な導尿カテーテルを挿入され先端にピンクの球体が装着されていて、モードは垂れ流しモード、赤ちゃんモード、膀胱満タンモードが選べ、バイブ付きです。初めは膀胱満タンモードにされ、おしっこを極限まで我慢すると快感が有るのを皆様もご存知と思います。夫は最初の頃膀胱満タンモードにされて、膀胱がパンパンに成るまで排尿したくても自分の意志では排尿出来ないで、あまりの切なさに膀胱が破ける位苦しんだそうですが、排尿が始まるとその快感にのた打ち回り溺れたそうです。痛みと快感は紙一重ですね。
そして導尿カテーテルを挿入された間々ハイハイをさせられ、赤ちゃん柄のピンクやブルーのおしめカバーでお尻をくるまれてのハイハイはとっても恥ずかしいのだそうです。本当に赤ちゃんに成ってしましそうだそうです。その上尿道が導尿カテーテルの尿管に刺激され、ハイハイする度に痛くて痛くて恥ずかしさと痛さで大泣きしたそうです。その為に旦那様に懇願したそうです。しかし旦那様は無視して、夫は導尿カテーテルを挿入され続けその後もハイハイを強要させられ、それを繰り返して暫く属けると布おしめを開くとカウパー氏腺からの透明な粘液が溢れ始めおしめを汚し夫はイってしまったそうです。それからはその恥ずかしい行為を自ら進んで布オムツに赤ちゃん柄のおしめカバーで覆われたお尻を振ってハイハイして尿道の快感に溺れながらおしっことカウパー氏腺からの透明な粘液で布おしめを濡らします。病的に尿道責めが病み付きに成り膀胱が壊れても夫のお気に入りの責めで、夫は尿道を責めないと射精できにくい体になっています。
その為に膀胱もゆるゆるで赤ちゃん並みの為に、とうとうオムツ証明書迄取得しました。
セレブの某御夫婦のご旦那様は下半身不随で奥様とのセックスが出来ません。それだからと言って美人妻を他の男性に抱かせる事は出来ません。
だから陰湿に成り20歳で幼児の身体でセックスの出来ない真正包茎のエンピツおちんちんの夫に白羽の矢が向けられました。
御主人に夫は日常で完全に赤ン坊として扱われ赤ン坊の身分に落とされました。
赤ン坊同様な夫は自分のペニスで女を満足させられません。大人の玩具の器具や縄や浣腸器を使ってのプレイを徹底的に教え込まれました。
セレブの某御夫婦の調教のおかげで、夫の過激なSMプレイに私も母も毎夜変態プレイでオーガニズムを感じております。
大人の男性としては不能な夫を奥様の専属のベビーペットとして、特注の格子で囲まれたスヌーピーのベビーベットで布おしめに赤ちゃん柄のおしめカバーの上からペニスベルトをさせられ、全裸で亀甲縛りされたご婦人は肛門には穴拡張プラグを埋め込み淫行陰唇にピアス付けられパイパンにされ生き恥に耐えマゾとして調教された体を、赤ン坊同様の青年に電動こけしで犯されるのです。夫はベビー帽子にロンパースに涎掛け姿でペニスベルトを装着して、初めは舌と指で愛撫して、ご主人の前で奥様をペニスベルトで犯し5年間もお相手をさせられておりました。
夫にとって20歳の年齢と言えば大人としての旅立ちの時です。それなのに夫はセレブの旦那様に囲われ、紙オムツで育った夫が20歳の年齢でエンドレスベビーとして完全に昭和の赤ン坊として扱われました。成人には必要の無いオシメを20歳の年齢で雪花、麻の葉、格子、亀甲、水玉、動物柄の布オシメを曜日毎に当てられ、昭和の頃の主流のスター性のオシメカバー同様のおしめカバーにレトロの麻の葉模様や雪花模様等のオシメを24時間赤ン坊の様に当てられ、おしめにおしっこもうんこも垂れ流しおしめ漬けにされました。スター製同様のおしめカバーも腰紐付きのスナップ式でピンクやブルー、イエローの動物柄の裏地がビニールか飴色の生ゴム製のレトロなオシメカバーを当てられ、ベビー服を与えられ5年間も訓育されてきました。夫のベビー調教のDVDや写真も豊富に残っております。そのDVDと写真の極め付きは、二人の中年の家政婦兼ベビーシッターの女性に、夫はベビー服にオシメを当てられ乳母車に乗せられ、前髪を揃え「BABY」と刺繍の付いたベビー帽子におしゃぶりを加えて、大きなクマさんのフリルの付いた涎掛けにピンクの半袖のロンパースにミトン、白いタイツにベビーソックスを履いて成人式に出席して、会場の長椅子で周りに着物や羽織袴背広姿の成人式の出席者の中で、両足を持ち上げられ雪花の青いレトロでマニアックなおしめを赤ン坊の様に替えられている姿が印象的です。5歳児の身体ですが赤ン坊より当然大きいですから目立ちますし、それも紙オムツではなく布おしめそれもレトロなマニアックな雪花模様のおしめですから目立ちます。「あんな大きな子が赤ン坊の恰好をさせられ布おしめを替えられているわ」「病気かしら」「紙オムツじゃないぜ、布おしめだ!なんだかマニアックなおしめだな!」「小母さんこの赤ちゃんいくつ」「身体は小さいけれど正真正銘の20歳よ」「だから成人式に出席しているんだ」「へー、もしかして、今どきの紙オムツじゃなくてそれもマニアックなおしめしているからオシメマニア?」「そんなもんね」「人前で赤ちゃんプレイって凄すぎ!」「赤ン坊の様にオシメおしっこで汚しているわ。それにおしっこ乳臭いわ」「食事は母乳と粉ミルクちゅしんだから」「食事まで赤ン坊何てまるで赤ン坊ね」「いつもベビー服にオシメなの」「ええ、20歳の誕生日からベビー服に24時間布オシメ、おしめ漬けよ。オシメ調教は紙オムツではダメダメ、濡れた感じを肌で感じ、裏地がビニールや生ゴムのおしめカバーで蒸しあげられ、また、おしめの柄で羞恥心をあおるから布おしめにおしめカバーなのよ、家でもベビーベットに寝かされて完全に赤ちゃんよ。オシメの好きな赤ちゃん願望のオシメマニアで、他人にオシメ当てている所やベビー姿を見られ快感なのよ」「それって超変態ね」「この人身体小さいから大人服は着れないから幼児服しか着れないと思うけれど、20歳でベビー服におしめは凄すぎそれも人前で」20歳に成って浮かれている青年や女性が多く、中には酒を飲んでいる成人もいて、夫のオシメ替えを凝視して興味津々で鑑賞していたそうです。周りから好奇な眼差しで注目され、今の完全におしめマニアに調教された夫とは違い、夫はその時恥ずかしくて恥ずかしさで屈辱と羞恥心で大泣きしたそうです。家政婦兼ベビーシッターの女性はその場を冷静に「おしめ替えちょうね。おしめ替えちょうね。お尻キレキレしたら哺乳瓶でパイパイね」そう言ってゆっくりとオシメ替えショーをして、ツルツルの包茎のエンピツおちんちんに蒙古斑点を露出して両足を持ち上げてお尻拭きでキレキレして、シッカロールをパフパフしてツルツルのエンピツおちんちんから青尻までシッカロールで白く染まり、人前でおしめを赤ン坊同然に替えられたそうです。「ほら、おちんちんもパイパンで包茎よ、それにお尻青くて蒙古斑点まで有るわよ」「20歳にもなって日常生活で赤ちゃんなんて凄い!とてもマニアック」人がたくさん集まっていたのが災難でした。
中学の時の同級生のグループが偶然近寄ってきて夫を見つけました。同級生の女性が大声で「安田さん…その恰好…赤ちゃんね」「安田お前人前でおしめまでしてその上ベビー服着ているのか」「身体が小さいからベビーちゃんって呼ばれていたけれど、まさか本当に赤ン坊に成るとは・・・」「お前大学どうしたんだ」「赤ン坊に大学は必要ないから辞めさせましたの」「人それぞれの人生があるけれど、20歳の年齢で赤ン坊に成るとはお前にそんな趣味があった何て知らなかったわ、我々だって就職するのは厳しいのに、ましてやお前の場合5歳児同様の身体で世間に生きていくのは厳しいものな」「ある意味では趣味を生かして赤ン坊としてお世話してくれる人に恵まれ、生活を心配しないで過ごせる永久就職出来て良かったな」「いくら5歳児の身体でも。年齢と精神的には20歳だから、赤ン坊として扱われるのは屈辱的かもしれないけれど、お前が選んだ道だから」「でも、安田さん可愛いからオムツもベビー服も自然で本当に可愛いわ」「中学の担任の先生に就職第一号として報告しておくよ」「同級会には、絶対出ろよ。赤ン坊で」夫専属のベビーシッターが夫の中学の同級生に住所と電話番号教えたそうです。そしておしめ替えが終わると、抱っこされて、恥ずかしさで喉がからからになっていましたから、そこまで辱められベビーシッターに抱っこされ哺乳瓶で授乳されると、どうでもよくなって泣きながら哺乳瓶の乳首を吸って授乳が終わり対面式のホロー付のピンクの乳母車に乗せられ、そして市の職員の女性から記念の粗品と賞状を受け取ると、職員の女性が「240ケ月の赤ちゃん可愛いですね」その後も公園のベンチやスーパーの赤ちゃんっコーナーのおしめ替えのベビーベットで赤ン坊同様におしめを替えられ、公園デビューまでしたそうです。家でも外出も赤ン坊として扱われ、5年間のベビー調教により身体に染み込んだ夫は今ではオシメが大好きで赤ちゃん願望のあるおしめマニアです。そして私と母はM女で夫の愛奴です。
夫が私の夫に成ったのは理由が有ります。
某御夫婦が交通事故で他界して、SM同好会を通して払い下げしてもらいました。布おしめやおしめカバーベビーウェア、乳母車、ベビーベット、歩行器、アヒルのオマル、哺乳瓶、おしゃぶり等も払い下げてもらいました。
そして日々布おしめにオシメカバーで大きくしたお尻にペニスベルトを付け,母と私を調教してくれるベビー夫です。
私は生保の保険セールスをしておりますので日中は母におんぶ紐と亀の子でおんぶされ、乾いたオシメ等を取り込みます。
母も私もM女ですが外交的でご近所とも仲良しで、近所の奥さんたちが遊びに来ます。
夫は精神的には大人でも先天性の病気で身体の機能が赤ン坊と同等で、介護だとなんだか暗いので、主人を赤ン坊として扱ってるのよと話しまして、おむつ証明書を見せると信じて貰えます。そして徐々に私の夫も赤ン坊として扱われる事がまんざらでもなく、おしめマニアなのよと話しております。私も母も札さっぱりしてあっけらかんですから、ご近所から認められました。
両隣と裏の近所から庭の布おしめが丸見えで「伊藤さんのおしめ柄見ると曜日がわかるわ」等と冗談も飛び、今では夫のおしめを替えてくれます。近くの銭湯に私も母もパイパンにされておりますから、ナイトローズと言う陰毛を付けて入浴します。夫も赤ン坊ですから女湯に男児として入浴します。
町内の温泉日帰り旅行にも積極的に参加して赤ン坊の夫はある意味でアイドルです。赤ン坊夫と私と母のSMプレイは次回にお話しします。

アルバイト先の社長と妻が・・・

結婚4年目の妻は、30歳になり子供が1人います。
1年ほど前から隣町にあるインテリアリフォーム専門の小さな工務店にパートで働き始め
ました。
半月ほど前、私はたまっていた有給休暇をとり、家でのんびりとしている時でした。
爪切りを探そうと妻の鏡台の引き出しを開けると、奥のほうに隠したようにして5枚の
SDメモリーカードと、2本のDVテープがあることに気付きました。
我が家も最近、デジカメを使い始めましたが、こんなにSDカードを買った覚えはありま
せんし、DVカメラは我が家にはありません。

少し不思議な感じでしたが、ちょっと悪いと思いつつもSDカードの中の画像を勝手に見
させてもらうことにしました。
1枚目のSDカードのファイルをパソコンに全てコピーし、画像閲覧ソフトで画像を開きま
した。
「近所の奥さん連中と遊びに行ったときの画像が入っているのだろう・・・」程度の
軽い気持ちは、いきなり最初の画像で完全に裏切られました。

そこに写っていたのは、見覚えのないマンションのような一室で、体の大きな40代の男
に肩を抱かれながらソファに並んで座っている妻の姿でした。
画像を順番に見ていくと、よく似た画像が数枚続いた後、妻がシャツを脱ぎブラジャー
があらわになった画像が出てきました。
横に座る男はブリーフ一枚で、しかも勃起したチンポがブリーフを押し上げた様を見せ
付けるかのようにふんぞり返っています。
妻の手は男の股間に添えられています。

妻に対するつよい怒りと失望を感じつつ、なぜか私のチンポも勃起してきました。
妻は身長が150cmに満たない小柄で髪型も飾り気のない黒髪のショートと、遠目には少女
のような雰囲気があります。
結婚当初はそんな少女的魅力に引かれ、ほとんど毎日のようにsexしていましたがこの
2ヶ月ほどはまったくやってませんでした。
だからといって浮気をするような性格ではないと信じていたのです。

男が手持ちで撮影した画像に変わりました。
ソファでふんぞり返って座った男が撮影したのだろうか・・・。
床にひざま付く妻は男の股間に頬を寄せています。
カメラ目線の画像もありました。
いたずらっぽく笑う顔は確かに少女のようですが、誰にも見せない、本能のままに行動
するメスの姿を見ているようで恐ろしくなります。
ここまで来ると2人の間の関係はもはや疑う余地もないのですが、私の妻に限ってそんな
ことしないはずだという思いも心の中に存在します。

しかし、無常にも残りの画像は当然のようにして、男と女の本能の行動を映し出してい
ました。
男のチンポが大写しに現れた画像は思わず顔を背けたくなりました。
妻が頬擦りをするように顔を添えているチンポは、確実に私の倍はある大きさでした。
特に長さは軽く20cmを超えており、横に並ぶ妻の顔面がチンポより小さく見える様子は
まさに威容です。
ぬらぬらと濡れ光る亀頭は既に妻の口内の感触を味わった後なのだろうか・・・。
外人巨根にありがちな”太く長いが,亀頭は小さい”チンポではなく、それは血管が
恐ろしくごつごつと浮かび、カリ首はグワッとエラが張っており、すべてがパンパンに
はちきれています。

最近、「カリ首のエラは膣の中の他人の精子を掻き出し,自分の精子を勝たせるためにある」
と言う話を聞きました。
まさに、この男のチンポはこの役割を忠実にこなし、たとえ私が妻に中出しして膣内を
私の精液で満たしていたとしても、ほんの一掻きか二掻きでその夫の精子を全て体外へ
掻きだしてしまい、自分の精液で満たすとともに、妻にはこの上ない快感を与え続ける
のだろう。
短小チンポしか持たない男にとって残酷すぎる事実であるが、妻はただオスとメスがも
つ本能にしたがい、巨チンを求め続けているのだろう。
ただ、そこに理性があるとすれば、たぶん浮気が継続している。

この数ヶ月の間に子供を宿していない、避妊に多少なりとも気をつけている、という
事実だけなのか。
私の知っている妻は、フェラがあまり好きではありません。
特にチンポを深く突き入れると決まって不機嫌になっていました。
しかし、次から次に出てくる画像に写る妻の姿は、天井を向くほど反り返って威きり
起つチンポを前に、目の焦点も合わず完全にラリってしまった白痴状態です。
よだれなのか男の汁なのか、口の周りはべとべとで顎からはだらーっと汁が垂れ下がっ
ています。

まさに巨大チンポの虜になってしまった様子です。
妻のブラジャーはだらしなくずり上がり、小振りの膨らみがあらわになっています。
地味な妻は普段つけているブラジャーもシンプルなものばかりですが、画像に写ってい
るブラジャーはいつの間に買っていたのか私も知らない可愛らしいデザインです。
たぶん、この男の好みにだけ合わせて買ったのだろう。
汁でべとべとになった頬を見せながら、わざと胸に谷間を作るようなかわいらしい仕草
の画像もありました。

多分、相手の男はパート先の工務店の主人です。
それは、舞台になっているマンションのような場所の一角にインテリア関係のパネルと
か製図台が写っていることから推測できます。
画像のプロパティを見ました。
撮影日時は今年の4月。時間は午前10時台でした。
妻は、私を仕事に送り出し、子供を保育園に届け、9時過ぎにパートに出かけ、事務所
について早速、男のチンポにむさぼりついているという、あまりにも非情すぎる事実を
意味します。

こういう関係になったきっかけは何だったのだろうか。
普段、私の友人が家に遊びに来ても妻はあまり笑顔も見せず、はしゃぐ姿を見せること
もありません。
そんな妻だから、自分から男を誘うことはありえない(そう信じたい)。
たぶん最初は誰もいない事務所で強引に犯さたのだろう。
妻は泣き叫びながら必死に抵抗したことだろう。
しかし、そのまま何度も何度も延々と犯され続け、あきらめの心境になったころ、
あろうことか男の巨根で本能のスイッチを入れられてしまったのか。

私のチンポでは届かない奥深くを、生まれて初めて突き上げられてそのスイッチは入っ
てしまったのか。
さらにデジカメで証拠写真を撮られ、弱みを握られた上で男の浮気専用の奴隷に仕立て
られてしまったのだろうか。
さらに画像が進むと、妻は床の上に仰向けに寝かされ、正常位で入れられようとしてい
ます。
お互いの下半身を写したその画像では、男のチンポは腹に届くほど上を向き反り返って
います。

続いてチンポを妻の腹に添えるようにして押し付けています。
それは、あたかも巨大チンポを妻に挿入すると、先端はへその辺りまで届いているんだ
ということを確認するかのように腹に密着させています。
このあとの画像はファイル番号が所々飛んでいます。
このあとに何があってどんな画像が撮られていたかは考えるまでもないのですが、たぶ
ん妻は自分が乱れている姿しか映っていない画像は消してしまったのでしょう。
ここまでの画像は、ほとんどが男のチンポが大写しになったものか、あるいは、sex前の
男女の甘い空気のツーショット画像しかありません。

たぶん妻は、この男としばらくsex できない日が続く時などは、この画像を見て、寂し
さを紛らして、体の奥底から疼くような切ない気持ちを静めているのでしょう。
当然のように、この後の画像には、精液を噴出させたあとのチンポが大写しになってい
ました。
信じられないほど大量の、そして粘るような精液が妻の腹から胸元にかけてぶちまけら
れていました。
妻の乳輪は割とつるっとしており乳首も荒れた感じはなく、きれいな形です。
私にとって宝のような妻のおっぱいも、全体が汗と男汁にまみれています。

男は妻の上に跨る様にして、射精後でありながらいまだに反りを保ち、硬直している
チンポを胸元に添えています。
妻はいったいどれほどの白濁液をまんこから垂れ流したのだろうか。
男のチンポは妻の汁で覆われています。
わずかに写る妻の様子は、顎を高く突き上げ、大きく反り返るようにして硬直している
ようです。
同じような画像が続く中、妻の様子には変化が見られず、硬直したままです。

射精後どれほどの時間が経っているのかわからないが、少なくとも夫のちんぽでは味わ
えない絶頂を迎え、そのあともしばらくはピクピクと痙攣をくりかえしているのだろう
か。
その後は、おそらく妻が撮影したであろう画像がつづきました。
仁王立ちした男の足元に座るようにして撮影したのだろう。
画像の撮影日時は、その日の射精後約4時間経っており、その日の夕方近くになってい
ます。
再び力を取り戻し、天を向くようにそそり立つ男のチンポを見上げるように撮影した
画像が何枚も何枚も続きました。

明らかに妻は、このチンポの虜になってしまった様子です。
亀頭だけをアップで撮った画像もあり、その尿道からは先走りの我慢汁がたらたらと
流れています。
パートへ行くと言いながら、実のところ毎日のようにして朝から夕方までこの男と浮気
を繰り返しているのだろう。
たぶんこの日も朝から sexを開始し、男の射精を受け止めたのも一回どころではないだ
ろう。

夕方5時前には急いで服を着て、何事もなかったかのようにスーパーで買い物をし、子供
を保育園に迎えに行くのだろう。
もはや私は次から次へと続く妻の淫らな姿を詳しく見る気力もありませんでした。
画像閲覧ソフトの一覧表示で見る限り、その後も、日を変え、場所を変え、妻とその男
の浮気は続いているようです。
残りのSDカードにも同じような画像が入っているのでしょう。

妻の画像を延々と見続けたその日、妻が帰ってきてからも私の頭の中は混乱したままで、
大した会話もなくいつものように妻と並んでベッドに入りました。
妻が寝息を立て始めたころ、突然むらむらとした性欲が強烈に沸きあがってきました。
寝たままの妻の乳首にしゃぶりつき、小さいながらもカチカチに勃起したチンポをパンツ
越しに妻のまんこに押し付けました。
いくらしゃぶり続けても、チンポをこすりつけ続けても妻はおきませんでした。
こんなsexのはじめ方はこれまでほとんど記憶にありません。

もしかしたらその日も、私がSDカードの淫らな画像を見ている時、その画像と同じよう
な淫らな行いを一日中やって、疲れ果てていたのかもしれません。
妻の腰が、細かく動き始め、そしてしゃくりあげるようにチンポに擦り付けてきました。
妻は多分夢の中で、浮気相手の男とのsexを開始したのだろう。
だんだんと息遣いが荒くなり、いやらしいあえぎ声を立て始めました。
今日見た中に何枚かあった画像と同じようにして、妻のパンツの股の部分をずらして、
脇からチンポを挿入し始めたころ、少し目が覚め始めたのか、私にしがみつきながら激
しく声を立て始めました。

それはわずかな時間でしたが、これまでの妻との sexではあまり見たことのない、激し
い反応でした。
そして、完全に目が覚めたとき、大きく目をむき、私を見つめながら
「何するのよ!」とびっくりしたように声を荒げました。
強引にsexを続けましたが、その後の妻の様子は、いつもの私とのsexでの反応に変わり
ました。
地味で控えめな反応です。
それは,あたかも自分の浮気がばれないように、演技しているかのようでした。

私は怒りをぶつけるように思いっきり深くチンポを突き刺し続けました。
子宮口のこりこりとした感触がありました。
私のチンポでは子宮口に達するのが精一杯ですが、あの男のチンポはへそのあたりまで
到達していたはずです。
妻は経産婦なので、もしかしたら子宮内挿入になっていたのだろうか。
小さな体であんな大きなチンポをあてがわれた妻の子宮はどれほど破壊され続けていた
のだろうか。
考えているうちに訳もわからぬまま中出ししてしまいました。

しばらく重なったままで、沈黙が続きましたが、妻はぼーっと天井を見つめていました。この瞬間も浮気相手とのsexを考えていたのだろうか。
私は久しぶりのsexだったので、チンポを抜いた瞬間、妻のまんこから凄い量の精液が流
れ出しました。
ブチュブチュと音を立てて流れ出す感触で妻も一瞬「フフッ」と笑顔になりましたが、
またすぐにぼーっとした表情に戻り、天井を見つめながら枕もとのティッシュを取り、
だらしなく足を開いて仰向けに寝た姿勢のままで、まんこからあふれ出す精子をふき取
り続けていました。
私もその様子を見ていましたが、我に返ったとたん、また怒りのようなものがこみ上げ
てきました。

妻とのsexはいつもコンドームを使っていました。
以前、中出ししたときは、妻は真剣に「妊娠したらどうするの!」と怒ってました。
でも今の妻は、そんなことも気にしてないのか、中出し汁を何事もなかったかのように
拭いているのみです。
あの男の奴隷になってしまった妻は、いつでも安心して中出しできるように、もしかし
たら避妊リングを入れさせられたか、ピルでも飲み始めたのだろうか、という不安が頭
をよぎりました。
先ほど妻のまんこから流れ出した汁も、実は帰宅直前まではめ合っていた浮気相手の汁
が混じっていたのかもしれません。

その男は、私には届かないような奥深く子宮内に直接大量の精液を注ぎ込み、それが今
になって、どろどろと流れ出してきたのかもしれません。
今確実にいえることは、もう妻のまんこと心は完全にあの男のもとにあり、私のもので
は無いということです。
怒りもここまで高ぶって長引くと妻に対する愛情もさめてしまいました。
残りのSDカードも今度詳しく確認します。
明日は、職場からデジタルビデオを借りてきてDVテープを確認してみます。

アジアの人妻

私は数年前にアジアの某国に駐在として勤務しておりました。

駐在と言えば格好がよいのですが、実態は工場の管理で毎日遅くまで

残業だったり土曜日も仕事でした。

そんな実情であり私の楽しみといえば、工場の女性スタッフを見て

想像を含ませる事でした。

私が勤務していた工場は90%が女性社員でして、下は16歳上は45歳と

なんとも幅広い年齢の方々が勤めておりました。

私は女性に対して少々変わった趣味があるのですが、それは30歳以上であり

背が低く且つ童顔の女性が好きなのです。

30歳以下の女性には全くと言っていいほど欲情する事もなく、あー綺麗だね

っていう感覚のみで、性的対象にまったくなりませんでした。

その工場で、私の趣味に該当する女性が2人居たのですが、共に人妻であり

それが余計にエロ心を増長させました。

ただ、エロ心を持っていても上司という立場と日本の代表で来てる以上

迂闊な事は出来ないので、想像でオナニーするのが日課となってました。

数か月経つと私は現地語も多少ではありますが、覚える事ができ

現地スタッフと簡単な冗談話くらいは出来るようになっていました。

冗談話の会話の中に私が日々おかずにしている童顔人妻も参加

しており、ちょっとした下ネタ話も出て場も盛り上がりを見せる中

その人妻がいたずらっぽい顔をしながら、私に食事のお誘いをしてきました。

無論、他のスタッフも居るので皆に冷やかしの言葉を浴びせられながら

いいよ~じゃあ今度ね。なんて社交辞令っぽく返事をしその場を収めました。

これよりこの人妻をSとします。

数日経ったある晩、携帯のメール音がなり見て見るとSからのメールでした

何時、食事に連れて行ってくれますか?と書いてあり、私はSは本気なのか?

なんて思いながらも、自制心を持って今度ね~と返信しました。

この晩は、このやり取りだけで終わったのですが翌晩から、毎日のようにメールが来て

何してますか?彼女いますか?なんてメールが来るようになりました。

この国は日本人にとって比較的女性は堅いイメージが有ったので

日本人の勝手な解釈で、俺に興味あるのか?という内容のメールなど

できる訳もなく適当に返事をし、お茶を濁していました。

それから数日経った晩、仕事を終えてマンションに帰宅すると

マンション玄関口にSが立っており、私を見つけると

「いつまで待っても食事連れて行ってくれないから直接来ました」との事

私は少々ビックリしながらもOKをして近場の料理店に行く事をSに言うと

Sは笑顔でチョコンと私の上着の袖口を摘んでまるで恋人のように

歩くのでした。

食事をしているとSは旦那の話を始めました。私は嫉妬心からか

嫌だな~なんて思いながらも話を聞いていると、どうやら旦那は

国の業務に就いており、1か月に一回帰ってくるか来ないかのだと言う。

普通この会話の流れなら欲求不満で誘ってる?なんて思うのでしょうが

文化の違いを恐れ、それは寂しいね~なんて適当に会話を返し

黙々と食事を続け、その晩は何事もなく帰宅しました。

この態度が功を奏したのか?翌晩からくるメール内容はあきらかに

私に好意を持ってるという内容でして、抱けるのも近々なのでは?

なんて思いながら、様々なシチュエーションを妄想しオナニーにも

力が入る日が続き、もうその頃には罪悪感もなく普通に食事にいくようになっており

何処から見ても恋人同士に映ったのではないでしょうか。

数回食事を繰り返したある晩、私はSを部屋に誘いソファーに腰かけ

普通に会話をしておりましたが、私の拙い言葉のせいか沈黙の

時間が訪れました。私は意を決し彼女の口元に顔を近づけるとSは驚いた顔を

すると同時に顔を背けキスを拒みました。

私も我に帰り、ゴメンと何度か言うとSは身支度を整え帰宅するのでした。

私は心中で、失敗した~明日からどうしよ~なんて思いながら就寝しました。

翌日会社で顔を合わせるとSは何事も無かったように接してくれて

私は内心、女性はしたたかな生き物だと再認識しつつ安堵しました。

帰宅途中、車中でSからのメール。「昨日はごめんなさい」「覚悟はしてたが、イザとなったら怖くなった」「次は・・・」と書かれており、Xデーを計画しつつ帰宅するのでした。

ええ、この計画を立てている頃には私はSのことを愛していたのです。

とうとうXデーが訪れました。

Sが私の自宅を訪れ部屋のソファーに座ると同時に私は

フライング気味にキスをしました。Sはキス自体は予期していたが、

このタイミングでキスされるとは思っていなかったようで、少々困惑した表情でした。

2度目のキスとなるとSもスンナリ受けいれ、激しく舌を絡ませるとSは何ともいえない

声を出しヨガ始めました。

正直なところSはキスが下手なようで、舌の絡ませ方が始めてのディープキスかと

思うくらい稚拙なキスでした。この時は稚拙の理由など解らなかったのですが

数分後には全て理解できるのでした。

ベットに移動しキスをしながらSの服を脱がしていると服の上からでは

想像もつかない程、豊満な乳房が現れ少し下がった感じがエロさを増幅し

私は我を忘れてブラをめくりあげてSの乳房にムシャぶりつきました。

Sの感度は良すぎるのかすすり泣くような喘ぎ声を出し体をクネらしています。

私の口が下腹部方向に近づくとSは少し拒否するかのように手で私の愛撫を

払いのけますが、それは形式上でのやり取りであって抵抗する事はありませんでした。

小さい体に小さいショーツを身につけており、ショーツを脱がすとマンコは既に

グッショリしているのが解りました。私はSのマンコに喰らいつくと「それはダメ、ダメ」と

声にならない訴えをしますが、私は更に執拗に舐め続けクリを唇で軽く咥え

嬲るとSは「マンコを舐められるの始めて」「すごいすごい」と私の髪の毛を力強く掴み

悶え苦しんでいました。

私は内心、Sの旦那はタンパクなSexしかしないのであろうと思い、よ~し日本人の

Sexを見せてやろうという意気込みで徹底的に小さいマンコを嬲り続けました。

10分も嬲っているとSは数回イッテしまったようでグッタリしていますが、こんなもんじゃ

終わりません、まだ挿入してもいないのですから。

もう形式上の抵抗する気力もないのか、Sのマンコにギンギンになった肉棒を添えても

嫌がる素振りもなく、スンナリと挿入に至りました。

Sのマンコは見た目も小さいが中は予想以上にきつく中々奥までと到達する事でが

できないほどの名器で、私の肉棒を蕩けさせるマンコでした。

私は、この時点でSを調教しSexの良さを教えるつもりでしたので、直ぐに射精する訳には

いかず、グッとこらえながら肉棒が子宮口に届くとSは「我慢できない」と連呼しますが

私は勝手にもっと突いて欲しいのだろうと解釈し、全力で腰をスライドさせました

ものの3分くらい突いていると、Sは涎を垂らしながら「熱い熱い」「大きい~」と

叫ぶのですが私の肉棒は決して大きいとは思った事はなく若干太いかなと思う程度でしたので

旦那がいかに租チンなのか解るのでした。

挿入して20分が経ちますが、まだまだ終わるつもりはありません。

Sを四つん這いにすると、小ぶりな桃のような尻を後ろから

思いっきり突き刺し高速で出し入れを繰り返すと

Sのマンコから白い泡が出てくるのが見えると同時にマンコからはニチャリグチャリと

卑猥な音が発せられ、私の視神経を刺激するのでした。

更に体位を変えSを騎乗位の体勢にすると、おぼつかない動きで腰を動かし始め

亀頭はSの子宮口をグリグリし肉棒にコリコリ感が伝わってきます。

私は開いている両手で少し外側に垂れ下がった乳房をわし掴みして下から突き上げると

子宮口が捻じれる様な感触があり、その度にSは頭を後ろに反らし快感を貪り

口からは涎を流し、むせび泣くような声でもっともっと言いながら腰のグラインドさせるのでした。

そろそろ射精したくなってきた私はSを仰向けにし軽いマンぐり返しの状態で挿入し

Sからも挿入状況がよく見えるようにしてやり、ゆっくり抜き差しを行い時には

剃り返った肉棒を見せつけてやり精神的にも調教を施してやりました。

自分自身も興奮状態がMAXになり射精が近づき、どこに出してやろうかと考え

中で良いかと?聞くとSは絶対にダメ!拒否し、私も今後の楽しみがなくなって

しまっては元も子もないと思い、腹の上に射精する事にしました。

Sの細い腰を掴み渾身の動きで突き動かすと、乳房は上下左右に振り乱れ

最高のシチュエーションでSの腹の上に射精すると、勢いが予想以上に強く

Sの顔まで精液が飛んでしまいましたが、グッタリしているSは気にもせず

目を瞑り続けるのでした。

それから1カ月もすると、すっかり淫乱になっており私の言いなりでした。

仕事中に閉鎖されているトイレに呼び出しフェラさせ口内発射をしたり

移動中の車内では、運転手に見つからないように肉棒を掴まさせたりしましたが

嫌がるどころか厭らしい目つきで私を見つめ、その時間を堪能しているようでした。

マンションでは来るなり私のチャックを降ろし肉棒にむしゃぶりつき

スカートを捲り上げ、四つん這いになって催促するまでに成長しました。

ある日Sexをしていると「中に出して」と言うので、大丈夫なの?と聞くと

うん、避妊手術をしたから大丈夫!心配しつつもSの性格を知っているので嘘を

つく事はないだろうと思い子宮めがけタップリと射精してやりました。

後から聞いた話では避妊というのは、この国では男性側だけの責任だけではなく

女性側も避妊に対して積極的だと知ったのです。

かれこれSとの関係が2年続きSexの回数も100回を越した頃でしょうか

私の駐在任期も終える日が近づくとSは寂しそうな顔で「生まれ変わったらずっと一緒に居てください」「来世でも名前も顔も変えずに待ってます」私は涙が止まりませんでした。

任期終了までに、どれだけSを抱けるかと考えると、やさしく抱いてやりたいと言う気持ちになり

その日を境に出会った頃のようにやさしくキスをし、やさしく抱いてやりました。

2013年・・・現在、私はSが居たこの地に帰って来ています。

Sには家庭があるので、今更迷惑になると思い一切連絡をしてませんが

私は予感するのです、近いうちにきっと逢えると・・・・

Tさんに・・・・・

インターネットで知り合ったTさんに妻を調教してもらうようになって、半年くらいになります。
 夫婦でSMプレイをしていましたが、二人ともそれでは飽きたらず、Tさんにお願いすることになったのでした。
 私の参加は認められていませんが、妻が持たされて帰ってくるビデオを見るのが私の楽しみです。そこには、妻の調教の一部始終が記録されています。

 妻はTさんが借りているマンションで調教を受けます。
 そのマンションは、広いリビングルームとベッドルームの2部屋があり、いつも妻が着く頃には、既にTさんの仲間が三、四人、リビングルームを取り囲むように置かれたソファの上で、スコッチの入ったグラス片手に待っています。
 年代はだいたいTさんと同じ頃で四十代後半の人が多いようです。
 妻は男性たちが注視する前で、コートを脱ぎます。
 コートの下は何も身に着けていませんから、すぐ全裸です。
 そして、恥ずかしそうに茂みを押さえる妻の首に、長い鎖のついたて首輪がつけら、両手両足首に皮製の手枷足枷が装着されると、妻はこの男達の性具になるのです。そして、次の日夜、このマンションから開放されるまで、この格好です。

 男性たちは、妻を犬のようにはべらせながら、思いのままに楽しみます。
 自分の所に来させて膝の上に座らせて体の感触を楽しんだり、口で奉仕をさせたり、あるいは陰部に指を挿入したりと、好きなように妻を弄びます。妻は単なる性具ですから、当然なのです。
 そして、部屋の電気を消し、小さなスポットライトだけにして、妻にオナニーをさせます。自分の手で、悲しい声を出しながら色白の体をくねらせる妻のオナニーショーは、Tさんたちのお気に入りだそうです。
 妻のオナニーショーで気分が高まると、まる一日にわたる妻のセックス漬けが始まります。男性達は妻の意識が朦朧となるまで、交代で、時には同時に犯りつづけるのです。
そして、ひとしきり妻を犯しつづけたあとは、今度は妻を車に乗せ、夜の街をドライブしながら、続きをします。
 車は、ワンボックスで、後部座席が向かい合わせになるタイプの車です。
 妻を輪姦しながら、ドライブをし、ときには全裸で首輪をされた姿で外を歩かされたりもします。
 そうやって、次の日、再びコート一枚でマンションの外に出されるまで、始終妻の秘部や口、時にはアナルから溢れた精液が流れ出るくらい徹底的に犯し続けます。
 私がビデオで見た中で圧巻のプレーは、妻が両脚を大きく開いた体型のままベルトで固定され、吊された姿です。そして、その吊された妻を抱えながら交代で犯すのです。一人が膣内射精したら、すぐに次の男性が代わって妻を犯します。そうやって、延々と妻を犯し続けるのです。
 股間から大量の精液をダラダラ流しながら吊されている妻の姿には頭がクラクラしました。

この姿ほど妻を愛おしく思ったことはありません・・・・・



・・・・・・

SM 私達夫婦には人には言えない秘密があります。

私達夫婦には人には言えない秘密があります。それは5年ほど前から夫婦交換の仲間に入り楽しんでいることです。
数回の夫婦交換を経験した私たちにはそれぞれのお気に入りのお相手ができデートしたらお互い報告をするという約束で新たな道を進むようになりました。
 
妻のお気に入りは自分よりずっと年上の中年好みで50代前半の加藤さんでした  そのご夫婦とは一度目のSWから 3回目の時には単独男性1名を加えて 5回目の時にはさらに単独男性2名を加えた複数プレイをするまでにエスカレートしていきました。 

その後はそれぞれで単独デートを楽しんだりしていましたが 私にはお相手の奥様にはあまり興味がなく 私とお相手の奥様とは疎遠になっていきました。  
妻と加藤さんは月に1度ほど加藤さんが私たちの住んでいる街まできています。待ち合わせの場所で加藤さんの車に乗り換え郊外のラブホで一時を過ごし、また妻の車のところへ送って帰る。 のデートが主体でした。 

何回かデートを繰り返してから 妻の性癖に徐々に変化があらわれだし 一つ目はSEX前にオナニーを見せるようになったこと。二つ目は乳首をつままれると異常に興奮するようになったこと。 また時折は皮製のSM調教具で身動きできなくされてのプレイでM性を高められたことです。 

いつも帰宅した妻からデート内容を聞くのですが最初のころは正直に内容を話してくれていました。しかし、だんだんとうたむやな返事になってきています。 
その理由は一つにはデートに新たな男性が加わったこと。もう一つは時には複数調教プレイを行うようになったことです。  

そのことは加藤さんから事前に話されているので私は知っているのですがあえてそのことを妻が私に隠すのであればそれはそれで妻の意思を尊重するようにしています。 
ある日のプレイ内容はいつものように大手スーパーの駐車場に加藤さんは妻を迎えてその後車はすぐに高速に乗り入れました。 

途中PAでリモコンバイブ(コードレスのもの)を入れられ30キロほど離れたICで降り近くのレストランへ入りました。 
食事中に何回もリモコンスイッチを入れられその都度感じていたようでフォークを握り締めたまま目を閉じて眉間にしわを寄せた表情を加藤さんは楽しんだそうです。 

食事が終わる頃 複数Pのお相手から電話がはいりレストランを出たところでもう1台の車が合流しそのままラブホへ入りました。そこにはパーティールームがあり 加藤さんのH仲間である山本さん福田さん(50代)田中さん(40代前半)の3人 合計5人で玄関をくぐりました 

その時にはリモコンバイブのスイッチも入りっぱなしで妻の目は淫乱な牝そのものになっていたそうです、部屋までの廊下を山本さん達からスカートをまくられガーター姿を披露したそうです。
色々なところをタッチされながら また妻からは男性のマタグラを撫ぜて早く欲しいことを告げながら部屋へ到着したそうです。 

部屋へ入るとまず皆からオナニーショーとストリップを命ぜられ スカートをたくし上げながら淫水まみれのバイブと指の動作で自らを高め皆から見られながら 一回目のアクメを迎えます 

その姿をビデオとデジカメがすかさず捉え加藤さんのコレクションとしてあとで私に送られてくることを妻はまだ知りません。 
オナニーショーが終わり 本格プレイに入る前に妻は同年代の田中さんとでまずバスルームに行きからだを洗いあいます。 

その姿をガラス越しに見てそれぞれもシャワーやバスでキレイにしたモノを妻は順番に口に含み元気にしていきます。バスから出たらいよいよプレイ開始です。 
赤いロープで胸を強調した縛りと両手を上げた姿勢で吊るされ口枷をはめられ目隠しマスクをされます。
そのまま片足を高く上げて固定され どうあがいてもオマンコとアヌスを曝け出した姿になっています。

それは前後からの進入を拒めない状態なんです。妻自身も感じきっている様子で それは腰をくねらす動作と口から漏れるうめき声で判ります。 

その姿のまま囲まれた妻へいよいよ欲しかったものを入れてもらいます。前から山本さん後ろから福田さん田中さんは乳首を必要に責めます。妻の表情はこれ異常は失神寸前の状態でビデオに映し出されています。 
もちろんビデオは加藤さんが回しカメラのシャッター音にも反応して快楽の中をさまよいます。 

そんなプレイを延々と続け夕刻までの間に幾度もアクメを迎え また4人の男性にも充分に堪能させて 帰ってきました。 その夜、妻に話を聞いても疲れたとの返事しか帰ってこなく後でその部分を見てみますと赤く充血した様子にその日のハードなSEXが判ります。

また前の毛も申し訳程度には残っていましたが舐めやすい状態に剃毛を受けてきたことも刻印として残っていました。  
そのビデオは加藤さんのコレクションの中でも秘蔵中の秘蔵であることはいうまでもありません。

男性自身をおしゃぶりしている時の妻のカメラ目線の表情には亭主であり長く連れ添っている私でさえも魅力的な女を感じさせてくれます。

やはりこれは お互いを信じあいながらのプレイSEXを楽しんでいるおかげだと思っています。 今後も加藤さんとのプレイは続くでしょうが私たち夫婦は夫婦で新たなSEX相手を見つけ楽しみたいと話し合っています。

それと妻が加藤さんとのプレイ内容をいつ頃話してくれるかも興味深いです。妻の感じたままを妻の口から聞くとどんな表現になるのか楽しみでもあります。
妻はSMの世界にどっぷり嵌りもう普通のSEXでは刺激を感じなくなっているのでしょう。

私はそう言った過激なことにはあまり興味がありません。
それよりかは綺麗でノーマルなSEXに興味があるのです。



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

SM

私達夫婦には人には言えない秘密があります。それは5年ほど前から夫婦交換の仲間に入り楽しんでいることです。
数回の夫婦交換を経験した私たちにはそれぞれのお気に入りのお相手ができデートしたらお互い報告をするという約束で新たな道を進むようになりました。
 
妻のお気に入りは自分よりずっと年上の中年好みで50代前半の加藤さんでした  そのご夫婦とは一度目のSWから 3回目の時には単独男性1名を加えて 5回目の時にはさらに単独男性2名を加えた複数プレイをするまでにエスカレートしていきました。 

その後はそれぞれで単独デートを楽しんだりしていましたが 私にはお相手の奥様にはあまり興味がなく 私とお相手の奥様とは疎遠になっていきました。  
妻と加藤さんは月に1度ほど加藤さんが私たちの住んでいる街まできています。待ち合わせの場所で加藤さんの車に乗り換え郊外のラブホで一時を過ごし、また妻の車のところへ送って帰る。 のデートが主体でした。 

何回かデートを繰り返してから 妻の性癖に徐々に変化があらわれだし 一つ目はSEX前にオナニーを見せるようになったこと。二つ目は乳首をつままれると異常に興奮するようになったこと。 また時折は皮製のSM調教具で身動きできなくされてのプレイでM性を高められたことです。 

いつも帰宅した妻からデート内容を聞くのですが最初のころは正直に内容を話してくれていました。しかし、だんだんとうたむやな返事になってきています。 
その理由は一つにはデートに新たな男性が加わったこと。もう一つは時には複数調教プレイを行うようになったことです。  

そのことは加藤さんから事前に話されているので私は知っているのですがあえてそのことを妻が私に隠すのであればそれはそれで妻の意思を尊重するようにしています。 
ある日のプレイ内容はいつものように大手スーパーの駐車場に加藤さんは妻を迎えてその後車はすぐに高速に乗り入れました。 

途中PAでリモコンバイブ(コードレスのもの)を入れられ30キロほど離れたICで降り近くのレストランへ入りました。 
食事中に何回もリモコンスイッチを入れられその都度感じていたようでフォークを握り締めたまま目を閉じて眉間にしわを寄せた表情を加藤さんは楽しんだそうです。 

食事が終わる頃 複数Pのお相手から電話がはいりレストランを出たところでもう1台の車が合流しそのままラブホへ入りました。そこにはパーティールームがあり 加藤さんのH仲間である山本さん福田さん(50代)田中さん(40代前半)の3人 合計5人で玄関をくぐりました 

その時にはリモコンバイブのスイッチも入りっぱなしで妻の目は淫乱な牝そのものになっていたそうです、部屋までの廊下を山本さん達からスカートをまくられガーター姿を披露したそうです。
色々なところをタッチされながら また妻からは男性のマタグラを撫ぜて早く欲しいことを告げながら部屋へ到着したそうです。 

部屋へ入るとまず皆からオナニーショーとストリップを命ぜられ スカートをたくし上げながら淫水まみれのバイブと指の動作で自らを高め皆から見られながら 一回目のアクメを迎えます 

その姿をビデオとデジカメがすかさず捉え加藤さんのコレクションとしてあとで私に送られてくることを妻はまだ知りません。 
オナニーショーが終わり 本格プレイに入る前に妻は同年代の田中さんとでまずバスルームに行きからだを洗いあいます。 

その姿をガラス越しに見てそれぞれもシャワーやバスでキレイにしたモノを妻は順番に口に含み元気にしていきます。バスから出たらいよいよプレイ開始です。 
赤いロープで胸を強調した縛りと両手を上げた姿勢で吊るされ口枷をはめられ目隠しマスクをされます。
そのまま片足を高く上げて固定され どうあがいてもオマンコとアヌスを曝け出した姿になっています。

それは前後からの進入を拒めない状態なんです。妻自身も感じきっている様子で それは腰をくねらす動作と口から漏れるうめき声で判ります。 

その姿のまま囲まれた妻へいよいよ欲しかったものを入れてもらいます。前から山本さん後ろから福田さん田中さんは乳首を必要に責めます。妻の表情はこれ異常は失神寸前の状態でビデオに映し出されています。 
もちろんビデオは加藤さんが回しカメラのシャッター音にも反応して快楽の中をさまよいます。 

そんなプレイを延々と続け夕刻までの間に幾度もアクメを迎え また4人の男性にも充分に堪能させて 帰ってきました。 その夜、妻に話を聞いても疲れたとの返事しか帰ってこなく後でその部分を見てみますと赤く充血した様子にその日のハードなSEXが判ります。

また前の毛も申し訳程度には残っていましたが舐めやすい状態に剃毛を受けてきたことも刻印として残っていました。  
そのビデオは加藤さんのコレクションの中でも秘蔵中の秘蔵であることはいうまでもありません。

男性自身をおしゃぶりしている時の妻のカメラ目線の表情には亭主であり長く連れ添っている私でさえも魅力的な女を感じさせてくれます。

やはりこれは お互いを信じあいながらのプレイSEXを楽しんでいるおかげだと思っています。 今後も加藤さんとのプレイは続くでしょうが私たち夫婦は夫婦で新たなSEX相手を見つけ楽しみたいと話し合っています。

それと妻が加藤さんとのプレイ内容をいつ頃話してくれるかも興味深いです。妻の感じたままを妻の口から聞くとどんな表現になるのか楽しみでもあります。
妻はSMの世界にどっぷり嵌りもう普通のSEXでは刺激を感じなくなっているのでしょう。

私はそう言った過激なことにはあまり興味がありません。
それよりかは綺麗でノーマルなSEXに興味があるのです。

SM

私達夫婦には人には言えない秘密があります。それは5年ほど前から夫婦交換の仲間に入り楽しんでいることです。
数回の夫婦交換を経験した私たちにはそれぞれのお気に入りのお相手ができデートしたらお互い報告をするという約束で新たな道を進むようになりました。
 
妻のお気に入りは自分よりずっと年上の中年好みで50代前半の加藤さんでした  そのご夫婦とは一度目のSWから 3回目の時には単独男性1名を加えて 5回目の時にはさらに単独男性2名を加えた複数プレイをするまでにエスカレートしていきました。 

その後はそれぞれで単独デートを楽しんだりしていましたが 私にはお相手の奥様にはあまり興味がなく 私とお相手の奥様とは疎遠になっていきました。  
妻と加藤さんは月に1度ほど加藤さんが私たちの住んでいる街まできています。待ち合わせの場所で加藤さんの車に乗り換え郊外のラブホで一時を過ごし、また妻の車のところへ送って帰る。 のデートが主体でした。 

何回かデートを繰り返してから 妻の性癖に徐々に変化があらわれだし 一つ目はSEX前にオナニーを見せるようになったこと。二つ目は乳首をつままれると異常に興奮するようになったこと。 また時折は皮製のSM調教具で身動きできなくされてのプレイでM性を高められたことです。 

いつも帰宅した妻からデート内容を聞くのですが最初のころは正直に内容を話してくれていました。しかし、だんだんとうたむやな返事になってきています。 
その理由は一つにはデートに新たな男性が加わったこと。もう一つは時には複数調教プレイを行うようになったことです。  

そのことは加藤さんから事前に話されているので私は知っているのですがあえてそのことを妻が私に隠すのであればそれはそれで妻の意思を尊重するようにしています。 
ある日のプレイ内容はいつものように大手スーパーの駐車場に加藤さんは妻を迎えてその後車はすぐに高速に乗り入れました。 

途中PAでリモコンバイブ(コードレスのもの)を入れられ30キロほど離れたICで降り近くのレストランへ入りました。 
食事中に何回もリモコンスイッチを入れられその都度感じていたようでフォークを握り締めたまま目を閉じて眉間にしわを寄せた表情を加藤さんは楽しんだそうです。 

食事が終わる頃 複数Pのお相手から電話がはいりレストランを出たところでもう1台の車が合流しそのままラブホへ入りました。そこにはパーティールームがあり 加藤さんのH仲間である山本さん福田さん(50代)田中さん(40代前半)の3人 合計5人で玄関をくぐりました 

その時にはリモコンバイブのスイッチも入りっぱなしで妻の目は淫乱な牝そのものになっていたそうです、部屋までの廊下を山本さん達からスカートをまくられガーター姿を披露したそうです。
色々なところをタッチされながら また妻からは男性のマタグラを撫ぜて早く欲しいことを告げながら部屋へ到着したそうです。 

部屋へ入るとまず皆からオナニーショーとストリップを命ぜられ スカートをたくし上げながら淫水まみれのバイブと指の動作で自らを高め皆から見られながら 一回目のアクメを迎えます 

その姿をビデオとデジカメがすかさず捉え加藤さんのコレクションとしてあとで私に送られてくることを妻はまだ知りません。 
オナニーショーが終わり 本格プレイに入る前に妻は同年代の田中さんとでまずバスルームに行きからだを洗いあいます。 

その姿をガラス越しに見てそれぞれもシャワーやバスでキレイにしたモノを妻は順番に口に含み元気にしていきます。バスから出たらいよいよプレイ開始です。 
赤いロープで胸を強調した縛りと両手を上げた姿勢で吊るされ口枷をはめられ目隠しマスクをされます。
そのまま片足を高く上げて固定され どうあがいてもオマンコとアヌスを曝け出した姿になっています。



つづき・・・・

3P体験

その男とは今日が初めて。
夫婦生活に不満はなかったが、新しい刺激を求め3Pに興味を持ち、ついに実行する事となった。
男とは事前に電話で打ち合わせをしていて、あくまでも私たち夫婦のサポート的な役割をお願いしていた。
車中で軽い話の中、とうとうホテルへ到着。
ドアを開けて室内へ。
その時、男が急変した。
男「奥さんイイ女だよね」と妻に抱き着き、いきなり唇を奪った。
唖然として私は何も出来なかった。
男は私の事など気にせず、そのまま妻を後ろ向きにして壁に手をつかせてお尻を突き出させた。
男「いいケツしてるよ・・たまんないね」
そう言って妻のお尻をまさぐりスカートの裾をまくりあげた。
普段からTバックしか履かない妻のお尻は男の恰好の餌食。
男は舐めまわすようにお尻をまさぐる。
そして男の指が妻の秘部へと・・・。
妻「あ・・・・」
妻の声が漏れる。
男はTバックを横にずらし、秘部を指で触り始めた。
クリトリスを刺激しながら、男はついに秘部に口づけを・・・。
事前の話でも言っていた様に、男は舐めるのが好きとの事。
妻の秘部に舌を這わせ、ジュルジュルと音を立てて舐め始めたのだ。
「ああ・・・あ・・」
次第に激しくなってい男の舌使いに、妻も感じ始めたのか声が出ている。
男「どう?気持ち良い!?」
妻「・・・気持ち・・良いです」
男「もっと舐めて欲しい?」
妻「はい・・・」
ジュルジュル
男は一層激しく舐め始めました。
妻は腰をくねらせ、男の舌使いを味わっています。
そして男は妻の耳元まで上がって行き、
男「欲しくなったか?」と妻の状態を把握したかのように聞いた。
妻「欲しい・・・」
とうとう妻も男に屈服してしまったようだ。
私は止めたいと思いながらも、男の圧倒的性欲に動けなくなって、堕ちていく妻の姿を見ているだけだった。
男「何が欲しいかちゃんと言えよ」
妻「おちんちんが欲しいです・・・」
その言葉を確信していたかの様に、男は後ろからズブリ!と妻の中へと挿入した。
妻「あん・・・すごい・・」
私よりも太くたくましい男性器は、妻の奥深くまで侵入し、一気に妻を快楽の底へと連れ去った。
男「気持ち良いか?このチンポ気持ち良いか??」
妻「チンポ気持ち良い・・・」
もう妻は男の肉奴隷だ!!
男「旦那と比べてどう!?」
妻「こっちの方がいい・・・」
興奮したのか男はさらに激しく腰を動かした。
一層高くなる妻の喘ぎ声。
私は嫉妬と屈辱にまみれ、不覚にも勃起してしまっていた。
男「おい、旦那勃ってるよ!!??」
男は妻に伝えた。
妻は深く挿入された男性器に侵され、そんなの事は耳に届いていない。
男は男性器を妻から抜いた。
妻「あ・・・」
まるでもっと挿れてと言いたいかのような声だ。
男はやっとベッドの方へ行き、妻と私を呼び寄せた。
男「旦那、ズボン脱いでよ」
私は言われるがままズボンを脱いだ。
男は私の横に並び、互いにいきり立った男性器を並べた。
妻の目の前に2本の男性器、1本は私・・つまり旦那である。
男「おい、どっちが大きい?」
明らかに私よりも大きい男性器を前に妻の答えは決まっている。
妻「こっち(男)です」
男はニヤリと笑い。
男「どっちがしゃぶりたい?」
妻「こっち(男)です」
男「じゃぁしゃぶらせてやるから、まさしのおちんちん舐めさせて下さいって言ってみろよ」
妻「まさしのおちんちん・・・舐めさせて・・・下さい」
まるで愛しいモノを見る様に、妻の目は男の男性器に釘付けだ。
男は妻の頭を引き寄せ。
男「舐めろ、普段旦那にやってるより丁寧に舐めろ」
妻はもう男の奴隷だ。
男の言うとおりに普段は舐めない袋のあたりから舌を這わせ、竿の根本も丁寧に舌で奉仕している。
手で亀頭を刺激しながら、唇と舌を使い竿を横から舐めている。
私はいきりたったモノを出したままその光景を見ているのだ。
ひとしきり舌を這わせた後、妻は男の性器を口に含ませた。
男「おぉ・・巧いじゃん」
満足げに妻に奉仕させる男。
妻もこの後この性器によって齎される快楽を先ほど味わっているからか、
本当に私にしたこともないようなフェラだ。
男「そろそろ挿れてほしいか!!」
妻「はい・・挿れて下さい・・・」
男は妻を後ろ向きにし、私に抱き着くように命令した。
私に被さる様に抱き着いた妻の後ろから、男は性器を挿入した。
妻「あぁ・・・気持ち良い・・・」
男は私の顔を見ながら妻に言った。
男「今、まさしのおちんちんを挿れてもらってますって言えよ」
屈辱だ・・これ以上ない屈辱である。
妻「今・・・まさしのおちんちんを挿れてもらってます・・・」
男の言うがままになる妻。
私に抱き着きながら男に突かれる妻。
男「あなたより気持ち良いって言ってやれ」
妻「あなたより気持ち良い・・・」
男「このちんぽが気持ち良いですって言え」
妻「このちんぽが気持ち良いです・・・」
もう妻は男のいう事に逆らえない身体にされていました。
男「もうお前邪魔だからどいてろよ」
そういうと私をベッドから降ろし、妻を上向きに変え、正常位での挿入に変わっていきます。
男は妻を抱きしめ腰を振り続けます。
妻ももう従順な男の奴隷。
腕を男の背中に回し、強く抱き着いて腰を使っています。
男は私に聞こえる様に。
男「舌だせ」
妻は言うとおりに舌を出します。
その舌に男は吸い付きながらさらに激しく腰を振ります。
今度は男が舌を出して。
男「吸い付け」
もうためらいもなく妻は男の舌に吸い付きました。
次第に激しくなるグラインド。
男は疲れたのか私を呼び。
男「少しだけやらせてやるよ」
私の妻なのに男の許可で挿入させてもらう・・・
その屈辱感の中・・私は妻に挿入しました。
男「どうだ?俺のより感じるか??」
妻「・・・まさしの方が全然気持ちいいです」
男はさらに勝ち誇ったかのように言います。
男「じゃぁまさしじゃないと感じないから変わってって旦那に頼めよ」
どこまでも私に屈辱を与えます。
妻「・・まさしじゃないと感じない・・変わって・・、早くベッドから降りて!!」
妻は私をベッドから降ろし、男が再度妻の秘部へ深く挿入するのです。
妻「ああぁ・・・気持ちいい・・」
妻の反応もすでに男を受け入れています。
男「お前は誰の女だ?」
妻「まさしの女です」
男「お前のマンコは誰のもんだ?」
妻「まさしのモノです」
激しく腰を打ち付け、何度も妻をイカせ、いよいよ男も射精したくなったのでしょう!!
男「どこに出して欲しい!?」
妻「好きな所に・・好きなだけ出して・・・・」
男「口に出してやるから全部飲めよ?飲みたいだろ?」
妻「飲みたいです・・」
もう妻の淫欲は止まりません・・
男「まさしの精子飲ませてって言ってよ」
妻「まさしの精子飲ませて下さい・・口に・・口に一杯出して・・」
男は最後の力で腰を振り、寸前で性器を妻から抜き取り妻の唇へ性器を運びました。
男「イクぞ!」
口をあけ舌を出した妻の口へ、男の精子はドクドクと流れていきます。
男「まだ飲むなよ?」
妻は男の精子を口に含んだまま待ちます。
男は私を呼び寄せ妻を見るように言います。
男「口の中旦那に見せてやれよ、俺の精子で一杯の口の中をな」
妻は言う通りに口を開け、ドロッとした液体のある口の中を見せました。
男「飲め」
妻は少し眉間に皺を寄せ、その液体を喉の奥飲み込みました。
男「目の前で初めて会う男の精子飲んだよ、お前の奥さん淫乱だな」
そういうと男は妻の頭を引き寄せ、今まで妻の中に沈めていた性器を掃除するよに促しました。
妻も抵抗もなく性器を口に含むと、丁寧に自らの愛液のついた性器を舐め始めました。
そのまま男は横になり、妻に腕枕をし、妻も男の胸へと顔を埋めました。
男は時折妻を抱き寄せ、恋人かのように唇を重ねます。
私は行き場のない嫉妬と屈辱にまみれ、2人を眺めるしかありませんでした・・・


寝取り・寝取られ・貸出し・調教・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

25歳妻の男遊びを認めています。

25歳妻の男遊びを認めています。

経験は3Pを2年ほど、SWは経験なしです。

最近、とあるサイトで知り合ったカップルさん主催の輪姦プレイに見学として3回ほど参加しました。


今日の夕方から、男と会う約束をしているみたいで、今出かけています。

妻が出かける前にこそっと携帯を覗いたら、相手の男にびっくりしました。

先日輪姦プレイに見学として参加したのですが、

なんとその主催者の男性でした。


その男性はこれまでに何人もの女性を輪姦調教しているベテランです。



妻は最初は輪姦に拒否反応を示していました。

でも、実際に輪姦の現場を見たことで、妻の輪姦に対する拒否反応がかなり少なくなったようです。

そして今、その男性が妻を説得してくれるのを祈っています。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

10代あみのマゾ願望~露出

あみは、マゾ願望を抱えている。
SM経験は無い。SMサイトで投稿して知り合った男のメールによる命令を受けてあみは、実行している。

命令によって、薄い恥毛は綺麗にツルツルに剃ってしまっている。ツルツルの恥丘には、「マゾ」の文字をマジックで書いてある。オッパイには「露出狂」と書かされている。

外出するときは下着の着用は許されず、ノーパン、ノーブラで外出する。スーカトの長さは、股下10センチ以内。
ブラウスのボタンは上から3つ以上は外して外出している。
学校の制服についても同様。

メールで命令されたのは、証明写真のボックスで、全裸になって写真を撮り、撮影した写真を持たされ、街中を散歩させられる。

電車の中で、学校の中であみは、忠実に命令を実行している。

今のあみは、複数のS男性に、晒されることを望み始めている。

あみの公開調教は、

SM官能被虐の檻
ネット公開調教館
公開調教部屋

で行われる。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード