萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

調教

姉貴が僕の性奴隷

僕はものすんごい体験をしてしまった。
結果から言うと兄貴の奥さんと体を交えたのです。

僕は人妻は好きだが兄貴の奥さんにそんな意識を持ったこともないし
普通に家族にの一員としてみていました。

まぁとりあえずどういった経緯でそうなったのか話しますね。

僕はいつものように人妻オブリガードで人妻を物色していました。
すると旦那の愚痴と旦那以外のモノを欲しいという書き込みが。
僕は人妻の容姿や歳よりまず召し上がれそうな人妻を探す。
この人妻も食べるだけなら簡単そうだ。

そう思ってすぐにこの人妻にアタック!
しばらくすると人妻から連絡があり色々やり取りをしたあとに
待ち合わせをすることになった。容姿など気にしなければ簡単すぎる。

待ち合わせの場所は車で30分ぐらいにあるショッピングモールの駐車場。
車の特徴なんかを伝え早めに到着し、胸を踊らせ待機。
5分もしないうちに1台の車が隣に付けてきました。

今日も人妻を食べさせてくれる人妻オブリガードにオブリガード。

そしてお互い同時に車を出て初めましての挨拶を…
そう思ったがそこには初めましてではない義理の姉貴が立っていました。

僕はごまかそうと思ったんですが開き直って
「もしかして人妻オブリガードの…?」と聞くと「…うん…」と気まずそう。
僕は姉貴にやましい気持ちなどわかなかったので笑いながら
「姉貴かよ~、人妻食いそびれた~。」と言いました。

姉貴は「ごめんね…」
僕「姉貴たち普段仲良さそうなのにあんなこと言ってたからびっくりだわ」
姉貴「ごめんね…このことは言わないでほしいの…」
このとき初めて姉貴が女って感じがしました。

少し姉貴をいじめたくなって「どうしようかな~、こんなことバレたら修羅場だよね。
てか、男と会って何をしようとしてたの?」と言うと
「旦那はエッチしてくれないし、旦那以外としたことないから体験したくて…
何でもするから内緒にしてて!」

こうなると姉貴と言えども性奴隷にしか見えてませんでした。
「ならここでフェラしてよ」と言うと姉貴はしゃがみ込み
何も言わずに僕のズボンを下ろし始めました。

僕の反り返る息子を間近で見る姉貴は少し興奮しているようで
自分からよだれを垂らし手コキから始めてきました。

この後は姉貴に色んなことを注文し色々楽しませてもらいました。
それからは好きな時に姉貴とヤれるようになりました。

ほんとに人妻オブリガードには色んな体験をさせられます。

晒され奥様の美穂の真実。晒し・寝取られ・調教・輪姦

山形大学国文学部卒業。

仙台で小さな旅行会社に勤める山口美穂ちゃんには、
使途は不明ですが・・多額の借金があり、
その返済のために2004年5月から
仙台市青葉区のデリバリーヘルスMISTに入店していた。

源氏名は南々。
デリヘル店のホームページでは一時は顔出しで掲載され
看板娘として指名の数も増え続けた。


一方で、勤務先の元上司の性的調教は数年間にわたり
深く美穂ちゃんの心身に刻まれ、
その関係は亭主との結婚を挟んで続いていた・・・

元上司は40代半ば妻子もち。
玩具を使った調教が得意な体格の良い男で
とことん徹底して美穂ちゃんの肉体をマゾ化し ていった。
挙式前日にも美穂ちゃんを呼び出し、
特に唇でのフェラチオ奉仕を徹底してやらせた。


「妻子持ちの当時で40半ばでした。
画体が良くいかにも絶倫と言った男で 道具を使うのが好きな男です。。。
それでイカサレまくってくせになってしまったようです」

「結婚式前日に口で奉仕させられたことは知っています。。。」


「美穂には借金があり、その返済でデリヘルで。。
辞めさせて借金も返済し結婚したはずが、お金ではなく
体が欲してたまらなかったようです。。。」


亭主は法律関係の仕事柄も手伝って、美穂ちゃんの借金の完済させるとともに
デリヘル店MISTをやめさせ元上司との関係も清算させたはずであった。

元上司は所謂<奴隷市場>にて美穂ちゃんを奴隷として売り出すことになる。

マゾ雌として徹底調教され結婚を控えた若いオンナは100万円もの高額で取引された。
取引の会場となっていたのが、資産家店長のセカンドハウスのリビングであった。

やがて、資産化店長が出店するジャスコ多賀城店(現イオン)の雑貨店に
勤務させられた美穂ちゃんは、資産家店長との不倫のような赴きもある奴隷化にはまる。

それは不倫とはいえぬ、確たる奴隷契約であった。
旅行会社の元上司から美穂ちゃんを高額(100万円相当)で買い取った上で
自分の切盛りする雑貨店へパート勤務させることで日常までも支配し、
存分に美穂ちゃんの肉体を甚振り尽そうという目論見であった。


そしてセックス調教は続いていく。
資産家の店長の奴隷として買い上げられ た美穂ちゃんは
なだめられ、シャブを打たれ、まさに店長の愛人奴隷と堕ちる。
住吉会の構成員たちとの交流もあった店長である。

挙式後にパート勤務開始後、その間わずか3ヶ月間のうちの出来事であった。


「射精し終わったあとのペニスを吸い出すようにして
掃除するようになったのも務めてからです。

もう、完全に調教されていたんですね・・。」


結局はデリヘル嬢から足を洗うことはできずであった。
借金返済のためではなく肉体が許さなかった・・・。
風俗嬢としての初入店は2004年の春であったが、
美穂ちゃんは店長に促されるようにして再びデリヘル嬢として
大勢の客たちの射精をさせるようになる。

数百万円に上る風俗での収入のほとんどはシャブ代金に充当された。


「正常位で何度も生かされた後に、 騎乗位で自分の中に射精するまで腰をこすり付けて
自分から中出しされる姿や、その写真がポストに入っていました。」


美穂ちゃんは、店長との肉体関係を持ったほぼ同時期から、
住吉会の組織の無数の男たちにも弄ばれ、
そして美穂ちゃん自ら、戯れるまでになっていた・・・


「私たちに子どもがいないのは美穂が常にピルを服用していたからです。。。
尻に手形がついていたこともありますし、精液の匂いを感じることもありました。。」


店長は自宅前で車を停車させ、
亭主を美穂ちゃん携帯電話から呼び出し
何度も何度も亭主に美穂ちゃんのフェラを見せつけ、
やがて挿入 交尾、膣内射精の姿までを披露した・・


「家の前で車の中で店長のを咥えているのを見て、店長と目があったんですが

興奮して何も言えず、、、股間に手がいってしまったのを見られてしまったんです

こちらを見て笑うような感じで。。

美穂は気づいていませんでした

それからは何度も自宅前で見せつけられて

そしてついに・・・挿入しているところを見せつけられてしまったんです・・・」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妻を調教

私は47で妻は34の歳の離れた夫婦です。

妻はとても小柄で華奢な体をしてますが、M気がかなり強く、激しいセックスを好み性欲もとても旺盛なんです。

それで昨年のはじめ、子供2人も小学校に上がったのを期に、

妻に単独男性をお誘いしてのセックスを提案したところ、妻にはっきりと断られてしまったんです。

私としてはホットする反面、妻がますます愛しくなり、

なんとかして妻をもっと楽しませてやりたいと思うようになり、

それと同時に目の前で可愛い妻が犯されるのを見たい願望も持つようになり、

たまに会社を休みラブホテルに連れて行き、擬似プレーをするようになりました。


そしてようやく夏前に妻を説得しネットで知り合った単独男性とプレーさせることができたんです。

単独男性A氏と会う日の朝、いつものように子供を学校に送り出し、

早々に準備し待ち合わせのホテルに向かいました。

妻も私もかなり緊張し二人共とても無口になっておりました。

私はもし今日うまく楽しめなかったら次は無いと思っていましたから、運転しながら妻の手を握り、

信号待ちではキスをしたりして、妻の緊張をほぐしておりました。

そしてホテルに着き、早速A氏に連絡を入れ、妻にはベットの上でアイマスクを付け座らせ、

私はビデオのセットをしておりましたら、程なくチャイムが鳴りA氏が現れました。

A氏は37歳の独身と言うことでしたが、見た感じ若く、妻が嫌がるタイプではなかったので安心し、

早速妻の待つベットに上がってもらいました。

そして私は急いで着ているものを脱ぎ、ビデオのスイッチを入れ、

ベットに仰向けになり妻を私の体の上に抱き上げ、

跨らせる格好にし、そしてA氏に妻への愛撫のサインを送ったんです。

妻の目はアイマスクで見えませんでしたが、きっと緊張でなみだ目になってたと思います。

私は妻を優しく抱きながらキスをしたんです。

妻はとても緊張し、体を硬くしておりましたので、「力を抜きなさい」と耳元で囁いてやりました。

するとすぐに妻が体をヒクつかせながら私にしがみついてきたんです。

私からはA氏の愛撫が見えないんですが、妻の息遣いや体の反応でA氏がすでに

妻のスカートを捲くり上げパンティの横から妻のアソコを直接愛撫してるのが分かりました。

そしてクチュクチュと言う音が聞こえ始めると妻は私にしがみつきながら徐々に声を出し始めたんです。

私は妻に「いってもいいんだよ」って囁くと、妻は「いやいや」といい、

そのまま私の肩を掴みながら二回立て続けにいってしまったんです。

私はA氏と協力して妻の服を全部脱がせ、また同じ格好で妻を抱き上げ、A氏に愛撫を続けてもらいました。

するとすぐに妻がまた感じ始め、体をヒクヒクさせながら、今度は大きくいったんです。

そして私はA氏に挿入するように合図を送りました。

A氏が部屋に来て15分くらいで挿入が始まったんです。

A氏のPが妻のアソコに当たったらしく、妻の体がビクンとなり、

小さく「いや」と言った途端、妻の体が私の体の上を押し上げられるように動き、

「いやあぁぁぁ」と小さく喉の奥から搾り出すような声を上げたんです。

A氏のPが妻の膣内に挿入された瞬間でした。

A氏は奥まで挿入すると妻のアソコ具合を確かめるように、しばらく動かなかったんです。

私は妻に「どうだ、大丈夫か?」と聞くと、

妻は切れ切れに「おっきいぃ、かんじる・・・」とだけ言いました。

A氏のPはとても立派で(事前に写真で確認済み)、妻もきっと感じると思ってましたが、

いきなり挿入されても妻が感じたのにはさすがに驚き、且つ激しい嫉妬を覚えてしまいました。

A氏の立派なPが妻の膣内に挿入され、妻も感じてるらしく

A氏が「中がヒクヒクしてますよ」と言ったんです。

すると妻は「いやあ、恥ずかしい」と言いながら、なんとA氏が動き始める前にいきだしたんです。

やはり妻の体は欲求不満だったんです。

私はもっと妻をいじめたくなりA氏に「激しく犯してやってください」と伝え。

妻の体を下から抱きしめたんです。

するとA氏が激しく律動を始めその動きが妻の体を通じて伝わってくるんです。すごい衝撃でした。

そして妻は立て続けにいき始め、私の体にしがみつきながら失神してしまったんです。

なんと妻は始めて会った男性のPを受け入れ、会って30分とたたないうちに失神させられたんです。

私は頭の血管が切れそうなほど興奮してしまいました。そして失神してぐったりしてる

妻の体をベットに仰向けに寝かせ、アイマスクを外して、A氏に妻を委ねたんです。

A氏は妻の意識が戻る前に再度挿入したいようで、早速両足を持ち上げ、

Pを割れ目にあてがうとゆっくり体を妻に押し付け挿入していったんです。

妻は体への挿入感で意識が戻り始め、A氏のPが根元まで挿入されしばらくして目を開けたんです。


妻はそのとき始めてA氏と顔を合わせたんです。


そして同時に自分の膣内にA氏のPが奥深く挿入されてることに気付き、

パニックになったのか?なんとA氏に抱きつき腰を動かし始めたんです。

もう目の前の妻はいつもの可愛い妻ではありませんでした。

A氏のPの動きにあわせ腰を振り、背中に手を回し、抱きつきA氏のお尻に手を回しひき付け、

それはそれは激しい欲情を曝け出したんです。

A氏も子供のような妻の体の変貌に驚きながら、しかし妻の手首の太さくらいあるPで激しく犯されながらも

2回も失神した妻の淫乱さを絶賛してくれました。

そしてもっと衝撃的だったのは、膣外射精をしてもらうつもりだったのが、

A氏が「いくよ」と言ってPを抜こうとすると、

なんと妻が「いやあ!抜いたらいやあ!中に出してください」と叫びながら、

A氏にしがみつき腰を振ったんです。

さすがのA氏も堪らず妻の上に被さり、腰の動きを早め、大きく律動して妻の膣内に射精してしまったんです。

そして同時に妻も絶頂を迎えながら失神したんです。


この日の交際から、私たち夫婦の性生活は大きく様変わりしました。

私は妻への愛情もますます深まり、妻もよりいっそう前向きにセックスを楽しむようになったんです。

今半年たってすでに3人の単独男性と会い、合計8回も私以外の男性に犯されました。

同時に私は妻へのM調教を始めました。

昨年、単独男性をお誘いしてのプレーを3人で合計8回行い、8回とも生挿入で膣内射精してもらいました。

妻は避妊はしてませんから当然プレーは安全日のみにしてますが、やはり他の男性の生Pで犯され、

何度も失神するくらいに感じ、その男性の精液を膣内に受け入れることは、

妻の体にもかなり刺激になってるようで、貧乳だった胸が脹らんできたり、

お尻が丸みを帯びてきたりしてます。

このような体の変化を目の当たりにするととても嫉妬し興奮してしまいます。

12月にお会いした方とはすでに4回プレーしており妻もかなりその方に慣れ、

お部屋に入ってこられた時から妻が迎えにいき、

その場で抱きしめられキスをされ、妻がその方のPをズボンの上から触ったりと言う感じで、

プレーも二人でまるで恋人同士のように、服を脱がされ裸で抱き合い、

お互いの体をまさぐり挿入され繋がるようになりました。

また一緒にお風呂にも入り、体を流し合ったり湯船の中で挿入されたり、

フェラしたりと私がそばでビデオを撮りながらどきどきハラハラしてるのを余所に、

自分から進んでセックスを楽しむこようになってきました。

私の妻へのSM調教は、妻が単独男性に抱かれ感じれば感じるほど、

私の嫉妬の裏返しのようにご褒美として調教しております。

単独男性が帰った後、妻に首輪をしベットから床に四つん這いで下ろし、

いま犯されたばかりでまだ男性の精液が割れ目から垂れてる状態で突き出させ、

先ず言葉で責めます。そしてお尻を鞭で叩き、妻が喘ぎだしたら割れ目に沿って鞭で続けて叩きます。

すると妻は甲高い声を上げながらいってしまうんです。

そして極太のバイブをアソコに突っ込み、アナルには精液をたっぷり塗った熊ん子バイブを挿入し、

2穴を同時に責めてやります。

すると妻はまたいき始め大抵、すぐに失神してしまいます。

今年は妻を淫雌犬として調教するつもりです。

妻の調教

私は47で妻は34の歳の離れた夫婦です。

妻はとても小柄で華奢な体をしてますが、M気がかなり強く、激しいセックスを好み性欲もとても旺盛なんです。

それで昨年のはじめ、子供2人も小学校に上がったのを期に、

妻に単独男性をお誘いしてのセックスを提案したところ、妻にはっきりと断られてしまったんです。

私としてはホットする反面、妻がますます愛しくなり、なんとかして妻をもっと楽しませてやりたいと思うようになり、

それと同時に目の前で可愛い妻が犯されるのを見たい願望も持つようになり、

たまに会社を休みラブホテルに連れて行き、擬似プレーをするようになりました。

そしてようやく節分前に妻を説得しネットで知り合った単独男性とプレーさせることができたんです。

単独男性A氏と会う日の朝、いつものように子供を学校に送り出し、早々に準備し待ち合わせのホテルに向かいました。

妻も私もかなり緊張し二人共とても無口になっておりました。

私はもし今日うまく楽しめなかったら次は無いと思っていましたから、運転しながら妻の手を握り、

信号待ちではキスをしたりして、妻の緊張をほぐしておりました。そしてホテルに着き、

早速A氏に連絡を入れ、妻にはベットの上でアイマスクを付け座らせ、私はビデオのセットをしておりましたら、

程なくチャイムが鳴りA氏が現れました。

A氏は37歳の独身と言うことでしたが、見た感じ若く、

妻が嫌がるタイプではなかったので安心し、早速妻の待つベットに上がってもらいました。

そして私は急いで着ているものを脱ぎ、ビデオのスイッチを入れ、ベットに仰向けになり妻を私の体の上に抱き上げ、

跨らせる格好にし、そしてA氏に妻への愛撫のサインを送ったんです。

妻の目はアイマスクで見えませんでしたが、きっと緊張でなみだ目になってたと思います。

私は妻を優しく抱きながらキスをしたんです。

妻はとても緊張し、体を硬くしておりましたので、「力を抜きなさい」と耳元で囁いてやりました。

するとすぐに妻が体をヒクつかせながら私にしがみついてきたんです。

私からはA氏の愛撫が見えないんですが、妻の息遣いや体の反応でA氏がすでに

妻のスカートを捲くり上げパンティの横から妻のアソコを直接愛撫してるのが分かりました。

そしてクチュクチュと言う音が聞こえ始めると妻は私にしがみつきながら徐々に声を出し始めたんです。

私は妻に「いってもいいんだよ」って囁くと、妻は「いやいや」といい、

そのまま私の肩を掴みながら二回立て続けにいってしまったんです。

私はA氏と協力して妻の服を全部脱がせ、また同じ格好で妻を抱き上げ、A氏に愛撫を続けてもらいました。

するとすぐに妻がまた感じ始め、体をヒクヒクさせながら、今度は大きくいったんです。

そして私はA氏に挿入するように合図を送りました。

A氏が部屋に来て15分くらいで挿入が始まったんです。

A氏のPが妻のアソコに当たったらしく、妻の体がビクンとなり、

小さく「いや」と言った途端、妻の体が私の体の上を押し上げられるように動き、

「いやあぁぁぁ」と小さく喉の奥から搾り出すような声を上げたんです。

A氏のPが妻の膣内に挿入された瞬間でした。

A氏は奥まで挿入すると妻のアソコ具合を確かめるように、しばらく動かなかったんです。

私は妻に「どうだ、大丈夫か?」と聞くと、妻は切れ切れに「おっきいぃ、かんじる・・・」とだけ言いました。

A氏のPはとても立派で(事前に写真で確認済み)、妻もきっと感じると思ってましたが、

いきなり挿入されても妻が感じたのにはさすがに驚き、且つ激しい嫉妬を覚えてしまいました。

A氏の立派なPが妻の膣内に挿入され、妻も感じてるらしくA氏が「中がヒクヒクしてますよ」と言ったんです。

すると妻は「いやあ、恥ずかしい」と言いながら、なんとA氏が動き始める前にいきだしたんです。

やはり妻の体は欲求不満だったんです。

私はもっと妻をいじめたくなりA氏に「激しく犯してやってください」と伝え。妻の体を下から抱きしめたんです。

するとA氏が激しく律動を始めその動きが妻の体を通じて伝わってくるんです。すごい衝撃でした。

そして妻は立て続けにいき始め、私の体にしがみつきながら失神してしまったんです。

なんと妻は始めて会った男性のPを受け入れ、会って30分とたたないうちに失神させられたんです。

私は頭の血管が切れそうなほど興奮してしまいました。

そして失神してぐったりしてる妻の体をベットに仰向けに寝かせ、アイマスクを外して、A氏に妻を委ねたんです。

A氏は妻の意識が戻る前に再度挿入したいようで、早速両足を持ち上げ、

Pを割れ目にあてがうとゆっくり体を妻に押し付け挿入していったんです。

妻は体への挿入感で意識が戻り始め、A氏のPが根元まで挿入されしばらくして目を開けたんです。

妻はそのとき始めてA氏と顔を合わせたんです。

そして同時に自分の膣内にA氏のPが奥深く挿入されてることに気付き、パニックになったのか?

なんとA氏に抱きつき腰を動かし始めたんです。

もう目の前の妻はいつもの可愛い妻ではありませんでした。

A氏のPの動きにあわせ腰を振り、背中に手を回し、抱きつきA氏のお尻に手を回しひき付け、

それはそれは激しい欲情を曝け出したんです。

A氏も子供のような妻の体の変貌に驚きながら、しかし妻の手首の太さくらいあるPで激しく犯されながらも2回も

失神した妻の淫乱さを絶賛してくれました。

そしてもっと衝撃的だったのは、膣外射精をしてもらうつもりだったのが、A氏が「いくよ」と言ってPを抜こうとすると、

なんと妻が「いやあ!抜いたらいやあ!中に出してください」と叫びながら、A氏にしがみつき腰を振ったんです。

さすがのA氏も堪らず妻の上に被さり、腰の動きを早め、大きく律動して妻の膣内に射精してしまったんです。

そして同時に妻も絶頂を迎えながら失神したんです。

この日の交際から、私たち夫婦の性生活は大きく様変わりしました。

私は妻への愛情もますます深まり、妻もよりいっそう前向きにセックスを楽しむようになったんです。

今半年たってすでに3人の単独男性と会い、合計8回も私以外の男性に犯されました。

同時に私は妻へのM調教を始めました。

昨年、単独男性をお誘いしてのプレーを3人で合計8回行い、8回とも生挿入で膣内射精してもらいました。

妻は避妊はしてませんから当然プレーは安全日のみにしてますが、やはり他の男性の生Pで犯され、

何度も失神するくらいに感じ、その男性の精液を膣内に受け入れることは、妻の体にもかなり刺激になってるようで、

貧乳だった胸が脹らんできたり、お尻が丸みを帯びてきたりしてます。

このような体の変化を目の当たりにするととても嫉妬し興奮してしまいます。

2月にお会いした方とはすでに4回プレーしており妻もかなりその方に慣れ、お部屋に入ってこられた時から妻が迎えにいき、

その場で抱きしめられキスをされ、妻がその方のPをズボンの上から触ったりと言う感じで、プ

レーも二人でまるで恋人同士のように、服を脱がされ裸で抱き合い、お互いの体をまさぐり挿入され繋がるようになりました。

また一緒にお風呂にも入り、体を流し合ったり湯船の中で挿入されたり、

フェラしたりと私がそばでビデオを撮りながらどきどきハラハラしてるのを余所に、

自分から進んでセックスを楽しむこようになってきました。

私の妻へのSM調教は、妻が単独男性に抱かれ感じれば感じるほど、私の嫉妬の裏返しのようにご褒美として調教しております。

単独男性が帰った後、妻に首輪をしベットから床に四つん這いで下ろし、

いま犯されたばかりでまだ男性の精液が割れ目から垂れてる状態で突き出させ、先ず言葉で責めます。

そしてお尻を鞭で叩き、妻が喘ぎだしたら割れ目に沿って鞭で続けて叩きます。

すると妻は甲高い声を上げながらいってしまうんです。

そして極太のバイブをアソコに突っ込み、アナルには精液をたっぷり塗った熊ん子バイブを挿入し、2穴を同時に責めてやります。

すると妻はまたいき始め大抵、すぐに失神してしまいます。


この夏は妻を淫雌犬として調教するつもりです。

妻が出ていたAV

私はバツイチ再婚の46歳、妻40歳、結婚13年の夫婦です。
私の妻は、一言でいえば清楚な大和撫子、大人しそうな美形で初婚ですが、15年前に金銭的理由で一度だけAVに出演していました。
外国のサイトで無修正版がネット配信されていました。
今でもダウンロードしたDVDが残っています。

当時25歳の妻は、事務服を着た妻が日本人1人、白人と黒人の外国人の計3人に輪姦される過激なモノでした。
外国人は2人とも180㎝を軽く超える男で、日本人はそれよりやや小柄ですが、日本人としては大柄です。
特に黒人は筋肉隆々で、妻はまるで子供みたいでした。何故、妻が事務服なのかわかりませんが、服の上から胸を触られ、股間を弄られ、ブラウスを脱がされ、スカートも脱がされていくのです。
下着姿の妻は、パンツも剥ぎ取られてしまいます。
男に羽交い絞めにされ、足を一人ずつに持たれて開脚、アップにされた股間は、薄目の陰毛の下に縦に割れた筋が見えます。
羽交い絞めにしていた男が、片方の手の指でその股間を広げると、小振りで綺麗な陰唇とピンクに濡れた膣口が見えました。
「オー、ビューティフル・・・」
とカメラマンらしき男の声が入りました。

陰部公開が終わると、黒人がキスをして、白人は陰部を舐めました。
感じているらしく、妻が震えだしました。
乳首を揉まれ始めると、腰が揺れだして明らかに感じているのが窺えました。まず日本人が全裸になると、とても日本人とは思えぬ20㎝越えの陰茎が飛び出しました。
その巨大さに驚いていると、その一回り大きい牛乳瓶のような白人の陰茎が飛び出し、次に、白人の陰茎よりは太くないけれど長さが30㎝はありそうな黒人の陰茎がビクビクしながら登場しました。
あんなモノがあの大人しそうな清楚な女性の膣内に納まるのかとゾッとしました。

クチュクチュ音を立てて妻の陰部を舐めていた白人の陰茎が、ゆっくりと膣に挿入されていきました。
「んあ。んあぁぁぁ・・・ぐいぃぃぃ・・・・」
妻の膣口が目一杯広がり、ギチギチと極太陰茎が沈んでいきました。
「あ、あああ、あうぅぅぅぅ・・・」
感じているのか苦しいのかわからない呻きをあげる25歳の妻・・・表情は苦悶でした。
白人が一度抜き、今度は黒人の長い陰茎が挿し込まれていきました。
こちらは先程より太くはないとはいえ私よりは太く、それが入ると妻は仰け反っていきました。
もう、それ以上は入らないとでも訴えるようにガクガク痙攣し、実際、根元までは入りませんでした。
黒人も一度抜き、日本人が妻を味見するように巨根を挿入しました。
3人のうちで最も小さいとはいえ20㎝はある巨根でしたが、妻はウットリした表情で受け入れていました。
ああ、大きいばかりが能じゃないんだなと思いましたが、ぞれにしてもその大きさは標準外でした。

全員味見を終えると、四つんばいにした妻の下に白人が仰向けになり、妻の膣に極太を入れていきました。
妻の体重でギチギチと根元まで入ると、黒人が長物にローションをつけて、妻のアナルにゆっくりと挿入しました。
仰け反る妻のクリを刺激して喘がせながら、長い陰茎が7割ほどアナルに入りました。
「あぐぅぅぅぅぅぅ」
呻き声が、日本人の巨根が口に入れられて遮られました。
「んんんんんんん・・・」
膣の中に極太、アナルに長物、口に巨根で凌辱される美しい25歳の日本人女性・・・
しかし、次第にその刺激になれたのか、「んん、ん、ん、ん、ん・・・」
と喘義始めました。
白人の極太が出し入れされるたび、痙攣する25歳の美しい妻は、咆哮ともいえる呻きの後、失神してしまいました。
すると、白人と黒人も雄たけびをあげて腰を震わせて、子宮と大腸に射精したようでした。
ボロ人形のように放り出された妻の膣口とアナルから大量の精液が流れ出ました。
その妻を仰向けにして、先ほどまで妻の口に入れていた日本人の巨根が、妻の膣に入れられ、正常位でピストンが始まると、
「ああ、ああ、ああ、あ、あ、あ、あ、あ・・・」
妻は無意識のうちに腰を動かして日本人巨根の快楽に酔い痴れて再び逝かされ、子宮に精液を浴びていました。

妻はこのAV出演で得た金を、当時の彼氏の借金返済に充てたのです。
結婚を約束していたその彼氏は、借金返済が終わった途端に妻の前から消えたのです。
当時私は、その彼氏に融資していた側の人間で、いわゆる取立て家業をしていました。
妻とその彼氏の一部始終を見ていて、きっと妻は捨てられるだろうと予感していましたが、私は取り立てることがしごとでしたから高みの見物でした。
でも、そのAVを見た時、その過激な内容に妻を見る目が変わりました。
私は妻を口説き、自暴自棄になっていた妻を緊縛調教で狂わせて喜んでいました。
妻は心底マゾに染まってゆきましたが、普段はお淑やかな女性でした。
当時私は寝取られ離婚して3年、都会の暮らしにも嫌気がさしていたこともあり、妻を連れて田舎に引っこむ考えを持っていましたが、妻も賛同してくれたので、田舎に戻って結婚しました。

田舎では、商工会で事務をしながら、まちづくりや観光のお手伝いなどもして、取り立て屋一変、小まめに働く気のいいおじさんになっています。
そして、妻は町一番の美人としてもてはやされていますが、週末の夜になると納屋の2階でマゾの快楽に酔うのです。
柔肌に縄を打たれて股間を晒し、バイブ機能付クリ吸引器(コレかなり凄いです)で陰核を吸い出されながらその敏感な飛び出た中身を振動されて、激しい痙攣で逝きまくるのです。
3度4度と逝きつづけると、意識を失いながらもビクビク反応して、完全に動かなくなるのです。
そこまですると、縄を解いてもグッタリしたままで、吸引器を外しても飛び出たままの陰核を苛めながら陰茎で犯すのです。
私の陰茎は巨根ではありませんが、それでも仰け反るほどに感じてくれます。
生理の時はアナルも使えますので、私はほぼ毎日美人妻で射精しています。
そして、年に1,2度やってくる倦怠期には、15年前のDVDを見て興奮を呼び覚ますのです。

毎日、子供たちの面倒を見て家事をこなし、パートに出る妻・・・
淑やかな美人は40歳になって艶やかな色気を漂わせています。
そこにある妻は清楚な奥様で、だれも、3穴挿入AV出演の過去やマゾ調教妻であることは想像すらできないと思います。
今夜も私は、その綺麗な容姿からは想像できない妻のドドメ色の陰唇と歪に飛び出た陰核を愛するのです・・・・・

妻からの動画メール

今夜も夜中になっても帰宅しない秀美。
その秀美から深夜に送られた動画メール。
真っ赤なレースのブラジャーとパンティーにベビードールを着けた秀美が、男のペニスをしゃぶらされている。
やがて男は秀美の下着をむしり取り、仰向けにした秀美の膣口へ30㎝はあろうかという太く巨大なペニスをあてがった。

「あんたの奥さんは毎晩こいつでヒーヒー喜んでるぜ。秀美。どうされたいか言え。」

「入れて下さい。あたしの中へ。」

「何をどこへ?さあ言え。」

「●男さんの太いマラを・・・あたしのオマンコの奥まで突っ込んで・・・ください。」

避妊具を付けない男のペニスが秀美の身体の中へ挿入されていく。

「あああ・・んんんん・・・・・太い・・太いわ・・。もっと・・もっとよ・・・もっと奥まで・・突いて・突いて・・んんんんはあああ・・・子宮の中まで入ってくるわ・・・。
あなた見て。あたしは毎晩この人に抱かれているのよ。あたしは・・あたしの身体は、いいえ、あたしの心もこの人の物なのよ。
あたしは、この人の言うことを何でも聞くわ。あたしは、この人の奴隷になったのよ。」

「さあ、今夜は秀美の腹の中へ幾人の男が射精するか、よおおく見ておけ。なあ秀美。」

「あなた、あたしはこの人の命令で・・今夜は沢山の男の人に射精されるのよ・・おなかの中やお尻の穴へ・・・お口にもよ。」

それから男達の精液まみれにされ続ける秀美。
乳房を揉まれ、乳首や舌を吸い上げられ、豊かな尻を叩かれながら男達を身体の中へ受け入れ続ける秀美。
犬の様に四つん這いにさせられ、ドロドロと膣口から精液を垂れ流しながら、尻穴へ硬く怒張したペニスを受け入れ、
ちがう男のペニスを咥えさせられる秀美の口角からも涎の様に精液がダラダラと滴っている。
身体中を精液まみれにされ喘ぐ秀美。

「あなた。あたしは、毎晩こんな事をされて帰るのよ。あたしは、この人を愛しているのよ。あなたじゃなくて・・。」

今日も弄んでやった

前にバツイチ人ってキヨミ、今日も昼からヤりまくってやった

最近の人妻って
エッチが大好きなんだな
まあ落とすの簡単だし
色目使ってくるいい女の人妻はヤリマン
いい女ってのは男が黙っとかないから、若い時からバコバコにやられてるし、それなりに調教されて身体もできてるしな、色目使うなんざ自意識過剰かヤリマンだわ

初めてヤッた時はウブなふりしてたクセに、フェラさせたら淫乱ぷり発揮、狂った様にチンポしゃぶって我慢させてたら

オマンコ舐めて下さい

って

マンコから汁溢れてたしな

キヨミはクンニ大好きなんだよ
マンコ無味無臭だからいいけどな
腰ピクピクさせて何度もイク
声がデカくてたまんねーや
アナル舐めてやるとイヤがるくせに
アナル気持ち~って言うし

歳のわりには童顔で可愛い
身体もなかなかだしな

騎乗位で気持ち良すぎて
腰降りまくりで止まんなかったな(笑)
バックで高速ピストンしたら
潮吹くしどんだけエロだよ


もっと調教して
離れらんなくしてやるわ

教え子の処女を奪い結婚後も調教し続けた

私は、中学の教師をしている。今時の中学生は、教師など人とも思っていないようなところがあるが、それは私たち教師や、両親にも責任があるのかもしれないと思うようになった。

教え子の母親と肉体関係を結ぶ同僚や、生徒に手を出し退職した同僚、結婚した同僚を見てきた。
私は、教師になって25年経つ。教え子と結婚する同僚を見ながら、私は未だ独身だ。

時代が時代なので、教え子に告白されたり、自宅まで押しかけられたこともあった。
でも、私はそういう誘惑をすべて断ち切り、未だに独身でいる。
私は、一人の少女に心を奪われた。そしてまだ若かった私は暴走して、その少女と関係を持った。

少女は、初めから私に恋心を持っていた。そして私は、少女のマゾ的な性質に気がつき、それを成長させていくことに腐心した。

その少女は、名前を優香と言った。名前の通り、優しい顔をした、実際に心も優しい少女だった。

教師になって右も左もわからない時期も終わり、多少余裕が出てきたとき、優香に出会った。
優香よりも、いわゆる美少女は何人かいたけど、私の好みに完璧に合致するのは優香だった。

2年生など、まだ子供みたいなもの……そう思っていたのに、その淡い胸の膨らみや、ポニーテールにしたときに見えるうなじ、手を挙げたときに覗く腋……すべてが、私を狂わせていった。

授業中に、優香のことを見ると、高確率で目が合った。クリクリした大きな目、それが真っ直ぐに私を見つめていた。

そんなある日、日曜の昼過ぎに、自宅近くのコンビニで優香に出会った。
あとから聞かされたことだったが、私に会えるかもしれないということで、休みの日に良く来ていたそうだ。

本棚を見ていたときに、いきなり後ろから、
『先生、なに探してるんですか?』
と、可愛らしい声で声をかけられた。私は、エッチ系の本に目が行っていたので、かなり慌てながら振り返った。
優香のクリクリした目が、上目づかいに僕を見ていた。

私は慌てて取り繕い、世間話をした。密かな恋心を悟られないように、無関心なフリをしながら話をした。
優香は、学校で会うときとは違い、制服姿ではなく、可愛らしいピンクがベースのTシャツと、制服のスカート以上に短いスカートをはいていた。

『先生、カップラーメンなんかじゃ、身体壊しちゃうよ!』
優香はそんな事を言いながら、私のかごから勝手にカップラーメンを取りだし、棚に戻す。そして、動揺する私の手を引っ張り、店の外に出る。

『私が作ってあげる!』
そんな事を言いながら、私の手を引っ張っていく優香。私の部屋を知っているように、どんどん私の部屋に向かう優香。もちろん、知っていたということだったみたいだ。

私は、”ダメだって”とか、”帰りなさい”とか言い続けていたが、正直に言って、この展開に胸が躍っていた。何度も夢想した、馬鹿げた妄想そのものの展開に、強く優香を追い返せない私がいた。

そして、本当に私の部屋まで来てしまった優香。私は、誰にも見られないように、慌てて部屋に招き入れてしまった。

『へぇ、意外に綺麗にしてるんですねw』
目をキョロキョロと動かしながら、楽しそうに言う優香。緊張でガチガチな私に対して、優香は余裕がある感じだった。

「ほら、もう満足だろ? 冷蔵庫にもなんにもないし、帰りなさい」
私は、心臓がバカみたいに脈打っていたが、なんとかそう言った。
『大丈夫。持ってきてるからw』
そう言って、優香はカバンからパスタとか、トマトピューレの缶詰とか、食材を取り出した。

「な、なんで?」
『え? 偶然です。たまたま持ってましたw』
「そんなわけあるかよw」
私は、その優香の言葉で緊張がほぐれて、楽しい気持ちになった。

そこから、優香との楽しい時間が始まった。と言っても、私も理性があり、男女の仲にはならなかった。週末に、昼ご飯を作りに来る関係。それは、背伸びしたい少女の、ちょっとした冒険だったのかもしれない。

実際、学校でも周りに気がつかれないようにアイコンタクトをして、密かにドキドキするときもあった。

でも、ある日の日曜日、優香のこの言葉がきっかけで大きな変化が起きた。
『先生って、彼女は作らないの?』
優香は、珍しく少し緊張気味に言う。
私は、中学高校と剣道に打ち込み、女性とは縁がない青春時代だった。そして、大学でも何となくイケてるグループに属することが出来ず、彼女が出来ないまま教師になってしまった。

そんな私が、こんな状況に陥り、理性を保ち続けるのは無理だった。目をクリクリさせながら私の回答を待つ優香を、私は抱きしめていた。
『せ、先生、どうしたんですか?』
優香は、私の予想に反して、逃げようとした。これまでの流れから行くと、優香もこうなることを期待していたと思っていた。

私は性欲に支配されて、無言のまま優香の胸を揉み始めた。それは、想像していたよりもふくよかで、柔らかかった。
『ダ、ダメです! 先生、ダメだって! もう! セクハラですよぉ!』
優香は、そんな風に冗談めかして言うが、声が震えていた。恐怖から? でも、もう後戻り出来ない。

私は優香の胸を揉みながら、キスしようと顔を近づける。優香は、私から顔を背けて逃げようとする。私は、強引に手で顔をこちらに向けさせて唇を奪った。
『んンーっ! ダ、ダメッ! 先生! 怖いよぉっ! ダメぇ……』
必死で私のキスから逃れようとする優香。この時私は初めて、自分の性癖に気がついた。
人畜無害で弱気な性格。そう思っていた私に、こんな加虐的な気持ちがあるのに、私自身が戸惑っていた。

そして、私はキツく口を閉じてガードする優香の、その唇を指で強引にこじ開けて舌を突っ込んだ。
一瞬、舌を噛まれるかな? と思ったが、優香は震えるだけだった。
私は、たっぷりと優香の口の中と可愛らしい小さな舌の感触を堪能した。

職を失う……そんな危機感を持ちながらも、もう自分を止めることは出来なかった。

私は、強引に優香のTシャツをまくり上げ、可愛らしい少女っぽいブラを上にズラしあげた。
真っ白な乳房に、ピンク色の小さな乳首。それが丸見えになった。もう私は、優香とセックスすることしか考えられなくなっていた。
慌てて胸を隠そうとする優香。その顔は完全に真顔になっていて、少し涙目みたいな感じだ。

でも、その表情や涙が私をさらに突き動かしていった。
その極端に短いスカートの中に手を突っ込み、いきなりショーツを引き下ろした。必死で抵抗する優香。
『ダメっ! 止めて下さい! 先生、怖い、怖いよぉ……やめてぇ……ダメ……』
優香は、本当に怖くて仕方ないのか、声も小さくなってきた。そして、涙目ではなく、ガチ泣きになり、ポロポロ涙をこぼし続ける。

私は、その涙でより興奮が増し、抵抗が弱くなったことも相まって、一気にショーツを引き下ろした。

そして、かすかに生えたへアが見えて、私の興奮と加虐心はMAXになった。
優香を強引に床に押さえつけながら、片手でズボンのファスナーを降ろし、無理無理ペニスを取り出した。私の、大きさも太さも長さも、極々標準のペニスは、今までの人生で一番と言っていいくらいの固さになっていた。
私は、そのカチカチになったペニスを優香のアソコに押しつける。
『やめて……先生、やめて下さい……許してぇ……』
泣きながら優香が許しを請う。でも、私は無理矢理ペニスを押し込んでいった。
優香は、もうほとんど抵抗をしなかった。あきらめたのか、ただ泣きながら私を見つめていた。
その姿を見て、普通の男は気がそがれてやめるのかもしれないが、私には逆効果だった。

ペニスの先が、軟らかい肉に当たったと思うと、そのまま亀頭まで熱い肉に包まれた。
『ヒィッあっ! 痛いぃっ! 先生、痛いよぉ……やめてぇ……やめて……』
最近では、心が通い合っていると思っていた優香……毎週のように昼食を作りに来てくれる優香……私は、確実に優香に恋心を持っていた。

それなのに、こんな形で思いを遂げようとしている私。

一瞬、思いとどまりそうになったが、優香の涙を見て、私はそのままペニスを押し込んだ。

熱くてキツキツの肉をかき分け、私のペニスが突き進んでいく。
『ヤァ……痛い……痛いよぉ……抜いて、抜いて下さいっ! あぁ、先生……ひどいよぉ……』
泣きながら言い続ける優香。私のペニスは、すでに全部入ってしまっていた。

私は、高ぶりすぎてもうイキそうだった。
まくれ上がった可愛らしいTシャツ……そこからのぞく色気もなにもないブラ、そしてズレたブラからのぞく美しい胸と乳首。
ミニスカートはなにも役目を果たしていない状態で、結合部が丸見えだ。小さなアソコから、私のペニスが出入りする。
もう、すべてが信じられないくらいに背徳的で淫靡だった。

私は、泣きながら私を見つめる優香にキスをした。まったく無抵抗に私に口の中まで犯され、泣き続ける優香。

私は、そのまま何も言わずに優香の中に射精した。信じられないくらいの快感が、私の脳髄まで貫いていく感じだった。

そして、イったことにより、やっと我に返った私は、ペニスを引き抜いた。
泣き続ける優香のアソコから、血と一緒に流れ出る真っ白な精液。私は、終わったと思った。職を失うどころか、警察のご厄介になるのを覚悟した。

優香は、何も言わずに私を見つめる。さっきまでは、しゃくり上げるほど泣いていたのに、驚くほどの無表情で私を見る優香。
私は、その表情に突き動かされるように、優香の血や体液で汚れたペニスを、優香の口元に持っていった。
「ほら、綺麗にしなさい」
私は、もう開き直ってそう言った。

すると、優香は、
『は、はい……先生……』
と言って、大きく口を開けてペニスをくわえ始めた。怖々と、ゆっくりペニスを口に入れていく優香。上目づかいに、私を見つめたままだ。その目は、恐怖や怒りなどではなく、被虐的な何ともいえない目をしていた。
「早くしろ」
私は、内心怯えながらも、冷たく命じた。すると、
『ゴメンなさい……』
と、小さな声で言い、すぐに口にペニスを含んだ。ただくわえただけなので、なにも気持ち良くなかったが、美少女が私のペニスを口に含んでいるというだけで、あっという間に勃起が回復してしまった。

「ほら、舌でちゃんと綺麗にしなさい」
私が声が震えるのを必死で抑えながら命令すると、素直にペロペロと舌で舐め始める優香。

テクもなにもないので、上手ではないはずだが、あまりにも気持ち良かった。
私は、そのまま優香に舐め続けさせた。そのまま、5分、10分と優香は文句一つ言わずに舐め続ける。
私はもの凄く気持ち良かったが、イカせるような刺激ではないので、射精には至らない。

私は、何も言わずに優香が根を上げるまで舐めさせようと思った。どうせこれが最後だから……そう思っていた。

そのまま舐め続ける優香。30分を過ぎると、私の微妙なリアクションから気持ち良いポイントがわかり始めたのか、確実に上手くなっていた。

優香は文句一つ言わず、それどころか、目をトロンとさせながら口での奉仕を続ける。
こんなにもいたいけな教え子に、こんな事をさせてしまった私……でも、不思議と後悔はなかった。

そして、1時間が過ぎようとするとき、私は射精感を逃がせなくなっていた。
「出すぞ」
私は、短くうめくように言うと、優香の口の中にぶちまけた。さっきの、優香の処女を奪ったときの射精も、もの凄い快感だったが、1時間もフェラをされたあとの射精は、うめき声を我慢することもできないほどの快感だった。

『んんっーっ!』
うめきながらも、逃げることなく口内射精を受けきった優香。私はペニスを抜くと、
「よし、飲み込め」
と、命令した。優香は、すぐに飲み込み、むせた。

私は、むせる小さな体を見て、今さら後悔した。酷いことをしてしまった……そう思い、謝ろうとした。

そこで、優香と目が合った。優香の目は、謝罪ではなく、命令を求めている……私はそう直感した。
もしかしたら、完全に勘違いだったのかもしれない。でも私は、バックのギアをはずそうと思った。もう、前進するしかない……そう思い、
「よし、裸になって、また私のを大きくしろ」
と、冷たい声で命令した。
『はい……先生……わかりました』
優香は、切れ切れにそう言う。その声が、微妙に震えるというか、うわずって聞こえた。

優香は立ち上がると、中途半端にめくれ上がっている衣服を脱いでいく。本当に、なんと言っていいのかわからないが、神々しいまでの美しさだった。
大人でもない、でも、子供でもない……そんな、女性のある短い時期だけの身体……。

そして、優香の内ももには、私の精液が流れ出している。少し血が混じった白いモノが、膝裏まで垂れ流れている。
私は、それを見ただけで、もう勃起が回復していた。

でも優香は、私のペニスをまたくわえた。すでに大きくなったペニスを、さらに大きくしようと頑張る優香。
もう、泣いてもいないし、怯えてもいない。キラキラとした好奇心に満ちた目で、私のペニスを口でし続ける。

「よし……いいぞ、上になれ」
私は、なるべく冷たく命令した。すると、
『はい……先生……わかりました』
と、上気した顔で言った。私は、もしかしてなんとかなるのでは? と思い始めていた。優香を、このまま調教出来るかも知れない……逮捕されないかも知れない……そんな事を思い始めていた。


優香は、私のペニスに向かって、腰を降ろしていく。そして、私のペニスに、優香のアソコが触れる。でも、微妙に場所が違う。それでも必死で押しつける優香。何とかして挿入しよう……そんな努力が見て取れる。でも、滑って上手く入らない。

『ゴ、ゴメンなさい……ちゃんと、入れます……ゴメンなさい……』
謝りながら、必死でペニスを挿入しようとする優香。

「ほら、手で持って入れろ」
私が命令すると、すぐに私のペニスを小さな手で握り、アソコに押し当てた。
今度は、一気に亀頭が熱い肉に包まれた。
『ンンッ! あ、アッ! い、痛い……痛いよぉ……』
まだ亀頭が入っただけなのに、また泣き始める優香。
「ほら、奥まで入れろ!」
少し強めに命令すると、
『は、はい、先生……』
と、泣きながら返事をして、腰を降ろし始める。小さな膣には、私のモノでも大きすぎるのかもしれない。
『うぅ……あ、あぁ……先生……あぁ……痛い、です……』
優香はそんな事を言いながらも、結局奥まで自分で入れた。

「よし、腰を上下に動かしてみろ」
私が命令すると、すぐに腰を上下に動かす優香。さっきよりも、強烈に膣が締まる。その引きちぎられそうな締まりに、私はもうイキそうだった。
『ん、んっ! ン、ツゥあぁっ! 先生……あ、あぁ、痛いよぉ……あぁ……』
優香は、痛がりながらも、必死で腰を振る。あくまで忠実に、私の命令に従い続ける優香。

そして、それから5分もしないうちに、また射精感がこみ上げてきた。
「あぁ、イクぞ……」
『ダメぇ……先生、中に出しちゃダメぇ……』
今さらだと思うが、泣きそうな顔で言う優香。

「ほら、中に下さいって言え!」
私は、ほとんど怒鳴るように言った。
『うぅあぁ……先生! 下さいっ! 優香の中に出して下さいぃっ! あぁっ!』
優香は、私に言われるままに叫んだ。その声は、完全にうわずっていた。

優香の騎乗位で、思いきり射精してしまった。そして、そのまま私の胸に倒れ込んできて、泣き出す優香。私は、そのまま優香の頭を優しく撫でる。

『好きなのに……こんな事しなくても……先生……好き……』
しゃくり上げながら言う優香。私は、正直ホッとした。やっぱり、私の思い過ごしではなかった……そして、逮捕も回避出来た……免職も免れた……そんな思いでいっぱいだった。


そしてこの日から、私と優香のいびつな日々が始まった。私は、優香のことを愛していた。でも、そんな気持ちは一切見せずに、優香を調教していった。
多分、普通の恋愛をしていたら、そのうち他の誰かに奪われてしまう……そんな、コンプレックスにまみれた思いから、誰にも奪われないように、調教してしまおぅ……私色に染めてやろう……そう思ったのだと思う。

優香とは、時間があればセックスをした。週末はほぼすべて。そのうち、学校でも関係を結ぶようになった。

放課後の準備室や、用具室で……。

跳び箱などがおいてある用具室で、跳び箱に手をつき、体操服にブルマを膝まで下げた優香。今時は、ブルマがなくなってしまい、密かに残念に思っているが、この時はまだ現役だった。

優香は、ブルマの下にはなにもはいていない。そして、体操服の下はノーブラだ。

忌まわしい過去を忘れるために

 先日、昔務めていた会社の上司が亡くなった。
 かつて、私はこの上司に夫がいるのに体を奪われ、セックス奴隷に調教された。
 いけないと分かっていても快楽に酔いしれた。
 その後、その事に気付いた義弟と甥が現場に踏み込み、上司は八つ裂きにされた。
 恐怖におののく私はすべてを忘れることを条件に解放された。
 上司はしばらくして他の場所へ転勤した。
 義弟とはその後合ってはいない。
 夫はむろん知らない。
 高校生の甥とは時折出るセックスの禁断症状を抑えるため、セフレになってもらっている。
 甥といつものように激しく愛しあった後、甥との間にできた我が子に母乳を挙げていると甥から「奴が死んだ」と教えられた。
 私は「そう」と答えただけだった。
 我が子が眠ると甥と再び愛し合う。
 忌まわしい過去を忘れるために。

画面で悶える別れた元妻

離婚歴のある方は、離婚がどれだけ体力を使うかお分かりだと思います。
私が結婚したのは25歳、元妻は22歳と若すぎた結婚で、1年はラブラブでしたが、元々他人が一緒に暮らすわけなので次第に相手への不満が募り、このまま子供を作って一生添い遂げるか、別れて他の道を歩むか、話し合いました。
私は、客観的に見ても美人の元妻を手放すのが惜しい気持ちと、もっと気立てのいい娘さんを見つけたら幸せだろうなと思う気持ちが交錯していました。
美しい元妻はスタイルも良く、その女体はヨダレが出るほど妖艶で、87㎝ある乳房は揉み応えもあって、イチモツに吸い付くような秘穴もいい具合で、ヨガり声も色っぽくて女としては上玉でした。
しかし、いろいろ話し合った結果、私28歳、元妻25歳と若かったこともあり、お互いが前に進むために離婚しました。
どちらが悪いというわけではなく、お互いの幸せを祈りながら別れました。

別れて暫くは、元妻が恋しくて、喪失感に苛まれていました。
でもそれは、元妻の女体が恋しいのだと感じて、新しい恋をしようと努力しました。
連れ子が無いせいかバツイチ男なのに意外とモテて、離婚から1年で可愛い彼女ができました。
アラレちゃんみたいなメガネをかけた小柄な彼女は6歳年下の当時23歳でしたが、下手をすると中学生のように幼い外見でした。
でも、初めて私に抱かれた時には既に処女ではありませんでしたが、まだ純情な秘部をしていました。
クンニに身を捩り、結婚歴のあるイチモツの意地悪な焦らしの腰使いに息も絶え絶えになって、
「やっぱり結婚していた人は、セックスが上手ですね・・・」
という上目づかいの彼女が身震いするほど可愛くて、私30歳、彼女24歳で再婚しました。

お色気たっぷりの美人妻から一転、小柄なロリ妻との暮らしはとても楽しくて、セックスもコスプレなどしながら明るく楽しみました。
自分で秘部を拡げて中身を見せたり、結婚したら恥じらいが無くなって思い切りスケベなロリ妻になりました。
「私のオマンコイジメてぇ~~」
無邪気に性を楽しむ妻がとても可愛くて、毎日セックスしていました。

女の子が2人生まれて4人家族となり、家を建てて6年、私41歳の時に出向命令が出て止むを得ず単身赴任した時のことです。
そう遠くない赴任先なので、毎週末家に帰って妻を抱けましたが、それだけでは足りずに久しぶりにAVのお世話になりました。
レンタル屋さんのカーテンの奥のアダルトコーナーで、35歳になってもロリロリな妻と対照的な色っぽい人妻熟女のAVを選んでいたら、私好みの色っぽい美人女優のAVを見つけました。
~清楚な35歳の美人妻がまさかのAVデビュー!~
迷わずそれを借りて、早速DVDプレーヤーで再生してみました。
画面に現れた美しい女性・・・惜しげもなく素肌を晒し、素晴らしいスタイルと乳房を露わにして・・・ん?あれ?・・・これは・・・別れた元妻に間違いありませんでした。
離婚して13年、38歳の元妻がいつ撮影したのか知りませんが、35歳が本当なら3年前・・・
そんなことを思いながら、懐かしい元妻の裸を見ていました。
男優に秘部を舐められて悶える元妻、男優のイチモツをフェラする元妻、モザイク越しにズッポリ挿入されている様子が窺えて、とても嫉妬心が湧いてきました。
「アアーン、アアーン、アンアン・・・・・」
色気を放ちながら仰け反る元妻を見ながら、イチモツを扱き射精した後、物凄い虚しさに襲われました。

AVを返却したあと、何気なく元妻のAVがあった辺りを探すと、何と、妻のAV引退記念で全作品のセックス部分を集めたオムニバスを見つけて、思わず借りてしまいました。
~私、普通の美人奥さんに戻ります・・・~
デビュー作、人妻教師の教え子筆おろし、夫の上司と不倫、元彼との不倫、再婚した夫と連れ子との3P、義父の緊縛調教、そしてラストは、借金奥さんのSM調教でした。
最後の作品は、足をV字にベッドに括られて、電マ、電気ドリルにつけられたディルドなど、様々なモノを入れられて、半狂乱の逝き地獄で、元妻はその美しい顔をアホ面にしてみっともない姿を晒していました。
「ウゥゥ~~壊れる壊れるゥ~~・・・だめだめだめ、死んじゃう死んじゃうゥ~~・・・」
ガックンガックン痙攣しながら、ブシュブシュ潮を噴き散らし、あの、AVになんて出るとは信じられない美しい人妻だった元妻が、あられもない淫乱を曝け出していました。
私は、そのあまりの壮絶さにイチモツが萎えてしまいました。
元妻でなければ興奮してフル勃起だったであろうイチモツでしたが、遠い昔、愛し合って暮らした元妻の凄惨な痴態に、性的興奮よりも心が引き裂かれる思いでした。
私は、別れたとはいえ昔夫婦だった元妻が心配になって、週末、赴任先から妻の待つ家に帰る途中、元妻の実家を訪れてみました。
しかし、その家には元妻の旧姓とは異なる表札がかかっていました。
元妻は、いや、元義父母さえも完全に消息がわからなくなりました。

私の出向は3年で終わり、今年4月に妻の元に戻ってきました。
今でも3年前に見た美しい元妻のAVが頭から離れません。
特に、別れたことを悔やませるほど美しい元妻のSM、人格さえ無視された無慈悲な秘部への拷問に飛沫をあげて悶絶した元妻の画像は忘れたくても忘れられません。
お互いの幸せを祈りながら16年前に別れた元妻は現在41歳、いったい、どこで何をしているのか・・・



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード