萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

電車

ああああああああ

わたしは京都に住む40歳と32歳の夫婦です。
子供もようやく手を離れ、妻と最近はよく食事や散歩へとよく出歩きます。
今までは妻も私もSEXには淡白な方だと思ってました。
現に月に2~3回くらいがせきのやまでした。
先週の日曜日、大阪の日本橋と言うところに妻とテレビを買いに行った時
の話です。
地下鉄のホームで電車のスポーツ新聞を見ていたら、いろいろHな記事が
ズラリ並んでいました。
妻と人目を気にしながら読んでいたら、カップル喫茶の欄があり妻がこれ
なあにと私に聞いてきました。
私も実際行った事なかったんですが大体の想像はついていましたので知り
える範囲で妻に説明しました。
妻は相当の衝撃があったらしくしばらく無言だった。
その顔を見ると完全に想像だけで興奮しているのが私にはわかりました。
実際のところ私も興味がないわけもなく妻に今日行ってみようかと切だし
ました。
へたすりゃ、しばらく口を聞いてもらえないかも知れないかと内心はひや
ひやでしたが、妻もあたまっから拒否せず知ってるひとがいたらどうする
のとかこの年で行ったら笑われるわよとかまんざらでもない返事です。
ようし今日は社会勉強のつもりで行ってみようよ、変な雰囲気ならすぐに
出れば良いじゃないかとすんなり決行と相成りました。
おそるおそる門をたたいたのは上本町にあるカップル喫茶です。
入り口は地下へ降りる階段のおくで何やら怪しげなムードです、勇気を出
していざ突入すると暗い廊下があり突き当たりに受け付けが見えました。
しり込みする妻に行ってみようよとあちこち見まわしながら進むと、廊下
からみえるボックスで上半身裸の女性が男性の股間にまたがってオッパイ
を愛撫されてるではありませんか。
私たち夫婦は目が点になりながらも見て見ぬ振りでとりあえず受付まで、
足を運びました。
おどおどした様子で分かったのか店員さんが、はじめてのご来店ですかと
尋ねました。
はいと答えるといろいろ説明をしてくれましたが、妻も私も先ほどの刺激
で気もそぞろで料金を払った以外何も覚えてませんでした。
言われるままにBOXへ案内されドリンクを頂きしばらくは二人して、固
まっていました。
妻がすごい所ねと言った顔は今までに見たことのないような表現できない
陶酔した顔でした。
私が上を見てごらんと言いました、なんと天井がガラス張りで全体が覗け
る仕組みになってます。
すでに妻は感じてました触っても良いかと聞くとお願いと言う返事が返り
さすがに服は脱げませんでしたがまくり上げたスカートからすでに濡れた
パンティを下ろしさっき見たカップルのごとくすんなり合体してしまいま
した。
いつもは義務のようにしかしなかったSEXがこんなにドキドキの中で、
興奮しまくりの行為など私たち夫婦には信じられない事です。
あっさり果ててしまった私のジュニアを妻はフェラしてくれました。
これも私たち夫婦始まって以来の事です。
そして20分くらい余韻に浸ってカップル喫茶を跡にしましたがあの興奮が
今でも忘れられません。
私も妻も癖になりそうな気がします。
以上はじめての経験でした。

World Pants

大学生です。パンツ撮ってます。友達に外人がいるんですが、彼らも
パンツ撮ってます。日本で、彼らの国に帰ったときも撮ってます。
彼らは日本で撮ってるときは、女に近づいて英語で話しかけて道を尋ねて、
時間稼ぎをして、後ろにいるのがパンツ撮る方法で撮ってます。
ノリがいい女だと、最後に長いハグをして、後ろにいるのがスカートを
めくって撮ったりすることもあります。数人でいる高校生、中学生なんか
数人でハグして、順番にスカートめくって全員撮ったりすることも
あります。笑 撮り終わったら英語から日本語になって、「バッチリ撮ったぜ」、
「白パンだったよ」とか言って笑ってるそうです。
修学旅行の中学生なんかやりやすいって言ってました。笑
もちろん、電車、店内とかで後ろから撮ったりもしてます。
彼らは日本語はペラペラです。笑 彼らの国で撮ってるときは、まだ盗撮の
意識がうすいみたいで、かわいい娘、美人な娘が次々撮られてます。笑
Tバックなんかいて、ケツまで丸見えの外人もいます。笑
撮った日本人のパンツ、外人のパンツは海外に発信してるそうです。笑
大きなバックプリントのパンツの中学生、おしゃれにキメてる女の小さい穴が
開いてる白の綿パンツ、外人の生地がうすいのか?スケスケパンツとか、
世界で見られてます。笑
彼らは外国に旅行行くときがあって、そのときも観光しながら撮ってるそうです。
今、これを女性が見ていたら、あなたのパンツも世界で見られているかもしれませんね。笑

Tokyo!

Chu→2のBoyです。Tokyo!に修学旅行に行きました。
男女の班行動で、男子は女子達と離れたりしてナイショでパンツ撮ってました。
俺達も自撮り棒に付けたスマホ、デジカメを逆さに持って撮ったり、袋に入れた
ビデオカメラで撮りました。Tokyo!の中学生、高校生、大学生、若い人、どこかの修学旅行生とか
撮りましたが、そばに同じ班の女子がいるのでこっちも撮りました。別の班の女子も撮りました。
電車乗ってるときとか同じ班の女子は結構撮りました。たまに女子がアトラクション
待ってるとき、人を待ってるときとか俺達のそば、足元でしゃがんでるときがあって、まわりの人から
パンツ見えそうなときはしゃがんだ前に荷物を置くんですが、壁なんかがあったら、壁のほうに向いて
しゃがんで、まわりからパンツが見えないときはしゃがんだ前に荷物を置かないときがありました。
そういうときはバレないように自撮り棒を使って女子の前から撮りました。
電車乗ったとき、女子1人が座席に座って、そばのドアのところで女子2人がドアのほうを
向いてしゃがんで、その隣に俺が立ってて、しゃがんだ女子の後ろにも男子が立ってました。
しゃがんだ女子2人は、疲れたのか顔を下に向けて寝てしまいました。俺は、自撮り棒で
前から2人のパンツ撮りました。そういえば、ディズニーランドは、自撮り棒禁止ですが、
俺達バンバン自撮り棒使ってみんなの写真撮ったり、パンツ撮ってました。
しゃがんでる女子を前から撮ったり、ショップで買い物してる女とか撮りました。ビデオカメラでも
バンバン撮りました。原宿、渋谷行ったとき、女子が買い物してて俺達ヒマになったとき、店員さんの
パンツを撮りました。有名なブランドの店員さんは、白、ブルー、ピンクでもシルク生地のパンツで
おっしゃれ~なパンツの店員さんがいましたが、白の綿生地、白にピンクの花柄、ピンクにいちご柄の
パンツのおこちゃまパンツの店員さんがいました。ちなみに、しゃがんでた女子は、白の綿生地、白とピンクの
しましま、白とグレーのしましま、ピンクでプリキュアのフロントプリントとか撮れました。だいたいスカートの
中に体育のハーフパンツをはいてるんですが、体育が無いからか?修学旅行だからか?パンツでした。
しゃがんでるので大股開いてM字で、なんかおまんこのとこがぷっくりしてパンツ丸見えで、
電車でしゃがんで寝てた女子は、電車が揺れるたびさらに大股になってきてさらに丸見えになってました。
そういえば、こんなことがありました。渋谷で買い物して別の班と合流するのでみんなで別の班の人が
来るのを待ってたんですが、女子の一人がコンタクトしててコンタクトを落としてしまいました。
みんなで探すことになって女子達は並んでしゃがんで探して、男子達は女子達のまわりを探しました。
なんか前を歩いてる人達が、クスクス笑って歩いていきます。俺は女子達の前に行くと、女子3人しゃがんで
パンツ丸見えでコンタクトを探してました。白に赤の王冠の柄、白、白のパンツが並んでました。
イケメンもきれいな女性も笑って通り過ぎて行きます。ほかの男子もみんなパンツに気が付いて、
男子みんなでアイコンタクトしてパンツ見ながらコンタクトを探しました。写メ撮ってるイケメン、
何度も前を通ってパンツ見てたイケメンが何人もいました。「あっ!パンチラ!」、「パンツ見えてる!」、「パンツ」
とか言ってるのが聞こえました。信号待ちしてる車に乗ってる人達も窓開けて「パンツ見えるよ」とか言って
大爆笑してて、スマホ出して「修学旅行生!渋谷の記念にハイ!パンツ!」って言って写メ撮って笑って車は
行ってしまいました。そしてやっとコンタクトが見つかりました。そして別の班の人達が来ました。
時間にして何分かわかりませんが長時間探してたので長時間パンツ見えてました。まず、俺達が長時間
パンツ見れたのですから。女子はたくさんのTokyo!の人達にパンツ見られ、撮られました。俺達、もちろん
このパンツもコンタクト探しながらスマホ持って撮りました。前を歩いて笑いながらパンツ見てた人、前で写メ
撮ってた人、さっきの車の人なんかも撮れててたくさんの人に見られて撮られた女子に大興奮でした。
たくさんパンツ撮れて超楽しい修学旅行でした。またTokyo!にパンツ撮りに行きます!I love Tokyo!

3つの勇気

俺達も修学旅行でパンツ盗撮やりました!
うちの中〇も東京でした。班で行動したので男3、女3の班行動で、行くとこが同じだと、
別の班といっしょに行動したりしました。ビデオカメラで修学旅行の行動を撮影しながら
たまにビデオカメラをバッグに入れてパンツ撮りました!電車の中、店の中とかいろんなとこで
いろんな女を撮りました!中〇生、高〇生、20代くらいの女、あ、小〇生も撮りました!笑
班の女のパンツも撮りました! 笑 デジカメでみんなで写真を撮ったとき女らを前にして、男が
後ろに立って、男が写真を撮ってそのときに何枚か撮って、そのときに後ろの男らがビデオカメラが
入ったバッグを交代で持って順番にパンツを撮りました!笑 班行動してると、班の女のパンツが
見えたときがあって、そういうときはバッグからビデオカメラを出して、風景やみんなを撮ってる
ふりしてパンツを撮りました!階段に座ってるときの△パンチラ、しゃがんでおみやげ見てて
反対側からうんこ座りの )( パンツとかありました。笑 おみやげ見てるときのは、クルクル回る棚?
にキーホルダーがいっぱいあってしゃがんでキーホルダーを見てました。棚?の下は土台と棚?の
柱だけで何もないので反対側から)( のパンツが見えました!笑 しかも、2人しゃがんでて、
しばらくしたら1人が立って、もう1人が来てしゃがんだので班の女3人の)( パンツが見えて
撮れました!笑 女1白、女2白でしゃがんで、女2が立って女3が来てしゃがんで、
女3は水色でした!笑 ずっとしゃがんでキーホルダー見てたので、ほかの修学旅行の中〇生、外人の観光客
も見てて、デジカメやスマホで3人のパンツを撮ってました。笑 修学旅行の中〇生らは少し離れたとこから
指さして笑ってて、20代のイケメン外国人らは笑いながら女に近づいて、女の目の前でパンツ撮って
ゲラゲラ笑ってました。笑 女らの顔の位置はキーホルダーが並んでるので反対側が見えないので、
女らはパンツ見られてるのも撮られてるのも気づいてません。笑 あと、原宿行ったとき、別の班と
いっしょにみんなでクレープを食べたとき、大人数で細い道で壁に並んで立ったり、しゃがんだりして
食べたんですが、俺らの向かいに20代のイケメン3人が来て並んでしゃがみました。イケメンらは
ヒソヒソ話ながら俺らをチラチラ見てて、スマホを俺らに向けてました。そしてちょっとして立って
行ってしまいました。ゲラゲラ笑って「スゲー」、「並んでたよ」、「ゲット!」、「バッチリ!」
とか言って行ってしまいました。俺はクレープを食べ終わって、みんなまだクレープ食べてたり、
ガイドブックや地図やスマホ見てました。俺はみんなの前をウロウロしたら、しゃがんでた女のパンツが
見えました。パンツが見えないようにガードしてた女がいましたが、4人パンツが見えました!笑
しかもうんこ座りの )( パンツでした!笑 白に黒の水玉、白と赤のチェック柄、白、白のパンツが
並んでました。笑 さっきのイケメンらは、「(パンツ)スゲー」、「(パンツ)並んでたよ」、
「(パンツ)ゲット!」、「(パンツ)バッチリ!」って意味でした。笑 俺はビデオカメラが入った
バッグを持って4人の前をウロウロして、パンツが撮れるよう角度を調整して 笑 撮りました。笑
4人はずっとしゃがんでたので、そのあいだ何人か俺らの向かいに立ったりしゃがんで、スマホ見ながら
俺らをチラチラ見てました。一人で、数人で、イケメンらは俺らの向かいにいました。
最初はパンツ見たいなーとか、あいつ、パンツ見られて撮られてるよーくらいの気持ちでしたが
ちょっとかわいそうになりました。しばらくしたら忘れましたが。笑 そして修学旅行から帰って、
デジカメのプリント、ビデオカメラの編集をやって、DVD付きフォトブックを作って班の男らに配ったり、
ほかのパンツ撮ってた俺らのクラス、ほかのクラスの班の男らとフォトブック、写真、DVDを交換しました。笑
原宿で撮ったの4人のうんこ座りの)( パンツを順番に何回も撮ったとこがみんなに大好評でした!笑
修学旅行から帰って校長先生が、「この修学旅行で思い出を作ったり、勉強になったり何か身に付けば
いいですね」と言ってたんですが、俺は「3つの勇気」を学びました。それは、「パンツを見る勇気」、
「パンツを撮る勇気」、「パンツ見えてるのを教える勇気」です。3番目のはムリですね。 笑
パンツを撮る勇気も、うまくパンツが撮れるように修行が大事だと学びました! 笑
これからもがんばります!

2人の妹の勉強 2

昨日は、午後から授業の予習を1教科1時間ずつ英語、数学、理科の3教科を行った。

教科書の練習問題を解かせて理解度をテストした。数学は午前中の復習で因数分解を

マスターしていたので午後からの微分の理解が楽だった。いずれにせよ新しい事なので

基礎から教えた。彼女達はすぐに理解して「どうすれば解けるの?」と言う質問は

「なぜそれが成立するの?」に変わった。大学の本当の学問で説明したら「?」なので

兎に角俺を信じて今は解き方だけマスターしろと言った。2人は納得してくれた。

彼女達の英語の弱点は語彙が少なく英文を読んでいないことが原因だと思ったので

当日配送のネットショップに重要単語と短文が集められた暗記本を2冊注文していた。

それがもう届いたので2人に1冊ずつ渡して電車の中でこれを読んで覚えろと言った。

英語は比較級の色々を教えた。The+比較級の構文等を覚えさせた。

彼女らが作る夕ご飯の麻婆豆腐は美味しかった。腹ごしらえをしてテストをした。

教科書に載っている練習問題は比較的簡単なので2人とも難なく90点以上をとって

A評価のセックスを楽しんだ。腰高正常位と寝バックで2回の射精を受けて喜んだ。

このサイトの投稿のどこかに正しい乳首の吸い方が書かれていたのでそれに沿って

乳輪を舐め乳首が硬くたったら息が漏れないように柔らかく吸った。2人は喜んだ。

本当にピルは楽だ。今日の授業はもう解っていることを習うので楽しいだろうと思う。

それで3人で寝たのだが俺だけこの時間になぜか目が覚めてしまった。何となく射精を

したいので1人の膣を借りようとしたすると2人とも起きてしまった。クンニをして

1発ずつ上体も密着させた正常位でセックスした。結構大量射精をしてしまった。

「お兄ちゃん。溜まったら私達の体をいつ使ってもいいのよ。」と笑顔で言われた。

2人の乳房は巨大で魅力的なので指で乳首を愛撫しながら感触を楽しませて貰った。

「そんな乳房をしているとジロジロ見られるだろう。」「見るうちは良いけど痴漢に

狙われるの。」「でも私たちの体はもうお兄ちゃんの物だから、お兄ちゃんは好きに

していいのよ。」と言われた。すっきりしたところで1時間くらい寝て登校しよう。

それではおやすみなさい。

10代あみのマゾ願望~露出

あみは、マゾ願望を抱えている。
SM経験は無い。SMサイトで投稿して知り合った男のメールによる命令を受けてあみは、実行している。

命令によって、薄い恥毛は綺麗にツルツルに剃ってしまっている。ツルツルの恥丘には、「マゾ」の文字をマジックで書いてある。オッパイには「露出狂」と書かされている。

外出するときは下着の着用は許されず、ノーパン、ノーブラで外出する。スーカトの長さは、股下10センチ以内。
ブラウスのボタンは上から3つ以上は外して外出している。
学校の制服についても同様。

メールで命令されたのは、証明写真のボックスで、全裸になって写真を撮り、撮影した写真を持たされ、街中を散歩させられる。

電車の中で、学校の中であみは、忠実に命令を実行している。

今のあみは、複数のS男性に、晒されることを望み始めている。

あみの公開調教は、

SM官能被虐の檻
ネット公開調教館
公開調教部屋

で行われる。

〇〇線

友達とパンツ盗撮してます。コンビニ、本屋や電車の中なんかでやってます。
電車はいろんな路線がありますが、大学行くときとかに使う〇〇線でやってます。
今日は電車での話をします。〇〇線は、通学で使う人が結構いるので、小学生、中学生、高校生、
大学生、OLなど幅広くやってます。w立って乗ってるターゲットの後ろに立って撮ったりも
しますが、座ってて、ターゲット、登下校の中学生、高校生が電車に乗ってきそうな時間だと、
ビデオカメラ入れた袋やバッグを足の間に挟むようにして下に置いてターゲットを待ちます。
俺達の前に男が立ったり、ブスが立ったりハズレのときもありますが、前にターゲットが立ったら
下から盗撮します。俺達別に電車の中はオマケでやってるってノリなので、もし、電車の中で
撮れなくてもその分コンビニや本屋とかで撮ってます。w俺だけだと目の前の1人しか
撮れませんが、友達数人で座って乗ってたら友達と俺の人数分撮れます。つまり、俺達3人で座ってて、
目の前にターゲットが3人立ったら3人撮れるということ。俺達3人で目の前にターゲットが
4人立ったら、俺達の前の3人は撮れて、1人は撮ると不自然なかっこうになり撮れないので
そういうときはあぶれたターゲットは断念、ガマンします。w下からパンツのフロント部分を撮ると
チラチラ程度ですが、たまに並んで立ってたりして友達数人で立ってて、話してて体を揺らして笑ったり
すると、スカートがフワッとするのでそういうときはよく撮れます。wある日、俺達座って
電車乗ってたら、遠足帰りの小学生がドドッと乗ってきて俺達の前に小学生が。2人女の子が立ったので、
急いでバレないようにカメラ入のバッグを下に置いて盗撮。4年3組の子2人で、一生懸命吊革に
つかまってて、体を前後に揺らしてて、たまに電車が揺れて体がガクッってなってて2人のスカートが
フワッてなりっぱなし。w2人を交代で撮って長時間白とグレーのパンツが丸見えで撮れました。
グレーの子は、フロントの黒のリボンまで見えてました。w友達の女と電車で会って、俺達座ってて
女は俺達の前で立ってて、話してる間ずっとピンクのパンツが撮れたことも。w別のある日は、
朝のラッシュに、座ってる俺達の前に高校生が立って、そのときは事故かなんかで電車が遅れてて
超満員になって、高校生は後ろから押されて、高校生の足が俺の片足を挟むようになって俺の頭の上で
壁ドンみたいに手を壁に付いて耐えてました。回りを見たら誰もこっちを向いてなく、壁ドン高校生も
見えてなかったので、下に置いたバッグを取ってビデオカメラを取って、そのバッグともうひとつ
持ってたバッグでビデオカメラを見えないようにしてスカートめくってビデオカメラを
スカートの中に入れました。w数分撮ったら今度はみんなのスマフォをスカートの中に入れて
ムービーで撮りました。w水色で白のフロントのリボン、ハの字の白のフリルが入ったパンツが
丸見えで撮れました。wあと、数人で乗ってきて、囲むように立ってて俺達の前に立ってて、
回りの人が向いてなかったら俺達のほうに背を向けて立ってる子のスカートをめくってカメラを
取り出してカメラ持って、カメラ入ったバッグとかを持ってパンツのバックを撮ったりもします。w
車内が空いてても回りの人がこっちを向いてなかったらめくっちゃいます。wパンツ丸見えなのに
友達と楽しく話してます。wパンツの生地、色、柄、バックプリント丸見え。w数分撮ったら、
撮りながらパンツのそばでケツを触ってるふりしたりカンチョーするふりしたりピースしたり。w
たまにクリップやホチキスでめくったとこを留めてめくれてるのがどこで気づくかとか、回りの反応
見て楽しんだりします。w電車はターゲットがいたら数分パンツが撮れるのがいいですね。
俺達座っててパンツ撮れるので超楽です。余裕です。w

★★高校の女子のパンチラならおまかせ!  俺達!パンチラ撮ってる男子!  PANTY!ぱんてぃー!おパンティー!

俺!★★高校2年生!みんなでパンチラ撮ってます!スマホ、ビデオカメラ
両方使ってます!学校、行き帰りの電車、本屋とかで撮ってます!
うちの高校は小学校、中学校、大学があるのでそっちに遠征して撮ったりもします!
よく物を落としてしゃがませて拾ってもらってパンチラ狙ったりしますが、俺達も
お金とか落として拾ってもらってパンチラ撮ります!クラスの女子は、話してて後ろから
撮ったり、大音量の音楽を聞かせて後ろから撮ったり、撮れそうだったらあらゆる
手段使って撮ってます!もちろんほかの学校の女子も撮ります!

満員電車の中で会社のSさんと

部署の飲み会があり飲み会が終わったあと、
帰る方向が同じだからと2つ年上のSさんという女の人とほろ酔いで
駅に向かっていた。
Sさんはスレンダーで顔は森高千里のようなひとだ。
駅に着いたら、ホームはすごい数の人でごった返していた。
人身事故か何かで電車が大幅に遅れているらしい。
2本の電車を人が多すぎて乗り過ごしたが、かなり時間も
遅かったので3本目にSさんと乗ることにした。これも超満員。
何とか電車に乗ることができたが、窒息死するのではないかというくらい
の混みようだった。

押されながら乗ったのだが、Sさんと真正面で体が密着したまますごい圧迫で動けない。
Sさんは僕の肩にあごをのせるような格好になっていて、Sさんの髪が
僕の顔の左側でくっつき、何かいい匂いもする。
春だったがその日暖かくてSさんがわりと薄着だったこともあり、
この状況に興奮してしまい、勃起してしまった。
ちょうど、Sさんのお腹のあたりに押し付けるような感じだ。
混みすぎてずらすことすらできなかった。

この状況でSさんと「すごい混みようですね」とか会社の人の噂話で普通に話していたが、
電車は快速だったし、ダイヤが乱れていて途中止まったりでなかなか次の駅に着かない。
しばらくするとSさんが
「さっきから何かお腹にあたるんだけど」と言うので
あーあ、セクハラとか言われるのかなぁと思い、
「すみません、体ずらしたいんだけど、圧迫されて全く動けないんで。。。」
とへたれな僕は素直に謝った。
「気にしなくてもいいよ。こんなんじゃしょうがないよね。」
と言ってくれ、怒ってないんだ、とホッとした。
この頃、つき合ってた彼女もいたし、Sさんはきれいな人でたまにオカズに
したけど、恋愛感情はなかった(この時は)。しかしオカズにするくらいなので
この状況に体は正直だ。

Sさんは、「よく痴漢にあうんだよね。変なおじさんばかりでキモイ。」とか
「でも時々若い人もいるんだよ。信じられない。」
などというが、今わたくしがやっているのは、触っていないけど、
痴漢と変わりないですが。。。

Sさんは、ちょっと飲みすぎたね、と言い、僕の肩に乗せていた顔を僕の顔のほうに傾けてSさんの頭と僕の頬がくっつくような格好になり、
顔を見ないまま話していた。
「今、彼氏が研修で海外行ってるから、男の人とこんなふうにくっついたりするとドキドキするよ。」
とボソボソとSさんは小声でつぶやいた。
痴漢はキモイだのと言ったり、一方ドキドキするだのと言って、僕は混乱した。股間は余計にパンパンになってしまった。

混乱しているうちに横のひとたちから体を押されてSさんと真正面に向かい合っていたのが少しずれて、
僕の左手の甲がSさんの細い、ももに位置した。
Sさんの左手は僕の股間にあたるような位置になっているような気がするけど、相変わらず圧迫されていたので、
股間にあたるのはSさんの左手なのか左腕なのかそれとも腰あたりなのかがはっきりと判別できなかった。
この間もずっとSさんとは普通に会社の話とかしていた。

すると、残念なことに次の駅に着いてしまい、「開くドアは反対でも普通は向かい合う体勢を変えるよなあ」
と思いながら降りる人と乗ってくる人の入れ替えをなんとなく体勢を正面で密着したまま待っていたら、
電車の反対側のドアは閉まって発車した。
内心すごいラッキーだった。
乗客は少し減り、圧迫されるほどの混みかたではないものの朝のラッシュ時と同じで十分密着したままで
Sさんの左手あたりに僕の破裂しそうなモノがあたり、僕の左手甲がSさんのもものあたりのままだ。

何か股間に感触を感じたと思ったらSさんは
「今、手に当たってるんだけど、ずらせないよ。ごめんね。」
「そんなことないですよ。謝らなければならないのはこんなになってこっちだし。」
「でも普通じゃない状況よね?」
「すみません」
「謝ることじゃないよ。こんな混雑してるんだもん。しょうがないよ。」と優しい。

次に信じられないことがおきた。
また電車が途中で止まって、グラっと揺れた瞬間に何とSさんは、
「転ぶかと思ったよ。握っちゃった♪」と僕の股間を握ったのだった!
頭の中は軽いパニックで
「いいですよ。」とよくわからない返答をしたのだが、冷静に考えるとこんなものが手すりのかわりになるはずがない。
揺れは収まったのにSさんは握ったまま手を離さない。会話が会社の話しとかだったのが
「ズボンのうえからでもはっきりとわかるね」とか段々Hモードになってきた。勿論、益々小声だが。

それでへたれな僕も勇気を出して、Sさんのももにあった左手甲をSさんの股間に
スカートの上から押し付けてSさんの様子を窺った。
Sさんは抵抗もしなかったので、
「Sさんのほうは握っているんだ。だから大丈夫」を信念にさらに甲を掌にして
スカートの上から押し付けるように触って
「スカートのうえからだとはっきりとわからないですね」とつぶやき
「女のひとだとそうかもね」とSさんは普通に返してきた。
もうここまでエロモードに入ってるとさすがに甲から始めたへたれな僕でも
スカートの中に手を入れようか、いや、それはまずいとすっごい悩んでついに実行
に移してしまった。

ミニスカートでもなかったSさんだが、わりと短めの柔らかい生地のスカートだったので
左手で少しづつスカートをたくるようにしてまくっていった。
「今、なにしてんの?」
ゲッ、やば。やりすぎか?警察に捕まるか?
「はっきりとわかりたいんで。。。」とアホな返答に、
「ふーん」とスルーしてくれたようで
「そうするとわかるの?」
「たぶん」
「あ、そっ」とSさんは僕のモノを強く握った。それで迷った挙句、そのまま続けた。
さっきまでセクハラ呼ばわりされたらどうしようと思っていたことを考えると大躍進だ。

まくり終わって、股間を触ろうかどうか一瞬躊躇したあと、ももを触った。
「あれ?ストッキングは?」
「伝染してたし、今日暑いからさっきトイレで脱いできた」と。
Sさんは握っていた僕の股間をさすり始めた。
一方、我が左手は、股間に到着。
「こんなに?」とおしっこをもらしたのではないかというくらいパンツがびしょびしょで、
Sさんも普通に会社の話などをしながらもいやらしい気持ちになっていたかと思うと興奮した。

「すごい濡れてますよ」と小声で
「Mくんだって、こんなんじゃん」と股間を強く握り締めた。

どういうわけだか、パンツの中に手を入れてはいけない気がして
パンツの上からでもわかる割れ目をずっとなぞったり、パンツの
横から少し出ている毛をなぞったりしていた。

Sさん見ると、唇を噛んで何かをこらえているようだし自分も我慢できず、
「次、降りませんか?」
「いいよ。」
ってことで、次の駅で降りた。

しかし、降りた駅、近くにホテルなんかなくしばらく歩いた。
繁華街と逆の出口を出たのか、快速が止まるにしては寂しいところだった。
すぐに周りに人がいなくなった。その先にスーパーがあった。
そのスーパーは深夜営業などやっているところではなく、裏に回ると自転車置き場になっていて
自転車置き場の奥に膝くらいの高さの植栽があり、自転車置き場と植栽の間の1メートルくらいの狭い間
に行き(場所探しに必死です)、キスをした。

キスをして初めて自分の彼女に罪悪感を感じたが、エロい欲望のほうがはるかに
勝っていた。Sさんも同じではなかったかと思う。
こんな場所なので、ここではキスだけにして、やっぱりホテルを探そうと思っていたのだが、
Sさんが「ここだと人が来ないよね?」と何度も念を押したので、「ここでもOKなのか?」
と疑いと期待が半々だった。
Sさんはどうも人目は嫌なようだ。(僕もだが。警備の人とかいるのだろうか?)

だが、ブラウスの上に羽織っているものの前を開け、ブラウスの半分ほどボタンをはずし、
ブラのなかに手を入れ、Sさんの小ぶりの胸を触ってしまった。やっぱり僕はもう止められなかった。
これがSさんの胸か。会社で今まで普通の関係だった人の胸なんだ、と思うと余計にクラクラしてきた。
色白のSさんの乳首はきれいな色(ちなみに当時の僕の彼女は沈着系)でそこを舌で転がしはじめると
「ウーン」と声が漏れてきた。
普段より声が高いぞ。Sさんこんな声出すんだと思うと余計に興奮した。

Sさんは相変わらずズボンの上から僕の股間をさすっている。
Sさんのスカートに手を入れ、パンツの横から指をいれ、直接割れ目をなぞった。
ぐちょぐちょだった。クリをさするとピクンとし、
「はぁっ」と大きくため息をし、声をこらえているようだった。

パンツが邪魔なので、片足だけ脱がし(靴がひっかかり少し面倒だった)、Sさんの片足を植栽にあげて
Sさんの股間を眺めた。
5メートルくらい横に電灯があり、少し暗いもののよく見えた。
「はずかしいよー」
暗くてあまり見えない、と嘘をついた。

胸のときと同じで会社の人の「こんなところ」をみていると思うと更に興奮した。
(どちらかというと毛は普通よりやや濃い目か?)
そして舐めた。
「きたないよー。そこは、いいって」と言われたが続けた。
ずっと声をこらえているようだが、気持ちよさに少し出てしまうようだ。
3分くらいたっただろうか(早かった)、すると突然
「もういい、もういい」といきなり僕の頭をつかみ離そうとしたが、
そのままクリを舐めてると
「あーー」と少しだけ声を出して、股間を突き出すようにしてSさんは果ててしまった。

「もう、なんてことするの?はずかしいよ」
「Sさんが気持ちよくなってくれて嬉しい」
と僕はほんとに嬉しかった。

少し余韻に浸ったあと今度はSさんが「Mくんのが見たい」と言ってジッパーを下ろした。
モノを出すと
「へぇ」とSさんは言い、裏をみたり握ったり観察していた。
「なんかたくさんヌルヌルしてるね」(そりゃ、ずっと我慢してたから)

「見たいと言われると少し恥ずかしい」
「私のは散々みたくせに」(ごもっともです)
「女のひとも見たいとかって思うんです?」
「わかんない」
「わかんないはないでしょう?」
「よくわかんないよ。変なおじさんのは見たくないし。Mくんのは見たいなーって思っただけだよ」
といい、咥えられました。

Sさんも僕が思ったのと同じく「会社のMくんのおちんちんみちゃった」とか
「Mくんのってこんなんだったんだー」とか思うのかなぁとぼんやり思った。
Sさんのフェラはちょっと歯が当たるけど気持ちいい。このまま続けたら出ちゃうかも。
出たら困る。

「Sさん気持ち良すぎるからもういい。」
Sさんは口から僕のモノを離して僕を見上げると
「なんで?」
「Sさんの中に入れたい」
「あー、先に言った。言わせたかったんだ。」何だか可愛い。

しかし
駅降りたときラブホテルのゴム使えばいいやと思っていたので
ゴムなんか持ってない。外でこんなことをする予定ではなかったんだ。
「Sさん、ゴムないですよ」
「えー?」
「だってこんな予定じゃなかったもん」
「そうだよね。もし予定に入ってたらコワイ。でもどうしよう。。。」としばらく考え
「じゃあ、外に出して」
「大丈夫?」
「だって私もおさまりつかない」

おさまりつかないって、その言葉に何だか興奮した。(興奮ばかりしている)
それでSさんの片足を上げて正面から入れようとしたけど、こんな体勢
なかなかうまくいかず、自転車置き場の壁に手をついてもらって
スカートめくってバックから入れてみた。
ビショビショだったのでスルっと入ったけど、何だか締め付けられた。

少し腰を動かすとすぐ出そうになって止めてしまった。
「どうしたの?」
「気持ちよすぎる。少し落ち着きたい」

いつもそうなんだが少し止めたらそのあとずっと続けられる。
それって自分だけなのだろうか。それともみんなそうなのか。

しばらくバックでやったあと、自分としてはやっぱり顔を見ながらが
いいので正常位がいいのだが、
「Sさんの顔を見たい」
「私も。でも寝転んだら服が汚れるし。。。」
はいはい、僕が下になりますよ、ということになった。

植栽のブロックのふちに腰掛けた。
昼間暖かかったとはいえ、春なので夜は少し冷え、ブロックに直接触るお尻は冷たかった。
そしてSさんは僕のうえに腰を沈め、ゆっくりと動き出した。

ブラウスとブラを少しずらしSさんの乳首を舐めた。
Sさんの中に入っている暖かさやSさんの少し甘い匂い(体臭?香水?)、
Sさんの細い腰のくびれや平らなお腹、細い肩、鎖骨などを触ったりキスしたり、
髪をなでたり、Sさんとのことを実感しながら、ゆっくりと時間をかけた。
(時間をかけてゆっくりと動いていたのはSさんですが)
このとき、なんて表現すればいいのだろう、静かな快感というかとても幸福感に
包まれて、Sさんがとても愛おしく思えた。

しばらくしてSさんのクリを触ると
「もう。。。そこはだめ」と言われたが、
無視してしばらく触ってると
「ふぅ、気持ちいい」
とそのままゆっくりと動いたまま、Sさんは絶頂を迎えた。

僕ももう出そうだったので
(静かな快感と言いながらも出るものは出る。本当はすごく我慢していた)
「Sさん、出る」といって抜くと
Sさんが口に含んでくれてその中で爆ぜた。
Sさんは吐き出して、「やっぱり苦いね」といった。
「やっぱり、飲めない。」とも。「ごめんね。。。一度も飲んだことないんだ」
「うがいしたい。」(うがいするところなどない!!)
と言われたが、一所懸命なところがほんとに愛おしく抱きしめた。(下半身は丸出しだが)

服を整えたあと
Sさんは
「今日は頭が変になるかと思ったよ。すごい気持ちよかった。こんなの初めて」と
言ってくれたので嬉しかった。
「僕も」と言ってキスをして抱きしめた。

Sさんは2回、逝ったが、
「感じやすい体質」と言っていた。ひとりエッチとかもするんでしょ?
の問いには「あまりしないけど」と言っていた。(あまりって?やっぱりするんだ)
何を考えてするの?には「彼氏のことだよ」と言われたので、少しがっくりだった。

「でも、今までわからなかったけどカラダの相性ってあるんだね。Mくんとの相性はいいかも」
「そうかも。自分が良かったなんて言われたことないし、自分もこんなに良かったのは初めてだし。
 Sさんとはいいかもしれない。」
Sさんは「今までつき合ってきた人以外とこんなことしたの初めてだよ。ほんとだよ」
と何度も言った。「じゃあ、僕とどうして?」と聞こうと思ったけどやめた。
Sさんは軽いと思われたくなくてそう言ったんだと思ったし、たぶん本当だろう。

Sさんにも彼氏がいて僕も彼女がいて、Sさんとはそれっきりだった。
2、3日後Sさんから
「まずいよね、このあいだのこと。お互い彼女、彼氏いるもんね」と切り出され
「そうですね。ずっと黙ってますよ。」と言ったが、
好きになっていた。自分には彼女がいるので、Sさんを対象として見なかったから、
気持ちをセーブしていたかもしれない。明るくて性格もすごくいいし、
さっぱりしていると思ったら可愛くて抱きしめたくなることもある。男だけじゃなく、女子社員
のなかでも人気あったし。一回だけだけどカラダの相性も抜群だったし。

僕はこのことを引きずり、別にばれたわけでもないのに当時つき合っていた
彼女とギクシャクし、別れてしまった。ギクシャクしたのは、Sさんのことが
好きになってしまったからで彼女に心が向かなくなったのだった。
当時の彼女に悪いことをしたと思う。彼女のほうも僕に冷めかけていたのが、
唯一慰めになる。(勝手か?)

彼女と別れた後、しばらくしてSさんから「婚約した」と指輪を嬉しそうに見せられ、
「Mくんにも式に出てもらいたい」と言われた。
「勿論ですよ。いっぱい幸せになってください。それとあのときの話しはエリート社員
 の僕としては困るので、お互い絶対に内緒ですよ」とうそぶいた。(エリートじゃないので)
「うん。ほんとにありがとう。Mくんでよかった」

しばらくはボーとしてしまい、仕事にも集中できなかった。
それから一年たらずでSさんは結婚してしまった。
今でも時々思うのだが、Sさんは僕のことをどう思っていたのだろう。
好きだったのか。一度きりの関係を持ったあと、ほんの少し前より親しくなったけど以前と比べても微妙な差だ。
もともと仕事で重なることがあったので他の人よりは親しかった。
でも「好き」とは違う。当時僕は狂おしいほど(死語)好きだった。でもSさんにはそのことは言えなかった。
言ったら、タガがはずれぐちゃぐちゃとし修羅場をむかえるような気がしたからだ。社内だったし。

そしてSさんは僕に「式に出てほしい」と言った。
「好き」だったからそう言うのか、それとも「好き」ではなく単に親しいからそう言ったのか。

Sさんが結婚して、思っていたほどのショックはなかった。
ショック死するのではないかと思っていたので。。。
式に出席して、会社関係で式に出席した男性は僕ひとりで怪しまれるのではないかと思ったが、
仕事で重なることが多かったせいか、周りは別に不思議に思わなかったらしい。(ホントか?)

その後の披露宴では、旦那さんの人となりもわかりSさんを幸せにしてくれそうな人で良かった。
不思議と心の底からそう思った。凄い嫉妬心が出るのかとも思っていたのに不思議だ。

二次会にも出席したが、二次会では迂闊にも旦那さんとのじゃんけん
大会の最後まで残り、最後は何と旦那さんに勝ってしまったというオチまでついた。
Sさんは嬉しそうに微笑んでくれていた

電車でなんとか理性を保った矢先に

僕は通勤には電車を使っています。出勤の時は満員電車で痴漢に間違われないように両手でつり革をもって冤罪にならないように気を遣っています。

朝はこれから仕事だし歩きも出ないので、痴漢なんて気にはならないのですが問題は退社の時です。

一仕事終え疲れた体で電車に乗る。夜は遅いので比較的すいていて座れることもよくあります。帰りの電車は座れるし揺れが心地よく眠ってしまうこともしばしば。

その日も座り帰って何しようか考えていました。そんな時僕の前に座席にタイトなスカートをはいたOLさんが座りました。おそらく僕より年上のできる女という感じの女性です。

しかし、女性から漂うオーラはなんとも妖艶。シャツもボタンを少し開けて上からなら確実に谷間が見えるのではないかという感じ。

組んでいる足を見るともう少しで見えるようなじれったさ。僕は完全にこの女性の虜になっていました。気付けばチラチラとみていました。

仕事上がりの疲れた心身にこれはもう、「魔がさす」という気持ちもわかる気がします。でもさすがに人生を棒に振りたくないので痴漢という行為には抑制をかけ、ただチラチラ見てその光景を目に焼き付け帰ってからのおかずにしようと思いました。

女性もやたらと足を組み替えたり、前かがみになったりと誘惑しているような感じ。でもそれは僕の勘違いと言い聞かせただ見るだけに徹しました。

そして僕の降りる駅に着き、「いただきます」と心の声で女性にお礼を言って電車を降りました。電車を降りると悶々とした気持ちが僕の股間に現れていました。

するといきなり後ろから、「あの・・・」と声をかけられました。

後ろを振り返るとさっきの妖艶な女性がいるではありませんか!

僕はわけもわからず「すみません!」と言っていました。それはあまりにも僕が見るのでそれを怒りに来たんだと思ったからです。

冷静に考えればそんな怪しいやつに二人きりになって怒る女性なんていないはずなのにその時は焦ってそう思ってしまったんです。

と、そんな時でも僕の下半身は反応したまま。女性はそれに気づき「やっぱりさっき私を見てましたよね。」

僕は正直に「す、すみません。あまりにも魅力的だったのでつい」と言いました。本当はあまりにもエロかったという気持ちでしたがそこは良いように言いました。

女性「それで今そんなになってるんですか?」

僕「は、はい。本当にすみません。」

僕は両手で膨らんでいる股間を抑え謝りました。実は背が高い僕はその女性の谷間が丸見えだったので股間の膨らみが全く収まらないのです。

女性「また見たでしょ」

僕「すみません!見たというか目に付くんですもん」

そう僕が言うと女性が近づいてきて

女性「もっと見て・・・」「手で隠さないで・・・」

と言ってきました。僕は一瞬耳を疑いました。これはどういう状況なのかわかりませんでした。

女性「あなたがエロい目でずっと見てくるからなんだか興奮しちゃった・・・あんなに見てどうしようと思ったの?」

僕「すみません、帰ってからおかずにするつもりでした」

僕は正直者です。というかこの時はこう言ったほうが良い気がしました。

女性「想像でおかずにするぐらいなら実際に味見したほうがいいんじゃない?」

僕「味見どころか全部食べたいです。」

僕はこの女性と相性が良いとこの時すでに分かった気がします。女性も自分の性欲をぶつけられると喜んでいたかもしれません。

女性「ならあなたのおうちで全部食べてちょうだい・・・」

僕「その前にあのトイレで僕の味見をしてくれないと、膨らみが取れなくて歩けません」

女性「じゃあ食べてあげる・・・」

こうして駅のトイレでフェラをしてもらい一発抜いてもらい、そのあと僕の家で何度も何度も女性の全身を堪能しました。

お互いに汗だくになりながら三回ずつ逝ったと思います。そして二人でシャワーに入り話を聞くと、今日は人妻マメックスで約束していた男性にすっぽかされ気持ちだけがムラムラしていたとのこと。

そんな女性と鉢合わせするなんて運が良すぎです。そして女性はこう言いました。

「私がムラムラしてなかったら、あの舐めまわすような見かたは痴漢よ」

と。理性を保ったはずが全然だめだったみたいです。まぁ結果オーライということで。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード