萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

露出

10代あみのマゾ願望~露出

あみは、マゾ願望を抱えている。
SM経験は無い。SMサイトで投稿して知り合った男のメールによる命令を受けてあみは、実行している。

命令によって、薄い恥毛は綺麗にツルツルに剃ってしまっている。ツルツルの恥丘には、「マゾ」の文字をマジックで書いてある。オッパイには「露出狂」と書かされている。

外出するときは下着の着用は許されず、ノーパン、ノーブラで外出する。スーカトの長さは、股下10センチ以内。
ブラウスのボタンは上から3つ以上は外して外出している。
学校の制服についても同様。

メールで命令されたのは、証明写真のボックスで、全裸になって写真を撮り、撮影した写真を持たされ、街中を散歩させられる。

電車の中で、学校の中であみは、忠実に命令を実行している。

今のあみは、複数のS男性に、晒されることを望み始めている。

あみの公開調教は、

SM官能被虐の檻
ネット公開調教館
公開調教部屋

で行われる。

★可愛い彼女の一人暮らしの部屋を覗かせた★

♂(30歳)、♀(25歳)です。
一応普通にお付き合いしているその辺にいるカップルです。(普段は・・・)

僕にもともと露出癖があるので、ちょこちょこ体験談を載せていきたいと思います。

彼女は一人暮らしをしていて、アパートの一階です。
その部屋に遊びに行ったり、お泊りしたりしているのですが、
ある日、ちょっとしたイタズラ心というか、魔が差したというか・・・

彼女がシャワーを浴びている間に、ベランダ側のカーテンをばれないように
開けておきました。長さにして2~3cmほどだと思います。

その日は、シャワーからあがってきた彼女とご飯食べたり、テレビを見たりして過ごして帰りました。

翌日、彼女に黙って、夜10時頃に彼女の部屋のベランダ側に行ってみると、
昨日隙間をあけておいたカーテンから部屋の中がある程度見えます。

彼女はどこにいるのかなと思っていたら、キッチンから下着姿で戻ってきました。
普段は下着だけで生活しているのかと思いながらも興奮してしまいました。

ずっと覗いているのも怪しいので、その日はドキドキしながらも帰りました。

そして2日後、また行ってみると、おじさんが彼女の部屋を覗いているではありませんか!
食いつくように部屋の中を凝視しています。
多分、少ししか見えないからでしょうが・・・

僕が近づくとおじさんは何事もなかったかのように立ち去ってしまいました。
彼女の下着姿見られちゃったのかなって思いながら、ゆっくり覗いてみると、
なんと、彼女は下着姿どころか、オナニー中です。
それは凝視する理由もわかります。
ゆっくりアソコを撫で回して気持ち良さそうな顔でオナニーしています。
僕も興奮してしまって、ベランダの外でオナニーしてしまいました。

翌日、またおじさんがいました。
そして近づくとまたおじさんは立ち去ってしまいました。
部屋を覗くと、四つんばいでのオナニー中です。
Tバックでオナニーしています。
まさかすぐそこで知らない人に覗かれているとは知らずに、指の動きは激しくなっていきます。

おじさんが歩いていたので、手招きしてこっちに呼び、ある程度のいきさつをお話して、
おじさんと一緒に覗きを続けました。
おじさんもアソコを擦り始め、僕もオナニー開始です。
彼女がおじさんのオカズになっているのはなんだかヤキモチでしたが、それも興奮材料に変わってしまいました。

二人でベランダの近くに発射してそそくさと帰りました。

今度は部屋のベランダ側の鍵をあけておいて、オナニーしていたら少し開けて声まで聞けたらいいなと思っています。

『ハプニングバー』

妻と結婚して10年。出産経験が無いからか容姿は良い。
163cm Cカップ 顔が小さくスレンダー系。
結婚前から自慢の彼女であったが、それは今も変わらない。
しかし妻は性欲を表に出さないタイプである。
家では着替えも私の前ではぜず、
風呂上りのバスタオル一枚という姿も見たことが無い。

そんな妻に私は色んなことをさせてきたつもりである。
バイブ、縛り、写真(投稿)、野外露出など。
しかし私の欲望が満たされているわけではない。何かが足りない。
足りないもの、それは私自身よくわかっている。

『妻の陰部に他の男性の肉棒がぶち込まれた姿を見たい』

そんな私の願望がかなえられそうな場所を知ることができた。
それは『ハプニングバー』
妻と外食に出かけたある日、普段より多めに酒を飲ませた。
夜9時をまわり、面白いバーがあるからと誘った。
妻はそこがどんなバーなのか尋ねることも無く快諾した。

車を走らせること30分。
バーの前から店に電話をし、鍵を開けてもらい中へ入った。
私も初めてだったので、2人でスタッフから店内でのルール説明を受けた。
妻は困惑していた。しかし『飲むだけだから』と説得した。

時間帯が早いせいか、数組のカップル、数人の単独男性が静かに飲んでいた。
しばらくすると、他のカップルから声を掛けられ一緒に飲むことになった。
テーブル席から広いソファー席へ。それが全ての始まりだった。

そのカップルから「ここ」での色んな話を聞きながら酒を飲んだ。
私は自分の酒のペース配分をしつつ、妻の酒のオーダーは絶やさなかった。
そして3時間は経過してたであろうか、妻は店の雰囲気にも慣れてきていた。
気が付けばこのテーブル席に3組のカップルに2人の単独男性。
ある頃から私はわざと妻から離れた席に座り他の人と話をするようにしていた。
妻は初対面の男性に挟まれた席で、楽しそうに会話をし酒も飲んでいる。
そして時期は来ていた。

妻の隣に座っている男性が私に視線を送ってくる。
私は妻の背後にある席へ移動して見守ることにした。
その男性が妻を狙っているのは明らか。
妻にわからぬよう振り返って視線を送ってくる男性に、私は軽くうなずいた。
それを合図に彼は妻の耳元で囁くようになり、手も腰や膝元へ。
妻の軽い抵抗を受けながらも、彼は次第に太股や胸をまさぐり始めた。

妻がグラスを置き、目を閉じるまで時間はかからなかった。
彼は右手でブラを外し、左手は股間の中に埋もれ動いている。
妻は小刻みに反応し始めた。
この反応は拒み抵抗しているのではなく、明らかに感じていると確信した。

『妻が知らぬ男性に首筋を舐められ、胸を揉まれ、股間をいじられている』

私は嫉妬していた。が、それは今まで味わったことの無い快感でもあった。

彼は勝負に出た。妻のストッキングとパンティを脱がし始めた。
それは私にとっても勝負であった。「妻がどこまで許すのか・・・」
妻の手と足に力が入る。目もあけず声にも出さないが、先ほどとは違う抵抗。
彼もそうだろうが、私も退けなかった。
私は妻の後ろに寄り添い、耳元で囁いた。「大丈夫、俺がいる」
その瞬間、妻の身体から一気に力が抜け落ちた。

私は妻を後ろから抱きかかえるように支え、彼は妻の下半身を剥き出しにする。
彼は妻の股を大きく開き、陰部に顔を埋めた。
妻の身体がピクピクと反応する。その動きで彼の舌使いが私にも伝わってくる。
私は妻の上半身を脱がせ全裸にし、ソファーに寝かせてそこを離れた。

妻の陰部を舐めまわしてる彼とは別に、全裸の男性が妻に寄って来た。
既にその彼の肉棒はゴムで覆われ、大きく反りかえっている。
おもむろに妻の胸を掴み、乳首を舐めまわし始めた。
妻の身体が大きく、そして激しく揺れる。
私は第三者として彼らの背後から傍観する事にした。

妻から声が漏れない。覗いて見ると妻の口は肉棒でふさがれている。
陰部は舌ではなく指でいじりまわされていた。

『妻が全裸で、肉棒をくわえ、胸を揉まれ、股を大きく開き、陰部を責められている』
『しかも素性も知らぬ男性2人に・・・』

そして最初の彼も肉棒にゴムを着け、ついにその時が来た。
彼が一瞬私に振り向き、そしてさらに妻の股を大きく開く。
彼の肉棒が妻の陰部に触れ、今まさに亀頭が埋もれて行こうといている。

しかし今までになく妻の足に力が入り、股を閉じようとする。
彼はルールを守り一旦様子をうかがった。
私は妻に耳元に寄り「どうした?」と聞いてみた。
小さな声で答えた。「他の人のはイヤ」
彼らは承諾してくれ、私は彼らの前で肉棒を妻の陰部に挿入した。
妻は多くの視線を気にすることも無く、声をもらし、腰を振り、
淫らな姿をさらけだし、そして果てた。

ここまでを読まれ、最後をつまらなく思われたかもしれません。
しかし、その過程においては私の欲望が多く満たされました。
日頃の妻からすれば想像もつかない出来事です。

かなり省略して書きましたが、これが第一幕。
今月中に再び「ここ」に行く予定です。
妻も承諾しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ここ」

妻と結婚して10年。出産経験が無いからか容姿は良い。
163cm Cカップ 顔が小さくスレンダー系。
結婚前から自慢の彼女であったが、それは今も変わらない。
しかし妻は性欲を表に出さないタイプである。
家では着替えも私の前ではぜず、
風呂上りのバスタオル一枚という姿も見たことが無い。

そんな妻に私は色んなことをさせてきたつもりである。
バイブ、縛り、写真(投稿)、野外露出など。
しかし私の欲望が満たされているわけではない。何かが足りない。
足りないもの、それは私自身よくわかっている。

『妻の陰部に他の男性の肉棒がぶち込まれた姿を見たい』

そんな私の願望がかなえられそうな場所を知ることができた。
それは『ハプニングバー』
妻と外食に出かけたある日、普段より多めに酒を飲ませた。
夜9時をまわり、面白いバーがあるからと誘った。
妻はそこがどんなバーなのか尋ねることも無く快諾した。

車を走らせること30分。
バーの前から店に電話をし、鍵を開けてもらい中へ入った。
私も初めてだったので、2人でスタッフから店内でのルール説明を受けた。
妻は困惑していた。しかし『飲むだけだから』と説得した。

時間帯が早いせいか、数組のカップル、数人の単独男性が静かに飲んでいた。
しばらくすると、他のカップルから声を掛けられ一緒に飲むことになった。
テーブル席から広いソファー席へ。それが全ての始まりだった。

そのカップルから「ここ」での色んな話を聞きながら酒を飲んだ。
私は自分の酒のペース配分をしつつ、妻の酒のオーダーは絶やさなかった。
そして3時間は経過してたであろうか、妻は店の雰囲気にも慣れてきていた。
気が付けばこのテーブル席に3組のカップルに2人の単独男性。
ある頃から私はわざと妻から離れた席に座り他の人と話をするようにしていた。
妻は初対面の男性に挟まれた席で、楽しそうに会話をし酒も飲んでいる。
そして時期は来ていた。

妻の隣に座っている男性が私に視線を送ってくる。
私は妻の背後にある席へ移動して見守ることにした。
その男性が妻を狙っているのは明らか。
妻にわからぬよう振り返って視線を送ってくる男性に、私は軽くうなずいた。
それを合図に彼は妻の耳元で囁くようになり、手も腰や膝元へ。
妻の軽い抵抗を受けながらも、彼は次第に太股や胸をまさぐり始めた。

妻がグラスを置き、目を閉じるまで時間はかからなかった。
彼は右手でブラを外し、左手は股間の中に埋もれ動いている。
妻は小刻みに反応し始めた。
この反応は拒み抵抗しているのではなく、明らかに感じていると確信した。

『妻が知らぬ男性に首筋を舐められ、胸を揉まれ、股間をいじられている』

私は嫉妬していた。が、それは今まで味わったことの無い快感でもあった。

彼は勝負に出た。妻のストッキングとパンティを脱がし始めた。
それは私にとっても勝負であった。「妻がどこまで許すのか・・・」
妻の手と足に力が入る。目もあけず声にも出さないが、先ほどとは違う抵抗。
彼もそうだろうが、私も退けなかった。
私は妻の後ろに寄り添い、耳元で囁いた。「大丈夫、俺がいる」
その瞬間、妻の身体から一気に力が抜け落ちた。

私は妻を後ろから抱きかかえるように支え、彼は妻の下半身を剥き出しにする。
彼は妻の股を大きく開き、陰部に顔を埋めた。
妻の身体がピクピクと反応する。その動きで彼の舌使いが私にも伝わってくる。
私は妻の上半身を脱がせ全裸にし、ソファーに寝かせてそこを離れた。

妻の陰部を舐めまわしてる彼とは別に、全裸の男性が妻に寄って来た。
既にその彼の肉棒はゴムで覆われ、大きく反りかえっている。
おもむろに妻の胸を掴み、乳首を舐めまわし始めた。
妻の身体が大きく、そして激しく揺れる。
私は第三者として彼らの背後から傍観する事にした。

妻から声が漏れない。覗いて見ると妻の口は肉棒でふさがれている。
陰部は舌ではなく指でいじりまわされていた。

『妻が全裸で、肉棒をくわえ、胸を揉まれ、股を大きく開き、陰部を責められている』
『しかも素性も知らぬ男性2人に・・・』

そして最初の彼も肉棒にゴムを着け、ついにその時が来た。
彼が一瞬私に振り向き、そしてさらに妻の股を大きく開く。
彼の肉棒が妻の陰部に触れ、今まさに亀頭が埋もれて行こうといている。

しかし今までになく妻の足に力が入り、股を閉じようとする。
彼はルールを守り一旦様子をうかがった。
私は妻に耳元に寄り「どうした?」と聞いてみた。
小さな声で答えた。「他の人のはイヤ」
彼らは承諾してくれ、私は彼らの前で肉棒を妻の陰部に挿入した。
妻は多くの視線を気にすることも無く、声をもらし、腰を振り、
淫らな姿をさらけだし、そして果てた。

ここまでを読まれ、最後をつまらなく思われたかもしれません。
しかし、その過程においては私の欲望が多く満たされました。
日頃の妻からすれば想像もつかない出来事です。

かなり省略して書きましたが、これが第一幕。
今月中に再び「ここ」に行く予定です。
妻も承諾しています。


コピペ

露出狂だった同級生の女子

まあネタ話と思って聞いてくれ
6年生の頃の話。クラスにY子って女子がいたんだけどそいつが「露出狂」だった。
小柄で愛嬌のある女子なんだが、池沼でも苛めでもなく、純粋に裸を見せて相手の反応を
楽しむ生粋の変態さん。
ちなみに俺の初見は水泳の時間。他のクラスと水泳が重なった時は高学年がプールの更衣室を
使う暗黙の了解があるんだけど、Y子は当り前のように教室で服を脱ぎ出した。
正確に言うと、俺が水泳用具の入った袋を持って教室の出口に向かおうとした時に
Y子の手は既に白いパンツにかかってた。何のためらいも無く下ろされる白い布。

俺の目に映るY子のワレメ、片足ずつパンツを脱いでいくときにグニャりと動くワレメが
当時の俺には衝撃的にエロかった。その瞬間をガン見した俺、Y子と目が合って慌てて
視線を逸らした。んでもって逃げるように教室を脱出する俺、後ろから女子たちの
甲高い笑い声が聞こえてきて、絶対俺のこと馬鹿にしてるんだろうな…、って凹んでたよ。
4年生・5年生の時に違うクラスだったんで確証は持てないんだけど、もっと低学年の頃は
違かった気がするし、いつからY子がこんな変態さんになったかは解らん。初めのうちこそ
授業後の着替えは更衣室でしてたんで、さすがに遠慮はあるんだろうな、って思ってたんだけど
甘かった。ある時、授業終了後しばらく経ってからY子が水着のまま戻って来た。
で、当り前のように水着を脱ぎ出す。途端に大人しくなる男子一同、比較的離れた席の俺はともかく
Y子の周辺男子は逃げ出すわけにもいかず、Y子他の女子にからかわれてた。
今に至るまでそうなんだけど、男子弱すぎる…。

ちなみに担任(♂)はどうだったかと言うと、見て見ぬふり、と言うか黙認だった。
夏休みに入って、友人の兄に自慰なる行為を学ぶ至って、俺の中ではある感情が芽生え始めていた。
夏が終わる→水泳が無くなる→Y子の裸が見れなくなる→「もったいない!」
しかしな、結果論から言うとそんな悩みは杞憂だった。Y子の変態さん度は俺の進化率の
それをはるかに上回っていた。体育の授業で私服から体操着に着替える過程で裸になりやがった…。
つまり私服→すっぽんぽん→体操服と言うわけで…、何を言ってるか分からないと思うが
理屈で説明する必要もないよな…、もう本人が脱ぎたくて脱いでるんだから。

この頃に席もかなり近くになってて、周りの女子に揶揄されながらも、「もう慣れたよ」と
クールを気取りながらガン見するぐらいの余裕ができてた。低身長なくせに揺れることができる
くらい膨らんだ胸、ワレメに沿って微妙に膨らむ恥丘。オナニー覚えたての俺は当時もう何度
おかずにしたか…。妄想の中ではあーしてこーしてと凌辱の限りを尽くすのに、実物の
生の裸を目の前に何もできないヘタレな俺。しかしある日ちょっとした事件が起きる。
学校の帰り道、今でも理由は良く思い出せないんだけど、その日は少し遠周りのルートで帰ろうとした。
普段は正門から出るところを裏門から出る、そんなレベルなんだけどな。その時、小学校の菜園や
花壇がある裏庭の角を曲がるY子の姿がちらっと見えた。ピキーンと何かを感じた俺、音をたてないようにそれでいて全力疾走する。

裏庭のブロック塀を曲がった時、俺の目に飛び込んできたのは
全裸で野ションするY子だった、二人揃ってパーフェクトフリーズ。オシッコだけがちょろちょろと
動く不思議な空間。教室で散々見てきたY子の裸だったんだけど、野外と言うシチュエーションなのか、
二人きりと言う空間なのか、オシッコしてると言う背徳感なのか、尿道まで見てしまった感動なのか、
とにかくこんなに焦ったのは以後の人生でも確実に無い瞬間だった。
「あははは、もっと近くで見るー?」
最初にしゃべったのはY子の方でバカっぽくおどけてた。首をかしげながら逃げだす俺。首をかしげると
いう行為にどんな意味があったのかよく解らんけど、当時はそれが精いっぱいの表現だった。

んでもってその翌日の放課後、再びY子と遭遇した裏庭に行くとティッシュが一つ落ちてた。
考えるまでも無いその使用方法を妄想しつつ、ティッシュの臭いを嗅ぎながらオナニーする俺…。
はい、俺も変態でした。
俺も変態ですが、Y子はね、もっと変態なわけで。もうこの辺から真実味が無いと言うか、おっさんの
妄想と言うか、エロゲやりすぎ乙、的な話になるんでその辺は生温かく見守って下さい。
具体的に何したかって言うと、下半身裸で授業受けやがった…。何を言ってるか解らないと思うけど
文字通りスカートもパンツも履かずに授業中の教室の机に座ってた。
伏線的な物もあったらしい。体育のある日しかY子の裸が見られないと愚痴をこぼした男子がいたとかいなかったとか…。

国語か社会の授業だったと思う、後ろから見てなんかY子がモゾモゾしてるなって思った。
そしたら脱いだパンツを机の脇に下げたバックにしまう。うおっ、何やってんだと考える間もなく
今度はスカートを脱いで同じ様にバックにしまう。もうね、たぶん本人と同じくらい、
いや、ひょっとすると本人以上にY子の周りの方がビビってたんじゃないかと思う。
先生に見えてるんじゃないの?とか、前に出て問題解いてと言われたらどうするの?とか、起立して
教科書読んでて言われたらどーするの?とか…。

そしてその日はやって来る。それも唐突に指名されたわけじゃなく名前の順でY子の順番になって。
算数の時間、下半身裸で黒板に板書しやがった…。襟のついたかなりだぶだぶのシャツを着ていて一見すると
普通の恰好だけど、背の低いY子が少し背伸びする度に尻が丸見えになる。クスクス笑う女子、
ヒヤヒヤする男子。書き終わったY子が着席した瞬間、「先生黙認」が「先生公認」になっちまった気がする…。
この頃から「見る」ことに関しては遠慮しなくなってたと思う。と言っても、Y子は他の女子多数と
共に行動することが多かったんで、一人だけ連れ出して男子一同で観賞会、とかは出来なかった。

いや、「観賞会」はあったらしい。机の上に座って、股広げて、これは何て言う部位で、って
国産現役女子小学生による保健体育授業実況中継をやったことはあったらしい。けれど、その瞬間、
その場所に俺はいなかった、何故だ?!何かの野外授業で「面白いこと」を見つけて、それに他の友人らと
熱中してた。で、Y子他比較的早く教室に戻った面々が「観賞会」をやってたとか…。
当時はね、その話を聞いても「ふーん」ぐらいにしか思わなかった。じゃあ今度観賞会やった時は
俺も見せてもらおうくらいに思ってたし、Y子も当り前のように露出してたから。
でもな…、だんだん寒くなってきて重ね着する服の枚数が増えてくると段々Y子の裸を見る機会が減って
いったような気がする。最後に見たのはたぶん修学旅行より前。体育の時間の後に、裸になって
後ろに手を組んで「ああ、段々厚顔無恥になっていく私」とか言いながらクルクル回転してた…。

脱がなくなったY子に悶々としながらも強要するわけにもいかず欲求不満な日々になった男子一同。
もちろん当人になんで脱がなくなったのか聞いたけど、「見たい?」と笑顔で返され慌てふためくのが
当時の俺らだった。尤も、他の女子なんかは結構色々とエロい事してたらしいけど、何やってたのかは
噂の域を出ず、本人たちに聞いても内緒にされてる(走りすぎる電車に向かって露出したとか、皆で
混浴風呂行ったとかソフトなものから、テレクラ行ってるとか外人とヤったとかハードなものまで
噂だけならいろいろ聞いた…)。中学生以降のY子はそりゃもう「普通」の女子で、先日の同窓会で
再会した時は名字も既に変わってた。一次会の時は皆黙ってたけど、恩師と別れ二次会に行く前、
Y子が帰ると聞いて友人の一人が「六年生の時は御馳走様でした」と言いだしたのを皮切りに、
その時の話で一気に盛り上がった、そう、この話をしたかったのは俺だけじゃなかったんだ。でもな、
あの小学校の裏庭で裸で野ションしてた話はついに出なかった、まあ、あれは俺だけの思い出ってことで。

同僚のナースを

以前、地方病院で一緒の病棟で仕事をしていた、
看護婦さんを診察した時の体験談を話してみたいと思います。
まったくの見ず知らずの女性を診察する場合は、
下半身が変化することはめったにありませんが、顔見知りの場合は別です。

特に、普段一緒に病棟で仕事をしている看護婦さんの場合は特別です。
看護婦の仕事はみなさんが想像している以上に激務です。
したがって、けっこう、同じ病院で仕事をしている看護婦を診察するケースは
ちょくちょくあります。本当にこういうときは、医者の役得と感じます。

一度、私が当直の時、内科病棟の夜勤の看護婦が具合が悪くなって診察したことがあります。看護婦も、普段顔をつきあわせている医師に診察してもらうのは恥ずかしいことだと思います。健康診断での恥ずかしさの比ではないと思います。

ふだん話すだけでも、こちらがどきどきしてしまう、独身の確か当時24才だったと思いますが、色白のかわいい看護婦でした。高熱を出しふだんの笑顔が消え、先輩の看護婦から、当直医にみてもらいなさいとすすめられているのを耳にしたときは、一瞬ラッキーと天にも昇るような胸の高鳴りをおぼえたのをいまでもしっかりと記憶しています。

この時は、病棟の詰所は、狭く診察できるスペースはないため、詰所のすぐそばにある、医師の当直室で診察しました。看護婦の方は、具合が悪いため、恥ずかしいとかいっている場合ではなっかったと思いますが、私の方はどきどきしながらも、表面上は比較的冷静に対応できたと思っています。

当直室は、6畳ほどの畳の部屋で、布団が隅に無造作にたたまれていたのをおぼえています。医者と看護婦が畳の部屋の当直室という密室で、やや薄暗い部屋の中で、一対一で、ほとんど会話を交わさずに向かい合っている状況は、あとになって思い出すと、非常にエロチックで、危険なシーンとして思い起こされます。

そんな状況で、診察をするわけですから、どんな医者でも、興奮しないわけがないと思います。しかしながら、その場では胸の高鳴りを感じながら、顔は普段通りの冷静さを装って、応対するわけです。この時の診察の状況を克明に記述してみることにします。

まず、顔を正面視し、両手を目の両側のこめかみの部分に当てます。
そのまま親指を下眼瞼にずらし、下眼瞼をおろしながら、眼球結膜に黄疸、貧血がないかどうかよく観察。その後、後頭部および前頚部から肩のあたりまでリンパ腺がはれていないか念入りに両手で幾分もむような感じで触診。

のどの奥を診た後、次に聴診しますから胸を見せてくださいとやや押し殺した声で告げました。すると彼女は職業意識からか、はずかしいそぶりをみせずに、さっと、白衣をおろし、下着もおろし、さらに手際よくブラもはずし、上半身スッポンポンになりました。

決して、上半身スッポンポンになってくださいとこちらからお願いしたわけではありませんでした。そこは、さすがに看護婦です。次に、両手を左右に大きく開け広げてもらい、脇の下に両手をもぐりこませ、腋窩リンパ節が腫れていないかどうか念入りに調べました。

この時、よく若い患者さんの場合、こそばゆさのあまり吹き出しそうになるのを必死にこらえながら、結局最後は、笑い出してしまうことがよくありますが、この時は、具合が悪いためか、吹き出すことはありませんでした。

たいがいこういう場合、脇の下は汗をかいており、汗が両手にじっとりとつくものです。つぎに、お乳の周辺を念入りに聴診。ピンク色の乳首が印象的でした。結構普段の外来診察の時と違い念入りにしっかりと聴診したように思います。

目の前に顔見知りのうら若き看護婦さんが目の前で、上半身スッポンポン姿になっている場面を想像してください。もうこの時は、下の方は、最高潮にふくらんでしまいびんびん状態です。幸い、羽織る
スタイルの普通の白衣を着ているため、相手に悟られずにすみましたが、これが、ケーシースタイルの白衣(ずっと以前はやった脳外科医のベンケーシーが着ていた白衣です)でしたら、下腹部のもっこりは隠しようがありませんでした。

次に、後ろ向きになるように指示し、背中の聴診を行います。やせているため、一列にくっきりと、とびだした背骨が妙に色っぽく感じたものです。普段の外来では打診などしたことがないのに、なぜか、この時は念入りに行いました。次に、冷静さを装いながら(実はもうこのころは胸の鼓動は最高潮に達していました)、腹部をみますから、おなかを出して仰向けになってくださいと指示しました。

すると、次にこちらが思っていなかった出来事が目の前に繰り広げられたのでした。セパレートタイプの普通の服装の患者さんの普段の外来での診察ではまず起きない光景が目の前に展開されたのです。白衣がするすると下に落ち、その直後に目眩を起こしそうな程の白い素肌が眼前に現われたのです。

彼女のとった行動は目の前で白衣を全部脱いだのです。それも、躊躇することなくさっと、この行動を
とったものでしたから、私は、なぜ彼女が白衣を全部脱いだのか一瞬理解できませんでした。

実は、ワンピースの白衣の為、腹部を露出するためには、白衣を全部脱ぐか、全部まくりあげるしかなかったのです。私は、この時まで、全くこの事に気付いていませんでした。目の前には、上半身スッポンポン姿に加え、白いバンティのうえに腰までの白いバンティストッキングだけを身にまとった看護婦さんが仰向けに寝ているのですから、この時の私の動揺をどう表現したらよいのか理解していただけるでしょうか。

そこで、すぐわれをとりもどし、驚いたそぶりをみせまいと、必死に冷静さをよそおい、おなかの診察に移りました。しげしげと全身を私に見つめられているせいか、彼女は、顔を真っ赤にしながら、恥ずかしさからか、或いは緊張のためからか、たぶん前者だとおもいますが、診察の為とあきらめ、じっと唇を噛んで耐えながら、全身を硬直させているのが手に取るようにわかりました。

普段は、お年寄りを診察しているため、ざらざらした皮膚の感触になれているため、この時は、さらっとしたおなかのみずみずしい皮膚の感触に、思わず体がぞくっとさかだつのを感じました。

つぎの瞬間、このままぎゅっと彼女を抱きしめてしまいたい衝動にかられるのをぐっとおさえ、聴診の後、両手でおなかをくまなくなでながら、肝臓がはれていないか、脾臓がはれていないか、腎臓周囲に圧痛がないか、或いは、おなかのどこかに圧痛がないかと、かかなり念入りに検査しました。

すると、腎臓の後ろの部分に、圧痛が認められ、どうやら急性腎盂腎炎による高熱であることが疑われました。そのことを本人に告げながら、つぎに無造作にくいっと両手で、白いバンティの両側をもち、陰毛が上部4分の1位露出する程度にバンティをすっとさげました。両鼡径部のリンパ節の腫張がないかどうか調べるためです。

次に、白いバンティの前の部分をちょこんと持ち上げ、陰毛の観察です。さらっとした髪の毛のような、多くもなく、少なくもない逆三角形の陰毛に神秘的な感動を覚えたものです。医師にとって、普段の外来でも、陰毛の観察は非常に大事です。

普段の外来では、同様の診察をすることはちょくちょくあるのですが、ほとんどなにも感じず、無機質的な感覚なのですが、この時ばかりは、いつも仕事上、接している若い看護婦さんが目の前で裸身をさらしているのですから、興奮しない方がおかしいです。

その後、普段の診察であればスカートの下のスットキングをさげてもらい、発疹がないかどうか、下腿部に浮腫がないかどうか押しながら観察するのですが、さすがにこの時は、下半身は腰からバンティストッキングがむき出しの状態ですので、そのままスットキングの上から、下腿部に浮腫がないかどうか軽く押して観察しました。

診察を始めてから、この間どのくらいの時間が経過したのか時計をみていなっかたのでわかりません。あっという間の短い時間だったように記憶していますが、実際には、普段の外来診察以上に丁寧に診察したため、看護婦さんにとっては反対にかなり長い時間に感じられたことと思います。

急性腎盂腎炎と診断し、抗生物質を処方し、2--3日間勤務を休むように指示したのですが、2日後には勤務に戻って働いていました。ふつうの患者さんの場合は、急性腎盂腎炎と診断した場合、外来で治療する場合もありますが、原則として入院してもらい、抗生物質の点滴を4日間位行います。人によっては、もっと長く点滴しないといけないケースもあります。

その後、この看護婦さんとは病棟で、お互い何事もなかったかの様にこれまで通り接していました。この時の、出来事は、今でも当時の情景がより鮮明となって思い出されるのですが、時が経過するにつれ興奮の度合いが強まっていくように思います。

中出しを謝ったらピル飲んでいる人妻だった

半年ほど前に30歳の人妻さんとで知り合いました。お互いに既婚者ということで比較的早く仲良くなれました。彼女はパソコン初心者で色々アドバイスしているうちにメールでは伝わりにくいと言われたので「今度、お会いした時に教えましょうか?」とダメ元で誘ってみると「良いですね。教えて下さい。」と誘いに乗ってくれた。

早速、待ち合わせの日時を決めて当日が来るのをクビを長くして待ちました。待ち合わせ場所に行くとプロフ通りの女性がいました。
身長160センチ、体型普通、髪は長く、色白の美人系のおねえさん。
私の彼女への第一印象は「胸デカイな!」でした。軽くアイサツし、ネットカフェへ移動。個室でパソコンの説明をしているので必然的に密着します。彼女がぎこちなくマウスを操作しているのでそっと左手を重ねるとビクッとしたようですがまんざらでもないらしく「急に触るからビックリしました」と言ってきました。

その状態をしばらく続けてると、目が合ったので軽くキス。嫌がる様子もないので、キスを続け舌を入れたら人妻さんの方から絡めてきました。チンコもビンビンだったので、私が「行こうか?」と言いネットカフェを後にし、ラブホへ移動。

ラブホの部屋に入るなり押し倒し、人妻さんの股間をまさぐり湿り具合を確認しつつ、パンティーをむりやり剥ぎ取りオマン○を露出させ、指を挿入すると「シャワー浴びさせてください・・・・」と言ってきましたがディープキスで口を塞ぎ、人妻さんの膣内を指で探索。

人妻さんの反応からGスポット付近を探し出すことに成功しました。Gスポットを集中的に愛撫しつつ上半身を露出させると、やはり見事な巨乳。大きいオッパイが人妻さんが感じるたびにプルンプルン震えます。私がGスポットで遊んでいると人妻さんは「あー、ダメ!イク!イク!」って喘いで、グッタリしました。

私のチンチンもそろそろ気持ちよくなりたかったので人妻さんがグッタリしてるのをいいことにマンコにチンチンを生挿入。グニュニュといった感じで中々のシマリでした。人妻さんは「あー、少し休ませてください・・」と言ってきましたが無視してチンチンを膣内で遊ばせてもらいました。

巨乳の感触を手と頬で味わいつつ、人妻さんの「あ!いい!」という反応を楽しみました。人妻さんの膣内の体温を直にチンチンで感じながら「そろそろ出すか!」と挿入速度をアップしました。

人妻さんが「またイクよ!」と絶頂してくれたので、私もそのまま中出し。出していると人妻さんの方からディープキスをしてきて「中でピクピクしてるね」と囁きました。次回会うことを考え生中出しの件を詫びると「ピル飲んでるから大丈夫です」と言ってくれたので一安心。

その後、お風呂に一緒に入ろうとしたら「照明は消してください・・・・」って言われたので真っ暗な中で入浴です。洗いっこして、スキンシップして入浴後プレイ再開です。

「さっきは私がしてもらったので、今度は私がしますね」と奉仕してくれました。旦那さんの調教が良いようでキスから首筋、乳首と舌を這わせ最後に僕のチンチンを舐めてくれました。玉袋を口に含んだり肛門を舌先でチロチロ舐めたりで流石は人妻さんです。

「フェラ上手ですね!」と感想を述べると「最近してなかったので、そう言われると嬉しいです」と感謝されてしまいました。あんまり気持ち良かったので出そうになるのを堪え69の体勢で私も人妻さんのアソコを見ることにしました。

子供が2人いると言っていたわりにはキレイなマンコでした。前回のプレイでGスポットは確認済みだったので、そこをひたすら愛撫再開。「うー・・あ・」と感じながらも、チンチンをしゃぶり続けてくれました。とりあえずフェラをやめさせ、前戯で人妻さん、イッテもらいました。

そして再度挿入して、正常位から騎乗位に体位を変更して下から突き上げ、巨乳を大きく揺らして目で楽しみました。

「奥に当たって気持ち良い・・イクイクイク!」と再びグッタリま人妻さん。私も彼女のフェラで出そうだったので、中出しです。2回目の割には、けっこうな量が出ました。

「すっごく気持ち良いです・・・」と人妻さんも満足そうだったので、私も「こちらこそ、すっごく気持ち良かったですよ!」と言ってあげました。ベッドの中で色々話したりしているうちにお互い家庭を壊す気はないし、会ったときだけの恋人同士ってコトでこれからもお付き合いしようってコトになりました。

その日、ラブホを出たあと、ネットカフェに行きもう使わないセフレチップインをお互い解約しました。月に2、3度ですが、会って普通の恋人のように今でも関係は続いています。

中学の保健室で合法的な露出

俺は小学生の頃から少し露出の気があった。

誰も居ない更衣室とかでフリチンになる程度だったが。

でもまじめな雰囲気を持っていたせいで、なかなか本性を現せないでいた。

ところがある時、女性・女子にある種、合法的に見せる事ができた。

しかも思いがけないおまけ付きで、新しい性癖も生まれたんだ。

思春期真っ只中の、中3の夏のことだ。

我が中学校の体育の授業は2クラス合同で男子、女子に分かれて行われる。

その日は朝一から体育で、男子はサッカー、女子は水泳だった。

普通にサッカーの試合をしていたが、途中、俺は交錯で転倒、思いっきり体で地面を擦った。

右腕と右腰から太ももまでに擦り傷が大小できてしまい、体操服(短パン)も一部破れてしまった。

痛いものの十分歩ける程度だったため、手当てをしに保健室へ行った。

その前に一旦教室へ制服だけ取りに行ったか。

朝一だし、一応まだ1時間目の授業中ということもあって、保健室には保健の先生以外は誰も居なかった。

保健の先生は30代後半の普通のやさしいおばさん。

しいて芸能人で言うなら宮崎良子風かな。

早速先生に事情を説明し、擦り傷の手当てをしてもらうことになった。

まずは腕。

体操服の袖を捲り消毒と絆創膏。

すぐに終わった。

次は腰から太ももにかけての擦り傷。

まず短パンが破れている事、そして傷の範囲が広いため、そのままでは手当てができない。

「ちょっとこのままやったら手当てできんから、ちょっと恥ずかしいかも知れんけど、下、ずらすよ」

先生は短パンとパンツの右側だけ下に引っ張った。

正直なところ、下着が擦れて傷口に触るのが痛く、手当てもやりにくそうだと感じた俺は、ここで閃いた!

「先生、手当てし難いし、下全部脱ぎますよ」

そう言うと先生はちょっと困った顔をしつつも、「そうやね、恥ずかしいやろうけど、そうしてもらえたら助かる、うん」と同意してくれた。

俺は内心(やった!)と思いつつ、傷口をいたわりながら、パンツごと全部脱ぎきった。

体操服(Tシャツ)と靴下だけという、おちんぽ丸出しの状態に堂々となったのだ!

先生は「膝ぐらいまででええのに」と言っていたが、俺は「どうせパンツも穿き替えるし」と言い切った。

ついテンションが高くなりそうだったが、先生から「きっと恥ずかしいだろうから」と目隠し用タオルを渡されたので、股間だけ隠すこととなり落ち着いた。

そのまま椅子に座りながら手当てを続けてもらった。

途中連絡を聞いた担任(40代、サザエさん風w)が様子を見に来てくれた。

保健の先生が状況を説明しているなか、俺はまたしてもチャンスと思った。

ごく自然に立ち上がり、「せんせー、これぐらいの傷、痛いけど消毒したら大丈夫だと思います」と担任の方へ向いた。

もちろんタオルなど手でおさえずに。

日頃からノリのいい担任は、「わかったわかった。あと見えとるからw」と少し笑いながら傷を確認していた。

俺はさも偶然かのように、「あっ!」と驚いた後、手で隠す仕草をした。

重傷ではないことを確認した担任は、次の授業も遅れるだろうことを伝えるために、余計な事を言いながら職員室へと戻って行った。

「大したケガでもないし、次の授業の先生には言っておくから。可愛いもんも見たし、職員室に戻ります」

俺の手当てはほぼ終わっていたので、痛みが引いたら下着を借りて制服に着替えて戻ることとなった。

と、隣のクラスの女子Kさんがやってきた。

Kさんは軽い天然系の田舎娘、まぁまぁ可愛い感じの子だった。

さっきまで水泳の授業だったはずだがKさんは入ってくるなり、「せんせー、下着持って来るの忘れてしもた」と言った。

どうやら中に水着を着て登校したため、下着を忘れたパターンらしい。

一見セーラー服を着ているが、中はまだ水着を着ており、タオルを挟んで服が濡れないようにしていたようだ。

Kさんは俺に気づき、「うわっどしたん!その傷」と言ってきた。

再三のチャンス到来を予感した俺。

「サッカーでコケてこうなった」

そう言いながら、怪しまれないように一部が見える程度にタオルを捲り傷を見せた。

「っ!見えてる見えてる」と赤面し笑いながら言ってきた。

これぞ理想的なリアクション!

もう絶頂ものだ。

さらに調子に乗った俺は最後の機会とばかりに、「ちょっと我慢できないんでトイレ行ってきていいですか?(事実ちょっと我慢してた)」と伝えた。

トイレは保健室すぐ横にあるとはいえ、廊下に出れるチャンスでもあったからだ。

しかも保健室横のトイレは養護用もかねて男女兼用だ。

先生は、「うーん、まだ痛い?そのままの格好はちょっと」と否定的だった。

しかし俺は粘って、「漏れそうです」とちょっと内股になりながら伝えた。

Kさんの相手をしようとしていた先生は仕方ないという感じで、「仕方ないね、まだ休み時間じゃないからパッと行ってきなよ。ああ、Kさん、一応付き添ってもらえる?その間に下着用意しとくから」とタオルで隠したまま行くことを許可した。

しかもKさんの付き添いつき!

当のKさんも「ああ、いいですよ?。ついでにあたしも行きたかったし」と同意した。

(さすが田舎クオリティ!)

保健室からトイレまでは5歩程度。

だが保健室から出る時は緊張した。

Kさんは制服姿。

俺はTシャツに靴下、股間をタオルで押さえるだけ。

こんな格好で廊下を歩けるなんて滅多に無いチャンス。

俺は夢のシチュエーションに興奮を抑えることに必死だった。

もっともKさんは普段通りだったので、お構いなしに進んだ。

そうして、ごく普通に2人してトイレへ入っていった。

トイレ内は個室1つと、小便器(朝顔型)1つに、洗濯機や大きい手洗い場がある程度だった。

Kさんは気を遣って、「個室使う?」と聞いてきたが、俺は「別にいいよ」と言うと、さっさと小便器の前まで行き、そのままタオルをどけて丸出しで小便をした。

ただの露出だけに留まらず、放尿姿までも見られることに成功した。

Kさんはこちらをちらりと見た後、個室の中に入っていった。

ふと思い返したが、Kさんはまだ中にスク水を着ていた。

どうするのかと思っていたが、やたら服を脱ぐ音が聞こえた。

ここの個室は隙間が大きい。

ばれないように覗き込んだ。

毛で覆われたワレメが!

そして“しょわぁ”とオシッコの音が。

絶対に見られたくないところ、そして男は絶対に聞けない音も味わえた。

その後、“カラン”、続いて、「えっ」とだけ聞こえた。

まさかのハプニング!

その理由はすぐにわかった。

「ごめん、紙あったらとって?」

俺は積んであったトイレットペーパーを取り、渡そうとした。

「どうやって渡そう?」と言うと、扉が少しだけ開いた。

中を見ないように渡そうとしたが、なかなか受け取らない。

仕方ないのでやむなしで覗き込むと、素っ裸でしゃがむKさんが!

Kさんはこの後着替えるため、中の水着を全部脱ぎきっていたようだ。

手に脱いだ水着や制服などを持っていたため、取れなかったようだ。

(だったら制服は着てからすればよかったのに)

小ぶりな胸は服と手で隠されていたが、毛がすでに生え揃っていたあそこはよく見えた。

「あ?もう見んとってよ」

そう言いながら手をばたばたさせていたので、俺も動揺しつつ紙を渡した。

制服を着込んだKさんは、個室から出てきた後も割とサバサバとしており、「あたしもY君の見てるしお互いやから」と言ってくれたのが救いだった。

もっとよく見りゃよかったと悔やまれるが、ひとまず休み時間が来る前に、再び保健室へ戻ることにした。

「あ、Y君、タオルタオル」

トイレを出る前にKさんに言われた。

俺は自分が済ませたあと、Kさんの方が気になっていたためタオルを洗面台に置いたままだった。

「ああ、そうだった」とタオルを手にしたが、素で丸出しになっていた。

Kさんもあまりに自然だったため、忘れていた。

リアクションが無かったことに不審な感じがしたが、とりあえず保健室に戻った。

保健室に戻ると、もう二人分の替えの下着を用意してくれていた。

俺は、「もう少し痛みが引いてから」とそのまま椅子に座っていたが、Kさんは替えの下着を受け取っていた。

ちなみにトイレで水着は脱いでいたので、今はノーパン状態!

Kさんはさらに、「ちょっとタオル借りていいですか?まだちょっと湿っぽいんで」と先生に言った。

先生からタオルを受け取るとスカートを捲って打ち腿やお尻を拭いた。

さっと拭いただけだったが、再び見ることができた。

先生も「あっ」と言ったが、すぐだったので制止しなかった。

代わりに、「女の子なのにはしたない」とちょっと怒られていた。

「Y君のも見えてるからおあいこ、おあいこ。もっともあたしは弟ので見慣れとるからね?。お風呂で。弟のも前までそんな感じやったし」とあっさり言った。

Kさんに弟がいることは知っていた。

小6の時に入学してきたと思うから今は小5ぐらい。

の、ちょっと前ということは10歳ぐらい?

そう、実は俺、中3にも関わらず皮は剥けておらず(仮性包茎)、毛も生えて無く、タマも下がってなく、小指ぐらいの大きさ(3?4cm)から成長していない。

まさしく小学生チンコだった。

(この頃までは年1?2ぐらいでおねしょしていたから幼児レベル?)

「ほらほら余計なことは言わないでさっさと穿いたら教室に戻る」

先生にそう諭され、Kさんは保健室から出て行った。

同級生の子から『小学生レベル』と言われてしまい、恥ずかしさもあったが、同時に自分のM心までの目覚めるきっかけにもなった。

軽く罵られた感じに、なんとも言えないゾクゾク感まで味わえた。

「ほら、そろそろ痛みは引いた?そしたら着替えなよ?」

痛みも引いた俺は着替え始めた。

途中、先生が大真面目に聞いてきた。

「皮は引っ張れば剥けるの?」

「はい、普通に」

俺は摘んで剥いて見せた。

「痛くない?」

「はい」

先生はまじまじと見た後、「じゃあ毎日清潔にするように。トイレの時もなるべくなら剥いたほうがええよ。将来役立つから」と教えてくれた。

最後に俺は先生にお礼を言った。

先生からは最後に、「Kさんはああ言ったけど、気にせんときなよ。こーいうのは個人差があるもんやから」とよくわからないが励まされた。

これすらも言い知れない感覚を覚えてしまった。

これが、包茎短小やM男、そして女の子のオシッコフェチへ進むきっかけとなった体験談でした。

そして十数年経った今も包茎短小です。

旦那さんの調教が良い!!

32歳の人妻さんとで知り合いました。お互いに既婚者ということで比較的早く仲良くなれました。彼女はパソコン初心者で色々アドバイスしているうちに、メールでは伝わりにくいと言われたので「今度、お会いした時に教えましょうか?」とダメ元で誘ってみると・・・

「良いですね。教えて下さい。」と誘いに乗ってくれた。

早速、待ち合わせの日時を決めて当日が来るのをクビを長くして待ちました。待ち合わせ場所に行くとプロフ通りの女性がいました。身長160センチ、体型普通、髪は長く、色白の美人系のおねえさん。私の彼女への第一印象は「胸デカイな!」でした。軽くアイサツし、ネットカフェへ移動。個室でパソコンの説明をしているので必然的に密着します。

彼女がぎこちなくマウスを操作しているので、そっと左手を重ねるとビクッとしたようですが、まんざらでもないらしく「急に触るからビックリしました」と言ってきました。その状態をしばらく続けてると、目が合ったので軽くキス。嫌がる様子もないので、キスを続け舌を入れたら人妻さんの方から絡めてきました。

チンコもビンビンだったので、私が「行こうか?」と言いネットカフェを後にし、ラブホへ移動。

ラブホの部屋に入るなり押し倒し、人妻さんの股間をまさぐり湿り具合を確認しつつ、パンティーをむりやり剥ぎ取りオマン○を露出させ、指を挿入すると「シャワー浴びさせてください・・」と言ってきましたが、ディープキスで口を塞ぎ、人妻さんの膣内を指で探索。人妻さんの反応からGスポット付近を探し出すことに成功しました。

Gスポットを集中的に愛撫しつつ上半身を露出させると、やはり見事な巨乳。大きいオッパイが人妻さんが感じるたびにプルンプルン震えます。私がGスポットで遊んでいると人妻さんは「あー、ダメ!イク!イク!」って喘いで、グッタリしました。私のチンチンもそろそろ気持ちよくなりたかったので、人妻さんがグッタリしてるのをいいことにマンコにチンチンを生挿入。

グニュニュといった感じで中々のシマリでした。人妻さんは「あー、少し休ませてください・・」と言ってきましたが、無視してチンチンを膣内で遊ばせてもらいました。巨乳の感触を手と頬で味わいつつ、人妻さんの「あ!いい!」という反応を楽しみました。人妻さんの膣内の体温を直にチンチンで感じながら「そろそろ出すか!」と挿入速度をアップしました。

人妻さんが「またイクイクイクよ!」と絶頂してくれたので、私もそのまま中出し。出していると人妻さんの方からディープキスをしてきて「中でピクピクしてるね」と囁きました。次回会うことを考え生中出しの件を詫びると「ピル飲んでるから大丈夫です」と言ってくれたので一安心。

その後、お風呂に一緒に入ろうとしたら「照明は消してください・・」って言われたので真っ暗な中で入浴です。洗いっこして、スキンシップして入浴後プレイ再開です。「さっきは私がしてもらったので、今度は私がしますね」と奉仕してくれました。

旦那さんの調教が良いようでキスから首筋、乳首と舌を這わせ最後に僕のチンチンを舐めてくれました。玉袋を口に含んだり肛門を舌先でチロチロ舐めたりで流石は人妻さんです。

「フェラ上手ですね!」と感想を述べると「最近してなかったので、そう言われると嬉しいです」と感謝されてしまいました。あんまり気持ち良かったので出そうになるのを堪え、69の体勢で私も人妻さんのアソコを見ることにしました。子供が1人いると言っていたわりにはキレイなマンコでした。

前回のプレイでGスポットは確認済みだったので、そこをひたすら愛撫再開。「うー・・あ・」と感じながらも、チンチンをしゃぶり続けてくれました。とりあえずフェラをやめさせ、前戯で人妻さん、イッテもらいました。そして再度挿入して、正常位から騎乗位に体位を変更して下から突き上げ、巨乳を大きく揺らして目で楽しみました。

「奥に当たって気持ち良い・・イクイクイク!」と再びグッタリ人妻さん。私も彼女のフェラで出そうだったので、中出しです。2回目の割には、けっこうな量が出ました。

「すっごく気持ち良いです・・・」と人妻さんも満足そうだったので、私も「こちらこそ、すっごく気持ち良かったですよ!」と言ってあげました。ベッドの中で色々話したりしているうちにお互い家庭を壊す気はないし、会ったときだけの恋人同士ってコトでこれからもお付き合いしようってコトになりました。

その日、ラブホを出たあと、ネットカフェに行き人妻ハンモックをお互い退会しました。月に2、3度ですが、会って普通の恋人のように今でも関係は続いています。

レイプっぽくて興奮した

プロフィールに「お友達募集」なんて書いてあったから少しメールで話すと、すぐに下ネタになった。

ヒトミは人妻で、30代後半の熟れきった体をもてあましていた。

夫は仕事で忙しく、子供もいないため、ヒマと性欲だけがありあまっているらしい。

ちょっとぽっちゃり気味のヒトミの体は抱き心地がよく、色白でしっとりとしたもち肌は何度抱いても飽きなかった。

ヒトミの方も、俺がセックスしようとすると、何度でも付き合うくらい貪欲だったので、会う度にお互いにへとへとになるくらいヤりまくった。

俺とのセックスが適度な運動になっているのか、若い男とヤってるというのがホルモンだかフェロモンだかに影響したのか、ヒトミはだんだんと痩せて色っぽくなってきた。

待ち合わせ場所からラブホテルに行くまでの短い距離がものすごく長く感じる。

人気のない真昼間の公園を通っていると、ヒトミがつまづいてこけた。

「あーん。ストッキングが伝線しちゃった。」

おじぎをするように体を折り曲げて、足首のストッキングの伝線状況を確かめているヒトミの姿をみていると、がまんできないほどむらむらしてしまった。

ヒトミの手をつかんで、引きずるように木陰の方へ連れ込む。

「えっ!?どうしたの?」

戸惑っているヒトミの唇をキスでふさいで、ヒトミの体を抱きしめ、右手でタイトスカートをたくし上げる。

「待って、ここでするの?」

ヒトミがあわてて、俺から体をはなそうとする。

「もう待ちきれないんだよ。ちょっとだけだから。」

欲望にぎらついた俺の目をみると、ヒトミは抵抗しなくなった。

木に両手をつかせて、後ろからタイトスカートをまくりあげて、ストッキングをおしりの部分からおまんこの上まで破く。

ちょっと強姦ぽくて、ますます興奮した。

ストッキングの破けたところから、パンティをつかんで、ぐっと寄せ、ちんぽをねじこむ。

いつ人が来るかわからない野外露出でのセックスは、やけに俺達を興奮させた。

俺がせわしなくピストン運動するたびに、結合部からはいやらしい雫がしたたり落ちる。

「も・・・ダメ・・・イきそう。」

木にすがりついたヒトミが震えながら絶頂を迎えると、俺のちんぽからも精液が飛び出した。

ヒトミのおまんこに中出しするのははじめてではないが、まるで搾り取るようにおまんこが何度も収縮して、いつも以上に射精が長く続く。

射精が終わった後は、しゃがみこみたくなるほどの脱力感がおそった。

まだ硬いままのちんぽをおまんこから抜くと、中出しした精液がどろりとおまんこからたれて、太ももに伝っていく。

黒いストッキングに白い精液がたれているのが、いやらしいコントラストだった。

ヒトミはバックからティッシュを取り出して、おまんこからあふれる精液を拭うと、俺のちんぽもキレイにしてくれた。

わずか10分足らずのセックスだったのに、野外露出で興奮したせいか、やけに充実していた。

ヒトミの体が熟れていればこそ、前戯なしでも、俺のちんぽをするりと受け入れたのだろうけど、いつも以上の具合のよさだった。

野外露出セックスの気持ちよさに目覚めた俺たちは、それからもマンションの屋上や観覧車の中などでセックスした。

でも、やっぱり一番興奮するのは、公園などの木が側にあるところでの野外露出セックスだった。

時間に余裕のあるときは、レンタカーを借りて、ちょっと山奥に足を伸ばす。

少し森の中に入れば、かなり自由に野外露出セックスを楽しめる。

全裸になったヒトミは、ハイヒールだけをはいた状態で、車に両手をついている。

後ろからちんぽを挿入して、激しく腰を打ち付ければ、ぐちゅぐちゅという結合部からの音がどんどん大きくなっていく。

ヒトミのあえぎ声も悲鳴じみたものになってきて、まるで動物の鳴き声のようだ。

ヒトミがイきそうになったところで、俺はヒトミのおまんこからちんぽを抜いた。

はあはあと荒い息を吐きながら、不満そうな表情でヒトミが俺を振り返る。

抱きついてきたヒトミの片足を持ち上げて、もう一度、ヒトミのおまんこの中にちんぽを挿入する。

ああ、もうすぐイきそうだと思ったとき、作業着を着たおっさんが木の陰から現れた。

呆然とした表情で、俺達のセックスをみつめている。

ヤバと思った瞬間、ヒトミのおまんこがぎゅっとしまり、俺のちんぽから精液が射精された。

射精の余韻に浸る間もなく、おまんこから中出しした精液をたれながしているヒトミをあわてて車に乗せ、ちんぽも出しっぱなしで車を走らせた。

心臓がばくばくいっている。

興奮のせいか、出しっぱなしのちんぽがまた勃起しはじめた。

ヒトミが運転席に体を乗り出して、フェラチオしてくる。

フェラチオの気持ちよさで運転に集中できなくなってきたので、道の脇に駐車した。

すぐにヒトミが俺のひざの上にまたがる。

さっき中出しした俺の精液が冷えて冷たくなったおまんこは、ちんぽで何度かかき回すうちに、また温かくなってきた。

ねっとりと出し入れを愉しんでいると、ヒトミがディープキスしてきた。

見知らぬ男に野外露出セックスをみられても、恥ずかしがるどころか、むしろ興奮しているらしいヒトミの様子に、俺は妄想をかきたてられる。

もしも、さっきのおっさんが襲ってきてたら、今頃3Pになってたかもな、野外露出で3Pっていうのも、興奮しそうだ。

「なあ、さっきのおっさんにも野外露出セックスに参加してもらってたら、ヒトミはもっと愉しめたんじゃないの?」

俺がからかうようにいうと、ヒトミのおまんこはますますしまった。

野外露出で3Pしているのを想像したらしい。

「あなただけで十分よ。知らない人と3Pなんてイヤ。」

想像だけでこんなにとろけそうになっているヒトミのおまんこは、ヒトミの言葉を否定している。

今度、友達を誘って、野外露出セックスで3Pしてみるかと考えながら、俺はヒトミのおまんこの中に二回目の中出しをした。

ヒトミと知り合った人妻カミテラスで、男を募集させるのも楽しいかも


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード