萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

露出

妻が温泉で・・・・

私達夫婦は50歳になり、お祝いに温泉旅行に行くことになりました
妻は子供を二人産んでおりますが、体型はまだまだ若い頃と同じですごく若く見えます、B88、W60、H90で服のセンスも良く子供たちの影響でミニスカートで肌を露出しながら出かける事もよくあります。

私たちは温泉が大好きで、あっちこっちの温泉に行っております
この前は車で北海道旅行へ行ってきました、温泉も沢山あり楽しみましたが、一番印象に残っているのが、露天風呂で入り口が男女別々ですが、中に入ると露天風呂は同じになっているんです、それも薄暗く妻の裸がめちゃめちゃ色っぽく見え私が興奮しているのを覚えています。

その時に妻を他の男性に見せてあげたいと思うようになり、妻と話をして混浴の温泉で男達に見てもらえるよう、あっちこっちへと探して行くようになりました。

最初は恥ずかしがっている妻がとても美しくまた魅力的な女性に見え、年齢も気にしないほど肌も美しく、妻の裸を見せるのが楽しみになり、何回も男達に見せてあげるようになり、その夜は妻を抱くのが楽しみになっていていました

そのうち妻も見られるのも平気になり、タオルで隠しながら他の男性にチラチラ見えるようにして感じているみたいです

妻と相談して、私達が別々で他人のフリをしてお互い知らない人で混浴に入ってみて、どうなるか見たいねって妻が言うので面白いからやってみようとなり、温泉で行くことに

ホテルでゆっくりしながらお酒でも飲み妻と色々想像しながら、どうなちゃうのか想像だけが、妻に俺が近寄って口説くから覚悟しなさいって、男が増えてきたら俺しらないぞーーってお互いが興奮して妻が犯されるのを見たいような見たくないような変な気持で・・

夜10時ごろに混浴にはまだ、だれも入っていない状態で、私達が少し離れて湯船に・・・すぐに若い男が2人入ってきて、妻を見ながら端の方へ入って妻をじろじろと見つめています、でもなかなか近寄らないので、私が妻の近くに寄って、話をはじめたら、男たちも近くに来て会話に参加して少し慣れてきたので、私が妻の体に触れて
乳を見えるようにして、後ろから乳首を指で揉んで・・・・
そしたら二人の男性も妻に触りはじめて、妻が感じているのが・・

私が強引に妻の足を大きく広げて、男たちに見えるようにして・・
妻のあそこが見えるように・・・・・

男性達のあそこが大きくなって反り返ってる、それも太くて大きい
俺のより大きい、妻がそれを見てビックリしてるようです(笑)

妻が男達の大きなものを受け入れてしまうのかな~・・・・・・

俺は妻のあそこに指を入れて動かしてみると、男性達が激しく妻に触れてきて、無理やり妻の口の中に・・・もう一人は妻の大事な部分に入れて・・・・・

3人で妻を弄んでいる時に男達の友達が2人入ってきて・・
私はその場を離れて妻を見守るようにして・・・・・・・

妻が悶えている・・・4人で廻されてる、入れ替わって何回も入れられてる姿を見ながら私が興奮しているのが不思議で・・・

すごい光景を見ながら興奮していたのを覚えています

その後妻は彼達の部屋に連れて行かれ、朝になって私達の部屋に帰って来ました。

妻に聞くと、部屋で何回も出されたそうです、でもとても感じていたそうです。

また温泉へ行こうねって言われました(笑)

小5で

初めて射精した話です。当時のぼくはエッチなことも詳しくないしあまり興味もありませんでした。でもときどきあそこが、固くなりぴーんとなるのです。そこでどんなとき固くなるか調べてみました。もちろんオナニーなど知りません。そしたら裸になりあそこを露出すると固くなってきました。でも自然に元に戻ってしまいます。ぼくはずっとかたいままにしてみたくなり、家に帰ってからずっと
ちんちんを

夫の友人は本当の御主人様   出会い

初めて投稿する33歳の人妻です。
私には9歳年上の主人がいます。
夫と出会ったのは11年前。新卒で就職し先輩に付いて外回りの営業に
出ていました。右も左も分からない私は先輩に怒られる毎日。
そんな時、営業先の会社で夫に出会いました。
 ”新人さん?初々しいね!緊張しないで肩の力抜いて・・・”
 ”すいません!こいつ全然使えなくて・・・”
 ”まぁ新人なんて初めは皆そうでしょ!あなただって・・・”
 ”そうですけど・・・”
凄く感じのいい大人の男性を感じながら、何度か会っている内に好意を持つように
なったんです。やがて夫の連絡先を聞き出し、一緒に食事をする様になって1年程で
結婚という事になりました。
当時32歳と言う若さで夫は部長にだった為、私は専業主婦として家事を任されました。
初めは幸せでした。しかし一向に出来ない子供に夫の愛情も薄れて行った様に感じます。
しかも病院で詳しく調べて貰った所、私の卵子に影響があり子供は諦めた方がいいと
言うんです。崖から突き落とされた感じでした。
益々夫との関係も冷め、結婚3年を迎えた頃には夫婦の営みは無くなり、主人と家政婦
みたいな関係になりました。
さらに5年を過ぎた時には、家庭内別居の様に別々の部屋で寝る様になり生活は
すれ違うばかり。
それでも夫は会社の面子(立場)から別れを言う事は無く、会社の人と会う時は仮面夫婦を
演じていました。

そんな人生を1人淋しく過ごしている時、夫の友人Aさんと出会ったんです。
Aさんは夫の同期でしたが、立場は部下。
出会ったのも夫が忘れた書類を家に取に来たのがAさんでした。
汗を流しながら玄関先に立つAさんが”すいません書類取に来ました”とペコペコ頭を下げ
”奥様ですか?初めまして”と何とも感じのいい初対面だったんです。
夫にしてみてもAさんは同期で気の知れた仲だったんでしょう!それから時々家に飲みに
来る様になったんです。
Aさんは私にも凄く優しく接してくれ、夫が”もうここはいいから向うへ行ってて”と冷たく言うと
”いいじゃないか?一緒に飲みましょうよ”と私を女性として扱ってくれたんです。
やがて私はすっかりAさんが忘れられなくなり、いつしか夫に隠れて会う様になったんです。
その日は夫が出張で1週間程家を空けてる初日で、Aさんと待ち合わせをしました。
お洒落なレストランで食事をして、気取らない居酒屋でお酒を飲むと、やがて2人は
吸い込まれる様にホテルへ入って行ったんです。
シャワーを浴び、ベットで待つAさんの元へ向かうと両手で抱きしめられ熱いキスをされました。
蕩ける様なキスに身体は火照り、Aさんは私が巻きつけたタオルを取るとベットに押し倒し
アソコに顔を埋めてきました。優しく舐められ、もうエッチな汁が溢れペチャペチャと音が
聞え恥ずかしくて顔を赤らめていると、”今度は君が僕を気持ち良くする番だよ”と言い
彼はパンツを脱ぎ、怒り狂った肉棒を目の前に差し出して来たんです。
彼の肉棒は夫の物とは比較にならない位の大きさで、長さも太さも今まで見た事が無い
サイズでした。口に含むと苦しい程です。
それでも必死に彼の肉棒を咥え舌でペロペロと舐めたんです。
彼も直ぐに私のアソコに舌を伸ばし、舐めながらクリトリスを弄り始めると、私の体内からは
大量の汁が溢れるのがわかります。
その後、彼の肉棒をマンコに差し込まれ、私は思わず”凄い大きい”と声を上げてしまいました。
長く太い肉棒が私の子宮を刺激し、私は直ぐに絶頂を迎えたんです。
こんなに気持ちいいSEXは初めてで、夫の下手さをしらされました。
2度・3度と逝った時、更に追い打ちをかける様にAさんが激しく腰を動かし、クリトリスを弄り
乳首を舌で転がしてきます。何度も逝かされた後で、もう敏感になった私は初めて潮と言う
物を噴き出したんです。
生暖かい感触が伝わり、無意識にオシッコを漏らしている様な異様な感覚!
それと同時に膣内にも生暖かい物を吐き出されるのを感じたんです。
Aさんが抱きしめながら優しくキスをしてきて”良かったよ”と囁きました。

それから夫が帰るまでの1週間、毎日の様にAさんとホテルに出掛け抱き合う様になり、
私はAさんの肉棒に魅了されて行ったんです。
Aさんと不倫関係になって1ヵ月が過ぎる頃には、Aさんは人気の無い場所でフェラを
強要してきたり、街中でお尻に手を触れて来たりと大胆になり始めたんです。
でもAさんの虜になった私には彼の言葉は絶対で何でも従ってしまうと同時に、彼の
指示が嬉しくもあり気持ちよくもあったんです。(私はどMだったんですね・・・笑)
彼の行動は凄くサディスティックで、夫のいる部屋でもノーパン・ノーブラで、夫の
後ろでスカートを大きく捲り上げ、Aさんに生マンコを披露させられたり、映画館や
トイレでフェラやバックから挿し込まれると言った事が続きました。
最近では、Aさんの事は”御主人様”と言う様になり、連絡が入ったら何処にでも
ノーパン・ノーブラで出かけて行きます。
街外れの山中で私は体を縛られ、浣腸を何百ccも挿れられ排泄物と一緒に浣腸液を
噴き出しながら彼の肉棒を咥えるのが日課で、その後彼に綺麗になったアナルに
肉棒を入れられます。彼に拡張されたマンコもアナルも緩々で、彼の大きな肉棒が
簡単に入る様になりました。
”御主人様・・・凄く気持ちいいです。もっと広げて下さい”と言う言葉を言っている自分に
酔っているんでしょうね!雌犬・雌豚になった様な気分に酔いしれています。
もうアソコには毛が1本も生えていません。彼に毛抜きで抜かれマンコとクリは変な吸引器で
吸われ、肉が腫れ上がった様になりクリも大きくなっています。
夫は、私の体に興味が無いので見られる事はありませんが、他の男性が見たら・・・。

今はAさんに嫌われる事が一番怖く、いつまでも可愛がっても貰えるように日々努力しています。
Aさんは露出や乱交にも興味がある様で、今度露出にチャレンジします。

女性教師のお仕置き教室④

かかしの刑

一時間目が終わり
僕と大石は四面楚歌の状態だった。
僕は下半身パンツ一枚
大石は落書きされた顔


教室にいるとクラスの女子に笑われ 廊下に出ると下級生達や先生に笑われ最悪の状況だった。

結局トイレ以外には教室の外へ出ていかず、真鍋と三人で一緒に過ごしていた。


そうこうするうちに
二時間目の数学の授業が始まった。

僕らの担任で数学担当の福島元子先生は開口一番
『今日は抜き打ちで小テストをします』と言いプリントを配り始めた。

『えー 今から10分以内で回答すること! 採点して最下位の者は例によって罰を受けてもらいます』の一言に
みんな必死で問題に取り組んだ。


10分後
『はい!そこまで!各自、用紙を先生のところまで持ってきなさい』と手を叩いて促した。


クラス全員が緊張した面持ちで
採点結果を待った。


数分経って
先生が教卓の横に立ち
『皆さん、本当によく頑張ってます。日頃の努力が理解できますよ』


その言葉にクラス全員
安堵の表情に戻った。

しかし 次に先生の発した言葉に
僕はショックを受けた。


『そうやってクラス全員頑張っているのに関わらず、一人だけ信じられないような点を取った人がいます!』

クラスは騒然となった。


『篠原くん あなたの事です!!
さぁ
椅子を持って前へ出てらっしゃい!』

僕は言われたように椅子を持って教壇へ行く。


椅子を持って教壇に行くということは
また立たされるということに違いない。


先生は、項垂れる僕の顔を見ながら『今朝ホームルームで宣言したわね。覚えてる?』

僕は仕方なく頷いた。

『はい!じゃあ制服脱いでパンツ一枚になりなさい』

しぶしぶと先生の指示に従い
僕は上半身を全部脱いだ。

『靴下は履いてていいわよ』

結局パンツ一枚に靴下だけの情けない格好で教壇の上に立たされ
女子全員の嘲笑を嫌というほど浴び顔が真っ赤になる。

先生は
『じゃ、椅子の上で立ってもらいましょうか』と冷笑しながら言った。


教壇の椅子の上にパンツ一枚の格好で立ち クラス全員の晒し者になる。 みんなの顔が嫌でも僕に注目する。
隣同士でヒソヒソと話す女子
指差しながら笑う女子
机の上にうつ伏せになって笑う女子
様々な光景を
僕は上から見下ろす形になって見ていた。


それだけで充分辱しめを受けているのに
先生は更に追加の罰を与えた。

『篠原くん、まだこんなものじゃ済まさないわよ。今日は特別に「かかしの刑」を用意してますからね』

僕は『えっ?かかしの刑?』と先生に聞いてしまった。

『そう あなたには二時間目の授業の間そこで、かかしになってもらいます』

そう言うと先生は『あなたたち 手伝って』と前の席の女子二人を指名した。
そうして黒板横に置いてある一メートルの竹定規を手に取ると
『腕を水平に伸ばしなさい!』と命じた。

僕が手を伸ばすと
先生は背後から伸ばした両腕に定規を添え、先程の女子二人に
『そのまま、定規を抑えててね』と言い、今度は定規を左右の手首のところでガムテープで固定した。

こうして僕は左右に水平に両腕を強制的に伸ばした形になったのである。

『うーん いい格好ね よし!じゃ後ろの掃除用具入れからバケツ二つ持ってきて』と女子に命じた

ブリキのバケツが用意され
先生は僕の左右の手首に一つずつ引っかけた。

身動き出来ない僕に
さらに先生は用意していた『反省中』と書かれたプラカードを首からかけると今度は僕の頭の上に黒板消しを載せた


クラス全員、大爆笑が起こった。
顔から火が出るほど恥ずかしいお仕置きだった。

『なかなかお似合いね じゃそのままの格好で反省なさい!
それと頭の上の黒板消し落としたりしたら今度はパンツも脱がしますよ。精神統一しないと大変なことになるわね』と笑いながら言った。

そして30点と赤文字で書かれた僕の答案用紙を全員の前で見せつけながら
『いい? こんな点を取ると篠原くんみたいな罰をうけるんですよ』と公開した。

クラスの大爆笑を収めるかのように先生は手を叩くと
『はいはい!静かにして
授業はじめますよ』と言った。


僕は 時おりクスクスと笑う女子の視線が合わぬよううつむいていた。

先生は黒板の方を向き板書きしている。

黒板消しを落とさぬよう必死で頑張っている僕に思いがけないことが起こった。

何と最前列の女子二人が交互に定規でつつきはじめたのである。
それも先生にばれないように…

『止めろ』と声を出す訳にもいかず姿勢を崩さぬよう抵抗したが


努力の甲斐もなく


黒板消しは落ちてしまった。


『先生っ』
次の瞬間 一人の女子が声を上げた。

『何ですか?』
先生が黒板から振り返ると

『篠原くんが黒板消し落としました』と告げた。


あぁ 何ていうことだ

自分が落とした訳でもないのに…

でもクラスの女子ボスの宮田こずえの目が『本当のこと言ったらリンチだよ』と言わんばかりに睨み付けている。


先生は僕の前に腕組みをしたまま立ち
『あらあら 先生の言い付け守れなかったのね』とニコニコしながら言う。

僕は無言のままうつむいていた。
『仕方ないね 約束だからね』と前屈みになって先生は僕のパンツを足首まで下げた。


今日一番の大爆笑が起こる!!

惨めさで涙が出てきた。

再び黒板消しを頭に載せられ下半身露出したまま立たされる。


そうして授業の終盤近く
僕は『もうすぐ終わる』と自分に言い聞かせ恥ずかしさを紛らわしていた時…

またもや窮地に陥る


先生は教科書を教卓に置き
『今日少し暑くない?』と言い『窓側の席の人、廊下側の窓全部空けて。空気の入れ換えしましょ』と命じた。


このまま定時に授業終わらないと開放された教室が丸見えになる。先に授業が終わった他のクラスの生徒や先生たちに笑い者になるのは目に見えている。

お願いです!!福島先生
早く授業終えてくださいと
心のうちで願っていたが
無駄に終わった。

授業のチャイムが鳴り
なおも授業を続ける福島先生


そうして一年、二年のクラスは休み時間になり廊下がざわつきはじめた。

『なに〜あれ』
『キャハハハ 素っ裸で立たされる〜』と下級生の歓声が上がり窓から見られてしまった。

やっと福島先生が授業終了を告げる。

その時…
廊下からの二人の女の先生が両クラスの授業を終え
僕の教室へ入ってきた。

一年担任の吉田美枝子先生と社会担当の小倉保恵先生だった。

小倉先生は腹を抱え笑い
吉田先生は『あらぁ〜いい格好ねぇ』と僕の前に来て、素っ裸の僕をしげしげと観察している。

『何で、こんなお仕置き受けてるの?』と小倉先生に聞かれ
恥ずかして無言の僕に
『さぁ 早く言いなさい!!何で罰を受けてるのか せっかく他の先生方が見にきてくださったのに』と福島先生に叱咤された。


僕は『はい! 小倉先生、僕は数学の』と言いかけると
吉田先生は『あれ、私には言えないの?』と追い打ちをかけた。

『は、はい 小倉先生、吉田先生
僕は数学のテストで』と言い直すと
またもや吉田先生が耳に手を当て
『えっ 聞こえないわ 小倉先生、聞こえてます?』

『小さい声だから聞こえないよ』
と二人に責められ

『もっと大きな声で先生方に判るようにおっしゃい!』と福島先生になおも叱咤された。

『小倉先生、吉田先生、僕は数学のテストで最下位の点数だったので福島先生に罰を受けてます』とやっとの思いで答えた。


『そう?何点だったの?』
『30点です』
『30点?それじゃ罰を受けて当然よね』と責められた

おまけに『クラスの女子の前で素っ裸にされて恥ずかしいわね。
体育の岩崎先生にも見てもらおっか?もっと恥ずかしいお仕置きしていただけるかもよフフフ』
と吉田先生に笑われた


そうして
福島先生は
『あぁ そう言えば次の三時間目小倉先生の授業でしたわね。
どうしましょうか?この子?』と小倉先生に聞いた。

『あら 福島先生、後を引き継ぐっていうことなの?私が?』

『ええ 先生にお任せしますわ』

『そうねぇ〜本人も反省してることだし…』

小倉先生の
その言葉で、この恥ずかしいお仕置きから解放されると思った。

だが、吉田先生の横やりが入った
『福島先生、今日この子って初めての罰なんですか?』


万事休すである。

『いえ、朝のホームルームでも立たせたんだけど』と福島先生

『えー二回目?じゃあ反省できてないってことじゃない』と意地悪そうな表情で吉田先生の一言


『そうなんだぁ〜じゃあ仕方ないわね。もう少しこのままで反省してもらうしかないわね』と小倉先生は結論を出した。

『そういうことだから、篠原くん 小倉先生の指示に従いなさい』
福島先生がそういうと

小倉先生は
『三時間目が始まって私がよろしいと言うまで、そのままで反省なさい』と付け加えた。

『ちゃんと真面目に反省するのよ』と福島先生に帰り間際に言われ三人の先生は職員室へ向かった。


僕は かかしの刑を受けたまま
みんなの晒し者で立たされていた。

アラフォー男の妻初め(2)

私はブリーフとジーンズをそのまま履いて室内へ。バスルームに入ってスイッチを入れてお湯を貯め始めた。それから居間に入るとガスストーブのスイッチを入れる。エアコンもあるが、エアコンを回すと居留守が使いづらいからな。そして、隣のベランダや近くのマンションから見える部分は厚いカーテンを閉め、外から見えない部分はレースのカーテンだけを閉める。薄い外光の中で妻を眺めるためだ。
ビデで一旦洗浄を済ませた妻がやってきて私の後ろから抱きつく。「いっぱい出たよ」と嬉しそうに言う。その声でまたペニスが微妙に反応を始める。さっき放出したばかりだが。
妻をソファに座らせると下半身を一挙に下ろす。そして膝を持って足を開かせる。シャツを重ね着したまま露出した下半身は十分にエロい。毛は薄く方だがさらに中心部を残していつも整えてある。その最近は少し色が濃くなった谷間の襞を指で開き、ピンクの内部を露出させる。そして先ほど私を満足させた入口に舌を当てて先を出し入れする。それと同時に谷間の上部の合わせ目、ちょっと固くなりかけた粒を親指でなぞった。
妻は早速小さな声を出して私の頭をグイっと掴んで感情を伝える。「今日は声を出してもいいんだよ。」というと、「ううー。」と声を上げ始めた。私の片手を掴んで上にあげる、その手を胸にあてがう。望まれるままに乳房を掴みマッサージ。上目遣いで妻の反応を見る。目を閉じて快感に浸っていた。
しばらく続けるとサラサラとしていた谷間が次第にねっとりとした感じに代わり、淫靡な香りがし始める。妻の体がビクビクと震えだすと、私の頭を掴んでいた手に力が入り、やがて背中をピーンと伸ばすと動きが止まった。私は舌先を可能な限り押し込んだ状態で親指で触っている突起をグイグイと押した。
「ああ!」と妻が大きな声を上げると、ドロッとした粘液が溢れだし、股間全体がじわっと汗ばんでいた。
妻は一旦満足したようだった。

妻の反応を見た私のペニスも十分復活を遂げていた。だが、まださっきの粘液が付着したままだ。物欲しそうに私の衣服を脱がせた妻に「お風呂行こうか」というと手をつないでバスルームへ。お湯は自動停止で適量のお湯になっていた。
二人でいちゃつきながら汚れを洗い落とす。もう我慢ができなくなっていた。
浴槽に浸かった私の上に妻が乗って来る。お湯の中で合体。今洗ったはずの妻の中はすでにじっとりと粘液が溢れていた。
お湯を揺らせながら妻が腰を振る。妻の中で私がグリグリと捩子られる。先程からの行為で少しは長続きする。妻の揺れる胸を手のひらで受け止め、乳首を弄ぶ。妻は自分の手を私の膝と胸について体を安定させていた。
気持よかったがこのままではイケそうになかったので、浴槽から出てマットの上に妻を寝かせ膝を立たせると手で開いた。白さが際立つ仰向けの妻の足の間に体を合せ、膝を妻の尻の両側につくと自分の黒い棒を上から沈めて行く。今年初の正常位合体だ。白い股間に黒いものが埋め込まれて行く瞬間は、私の征服欲を満足させる。日頃は性欲を満たすだけで、こんな明るい場所でお互いの裸体を鑑賞しながら合体することができないので、久しぶりの興奮だった。
妻は両手をバンザイの状態で開いて、私のされるがままに受け入れていた。
「入れて、もっと入れて」と日頃声で伝えられない事をつぶやいていた。私も、「ほら、中に入っているよ。」とか「きれいだよ」とか声に出して伝える。
私は揺れる妻の裸体を見ながら律動を速めた。昔と違って体力も落ちて来てあまり
長くは続かないが、それでも必死で腰を振った。
やがて興奮も大きくなりもっと内部に突っ込みたくなってきたので、バンザイの状態の妻の手にひらに自分の手を合せ、指を絡ませ、妻の上に体を合せた。唇を合せ吸い取るようにしながら、奥深くに当たるようにグラインドを開始した。妻は広げていた足を私の背中に絡ませると尻を浮かせてもっと深く入るように協力している。
妻の奥深くの入口に自分が当たる感覚が何度か続くと、妻が私の手を振りほどいて私の背中に両手を回し、ぐっと体を浮かせて私に下から抱きつくような格好になってきた。これは妻が18の頃、初めて彼女を抱いた時からの絶頂が近い合図だ。「突いて、突いて」彼女に言われるままに必死で腰を揺らし、期待にこたえる。
やがて彼女がググっと体を曲げて私に密着し動きを止めた。息も止まっている。
必死で我慢して腰を振っていた私も、動きを止めると妻の中に入っている自分の分身に意識を集中しながら力を解放した。
ガクガクっと体が揺れたあと、自分の中から快感がドバっと溢れだし、妻の仄かにピンクに上気した顔を見ながら、彼女の白い裸体の内部奥深くへと、自分の精液を放出した。
彼女は私の射精を受け入れると力を抜き、ガクンと仰向けになって深く息をついた。
私も何度か体を震わせたあと、力が抜け、彼女の上に体をあずけた。全身に汗が噴き出ているのがわかった。私の分身がだんだん力を失っていくのを感じながら、そのまま唇を絡ませあって余韻を楽しんだ。小さくなった粘液まみれのペニスがニュルっとした感じで彼女の中から抜けたので、体を起して合体を解いた。
まだ脱力して仰向けに寝たまま足を開いた妻の股間は、熱で濃いピンクになり、私を受け入れたままの形で穴が開いていた。そして、その中には白い液体がトロっとした感じで詰まっていた。それを見た私は妻を征服した事に満足し、また少し興奮をしていた。

このあとまだ部屋に戻って再度の合体、さらにもう一度(これはさすがに最後まで至らず)というくらいまで夫婦の営みを繰り返したのですが、長くなるのでこれで切ります。
その気になったら、まだ続きを書くかもしれません。
以上がアラフォー男の正月でした。

アラフォー男の妻初め(1)

お正月に実家に帰って、子供達がさらに実家で泊まる事になったので、夫婦二人でマンションに帰ってきた。こうなるとする事はあれだ。

結婚15年。13歳と11歳の子供二人。子供が大きくなると2DKのマンション住まいでは、夫婦の営みも思うにまかせない。どうしても我慢できない時、日頃は襖1枚隔てた隣の部屋で寝ている子供の様子を気にしながら、すぐに元に戻せるように寝間着の着衣のままお互いに横になりながら無言で愛撫。初めはお互いが向かい合せで、私が妻のパジャマの上をめくり上げて、布団の中で乳房を揉みながら乳首を舌で愛撫。固くなってきた私のペニスを妻が手で握って上下する。妻は声を我慢する代わりに握った手の力で快感を私に伝える。私が物足りなくなると私の乳首を妻が舌で転がして固くする。私は声を上げずに妻の背中とお尻に回した手の力で妻に快感を伝える。
お互いに準備OKな事を確かめると妻が私に背中を向ける形で、布団の中で私に尻を向ける。私も片足だけを脱いだ状態でMAXになって我慢汁をあふれさせているペニスを挿入。妻も十分濡れているので、にゅるにゅるっと入る。片手は腕枕で両腕を妻の前に回し妻の乳房を握り、親指で勃起した妻の乳首をなぞる。妻は上になった手を私の尻に回し、自分に引き寄せるようにして密着。最近は膣に力を入れる技術もうまくなり、私のペニスが中で捏ねくり回されるように刺激される。
やがて私が限界に達すると、腕枕で乳房を握っていた片手を外し、妻の下になっている方の手を求める。私が限界に近いサインを送ると妻もその手を握り、指を絡ませて手のひらを合せる。そして私がその手にぎゅっと力を入れると、フィニッシュのサインだ。妻もぎゅっと握り返してヴァギナに力を込める。そして私が放つ精を受け入れる。
ここまで期待して読んだ方には申し訳ないが、妻が2人目を出産した時に夫婦で話し合って、私がパイプカットしているので妊娠の心配はない。こうして安心して妻の中に精を放つ。
これが、私達が実践している無言の営みだ。

しかし、付き合っていた頃には一日数回のセックスを平気で、若い頃はいつも求めあっていた二人だ。だから私が25歳妻20歳で若い内に結婚した二人だ。たまには思い切り夫婦の愛を確かめたい。だから、子供が実家に行っていない時は夫婦の営みを最優先する事になっている。
マンションへの帰り道、高速道路が渋滞していなかったので、さっそく妻のアピールが始まった。
運転している私の左手をそっとつかんで自分の方に引き寄せる。そして自分の右胸に当てる。私はその手のひらに力を入れてブラの上から揉む。妻が気持ちよさそうに目を閉じるのをチラっと見て、運転に注意しながら手だけを妻の愛撫に使う。どうしても単調な刺激しかできないので妻が物足りなくなってくる。妻は自分のジーンズのホックをはずしてジッパーを下ろしお尻を浮かせてパンティーを少し下げる。股間を少し露出させ、横にトラックなどが来た時に備えて上からタオルを当て、私の右手をその中に導いた。私は前を注意しながら指の腹を割れ目に沿って上下する。妻は自分の手のひらで自分の胸を揉んでいる。妻の息が荒くなり割れ目がじっとりと感じられるようになって来る。私は中指を曲げて割れ目に差し込む。妻が小さく「クッ」と声を上げて受け入れる。私は中指を抜き差ししながら手のひらの腹で妻のクリトリスを押しながら、中指を押し曲げるようにしている。やがて妻が「クウッ」と大きくのけ反り、ヴァギナが私の指を挟むようになった。私が指の速度を上げると、その体制で妻はしばらく息を止め、やがて力を抜いて「フウーっ」と大きく息をついた。
今度は妻が、運転している私のジーンズのホックを外し、ジッパーを降ろし、器用にトランクスの穴から私のモノを取り出すと、すでに固くなって、我慢汁に濡れているペニスを右手で握って捌きはじめた。そのくらいの興奮では私の運転がおろそかにならない事を知っているからだが、相変わらず大胆だ。角度的に丁度裏筋に親指の腹が当てられるので微妙にタッチを変えながら弱い所を攻撃してくる。上に乗せたタオルに我慢汁がシミ出て濡れている。さすがに発射まで持っていくと運転が危ないので、程ほどで止めてもらう。「ありがとう、早く家に帰ろうか」というと、可愛く「うん」と返事をした。
結婚した頃はどことなく仲間由紀恵に似ているとも言われるまだ35歳の妻は、私のパートナーとして最高の存在だ。
マンションに入ると先程途中で止まっていて我慢できなかったので、ロックすると同時にブーツを脱ごうとして屈んだ妻の後ろから抱きついた。駐車場から歩いてくる途中からすでにこれからの期待感で勃起し始めジャンパーで隠してきたペニスが妻の尻に当たる。「もう?」と嬉しそうな妻が振り向いて口づけ。妻のコートのボタンを外し、ヌード写真集の頃の美穂ちゃんのような程良い乳房を衣服の上から揉む。お互いの舌を絡め会い、唾液を交換するともう止まらなくなった。早く放出したくて我慢できない私は玄関で妻のジーンズとパンティーを引き下ろすと、自分のジーンズとトランクスも引き下ろした。ブーツを履いたままの妻を靴箱に捉まらせると尻を突き出させた。すでにそそり立つ自分のペニスをまだあまり濡れていない妻のヴァギナに半ば強引に突き立てると、やや痛いとも言える力でペニスの皮が後ろに押し付けられ、亀頭の首がキツイくらいの刺激でめり込んだ。妻もやや痛かったのか押し殺しながらも「アウッ」と妙な声を上げて、ギュッと靴箱を握りしめた。前後に出し入れすると、いつもよりは強烈な刺激がペニスに走った。数回ピストンをすると妻の中も濡れて来たのかグチャグチャを音を出し始め、妻が尻をくねらせるようにし始めた。露出している妻の尻を両手で掴み、自分の固く黒いペニスが妻の中に埋没していく様子を観察。
やがて快感に合わせて押し込む時の力を強く激しくする。自分が気持ちいいような角度をいくつか試しながら律動を速める。玄関なのにパンパンと音が響く。そろそろ限界が来た。妻は愛撫が足らないためにイケナイようだが、今回は私のために耐えてくれているようだ。そのまま自分の快感を登りつめると妻の尻を掴んで押し込んだ状態で止まった。亀頭がグッと膨らんだような感じがして、ペニスの根元から快感が迸ると、先端から妻の中へと精子のない精液を送り込んだ。
崩れ落ちそうな足をなんとか踏みとどめて快感が落ち着くのを待った。そして妻の尻からペニスを引きぬく。私のペニスと妻の尻の間を白い粘液が糸を引き、ポタッと玄関に落ちた。妻の股間からツーと白いものが腿をつたいパンティの間に落ちた。「もう、あとで掃除と洗濯が大変なんだから」と文句を言いながらも妻は嬉しそうだ。そしてそのままパンティとジーンズを元に戻すと、ブーツを脱いでトイレに入った。

アパート暮らしは楽しい!②

彼氏は週に2回ほどお泊りに来てくれます。


先日の夜の事(新婚さんのHする音や声が聞こえる事)を話しました。


“まあ安アパートだし仕方ないんじゃない?”と言う反応でした。

聞こえると言う事は聞かれることにもなりますよね?
その辺の不安を彼氏に言うと、“別に悪い事してるわけじゃなし、聞かれたって構わないだろ?”です。

私、今の彼氏からイク時は絶叫してイケ!と教えられて、イク時はそうする癖がついちゃって…。

お2階さんの奥さんの声…聞かれないように抑えてたんだと思います。

それであのくらい聞こえちゃう…


“イクっ、イクっ、オマンコいく~っ!”って絶叫しちゃう私の声なんて、アパート中どころか近所中に聞こえちゃうんじゃ…


その辺りの事を彼氏に言うと“馬鹿だな~今更なに言ってんだ?、今度あのアパートに越してきた女って凄いな!ってみんな感心(?)するよ。それにお2階さんのいい刺激にもなるんじゃない?。まあ×1独り身のお隣さんには毒かもな!”と言って笑います。


今更…考えてみれば確かにそうでした。

今の彼氏と知り合ってどんなSEXも経験してきました。

複数、スワップ、露出、童貞狩り、アナルSEX、パイパン脱毛、オマンコにはピアス…

ほんと、今更恥ずかしい事なんてないか…。


あと彼氏に相談しました。“お2階さんの御主人を誘惑していいですか?”と。

“ふ~ン…好みのタイプか?もちろんOKだよ!”

私、今の彼氏とお付き合いして沢山の男性経験をしてきました。
今でも〇〇〇〇メールで遊んでいます。
彼氏には隠し事なし、全て話していますよ。

“奥さんはどんな感じの人?”と聞いてきました。

はは~ン…狙ってるな…ピン!と来ました。

“小柄でかわいい感じの人。26歳くらいかな…旦那さんは10歳くらい上かもしんない…”

私と彼氏の頭の中には同じ考えが湧いていました。

どちらも落としてスワップして遊ぶ!です。

これはとても楽しい想像ですよ。


その夜、私と彼氏はもちろんHしました。
まだ少し寒い時期なのに、ワザと窓を少しだけ開けて…アパート中に聞こえるような叫び声で…

“ああ~っ、イイっ!イクっ、イクっ、オマンコいく~・・・・・!”

彼氏とのSEXは2時間を超える長いSEX。
私は何十回もイカされます。

数えきれない位にイカされて、そのたびに卑猥な叫び声で…

あるところを飛び越えるともう止まりません。

腰が勝手に動いて痙攣しながらイキ続けます。
叫び声も訳が分からなくなって…DVDで自分を見せられましたが、とても人には聞かせられるような声(と言うか意味不明な…)になってしまいます。

彼氏とのSEXには介護用シーツは必需品。
じゃないとぐちゃぐちゃに濡れてベットが使えなくなってしまいます。

イキっ放し状態になっちゃうと、お漏らしが止まらなくなるんです。
潮ってオシッコだという話もありますが…オシッコだったらこんなに出るかな?

介護用シーツって水分をあまり吸わないから次第に溜まって溢れて…だからバスタオルを2枚腰の下に引いています。

もうベチャベチャ…


翌朝、彼氏は朝早く出ていきます。

私はいつもの時間にアパート出ると“カンカンカン…”と。

御主人と奥さん…

おはようございます!と挨拶すると、


・・・・・おはようございます。

御夫婦の顔の表情と、挨拶の仕方で分ります。

昨夜の私の恥ずかしい声…しっかり聞こえていたんだ。


御主人を誘惑するための第1段階がスタートしました。

車外露出告白3

ジョギングコースでの露出の、スリルと快感に体が忘れられなくなり、また車を走らせ河川敷の駐車場に来てしまいました。今日はあまりひとけがなかったので、少し大胆にしてみたくなり、早速、スカートだけでもちろんパンティーは穿かず車を降り、遠くに見える男性を確認し準備運動を始めたふりをして、ドキドキしながら近づいて来るのをまち、近くに来た頃を見計らって、両脚を開きスカートからお尻が見えるくらい突き出すように前屈みになり、すでに濡れ始めていた割れ目をその男性に見せつけると、一段高い土手の上で足を止めたのが、車のガラスに映ったのでわかり、男性は割と高齢に見えました、すると私の割れ目を凝視し始めたので、私は気づかないふりをして、ドキドキしながらいろんな準備運動を見せつけてると、男性はしゃがんで股間を弄り始めてしまい、私もさらに、興奮し割れ目から蜜が滴り落ち始めてしまいました。男性もそれに気づき興奮したのか、とうとう大きくなったペニスをズボンからだし、しごき始めチラッと見てみると、高齢とはいえ、かなり大きなペニスが硬そうに反り返っていたので、さらに、私も興奮しお尻が丸出しになるくらい前屈みになり、突き出し割れ目をパックリ開いて見せつました。すると男性はペニスを出したまま近づいてきて、お姉ちゃんスカートの下は何も穿いてないのかい?と言ったので、振り返って、きゃっ、なんなんですか、やめて下さい、と言うと、本当はこれが欲しいんだろといいながら、私を車に追い詰め、割れ目に指を入れられ、ほらこんなに濡れてるじゃないかといいながら、指を出し入れされると、私はすぐにいかさてしまいました。

小学生にHな事教えちゃった

ある団体の役員をしていた俺は、何か行事ある度声が掛ってました。

当然、断ることもできずボランティア参加は当たり前になっていた

ある夏のお泊りキャンプ出の事です。

夜の見回りでテントを巡回していると、明らかに起きているが覗きこむと

寝たふりをする、お決まりのパターンでした。

そんな行動に俺は裏をかいて驚かせようと、通り過ぎてしばらくしてから、

懐中電灯を消し忍び足でテントに近づきそっと覗きこんだ。

最初のテントは、低学年のテントなのですっかり熟睡している様子だったが

暑かったのか毛布を撥ね退けペロ~ンとおなかを出して寝ている

小1の少女詩織ちゃん。右手はパンツの中に突っ込まれ

もう数センチで割れ目が見えるばかりの状況だった。

これでは風邪をひいてしまうと思った俺はテントに入り、詩織ちゃんの

服を正してあげようと背中側から手を滑り込ませお尻を持ち上げパンツを

あげようとしたその時、思わず眠りに落ちた人が起きた時の様にそれまで

していた行動を継続しようとする事が有るが、まさにそれだった。

詩織の思わず見入ってしまう程なれたその動きとは、

スルリと股間に手を滑り込ませると、女の子の敏感な芽を巧みにころがし始めたんです。

成人女性の指さばきを見ている錯覚を覚えるほど、その指づかいはHでした。

詩織ちゃんは時々ビクンと体を震わせ身体を強張らせてしまい、指がその場所から

離れてしまうのだが、少し経つとその指先はまたその場所に向かうんです。

明らかにオナニーしてました。無意識なのかいつもの寝る前の儀式なのか

小学1年生でも性欲は有るんですね。

すっかり見入ってしまいもっと良く見ようと何時しかパンツは足首まで

下げてしまっていました。

懐中電灯の明かりに浮かびあがる詩織ちゃんのおまんこは、限りなくピンクでいて

ぴったり閉じた一本線、しかもとても敏感な部分がチョンと飛び出している。

彼女がおまんこから手を離した時思わずその突起に触れてしまった。

コリコリと硬くなったその場所を、チョンチョンと触ると連動して

肛門と膣口付近が激しくヒクヒクと収縮を繰り返した。

何か視線らしきものを感じ詩織ちゃんの顔を見るが眼は閉じられたままだ。

まさか!と、後ろを振り返ると小2の舞ちゃんと目が合う。

二人とも無言の時が流れたが、たぶん5秒位だが俺は1分位の時間に感じていた。

いろんな事が脳裏をよぎった、やばいよな~。

とにかく黙っててもらうようにお願いしようと舞ちゃんに明かりを向けると、

そこに浮かび上がったのは、ジャージごとパンツを膝まで下ろした姿だった。

もしかして舞ちゃんもか?とっさに舞ちゃんに近寄ると我に返ったのか

急いでパンツを上げようとする舞ちゃん。

「あ~舞ちゃんもHしてたんだ~ふ~ん」

思わず小声で囁いて、それを阻止しながらおまんこに明かりを当てた。

「は・はじめてだもん・・・。おまたいじったの・・・」

これは一気に形成逆転、間髪入れず

「どんなふうにやってたか、やって見せてよ、

そしたら舞ちゃんHしてたって誰にも言わないよ」

「ほんとに~、じゃあちょっとだけやってみる」

舞ちゃんは本当に初めてらしい指づかいで、なんとなくその辺を擦っているだけだった。

俺は舞ちゃんの人差し指を、少女のHなスイッチに導いたやった。

詩織ちゃんとは違って、一本筋でなく中身が既に露出したおまんこは成人女性の

ミニチュア版の様にエロイまんこだ。

指の動きと同時に膣口がパポッカリと口を開ける。

刺激を与えられたスイッチがONになって来たのか、

膣口がパクパクとフナの口の様に動き出した。

舞ちゃんは初めての事に動揺しているのか、顔をこわばらせ視線は

激しくさまよっている。

しばらく呆然としていた舞ちゃんだが、気がつくとまたおまんこを弄り初めていた。

「詩織ちゃんがなぜおまた弄ってたか解ったかい、舞ちゃん」

「・・・うん。ここいじるとふわ~ってなっちゃう、へんなかんじする」

「本当はね、みんなおまた弄ったまま寝ちゃったら風邪ひいちゃうから、ちゃんと服を

直してあげるのに見回りしてたんだよ。でもみんな内緒にしたいからこっそり直してあげるん

だよ。だからいっぱい弄って寝ちゃっても心配ないよ、おじさん直しとくから」

「しおりちゃんねちゃった?ちゃんとパンツ直してあげてね。あと、まいもね」

「って事はもっと弄っちゃうんだ~Hだな~舞ちゃん。解ったよまかせてよ

じゃあ、隣のテント見回って来るからごゆっくりどうぞ」

車外露出告白2

自販機前での露出では物足りなくなり、いつものように車を走らせ、河川敷のジョギングコースのある駐車場へ行きました。何人かの高齢の男性や老夫婦がウォーキングをしていたので、ドキドキしながらまずは、グレーのレギンスを直穿きしてパイパンの割れ目にそって食い込ませミニスカートを食い込みが見えるくらいまで上げて、外にでてみんなとすれ違う方向へ歩き始めると、すぐに男性が近づいてきて、予想通り私の割れ目を凝視していたので、それだけでもう濡れてきてしまいました。何人かすれ違って見られただけでレギンスに染みてきてしまい、濡れているのが分かるようになってしまいました。感じてきてしまった私は、いったん車に戻りレギンスを脱いでスカートだけでまた外にでて歩き始めてしまい、さっきよりもはるかにドキドキしながら、一人目の男性とすれ違い、完全にヌルヌルの割れ目を間近でさらけ出して凝視されると、快感で体中に電気が走る感覚でした、次の男性が近づいて来るとまた体中に電気が走り割れ目からは蜜が滴り落ち始めてしまいました、男性もさすがにそれに気づき、お姉ちゃん綺麗なマンコだな、と卑猥な言葉を掛けてきました、その言葉でさらに、体中に電気が走り、我慢できなくなって、逃げるように走って車に戻り、おもいっきり割れ目を開いて指をぐちゅぐちゅとかき回しイってしまいました。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード