萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

風俗

ロリ系 人妻ヘルスで中出ししてやった

もともとロリ顔・貧乳好きなんだが、本番狙いで入った人妻系ヘルスで30代後半の
ロリ顔・貧乳・幼児体形と役満な女を発見。身長140cm代のAカップでロリ顔。奇跡。
 
 
人妻系とは言いつつも独身でプライベートでもセックスしていない、生活のために
風俗で働いているような女だった。
ちなみに当たり前のように本番だった。
 
 
何度か通って本番してたんだが、どうしても幼児体形ロリ顔の女に中出ししたくて
一週間ためて、店に行った。
 
 
いつもどおりキスしながら貧乳をもみしだいてやる。
乳首をひねられるようにイジメられるのがすきなようで、だんたんまんこも濡れてくる。
股開かせて、細い脚を両手で抑えこんで、おもいっきりまんこに舌をねじこむと
良い感じで悶てくれる。幼児体形でMなんて最高かよコイツ。
 
 
いつもならココでゴムつけるんだけど、今日は最初から中出しするつもりで来たから
覆いかぶさってキスしながらまんこにちんこをこすりつける。
何度か通って信頼されてるからか何にも言わない。
遠慮無く、ディープキスで舌をねじ込みながら、マンコに生ちんこを挿入。
 
 
ここではじめて焦ったらしく「ね、ゴムつけようよ、ね」と言ったきたけど
「◯◯ちゃんがカワイイから無理だわ」「出すときは外に出すから」と返事をして構わず腰を振ってやった。
 
 
幼児体形で手足も細く、正常位で組み伏せてやれば抵抗できない。
しばらく生マンコの感触を楽しんだ後、最後は構わず種付けプレスでキスしながら中出し。
一週間ためた精子をビュルビュル出してやった。
 
 
「えっちょっと……中……」とか言ってたけど「メッチャ好みの体だし、カワイイから」と言い訳。
しばらくして落ち着いたあと、プライベートでは生でしないのかを聞いたところ
「プライベートとかでセックスしないよ……相手いないし……」との返事。
 
 
客相手でも生ははじめてらしく、精子を注ぎ込んだのは俺がはじめてという事に。
もう一回しようとしたところ、最初はしぶってたけど、押し切ってまた中出し。
 
 
ロリ顔の女にキスしながら中田氏するのがこんなにキモチイとは知らなかった。
 
 
一ヶ月後にまた中出ししようと思ってたら、丁度一ヶ月後あたりに退店してた。
ひょっとして当たってたのかなあ。
どうせなら俺の子供うんで育てていてくれると嬉しい。

よく話は聞いていましたがネットで知り合った人妻とやりました。

よく話は聞いていましたがネットで知り合った人妻とやりました。

ホントに体験できるとは思ってなかったのですごく興奮してます。
私はあまりもてる方ではありません。素人童貞に近い感じで彼女もいません。38歳のさえない派遣社員です。趣味はエロサイトのチェックと画像・動画のコレクションです。特に素人ものが大好きです。
モ○○ク禁止掲示板というサイトによくお世話になっています。何人か好みの女性がいたのですが、ある人妻に一目ぼれしました。時限で目線無し投稿をしてたのを保存して、他のおま○ことかと交互にみてました。旦那がさらしてる画像でした。

この女性はブログもやっていてそこにもリンクがついてました。杉本彩似の超美系の奥さんなのに、すっげーエロいことをさせられてました。
最初はメアドが公開されてなかったのでブログやモ○○ンにコメントを残すことしかできませんでした。

この旦那、美人の奥さんを相当さらしたいみたいで、時限顔出しやメアド公開、本名晒しなどのイベント?を時々やってました。たまたま見つけた携帯メアドをゲットしてメールしたのがきっかけです。

ブログのタイトルが淫乱妻を貸し出しますってタイトルで貸出調教の日記みたいになってました。なので貸出希望であること、ずっとファンだったこと、自分の住んでるとこなどスペックを書きました。すると、居住地がたまたま同じだったらしく私に返信がきました。
宝くじに当たったようなものです。同じところに住んでる男に誰でもいいから返信するように命令されてたみたいです。(ほかの男には返信してないとのこと)

その日はメールでいろいろとやり取りをしました。名前や家庭や遊びいった場所などブログに書いてある内容とおなじでびっくりしました。結構ほんとのことばかり書いてるんだなと感心しました(嘘や脚色が多いと思っていたので)。しかもさらし時の本名も本当の本名でした。旧姓だそうですが。

こちらとしては何とか会える方向で話を進めました。必死です。なかなかいつという話にはならなかったのが歯がゆかったです。この晩は会えなかったです。

翌日、メールが来ました。そして電話も。相手は旦那さんでした。この人妻の主さんだそうです。地元のある観光名所で待ち合わせしましょうというのです。その後貸し出してくれて好きにしていいとのこと。ただし、その待ち合わせをネットで告知するとのことでした。貸すのは私だけですが他にもサイトを見た人が来るかもしれない。その現場をビデオで撮影したいとのことでした。EMUさんともお話し出来ました。直ぐに画像を開きました。この人妻と話してるのかとおもうと興奮しました。決行日は翌日の夕方にしようと言われました。

その日は仕事も手につかず、依然落としたEMUさんの動画や目線なし画像で興奮しました。ただ抜くのはやめておきました。好きなだけEMUに出していいとのことなので。最近では風俗でしか抜いてなかったので超興奮でした。セックスのこと女のことをこんなに考えた時間は初めてです。

翌日は仕事を休みました。待ち合わせは夕方ですが。すっぽかされる心配はないと思ってました。直アドも番号も聞いていたので。しかもEMUさんからメールも来てました。旦那は仕事で夕方直接合流だと言ってました。ある時計のある場所です。私は服を買いに行きました。下着も。お金も一応おろしておきました。

待ち合わせ時間の1時間前には現地につき向かいにあるコンビニで待機。口臭予防とコロンも確認です。メールが来ました。今つきますとのこと。

ちなみにネットでの予告は当日のお昼でした。なのでそんなに来ないだろうと思っていました。まわりにも観光客と家族連ればかりでそれらしい男はいませんでした。

EMUさんが本当に来ました!!待ち合わせ時間の15分前です。入り口に立っています!
夏らしく短く切った髪。薄手のワンピース。まるでドレスのようでした。そこにカーディガンを羽織ってました。失礼ながらコンビニから写メっちゃいました。

その後外に出て周りを警戒しながら声をかけてみました。向こうもすぐにきづいてくれました。
「こんにちは○○です」
「はじめましてEMUです。」「めぐみです。」とごあいさつ。
予想以上の美人で激しく興奮です。
旦那さんはまだ到着していません。

しかし私があいさつをしていると他の男性2人も声をかけてきました。
「モ○○ンみました」「EMUさんですよね?」
予告をみた男性たちでした。私が話しかけたのをきっかけによってきたのでした。

いつも見てますよ。なんて話を観光地でしてると。そこに旦那さんがやってきました。
「みなさんこんにちはEMUのあるじです。」

私は真っ先に挨拶しました。電話ではどうもです。と
他の男とはちがうということをアピールしました。

「あ~あなたが○○さんですか?よろしくお願いしますね。」と言ってくれました。
「EMU。挨拶はしたのか?」と

みなさん。ここではなんなので記念撮影だけしてどこか場所を移しましょうと旦那さん。
そこで集合写真?をとったあと個室のある居酒屋に5人で移動しました(内心ざんねんでした。)


ヤクザも色々いますが、人権のようなものは一切考えてはいけない世界の人たちです

ヤクザも色々いますが、人権のようなものは一切考えてはいけない世界の人たちです
人妻を気に入れば、普通は手を出しませんね
手を出しても、ほかにも風俗女、水女、などやりたい放題が普通です

30代の起業家が、事業に失敗して借金
それから暴力団系の金融に借金が移り
すべて奪われたK氏
払いきれずヤクザの運転手をさせられましたが
奥さんが美しかった
ヤクザはKの奥さんに手をだしました

奥さんを殴る蹴るはしませんでしたが、旦那が抵抗すると旦那はボコボコにされました
ヤクザの方も脅して犯ったというのは嫌だったようで
旦那を徹底的に調教という感じですね

ヤクザは旦那が美しい妻を抱くことを嫌って
毎日5回、自慰を命じていました
5回も自慰をさせられると、K氏は立ちません

それで旦那に妻を抱いてくださいとお願いさせて
自分のものにしていました
旦那はそのヤクザの運転手をしているし、お金もありません
妻を抱かれている間は外で待機しています
終わると始末をさせられ
5回センズリをさせられ
3回、4回、5回は空うちなので
ヤクザが本当にイッタのか厳しく詰め寄っていました
借金返済のために、2年半そのような生活をしたK氏は
解放された今は、完全な寝取られマゾになっています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Re: ヤクザに寝取られる至福

もう女房はヤクザを拒む事は出来ないと悟った

"

俺の女房は俺が言うのも何だが35歳で結構可愛い顔をしてる。
だが昔、薬を使ったセックスをしてたらしい。
数年前に本人から聞いたのだが、ヤクザの情婦と言うか厳密には単なるセフレ
と言うか奴隷なのかも知れんが・・・



2時間も飲んで酔ってハイテンションになってきた頃、ヤクザが話かけてきたそうだ。


ヤクザには見えなかったらしいのだが、今一苦手な顔だったのであまり話はしたく なかったそうなのだが、しつこく話しかけてくるので無視するのも何かと思って話に付き合ったのだ。

女房は酒癖はよくはないせいか、それまでお持ち帰りをされた事はなかった。
2時を過ぎると客はパラパラと帰っていって、女房とヤクザと他の客の3組だけになった。
限がないので、女房は酔っ払いながらも店を出た。

ヤクザは女房と未だ飲みたかったらしく、”もう帰っちゃうの?”と引き止めていた。


女房は予定が在るからと強引に会計を済ませて店を出たのだが、ヤクザも会計をして
店を出た女房を追っかけてきた。

”私帰るから!”と言っても聞かず、強引に付いてきて”おごるからもう一軒行こう!”としつこかったらしい。

その日は女房は酔ってはいたが、何時もほど酷くはなかったらしいのだが、しつこいので
小さい小料理屋に行って飲むことにした。
おごりだから我慢しようと思ったらしいのだ。
その小料理屋は朝の6時くらいまでやってるらしく、そのヤクザの行き着けの店だったようだ。

そこで4時を過ぎた頃には女房もベロンベロンになっていた。

ヤクザがしつこく飲め飲めと進めるのでしかたなく飲まされたからだ。


下心がミエミエなので早く帰りたかったらしいのだが、なかなか返してくれず4時を回ってしまった。

女房はそろそろ帰ろうと告げ、最後の一杯だけって事になった。
長い時間飲んでいたのでトイレに行きたくなりトイレで用を済ませ、最後の一杯を飲んだ。

それから20分も過ぎた頃、帰ることになり二人は店を出た。

女房はやっと帰れるとホットしたらしいのだが、今度は家まで送っていくとしつこく付いてきた。


酔っ払いながらも、ヤバイと思った女房は逃げようとするが酔っていて走ることが出来ない。

”お願いだから付いてこないで下さい!”と言ったらしいのだが、そんな台詞は全く無視して付いてくる。
歩いて5分もすると近くには小さなラブホテルがあった。
そしたらいきなりヤクザが女房に抱きついてきた。
驚いた女房は固まってしまった。

声を出そうとしたが朝の5時近かったので、周りには誰も人が居ない。
当時の女房は彼氏が居たので、止めてくれを言ったがそんな事をヤクザは聞くはずもない。
誰も居ない外で声を出し助けを求めようと声を出し口をキスで塞がれてしまった。
ラブホの近くのブロックの壁に押し付けられて乳やアソコを弄られ始めた。
彼氏が居るので抵抗したが、直ぐに体が熱くなり始めた。
どうやらトイレに入ってる間に何か薬を入れられたらしい。
それと酒の酔いが効いてきたのだろう。(薬と酒の酔いがブレンドしたのだと思われる)
乳とアソコを弄られ女房は直ぐに感じ始めたそうだ。
あっと言う間にパンツはぐしょ濡れになってしまい、抵抗が弱まってしまった。


更に指を入れられるともう抵抗をする事が不可能になってしまった。
5分ほど指入れをされてアソコは洪水状態になり、女房は抵抗を諦めた。
そして、近くのラブホに連れ込まれてしまった。
体がセックスをしたくて堪らなくなったのだ。
ヤクザは素早く部屋を選択し金を払い女房は部屋に連れ込まれた。
あっと言う間に服を脱がされ、ねちっこくセックスされてしまった。
口では嫌々言ってはいるが、薬と酒で感じまくって体は全く抵抗していなかった。
後で知ったらしいのだが、最後の一杯には女房がトイレに入ってる間に強力な催淫剤を
入れていたのだ。


挿入してから30分もしてヤクザは果てた。
ビストン運動が激しくなり、フィニッシュが近いと知った女房は”中には出さないでー!!""
と言ったらしいのだが、そんな台詞は無視し足をがっちりと掴み中出しされてしまった。
果てて、2回戦をしようと思っていたヤクザはその間にホテルに売ってる玩具のバイブ
やローターで女房の体を玩具にしていた。
10分もして復活したのか2回戦に突入。
感じて、疲れまくっていた女房は体の力が抜けてしまい、されるがままになっていた。
そして2回戦が終わり、疲れと睡魔の為に二人とも寝てしまった。


午後3時頃に女房は左腕のチクッとした傷みに目覚めた。
うっすらと目は覚めたが、体が動かない。
チクッとした痛みは注射でこれも暫く後で知ったらしいのだが、シャブらしかった。
そして、ヤクザは女房を愛撫していて徐々に体が目覚めてきた。
感じ方が寝る前とは段違いでたちまちの内に洪水状態。
セックスがしたくて堪らなくなった女房は自らチ○ポを求めた。
そしてヤクザの焦らしが始まった。


「入れて欲しければ、じゃぶれ!」と命令され素直にフェラを始めた。
10分もじゃぶった頃、入れて欲しくて堪らなくなった女房は懇願したが、入れてくれない。
ヤクザは入れて欲しければ、嫌らしい台詞を言うようにと命令された。
正確な台詞は覚えていないらしいが、”あなたのチ○ポを私のグチュグチュの万個に入れてください!!」
と大きな声で3回言わされた。
そして、自分から騎乗位で挿入するよう言われた女房は自らヤクザを跨ぎ腰を沈めた。


挿入してからは今まで経験したセックスとは比べ物にならず、女房は水から舌を絡めてキスをし、
激しく腰を振って何度も逝った。
それから二人で風呂に入ってお互いの体を洗い、風呂場でセックス。
ヤクザは幾らしても限がなく、女房も幾らでもしたくなってしまっていた。
ホテルの延長料金を支払って夜まで何度も及んだそうだ。
今までの自分と違い、自ら激しくフェラをしてあらゆる体位でセックスしまくったそうだ。
自分がこんなに大胆になれるとは今まで夢にも思ってなかったらしい。
夜の6時くらいまで延長してやりまくった。


それからホテルを出たヤクザは未だセックスしかたったので続きは女房の部屋でやる事になってしまった。
その日の夜は彼氏と会う予定だったので、部屋は不味いと思ったらしいのだが、ヤクザが強引に部屋に着いて
きたので仕方なく彼氏には会えないと断りの電話を入れた。
それから部屋で夜中までセックスしまくりだった。
やりながら彼氏への罪悪感は在ったが、体の火照りが収まらず部屋でセックスしまくってしまった。


ヤクザはベッドでの寝物語で初めてヤクザであることを打ち明けた。
ヤバイって思ったそうだが、とき既に遅し。
そして土曜日の深夜も明けた頃にヤクザは部屋を出ていった。
もちろん、また来ると告げて帰っていった。
彼氏が居るから困ると言ったが、また抱かせてもらうと強引に約束させられてしまった。
部屋まで来てしまえば、住所も自宅電話番号も会社も知られてしまい逃げられなくなってしまっていた。
ヤクザが怖いって思いもあるが、それ以前に、その時は既に女房はそのヤクザの事が嫌ではなくなって
しまっていた。


全くタイプでない顔なのに今まで経験した事のないセックスで情が移ってしまったのだ。
それから日曜には彼氏と会う事になっていた。
彼氏が部屋を訪ねてきたが、とても犯されて感じてしまったことは相談できなかった。
何時ものとおりに彼氏とセックスするが、夕べのセックスとは全く感じ方が違う。
当然、ヤクザのセックスに比べると彼氏のセックスは全然感じ方が違う。
もう女房はヤクザを拒む事は出来ないと悟ったそうだ。
心でいけないと思っていてもセックスはヤクザの方が圧倒的に好いからだ。


それからは彼氏と会う週末以外の月~木曜日は毎日女房の部屋に来た。
会社が終わって部屋に帰ってくる夜の7時には必ず来た。
そして避妊リングを入れさせられ、ピルも併用で飲まされていた。
ヤクザは女房の部屋の合鍵を作って何時でも自由に入ってこれる立場になってしまった。
関係をもった後で最初に部屋をたずねてきたときは薬を使わなかった。
おそらく、女房がセックスの虜になったので常用する必要がないと思ったのだろう。
そして、5回目に部屋を訪ねてきた時に2回目のシャブを打たれた。
その時も女房は最初にシャブでセックスしたときと同じように大胆になり淫語を連発し
自らフェラをして激しく腰を振っていたそうだ。
それから週に1回ペースでシャブを使うようになった。
一応、相手はヤクザなので覚せい剤かシャブでは?と思って聞いたらしいのだが、
最初は栄養剤だとか催淫剤だとか嘘を言って打たれていた。
ヤクザと出会って1ヶ月後の5回目だったか6回目には直接アソコに塗って使うようになった。
女房は注射はあまり好きでないからだ。
それから間もなく女房はシャブだと知らされた。


ヤバイと思ったが既に後の祭り。
毎日は使わないので救いがあったみたいだが、体がシャブの影響でヤクザなしではいられなくなっていた。
毎週1回のシャブセックスが恋しくて堪らなくなったのだ。
彼氏は忙しいので平日の月~木曜日は滅多会わない。
女房はシャブセックスしたくなると平日に有給を取るようになってしまった。
週末の彼氏と会う日も何だかんだと理由を作って断るようになっていった。
一時期はパイパンにされていたので1ヶ月くらい彼氏に会えない時期にされていた。
有給はかなり貯まっていたのだが、使ってばかりいるとあっと言う間に使い切ってしまう。
ヤクザと出会って3ヶ月後、女房はヤクザに言われるままに会社を辞めてしまったらしい。
週に1回のシャブを使ったセックスがしたい為に会社を辞めてしまったのだ。


生活があるので働かなければならないので、スナックで働くことになってしまった。
最初はスナックで働いていたが、半年もするとヘルスで働き始めた。
シャブの値段は高いからだ。(購入はヤクザがしていたので金額は知らん)
こうして女房は風俗嬢へ堕ちてしまった。
彼氏は自分の彼女がヤクザに犯され、玩具になってる事もまったく知らず、会社を辞めたことも何も知らずにいた。
もちろん、ヘルス嬢になってしまった事も知らなかった。
ヤクザと出会って半年、風俗嬢になってしまった女房はその頃は週に1回しか彼氏と会っていなかった。
その事で彼氏は不満を訴えていた。


彼氏とよりもヤクザと一緒に居る時間の方が長くなっていた。
女房はヤクザに彼氏と別れるように言われ、1週間ほど悩んで彼氏と別れた。
彼氏は別れるのを嫌がっていたが、女房は彼氏とのセックスよりもヤクザとのセックス
の方が好くなっていたのと、一緒に居る時間がヤクザの方が長いので彼氏と付き合う
意味がないと悟ったのだ。
それから1年半ほどヤクザに貢がされ、飽きて捨てられた。
最初は週に1度のシャブを使ったセックスがしたくて色んな男とセックスしたらしい。
完全に尻軽やりマン女になってしまっていた。


それまでは真面目だったOLがわずかな期間に淫乱風俗嬢へと堕ちたのだ。
それから暫く時間が経って禁断症状もなくなり、ヘルスも辞めスナック勤めになった。
女房は今にして思うと、週に1回だけの使用だったのとヤクザに捨てられ供給元が
なくなったのが幸いしたと言ってた。
手に入れる方法を知っていたらシャブ中になっていただろうとも言っていた。
そんな女房と俺は3年前に見合い結婚した。(今流行りのブライダル産業)
話を聞いたのは子供が生まれ1年くらいが経っててからだ。(今現在は2歳の娘)


その話を聞いた時はちょっと驚いたが、今はなんとも思ってない。
もう昔の事だからな。
エロ本とか裏ビデオを二人で見ていてそんな話になったのだ。
それにセックスレス気味でセックスをあまりしてないから、起爆剤にはちょうどよい。
セックスするときはその話を思い出しながらセックスしてるよ。
変態って思うかも知れないが俺も40歳近いから別にいいだろ。



////////////////////////////////////////////////////////////////////////
もう女房はヤクザを拒む事は出来ないと悟った

"

フェラが下手な嫁に、風俗で働いてみたら? と言った結果

嫁と結婚して15年、息子も素直に育ち、仕事も順調で幸せだなと思うことの多い日々を送っている。ただ、唯一不満なのは、嫁のセックスが下手なことだ。男性経験がないまま私と交際を始め、できちゃった婚をしたのでしかたないのかも知れないが、いつもほとんどマグロ状態だ。

息子が合宿や嫁の実家に泊まりに行った夜などは、嫁の方から夜のお誘いがある。でも、嫁はほぼなにもしてくれない。いつも私がキスをして、胸を愛撫し、クリトリスを責めた後に挿入してフィニッシュという感じだ。それとなく促すと、フェラチオもしてくれるのだけど、わざとだろ? と思うほど下手くそで、面倒臭くなって私が責めるというパターンだ。

カチカチになった嫁の乳首を、舌や指で責めていると、
『あなた、もう入れて下さい』
と、甘えた声で嫁がおねだりをする。33歳なのに、甘えた声がよく似合う可愛らしい女性だと思う。でも、私は、
「博子もしてよ」
と言って、嫁に責めるように促した。
『はい。下手くそだけど、しますね』
嫁はそんな事を言って、私のペニスを舐め始めてくれた。でも、微妙に気持ち良いポイントを外す。私は、それとなく舐めて欲しいところに嫁の舌を誘導する。でも、センスが悪いのか、気持ち良いとは思えない舐め方になってしまう。それは、くわえても同じだ。たいして大きくもない私のペニスに、さんざん歯を当ててしまう有様だ。

「も、もういいよ。じゃあ、入れるね」
私は、痛みで腰が引け気味のままそんな事を言った。
『ごめんなさい……。下手くそでごめんなさい』
嫁は、私の表情でわかったのか、上手く出来なかったことを謝ってくる。でも、ものは見方で、下手くそということは男性経験が少ないと言うことだと、ポジティブに取ろうと思った。

私が気にしなくていいよと言っても、嫁は落ち込んだ様子だった。私は、そんな空気を吹き飛ばそうと、サッとコンドームを装着して彼女に挿入した。
『あっ、うぅ……あなた、愛してる』
嫁は、気持ちよさそうにうめきながらそんな風に言ってくれた。私は、強弱をつけたり、キスをしたりしながら嫁を責める。
『あっ、うぅ、あなた、気持ち良いです。あっ、あっ、あぁっ』
嫁は、気持ちよさそうにあえいでくれる。でも、私は物足りなさを感じていた。もっと無我夢中になるほど感じさせてみたい。そんな気持ちで腰を振り続ける。でも、私が腰を振っている間中、嫁は自分から動くようなことはしない。本当に、文字通りのマグロだ。

それでも、普段清楚な嫁が多少なりとも乱れる姿を見て、私は興奮が高まり、比較的あっけなくイッてしまった。いつものことだけど、私がイッたあとは、嫁は甘えてくる。セックス中のマグロっぷりがウソのように、積極的にキスをしてきたり、抱きついてきたりする。
でも、私は不満というわけではないが、もっと積極的になって欲しいなと思っていた。
『あなた、どうしたの? なんか、考え事してる?』
嫁が心配そうに聞いてくる。私は、正直に思っていることを言ってみた。「もう少し、積極的にセックス出来ないかな?」
『エッ? ……ごめんなさい』
嫁は、申し訳なさそうな顔で言う。
「セックスするの、イヤかな?」
『そんなことない! でも、どうしたらいいですか? 私、経験ないから……』
嫁は、落ち込んだ顔で言う。経験がないということは、私しか知らないということでもあるので、夫としては本来嬉しいことのはずだ。でも、どうしても嫁のマグロっぷりや下手くそなフェラチオにストレスを感じてしまう。自分の性欲が恨めしい。
「じゃあ、風俗でバイトでもしたら?」
私は、怒った口調でそう言って寝室を出てしまった。もちろん、本心ではない。でも、ストレスと欲求不満でイライラしてしまった。夫婦仲はいい方だと思うが、たまにこんな風に喧嘩というか、私が一方的にストレスをぶつけてしまうことがある。後で反省して、申し訳ないと思うのだけど、性欲は私を狂わせるようだ。エゴだとわかっているが、止められない……。

私は、一人でビールを飲み、ノートパソコンで少し仕事をしたあと寝室に戻った。嫁はすでに夢の中で、私は謝る機会をなくしたままベッドに潜り込んで寝た。

朝になると、いつも通りの嫁だった。
『おはようございます。コーヒーでいいかしら?』
優しい笑顔で話しかけてくる彼女に、私はなんとなく謝ることが出来なかった。そして、いつも通りに食事をし、会社に向かった。

忙しく働きながらも、考えてみれば、私が妻にセックスの仕方なりを教えたこともないなと思った。やり方を教えもせずに、もっとちゃんとやれと怒るのは、理不尽以外の何物でもない。
そう言えば、会社でもよく見る光景だ。やり方を教えてもいないのに、どうして出来ないんだと怒るのは、怒られた方にしてみれば、たまったもんじゃないなと思う。

そして、しばらくは何もなく日々が過ぎていった。でも、ある日の夕方、まだ息子が塾で帰ってきていないタイミングで、
『あなた、今日面接受けてきました』
と、嫁に言われた。私は、まったく意味がわからず、
「へ? なにの?」
と、言った。
『ファッションヘルスのお店のです』
嫁は、妙に淡々と言う。
「エッ!? 面接受けたの!?」
私は、ビックリして叫んでしまった。
『はい。明日から出勤になりました』
嫁は、穏やかな顔で言う。私は、冗談だと思った。でも、冗談でしょ? と聞く私に、嫁は真剣な顔で本当だと言った。

「な、なんでそんな!」
私は、声を荒げながらも、自分で言ったことだと思い出した。
『あなたがそうしろって言うから……。あなたが喜んでくれるように、頑張ります』
嫁は、真剣な顔で言う。決意を込めたような顔だ。

「そ、そうか……」
私は、変な意地を張ってしまい、そうかなんて言ってしまった。本当は、そんなのダメだと叫びたい気持ちだった。でも、変なプライドが邪魔をして、素直に止めることも謝ることも出来ない。

『面接で、褒めてもらいました』
嫁は、どういうつもりなのかわからないが、そんな事を言い始めた。
「褒める? どういう風に?」
私は、嫁の冷静な態度に飲まれてしまった感じだ。
『おっぱいがキレイだとか、脚がキレイだとか』
「なっ、おっぱいって? 脱いだって事!?」
『だって、風俗ですから。全部脱いで見せました』
嫁は、当たり前とでも言わんばかりの言い方だ。

「パ、パンツも? 本当に全部脱いだの?」
私は、足が震えだしていた。理不尽な私を諭すために、ウソを言って責めている……。そうであって欲しい。でも、嫁の性格から考えると、ウソを言うとは思えない。

『はい。だって、裸で接客するのに、裸を見ないと面接にならないでしょ?』
嫁は、淡々と言葉を重ねる。私は、本当にやったんだと思った。

「……どんな風に見られたの? どんな面接だったの?」
私は、頭の中がAVの面接もののイメージでいっぱいになってしまった。AVだと、店長にエロ面接をされ、実技講習で中出しされるまでがセットだ。まさか、嫁に限ってそこまでのことは……。私は、真面目で頑固のところもある嫁のことなので、行くところまで行ってしまったのではないか? そんな心配で胸がいっぱいだった。

『事務所みたいなところに通されて、そこで裸を見せました。そしたら、すぐに採用って言って頂いて、講習もしてもらいました』
嫁は、少し恥ずかしそうな顔になった。私は、ドキッとして言葉も出なかった。講習……まさに、AVの展開だ。

「どんな講習したの!」
私は、ほとんど叫んでいた。
『え? 講習のビデオ見せられて、その通りにして下さいって。風俗って、あんなことするんですね。ビックリしちゃった』
嫁は、本当にビックリした顔をしている。無邪気な顔で驚きながら、とんでもない内容の話を続ける嫁に、私は少し恐怖のような感情を覚えてしまった。

「あ、あんなことって?」
『えっと、おっぱいに挟んだり、お尻舐めたり……。大人のオモチャ使ったり……』
嫁は、照れた顔で言う。私は立ちくらみがしていた。
「そんな事までするの!?」
『ううん。私は、とりあえずは全部バツにしました』
「バツ?」
『はい。なんか、基本プレイ以外にオプションがあって、やるかやらないかは女性の自由なんですって』
「オプション?」
私も風俗店は行ったことがないので、いまいちピンと来ない。シャワーを浴びて、口や手でして終わり……だと思っていた。

『はい。ローターとかバイブとか、精液飲んだりとかお尻でエッチしたりもあるそうです。お尻なんかでして、痛くないのかな?』
あまりにも衝撃的な報告だ。そんなオプションがある店なんて、おかしなところじゃないんだろうか?
「そ、そんなところで働くの? 本気なの?」
『え? だって、あなたが言ったことですよ。私も、あれから反省しました。もっとあなたに喜んでもらえるように、頑張って覚えますね』
嫁は、煽りや皮肉ではなく、本心で言っているような顔だ。私は、急に彼女の心の中がわからなくなり、戸惑ってしまった。

冗談や当てつけなら、笑って終わらせることも出来るかも知れない。でも、こんなにも真剣な顔で言われてしまうと、正直どうしていいのかわからない。

「ゴ、ゴメン。別に覚えなくていいから、やっぱりやめよう」
『ダメですよ。だって、もう支度金もらっちゃいましたから』
そう言って、彼女は封筒をテーブルに置いた。それは、20?30万はありそうな感じだった。
「エッ? 前払いなの?」
『なんか、特別だそうです。私なら人気出るからって言ってもらって……。額も、普通の倍以上だそうです』
嫁はそんな事を言う。私は、毎日一緒にいるのでつい忘れてしまいがちだが、嫁は33歳にしてはかなりキレイな女性だと思う。顔も、清楚系な美人顔だと思う。確かに、人気は出るかも知れない。それでも、前渡しでこんなに払うなんて、ある意味では恐ろしい業界だなと思った。

「講習って、ビデオ観るだけだったの?」
私は、戸惑いと焦りを感じながらも、もっと詳しく知りたいと思い始めていた。私の中の、悪い虫が騒いでいる感じだ。

『ううん。なんか、大人のおもちゃみたいなの使って、お口でするのを見せました。すっごく下手くそだって言われました……。あなた、ごめんなさい。いつも、下手くそで……』
私は、謝られながらも興奮してしまっていた。嫁が、店長の前で全裸のまま大人のおもちゃにフェラチオする姿……。自分でも意味がわからないが、信じられない程の興奮を感じていた。

「い、いいよ。謝らなくても……。講習は、それだけだったの?」
『はい。あとは、お客さんでぶっつけ本番ですって。最初は新人割があるから、下手でも大丈夫なんですって』
嫁は、気のせいか少し楽しそうだ。
「……楽しみなの?」
『ふふ。わかりますか? 少しだけ楽しみです。だって、あなた以外の男の人、知らないですから』
私は、その言葉がきっかけになったのかわからないが、興奮しすぎて嫁を押し倒してしまった。そのまま激しくキスをする。そして、舌を絡めてグチャグチャにかき混ぜていく。

明日、博子が他の男とキスをする……。そう思うと、胸がドキドキしすぎて破れそうだ。
『あなた、ダメです。帰って来ちゃうから……。ここじゃダメ……』
嫁は、今まで見たことがないような感じで興奮している。こんなに熱っぽくて艶っぽい顔を見たことがない。

私と嫁は寝室に行き、キスをしながらもつれるようにベッドに倒れ込んでいった。脱がせるのももどかしく、シャツをまくり上げて嫁の乳首を吸う。いつもと違って、ビックリするほど固くなっている。
『あっ、あぁっ、あなた、気持ち良い……。もっと舐めて下さい』
嫁はいつもよりも積極的な感じがする。そして、彼女の部屋着のズボンとショーツもはぎ取るように脱がすと、いつもはボサボサで剛毛気味の彼女のヘアが、キレイに整えられていた。薄くて小さい……。そんな、しっかりと手入れをしたアンダーヘアに見える。

「ど、どうしたの、これ?」
私は、脇から冷たい汗が流れるのを感じながら質問した。
『店長さんに言われて、整えました。ちょっと濃いって言われました』
「……自分で剃ったの?」
『そうしようとしたけど、怖くて出来なかったの。だから、従業員のボーイさんに剃ってもらいました』
私は、自分でもどの感情かわからない感情が爆発し、嫁に荒々しく覆いかぶさった。そして、ズボンを脱ぐのももどかしく、膝まで降ろした状態で嫁に挿入した。コンドーム無しで入れてしまったのは、15年前のあの時以来だ。

『あぁっ、あなた、凄いぃっ』
嫁は、いままでのどのセックスよりも感じているような声をあげる。

ご主人すみませんね

京都府南部に住む「○由○」さんのご主人さん済みませんね。
今はお子さんも生まれ幸せにお暮らしとの事。

彼女とは7年間付き合っていて貴方と結婚される、
ほぼ1年前までは
5年間程、半同棲状態でしたよ。

おめこ中出しは当たり前、コンドームは使った事無し、
ゴックンは当たり前、アナル中出しも有りでした。

アナルに極太バイブを入れながら、SEXすると、狂ってましたよ。
堕胎も5回か6回してます。

今更ながらご主人との間に良く子供が生まれたものだと思います。

あっ、それから、彼女は私と付き合っている間も他の男とおめこをしてますし、
風俗店も転々として、売れっ子でしたよ。

本番もしていますしね。
もし、彼女の持ち物でフィルム付きカメラで古いものがあれば、現像してみて下さい。
露出してますよ。
何でしたら、3Pでもしませんか?
本当に済みませんね~

ご主人すみませんね

京都府南部に住む「○由○」さんのご主人さん済みませんね。


今はお子さんも生まれ幸せにお暮らしとの事。


彼女とは7年間付き合っていて貴方と結婚される、ほぼ1年前までは


5年間程、半同棲状態でしたよ。


おめこ中出しは当たり前、コンドームは使った事無し、

ゴックンは当たり前、アナル中出しも有りでした。

アナルに極太バイブを入れながら、SEXすると、狂ってましたよ。

堕胎も5回か6回してます。


今更ながらご主人との間に良く子供が生まれたものだと思います。


あっ、それから、彼女は私と付き合っている間も他の男とおめこをしてますし、

風俗店も転々として、売れっ子でしたよ。本番もしていますしね。

もし、

彼女の持ち物でフィルム付きカメラで古いものがあれば、

現像してみて下さい。露出してますよ。何でしたら、

3Pでもしませんか?本当に済みませんね~


あそこのホテルで、エッチしませんか?

出会い系で若い男性を落とす方法。
出会い系に登録すると、
いろんな男性からメールが来ます。
特に若い男性は、
女の子から無視される場合が多いです。
特に真面目な男性、女性を知らない男性ほど
女性から嫌われるような
内容を書いてしまうからです。
また、出会い系とかに登録すると
テンションも上がります。
エッチ気分になってしまうのです。
女性に気遣うメールを書く人は、
ほとんどプロです。
素人は、だいたい、
エッチな事を書いたりします。
もしくは、
変にテンションが高かったりとか。
若くても、心理学を勉強したり、
水商売で鍛えたり、
いろいろな女性と遊んでいる男性は、
メールの対応が非常にうまいです。
プロフィールなども、女性の母性本能を、
刺激するような事を書いたりします。
そして、真面目な男性ほど、
拒否されると、びびるのです。
どう対応したら良いか、
わからなくなるからです。
だから、もし、
真面目な若い男性をゲットするなら
エッチなメールにでも返事をする事です。
そして、エッチな会話もやって、
会う目的はSEXだと誤解されても良いのです。
でも、ウソや騙しはいけませんが。^^;
例えば
 男性  「会う人とエッチしても構わないと思いますか?」
 あなた 「気が合えば、エッチしても良いと思ってます。」
とか
いざ、デートになり彼が
 男性  「あそこのホテルで、エッチしませんか?」
 あなた 「いきなりは無理?><」
 あなた 「男性は見た目でエッチできるかもしれないけど、」
     「女性は、そうじゃないんだよ?」
 あなた 「女性は見た目じゃなくて気分でやるから」
     「もっと、あなたの事を信用できるようになってからね」
とか
目的は、会って話す事。
どんどん話題を変えて、いろいろな話しをします。
はっきり言いますが、私はライヴチャットを運営して
ライヴチャットに訪れる男性は、
99%がH目的です。
アダルトサイトなどを経由して、
気持ちがそうなっています。
そういう気持ちじゃないと、
ライヴチャットもしませんし。
エッチな気分でライヴチャットに入り、
そこで男性は変わります。
最初の目的がエッチ → 次の目的は話すだけ。
そういうふうに変わって行く男性が、
ほとんどです。
キャバクラなどもそうです。
口説こうという下心で店にはいります。
気付いたら、話すために、
その子だけを指名して通っています。
話すだけの目的の風俗を指名する男性は、
あまりいません。
エッチ目的なら、エッチするために、
どんどん相手を変えます。
エッチをしてしまうと、飽きてしまうのです。
次に別のエッチをさせてくれる女性を探します。
だから、本当にエッチだけが目的の男なら、
させなければ、次はメールさえもしません。
だから、若い男性を出会い系でゲットするのは
エッチな会話をしてくる男性が、逆に真面目です。
エッチな会話にも対応して、
後でエッチをさせなくても、
次は、心の会話、話しだけの関係、
そういうふうに変わって行きます。
最初でエッチの会話を断ると、
相手は来なくなります。
また、エッチだけが目的の男性なら、
後でさせないと解れば、すぐに離れて行きます。
出会い系にアクセスすると、
いろいろなアダルトサイトなどもリンクしています。
真面目な男性ほど、
そういうサイトに刺激されて、
エッチな気分になります。
遊んでいる男性は、
そういう刺激も受けませんし
女性に嫌われるのが解るので、
嫌われる事は絶対、言いません。
エッチな話しをする男性を見て、
怖いと感じる女性もいます。
それで、そういう人を避けて、
優しい男性ばかりを相手します。
でも、優しい男性というのは、
慣れているのです。
詐欺や騙しを考えて、
わざと優しくしている男性がいます。
優しくして
「何もしないからホテルで話そう」と誘います。
そして、写真を撮られ、
それで脅されて、毎回、断れないはめに・・
だから、本当は、
優しい男性のほうが怖いのです。
まあ、一概には言えませんが。
だから、
エッチな会話をする男性は避けないで下さい。
エッチな人のほうが、逆に真面目が多いです。
また、動機が、不純でも、
人は、心が変わります。
優しい男性には、気をつけて。^^
          

SEX調査員がセックスの歴史を語るぞ <4>

  <昭和時代のセックス>

いよいよ昭和時代にまで突入しましたね。昭和生まれの人は現代にも大勢いますので、認識されている人も多いかもしれませんがご一読いただけると幸いです。
それでは、昭和時代といえば第二次世界大戦があった時代ですが、日本はこの戦争で大きな被害を受けて再起不能とまで言われていましたが、驚くべき経済成長で目まぐるしい進歩を遂げました。
敗戦がきっかけで暫くのあいだ日本は米国の支配を受けており、米軍による犯罪も数多く問題視されてきました。
1952年にサンフランシスコ講和条約と日米安全保障条約が発効されて独立を果たし、経済成長を促したのです。
そんなことはどうでもいいからさっさとセックス事情を書けと言われそうなので記載させていただきましょう!

 売春婦が横行

パンパンガール
日本が米国に敗戦して支配されていた時に日本政府が米軍のために売春婦を雇うという今じゃ考えられない行動を起こしています。
しかし、売春婦を募集と唱っても女性が来るわけがないので、政府は仕事内容を一切公開せずに衣・食・住付きで給料がもらえるという広告を出したのです。
すると全国から1500人以上の女性が応募してきたそうで、現地に着いて仕事内容を聞かされて愕然としたそうです。売春婦になろうと思って応募していないので当然のことかもしれませんが、怒って帰る人もいて最終的に残ったのが1400人ほどだったとのこと。
ん?100人程度しか減ってないじゃん!と思ったでしょうが遠方から応募してきて帰るに帰れない状況に陥った人を除けば確かに多いと思います。そうです・・女は「お金」が一番なのでお金のためなら売春婦にでも何にでもなれるのです!
現代もお金を一番と考えている女性が多いので必然的だったのではないでしょうか。当時の政府もこのことを見越して応募したのかもしれないですね。
この1400人余りの女性たちは米軍専用の売春婦として働くのでですが、あだ名が「パンパン」と呼ばれていたそうです。パンパンガールとも呼ばれていたそうですが、セックスの際のパンパンする音からそう付けられたと言われています。
ちなみにパンパンという響きがいいので、現代の風俗嬢にもパンパンと私個人的に呼んでいます。
しかし、この売春婦制度は当時の米国大統領であるルーズベルト大統領の奥様が売春婦の事実を知って怒りを買い、即刻廃止されました。
このことで米軍の性欲処理が絶たれたことにより性犯罪が増加してしまったことは言うまでもありませんね。

 コンドームの新開発

コンドーム
今やコンドームといえば岡本理研のコンドームですが、昭和時代に薄さ0.04mmという極薄のコンドームが開発されました。
女性とのセックスには欠かせないコンドームが生に近い感覚で性行為を行えることに男性は歓喜したことでしょう。
女性に対しても大変喜ばしいことでセックスの際に生で挿入されているような感覚になることで快感が増幅するので両者ともWinWinだったに違いありません。
極薄のコンドームが開発される工程でモニターテストを行っていたそうで女性と実際にセックスをしてゴムを付けている感覚があるかどうかをテストしていたそうです。・・羨ましいテストですね。
岡本理研は厚さ0.03ミリ台のコンドームを2003年に開発して、0.02ミリ台のものを2009年に開発しており、現在は0.01mm台を目指しており、もし実現すればほぼ生の感覚でセックスを堪能することが可能となるそうです!
ぜひとも頑張っていただきたいものですが、今は昭和の話なのでここまでとして当時はコンドームを付けるという文化があまりなくほとんどの男性が生でのセックスを好んでいたそうです。できっちゃた婚なんて良くあることで、今は授かり婚なんて言われていますがコンドームを付けずにやることで子供ができやすかったわけですね。
セックス=コンドームの着用が意識付けられたのは昭和時代の後期からでそれまではあまり定着はしていませんでした。この時代はまだ性に対してオープンだったこともあり、テレビが普及しはじめた頃は女性の裸を普通に映したりしていました。
女性のおっぱいやアンダーヘアを映すことは普通だったそうですよ。このオープンな光景は平成の初期まで続いています。最高の時代でしたね。

 テレクラが大流行

昭和時代末期の1985年にテレクラ(テレフォンクラブ)が流行りだしました。
テレクラとは店の個室で一般の女性から店に設置してる電話に連絡がくるのを待って、連絡がきたらその女性との会話を楽しむものです。一応、個室にはティッシュが用意されていてテレフォンセックスを楽しんだりしていました。
現代でもテレフォンセックスをやっている人もいると思いますが、テレクラが起源であることは認識されていなかったと思います。
テレクラでは電話越しのセックスだけでなく、今でいう出会い系サイトのように女性と交渉して実際に会ってラブホテルでセックスを行うこともできました。
未成年の女性の売春の温床としても利用されていたりもして今では速攻で捕まって牢屋に入れられてしまいますが、当時は女子中高生が多く利用されていたそうで、そういう子と知り合ってホテルでセックス三昧だったそうです。
これだけで昭和時代に戻りたいと思った男性は大勢いるかも知れませんが、未成年とのセックスはリスクが大きすぎるので脳内でセックスを堪能するか、童顔系の風俗店に出向いて己の欲望を発散することをお勧めします!
40代以上の男性はテレクラをよく利用してセックスしていたのではないでしょうか?かなり流行っていたので至るところにテレクラの店ができはじめて新たな出会いの場として大変重宝されていました。
現代ではインターネットの普及に伴って出会い系サイトができてしまい、テレクラは衰退していきましたが完全には無くなっていないので興味のある方は一度行ってみてはいかがでしょうか。
どういう女性が電話に出るのかは運次第ですが、ギャンブルのようなドキドキ感が味わえると思いますよ!
冗談はさておき、テレクラが流行り始めたころには女子中高生、人妻、熟女など男性のタイプの女性がかならずいたそうなので羨ましい限りです。現代の出会い系サイトでもこういったジャンルの女性が在籍していますが大抵はサクラなので昭和時代のテレクラがセックスを行える最高の出会いの場所だったことは間違いないと考えております。
テレクラの人気が再燃しないかと淡い期待を抱いていることはここだけの秘密です。


  <セックスの歴史は時代によって様々>

色んな時代のセックスについて書かせていただきましたが、いかがでしたか?
時代によって色んなセックスがあるんだなーということが分かってもらえたかと思います。
この時代にタイムスリップしてセックスをしてみたいと思った人も少なからずいると考えています。
昔の人達のセックス事情を知ることによって新たな発見があるかもしれませんよ。あぁ、とりあえず壇蜜とセックスしたいよ。

― END ―


   
   SEX調査員がセックスの歴史を語るぞ ∥ 日本人は昔から変態です
       
  

SEX調査員がセックスの歴史を語るぞ <3>

  <幕末のセックス>

明治時代の話に入る前に幕末の時の話を少々させていただきます。
幕末といえば徳川幕府が長州藩と薩摩藩などによる明治政府軍によって滅ぼされたことは皆さんご存じだと思いますが、大政奉還がされるまでのSEX事情をお伝えしよう。
幕末といえば薩長同盟や新撰組や京都の花魁など有名どころがいっぱいありますよね。
大政奉還をさせるほどの強力な力を持った薩長に見惚れた人や近江屋事件で有名な新撰組や坂本竜馬に見惚れた人などさまざまだと思います。
では、幕末のSEX事情について語らせていただきましょう。

 硬派のイメージの新撰組

幕末といえば新撰組ですよね。特に新撰組に関しては男の中の男というイメージが強く、何番隊隊長という言葉がかっこよくて学校で流行ってたりしていたのではないでしょうか。
そんな硬派なイメージの新撰組ですが、実は仕事中に風俗通いしていたそうです。
花魁に魅了されてSEX三昧をしてしまい仕事を疎かにしてしまう輩が多くて、これを問題視した副長が粛清を命じたそうです。
粛清というと処刑を指していますので、残酷のように感じますが仕事中にSEXしてたら怒りを買うのは当たり前ですよね。
しかも、新撰組の中には男色の傾向も根付いており男同氏で厠でSEXをすることも頻繁に見受けられたそうです。男色は戦国時代からの名残りのため、あまりタブー視されていなかったそうで粛清はされなかったようです。
縦社会のため、先輩や位の高い上司に誘われると断れないため、男に興味がなくても無理矢理SEXをさせられていたそうです。

 コンドームは存在していた

この時代にはコンドームが無いので避妊できないのではないかと思われているかたもいるかもしれませんが、実はこの時代にはすでにコンドームは存在していました。
コンドームという名前ではありませんが、牛皮を薄くしたものを男性器にかぶせてSEXをおこなっていたそうです。
牛皮がない場合はコンニャクで代用していたそうで、コンニャクを女性器の中に入れてSEXをするという今じゃ考えられない方法で性欲を発散させていたみたいです。
コンニャクを使ってSEXをする時は行為が終わった後に、女性器から出てこなくなったこともあったそうです。考えたら当たり前ですよね。
牛皮やコンニャクにしても完全に避妊はできないので、妊娠してしまう遊女も結構多かったようです。
残酷な話ですが、妊娠してしまったら即流産させていたそうです。


  <明治時代のセックス>

明治時代といえば徳川幕府が大政奉還を行って幕府が滅んだ後からの時代を指していますが、この時代のセックス事情とはどういうものだったのか気になる人もいるのではないでしょうか。
この時代にはある身分がつけられていて、華族と呼ばれる元大名達と士族と呼ばれる元武士達とその他の平民に分かれていました。
その中でやはり華族のセックス事情に注目したいと思います。

 華族はSEX三昧だった

いつの世も位の高いものは女を好きなようにできているもので華族にも専属の情婦がいて、毎晩のようにSEX三昧だったようです。
羨ましい限りですが、もし情婦が妊娠してしまったら悲惨な運命を辿ってしまうのです。
情婦との子はけ汚らわしい存在として忌み嫌われ、子供はもちろん流産させられたそうで流産後の情婦は専属から外され屋敷から追い出されたそうです。
今じゃ考えられないことですが、当時は華族の間では頻繁に発生していたそうですよ。
せめてコンドームをしてほしいですが、当時には質のいい避妊具がないし使用すると気持ちがよくないため結局生でやる人が多かったそうです。
まぁ、生でやるんですから当然妊娠のリスクが高まることは当たり前のことなので華族は随分身勝手だっただなと思います。
しかし、いつでもSEXができるということは大変羨ましい環境であるためぜひ華族に生まれたかったと思われる方もいらっしゃるじゃないでしょうか。
何人もの情婦を好き放題にできるのでアナルセックスやイラマチオなど濃厚なプレイが体験できるのです。
ちなみに士族や平民にはこの生活はできなかったそうですよ。

 変な性癖が生まれる

さすがにこの時代になると男色に対する見解が厳しいものになり、政府から禁止令がでました。
それも隠れてやる人達がいて減らなかったので厳しい処罰を与えることにしたそうです。少しずつ男色ブームが終焉しかけたと思った矢先にとんでもない性癖が流行りだしました。
なんと、鶏姦(けいかん)が流行りだしてしまい社会問題になったそうです。
鶏のアナルに男性器を入れて獣姦するといった今の日本じゃ考えられないことをやっていたそうで、これが原因で疫病が発生したところもあったそうです。
迷惑極まりない話ですが、現在にもヤギや馬で獣姦する人がいたりするので人間の性欲は恐ろしいと再認識しました。
話は戻りますが、この鶏姦を重くみた政府は鶏姦罪を適用しました。
もし発覚した場合は厳しい処分を言い渡し懲役をかせたそうです。
それでは、明治時代の話はここまでとしましょう。


  <大正時代のセックス>

それでは大正時代のセックス事情について書いていこうと思う。
この時代にもまだ妾という子供を作るための情婦的な役割の女性がいました。
正式な妻とは別に第二の妻という感じですね。
そのため、正式な妻との争いが絶えなかったそうで、殴り合うというわけではありませんが精神的にくる嫌がらせなどがかなり多かったそうです。
主に位の高い正式な妻からの嫌がらせが多かったそうで、傍から見れば浮気相手と一緒なので嫉妬するのは当然のことかもしれないですね。
それにしても毎晩違う女性とSEXできるなんて羨ましい限りです。
しかし、この文化には問題がありまして正式な妻が妊娠せずに妾が妊娠するとたちまち上下関係が崩れてしまうことです。
子供を生める身体じゃない妻は捨てられてることすらあったそうです。
かわいそうな話ですが、子孫を残すためにも重要なことだったのではないでしょうか。

 夜這い文化が続く

やはり夜這いという文化は大正時代にも強く根付いており、田舎の農村などは毎晩のように夜這いが行われていたそうです。
性に関しては大分厳しくなってきた時代ですが夜這いが無くなることは一切ありませんでした。
ぜひこの時代に生まれて夜這いを経験したかったのですが、叶わない夢なので妄想ですませるのが一番だと考えます。
当時の夜這い対象者は13歳からとかなり若い年齢から性行為ができたそうですよ。
童顔好きにはたまらない文化なので、想像するだけでも悶絶ものなのではないでしょうか。
でも、現代には夜這い文化はありませんので、決して行動に起こさないようにしてくださいね。
我慢ができなかったら風俗にいって一発抜いてくることをお薦めします。

 女性に対するセクハラが多発

この時代にはセクハラが横行していたようで、仕事中におっぱいを触ってくるだとかパンツの中に手を入れてくるだとか、やりたい放題だったそうです。
現代でもセクハラが発生はしていますが、そこまで大胆なことはせず、もしそんなことしたら当分日の当たらない所で過ごさなければなりませんので、いかに酷かったかわかりますよね。
仕事帰りにお持ち帰りもできたりもしたそうなので羨まけしからんですね。
しかし、そんな女性の中で日本初でセクハラを告発した女性がいたことはご存知でしたでしょうか。
この女性は一向に止まないセクハラ行為に腹を立てて行為の一部始終をまとめて一冊の日記を書いて告発したそうです。
無理矢理処女を喪失させるなど、女性の気持ちを考えない人が多かったのだそうです。
レイプものが好きな人にはたまらないシチュエーションですが、行動にうつさないで妄想だけに留まりましょう。


   
   SEX調査員がセックスの歴史を語るぞ ∥ 日本人は昔から変態です
       
  



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード