萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

風俗

風俗嬢が合コンにやってきた。

3週間前、久し振りに風俗へ行った。
馴染みだった店が看板を変えてリニューアルしたってメールが届いてて、1週間禁欲して出向いちゃったんです。
行ってみると女の子達の大半は同じ子らしい。
平日の夕方だったから空いてて、すぐに案内できる子が5人いた。
3人は顔を手で隠したりしてたんだが、その中にひときわ目立つ女の子を発見。
『この子人気あるんですよぉ?』というスタッフの言葉を聞きながら、3サイズとかを聞いた。

痩せてるけど肉感もバッチリあるEカップの現役女子大生です・・なんて言われたら溜まりません。
その子を指名して言われたビジネスホテルで待機してた。
現れた女の子を見て思わず心の中でガッツポーズ。
手で隠されていた顔はマジで綺麗系で、こんな子と遊べるなんて最高じゃん!とテンションも上がりまくり。
でもそのテンションも初めだけで、すぐに地雷だと分かりました。

まず店に電話してからベッドに腰掛け煙草を吸い出す。
世間話を俺に振り始め、45分しかないのに始めようとする素振りが無い。
言っておくが俺はそこまで風俗嬢に嫌われた経験はないよw
別にカッコイイわけじゃないけど、嫌われるような感じでも無いと思う。

10分ぐらい喋ってて、終いには「普段はお客さんがジュースくれる」とか「指名してくれる人はゆっくり焦らない」とかまで言い出す始末。
だから何?って思いながら俺は勝手に服を脱ぎ始めた。
「キスは好きじゃない」「指入れられると痛いだけ」「寝不足で疲れてる」などなど。
これは早く終わりにした方がイイと思って、俺から誘ってシャワーを浴びました。
これがまた最悪で、俺の体は洗わないし、自分のオマンコだけをチョロチョロしか洗わない。
なんつ?ヤツだ!と思いながらも勃起している俺は、手を掴んで触らせると仕方なく手コキ開始。

ベッドに行ってからはもっと酷くて、フェラは軽く咥えるだけのヤル気なし。
俺が胸を触ろうとすると「乳首痛いから」と拒否。
ローションを垂らされて力強い手コキが始まり、騎乗位素股が始まったと思ったら、ただ上に跨っての手コキ。
高速で強く握っての手コキだったから、不覚にも数分で撃沈した俺。
さっさとシャワー浴びて着替えると、今度は「指名してくれたら・・・」みたいな話をし出した。
ムカついたので「こんなサービスしかできないヤツを指名するかよ」と一喝。
顔が引きつってたけど、ホテルを出てから店に電話して苦情を言った。
まぁ?そんな事をしても意味が無いのは分かってたけど、何もしないで帰れなかっただけ。

久し振りに行った風俗で最悪だったよ?と友達と呑みながらのネタにしてたんだが、これが素晴らしい機会になるとは思ってもいなかった。
風俗に行ってから3週間ぐらい経過した一昨日の土曜日、友達がやってくれた合コンに行ってきた。
仕事で1時間ぐらい遅れて行ったんだけど、個室に入って女の子を見た瞬間時間が止まりました。
真ん中の席にあの地雷風俗嬢が座ってて、俺を見て硬直してる。
思わず俺も固まっちゃってて、一瞬頭の中が真っ白になった。
冷静を装いながら席に座って呑み始めたけど、俺も風俗嬢もすげぇ?意識してたと思う。
『どうした?緊張してんの?久し振りの女子大生で』と友達にカラかわれるほど、何も喋れない状況だった。

どうにもこうにも・・・と思ってトイレに立った俺を、あの風俗嬢が追いかけてきた。
『ちょっとあっちに来てっ』
『えっ?何で?』
『イイから早くっ!!』
そう言われて連れて行かれたのは入口の横にあった階段。
友達が出てきても死角になる場所で、新しいお客が来ない限りひと気の無い場所。

『お願いだからお店の事言わないでね』
『あぁ?風俗の事?』
『当たり前でしょ、それ以外何があると思ってんの』
『あぁ・・・』
『絶対友達に言わないでよね!』
『あぁ?分かってるよ』

呆気にとられていたっていうか、ちょっとパニくってたんだと思う。
一方的に上から目線で言われて、風俗嬢はさっさと戻っていった。
いなくなって冷静になってくると、当たり前だが無性にイライラし始めた。
なんだ?あの態度は。なんで俺があんな言われ方されなきゃいけなんだ?アイツ勘違いしてんだろ!
怒りがフツフツと湧き始め、どうにもおさえる事が出来ない状態。
もうこうなったら泣きっ面見てやる・・・怒りを抑えながら部屋に戻りました。
風俗嬢は俺をチラっと見て、すぐにツン!とシカトしてる感じ。

呑み始めてしばらくしてから、考えていた話を話題にしてみた。
『そ?いえば最近の大学生とかってキャバ嬢とか風俗嬢とか多いんでしょ?』
女の子達はこの言葉に隠された意図を知らないから、普通に答えてくれてた。
『えぇーそうなの?周りにはいないけど』
『でも○○ちゃんてキャバ嬢やってたじゃん』
『あっ!そうだね!でも風俗はないよね』
『マジあり得ないでしょ』

そんな話をしている友達の横で、焦りまくりの顔をする風俗嬢。
その表情を見ていると思わず笑いが込み上げて来そうだった。
ぎこちなく周りにあわせてたけど、焦りまくりなのは見ててスグ分かったしね。

『でもさぁ?キャバ嬢なら言うかもしれないけど、風俗嬢は言えなくない?』
『言えないよねぇー!円光とかも言えないじゃん』
『円光も風俗も似たようなもんだな』
『いても分からないよね。でもできる子って凄く無い?知らない人のアレ舐めちゃうんだから』
『アタシむりー!絶対無理!オヤジのアレなんてぞっとする』

盛り上がれば盛り上がるほど焦りまくりの風俗嬢。
なんどか会話をそらそうとしてたけど、すかさず俺が修正するから風俗話が続いてた。
業を煮やした風俗嬢が席を立ったので、俺もトイレに行くフリをして部屋を出た。
そしたらさっき呼ばれた場所の近くに立ってる風俗嬢がいて、俺をジッと見てるわけです(笑)
フラフラ近付いていくとすげー剣幕で怒ってきた。

『なんであんな話するのよ!最悪じゃん!』
『あぁ?俺が悪い事したのか?』
『言わないって約束したでしょ!』
『だから何も言ってねーだろ?つーかお前態度デカくね?』
『デカくねーよ!ふざけんなよ』
『ふざけてんのはお前だろ?自分の状況分かってんのか?』
『・・・・』
『オヤジのチンコしゃぶって金もらってんのはお前だろ?』
『何言ってんだよテメー』
『てめぇ?お前ホント頭が痛いヤツだな。もうイイよ』
『ちょっと待てよ!もうイイってなんだよ!』
『待てよじゃねーだろ?待ってくださいだろ?』
『・・・』

黙ってる風俗嬢を見て心の中で大満足の俺。
そのまま部屋に戻ろうとしたらいきなり腕を掴まれた。

『分かったから・・言わないで・・・下さい・・・』
『今さらおせーんだよ。俺のチンコしゃぶった話でもするか?』
『ゴメンなさい・・・言わないで下さい・・・』
『じゃ言わないなら何してくれるんだ?ここでしゃぶるか?』
『そんなのできるわけないじゃん!』
『だろ?じゃ?イイよ、楽しく話そうぜ?』
『ここでじゃ無理だから!お願い!!ねっ?お願いだから・・・』
『この後ホテルにでも行くか?なら考えてやってもイイぞ』
『・・・・・分かったから・・・・言わないでよね・・・・』

その後の呑みはヒヤヒヤだったと思う。
時々俺が風俗ネタを織り交ぜるもんだから、その都度表情が固まってたし。
俺は中でも1番可愛くない子とメアド交換をした。
何かあった時の保険になるかなって思ったから。
俺が交換しようとしたら風俗嬢が邪魔したりしてたのは笑えたなぁ。

飲み屋を出てみんながカラオケに行くとか言うので、俺は仕事があるから先に帰ると伝えた。
風俗嬢も『じゃアタシも帰るよ』と言い出したが、俺はさっさと歩いて駅に向かった。
駅の近くで待っていると風俗嬢が慌ててやってきた。
無言のままタクシーに乗って、違うエリアに移動した。
タクシーの中でまず自慢の巨乳を揉みまくったが、もう文句も何も言わない。
調子に乗ってミニスカートの中に手を入れたが、運ちゃんがミラーで見てたのでヤメた(笑)
風俗嬢はさっきまでの威勢も無く、ただ黙って下を向いて頂けでした。

泊まる予定だったのでコンビニに寄って、飲み物とツマミを購入。
ラブホで宿泊を選んだ俺に『泊まるの?』と焦ってたけど、俺は『当たり前だろ』と一蹴。
つーかこの時間は泊まりしかねーんだよ!とダルそうに言ってやった。
まずは部屋に入って無理やり乾杯した。
『別に俺はお前を脅してるわけじゃないんだけど』
『・・・・・』
『この方がお前も気が済むだろ?』
『・・・・・うん・・・』

呑み終わって洋服を脱がせてもらい、一緒にシャワーを浴びた。
『店のサービスみたいに体洗ってよ』
『分かった・・・・』
さすが風俗嬢。諦めたかと思ったら、普通に店と同じ振る舞いを始めてきた。
顔は不貞腐れてたけど、洗ったりシャワーを当ててきたりするのは馴れたもん。
俺には最悪な接客してたくせに、指名とかしてくれる客にはちゃんとやるんだろうね。

痛いと言ってた乳首を摘まんだり、巨乳を揉みまくりながら体を洗ってもらった。
『じゃとりあえずしゃぶって』
もう無言でそのまましゃがんで、あんなに嫌がってたフェラチオを開始。
舌でペロペロ舐めて・・・なんてフェラじゃなくて、いきなり最高潮の激しいフェラ。
『お前ナメてんだろ?まずは舌で丁寧に舐めるのが普通だろーが』
上目遣いで不貞腐れた顔をしていたが、決心したらしく丁寧に舐め始めた。
これがまた何とも言えない気持ち良さだった。
征服感たっぷりだったんだろうね。
思わず頭を掴んで軽いイラマチオまでしちゃったし。
それには頭を振って嫌がってたけど関係無い。

昂ぶる感情のせいか、思ってた以上にギンギンになってた。
バキュームを始めた頃には、このままじゃイカされると思ったほど興奮してた。
だからひとまず中断させて、今度は風俗嬢を縁に座らせて大股開きをさせた。
お手入れしてるらしく、薄ら生えた陰毛は綺麗に揃ってた。
『綺麗にするから自分で広げろよ』
まるでAVのようなスタイルで、風俗嬢は自らオマンコを左右に広げた。
そこにシャワーをダイレクトに当てたら、『んぅんっ』と脚を閉じそうになる。
閉じるなよと命令しながらクリトリスに当たる様シャワーを噴射し続けた。

ダメっ!ダメっ!と腰を震わせながら悶える姿には興奮した。
このままイカれても面白くないからシャワーを止め、舐めた人差し指を膣内に挿入。
クチョクチョ音が鳴るほど濡れまくりのオマンコを、ゆっくりゆっくり刺激していった。
指が2本に増えた頃には完全に喘ぎ声を出すほどになっていた。
腕も疲れるしと思った俺は、シャワーをクリトリスに当て膣内を指で刺激しまくった。
最後は呆気なかった。
俺の肩にしがみ付いてきて、『んんんっっっ』と唸るような声を出しながら昇天。
昇天している間も激しく動かしてたら『もう許してっ!!』とか言われちゃったしw

ベッドに行ってからはまずはフェラチオ。
もう普通にしゃぶってくれてて気持ち良かった。
時々チラチラと上目遣いで見てくる顔は、生意気なんだけど凌辱されてる感ありあり。
『アタシのオマンコにオチンチン挿れて下さい』
命令して俺の目を見て言わせたよw
声が小さかったから3回もねww
膣内が空洞になるタイプみたいで、挿れてる時はあんまり気持ち良くなかった。
だけど揺れる巨乳と凌辱されてる感たっぷりの表情だけで十分だった。
別にコイツを気持ち良くさせるつもりもなかったので、好きなように腰を振りまくった。
バックでケツをパンパン引っ叩きながら、アナルが見えるよう左右に開いたりして。
ラストスパートの正常位で腰を振りまくってたら、案外興奮してたみたい。
命令もしてないのに、キスしたら積極的に舌絡めてきてたし。

ちゃんとゴム内に射精して、後はお決まりのお掃除フェラ。
さすがに嫌な顔をしてたけど、バッチリ丁寧にしゃぶってもらった。
まぁーー最高でしたw

しばらくグッタリしてたかと思ったら、突然無言で立ち上がって風呂場に消えていった風俗嬢。
別にイイやと放置していると、出てきて服を着出したから笑えた。
『まだ満足してないんですけど?』
笑いながらそう言ってやったが、元の生意気な顔になって『はぁ?』とか言われる俺。
『ラブホでお前が帰ったら俺も帰らなきゃいけないだろ?アホか』
『もう十分でしょ!帰らせてよ!』
『あ?帰る?そっかぁーじゃーしょうがねぇーなぁ・・・』
『お願いだからヤメてよ、もう・・・』
『別に無理強いはさせないよ?やっぱり自主的じゃないと楽しくないし』

ほぼ着替え終ってた風俗嬢を椅子の前にしゃがませ、洗って無いままのチンコをまた舐めてもらった。
洋服の上から巨乳を揉みまくり、途中で煙草を吸ったりしながらのフェラチオ。
イカせたら終わりと勘違いしたのか、またもや激しくしゃぶり出しやがった風俗嬢。
思い通りにはいかせるか!って事で、ベッドに押し倒してパンツだけ脱がせた。
ゴムを付けて『お前が挿れて腰振れよ』と命令。
濡れてないかなって思ったけど、触ってみたらベチョベチョだからウケた。
あんな生意気な態度のくせに、フェラチオだけで濡らしてる可愛い風俗嬢。

『俺をイカせたらもう帰ろうぜ?』
この言葉を聞いてヤル気になったらしく、それはもう楽し過ぎる騎乗位だった。
洋服は着たままだったから、ミニスカートをたくし上げての腰振り。
やればできんじゃん!という前後左右に振るグラインド。
動けば動くほど子宮に亀頭が痛いほど当たるもんだから、途中から気持ち良かったんだと思う。
生意気な表情はまた消え失せて、目を閉じて声を出さないように我慢する表情に萌えた。

ヤンキー座りのような体勢にさせて乳首を舐めさせ、舌を突き出すとしゃぶってくれる。
舌をしゃぶらせながら下から突きまくって、疲れたら風俗嬢に腰を振らせてた。
最後は口内射精にしようと決めてたから、イキそうになった頃に正常位へ。
『口に出すからな!出してって言ってみ?』
『お口に出してっ』
言えよ・言わないの繰り返しだったが、最後は素直にそう言ってくれた。

しゃぶりつかないと洋服とか顔に精子付くぞ?
そう言いながら限界まで腰を振って、ゴムを取って顔に近付けた途端しゃぶりついてくる風俗嬢。
この積極性が堪りませんでした。
激しくしゃぶり上げる口の中に、精子をドクドクと放出してやった。
出てる最中にも頭を掴んで腰を振り、苦しくなって飲ませるよう画策。
予想通りゲホゲホなりつつ、精子を半分以上飲んだみたい。
チンコを口から抜いたら横にブワッと吐き出してたしw

お掃除フェラも丁寧にさせて、一緒にまたシャワーを浴びた。
このアホ女、最後の最後にも笑わせてくれた。
電車なんてとっくにない時間だったから、大通りに向かって歩いてたんですよ。
別に一緒に帰るつもりもなかったから、『先にタクシー乗ってイイよ』と言ったんです。
『あっ・・うん・・・あ・・』みたいな変な態度だったから、何だ?と思いながら歩いてました。
コンビニのある大通りまで来た時、突然言われた一言が『お金貸して下さい』だぜw
今日は男にゴチってもらう予定で、お金なんて数千円しか持って来なかったらしい。
コンビニでおろせば?と冷ややかに言ったら、カードも持ってきてないとか言う始末。

ここで素直に貸したら、普通に持ち逃げされそうな予感がしてた。
だからメールをさせたんだよね。俺からお金を借りますって。
返さない時は自分が風俗嬢だという秘密を、みんなにバラして下さい・・みたいなメール。
『これお前の友達に見せちゃうからね?』もう笑いが止まりませんでした。
1万円貸してやってそのまま見送った俺。
また会わなきゃいけないようなので、また楽しませてもらおうと思ってます。
彼女にしたら良い人生経験でしょw
これで真面目に可愛く仕事をしたら、もっと売れっ子になれるのにねww

それじゃこの辺で終わりまーす。
お疲れさんでした!

長い妄想

俺はよくヘルスを利用するが、いつもフリーで入る。
一人でも多くの女にフェラしてもらい、良かった女がいれば次は指名で入る為の品定めだ。
しかし、俺の理想「顔がそこそこ整っている」「スタイルが俺好み(基本はやせ形が好き)」
「爆乳でもまな板でもない乳」「陰毛は薄め」「濡れやすくイキやすい」「小柄」「黒髪」
「明るい性格」「ちんこ大好き」
これを網羅する女など居るはずもなく、フリーで入って居るはずもない嬢を求めて彷徨う事6年。
ついに先日入った店でまさに完璧に俺の理想を全て網羅する女に当たった。
網羅どころかそれに付け加えて「フェラが激うまい」が付属でついてくる完璧さだ。
俺はその女でイキまくった。女の口内に出しまくった。
女はその精子を口を開けて俺に見せながら、ダラーッと自分の掌に出して
「いっぱい出たね。」と頬笑むのだ。これがまた可愛い。
その後射精して萎えた俺のちんこにローションをつけていじくり始め、
「もう元気にならないかなー?」とヌルヌルゴシゴシして楽しみ始める。
そこで時間が来てしまい、シャワーで流した後服を着て部屋を出ようとすると
「待って」と言って俺に抱きついてきて、ディープキス。
「また来るよ」と言う俺に「お金もったいないからそんなにしょっちゅうきちゃダメよ」と言いつつも
「でも貯まったら出さずにまた抜きに来てね」とどっちやねん発言が可愛い。
とはいえ、金持ちでもないのでその後風俗に行かない期間が3ヶ月続いたある日
俺は仕事帰りに同僚(かなりパチンコ好きな独身女)に誘われパチンコに付き合った。
同僚が惜しみなく金を使いまくり、それを横目で見て「もったいねー大丈夫かこいつ」と思っていた矢先
俺の台が当たり、それから閉店まで出るわ出るわで12万勝ち。
同僚は有り金全部毟り取られ機嫌が悪く「今日はこの後飲みに行こうと思ったけどやめた!」と言いだし
帰り始めたので勝った内の2万を断るのにもかかわらず無理矢理くれてやった。
しかし機嫌が悪い同僚と飲んでもつまらないのでそのまま帰らせ、俺はひとりで繁華街へ向かった。
思えばパチンコで出している最中に既に例の風俗嬢を思い出していたのは事実だし
うさんくさい同僚が負けて帰るのを祈ってたのかもしれない。
俺は風俗店に行く前に何度か行ったことのある居酒屋で酒を飲み、
ほどよく酔ったところで風俗店に入った。
そしてこの6年一度もしたことがない「指名」を初めて体験した。感動だった。
パチンコを閉店まで打って、更に居酒屋で飲んだので時間はもう0時をとっくに過ぎていたが
指名の彼女は俺が最後の客という状況でギリギリオッケーだった。
部屋に通され彼女と顔を合わせて、また人生初の指名に実感がわいて感動した。
彼女は3ヶ月もたっているのに俺を覚えていて
「お金もったいないから来ちゃダメって言ったの真に受けてもう来てくれないかと思った?」
とウルウルした瞳で言うのだ。たまらん可愛い。
そして、一緒にシャワーで流した後ベットに横になろうとしたら
いきなり立ったままの俺に抱きついてきてキスした後その場にひざまづき
立ちフェラされてもうビンビン。
その後ベットに横になると体勢を変えて69状態になり、彼女のあそこを舐めまくった。
濡れやすいあそこは見る見るヌルヌルになって行き、雫が垂れるほどだった。
そこで彼女がすっと立ち上がって向き直り俺にまたがってきた。
「素股キターーー」と思っていたら、彼女は腰をクイクイとくねらせてちんこの先を入口にあてがい
ズズッと腰を落としてきた。
俺のちんこは彼女のヌルヌルまんこに包まれ最高怒張の極みだ。
今まで全てフリーで入っていたヘルスでは当然本番などは無かった。
その日は人生初指名に人生初ヘルスで生本番までついてきた。
彼女は俺の上で腰を上下させ気持ちよさそうに喘いでいる。
なんだか股の当たりが暖かいので見てみると、彼女が上下するたびにまんこから液体が
ビュワッビュワッと吹き出しているではないか!
潮吹きなのか失禁なのか、俺の腰部分やベットをビシャビシャにしながら彼女は
「もうイキそう…まだイケない?…あっ、ああっダメ!もうダメ!!」
と言うと体をビクビクと痙攣させてイッてしまい、俺の上に力尽きて倒れ込んだ。
本当に気絶してるのか、口からよだれが鼻からは鼻水が垂れていた。
俺は意識が有るか確かめる為と自分がまだイッてなく勃起・挿入したままなので
そのままの体勢で腰を動かした。
暫くは彼女は無反応だったが、グッタリしたままで体勢を入れ替え
正常位で動き始めるとパチッと目を開け、一瞬キョロキョロしたあとで鼻水とよだれを拭って
「今あたし気絶してた?よね?」と恥ずかしそうにはにかんでいた。
「うん」と返事して笑いながらまた腰を動かし始めると、彼女も喘ぎ始めた。
しばらく動いて挿入部を見てみると、また潮を吹き始めてしたので興奮した。
彼女が「…イキそう。お願い一緒にイッて。」と言ってきたので、俺は射精に神経を集中させた。
俺もイキそうになり「もうイクよ。一緒にイクんだろ?」と言うと彼女はフルフル震えながら
何度かうなずき、囁くような声で「イクっ!!イクぅ?!!来て!!!来て来て!!!」と言いながら
俺の腰に足を絡め腕を背中に回して来て凄い力を込めてきた。
生挿入なので外に出そうとして抜く寸前だったので、抜けずにどうしようか迷ったが
彼女がガッチリ抜かせないようにしてくるので、俺は中出しOKだなと勝手に解釈して
彼女の中に思いっきりブチまけた。
イク時に潮を吹いてるのか、生暖かい股間部分とギュっと絞められた感覚で究極に気持ちよく
本当に射精が止まらないんじゃないかと思うくらい絶頂時間が長かった。
彼女はまたよだれを垂らしてグッタリしていたが、今度は意識があるらしく
サッとよだれを拭って起き上がり俺にしがみついてきた。
「気持ちよかった?。お客さんだって事忘れて最後までいっちゃったよ?」と言っていた。
嘘か本当かはどうでもいい。他の客にも同じように言ってるだろうけどそれはそれ。
そう思って彼女の頭をナデナデしてあげた。
帰りぎわにまた彼女が抱きついて来たので抱きしめてあげ、キスをした。
「また来るね」と俺が言うと彼女は首を横に振って「お金がもったいないからもう来ちゃダメ」と言った。
「え?、じゃあもう来ないよ?」と彼女の冗談に笑いながら付き合うつもりで言うと
彼女は名刺の裏にペンで自分の携帯番号とメアドを書き始め、最後に本名を書き俺に渡した。
そして「今度ご飯でも食べに行こっ。」と言ってもう一度キスしてきた。

俺はもう風俗に行くことは無いだろう。だって彼女がいるから。
彼女以上に相性の良い女はいないだろう。
そんな事を思いながら早速その後家に着いて彼女も家に帰っただろうという時間に電話して
休みの合う日を話し合いデートの約束をした。

早く明日にならないかな?。
***************************************************
風俗嬢からしたら有り得ない話だね。
私へルスにいたけど。
長い妄想お疲れ様。

魔法のフェラ手コキ

以前から通っている風俗エステ(回春マッサージ店)で、先日ようやくNo.1の嬢に当たれたのでレポらしきものを書いてみる。こういう風俗体験記?を書くのは初めてなので、わかりにくいところがあったらご容赦下さい。基本的に風俗行ったことない人向けに書きますので、専門用語とかは極力無しで。宣伝とかではない(お気に入りの子を特定されたら困る)ので店名・駅名などは伏せておきます。

さて、自分は風俗にあんまり深くハマってはいない人種です。ソープもピンサロも経験なし。一月にいっぺんくらい、泊まり勤務が明けた日の夜とかにHなエステ店(またはデリヘル)に疲れを癒してもらいに行く程度でした。普通のデリヘルも一通り経験したけど、オーラル系のサービスは病気が怖いので素直に楽しめず、もっぱら手コキ系のお店が主戦場。というより、仕事仲間に教わって初めて行ったデリヘル形式の回春マッサージ店(今回紹介するところ)をリピートすることがほとんどだった。

ここのシステムは基本的に派遣型で、自宅かホテルにエステ嬢(だいたい22?29歳くらい、写真は全部薄くモザイクあり。相当綺麗に撮ってるけど、まあ詐欺というほどではない)を電話でデリしてもらう形式。自分は家に呼ぶのが好きでないので、お店のそばのラブホをあらかじめ取っておいてもらうことがほとんどだった。

プレイは前半はアロマオイルを使った普通のマッサージ、後半が手コキ中心のエロマッサージという感じ。70分14000円というと風俗行く人なら「なかなかのお値段」とわかると思うけど、その分だけあってお店の女の子は外見もマッサージもたいていレベル高い。そのかわりおっぱいとかのお触りやキス、フェラなどなどは全部NGな感じ。

あの日は職場に泊まった徹夜明けの金曜日だったかな。夕方に勤務が明ける予定だったので、朝から一人で「これは今夜行くしかないでしょう」という妙なテンションだったのを覚えてる。それまでに当たった嬢は3?4人くらいで、自分はその中でも特にサービスがエロい子(言葉攻めが俺好みのドSなお姉さん。「もう出ちゃうの?恥ずかしーい」「おしり弄られていっちゃうなんて女の子みたいだね?」みたいな)によく頼んでたんだけど、その日はなぜか普段いつ聞いても予約でいっぱいのNo.1嬢のアポがあっさり取れてしまった。名前は仮に裕美子ちゃんとしよう。

そこのお店は結構「プレイ内容は女の子に任せてます」という感じ。HPを見ると「一緒にシャワー浴びて服脱がせてくれてウンタラ?」と流れが書かれてるけど、結構頼んだ女の子によって手順やプレイ内容が違ったりする。前立腺マッサージがあったりなかったり、言葉攻めがあったりなかったり。乳首舐めしてくれる子もいればいない子もいる。ちなみに普段お願いしてるお姉さんのプレイをざっくり書くと、「お姉さん下着姿になって一緒にシャワー→チンポも綺麗に洗ってくれる→ベッドの準備してうつぶせでマッサージ25分(オイル使った本格的なやつで、てもみんとかより格段に上手)→回春マッサージ30分→1回か2回射精して時間、シャワーで体洗ってもらってバイバイ」な感じ。回春のところはほんとに女の子によって違うので今回は割愛します。

ずいぶん横道にそれたので本題に入ろう。

予約時間の5分前、最寄り駅でいつもの店に電話する。
「○○(偽名)ですー、今東口に着きました」
「ありがとうございまーす、いつもの○○(ホテル名)取っておきましたので、部屋番号わかりましたらお電話くださーい」

お決まりの会話をして、いそいそと指定のホテルへ。ちなみにその日は70分コース。愛想が無駄にいいおばちゃんからキーを受け取り、早速店に部屋番号を電話する。やれやれと荷物を置いてたら、5分もしないうちにインターホンが鳴った。

「どもー、今日はよろしくお願いしますー」
「○○エステの裕美子です。頑張りますのでよろしくお願いします」
「ずいぶんはやいっすねw まだ電話して五分もたってないですけど」
「先にお店出ちゃってたんです。寒いからこのあたりで電話待ってましたから」
「そうだったんですかー、あ、荷物こっち置いてください」

正直、この時点で「うーん?」っていうのが第一印象。可愛くなくはないが、まあ容姿は十人並みな感じ。服装は垢抜けてるけどギャルっぽくはなく、むしろ真面目系の女子大生2年生って感じ。HPでは21歳となってただけあり、見た目はかなり若い。マジで21だったかもわからない。ただ、今日は寒いですねーとか適当に会話してみると、今までのおねーさんと違ってすごく物腰が丁寧で驚いた。すぐタメ口にならないというのか。「そうですね、風邪引いたら大変ですよね」「お仕事は外でなんですか?」とか、応対が真面目なマッサージ店みたいだなと思った。

で、先に支払いを済ませていざバスルームへ。裕美子(仮)ちゃんは下着姿(黒レース。真面目な風貌とミスマッチでいやにえろい)に着替えて一緒に入ってくる。基本的に女の子は俺を洗ってくれるだけ。ラブホの狭い風呂場だから、お互い立ったままで体をごしごし。「シャワー熱くなかったですか?熱かったら言ってくださいね」なんて美容室みたいなことを言われつつ、「あれ、ちょっと元気になってますよw」「いや、すいません若いってことで・・・」という風俗っぽい会話もはさんでみたり。半勃起の愚息に泡をたっぷりつけてもらって綺麗にしてもらう。指が細くて萌えた。「見た目地味だけどええ子やないか・・・」と、確かこのあたりからテンション上がってきたかも。とにかく他の子と違うのは丁寧さだったな。わたしは今接客業をしています!って感じ。

で、先にバスルームを出た裕美子ちゃんは部屋を微妙に暗くしたりベッドにタオル敷いたり、オイル並べたり有線でヒーリングミュージック掛けたりといろいろ準備を開始。ゆっくり上がった俺は寒い寒い言いながら全裸でベッドにうつぶせになる。愚息は寒さもあり通常モードに。

前半は普通のマッサージなので詳しく書かないけど、背中にオイルを塗られてぐりぐりと指圧される。ガンガンもまれるというよりは老廃物を流してる感じで、力任せでなくて気持ちいい。ときどき背中に「ぺたん」と腰掛けてもまれたりするので、女の子の足とか胸とかアレとかがふにふにしてちょっと愚息が反応しちゃうのが嬉し恥ずかしい。そんなわけでけっこう密着してくれるけど、マッサージ自体は特別えろくはない。会話も天候とか仕事とか当たり障りのない感じで、「右側のほうが凝ってる」とか「目を使うお仕事ですか?」とか、普通のマッサージ店の会話そのもの。

さて、徹夜明けの体を念入りにマッサージされて半分眠りそうになっているところに、おもむろに「それじゃ、お手洗いのほうは大丈夫ですか?」と聞いてくる裕美子ちゃん。いつの間にか30分の前半戦が終了していたらしい。大丈夫ですーとできるだけ平静を装って応える俺だが、「ついにNo.1の回春マッサージが体験できるのか・・・」と心中穏やかでないw ぶっちゃけマッサージはこれまででもダントツに上手で、もう全身ふわふわ天国なくらいだったが、これだけで指名1位になれるわけもない。恐らくこれからがNo.1の本領発揮のはず。

姿勢は相変わらず全裸うつぶせのままで、愚息はときどき反応はしたもののおおむねごく普通の状態。裕美子ちゃんは俺の脚の方でなにやらごそごそ(ローションとかの準備?)しているが、姿勢が姿勢なので施術中はほとんどその動向はわからない。むしろそれに興奮させられることも多いんだけど。

と、突然「足の間失礼しますね」と言いながら裕美子ちゃんが俺の脚の間に割り込んできた。おおお、と思ってる間もなく俺の汚い両足を裕美子ちゃんの細い足が割り開いていって、俺はうつぶせのまま大開脚(アナル丸見え)状態に。「うふふ、恥ずかしいですか?」と、ちょっとえっちな声色で囁く裕美子ちゃん。このあたりでいつも気付くが、このお店だと別に不細工でもあんまり関係ないんだよね。顔見えないから。声とサービスが良ければそれで100点満点かもしれない。

「ほら、恥ずかしがらないでもっと開いてくださいね」「ほら、ちょっと腰を上げておちんちん見せてください」
そんなことをいいながら、おねえさんの足がうつぶせの俺の金玉の両サイドに入ってくる。(と書いて伝わるかな?)うつ伏せでベッドと体にはさまってるチンポを、足でぐっとはさんで足コキするような感じ。もちろんケツ穴は丸見え。ビデオで撮影されてたら死ねる体勢ですよ。

「可愛い格好ですねw それじゃオイル掛けますねー」
とろとろーとお尻にオイル(ローションか)の感触がして、アダム徳永ばりのソフトタッチで、お尻や脇腹のマッサージが始まった。これが裕美子ちゃん、No1だけあってとんでもなく上手。もうちょっとやるとくすぐったくなるギリギリのところで、敏感なところをさわさわ、くちゅくちゅ、さわさわーとされると、鳥肌が立つと同時にガマン汁がどぷどぷ出てしまう。

「あは、どんどんおっきくなってきましたよ?どうして?」
「だってさっきのお風呂のときより大きいですよ??恥ずかしいですねw」
「わー、こんなに垂らしてる?♪えっちですねー、これなんですか?おちんちんの先から恥ずかしいのが出てますよ?」
「ほら、もっと腰上げて?お尻の穴がよく見えるようにちゃんとひざで支えてください」

「敬語+淫語」的なAVを前に見たことがあったけど、まさにそんな感じ。この子の言葉攻め、個人的に超Hit。

こんなふうに辱められながら、チンポの両サイドの足でもぐにぐにとマッサージしてくれる。両手はもちろんマッサージを続けながら。うつぶせだと見えないから、まるで四本の手でエロマッサージされてるみたいです。体勢の恥ずかしさも手伝って一気に愚息はフル勃起→それもまためざとく見つけられて可愛い声で嘲笑われる→ドMになってしまった俺はもっと勃起。その繰り返し。

ぴったりうつぶせだったはずの俺は、いつのまにか腰がどんどん上がり、女がバックで突かれるときみたいなひざ立ち体勢に。下(ベッド)を向いてギンギンになってるちんぽをまじまじ見られながら、ついに当店No1嬢の手コキが始まった。

それがまた普通じゃないんですよ。まずはキツネの手文字?みたいな感じにすぼめた3?4本の指先で、亀頭の先をチロチロされる。と同時に、裕美子ちゃんが耳元に口を寄せてきて、あろうことかフェラしてるみたいなちゅぱちゅぱ音をエロい声で囁いてくるんです。

「くちゅっ、ちゅぱっ、ちゅぱっ・・・んふっ、お兄さんのここ、とっても美味しいですよ?もっと舌でちろちろちろ?ってして欲しいですか?お返事は?」

姿勢がこれだからもうこれ完全にフェラですよ。ていうかフェラより手のほうが気持ちいい。彼女いるけど彼女のフェラより裕美子ちゃんの手コキのほうがフェラっぽい!ふしぎ!

そこから魔法のような指技が出るわ出るわ・・・最終的にはバキュームフェラまで始まりましたよ!手で! どうやってんのかなあ、手の中に真空を作って吸い付かせてるんですかね。マジで「ジュッポン!」「ジュ・・・ッポン!」ってやらしい音がするんですよ!これがNo1か!なんてこった!

完全にとろけたアヘ顔になっておねだりモードの俺に、「じゃあ仰向けになってくださいねー」とまさかの体勢変更。ひっくり返されたカエル状態の俺に、今度は恋人モードで「添い寝+手コキ」が始まった。俺この店十何回か通ってるけどこんなサービス受けたことないですけど!?

「お兄さんは乳首も弱いですか?ローションつけてあげますね・・・んふふ、可愛いなー。ぺろっ」

一瞬舌先と乳首を舐められて全にアヘる俺。このあたり、言われるがままにかなり恥ずかしいこと口走ってたと思う。「ずっとお姉さんのこと指名します」とか「もっと気持ちいいことして下さい」とか。そのあいだも魔法のフェラ手コキでチンポは夢気分。

だいたい、このあたりからもう手コキとは思えない音が出てるんですよ。「ブポッ!じゅぼ!じゅぼ!くっちゃくっちゃ・・・ッポン!」みたいなww それに、姿勢書くの忘れてたけど、裕美子ちゃん顔がすっげえ近い。ていうかほっぺたとほっぺたが完全に密着して、髪からシャンプーの匂いがするくらいの恋人モード。なのにチンポは両手でドスケベフェラ状態。完全に天国です。

「わたしのフェラそんなに気持ちいいですかぁ?うふふ、お兄さんのチンポ、あたしのお口に入らないくらいおっきいですよぉw あーん・・・カポッw」<下半身で「ぶポッ!」

マジでこんな感じ。いやはやもう・・・

体勢がそっから2回くらいかわって、最後は裕美子ちゃんに背後から抱きかかえられるみたいな形。すけべな両手が脇からチンポに伸びてきて、おっぱいもほっぺたも完全密着、耳元でえっちな囁きを堪能しながら・・・

「ほら、ほら、もう一杯出しちゃっていいですよ?」
「ザーメン溜まってるんでしょう?ほらほら、おねえさんのお口にどぴゅってしていいですよ?ほらぁ」
「恥ずかしいのい?っぱい出したいでしょ?遠慮しないでお口の中にぴゅ?ってして下さい・・・あ、あ、出ちゃったあ。うふふ、もっともっとw わぁ、ザーメンこんなにぃw」

というわけで最後はたっぷりやわらかい両手の中で射精させて頂きました。裕美子ちゃん、白い手の中でどぷどぷザーメン吐き出してる最中も、耳に息吹きかけてちゅっちゅしてくれる。もう最高。

そんなこんなで時間終了。完全にへたばって倒れてる俺に、献身的にてきぱき世話してくれる裕美子ちゃん。あとは一緒にシャワー入って、着替えてホテルでて「また指名してくださいね」でおしまい。よかった。

なんでこれ書いたかというと、今週末にまた裕美子ちゃんに予約指名してしまったからw 思い出しながら書いててテンション上がってきてしまった。明日に予約変えられないかなー。

風俗版オシム語録


「やることをやってもし負けるなら胸を張って帰れるはずだ」

「フリーを怖がるな。チャンスと思え」

「電話の応対には注意しろ。店も客もだ」

入れるのではない。相手から入れさせるのだ。

これは罰金ではない、チップだ、と思え。

まだ使える穴があるのに新しい穴を掘る必要がありますか?

世界一気持ちよくなりたいんなら別の人間を選んでくれ…

風俗はそもそも、出来ることとやりたいこととのギャップが在り過ぎる。
まずは自分の特徴を生かした攻め方をすべきだ。

良いなと思った嬢にあったら、その日の内にもう一回指名しろ。

「なぜ失望をするのか。それは過度に期待をさせる何かがあるからだ」

「そんなものに耐えられぬなら店長になどならぬほうがいい」

ただ、チ〇ポをしゃぶるだけなら誰にでも出来る。
どう攻めれば効果的かを考えながら、しゃぶらなければNo.1にはなれない。

嬢がどんどん辞めていく時
電話がつながらない時
新聞受けの名前が変わった時

あきらめろ。

お互いのコミュニケーションをアイコンタクトでとりなさい。スムーズにいくからな

真面目なことは、ちんこが立たなくなってから考えれば良い
それまでは、まんこのことだけを考えなさい

金のない人間でも風俗にはいけるが、良客にはなれない

「ガサが入り店は潰れた。それでも人生は続く。」

「地雷嬢にあたることはある。ただあたるにしても自分のセックスをやり抜くのと、
サービスを受けるだけのでは大きな違いだ。」

「素人童貞は哀しい。でも素人童貞の方がいい人生だと思いませんか?」

「わざと早漏にみせた。」

「日本人はシステム論議が好きらしいが、

 システムは保証でしかないことを理解したほうがいい。

 システムの奴隷になってはいけないのだ。」

日本男児の長所は、あくせく、すばやく動き回れる点だ
モノが小さい分、ぴったり厳しいマーク(素股)につくこともできる。
日本人としての特性を、自分たちのやり方で生かさねば、もったいない。
穴の大小や、毛深さなど関係ない。
知恵と工夫次第では、弱点を利点に変えることもできる。
だからヘルスは、おもしろいのだ。

「良いプレーをしたければ、爪を切りなさい」

あなたは風俗嬢の体型ひとつで地雷かオキニか決めますが、
あなた自身の体型が風俗嬢のサービス精神を左右することを理解していますか?
あなたを磨くことが、風俗でのサービスを左右するのです。

「体は休めても、亀頭だけは休めるな」

風俗嬢を口説きたくても、素人女相手に成功した口説き文句は使うな。
ただ、素人女相手に成功しない口説き文句もまた、風俗嬢を落とすことはできない。

初めてで感想が言える様な姫なら、たいした姫ではないという事だ

欧州勢は長くて太い
そういった先入観が攻めを鈍らせてきたのだ。
テクは世界レベルにあるのだら自信を持ってイカせなさい。

AVのプレーを追い求める時代は終わった
風俗らしいプレーをしないと勝てない

「VIPコースを頼んでも地雷に当たるようなら、胸を張って帰れるはずだ」

自分がリピートしたい、と感じたら同じ考えの客は5人はいると考えろ。

彼女がいても風俗に行きたくなる時がある。普段できないあんな事こんな事やりなさい。

どのフェラに対しても、常に満足することはない。なぜなら、満足してしまうと成長が
止まってしまうからだ。

■2003年5月23日 トレーニング後のミーティングで

君たちには口というものがついているだろう。しゃぶれ!もっと!
その口はクンニリングスだってできるんだぞ。

「日本人はイメクラだのアロマエステなど店の種類の論議が好きらしいが、
そうした種類は保証でしかないことを理解したほうがいい。
風俗店の奴隷になってはいけないのだ。」

「無数にある店それ自体を語ることに、いったいどんな意味があるというのか。大切なことは、
まずどういう嬢がいるか把握すること。嬢の個性を生かすサービスでなければ意味がない。
風俗店が客の上に君臨することは許されないのだ。」

システムがあって客がいるのではない。客があってシステムがあるのだ。
ただ与えられたサービスシステムに沿うだけではなく、
自分でシステムの先にある物を考えなさい。

本当にいい風俗嬢とは客に夢を見せるのではなくできることをやる嬢なのです

トリニダードトバコ?
プレイが始まるまではどんなチームかわからないね。
メディアではチン体能力が高いとか右サイドが特にデカいとか
とかくチンコばかりが取り沙汰されているがそんなことはあまり重要な要素ではない。
我が代表には華麗な指テクや舌さばきがある。
ひるむ事は何もない。

セットプレーで、最も注意することは迷わないことだ。
その瞬間、本能を研ぎ澄まして手段を選択し良い結果のみを想像することだ!

セットプレーってなんのことだよ?w

「風俗におけるセットプレーとは何か?ちんぐり返しの状態で考えていただきたい。
それができないなら、私が日本語をマスターし直接指導したい。」

「年齢は疑ってかかれ」

「基板情報は流すな、信じられるのは自分のみ。日々の情報隠蔽はお前を裏切らない」

「長く楽しむためには事前のオナニーは絶対必要。
 でも気持ちよさを味わうためにはオナニーは厳禁。
 難しいものだな(笑)」

「写真は嘘をつく」

「写真指名のときにあなたが戦わなければならないのは、
 風俗嬢ではありません。
 カメラマンと戦い、本質を見抜き、勝たなければならないのです。
 そのためには経験が必要です。
 負けたほうが次の指名の修正点を見つけやすいという点もある。
 “地雷”は最良の教師です」

教訓というものは地雷からでしか得られないものだ。
サービスを買ってるのではない、
自分自身を気付かせるためにお金を出しているのだ

「入店する時になって辺りを見回すのは愚の骨頂だ。
数十メートル手前から、誰かに好奇の目で見られてないか、
常に2手3手先を読め。」

「指名料を払ってまでオキニにこだわりますか?
オキニは既に過去なのです。人生とは旅なのです。」

口が臭い嬢に当たった時の対処方
鼻をつまみながらディープキス…みてくれは悪いがかなり有効だぞ

ただし、うれしい誤算があった。日本の皆さんが本当に
ヘルスが好きなんだなということを、待合室が満員になったのを見て実感した。

後半オシム監督は何度も両手を上げて嘆きながら嬢の入れ替えを5度も次々と繰り返した。

「私にとって気がかりなのは、90分間勃起できない客がいたこと。
90分にしたのは客のほうなのに」

私が孃を選ぶ条件。それは日本人であることだ。

一番客にこだわる間は本物ではない。
ただ、風俗デビューの初日一番客だけは貪欲に狙っていくべきだ。

今日は終始仰向けに寝て、相手に奉仕させろ。
暑い日にはエコノミックでマグロなヘルスが必要だ。

たかが1cmと言うかも知れないが、W59とW60との差は数字以上に大きいだろう。

90分間、しゃぶりきれない嬢がいた。

次回の指名ではサプライズがあるかもしれない。

「私がプレイするわけではないので、プレッシャーは感じない。
プレッシャーを感じるのは嬢の方だろう」

ただ、勘違いしてはいけないのは
嬢がイクのは演技である可能性もあるという事だ
嬢がイッたからといって自分に技術があると思い込むのは
あまりにも短絡的過ぎる

マット上で私の指示を待っているような嬢はこの店には必要ではない。

だいたい来店当日にオナニーしてきてはいけないのか?
もし、この店にそういうしきたりがあるのなら謝りますがね。

嬢からのイエローカードには注意しろ。レッドカード出されてからでは遅いから。

マットで客に襲われて肉離れをおこす嬢がいますか?準備が足りないのです。

枕元にコンドームがあるのに口だけで満足して帰れますか?

13人でも営業は出来る。この13人を信用できないのか?

2人、3人と周りを囲まれ玉を奪いに来られても
慌てることはない。
あくまで玉を操っているのは君達なのだ。
我慢する不自由さが3人抜き、4人抜きを可能にするものだ。

「採用当日に本番講習をしてはいけないというルールでもあるのかね?」

契約を40分から50分に延長する

風俗嬢とすぐプレイをしたいからといって、会話という過程をおろそかにしてはいけません。
会話というボール運びを慎重にしないで、どうしてゴールを狙えるでしょうか?

日本には
残り物には福がある
ということわざがあるそうですが
世の中そんな甘くないものです

公式戦での交代枠は3人だ。

しかし、デリヘルでのチェンジは一人に抑えて
おくべきだ。もし、チェンジを繰り返すようであれば・・・

「にいちゃん、ええかげんにしときや!なめとったらあかんで!」

公式審判員から、注意されるかもしれない。

「風俗であろうが彼女であろうが私にとっては大事な一戦だ。」

今日良かったことは
この店の嬢が全員地雷だと判明したことです

アナルをナメても良いのでしょうか?そこは、ゴールであり、入り口でもあるはずです。
軽く見ると痛い目にあうはずです。あなた方がナメるのは自由ですが…

デリヘルの配達が遅い。各駅停車のようだ

フィニッシュは穴に向かって放ちなさい。簡単なことだ。穴さえ間違えなければ…

「オキニは彼女ではない。しかし、彼女には無いものを持っている」

風俗に行く前に、その2万円をもって思いを巡らせてみるといい。
その2万円で何ができるか一通り考え、それでも風俗を選ぶなら、
その2万円は生きたお金であると言えるのです。

パネルがすべてではない。
嫁を捜しているのですか?

「早くイッてくれたらそれでいいよ」
世の中にこれほどキツイ言葉がありますか?

バストFカップでもGカップでもワールドカップでも何でも良い。
実物と相違が多いのが風俗だ!退場させてくれ!トイレに行く!!

今日は奮発して70分コースにした。しかしロスタイムが20分もあった。

「私の嗜好を短時間で理解させるのは難しい。時間がかかります。
でも延長は時間が限られている。」

若い嬢が少しよいプレーをしたらネットは書きたてる。
でも少し調子が落ちてきたら誹謗・中傷しか書かない。
すると嬢は一気に駄目になっていく。
彼女の人生にはトラウマが残るが、客は責任を取らない。

私は高額店向きの客ではない
AVあがりのナンバー人気嬢を平気でチェンジするからね

「今ヘルスには、今の生活を維持できればいいという

 『年金嬢』が多すぎる。」

ただイカせればいいというものではありません。
如何にアイディアを持って興奮させられるかが大事なのです。
その点において私は多いに不満です。

エレガント過ぎる嬢はどうかと思う。
キス、指入れ、AF、顔射、ごっくんはNGと言うが、
決まりごとが多い試合というものは得てしてツマラナイものだ。

また、閉店間際で早く試合を決めようとする嬢には屁をかます位の事はしてもいいだろう。
特別クッサイやつをお見舞いしてやれ。

記者の皆さんはプロのライターと認識している。

店長に言われた事でなく、自身が感じた事を書いて頂きたい。

30過ぎはベテラン嬢?ベテランとは第2次世界大戦のときにパンパンしていた者を指すのです。

「テコキのビデオボックスで、画面の中のAV嬢より実際に現れたテコキ嬢
の方がカワイイこともある。それが今の日本の現実なのです。」

風俗店を出た直後、若者のグループがジロジロ見てきたから何だと言うのだね?
私は会社というピッチを縦横無尽に走り、そこで得た金を有効に使ったに過ぎない。
嬢との情事があるからこそ、今日も私はピッチを駆け巡る。

オシム「なぜシュートの前になると緊張するのかね?」

選手「・・・・」

オシム「シュートという名前がいけないのか?」

選手「・・・・」

オシム「わかった。シュートをこれから君たちの大好きなセックスと呼ぼう」

選手「なおさら緊張するかもしれません」

オシム「じゃ、オナニーだ。オナニーなら緊張しないだろう。
     観衆の前でのオナニーだ。気持ち良いぞ」

ナンバーワンが一番と決まっているのだったら、ほかの嬢は風俗をやる必要はない。
だから、風俗は面白いんだ。すごいと言われていても、彼女が常に勝つわけではない。

わたしが本番を狙える年齢だとは思わないし少なくともわたしは狙っていなかった。
別に夢を見るのは構わないけどね。どういう形で本番に持ち込めた?
答えは簡単でモチベーションを持ってる嬢を指名するだけだ。
アウエーの西川口まで行かなくてもホームの渋谷で十分狙える。

デリヘルを自分の部屋に招くというのは、
あたかもホームアドバンテージがあるようでも、
人生においては極めて危険なアウェーゲームなのです。
それでも自分のペースで嬢と戯れることができるのは、
自分のベッドだからこそです。
ただし住所をいかがわしい団体に知られることだけは、
覚悟して臨まなければならない。

結果には満足している。
まず、嬢は必要なプレーをしっかりとこなして相手をいかせることができた。
ただ、そのなかで個人プレーをして、自分をみせようとした嬢がいた。
その結果、リズムを失った時間が合った。
セックスはサーカスではない。

今、南米でも欧州でも本番行為が行われてるが昔に比べて非常に危険な状態に
陥ってる。嬢と店長、嬢と客、あるいは嬢同士の争いもおこっている。ヘルスにおいて
生本番行為とは男のロマンだったが今は先にお金が絡んだビジネス化しているのが
原因かも知れない。

嬢は早くイケ、早くイケ、早くイケと言ってくる。
私は嬢にしごけ、しごけ、しごけと言いたい。

日本人はひとりでしごくのは上手いし、テクニックだってある。
オナニーをするのが好きだ。しかし、それが本番において何になりますか?
風俗にいくとひざをたてるときでさえガタガタ震える。
起つことさえままならない。対人プレーの練習が少ないのです。
童貞を捨てるにはまず嬢がおもちゃにおもえるほど通いなさい。
素人と話すのはそれからでも遅くはない。

ヘルスにいくときは八千円は余分に持っていきなさい。
嬢が五千円でどう?と言ってくれば安いと思えばいいし
一万円でどうというと値切ればいいのです。
断られたらねばれ、日本人はねばることがたりない。
値段というのはお嬢のプライドの高さでしかないのです。
しかし安くしてくれたら、できるだけやさしくしてあげなさい。

「やることをやっても逝けないのなら、股間を張って帰れるはずだ。」

早くイカそうと本気で向かってくる嬢に引くことはありませんか?
ホントに早くイカせる気があるなら、
「このペニスをいつまでも食べていたい」という雰囲気を出すべきです。
前掛かりに攻めるだけでも、早漏や童貞には効果的かもしれません。
しかし、わざと攻めさせてからのカウンターなど、
相手に合わせてサービスすることが重要なのです。

私はいつも言っているが、相手をリスペクトする事。
相手があってはじめて戦い方を決めることが出来るのです。
これは風俗だけの話ではありませんよ。

あなたがたがサービスを受けるのは嬢ですか、それとも店ですか。
風俗店は単なる箱です。私が行っている店は、「その子だけ『優良店』、
その子以外に当たると『死ぬ』」とでも言うべき店です。
店はスカウトでその子レベルの子をごろごろ揃えておかなくても看板嬢さえいれば
経営は成り立つのです。だから大切なことは、どういう嬢がいるか把握し、把握したら
その嬢だけを指名する。それが地雷を避ける最速の近道です。
2ちゃんねる情報で箱自体を信頼して入店した?でも裏切られたのでしょう。
嬢を把握せず「箱を信頼」なんて、悪い冗談にも程があります。

記者の皆さんは日本が世界で戦えるレベルではないと思っているようですね。
私にとってはそのような書き物を見るたびに、悪い夢を見ているような気にさせられます。
最近流行の9000円中国エステは、若い本番嬢をゴロゴロ揃えていますが、
あんなところでセックルできるのは、ガサ入れに遭っても
失うものが何も無い人間だと理解していただきたい。
内外価格差による成長分野というのは、いずれ価格差が縮まって縮小していくものです。
我が祖国セルビアの嬢も今スイスで苦戦しているところです。
問題は価格差ではなく、サービスの差です。
あの中国の嬢たちにエウレカやキュアホワイトのコスプレができますか?
ビキニラインも処理していないあの嬢たちに
バドガールのハイレグを着ることができるでしょうか。
よしんば、彼女たちがスーパー銭湯の洗い場で陰毛を処理してきたとしましょう。
それでも日本の嬢が得意とするDキスだけはできないはずです。
私にはそこに日本の選手たちの活路があると思えます。
え、彼女らのたどたどしい日本語に萌える?私には「ご勝手に」以外の言葉は無い。
尤も、わがセルビアの嬢が大挙して日本にやってきたら、
その時は記者の皆さんは「日本の風俗は壊滅した」と書くべきです。
日本の皆さんは、エロ本でしか見たことが無いような
洋ピンの体とピンク色の乳首を目の当たりにして・・・・
ちょっと、ティッシュを借りていいですか、ええ、しばらく一人に・・・・・。

―今回採用された新人嬢がすばらしいパフォーマンスを見せてくれましたが

高卒でいきなりソープで働く嬢を指名することはリスクがある。
謙虚さを失い、若くして消えていった嬢は多い。
忌野清志朗も「若い女じゃ物足りねえぜ、体は良くてもワビサビを知らねえ」と言っている。
そういえば、彼は死んだのか?話が、逸れた。
しかし、今日の嬢にはその心配がない。私が勃ちの悪いジジイであることにすぐ気づいて、
賢明にも肛門から前立腺を穿り返す戦術に切り替えることができた。
今後、ミスシンを含め、なるべく彼女にチャンスが与えられることを望む。
ただ、私の肛門が鮮やかなピンク色だったなんてことは書かないように。

始まりの5分、終いの5分に得点する事が多い。
始まりの得点は嬢のアグレッシブな攻撃によるものだが、
終いの得点はロスタイムに入っても諦めない私の執念である。

シャワーは帰ってからでも浴びれるのだ!

私はこの試合について語る言葉がありません。
なぜなら素人童貞だからです。

新人だからといって若いと思うな
そして経験が浅いとも思わないほうがいい

T太 「セックス!」「セックスするぞー!」

登場人物

T太=俺より7歳下。近所のガキ
K子=俺の彼女の後輩。T太の3つ上
チンピラ=T太の先輩。年齢不明。ヤクザのしたっぱ
俺=T太のおさななじみ
俺彼女=俺の彼女。当時OL

俺んちの三軒隣の末っ子として生まれたT太はちょっと頭の弱い子だった。
池沼ってほどじゃなく、ギリギリボーダーって感じ。
小学校の時から普通学級と特殊学級を行き来して
自分の名前が漢字で書ければ受かる地元の最底辺高校に進んだ。

勉強は壊滅的にできないが、自分のことは最低限自分でできるし
素直だし、たまに癇癪を起こす癖があるのを除けば扱いにくいやつではなかった。

ただ癇癪を起こすと、体がデカいこともあって誰も止められなくなるので
そういうときよく俺が呼ばれることがあった。
T太は子供の頃から俺になついていて俺の言うことはよく聞いたから。

そのT太が地元でもっとも偏差値が低くかつガラの悪い高校へ入り
「不良カッケー」
に目覚めてしまった。
その年頃としては「悪っぽいのカクイイ」的な思考は珍しいことじゃないんだが
T太は一度そう思うと加減がわからずにのめりこんでしまうから
二ヶ月もしないうちにミナミの帝王みたいなカッコをするようになった。

言葉はエセ関西弁と広島弁のミックス。
「吐いたツバ飲まんとけよー」
「みこしが一人で歩けるもんなら歩いてみいやー」
ってリアルで言うやつを俺は初めて見た。
T太の両親も兄弟もかなり恥ずかしがってたが
ほっとけばそのうちに目が覚めるだろうと半分放置されていた。
実際、高校の本当に悪いやつらにはT太はスルーされていたようだし。

だがそのうち計算外なことが起きた。
T太が色気づいた。
俺が彼女と歩いていると、ニッカボッカみたいなズボンを履いたT太が
左右に体を揺らしながら歩いて来て、
俺に話しかけるフリをしながら彼女の匂いをクンクン嗅いだり
バッグの中に手を突っ込もうとするようになった。
(※金とかじゃなく、なんでもいいから若い女の持ちものが欲しかったらしい)
俺が一喝するとすぐ逃げるんだが
彼女もいやがるんで、なるべく俺んちの周囲ではデートしないことにした。

夏になり、俺は彼女と地元の花火大会に行った。
そこにT太もいた。
彼女を寄ってきたが適当にかわして花火の見えるスポットへ移動。
だがしつこく追ってくるT太。
最終的にきつく言っておっぱらった。
だがT太のやつ、彼女が長蛇のトイレ待ち列に並んでる間に彼女の手帳を抜いたらしい。

手帳にはさんであったプリクラ+プリクラに書かれた「Kちん」の名と
K子の住所録でT太はプリクラ中一番の美少女K子に目をつけたらしかった。
しかし俺と彼女はそのことにしばらく気づかなかった。
彼女はただ手帳をなくしただけだと思ってたたしそこにT太を結びつけることはなかったから。

何ヶ月かして、K子から彼女にSOSが来てやっと事態が発覚した。
発覚した時にはすでに事がけっこう大きくなっていて、
簡単に書くと
T太、美少女K子のプリクラ+ケーバンGET→毎晩それでオナニー
→T太、オナネタを自慢
→先輩のチンピラがそれを聞いてK子を気に入り、T太からケーバン等GET
→チンピラがK子につきまとう
という流れだったらしい。

知った時にはすでにチンピラが××組に話を通してたとか通してないとか
そこまでいっていて、K子が拉致られてチンピラの女になるかソープに沈められるか
とかいうヤバいところまでいっていたらしい。
こっちには関係なくても向こうで勝手に好きなだけそういう話は進むんだそうだ。

なんで俺らがわかったかというとT太が俺に自慢したからだった。
T太にとってはチンピラと女を共有できる=出世だったらしい。

俺「女?おまえに女って誰よ?」
T「にいちゃんも知っとろうが。K子だよ」
俺「K子?知らん」
T「知らんことなかろうが。にーちゃんの彼女の後輩の…。(ここでT太いろいろ暴露)」
T「??なわけで、K子はチンピラ先輩の彼女にしてもらえるんだ。女として名誉じゃろ」
俺「はあああああ???なんでそんなことになっとんの?つかそのチンピラの彼女にならんかったらK子どうなるの?」
T「知らんー。まあ先輩、今まで何人もソープに沈めとるそうじゃけー(なぜか自慢げ)」

うわああああああ。
これはもう一刻を争う事態ということで、T太両親、俺両親に即報告しての警察沙汰にした。
今までT太を「頭は弱いが根はいい子」と思っていたT太両親は愕然。
最初は信じなかったがT太がみずからべらべら自慢しまくってくれたせいで信じざるを得なくなった。

結局警察だけじゃ埒があかず地元議員まで駆りだす事態になったわけだが
上から話を通してもらってとりあえずチンピラはK子から手を引いた。
しかし万一の場合にそなえて両親によってK子は県外に逃がされ、遠い地に転校。

前置き長いがここからが俺的には修羅場。
まわりが何と言おうとT太には「女の貞操観念」が理解できなかった。
「風俗で働く→毎日エッチできる→俺もしたい!→女も毎日気持ちよくて最高なはず!→なんで風俗がいやなの?」
このどうどうめぐり。
女の子が感じる屈辱だとか、恥ずかしい職業だってことが
どうしても観念として理解できないらしい。

何度も周囲がうるさく言ううち、T太は逆に、親や俺のことを「わからずや」と思い
「わからずやのにいちゃんを説得するには…そうだ!(ピコーン)
にいちゃんの彼女に気持ちいい仕事だってわかってもらって、彼女からにいちゃんを説得してもらえばいい!」
という結論に至ったらしい…Orz

ある日俺が仕事を終え、ロッカーに置いてる携帯を見ると彼女から鬼の着信。
そして見知らぬ番号からも着信。
リダイヤルしたら警察署だった…。

俺が残業してる間に「セックスの気持ちよさを俺彼女に教えよう」としたT太が
俺彼女のアパートに突撃し、もちろんドアをあけない彼女にブチギレ、
暴れて通報されたらしい。

駆け付けた警官に対しても自信たっぷりに
「セックスを教えに来ました!」
「セックスは気持ちいいんだから俺彼女だってしたいはず!」と
持論をぶちあげ、現行犯逮捕されたT太。

彼女のアパート前でも「セックス!」「セックスするぞー!」と
連呼してドアをがんがん叩きまくったそうで
彼女の恐怖はもう想像するだに…って感じだ。

俺は慌てて彼女のアパートに駆けつけ、怖いめにあわせてすまなかったと平謝り。
彼女の両親にも土下座。
T太がまだほんのガキだった頃、彼女のアパートに連れてきて
場所を教えてしまったのは俺だから確かにもともと俺が悪い。
別れの危機にまでいたったが謝り倒し、T太とは縁切りすること、彼女の引っ越し費用を俺がもつことで
なんとか許してもらえた。
セックスセックスとT太が騒いだせいで、彼女もあのアパートにはもう住めないと
言ってたし。

その後T太は両親がいたたまれなくなったらしく、一家で引っ越した。

最後の日、T太がうちに訪ねてきたが俺は会うのを拒否。
「せめてこれを」と言われて母が受けとった餞別?は
なぜかディズニーランド土産のお菓子の空き缶だった。
ドナルドのやつだった。

最後までT太は自分の何が悪いのか
わかってなかったと思う。

いつかどこかでT太のあの歪んだ女性観が治っていますようにと
俺としては祈るほかない…。

おわり。



昔の彼女

少し昔の話だけどちょっと面白い体験だったので書いてみる。
自慢交じり、面白交じりだ。

合コンで知り合った子で、俺は20代後半、彼女は20代前半。
彼女は放送業界でフリーターみたいなのをやってるんだと言っていた。
俺はごく普通のサラリーマン。

やや人見知りで世間に疎い感じの子だったが、
(例えばサラリーマンの生態を基本的に判ってなかったり)
素直で優しい印象の子だった・・・が。
SEXがやたらとエロい。一回目のSEXから
「・・・のおちんちん太い・・・」
「入れてぇ・・・」
といった感じで、普段のハスキーボイスがいきなりエロい甘え声へと変わる。
しかも良く喋る。

そして入れたら入れたでこれがまたいい声を出す。
「凄い・・・」
「滅茶苦茶気持ちいいっ・・・」
等々。無論俺は大喜びだったわけだが、そのうちやや不審を感じてきた。

処女じゃなかったけどそんなに経験が豊富そうにも見えない。
過去の話を聞いてもごく普通より奥手な感じに思える。
前の彼氏に仕込まれたのかと思えばフェラなんかは苦手だったりする。
何ていうか何ともアンバランスなの。

想像してもらえればわかるが、
騎乗位でぎこちなく腰を振りながら顔を真っ赤にして
「一杯出してっ・・・」
「イって欲しいのっ・・・」
等々喋り捲られるのはこう、正直とても興奮するんだけど
どうしても普段のどちらかというとおどおどしたタイプの彼女に比べてアンバランスなの。

声もちょっと安物のアパートでは出来ないかなってくらい出してくれるわけ。
俺も百戦錬磨な訳でなし、そんなもんなのかなと思ったんだけどでもやはりアンバランスな訳だ。

じゃあ演技をしているのか、っていうとそんな風でもない。
イキやすい子でイってる間はぎゅうって膣が締まるんだが、
そんな最中やその直前で身体を仰け反らせながら
「イきそう、イきそう、イクっ!」
みたいな声とか、
「そんなに突かれたらイっちゃう!」
みたいな声が演技だとも思えない感じで。

兎に角SEX時の盛り上がりがハンパ無い訳。
でね、そういうSEXって俺にとって滅茶苦茶気持ちいい訳。
とりあえず可愛いと普通の中間くらいの子だったけど5割増し位に見えちゃう。

でも演技なのかな?どうなのかな?って当時の俺は悩んだ。
いやだってちょっとハンパない訳だよ。

「あーですよねー。」(敬語とタメ口半分くらいのハスキーボイス)
「あっ!あはっ!いや、駄目、おちんちん気持ちいいいいいい!」(甘ったるい声)
「そういえば週末だけど、」(ハスキーボイス)

上に書いたけど淫語も俺が言わせているんじゃないからね。

悩む事でもないかなとも思った。昼は淑女夜は娼婦は理想だろ。と。
エロい子で何が悪い。と。
でもやっぱね、日常生活で感じる違和感ってのは無視できない。

また悩めば悩むほど色々考えちゃうもので、最終的に以下のような悩みを持っちゃった。
「彼女はアダルトビデオに出てるんじゃないだろうか。もしくは風俗をやっているんじゃないだろうか。」

嫉妬に狂いそうになりながらアダルトビデオ情報をググって見たりしつつ
そう思うと彼女が不定期に仕事をしている事(週に2?3回)なんかも怪しく思えてくる。
その割りにお金は持っていなかったけど一回疑っちゃうともう全てが怪しく思える。

で、ある日意を決して正座をして話があると向かい合って切り出した訳だ。
「ごめん、どうしてもどうしても気になる事があって、怒らないで聞いて欲しい。」

「何?」
「その、変な仕事とか、してない、よな。」
「変な仕事?」

そこでややうろたえる彼女。唇をかんでぎゅっと俯く。
俺はもう目の前が真っ暗になって、絶望感に押しつぶされそうになった。

「変じゃ、ない。そんな風に言われたくは、ない。」
涙目で彼女。
俺も責め立てるつもりは無かった。
恋人同士としては終りかもしれないけど、
かといって声高に責め立ててどうなるもんでもないと思ったし。
でも凄く辛かった。

彼女もう目が真っ赤。はあはあ息を荒げて涙こらえてる。
「変とか言われたくないし、変とか言われたくないし。」

「いや、変って言い方は悪かった。ごめん。」
「変って言ったもん。酷くない?ねえ酷くない?」

ここら辺でやや違和感を感じた。
例えばAVとか風俗やってたらここまで逆切れするかな。と。
AVや風俗をモラルが無いと言う訳じゃないけど、
彼女はそういう所にもそれなりに一般的な印象を持っていたと思ってたからちょっと違和感を感じた訳だ。

で。暫く泣いている彼女の肩に手を当てながら(何で慰めてるんだろうとやや思いつつ)
俺も辛い顔で黙ってた訳だ。

すると彼女は珍しくキッと俺の事を睨みつけて
「サラリーマンが偉いとか思ってるわけ?」
なんて言って来る訳だ。
「違うよ違う。そうじゃない。でもちょっと待てよ。
彼女が風俗やらやってたら俺だって怒るよ。
仕事が悪いってわけじゃない。でもさ」

そこで来た訳だよ。人生初ビンタ。強烈なの。
実際食らうと衝撃でパアン、といい音がしたかどうかもわからない。
ただ頬に手を当てるだけ。
「風俗とかって・・・サイテー!!」
うわああああああんと泣きじゃくる彼女。

違和感を感じる俺。

ここらへんで大体予想がついたと思いますが、彼女声優でした。
何か普通のアニメの。
しかも彼女はその仕事の事を俺に伝えていたつもりでした。
ただ、彼女はアニメの話を俺にする事に抵抗があったのと
基本的に仕事の話をお互いしないようにしていた事。
彼女が実家、俺が一人暮らしで彼女が俺の家に来る形だったから半年間気が付かずにすんでいた由。

その後彼女がやったアニメのDVDなどを見せてもらったのですが、
聞いてみればおお、彼女だ。といった感じ。
因みに昔エロゲとかもやった事があるので俺にはそれを咎められたと思ったらしい。

SEXに関しては顔を真っ赤にしてはいたけど
「ちゃんとはっきり声に出して言った方が気持ちいいじゃない。文句ある?」
という事で押し切られました。
謎が解けてから見てみればどうも見た所
演技しているうちに盛り上がっていくタイプっぽい感じだった。

彼女とはすれ違いの上2年ほど付き合って別れてしまったんだけど
次に付き合った子とのSEXが最初のうちに凄く味気ないと感じた事を覚えてる。

素人初体験

俺が童貞を捨てたのは28歳。それも風俗で。
その後、アジアへの出張が増えたので、飲み屋のお姉さん達とも経験することになるのだが、
彼女たちは所詮セミプロ。素人じゃない。
ということで、彼女いない歴=年齢のまま、素人童貞を貫いてきたのだが、
それを捨てるときが突然訪れた。

いつものように出張し、現地法人の日本人社員と食事会。
1日目は複数だったが、2日は新人の女性社員に「二人きりで」と誘われた。
彼女は34歳。見た目は派手なタイプで、俺になんか興味を持ちそうにない感じ。
加えて、いつもの俺なら、避けて通る部類に位置する子。
最初は俺が緊張気味であったため、あまり会話も弾まなかったが、
酒が進むに連れて、話がエロイ方向に。
彼女は海外生活が長いためか、開放的な性格で、そういう話にも全く抵抗がない様子。
「あなたは本当はもてると思うよ。もっと自信もって、普通の子と付き合いなよ?」って励まされる俺。
話の流れで、お姉ちゃんのいる飲み屋さんを紹介してもらうことになった。
彼女と一緒に店に入ると、彼女はなれた感じで現地の言葉で店長と話をし、女の子が俺の隣座った。
それからしばらくは彼女の存在を無視して、女の子との会話やボディタッチを楽しむことになるのだが、
酔っていて、詳しくは覚えていない。
帰る時間が近づいたので、女の子と交渉開始。
途中で女の子が席を立ったとき、彼女が俺に抱きついていた。
それから記憶が断片的なのだが、店内でディープキスを連発。
閉店時間なので、会計を済まし、ふらふらの彼女を連れてタクシーに乗った。
で、彼女が運転手に告げた行き先は俺の宿泊先。
??????質問しようとする俺の口を彼女の口が塞いだ。

宿泊しているのは会社が借りているアパートなので、寝室が3部屋ある。
彼女はふらふらなので、このまま帰すのも心配なので、彼女を止めることに。
部外者宿泊禁止なのだが、彼女も社員なので問題ない。
別々に寝るつもりで彼女をベットに運び、俺もシャワーを浴びて寝た。
不意に目が覚めると、タオル1枚の彼女が俺の上に乗っていた。
またまた口を塞がれる俺。
「なんで気付いてくれないの?なんでそんなに鈍いの?」と質問攻めに。
で、俺もその気になってしまい、始めるのだが、素人童貞の俺は普通のやり方を知らない。
俺のやり方が物足りないのか、それとも感度がいいのか?
夢中で腰を振る俺の下で大きな声を出しながら自分でゴソゴソ動く彼女。
やりにくくてしょうがない。
で、素人初体験の緊張と酔いもあって、なかなか逝けない。
「やぱっり私ってゆるいのかな?」って不意に泣きそうになっている彼女をなだめながらがんばったが、やはり無理。
ちょっと休憩していると、彼女がフェラを始めた。

ちょっと歯が当たるのだが、その刺激が微妙に気持ちいい。
すぐに復活し、再び戦闘モードに。
彼女に続きをやることを促すが、彼女が一向に止める気配がないどころか、
いっそう激しくなってきた。
口の中に出していいのはプロだけと思い込んでいた俺は、逝きそうな事を彼女に告げるが、
「いいよ」っと咥えたまま離そうとしない。
我慢できずにそのまま発射。最後の一滴まで搾り取ってくれた感じ。
ティッシュを渡すと、「なんで?飲んじゃったよ」と当然のように言う彼女。
「”ごっくん”はオプションで追加料金がいるのに」って思わず言ってしまう馬鹿な俺。
さすがにグーで腹を殴られた。

その後、帰り支度を整えながら彼女が
「やっとわかってくれたね。全然気付いてくれないから、私のこと嫌いなのかと思った。」
と、彼女は俺に一目ぼれしてたらしい。
「私と付き合うのなら、飲み屋のお姉さんたちとの過去は清算して、風俗遊びもほどほどにね!」と。

俺から惚れたわけでもないのに、なぜか彼女に主導権を握られてしまった。
でもそれが心地いい。

しばらく女を抱いてない男に妻を抱かせて

40歳の妻は若いイケメンとの単独デートを希望しましたが、私はどうしてもイヤラシくて、しばらく女を抱いてない飢えた50代の男に妻を抱かせてみたくて、なんとか口説き落しました。
更にホテルの別室を希望する妻を振り切って、自宅の寝室の隣の和室部屋を選びました。
襖一枚隔てたところで、妻の喘ぎ声を聞きながら何をされているか想像し、覗きたい願望を我慢しながら自分の股間が破裂寸前まで疼き、のたまうのを味わいたかったのです。

年末にその願望はやっと叶いました。
一年がかりです。
最初は嫌がっていた妻でしたが、最近のAVでは「義父に犯される人妻」シリーズが多くあったので、寝室で妻に見せながらその気にさせました。
「これって現実的じゃないわよ」
「ありえない」
「生々しすぎてやだ」
と、否定的だった妻でしたが、だんだん乗りが良くなって来て
「このオジサンって鹿嶋さんに似てるわよね」
「いやぁーん、生で出されてる。生々しくてエッチすぎるわよ」
「私、あんな風にやられるの?」
と、良い感じで興味を持ちはじめました。

鹿嶋さんと言うのは、妻と二人で時々行く小料理屋の常連客で、単身赴任で近くに住んでいる50過ぎの男性です。
単身赴任2年で、何年も女を抱いてないらしく、酔うと店の女将に下ネタばかり言うちょっと下品な男です。
さて、この男性をどうやって連れて来るか?
色々考えました。
結局、ストレートに言うしかないと思い、一人で小料理屋に行き、仲良くなって別の店に誘いました。
「鹿嶋さん、単身赴任が長いとアッチのほうが不便ですね、風俗ですか?」
「いやいや、風俗はエイズが怖いし、素人はワシみたいなオジサンは相手にしてくれないし、もっぱら右手が恋人だよ」
「俺も同じですよ」
「あんたは色っぽい奥さんが居るじゃないか!色白でエエ身体してるやないか?」
「いやぁーもっぱらご無沙汰ですよ。うちのはかなり好き者なんですけど、15年連れ添うと刺激がなくてねぇ、この前もスワップでもしてみようか?って聞いたら、私は他の男とエッチしても良いけど、あんたが他の女とするのは我慢出来ないとか言うんですよ」
「うわぁーエエなぁーうちの女房がもう少し若くてエエ女なら、是非ともスワップさせてもらいたいが、なんせドラム缶みたいな女房だからとてもとてもそんなダイプじゃないからなぁー」
「あ、鹿嶋さん、うちの女房は好みのタイプなんですか?」
「いやいや、お宅の奥さんなら誰だって抱きたくなるよ、あんなに色気のある奥さんなら腰が抜けるほどやってみたいですわ」
「今度さー鹿嶋さん、うちに遊びにおいでよ、女房をけしかけてみようか?女房が他の男にやられてアンアン喘いでイキまくるの見てみたいなー了解するかなー?」
「そりゃあんたがエエならワシは願ってもない。精力溜めて行きますわ」
「あはは、そりゃ安全日を計算して誘わないと、鹿嶋さんの精子は濃いそうだもんなー」
そして私達は携帯の番号やメールを交換しました。
その日の夜、いつものように妻とAVを見ました。
私はいよいよ念願が叶うと思うと下半身が疼いてたまりませんでした。
布団の中でAVを見ながら、妻の後ろに回り、妻の身体をまさぐりながら
「鹿嶋さんにやられているの想像してみて」
「いやん、いやらしいこと言わないでよ」
「今度、鹿嶋を家に呼んでみようか?」
「えっ、それって…そういうこと?」
「いやなのか?」
「いやって言うか、あなたがこのAVばかり見せるから、私鹿嶋にエッチされる夢を何度も見たのよ」
「どうだった?興奮した?どんな夢を見たんだよ?」
「どんなってエッチされる夢よ」
「詳しく」
「一通り」
「一通りって?」
私は妻の膣に指を入れ、妻を思い切りエッチな気分にさせながら質問を進めました。
「ああっ、感じる…」
「だから、どんなエッチだったか言わないとやめるぞ」
「だからぁ?…ああっ、うっうっ…舐めたり舐められたりして、入れられる夢だってば」
私はたまらなくなって、妻の股の間に入り、カチカチに勃起したペニスを一気に妻の中に突き入れました。
妻の中はいつもより濡れて、わけなく私のペニスを受け入れました。
「あうっぅぅーっ!!」
妻が私にしがみついた瞬間に私はペニスを引き抜き、妻のクリトリスに当ててコリコリとこすりました。
「いやっ、いやっ、なんで?」
妻の腰が私のペニスの先を追いかけます。
私はそれを交しながら、クリトリスをこすりました。
「お前が鹿嶋さんにやられるの想像したらチンポがギンギンになったよ、ほら向こう向いて、後ろから入れるからテレビ見ながら鹿嶋さんにやられるの想像してみて」
AVを巻き戻し、妻をそちらに向かせて横になり、私は後ろから挿入しました。
妻はアンアンと声をあげながら画面を見ていました。
画面では女性が股を開き
「お義父さん、中に出してください、気持ちいい!!いくーっ!!」
と叫んでいます。
同時に妻が
「あっ、いくーっ!!いくよ、いくよ、あーっ!ダメーっ!」
妻がイッた少しあと、私は妻の後ろから妻の中に精液を放ちました。
目を閉じて、鹿嶋さんが妻の中でイクのを想像しながら出しました。
しばらく腰をピクピクさせていた妻がティッシュを股間に当てて、振り返り私に抱きついて
「あーん、イッちゃったよー。私、ホントに鹿嶋さんに出されるの感じてイッちゃったよー、どうしよう」
「俺もすごかったよ」
「怒ってない?大丈夫?」
「めちゃ嫉妬したよ」
ということで、約一年がかりで妻をその気にさせることに成功したのです。

そして、次の安全日に合わせて予定日を決め、鹿嶋さんと連絡をとりました。
いよいよ念願の当日、実際に鹿嶋さんが家に来ると妻は恥ずかしいを連発しながらキッチンから出てきませんでした。
そのくせに化粧はいつもより念入りで、スカートはかなり短め、下着は見たことない新品でした。
そこで私のイタズラ心に火が点き、
「鹿嶋さん、仕事でお疲れでしょうから風呂にでも入ってください」
あまり酒を飲んで勃起力が落ちてもいけないので、鹿嶋さんを風呂に入れました。
「おい、お前も入れよ」
「はっ?いやよいきなり。恥ずかしいわよ」
私は風呂場に行き
「鹿嶋さん、女房が一緒に入りますから」
そういうと、嫌がる妻を半分強引に全裸にして、引きずるように風呂場に連れて行き、押し入れると扉を閉めました。
「いやぁーん、いやぁーん、恥ずかしいってば!!」
と叫んでいた妻は、すぐに静かになりました。
「いやいや、やっぱり奥さんはきれいな身体をしてるね」
「恥ずかしいですぅー」
「最高ですよ、おっぱいも大きくてエエ形だ」
「ダメです、垂れてるでしょ?もうオバサンですから」
「男の体は正直だから、ほらもう立ってきたよ」
「いやん、恥ずかしいですぅ」
「ほら、こっちに来て、洗いっこしようよ」
「あっ、あっ、あっ、あんん…んぐんぐんぐ」
2人は絡み合い始めた様子でした。
しばらくキスする音やピチャッピチャッと身体を舐める音、妻の喘ぎ声が風呂場に響きました。
私は寝室の隣に布団を敷きました。
声が聞こえやすいように寝室に近づけ、枕元にティッシュとライトを置き、天井の灯りを消しました。
そして風呂場に行き
「リビングの隣の和室に布団を敷きましたから」
そう言って風呂場の扉を開けました。
私の目に飛び込んできた光景は全裸の鹿嶋さんと、その股間の前にひざまづく妻の姿でした。
AVではよく見る光景ですが、生で見たのは初めてです。
そそり立つ鹿嶋さんのペニスをぱっくりと咥え玉と竿に手を当てて、んぐっ!んぐっ!と言いながら頭を動かしている妻を見たのです。
全身に電流が走りました。
「ぷはーっ、いやん、恥ずかしいってば、見ないで、見ないで」
そういう妻の唇は赤く濡れていました。
鹿嶋さんのペニスはピンと上を向き、パンパンに張り出したカリ首はたった今まで妻の舌で舐め回され、テカテカに光り輝いていました。

私はすぐに寝室に戻りました。どうしようもないもどかしさを感じながら自分の股間を手を入れてペニスをしごきました。
しかし緊張で勃起してきません。
それでも下半身はゾクゾクしています。
「ちゃんと暖まったかい?寒くない?」
「大丈夫です、ヒーターもエアコンも効いてるから」
鹿嶋さんと妻の声がして、襖が開く音がしました。
「なんでまたパンツ履くの?どうせ脱ぐのに」
「だってぇー恥ずかしいですから」
「ほら、まだ濡れてよ、ちゃんと拭いて、風邪ひくよ」
「あ、はい…ああっ、んぐんぐんぐ」
2人がキスしながら布団に倒れこむ音がしました。
「ああ、やっとこの身体を…吸い付くよ…ピチャッ…ピチャッ」
「あーん、あーん」
「わしのも…舐めて」
「んーっ、んーっ、あふーん」
妻が鹿嶋さんのペニスを咥えながら愛撫されている音です。
私のペニスはまだ勃起しません。
しかしペニスの先からは透明な液体が滴り落ちています。
「もう我慢できん、入れてエエかの?」
1分ほど沈黙があり、
「あはぁぁーーん!」
妻の中に鹿嶋さんが入った合図です。
「くふぅーっ、柔らかいオマンコや、チンポにまとわりついてくる」
「あっ、あっ、あっ、あっ」
「気持ちエエか?ワシみたいなオジサンでも良かったか?」
「気持ちいいです、気持ちいいですぅ」
「わし、我慢できん、すぐ出そうやわ」
「すごい、気持ちいい、気持ちいいです」
「奥さんの中に出せるなんて夢みたいやわ」
「気持ちいい、もっとエッチなこと言って、すごい気持ちいい」
「旦那以外にチンポ入れられるの初めて?」
「うん、うん、初めてですぅ」
「たまらんわ、奥さんもう我慢できん、出してもエエかい?後でまたするから1回出してエエか?」
「うん、待って、私も…イキそう…一緒に…」
「ダメ、ダメだ!!もう…もう出るっ、あ、あ、あああっ…ううっ」
「もうちょっと、もっとちょっと奥に…あ、イクっ、ああっ、イクっ!」
「くはーっ!たっぷり出たよ、久しぶりやこんな気持ちエエの」
「いっぱい出た?温かいよ、中がぬるぬるする。」
「旦那以外のチンポから出された精液はどんな気分?」
「エッチな気分、ああっ、あ、あ、あああっ」
「抜けたー、ほらチンポがベトベトや、奥さんの汁で真っ白や」
「私の?精液じゃないの?」
「精液は奥さんの奥深くに出したからまだ出てこないよ」
「きれいにしてあげようか?くすぐったくない?」
「ああ、舐めてくれ」
「んぐんぐ、くすぐったくない?」
「気持ちエエわ」
「あ、私も…出てきたみたい」
「待て待て、布団が汚れる」
カシュッ、カシュッとティッシュを出す音が聞こえた。
「軽くお湯に入ろうか?」
「うん」
2人は風呂場に向かった。

私は静かに後を追いかけ脱衣場で耳を傾けた
「私、気持ちよかったですか?」
「当たり前じゃないか、気持ち良すぎてすぐに出してすまんかったな」
「もう一回する?」
「ああ、チンポが空になるまでしたいわ」
「旦那起きてるのかな?」
「そりゃ起きてるさ、奥さんが他の男にやられてるのに寝ていられないさ」
「怒ってないかな?」
「興奮してチンポビンビンになってるよ、ワシと終わったら次は旦那が朝までチンポ立てて襲いかかるで」
「わあ、私死んでしまうよ」
「次は奥さんの身体を隅から隅まで舐め回してみようかの?」
「いやん、私も舐める」
「ほら、舐めて」
「んぐ、くすぐったくない?」
「気持ちいいよ、ほら鏡見て旦那以外のチンポ咥えてる顔見て」
「いやん、いやらしいこと…」
「いやらしいこと…言って欲しいか?言わないで欲しいか?」
「あはは、言って」
「鹿嶋さんの精液がもっと欲しいって言って」
「いっぱいちょうだい」
「ちゃんと言って」
「鹿嶋さんのチンポからいっぱい精液出されたい」
「そうそう」
「さきっちょ舐めたら気持ちいい?こっからピュッて精子がでたんだよね」
「ああ」
「なんか唇みたい、キスしよ」
「旦那のチンポと違う?」
「全然違う」
「どう違う?」
「あの人のはもう少し細いけど、長い感じかな?」
「気持ち良さも違う?」
「うん、あの人のはズンズンって奥に当たるの」
「わしのは?」
「引きずり出される感じかな?」
「どっちがいい?」
「だって、このチンポ初めてだから気持ちいいに決まってるでしょ?」
「奥さんは何人経験したの?」
「鹿嶋さんで五人目、でも最初の二人は高校生の時に一度だけだから気持ち良くなくて痛かった。だから付き合ってた彼氏と旦那と鹿嶋さんだけ気持ちいいエッチだった」
「そろそろしたくなってきたよ、さーて、もう一回奥さんの中に精液をたっぷり出してやるかな」
「その前にいっぱい気持ち良くして」
「ああ」
私は寝室に戻りました。

そしてそれから約一時間くらい妻の喘ぎ声が響いた。
「もうダメ、もう入れて、お願いします」
この声が何十回も響いた。そして鹿嶋さんが挿入する瞬間、
「もう我慢できんわ!」
そう言って私は部屋に入った。
全裸の妻がぱっくりと股を開き、その間に裸の鹿嶋さんが腰を入れて、妻が股間に手を伸ばして鹿嶋さんのペニスを自分の中に導こうとしていた。
そしてそそり立った鹿嶋さんのペニスは妻の中にヌメヌメと入り込んだ。
妻は鹿嶋さんにしがみついたまた離れようとしない。鹿嶋さんは私を無視して妻の乳首を吸い上げる。
私は勃起したペニスを妻に握らせた。
ようやく妻は切ない目で私を見ながら、
「ごめんね、気持ち良くなってごめんね。出るとき口に出していいよ」
そういいながらしごいてくれた。
しかし鹿嶋さんが腰を振ると
「あああーっ、鹿嶋さん、気持ちいい!!引きずり出されるぅーっ!」
そういいながら鹿嶋さんの頭にしがみついたのだった。
妻が激しく喘ぎ始めたときに、勢い余って鹿嶋さんのペニスがプルンと抜けた。
「はううぅっ!」
という妻の喘ぎと一緒に飛び出た鹿嶋さんのペニスはカチカチに勃起しており、ピンと天を向いていた。
そのペニスは真っ白い液体に覆われていた。
妻が腰を浮かすと鹿嶋さんは角度を合わせて、まるで毎晩交わっている夫婦のように器用にペニスを妻の中に滑り込ませた。
再び妻の喘ぎ声が響いた。
私はたまらなくなり、自分でペニスをしごきました。妻の口に出すどころではなく、そこいらに精液を撒き散らしてしまいました。
「あああーっ、奥さん、出るっ、んーっ、んーっ」
鹿嶋さんの精液が妻の中に注がれ始めると、妻は腰を内側に丸め、両脚を一度高くあげながら鹿嶋さんの腰に絡み付かせ、鹿嶋さんの背中に手を回して
「奥に…奥に出して」
と叫んだ。
私は下に周り結合部分を覗いた。
最大限に勃起した鹿嶋さんのペニスは妻の奥深くに突き刺さり、妻の外側のひだは鹿嶋さんのペニスにぴったりとまとわりついて、まるで鹿嶋さんのペニスにヒルが吸い付いているかのように張り付いていました。
二人ともが腰をピクピクさせていました。
今まさにペニスの先からは鹿嶋さんの精液が妻の奥深くに流れ出ているのです。
やがて鹿嶋さんは上体を起こして、ゆっくりとペニスを抜きました。
ペニスの先からは精液が糸を引き、完全に抜けた後をたっぷりの精液が溢れてきました。

ほんの何ヵ月前まで
「いやらしいオジサン」
と嫌がっていた妻は、そのいやらしい男に足首を掴まれて股を開き、ショーツの中身を曝け出してマジマジと見せているのです。
軽蔑の眼差しではなく、自分を最高に気持ち良くしてくれて、雄のエキスを膣奥に注ぎ入れた征服された悦びの眼差しで彼を見つめているのです。
その日は二人一緒に寝てもらい私は複雑な心境で眠りました。
うとうとしながらも妻の喘ぎが聞こえたのを覚えています。
朝起きてボンヤリしていると
「朝立ちしてる、おしっこ?またしたいの?」
妻の声が聞こえました。
「口に出していい?」
「いいよ」
妻は布団に潜ったのか、声は聞こえず、鹿嶋さんの声だけ
「くふぅーっ!くふぅーっ!」
と聞こえました。
しばらくして、
「出るっ、出るっ」
と言う声と共に鹿嶋さんは妻の口に出したようでした。
「薄いね、濃いのは全部こっちに出しちゃったからね」
とても興奮した一夜でした。

ラッキーな目撃

半年くらい前の出来事。

休日の夜、地元で仲間と呑んだ帰り、風俗でも行こうかと風俗街をフラフラ歩いていると、1組のカップルがラブホから出てきた。
良く見ると女の方は知っている顔。同じ職場の香織だ。
男の方は知らないが、20代後半位のイケメン。

驚くべきは香織は人妻。
しかも、旦那は同じ会社の元上司にあたる人間。
年齢差10歳の結婚だったが、社内ではおしどり夫婦で有名。
結婚後、旦那は部署を異動したが40歳にして取締役になったかなり仕事のできる男。
俺も良く知っている。

香織は今年で30歳だがモデル顔負けの美人。
同期入社で接する機会は多かったが、顔も仕事も普通以下の俺にとっては高嶺の華だった。
しかも上司と結婚した事により更に遠い存在になった。

そんな女性が見知らぬ男とラブホから出てきたのだ。
香織は俺と目が合うと直ぐに下を向き、男の腕を引っ張り速足で去って行った。

その姿を見た直後、俺の頭の中は悪だくみで一杯だった。

翌朝、出社すると動揺している気配は無く、何食わぬ顔で仕事をしている香織。
それが非常に気に食わなかった。

その日は香織が一人になる状況をずっと待ち続けていた。
丁度昼食の帰り、香織に出くわした。

俺は小声で「昨日は楽しかった?」と嫌味っぽく話しかけた。
香織は「えっ?き、昨日?」と少し動揺しながらもとぼけようとしていた。
俺はその態度が気に食わなく、「橋本部長に知られたらどうなっちゃうんだろうね。」と嫌味っぽく言い、その場を去ろうとした。
すると香織は「ちょ、ちょっと!絶対言わないで!」とかなり動揺していた。
俺が「どうしようかな?。」と言うと、「お願いします!」と泣きそうな香織。
俺は「じゃあ、とりあえず今日の19時に○○駅前に来てよ。この辺じゃ誰に見られるか解らないからね。」とラブホ前で香織を見かけた地元の駅を指定。
香織は「今日は晩御飯作らなきゃいけないから無理だよ・・・。」と返答。
俺は「じゃあ、いつなら良いの?」と言うと香織は「明日なら・・・。」と。
その場は取り敢えず翌日の夜の約束をした。

翌日、香織は17時過ぎには会社を出た。俺は1時間後の18時過ぎに会社を出て、約束の場所へ向かった。

駅に着くと既に香織が待っていた。やはり相当な美人。
街を歩く他の女性が霞んで見える。

俺は香織に「じゃあ行こうか。」と話しかけ、この間のラブホへ向かった。
向かってる途中で目的地に気付いた様で「ちょ、ちょっと!どこ行くつもり!?」と言ってきたが、俺は平然と「えっ?この間のホテルだよ。」と言った。
香織は「何言ってるの!?絶対無理!」と反論してきたが、「無理は言わないけど、話しちゃって良いの?」と言うと、青ざめた表情でとぼとぼ着いてきた。

ホテルに着き、部屋に入った瞬間、いきなり香織の唇にしゃぶり付いた。
香織は突然の事に驚いた様で、俺を着き飛ばそうとする。
しかし俺はきつく抱え込み、「絶対言わないから、大人しくしてよ。」と言うと、香織の力が抜けた。

俺は再度香織の口にしゃぶり付き、舌を入れ香織の唾液の味を思う存分楽しんだ。
身体を硬直させ涙を流しながら必死に堪えているあの時の香織の顔は忘れられない。

口内をたっぷり堪能した後、ベットに連れて行き、服を1枚1枚脱がした。
香織は「シャワー位浴びさせて・・・。」と言ってきたが「香織のそのままの味を知りたいから。」と言い、そのまま脱がし続けた。

下着姿になった香織は想像していた以上にスケベな体つき。胸はEカップ位。
鼻息を荒げながらブラをはずすとお椀形の綺麗なおっぱいがこぼれてきた。

俺は興奮を抑えきれず、がむしゃらに乳首に吸いついた。
唾液をダラダラ垂らしながら乳首を舌で転がし、片一方の手で揉みまくる。
そしてそのまま全身を舐めまくる。
首筋・脇の下・へそ 隅々まで味わった。
そしていよいよパンツを脱がしてマンコとご対面。
少し黒ずんでいるが毛も薄目で綺麗なおマンコ。
散々身体を舐め回したが、薄っすら湿ってる程度。
俺は一気にビラビラごと口に含んだ。
香織のマンコは濃い目の塩味だが、匂いは無く無臭。
膣内に舌を突っ込みかき混ぜたり、クリに吸い付き転がしたり、思う存分味を楽しんだ。

1時間程度体中を舐め回しているのに、香織はベットで横を向いたまま全く無反応。
喘ぎ声すら出さない。

何とか感じさせようと思い、バックから秘密兵器を取り出した。
電マに極太バイブ。

無反応の香織のクリトリスにいきなり電マを押しあてた。
すると「えっ!?何!?」と少し驚いていたが直ぐ様「あ?!!ダメ?!!」とも喘ぎだした。
そして電マをクリに抑えつけながらバイブを挿入。
香織は「ダメ?!!お願い!!」と身体を捻りながら抵抗していたが、身体を押さえつけバイブを高速出し入れ。
「うぁ?!あ?!!ダメ?!!!!」と言いながらも、数分で潮吹き。
絶頂に達した様子で身体をビクビクさせていた。

香織がベットでグッタリしている間に俺は全裸になった。
そして、すでにMAX状態のチンポを香織の目の前に持っていき、「しゃぶって。」の一言。

香織は「それは無理・・・。」と言ってきたが「話しちゃうよ。」と言うと大人しく咥えてきた。
ヤル気の無いフェラはそんなに気持ち良いものではなくかった。
イライラしてきた俺は香織の頭を押さえつけ喉奥の方までチンポを突っ込み前後させた。
これでもか!と言わんばかりにチンポを奥まで突っ込むとヨダレをダラダラ垂れ流しながら涙を流していた。
しばらくすると吐きそうになったのか咳き込みながら、大量の唾液を吐きだした。
その姿に興奮した俺は間髪いれずチンポをマンコにぶち込んだ。生で。

香織は「ゴム付けてよ!!」と怒り気味に言ってきたが関係無し。
啜り泣きながら「んっんっ」と小さい声を出している香織。
その姿に興奮し、俺は限界に近づいた。
そして「あ?!!イクぞ!!!」と言うと香織は「中には出さないで!お願い!!」と言ってきたがもちろん無視。
そのまま膣内に大量発射。
その瞬間香織は大声で泣き出した。
俺はチンポをゆっくり引き抜き、ビラビラを広げるとゆっくり精子が流れてきた。

射精した事もあり、賢者モードの俺は「これで内緒にしてあげるよ。」と泣いてる香織に声をかけ、先にホテルから去った。

翌日、出社すると少し元気の無い香織の姿があった。
とっくに賢者モードが終了している俺は性欲満タン。
帰宅時に香織を捕まえ、再度ホテルで中出しファック。

半年経った今でも週に1回はセックスしている。
今でも俺に声かけられると顔を青ざめビクビクしている。
今ではフェラも上手になり、会社の倉庫で抜いてもらう事もある。
流石に妊娠は怖いらしく、ピルを飲みだした。

先週は香織のアナル処女も頂いた。
今では旦那・浮気相手よりも香織の身体を知りつくしている。

昨日購入したリモバイで現在仕事中にもかかわらず、ビクビク感じている香織が今も目の前にいます。

そろそろ潮時かな?と少しビビり始めている今日この頃です。

粘着ストーカーA子の執念と被害者面する投稿者

自業自得だと言われそうな修羅場。

俺…あるスポーツサークルの三年(当時)
A子…同サークルの二年。かわいい
B男…A子の彼氏。途中からサークル辞める
C子…サークルの女子メンの中心人物。俺とは仲いい
当時みんな大学生。

そのサークルは当時かなり人気あったスポーツで
地元の3大学(同レベル)複合でできたサークルだった。
中でも一際かわいくて男子人気高かったのがA子。
色白でかわいくておっとりしててお嬢様っぽくて内気でちょっと天然。
俺も最初から狙ってしみんな狙ってたが、
結局サークルの盛り上げ役かつイケメンなB男にさらわれてしまった。

でも半年くらいしてA子とB男がぎくしゃくしはじめた。
B男があきらかにA子に冷たい。
喧嘩してるとかいうレベルじゃなくA子にはっきりイラついてる。
A子はどうしていいかわからずオロオロ…って感じ。
俺をはじめ、男子部員の大半がB男の態度にイラっとした。
しかし恋人同士のことだから口出すわけにもなー、と悶々としていた。

そんな中サークルの飲み会があった。
B男はもうA子をガン無視。
そばに来られるだけでもウザイらしく舌打ちとかするし
A子は泣きそうになって震えてる。
ちょっと前までB男をいい奴だと思ってつきあってた俺らはとまどったし
そういう態度をとることにムカついたりもしたしで、
結局部長がさりげなく間に入って引き離し、
部長とB男は途中退席した。

なんとなく流れで俺はA子の隣へ。
「なにがあったのか知らないけど元気出して」
「俺でよかったら話くらいなら聞くよ」
と言うとA子はにっこりしてくれた。その日からなんとなく毎日メールするようになり
相談も受けるようになった。

A子の言うとこによると
「おまえが何をしてもイラつくと言われた」
「つきあい初めに「俺、飽きっぽいから」と言われたし、きっともう飽きられたんだ」
「なにをしてもB男の気に入らないみたい。どうしえちいかわからない」
「でも冷たくされてもやっぱりB男が好き」
とのことだった。
俺は彼女をなぐさめつつ、こんなにいい子を悲しませるB男にムカつきっぱなしだった。

その後、B男もいづらくなったらしくサークルをやめた。
B男に本格的に別れ話をされたA子は「別れたくない」とさんざん泣いたが
もはや心が離れてしまってるB男には何を言っても無駄だった。
ようやく別れた時にはA子はげっそり痩せてしまっていた。

俺はA子をなぐさめよう、元気づけようとやたらテンパった。
毎日メールし電話し、デートに誘い、時には断られてヘコみ…
でも次第に元気を取り戻す彼女がいとおしくて、とにかく頑張った。

A子は俺のことを嫌いじゃなさそうだったが
でも今一歩押すのにためらいがあり、俺はC子にたまに相談に乗ってもらっていた。
A子はサークル内で親しい女友達がいなかった。
C子いわく
「天然すぎるからじゃない?それにあの子すぐB男と親しくなって女友達作る暇なかったし」
とのことだった。
でもレベルが違うかわいさなA子に嫉妬してる部分もあるんだろうなと内心思っていた。
言い訳するわけじゃないがこれは俺だけじゃなく当時の男子部員全員の本音ね。
イケメンB男が退部になったことも女子としては面白くなかっただろうと思ってたし
女ってすぐ嫉妬するよなとか当時は思っていた…(アホ)

就活が始まり、シビアな環境に置かれて毎日疲れるようになって
俺はA子のメールだけが癒しになっていった。
ある日耐えきれず俺はA子に「つきあってほしい」と言った。
なんと返事はOK。
俺は幸せだった。就活も手ごたえありで波に乗っていた。

その後忙しい合間を縫ってA子とデートする俺。
最初はひたすら幸福だった。
A子は思ったよりさらに天然でドジっ子だったがそこもいとおしかった。

でも付き合って3?4か月くらいでだんだん「あれ?」と思うことが増え始めた。
まずA子に「どこ行きたい?なにが食べたい?」と言っても
絶対具体的に「何がしたい」とは言ってくれない。
「俺男くんの好きなことでいいよ。俺男くんのしたいことでいいよ」
でも俺が決めて、たとえば映画なら「なんでもいいよ」って言うから「アバター」見たとすると
あとで「ほんとは恋愛映画が良かったけど、でも俺男くんが楽しかったならいいよ」
って言う。
食事もそんな感じ。
「ほんとはデザート出るお店だともっと良かった。でも俺男くんは中華が
食べたかったんだもんね。俺男くんがおいしく食べられるのが一番だもんね」とか。

アポなしで俺の家に来て、でも不在(バイト行ってた)だから
夜中までしょんぼりドアの前で待ってたりする。
「なんで電話なりメールしないの」って言うと「驚かせたかったから」「迷惑になりたくないから」。

束縛もすごかった。
携帯勝手に見るのは当たり前、
知らないうちに俺の実家の電話番号を割り出して勝手に電話かけてたりするし
そのくせ自分は話の途中でも平気で携帯ポチポチするし
「ちょ、話聞いてよ」ってかるーくツッコんだだけで「ごめんなさいごめんなさい!」って
すごい勢いで涙ためて謝ってくる。

俺の部屋にどんどん私物を持ち込んでくるんで(でかいぬいぐるみとか)
「俺の部屋せまいんだからこんなに置けないよ」
って言っただけで土下座で謝られたりとかした。
最初はB男のことがトラウマになってるんだろうな、俺が癒してあげなきゃって思ってたけど
なんかだんだんB男がなんでイラついてたのかわかるようになってきた。

最終的にキレたのはサークルの男6人相手に
「最近俺男くんが冷たい、どうしていいかわからない」って
メールで毎日毎日相談してたこと。
そいつらが俺に凸って「A子ちゃんをもっと大切にしろよ!」とねじこんできたことで発覚した。

なにを相談してたかってもう、そいつらから聞き出したら一から十まで全部。
セックスのことまで事こまかにバラされてました。
嘘もいろいろ混ぜられてた(俺が風俗狂いだとか、A子に心中をせまったとか)。
メール見せてもらったけど、必ず最後は
「相談のってくれてありがとう…頑張るね。A子やっぱり俺男くんが好きだから」。
あっちゃーこれって俺が相談にのる立場だった時とまったく同じじゃん。
俺がB男に替わっただけじゃん。

直接凸って来たのは二人だったけど、最終的に相談相手は6人いたこともわかった。
俺、C子にやつあたり。
「なんで最初から言ってくれなかったんだよ!」
「のぼせてる男になに言っても無駄じゃん」
はいその通りですorz

俺はA子を避けるようになり、そうなるとおおっぴらに追ってくるA子。
A子の相談にのってる男はその間も増え続けているらしく
どんどん凸られる。
俺はもうA子が気味悪いし、じゃけんに扱うと周囲の目が「やっぱり!」って感じで厳しくなる。
でも優しくするとまたA子が家の前で無言で立ってたりするから
優しくするのも限度がある。

もう無理、サークル辞めて引っ越してA子から逃げよう、と決心して
ようやくかつてのB男の気持ちがわかった。
内定先も蹴って県外の企業に就職することにした。

とりあえずサークルから安全に逃げるために部長とC子に協力してもらおうと
何度か三人で会った。
この二人に味方になってもらえないと俺の移動先とかA子にチクる奴がいるので。

でもそれがどこかからA子にバレたらしい。
俺とC子が会っている→浮気!→凸撃してやる!になったA子
部室に取り巻きと凸かける。
でもたまたまその日俺は用事で遅れていた。
凸した部室には女子部員しかいなかったらしい。
「なに?」としらーっとした対応されてA子はひるんだが、「俺男くんと浮気してるでしょ!」と
取り巻きが背後にいる勢いでC子に詰め寄ったらしい。

C子まったく相手にせず。女子部員もみんな
「スキーする気ないなら帰りなよー」
「俺男くんの話は俺男くんとしてくれないと」
「なんで関係ない男まで引き連れて来てんの?」
「ついてくる男も男だわ」
な反応。
A子だんだんヒートアップし、過呼吸でぶっ倒れる。

「A子ちゃんが倒れた、お前らのせいだ!」と取り巻きの男が女子たちに殴りかかる。
C子と他数人が殴られ、女子部員が悲鳴をあげて人を呼びに外に走る。
駆けつけた屈強な体育会系に取り押さえられ、取り巻き御用。
警察を呼ばれる。
その間ほったらかされていたA子、過呼吸がおさまったらしくいつの間にか自力で帰宅。
俺が部室に着いた頃には大騒ぎ。でした。

その後女子を殴った取り巻き男は田舎の両親まで巻き込んで
C子たちに平謝りで訴えを取り下げてもらい、退学して帰郷。

俺も被害にあってしまった女子たちに土下座し、治療費の一部を負担させてもらい退部。
A子はなぜかC子にすり寄っていったらしいが
C子がまったく相手にしなかったため捨て台詞吐いて退部。

その後A子はいくつかのサークルを渡り歩くが
地元ではもうけっこうな評判になってしまっていたので
県を越えてまでサークル参加していたらしい…すごい執念だと思った。

その後俺は卒業し、故郷に近い県で就職。
数年たってC子に再会し改めて謝罪した。

そこでC子から聞いたんだけど
A子は退学した取り巻きくんを追っていって結婚し、二児をもうけて離婚。

取り巻きくんは何があったのか(だいたい想像つくけど)ノイローゼになり
かつての部長にすがってきたらしい。離婚までの経過にも部長がかなり尽力したとか。
なんでC子が知ってるかというとC子は部長と結婚したから。
在学中からずっと付き合ってたらしいが誰も知らなかった。

「恋愛でゴタゴタしたらまた頼っていい?」
ってシャレで言ったら
「死ね!ってウソウソ。死ぬくらいならいつでも頼って来い」
って笑われた。
その時痛切にC子がいい女だったとわかったがもうあとの祭りww

以上若くて馬鹿だった頃の修羅場でした。

叩かれるとは思ったけど案の定叩かれたなww

別にC子と付き合えると思ってたわけじゃないよ。
ただ惜しいことしたなって思っただけ。
じゃーね


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード