萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

AV

知って良かったのか悪かったのか

前の彼女の話。
当時、社会人なりたて。
そしてそのときの同期と付き合うようになった。
色々気まずいので「アイツら仲良いなー」と周りに言われてはいたが
お互い付き合ってることは黙ってた。

2年ぐらい付き合って、オレはこの仕事がむいてたのかやり甲斐を感じてたし
ずっとこの会社にいれば面白い事が出来ると思った。
それに彼女もいたから充実した毎日。
早い段階で一緒に住んでた事もあり、
自然と結婚しようか、とプロポーズした。

彼女は喜んでくれてはいたけど
いまいちはっきりとした返事をもらえずにいた。
「あれ、オレだけ盛り上がってただけかぁ…」と
なんだか変にギクシャクし始めた。

ちなみに彼女は「さやまあやか」似な。
背は160ないくらい。
俺にとっては天使だったよ。

ある日、我慢の限界がきて結構強い口調で聞いてしまった。
「結婚したくないの?嫌なら別れよう」
みたいな感じで。

すると彼女が涙を流しながら話はじめた。
「結婚はしたい、だけどこの事実を言わずにするのはどうかと思った」

なんの事だろうと問い詰めたら、衝撃というかびっくりというか
どんな感情でどんな表情をしてたのかわからないが。

簡単にいうと、大学生のときに付き合ってた彼氏。
当時は大学生活の開放感もあって、毎日のように一緒にいた。
ある日、エッチの最中に彼が写真を撮っていい?といってきた。
当時の彼が大好きだったし、こんな風になると思わなかったので
一緒に楽しみながらいわいるハメ撮りをしたらしい。
そこからどんどんエスカレートして動画も撮ったりだとか。

それから彼氏と別れてしまったあとで、
男友達からある電話が入った。

「お前ネットに出てるぞ」

アドレスを送ってもらってびっくりした。
2ちゃんねるとかまとめブログとかエロ動画サイトにアップをされてた。
男の顔にはモザイクがかかってたけど、彼女の顔にはないという。
削除依頼をしたが、サイトの運営側の反応は遅く、
気がつけばいろんなところに拡散されてたらしい。

そこから大学生活は一変した。
友達は心配してくれるものの、心配をしているという事は
自分の裸やエッチの最中の画像や動画を見ているわけで。
知らない学生にも声をかけられて俺ともハメ撮りしようよとか声をかけられたらしい。

ちなみにその別れた彼氏は事が大きくなったのにびびったのか
大学に来なくなり、音信不通。
しばらくしたら退学をしていたらしい。

「今でも検索したら出てくるの?」と聞くと無言で頷いた。
「まぁオレはそんなの気にしないけどね」とは言ったものの
心はざわついたままだった。

悩んだ結果なのかエロい気持ちかわからなかったけど
次の日からネットサーフィンが始まった。
最初は全然みつからなかったが、一回みつければキーワードは簡単だった。
本名で出てたし、大学名や学部、出身や誕生日なども書いてるサイトもあったから。
色々調べたら画像の枚数は数十枚はあったし、動画も数本あった。

そこには今より少しだけ若い彼女がいた。
動画では嬉しそうに男のチンポをくわえてる彼女。
喘ぎ声も彼女のままだったし、
彼女がいくところもしっかり収められてた。
これをたくさんの人が見たのか…

まとめブログでネタ画像としてアップされる女の画像は
どこか他人事の様な気がしてたし、実在しないような感覚だったけど
当事者になってなんだか変な気持ちになった。
そしてその画像や動画を見てオナってる自分がいた。

そっからオレもちょっとおかしくなってたと思う。
彼女に見たことを伝え、それに対して感想を笑いながら言ってた。
変なスイッチが入ったのかわからないけど
彼女を雑に扱うようになった。

どこか遊びに行っても外で裸にさせたり露出プレイをするようになった。
「どうせいろんな人に見られてるんだからいいじゃん。
 お前も本当は楽しんでたんだろ?」
みたいな発言をしてたと思う。
彼女が嫌だといったら、じゃあ会社の同期にこれを見せていい?と脅していた。
当時はそんな感覚なかったけど、裏切られた様な気持ちになったのか
復讐のつもりだったのかよくわからない。

まるでAVみたいな事をたくさんさせたよ。
裸でピザの宅配の応対しろとか、混浴にも入らせたし。
わざわざ他県に旅行にいって、全然知らない人に
「こいつ見られるの好きなんでちょっとみてやってくださいよ」
みたいな感じで胸を露出させたり。
もちろんハメ撮りもね。

最終的にはなんだかお互いおかしくなってたなぁ。
仕事の業績は下がる一方だったし、最終的には二人ともやめた。
お金がなくなったから風俗に働きに出ろよみたいな事を話しているときに、
彼女は突然いなくなった。

実家に帰ったとされてるけど真相はよくわからないし探す気力も当時はなかった。
俺自身もまともな生活を送れる様になるまで2年はかかった。
実家には帰れなかったから結婚する為に貯めてた貯金と
友達に助けてもらっていた。

立ち直ってしっかりしなきゃと思い、
そこから元の業界へ戻り、寝る間もおしんで働いて
小さい会社を立ち上げることが出来た。
忙しい毎日だが充実しているし、
どこまでできるかわからないけど、頑張ってみようと思う。

ただ、ずっと心にかかったモヤみたいなのが消えないのは
彼女に対する後悔の気持ちだろうなと思う。

未だに彼女の画像を検索すると出てくる。
仕事の合間に時間があれば削除依頼を送る。
俺が今彼女にできることはそれだけだ。

大島優子似の巨乳とトイレで



自分 東京♂30前半185/65若手歌舞伎役者風 シンケンレッド似

相手 東京♀20Fカップ大島優子似

事前の情報では「ホントですか?!」という高スペック。
セックスはスポーツだという彼女の考えに共感し、
お互いにしてみたいことで盛り上がり面接に移行。

本人はドMだと申告しているが…
 
新宿紀伊国屋前で彼女を待っていると着信アリ。
電話にて誘導し待ち合わせたところ、少しぽっちゃり目の優子が来る。

事前情報通り、服の上からでも分かる巨乳。

内心は「深呼吸してからのヨッシャ状態」
だが、あくまで紳士的に出迎える。

見たい本があると彼女に申告し、紀伊国屋の中へ移動。

俺「とりあえず本見てるから、トイレに行って下着脱いできて」
と伝える。

顔を真っ赤にしてうつむきながら
「ホントに脱ぐの?」と満更でもない様子。

なので顔を近づけ小声で
「街中でノーパンなんて変態だよね」と推しの一言を告げると

目をうるうるしながらも無言でうなずきトイレに消える。

そのまま本当に探していた本を読んでいたら、
後ろから袖を引っ張られ「脱いできたよ」と優子。

なんやこいつ可愛いやんけ!!と思いながらも、
「じゃあ脱いだ下着頂戴」と彼女から下着を預かり自分のカバンの中へ。

いざノーパンデートを!ということで、そのまま新宿を少しブラブラ。
階段を上がらせたり、

「透けてるからお尻見えてるかも」
「今すれ違った人めっちゃ見てたよ」
等のキモイマンばりの発言を繰り返し、優子を辱める。

そしてデートの締めはメインイベントであるトイレ立バックへ。

優子がAVで観て「どうしてもしてみたい!」
と思っていたらしく、声出しちゃダメ系AV好きの自分としては
願ってもないシチュエーション。

出来るだけ綺麗なトイレを選びこっそり侵入。

ここで障がい者用トイレを使うと世間に迷惑をかけると思ったので、
普通に男子トイレの個室を選択。

横に確実に人がいるのを感じながらも正面の壁に両手をつけさせ、
スカートをめくってみると、内ももまではっきりと分かる透明な液体。

お互いに興奮がMAXだったので前戯もとばして、そのまま挿入。

優子が濡れまくっていることもあり、
腰を打ち付ける度に「パチュパチュ」と卑猥な音。

漏れそうになる声を防ぐため、手で口をおさえるが、
鼻から抜ける息が「んふっ!ふっ!」とどうしても出てしまう。

どうせ出るなら仕方ないかと割り切り
優子を横の個室側に向けさせる。

びっくりした顔でこちらを見て顔をフルフルさせているが、
サムズアップで対応。

しばらく突くが、そろそろ我慢の限界となり、
優子にイキそうなことをジェスチャーで伝える。

結合部を指さしながらアピールすると
上気した顔のままフルフル。

フルフル顔カワイイなーと思いつつ、
便器の蓋に座らせて口内に発射。

腰が抜けるような快感を感じながらも
そのまま少しお掃除してもらい終了。

行きと同様こっそりとトイレを抜け出し、
こちらがセックス中に出ていくことがなかった横の人を出待ち。

しっかりと二人で確認しましたw 
向こうも多分気付いてたと思います。

その後は普通にホテルにいってゆっくりねっとりと二回。
計三回で本日終了。

まだまだしてみたいことがあるみたいなので、
それが尽きるまでは楽しみましょう。

先輩の彼女さんとやらせてもらった

大学時代、先輩の彼女で加藤ゆりに似てる人がいて大学の近所の料理屋でバイトしてた
学生時代には高くてなかなか行けない料理屋だったけど人気あった
大人しそうだけど経験人数が先輩で5人って事を先輩が嫉妬してて他の男にやられてる所をどうしても見たいってんで俺が呼ばれた。
ってか先輩のそんな話を聞いて俺が希望した

当日は近くのファミレスで待機しててメールで呼ばれて先輩のワンルームに入るともう話は出来てっからって彼女さんの隣に座わらせられた
彼女さんは風呂に入った後らしく長Tにパンツだけでちょっと体育座りに近い感じでパンツが見えそうで見えなかったが石鹸の香がした
長いすべすべの足に俺の足が触れると軽く避けられちゃって無理かもってちょい凹んでその先どうしようか手が出なかった
先輩が俺に始めてくれよって言ったけど照れますって返すと男がリードしろって強く叱られて、彼女さんがよろしくってこっちを見たので肩に腕を回してキスをしようとした
でも軽く避けられて彼女さんは俺の肩に頭を乗せるような感じで暗くしてって言ったが先輩が拒否って明るいままで始めた

Tシャツの上から胸をつかむとノーブラでちょい固の乳首の感触が手のひらに伝わって胸を揉みながら後ろに倒れ込んだ
もう一度キスしようとしたけど拒否られたのでキスは諦めてTシャツを上まで上げて胸にキスしながら我慢出来ずに平凡な綿のパンツに手を入れた
後ろに倒れてからパンツに手を突っ込むまでほんの1分くらい焦りすぎって思いながらも我慢出来なくて奥に手を突っ込んだ
彼女さんは毛の面積が広く長さもあって凄いジャリジャリな感触の中に手を伸ばすとあそこは少しだけ濡れた状態だった
濡れてるから大丈夫だろうと一刻も早く◎が見たかった俺は起きあがってパンツを降ろした
彼女さんは軽く足を折って隠す感じ

俺は座ったままズボンとパンツを脱ぐと少し抵抗する彼女さんの足を割って間に入って彼女さんの毛に隠れたあそこを見ながらテーブルにあったゴムを付けた
閉じようと弱い抵抗する彼女さんの足をなんとか広げながら左手で毛をかき分けて広げて右手の中指で穴の方からクリの方に数度かき上げながら濡れている事を確認に中指を入れて数秒かき回して中のザラザラと温かさを感じると入れる事にした
彼女さんの覆い被さって片手で入れようとしてちょっと手こずったけどずずっと入ると彼女さんがフッと声を出した

数度往復して奥まで入れてゆっくり出し入れ始めるとあっあっと彼女さんが小さな声を出し始めた
するとなんと先輩が俺の両脇から腕を回してお終いだ悪いが今日は帰ってくれと俺を彼女さんから引き離してしまった
彼女さんの◎が少し口を開けているのが見えた
そりゃないと抗議したが彼女さんもごめんねぇと言うのでその日は帰った
手に彼女さんのあそこの匂いが付いていたので何度も嗅ぎながら帰宅した

翌日も再チャレンジしたいと言ったが無理そうだったので諦めていたが1ヶ月後にまた呼ばれた
彼女さんとは料理屋に言って挨拶はしたがちょっと恥ずかしそうに冷たかったので諦めてたが自分の彼女との用事をキャンセルして駆けつけた

行くとAVの通りにやってくれって先輩が言ってまずデビュー物をセットして彼女さんが全部脱ぐってのをやって次にフェラのAVセットして彼女さんが俺のをくわえてくれた
自分の彼女より上手くて揺れる髪を見てるだけでも出しそうだったが無事にクリアしてゴムを付けて女性上位で始めた
彼女さんはうちとけててズルっと入れるとあっあっと可愛い小さな声で出しながら腰を上下させてくれた
そして正常位に変更して俺が腰を動かしていると彼女さんが下から抱きついてきたので(AVの通りにしていたのだが)俺は我慢出来ずフィニッシュしてしまった
終わっておしぼりで拭いてくれている彼女さんの胸を触っていたら即元気になってきて彼女さんがフェラしてくれ回復したので正常位→バック→正常位と聞かされて2回戦目の開始になった

彼女さんの◎をじっくりと見学したかったので予定にはなかったクンニした
先輩が遊んだまんこというわりには整った形の褐色で毛は濃かった
一回戦で白くグチュグチュの粘液が付いていたが我慢して舐めた
入れてまた可愛い声が出てきたところでバックにしてわずかに毛が生えている肛門と揺れる毛を見ると我慢できずに2発目も発射してしまった
先輩はその間写メ撮ってたり覗き込んだりしていた
彼女さんとはそれっきりだけど料理屋で何度か会話はしたりして刺身サービスとかしてもらえた
それと先輩と彼女さんの結婚式には呼んでもらえなかった

石垣島で知り合った人たちと彼氏の前で

これから私が昔体験した忘れられないエッチな体験を告白します。
私は名前をランとしておきます。
学歴は一応一流と言われる大学を卒業していて、周りからは、お姫様みたいに扱われる事が多かったです。
バストのサイズはFカップで、嬉しく無いですが、男の人からは巨乳と言われます。
昔から、エッチな事には興味が無くて、自分から進んで男の人に告る事すらしない性格で、エッチな体験なんかとは縁が無いはずでした。
ですが・・・私の性格がいけないんだと思いますが、「皆に好かれたい!」って思ってしまうので中々人からのお誘いを断る事が出来ないのです・・・
昔の事を思い出してもそうですけど・・・・・私はMな気がします、てゆーかドMです。
特に男の人から命令されたり、上から目線されたり、怒鳴られると、体が「ジンジン」して来るのがハッキリ分かります。
そんな私の体験告白を聞いて下さい・・・・・
これは何年か前の7月位に遭った事です。
付合って1年の彼氏とお休みを合わせて3泊4日で「石垣島」に旅行に行きました。
彼氏は合コンで知り合って、何回かお食事をして、彼氏から告って来て付合うようになりました。
超爽やかで、きれい好きな所が大好きで、音楽の趣味とか映画の趣味がすごく合うので一緒にいて楽しい彼氏です。
ただ、彼氏は私が二人目の彼女なので、エッチが普通なので・・・不満では無いのですが、弱点かなって、友達に言ったりしてました。
でも、その頃は彼氏とも一番楽しい時期で、私も彼氏といる時間が一番楽しくて、大好きな彼氏と初めて行った石垣島に大はしゃぎで楽しんでいました。
彼氏は何回か石垣島に来た事が有るみたいで「美味しい店知ってるよ!」とか、「この浜辺は殆ど貸し切りみたいに使えるよ」とか色々教えてくれました。
私は新しいビキニで泳いだり、ビーチでカクテルを飲んだり、楽しんでいました。
いつもはプールとか海でビキニになると、男の人の視線が気になり過ぎて、全然楽しめないのですが、ここは皆が開放的に大胆になっているので、全然気にしないで楽しめました。
初日の夜は早めにホテルに帰って、ゆっくりして休んでいました。
その夜は彼氏もビキニに興奮していたのか、ご飯を食べた後、すぐに襲い掛かって来ました。
普通にエッチをしましたが、私はいつもイキません。
彼氏もすぐに出して、二人でシャワーを浴びて、飛行機の疲れもあって、二人ともすぐに寝てしまいました。
そして事件は次の日に起こりました。
彼氏が教えてくれた人が居ないビーチで、二人でイチャつきながらお酒を飲んでいました。
すると、遠くの方から男女数人の盛り上がった感じの声が聞こえて来ました。
そして段々こっちに近付いて来ているようでした。
その人達は、女の子が2人、男の人が2人で一見はダブルデートみたいな感じでした。
四人とも真っ黒に日焼けして、健康的で、髪は皆金髪っぽい「遊び人」の感じがしました。
その人達もお酒を飲んで、少し酔っぱらってるようで、その内の一人の女の子が「あー、ラブラブカップル発見!」と言って絡んできました。
最初は気まずくて、無視しよーか彼氏も悩んでたようですが、「地元の人」だと思い込んでいたので、せっかくの旅行なので、「地元の人との交流」もした方がイイと言う事で、少し話に付合いました。
話してみると、外見とは違い、意外に口調も丁寧な「感じのイイ人達」でした。
何故か話も弾んで、お酒も進み、私達も楽しくなって来ました。
そして、一人の男の人が「俺らこれからバーベキューするけど一緒にやろーぜ」と誘って来たので彼氏も私も即答で「いいねー」って事でバーベキュー大会が始りました。
少し気になったのは、四人ともすごくボディータッチが多いんです!男の人だけなら分かるんですけど、女の子の方も、彼氏の足を摩ったり、腕を組んでたりするんです。
そして段々、「彼氏に対して女の子二人」、「私に対して男の子二人」の形でずーと話すようになりました。
話している内に、この四人はカップルでも何でも無いと言う事が分かりました。
仕事の仲間だって言っていたんですけど、後から聞いた話だと、石垣島に撮影に来ていた・・・
AV女優さんとAV男優さんだったんです!
撮影が終わって、2日位はオフタイムで遊んでいたらしいのです。
その時は全然知らずに接していましたが、とにかく話が旨くて、私もついつい下ネタを話していたのを覚えています。
しばらくして男の人が「○○ちゃん、お酒無くなったから一緒に買いにいこー」と言って来たので彼氏に「ちょっとお買い物行って来るね」と言って出掛けました。
いつもは男の人と二人で出掛けると、すぐ怒るのに、女の子と楽しそうに話していて「いいよ」と全然気にしていませんでした。
ちょっとムカつきましたけど「まぁ今日だけだし・・・」と思って気にしないようにしました。
その男の人の車に乗って、ちょっと遠くまで買い物に行って、帰りに「良い景色のとこあるから、ちょっと寄り道してこっ」と言われて、遠廻りして帰りました。
一時間位たっていたので「彼氏心配してるかなー」と思いながら、バーベキューの所に戻って来ました。
すると、そこには誰も居ないんです。
「えーどうしたんだろ?」と心配して男の人に聞いたんですが「わっかんない、何処行った?」と知らない様子でした。
しばらく二人で手分けして探していると、男の人が走って戻って来て「ハァハァ、○○ちゃん、彼氏いたんだけど、ハァハァ、行く?」と聞いて来ました。
意味がわかんなくて「えっ、当たり前じゃん!いくよ」と言いました。
すると「絶対大声だして怒っちゃダメだよ!」と言われました。
何の事か分からなくて「何で?どうしたの?」と言って一緒に行きました。
しばらく歩くと、ちょっと離れた浜辺で、彼氏ともう一人の男の人が寝ています。
そして、すごいショックな物を見ちゃったんです。
寝ている二人の股の間に、それぞれ女の子が入って頭を上下に動かして、フェラしてるんです。
私は呆然としちゃって、声が出せなくて、動けませんでした。
てゆーか信じられませんでした。
そうしていると、一緒に居た男の人が、後ろから近付いて来て抱き締める様に、私のおっぱいを揉んできました。
色々な事が同時に起き過ぎてしばらくリアクション出来ませんでした。
気が付くと、その男の人は水着を脱いで裸になって、おっきくなったアレを自分で擦りながら、私のおっぱいを揉み続けていました。
私は目の前のアレが大き過ぎて、「ボー」と見つめ続けてしまいました。
だって、彼氏の倍ぐらいありそうな大きさなんです。
そんな事考えてるのが分かったのか、ビキニの中に手が入って来て、直接おっぱいを揉まれてしまいました。
もうすでに乳首は恥ずかしい位に立っていました。
私 :「いやあ、ダメだよ、ハァハァ、彼氏がいるから、ハァハァ、あっ、いや」
A男:「ランちゃん、すーごい乳首コリコリ、その彼氏チンポしゃぶられてんだよ、いいの?」
私 :「いやあ、あん、あん、ハァハァ、何で、なんで、あの娘達、ハァハァ、ああ、あんな事、してるの?、ハァハァ、ひどいよ、あっ、ああ、あん、ああん」
A男:「○○ちゃんも楽しめば?、ほら、俺のチ○ポ握って、ほら!」
そう言われると、自然に手が伸びて、アレを握ってしまいました。
すごい硬くて、太さがあって、彼氏とは全然違いました。
男の人は、両手が使える様になると、ビキニをズリ下げ、完全におっぱいを露出させて、すごい厭らしい手つきで、揉みまくってきました。
すごい揉み方旨くて、声がドンドン出て来ちゃうんです。
外から内に揉み上げる様にされると、体が「ジンジン」してきて、力が抜けて来ます。
私は言われても無いのに、勝手に男の人のアレを手で擦っていました。
男の人は乳首を摘んで引っ張ったり、コロコロ転がしたりして、メチャクチャ感じちゃいました。
A男:「ランちゃん気持ちイイ?今度俺にもしてよ、ねっ、ほら早く」
この辺から、男の人の口調が変わって来て、命令口調ってゆーか、いたぶる感じで喋る様になって来たんです。
私は言われるがママ、しゃがみ込んでペロペロ舐めていたら、「奥までしゃぶれよ、おらぁ」と強い口調で、頭を掴んで奥までおっきいアレを突っ込んで来るんです。
喉の奥まで無理矢理アレを入れられて、強い口調でイジメられると、どうしようも無く興奮して来てしまって、涙が溢れて来てしまいます。
私のアソコもムズムズしてきて、腰が厭らしく動いてしまうんです。
A男:「お前スケベだなー、舌が厭らしい動きすんじゃん、ああ、あー、気持ちイイわ」
私 :「ジュボッ、ジュボッ、ヌプッ、ジュブ、んふっ、んっ、うはー、ジュルウ」
最初は無理矢理アレを突っ込まれたんですけど、しばらくすると私の方から積極的に頭を振ってフェラしていました。
言われて無いのに裏スジとか玉も舐めちゃいました。
男の人がアレが「ビクンビクン」とするのを見ちゃうとドンドン興奮して来るんです。
人が来るかもしれないビーチで、彼氏は知らない女の子にフェラされて、ランは知らない男の人に無理矢理フェラさせられて、そんな状況に興奮が止まりませんでした。
今度は男の人が私を立たせると「お前もイジって欲しんじゃねーの?」と太ももの付根辺りを触って来ます。
私は「そんなのダメ、これで終わり、ハァハァ、ハァハァ」と言ったんだけど、男の人の指が時々水着の中に微妙に入って来て、すぐに出ていくんです。
水着に指が入って来ると私の体は「ビクンッ」と弾けてしまって、膝が震えてきちゃうんです。
そして近くにあった大きい石に、片足を乗せられて、立ちながら股を広げる様な格好にされて、いきなり指が水着に入って来ました。
A男:「あーー、お前ヌルヌルじゃねーかよ、変態だなー、あーあグッチャグチャ」
私 :「いやあ、ダメだよ、ハァハァ、んっ、あっ、ああ、あん、ヌルヌルじゃ無いっ、ああ、違う、ダメ、さわっちゃダメ、ハァハァ、あああ、あん、あん」
A男:「触っちゃダメって、すげー腰動いてんじゃん、クリがコリコリだわ、うーわエロいなー」
私 :「ちがう、違うの、ハァハァ、だめえ、あん、あん、ああ、いや、ハァハァ」
私は頭ではダメって思ってるんですが、腰がドンドン動いちゃって、両手は男の人の首に巻き付けて、体は全然抵抗してませんでした。
男の人が私の顔を「ジッ」と見つめてきて、いきなりキスをしてきました。
全然タイプじゃ無いのに、私も積極的に舌を絡めてしまいました。
そしてキスされながら、凄い勢いでクリちゃんを擦ってくるんです。
私 :「ああ、いやあ、ダメ、そんなに、ああ、あん、あ、いああ、ハァハァ、いい、ああ、いやあ、いい、ハァハァ、もうダメ、ダメだよ、ハァハァ、いやあ、ああ、あっ、あん、イク、イク、イク、ハァハァ、いやイク、イクうう」
指使いが、信じられない位旨くて、すぐにイカされました。

清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく2

私は、猿ぐつわの下で全力で叫んでいた。そして、私の持てる全てのパワーを使って、結束バンドを引き千切ろうとしていた。こんなプラスチックの結束バンドなど、なんとか引き千切れそう……。そう思ったが、まったく無理だった。

びくともしない結束バンドと、ガッチリと口にはめ込まれた猿ぐつわ……。私は、うーうーとうなる程度の声しか出せなかった。

目の前では、小さなマジックミラーの窓から全裸のミクが見える。私と結婚するまで、処女だったミク。キスも、手を繋ぐことですら私が初めての相手だった。
それが、あっさりと男二人に全裸を見られ、フェラチオまでさせられた。それだけでも私は死にそうなほどショックを受けているのに、若いチンピラにバックで生ハメまでされてしまった。
そして、若いチンピラの劣等遺伝子を大量に注ぎ込まれてしまったミク……。私は、自分の行動に後悔をしていた。あの時、ミクを殴ってでも母親と縁を切らせるべきだった。浪費家で男好きなミクの母親は、結局私達にこんな地獄を用意した。殺意を覚えるが、今さらどうすることも出来ない。私は、ただ泣き続けた。

ミクは、椅子に座るヤクザの上にまたがりかかっている。一見、ヤクザになど見えないこの男は、真っ黒で艶やかな髪を、少しロン毛にしている。ルックスも知的な感じがするので、何かのクリエーターみたいな感じに見える。だけど、笑っても一切目が笑わないところが、この男の本性を物語っているように思える。

ミクは、”兄貴”のおかしなくらいに大きなペニスを手で持った。それは、大きいだけではなく、異形のペニスだった。
手下のチンピラいわく、”兄貴のには真珠が入っている”そうだが、ボコボコと入っているのではなく、グルッと一周、リング状に入っているようだった。
それは、ひと言で言うとカリ首が二つあるような感じで、とにかく強そうだった。

ミクは、椅子に座る兄貴のペニスを掴むと、自分のアソコに導いていく。この期に及んでも、兄貴はスマホの画面を見ている。私の愛する妻が、こんな風に対面座位で繋がろうとしているのに、まったく関心がないような感じでミクを見もしない兄貴。
悔しくて、情けなくて、消えてしまいたいと思いながらも、何も出来ない私……。

そして、兄貴の異形のペニスがミクのアソコに触れてしまった。手下のチンピラは、手慣れた感じで撮影を続ける。まるで、AVでも見ているような感覚だ。でも、主演は私の愛する妻だ……。

『……ン……んっ! ン、あぁ……』
ミクは、兄貴のペニスを押し込んでいこうとする。でも、想像以上の大きさと、想像以上の異物感に、完全に腰が引けてしまっている。

すると、下から兄貴が腰を突き上げるように動かした。兄貴はスマホを見たままだったので、動く気配がまったくなかった。そんな風に不意を突かれて、ミクは背中をのけ反らせながら、
『んっグゥッフゥッ!』
と、およそセックスの時にあげる声じゃないような、殺される時のような声をあげた。

兄貴のペニスは、それでも半分程度しか入っていないのがわかる。そして、その結合部をドアップで撮影するチンピラ。すると、チンピラが何か思い出したような顔になり、ポケットに手を突っ込み、マッチ箱ほどのケースのような物を取りだした。そして、何かそれを触るような動きをすると、私が覗いているマジックミラーの窓の下の部分で、モニタのようなものが起動した。埋め込まれていて気がつかなかったが、窓の下の部分には液晶画面が埋め込まれていたようだ。

そして、画面がつくと、ミクと兄貴の結合部のアップが映った。私は、ビックリして部屋に視線を戻すと、チンピラがニヤニヤした顔でこっちを見ていた。マジックミラーなので、向こうから私は見えないはずだ。でも、バカにしたように笑いかけてくるチンピラ。

どういう仕組みなのかわからないが、チンピラが撮影しているビデオの画像が、リアルタイムでこの液晶に転送されているようだった。

私は、吐きそうだった。今まではある程度の距離があったので、そこまで鮮明には見えていなかった。それが今は、ミクの小さな膣に兄貴の異形のデカいペニスが突き刺さっているのが鮮明に見えてしまっている。

ミクの小さな膣は、見るからにキツキツという感じで、凸と凹のサイズがマッチしていないのがわかる。実際、ミクの眉間にはしわが寄り、痛みをこらえているように見える。

「まだ半分だぞ? 痛いのか?」
兄貴が、とくに感情を込めずに言う。痛いのか? と聞いておきながら、こんなにも無表情なことに、私は戦慄を覚えた。多分、この男はミクが痛くて死んだとしても、とくに動揺もせず、無表情に処理をすると思う。
『い、痛いです……』
ミクが、苦しげに言う。
「どうして痛いんだ? カメラに向かって言ってみろ」
兄貴が言うと、カメラが移動する。そして、ミクの顔がアップになる。本当に、美しい顔をしていると思う。その美しい顔が、痛みに歪んでいる……。私は、自分の無力さに死にたくなってきた。

『お、大きいからです……。大きくて痛いです』
苦しげに言うミク。
「それじゃ、意味わかんねーよw」
チンピラが、カメラで撮りながら言う。
『ゴ、ゴメンなさい……。こ、このおちんちんが、大きくて痛いです……』
ミクは、恥ずかしそうに言う。頬を殴られたことで、すっかりと従順になってしまっている。無理もないと思う。ヤクザ二人と密室にいるなんて、男でも怖い状況だ。

「どう大きい? なにと比べて大きいんだ?w」
チンピラは、慣れた感じで煽る。こんな事を、日頃から繰り返しているのだと思う。

『そ、それは……。しゅ、主人のよりも、大きいおちんちんなので痛いです……』
ミクは、泣き顔で言う。
「すぐに、旦那のじゃ物足りなくなるぜw」
チンピラが、ミクではなくマジックミラーを見ながら言う。私は、背中に冷たいものを感じた。

「自分で奥まで入れてみろ」
兄貴が、感情のない声で言う。ミクはビクッと身体を小さく震わせ、うなずく。そして、もの凄くぎこちない動きで、腰をさらに下に降ろしていく。ミクは、騎乗位だとか対面座位などはしたことがない。ミクとのセックスは、いつも正常位ばかりだった。バックでしたことがほんの数回ある程度で、ミクの方が上になる体位などは試そうとしたこともない。

『うぅ、あ、つぅ……んぅ』
ミクは気持ちよさそうな感じはまったくなく、本当に痛そうだった。やはり、兄貴のペニスが大きすぎるのと、変な段差があることで痛いのだと思う。

ミクは、それでもなんとか兄貴のデカいモノを膣に収めていく。すでに、私以上に大きなチンピラのペニスで広げられてしまっているので、その巨大なものでもなんとか収めていっている感じだ。

「よし、動いてみろ」
兄貴は、スマホをいじりながら命令する。
『は、はい……』
ミクは、辛そうな顔で腰を上下に動かし始めた。チンピラは、その結合部をドアップで映し出す。大きすぎるペニスが、ズブズブズブッとミクの膣に入っていき、そして、ミクの内臓を引きずり出すのでは? と思うほどの迫力で、膣から出ていく。

それをドアップで見せつけられる私は、すでに結束バンドを引き千切る努力も放棄してしまったし、叫ぶことも止めていた。完全に諦めた状態で、ただ泣きながらミクのぎこちないピストンの動きを見ていた。

『んっ! んンッ! つぅ……ふぅ、あ、あぁ……んっ!』
ミクは、膣いっぱいに広がる異物感で思わず声が出てしまうようだ。それは、感じている時のあえぎ声とはまったく異質の、何かをこらえるような感じの苦しげなものだった。

兄貴は、スマホをいじりながらミクを見もしない。そして、チンピラはミクの苦しげな顔や結合部などをひたすらカメラに収めていく。私は、いっそ見なければいいのに、画面やマジックミラーから目が離せないでいた。

二人で、まだまだ子供も作らずラブラブな日々を送るつもりだった。実際に、毎週末デートをしてし、外食もちょくちょく行っていた。ミクと街を歩くと、通り過ぎる男性などが、ミクのことを目で追うのがよくわかる。
どこから見ても、ミクは美人で清楚な感じだ。私なんかとでは、全然釣り合っていないのはよくわかっているが、それでも男達の視線を感じると、私まで誇らしい気持ちになった。

そんなミクが、底辺というか裏社会の人間にいいようにオモチャにされている。確かに、金を借りたミクの母親が悪いのかもしれないが、そもそもミクに返済義務などないはずだ。
私は、そんな現実逃避にも似たことを思いながら、ただ泣き続けていた。
それにしても、もう15分や20分は経っているはずだ。いくら下手くそなミクの動きでも、射精しないのだろうか?と、思った。私がこんな風にされたら、とっくにイッてしまっていると思う。

ミクは繰り返しその動きを続け、かなりスムーズになってきていた。
『う、うぅあ、んっ! あ、うぅ、ヒィあぁ……』
ミクは痛いのは収まったようで、痛そうではなくなっていた。かといって、当然のことながら気持ちよさそうな感じもない。

するとチンピラが、また結合部をアップにする。
「すっげぇ濡れてきたなw 兄貴のヤバいっしょw」
チンピラが下品な言葉をかけながら撮り続ける。確かに、ミクの膣を出入りするその異形の巨根は、目に見えてグチョグチョに濡れてきている。

だが、そんなものは女性の身体の防御反応のようなものだ。気持ち良いから濡れるのではなく、不快だからこそ、身体が摩擦で傷つかないように濡れる……と言うことだと思う。

「全然ダメだな。面倒くせぇ。おい、アレ」
兄貴が、スマホをいじりながら面倒くさそうにチンピラに指示する。ミクが必死で対面座位で腰を振っているのに、イクどころか面倒くさそうにしている……。私は、殺してやりたい……。ただコイツを殺したい……。そんな殺意で目の前が真っ赤になった気がした。

するとチンピラは、一旦カメラを置いた。そして、一旦部屋を出ていく。二人きりになった部屋で、ミクは黙々と腰を上下に動かし続ける。そして、それを見ようともせず、あろう事か再び電話をかけ始めた兄貴。業務報告のようなことを話し続ける……。

そして通話が終わり、チンピラも戻ってきた。チンピラの手には、注射器のようなモノが握られていた。私は、血の気が引いていくのを感じていた。そんなものを注射されたら、廃人になる! 止めてくれ! 私は、諦めていた結束バンドを引きちぎる努力を再開した。でも、悲しいぐらいにびくともしない……。この時ほど、自分の非力さを呪った時はない。

チンピラは、もの凄く慣れた動きでミクの腕にゴムのバンドみたいなものを巻き付ける。
『こ、これ、なんですか? なにをするんですか?』
怯えきった声で言うミク。すると、兄貴がパシンとミクの頬をビンタした。鋭い音と、ミクの悲鳴が響く。
「だから、勝手に止まるなって」
兄貴が、無表情で言う。ミクは一気に涙目になり、怯えきった顔で、
『ごめんなさい! も、もう叩かないで! 許してくださいぃっ!』
と、絶叫した。そして、泣きながら腰を上下に動かすミク。

そんな風に動いているミクの腕に、チンピラは注射器を突き立てる。そして、そのまま器用にポンプした。動いている腕に注射をするなんて、ものすごスキルだと思う。こんな事を、日頃から繰り返している証拠だと思う。

自分の腕に注射されるのを、怯えきった顔で見ていたミクだが、注射が終わると、本当にすぐに表情が変わった。そんなにも早く効果が現れるのか? と、驚くほどの早さでミクの表情は変わった。

ミクは、泣き顔だったのが、何かスッキリしたような顔になった。そして、腰の動きが速くなった。ミクは、何かに集中しているような顔になると、腰を動かし続ける。さっきまでとは違い、集中して腰を動かし続けている感じだ。

ミクは、
『んっ! ン、ふっ! ふぅンッ! うんんっ! あ、あっ! ンあっ!』
と、声も明らかに変わってきた。認めたくないが、明らかに声に甘いものが混じり始めている……。

でも、ミクは一点を凝視するような目でひたすら腰を動かし続ける。口は半開きになり、病的な感じすらする。

「お前、どんだけ入れたんだよ」
兄貴が、ミクの様子を見てチンピラに聞く。
「コンマ1っす」
「バカかw いきなり壊す気かw」
兄貴は、苦笑いしながら言う。

「すんません!」
チンピラは、謝りながらもニヤけたままだ。本当に、罪悪感も何もないようだ。

「まぁイイやw じゃあ、そろそろ仕込むか」
兄貴はそう言うと、いきなりミクにキスをした。髪の毛をひっ掴んで、無理矢理顔を近づけさせてするキス……。荒っぽいにもほどがある。でも、ミクは痛がる様子もなく、そして抵抗する様子もない。

兄貴は、ねちっこいキスをミクに続ける。キスされてしまった……。私は、ミクが身体に引き続き、心まで汚されてしまったような気持ちになった。

清楚で恥ずかしがりの嫁が、自宅に金髪の若い男達を連れ込んでいた

嫁とは結婚して3年経つけど、まだ新婚みたいな気分だ。子供をまだ作っていない事もあるけど、知り合って半年で結婚したので、交際期間が短かった事も影響しているのだと思う。

嫁の美香とは、取引先の会社で出会った。そこそこ大きな食品メーカーの受付をしていた彼女に、初めて会ったその日から恋に落ちてしまった。そして、訪問するたびになるべく話しかけるようにして仲良くなり、勇気を出してデートに誘い、トントン拍子に結婚までこぎ着けた。

『私も一目惚れだったんだよ〜』
美香は、ことあるごとにそんな事を言ってくれる。でも、当時はそんな気配も感じる事がなかったし、高嶺の花で無理だろうなと諦めていた。

俺は、30歳で親の会社で働いている。店舗数が20店ほどの中堅スーパーマーケットの運営会社だ。地元に密着して営業しているので、比較的大規模マーケットの影響は受けずにいて、それなりに利益も出せている。
なので、言ってみれば俺はボンボンという事になるのだと思う。

そして、嫁の美香は27歳で、今は専業主婦をしてもらっている。と言っても、店舗の方で人が足りないときに手伝ってもらったりしているので、常に家にいる感じではない。
美香は、夫のひいき目を外しても、すごく美人だと思う。芸能人レベルとは言わないが、AV女優なら単体でイケるくらいには美人だと思う。そして、控えめなサイズだけど美しい胸と、くびれたウェストがとてもセクシーだと思っている。
ただ、すごく恥ずかしがりなので、セックスが多少物足りないかな? と思う事はある。でも、いつまでもウブで恥ずかしがりな嫁が、たまらなく可愛いと思う。

『あなた、お疲れ様! 後でマッサージしてあげるね!』
嫁は、俺を出迎えながらそんな事を言ってくれる。そんなに仕事がハードなわけではないので、そこまで疲れてはいないが、こうやって嫁にねぎらってもらうと、本当に幸せな気持ちになる。

「ありがとう。なんか、良い匂いするね」
俺は、リビングから漂う食欲をそそる匂いにそんな言葉を言った。
『うん。朝から煮込んでたから。きっと、美味しいよぉ〜』
嫁は、ニコニコ笑いながら言ってくる。結婚した頃は、嫁は料理は上手ではなかった。まぁ、食べられるかな? 程度の腕だった。それが、店舗で色々と(総菜コーナーの調理など)手伝う事で、料理も上手になっていった。

俺は、服を着替えると、リビングテーブルについた。机の上には、ビーフシチューやサラダにスープが並んでいる。どれも本当に美味しそうだ。
「へぇ、今日も手の込んだ料理だね。たまにはラクしなよ」
俺は、そんな言葉をかける。
『大丈夫だよ。料理って楽しいし、あなたが喜んでくれたら嬉しいし』
嫁は、嬉しそうにそう言うと、手際よく盛り付けてくれる。俺は、幸せだなと思いながら食事を始めた。

匂いから想像はついていたが、やっぱりすごく美味しい。肉も軟らかいし、味付けも完璧に俺好みだ。
「メチャクチャ美味しいよ!」
思った事を素直に言うと、
『ホント!? 嬉しいなぁ……。いっぱい食べてねぇ〜』
と、嫁は本当に嬉しそうに言う。そして、色々と会話をしながら食事を続けていく。まだ子供がいないので、それほど会話が広がるわけではないが、こうやって一緒に食事をしているだけで幸せな気持ちになる。

「次の土曜日、久しぶりにドライブでも行こうか?」
『ホント? 嬉しい! どこに行く?』
嫁は、嬉しそうにリアクションをしてくれる。
「久しぶりに湘南平でも行こうか?」
『うん! 行きたい!』
嫁は本当に嬉しそうだ。湘南平は、二人で初めて行った夜景スポットだ。そして、二人の初めてのキスの場所でもある。俺も、行くのが楽しみだなと思った。

そして、食事を終えると、一緒に風呂に入った。そんなに広い風呂ではないが、嫁は俺と一緒に入りたがってくれる。最初の頃は、一緒に風呂に入ると興奮してしまい、エッチな事を始めてしまう感じだったが、今はイチャイチャはするものの、エッチな事はせず仲良く風呂に入るという感じだ。

『洗ってあげるね〜』
そう言って、俺の身体を洗い始める嫁。当然全裸なので、美しい裸体が目に入る。結婚してからも、スタイルが変わる事なく保っている嫁。俺には見せないが、色々と努力しているのだと思う。

Cカップくらいの形の良い胸に、くびれたウェストが本当に綺麗だと思う。そして、かなり薄目のヘアも、無邪気でロリっぽい彼女には似合っていると思う。

そんなところを見ていたら、つい勃起してしまった。
『あれれ? なんか、大きくなっちゃったね。今日は元気なの?』
嫁は、少し潤んだような目で俺を見ながら言った。
「ゴメンね、美香ちゃんの裸、凄く綺麗だなぁって思って」
『へへ。嬉しいな。ねぇ……今日どうかな?』
モジモジしながら言う嫁。妙に恥ずかしそうだ。嫁からこんな風にお誘いがかかるのは珍しいなと思った。
「いいよ。でも、珍しいね。エッチな気持ちになっちゃった?」
俺が少しいじめるように言うと、
『だってぇ、そんなの見せられちゃったら……。あなた、愛してる!』
嫁は、無邪気な笑みでそう言ってくれた。俺は、思わず抱きしめてキスをした。一瞬驚いた感じだった嫁も、すぐに舌を絡めてくれた。すると、キスをしながら嫁が俺のモノを握ってきた。
『カチカチだ。まだまだ若いねぇ』
と、からかうように言う嫁。俺は、興奮してしまったので、嫁の胸を揉み始めた。
『アン。ダメだよ、のぼせちゃう。ベッド行こうよぉ〜』
甘えた声で言う嫁。俺は、いっそこのままここでしたいなと思いながらも、言う通り風呂を出た。

そして、タオルを巻いただけで寝室に行く俺と嫁。タオルを外して全裸でベッドに潜り込む。俺は、いつも通りにキスからスタートした。嫁は、基本は完全受け身タイプだ。ウブで恥ずかしがり屋な嫁らしいといえばらしいのだけど、もう少しエッチな女になってくれると嬉しいかな? と思ったりする。

でも、今日はいつもより興奮しているような感じで、絡めてくる舌も力強く、呼吸も荒い。それだけではなく、キスをしながら俺のモノを握ってこすってきた。

『もう我慢出来ない、い、入れて……あなた、欲しいの』
嫁は、荒い息遣いのままそんなリクエストをしてきた。俺の記憶では、こんなことを言われたのは初めてだ。俺は、愛撫もそこそこに、すぐにコンドームを装着して挿入した。
『うぅあぁ、あなた、愛してる』
嫁は、俺の事を真っ直ぐに見つめながら言ってくれる。俺も”愛してる”と言って、腰を動かし始めた。
『うっ、うっ、あ、あぁん。はぁ、あぁ、あなた、気持ち良い、気持ち良いよぉ』
嫁は、控えめなあえぎ声を上げながら俺に抱きついてくる。俺は、なんとかもっと感じさせようと思い、必死で腰を振る。嫁は、いつも感じてくれているとは思うが、どこかセーブしている感じもする。もっと我を忘れて乱れて欲しい……もっと大きくあえいで欲しい……俺は、常々そんな風に思っている。

俺は、もっと感じさせようと、体勢をバックに変えようとした。
『ダメぇ、恥ずかしい……。このままして。あなたの事、見てたいの』
嫁はそんな事を言ってキスをしてきた。俺は、そのまま正常位で腰を振り続ける。こんな風にキスをしながらするセックスは、本当に最高だと思う。一つになっているという感じがすごくする。嫁は恥ずかしがりなので、正常位以外の体位はほとんど拒否してくる。バックは数回、騎乗位は一度もした事がない。

キスしたまま腰を振っていると、快感がとめどなく大きくなっていく。それは嫁も同じなのか、タダでさえキツキツの膣が、さらにギュゥっと締まってくる。
そして俺は、あっけなくイッてしまった。今日は、嫁がいつも以上に積極的だった事もあり、普段から早漏気味の俺は、さらに早くイッてしまった感じだ。
「ゴメンね、なんか、すぐイッちゃった」
謝る俺に、
『うぅん。嬉しいよ。私とのエッチで、まだ興奮してくれてるんだなぁって……。あなた、愛してる』
そう言って、俺の胸に頬を寄せる嫁。俺は、彼女の頭を撫でながら、幸せだなと思っていた。

その夜中、ふと目を覚ますと嫁がベッドにいなかった。俺は、どうしたのかな? と思って起き出そうとしたが、すぐに嫁が戻ってきた。嫁は、音を立てないようにそっとドアを開けて寝室に入ってくる。俺は、何となく寝たフリをした。薄目を開けて嫁を見ていると、嫁は何か巾着袋みたいなものを持っていて、それをそっとクローゼットの中にしまいこんでいた。

嫁はすぐにベッドに潜り込んできて、あっという間にスヤスヤと寝息を立て始めた。俺は、その息遣いを聞きながら、いつの間にか寝てしまった。

次の朝、土曜で休みと言う事もあり、ゆっくり寝ていると、
『ちょっと買い物行ってくるね。まだ寝てていいよ』
と、嫁が声をかけてきた。昼ご飯の食材を買ってくるみたいだ。俺は、生返事をしてまた寝始めた。でも、もう結構な時間なので、寝つけずに起きることにした。トイレに行って用を足し、歯を磨いてからコーヒーを淹れてみた。そしてコーヒーを飲みながらボーッとしていると、急に昨日の嫁の事を思いだした。クローゼットに、何をしまったのだろう? 軽い好奇心で俺はクローゼットを調べた。すると、嫁の下着入れの奥の方に、隠すように巾着袋が入っていた。俺は、何の気なしにそれを手に取り、中を開けて見た。

そこには、ローターやバイブが入っていた……。俺は、目を疑った。あの嫁が大人のおもちゃを隠している? でも、それは間違いなくバイブだし、しかも使い込んでいるような感じだった。
俺は、思わずそれを手に取ってみた。そのバイブは、AVなんかで見るような電動こけしではなく、やたらとリアルな造形の肌色のバイブだった。確か、ディルドとかいうタイプのヤツだと思う。
俺は、持ってみて驚いた。それは、かなり大きなサイズだったからだ。俺のモノと比べると、軽く倍近くある感じがする。でも、大きさよりも固さに驚いた。シリコンか何かなのだろうか? 勃起した本物よりもかなり固い感じだ。そして、血管まで浮き出ているようなリアルな形状だけど、カリ首の張り出し方がリアルではあり得ないくらいなのも目を引く。

俺は、何となく負けた気持ちになりながら、そっとそれを元に戻した。嫁は俺とのセックスに満足してくれていると思っていた。そもそも、嫁はセックス自体に淡泊だと思っていた。

昨日、嫁はこれでオナニーをしていたのだろうか? 俺とのセックスの直後に、こっそりと……。
俺は、怒りとかではなく、ただただ申し訳ない気持ちになってしまった。そして同時に、妙に興奮もしていた。あの清純な嫁が、こんなものでオナニーをしている。そう思うと、嫁のことを見る目が変わった。もちろん、良い方に(エロい方に)変わった。

そして、俺とのセックスでも、もっと嫁の隠されたエッチな面を引き出してあげたいなと思った。

『ただいま〜』
嫁は笑顔で帰ってきた。俺は、こんなに可愛くて清純な感じなのに、あんな大きなディルドでオナニーをしていると思うと、興奮して勃起してしまった。そのまま襲いかかりたいと思ったが、何となくあのディルドに勝てないなと思い、襲いかかるタイミングを逸してしまった。

俺は、嫁の秘密を知ってしまい、もっとそれを知りたいと思った。どんな風にオナニーをしているのか? いつしているのか? 俺は、毎日妄想しているうちに、とうとう我慢出来なくなってしまった。そして、こっそりと自宅に隠しカメラを設置してしまった。

リビングと寝室に一つずつ。コンセントプレートに偽装したタイプの物だ。wifiで飛ばしてパソコンに録画するタイプのカメラで、人感センサーで撮影をするタイプだ。

それを設置した翌日、帰宅後にデータをSDカードに移し、さらに翌日に会社に持っていった。職場では何となく見づらいので、たまにサボりに行くネットカフェに入ると、備え付けのPCにSDカードを差し込んだ。

ヘッドフォンを装着して、沢山あるファイルの最初のヤツを再生を開始すると、嫁が掃除をしている光景が映った。続けて他のファイルも確認していくが、洗濯や片付けをしたりするいつもの嫁の姿が映し出される。

とくに変な事もなく、嫁の日常の光景が映し出されていく。俺は、だんだんと申し訳ない気持ちになっていった。こんな風に、嫁を盗撮する……。良くない事に決まっている。ディルドを見つけた興奮で突っ走ってしまったが、やっぱりやめた方がいいなと思い始めていた。

すると、ヘッドフォンから嫁の声が聞こえて来た。
『早く早くぅ!』
そしてリビングのドアが開いた。満面の笑みの嫁が入ってきて、それに続いて見知らぬ男が二人続いて入ってきた。
「せかすなって。時間あるんだろ?」
「美香はド淫乱だからな。我慢出来ねーんだろw」
男達は、ほとんど金髪の男とホストみたいな変な髪型の男の二人組で、見るからにまだ若そうだ。大学生とかそれくらいに見える。

俺は、あまりの事に言葉を失っていた。嫁は、今まで見た事がないような品のない顔で笑っている。
『今日は、こんなんだよ〜』
嬉しそうに言いながら、上着を脱ぎ始める嫁。すると、嫁は見た事もないようなブラジャーをしていた。それは、ブラジャーと言っていいのかわからないような形状で、本来あるべきカップ部分がないタイプの物だった。ブラなのに、胸が丸見えのブラ。ブラジャーの機能をまったく果たしていない形だ。

人事担当の俺が就活女子大生(Eカップ巨乳)を巨根で狂わせた体験談

人事担当の俺が就活女子大生(Eカップ巨乳)を巨根で狂わせた体験談

スペック
俺、33歳。
某地方の中小企業の人事。

女子大生、綾瀬はるか似なので以下はるかで。清楚な感じ。160センチくらいかな?おぱーいは魅惑のEカップ。

話は約一年半前の春ですが、新卒面接のために東京に出張したのです。
うちの会社は少しおかしくて、一次面接は現場の役職者が、最終面接は僕がやるんです。
で社長に電話で報告してOKもらったら内定、みたいな。

でその時も東京で3名最終面接するために上京してました。

最初の二人の面接も無難に終わり時間は夕方に。いよいよ本日最後の面接だ、終わったらどこに遊びに行こうかな?
等と考えながら最後の一人をまってました。

でその日最後の面接は、東京の大学ではなくて地方の大学の子でした。
うちの最終面接が、地元か大阪か東京しかやらないので、地方の大学の皆さんには希望の会場を選んでもらう形。
もちろん交通費は支給というヌクモリティー付き。

でその日最後の面接。
面接会場に現れたのが、はるかだった。
はるかは清楚で、でも受け答えもハキハキしてて元気な感じ。
なにより笑顔が可愛かったな。

はるかはホントに優秀だった。
しかし同時に、なぜうちみたいな地方の会社に?という疑問もあった。
なぜなら実家も大学もうちの会社の地元とは関係がなかったから。

でもその疑問はすぐに解決された。
どうもはるかの両親は共に一人っ子。
はるかは兄弟がいるが、母方のおじいちゃんおばあちゃんに1番なついてたらしい。
でそのおじいちゃんおばあちゃんがいるのが、つまり母方の実家がうちの会社の地方だと。
母方には跡継ぎがいないから、自分がおじいちゃんおばあちゃんのそばで面倒みたい、という事だった。
なので就活もうちの地方中心で探していたんだとか。

で、はるかとの面接も無事に終わり、二時間ほどあーだこーだと考えた後、社長に連絡した。
内定の決裁をもらうために。
ちなみにその前の日に大阪でも終面してたから、計6人の面接で、内定は4人ね。

もちろんはるかは内定。
てか優秀だったので逃しちゃいけないのだが、
で社長決裁が終わったので、待機させといた人事のメンバーに合格者に一斉に連絡させた。
早いほうが本人達も喜ぶし、内定受諾してくれる率も高まるからね。

ここで一仕事終えた俺はホテルにチェックインするために移動。
サラリーマンなら分かると思うが、俺らが泊まるのは安いビジネスホテルだ。
その間に、はるかが内定を即決で受諾したとの連絡が入った。
口頭ベースだが、まぁここまできたら一安心。俺は心底喜んだね。

その後一人で飲みに行った訳です。
ホテルの近くの居酒屋で。

ホテルに帰ってシャワーも浴びて寝る準備完璧!
あとはオナヌーすれば熟睡間違いなし!
と思いつつ、オヌネタ探しのために携帯いじってたのさ。

でね、部屋で携帯いじってたんだけど、なんかネコの鳴き声みたいなのが聞こえるんですよ。
布団に入るまではテレビつけてたからわからなかったけど。
テレビ消したら聞こえてきたの。

でもヌコの鳴き声とは明らかに違う。
そして明らかにベッドのある壁の向こうから聞こえてくる。
まさか、と思いつつその白い、そしてほのかに冷たい壁に耳をつけた。

壁「んっっ、、ハァハァ、あんっっあっ、
、、」
そう、壁の向こうから可愛い喘ぎ声が。
しかも耳をつけるとハッキリ聞こえるのですよ。
もう俺はいじってた携帯ほったらかして全神経の8割を耳に集中させたね。
で残った2割を右手に集中させたね。

でもね、その喘ぎ声の間に、なんか妙な雑音が聞こえるんですよ、たまに。
男の声では無い、ベッドのギシギシ言う音でも無い。
よくよく聞くと、ヴィーン、っていうあれ。
AVでしか見たことも聞いたこともないまさにあの音が聞こえるのです。

「ぁぁっ、、んっっ、、はぁ、、」
「ヴィーン、、、」
これがミックスされてる訳です。

でヴィーンの音は小さくなったり大きくなったり、ヴィンヴィンヴィーンってなったり。
もう壁越しとはいえ、初めて聞くヴィーンの音にも興奮しちゃった訳ですよ。

「ぁ、、、ぁんっ、、んっっー、、」
そうこうしてるうちに壁の向こうの声が大きさを増す。
唸りをあげるヴィンヴィン。
速度をあげる俺の右手。

「ぁ、、はぁはぁ、、ぁぁっ、、、んんんっっ、、ぁっっっ、、、」
「ヴィーーーーーーン」
壁の向こうから可愛い声が途絶え、ヴィンヴィンの音だけに変わった。
一瞬の静寂の後、
壁のこちら側も右手の速度が急速に弱まった、、、

しかしここで俺はある重大な過ちを犯してしまった。
33年間生きてきた中でも五本の指に入るか入らないかどっちでもいい過ちを。

あ、この時まだ31才か。

俺、普段は常に準備に抜かりない人なねよ。人事だから。
で普段なら右手は息子に、左手は携帯に、そしてフィニッシュが近づいたら携帯をそっと置き、
ティッシュをシュッシュしてこれから迎える至福の時に備えるのよ。

しかしこの時は違った。
なぜなら始まりが俺の想定外だったからだ。
しかし迎える至福の時。
前に書いた通り、俺の中で一瞬の静寂が訪れた。そして気付いた。

「あ、ティッシュ、、、無い、、、」

そう、唐突な始まりだったために、シュッシュするティッシュが無かったのだ、目の前に!
正確には、ティッシュはホテルの机の上。
わずか1メートル先で、白いヒラヒラがこんにちはしてるのだ!
どうしよう、取りに行かなきゃ、でも俺の白いDNA達もこんにちはしたがっている。
間に合うか、間に合わないかっ!

その瞬間、我がDNA達は解き放たれて行きました。
それはもう、雪が積もった湖の上を優雅に舞う白鳥のように。
白いベッドシーツの上に我先にと着陸する我がDNA達。

これがホントの着床ってやつなのな。

もうね、泣きそうになりましたよ。
よりによって、掛け布団はいでやってたからシングルベッドの敷布団に着床。
これからそこに寝なきゃいけない俺。
涙をこらえながらティッシュで拭いたね。

で、寝ようとしたんだけど、そんな悲しい事件があったからなんかまだ寝たくなくて、
いやホントは少し乾かしてからじゃないと寝るのが嫌で、酒のみながらテレビみてたのさ。

一時間位見てたかなぁ?
フト「あ、そういえばペイチャンネルのカード買ったんだ」と気付いた訳です。
会社の経費も自分で買った物ももちろん有効活用、
抜かり無さを取り戻した俺はおもむろにペイチャンネルを身始めたのね。

今回はぬかりなく。
DNA達をさけつつベッドに座り、壁にもたれかかる。
右手は我が子をガッチリガード、左手のそばには、DNAを受け止めるべく今か今かと出番を待つ白い妖精達。
ペイチャンネルの内容は覚えてないが、我が子を眠りから覚ますには十分な内容だった。

始めて五分位経った時だったかな。
フト気付くと聞こえてきたのよ、あの音が。
そう、さっき書いたように俺は壁にもたれかかってる。
耳も壁近くにある。
まさかっ!と思ってそーっと壁に耳を近づけたら、、、

「ヴィーン、ヴィンヴィーン、、、」
「んっっ、、んんっっ、、ぁっ、、」
みんなの大好きなあの音とあの声が聞こえてきたのさ。

えっ!と思ったね。
あわててテレビの音を消音にしたら、より鮮明に聞こえるのよ。
「んっ、、ハァハァ、、、っっっぁ、、」

しかし何かが違う、前回とは何かが違う。
聞こえてくる音も大きい。
そして何かズリズリ?するような音もする。
なんだ?一体なぜなんだ?
そう思いながらも左耳は壁に密着。
右手は我が子に密着。

「あぁぁ、、、はぁ、んっっんっ!
ぁ、ぃぃ、、んんっ、、、」
「ヴィンヴィンヴィーン、、、」

そして壁の向こう側に至福の時が訪れたようだった。
「んっっ、、、ぁぁぁっ、、あぁっっ!」

「ヴィーーーーーーン」

女友達と旅行先でセックスしたら身体の相性が良過ぎた

こんばんは。

先日、男2女2の友人同士で旅行に行って来ましてね、まぁ4人共独身で恋人もいなかったわけですけど、もうこの4人は学生時代からの長い近い付き合いなんでね、男2女2で行くからって今さら別に何か他に理由があった訳じゃないんです。

普通に温泉入って美味しい料理と酒を飲んで日頃の仕事の疲れを癒しに行こうかって、ただそれだけの旅行だったんですよ。

元々は男3人で行く予定だったしね、で、その話をたまたま女友達2人にしたら「私たちも行きたーい」みたいな事になりまして、
で、その内の男の1人が来れなくなっちゃいまして、それで男2女2になっただけの話なんです。

まぁ一応メンバーは俺、女Aちゃん、女Bちゃん、男Cとしておきましょう。

で、まぁ旅行は予定通りCの運転で行きまして、旅館に着いたら温泉入って、料理食べて酒飲んでってしてた訳です。

部屋は男の部屋と女の部屋と2つ取っていたんですけど、女の子達も俺達の部屋に来て4人で飲んでた。

そしたらですね、その日は土曜日だったんですけど、俺だけ出勤がありまして、仕事終わりにその旅行に行ったものですから、疲れてたのかな、酒飲んでたら皆より先にうたた寝しちゃいまして。

で、夜中に目が覚めたら隣にAちゃんが女の子座りしてまして。

「あ、ごめん、俺寝ちゃってたわ、今何時?」

って聞いたらAちゃんが「しーっ」って。(口の前に指一本立てて)

え、何だろう?って思って時計見たらまだ夜中の1時くらいだったかな。

で、部屋をよく見たら2つ並べられてた布団が一つ無くなってる訳です。

で、俺達がいた和室の部屋は結構大きくて、真ん中で襖(ふすま)で分けられるようになっていたんですけど、その襖が閉まっていた訳です。

俺は「ん?なんだ?」って思ってその襖を開けたんですよ。

で、その時Aちゃんが「あ、ダメだよっ」って慌てて俺を止めようとしたんだけど間に合わなくて俺は開けちゃったんです。

そしたらね、CとBちゃんがセックスしてたんですよ。

セックスっていうか、もう1回戦終わって裸で抱き合ってる状態だった。

2人とも浴衣とか全部脱いで全裸ですよ、全裸。

で、俺は驚いちゃいまして、「あっごめん!」言ってすぐに襖を閉めたんですよ。

俺も寝てたけどAちゃんもさっきまで寝ちゃってたみたいで、で、どうやら残った2人が隣に布団を一枚移動させて始めちゃったっぽいと。

で、Aちゃんは俺より先に起きたんだけど、その時には隣から「アンアン」聞こえてて、どうしたらいいのか分からなくてここでずっと座ってたんだと。

で、Aちゃんと顔を見合わせて「マジかよ」「ね、すごいね」(小声)みたいな。

CとBちゃんって全然そういう関係じゃなかったはずだけどなぁ、みたいな。

でね、隣であいつらがセックスしてるのを見たら俺、なんか無性にムラムラしてきちゃったんですよ。起きたばかりで何気にアソコは朝立ちみたいに勃起してたし。

で、俺は隣で座ってるAちゃんを見たんですよ。

黙って、じーっと。

で、なんでか分からんけどその時のAちゃんの浴衣姿がすげぇ色っぽく見えたんですよ。さっきまでなんとも思ってなかったのに。

俺は今までAちゃんを恋愛対象として見た事ってなかったんだけど、Aちゃん実は結構可愛いんですよ(俺の本来の好みとは違うけど)。

で、俺とは普通に仲良いし、話も合うし。

まぁその時はそういう理屈無しにとにかくムラムラしてた訳ですけど。

で、俺も酒飲んだ後で寝ぼけて頭おかしくなってたんでしょうね。

ついついその場で口走っちゃったんですよ。

「俺もしてぇなぁ」って。

Aちゃんの方見て。

そしたらAちゃん「えっ?」って言って笑ってて。

俺もそれ見て笑っちゃって。

2人でアハハみたいな。

で、俺はその乗りで「だめ?」みたいに聞いたんですよ。

もう本当に冗談っぽく。

そしたらAちゃんは笑いながら「え?ほんとに?」って言うから、もう一度頷いたんですよ。

そしたらAちゃんが「……私でいいの?」って。

俺としては当然断られると思っていたから意外な返事で驚いたんですけど。

で、俺は

「いい、ていうか俺はAちゃんがいい。」

って半分告白っぽい感じで言っちゃったわけです。

そしたらAちゃんの顔が赤くなりまして。

で、俺がもう一度「いいの?」って聞いたらAちゃんは少し考えるような仕草をした後に恥ずかしそうに「うん、いいよ」って。

で、そこからキスして、始めちゃった訳です。

いやー興奮したね。

すぐ隣にCとBちゃんがいるってシチュエーションにも興奮してたけど、やっぱ女友達とするセックスって最高かも。

いや、俺もヤリチンじゃないし、Aちゃんも全然ヤリマンじゃないんですよ。でもその時はなぜかそういう事になっちゃったんですよ。

異常な興奮でしたね。

最初にキスした瞬間にスイッチ入っちゃいまして、もう夢中でAちゃんの身体を貪って。

で、Aちゃんも興奮してたのか俺が舌入れたらめっちゃ絡めてくるし、アソコに手入れたら超濡れてたし。

なんて言うかね、不思議なんだけどキスして唇に触れた瞬間に?あ、これ絶対俺とAちゃん相性良いわ?って感じたんですよ。

キスの味だけじゃなくて、身体とか呼吸のリズムが完全に一致する感じの、分かる?

で、もうそこからは本当に本能のままにキスしまくり。

首筋とか鎖骨とか、俺がキスした所と同じところをAちゃんもキスしてくれるんですよ。

CとBちゃんが全裸でセックスしてたのを見て、最初は隣に俺らいるのによくやるなぁって思った訳ですけど、俺達も結局我慢できずに全裸に。

もうね、温泉入った後でお互いに身体は綺麗でしたので、盛り上がった流れで俺はAちゃんにクンニしちゃったし、Aちゃんもフェラしてくれました。

全部無言でね、?これして?とか?これしていい??とか確認はないから。互いに目と目を見ながら欲求のままに貪るみたいな。

で、2人共ギンギン濡れ濡れになったんだけど、挿入の前にコンドーム持ってない事に気づきまして、でも我慢できませんから、俺がちょっと襖開けてCに聞いたんですよ。

「おいC、ゴムある?ゴム。」

で、隣も俺達がやり始めてるのに気づいてたんで、Cがニヤニヤしながら「ほらよ」ってゴム渡してくれたんですよ。

「てかなんでお前持ってきてんだよw」

「いいだろ別にw」

Cと短いやり取りして襖を閉めて、すぐにAちゃんと合体しました。

俺はAVみたいに激しいのってあんまり好きじゃないんで、まったりネットリね、エッチしました。

でも濃密だったなぁ、Aちゃんとのセックスはマジで濃かった。

たぶんね、Aちゃんもそういうセックスが好きだったんだと思う。

そういう好みが一致すると本当に最高だね。

畳の上に敷かれた布団の上で、対面座位になって抱き合って超濃厚なキスをしながら互いにゆっくり腰を動かすのよ。

もうね、Aちゃんのマンコすげぇ濡れてるし、熱いし、マジで気持ち良過ぎてチンコ溶けるかと思いましたよ。

互いにハァハァ言って、汗もじっとりしてきて密着感がどんどん高まってくるし、あまりの気持ち良さに夢中になり過ぎて途中から隣にCとBちゃんがいる事なんて忘れてましたよ。

で、最後は正常位で抱き合いながらちょっと激しめに腰振って、Aちゃんも喘ぎ声結構出てたんだけど、

もうね、ドビュッ!!ドビュビュビューーーッ!!!!って自分でもビックリするくらいめっちゃ出たw

過去最高のセックスを更新しましたね、うん。

でね、俺ってオナニーでもセックスでも1回出したらそれで割と満足しちゃうんだけど、その時だけは違って、大量に射精したにも関わらず勃起が止まらないんですよ。もうカッチコチに固いまんまで。

異常に興奮しててさ。

で、言い難かったけど、ちょっと休憩した後にAちゃんに「もう一回いい?」って聞いたら、クスクスって笑って「いいよ」って言ってくれまして、2回戦もね、やっちゃいました。

コンドームはまたCに貰って。

「お前らも盛り上がってんなーw」みたいなやり取り少しして。

2回目もね、また恋人みたいに超濃厚なセックスしちゃいました。

で、そのまま2人で1つの布団で寝て、翌朝は4人でめっちゃ照れながら朝ごはん食べましたよっと。

でまぁ、そのままそこで2組のカップルが誕生しちゃった訳です。

俺とAちゃんに関しては、そりゃあれだけ気持ち良いセックスしたら好きになっちゃいますよって事です。

付き合い始めてから今の所は会う度に身体重ねてますしね。

「ほんと私達って相性良過ぎるよねw」ってセックスした後には2人でよく言ってる。

2人の身体は元々一つだったんじゃないかってくらい、身体が溶け合っちゃうんだよね、マジで。それがもう気持ち良過ぎるんですよ。

こういうセックスができる相手が見つかった事は、とても幸運な事だなぁってその度に実感してます。

つまり俺は今、幸せです。

Aちゃんの事もめちゃめちゃ好きになっちゃったし。

そんな訳でAちゃんとは(今はAって呼んでますけど)そういう切っ掛けで、今ではラブラブで上手くやってますよ?っと。

まぁ身体の相性って大事ですね、ってだけの話なんですけど。

以上です。

子育てを終えた妻の衝撃的な願い2

親の興した会社のおかげで、まったく苦労なく生きてきた私だが、亜衣を妊娠させたことによって、大きく人生が変わった。
その当時、天狗になり、遊びまくっていた私は、亜衣が妊娠したと聞いても正直何とも思わなかった。堕ろさせて、金でケリをつければいい……本気でそんな不遜なことを考えた。

それが、亜衣の潔い態度に感銘を受け、結婚することになった。それからの18年間は、あっという間だった。そして、私は亜衣との生活の中、真人間になれたと思う。

そして、東京の大学に進学することになった息子。また亜衣との二人の生活が始まることは、私にとっては嬉しいことだった。
そんな中、亜衣からのお願いは、信じられないものだった。

『あなた、私、他の男の人とセックスしてみたいです』

亜衣のその一言は、私にはまったく理解の出来ないものだった。でも、あまりに真剣な亜衣の態度と、18歳の彼女を妊娠させてしまい、彼女の青春の大切な時期を、ほとんど全て子育てに費やすことになってしまった負い目も有り、それを許してしまった。

そしていま、目の前にはベッドに仰向けで寝転がり、だらしなく足も広げている亜衣がいる。彼女の両目は固く閉じられていて、失神状態なのがよくわかる。

その横では、マッサージ師の安井さんが、タオルで亜衣の下腹部やベッドを拭いたりしている。ついさっき、安井さんは亜衣のヘソのあたりを叩くようにしただけで、潮を吹いて失神するほど彼女をイカせまくった。
でも、安井さん曰く、それはまだ性感マッサージではないとのことだった。そして、あらかた拭き終わると、
「失礼します」
と、礼儀正しく言い、白衣を脱ぎ始めた。そして、パンツ一枚になった彼は、見事な身体をしていた。服を着ていても、前腕が太いのはわかっていましたが、パンツ一枚になった彼は、中量級の総合格闘技の選手みたいな体つきをしており、ひと言で言うとかっこいいカラダだ。

そして、AV男優くらいしか穿かないと思っていた、ブーメランパンツというのか、やたらと布の小さなビキニパンツを穿いている。そして、私は二つの意味で衝撃を受けた。
小さなビキニパンツの中に押し込まれているそれは、勃起していなかった。
全裸でだらしなく足を広げ、生まれたままの姿を見せている妻。それを視界に入れながらも、勃起していない安井さん。私は、軽い屈辱感を感じながらも、これがプロなのかなとも思っていた。
しかし、勃起せずに横に逃がすようにしてビキニパンツに納めているそれは、それでも充分なサイズがあるように見えた。

私は、どら息子で金はあったので、女性経験は多い方だ。それなりにテクニックもあると自負している。でも、ペニスの大きさだけは、私の最大のコンプレックスだ。私のモノは、本当に細くて短い。ポークビッツというあだ名をつけられたことがあるくらいだ。

そんな私から見て、安井さんのそれは、勃起していなくても怯んでしまうほどの大きさだった。そして同時に、そんなものを経験してしまったら、妻はどうなってしまうのだろう? 一度知ってしまった”巨根”の味は、忘れられなくなるのではないか? そんな不安で、胸が苦しくなった。

安井さんは、私の視線に気がつき、
「すみません。奥様があまりにも魅力的なので、少し反応してしまいました。いつもは、まったく勃起させずにするのですが……。私もまだまだ修行が足りません」
と、神妙な面持ちで言う彼。単純な私は、その一言でさっき感じた屈辱感も消えて、逆に誇らしい気持ちになっていた。

すると、目を閉じて失神していた妻が、
『ゴ、ゴメンなさい……。私……。はしたなくて……』
と、恥ずかしそうに言うと、だらしなく広がっていた足を閉じ、タオルを身体に巻付けた。さっき、あれだけイキまくっていたのがウソのように、恥じらい頬を赤くしてうつむいている妻は、本当に清楚に見えた。

そして、タオルで身体を隠すと、胸がより強調されて、その上乳首が浮いているのも何となくわかるので、激しく欲情してしまった。

「いえいえ、しっかりと感じていただけたみたいで、私もやり甲斐があります。それでは、続けさせて頂いてもかまいませんか?」
安井さんは、本当に紳士的な優しい感じで言う。とても、これからセックスをしようと言っているようには見えなかった。

すると、妻が恥ずかしそうにうつむいたまま、
『わ、私にも……させてもらえませんか?』
と、驚くようなことを言った。
「はい。嬉しいですよ。好きなようにしていただいてかまいません」
安井さんはそう言うと、ビキニを脱ごうとした。
『そのままで! 脱がなくても……イイです……』
脱ごうとする安井さんを、慌てて制する妻。なぜ止めたのかな? と思ったが、すぐに理由がわかった。

妻は、安井さんベッドに寝かせると、
『失礼しますね……』
と、バカ丁寧に言いながら、ビキニの上から安井さんのペニスを唇で軽く噛むようにした。
『大っきい……』
すぐに、驚いたようにささやくと、ビキニの上から舌で舐めたり、唇で噛んだりし始めた。それは、子供がオモチャを与えられたようで、夢中になっている感じだった。

すると、すぐにビキニにシミが出来て、併せてムクムクと大きくなってきた。布の大きさと、内容物の大きさがマッチしていないので、いまにもこぼれでそうな感じになり、
『こ、こんな……。凄い……大きい……』
妻は、心底驚いて声を漏らす感じだった。妻が大きいと口にする度に、私はぐさぐさと胸を刺されているような気持ちになった。

「まだ、半分程度ですよ。もっと大きくなります」
安井さんは、得意げという感じでもなく、淡々と事実を述べる感じで行った。

『えっ!? 半分ですか!? 信じられない……』
妻は、本気で驚いたように言う。でも、すぐに安井さんのビキニを噛み、そのまま脱がせ始めた。手を使わずに、口でパンツを脱がそうとする妻。私とのセックスで、こんな事をしたことはない。そもそも、自分で積極的にアクションを起こすこと自体がほぼ無かったので、言ってみれば妻はいつもマグロ状態だった。

でも、こんな風俗嬢やAV嬢がするような事を、してみたいとずっと思っていたのかもしれない。そして、ビキニがズレると、安井さんのペニスが姿を見せた。それは、確かにまだ全開に勃起している感じではなく、下腹部にペタンと倒れている感じだった。でも、すでにヘソに届きそうな位置まで到達していて、勃起前からこんなに長いのか……と、衝撃を受けるほどだった。

そして妻は、それをじっと見つめていた。その表情は、いままで一度も見たことのないものだった。ひと言で言うと、発情してしまったような顔で、じっと安井さんの巨根を見つめる妻。

『失礼しますね……』
と、小さな声で言うと、その大きな半勃起のペニスに舌を這わせ始めた。
勃起していなくても、完全に亀頭が露出している安井さんのペニス。私の仮性包茎とは比べものにならないくらいだ。

妻の舌が、直に安井さんのペニスに触れた瞬間、確かに私の中で何かが弾けたような感じがした。私は、いままでに感じたことのない強い嫉妬を感じ、同時にいままでに感じたことのない興奮も覚えていた。

まずは、アメでも舐めるように舌で竿や亀頭をペロペロとする妻。端から見ていても、下手くそなのがわかる。でも、みるみると大きくなる安井さんのペニス。
ペタンと寝ているそれが、ムクムクと立ち上がり自立する姿は、迫力満点だった。

そして、
「そのぎこちないところが、たまらないです」
と、安井さんは優しい口調で言う。
『ゴ、ゴメンなさい……。下手くそで……』
妻は、頬を朱に染めながらそんな風に謝る。

「いえいえ、謝らなくても! 逆に、嬉しいですよ。ウブな人妻にフェラチオを教えるなんて、男冥利に尽きます」
安井さんはそんな事を言うと、妻にフェラチオを教え始めた。

それは、変な光景だった。安井さんは、まるでマッサージのテクニックを弟子に教えているような感じで、丁寧に、優しく教えている。性的な感じもなく、授業のような感じでレッスンが進んでいく。

「そう、そこの張り出したところを、全部一周する感じで舐め取って下さい」
「そのまま、口をすぼめて吸ってみて下さい」
「くわえて、唇でカリを引っかけるように動かして下さい」
「そう、くわえたまま指で乳首を撫でて下さい」
安井さんのレッスン通り、妻は素直に従ってその通りにする。

完全に勃起していると思っていた安井さんのペニスは、妻のフェラチオでさらに大きさを増し、怖いくらいのサイズになった。妻も、思い切り口を開けないと歯が当たるようで、かなり無理をして口を開けている感じだ。

私のモノは、冗談でもなんでもなく、半分ほどの直径しかないのかもしれない。

「上手になりましたね。凄く気持ち良いです。どうですか、私のペニスは?」
安井さんにそんな風に優しく聞かれ、
『は、はい、主人よりもかなり太いので、上手く出来ないです……。ゴメンなさい』
と答えた。妻は、おそらく悪気はないはずだ。私と比較して、私を貶めるつもりはなかったはずだ。でも、そんな風に直接的に比較されるようなことを言われて、私はさらに興奮してしまった。

「そうですか、じゃあ、ご主人のものの方が、やりやすくて好きですか?」
『そ、そうですね……。主人の方がやりやすいです……。でも、あまりしたことはないです』
妻は、聞かれていないことまで話してしまう。夫婦のことなのに、平気で安井さんに話す妻。それだけ、すでに心を許してしまっているのかもしれない。

そして、さらにレッスンを続ける二人。最初と比べて、かなりスムーズになってきた妻のフェラを見て、私は嫉妬で苦しくなるほどだった。妻が、他の男にフェラを仕込まれる……。夫としては、最悪の事態だ。

「それでは、くわえたまま自分でオナニーして下さい」
安井さんにそんな指示をされて、思わず口からペニスを吐き出し、
『えっ? オ、オナニーですか?』
と、不安げに言う妻。

「そうです。フェラをしながら、こらえきれないようにオナニーをするなんて、男としては最高に嬉しいですよ。これも、重要なテクニックですから。オナニー、よくしますよね?」
安井さんにそんな事を言われて、顔を真っ赤にする妻。でも、否定の言葉が出ない。

「見ればわかりますよ。ご主人とのセックスの後に、こっそりとしてるんですよね?」
安井さんは、断言するように言う。すると、妻は顔を真っ赤にしたまま、黙ってうなずいた。私は、かなりのショックを受けながらも、さらに興奮が高まっていくのを感じていた。
私とのセックスで満足出来ず、私が寝た後にこっそりと一人慰めていた妻……。私は、申し訳ない気持ちと、情けない気持ちで泣きそうだった。

そして、妻は再び安井さんのものをくわえ込むと、恐る恐るという感じであそこをまさぐり始めた。
『んっ……んっ! んンッ!』
妻は、安井さんの極太をくわえたまま、可愛らしいうめき声まであげ始めた。それは、もう心が折れそうな光景だった。

私ではない男の極太ペニスをくわえながら、オナニーをする妻……。妻は、言われて仕方なくという感じではなく、ガチのオナニーをしている感じだった。

『も、もう……。ダメ……。い、入れて……欲しい……』
妻は、見たことのないくらいとろけた顔で、ささやくようにそう言った。

妻が露出プレイに目覚めた結果、巨根の甥っ子に寝取られた3

妻との夫婦生活のマンネリ打破のために始めた露出プレイ。それに、大学生の甥の雄太を巻き込んでしまった結果、妻は雄太に抱かれる寸前までいってしまった。

寸前のところでなんとか止めることが出来たが、結局、妻も私もエスカレートした気持ちを止められないところまで来てしまっていた。

『パパ、どうして勃起してないの? 私のエッチな下着姿、見飽きちゃった?』
妻のすずは、クリクリとした瞳をイタズラっぽく光らせながらそんな事を言ってくる。すずは今、真っ赤な下着を身にまとっている。それも、外国のランジェリーモデルが身にまとうような、セクシーなモノだ。
ガーターベルトにストッキングまでしているので、とても妖艶な感じだ。

私は勃起していないどころか、その姿を見てガマン汁が漏れ出るほどに勃起している。
「も、もう立ってる……」
私は、妻が何を言おうとしているのかわかっているが、それでもそう答えた。
『そうなの? 雄太くんのと比べたら全然小さいから、立ってないのかと思っちゃったw ゴメンねw』
妻は私のコンプレックスを直撃するようなことを言いながら、イタズラっぽい笑みを浮かべている。

私は、そんな事を言われたにもかかわらず、異常に高ぶっていた。そして、そのまま妻に抱きつきキスをした。妻は私に抱きつき、嬉しそうに舌を絡めてくる。私も、夢中で妻の舌をむさぼっていく。

『ふふw キスはパパの方が上手だねw』
妻は、そんな風に比較するようなことを言う。そんな事を言われると、妻が雄太とキスをした光景を思い出してしまう。そして、それを思い出すと、私はおかしなぐらいに興奮してしまう。

妻は、私のペニスを指先で絡めるように触ってくる。
『雄太くんのキス、下手くそだけど情熱的なんだよ♡』
妻はそう言うと、私にキスをした。私の頭の中は、雄太とキスをする妻でいっぱいになってしまい嫉妬で胸が苦しくなるが、
『あれれ? なんか溢れてきたw どうして興奮してるの? 私が雄太くんとキスするの、興奮しちゃうの?』
妻は、私に言葉責めでもするように言ってくる。しかし、私は実際に興奮してしまっているのは間違いない……。

「興奮……しちゃう。ごめん……」
私は、正直に気持ちを述べた。
『本当に、雄太くんとエッチして欲しいの?』
妻は、私のモノを手コキしながら聞いてくる。
「……して欲しい……」
絞り出すように言う私に、
『変態♡ 雄太くんのしたいこと全部しないとダメなんだよね? 拒否権無しなんだよね?』
指で亀頭を包み込むように愛撫する妻。私は、もうイキそうな感じになっていた。

「そう……。全部言う通りに……して欲しい……」
私は、興奮しすぎて言葉が上手く出せなくなっていた。
『パパのより大きなおちんちん、入れてもいいってこと?』
「……あぁ……」
『生で入れて、子宮にかけてもらってもいいの?』
「うぅ……いい……」
『妊娠しちゃってもいいってこと?』
「そ、それは……」
『ダメなの? 私が雄太くんに妊娠させられたら、パパは興奮するんじゃないの?』
妻は、上気して興奮した表情で話を続ける。

「そんなわけないだろ!」
私は、さすがに声を荒げてしまった。
『じゃあ、どうしてこんなになってるの?』
妻は、私の先走りでドロドロに濡れてしまった手の平を見せてくる。
「そ、それは……」
『じゃあ、どうする? ピル飲む? それとも、コンドーム使おうか?』
見透かしたような顔で私を見ながら言う妻。私は、結局自分の本能に素直に従ってしまった。
「飲まなくていい……。そのまま、中に受けて欲しい……」
『わかった♡ 元気な赤ちゃん作っちゃうね♡』
私は妻のその言葉を聞いた瞬間、自分でも驚くほど急に射精してしまった。
『変態w パパ、ド変態w』
射精している私に、そんな言葉を投げかけてくる妻。私は、その言葉にさらに興奮してしまった……。

最近では、妻とのセックスはこんな形になってしまった。挿入に至らずに、妻の手で果てて終わり……。そんなパターンがほとんどだ。そして、結局我慢しきれなくなった私と妻は、ほとんど一ヶ月ぶりに雄太を誘った。
あの時の一件以来、雄太もどうしていいのかわからないのか、ウチに遊びに来なくなった。そして私も、それ以上進むことが怖くて誘うことが出来ずにいた。

雄太に電話をかけると、雄太はもの凄く喜んでくれた。だけど、雄太は私がなにも知らないと思っているはずなので、何となく罪悪感を感じているような感じがした。雄太が遊びに来られなかったのも、それが理由だと思う。妻とあんな事になってしまったので、私に対して怖れみたいな感情を持っているのだと思う。

そして、電話した次の日の土曜日に、雄太は昼ご飯を食べにウチ遊びに来た。最初の方は緊張している感じが凄かったが、私も妻もあの件の事を何も言わないので、あっという間にいつもの彼に戻った。

「どう、学生生活は? 彼女は出来た?」
私がそんな質問をすると、
「いえ、全然です」
と、少し残念そうに答えた雄太。
『雄太くんモテそうだけどねw そういうのに、あまり興味が無いのかな?』
と、妻が聞く。
「そういうわけでもないですけど……。僕、結構年上が好きみたいで……。同年代にはあまりピンとこないんですよね」
雄太が少し恥ずかしそうに言う。
「おっ、すず、チャンスじゃんw 年上過ぎかw」
私は、あくまでなにも知らないフリを続ける。
『バカw こんなおばちゃんじゃ、ダメに決まってるじゃないw』
楽しそうに言う妻。
「そんな事ないです! すずさん、昔からずっと憧れてました!」
『あら、嬉しいわw』
「社交辞令って知ってる?」
『うるさいw』
「いえ、そんなんじゃないです!」
こんな感じで、楽しく食事は進んでいった。
『じゃあ、デザート用意してきますね』
妻はそう言うと、キッチンの方に消えた。雄太と二人きりになった私は、
「いままで彼女はいなかったの?」
と質問した。
「はい……。1回も付き合った事とかないです」
少しバツが悪そうな雄太。
「じゃあ、まだ童貞?」
「そ、そうです。なんか、全然機会が無くて」
少し頬を赤くする雄太。こんな会話で照れてしまうなんて、本当にウブなんだなと思う。
「じゃあ、すずとエッチする?」
私は、ド直球で言う。
「えっ!? ま、またぁw そんな冗談言ったら、すずさんに怒られますよ」
動揺しながらも、冗談と受け止めた彼。
「いや、冗談じゃないんだけどね」
「えっ? どういう——」
雄太の言葉が終わらないタイミングで、
『おまたせ〜』
と言う妻の声がした。二人で妻の方を見る。すると、打ち合わせどおり……いや、それ以上の姿のすずがいた。すずは、私が好きだと日頃から言っていた、AVの”おもてなし庵”シリーズの透けた着物を身にまとっていた。

帯のところ以外は、モロに透けてしまっている着物を見たすずは、手でアソコの部分を隠している。でも、チラチラとヘアが見えていることから、AVに忠実に下も穿いていないようだ。

打ち合わせでは、かなり短めのミニスカートに、ノーブラでブラウスを着る程度の話だったはずだ。それが、どこで入手したのか、こんなモノを着ている。

「ぅ、うわっ、すずさん、見えちゃってます!」
声を裏返しながら、慌てて視線をそらす雄太。耳まで真っ赤になっている。

それにしても、恐ろしくエロい姿だと思う。このAVを考えた人は天才だと思っているが、実際こんな風に実物を見て、天才ではなく、1000年に一人の天才だと思った。

「大丈夫だよ。見せてるんだからw」
私がそう言っても、妻の方を見ようとしない雄太。
『せっかく買ったのに、見てくれないの?』
妻も、寂しそうに言う。

「で、でも……。丸見えじゃないですか……」
雄太は、恥ずかしそうに言う。
「だって、この前全部見ただろ? 今さら遠慮しなくて良いよ」
私がそう言うと、
「エッ!? し、知ってたんですか? ごめんなさい!」
と、怯えた顔になる雄太。

『大丈夫よw だって、パパの希望でやったことなんだからw』
妻は、椅子に座る雄太の横に移動しながら言う。雄太は、驚いたような顔で私と妻を見ながら、
「ど、どういうことですか? あれは、叔父さんの希望って事なんですか?」
妻は、雄太の太ももの上に横座りするように乗っかり、
『そうよw パパって、ド変態なのw 私が他の男の人に抱かれる姿を見たいって思ってるの♡』
と、セクシーな口調で言う。

雄太はエロい格好の妻に乗っかられて、ガチガチに緊張した感じになったが、目の前の透けて見える胸に目が釘付けになっている。
「そんな事って……」
雄太は、あまりの事になんと言っていいのかわからない感じだ。無理もないと思う。まだ純情な彼にとって、恋人や妻を他人に抱かせたいという寝取られ性癖などというものは、想像もつかない異常な性癖のはずだ。

「あるんだよw 私の目の前で、すずを抱いてやってくれないかな?」
私は、ストレートに要望を話した。
「……いいんですか? 僕にしてみれば、夢みたいな話ですけど……」
雄太は、信じられないという感じだ。

『いいのw 私も、雄太くんの大っきなの入れてもらいたいし♡ この前はいいところで終わっちゃったでしょ? 蛇の生殺しみたいなんだからw』
妻は、雄太の耳たぶに唇が触れるくらいの距離で言う。
「で、でも……」
それでもまだウジウジしている雄太に、妻がいきなりキスをした。雄太は、妻の唇が自分の唇に触れた途端、驚いた顔で私の方を見た。でも、私は黙ってうなずいた。

妻は透けた着物姿で雄太に抱きつき、キスをしている。積極的に舌を差し込み、キスをする妻。雄太も私が何も言わないので、私から目線を外し妻と舌を絡めるようなキスを始めた。

この前とは違い、私の目の前でキスを始めた妻。やはり、画面越しに見るのとは衝撃がまったく違った。舌が絡み合うところや、かすかな水音、そして妻の息づかいまで聞こえてくる。

『ほら、平気でしょ? それに、パパのおちんちん、あんなになってるのよw』
妻が雄太にそんな事を言う。雄太も私の方を見て、私の股間を確認する。私のペニスは、とっくに限界まで勃起している。妻の舌が私以外の男の舌と絡み合うのを見て、嫉妬や怒りは感じることなく、突き抜けるほどの興奮を感じている……。

「……信じられないです……」
ビックリした顔でつぶやくように言う雄太。

『じゃあ、パパのもっと信じられない姿、見ちゃおっか?』
妻はおどけたように言うと、一旦彼の上から降りた。そして、椅子に座ったままの雄太のズボンのファスナーを降ろし始めた。雄太はそれに抵抗することもなく、あっという間にいきり立ったペニスをさらけ出した。やっぱり、大きい……。太さも長さも、私より一回り……いや、それ以上に大きいように見える。

生殖器の大きさで、人間の価値が決まるわけではない……。そう思っていても、本能が雄としての敗北を感じていた。
『うわぁ……。やっぱり大きいのね♡ パパの倍はありそうw』
そう言って、無造作に彼のペニスを握る妻。いつも一緒に食事をする食卓で、妻が他の男のペニスを握る姿……。急に現実感が薄れていく気がした。

「あぁ、すずさん、ヤバいです……」
妻にペニスをまさぐられ、切羽詰まった声を出す雄太。
『ふふw イッちゃいそうなの? まだダメよ♡』
妻は妖艶な言い方でそう言うと、雄太の破裂しそうなペニスを口に含んだ。
「うぅあぁ、気持ちいいです!」
雄太は妻にくわえられた途端、本当に気持ちよさそうにうめいた。もう、イッてしまいそうな感じにも見える。

妻はフェラチオを続けながら、チラチラと私の方を見たりする。その顔には、不安そうな影は見て取れない。それどころか、挑発するような感じすらする。まさか妻がここまでするようになるなんて、少し前には想像も出来なかった。

「すずさん、もうダメです……で、出ちゃいます!」
雄太は、本当に限界という感じだ。まだフェラを始めて1分も経っていないのに、イッてしまいそうみたいだ。この前も、コンドームをつけるのにもたついて、入れる前にイッてしまった雄太。ペニスは大きいが、早漏気味なのかもしれない。
まして、今回の妻はエロ過ぎるコスチュームを身にまとっている。まだ童貞の雄太には、刺激が強すぎるのかもしれない。

でも、妻はそこで動きを止めて、ペニスを口から吐き出してしまった。
「な、なんで……。そんな」
イク寸前で宙ぶらりんにされるのは、男としては凄くツラい。それがよくわかるだけに、雄太に同情してしまった。

『ダメ〜w どこに出したら良いのか、パパに聞いてみてw』
妻は、うわずった声で言う。妻自身も、雄太の大きなペニスをくわえたことで、発情してしまっているようだ。

妻は、おそらく私のペニスしか知らないはずだ。大学時代に初めて結ばれたとき、彼女は処女だった。もっとも、演技されていたのなら気がつかないのかもしれないが、あれは演技ではなかったと思う。

そして、交際中も結婚後も、妻は浮気をしていないと信じている。そんな、私のモノしか知らない妻の膣……。あんなに大きなモノを入れてしまって、平気なのだろうか? 後戻り出来なくなるのではないか? そんな不安が頭をよぎる。

雄太は、妻に言われて私の方を見て、
「どこに出したらいいですか?」
と、緊張した顔で聞いてきた。
「……妻の中に出してやってくれ。直接子宮に注ぎ込んでくれ」
私は一瞬迷ったが、結局そう言ってしまった。

「えっ!? で、でも、赤ちゃん出来たら……」
あまりの事に、怖じ気づく雄太。
『いいのよw 雄太くんの子種で私が妊娠させられちゃった方が、パパは興奮するんだってw』
「本気なんですか!?」
思わず私を見て叫ぶように聞く雄太。私は、恥ずかしさと敗北感と、色々な感情でグチャグチャのまま、黙ってうなずいた。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード