萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

JK

不妊に悩んだ末の、究極の選択3

私のせいで、子供をなかなか授かれず、色々なプレッシャーが掛かる中、思いあまって私の親友の章雄に子作りを託してしまいました。

普通の精神様態なら、けして選択するはずもない選択肢でしたが、追い込まれた人間は、こんなにも脆(もろ)いものなんだと、今なら思えます、、


目の前での、章雄と嫁の恋人同士のような代理子作りが終わり、私が入れ替わるようにみな実を抱きました。
私の種では、妊娠出来る可能性は5%以下だそうです。でも、こうやって章雄の後にすぐ抱けば、私が妊娠させたという可能性もわずかにあり、私もみな実も、赤ちゃんは私の種だったと思うことが出来ます。

不思議なもので、見ているのがあれほど辛いだけだった章雄とみな実のセックスも、私の中に興奮を産むようになっていました。
嫁を寝取られて興奮する私は、劣等感から壊れてしまったのかも知れません、、

そんな興奮の中みな実を抱くと、笑ってしまうくらいすぐにいきました、、、

『へへw あなた、愛してる、、 もう大丈夫だよね?』
みな実は、本当に安心したように言います。さっきの章雄の中出しで、受精した感覚があったようです。もっとも、1回目の時も感覚はあったと言っていて、結果ダメだったので、あまり当てにはなりません。
「あ、あぁ、、たぶんね、、」
『えぇ〜? 自信ないの?』
「い、いや、過度の期待はよくないかなって、、、」
『そっか、、、そうだよね、、、  じゃあ、、、あと2回くらいしてもらう?』
「う、、、 そう、、だね、、、」
『わかった、、、 じゃあ、章雄さん回復したら、お願いするね、、』
「、、うん、、」
こんな会話をして、さらに章雄にダメ押しをしてもらうことになりました。


シャワーを浴びて、リビングでコーヒーを飲んでいた章雄にそう告げると、
「そうだね。せっかくの機会だから、もう何度かしておいた方が、確実かもね」
と、誠実な言い方で言いました。
やっぱり、コイツは良いヤツだと思いました。
でも、さっき嫁を抱いているとき、一瞬見えた章雄の黒い部分が頭から離れません、、、

「でも、すぐにしても同じことだし、俺も回復したいから、ちょっとデートしようか?」
と、意味がわからないことを言う章雄。

意味を聞くと、この部屋は外出自由なので、章雄とみな実の二人で街に出て、少しデートをして帰ってくる、、、
そして、さっきよりもより恋人同士、、 いや、夫婦のような精神状態になって結ばれた方が、妊娠出来る可能性が高まる、、、
章雄の私見ですが、そう言うことらしいです、、、

一見、荒唐無稽な意見のようですが、みな実は物凄くそれが良いアイデアだと思ったようで、
『うん! それ、絶対に良いと思うよ! ねぇ、あなたもそう思うでしょ? 絶対に、今日授かれる気がする!』
と、ハイテンションで言いました。

そして、私は意見を聞かれることもなく、留守番になることが決定しました。

楽しそうに着替える二人。もう、すでに世界に入っているように見えます、、、


『じゃあ、あなた、、行ってきます、、』
と、嫁は少しだけ緊張した声で言い、章雄は、
「じゃあ、行ってくるよw」
と、楽しそうに言いました。そんなつもりはないと思いますが、章雄が少し私を侮蔑しているように思ってしまいました。

そして、フロントに連絡をして、ドアを開けて出て行く二人、、
出て行く間際、自然と手を繋ぐのが見えました、、、


広くて豪華なブティックホテルに、たった一人残った私、、、
泣きそうでした、、、

二人で手を繋いでホテルから出る二人、、
みな実の顔には、笑顔が浮かんでいる、、、 そんな情景がありありと目に浮かびます。

自ら始めたことですが、辛くて仕方ありません。

何をしていいかわからず、この苦痛を今日で終わらせたい一心で、乱れたベッドを整えたり、タオルを取替えたり、二人が快適に愛し合えるように準備をする私、、、
ベッドサイドにあるコンドームを見て、自虐的に笑った後、それをゴミ箱に捨てました、、、

自分の嫁が快適に他人に抱かれるために、甲斐甲斐しく準備をする、、
屈辱と苦痛しかないはずなのに、どうして勃起が収まらないのだろうか?
心が壊れないために、私の脳が寝取られることに喜びを感じるように進化したのだろうか?

1時間経っても戻らない二人、、、 2時間、、、 興奮と絶望の中、二人は今頃楽しそうにしているのだろうな、、、 と、悪い想像も10周以上した感じでした。


そして、2時間半程度過ぎたとき、やっと二人は戻ってきました。

立ち上がり、声をかけようとした私に、目で合図を送り黙らせる章雄。
不満が強かったですが、気圧されたように座ってしまいました。

「みな実、凄く上手くなったよね! 才能あるんじゃない?」
章雄が楽しそうに、嫁を呼び捨てにして言う。
『すっごく面白かった!! ダーツって、真ん中だけを狙うんじゃないんだねw でも、章雄って、プロみたいだよね! めっちゃ格好良かったw』
「一応、全国大会で8位になったことがあるよw 微妙な順位だけどw」
『えぇっ! 凄いじゃん! 全国で8番ってことでしょ? 格好いいなぁ〜』
みな実は、本当に章雄のことを格好いいと思っている感じだ。

そして何よりも、みな実が他の男と、こんな風に楽しそうに会話をしているところは初めて見ました。
みな実はお嬢様育ちで、おとなしい性格もあって、ちょっと人見知りです。それが、こんなにも打ち解けている、、、

心がざわつきます、、、 でも、さっきから治まらない勃起が、より強くなってしまいました、、、

「みな実が応援に来てくれてたら、多分4位くらいになったと思うよw」
『優勝じゃないんだw』
「ごめんごめんw でも、今度応援に来てよw」
『うん! 絶対に行く〜!!』
「また近々一緒にやろうねw」
『え? あ、、 うん!』
みな実は、一瞬私を気にしたのか、少し口ごもった後、それでも楽しそうにうなずきました。

この二人の親しげなやりとりも辛いですが、戻ってから一度も私のことを見ようとしないみな実の態度が辛かったです、、

今ならば、みな実は心の準備のために、あえて私がいないものとしたのだとわかりますが、その時は絶望的な気持ちになりました。


そして、ソファに座りながら
「じゃあ、さっそく食べようよ!」
と、章雄が言います。
『うん! じゃあ、コーヒー淹れてくるね!』
みな実が、嬉しそうに言いながら、ポットに向かいます。
そして、コップを用意し、コーヒーを二つ淹れました。
一瞬、私の分も淹れてくれるのかな?と思いましたが、当然のように私の分はなしでした、、

章雄は、袋の中から箱を取り出し、ケーキを用意しました。
用意と言っても、皿もないので、箱を解体して皿代わりにしています。
そして、コーヒーが横に並び、
『美味しそう! ここのケーキ、食べてみたかったの!』
「アレ?食べたことないんだっけ?」
『うん! 初体験w』
「やったねw 初めてもらっちゃったw」
『へへw』
こんな、聞いていてい心が痛い会話を続けながら、二人はケーキをつつき始めました。

『美味しい〜w クリームがホントやバイよぉw』
みな実が、ハイテンションではしゃぎながら言いました。
考えてみれば、こういう小洒落たスイーツとか、買って帰ったことがないなと、、、
そんな反省をしました、、

「コレも美味いよ!」
『ホントに? ちょっと頂戴!』
「いいよw はい、あ〜んw」
『あ〜んw』
こんなバカっぽいやりとりをしながら、ケーキを食べさせてもらうみな実。

『ンン〜ッ!! 美味しい〜〜! ねぇ、章雄、こっちも食べてみなよぉ』
そう言って、フォークで章雄に食べさせようとするみな実。
章雄は、少し照れた顔をして、食べさせてもらいました、、、


この数時間で、親密になりすぎだと思いましたが、考えてみれば、すでにキスどころか、セックスも、中出しすらした仲です、、、

『あ、口の横にクリーム付いてるよw』
みな実が、楽しそうに言いました。
でも、ずっと見ていた私は、章雄がみな実が見ていない隙に、自分でそこにクリームをつけたのを見逃しませんでした、、、

案の定、章雄は
「ん」
と、一言だけ言って、目を閉じ口を突き出しました。
いわゆる、キス待ちの顔です、、

『もう、しょうがないなぁ〜』
みな実は心の底から楽しそうに言うと、章雄の口の横のクリームを、舌で舐め取りました。
「ありがとうw みな実には、、、ついてないかw 残念w」
章雄がそう言うと、みな実がケーキを指で触り、自分の唇にクリームをつけました、、、

「あ、あったw」
そう言って、キス待ちの顔になっているみな実に、唇をくっつけました。
クリームは唇に付いているので、キスそのものの格好になります、、


唇をつけて、しばらくそのままでした。
ただ唇を押しつけ合うだけのおとなしいキスですが、この楽しそうな流れでした、本当の恋人同士のようなキスなので、見たショックは大きかったです、、

『へへw ありがとw』
照れた顔で言うみな実、、、

すると、章雄が舌を突き出して、その舌の上にクリームを載せました。
『ホント、バカw』
みな実は、見ているのが辛いほどの楽しそうな笑顔で言うと、章雄の舌を口の中に吸い込みました。

みな実が、章雄の舌を吸ったり舐めたりしています。
もう、生クリームを舐め取ると言うよりは、ただのディープキスです。

結構な時間、舌を舐め続けたみな実。
「ありがとうw ちょっと待っててw」
章雄はお礼を言うと、すぐに立ち上がり、ズボンを脱ぎ始めました。


そして、躊躇なく下半身丸裸になると、勃起したペニスにクリームをつけました。
『もう、やだぁ〜w ホント、バッカじゃないのw 仕方ないなぁ〜』
みな実が、この状況でも楽しそうに言いながら、章雄のペニスを舐めました。

ペロッと、可愛らしく舐めるみな実。しかし、舐め取るそばから新しいクリームをペニスにつける章雄。
章雄のペニスは、クリームでテラテラ光っていて、ただでさえ大きいペニスが、余計に立体感が増して大きく見えました、、

それにしても、どう見てもサイズ感がおかしい感じで、合成のように思えるくらい大きいペニスです、、
ペロペロと舐め続けるみな実の顔と比較しても、同じくらいあるんじゃないのか?と思ってしまうほどでした、、、


最初は、しょうがないなぁ〜という感じで舐めていたみな実でしたが、舐め続けているうちに、上気したような、トロンとしたような、メスの顔になっていきました、、、

自分の嫁の、こんな顔見るのは耐えがたいモノがあります、、、
でも、どうしても勃起してしまう私がいます、、、


『もう! キリがないよぉ〜w こうしちゃう!』
そう言って、大きく口を開けて、パクッとペニスをくわえてしまいました、、、
確かに、こうすればもうクリームは塗れません、、


そう思ってたのですが、大きすぎるペニスなので、竿が半分ほど口から出ていました。
その部分に、さらにクリームを塗る章雄。
みな実は、頑張って喉の奥にくわえ込んでいきます。

そして、またはみ出た部分に塗り、奥までくわえる、、、
こんな事を繰り返し、みな実は大きな長いペニスを、全部に近いくらい喉奥に収めました、、、


相当無理をしているようで、みな実は顔が真っ赤になっています。
その状態のまま、章雄が服を脱いでいきます、、、
全裸になった章雄が、今度は自分の乳首にクリームを塗りました。

それを見て、みな実がペニスを口から吐き出しました。
『もうw バッカじゃないの、ホントにw』
吹き出しながら言うみな実。口の周りは、よだれでベタベタです。
こんな状況でも、本当に楽しそうで、胸が痛みます、、


みな実は、口ではそう言いながらも、まんざらでもない感じで、章雄の乳首のクリームを舐め取ります。
そして、舐め取るだけではなく、そのまま乳首をペロペロと舐め始めました。
ラブラブな恋人同士のティータイムだったのが、自然とセックスに移行していきました。

こんなナチュラルな感じは、みな実を本当に身も心も奪われた気持ちになり、絶望感が凄かったです、、
そして、そのまま完全にセックスに移行するかと思いきや、章雄が
「待って、せっかく買ったんだから、着替えないとw」
『えぇ〜? 本気なんだ、、 恥ずかしいよぉ、、』
「でも、約束じゃん?」
『うぅ、、 わかった、、、じゃあ、待ってて、、』
そう言って、紙袋を持って浴室に向かうみな実。


リビングには、私と章雄の二人になりました。
何か言わないと、、 そんな重苦しい感じになりましたが、章雄の方が
「悪いな、、 でも、絶対こう言うのが必要だから、、 ここまでしないと、授かれないよ、、 もう少し、我慢してくれ、、」
章雄が、真顔で申し訳なさそうに言います、、、

「、、あぁ、、 よろしく、、 頼む、、」
私も、それ以外の言葉は言えませんでした、、、

そして、すぐにみな実が戻ってきました。
恥ずかしがった理由はすぐにわかりました、、  戻ってきたみな実は、女子高生でした。

今時の女子高生みたいな、短すぎるスカートに、可愛らしいブレザーの制服を着たみな実は、大きめのバレッタというのか、カチューシャというのかわかりませんが、髪飾りをしています。


まだ30前で、見た目も若いみな実とはいえ、さすがに現役には見えず、AV女優のような感じになってしまっています。
『変、、 だよね? 恥ずかしいよぉ〜』
顔を手でパタパタ扇ぐようにしながら、少し頬を赤らめて恥ずかしがるみな実。
その仕草が、可愛すぎて泣けました、、、

「いや、凄く似合ってるよ。その頃のみな実と出会いたかったよ」
凄く真顔で言う章雄。
その言葉に、顔を真っ赤にするみな実。


しかし、どこでそんなモノを買ったのだろう?
と言うより、買った意図はなんだろう? こんなのは、みな実が受精するための心の準備をするためではなく、章雄の趣味にしか思えない。
章雄が、自らの欲望を満たすために、みな実をオモチャにしようとしている、、 そう思えてしまう、、


章雄には、黒い部分がある。それは、2回目くらいの時から見え隠れしていました。でも、気のせいだと思い込もうとした。
しかし、この状況に至っては、もう確定と言ってもいいと思いました。

もう、止めさせよう、、、 私がそう思ったのとほぼ同時に、
『わ、私も、、 出会いたかった、、』
と、みな実が言いました。


みな実は、もう完全に演技が本気に変わっている、、、  そうとしか思えません、、


何とも言えない妙な沈黙が有り、それを破るように、
『じゃあ、私がするね』
と、みな実が言いました。

そして、全裸の章雄をソファに押し倒すと、みな実はそのまま章雄のペニスを口に含み、愛おしそうに舐めていきます。
みな実は私に背を向けているので、後ろ姿だと、完全に女子高生に見えます。


女子高生のみな実が、章雄に奉仕をする。
もう、何が何だかわからない。
完全に、趣旨を外れたことだけはわかります。


2時間以上一人にされて、やっと戻ってきたと思ったらこの仕打ち、、
それなのに、勃起しながらそれを見るだけの私。


みな実は、大きく口を開けてくわえたり、可愛らしい舌で章雄のペニスのカリ首を舐めたりしています。その表情は、愛おしいと言った感じで、どうしても嫉妬してしまいます、、、

「どう? 俺のは好き?」
みな実の髪を撫でながら、章雄が聞くと、
『え? 変なこと聞かないでよぉ、、』
みな実が、まともに照れながら言いました。

「もっと気持ちを高めないと、赤ちゃん出来ないよ」
章雄は真面目な顔で言う。今までの私なら、章雄は本心でそう思って、本気でそう言っていると思ったと思います。
しかし今は、章雄が自らの楽しみのために、みな実に色々と言わせているだけに思えてしまう、、


『す、好き、、 だよ、、』
みな実が、その言葉に背中を押されるように、そう言いました、、
「どういうところが?」
優しい口調で聞く章雄。でも、私の耳には違って聞こえてしまう。

『それは、、 その、、 サイズとか、、』
「サイズが何?」
『はずかしいよぉ、、、 その、、、 お、大っきいのとか、、、』
「大きいと、どう好きなの?」

『、、、直接、、、  子宮にかけてもらえそうで、、、』
本当に言いづらそうに言うみな実。
「それだけ? 気持ち良くないの? 気持ち良くならないと、子宮も受精しようと思わないと思うよ」
『うぅ、、 気持ち良いよ、、 だって、、 直接子宮をノックされてるみたいで、、、 なんか、、 真っ白になる、、、 もう! 恥ずかしい事言わせないでよぉ!!』
章雄は親切顔で色々と言いますが、実はみな実を調教しているのでは?と思ってしまいました。
実際にみな実は、もじもじしながら、顔を真っ赤にしていますが、章雄のペニスを愛おしそうに舐め続けています。


「みな実、ベッドに行こう」
章雄はそう言いきると、みな実の手を握ってベッドルームに移動しました。
そして、私が綺麗に整えたベッドの上にみな実を寝かせます、、、

女子高生のみな実が、ベッドの上に寝転がり、熱っぽい目で章雄を見つめる。
ここまで一度も私のことを見ない嫁、、
まるで、私など見えないようです、、、


そして全裸の章雄が、みな実の横に寄り添う。
みな実は、章雄のことをじっと見ていましたが、その目が凄くいやだった。その目は、恋する乙女のようで、演技で章雄とラブラブになるという範疇を超えているように見えました。

そして、章雄がみな実の顔に顔を近づけていくと、すっと目を閉じて、あごを少し持ち上げるみな実。
キス待ちの顔をするみな実、、、


私以外の男に、見せていい顔ではないはずです、、
そして、そっと唇が触れ合う、、
唇が触れあうと同時に、章雄の体に腕を絡みつかせるみな実。
そして章雄もみな実の体を抱きしめながら、キスをする。

みな実は、いつもキスをするときは目を閉じています。と言うか、女性はたいていそうだと思う。
しかし今は、目を開けたままキスをしています。とろけて、上気したような、それでいて、愛おしくてたまらない、、、  そんな目で章雄を見つめたままキスをするみな実。
一瞬でも目をそらしたくない、、、 ずっと章雄のことを見ていたい、、、
そんな心情が透けて見えるようです、、、


そして、徐々にキスが濃厚になって行く。
一番初めの代理セックスの時は、キスどころか、章雄が自分でしごいて、いく寸前に私と変わってみな実に挿入し、中に出すとすぐにまた私と変わるという形でした。
なるべくみな実との接触を少なくする方法でしていたのに、今は濃厚に、恋人や夫婦同士のようなキスをしている。


それを見て勃起が止まらない私も異常ですが、章雄もわざわざ私の目の前でこんな事をするなんて、やはり異常だと思う、、、 やはり、類友なんだろうか?


そして、長い時間が過ぎていく、、、
みな実は、時折、
『んっ、 んんっ、、』
と、くぐもったあえぎ声のようなものも漏らしています。


そして、章雄が離れようとすると、唇が離れていくとき、みな実が追いかけるように顔を前に出して、舌まで出しました、、、
キスを止めるのが、本当に名残惜しいと言った感じです、、


「キス、好きなの?」
章雄が静かに言う。
『好き、、、 も、、もっとして、、  欲しいです、、、』
顔を真っ赤にして照れながら言うみな実。
女子高生の格好で、照れて顔を赤くするみな実は、可愛らしいと思った。
とても、アラサーには見えません、、、


「いいよw 口、開けてごらん」
章雄が優しい口調で言う。
みな実は、一瞬ポカンとした顔をして、口を開けた。
なぜ口を開けるんだろう? そんな表情でした。


章雄は、少し離れたところから、みな実の口の中に唾液を垂らし始めました。
みな実は、一瞬目が少し大きく開きましたが、すぐにとろけきった顔になり、さらに大きく口を広げました。


その口の中に、章雄の唾液が流れ込んでいく、、、
みな実は、とくに何も言われていないのに、口を閉じてそれを飲み込みました。

そして、飲み込み終わると、すぐにまた大きく口を開けました。
ヒナが、親鳥からエサをもらうときのように、催促するように口を開けるみな実。


章雄は親鳥のように期待に応えて、ふたたび唾液を流していきます。
それを、2度、3度と繰り返す二人。一切会話をせずに、見つめ合ったままそれをし続ける。
飲み込むたびに、みな実はヤバいくらいにメスの顔になっていきました。


そして、何度目かの餌づけが終わると、放送禁止レベルにエロい顔になったみな実が、
『もうダメ、、 入れて欲しい、、です、、、』
と、泣きそうな顔で言いました。

確かに、こんなにも求められて行うセックスならば、受精の可能性は高まる気がします。
私は、ここまでみな実を本気にさせられなかった、、
確かに、私の精子は数が少ないかも知れません、、、  でも、それ以前の準備が、まったく出来ていなかったように思えます、、、


単純に、雄としての能力が劣る、、  それだけのことだったのかも知れません、、、


章雄は、少しニヤっとしたと思うと、
「じゃあ、スカート持ち上げて、見せてごらんw」
と、少し冷たい笑いの感じが混じった言い方をしました。


みな実は、ベッドの上で膝立ちになると、言われた通り制服にミニスカートの裾を持ち上げ始めました。
そして、完全に持ち上げると、ヒモのような、、、 と言うか、ヒモだけで構成されたようなショーツを身につけていました。
ピンク色のヒモのショーツは、エロいというか、変態というか、売春婦でもしないような格好でした。


女子高生のコスプレの下に、エロすぎる下着を身にまとうみな実。
これはもう、受精の準備とか関係なくなっているのは間違いないと思いました。章雄の趣味、、性癖という話しだと思います。


「エッチな下着だねw 全然下着の役目果たしてないw 丸見えだよw」
『恥ずかしいよぉっ!! ねぇ、、 もういいでしょ? して、、下さい、、、』
「何を? ちゃんと言わないとw 子供じゃないんだからw」
章雄が、冷たい口調で言いました。さっきから、章雄の本性がチラチラと見えています、、、


『章雄の、、 お、、おちんちん、、、  入れて下さい、、』
「なんのために?」
『うぅ、、、 中に、、 出してもらって、、 妊娠するためです、、、』

「よく言えましたw」
章雄は、真っ赤になってうつむき恥ずかしがるみな実にそう言うと、いきなり手をヒモパンに走らせました。
そして、みな実の毛の薄いアソコを触り始めます。

『あぁっ! ンッ! ダメぇ、、』
慌てて手を押しのけようとするみな実。
「なんだこれw 濡れてるというか、なんか塗ったの? 凄い状態だよw」
章雄が、からかうように言います。
確かに、章雄の手がみな実のアソコに触れたときに、大きめのクチョッと言う音が響きました。

「だ、だってぇ、、 もう、、 我慢出来ないから、、、 あっ! あぁっんっ!!」
みな実が気持ちよさそうにあえぎます。

章雄は、ニヤけたままみな実のアソコに指を入れました。
ショーツは、まったく役に立っておらず、ずらす必要もなく、そのまま指がアソコに入れられました、、、


『ンんッ!! あ、あっ! 指ダメぇ、、 あ、あっ! ひぃあぁ、、 ハァハァ♡ はぁぁンッ! だ、め、、』
みな実は、ダメと言いながら声が抑えきれない感じです、、、


章雄は、みな実のアソコに入れた二本の指を、腕ごと震わせるようにして動かします。
『ハッあっ♡ アァァンッ♡ あんっ♡ ハァッ、ハァンッ! ンッ!! それ、ダメぇ、、 こすったらぁ、、 あぁっ! ヤァァ、、 ストップしてぇぇ、、 あっ! な、なんか、、出ちゃいそうだよぉ、、 ヤァァ、、』
切羽詰まった声で言うみな実。だけど、声質はとろけきっています、、、


章雄は、みな実のその声に、逆に動きを大きくしました。

『ダメぇぇっ〜〜〜ッ!!! ヒィッ! あぁっ!! うぅぅあぁっ!!! 出、るぅ、、』
みな実がそう叫ぶと、章雄の指の動きに合わせて、思い切り透明の液体がほとばしりました。

驚くほどの飛距離と量が、床を濡らしていきます。

『だめぇ、、 ダメぇ、、 恥ずかしいよぉ、、、 あぁ、、 イヤァァ、、、』
みな実は、力なく叫びながら、まだ吹き続けていました、、、

潮吹き、、、  私は吹かせたことなどありません。
そんな事が出来るとも思っていませんでした。 AVとかのアレは、モザイクの中で何か小道具を使っていると思っていました。
目の前で実際に見せられて、ショックがデカかったです。
初めてを奪われたこと、私が与えるよりも大きな快感を与えられたこと、、、
もう、”止めてくれ”と喉まで出ましたが、興奮している私は、黙って見続けることを選びました。

若葉

「あのさ・・・お前に相談があるんだけど・・・」
職場の同期で、悪友とも言える早野からの電話を受けた。
「どうしたんだ?金ならねぇぞ。」
「ばかっ!金なんかじゃねぇよ。木下(俺)じゃなきゃ、相談出来ねぇんだ・・・」
「あー・・・分かったよ。じゃ18時に・・・」
俺は時間と場所を設定して、電話を切った。

俺は本社の経理部で課長をしている40歳。
早野は営業所の所長で、俺と同じ40歳。
俺は結婚経験がなく、早野は×1。
早野の営業所と本社は近く、時々飲みに行ったりはしてたが、そんなに切羽詰った感じで相談なんて、早野らしくないな・・・
一抹の不安を覚えながらも、俺は待ち合わせの場所に向った。

「なんだよ、相談って?」
待ち合わせ場所のすぐ側にあった、今まで行ったことの無い居酒屋の個室で、俺と早野は向き合ってた。
「うん・・・あのな。俺・・・結婚するんだ。」
「なにっ!俺が一度も結婚出来ないのに、お前は2度も?相手はどこのどいつだ?」
「いや・・・あの・・・サンシャインのアケミちゃん・・・」
「は?あのパブの?マジ?」
「うん・・・子供出来ちゃって・・・」
「アケミちゃんって、確か22歳じゃねぇか?18歳下だぞ。お前、そりゃ犯罪だぞ!」
「いや・・・あの・・・でもさ、出来ちゃったモンは仕方ねぇだろ?」
「ってかお前、いつ口説いたんだ?いつの間にだ?」
俺は声を荒げて尋ねた。
「いや・・・あの・・・口説いたって言うか・・・なんか流れで・・・」
「ふ~ん・・・それで?22歳の奥さんに、14歳の娘?そしてすぐにまた子供が出来て?」
実は早野には、前妻との間に14歳になる娘がいて、男手一つで育てている。と言えば聞こえはいいが。
若葉ちゃんって言う娘は、「ホントに早野の娘か?」って位、しっかりとしたよく出来た子で。
小学生の間は、流石に早野の母親が面倒見てたが、中学に上がると、何でも自分でやるようになった。
グレたりもせず、学校の成績もいいと聞く。
今時珍しい、本当に出来た子だ。
「実は、相談ってその事なんだ・・・」
早野は重い口を開いた。

「バカじゃねぇか!お前は!」
俺は早野を怒鳴りつけ、グラスのビールを早野にぶちまけた。
早野は俯きながら、「でも・・・本気なんだ・・・」と呟いた。
早野が言った事を要約すると・・・
アケミとは結婚したい。
本気で愛してる。
アケミもまた・・・
ただアケミは、若葉ちゃんの存在を気にしている。
若葉ちゃんの母親には、なれる気がしないと。
だから、若葉ちゃんがいるなら、結婚はしないと。
「そんな女、やめちまえ!」
俺は怒鳴った。
が、早野は、「アケミと腹の子はどうなるよ?」と聞いてくる。
「んなもん・・・勝手にするだろうよ!」
「アケミはさ・・・俺がいないとダメなんだ。それに俺も・・・」
「じゃ何か?お前、若葉ちゃんをどうすんの?殺す?養女にでも出すんか?」
俺は呆れて尋ねた。
「殺せはしないけど・・・養女に・・・」
そして俺は、ビールをぶちまける事になった。

その後早野とは、喧々諤々となった。
早野のだらしなさに、俺は情けなく、そしてかなり苛立っていた。
「分かったよ、このバカ!お前は若い女と好き勝手したらいいさ。若葉ちゃんは、俺が面倒見るよ!」
「ホントか?」
早野の嬉しそうな顔を見て、俺は「しまった・・・」と思った。
「お前ならさ、安心して若葉を任せられる。良かった・・・ありがとう木下。頼んだからな。」
「いや・・・早野、ちょっと待て・・・今のは・・・」
「口が滑ったのか?取り消すのか?武士に二言か?」
「いや・・・だから・・・あの・・・」
一気に形勢逆転。
「お前から断られたらさ・・・若葉ってどうなるんだろ?どっかのエロじじいに囲われてさ・・・悲しい末路かな・・・」
って、誰のせいやねん!
「だから・・・その・・・早野さ~」
「頼む、木下!この通りだ!若葉もお前の事は慕ってる。これで皆が丸く収まるんだ。だから・・・頼む!」
拍子抜けしたって言うか・・・
俺は早野に、返す言葉がなかった。

早野の行動は早かった。
その週の土曜日には、と言っても夕方になって、若葉ちゃんをウチに連れてきた。
「ほらっ、若葉。お前の新しいお父さんだ。ちゃんと挨拶して。」
「若葉です。お久しぶりです。いつも父がお世話になってます。あの・・・よろしくお願いします。」
って、若葉ちゃんも可哀想だ・・・
「えっと、木下。ちゃんとした父娘になるんだったら、養子縁組したがいいな。若葉は14歳だから、俺が代理人になってやるから。」
「あのな~早野・・・」
「えっと・・・ちゃんと家裁に行ってから・・・それから・・・家裁には、来週の・・・そうだな。水曜日はどうだ?」
「いや・・・だから・・・」
「水曜日だぞ!分かったか?じゃ、俺、色々と忙しくてな。式の事もあるし・・・じゃ、若葉をよろしくな。」
そう言うと、さっさと帰ってしまった。
取り残された、俺と若葉ちゃん。
「ふーーーーっ」思わず大きなため息をつく。
「あの・・・」
若葉ちゃんが口を開いた。
「あたし・・・迷惑ですよね・・・あの・・・帰りますから・・・」
「帰るって?どこに?」
「いや・・・あの・・・友達のウチとか・・・お婆ちゃんの家でも・・・」
「友達のウチに、いつまでいるの?お婆ちゃん?入院してるでしょ?」
早野の母親は認知症を発症し、今施設に入ってる事は、早野から聞いて知っている。
「でも・・・木下さん、迷惑でしょ?」
「いや・・・早野には腹立ててるけど、若葉ちゃんには罪はないから・・・」
「そうですよね・・・父には、怒って当然ですよね・・・」
「ああ」
俺は相槌を打った後、再度ため息をついた。
若葉ちゃんも同時に、大きな大きなため息をついた。
それが何だかおかしくて、二人で笑い合った後、またため息をついた。

俺は独り身だから、大きな部屋には住んでない。
2DKの安アパートを借りている。
早野がこの日に来るのは知ってたが、気乗りしなかった為、部屋は何も片付けてない。
つまり、若葉ちゃんの部屋がない。
それを言うと、「大丈夫です。あたし、気にしませんから。」って言うが、俺は気にするってば。
娘(まだ娘ではない)とは言え、年頃の娘と、同じ部屋には寝る事は出来ないだろ。
そう思い、奥の間を片付けようと思ったが・・・
パソコンはあるし、体を鍛える為のトレーニングマシンもある。
釣り竿もあるし、ゴルフバッグに野球道具も・・・
おまけに掃除をさぼってるせいで、埃まみれ・・・(汗)
「いいですよ、私・・・こっちで寝ますから」
若葉ちゃんは早々と荷物を置き、「この辺」と指さした。
ん?ちょっと待て・・・若葉ちゃん、布団は?
「へ?」って顔の若葉ちゃん。
「持って来てないですよ・・・持てる訳ないし・・・」
だよね・・・
俺、今夜布団なしだな。
でも、とりあえずは今夜を乗り切らないとな・・・
俺はそう思い直し、若葉ちゃんを夕食に誘った。
歓迎会と称して。

「木下さ・・・いや、お父さんですね。」
「別に、どっちでもいいよ。」
「いや、お父さんです!えっと・・・お父さん?お父さんはどうして結婚してないんです?」
「そりゃ・・・もてないから・・・」
「ウソですよ!あたしのお父さん・・・いえ・・・前のお父さんよりも、絶対・・・」
俺だってこの年齢だ。
結婚を考えた女が、今までいなかった訳ないじゃん。
でも、中学生の若葉ちゃんに、そんな話しをマジになってしたってね・・・
「ありがと」
そう答えて、その話しを俺は締めた。
その夜は、外食と言ってもファミレスで。
俺、ファミレスなんか殆ど行った事がない。
もしも結婚してて、若葉ちゃんみたいな娘がいたら、もっと行ってるんだろうな・・・
でも結婚する前に、娘が先に出来てしまったよ。
そう思うと、不思議と笑えてきた。

夕食後、家に帰って風呂を沸かす。
若葉ちゃんに勧めると、「スミマセン・・・」と先に入る。
やがて上がった若葉ちゃんが、台所で着替えるのだが・・・
台所と部屋の間の戸は閉まってる。
だが、戸はすりガラスになっており、裸体の陰が・・・
生で見るより想像力が増し、余計に興奮してしまう。
見ないように、見ないようにと心がけるが、気にすると余計に。
「お父さん、どうぞ・・・」と若葉ちゃんが入って来たが、恥ずかしくて顔を見れない。
参ったな・・・
風呂に入ると、軽く勃起していた(汗)

若葉ちゃんに布団を与え、俺はコタツで寝る事にした。
だが夜中に、寒くてくしゃみが出る。
すると若葉ちゃんが起きてきて、俺に布団をかける。
いい子だ・・・
「ありがと・・・でも、若葉ちゃん、寒いだろ?」
「いえ・・・」
「眠れない?」
「はい・・・枕が変わると・・・」
「だよね。」
「あたしも、ここで寝ていいですか?」
「えっ?」
「ダメです?」
だが若葉ちゃんは、俺が返事をする前に、俺の横に潜り込んできた。
「あったか~い・・・」
若葉ちゃんは、俺に身を寄せてきた。
俺・・・恥ずかしながら・・・鼓動が高鳴っていた。
だが若葉ちゃんが、「ふぇっ・・・ふぇっ・・・」と、突然すすり泣き出した。
無理もない・・・
父親から、捨てられた子だから。
俺は思わず、若葉ちゃんの細い肩を抱き寄せた。
若葉ちゃんは俺の胸に顔を埋め、尚も泣き続けた。
なき疲れたか、程なく若葉ちゃんは寝息をたてはじめた。
だが俺は、一睡も出来ぬまま朝を迎えた。
「明日、やっぱ早野に話して・・・若葉ちゃんはやっぱり引き取れない。」
俺はそう決めていた。

空が白み始めたのは気付いてたが、いつの間にか俺も寝ていた。
気付いた時、若葉ちゃんはまだ寝ていた。
俺の腕を枕にし、俺の胸に顔を埋めたまま・・・
足を俺に絡み付け、まるで恋人のそれのように。
時計を見ると、10時を少し回っていた。
俺が起きたのに気付いたか、若葉ちゃんも目を覚ました。
顔は俺の胸の中のまま、顔だけを上げて、「おはようございます」と言った。
俺が「おはよう」と返すと、「今・・・何時ですか?」と尋ねてきた。
「10時を・・・少し回ってるね。」
「えっ?」
若葉ちゃんが顔を上げる。
「た、大変・・・ご飯、すぐ作りますね。」
体を起こそうとするが、狭いコタツに入ってる為、なかなか起き上がれない。
「いいよ!いい・・・俺、朝飯食わない人だから。それに・・・慣れぬ環境で、あまり寝れてないでしょ?ゆっくりしてていいよ。」
「そ・・・そうですか?」
若葉ちゃんはそう言うと、また俺の腕を枕にし、足も絡めてきた。
おいおい・・・
「あの・・・お父さんともですね・・・一緒に寝た事なくて・・・」
「お父さん、あたしの事放ったらかしで・・・」
「14歳で、何だか・・・子供みたいですよね?でも・・・ホント言うと・・・」
「だから昨夜、ちょっとドキドキしたけど、ちょっと甘えてみようかなって・・・」
「お父さんとは、なんだかうまくやっていけそうです。甘えん坊の娘ですけど、よろしくお願いします。」
俺は言葉がなかった。
だが若葉ちゃんは、尚も俺にぎゅっと抱きつくと、こう続けた。
「もうあたしを捨てないで・・・お母さんも、お父さんも・・・だからもう、あたしを捨てないで・・・」
そう言うと、また泣き出した。
俺は昨夜の決意をきっぱり忘れる事にした。

昼頃に起き出して、とりあえず奥の間を片付ける事にした。
「ここは若葉ちゃんの部屋にするから・・・そうだな。箪笥と机を揃えなきゃね。」
「机ですか?」
「うん・・・学生は、きちんと勉強しなきゃ。」
「コタツでもいいですけど・・・」
「だめだめ!机じゃなきゃ、身が入らない!」
「は~い」
「それから・・・ベッドもいるな。パイプベッドじゃ・・・ダメ?」
「ベッドは・・・要りません!」
「ん?布団を上げ下ろしするの?」
「いえ、そうじゃなくて・・・お父さんと、一緒に寝ちゃダメですか?」
「はぁ?」
「ダメ・・・ですか?」
俺はどうも、若葉ちゃんの上目遣いに弱いようだ。
片付けが済んで、箪笥と机を買いに行った。
かなりの出費だったが、可愛い娘の為だ、仕方が無い。
それから・・・
やはりベッドを買う事にした。
パイプベッドではなく、ちゃんとしたセミダブルを。
それに合わせ、布団も購入。
やっぱ毎晩一緒に寝るわけにはね・・・
「たまにならいいから」と言うと、若葉ちゃんは不服そうだったが、「は~い・・・」と頷いた。
本当に、可愛い子だと思う。

養子縁組が済むまで、若葉ちゃんを前の中学まで送るのが日課となった。
新学期までは、前の中学に通わせようと思ったから。
「縁組は春休みまで待ってやれ」と、早野を説得した。
突然転校とか、突然名前が変わるとかは、いくら何でも可哀想だ。
若葉ちゃんの日課は、「いいよ」と言うのに、炊事洗濯をきちんとこなした。
どんなに遅く帰っても、いつも起きて待っていた。(勉強しながらね)
いい奥さんになると思う。
そして春休み・・・
晴れて若葉ちゃんは、「木下若葉」となった。
転校の手続きも無事に済んだ。
若葉ちゃんは、本当に成績優秀だった。
公立ならば、この辺の高校はどこでも受かるって感じ。
だが当の若葉ちゃん、俺に気遣って、中学卒業したら働くつもりだったらしい。
「娘がね・・・親に気を使うもんじゃない!娘なんだから甘えなさい!」
そう言うと、若葉ちゃんは目にいっぱい涙を溜め、「ありがとう」と抱きついてきた。
正直ね・・・いい父娘関係を気付けてると、俺は感じてた。
ちと・・・少しだけね・・・ドキドキするが・・・

GWは休みが取れず、可哀想な思いをさせたが、夏休みは1度だけ、海に連れて行った。
「受験生だから・・・」
最初はそう断ってたが、目は嬉しそうだった。
冬休みは流石に、受験直前って事で・・・
正月に、「生まれてはじめて」と言う振袖を着せてやり、一緒に初詣。
腕を組んで参道を歩く姿は、今時珍しい、仲の良い父娘だった。
そして受験・・・
見事に志望の公立にパスし、4月から女子高生となる娘。
「よし。合格したご褒美に、何か買ってやろう」と言うと・・・
「物はいいから・・・春休みに、お父さんと一緒に旅行に行きたい。」と言った。

TDLとか、TDSとかを俺は言ったが、「温泉がいい」と若葉ちゃん。
熱海の温泉に、2泊3日の二人旅。
3日休むなんてね・・・
かなり職場にはムリを言った(汗)
何はともあれ、行けば勝ち(笑)
携帯の電源はオフにしたままね(爆)
手を繋いだり、腕を組んだりと、ずっとくっついてた二人。
この頃になるとようやくね・・・娘として受け入れてて、ドキドキ感もなくはないがね。
ところが宿で、「一緒にお風呂に入りたい」と言われた時は・・・
「あのね~・・・若葉ちゃんも年頃なんだから・・・それはね・・・」
軽くいなすが、「ダメですか?」と、例の上目遣いにね(汗)
結局貸切風呂に、入る事になったが・・・

臆す事無く、浴衣をスルリと脱いだ若葉ちゃん。
背を向け、ブラもショーツも脱ぎ去って・・・
「じゃ、先に入ってますね」と、早々と浴場へ消えていった。
反面俺は・・・
モタモタと、そしてドキドキしながら・・・
意を決し、タオルで前を隠して浴場へ行けば、若葉ちゃんは、露天の縁の岩に座って、こちらを見ていた。
何も隠さずに・・・
その姿は、絵画の人魚のようだった。
思わず立ち尽くす俺。
「お父さん・・・あたし・・・お父さんのお陰で、無事に中学も卒業出来たし、4月から高校生になります。」
「生んでくれた親よりも、お父さんに感謝しています。本当にありがとうございます。」
「少しだけ、大人に近付きました。来年、そして再来年と、若葉は少しづつ大人になります。あの・・・」
「毎年少しづつ、大人になる若葉をご覧下さい。これからもずっと、若葉をよろしくお願いします。」
そう言うと、自分の体をわざと見せるかのように胸を張り、手を後ろに回した。
俺はまだ、1年とちょっとしか若葉ちゃんと接してないのに、「生んだ親より感謝する」なんて・・・
涙が溢れてきて、止まらなかった。
感涙に咽ぶ俺に若葉ちゃんは近付くと、胸に抱きついてきた。
若葉ちゃんもまた泣いていた。

「お父さん?」
若葉ちゃんから声をかけられ、その顔を見る。
若葉ちゃんは抱きついたまま、例の上目遣い。
ん?こりゃ、何かあるぞ?
「あの・・・お父さん?」
「なに?」
「あの・・・言いにくいんですけど・・・その・・・大きく・・・」
はっとして、若葉ちゃんから逃れ、股間を確認したら・・・
俺とした事がね、こんな感動の場面で、いくら娘のおっぱいが体に当たってるとは言えね(汗)
自分自身に幻滅した。
慌ててお湯に浸かった俺。
若葉ちゃんは笑いを堪えながら、「お父さんったらもうっ・・・可愛いんだからっ」とからかう。
「ご、ごめん・・・」と謝る俺。
「あたしもお父さんに見せちゃったけど、代りに貴重な物を見せてもらいました。」
若葉ちゃんはそう言うとお湯に浸かり、俺にくっつくように身を寄せてきた。
「お父さん・・・大好きっ!」
そう言って、俺の頬にキスをした。
俺は黙って俯いていた。

照れ臭くて、何度も断ったが、若葉ちゃんに背中を流してもらった。
風呂から出る時は、背中も拭いてもらった。
情けない事に、その度にドキドキする俺。
部屋に戻る時も、若葉ちゃんは腕を絡めてきた。
石鹸とシャンプーと温泉の匂いが、かすかに漂ってきた。
旅館の仲居さんからも、「仲がいいんですね~」と羨ましがられる。
若葉ちゃんは、「あたし、お父さん大好きですから」と臆す事無く言う。
俺はただ照れるだけ・・・(汗)

その日の夜、若葉ちゃんと、狭い布団で一緒に寝た。
上目遣いにやられてね(汗)
俺に腕枕され、胸に顔を埋める。
「この格好・・・落ち着くんです・・・」と若葉ちゃん。
俺は落ち着かないけどね。
「お父さん?」
でた!例の上目遣い・・・
「いい子いい子・・・してほしいな・・・」
それ位なら・・・
俺は若葉ちゃんの頭をくしゃくしゃと撫でた。
「若葉は、本当にいい子だ・・・」と言いながら・・・

若葉ちゃんと、セックスする夢を見た。
俺は細い若葉ちゃんの体を、折れんばかりに抱きしめていた。
若葉ちゃんも、俺に抱きついていた。
そして気付いた時、俺は胸元が肌蹴、殆どショーツ1枚の若葉ちゃんを抱いていた。
俺自身の胸元も肌蹴ていた。
見ると若葉ちゃんは目を開け、俺を見ていた。
「ご、ごめん・・・」
俺は慌てて、若葉ちゃんから離れようとしたが、「まって!」と止められた。
「お父さん?」
「(でたっ!上目遣い!)な、なに?」
「どんな夢見てた?」
「えっ?」
「正直に言って!」
「・・・」
「突然あたしに抱きついてきて、好きだとか、愛してるとか・・・」
「お、俺・・・そんな事言った?」
「もしかしてお父さん・・・好きな女性がいますか?」
「はぁ?」
「あたしがいるから、その女性と一緒になれないとか・・・それならあたし・・・」
「ちょ、ちょっと待って・・・俺が見てた夢は・・・」
「えっ?違うの?じゃ、どんな?」
「いや・・・その・・・」
「何です?教えてよ。」
「いや・・・あのね・・・その・・・」
「もうっ!教えてよ。」
「だから・・・その・・・若葉とね・・・」
「えっ?あたし?何?どんな夢?」
「いや・・・その・・・抱き合う・・・」
キャハハハハと笑う若葉ちゃん。
「お、お父さんったら・・・もうっ・・・よりによって、あたしだなんて・・・キャハハハハ」
「そんなに笑わなくても・・・」
「昨日の温泉が、刺激強すぎた?」
「そうかも・・・女の子の裸見たの、久々だったし・・・」
「お父さん、かわいいっ!」
若葉ちゃんはそう言うと、俺の唇に唇を重ねた。
「あたしのファーストキス・・・お父さんにあげちゃった・・・」
「大好きっ!お父さんっ!」
そう言うと、胸を肌蹴たまま、俺にきつく抱きついてきた。
俺も少しだけ力を入れ、若葉ちゃんを抱きしめた。
「大好きだよ・・・」
若葉ちゃんはそう言うと、また俺にキスをした。
2度目のキスは1度目とは違い、長いキスだった。
俺は自制するのが精一杯だった。

4月になり、若葉ちゃんは高校生となった。
熱海の夜、自制心を失いそうになった俺だが、親子の関係は保ってた。
そんな時、早野から電話を受けた。
若葉を養女として以来、俺と早野の関係は遠ざかっていたのだが・・・
「あのさ・・・お前に相談があるんだけど・・・」
「どうしたんだ?金ならねぇぞ。」
「ばかっ!金なんかじゃねぇよ。木下に、大事な話しがあるんだ・・・」
「あー・・・分かったよ。じゃ18時に・・・」
俺は時間と場所を設定して、電話を切った。

某居酒屋の個室にて、早野と向き合って座る。
「あのさ、俺・・・アケミと別れたんだ。」
「ふ~ん・・・そっか・・・」
「娘もな・・・アケミが連れて行っちゃって・・・今俺、一人なんだ・・・」
「ふ~ん・・・それで?」
「今、すっごく寂しくてな・・・そしたらな・・・若葉の顔がちらついてな・・・」
「勝手なもんだ。若葉ちゃんをすてといてさ。」
「それでだ!お前に勝手は承知で頼みがあるんだが・・・若葉を返してくれねぇか?」
「馬鹿野郎っ!」
俺はグラスのビールを早野にぶちまけてた。そう、あの時のように。
「怒るお前の気持ちはよく分かる。若葉といた頃、俺は全然父親じゃなかった。でもさ・・・心入れ替えて父親するから・・・頼む!この通り!」
「ふざんけなっ!」
俺は席を立ち、早野を残して店を出た。

しかしその後、早野はしつこかった。
何度も何度も電話をしてきた。
そして・・・
とうとう早野はウチに来た。
若葉と俺が、くつろいでる時に。
「勝手な・・・」
若葉は震えながら、早野を睨みつけていた。
「あなたが・・・あたしにした事・・・理解してますか?」
「だから・・・ゴメン・・・申し訳なかった・・・」
「それだけじゃないっ!」
若葉が怒鳴った声、俺は初めて聞いた。
「あたし、ずっと寂しくて・・・それで、あなたに認められたいと、あなたが望むことは何でも・・・」
「あなた、あたしに何をさせました?その汚いもん舐めさせたり、体触ったり・・・」
えっ?
「あたし、そんな事までしたのに、好きな人が出来たら、さっさと捨てられて・・・」
「それで別れたから?寂しいから?ふざけんなっ!」
若葉はそう言うと、早野を殴りつけた。
「帰って!帰ってよ!2度とあたしの前に来ないで!あたし・・・今、お父さんと、すっごく幸せなのっ!」
そう言うと早野を追い出し、鍵をかけた。
扉の前にしゃがみこむと、声をあげて泣き出した。
俺は黙って、若葉の頭をなでた。
若葉はずっと泣いていた。

「若葉は・・・お父さんの娘ですよね?」
「ああ、そうだよ。」
「ずっとここにいていいんですよね?」
「ああ」
「ここがあたしの家ですよね?」
「ああ」
「あたしは・・・木下若葉ですよね?」
「そうだとも!」
泣き止んだ若葉の問いに、俺はそう答えた。
若葉はまた泣きながら、「ありがとう・・・お父さん・・・」と言った。
外で何か音がした。
もしかしたら、まだ早野がいたのかもしれない。
俺と若葉はその日、本当の父娘になった。

5月16日、若葉16回目の誕生日。
仕事を早く切り上げ、ケーキを買って家に帰る。
若葉は家にいて、笑顔で俺を迎えてくれた。
「お父さん、お帰りっ!」
そして、頬にキス(それって普通じゃないよね・・・)
部屋を暗くして、ロウソクに火を灯す。
それを一息で消す若葉。
灯りをつけようと立ち上がると、いつのまに側に来たか、若葉が身を寄せる。
「大好き・・・お父さん・・・」
長い長いキス(汗)
その後、若葉が作ったすき焼きを食べ、ケーキを食べて・・・
「一緒にお風呂に入ろうっ!」と、あの上目遣い・・・(汗)
狭い風呂場に、身を寄せ合って入る。
「また一つ、若葉は大人になりました。ありがとう・・・お父さん。」
この言葉は、何回聞いても涙が出る。

翌年の5月16日は、若葉の為に某ホテルを予約した。
17才となった若葉にドレスを着せてやり、アダルトな雰囲気で祝う。
未成年の若葉に、シャンパンはまずかった・・・
酔ってしまった為に、混浴と、あの感動の言葉はナシで(汗)
翌日、青い顔をしながら、「ありがとう・・・おとう・・・うぇっ・・・」じゃ、感動はないね(笑)
そんな反省もあってか、18才の誕生日は自宅で、ノンアルコールで。
感動の言葉の後に、抱きついてきた若葉を抱きしめ、長いキス。
そしてとうとう・・・

布団に入ってからも、若葉は何度もキスをせがんだ。
「どうしたの?」と聞きたくなる位。
そして・・・
俺の胸に顔を埋め、「お父さん・・・抱いて・・・」って。
「どうしたんだい?若葉?」
「だって・・・好きなんだもん・・・どうしようもない位、好きで好きで・・・誰よりも、お父さんの事が・・・」
俺の中で、何かがはじけた。
俺は若葉にキスをする。
首、肩、胸へと移行。
「お父さん・・・もう、お父さんなんてイヤ・・・お父さんって呼びたくない。何でお父さんなの?」
若葉はそんな事を言い続けた。
「若葉・・・俺も、若葉が好きだ。この世で一番、大切な女性だ。」
「う、嬉しいよ・・・お父さん・・・」
そして俺は、若葉の一番奥深い所に達した。
若葉の細い体を、折れんばかりに抱きしめて。
若葉もまた、俺にきつく抱きついてきた。

高校を卒業後、若葉は木下若葉となった。
娘としてではなく、俺の妻として。
だが俺の勧めで、大学だけは行く事に。
妻と大学生の、2足のワラジは大変だろうと思うが、努力家の若葉ならいけると思う。
今ではもう、すっかり縁が切れた早野だが、俺は早野に感謝する。
よくぞ若葉に、生を与えたと・・・
44歳となり、間違いなく俺は、若葉より先に鬼籍に入るだろう。
一人残った若葉が困らないように、手を尽くすつもり。
そして俺は、このちっぽけな生涯をかけて、若葉一人を愛するだろう。

真夏の夜の夢[10]

 伯母が勤め先の熱帯魚ショップから帰って来たのは十一時頃だったと思う。私はかけていたジャズ音楽
のせいか半分夢の世界に入り込んでいた。どんな夢だったって、それは女子高生にはあまり口に出せるよ
うなものじゃなかったってのは確かね。部屋に戻ってからずっとマサルのあれのこと考えていたんだし、
だってさっきマサルを見ていたときに脇の毛すら生えていなかったのだもの、それじゃあ下の毛だってあ
やしいじゃない。もし、そうだとするとあれにさわることになるのは私ってわけね……。そんなことをぼ
ーっと考えながら見た夢は、結構変態的な夢だった。私はリモコンでソニーのコンポの電源を落とし、静
かに廊下へと出る。ミサキの部屋から枠淵に沿って明りがもれているのを確認し、そっと扉を開いた。
「ミサキ、ちゃんと起きてたの?」、私は小声で言った。
「あたりまえじゃん。だってさすがに寝られないよ、ねえ」、ミサキがそう言うと、私は少し恥ずかしかっ
た。「何時頃に決行?」
「決行」、私はその部分をなぞるように言い、そしてまた「決行」と言った。
「そう、何時頃?」
「そうねえ。今日はお父さんは帰って来ないから一時頃なら大丈夫だと思う」
「ラジャー!」、ミサキは片手を水兵のようにおでこへ添えて言った。水色のパジャマを着たミサキは作戦
決行前の水兵そのものだった。「おねえちゃん、寝ないでよ」
「分かってるって」、そう言って私は扉を閉めた。

過去なんてさ…

 夏すぎたぐらいに、妻がパソコンで旅行の写真の整理と
かネット証券でオンライントレードとかやってみたいたい
っていうので、仕事でも使う俺のとは別に通販でノートパ
ソコン1台買ったのよ。そんで、俺の使っていない外付け
ハードディスクもくれてやってさ。

 まぁ俺29で、妻27、付き合って5年、結婚して3年
半。そんで子供もまだいないし、俺の仕事(某省のノンキ
ャリ、ドサ回りばっか)の都合で、東京育ち(青梅だけど
ね)の彼女の友達もいない、人口10万ぽっちの地方都市
暮らしに付き合わせているわけなんで、このぐらいの暇潰
し的なことはいいかなと。パソコンに向かっている時間の
増えた妻の背中を見ても、文句言うでもなく放っておいた
わけ。

 で、パソコン買って1カ月。もう9月に入っていたと思
う。定例会で使うとかいう、地元県会議員用の資料づくり
やってて、夜11時すぎに帰宅したら、妻が口とんがらせ
て、半べそかいてるわけ。聞けば、ネット証券から提供さ
れている売買注文を出すソフトに不具合起きて注文ができ
なくなったってんだよね。
 俺は「いっかい削除してインストールし直せば?」って
いったんだけど、「いろいろやったけどわかんない」って
始まったんよ。うちの妻って普段は取り澄ましてて、どっ
ちかってとSっぽいヤツなんだけど、こういうトラブった
時ってのは、おろおろと子供っぽくてちょっと可愛いもん
で、俺は一日中パソコンと格闘していたから、もう目がチ
カチカしてたんだけど仕方なく、風呂から上がった後、缶
チューハイ片手に作業を始めたのよ。

 とはいっても、俺もそんなにパソコンに詳しくはないも
んで、再インストールするしか分からなくて、ソフトの在
処を探したら、なんのことはない、妻のやつ、そのソフト
を俺のあげたハードディスクに入れちゃってたのよ。しか
もUSBが外れてたもんだから、パソコンの方としても困
ったってわけで、まぁ本体にインストールしなおせば良か
ろうと、俺はUSBぶっさしてみたんだけど、そしたら、
ガリガリって言いながら、懐中電灯みたいなマークでてき
て、ディスクの中を読み込むじゃない? そん時に妙な文
字列が見えたのね。

 それが「ザーメン」とか「女教師」「中出し」とかさ。
俺、一瞬、自分が保存していたヤツだと思って、ヤバって
思ったんだけど、妻にはちゃんとフォーマットしてから渡
したはずだし、俺のヤツはだいたいエロサイトからダウン
ロードしてきたときのファイル名そのままだから、英数字
なのね。では、こいつはなんだろうと。妻は、楽しみにし
てるダウンタウンの番組見終わったら「おねがいしますね
~」って言って先に寝ちゃってから、ちょっと罪悪感にド
キドキしながらも、探索を始めたわけ。

 まずハードディスクの中身をチェック。でもとりあえず
は二人で言った韓国とかニューヨークとかの旅行写真のフ
ォルダが日付ごとに綺麗に並んでいるだけ。疑問を感じた
俺はハードディスクの容量を確かめてみたんだけど、使用
領域は120G中98G! 写真なんて1Gにも満たない
のにこの容量はなによ…。そしたら表示に出てるじゃない
の「1個の隠しフォルダ」って。俺は笑いをこらえながら
すべてを表示させて、半透明のフォルダをクリ―ック!!

 そしたら、出てきた出てきた大量のエロ動画と画像が。
そんなに頻繁にはセックスもしたがらないのに…このエロ
女め!!と俺は大興奮で、はやる気持ちを抑えてひとつひ
とつ順番に見始めたのよ。するとさ、どうも変なのな。で
てくる女優、AとかSとかって名前や髪型は何回か変わっ
ているみたいなんだけど、よっくみると、みんな同じフェ
ロモン女なの。ちょっときつめだけどすっきりと華のある
顔立ちで、おっぱいは大きめ、全体的にはすらっとして色
が白くて………。

 あっ!

 気付いた瞬間、思わず自分の口を手で抑えたよ。

 間違いない!! うちの奥様でいらっしゃる!!

 もう俺、大混乱。そんな過去、まったく知らなかったも
んね。妻は、俺が胃潰瘍で入院した先の売店でバイトして
いたのよ。一見するとロシア系のハーフかクォーターかっ
て感じで、人目をぐぐっと引き寄せる綺麗な子だなぁと思
って。なんとかお近づきになりたいと仕事絡みの知人に頼
み込んで紹介してもらって……。それが、AV出演歴あり
ですか? 妻が元AV女優って、国家公務員(ノンキャリ
だけどな)の俺にとっちゃ、いや一般の方でもそうだろう
けど、マジでインパクトでかいよ。知ってて結婚なら別に
いいけど(いいのか?)、知らずにって。知らずにって。
知らずにって。

 しかもこれ、結構えぐいことやってるじゃん。唾液交換
とか顔射とか、露出、レイプ、痴女、SMとその美体を駆
使してよくもまぁ、ハードディスクにあるだけで本数は1
3本、述べ50人以上とやっちゃってるじゃん。挙げ句は
引退記念アナルファックなんて、俺には触らせてもくれな
い場所使って。。。しかもアナルに出されたザーメン掻き
出して飲ませられたりして、とんでもない変態プレイまで
をやってらっしゃる……。俺はよくわかんないまま息も荒
くなるし、ち○こも猛スピードで膨らんだり萎んだり大忙
しよ。

 いやいや待て待てと、ちょっと冷静になった俺は「他人
の空似で、それに気付いた妻が密かに収集していただけと
いうこともある」と思ったんで、妻の体の特徴を想い出し
てみたわけ。まずはありがちだけどホクロ。あまり具体的
には書けないけど足と胸にあるのね。俺は動画を再生しな
がら、なんどもプレイヤーのバーを右に左にさせながら確
認したら……あるのよ。やっぱり(jpgとかgifとか静止画
像の方はあったりなかったり、まちまちだったんだけど、
目の光り具合とか星がいっぱいあって嘘っぽいし、修正し
てあるのは明白そうなんであてにならんと)

 即離婚かとも思って、呆然としてしばらく動けなかった
んだけど、とりあえず俺は自分の部屋から別のハードディ
クス持ってきてオールコピー。コピーしてる間、ネットで
その妻らしきAV女優の情報を集めてみたら、まぁ結構、
そこそこ名の知れた人だったみたいで、もはや画像が見ら
れなくはなっていたけど、「復活キボンヌ」なんてのもあ
って、コレ書いたヤツ、今頃も俺の妻がやってるAV観て
ハァハァしごいてのかもしれないと思うと、怒るやら哀し
いやら、もう欝も欝。

 コピーし終わったら4時近くになってて、妻を叩き起こ
そうとも思ったけど、興奮して何しでかすか分からない気
持ちと隠されていてショックだという落胆とが複雑に入り
交じってしまって、結局「お前、俺に秘密ないか?」的な
やんわりとした手紙オンリー。そのままとりあえず、家を
出てファミレスへ。なんで黙っていたのだろうかとか、こ
れからどうしようかとあれこれ思い悩んでたら、午前7時
すぎに妻から携帯に電話あってさ。「どこにいるの?」と
尋ねる声はすっかり事態を把握しているらしく涙声で、向
こうもだいぶ取り乱している様子。このままファミレスで
大げんかになっても恥の拡大なんで、とりあえず帰ること
にしたわけ。

 で、マンションの玄関を開けたら、妻は目を真っ赤に腫
らしてパジャマ姿のまま、しょんぼりと「こっちに来て」
って。どんな態度取って良いのか、こっちもよく分からな
かったんで、そのままついていくとクローゼットの奥の棚
の上にある、ブーツをしまってある長めの靴箱を引っ張り
出して、箱からDVDとVHSの束を取りだして、俺の前
に差し出したのよ。どぎついパッケージに描かれているの
はかつての姿ってやつで。「なんだよコレは」と俺は素知
らぬふりをして迫ると、妻はいよいよ観念したらしく「全
部あたし」とぽつり。もう、そっからは話は成立はせず、
俺が一方的に説明を求め、妻がひたすら釈明するって構図
が続いてね。まぁ一種の修羅場ってやつだったよ。

 俺はその日、仕事は休むことにして、妻と今後を話しあ
ったんだけど、俺の心はもう「離婚」に傾いていて、言葉
にこそ出さなかったけれど、妻も諦めたように俺の言葉に
はただ頷いて。夕方には「明日、離婚届を取ってくるぞ」
と心に決めてたんだけど、俺はどうしても妻に「なんでA
Vにでたのか。そして、それをどうして俺に隠していたの
か」と聞きたくて、タイミング見計らっていたら、妻の方
から少しずつ話し始めてくれたのね。

 妻が言うには、きっかけは都内で女子高生やってたころ
に新宿でスカウトされたんだそうで、最初は写真だけで、
顔を出さない約束だったんだけど、事務所の方からは「既
に何百、何千もの女の人がAVでているし、何も特別なこ
とではないんだ」とさんざんに吹き込まれ、目の前に札束
が積まれて、制服を脱ぎながら少しずつ少しずつ感覚が麻
痺していったんだと。で、スカウトから2カ月、高校卒業
してS女子大(エスカレーターな)に入った年の5月にA
Vデビュー。ただ、AVに出演してから、周囲の目が怖く
なり、もの凄く後悔の念に襲われたのもあって、2年にも
満たないうちに引退と。引退後はいつ親や友人、学校や知
人、近所の人なんかにバレるかと、ひどく敏感になってし
まい、いつも怯えながら暮らしていたんだとさ。

 俺に隠していたのは、引退直後に付き合った男に、正直
に話したら「お前は豚以下に汚れた女」と言われ、男の友
人も加わって、入院を要するほど徹底的に暴行されたため
トラウマになってしまったっていうんだわ。俺は一度も妻
には手を挙げたことはないけど、その男も優しかったのが
豹変したそうで…。いつかは俺には話そうと心に決めて、
出演作の全部をこっそり持っていたんだけど、やっぱり言
えなかったってんだよね。「話してしまいたい」と「隠し
ておきたい」の間で揺れ動いて、なぜか出演作の現物は折
を見て捨ててしまうことにして、サイトから丸ごとダウン
ロード購入したヤツを告白用にとって置こうとしたんだと
さ。俺は「信用してきちんと話して欲しかった」っていっ
たけど、妻は「失うのが怖かった」と。

 離婚ってことで腹は決まったはずなんだけど、当然、俺
の中では「自業自得じゃねぇか、都合のいいこといってん
じゃねぇよ」ってのと「どんな過去でも今は俺の妻。俺が
守ってやらんとこの子はどうなる?」ってのが激しく戦っ
てねー。パッケージの中で縛り上げられて、こっちに向か
ってバイブ突っ込まれた尻を突きだしているのも確かに妻
なんだけど、デートで待ち合わせしていた時のこととか、
プロポーズした夜のこと、結婚式のこと、夫婦で行った旅
行のこととかも想い出しちゃって……。俺たち、夜になっ
てもリビングに部屋に電気もつけず、会話もなく、ただ時
間だけが過ぎていったのね。

 そのうち妻が「でも、見つかって良かった」って言い出
して。「このまま、あなたを騙して嘘ついて暮らし続けて
たら、あたしきっと罰が当たった。もう消せない過去なん
だから、これからはちゃんと背負って生きていく」と。そ
して無理な作り笑いなんか浮かべて、「今まで幸せをくれ
てありがとう。100点満点で1000億兆点の旦那様で
した」だと。で、慎ましく正座して、きっちりと両手を床
について「お世話になりました」と土下座なんかしたんだ
けど、そのまま顔上げられなくなっちまいやがってさ。

 俺の方も込み上げてくるものがあって、歯食いしばって
耐えてたんだけど、やっぱり負けてしまって「AVぐらい
なんだってののの」(マジで「ののの」ってなったね。声
震えてたもの)。やっとのことで「隠していたのは許せん
けど、お前はきちんと話した」と伝えて、ぐしゃぐしゃの
泣き顔の妻を抱き寄せて、「私、汚いから」と懸命に嫌が
る彼女にキスをしたのよ。最初は唇だけだったけど、俺は
「ぜんぜん汚くない。お前は綺麗だ」って、髪とかおでこ
とか、耳とか手とか足とかもう至るところにキスキスキス
キス…。そこからは妻のパジャマも無理矢理脱がしちゃっ
て、俺も裸になって、二人で無言のままで、互いに貪り合
うように抱き合ってね。

 深く互いを確かめ合った後は冷蔵庫にあった野菜とかで
軽い食事を取って、二人で風呂に入ってベッドへ。「これ
からは隠し事すんなよ」なんていいながら、くすぐり合っ
たり、軽く噛み合ったりしてふざけているうちに、するっ
と入っちゃってさ。結婚してからずっと妻の要望でゴム付
きだったんで俺は「あっ」って少し慌てたんだけど、この
ときの妻はすごく綺麗に微笑みながら「そのままで」って
ね。激しさは全然なかったけど、ものすごく長い時間、繋
がっていたわけ。最後にもう一度キスをして俺は「お前は
これからも俺の妻だ」って宣言したら、「ありがとう」と
妻の目からすぅっと涙がこぼれてね。そのまま妻に腕枕さ
せて、さらに手を繋いで、結構晴れ晴れとした気分で眠っ
たのね。

 で、朝。さぁ俺たちの再出発の日だって、起きたら、妻
が、いないのよ。

 嫌な予感しまくりで、フルチンのまま家中探したんだけ
ど、やっぱりいないわけ。旅行カバンも見あたらなくて、
妻のクローゼットもがぽっと空間が開いてるし、携帯鳴ら
しても繋がらないし、で、ダイニングテーブルを見たら、
朝食が用意されていて、ナプキンの上に置き手紙があって
さ。「ごめんなさい。夕べは抱いてくれてありがとうござ
いました。とても嬉しかったです。でも、こんなにも汚れ
て、しかも、あなたのような優しくていい人を騙してきた
私にはあなたと暮らす資格がありません。わがままで勝手
なことばかりしてごめんなさい。今までありがとうござい
ました。あなたに愛されたことは生涯絶対に忘れません。
さようなら」と。

 手紙の中には妻名義の預金通帳と印鑑が輪ゴムでくくら
れていてさ。さらに、もう結構な年数の経っている離婚届
に妻の名前が記入されててね。あいつめ、いつかこんな日
が来るのを覚悟しながら俺と暮らしていたのか、そう思う
と、気付いてやれなかったことが悔しくて泣けてきて。

 俺は急いで服来て、車で探しに出かけたけど駅もバスの
ターミナルもどこにも見当たらなくて。駅員に旅行カバン
もった二十代後半ぐらいの女を知らないか尋ねたけど、さ
っぱり要領も得ないし、だいたい、まとまった金を置いて
ちまって、過去があって金がない女がたとえ綺麗でも、い
や綺麗だからこそ世の中でどういう目に遭わされるのかっ
て想像もしたくないにどんどん想像してきちゃうし…。一
日中探し回ってどこにもいなくて、彼女の実家にも電話し
てみたけど、逆に義母から「なにかあったの?」と尋ねら
れちゃって、まさか娘さんはAV女優でしたと話すわけに
もいかず、返答に困って「事情は後で説明します。とりあ
えず戻ってくるか連絡あったら私のところへ」って一方的
に電話切ったわけ。

 仕事は病気ってことにして、1週間休みを取って上京し
て、思いつくところを片っ端から妻を捜し続けたんだけど
空振りでね。妻の実家や友人からも当然、捜索願を出した
地元警察からも見つかったという連絡もなし。マンション
に戻っても部屋は真っ暗。ただ妻の残り香がいたるところ
に残っていて、これがまたえらい淋しいのよ。

 結局、俺は仕事しながら休日には妻を捜す生活がそれか
ら3カ月。残念ながら12月に入った今も彼女は見つかっ
てないのよ。離婚届はいまだ出さずにいるし、実家のご両
親にも満足な説明ができないでいるわけ。でもね、そうし
ているのは妻とはいつかまた会える気がするからなんだよ
ね。願っている、というより「絶対にそうだ」と確信して
るよ。元AV女優を妻に待つなんて、こいつはアホな男と
思う人、多いだろうけど、もう別に気にしてないのね。ま
ぁ、これから先のこと考えれば、俺、いちおう国家公務員
だから上にバレたら仕事は変えなくちゃいけないかも知れ
ないし、周囲の冷たい視線とか偏見にゃ耐えなくちゃなら
ないとか、いろいろ考えることはあるよ。でもさ、AVに
出てた女を好きになったわけじゃなくて、好きになった女
がAV女優という過去を持っていたということだし。まぁ
世の中1人ぐらいこういうバカもいていいじゃないかと。
 そう思いながらいつ妻が帰ってきてもいいように部屋片
づけたり、夜中にはこんな形で顛末をまとめてみたり。こ
うしてる間に、あ、ほら、玄関のチャイム鳴ったし――。

2月になった11

最近夫以外の男の子供を生むカッコウの様な託卵女子が増えているそうだ。パターンは大きく分けて3つ。1つ目は他の男の子供を身ごもっていながら好条件の男に「あなたの子供よ。」とデキ婚を迫るヤリマン。2つ目は避妊せず不倫して妊娠する人妻。この中には夫の不妊治療に疲れて他の男の子供を作る女性も含まれる。3つめが最近話題の「結婚するならお金持ちのキモメン。子供ならイケメン。だってキモメンなら贅沢できるし浮気はされない。誰だって可愛い子供が欲しいしママ友にも自慢できるじゃない。ストレスの無い生活が送れるわ。」という自分勝手な考え方の女性。これが急増しているらしい。でもDNA鑑定が発達した現在では不義の子はすぐにわかってしまう。「家族のDNA鑑定はすべきではない。」と主張するフェミニストまでいる。でも不義の子供は絶対に作るべきではないと思う。DNA鑑定をしなくても夫にはいつか解ってしまう時が来る。その時家庭が崩壊して傷つくのは子供だ。だから不倫と避妊無しの性交には絶対に応じられない。昨年ある美貌が自慢の既婚女性から「可愛い子供が欲しいからあなたに妊娠させて欲しい。」と頼まれたが冗談ではないとお断りした。彼女は未だに諦めていないようで時々性交のお誘いが来る。彼女は裕福な夫の子供は作らないようにピルを飲みながらイケメンを探している。日本女性の貞操感は崩壊していると思う。
昨朝早く先週の水曜日の夜に再会した女からのメールが届いていた。彼女は真面目で知的な眼鏡美人だ。「いつかあなたが迎えに来てくださると信じて待っていたの。あなたと再会して幸せを感じるわ。また夜のデートしてくださいね。」と遠まわしに性交のリクエストだった。大学生だった頃に例の女子校でいきがっている美人の不良を捕まえて「バージンなんて捨てようよ。女の子を卒業して大人の女になるんだ。」とそそのかした。彼女は自宅に連れてくると自分からベッド上で全裸になり積極的に処女をくれた。お礼に彼女の男になり性感を開発してやった。2ヶ月も性交を続けると彼女はイくようになった。それにしても発達途上の処女の女子高生の体は美味しいと思う。特に膨らんでいく乳房を吸うのは楽しい。お手入れが悪くて淫臭のする女性器にクンニをするのもうきうきする。膣に陰茎を刺して膣内急所を開発していくのも男としてやりがいがある。彼女と十分に仲良くなった頃彼女のベッドで性交をした後のピロトークで「他の女のバージンが喰いたいな。なるべく真面目で手が出しにくい娘の。」と冗談めかして言うと彼女は「私だけを愛してくれるなら女を紹介するわ。」と答えた。彼女の事をしっかり愛している風体をとると彼女は約束を守り夏休みの女子校に引き入れてくれて多くの処女とあわせてくれた。彼女達のバージンはすべていただいた。
水曜日の彼女もそんな女子生徒の1人だった。茶道部の部長で夏休みに1人部室で稽古をしていた。そこへ不良の彼女と2人で押しかけ内側からドアの鍵を閉めた。「何をするの?」と驚く部長に不良は「いい物を私の彼と見せてあげる。」というと部長の目の前で全裸になり性交を始めた。愛撫が進み女性器が潤んでくると女の臭いが漂い始めた。処女に大きな陰茎を見せると恐怖心を与えるのでコンドームをした陰茎を不良の股間で隠して挿入した。ピストンにあわせて不良の女性器は水音を立て彼女は甘い嬌声を上げてイった。いきなり性交を生で見せ付けられた部長は驚きと恥ずかしさと自分の性欲で真っ赤な石地蔵に固まってしまった。こうすればもうこっちの物だ。部長は何をされても抵抗が出来ない。部長に姉直伝の優しい愛撫をかけながらゆっくり制服を脱がしていった。ちょっと普通では手を出せない上玉女子高生を毒牙にかけて処女を奪うと思うと陰茎は最大限に怒張しよだれを滴らせた。彼女の制服と下着全てを取って再び清らかな体を舌先でたっぷり蹂躙し軽いクンニをかけて膣口を潤ませた。処女の陰裂は開いていた。処女の女性器はデリケートだ。普通に愛撫すると痛がるので舌先が触れるか触れないか位で舐めなければならない。彼女の膣口は処女にしては広かったのでゆっくり陰茎を挿入するより一気に処女を破った方が良いと考えた。
今まで何百人の処女を奪ってきたので失敗は無い。仰向けに寝かされた部長の膝を立て股間を腰で割って亀頭で膣口を捉えるとズブリと一突きでバー^ジンを刺し貫いた。「痛いっ。」と声を上げると部長は我に返った。「もう遅いよ。入っちゃった。君も女の子を卒業してこれで大人の女になるんだ。」「いや。離して。助けて。」と騒ぎ始めたのでハンカチで口をふさぎ痛がる彼女に陰茎を半分以上刺して鬼畜にもピストンをかけた。上玉を犯したので興奮して我を忘れてしまった。自分でも驚くぐらいの大量射精をしてしまった。本当に気持ちよかった。陰茎を引き抜き泣きじゃくる部長のショーツを戦利品に頂いて美しい顔を写真に収めた。この間不良はニヤニヤ笑いながらタバコを吸って優等生の破瓜を上から見下ろしていた。部長の女性器を拭いて服を着せると不良をつれて部室を出た。彼女とは美人との別れは惜しかったがそれっきりになってしまった。水曜日の夜にまた一流ホテルで再会した彼女は美しく輝いていた。会うなり少し赤い顔で手を取り頬ずりをし始めた。「私はあの日からあなたに操を立ててきたの。」と胸を張った。ホテルのレストランでディナーを取りながら彼女のその後の話を聞いた。成績の良い彼女は難関大学にストレート合格してそのまま好成績で卒業し財閥系商社に勤務していた。英語が上手な彼女は国際的なビジネスに携わっていた。
食後ホテルに予約した部屋に同伴するとドアを閉めるなり彼女は泣きながら抱きついてきた。軽いキスから初めてディープキスの仕方を教えた。飲み込みの早い彼女はすぐに上手に舌を絡めてきた。たっぷりと唾液をご馳走になった。ベッドの上に移るともう1度処女を奪うかのような慎重さで優しくソフトな愛撫を執拗に繰り返し丁寧に彼女の服を脱がせて全裸にむいた。乳首はたって女性器はゆるみ十分な潤いがあったがソフトなクンニをしてじらした。正常位で慎重に陰茎を挿入していった。初体験でピストンを経験しているせいか陰茎を操作すると「あん。」と甘い声を上げた。キスをしながらゆっくりピストンをした。女子高生の時のように狭い膣の感触はたまらなかった。ヤリマンでは得られない味わいだった。彼女はなんともいえぬ快感が体の芯からこみ上げているらしく登りつめてイくのはまだ無理だがその坂道を登ってくる感じだった。それっきりになった美人との再会性交は嬉しい物だ。20分ほどで射精したので陰茎を引き抜き彼女の女性器にソフトな愛撫をしながらピロトークをした。彼女は処女を奪われてどんなに絶望感を味わったか。どれ程再会したかったか。寂しかったかを話してくれた。「もう年齢的に女の性欲は否定できないだろう。寂しかった時はどうしていたの?」ときくと真っ赤な顔で「意地悪。」と答えた。
彼女にはまだまだ性欲が残っていたので結局4回正常位で性交した。彼女からも戦利品にショーツを貰った。彼女は性交に備えて予備のショーツを2枚持参していた。「あなたを愛しているの。これからもお付き合いをして下さる?もう寂しい思いをしたくないの。」と抱きつかれたので本気で彼女が可愛くなって「もちろん。」と答えて抱きしめ返した。高校生時代より2回りもそれ以上も発達した形の良い乳房に甘えて乳首を吸った。彼女は「私にはあなただけ。でも会社の若い男がうるさいの。男よけに婚約指輪をプレゼントして欲しいの。」と言われて「考えてみるよと。」と逃げた。彼女をすっかり気に入ってしまったので再会の記念に恥らう彼女のヌード写真も撮らせてもらった。赤い顔で上目遣いする姿が可愛かった。彼女は「私はあなたの女だから写真なんかより私自身を呼び出して。」と言った。彼女と抱き合って寝た。目が覚めたのは7時近かった。先に起きた彼女はお化粧を済ませていた。美人は薄化粧でも綺麗だなと思った。レストランに下りて恥ずかしそうにする彼女と朝食をとった。彼女はテーブルの下で足を絡めてきた。昨夜の彼女の膣の感触が甦って陰茎が反応した。彼女と手をつないでホテルを出た。それぞれの会社に出勤するために地下鉄の駅で別れた。会社を休んで彼女とデートしたいなとも思った。
昨日は昼からフィアンセが性交しに来てくれた。彼女は朝のさりげないメールを見るととたんに警戒し始めた。水曜日の女とは2度と会わないと約束させられた。ベッドに上がり下着姿になったフィアンセにフラフラと吸い寄せられるように全裸になってディープキスをした。彼女の下着を取ると彼女は正座して赤い顔をして「どんなに恥ずかしい事にもあなたのためなら耐えます。」と真顔で言った。昨日騎乗クンニでイかされた事が頭にあるのだろう。彼女に愛撫をかけてクンニで性交の準備を整えると仰向けに寝て「じゃあ騎乗位をして貰おうか。」と言うと彼女を見た。真っ赤な顔で彼女はこくりと肯いた。「まずコンドームをつけて。」と言うと恐る恐る彼女は陰茎を握りしめてコンドームを上手にかぶせた。彼女に陰茎を握ってもらうのもなかなかの快感なので今度からお願いしようかと考えた。彼女はよろよろと腰をまたぐと静かに女性器を上から下ろしてきた。「右手で自分の入り口を開いて左手で陰茎を掴んで挿入をガイドするんだ。」と言うと彼女は震える手で陰茎を掴み自分の膣口に亀頭を当てた。「そのままゆっくり腰を下ろして根元まで飲み込むんだ。」と言うと彼女は腰の角度を調節しながら初めてにしては上手に21センチの陰茎を根元まで飲み込んだ。いや恥らう女の騎乗位ほどそそられる物は無いなと思った。
「自分が気持ち良いように動いてご覧。」と言うと彼女は自分の淫核をこすり付けるように腰を動かした。ボルチオ部に食い込んだ亀頭にも快感を感じているようだった。羞恥心で赤い顔の彼女は夢中になって腰を動かし陰茎はザラザラの膣壁にすられて恐ろしいほどの快感に襲われた。彼女に初めて犯されていると思った。彼女の動きは段々激しくなり彼女がイくより先に射精してしまった。コンドームの中で大量の精液が吹き上げた。彼女は射精を敏感に感じ取ると腰を上げ陰茎を引き抜いた。愛液が少し滴ってきた。彼女の乳首を吸って萎えた陰茎を彼女の陰裂にすりつけ素早く再勃起をすると不完全燃焼の彼女を正常位で貫いて膣内急所にピストンをかけて程なく無事にイかせた。彼女に左手で腕まくらをして右手で膣内を探りながら「君の騎乗位は凄いな。美味しすぎて思わず先に射精してしまった。ごめん。」というと彼女は目を輝かして「それ本当?私いつも気持ちよくしてもらうばかりだったからあなたを気持ちよくしたかったの。恥ずかしさに耐えて良かったわ。」と言った。彼女は騎乗位を完璧にマスターするべくもう2回乗ってくれた。対向座位とは少し違う上手な腰使いも教えた。新しいテクニックをマスターして満足した彼女はディープキスと淡い女の匂いを残して帰宅した。次々性技を吸収していく彼女の性交センスは抜群だなと思った。上手く調教すれば姉の様な魔女になるかもしれない。姉の協力が是非欲しいところだと思った。
今日は体調が悪いので医者によって出勤する事にした。メールをチェックすると水曜日の彼女からもメッセージが届いていた。彼女にしては大胆な性交のお誘いだ。フィアンセを裏切るようで後ろめたかったが今晩また可愛がって性感開発をしてやろうと考えた。彼女に対する性欲丸出しで「君に陰茎を刺して犯したい。ちゃんとイくまで性感開発を頑張りたい。セクシーな脇紐ショーツが好みだ。」とメールすると彼女は「嬉しい。期待していいのね。あなたのためなら恥ずかしい下着でも身につけるわ。」と答えた。彼女は自宅通勤をしている。彼女の家は厳しく外泊はかなり困難だ。でも彼女は何とか理由をつけてホテルに泊まってくれる。本当に再会が嬉しい様子だ。彼女のヌード写真をスマホで見た。女性器は上付きで陰毛が薄い所はフィアンセに似ている。しかし10年前はBカップの発達途上の美味しい乳房が女子高生の標準だったのに最近の援助交際サイトを見ると爆乳が増えた。女子高生の発育が早まったのかなと思った。これでは初体験年齢と処女の比率が下がるのも納得が出来ると思った。援助交際は女子中学生にまで下がってきた。中学生とは1回しか性交した経験が無い。援助交際SNSに結構可愛い娘が「JCです。諭吉2枚です。」と掲示板に写真を出しているので喰って見たい気がするが自分の社会的な立場を考えると手を出せないなと諦めた。

CFNM考察・続

 さて、前回述べましたように、私YOUMが追求するのは「無理やり」「女性複数」「屈辱的」CFNMということになるのですが、 そもそも女の人は、男の裸なんて、そんなに見たいものだろうか?

 一般的に、女性は男性と違って、好きでもない男の裸など、無闇やたらと見たがるものではない・・・・のではないかと、 これは、YOUMが知り合いの複数の女性が話すのを聞いたところから得た感想です。

 特に、このサイトであつかっているような“CFNM”すなわち、女の人たちがピンポイントでおちんちんを見たがる、というのは、基本的にはあり得ないんじゃないかと思っています。

 イケメンが、すらりとした筋肉の裸体をさらすなら見たいという女性は多いかもしれませんね。

 中には男の裸大好きで、おちんちんを見れる機会があれば喜んで♪♪というエロエロなお姉さま(女子中・高生?)もいないわけではないでしょうが。
 こういう方は存在感がありますし、YOUMの知り合いにもいなくはないですが、女性全体に占める割合としては少数派のはずです。


 ・・・そういう意識で小説を書いていると、CFNMのシーンで女性たちが哀れな男の着衣を一枚一枚はぎ取り、最後にパンツを脱がして喜ぶ・・・・というのは、どうしてもリアリティに欠ける、というか、「現実的にはあり得ない話だよな」と思って、ややしらけてしまうところがYOUMにはあります。
 (もともとここは“おとなのファンタジー”ですから、現実的にはあり得なくてもいいと言えば、もちろんいいんですけどね)

 そこで、女の人が男を裸にして喜ぶ、というのはどういうシチュエーションとしてならあり得るのだろうか、と考えて行くと、夫婦や恋人同士の(愛のある)sexは除外するとして、あと残るのは、「仕返し」「復讐」「お仕置き」「集団リンチ」などではないかと。
 ・・・・・・・・・・。

 YOUMの実体験として、小学5年のプール教室で、小柄な女子をプールに突き落としたら(われながらひどい!)予想外に大泣きしてしまい、クラス中の女子につめよられ、 「今すぐKちゃんに謝らなかったら、この場で海パン脱がしの刑にするよ!!」と脅迫されたことがありますし、先日も地方のローカル紙に、女子高生7人が、援助交際で金を払わずに逃げた男性サラリーマンを山中のアジト(?)に連れ去り、全裸にして二日間殴る蹴るの暴行を加えた・・・と出ていましたね。

 こういうときの女性というのは、男の裸(おちんちんを見ること自体が目的というよりも、CFNM的状況が男に精神的ダメージ、屈辱感を与えることを充分承知していて、復讐またはお仕置きなどのために、「脱がす」という「手段」を選択しているように見えます。

 「Yくんの海パン脱がして、女子達でおちんちん見ちゃうよ!!」
 ・・・・というクラス女子のセリフは萌えですが、通常男性が女性の裸に単純に関心を示すのとは、少し違う意味があるように思えるのです。

女性センターの悪夢③

 沙耶さんが、ジーンズで僕の腹にまたがりました。乗馬のようです。

 「はい、あ~んしてごらん」
 沙耶さんが言いました。脱がしたてのパンツを、僕に食べさせて、猿ぐつわにしようとしています。
 僕は、最後に残されたプライドで、それを拒みました。

 すると、彼女、フルスウィングで僕の顔面を叩きました。
 何度も。

 いたい痛い!!やめて、ゆるして・・・・

 「どうせ、逆らっても、無駄なのに」
 女子高生の奈津子さんが言いました。完全に人を見下したセリフです。

 全身があわ立つような屈辱感ですが、確かにどうすることもできません。
 「ほら、口開けて」
 沙耶さんの二度目の命令には逆らえずに、僕は自分のパンツを口の中に押し込まれた上、ガムテープで封印され、声も出せずにしくしくと泣きました。

 女性たちは、キャアキャア言いながら僕の下半身に群がっています。
 お願いだから、これ以上ひどいことはしないで・・・・。

 その僕の希望をあざけるように、沙耶さんが言いました。
 「さぁて、ここから、どうやってイジメてやるかな」
 彼女の二人の子供が、目をきらきらさせて、僕を見ています。

 「二度と、痴漢行為を出来ないようにする必要があるわ」
 女子高生の奈津子さんが言いました。

 「それじゃ、オチンチンを、切る、とかね」
 若い母親の一人が言いました。

 「麻酔なしで、ちょきん!!」
 指ではさみの形を作って、言います。

 「アハハ・・そりゃ残酷だわ」
 「だって、ここまで脱がしておいて、当然おちんちんを責めるつもりなんでしょ」
 「そうだけど、おしっこが出来なかったら、死んじゃうわよ」
 「べつに、座れば出来るんじゃないの」
 「女になればいいのよ」
 「チンチンじゃなくて、タマを取ったほうがいいんじゃないの?性欲がなくなるんでしょ」
 「サカリのついた雄猫みたいに」
 「そりゃ辛いわね」
 「いや、性欲が残ってて、ちんちんがない方がツライ」
 「なるほど・・・」


 「あんた、チンチンを切られるのと、タマタマを抜かれるの、どっちがいい?」
 「いっそのこと、両方ばっさり行くっていう手もあるわね」
 「知り合いの女医さんにお願いすれば、やってくれるかも」
 「麻酔なしでね」
 「痴漢には、麻酔なしで強制去勢の刑!」
 あらわになった僕の下半身を見ながら、女性たちが言いあいます。

 (そ、それだけはやめて下さい~・・・・)

 「泣いてるわよ。かわいそうなんじゃない?」

 (おお・・・!)

 「ここまでやっておいて、今さら可哀想もなにもないわ」
 そう言って、涼子さんが僕の股間に手をのばしました。

 (や、やめて・・・・・・)

 「フフフ、今の話で、すっかり脅えちゃってるわけね」
 涼子さんが、僕の先っちょをつまんで、ギュッと引っ張りました。
 「あはは、完全に皮かぶっちゃった。かわいい」

 「ホーケイって言うんでしょ?キタナイわよ」
 若いママが言いました。

 「包茎だと、おしっこが皮に引っかかったりして、不潔なのよ」
 女教師が、女子生徒たちに教えるように言いました。

 「あんた、おふろ入るときに、ちゃんと洗ってんの?」
 僕のお腹の上で、沙耶さんが言います。
 二人の娘も、目を輝かせて、僕の顔と、下半身を何度も見比べています。

 (は、恥ずかしい・・・・ありえない・・・・・・)

 「ちいさいわねぇ。これじゃ、子供のおちんちんみたい」
 今度は奈津子さんが、指で僕の先っちょをギュ~ッとつまみました。

 (あ痛たたたたた。・・・・今まで、平均的なサイズだと思っていたのに、女子高生に否定されてしまいました・・・・)

 「ほら、見て。小学生並み」

 「ほんと、こんなだから、女性の下着を盗んだりするのよ」
 若いママが軽蔑的な目で僕を見下ろしました。
 「この、短小!!」

 「包茎!!」

 「粗チン!!」

 女性たちが口々に言います。


 「ちょっと、わたしにやらせて」
 また別のママが言いました。あれ、このひと、さっき「かわいそう」って言った人じゃないのか。

 「こんなに皮かぶってたら、一生誰ともつき合えないわよ」
 そう言って、彼女は指で僕の先っちょをピシッと弾きました。
 「あはは、ちょっと、むけてきた」

 「輪ゴムでとめちゃえば」

 「あ、それいい」

 「こうやって、皮かぶせたまま、くっつけちゃえばいいんじゃない?接着剤で」

 「あははははは。完全にホーケイにしてやれ」
 女性たちはなんか楽しそうです。
 僕は、もう涙でまわりの景色が見えません。

 「シェーバー、持って来てたっけ?」
 ママの一人が言いました。

 「あるわよ」
 女子高生の奈津子さんが、紙袋の中からシェービング・クリームのスプレー缶と、安全カミソリをいくつも取り出します。

 ま、まさか・・・・・・。

 「えい!!こうなったら、完全に子供のオチンチンにしてやる!!」
 そう言って、若いママの一人が、僕のへそ下に、大量の白いクリームをぶちまけました。
 
 「あはは!面白い。わたしもやる!!」
 女性たち、四本の安全カミソリを奪い合いです。

 (ふ、ふごー!!!やめろ!!!)
 叫ぼうとしても無駄です。猿ぐつわのせいで、声になりません。

 「いいじゃない。どうせホーケイなんだし、ずっーと彼女いないんでしょ?」
 「あんたヒドイこと言うわねえ・・。でも、ま、本当のことか」
 「ほらッ、動くと、大事なところまで切れちゃうわよ!」
 僕の下半身は、ものの数分で、丸坊主にされてしまいました。

 「・・下着泥棒なんて、しなければよかったのにねえ」
 今瀬梨律子が、少し離れた場所で、タバコをふかしながら言いました。

 涼子さんが、ウエットティシュで僕の下半身をぬぐいだしました。
 恐怖と屈辱のあまり萎縮したオチンチンを、丁寧にふきとります。
 みんなが見ている前で皮をむいて・・・・・・露出させられた亀頭を、手のひらで転がすようにします。
 (・・・・く、くすぐったい・・・・・・いや、気持ちいい・・・・かな?)

 「◎◎君、幸せねえ」
 沙耶さんが、言います。
 「涼子さんみたいなきれいな女性にオチンチンふいてもらって」
 ・・・・・・まったく、この人のカンの良さは一級品です。

 涼子さんは、片方の手で僕の先っちょをつまみ(とうぜん、皮を完全にかぶった状態にして)持ち上げました。
 もう片方の手で、睾丸をふきます。
 睾丸をふき終わると、涼子さんは、僕のホースを天井に向けて引っぱりました。
 見せしめのように、女性たちの目の前で、限界まで伸ばして見せます。  (痛い、痛い痛い痛い!!ちぎれる!!)

 「女子が見ている前で、万が一、勃起なんてしたら、許さないわよ」
 涼子さんが、僕の耳元に顔を近づけて言いました。


 「・・・・こんな姿になっちゃって。ほんと、いい気味だわね」
 そう言って、女教師の一人、音楽の小菅美帆が近づいてきました。
 彼女は、「◎◎君、お久しぶり」と、僕のことを苗字で呼びかけ、
 「わたしのこと覚えてるでしょ?」
 と、メガネの奥で、ギラリと目を光らせました。

 僕は、あまりの怖さに、分からないふりをすることに決めました。

 「フーンそう?覚えてないんだ。じゃ、思い出させてあげる」
 そう言って、彼女は僕の睾丸を指ではじきました。

 (ぐはあ・・・・!!)
 睾丸を指で叩かれるだけでも、かなりの苦痛です。
 ましてや、僕の場合は金蹴りを二発もやられた後なので、 合わさって地獄の苦しみが待っています。

 「まだ思い出さない?じゃ、しょうがないわねえ」
 もう一度、彼女は指で睾丸をはたきました。

 (ぐほふぅ!!)
 僕は泣きながら、先生の顔を目で追いかけます。分かりました。分かりましたから・・・。

 「思い出さないの?授業中に、あたしの胸揉んでくれたっけねえ。みんなの前で、スカートをめくってくれたっけねえ」
 そう言って、彼女は僕の性器全体を、ギュウギュウつねりました。

 「◎◎君、そんなことしてたんだ」
 涼子さんがタバコをふかしながら、小菅美帆がやるのを見守っています。
 「それじゃ、先生にお仕置きされても文句言えないわね」

 お仕置きというよりも、拷問です。
 とっくに忘れかけていた思春期のころの悪さが、こんな形で返って来るとは夢にも思いませんでした。

 小菅美帆は、ショルダーバッグの中から、洗濯ばさみをいくつも取り出しました。
 ま、まさか・・・・。

 彼女は、容赦なく洗濯ばさみを、僕の先っちょに噛ませました。
 それだけでなく、洗濯ばさみをぎゅーっとつかんで、僕の余った包皮を伸ばします。

 (ほんぎゃらふぎゃあ!!!)

 「ほらッ!もっと苦しめ!!」
 小菅美帆は、なかば笑い、なかば怒りながら、洗濯ばさみを僕の睾丸に次々に噛ませていきます。
 それだけでも苦しいのに、さらに、洗濯ばさみがぎっしり付いた僕の性器を、指で弾きます。

 (ぐほぉ!!!あおぁぉ!あぉあぉあぉあおおお・・・)
 僕は、涙と、アブラ汗でぐちゃぐちゃです。
 沙耶さんが乱暴にタオルで拭いました。
 きっと、見苦しいからだと思います・・・・。

 「わたしたちにもやらせて」
 マジメそうな中学生の女子二人が、名乗りを上げました。

 「あんたたち、たまに電車で痴漢にあうって言ってたでしょ。今日は、たっぷりと怨みを晴らしてやりな」
 女性教師らしく、小菅美帆が言いました。

 (そ、そんな~・・僕は関係ないのに・・)

 二人組みの女子は、小菅美帆から洗濯ばさみを受け取ると、こわごわと、僕の乳首に噛ませました。
 最初はたいしたことのない痛みですが、後からじんわりと効いてきます。

 (ち、ちぎれる・・・・)

 小菅美帆が、もう、なさけ容赦なく、僕の乳首を両手でぎゅーっと鷲づかみます。
 勢いで、洗濯ばさみが二つとも、はじけ飛びました。

 小菅美帆は、さらにおもちゃの中にあった細長い鞭を手にしました。
 ためし振りすると、ヒュン!ヒュン!と いい音がします。

 (や、やめて)

 僕は、涼子さんを探し、必死の目で訴えました。
 あんなのが直撃したら、死んでしまいます。
 涼子さんは、明らかにアイ・コンタクトできたはずなのに、無視して、
 「ロープ、もっと引っ張れるでしょ?脚がだんだん閉じてきてるから、もう一度よく開かせた方がいいわ」
 と、言いました。
 ・・・・鬼です。

 次の瞬間、鞭の先端の平べったい部分が、僕の股間に命中しました。

 (ふんぎゃあっ※☆!!!)
 僕は目をむいて、かろうじて自由になる首をばたばたさせて、もがき苦しみました。

 そこへ沙耶さんが、「暴れるな!」と叫んで、思いっきりビンタをしました。
 ひ、ひどい、酷すぎる・・・・・・。

 沙耶さんはずっと僕のお腹にまたがっているわけですが、彼女がほんの少し、前に出て、僕の 胸を圧迫すると、たちまち呼吸ができなくなります。彼女は、体重のかけ方をちょっと変えるだけで、 僕を苦しめたり、緩めたりと自由自在です。

 僕の意識が沙耶さんの方に向いている隙に、音楽教師が、鞭をふり下ろしました。

 ぎゃっ!!!

 さらに、もう一撃。
 これは、性器に直撃することはなく、太ももの辺りをかすりましたが、また別の痛みがあります。

 小菅美帆は、「ちっ」と言うと、鞭を大きく振りかぶって・・・・・・・・・・・・

 びゅっ!!

 風を切る音につづいて、ばちんという、真正面からの直撃音が響きます。

 ぎゃーっ!!!

 パンツを食べさせられた猿ぐつわの奥から、僕の悲鳴がもれるたび、女性たちは歓声をあげ、拍手をしています。
 ・・・・・・こういうのは、集団心理というんでしょうか。
 ふだんは、ふつうの真面目なお母さんと娘たちだと思うんですけど、だれも疑問に思わないみたいです。

 「さ、次はだれがやる?」
 音楽教師が言うと、小中学生のほぼすべての女子が手を上げました。
 「よし、じゃあ、下の子から順番に、ムチを持って・・・・」

 (たたた、助けて・・・)

 「こんなに大勢にやられたら、確実につぶれるわね」
 涼子さんが、顔を近づけて言いました。
 彼女は僕の耳に息を吹きかけるように、
 「べつに・・・・去勢して女の子になると思えば、つぶれてもいいか」

 (よ、よくありません~・・・)
 僕は、哀願の目をしました。

 涼子さんが笑って言います。
 「やめてほしい?」

 (も、もちろん!)
 必死で首を動かします。

 「じゃ、やめてあげる」

 (おお・・・・!)

 「そのかわり、言うこと聞くのよ。逆らったら、許さないわよ」

 (・・・・・・・・・・・)

 「お返事は?」

 (はい・・・・・・)
 僕が目でうなずくと、おなかに乗っていた沙耶さんが、パッと飛び降りました。
 ふ~~、楽になった。それにしても、涼子さんと沙耶さんの息がぴったりすぎです。

 女子高生の奈津子さんが、手錠と足かせを外しました。
 血流が途絶えていたせいで、僕の手足は完全に痺れてしまっています。
 涼子さんが、ガムテープをはがし、口の中のパンツを取り出しました。
 げほ、げほ、げほ。
 パンツ返して、と言おうとしましたが、涼子さんが許してはくれません。

 ひどい苛めはこれで終わり・・・・・・のはずもなく、女性たちのイジメ(というよりも、ここまで来ると過酷な集団リンチ)は、ますますエスカレートして行くのでした。

女性センターの悪夢②

 ご近所の凉子さんが近づいてきたかと思うと、いきなり僕の裸の胸を、両手でギュ――ッ!とつねりました。

 あ~!痛い、いたたたたたた。痛いです、奥さん・・・・。

 僕はまだ、それほど深刻な事態だとは思ってなかったので、顔見知りの凉子さんに、ちょっと甘えてみました。
 すると、彼女は「フフフ・・・・」と笑い、
 「オンナのお仕置きだと思って、甘く見てると、痛い目にあうわよ」
 そう言って、うしろに下がってしまいました。

 入れ替わりに、長い茶髪をした二十代のママが、いきなり僕の顔をパンチしました。
 華奢な女性の力なので、たいしたダメージにはならない・・・・と思いきや、不意打ちは効きます!僕はほっぺたを 抱えて、その場に倒れました。

 肌の露出が多いキャミソール姿で、色の派手な茶髪で、元ヤンキーっぽい彼女は、みんなから沙耶さんと呼ばれていました。
 小学校の娘を二人連れてますが、なるほど、親に似て、子供のくせに派手派手な格好をしてます。
 沙耶さんは、僕の頭髪をつかみ、無理やり起きあがらせました。
 二人の娘が、にやにや笑いながら、自分の母親がするのを見守っています。

 パン!パン!パン!と、沙耶さんは往復ビンタをお見舞いしました。

 僕は身をよじり、
 「よせよ!お前なんかにやられる筋合いはないじゃないか」と言いました。

 しかし、沙耶さんは余裕たっぷりにこう答えました。
 「あら、そうかしら?きょうは、女の子供を持つママたちが集まって、 痴漢退治の講習会なのよ。ここにいるみんなにお仕置きする権利があるわ。・・・でも、ま、いいわよ。悔しかったら、 かかってくれば?」

 もちろん、この場で沙耶さんに襲いかかるなんて、できるはずがありません。

 「なんだ、弱いわねぇ。本当にどうしょうもないわねぇ」
 僕に裸を命じた、今瀬梨津子さんが言いました。

 「ここまで女に馬鹿にされて、なんとも思わないのかしら」
 今瀬梨律子さんの娘の、奈津子さんが、母親に調子を合わせて言いました。
 彼女は、女子校の制服のミニスカートから、健康的な白い太ももをのぞかせています。
 まるで見せつけるようです。
 ・・・・屈辱です。

 「ほら、なにを迷ってるのよ。男でしょ。かかっておいでよ」
 沙耶さんが言いました。彼女はキャミソールのひもを指でさわりながら、
 「フフフ、あなた痴漢なんでしょ。わたしに抱きついて、服を脱がしてごらん」

 会場の女性たちが、笑いながら拍手しました。

 こういうの逆セクハラっていうんじゃないんですか。

 三十歳ぐらいの母親が二人、前に出てきました。


 連日猛暑なので、彼女たちもみんな薄着です。
 涼しげなスカートをひらひらさせたり、両手で胸元を広げて、ブラジャーの紐を見せびらかしたりしながら、
 「ほーら、どうしたの?わたしたち相手でもいいのよ。悔しかったら、かかって来なさいよ」
 「情けないわねぇ。あんた、本当にキンタマついてんの?」

 もう会場は爆笑の嵐です。

 「ここまで言われて動けないなら、あんた男じゃないわ」
 沙耶さんが、冷た~い目で言いました。

 「男じゃないなら、キンタマ取っちゃうわよ――!」
 会場のだれかが言いました。またそれで女性たちは拍手。

 「ほらーさっさとしないと、パンツまで脱がされちゃうわよ!!」
 女教師の小菅美帆が、よく通る声で言いました。

 「あははは!脱がせ、脱がせ」
 普段は真面目そうな、若いママが言います。
 ・・・・だんだん、会場が興奮してきているみたいです。
 僕を取り囲む女性たちの輪が、さっきよりもだいぶ小さくなりました。

 ・・・・僕は、両手で顔を隠して、泣いてしまいました・・・・。
 それしか、方法がなかったと言うことです。
 すると、女性たちから大ブーイングがわき起こりました。

 「なんだ、情けないわねぇ」
 「泣いたって、どうにもならないじゃない」
 と梨津子、奈津子の親子が言いました。

 女性たちは、しくしくと泣きつづける僕の様子を、しばらく観賞していました。
 こういうとき、女の人というのは、本当に残酷ですよ。
 「ねえーみっともないでしょ。あれが、痴漢なんてする人間の姿なのよ」とか、
 「よぉく見ておきなさい。悪い大人は、こうこう目にあうんですからね」なんて、それぞれの娘に教えたりしています。

 中には「かわいそうじゃない?」と言った人もいたんですが、そういう彼女だって、拍手をしたり、 笑ったりしてるんだから、意味がないです。

 しばらくして、元ヤンキーの沙耶さんが、僕のお尻をひっぱたきました。
 「泣きたきゃ、いくらでも泣けばいいわ。だれも同情なんてしないから。あんたが抵抗しないなら、こっちからいかせてもらうよ!」
 そう言って、彼女は、僕のわき腹に一発パンチをくらわせると、「いやっ!」の気合いとともに、足を振り上げました。

 げすっ。             ・・・・・・見事な技と言うべきでしょうか。沙耶さんのサンダルが、 僕の男の急所部分をとらえました。
 言うまでもなく、この一撃で僕は“GAME OVER”です。涙も吹き飛びました。
 次の瞬間、会議室にいる女性たちが、大歓声を上げました。
 その声を、僕は床にはいつくばって聞いています。

 「いい?みんなよく聞くのよ。みんなが痴漢に出会ったときは、いまのように、急所をねらうのがいちばんの撃退法よ。 いいわね?」
 今瀬梨津子がマイクで言いました。

 「は~い」 「分かりました♪」 「よく分かりました~」 「分かったわァ」 ・・・・・・。全部で十数人いる女子生徒たちが、 明るい返事をしました。

 僕が全身にあぶら汗をかき、うんうん言いながら苦しんでいると、沙耶さんは背中にサンダルを乗せ、ぐりっと ふみ倒しました。
 ちょっとやりすぎじゃないですか。こんな教育が許されていいのか。

 すると、スーツ姿の二人の女教師が、みんなに向かってこう言いました。
 「みんなは、男の急所がどこにあるか・・・・なんであるか、知ってるわね?」

 これに対しては、「は~い」というまばらな返事。
 ただし、答えなかった子も、本当は知ってることを示す、くすくす 笑う声、声、声・・・・・・。

 「ま、みんな当然知ってるわね。はい!そうね。男の人は、オチンチンを攻撃されると、たちどころに弱くなります。 これは、いま見たとおりだけど・・・・。なにか質問がある人?」

 「さっきの攻撃で、タマタマは潰れたんですか~ぁ?」
 女子生徒の中でも、とくに活発そうな子が、大きな声で言いました。
 子供たちだけでなく、母親たちまで思わず笑いを誘います。

 「それでは、ご本人に聞いてみましょう」
 女子高生の奈津子さんがおどけて、僕にマイクを向けました。

 まだ僕はしゃべれる状態じゃないです。
 すると、沙耶さんがマイクを奪い、
 「はい、潰れてしまったようです」と言いました。

 それで、またまた大爆笑・・・・拍手、拍手の嵐です。

 僕は、痛みと、くやしさと、情けなさと・・・・恐怖で、ふたたび泣きました。
 「ぼ、ぼくは、凉子さんの下着を、一回盗んだだけなのに」

 「ちょっと!それ、聞き捨てならないわねぇ。下着を一回盗んだだけでも、じゅうぶんに痴漢 じゃないのよ!」
 沙耶さんが、言いました。彼女はマイクを使い、
 「みんな!ちっとも反省してないわよ」

 会場がわき上がります。
 僕は興奮の坩堝(るつぼ)の中で、女性たちから立たされました。
 重く、どんよりとした痛みが、まだ睾丸に残っています。まっすぐ背中をのばして立つのは苦しい・・・・。

 問題の、下着を盗まれた凉子さんが正面に立ちます。
 なにをされるのか・・・・。
 瞬間、恐怖におびえる僕の目を覗いて、凉子さんが笑いました。
 こうして見ると、ドキッとする美貌の持ち主です。美魔女系です。
 そして・・・・・・彼女のスマートな脚が上がり、あっと思ったときには、彼女のひざ先が 僕の股間に埋め込まれていました。

 ぐぁふ。
 それはもはやキンタマの痛みではなく、その奥にある内臓の痛み・・・・のように感じられました。
 僕は目の前が本当にまっ暗になり・・・・、このまま気絶したら幸せだろうと思いました。しかし、女性たちは それを許しませんでした。

 「ちょっと、お水出してくれる?」
 コンビニ袋の中から、500ミリのペットボトルが三本、そのぜんぶのキャップが開けられました。
 「さ、飲みなさい」
 女性たちは、無理やり僕を抱き起こして、水を飲ませました。僕は飲みたくありません・・・・。苦しいだけです。
 ペットボトルの約半分を飲み干し、ぶわっと吹きました。
 近くにいた女性たちに水しぶきがかかります。

 「なにやってんのよ!」
 と、女子高生の奈津子さんが僕の頬をひっぱたきました。
 おかげで気を失うことはなくなりました。

 女性たちは、残った水を、僕のパンツの中に注ぎました。ひんやりして、気持ちいい・・・・。
 僕の白いビキニパンツは、濡れ濡れになり、中が透けて見えました。
 「は、恥ずかしい」
 僕は言って、その場にしゃがみました。

 でも、すぐに起こされました。五~六人の女性が、僕を支えます。
 なにするんですか・・・・。もうやめてください。限界です。分からないですか・・・・。
 
 二人の女教師が、女子生徒たちを並べました。
 「やりたいひと?」と言うと、五年生と、中学一年の女子が、名乗りを上げました。

 「じゃあね、軽くでいいから、よぉくねらって・・・・」
 冗談じゃない。軽くでも、これ以上やられたら死んでしまう。

 僕は、身をよじって“いやいや”をしました。
 女の子みたいに内股になり、手足をばたつかせて、死にものぐるいで抵抗を試みます。
 さすがに、女子生徒は近づいて来れないでしょう。

 しかし、女性たちは最初からちゃんと考えていました。
 革でできたバンドが用意され・・・・それには頑丈なロープが付いていました。
 全部で四本。言うまでもなく、僕の両足、両手を固定するためのものです。
 こういうのはハンズとかで売ってるんでしょうか。
 だれか、SM趣味のある奥さんでもいるのかな。

 「寝かされるのと、立ったまま、どっちがいい?」
 涼子さんが言いました。

 ど、どちらもイヤですけど・・・・。

 「立ったままがいいわよ。屈辱的で」
 奈津子さんが言いました。

 「あら、無理やり押さえつけられて、寝かされる方が屈辱じゃない?」
 若いママの一人が言いました。
 「寝かせると、みんなよく見えないわよ」
 と、沙耶さん。
 「それなら、テーブルを組んで、その上に寝かせたらどう?」
 また別のママが言いました。
 それで決まったみたいです。

 女性たちは、みんなで協力して、僕を会議室の長いテーブルに寝かせました。
 僕の意見なんて最初から聞くつもりないんだから、言わなければいいのに。
 それにしても、“どちらがより屈辱か”で決めるなんて、たいした人たちです。

 ママたちが革バンドを僕の両手にはめ込みました。
 ロープがぴんと張られ、僕の両手はそれぞれ別の方向に引っ張られます。
 革バンドが、手首にくい込んでいます。痛いです・・・・。
 おそらく、内出血しています。

 つぎは、足首に革バンドがはめ込まれました。
 てきぱきと作業していく凉子さん、沙耶さんに、僕は哀れっぽく言いました。
 「どうか、許して下さい。この前のことは、本当に反省しています。お願いですから・・・・」

 凉子さん沙耶さんが、僕を見下ろして、笑いました。
 「こうなったらもう、だれにも止められないわよ」
 と、凉子さんが言い、沙耶さんも、
 「あなた、オモチャになるのよ」
 と言って、ハンズで買ってきた(?)いろいろな道具を並べました。

 首輪、鞭、針のついてない注射器、音だけ大きいハリセン、ボクシンググローブ、ダーツの矢、 女性用カツラ、メイドさんの女装セット・・・・などなど、大半がくだらない玩具です。・・・・・・あ、だから、“オモチャになる”のか。

 僕は思わず身震いしました。

 「足かせする前に、パンツ脱がした方がいいわよ」
 後ろの方にいた若いママが言いました。
 「どうせ、あとで脱がすんでしょ?足かせしちゃったら、切らないと脱げなくなるわ」

 女子高生の奈津子さんが、玩具の中からメイドさんの衣装を取り出し、
 「ふふふ、そしたら、これを着せてあげる」
 ひらひらのついたエプロンを僕の前にさらしました。

 や、やめて!

 奈津子さんの冗談はともかく、凉子さんと、沙耶さんが、僕の下半身に手をのばしてきました。
 「うわ~パンツ、びしょびしょだわ」
 「早いとこ、脱がしちゃいましょう」

 二人の会話に、他の女性たちも全員集まってきて加わります。
 「本当に、この場でパンツ脱がすの?」
 「最初からそのつもりのくせに!」
 「フフフ・・・・そうよ、そのつもりよ」

 や、やめてくれえええ!
 僕は首をぶんぶん振り回して抵抗します。それしか、できることがありません。

 涼子さんが目を細めました。
 「そんなに、パンツ脱がされるの嫌?」

 あ、当たり前じゃないですか。こんなに大勢の前で・・・。

 「・・じゃ、今すぐ、わたしのパンツ返して」
 涼子さんが、僕の胸に身を乗り出して言いました。

 そ、それは・・・・・・。

 「返せないんでしょ」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 「返せるわけないわ。どうせ下着を頭からかぶったり、匂いをかいでオナニーしたのよ」
 若い母親の一人が、意地悪く言います。

 その瞬間、涼子さんが僕の顔面を思いっきり張りました。それも往復で。
 「・・返せないなら、あなた、文句言う資格ないわね」

 あ、あたらしいの、買って、お返しします・・・・・・。

 「フーン。あたらしいの、買ってくれるんだ?」

 い、慰謝料もお支払いしますから!!

 「・・・・うーん、これは、お金だけで、簡単に済ませていい問題じゃないしなあ・・・」
 涼子さんが、考えるそぶりを見せて、背後にいる女性たちをふり返ります。

 女性たちは無言。ここまで来て、中止なんてあり得ないという顔をしています。

 「ワルイ男子は、パンツを下ろしてお仕置き!」
 女子生徒の一人が叫ぶように言いました。

 「パンツぐらい脱がさないと、女の子の恥ずかしい気持ちは理解できないわよ」
 補足するように、ママの一人が言います。
 「小学校のクラスでも、スカートめくりをした男子は、放課後に残して、女の子たちの学級裁判で、パンツ脱がしの刑にすることもあるわ」

 ・・・・・・・・・・。いくら、女性の権利が強くなっているからといって、それは、あんまりじゃ・・・。

 「あら、最近では、男子は、中学校までは、裸にしてもいいことになってるのよ」
 制服姿の女子中学生を連れたママが言いました。

 「裸にしてどうするの?」

 「“罪の重さ”に応じて、おちんちんを、引っぱったり、定規で叩いたりするらしいわよ」

 「今は、中学生だと、オチンチンに毛が生えてる子も多いんじゃない」

 「そうみたいね。ここだけの話、毛が生えたかどうかチェックするために、女の子たちが、適当な罪をでっちあげて、男子を脱がすこともあるみたいよ」

 「それはひどいわ」

 「いいのよ。その年頃の男子なんて、どうせ、頭の中はエッチなことしか考えてないんだから」

 「それは、そうかもしれないけど」
 ママたちの会話に、僕は震えあがってしまいます。

 女子高生の奈津子さんが、僕が鳥肌を立てたのを、目ざとく見つけました。
 彼女は笑いながら、
 「中学で、クラスの女子に裸を見られるのは、つらいわよねえ。・・・・ところで、お兄さんは、おいくつ?」

 「二十六歳!」
 小菅美帆が、ここぞとばかり、叫びました。
 女性たちが爆笑します。
 ・・・・やっぱり、僕のこと怨みに思っていたんですね、先生。

 「二十六歳でパンツ脱がしのお仕置きか・・・・うわ、最悪、あり得ない」
 沙耶さんがわざとらしく言います。
 「わたしなら羞恥で二度と立ち上がれないかもね」

 「エッチなことばかり考えてた罰ですよ!」
 二十代のママが言いました。
 あれ、この人、ついさっき“ひどい”って言った人です。もう、宗旨替えですか。

 彼女、よく見ると、カワイイ顔してます。
 話によると、母娘で雑誌モデルだそうです。関係ないけど・・・・。

 「それじゃ、◎◎君。今日は、メグさんに、たっぷりと、オチンチンを見てもらいましょうねぇ」
 中学女子のママが、言いました。
 意地悪で、わざとらしい発言です。僕のこころの動きなんて、完全に見透かされています。

 な、何でも言うこと聞きます。だから許して!!!
 思わず僕は叫びました。

 「なんでも言うこと聞くなら、お前、パンツ脱げよ!!」
 少女の一人が言うと、またしても女性たち爆笑。

 #☆※ゆ、ゆ、許して!!
 もう僕は涙声です。
 顔を引きつらせて、涼子さんに哀願します。

 涼子さんは、考えるようなそぶりをして、一瞬の間をおいてから、
 「ダメ!・・下着泥棒の罰として、今からあなたを、オチンチン丸出しの刑に処します」
 と言いました。
 「しっかり反省して下さいね」

 女性たちがみんな、げらげら笑っています。
 今日の、この僕の運命は、彼女たちみんな合意した上でのことなんでしょうか?

 最後に僕は、喉も割れんばかりの声で、叫びました。
 やめろ!!

 「さ、みんな注目!」
 わざわざ言わなくても、みんな注目してるって・・・・。ぜんぶ僕を辱めるためにやっているんですね、涼子さん。

 何人もの女性に足を押さえられ、注視される中、僕はパンツを足元までめくり下ろされました。
 女性たちが、わざとらしく悲鳴に似た歓声をあげます。

 や、やめて。見ないで・・・・。

 僕は女の子みたいに足をくねらせて、はかない抵抗をしました。
 「もう見られてるのに、馬鹿みたい」
 だれか、女子生徒が言いました。

 両足のロープが、それぞれの方向にピン!と、のばされました。

 これじゃ、隠しようがありません。
 僕は、女子供二十五人の前で、生まれたままの姿をさらけ出す羽目になりました。

姉のハメ撮りビデオ

俺が中3で姉が高2のとき、姉の本を借りようと俺は姉の部屋に入った。
姉はいなかったので、ちょっとした好奇心で、姉のタンスをあさってしまった。
どんな下着つけてるのか興味あったからだ。けっこう派手な下着をいくつか見つけた。
すると、タンスの奥にビデオテープが隠してあるのに気づいた。シールとかは、なにも張ってない。
(はは〜ん、これはエッチなビデオだな)
俺はピンと来た。姉がどんなエロビデオを見ているのか興味あって、このビデオを自分の部屋に持ち帰った。

早速再生してみると、まったく予想していなかったが、モニターに現れたのは姉の姿だった。
ただのAVをダビングしたビデオだと予想していたから、結構びっくりした。
姉は制服姿でホテルの一室と思われる部屋の中にいて、撮影している男と仲よさそうに話している。
姉は撮影者の男とキスし始めた。男は社会人っぽい年齢だった。どうみても、高校生には見えない。
「これって、援交か!?」

俺はマジで動揺した。
最近、こういう雰囲気のAVを見たことがある。
援交女子高生のハメドリビデオだった。
今見ている姉のビデオは、その援交ハメドリビデオに雰囲気がそっくりだった。
男「それじゃ、やろうか?」
姉「うん、やる?」
男は姉のブラウスのボタンを外し始めた。姉のブラジャーが見える。
男は姉のブラジャーもはずす。姉の乳首も見えた。
「おおっ!」
初めて見た姉の乳首に、俺はつい声を出してしまった。子供の頃ならともかく、もう高校生になった姉の乳首なんて見れないだろうと思っていたからだ。
姉のおっぱいは形がよく、乳首は茶色だった。
男「相変わらす、エッチなおっぱいだね〜」
姉「はは、サダさん、おっぱい好きだよね」
姉と男は親しそうに会話している。援助交際なのか、本当に親密な仲なのかは微妙なところだった。
男は姉の乳首を吸い始めた。姉は小さな喘ぎ声を上げ始める。

それからキスをして、ねっとりと愛撫している。
結構スローなセックスだった。それに姉は確実に感じ始めていた。
額に眉がよって、顔が赤くなってる。
女の表情になっている。こんな顔した姉を見たのは初めてだった。
男は姉のパンツを脱がせて、姉のアソコをカメラで撮った。
もちろんモザイク無しで、姉のアソコがはっきり見えた。
女のアソコをモロに見たのは、俺は初めてだった。しかも、それは実の姉のだった。
姉「もう、そんなに撮らないでよ」
男「ははは、濡れてるじゃない。パンツにもシミができてる」
姉「もう!」
男は姉のスカートも脱がした。
姉は、はだけたブラウスだけの姿になる。その姿が弟の目から見ても正直エロかった。
男は姉に挿入した。ちゃんとコンドームはつけている。その結合部分もはっきりアップで映っていた。
男が揺れると、姉も声を漏らす。
おっぱいも乳首も揺れた。

男「お尻を向けて」
姉はなにも言わずにそれにしたがった。四つん這いになって、お尻を向ける。
その姿を男ははっきり撮影した。姉のお尻の穴まで見えた。
男はバックから姉を犯し始めた。
スローなセックスがだんだん激しくなって、パンパン肉のぶつかる音がし始めた。
姉も、外に漏れるんじゃないかというぐらい大きな声を出し始めた。
男は5分ほどで射精した。
姉を仰向けに寝かすと、まだ感じて、うつろになっている姉の姿を舐めるように撮影していた。
姉はそのカメラに笑顔を向けた。
ビデオはそこで終わった。
俺はすっかり興奮してしまい、もう一度まき戻して、オナニーし始めた。
姉の正常位での乳揺れシーンがいちばんエロくて、何回も巻き戻してチンコをしごいていた。
もう少しで射精しそうになったとき、
姉「ねえ、隆典〜、あっ!」
いきなり足音も立てずに姉が入ってきた。

俺「ああっ!」
俺は本当にびっくりした。世界が終わったかと思うぐらいびっくりした。突然戦争が始まっても、こんなにはびっくりしなかっただろう。
俺はパンツを上げて、あわててビデオを停止した。
姉は深刻そうな顔で俺を見た。
姉に見られながら、俺はパンツの中で射精していた。ドクドクいって、股間に生暖かい感覚があった。
姉はなにも言わずに部屋から出た。
オナニーを見られたのはまだいい。しかし、見ていたオカズが姉のハメドリビデオ
だったのがばれたかどうかは微妙だった。姉が入ってきた2,3秒後に停止したから、もしかしたら気づいてなかったかもしれない。
俺はただオタオタしていた。
はっきり言って、こんなに危機感を感じたのは生まれて初めてだった。中学生のとき不良に絡まれたことなんか比じゃない。
20秒ぐらい後に、姉は今まで見たこともない怖い顔で、俺の部屋に戻ってきた。
俺を押しのけると、ビデオデッキから姉のハメドリビデオを取り出す。
姉は自分の部屋に帰って、タンスの中にビデオがなかったのを確認したんだろう。

姉「死ね!バカ!気持ち悪い!」
姉はビデオテープで本気で俺のこめかみを殴った。
こんなに怒りをむき出しにした姉を見たのは初めてだった。
それからビデオを持って部屋から出た。

おれは、もうこの家にはいられないと思った。
俺は着替えをかばんに詰めると、書置きを残し、自転車に乗って本気で家出した。
町をふらふら自転車でさまよう。とにかく逃げることしか考えられなかった。
本気で死ぬことも考えた。
手持ちの金でコンビニ弁当とか食べながら、4日ぐらい野宿を繰り返した。
途中、首が吊れるような枝や設備を探したりもした。
実家から40キロぐらい離れた公園で寝ていたら、どう見ても薄汚れた家出少年の俺は、警察に職務質問された。
腹が減って、疲れきっていた俺は、もう警察から逃げる気も起きなかった。
俺を保護した警察から、両親に連絡が行く。
両親は家出の理由を問いただしたが、俺は答えられなかった。姉のハメドリビデオを見ていたら、それが姉にばれたので家出したなんて言えるわけがなかった。

俺は、学校でいじめにあって、もう嫌になって家出した。家に問題があったわけじゃないと、適当にウソの言い訳をした。
家に連れ戻された俺が、鬱病寸前で部屋にこもっていると、姉が入ってきた。
俺「ごめん、姉ちゃん!ビデオのことは、絶対言わなかったから」
俺は土下座して謝った。
姉「いいよ。私も言い過ぎたわ。まさか本気で家出するなんて思わなかったから。本当に死んだんじゃないかと、本気で心配したわよ」
俺は、正直、本気で死のうと思ったことなども話した。
姉「そんなバカなこと考えないでよね。本当に生きててよかった」
姉は俺の頭を抱きしめてくれた。
俺「ごめんなさい。もう絶対姉ちゃんの部屋に入ったりしないから」
俺は涙が止まらなくなった。ただ申し訳に気持ちだった。
俺が泣き出すと姉も泣き始めた。ふたりで30分ぐらい、メソメソ泣いていた。
姉に許してもらえたのは救いだった。絶縁も覚悟していたからだ。

それから二人がそのことを口にすることはなかった。
俺も、もう二度と姉の部屋に黙って入ったりはしなかった。
姉は許してくれたが、その後も俺はあのビデオの映像が頭から離れなかった。
服の上から姉の胸を見たら、あの形のいいおっぱいと乳首が浮かんでくる。
お尻を見たら、あの白くてきれいなお尻が浮かんでくる。

姉のハメドリビデオの裸を思い出して何度もオナニーした。

美しくいやらしかった姉

小学生の頃の姉との関係を告白します。
私が小学6年生の時姉は高校1年で近所では“いいとこのお嬢さん”で通っていました。その年の夏休み、両親が揃って福島にある親戚の結婚式に行き3日間姉とふたりっきりになりました。

私としてはそのころからオナニーを覚えており、女の体には興味がありましたがその日が来るまで全く姉に対して、性的な興味のかけらさえ感じたことはありませんでした。

忘れもしない8月2日の夜、自宅で姉の作った夕食を食べていました。私は確かテレビアニメに夢中になっていましたが、姉は独り言のように「ビール飲んでみようかな・・・タカシいわないでね」と言うとやおら冷蔵庫からビールをだして飲み始めたのです。

私もまだ小学生ですから「あ〜れれあ〜れれあかーさんに言ってやろ」と姉をからかったのを記憶しています。しばらくして(8時頃だったか)居間にいると姉が酒臭い息を吐きながら「ねぇタカシ、女のあそこ見たことある?」といきなりささやいてきました。

私はエロ本のマンガで女性器の形は何となく知っていましたが、今のように画像が氾濫してはいませんでしたのですばり女性器を見たことは一度もありませんでした。「し、知らないねー」と突然の姉の変貌ぶりに顔を真っ赤にして言いました。

「おねーちゃんが見せてあげようか・・・・」

普段は清楚で、頭も良く今のタレントで言うと森高千里のようなイメージの姉がそんなことを言ってきたこと自体に私はパニックになりました。姉のことをいやらしい女に感じ、身内であることを恥じるような感覚だったと思います。

「見たくないよ」
「ほんとに?」
「誰にも言わずふたりっきりの秘密にしてあげるよ・・・・」

そこまで言われても子供の私は、臆して逃げるようにトイレに立ちました。トイレから戻ってくると、姉はTシャツにショーツになっていました。

「ねーちゃん・・・・」

私は性欲より、そこまでしてしまった姉を思いやる気持ちでそっとそばに行きました。

「むこうの部屋に行こう・・・」

姉は私の手をとり両親が寝室で使っている奥の四畳半部屋へ引っ張っていきました。

姉は部屋にはいると、窓の雨戸を閉め、カーテンをしました。8月ですから一瞬にして部屋の中が蒸し風呂のようになりました。姉は母の三面鏡のイスに座って両膝をたてて足を開きました。

「いいよ、見てごらん」

私は言われるまま正座をして姉の膝の間に自分の顔を持っていきました。ショーツは綿の白で、まじめな女子高校生がはいているような物です。顔を近づけたとき、始めて嗅ぐニオイがしました。チーズのニオイに汗とオシッコのニオイを混ぜたようなものでしたか・・・

姉は自分でショーツの上から人差し指と中指で大陰唇の周囲を押し、自分のもののレリーフを作るようにしてくれました。薄い綿の生地が唇のようにぷっくりして女性器の形が何となくわかるようでした。

「どう?」

姉はいつもの天使のようなまなざしから、メス猫のような淫靡なまなざしで言いました。

「・・・・・・・・」

そのころになると私もさすがに男の性欲が体を埋め尽くしており、「こんなんじゃわかんないよ。じかにみせてよ」と言ってしまいました。

姉はイスから立ち上がるとショーツをぬぎ今度は畳の上に仰向けに横になり膝を立てました。陰毛はうっすらと薄かったことが妙に記憶として残っています。

私は炎天下で野球をやったときのように全身汗だくで、姉も太股の内側やおなかの上がオリーブオイルを塗ったように汗でテカッていました。姉のその部分に近ずくとさっきよりも、ニオイのうちチーズのニオイだけ強く感じました。

「ねーちゃん、毛で見えない」

そう言うと姉は自分で両足を抱え、体操座りのように丸くなってくれました。もう何も邪魔することなく、私の目には汗となんだかわからないヌルヌルのものでいやらしく光る女性器が飛び込んできました。

「ねーちゃんさわりたいよ」
「だめだよ見るだけ!」
「じゃなめさせて」
「・・・・・・・」

姉の反応がないので、私は姉のそこにむしゃぶりつきました。とっても臭いのですが、汚いとはおもわず犬のように割れた肉をペロペロなめました。姉はテレビで見ていたように喘ぎだしました。

姉は「タカシも見せて!」と怒ったように怒鳴り、膝を抱えていた腕を放し、体を起こして私と向かい合いました。姉はショーツをはき、私のパンツをショートパンツと一緒に脱がそうとします。私は恥ずかしくて協力しないでいると、「立ちなさい!」と命令のように言いました。

私が立つと、姉は私のショートパンツとパンツを一緒に脱がしました。脱がすときひっかかったペニスが跳ね上がり姉の鼻にぶつかりました。

「あんなに小さかったのに・・・・・」

姉はそう言って私のペニスを両手で包みました。

「ねーちゃん!!」

始めて女性に触れられ、爆発してしまいました。姉はティッシュで手と畳と自分のTシャツを拭き「このことはホントに内緒ね」と私の頭をなでました。私は、もうそのころになるとどうしてもさっき見た姉の性器の中に自分のペニスを突っ込みたくて仕方なく、ペニスも一度も萎えることなくまた固くなりました。

「ねーちゃんやっちゃおうよ」

私が言うと、「だめ、それだけは絶対」

「でもカッコだけだったらやらせてあげる」そういってまた仰向けに膝を立てて寝ました。私も姉もセックスの正常位がセックスだと思っていましたので自然と姉もそのカッコを取りました。

私は姉の膝の間に体をすべりこませ姉の上に覆いかぶさりました。ショーツをはいた姉の恥骨の上に自分のペニスをのせ正常位スタイルであたかもセックスしているように上下に動きました。

このときの姉との一体感は今まで感じたことがないものでした。姉は私の唇の中に舌を入れてきました。私は初めてするキスと姉の体との密着感で頭の中は真っ白でした。

しばらくして私は少しからだをおこし、ペニスを自分で握りしめショーツの上から姉のちょうどその部分へとあてがい、ショーツの布もろとも姉の膣の中に入れようとしました。

姉はそれを止めることなく小さく喘いでいました。私は狂ったように突き刺しました。ショーツの布は少しずつ姉の割れ目の中に食い込んでいき、ペニスの先は実質姉の中に入りかけていました。

姉がちょっとずつ協力的に腰を振ったり、浮かせたりするようになったのを見計らって私は姉のショーツの足の間の一番狭い部分を横にずらし一気に挿入してしまいました。

「あーーーっ」

私のペニスは根元までズボッと姉の膣の収まり、姉はエビのようにのけぞり苦痛に顔をゆがめました。あまりに痛そうだったので思わずペニスを抜いて姉に謝りました。

「ごめんねっ」

姉はしばらく何も言ってくれませんでしたが、気をとりなおして「とうとうやっちゃったね」と言って私を抱きしめました。二人はそれから狂ったようにキスをし、姉もショーツを脱ぎ、もう一度一つになりました。

私はすぐにいってしまいましたが、次に元気になり始めたときには姉の苦痛の顔が快楽を感じている顔に変わってきたのを覚えています。

その夜はセックスとしては3回でした。その次の晩も姉の方から私の部屋に来てセックスしました。姉が上になったり、後ろから入れたりしました。それから姉が高校を卒業するまで関係は続きました。

姉がイクことを憶えてからはどんどん大胆になって毎日のように求めてきました。両親の目を盗んで、トイレの中で立ったまましたり、大学受験の勉強をしている姉の机の下にはいり、あそこをなめたりしました。

その頃は私の精液はすべて姉に吸い取られたのでオナニーした記憶がありません。そんな関係も誰にも知られず姉が東京の大学に入学し、私に彼女ができた時点で自然と消滅し、会ってもそのことはお互い話題にもしません。

私はこの経験からどんな女性を見ても、“女は淫乱”と見てしまうようになりました。虫も殺さぬような顔をしていても無類の好き者でチャンスさえあれば誰とでもセックスするように思えてなりません。

美しくいやらしかった姉をまだ体がおぼえています。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード