萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

SM

先輩に洗脳された俺と調教された妻  Ⅱ

数年ぶりに出会った先輩(ヒロ)に媚薬貰ってから10日程で、俺はまたヒロに媚薬を貰いに出かけた。
そしてヒロの家で3人で食事をする事になり、その場でヒロに媚薬を飲まされた妻は、体の火照りが
止まらず、ヒロに体を散々弄ばれたんです。ヒロの変態振りは止まらず、妻は公園で露出行為と同時に
指で逝かされると言う仕打ちを受けました。そんな姿を横目で見ながら興奮する俺!
その日、ヒロは妻の体に悪戯をする程度で終わり、俺は家に帰り妻と激しく体を求め合ったんです。
翌日の日曜日も俺は妻に媚薬を飲ませ、その夜も激しく燃え上がる事が出来たんですが、妻の体に
異変が起きていました。翌朝、朝食の準備をする妻は、キッチンの隅で1人アソコを弄っていました。
媚薬の効き目なのか?妻は翌朝も火照りが続いている様でした。

その日の夕方、ヒロ先輩から1通のメールが届いたんです。
中身を見ると”こんなのはどう?”と言うタイトル。
文面は無く、添付された画像!中を開いて驚きました。
妻が全裸で体中をロープで縛られ木に吊るされながらマンコとアナルにバイブが差し込まれています。
その横で同じく全裸のヒロが黒々と反り立つ肉棒を妻に咥えさせている写真です。
カァッと来ましたが、それ以上に妻の姿に異常な興奮と嫉妬心を覚えたんです。
そんな時、2軒目のメールが届きました。
”こんな姿を望んでいたんだろう!もう股間は熱くなりギンギンじゃないのか?帰りに俺ん家に来いよ”
と言う内容でした。
仕事も手に付かないまま、夕方を迎え急いで会社を出ると直接ヒロの自宅を目指しながら、妻に電話を
掛けるとヒロが電話に出て”遅かったな!今帰りか?奥さんに変わるよ”と言うと間もなく”ハァハァ・・・
ん~・・・あ・な・た・・・ごめんなさい・・・あぁぁぁダメ~”と妻の声の後、電話は切れたんです。
その後、リダイヤルを掛けても全く反応はありません。
先輩の家に着いたのは、電話後20分程経過した頃でした。
急いでヒロの家の庭先にある離れ部屋に向かい戸を開けると、中に入ったんです。
 ”うっ・・・ハァ~だ・・・め・・・い・・・っちゃう”
 ”ゆみ(妻)もう限界か?”
奥の部屋から聞こえる2人の会話に襖の戸を開け驚きで立ち止まってしまいました。
目の前に妻が全裸で縛られ柱に縛り付けられた状態で、アナルに巨大な浣腸が差し込まれています。
マンコにも巨大なバイブが差し込まれテープで固定されています。
胸も上下にロープが食い込みFカップの胸が前に突き出しています。
乳首にも洗濯バサミが挟まれ、妻は苦しそうな表情を浮かべていました。
 ”間に合ったな!もう少しで漏らす瞬間見逃す所だったなぁ”
 ”ヒロ!何やってるんだよ”
 ”見れば分かるだろ!お前が好きなSM調教だよ”
 ”俺の奥さんだぞ”
 ”あぁ知ってるよ!だからやってるんだろ”
 ”何言ってるんだよ”
 ”お前、こういうの望んでいたんだろ・・・今だって興奮している癖に・・・”
ヒロの言葉に返す言葉を失いました。確かに目の前の妻の姿に興奮し股間は大きく張り出している
自分に何が言えるでしょうか?
 ”あなた見ないで・・・ごめんなさい・・・”
 ”もう少し入れてやるか!”
 ”ダメ・・・もうでちゃうぅ~”
そう言うと妻のお尻から”ブリィ~ブリブリ”と言う音と同時に大量の排泄物が拭き出し、やがて浣腸液が
噴き出したんです。
 ”遂に出たな!凄い量だな!”
 ”見ないで・・・もうお願い・・・許して”
 ”そう言いながらもマンコから汁が溢れているじゃないか?変態女”
 ”・・・”
 ”見て見ろ!お前の奥さんこんなにエッチな汁を溢れさせているんだ!アナルでも感じる変態だ”
確かに妻の太腿を伝って流れる透明な汁がテカテカと光ってみえます。
全て吐きだしたアナルがヒクヒクするとヒロはまた巨大な浣腸に液を注入し妻のアナルに差し込んだんです。
1000ccも入れられた妻は苦しい表情を浮かべ、やがて浣腸液を勢いよく噴き出すとロープに身を任せる
様にぐったりとなりました。
ヒロは妻のアナルにローションを塗り指を出し入れを繰り返すと、アナルバイブを差し込んだんです。
妻のアナルはバイブをドンドン飲みこみ、根元部分まで呑み込むと離さないと言った感じに締め付け
バイブは抜けて来ませんでした。
 ”凄い締め付けだな!バイブが気に入ったか?”
 ”苦しいわ・・・抜いて”
 ”そう言いながらもマンコからは愛汁を溢れさせるんだな”
 ”だって・・・”
ヒロはバイブのスイッチを強にしながらクリトリスを弄り始めました。
 ”そこはダメェ~・・・逝っちゃうわ・・・”
 ”アナルでも逝くのか?”
ヒロがバイブを前後に動かすと妻は遂に喘ぎ声を上げながら体をビクビクと痙攣させ、潮を噴き出しました。
 ”アナルで潮吹きとは・・・凄い女だなぁ”
バイブを抜いたヒロはズボンを脱ぎ黒い巨根を妻のアナルに差し込んだんです。
 ”ヒロ!何やってるんだよ”
 ”何って・・・もう遅いよ!今日何度差し込んだか?分からないからなぁ”
 ”酷いよ!犯罪じゃないか!”
 ”お前が見たいって言ったんだろ!それに奥さんだってこうなる事を望んでいた様だし”
 ”えっ・・・望んでいた?”
 ”家に行ってみたらオナニーしていたから、手伝ってあげたら何でも言う事を聞くって言ったんだ”
 ”嘘だ!”
 ”だって・・・身体が火照ってどうしようなく欲しかったの!あなたが変な薬使ったせいよ”
ヒロは俺が媚薬を使った事を暴露したんだと知りました。
目の前でヒロが妻のアナルに中出しし、抜かれた穴から大量の精液が溢れる姿を俺は股間を大きくしながら
見つめていました。
抜かれた肉棒を妻に舐めさせ満足げな表情で”今日何度目かな?もう出ないよ”と俺に話してきました。
 ”奥さん淫乱だから何度逝っても直ぐに欲しがるから大変だったよ。今度は数人でないと奥さんを満足
  させられないな!乱交も良いだろ”
 ”乱交なんて駄目だからなぁ”
 ”奥さんはどうかな?もっといっぱい欲しいんじゃないかなぁ”
 ”そうなのか?”
妻は何も言わなかったが、目は確かに欲しいと言っている様に思えました。
柱から解き放たれた妻を四つん這いにし怒り狂った俺の肉棒を差し込むと、ヒロに何度も差し込まれた事を
証明する様に緩く感じた。その後、初めて試す妻のアナルに肉棒を差し込んで腸内へ精液を吐きだしました。
全身精液の匂いをさせる妻を家に連れ帰り、一日の出来事を聞くと妻は涙目で話してくれたんです。

朝からアソコが疼き、オナニーをしてるとヒロが来た様です。
お茶を出して、トイレでアソコを拭いた後リビングでお茶を飲み直すとアソコが益々疼いたそうです。
その時点でヒロは妻のお茶に媚薬をいれたんでしょう!
妻がモジモジしているとヒロが隣に座り、スカートの中に手を差し込んで来たんだと言います。
すっかり火照って疼く身体に抵抗する気力は無く、ヒロに良い様に弄ばれたと言います。
彼に連れられ彼の車で山中に向かうと全裸にされ身体を縛られ木に吊るされ写真を撮られた様です。
妻はもう抵抗も出来ず、ヒロに何度も逝かされ意識朦朧となりながら彼の肉棒を受け入れたんでしょう。

その夜、ヒロから電話が掛って来て謝罪の言葉を言われましたが、俺にも責任があります。
正直、今回の出来事で俺はすっかり妻のSM姿に興奮してしまい、忘れる事が出来ません。
妻もヒロの調教にハマってしまい、また遣りたいと言うので夫婦公認でヒロを受け入れる事になりました。
その後、2回/週で妻を貸し出しています。もちろん俺も後を付いて行き、覗いて興奮しています。
ヒロの部屋でのSMプレーも興奮しますが、夜間の公園での野外露出は異常な興奮を覚えます。

この間、ヒロが”今度、公園でホームレス数人に抱かせてみようか?”と言い出し返答に困まりました。
ただ最近、同じ様なシュツエーションに飽き始め、興奮しなくなり始めていてヒロの提案を受け入れて
しまいそうなんです。

新しい展開があったら、また報告します。

棚ボタだった思い出

あれは今から5年前の9月だった。
当時、俺はまだ19歳で高校を出て就職したが、すぐに辞めてアルバイトをしてた。
その日、同級生たちが俺のバイトが終わって帰宅するのを待ってたかのように遊びに来た。

俺を含めた5人はコンビニへ買い出しをしに行くことになり祐太の愛車アルファードに乗り出かけ信号待ちをしてた時だった。
前方から走ってきた軽の車がフラフラしながら走って来て、信号の手前でガードレールを擦って標識のポールにゴツンと当たったのを目撃した。
速度も遅かったので大した事故でもなく、こちらも信号が青になったのでスタートして軽の横を通り過ぎた時、勇人と祐太が
「乗ってたの女やったな。」
「大丈夫かな、あの女・・動いてなかったように見えたぞ。」
あいつらが言うように車は標識のポールに突きつけて止まったまま動こうとしない。

俺と俊介と勇人の3人が車を降りて走って見に行った。
田舎町だから深夜にもなると全く車も通らない県道だ。
コンビニがある国道ならともかく放っておくのもどうかと思って見に行ったのだ。

「あの~大丈夫ですか?」
俺が声を掛けたのだが返事もない。
窓は全開なので聞こえないはずは無いから気を失ってるのかと思ったら微かに寝息?いびき?
「この女、寝てるぞ。」
勇人が覗き込んでそう言った。

「はぁ? 寝てる?」
俺と俊介が目を合わせた。
「なんか酒臭いぞ、この女。」
勇人に言われて俺も窓から顔を突っ込むと確かに酒の匂いがする。

「お~い!大丈夫ですか?」
声を掛けながら肩を揺すってみると
「はぁ~何? どうしたの?」
と女の人がやっと目を覚ました。
どうも飲酒運転で寝てしまってたようだ。

少し女の人と話をして事情を聴いたのだが
自宅でビールと缶チューハイとか飲んでて無くなったのでコンビニへ買い出てきたのだという。
コンビニで買ってから駐車場で1本飲み、自宅に帰る途中だったのだそうだ。
その女の人は40歳前後で俺の母親より少し若いかなってぐらいの感じだった。

「君たちはこんな遅い時間に何してるの?」
今度はあちらから質問された。
これからコンビニでいろいろ買って俺の部屋(離れ)で遊ぶんだと説明したら一緒に飲もうと誘われた。

若い女なら速攻なんだが40前後の女ってことで5人で相談した。
とりあえず、たまには酔っ払いのおばさんと飲むのもいいかってことになったのだが
酔っ払いの女の人に運転させるのは危ないし、軽もなんとかしなくちゃってことで近くの空き地に軽を置いて
女の人を祐太の車に乗せてコンビニに行き、酒と菓子類やいろいろ買って帰った。
俺らはまだ未成年だったが当時のコンビニはうるさくなかった。

帰りながら気になっていたのだが、その女の人は長いTシャツというのかワンピースなのか、それともネグリジェ?
そんな格好で夏物のカーディガンのような物を羽織ってるだけで素足にサンダル履きのラフな格好だった。
おそらく自宅でくつろいでいて、そのまんま出てきたんだろうなと思った。

俺の部屋ってのは元々親と俺が住んでた離れで、今は婆さんと親が母屋で暮らしているので溜まり場のようになっている。
親は農業をしてて寝るのも早いし、母屋とは距離もあるので少々騒いでも怒られることはなかった。
部屋に上がった時に善充が
「このおばさん、ノーブラやぜ。」
と言ってきた。
なるほどよく見ると胸にポツポツと二つ微かに出てた。
どうも全員気づいてるようで視線は胸に向いている。
しかも女の人は『あぐら』をかいて座ったからチラチラ股間も気になった。

「君たち幾つ?」
「何してるの?」
「彼女いるの?」
とにかく最初は質問攻めだった。
それに答えながらチューハイを次から次へと勧めて酔わせて潰そうとしたが、なかなか潰れてくれない。
そうこうしているうちに、今度はこちらからいろいろ聞いてみた。

歳は38歳(すっぴんだったから少し年上に見えた?)でバツイチ、現在マンションに1人住まいで看護師?
13才、10才、8才、5才の4人も子供がいるらしい。
子供は離婚した旦那さんが連れてったとのこと。
何で離婚したのかと聞いたが、最初は話を逸らせたりしてなかなか言わなかった。
しかしかなり酔ってきたらポロポロと少しづつ本当のことが口から出てきた。

今年の正月に同窓会があり、そこで過ちを犯した・・・
しかも複数の同級生の男たちとやっちまったらしい。
それも写メを撮られてて、それをネタに何回も何人もの男たちとやってたのが旦那さんにバレて
今年のGW明けに離婚されたんだそうだ。

それを聞きながら俺たちの股間はパンパンになってしまった。
酔って呂律が回らなくなってきた女の人を囲み乳首をツンツンしたりオッパイを揉み出したのだが抵抗しない。
「俺たちに犯されたいんちゃうか?」
善充が俺の耳元で囁いた。
俺と善充が女の人の両脚を少しづつ開かせると薄い紫のパンツが見えた。
祐太は女の人の後ろからオッパイを揉んでいるし、勇人と俊介は両側から揉んでいた。

酔っぱらって呂律が回らなくなって目も虚ろになった女の人に
「この部屋暑いよなぁ。」
と言いながらワンピース? を裾から捲り、そのまま脱がせた。
「でっけーな!」
女の人の乳房を見て善充が思わず声をあげた。
「確かにホルスタインみたいにでかいが垂れてるよ。」

「ちょちょっちょ・・あんぴゃら・・にゃにしゅんのよ・・・」
呂律の回らない口で女の人が意味不明なことを言いながら怒りだした。
怒りながら四つん這いで逃げようとしたが祐太にパンツを掴まれて転倒。
そのまんまパンツも脱がせて丸裸にして開脚させた。
正直なところ女性体験はあるがマ〇コをジックリ見たことの無かった5人だった。
エロサイトでもモザイクが掛かってたりするし生マ〇コを食い入るように見ながら開いたりクリを弄った。

「あふぅ~ でゃめでゃめぇ~」
女の人は何か言いながら抵抗する気配は少しあったが、さほど力も入っていなかった。

乳は大きいが垂れてるし、お腹には肉がありヒビ割れている。
大きなお尻に黒ずんだ乳首に尻穴とマ〇コのビラビラ。
とても魅力的な女体とは縁のない身体なのだが、なぜか全員痛いほどピンピンだった。

ジャンケンで順番を決めて犯すことにした。
まず善充が一番手で挿入。
すんなりマ〇コに善充のチン〇が吸い込まれるように入っていった。
「おおっ!気持ちええわ、4人も子供産んだとは思えん。」

しばらくピストン運動をしてたが
「おっ出る出る!」
と善充が口走ったので
「中には出すなよ、まだ4人おるんやからな。」
俺は思わず言ってしまった。

善充が果てると祐太、そして俺で俊介、ラストが勇人だった。
一巡してもまだまだ若い俺たちは二巡目に突入。
この頃になると女の人も自分から腰を振るし喘ぎ声も大きくなった。

さすがに三巡目に入ると
「おマ〇コ ガバガバやぜ。」
と善充が言いだし
「サイトで見たことあるんやけど、一回こっちでやってみたかったんや。」
と言うと女の人のお尻の穴に指を入れて解しだした。
「ちゃんと拡げとかんと裂けるらしいぞ。」
横から勇人が注意した。

「このおばさん経験あるんちゃうか?」
善充が指を2本入れて掻き回しながら言った。
なるほど指2本だが、まだもう1本は入りそうだ。

「しょこ・・でゃめぇ~」
女の人は抵抗しようとしたが皆で押さえつけて善充が尻穴に挿入した。
「これは・・なんかマ〇コと違う感触やけど気持ちええぞ。」
善充はグイグイと奥まで挿入した。
「あひゃ~ひぃ~」
「うるさい口やな!」
祐太が女の人の口に無理やりチン〇を挿入しフェラをさせた。

「次は俺やぞ!」
善充が尻穴で果てると勇人がすぐに代わった。
モガモガと何か言いたそうな女の人だったが祐太のチン〇が挿入されているから全くわからない。
「ちゃんと舌も使えよ!」
逆に祐太に怒鳴られて大人しくなった。

「おい、あれしようぜ。」
俊介の提案で祐太が仰向けに寝て、そそり立った祐太のチン〇に女の人を跨がせて挿入。
その女の人の後ろから俺が尻穴に挿入し、勇人と俊介が女の人の顔の前に立ち2本のチン〇を口に捻じ込んだ。
それを善充が写メを撮りまくった。


もう何時間も犯しまくり、さすがに俺たちも起たなくなったので、女の人の陰毛を剃りあげて終了。
けっこう尻穴付近も毛が生えてて時間がかかったが、放心状態の女の人にいろんな恥ずかしいポーズをさせて
記念写真を全員で撮って服を着せて軽まで送っていった。
その後も度々呼び寄せては彼女にいろんなことをさせてみた。
それをデジカメやビデオで撮っては楽しく遊んだ。
女の人も嫌がるような素振りはなく、言われたままオナニーでもSMや露出でも何でもしてくれた。

しかしある日、突然居なくなった。
マンションは蛻の空で携帯も繋がらなくなった。
でも、ちょうど良かったのかもしれないと思った。
みんなも熟女には飽きてきてたし、それぞれ彼女も出来てた頃だったから。
画像やビデオは今も俺の部屋にあるから時々集まった時に見ています。

結局、あの女の人はただの酔っ払いだったのか、淫乱熟女だったのか
どちらにしても棚ボタみたいな出来事でした。

3.息子のお友達に見られて興奮する私

息子の友人にエッチな姿を見られて癖になった私。
イケない事と知りながらも、興奮する気持ちを抑える事が出来ない私。
何度、息子の友人の前で淫らな姿を曝け出し、興奮した事でしょう。
その日は、息子も幼稚園に行っていて、午後2時過ぎには帰って来るので午前中に
買い物を済ませようと出かける事にしました。
いつもの公園の近くを通ると、息子のお友達が砂場で1人で遊んでいました。
 ”こんにちは・・・今日は1人?”
 ”うん!友達は幼稚園に行ったから・・・”
 ”そうなの?幼稚園には行かないの?”
 ”ん~ママが行かなくていいって”
 ”ママは?”
 ”寝てる!夜お仕事して来たから”
 ”そうなの?家に来る?”
 ”うん!”
そんな事で、私は買い物を止め息子のお友達を連れ家に向かいました。
家に着いてジュースとおやつを上げるとバクバク食べてくれました。
きっと朝も食べていないのでしょう!何気なく彼の傍に近付くと汗の匂いなのか?変な
臭いがするんです。想像ですが昨夜も風呂に入っていないのか?
 ”一緒に風呂に入る?”
 ”うん”
彼の服を脱がせ、洗濯機を回しながら2人で風呂に入ったんです。
相変わらず彼は私の裸をジィ~っと見つめて来て、私も彼の視線に興奮していました。
彼に見える様にアソコを開いたり、尻を彼の顔に近づけると、もう濡れ濡れです。
彼の体を石鹸で洗いながら、おチンチンを丁寧に洗ってあげました。
 ”今度はお姉さんの体洗ってくれる?”
 ”いいよ”
そうお願いし、胸や背中を洗って貰うと、彼にお尻を付き出し、”ここも綺麗に洗ってね”と
お尻とマンコを指さしました。
彼は、恐る恐るお尻に触れ、やがてマンコにスポンジを当てて来ました。
 ”気持ちいぃぃわ”
そう言うと、彼は何度もマンコを洗います。
お互いお湯で体を流し、脱衣場を出ると私は息子の服を彼に着せ私は全裸で2階の寝室に
向かったんです。彼も興味深々で寝室まで来たので、私は隠し置いていた皮ベルトの
SM道具(胸やアソコを皮の紐上のバンドで固定する)を装着し彼の目の前で四つん這いに
なりながら、”お姉さんがお馬になるから乗っていいのよ”と言いました。
彼にムチを渡し、”遅い時、これでお尻を叩くのよ”と言うと歩き出したんです。
 ”もっと早く歩いて・・・ビシッ”とムチがお尻に当たります。
 ”あぁぁぁ!ごめんなさい!もっと一杯叩いて”
 ”これぐらい?ビシッ・ビシッ”
 ”あぁぁぁ!凄く良いわ”
私は彼に何度もムチで叩かれお尻が赤くなっています。
彼の目の前で、バイブをアソコに差し込んで”お馬さんは尻尾が必要だから・・・”と良い訳を
しながら、アナルにもバイブを差し込んだんです。
もう気が狂いそうな感じで、私は彼の目の前で完全に奴隷ペットと化していました。
そんな事を1時間も続け、私はバイブと彼のムチで何度か逝かされたんです。
ハァハァ息を荒らしていると”お姉ちゃん大丈夫?”と優しい声!
 ”うん!大丈夫なのよ!凄く気持ち良かったの?”
 ”う~ん、そうなんだ”バイブを抜き、皮ベルトを外すと私は昼食の準備です。
キッチンで昼食を準備している最中も私は下半身丸出しで、彼にムチで叩かれていました。
もうすっかり慣れたのか?彼は完全にムチの使い方に慣れ、的確にお尻を叩いてきます。
時にはムチの持つ棒をアソコに差し込んで来て”どうだ!気持ちいいんだろ”と聞いてきます。
 ”凄く気持ちいいわ”
そんな事しながら私は昼食を作り、彼と一緒に食べたんです。
午後も皮ベルトを装着し、彼とお馬さんごっこをして逝かされながら、息子の帰りを待ったんです。
もちろん息子が帰宅する時間には服を着ていましたが、下着は付けていません。
幼稚園の送迎バスが到着し、息子が帰宅すると友達が来ている事に喜んで、暫く遊んでいました。
夕方、お友達を公園まで連れて行くと、手をふり別れたんです。
もちろん!彼には口止めはしておきました。家で報告されると困るから・・・。

エロ狂いの先生

俺は14になったばかりの中学生です。

友だちに教えてもらった海外サーバー経由のエロサイトにハマって毎日見てました。
少し前に気になる女の人のエッチな画像を見つけました。
それは30代半ばの女の人で最初は『ばばぁ』だからと無視してたのですが
ほぼ毎日新しい画像がアップされてるんです。

しかも俺には理解不可能なSMっぽいやつや、尻の穴でのセックスとか激しいものでした。
首輪をされて浣腸プレイとか、前後に太いバイブを挿し込まれていたり
男のチ〇コを咥えてたりしてました。

顔はアイマスクで見えませんが何か見たことあるような女の人だなあと思っていました。
ある日、画像の横に某中学校の先生だと書いてあるのを見て
「あっ!宮本だ!!」と直感しました。
それは俺の通う中学校の先生です。

前からの画像をよく見ると鼻の頭の小さな出来物、顎にあるホクロ、それに後ろに写ってる鞄も見覚えありました。
服装も見たことあるといえば見たことあります。
体型も少しポチャでまず間違いないと確信しました。
あまり熟女関係は興味なかったので飛ばしてたのですが、最初からコメントも読みながら1枚1枚じっくり見ました。
名前は冒頭に『いずみ』と書いていました。
たしか宮本先生の名前は『いずみ』のはずです。
最初の頃の画像はアイマスクはしてませんでしたが、顔は写らないように撮っていました。
でも何枚かは鏡に写っていたり(少しボヤけてる)、横顔(斜め後ろからなのでわかりにくい)が写ってたので確実に宮本先生だとわかりました。
でも見てるうちに少し化粧が濃いですがハッキリ顔出しのも出てきました。

学校ではウザイ先生の一人で、いつも偉そうに生徒を怒っています。
女子には特に嫌われてて、卒業したらボコってやるとか何人かの女子が言ってたのを思い出しました。

コメントには旦那は租チンで淡泊なセックスしかしないので不倫してるようなことが書かれてました。
画像をDLしてコメントもコピペして友達に見せてやるとビックリしてました。
友だちも画像を見て宮本先生で間違いないと確信したようです。
そして計画を立てました。
休みの日に体育館の倉庫に呼び出して輪姦しようってことになりました。


来週の日曜日決行です。

妻の過去

妻も私も40代、ごく普通の生活を送っている。
妻は今でこそ一般企業の会社員であるが、8年ほど前までは某県立中学の社会科教師だった。
某大学教育学部を卒業後、教員採用試験に合格し、いくばくかの研修後、この中学に赴任した。
比較的おとなしめの学校ではあったようだが、数ヶ月で教師としての自信を失いかけ、
それを上司である教頭に救済された事から、信頼関係を築きあげ、それが男女の関係に発展するという、良くあるパターンで妻は教頭の「女」になった。
妻も「まじめ」な性格ではあるが、セックスの経験がなくはなかったようで、この教頭で二人目の「男」だったそうだ。
しかし実際、セックスしてみると「女の扱い」は、教頭のほうが格段に良く、同世代の元カレなどの幼稚なセックスとは訳が違い、妻の身体は、教頭無しにいれなくなった様だ。
そんな妻の性質などを感じ取った教頭は、妻に「M」気質があるのを見抜いたようで、普通のセックスからSMプレイを交えたセックスへと上り詰めるのに時間はかからなかったようだ。
妻の記憶に寄れば、初めて教頭とSMらしき事をしたのは、妻が24~5歳の頃という。
ムチで軽くたたかれながら、様々な教頭の性的要求を受け入れるのが始まりだったようだ。
曰く、「先生の固いチンポいれてください!」と言わされたり、挿入され、教頭のペニスが子宮を突くごとに「チンポいい!」と叫ばされたりなどなど。
その頃の妻の写真からは、そんなことなど微塵も感じ取れないほどの清純さに満ち溢れた表情の妻がいるばかりで、このギャップに今更ながらに驚きと興奮を感じ得ない。
私が妻に出会ったのもこの頃だ。
当時、私は教材等を決められたコースの学校に届ける仕事についており、妻のいる学校の窓口となっていた教頭とは、当然ながら面識もあった。
正直、業者に今で言う「上から目線」の発言が多い男だったので、嫌いなやつではあったが、「それなりの対価」があれば、かなりの便宜を加えてもくれたので、うちの会社としてはありがたい存在でもあったようだ。
そんな中で妻はよく、手が空くと品運びなども手伝ってくれて、私が妻に好意を感じ始め、
安アパートに帰るや、妻をネタにオナニーに興じていた頃、妻は教頭とセックスはおろか
SMを行っていたというのだから、驚かずには入れなかった。
私自身も教頭と妻が分かれるまで、二人の関係に一切気づかず、妻の口から真実を聞くまで
信じられなかったが、よほどうまく交際していたのか、学校関係者の口からもこの事は聞かされることもなかった。
この業界で、教師のゴシップ話など、はいて捨てるくらい聞いてきた私がである。
そればかりか、当の教頭の機嫌伺いついでに「00先生っていいですよね」などと妻に好意があるようにあからさまに教頭に話したこともあったので、背筋に冷たいものが走ったのをおぼえている。
妻も教頭とのプレイ中に私が妻のマンコを狙っているぞと何度となく聞いたことがあるそうで、それが刷り込まれたせいもあり、私に興味が出てきたそうでもある。
そういった意味では、私と妻が結婚できた一因は、教頭のおかげでもあろうか。
教頭も私という男が現れてから妻に対するプレイ内容も過激になったようで、ノーパンでパンティストッキングだけはかせ、授業に望ませたり(無論服は着用)、人気のない図書室などで妻のスカートをめくり、ノーパン授業のいいつけを実践しているか確認したりもしたそうだ。
特に私が学校回りしてくる火曜と金曜は、あえて私の手伝い等をさせて、その様子を覗き見ていたらしいので、かなりの「変態」でもあったようだ。
それを知らない私は、その頃妻をデートに誘った事もあり、(丁重に断られたが・・・)
それを妻から聞き知った教頭が興奮した面持ちで、SMプレイ可能のホテルで妻の着衣を剥ぎ取り、手にしたロウソクで妻の陰毛を焼き、熱さと恐怖で半泣きの妻の表情に歓んだかのようにシェービングクリームをたっぷりと手に塗りこみ、妻のチリチリとなった陰毛に摺りこみ、「浮気しないように辱めてやる!」と剃毛されたそうである。
(この話は、最近になって酒を飲んで前後不覚手前の妻の口から直接聞いたが、かなり興奮してしまい、そのまま妻とセックスしてしまった。)
今思い返すに、確かにその頃から妻の態度がよそよそしく感じられたのだが、私はそれが単純にデートに誘った事によるものだと思っていたが、そればかりでなく、剃毛された事による羞恥もあったのかと悔しさと興奮の入り混じった複雑な思いに駆られる。
妻が過去の不倫相手である教頭から剃毛されていた事を知ってからは、私の頭の中は「剃毛」一色になったしまった。
ある日のセックス中、私はこの募る思いを妻に打ち明け、剃毛させてほしいと頼んでみたが強行に断られてしまった。
なんでも剃毛されてしばらくしてからなんとかいう泊まりかけの研修に出る事になった妻が、皆の目を盗むように入浴せねばならず、えらく苦労した事から剃毛にアレルギーを覚えたようだ。
後にも先にも教頭から施された剃毛は、この一度のようであるみたいだが、叩くとほこりの出そうな妻の性所業。
毎週末、酒を飲み込ませ、過去の話を聞きだすというのも悪くはない。

息子のコーチに性処理奴隷を誓わされた馬鹿な人妻 (詳細)

読んで下さった方の希望に答え、少しだけ詳細を書き加えたいと思います。

事の発端は、前に書いた内容の通りです。
息子を試合に出して欲しい、息子の喜ぶ顔が見たいその一心でコーチにお願いをしました。
それがコーチの性奴隷にされる何て考えもしませんでしたし、望んだ訳でもないんです。

コーチと連絡先を交換して2日後の事でした。
メール受信音が聞こえ中を見ると
 ”今から来れますか?この間の話の続きをしましょう。家で待ってます”
コーチから連絡をくれる何て・・・もしかして考えてくれたのかしら・・・
そんな甘い考えを思い浮かべながら着替えを済ませ、車でコーチの家に向かったんです。
郊外の住宅街に彼の家は建っていましたが、庭も広く大きな家で玄関先に彼は待っていました。
彼に案内され家の中に入ると、広い玄関に広いリビングと我が家と比較出来ない位の豪邸です。
リビングのソファーも高級感溢れる物ばかりで、思わず見入ってしまいました。
 「素敵な家ですね」
 「そんな事ありませんよ。安物です」
彼はそう言いながら、紅茶を出すとソファーに座り”じゃ、○○君の話をしましょうか?”と切り出して
来たんです。
メンバーの事、息子の事、コーチが言うには今のメンバーはほぼ同レベルと言うのです。
誰が出ても好成績を収められるし、誰を出してもいいと考えていると言う言葉に、変な希望を
持ってしまったんです。
 「息子を使って貰えませんか?お願いです」
 「どの親御さんもそう思っていますよ。贔屓はちょっと・・・」
 「それは分かっています。でも、誰が出ても変わらないんだったら、息子だっていいじゃないですか?」
 「そうですね!どうしようかなぁ?」
 「お願いします。私に協力出来る事は何でもしますから・・・」
口車に乗せられた感じもしますが、私は”もう少し私が頑張れば、コーチの気持ちが変わる”と思ったんです。
そんな心境の中出た言葉が”何でもします”でした。
その言葉を発した瞬間、コーチの目が変わった様に思えます。
 「何でも協力してくれるんですか?本当に?」
 「え・・・はい、私に出来ることでしたら・・・」
 「そうですか?そう言われて出さないとは言えませんね。じゃ次の試合から考えますか」
 「本当ですか?」
 「何でも言う事聞いてくれます?」
 「え~・・・」
 「じゃ、私の股間を触ってくれませんか?」
驚きました。彼の口から卑猥な言葉が出るなんて・・・そして私の隣に座って来たんです。
 「何言ってるんですか?出来ませんよ」
 「そうですか!じゃ、先程の話は無かった事で・・・」
 「そんな!ズルいわ」
 「そちらが何でも言う事を聞くと言ったんですよ。ズルいのはそちらでは?」
頭が真っ白に成りながら、私は無意識に彼の股間に手を伸ばしました。
ズボンの上からも分かる大きな肉棒は、私が手を当てるとムクムクと動き出し太く・長くなり始めたんです。
 「生でお願いできますか?」
そう言うと彼は、ベルトを外しファスナーを開けると一気に下半身を剥き出しにしたんです。
”出来ません!”そう言いかける私に彼は睨み付ける形相で”○○君の為ですから出来ますよね”と
言い私の手を自分の肉棒に押し当てて来たんです。
”私が我慢すれば、息子も試合に出れる”そんな一心で私は彼の肉棒を握り、上下に動かしたんです。
 「お母さん気持ちイイですよ。凄く上手だ」
 「そんな事言わないで・・・」
 「今日お母さんが頑張れば、次回息子は必ず試合にスタメンで出れますよ」
彼の言葉が麻薬の様に私の身体に染みつき、”もう後戻り出来ない”と言う心境に変わって行ったんです。
彼の肉棒はMAXに大きくなり太さも長さも、私が知る物を超えていて、いつしかハァハァと息を荒らし
てしまっていました。
 「じゃ、今度は咥えて貰えますかね」
 「そんな・・・」
 「○○君を試合に出させたいんでしょ」
 「分かりました」
”夫の肉棒ですら、余り咥えた事が無いのに”そう思いながら彼の膝元にしゃがみ込み股間に顔を
近づけ大きく怒り狂った肉棒に唇を這わせ口の中に受け入れたんです。
口いっぱいに入り込む肉棒をチュパチュパと舌を使い唇で締め付け、無我夢中で奉仕しました。
 「お母さん、凄く上手ですね!旦那さんに鍛えられたのかなぁ」
 「・・・」
顎が外れるんじゃないかと思った瞬間
 「じゃ、今度はお母さんの裸を見たいなぁ」
 「それは・・・」
 「出来ない事は無いでしょう!折角ここまで頑張ったのに水の泡ですよ」
コーチの言葉が何を言っているのか?直ぐに分かりました。もう逆らえないと知った私は、コーチの
後ろで着替えようとしました。
 「私の前で着替えて下さい!ストリップショーの様に」
従うしかなかった私は、彼の前で上着を脱ぎスカートを下ろすと下着姿になりました。
 「下着も全部ですよ」
恥ずかしい気持ちでいっぱいの中、ブラのホックを外しパンティを膝元へ引き下げたんです。
 「お母さん、色白のもち肌ですね!凄く色っぽい良い体だ。前からいい女だと思っていたんですよ」
 「もういいでしょ!」
 「何言ってるんですか?大人ですよ。ここまで来て終わりはないでしょう」
彼は私の身体の隅々まで近づいて見ると、クンクンと匂いまで嗅ぎ始めたんです。
”変態”そう思いながらも、こんな恥姿を曝け出し、彼に見られる事にアソコは反応を示していました。
 「お母さん!アソコから何か出て来てますよ。溜まっていたのかなぁ」
コーチはそう言うと、指をマンコに沿って這わせてきました。
”うっ”思わず声が出ると、”気持ちいいんですね”と彼は指を中に侵入させ、親指でクリトリスを擦り
始めました。”どうして?好きでもない相手に感じているの?”自分でも体が火照りマンコの神経が
過敏になるのを感じました。
 「そろそろ私と繋がりますか?」
 「嫌!お願いします。勘弁してください」
 「長い付き合いになるんですから、そんなに嫌がらなくてもいいじゃないですか?」
私をソファーに寝転がすと、彼は正常位の体制で肉棒を差し込んできました。
肉襞が開かれ、中にドンドン入って来るんですが、今まで経験の無い太さに驚きと興奮が体中を
巡って来たんです。
 「どうですか?旦那と比べてどっちが大きいのかなぁ?締め付け具合から私ですね」
 「夫の事は言わないで下さい」
 「ん~じゃ、私の方が大きいんですね。きっと」
彼の肉棒を差し込まれただけで、異常な反応を示していた私の身体は、彼のピストン運動に
直ぐに絶頂を迎えてしまったんです。
 「あぁ~ダメ~逝っちゃう~」
 「もう逝くんですか?まだ駄目ですよ」
そう言うと、彼は肉棒を抜き逝きそうな私の身体を冷めさせるんです。
 「今度はバックから行くぞ!四つん這いになれ」
彼に言われるがまま体制を変えると、また彼の肉棒が膣内に入り込み体を火照させて来るんです。
 「あ~変になっちゃう~もう逝かせて~もうダメ」
 「逝かせませんよ!誓いを述べてくれるまでは」
 「そんな!逝かせて」
 「じゃ、私の性処理奴隷になる事誓って下さい!何でも私の言う事に従うと。何でも受け入れますと」
 「性処理奴隷何て・・・イヤ」
 「そうですか?じゃ逝かせません・・・ここまで頑張ったのに残念です」
 「そ・そんな・・・分かりました。言います・・・言いますから息子を・・・」
 「分かって貰えればいいんです。約束は守りますよ」
 「コーチの性処理奴隷になります。何でも言う事を聞きます」
この時、私はコーチの性処理奴隷となったんです。
コーチは、その後1時間も私を甚振り、何度も何度も逝かせられました。もちろんコーチも3度も私の
膣内や口内に精液を出し、汚されました。
 「じゃ、お母さん!私の呼び出しには絶対来て下さい」
 「はい!分かりました・・・息子は」
 「分かってますよ。約束ですから・・・でもお母さんが約束破れば、○○君は二度と試合に使いません」
 「・・・」

翌日も私はコーチに呼び出され、体を弄ばれました。そうして週に3回程度コーチの家を訪れ、彼の
性処理相手をさせられました。自営業と言う仕事柄、仕事の合間に呼び出され誰も居ない事務所で
裸を曝け出した事も度々です。彼の性癖が異常であることも薄々気づいてはいましたが、彼の言葉に
何も逆らう事も出来ません。私が恥ずかしがる姿に興奮を覚え、呼び出された時には下着は一切付けない
事や、服も露出が多い派手目の服を渡され着る様に命じられたんです。
そこまでは、何とか我慢も出来たんですが・・・。

コーチと肉体関係に陥って3週間が過ぎた時、他校との練習試合が組まれました。
息子も”今度こそは試合に出れそうだよ”と嬉しそうに語っていたんです。
心から喜んであげたかったんですが、何だか後ろめたい気持ちもあって複雑でした。
翌日、息子はスタメンで試合に参加!大活躍の末、余裕勝ち!
息子の喜ぶ姿は、中学以来でしょう。
試合も終わり、息子を始め他の選手が体育館に戻って練習をすると言う中、私はコーチに呼び出され
体育館2階にある放送室に入りました。そこからは体育館内が見渡せコーチが中で待っていたんです。
 「お母さん!今日○○君大活躍でしたね。約束は守りましたよ」
 「ありがとうございます。息子も大喜びで・・・」
 「所で、約束どうり下着は付けていないんですよね」
 「は・・・はい」
 「じゃスカート捲って見せて下さい」
 「ここでですか?息子達が直ぐ下に・・・」
 「ここでです」
私は、彼の指示に従い、スカートを捲り上げました。”確かに守っていますね”
彼が椅子に座ると、下半身を剥き出しにし”じゃお口奉仕よろしく”と言われ、私は彼の足元に膝間つき
彼の肉棒を咥え込んだんです。息子達が下で練習をしている中、私はコーチの肉棒を咥えている何て・・
そう思うと、母親失格では無いのか?と思ってしまいます。
コーチの精液を呑み込むと”今日は2階席で練習でも見ていて下さい。私が合図したらスカートを捲るん
ですよ”そう言ってコーチは1階に降りて行ったんです。
2階席の隅で、息子達の練習風景を見ていると、コーチが隙を見ては手を挙げ”見せて”と指示して
来るんですが、子供達は私の存在に気づいていない様で、彼らを確認しながらスカートを捲りました。
もう恥ずかしくて顔から火が出そうです。息子の目の前で、こんな恥姿を曝け出し濡らしているいる自分
が情けない気持ちでいっぱいです。
他にも体育館倉庫や建物の隅で、コーチの性処理をさせられました。

慣れなんでしょうか?恥ずかしかった筈の出来事が、だんだん快感に感じてきて、コーチの呼び出し
だけで、濡れてしまう様になっていました。そんな生活も半年を過ぎた時、コーチと私が一緒にいる所を
他の親御さんに見られたんです。一時不倫何て噂も流れたんですが、コーチが息子の相談と親への
プレゼントを買うのに付き合って貰っただけですと説明し、その場は解決しました。
コーチは子供達の親御さんとの面談と称し、個人的に話し合いを設けてくれた影響で、私との不倫疑惑
は直ぐに無くなりました。
それでも私は、相変わらずコーチに呼び出され肉体の関係は続いたんです。
それどころか、コーチは試合が終わった後に居酒屋やカラオケボックスで打ち上げをしようと言いだしました。
もちろん居酒屋の個室やカラオケボックスで酒を飲んで終わる訳も無く、私はそんな場所で彼の肉棒を
咥えさせられ、マンコに差し込まれるんです。何度店員に見られそうになった事か分かりません。
不自然な体制で誤魔化していましたが、店員だって気づいていたかも知れないんです。

不倫疑惑が無くなり更に3ヶ月が過ぎた時だったと思います。
彼の趣味で私の陰毛は剃られ、色々な道具で責められる日々。
SMって言うプレーも強要され、縄や手錠を付けさせられる事もしばしばです。

長くなりましたが、彼の性処理奴隷を誓って1年以上がが過ぎようとしています。
息子はコーチのお蔭でスタメン(エース)として1年以上活躍して来ました。
バレーも強い某大学にコーチの推薦もあって入学出来そうです。

私は毎日アソコが疼いて仕方ありません。1年以上もコーチの肉棒に鍛えられ
すっかり淫乱になってしまい、コーチの呼び出しを待っている状態です。
家庭を崩す事はしませんが、これからもコーチの性処理奴隷として活躍すると思います。

従順な妻  援助妻編

私達は40代同士の夫婦です。
妻・愛子は20歳の時に出来ちゃった婚で結婚したのでした。
その子供も進学のため家を出たので40歳を前に二人だけの暮らしになったのです。
二人だけなった私は妻に様々なプレイを教えていきました。
初めて私の前で男を受け入れた時は泣いていた妻も、何十人もの男を知って淫乱な女になっていきました。
私も変わっていく妻に満足していましたが、妻に新しいプレイをさせてみたくなったのです。
3P・スワップ・複数プレイ・貸し出しプレイ・SMと経験している妻に新しいプレイなどなかなか思いつきません。
ようやく、思いついたのは妻と面識のない知人に妻を『お金に困っている主婦』だといって抱かせてみようと思ったのです。
そうです、妻に援交主婦を演じさせることでした。
いままでプレイ相手の男性はネットや出会い系で探した男達やスナックのマスターでしたが、知人となると慎重に選ばないといけません。
よく考えた結果、1年ほど前に同じ支店に配属された飯田君に狙いを定めました。
彼は、39歳で×1です。
彼とは何度となく飲みに行って気心の合う間柄で、私を先輩とたててくれるのです。
妻に彼の写真を見せて了解を得た上で彼を飲みに誘いました。
1時間程、会社の話しや世間話しで酔いも回ってきた頃に切り出しました。
「飯田君、奥さんと離婚してからどうしているだい?風俗のお世話になってるの?」
「えっ・・・時々ですけど・・・」
「そうなんだ・・・実は最近なんだけど・・・出会い系で主婦の人と会ったけど、なかなか綺麗な人だっだよ」
「え~先輩・・・出会い系なんか利用してたんですか?」
「時々だけどな。援助交際だって言うから聞いてみたんだよ。『いくらなの?』って・・・そしたら『1万円でお願いします』って・・・その日に会う約束をしたね。」
「へえ~安いなぁ~。で、綺麗な奥さんだったんでしょ?ラッキーですね」
「そうなんだよ!『いつもこんな事してるの?』って聞いたら『今日が初めてです。』だって・・・その奥さんに詳しく聞き出したら、ご主人の命令なんだって・・・」
「えっ!御主人の命令?」
「・・・らしいよ。普段から御主人の願望でいろいろな事をしてたらしい・・・複数プレイやSMをするんだって・・・」
「凄いですね・・・」
「飯田くんも会ってみる?」
「興味ありますね。」
「あとで連絡を取ってみるよ。飯田君の携帯番号を教えてもいいかい?」
「ええ・・・いいですよ。お願いします。」
嬉しそうな飯田君と別れ家路につきました。
自宅に帰った私は事の次第を妻に告げ妻の携帯から電話させました。
「・・・もしもし・・・今、電話するように彼から言われました。会っていただけますか?・・・はい・・・はい・・・明日の土曜日ですか?・・・」
妻は私に『いいかな?』と声を出さずに口を動かしました。
私がOKサインをだします。
「・・・ええ・・・いいですよ・・・10時にですね。・・・ええ・・・そこなら分かります。・・・明日、行きますね。・・・はい・・・おやすみ・・・」
「明日、飯田さんと会ってくるわね」
「俺の奥さんだってバレないようにしろよ。」
「うん・・・分かっているわ。『順子』って偽名を名乗るわね。」
「そうしろ・・・」
翌日9時過ぎに妻は飯田君と会いに行きました。
私は妻が帰ってくるまで自宅で過ごすしかありません。
5時過ぎに妻は帰ってきました。
「どうだった?」
「・・・うん・・・シャワーしたいの・・・ベッドで待っていて・・・」
私は寝室のベッドで全裸になって妻を待ちました。
「ガチャ」
妻はタオルを身体に巻いただけの姿でベッドにきました。
タオルを解いて全裸になった妻は私の股間に顔を埋めました。
チンポを咥えながら飯田君との一日を話します。
「・・・すぐに飯田さんに会えたの・・・ファミレスに行って食事をしてホテルに行ったわ・・・部屋に入ったらキスされて裸にされちゃった・・・あそこばかり舐められて逝かされたわ・・・そのあと・・・飯田さんも裸になって・・・オチンチンが初めて見るほど大きくて・・・咥えたら凄く硬くなったわ・・・私・・・欲しくなって・・・『入れて』って言っちゃった・・・」
咥えている妻を見ながら聞きました。
「良かった?」
「・・・うん・・・凄く良かった・・・オチンチンがいいとこに当たって気持ちいいの・・・それに・・・飯田さんって一回が長くってタフなのね・・・何十回も逝かされて気を失いそうになったわ・・・今も・・・飯田さんのオチンチンが入ってる感じがするの・・・ねえ・・・入れて・・・」
私は愛液でドロドロになっている妻のオメコにチンポを入れ激しく突きました。
「ああっ・・・いいわ~もっと・・・もっと・・・激しくして・・・もっと激しくぅ~」
妻の話しを聞きながら興奮するセックスでした。
翌日、飯田君が昼食を誘ってきました。
食後、公園で缶コーヒーを飲みながら話してくれます。
「おかげで、素晴らしい奥さんでしたよ。近い内に順子さんとまた会いたいですよ。」
と、嬉しそうにしています。
その後、妻と飯田君は10回以上デートを繰り返しセックスしてきました。
そろそろ、妻に私の秘密の計画を話す時がきたみたいです。
飯田君を家に呼んで妻を晒す時がきたのです。

変わり果てた妻

数年前の話になります。
妻(友紀/35歳)と結婚し10年を迎えた頃です。
社内恋愛の末、妻(友紀)と結婚し幸せな生活を送っていました。
5歳年上の私は一生懸命働き、妻を養う事が出来る収入を得ていたんです。
唯一2人に足りなかったのは子供でしょうか?
5年を過ぎた頃には、お互い諦めムードで子供の話はしなくなっていました。
それでもお互い満足した夫婦生活を送り、夜の営みも普通以上に盛り上がっていたんです。

友紀は会社内に男のファンが多く居た程、綺麗系の女性です。
小顔で白い肌が目立つ友紀は、肉付きも良く腰のクビレも中々のスタイル抜群女性でした。
そんな友紀と結婚し分かった事は、顔からは想像も付かない程、エッチな女性で夜の喘ぎ声は
何とも言えません。
正常位・バックと体制は何でも対応してくれるし、フェラ・口内射精まで受け止めます。
アナル体験はありませんが、お尻の穴を舐めてあげると、中々いい声を出します。
クリトリスと乳首が感じるらしく、弄りながら挿入すると間もなく逝きまくるんです。
カーSEXや山中での青姦も試した事が何度もあり、彼女も非常に興奮する様です。
青姦は妻同様に、見られるかも知れない緊張感に異常に興奮してしまいます。
そんな事を繰り返す内に、私は愛妻の裸体を見せたいと言う心境になっていました。
ある日、妻にその事を告げると、”考えさせて”と言われました。
そして妻からの返事は”いいよ”だったんです。
妻の裸体を写真に収め、ネットに張り付けました。(もちろん目隠しで)
世間の男達の反応は物凄く、妻の体を褒める者ばかりでした。
妻を抱きながら”ほら!お前が綺麗だと言う人ばかりだよ。俺の自慢だ!”とキスをする。
妻も男達のコメントに満更では無い様でした。
投稿を始めて数か月が過ぎた時、ある1人のコメントが気になったんです。
彼は毎回コメントをくれるんですが、”もっと凄い奥さんの姿を見たくないですか?”と気になる
事ばかり書き込んで来るんです。
無視すれば良かったんですが、何だか気になった私は彼と個人的に連絡を取り始めていました。

彼は55歳の会社役員で、単身赴任で仕事をしているとの事でした。
住所を聞くと、案外近く車で30分程の場所に住んでいたんです。
何度か連絡を取っていると、会いませんか?と言われ、一度会う事にしました。
彼のマンションに向かって驚きです。
高層マンションの最上階で、家賃も数十万と高そうな所だったんです。
1階ロビーで彼が待っていて、一緒に彼の部屋に入って驚きです。
凄い眺めのいい部屋で、リビングだけで30畳を超える広さでした。
彼は非常に紳士で、55歳には見えない若さでした。
話した感じも物凄く穏やかで、話に夢中になってしまいます。
そんな中、妻の事を話すと、彼は奥さんはもっと淫らな女性で、素質があると言うのです。
満足出来ていないと言われ、本当の妻の姿を見て見たくなりました。
それからと言うもの、妻とエッチしてても、もっと淫らな妻が頭から離れません。
そして私は妻を連れ、彼のマンションに向かっていました。

彼は妻に会うと、優しい口調で女性受けする話をし、心の扉を開いて行ったんです。
”凄く素敵なお部屋ですね。こんな所に住んだら気持ちイイだろうなぁ”
”住んでみます?”
”でも・・・”
彼は私に近付き”奥さんを数日貸してくれれば、本当の姿をみれますよ”と言って来たんです。
妻の本当の姿?馬鹿な私は3日間の約束で、妻を貸し出す事にしたんです。
妻はエッチな事を全く知りません。ただ、彼の家政婦として働くと言う程度に考えたんでしょう。
着替えを取に戻った後、彼の運転する高級車で妻は出かけて行きました。

3日間、妻からの連絡も無く長い長い時間が過ぎて行きました。
3日目の夜遅く、車の音が聞え妻が帰って来たんです。
特に変わった様子も無い妻は、着替えを片付け風呂に向かいました。
その直ぐ後に、彼からメールが届きネットのサイトを見てと書かれていたんです。
いつも妻を投稿したサイトに、彼の名前でUPがあり中を覗き手が止まりました。
信じられません。妻が全裸で体中を縛られ、穴と言う穴にバイブを入れられアへ顔で
写されていたんです。顔中精液が掛けられ、まさにSMです。
いつも見慣れた妻のマンコは広がり、凄い太いバイブを咥え込み、アナルにも大きなバイブを
突っ込まれていました。こんなに広がるものなのか?陰毛も剃られパイパンです。
マンコの襞にはピアスが開けられ、乳首にもピアスが光っています。
数枚の写真の後に、妻が3本の棒を突き刺されている写真も貼り付けてあったんです。
信じられない光景に、私は風呂場に向かい妻の体を確認したんです。
”どうしたの!ヤダ・・・あなた見ないで・・・”
妻の体中に書かれた卑猥な言葉、陰毛も全てありません。
その場にしゃがみ込み、妻の裸体を愛おしく見ていました。
”嫌いになった!3日前の体じゃないの!”
”ごめん!”
”あなた!もう私・・・”
泣き崩れる妻を抱き、私は一緒に風呂に入ると、妻の体の悪戯書きを消したんです。
肉便器・マンコ・変態女、色々な事を書かれています。
白い肌がタオルのゴシゴシで赤くなっていました。
アソコにはピアスが嵌められ、クリトリスにもリングが嵌められていたんです。
苦しそうに大きくなったクリトリスは赤く腫れ上がり石鹸で濡らしながらゆっくりと取ったんです。
そんな状況でもマンコからはエッチな汁が溢れ、直ぐにでも受け入れ態勢です。
乳首のピアスも取り、妻を抱きしめました。

その日から妻は昔の攻めでは満足出来なくなりました。
体を縛ったり、特大バイブで責めクリトリスを激しく甚振ると異常なまでの潮を噴き、善がります。
こんな妻を写真に収めると、彼からのコメントが届きます。
”いい女になりましたね!彼女は1人では満足出来ないでしょう!乱交をお勧めします”と・・・。

妻には言っていませんが、私は知っていたんです。
日中、妻が彼のマンションを訪れている事を・・・そして数人相手にマンコを犯されてる事実を。

彼から送られる写真付きメールで・・・。

実は淫乱なお茶の先生3

お茶の先生は、大人のおもちゃをたくさん持っていた。
寂しい夜は、そのおもちゃで、オナニーしているらしい。

3回目に、ホテルに行った時のこと。
先生は、いつもの和服姿とは違い、超ミニのワンピだった。
少しかがむと下着が丸見えに。
見られる事を楽しんでいるように見える。
たぶん、下着はもうグッショリだろう。

ホテルに入り、部屋を選ぶと、廊下で服を脱がせた。
先生は、その大きな尻に食い込むTバック下着を着けていた。
ひょっとして、部屋に入るまでに誰かに見られるかも。
幸いにして?誰にも会わなかった。

部屋に入るなり、Tバックの下着を破れるくらい釣り上げて、先生自身に食い込ませた。
「ヒィー」っと悲鳴を上げるが、股間を触るともうグッショリ濡れている。
クリトリスも立っている。
ベロを入れてキスをした。
先生は俺の勃起したペニスを握ってくる。
フェラをさせた。
俺のペニスは先生の唾液でヌルヌルになった。
マークンのオチンチンを入れてと先生は言う。
先生のアソコもヌルヌルだが、まだ入れてやらない。

先生のバックの中にはSMグッズがたくさん入っていた。
まず、目隠しをして、後ろ手に縛って床に転がした。
そして先生愛用の大きいバイブをアソコに挿入。
ローションを使って、アナルにもバイブを。
いつも両方の穴にバイブを入れているらしく、アナルバイブもすんなり入った。
しばらく、その状態で放置した。
先生は、悶絶して悶え狂う。
あの美しい先生が、2穴バイブに責めたてられ、のたうちまわっている。
よほど気持いいのだろう。
廊下にはシミが出来ていた。
白目を剥いて、「イク、イク」と叫ぶ。
さらに放置する。
3度、4度とイッタようだ。

2穴にバイブを入れたまま、俺の勃起したチンチンをしゃぶらせた。
狂ったようにフェラする先生。
これが、あの清楚な先生なのか?

結局、その夜は5回もセックスさせられた。

今度は、先生が俺を苛めたいと言っていた。

MとSは同居するのか?

妻の心の叫び

実際に起きた出来事を報告します。

私は38歳になるサラリーマンです。
妻(ユキ)33歳はバツイチ女性で、子供もいません。
妻はごく普通の主婦って感じで、顔も自慢って程ではありません。
体系もモデルの様なスタイルとは程遠い、ムッチリおばさん体系かなぁ、
でも胸はお椀型のFカップと唯一自慢できる所かも知れません。

結婚5年を過ぎ、夜の営みも大分減りました。
ノーマルSEX以外試した事もありませんし、妻もそれで満足していると思っていました。
あの日まで・・・。

その日、妻は旧友と一緒に買い物に出掛けていました。
久々に寝室にある夫婦用のパソコンを開き、ネットを閲覧していると手違いで、履歴から
見覚えのない画像が開かれたんです。
数人の男性に抱かれる熟女姿。私には全く見覚えのない画像だったんです。
間違い?と思ったん出すが、何となく気になった私は履歴画面を調べました。
履歴サイトを見て驚きです。エッチなサイトがいっぱいだったんです。
しかも、バイブやローターのエッチなグッツを購入した履歴まであったんです。
妻は、パソコンを詳しく使えないので、履歴の存在を知らないんでしょう!
・熟女SM系/乱交/レイプ現場と明らかに妻は他の男性に犯され願望がある事が分かります。
中には獣姦動画を見た履歴までありました。
しかも一番の驚きが、あるサイトの会員になっている様で、見ず知らずの男性とチャットを
していたんです。
 ”ユキさん(妻)を縛ってみたい”
 ”俺の自慢の巨根で逝きまくらせてあげる”
 ”俺の性処理ペットとして暮らさないか?”
 ”ユキちゃんの首輪とロープ用意しているよ”
 ”友人数人で、ユキちゃんを一晩中犯してあげる”
そんな内容がずらり・・・妻も
 ”犯され願望があるの”
 ”多くの男性に廻されてみたい”
 ”ユキの全ての穴を埋めて欲しい”
 ”犬でも豚でも何でも受け止めるわ”
 ”淋しいの!アソコが毎日ウズウズするの”
 ”誰か!こんなユキを満足させて”

5年も一緒にいて、妻の本性を知らなかった私。
今考えれば、私は付き合う前の妻の事を知りません。
数人の男性経験がある以外、妻も言いたがらないから特に聞く事も無かったんです。
妻のチャットを見ながら、私は股間が熱くなり大きくなっている事に気づきました。
怒りや嫉妬と言うよりは、興奮しているんだと思ったんです。

その日から、私は妻の寝取られシーンを妄想する日々が続き、ムラムラしていました。
その夜、私は妻をベットに押し倒し激しく挿入すると、妻はいつも以上に燃え上がって
くれました。翌日も妻を抱くと”あなた?どうしたの?”と不思議がりながらも、妻は私を
受け入れたんです。両手をタオルで縛ると、妻は想像以上の反応を示し、マンコからは
今まで見た事も無い位、汁を溢れさせたんです。
四つん這いにさせバックから挿入しながらお尻を叩くと”あっ・・・もっと”と小声で囁く妻を
見てMである事を実感したんです。

それから数日が過ぎ、妻の目を盗んでチャット内容を確認していますが、相変わらず妻は
他の男性に抱かれたいのか?

今夜、妻に本当の事を聞き出し、場合によっては他の男性に妻を抱かせてみようと考えて
います。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード