萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

SM

栗山千明似の高1美少女の意外な性

今から10年ちょっと前、大学3年が終わった春休み、可愛い子をナンパしてた。
栗山千明に似た髪の長い美少女をゲットしてラブホに連れ込んだ。
こりゃあ、帰省中の恋人にバレて別れるって騒がれたらこの子に乗り換えようかなんて思ったくらいの超美少女で、でも、そんなふうに彼女を裏切るような気持ちを少しでも思ったのが罰当たりだった。

見た目は大人びていたけど高1だった栗山千明に似たその美少女は、ラブホに入ると抱きついてキスしてきた。
「ね、早くお風呂入ってエッチしようよ。」
美少女の口から出た一言に、この子は少なくても処女ではないことを確信した。
パパッと全裸になった彼女の裸体は完全に完成した女体で、発育途上のような俺の19歳の恋人の裸はまさしく中学生だったから対照的にイイ体だった。
彼女は一緒に風呂に入ってきてチンポを洗ってくれた。それもパイズリで。さすがの俺も、高1でコレかよとビビッた。その子、美人なだけでなく、スタイルも良かったから尚更だった。

彼女は恥らう素振りも見せずにベッドでガバッと足を広げた。
露になったマンビラは茶色にめくれて、肛門はアナルセックスのしすぎなのか脱肛していた。
どう見ても主婦並の荒淫マンコに見えた。
相当遊んでる荒淫マンコに、俺は妊娠より病気が怖くなってコンドームしてハメた。
いきなり腰を使われて、激しくチンポを膣内で暴れさせられて、折れるかと思うほどだった。
「ヒィー、ヒイー、そこそこ、そうそう、アアッ!、イイ、イイ、ヒィィィーーーー」
反応は人妻級で、淫乱この上なしだった。
それでもかなりの美少女だったから、揺れる乳房と美形のヨガり顔を見ながら、美少女の体を愉しんだ。
俺は完全に性欲処理だったから、自分勝手に先に射精させてもらった。

「あん、もう少しで逝けたのにい。」
なんて言われた。そこで俺は尋ねてみた。
「キミ、初体験っていつよ?」
「え?それは教えられないかなー。でも、小6の時には彼氏が2人いて、アソコとお尻に2本挿しされてたよ。中学時代には先生とエッチしたり、近所のおじさんにSM仕込まれたり、色々してお小遣いもらってたよ。それじゃ、今日は2万円ね。」
ええっ!金取るのかよっ!っても言えず、なんとなく怖いから素直に支払った小心者の俺だった。

鬼畜男に堕とされた私の妻 2

 しかし、男は全く動じる事なく「寂しいなぁ…この間は、あんなに丁寧にしゃぶってくれたのにさぁ」そう言ったのでした。(な…何だと!?この間って…?という事は…妻は既にあの男と…)少しは想定していたとはいえ、私の心は恐ろしく揺らぎました。「あっあれは…貴方が無理矢理…」…信じたくはありませんが、どうやら真実のようです。事情はどうあれ、妻の言葉がそれを裏付けました。
*「まあね。俺にレイプされちゃったんだよね、沙織さん。でも嫌がってたのは最初だけで、途中からは気持ち良さそうに腰振ってたじゃん。自分から俺のコイツにもむしゃぶりついて来てたしさ」男が股間を指差します。「無理すんなって。本当は欲しいんでしょ、コイツが?」妻は俯き、ワナワナと肩を震わしていました。「ほら、しゃぶりなよ。早くしないと、あの写真を会社と近所にバラ蒔くぜ?」あの写真。男にそう言われたとたん、妻の顔に怒気が走ります。


「写真を…返して!」「画像は自宅のPCに保存してあるからね。いつでもネット配信出来ちゃうよ、沙織さん。人妻のレイプ、ハメ撮り画像…へへへ。変態野郎共にコピーされて、あっという間に世界中に広まるぜ。知り合いに見られるかもな」「卑怯者っ…!」妻をレイプした男は、写真をネタに更なる要求を突きつけようとしています。私は怒りでうち震えました。

 あの清楚で、私と家族に尽くしてくれていた妻が、あんな獣に…!「旦那さんにバレたら離婚だぜ?それでもいいの?」勝ち誇ったように言う男。妻はノロノロと立ち上がり、獣の前に膝まづきました。顔面は蒼白となり、それでも逆らう事は出来ないと悟ったのでしょう。それは、あまりにも痛々しい姿でした。「さあ、この前教えたように、おねだりをしてみな…」男は、自分より年上である妻を完全に見下しています。

「お願い…します…」「はぁ?なんだ、それ?違うだろ?」「貴方の…しゃぶらせて…うぅ…」声を詰まらせる妻…。男はそんな妻を見て、ニヤニヤと笑いました。憎らしい程冷静です。きっと、こうして女性を玩具にする事に馴れている常習犯なのでしょう。妻は、とんでもない男に目を付けられたようです。


「貴方の…お…おちん…ちんを…舐めさせて…下さい…」妻は、悔しさを滲ませながら、途切れ途切れに言いました。「やっと素直になれたみたいだな。それじゃあ、次は手を使わずにその口だけで、俺のチンポを引っ張り出してごらん」妻は、男の言葉の意味をすぐに理解できていない様子でしたが、私には分かりました。犬のように四つん這いになって、憎むべき相手の昂った欲望に、奉仕をしなければならないのです。どこまで、妻を貶めれば気が済むのでしょうか。

「そんな事…」妻自身、無駄だと分かっていながらも最後の抵抗を試みます。「早くしろ…」しかし、凄みを利かせた声を出す男に恐怖を感じたのか、諦めと絶望のまま素直に従う決心をしたようです。「…分かりました」ソファから、立ち上がった妻はすぐに床に手を付き、四つん這いのまま男の側へ移動して行きました。後ろの角度から覗き見ていた私の目に、タイトスカートに包まれた妻の尻が、ひどくエロチック映ります。スカートの生地を押し上げる、肉付きの良い尻。ショーツのラインが、クッキリと浮かんでいます。

 太股の付根近くにまで引き上げられたスカートが、淫靡な人妻の身体に貼り付いていました。それでも妻は、悔しさに瞳を潤ませながらも懸命に男の要求に応える為、スラックスのチャック部分に唇を這わせます。「ん…んふ…あふ」息苦しそうにしながら、まずはベルトを外し、スラックスのホックまで開けます。そのまま舌先でファスナーを探り当て、歯を使い器用にチャックを降ろしました。

「へー、なかなか上手じやん。いつも旦那さんにやらされてんの、沙織さん?」男の問いに、妻は無言のまま首を横に振ります。もちろん、私はそんな事をさせた経験などありません。「ふーん、まあいいや。さあもう少しだよ、頑張って」男の派手なブリーフに歯を立て、ゆっくりと下げて行く妻。怒張した肉の棒引っ掛かり、手間取りましたがとうとう男の欲望の塊が剥き出しになりました。

 反り返る、巨大な肉の凶器。自分のモノとは比べものにならない程、若さみなぎる巨大なぺニスでした。妻は、傘の広い亀頭にチロチロと舌を這わせ、一気に喉の奥まで肉の塊を飲み込みます。(ジュル…ジュポ…)そんな音が聞こえました…。口一杯に男の肉棒を含み、口腔内で舌を絡ませているであろう妻。「んぐぅ…んふぅ…むぐぅ…」妻の口内遊戯は、私にするそれと同じように、丁寧なものでした。

 喉の奥深くまで飲み込んだ肉棒をそっと吐き出し、唇と舌で竿を舐め上げる。愛らしい舌先が、獰猛に猛り狂った亀頭と尿道口に刺激を与え、肉棒は再び口腔へ消えて行きます。たっぷりと、妻の唾液を垂された男の凶器は、あっという間にヌメヌメとした光を放つようになりました。これは、本当に強制された行為なのかと疑いたくなる程、妻のフェラは男に尽くすものでした。


「あぅ…き、気持ちいいよ、沙織さん…。ほら、もっとケツを突き出しな…口は離すんじゃないぜ」妻は、言われるがままにぺニスを口に含みんだまま、お尻を高く突き出します。タイトスカートのスリットから、ショーツクロッチ部分が顔を出しました。既に濡れ始めているのか、その部分は染みになっており、薄布が膣口と肛門の形にグニュグニュと蠢いています。男は片手を伸ばし、2本の指を妻の股間へと這わせました。

 ショーツを強引に引っ張り、妻の豊満な尻肉にゆっくりと食い込ませながらニヤニヤしています。男も、濡れている事に気が付いたようです。ショーツの、滑らかな生地の上から妻の肉襞を無粋な指が撫で回します。朝の痴漢行為で引き裂かれたストッキングは、既に身に着けていませんでした。円を描くように、妻の秘部を刺激する男の指が、遂にはショーツの中にまで潜り込み、直接密壺に対して悪戯を始めました。

「うぅん…んあっ…あぁ、嫌ぁ…」「ほら、誰が口を離していいって言った?」思わず、肉棒を吐き出した妻の栗色の髪を鷲掴みにする男。「あうぅ…も、もう…あぐぅ…赦して…!」妻の頬に涙が伝い、口の端からは涎が溢れます。「へへへ…随分スケベな顔になって来たぜ。清楚な振りをした人妻だって、無理矢理にでも犯されりゃあ、喘ぎまくるただの雌だって事を教え込んでやるよ、この身体にな…」「ぐ…むぐぁ…ごふ…うぐ…!」頭を掴んだまま、腰を前後に動かす男。その度に「ジュボッ…グチュ…ジュルッ…」

と、妻の唇が淫猥な音を立てます。同時に、密壺に挿入された指先からは「クチュ…ニチャ…」と、湿った音が倉庫内に響きました。「あぐっ…!んああ…嫌ぁ、嫌ぁ…んぐぅ…!」腰を振り、淫靡な指の攻撃から逃れようとする妻。その姿は、逆に男の欲望を昂らせる仕草のように、淫らな動きでした。


「お、お願いします…んぐぅ…もう…やめて…ぐむぅ…下さい…うぇ…」そんな妻の哀願に、男は微塵の容赦もみせません。相手の人格など、全く無視するように激しく腰を振り、密壺から指を出し入れします。時折動きを止め、指先で膨らんだ肉芽を擦り上げるような動きをする男。その度に「んん…あぅ…んふぅ…あぁ…」という、艶かしい声が妻の唇から喘ぎとなって漏れて来ました。

 レイプで女性が、快感を得る事はない。そう聞きますが、目の前で繰り広げられている行為は、レイプと呼ぶにはあまりにも淫靡なものでした。女性の身体を知り尽くした男の技巧により、溶かされる妻の肉体。日常では垣間見る事のできない、奥深くに眠る女性の本能を引き出しています。密壺から溢れた愛液によりショーツを濡らし、敏感になった肉芽を優しく刺激され、アナルにまでその指先は悪戯をしています。


 口に含まさた肉棒が出し入れされる度に、まるでそこが性感体であるかの如く、妻の肉体から清楚な面影を引き剥がし、淫乱な性を抉り出しました。屈辱と恥辱にまみれながら、逆らう事のできない肉体。思いとは裏腹に、大量の愛液を分泌し続ける密壺が、妻とは別の生物のように見えました。時間を掛け、ゆっくりと妻の肉体を貪る男。完全に余裕を失った妻は、獣の理不尽な命令に何でも従うようになっていました。

「竿だけじゃなくて、袋の方までしゃぶるんだぜ」「は…はい」「丁寧に舐めろよ」「んぅぅ…分かり…ました…」「もっと舌を使え」「あぅ…は…い」「俺のチンポの味はどうだ?」「ん…ぐむぅ…」「どうなんだ?」「んぐ…お…美味しい…です…」「もっと音を立ててしゃぶるれよ」「は…い…ジュル…ジュボ…グチュ…」「へへへ、そろそろ挿れて欲しくなって来たんじゃねえか?」

「むぐぅ…んぐ…も…もう…赦し…て」あの清楚な妻が…愛しい妻が…獣が与える肉棒と指と言葉の凌辱の餌食に…。強い憤りと、それ以上の被虐願望に胸を支配され、身体を動かすどころか、声を出す事もできませんでした。ただ見ているだけの私が、妻を裏切った一番の犯罪者なのかもしれません。「おら、テーブルに手を付いてケツをこっちに向けな」「嫌ぁ…そ、それだけは…赦してぇ…助け…て…」妻の口腔からズルリと肉棒を抜き取り、妻の腰を両手で掴み強引に後ろを向かせます。


 そのまま腰を密着させた体勢になり、胸元に手を伸ばしてブラウスのボタンを順番に外して行きました…。ブラジャーをずり上げ、乳房を鷲掴みにする男。と、同時に人差し指と中指の間に乳首を挟み込み、捻り上げました。遠目に見ても、妻の乳首が固く尖っているのが分かります。妻は眉間に皺を寄せ、込み上げる快感と懸命に戦っているようです。

 先程まで、蹂躙され尽くしていた唇は、男の体液と自らの唾液によって濡れそぼり、密壺からは悦楽の証である愛液が糸を引くほど溢れていました。人妻の放つ、妖艶で淫猥な魅力に自分の妻だという事を忘れ、しばし見入ってしまう、私…。被虐的な姿で、肉体を弄ばれ雌としての快楽に翻弄されながらも、妻として、母として精一杯に抗う様は、美しくもあり、また悲しくもありました。

 邪な手段により、分泌された愛液によって、股間から太もも、脹ら脛に至るまで濡れ滴っています。「それだけは…それだけは…あうぅ…」そう、うわ言のように繰り返す妻。「いくぜ…」男の言葉に、容赦や情けなど一切感じられません。獲物自身から溢れた愛液により、グッショリと密壺に貼り付いたショーツに指を掛け、引っ張りながら横にずらします。

 露になった妻のオマ●コはヒクヒクと息づき、男の凶悪で狂暴なる欲望を受け入れる準備は既に整っているようでした。男は狙いを定め、一度引いた腰を妻の股間にゆっくりとめり込ませて行きます。「グヌュ…クチャ…」湿った淫らな音を立てて、肉棒が妻の密壺に飲み込まれました。「ぐぅ…うあぁぁ…!」男の凶器によって、妻の純潔が貫かれてしまった瞬間です。テーブルに手を付き、中腰しの姿勢で後背位からの挿入に、首と背を仰け反らせる妻。

「あぅ…あっ…あっ…あぅっ…!」男のリズミカルな腰の動きに合わせて、妻の半開きになった唇から、喘ぎ声が漏れました。静寂の中、妻の喘ぎ声と男の息づかい、そして二人の結合部分から発せられる湿った摩擦音だけが響きます。「ヌチャ…グチュ…ヌチャ…グジュ…」後背位から理不尽に犯される妻と、犯す男の姿は、さながら獣のようでした。


 両手でガッチリと腰を掴み、妻の密壺を丹念に抉り続ける男。肉棒が突き入れられる度に、妻の膣口の肉襞と肉芽を奥へと導き、捲き込みながら膣内に消えて行きます。再び姿を現した時の肉襞は赤く充血しており、男のぺニスが如何に巨大かを物語っていました。二人の性交を促す潤滑油は止めどなく溢れ、ヌラヌラ光る肉棒の動きを滑らかにします。まるで玩具のように、捲られ、捻られ、貫かれ、弄ばれて形を変える妻の性器…。


 男は、膣内の肉壁によりもたらされる粘膜の温もりから、肉襞1本1本の感触に至るまでもを存分に堪能しているようでした。亀頭を、肉芽に擦り付けるように浅く出し入れしていたかと思えば、時折膣内深く、根本まで挿入する男の腰使い。妻の身体は、その動きに合わせるようにガクガクと揺れ、男の思うがままとなっています。

「そんなに気持ちいいなら…もっと声を出したっていいんだぜ…ほら…いい声で哭いてみなよ」「あぐぅ…気持ち…良くなんか…くぅぅ…ない…もう…抜いて…抜いて…」快楽の波に飲み込まれまいと、懸命に抗う妻。しかし、肉体に与えられる淫猥な刺激に屈するのも、時間の問題です。浅く挿され、引き抜かれ、また深く貫かれる…。女の悦びを知り尽くした人妻にとって、とても耐えられるものではありません。

 倫理やモラル、世間体や道徳といった薄皮は剥ぎ取られ、徐々に雌としての本能が剥き出しにされて行きます。「本当に抜いてもいいのか?身体はこんなに悦んでいるんだぜ?旦那のチンポにゃ、満足してないんだろう?素直になって言えばいい…これから毎日、こうやって犯してほしいんだろう?毎朝、電車の中で餓鬼共の玩具にされたいんだろう?」妻への、言葉による淫靡な責めは尽きる事なく続きました。


「結婚してる奥さまが、バックから若い男に犯されて…普通ならこんなに感じたりしないぜ?乳首やクリ勃たせて、涎まで垂らして…淫乱な本性は隠せないな。これからゆっくり調教してやるからな」「あぐぅ…もう…言わないでぇ…」息も絶え絶えに、妻は激しく首を振りました。「いい事教えてやるよ。朝、電車の中で沙織さんの身体を触りまくってた餓鬼共さぁ…あれ、俺の後輩達なんだよね、大学と高校の。喜んでたぜぇ、人妻の玩具が手に入ったって。良かったな、これから毎日のように遊んでもらえるぜ、エロ餓鬼共に」

「そ、そんな…止めさせて…あぅぅ…下さい…嫌ぁ…」私は、これからの事に思いを馳せ、愕然としました。電車の中で、妻の肉体をなぶり尽くし、弄んだ若者達…。あの少年達が、まさか妻を堕とす為に仕込んだ男の仲間だったとは…。おかしな言い方ですが、あれが通りすがりの、誰でもいいから…という痴漢達であったなら、まだ救いもありました。

 男が妻に悪戯を仕掛けている行動に、たまたま便乗しただけの痴漢であったなら、野良犬に噛まれたと思って…と無理矢理にでも考えられなくもありません。しかし、現実はそうではなかったのです。

 他の誰でもなく、妻を狙い、妻を弄び、妻を辱しめる為に集まった鬼畜達。男の言葉通り、彼らは毎日のように妻の肉体を貪る為だけに電車に乗って来るでしょう。性への興味が尽きない、思春期の少年達にとって熟れた人妻の肉体は格好の獲物であり、有り余る性欲の捌け口として格別な快楽をもたらす事は間違いありません。

 彼らは毎日のように妻を食い荒らしに姿を現します。哀れな獲物に群がり、その乳房に、乳首に、腰に、太ももに、尻に、下腹部に、オマ●コに、アナルに…ありとあらゆる角度から妻の柔肌に指を這わせ、骨の髄までしゃぶり尽くすに違いありません。しかし、私にはそれだけで終わるとは思えませんでした。痴漢ゲームに飽きた少年達によって、遂には集団でのレイプにまで行為が発展してしまうのではないか…


 妻が、少年達による淫惨な凌辱劇の餌食になる日も遠くないのではないか…。そんな気がしてならないのです。「グチュ…!グチュ…!グチュ…!」私の妄想を置き去りに、男の凌辱行為は、延々と続きます。素肌に貼り付く、白いブラウス。振り乱した、艶やかな髪。いつの間にかフロントホックを外されて、両肩に辛うじて引っ掛かっているだけのブラジャー。汗と愛液で、濡れた恥毛とショーツ。

 そのどれもが、男の欲望を刺激するに充分過ぎるほど、妖艶な魅力を湛えています。私の知っている、優しく清楚で笑顔を絶やさない、そんな妻の姿はそこにはありませんでした…。「あ…うん…んん…んぁぁ…あふぅ…ゃあ…あ…だ…め…」男の持続力と剛直なる肉棒の責めに、妻の瞳は虚ろとなり、自ら腰をくねらせ始めています。

「温かいぜ、沙織さんのオマ●コ…絡み付いて来る…。無理矢理犯されてんのに、こんなにグチョグチョにしやがって…やっぱ人妻ってのは飢えてんのかね、へへへ…」男は、残忍な微笑みを浮かべ、妻の腰から右手を離し愛液の滴る両脚の間にねじ込みました。

「あ…な、何を…」そのまま強引に、肩の高さまで腕を上げる男。妻は片脚を地面に、片脚を高く持ち上げられ、立ったままの姿勢で大きく開脚させられたのです。妻を貫く巨根。その結合部分が、丸見えになりました。肉棒が、ゆっくりと出し入れされます。「あぁ…!あぐぅ…!んあぁ…!」ヌメヌメとした肉と肉が絡み合い、白い糸を引きながらの性交。見ているだけの私の方が、先に股間を爆発させてしまいそうでした。


「イ、イキそうだ…。沙織さん…あんた、最高の…オマ●コだぜぇ…!」両手をテーブルに付き、右脚を高く上げ、左脚の爪先だけで立つという、惨めな姿で犯される妻。「あっ…あっ…あっ…あっ…だめっ…あうっ…だめっ…あっ…あぐぅっ…!」男の激しい腰使いに、妻は髪を振り乱し上り詰めようとしています。男にとっては、ただ欲望を満たす為だけの性交なのでしょう。ひたすら強く、乱暴に妻の身体を突き上げ続けていました。

「あん…あっ…あっ…いっ…いっ…くぅ…あぅ!」しかし、イキそうになる寸前で蜜壺から肉棒を抜き、妻を絶頂の手前から現実に引き戻す男。妻は一瞬だけ正気に戻り、男の責めから逃れようと腰をくねらせます。そんな獲物の反応を楽しむように、男は数秒の時間をおいて再び妻を抉り始めました。「あ…ぐぅ…い…や…んあぁ…!」ヌチャヌチャという、淫猥な音を響かせる男のピストン。そうかと思えば、再度腰の動きを止め妻を弄びます。

 すぐそこにある絶頂に手が届かないもどかしさ。妻の反応に、徐々にではありますが変化が見られました。虚ろな瞳のまま、快楽を得る為に、自ら男の肉棒にムッチリとした尻を押し付け始めたのです。犯される事を拒む心と、犯される事を望む肉体。妻は完全に、精神を壊されてしまったようです。


 自分自身の心をコントロール出来ない程、肉体に被虐の悦楽を刻み付けられてしまったのです。そんな事を数回繰り返す内に、熟れた肉体は凌辱の虜となってしまいました。「もう…もう…お、お願い…です…あぁん…もう…」「もう…?何を、どうしてほしいんだ…?」「お願…い…イカせて…」禁断の一言を口にする妻。男は勝ち誇ったように、ニヤリと笑いました。

「へへ…イカせてほしいなら、もっとお願いをしなきゃな、沙織さん…?」「お…願い…もっと…して…」「それじゃあ分かんないな…何をどうしてほしいんだい?」「あうっ…もっと…貴方の…あぁん…突いて…」「俺のナニで、ドコを突けばいいんだ…?」「そ、そんな…あぁ…言え…ない…」「じゃあもう止めるかい?」「…あぐぅ…あ…貴方の…おちんちん…で…あふぅ…私の…私の…」

「私の…?」「私の…オマ●コを…オマ●コを…突いて!あぁぁ…!」その瞬間、妻は完全に男の手に堕ちました。肉体だけではなく、心までもが犯されてしまったのです。「いい子だ…たっぷり可愛がってやるぜ」これまで以上に激しく、そして深く妻の妻を貫く男。淫惨な凌辱の果てに、妻は私の手を離れ、男の所有物となりました…。


「あぁ…んあぁ!あ…い…いいっ…!」「もっと腰を振りな!犯されて悦ぶ淫乱奥さんが、今さら貞淑ぶってんじゃねえよ!」「あぁん…は…はい…!」男は妻をテーブルに仰向けに寝かせ、抱き合うような体位で凌辱行為を続けています。倉庫内に響く、絶叫にも似た妻の喘ぎ声と、男の妻を侮蔑する言葉が遠くに聞こえました。


 もはや、その行為はレイプではなく、お互いの肉体を求め合う本気の性交にほかなりません。男の所有物に成り果てた妻は、愉悦の表情を浮かべ快楽を貪っています。自らの肉体を使い、男を満足させる。それが、自分の快楽に繋がるという事を肌で感じているのでしょう。腰を振り、細い腕を背中に絡ませ、唇を首筋に這わせ…全身を使って奉仕をしています。

「ふぅっ…あぁっ…!だ、駄目…イッ…イクッ…イッちゃう…!」「いいぜ…イケよ…犯されながらイッちまえ、この淫乱女!」「あぅっ…!あっ…くぅっ…うあぁぁぁ!」全身を痙攣させながら、妻はオルガズムに達したようです。男は自分がイク瞬間、息を荒げながら肉棒をヌルリと抜き出し妻の口元に持って行き、そして果てました。放出された大量の白濁液が、妻の口内に注がれます。

「若い男の精液を飲ませてやるぜ、奥さん…」「ぐむ…あふぅ…んぐ…」鬼畜男の溢れる精液を、喉を鳴らし飲み干す妻。私は、妻にそのような行為をさせた事など一度たりともありません。それなのに…。「へへ…どうだ、気持ち良かっただろう?」「はぁ…はぁ…はぁ…」激しい性交の為か、妻はその問いに答える事はもちろん、起き上がる事すらできません。


 そして、突然泣き出したのです。それは、犯され、イカされた事に対する悲哀の為なのか、私や家族に対して申し訳ないという気持ちの表われなのか…。私には、分かりませんでした。「うぅ…」すすり泣く妻を見下ろし、男は冷徹に言い放ちます。「これで終わりだなんて思わないでくれよ…これからじっくりと調教して、もう普通のSEXじゃあ満足できない身体にしてやるからな」「いや…いや…」子供のように泣きじゃくる妻。

「会社を辞めたりしたら駄目だよ。今日の恥態も、全部ビデオで撮影してあるからね。近所や旦那の会社にもばら蒔かれたくなかったら、言われた通りにするんだぜ」「…!」もう、この男からは逃げられない。そう感じました。

画面で悶える別れた元妻

離婚歴のある方は、離婚がどれだけ体力を使うかお分かりだと思います。
私が結婚したのは25歳、元妻は22歳と若すぎた結婚で、1年はラブラブでしたが、元々他人が一緒に暮らすわけなので次第に相手への不満が募り、このまま子供を作って一生添い遂げるか、別れて他の道を歩むか、話し合いました。
私は、客観的に見ても美人の元妻を手放すのが惜しい気持ちと、もっと気立てのいい娘さんを見つけたら幸せだろうなと思う気持ちが交錯していました。
美しい元妻はスタイルも良く、その女体はヨダレが出るほど妖艶で、87㎝ある乳房は揉み応えもあって、イチモツに吸い付くような秘穴もいい具合で、ヨガり声も色っぽくて女としては上玉でした。
しかし、いろいろ話し合った結果、私28歳、元妻25歳と若かったこともあり、お互いが前に進むために離婚しました。
どちらが悪いというわけではなく、お互いの幸せを祈りながら別れました。

別れて暫くは、元妻が恋しくて、喪失感に苛まれていました。
でもそれは、元妻の女体が恋しいのだと感じて、新しい恋をしようと努力しました。
連れ子が無いせいかバツイチ男なのに意外とモテて、離婚から1年で可愛い彼女ができました。
アラレちゃんみたいなメガネをかけた小柄な彼女は6歳年下の当時23歳でしたが、下手をすると中学生のように幼い外見でした。
でも、初めて私に抱かれた時には既に処女ではありませんでしたが、まだ純情な秘部をしていました。
クンニに身を捩り、結婚歴のあるイチモツの意地悪な焦らしの腰使いに息も絶え絶えになって、
「やっぱり結婚していた人は、セックスが上手ですね・・・」
という上目づかいの彼女が身震いするほど可愛くて、私30歳、彼女24歳で再婚しました。

お色気たっぷりの美人妻から一転、小柄なロリ妻との暮らしはとても楽しくて、セックスもコスプレなどしながら明るく楽しみました。
自分で秘部を拡げて中身を見せたり、結婚したら恥じらいが無くなって思い切りスケベなロリ妻になりました。
「私のオマンコイジメてぇ~~」
無邪気に性を楽しむ妻がとても可愛くて、毎日セックスしていました。

女の子が2人生まれて4人家族となり、家を建てて6年、私41歳の時に出向命令が出て止むを得ず単身赴任した時のことです。
そう遠くない赴任先なので、毎週末家に帰って妻を抱けましたが、それだけでは足りずに久しぶりにAVのお世話になりました。
レンタル屋さんのカーテンの奥のアダルトコーナーで、35歳になってもロリロリな妻と対照的な色っぽい人妻熟女のAVを選んでいたら、私好みの色っぽい美人女優のAVを見つけました。
~清楚な35歳の美人妻がまさかのAVデビュー!~
迷わずそれを借りて、早速DVDプレーヤーで再生してみました。
画面に現れた美しい女性・・・惜しげもなく素肌を晒し、素晴らしいスタイルと乳房を露わにして・・・ん?あれ?・・・これは・・・別れた元妻に間違いありませんでした。
離婚して13年、38歳の元妻がいつ撮影したのか知りませんが、35歳が本当なら3年前・・・
そんなことを思いながら、懐かしい元妻の裸を見ていました。
男優に秘部を舐められて悶える元妻、男優のイチモツをフェラする元妻、モザイク越しにズッポリ挿入されている様子が窺えて、とても嫉妬心が湧いてきました。
「アアーン、アアーン、アンアン・・・・・」
色気を放ちながら仰け反る元妻を見ながら、イチモツを扱き射精した後、物凄い虚しさに襲われました。

AVを返却したあと、何気なく元妻のAVがあった辺りを探すと、何と、妻のAV引退記念で全作品のセックス部分を集めたオムニバスを見つけて、思わず借りてしまいました。
~私、普通の美人奥さんに戻ります・・・~
デビュー作、人妻教師の教え子筆おろし、夫の上司と不倫、元彼との不倫、再婚した夫と連れ子との3P、義父の緊縛調教、そしてラストは、借金奥さんのSM調教でした。
最後の作品は、足をV字にベッドに括られて、電マ、電気ドリルにつけられたディルドなど、様々なモノを入れられて、半狂乱の逝き地獄で、元妻はその美しい顔をアホ面にしてみっともない姿を晒していました。
「ウゥゥ~~壊れる壊れるゥ~~・・・だめだめだめ、死んじゃう死んじゃうゥ~~・・・」
ガックンガックン痙攣しながら、ブシュブシュ潮を噴き散らし、あの、AVになんて出るとは信じられない美しい人妻だった元妻が、あられもない淫乱を曝け出していました。
私は、そのあまりの壮絶さにイチモツが萎えてしまいました。
元妻でなければ興奮してフル勃起だったであろうイチモツでしたが、遠い昔、愛し合って暮らした元妻の凄惨な痴態に、性的興奮よりも心が引き裂かれる思いでした。
私は、別れたとはいえ昔夫婦だった元妻が心配になって、週末、赴任先から妻の待つ家に帰る途中、元妻の実家を訪れてみました。
しかし、その家には元妻の旧姓とは異なる表札がかかっていました。
元妻は、いや、元義父母さえも完全に消息がわからなくなりました。

私の出向は3年で終わり、今年4月に妻の元に戻ってきました。
今でも3年前に見た美しい元妻のAVが頭から離れません。
特に、別れたことを悔やませるほど美しい元妻のSM、人格さえ無視された無慈悲な秘部への拷問に飛沫をあげて悶絶した元妻の画像は忘れたくても忘れられません。
お互いの幸せを祈りながら16年前に別れた元妻は現在41歳、いったい、どこで何をしているのか・・・

遠い昔に離縁された夫に再び愛される時・・・

私は、小学校の高学年ごろから、近所の大人たちから色白でかわいいとよく言われるようになり、中学生になると、
何人もの男子生徒から告白されるようになりました。
若い頃にモデルをしていたことのある母親に容姿が似たせいかもしれません。
胸も人並み以上に大きく、それも魅力だったようです。

性に好奇心が強かったせいか、私は高校生の時、一度だけ悪い友人に誘われて、20代の会社員の男性といけないデートを
したことがありました。

生まれて初めてのセックスの経験でした。
ホテルへ連れて行かれると、当然のようにフェラチオをさせられ、顔の上に男の人が跨ると、肛門も舐めさせられてしまいました。
よくわからないまま、そうすることが当然のことのように思わされていました。
処女でしたので、挿入はとても痛かった記憶があります。
何で皆はこんなことが楽しいのだろうと思ってしまいました。
男の人から帰りに五万円をもらいましたが、後悔の気持ちから、二度と同じことはしませんでした。

 まじめに勉強だけはして高校を卒業すると、私は短大に進学しました。
 短大は女子しかいません。
 でも、夏休みにバイト先で知り合ったW大学4年生の男性と仲良くなり、真面目で誠実な彼に恋を
 してしまいました。

 彼には、同じ大学に同級生の恋人がいましたので、私は自分の気持ちを伝えることも出来ず、彼とは友達関係を
 維持していました。
 卒業後、彼の恋人は故郷に教師として帰ることになり、恋人を失って落ち込んでいた彼は、案の定、
 私に振り向いてくれました。
 
 私は20歳の誕生日に、彼に身体を捧げました。
 間もなく私も社会人となり、勤務する会社の男性からデートに誘われることも多かったのですが、彼を一途に
 愛し続けました。
 そして、私22歳、彼25歳の春に、二人は結婚しました。
 新婚旅行はハワイでした。
 結婚生活は幸せでした。

 まだ若かったので暫くは子供をもうけず、避妊をして性生活を営んでいました。
 私は、夫に抱かれているうち女の歓びに目覚め、それなりの快感を感じてはいましたが、乱れて自分を失うほどの
 快感を感じることは出来ませんでした。 
 
 私は夫の前でも、清楚でまじめな女のイメージを崩したくありませんでした。
 それでも私の身体は自然と夫を欲して、ほぼ毎日夫のペニスを味わっていました。

 結婚3年目のころ、私は上司と出張に行くことになりました。
 男女の組み合わせでの、泊りがけの出張は珍しいのですが、急に仕事が決まって私しかあいていなかったので、
 止むを得ませんでした。
 出張先のホテルのバーで課長に酔わされた私は、気付いたらホテルの部屋で全裸にされて、課長に
 抱かれていました。
 状況を把握して抵抗しようとしたその瞬間、課長のペニスが私の膣内に挿入されるのを感じました。
 40歳の課長は、夫よりもゆっくりした動きですが、私の弱点を素早く探り当て、緩急をつけて私を少しずつ
 絶頂へ誘いました。

 私は、湧いてくる快楽に抵抗することができずに、夫では得られない焦らしを交えた課長のテクニックに、
 不貞行為であることも忘れて逝き乱れました。

 そして、最後には課長の精液を顔面に浴び、濡れたペニスを舐めさせられました。
「君は、お淑やかな美人妻だと思ったけど、セックスは乱れるんだね。旦那さんが羨ましいよ…」

 私は、いけないと思いながらも翌朝も課長に抱かれてしまいました。
 私は、妻でありながら夫以外のペニスを受け入れてしまったのでした。

 私は、月に2~3度課長に抱かれるようになってしまいました。
 課長に抱かれる時に、私は頭の中が真っ白になるほど逝き乱れるのです。

 夫には恥ずかしくてそんな姿は見せられないのに、課長の前では淫乱に乱れる女になれるのでした。
 課長は安全日かどうかを私に確かめて、大丈夫だと思うと私が言うと、いつも中に出して果てました。

 そして決まって、ペニスを抜くと私に舐めさせましたが、私はそれが当然であるかのように、最後の一滴まで
 吸い取ってあげていました。
 生理が遅れると課長の子種で妊娠してないかとても不安でした。

 課長とのダブル不倫は半年で明るみになりました。
 夫は嘆き悲しみ、課長の奥様は半狂乱、結局私は離婚されてしまいました。
 
 私は26歳、夫は29歳、まだやり直しがききました。
 しかし課長は、夫に対する多額の慰謝料を私の分まで支払い、家庭を失いました。
 私は、いたたまれなくて結局会社を辞めました。

 不倫して離婚された娘は実家でも疎まれて、追われるように都会に出ました。
 しかし、再就職が難しく、パートタイムでスーパーマーケットなどで働きました。
 
 その会社の本社の役員さんが来た時、お茶の用意などさせてもらったのが縁で、私は本社に採用されました。
 でも、その実態は役員さんの愛人になるという事だったのです。

「上司と不倫して離婚したんだってねえ。清楚な外見ではしたないねえ。」
 そんな風に言われて、私は週1回、60過ぎの役員さんに抱かれることになりました。
 役員さんには奥様がいましたが病気がちで、よく入院していました。
 ホテルでは、いつも私が上になって腰を振り、最後だけ役員さんが上になってお腹の上に射精しました。

 時には役員さんの体のあちこちを舐めさせられたりしました。
 だんだんと道具を使ったり、黒革の拘束具を身に着けさせられたりするようになりました。
 
 当時、胸はEカップで色白なほうでしたので、役員さんは大喜びの様子で、SMチックなプレイを私に
 要求しました。

 やがて役員さんの30歳の長男さんとも仲良くなり、週に2回長男さんにも抱かれるようになりました。
 同じ年の長男さんは時には3度も私を抱いて果てました。

 役員さんとは親子なのに、体臭もペニスの味も精液も違っていました。
 長男さんは年下の恋人がいらしたのに、別れて私と結婚したいと言い出しました。
 長男さんは、私が父親の愛人だと知らなかったのです。

 私と長男さんとの関係は、役員さんの逆鱗に触れてしまいました。
 可愛い息子をそそのかされたと判断した役員さんは、私をSM器具のあるラブホテルに連れて行くと、
 現れた見ず知らずの三人の中年男性に私は縛られて、凌辱されました。
 3人のペニスを順に咥えさせられ、かわるがわる挿入されて腰を突かれ、3人分の精液を顔にかけられました。
 恥ずかしいことに、私は感じて乱れてしまいました。
 そして、「退職金だ」と200万円の束を投げつけられて、愛人生活が終わりました。

 
 数日後、長男さんが訪ねてきて
「あなたはAVに出演した過去があったんですね…セックス狂いの汚い女だったんですね…清楚な振りして僕を騙したんですね…」
 と言って、写真を置いて別れを告げられました。
 その数十枚の写真には、3人の男性に犯されて、はしたなく乱れる私が写っていました。
 私が後ろから男に突かれている写真には、ペニスと結合したアソコから流れ滴る、感じた証の白い愛液も写っていました。

 私は何も反論できず、彼とも別れました。

 30歳になってまた私は居場所を失い、ビル清掃会社で働くようになりました。
 私は2年間真面目に働いていましたが、32歳の頃、担当するビルの25歳の男子社員と顔なじみになり、食事に
 誘われて年甲斐もなく浮かれて出かけ、口説かれて抱かれてしまいました。
 7歳年下の若い彼は、引き締まった筋肉質の硬い体で激しく私を抱きました。

 「美人だ、綺麗だ。」
 そういわれるのは何年か振りで、彼が本気だと勘違いしてしまいました。
 彼は、私を清掃作業服のまま抱きたがりました。
 時には職場のトイレでセックスすることもありました。

 2年間身体の関係を続けた後、彼は転勤してしまいました。
 もしかしたらプロポーズされるかも…期待した私が馬鹿でした。
 2年間、性欲処理に弄ばれただけでした。

 寂しさに落ち込む私を優しく慰めてくれたのは、清掃班の班長でした。
 57歳の班長は以前はホームレスだったそうで、10年前にアルバイトで採用されて、そこから正社員になったそうです。
 私は優しい班長さんに誘われるままアパートまで上がりこんで、つい、寂しい身体を慰められてしまいました。
 
 もう34歳になっていた私を抱いて、班長さんは娘のような若い女体を抱いたと大喜びでした。
 それから週1~2回、肌を合わせるようになりました。
 班長さんは、清掃会社の班員の女性数人と身体の関係を持ってきたそうです。
 でも、わけ有りで独り身になった50代の女性ばかりで、私のような若い女はこの会社に来て初めてだそうです。

 班長さんとは、3年でお別れがきました。
 還暦を迎えるに当たり、郷里に帰ることにしたと言いました。
 3年間身体の関係があった男性とお別れするのは辛かったです。
 恋愛ではありませんでしたが、情が移っていました。
 
 私は、39歳まで清掃会社で働きました。
 もう、男性と関係することもありませんでした。
 アパートに帰って一人分の食事を作り、一人で食べて一人で寝ました。

 何が悲しいか分からない涙を流すようになりました。
 40歳を迎える年の春、私は生活に疲れ果てて、恥をしのんで郷里に帰りました。
 実家には顔を出せませんが、しばらくぶりに帰った生まれ育った街は、やはり心の落ち着つく場所でした。
 
 実家とは、新幹線の駅をはさんで反対側に住みました。
 実家の様子は見に行きませんでした。
 行けば両親に会いたくなります。
 生きていればですが…
 
 地元のホームセンターで働き出しました。
 収入は女1人が質素に生きていくのに十分でした。
 まじめに働いて一年が経った時に、あの出来事がやってきました。

 3月11日の金曜日の午後、倉庫整理をしていた私は激しい揺れに気が動転しました。
 金属製の棚が次々にガラガラと崩れて、商品が地面に落ちてきました。

 揺れは地響きとともにかなり長く続き、終わった頃には倉庫の中は足の踏み場もない状態でした。
 幸い私は怪我をしませんでした。

 急きょ店を閉めて、社員が駐車場に集められて安否の確認が始まりました。
 全員の無事を確認後、店舗を施錠して私達女子社員は一時帰宅するよう促され、アパートへ帰ったのですが、
 部屋の中は悲惨な状態でした。
 停電、断水、電話も通じませんでした。
 翌日職場に出向きましたが、暫く始業できない旨を告げられました。

 私のアパートは壁がヒビだらけで倒壊する危険があるとのことで、近くの体育館に避難しました。
 実家のことが気になりましたが、こんな時に親不孝の娘が顔を出すわけには行きません。
 体育館で大人しくしているしかありませんでした。

 体育館でテレビの映像を見て愕然としました。
 宮城や岩手はもっと酷いことになっていました。

 市役所の職員が、避難者の身元確認をし始めました。
 彼らもまた気の毒な被災者なのに、懸命に避難者のために働いていました。
 住所、氏名、生年月日を書き入れて手渡した職員が私の名前を口にして
 「君は…」

 それ14年前に別れた元夫でした。
 夫はこの街の市の職員になっていたのです。
 私は目を反らしてしまいました。
 どの面下げて元夫に合わせる顔がございましょう。
 元夫には新しいご家族もいらっしゃるでしょうから、私など邪魔な存在。

 夕方、私服に着替えた元夫が私を呼びに来ました。
 私はわざと迷惑そうな顔をして外に出ました。
「久しぶりだな。元気にしてたか?」
「ご無沙汰しております。その節は、大変なご無礼を…」
 なるべく冷たく聞こえるように答えました。

「ずっとこの街にいたのか?」
「1年前に戻ってきました。でも、アパートが崩壊しそうで…」
「そうか…再婚したのか?」
「色々ありましたが、あれ以来結婚はしていません。」
「そうか…俺も同じだ…」
「え?…」
「俺のマンションに来るか?賃貸だが部屋は空いているよ。」
「そんな…ご迷惑な…」
「元は一緒に暮らした仲だ。困った時は頼れ。」

 私は元夫のマンションに転がり込みました。
 まだ完全には片付いていませんでしたが、建物は鉄筋コンクリート造で堅牢でした。

「これ、地震で前のガラスが割れちゃったけど、捨てられなくてな…」
 私はそれを見たとたん、その場に泣き崩れてしまいました。
 元夫が手に持っていたのは、新婚旅行のハワイで写した二人の写真でした。
 あのとき家庭持ちの上司との不倫に走らず、まじめに生きていれば、その後のみじめな苦労はなかったのです。

 その夜、久しぶりにお風呂に入って、14年ぶりに元夫に抱かれました。
 私のアソコを眺めて「苦労したんだなあ」と言って舐めてくれました。
 
 私は昔の、世間も男もよく知らない清楚な若奥様ではありません。
 元夫のペニスだけではなく、球も、そして菊のような肛門もやさしく舐めてあげました。
 汚れた私の体の遍歴をそれとなく教えるために、今までの男性に教えられた、男を喜ばせる性の技を一つ一つ
 彼にして見せたのです。

 男性に抱かれるのは、班長さん以来6年ぶりでした。
 元夫の懐かしいペニスが私に入ってきました。
 私の弱点を覚えていたのでしょうか、いきなり突かれて、そうかと思うと焦らされて…元夫は、若いときのような
 激しさはなく、昔不倫した課長さんのような中年男性のネットリしたセックスでした。
 あれから何人もの女性と関係を持ったのでしょう。

 元夫のペニスは赤黒く、オンナを悦ばせる業に磨きがかかっていました。
 元夫のペニスで膣壁を撫でられて声を出して喘ぎ、あまりの快感に身を捩って激しく乱れ、仰け反って逝きました。

 元夫に抱かれて、私は性の渇きだけでなく、心も満たされて嬉しさに涙を流していました。
 私はまだ元夫を愛していたことを悟りました。

 けれども、私は元夫を裏切った女です。
 元夫に抱かれたからといって甘えるわけにはいきません。

 元夫が仕事に出かけた後、一宿一飯の御礼と、抱いてもらって良い思い出が出来たと手紙に残してマンションを
 後にしました。

 行くあてもないので、壊れかけのアパートで過ごしました。
 そして、やっぱりこの街を出て行くことにしました。
 私は郷里に相応しくない女なのです。

 41歳の女が知らない街で、1人で生きていくのは容易ではありませんが、元夫に迷惑はかけられません。
 不倫して裏切った元妻と一緒にいるなんて、お笑い種です。
 使えそうな物だけ選んで荷造りをしました。これから行き先を考えなければなりません。
 前にいた都会に戻るのが最善と思えました。
 ホームセンターにも離職手続きをしなければなりません。

 翌朝とりあえず住む場所を見つけるために、前にいた都会へ出かけようとアパートを出ました。
 するとアパートの前に元夫が立っていました。
「やり直さないか?」
「私はあなたに愛される資格のない女です。」
「ほれた女の過去は問わない主義なんでね…これ…」
 元夫は婚姻届を私に見せました。
 そこには署名捺印がしてありました。
 そして証人欄には私の両親の署名が…私は嗚咽しました。
荷造りした荷物の行き先は元夫のマンションになりました。

 今、私は42歳の妊婦です。
 もしダメでも仕方ありませんが、頑張って産みたいです。
 夫と再婚してからは、毎晩抱かれて逝きまくりです。
 別れた夫とのセックスがこれほど良かったなんて、苦労と引き換えに、この年になって知ったのです。
 そして妊娠。
 
 私達の夫婦の営みは少々変わっています。
 夫は離婚後の私の性遍歴を知りませんが、私のアソコの色やセックスの様子で、いろいろあったことは自然と
 分かると思います。
 愛人にもされ凌辱も受けました。

 60過ぎの男性に革の拘束具を着せられて、SMチックなプレイも毎回させられていました。
 夫は、私が離婚後に出会った自分の見知らぬ男達に、私が抱かれている姿を色々想像して、嫉妬しながら
 抱くのだそうです。
 それを聞かされた私は、夫に謝罪しながら逝かされるのでした。
 
 私はまた清楚な妻に戻りました。
 ただ、昔と違うのは、夫に抱かれているときに、オンナの悦びを隠さなくなりました。
 夫が刺激を望むのなら、過去の事も少しずつ、小出しに話してあげようかと思っています。
 今私たちは快楽を貪る中年夫婦です。

愛妻の入院 その14:突然の妹とクンニ

土曜日になった。先日の家出少女からスーツ姿で恵比寿駅に来てほしいとメールがあった。お嬢様校ではスマホや携帯は授業に関係ないという理由で禁じられているのに不思議に思った。どのみち妻のお見舞いに行こうと思っていたのでOKした。昼過ぎの指定時刻に駅前で待っていると少女は学校帰りの数人の友人を連れて現れ、いきなり抱き着いてくると腕にぶら下がり「御紹介させて頂きますわ。私のお兄ちゃまです。」と友人たちに言った。友人たちは一斉にどよめいた。いきなり可愛い妹が出来てしまった。彼女の学校では保護者無しで寄り道して帰ると罰せられる。彼女は恵比寿ガーデンプレイスにいった事が無いらしいので成り行きでデートする事になった。まず行きつけのレストランで食事をした。それから制服姿の彼女をぶら下げてモール内を見て回った。しかし、これではまるでJCお散歩ではないかと思った。いくつかの輸入食料品店によって珍しい外国のお菓子を買い与えた。彼女は喜んだ。
恵比寿ガーデンプレイスは広くて可愛い雑貨から大人の飲み物ワインのお店まで2人で見て回るとあっという間に時間が過ぎた。妻のお見舞いに代理妻と行く時間になったので少女と駅で別れた。代理妻と落ち合って妻の病室を訪ねた。また仲の良いひそひそ話が始まった。どうやら先日、家出少女の目の前で代理妻をワイルドに犯した報告をしているようだ。これは妻にも出産後に凌辱プレイを求められそうだ。その後、妻と雑談してスマホのメールを読ませて身の回りのニュースを伝えた。突然代理妻が隣のベッドとの間のカーテンをさりげなく少ししめた。そして廊下側に立って視界を遮った。妻がヒップをベッドのこちら側の端に寄せて淫らな目で振り返り「犯して。」と視線で言ってきた。毛布にかくして陰茎を取り出すと勃起させて妻の方に伸ばした。
中高生時代21cmだった陰茎は美人たちに育てられ25cm弱に伸びていた。それをフルに使ってベッドの妻の股間に差し入れ亀頭を何とか膣口でくわえて貰った。精液がこみ上げてきたが妻の淫臭や精液臭をさせるわけにはいかないので5分ほどで離れた。代理妻に「ありがとう。終わったよ。」とささやくと彼女はさりげなくカーテンなどを元に戻した。妻としばらく見つめあってキスをして「今日はもう帰るけど、また来るから。今日はありがとう。」と言って病院を出た。代理妻から妻との性交はどうだったか聞かれたが、美味しかったけど射精できなかったから溜まってしまった。と答えた。代理妻は「その続きで、今夜は可愛がってくださいね。」と嬉しそうだった。その時スマホに家出少女から「今夜数学を教えて下さい。」とメールが来た。それを代理妻に見せてOKを貰た。
少女はご両親に「夜にならないと帰ってこられないから仕方がないでしょ。」と説得し夜間外出の許可をもらているようだ。もちろん帰りは安全のため彼女を家まで送っている。ご両親は難しい思春期の娘が素直になるので歓迎だ。でもいつも何かご両親に気を使ってもらうの恐縮なので「今夜は手ぶらで来るように。」と指示を出した。しかし彼女は「これ母が作ったビーフストロガノフです。召し上がって下さい。」とタッパー差し出した。代理妻がタッパーの中身を返礼の品と交換している間に数学の問題を見た。いくつかの簡単な図形の問題だったので補助線の引き方のコツを教えて自分で問題を解かせた。全部問題を終えて代理妻からお土産の妻たタッパーを返してもらうと少女は「今日はもうシャワーを浴びてきたの。」と言い出した。仕方ないので3人で寝室に行った。
少女はベッドに上がると直ぐ全裸になり四つん這いの姿勢を取るとヒップを突き出して「また愛して下さい。」と言った。代理妻に待ってもらって彼女の全身を軽く舐めるとクンニを始めた。はっきりしてきた膣口に舌先をとがらしてちょっと挿入し「今のが君の入り口なんだよ。」と言った。下付き女性はアナルに感度が有る場合が多い。彼女のアナルも舐めてみた。「あっ、そこ汚い。」と声をあげた物の利いた手ごたえが十分だった。少女はクンニに慣れて陰核包皮をむいて陰核直撃がお気に入りだ。陰核に必殺舌技を御馳走しアナルと舌先で往復していたら彼女の四つん這いがぺちゃんとつぶれてしまった。そこで今度は下着姿の代理妻を全裸に剥いてベッドで四つん這いのポーズを取らせた。もう十分濡れて緩んでいる膣に後背位から陰茎を刺した。少女にバックからの激しいピストンを見せつけた。代理妻は男にヒップを掴まれ体を貪られる女を演じた。
彼女のような上付き女性に普通の後背位は良くない。陰茎の侵入角と膣道の延びる方向があわないのだ。そこで彼女の股間に両膝を入れやや斜め下から陰茎を挿入しピストンしなければならない。激しく代理妻を犯した後、また彼女の膣から陰茎だけを抜いて大量の精液を彼女にぶちまけた。驚く少女に「男の前で四つん這いになたら、こんな風に犯されるから駄目だよ。」と言った。またワイルドに犯された代理妻はうれしげだった。夜遅くなったので少女を家まで送り、帰ってから代理妻の腰使いの練習をした。妻から色々なアドバイスやコツを教わったらしくその日の対抗座位は腰つきにブレや無駄な動きが格段に減り膣で陰茎を確実にとらえてあっという間に対抗座位で3回イかされた。後戯と後処理ののち彼女に腕枕をして少し愛を語ると彼女は疲れて寝てしまったので一緒に寝た。変な時間い目が覚めたのでこの駄文を書いている。

ロリータAV女優だった妻

再婚して5年の42歳、妻は39歳ですが、あまりにもあどけない童顔で20代にしか見えません。
その妻は、十数年前、20代半ばになるまでロリータAVモデルをしていました。
妻に借りて何本か見ましたが、そのあどけない可愛い顔からは、とても想像できないハードな内容もありました。
20代には見えないロリ顔とロリボディで、本物の中学生みたいにセーラー服やブレザー、最も幼く見える紺のワンピースだと小学生のようで、ロリロリなエッチをしていました。
中には、浣腸、スカトロなどという目を背けたくなる内容もありました。
SMは、あまりに華奢な体なので痛々しくて可哀相になるくらいでした。

私は、10年前にリストラが原因で離婚されてしまいました。
結婚3年で、まだ子供がいなかったから、さっさと捨てられてしまいました。
その後、アルバイトを含めて色んな事をしていましたが、7年前、片田舎の商工会で求人していたので応募、採用されました。
その時、同時に採用されたのが、三十路になってAVを完全引退した妻でした。
高校でたばかりくらいの可愛いお嬢さんだなぁ・・・と思っていましたが、歓迎会で32歳と知って衝撃を受けました。
彼女も私も余所者で新規採用同士、見た目はともかく実年齢が近いので何かと一緒に行動していたせいか、仲良くなりました。
もう、二度と結婚はしないと決めていた私でしたが、セックスはしたくなります。
働き出して4ヶ月くらいの梅雨が明けた頃、休日前の夕方、二人で飲みに出かけて、彼女の可愛さに思わず口説いてしまいました。
「こんなに可愛いのに、なんで独身なんだろうね?彼氏もいないの?勿体ないなあ・・・」
「彼氏がいたら、女ひとり、流れ着くようにここまできませんよ・・・」
こんな乾いた会話が続いたあと、
「もしかして、私を口説きにかかってます?私とエッチしたいとか?正体に気付いたとか?」
「正体?」
ここで彼女はロリータAV女優の過去を話しました。
20代半ば過ぎて実質引退した後も、可愛さやエロさでAV産業に関わっていたようですが、30歳を超えて完全引退、その後、片田舎の求人を見て応募、隠れるように暮らすつもりだったそうです。
「エッチ、してもいいけど、内緒にしてね。」

町はずれの私のアパートに彼女を連れ込み、シャワーを浴びて全裸で向き合いました。
スッピンだとさらに幼く見え、32歳とはどう見ても思えませんでした。
「ココは、しっかり使い古されてるでしょう・・・」
マンビラはひしゃげてドドメ色になりかけ、クリは剥けきって尖っていました。
「舐めてくれます?」
陰唇を広げて、クリを回すように舐めると、
「アア・・・アァア・・・」
湧き出るようにマン汁が溢れました。
「舐めてあげる・・・69ね・・・」
可愛い顔して舐める彼女が女子高生に見えて、興奮しました。
「そのまま入れてもいいけど、中に出さないでね。妊娠したら責任取ってもらいますよ。」
入れると、ブジュルチュパッと圧縮空気と共にマン汁が噴きたしました。
入れた途端、私の腰を両手でグイッと引き寄せ、
「こ、こ、ここ!ここを突いて・・・アア!アァアァ・・・」
可愛い顔がいきなりエロエロモードになって、腰をグネグネさせながら本気で快楽を貪っていました。
私も時折ズドンと強い突きを食らわしますが、彼女の貧乳はプルンと震えるだけで、まるで中学生になったばかりの女の子でした。
「今度、私のAV貸してあげる。何本か持ってるから・・・」
元はVHSだったものをDVDにダビングしたロリータAVを借りて、驚くほどリアルなJC,JKのセックスシーンを堪能しました。
撮影時、とっくに二十を超えていたなんて思えませんでした。

1年くらい、セフレ状態で付き合っていましたが、
「私、この先、どうなっちゃうんだろう・・・このまま一人で年取って死んじゃうのかなあ・・・」
激しいセックスを終えて、余韻から覚めた彼女が天井を見つめて寂しげに吐いたセリフ・・・その横顔に幼さは無く、三十路女のやつれた寂しさが漂っていました。
この時、この先の人生を彼女と歩くのも悪くないかな・・・と思いました。
「ねえ、俺と一緒に年取る気はない?」
「え?どういうう意味?」
「そうだな。中出しして責任取らせてもらうって事かな・・・」
「元AV女優と結婚するって事?」
「俺はバツイチ、結婚は一度失敗してるから、相手のことをとやかく言う資格は無いよ。」
「本気?」
「俺で良ければ・・・」

現在、私42歳、ロリ顔の妻39歳、そして4歳の娘の3人暮らしです。
妻は商工会を辞めて、今は私だけ勤めています。
貸家の庭に菜園を作って、片田舎で細々と暮らしています。
可愛い妻は、十数年前までロリータAV女優だったなんて誰も知りません。

ヤクザのおもちゃにされた母

僕の実家がある場所は田舎の温泉街で、大小とりどりの旅館が立ち並んでいた。
当時母は40代になったばかりであったが、実家から歩いて20分程のところにある地元では大きな老舗の温泉旅館で仲居のパートをしていた。
僕はすでに高校を卒業して、少し離れたところにある県庁所在地でフリーターをしていたが、たまたま実家に帰っていた。

ある日、夜の9時前に、どしゃ降りの雨が突然降りだしたので、僕が母を迎えに行くことになった。
仕事のシフトが終わる時間よりだいぶ早く着いたため、旅館のリビングでテレビを見ながら母の仕事が終わるのをのんびり待っていた。すると、急にどやどやと怖そうなヤクザらしき男達が入ってくるではないか。僕は囲まれる形となり脱出できなくなった。
男達は酒気を帯びていて、めいめい好きなことを言い合っていた。どこそこの女とやったという類の話しが多かった。
話の端々を聞くと、どうやら県庁所在地の繁華街で勢力のある組の男たちのようであった。

「や、やばい」
僕はビビりながら小さくなって、なんとか脱出できる機会をうかがっていた。


ちょうどそのとき仲居姿の母が忙しげに廊下を通り過ぎるのが見えた。
50歳位の角刈りで筋肉隆々でエネルギッシュ、眼光の鋭い、いかにもヤクザの組長らしき男が、通り過ぎる母の仲居姿をじっと目で追っていたが、

「今、そこ通った仲居、いい体してたなぁ。一発やりたくなった。今夜どうしても抱きたいから、女将を呼んでこい」
と突然言い出したのにはびっくりした。

呼ばれた女将さんは親分の話を聞くと、
「おっしゃる仲居はパートで来ている普通の主婦さんですよ。それはご無理なお話です」
と相手にしないで戻ってしまったが、ヤクザの親分は、それでも

「是非、抱きたい。とにかく探して、呼んで来い」
と若い男に母を呼びに行かせた。

若い男に押されるようにして連れてこられた母は、さすがに緊張した様子で親分がどっかりと座っているソファーの前にへなへなと膝まずいた。緊張のせいかすぐ近くにいる僕にも気づかない。


「急に呼んで悪いね。あんたの色気に参ったんでね。お代は弾むから今夜、俺の相手をしてくれ」
と親分らしき男がにやにやしながら言うと、母は顔を真っ赤にして、
「いいえ、私は、そんな・・・」
と語尾が消え入りそうな感じでもごもご言って、力なく俯いた。

「どうしてもあんたを抱きたいんだよ」
と親分の顔が母にぐっと迫った。
なんて傍若無人なんだ。人の母をなんと思っているんだ。
僕は怒りを感じ、母を助けたかったが、ヤクザの迫力にびびってしまい、実際には何も言えなかった。

親分は強引に母の手を取り、いやらしくさすりながら「ヤクザとセックスした事はあるかい?いいもんだぜ。腰が抜ける程よがらせて、何度もイカせてやるからよ」
と言うと母は、耳まで真っ赤にして、
「すいません、勘弁してください」
と手を振り払って脱兎のごとく小走りに去っていった。

この母の様子を親分の横で見ていたホスト風の30代後半くらいの超イケメンが、
「あの女、慌ててはいるけど、口説かれて感じてますよ。相当の好き者ですね、あれは。社長、あの仲居を間違いなく今夜抱けますよ」
と言うと、
「おおっ、そうか。お前が言うなら間違いないな。もう一度あの女に話を付けて来い」
と若い者を走らせた。
その男はしばらくしてから戻ってきて、何やら小声で親分にささやいた。
「おっ、そうか」
親分はボソッと言うと、そのまま立ち上がった。

男達が部屋の方に戻った隙に僕は飛び出し、母を捜したが姿がなかった。男たちのひとりが去り際に僕にニヤリと笑っていたので僕は不安になり、別の仲居に聞くと
「とっくに帰ったはずよ」
と言われ、僕は安心して帰った。
家に帰ると、父が言うには、「団体客が入り忙しいので旅館に今晩泊まる」と母から電話があったという。

僕は驚き、飛んで旅館に戻った。女将さんをつかまえて問いただすと、女将さんは真顔で、
「子供が関わる話じゃない。お母さんは、ただ、忙しいだけ」
と、恐ろしく落ち着いて言われたので、僕は一言も返せなかった。
帰り道に、母が本当にヤクザに関わっていないかどうかとても気になった僕は、迷った末に旅館に引き返した。リビングを通って、さっき男たちの歩いていった方向に部屋を探す。


ヤクザの男たちがどの部屋に入っていったのかはわからなかったが、奥のある部屋に近づくにつれ、かすかに何かの物音と声が聞こえてくるのが分かった。

「あっ、あっ、あァっ、あァっ」
明らかに男女のあの声が聞こえてきた。

その部屋の前に立った。僕の心臓はバクバクしていた。この中に母がいるかもしれないと思うと、いてもたってもいられなかった。思わずドアのノブに手をかけた。鍵はかかっていなかった。僕は気づかれないようにゆっくりとドアを開けた。隙間から中を覗く。部屋の電気が消えていたので、よくわからなかったが、黒い影がもつれあっているのがわかった。
パンパンパンと肉と肉がぶつかる音が響いていた。

「あっ、あっ、あァっ、あァっ」
女の声だ。母なんだろうか。母がそういう声をあげることを想像できない僕としては目の前で繰り広げられる男女の痴態に不安を感じつつも少し興奮していたのは事実だった。恥ずかしい話だが。よく分からなかったので、もっと中に入ろうかどうか迷った。
そのとき、いきなり襟を強い力で掴まれた。


「お前、何してるんだ」
振り返ると先ほどのヤクザ系の男たちの一人だった。

「おい、どうした」
部屋の中から親分らしき男の太い声が来た。近くの部屋からも怖そうな男たちがぞろぞろ集まってきた。僕はもう茫然自失、絶対絶命・・・。血の気が引いた。

部屋に電気がつけられた。
やはり先ほどの男女は親分と母だった。母は目を大きく見開いて驚いたように体に毛布を巻いていた。


「このガキがノゾキやってましたんで」
僕は親分の前に正座させられた。全身刺青に覆われた親分に、僕はびびりながらもすべての事情を話した。親分はふんふんと聞いていた。
「ちょうど二発目やろうとしているときにお前がきたからの」
「お願いします。もう母を返して下さい」
僕は親分に頭を深く下げた。

「お前の母は本当にいい女だよ。さっき一発やったけど、とてもよかったよ」
親分は僕の土下座を無視して、自慢するかのように言った。
子分たちがつられて哄笑する中、親分が母の方を向いて、


「そうだ、あんたのきれいな身体を息子さんにも見せてあげようじゃないか」
と言って、親分が母の毛布を無理やり取り去った。
「いや、いやです・・・・・・恥ずかしい・・・」
母は、必死に親分に懇願したが、かえって頬を平手で強くはたかれた。
「ああそうか、それなら息子にけじめをとらせるわ。指の一本でももらおうかな。おおい、誰かっ。指詰めの用意しろ」


それを聞くと、母は俯いておとなしくなった。言われるままに立ち上がった。
「手で隠すんじゃね。手は下に下せ」
と親分が怒鳴ると、母は泣きそうな顔で従っていた。明るい照明の下で母の肌は美しかった。
「この女、いい身体してるだろ」
と親分が言うと、子分たちも同意の声を上げる。
「お前、そこで座って見てろ」
と僕に言うと、親分は母を押し倒して、男たちが見ている中で母の体をいやらしそうに舐めまわし始めた。

母は泣きながら抵抗していたが、息子にけじめを取らせると言われると再びおとなしくなった
「ギャラリー多いんで、張り切らないとな」
親分が母を激しく責めると、母は感じ始めたように声を出し始めた。
母の足を大きく開いて、巨大な龍の彫り物が母の股間でうごめいていた。母は細首を後ろに反らせていた。


「やっぱり好き者だよ、あの女」
超イケメンが馬鹿にしたように言う。
「だってそうだろう。息子の前だっていうのに激しく感じてやがる」
その声を聞いたのか、母の股間を舌で責めていた親分もニヤリと笑い、
「おまえらにもやらせてやるからもう少し待ってろ」
と言うと、男たちから「おおー」と歓声が上がった。
「一昨日からしてなかったんでたまってたんですよ、ごちそうさまです」
「ほんとにいい身体してんな、この女。少し更けているけど」
僕は母を助けたいとおもいつつも完全にびびってしまっていた。
親分の乱暴な愛撫に母が嬌声を上げつづけた。
僕はずっと俯いて見ないようにしていた。

「あっ、あっ、あァっ、あァっ」
母の声が響く。子分たちのからかいの声も聞こえた。


つらかった。どれほどの時間が経過しただろうか。
「掃除しろよ、さっきみたいに」
親分の怒鳴り声に顔を上げると、母が親分のモノを口にくわえているところだった。舌でよごれをこびりとっていた。

そのとき子分のひとりが僕の股間を触った
「こいつ、勃起してますよ」
「お前も脱げ」
親分の命令で僕はたちまち全裸にされた。
「おおっ、こいつ興奮してやがる」
超イケメンの男が僕の股間の固くなったものを握って振り回した。それだけで不覚にも発射しそうになった。

親分が何かいたずらを思いついたような顔をした。
「そうだ。このガキもお母さん想いなんだから、想いを遂げてやろうじゃないか」
親分の提案に、
「社長、いい考えですね。こいつもこの年で童貞ということはないでしょうし、面白いショーになりそうですね」
と超イケメン男が言う。

「よし、おめえら親子でまぐわってみせろ」
親分が母を僕の方に押しやった。
母は死に物狂いで、いやいやと首を振って、布団にしがみつこうとしていた。
子分たちが数人がかりで母を僕の方に引っ張っていこうとしたが、母は懸命の抵抗をしていた。

「おい、あんた、息子とするのがそんなにいやか?こいつもこんなに大きくしているのに・・・」
親分の男が僕の固くなったものを指ではじいた。
母は俯いたまま首を左右に振っていた。


「しょーがないな。それならなんかやってみせろ。そうだ、自分を慰めてみせろ」
母が親分の命令に驚いたように顔を上げた。そのときの母の表情がいまだに忘れられない。
「こ、子供の前でですか?」
超イケメンの男が母の肩に両手をかけてささやくように言う。
「社長を怒らせたらおしまいだから言うこと聞いた方がいい。息子さんに危害が加えられてもいいの?」

「わ、わかりました・・・」
母はあきらめたように股間に指をやった。
母は畳にお尻をつけた姿勢で、脚を大きくM字に開き、指で割れ目を擦っていた。
じくじくと濡れてきていた。

「見えないよ、もっと足開け」
「指もっと動かせよ」
「いいね、そうそう」
「濡れてきているね。気持ちいい?」
男たちははやし声を上げる。母は白い体を紅潮させて狂乱していた。指で円を描くような動きをしている。

「あ、あっ、あっ」
僕は頭をつかまれて、母の股間を間近に見させられた。濡れてぐちゃぐちゃになっていた。

「お前も一緒にやれよ」
僕は母の隣に座らされた。固くなった自分のモノをしごいていく。
「まったくなんて親子なんだよ、こいつらは」
超イケメンが馬鹿にしたような声を出した。

「変態だぜ、全く」
「もっと早くしごけよ」
子分たちが口々に声を出した。

僕は言われるまま、上下に激しくしごいた。それにつられて、母の喘ぎ声も大きくなった。
「い、いくー」
と隣の母は叫んで、全身を震わせた。
僕も直後に勢いよく発射してしまった。男たちが大笑いした。


「もうがまんできねー」
ヤクザのひとりがズボンのジッパーを下ろした。
「抜きてぇ」
と後にも続く。
「待て、待て」
と親分が制した。
「順番があるだろうが順番が」
「へい」
超イケメンの男に視線が集まった。どうやら超イケメンは組織ではかなりえらいようである。

「俺はいい、楽しみは後にとっておかねえとな。俺は後でいいから」
超イケメンが言うと、「ごちそうになります」と男たちはうれしそうにじゃんけんで順番を決め始めた。
じゃんけんで勝った男が母にのしかかる。

男が母の中で果てると、
「こいつのも掃除してやれ」
と親分が母に命じる。母は男のモノを口できれいにしていった。
あまりにも惨めで僕は泣きそうになった。奴隷のような扱いではないか。
その後も何人かの男が続いた。

「お前らまとめてやれ」
親分の一声で、いやがる母に残った男たちが一挙に襲いかかる。おかしい話だが、白い肌に群がる龍だの、弁天だの、色とりどりの絵が散乱して、美しいと思ってしまった。


母が凌辱されている中、呼ばれたのか50代の仲居が急に部屋に入ってきた。なぜか筆、硯、墨、半紙などのような習字セットを持ってきていた。仲居は、母の方には目を向けないようにして、和テーブルの上に習字セットを無造作に置くと、逃げるように部屋から出て行った。

「?」
僕には習字セットの意味が分からなかったが、
「またやらせるのかよ、あれを。お前ももの好きだな」
と親分があきれたように超イケメンに言うと、
「社長こそいつも楽しみにしていらっしゃるじゃないですか」
と超イケメンはにやにやしながら返した。


母に襲い掛かっていた男たちの全てが発射し終わると、放心したように横たわっていた母のわき腹を超イケメンがつま先で無造作につついた。
「いつまで寝てんだよ、起きろよ」
ぐずぐずしていた母は、蹴られて起き上がった。和テーブルの前で正座するように命じられた。
「そこで、墨をすれ」
「は、はい?」
「いいから、早く墨を磨れよ」

超イケメンが母に怒鳴って、ズボンの革ベルトで母を打った。母の頬が赤くはれていった。
僕も思考停止状態で何をしていいか分からなかった。習字で文字を書かせるつもりなのか・・・。何のために・・・。
母が正座したまま墨を擦っていく。
「できました」
俯いたままの母に、超イケメンは新たな命令をした、


「テーブルの上に乗れ、早く」
母は言われるままに和テーブルの上に片足ずつ上がっていった。
「こっち向きな」
母が超イケメンの方に向き直ると、超イケメンは、
「じっとしてろ。手が邪魔だ」
と言って、立ったままの母の割れ目を指で広げて、習字の筆をぐぐっと押し入れていった。
あまりのことに驚いた母が声を上げて、びくっと動いた。

「ああっ、な、何をするんですか」
「ばかやろう、これで習字をやってみせるんだよ」
と超イケメンは言って、母の股間に突き入れた筆を揺すった。

「ああっ、そんな恥ずかしいこと、いやです」
母の弱々しい声を無視するようにして、超イケメンは筆を激しく揺すり始めた。

「いうことを聞け。せっかんするぞ、ばかやろう」
といって、筆を激しく出し入れする。それにつれて母も恥ずかしい声をたまらずに上げ始めた。

「あっ、あ、許してください」
「うるせー」
超イケメンの握っている筆の動きが速くなった。
母の表情が歪んでいった。苦しいのか、それとも・・・。

興奮した顔の親分が立ち上がって、母の乳房を乱暴にもみ始めた。男の中には母のお尻を触り始めた者もいた。
「あっ、あっ、あっ、い、いい、いく、いくーっ」
母は喘ぎながら、全裸の体をテーブルの上でゆらせた。足が小刻みに揺れていた。

「ははは、いっちまってんの」
超イケメンが嘲笑した。母は恥ずかしいのか俯いたままだった。


母の股間に刺さった筆に、若い男が硯を持ち上げて墨液を含ませていった。母は苦痛に満ちた表情だった。

「おい、なんか文字書いて見せろ」
親分が怒鳴った。母はビクッとしたように、とまどったまま立ち止まった。超イケメンが卑猥な言葉を言うと、母は腰を半紙の上に落としていく。

最初はうまく書けずに文字が波打っていたが、10枚ほど書かされると、少しずつうまく書けるようにやってきていた。
汗を流しながら必死に文字を書く母をヤクザたちは酒を飲みながらじっくりと眺めていく。そして、思い思いに恥ずかしい言葉を書くように言った。

「お前も何か題を考えてみろ」
酔って赤ら顔の親分が僕に向かって言った。びびった僕は思わず、
「『月』はどうでしょうか?」
「つまんねんだよ、お前は」
と若い男に頭をはたかれた。

「なんか卑猥なこといえよ。今度つまらないこと言ったら、わかってるだろうな」
と親分が僕をにらんだ。

超イケメンが僕の耳にささやいた。びびった僕がその通りに言うと、母はとても悲しそうな顔をした。それでも、意を決したように字を書こうとしゃがみこもうとした。


そのとき母は焦ったのか、足元の硯を踏みつけてしまった。墨液が畳にまかれた。怒った超イケメンがベルトで母を叩いた。
「ちょっと呼んで拭いてもらえ」
親分が言うと、母は、極まりが悪そうに
「自分が拭きますから、人をもう呼ばないでください」
とか細い声で言ったが、超イケメンからテーブルから下りるなと命令され、顔を赤くしたままでいた。


さきほどと同じ50代の仲居が部屋に入ってきた。今度は最初から非難めいた視線を母に向けている。人と人とのつながりがこんなにもろいものとは思わなかった。
仲居はそそくさと墨液をふき取ると、男たちに愛想笑いをしながら部屋から退散した。

「粗相だな、これは」
と超イケメンが言った。
「罰ゲームが必要だな」
親分がニヤリとする。母がびくんとした。


「その上でクソしてみせな」
超イケメンが洗面器を和テーブルの上において、サディスティックに命じると、さすがに母はいやいやをした。
超イケメンが怒って、ベルトで母のお尻や背中を強く叩くと母はおとなしくなった。

泣き顔でしゃがんでいく。
「もっと力めよ。ほらほら」
と超イケメンがはやした。
「まったくのお前の趣味にはついていけないよ。とはいっても、ときどきは楽しませてもらってるけどな」
と親分があきれたような顔を出した。

「いやいやー、はずかしい・・・ああ」
母が子供のように泣き叫んだ。
男たちがさかんにからかいの声を上げるが、母は懸命にふんばっても何も出せなかった。

大きな放屁の音が響いた。

「おならしてやがる」
「くせーよ。くせー」
「息子の前だというのに恥ずかしくないのか」

蔑みあざける声の中、母の顔は力みのせいか、恥ずかしさのせいか紅潮していた。


「しかたねえな、それじゃ浣腸するしかねえな」
超イケメンがビール瓶の栓を抜くと、指で押さえて上下に激しく振ると母のお尻の穴に突っ込んだ。

「あ、あー」
ビールの泡が激しく母の中で噴出したようだった。母の顔が苦痛にゆがんだ。
「あ、ああーっ」

母が泣きながら、洗面器のうちに黄色い液をぶちまけた。
ただ、固体のものは出てこなかった。

「しょーがねーな。そら、もう一本」
母はビール二本分の浣腸を受け、もっと力むように命じられる。
さらに、超イケメンが母のお尻をベルトで何度も強くたたいた。
ただ、何度叩かれても、固体のものはとうとう母のお尻からは出てこなかった。


恥辱の習字が再開された。
母は男たちの求めに応じて、またいくつもの卑猥な文字を描いていった。
惨めであった。強者の前では弱者はここまで踏みにじられなければならないのか。


「あ、そうだ。このガキの宿題が残っていたな」
と親分が思い出したように言った。

「おい、さっきのお題を大声で言ってみろ」
親分にどやされ、僕は言った。

あまりに恥ずかしい言葉なので、ここで書くのは勘弁してほしい。ただ、僕たち母子を侮辱する文句だった。

股間の筆に僕が墨液を付けるように言われた。あまりの大胆な開脚姿が目の前に来て僕もあせった。股間の筆を握って、十分に墨液をしみこませてあげると、母は悲しそうな表情を見せて、じゃがみ込んだ。

母の白い背中に汗の玉が光っていた。
母の額にも汗が流れている。母の顔は苦しそうであった。肉体的な疲労のせいか、恥ずかしさのせいか、それはわからなかった。


「書けました・・・」
半紙を両手で持たされた母は、筆をつき入れたまま、和テーブルから下りるように言われ、そのまま記念写真を促された。

「こんなの恥ずかしい・・・」
いやがる母に親分の怒号が浴びせられた。

「わかりました・・・」
母は、あきらめたように、親分と並んで超イケメンの構えるカメラに向かった。

「にっこり笑えよ」
超イケメンの男が言った。

母の笑顔はこわばっていて泣き笑いのような顔だった。顔汗もひどい。
「拭いてやるよ」
若い男が部屋の隅におかれていた使用済みのお絞りで顔を無造作に拭いた。
「お化粧が落ちてるぜ」
超イケメンが言うと、母の顔はさらに泣きそうになった。

親分は、得意げに母の肩に手をまわし、頬をくっつけるようにして、カメラに向かってピースサインをしてはしゃいでいた。


「面白くなってきましたね」
超イケメンが親分に向かって言うと、
「でも、もうちょっと場を盛り上げねぇとな」
と親分がボソッと言った。


「おい、もっと面白い芸やってみせろよ。あんた、サービス業だろ」
超イケメンが母の太ももをベルトで打った。
母がどうしていいか分からない様子で戸惑っていると、超イケメンが怒ったような声を出した。


「なんか芸ないのかよ?それなら、さっきと同じ芸やってよ。そこで立ったままオナニーしてみせな」
「え、えっ・・」
と母はびくんとした。
「いやだったらいいよ。そしたら、息子にけじめをつけさせるから」

母はそう言われると、「わ、わかりました」と震える声でいい、指で股間を刺激し始めた。

「はははっ。気持ちよさそうだね。子供の前なのに、変態だね、あんた」
「う、うっ。そ、そんなことありません」
「うそつけ。濡れてきてるぜ」

母が指で円を描くように股間をこねくり回している。愛液がますます溢れてきて、太ももを伝いだしていた。

「あっ、あ、ああっ」

指の動きに合わせてクチュクチュと変な音がしていた。
「胸も触れよ。そうそう」
「わ、わかりました、あ、あっ」
母は完全に恥ずかしい命令を聞く性奴隷と化していた。

「ほらっ、指も中に突っ込みな。もっと奥に。もっと観客楽しませろよ」
「あ、あ、わ、わかりました。い、痛い。あ、あ、ぶつのはやめて、あ、あ、やめてください」
母はベルトで打たれながらも、言われるままに自分を愛撫していた。

母は立ったまま、腰をくねらせつつ足を大きくがに股に広げていた。
「あんた、子供の前なのに恥ずかしい格好してるぜ」
「こ、こどものこと、あ、あっ、あっ、言わないで、あっ、あ、ください」

何がおかしいのか男達が母の言葉に哄笑する。
母の腰の動きがよりいやらしくくねりだした。たまらない快感に耐えているようだった。

「い、いや、で、でちゃう。イッちゃいます」
母はそう叫ぶように言うと、股間を突き出すようにして、透明な液体をビュッビュッと勢いよく噴き出した。
「すげえ。潮、吹いてやがる」
と超イケメンが言うと、
「派手にやったな、この女」
と親分が感心したように言った。


「お前、舐めてみろ。きれいにしてやれよ」
頭をはたかれた僕は母の股間を舌できれいにしていった。母の股間は舌の動きに合わせてぴくぴく動いた。


「ようやくこの女、抱きたくなった。社長、いいでしょう?」
親分に後始末を命令されて、自分の愛液で汚した畳をふき取っていた母を見下ろしながら、超イケメンが言うと、親分の返事を待たずに服を脱ぎ始めた。

「おい、まずは俺の足の指を舐めろ」
超イケメンのプレイはかなり変態的なものだった。言う通りにできないと母はベルトで腰、お尻、背中、足と叩かれまくった。
親分は楽しそうにその光景を眺めていた。

途中で、子分の一人が大便で中座すると、超イケメンはわざわざ大便後の男の尻を母になめさせるようなこともやらせた。
「奥さん、気にいったぜ。俺、ここのストリップ劇場のオーナーを知っているんだけど、あんた気に入ったから使ってやるよ。出演料は弾むぜ」
と言いつつ、母を責めていった。


長かった超イケメンによる凌辱が終わった。
最後に、母は額を擦り付けるように土下座させられて、男たちの嘲りの声の中でお礼を言わされていた。
母の惨めな土下座姿を無力感にとらわれながらぼんやりながめていると、

「次、お前、行け」
と親分が僕にぶっきらぼうに言った。

「行けってどういう意味ですか?」
僕が戸惑うと、親分が吠えた。

「目の前の女にのしかかれ。逆らうのか」
ヤクザの迫力はすごかった。一般人にはとても対応できないと思った。

僕は子分たちに押されるままに母の前に押し出されていく。母は土下座の体制のままで震えていた。
僕は激しく抵抗した。死に物狂いに。それでも1センチ、1センチと母の方に押し出されていく。大声を出して手足を振り回した。
そのときファイティングポーズをとった若い男に顎のあたりを強く殴られ、意識が急速に遠のいていった。


これから起こったことは覚えていない。
気が付いたら、僕は最初のリビングに寝かされていた。母の顔が目の前にあった。
いつのまにか朝になっていた。
あれはすべて夢だったのか。そうであって欲しかった。でも、まだ顎の痛みは残っていた。
母は家に帰るまで無言だった。その後もいっさいその件については聞かなかったし、触れなかった。
僕はそれから一週間後には、東京に出て来ていた。
あの日のことを忘れることは決してないであろう。

マンコ苛め

俺は、今まで付き合ってきた女は全てマンコ苛めしてきた。
クリキャップで吸い出して剥けクリにして、マンビラは片方だけ伸ばしちゃう。
将来、どこかの誰かと結婚する女のマンコを苛めまくって、爛れマンコにしてやることに優越感を抱く変態なのだ。

元カノのマンビラを右側だけ洗濯ばさみで挟んで、それにもりを吊り下げて引き伸ばしながら、クリキャップでクリを吸い出す。
チンポで突くときも、右側に擦り付けるようにしてマンビラを伸ばす。
元カノのマンコはみんな、マンビラが左寄り右が伸びて、クリが飛び出ている。

新しく入った新人に、可愛いロリ顔の女の子がいたので目を付けた。
高校を出たばかりの彼女は、大人しい性格なのですぐに手懐けた。
俺は9歳年上だったが、優しさとマメさが功を奏してラブホ連れ込みに成功し、18歳の処女をゲットした。
一度抱かれると彼女は俺に夢中になった。
そこがねらい目で、ソフトSMからクリキャップ、緊縛へ持ち込み洗濯ばさみでマンビラ伸ばしに取り掛かった。
従順で素直な彼女は、可愛い顔を歪ませて何でも言うことをきいた。
ならばとクリキャップより強烈なクリ吸引ポンプを購入し、やがて1㎝ほどの肥大飛び出しクリが完成した。
そこまでとび出ると、クリの形はまるでマイクロチンポだった。
ちゃんと亀頭っぽい先っちょになった。

マンコ苛めて3年、飛び出しクリと右伸びマンコが完成した頃、彼女に逆プロポーズされた。
可愛いロリ顔で瞳を潤ませ、結婚してくださいなんて言われて・・・
一昨年、俺31歳、嫁22歳で結婚した。
嫁のマンコを見るたび想うのは、なんでこんなマンコ苛めをしてしまったかということ。
嫁にするならこんなことするんじゃなかった・・・
そして、元カノの旦那さんにゴメン・・・

ぴんくのRiKAE(補完)

1990年1月号

 はろー、ぴんくのRiKAEです。6月の始めの頃だったんだけど、ふと、いなく なって久しい「彼」の部屋をのぞいてみたら、やっぱり「彼」がいたんです。  机に向って何かしてたんだけど、やっぱり前と変わってなかったみたい。私の部屋の 方をちらちらって見てるの。そして、双眼鏡で時々じーってうかがってくれてた。 私、今でものぞいてくれる「彼」にとっても感激しちゃって、そしてHな気持ちが わきあがってきちゃった。その日は両親かいなかったから、自分で夕飯作らなきゃ いけなかったんたけど、そんなことにかまってられなかったの。

私、双眼鏡をしまって静かに廊下に戻った。廊下の電気をつければ、たぶん「彼」は 私が部屋に入って来ることに気づいて、自分の部屋の電気を消すはず。それから、部屋 の中の私の様子を双眼鏡でじっと息を殺してみつめてくれるはず。「彼」もオナニー するのかな、そう考えたら、これから私の裸を間近に見つめながらオナニーする「彼」 の姿を想像しちゃって、おまんこがぐしゅって感じで熱くなったの。

 倍率のいい双眼鏡だと、みんな目の前に見えちゃうんだろーな、毛の一本一本、 くいって開いたら、クリトリスやおまんこの中身まで見えちゃうんだろーな。興奮 しちゃって胸か痛くなるほどだった。よーしって感じで、廊下の電気を付けました。 そして、何くわぬ顔で部屋に入るドアを開けました。横目で「彼」の部屋の方を見た ら、ふって電気か消えました。本当に久しぶり。

 私が、こんなに変態の露出狂になっちゃったのは中2の時に「彼」にのぞかれたのが きっかけ。いわば、私の原点、なんてね。  あれからもう3年。「彼」が消えてからいろいろHになった私だけど、この時は 何だか3年前の震えが蘇ったみたいだった。ねえ、いくらか成長したRiKAEを たっぷりと眺めてね、なんて今だから言えるけど。  サッシの大きな窓を開けました。ベッドに腰かけて、窓から入ってくる空気を 楽しんでるふりをします。 本当は胸はドキトキ、おまんこはぐっしょりしてたくせに今、私の一挙手一投足が 双眼鏡てのぞかれているんだ。

 でも、私が私の部屋で何をしようと勝手じゃない。覗きをして悪いことしてるのは、 「彼」の方よ。自分に言い聞かせて、私は覗かれているのを知っていることに気づかれ ないように、出来るだけふだんと変わらないように振舞ってました。 それから、ゆっくりといつものように、制服を着替えることにしたんです。ちょうど 夏服に変わったばっかりでした。(もうちょっと制服姿見せてあげよう)って思って、 初めにパンティを脱いじゃって、ベッドの上に放り投げちゃったの。そして、ベランダ に出て風に当たってるふり、どんな女の子と思ったでしょうね。

 下から吹き上げでくる風が、おまんこに気持ちよかった。それからまた、部屋の中に 人って上着をゆっくり脱いだ。中に着てたTシャツもゆっくり脱いだ。上はスポーツ ブラだけ。そして下はスカートだけ。変な格好、そのままで、ちょっとだけ部屋の中を ぶらぶらし見せた。さあ、ここれからスカート取っちゃうんだ!!って考えたら、心臓 の音が「彼」に聞こえそうなほど高鳴った。

 螢光灯の真下が一番見えやすいんじゃないかなと思って、その下でフックを外した の。すとんって感じでスカートが落ちちゃった。もちろん「彼」の方を向いて、 ああっ、一本一本の毛まで見られてるんだ。「彼」は今、自分のおちんちん握りしめて オナニーしてるんだ。数十メートル離れた、お互いの部屋の中で同時にHしてるんだっ て考えたら、それだけできゅんっておまんこがないちゃった。
 ジュースがあふれ、軽いめまい。立ったままイっちゃいそうになっちやった。だめ、 このまま濡れたおまんこ見られたら、見られているの知っててこんなことしてるのが ばれちゃいそー。 あくまで私は、自分の部屋で気ままに振舞ってるだけ。

 私、何くわぬ顔を無理して作って、急いでブラ外して素っ裸になったの。そして、 別のTシャツとジョギンクパンツ着ちゃった。誘惑に負けそうになったけど、もっと 自然な感じでいかなきゃ、見られてるの知っててこんなことしてるのバレちゃう。
 電気消して下に降りたの。そして急いでお風呂にお湯入れて、烏の行水。バスタオル だけ巻いて、もう一度自分の部屋に戻ったの。そう、お風呂上がりってことなら、裸で 自分の部屋にいてもおかしくないでしょって考えたの。その時間約30分。また、そっと 暗がりの中から「彼」の部屋を双眼鏡て覗いたら、びっくり、ベッドの上に素っ裸の 「彼」がいたの。

 何と、「彼」はおちんちんをごしごしこすってたんです。そう、オナニーしてたん です。時々手を離すんだけど、そのとき、立ったおちんちんが見えた。それもすぐ目の 前に。これはびっくりした。しばらく見てたんだけど、ティッシュペーパーでおちん ちんの先つつんで終ったみたい。精液は、ついに見えなかったけどね。でも、お父さん の裏ビデオと同じだった。

 男の人のオナニー真近で見たのは初めてだった。自分の手も知らないうちに、 おまんこ触ってた。もーその時は興奮しちゃって理性なんてなかった。見せてもらった んだから、お返しにうんとサービスしなくちゃって淫乱な獣に変身しちゃった。
 部屋の電気つけたの。そしたら「彼」の部屋の電気がふって消えた。さっきと同じ だ。でも今度は私の体のすみからすみまで見学させてあげて、そのあとでオナニーして 見せるんだ。オナニー見られて喜ぶなんて獣以下じゃないの。でも、私はしなきゃ いけないんだって思い込んじゃってた。

 素っ裸にバスタオル一枚だけでベランダに立ったの。風に当たるふりしながら、 これからのシナリオのこと考えてた。これから私は、バスタオルを取って素っ裸のまま 鏡の前に立つ。ウエストを気にして、そのうち変な気持ちになってきて、オナニー 始めちゃう。それを「たまたま」覗かれてしまう。これならおかしく思われないと、 その時は思ったの。私は部屋の中に戻ってバスタオルをとり、鏡の前に立ったの。

うんといやらしい顔してた。ウエストちょっと気にするふりして、屈伸運動。それから 窓に向かって、両足を大きく開いて腰に手をあてて、前後に体を大きく曲げる。 ラヂオ体操のあれ。「彼」におまんこを突き出すような格好。さっきの私がそうだった ように、「彼」も今頃私のおまんこ目の前に見ながら、おちんちんこすってるんだろー な、私がいつも鏡で跳めているおまんこ。うんといやらしいおまんこを「彼」も すみずみまで見てるんだろーな。私は、オナニーのおもちゃにされて感じてる変態よ って、「彼」に向かってうんと大きく足を拡げてみせた。おまんこの中身まで見せて あげる。

 今度は、お尻を向けて体を前にかがめた。お尻の穴が「彼」の目の前で無防備に 開いてるのがわかる。私、恥ずかしいことに、お尻の穴の周りにも少し毛が生えてる。 中2の頃の私よりも、ずっと成長したでしょ。おっぱいも、お尻も、そしておまんこ も。成長したRiKAEの、すみからすみまで検査して下さい。そんなこと考えて たら、もーどー思われたっていいやって、そのままお尻の穴に指を這わせてしまった。 見て!とーとーお尻の穴でも感じるようになっちゃったのよって。それからベッドに 横になって、おまんこにマジック使っちゃった。

 入れたり出したり、それを口にくわえてフェラチオのまねしたり。それからマジック 入れたまま、犬の首輪をつけてベッドの足に縛ったの。見られてるの知ってるくせに、 SMオナニー始めちゃったんです。勃起した乳首には洗濯ばさみ。身体がぎくんって はねるほどの衝撃。いつもより敏感になってたみたい。中2の頃もSMっぽいことして るの覗かれて楽しんでいたけど、こんなに大胆にしたのは初めてだった(屋根の上で おしっこしてみせたのはあったけどね、充分大胆だったかな)

 それから自転車のロープを2本出して、身体をぐるぐるまきに縛って、タオルの両端 を結んだので後ろ手に固定してベランダに出て寝転んだの。「彼」に両足拡げた格好で ね。さあ、「彼」におしっこをしているところを見てもらうのよ、いやらしい RiKAEを観察してもらうのよって、お腹に力を込めた。しゃあって、噴水みたいに おしっこが飛び散った。ベランダの隙間から落ちたおしっこが、静かな夜の中で バチャバチャって大きな音たてて落ちてった。ああ「彼」に見られた。変態行為して るってこと知られちゃった。頭の中ではとんでもないことしちゃったって、ぐるぐる してたけど、身体はしびれるくらいに快感に酔いしれてしまっていた。腰がぬけた みたいで、しばらく立つこことも出来なかったの。

 そのまま部屋に入って明かりを消して、ベッドに横になってたの。うとうとっとして きたとき、「彼」の部屋の明かりがついた。双眼鏡で覗いてみたら、案の定、「彼」も 素っ裸でおちんちんしごいていた。それ見ながら私の指も自然とおまんこに。
 私が今明かりつけて、二人で双眼鏡で覗きあいながらオナニーしたらおもしろい だろーなって思ったけど、それは出来なかった。だってそうしたら、自分で見られてる の知ってたって宣言するよーなものだもんね。
ちょっと残念だけど、とっても素直な夜でした♪

岩手県 ぴんくのRiKAE ♀


1990年2月号

 はろー、ぴんくのRiKAEです。夏休みの初め、ついに愛しい Mちゃんと再会しました。  私の両親がMちゃんの家に泊まりにいって、その代りMちゃんが私の家に泊まりに 来たの。そして、ついについに、Mちゃんと素敵な仲になっちやったの。去年とは 比べ物にならない程にね。

 Mちゃんが到着して居間でコーヒー飲みながらきいたの。この間は良かったねって 言うとMちゃん、ぽって顔か赤くなっちゃったの。私、ずっとMちゃんのことばかり 考えてたのよ、Mちゃんのこと本当に好きよって、私もお姉ちゃんのこと好きだよって 言ってくれたの。感激!この間のこと、知らんぷりされたらどうしよう、嫌われてたら どうしよう(それはないと思ってた。じゃなきゃ来てくれないよね)ってとっても不安 だったから、Mちゃんの一言で目の前がぱーって明るくなった感じ。

 私、そのままMちゃんにキスしちゃった。Mちゃんも私にされるまま、横になって 目を閉じたとっても長いキス。舌をからめあった。Mちゃんの舌が私の口の中で生き物 みたいに動く。生暖かい。頭がくらくらしちゃって真っ白。思い出してもうっとり しちゃう。そして、キスのあとMちゃんと約束したの。このまま一人で素っ裸で 暮らそうって、MちゃんもHだね、案外すんなりOKしたの。

 2階の私の部屋に行ってベッドの上でふたり横になったままお互いの服を脱がせっこ した。Mちゃんの手でパンティ脱がされたとき、私、悔いの無いようにやりたいこと やっちゃおーって決心したんです。素っ裸のMちゃん、とっても暖かい。 キスしたり、身体をこすりあったり、それからなめあったり、Mちゃんがおまんこ 見せてって言うから、私、横になってるMちゃんの顔の上にまたがるようにしてほら、 見て見てっておまんこ思いっきり開いて見せた。もう、じゅるじゅるって感じでした。

 クリトリスがぴょこんとしちゃって、Mちゃんにちょんって触られただけで体が びくってはねちゃった。それからMちゃんにも同じ格好させて、Mちゃんのおまんこ、 とってもきれいだった。思わず舌でぺろっとしちゃったの。 ジュースがとくとくとあふれてきた。私それを舌ですくいとるようにしてなめてあげた の。他人のジュース、私のとあまり変わんない味。すけべな人間は同じ味が するのかな。(たぶんかなちゃんも同じ味がすると思うよ)舌をちょっと離したら Mちゃん、えって声をあげたの。私、意地悪く、もっとしてほしいのって言ったら Mちゃん。いやだっていって私の顔におまんこ押しつけてきた。ねえ、私にもって 言ったら、おねえちゃんは自分でできるじゃないって、やっぱりこの間の見られてた んだってわかって頭が恥ずかしさでカーッてなっちゃった。

でも相手がMちゃんだと思うと何だか自分の分身のような気がして、ちょっと恥ずかしかったけど、ふたりのH のための味つけって感じ。Mちゃんの前だと何でも出来ちゃう。Mちゃんと私は一心 同体。ふたつの体で一つのオナニーしてるようなもの。私、Mちゃんの顔に またがって、ねえ、なめてっておまんこ押しつけちゃった。Mちゃんも苦しいって いいながらしっかりなめてくれたの。舌って固いんだね。

 熱い固まりがおまんこの中でぐにぐにって動くの。ふたりでお互いを求めあって何度 も何度も身体がひとつに融けあっちゃった、そんな感じでした。

 さて、それからふたりでやったHのバリエーションを思いつくままに打ってくね。 (このHレポートはワープロです)ねぇ、私とMちゃんの愛の一日をみんなに報告 しちゃうね。まず、お風呂でのこと書くね。ふたりでせっけんを全身に塗りっこした の。真っ白になっちゃう。私は前の時みたいにタッチしてくるもんだからそのたびに 体がびくんとしちゃう。それからせっけんつけたままヌルヌルと抱き含ったりした。 そのあと二人で立ったまま抱き合って立ちション。
 Mちゃんのおしっこか私のおしっこと一緒に私の太股を伝って落ちていった。 立ちションして私がその下で寝そべっておしっこシャワーを浴びた。Mちゃん、人間 便器だなんて言ったけど、Mちゃんには直接私のおまんこに口をつけさせて、たっぷり おしっこ飲ませてあげた。ごぽごぽってしながら涙ぐんてたけど、顔中おしっこだらけ にしてがんばってくれた。

 Mちゃん。愛しくて愛しくて、思わずキスしちゃった。ふたりともおしっここは気に しないけど、うん○はいや、ロープで腕を縛ってトイレのドアを開けたままでお互いに うん○したけど、Mちゃんに見られてると思うとなかなか出なかった。Mちゃんの おまんこなめさせられながらだったけど、Mちゃん、しゃがんでる私の髪つかんで とっても乱暴だった。やっぱりサディストMちゃん。うん○出たときもオーバーに 臭い臭いって。涙出ちゃった。鼻つまみながら私のうん○、なかなか流してくれない の。やっぱりうん○は見られるのはいや、汚いから。
 でも、おしりはふいてもらった。赤ちゃんになったみたい。相手がMちゃんだった から安心して甘えることが出来たんだと思う。

 Mちゃんには夜中に外でさせたんたけど、これはあとで打つからね。 夕食のとき、Mちゃんのこと、テーブルに仰向けで大の字に縛ばりつけてその上にご飯 やお母さんが用意していったおかずを置いて食べちゃった。おへそにおしょうゆ たらして食べたお刺身、Mちゃん、くすぐったがって私の目の前でお尻動かすの。
 ぐしょってなってたMちゃんのおまんこやクリトリス、はしでいじったりつまんだり したら、Mちゃんやめてっていったの。だからやめたらMちゃん、やっぱりすけべ だね、「やっぱりやめないで」って。
 もうそのころはふたりでたっぷりレズしたあとだったし、お風呂場でおしっこかけ たりかけられたりしたあとだったから、Mちゃんも私も、自分のすけべ、隠そうと しなかった。

 もう自分の快感だけを求めてこうしてちょうだい、ああしてちょうだいって、 思いつくままにお願いしたの。 Mちゃんにもおまんこいじったはしで、御飯食べさせてあげた。そのあと、私も テーブルの上に乗ってMちゃんにまたがりながら御飯の残り、手を使わないで 食べちゃった。Mちゃんの汗でちょっと塩味。Mちゃんの胸にマヨネーズ塗って私の 胸を合わせたの。ぐちゃってなったんだけど、Mちゃんになめてってつき出したら しっかり、きれいになめてくれた。私もMちゃんの胸や体、きれいになめてあげて、 ふたりでロープで縛りっこした。ふたりともぐるくるまきになって両手を後ろ手に縛り あったの。(すごく苦労した。)立ったままキスするだけでロープがきちきちって身体 をしめつけてくるの。

 でも、目的はただのキスなんかじゃない。スツールをさかさまにして足のところに前 もって準備しておいたコンドー○をふたつかぶせた。(買うのとっても苦労したんだ よ)その1の上に私、Mちゃんの目の前でまたがって…。おまんこ、もうべちょべちょ だったからずぶって感じで入っちゃった。腰を上下させるとクリトリスがこすられて、 それにおまんこの内部がめちやっとスツールの足にからみついて快感。コンドー○、 すぐにはずれなかったけれど、そんなのかまてられなかった。私、声かけたら、 ちょっと私のいんらんさに唖然としてたけど、すぐにスツールにまたがって腰を動かし 始めた。

 ふたりで両手縛ったままHな声ずいぶんあげちゃった。ふたりで向い含いなから スツールに犯されたの。犯されながらキスしたんだけど、その時のふたりの舌、 ぬるぬるって生き物みたいにからめあった。
 私、思わずMちゃんの肩かんじゃってた。もう、最高。Mちゃんが腰を動かすと、 椅子が生き物みたいに動いて私のおまんこの中身がぐにぐに刺激されるの。ふたりとも 涙きべそかくくらい恍惚しちゃった。

 深夜のお散歩は2時ごろに出かけたの。もちろん2人とも素っ裸で私いろんな 「道具」を積め込んだデイパック背負ってね。  玄関の明かり消して外に誰もいないのを確認してドアをがちゃりって開けた。あの どきどきした瞬間が好き。その晩は、月明かりがこうこうと照っていてとても明るく て、私は家の前の道路に出てMちゃんを手招きした。ちょっとだけためらってたけど Mちゃん、すぐに私のあとについてきた。「自動車がきても隠れられないよ」って Mちゃんがちよっと不安そうに聞いたけど「それかいいんぢゃない」って私。本当は 私もそのとき久しぶりの夜のお散歩だったから、内心どきどきしてたんだけど、 Mちゃんの手前、どんどん歩いていったの。

 そしで家から30メートルぐらい離れたら、後ろから自動車の来る気配がしたの。 私、Mちゃんの手を引いて道路脇の用水路に隠れた。冷たかったけどしかたなかった よね。Mちゃんたら自動車が通りすぎるまでずっと私の胸に顔をうずめたまま。 可愛い。そのままあとはMちゃんの希望で用水路の中をふたりで抱き合うように進んで いった。そして私のかつての遊び場である「ある場所」にたどりついたの。

岩手県 ぴんくのRiKAE ♀


1990年4月号

 あの「ある場所」とは、神社なの。2人してそこの石段に、しゃがんで並んで座った の。当然すぐHしたと思うでしょ?でも、違った。2人して、結構まじめな話して 過ごしたの。20分位かな?家から3分位も離れた所なんですよ。ふたりとも素っ裸で 誰かにみつかったらおしまいなのにね。でも、そのときはなぜか2人ともまじめな話を したかったらしいの。

 月明かりに照らされ追い詰められた2人がロマンチックな気分になっちやったんだ ろーね。でもやっぱりそれたけぢゃなかったみたい。神社のそばに空き地があって、 毎朝そこでラジオ体操やってるの、私、Mちゃんに唐突に命令したの。 「Mちゃん、そこの空き地の真ん中でうん○してみせて」って。
 Mちゃん、びっくりした顔したけど、にやって笑って「いいよ」って空き地の方に 行って本当に真ん中でしゃがんたの。私、すみの方でしゃがんで見てたんだけど Mちゃんのおしりからいっぱい出てきたのが見えた。Mちゃんが立ち上がったので、 そばに行って見ようとしたらMちゃん、急に恥ずかしがって「見ないで、見ないで」 って見せてくれないの。
 私、「お尻もふかないでいるくせに汚いよ」って言ったらMちゃん泣き出しちゃっ た。自分からやったくせにね。 「ぢゃあ、用水路で洗えばいいよ」
 私、Mちゃんの手をひいてってMちゃんのおしりに水かけて洗ってあげた。 用水路の中で2人で素っ裸。みじめで、そしてもし万が一誰かに見つかったらって 恐ろしさ。でも愛しいMちゃんといっしょだったから幸せだった。

 Mちゃんもあとでそうだったって言ってた。遠くに高速道路の灯り、まだ灯りの ついている家も見える。 こんな恥知らずなとこ、お父さんやお母さんに見られたらどうなっちゃうんだろう。 近所の人や友達に見られたらどうなっちゃうんだろう。どんどんエスカレートしていく 自分が恐い。思わずMちゃんのこと強く抱きしめた。
 それから神社に戻ってコンクリートのところにふたりして寝そべって愛し合った。 Mちゃんに縛ってもらった。がんしがらめ。Mちゃんの指が私の体をいたずらする。 声は出せない。気が狂いそうだった。いえ、そのとき、2人とも狂ってたんだ。

 きゅうり持ってきて私ね、コンドームつけずにおまんこに入れた。もう、ぬるって 感じで入っちゃった。そして、Mちゃんを畑の真ん中で四つんばいにさせて、犬みたい にMちゃんのおまんこに入れようとしたの。でもうまくいかなかった。そしたら、 Mちゃん、「おまんこぢゃなく、お尻ならそれくらい入ると思うよ」って私に向って おしり振ってみせた。ぐいって入れようとしたんだけどうまくいかない。私、きゅうり でおまんこ刺激されてたから、「じゃ、なめたげる」ってMちゃんのお尻の穴を ペロペロとなめてあげた。

 唾液と2人のジュースを、たっぷりお尻の穴の周辺にぬりたくって、ぐっと きゅうりを押しつけたら、ぬぷぬぷって感じで、めり込んじゃった。
 犬の格好で、その上、犬みたいな声、2人でもらしてた。そうして2人して、 おまんことお尻の穴でつながってたら、Mちゃん、そのままの格好で、おしっこ 始めたの。
 私もそれを見て、おしっこした。 きゅうりにちょろちょろっておしっこが伝わってMちゃんのお尻の穴にこぼれ落ちて くの。味わったことのない快感でした。そのあと、お尻の穴と穴で結ばれた。ふたり、 というより二匹のめす犬。雑木林の木に立ったまましばられて、きゅうりでいたずら し合うこともした。

 空が白み始めるまで外でいろんなことしたの。家の前を本当に自動車が通った んだけど、もうその時は関係ないって感じて、隠れようともしなかったの。
 そのあと家の中に戻って2人で、お風呂でまた愛し合った。お互いのおまんこに 口づけながら同時におしっこした。やっぱり2人ともおしっこに戻るんだね。 もとはといえばおしっこで結ばれた仲なんだもの。

そして2階の私の部屋で愛しあっちゃった。ほんと、自分でいうのも何だけど、私も Mちゃんもレズ・テクはたった一日でものすごく上手になった。たとえば、Mちゃんの おまんこの入り口をびらって開いてそこに私の勃起した乳首をこすりつけるの。 これってやる方もやられる方もすごいエクスタシー。縛られて目隠しされて、犯される のも、素敵。それもぴったり身体くっつけてじゃなくて、さあーって触れるのが不安で 不安で、でも感じちゃう。それから、おまんこ開いてぴたって、くっつけちゃうの。
 お互いにぴくぴくしちゃって、軟体動物に吸いつかれたみたい。またお風呂に 入っておしっこレズもしちゃった。でも、もーそのころは、そろそろMちゃんの帰る 時刻がどんどん近づいてきてた。夕方には私の両規も入れ違いに帰ってくる。 Mちゃん、もっと思い出つくろーよって、抱きついてくる。そーねって私、外で 愛し合おうって言った。

 でも、その時はもーお昼近かった。本当の白昼。前に裏の雑木林でひとりで、SM オナニーしたことはあったけど、2人だと注意力が散漫になって人に気づかれるんぢゃ ないかって、不安だったの。
 でも、Mちゃんといられるのもあと少しって気持ちの方が強かった。ふたりで2階 から近所に人がいないのを確かめて、玄関のドアを大きく開いた。もちろん2人とも 素っ裸。道路の視界は狭くて、人や自動車が来てもわからない。2人でがくがく震え ながら抱き合った。
 私、意を決っしてMちゃんの手をひいて畑の方に歩いていった。さすがにMちゃん 泣きそうになってた。
 太陽の下、2人で素裸で歩いてる。みじめな気分、でもおまんこぬるぬるしちゃっ た。Mちゃんは帰ってしまうからいいけど、今考えると私、すごく危険なまねしてたん だね。

 畑のちょうど真ん中あたりについたとき、玄関の前の道路を自転車の中学生の一団が 走っていったの。2人ともびっくりして一瞬立ち止まってしまったけど、私、しまった と思ってMちゃんの手を引いて雑木林に走っていった。そこで木の陰にうずくまって 様子をうかがった。戻ってくるんじゃないかと思って、胸がどきどきした。でも、戻っ てこなくて一安心。

 Mちゃんたらすぐに立ち直って私に抱きついてくるの。かわいい。木のそばは、痛い から畑の、それも道路から見える場所で2人してキスしながら、ごろごろ転がった。 土まみれ。じゃあ、いそのこと泥だらけになろーってことになって小屋の水道のホース ひっぱってきて、水のかけっこ。そしてそのまま畑にねころがったものだから、 たちまち泥だらけ。そのまま抱き合ってると道路からは人は見えないよってことに して、ふたりで、空見上げてた。

 その間、自動車も通ったけど、全々気づかなかったみたい。そのあと、小屋の陰で Mちゃんのこと柱に縛ってホースで水かけて泥おとしてあげた。結局、面白かったから 泥落ちてもずっと水かけてた。Mちゃん、苦しいっていうけどゆるしてあげなかった。
 そして、そのままにして私は自分の泥落としてさっさと家の中に入ったの。 Mちゃん、梁に万歳した格好だったけど、やっぱりびっくりしてた。初めての夜の悪夢 なんだろーね。でも、この時は時間がなかったから、すぐに戻ってMちゃんの全身を ぺろぺろなめてあげた。Mちゃん、あえぎ声出して、とーとーおもらし。足を めいっぱいひらいてね。私もMちゃんのおまんこ広げてその出てくるおしっこ必死に 飲んであげた。

 そのあとロープほどいて少し、ぐたってなっちゃった。そしたらMちゃん、道路で おしっこしよーって言ったの。どきどき。2人で植え込みの陰から、あたりを見渡し て、「それっ」て飛び出した。
 一面のたんぼが広がって、遠くで誰か働いてるのが見える。そばには誰もいない。 さすがにそれだけはしっかり確認してたから。でも、向こうから裸に見えないよね なんて勝手に解釈してたけど、今考えると、とんでもないよね。今もそのときのことを 思うとどきどきしちゃう。

 2人で向い合ってしゃがんで、おしっこ。ほとんど同時に出た。そしたら、向こう から自動車が来た。びっくりして、2人ともおしっこ垂れながしながら玄関に逃げ こんだ。時間にして15秒ぐらいだったと思います。道路に出たのは。 でも、その時の15秒は今でも、うずきとともに、鮮明に覚えてる。自動車の通り過ぎる 音が長かった。そのあと、お風呂に入って愛しあって、さよなさえも見送らなかった。
 あれからMちゃんとは逢ってない。でも、いつもMちゃんのことばかり考えている。 だから、いつでもMちゃんといっしょにいるみたい。オナニーのときは、いつもあの日 のことばかり思い出してる。そのたびに乳首が、背中が、くちびるが、おまんこが Mちゃんの体温で満たされるよう。でも、淋しい。Mちゃんに逢いたい。この気持 ばかりが一日を支配してるみたい。大学は絶対東京に行くんだ。

岩手県 ぴんくのRiKAE ♀

ヒガンバナ 3 ~思い出の曼珠沙華~

俺と真紀は時にはSMチックなセックスをした。俺の部屋だと声が外にまで漏れるので、真紀の部屋かホテル、または旅行先でしていた。
そんな俺も大学4年生になって、地元に就職を決めて卒業を待つ身となった。2年間愛し合った真紀とは必然的にお別れとなる。その日が少しずつ近付いても、そのことには触れず愛し合っていた。
卒業式の後、最後の夜を真紀の部屋で過ごした。
真紀は、全裸でベッドに横たわっていた。真紀の腰の下にクッションをかませて股間の下にバスタオルを強いて、真紀を大の字にベッドに括った。目を閉じて最後の快感を待つ真紀のクリにピンクローターを当てて、ロープをふんどし状にしてローターを固定して放置した。敏感な部分に延々と与えられた振動に、真紀の腰はカクカクして、時折腹筋が筋になるほどにビクついた。中指と人差し指をマンコに入れて天井を擦りあげると、ジュピジュピいやらしい音をたてて潮を吹いた。仰け反りビクつく真紀は、やがて絶頂を迎えてグッタリとなった。
ローターを外し、拘束を解いて真紀を味わった。俺にしがみついて俺のチンポの感触を記憶にとどめようとするかのように、マンコ全体で締め付けた。
「お兄ちゃん、ああ、ああん、あああ、あっ」
二度目の絶頂を迎えようとしていたので、俺も腰の動きを早めて射精の準備に入った。ビクつく真紀に、最後の精液をかけた。俺と真紀の2年間が終わった。

翌朝、真紀は俺と一緒に帰郷すべく新幹線に乗っていた。真紀は往復切符だが、今回は俺は片道切符だった。真紀の降りる駅が近付き、乗り換えのアナウンスが流れた。
「お兄ちゃん、2年間楽しかった。ありがとう。これで、普通の親戚に戻るんだね。」
「真紀、体、大事にするんだぞ。困った事があったら、お兄ちゃんに連絡するんだぞ。」
「うん。さようなら、恋人のお兄ちゃん。」
そう言い残して、真紀は下車した。ホームを歩く真紀を新幹線が追い越した。数日後、春彼岸で本家であった真紀は、普通の従兄を見る目で俺を見ていた。俺は、普通の従妹を見る目で真紀を見れなかった。

俺は、地元育ちの素朴な田舎の娘と結婚し、平凡な暮らしをしていた。
真紀は大学卒業後も東京に残り、東京の男と結婚した。
お互い家庭を持つと、なかなか会えなくなり、お盆も本家ではなく実家へ集うようになるので疎遠になった。そして今年の3月、真紀は逝った。36歳だった。発見の遅れた悪性腫瘍は、入院僅か1ヶ月で真紀の命を奪った。
昨年、久しぶりに本家へ出向き、秋彼岸の墓参りに行った。
川のほとりに真っ赤な曼珠沙華が咲き乱れていた。遠い昔、手を繋いで曼珠沙華に囲まれたこの道を歩いた真紀は、もういない。そんなことを思いながら、川のほとりを歩ききって振り返ると、真紀が手を振っているように感じた。
「さようなら、お兄ちゃん。これで本当にお別れね。」
真紀の声が聞こえたような気がした。
今年、春彼岸には、真紀に会えなかった・・・



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード